今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

Size: px
Start display at page:

Download "今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は "

Transcription

1 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議

2 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は グローバル 化 が 急 速 に 進 展 し 人 や 物 情 報 等 が 国 境 を 越 えて 行 き 交 う 目 まぐるしい 変 化 競 争 の 中 にあります こうし た 中 日 本 が 将 来 にわたって 成 長 し 発 展 を 続 け 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 を 実 現 していく ためには 個 人 の 可 能 性 を 最 大 限 引 き 出 すとともに 少 子 化 を 克 服 し 国 力 の 源 である 人 材 の 質 と 量 を 充 実 確 保 していく 必 要 があります 教 育 再 生 は 一 人 一 人 をより 良 い 人 生 に 導 く 営 みであり 社 会 の 持 続 的 な 発 展 と 経 済 再 生 を 支 える 基 盤 だと 言 えます 日 本 を 支 え 担 う 人 材 は 戦 後 約 70 年 にわたり 制 の 学 制 の 下 で 育 成 さ れてきましたが 子 供 や 社 会 の 状 況 は 大 きく 変 化 しています 現 在 の 学 制 の 原 型 が 導 入 された 当 時 と 比 べて 発 達 の 早 期 化 が 見 られるほか 自 己 肯 定 感 の 低 さ 小 1プロブレム 1 中 1ギャップ 2 などの 課 題 が 指 摘 されています また グローバル 化 への 対 応 やイノベー ションの 創 出 を 活 性 化 する 観 点 から 英 語 教 育 の 抜 本 的 充 実 や 理 数 教 育 の 強 化 ICT 教 育 の 充 実 が 求 められています さらに 産 業 構 造 の 変 化 や 技 術 革 新 が 進 む 中 質 の 高 い 職 業 人 の 育 成 も 求 められます こうした 課 題 への 対 応 として 現 在 の 学 制 の 枠 内 で 地 方 公 共 団 体 や 大 学 等 における 様 々な 工 夫 や 取 組 が 行 われていますが 少 子 高 齢 化 やグローバル 化 への 対 応 は 日 本 が 直 面 する 大 きな 課 題 であり 一 人 一 人 の 能 力 の 伸 長 と 意 欲 ある 全 ての 人 が 社 会 参 画 で きる 環 境 の 構 築 は 国 家 戦 略 として 取 り 組 む 必 要 があります 今 まさに 日 本 の 存 立 基 盤 である 人 材 の 質 と 量 を 将 来 にわたって 充 実 確 保 していくことができるかどうかの 岐 路 に 立 っており 現 在 の 学 制 が これからの 日 本 に 見 合 うものとなっているかを 見 直 す ときであると 言 えます 教 育 再 生 実 行 会 議 では このような 観 点 から 義 務 教 育 及 び 無 償 教 育 の 期 間 学 校 段 階 間 の 連 携 一 貫 教 育 や 区 切 りの 在 り 方 職 業 教 育 制 度 などの 学 制 の 在 り 方 全 般 につい て 提 言 するとともに これらの 改 革 に 関 連 する 教 師 の 在 り 方 や 条 件 整 備 について 提 言 し ます 学 制 の 在 り 方 は 広 範 囲 にわたる 問 題 であることから 本 提 言 は 直 ちに 検 討 を 行 い 速 やかに 実 行 する 施 策 のほか 必 要 な 財 源 の 確 保 などの 環 境 整 備 を 図 った 上 で 実 行 す る 施 策 それらの 進 捗 等 を 踏 まえた 上 で 更 に 検 討 を 深 める 施 策 を 含 めて 示 すこととしま す 政 府 においては 本 提 言 に 盛 り 込 まれた 諸 施 策 について 専 門 的 具 体 的 な 検 討 を 行 うとともに 国 民 的 な 議 論 を 深 めながら 丁 寧 かつ 着 実 に 取 組 を 進 めることを 期 待 し ます 1 2 小 学 校 1 年 生 などの 教 室 において 学 習 に 集 中 できない 教 師 の 話 が 聞 けずに 授 業 が 成 立 しないなど 学 級 がうまく 機 能 しない 状 況 小 学 校 から 中 学 校 への 進 学 において 新 しい 環 境 での 学 習 や 生 活 に 移 行 する 段 階 で 不 登 校 などの 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 につながって いく 事 態 等 1

3 1. 子 供 の 発 達 に 応 じた 教 育 の 充 実 様 々な 挑 戦 を 可 能 にする 制 度 の 柔 軟 化 など 新 しい 時 代 にふさわしい 学 制 を 構 築 する (1) 全 ての 子 供 に 質 の 高 い 幼 児 教 育 を 保 障 するため 無 償 教 育 義 務 教 育 の 期 間 を 見 直 す 義 務 教 育 は 一 人 一 人 の 有 する 能 力 を 伸 ばしつつ 社 会 において 自 立 的 に 生 きる 基 礎 を 培 い 国 家 社 会 の 形 成 者 として 必 要 とされる 基 本 的 な 資 質 を 養 うものであり 知 徳 体 をバランス 良 く 育 てる 全 人 教 育 が 必 要 です 機 会 均 等 水 準 確 保 無 償 制 とい う 義 務 教 育 の 根 幹 を 国 の 責 務 として 保 障 しつつ 義 務 教 育 を 抜 本 的 に 充 実 するため その 年 限 3 や 無 償 教 育 の 期 間 について 考 える 必 要 があります 幼 児 期 の 教 育 は その 後 の 生 活 や 学 習 の 基 礎 を 確 固 たるものとし 生 涯 にわたる 学 びと 資 質 能 力 の 向 上 に 大 きく 寄 与 するものであり 言 葉 の 習 得 や 心 身 の 発 達 の 早 期 化 小 学 校 教 育 との 接 続 等 を 踏 まえ 幼 児 教 育 の 機 会 均 等 と 水 準 の 維 持 向 上 を 図 るこ とが 重 要 です 諸 外 国 においても 幼 児 教 育 の 重 要 性 に 鑑 み その 質 の 向 上 や 無 償 化 への 取 組 が 進 められています 少 子 化 対 策 の 観 点 からも 財 源 を 確 保 しつつ 幼 児 教 育 の 無 償 化 を 段 階 的 に 進 めるとともに 将 来 的 な 義 務 教 育 化 も 視 野 に 入 れ 質 の 高 い 幼 児 教 育 を 保 障 することが 必 要 です その 際 保 護 者 が 子 供 の 教 育 に 第 一 義 的 責 任 を 有 していることを 自 覚 し 家 庭 の 十 分 な 協 力 を 得 ながら 幼 児 教 育 の 充 実 が 図 られること が 大 切 です 高 等 学 校 段 階 の 教 育 においては 第 四 次 提 言 で 述 べたように 義 務 教 育 の 基 礎 の 上 に 変 化 の 激 しい 現 代 社 会 において 主 体 的 な 自 己 を 確 立 し 自 ら 学 び 行 動 していくため の 幅 広 い 教 養 と 一 定 の 専 門 的 な 知 識 職 業 観 等 を 身 に 付 け 社 会 の 発 展 に 寄 与 する 志 や 責 任 感 を 養 うことが 求 められます 生 徒 の 能 力 や 適 性 は 多 様 であり 生 徒 の 学 習 ニ ーズに 対 応 した 教 育 を 受 けられるよう 多 様 化 や 特 色 化 を 図 ることが 重 要 です また この 時 期 は 社 会 人 になるための 助 走 期 間 であり 意 欲 ある 全 ての 子 供 に 挑 戦 の 機 会 が 与 えられるよう 家 庭 の 経 済 状 況 にかかわらず 教 育 機 会 を 保 障 する 必 要 があります ( 幼 児 教 育 の 充 実 無 償 教 育 義 務 教 育 の 期 間 の 延 長 等 ) 幼 児 教 育 の 質 の 向 上 のため 国 は 幼 稚 園 教 育 要 領 について 子 供 の 言 葉 の 習 得 など 発 達 の 早 期 化 等 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 接 続 を 意 識 した 見 直 しを 行 う 保 育 所 認 定 こども 園 においても 教 育 の 質 の 向 上 の 観 点 から 見 直 しを 図 る また 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 下 子 供 の 発 達 や 状 況 に 応 じた 指 導 の 充 実 が 図 られ るよう 質 の 高 い 教 職 員 を 確 保 していくための 養 成 研 修 処 遇 配 置 や 施 設 運 営 の 支 援 に 関 する 制 度 面 財 政 面 の 環 境 整 備 を 行 う 市 町 村 は 幼 児 教 育 行 政 に 携 わる 人 材 の 確 保 専 門 性 の 向 上 をはじめ 幼 児 教 育 行 政 を 担 う 体 制 の 整 備 を 進 める 国 は 市 町 村 の 幼 児 教 育 に 関 する 責 任 役 割 を 明 確 にするとともに 市 町 村 の 取 組 を 積 極 的 に 支 援 する その 際 幼 児 期 にお 3 平 成 18 年 に 教 育 基 本 法 が 改 正 され 義 務 教 育 の 目 的 についての 規 定 が 新 たに 置 かれるとともに その 期 間 について 将 来 延 長 する 可 能 性 も 視 野 に 入 れ 9 年 とされていた 規 定 が 削 除 され 学 校 教 育 法 に 委 ねられた 2

4 ける 特 別 支 援 教 育 を 含 めた 教 育 の 充 実 が 一 層 図 られるよう 教 育 指 導 や 研 修 等 に おいて 教 育 行 政 部 局 が 専 門 性 を 発 揮 する 3~5 歳 児 の 幼 児 教 育 について 財 源 を 確 保 しつつ 無 償 化 を 段 階 的 に 推 進 し 希 望 する 全 ての 子 供 に 幼 児 教 育 の 機 会 を 保 障 する 体 制 を 整 える 幼 児 教 育 の 機 会 均 等 と 質 の 向 上 段 階 的 無 償 化 を 進 めた 上 で 国 は 次 の 段 階 の 課 題 として 全 ての 子 供 に 質 の 高 い 幼 児 教 育 を 無 償 で 保 障 する 観 点 から 幼 稚 園 保 育 所 及 び 認 定 こども 園 における5 歳 児 の 就 学 前 教 育 について 設 置 主 体 等 の 多 様 性 も 踏 まえ より 柔 軟 な 新 たな 枠 組 みによる 義 務 教 育 化 を 検 討 する 国 は 小 学 校 及 び 中 学 校 における 不 登 校 の 児 童 生 徒 が 学 んでいるフリースクー ルや 国 際 化 に 対 応 した 教 育 を 行 うインターナショナルスクールなどの 学 校 外 の 教 育 機 会 の 現 状 を 踏 まえ その 位 置 付 けについて 就 学 義 務 や 公 費 負 担 の 在 り 方 を 含 め 検 討 する また 義 務 教 育 未 修 了 者 の 就 学 機 会 の 確 保 に 重 要 な 役 割 を 果 た しているいわゆる 夜 間 中 学 について その 設 置 を 促 進 する ( 高 等 学 校 教 育 修 学 支 援 の 充 実 ) 高 等 学 校 教 育 において 生 涯 にわたって 学 ぶ 基 礎 となる 力 を 育 成 するとともに 生 徒 の 多 様 な 状 況 や 学 習 ニーズに 対 応 した 教 育 が 積 極 的 に 行 われ 様 々な 進 路 に 挑 戦 できるよう 地 方 公 共 団 体 及 び 学 校 は その 実 態 に 合 わせて 教 育 課 程 を 工 夫 したり 民 間 の 外 部 検 定 試 験 等 の 活 用 を 図 ったりするなど 高 等 学 校 教 育 の 特 色 化 を 進 め 国 は 適 切 な 支 援 を 行 う 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 特 に 低 所 得 者 層 を 対 象 として 高 等 学 校 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 高 等 課 程 等 の 修 学 のための 支 援 策 を 一 層 推 進 し 家 庭 の 経 済 状 況 にかか わらず 意 欲 ある 全 ての 子 供 に 高 等 学 校 段 階 の 教 育 機 会 を 保 障 する 高 等 学 校 等 を 卒 業 した 後 も 意 欲 と 能 力 のある 者 が 経 済 的 な 困 難 があっても 高 等 教 育 への 修 学 を 断 念 することなく 学 び 挑 戦 していくことができるよう 国 及 び 大 学 は 授 業 料 減 免 や 所 得 連 動 返 還 型 奨 学 金 などの 支 援 策 を 一 層 推 進 する 専 修 学 校 についても 修 学 支 援 が 図 られるよう 取 り 組 む (2) 小 中 一 貫 教 育 を 制 度 化 するなど 学 校 段 階 間 の 連 携 一 貫 教 育 を 推 進 する 学 校 段 階 間 の 区 切 りは 一 定 の 年 齢 層 の 子 供 を 同 一 の 方 式 で 教 育 するという 意 味 が ありますが いじめや 不 登 校 が 中 学 校 第 1 学 年 で 急 増 するなど 教 育 上 の 様 々な 課 題 と の 関 係 が 指 摘 されています 一 方 地 方 公 共 団 体 における 小 中 一 貫 教 育 の 取 組 により 3

5 学 力 向 上 や 中 1ギャップの 緩 和 などの 効 果 も 報 告 されています また 現 在 の 学 制 の 原 型 が 導 入 された 当 時 に 比 べ 子 供 の 身 体 的 成 長 や 性 的 成 熟 が 約 2 年 早 期 化 している ほか 小 学 校 への 英 語 教 育 の 導 入 をはじめとして 学 習 内 容 の 高 度 化 が 進 んでいます こうしたことから 学 校 段 階 間 の 移 行 を 円 滑 にするような 学 校 間 連 携 や 一 貫 教 育 の 推 進 が 求 められます また 区 切 りを 一 律 に 変 更 することについては これらの 取 組 の 進 捗 状 況 その 成 果 や 課 題 等 を 踏 まえた 上 で 更 なる 検 討 を 行 うことが 必 要 と 考 えま す 学 校 段 階 間 の 移 行 を 円 滑 にする 観 点 から 幼 稚 園 等 と 小 学 校 小 学 校 と 中 学 校 などの 学 校 間 の 連 携 が 一 層 推 進 されるよう 国 は 教 育 内 容 等 を 見 直 すとともに 地 方 公 共 団 体 及 び 学 校 は 教 員 交 流 や 相 互 乗 り 入 れ 授 業 等 を 推 進 する 特 に 今 後 拡 充 が 予 定 されている 英 語 のほか 理 科 等 の 指 導 の 充 実 のため 小 学 校 にお ける 専 科 指 導 の 推 進 を 図 る また コミュニティ スクールの 導 入 の 促 進 により 保 護 者 や 地 域 住 民 の 参 画 と 支 援 の 下 より 効 果 的 な 学 校 間 連 携 を 推 進 する 国 は 小 学 校 段 階 から 中 学 校 段 階 までの 教 育 を 一 貫 して 行 うことができる 小 中 一 貫 教 育 学 校 ( 仮 称 )を 制 度 化 し 9 年 間 の 中 で 教 育 課 程 の 区 分 を4-3-2や 5-4のように 弾 力 的 に 設 定 するなど 柔 軟 かつ 効 果 的 な 教 育 を 行 うことができる ようにする 小 中 一 貫 教 育 学 校 ( 仮 称 )の 設 置 を 促 進 するため 国 地 方 公 共 団 体 は 教 職 員 配 置 施 設 整 備 についての 条 件 整 備 や 私 立 学 校 に 対 する 支 援 を 行 う 国 は 上 記 で 述 べた 学 校 間 の 連 携 や 一 貫 教 育 の 成 果 と 課 題 について きめ 細 か く 把 握 検 証 するなど 地 方 公 共 団 体 や 私 立 学 校 における 先 導 的 な 取 組 の 進 捗 を 踏 まえつつ などの 新 たな 学 校 段 階 の 区 切 りの 在 り 方 について 引 き 続 き 検 討 を 行 う 学 校 が 地 域 社 会 の 核 として 存 在 感 を 発 揮 しつつ 教 育 効 果 を 高 めていく 観 点 か ら 国 は 学 校 規 模 の 適 正 化 に 向 けて 指 針 を 示 すとともに 地 域 の 実 情 を 適 切 に 踏 まえた 学 校 統 廃 合 に 対 し 教 職 員 配 置 や 施 設 整 備 などの 財 政 的 な 支 援 において 十 分 な 配 慮 を 行 う 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 学 校 統 廃 合 によって 生 じた 財 源 の 活 用 等 によって 教 育 環 境 の 充 実 に 努 める (3) 実 践 的 な 職 業 教 育 を 行 う 高 等 教 育 機 関 を 制 度 化 する また 高 等 教 育 機 関 における 編 入 学 等 の 柔 軟 化 を 図 る 職 業 教 育 は 若 者 が 自 らの 夢 や 志 を 考 え 目 的 意 識 を 持 って 実 践 的 な 職 業 能 力 を 身 に 付 けられるようにするとともに 産 業 構 造 の 変 化 や 技 術 革 新 等 に 対 応 して 一 層 充 実 を 図 ることが 必 要 です 特 に 高 等 教 育 段 階 では 社 会 的 需 要 に 応 じた 質 の 高 い 職 業 人 の 養 成 が 望 まれますが ⅰ) 大 学 や 短 期 大 学 は 学 術 研 究 を 基 にした 教 育 を 基 本 と 4

6 し 企 業 等 と 連 携 した 実 践 的 な 職 業 教 育 を 行 うことに 特 化 した 仕 組 みにはなっていな い ⅱ) 高 等 専 門 学 校 は 中 学 校 卒 業 後 からの5 年 一 貫 教 育 を 行 うことを 特 色 とする ものであり 高 等 学 校 卒 業 段 階 の 若 者 や 社 会 人 に 対 する 職 業 教 育 には 十 分 に 対 応 して いない ⅲ) 専 修 学 校 専 門 課 程 ( 専 門 学 校 )は 教 育 の 質 が 制 度 上 担 保 されていない こともあり 必 ずしも 適 切 な 社 会 的 評 価 を 得 られていない などの 課 題 が 指 摘 されて います こうした 課 題 を 踏 まえ 大 学 高 等 専 門 学 校 専 門 学 校 4 高 等 学 校 等 におけ る 職 業 教 育 を 充 実 するとともに 質 の 高 い 実 践 的 な 職 業 教 育 を 行 う 新 たな 高 等 教 育 機 関 の 制 度 化 が 求 められます また 学 習 者 が 目 的 意 識 に 応 じて 自 らの 学 びを 柔 軟 に 発 展 させるとともに 様 々 な 分 野 に 挑 戦 していくことができるよう 高 等 教 育 機 関 の 間 での 進 路 変 更 の 柔 軟 化 を 図 ることが 必 要 です ( 職 業 教 育 の 充 実 強 化 ) 高 等 学 校 段 階 における 職 業 教 育 の 充 実 のため 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 卓 越 し た 職 業 教 育 を 行 う 高 等 学 校 ( 専 門 高 校 )への 支 援 を 充 実 し 更 なるレベルアップ を 図 る 学 習 や 学 校 生 活 に 課 題 を 抱 える 生 徒 に 対 しても 社 会 に 貢 献 し 責 任 を 果 たしながら 自 己 実 現 を 図 る 社 会 人 となることができるよう 学 力 向 上 や 就 職 支 援 のための 指 導 員 の 配 置 充 実 等 を 図 る また 地 方 公 共 団 体 と 学 校 関 係 機 関 が 連 携 し 中 途 退 学 者 も 含 め 新 たな 挑 戦 に 臨 む 進 路 変 更 希 望 者 に 対 する 転 学 再 修 学 や 就 職 のための 相 談 支 援 を 行 う 体 制 を 構 築 する 高 等 学 校 段 階 から5 年 間 かけて 行 われる 職 業 教 育 の 効 果 は 高 いことから 国 及 び 高 等 専 門 学 校 は 産 業 構 造 の 変 化 やグローバル 化 等 に 対 応 した 実 践 的 創 造 的 技 術 者 を 養 成 することができるよう 教 育 内 容 の 改 善 に 取 り 組 むことと 併 せ 新 分 野 への 展 開 に 向 けて 現 在 の 学 科 構 成 5 を 見 直 す また 国 地 方 公 共 団 体 等 は 高 等 学 校 や 専 修 学 校 高 等 課 程 と 専 門 学 校 や 短 期 大 学 との 連 携 高 等 学 校 専 攻 科 の 活 用 を 推 進 する 社 会 経 済 の 変 化 に 伴 う 人 材 需 要 に 即 応 した 質 の 高 い 職 業 人 を 育 成 するととも に 専 門 高 校 卒 業 者 の 進 学 機 会 や 社 会 人 の 学 び 直 しの 機 会 の 拡 大 に 資 するため 国 は 実 践 的 な 職 業 教 育 を 行 う 新 たな 高 等 教 育 機 関 を 制 度 化 する これにより 学 校 教 育 において 多 様 なキャリア 形 成 を 図 ることができるようにし 高 等 教 育 に おける 職 業 教 育 の 体 系 を 確 立 する 具 体 化 に 当 たっては 社 会 人 の 学 び 直 しの 需 要 や 産 業 界 の 人 材 需 要 所 要 の 財 源 の 確 保 等 を 勘 案 して 検 討 する 4 専 門 学 校 においては 職 業 に 必 要 な 実 践 的 かつ 専 門 的 な 能 力 を 育 成 することを 目 的 とし 専 攻 分 野 における 実 務 に 関 する 知 識 技 術 及 び 技 能 について 組 織 的 な 教 育 を 行 うものとして 職 業 実 践 専 門 課 程 の 文 部 科 学 大 臣 認 定 制 度 が 平 成 26 年 度 から 実 施 されている 同 年 度 において472 校 1,373 学 科 が 認 定 を 受 けている ( 平 成 25 年 度 における 専 門 学 校 の 学 校 数 学 科 数 は 2,811 校 8,128 学 科 ) 5 平 成 25 年 度 において 高 等 専 門 学 校 の 学 科 (247 学 科 )のうち 工 業 系 96.8%(239 学 科 ) 商 船 2.0%(5 学 科 ) その 他 1.2%( 経 営 情 報 コミュニケーション 情 報 国 際 ビジネスの 各 1 学 科 )となっている 5

7 ( 高 等 教 育 機 関 における 編 入 学 等 の 柔 軟 化 ) 能 力 や 意 欲 に 応 じた 学 びの 発 展 やその 後 の 進 路 変 更 に 対 応 できるよう 国 は 大 学 への 飛 び 入 学 制 度 の 活 用 実 態 等 も 踏 まえて 高 等 学 校 の 早 期 卒 業 を 制 度 化 する とともに 学 制 の 異 なる 国 からの 留 学 生 受 入 れなど 国 際 化 に 対 応 できるよう 大 学 及 び 大 学 院 入 学 資 格 において 課 している12 年 又 は16 年 の 課 程 の 修 了 要 件 を 緩 和 する 高 等 学 校 卒 業 後 の 進 路 をより 柔 軟 にするため 大 学 は 短 期 大 学 専 門 学 校 か らの 編 入 学 や 学 部 間 の 転 学 社 会 人 の 学 び 直 し 等 の 機 会 の 拡 大 を 図 る 国 は 高 等 学 校 専 攻 科 修 了 者 について 高 等 教 育 としての 質 保 証 の 仕 組 みを 確 保 した 上 で 大 学 への 編 入 学 の 途 を 開 く 国 は 厳 格 な 成 績 評 価 卒 業 認 定 の 下 大 学 学 部 大 学 院 の 早 期 卒 業 制 度 及 び 飛 び 入 学 制 度 が 一 層 活 用 されるようにするとともに 学 士 課 程 及 び 修 士 課 程 の 修 業 年 限 の 在 り 方 について 検 討 し 大 学 における 学 士 修 士 の 一 貫 した 教 育 課 程 を 導 入 しやすくする 早 期 卒 業 及 び 飛 び 入 学 の 推 進 編 入 学 や 転 学 社 会 人 の 学 び 直 し 等 の 機 会 の 拡 大 に 際 しては 国 立 大 学 法 人 運 営 費 交 付 金 や 私 学 助 成 における 運 用 の 見 直 しや 支 援 を 行 う 国 は 省 庁 の 枠 を 越 え 意 欲 ある 学 生 が 更 なる 学 びの 機 会 が 得 られるよう 職 業 能 力 開 発 大 学 校 短 期 大 学 校 における 学 修 を 大 学 の 単 位 認 定 の 対 象 とするとと もに これらの 職 業 能 力 開 発 施 設 から 大 学 への 編 入 学 についても 途 を 開 くよう 検 討 する 2. 教 員 免 許 制 度 を 改 革 するとともに 社 会 から 尊 敬 され 学 び 続 ける 質 の 高 い 教 師 を 確 保 するため 養 成 や 採 用 研 修 等 の 在 り 方 を 見 直 す 上 記 1で 述 べた 改 革 を 実 現 に 導 くには 子 供 一 人 一 人 の 可 能 性 を 引 き 出 し 能 力 を 伸 ばしていく 教 師 の 存 在 が 不 可 欠 であり その 資 質 能 力 の 向 上 や 配 置 の 充 実 を 一 体 のものとして 行 わなければなりません 教 師 が 自 らの 人 間 性 や 専 門 性 を 発 揮 して 子 供 を 教 え 導 くことができるよう 学 制 改 革 の 機 会 を 捉 え 免 許 養 成 採 用 研 修 配 置 処 遇 などの 制 度 全 般 の 在 り 方 を 考 える 必 要 があります 学 制 改 革 に 伴 い 学 校 間 の 連 携 や 一 貫 教 育 を 推 進 し 柔 軟 かつ 効 果 的 な 教 育 を 行 う 観 点 から 教 師 が 学 校 種 を 越 えて 教 科 等 の 専 門 性 に 応 じた 指 導 ができるよう 教 員 免 許 制 度 を 改 革 するとともに 専 科 指 導 等 のための 教 職 員 の 配 置 や 専 門 性 を 持 つ 人 材 の 活 用 を 図 ることが 必 要 です また 教 師 には 教 育 に 対 する 強 い 情 熱 豊 かな 人 間 性 や 社 会 性 実 践 的 で 確 かな 6

8 指 導 力 が 求 められます 自 ら 学 び 続 ける 強 い 意 志 を 備 えた 質 の 高 い 教 師 を 確 保 すると ともに 教 師 が 社 会 から 尊 敬 され その 力 が 十 分 に 発 揮 されるよう 教 師 の 養 成 や 採 用 研 修 等 の 在 り 方 についても 見 直 す 必 要 があります ( 学 制 改 革 に 応 じた 教 師 の 免 許 配 置 等 の 在 り 方 ) 国 は 教 師 が 教 科 等 の 専 門 性 に 応 じ 小 学 校 と 中 学 校 中 学 校 と 高 等 学 校 など の 複 数 の 学 校 種 において 指 導 可 能 な 教 科 ごとの 免 許 状 の 創 設 6 や 複 数 学 校 種 の 免 許 状 の 取 得 を 促 進 するための 要 件 の 見 直 しなど 教 員 免 許 制 度 の 改 革 を 行 う 地 方 公 共 団 体 は 複 数 学 校 種 の 免 許 状 保 有 者 の 採 用 や 現 職 の 教 師 による 他 校 種 免 許 状 の 取 得 の 促 進 を 図 る 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 小 学 校 と 中 学 校 の 連 携 推 進 や 各 学 校 における 教 科 の 専 門 性 に 応 じた 教 育 の 充 実 のため 小 学 校 における 専 科 指 導 のための 教 職 員 配 置 を 充 実 する また 特 別 免 許 状 制 度 や 特 別 非 常 勤 講 師 制 度 の 活 用 や 学 校 支 援 ボ ランティアの 推 進 等 により 学 校 の 教 育 活 動 において 社 会 経 験 や 専 門 的 知 識 技 能 の 豊 かな 社 会 人 外 国 人 指 導 者 文 化 芸 術 スポーツの 指 導 者 など 多 様 な 人 材 の 積 極 的 な 登 用 を 図 る 学 力 の 定 着 等 に 課 題 を 抱 える 児 童 生 徒 や 発 達 障 害 児 を 含 む 特 別 支 援 教 育 を 必 要 とする 児 童 生 徒 に 対 して きめ 細 かい 指 導 や 社 会 的 自 立 に 向 けた 支 援 を 行 うこ とができるよう 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 教 師 の 専 門 的 指 導 力 の 向 上 とともに 教 職 員 配 置 や 専 門 スタッフの 充 実 を 図 る 教 師 が 特 別 支 援 教 育 に 関 する 知 識 技 能 を 身 に 付 けることができるよう 特 別 支 援 学 校 の 教 師 は 必 須 化 も 視 野 に 入 れ 特 別 支 援 学 校 免 許 状 の 取 得 を 促 進 する ( 質 の 高 い 教 師 を 確 保 するための 養 成 採 用 研 修 等 の 在 り 方 ) 実 践 的 な 力 を 備 えた 教 師 を 養 成 し 採 用 することができるよう 国 は 大 学 にお いて インターンシップやボランティア 活 動 など 学 生 に 学 校 現 場 を 経 験 させる 取 組 を 推 進 するとともに 採 用 前 又 は 後 に 学 校 現 場 で 行 う 実 習 研 修 を 通 じて 適 性 を 厳 格 に 評 価 する 仕 組 み( 教 師 インターン 制 度 ( 仮 称 ))の 導 入 を 検 討 する こう した 仕 組 みの 導 入 に 際 しては 教 育 実 習 の 内 容 や 期 間 地 方 公 共 団 体 や 学 校 によ る 採 用 選 考 の 時 期 や 期 間 初 任 者 研 修 の 内 容 や 研 修 期 間 中 の 教 職 員 定 数 の 在 り 方 等 も 含 め 総 合 的 な 検 討 を 行 う 大 学 は 質 の 高 い 教 師 を 養 成 するため 実 践 型 のカリキュラムへの 転 換 組 織 編 成 の 抜 本 的 な 見 直 し 強 化 など 教 員 養 成 を 担 う 学 部 や 教 職 大 学 院 の 質 的 充 実 6 現 行 の 教 員 免 許 制 度 においては 学 校 種 ごとに 免 許 状 が 設 けられており 原 則 として 一 の 免 許 状 では 複 数 の 学 校 種 において 指 導 ができない 7

9 を 図 る 地 方 公 共 団 体 と 教 職 大 学 院 などの 大 学 が 連 携 して 管 理 職 を 養 成 する 研 修 も 含 め 教 師 の 研 修 を 充 実 し 自 ら 学 び 続 ける 強 い 意 志 リーダーシップや 創 造 性 などの 資 質 向 上 を 図 る 国 は 優 秀 教 師 の 処 遇 の 改 善 等 と 併 せ こうした 取 組 を 積 極 的 に 支 援 する 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 課 題 解 決 双 方 向 型 授 業 等 にも 対 応 した 質 の 高 い 教 育 を 実 現 するため 教 職 員 配 置 の 充 実 を 図 る また 教 師 の 勤 務 時 間 や 授 業 以 外 の 活 動 時 間 が 世 界 的 に 見 て 格 段 に 長 い 7 ことを 踏 まえ 教 師 が 子 供 と 向 き 合 う 時 間 を 確 保 し 教 育 活 動 に 専 念 できるようにする 観 点 から 学 校 経 営 を 支 える 管 理 事 務 体 制 の 充 実 スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーなどの 多 様 な 専 門 職 の 配 置 や 活 用 が 進 むよう 制 度 面 財 政 面 の 整 備 を 行 う 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 教 師 に 対 する 社 会 からの 信 頼 感 や 尊 敬 の 念 が 醸 成 され 優 秀 な 人 材 を 教 育 現 場 に 引 き 付 けるため いわゆる 人 材 確 保 法 の 初 心 に 立 ち 返 り 教 師 の 処 遇 を 確 保 する 真 に 頑 張 っている 教 師 に 報 いることができるよう 優 れ た 教 師 に 対 する 顕 彰 を 行 い 人 事 評 価 の 結 果 を 処 遇 等 に 反 映 するとともに 諸 手 当 等 の 在 り 方 を 見 直 し メリハリのある 給 与 体 系 とするなどの 改 善 を 図 る 3. 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 と 将 来 にわたって 成 長 し 続 ける 社 会 を 実 現 するた め 教 育 を 未 来 への 投 資 として 重 視 し 世 代 を 超 えて 全 ての 人 たちで 子 供 若 者 を 支 える 上 記 1 及 び2で 述 べた 義 務 教 育 無 償 教 育 の 期 間 の 見 直 し 幼 児 教 育 の 充 実 小 中 一 貫 教 育 の 制 度 化 など 学 校 段 階 間 の 連 携 や 一 貫 教 育 の 推 進 実 践 的 な 職 業 教 育 を 行 う 高 等 教 育 機 関 の 制 度 化 など 新 しい 時 代 にふさわしい 学 制 を 構 築 し 将 来 を 見 据 え た 改 革 を 断 行 していくためには 財 源 措 置 を 含 む 条 件 整 備 が 必 要 であり 社 会 全 体 で 教 育 への 投 資 を 重 視 する 意 識 改 革 を 一 体 的 に 行 うことが 重 要 です 日 本 の 現 状 は 高 齢 者 世 代 に 比 べて 子 供 若 者 世 代 への 公 的 な 支 出 が 圧 倒 的 に 少 ない 状 態 です 特 に 私 学 の 多 い 就 学 前 教 育 と 高 等 教 育 段 階 における 公 財 政 負 担 や 一 人 一 人 の 状 況 に 応 じた 修 学 支 援 等 が 十 分 でなく これらの 充 実 が 求 められます 教 育 の 質 の 向 上 や 教 育 費 負 担 の 軽 減 などの 教 育 投 資 は 個 人 の 能 力 の 向 上 自 己 実 現 所 得 の 増 加 出 生 率 の 向 上 経 済 成 長 税 収 増 加 などの 効 果 をもたらします 特 に 子 育 てや 教 育 にお 金 がかかりすぎることが 子 供 を 産 み 育 てたい 人 の 希 望 を 阻 害 する 最 大 の 要 因 となっており 教 育 費 負 担 の 軽 減 は 少 子 化 対 策 の 鍵 であると 言 えま 7 OECDによる 国 際 教 員 指 導 環 境 調 査 (TALIS2013)によれば 中 学 校 段 階 の 教 師 の1 週 間 あたりの 勤 務 時 間 について 日 本 は53.9 時 間 で あり 調 査 参 加 国 (34か 国 地 域 ) 中 最 長 ( 参 加 国 平 均 は38.3 時 間 ) 授 業 時 間 は 参 加 国 平 均 (19.3 時 間 )と 同 程 度 (17.7 時 間 )だが 特 に スポーツ 文 化 などの 課 外 活 動 ( 日 本 :7.7 時 間 参 加 国 平 均 :2.1 時 間 )や 事 務 業 務 時 間 ( 日 本 :5.5 時 間 参 加 国 平 均 :2.9 時 間 )が 長 い 8

10 す また 意 欲 ある 全 ての 子 供 若 者 社 会 人 に 挑 戦 の 機 会 を 保 障 し 質 の 高 い 教 育 を 実 現 することは 貧 困 の 連 鎖 を 断 ち 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 の 実 現 に 寄 与 するもの です さらには 個 人 の 能 力 の 向 上 は 社 会 全 体 の 生 産 性 の 向 上 をもたらし 将 来 に わたって 成 長 し 続 ける 社 会 の 実 現 につながります 逆 に 人 材 の 質 と 量 を 充 実 確 保 するための 教 育 投 資 を 怠 れば 我 が 国 は 今 後 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 展 等 により 労 働 力 人 口 の 急 激 な 減 少 や それに 伴 う 経 済 成 長 の 鈍 化 社 会 保 障 制 度 の 維 持 の 困 難 おちい 化 など 危 機 的 な 状 況 に 陥 る 恐 れがあります こうしたことから 家 庭 の 経 済 状 況 や 発 達 の 状 況 等 にかかわらず 意 欲 と 能 力 のあ る 全 ての 子 供 若 者 社 会 人 に 質 の 高 い 教 育 機 会 を 確 保 していくことが 不 可 欠 であり 世 代 を 超 えて 総 がかりで 教 育 を 支 える 社 会 の 実 現 を 目 指 すべきです 特 に 幼 児 教 育 の 段 階 的 な 無 償 化 をはじめ 教 育 の 質 の 向 上 や 教 育 費 負 担 の 軽 減 などの 教 育 政 策 につ いて 子 供 若 者 の 未 来 のため 安 定 的 な 財 源 を 確 保 しつつ 未 来 への 投 資 と 位 置 付 けて 重 視 することが 必 要 です 教 育 財 源 の 確 保 に 当 たっては 少 子 化 に 伴 って 逓 減 する 費 用 や 教 育 的 観 点 からの 学 校 統 廃 合 等 によって 生 じた 財 源 を 教 育 の 質 の 向 上 に 活 用 すべきです また 資 源 配 分 の 重 点 を 高 齢 者 から 子 供 若 者 へ とりわけ 教 育 費 負 担 の 軽 減 のために 大 胆 に 移 して いくことや 民 間 資 金 の 活 用 等 も 重 要 です 政 府 においては 教 育 投 資 の 一 層 の 重 視 や 教 育 財 源 の 確 保 のための 方 策 について その 意 義 効 果 を 踏 まえて 更 に 国 民 的 な 議 論 を 深 め 実 行 していくことを 期 待 します 家 庭 の 経 済 状 況 や 発 達 の 状 況 等 にかかわらず 意 欲 と 能 力 のある 全 ての 子 供 若 者 社 会 人 が 質 の 高 い 教 育 を 受 けることができ 一 人 一 人 の 能 力 や 可 能 性 を 最 大 限 伸 ばし 将 来 にわたって 成 長 し 続 ける 社 会 の 実 現 を 目 指 し 国 は 子 供 若 者 の 未 来 のため 幼 児 教 育 の 段 階 的 な 無 償 化 をはじめ 教 育 の 質 の 向 上 や 教 育 費 負 担 の 軽 減 などの 教 育 政 策 について 未 来 への 投 資 と 位 置 付 けて 重 視 する 教 育 財 源 の 確 保 に 当 たり 資 源 配 分 の 重 点 を 高 齢 者 から 子 供 若 者 へ 大 胆 な 移 行 を 図 る 国 は 在 学 中 にかかる 費 用 を 卒 業 後 の 収 入 に 応 じて 負 担 する 所 得 連 動 返 還 型 奨 学 金 の 充 実 税 制 上 のインセンティブを 通 じた 寄 附 の 促 進 等 による 民 間 資 金 の 活 用 や 世 代 間 資 産 移 転 の 促 進 等 も 含 め 世 代 を 超 えて 全 ての 人 たちで 子 供 若 者 を 支 える 安 定 的 な 教 育 財 源 を 確 保 する 取 組 について 国 民 的 な 理 解 を 得 つつ 推 進 す る 教 育 投 資 は 少 子 化 対 策 の 観 点 からも 極 めて 重 要 であることを 踏 まえ 国 地 方 公 共 団 体 産 業 界 教 育 界 の 代 表 等 による 教 育 サミット( 仮 称 ) を 開 催 し 教 育 投 資 の 重 要 性 についてアピールするなど 社 会 総 がかりで 子 供 若 者 を 支 え る 意 識 や 環 境 の 醸 成 を 図 る 9

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

中教審、「専門職業大学」創設を答申!|旺文社教育情報センター

中教審、「専門職業大学」創設を答申!|旺文社教育情報センター 今 月 の 視 点 -115 中 教 審 専 門 職 業 大 創 設 を 答 申! 既 存 の 大 体 系 に 位 置 付 け 31 年 度 開 目 指 す! 旺 文 社 教 育 情 報 センター 28 年 7 月 中 教 審 北 山 禎 介 会 長 は 28 年 5 月 実 践 的 な 職 業 教 育 を 行 う 新 たな 高 等 教 育 機 関 として 専 門 職 業 大 仮 称 専 門 職 業

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

1

1 1 2 3 4 1. 教 育 投 資 教 育 財 源 確 保 策 の 検 討 教 育 投 資 の 必 要 性 1 少 子 化 の 克 服 2 格 差 の 改 善 ( 公 正 公 平 な 社 会 の 実 現 ) 3 経 済 成 長 雇 用 の 確 保 という 三 つを 解 決 し 一 人 一 人 の 豊 かな 人 生 と 成 長 し 続 け 安 心 できる 社 会 を 実 現 できるのが 教 育 少

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

教育「保障」と、教育「投資」|旺文社教育情報センター

教育「保障」と、教育「投資」|旺文社教育情報センター 今 月 の 視 点 -30 教 育 保 障 と 教 育 投 資 公 共 財 である 教 育 に 公 財 政 の 充 実 を! 旺 文 社 教 育 情 報 センター 21 年 6 月 国 民 の 教 育 を 受 ける 権 利 や 義 務 教 育 の 無 償 については 憲 法 及 び 教 育 基 本 法 で 明 確 に 保 障 されている しかし 現 下 の 厳 しい 経 済 情 勢 の 影 響 で

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73>

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73> 中 期 目 標 中 期 目 標 中 期 計 画 一 覧 表 ( 法 人 番 号 21 ) ( 大 学 名 ) 千 葉 大 学 中 期 計 画 ( 前 文 ) 大 学 の 基 本 的 な 目 標 千 葉 大 学 は 千 葉 大 学 憲 章 に 掲 げた 理 念 を 具 現 化 し 使 命 を 達 成 するため に 基 本 的 な 目 標 を 以 下 のとおり 定 める 人 類 の 文 化 の 継 承

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

Taro-20151216福岡教育大学教職大

Taro-20151216福岡教育大学教職大 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 における 教 員 の 資 質 能 力 の 高 度 化 に 向 けた 取 組 方 策 について ( 答 申 ) 平 成 27 年 12 月 16 日 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議 平 成 27 年 12 月 16 日 福 岡 教 育 大 学 長 寺 尾 愼 一 殿 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

【日付入り表紙のみ】7次提言表紙(手交用)

【日付入り表紙のみ】7次提言表紙(手交用) これからの 時 代 に 求 められる 資 質 能 力 と それを 培 う 教 育 教 師 の 在 り 方 について ( 第 七 次 提 言 ) 平 成 27 年 5 月 14 日 教 育 再 生 実 行 会 議 これからの 時 代 に 求 められる 資 質 能 力 と それを 培 う 教 育 教 師 の 在 り 方 について ( 第 七 次 提 言 ) はじめに 現 代 の 社 会 は 情 報 通

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 国 会 会 議 録 抜 粋 圃 1 法 律 の 提 案 理 由 及 び 概 要 0 国 務 大 臣 ( 小 坂 憲 次 君 )このたび 政 府 から 提 出 いたしました 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

日本学生支援機構入札説明会資料

日本学生支援機構入札説明会資料 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い

More information

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人 一 部 改 訂 版 とちぎの 幼 児 教 育 とちぎの 幼 児 の 健 やかな 成 長 のために 平 成 23 年 3 月 栃 木 県 総 合 教 育 セ ン タ ー ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の2の 規 定 に 基 づく 報 告 書 米 の 生 産 調 整 対 策 の 実 施 状 況 等 について 平 成 2 8 年 7 月 会 計 検 査 院 農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制 法 曹 養 成 制 度 改 革 推 進 会 議 御 中 この 度 司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 をとりまとめましたので お 届 け 致 します ご 査 収 いただけますと 幸 いです なお この 提 言 は 法 務 大 臣 及 び 文 部 科 学 大 臣 にもお 届 け 致 します 2014 年 6 月 9 日 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人 資 料 1 平 成 26 年 10 月 21 日 1 背 景 1 2 女 性 の 活 躍 促 進 の 課 題 3 3 女 性 の 活 躍 支 援 のための 施 策 展 開 3 4 ネットワークの 構 築 4 5 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の 今 後 の 取 組 方 向 5 参 考 資 料 北 海 道 らしい 女 性 の 元 気 応 援 ネット 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

Microsoft Word - 1地域経営.doc

Microsoft Word - 1地域経営.doc (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 (2) 広 報 広 聴 活 動 の 充 実 (1) 行 政 サービスの 向 上 (2) 健 全 な 行 財 政 経 営 の 推 進 (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 1 協 働 への 意 識 改 革 市 民 の 要 望 に 行 政 が 応 えるこれまでのまちづくり は 行 政 の 肥 大 化 を 招 き 多 様 化 複 雑 化 した 市 民 ニ ーズに

More information

参考資料2 女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議について

参考資料2 女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議について 女 性 の 活 躍 による 経 済 活 性 化 を 推 進 する 関 係 閣 僚 会 議 について 参 考 資 料 2 1. 女 性 の 活 躍 による 経 済 活 性 化 を 推 進 する 関 係 閣 僚 会 議 4 月 9 日 の 国 家 戦 略 会 議 において 民 間 議 員 より 女 性 の 活 躍 により 経 済 を 活 性 化 する 観 点 から 政 府 が 重 点 的 に 行 うべき

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について ( 審 42) 資 料 2 地 方 公 共 団 体 等 からの 主 な 要 望 事 項 について 平 成 28 年 1 月 本 資 料 は 第 40 回 審 査 会 ( 平 成 27 年 1 月 28 日 ) 以 降 現 時 点 までに 文 部 科 学 省 に 寄 せられた 要 望 のうち 主 な 項 目 をまとめたものである 1. 精 神 的 損 害 に 係 る 賠 償 被 害 者 が 被 った

More information

80 鹿児島大学

80 鹿児島大学 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

女 性 が 活 躍 する 未 来 に 向 けてスピードアップ! ~ 地 域 をけん 引 する 指 定 都 市 の 提 言 ~ 平 成 26 年 11 月 指 定 都 市 市 長 会 提 言 の 趣 旨 人 口 急 減 超 高 齢 化 への 対 応 が 国 を 挙 げての 喫 緊 の 課 題 となる 中 社 会 の 活 力 を 維 持 していくためには あらゆる 人 が 意 欲 を 持 ち 活 動

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れ 事 業 の 今 後 の 方 針 について 平 成 2 6 年 1 月 2 2 日 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 第 1 経 緯 我 が 国 は 平 成 20 年 12 月 の 閣 議 了 解 及 び 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 決 定 に より アジア 地 域 で 発 生 している 難 民 に 関 する 諸 問 題 に 対 処

More information

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 履 修 規 程 (26.4) ( 趣 旨 ) 第 条 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 ( 以 下 本 科 という )の 履 修 に 関 する 事 項 については 東 京 成 徳 短 期 大 学 学 則 の 規 定 によるほか この 規 程 の 定 めるところによる ( 教 育 課 程 の 編 成 ) 第 2 条 本 科 における

More information