1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない "

Transcription

1 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 -

2 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領 内 に 有 力 なパートナーが 存 在 しない 現 状 では 米 国 主 導 の 有 志 連 合 による 空 爆 だけで ISIL を 打 倒 することは 難 しい ISIL を 弱 体 化 させるには イラクの 宗 派 間 対 立 を 解 消 し シリア 内 戦 を 終 結 させて ISIL の 台 頭 をもたらした 根 本 的 な 要 因 を 除 去 する 必 要 がある イラクの 宗 派 間 対 立 もシリア 内 戦 も 収 束 す る 兆 しがないため 結 果 的 に ISIL の 生 き 残 りに 好 都 合 な 状 況 が 現 出 している そうした 中 2015 年 9 月 30 日 からロシア 軍 がシリア 領 内 で 空 爆 を 開 始 し 欧 米 諸 国 に 向 けて 対 ISIL 大 連 合 を 呼 びかけるとともに ウクライナ 危 機 により 悪 化 したロシアの 戦 略 環 境 を 立 て 直 そうとした ロシアによるシリアへの 軍 事 介 入 は ソ 連 軍 によるアフガニスタン 侵 攻 以 来 36 年 ぶりの 本 格 的 な 国 外 軍 事 展 開 となった 東 アジアも ISIL の 脅 威 によって 脅 かされている 日 本 を 含 む 東 アジ ア 諸 国 は 中 東 に 渡 航 した 自 国 民 や 在 外 公 館 などが ISIL のテロで 被 害 を 被 ったほか 中 国 をはじめ 東 アジア 諸 国 からも ISIL に 外 国 人 戦 闘 員 として 参 加 する 者 が 出 ている 2014 年 にウェブ 上 で 公 開 された ISIL の 将 来 地 図 とされるものは 中 国 の 新 疆 ウイグル 自 治 区 をも 領 土 に 含 んでいる この ISIL の 野 心 は 中 国 にとって 脅 威 となり 得 るが 今 のと ころ 中 国 は ISIL との 戦 いに 介 入 しない 立 場 を 取 っている 2 核 ミサイル 能 力 の 向 上 を 図 る 北 朝 鮮 北 朝 鮮 は 2016 年 1 月 6 日 に 水 爆 実 験 に 成 功 したと 発 表 し 2 月 7 日 に は 人 工 衛 星 と 称 する 弾 道 ミサイルを 発 射 するなど 核 ミサイル 能 力 の 向 上 を 図 る 姿 勢 を 強 めている ミサイルへの 核 弾 頭 搭 載 能 力 につい ては 依 然 として 不 明 な 部 分 も 多 いものの 核 兵 器 についてはすでに 小 型 2

3 序 章 年 の 東 アジア 化 弾 頭 化 の 実 現 に 至 っている 可 能 性 がある これを 踏 まえ 北 朝 鮮 が 潜 水 艦 技 術 と 水 中 発 射 能 力 を 向 上 させ 将 来 的 に 核 弾 頭 搭 載 可 能 な 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイル(SLBM)システムの 配 備 に 至 れば 既 存 の 地 上 移 動 式 発 射 型 ミサイルの 能 力 向 上 と 併 せて 北 朝 鮮 の 核 戦 力 の 残 存 性 が 一 層 高 まる 危 険 性 がある 北 朝 鮮 は 慢 性 的 な 財 政 難 と 燃 料 不 足 などが 解 消 されない 中 並 進 路 線 に 基 づく 核 ミサイル 能 力 向 上 と 同 時 に 通 常 戦 力 においては 特 殊 作 戦 能 力 などの 非 対 称 的 能 力 向 上 を 中 心 に 軍 事 力 強 化 に 注 力 していくものと 考 えられる 北 朝 鮮 の 内 政 に 関 しては 労 働 党 による 唯 一 的 領 導 体 系 が 堅 持 される 一 方 実 際 には 金 正 恩 国 防 第 1 委 員 長 を 中 心 とした 粛 清 による 恐 怖 政 治 と 独 裁 体 制 が 強 化 されつつある 北 朝 鮮 と 主 要 諸 国 との 関 係 には 改 善 がみられず 同 国 は 国 際 社 会 から 孤 立 の 一 途 をたどっている 米 国 に 対 しては 核 ミサイルによって 抑 止 力 を 強 化 するとともに それを 外 交 カードとして 米 国 の 対 北 朝 鮮 敵 視 政 策 を 止 めさせることを 基 本 戦 略 として 堅 持 しつつ 外 交 的 には 強 硬 な 発 言 を 繰 り 返 している 韓 国 との 関 係 では 徐 々に 限 定 的 接 触 を 進 展 させようとする 動 きを 見 せ 強 硬 姿 勢 の 中 に 若 干 の 柔 軟 性 も 見 られた が 北 朝 鮮 が 水 爆 実 験 に 成 功 したと 発 表 した 後 南 北 関 係 も 再 び 冷 却 化 に 向 かっている 韓 国 は 米 韓 同 盟 を 基 礎 として 北 朝 鮮 のさまざまな 脅 威 の 抑 止 に 努 めているが 北 朝 鮮 の 核 ミサイル 能 力 の 向 上 に 対 応 して 弾 道 ミサイルなど 韓 国 独 自 の 打 撃 防 御 手 段 の 強 化 を 図 っている 3 南 シナ 海 をめぐる 中 国 の 対 外 拡 大 戦 略 中 国 の 対 外 戦 略 は 多 少 の 振 幅 を 交 えながらも 徐 々に 対 外 強 硬 的 に 変 化 してきている 中 国 は 南 シナ 海 における 地 形 の 埋 め 立 てや 尖 閣 諸 島 周 辺 海 域 における 海 警 局 公 船 を 使 った 日 本 への 圧 力 を 継 続 させてい るほか アジアインフラ 投 資 銀 行 (AIIB)の 設 立 や 一 帯 一 路 構 想 を 進 めて 中 国 が 影 響 を 及 ぼし 得 る 経 済 圏 の 拡 大 を 目 指 し また 抗 日 戦 争 勝 利 70 周 年 記 念 の 軍 事 パレードを 実 施 して 人 民 解 放 軍 の 近 代 化 を 内 3

4 外 に 示 した 対 外 的 な 拡 大 戦 略 は 2 年 ぶりに 発 表 された 国 防 白 書 中 国 の 軍 事 戦 略 にも 反 映 され 白 書 では 従 来 の 積 極 防 御 戦 略 方 針 の 軍 事 戦 略 方 針 とともに 海 軍 の 近 海 防 御 と 遠 海 護 衛 の 融 合 との 方 針 が ひときわ 目 を 引 いた 2015 年 12 月 31 日 には 人 民 解 放 軍 の 大 規 模 な 改 革 方 針 が 示 され 習 近 平 中 国 共 産 党 総 書 記 ( 国 家 主 席 中 央 軍 事 委 員 会 主 席 )の 軍 に 対 する 統 制 力 は 一 層 強 化 されるものとみられる 南 シナ 海 において 中 国 が 一 方 的 かつ 大 規 模 に 現 状 変 更 を 試 みている 事 態 に 対 して 米 国 は 10 月 に 米 海 軍 のイージス 駆 逐 艦 にスビ 礁 から 12 海 里 以 内 を 航 行 させる 航 行 の 自 由 作 戦 を 実 施 したほか 日 豪 両 国 は 中 国 に 対 して 深 刻 な 懸 念 を 一 致 して 表 明 するなど 中 国 の 台 頭 が 地 域 秩 序 にもたらすリスクに 対 して 足 並 みを 揃 えて 戦 略 的 メッセージを 発 信 することに 成 功 している 他 方 東 南 アジア 諸 国 連 合 (ASEAN)は 米 国 の 関 与 の 強 化 という 外 的 要 因 に 加 え ASEAN 内 部 の 意 見 対 立 とい う 内 的 要 因 により 南 シナ 海 問 題 に 関 わる 有 効 な 政 治 主 体 としての 存 在 意 義 が 揺 らいでいる 4 困 難 に 直 面 するオバマ 政 権 の 対 中 政 策 バラク オバマ 政 権 は 緊 迫 した 状 況 が 続 いているウクライナやアフ ガニスタン シリア 情 勢 への 対 応 を 迫 られているものの アジア 太 平 洋 へのリバランスという 政 策 方 針 を 維 持 し その 実 現 に 向 けて 継 続 的 に 取 り 組 んでいる ウクライナやシリアで 対 外 的 な 強 硬 姿 勢 を 強 めるロシア の 動 向 さらには 中 東 における ISIL による 勢 力 の 伸 長 といった 展 開 が 2014 年 版 4 年 毎 の 国 防 計 画 の 見 直 し (QDR)に 示 された 戦 略 の 変 更 を 迫 る 可 能 性 がある 米 国 の 対 中 政 策 には 中 国 が 国 際 ルールや 規 範 を 順 守 しながら 国 際 問 題 の 解 決 に 向 けて 積 極 的 な 役 割 を 担 うように 促 すことと 米 国 の 国 益 に そぐわない 行 動 を 中 国 がとらないように 抑 止 することの 2 つの 課 題 があ る オバマ 政 権 にとって グローバル 経 済 の 安 定 的 成 長 や 気 候 変 動 への 4

5 序 章 年 の 東 アジア 対 応 大 量 破 壊 兵 器 の 不 拡 散 などの 協 調 的 な 分 野 においてこれらの 目 標 を 達 成 していくことに 大 きな 問 題 はないが サイバー 攻 撃 による 米 国 企 業 の 機 密 情 報 の 窃 取 や 南 シナ 海 における 中 国 の 行 動 など 競 争 的 対 立 的 な 分 野 においてこれらの 問 題 をどのように 解 決 していくのか 対 中 政 策 のあり 方 をめぐってオバマ 政 権 は 困 難 に 直 面 している 5 新 たな 対 応 を 迫 られる 日 本 の 安 全 保 障 政 策 2015 年 は 日 本 の 安 全 保 障 政 策 の 歴 史 に 残 る 年 となった サイバー 空 間 とならび 宇 宙 空 間 は 新 たな 安 全 保 障 上 の 争 点 として 注 目 を 集 める ようになったため 2015 年 1 月 に 新 しい 宇 宙 基 本 計 画 が 策 定 され 宇 宙 安 全 保 障 が 重 点 課 題 として 位 置 付 けられた また 4 月 27 日 には 1997 年 以 来 18 年 ぶりに 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 が 策 定 され 拡 大 抑 止 の 信 頼 性 を 強 化 して 日 米 同 盟 と 米 韓 同 盟 の 連 携 を 強 化 し 3 カ 国 が 2 つの 線 ではなく 面 として 核 ミサイルを 含 む 北 朝 鮮 の 脅 威 に 対 する 抑 止 力 を 強 化 していくことなどが 重 要 な 政 策 課 題 となった さらに 9 月 19 日 に 国 会 で 成 立 した 平 和 安 全 法 案 は グレーゾーン を 含 む 日 本 の 安 全 保 障 の 強 化 と 国 際 社 会 の 平 和 と 安 全 のための 国 際 社 会 との 協 力 の 強 化 という 2 つの 目 的 の 達 成 に 寄 与 すると 考 えられ その ために 自 衛 隊 法 をはじめとする 10 本 の 法 律 が 改 正 され これまで 国 際 平 和 協 力 に 関 する 恒 久 法 ないし 一 般 法 と 呼 ばれてきたものに 相 当 する 国 際 平 和 支 援 法 が 新 たに 立 法 された これは 2014 年 7 月 1 日 になされた これまでの 憲 法 解 釈 と 論 理 的 な 整 合 性 を 保 つ 形 で 限 定 的 な 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 認 めた 閣 議 決 定 に 基 づいて 整 備 された 法 制 であり 日 本 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 が 一 層 厳 しさを 増 している 中 国 民 の 平 和 と 安 全 を 追 求 していくための 手 段 を これまでより 一 段 も 二 段 もアップグレード していくための 法 的 な 整 備 であると 評 価 される 序 章 担 当 : 兵 頭 慎 治 5

6 6

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し) 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 共 同 発 表 変 化 する 安 全 保 障 環 境 のためのより 力 強 い 同 盟 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 岸 田 外 務 大 臣 中 谷 防 衛 大 臣 ケリー 国 務 長 官 カーター 国 防 長 官 1. 概 観 2015 年 4 月 27 日 ニューヨークにおいて 岸 田 文 雄 外

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

5 AF CC - JAAGA Convention 2014 QDR Speech_J.docx

5 AF CC - JAAGA Convention 2014 QDR Speech_J.docx 皆 様 こんばんは 只 今 ご 紹 介 に 与 りました アンジェレラでございます 米 空 軍 幹 部 達 にとって 名 高 いイベントである 日 米 エアフォース 友 好 協 会 総 会 へお 招 き 頂 きまして まこ とにありがとうございます 素 晴 らしいメンバーの 方 々の 前 で 講 演 する 場 を 設 けてくださった 協 会 会 長 吉 田 元 空 将 にも 感 謝 を 申 し 上

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

報 道 によると 米 韓 軍 は 2 月 7 日 恒 例 の 軍 事 演 習 を 過 去 最 大 規 模 の 合 同 軍 事 演 習 キー リゾ ルブ と 野 外 機 動 訓 練 フォール イーグル を 韓 国 や 周 辺 海 域 で 開 始 した 演 習 には 北 朝 鮮 が 核 ミサイルを 発

報 道 によると 米 韓 軍 は 2 月 7 日 恒 例 の 軍 事 演 習 を 過 去 最 大 規 模 の 合 同 軍 事 演 習 キー リゾ ルブ と 野 外 機 動 訓 練 フォール イーグル を 韓 国 や 周 辺 海 域 で 開 始 した 演 習 には 北 朝 鮮 が 核 ミサイルを 発 基 調 報 告 宮 里 政 玄 ( 沖 縄 対 外 問 題 研 究 会 顧 問 ) 福 岡 高 裁 那 覇 支 部 は 国 と 県 に 対 し 和 解 を 勧 告 し それが 受 け 入 れられた 勧 告 文 には 次 の 指 摘 がある 本 来 あるべき 姿 としては 沖 縄 を 含 めオールジャパンで 最 善 の 解 決 策 を 合 意 して 米 国 に 協 力 を 求 めるべきである そうなれば

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

要約平成19年度安全保障環境の変化が我が国の防衛機器産業に及ぼす影響に関する調査研究報告書

要約平成19年度安全保障環境の変化が我が国の防衛機器産業に及ぼす影響に関する調査研究報告書 調 査 研 究 報 告 書 の 要 約 19 事 業 環 境 1 署 名 平 成 19 年 度 安 全 保 障 環 境 の 変 化 が 我 が 国 の 防 衛 機 器 産 業 に 及 ぼす 影 響 に 関 する 調 査 研 究 報 告 書 発 行 機 関 名 社 団 法 人 日 本 機 械 工 業 連 合 会 日 本 戦 略 研 究 フォーラム 発 行 年 月 平 成 20 年 3 月 頁 数 190

More information

積極的平和主義と統合機動防衛力への転換

積極的平和主義と統合機動防衛力への転換 積 極 的 平 和 主 義 と 統 合 機 動 防 衛 力 への 転 換 国 家 安 全 保 障 戦 略 新 防 衛 大 綱 新 中 期 防 平 成 26 年 度 防 衛 関 係 費 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 沓 脱 和 人 今 井 和 昌 はじめに 政 府 は 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 (NSC) 及 び 閣 議 において 中 長 期 的

More information

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を 平 成 25 年 6 月 4 日 新 防 衛 計 画 の 大 綱 策 定 に 係 る 提 言 ( 防 衛 を 取 り 戻 す ) 自 由 民 主 党 一 はじめに 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 が 策 定 されて 以 降 わが 国 周 辺 にお いては 北 朝 鮮 が 弾 道 ミサイル 発 射 や 核 実 験 を 強 行 し また 中 国 がわが 国 周 辺

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

ある 東 西 冷 戦 間 アジアには 朝 鮮 戦 争 とベトナム 戦 争 に 代 表 されるように 冷 戦 が 熱 戦 化 した 歴 史 がある そのいずれにも 米 中 は 敵 対 する 関 係 で 直 接 的 間 接 的 に 関 与 した 特 に 朝 鮮 戦 争 において 両 国 は 直 接 戦

ある 東 西 冷 戦 間 アジアには 朝 鮮 戦 争 とベトナム 戦 争 に 代 表 されるように 冷 戦 が 熱 戦 化 した 歴 史 がある そのいずれにも 米 中 は 敵 対 する 関 係 で 直 接 的 間 接 的 に 関 与 した 特 に 朝 鮮 戦 争 において 両 国 は 直 接 戦 台 湾 有 事 は 日 本 有 事 その 時 に わが 国 はどう 備 えなければならないか? 樋 口 譲 次 はじめに アジアを 主 戦 場 とした 米 中 冷 戦 はすでに 始 まっている 中 東 における 対 テロ 戦 に 一 応 の 決 着 をつけた 米 国 は 戦 略 の 重 点 をアジアへ 向 けて 急 転 換 している その 矛 先 は 21 世 紀 の 東 アジア/アジア 太 平 洋

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63> 第 二 章 軍 事 科 学 技 術 中 国 は 装 備 の 近 代 化 を 急 いでいる ロシアからの 最 新 鋭 兵 器 を 次 々に 買 い 世 界 最 大 の 兵 器 輸 入 国 になった 中 国 は 軍 事 力 の 矛 先 について 台 湾 独 立 阻 止 と 海 洋 権 益 の 保 護 を 挙 げている だが ICBM や SLBM など 戦 略 兵 器 の 開 発 能 力 強 化 も 同

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

5月8日証言要旨

5月8日証言要旨 5 月 8 日 証 言 要 旨 2006 年 4 月 20 日 明 治 大 学 山 田 朗 Ⅰ 緒 論 戦 争 と 軍 事 を 解 析 す る 基 本 的 視 点 1 戦 争 と 報 道 (1) 戦 争 報 道 の 大 半 は 当 事 者 からの 発 表 であり 情 報 戦 心 理 戦 の 要 素 を 含 ん でいる (2)マスメディアによる 報 道 は 映 像 を 伴 うものであっても 実 態 を

More information

(4)さらに 我 が 国 の 防 衛 に する 活 動 に 現 に 従 事 する 米 軍 部 隊 に 対 して 攻 撃 が 発 生 し それが 状 況 によっては 武 力 攻 撃 にま で 拡 大 していくような 事 態 においても 自 衛 隊 と 米 軍 が 緊 密 に 連 携 して 切 れ 目

(4)さらに 我 が 国 の 防 衛 に する 活 動 に 現 に 従 事 する 米 軍 部 隊 に 対 して 攻 撃 が 発 生 し それが 状 況 によっては 武 力 攻 撃 にま で 拡 大 していくような 事 態 においても 自 衛 隊 と 米 軍 が 緊 密 に 連 携 して 切 れ 目 4 わが 国 周 辺 の 兵 力 推 移 の 概 要 ( 万 人 ) ( 万 トン) ( 作 戦 機 数 ) 250 250 8,000 200 陸 上 兵 力 海 上 兵 力 航 空 兵 力 1993 2003 2013 200 1993 2003 2013 6,000 1993 2003 2013 150 100 50 150 100 50 4,000 2,000 0 0 極 東 ロシア 中 国

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2 9 条 の 会 北 九 州 憲 法 ネット 結 成 10 周 年 記 念 憲 法 講 演 会 資 料 2014.11.29 渡 辺 治 ( 資 料 1) 九 条 の 会 の 発 展 と 世 論 の 変 化 年 結 成 数 活 動 状 況 備 考 内 訳 2004.04 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 65% 反 対 22.7% 2004.6.10. 九 条 の 会 呼 びかけ 2004.7.29.

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

【セット】サイバー戦略指針

【セット】サイバー戦略指針 防 衛 省 自 衛 隊 によるサイバー 空 間 の 安 定 的 効 果 的 な 利 用 に 向 けて 平 成 24 年 9 月 防 衛 省 目 次 1. 趣 旨 2. 基 本 認 識 (1)サイバー 空 間 の 意 義 性 格 (2)サイバー 空 間 におけるリスク 1 サイバー 攻 撃 2 その 他 のリスク 3. 基 本 方 針 (1) 防 衛 省 自 衛 隊 の 能 力 態 勢 強 化 (2)

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16 平 成 24 年 度 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 警 察 庁 平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16,541 百 万 円 21,026

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 調 査 対 象 全 国 0 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数,680 人 ( 回 収 率 56.0%) 平 成 7 3 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 時 期 平 成 7 8 日 ~ 8 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 自 衛 隊

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 につい て 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について ( 平

More information

グローバルな 指 導 力 の 欠 陥 をさらけ 出 した 日 本 は アメリカの 身 勝 手 な 要 求 の 中 身 を 的 確 につかみ 取 り 日 米 同 盟 のもたらす 現 実 的 なメリットを 進 んで 受 け 取 ろうとしている 小 野 寺 防 衛 相 は ヘーゲル 国 防 長 官 との

グローバルな 指 導 力 の 欠 陥 をさらけ 出 した 日 本 は アメリカの 身 勝 手 な 要 求 の 中 身 を 的 確 につかみ 取 り 日 米 同 盟 のもたらす 現 実 的 なメリットを 進 んで 受 け 取 ろうとしている 小 野 寺 防 衛 相 は ヘーゲル 国 防 長 官 との 松 本 地 区 労 組 会 議 データ File 2013 No.54 2014/7/16 松 本 地 区 労 働 組 合 会 議 390-0811 長 野 県 松 本 市 中 央 4-7-22 松 本 市 勤 労 会 館 内 Tel: 0263-33-9513/Fax: 0263-33-6000/Email: ape03602@go.tvm.ne.jp アジア 世 界 は 集 団 的 自 衛 権

More information

ソマリア沖・アデン湾海賊対処について

ソマリア沖・アデン湾海賊対処について 2010 年 4 年 毎 の 国 防 計 画 見 直 し に つ い て ( JAAGA だ よ り 39 号 2010. 12.14 投 稿 文 ) 織 田 邦 男 1 は じ め に 今 年 2 月 米 国 防 省 は 4 年 毎 の 国 防 計 画 見 直 し ( QDR: Quadrennial Defense Review)( 以 下 QDR ) を 議 会 に 提 出 し た 5 月 に

More information

国家安全保障戦略

国家安全保障戦略 国 家 安 全 保 障 戦 略 について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 国 家 安 全 保 障 戦 略 について 別 紙 のとおり 定 める 本 決 定 は 国 防 の 基 本 方 針 について ( 昭 和 32 年 5 月 20 日 国 防 会 議 及 び 閣 議 決 定 )に 代 わるものとする ( 別 紙 ) 国 家 安 全 保

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

平成16年12月  日

平成16年12月  日 平 成 16 年 12 月 7 日 内 閣 総 理 大 臣 防 衛 庁 長 官 内 閣 官 房 長 官 外 務 大 臣 財 務 大 臣 各 国 務 大 臣 各 衆 議 院 議 員 各 参 議 院 議 員 小 泉 純 一 郎 様 大 野 功 統 様 細 田 博 之 様 町 村 信 孝 様 谷 垣 禎 一 様 様 様 様 元 防 衛 庁 教 育 訓 練 局 長 防 衛 研 究 所 長 新 潟 県 加 茂

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030302D312D348D5A814082CD82B582AA82ABB8DEDBB0CADED9A5BAD3DDBDDE2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030302D312D348D5A814082CD82B582AA82ABB8DEDBB0CADED9A5BAD3DDBDDE2E646F63> 第 6 章 北 極 海 と 日 米 同 盟 金 田 秀 昭 はじめに 近 年 地 球 温 暖 化 の 影 響 を 受 けて 夏 季 においては 北 極 海 の 万 年 氷 が 融 氷 するという 変 化 が 生 じ 砕 氷 能 力 の 無 い 船 舶 の 航 行 が 可 能 となった この 結 果 北 極 海 に 関 しては 欧 州 とアジアを 短 距 離 で 結 ぶ 国 際 的 な 海 上 交 通

More information

差し替え(目次追加ver)12月10日x1a

差し替え(目次追加ver)12月10日x1a 巻 末 資 料 最 近 の 主 要 公 安 動 向 国 際 関 係 主 要 公 安 動 向 1 月 6 日 1 2 月 3 月 3 日 4 月 13 日 5 月 1 我 が 国 の 海 上 保 安 庁 が, 島 根 県 の 隠 岐 島 沖 で 北 朝 鮮 からの 漂 流 船 の 乗 員 3 人 を 発 見, 保 護 した 後, 中 国 大 連 に 出 国 させ, 北 朝 鮮 側 に 引 渡 (9 日

More information

目 次 概 説 1 第 1 平 成 27 年 の 治 安 情 勢 の 回 顧 1 第 2 平 成 28 年 の 治 安 情 勢 の 展 望 6 第 1 章 国 際 情 勢 10 1 米 国 10 (1) 外 交 10 (2) 内 政 11 (3) 日 米 関 係 12 2 アジア 12 (1) 中

目 次 概 説 1 第 1 平 成 27 年 の 治 安 情 勢 の 回 顧 1 第 2 平 成 28 年 の 治 安 情 勢 の 展 望 6 第 1 章 国 際 情 勢 10 1 米 国 10 (1) 外 交 10 (2) 内 政 11 (3) 日 米 関 係 12 2 アジア 12 (1) 中 治 安 の 回 顧 と 展 望 ( 平 成 27 年 版 ) 警 察 庁 警 備 局 目 次 概 説 1 第 1 平 成 27 年 の 治 安 情 勢 の 回 顧 1 第 2 平 成 28 年 の 治 安 情 勢 の 展 望 6 第 1 章 国 際 情 勢 10 1 米 国 10 (1) 外 交 10 (2) 内 政 11 (3) 日 米 関 係 12 2 アジア 12 (1) 中 国 12 (2)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874681408169938A89659770816A20202094FC8DAA814066696E616C2081698E518D6C8E9197BF82C882B5816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874681408169938A89659770816A20202094FC8DAA814066696E616C2081698E518D6C8E9197BF82C882B5816A2E70707478> E キ E E キ ヤ ノ E Z ノ ン グ 研 究 Z と グ 主 ロー 幹 安 全 バ 美 ル 全 保 戦 略 研 根 慶 保 障 研 究 所 樹 障 所 キヤノングローバル 戦 略 研 究 所 シンポジウム EEZにおける 安 全 保 障 と 産 業 活 動 2011 年 11 月 18 日 新 丸 ビル9Fコンファレンススクエア 基 本 整 理 1 海 の 安 全 保 障 とは 何 か 領

More information

外交・防衛の政策課題

外交・防衛の政策課題 外 交 防 衛 の 政 策 課 題 2015 年 の 情 勢 と 2016 年 の 展 望 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 神 田 茂 中 内 康 夫 1.はじめに 2015 年 11 月 日 中 韓 サミットが3 年 半 ぶりに 開 かれ 同 月 半 ば 以 降 金 融 世 界 経 済 に 関 する 首 脳 会 合 (G20 サミット) アジア 太 平 洋 経 済 協 力 (APEC) 首

More information

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表)

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表) 防 衛 省 表 20-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/portal/index.htm l)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の 結

More information

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 容 認 と 安 全 保 障 法 制 整 備 の 基 本 方 針 閣 議 決 定 を 受 けての 国 会 論 戦 の 概 要 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 中 内 康 夫 はじめに 安 全 保 障 法 制 の 見 直 しに 向 けて 検 討 を 進 めてきた 安 倍 内 閣 は 平 成 26 年 7 月 1 日 新 た な 安 全 保 障 法 制 の 整

More information

賛助会セミナー

賛助会セミナー 金 正 日 総 書 記 死 去 これからの 北 朝 鮮 とその 対 外 関 係 をどう 見 るか ERINA 調 査 研 究 部 長 主 任 研 究 員 三 村 光 弘 金 正 日 総 書 記 死 去 のインパクト ある 意 味 既 定 事 項 織 り 込 み 済 み 2008 年 8 月 にすでに 健 康 異 常 が 報 道 2010 年 5 月 8 月 2011 年 5 月 に 中 国 訪 問

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0% 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 1 月 井 口 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%の

More information

K

K 134 135 です つまり 日 米 安 保 条 約 によって 日 本 が 米 国 の 戦 争 に 巻 き 込 まれる 可 能 性 は 常 にあると 考 えるのが 正 しい 日 米 同 盟 の 評 価 の 在 り 方 と 考 えます そして それが いみじくもそれが 安 倍 総 理 自 らによる 事 例 設 定 となって いるのが 米 国 と 交 戦 中 の 北 朝 鮮 が 日 本 に 武 力 攻

More information

平 成 25 年 度 の 防 衛 力 整 備 等 について( 平 成 25 年 1 月 25 日 閣 議 決 定 ) 1 22 大 綱 が 策 定 されて 以 降 我 が 国 周 辺 の 安 全 保 障 環 境 は 一 層 厳 しさを 増 している 北 朝 鮮 の 人 工 衛 星 と 称 するミサイ

平 成 25 年 度 の 防 衛 力 整 備 等 について( 平 成 25 年 1 月 25 日 閣 議 決 定 ) 1 22 大 綱 が 策 定 されて 以 降 我 が 国 周 辺 の 安 全 保 障 環 境 は 一 層 厳 しさを 増 している 北 朝 鮮 の 人 工 衛 星 と 称 するミサイ 我 が 国 を 取 り 巻 く 軍 事 安 全 保 障 環 境 平 成 25 年 9 月 防 衛 省 平 成 25 年 度 の 防 衛 力 整 備 等 について( 平 成 25 年 1 月 25 日 閣 議 決 定 ) 1 22 大 綱 が 策 定 されて 以 降 我 が 国 周 辺 の 安 全 保 障 環 境 は 一 層 厳 しさを 増 している 北 朝 鮮 の 人 工 衛 星 と 称 するミサイルの

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 提 言 の 趣 旨 歴 史 的 な 政 権 交 代 の 結 果 日 本 の 外 交 安 全 保 障 政 策 が 民 主 党 によって 見 直 されること となった 民 主 党 はマニフェストの 中 で 日 本 外 交 の 基 礎 として 緊 密 で 対 等 な 日 米 同 盟 関 係 をつくるため 主 体 的 な 外 交 戦 略 を 構 築 するとし 日 米 地 位 協 定 の 改 定 を 提 起

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 防 衛 予 算 案 の 概 要 防 衛 省 注 1: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 装 備 品 等 の 製 造 等 に 要 する 初 度 費 を 除 く 経 費 を 表 示 している 2: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 契 約 ベースである 3: 本 文 中 の 青 字 は 新 規 事 業 を

More information

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警 ご 異 議 なしと 認 め よって 本 案 は 原 案 の 通 り 可 決 する 事 に 決 定 いたしました 日 程 第 19 請 願 第 1 号 日 本 を 海 外 で 戦 争 する 国 にする 立 法 案 の 廃 案 へ の 意 見 書 の 提 出 を 求 める 請 願 書 を 議 題 といたし これより 先 ほどの 委 員 長 報 告 に 対 する 質 疑 を 開 始 いたし ( 質 疑 なし

More information

2015年度事業戦略説明会 防衛・宇宙ドメイン説明会

2015年度事業戦略説明会 防衛・宇宙ドメイン説明会 防 衛 宇 宙 ドメイン 説 明 会 2015 年 6 月 8 日 常 務 執 行 役 員 ドメインCEO 防 衛 宇 宙 ドメイン 長 水 谷 久 和 目 次 1. 事 業 概 要 2. 2012 事 業 計 画 総 括 3. 2015 事 業 計 画 4. 個 別 事 業 戦 略 5. まとめ 1 1. 事 業 概 要 2 1-1. 組 織 構 成 代 表 取 締 役 常 務 執 行 役 員 ドメインCEO

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 12 月 堀 内 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を

More information

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って 平 成 28 年 度 防 関 係 費 について 主 計 局 主 計 官 堀 内 斉 1.はじめに 平 成 28 年 度 の 防 関 係 費 については 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 計 画 の 大 綱 について 及 び 中 期 防 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について ( 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

冊子21 表紙

冊子21 表紙 三 菱 重 工 を 分 析 す る 21 三 菱 重 工 のミサイル 戦 車 目 次 1 三 菱 重 工 のミサイル 生 産 2 三 菱 重 工 の 戦 車 生 産 1 7 2015 年 7 月 この 冊 子 は 三 菱 重 工 を 分 析 する のブログから 関 係 する 部 分 を 取 り 出 し 再 編 集 して 作 成 しました 日 本 共 産 党 三 菱 重 工 広 製 支 部 の ホームページからダウンロードできますので

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

Microsoft Word - HOPS コラム原稿(集団的自衛権議論の「盲点」としての台湾問題)簡略訂正版.docx

Microsoft Word - HOPS コラム原稿(集団的自衛権議論の「盲点」としての台湾問題)簡略訂正版.docx 我 が 国 の 安 全 保 障 政 策 と 台 湾 問 題 ~ 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 議 論 の 盲 点? 准 教 授 柿 澤 未 知 1.はじめに 2013 年 9 月 に 外 務 省 から 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 に 出 向 してきて 早 いもので 既 に1 年 が 経 過 した 外 務 省 においては 一 貫 して 台 湾 中 国 に 関 する 情 勢 分

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

untitled

untitled 緊 迫 化 する 東 アジア 情 勢 と 我 が 国 の 外 交 防 衛 ~ 当 面 する 外 交 防 衛 の 主 要 課 題 ~ なかうち 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 中 内 やすお ささもと 康 夫 笹 本 ひろし 浩 普 天 間 飛 行 場 移 設 問 題 への 対 応 や 同 盟 深 化 の 議 論 など 日 米 同 盟 の 在 り 方 が 模 索 される 中 2010 年 には

More information

資 料 1 防 衛 関 係 費 平 成 25 年 10 月 16 日 財 務 省 主 計 局 安 全 保 障 政 策 と 防 衛 力 整 備 我 が 国 の 安 全 保 障 をめぐる 環 境 が 一 層 厳 しさを 増 す 中 で 良 好 な 国 際 関 係 を 維 持 しつつ 豊 かで 平 和 な 社 会 を 発 展 させていくためには 安 全 保 障 政 策 をより 一 層 戦 略 的 体 系

More information

Microsoft Word - 20130308071.docx

Microsoft Word - 20130308071.docx 平 成 25 年 度 防 衛 関 係 費 の 概 要 11 年 ぶりに 増 額 された 防 衛 予 算 くつぬぎ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 沓 脱 かずひと いまい 和 人 今 井 かずまさ 和 昌 はじめに 平 成 25 年 1 月 29 日 平 成 25 年 度 予 算 政 府 案 が 閣 議 決 定 され 防 衛 関 係 費 として 対 前 年 度 比 0.8%(400 億 円

More information

「活米」の知恵出して日米同盟強化を

「活米」の知恵出して日米同盟強化を 活 米 の 知 恵 出 して 日 米 同 盟 強 化 を ~ 予 算 がかからない 政 策 転 換 で 防 衛 力 高 める~ 週 間 WING 2011 年 1 月 5 号 (インタビュー 記 事 ) 織 田 邦 男 元 空 将 新 防 衛 計 画 の 大 綱 および 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 が 昨 年 12 月 17 日 に 策 定 された 今 後 10 年 間 を 目 途 に 防

More information

Microsoft PowerPoint - 日本安全保障貿易学会20100925.ppt

Microsoft PowerPoint - 日本安全保障貿易学会20100925.ppt 日 本 安 全 保 障 貿 易 学 会 第 11 回 研 究 大 会 イランと 国 連 等 の 制 裁 レジーム 2010 年 9 月 25 日 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 中 東 研 究 センター 田 中 浩 一 郎 1 本 報 告 の 焦 点 1. イラン 核 問 題 の 系 譜 2. 制 裁 レジームの 狙 い 3. 国 連 安 保 理 制 裁 の 強 化 4. 独

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

防 衛 省 表 19-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/seisaku_fusyou.ht ml)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の

More information

Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織 有 者 談 勝 俣 ポ 唆 経 再 検 討 鳩 山 足 末 予 計 画 整 計 画 先 延 談 織 改 鳩 山 位 置 付 困 難 鳩 山 普 天 移 問 題 ぐ 膠 着 ち ゃ 状 況 打

Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織 有 者 談 勝 俣 ポ 唆 経 再 検 討 鳩 山 足 末 予 計 画 整 計 画 先 延 談 織 改 鳩 山 位 置 付 困 難 鳩 山 普 天 移 問 題 ぐ 膠 着 ち ゃ 状 況 打 集 考 想 神 謙 慶應義塾学准教授 混 格有 略文家 評価針 巻 指針文 整標水準今 計画 以 役割任務兵装 2010 決 2009歴史 位置付明求 略反映せ 文存総 付公式文望 府体包括 経緯 治導試 略 NSS 領府 転換初 4ご QDR 2004 決 想 来針 官邸官房心整 省比 7 Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織

More information

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 資 料 3 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 平 成 21 年 4 月 9 日 北 海 道 千 歳 市 長 山 口 幸 太 郎 意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 北 海 道 ( 千 歳 市 )と 防 衛 施 設 自 衛 隊 の 係 わり 北 海 道 千 歳 市 大 正

More information

「基盤的防衛力構想」の検証

「基盤的防衛力構想」の検証 政 策 提 言 No.9 現 実 と 乖 離 する 基 盤 的 防 衛 力 構 想 2010 年 1 月 31 日 松 村 昌 廣 目 次 1 米 国 の 戦 略 体 系 と 基 盤 的 防 衛 力 構 想 の 位 置 付 け... 2 2 基 盤 的 防 衛 力 構 想 の 前 提 内 外 諸 情 勢 の 変 化... 8 3. 基 盤 的 防 衛 力 構 想 における 脅 威 認 識 侵 略 の

More information

(2) 資 産 構 成 割 合 の 推 移 ( 給 付 確 保 事 業 ) 1 資 産 配 分 実 績 の 基 本 ポートフォリオからの 乖 離 の 推 移 2 実 践 ポートフォリオと 資 産 配 分 実 績 の 推 移 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 1

(2) 資 産 構 成 割 合 の 推 移 ( 給 付 確 保 事 業 ) 1 資 産 配 分 実 績 の 基 本 ポートフォリオからの 乖 離 の 推 移 2 実 践 ポートフォリオと 資 産 配 分 実 績 の 推 移 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 1 平 成 26 年 度 国 民 年 金 基 金 連 合 会 資 産 運 用 結 果 1. 平 成 26 年 度 運 用 実 績 (1) 連 合 会 全 体 の 運 用 利 回 り( 修 正 総 合 利 回 り) 給 付 確 保 事 業 共 同 運 用 事 業 中 途 脱 退 事 業 16.52% 16.22% 16.21% ( 注 1) 連 合 会 全 体 16.37% 37,205 億 円 複 合

More information

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx 最 近 の 中 東 情 勢 について 外 務 省 中 東 アフリカ 局 長 上 村 司 中 東 北 アフリカ 情 勢 平 成 26 年 8 月 中 東 アフリカ 局 中 東 地 域 の 特 質 と 重 要 性 (1) 異 なる 帰 属 意 識 ( 宗 教 宗 派 民 族 )の 混 在 と 人 為 的 国 境 線 により 国 家 統 治 が 脆 弱 (2)5つの 主 要 勢 力 (サウジ(GCC),エジプト,イラン,イスラエル,トルコ)が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

参 考 資 料 ( 防 衛 関 係 費 ) 我 が 国 周 辺 の 安 全 保 障 環 境 (2010 年 以 降 ) (13 年 10 月 1 日 現 在 ) 中 国 軍 事 力 水 上 艦 艇 潜 水 艦 等 の 増 強 空 母 遼 寧 の 就 役 (12 年 9 月 ) 第 4 世 代 戦 闘 機 の 増 強 次 世 代 ステルス 戦 闘 機 の 開 発 との 指 摘 中 国 による 我 が

More information

防衛産業政策の実行に向けた提言

防衛産業政策の実行に向けた提言 防 衛 産 業 政 策 の 実 行 に 向 けた 提 言 2015 年 9 月 15 日 経 団 連 は 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 強 化 や 装 備 品 の 国 際 共 同 開 発 生 産 の 推 進 に 向 けた 提 言 を 重 ねてきた 昨 年 4 月 に 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 1 が 閣 議 決 定 され てから わが 国 と 欧 米 やアジアの 諸 国 等 との

More information

untitled

untitled 野 田 内 閣 の 防 衛 政 策 防 衛 大 綱 沖 縄 米 軍 基 地 問 題 等 をめぐる 国 会 論 議 おかどめ やすふみ い ま い かずまさ たかふじ な お こ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 岡 留 康 文 今 井 和 昌 高 藤 奈 央 子 菅 内 閣 の 総 辞 職 を 受 け 平 成 23 年 9 月 2 日 野 田 内 閣 が 発 足 した 野 田 内 閣 総 理

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9> 憲 法 から 平 和 と 安 全 保 障 を 考 える 日 本 の 未 来 はどうなるか? 関 西 学 院 大 学 法 学 部 長 岡 徹 一 統 幕 内 部 文 書 の 衝 撃 1 ガイドラインこそが 防 衛 当 局 にとっての 最 高 法 規 4.27 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 第 3 次 ガイドライン 合 意 4.29 安 倍 首 相 米 議 会 演 説 安 保 法 制 の

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

1. 事 業 の 概 要 国 名 :ロシア 連 邦 案 件 名 :ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 分 野 : 核 軍 縮 環 境 保 全 援 助 形 態 : 資 金 供 与 協 力 金 額 総 計 : 約 58 億 円 (オーストラリア 韓 国 ニュー

1. 事 業 の 概 要 国 名 :ロシア 連 邦 案 件 名 :ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 分 野 : 核 軍 縮 環 境 保 全 援 助 形 態 : 資 金 供 与 協 力 金 額 総 計 : 約 58 億 円 (オーストラリア 韓 国 ニュー ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 事 後 評 価 業 務 事 後 評 価 結 果 要 約 2015 年 3 月 25 日 公 益 財 団 法 人 原 子 力 バックエンド 推 進 センタ- 1. 事 業 の 概 要 国 名 :ロシア 連 邦 案 件 名 :ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 分 野 : 核 軍

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】 (お 知 らせ) 28.8.31 防 衛 装 備 庁 取 得 戦 略 計 画 の 策 定 について 防 衛 装 備 庁 では 平 成 27 年 11 月 にプロジェクト 管 理 重 点 対 象 装 備 品 (プ ロジェクト マネージャー 及 び 統 合 プロジェクト チームを 置 いて 重 点 的 にプ ロジェクト 管 理 を 実 施 する 装 備 品 )として 選 定 した12 品 目 の 装 備

More information

Microsoft Word - 会報55号.doc

Microsoft Word - 会報55号.doc URI http://www.geocities.jp/nine_jou138/index.html 会 報 一 宮 9 条 の 会 第 55 号 2014 年 1 月 30 日 憲 法 9 条 を 守 る 一 宮 市 民 の 会 発 行 TEL&FAX 0586-76-6557 あけましておめでとうございます 次 に 紹 介 するのは 2014 年 1 月 11 日 に 一 宮 駅 東 で 配 布

More information

危 険 宙 域 に 突 入 第 1フェーズ 開 始 青 の 軌 道 に 敵 が 襲 来 時 刻 T+1 白 の 軌 道 に 敵 が 襲 来 時 刻 T+2 情 報 交 換 データ 交 換 中 5, 4, 3, 2, 1, 終 了 赤 の 軌 道 に 敵 が 襲 来 時 刻 T+3 情 報 交 換 データ 交 換 中 5, 4, 3, 2, 1, 終 了 終 了 5 秒 前, 4, 3, 2, 1 第

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共 参 考 茂 原 市 国 民 保 護 計 画 用 語 集 あ 行 安 定 ヨウ 素 剤 原 子 力 施 設 等 の 事 故 に 備 えて 服 用 するために 調 合 した 放 射 能 をもたないヨウ 素 をいう 被 ばく 前 に 安 定 ヨウ 素 剤 を 服 用 することにより 甲 状 腺 (ヨウ 素 が 濃 集 しやすい )をヨウ 素 で 飽 和 して おくと 被 ばくしても 放 射 性 ヨウ 素

More information

米国の対中軍事戦略0901.indd

米国の対中軍事戦略0901.indd ロシアの 軍 事 行 動 は 直 接 または 代 理 の 軍 事 力 の 形 で 地 域 の 安 全 保 障 を 損 なっている イランも 国 際 社 会 に 戦 略 課 題 を 示 している 北 朝 鮮 の 能 力 は 直 接 近 隣 諸 国 特 に 韓 国 と 日 本 に 脅 威 を 及 ぼす 中 国 の 行 動 はアジア 太 平 洋 地 域 に 緊 張 をもたらしている ロシア イラン 北 朝

More information

国 外 では 人 々が 米 国 の 意 図 すなわち 関 与 と 主 導 を 続 ける 米 国 の 意 欲 について 疑 問 を 抱 いている アジアの 人 々は 米 国 が 本 当 にアジアにとどまり 続 けるのか 他 の 地 域 での 出 来 事 により 再 び 注 意 をそらされる 可 能 性

国 外 では 人 々が 米 国 の 意 図 すなわち 関 与 と 主 導 を 続 ける 米 国 の 意 欲 について 疑 問 を 抱 いている アジアの 人 々は 米 国 が 本 当 にアジアにとどまり 続 けるのか 他 の 地 域 での 出 来 事 により 再 び 注 意 をそらされる 可 能 性 文 章 の 一 部 の 協 調 表 示 は 転 載 者 によるものです 米 国 の 太 平 洋 の 世 紀 - クリントン 国 務 長 官 のフォーリン ポリシー 誌 への 寄 稿 * 下 記 の 日 本 語 文 書 は 参 考 のための 仮 翻 訳 で 正 文 は 英 文 です ヒラリー クリントン 国 務 長 官 のフォーリン ポリシー 誌 (2011 年 11 月 号 )への 寄 稿 政 治

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC88EA91D188EA984890AD8DF482C994E982DF82E782EA82BD88C0915395DB8FE190ED97AA82C682BB82CC915F82A22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC88EA91D188EA984890AD8DF482C994E982DF82E782EA82BD88C0915395DB8FE190ED97AA82C682BB82CC915F82A22E646F6378> 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 とその 狙 い 一 帯 一 路 構 想 等 の 背 後 にある 中 国 の 戦 略 的 意 図 と 日 本 の 対 応 矢 野 義 昭 中 国 は 一 帯 一 路 政 策 を 掲 げる 一 方 で 南 シナ 海 や 東 シナ 海 では 国 際 ルールを 無 視 した 一 方 的 な 領 域 拡 張 の 動 きを 強 引 に 進 めている このような 中 国 の 動

More information

日本はなぜ南シナ海の監視・哨戒活動に加わるのか?

日本はなぜ南シナ海の監視・哨戒活動に加わるのか? 日 本 はなぜ 南 シナ 海 の 監 視 哨 戒 活 動 に 加 わるのか? リバランス 戦 略 ガイドライン 改 定 戦 争 法 案 2015.07.24 憲 法 九 条 の 会 はだの ミニ 学 習 会 1. 南 シナ 海 への 自 衛 隊 哨 戒 機 の 派 遣 ロイター(15 年 4 月 29 日 ) 南 シナ 海 の 哨 戒 活 動 を 防 衛 省 検 討 米 軍 と 協 力 = 関 係

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

安 保 関 連 法 制 における 自 治 体 や 市 民 の 協 力 - 本 資 料 作 成 の 問 題 意 識 - 安 保 法 制 は 新 法 国 際 平 和 支 援 法 と 既 存 の10の 有 事 関 連 法 の 改 正 を 束 ねた 平 和 安 全 法 制 整 備 法 との2 本 立 てと

安 保 関 連 法 制 における 自 治 体 や 市 民 の 協 力 - 本 資 料 作 成 の 問 題 意 識 - 安 保 法 制 は 新 法 国 際 平 和 支 援 法 と 既 存 の10の 有 事 関 連 法 の 改 正 を 束 ねた 平 和 安 全 法 制 整 備 法 との2 本 立 てと 安 保 有 事 法 制 における 市 や 自 治 体 の 協 と 今 後 の 課 題 新 潟 市 議 会 議 員 中 山 均 ( 緑 の 党 政 策 部 / 自 治 体 議 員 立 憲 ネットワーク) (2015/10/5 最 新 版 ) 連 絡 問 い 合 わせ 先 :nakayama@jca.apc.org 1 安 保 関 連 法 制 における 自 治 体 や 市 民 の 協 力 - 本 資 料

More information