湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 "

Transcription

1 資 料 1 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議

2 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 に 富 む 景 勝 地 として またマリンスポーツメッカとして 多 く 人 々に 親 しまれていま す そ 中 心 的 役 割 を 担 っている 江 島 では 平 成 15 年 に 江 島 サムエル コ ッキング 苑 と 江 島 展 望 灯 台 ( 現 在 名 称 : 江 島 シーキャンドル)が ま た 片 瀬 西 浜 海 岸 では 平 成 16 年 に 新 江 ノ 島 水 族 館 がリニューアルオープンし ました これら 観 光 施 設 再 整 備 により 観 光 客 数 は 飛 躍 的 に 増 加 し 平 成 14 年 度 まで は 年 間 1,000 万 人 に 届 かなかったもが 平 成 19 年 以 降 は 1,300 万 人 を 超 え 海 水 浴 客 数 も 400 万 人 前 後 状 況 が 続 いています こように 江 島 へ 観 光 客 数 は 順 調 に 推 移 し にぎわいを 見 せており 平 成 22 年 に 江 島 来 訪 者 を 対 象 に 実 施 した 観 光 アンケート 調 査 をみても 江 島 印 象 としては 約 70% 方 が 満 足 感 を 得 ています 一 方 で 交 通 に 関 しては 車 渋 滞 がひどい や 駐 車 場 不 足 駐 車 場 がわかりにくい など 意 見 が 寄 せられ ています 今 後 も 藤 沢 市 や 神 奈 川 県 では 県 民 市 民 利 用 施 設 ヨットハウス 島 内 にあ る 老 朽 化 した 施 設 建 替 えも 計 画 的 に 進 めていくこととしています また 近 隣 鎌 倉 市 は 世 界 遺 産 登 録 をめざしており 武 家 古 都 鎌 倉 に 来 訪 する 観 光 客 を 湘 南 江 島 にも 円 滑 に 誘 導 していく 必 要 があります さらに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 では 藤 沢 市 域 湘 南 海 岸 沿 岸 を 含 めた 江 島 周 辺 にも 大 津 波 警 報 が 発 令 されましたが 多 く 観 光 客 が 安 心 して 訪 れることができるよう 津 波 等 災 害 時 対 策 へ 対 応 も 急 がれています こうした 安 全 確 保 も 含 め 湘 南 江 島 が 今 後 も 国 内 外 多 く 方 々が 安 心 して 訪 れ 愛 される 観 光 地 となるために 新 たな 観 光 戦 略 が 求 められています 湘 南 江 島 とは 藤 沢 市 域 内 湘 南 海 岸 沿 岸 を 含 めた 江 島 周 辺 地 域 をいいます 藤 沢 市 観 光 客 推 移 16 百 万 平 成 4 年 平 成 8 年 平 成 13 年 平 成 18 年 平 成 19 年 平 成 20 年 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 総 数 ( 年 間 ) 総 数 ( 年 間 ) 海 水 浴 入 込 数 江 島 3 拠 点 合 計 サムエル コッキング 苑 展 望 灯 台 岩 屋 合 計 平 成 2 年 平 成 5 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 備 考 サーフ90 開 催 江 島 岩 屋 再 開 江 島 頂 上 部 再 整 備 事 業 サムエル コッキンク 苑 オープン 新 江 ノ 島 水 族 館 リニューアル 1

3 2 魅 力 アップ プラン 策 定 について (1) 目 的 藤 沢 市 や 神 奈 川 県 をはじめ 地 域 が 一 体 となり 湘 南 江 島 魅 力 づくりに 取 り 組 んできた 結 果 新 たなにぎわいや 活 力 創 出 が 見 られますが 今 後 もこれを 維 持 し 拡 げていくためには 将 来 姿 を 見 通 し 残 された 課 題 などを 解 決 し そ 魅 力 をよ り 強 固 なもとする 必 要 があります こため 藤 沢 市 と 神 奈 川 県 は 湘 南 江 島 将 来 像 実 現 に 向 け 3 (2)に 示 している 将 来 像 実 現 に 向 けた 取 組 み に 沿 って 今 後 優 先 的 に 取 り 組 むべき 施 策 事 業 を 魅 力 アップ プランとして 策 定 し 地 域 関 係 者 ととも に 湘 南 江 島 新 たな 観 光 戦 略 を 展 開 していきます さらにこ 中 で 取 組 み 緊 急 性 が 高 く 早 期 実 現 が 待 たれているもや 事 業 熟 度 が 高 くアピール 度 が 期 待 できるもなどを 明 確 にします (2) プラン 名 称 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン (3) 策 定 期 間 と 考 え 方 本 プランは 概 ね10 年 間 中 期 を 見 据 えた 計 画 として 示 していきます ア 広 域 観 光 拠 点 である 藤 沢 市 域 内 湘 南 海 岸 沿 岸 を 含 めた 江 島 周 辺 を 対 象 と すること イ 地 域 関 係 団 体 協 働 連 携 取 組 みであること ウ 市 や 地 域 でこれまで 取 組 みや 今 後 取 組 み 方 向 を 踏 まえること エ 実 効 性 を 重 視 した 取 組 みであること オ 民 間 力 や 地 域 力 が 最 大 限 に 発 揮 されること 2

4 3 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン (1) 湘 南 江 島 将 来 像 自 然 と 歴 史 に 富 む 景 勝 地 江 島 と 風 光 明 媚 な 湘 南 海 岸 は 首 都 圏 に 近 いという 地 理 的 条 件 に 恵 まれており 国 際 化 時 代 に 対 応 できる 観 光 地 として 少 子 高 齢 人 口 減 少 社 会 を 迎 える 中 で 国 民 誰 もが 身 近 に 訪 れたくなる 観 光 地 として また 横 浜 箱 根 鎌 倉 と 連 携 した 広 域 的 な 観 光 拠 点 として 発 展 可 能 性 が 高 い 地 域 です また 自 然 歴 史 街 並 みが 残 る 良 好 な 住 宅 地 が 形 成 されている 地 域 でもあります 首 都 圏 観 光 地 として 継 続 的 な 発 展 と 湘 南 地 域 さらなる 活 力 創 出 に 向 けて 湘 南 江 島 もつ 地 域 資 源 を 活 かし 市 民 地 域 団 体 事 業 者 行 政 などが 連 携 協 力 し 湘 南 江 島 魅 力 をアップする 取 組 みを 住 宅 地 と 共 存 を 踏 まえながら 一 層 推 進 します そため 湘 南 江 島 魅 力 アップをめざす 将 来 像 を 四 季 を 通 じて 訪 れたい 湘 南 江 島 自 然 と 歴 史 海 辺 や 街 並 みなど 多 彩 な 魅 力 が 織 りなすまち とします (2) 将 来 像 実 現 に 向 けた 取 組 み 内 容 湘 南 江 島 将 来 像 を 実 現 し 観 光 誘 客 をさらに 拡 大 していくために 観 光 振 興 に 向 けた 施 策 基 本 方 向 を 定 め また 喫 緊 課 題 である 東 日 本 大 震 災 を 踏 ま えた 観 光 客 を 含 む 災 害 時 対 策 に 取 組 みます なお 平 成 24 年 度 から 26 年 度 まで 当 面 3 年 間 に 重 点 的 に 取 り 組 んでいく 事 業 を 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン に 基 づく 事 業 展 開 として 別 表 (P7)に 整 理 して おります ア 観 光 客 が 楽 しめるおもてなし 体 制 と 拠 点 づくり (ア) 四 季 を 通 じて 訪 れる 観 光 客 誰 もが 安 心 して 楽 しめるために おもてなし(= ホスピタリティ) 体 制 や 魅 力 ある 拠 点 充 実 を 図 ります 湘 南 港 ヨットハウス( 管 理 事 務 所 ) 新 築 事 業 稚 児 ヶ 淵 レストハウス 改 修 事 業 江 ノ 電 ガーデンパーラー 亀 ヶ 岡 広 場 改 修 事 業 ( 改 修 済 ) かながわ 女 性 センター 有 効 活 用 観 光 資 源 としてニエアル 記 念 広 場 有 効 活 用 安 全 安 心 環 境 整 備 ( 江 島 島 内 防 犯 カメラ 設 置 各 海 水 浴 場 秩 序 維 持 とモラル 向 上 3

5 観 光 ガイドマップ( 改 訂 版 )へ 広 域 避 難 場 所 等 明 記 ) 片 瀬 東 浜 ( 東 浜 海 水 浴 場 ) 下 水 道 整 備 促 進 湘 南 海 岸 公 園 辻 堂 海 浜 公 園 鵠 沼 海 浜 公 園 など 活 用 新 たな 観 光 資 源 づくり 検 討 江 島 玄 関 口 魅 力 アップづくり (イ) 外 国 人 観 光 客 障 がい 者 や 女 性 など 誰 もが 楽 しめる 観 光 地 として 環 境 整 備 を 図 ります おもてなし 向 上 ( 外 国 人 観 光 客 へ 対 応 サイン 見 直 し) 女 性 客 誘 客 ( 江 島 神 社 岩 屋 などパワースポット フラダンスなどに 注 目 した 誘 客 プ ログラム 開 発 検 討 ) 新 たなツーウェイツーリズム( 双 方 向 交 流 ) 推 進 ( 東 京 湾 相 模 湾 クルージング 大 型 客 船 寄 港 など 海 上 交 通 を 利 用 した 新 たな 観 光 商 品 開 発 検 討 ) 湘 南 モノレール 湘 南 江 島 駅 へエレベーター 設 置 片 瀬 江 ノ 島 駅 及 び 駅 前 広 場 再 整 備 構 想 検 討 イ 江 島 を 中 心 とした 湘 南 海 岸 周 遊 性 確 保 (ア) 江 島 島 内 では 頂 上 部 へ 観 光 に 加 え 島 内 全 体 を 周 遊 できるように 観 光 拠 点 充 実 と 周 遊 機 能 確 保 を 図 ります 湘 南 港 ヨットハウス( 管 理 事 務 所 ) 新 築 事 業 再 掲 かながわ 女 性 センター 有 効 活 用 再 掲 江 島 島 内 交 通 対 策 江 島 島 内 など 新 たな 周 遊 機 能 検 討 (イ) 江 島 を 中 心 に 湘 南 海 岸 を 周 遊 できる 交 通 機 能 確 保 を 図 ります 片 瀬 江 ノ 島 駅 前 広 場 交 通 機 能 確 保 ( 環 境 配 慮 型 バス 運 行 による 周 遊 性 向 上 ) 周 遊 観 光 船 べんてん 丸 船 着 場 リニューアル 推 進 湘 南 海 岸 沿 岸 を 結 ぶ 公 共 交 通 検 討 自 転 車 で 周 遊 しやすい 環 境 整 備 検 討 江 島 を 含 めた 湘 南 海 岸 沿 岸 街 並 み 歴 史 自 然 を 感 じる 周 遊 環 境 整 備 4

6 ウ 広 域 的 な 連 携 強 化 による 観 光 活 性 化 (ア) 湘 南 江 島 と 首 都 圏 や 横 浜 や 箱 根 など 県 内 観 光 地 と 交 通 アクセス 向 上 をめざします 片 瀬 江 ノ 島 駅 及 び 駅 前 広 場 再 整 備 構 想 検 討 再 掲 JR 東 日 本 小 田 急 電 鉄 江 ノ 島 電 鉄 湘 南 モノレールと 観 光 活 性 化 に 向 けた 連 携 強 化 湘 南 海 岸 沿 岸 を 結 ぶ 公 共 交 通 検 討 再 掲 (イ) 海 浜 観 光 地 として 新 たな 海 上 交 通 による 連 携 強 化 をめざします 新 たなツーウェイツーリズム( 双 方 向 交 流 ) 推 進 再 掲 ( 東 京 湾 相 模 湾 クルージング 大 型 客 船 寄 港 など 海 上 交 通 を 利 用 した 新 たな 観 光 商 品 開 発 検 討 ) (ウ) 武 家 古 都 鎌 倉 と 周 遊 観 光 促 進 を 図 ります 武 家 古 都 鎌 倉 を 生 かした 取 組 みによる 周 遊 観 光 促 進 ( 両 市 を 結 ぶ 江 ノ 島 電 鉄 など 鎌 倉 と 連 携 ) エ 多 様 な 主 体 連 携 による 魅 力 アップ (ア) 湘 南 江 島 地 域 資 源 を 生 かし 市 民 地 域 団 体 事 業 者 行 政 などが 各 々 役 割 を 分 担 しながら 連 携 協 力 により 魅 力 アップを 図 ります 景 観 維 持 保 全 ( 国 道 134 号 など 公 共 施 設 景 観 重 要 公 共 施 設 へ 指 定 ) 藤 沢 市 神 奈 川 県 観 光 協 会 観 光 事 業 者 漁 業 関 係 者 地 域 団 体 等 と 連 携 による 新 たな 魅 力 づくり 検 討 地 域 関 係 団 体 と 協 働 連 携 によるまちづくり 推 進 5

7 オ 観 光 客 を 含 む 災 害 時 対 策 平 成 23 年 3 月 東 日 本 大 震 災 では 藤 沢 市 域 内 湘 南 海 岸 沿 岸 を 含 めた 江 島 周 辺 にも 大 津 波 警 報 が 発 表 され また 江 島 弁 天 橋 通 行 止 めなどにより 島 内 に 多 く 観 光 客 が 残 されるという 事 態 が 発 生 しました また 平 成 24 年 3 月 に 県 が 公 表 した 津 波 浸 水 予 測 図 では 慶 長 型 地 震 で 江 島 付 近 に 最 大 津 波 高 10.7m 津 波 が 想 定 されています 東 日 本 大 震 災 以 降 もさまざま な 取 組 みを 実 施 してきましたが 湘 南 江 島 に 多 く 観 光 客 が 安 心 して 繰 り 返 し 訪 れてくれるようにするためにも さらなる 湘 南 江 島 における 津 波 等 災 害 時 対 策 に 取 り 組 んでいくことが 求 められています 湘 南 港 ヨットハウス( 管 理 事 務 所 ) 修 正 設 計 を 行 い 屋 上 に 津 波 避 難 施 設 を 設 置 ( 平 成 26 年 度 供 用 開 始 予 定 ) 避 難 経 路 を 示 した 冊 子 配 布 や 看 板 設 置 江 島 島 内 全 体 へ 情 報 伝 達 手 段 確 保 津 波 避 難 訓 練 充 実 津 波 避 難 対 策 検 討 避 難 経 路 ( 江 島 島 内 道 ) 整 備 ( 平 成 24 年 度 から 一 部 施 工 予 定 ) 津 波 避 難 ビル 指 定 拡 大 < 参 考 >これまで 災 害 時 対 策 取 組 み 湘 南 海 岸 公 園 に 沿 岸 市 町 へ 先 導 的 モデルとして 津 波 避 難 タワーを 設 置 ( 平 成 24 年 6 月 末 設 置 ) 標 高 や 津 波 避 難 ビルを 示 した 津 波 ハザードマップを 全 戸 配 布 江 島 島 内 で 津 波 避 難 訓 練 実 施 ( 平 成 24 年 1 月 ) 江 島 島 内 へ 防 災 行 政 無 線 屋 外 子 局 を 増 設 津 波 避 難 訓 練 実 施 ( 平 成 24 年 7 月 ) 6

8 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン に 基 づく 事 業 展 開 ( 平 成 24 年 度 から26 年 度 ) ゾーン 施 策 方 向 事 業 内 容 事 業 主 体 備 考 1 湘 南 港 ヨットハウス( 管 理 事 務 所 ) 新 築 事 業 2 稚 児 ヶ 淵 レストハウス 改 修 事 業 平 成 24 年 度 から 整 備 工 事 を 行 い 平 成 26 年 度 (26 年 4 月 予 定 ) 供 用 をめざす あわせて 屋 上 に 津 波 一 時 避 難 場 所 を 確 保 する 稚 児 ヶ 淵 レストハウス 改 修 工 事 実 施 平 成 24 年 度 に 設 計 に 着 手 し 平 成 26 年 度 から 整 備 工 事 を 実 施 する 予 定 神 奈 川 県 藤 沢 市 Ⅰ 江 島 島 内 魅 力 アッ プ 3 かながわ 女 性 センター 有 効 活 用 次 事 業 等 により 施 設 有 効 活 用 を 図 る 平 成 23 年 度 から 館 内 レストランで 地 産 地 消 メニュー 提 供 女 性 センターで 江 島 秋 まつり (10 月 ) 等 に 合 せたイベント 実 施 など 平 成 24 年 度 かながわ 女 性 センター30 周 年 記 念 事 業 実 施 4 周 遊 観 光 船 べんてん 丸 船 着 場 リニューアル 推 進 境 川 河 口 べんてん 丸 船 着 場 ( 発 券 所 桟 橋 浮 桟 橋 看 板 等 )リニューアル 予 定 藤 沢 市 民 間 事 業 者 ( 神 奈 川 県 ) 5 江 島 島 内 交 通 対 策 交 通 対 策 ため 次 項 目 を 検 討 駐 車 場 満 空 情 報 提 供 による 交 通 分 散 滞 留 車 線 確 保 ( 臨 港 道 路 3 車 線 化 など) 時 間 帯 による 通 行 規 制 適 正 な 駐 車 台 数 確 保 ( 駐 車 場 拡 張 (2 階 化 )) 推 進 など 平 成 23 年 度 は 試 行 的 に 看 板 による 駐 車 場 満 空 案 内 を 実 施 平 成 24 年 度 は 駐 車 場 満 空 情 報 電 光 掲 示 盤 詳 細 設 計 等 を 行 い 平 成 25 年 度 からは 駐 車 場 満 空 情 報 電 光 掲 示 盤 設 置 湘 南 なぎさパーク 駐 車 場 2 階 化 など 実 現 可 能 な 対 策 を 順 次 進 めていく 予 定 神 奈 川 県 神 奈 川 県 藤 沢 市 藤 沢 市 観 光 協 会 湘 南 なぎさパーク 6 江 島 島 内 など 新 たな 周 遊 機 能 検 討 江 島 島 内 周 遊 環 境 向 上 に 向 けた 検 討 交 通 システム バリアフリー 化 方 策 など 研 究 検 討 藤 沢 市 民 間 事 業 者 ( 神 奈 川 県 ) Ⅱ 玄 関 口 魅 力 アッ 1 片 瀬 江 ノ 島 駅 及 び 駅 前 広 場 再 整 備 構 想 検 討 2 片 瀬 江 ノ 島 駅 前 広 場 交 通 機 能 確 保 江 島 全 体 交 通 アクセス 改 善 に 向 けて 都 市 計 画 決 定 されている 小 田 急 江 ノ 島 線 片 瀬 江 ノ 島 駅 前 広 場 再 整 備 構 想 検 討 江 島 島 内 へ 交 通 アクセス 改 善 に 向 けて 小 田 急 江 ノ 島 線 片 瀬 江 ノ 島 駅 前 広 場 を 有 効 利 用 したミニバス( 環 境 配 慮 型 ) 運 行 等 検 討 3 湘 南 モノレール 湘 南 江 島 駅 へエレベーター 設 置 湘 南 モノレール 湘 南 江 島 駅 へエレベーター 設 置 に 向 けた 詳 細 設 計 を 平 成 26 年 度 に 実 施 予 定 藤 沢 市 小 田 急 電 鉄 藤 沢 市 小 田 急 電 鉄 湘 南 モノレール 4 片 瀬 東 浜 ( 東 浜 海 水 浴 場 ) 下 水 道 整 備 促 進 衛 生 環 境 向 上 ため 東 浜 海 水 浴 場 下 水 道 整 備 平 成 25 年 度 実 施 予 定 藤 沢 市 民 間 事 業 者 平 成 27 年 度 以 降 に 設 置 予 定 プ 5 江 島 玄 関 口 魅 力 アップづくり 江 島 玄 関 口 面 的 な 魅 力 づくり 検 討 小 田 急 線 片 瀬 江 ノ 島 駅 江 ノ 島 電 鉄 線 江 ノ 島 駅 湘 南 モノレール 湘 南 江 島 駅 を 玄 関 口 とした 面 的 な 魅 力 づくり 検 討 観 光 バス 駐 車 待 機 場 所 確 保 策 検 討 藤 沢 市 民 間 事 業 者 ( 神 奈 川 県 ) Ⅲ 域 湘 南 魅 海 力 岸 アッ 公 園 プ 地 Ⅳ 湘 南 江 島 全 体 魅 力 アッ プ 1 湘 南 海 岸 公 園 辻 堂 海 浜 公 園 鵠 沼 海 浜 公 園 など 活 用 湘 南 海 岸 沿 岸 魅 力 アップに 向 けた 湘 南 海 岸 公 園 辻 堂 海 浜 公 園 鵠 沼 海 浜 公 園 などさらなる 活 用 方 法 検 討 藤 沢 市 民 間 事 業 者 ( 神 奈 川 県 ) 2 観 光 資 源 としてニエアル 記 念 広 場 有 効 活 用 ニエアルに 関 する 資 料 展 示 などを 含 めた 記 念 広 場 リニューアル 検 討 藤 沢 市 3 湘 南 海 岸 沿 岸 を 結 ぶ 公 共 交 通 検 討 湘 南 海 岸 沿 岸 湘 南 シークロスなど 都 市 拠 点 を 結 ぶ 公 共 交 通 システム 検 討 藤 沢 市 民 間 事 業 者 1 JR 東 日 本 小 田 急 電 鉄 江 ノ 島 電 鉄 湘 南 モノレー ルと 観 光 活 性 化 に 向 けた 連 携 強 化 2 武 家 古 都 鎌 倉 を 生 かした 取 組 みによる 周 遊 観 光 促 進 3 おもてなし 向 上 4 新 たなツーウェイツーリズム( 双 方 向 交 流 ) 推 進 推 進 会 議 などを 中 心 とした 観 光 活 性 化 に 向 けた 連 携 策 検 討 藤 沢 市 民 間 事 業 者 ( 神 奈 川 県 ) 両 市 を 結 ぶ 江 ノ 島 電 鉄 など 鎌 倉 と 連 携 藤 沢 市 民 間 事 業 者 ( 神 奈 川 県 ) レストラン メニューなど 店 舗 多 言 語 化 や 観 光 事 業 者 外 国 語 研 修 などを 促 進 する 湘 南 江 島 回 遊 性 を 促 すようなサイン 設 置 を 検 討 し 実 施 予 定 障 がい 者 など 誰 にもわかりやすい 案 内 サイン 充 実 を 実 施 予 定 平 成 23 年 度 から 大 島 航 路 3 回 相 模 湾 クルージング2 回 ( 片 瀬 漁 港 ~ 大 磯 港 )を 試 行 実 施 ( 平 成 24 年 度 まで)し そ 後 本 格 実 施 に 向 け 検 討 また 平 成 24 年 10 月 大 型 客 船 寄 港 藤 沢 市 民 間 事 業 者 ( 神 奈 川 県 ) 藤 沢 市 民 間 事 業 者 7

9 ゾーン 施 策 方 向 事 業 内 容 事 業 主 体 備 考 5 女 性 客 誘 客 江 島 神 社 岩 屋 などパワースポット フラダンスなどに 注 目 した 誘 客 プログラム 開 発 を 実 施 予 定 東 京 湾 相 模 湾 クルージングなど 海 上 交 通 を 利 用 した 新 たな 観 光 商 品 開 発 を 実 施 予 定 藤 沢 市 民 間 事 業 者 6 安 全 安 心 環 境 整 備 江 島 島 内 に 防 犯 カメラを 設 置 予 定 (33 台 ) 平 成 24 年 度 に 設 置 予 定 各 海 水 浴 場 秩 序 維 持 とモラル 向 上 観 光 ガイドマップ( 改 訂 版 )へ 広 域 避 難 場 所 等 明 記 神 奈 川 県 藤 沢 市 海 水 浴 場 組 合 Ⅳ 湘 南 江 島 全 体 魅 力 アッ プ 7 景 観 維 持 保 全 8 観 光 客 を 含 む 災 害 時 対 策 地 域 景 観 形 成 を 進 める 上 で 重 要 な 公 共 施 設 である 国 道 134 号 県 立 湘 南 海 岸 公 園 湘 南 港 及 び 臨 港 道 路 片 瀬 漁 港 江 島 島 内 市 道 などについて 一 体 的 な 景 観 形 成 を 図 るため 景 観 重 要 公 共 施 設 に 指 定 海 岸 景 観 を 維 持 するため 海 岸 清 掃 美 化 啓 発 海 岸 清 掃 ボランティアへ 支 援 を 実 施 沿 岸 市 町 へ 先 導 モデルとなる 津 波 避 難 タワー 設 置 ( 平 成 24 年 6 月 末 設 置 ) 津 波 被 害 想 定 再 検 証 結 果 を 踏 まえ 津 波 避 難 場 所 避 難 ビル 等 配 置 計 画 避 難 計 画 を 作 成 予 定 避 難 訓 練 継 続 的 実 施 や 観 光 客 へ 周 知 神 奈 川 県 藤 沢 市 公 益 財 団 法 人 か ながわ 海 岸 美 化 財 団 神 奈 川 県 藤 沢 市 民 間 事 業 者 9 新 たな 観 光 資 源 づくり 検 討 魅 力 アップに 向 けた 新 たな 観 光 資 源 づくり 研 究 検 討 神 奈 川 県 藤 沢 市 民 間 事 業 者 10 自 転 車 で 周 遊 しやすい 環 境 整 備 検 討 自 転 車 走 行 環 境 づくり 検 討 自 転 車 施 策 ( 駐 輪 場 走 行 環 境 レンタサイクルなど) 検 討 神 奈 川 県 藤 沢 市 民 間 事 業 者 11 江 島 を 含 めた 湘 南 海 岸 沿 岸 街 並 み 歴 史 自 然 を 感 じる 周 遊 環 境 整 備 小 田 急 電 鉄 江 ノ 島 電 鉄 沿 線 駅 を 新 たな 江 島 へ 玄 関 口 とする 周 遊 ルート 検 討 江 ノ 島 電 鉄 線 鵠 沼 駅 を 誰 もが 利 用 しやすく 魅 力 ある 駅 へと 整 備 鵠 沼 湘 南 海 岸 街 並 み 自 然 を 感 じるルートづくり 藤 沢 市 民 間 事 業 者 ( 神 奈 川 県 ) 12 地 域 関 係 団 体 と 協 働 連 携 によるまちづくり 推 進 片 瀬 鵠 沼 辻 堂 地 区 地 域 団 体 で 取 組 まれているまちづくりと 連 携 強 化 神 奈 川 県 藤 沢 市 民 間 事 業 者 こ 表 は 観 光 振 興 に 向 けた 施 策 基 本 方 向 で 取 組 むこととした 事 業 うち 平 成 24 年 度 から26 年 度 まで 当 面 3 年 間 に 重 点 的 に 取 り 組 んでいく 事 業 を 整 理 したもです 事 業 主 体 欄 ( )にしている 機 関 は 事 業 主 体 取 組 に 協 力 する 機 関 を 記 載 したもです 8

10 参 考 本 プラン 取 組 みをエリア 別 に 整 理 すると 以 下 とおりです 江 島 周 辺 図 Ⅳ 湘 南 江 島 全 体 魅 力 アップ Ⅱ 玄 関 口 魅 力 アップ Ⅲ 湘 南 海 岸 公 園 地 域 魅 力 アップ 湘 南 海 岸 公 園 辻 堂 海 浜 公 園 鵠 沼 海 浜 公 園 など 活 用 観 光 資 源 としてニエアル 記 念 広 場 有 効 活 用 湘 南 海 岸 沿 岸 を 結 ぶ 公 共 交 通 検 討 Ⅰ 江 島 島 内 魅 力 アップ Ⅲ 湘 南 海 岸 公 園 地 域 魅 力 アップ Ⅰ 江 島 島 内 魅 力 アップ 湘 南 港 ヨットハウス( 管 理 事 務 所 ) 新 築 事 業 稚 児 ヶ 淵 レストハウス 改 修 事 業 江 ノ 電 ガーデンパーラー 亀 ヶ 岡 広 場 改 修 事 業 ( 改 修 済 ) かながわ 女 性 センター 有 効 活 用 周 遊 観 光 船 べんてん 丸 船 着 場 リニューアル 推 進 江 島 島 内 交 通 対 策 江 島 島 内 など 新 たな 周 遊 機 能 検 討 Ⅱ 玄 関 口 魅 力 アップ 片 瀬 江 ノ 島 駅 及 び 駅 前 広 場 再 整 備 構 想 検 討 片 瀬 江 ノ 島 駅 前 広 場 交 通 機 能 確 保 ( 環 境 配 慮 型 バス 運 行 による 周 遊 性 向 上 ) 湘 南 モノレール 湘 南 江 島 駅 へエレベーター 設 置 片 瀬 東 浜 ( 東 浜 海 水 浴 場 ) 下 水 道 整 備 促 進 江 島 玄 関 口 魅 力 アップづくり Ⅳ 湘 南 江 島 全 体 魅 力 アップ JR 東 日 本 小 田 急 電 鉄 江 ノ 島 電 鉄 湘 南 モノレールと 観 光 活 性 化 に 向 けた 連 携 強 化 武 家 古 都 鎌 倉 を 生 かした 取 組 みによる 周 遊 観 光 促 進 ( 両 市 を 結 ぶ 江 ノ 島 電 鉄 など 鎌 倉 と 連 携 ) おもてなし 向 上 ( 外 国 人 観 光 客 へ 対 応 サイン 見 直 し) 女 性 客 誘 客 ( 江 島 神 社 岩 屋 などパワースポット フラダンスなどに 注 目 した 誘 客 プログラ ム 開 発 検 討 ) 新 たなツーウェイツーリズム( 双 方 向 交 流 ) 推 進 ( 東 京 湾 相 模 湾 クルージング 大 型 客 船 寄 港 など 海 上 交 通 を 利 用 した 新 たな 観 光 商 品 開 発 検 討 ) 安 全 安 心 環 境 整 備 ( 江 島 島 内 防 犯 カメラ 設 置 各 海 水 浴 場 秩 序 維 持 とモラル 向 上 観 光 ガイ ドマップ( 改 訂 版 )へ 広 域 避 難 場 所 等 明 記 ) 景 観 維 持 保 全 ( 国 道 134 号 など 公 共 施 設 景 観 重 要 公 共 施 設 へ 指 定 ) 観 光 客 を 含 む 災 害 時 対 策 藤 沢 市 神 奈 川 県 観 光 協 会 観 光 事 業 者 漁 業 関 係 者 地 域 団 体 等 と 連 携 による 新 たな 魅 力 づくり 検 討 新 たな 観 光 資 源 づくり 検 討 自 転 車 で 周 遊 しやすい 環 境 整 備 検 討 江 島 を 含 めた 湘 南 海 岸 沿 岸 街 並 み 歴 史 自 然 を 感 じる 周 遊 環 境 整 備 地 域 関 係 団 体 と 協 働 連 携 によるまちづくり 推 進 9

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 ( 一 部 改 訂 平 成 27 年 3 月 ) 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

みなとみらい21(横浜市 実施段階)

みなとみらい21(横浜市 実施段階) 市 町 村 名 藤 沢 市 熟 度 具 体 化 段 階 東 京 2020オリンピック セーリング 競 技 開 催 準 備 レガシー 創 出 事 業 東 京 2020オリンピック セーリング 競 技 が,1964 年 大 会 に 続 き, 再 び 江 の 島 ( 湘 南 港 )で 開 催 されることから,セーリング 競 技 の 普 及 啓 発 をはじめ, 観 光 振 興, 生 涯 スポー ツの 推 進

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407 神 奈 川 県 庁 危 機 管 理 対 策 課 維 持 防 災 G 9345 議 会 局 -400 政 策 局 知 事 室 知 事 室 秘 書 G 総 務 G 9210 自 治 振 興 部 市 町 村 課 調 整 G 9211 総 務 局 総 務 G 情 報 通 信 G 9302 9303 消 防 課 企 画 G 9305 工 業 保 安 課 火 薬 電 気 G 9225 危 機 管 理 センター

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42 5-4 矢 島 都 市 計 画 区 域 旧 矢 島 町 の 矢 島 都 市 計 画 区 域 約 450ha を 対 象 として 地 区 別 の 検 討 を 行 います 1) 区 域 の 現 況 と 課 題 1 現 況 1. 概 況 由 利 高 原 鉄 道 の 矢 島 駅 を 中 心 に 西 部 の 丘 陵 地 と 北 東 部 の 国 道 108 号 や 子 吉 川 を 外 郭 としてコンパクトな 市

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0 して 活 気 のある 魅 力 的 なまちづくりを 推 進 することで 交 流 人 口 の 拡 大 を 図 る (ア) 現 況 と 問 題 点 Ⅰ( 国 道 県 道 及 び 市 道 ) 本 市 の 主 要 道 路 は 諫 早 方 面 から 一 般 国 道 57 号 が 島 原 半 島 の 西 岸 を 経 て 小 浜 雲 仙 から 島 原 市 に 至 り 市 域 の 東 岸 には 一 般 国 道 251

More information

地区復興まちづくり計画のイメージ

地区復興まちづくり計画のイメージ 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 復 興 まちづくり 計 画 ( 素 案 ) 1. 地 区 の 現 況 (1) 地 区 の 特 性 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 は 中 心 市 街 地 と 鍬 ヶ 崎 地 区 の 間 に 位 置 し 国 道 45 号 が 東 西 に 通 っ ており 沿 道 には 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 し その 背 後 には 住 宅 地 が 形 成 されています

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 5 回 変 更 ) ひ ろ し ま 広 島 と し ん 都 心 ち く 地 区 ひろしまけん 広 島 ひ ろ し ま 県 広 島 し 市 平 成 22 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203035816983528373815B81457064669770816A2D81798E9197BF332D31817A8EF193738D8291AC82CC8DC490B682CC8FAB9788919C>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203035816983528373815B81457064669770816A2D81798E9197BF332D31817A8EF193738D8291AC82CC8DC490B682CC8FAB9788919C> 資 料 3-1 1. 首 都 高 速 の 再 生 の 将 来 像 について (1) 首 都 高 速 の 再 生 の 必 要 性 (2) 首 都 高 速 の 再 生 を 検 討 する 上 での 前 提 条 件 の 整 理 (3) 首 都 高 速 の 再 生 の 検 討 対 象 範 囲 (4) 首 都 高 速 の 再 生 の 将 来 像 に 関 する 委 員 意 見 (5) 首 都 高 速 の 再 生

More information

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層 第 1 章 第 4 節 第 4 節 4-1. 土 地 利 用 都 市 空 間 の 方 針 (1) 土 地 利 用 都 市 空 間 の 基 本 的 考 え 方 近 年 の 人 口 減 少 少 子 高 齢 社 会 の 到 来 産 業 構 造 の 変 化 等 を 背 景 に これまでの 都 市 の 拡 大 成 長 を 前 提 としたまちづくりから 成 熟 する 社 会 に 対 応 し 質 的 な 豊 かさの

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

1. 補 正 予 算 規 模 議 案 番 号 会 計 補 正 前 予 算 額 補 正 予 算 額 ( 単 位 : 千 円 ) 補 正 後 予 算 額 29 一 般 会 計 ( 第 6 号 ) 61,573,579 241,319 61,332,260 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 特 30 2

1. 補 正 予 算 規 模 議 案 番 号 会 計 補 正 前 予 算 額 補 正 予 算 額 ( 単 位 : 千 円 ) 補 正 後 予 算 額 29 一 般 会 計 ( 第 6 号 ) 61,573,579 241,319 61,332,260 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 特 30 2 平 成 26 年 度 宇 治 市 3 月 補 正 予 算 の 概 要 今 回 の 補 正 予 算 は 国 補 正 予 算 による 交 付 金 などを 活 用 し 平 成 27 年 度 予 算 の 先 行 実 施 に 伴 う 宇 治 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 に 関 する 事 業 やプレミアム 付 商 品 券 の 発 行 保 育 所 幼 稚 園 における 第 三 子 以 降 の

More information

第2回基幹的交通システム部会_資料1

第2回基幹的交通システム部会_資料1 (8) 都 市 空 間 の 魅 力 と 基 幹 的 交 通 システムのデザイン 性 が 相 まって 魅 力 的 な 都 市 空 間 の 形 成 に 寄 与 できるルート を 選 定 する 銀 座 地 区 では 銀 座 の 個 性 的 な 景 観 や 空 間 を 考 慮 し 銀 座 らしさを 演 出 し ヒューマンスケールの 都 市 空 間 形 成 に 寄 与 できるルートを 選 定 する 特 に 銀

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 かさいし れきし へいわ けいしょう うずらの ちく 都 道 府 県 名 兵 庫 県 市 町 村 名 加 西 市 地 区 名 歴 史 と 平 和 を 継 承 するまち 鶉 野 地 区 面 積 550 ha 計 画 期 間 平 成 2

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 かさいし れきし へいわ けいしょう うずらの ちく 都 道 府 県 名 兵 庫 県 市 町 村 名 加 西 市 地 区 名 歴 史 と 平 和 を 継 承 するまち 鶉 野 地 区 面 積 550 ha 計 画 期 間 平 成 2 れ き し 歴 史 へ い わ と 平 和 都 市 再 生 整 備 計 画 け い し ょ う を 継 承 うずら するまち 鶉 の 野 ち く 地 区 ( 第 1 回 変 更 ) か さ い 兵 庫 県 加 西 市 平 成 28 年 7 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 かさいし れきし へいわ けいしょう うずらの ちく 都 道 府 県 名 兵 庫 県 市

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29 都 市 再 生 整 備 計 画 て つ ど う みなと つ る が 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) ふ く い つ る が 福 井 県 敦 賀 市 平 成 25 年 1 月 様 式 は A4 長 辺 側 を 2 箇 所 ホチキス 留 めすること 様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 長 期 ビジョン2020および グループ 中 期 経 営 計 画 '2015~2017 年 度 ( 2015 年 4 月 30 日 目 次 中 期 経 営 計 画 '2012~2014 年 度 (の 総 括 3 事 業 環 境 認 識 4 新 経 営 計 画 体 系 5 長 期 ビジョン2020 6 中 期 経 営 計 画 '2015~2017 年 度 ( 8 中 期 経 営 計 画 '2015~2017

More information

砂 防 費 ( 土 木 部 砂 防 課 ) 922,021 (4,527,621) 通 常 砂 防 事 業 費 471,625 千 円 関 川 ( 四 国 中 央 市 ) 砂 防 堰 堤 工 など 17か 所 ( 国 1/2 県 1/2) 地 すべり 対 策 事 業 費 91,778 千 円 中 黒

砂 防 費 ( 土 木 部 砂 防 課 ) 922,021 (4,527,621) 通 常 砂 防 事 業 費 471,625 千 円 関 川 ( 四 国 中 央 市 ) 砂 防 堰 堤 工 など 17か 所 ( 国 1/2 県 1/2) 地 すべり 対 策 事 業 費 91,778 千 円 中 黒 平 成 25 年 度 6 月 補 正 予 算 について 注 : は 新 規 施 策 分 は 大 幅 増 額 分 ( )は 累 計 額 単 位 : 千 円 国 内 示 に 伴 う 公 共 事 業 の 推 進 6,149,180 農 地 防 災 事 業 費 ( 農 林 水 産 部 農 地 整 備 課 ) 8,150 (1,583,449) ため 池 等 整 備 事 業 費 山 田 上 池 地 区 ( 松

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031816995CA8E868250816A8BC696B188CF91F58E64976C8F91202E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031816995CA8E868250816A8BC696B188CF91F58E64976C8F91202E646F63> ( 別 紙 1) 1. 業 務 名 外 国 人 観 光 客 おもてなしイベント 開 催 事 業 2. 委 外 託 国 上 人 限 観 額 光 客 おもてなしイベント 開 催 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 3. 目 金 的 15,233,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む ) き 館 本 県 外 を 国 訪 人 問 観 する 光 客 外 同 国 士 人 の 観 交

More information

で 見 直 しが 必 要 です 3 観 光 客 が 楽 しく 回 れる ワークづくりが 必 要 です 市 街 地 ゾーン 内 の 観 光 施 設 をはじめ その 他 の 観 光 拠 点 に 観 光 客 を 誘 導 するための 道 路 ネットワークの 強 化 が 望 まれます 自 動 車 道 に 加

で 見 直 しが 必 要 です 3 観 光 客 が 楽 しく 回 れる ワークづくりが 必 要 です 市 街 地 ゾーン 内 の 観 光 施 設 をはじめ その 他 の 観 光 拠 点 に 観 光 客 を 誘 導 するための 道 路 ネットワークの 強 化 が 望 まれます 自 動 車 道 に 加 4-2. ワークづくりの 方 針 ワークづくりの 方 針 の 構 成 ワークづくり の 課 題 ワークづくり の 方 針 盆 地 地 域 における 基 本 方 針 実 現 に 向 けた 幹 線 道 路 づくりの 取 り 組 み 市 街 地 ゾーンにおける 基 本 方 針 実 現 に 向 けた 幹 線 道 路 補 助 幹 線 道 路 づくりの 取 り 組 み (1) ワークづくりの 課 題 1 中 部

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5>

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5> 0 序 章 計 画 基 本 的 事 項 1. 計 画 目 的 基 本 計 画 は 都 地 法 第 4 条 に 町 村 地 適 正 な 保 全 及 び 化 推 進 に 関 する 基 本 計 画 として 規 定 されており とオープンスペースに 関 する 総 合 的 な 計 画 です 戸 田 では 地 もつ 様 々な 機 能 を 踏 まえつつ 確 保 整 備 や 化 民 間 参 加 協 力 等 促 進

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

1 仙 台 駅 周 辺 の 大 改 造 ( 仙 台 駅 前 広 場 再 整 備 自 由 通 路 再 整 備 帰 宅 困 難 者 対 策 ) 仙 台 市 都 市 整 備 局 総 合 交 通 政 策 部 交 通 政 策 課 推 進 係 長 佐 藤 桂 1. 仙 台 駅 周 辺 の 現 状 と 問 題 昭 和 56 年 に 現 在 のJR 仙 台 駅 西 口 駅 前 広 場 が 整 備 されてから 約 30

More information

スライド 1

スライド 1 個 人 投 資 家 向 け 会 社 説 明 会 京 浜 急 行 電 鉄 株 式 会 社 専 務 取 締 役 原 田 一 之 東 証 1 部 ( 証 券 コード:9006) 本 日 のプログラム 京 急 グループの 概 要 京 急 グループの 事 業 紹 介 京 急 グループの 将 来 への 取 り 組 み 当 社 株 式 の 魅 力 京 急 グループの 概 要 京 急 グループの 概 要 2011

More information

携帯事業者の運用データ等の適正な有効利用(修正後)

携帯事業者の運用データ等の適正な有効利用(修正後) 携 帯 事 業 者 の 運 用 データ 等 の 適 正 な 有 効 利 用 に 関 する 検 討 会 藤 沢 市 における 計 画 等 策 定 の 基 礎 資 料 について 面 積 : 69.51Km2 人 口 : 416,832 人 世 帯 数 : 177,382 世 帯 (2013/ 1/ 1 現 在 ) 藤 沢 市 2013/2/28 Copyright 2012Fujisawa City Office,Allrights

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

untitled

untitled 3-1 基 本 理 念 第 3 章 防 災 街 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 本 指 針 の 基 本 理 念 は 以 下 のとおりです ~みんなでつくろう 災 害 に 強 く 安 全 安 心 な 生 活 都 心 ~ 3-2 防 災 街 づくりの 方 針 基 本 理 念 に 基 づく 取 組 の 方 向 性 をより 具 体 的 に 示 すために 以 下 の3つの 視 点 から 防 災 街 づくりの

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

平 成 24 年 度 埼 玉 県 民 生 委 員 児 童 委 員 協 議 会 事 業 報 告 ( 案 ) 1 福 祉 相 談 推 進 事 業 Ⅰ 公 益 目 的 ( 実 施 ) 事 業 生 活 相 談 等 活 動 推 進 事 業 (1) 各 市 町 村 における 研 修 会 等 への 講 師 派 遣 各 市 町 村 における 各 種 民 生 委 員 児 童 委 員 研 修 会 等 へ 次 のとおり

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

ÿþ

ÿþ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 1 回 変 更 ) か し ま じ ん ぐ う し ゅ う へ ん 鹿 島 神 宮 周 辺 地 区 い ば ら き か し ま し 茨 城 県 鹿 嶋 市 平 成 20 年 11 月 様 式 は A4 長 辺 側 を 2 箇 所 ホチキス 留 めすること 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 茨 城 県 市 町

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

1 3. 一 日 に 約 70,000 人 が 乗 降 する 浦 安 駅 を 中 心 と した 地 区 は 駅 周 辺 に 分 散 したバス 乗 降 場 安 全 で 快 適 な 歩 行 空 間 の 不 足 一 般 車 の 入 りにくいロータ リー 道 にあふれるタクシーなど 多 くの 課 題 を 抱

1 3. 一 日 に 約 70,000 人 が 乗 降 する 浦 安 駅 を 中 心 と した 地 区 は 駅 周 辺 に 分 散 したバス 乗 降 場 安 全 で 快 適 な 歩 行 空 間 の 不 足 一 般 車 の 入 りにくいロータ リー 道 にあふれるタクシーなど 多 くの 課 題 を 抱 1 市 街 地 ( 拠 点 軸 )のまちづくり 方 針 1 浦 安 市 が 魅 力 と 活 力 にあふれた 都 市 として 引 き 続 き 発 展 していくためには 豊 かに 暮 らし 働 き 学 び 楽 しむなど 多 様 な 都 市 機 能 が 持 続 的 に 集 積 発 展 することが 重 要 です 浦 安 駅 新 浦 安 駅 舞 浜 駅 には 都 市 の 魅 力 を 高 める 多 様 な 都

More information

タイトル

タイトル 8. 地 区 内 道 路 整 備 プログラム 8. 地 区 内 道 路 整 備 プログラム (1) 地 区 内 道 路 整 備 プログラムの 検 討 地 区 内 道 路 整 備 プログラムは, 目 指 すべき 地 区 内 道 路 網 の 各 路 線 を 対 象 に, 整 備 の 優 先 度 を 明 示 した もので, 整 備 優 先 度 の 考 え 方 に 基 づき, 優 先 整 備 路 線, 局

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光 第 3 期 みやぎ 観 光 戦 略 プラン 概 要 版 みやぎ 観 光 創 造 県 民 条 例 に 基 づく 観 光 振 興 に 関 する 基 本 的 な 計 画 ~みやぎの 観 光 の 創 造 的 復 興 とさらなる 飛 躍 へ~ 平 成 26 年 3 月 宮 城 県 宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

静 岡 聖 光 学 院 11 年 東 京 入 試 要 項 Ⅰ 期 1 月 8 日 2 科 4 科 セントメリーズ インターナショナルスクール( 世 田 谷 区 瀬 田 ) Ⅲ 期 2 月 9 日 2 科 4 科 人 事 労 務 会 館 ( 品 川 区 大 崎 )

静 岡 聖 光 学 院 11 年 東 京 入 試 要 項 Ⅰ 期 1 月 8 日 2 科 4 科 セントメリーズ インターナショナルスクール( 世 田 谷 区 瀬 田 ) Ⅲ 期 2 月 9 日 2 科 4 科 人 事 労 務 会 館 ( 品 川 区 大 崎 ) NO.348 2010 年 9 月 25 日 アクセス 教 育 情 報 センター 目 次 学 校 情 報 学 校 情 報 公 開 模 試 情 報 教 育 情 報 その 他 浅 野 中 東 京 女 子 学 園 首 都 圏 模 試 9 月 土 曜 授 業 復 活 へ 名 言 迷 言 冥 言 海 陽 学 園 合 同 説 明 会 小 中 高 学 校 調 査 英 才 教 育 静 岡 聖 光 学 院 教 育 への

More information

Taro-26都市計画パンフレット4

Taro-26都市計画パンフレット4 伊 勢 原 都 市 計 画 の 概 要 平 成 26 年 4 月 伊 勢 原 市 目 次 1 人 口 推 移 と 土 地 利 用 (1) 人 口 推 移 2 (2) 人 口 推 移 図 2 (3) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 3 (4) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 の 推 移 3 2 都 市 計 画 の 体 系 4 3 都 市 計 画 決 定 の 手 続 (1) 都 市 計 画 決

More information

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73>

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73> 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 の 概 要 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 ( ) 会 計 名 補 正 前 の 額 通 常 分 補 正 額 き め 細 か な 計 補 正 後 の 額 前 年 度 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 8 号 ) 54,617,600 1,446,638 621,062 2,067,700 56,685,300 2.0% 特 別 会 計 37,519,857

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面 積 350 ha 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 交 付 期 間 平

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面 積 350 ha 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 交 付 期 間 平 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 か ね だ 金 田 地 区 か い 2 回 へ ん こ う 変 更 ) ち ば 千 葉 き さ ら づ 県 木 更 津 し 市 平 成 27 年 12 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 資 料 1 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 1. 追 浜 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 3 2. 田 浦 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 9 3. 逸 見 地 区 のまちづくり

More information

Microsoft Word - 130418本編.doc

Microsoft Word - 130418本編.doc 玉 野 市 都 市 計 画 マスタープラン 平 成 25 年 3 月 玉 野 市 はじめに 玉 野 には 美 しく 恵 まれた 瀬 戸 内 の 自 然 をはじめ 貴 重 な 歴 史 文 化 的 資 産 が 多 数 あります また 本 土 と 四 国 を 結 ぶ 海 上 交 通 の 要 所 として 先 人 の 知 恵 とたゆまぬ 努 力 により 発 展 してまいりま した しかし 近 年 人 口 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

b 広 域 防 災 拠 点 に 求 められる 機 能 (a) 広 域 活 動 拠 点 1 本 部 指 揮 機 能 作 戦 室 事 務 所 等 の 建 屋 (100 m2 程 度 ) 通 信 設 備 消 防 系 無 線 以 外 に 県 防 災 行 政 無 線 防 災 情 報 シス テム 端 末 があれ

b 広 域 防 災 拠 点 に 求 められる 機 能 (a) 広 域 活 動 拠 点 1 本 部 指 揮 機 能 作 戦 室 事 務 所 等 の 建 屋 (100 m2 程 度 ) 通 信 設 備 消 防 系 無 線 以 外 に 県 防 災 行 政 無 線 防 災 情 報 シス テム 端 末 があれ 3 広 域 防 災 拠 点 における 各 機 能 の 体 制 (1) 救 援 部 隊 の 集 結 活 動 機 能 について ア 救 援 部 隊 の 受 入 れの 考 え 方 基 本 構 想 に 基 づく 県 内 7つの 支 援 ゾーン 内 に 救 援 部 隊 の 集 結 及 び 指 揮 支 援 拠 点 等 として 使 用 可 能 な 施 設 を 広 域 防 災 拠 点 として 指 定 しておき 県

More information

① 報 告 事 項 平 成 2 6 年 度 事 業 計 画 当 連 盟 では 平 成 27 年 春 の 北 陸 新 幹 線 の 開 業 や 同 年 秋 のJR 北 陸 三 県 等 と 連 携 した 北 陸 デスティネーションキャンペーン の 実 施 を 見 据 え 今 年 秋 に 本 県 で 開 催 される 全 国 販 売 促 進 会 議 に 向 けて 諸 準 備 を 進 めるとともに 県 や 市 町

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49>

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49> 平 成 25 年 度 主 要 施 策 の 成 果 に 関 する 調 書 警 察 本 部 目 次 3 安 心 安 全 な 社 会 の 形 成 と 県 土 づくり 1 (1) 日 本 一 安 心 安 全 な 鹿 児 島 づくり 1 (2) 災 害 に 強 い 県 土 づくり 7 6 誰 もがいきいきと 活 躍 できる 雇 用 環 境 づくり 8 (1) ふるさとでいきいきと 働 ける 環 境 づくり 8

More information

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消 鳥 羽 市 防 災 危 機 管 理 室 平 成 6 年 9 月 日 平 成 6 年 度 鳥 羽 市 一 斉 津 波 避 難 訓 練 実 施 要 綱 目 的 南 海 トラフを 震 源 とする 巨 大 地 震 に 伴 う 津 波 等 から 鳥 羽 市 民 特 に 児 童 生 徒 災 害 時 要 援 護 者 及 び 観 光 客 等 の 被 害 を 限 りなくゼロに 近 づけるための 一 斉 避 難 避 難

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 新 旧 対 照 表 ( 変 更 箇 所 対 照 表 : 修 正 部 のみ 抜 粋 ) 変 更 後 ( 案 ) 変 更 前 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 平 成 16 年 3 月 18 日 策 定 平 成 21 年 6 月 16 日 変 更 平 成 24

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

中 野 区 新 庁 舎 基 本 計 画 素 案 =33 年 度 竣 工 予 定 中 野 区 第 三 第 十 中 学 校 統 合 新 校 = 今 秋 より 設 計 着 手 東 京 都 標 識 設 置 状 況 =5 月 30 日 ~6 月 3 日 文 京 区 標 識 設 置 状 況 =4 月 5 日 ~

中 野 区 新 庁 舎 基 本 計 画 素 案 =33 年 度 竣 工 予 定 中 野 区 第 三 第 十 中 学 校 統 合 新 校 = 今 秋 より 設 計 着 手 東 京 都 標 識 設 置 状 況 =5 月 30 日 ~6 月 3 日 文 京 区 標 識 設 置 状 況 =4 月 5 日 ~ 平 成 28 年 6 月 28 日 号 ( 第 1464 号 ) 葛 飾 区 東 金 町 1 丁 目 西 地 区 = 隣 接 区 有 地 との 一 体 開 発 も 旧 庁 舎 及 び 公 会 堂 跡 地 = 豊 島 区 建 築 計 画 明 らかに 臨 海 副 都 心 の 土 地 利 用 見 直 し=MICE 国 際 観 光 都 市 豊 洲 地 区 4 1B 街 区 計 画 = 大 和 ハウスが 複

More information

( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 概 要 4 首 都 圏 内 の 料 金 水 準 の 整 理 統 一 5 首 都 圏 の 高 速 路 の 車 種 区 分 の 整 理 統 一 6 起 終 点 を 基

( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 概 要 4 首 都 圏 内 の 料 金 水 準 の 整 理 統 一 5 首 都 圏 の 高 速 路 の 車 種 区 分 の 整 理 統 一 6 起 終 点 を 基 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 について 添 付 資 料 ( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 概 要 4 首 都 圏 内 の 料 金 水 準 の 整 理 統 一 5 首 都 圏 の 高 速 路 の 車 種 区 分 の 整 理 統 一 6 起 終 点 を 基 本 とした 継 ぎ 目 のない

More information

Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc

Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc 5. 地 域 別 まちづくりの 方 針 ( 地 域 別 構 想 ) (1) 地 域 区 分 について 地 域 別 構 想 の 地 域 区 分 の 方 法 として まちづくりの 特 性 が 類 似 している 地 域 によって 地 域 を 区 分 すると 本 市 の 都 市 拠 点 を 担 う 大 和 八 木 駅 周 辺 の 中 心 市 街 地 が 形 成 されている 中 部 地 域 藤 原 宮 跡 や

More information

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 平 成 27 年 度 申 請 要 領 申 請 の 受 付 期 間 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 )~ 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) 問 い 合 わせ 先 一 般 財 団 法 人 計 量 計 画 研 究 所 道 路 経 済 研 究 室 河 上 森 尾 162-0845 東 京 都 新 宿 区 市 谷 本 村 町 2-9

More information

<908490698C7689E62E786477>

<908490698C7689E62E786477> 富 士 市 が 所 有 する 一 般 公 共 の 耐 震 対 策 推 進 計 画 平 成 28 年 7 月 富 士 市 富 士 市 が 所 有 する 一 般 公 共 の 耐 震 対 策 推 進 計 画 目 次 頁 富 士 市 耐 震 対 策 事 業 に 関 する 基 本 方 針 ( 抜 粋 ) 2 Ⅰ. 富 士 市 が 所 有 する 一 般 公 共 の 耐 震 性 能 に 係 るリスト Ⅱ. 富 士

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

2 23 4 6 7 8 9 10 12 14 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

2 23 4 6 7 8 9 10 12 14 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 2 23 4 6 7 8 9 10 12 14 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 年 代 西 暦 年 号 こ と が ら 人 口 ( 人 ) 世 の 中 900 年 代 倭 名 類 聚 鈔 に 橘 樹 郡 高 田 久 良 岐 郡 師 岡 などの 郷 名 が 記 される 奈 良 平 安 時 代 1200 年 代 吾 妻 鏡 に 武 蔵 国 の 師 岡 氏 綱 島 氏 などの

More information

自転車等の利用と駐輪対策に関する総合計画 中間見直し

自転車等の利用と駐輪対策に関する総合計画 中間見直し 自 転 車 等 の 利 用 と 駐 輪 対 策 に 関 する 総 合 計 画 中 間 見 直 し 自 転 車 等 駐 輪 対 策 協 議 会 第 1 回 計 画 概 要 計 画 の 目 的 利 用 者 が 自 由 に 利 用 できる 利 用 者 は ルールを 守 り マナーに 気 を 付 ける ( 新 宿 区 関 係 者 ) 自 転 車 等 の 利 用 環 境 の 整 備 自 転 車 等 利 用 者

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及 (2) 安 全 安 心 なまちト 目 的 (めざす 姿 ) あらゆる 災 害 事 故 等 から 市 民 の 貴 重 な 人 命 と 財 産 を 守 ります 戦 略 的 視 点 と 目 標 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 を 踏 まえ 災 害 や 緊 急 事 態 を 想 定 したハード ソフト 両 面 の 防 災 緊 急 対 策 を 講 じるとともに 日 々の 暮 らしにおける 安 全 と 市 民

More information

平 成 19 年 度 下 期 における 鉄 道 助 成 業 務 の 実 施 状 況 平 成 18 年 度 上 期 平 成 19 年 度 下 期 平 成 20 年 度 備 考 前 年 度 予 算 ( 繰 越 繰 越 分 ) 繰 越 新 幹 線 高 度 化 新 線 調 査 ( 調 査 ) 技 術 開 発

平 成 19 年 度 下 期 における 鉄 道 助 成 業 務 の 実 施 状 況 平 成 18 年 度 上 期 平 成 19 年 度 下 期 平 成 20 年 度 備 考 前 年 度 予 算 ( 繰 越 繰 越 分 ) 繰 越 新 幹 線 高 度 化 新 線 調 査 ( 調 査 ) 技 術 開 発 資 料 3 鉄 道 助 成 業 務 の 実 施 状 況 に 関 する 事 項 平 成 19 年 度 下 期 における 鉄 道 助 成 業 務 の 実 施 状 況 P 6 (1) 平 成 18 年 度 予 算 ( 繰 越 分 )の 実 施 状 況 P 7 (2) 平 成 19 年 度 予 算 の 実 施 状 況 P 9 個 別 案 件 の 審 査 [ 案 件 1] 鉄 道 駅 総 合 改 善 事 業

More information

日向サンパーク温泉改革プラン(抜粋)

日向サンパーク温泉改革プラン(抜粋) 株 式 会 社 日 向 サンパーク 温 泉 に 係 る 日 向 市 第 三 セクター 経 営 検 討 委 員 会 の 検 討 報 告 書 1 経 営 検 討 委 員 会 について 本 委 員 会 は 第 三 セクター 等 の 状 況 について ( 平 成 20 年 6 月 30 日 付 け 総 務 省 自 治 財 政 局 長 通 知 )に 基 づき 日 向 市 第 三 セクター 経 営 検 討 委

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

日程第3号・一般質問・一覧表

日程第3号・一般質問・一覧表 3 月 定 例 会 一 般 質 問 予 定 者 一 覧 平 成 28 年 3 月 4 日 ( 金 ) 午 前 10 時 開 議 日 程 第 1. 一 般 質 問 質 問 順 位 1 藤 村 郁 人 議 員 1. 火 葬 場 共 同 整 備 方 針 の 町 民 説 明 会 の 開 催 を (1) 火 葬 炉 の 必 要 数 が 予 備 を 含 め て 4 基 と し た 根 拠 は (2) 平 成 25

More information

マイナンバー 制 度 により 目 指 すもの 1.マイナンバーによる 国 民 の 利 便 性 向 上 業 務 の 効 率 化 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 2.マイナンバーカードの 利 活 用 3.マイナポータルの 活 用 2

マイナンバー 制 度 により 目 指 すもの 1.マイナンバーによる 国 民 の 利 便 性 向 上 業 務 の 効 率 化 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 2.マイナンバーカードの 利 活 用 3.マイナポータルの 活 用 2 資 料 1-3 マイキープラットフォームに 期 待 すること 2016 年 3 月 24 日 藤 沢 市 大 高 利 夫 マイナンバー 制 度 により 目 指 すもの 1.マイナンバーによる 国 民 の 利 便 性 向 上 業 務 の 効 率 化 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 2.マイナンバーカードの 利 活 用 3.マイナポータルの 活 用 2 IT 装 備 都 市 研 究 事 業 (H13~18)

More information

<31967B95D25F3031918D91A52E786477>

<31967B95D25F3031918D91A52E786477> 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 周 南 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 周 南 市 の 地 域 における 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 復 旧 復 興 に 関 し 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 3 回 変 更 ) け せ ん ぬ ま し 気 仙 沼 市 ち ゅ う お う ぶ 中 央 部 ち く 地 区 み や ぎ け せ ん ぬ ま し 宮 城 県 気 仙 沼 市 平 成 24 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け

More information

宮 城 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 目 次 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 等......... 1 1-1 計 画 の 目 的 と 策 定 の 背 景...... 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ......... 2 1-3 計 画 の 期 間......... 3 2 高 齢 者 の 住 まいの 現 状 と 課 題......

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698DB791D6816A95CA935982508179835A8362836794C5817A8EF1937392BC89BA926E906B8BD98B7D91CE8DF4908490698AEE967B8C7689E62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698DB791D6816A95CA935982508179835A8362836794C5817A8EF1937392BC89BA926E906B8BD98B7D91CE8DF4908490698AEE967B8C7689E62E646F6378> 首 都 直 下 地 震 緊 急 対 策 推 進 基 本 計 画 平 成 27 年 3 月 31 日 閣 議 決 定 目 次 はじめに... 1 1 緊 急 対 策 区 域 における 緊 急 対 策 の 円 滑 かつ 迅 速 な 推 進 の 意 義 に 関 する 事 項. 2 (1) 首 都 直 下 地 震 対 策 の 対 象 とする 地 震... 2 (2) 緊 急 対 策 の 円 滑 かつ 迅

More information

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36,

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36, 補 助 金 等 見 直 し 結 果 1 1 沿 岸 都 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 20,000 議 会 事 務 局 2 岩 手 県 市 議 会 議 長 会 負 担 金 1 1 1 負 担 金 201,800 議 会 事 務 局 3 広 域 行 政 圏 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 15,000 議 会 事 務 局 支 出 の 必

More information

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老 第 6 章 施 策 の 展 開 方 向 基 本 目 標 ごとに 設 定 した 基 本 方 針 に 沿 って 施 策 の 展 開 方 向 を 設 定 します 6-1 基 本 目 標 1 安 全 安 心 に 暮 らせる 住 まいづくり (1) 高 齢 者 障 害 者 向 けの 住 宅 確 保 誰 もが 自 立 し 安 心 して 暮 らせる 社 会 を 実 現 するため 高 齢 者 や 障 害 者 の 生

More information