国際銅研究会への再加盟について

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "国際銅研究会への再加盟について"

Transcription

1 非 鉄 金 属 の 需 給 動 向 とその 背 景 平 成 2 年 7 月 経 済 安 全 保 障 課 <ポイント> 非 鉄 金 属 非 鉄 金 属 は 伝 統 的 に 消 費 量 の 多 いアルミニウム 銅 亜 鉛 等 のベースメタル と 消 費 量 は 少 ないが 新 素 材 ( 特 殊 鋼 電 子 材 料 磁 性 材 料 等 )の 原 料 として 重 要 な 役 割 を 果 たしているレアメタル(ニッケル クロム コバルト タングステ ン インジウム レアアース 白 金 族 金 属 等 )がある 需 給 価 格 動 向 ベースメタルは 比 較 的 多 くの 国 に 分 散 しており チリ ペルー メキシコ 等 の 中 南 米 や 豪 州 米 国 カナダ 等 の 先 進 国 も 比 較 的 大 きな 埋 蔵 量 を 確 保 している これに 対 し レアメタルは 資 源 の 偏 在 性 が 著 しく 中 国 南 アフリカ コンゴ( 民 ) ロシア カザフスタン 等 に 集 中 している 鉱 物 資 源 業 界 では 大 手 企 業 間 の 合 併 買 収 が 進 んだ 結 果 寡 占 化 が 顕 著 にな っている 世 界 で 消 費 される 金 属 資 源 量 は 新 興 経 済 国 特 に 中 国 の 急 速 な 経 済 発 展 を 主 要 因 として 大 幅 に 増 大 している 中 国 の 金 属 消 費 量 は 21~7 年 の 6 年 間 で 銅 が 2.1 倍 鉛 3.6 倍 亜 鉛 2.4 倍 アルミニウムは 3.5 倍 ニッケルは 4. 倍 と 急 増 した 金 属 市 況 は 需 要 の 増 大 金 属 市 場 への 投 機 資 金 の 流 入 等 を 要 因 として 3 年 後 半 からほとんどの 金 属 が 高 騰 した 2 年 と 比 較 して 7 年 平 均 金 属 価 格 は 銅 で 4.6 倍 鉛 で 5.7 倍 亜 鉛 で 4.2 倍 ニッケルは 5.5 倍 と 急 騰 した 我 が 国 との 関 係 我 が 国 は 非 鉄 金 属 の 主 要 消 費 国 の 一 つであり ニッケルで 世 界 第 2 位 の 消 費 国 となっている 他 アルミニウム 亜 鉛 で 第 3 位 銅 で 第 4 位 鉛 で 第 5 位 の 消 費 国 金 属 資 源 の 大 部 分 は 海 外 からの 輸 入 に 依 存 非 鉄 金 属 の 中 で 市 場 規 模 の 大 きい 銅 についてみると チリ インドネシア ペルー 等 からの 輸 入 が 多 い 中 国 は 希 少 金 属 資 源 保 護 管 理 の 強 化 自 国 産 業 優 先 の 方 針 を 打 ち 出 しており 中 国 国 内 の 需 要 が 急 増 している 中 我 が 国 としても 中 国 からの 輸 入 に 依 存 してい る 金 属 原 料 について 供 給 先 の 多 様 化 等 の 対 策 を 図 っていく 必 要 がある 1

2 1. 非 鉄 金 属 とは (1) 概 要 非 鉄 金 属 とは 鉄 以 外 の 金 属 の 総 称 非 鉄 金 属 は 便 宜 上 伝 統 的 に 消 費 量 の 多 いアルミニウ ム 銅 亜 鉛 等 のベースメタルと 消 費 量 は 少 ないが 新 素 材 ( 特 殊 鋼 電 子 材 料 磁 性 材 料 等 )の 原 料 として 重 要 な 役 割 を 果 たしているレアメタル(ニッケル クロム コバルト タ ングステン インジウム レアアース 白 金 族 金 属 等 )がある( 表 1 参 照 製 造 工 程 につき 参 考 1 参 照 ) 我 が 国 は 金 属 鉱 物 資 源 の 大 部 分 を 海 外 からの 輸 入 に 依 存 している (2) 非 鉄 金 属 の 用 途 代 表 的 な 非 鉄 金 属 5 種 ( 銅 鉛 亜 鉛 アルミニウム ニッケル)の 主 な 用 途 は 以 下 の とおり (イ) 銅 銅 は 電 気 及 び 熱 伝 導 性 が 高 い 耐 食 性 に 優 れている 展 延 性 が 高 く 加 工 性 に 優 れている といった 特 徴 がある 国 内 では 6 年 に 1,563 千 トンの 銅 が 消 費 されており そのうち 電 線 が 84 千 トン 伸 銅 品 が 723 千 トンである 製 品 分 野 別 では 電 気 機 械 が 421 千 トン 自 動 車 船 舶 が 29 千 トン 建 設 事 業 が 183 千 トン 金 属 製 品 鉄 鋼 が 154 千 トン 等 となってい る (ロ) 鉛 鉛 は 原 子 量 が 大 きく 安 定 性 が 高 い 金 属 であり 製 錬 が 容 易 で 金 属 として 古 くから 利 用 さ れてきた 6 年 の 国 内 消 費 量 は 31 千 トン( 純 分 量 )であり 蓄 電 池 向 け( 自 動 車 産 業 用 民 生 用 )が 271 千 トンと 9 割 を 占 めている その 他 では ガラス 製 品 塩 ビ 安 定 剤 塗 料 と いった 無 機 薬 品 が 12 千 トン はんだ 銅 合 金 塊 が 8 千 トン 鉛 管 板 が 3 千 トンとなっている EU を 中 心 とした 鉛 使 用 規 制 の 影 響 で 蓄 電 池 以 外 の 需 要 は 減 少 に 向 かっている (ハ) 亜 鉛 亜 鉛 は イオン 化 傾 向 が 大 きく 酸 化 被 膜 を 作 る 特 性 から 鉄 の 防 食 ( 亜 鉛 めっき)に 欠 くことのできない 金 属 6 年 の 国 内 消 費 量 は 557 千 トン( 純 分 量 )であり 亜 鉛 めっき 鋼 板 向 けが 226 万 トン その 他 めっきは 81 千 トンであり 自 動 車 部 材 建 材 構 造 物 電 気 機 器 等 のめっき 用 が 全 体 の 55%を 占 めている その 他 伸 銅 品 が 79 千 トン 無 機 薬 品 (タイヤ 電 子 部 品 塗 料 等 )が 57 千 トン 亜 鉛 ダイカストが 51 千 トン 等 となっている (ニ)アルミニウム アルミニウムは 軽 量 で 耐 食 性 加 工 性 通 電 性 熱 伝 導 性 等 に 優 れており 他 の 金 属 と の 合 金 や 熱 処 理 を 施 すことで 強 度 を 増 すことができるため 自 動 車 鉄 道 車 両 サッシ 精 密 機 器 飲 料 缶 材 等 広 範 囲 に 使 用 されている 6 年 のアルミニウム 最 終 製 品 の 国 内 需 要 は 4,229 千 トン( 純 分 量 )であり 主 な 需 要 分 野 は 輸 送 機 器 ( 自 動 車 鉄 道 車 両 等 )が 1,755 千 トン 土 木 建 築 分 野 ( 建 築 資 材 サッシ 等 )679 千 トン 金 属 製 品 が 513 千 トン 食 品 容 器 包 装 向 け(アルミ 缶 箔 等 )が 434 千 トン 等 となっている (ホ)ニッケル ニッケルは 強 い 磁 性 がある 展 性 や 延 性 に 富 む 水 やアルカリへの 耐 性 に 優 れていると いった 特 徴 がある 7 年 の 国 内 ニッケル 消 費 量 は 144 千 トン( 純 分 量 )であり このうち 特 殊 鋼 向 け(ステンレス 鋼 高 張 力 鋼 機 械 構 造 用 合 金 鋼 耐 熱 鋼 耐 熱 超 合 金 合 金 工 具 鋼 2

3 等 )が 129 千 トンと 9 割 を 占 めている その 他 めっき 用 ( 自 動 車 自 転 車 )が 2 千 トン 磁 性 合 金 非 鉄 合 金 (ラジオ テレビ 電 子 部 品 )が 3 千 トン 等 となっている 表 1 非 鉄 金 属 の 主 な 用 途 埋 蔵 国 鉱 石 生 産 国 金 属 種 主 な 用 途 主 な 埋 蔵 国 主 な 鉱 石 生 産 国 (27 年 ) 銅 チリ 米 国 イント ネシア ペル 電 線 銅 管 チリ ペルー 米 国 中 国 ー ポーランド メキシコ 半 導 体 豪 州 イント ネシア 中 国 豪 州 鉛 バッテリー 中 国 豪 州 米 国 カサ フスタ 中 国 豪 州 米 国 ペルー ン ペルー メキシコ メキシコ 亜 鉛 めっき 豪 州 中 国 ペルー 米 国 中 国 ペルー 豪 州 米 国 ダイカスト カサ フスタン カナダ インド アルミニウム 圧 延 品 ダイカス ギニア 豪 州 ジャマイカ 豪 州 ブラジル 中 国 イ ト 鋳 物 電 線 ブラジル ンド ギニア シ ャマイカ ニッケル 豪 州 ニューカレト ニア ロシア ロシア カナダ イント ネシア ステンレス キューバ カナダ ブラジ 豪 州 ニューカレト ニア コロンビ 二 次 電 池 ル ア フィリピン クロム ステンレス 耐 熱 カサ フスタン 南 アフリカ イン 南 アフリカ インド カザ 鋼 ド フスタン タングステン 超 硬 工 具 中 国 カナダ ロシア 米 中 国 ロシア カナダ 特 殊 鋼 国 コバルト 耐 熱 鋼 超 硬 工 コンゴ( 民 ) 豪 州 キュ コンゴ( 民 ) カナダ 豪 具 磁 性 材 電 極 ーバ ザンビア ロシア 州 ザンビア ロシア モリブデン 鋼 材 顔 料 触 媒 中 国 米 国 チリ カナダ 中 国 米 国 チリ ペルー ロシア マンガン 鋼 材 アルミ 合 南 アフリカ 中 国 豪 州 ウクライナ 南 アフリカ 豪 州 イン 金 乾 電 池 磁 性 ガボン ブラジル ウクラ ド 中 国 ブラジル 材 イナ インド カサ フスタン レアアース コンデンサ セラ 中 国 CIS 諸 国 米 国 豪 ミック 製 品 永 久 州 磁 石 電 池 中 国 インド 金 宝 飾 品 電 子 機 南 アフリカ 豪 州 ペルー 中 国 南 アフリカ 豪 州 器 歯 科 医 療 ロシア 米 国 米 国 ペルー ロシア 銀 感 光 剤 電 子 機 ポーランド メキシコ ペ ペルー メキシコ 中 国 器 宝 飾 品 ルー 豪 州 チリ 豪 州 ポーランド 白 金 ( 白 金 族 宝 飾 品 排 ガス 用 南 ア ロシア カナダ ジ 南 アフリカ ロシア 金 属 ) 触 媒 歯 科 医 療 ンバブエ 米 国 出 典 :Mineral Commodity Summaries 28, World Metal Statistics Yearbook 28 他 3

4 2. 非 鉄 金 属 の 需 給 動 向 (1) 主 要 非 鉄 金 属 資 源 の 埋 蔵 量 (Reserves*) 銅 鉛 亜 鉛 アルミニウムといったベースメタルは 比 較 的 多 くの 国 に 分 散 しており チ リ ペルー メキシコ 等 の 中 南 米 や 豪 州 米 国 カナダ 等 の 先 進 国 も 比 較 的 大 きな 埋 蔵 量 を 確 保 している これに 対 し クロム タングステン コバルト 白 金 レアアース マンガ ンといったレアメタルは 資 源 の 偏 在 性 が 著 しく 中 国 南 アフリカ コンゴ( 民 ) ロシア カザフスタン ウクライナ 等 に 集 中 している (*) 地 質 学 的 証 拠 に 基 づき 確 認 推 定 された 資 源 量 (identified resources)の 内 現 在 の 生 産 実 態 によって 経 済 的 に 採 掘 可 能 なもの( 出 典 :Mineral Commodity Summaries 28) (2) 鉱 物 資 源 生 産 の 寡 占 化 鉱 物 資 源 業 界 では 9 年 代 の 市 況 低 迷 期 以 降 大 手 企 業 間 の 合 併 買 収 が 進 んだ 結 果 寡 占 化 が 顕 著 になっている 現 在 資 源 メジャーを 代 表 する 企 業 としては BHP ビリトン( 英 豪 ) アングロ アメリカン( 英 ) リオ ティント( 英 豪 ) ヴァーレ(ブラジル) エクストラータ(スイス)の 5 社 が 挙 げられる なお 7 年 11 月 BHP ビリトンは リオ ティントに 対 し 総 額 14 億 ドルに 及 ぶ 合 併 提 案 を 行 い リオ ティント 側 はこれを 拒 否 し ている (3) 消 費 量 の 拡 大 世 界 で 消 費 される 金 属 資 源 量 は 新 興 経 済 国 特 に 中 国 の 急 速 な 経 済 発 展 を 主 要 因 として 大 幅 に 増 大 している 中 国 の 金 属 消 費 量 は 21~7 年 の 6 年 間 で 銅 が 2.1 倍 鉛 3.6 倍 亜 鉛 2.4 倍 アルミニウムは 3.5 倍 ニッケルは 4. 倍 と 急 増 した 中 国 は 亜 鉛 が 2 年 に 銅 が 2 年 に 鉛 及 びアルミニウムが 4 年 に ニッケルが 5 年 にそれぞれ 世 界 第 1 位 の 消 費 国 となっており これら 5 種 類 の 金 属 に 関 する 中 国 の 消 費 量 は 世 界 の 消 費 量 のうち 4 分 の 1 から 3 分 の 1 を 占 めるまでに 至 った 日 本 は 非 鉄 金 属 の 主 要 消 費 国 の 一 つであり ニッケルで 世 界 第 2 位 の 消 費 国 となっている 他 アルミニウム 亜 鉛 で 第 3 位 銅 で 第 4 位 鉛 で 第 5 位 の 消 費 国 3. 鉱 種 別 概 況 (1) 銅 銅 鉱 石 生 産 量 は チリが 世 界 の 3 分 の 1 を 占 める また ペルー 中 国 ザンビアが 生 産 量 を 増 やしており これら 3 カ 国 は 1~7 年 平 均 で 8% 台 の 伸 びを 示 しており 7 年 にペル ーは 米 国 を 抜 いて 世 界 第 2 位 の 銅 鉱 石 生 産 国 となった 逆 にインドネシア 米 国 カナダ は 1 年 と 比 較 して 7 年 は 生 産 量 を 減 らしており 世 界 全 体 ではこの 間 に 年 平 均 で 2.1%の 低 い 伸 びとなっている 銅 地 金 消 費 は 中 国 では 1~7 年 平 均 で 13%の 顕 著 な 伸 びを 示 し 中 国 の 銅 消 費 シェア は 7 年 に 世 界 消 費 の4 分 の1を 占 めるまでに 至 った ロシアの 銅 消 費 も 年 平 均 18%の 伸 び を 示 し 世 界 第 7 位 の 消 費 国 となり インドも 年 平 均 9% 消 費 が 伸 び 世 界 第 9 位 の 消 費 国 4

5 となっている 日 本 の 7 年 銅 地 金 消 費 量 は 125 万 トンで 世 界 第 4 位 米 国 ( 銅 消 費 量 世 界 第 2 位 ) フランス( 同 第 1 位 )は 年 平 均 で 3% 程 度 銅 消 費 量 が 減 少 している 世 界 全 体 では 年 平 均 で 3.3% 銅 消 費 量 が 伸 びている 日 本 は 銅 鉱 石 ( 精 鉱 )の 約 半 分 をチリからの 輸 入 に 依 存 しており インドネシアやペル ーからの 鉱 石 輸 入 も 多 い 表 2 銅 の 主 要 生 産 消 費 輸 出 入 国 (27 年 ) (1) 銅 総 量 第 1 位 第 2 位 第 3 位 第 4 位 第 5 位 出 典 27 年 ( 千 トン) 世 界 の 鉱 石 生 産 チリ ペルー 米 国 中 国 豪 州 Copper Bulletin 15,442 5,557 (36.) 1,19 (7.7) 1,177 (7.6) 944 (6.1) 87 (5.6) 世 界 の 鉱 石 輸 出 チリ ペルー イント ネシア 豪 州 カナダ Copper Bulletin 5,434 2,258 (41.6) 789 (14.5) 518 (9.5) 489 (9.) 212 (3.9) 世 界 の 鉱 石 輸 入 日 本 中 国 インド 韓 国 ドイツ Copper Bulletin 5,278 1,47 (26.7) 1,354 (25.7) 479 (9.1) 421 (8.) 39 (7.4) 世 界 の 地 金 生 産 中 国 チリ 日 本 米 国 ロシア Copper Bulletin 18,82 3,545 (19.6) 2,936 (16.2) 1,577 (8.7) 1,38 (7.2) 949 (5.2) 世 界 の 地 金 輸 出 チリ ザンビア 日 本 カサ フスタン ペルー Copper Bulletin 7,724 2,91 (37.7) 491 (6.4) 428 (5.5) 337 (4.4) 335 (4.3) 世 界 の 地 金 輸 入 中 国 ドイツ 米 国 イタリア 台 湾 Copper Bulletin 7,111 1,494 (21.) 844 (11.9) 829 (11.7) 747 (1.5) 615 (8.6) 世 界 の 地 金 消 費 中 国 米 国 ドイツ 日 本 韓 国 Copper Bulletin 18,121 4,933 (27.2) 2,145 (11.8) 1,392 (7.7) 1,252 (6.9) 81 (4.4) 日 本 の 鉱 石 輸 入 チリ イント ネシア ペルー カナダ 豪 州 資 源 エネルキ ー 庁 資 料 1, (46.8) 193 (13.7) 167 (11.9) 119 (8.5) 113 (8.) 日 本 の 地 金 輸 出 中 国 台 湾 韓 国 タイ イント ネシア 日 本 貿 易 統 計 (45.1) 131 (3.6) 35 (8.2) 23 (5.4) 21 (4.9) 単 位 : 金 属 量 千 トン ( ) 内 はシェア(%) ( 千 トン) 2, 18, 16, 14, 12, 1, 8, 6, その 他 フランス インド 台 湾 ロシア イタリア 韓 国 日 本 ドイツ 米 国 中 国 4, 2, 図 1 銅 の 主 要 国 別 消 費 量 の 推 移 出 典 :Copper Bulletin 5

6 (2) 鉛 鉛 は EU の RoHS 指 令 ELV 指 令 REACH 規 制 で 有 害 物 質 として 規 制 されており 鉛 の 鉱 石 生 産 消 費 量 は 減 少 している 国 が 多 い 鉛 の 最 大 生 産 国 であり 最 大 消 費 国 である 中 国 は 例 外 であり 鉱 石 生 産 が 1~7 年 平 均 で 14.6% 増 鉛 地 金 消 費 が 同 24% 増 と 顕 著 な 伸 びを 示 し ている リサイクルが 進 んでいる 金 属 でもあり 7 年 の 世 界 の 地 金 生 産 に 対 する 鉱 石 生 産 量 の 割 合 は 44%であり 残 りの 56%はリサイクルにより 得 られているものと 推 定 される 世 界 全 体 では 鉱 石 生 産 が 年 平 均 3.1% 増 地 金 消 費 が 同 3.8% 増 となっている 我 が 国 の 鉛 地 金 消 費 は 28 万 トンで ここ 数 年 間 大 きな 変 化 はなく 世 界 第 5 位 の 鉛 消 費 国 となっている 鉛 鉱 石 輸 入 量 は 9.3 万 トンで 主 に 豪 州 及 び 米 国 から 輸 入 している 表 3 鉛 の 主 要 生 産 消 費 輸 出 入 国 (27 年 ) (2) 鉛 総 量 第 1 位 第 2 位 第 3 位 第 4 位 第 5 位 出 典 27 年 ( 千 トン) 世 界 の 鉱 石 生 産 中 国 豪 州 米 国 ペルー メキシコ Lead and Zinc Statistics 3,591 1,36 (37.9) 594 (16.5) 436 (12.1) 329 (9.2) 129 (3.6) 世 界 の 地 金 生 産 中 国 米 国 ドイツ 日 本 英 国 Lead and Zinc Statistics 8,127 2,757 (33.9) 1,35 (16.1) 45 (5.) 276 (3.4) 275 (3.4) 世 界 の 地 金 輸 出 中 国 豪 州 カナダ ペルー ドイツ World Metal Statistics 1, (14.8) 222 (13.4) 169 (1.2) 12 (7.3) 113 (6.9) 世 界 の 地 金 輸 入 米 国 スペイン フランス 韓 国 ドイツ World Metal Statistics 1, (15.) 139 (8.1) 113 (6.6) 112 (6.6) 18 (6.3) 世 界 の 地 金 消 費 中 国 米 国 ドイツ 韓 国 日 本 Lead and Zinc Statistics 8,137 2,543 (31.3) 1,522 (18.7) 398 (4.9) 359 (4.4) 279 (3.4) 日 本 の 鉱 石 輸 入 豪 州 米 国 ペルー ボリビア ロシア 資 源 エネルキ ー 庁 資 料 (43.8) 36 (39.2) 8 (8.4) 5 (5.3) 2 (2.6) 単 位 : 金 属 量 千 トン ( ) 内 はシェア(%) 千 トン 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, その 他 フランス メキシコ 英 国 スペイン イタリア 日 本 韓 国 ドイツ 米 国 中 国 2, 1, 図 2 鉛 の 主 要 国 別 消 費 量 の 推 移 出 典 :Lead and Zinc Statistics 6

7 (3) 亜 鉛 亜 鉛 は 中 国 が 最 大 の 鉱 石 生 産 国 であり 同 時 に 最 大 の 地 金 消 費 国 となっている 7 年 の 中 国 の 鉱 石 生 産 量 は 295 万 トンで 1~7 年 平 均 で 11%の 高 い 伸 び 地 金 消 費 量 は 359 万 ト ンで 同 16%に 達 している また インドの 7 年 の 鉱 石 生 産 量 は 52 万 トンで 世 界 第 6 位 年 平 均 の 伸 び 率 は 15%であり 地 金 消 費 量 は 46 万 トンで 世 界 第 6 位 年 平 均 の 伸 び 率 は 8.2% 世 界 全 体 では 鉱 山 生 産 の 年 平 均 伸 び 率 が 3.4%であるのに 対 し 地 金 消 費 の 年 平 均 伸 び 率 は 4.%とそれを 上 回 っている 我 が 国 の 7 年 亜 鉛 消 費 量 は 58.8 万 トンであり 世 界 第 3 位 亜 鉛 精 鉱 は ペルー 豪 州 ボリビア 米 国 から 輸 入 している 表 4 亜 鉛 の 主 要 生 産 消 費 輸 出 入 国 (27 年 ) (3) 亜 鉛 総 量 第 1 位 第 2 位 第 3 位 第 4 位 第 5 位 出 典 27 年 ( 千 トン) 世 界 の 鉱 石 生 産 中 国 ペルー 豪 州 米 国 カナダ Lead and Zinc Statistics 1,943 2,95 (27.) 1,444 (13.2) 1,398 (12.8) 78 (7.1) 619 (5.7) 世 界 の 地 金 生 産 中 国 カナダ 韓 国 日 本 スペイン Lead and Zinc Statistics 11,327 3,714 (32.8) 82 (7.1) 691 (6.1) 598 (5.3) 59 (4.5) 世 界 の 地 金 輸 出 カナダ 豪 州 中 国 フィンランド 韓 国 World Metal Statistics 3, (18.9) 284 (8.7) 276 (8.5) 26 (8.) 254 (7.8) 世 界 の 地 金 輸 入 米 国 ドイツ イタリア 台 湾 ベルギー World Metal Statistics 3, (22.1) 315 (9.4) 315 (9.4) 229 (6.8) 22 (6.) 世 界 の 地 金 消 費 中 国 米 国 日 本 ドイツ 韓 国 Lead and Zinc Statistics 11,319 3,588 (31.7) 1,41 (9.2) 588 (5.2) 534 (4.7) 511 (4.5) 日 本 の 鉱 石 輸 入 ペルー 豪 州 ボリビア 米 国 メキシコ 資 源 エネルキ ー 庁 資 料 (37.1) 14 (25.1) 97 (17.3) 67 (12.1) 21 (3.8) 単 位 : 金 属 量 千 トン ( ) 内 はシェア(%) 千 トン 12, 1, 8, 6, 4, その 他 ベルギー イタリア インド 韓 国 ドイツ 日 本 米 国 中 国 2, 図 3 亜 鉛 の 主 要 国 別 消 費 量 の 推 移 出 典 :Lead and Zinc Statistics 7

8 (4)アルミニウム アルミニウム 鉱 石 (ボーキサイト)の 最 大 の 生 産 国 は 豪 州 であり 7 年 に 世 界 の 3 分 の 1 を 生 産 している 2 位 のブラジルは 年 平 均 9%の 高 い 伸 びを 示 し 3 位 中 国 4 位 インドは 共 に 年 平 均 16%の 伸 びと 生 産 が 急 拡 大 している 世 界 全 体 では 年 平 均 5.5% 鉱 石 生 産 量 が 拡 大 している アルミニウム 消 費 は 他 の 金 属 と 比 べて 価 格 が 高 騰 していないことから 世 界 全 体 でも 年 平 均 7.8%と 急 増 している 最 大 消 費 国 である 中 国 の 年 平 均 伸 び 率 は 23%に 達 しており 7 位 のインドは 年 平 均 で 1% 9 位 のブラジルでも 8% 消 費 が 伸 びている 我 が 国 は 世 界 第 3 位 のアルミニウム 消 費 国 であり 主 にロシア 及 び 豪 州 から 地 金 を 輸 入 している 表 5 アルミニウムの 主 要 生 産 消 費 輸 出 入 国 (27 年 ) (4)アルミニウム 総 量 第 1 位 第 2 位 第 3 位 第 4 位 第 5 位 出 典 27 年 ( 千 トン) 世 界 の 鉱 石 生 産 豪 州 ブラジル 中 国 インド ギニア World Metal Statistics (ボーキサイト) 191,655 62,428 (32.6) 22,836 (11.9) 21,6 (11.3) 19,38 (1.1) 18,98 (9.9) 世 界 の 地 金 生 産 中 国 ロシア カナダ 米 国 豪 州 World Metal Statistics 38,87 12,559 (33.) 3,955 (1.4) 3,83 (8.1) 2,56 (6.7) 1,959 (5.1) 世 界 の 地 金 輸 出 ロシア カナダ 豪 州 ノルウェー ブラジル World Metal Statistics 17,671 3,949 (22.3) 2,51 (14.2) 1,659 (9.4) 1,61 (9.1) 823 (4.7) 世 界 の 地 金 輸 入 日 本 米 国 ドイツ 韓 国 イタリア World Metal Statistics ( 合 金 を 含 む) 19,171 2,986 (15.6) 2,951 (15.4) 2,231 (11.6) 1,169 (6.1) 1,79 (5.6) 世 界 の 地 金 消 費 中 国 米 国 日 本 ドイツ イタリア World Metal Statistics 37,246 12,347 (33.1) 5,58 (15.) 2,197 (5.9) 2,8 (5.4) 1,87 (2.9) 日 本 の 地 金 輸 入 ロシア 豪 州 中 国 ブラジル ニューシ ーラント 日 本 貿 易 統 計 ( 合 金 を 含 む) 2, (24.4) 66 (2.3) 254 (8.5) 228 (7.6) 222 (7.4) 単 位 : 金 属 量 千 トン( 鉱 石 生 産 のみボーキサイト 重 量 千 トン) ( ) 内 はシェア(%) 千 トン 4, 35, 3, 25, 2, 15, 1, その 他 ブラジル ロシア インド 韓 国 イタリア ドイツ 日 本 米 国 中 国 5, 図 4 アルミニウム 地 金 の 主 要 国 別 消 費 量 の 推 移 出 典 :World Metal Statistics Yearbook 8

9 (5)ニッケル 世 界 のニッケル 鉱 石 生 産 量 は 年 平 均 4.6% 増 主 要 生 産 国 は ロシア カナダ インド ネシア 豪 州 等 ニッケル 消 費 では 5 年 に 中 国 が 日 本 を 抜 いて 世 界 第 1 位 となり 7 年 の 消 費 量 は 33 万 トンで 世 界 全 体 の 4 分 の 1 を 占 めている 中 国 のニッケル 消 費 は 1~7 年 平 均 で 26%という 高 い 伸 びを 示 している 7 年 はニッケル 価 格 が 急 騰 したことから ニッケ ルを 使 用 しないクロム 系 ステンレスへの 一 部 代 替 が 起 こり 世 界 的 にニッケル 消 費 量 が 減 少 したが 中 国 だけは 消 費 量 が 前 年 比 29% 増 と 急 増 した 我 が 国 は 世 界 第 2 位 のニッケル 消 費 国 ニッケル 鉱 石 (ニッケルマットを 含 む)の 3 分 の 2 はインドネシアから 輸 入 しており その 他 ニューカレドニア フィリピン 及 び 豪 州 から 輸 入 表 6 ニッケルの 主 要 生 産 消 費 輸 出 入 国 (27 年 ) (5)ニッケル 総 量 第 1 位 第 2 位 第 3 位 第 4 位 第 5 位 出 典 27 年 ( 千 トン) 世 界 の 鉱 石 生 産 ロシア カナダ イント ネシア 豪 州 ニューカレト ニア World Nickel Statistics 1, (18.) 255 (15.9) 188 (11.7) 184 (11.5) 125 (7.8) 世 界 の 地 金 生 産 ロシア 中 国 カナダ 日 本 豪 州 World Nickel Statistics 1, (19.) 24 (14.2) 163 (11.3) 162 (11.3) 111 (7.7) 世 界 の 地 金 消 費 中 国 日 本 米 国 ドイツ 台 湾 World Nickel Statistics 1, (24.9) 169 (12.8) 135 (1.2) 97 (7.3) 7 (5.3) 日 本 の 鉱 石 輸 入 イント ネシア ニューカレト ニア フィリピン 豪 州 - World Nickel Statistics (ニッケルマットを 含 む) (67.9) 21 (13.6) 18 (11.7) 9 (5.8) 単 位 : 金 属 量 千 トン ( ) 内 はシェア(%) 千 トン 1,6 1,4 1,2 1, 8 6 その 他 ベルギー スペイン イタリア 韓 国 台 湾 ドイツ 米 国 日 本 中 国 図 5 ニッケルの 主 要 国 別 消 費 量 の 推 移 出 典 :World Nickel Statistics 9

10 4. 非 鉄 金 属 の 価 格 動 向 (1) 金 属 価 格 の 推 移 199 年 代 後 半 から 22 年 にかけて 金 属 価 格 は 低 迷 期 を 迎 えていたが 3 年 後 半 からほ とんどの 金 属 が 高 騰 した 2 年 と 比 較 して 7 年 平 均 金 属 価 格 は 銅 で 4.6 倍 鉛 で 5.7 倍 亜 鉛 で 4.2 倍 ニッケルは 5.5 倍 と 急 騰 した アルミニウムは 2. 倍 金 が 2.2 倍 白 金 が 2.4 倍 銀 は 2.9 倍 となった 8 年 に 入 り 鉛 亜 鉛 ニッケルは 価 格 を 下 げたが 銅 ア ルミニウム 金 白 金 銀 といった 金 属 価 格 は 上 昇 を 続 けている (2) 金 属 価 格 高 騰 の 要 因 金 属 価 格 高 騰 の 要 因 としては 例 えば 以 下 のようなものが 挙 げられる (i) 世 界 経 済 の 成 長 特 に 中 国 をはじめとするアジア 地 域 での 大 幅 な 需 要 増 大 (ii) 金 利 安 ドル 安 や 原 油 相 場 高 騰 等 を 契 機 とした 金 属 市 場 への 投 機 資 金 等 の 流 入 (iii) 電 力 不 足 地 震 等 の 自 然 災 害 事 故 ストライキ 等 による 一 時 的 又 は 中 期 的 な(1~2 年 程 度 まで) 供 給 障 害 (iv) 資 源 会 社 の 寡 占 化 により 価 格 決 定 に 関 し 売 り 手 側 が 有 利 な 立 場 にあること (v) 採 掘 対 象 となる 鉱 石 の 深 部 化 低 品 位 化 人 件 費 燃 料 費 等 の 上 昇 によるコスト 高 また 急 増 する 金 属 需 要 に 対 し 金 属 資 源 の 供 給 が 追 い 付 かない 要 因 としては (i)9 年 代 後 半 からの 市 況 低 迷 を 背 景 とした 探 鉱 新 規 鉱 山 開 発 の 停 滞 (ii) 鉄 道 道 路 港 湾 電 力 等 資 源 国 におけるインフラの 未 整 備 (iii) 技 術 者 等 の 人 材 不 足 が 挙 げられる US$/トン 銅 アルミニウム 価 格 推 移 1, 9, 8, 7, 6, 5, アルミニウム (US$/t) 銅 (US$/t) 4, 3, 2, 1, 図 6 銅 及 びアルミニウムの 国 際 価 格 の 推 移 1

11 US$/トン 鉛 亜 鉛 価 格 の 推 移 5, 4,5 4, 3,5 3, 2,5 鉛 (US$/t) 亜 鉛 (US$/t) 2, 1,5 1, 図 7 鉛 及 び 亜 鉛 の 国 際 価 格 の 推 移 US$/オンス 金 白 金 の 価 格 推 移 2, 1,5 1, 金 (US$/ounce) 白 金 (US$/ounce) 図 8 金 及 び 白 金 の 国 際 価 格 の 推 移 11

12 US$/トン ニッケルの 価 格 推 移 6, 5, 4, 3, 2, 1, 図 9 ニッケルの 国 際 価 格 の 推 移 5. 世 界 の 金 属 需 給 における 中 国 等 の 影 響 (1) 中 国 の 金 属 消 費 は 急 増 しており 21~7 年 の 6 年 間 の 年 平 均 伸 び 率 を 見 ると 世 界 全 体 の 伸 び 率 がアルミニウムで 7.8% 銅 鉛 亜 鉛 ニッケルではそれぞれ 3~4%で 推 移 しているのに 対 し 中 国 の 金 属 消 費 伸 び 率 は 銅 で 13% 亜 鉛 で 16% アルミニウム 鉛 ニッケルの 3 鉱 種 については 23~26%という 高 い 率 を 維 持 している (2) 供 給 面 では 中 国 は 世 界 有 数 の 資 源 国 であり 鉱 石 生 産 は 鉛 及 び 亜 鉛 で 世 界 第 1 位 アルミニウムで 第 3 位 銅 で 第 4 位 となっている しかし 自 国 の 旺 盛 な 消 費 を 賄 うことは できず 7 年 の 自 給 率 は 亜 鉛 で 82% 鉛 で 53%となっているが 銅 及 びニッケルについ ては 2% 程 度 まで 落 ち 込 んでいる なお 亜 鉛 については 1 年 までは 輸 出 国 であった (3)7 年 の 人 口 当 たり 金 属 消 費 量 をみると 中 国 はドイツや 韓 国 の 4 分 の 1 程 度 であるが 米 国 の 5% 程 度 までに 達 している インフラ 整 備 や 自 動 車 電 化 製 品 の 普 及 が 中 国 沿 岸 部 か ら 内 陸 部 へと 展 開 していくことも 予 想 され 少 なくとも 今 後 数 年 程 度 は 中 国 の 金 属 消 費 量 は 引 き 続 き 年 1~2%と 大 幅 に 拡 大 するとの 見 方 が 強 い また マンガン ニッケル クロ ム 等 の 鉄 鋼 ( 特 殊 鋼 ) 原 料 銅 などを 中 心 に 非 鉄 金 属 の 需 要 がさらに 拡 大 すると 予 想 される (4)インドは 7 年 の 一 人 当 たりの 金 属 消 費 量 は 未 だ 中 国 の 1 分 の1 程 度 に 留 まってい る 11 億 の 人 口 を 有 するインドは 今 後 経 済 発 展 を 加 速 させ 金 属 需 要 が 急 増 する 可 能 性 を 秘 めている 12

13 % 銅 鉛 15 1 亜 鉛 アルミニウ ム ニッケル 図 1 中 国 の 世 界 に 占 める 金 属 消 費 シェア % 銅 鉛 亜 鉛 ニッケル 図 11 中 国 の 金 属 自 給 率 の 推 移 13

14 銅 鉛 亜 鉛 アルミニウム ニッケル 日 本 中 国 米 国 ドイツ 韓 国 イタリア ロシア インド フランス ブラジル 英 国 メキシコ 図 12 主 要 金 属 消 費 国 の 人 口 当 たり 金 属 消 費 量 (27 年 : 日 本 を 1 とした 場 合 ) (5) 我 が 国 は 希 土 類 金 属 鉄 鋼 原 料 等 中 国 に 大 きく 輸 入 を 依 存 している 金 属 原 料 があ る 中 国 は 希 少 金 属 資 源 保 護 管 理 の 強 化 自 国 産 業 優 先 の 方 針 を 打 ち 出 しており 中 国 国 内 の 需 要 が 急 増 している 中 我 が 国 としても 供 給 先 の 多 様 化 等 の 対 策 を 図 っていく 必 要 があ る 表 7 対 中 依 存 度 の 高 い 主 な 金 属 原 料 (27 年 ) 品 名 中 国 からの 輸 入 総 量 中 国 への 輸 入 輸 入 量 (トン) (トン) 依 存 度 (%) 希 土 類 金 属 9,296 9, バナジウム 酸 化 物 2,52 2, 三 酸 化 アンチモン 7,391 7,7 96. タングステン 酸 塩 2,77 2, セリウム 化 合 物 15,954 19, 酸 化 イットリウム 1,721 1, 酸 化 ランタン 3,11 3, 希 土 類 化 合 物 (その 他 ) 5,73 6, フェロモリブデン 1,448 3, フェロタングステン アンチモン( 塊 粉 ) 6,82 7, 出 典 : 日 本 貿 易 統 計 14

15 6. 引 用 文 献 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 (28) 資 源 メジャーの 動 向 27 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 (28) 鉱 物 資 源 マテリアル フロー 27 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 鉱 業 分 科 会 レアメタル 対 策 部 会 (27) 今 後 のレアメタルの 安 定 供 給 対 策 について ( 了 ) 15

16 金 属 の 製 造 工 程 ( 参 考 1) (1)アルミニウム 再 生 工 場 スクラップ ボーキ サイト アルミナ アルミ( 地 金 ) 製 品 素 材 採 掘 したアルミニウムの 原 料 であるボーキサイト を 苛 性 ソーダ(NaOH) 液 で 溶 かして アルミナ 分 (Al 2 O 3 )を 抽 出 アルミナを 電 気 分 解 し アルミ 地 金 を 製 造 地 金 を 原 材 料 として 圧 延 押 出 鍛 造 鋳 造 等 によりいろいろな 形 の 製 品 素 材 に 成 形 (2) 銅 スクラップ 銅 鉱 石 銅 精 鉱 粗 銅 精 製 銅 ( 地 金 ) 製 品 素 材 採 掘 した 銅 鉱 石 ( 銅 銅 精 鉱 を 高 温 溶 粗 銅 を 電 気 分 地 金 を 原 材 料 とし 純 分 1% 程 度 )を 粉 解 し 銅 金 属 ( 粗 解 し 銅 純 度 の て 圧 延 押 出 鍛 砕 した 後 銅 鉱 物 を 銅 : 銅 純 分 99% 程 高 い(99.99%) 造 鋳 造 等 によりい 選 別 ( 選 鉱 )し 銅 精 度 )とする 銅 地 金 を 製 造 ろいろな 形 の 製 品 鉱 とする( 銅 純 分 素 材 に 成 形 3% 程 度 ) 16

17 ( 参 考 2) 金 属 価 格 について 非 鉄 金 属 価 格 は 以 前 は 生 産 者 による 価 格 維 持 政 策 が 採 られ 大 手 生 産 者 が 発 表 する 生 産 者 建 値 (Producers Price)が 取 引 価 格 の 基 準 となっていたが 現 在 主 な 非 鉄 金 属 は 市 況 商 品 化 し LME ( 注 ) (London Metal Exchange:ロンドン 金 属 取 引 所 ) 等 での 市 場 価 格 を 基 準 に 売 買 されるようになった 例 :ニッケルの 場 合 ニッケルの 国 際 価 格 は 197 年 代 まではインコ 社 (カナダ) 等 三 大 生 産 者 が 発 表 す る 生 産 者 価 格 が 基 準 となっていた しかし 石 油 危 機 により 世 界 的 な 経 済 不 況 が 進 展 する 中 共 産 圏 からの 輸 出 攻 勢 発 展 途 上 国 での 新 規 鉱 山 開 発 によって ニッケルは 供 給 過 剰 状 態 となり メジャーによる 価 格 支 配 力 は 急 速 に 衰 えた さらに 1979 年 にLMEにニッケルが 上 場 されたことが きっかけとなり 1981 年 末 には 生 産 者 建 値 制 度 が 崩 壊 するに 至 った 現 在 ニッケルの 現 物 取 引 はLME 価 格 を 基 準 とし 輸 送 費 などを 加 えた 上 各 国 の 需 給 状 況 を 反 映 したプレミアムを 上 乗 せした 価 格 で 行 われている また フェロニッケ ルや 酸 化 ニッケルの 取 引 も ニッケルの 純 分 量 をベースにLME 価 格 を 指 標 として 値 決 めされている ( 注 )LME(London Metal Exchange:ロンドン 金 属 取 引 所 ) 1877 年 設 立 現 在 上 場 されている 金 属 は 銅 錫 鉛 亜 鉛 アルミ ニ ッケル 銅 については 世 界 の 非 鉄 金 属 取 引 所 の 取 引 量 の 約 9% その 他 の 上 場 金 属 ではほぼ 1%を 占 めると 言 われている 金 属 毎 に 午 前 2 回 午 後 2 回 ずつ 合 計 4 回 取 引 が 行 われる( リング 取 引 ) 午 前 2 回 目 の 各 金 属 の 取 引 が 終 了 したところでその 日 の 公 式 買 い 価 格 及 び 売 り 価 格 が 発 表 される 公 式 売 り 価 格 はセトルメント 価 格 と 呼 ばれ 世 界 の 現 物 取 引 で 利 用 されている 非 常 に 重 要 な 指 標 価 格 となっている 午 前 と 午 後 のリング 取 引 終 了 後 全 ての 金 属 の 取 引 を 同 時 に 行 う カーブ 取 引 が 行 われる また LME 取 引 は 基 本 的 に 相 対 取 引 であるため 場 外 取 引 により24 時 間 取 引 が 可 能 である 17

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D206F6C648179966B8B9E8140967B9594817A92868D9182CC94F193538BE091AE8EF9977682C694F5927E82CC8CBB8BB58169937989AE8141936EE7B38141905F924A81418FE396D8816A81403039303530372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D206F6C648179966B8B9E8140967B9594817A92868D9182CC94F193538BE091AE8EF9977682C694F5927E82CC8CBB8BB58169937989AE8141936EE7B38141905F924A81418FE396D8816A81403039303530372E646F63> 平 成 21 年 5 月 8 日 9-23 号 カレント トピックス 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 金 属 資 源 情 報 センター 電 話 :44-52-859 FAX:44-52-875 E-mail:mric@jogmec.go.jp 中 国 の 非 鉄 金 属 需 要 と 備 蓄 の 現 況 < 北 京 事 務 所 所 長 土 屋 春 明 企

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

発 展 改 革 委 員 会 等 の 政 府 関 連 部 門 から 開 発 生 産 の 管 理 強 化 汚 染 防 止 関 税 見 直 し 等 の 関 連 法 規 や 規 定 意 見 指 令 などが 続 々と 発 表 され 政 府 主 導 により 立 ち 遅 れた 生 産 能 力 の 淘 汰 産 業

発 展 改 革 委 員 会 等 の 政 府 関 連 部 門 から 開 発 生 産 の 管 理 強 化 汚 染 防 止 関 税 見 直 し 等 の 関 連 法 規 や 規 定 意 見 指 令 などが 続 々と 発 表 され 政 府 主 導 により 立 ち 遅 れた 生 産 能 力 の 淘 汰 産 業 中 国 主 要 データ 国 名 英 名 中 華 人 民 共 和 国 [People s Republic of China] 面 積 (km 2 ) 9,596,961 海 岸 線 延 長 (km) 14,500 人 口 ( 百 万 人 ) 1,355.7 人 口 密 度 ( 人 /km 2 ) 141.3 GDP( 十 億 US$) 9,181.38 一 人 当 り GDP(US$) 6,747.23

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

表紙1-2

表紙1-2 年 度情 報 収 集 事 業 報 告 書 第 号 平成 18 19 2 ② 平成 18 年度 情報収集事業報告書 第 19 号 2 ② ベースメタル国際需給動向 2006 中 国 消 費 構 造 分 析 2006 第2分冊② 中国消費構造分析 2006 年 月 平成 20 3 ISO14001認証取得 この印刷物は環境保護のため再生紙を使用し 印刷インキに 大豆油インキ を使い印刷しております 独

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

製造業

製造業 神 戸 発 優 れた 技 術 認 定 制 度 種 分 類 コード 表 14 パルプ 紙 紙 加 工 品 製 造 141 パルプ 製 造 1411 パルプ 製 造 142 紙 製 造 1421 洋 紙 製 造 1422 板 紙 製 造 1423 機 械 すき 和 紙 製 造 1424 手 すき 和 紙 製 造 143 加 工 紙 製 造 1431 塗 工 紙 製 造 ( 印 刷 用 紙 を 除 1432

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

三井金属

三井金属 16 中 計 Striving for Sustainable Growth 新 たな 成 長 ステージに 向 けた 経 営 基 盤 の 強 化 三 井 金 属 鉱 業 株 式 会 社 13 中 計 レビュー 13 中 計 総 括 (1) 数 値 計 画 特 殊 要 因 を 排 除 した 数 値 では 黒 字 浮 上 も 13 中 計 は 未 達 2015 年 度 目 標 2015 年 度 実 績

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC> インドの 経 済 成 長 と 市 場 動 向 ~ 大 国 への 道 を 歩 む 静 かなる 聖 流 ~ 平 成 21 年 9 月 18 日 株 式 会 社 SBI 証 券 投 資 調 査 部 (ガンジス 川 ) 1.アジア アジアの 成 長 大 国 ( 概 略 ) 国 名 インド インド(India India) 首 都 ニューデリー ニューデリー(New Delhi)

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川 大 気 汚 染 防 止 法 第 4 条 第 1 項 の 規 定 による 排 出 基 準 及 び 水 質 汚 濁 防 止 法 第 3 条 第 3 項 の 規 定 による 排 水 基 準 を 定 める 条 例 ( 昭 和 46 年 月 15 日 条 例 第 5 号 ) 改 正 昭 和 48 年 月 19 日 条 例 第 59 号 昭 和 50 年 月 1 日 条 例 第 33 号 昭 和 55 年 3

More information

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉 堺 泉 北 港 港 湾 計 画 一 部 変 更 ( 前 回 改 訂 : 平 成 18 年 2 月 目 標 年 次 : 平 成 20 年 代 後 半 ) 港 湾 管 理 者 : 大 阪 府 平 成 27 年 3 月 10 日 交 通 政 策 審 議 会 第 59 回 港 湾 分 科 会 資 料 5 堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域

More information

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 中 小 企 小 規 模 事 者 が 直 面 する 経 済 社 会 構 造 の 変 化 第 2 部 第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 少

More information

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望 宅 に 係 る 消 費 の 負 担 軽 減 の 具 体 化 についての 要 望 ( 説 明 資 料 ) 社 団 法 人 宅 生 産 団 体 連 合 会 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 制 の 抜 本 改 革 を 行 うための 消 費 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 抜 粋 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 ) 第 七 条

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 福 岡 県 における レアメタルリサイクル 推 進 事 業 の 概 要 - 平 成 20 年 度 使 用 済 電 子 電 気 機 器 の 回 収 モデル 事 業 の 報 告 - 平 成 21 年 7 月 23 日 ( 財 ) 福 岡 県 環 境 保 全 公 社 リサイクル 総 合 研 究 センター 1 レアメタルとは 地 球 上 の 存 在 量 が 稀 であるか 技 術 的 経 済 的 な 理 由

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 53 回 インナー 大 会 国 内 農 業 の 海 外 市 場 参 入 専 修 大 学 望 月 ゼミ 国 際 比 較 班 大 里 尚 史 勝 亦 ありさ 北 川 美 有 香 発 表 の 流 れ 問 題 提 起 国 内 農 業 の 現 状 分 析 オランダの 農 業 現 状 政 策 提 言 問 題 提 起 大 テーマ 持 続 的 可 能 な 経 済 成 長 の 実 現 日 本 経 済 再 生 プロジェクト

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033332090A28A4582CC90CE96FB8E598BC68B7982D1974191979770945297BF82CC8FAB97889357965D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033332090A28A4582CC90CE96FB8E598BC68B7982D1974191979770945297BF82CC8FAB97889357965D2E646F63> ミニレポート 2010-033 平 成 23 年 2 月 21 日 世 界 の 石 油 産 業 及 び 輸 送 用 燃 料 の 将 来 展 望 ~ 米 ハート 社 による 2030 年 までの 長 期 予 測 ~ 本 レポートでは 2010 年 11 月 に 米 国 ハート エネルギー コンサルティング 社 が 発 表 した 2030 年 までの 世 界 の 石 油 需 給 と 精 製 業 界 輸

More information

その 他 の 外 衣 シャツ 製 造 業 スカーフ マフラー ハンカチーフ 製 造 業 手 袋 製 造 業 他 に 分 類 されない 衣 服 繊 維 製 身 の 回 り 品 製 造 業 繊 維 製 衛 生 材 料 製 造

その 他 の 外 衣 シャツ 製 造 業 スカーフ マフラー ハンカチーフ 製 造 業 手 袋 製 造 業 他 に 分 類 されない 衣 服 繊 維 製 身 の 回 り 品 製 造 業 繊 維 製 衛 生 材 料 製 造 セーフティネット 保 証 5 号 の 指 定 業 種 ( 中 小 企 業 信 用 保 険 法 第 2 条 第 5 項 第 5 号 ) 指 定 期 間 : 平 成 28 年 7 月 1 日 ~ 平 成 28 年 9 月 30 日 ( 別 紙 2) 1:この 表 に 掲 げる 業 種 は 日 本 標 準 産 業 分 類 ( 平 成 25 年 10 月 改 定 )において 分 類 された 業 種 区 分

More information

2

2 1 2 3 2013 年 度 コマツの 連 結 売 上 高 は 前 年 比 +3.6% 増 収 の1 兆 9,536 億 円 営 業 利 益 は 前 年 比 +13.7% 増 益 の2,404 億 円 となりました 営 業 利 益 率 も1.1ポイント 改 善 し 12.3%となりました 建 設 機 械 車 両 : 中 国 日 本 において 建 機 需 要 が 増 加 しましたが 鉱 山 機 械 需

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 研 究 会 資 料 09-3 090826 第 27 回 戦 略 調 査 セミナー 海 水 ウラン 回 収 技 術 の 現 状 と 展 望 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 量 子 ビーム 応 用 研 究 部 門 環 境 産 業 応 用 研 究 開 発 ユニット 金 属 捕 集 生 分 解 性 高 分 子 研 究 グループ 瀬 古 典 明 鉱 山 ウラン 海 水 ウラン 鉱 山 採 掘 鉱

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

資 産 の 種 類 1 資 産 の 種 類 5 構 築 物 建 物 附 属 設 備 車 両 運 搬 具 構 築 物 細 目 耐 用 年 数 構 造 用 途 細 目 耐 用 年 数 舗 装 道 路 及 び コンクリート ブロック 敷 15 フォークリフト 4 舗 装 路 面 アスファルト 敷 10 ト

資 産 の 種 類 1 資 産 の 種 類 5 構 築 物 建 物 附 属 設 備 車 両 運 搬 具 構 築 物 細 目 耐 用 年 数 構 造 用 途 細 目 耐 用 年 数 舗 装 道 路 及 び コンクリート ブロック 敷 15 フォークリフト 4 舗 装 路 面 アスファルト 敷 10 ト 主 な 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 表 ( 固 定 資 産 税 における 耐 用 年 数 ) 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 )における 耐 用 年 数 は 総 務 大 臣 の 告 示 である 固 定 資 産 評 価 基 準 で 定 められており 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 ( 昭 和 40 年 大 蔵 省 令 第 15 号 )の 別 表 に

More information

5 雇 用 者 数 ( 産 業 ごと) 6 賃 金 ( 産 業 ごと) 7 世 界 経 済 に 大 きな 影 響 を 与 える 事 象 (リーマンショック 等 ) (2) 鉱 業 関 連 基 礎 調 査 1 鉱 物 資 源 の 国 内 需 要 対 象 鉱 種 : 銅 鉛 亜 鉛 ニッケル 白 金 族

5 雇 用 者 数 ( 産 業 ごと) 6 賃 金 ( 産 業 ごと) 7 世 界 経 済 に 大 きな 影 響 を 与 える 事 象 (リーマンショック 等 ) (2) 鉱 業 関 連 基 礎 調 査 1 鉱 物 資 源 の 国 内 需 要 対 象 鉱 種 : 銅 鉛 亜 鉛 ニッケル 白 金 族 仕 様 書 1. 件 名 平 成 27 年 度 新 興 国 市 場 開 拓 等 事 業 ( 相 手 国 の 産 業 政 策 制 度 構 築 の 支 援 事 業 (イン ドネシア 等 : 我 が 国 の 鉱 物 資 源 の 安 定 供 給 確 保 に 係 る 資 源 国 の 鉱 業 政 策 等 調 査 分 析 及 び 政 策 提 言 等 の 作 成 )) 2. 事 業 目 的 平 成 26 年 6 月

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478> 今 月 のトピックス No.251-1(216 年 3 月 17 日 ) (21 年 =1) 95Q2 98Q2 14 実 質 実 効 為 替 レート( 右 目 盛 ) 12 1 8 製 造 業 の 海 外 生 産 シフトと 輸 出 の 高 付 加 価 値 化 1.リーマンショック 以 降 の 日 本 の 輸 出 の 弱 さの 背 景 には 構 造 的 要 因 日 本 の 輸 出 を 数 量 ベースでみると

More information

ウ 平 成 23 年 度 における 役 員 の 異 動 区 分 役 職 名 氏 名 所 属 団 体 役 職 名 年 月 日 就 理 事 中 原 修 作 大 牟 田 市 産 業 経 済 部 長 平 成 23 年 4 月 25 日 任 理 事 福 崎 常 喜 宗 像 市 市 民 協 働 環 境 部 長

ウ 平 成 23 年 度 における 役 員 の 異 動 区 分 役 職 名 氏 名 所 属 団 体 役 職 名 年 月 日 就 理 事 中 原 修 作 大 牟 田 市 産 業 経 済 部 長 平 成 23 年 4 月 25 日 任 理 事 福 崎 常 喜 宗 像 市 市 民 協 働 環 境 部 長 平 成 23 年 度 財 団 法 人 福 岡 県 環 境 保 全 公 社 事 業 報 告 書 1 組 織 及 び 運 営 状 況 (1) 設 立 及 び 開 設 設 立 許 可 平 成 4 年 1 月 10 日 平 成 13 年 6 月 1 日 リサイクル 総 合 研 究 センター 開 設 平 成 18 年 4 月 1 日 国 際 環 境 人 材 研 修 センター 付 置 (2) 基 本 財 産 204,470

More information

レアメタルの 安 定 供 給 対 策 の 重 要 性 レアメタルとは 地 球 上 の 存 在 量 が 稀 であるか 技 術 的 経 済 的 な 理 由 で 抽 出 困 難 な 金 属 のうち 工 業 需 要 が 現 に 存 在 する( 今 後 見 込 まれる)ため 安 定 供 給 の 確 保 が 政 策 的 に 重 要 であるも のを 鉱 業 審 議 会 においてレアメタルと 定 義 ( 現 在 31

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

1.グループ 概 要 沿 革 ( 事 業 の 選 択 と 集 中 ) 事 業 構 成 グループ 事 業 展 開 2. 業 績 / 財 務 状 況 CONTENTS 売 上 高 経 常 損 益 推 移 事 業 部 門 別 売 上 高 経 常 損 益 外 部 負 債 残 高 推 移 設 備 投 資 推

1.グループ 概 要 沿 革 ( 事 業 の 選 択 と 集 中 ) 事 業 構 成 グループ 事 業 展 開 2. 業 績 / 財 務 状 況 CONTENTS 売 上 高 経 常 損 益 推 移 事 業 部 門 別 売 上 高 経 常 損 益 外 部 負 債 残 高 推 移 設 備 投 資 推 日 本 経 営 財 務 研 究 学 会 第 37 回 全 国 大 会 プログラム 講 演 会 資 料 神 戸 製 鋼 グループの 財 務 戦 略 2013 年 10 月 5 日 株 式 会 社 神 戸 製 鋼 所 常 務 執 行 役 員 森 地 高 文 1 1.グループ 概 要 沿 革 ( 事 業 の 選 択 と 集 中 ) 事 業 構 成 グループ 事 業 展 開 2. 業 績 / 財 務 状 況

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

金属表紙2012年05月pdf用

金属表紙2012年05月pdf用 1) JOGMEC 特 別 顧 問 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 サスティナブル 材 料 国 際 センター 客 員 教 授 澤 田 賢 治 BRICsVISTAGDPGDP 1. 世 界 主 要 国 におけるマクロ GDP Gross Domestic Product NIEsNewly Industrializing Economies IT PPPPurchasing Power

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092F18CBE81698D7A95A88E918CB9816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092F18CBE81698D7A95A88E918CB9816A2E646F63> 提 言 鉱 物 資 源 の 安 定 確 保 に 関 する 課 題 と わが 国 が 取 り 組 むべき 総 合 的 対 策 平 成 20 年 (2008 年 )7 月 24 日 日 本 学 術 会 議 総 合 工 学 委 員 会 持 続 可 能 なグローバル 資 源 利 活 用 に 係 る 検 討 分 科 会 この 提 言 は 日 本 学 術 会 議 総 合 工 学 委 員 会 持 続 可 能 なグローバル

More information

(Microsoft Word - \221\346\202P\217\315\201i\214\273\217\363\201j.doc)

(Microsoft Word - \221\346\202P\217\315\201i\214\273\217\363\201j.doc) 酸 性 棄 物 とは 廃 棄 物 処 理 法 1で ごみ 粗 大 ごみ 燃 え 殻 汚 泥 ふん 尿 廃 油 廃 で 廃 アルカリ 動 物 の 死 体 その 他 の 汚 物 又 は 不 要 物 であって 固 形 状 又 は 液 状 のもの( 放 射 否 物 売 かは 質 却 及 することができないために びこれによって 占 有 者 の 意 思 その 汚 染 されたものを 性 状 不 等 要 を になったもの

More information

事業所排水の水質基準一覧表

事業所排水の水質基準一覧表 事 業 所 排 水 の 水 質 基 準 一 覧 表 ( 平 成 27 年 10 月 日 21 現 在 ) 留 意 事 項 1 この 一 覧 表 は 神 奈 川 県 内 ( 横 浜 市 及 び 川 崎 市 域 を 除 く )において 適 用 される 水 質 汚 濁 防 止 法 ( 同 法 第 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 上 乗 せ 条 例 を 含 む ) 及 び 神 奈 川 県 生

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書 刊 行 によせて 一 般 社 団 法 人 日 本 舶 用 工 業 会 では 我 が 国 の 造 船 関 係 事 業 の 振 興 に 資 するために ボートレース 事 業 の 交 付 金 による 日 本 財 団 の 助 成 金 を 受 けて 造 船 関 連 海 外 情 報 収 集 及 び 海 外 業 務 協 力 事 業 を 実 施 しております その 一 環 としてジェトロ 関 係 海 外 事 務 所

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

一太郎 9/8 文書

一太郎 9/8 文書 3 技 術 資 料 3-1 リサイクル 関 連 法 令 Q&A 業 務 に 関 係 が 深 いと 思 われる7つのリサイクル 関 連 法 令 について 良 く 寄 せられる 質 問 とそ れらに 対 する 回 答 をまとめました 日 常 の 業 務 点 検 などの 際 にお 役 立 て 下 さい 3-1-1 資 源 有 効 利 用 促 進 法 ( 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関

More information

排他的経済水域

排他的経済水域 排 他 的 経 済 水 域 (EEZ)の 資 源 開 発 2010 年 5 月 20 日 キヤノングローバル 戦 略 研 究 所 客 員 研 究 員 上 之 門 捷 二 kaminokado.shoji@canon-igs.org 1 目 次 1. はじめに 2. 現 状 認 識 3. 海 洋 産 業 創 出 の 成 功 事 例 4. 資 源 開 発 のため 加 速 すべき 事 項 5. 期 待 効

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc ミニファイル:1976 年 ~2010 年 1976 年 1977 年 1977 年 1978 年 1979 年 1980 年 標 準 の 話 化 合 物 命 名 法 試 薬 標 準 試 料 公 定 分 析 法 海 外 の 標 準 公 定 分 析 法 単 位 と 標 準 の 歩 み 正 式 名 とは 何 か 日 本 における 公 定 試 薬 規 格 有 機 分 析 用 標 準 試 料 大 気 汚 染

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 28 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 2 月 2 日 上 場 会 社 名 横 河 電 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6841 URL http://www.yokogawa.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 島 剛 志 問 合 せ 先

More information

3 技術資料

3 技術資料 3-2 東 京 都 における 制 度 住 民 が 地 域 社 会 における 生 活 環 境 の 保 全 のために 企 業 に 対 して 公 害 防 止 をはじめとす る 々の 要 求 を 行 うことは いわば 住 民 の 基 本 的 な 権 利 です また 企 業 が 地 域 において 安 定 な 事 業 活 動 を 行 うには 公 害 防 止 や 環 境 管 理 に 関 する 活 動 について 住

More information

スライド 1

スライド 1 セラミックス 研 究 所 研 究 推 進 計 画 平 成 28~32 年 度 1. 岐 阜 県 の 陶 磁 器 産 業 の 現 状 と 今 後 の 展 望 2.セラミックス 研 究 所 の 重 点 方 針 3. 研 究 所 の 固 有 技 術 と 課 題 今 後 5 年 間 の 技 術 開 発 の 方 向 4. 技 術 開 発 ロードマップ 5. 技 術 支 援 6. 人 材 育 成 1. 岐 阜

More information

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste アジア 消 費 市 場 の 拡 大 良 質 な 市 場 へ 向 けて 第 3 節 第 2-3-3-4 図 中 国 におけるB to C 電 子 商 取 引 市 場 の 推 移 第 2-3-3-6 表 最 近 のネットビジネス 分 野 の 日 系 企 業 海 外 進 出 事 例 ( 株 )ファーストリティリング 2009 年 4 月 中 国 でネット 通 販 大 手 アリババと 提 携 SBIベリトランス(

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478> マーケットフォーカス(アジア 市 場 ) 15 年 月 号 各 国 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 前 年 同 期 比 )の 推 移 経 済 各 国 の 消 費 者 物 価 指 数 上 昇 率 ( 前 年 同 月 比 )の 推 移 各 国 の 政 策 金 利 の 推 移 ご 参 考 資 料 15 年 月 1 日 1 (11 年 1 1 月 期 ~1 年 1 1 月 期 四 半 期 ) インドネシア

More information

島 根 県 立 大 学 総 合 政 策 論 叢 第 28 号 (2014 年 9 月 ) 図 1 中 ロのGDPと 成 長 率 の 推 移 ( 億 ドル %) 出 典 : 中 国 統 計 年 鑑 とロシア 連 邦 統 計 局 データにより 作 成 1 人 当 たり 名 目 GDPでは ロシアは 中

島 根 県 立 大 学 総 合 政 策 論 叢 第 28 号 (2014 年 9 月 ) 図 1 中 ロのGDPと 成 長 率 の 推 移 ( 億 ドル %) 出 典 : 中 国 統 計 年 鑑 とロシア 連 邦 統 計 局 データにより 作 成 1 人 当 たり 名 目 GDPでは ロシアは 中 総 合 政 策 論 叢 第 28 号 (2014 年 9 月 ) 島 根 県 立 大 学 総 合 政 策 学 会 [ 研 究 ノート] 中 ロ 接 近 の 契 機 と 貿 易 拡 大 の 可 能 性 について 劉 張 暁 音 忠 任 はじめに 北 東 アジアの 経 済 情 勢 は 2010 年 3 月 の 韓 国 哨 戒 艦 沈 没 事 件 とくに2012 年 9 月 の 尖 閣 諸 島 ( 中 国

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

( 簡 易 版 ファクト シート) 会 社 発 表 決 算 データに 基 づくスプリングキャピタル 社 試 算 経 営 指 標 等 ( 金 額 単 位 : 百 万 円 ) 2009/12 2010/12 2011/12 2012/12 2013/12 2014/12 情 報 元 有 報 有 報 有

( 簡 易 版 ファクト シート) 会 社 発 表 決 算 データに 基 づくスプリングキャピタル 社 試 算 経 営 指 標 等 ( 金 額 単 位 : 百 万 円 ) 2009/12 2010/12 2011/12 2012/12 2013/12 2014/12 情 報 元 有 報 有 報 有 ( 簡 易 版 ファクト シート 経 営 指 標 ランキング レポート 経 営 指 標 比 較 レポート) 本 レポートは オプテックス エフエー 株 式 会 社 とスプリングキャピタル 社 ( 以 下 SC 社 )の 契 約 に 基 づき SC 社 が 作 成 したものである オプテックス エフ エー 株 式 会 社 は 本 レポートの 作 成 にあたり 定 性 情 報 経 営 指 標 ランキングに

More information

中国における電子廃棄物の再資源化方策に関する考察

中国における電子廃棄物の再資源化方策に関する考察 E-Waste 艳 IT E-Waste IT E-Waste E-Waste ...% E-Waste E-Waste E-Waste 苏 屿 -- -- -- -- -- --. -- --. LiBeCr MnCoNiSePdSbSnTe NbTaWPtBiAuAgCuAI. GaIn ..... E-Waste E-Waste 万 台 18,000 15,000 テレビ 洗 濯 機 冷 蔵

More information

自動車産業の現状

自動車産業の現状 産 業 の 現 状 2013 年 8 月 一 般 社 団 法 人 日 本 工 業 会 我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 産 業 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 関 連 : 548 万 人 (8.8%) * 国 内 就 業 人 口 中 の 割 合 就 業 人 口 うち 製 造 部 門

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

スライド 1産業構造審議会環境部会廃棄物・リサイクル小委員会(第16回)中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会小型電気電子機器リサイクル制度及び使用済製品中の有用金属の再生利用に関する小委員会使用済製品中の有用金属の再生利用に関するワーキンググループ(第1回)合同会合 資料7 パソコン3R推進協会提出資料

スライド 1産業構造審議会環境部会廃棄物・リサイクル小委員会(第16回)中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会小型電気電子機器リサイクル制度及び使用済製品中の有用金属の再生利用に関する小委員会使用済製品中の有用金属の再生利用に関するワーキンググループ(第1回)合同会合 資料7 パソコン3R推進協会提出資料 産 業 構 造 審 議 会 環 境 部 会 廃 棄 物 リサイクル 小 委 員 会 資 料 7 パソコンのメーカ リサイクルの 現 状 と レアメタル リサイクルへの 取 り 組 み 平 成 23 年 11 月 29 日 一 般 社 団 法 人 パソコン3R 推 進 協 会 Ⅰ. 家 庭 系 使 用 済 パソコンリサイクルの 現 状 1 パソコンメーカによる 家 庭 系 使 用 済 パソコンのリサイクル

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

修繕積立金及び長期修繕計画に関する

修繕積立金及び長期修繕計画に関する マンションの 修 繕 積 立 金 に 関 するガイドライン 平 成 23 年 4 月 国 土 交 通 省 はじめに マンションのストック 総 数 は 約 562 万 戸 ( 平 成 21 年 末 現 在 ) 約 1400 万 人 が 居 住 する 我 が 国 における 重 要 な 居 住 形 態 のひとつとなっており その 数 は 着 実 に 増 加 しています マンションの 良 好 な 居 住 環

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

平成14年1月28日

平成14年1月28日 P13007 平 成 28 年 度 実 施 方 針 スマートコミュニティ 部 1. 件 名 : 先 進 革 新 蓄 電 池 材 料 評 価 技 術 開 発 2. 根 拠 法 国 立 研 究 開 発 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 法 第 15 条 第 1 号 ニ 3. 背 景 及 び 目 的 目 標 (1) 政 策 的 な 重 要 性 新 成 長 戦 略 ( 基 本

More information

平成○年○月期  決算短信(連結)      平成  年  月  日

平成○年○月期  決算短信(連結)      平成  年  月  日 平 成 20 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 20 年 5 月 12 日 上 場 会 社 名 古 河 スカイ 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 コード 番 号 :5741 URL http://www.furukawa-sky.co.jp/ 代 表 者 代 表 取 締 役 社 長 氏 名 原 正 照 問 合 せ 先 責 任 者 経 理 部 長 氏 名 要 隆 明 TEL:(03)5295-3800(

More information

産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通 インフラ 円 滑 かつ 効 率 的 な 輸 送 サービスを 提 供 し 続 けることが 我 が 国 の 産 業 活 動 を 継 続 する 前 提 条 件 高 速 路 貨 物 鉄

産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通 インフラ 円 滑 かつ 効 率 的 な 輸 送 サービスを 提 供 し 続 けることが 我 が 国 の 産 業 活 動 を 継 続 する 前 提 条 件 高 速 路 貨 物 鉄 資 料 3 地 域 の 産 業 経 済 の 再 生 とそれを 支 える 都 市 交 通 基 盤 平 成 23 年 6 月 2 日 国 土 交 通 大 臣 大 畠 章 宏 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人 平 成 27 年 4 月 来 日 外 国 人 犯 罪 の 検 挙 状 況 ( 平 成 26 年 ) 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 国 際 捜 査 管 理 官 凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米

More information

はじめに 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 について 平 成 28 年 7 月 1 日 施 行 された 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 は 労 働 力 人 口 の 減 少 企 業 間 の 国 際 的 な 競 争 の 活 発 化 等 の 経 済 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 し

はじめに 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 について 平 成 28 年 7 月 1 日 施 行 された 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 は 労 働 力 人 口 の 減 少 企 業 間 の 国 際 的 な 競 争 の 活 発 化 等 の 経 済 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 し 平 成 31 年 3 月 末 日 までに 設 備 投 資 を 検 討 している 組 合 員 のみなさまと 設 備 メーカーのみなさまへ 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 に 係 る 支 援 措 置 新 たな 機 械 装 置 の 投 資 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 ご 利 用 の 手 引 き 平 成 28 年 7 月 全 国 鍍 金 工 業 組 合 連 合 会 はじめに 中 小

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

1. 研 究 会 設 置 の 経 緯 (1) 小 型 家 電 とレアメタルを 取 り 巻 く 状 況 と 研 究 会 設 置 の 経 緯 (2) 研 究 会 での 検 討 の 進 め 方 (3) 小 型 家 電 の 現 状 1 小 型 家 電 の 製 造 段 階 の 特 徴 2 小 型 家 電 の 流 通 段 階 の 特 徴 3 小 型 家 電 の 消 費 排 出 段 階 の 特 徴 品

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

20.0 10.0 0.0 20.7 図 表 2-1 所 得 階 層 別 国 ごとの 将 来 人 口 の 推 移 ( 億 人 ) 開 発 途 上 国 中 間 国 先 進 国 100.0 90.0 9.4 9.5 80.0 9.6 70.0 9.5 9.3 60.0 42.8 9.0 41.5 39.

20.0 10.0 0.0 20.7 図 表 2-1 所 得 階 層 別 国 ごとの 将 来 人 口 の 推 移 ( 億 人 ) 開 発 途 上 国 中 間 国 先 進 国 100.0 90.0 9.4 9.5 80.0 9.6 70.0 9.5 9.3 60.0 42.8 9.0 41.5 39. 2. 前 提 条 件 2-1. 人 口 経 済 シナリオ 今 回 のベースライン 予 測 においては 今 後 の 気 候 変 動 の 影 響 を 踏 まえた 世 界 食 料 需 給 予 測 を 行 うことが 目 的 となっている そのため 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC 4 )で 提 示 されている 人 口 経 済 成 長 のシナリオと 気 候 変 動 の 影 響 を 一

More information