第2回基幹的交通システム部会_資料1

Size: px
Start display at page:

Download "第2回基幹的交通システム部会_資料1"

Transcription

1 (8) 都 市 空 間 の 魅 力 と 基 幹 的 交 通 システムのデザイン 性 が 相 まって 魅 力 的 な 都 市 空 間 の 形 成 に 寄 与 できるルート を 選 定 する 銀 座 地 区 では 銀 座 の 個 性 的 な 景 観 や 空 間 を 考 慮 し 銀 座 らしさを 演 出 し ヒューマンスケールの 都 市 空 間 形 成 に 寄 与 できるルートを 選 定 する 特 に 銀 座 地 区 では 銀 座 特 有 の 街 の 構 造 や 店 構 えなどが 銀 座 の 景 観 や 空 間 を 個 性 的 なものにしている 以 下 に 示 すような 空 間 の 特 性 が 銀 座 らしい 街 並 みをつくっている 歩 いて 回 れる 街 - 回 遊 しやすい 街 の 広 がり( 約 1.1km 0.8km) - 起 伏 のないフラットな 地 形 適 切 なスケールの 街 区 構 成 - 大 中 小 の 通 りの 連 携 による 面 的 な 街 の 広 がり -ぶらつくのに 適 した 120m 40m の 街 区 サイズ ぶらつきが 楽 しい 沿 道 性 が 高 い 街 - 豊 かな 歩 道 や 適 切 な 道 路 幅 と 建 物 との 関 係 がもたらす 歩 車 共 存 の 通 り 路 地 など 空 の 広 がりがもたらす 開 放 感 と 落 ち 着 き 季 節 を 感 じさせる 街 路 樹 大 中 小 様 々な 店 舗 の 個 性 あるファサード 銀 ブラを 誘 発 する 開 口 部 デザイン - 通 りに 開 かれた 店 舗 商 業 スペース - 個 性 的 なショーウインドウ 街 角 にある 建 物 の 高 い 視 認 性 街 全 体 に 浸 透 するヒューマンスケールへの 配 慮 節 度 を 持 った 広 告 看 板 出 典 : 銀 座 デザインルール 第 二 版 また 銀 座 の 各 通 りは 特 に 道 路 幅 員 の 違 いによって 以 下 のとおり 空 間 的 特 性 が 異 なる 道 路 の 機 能 確 保 の 観 点 から 基 幹 的 交 通 システムは 大 幅 員 の 通 りもしくは 中 幅 員 の 通 りに 導 入 することが 基 本 となると 考 えられる 大 幅 員 の 通 りの 場 合 は 街 を 代 表 するファサードや 壁 面 広 告 との 関 係 により シンボリックな 空 間 形 成 に 寄 与 す る 一 方 大 幅 員 でかつ 自 動 車 交 通 量 が 多 いため 道 路 による 街 区 の 分 断 感 が 大 きく 歩 行 者 を 中 心 とした 街 の 回 遊 を 促 す ヒューマンスケールな 都 市 空 間 の 形 成 への 寄 与 の 面 では 効 果 が 低 い また 中 幅 員 の 通 りの 場 合 は 大 幅 員 の 通 り(27.27m~)の 場 合 : 中 央 通 り 晴 海 通 り 外 堀 通 りなど 連 続 する 店 舗 ファサードとその 壁 面 位 置 大 規 模 店 舗 の 大 きなファサードを 含 むさまざまな 間 口 のファサードの 混 在 通 りが 広 き 引 きがあるために 視 認 性 の 高 い 建 物 のファサード ファサードの 視 認 性 を 意 識 した 大 きな 壁 面 広 告 店 舗 低 層 部 の 高 い 商 業 価 値 を 反 映 したデザイン 幅 員 の 大 きな 歩 道 出 典 : 銀 座 デザインルール 第 二 版 中 幅 員 の 通 り(~14.55m)の 場 合 : 並 木 通 り みゆき 通 りなど 中 規 模 の 店 舗 ファサードを 中 心 とした 構 成 店 舗 低 層 部 の 高 い 視 認 性 と 近 接 性 ヒューマンスケールの 歩 道 スペースと 自 動 車 のためのスペースの 完 全 分 離 大 通 りより 小 さい 建 物 高 さに 対 する 通 り 幅 員 の 比 率 (D/H) 袖 看 板 路 上 看 板 を 中 心 とする 広 告 媒 体 不 統 一 な 間 口 と 軒 高 中 幅 員 で 自 動 車 交 通 量 が 少 ないため 道 路 による 街 区 の 分 断 感 は 小 さく 回 遊 性 を 高 めるヒューマンスケールの 都 市 空 間 形 成 に 寄 与 する 一 方 街 全 体 を 代 表 するシンボル 性 の 面 では 効 果 が 低 い これらを 考 慮 し それぞれのメリットを 活 かしたルート 設 定 とすることが 必 要 である 大 幅 員 の 通 り 中 幅 員 の 通 り 街 を 代 表 するファサードや 壁 面 広 告 との 関 係 により シンボリックな 空 間 形 成 に 寄 与 できる 大 幅 員 でかつ 自 動 車 交 通 量 が 多 いため 道 路 による 街 区 の 分 断 感 が 大 きく 歩 行 者 を 中 心 とした 街 の 回 遊 を 促 す ヒューマンスケールな 都 市 空 間 の 形 成 への 寄 与 の 面 では 効 果 が 低 い 中 幅 員 で 自 動 車 交 通 量 が 少 ないため 道 路 による 街 区 の 分 断 感 は 小 さく 回 遊 性 を 高 めるヒューマンスケールの 都 市 空 間 形 成 に 寄 与 できる 街 全 体 を 代 表 するシンボル 性 の 面 では 効 果 が 低 い 出 典 : 銀 座 デザインルール 第 二 版 ファサード : 建 物 前 面 のデザイン ヒューマンスケール : 人 間 の 感 覚 や 動 きに 適 合 した 適 切 な 空 間 の 規 模 や 物 の 大 きさのこと -6-

2 (9) 段 階 的 な 整 備 を 想 定 している BRT と LRT は 同 様 のルートを 基 本 としてルートを 設 定 する 需 要 によって 将 来 的 には LRT へと 転 換 を 図 る 段 階 的 な 整 備 を 前 提 としていることから 技 術 的 な 連 続 性 を 確 保 し システム 変 更 による 追 加 投 資 をできる 限 り 抑 えるために BRT と LRT のルートは 同 じルートとすること を 基 本 とする 基 幹 的 交 通 システムの 整 備 は BRT の 導 入 を 先 行 させ 需 要 によって 将 来 的 には LRT へと 転 換 を 図 る 段 階 的 な 整 備 を 前 提 としている この 段 階 的 な 整 備 にあたっては 現 時 点 では 不 確 実 な 条 件 に 対 し 将 来 柔 軟 に 対 応 可 能 であることや 技 術 的 な 連 続 性 を 確 保 し システム 変 更 による 追 加 投 資 をできる 限 り 抑 える 工 夫 等 が 必 要 である 特 にルートの 設 定 及 びルート 上 での 導 入 空 間 の 確 保 は 基 幹 的 交 通 システムの 整 備 にあたり 最 も 基 本 的 な 事 項 であり 停 留 所 等 の 施 設 計 画 周 辺 まちづくり 等 へ 影 響 を 与 えることから システムによってルートを 変 更 することは 望 ましくない よって BRT と LRT のルートは 同 じルートとすることを 基 本 とする -7-

3 1.2 サービス 水 準 の 検 討 (1) 運 行 サービス 想 定 する 運 行 サービスは 以 下 の 通 りとする 停 留 場 間 距 離 銀 座 築 地 エリアでは 300m 程 度 臨 海 部 エリアでは 500m 程 度 運 行 頻 度 ピーク 時 : 3 分 間 隔 程 度 (20 本 / 時 ) オフピーク 時 : 6 分 程 度 (10 本 / 時 ) 表 定 速 度 平 均 20km/h ピーク 時 混 雑 率 150% 以 内 (バスの 場 合 は 定 員 輸 送 ) 運 行 時 間 6 時 ~24 時 1 停 留 場 設 置 及 び 停 留 場 間 隔 停 留 場 については 本 路 線 が 主 に 都 心 の 交 通 サービスが 高 いエリアでの 整 備 となることから きめ 細 やかな 停 留 場 の 設 置 によるサービス 向 上 が 利 用 者 の 利 便 性 向 上 回 遊 性 の 向 上 に 効 果 的 であると 考 えられる しかし 停 留 場 の 数 が 増 えると 所 要 時 間 が 増 加 することから そのバランスを 考 慮 して 設 置 する 必 要 がある 検 討 対 象 地 区 での 現 在 の 鉄 道 やバスの 駅 間 距 離 バス 停 間 距 離 は 概 ね 以 下 のとおりである 鉄 道 ( 地 下 鉄 ) : 銀 座 築 地 エリア 300m~500m 程 度 臨 海 部 エリア 700m~1500m 程 度 (ただし 駅 間 距 離 が 長 いものには 河 川 運 河 等 の 横 過 部 を 含 んでいる 場 合 が 多 い) バス : 200m~400m 程 度 図 検 討 対 象 エリア 周 辺 におけるバス 停 の 配 置 また 全 国 の 路 面 電 車 における 平 均 停 留 場 間 隔 は 350m~500m 程 度 である 表 全 国 の 路 面 電 車 の 平 均 停 留 場 間 隔 会 社 名 平 均 停 留 所 間 距 離 (m) 東 京 急 行 電 鉄 556 東 京 都 交 通 局 421 札 幌 市 交 通 局 433 函 館 市 交 通 局 433 熊 本 市 交 通 局 358 鹿 児 島 市 交 通 局 367 長 崎 電 気 軌 道 318 伊 予 鉄 道 357 土 佐 電 気 鉄 道 337 広 島 電 鉄 334 岡 山 電 気 軌 道 323 阪 堺 電 気 軌 道 503 京 阪 電 気 鉄 道 705 京 都 市 交 通 局 京 阪 電 気 鉄 道 1163 京 福 電 気 鉄 道 579 豊 橋 鉄 道 369 福 井 鉄 道 995 富 山 地 方 鉄 道 337 富 山 ライトレール 633 万 葉 線 557 全 国 440 図 検 討 対 象 エリア 周 辺 における 鉄 道 の 駅 配 置 -8-

4 なお 歩 行 時 間 や 歩 行 者 がバス 停 までに 抵 抗 を 感 じる 距 離 として 以 下 のデータがあり これらを 考 慮 すると 銀 座 築 地 エリアでは 300m 程 度 臨 海 部 エリアでは 500m 程 度 の 停 留 場 間 距 離 とするのが 望 ましいと 言 え る 自 宅 からバス 停 までの 所 要 時 間 に 関 する 既 往 のアンケート 調 査 によると 半 数 以 上 の 回 答 者 が 5 分 以 内 が 望 ましいと 回 答 している これを 踏 まえると 自 宅 からバス 停 までの 望 ましい 距 離 は 240m~390m( 高 齢 者 の 場 合 )となる 対 象 者 表 所 要 時 間 からみた 望 ましいバス 停 までの 距 離 バス 停 までの 望 ましい 所 要 時 間 歩 行 速 度 (m/sec) * 望 ましい バス 停 までの 距 離 高 齢 者 0.8~ m~390m 5 分 以 内 車 いす 使 用 者 ( 電 動 ) 0.7~ m~510m * 道 路 の 移 動 円 滑 化 整 備 ガイドライン( 国 土 交 通 省 )より 天 候 良 好 時 に 歩 行 者 がバス 停 まで 抵 抗 を 感 じる 距 離 としては 平 均 で 300mとする 統 計 データがある ( 下 表 参 照 ) 条 件 天 候 良 好 時 バス 停 まで ( 自 家 用 車 利 用 者 の 50% 以 上 が 不 満 を 感 じる 距 離 ) 表 歩 行 者 が 抵 抗 を 感 じる 距 離 抵 抗 を 感 じる 距 離 平 均 都 心 部 区 部 市 部 郡 部 300m 230m 329m 334m 448m 2 運 行 頻 度 沿 線 での 現 在 の 鉄 道 やバスの 運 行 頻 度 は 概 ね 以 下 のとおりである 路 線 地 下 鉄 有 楽 町 線 ( 豊 洲 発 有 楽 町 方 面 ) 地 下 鉄 大 江 戸 線 ( 勝 どき 発 大 門 方 面 ) 都 営 バス ( 勝 どき 橋 南 詰 新 橋 東 京 方 面 ) 各 駅 バス 停 を 7 時 台 に 発 車 する 本 数 ピーク 時 運 行 本 数 オフピーク 時 17 本 ( 約 3.5 分 ピッチ) 10 本 (6 分 ピッチ) 17 本 ( 約 3.5 分 ピッチ) 10 本 (6 分 ピッチ) 42 本 ( 約 1.4 分 ピッチ) 1 路 線 で 最 も 運 行 頻 度 が 高 いの は 都 05 系 統 ( 東 京 駅 丸 の 内 南 口 行 )で 13 本 ( 約 4.6 分 ピッチ) 23 本 程 度 ( 約 2.6 分 ピッチ) 1 路 線 で 最 も 運 行 頻 度 が 高 いの は 都 05 系 統 ( 東 京 駅 丸 の 内 南 口 行 )で 6 本 (10 分 ピッチ) また 全 国 の 路 面 電 車 のピーク 時 オフピーク 時 のサービスレベルを 見 ると ピーク 時 で 5 分 ~10 分 間 隔 オフピーク 時 で 15 分 程 度 の 間 隔 で 運 行 されている 運 行 頻 度 を 高 くすることで 必 要 車 両 数 の 増 加 やランニングコストの 増 加 等 事 業 効 率 面 では 負 の 要 因 と なる 側 面 もあるが 鉄 道 バスのサービスレベルや 利 用 者 の 利 便 性 向 上 回 遊 性 向 上 に 寄 与 するために 待 たずに 乗 れる 便 利 な 公 共 交 通 を 実 現 するためには ピーク 時 3 分 間 隔 程 度 (20 本 / 時 ) オフピーク 時 で も 6 分 程 度 (10 本 / 時 )の 運 行 間 隔 を 確 保 することが 必 要 と 考 えられる 出 典 : 道 路 経 済 研 究 センター(S48,3) -9-

5 No. 事 業 者 名 運 行 区 間 表 全 国 の 路 面 電 車 運 行 間 隔 7:00~8:00の 本 数 平 均 間 隔 11:00~15:00の 最 多 本 数 平 均 間 隔 左 記 以 外 にピークがある 場 合 一 日 の 本 数 平 均 間 隔 ( 分 ) 本 数 平 均 間 隔 ( 分 ) 時 間 帯 本 数 平 均 間 隔 ( 分 ) 総 運 行 本 数 1 札 幌 市 交 通 局 すすきの ~ 西 4 丁 目 分 分 155 西 4 丁 目 2 函 館 市 交 通 局 湯 の 川 ~ 函 館 駅 前 分 分 178 函 館 駅 前 (2 系 統 +5 系 統 ) 谷 地 頭 ~ 函 館 駅 前 分 分 79 函 館 駅 前 (2 系 統 ) 函 館 どっく 前 ~ 函 館 駅 前 分 分 81 函 館 駅 前 (5 系 統 ) 3 東 京 都 交 通 局 早 稲 田 ~ 三 ノ 輪 橋 分 分 16:00~17: 分 179 早 稲 田 4 東 京 東 急 電 鉄 下 高 井 戸 ~ 三 軒 茶 屋 分 分 186 三 軒 茶 屋 ( 世 田 谷 線 ) 5 富 山 地 方 鉄 道 南 富 山 駅 前 ~ 富 山 駅 前 分 分 190 富 山 駅 前 大 学 前 ~ 富 山 駅 前 分 分 19:00~20: 分 106 富 山 駅 前 6 富 山 ライトレール 岩 瀬 浜 ~ 富 山 駅 北 分 分 66 富 山 北 駅 7 万 葉 線 越 ノ 潟 ~ 高 岡 駅 分 分 64 高 岡 駅 8 福 井 鉄 道 ( 福 武 線 ) 田 原 町 ~ 市 役 所 前 分 分 52 市 役 所 前 武 生 新 ~ 市 役 所 前 分 分 35 市 役 所 前 9 豊 橋 鉄 道 赤 岩 口 ~ 駅 前 分 分 145 駅 前 10 京 阪 電 気 鉄 道 石 山 寺 ~ 浜 大 津 分 分 8:00~9: 分 134 浜 大 津 坂 本 ~ 浜 大 津 分 分 8:00~9: 分 147 浜 大 津 11 京 福 電 気 鉄 道 帷 子 ノ 辻 ~ 四 条 大 宮 分 分 122 四 条 大 宮 帷 子 ノ 辻 ~ 北 野 白 梅 町 分 分 94 北 野 白 梅 町 12 阪 堺 電 気 鉄 道 住 吉 ~ 恵 美 須 町 分 分 96 恵 美 須 町 備 考 ( 下 車 駅 ) 住 吉 ~ 天 王 寺 駅 前 分 分 112 天 王 寺 駅 前 3 表 定 速 度 検 討 対 象 地 区 での 現 在 の 鉄 道 やバスの 表 定 速 度 自 動 車 の 平 均 旅 行 速 度 は 概 ね 以 下 のとおりである 地 下 鉄 で 概 ね 30km/h 前 後 バスは 20km/h に 満 たない 状 況 である これは 国 内 の 路 面 電 車 の 表 定 速 度 と 同 等 の 速 度 である また バスは 定 時 性 の 面 でも 課 題 がある 晴 海 通 りの 平 均 旅 行 速 度 は 上 り 混 雑 時 で 10km/h 程 度 となっている 基 幹 的 公 共 交 通 システムは BRT もしくは LRT を 想 定 することから 現 在 のバスサービスに 比 べ 速 達 性 の 向 上 の 観 点 からサービス 向 上 を 図 ることとし 概 ね 20km/h 程 度 の 表 定 速 度 を 確 保 する 運 行 計 画 とする 地 下 鉄 有 楽 町 線 ( 新 木 場 有 楽 町 ) 地 下 鉄 大 江 戸 線 ( 清 澄 白 河 大 門 ) 都 営 バス ( 勝 どき 橋 南 詰 丸 の 内 南 口 ) 晴 海 通 り 国 道 15 号 との 交 差 部 付 近 勝 どき 駅 付 近 路 線 表 定 速 度 ( 平 均 旅 行 速 度 ) 32.8km/h (7.1km 所 要 13 分 ) 28.7km/h (6.7km 所 要 14 分 ) 15.5km/h (3.1km 所 要 12 分 ) 平 均 旅 行 速 度 混 雑 時 上 り 10.6km/h 下 り 15.7km/h 昼 間 非 混 雑 時 上 り 11.2km/h 下 り 14.9km/h 混 雑 時 上 り 8.5km/h 下 り 22.9km/h 昼 間 非 混 雑 時 上 り 13.7km/h 下 り 22.3km/h 国 内 の 路 面 電 車 の 表 定 速 度 は 10km/h~15km/h 程 度 であり ヨーロッパの LRT は 15km/h~ 20km/h である 13 岡 山 電 気 軌 道 東 山 ~ 岡 山 駅 前 分 分 183 岡 山 駅 前 清 輝 橋 ~ 岡 山 駅 前 分 分 97 岡 山 駅 前 14 広 島 電 鉄 広 島 駅 ~ 広 島 港 分 分 103 広 島 駅 広 島 駅 ~ 広 電 西 広 島 分 分 131 広 電 西 広 島 広 電 西 広 島 ~ 広 島 港 分 分 102 広 電 本 社 前 広 島 駅 ~ 広 島 港 分 分 123 平 均 間 隔 は 時 刻 表 参 照 広 島 駅 ~ 江 波 分 分 97 江 波 横 川 駅 ~ 広 電 本 社 前 分 分 76 広 電 本 社 前 横 川 駅 ~ 江 波 分 分 80 江 波 八 丁 堀 ~ 白 島 分 分 139 平 均 間 隔 は 時 刻 表 参 照 15 土 佐 電 気 鉄 道 高 知 駅 ~ はりまや 橋 分 分 8:00~9: 分 150 はりまや 橋 さんばし 五 丁 目 ~ はりまや 橋 分 分 6:00~7: 分 173 はりまや 橋 ごめん ~ はりまや 橋 分 分 6:00~7: 分 219 はりまや 橋 いの ~ はりまや 橋 分 分 6:00~7: 分 217 はりまや 橋 図 LRT の 表 定 速 度 -10-

6 4ピーク 時 混 雑 率 車 内 の 混 雑 率 は 利 用 者 の 快 適 性 の 面 からは 100% 程 度 とすることが 理 想 である しかし ピーク 時 間 帯 の 輸 送 量 を 混 雑 率 100% 程 度 で 輸 送 する 計 画 とすると 必 要 車 両 数 や 運 行 本 数 が 増 加 し 車 両 購 入 コストや 運 営 コストの 増 加 につながる よって 運 営 の 効 率 化 等 を 踏 まえ ピーク 時 間 帯 の 混 雑 率 は 首 都 圏 の 鉄 道 輸 送 において 目 標 とする 混 雑 率 の 上 限 である 150% 以 下 となる 計 画 とする なお バスの 場 合 道 路 交 通 法 第 57 条 の 規 定 により 乗 車 人 員 の 制 限 を 超 えて 乗 車 させた 車 両 を 運 転 して はならないため 混 雑 率 100%の 定 員 輸 送 を 基 本 として 計 画 する (3) 車 両 BRT は 連 節 バス 車 両 を 想 定 する LRT は 30m 車 両 を 想 定 する BRT は 連 節 バス 車 両 を 想 定 する 車 両 長 さ 約 18m 車 幅 2.50m 車 両 定 員 129 人 / 両 図 混 雑 率 の 目 安 ( 出 展 : 社 団 法 人 日 本 民 営 鉄 道 協 会 HP) 5 運 行 時 間 運 行 時 間 は 利 用 者 ニーズや 運 行 効 率 収 支 等 を 考 慮 して 決 定 する 必 要 があり 今 後 の 検 討 課 題 であるが 本 検 討 においては 6:00~24:00 と 想 定 した 検 討 対 象 地 域 における 鉄 道 やバスの 運 行 時 間 の 例 は 下 表 のとおりである ピーク 時 輸 送 力 2,580 人 / 時 (20 本 / 時 の 運 バスの 場 合 は 定 員 乗 車 とする 行 の 場 合 ) LRT 車 両 については 現 在 運 行 している 代 表 的 な LRV として 18m 車 両 ( 富 山 ライトレールタイプ: 富 山 )と 30m 車 両 (グリーンムーバタイプ: 広 島 )が 存 在 している 輸 送 形 態 としては 輸 送 需 要 との 対 応 から この 2 ケースの 比 較 検 討 が 必 要 であるが 施 設 計 画 上 は 30m 車 両 を 想 定 する 路 線 ( 発 駅 着 駅 ) 始 発 終 発 地 下 鉄 有 楽 町 線 ( 豊 洲 有 楽 町 ) 5:05 0:14 地 下 鉄 大 江 戸 線 ( 月 島 大 門 ) 5:15 0:21 都 営 バス( 勝 どき 橋 南 詰 丸 の 内 南 口 ) 6:34 22:25 イメージ 18m 車 両 表 LRV の 種 類 30m 車 両 (2) 専 用 走 行 路 の 規 格 専 用 走 行 路 は 複 線 規 格 とする 上 記 運 行 本 数 の 確 保 及 び 停 留 場 間 の 距 離 を 前 提 とし かつ 定 時 性 速 達 性 の 確 保 を 図 るためには 専 用 走 行 路 は 複 線 規 格 とする 必 要 がある 車 両 長 さ 約 18m 約 30m 車 両 定 員 80 人 / 両 150 人 / 両 ピーク 時 輸 送 力 (20 本 / 時 の 運 行 の 場 合 ) 混 雑 度 100%:1,600 人 / 時 混 雑 度 150%:2,400 人 / 時 混 雑 度 100%:3,000 人 / 時 混 雑 度 150%:4,500 人 / 時 -11-

7 (4) 停 留 場 施 設 道 路 構 造 令 に 準 拠 した 設 計 とする プラットフォームの 有 効 幅 員 は 2.0m 以 上 長 さは 車 両 長 に 応 じ 20m 以 上 (18m 車 の 場 合 ) 32m 以 上 (30m 車 の 場 合 ) 高 さはレール 面 から 250mm~270mm とし 交 通 バリアフリー 法 に 準 拠 した 施 設 とする 停 留 場 の 位 置 は 周 辺 からのアクセス 鉄 道 駅 との 結 節 等 を 考 慮 して 定 める 既 存 のバス 停 とは 差 別 化 を 図 るデザインとする 停 留 場 のイメージ( 海 外 のトラムの 事 例 ) 図 停 留 場 施 設 の 構 造 歩 道 側 に 設 置 する 停 留 場 のイメージ( 海 外 のトラムの 事 例 ) -12-

8 1.3 ルート 帯 の 比 較 検 討 (1)ルート 帯 の 比 較 検 討 案 先 に 整 理 したルート 設 定 の 基 本 方 針 およびサービス 水 準 を 踏 まえ ルート 帯 の 比 較 検 討 を 行 う 対 象 ルートは 第 1 回 検 討 会 で 示 された 以 下 の 3 ルートとする 1 晴 海 通 り 活 用 ルート 2 みゆき 通 り 環 状 2 号 活 用 ルート 3 海 岸 通 り 環 状 2 号 活 用 ルート -13-

9 (2) 導 入 ルート 帯 の 比 較 1 晴 海 通 り 活 用 ルート 2みゆき 通 り 環 状 2 号 活 用 ルート 3 海 岸 通 り 環 状 2 号 活 用 ルート (1)JR や 地 下 鉄 等 鉄 道 駅 への 結 東 銀 座 駅 銀 座 駅 と 結 節 を 図 ることが 可 能 節 を 図 り かつ 主 要 な 施 設 への 築 地 市 場 駅 東 銀 座 駅 銀 座 駅 との 結 節 を 図 ることが 可 能 新 橋 駅 汐 留 駅 銀 座 駅 との 結 節 を 図 ることが 可 能 アクセスの 利 便 性 を 高 めるル 都 営 大 江 戸 線 勝 どき 駅 との 結 節 が 図 られ 都 心 方 面 から 勝 どき 駅 ア 臨 海 部 エリアでは 鉄 道 駅 との 結 節 はない 臨 海 部 エリアでは 鉄 道 駅 との 結 節 はない ート 設 定 とする 特 に 銀 座 地 クセスの 代 替 経 路 となりうる 都 心 部 との 連 携 強 化 が 図 られ 勝 ど 将 来 の 延 伸 方 向 を 豊 洲 駅 方 向 とした 場 合 には 晴 海 エリア 五 丁 目 か 将 来 の 延 伸 方 向 を 豊 洲 駅 方 向 とした 場 合 には 晴 海 エリア 五 丁 目 か 区 における 回 遊 性 の 向 上 及 び き 駅 の 混 雑 の 緩 和 にも 寄 与 すると 考 えられる 一 方 で 旅 客 の 集 中 に ら 晴 海 三 丁 目 交 差 点 を 通 過 し 晴 海 トリトンなど 晴 海 地 区 の 東 部 エ ら 晴 海 三 丁 目 交 差 点 を 通 過 し 晴 海 トリトンなど 晴 海 地 区 の 東 部 エ 銀 座 や 築 地 へのアクセス 利 便 よる 混 雑 の 悪 化 も 懸 念 される リアまでのアクセスが 確 保 される リアまでのアクセスが 確 保 される 性 の 向 上 に 寄 与 するルートと 勝 どき 駅 から 晴 海 トリトンへ 方 面 のアクセス 利 便 性 が 向 上 する する (2) 公 共 交 通 の 空 白 地 域 の 解 消 築 地 エリアでは 築 地 市 場 や 場 外 市 場 の 一 部 が 駅 勢 圏 に 入 る 築 地 エリアでは 築 地 市 場 や 場 外 市 場 が 駅 勢 圏 に 入 る 築 地 エリアでは 築 地 市 場 の 一 部 が 駅 勢 圏 に 入 るが 場 外 市 場 は 駅 勢 を 図 るルート 設 定 とする 銀 座 での 駅 勢 圏 は 既 存 地 下 鉄 と 重 複 するため 銀 座 7 丁 目 8 丁 目 銀 座 でも 銀 座 7 丁 目 8 丁 目 の 不 便 地 域 を 概 ね 駅 勢 圏 に 取 り 込 むこ 圏 外 となる の 不 便 地 域 は 解 消 されない とができるため これらの 地 域 のアクセス 利 便 性 が 向 上 する 銀 座 では 銀 座 7 丁 目 8 丁 目 の 不 便 地 域 を 概 ね 駅 勢 圏 に 取 り 込 むこ とができるため これらの 地 域 のアクセス 利 便 性 が 向 上 する 晴 海 エリアでは 鉄 道 サービス 空 白 地 域 の 解 消 に 寄 与 するが 勝 どき 晴 海 地 区 及 び 勝 どき 豊 海 地 区 に 停 留 場 を 設 置 することで 今 後 晴 海 地 区 及 び 勝 どき 豊 海 地 区 に 停 留 場 を 設 置 することで 今 後 豊 海 エリアでは 都 営 大 江 戸 線 と 駅 勢 圏 が 重 複 し 特 に 勝 どき 五 丁 目 人 口 の 増 加 が 想 定 される 晴 海 地 区 西 部 エリア( 晴 海 四 丁 目 五 丁 目 ) 人 口 の 増 加 が 想 定 される 晴 海 地 区 西 部 エリア( 晴 海 四 丁 目 五 丁 目 ) 地 区 第 一 種 市 街 地 再 開 発 事 業 ( 事 業 中 )エリアや 豊 海 住 宅 地 区 ( 協 勝 どき 豊 海 地 区 の 鉄 道 サービス 空 白 地 域 の 解 消 に 寄 与 する 勝 どき 豊 海 地 区 の 鉄 道 サービス 空 白 地 域 の 解 消 に 寄 与 する 議 中 )エリアへのアクセス 利 便 性 向 上 サービス 向 上 には 寄 与 しな い (3) 将 来 的 な 路 線 の 延 伸 を 考 慮 したルート 設 定 とする いずれのルートも 延 伸 方 向 として 望 ましいと 考 えられる 東 京 駅 方 面 への 延 伸 が 可 能 である なお 東 京 駅 方 面 への 延 伸 の 場 合 銀 座 地 区 における 南 北 方 向 の 導 入 ルートとしては 銀 座 を 代 表 するファサードや 壁 面 広 告 がな らび 基 幹 的 公 共 交 通 システムのデザインとの 相 乗 効 果 により 魅 力 的 かつシンボリックな 空 間 形 成 に 寄 与 できる 中 央 通 りへの 導 入 が 考 えられる いずれのルートも 延 伸 方 向 として 望 ましいと 考 えられる 東 京 駅 方 面 いずれのルートも 延 伸 方 向 として 望 ましいと 考 えられる 東 京 駅 方 面 への 延 伸 が 可 能 である なお 東 京 駅 方 面 への 延 伸 の 場 合 銀 座 地 区 における 南 北 方 向 の 導 入 ルートとしては 銀 座 を 代 表 するファサードや 壁 面 広 告 がな らび 基 幹 的 公 共 交 通 システムのデザインとの 相 乗 効 果 により 魅 力 的 かつシンボリックな 空 間 形 成 に 寄 与 できる 中 央 通 りへの 導 入 が 考 えられる への 延 伸 が 可 能 である なお 東 京 駅 方 面 への 延 伸 の 場 合 銀 座 地 区 における 南 北 方 向 の 導 入 ルートとしては 銀 座 を 代 表 するファサードや 壁 面 広 告 がな らび 基 幹 的 公 共 交 通 システムのデザインとの 相 乗 効 果 により 魅 力 的 かつシンボリックな 空 間 形 成 に 寄 与 できる 中 央 通 りへの 導 入 が 考 えられる 豊 洲 市 場 方 面 への 延 伸 豊 洲 駅 方 面 の 延 伸 のいずれにも 対 応 可 能 で 豊 洲 新 市 場 方 面 への 延 伸 豊 洲 駅 方 面 への 延 伸 のいずれにも 対 応 可 あるが 豊 洲 駅 方 面 の 延 伸 の 場 合 晴 海 三 丁 目 交 差 点 より 豊 洲 駅 方 能 であり かつ 晴 海 地 区 西 部 エリアからのアクセスが 確 保 できる 面 へ 延 伸 することになるため 晴 海 地 区 西 部 エリアからのアクセス が 確 保 できず 公 共 交 通 サービスの 不 便 地 域 の 解 消 に 寄 与 しない 豊 洲 新 市 場 方 面 への 延 伸 豊 洲 駅 方 面 への 延 伸 のいずれにも 対 応 可 能 であり かつ 晴 海 地 区 西 部 エリアからのアクセスが 確 保 できる (4) 既 存 のバス 交 通 への 影 響 に 配 慮 したルート 設 定 とする 晴 海 通 りは 都 心 方 面 へアクセスする 既 存 の 路 線 バスルートが 集 中 し ており 既 存 バスルートとの 重 複 が 多 いため 既 存 バス 路 線 に 与 え る 影 響 が 大 きい 既 存 の 路 線 バスルートとの 重 複 が 少 ないため 既 存 バス 路 線 に 与 え る 影 響 は 小 さい 既 存 の 路 線 バスルートとの 重 複 が 少 ないため 既 存 バス 路 線 に 与 え る 影 響 は 小 さい -14-

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF31375F938C8B9E388D8690FC28964C8F4681608F5A8B678AD4298984904C82C98AD682B782E992B28DB82895F18D908F918A54977694C5292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF31375F938C8B9E388D8690FC28964C8F4681608F5A8B678AD4298984904C82C98AD682B782E992B28DB82895F18D908F918A54977694C5292E646F63> 分 回 円 分 回 円 し 鉄 所 道 要 ネットワークに 時 間 短 縮 乗 換 生 回 じる 数 低 効 減 果 果 東 京 メトロ 換 回 東 数 西 の 線 低 減 都 効 営 果 新 がある 宿 線 総 武 緩 行 線 沿 線 等 から 臨 海 部 への 所 要 時 間 の 短 縮 効 4. 4. 性 臨 が 海 向 副 上 都 するなど 心 と 錦 糸 町 東 亀 京 戸 副 都 都 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63> (2) 分 野 別 の 現 況 課 題 ア 鉄 道 ネットワーク (ア) 市 内 の 鉄 道 市 では 6 事 業 者 15 路 線 54 駅 で 運 行 を 行 っている 京 王 相 模 原 線 (イ) 駅 密 度 市 の 駅 密 度 は 政 令 指 定 都 市 19 都 市 中 3 番 目 の.37 駅 / 平 方 km であり おおよそ 半 径 9m の 円 内 に1 駅 ある 換 算 となる

More information

5.4.3 将 来 の 方 針 方 向 性 (1) 中 心 市 街 地 の 道 路 の 考 え 方 中 心 市 街 地 の 道 路 の 課 題 及 び 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 の 方 針 を 踏 まえて 中 心 市 街 地 の 道 路 は 中 心 市 街 地 の 活 性 化

5.4.3 将 来 の 方 針 方 向 性 (1) 中 心 市 街 地 の 道 路 の 考 え 方 中 心 市 街 地 の 道 路 の 課 題 及 び 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 の 方 針 を 踏 まえて 中 心 市 街 地 の 道 路 は 中 心 市 街 地 の 活 性 化 5.4 中 心 市 街 地 の 道 路 に 関 する 整 備 計 画 5.4.1 中 心 市 街 地 の 道 路 ( 龍 ケ 崎 商 店 街 通 り)の 課 題 龍 ケ 崎 商 店 街 の 道 路 は ( 県 ) 河 内 竜 ケ 崎 線 であるため 通 過 交 通 の 流 入 が 多 い 竜 ケ 崎 駅 前 交 差 点 は5 差 路 となっており 交 通 事 故 が 発 生 する 可 能 性 の 高

More information

コスト縮減を考慮した整備計画案について

コスト縮減を考慮した整備計画案について 第 1 回 委 員 会 H20.9.3. 資 料 -3 事 業 費 縮 減 を 考 慮 した 整 備 計 画 案 について (1) 目 的 昨 年 度 の 関 係 者 連 絡 会 議 で 事 業 費 縮 減 に 向 けて 提 案 された 乗 り 換 え 案 等 について 現 計 画 の 高 架 案 半 数 乗 り 入 れ 案 をベースに 概 略 の 比 較 検 討 を 行 う (2) 必 要 輸 送

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3 東 京 都 の 動 き 及 び 運 輸 政 策 審 議 会 答 申 -1 1-4 今 後 の 進 め 方 -2 2-1 鉄 道 の 現 況 等

目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3 東 京 都 の 動 き 及 び 運 輸 政 策 審 議 会 答 申 -1 1-4 今 後 の 進 め 方 -2 2-1 鉄 道 の 現 況 等 公 共 交 通 機 関 対 策 等 特 別 委 員 会 資 料 平 成 26 年 5 月 29 日 世 田 谷 区 における 公 共 交 通 について 交 通 政 策 担 当 部 交 通 政 策 課 鉄 道 立 体 街 づくり 調 整 担 当 課 目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3

More information

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通 都 市 建 設 委 員 会 資 料 平 成 26 年 9 月 30 日 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 エイトライナー 促 進 協 議 会 の 実 施 結 果 について 1 これまでの 協 議 会 の 活 動 平 成 6 年 度 エイトライナー 促 進 協 議 会 設 立 平 成 10~16 年 度 エイトライナー メトロセブン 合 同 促 進 大 会 を 実 施 平 成 11 年 度 運

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書 5-2 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 ) 工 事 中 ( 工 事 用 車 両 の 走 行 )により 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 )への 影 響 のおそれ があることから 環 境 影 響 評 価 を 行 った (1) 現 況 調 査 1) 調 査 項 目 ア. 地 域 社 会 の 状 況 調 査 項 目 は 日 常 生 活 圏 等 の 状 況 の 状 況

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203035816983528373815B81457064669770816A2D81798E9197BF332D31817A8EF193738D8291AC82CC8DC490B682CC8FAB9788919C>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203035816983528373815B81457064669770816A2D81798E9197BF332D31817A8EF193738D8291AC82CC8DC490B682CC8FAB9788919C> 資 料 3-1 1. 首 都 高 速 の 再 生 の 将 来 像 について (1) 首 都 高 速 の 再 生 の 必 要 性 (2) 首 都 高 速 の 再 生 を 検 討 する 上 での 前 提 条 件 の 整 理 (3) 首 都 高 速 の 再 生 の 検 討 対 象 範 囲 (4) 首 都 高 速 の 再 生 の 将 来 像 に 関 する 委 員 意 見 (5) 首 都 高 速 の 再 生

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

2016年3月ダイヤ改正について

2016年3月ダイヤ改正について 2015 年 12 月 18 日 東 日 本 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 2016 年 月 ダイヤ 改 正 について JR 東 日 本 では 2016 年 月 に 海 道 幹 線 函 館 斗 開 業 首 都 圏 在 来 線 の 混 雑 緩 和 と 利 便 性 向 を 中 心 としたダイヤ 改 正 を 実 施 します このたび ダイヤ 改 正 の 詳 細 がまとまりましたので お 知 らせします

More information

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード] 別 紙 3 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 について 注 意 本 資 料 で 説 明 する 内 容 は 平 成 23 年 1 月 末 時 点 のものであって 今 後 の 調 整 等 により 変 更 がありうる 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 交 通 計 画 課 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 ~ 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 ~( 新 規

More information

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の 土 木 学 会 熊 本 地 震 広 域 交 通 ネットワーク 調 査 団 調 査 報 告 ( 速 報 ) 2016 年 4 月 27 日 家 田 仁 ( 政 策 研 究 大 学 院 大 学 団 長 ) 岩 倉 成 志 ( 芝 浦 工 業 大 学 ) 平 田 輝 満 ( 茨 城 大 学 ) 柳 沼 秀 樹 ( 東 京 理 科 大 学 ) 目 次 1. 調 査 活 動 の 概 要 2. 大 局 的 に

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

98-105論文12.ec7

98-105論文12.ec7 222 阿 部 等 特 集 わが 国 へのLRT 導 入 の 課 題 と 展 望 / 紹 介 大 都 市 東 京 でのLRTの 必 要 性 と 池 袋 の 試 み * 阿 部 等 クルマ 社 会 が 曲 がり 角 を 迎 えつつある 中 かつて 都 心 部 に 稠 密 な 路 面 電 車 ネットワーク を 持 った 大 都 市 東 京 でのLRT 実 現 への 期 待 は 高 い 今 後 新 しい

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都 市 開 発 事 業 等 を 通 じ 緊 急 かつ 重 点 的 に 推 進 すべき 地 域 民 間 開 発 の 時 間 感 覚 に 併 せ

都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都 市 開 発 事 業 等 を 通 じ 緊 急 かつ 重 点 的 に 推 進 すべき 地 域 民 間 開 発 の 時 間 感 覚 に 併 せ 東 京 の 都 市 づくり ( 参 考 資 料 ) 民 間 都 市 開 発 の 誘 導 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 の 指 定 都 市 再 生 特 別 地 区 の 都 市 計 画 決 定 都 市 開 発 諸 制 度 の 活 用 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都

More information

Microsoft Word - A都市マス本編.doc

Microsoft Word - A都市マス本編.doc 5-3 交 通 体 系 の 方 針 1) 現 状 と 課 題 (1) 道 路 交 通 1 幹 線 道 路 幹 線 道 路 網 は 周 辺 市 町 との 広 域 連 携 を 担 う 一 般 国 道 11 号 32 号 438 号 さぬき 浜 街 道 を 中 心 に 市 内 各 地 の 連 絡 を 担 う 主 要 地 方 道 一 般 県 道 及 び 主 要 な 市 道 により 概 ね 格 子 状 に 道

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63> 地 区 計 画 手 引 きー 沖 周 辺 地 区 地 区 計 画 地 区 計 画 とは 地 区 計 画 とは 建 築 物 の 用 途 や 形 態 ( 建 ぺい 率 容 積 率 壁 面 位 置 意 匠 の 制 限 ) 垣 柵 の 制 限 道 路 公 園 などをきめ 細 かに 定 め 良 好 なまちづくりを 推 進 していくためのルールです 沖 周 辺 地 区 では 商 業 街 区 及 び 住 宅 街

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63> 平 成 23 年 度 定 時 総 会 の 特 別 講 演 の 概 要 この 内 容 は 講 演 者 久 保 田 晃 司 氏 のご 好 意 により 当 日 の 発 表 資 料 を 掲 載 するものです 従 って 資 料 の 取 り 扱 いはあくまでも 会 員 各 位 の 個 人 の 責 任 範 囲 においてご 利 用 下 さい 当 資 料 の 利 用 希 望 がある 場 合 は 利 用 目 的 を 明

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 資 料 1 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

<819A3131303230385F5F8BD5936498418C678C7689E62E786477>

<819A3131303230385F5F8BD5936498418C678C7689E62E786477> .ことでんをとりまく 現 状 -1. 地 域 現 況 (1) 人 口 動 向 1 沿 線 市 町 の 人 口 推 移 ことでん 沿 線 市 町 の 人 口 は 概 ね 横 ばい 傾 向 にあります このようななか 公 共 交 通 の 利 用 が 期 待 される 1 歳 代 ( 学 生 )の 人 口 は 減 少 傾 向 にあります 一 方 ことでん 沿 線 における 高 齢 化 が 進 行 し 高 齢

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EAD93878E73926E88E68CF68BA48CF092CA918D8D8798418C678C7689E65F8A6D92E894C5372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EAD93878E73926E88E68CF68BA48CF092CA918D8D8798418C678C7689E65F8A6D92E894C5372E646F63> 鹿 島 市 地 域 公 共 交 通 総 合 連 携 計 画 平 成 22 年 3 月 鹿 島 市 目 次 1. はじめに... 1 2. 鹿 島 市 の 公 共 交 通 における 現 状 把 握... 2 2.1. 地 域 特 性 の 把 握... 2 2.1.1. 人 口... 2 2.1.2. 観 光... 4 2.2. 交 通 特 性 の 把 握... 5 2.2.1. 交 通 流 動...

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

(2) 国 道 196 号 自 転 車 走 行 空 間 社 会 実 験 ( 平 成 21 年 度 ) 概 要 松 山 市 内 の 国 道 196 号 において 自 転 車 レーンを 設 置 する 社 会 実 験 を 実 施 し 歩 行 者 と 自 転 車 の 分 離 による 走 行 空 間 の 安

(2) 国 道 196 号 自 転 車 走 行 空 間 社 会 実 験 ( 平 成 21 年 度 ) 概 要 松 山 市 内 の 国 道 196 号 において 自 転 車 レーンを 設 置 する 社 会 実 験 を 実 施 し 歩 行 者 と 自 転 車 の 分 離 による 走 行 空 間 の 安 2.2 自 転 車 ネットワーク 構 築 に 向 けたこれまでの 取 組 み (1) 概 要 自 転 車 ネットワーク 構 築 に 向 け これまで 様 々な 手 法 による 社 会 実 験 を 行 い 自 転 車 走 行 空 間 について 検 討 を 重 ねている 2 社 会 実 験 の 実 施 箇 所 4 1 1 ロープウェイ 街 (H15 トラン ジ ッ ト モ ー ル 社 会 実 験 ) L=500m

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

平成17年度

平成17年度 3. 道 路 特 定 事 業 計 画 3.1 特 定 経 路 等 について 基 本 構 想 において 駅 から 駅 周 辺 の 目 的 施 設 までの 移 動 円 滑 化 が 望 ましい 経 路 について 特 定 経 路 もしくは 準 特 定 経 路 が 位 置 づけられている 本 事 業 計 画 においては 現 地 確 認 検 討 を 踏 まえ 構 造 的 な 事 業 実 施 の 可 否 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

shindou.docx

shindou.docx 自 動 車 騒 音 振 動 の 現 況 対 策 (1) 自 動 車 騒 音 振 動 の 発 生 自 動 車 の 走 行 に 伴 って 発 生 する 自 動 車 騒 音 は 走 行 条 件 によって 変 化 するが 騒 音 の 発 生 源 は 図 1に 示 すように 一 般 にエンジン 騒 音 冷 却 系 騒 音 吸 気 系 騒 音 排 気 系 騒 音 駆 動 系 騒 音 タイヤ 騒 音 に 大 別

More information

1. 事 業 概 要 起 終 点 こ き むらなか いぬや ごろうる : 愛 知 県 ~ 犬 山 延 長 等 :7.km(6 車 線 設 計 速 度 6km/h 事 業 費 : 約 9 億 円 計 画 交 通 量 : 約 4,3 台 / 日 乗 用 車 型 貨 物 大 型 貨 物 3 8,8 台 /

1. 事 業 概 要 起 終 点 こ き むらなか いぬや ごろうる : 愛 知 県 ~ 犬 山 延 長 等 :7.km(6 車 線 設 計 速 度 6km/h 事 業 費 : 約 9 億 円 計 画 交 通 量 : 約 4,3 台 / 日 乗 用 車 型 貨 物 大 型 貨 物 3 8,8 台 / 資 料 社 会 資 本 整 備 審 議 会 道 路 分 科 会 部 地 方 委 員 会 ( 平 成 年 度 第 1 回 平 成 年 度 規 事 業 候 補 箇 所 1 一 般 国 道 号 バイパス に 係 る 規 事 業 採 択 時 評 価 国 土 交 通 省 部 地 方 整 備 局 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism Chubu

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

<93B9984890AE94F5>

<93B9984890AE94F5> 7. 道 路 整 備 7.1. 広 域 的 な 道 路 網 状 況 三 好 町 は 愛 知 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 し 東 名 高 速 道 路 ( 東 名 三 好 IC) 等 を 介 し 名 古 屋 市 中 心 部 や 空 港 港 湾 他 県 等 広 域 的 に 繋 がれている 近 隣 の 名 古 屋 市 や 豊 田 市 へは 東 西 に 走 る 国 道 153 号 により 結 ばれ 東

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

(3) 停 車 タイプ はくたか を14 往 復 運 転 します 金 沢 ~ 上 越 妙 高 間 各 駅 に 停 車 し 東 京 方 面 に 直 通 する はくたか を 概 ね1 時 間 に1 本 計 14 往 復 運 転 し 北 陸 エリア 各 駅 と 首 都 圏 を 快 適 に 結 びます その

(3) 停 車 タイプ はくたか を14 往 復 運 転 します 金 沢 ~ 上 越 妙 高 間 各 駅 に 停 車 し 東 京 方 面 に 直 通 する はくたか を 概 ね1 時 間 に1 本 計 14 往 復 運 転 し 北 陸 エリア 各 駅 と 首 都 圏 を 快 適 に 結 びます その Ⅰ. 北 陸 新 幹 線 北 陸 エリア 在 来 線 1. 北 陸 新 幹 線 ( 金 沢 ~ 長 野 間 )が 開 業 します (1) 北 陸 エリアと 首 都 圏 を 結 ぶ かがやき はくたか と 金 沢 ~ 富 山 間 を 結 ぶ つるぎ の 運 転 を 開 始 します 運 行 体 系 列 車 名 所 要 時 間 ( 最 速 ) かがやき 朝 夕 10 往 復 2 時 間 28 分 はくたか

More information

Microsoft PowerPoint - 集約型都市と地域公共交通 - 印刷用

Microsoft PowerPoint - 集約型都市と地域公共交通 - 印刷用 交 通 実 践 セミナー in 広 島 集 約 型 都 市 と 地 域 公 共 交 通 早 稲 田 大 学 森 本 章 倫 akinori@waseda.jp 1. 人 口 減 少 社 会 の 都 市 2012 年 ( 人 口 動 態 統 計 ) 死 亡 数 126 万 人 出 生 数 104 万 人 自 然 増 減 -22 万 人 2050 年 までの 日 本 から 3100 万 人 の 人 口

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095E291AB90E096BE8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095E291AB90E096BE8E9197BF> 交 通 基 本 法 と 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 で 元 気 な 日 本 の 復 活 を 支 えます! 我 が 国 の 経 済 成 長 を 支 える 交 通 のあり 方 地 域 社 会 の 活 性 化 を 支 える 交 通 のあり 方 それぞれの 特 長 を 活 か した 総 合 的 な 交 通 体 系 交 通 基 本 法 まちづくりと 一 体 的 な 交 通 のあり 方 地 域 公 共

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 ( 一 部 改 訂 平 成 27 年 3 月 ) 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

昭 和 3 年 (1928) 5 月 東 横 線 神 奈 川 ~ 高 島 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 が 土 地 分 譲 ( 後 の 高 島 町 ) 間 開 通 会 社 の 田 園 都 市 ( 株 )を 合 併 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 の 代 表 取 締 役 に 五 島 慶 太 氏 6

昭 和 3 年 (1928) 5 月 東 横 線 神 奈 川 ~ 高 島 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 が 土 地 分 譲 ( 後 の 高 島 町 ) 間 開 通 会 社 の 田 園 都 市 ( 株 )を 合 併 5 月 目 黒 蒲 田 電 鉄 の 代 表 取 締 役 に 五 島 慶 太 氏 6 No,1 平 成 26 年 11 月 柿 原 智 概 略 五 島 慶 太 氏 (1882~1959)~ 東 急 グループの 総 師 として 辣 腕 をふるった 五 島 慶 太 氏 は 鉄 道 院 出 身 で 鉄 道 事 業 に 携 わったのは 大 正 9 年 (1920) 武 蔵 電 気 鉄 道 ( 後 の 旧 東 京 横 浜 電 鉄 )に 常 務 として 招 かれ たのが 最 初 である 大 正

More information

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行

More information

で 見 直 しが 必 要 です 3 観 光 客 が 楽 しく 回 れる ワークづくりが 必 要 です 市 街 地 ゾーン 内 の 観 光 施 設 をはじめ その 他 の 観 光 拠 点 に 観 光 客 を 誘 導 するための 道 路 ネットワークの 強 化 が 望 まれます 自 動 車 道 に 加

で 見 直 しが 必 要 です 3 観 光 客 が 楽 しく 回 れる ワークづくりが 必 要 です 市 街 地 ゾーン 内 の 観 光 施 設 をはじめ その 他 の 観 光 拠 点 に 観 光 客 を 誘 導 するための 道 路 ネットワークの 強 化 が 望 まれます 自 動 車 道 に 加 4-2. ワークづくりの 方 針 ワークづくりの 方 針 の 構 成 ワークづくり の 課 題 ワークづくり の 方 針 盆 地 地 域 における 基 本 方 針 実 現 に 向 けた 幹 線 道 路 づくりの 取 り 組 み 市 街 地 ゾーンにおける 基 本 方 針 実 現 に 向 けた 幹 線 道 路 補 助 幹 線 道 路 づくりの 取 り 組 み (1) ワークづくりの 課 題 1 中 部

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 社 会 工 学 類 都 市 計 画 主 専 攻 卒 業 研 究 最 終 発 表 2015/1/27 多 様 な 交 通 手 段 混 在 時 の 交 通 流 シミュレーション 分 析 201111279 安 達 修 平 指 導 教 員 : 鈴 木 勉 研 究 の 背 景 現 在, 様 々な 交 通 手 段 が 道 路 に 溢 れている 多 種 多 様 なニーズに 応 えるため 現 在 も 新 たな 交

More information

Microsoft Word - 140509概要版.doc

Microsoft Word - 140509概要版.doc 概 要 版 藤 沢 市 2014 年 ( 平 成 26 年 )9 月 環 境 に 負 荷 を 与 えない 自 転 車 は 近 年 新 たな 交 通 手 段 として 見 直 されてきています その 一 方 で 交 通 事 故 全 体 の 件 数 が 減 少 傾 向 にある 中 自 転 車 関 連 の 交 通 事 故 は 横 ばいで 推 移 しており その 要 因 として 歩 道 上 にお ける 自 転

More information

出 入 口 間 料 金 距 離 MAP 3.4 2.7 王 子 南 3.4 五 反 田 6.0 中 環 大 井 南 中 環 大 井 南 出 口 は 中 央 環 状 品 川 線 からの 出 口 湾 岸 線 からの 出 口 については 大 井 南 出 口 をご 利 用 下 さい 新 規 供 用 出 入

出 入 口 間 料 金 距 離 MAP 3.4 2.7 王 子 南 3.4 五 反 田 6.0 中 環 大 井 南 中 環 大 井 南 出 口 は 中 央 環 状 品 川 線 からの 出 口 湾 岸 線 からの 出 口 については 大 井 南 出 口 をご 利 用 下 さい 新 規 供 用 出 入 首都高 料金表 平成 27 年 3 月 改訂版 料 金 ガ イド ブッ ク 休 27.3 出 入 口 間 料 金 距 離 MAP 3.4 2.7 王 子 南 3.4 五 反 田 6.0 中 環 大 井 南 中 環 大 井 南 出 口 は 中 央 環 状 品 川 線 からの 出 口 湾 岸 線 からの 出 口 については 大 井 南 出 口 をご 利 用 下 さい 新 規 供 用 出 入 口 ( )

More information

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期)

H28【滋賀県】滋賀県地域住宅計画(第3期) し が け ん ち い き 地 域 じ ゅ う た く 住 宅 け い か く 計 画 し が け ん ち い き 地 域 だ い ( 第 き 3 期 ) し が け ん 平 成 28 年 3 月 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 ( 第 3 期 ) 都 道 府 県 名 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯

More information

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29 都 市 再 生 整 備 計 画 て つ ど う みなと つ る が 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) ふ く い つ る が 福 井 県 敦 賀 市 平 成 25 年 1 月 様 式 は A4 長 辺 側 を 2 箇 所 ホチキス 留 めすること 様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る

More information

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層 第 1 章 第 4 節 第 4 節 4-1. 土 地 利 用 都 市 空 間 の 方 針 (1) 土 地 利 用 都 市 空 間 の 基 本 的 考 え 方 近 年 の 人 口 減 少 少 子 高 齢 社 会 の 到 来 産 業 構 造 の 変 化 等 を 背 景 に これまでの 都 市 の 拡 大 成 長 を 前 提 としたまちづくりから 成 熟 する 社 会 に 対 応 し 質 的 な 豊 かさの

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

はじめに 背 景 と 目 的 自 転 車 は 幼 児 から 高 齢 者 まで 幅 広 い 年 齢 層 に 利 用 され 買 物 通 勤 通 学 子 供 の 送 迎 など 生 活 の 様 々なシーンで 活 用 されている クリーンでエネルギー 効 率 が 高 く 手 軽 に 健 康 維 持 が 図 れ

はじめに 背 景 と 目 的 自 転 車 は 幼 児 から 高 齢 者 まで 幅 広 い 年 齢 層 に 利 用 され 買 物 通 勤 通 学 子 供 の 送 迎 など 生 活 の 様 々なシーンで 活 用 されている クリーンでエネルギー 効 率 が 高 く 手 軽 に 健 康 維 持 が 図 れ 大 阪 府 自 転 車 通 行 空 間 法 定 外 表 示 実 施 要 領 平 成 25 年 4 月 大 阪 府 道 路 交 通 環 境 安 全 推 進 連 絡 会 議 はじめに 背 景 と 目 的 自 転 車 は 幼 児 から 高 齢 者 まで 幅 広 い 年 齢 層 に 利 用 され 買 物 通 勤 通 学 子 供 の 送 迎 など 生 活 の 様 々なシーンで 活 用 されている クリーンでエネルギー

More information

位置図

位置図 平 成 28 年 地 価 公 示 価 格 形 成 要 因 等 の 概 要 千 葉 県 代 表 幹 事 佐 藤 元 彦 Ⅰ. 地 価 動 向 の 特 徴 と 要 因 < 住 宅 地 > 1 千 葉 県 全 体 の 地 価 動 向 住 宅 地 の 平 均 地 価 変 動 率 は +0.2%(+0.1)と 若 干 上 昇 しており 上 昇 下 落 地 点 数 に 関 しては 公 示 地 の 上 昇 地 点

More information

<89468EA18E738C698ACF8C7689E68179967B95B6817A2E706466>

<89468EA18E738C698ACF8C7689E68179967B95B6817A2E706466> 1 1 2 3 3 3 5 5 5 7 8 19 21 21 23 27 27 28 42 72 72 72 73 73 74 75 75 76 76 90 121 宇 治 市 景 観 計 画 第 1 章 基 本 理 念 と 行 動 指 針 1 4-1 - a) b) -2 - 1-3-1 a b c 1-3-2 a b) -3 - 宇 治 市 景 観 計 画 第 2 章 良 好 な 景 観 の 形

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

人口別の都市階層

人口別の都市階層 地 域 交 通 とまちづくりについて 国 土 交 通 省 都 市 局 街 路 交 通 施 設 課 街 路 交 通 施 設 企 画 室 課 長 補 佐 手 塚 慶 太 目 次 1. 都 市 地 域 総 合 交 通 戦 略 ( 交 通 まちづくり) 2. 公 共 交 通 の 導 入 3. 自 転 車 の 活 用 (コミュニティサイクル) 4. 交 通 結 節 点 の 整 備 5. 駐 車 場 からのまちづくり

More information

01 JR 東 日 本 ( 首 都 圏 ) 首 都 圏 全 線 短 期 首 都 圏 全 首 都 圏 全 線 セット 3 線 群 セット 京 浜 東 北 線 群 山 手 線 群 央 線 群 湘 南 新 宿 ライン 上 野 東 京 ラインセット 3 線 群 セット5days 線 京 浜 東 北 線 群

01 JR 東 日 本 ( 首 都 圏 ) 首 都 圏 全 線 短 期 首 都 圏 全 首 都 圏 全 線 セット 3 線 群 セット 京 浜 東 北 線 群 山 手 線 群 央 線 群 湘 南 新 宿 ライン 上 野 東 京 ラインセット 3 線 群 セット5days 線 京 浜 東 北 線 群 01 掲 出 作 業 状 況 申 込 締 切 地 電 鉄 名 掲 出 日 期 間 作 業 開 始 時 間 の 目 安 申 込 締 切 首 都 圏 京 阪 神 名 古 屋 福 岡 北 海 道 JR 東 日 本 日 除 く 毎 日 2 4 日 前 日 15:00 頃 長 期 事 前 申 込 :4 9 月 分 1 月 上 旬 10 3 月 分 6 月 上 旬 後 調 整 キャンペン 申 込 : 掲 出 月

More information

グローイングタウン西川田地区のまちづくり

グローイングタウン西川田地区のまちづくり みずほの 緑 の 郷 地 区 の まちづくり 地 区 計 画 の 手 引 き 宇 都 宮 市 目 次 1.はじめに 地 区 計 画 制 度 とは 1 2. 地 区 計 画 の 内 容 2 3. 地 区 計 画 の 内 容 の 趣 旨 と 解 説 3 4. 新 築 や 増 改 築 の 際 の 手 続 き 20 5.みずほの 緑 の 郷 地 区 計 画 ( 計 画 書 ) 24 みずほの 緑 の 郷 地

More information

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3)

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3) 3) 計 画 容 積 率 設 定 の 考 え 方 計 画 容 積 率 は 見 直 し 相 当 容 積 率 に 評 価 容 積 率 を 加 えた 範 囲 内 で 計 画 内 容 の 優 良 性 当 該 区 域 及 び 周 辺 市 街 地 に 対 する 貢 献 度 道 路 等 の 都 市 基 盤 施 設 等 とのバランス 日 照 や 景 観 に 対 する 配 慮 周 辺 市 街 地 との 調 和 等 を

More information

2 緑 の 保 全 大 阪 平 野 の 北 端 に 位 置 し 山 間 部 と 平 野 部 にまたがる 本 市 にとって 豊 かな 自 然 は 本 市 の 良 好 な 住 環 境 を 形 成 する 重 要 な 要 素 の 一 つである したがって これまでも 山 間 部 における 国 定 公 園 特

2 緑 の 保 全 大 阪 平 野 の 北 端 に 位 置 し 山 間 部 と 平 野 部 にまたがる 本 市 にとって 豊 かな 自 然 は 本 市 の 良 好 な 住 環 境 を 形 成 する 重 要 な 要 素 の 一 つである したがって これまでも 山 間 部 における 国 定 公 園 特 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 自 然 とふれあう 緑 豊 かな 健 康 まちづくり 地 域 再 生 計 画 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 箕 面 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 箕 面 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 (1) 地 域 の 現 状 と 課 題 1 本 市 の 概 要 箕 面 市 は 大

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 概 要 4 首 都 圏 内 の 料 金 水 準 の 整 理 統 一 5 首 都 圏 の 高 速 路 の 車 種 区 分 の 整 理 統 一 6 起 終 点 を 基

( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 概 要 4 首 都 圏 内 の 料 金 水 準 の 整 理 統 一 5 首 都 圏 の 高 速 路 の 車 種 区 分 の 整 理 統 一 6 起 終 点 を 基 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 について 添 付 資 料 ( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 概 要 4 首 都 圏 内 の 料 金 水 準 の 整 理 統 一 5 首 都 圏 の 高 速 路 の 車 種 区 分 の 整 理 統 一 6 起 終 点 を 基 本 とした 継 ぎ 目 のない

More information

まちづくりレポート|都心と郊外、ふたつの再生戦略 - 福岡市の都市再生と低層住宅地の容積率緩和

まちづくりレポート|都心と郊外、ふたつの再生戦略 - 福岡市の都市再生と低層住宅地の容積率緩和 ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2013-02-28 まちづくりレポート 都 心 と 郊 外 ふたつの 再 生 戦 略 福 岡 市 福 岡 市 の 都 市 再 生 と 低 層 住 宅 地 の 容 積 率 緩 和 社 会 研 究 部 門 研 究 員 塩 澤 誠 一 郎 (03)3512-1814 shiozawa@nli-research.co.jp 1 はじめに 拙 著 超 高

More information

東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意 識 の 高 揚 を 図 る 観 点 から 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 特 別 仕 様 のデザインを 施 した 自 動 車 のナン

東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意 識 の 高 揚 を 図 る 観 点 から 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 特 別 仕 様 のデザインを 施 した 自 動 車 のナン 資 料 3 東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 制 度 設 計 について 国 土 交 通 省 自 動 車 局 平 成 28 年 2 月 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

図 3:50 年 前 に 地 方 から 大 都 市 に 800 万 人 が 移 動 三 大 都 市 圏 地 方 圏 の 人 口 移 動 の 推 移 転 入 超 過 数 ( 万 人 ) 高 度 経 済 成 長 期 には 三 大 都 市 圏 に 人 口 が 流 入 した 1980 年 頃 にかけて 人

図 3:50 年 前 に 地 方 から 大 都 市 に 800 万 人 が 移 動 三 大 都 市 圏 地 方 圏 の 人 口 移 動 の 推 移 転 入 超 過 数 ( 万 人 ) 高 度 経 済 成 長 期 には 三 大 都 市 圏 に 人 口 が 流 入 した 1980 年 頃 にかけて 人 1. 日 本 全 体 の 人 口 の 推 移 と 大 都 市 過 疎 地 の 事 情 ( 図 1)に 示 すグラフは 2010 年 から 40 年 にかけてのわが 国 全 体 の 人 口 の 動 向 を 示 す 12000 10000 8000 2010 40 年 年 齢 階 級 別 人 口 推 移 0-64 歳 は 約 3000 万 人 減 少 6000 4000 2000 0 65-74 歳 は

More information

Microsoft PowerPoint - 兵庫県_観光庁提案参考資料(公表用)

Microsoft PowerPoint - 兵庫県_観光庁提案参考資料(公表用) 観 光 庁 の 兵 庫 神 戸 への 移 転 提 案 1 地 方 創 生 上 の 意 義 (1) 今 後 の 日 本 成 長 の 象 徴 地 方 創 生 の 意 義 は 東 京 一 極 集 中 を 是 正 し 地 方 主 導 で 日 本 に 成 長 をも たらすこと 成 長 力 の 中 核 観 光 行 政 の 司 令 塔 が 地 方 創 生 の 旗 頭 として 関 西 神 戸 に 位 置 することは

More information

090723自治制度演習A(新井田智).doc

090723自治制度演習A(新井田智).doc 自 治 制 度 演 習 A 2009/7/23 公 共 経 営 研 究 科 1 年 新 井 田 智 新 潟 市 市 街 地 周 辺 地 域 における 公 共 交 通 状 況 -デマンド 型 交 通 システム 導 入 の 可 能 性 - はじめに 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 展 核 家 族 化 による 高 齢 者 世 帯 のみの 増 加 により 自 家 用 車 中 心 の 生 活 形 態

More information

携 して 戦 略 的 な 交 通 施 策 の 推 進 を 図 るためのものである 大 切 なことは まちづくり と 交 通 事 業 の 連 携 であり 将 来 どのようなまちをつくっていくのかというイメージが 重 要 である 将 来 の 茨 木 市 がどうなっているかを 分 析 した 上 で 将 来

携 して 戦 略 的 な 交 通 施 策 の 推 進 を 図 るためのものである 大 切 なことは まちづくり と 交 通 事 業 の 連 携 であり 将 来 どのようなまちをつくっていくのかというイメージが 重 要 である 将 来 の 茨 木 市 がどうなっているかを 分 析 した 上 で 将 来 第 1 回 協 議 会 委 員 意 見 ( 参 考 ) 資 料 5 第 1 回 協 議 会 での 委 員 からの 意 見 について 課 題 バスの 運 賃 について バスと 公 共 施 設 との 連 携 について JR 茨 木 駅 と 阪 急 茨 木 市 駅 間 の 道 路 混 雑 について 自 転 車 道 の 整 備 について JR 茨 木 駅 の 西 口 広 場 歩 道 橋 のバリアフリー 化

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

平 成 6 年 8 月 1 2 日 平 成 6 年 規 則 第 22 号 塩 竈 市 建 築 景 観 形 成 指 導 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 塩 竈 の 景 観 を 守 り 育 てる 条 例 ( 平 成 5 年 条 例 第 3 号 )に 基 づき 塩 竈 に ふさわしい

平 成 6 年 8 月 1 2 日 平 成 6 年 規 則 第 22 号 塩 竈 市 建 築 景 観 形 成 指 導 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 塩 竈 の 景 観 を 守 り 育 てる 条 例 ( 平 成 5 年 条 例 第 3 号 )に 基 づき 塩 竈 に ふさわしい 景 観 に 配 慮 した 計 画 を 建 築 物 等 の 計 画 にあたって 塩 竈 市 景 観 計 画 の 事 前 届 出 制 度 について はじめに 塩 竈 市 では 海 と 社 を 基 調 とした 美 しい 景 観 の 形 成 をめざして 自 然 と 調 和 した 快 適 で 魅 力 あるまちづくりを 進 めております 建 築 確 認 申 請 前 には 対 象 となる 建 築 物 の 景 観

More information

緩急接続

緩急接続 第 4 章 案 内 緩 急 接 続 の 旅 客 案 内 の 差 異 文 学 部 3 回 生 笹 木 高 史 1. はじめに 本 稿 ではまた 尐 し 違 った 側 面 から 案 内 を 考 えていこうと 思 う ここでは 民 鉄 における 緩 急 接 続 が 利 用 者 にどのように 案 内 されているか まず 関 東 の 大 手 民 鉄 のうち 小 田 急 東 急 西 武 東 京 メトロを 例 にとって

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

新 しい 公 共 支 援 事 業 運 営 会 議 の 開 催 について 平 成 22 年 12 月 2 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 経 済 社 会 システム 担 当 ) 決 定 1. 趣 旨 円 高 デフレ 対 応 のための 緊 急 総 合 経 済 対 策 ( 平 成 22 年 10 月

新 しい 公 共 支 援 事 業 運 営 会 議 の 開 催 について 平 成 22 年 12 月 2 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 経 済 社 会 システム 担 当 ) 決 定 1. 趣 旨 円 高 デフレ 対 応 のための 緊 急 総 合 経 済 対 策 ( 平 成 22 年 10 月 新 しい 公 共 支 援 事 業 の 実 施 に 関 するガイドライン 参 考 資 料 新 しい 公 共 支 援 事 業 運 営 会 議 の 開 催 について 平 成 22 年 12 月 2 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 経 済 社 会 システム 担 当 ) 決 定 1. 趣 旨 円 高 デフレ 対 応 のための 緊 急 総 合 経 済 対 策 ( 平 成 22 年 10 月 8 日 閣

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

3 / 5 1

3 / 5 1 第 3 回 埼 玉 県 道 路 メンテナンス 会 議 日 時 : 平 成 27 年 1 月 13 日 ( 火 ) 13:30~15:30 場 所 : 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 5 階 大 研 修 室 5A 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 事 (1)これまでの 動 き 資 料 -1 (2) 道 路 インフラの 老 朽 化 対 策 に 関 するアンケート 追

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

目 次 調 査 の 概 要 調 査 結 果 下 落 の 数 一 覧 ( 全 ) 下 落 の 数 一 覧 ( 圏 域 別 ) 下 落 の 数 一 覧 ( 用 途 別 ) 変 動 率 毎 の 数 の 前 回 からの 移 状 況 ( 一 覧 ) 毎 の ( 変 動 率 ) 推 移 東 京 圏 の 価 動

目 次 調 査 の 概 要 調 査 結 果 下 落 の 数 一 覧 ( 全 ) 下 落 の 数 一 覧 ( 圏 域 別 ) 下 落 の 数 一 覧 ( 用 途 別 ) 変 動 率 毎 の 数 の 前 回 からの 移 状 況 ( 一 覧 ) 毎 の ( 変 動 率 ) 推 移 東 京 圏 の 価 動 第 22 回 平 成 25 年 第 1 四 半 期 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 ~ 平 成 25 年 4 月 1 日 )の 動 向 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 土 建 設 産 局 価 調 査 課 目 次 調 査 の 概 要 調 査 結 果 下 落 の 数 一 覧 ( 全 ) 下 落 の 数 一 覧 ( 圏 域 別 ) 下 落 の 数 一 覧 ( 用 途 別 ) 変 動 率

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2-5 災 害 公 営 住 宅 の 発 注 の 円 滑 化 に 向 けた 取 組 みについて ~ 多 様 な 発 注 方 式 工 法 に 係 る 情 報 ~ 平 成 26 年 4 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1 災 害 公 営 住 宅 の 供 給 円 滑 化 に 向 けた 更 なる 取 組 み 趣 旨 これまでの 災 害 公 営 住 宅 整 備 は 早 期 発 注 早 期 供 給 の

More information

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0 して 活 気 のある 魅 力 的 なまちづくりを 推 進 することで 交 流 人 口 の 拡 大 を 図 る (ア) 現 況 と 問 題 点 Ⅰ( 国 道 県 道 及 び 市 道 ) 本 市 の 主 要 道 路 は 諫 早 方 面 から 一 般 国 道 57 号 が 島 原 半 島 の 西 岸 を 経 て 小 浜 雲 仙 から 島 原 市 に 至 り 市 域 の 東 岸 には 一 般 国 道 251

More information

現 状 と 課 題 自 転 車 の 関 与 する 事 故 の 割 合 が 全 国 平 均 を 大 きく 上 回 っています 自 転 車 が 第 1 当 事 者 となった 交 通 事 故 件 数 は 横 ばいで 推 移 しています 中 卒 ~20 歳 代 で 自 転 車 事 故 の 遭 遇 率 が 高

現 状 と 課 題 自 転 車 の 関 与 する 事 故 の 割 合 が 全 国 平 均 を 大 きく 上 回 っています 自 転 車 が 第 1 当 事 者 となった 交 通 事 故 件 数 は 横 ばいで 推 移 しています 中 卒 ~20 歳 代 で 自 転 車 事 故 の 遭 遇 率 が 高 4. 1 まもる ルール マナーの 普 及 啓 発 4. 2 はしる 通 行 環 境 4. 3 とめる 駐 車 環 境 - 10 - 現 状 と 課 題 自 転 車 の 関 与 する 事 故 の 割 合 が 全 国 平 均 を 大 きく 上 回 っています 自 転 車 が 第 1 当 事 者 となった 交 通 事 故 件 数 は 横 ばいで 推 移 しています 中 卒 ~20 歳 代 で 自 転 車

More information

航 空 賃 名 鉄 バス 片 道 往 復 泊 距 離 運 賃 特 急 等 北 海 道 大 学 1,520.1 16,630 13,730 30,910 58,480 はやぶさ 利 用 札 幌 札 幌 市 北 海 道 工 業 大 学 46.6 1,070 34,950 1,240 37,260 73,

航 空 賃 名 鉄 バス 片 道 往 復 泊 距 離 運 賃 特 急 等 北 海 道 大 学 1,520.1 16,630 13,730 30,910 58,480 はやぶさ 利 用 札 幌 札 幌 市 北 海 道 工 業 大 学 46.6 1,070 34,950 1,240 37,260 73, 一 般 職 2 級 相 当 国 立 大 学 独 立 行 政 法 人 公 立 私 立 教 育 職 研 究 職 大 学 研 究 所 大 学 研 究 所 学 長 理 事 長 学 長 副 学 長 理 事 副 学 長 理 事 監 事 教 授 研 究 所 長 教 授 研 究 所 長 学 長 研 究 所 長 准 教 授 研 究 センター 准 教 授 研 究 部 長 副 学 長 研 究 部 長 名 誉 教 授 研

More information

8

8 第 8 章 における 低 炭 素 まちづくり 中 心 市 街 地 にふさわしい 質 の 高 い 居 住 環 境 の 創 出 と, 環 境 に 配 慮 した 道 路 公 園 等 の 公 共 施 設 の 整 備 改 善 を 行 い, 本 市 の 経 済 社 会 の 活 性 化 発 展 に 寄 与 すること を 事 業 の 目 的 としている 守 谷 市 松 並 土 地 区 画 整 理 事 業 を とします

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303781798DE98BCA8CA7817A483234918D8D8793738E738CF092CA91CC8C6E92B28DB8816993738E738C7689E693B99848816A8DE98BCA8CA7817990AC89CA82CC8A549776817A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303781798DE98BCA8CA7817A483234918D8D8793738E738CF092CA91CC8C6E92B28DB8816993738E738C7689E693B99848816A8DE98BCA8CA7817990AC89CA82CC8A549776817A> 1 調 査 名 称 : 総 合 都 市 交 通 体 系 調 査 ( 都 市 計 画 道 路 ) 2 調 査 主 体 : 埼 玉 県 3 調 査 圏 域 : 埼 玉 県 全 体 (さいたま 市 除 く) 4 調 査 期 間 : 平 成 24 年 度 5 調 査 費 :9,140 千 円 ( 総 合 都 市 交 通 体 系 調 査 ) 6 調 査 概 要 : 本 県 では 都 市 計 画 決 定 後 長

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

160202shiryoan4.xdw

160202shiryoan4.xdw 平 成 27 年 度 第 1 回 調 布 市 総 合 交 通 計 画 策 定 等 検 討 委 員 会 資 料 1 公 共 交 通 ネットワークの 今 後 の 方 向 性 について < 目 次 > 1. 公 共 交 通 不 便 地 域 の 対 応 について 1 2. 路 線 バス 再 編 の 方 向 性 について 21 平 成 28 年 2 月 3 日 調 布 市 1. 公 共 交 通 不 便 地 域

More information