このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた"

Transcription

1 - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室

2 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われたことを 踏 まえて 従 来 からの 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 や 留 意 点 等 について 体 系 的 に 整 理 したものである 凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 法 令 法 平 成 23 年 6 月 改 正 後 の 消 費 税 法 令 平 成 23 年 6 月 改 正 後 の 消 費 税 法 施 行 令 規 則 平 成 23 年 6 月 改 正 後 の 消 費 税 法 施 行 規 則 改 正 法 附 則 現 下 の 厳 しい 経 済 状 況 及 び 雇 用 情 勢 に 対 応 して 税 制 の 整 備 を 図 るための 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 82 号 ) 附 則 通 達 基 通 平 成 23 年 9 月 改 正 後 の 消 費 税 法 基 本 通 達 用 語 課 税 資 産 の 譲 渡 等 消 費 税 法 第 2 条 第 1 項 第 9 号 定 義 に 規 定 する 課 税 資 産 の 譲 渡 等 をいう 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 消 費 税 法 第 6 条 第 1 項 非 課 税 の 規 定 により 非 課 税 とな る 資 産 の 譲 渡 等 をいう 課 税 売 上 対 応 分 課 税 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 する 課 税 仕 入 れ 等 であり 消 費 税 法 第 30 条 第 2 項 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 に 規 定 する 課 税 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 するものをいう 非 課 税 売 上 対 応 分 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 する 課 税 仕 入 れ 等 であり 消 費 税 法 第 30 条 第 2 項 に 規 定 する 課 税 資 産 の 譲 渡 等 以 外 の 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 するものをいう 共 通 対 応 分 課 税 資 産 の 譲 渡 等 と 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 共 通 して 要 する 課 税 仕 入 れ 等 であり 消 費 税 法 第 30 条 第 2 項 に 規 定 する 課 税 資 産 の 譲 渡 等 とその 他 の 資 産 の 譲 渡 等 に 共 通 して 要 するもの をいう

3 目 次 仕 入 税 額 控 除 制 度 ( 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 に 関 する 部 分 ) 問 1 消 費 税 の 仕 入 税 額 控 除 制 度 ( 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 に 関 する 部 分 )について 教 えてくださ い 1 95%ルールの 適 用 要 件 の 見 直 しの 概 要 問 2 仕 入 税 額 控 除 制 度 における 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しの 概 要 について 教 えてく ださい 2 課 税 売 上 割 合 の 計 算 問 3 課 税 売 上 割 合 の 計 算 はどのようにして 行 うのでしょうか 3 個 別 対 応 方 式 問 4 個 別 対 応 方 式 について 教 えてください 5 一 括 比 例 配 分 方 式 問 5 一 括 比 例 配 分 方 式 について 教 えてください 6 個 別 対 応 方 式 と 一 括 比 例 配 分 方 式 の 適 用 関 係 ( 一 括 比 例 配 分 方 式 の 継 続 適 用 ) 問 6 前 課 税 期 間 の 確 定 申 告 における 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 は 一 括 比 例 配 分 方 式 により 行 い 当 課 税 期 間 の 確 定 申 告 については 個 別 対 応 方 式 により 行 いたいのですが 可 能 ですか 6 ( 仮 決 算 による 一 括 比 例 配 分 方 式 の 適 用 ) 問 7 個 別 対 応 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 している 事 業 者 ですが 中 間 申 告 を 仮 決 算 で 行 うことになりました 中 間 申 告 については 一 括 比 例 配 分 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 したいのですが 認 められますか 7 ( 計 算 方 法 の 事 後 的 な 変 更 ) 問 8 一 括 比 例 配 分 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 し 確 定 申 告 した 後 において 個 別 対 応 方 式 による 方 が 納 付 すべき 税 額 が 少 なくなることに 気 付 いたことから 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 を 一 括 比 例 配 分 方 式 から 個 別 対 応 方 式 へ 変 更 することを 理 由 に 更 正 の 請 求 を 行 いたいの ですが 認 められますか 7 課 税 売 上 対 応 分 の 意 義 問 9 個 別 対 応 方 式 における 課 税 売 上 対 応 分 について 教 えてください 7 非 課 税 売 上 対 応 分 の 意 義 問 10 個 別 対 応 方 式 における 非 課 税 売 上 対 応 分 について 教 えてください 8

4 共 通 対 応 分 の 意 義 問 11 個 別 対 応 方 式 における 共 通 対 応 分 について 教 えてください 9 個 別 対 応 方 式 における 用 途 区 分 ( 用 途 区 分 の 方 法 ) 問 12 個 別 対 応 方 式 は その 課 税 期 間 における 個 々の 課 税 仕 入 れ 等 の 全 てについて 課 税 売 上 対 応 分 非 課 税 売 上 対 応 分 及 び 共 通 対 応 分 に 区 分 ( 以 下 用 途 区 分 といいます )し その 区 分 が 明 らかにされている 場 合 に 適 用 できる 計 算 方 法 ですが その 用 途 区 分 を 明 ら かにする 方 法 について 教 えてください 9 ( 課 税 仕 入 れ 等 ごとの 用 途 区 分 ) 問 13 課 税 仕 入 れ 等 の 用 途 区 分 は 取 引 ごとに 行 う 必 要 があるのですか 10 ( 事 業 部 門 ごとの 用 途 区 分 ) 問 14 課 税 仕 入 れ 等 の 用 途 区 分 を 事 業 部 門 ごと( 又 は 勘 定 科 目 ごと)に 行 うことは 認 められま すか 10 ( 用 途 区 分 の 時 期 ) 問 15 課 税 仕 入 れ 等 の 時 に 用 途 が 決 まっていなかった 課 税 仕 入 れ 等 について 課 税 期 間 の 末 日 に 用 途 区 分 したのですが このような 区 分 方 法 は 認 められますか 10 ( 用 途 区 分 が 未 定 の 場 合 ) 問 16 課 税 期 間 の 末 日 までに 用 途 が 決 まらない 課 税 仕 入 れ 等 の 用 途 区 分 はどのようになるので すか 11 ( 国 外 譲 渡 等 のための 輸 出 に 係 る 課 税 仕 入 れ 等 ) 問 17 国 外 において 譲 渡 するため 又 は 国 外 において 自 己 使 用 するための 資 産 の 輸 出 をした 場 合 の 課 税 仕 入 れ 等 の 用 途 区 分 について 教 えてください 11 ( 非 課 税 資 産 の 輸 出 取 引 等 に 係 る 課 税 仕 入 れ 等 ) 問 18 非 課 税 資 産 の 輸 出 取 引 等 を 行 った 場 合 の 課 税 仕 入 れ 等 の 用 途 区 分 について 教 えてくださ い 11 ( 預 金 利 子 がある 場 合 の 用 途 区 分 ) 問 19 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 については 預 金 利 子 しかなく この 預 金 利 子 を 得 るためにのみ 必 要 となる 課 税 仕 入 れ 等 はありません このような 場 合 は その 課 税 期 間 における 課 税 仕 入 れ 等 の 全 てを 課 税 売 上 対 応 分 として 区 分 できますか 12 共 通 対 応 分 の 合 理 的 な 基 準 による 区 分 ( 基 通 の 適 用 範 囲 ) 問 20 基 通 を 適 用 して 共 通 対 応 分 を 合 理 的 な 基 準 により 課 税 売 上 対 応 分 と 非 課 税 売 上 対 応 分 とに 区 分 することが 可 能 なものについて 教 えてください 12 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 意 義 問 21 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 について 教 えてください 13

5 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 方 法 問 22 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 に 当 たっては 事 業 者 の 事 業 の 全 部 について 同 一 の 割 合 を 適 用 することとなるのですか 14 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 ( 従 業 員 割 合 ) 問 23 従 業 員 割 合 を 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として 承 認 申 請 したいのですが 承 認 は 受 けら れますか 15 ( 事 業 部 門 ごとの 割 合 ) 問 24 事 業 部 門 ごとに 課 税 売 上 割 合 と 同 様 の 方 法 により 求 めた 割 合 を 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として 承 認 申 請 したいのですが 承 認 は 受 けられますか 16 ( 床 面 積 割 合 ) 問 25 床 面 積 割 合 を 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として 承 認 申 請 したいのですが 承 認 は 受 けら れますか 17 ( 取 引 件 数 割 合 ) 問 26 取 引 件 数 割 合 を 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として 承 認 申 請 したいのですが 承 認 は 受 け られますか 18 ( 承 認 申 請 手 続 ) 問 27 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 申 請 手 続 について 教 えてください 19 ( 適 用 できる 課 税 期 間 ) 問 28 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 を 受 けた 場 合 いつから 適 用 となるのですか 19 ( 一 括 比 例 配 分 方 式 への 適 用 ) 問 29 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 は 一 括 比 例 配 分 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 を 行 う 場 合 にも 適 用 できますか 20 たまたま 土 地 の 譲 渡 があった 場 合 の 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 問 30 土 地 の 譲 渡 は 非 課 税 とされており その 譲 渡 対 価 は 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 に 含 まれますが 土 地 の 譲 渡 を 本 来 の 事 業 としていないような 事 業 者 の 場 合 に は これに 伴 う 課 税 仕 入 れの 額 はその 譲 渡 金 額 に 比 し 一 般 的 に 少 額 であることから 課 税 売 上 割 合 を 適 用 して 仕 入 れに 係 る 消 費 税 額 を 計 算 した 場 合 には 事 業 の 実 態 を 反 映 し ないことがあります そこで たまたま 土 地 の 譲 渡 対 価 の 額 があったことにより 課 税 売 上 割 合 が 減 少 する 場 合 で 課 税 売 上 割 合 を 適 用 して 仕 入 れに 係 る 消 費 税 額 を 計 算 すると 当 該 事 業 者 の 事 業 の 実 態 を 反 映 しないと 認 められるときは 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 を 受 けること ができますか 20 たまたま 土 地 の 譲 渡 があった 場 合 の 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 範 囲 問 31 有 価 証 券 の 譲 渡 の 場 合 であっても 問 30 の 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 算 出 方 法 による 承 認 を 受 けることができますか 21

6 仕 入 税 額 控 除 制 度 ( 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 に 関 する 部 分 ) ( 問 1) 消 費 税 の 仕 入 税 額 控 除 制 度 ( 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 に 関 する 部 分 )について 教 えてください 1 仕 入 税 額 控 除 制 度 の 基 本 的 な 考 え 方 消 費 税 は 原 則 として 全 ての 財 貨 サービスの 国 内 における 販 売 提 供 などを 課 税 対 象 とし 生 産 流 通 販 売 などの 各 段 階 において 他 の 事 業 者 や 消 費 者 に 財 貨 サービスの 販 売 提 供 などを 行 う 事 業 者 ( 法 人 及 び 個 人 事 業 者 )を 納 税 義 務 者 とし その 売 上 げ( 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ) に 対 して 課 税 されます 消 費 税 においては こうした 仕 組 みを 採 る 関 係 上 各 取 引 段 階 において 二 重 三 重 に 消 費 税 が 課 されないよう 税 の 累 積 を 排 除 するために 事 業 者 の 納 付 税 額 の 計 算 に 当 たっては その 前 段 階 で 課 された 消 費 税 額 を 控 除 する 制 度 ( 以 下 仕 入 税 額 控 除 制 度 といいます )が 設 け られています( 法 30) 各 事 業 者 が 申 告 納 付 する 消 費 税 額 は 原 則 として その 課 税 期 間 中 の 課 税 売 上 げに 係 る 消 費 税 額 から 課 税 仕 入 れ 等 に 係 る 消 費 税 額 を 控 除 ( 以 下 仕 入 税 額 控 除 といいます )して 計 算 することになります また 課 税 仕 入 れ 等 に 係 る 消 費 税 額 が 課 税 売 上 げに 係 る 消 費 税 額 を 上 回 る 場 合 には 控 除 不 足 額 が 還 付 されます 仕 入 税 額 控 除 制 度 は 上 記 のように 税 の 累 積 を 排 除 する 観 点 から 設 けられた 制 度 ですので 課 税 仕 入 れ 等 に 係 る 消 費 税 額 については あくまで 課 税 売 上 げに 対 応 するもののみが 仕 入 税 額 控 除 の 対 象 になるというのが 原 則 です このため 非 課 税 売 上 げである 取 引 を 行 う 事 業 者 であ っても その 取 引 を 行 うために 財 貨 サービスの 課 税 仕 入 れ 等 が 一 般 的 に 行 われますが 本 来 当 該 非 課 税 売 上 げに 対 応 する 課 税 仕 入 れ 等 に 係 る 消 費 税 額 は 仕 入 税 額 控 除 の 対 象 とはなりま せん 2 課 税 売 上 割 合 による 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 しかしながら 例 えば 預 金 利 子 などの 非 課 税 売 上 げは その 営 む 事 業 の 内 容 如 何 にかかわ らず ほとんどの 事 業 者 において 生 じるものと 考 えられますが 他 方 でこれに 伴 う 課 税 仕 入 れ 等 はほとんど 生 じないのが 通 常 です こうしたことから 事 業 者 の 事 務 負 担 等 に 配 慮 し 事 業 全 体 の 売 上 高 に 基 づく 課 税 売 上 割 合 ( 非 課 税 売 上 げも 含 めた 売 上 高 全 体 に 占 める 課 税 売 上 高 の 割 合 をいいます 問 3 参 照 )を 基 に 仕 入 税 額 控 除 の 対 象 となる 消 費 税 額 ( 以 下 仕 入 控 除 税 額 といいます )の 計 算 をすることができるという 簡 便 法 が 設 けられています 具 体 的 に は 専 ら 課 税 売 上 げを 行 う 場 合 として 課 税 売 上 割 合 が 95% 以 上 である 場 合 には その 課 税 期 間 中 の 課 税 仕 入 れ 等 に 係 る 消 費 税 額 が 課 税 売 上 げに 対 応 するものか 否 かの 厳 密 な 区 分 を 行 う ことを 要 せず 全 額 を 仕 入 税 額 控 除 の 対 象 とすることができることとされています( 以 下 95% ルール といいます ) ( 注 ) 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 からは その 課 税 期 間 における 課 税 売 上 高 が5 億 円 を 超 える 事 業 者 は 個 別 対 応 方 式 か 一 括 比 例 配 分 方 式 のいずれかで 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 する 必 要 があります( 問 2 参 照 ) 他 方 課 税 売 上 割 合 が 95% 未 満 の 場 合 及 び 上 記 2( 注 )に 該 当 する 場 合 の 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 は 次 のように 行 います( 法 302) 1

7 1 個 別 対 応 方 式 仕 入 控 除 税 額 = 課 税 売 上 対 応 分 に 係 る 消 費 税 額 共 通 対 応 分 に + 係 る 消 費 税 額 課 税 売 上 割 合 2 一 括 比 例 配 分 方 式 仕 入 控 除 税 額 = その 課 税 期 間 中 の 課 税 仕 入 れ 等 に 係 る 消 費 税 額 の 合 計 額 課 税 売 上 割 合 95%ルールの 適 用 要 件 の 見 直 しの 概 要 ( 問 2) 仕 入 税 額 控 除 制 度 における 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しの 概 要 について 教 えてくださ い 1 改 正 概 要 改 正 前 の 95%ルールは 事 業 者 の 事 務 負 担 等 に 配 慮 する 観 点 から 導 入 された 制 度 であるに もかかわらず その 課 税 期 間 における 課 税 売 上 割 合 が 95% 以 上 である 全 ての 事 業 者 に 一 律 に 認 められていましたが 制 度 の 本 来 の 趣 旨 を 踏 まえ 対 象 者 を 引 き 続 き 事 務 負 担 に 配 慮 す る 必 要 があると 考 えられる 一 定 規 模 以 下 の 事 業 者 に 限 定 して 適 用 することとされました( 法 302) 具 体 的 には 95%ルールの 適 用 対 象 者 をその 課 税 期 間 における 課 税 売 上 高 が5 億 円 以 下 の 事 業 者 に 限 ることとし 他 方 で 当 該 課 税 売 上 高 が5 億 円 を 超 える 事 業 者 については 課 税 売 上 割 合 が 95% 以 上 であっても 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 に 当 たっては 個 別 対 応 方 式 か 一 括 比 例 配 分 方 式 のいずれかの 方 法 で 計 算 する 必 要 があることとされました この 場 合 の 課 税 期 間 における 課 税 売 上 高 とは その 課 税 期 間 中 における 消 費 税 が 課 税 される 取 引 の 売 上 金 額 ( 税 抜 き)と 輸 出 取 引 などの 免 税 売 上 金 額 の 合 計 額 をいい 売 上 返 品 売 上 値 引 や 売 上 割 戻 し 等 に 係 る 金 額 がある 場 合 には これらの 合 計 額 ( 税 抜 き)を 控 除 した 残 額 ( 法 第 28 条 第 1 項 に 規 定 する 対 価 の 額 )をいいます( 法 306) 2 課 税 売 上 高 5 億 円 の 判 定 期 間 その 課 税 期 間 における 課 税 売 上 高 が5 億 円 を 超 える か 否 かは1 年 間 の 課 税 売 上 高 によ って 判 定 することとなりますので 例 えば 事 業 年 度 が6か 月 である 場 合 や 課 税 期 間 の 特 例 ( 法 191 三 ~ 四 の 二 )の 適 用 を 受 けている 場 合 など その 課 税 期 間 が1 年 に 満 たない 場 合 に は その1 年 に 満 たない 課 税 期 間 における 課 税 売 上 高 を1 年 間 の 課 税 売 上 高 に 年 換 算 した 金 額 ( 当 該 課 税 期 間 の 月 数 で 除 し これに 12 を 乗 じて 計 算 した 金 額 )とすることとされてい ます これは 仮 決 算 による 中 間 申 告 書 を 提 出 する 場 合 も 同 様 です なお 事 業 者 免 税 点 制 度 等 の 中 小 事 業 者 向 け 特 例 措 置 のように 基 準 期 間 における 課 税 売 上 高 により 判 定 するのではなく 課 税 売 上 割 合 が 95% 以 上 か 未 満 かの 判 定 をする 場 合 と 同 様 に あくまで 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 する 対 象 期 間 となる 課 税 期 間 における 課 税 売 上 高 により 2

8 判 定 するものであることに 留 意 が 必 要 です 上 記 の 改 正 は 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 されます( 改 正 法 附 則 223) 課 税 売 上 割 合 の 計 算 ( 問 3) 課 税 売 上 割 合 の 計 算 はどのようにして 行 うのでしょうか 課 税 売 上 割 合 とは その 課 税 期 間 中 に 国 内 において 行 った 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 ( 税 抜 き) の 合 計 額 に 占 める 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 ( 税 抜 き)の 合 計 額 の 割 合 をいいます( 法 306) 課 税 売 上 割 合 = 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 ( 税 抜 き)の 合 計 額 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 ( 税 抜 き)の 合 計 額 この 場 合 の 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 及 び 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 については それぞれ 売 上 げに 係 る 対 価 の 返 還 等 の 金 額 ( 輸 出 取 引 に 係 る 返 還 等 の 金 額 を 含 みます いずれも 税 抜 きで す )を 控 除 した 残 額 によることとなります( 令 481) 課 税 売 上 割 合 を 計 算 する 場 合 における 国 内 において 行 った 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 又 は 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 には 輸 出 取 引 に 係 る 対 価 の 額 は 含 まれ 国 外 取 引 に 係 る 対 価 の 額 は 含 まれません また 非 課 税 資 産 の 輸 出 額 ( 有 価 証 券 支 払 手 段 金 銭 債 権 の 輸 出 額 を 除 きます 令 511) 及 び 資 産 の 海 外 支 店 等 への 転 送 輸 出 に 係 る 輸 出 額 に 相 当 する 額 も 課 税 売 上 割 合 を 計 算 する 場 合 の 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 及 び 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 に 含 まれることとされて います( 法 31 令 5123) なお 課 税 売 上 割 合 の 分 母 となる( 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 の 合 計 額 )の 計 算 については 次 の1から3の 特 例 が 設 けられています( 令 48) また 課 税 売 上 割 合 を 計 算 する 上 での 注 意 点 は 下 記 4を 参 照 してください 1 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 の 全 額 を 分 母 に 算 入 しないもの( 令 482) (1) 通 貨 小 切 手 等 の 支 払 手 段 の 譲 渡 については 売 上 げの 二 重 計 上 を 排 除 するため これら に 係 る 対 価 の 額 は 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 に 含 めないこととされ ています (2) 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 として 取 得 した 金 銭 債 権 (いわゆる 売 掛 債 権 等 )の 譲 渡 については 売 上 げの 二 重 計 上 を 排 除 するため その 譲 渡 等 の 対 価 の 額 は 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 に 含 めないこととされています (3) 国 債 地 方 債 及 び 社 債 並 びに 譲 渡 性 預 金 証 書 等 ( 現 先 取 引 債 券 等 )を 予 め 約 定 した 期 日 に 予 め 約 定 した 価 格 等 で 買 い 戻 すことを 約 して 譲 渡 し かつ その 約 定 に 基 づきその 現 先 取 引 債 券 等 を 買 い 戻 す 場 合 におけるその 現 先 取 引 債 券 等 の 譲 渡 については 資 金 の 借 入 れと 同 じ 効 果 を 持 つものですから これに 係 る 対 価 の 額 は 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 に 含 めないこととされています 3

9 2 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 の 一 部 の 金 額 を 分 母 に 算 入 するもの( 令 483~5) (1) 現 先 取 引 債 券 等 を 予 め 約 定 した 期 日 に 予 め 約 定 した 価 格 で 売 り 戻 すことを 約 して 購 入 し かつ その 約 定 に 基 づき 売 り 戻 す 場 合 における 対 価 の 額 は その 現 先 取 引 が 利 子 を 得 る 目 的 で 行 う 金 銭 の 貸 付 けと 類 似 することから 課 税 売 上 割 合 の 計 算 における 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 となるのは 売 戻 しに 係 る 対 価 の 額 から 購 入 に 係 る 対 価 の 額 を 控 除 した 残 額 とされてい ます (2) 貸 付 金 その 他 の 金 銭 債 権 の 譲 受 け 等 をした 場 合 の 対 価 の 額 は 利 子 ( 償 還 差 益 譲 り 受 け た 金 銭 債 権 の 弁 済 を 受 けた 金 額 とその 取 得 価 額 との 差 額 その 他 経 済 的 な 性 質 が 利 子 に 準 ず るものを 含 みます )の 金 額 とされています (3) 消 費 税 が 非 課 税 となる 有 価 証 券 等 を 譲 渡 した 場 合 ( 現 先 取 引 に 該 当 するものを 除 く )に は 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 に 算 入 する 対 価 の 額 は その 有 価 証 券 等 の 譲 渡 の 対 価 の 額 の5%に 相 当 する 金 額 とされています 3 分 母 から 控 除 するもの( 令 486) 国 債 等 について 償 還 差 損 が 生 ずる 場 合 には 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 その 償 還 差 損 は 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 から 控 除 することとされています 4 課 税 売 上 割 合 を 計 算 する 上 での 注 意 点 (1) 課 税 売 上 割 合 は 事 業 者 がその 課 税 期 間 中 に 国 内 において 行 った 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 ( 税 抜 き)の 合 計 額 に 占 める 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 ( 税 抜 き)の 合 計 額 の 割 合 とされ ていますから 課 税 売 上 割 合 の 計 算 を 事 業 所 単 位 又 は 事 業 部 単 位 等 で 行 うことは 認 められま せん( 基 通 ) (2) 消 費 税 が 不 課 税 となる 見 舞 金 祝 金 寄 附 金 保 険 金 配 当 金 又 は 補 助 金 等 は 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 分 母 及 び 分 子 のいずれにも 算 入 しません (3) いわゆる 信 用 取 引 による 有 価 証 券 の 譲 渡 は それが 現 物 を 伴 う 取 引 であることについては 通 常 の 現 物 取 引 と 異 なるものではありませんから その 有 価 証 券 の 譲 渡 の 対 価 の 額 の5%に 相 当 する 金 額 を 分 母 に 算 入 することとなります( 令 485) (4) 金 銭 の 貸 付 けは 非 課 税 取 引 ですが 非 居 住 者 に 対 する 金 銭 の 貸 付 けのように 輸 出 取 引 等 に 該 当 するもの( 令 173)で その 証 明 がされたものは 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 輸 出 取 引 等 として 取 り 扱 うこととされています( 法 311) したがって 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 非 居 住 者 に 対 する 金 銭 の 貸 付 け 等 である 旨 の 証 明 がされるものに 係 る 貸 付 金 の 利 子 については 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 として 分 子 にも 算 入 します( 令 512) (5) 有 価 証 券 支 払 手 段 金 銭 債 権 の 輸 出 は 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 輸 出 取 引 とみなすもの には 含 まれませんから 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 分 子 には 算 入 しないこととなります( 法 31 1 令 511) (6) 相 続 合 併 分 割 等 があったことにより 課 税 期 間 の 中 途 で 課 税 事 業 者 となった 場 合 の 相 続 人 合 併 法 人 新 設 分 割 子 法 人 又 は 分 割 承 継 法 人 の 課 税 売 上 割 合 の 計 算 は それぞれ 課 税 事 業 者 となった 後 の 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 の 合 計 額 及 び 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 の 合 計 額 を 基 礎 として 計 算 することとなります( 基 通 ) (7) 課 税 売 上 割 合 を 計 算 する 場 合 における 国 内 において 行 った 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 又 は 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 には 輸 出 取 引 に 係 る 対 価 の 額 は 含 まれますが 国 外 取 引 に 係 4

10 る 対 価 の 額 は 含 まれません( 基 通 ) (8) 輸 出 取 引 に 係 る 対 価 の 返 還 等 を 行 った 場 合 には 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 及 び 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 から それぞれ 輸 出 取 引 に 係 る 対 価 の 返 還 等 の 金 額 を 控 除 することとなります( 基 通 ) (9) 課 税 売 上 割 合 については 原 則 として 端 数 処 理 は 行 いませんが 事 業 者 がその 生 じた 端 数 を 切 り 捨 てているときは 認 められます( 基 通 ) 個 別 対 応 方 式 ( 問 4) 個 別 対 応 方 式 について 教 えてください 課 税 売 上 割 合 が 95% 未 満 である 事 業 者 又 は 課 税 売 上 割 合 が 95% 以 上 であってもその 課 税 期 間 における 課 税 売 上 高 が5 億 円 を 超 える 事 業 者 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )については 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 は 個 別 対 応 方 式 か 一 括 比 例 配 分 方 式 のいずれかの 方 法 で 行 うこととされています( 法 302) 個 別 対 応 方 式 は その 課 税 期 間 における 個 々の 課 税 仕 入 れ 等 の 全 てについて 次 の3つの 区 分 が 明 らかにされている 場 合 に 適 用 できる 計 算 方 法 です( 法 302 一 ) 1 課 税 売 上 対 応 分 2 非 課 税 売 上 対 応 分 3 共 通 対 応 分 個 別 対 応 方 式 を 適 用 する 場 合 の 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 は 次 のとおりとなります 個 別 対 応 方 式 による 計 算 方 法 仕 入 控 除 税 額 = 課 税 売 上 対 応 分 に 係 る 消 費 税 額 + 共 通 対 応 分 に 係 る 消 費 税 額 課 税 売 上 割 合 ( 注 )1 個 別 対 応 方 式 を 適 用 する 事 業 者 は 税 務 署 長 の 承 認 を 受 けることにより 課 税 売 上 割 合 に 代 え て 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 により 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 をすることができます( 法 303) 2 個 別 対 応 方 式 を 適 用 するか 一 括 比 例 配 分 方 式 を 適 用 するかの 判 断 は 各 事 業 者 の 選 択 に 委 ね られていますが 一 括 比 例 配 分 方 式 ( 問 5 参 照 )を 適 用 した 場 合 には 一 括 比 例 配 分 方 式 を 適 用 した 課 税 期 間 の 初 日 から 同 日 以 後 2 年 を 経 過 する 日 までの 間 に 開 始 する 各 課 税 期 間 につ き 継 続 して 適 用 することが 要 件 とされています( 法 305) 5

11 一 括 比 例 配 分 方 式 ( 問 5) 一 括 比 例 配 分 方 式 について 教 えてください 課 税 売 上 割 合 が 95% 未 満 である 事 業 者 又 は 課 税 売 上 割 合 が 95% 以 上 であってもその 課 税 期 間 における 課 税 売 上 高 が5 億 円 を 超 える 事 業 者 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )については 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 は 個 別 対 応 方 式 か 一 括 比 例 配 分 方 式 のいずれかの 方 法 で 行 うこととされています( 法 302) 一 括 比 例 配 分 方 式 は 個 別 対 応 方 式 を 適 用 しない 場 合 つまり その 課 税 期 間 における 課 税 仕 入 れ 等 を 課 税 売 上 対 応 分 非 課 税 売 上 対 応 分 及 び 共 通 対 応 分 にその 区 分 が 明 らかにされていない 場 合 に 適 用 する 又 は 区 分 が 明 らかにされている 場 合 であっても 適 用 できる 計 算 方 法 です( 法 30 2 二 ) 一 括 比 例 配 分 方 式 を 適 用 する 場 合 の 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 は 次 のとおりです 一 括 比 例 配 分 方 式 による 計 算 方 法 その 課 税 期 間 中 の 課 税 仕 入 れ 等 仕 入 控 除 税 額 = 課 税 売 上 割 合 に 係 る 消 費 税 額 の 合 計 額 ( 注 )1 一 括 比 例 配 分 方 式 を 適 用 した 場 合 には 一 括 比 例 配 分 方 式 を 適 用 した 課 税 期 間 の 初 日 から 同 日 以 後 2 年 を 経 過 する 日 までの 間 に 開 始 する 各 課 税 期 間 につき 継 続 して 適 用 することが 要 件 と されています( 法 305) 2 一 括 比 例 配 分 方 式 を 適 用 した 事 業 者 は その 課 税 期 間 において 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 はできません( 法 303) 個 別 対 応 方 式 と 一 括 比 例 配 分 方 式 の 適 用 関 係 ( 一 括 比 例 配 分 方 式 の 継 続 適 用 ) ( 問 6) 前 課 税 期 間 の 確 定 申 告 における 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 は 一 括 比 例 配 分 方 式 により 行 い 当 課 税 期 間 の 確 定 申 告 については 個 別 対 応 方 式 により 行 いたいのですが 可 能 ですか 一 括 比 例 配 分 方 式 を 適 用 した 事 業 者 は この 計 算 方 法 を 適 用 した 課 税 期 間 の 初 日 から 同 日 以 後 2 年 を 経 過 する 日 までの 間 に 開 始 する 各 課 税 期 間 において 継 続 してこの 一 括 比 例 配 分 方 式 を 適 用 しなければならないこととされています( 法 305 基 通 ) 一 括 比 例 配 分 方 式 を2 年 間 以 上 継 続 して 適 用 ( 各 課 税 期 間 が1 年 で 前 々 課 税 期 間 にも 一 括 比 例 配 分 方 式 を 適 用 )している 場 合 は 当 課 税 期 間 の 確 定 申 告 を 個 別 対 応 方 式 により 行 うことは 可 能 です 6

12 個 別 対 応 方 式 と 一 括 比 例 配 分 方 式 の 適 用 関 係 ( 仮 決 算 による 一 括 比 例 配 分 方 式 の 適 用 ) ( 問 7) 個 別 対 応 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 している 事 業 者 ですが 中 間 申 告 を 仮 決 算 で 行 うこと になりました 中 間 申 告 については 一 括 比 例 配 分 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 したいのです が 認 められますか 認 められます 中 間 申 告 による 納 付 税 額 は 確 定 申 告 によって 清 算 されるものであることから 仮 決 算 による 中 間 申 告 において 一 括 比 例 配 分 方 式 を 適 用 した 場 合 でも 最 終 的 な 確 定 申 告 において 個 別 対 応 方 式 を 適 用 することは 認 められます また 法 第 30 条 第 5 項 の 規 定 により 一 括 比 例 配 分 方 式 を 継 続 適 用 しなければならない 課 税 期 間 であっても 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 においては 個 別 対 応 方 式 によることも 認 められます( 基 通 ) ( 注 ) 修 正 申 告 において 適 用 できる 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 は その 確 定 申 告 において 適 用 した 方 法 と なります( 基 通 注 書 き) 個 別 対 応 方 式 と 一 括 比 例 配 分 方 式 の 適 用 関 係 ( 計 算 方 法 の 事 後 的 な 変 更 ) ( 問 8) 一 括 比 例 配 分 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 し 確 定 申 告 した 後 において 個 別 対 応 方 式 による 方 が 納 付 すべき 税 額 が 少 なくなることに 気 付 いたことから 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 を 一 括 比 例 配 分 方 式 から 個 別 対 応 方 式 へ 変 更 することを 理 由 に 更 正 の 請 求 を 行 いたいのですが 認 められま すか 認 められません 法 第 30 条 第 2 項 第 2 号 一 括 比 例 配 分 方 式 の 規 定 に 従 って 確 定 申 告 を 行 っていますので 国 税 通 則 法 第 23 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 当 該 申 告 書 に 記 載 した 課 税 標 準 等 若 しくは 税 額 等 の 計 算 が 国 税 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 っていなかったこと 又 は 当 該 計 算 に 誤 りがあったこと のいずれにも 該 当 しません したがって 更 正 の 請 求 は 認 められません 課 税 売 上 対 応 分 の 意 義 ( 問 9) 個 別 対 応 方 式 における 課 税 売 上 対 応 分 について 教 えてください 課 税 売 上 対 応 分 とは 課 税 資 産 の 譲 渡 等 を 行 うためにのみ 必 要 な 課 税 仕 入 れ 等 をいい 例 えば 次 に 掲 げる 課 税 仕 入 れ 等 がこれに 該 当 します( 基 通 ) 1 そのまま 他 に 譲 渡 される 課 税 資 産 2 課 税 資 産 の 製 造 用 にのみ 消 費 し 又 は 使 用 される 原 材 料 容 器 包 紙 機 械 及 び 装 置 工 具 器 具 備 品 等 7

13 3 課 税 資 産 に 係 る 倉 庫 料 運 送 費 広 告 宣 伝 費 支 払 手 数 料 又 は 支 払 加 工 賃 等 なお 課 税 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 したものではありませんから 当 該 課 税 仕 入 れ 等 を 行 った 課 税 期 間 において 当 該 課 税 仕 入 れ 等 に 対 応 する 課 税 資 産 の 譲 渡 等 があったかどうかは 問 いません ( 参 考 ) 1 国 外 取 引 に 係 る 課 税 仕 入 れ 等 国 外 において 行 う 資 産 の 譲 渡 等 のための 課 税 仕 入 れ 等 がある 場 合 についても 当 該 課 税 仕 入 れ 等 に ついて 法 第 30 条 仕 入 れに 係 る 消 費 税 額 の 控 除 の 規 定 が 適 用 されることになります この 場 合 において 事 業 者 が 個 別 対 応 方 式 を 適 用 するときは 当 該 課 税 仕 入 れ 等 は 課 税 売 上 対 応 分 として 区 分 することとなります( 基 通 ) 2 試 供 品 試 作 品 等 に 係 る 課 税 仕 入 れ 等 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 販 売 促 進 等 のために 得 意 先 等 に 配 布 される 試 供 品 試 作 品 等 に 係 る 課 税 仕 入 れ 等 は 課 税 売 上 対 応 分 として 区 分 することとなります( 基 通 ) 非 課 税 売 上 対 応 分 の 意 義 ( 問 10) 個 別 対 応 方 式 における 非 課 税 売 上 対 応 分 について 教 えてください 非 課 税 売 上 対 応 分 とは 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 を 行 うためにのみ 必 要 な 課 税 仕 入 れ 等 をいい 例 えば 次 に 掲 げる 課 税 仕 入 れ 等 がこれに 該 当 します( 基 通 ) 1 販 売 用 の 土 地 の 造 成 費 用 2 販 売 用 の 土 地 の 取 得 に 係 る 仲 介 手 数 料 3 土 地 だけの 譲 渡 に 係 る 仲 介 手 数 料 4 賃 貸 用 住 宅 の 建 築 費 用 5 住 宅 の 賃 貸 に 係 る 仲 介 手 数 料 6 有 価 証 券 の 売 却 時 購 入 時 の 売 買 手 数 料 なお 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 要 したものではありませんから 当 該 課 税 仕 入 れ 等 を 行 った 課 税 期 間 において 当 該 課 税 仕 入 れ 等 に 対 応 する 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 があったかどうかは 問 いま せん 8

14 共 通 対 応 分 の 意 義 ( 問 11) 個 別 対 応 方 式 における 共 通 対 応 分 について 教 えてください 共 通 対 応 分 とは 原 則 として 課 税 資 産 の 譲 渡 等 と 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 共 通 して 要 する 課 税 仕 入 れ 等 がこれに 該 当 します 例 えば 課 税 資 産 の 譲 渡 等 と 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 がある 場 合 に それらに 共 通 して 使 用 される 資 産 の 取 得 費 用 や 消 耗 品 費 電 話 料 金 電 気 料 金 ガス 料 金 水 道 料 金 等 の 課 税 仕 入 れ 等 がこ れに 該 当 します また 株 券 の 発 行 に 当 たって 印 刷 業 者 へ 支 払 う 印 刷 費 証 券 会 社 へ 支 払 う 引 受 手 数 料 等 のよう に 資 産 の 譲 渡 等 に 該 当 しない 取 引 に 要 する 課 税 仕 入 れ 等 は 共 通 対 応 分 として 区 分 することとな ります( 基 通 ) ( 参 考 ) 1 交 際 費 に 該 当 する 課 税 仕 入 れ 等 交 際 費 に 該 当 する 課 税 仕 入 れ 等 は 原 則 として 共 通 対 応 分 として 区 分 することとなります なお 交 際 費 としての 支 出 の 目 的 や 相 手 方 に 応 じて 用 途 区 分 を 判 定 することは 認 められますので 例 えば 課 税 資 産 の 譲 渡 等 のみを 行 っている 相 手 方 に 対 する 歳 暮 や 中 元 に 係 る 課 税 仕 入 れ 等 であるこ とが 特 定 できるものについては 課 税 売 上 対 応 分 として 区 分 することとなります 2 寄 附 目 的 の 課 税 仕 入 れ 等 寄 附 する 目 的 で 購 入 した 物 品 に 係 る 課 税 仕 入 れ 等 は 寄 附 として 行 う 物 品 の 贈 与 が 対 価 を 得 て 行 われる 資 産 の 譲 渡 等 には 該 当 しませんから そのための 課 税 仕 入 れ 等 については 原 則 として 共 通 対 応 分 として 区 分 することとなります( 基 通 ) 個 別 対 応 方 式 における 用 途 区 分 ( 用 途 区 分 の 方 法 ) ( 問 12) 個 別 対 応 方 式 は その 課 税 期 間 における 個 々の 課 税 仕 入 れ 等 の 全 てについて 課 税 売 上 対 応 分 非 課 税 売 上 対 応 分 及 び 共 通 対 応 分 に 区 分 ( 以 下 用 途 区 分 といいます )し その 区 分 が 明 ら かにされている 場 合 に 適 用 できる 計 算 方 法 ですが その 用 途 区 分 を 明 らかにする 方 法 について 教 えてください 事 業 者 の 行 う 課 税 仕 入 れ 等 について 課 税 売 上 対 応 分 非 課 税 売 上 対 応 分 又 は 共 通 対 応 分 であ ることが 明 らかとなるように 例 えば 課 税 仕 入 れ 等 に 係 る 帳 簿 にその 用 途 区 分 を 記 載 する 又 は 会 計 ソフトにその 用 途 区 分 を 入 力 するなど 申 告 後 においても 客 観 的 に 判 断 できるように 用 途 区 分 されていればよく その 区 分 方 法 は 問 いません 9

15 個 別 対 応 方 式 における 用 途 区 分 ( 課 税 仕 入 れ 等 ごとの 用 途 区 分 ) ( 問 13) 課 税 仕 入 れ 等 の 用 途 区 分 は 取 引 ごとに 行 う 必 要 があるのですか 個 別 対 応 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 する 場 合 には その 課 税 期 間 中 において 行 った 個 々の 課 税 仕 入 れ 等 について 必 ず 課 税 売 上 対 応 分 非 課 税 売 上 対 応 分 及 び 共 通 対 応 分 に 区 分 しなけ ればなりなせん この 用 途 区 分 は 個 々の 課 税 仕 入 れ 等 ごと( 取 引 ごと)に 行 う 必 要 があります なお 課 税 仕 入 れ 等 の 中 から 課 税 売 上 対 応 分 のみを 抽 出 して 残 りを 全 て 共 通 対 応 分 として 区 分 することは 認 められません( 法 302 一 基 通 ) 個 別 対 応 方 式 における 用 途 区 分 ( 事 業 部 門 ごとの 用 途 区 分 ) ( 問 14) 課 税 仕 入 れ 等 の 用 途 区 分 を 事 業 部 門 ごと( 又 は 勘 定 科 目 ごと)に 行 うことは 認 められますか 事 業 部 門 ごとに 業 務 内 容 が 明 確 に 区 分 されており 当 該 事 業 部 門 が 課 税 資 産 の 譲 渡 等 のみを 行 う 事 業 部 門 である 場 合 には その 事 業 部 門 で 行 う 課 税 仕 入 れ 等 について 個 々の 課 税 仕 入 れ 等 ご とに 用 途 区 分 した 結 果 と 事 業 部 門 ごとに 用 途 区 分 した 結 果 は 同 じになると 考 えられますので このような 場 合 には 事 業 部 門 ごとでの 用 途 区 分 が 認 められます しかし その 事 業 部 門 で 行 う 業 務 内 容 が 事 業 年 度 の 途 中 で 変 更 されるなど 事 業 部 門 ごとでの 用 途 区 分 の 判 定 が 個 々の 課 税 仕 入 れ 等 について 用 途 区 分 を 行 った 結 果 と 異 なることとなる 場 合 には その 用 途 区 分 は 誤 っているということになりますので 注 意 が 必 要 です なお 上 記 のような 考 え 方 は 勘 定 科 目 ごとに 用 途 区 分 を 行 う 場 合 も 同 様 です 個 別 対 応 方 式 における 用 途 区 分 ( 用 途 区 分 の 時 期 ) ( 問 15) 課 税 仕 入 れ 等 の 時 に 用 途 が 決 まっていなかった 課 税 仕 入 れ 等 について 課 税 期 間 の 末 日 に 用 途 区 分 したのですが このような 区 分 方 法 は 認 められますか 認 められます 個 別 対 応 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 する 場 合 には その 課 税 期 間 中 において 行 った 個 々の 課 税 仕 入 れ 等 について 必 ず 課 税 売 上 対 応 分 非 課 税 売 上 対 応 分 及 び 共 通 対 応 分 に 区 分 しなけ ればならず また この 用 途 区 分 は 原 則 として 課 税 仕 入 れ 等 を 行 った 日 の 状 況 により 個 々の 課 税 仕 入 れ 等 ごとに 行 う 必 要 があります しかしながら 課 税 仕 入 れ 等 を 行 った 日 において その 用 途 が 明 らかでない 場 合 もあり 得 るこ とから その 日 の 属 する 課 税 期 間 の 末 日 までに 用 途 区 分 が 明 らかにされた 場 合 には その 用 途 区 分 されたところによって 個 別 対 応 方 式 による 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 を 行 っても 差 し 支 えありませ ん( 法 302 一 基 通 ) 10

16 個 別 対 応 方 式 における 用 途 区 分 ( 用 途 区 分 が 未 定 の 場 合 ) ( 問 16) 課 税 期 間 の 末 日 までに 用 途 が 決 まらない 課 税 仕 入 れ 等 の 用 途 区 分 はどのようになるのですか 課 税 仕 入 れ 等 を 行 った 課 税 期 間 の 末 日 までに 用 途 が 決 まらない 課 税 仕 入 れ 等 については 課 税 売 上 対 応 分 又 は 非 課 税 売 上 対 応 分 のいずれにも 区 分 されませんので 共 通 対 応 分 として 区 分 す ることとなります 個 別 対 応 方 式 における 用 途 区 分 ( 国 外 譲 渡 等 のための 輸 出 に 係 る 課 税 仕 入 れ 等 ) ( 問 17) 国 外 において 譲 渡 するため 又 は 国 外 において 自 己 使 用 するための 資 産 の 輸 出 をした 場 合 の 課 税 仕 入 れ 等 の 用 途 区 分 について 教 えてください 輸 出 取 引 等 の 証 明 がされたものに 係 る 課 税 仕 入 れ 等 については 課 税 売 上 対 応 分 として 区 分 す ることとなります 国 外 において 譲 渡 するため 又 は 国 外 において 自 己 使 用 するための 資 産 の 輸 出 をした 場 合 にお いて 当 該 資 産 が 輸 出 されたことにつき 輸 出 取 引 等 の 証 明 がされたものについては 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 輸 出 取 引 等 に 該 当 するものとみなして 法 第 30 条 仕 入 れに 係 る 消 費 税 額 の 控 除 の 規 定 を 適 用 することとされていますので 輸 出 取 引 等 の 証 明 がされたものに 係 る 課 税 仕 入 れ 等 については 課 税 売 上 対 応 分 として 区 分 することとなります( 法 312) 法 第 31 条 第 2 項 の 規 定 が 適 用 されるのは 例 えば 海 外 支 店 における 販 売 用 の 商 品 を 当 該 支 店 あてに 輸 出 する 場 合 海 外 の 建 設 工 事 に 使 用 する 建 設 資 材 を 海 外 の 工 事 現 場 の 自 己 あてに 輸 出 する 場 合 海 外 支 店 で 使 用 する 備 品 や 事 務 機 器 等 を 当 該 支 店 あてに 輸 出 する 場 合 等 が 該 当 するこ とになります( 基 通 ) 個 別 対 応 方 式 における 用 途 区 分 ( 非 課 税 資 産 の 輸 出 取 引 等 に 係 る 課 税 仕 入 れ 等 ) ( 問 18) 非 課 税 資 産 の 輸 出 取 引 等 を 行 った 場 合 の 課 税 仕 入 れ 等 の 用 途 区 分 について 教 えてください 輸 出 取 引 等 の 証 明 がされたものに 係 る 課 税 仕 入 れ 等 については 課 税 売 上 対 応 分 として 区 分 す ることとなります 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 のうち 輸 出 取 引 等 に 該 当 するもの( 有 価 証 券 支 払 手 段 金 銭 債 権 の 輸 出 を 除 きます 令 511)を 行 った 場 合 において 当 該 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 が 輸 出 取 引 等 に 該 当 する ものであることにつき 証 明 がされたものについては 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 輸 出 取 引 等 に 該 当 するものとみなして 法 第 30 条 仕 入 れに 係 る 消 費 税 額 の 控 除 の 規 定 を 適 用 することとされ ていますので 輸 出 取 引 等 の 証 明 がされたものに 係 る 課 税 仕 入 れ 等 については 課 税 売 上 対 応 分 として 区 分 することとなります( 法 311) なお 非 課 税 資 産 の 輸 出 取 引 等 に 係 る 対 価 の 額 については 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 の 額 とし 11

17 て 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 分 母 分 子 の 両 方 に 算 入 することとなります 個 別 対 応 方 式 における 用 途 区 分 ( 預 金 利 子 がある 場 合 の 用 途 区 分 ) ( 問 19) 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 については 預 金 利 子 しかなく この 預 金 利 子 を 得 るためにのみ 必 要 となる 課 税 仕 入 れ 等 はありません このような 場 合 は その 課 税 期 間 における 課 税 仕 入 れ 等 の 全 てを 課 税 売 上 対 応 分 として 区 分 できますか 課 税 売 上 対 応 分 として 特 定 されない 事 務 費 等 の 課 税 仕 入 れ 等 については 共 通 対 応 分 として 区 分 することとなります 個 別 対 応 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 する 場 合 には その 課 税 期 間 中 において 行 った 個 々の 課 税 仕 入 れ 等 について 必 ず 課 税 売 上 対 応 分 非 課 税 売 上 対 応 分 及 び 共 通 対 応 分 に 区 分 する 必 要 があり この 用 途 区 分 は 原 則 として 課 税 仕 入 れ 等 を 行 った 日 の 状 況 により 個 々の 課 税 仕 入 れ 等 ごとに 行 う 必 要 があります( 基 通 基 通 ) 預 金 利 子 を 得 るためにのみ 必 要 となる 課 税 仕 入 れ 等 はないとのことですが 消 費 税 が 非 課 税 と なる 預 金 利 子 が 事 業 者 の 事 業 活 動 に 伴 い 発 生 し 事 業 者 に 帰 属 するものであることからしても 例 えば 総 務 経 理 部 門 等 における 事 務 費 など 課 税 売 上 対 応 分 として 特 定 されない 課 税 仕 入 れ 等 については 共 通 対 応 分 として 区 分 することとなります 共 通 対 応 分 の 合 理 的 な 基 準 による 区 分 ( 基 通 の 適 用 範 囲 ) ( 問 20) 基 通 を 適 用 して 共 通 対 応 分 を 合 理 的 な 基 準 により 課 税 売 上 対 応 分 と 非 課 税 売 上 対 応 分 とに 区 分 することが 可 能 なものについて 教 えてください 1 基 通 の 概 要 基 通 共 通 用 の 課 税 仕 入 れ 等 を 合 理 的 な 基 準 により 区 分 した 場 合 では 個 別 対 応 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 する 場 合 において その 課 税 仕 入 れ 等 が 一 義 的 には 共 通 対 応 分 に 区 分 される 場 合 であっても 例 えば 原 材 料 包 装 材 料 倉 庫 料 電 力 料 等 のように 生 産 実 績 その 他 の 合 理 的 な 基 準 により その 課 税 仕 入 れ 等 を 課 税 売 上 対 応 分 と 非 課 税 売 上 対 応 分 と に 区 分 することが 可 能 なものについて 当 該 合 理 的 な 基 準 により 区 分 している 場 合 には 当 該 区 分 したところにより 個 別 対 応 方 式 を 適 用 できることを 明 らかにしています この 場 合 の 区 分 することが 可 能 なものとは 原 材 料 包 装 材 料 倉 庫 料 電 力 料 のように 製 品 の 製 造 に 直 接 用 いられる 課 税 仕 入 れ 等 をその 適 用 事 例 の 典 型 として 示 していることからも 明 らかなように 課 税 資 産 の 譲 渡 等 又 は 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 と 明 確 かつ 直 接 的 な 対 応 関 係 があ ることにより 生 産 実 績 のように 既 に 実 現 している 事 象 の 数 値 のみによって 算 定 される 割 合 で その 合 理 性 が 検 証 可 能 な 基 準 により 機 械 的 に 区 分 することが 可 能 な 課 税 仕 入 れ 等 をいいます 2 基 通 の 適 用 に 当 たっての 留 意 点 個 別 対 応 方 式 における 共 通 対 応 分 に 係 る 仕 入 控 除 税 額 は 共 通 対 応 分 に 係 る 消 費 税 額 に 課 税 12

18 売 上 割 合 を 乗 じて 計 算 することとされています( 法 302 一 ) また 課 税 売 上 割 合 で 計 算 した 仕 入 控 除 税 額 がその 事 業 者 の 事 業 の 実 態 と 乖 離 した 結 果 とな る 場 合 などは 事 業 者 が 事 前 に 税 務 署 長 の 承 認 を 受 けることにより 事 業 実 態 に 則 した 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 により 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 することができることとされています( 法 30 3) これらを 踏 まえ 基 通 は 当 該 通 達 で 例 示 しているとおり 一 義 的 には 共 通 対 応 分 として 区 分 された 課 税 仕 入 れ 等 であっても 製 品 製 造 原 価 となる 原 材 料 梱 包 材 料 倉 庫 料 電 力 料 等 のように 課 税 資 産 の 譲 渡 等 又 は 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 との 対 応 関 係 が 明 確 かつ 直 接 的 で 生 産 実 績 のように 既 に 実 現 している 事 象 の 数 値 のみによって 算 定 される 割 合 で その 合 理 性 が 検 証 可 能 な 基 準 により 機 械 的 に 区 分 することが 可 能 なものに 限 っては 当 該 合 理 的 な 基 準 により 区 分 することとして 差 し 支 えないものとしています ( 注 ) 各 事 業 者 固 有 の 特 殊 な 実 情 に 則 した 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 を 行 う 必 要 がある 場 合 には 事 前 に 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 を 受 ける 必 要 があります 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 意 義 ( 問 21) 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 について 教 えてください 1 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 とは その 課 税 期 間 における 課 税 仕 入 れ 等 のうち 個 別 対 応 方 式 に おける 共 通 対 応 分 に 係 る 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 において 事 業 者 における 事 業 内 容 等 の 実 態 が その 課 税 仕 入 れ 等 のあった 課 税 期 間 における 課 税 売 上 割 合 によっては 必 ずしも 反 映 されてい ないという 場 合 に 対 処 するために 課 税 売 上 割 合 よりも 更 に 合 理 的 な 割 合 を 適 用 することがそ の 事 業 者 にとって 事 業 内 容 等 の 実 態 を 反 映 したものとなるのであれば その 合 理 的 な 割 合 を 認 めることが 妥 当 との 趣 旨 から 設 けられているものです 当 該 割 合 は 当 該 事 業 者 の 営 む 事 業 の 種 類 の 異 なるごと 又 は 当 該 事 業 に 係 る 販 売 費 一 般 管 理 費 その 他 の 費 用 の 種 類 の 異 なるごとに 区 分 して 算 出 することができます( 法 303) 2 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 範 囲 どのような 割 合 が 合 理 的 であるかは その 事 業 者 の 営 む 事 業 の 種 類 等 により 異 なるものと 考 えられ その 割 合 を 算 出 することになる 基 準 をどのような 外 形 的 要 素 に 依 存 することが 妥 当 で あるかについても 一 概 に 言 えるものではありませんが 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 としては 使 用 人 の 数 又 は 従 事 日 数 の 割 合 消 費 又 は 使 用 する 資 産 の 価 額 使 用 数 量 使 用 面 積 の 割 合 な どが 考 えられます( 基 通 ) 当 該 割 合 は 本 来 の 課 税 売 上 割 合 の 適 用 範 囲 と 異 なり その 事 業 者 が 行 う 事 業 の 全 部 につい て 同 一 の 割 合 を 適 用 する 必 要 はなく 例 えば 次 のような 方 法 によることもできます( 基 通 ) (1) 事 業 の 種 類 の 異 なるごと その 事 業 者 の 営 む 事 業 の 種 類 の 異 なるごとに 区 分 して 事 業 の 異 なるごとにそれぞれ 異 な る 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 適 用 する 方 法 13

19 (2) 事 業 に 係 る 販 売 費 一 般 管 理 費 その 他 の 費 用 の 種 類 の 異 なるごと その 事 業 者 の 事 業 に 係 る 販 売 費 一 般 管 理 費 その 他 の 費 用 の 種 類 の 異 なるごとに 区 分 して 費 用 の 種 類 の 異 なるごとにそれぞれ 異 なる 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 適 用 する 方 法 (3) 事 業 に 係 る 事 業 場 の 単 位 ごと その 事 業 者 の 事 業 に 係 る 事 業 場 の 単 位 ごとに 区 分 して 事 業 場 の 異 なるごとにそれぞれ 異 なる 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 適 用 する 方 法 なお 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 用 いて 計 算 する 場 合 には 納 税 地 の 所 轄 税 務 署 長 の 承 認 を 受 ける 必 要 があり 承 認 を 受 けた 日 の 属 する 課 税 期 間 から 課 税 売 上 割 合 に 代 えて 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 用 いて 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 することとなります( 法 303) また 承 認 に 係 る 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 用 いて 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 することが 適 当 で ないと 認 められる 事 情 が 生 じた 場 合 には 税 務 署 長 は その 承 認 を 取 り 消 すことができること とされています( 令 473) この 承 認 の 取 消 しがあった 場 合 には その 取 消 しのあった 日 の 属 する 課 税 期 間 から 当 該 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 用 いて 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 することはで きません( 令 475) ( 注 ) 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 を 受 けた 場 合 には 本 来 の 課 税 売 上 割 合 に 代 えて 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 適 用 するのですから いずれか 有 利 な 割 合 を 適 用 することはできません( 法 303) 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 方 法 ( 問 22) 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 に 当 たっては 事 業 者 の 事 業 の 全 部 について 同 一 の 割 合 を 適 用 することとなるのですか 事 業 者 が 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 適 用 する 場 合 には その 事 業 者 が 行 う 事 業 の 全 部 につ いて 同 一 の 割 合 しか 適 用 できないということではなく 次 の1から3のような 区 分 ごとに 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 適 用 して 計 算 することができます また その 場 合 には 適 用 すべき 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 全 てについて 納 税 地 の 所 轄 税 務 署 長 の 承 認 を 受 ける 必 要 があります 1 事 業 の 種 類 の 異 なるごとの 区 分 2 事 業 に 係 る 販 売 費 一 般 管 理 費 その 他 の 費 用 の 種 類 の 異 なるごとの 区 分 3 事 業 に 係 る 事 業 場 の 単 位 ごとの 区 分 したがって 例 えば 課 税 資 産 の 譲 渡 等 と 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 共 通 して 要 する 課 税 仕 入 れ 等 に 該 当 するような 総 務 経 理 部 門 等 における 経 費 について 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 をする 場 合 には その 費 用 の 種 類 ごとに 区 分 し 電 気 料 については 床 面 積 割 合 を 適 用 し コンピュータリース 料 に ついては 本 来 の 課 税 売 上 割 合 を 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として 適 用 し 水 道 料 その 他 について は 従 業 員 割 合 を 適 用 するなど それぞれの 区 分 ごとに 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 することができます ( 基 通 ) なお 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 は その 準 ずる 割 合 を 用 いた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 体 系 について 上 記 1から3の 例 により 事 業 者 の 行 う 事 業 の 全 体 として それぞれに 承 認 を 受 ける 必 14

20 要 があるものですから 例 えば 特 定 の 共 通 用 の 課 税 仕 入 れ 等 について 適 用 しようとする 割 合 が 合 理 的 であったとしても その 他 の 共 通 用 の 課 税 仕 入 れ 等 について 適 用 しようとする 割 合 が 合 理 的 でない 場 合 又 は 適 用 しようとする 割 合 の 計 算 方 法 が 不 明 確 である 場 合 には 承 認 を 受 けること ができません 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 ( 従 業 員 割 合 ) ( 問 23) 従 業 員 割 合 を 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として 承 認 申 請 したいのですが 承 認 は 受 けられます か 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 は 個 別 対 応 方 式 における 共 通 対 応 分 に 係 る 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 において その 事 業 者 における 事 業 内 容 等 の 実 態 が その 課 税 仕 入 れ 等 のあった 課 税 期 間 の 課 税 売 上 割 合 によっては 必 ずしも 反 映 されていない 場 合 に 認 められるものです したがって 従 業 員 割 合 ( 従 事 日 数 割 合 を 含 みます )が 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として その 事 業 者 における 事 業 内 容 等 の 実 態 を 反 映 したものであるかどうかについては その 事 業 者 の 営 む 事 業 の 種 類 等 により 異 なるものと 考 えられますので 一 概 にはお 答 えすることはできません が 一 般 的 に 承 認 申 請 に 当 たり 留 意 していただきたいことは 次 のとおりです 従 業 員 割 合 の 計 算 方 法 従 業 員 割 合 = 課 税 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 従 事 する 従 業 員 数 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に + のみ 従 事 する 従 業 員 数 のみ 従 事 する 従 業 員 数 留 意 事 項 1 割 合 の 算 定 割 合 の 適 用 範 囲 (1) 従 業 員 数 を 課 税 資 産 の 譲 渡 等 と 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 業 務 ごとに 区 分 できることが 前 提 となります ( 注 ) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 及 び 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 双 方 の 業 務 に 従 事 する 従 業 員 がいる 場 合 には 課 税 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 従 事 する 従 業 員 数 を 総 従 業 員 数 - 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 のみ 従 事 する 従 業 員 数 という 方 法 で 把 握 することは 認 められません (2) 計 算 の 基 礎 となる 従 業 員 数 は 原 則 として 課 税 期 間 の 末 日 の 現 況 によります ( 注 ) 課 税 期 間 の 末 日 における 従 業 員 数 が 課 税 期 間 における 実 態 と 異 なるなど 事 業 の 実 態 を 反 映 しないものであるときは 課 税 期 間 中 の 各 月 末 の 平 均 数 値 等 によることができます (3) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 及 び 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 双 方 の 業 務 に 従 事 する 従 業 員 については 原 則 としてこの 割 合 の 計 算 上 分 母 分 子 のいずれにも 含 めません ただし 事 務 日 報 等 により 課 税 資 産 の 譲 渡 等 及 び 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 双 方 の 業 務 に 従 事 する 従 業 員 全 員 の 従 事 日 数 が 記 録 されていて この 記 録 により 従 業 員 ごとの 従 事 日 数 の 割 合 が 計 算 できる 場 合 には 当 該 従 事 日 数 の 割 合 により 当 該 従 業 員 数 を 各 業 務 にあん 分 すること は 認 められます 15

21 ( 注 ) 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 にのみ 従 事 する 従 業 員 が 皆 無 の 場 合 であっても 課 税 資 産 の 譲 渡 等 及 び 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 双 方 の 業 務 に 従 事 する 従 業 員 全 員 について 上 記 のただし 書 に 規 定 する 状 況 にあるときは その 従 事 日 数 の 割 合 により 従 業 員 割 合 の 適 用 が 認 められます (4) 例 えば 建 設 会 社 の 海 外 工 事 部 門 の 従 業 員 など 国 外 取 引 にのみ 従 事 する 従 業 員 について は この 割 合 の 計 算 上 分 母 分 子 のいずれにも 含 めません (5) 法 人 の 役 員 ( 非 常 勤 役 員 を 除 きます )も 従 業 員 に 含 めて 取 り 扱 います また アルバイ ト 等 についても 従 業 員 と 同 等 の 勤 務 状 況 にある 場 合 には 従 業 員 に 含 めて 取 り 扱 います (6) 本 店 支 店 ごと 又 は 事 業 部 門 ごとにそれぞれの 従 業 員 割 合 を 適 用 することは 認 められます 2 適 用 対 象 となる 共 通 対 応 分 共 通 対 応 分 のうち 従 業 員 数 に 比 例 して 支 出 されると 認 められるものについて 適 用 できます 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 ( 事 業 部 門 ごとの 割 合 ) ( 問 24) 事 業 部 門 ごとに 課 税 売 上 割 合 と 同 様 の 方 法 により 求 めた 割 合 を 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 と して 承 認 申 請 したいのですが 承 認 は 受 けられますか 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 は 個 別 対 応 方 式 における 共 通 対 応 分 に 係 る 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 において その 事 業 者 における 事 業 内 容 等 の 実 態 が その 課 税 仕 入 れ 等 のあった 課 税 期 間 の 課 税 売 上 割 合 によっては 必 ずしも 反 映 されていない 場 合 に 認 められるものです したがって 事 業 部 門 ごとに 課 税 売 上 割 合 と 同 様 の 方 法 により 求 めた 割 合 が 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として その 事 業 者 における 事 業 内 容 等 の 実 態 を 反 映 したものであるかどうかについ ては その 事 業 者 の 営 む 事 業 の 種 類 等 により 異 なるものと 考 えられますので 一 概 にはお 答 えす ることはできませんが 一 般 的 に 承 認 申 請 に 当 たり 留 意 していただきたいことは 次 のとおりです 事 業 部 門 ごとの 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 計 算 方 法 事 業 部 門 ごとの 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 = 事 業 部 門 ごとの 課 税 売 上 高 事 業 部 門 ごと 事 業 部 門 ごと + の 課 税 売 上 高 の 非 課 税 売 上 高 留 意 事 項 1 割 合 の 算 定 割 合 の 適 用 範 囲 (1) 事 業 部 門 ごと( 本 店 支 店 ごとによる 場 合 を 含 みます )に 当 該 事 業 部 門 に 係 る 課 税 売 上 高 と 非 課 税 売 上 高 を 基 礎 として 課 税 売 上 割 合 と 同 様 の 方 法 により 割 合 を 求 めます (2) この 割 合 は 独 立 採 算 制 の 対 象 となっている 事 業 部 門 や 独 立 した 会 計 単 位 となっている 事 業 部 門 についてのみ 適 用 が 認 められるものです (3) 総 務 経 理 部 門 等 の 事 業 を 行 う 部 門 以 外 の 部 門 については この 割 合 の 適 用 は 認 められま せん (4) 総 務 経 理 部 門 等 の 共 通 対 応 分 の 消 費 税 額 全 てを 各 事 業 部 門 の 従 業 員 数 比 率 等 適 宜 の 比 率 16

22 により 事 業 部 門 に 振 り 分 けた 上 で 事 業 部 門 ごとの 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 によりあん 分 する 方 法 も 認 められます (5) 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 が 本 来 の 課 税 売 上 割 合 よりも 低 いこととなる 場 合 であっても その 承 認 を 受 けた 事 業 部 門 における 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 使 用 します 2 適 用 対 象 となる 共 通 対 応 分 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 を 受 けた 事 業 部 門 の 共 通 対 応 分 に 係 る 消 費 税 額 について 適 用 できます 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 ( 床 面 積 割 合 ) ( 問 25) 床 面 積 割 合 を 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として 承 認 申 請 したいのですが 承 認 は 受 けられます か 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 は 個 別 対 応 方 式 における 共 通 対 応 分 に 係 る 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 において その 事 業 者 における 事 業 内 容 等 の 実 態 が その 課 税 仕 入 れ 等 のあった 課 税 期 間 の 課 税 売 上 割 合 によっては 必 ずしも 反 映 されていない 場 合 に 認 められるものです したがって 床 面 積 割 合 が 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として その 事 業 者 における 事 業 内 容 等 の 実 態 を 反 映 したものであるかどうかについては その 事 業 者 の 営 む 事 業 の 種 類 等 により 異 な るものと 考 えられますので 一 概 にはお 答 えすることはできませんが 一 般 的 に 承 認 申 請 に 当 た り 留 意 していただきたいことは 次 のとおりです 床 面 積 割 合 の 計 算 方 法 床 面 積 割 合 = 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 業 務 で 使 用 する 専 用 床 面 積 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 業 務 で 使 用 する 専 用 床 面 積 + 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 業 務 で 使 用 する 専 用 床 面 積 留 意 事 項 1 割 合 の 算 定 割 合 の 適 用 範 囲 (1) 床 面 積 を 課 税 資 産 の 譲 渡 等 と 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 業 務 ごとに 区 分 できることが 前 提 となります ( 注 ) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 及 び 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 双 方 の 業 務 で 使 用 する 床 面 積 がある 場 合 には 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 業 務 で 使 用 する 専 用 床 面 積 を 総 床 面 積 - 非 課 税 資 産 の 譲 渡 に 係 る 業 務 で 使 用 する 専 用 床 面 積 という 方 法 で 把 握 することは 認 められません (2) 計 算 の 基 礎 となる 床 面 積 は 原 則 として 課 税 期 間 の 末 日 の 現 況 によります ( 注 ) 課 税 期 間 の 末 日 における 床 面 積 が 課 税 期 間 における 実 態 と 異 なるなど 事 業 の 実 態 を 反 映 し ないものであるときは 課 税 期 間 中 の 各 月 末 の 平 均 数 値 等 によることができます (3) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 及 び 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 双 方 の 業 務 で 使 用 する 専 用 床 面 積 について は 原 則 としてこの 割 合 の 計 算 上 分 母 分 子 のいずれにも 含 めません 17

23 (4) 本 店 支 店 ごと 又 は 事 業 部 門 ごとにそれぞれの 床 面 積 割 合 を 適 用 することは 認 められます 2 適 用 対 象 となる 共 通 対 応 分 す 共 通 対 応 分 のうち 専 用 床 面 積 に 比 例 して 支 出 されると 認 められるものについて 適 用 できま 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 ( 取 引 件 数 割 合 ) ( 問 26) 取 引 件 数 割 合 を 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として 承 認 申 請 したいのですが 承 認 は 受 けられま すか 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 は 個 別 対 応 方 式 における 共 通 対 応 分 に 係 る 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 において その 事 業 者 における 事 業 内 容 等 の 実 態 が その 課 税 仕 入 れ 等 のあった 課 税 期 間 の 課 税 売 上 割 合 によっては 必 ずしも 反 映 されていない 場 合 に 認 められるものです したがって 取 引 件 数 割 合 が 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として その 事 業 者 における 事 業 内 容 等 の 実 態 を 反 映 したものであるかどうかについては その 事 業 者 の 営 む 事 業 の 種 類 等 により 異 なるものと 考 えられますので 一 概 にはお 答 えすることはできませんが 一 般 的 に 承 認 申 請 に 当 たり 留 意 していただきたいことは 次 のとおりです 取 引 件 数 割 合 の 計 算 方 法 取 引 件 数 割 合 = 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 取 引 件 数 課 税 資 産 の 譲 渡 等 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 + に 係 る 取 引 件 数 に 係 る 取 引 件 数 留 意 事 項 1 割 合 の 算 定 割 合 の 適 用 範 囲 (1) 取 引 件 数 を 課 税 資 産 の 譲 渡 等 と 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 に 係 る 件 数 に 区 分 できることが 前 提 となります (2) 本 店 支 店 ごと 又 は 事 業 部 門 ごとにそれぞれの 取 引 件 数 割 合 を 適 用 することは 認 められま す 2 適 用 対 象 となる 共 通 対 応 分 共 通 対 応 分 のうち 取 引 件 数 に 比 例 して 支 出 されると 認 められるものについて 適 用 できます 18

24 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 ( 承 認 申 請 手 続 ) ( 問 27) 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 申 請 手 続 について 教 えてください 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 用 いて 仕 入 控 除 税 額 を 計 算 する 場 合 には 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 算 出 方 法 の 内 容 その 算 出 方 法 が 合 理 的 であるとする 理 由 等 を 記 載 した 消 費 税 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 承 認 申 請 書 ( 第 22 号 様 式 ) を 納 税 地 の 所 轄 税 務 署 長 に 提 出 して 承 認 を 受 けなければなりません 提 出 を 受 けた 税 務 署 長 は 審 査 を 行 い その 申 請 に 係 る 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 が 合 理 的 に 算 出 されたものと 認 める 場 合 には 承 認 し 一 方 合 理 的 に 算 出 されたものと 認 めない 場 合 には 却 下 します( 法 303 令 47 規 15) その 算 出 方 法 が 合 理 的 であるかどうかの 審 査 には 申 請 者 から 合 理 的 であることを 明 らかにで きる 資 料 を 提 出 していただいたり 詳 しい 説 明 を 受 けることが 必 要 となることがありますから 一 定 の 審 査 期 間 が 必 要 となります したがって 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 を 受 けようとする 課 税 期 間 の 終 了 間 際 に 消 費 税 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 承 認 申 請 書 ( 第 22 号 様 式 ) を 提 出 された 場 合 には 合 理 的 に 算 出 されたものであることの 確 認 ができない 場 合 がありますので 余 裕 をもって 提 出 してくだ さい ( 注 ) この 承 認 申 請 については 一 定 の 日 までに 承 認 又 は 却 下 の 処 分 がなかった 場 合 におけるみなし 承 認 の 制 度 は 採 用 されていません 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 ( 適 用 できる 課 税 期 間 ) ( 問 28) 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 を 受 けた 場 合 いつから 適 用 となるのですか 承 認 を 受 けた 日 の 属 する 課 税 期 間 から 適 用 となります したがって 承 認 を 受 けた 日 の 属 する 課 税 期 間 から 課 税 売 上 割 合 に 代 えてその 承 認 を 受 けた 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 により 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 ができます なお 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 を 用 いて 計 算 することをやめようとする 場 合 は やめようと する 課 税 期 間 の 末 日 までに 当 該 割 合 を 用 いて 計 算 することをやめようとする 旨 を 記 載 した 消 費 税 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 不 適 用 届 出 書 ( 第 23 号 様 式 ) を 納 税 地 の 所 轄 税 務 署 長 に 提 出 す る 必 要 があります( 法 303 規 15) 19

25 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 ( 一 括 比 例 配 分 方 式 への 適 用 ) ( 問 29) 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 は 一 括 比 例 配 分 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 を 行 う 場 合 にも 適 用 できますか 適 用 できません 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 は 個 別 対 応 方 式 により 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 を 行 う 事 業 者 に 限 り 適 用 できるものです( 法 303) たまたま 土 地 の 譲 渡 があった 場 合 の 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 ( 問 30) 土 地 の 譲 渡 は 非 課 税 とされており その 譲 渡 対 価 は 課 税 売 上 割 合 の 計 算 上 資 産 の 譲 渡 等 の 対 価 に 含 まれますが 土 地 の 譲 渡 を 本 来 の 事 業 としていないような 事 業 者 の 場 合 には これに 伴 う 課 税 仕 入 れの 額 はその 譲 渡 金 額 に 比 し 一 般 的 に 少 額 であることから 課 税 売 上 割 合 を 適 用 して 仕 入 れに 係 る 消 費 税 額 を 計 算 した 場 合 には 事 業 の 実 態 を 反 映 しないことがあります そこで たまたま 土 地 の 譲 渡 対 価 の 額 があったことにより 課 税 売 上 割 合 が 減 少 する 場 合 で 課 税 売 上 割 合 を 適 用 して 仕 入 れに 係 る 消 費 税 額 を 計 算 すると 当 該 事 業 者 の 事 業 の 実 態 を 反 映 しな いと 認 められるときは 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 を 受 けることができますか 土 地 の 譲 渡 が 単 発 のものであり かつ 当 該 土 地 の 譲 渡 がなかったとした 場 合 には 事 業 の 実 態 に 変 動 がないと 認 められる 場 合 に 限 り 次 の1 又 は2の 割 合 のいずれか 低 い 割 合 により 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 を 与 えることとして 差 し 支 えないこととしています 1 当 該 土 地 の 譲 渡 があった 課 税 期 間 の 前 3 年 に 含 まれる 課 税 期 間 の 通 算 課 税 売 上 割 合 ( 令 第 53 条 第 3 項 通 算 課 税 売 上 割 合 の 計 算 方 法 に 規 定 する 計 算 方 法 により 計 算 した 割 合 をいいま す ) 2 当 該 土 地 の 譲 渡 があった 課 税 期 間 の 前 課 税 期 間 の 課 税 売 上 割 合 ( 注 )1 土 地 の 譲 渡 がなかったとした 場 合 に 事 業 の 実 態 に 変 動 がないと 認 められる 場 合 とは 事 業 者 の 営 業 の 実 態 に 変 動 がなく かつ 過 去 3 年 間 で 最 も 高 い 課 税 売 上 割 合 と 最 も 低 い 課 税 売 上 割 合 の 差 が5% 以 内 である 場 合 とします 2 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 は 承 認 を 受 けた 日 の 属 する 課 税 期 間 から 適 用 となります 承 認 審 査 には 一 定 の 期 間 が 必 要 となりますので 消 費 税 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 承 認 申 請 書 ( 第 22 号 様 式 ) は 余 裕 をもって 提 出 してください 3 この 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 は たまたま 土 地 の 譲 渡 があった 場 合 に 行 うものですか ら 当 該 課 税 期 間 において 適 用 したときは 翌 課 税 期 間 において 消 費 税 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 不 適 用 届 出 書 ( 第 23 号 様 式 ) を 提 出 してください なお 提 出 がない 場 合 には その 承 認 を 取 り 消 すものとします 20

26 たまたま 土 地 の 譲 渡 があった 場 合 の 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 適 用 範 囲 ( 問 31) 有 価 証 券 の 譲 渡 の 場 合 であっても 問 30 の 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 算 出 方 法 による 承 認 を 受 けることができますか 1 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 は 法 第 30 条 第 3 項 第 1 号 において 当 該 割 合 が 当 該 事 業 者 の 営 む 事 業 の 種 類 又 は 当 該 事 業 に 係 る 販 売 費 一 般 管 理 費 その 他 の 費 用 の 種 類 に 応 じ 合 理 的 に 算 定 されるものであること とされています また その 具 体 的 例 示 による 合 理 的 な 割 合 の 算 出 方 法 は 基 通 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 において 使 用 人 の 数 又 は 従 事 日 数 の 割 合 消 費 又 は 使 用 する 資 産 の 価 額 使 用 数 量 使 用 面 積 の 割 合 その 他 課 税 資 産 の 譲 渡 等 と その 他 の 資 産 の 譲 渡 等 ( 非 課 税 資 産 の 譲 渡 等 )に 共 通 して 要 するものの 性 質 に 応 ずる 合 理 的 な 基 準 により 算 出 した 割 合 として 明 らかにしています 2 たまたま 土 地 の 譲 渡 があった 場 合 たまたま 土 地 の 譲 渡 があった 場 合 の 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 については 土 地 の 譲 渡 が 単 発 のものであり かつ 当 該 土 地 の 譲 渡 がなかったとした 場 合 には 事 業 の 実 態 に 変 動 がないと 認 められる 場 合 に 限 り 便 宜 的 に 当 該 土 地 の 譲 渡 があった 課 税 期 間 の 前 3 年 に 含 まれ る 課 税 期 間 の 通 算 課 税 売 上 割 合 と 前 課 税 期 間 の 課 税 売 上 割 合 とのいずれか 低 い 割 合 により 法 第 30 条 第 3 項 に 規 定 する 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 を 与 えることとして 差 し 支 えない こととしているものです これは 以 下 の(1) 及 び(2)の 理 由 によるものです (1) 土 地 の 販 売 を 事 業 としていない 事 業 者 において 譲 渡 することを 予 定 していなかった 本 社 用 地 や 工 場 用 地 など 事 業 者 が 事 業 の 用 に 供 するために 取 得 していた 土 地 の 譲 渡 が 経 営 上 の 事 情 等 によりたまたま 発 生 し その 結 果 課 税 売 上 割 合 が 急 激 に 減 少 したような 場 合 には 当 該 土 地 の 譲 渡 は 本 来 の 事 業 として 予 定 されていなかったわけですから このような 取 引 ま でをも 取 り 込 んで 課 税 売 上 割 合 により 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 を 行 うことは 事 業 の 実 態 を 反 映 したものと 言 えず 不 合 理 であると 考 えられること (2) 法 第 30 条 第 3 項 第 1 号 では 当 該 割 合 が 当 該 事 業 者 の 営 む 事 業 の 種 類 又 は 当 該 事 業 に 係 る 販 売 費 一 般 管 理 費 その 他 の 費 用 の 種 類 に 応 じ 合 理 的 に 算 定 されるものであること を 要 件 としているところ たまたま 土 地 の 譲 渡 があった 場 合 には 1 事 業 者 は 土 地 の 販 売 を 事 業 としていないため 事 業 の 種 類 の 異 なるごとの 割 合 は 採 り 得 ないこと また 2 土 地 の 譲 渡 がたまたま 行 われたものであるため 事 業 に 係 る 販 売 費 一 般 管 理 費 その 他 の 費 用 の 種 類 の 異 なるごとの 割 合 も 採 り 得 ないことから これらの 区 分 により 算 出 することができないと 考 えられること ( 注 ) たまたま 土 地 の 譲 渡 があった 場 合 の 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 は たまたま( 偶 発 的 に) 発 生 した 土 地 の 譲 渡 が 法 第 30 条 第 3 項 で 規 定 する 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 算 出 方 法 を 採 り 得 ない 事 情 にあることを 前 提 として 便 宜 的 に 当 該 土 地 の 譲 渡 があった 課 税 期 間 の 前 3 年 に 含 まれる 課 税 期 間 の 通 算 課 税 売 上 割 合 と 前 課 税 期 間 の 課 税 売 上 割 合 とのいずれか 低 い 割 合 を 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として 承 認 しても 差 し 支 えないとするものです 21

27 したがって たまたま( 偶 発 的 に) 発 生 したものではない 土 地 の 譲 渡 については 1その 課 税 期 間 における 課 税 売 上 割 合 をそのまま 適 用 するか 2 当 該 課 税 売 上 割 合 をそのまま 適 用 した のでは その 事 業 者 における 事 業 内 容 等 の 実 態 が 反 映 されていないこととなる 場 合 には 当 該 土 地 の 譲 渡 を 行 う 事 業 と 本 来 の 事 業 を 区 分 した 上 で それぞれの 事 業 について 本 来 の 課 税 売 上 割 合 と 同 じ 計 算 方 法 で 算 出 した 割 合 を 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 として 適 用 することが 考 え られます 3 有 価 証 券 の 譲 渡 への 適 用 有 価 証 券 の 譲 渡 の 対 価 の 額 は 課 税 売 上 割 合 の 計 算 において 令 第 48 条 第 5 項 課 税 売 上 割 合 の 計 算 方 法 の 規 定 により その 譲 渡 の 対 価 の 額 の5% 相 当 額 を 分 母 に 算 入 すればよいこ ととされており 有 価 証 券 の 譲 渡 の 場 合 には 法 令 において 一 定 の 手 当 がされていることから 土 地 の 譲 渡 と 同 列 に 考 えることは 適 当 ではありません したがって たまたま 土 地 の 譲 渡 があった 場 合 の 課 税 売 上 割 合 に 準 ずる 割 合 の 承 認 と 同 様 の 方 法 での 承 認 を 受 けることはできません 22

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

Microsoft Word sozei-sample1.doc

Microsoft Word sozei-sample1.doc 第 1 章 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 Ⅱ 第 1 節 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 趣 旨 (A) 法 人 が, 他 の 内 国 法 人 から 利 益 の 配 当 等 を 受 けた 場 合 には, 企 業 会 計 上, 営 業 外 収 益 に 計 上 されるため, 収 益 の 額 を 構 成 する しかし, 法 人 税 法 上 は, 別 段 の 定 めにより, 原

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 Q&A( 源 泉 所 得 税 関 係 ) 平 成 27 年 9 月 国 税 庁 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 )により 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 うべき 給 与 等 及 び 公 的 年 金 等 から 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

第316回取締役会議案

第316回取締役会議案 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 30,235,443 流 動 負 債 25,122,730 現 金 及 び 預 金 501,956 支 払 手 形 2,652,233 受 取 手 形 839,303 買 掛 金 20,067,598 売 掛 金 20,810,262

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始 雇 用 促 進 税 制 に 関 する Q&A 雇 用 促 進 税 制 について Q1 雇 用 促 進 税 制 とはどのような 制 度 か ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) Q2 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 要 件 を 一 度 でも 満 たした 場 合 には その 後 適 用 年 度 中 であれば 継 続 して 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることができるのか

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却 Q65 平 成 7 年 月 に 平 成 8 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されました 税 制 改 正 の 概 要 を 教 えてください A: 各 税 目 別 のトピックは 以 下 のとおりです 所 得 税 健 康 診 断 等 をきちんと 受 けている 人 専 用 の 医 療 費 控 除 が 創 設 されます 法 人 税 法 人 税 率 が 現 行 の.9%から 段 階 的 に.4%.%へ

More information

住 宅 融 資 の 仕 組 み 住 宅 融 資 は 独 政 法 住 宅 融 援 機 構 ( 以 下 機 構 といいます )が う 融 機 関 の 住 宅 ローン 貸 出 に 対 する 公 的 な 信 用 です 住 宅 融 資 は 融 機 関 の う 住 宅 ローン 貸 出 の 損 害 を 填 補 す

住 宅 融 資 の 仕 組 み 住 宅 融 資 は 独 政 法 住 宅 融 援 機 構 ( 以 下 機 構 といいます )が う 融 機 関 の 住 宅 ローン 貸 出 に 対 する 公 的 な 信 用 です 住 宅 融 資 は 融 機 関 の う 住 宅 ローン 貸 出 の 損 害 を 填 補 す 平 成 28 年 度 版 ( 融 機 関 さま 向 け 資 料 ) 住 宅 融 資 ご 案 内 住 宅 融 資 についてのご 相 談 お 問 合 せ 先 住 宅 融 援 機 構 住 宅 融 資 部 融 資 企 画 グループ 112-8570 東 京 都 文 京 区 後 楽 1 丁 目 4 番 10 号 03-5800-8149 ( 平 成 28 年 4 現 在 ) 住 宅 融 資 の 仕 組 み 住

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

関税評価

関税評価 平 成 28 年 度 評 価 研 修 平 成 28 年 4 月 14.15 日 名 古 屋 税 関 業 務 部 関 税 評 価 部 門 1 税 関 における 租 税 収 入 額 について 税 関 約 8.9 兆 円 ( 関 税 輸 入 消 費 税 等 ) 事 後 調 査 における 徴 収 額 等 租 税 収 入 約 58 兆 円 ( 平 成 26 年 度 ) 種 別 申 告 漏 れ 課 税 価 格

More information

 

  第 4 経 理 の 状 況 1. 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 方 法 について 当 社 の 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 平 成 19 年 内 閣 府 令 第 64 号 )に 基 づいて 作 成 しております 2. 監 査 証 明 について 当 社 は 金 融 商

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

32 農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正)

32  農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正) 一 定 農 事 組 合 法 人 に 係 る 法 人 事 業 税 課 税 標 準 算 定 方 法 等 について(お 知 らせ) 平 成 23 年 4 月 大 分 県 地 方 税 法 第 72 条 4 第 3 項 規 定 により 一 定 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされていますが 大 分 県 では そ 具 体 的 な 取 扱 いについて 以

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information

目 次 第 1 部 個 人 所 得 税 の 概 要 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 4 個 人 所 得 税 の 納 付 のしかた( 給 不 所 得 者 ) 5 居 住 者 の 個 人 所 得 税 額 の 計 算 のしくみ( 給 不 所 得 者 ) 6 非 居 住 者 の 個 人 所 得 税

目 次 第 1 部 個 人 所 得 税 の 概 要 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 4 個 人 所 得 税 の 納 付 のしかた( 給 不 所 得 者 ) 5 居 住 者 の 個 人 所 得 税 額 の 計 算 のしくみ( 給 不 所 得 者 ) 6 非 居 住 者 の 個 人 所 得 税 個 人 所 得 税 の 現 状 - 駐 在 員 のための 個 人 所 得 税 - 2011 年 6 月 目 次 第 1 部 個 人 所 得 税 の 概 要 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 4 個 人 所 得 税 の 納 付 のしかた( 給 不 所 得 者 ) 5 居 住 者 の 個 人 所 得 税 額 の 計 算 のしくみ( 給 不 所 得 者 ) 6 非 居 住 者 の 個 人 所 得 税

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

002363-016第6号様式記載の手引.indd

002363-016第6号様式記載の手引.indd 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1)この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方 法

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超 5 神 奈 川 県 の 県 税 県 税 相 談 神 奈 川 県 の 県 税 県 民 の 声 相 談 室 (かながわ 県 民 センター2 階 神 奈 川 区 鶴 屋 町 2-24-2) 土 日 祝 日 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 日 ) を 除 く 毎 日 ( 午 前 9 時 ~12 時 午 後 1 時 ~4 時 ) 平 成 24 年 度 地 方 財 政 計 画 によると 都 道

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称 第 18 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての イ ン タ ー ネ ッ ト 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 株 式 会 社 Eストアー 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 及 び 計 算 書 類 の 個 別

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 固 定 資 産 税 本 解 答 は 平 成 28 年 8 月 12 日 16 時 に 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 に 作 成 したもので 予 告 なしに 内 容 を 変 更 する 場 合 が あります また 本 解 答 は 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 の 見 解 で 作 成 / 提 供 しており 試 験 機 関 による

More information

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保 日 立 工 機 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 則 ( 制 定 1951 年 12 月 4 日 ) 改 正 2016 年 1 月 12 日 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 当 会 社 の 株 主 の 権 利 の 行 使 等 に 関 する 取 扱 いその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 については 振 替 機 関 である 株 式 会 社 証 券 保 管

More information

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx (1) 被 災 地 の 雇 用 機 会 の 確 保 のための 税 制 上 の 特 例 措 置 (~28 年 3 月 末 ) 復 興 産 業 集 積 区 域 内 において 雇 用 に 大 きな 被 害 が 生 じた 地 域 の 雇 用 機 会 の 確 保 に 寄 与 する 事 業 を 行 う 個 人 事 業 者 又 は 法 人 ( 新 規 立 地 促 進 税 制 は 法 人 のみ)を 対 象 として

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 金 融 資 産 性 所 得 に 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 時 期 と 課 税 団 体 について 目 次 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 のあり 方 について 2 配 当 割 株 式 等 譲 渡 所 得 割 のあり 方 について 1 13 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する

More information