PowerPoint プレゼンテーション

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "PowerPoint プレゼンテーション"

Transcription

1 西 洋 法 制 史 講 義 ヴァイマール 憲 法 体 制 1

2 1 成 立 前 史 1914ー1918 第 一 次 世 界 大 戦 1917/10 ロシア 革 命 1918/8 ドイツの 敗 北 が 決 定 的 に 1918/10 憲 法 改 正 議 院 内 閣 制 の 採 用 上 からの 革 命 バーデン 公 マックス 内 閣 の 成 立 Prinz Max von Baden Photo by Bundesarchiv with CC License Attribution (SPD 進 歩 党 中 央 党 国 民 自 由 党 ) 休 戦 提 案 2

3 1918/11 キール 遠 洋 艦 隊 の 反 乱 ボルシェヴィズム(レーニン 主 義 過 激 派 )の 台 頭 レーテ( 評 議 会 ) 共 和 国 を 標 榜 各 地 で 労 兵 評 議 会 の 結 成 艦 隊 兵 士 の 反 乱 (1918 年 11 月 初 旬 ) Deutsche Bundestag, Presse und Informationszentrum Referat Öffentlichkeitsarbeit(Hg.), Fragen an die deutsche Geschichte Ideen, Kräfte Entscheidungen von 1800 bis zur Gegenwart, Bonn Matrosen an Deck des Linienschiffs "Prinzregent Luitpold" mit einer Tafel: "Soldatenrat Kriegsschiff Prinzregent Luitpold. Es lebe die sozialistische Republik" Photo by German Federal Archive with CC License Attribution 3

4 ブランデンブルク 門 前 の 革 命 兵 士 (1918/11/9) Deutsche Bundestag, Presse und Informationszentrum Referat Öffentlichkeitsarbeit(Hg.), Fragen an die deutsche Geschichte Ideen, Kräfte Entscheidungen von 1800 bis zur Gegenwart, Bonn Photo by German Federal Archive with CC License Attribution 4

5 ベルリンにおけるデモ(1918/11/9) Novemberrevolution Photo by German Federal Archive with CC License Attribution Unter den Linden: Demonstrationszug bewaffneter Marinesoldaten DHM, Berlin 5

6 皇 帝 退 位 のビラ (1918 年 11 月 9 日 ) Deutsche Bundestag, Presse und Informationszentrum Referat Öffentlichkeitsarbeit(Hg.), Fragen an die deutsche Geschichte Ideen, Kräfte Entscheidungen von 1800 bis zur Gegenwart, Bonn

7 1918/11/10 新 政 府 の 樹 立 エーベルト(SPD)が 帝 国 宰 相 に 社 会 民 主 党 と 独 立 社 会 民 主 党 で 組 織 軍 による 承 認 ( 秘 密 協 定 ) 人 民 代 表 委 員 政 府 Rat der Volksbeauftragten 秩 序 維 持 国 民 議 会 開 設 条 約 締 結 等 を 課 題 に 1918/12/16ー20 全 国 労 兵 レーテ 大 会 (ベルリン) 社 会 民 主 党 が 多 数 派 国 民 議 会 の 選 出 レーテ 権 限 の 国 会 への 委 譲 を 決 議 7

8 Reichsversammlung der Arbeiter-und Soldatenräte am 16. Dezember Photo by Frankl.A. with CC License Attribution 8

9 第 1 回 人 民 代 表 委 員 政 府 メンバーと 共 和 国 宣 言 Deutsche Bundestag, Presse und Informationszentrum Referat Öffentlichkeitsarbeit(Hg.), Fragen an die deutsche Geschichte Ideen, Kräfte Entscheidungen von 1800 bis zur Gegenwart, Bonn Zweiter Rat der Volksbeauftragten, von links: Otto Landsberg, Philipp Scheidemann, Gustav Noske, Friedrich Ebert, Rudolf Wissell Photo by Sennecke, Robert with CC License Attribution 9

10 反 革 命 の 展 開 反 革 命 義 勇 軍 Freikorpsの 創 設 中 央 労 働 協 同 体 (1918/11/15) Zentralarbeitsgemeinschaft 労 働 組 合 と 大 企 業 の 協 定 8 時 間 労 働 労 働 組 合 の 承 認 等 : 労 使 協 調 路 線 へ 1918/12/30 スパルタクス 団 による ドイツ 共 産 党 の 結 成 反 政 府 活 動 1 月 (1919) 蜂 起 弾 圧 レーテの 解 体 消 滅 へ Karl Liebknecht Rosa Luxemburg 10

11 Spartakusaufstand, Januar 1919: Barrikadenkämpfe in Berlin Photo by German Federal Archive with CC License Attribution Deutsche Bundestag, Referat Öffentlichkeitsarbeit(Hg.), Fragen an die deutsche Geschichte, Bonn

12 1919/1/19 国 民 議 会 選 挙 2/6 ヴァイマールに 国 民 議 会 を 招 集 暫 定 的 国 家 権 力 に 関 する 法 律 ( 臨 時 憲 法 ) の 制 定 SPD 中 央 党 民 主 党 ヴァイマール 連 合 政 権 7/31 ヴァイマール 憲 法 の 成 立 プロイスによる 草 案 作 成 8/11 施 行 Hugo Preuß Die Schluss-Seite der deutschen Reichsverfassung vom 11. August 1919 mit der Unterschrift des ersten deutschen Reichspräsidenten Ebert und den Mitgliedern des ersten Reichsministeriums nach der Revolution. Photo by German Federal Archive with CC License Attribution 12

13 クラインハイヤー=シュレーダー 編 / 小 林 孝 輔 監 訳 ドイツ 法 学 者 辞 典 ( 学 陽 書 房 1983 年 )より 13

14 クラインハイヤー=シュレーダー 編 / 小 林 孝 輔 監 訳 ドイツ 法 学 者 辞 典 ( 学 陽 書 房 1983 年 )より 14

15 クラインハイヤー=シュレーダー 編 / 小 林 孝 輔 監 訳 ドイツ 法 学 者 辞 典 ( 学 陽 書 房 1983 年 )より 15

16 エーベルトの 国 会 開 会 演 説 (1919 年 2 月 ) Deutsche Bundestag, Presse und Informationszentrum Referat Öffentlichkeitsarbeit(Hg.), Fragen an die deutsche Geschichte Ideen, Kräfte Entscheidungen von 1800 bis zur Gegenwart, Bonn

17 ヴァイマール 期 ドイツ Reichswappen Image by David Liuzzo with CC License Attribution Image by kgberger with CC License Attribution 17

18 2.ヴァイマール 憲 法 の 構 造 1) ライヒ 議 会 Reichstag 4 年 毎 の 普 通 平 等 直 接 秘 密 選 挙 - 20 歳 以 上 の 成 年 男 女 比 例 選 挙 制 - 補 欠 選 挙 なし パーセント 条 項 なし 政 党 乱 立 状 況 権 限 法 律 の 提 案 議 決 ライヒ 首 相 大 臣 の 信 任 不 信 任 18

19 初 めての 女 性 国 会 議 員 Deutsche Bundestag, Presse und Informationszentrum Referat Öffentlichkeitsarbeit(Hg.), Fragen an die deutsche Geschichte Ideen, Kräfte Entscheidungen von 1800 bis zur Gegenwart, Bonn am Ende unter den insgesamt 423 Abgeordneten 41 weibliche Parlamentarierinnen 19

20 ワイマール 国 制 ( 邦 語 ) カラー 世 界 史 百 科 ( 増 補 版 ) ( 平 凡 社 1985 年 ) 20

21 第 1 回 議 会 議 席 配 分 カラー 世 界 史 百 科 ( 増 補 版 ) ( 平 凡 社 1985 年 ) 21

22 議 席 配 分 数 林 健 太 郎 編 ドイツ 史 ( 山 川 出 版 社 1977 年 )より 引 用 22

23 議 会 選 挙 結 果 図 カラー 世 界 史 百 科 ( 増 補 版 ) ( 平 凡 社 1985 年 ) 23

24 2.ヴァイマール 憲 法 の 構 造 1) ライヒ 議 会 Reichstag 権 限 法 律 の 提 案 議 決 ライヒ 首 相 大 臣 の 信 任 不 信 任 24

25 高 田 敏 初 宿 正 典 ドイツ 憲 法 集 ( 信 山 社 1994 年 )より 引 用 25

26 ワイマール 国 制 ( 邦 語 ) カラー 世 界 史 百 科 ( 増 補 版 ) ( 平 凡 社 1985 年 ) 26

27 2) ライヒ 参 議 院 Reichsrat 政 府 の 諮 問 機 関 各 ラント 政 府 からの 代 表 異 議 権 ( 第 74 条 ) ライヒ 議 会 が 議 決 した 法 律 に 対 し ライヒ 議 会 の 再 議 決 不 一 致 ( 国 民 投 票 ) 27

28 ワイマール 国 制 ( 邦 語 ) カラー 世 界 史 百 科 ( 増 補 版 ) ( 平 凡 社 1985 年 ) 28

29 ドイツ 憲 法 体 制 カラー 世 界 史 百 科 ( 増 補 版 ) ( 平 凡 社 1985 年 ) 29

30 高 田 敏 初 宿 正 典 ドイツ 憲 法 集 ( 信 山 社 1994 年 )より 引 用 30

31 3) ライヒ 経 済 評 議 会 Reichswirtschaftsrat 第 165 条 社 会 経 済 政 策 に 関 する 法 案 作 成 のた めの 諮 問 機 関 < 労 働 者 組 織 > 経 営 労 働 者 評 議 会 Betriebsarbeiterrat 地 区 労 働 者 評 議 会 Bezirksarbeiterrat ライヒ 労 働 者 評 議 会 Reichsarbeiterrat 31

32 高 田 敏 初 宿 正 典 ドイツ 憲 法 集 ( 信 山 社 1994 年 )より 引 用 32

33 33

34 ソ 連 (1918 年 ) 人 民 権 利 宣 言 高 木 八 尺 末 延 三 次 宮 沢 俊 義 編 人 権 宣 言 集 ( 岩 波 文 庫 1957 年 )より 34

35 ソ 連 憲 法 (1918 年 ) 第 9 条 ~15 条 高 木 八 尺 末 延 三 次 宮 沢 俊 義 編 人 権 宣 言 集 ( 岩 波 文 庫 1957 年 )より 35

36 ソ 連 憲 法 第 16 条 ~23 条 高 木 八 尺 末 延 三 次 宮 沢 俊 義 編 人 権 宣 言 集 ( 岩 波 文 庫 1957 年 )より 36

37 Friedrich Ebert (1923) Photo by German Federal Archive with CC License Attribution 4) ライヒ 大 統 領 Reichspräsident 7 年 任 期 国 民 の 直 接 選 挙 エーベルト ヒンデンブルク 国 際 法 上 の 代 表 権 官 吏 将 校 の 任 命 権 恩 赦 権 首 相 大 臣 任 命 権 統 帥 権 第 48 条 1 項 : 強 制 執 行 権 各 ラントに 義 務 履 行 を 軍 事 力 で 強 制 左 右 両 極 の 革 命 運 動 を 制 圧 第 48 条 2 項 : 独 裁 権 公 共 の 安 寧 秩 序 の 侵 害 全 権 が 大 統 領 に 緊 急 命 令 権 ex.163 件 発 令 (エーベルト) Paul von Hindenburg 37

38 ワイマール 国 制 ( 邦 語 ) カラー 世 界 史 百 科 ( 増 補 版 ) ( 平 凡 社 1985 年 ) 38

39 ドイツ 憲 法 体 制 カラー 世 界 史 百 科 ( 増 補 版 ) ( 平 凡 社 1985 年 ) 39

40 大 統 領 選 挙 結 果 図 (1925 年 ) カラー 世 界 史 百 科 ( 増 補 版 ) ( 平 凡 社 1985 年 ) 40

41 高 田 敏 初 宿 正 典 編 訳 ドイツ 憲 法 集 ( 信 山 社 1994 年 )より 引 用 41

42 5) ライヒ 政 府 Reichsregierung 各 大 臣 - 所 管 事 項 を 独 立 して 監 督 議 会 に 対 して 独 立 した 責 任 連 合 政 権 の 構 造 一 大 臣 の 辞 職 内 閣 の 総 辞 職 へ Erste Kabinettssitzung des Kabinetts Scheidemann am 13. Februar 1919 in Weimar. Photo by German Federal Archive with CC License Attribution 42

43 Reichskanzler 13. Februar Juni 1919 Philipp Scheidemann, SPD (Ministerpräsident) 21. Juni März 1920 Gustav Bauer, SPD (bis 14. August 1919 Ministerpräsident) 27. März Juni 1920 Hermann Müller, SPD 25. Juni Mai 1921 Constantin Fehrenbach, Zentrum 10. Mai November 1922 Joseph Wirth, Zentrum 22. November August 1923 Wilhelm Cuno, parteilos 13. August November 1923 Gustav Stresemann, DVP 30. November Januar 1925 Wilhelm Marx, Zentrum 15. Januar Mai 1926 Hans Luther, parteilos 16. Mai Juni 1928 Wilhelm Marx, Zentrum 28. Juni März 1930 Hermann Müller, SPD 30. März Mai 1932 Heinrich Brüning, Zentrum 1. Juni Dezember 1932 Franz von Papen, parteilos (bis 3. Juni Zentrum) 3. Dezember Januar 1933 Kurt von Schleicher, parteilos 30. Januar August 1934 / 30. April 1945 Adolf Hitler, NSDAP 43

44 6) 基 本 権 と 基 本 義 務 ( 第 2 編 ) 自 由 権 社 会 権 第 120 条 151 条 159 条 ~163 条 共 同 決 定 権 ( 第 165 条 ) 現 行 制 度 へ 44

45 高 田 敏 初 宿 正 典 編 訳 ドイツ 憲 法 集 ( 信 山 社 1994 年 )より 引 用 45

46 6) 基 本 権 と 基 本 義 務 ( 第 2 編 ) 自 由 権 社 会 権 第 120 条 151 条 159 条 ~163 条 共 同 決 定 権 ( 第 165 条 ) 現 行 制 度 へ 46

47 高 田 敏 初 宿 正 典 編 訳 ドイツ 憲 法 集 ( 信 山 社 1994 年 )より 引 用 47

48 高 田 敏 初 宿 正 典 編 訳 ドイツ 憲 法 集 ( 信 山 社 1994 年 )より 引 用 48

49 ソ 連 (1918 年 ) 人 民 権 利 宣 言 高 木 八 尺 末 延 三 次 宮 沢 俊 義 編 人 権 宣 言 集 ( 岩 波 文 庫 1957 年 )より 49

50 ソ 連 憲 法 (1918 年 ) 第 9 条 ~15 条 高 木 八 尺 末 延 三 次 宮 沢 俊 義 編 人 権 宣 言 集 ( 岩 波 文 庫 1957 年 )より 50

51 ソ 連 憲 法 第 16 条 ~23 条 高 木 八 尺 末 延 三 次 宮 沢 俊 義 編 人 権 宣 言 集 ( 岩 波 文 庫 1957 年 )より 51

52 3 体 制 の 特 色 と 問 題 性 1) 民 主 主 義 国 民 主 権 直 接 民 主 制 国 民 発 案 Volksbegehren 国 民 表 決 Volksentscheid 2) 三 権 分 立 緊 急 命 令 権 議 会 の 無 力 化 52

53 高 田 敏 初 宿 正 典 編 訳 ドイツ 憲 法 集 ( 信 山 社 1994 年 )より 引 用 53

54 54

55 3) 地 方 分 権 的 要 素 の 残 存 中 央 集 権 化 政 策 に 対 する 抵 抗 4) 社 会 化 第 156 条 国 家 による 経 済 統 制 と 計 画 化 カルテル 化 集 中 化 組 織 された 資 本 主 義 5) 生 存 権 的 基 本 権 プログラム 規 定 説 55

56 高 田 敏 初 宿 正 典 編 訳 ドイツ 憲 法 集 ( 信 山 社 1994 年 )より 引 用 56

57 6) 経 済 破 綻 : 超 インフレ ヴェルサイユ 条 約 戦 後 賠 償 金 1,320 億 マルク 支 払 い 総 額 の 減 額 年 支 払 額 の 引 き 下 げ しかし 世 界 恐 慌 による 経 済 破 綻 賠 償 金 の 廃 止 に(1932) 領 土 問 題 仏 によるルール 占 領 Unterzeichnung des Versailler Vertrags Französische Armeeverbände beim Aufmarsch am Essener Hauptbahnhof Essen,

58 当 時 のお 金 の 運 搬 の 様 子 Deutsche Bundestag, Presse und Informationszentrum Referat Öffentlichkeitsarbeit(Hg.), Fragen an die deutsche Geschichte Ideen, Kräfte Entscheidungen von 1800 bis zur Gegenwart, Bonn 億 マルク 紙 幣 100 億 マルク 切 手 Deutsche_Inflation_1914_bis_

59 明 解 世 界 史 図 説 エスカリエ ( 帝 国 書 院 2009 年 )より 59

60 食 料 不 足 の 状 況 Deutsche Bundestag, Presse und Informationszentrum Referat Öffentlichkeitsarbeit(Hg.), Fragen an die deutsche Geschichte Ideen, Kräfte Entscheidungen von 1800 bis zur Gegenwart, Bonn Photo by German Federal Archive with CC License Attribution 60

61 インフレ 警 察 監 視 下 でのバター 購 入 (1922/23 年 頃 ) Deutsche Bundestag, Presse und Informationszentrum Referat Öffentlichkeitsarbeit(Hg.), Fragen an die deutsche Geschichte Ideen, Kräfte Entscheidungen von 1800 bis zur Gegenwart, Bonn

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 西 洋 法 制 史 講 義 領 邦 体 制 ー プロイセン 国 制 1 プロイセンの 国 制 ホーエンツォレルン 家 Hohenzollern 南 独 シュヴァーベン 地 方 発 祥 領 土 拡 大 の 歴 史 国 章 領 邦 身 分 制 の 形 骸 化 ホーエンツォレルン 城 Photo by A. Kniesel with CC License Attribution 2 http://homepage.mac.com/linstedt/linische/hre_6.html

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 西洋法史 ナチズム体制 1 1 ナチスの組織化 1919/1/5 ミュンヘンでドイツ労働者党 (DAP) 結成 1920/2/24 DAPの党名変更 国家社会主義ドイツ労働者党 Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei ヒトラーの党員証 (NSDAP) http://de.wikipedia.org/wiki/adolf_hitler ( 通称 NAZIまたはNAZIS)

More information

委 員 長 田 中 俊 一 更 田 豊 志 委 員 田 中 知 委 員 伴 信 彦 委 員 石 渡 明 委 員

委 員 長 田 中 俊 一 更 田 豊 志 委 員 田 中 知 委 員 伴 信 彦 委 員 石 渡 明 委 員 委 員 長 田 中 俊 一 更 田 豊 志 委 員 田 中 知 委 員 伴 信 彦 委 員 石 渡 明 委 員 緊 急 時 に 備 えて 平 時 から 政 府 全 体 で 原 防 災 対 策 を 推 進 するために 内 閣 に 原 防 災 会 議 を 新 たに 常 設 内 閣 に 新 たに 常 設 平 時 原 防 災 会 議 議 : 内 閣 総 理 副 議 : 内 閣 官 房 官 内 閣 府 特

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

1945 年 8 月 11 日 連 合 国 の 回 答 1945 年 8 月 14 日 御 前 会 議 においてポツダム 宣 言 の 最 終 的 な 受 諾 を 決 定 連 合 国 軍 最 高 司 令 官 ダグラス マッカーサーの 任 命 1945 年 8 月 17 日 東 久 邇 宮 内 閣 が

1945 年 8 月 11 日 連 合 国 の 回 答 1945 年 8 月 14 日 御 前 会 議 においてポツダム 宣 言 の 最 終 的 な 受 諾 を 決 定 連 合 国 軍 最 高 司 令 官 ダグラス マッカーサーの 任 命 1945 年 8 月 17 日 東 久 邇 宮 内 閣 が 日 本 国 憲 法 制 定 経 過 平 成 25 年 9 月 17 日 1918 年 1 月 8 日 ウィルソン 14 原 則 1918 年 11 月 11 日 ドイツとの 休 戦 の 締 結 1918 年 11 月 13 日 ハンガリーとの 休 戦 協 定 (ハンガリーの 内 部 行 政 には 干 渉 しない) 1941 年 1 月 6 日 ルーズベルト 大 統 領 の 四 つの 自 由 に 関

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

第1節 一般状況

第1節 一般状況 第 2 章 内 政 1 憲 法 韓 国 の 憲 法 は 前 文 及 び 130 の 条 項 と6つの 附 則 で 構 成 され 総 則 国 民 の 権 利 と 義 務 国 会 政 府 法 院 ( 裁 判 所 ) 憲 法 裁 判 所 選 挙 管 理 地 方 自 治 経 済 憲 法 改 正 の 10 章 に 分 かれており 国 民 に 対 する 支 配 権 力 の 分 立 南 北 間 の 平 和 民 主

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

0 法 令 海 戦 法 令 16 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 中 0 法 令 海 戦 法 令 17 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 下 0 法 令 海 戦 法 令 18 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国

0 法 令 海 戦 法 令 16 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 中 0 法 令 海 戦 法 令 17 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 下 0 法 令 海 戦 法 令 18 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )1 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )2 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )3 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )4 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )5 戦 時 国 際 法 規

More information

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 1897 財 政 課 G1-1 永 年 ( 明 治 30~41 年 ) ( 明 治 30~41 年 ) 予 算 表 交 付 の 件 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 藤 1907 財 政 課 H1-1 永 年 沢 町 役 場 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 歳 入 歳 出 清 算 表 綴 藤 沢 町 役 場 1908 財

More information

Ⅱ 伊 藤 博 文 の 滞 欧 憲 法 調 査 Rudolf von Gneist Friedrich Carl von Savigny - 204 -

Ⅱ 伊 藤 博 文 の 滞 欧 憲 法 調 査 Rudolf von Gneist Friedrich Carl von Savigny - 204 - 伊 藤 博 文 は 日 本 のビスマルクか? Ⅰ 伊 藤 博 文 = 日 本 のビスマルク? 問 題 の 所 在 瀧 井 一 博 1841 1909 Evelyn Baring 1st Earl of Cromer Resident General of Korea Erwin von Bälz Philipp Franz von Siebold Alexander von Siebold Wilhelm

More information

外国語外国文学論集

外国語外国文学論集 Die Tochter des Samurai. É Ö Arnold Fanck Individuelle Freiheit Ñ y Ä { y z Å Ç (Hitler, Mein Kampf. S. / ) Ñ x (Friedrich Wilhelm Hack) He NHK " NHK " q Karlheinz Wendtland: Geliebter Kintopp.

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料)

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料) 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 状 況 についての 調 査 結 果 報 告 ( 平 成 27 年 10 月 実 施 分 ) 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 第 1 調 査 の 概 要 目 的 : 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 の 現 状 等 について 調 査 実 施 時 期 : 平 成 27 年 10

More information

外国文学論集11号 中井臣久

外国文学論集11号 中井臣久 1892 F.A. Die ersten Mutterpflichten und die erste Kindespflege von F.A.Ammon,1892 1860 1840 1892 33 1840 1870 30 1840 1865 12 1876 19 19 1916 1925 20 1965 1960 10 19 19 19 1473 1522 1868 70 8329 1231

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

るもの 第 回 第 回 は その 簿 冊 が 複 数 回 接 収 されたもので それぞれの 接 収 返 還 年 月 日 を 記 している 青 又 は 赤 ~ ~ は 昭 和 49 年 に 当 館 に 返 還 された 返 還 文 書 中 にあり その 請 求 番 号 防 衛 庁 経 由 は 昭 和 3

るもの 第 回 第 回 は その 簿 冊 が 複 数 回 接 収 されたもので それぞれの 接 収 返 還 年 月 日 を 記 している 青 又 は 赤 ~ ~ は 昭 和 49 年 に 当 館 に 返 還 された 返 還 文 書 中 にあり その 請 求 番 号 防 衛 庁 経 由 は 昭 和 3 北 の 丸 第 34 号 ( 平 成 13 年 11 月 刊 行 )より 公 文 書 の 接 収 返 還 返 還 台 帳 ( 内 閣 関 係 )について 公 文 書 専 門 官 室 終 戦 直 後 に 多 くの 政 府 機 関 国 策 会 社 等 から 多 数 の 公 文 書 資 料 が 連 合 国 側 によって 接 収 されたことはよく 知 られている これらの 接 収 資 料 の 部 は 昭 和

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

@081937ヨコ/木畑和子 211号

@081937ヨコ/木畑和子 211号 DDR SED DDR SED DDR SED DDR H DDR DDR DDR DDR DDR SED SED FDJ FDJ FDJ SED DDR DDR DDR S DDR DDR SED DDR DDR SED DDR DDR VdN DDR DDR KPD SED DDR DDR SED DDR das andere Deutschland FDJ DDR FDJ DDR FDJ DDR

More information

義務教育費国庫負担制度について

義務教育費国庫負担制度について 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 について 1. 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 の 概 要 意 義 憲 法 の 要 請 に 基 づく 義 務 教 育 の 根 幹 ( 機 会 均 等 水 準 確 保 無 償 制 )を 支 えるため 国 は 必 要 な 制 度 を 整 備 するこ とが 必 要 教 育 は 人 なり と 言 われるように 義 務 教 育 の 成 否 は 教 職 員

More information

1945 年 8 月 29 日 南 方 軍 総 参 謀 長 沼 田 多 稼 蔵 中 将 が ラングーンで 英 軍 との 降 伏 文 書 に 調 印 ソ 連 軍 南 千 島 列 島 の 択 捉 国 後 色 丹 志 発 各 島 に 上 陸 各 島 の 日 本 軍 は 戦 闘 することなく 武 装 解 除

1945 年 8 月 29 日 南 方 軍 総 参 謀 長 沼 田 多 稼 蔵 中 将 が ラングーンで 英 軍 との 降 伏 文 書 に 調 印 ソ 連 軍 南 千 島 列 島 の 択 捉 国 後 色 丹 志 発 各 島 に 上 陸 各 島 の 日 本 軍 は 戦 闘 することなく 武 装 解 除 1942 年 3 月 24 日 陸 軍 省 に 船 舶 運 営 会 設 置 1945 年 5 月 22 日 陸 軍 省 に 留 守 業 務 部 設 置 1945 年 8 月 14 日 ポツダム 宣 言 受 諾 戦 争 終 結 を 閣 議 決 定 1945 年 8 月 15 日 天 皇 による 終 戦 詔 書 の 玉 音 放 送 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 1945 年 8 月 16 日

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

昭和天皇とポツダム宣言受諾・終戦への動き

昭和天皇とポツダム宣言受諾・終戦への動き -1- スマイル 会 平 成 28 年 2 月 25 日 例 会 報 告 青 木 満 男 H27/8 月 に 日 本 の 一 番 ながい 日 のリメーク 版 映 画 を 見 今 まで 漠 然 と 頭 の 中 にあった 当 時 の 状 況 を 時 系 列 で 整 理 してみました 昭 和 天 皇 とポツダム 宣 言 受 諾 終 戦 への 動 き S20/ 2 月 天 皇 が 重 臣 層 ( 元 首 相

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

マンション管理組合の業務と理事会の運営

マンション管理組合の業務と理事会の運営 マ ン シ ョ ン 管 理 組 合 の 業 務 と 理 事 会 の 運 営 1 マンション 管 理 組 合 の 組 織 と 業 務 はどうなっているの? 組 織 マンション 管 理 士 荻 原 健 業 務 (マンション 標 準 管 理 規 約 第 32 条 ) 1 管 理 組 合 が 管 理 する 敷 地 及 び 共 用 部 分 等 ( 組 合 管 理 部 分 ) の 保 安 保 全 保 守 清 掃

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

内閣府本府文書管理規則(案)

内閣府本府文書管理規則(案) 1 2 3 4 5 6 2 内 閣 官 房 副 長 官 は 内 閣 官 房 副 長 官 補 の 掌 理 する 事 務 の 適 正 かつ 能 率 的 な 遂 行 のため 必 要 と 認 める 場 合 には 前 項 の 規 定 にかかわらず 内 閣 官 房 副 長 官 補 に 係 る 決 裁 文 書 記 号 を 別 に 定 めることができる 2 内 閣 総 理 大 臣 内 閣 官 房 長 官 及 び 内

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

◆比較法研究所報告・東ドイツ1953年6 月17日事件解読

◆比較法研究所報告・東ドイツ1953年6 月17日事件解読 2010 年 度 早 稲 田 大 学 比 較 法 研 究 所 プロジェクト 連 続 講 演 会 旧 社 会 主 義 国 における 法 と 社 会 Ⅱ 第 2 回 東 西 ドイツから 統 一 ドイツへ 東 ドイツ1953 年 6 月 17 日 事 件 の 今 日 的 解 読 2010 年 12 月 17 日 / 水 島 朝 穂 ( 法 学 学 術 院 教 授 ) はじめに 3つの 6 月 17 日 1789

More information

Microsoft Word 制裁強化の動きについて

Microsoft Word 制裁強化の動きについて 最 近 における 制 裁 強 化 の 動 きについて 2013.4.23 連 合 会 館 金 東 鶴 1. 制 裁 期 間 を2 年 に 拡 大 し 継 続 決 定 2. 再 入 国 許 可 の 不 許 可 対 象 の 拡 大 3. 高 校 無 償 化 から 制 度 的 に 締 め 出 すための 省 令 改 正 4. 補 助 金 固 定 資 産 税 についても 締 め 付 け 強 化 か!? 1 [

More information

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労 公 務 員 の 種 類 と 数 公 務 員 は 国 家 公 務 員 が 約 64 万 人 地 方 公 務 員 が 約 286 万 人 大 臣 副 大 臣 大 臣 政 務 官 大 使 公 使 等 ( 約 500 人 ) 給 与 決 定 の 方 法 特 別 職 ( 約 300,000 人 ) 裁 判 官 裁 判 所 職 員 ( 約 26,000 人 ) 人 事 院 勧 告 に 準 じて 措 置 国 会

More information

NATO EU EU EU EU EU EU EU EU - -

NATO EU EU EU EU EU EU EU EU - - NATO EU NATO NATO NATO NATO NATO - - NATO EU EU EU EU EU EU EU EU - - NATO EU Bundnisfhigkeit NATO NATO AWACS NATO UNSOM NATO SFOR - - NATO NATO EU NATO EU - - EU EU EU Erosion oder Integration EU EU -

More information

Microsoft Word - 歴史テスト【再テスト用】.docx

Microsoft Word - 歴史テスト【再テスト用】.docx 帝 国 憲 法 の 成 果 と 課 題 教 科 書 P166~P167 大 日 本 帝 国 憲 法 1889 年 いち 早 く 憲 法 発 布 国 会 開 設 を 約 束 した 政 府 は 憲 法 の 作 成 に 乗 り 出 した ( 伊 藤 博 文 )はヨーロッパへ 留 学 して ( 君 主 の 権 力 )が 強 い( ドイツ(プロイセン) )の 憲 法 を 中 心 に 調 査 した 1885 年

More information

211 栃 木 県 の 銅 山 でおこった 公 害 と 被 災 住 民 の 救 済 につとめた 議 員 足 尾 銅 山 鉱 毒 事 件 田 中 正 造 212 1914 年 バルカン 半 島 でおこったオーストリア 皇 太 子 暗 殺 事 件 サラエボ 事 件 213 がきっかけとなりヨーロッパだけ

211 栃 木 県 の 銅 山 でおこった 公 害 と 被 災 住 民 の 救 済 につとめた 議 員 足 尾 銅 山 鉱 毒 事 件 田 中 正 造 212 1914 年 バルカン 半 島 でおこったオーストリア 皇 太 子 暗 殺 事 件 サラエボ 事 件 213 がきっかけとなりヨーロッパだけ 181 大 日 本 帝 国 憲 法 で 国 民 は 何 とよばれたか 臣 民 182 条 約 改 正 の 気 運 を 高 めたイギリス 船 の 海 難 事 故 ノルマントン 号 事 件 183 イギリスと 交 渉 し 領 事 裁 判 制 度 の 撤 廃 に 成 功 した 外 務 大 臣 陸 奥 宗 光 184 アフリカやアジアに 植 民 地 を 広 げていく 欧 米 の 政 策 ( 主 義 ) 帝

More information

rekishi6.xls

rekishi6.xls 1 / 9 ページ 近 代 日 本 の 成 立 1ヨーロッパ 諸 国 の 進 出 (1)ロシアの 南 下 1792 年 ラックスマン~ 根 室 ( 大 黒 屋 光 太 夫 ) 1804 年 レザノフ~ 長 崎 1811 年 ゴローニン 事 件 ~ロシア 人 を 逮 捕 (2) 幕 府 の 対 応 蝦 夷 地 の 探 険 千 島 列 島 ~ 最 上 徳 内 近 藤 重 蔵 樺 太 ~ 間 宮 林 蔵

More information

< F2D8ED089EF81718AEE AEE967B96E291E88E9697E18172>

< F2D8ED089EF81718AEE AEE967B96E291E88E9697E18172> 社 会 中 学 校 第 3 学 年 とちぎの 子 どもの 基 礎 基 本 について : 身 に 付 けるべき 基 礎 基 本 の 知 識 技 能 を 示 しています : 学 校 ごとに 学 習 内 容 を 選 択 して 扱 う 小 単 元 や 地 域 によって 扱 う 内 容 が 異 なる 小 単 元 につい て どのような 内 容 を 学 習 した 場 合 でも 共 通 に 身 に 付 けるべき

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

(2/10) 第 2 章 会 員 ( 種 別 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 は 次 の2 種 類 とする 一 正 会 員 1 本 会 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 以 下 の 漕 艇 グループの 代 表 者 イ 東 京 都 内 に 所 在 する 大 学 専 門 学 校 高 等 学

(2/10) 第 2 章 会 員 ( 種 別 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 は 次 の2 種 類 とする 一 正 会 員 1 本 会 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 以 下 の 漕 艇 グループの 代 表 者 イ 東 京 都 内 に 所 在 する 大 学 専 門 学 校 高 等 学 (1/10) 平 成 6 年 2 月 2 6 日 制 定 平 成 27 年 2 月 25 日 一 部 改 正 一 般 社 団 法 人 東 京 都 ボート 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 東 京 都 ボート 協 会 と 称 し( 以 下 本 会 という ) 英 文 では Tokyo Amateur Rowing Association(

More information

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73>

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73> 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 定 款 平 成 21 年 6 月 11 日 認 可 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 103-0024 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 舟 町 15 番 17 号 日 本 橋 協 栄 ビル6 階 TEL FAX 03-3661-3834 03-3661-3849 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は フラットヤーン(ポリプロピレン

More information

【現代2 WW1後の欧米世界】

【現代2 WW1後の欧米世界】 現 代 2 第 一 次 世 界 大 戦 後 の 欧 米 世 界 1.ロシア 革 命 ソヴィエト 連 邦 の 成 立 2.ヴェルサイユ 体 制 下 の 国 際 外 交 3.1920 年 代 の 欧 米 各 国 の 様 相 1.ロシア 革 命 ソヴィエト 連 邦 の 成 立 二 月 革 命 A) 第 1 次 世 界 大 戦 における,ドイツとの 戦 線 の 劣 勢 国 内 の 物 資 不 足, 国 民

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E393FA967B82CC90ED918882C695BD986182F08D6C82A682E982512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E393FA967B82CC90ED918882C695BD986182F08D6C82A682E982512E646F63> 北 広 島 九 条 の 会 例 会 資 料 近 代 日 本 の 戦 争 と 平 和 を 考 える2 2015 年 4 月 4 日 / 後 藤 守 彦 1. 第 1 次 世 界 大 戦 (1914~1918 年 ) (1)1914( 大 正 3) 年 サラエボ 事 件 (セルビアの 青 年 によるオーストリア 皇 太 子 夫 妻 暗 殺 事 件 )を 契 機 に 開 戦 (2) 戦 争 参 加 国 (31

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

02“‚“ÛŁ¶›»-−CŸV“â

02“‚“ÛŁ¶›»-−CŸV“â Deutsches Institut für Japanstudien 1 37 17 2 3 J O 4 38 5 6 7 J O 39 17 8 9 40 10 41 17 11 Die Tochter des SAMURAI EIN FILM IM ECHO DER DEUTSCHEN PRESSE Die Tochter des SAMURAI 12 42 13 14 15 16 17 18

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

大 前 史 域 事 項 国 内 海 外 事 項 1927 年 ( 昭 和 2) 1928 年 ( 昭 和 3) 小 郡 実 科 女 を 小 郡 女 と 改 称 ( 本 科 ) 4 宇 部 商 実 践 創 4 金 融 恐 慌 4 天 皇 即 位 11.10 ラジオ 体 操 放 送 開 始 11 192

大 前 史 域 事 項 国 内 海 外 事 項 1927 年 ( 昭 和 2) 1928 年 ( 昭 和 3) 小 郡 実 科 女 を 小 郡 女 と 改 称 ( 本 科 ) 4 宇 部 商 実 践 創 4 金 融 恐 慌 4 天 皇 即 位 11.10 ラジオ 体 操 放 送 開 始 11 192 年 表 大 前 史 域 事 項 国 内 海 外 事 項 1905 年 ( 明 治 38) を 商 に 改 称 4 陽 鉄 道 会 社 下 関 ~ 釜 間 の 連 絡 航 路 開 始 4 防 長 女 子 教 育 会 の 創 2 日 露 戦 争 講 和 条 約 調 印 9 1907 年 ( 明 治 40) 村 日 置 農 補 習 設 4 小 令 改 正 義 務 教 育 が6 年 間 とな る 3 南 満

More information

ドイツ 民 法 ( 約 款 規 制 法 ) * 下 線 は 本 資 料 作 成 者 が 付 した 第 2 章 約 款 による 法 律 行 為 に 基 づく 債 務 関 係 の 形 成 ( 第 305 条 ~ 第 310 条 ) 公 的 注 記 本 章 は 消 費 者 契 約 上 の 不 公 正 条

ドイツ 民 法 ( 約 款 規 制 法 ) * 下 線 は 本 資 料 作 成 者 が 付 した 第 2 章 約 款 による 法 律 行 為 に 基 づく 債 務 関 係 の 形 成 ( 第 305 条 ~ 第 310 条 ) 公 的 注 記 本 章 は 消 費 者 契 約 上 の 不 公 正 条 平 成 26 年 3 月 4 日 法 制 審 議 会 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 委 員 佐 成 実 比 較 法 資 料 (ドイツ 約 款 規 制 法 全 訳 ) これまで 法 制 審 議 会 の 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 での 審 議 の 参 考 に 供 するために 作 成 された 比 較 法 資 料 では 独 逸 民 法 中 の 約 款 規 制 法 に 関 する 部 分

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

<90ED8CE395B68F918C8F96BC96DA985E81698CF68A4A9770816A3238303231352E786C73>

<90ED8CE395B68F918C8F96BC96DA985E81698CF68A4A9770816A3238303231352E786C73> 1891 薬 事 法 第 41 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 日 本 薬 局 22401 37~40 医 薬 品 製 造 関 係 例 規 方 を 定 める 等 の 件 の 一 部 改 正 につい 昭 和 38 年 度 1891 22402 37~40 医 薬 品 製 造 関 係 例 規 代 用 消 毒 薬 品 の 指 定 につい 昭 和 38 年 度 1891 医 薬 品 等 の 製 造

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込 広 島 魚 商 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

マイネッケとウェーバー

マイネッケとウェーバー Feb Roscher und Knies, Gesammelte Aufsätze zur Wissenschaftslehre.. Aufl., Tübingen, S., Roscher und Knies, S., Historishe Zeitschrift, Bd. ,, S. - Felix Rachfahl, Deutschland, König Friedrich Wilhelm

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

○○○○技術研究組合定款

○○○○技術研究組合定款 ミニマルファブ 技 術 研 究 組 合 定 款 MFAD2-3-1-Rev120426-1300 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 協 同 によるミニマルファブ(ハーフインチウェハを 製 造 単 位 とする 局 所 クリ ーン 化 超 小 規 模 半 導 体 生 産 システム)に 関 する 試 験 研 究 その 他 組 合 員 の 技 術 水 準 の 向

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

7555 年 以 降 イ 連 邦 憲 法 裁 判 所 判 例 動 向 い 2000 年 以 降 のドイツ 連 邦 憲 法 裁 判 所 判 例 の 動 向 について 宮 地 基 はじめに 本 研 究 所 定 例 研 究 会 報 告 赴 任 以 来 度 目 回 目 6998 年 赴 任 直 後 イ 憲

7555 年 以 降 イ 連 邦 憲 法 裁 判 所 判 例 動 向 い 2000 年 以 降 のドイツ 連 邦 憲 法 裁 判 所 判 例 の 動 向 について 宮 地 基 はじめに 本 研 究 所 定 例 研 究 会 報 告 赴 任 以 来 度 目 回 目 6998 年 赴 任 直 後 イ 憲 明 治 学 院 大 学 機 関 リポジトリ http://repository.meijigakuin Title 2000 年 以 降 のドイツ 連 邦 憲 法 裁 判 所 判 例 の 動 向 につい て Author(s) 宮 地, 基 Citation 明 治 学 院 大 学 法 律 科 学 研 究 所 年 報, 30: 5-13 Issue Date 2014-07-31 URL http://hdl.handle.net/10723/2011

More information

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 こ の 法 人 は 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 (Izumo Junior Chamber Inc. 以 下 本 会 議 所 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 議 所 は 主 たる 事 務 所 を 島 根 県 出 雲 市 に 置 く ( 目

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 10 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 更 衣 室 盗 撮 目 的 侵 入 容 疑 で 逮 捕 東 村 山 市 保 育 園 職 員 2012 年 10 月 2 日 朝 日 朝 刊 29

More information

4 特 集 憲 法 改 正

4 特 集 憲 法 改 正 特 集 憲 法 改 正 憲 法 第 9 条 第 二 章 戦 争 の 放 棄 第 九 条 日 本 国 民 は 正 義 と 秩 序 を 基 調 と す る 国 際 平 和 を 誠 実 に 希 求 し 国 権 の 発 動 た る 戦 争 と 武 力 に よ る 威 嚇 又 は 武 力 の 行 使 は 国 際 紛 争 を 解 決 す る 手 段 と し て は 永 久 に こ れ を 放 棄 す る 2 前

More information

コンプライアンス憲章

コンプライアンス憲章 コンプライアンス 憲 章 第 1 条 ( 目 的 ) この 憲 章 は 三 井 ハイテック( 全 三 井 ハイテックグループ 会 社 を 含 む 以 下 同 じ)の 全 て の 役 員 (これに 準 ずるものを 含 む 以 下 同 じ)および 従 業 員 一 人 一 人 が 三 井 ハイテック で 働 く 者 としての 誇 りを 持 ち あらゆる 企 業 活 動 の 場 面 において 関 係 法 令

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

スライド 1

スライド 1 第 6 回 保 険 システムの 発 展 日 本 における 保 険 事 業 の 導 入 と 発 展 1 明 治 期 の 産 業 化 と 近 代 的 保 険 システムの 導 入 2 明 治 期 の 保 険 システム 運 営 の 整 備 3 大 正 期 の 国 営 生 命 保 険 の 開 始 と 財 閥 の 進 出 4 第 二 次 大 戦 後 の 経 済 復 興 規 制 緩 和 の 時 代 5 大 停 滞

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

Title 変容のメールヒェン Author(s) 長谷川, 茂夫 Citation 鹿児島大学文科報告, 28: 51-67 Issue Date 1993-09-25 URL http://hdl.handle.net/10232/16446 http://ir.kagoshima-u.ac.jp 66 3) An Humboldt vom 27. Mai 1796.

More information

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 規 程 規 則 平 成 25 年 5 月 目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

More information

し 入 会 したものをもって 会 員 とし 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 法 人 法 という ) 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 必 要 な 書 類

し 入 会 したものをもって 会 員 とし 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 法 人 法 という ) 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 必 要 な 書 類 一 般 社 団 法 人 東 広 島 薬 剤 師 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 会 は 一 般 社 団 法 人 東 広 島 薬 剤 師 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 広 島 県 東 広 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 薬 剤 師 の 倫 理 の 向 上 及 び 学 術 の 振 興 を

More information

2. 第 1 項 の 会 員 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 6 条 この 法 人 に 入 会 しようとする 者 は 加 入 金 を 支 払 い 理 事 会 の 定 めるところに より 書 面 をもってその

2. 第 1 項 の 会 員 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 6 条 この 法 人 に 入 会 しようとする 者 は 加 入 金 を 支 払 い 理 事 会 の 定 めるところに より 書 面 をもってその 公 益 社 団 法 人 和 歌 山 県 トラック 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 和 歌 山 県 トラック 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 和 歌 山 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 貨 物 自

More information

6基本01

6基本01 概 要 第 1 問 第 2 問 第 3 問 第 4 問 第 5 問 第 6 問 第 7 問 第 8 問 第 9 問 第 10 問 1 自 然 第 11 問 第 12 問 第 13 問 第 14 問 第 15 問 第 16 問 第 17 問 第 18 問 第 19 問 第 20 問 2 歴 史 第 21 問 第 22 問 第 23 問 第 24 問 第 25 問 第 26 問 第 27 問 第 28

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874681408169938A89659770816A20202094FC8DAA814066696E616C2081698E518D6C8E9197BF82C882B5816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874681408169938A89659770816A20202094FC8DAA814066696E616C2081698E518D6C8E9197BF82C882B5816A2E70707478> E キ E E キ ヤ ノ E Z ノ ン グ 研 究 Z と グ 主 ロー 幹 安 全 バ 美 ル 全 保 戦 略 研 根 慶 保 障 研 究 所 樹 障 所 キヤノングローバル 戦 略 研 究 所 シンポジウム EEZにおける 安 全 保 障 と 産 業 活 動 2011 年 11 月 18 日 新 丸 ビル9Fコンファレンススクエア 基 本 整 理 1 海 の 安 全 保 障 とは 何 か 領

More information

Œ{Ł¶ (’Ó)

Œ{Ł¶ (’Ó) 1 (I) 1995 Suhrkamp DDR Ulrich Plenzdorf, Klaus Schlesinger, Martin Stade Günter de Bruyn, Fritz Rudolf Fries, Stefan Heym, Günter Kunert, Rolf Schneider DDR DDR DDR Stasi Stasi DDR 1970 Stasi (II) 1965

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 西洋法制史講義 三月前期ドイツ における法と社会 1 Ⅰ 三月前期におけるプロイセン国制 1 中央行政改革 宰相制 Staatskanzler 国家参議会 Staatsrat 官僚絶対主義体制の形成 = 官僚による 上からの革命 Hegel 法の哲学 1821 年 理性的であるものこそ現実的であり 現実的 であるものこそ理性的である ミネルヴァのふくろうは 黄昏がやってくるとはじめて飛びはじめる (

More information

<5461726F31332D8E8A8AAF95F1986196F38169835A8362836794C5816A2E6A>

<5461726F31332D8E8A8AAF95F1986196F38169835A8362836794C5816A2E6A> 千 五 百 量 破 壊 等 等 件 外 省 告 示 九 八 日 量 破 壊 等 等 次 七 日 外 臣 川 口 順 子 訳 文 千 八 日 九 五 回 千 五 百 構 盟 軍 備 軍 縮 履 量 破 壊 ゆ 側 面 け む 千 九 百 九 日 政 府 首 脳 レ ベ ル 長 声 S / 五 〇 〇 再 声 盟 地 域 世 界 混 乱 せ 問 題 憲 解 強 調 想 起 憲 責 任 有 除 去 数 へ

More information

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 と 称 する 2 この 法 人 の 英 語 名 表 記 を JAPAN SPORTS FACILITIES A SSOCIATION(JSFA)とする ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information