なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本"

Transcription

1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という ) 及 び 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 16 年 4 月 2 日 閣 議 決 定 平 成 20 年 4 月 25 日 一 部 変 更 平 成 21 年 9 月 1 日 一 部 変 更 以 下 基 本 方 針 という )を 踏 まえ 金 融 庁 が 所 管 する 分 野 及 び 法 第 36 条 第 1 項 により 指 定 を 受 けた 分 野 ( 以 下 金 融 分 野 という )における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いの 確 保 に 関 して 行 う 活 動 を 支 援 するため 金 融 分 野 における 個 人 情 報 の 性 質 及 び 利 用 方 法 にかんがみ 事 業 者 が 講 ずべき 措 置 の 適 切 かつ 有 効 な 実 施 を 図 る ための 指 針 として 定 めるものである 2 金 融 分 野 における 各 認 定 個 人 情 報 保 護 団 体 ( 法 第 37 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 団 体 をいう 以 下 同 じ ) 及 び 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 等 においては 本 ガイドライン 等 を 踏 まえ 各 事 業 の 実 態 等 に 応 じて 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 更 なる 措 置 を 自 主 的 なルールとして 定 め 対 象 とする 事 業 者 等 に 遵 守 させること 及 び 自 らが 遵 守 することが 重 要 である 3 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 情 報 の 漏 えい 不 正 流 出 等 を 防 止 等 するため 法 施 行 令 基 本 方 針 及 び 本 ガイドラインのほか 関 係 法 令 等 に 従 い 個 人 情 報 の 適 正 な 管 理 体 制 を 整 備 する 必 要 がある 4 金 融 分 野 において 個 人 情 報 データベース 等 を 事 業 の 用 に 供 している 者 のうち 法 第 2 条 第 3 項 第 5 号 の 規 定 により 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 から 除 かれる 者 においても 本 ガイドラインの 遵 守 に 努 めるものとする 5 本 ガイドラインにおいて 記 載 した 具 体 例 については これに 限 定 する 趣 旨 で 記 載 し たものではなく また 個 別 ケースによって 別 途 考 慮 すべき 要 素 があり 得 るので 注 意 を 要 する 第 2 条 定 義 等 ( 法 第 2 条 施 行 令 第 1 条 施 行 令 第 2 条 施 行 令 第 3 条 及 び 施 行 令 第 4 条 関 連 ) 1 個 人 情 報 とは 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 であって 特 定 の 個 人 を 識 別 するこ とができるもの( 他 の 情 報 と 容 易 に 照 合 することができ それにより 特 定 の 個 人 を 識 別 することができるものを 含 む )をいう 個 人 に 関 する 情 報 とは 氏 名 性 別 生 年 月 日 住 所 年 齢 職 業 続 柄 等 の 事 実 に 関 する 情 報 に 限 られず 個 人 の 身 体 財 産 職 種 肩 書 等 の 属 性 に 関 する 判 断 や 評 価 を 表 すすべての 情 報 を 指 し 公 刊 物 等 によって 公 にされている 情 報 や 映 像 音 声 による 情 報 も 含 まれる これら 個 人 に 関 する 情 報 が 氏 名 等 と 相 まって 特 定 の 個 人 を 識 別 することができる ことになれば それが 個 人 情 報 となる 1

2 なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 的 に 個 人 情 報 には 該 当 しないが 役 員 の 氏 名 などの 個 人 に 関 する 情 報 が 含 まれる 場 合 には その 部 分 につ いては 個 人 情 報 に 該 当 する さらに 個 人 には 外 国 人 も 当 然 に 含 まれる 2 個 人 情 報 データベース 等 とは 個 人 情 報 を 含 む 情 報 の 集 合 物 であって 特 定 の 個 人 情 報 をコンピュータを 用 いて 検 索 できるように 体 系 的 に 構 成 したもの 又 はコン ピュータを 用 いていない 場 合 であっても 五 十 音 順 に 索 引 を 付 して 並 べられた 顧 客 カ ード 等 個 人 情 報 を 一 定 の 規 則 に 従 って 整 理 することにより 特 定 の 個 人 情 報 を 容 易 に 検 索 することができるよう 体 系 的 に 構 成 したものであって 目 次 索 引 符 号 等 によ り 一 般 的 に 容 易 に 検 索 可 能 な 状 態 に 置 かれているものをいう 3 個 人 データ とは 個 人 情 報 データベース 等 を 構 成 する 個 人 情 報 をいう なお 個 人 情 報 データベース 等 から 記 録 媒 体 へダウンロードされたもの 及 び 紙 面 に 出 力 さ れたもの(そのコピーを 含 む )も 含 まれる 4 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 とは 次 に 掲 げる 者 を 除 いた 個 人 情 報 データベース 等 を 事 業 の 用 に 供 している 者 をいう ここでいう 事 業 の 用 に 供 している の 事 業 と は 一 定 の 目 的 をもって 反 復 継 続 して 遂 行 される 同 種 の 行 為 であって かつ 社 会 通 念 上 事 業 と 認 められるものをいい 営 利 事 業 のみを 対 象 とするものではない 1 国 の 機 関 2 地 方 公 共 団 体 3 独 立 行 政 法 人 等 ( 独 立 行 政 法 人 等 の 保 有 する 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 59 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 独 立 行 政 法 人 等 をいう ) 4 地 方 独 立 行 政 法 人 ( 地 方 独 立 行 政 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 118 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 地 方 独 立 行 政 法 人 をいう ) 5 その 取 り 扱 う 個 人 情 報 の 量 及 び 利 用 方 法 からみて 個 人 の 権 利 利 益 を 害 するおそ れが 少 ない 者 5の 規 定 にいう 者 とは その 事 業 の 用 に 供 する 個 人 情 報 データベース 等 を 構 成 す る 個 人 情 報 によって 識 別 される 特 定 の 個 人 の 数 の 合 計 が 過 去 6か 月 以 内 のいずれ の 日 においても 5,000 を 超 えない 者 とする( 施 行 令 第 2 条 ) 5,000 を 超 えるか 否 か は 他 人 が 管 理 している 個 人 情 報 データベース 等 であっても それを 事 業 の 用 に 供 する 場 合 には 当 該 個 人 情 報 データベース 等 を 構 成 する 個 人 情 報 によって 識 別 され る 特 定 の 個 人 の 数 も 含 めて 判 断 する 例 えば 個 人 信 用 情 報 機 関 の 個 人 情 報 データ ベース 等 を 利 用 する 場 合 がこれにあたる また 個 人 情 報 データベース 等 の 全 部 又 は 一 部 が 他 人 の 作 成 に 係 る 個 人 情 報 デー タベース 等 であって 次 のいずれかに 該 当 するものを 編 集 し 又 は 加 工 することな 2

3 くその 事 業 の 用 に 供 するときは それを 構 成 する 個 人 情 報 によって 識 別 される 特 定 の 個 人 の 数 は 5,000 の 数 に 数 えない イ 氏 名 住 所 居 所 電 話 番 号 のみが 掲 載 された 個 人 情 報 データベース 等 ( 例 え ば 電 話 帳 やカーナビゲーション) ロ 不 特 定 かつ 多 数 の 者 に 販 売 することを 目 的 として 発 行 され かつ 不 特 定 かつ 多 数 の 者 により 随 時 に 購 入 することができる 又 はできた 個 人 情 報 データベース 等 ( 例 えば 自 治 体 職 員 録 や 弁 護 士 会 名 簿 ) 5 本 人 とは 個 人 情 報 によって 識 別 される 特 定 の 個 人 をいう 6 保 有 個 人 データ とは 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 本 人 又 はその 代 理 人 から 求 めら れる 開 示 内 容 の 訂 正 追 加 又 は 削 除 利 用 の 停 止 消 去 及 び 第 三 者 への 提 供 の 停 止 のすべてに 応 じることのできる 権 限 を 有 する 個 人 データであって その 存 否 が 明 らか になることにより 公 益 その 他 の 利 益 が 害 されるものとして 次 に 掲 げるもの 以 外 のも の 及 び6か 月 以 内 に 消 去 すること( 更 新 することを 除 く )となるもの 以 外 のものを いう 1 存 否 が 明 らかになることで 本 人 又 は 第 三 者 の 生 命 身 体 又 は 財 産 に 危 害 が 及 ぶおそれがあるもの 2 存 否 が 明 らかになることで 違 法 又 は 不 当 な 行 為 を 助 長 し 又 は 誘 発 するおそ れがあるもの 不 審 者 情 報 やクレーマー 情 報 総 会 屋 情 報 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 力 情 報 3 存 否 が 明 らかになることで 国 の 安 全 が 害 されるおそれ 他 国 若 しくは 国 際 機 関 との 信 頼 関 係 が 損 なわれるおそれ 又 は 他 国 若 しくは 国 際 機 関 との 交 渉 上 不 利 益 を 被 るおそれがあるもの 要 人 の 行 動 予 定 情 報 4 存 否 が 明 らかになることで 犯 罪 の 予 防 鎮 圧 又 は 捜 査 その 他 の 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 及 ぶおそれがあるもの 警 察 などから 受 けた 捜 査 関 係 事 項 照 会 の 対 象 情 報 犯 罪 収 益 との 関 係 が 疑 われる 取 引 ( 疑 わしい 取 引 )の 届 出 の 対 象 情 報 振 り 込 め 詐 欺 に 利 用 された 口 座 に 関 する 情 報 7 個 人 信 用 情 報 機 関 とは 個 人 の 返 済 能 力 に 関 する 情 報 の 収 集 及 び 与 信 事 業 を 行 う 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 に 対 する 当 該 情 報 の 提 供 を 業 とするものをいう 8 前 各 項 に 定 めるもののほか 本 ガイドラインにおける 用 語 は 他 に 特 段 の 定 めのな い 限 り 法 及 び 施 行 令 の 定 義 に 従 う 3

4 第 3 条 利 用 目 的 の 特 定 ( 法 第 15 条 関 連 ) 1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 15 条 に 従 い 個 人 情 報 の 取 扱 いに 当 たっては 個 人 情 報 がどのような 事 業 の 用 に 供 され どのような 目 的 で 利 用 される かを 本 人 が 合 理 的 に 予 想 できるようできる 限 り 特 定 しなければならない 具 体 的 には 自 社 の 所 要 の 目 的 で 用 いる といった 抽 象 的 な 利 用 目 的 は できる 限 り 特 定 したものとはならない 利 用 目 的 は 提 供 する 金 融 商 品 又 はサービスを 示 した 上 で 特 定 することが 望 ましく 次 に 掲 げる 例 が 考 えられる 当 社 の 預 金 の 受 入 れ 当 社 の 与 信 判 断 与 信 後 の 管 理 当 社 の 保 険 の 引 受 け 保 険 金 給 付 金 の 支 払 い 当 社 又 は 関 連 会 社 提 携 会 社 の 金 融 商 品 サービスの 販 売 勧 誘 当 社 又 は 関 連 会 社 提 携 会 社 の 保 険 の 募 集 当 社 内 部 における 市 場 調 査 及 び 金 融 商 品 サービスの 開 発 研 究 特 定 の 金 融 商 品 サービスの 購 入 に 際 しての 資 格 の 確 認 2 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 特 定 の 個 人 情 報 の 利 用 目 的 が 法 令 等 に 基 づき 限 定 されている 場 合 には その 旨 を 明 示 することとする 3 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 与 信 事 業 に 際 して 個 人 情 報 を 取 得 する 場 合 においては 利 用 目 的 について 本 人 の 同 意 を 得 ることとし 契 約 書 等 における 利 用 目 的 は 他 の 契 約 条 項 等 と 明 確 に 分 離 して 記 載 することとする この 場 合 事 業 者 は 取 引 上 の 優 越 的 な 地 位 を 不 当 に 利 用 し 与 信 の 条 件 として 与 信 事 業 において 取 得 し た 個 人 情 報 を 与 信 業 務 以 外 の 金 融 商 品 のダイレクトメールの 発 送 に 利 用 することを 利 用 目 的 として 同 意 させる 等 の 行 為 を 行 うべきではなく 本 人 は 当 該 ダイレクトメー ルの 発 送 に 係 る 利 用 目 的 を 拒 否 することができる 4 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 与 信 事 業 に 際 して 個 人 情 報 を 個 人 信 用 情 報 機 関 に 提 供 する 場 合 には その 旨 を 利 用 目 的 に 明 示 しなければならない さらに 明 示 した 利 用 目 的 について 本 人 の 同 意 を 得 ることとする 5 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 15 条 第 2 項 に 従 い 同 条 第 1 項 の 規 定 により 特 定 した 利 用 目 的 を 変 更 する 場 合 には 変 更 後 の 利 用 目 的 が 変 更 前 の 利 用 目 的 からみて 社 会 通 念 上 本 人 が 想 定 できる 範 囲 を 超 えて 行 ってはならない ( 許 容 例 ) 商 品 案 内 等 を 郵 送 商 品 案 内 等 をメール 送 付 ( 認 められない 例 ) アンケート 集 計 に 利 用 商 品 案 内 等 の 郵 送 に 利 用 なお 本 人 が 想 定 できない 変 更 を 行 う 場 合 には 法 第 16 条 第 1 項 の 規 定 により 本 人 の 同 意 を 得 なければならない 4

5 第 4 条 同 意 の 形 式 について( 法 第 16 条 及 び 法 第 23 条 関 連 ) 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 16 条 及 び 法 第 23 条 に 定 める 本 人 の 同 意 を 得 る 場 合 には 原 則 として 書 面 ( 電 子 的 方 式 磁 気 的 方 式 その 他 人 の 知 覚 によっては 認 識 することのできない 方 式 で 作 られる 記 録 を 含 む 以 下 同 じ )による こととする なお 事 業 者 があらかじめ 作 成 された 同 意 書 面 を 用 いる 場 合 には 文 字 の 大 きさ 及 び 文 章 の 表 現 を 変 えること 等 により 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 する 条 項 が 他 と 明 確 に 区 別 され 本 人 に 理 解 されることが 望 ましい または あらかじめ 作 成 され た 同 意 書 面 に 確 認 欄 を 設 け 本 人 がチェックを 行 うこと 等 本 人 の 意 思 が 明 確 に 反 映 で きる 方 法 により 確 認 を 行 うことが 望 ましい なお 本 人 が 未 成 年 者 成 年 被 後 見 人 被 保 佐 人 及 び 被 補 助 人 であって 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 して 同 意 したことによって 生 ずる 結 果 について 判 断 できる 能 力 を 有 し ていない 場 合 などは 親 権 者 や 法 定 代 理 人 等 から 同 意 を 得 る 必 要 がある 第 5 条 利 用 目 的 による 制 限 ( 法 第 16 条 関 連 ) 1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 16 条 に 従 い あらかじめ 本 人 の 同 意 を 得 ないで 法 第 15 条 の 規 定 に 従 い 特 定 された 利 用 目 的 の 達 成 に 必 要 な 範 囲 を 超 えて 個 人 情 報 を 取 り 扱 ってはならない ただし あらかじめ 本 人 の 同 意 を 得 るために 個 人 情 報 を 利 用 することは 当 初 特 定 した 利 用 目 的 にない 場 合 にも 目 的 外 利 用 には 当 たらない 2 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 合 併 その 他 の 事 由 により 他 の 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 から 事 業 を 承 継 することに 伴 って 個 人 情 報 を 取 得 した 場 合 は あらかじめ 本 人 の 同 意 を 得 ないで 承 継 前 における 当 該 個 人 情 報 の 利 用 目 的 の 達 成 に 必 要 な 範 囲 を 超 えて 当 該 個 人 情 報 を 取 り 扱 ってはならない ただし あらかじめ 本 人 の 同 意 を 得 るために 個 人 情 報 を 利 用 することは 承 継 前 の 利 用 目 的 にない 場 合 にも 目 的 外 利 用 には 当 たらない 3 前 二 項 の 規 定 は 次 に 掲 げる 場 合 については 適 用 しない 1 法 令 に 基 づく 場 合 国 税 通 則 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 66 号 ) 第 74 条 の2から 第 74 条 の6に 基 づい て 税 務 当 局 が 行 う 質 問 検 査 及 び 国 税 犯 則 取 締 法 ( 明 治 33 年 法 律 第 67 号 ) 第 1 条 等 に 基 づいて 収 税 官 吏 又 は 徴 税 吏 員 の 行 う 犯 則 事 件 の 任 意 調 査 に 応 じる 場 合 刑 事 訴 訟 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 131 号 ) 第 197 条 に 基 づく 捜 査 関 係 事 項 照 会 に 応 じる 場 合 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 22 号 以 下 犯 罪 収 益 移 転 防 止 法 という ) 第 8 条 第 1 項 に 基 づき 疑 わしい 取 引 を 届 け 出 る 場 合 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 210 条 第 211 条 等 に 基 づく 証 5

6 券 取 引 等 監 視 委 員 会 の 職 員 による 犯 則 事 件 の 調 査 に 応 じる 場 合 弁 護 士 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 205 号 ) 第 23 条 の2 第 2 項 に 基 づく 弁 護 士 会 の 照 会 に 応 じる 場 合 なお 当 該 法 令 に 第 三 者 が 個 人 情 報 の 提 供 を 求 めることができる 旨 の 規 定 はあ るが 正 当 な 事 由 に 基 づきそれに 応 じないことができる 場 合 には 金 融 分 野 におけ る 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 当 該 法 令 の 趣 旨 に 照 らして 目 的 外 利 用 の 必 要 性 と 合 理 性 が 認 められる 範 囲 内 で 対 応 するよう 留 意 する 2 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 ( 法 人 の 財 産 を 含 む )の 保 護 のために 必 要 がある 場 合 であって 本 人 の 同 意 を 得 ることが 困 難 であるとき 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 力 情 報 業 務 妨 害 行 為 を 行 う 悪 質 者 情 報 振 り 込 め 詐 欺 に 利 用 された 口 座 に 関 する 情 報 を 企 業 間 で 共 有 する 場 合 3 公 衆 衛 生 の 向 上 又 は 児 童 の 健 全 な 育 成 の 推 進 のために 特 に 必 要 がある 場 合 であ って 本 人 の 同 意 を 得 ることが 困 難 であるとき 病 気 の 予 防 治 療 に 関 する 研 究 等 を 目 的 とする 情 報 交 換 を 行 う 場 合 4 国 の 機 関 若 しくは 地 方 公 共 団 体 又 はその 委 託 を 受 けた 者 が 法 令 の 定 める 事 務 を 遂 行 することに 対 して 協 力 する 必 要 がある 場 合 であって 本 人 の 同 意 を 得 ることに より 当 該 事 務 の 遂 行 に 支 障 を 及 ぼすおそれがあるとき 税 務 当 局 の 任 意 調 査 に 応 じる 場 合 警 察 の 任 意 調 査 に 応 じる 場 合 振 り 込 め 詐 欺 に 利 用 された 口 座 に 関 する 情 報 を 警 察 に 提 供 する 場 合 一 般 統 計 調 査 に 回 答 する 場 合 なお 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 任 意 の 求 めの 趣 旨 に 照 らして 目 的 外 利 用 の 必 要 性 と 合 理 性 が 認 められる 範 囲 内 で 対 応 するよう 留 意 する 第 6 条 機 微 (センシティブ) 情 報 について 1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 政 治 的 見 解 信 教 ( 宗 教 思 想 及 び 信 条 をいう ) 労 働 組 合 への 加 盟 人 種 及 び 民 族 門 地 及 び 本 籍 地 保 健 医 療 及 び 性 生 活 並 びに 犯 罪 歴 に 関 する 情 報 ( 以 下 機 微 (センシティブ) 情 報 という )について は 次 に 掲 げる 場 合 を 除 くほか 取 得 利 用 又 は 第 三 者 提 供 を 行 わないこととする 1 法 令 等 に 基 づく 場 合 2 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 の 保 護 のために 必 要 がある 場 合 3 公 衆 衛 生 の 向 上 又 は 児 童 の 健 全 な 育 成 の 推 進 のため 特 に 必 要 がある 場 合 4 国 の 機 関 若 しくは 地 方 公 共 団 体 又 はその 委 託 を 受 けた 者 が 法 令 の 定 める 事 務 を 遂 行 することに 対 して 協 力 する 必 要 がある 場 合 6

7 5 源 泉 徴 収 事 務 等 の 遂 行 上 必 要 な 範 囲 において 政 治 宗 教 等 の 団 体 若 しくは 労 働 組 合 への 所 属 若 しくは 加 盟 に 関 する 従 業 員 等 の 機 微 (センシティブ) 情 報 を 取 得 し 利 用 し 又 は 第 三 者 提 供 する 場 合 6 相 続 手 続 による 権 利 義 務 の 移 転 等 の 遂 行 に 必 要 な 限 りにおいて 機 微 (センシテ ィブ) 情 報 を 取 得 利 用 又 は 第 三 者 提 供 する 場 合 7 保 険 業 その 他 金 融 分 野 の 事 業 の 適 切 な 業 務 運 営 を 確 保 する 必 要 性 から 本 人 の 同 意 に 基 づき 業 務 遂 行 上 必 要 な 範 囲 で 機 微 (センシティブ) 情 報 を 取 得 し 利 用 し 又 は 第 三 者 提 供 する 場 合 8 機 微 (センシティブ) 情 報 に 該 当 する 生 体 認 証 情 報 を 本 人 の 同 意 に 基 づき 本 人 確 認 に 用 いる 場 合 2 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 機 微 (センシティブ) 情 報 を 前 項 に 掲 げる 場 合 に 取 得 し 利 用 し 又 は 第 三 者 提 供 する 場 合 には 同 項 に 掲 げる 事 由 を 逸 脱 した 取 得 利 用 又 は 第 三 者 提 供 を 行 うことのないよう 特 に 慎 重 に 取 り 扱 うこととす る 第 7 条 適 正 な 取 得 ( 法 第 17 条 関 連 ) 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 17 条 に 従 い 偽 りその 他 不 正 の 手 段 により 個 人 情 報 を 取 得 してはならない 事 業 者 は 第 三 者 から 個 人 情 報 を 取 得 する に 際 しては 本 人 の 利 益 の 不 当 な 侵 害 を 行 ってはならず 個 人 情 報 の 不 正 取 得 等 の 不 当 な 行 為 を 行 っている 第 三 者 から 当 該 情 報 が 漏 えいされた 個 人 情 報 であること 等 を 知 った 上 で 当 該 情 報 を 取 得 してはならない 第 三 者 からの 提 供 ( 法 第 23 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 場 合 並 びに 個 人 情 報 の 取 扱 いの 委 託 事 業 の 承 継 及 び 共 同 利 用 に 伴 い 個 人 情 報 を 提 供 する 場 合 を 除 く )により 個 人 情 報 ( 施 行 令 第 2 条 第 2 号 に 規 定 するものから 取 得 した 個 人 情 報 を 除 く )を 取 得 する 場 合 には 提 供 元 の 法 の 遵 守 状 況 ( 例 えば オプトアウト( 第 13 条 第 4 項 の 規 定 ( 法 第 23 条 第 2 項 第 3 項 ) 参 照 ) 利 用 目 的 開 示 手 続 問 合 せ 苦 情 の 受 付 窓 口 を 公 表 していることなど)を 確 認 し 個 人 情 報 を 適 切 に 管 理 している 者 を 提 供 元 として 選 定 するとともに 実 際 に 個 人 情 報 を 取 得 する 際 には 例 えば 取 得 の 経 緯 を 示 す 契 約 書 等 の 書 面 の 点 検 又 はこれに 代 わる 合 理 的 な 方 法 により 当 該 個 人 情 報 の 取 得 方 法 等 を 確 認 した 上 で 当 該 個 人 情 報 が 適 法 に 取 得 されたことが 確 認 できない 場 合 は 偽 りその 他 不 正 の 手 段 により 取 得 されたものである 可 能 性 もあることから その 取 得 を 自 粛 することを 含 め 慎 重 に 対 応 することが 望 ましい 第 8 条 取 得 に 際 しての 利 用 目 的 の 通 知 等 ( 法 第 18 条 関 連 ) 1 法 第 18 条 第 1 項 においては 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 情 報 を 取 得 した 場 合 あらかじめその 利 用 目 的 を 公 表 している 場 合 を 除 き 速 やかに その 利 用 目 的 を 本 人 に 通 知 し 又 は 公 表 しなければならないとされている 通 知 の 方 法 については 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 原 則 として 7

8 書 面 によることとする 公 表 の 方 法 については 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 自 らの 金 融 商 品 の 販 売 方 法 等 の 事 業 の 態 様 に 応 じ インターネットのホームページ 等 での 公 表 事 務 所 の 窓 口 等 への 書 面 の 掲 示 備 付 け 等 適 切 な 方 法 によらなければならない 2 法 第 18 条 第 2 項 においては 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 同 条 第 1 項 の 規 定 にかかわ らず 本 人 との 間 で 契 約 を 締 結 することに 伴 って 契 約 書 その 他 の 書 面 に 記 載 された 個 人 情 報 を 取 得 する 場 合 は あらかじめ 利 用 目 的 を 明 示 しなければならないとされて いる 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 与 信 事 業 に 際 しては 利 用 目 的 を 明 示 する 書 面 に 確 認 欄 を 設 けること 等 により 利 用 目 的 について 本 人 の 同 意 を 得 ること が 望 ましい なお 与 信 事 業 に 際 して 申 込 時 に 利 用 目 的 について 本 人 の 同 意 を 得 る 場 合 当 該 申 込 時 に 利 用 目 的 について 同 意 を 得 た 個 人 情 報 については 法 第 18 条 第 1 項 に 基 づく 通 知 又 は 公 表 を 要 しないが それ 以 降 に 取 得 する 情 報 については あらかじめ 利 用 目 的 を 公 表 していない 限 り 利 用 目 的 を 本 人 に 通 知 し 又 は 公 表 しなければならな い 3 法 第 18 条 第 1 項 から 第 3 項 までの 規 定 は 次 に 掲 げる 場 合 については 適 用 され ない 1 利 用 目 的 を 本 人 に 通 知 し 又 は 公 表 することにより 本 人 又 は 第 三 者 の 生 命 身 体 財 産 その 他 の 権 利 利 益 を 害 するおそれがある 場 合 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 力 情 報 疑 わしい 取 引 の 届 出 の 対 象 情 報 振 り 込 め 詐 欺 に 利 用 された 口 座 に 関 する 情 報 業 務 妨 害 行 為 を 行 う 悪 質 者 情 報 の 提 供 者 が 逆 恨 みを 買 うおそれがある 場 合 2 利 用 目 的 を 本 人 に 通 知 し 又 は 公 表 することにより 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 の 権 利 又 は 正 当 な 利 益 を 害 するおそれがある 場 合 開 発 中 の 新 サービス 営 業 ノウハウが 明 らかになることにより 企 業 の 健 全 な 競 争 を 害 する 場 合 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 力 情 報 疑 わしい 取 引 の 届 出 の 対 象 情 報 振 り 込 め 詐 欺 に 利 用 された 口 座 に 関 する 情 報 業 務 妨 害 行 為 を 行 う 悪 質 者 情 報 を 取 得 したこと が 明 らかになることにより 情 報 提 供 を 受 けた 企 業 に 害 が 及 ぶ 場 合 3 国 の 機 関 又 は 地 方 公 共 団 体 が 法 令 の 定 める 事 務 を 遂 行 することに 対 して 協 力 す る 必 要 がある 場 合 であって 利 用 目 的 を 本 人 に 通 知 し 又 は 公 表 することにより 当 該 事 務 の 遂 行 に 支 障 を 及 ぼすおそれがあるとき 犯 罪 捜 査 への 協 力 のため 被 疑 者 等 に 関 する 情 報 を 取 得 した 場 合 8

9 4 取 得 の 状 況 からみて 利 用 目 的 が 明 らかであると 認 められる 場 合 電 話 等 での 資 料 請 求 に 対 して 請 求 者 が 提 供 した 住 所 及 び 氏 名 に 関 する 情 報 を 請 求 された 資 料 の 送 付 のみに 利 用 する 場 合 今 後 連 絡 を 取 り 合 うために 名 刺 交 換 をした 場 合 着 信 において 相 手 方 の 電 話 番 号 が 非 通 知 でない 場 合 で 同 じ 用 件 で 当 方 から 相 手 方 に 電 話 を 掛 け 直 す 場 合 第 9 条 データ 内 容 の 正 確 性 の 確 保 ( 法 第 19 条 関 連 ) 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 19 条 に 従 い 利 用 目 的 の 達 成 に 必 要 な 範 囲 内 において 個 人 データを 正 確 かつ 最 新 の 内 容 に 保 つよう 努 めなければなら ない このため 事 業 者 は 預 金 者 又 は 保 険 契 約 者 等 の 個 人 データの 保 存 期 間 については 契 約 終 了 後 一 定 期 間 内 とする 等 保 有 する 個 人 データの 利 用 目 的 に 応 じ 保 存 期 間 を 定 め 当 該 期 間 を 経 過 した 個 人 データを 消 去 することとする ただし 法 令 等 に 基 づく 保 存 期 間 の 定 めがある 場 合 には この 限 りでない 第 10 条 安 全 管 理 措 置 ( 法 第 20 条 及 び 基 本 方 針 関 連 ) 1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は その 取 り 扱 う 個 人 データの 漏 えい 滅 失 又 は 毀 損 の 防 止 その 他 の 個 人 データの 安 全 管 理 のため 安 全 管 理 に 係 る 基 本 方 針 取 扱 規 程 等 の 整 備 及 び 安 全 管 理 措 置 に 係 る 実 施 体 制 の 整 備 等 の 必 要 かつ 適 切 な 措 置 を 講 じなければならない 必 要 かつ 適 切 な 措 置 は 個 人 データの 取 得 利 用 保 管 等 の 各 段 階 に 応 じた 組 織 的 安 全 管 理 措 置 人 的 安 全 管 理 措 置 及 び 技 術 的 安 全 管 理 措 置 を 含 むものでなければならない 当 該 措 置 は 個 人 データが 漏 えい 滅 失 又 は 毀 損 等 をした 場 合 に 本 人 が 被 る 権 利 利 益 の 侵 害 の 大 きさを 考 慮 し 事 業 の 性 質 個 人 データの 取 扱 状 況 及 び 個 人 データを 記 録 した 媒 体 の 性 質 等 に 起 因 するリスクに 応 じたものとする 例 えば 不 特 定 多 数 者 が 書 店 で 随 時 に 購 入 可 能 な 名 簿 で 事 業 者 において 全 く 加 工 をしていないものについては 個 人 の 権 利 利 益 を 侵 害 するおそれは 低 いと 考 えられる ことから それを 処 分 するために 文 書 細 断 機 等 による 処 理 を 行 わずに 廃 棄 し 又 は 廃 品 回 収 に 出 したとしても 事 業 者 の 安 全 管 理 措 置 の 義 務 違 反 にはならない 2 この 条 における 組 織 的 安 全 管 理 措 置 とは 個 人 データの 安 全 管 理 措 置 について 従 業 者 ( 法 第 21 条 参 照 )の 責 任 と 権 限 を 明 確 に 定 め 安 全 管 理 に 関 する 規 程 等 を 整 備 運 用 し その 実 施 状 況 の 点 検 監 査 を 行 うこと 等 の 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 の 体 制 整 備 及 び 実 施 措 置 をいう 3 この 条 における 人 的 安 全 管 理 措 置 とは 従 業 者 との 個 人 データの 非 開 示 契 約 等 の 締 結 及 び 従 業 者 に 対 する 教 育 訓 練 等 を 実 施 し 個 人 データの 安 全 管 理 が 図 られる よう 従 業 者 を 監 督 することをいう 9

10 4 この 条 における 技 術 的 安 全 管 理 措 置 とは 個 人 データ 及 びそれを 取 り 扱 う 情 報 システムへのアクセス 制 御 及 び 情 報 システムの 監 視 等 の 個 人 データの 安 全 管 理 に 関 する 技 術 的 な 措 置 をいう 5 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 データの 安 全 管 理 に 係 る 基 本 方 針 取 扱 規 程 等 の 整 備 として 次 に 掲 げる 組 織 的 安 全 管 理 措 置 を 講 じなければならな い ( 組 織 的 安 全 管 理 措 置 ) ⑴ 規 程 等 の 整 備 1 個 人 データの 安 全 管 理 に 係 る 基 本 方 針 の 整 備 2 個 人 データの 安 全 管 理 に 係 る 取 扱 規 程 の 整 備 3 個 人 データの 取 扱 状 況 の 点 検 及 び 監 査 に 係 る 規 程 の 整 備 4 外 部 委 託 に 係 る 規 程 の 整 備 ⑵ 各 管 理 段 階 における 安 全 管 理 に 係 る 取 扱 規 程 1 取 得 入 力 段 階 における 取 扱 規 程 2 利 用 加 工 段 階 における 取 扱 規 程 3 保 管 保 存 段 階 における 取 扱 規 程 4 移 送 送 信 段 階 における 取 扱 規 程 5 消 去 廃 棄 段 階 における 取 扱 規 程 6 漏 えい 事 案 等 への 対 応 の 段 階 における 取 扱 規 程 6 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 データの 安 全 管 理 に 係 る 実 施 体 制 の 整 備 として 次 に 掲 げる 組 織 的 安 全 管 理 措 置 人 的 安 全 管 理 措 置 及 び 技 術 的 安 全 管 理 措 置 を 講 じなければならない ( 組 織 的 安 全 管 理 措 置 ) 1 個 人 データの 管 理 責 任 者 等 の 設 置 2 就 業 規 則 等 における 安 全 管 理 措 置 の 整 備 3 個 人 データの 安 全 管 理 に 係 る 取 扱 規 程 に 従 った 運 用 4 個 人 データの 取 扱 状 況 を 確 認 できる 手 段 の 整 備 5 個 人 データの 取 扱 状 況 の 点 検 及 び 監 査 体 制 の 整 備 と 実 施 6 漏 えい 事 案 等 に 対 応 する 体 制 の 整 備 ( 人 的 安 全 管 理 措 置 ) 1 従 業 者 との 個 人 データの 非 開 示 契 約 等 の 締 結 2 従 業 者 の 役 割 責 任 等 の 明 確 化 3 従 業 者 への 安 全 管 理 措 置 の 周 知 徹 底 教 育 及 び 訓 練 4 従 業 者 による 個 人 データ 管 理 手 続 きの 遵 守 状 況 の 確 認 ( 技 術 的 安 全 管 理 措 置 ) 1 個 人 データの 利 用 者 の 識 別 及 び 認 証 10

11 2 個 人 データの 管 理 区 分 の 設 定 及 びアクセス 制 御 3 個 人 データへのアクセス 権 限 の 管 理 4 個 人 データの 漏 えい 毀 損 等 防 止 策 5 個 人 データへのアクセスの 記 録 及 び 分 析 6 個 人 データを 取 り 扱 う 情 報 システムの 稼 働 状 況 の 記 録 及 び 分 析 7 個 人 データを 取 り 扱 う 情 報 システムの 監 視 及 び 監 査 第 11 条 従 業 者 の 監 督 ( 法 第 21 条 及 び 基 本 方 針 関 連 ) 1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 21 条 に 従 い 個 人 データの 安 全 管 理 が 図 られるよう 適 切 な 内 部 管 理 体 制 を 構 築 し その 従 業 者 に 対 する 必 要 かつ 適 切 な 監 督 を 行 わなければならない 当 該 監 督 は 個 人 データが 漏 えい 滅 失 又 は 毀 損 等 をした 場 合 に 本 人 が 被 る 権 利 利 益 の 侵 害 の 大 きさを 考 慮 し 事 業 の 性 質 及 び 個 人 データの 取 扱 状 況 等 に 起 因 するリス クに 応 じたものとする 2 この 条 における 従 業 者 とは 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 の 組 織 内 にあって 直 接 又 は 間 接 に 事 業 者 の 指 揮 監 督 を 受 けて 事 業 者 の 業 務 に 従 事 している 者 をいい 雇 用 関 係 にあ る 従 業 者 ( 正 社 員 契 約 社 員 嘱 託 社 員 パート 社 員 アルバイト 社 員 等 )のみなら ず 事 業 者 との 間 の 雇 用 関 係 にない 者 ( 取 締 役 執 行 役 理 事 監 査 役 監 事 派 遣 社 員 等 )も 含 まれる 3 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 次 に 掲 げる 体 制 整 備 等 により 従 業 者 に 対 し 必 要 かつ 適 切 な 監 督 を 行 わなければならない 1 従 業 者 が 在 職 中 及 びその 職 を 退 いた 後 において その 業 務 に 関 して 知 り 得 た 個 人 データを 第 三 者 に 知 らせ 又 は 利 用 目 的 外 に 使 用 しないことを 内 容 とする 契 約 等 を 採 用 時 等 に 締 結 すること 2 個 人 データの 適 正 な 取 扱 いのための 取 扱 規 程 の 策 定 を 通 じた 従 業 者 の 役 割 責 任 の 明 確 化 及 び 従 業 者 への 安 全 管 理 義 務 の 周 知 徹 底 教 育 及 び 訓 練 を 行 うこと 3 従 業 者 による 個 人 データの 持 出 し 等 を 防 ぐため 社 内 での 安 全 管 理 措 置 に 定 めた 事 項 の 遵 守 状 況 等 の 確 認 及 び 従 業 者 における 個 人 データの 保 護 に 対 する 点 検 及 び 監 査 制 度 を 整 備 すること 第 12 条 委 託 先 の 監 督 ( 法 第 22 条 及 び 基 本 方 針 関 連 ) 1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 データの 取 扱 いの 全 部 又 は 一 部 を 委 託 する 場 合 は その 取 扱 いを 委 託 された 個 人 データの 安 全 管 理 が 図 られるよう 法 第 22 条 に 従 い 委 託 を 受 けた 者 に 対 する 必 要 かつ 適 切 な 監 督 を 行 わなければならない 当 該 監 督 は 個 人 データが 漏 えい 滅 失 又 は 毀 損 等 をした 場 合 に 本 人 が 被 る 権 利 利 益 の 侵 害 の 大 きさを 考 慮 し 委 託 する 事 業 の 規 模 及 び 性 質 並 びに 個 人 データの 取 扱 状 況 等 に 起 因 するリスクに 応 じたものとする 2 委 託 には 契 約 の 形 態 や 種 類 を 問 わず 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 11

12 が 他 の 者 に 個 人 データの 取 扱 いの 全 部 又 は 一 部 を 行 わせることを 内 容 とする 契 約 の 一 切 を 含 む 3 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 データを 適 正 に 取 り 扱 っていると 認 められる 者 を 選 定 し 委 託 するとともに 取 扱 いを 委 託 した 個 人 データの 安 全 管 理 措 置 が 図 られるよう 個 人 データの 安 全 管 理 のための 措 置 を 委 託 先 においても 確 保 しなけ ればならない なお 二 段 階 以 上 の 委 託 が 行 われた 場 合 には 委 託 先 の 事 業 者 が 再 委 託 先 等 の 事 業 者 に 対 して 十 分 な 監 督 を 行 っているかについても 監 督 を 行 わなければ ならない 具 体 的 には 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 例 えば 以 下 を 実 施 するこ と 1 個 人 データの 安 全 管 理 のため 委 託 先 における 組 織 体 制 の 整 備 及 び 安 全 管 理 に 係 る 基 本 方 針 取 扱 規 程 の 策 定 等 の 内 容 を 委 託 先 選 定 の 基 準 に 定 め 当 該 基 準 を 定 期 的 に 見 直 さなければならない なお 委 託 先 の 選 定 に 当 たっては 必 要 に 応 じて 個 人 データを 取 り 扱 う 場 所 に 赴 く 又 はこれに 代 わる 合 理 的 な 方 法 による 確 認 を 行 った 上 で 個 人 データ 管 理 責 任 者 等 が 適 切 に 評 価 することが 望 ましい 2 委 託 者 の 監 督 監 査 報 告 徴 収 に 関 する 権 限 委 託 先 における 個 人 データの 漏 え い 盗 用 改 ざん 及 び 目 的 外 利 用 の 禁 止 再 委 託 に 関 する 条 件 及 び 漏 えい 等 が 発 生 した 場 合 の 委 託 先 の 責 任 を 内 容 とする 安 全 管 理 措 置 を 委 託 契 約 に 盛 り 込 むととも に 定 期 的 に 監 査 を 行 う 等 により 定 期 的 又 は 随 時 に 当 該 委 託 契 約 に 定 める 安 全 管 理 措 置 等 の 遵 守 状 況 を 確 認 し 当 該 安 全 管 理 措 置 を 見 直 さなければならない なお 委 託 契 約 に 定 める 安 全 管 理 措 置 等 の 遵 守 状 況 については 個 人 データ 管 理 責 任 者 等 が 当 該 安 全 管 理 措 置 等 の 見 直 しを 検 討 することを 含 め 適 切 に 評 価 する ことが 望 ましい 委 託 先 が 再 委 託 を 行 おうとする 場 合 は 委 託 元 は 委 託 を 行 う 場 合 と 同 様 再 委 託 の 相 手 方 再 委 託 する 業 務 内 容 及 び 再 委 託 先 の 個 人 データの 取 扱 方 法 等 について 委 託 先 に 事 前 報 告 又 は 承 認 手 続 きを 求 める 直 接 又 は 委 託 先 を 通 じて 定 期 的 に 監 査 を 実 施 する 等 により 委 託 先 が 再 委 託 先 に 対 して 本 条 の 委 託 先 の 監 督 を 適 切 に 果 た すこと 再 委 託 先 が 法 第 20 条 に 基 づく 安 全 管 理 措 置 を 講 ずることを 十 分 に 確 認 す ることが 望 ましい 再 委 託 先 が 再 々 委 託 を 行 う 場 合 以 降 も 再 委 託 を 行 う 場 合 と 同 様 とする 第 13 条 第 三 者 提 供 の 制 限 ( 法 第 23 条 関 連 ) 1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 23 条 に 従 い 次 に 掲 げる 場 合 を 除 くほか あらかじめ 本 人 に 同 意 を 得 ることなく 個 人 データを 第 三 者 に 提 供 してはな らない 1 法 令 に 基 づく 場 合 2 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 ( 法 人 の 財 産 を 含 む )の 保 護 のために 必 要 がある 場 合 であって 本 人 の 同 意 を 得 ることが 困 難 であるとき 12

13 3 公 衆 衛 生 の 向 上 又 は 児 童 の 健 全 な 育 成 の 推 進 のために 特 に 必 要 がある 場 合 であ って 本 人 の 同 意 を 得 ることが 困 難 であるとき 4 国 の 機 関 若 しくは 地 方 公 共 団 体 又 はその 委 託 を 受 けた 者 が 法 令 の 定 める 事 務 を 遂 行 することに 対 して 協 力 する 必 要 がある 場 合 であって 本 人 の 同 意 を 得 ることに より 当 該 事 務 の 遂 行 に 支 障 を 及 ぼすおそれがあるとき ( 注 ) 上 記 1~4の 具 体 例 は 第 5 条 第 3 項 1~4における 例 示 と 同 じ なお 第 三 者 提 供 についての 同 意 を 得 る 際 には 原 則 として 書 面 によることとし 当 該 書 面 における 記 載 を 通 じて 1 個 人 データを 提 供 する 第 三 者 2 提 供 を 受 けた 第 三 者 における 利 用 目 的 3 第 三 者 に 提 供 される 情 報 の 内 容 を 本 人 に 認 識 させた 上 で 同 意 を 得 ることとする 2 第 三 者 について 第 三 者 とは 個 人 データを 提 供 しようとする 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 及 び 当 該 個 人 データに 係 る 本 人 のいずれにも 該 当 しないものをいい 自 然 人 法 人 その 他 の 団 体 を 問 わない 3 個 人 信 用 情 報 機 関 に 対 する 提 供 について 個 人 信 用 情 報 機 関 に 対 して 個 人 データが 提 供 される 場 合 には 個 人 信 用 情 報 機 関 を 通 じて 当 該 機 関 の 会 員 企 業 にも 情 報 が 提 供 されることとなるため 個 人 信 用 情 報 機 関 に 個 人 データを 提 供 する 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 本 人 の 同 意 を 得 る こととする 本 人 から 同 意 を 得 るに 当 たっては 本 人 が 個 人 データが 個 人 信 用 情 報 機 関 を 通 じ て 当 該 機 関 の 会 員 企 業 にも 提 供 されることを 明 確 に 認 識 した 上 で 同 意 に 関 する 判 断 を 行 うことができるようにすることとする このため 事 業 者 は 同 意 を 得 る 書 面 に 第 1 項 に 定 める 事 項 のほか 個 人 データが 当 該 機 関 の 会 員 企 業 にも 提 供 される 旨 の 記 載 及 び 当 該 機 関 の 会 員 企 業 として 個 人 データを 利 用 する 者 の 表 示 を 行 うこととする 当 該 機 関 の 会 員 企 業 として 個 人 データを 利 用 する 者 の 表 示 は 当 該 機 関 の 会 員 企 業 として 個 人 データを 利 用 する 者 の 外 延 を 本 人 に 客 観 的 かつ 明 確 に 示 すもので あることが 必 要 であり 会 員 企 業 の 名 称 を 記 載 する 方 法 若 しくは 当 該 機 関 の 規 約 等 及 び 会 員 企 業 名 を 常 時 公 表 しているインターネットのホームページ( 苦 情 処 理 の 窓 口 の 連 絡 先 等 第 23 条 の 内 容 を 記 載 したもの)のアドレスを 記 載 する 方 法 等 により 本 人 が 同 意 の 可 否 を 判 断 するに 足 りる 具 体 性 をもって 示 すことをいう また 本 人 に 表 示 する 個 人 信 用 情 報 機 関 の 規 約 等 においては 機 関 の 加 入 資 格 及 び 会 員 企 業 の 外 延 が 明 確 に 示 されるとともに 個 人 データの 適 正 管 理 情 報 の 目 的 外 利 用 の 防 止 等 の 観 点 から 安 全 管 理 体 制 の 整 備 守 秘 義 務 の 遵 守 及 び 違 反 に 対 する 制 裁 措 置 等 を 明 確 に 記 載 することが 適 切 である 13

14 なお 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 信 用 情 報 機 関 から 得 た 資 金 需 要 者 の 返 済 能 力 に 関 する 情 報 については 当 該 資 金 需 要 者 の 返 済 能 力 の 調 査 以 外 の 目 的 に 使 用 することのないよう 慎 重 に 取 り 扱 うこととする 4 法 第 23 条 第 2 項 (オプトアウト)について 法 第 23 条 第 2 項 においては 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 第 三 者 に 提 供 される 個 人 デ ータについて 本 人 の 求 めに 応 じて 当 該 本 人 が 識 別 される 個 人 データの 第 三 者 への 提 供 を 停 止 することとしている 場 合 であって 同 項 各 号 に 掲 げる 事 項 について あらか じめ 本 人 に 通 知 し 又 は 本 人 が 容 易 に 知 り 得 る 状 態 に 置 いているときは 当 該 個 人 データを 第 三 者 に 提 供 することができるとされている 本 人 が 容 易 に 知 り 得 る 状 態 とは 本 人 が 知 ろうと 思 えば 時 間 的 にも その 手 段 においても 容 易 に 知 ることができる 状 態 をいい 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 自 らの 金 融 商 品 の 販 売 方 法 等 の 事 業 の 態 様 に 応 じた 適 切 な 方 法 により 継 続 的 な 公 表 を 行 う 必 要 があり 例 えば 事 務 所 の 窓 口 等 での 常 時 掲 示 備 付 け イン ターネットのホームページへの 常 時 掲 載 などが 考 えられる 5 与 信 事 業 における 法 第 23 条 第 2 項 の 適 用 について 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 与 信 事 業 に 係 る 個 人 の 返 済 能 力 に 関 する 情 報 を 個 人 信 用 情 報 機 関 へ 提 供 するに 当 たっては 法 第 23 条 第 2 項 を 用 いないこと とし 本 条 第 3 項 に 従 い 本 人 の 同 意 を 得 ることとする 6 法 第 23 条 第 4 項 ( 第 三 者 に 該 当 しないもの)について 法 第 23 条 第 4 項 に 従 い 次 に 掲 げる 場 合 において 当 該 個 人 データの 提 供 を 受 け る 者 は 第 三 者 に 該 当 しない 1 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 利 用 目 的 の 達 成 に 必 要 な 範 囲 内 において 個 人 データの 取 扱 いの 全 部 又 は 一 部 を 委 託 する 場 合 2 合 併 その 他 の 事 由 による 事 業 の 承 継 に 伴 って 個 人 データが 提 供 される 場 合 3 個 人 データを 特 定 の 者 との 間 で 共 同 して 利 用 する 場 合 であって その 旨 並 びに 共 同 して 利 用 される 個 人 データの 項 目 共 同 して 利 用 する 者 の 範 囲 利 用 する 者 の 利 用 目 的 及 び 当 該 個 人 データの 管 理 について 責 任 を 有 する 者 の 氏 名 又 は 名 称 につい て あらかじめ 本 人 に 通 知 し 又 は 本 人 が 容 易 に 知 り 得 る 状 態 に 置 いているとき 7 法 第 23 条 第 4 項 第 3 号 に 規 定 する 通 知 等 ( 共 同 利 用 の 際 の 通 知 等 )について 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 23 条 第 4 項 第 3 号 に 定 める 通 知 は 原 則 として 書 面 によることとする 事 業 者 による 共 同 して 利 用 する 者 の 範 囲 の 通 知 等 については 共 同 して 利 用 す る 者 を 個 別 に 列 挙 することが 望 ましい また 共 同 して 利 用 する 者 の 外 延 を 示 すこと により 本 人 に 通 知 等 する 場 合 には 本 人 が 容 易 に 理 解 できるよう 共 同 して 利 用 する 者 を 具 体 的 に 特 定 しなければならない 外 延 を 示 す 具 体 例 としては 当 社 及 び 有 価 証 券 報 告 書 等 に 記 載 されている 当 社 の 子 会 社 14

15 当 社 及 び 有 価 証 券 報 告 書 等 に 記 載 されている 連 結 対 象 会 社 及 び 持 分 法 適 用 会 社 といった 方 法 が 適 切 である 同 号 に 定 める 個 人 データの 管 理 について 責 任 を 有 する 者 ( 以 下 管 理 責 任 者 という )は 共 同 して 利 用 する 者 において 第 一 次 的 に 苦 情 を 受 け 付 け その 処 理 を 行 うとともに 開 示 訂 正 等 及 び 利 用 停 止 等 の 決 定 を 行 い 安 全 管 理 に 責 任 を 有 す る 者 をいう なお 同 号 は 管 理 責 任 者 以 外 の 共 同 して 利 用 する 者 における 安 全 管 理 責 任 等 を 免 除 する 趣 旨 ではないことに 留 意 する 8 経 過 措 置 法 の 施 行 前 に 第 三 者 提 供 されている 個 人 データについては 法 施 行 前 に 法 第 23 条 第 1 項 の 規 定 による 本 人 からの 同 意 に 相 当 する 同 意 があれば 施 行 後 においても 引 き 続 き 第 三 者 への 提 供 を 行 うことができることとされている( 法 附 則 第 3 条 ) 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 法 施 行 前 に 行 った 与 信 事 業 に 際 して 個 人 信 用 情 報 機 関 への 提 供 についての 同 意 を 本 人 から 得 ている 場 合 加 入 資 格 に 関 する 当 該 機 関 の 規 約 等 及 び 会 員 企 業 名 の 公 表 は 法 の 施 行 前 に 実 施 されることが 適 当 である 第 14 条 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 及 び 施 行 令 第 5 条 関 連 ) 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 24 条 に 従 い 保 有 個 人 データに 関 し 利 用 目 的 開 示 等 の 手 続 等 の 同 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 項 を 本 人 の 知 り 得 る 状 態 に 置 かなければならない 本 人 の 知 り 得 る 状 態 とは 本 人 が 知 ろうと 思 えば 知 ることができる 状 態 をいい 事 業 者 の 金 融 商 品 の 販 売 方 法 等 の 事 業 の 態 様 に 応 じて 適 切 な 方 法 による 必 要 があり 継 続 的 な 公 表 として 例 えば 第 23 条 に 定 める 個 人 情 報 保 護 宣 言 と 一 体 として インターネットのホームページでの 常 時 掲 載 を 行 うこと 又 は 事 務 所 の 窓 口 等 での 常 時 掲 示 備 付 けを 行 うこと 等 が 考 えられる なお 利 用 目 的 に 第 三 者 提 供 が 含 まれる 場 合 には 法 第 24 条 第 1 項 第 2 号 に 定 め る すべての 保 有 個 人 データの 利 用 目 的 の 内 容 として その 旨 を 記 載 しなければな らない 第 15 条 開 示 ( 法 第 25 条 関 連 ) 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 25 条 に 従 い 本 人 から 当 該 本 人 が 識 別 される 保 有 個 人 データの 開 示 を 求 められたときは 本 人 に 対 し 書 面 の 交 付 に よる 方 法 ( 開 示 の 求 めを 行 った 者 が 同 意 した 方 法 があるときは 当 該 方 法 )により 遅 滞 なく 保 有 個 人 データを 開 示 しなければならない ただし 同 条 第 1 項 各 号 に 従 い 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 全 部 又 は 一 部 を 開 示 しないことができる 1 本 人 又 は 第 三 者 の 生 命 身 体 財 産 その 他 の 権 利 利 益 を 害 するおそれがある 場 合 2 当 該 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 の 業 務 の 適 正 な 実 施 に 著 しい 支 障 を 及 ぼすおそれがあ る 場 合 15

16 与 信 審 査 内 容 等 の 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 付 加 した 情 報 の 開 示 請 求 を 受 けた 場 合 保 有 個 人 データを 開 示 することにより 評 価 試 験 等 の 適 正 な 実 施 が 妨 げられる 場 合 企 業 秘 密 が 明 らかになるおそれがある 場 合 なお 開 示 すべき 保 有 個 人 データの 量 が 多 いことのみでは2に 該 当 しない 3 他 の 法 令 に 違 反 することとなる 場 合 犯 罪 収 益 移 転 防 止 法 第 8 条 第 2 項 ( 顧 客 への 届 出 事 実 の 漏 えい) 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 法 第 25 条 第 1 項 各 号 の 規 定 に 基 づき 求 められた 保 有 個 人 データの 全 部 又 は 一 部 について 開 示 しない 旨 の 決 定 をしたときは 本 人 に 対 し 遅 滞 なく その 旨 を 通 知 しなければならない また その 決 定 の 理 由 に ついて 根 拠 とした 法 の 条 文 及 び 判 断 の 基 準 となる 事 実 を 示 して 遅 滞 なく 説 明 を 行 う こととする 第 16 条 訂 正 等 ( 法 第 26 条 及 び 施 行 令 第 6 条 関 連 ) 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 26 条 に 従 い 本 人 から 当 該 本 人 が 識 別 される 保 有 個 人 データの 内 容 が 事 実 でないという 理 由 によって 当 該 保 有 個 人 データの 内 容 の 訂 正 追 加 又 は 削 除 ( 以 下 訂 正 等 という )を 求 められた 場 合 に は 利 用 目 的 の 達 成 に 必 要 な 範 囲 内 において 遅 滞 なく 事 実 の 確 認 等 の 必 要 な 調 査 を 行 い その 結 果 に 基 づき 当 該 保 有 個 人 データの 内 容 の 訂 正 等 を 行 わなければなら ない 訂 正 等 を 行 った 場 合 又 は 訂 正 等 を 行 わないこととした 場 合 は 本 人 に 対 し 遅 滞 なくその 旨 ( 訂 正 等 を 行 った 場 合 は その 内 容 を 含 む )を 通 知 しなければならない なお 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 訂 正 等 を 行 わない 場 合 は 訂 正 等 を 行 わない 根 拠 及 びその 根 拠 となる 事 実 を 示 し その 理 由 を 説 明 することとする 第 17 条 利 用 停 止 等 ( 法 第 27 条 関 連 ) 1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 27 条 第 1 項 に 従 い 本 人 から 当 該 本 人 が 識 別 される 保 有 個 人 データが 法 第 16 条 の 規 定 に 違 反 して 取 り 扱 われている という 理 由 又 は 法 第 17 条 の 規 定 に 違 反 して 取 得 されたものであるという 理 由 によっ て 当 該 保 有 個 人 データの 利 用 の 停 止 又 は 消 去 ( 以 下 この 条 において 利 用 停 止 等 という )を 求 められた 場 合 であって その 求 めに 理 由 があることが 判 明 したときは 違 反 を 是 正 するために 必 要 な 限 度 で 遅 滞 なく 当 該 保 有 個 人 データの 利 用 停 止 等 を 行 わなければならない ただし 当 該 保 有 個 人 データの 利 用 停 止 等 に 多 額 の 費 用 を 要 する 場 合 その 他 の 利 用 停 止 等 を 行 うことが 困 難 な 場 合 であって 本 人 の 権 利 利 益 を 保 護 するため 必 要 なこれに 代 わるべき 措 置 をとるときは この 限 りでない 2 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 27 条 第 2 項 に 従 い 本 人 から 当 該 本 人 が 識 別 される 保 有 個 人 データが 法 第 23 条 第 1 項 の 規 定 に 違 反 して 第 三 者 に 提 16

17 供 されているという 理 由 によって 当 該 保 有 個 人 データの 第 三 者 への 提 供 の 停 止 を 求 められた 場 合 であって その 求 めに 理 由 があることが 判 明 したときは 遅 滞 なく 当 該 保 有 個 人 データの 第 三 者 への 提 供 を 停 止 しなければならない ただし 当 該 保 有 個 人 データの 第 三 者 への 提 供 の 停 止 に 多 額 の 費 用 を 要 する 場 合 その 他 の 第 三 者 への 提 供 を 停 止 することが 困 難 な 場 合 であって 本 人 の 権 利 利 益 を 保 護 するため 必 要 なこれ に 代 わるべき 措 置 をとるときは この 限 りでない 3 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 27 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 求 めら れた 保 有 個 人 データの 全 部 若 しくは 一 部 について 利 用 停 止 等 を 行 ったとき 若 しくは 利 用 停 止 等 を 行 わない 旨 の 決 定 をしたとき 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 求 められ た 保 有 個 人 データの 全 部 若 しくは 一 部 について 第 三 者 への 提 供 を 停 止 したとき 若 し くは 第 三 者 への 提 供 を 停 止 しない 旨 の 決 定 をしたときは 本 人 に 対 し 遅 滞 なく そ の 旨 ( 本 人 から 求 められた 措 置 と 異 なる 措 置 を 行 う 場 合 には その 措 置 内 容 を 含 む ) を 通 知 しなければならない 第 18 条 理 由 の 説 明 ( 法 第 28 条 関 連 ) 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 24 条 第 3 項 法 第 25 条 第 2 項 法 第 26 条 第 2 項 又 は 法 第 27 条 第 3 項 の 規 定 により 本 人 から 求 められた 措 置 の 全 部 又 は 一 部 について その 措 置 をとらない 旨 を 通 知 する 場 合 又 はその 措 置 と 異 なる 措 置 を とる 旨 を 通 知 する 場 合 は 本 人 に 対 し 措 置 をとらないこととし 又 は 異 なる 措 置 を とることとした 判 断 の 根 拠 及 び 根 拠 となる 事 実 を 示 し その 理 由 を 説 明 することとす る 第 19 条 開 示 等 の 求 めに 応 じる 手 続 ( 法 第 29 条 施 行 令 第 7 条 及 び 施 行 令 第 8 条 関 連 ) 1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 29 条 に 従 い 開 示 等 の 求 めを 受 け 付 ける 方 法 を 定 めた 場 合 には 第 23 条 に 定 める 個 人 情 報 保 護 宣 言 と 一 体 として インターネットのホームページでの 常 時 掲 載 を 行 うこと 又 は 事 務 所 の 窓 口 等 での 掲 示 備 付 け 等 を 行 うこととする 2 法 第 29 条 第 3 項 及 び 施 行 令 第 7 条 第 3 号 に 基 づき 開 示 等 の 求 めをする 者 が 本 人 又 は 施 行 令 第 8 条 に 規 定 する 代 理 人 であることの 確 認 の 方 法 を 定 めるに 当 たっては 十 分 かつ 適 切 な 確 認 手 続 とするよう 留 意 することとする なお 施 行 令 第 8 条 第 2 号 の 代 理 人 による 開 示 等 の 求 めに 対 して 事 業 者 が 本 人 に のみ 直 接 開 示 等 することは 妨 げられない 第 20 条 手 数 料 ( 法 第 30 条 関 連 ) 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 30 条 に 従 い 手 数 料 を 徴 収 する 場 合 には 同 様 の 内 容 の 開 示 等 手 続 の 平 均 的 実 費 の 予 測 に 基 づき 合 理 的 な 手 数 料 額 を 算 定 する 等 の 方 法 により 実 費 を 勘 案 して 合 理 的 であると 認 められる 範 囲 において 手 数 料 の 額 を 定 めなければならない 第 21 条 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 による 苦 情 の 処 理 ( 法 第 31 条 関 連 ) 17

18 1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 法 第 31 条 に 従 い 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 する 苦 情 を 受 けたときは その 内 容 について 調 査 し 合 理 的 な 期 間 内 に 適 切 かつ 迅 速 に 処 理 するよう 努 めなければならない 2 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 苦 情 処 理 手 順 の 策 定 苦 情 受 付 窓 口 の 設 置 苦 情 処 理 に 当 たる 従 業 者 への 十 分 な 教 育 研 修 など 苦 情 処 理 を 適 切 かつ 迅 速 に 行 うために 必 要 な 体 制 の 整 備 に 努 めなければならない 第 22 条 漏 えい 事 案 等 への 対 応 ( 基 本 方 針 関 連 ) 1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 情 報 の 漏 えい 事 案 等 の 事 故 が 発 生 し た 場 合 には 監 督 当 局 に 直 ちに 報 告 することとする 2 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 情 報 の 漏 えい 事 案 等 の 事 故 が 発 生 し た 場 合 には 二 次 被 害 の 防 止 類 似 事 案 の 発 生 回 避 等 の 観 点 から 漏 えい 事 案 等 の 事 実 関 係 及 び 再 発 防 止 策 等 を 早 急 に 公 表 することとする 3 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 情 報 の 漏 えい 事 案 等 の 事 故 が 発 生 し た 場 合 には 漏 えい 事 案 等 の 対 象 となった 本 人 に 速 やかに 漏 えい 事 案 等 の 事 実 関 係 等 の 通 知 を 行 うこととする 第 23 条 個 人 情 報 保 護 宣 言 の 策 定 ( 法 第 18 条 法 第 24 条 及 び 基 本 方 針 関 連 ) 1 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 情 報 に 対 する 取 組 方 針 を あらかじ め 分 かりやすく 説 明 することの 重 要 性 にかんがみ 事 業 者 の 個 人 情 報 保 護 に 関 する 考 え 方 及 び 方 針 に 関 する 宣 言 (いわゆるプライバシーポリシー プライバシーステート メント 等 本 ガイドラインにおいて 個 人 情 報 保 護 宣 言 という )を 策 定 し 例 え ば 次 に 掲 げる 内 容 をインターネットのホームページへの 常 時 掲 載 又 は 事 務 所 の 窓 口 等 での 掲 示 備 付 け 等 により 公 表 することとする 1 関 係 法 令 等 の 遵 守 個 人 情 報 を 目 的 外 に 利 用 しないこと 及 び 苦 情 処 理 に 適 切 に 取 り 組 むこと 等 個 人 情 報 保 護 への 取 組 方 針 の 宣 言 2 法 第 18 条 における 個 人 情 報 の 利 用 目 的 の 通 知 公 表 等 の 手 続 についての 分 かり やすい 説 明 3 法 第 24 条 における 開 示 等 の 手 続 等 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 する 諸 手 続 について の 分 かりやすい 説 明 4 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 する 質 問 及 び 苦 情 処 理 の 窓 口 2 個 人 情 報 保 護 宣 言 には 消 費 者 等 本 人 の 権 利 利 益 保 護 の 観 点 から 事 業 活 動 の 特 性 規 模 及 び 実 態 に 応 じて 次 に 掲 げる 点 を 考 慮 した 記 述 をできるだけ 盛 り 込 むこと が 望 ましい 1 保 有 個 人 データについて 本 人 から 求 めがあった 場 合 には ダイレクトメールの 発 送 停 止 など 自 主 的 に 利 用 停 止 等 に 応 じること 2 委 託 の 有 無 委 託 する 事 務 の 内 容 を 明 らかにする 等 委 託 処 理 の 透 明 化 を 進 める こと 18

19 3 事 業 者 がその 事 業 内 容 を 勘 案 して 顧 客 の 種 類 ごとに 利 用 目 的 を 限 定 して 示 した り 事 業 者 が 本 人 の 選 択 による 利 用 目 的 の 限 定 に 自 主 的 に 取 り 組 むなど 本 人 にと って 利 用 目 的 がより 明 確 になるようにすること 4 個 人 情 報 の 取 得 元 又 はその 取 得 方 法 ( 取 得 源 の 種 類 等 )を 可 能 な 限 り 具 体 的 に 明 記 すること 第 24 条 勧 告 命 令 及 び 緊 急 命 令 についての 考 え 方 ( 法 第 34 条 関 連 ) 1 法 第 34 条 の 金 融 庁 長 官 の 勧 告 ( 第 1 項 ) 命 令 ( 第 2 項 ) 及 び 緊 急 命 令 ( 第 3 項 )については 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 本 ガイドラインに 沿 って 必 要 な 措 置 等 を 講 じたか 否 かにつき 判 断 して 行 うものとする 2 本 ガイドライン 中 ~ならない ( 努 めなければならない を 除 く )と 記 載 され ている 規 定 について それに 従 わない 場 合 は 法 第 16 条 から 第 18 条 まで 第 20 条 か ら 第 27 条 まで 又 は 第 30 条 第 2 項 の 規 定 違 反 と 判 断 され 得 る 違 反 と 判 断 された 際 実 際 勧 告 を 行 うこととなるのは 個 人 の 権 利 利 益 を 保 護 するため 必 要 があると 認 めるときである また 本 ガイドライン 中 こととする 適 切 である 及 び 望 ましい と 記 載 さ れている 規 定 については 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 がその 規 定 に 従 わな い 場 合 には 法 第 16 条 から 第 18 条 まで 第 20 条 から 第 27 条 まで 又 は 第 30 条 第 2 項 の 規 定 違 反 と 判 断 されることはないが 当 該 規 定 は 金 融 分 野 の 個 人 情 報 の 性 質 及 び 利 用 方 法 にかんがみ 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 して 金 融 分 野 の 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 等 に 特 に 厳 格 な 措 置 が 求 められる 事 項 として 規 定 されており 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 等 においては 遵 守 に 努 めるものとする 3 命 令 は 単 に 勧 告 に 従 わないことをもって 発 することはなく 正 当 な 理 由 なくその 勧 告 に 係 る 措 置 をとらなかった 場 合 において 個 人 の 重 大 な 権 利 利 益 の 侵 害 が 切 迫 していると 認 めるときに 限 られる 緊 急 命 令 は 金 融 分 野 における 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 が 法 第 16 条 第 17 条 第 20 条 から 第 22 条 まで 又 は 第 23 条 第 1 項 の 規 定 に 違 反 した 場 合 において 個 人 の 重 大 な 権 利 利 益 を 害 する 事 実 があるため 緊 急 に 措 置 をとる 必 要 があると 認 めるときに 勧 告 を 前 置 せずに 行 うこととする 第 25 条 ガイドラインの 見 直 しについて 本 ガイドラインについては 社 会 情 勢 の 変 化 国 民 の 意 識 の 変 化 技 術 動 向 の 変 化 等 諸 環 境 の 変 化 を 踏 まえ 必 要 に 応 じ 見 直 しを 行 うものとする 19

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63> 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 平 成 17 年 3 月 23 日 理 事 会 決 議 平 成 19 年 10 月 24 日 一 部 改 正 平 成 22 年 2 月 24 日 一 部 改 正 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 取 扱 指 針 の 考 え 方 参 照 条 文 ( 目 的 ) 第 1 条 この 取 扱 指 針 は 個 人 情 報 の 保

More information

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン ( 平 成 27 年 7 月 1 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1675 号 ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 第 8 条 の 規 定 に 基 づき 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン( 平 成

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

ガイドライン(案)に対する修文案

ガイドライン(案)に対する修文案 不 動 産 業 における 個 人 情 報 保 護 のあり 方 に 関 する 研 究 会 報 告 ( 不 動 産 流 通 業 における 個 人 情 報 保 護 法 の 適 用 の 考 え 方 ) 平 成 1 7 年 1 月 ( 改 正 : 平 成 2 4 年 6 月 ) 目 次 1. はじめに 2 2. 論 点 一 覧 3 3. 論 点 とその 考 え 方 6 不 動 産 業 における 個 人 情 報

More information

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドライン( 事 業 者 編 ) 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 平 成 28 年 1 月 1 日 一 部 改 正 ) 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

<5461726F31332D30383032323989FC90B3834B8343836883898343839328BE>

<5461726F31332D30383032323989FC90B3834B8343836883898343839328BE> 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 についての 経 済 産 業 分 野 を 対 象 とするガイドライン ( 平 成 20 年 2 月 29 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 告 示 第 1 号 ) 平 成 20 年 2 月 経 済 産 業 省 目 次 1. 目 的 及 び 適 用 範 囲 1 2. 法 令 解 釈 指 針 事 例 2 2-1. 定 義 ( 法 第 2 条 関

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

個人情報保護法の法律講座

個人情報保護法の法律講座 第 6 個 人 情 報 保 護 法 に 定 める 定 義 1 個 人 情 報 とは (1) 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 であって, 当 該 情 報 に 含 まれる 氏 名, 生 年 月 日 その 他 の 記 述 により 特 定 の 個 人 を 識 別 することができる もの( 他 の 情 報 と 容 易 に 照 合 することができ,それにより 特 定 の 個 人 を 識 別 することができることとなるものを

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお マイナンバー 法 等 に 関 するガイドラインとその 取 扱 に 関 するQ&Aについて ( 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 作 成 分 の 抜 粋 ) (1) 定 義 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 2 用 語 の 定 義 等 (3 頁 ) 参 照 (2) 個 人 番 号 関 係 事 務 マイナンバー 法 第 9 条 第 3 項 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-1-⑴

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

マイナンバー制度と企業の実務対応

マイナンバー制度と企業の実務対応 マイナンバー 制 度 と 企 業 の 実 務 対 応 2014 年 11 10 株 式 会 社 富 通 総 研 経 済 研 究 所 主 席 研 究 員 榎 並 利 博 迫 るマイナンバー 対 応 2015 年 10 から 番 号 通 知 2016 年 1 から 番 号 利 開 始 マイナンバー 法 とは 1 1.マイナンバー 法 とは マイナンバー 法 の 構 成 基 本 理 念 個 番 号 個 番

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

❶ 個 人 情 報 ってなんだろう? 個 人 情 報 保 護 法 では 保 護 が 必 要 な 情 報 を 個 人 情 報 個 人 データ 保 有 個 人 データ の3つの 概 念 に 分 けています 3つの 概 念 ごとに 実 施 しなくてはならない 義 務 が 定 められています 個 人 情 報

❶ 個 人 情 報 ってなんだろう? 個 人 情 報 保 護 法 では 保 護 が 必 要 な 情 報 を 個 人 情 報 個 人 データ 保 有 個 人 データ の3つの 概 念 に 分 けています 3つの 概 念 ごとに 実 施 しなくてはならない 義 務 が 定 められています 個 人 情 報 事業者の皆さん その取り扱いで大丈夫 個人情報 こんな時 どうしたらいい?? 携帯電話を 落とした アンケートを とるときに 気をつけることは 個人情報って 取引先に 渡していいの これを読んで 考えよう!! 私の個人情報が 知らないうちに 使われているという 苦情が入った 本パンフレットは 事業者の皆さんに 個人情報保護法を遵守し 大切な個人情報を適切に活用するために 最低限知っていていただきたいことを

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 統 一 規 範 平 成 23 年 4 月 21 日 平 成 24 年 4 月 26 日 改 定 情 報 セキュリティ 政 策 会 議 決 定 第 一 章 目 的 及 び 対 象 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 ( 第 三 条 第 四 条 ) 第 三 章

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

TOP > 会社案内 TOP > 勧誘方針

TOP > 会社案内 TOP > 勧誘方針 2016 年 7 月 1 日 マニュライフ アセット マネジメント 株 式 会 社 個 人 情 報 保 護 方 針 マニュライフ アセット マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は お 客 様 からご 信 頼 いた だける 会 社 として お 客 様 の 個 人 情 報 保 護 を 徹 底 することが 極 めて 重 要 であると 考 えております 当 社 では 個 人 情

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 に 関 する 公 正 競 争 規 約 及 び 施 行 規 則 公 正 競 争 規 約 第 1 章 総 則 第 1 章 景 品 類 提 供 の 範 囲 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 と いう )は 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 に 関 する 事 項 の 制 限 ( 平 成 10 年

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

ECにおける個人情報保護に関する活動報告書2009

ECにおける個人情報保護に関する活動報告書2009 ECにおける 個 人 情 報 保 護 に 関 する 活 動 報 告 書 2009 平 成 22 年 3 月 次 世 代 電 子 商 取 引 推 進 協 議 会 次 世 代 電 子 商 取 引 推 進 協 議 会 平 成 22 年 3 月 E C に お け る 個 人 情 報 保 護 に 関 す る 活 動 報 告 書 2 0 0 9 裏 はじめに 100 年 に 一 度 と 言 われる 世 界 的

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影 八 王 子 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 するガイドライン( 案 ) Ⅰ.はじめに 1 ガイドラインの 策 定 の 経 緯 と 目 的 八 王 子 市 は 犯 罪 を 未 然 に 防 ぎ 安 全 で 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 進 めるため 平 成 14 年 に 生 活 の 安 全 安 心 に 関 する 条 例 を 施 行 し 市 市 民 事 業 者 それぞれの 責

More information

附 属 資 料 附 属 資 料 1 証 券 監 視 委 の 組 織 事 務 概 要 133 1-1 組 織 及 び 事 務 概 要 133 1-2 証 券 取 引 等 の 監 視 体 制 の 概 念 図 136 1-3 証 券 監 視 委 の 機 能 強 化 137 1-4 証 券 監 視 委 と 内 閣 総 理 大 臣 金 融 庁 長 官 及 び 財 務 局 長 等 の 関 係 の 概 念 図

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information