目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 ロ 目 標 年 次

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------"

Transcription

1 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県

2 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 ロ 目 標 年 次 埼 玉 県 の 都 市 計 画 の 目 標 イ 埼 玉 県 の 将 来 都 市 像 ロ 埼 玉 県 のまちづくりの 目 標 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 計 画 の 目 標 イ 当 該 都 市 計 画 区 域 の 特 性 ロ 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 地 域 毎 の 市 街 地 像 第 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方 針 1 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 区 域 区 分 の 方 針 イ 都 市 計 画 区 域 及 び 市 街 化 区 域 に 配 置 されるべきおおむねの 人 口 ロ 産 業 の 規 模 ハ 市 街 化 区 域 のおおむねの 規 模 第 3 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1 土 地 利 用 に 関 する 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 イ 主 要 用 途 の 配 置 の 方 針 ロ 市 街 地 における 建 築 物 の 密 度 の 構 成 に 関 する 方 針 ハ 市 街 地 における 住 宅 建 設 の 方 針 ニ 市 街 地 において 特 に 配 慮 すべき 土 地 利 用 の 方 針 ホ 市 街 化 調 整 区 域 の 土 地 利 用 の 方 針 都 市 施 設 の 整 備 に 関 する 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 イ 交 通 施 設 の 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 ロ 下 水 道 及 び 河 川 の 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 ハ その 他 の 都 市 施 設 の 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 市 街 地 開 発 事 業 に 関 する 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 イ 主 要 な 市 街 地 開 発 事 業 の 決 定 の 方 針 自 然 的 環 境 の 整 備 又 は 保 全 に 関 する 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 イ 基 本 方 針 ロ 主 要 な 緑 地 の 配 置 の 方 針 ハ 具 体 の 公 園 緑 地 の 配 置 の 方 針 第 4 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 図

3 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 当 該 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 埼 玉 県 が 一 の 市 町 村 を 超 える 広 域 的 見 地 から 広 域 的 根 幹 的 な 都 市 計 画 に 関 する 事 項 を 主 とし 本 県 の 都 市 計 画 の 基 本 指 針 であ る まちづくり 埼 玉 プラン に 基 づき 定 める 当 該 都 市 計 画 区 域 における 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街 地 開 発 事 業 等 の 都 市 計 画 は 当 該 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 に 即 して 定 める イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 名 称 市 町 村 名 範 囲 規 模 戸 田 都 市 計 画 区 域 戸 田 市 戸 田 市 全 域 1,817ha ロ 目 標 年 次 埼 玉 県 の 将 来 都 市 像 及 びその 実 現 のための 方 針 については 概 ね20 年 後 を 目 標 年 次 とする また 区 域 区 分 については 平 成 27 年 を 目 標 年 次 とする - 1 -

4 2 埼 玉 県 の 都 市 計 画 の 目 標 イ 埼 玉 県 の 将 来 都 市 像 県 民 生 活 の 視 点 から 埼 玉 の 目 指 すべき 将 来 都 市 像 は 次 のとおりとする (1) 暮 らしやすく ふるさととして 愛 着 のもてる 都 市 仕 事 帰 りにオシャレな 店 で 買 い 物 が 楽 しめるなど 多 くの 人 で 中 心 市 街 地 がにぎわって いる 都 市 と 都 市 都 市 の 中 心 部 と 郊 外 部 を 結 ぶ 鉄 道 や 道 路 バスなどが 充 実 して 便 利 であり 誰 もが 外 出 を 楽 しんでいる 身 近 なところに 病 院 や 福 祉 施 設 子 育 て 施 設 が 充 実 しており 人 々がふれあいながら 暮 らしている (2) 誰 もがいきいきと 働 いている 元 気 な 都 市 充 実 した 交 通 網 や 豊 富 な 人 材 など 埼 玉 の 強 みを 最 大 限 に 活 かして 国 際 的 にも 競 争 力 が 高 く 日 本 経 済 を 牽 引 する 産 業 が 集 積 されている 身 近 なところに 誰 もが 自 分 の 能 力 を 活 かせる 働 き 場 があり いきいきと 働 いている (3) 地 域 の 営 みが 未 来 につながる 都 市 街 道 や 史 跡 伝 統 文 化 など 先 人 達 が 培 ってきた 地 域 固 有 の 財 産 が 保 存 再 生 されて 美 しい 景 観 を 形 成 し まちのブランド 力 が 高 まっている 田 園 地 域 では 雑 木 林 や 田 畑 が 広 がり 川 には 澄 んだ 水 が 流 れ 子 供 達 は 自 然 とふれあ いながら 育 っている 住 宅 地 のみどりや 街 路 樹 などが 豊 富 で 道 路 建 築 物 や 公 共 交 通 などの 効 果 的 な 利 用 が 進 むなど 環 境 に 優 しい 持 続 可 能 な 都 市 となっている - 2 -

5 ロ 埼 玉 県 のまちづくりの 目 標 将 来 都 市 像 を 実 現 していくため 安 心 安 全 環 境 を 前 提 として 3つのまちづ くりの 目 標 を 設 定 する まちづくりの 目 標 1: 歩 いて 暮 らせるまちの 実 現 駅 周 辺 など 地 域 の 中 心 となる 市 街 地 は 人 々の 暮 らしを 支 える 場 交 流 の 場 として 本 来 持 つべき 都 市 機 能 を 復 活 充 実 させる 市 街 地 における 医 療 福 祉 施 設 を 充 実 させ 高 齢 者 など 誰 もが 暮 らしやすいまちづくり を 進 める 高 齢 者 をはじめ 誰 もが 自 由 に 移 動 できるよう 使 いやすい 都 市 交 通 環 境 の 整 備 を 進 める 公 共 交 通 の 利 用 促 進 やみどりの 創 出 など 低 炭 素 型 の 持 続 可 能 な 都 市 を 目 指 す 県 民 が 安 全 に 暮 らせるよう 都 市 の 防 災 機 能 を 高 める まちづくりの 目 標 2: 地 域 の 個 性 ある 発 展 <プラス1のまちづくり> 地 域 の 特 性 や 資 源 を 磨 いて 地 域 の 価 値 を 高 め 活 力 ある 地 域 づくりを 進 める 人 々の 出 会 いと 交 流 の 場 を 創 り にぎわいのある 都 市 を 創 る 歴 史 や 文 化 を 活 かし 新 たな 発 見 のある 訪 れたいと 感 じる 都 市 を 創 る 美 しいまちなみ 景 観 を 創 造 し 住 みたいと 感 じる 都 市 を 創 る < 産 業 応 援 まちづくり> 雇 用 の 場 を 確 保 し 地 域 の 活 力 を 高 める 充 実 した 高 速 道 路 網 や 地 理 的 な 優 位 性 を 活 かし 戦 略 的 に 産 業 を 集 積 する まちづくりの 目 標 3: 都 市 と 自 然 田 園 との 共 生 都 市 の 利 便 性 と 田 園 のゆとり を 享 受 できる 魅 力 的 な 都 市 を 創 る 都 市 とみどり 都 市 と 川 都 市 と 田 園 が 共 生 した 多 彩 な 田 園 都 市 を 創 る 都 市 の 身 近 に 残 る 豊 かな 自 然 や 田 園 を 貴 重 な 財 産 として 守 り 活 かしていく - 3 -

6 3 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 計 画 の 目 標 イ 当 該 都 市 計 画 区 域 の 特 性 本 区 域 は 都 心 から 約 20km 圏 埼 玉 県 の 南 東 部 に 位 置 し 平 坦 な 地 形 が 広 がっており 荒 川 笹 目 川 及 び 緑 川 などの 河 川 が 流 れている 鉄 道 は JR 埼 京 線 がさいたま 市 や 都 心 に 連 絡 しており 通 勤 通 学 の 主 要 な 交 通 手 段 となっている 道 路 は 高 速 板 橋 戸 田 線 高 速 さいたま 戸 田 線 一 般 国 道 17 号 及 び 一 般 国 道 17 号 新 大 宮 バイパスが 南 北 方 向 に 縦 断 するとともに 東 京 外 環 自 動 車 道 及 び 一 般 国 道 298 号 が 東 西 方 向 に 横 断 しており 骨 格 となる 広 域 幹 線 道 路 を 形 成 している 江 戸 時 代 には 中 山 道 と 荒 川 の 交 わる 交 通 の 要 衝 として 栄 えた 高 度 経 済 成 長 期 には 荒 川 沿 いに 工 場 や 倉 庫 等 の 立 地 が 進 むとともに 昭 和 45 年 の 新 大 宮 バイパスの 開 通 に 伴 い その 沿 線 にも 工 場 や 倉 庫 の 立 地 が 拡 大 してきた その 後 昭 和 60 年 のJR 埼 京 線 の 開 通 に 伴 う3 駅 の 開 設 さらに 東 京 外 環 自 動 車 道 の 開 通 など 広 域 交 通 の 利 便 性 の 飛 躍 的 な 向 上 に 伴 い 急 激 に 人 口 が 増 加 するとともに 工 場 や 倉 庫 等 から 中 高 層 マンションへの 土 地 利 用 転 換 がみられるなど 密 度 の 高 い 市 街 地 の 形 成 が 進 んでいる このような 状 況 から 東 京 に 近 接 した 地 理 的 条 件 や 充 実 した 交 通 網 を 活 用 する 土 地 利 用 と 緑 地 水 辺 空 間 など 住 民 生 活 にやすらぎを 与 える 自 然 的 資 源 を 保 全 活 用 したまち づくりを 進 めていくことが 重 要 である ロ 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 都 市 開 発 のポテンシャルを 活 かして 県 の 顔 となるおしゃれでにぎわいのあるまちへと 都 市 機 能 の 集 積 を 進 める - 4 -

7 4 地 域 毎 の 市 街 地 像 高 齢 者 をはじめ 誰 もが 安 全 に 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 推 進 するため 日 常 生 活 の 利 便 性 や 快 適 性 を 向 上 させる 機 能 等 を 適 切 に 配 置 する 特 に 駅 を 中 心 に 商 業 医 療 福 祉 など 多 様 な 機 能 の 集 積 を 図 るとともに 周 辺 の 住 環 境 に 配 慮 しつつ 中 高 層 の 都 市 型 居 住 を 進 め 効 率 的 に 暮 らし 続 ける 集 約 的 なまちに 高 め る 都 市 の 身 近 に 残 る 緑 や 水 辺 を 貴 重 な 財 産 として 保 全 創 出 活 用 する 商 業 業 務 拠 点 戸 田 公 園 駅 戸 田 駅 及 び 北 戸 田 駅 の 周 辺 は 商 業 施 設 文 化 施 設 公 共 施 設 など 多 様 な 機 能 を 集 積 し 都 市 的 な 魅 力 あふれる 空 間 や 都 市 活 動 を 確 保 し にぎわいと 活 力 のあるま ちを 形 成 する 一 般 国 道 17 号 中 央 通 りなどの 道 路 の 沿 道 は 商 業 施 設 など 多 様 な 機 能 が 連 なる 土 地 利 用 を 誘 導 する 生 活 拠 点 市 役 所 の 周 辺 は 商 業 施 設 公 共 施 設 医 療 福 祉 施 設 などが 充 実 した 生 活 を 支 える 拠 点 を 形 成 する 産 業 拠 点 菖 蒲 川 周 辺 戸 田 公 園 の 北 側 の 一 部 及 び 戸 田 インターチェンジ 周 辺 は 周 辺 の 環 境 に 配 慮 した 産 業 を 集 積 する 工 業 地 を 形 成 する - 5 -

8 第 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方 針 1 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 本 区 域 は 首 都 圏 整 備 法 に 基 づく 近 郊 整 備 地 帯 に 指 定 されていることから 都 市 計 画 法 第 7 条 第 1 項 第 1 号 のイに 基 づき 本 都 市 計 画 に 区 域 区 分 を 定 めるものとする 2 区 域 区 分 の 方 針 イ 都 市 計 画 区 域 及 び 市 街 化 区 域 に 配 置 されるべきおおむねの 人 口 年 次 平 成 17 年 平 成 27 年 区 分 都 市 計 画 区 域 内 人 口 千 人 おおむね119 千 人 市 街 化 区 域 内 人 口 千 人 おおむね119 千 人 ロ 産 業 の 規 模 年 次 区 分 平 成 17 年 平 成 27 年 規 製 造 品 出 荷 額 2,624 億 円 2,774 億 円 模 商 品 販 売 額 3,497 億 円 4,077 億 円 ハ 市 街 化 区 域 のおおむねの 規 模 本 区 域 における 人 口 産 業 の 見 通 しに 基 づき かつ 市 街 化 の 現 況 及 び 動 向 並 びに 計 画 的 市 街 地 整 備 の 見 通 しを 勘 案 し 市 街 化 区 域 のおおむねの 規 模 を 次 のとおり 想 定 する 年 次 平 成 27 年 ( 基 準 年 の10 年 後 ) 市 街 化 区 域 面 積 おおむね1,337ha - 6 -

9 第 3 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1 土 地 利 用 に 関 する 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 イ 主 要 用 途 の 配 置 の 方 針 地 域 毎 の 市 街 地 像 に 掲 げる 各 拠 点 機 能 を 維 持 増 進 する 用 途 を 適 正 に 配 置 する また 拠 点 以 外 の 地 域 については 各 拠 点 との 役 割 分 担 を 勘 案 しつつ 地 域 の 特 性 に 応 じた 用 途 を 適 正 に 配 置 する なお 市 境 界 の 周 辺 においては 隣 接 地 との 調 和 に 配 慮 した 用 途 を 配 置 する 商 業 業 務 地 都 市 のにぎわいを 形 成 するため 経 済 圏 及 び 生 活 圏 周 辺 の 土 地 利 用 基 盤 整 備 の 状 況 や 将 来 計 画 等 を 勘 案 して 配 置 する 本 区 域 の 核 として 店 舗 事 務 所 等 の 集 積 を 図 るとともに 近 隣 の 住 宅 地 の 住 民 に 対 す る 商 業 等 の 機 能 を 増 進 するため 商 業 業 務 拠 点 に 配 置 する また 必 要 に 応 じて 生 活 拠 点 に 配 置 する 工 業 地 工 業 生 産 活 動 流 通 業 務 機 能 の 利 便 を 増 進 するとともに 公 害 の 発 生 を 防 止 するため 高 速 道 路 網 や 広 域 幹 線 道 路 等 の 都 市 施 設 の 整 備 状 況 及 び 周 辺 の 土 地 利 用 を 勘 案 して 配 置 する 本 区 域 の 産 業 の 振 興 と 就 業 機 会 の 確 保 などを 図 るため 産 業 拠 点 に 配 置 する 住 宅 地 高 齢 者 をはじめ 誰 もが 安 心 安 全 に 歩 いて 暮 らせるまちづくりを 推 進 するため 公 共 施 設 医 療 福 祉 施 設 店 舗 等 の 生 活 利 便 施 設 及 び 公 共 交 通 機 関 の 利 便 性 を 勘 案 して 配 置 する 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 する 地 域 については 住 居 専 用 地 域 を 指 定 するなど 各 々の 地 域 特 性 に 応 じた 用 途 を 配 置 する 沿 道 地 幹 線 道 路 の 沿 道 にふさわしい 業 務 の 利 便 の 増 進 を 図 る 地 域 の 用 途 については 当 該 道 路 の 有 する 機 能 及 び 整 備 状 況 周 辺 土 地 利 用 の 動 向 各 拠 点 の 機 能 との 役 割 分 担 を 勘 案 して 配 置 する - 7 -

10 ロ 市 街 地 における 建 築 物 の 密 度 の 構 成 に 関 する 方 針 主 要 用 途 ごとに 都 市 基 盤 の 整 備 水 準 や 土 地 利 用 の 動 向 を 勘 案 するとともに 市 境 界 の 周 辺 においては 隣 接 地 との 調 和 に 配 慮 する 商 業 業 務 地 については 中 密 度 もしくは 高 密 度 な 利 用 とする 工 業 地 については 中 密 度 の 利 用 を 基 本 とする 住 宅 地 については 地 域 の 特 性 に 応 じた 密 度 の 利 用 を 図 る 注 )ここでの 密 度 の 数 値 は 以 下 を 想 定 している 商 業 業 務 地 においては おおむね 高 密 度 は 容 積 率 500% 以 上 中 密 度 は 容 積 率 200%~400% 住 宅 地 工 業 地 においては おおむね 高 密 度 は 容 積 率 300% 以 上 中 密 度 は 容 積 率 150%~200% 低 密 度 は 容 積 率 100% 以 下 - 8 -

11 ハ 市 街 地 における 住 宅 建 設 の 方 針 (1) 安 心 と 安 全 を 支 える 住 まいづくりに 関 する 方 針 高 齢 者 の 急 激 な 増 加 に 備 えた 居 住 の 安 定 を 確 保 するとともに すべての 県 民 が 安 全 で 元 気 に 暮 らせるよう 身 体 能 力 の 変 化 などに 対 応 した 住 まいづくりを 進 める 住 宅 宅 地 の 耐 震 化 や 防 災 性 能 の 向 上 など 住 宅 の 基 本 的 な 安 全 性 の 確 保 により 地 震 や 火 災 への 対 応 等 暮 らしの 安 全 を 支 える 住 まいづくりを 進 める (2) 良 質 な 住 まいづくりに 関 する 方 針 将 来 にわたって 良 好 な 住 宅 や 住 環 境 を 維 持 し 続 けるため 環 境 への 負 荷 に 対 する 配 慮 がなされた 住 宅 など 次 世 代 に 残 せる 良 質 な 住 まいづくりを 進 める 尐 子 高 齢 化 が 進 む 社 会 においても 子 育 て 世 代 が 魅 力 を 感 じる 住 宅 となるよう 子 育 てしやすい 住 まいづくりを 進 める (3) 活 き 活 きと 住 まうための 住 環 境 の 整 備 に 関 する 方 針 住 宅 建 設 にあたっては 生 活 支 援 子 育 て 支 援 医 療 教 育 等 の 様 々な 機 能 が 充 実 し 犯 罪 や 災 害 が 尐 ない 住 環 境 の 整 備 を 進 める 緑 豊 かで 美 しい 街 並 みや 歴 史 風 土 に 育 まれた 地 域 固 有 のまちの 魅 力 などを 活 かし た 住 環 境 の 整 備 を 進 める - 9 -

12 ニ 市 街 地 において 特 に 配 慮 すべき 土 地 利 用 の 方 針 (1) 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 方 針 拠 点 機 能 の 集 積 増 進 や 都 市 機 能 更 新 を 図 る 地 区 については 都 市 基 盤 の 整 備 状 況 等 を 勘 案 し 土 地 の 高 度 利 用 を 図 る (2) 用 途 の 見 直 しに 関 する 方 針 人 口 減 尐 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 などの 社 会 情 勢 の 変 化 や 土 地 利 用 の 動 向 等 へ 対 応 するとともに 目 指 すべき 市 街 地 像 の 実 現 に 向 けた 秩 序 ある 土 地 利 用 を 図 るために 必 要 な 場 合 は 適 切 な 用 途 の 見 直 しを 行 う (3) 居 住 環 境 の 改 善 又 は 維 持 に 関 する 方 針 良 好 な 居 住 環 境 を 維 持 すべき 地 区 新 たな 住 宅 市 街 地 形 成 に 併 せて 積 極 的 に 良 好 な 住 環 境 の 実 現 を 図 るべき 地 区 建 築 物 が 密 集 した 市 街 地 などで 市 街 地 の 改 善 又 は 建 築 更 新 の 誘 導 などにより 居 住 環 境 の 向 上 を 図 るべき 地 区 などについては 高 度 地 区 や 地 区 計 画 などを 活 用 し 良 好 な 住 環 境 と 街 並 みの 景 観 の 維 持 形 成 を 図 る (4) 産 業 集 積 に 係 る 周 辺 土 地 利 用 との 調 和 に 関 する 方 針 産 業 集 積 に 必 要 な 基 盤 整 備 にあたっては 緑 地 空 間 等 のオープンスペースを 確 保 するな ど 周 辺 環 境 との 調 和 に 配 慮 する (5) 都 市 防 災 に 関 する 方 針 埼 玉 県 地 域 防 災 計 画 に 定 められた まちの 不 燃 化 耐 震 化 安 全 な 避 難 行 動 や 災 害 応 急 活 動 が 円 滑 に 行 える 都 市 空 間 整 備 など 防 災 都 市 づくりを 推 進 する 特 に 都 市 基 盤 の 整 備 や 建 築 物 の 密 集 状 況 などを 勘 案 し 防 火 地 域 準 防 火 地 域 の 指 定 を 推 進 する (6) 地 球 環 境 への 対 応 に 関 する 方 針 埼 玉 県 地 球 温 暖 化 対 策 実 行 計 画 に 定 められた 低 炭 素 型 まちづくりやみどりと 川 の 再 生 など 低 炭 素 社 会 の 実 現 を 図 る

13 ホ 市 街 化 調 整 区 域 の 土 地 利 用 の 方 針 (1) 自 然 環 境 形 成 の 観 点 から 必 要 な 保 全 に 関 する 方 針 首 都 圏 近 郊 緑 地 保 全 区 域 を 含 む 荒 川 河 川 敷 については 河 川 の 計 画 との 整 合 を 図 りな がら 生 態 系 に 配 慮 した 緑 豊 かな 水 辺 空 間 として 保 全 創 出 する また 住 民 に 親 しまれ ている 戸 田 公 園 や 彩 湖 道 満 グリーンパークなどは 河 川 空 間 と 一 体 的 連 続 性 を 確 保 し 水 辺 のスポーツ レクリエーションゾーンとして 活 用 と 保 全 に 努 める

14 2 都 市 施 設 の 整 備 に 関 する 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 イ 交 通 施 設 の 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 (1) 基 本 方 針 ( 一 ) 交 通 体 系 の 整 備 の 方 針 本 区 域 の 道 路 網 は 南 北 方 向 に 縦 断 する 一 般 国 道 17 号 及 び 一 般 国 道 17 号 新 大 宮 バイパス 東 西 方 向 に 横 断 する 東 京 外 環 自 動 車 道 及 び 一 般 国 道 298 号 を 骨 格 として 構 成 されており 一 般 国 道 17 号 新 大 宮 バイパスの 中 央 部 には 高 架 で 高 速 板 橋 戸 田 線 が 美 女 木 ジャンクションで 東 京 外 環 自 動 車 道 と 接 続 するとともに 高 速 さいたま 戸 田 線 がさいたま 新 都 心 まで 延 びている 公 共 交 通 機 関 は JR 埼 京 線 がさいたま 市 と 都 心 に 連 絡 するとともに 3つの 駅 ( 戸 田 公 園 駅 戸 田 駅 北 戸 田 駅 )が 区 域 内 にあり それぞれ 民 営 のバス 及 び 市 内 循 環 バ スが 運 行 されている 道 路 では 利 便 性 の 向 上 を 図 るとともに 超 高 齢 社 会 の 進 展 に 対 応 した 安 心 安 全 な 通 行 環 境 を 確 保 する 必 要 がある また 公 共 交 通 機 関 の 利 便 性 や 結 節 性 の 向 上 など により 総 合 的 な 交 通 体 系 を 確 立 していく 必 要 がある このような 状 況 を 踏 まえ 本 区 域 の 交 通 体 系 は 次 のような 基 本 方 針 のもと 整 備 を 進 める 1 歩 行 者 や 自 転 車 の 通 行 環 境 を 充 実 するとともに 公 共 交 通 機 関 の 利 用 を 積 極 的 に 進 め 総 合 的 な 交 通 体 系 を 確 立 する 2 広 域 的 な 交 流 連 携 を 強 化 するため 広 域 交 通 ネットワークの 構 築 を 図 る 3 建 築 物 が 密 集 した 市 街 地 においては 面 的 整 備 計 画 と 調 整 を 行 い 都 市 防 災 の 向 上 を 図 りながら 道 路 等 の 整 備 を 進 める 4 施 設 整 備 にあたっては 既 存 施 設 の 有 効 利 用 を 図 りつつ ユニバーサルデザイ ンの 考 え 方 に 配 慮 し 計 画 的 かつ 段 階 的 に 整 備 を 行 う 5 駐 車 場 については 既 存 駐 車 施 設 の 活 用 を 図 りながら 行 政 住 民 及 び 企 業 が 一 体 となった 総 合 的 な 駐 車 対 策 を 推 進 する 6 火 災 延 焼 遮 断 帯 及 び 避 難 路 としての 機 能 を 併 せ 持 つ 広 幅 員 の 道 路 を 市 街 地 に 計 画 的 に 整 備 するとともに 迅 速 な 災 害 応 急 活 動 に 資 する 道 路 網 の 整 備 を 促 進 する 7 都 市 計 画 決 定 後 長 期 間 にわたり 整 備 されていない 都 市 計 画 道 路 について 定 期 的 に 見 直 しを 行 い 継 続 廃 止 計 画 変 更 などの 検 討 を 行 う ( 二 ) 整 備 目 標 都 市 経 営 の 観 点 から 効 果 の 高 い 都 市 施 設 の 整 備 を 推 進 し 広 域 交 通 ネットワークを 強 化 するとともに 公 共 交 通 機 関 への 結 節 性 の 向 上 道 路 空 間 の 安 全 性 の 向 上 などを 図 る

15 (2) 主 要 な 施 設 の 配 置 の 方 針 ( 一 ) 道 路 広 域 的 な 地 域 間 の 交 流 連 携 や 社 会 経 済 活 動 の 持 続 的 な 発 展 及 び 活 性 化 を 図 るとともに 住 民 の 利 便 性 の 向 上 を 図 るため 下 表 の 路 線 を 広 域 交 通 として 配 置 する また 広 域 交 通 を 軸 として 土 地 利 用 の 動 向 を 勘 案 しつつ 各 地 区 に 集 中 発 生 す る 交 通 量 を 円 滑 に 処 理 するために 必 要 な 都 市 内 交 通 を 配 置 する なお 市 境 界 における 都 市 計 画 道 路 の 配 置 については 隣 接 地 との 整 合 を 図 る 種 別 名 称 広 域 交 通 都 市 高 速 道 路 戸 田 線 ( 県 道 高 速 さいたま 戸 田 線 県 道 高 速 板 橋 戸 田 線 ) 高 速 外 環 状 道 路 ( 東 京 外 環 自 動 車 道 ) 新 大 宮 バイパス( 一 般 国 道 17 号 ) 外 環 状 道 路 ( 一 般 国 道 298 号 ) 国 道 第 17 号 線 ( 一 般 国 道 17 号 ) などの 国 道 県 道 網 を 形 成 する 路 線 ( 二 ) 鉄 道 都 心 及 びさいたま 市 方 面 への 通 勤 通 学 の 主 要 な 交 通 手 段 となっている 鉄 道 の 利 便 性 を 向 上 するため 駅 への 結 節 性 を 高 める 駅 前 広 場 やアクセス 道 路 などの 施 設 を 配 置 する ( 三 )その 他 駅 周 辺 等 における 路 上 駐 車 や 放 置 自 転 車 の 問 題 に 対 処 するため 行 政 住 民 企 業 が 一 体 となった 駐 車 対 策 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 駐 車 場 及 び 駐 輪 場 を 配 置 する

16 ロ 下 水 道 及 び 河 川 の 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 (1) 基 本 方 針 ( 一 ) 下 水 道 及 び 河 川 の 整 備 の 方 針 将 来 の 人 口 規 模 や 都 市 活 動 の 集 積 洪 水 や 集 中 豪 雨 などによる 災 害 の 発 生 に 対 応 し た 環 境 の 保 全 及 び 防 災 の 強 化 を 図 るため 市 街 化 の 動 向 等 を 勘 案 して 下 水 道 及 び 河 川 整 備 を 推 進 し 生 活 環 境 の 改 善 に 努 めるとともに 都 市 の 健 全 な 発 展 を 図 る < 汚 水 > 下 水 道 については 円 滑 な 都 市 活 動 を 確 保 し 良 好 な 都 市 環 境 を 保 持 するよう 市 街 地 の 汚 水 管 渠 等 の 整 備 を 進 める < 雨 水 > 河 川 については 洪 水 による 災 害 の 発 生 の 防 止 又 は 軽 減 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 維 持 河 川 環 境 の 整 備 と 保 全 の 観 点 から 整 備 を 進 める また 流 域 の 雨 水 流 出 抑 制 対 策 など 総 合 的 な 治 水 対 策 を 図 る 下 水 道 については 河 川 改 修 との 整 合 を 図 り 市 街 地 の 浸 水 被 害 が 解 消 されるよう 雨 水 管 渠 等 の 整 備 を 進 める ( 二 ) 整 備 目 標 < 汚 水 > 埼 玉 県 生 活 排 水 処 理 施 設 整 備 構 想 に 基 づき 生 活 排 水 処 理 人 口 普 及 率 100%を 目 指 す < 雨 水 > 時 間 雨 量 50mm 程 度 の 降 雨 を 安 全 に 流 下 させることのできる 治 水 施 設 の 整 備 と 流 域 の 雨 水 流 出 抑 制 対 策 を 進 める (2) 主 要 な 施 設 の 配 置 の 方 針 < 汚 水 > 下 水 道 の 配 置 にあたっては 荒 川 流 域 別 下 水 道 整 備 総 合 計 画 に 基 づき 配 置 する < 雨 水 > 河 川 整 備 計 画 等 に 基 づいて 配 置 する 下 水 道 の 配 置 にあたっては 降 水 量 地 形 及 び 土 地 の 用 途 並 びに 放 流 先 の 状 況 を 勘 案 して 配 置 する

17 ハ その 他 の 都 市 施 設 の 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 (1) 基 本 方 針 円 滑 な 都 市 活 動 を 確 保 し 良 好 な 都 市 環 境 を 保 持 するために 必 要 な 都 市 施 設 の 確 保 に 努 める なお 埼 玉 県 廃 棄 物 処 理 基 本 計 画 で 目 指 す 循 環 型 社 会 の 構 築 を 推 進 する

18 3 市 街 地 開 発 事 業 に 関 する 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 イ 主 要 な 市 街 地 開 発 事 業 の 決 定 の 方 針 建 築 物 が 密 集 した 市 街 地 や 公 共 施 設 の 整 備 を 必 要 とする 地 区 などにおいて 重 点 的 に 実 施 する 小 規 模 な 面 積 での 整 備 地 域 にとって 必 要 な 公 共 施 設 の 重 点 整 備 民 間 主 導 の 整 備 な どにより 迅 速 な 完 了 を 目 指 すものとする 都 市 計 画 決 定 後 長 期 間 にわたり 整 備 されていない 地 区 については 防 災 に 配 慮 した 安 心 安 全 なまちづくりに 係 る 検 証 を 行 い 必 要 に 応 じて 都 市 計 画 の 見 直 しを 行 う

19 4 自 然 的 環 境 の 整 備 又 は 保 全 に 関 する 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 イ 基 本 方 針 本 区 域 は 荒 川 の 沖 積 地 であり 平 坦 な 地 形 が 広 がっている 区 域 の 南 端 には 荒 川 が 西 から 南 へ 流 れ 東 端 に 緑 川 中 央 に 笹 目 川 が 北 から 南 へ 流 れている 特 に 荒 川 河 川 敷 は 首 都 圏 近 郊 緑 地 保 全 区 域 に 指 定 されているなど 樹 木 樹 林 竹 林 など 武 蔵 野 の 面 影 が 残 されているところもあり 自 然 景 観 の 骨 格 を 形 成 している 点 在 する 社 寺 林 屋 敷 林 及 び 農 地 など 住 民 の 身 近 な 郷 土 景 観 は 歴 史 風 土 文 化 価 値 をもつ 景 観 資 源 となっている 埼 玉 県 広 域 緑 地 計 画 に 定 められた 将 来 像 である 緑 とともに 暮 らす ゆとり 安 らぎ 埼 玉 の 実 現 を 目 指 すため 防 災 の 機 能 環 境 負 荷 低 減 の 機 能 景 観 形 成 の 機 能 ふ れあい 提 供 の 機 能 を 確 保 しながら 自 然 環 境 の 整 備 保 全 を 推 進 する (1) 整 備 目 標 埼 玉 を 象 徴 する 緑 を 守 り 育 て 将 来 にわたって 県 民 が 緑 の 恩 恵 を 享 受 できるよ う 埼 玉 の 多 彩 な 緑 が 織 りなすネットワークを 形 成 する

20 ロ 主 要 な 緑 地 の 配 置 の 方 針 埼 玉 県 広 域 緑 地 計 画 で 定 められた 基 本 的 な 考 え 方 のもと 荒 川 などの 大 きな 河 川 をネ ットワーク 上 の 核 として 活 かしながら まとまった 緑 を 適 切 に 保 全 して ネットワー クの 拠 点 づくりを 進 める そして 樹 林 地 や 公 園 河 川 水 路 や 街 路 樹 公 共 施 設 や 建 物 の 壁 面 屋 上 など みどりの 再 生 によって 新 たに 創 出 された 緑 を 加 えて 緑 の 連 続 性 を 確 保 しながら 形 成 軸 とし 緑 の 持 つ 機 能 が 効 果 的 に 発 揮 されるよう 配 慮 して 埼 玉 の 多 彩 な 緑 が 織 りなすネットワークを 形 成 していく < 自 然 環 境 の 保 全 > 荒 川 などの 河 川 敷 地 など 広 域 的 な 視 点 から 必 要 な 緑 地 や 社 寺 林 屋 敷 林 など の 身 近 な 緑 を 保 全 する < 防 災 の 機 能 > 災 害 発 生 時 に 避 難 者 の 安 全 確 保 と 災 害 応 急 活 動 の 円 滑 化 に 資 するとともに 火 災 の 延 焼 防 止 効 果 を 高 めるために 必 要 な 公 園 や 緑 地 等 を 配 置 する < 環 境 負 荷 軽 減 の 機 能 > 樹 林 地 や 公 園 河 川 水 路 や 街 路 樹 公 共 施 設 や 建 物 の 壁 面 屋 上 など みどりの 再 生 によって 大 気 汚 染 などの 影 響 ヒートアイランド 現 象 の 緩 和 を 推 進 する < 景 観 形 成 の 機 能 > 緑 地 水 辺 空 間 などが 形 成 する 景 観 を 保 全 活 用 する <ふれあい 提 供 の 機 能 > 公 園 緑 地 等 の 種 別 に 応 じて 配 置 し 整 備 することにより レクリエ-ション 機 能 の 充 実 を 図 るとともに 緑 とふれあう 場 を 提 供 する

21 ハ 具 体 の 公 園 緑 地 の 配 置 の 方 針 < 街 区 公 園 > 主 として 街 区 内 に 居 住 する 者 の 利 用 に 供 することを 目 的 とする 公 園 で 利 用 圏 域 人 口 土 地 利 用 状 況 及 び 将 来 の 見 通 しなどを 勘 案 し 配 置 する < 近 隣 公 園 > 主 として 近 隣 に 居 住 する 者 の 利 用 に 供 することを 目 的 とする 公 園 で 利 用 圏 域 人 口 土 地 利 用 状 況 及 び 将 来 の 見 通 しなどを 勘 案 し 配 置 する < 地 区 公 園 > 主 として 徒 歩 圏 内 に 居 住 する 者 の 利 用 に 供 することを 目 的 とする 公 園 で 利 用 圏 域 人 口 土 地 利 用 状 況 及 び 将 来 の 見 通 しなどを 勘 案 し 配 置 する < 総 合 公 園 > 都 市 住 民 全 般 の 休 憩 観 賞 散 歩 遊 戯 運 動 等 総 合 的 な 利 用 に 供 することを 目 的 と する 公 園 で 利 用 圏 域 人 口 土 地 利 用 状 況 及 び 将 来 の 見 通 しなどを 勘 案 し 配 置 する <その 他 > 都 市 の 状 況 に 応 じてその 他 の 公 園 緑 地 等 を 配 置 するとともに まとまりのある 樹 林 地 等 については 維 持 保 全 を 図 る

22 第 4 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 図

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A> 竜 ヶ 崎 牛 久 都 市 計 画 ( 龍 ケ 崎 市, 牛 久 市, 利 根 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 茨 城 県 1 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 竜 ヶ 崎 牛 久 1 1) 都 市 計 画 区 域 の 名 称 及 び 範 囲 竜 ヶ 崎 牛 久 1 2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 竜 ヶ 崎 牛 久 1 3) 地 域

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5>

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5> 0 序 章 計 画 基 本 的 事 項 1. 計 画 目 的 基 本 計 画 は 都 地 法 第 4 条 に 町 村 地 適 正 な 保 全 及 び 化 推 進 に 関 する 基 本 計 画 として 規 定 されており とオープンスペースに 関 する 総 合 的 な 計 画 です 戸 田 では 地 もつ 様 々な 機 能 を 踏 まえつつ 確 保 整 備 や 化 民 間 参 加 協 力 等 促 進

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を 佐 久 都 市 計 画 ( 佐 久 市 御 代 田 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 長 野 県 変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層 第 1 章 第 4 節 第 4 節 4-1. 土 地 利 用 都 市 空 間 の 方 針 (1) 土 地 利 用 都 市 空 間 の 基 本 的 考 え 方 近 年 の 人 口 減 少 少 子 高 齢 社 会 の 到 来 産 業 構 造 の 変 化 等 を 背 景 に これまでの 都 市 の 拡 大 成 長 を 前 提 としたまちづくりから 成 熟 する 社 会 に 対 応 し 質 的 な 豊 かさの

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 ふ じ 藤 お か 岡 し が い ち 市 街 地 地 区 か い 2 回 へ ん こ う 変 更 ) ぐ ん ま 群 馬 ふ じ お か 県 藤 岡 し 市 平 成 25 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

Microsoft Word - 101210計画書(甲府盆地).doc

Microsoft Word - 101210計画書(甲府盆地).doc 甲 府 盆 地 7 都 市 計 画 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 甲 府 都 市 計 画 峡 東 都 市 計 画 韮 崎 都 市 計 画 南 アルプス 都 市 計 画 笛 吹 川 都 市 計 画 市 川 三 郷 都 市 計 画 富 士 川 都 市 計 画 山 梨 県 目 次 はじめに 1 1. の 現 状 と 課 題 2 1) の 名 称 及 び 範 囲 2 2) の 現 状 と

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

Microsoft Word - 01_01_宇都宮区域MP_1228

Microsoft Word - 01_01_宇都宮区域MP_1228 宇 都 宮 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 - 目 次 - 1. 都 市 計 画 の 目 標... 1 1-1 目 標 年 次 及 び 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 規 模... 1 (1) 目 標 年 次... 1 (2) 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 規 模... 1 1-2 本 区 域 の

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3)

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3) 3) 計 画 容 積 率 設 定 の 考 え 方 計 画 容 積 率 は 見 直 し 相 当 容 積 率 に 評 価 容 積 率 を 加 えた 範 囲 内 で 計 画 内 容 の 優 良 性 当 該 区 域 及 び 周 辺 市 街 地 に 対 する 貢 献 度 道 路 等 の 都 市 基 盤 施 設 等 とのバランス 日 照 や 景 観 に 対 する 配 慮 周 辺 市 街 地 との 調 和 等 を

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

Microsoft Word - 秋田都市計画区域マスタープラン

Microsoft Word - 秋田都市計画区域マスタープラン 秋田都市計画 都市計画区域の整備 開発及び保全の方針 都市計画区域マスタープラン 平成26年7月 秋 田 県 秋 田 都 市 計 画 及 び 河 辺 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 の 変 更 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 を 次 のように 変 更 する 都 市 計 画 法 の 改 正

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc

Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc 5. 地 域 別 まちづくりの 方 針 ( 地 域 別 構 想 ) (1) 地 域 区 分 について 地 域 別 構 想 の 地 域 区 分 の 方 法 として まちづくりの 特 性 が 類 似 している 地 域 によって 地 域 を 区 分 すると 本 市 の 都 市 拠 点 を 担 う 大 和 八 木 駅 周 辺 の 中 心 市 街 地 が 形 成 されている 中 部 地 域 藤 原 宮 跡 や

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来 とうおん まちづくりプラ プラン 東 温 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 都 市 づくりの 全 体 構 想 編 愛 媛 県 東 温 市 目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人

More information

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc Ⅳ. 実 現 方 策 ここでは まちづくり 基 本 方 針 に 基 づき 地 区 計 画 の 導 入 を 前 提 に 分 野 別 方 針 を 実 現 し ていくための 方 策 を 明 らかにするとともに 住 民 と 行 政 の 協 働 で 取 り 組 むまちづくりの 進 め 方 と 都 市 計 画 の 見 直 しの 考 え 方 を 示 して います Ⅳ-1 分 野 別 の 実 現 方 策 ここでは

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

さかい 魅力・安心住まいプラン(案)の概要

さかい 魅力・安心住まいプラン(案)の概要 概 要 版 さかい 魅 力 安 心 住 まいプラン ( 堺 市 住 生 活 基 本 計 画 ) - 堺 市 はじめに 策 定 の 目 的 本 市 では に 堺 市 住 宅 マスタープラン を 策 定 し 住 みたい 住 みよいま ち 堺 をめざして 取 り 組 みを 行 うとともに 7 の 堺 市 住 宅 まちづくり 審 議 会 答 申 を 受 け さまざまな 施 策 の 推 進 に 取 り 組 んできました

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 3 回 変 更 ) け せ ん ぬ ま し 気 仙 沼 市 ち ゅ う お う ぶ 中 央 部 ち く 地 区 み や ぎ け せ ん ぬ ま し 宮 城 県 気 仙 沼 市 平 成 24 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093738E738C698ACF837D8358835E815B83768389839381698C8892E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093738E738C698ACF837D8358835E815B83768389839381698C8892E8816A2E646F63> 住 宅 地 板 橋 区 の 景 観 要 素 戸 建 て 住 宅 地 板 橋 の 景 8 板 橋 区 の 歴 史 を 伝 える 良 好 な 住 宅 地 の 姿 常 盤 台 一 二 丁 目 は 昭 和 11 年 には 田 園 都 市 構 想 の 一 環 として 東 武 鉄 道 による 常 盤 台 住 宅 地 の 分 譲 が 始 まり 公 園 駅 前 広 場 街 路 樹 を 配 置 する など 健 康 住

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518FCD81408FE388CA8AD698418C7689E682CC90AE979D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518FCD81408FE388CA8AD698418C7689E682CC90AE979D> 第 2 章 上 位 関 連 計 画 の 整 理 第 2 章 上 位 関 連 計 画 の 整 理 1. 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 平 成 24 年 5 月 ) (1) 基 本 施 策 1) 沖 縄 らしい 自 然 と 歴 史 伝 統 文 化 を 大 切 にする 島 を 目 指 して 2) 心 豊 かで 安 全 安 心 に 暮 らせる 島 を 目 指 して 3) 希 望 と 活

More information

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの 玉 川 上 水 放 射 5 号 線 周 辺 地 区 まちづくりだより No.3 発 行 日 : 平 成 27 年 10 月 / 発 行 : 杉 並 区 都 市 整 備 部 まちづくり 推 進 課 / 編 集 協 力 : 首 都 圏 総 合 計 画 研 究 所 まちづくり 意 見 交 換 会 オープンハウスを 開 催 しました 日 頃 より 杉 並 区 のまちづくりにご 理 解 とご 協 力 をいただきありがとうございます

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

朝霞市都市計画マスタープラン

朝霞市都市計画マスタープラン 第 3 章 地 域 別 構 想 95 96 1. 地 域 区 分 (1) 地 域 区 分 の 検 討 要 素 地 域 区 分 の 設 定 については 以 下 のとおり 地 域 ごとに 居 住 人 口 バランスや 将 来 のまちづくり 構 想 を 考 えるにあたり 地 域 拠 点 や 交 通 軸 などの 要 素 が 特 定 の 地 域 に 極 端 に 偏 らないことも 考 慮 し 地 域 区 分 を

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方 針 (1) 区 域 区 分 の

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方 針 (1) 区 域 区 分 の 静 岡 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 28 年 5 月 静 岡 市 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42 5-4 矢 島 都 市 計 画 区 域 旧 矢 島 町 の 矢 島 都 市 計 画 区 域 約 450ha を 対 象 として 地 区 別 の 検 討 を 行 います 1) 区 域 の 現 況 と 課 題 1 現 況 1. 概 況 由 利 高 原 鉄 道 の 矢 島 駅 を 中 心 に 西 部 の 丘 陵 地 と 北 東 部 の 国 道 108 号 や 子 吉 川 を 外 郭 としてコンパクトな 市

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土 地 利 用 方 針 3. 市 街 化 調 整

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土 地 利 用 方 針 3. 市 街 化 調 整 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 ガイドライン 酒 々 井 町 平 成 28 年 4 月 策 定 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ (1) 策 定 の 目 的 (2) 方 針 の 位 置 づけ (3) 対 象 区 域 2. 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 (1) 基 本 的 な 考 え 方 (2) 土

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

荒川区における新たな住宅政策のあり方について

荒川区における新たな住宅政策のあり方について 荒 川 区 における 新 たな 住 宅 政 策 のあり 方 について 答 申 平 成 20 年 12 月 荒 川 区 住 宅 対 策 審 議 会 目 次 はじめに ----------------------------------------------------------------- 1 1. 新 たな 住 宅 政 策 の 前 提 -------------------------------------------------

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

04_二本松区域MP(本編)260522

04_二本松区域MP(本編)260522 二 本 松 本 宮 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 二 本 松 本 宮 都 市 計 画 区 域 マスタープラン 桜 に 彩 られた 霞 ヶ 城 公 園 ( 二 本 松 市 ) 平 成 26 年 本 宮 工 業 団 地 を 上 空 から 望 む ( 本 宮 市 ) 福 島 県 都 市 計 画 区 域 マスタープランの 見 直 しにあたって 都 市

More information

で 見 直 しが 必 要 です 3 観 光 客 が 楽 しく 回 れる ワークづくりが 必 要 です 市 街 地 ゾーン 内 の 観 光 施 設 をはじめ その 他 の 観 光 拠 点 に 観 光 客 を 誘 導 するための 道 路 ネットワークの 強 化 が 望 まれます 自 動 車 道 に 加

で 見 直 しが 必 要 です 3 観 光 客 が 楽 しく 回 れる ワークづくりが 必 要 です 市 街 地 ゾーン 内 の 観 光 施 設 をはじめ その 他 の 観 光 拠 点 に 観 光 客 を 誘 導 するための 道 路 ネットワークの 強 化 が 望 まれます 自 動 車 道 に 加 4-2. ワークづくりの 方 針 ワークづくりの 方 針 の 構 成 ワークづくり の 課 題 ワークづくり の 方 針 盆 地 地 域 における 基 本 方 針 実 現 に 向 けた 幹 線 道 路 づくりの 取 り 組 み 市 街 地 ゾーンにおける 基 本 方 針 実 現 に 向 けた 幹 線 道 路 補 助 幹 線 道 路 づくりの 取 り 組 み (1) ワークづくりの 課 題 1 中 部

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 5 回 変 更 ) ひ ろ し ま 広 島 と し ん 都 心 ち く 地 区 ひろしまけん 広 島 ひ ろ し ま 県 広 島 し 市 平 成 22 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

第2章 全体構想

第2章 全体構想 第 1 章 高 石 市 の 概 要 第 1 章 高 石 市 の 概 要 1-1 高 石 市 の 概 要 と 特 性 1) 高 石 市 の 概 要 (1) 位 置 と 地 勢 高 石 市 は 大 阪 府 の 南 部 に 位 置 し 西 は 大 阪 湾 北 と 東 は 堺 市 南 は 和 泉 市 及 び 泉 大 津 市 に 面 している 東 西 約 6.1km 南 北 約 4.1km 面 積 約 11.35km

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

<819A328175926E88E68F5A91EE8C7689E6816991E6313189F195CF8D58816A81762E786C73>

<819A328175926E88E68F5A91EE8C7689E6816991E6313189F195CF8D58816A81762E786C73> 佐 賀 県 全 域 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) 佐 賀 県 佐 賀 市 唐 津 市 鳥 栖 市 多 久 市 伊 万 里 市 武 雄 市 鹿 島 市 小 城 市 嬉 野 市 神 埼 市 みやき 町 基 山 町 有 田 町 上 峰 町 大 町 町 江 北 町 白 石 町 太 良 町 佐 賀 県 住 宅 行 政 連 絡 協 議 会 ( 地 域 住 宅 協 議 会 ) 平 成 27

More information

Microsoft Word - 150317 計画書・付図(米子境港)

Microsoft Word - 150317 計画書・付図(米子境港) 平 成 27 年 3 月 17 日 改 訂 米 子 境 港 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン ( 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ) 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 課 題 (2) 米 子 市 境 港 市 日 吉 津 村 の 広 域 的 位 置 づけ (3) 都 市 づくりの 目 標 ( 骨 格 形 成 図 ) 2. 区

More information

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 資 料 1 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 1. 追 浜 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 3 2. 田 浦 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 9 3. 逸 見 地 区 のまちづくり

More information

Microsoft Word - 概要版.doc

Microsoft Word - 概要版.doc 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープラン 概 要 版 平 成 20 年 3 月 杉 戸 町 1 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープランについて 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 及 び 地 域 の 将 来 像 を 明 ら かにし その 実 現 化 を 計 画 的 に 進 めていくための 基 本 方 針 です 本 町 では 平 成 7 年 度 に 都 市 計 画 マスタープラン を

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc 幸 手 駅 西 口 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 によるまちづくり - 幸 せを 私 たちの 手 から 未 来 へ- 幸 手 市 目 次 幸 手 駅 西 口 地 区 の 位 置 づけ 1. 都 市 計 画 からの 位 置 づけ 2. 上 位 計 画 からの 位 置 づけ ------------------------------------------------- 1 -------------------------------------------------

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

8

8 第 8 章 における 低 炭 素 まちづくり 中 心 市 街 地 にふさわしい 質 の 高 い 居 住 環 境 の 創 出 と, 環 境 に 配 慮 した 道 路 公 園 等 の 公 共 施 設 の 整 備 改 善 を 行 い, 本 市 の 経 済 社 会 の 活 性 化 発 展 に 寄 与 すること を 事 業 の 目 的 としている 守 谷 市 松 並 土 地 区 画 整 理 事 業 を とします

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

都市計画道路の見直しについて

都市計画道路の見直しについて 連 絡 1 都 市 計 画 区 域 の 検 討 について 1 上 越 市 の 都 市 計 画 区 域 現 在 市 内 には 上 越 都 市 計 画 区 域 柿 崎 都 市 計 画 区 域 妙 高 都 市 計 画 区 域 の 異 なる3つの 都 市 計 画 区 域 を 定 めており それぞれ 以 下 のとおり 土 地 利 用 建 築 に 関 する 開 発 規 制 内 容 が 異 なる 上 越 都 市

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information