手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 )

Size: px
Start display at page:

Download "手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 )"

Transcription

1 平 成 22 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 年 ( ) 第 号 所 有 権 移 転 登 記 抹 消 登 記 手 続 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 22 年 7 月 16 日 判 決 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 1 被 告 Yは 原 告 に 対 し 別 紙 物 件 目 録 記 載 1ないし3の 土 地 及 び 同 目 録 記 載 4の 建 物 について 宇 都 宮 地 方 法 務 局 小 山 出 張 所 平 成 21 年 1 月 29 日 受 付 第 号 の 所 有 権 移 転 登 記 の 抹 消 登 記 手 続 をせよ 2 被 告 国 は 原 告 に 対 し 別 紙 物 件 目 録 記 載 4の 建 物 について 前 項 の 抹 消 登 記 手 続 を 承 諾 せよ 第 2 事 案 の 概 要 本 件 は 原 告 が 被 告 Y( 以 下 被 告 Y という )に 対 し 別 紙 物 件 目 録 記 載 1ないし3の 各 土 地 ( 以 下 本 件 土 地 という ) 及 び 同 目 録 記 載 4の 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 といい 本 件 建 物 と 本 件 土 地 を 併 せて 本 件 不 動 産 と いう )を 贈 与 する 契 約 に 基 づき 原 告 から 被 告 Yに 対 する 所 有 権 移 転 登 記 がさ れ その 後 に 本 件 建 物 について 被 告 国 に 対 する 抵 当 権 設 定 登 記 がされていると ころ 上 記 贈 与 契 約 は 原 告 に 無 断 でされたものであると 主 張 して 所 有 権 に 基 づく 妨 害 排 除 請 求 として 被 告 Yに 対 しては 上 記 所 有 権 移 転 登 記 の 抹 消 登 記 1

2 手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 )には 長 女 A 二 女 B( 以 下 B とい う ) 長 男 被 告 Y 三 女 Cの4 人 の 子 がいる( 弁 論 の 全 趣 旨 ) (2) 本 件 不 動 産 原 告 は 平 成 20 年 11 月 26 日 当 時 本 件 不 動 産 を 所 有 していた Bは 本 件 建 物 で 生 活 している( 甲 23) (3) 所 有 権 移 転 登 記 本 件 不 動 産 について 原 告 から 被 告 Yに 対 し 平 成 20 年 11 月 26 日 贈 与 を 原 因 とする 宇 都 宮 地 方 法 務 局 小 山 出 張 所 平 成 21 年 1 月 29 日 受 付 第 号 の 所 有 権 移 転 登 記 がされた( 以 下 本 件 所 有 権 移 転 登 記 という ) その 登 記 申 請 書 には 登 記 原 因 証 明 情 報 として 平 成 20 年 11 月 26 日 付 け 贈 与 契 約 書 ( 以 下 本 件 贈 与 契 約 書 という )が 添 付 されていた 登 記 申 請 書 の 義 務 者 欄 本 件 贈 与 契 約 書 の 贈 与 者 欄 及 び 登 記 申 請 に 係 る 委 任 状 ( 以 下 これらの 書 面 を 総 称 して 本 件 登 記 申 請 書 類 等 という )には 原 告 の 氏 名 がワープロで 印 字 され その 名 下 の 印 影 は 原 告 の 実 印 によるものであ る ( 乙 7ないし10) なお 上 記 登 記 申 請 に 際 して 登 記 済 証 を 提 出 することができなかったため 不 動 産 登 記 法 23 条 1 項 所 定 の 事 前 通 知 の 制 度 が 適 用 され 事 前 通 知 に 基 づ く 申 出 書 の この 登 記 の 申 請 の 内 容 は 真 実 です との 回 答 欄 ( 以 下 本 件 回 答 欄 という )には X と 手 書 きの 記 載 があり その 名 下 の 印 影 は 原 告 の 実 印 によるものである( 甲 22 乙 13) (4) 抵 当 権 設 定 登 記 本 件 建 物 について 別 紙 登 記 目 録 記 載 の 抵 当 権 設 定 登 記 がされている( 甲 3) 2

3 2 争 点 ( 本 件 贈 与 契 約 及 びこれに 基 づく 本 件 所 有 権 移 転 登 記 の 有 効 性 ) (1) 被 告 らの 主 張 ア 原 告 は 平 成 20 年 11 月 26 日 被 告 Yとの 間 で 原 告 所 有 の 本 件 不 動 産 を 被 告 Yに 贈 与 するとの 合 意 ( 以 下 本 件 贈 与 契 約 という )が 成 立 した その 後 原 告 は 平 成 21 年 1 月 22 日 に 被 告 Yが 作 成 した 本 件 贈 与 契 約 書 その 他 の 本 件 登 記 申 請 書 類 等 に 原 告 の 実 印 を 押 印 し また 本 件 回 答 欄 に 氏 名 を 自 署 して 実 印 を 自 ら 押 捺 した イ 本 件 贈 与 契 約 及 び 本 件 所 有 権 移 転 登 記 が 原 告 の 意 思 に 基 づくものである ことは 原 告 が 平 成 21 年 1 月 22 日 に 本 件 建 物 はできているし 本 件 土 地 も 買 うわけではなく 原 告 がやるのだから 被 告 Yはのんきだと 言 っ たり また 被 告 Yが 持 参 した 本 件 登 記 申 請 書 類 等 を 見 ながら これらの 書 類 が 必 要 であるとの 被 告 Yの 説 明 に 対 して そうすれば 登 記 になるんだ ねなどと 被 告 Yに 登 記 名 義 を 移 転 することを 認 める 発 言 をしていたこと (ビデオテープの 映 像 )からも 明 らかである ウ 原 告 は これまでに 原 告 肩 書 住 所 地 ( 以 下 この 場 所 を 屋 敷 という ) の 建 物 をBに 贈 与 したほか 自 動 車 の 購 入 資 金 やBの 子 の 大 学 の 授 業 料 等 の 様 々な 援 助 恩 恵 を 与 えていたが 原 告 の 期 待 に 反 してBが 上 記 建 物 で 原 告 と 同 居 することも 原 告 の 生 活 の 面 倒 を 見 ることもしなかったこと に 失 望 し 本 件 不 動 産 については 被 告 Yに 与 えようと 考 えて それを 実 行 したものである なお 本 訴 の 提 起 は 本 件 不 動 産 の 贈 与 を 知 って 怒 ったBが 原 告 に 対 して 嫌 がらせをしたり 原 告 を 老 人 ホームに 入 れてしまうなどと 言 ったり したために 原 告 がやむを 得 ずにさせられたものである 疑 いが 強 い エ これに 対 し 原 告 は 被 告 Yが 権 利 証 を 新 しくしてやる などと 原 告 を 欺 いて 登 記 済 証 や 実 印 の 交 付 を 受 けた 旨 主 張 するが そのようなこと はしていない 被 告 Yが 欺 いて 原 告 保 管 の 登 記 済 証 や 実 印 の 交 付 を 受 けた 3

4 のであれば 当 該 登 記 済 証 を 用 いて 登 記 手 続 を 行 えばよく わざわざ 紛 失 と 申 告 して 事 前 通 知 制 度 を 適 用 させ 原 告 に 発 覚 する 機 会 を 生 じさせる 理 由 はない (2) 被 告 国 の 補 充 主 張 所 有 権 移 転 登 記 申 請 に 必 要 な 書 類 の 作 成 は 法 務 省 のホームページから 書 式 をダウンロードし 説 明 文 を 見 ながら 行 えば 可 能 であって 司 法 書 士 に 対 する 手 数 料 をかけずに 本 人 申 請 すること 自 体 一 般 的 に 不 自 然 ではない (3) 原 告 の 主 張 ア 本 件 贈 与 契 約 は 存 在 しない 本 件 贈 与 契 約 書 その 他 の 本 件 登 記 申 請 書 類 等 は 原 告 の 意 思 に 基 づかないで 作 成 されたものである 原 告 に 贈 与 の 意 思 があれば 贈 与 契 約 書 に 自 署 がされるはずであるが 被 告 Yは 本 件 贈 与 契 約 書 その 他 の 本 件 登 記 申 請 書 類 等 にも 原 告 の 自 署 を 求 めていない 上 登 記 申 請 手 続 は 被 告 Yが 行 ったものである 原 告 は 上 記 書 面 の 内 容 を 見 ていないし 原 告 の 実 印 は 被 告 Yに 預 けて いたものである すなわち 被 告 Yは 平 成 20 年 10 月 ないし11 月 こ ろ 原 告 に 対 し 不 動 産 の 権 利 証 を 新 しくする 必 要 があり そのために 必 要 であるなどと 虚 偽 の 説 明 をして 原 告 にその 旨 誤 信 させ 原 告 から 本 件 不 動 産 を 含 む 原 告 所 有 の 不 動 産 全 部 の 登 記 済 証 と 実 印 の 交 付 を 受 けた また 本 件 回 答 欄 の X の 記 載 は 原 告 の 筆 跡 とは 全 く 異 なる イ ビデオテープの 映 像 における 原 告 と 被 告 Yの 会 話 は 意 味 不 明 瞭 である 上 中 断 部 分 があり 会 話 全 体 の 流 れが 非 常 に 分 かりづらくなっている また 会 話 では Bが 屋 敷 の 土 地 建 物 を 売 り 飛 ばそうとしていたので その 処 分 を 断 念 させたこと Bが 本 件 建 物 を 出 て 屋 敷 の 建 物 に 転 居 するように 承 諾 させたこと 本 件 土 地 上 のB 所 有 の 貸 家 は Bが 取 り 壊 すことで 承 諾 を 得 ていることが 前 提 とされているが そのような 事 実 はなく 被 告 Yが 原 告 に 虚 偽 の 説 明 を 行 ってその 旨 信 じ 込 ませたとしか 考 えられない しかも 4

5 原 告 が 被 告 Yに 本 件 不 動 産 を 贈 与 するとの 内 容 の 会 話 はない( おれがや る は 自 分 で 管 理 する という 意 味 であり 所 有 権 を 譲 るという 意 味 で はない ) ウ 原 告 は Bに 対 し いざという 時 の 面 倒 を 見 てもらい また X 家 の 資 産 を 守 っていくことを 期 待 しているのであり 原 告 とBとの 関 係 は 良 好 で あり 何 の 問 題 もない にもかかわらず Bが 居 住 している 本 件 不 動 産 を 被 告 Yに 贈 与 して Bに 深 刻 な 紛 争 不 利 益 が 生 じるような 契 約 を 行 うこ となどあり 得 ない. 第 3 当 裁 判 所 の 判 断 1 被 告 らは 本 件 贈 与 契 約 及 びこれに 基 づく 本 件 所 有 権 移 転 登 記 が 有 効 である と 主 張 し 本 件 贈 与 契 約 書 その 他 の 本 件 登 記 申 請 書 類 等 の 原 告 名 下 の 印 影 は 原 告 の 実 印 によるものであり また 被 告 Y 本 人 尋 問 の 結 果 及 び 陳 述 書 ( 乙 14) 中 には 原 告 が 本 件 贈 与 契 約 書 その 他 の 本 件 登 記 申 請 書 類 等 に 自 ら 押 印 し 本 件 回 答 欄 に 署 名 押 印 した 旨 の 供 述 部 分 があるのに 対 し 原 告 は 上 記 文 書 の 成 立 の 真 正 を 争 っている 2 前 提 事 実 に 後 掲 括 弧 内 の 証 拠 及 び 弁 論 の 全 趣 旨 を 総 合 すると 次 の 事 実 が 認 められ 同 認 定 を 左 右 するに 足 りる 証 拠 はない (1) 屋 敷 は X 家 代 々のものであり 屋 敷 の 土 地 は 原 告 の 母 であるD( 以 下 D という )がもと 所 有 しており 屋 敷 の 建 物 は 原 告 が 昭 和 53 年 こ ろに 建 築 したものである( 甲 13ないし15 乙 5 弁 論 の 全 趣 旨 ) また 原 告 は 屋 敷 の 近 くに 本 件 不 動 産 をもと 所 有 しており また 本 件 土 地 上 には 本 件 建 物 の 他 にDがもと 所 有 する 貸 家 2 棟 がある なお 本 件 建 物 は Bの 夫 が 建 築 したものであったが 原 告 は 昭 和 62 年 に Bが 離 婚 す る 際 に Bの 夫 から 本 件 建 物 を 買 い 取 り その 夫 に 代 わって 住 宅 ローン 債 務 を 完 済 した ( 甲 1ないし3 10ないし12 23 乙 17) (2)Dは 平 成 4 年 に 死 亡 した Dは 平 成 元 年 3 月 には D 所 有 の 不 動 産 その 5

6 他 一 切 の 財 産 をBに 遺 贈 するとの 内 容 の 遺 言 公 正 証 書 を 作 成 した また 平 成 3 年 には Dは 屋 敷 の 土 地 を 原 告 も 屋 敷 の 建 物 を それぞれBに 贈 与 し た ( 甲 13ないし15 23 乙 5 21) (3) 原 告 は 平 成 20 年 10 月 ころに 屋 敷 を 出 て 現 在 屋 敷 近 くにある 原 告 が 書 道 塾 を 開 いていた 建 物 で 生 活 している Bは その 子 とともに 本 件 建 物 に 居 住 し 続 けている なお Bは 平 成 20 年 6 月 ころ 屋 敷 の 樫 の 木 を 伐 採 した ( 甲 23 原 告 本 人 ) (4) 被 告 Yは 平 成 20 年 1 月 に 原 告 から Dが 作 成 した 手 書 きの 書 面 を 見 せられた その 書 面 には Dの 土 地 は 被 告 Yと 原 告 に 与 える 旨 記 載 されて いた ( 乙 被 告 Y 本 人 ) 被 告 Yは 平 成 20 年 9 月 ころに Bを 相 手 方 として 被 告 Yが 屋 敷 の 土 地 の 所 有 権 を 有 することの 確 認 を 求 める 調 停 を 宇 都 宮 家 庭 裁 判 所 栃 木 支 部 に 申 し 立 てたが( 平 成 年 ( ) 第 号 遺 産 に 関 する 紛 争 調 停 事 件 ) 同 年 10 月 27 日 の 第 1 回 期 日 において Bは 原 告 とともに 出 頭 し Dによ る 公 正 証 書 遺 言 を 提 出 したために 被 告 Yは 調 停 を 取 り 下 げた( 甲 9 23 乙 14 原 告 本 人 被 告 Y 本 人 ) (5) 原 告 は 同 年 12 月 22 日 に 被 告 Yに 対 し 12 月 24 日 審 査 と 手 本 かかなくてならないので 中 止 になります 明 年 になってから 会 談 致 しま しょう との 葉 書 を 速 達 で 送 った( 乙 4 16) (6) 被 告 Yは あらかじめ 法 務 省 のホームページから 登 記 に 係 る 申 請 書 の 書 式 ( 登 記 申 請 書 贈 与 契 約 書 委 任 状 )をダウンロードして これらにワープ ロで 必 要 事 項 を 記 入 したものを 印 刷 して 準 備 した( 乙 14 被 告 Y 本 人 ) そして 被 告 Yは 平 成 21 年 1 月 22 日 朝 原 告 方 ( 書 道 塾 の 建 物 )を 訪 問 して 原 告 との 会 話 をビデオカメラで 撮 影 した( 以 下 撮 影 したビデオ テープを 本 件 ビデオ という ) 本 件 ビデオには 原 告 が Bは 平 成 2 0 年 12 月 には 本 件 建 物 を 出 て 屋 敷 に 移 るはずであったこと( 乙 19の7 頁 ) 6

7 本 件 土 地 上 の 貸 家 2 棟 は 取 り 壊 す 予 定 であることを 述 べる 部 分 があり また 原 告 が 貸 家 が14 番 地 になってるんだよ ( 同 13 行 目 ) 15 番 地 が 今 Bが 入 ってる 家 ね ( 同 17 行 目 ) おめえ 一 番 のんきな んだよな 入 るとこ 家 はできてんだからさ 家 ができて 土 地 は もう 買 うわけじゃねえんだから おれがやるんだから ( 乙 19の 8 頁 目 ) だから この 家 それだから 土 地 をね なくさないようにして もらえれば 今 度 はね ( 同 13 行 目 )と 発 言 している 様 子 が 記 録 されて いる ( 乙 15 19) その 後 ビデオ 撮 影 を 中 断 して 原 告 は 被 告 Yとともに E 市 役 所 を 訪 れ 窓 口 で 本 人 確 認 を 受 けた 上 で 印 鑑 証 明 書 3 通 と 住 民 票 3 通 の 交 付 を 受 けた なお その 際 の 申 請 書 の 使 いみち 欄 には パスポート に 丸 が 付 されて いる ( 乙 6 14 被 告 Y 本 人 ) (7) 被 告 Yは 平 成 21 年 1 月 29 日 宇 都 宮 地 方 法 務 局 小 山 出 張 所 に 対 し 申 請 者 兼 登 記 義 務 者 である 原 告 の 代 理 人 として 本 件 所 有 権 移 転 登 記 の 申 請 をした その 添 付 書 類 として 本 件 贈 与 契 約 書 委 任 状 印 鑑 証 明 書 及 び 被 告 Yの 住 民 票 が 添 付 されていた なお 被 告 Yは 登 記 識 別 情 報 ( 登 記 済 証 ) を 提 出 できない 旨 の 欄 の その 他 に 印 を 付 け 紛 失 と 手 書 きで 記 載 し た ( 甲 4の1ないし4 乙 7ないし11 14 被 告 Y 本 人 ) (8) 宇 都 宮 地 方 法 務 局 小 山 出 張 所 の 登 記 官 は 平 成 21 年 2 月 2 日 付 けで 原 告 に 対 し 不 動 産 登 記 法 23 条 1 項 所 定 の 事 前 通 知 書 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 ) を 送 付 した 原 告 は 同 月 6 日 に 事 前 通 知 害 が 届 いていないかを 確 認 しに 来 た 被 告 YとともにF 郵 便 局 で 事 前 通 知 書 を 受 領 した 原 告 と 被 告 Yは そ のまま 宇 都 宮 地 方 法 務 局 小 山 出 張 所 に 行 った なお 同 出 張 所 に 提 出 された 届 出 書 の 本 件 回 答 欄 には 手 書 きで X と 記 載 され 原 告 の 実 印 が 押 印 さ れている ( 甲 5 乙 被 告 Y 本 人 ) (9) 被 告 Yは 同 年 4 月 15 日 に Bに 対 し 先 日 送 付 した 賃 貸 借 契 約 書 7

8 等 について 入 居 或 いは 退 去 の 有 無 を4 月 24 日 までに 回 答 して 下 さい 継 続 して 入 居 する 場 合 は 家 賃 等 を 請 求 します と 記 載 された 葉 書 を 送 付 した ( 甲 6) 3 上 記 2の 認 定 事 実 を 踏 まえて 上 記 1の 被 告 Y 本 人 の 供 述 部 分 の 信 用 性 につ いて 検 討 する (1) 本 件 ビデオの 映 像 ( 乙 15 19)について ア 本 件 ビデオには 一 部 撮 影 が 中 断 されている 部 分 があるものの 特 に 不 自 然 に 編 集 された 形 跡 はうかがわれないし 原 告 が 無 理 に 供 述 を 強 いられ ているような 様 子 も 見 当 たらない そして 本 件 ビデオには 原 告 は 被 告 Yに 対 して 本 件 不 動 産 につい て おめえのんきだぞ 土 地 は もう 買 うわけじゃねえんだから お れがやるんだから と 述 べていることが 認 められ これは 被 告 Yが 原 告 から 金 銭 的 な 負 担 なしに 本 件 不 動 産 をもらうことができて 気 楽 である という 趣 旨 の 発 言 と 理 解 することができるから 原 告 の 本 件 不 動 産 につい ての 贈 与 意 思 が 明 確 に 示 されているというほかない イ これに 対 し 原 告 は おれがやる というのは 管 理 する という 意 味 である 旨 主 張 するが やる は その 直 前 の 買 う を 受 けた 表 現 と 理 解 できるから 原 告 の 上 記 主 張 は 採 用 できない また ビデオ 撮 影 の 目 的 は 原 告 の 贈 与 意 思 を 記 録 化 する 点 にもあるの に( 被 告 Y 本 人 ) 本 件 ビデオには 原 告 の 贈 与 意 思 を 直 接 的 に 確 認 した 部 分 がない 点 で 不 自 然 な 感 があることは 否 めないものの( 記 録 化 するのであ れば 原 告 本 人 に 対 して 本 件 贈 与 契 約 書 等 の 内 容 について 説 明 した 上 で 原 告 本 人 の 贈 与 意 思 を 明 確 に 表 明 させて 原 告 本 人 が 押 印 するといった 一 連 の 過 程 を 撮 影 すべきであった ) 本 件 ビデオに 記 録 された 原 告 と 被 告 Yの 会 話 の 内 容 からは 原 告 の 贈 与 意 思 が 認 められるから 上 記 認 定 を 左 右 するに 足 りない 8

9 (2) 原 告 本 人 の 行 動 状 況 について そして 上 記 2で 認 定 したとおり 原 告 本 人 は 被 告 Yとともに 市 役 所 の 窓 口 で 登 記 申 請 に 要 する 印 鑑 登 録 証 明 書 の 交 付 を 受 けたり 郵 便 局 の 窓 口 で 登 記 申 請 に 係 る 事 前 通 知 書 を 受 け 取 るなどしている この 点 原 告 本 人 尋 問 の 結 果 及 び 陳 述 書 ( 甲 21) 中 には 郵 便 物 を 受 領 していない 印 鑑 証 明 書 の 交 付 申 請 書 の 使 いみち 欄 に パスポート に が 付 けられている 経 緯 が 分 からない 旨 述 べる 部 分 があるが いずれも 窓 口 での 本 人 確 認 を 要 するもので 印 鑑 証 明 書 等 については 使 用 目 的 を 確 認 され るのが 通 常 であることからすると 原 告 の 上 記 供 述 部 分 は 採 用 することがで きない (3) 本 件 回 答 欄 の 筆 跡 ( 甲 22 乙 13)について 原 告 は 本 件 回 答 欄 への 署 名 を 否 認 し その 筆 跡 が 原 告 のものとは 全 く 異 なる 旨 強 く 主 張 し 原 告 の 筆 跡 は 1 の ( 第 1 画 )と の 間 隔 を 十 分 とるのに 対 し 本 件 回 答 欄 の 氏 名 はその 間 が 詰 まりすぎている 2 と の 大 きさは ほぼ 同 じか の 方 を 大 きく 書 くのに 対 し 本 件 回 答 欄 の 氏 名 は の 方 が 大 分 大 きくなっている 3 の 第 1 画 と 第 2 画 を 連 続 して 書 き 第 2 画 の 上 の 部 分 が 右 側 にかなり 湾 曲 する のに 対 し 本 件 回 答 欄 の 氏 名 は 連 続 していない 4 の 最 初 の 点 が 右 下 がりの 場 合 は 左 から 右 にかなり 鋭 角 に 入 れるという 特 徴 があるのに 対 し 本 件 回 答 欄 の 筆 跡 にはそのような 特 徴 は 見 られない 5 本 件 回 答 欄 の の 第 1 画 の 最 初 の 部 分 は 2 度 書 きしたようなおかしな 筆 跡 になっているが 書 道 家 である 原 告 がこのようなことをするはずがない 旨 指 摘 する しかしながら 上 記 1の 点 については 原 告 が 作 成 の 葉 書 ( 乙 4)でも 間 が 詰 まったような 印 象 があるし 上 記 2の 点 については 本 件 回 答 欄 の 氏 名 の と はほぼ 同 じような 大 きさであるといえるし の 第 3 画 が 長 く 伸 ばされている 点 は 原 告 本 人 尋 問 調 書 添 付 の 宣 誓 書 の 氏 名 と 似 通 9

10 っているといえる 上 記 3の 点 については 本 件 回 答 欄 と 上 記 宣 誓 書 の は 似 通 っているといえるし 上 記 4の 点 については 原 告 は の 最 初 の 点 について 右 下 がりの 場 合 も 左 下 がりの 場 合 もあることからすると 原 告 の 上 記 指 摘 が 原 告 の 筆 跡 の 特 徴 を 示 すものであるとまではいえない 上 記 5 の 点 については 右 下 から 時 計 回 りに 弧 を 描 いたような 跡 は, の 第 1 画 に 入 る 前 の 筆 記 具 の 動 きによるものと 考 えられるところ 上 記 宣 誓 書 の についても 同 様 の 跡 が 見 受 けられる これらからすると 本 件 回 答 欄 の 氏 名 には 原 告 の 筆 跡 と 明 らかに 異 なるような 部 分 は 見 当 たらず むしろ 原 告 の 筆 跡 と 似 ているということができる (4) 被 告 Yによる 欺 罔 行 為 の 存 否 について また 原 告 は 被 告 Yから 権 利 証 を 新 しくすると 言 われて 登 記 済 証 や 実 印 を 交 付 した 旨 主 張 し 原 告 本 人 尋 問 の 結 果 及 び 陳 述 書 ( 甲 9 21) 中 に はこれに 沿 う 部 分 があり また 本 件 ビデオの 映 像 中 の 原 告 が 被 告 Yに 書 類 とったんかや 登 記 書 と 発 言 した 点 をとらえて 権 利 証 が 新 しくな ったかを 確 認 した 部 分 があるし また 原 告 が 平 成 21 年 2 月 6 日 に 被 告 Y とともに 法 務 局 に 行 ったのは 新 しい 権 利 証 を 受 け 取 るためであったと 指 摘 する しかしながら 本 件 ビデオの 映 像 には 原 告 ないし 被 告 Yが 権 利 証 を 新 しくする ことについて 言 及 した 部 分 は 見 当 たらず( 原 告 は 乙 19の11 頁 目 の 記 載 部 分 の 登 記 書 は 権 利 証 のことである 旨 主 張 するが その 前 後 のやりとりを 見 ても そのように 理 解 することは 困 難 である 上 その 後 のや りとりでは 上 記 (1)で 認 定 したとおり 原 告 は 本 件 不 動 産 の 贈 与 意 思 を 明 らかにしており 単 に 権 利 証 を 新 しくする という 手 続 とは 相 容 れない ) その 他 原 告 本 人 の 上 記 供 述 部 分 を 裏 付 ける 的 確 な 証 拠 はない また 被 告 Y 本 人 尋 問 の 結 果 中 には 被 告 Yは 原 告 から 権 利 証 と 思 われ るものを 預 かったが 法 務 局 では 登 記 済 証 として 扱 ってもらえなかった 旨 述 10

11 べる 部 分 があるものの だからといって 被 告 Yが 欺 罔 文 言 を 告 げたことを 裏 付 けるに 足 りるものではない これらからすると 原 告 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない (5) 原 告 とBとの 関 係 について 原 告 は Bとの 関 係 が 良 好 であるのに Bが 居 住 している 本 件 不 動 産 を 被 告 Yに 贈 与 して Bに 深 刻 な 紛 争 や 不 利 益 を 与 えることをするはずがない 旨 主 張 する 確 かに Bは DからX 家 代 々の 屋 敷 を 相 続 した 者 であり また 原 告 の 近 くに 居 住 して 原 告 の 世 話 をすることが 期 待 される 立 場 にあるところ 原 告 とBとの 関 係 が 特 に 悪 化 したような 様 子 はうかがわれない(なお 原 告 が 屋 敷 から 書 道 塾 の 建 物 へ 移 った 原 因 については 争 いがあるが 屋 敷 の 襖 に 残 さ れた 毛 筆 の 落 書 き( 甲 19 20)が 一 因 であり その 落 書 きの 様 子 からは 毛 筆 に 手 慣 れていることがうかがわれ 原 告 と 同 じく 書 道 家 であるCが 書 い たものと 考 えるのが 自 然 であるし また 被 告 らは Bが 屋 敷 の 樫 の 木 を 原 告 に 無 断 で 伐 採 した 点 を 指 摘 するが 原 告 本 人 は 警 察 からの 指 導 の 結 果 で ある 旨 述 べている ) しかしながら 本 件 ビデオの 映 像 では 原 告 自 らが Bは 本 件 建 物 を 明 け 渡 し 本 件 土 地 上 のB 所 有 の 貸 家 を 取 り 壊 す 予 定 である 旨 を 述 べており こ れを 前 提 とすれば Bとの 間 で 深 刻 な 紛 争 や 不 利 益 が 生 じることはないとい えるから 原 告 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない なお 原 告 本 人 尋 問 の 結 果 によれば 原 告 本 人 は 高 齢 である 上 高 度 の 難 聴 のために 質 間 内 容 を 把 握 することができず その 結 果 意 思 疎 通 に 困 難 な 場 面 も 見 られたが 他 方 で 質 問 内 容 を 把 握 すれば 的 確 な 応 答 ができてい ることからすると 原 告 本 人 の 理 解 力 や 記 憶 力 が 格 段 に 減 退 しているような 様 子 は 見 受 けられない そうすると 原 告 本 人 は 本 件 ビデオに 記 録 されて いる 発 言 をした 経 緯 について きちんと 説 明 することができるはずであるの 11

12 に これをしていない 点 で 原 告 本 人 の 供 述 の 信 用 性 を 全 体 的 に 損 なうもの であるといわざるを 得 ない これらの 事 情 を 総 合 すると 原 告 本 人 が 本 件 贈 与 契 約 書 その 他 の 本 件 登 記 申 請 書 類 等 に 押 印 したり 本 件 回 答 欄 に 署 名 押 印 した 旨 の 被 告 Y 本 人 の 供 述 部 分 は 十 分 信 用 することができるから これらの 文 書 の 成 立 を 認 めることが できる そうすると 本 件 贈 与 契 約 は 有 効 に 成 立 し これに 基 づき 本 件 所 有 権 移 転 登 記 が 有 効 にされたものというべきである これに 反 する 原 告 の 主 張 は 採 用 することができない 4 結 論 以 上 によれば 原 告 の 被 告 らに 対 する 請 求 はいずれも 理 由 がない 宇 都 宮 地 方 裁 判 所 栃 木 支 部 裁 判 官 橋 本 修 12

13 当 事 者 目 録 原 告 被 告 被 告 X Y 国 13

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc) 平 成 25 年 9 月 27 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 229 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 四 日 市 税 務 署 長 が 平 成 25 年 3 月 15 日 付 けで 原 告 に 対 してした

More information

本 件 契 約 の 貸 主 と 借 主 との 間 で, 本 件 解 約 申 入 れまでに, 賃 料 を 月 額 8 万 円 とする 合 意 がされ ている (9) 被 告 Y1は, 本 件 建 物 において, 中 華 料 理 店 a ( 以 下 本 件 店 舗 という )を 営 んでいる( 甲 21

本 件 契 約 の 貸 主 と 借 主 との 間 で, 本 件 解 約 申 入 れまでに, 賃 料 を 月 額 8 万 円 とする 合 意 がされ ている (9) 被 告 Y1は, 本 件 建 物 において, 中 華 料 理 店 a ( 以 下 本 件 店 舗 という )を 営 んでいる( 甲 21 主 文 1 被 告 らは, 原 告 らに 対 し, 原 告 らから120 万 円 の 支 払 を 受 けるのと 引 換 えに, 別 紙 物 件 目 録 記 載 1の 建 物 を 明 け 渡 せ 2 被 告 らは, 連 帯 して 平 成 23 年 9 月 28 日 から1 項 の 建 物 明 渡 済 みまで,1か 月 当 たり, 原 告 X1に 対 して6 万 6667 円, 原 告 X2に 対 して1

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

空き家バンク

空き家バンク 9 八 街 市 イメージキャラクター ピーちゃん ナッちゃん 1. 空 き 家 バンク 制 度 の 概 要 空 き 家 の 売 却 または 賃 貸 を 希 望 する 所 有 者 などからの 申 請 により 登 録 された 空 き 家 情 報 を 空 き 家 の 利 用 を 希 望 する 人 に 対 して 八 街 市 が 提 供 する 制 度 で 登 録 された 空 き 家 情 報 については 市 のホームページに

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -200( 順 号 12324) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 すべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 新 宿 税 務 署 長 事 務 承 継 者 日 本 橋 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 10 月 30 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 更 生 会 社

More information

(2) 商 標 法 4 条 1 項 8 号,10 号,15 号 及 び19 号 該 当 性 判 断 の 誤 り( 取 消 事 由 2) 判 断 1 認 定 事 実 後 掲 の 証 拠 及 び 弁 論 の 全 趣 旨 によれば, 以 下 の 事 実 が 認 められ,これを 覆 す に 足 りる 証 拠

(2) 商 標 法 4 条 1 項 8 号,10 号,15 号 及 び19 号 該 当 性 判 断 の 誤 り( 取 消 事 由 2) 判 断 1 認 定 事 実 後 掲 の 証 拠 及 び 弁 論 の 全 趣 旨 によれば, 以 下 の 事 実 が 認 められ,これを 覆 す に 足 りる 証 拠 G-218 登 録 商 標 吉 村 流 無 効 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10045 平 成 28 年 6 月 29 日 (4 部 ) 判 決 < 請 求 棄 却 > キーワード 日 本 舞 踊 の 家 元 流 名 ( 商 標 法 4 条 1 項 7 号 社 会 的 妥 当 性 /8 号 10 号 15 号 19 号 ) 事 案 の 概 要 1 特

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論 1 速 報 税 理 御 中 2011.10.20 2000 字 ( 最 大 4000 字 ) 目 安 連 担 建 築 物 設 計 制 度 下 での 余 剰 容 積 率 の 移 転 の 対 価 は 譲 渡 所 得 ではなく 不 動 産 所 得 である 東 京 地 判 平 成 20 年 11 月 28 日 税 資 258 号 順 号 11089TAINS:Z888-1472 立 教 大 学 法 学 部

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

8B0D5556F6F88CAA49256CFA0007BD2

8B0D5556F6F88CAA49256CFA0007BD2 主 文 一 破 産 者 株 式 会 社 榮 高 破 産 管 財 人 aの 本 件 控 訴 を 棄 却 する 二 原 判 決 の 主 文 第 二 項 を 取 り 消 す 三 1 破 産 者 株 式 会 社 榮 高 破 産 管 財 人 aとアンバサダー 六 本 木 管 理 組 合 法 人 との 間 において 別 紙 預 金 目 録 1 7 及 び14の 各 定 期 預 金 債 権 がアンバサダー 六 本

More information

3CCCC892D18C3E6149256F390018DC9

3CCCC892D18C3E6149256F390018DC9 主 文 1 本 件 訴 えのうち, 本 判 決 確 定 日 の 翌 日 以 降 の 賃 金 の 支 払 を 求 める 部 分 を 却 下 す る 2 原 告 が, 被 告 に 対 し, 労 働 契 約 上 の 権 利 を 有 することを 確 認 する 3 被 告 は, 原 告 に 対 し, 平 成 13 年 12 月 から 本 判 決 確 定 の 日 まで, 毎 月 10 日 限 り45 万 0760

More information

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て File.12< 参 考 判 決 1 > 死 亡 生 命 保 険 金 と 特 別 受 益 神 戸 家 庭 裁 判 所 伊 丹 支 部 平 12 年 ( 家 ) 111 号 112 号 平 13 年 ( 家 ) 1405 号 平 成 15 8 8 審 判 大 阪 高 裁 平 15( ラ ) 953 号 平 成 16 5 10 決 定 最 高 裁 平 16( 許 ) 11 号 平 成 16 10 29

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 付 1 請 求 の 受 付 日 平 成 25 年 10 月 15 日 2 請 求 人 ( 省 略 ) 3 請 求 の 趣 旨 ( 原 文 のまま 掲 載 ) 請 求 の 要 旨 阿 波 町 大 道 北 54 番 地 1 と

住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 付 1 請 求 の 受 付 日 平 成 25 年 10 月 15 日 2 請 求 人 ( 省 略 ) 3 請 求 の 趣 旨 ( 原 文 のまま 掲 載 ) 請 求 の 要 旨 阿 波 町 大 道 北 54 番 地 1 と 阿 波 市 監 査 委 員 公 告 第 4 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 の 結 果 を 公 表 します 平 成 25 年 12 月 12 日 阿 波 市 監 査 委 員 上 原 正 一 阿 波 市 監 査 委 員 中 野 修 一 阿 波 市 監 査 委 員 原

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

Microsoft Word - しおり_修正.doc

Microsoft Word - しおり_修正.doc あなたの 職 場 のトラブル 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 に あっせん 申 立 てしてみませんか? 法 務 大 臣 認 証 厚 生 労 働 大 臣 指 定 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 徳 島 市 南 末 広 町 5 番 8-8 号 徳 島 経 済 産 業 会 館 ( KIZUNAプラザ ) 2 階 徳 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc)

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc) 宝 監 第 104 号 平 成 22 年 2 月 17 日 請 求 人 様 宝 塚 市 監 査 委 員 同 同 村 野 一 郎 井 上 芳 治 伊 福 義 治 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について 平 成 21 年 12 月 25 日 付 けで 提 出 のありました 住 民 監 査 請 求 について 地 方 自 治 法 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6> 情 報 システム 研 究 機 構 法 人 文 書 管 理 規 程 平 成 2 4 月 1 日 制 定 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 管 理 体 制 第 3 章 作 成 第 4 章 整 理 第 5 章 保 存 第 6 章 法 人 文 書 ファイル 管 理 簿 第 7 章 移 管, または 保 存 期 間 の 延 長 第 8 章 点 検 監 査 及 び 管 理 状 況 の 報 告 等 第 9

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす 平 成 23 年 10 月 第 1 版 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 金 貸 付 請 求 及 び 受 領 に 係 る 記 入 要 領 ( 貸 付 請 求 者 用 ) 共 済 金 貸 付 請 求 をするときは この 手 続 領 をよく お 読 みのうえ 請 求 および 受 領 の 手 続 きをしてください 1. 共 済 金 の 貸 付 請 求 手 続 きについて 1 ページ 2. 共 済 金

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<4D6963726F736F667420576F726420566965776572202D2089EF8C768AC48DB8906C82CC88D993AE8B7982D188EA8E9E89EF8C768AC48DB8906C82CC914994432E646F63>

<4D6963726F736F667420576F726420566965776572202D2089EF8C768AC48DB8906C82CC88D993AE8B7982D188EA8E9E89EF8C768AC48DB8906C82CC914994432E646F63> 各 位 平 成 22 年 6 月 14 日 会 社 名 日 本 風 力 開 発 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 塚 脇 正 幸 (コード 番 号 2766 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 取 締 役 常 務 執 行 役 員 小 田 耕 太 郎 (TEL.03-3519-7250) 会 計 監 査 人 の 異 動 及 び 一 時 会 計 監 査 人 の 選 任 に 関

More information

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量 Ⅰ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 マニュアルの 目 的 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 の 各 自 治 体 においてこれからの 本 格 的 な 復 興 を 円 滑 に 実 現 するために は 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 にあたり その 計 画 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 調 査 測 量 や 用 地 取 得 等 のため その

More information

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ 問 1 次 の 設 例 に 基 づき 相 続 の 概 要 に 関 する 以 下 の 設 問 A~Jについて それぞれの 答 えを1~4の 中 か ら1つ 選 んでください < 設 例 > 東 京 都 内 で 飲 食 店 を 営 んでいる 杉 野 和 弘 さん( 以 下 杉 野 さん という)は 将 来 の 相 続 対 策 につ いて 検 討 している 平 成 26 年 6 月 末 の 杉 野 さんの

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1 第 5 章 第 1 意 義 滞 納 処 分 事 務 第 1 節 通 則 滞 納 処 分 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 ( 納 入 )が 遅 滞 した 場 合 において 原 則 として 督 促 を 前 提 条 件 とし て 徴 税 吏 員 が 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 さえ その 換 価 代 金 等 を 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 てる 行 政 処 分 をいい

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

目 次 序 章...1 第 1 章 定 期 借 地 権 の 概 要...3 1-1. 借 地 権 の 種 類...3 1-2. 定 期 借 地 権 の 種 類...6 1-3. 定 期 借 地 権 の 法 的 性 質...12 1-3-1. 定 期 借 地 権 の 譲 渡 性...12 1-3-2.

目 次 序 章...1 第 1 章 定 期 借 地 権 の 概 要...3 1-1. 借 地 権 の 種 類...3 1-2. 定 期 借 地 権 の 種 類...6 1-3. 定 期 借 地 権 の 法 的 性 質...12 1-3-1. 定 期 借 地 権 の 譲 渡 性...12 1-3-2. 第 1 部 定 期 借 地 権 にかかる 鑑 定 評 価 の 方 法 等 の 検 討 目 次 序 章...1 第 1 章 定 期 借 地 権 の 概 要...3 1-1. 借 地 権 の 種 類...3 1-2. 定 期 借 地 権 の 種 類...6 1-3. 定 期 借 地 権 の 法 的 性 質...12 1-3-1. 定 期 借 地 権 の 譲 渡 性...12 1-3-2. 定 期 借 地

More information

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 申 請 の 手 引 平 成 24 年 3 月 東 京 都 収 用 委 員 会 事 務 局 は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 続 編 で

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc) 平 成 25 年 7 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 17 号 加 給 年 金 額 対 象 者 不 該 当 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 厚 生 労 働 大 臣 が 原 告 に 対 し 平 成 22 年 6 月 16 日 付 けでしたAを 老 齢 厚 生 年 金 加 給 年 金 額 対 象 者 としない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 訴 訟 費

More information

6F0C56DFB43BCDF749256C4400256D3

6F0C56DFB43BCDF749256C4400256D3 平 成 14 年 (ワ) 第 1157 号 出 版 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 14 年 5 月 15 日 判 決 原 告 A 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 武 田 博 孝 同 長 島 亘 被 告 株 式 会 社 ポプラ 社 被 告 B 被 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 蜂 須 優 二 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

が 終 了 した 後, 他 の 従 業 員 5 名 とともに 同 社 の 車 両 で 医 療 法 人 健 正 会 須 田 医 院 ( 以 下 須 田 医 院 という )に 赴 き,インフルエンザの 予 防 接 種 ( 以 下, 原 告 が 受 けたインフルエンザの 予 防 接 種 を 本 件 予 防

が 終 了 した 後, 他 の 従 業 員 5 名 とともに 同 社 の 車 両 で 医 療 法 人 健 正 会 須 田 医 院 ( 以 下 須 田 医 院 という )に 赴 き,インフルエンザの 予 防 接 種 ( 以 下, 原 告 が 受 けたインフルエンザの 予 防 接 種 を 本 件 予 防 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 1 処 分 行 政 庁 が 原 告 に 対 して 平 成 25 年 3 月 29 日 付 けでした 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 に 基 づく 療 養 補 償 給 付 を 支 給 しない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 処 分 行 政

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円 税 務 訴 訟 資 料 第 258 号 -120( 順 号 10978) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 浅 草 税 務 署 長 ) 平 成 20 年 6 月 27 日 棄 却 控 訴 判 示 事 項 (1) 事 業 所 得 該 当 性 の 判 断 基 準 (2) 競 走 馬 の 保 有 に

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること 平 成 22 年 度 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 資 格 試 験 問 1 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 しいものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していない 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

<95BD90AC825138944E93782089EE8CEC95DB8CAF958992538CC093788A7A90E096BE82BF82E782B58169918B8CFB816A>

<95BD90AC825138944E93782089EE8CEC95DB8CAF958992538CC093788A7A90E096BE82BF82E782B58169918B8CFB816A> 介 護 保 険 制 度 には 施 設 入 及 び 短 期 入 を 利 用 される 方 を 対 象 に 食 費 部 屋 代 の 負 担 を 軽 減 する 制 度 があります この 減 額 制 度 を 受 けるためには あらかじめ 市 へ 申 請 し 交 付 された 介 護 保 険 負 担 限 度 額 認 定 証 を 利 用 する 事 業 等 に 提 示 する 必 要 があります 世 帯 全 員 ( 世

More information

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申 先 着 申 込 順 による 市 有 財 産 ( 土 地 ) 売 却 実 施 要 領 物 件 案 内 平 成 27 年 度 阿 賀 野 市 - 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申

More information

取引規定(ANA_.doc

取引規定(ANA_.doc スルガ Visa デビットカード 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 1.スルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )に 普 通 預 金 ( 総 合 口 座 取 引 の 普 通 預 金 を 含 む ) 口 座 を 開 設 し 本 規 約 を 承 認 のうえ 当 社 が 運 営 するデビットカード 取 引 システム( 以 下 カードシステム という )への 入 会 を 申 し

More information

01 国有財産売払公示書

01 国有財産売払公示書 国 有 財 産 売 払 公 示 書 国 有 財 産 の 売 払 について 下 記 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 1 売 払 物 件 物 件 番 号 所 在 地 区 分 種 目 数 量 28-1 福 山 市 千 田 町 1-393-2 土 地 宅 地 170.14 m2 28-2 福 山 市 北 本 庄 2 丁 目 111-2 土 地 宅 地 658.94 m2 28-3 広 島

More information

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 Ⅲ 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 き 1. 概 要 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 例 は 全 国 ではまだ 例 が 少 なく 膨 大 な 事 務 量 と 専 門 知 識 を 必 要 とする 割 には 具 体 的 な 事 務 手 続 きを 示 した 知 見 が 少 ない のが 現 状 である

More information

平成24年7月18日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官

平成24年7月18日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官 平 成 26 年 10 月 22 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10134 号 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 26 年 9 月 3 日 判 決 原 告 X 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 佐 藤 富 徳 被 告 特 許 庁 長 官 指 定 代 理 人 高 野 和 行 野 口 美 代 子 堀 内 仁 子 主 文 原 告 の 請 求 を 棄

More information

<4D F736F F D BD90E690B CF68A4A A C E646F63>

<4D F736F F D BD90E690B CF68A4A A C E646F63> [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 居 住 用 財 産 の 特 別 控 除 共 有 家 屋 の 一 部 を 取 り 壊 してその 敷 地 を 譲 渡 した 場 合 第 40 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )8 月 5 日 発 表 平 仁 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464>

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464> 徳 島 県 情 報 公 開 審 査 会 答 申 第 37 号 第 1 審 査 会 の 結 論 実 施 機 関 が 産 業 廃 棄 物 処 理 業 の 事 業 範 囲 変 更 許 可 申 請 書 ( 平 成 11 年 2 月 10 日 付 け) 平 成 11 年 度 分 のダイオキシン 類 測 定 結 果 報 告 書 平 成 11 年 度 分 の 産 業 廃 棄 物 の 処 分 実 績 報 告 書 に

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

福 祉 貸 付 に 係 る 融 資 相 談 から 事 業 完 了 までのポイント(ガイドライン) 事 務 手 続 きの 流 れ 当 機 構 が 実 施 する 主 な 具 体 的 確 認 事 項 確 認 のポイント Ⅰ 福 祉 審 査 課 所 掌 事 務 計 画 ~ 借 入 申 込 1. 融 資 相 談 (1) 電 話 相 談 右 欄 に 記 載 する 事 項 のうち 電 話 に より 把 握 可 能

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

B6293AED6BD3007E49256A57005AECC

B6293AED6BD3007E49256A57005AECC 主 文 本 件 仮 処 分 申 請 をいずれも 却 下 する 訴 訟 費 用 は 申 請 人 らの 負 担 とする 事 実 第 一 当 事 者 双 方 の 求 める 裁 判 一 申 請 人 ら 申 請 人 Aが 郵 政 省 岩 手 県 宮 古 郵 便 局 保 険 課 に 勤 務 すること 申 請 人 Bが 同 郵 便 局 庶 務 会 計 課 に 勤 務 すること を 仮 に 定 める 訴 訟 費 用

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information

主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこ

主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこ 主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこれを5 分 し,その1を 原 告 の 負 担 とし,その 余 は 被 告 らの 負 担 とす る 事

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

Microsoft Word - 1土地造成【T4H28-2】公告.doc

Microsoft Word - 1土地造成【T4H28-2】公告.doc 公 告 注 意 事 項 愛 知 県 が 発 注 する 工 事 であっても 担 当 する 部 局 により 参 加 要 件 等 が 異 なる 場 合 があるので 本 入 札 に 参 加 を 希 望 する 者 は 本 公 告 を 熟 読 して 申 込 をすること 本 公 告 の 記 載 内 容 に 不 明 な 点 がある 場 合 には 必 ず 愛 知 県 三 河 港 工 事 事 務 所 管 理 課 まで

More information

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 平 成 27 年 10 月 22 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 26 年 (ワ) 第 6372 号 不 正 競 争 行 為 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 8 月 20 日 判 当 事 者 の 表 示 主 決 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 文 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 訴 訟

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

一 部 が 含 まれていても 他 の 要 件 を 満 たせば 当 該 他 人 の 土 地 の 一 部 の 所 有 権 を 時 効 によって 取 得 することができる ( ) 3 時 効 期 間 は 時 効 の 基 礎 たる 事 実 が 開 始 された 時 を 起 算 点 としなければなら ず 時 効

一 部 が 含 まれていても 他 の 要 件 を 満 たせば 当 該 他 人 の 土 地 の 一 部 の 所 有 権 を 時 効 によって 取 得 することができる ( ) 3 時 効 期 間 は 時 効 の 基 礎 たる 事 実 が 開 始 された 時 を 起 算 点 としなければなら ず 時 効 2010 年 度 [ 問 1] 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 し いものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していな い 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同 意 は 必 要 な い ( ) 2 成 年

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information