Microsoft Word _橿原市都市MP-★本編修正案.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc"

Transcription

1 5. 地 域 別 まちづくりの 方 針 ( 地 域 別 構 想 ) (1) 地 域 区 分 について 地 域 別 構 想 の 地 域 区 分 の 方 法 として まちづくりの 特 性 が 類 似 している 地 域 によって 地 域 を 区 分 すると 本 市 の 都 市 拠 点 を 担 う 大 和 八 木 駅 周 辺 の 中 心 市 街 地 が 形 成 されている 中 部 地 域 藤 原 宮 跡 や 香 久 山 など 歴 史 的 な 緑 や 拠 点 を 有 する 東 部 地 域 広 域 アクセス 利 便 性 の 高 い 工 業 地 域 をもつ 北 部 地 域 本 市 のサブ 拠 点 核 である 橿 原 神 宮 前 駅 を 含 み 良 好 な 低 層 住 宅 地 として 整 備 されている 南 部 地 域 畝 傍 山 や 貝 吹 山 良 好 な 田 園 風 景 などの 自 然 環 境 に 囲 まれた 西 部 地 域 の 5 つの 地 域 に 概 ね 分 類 できることから この 5 地 域 を 基 本 に 地 域 別 構 想 の 検 討 を 図 ります 地 域 名 称 中 部 地 域 東 部 地 域 北 部 地 域 南 部 地 域 西 部 地 域 地 域 の 特 徴 本 市 の 都 市 拠 点 を 担 う 大 和 八 木 駅 周 辺 では 商 業 業 務 機 能 が 集 積 大 和 八 木 駅 南 部 では 市 役 所 や 県 立 医 科 大 学 など 公 共 公 益 機 関 が 集 積 今 井 町 八 木 札 の 辻 など 歴 史 的 な 町 並 みが 残 る 藤 原 宮 跡 や 香 久 山 など 歴 史 的 風 土 保 存 区 域 に 指 定 されている 豊 かな 緑 を 有 する 昔 ながらの 農 村 集 落 が 社 寺 とともに 点 在 する 中 和 幹 線 や 国 道 24 号 京 奈 和 自 動 車 道 の 整 備 により 自 動 車 交 通 の 結 節 点 となることから 製 造 業 流 通 業 などの 立 地 が 見 込 まれる 橿 原 神 宮 前 駅 に 商 業 機 能 が 集 積 菖 蒲 町 五 条 野 町 白 橿 町 では 計 画 的 に 開 発 された 住 宅 地 が 広 がる 畝 傍 山 貝 吹 山 をはじめとした 自 然 的 景 観 橿 原 神 宮 新 沢 千 塚 古 墳 群 をはじめとした 歴 史 的 景 観 に 恵 まれる 京 奈 和 自 動 車 道 の 整 備 により 産 業 などの 活 性 化 が 見 込 まれる 31

2 地 域 区 分 図 32

3 (2) 中 部 地 域 のまちづくり 方 針 1) 中 部 地 域 の 概 要 地 域 の 位 置 づけ 本 市 の 中 心 として 商 業 業 務 行 政 機 能 が 集 中 する 都 市 拠 点 としての 役 割 を 担 っており 今 井 町 や 八 木 札 の 辻 など 歴 史 的 町 並 み 景 観 も 残 る 地 域 です 地 域 の 概 要 都 市 機 能 の 集 積 する 橿 原 市 の 玄 関 口 大 和 八 木 駅 周 辺 は 商 業 業 務 行 政 機 能 が 集 中 する 本 市 の 都 市 拠 点 の 役 割 を 担 っています また 大 和 八 木 駅 南 部 では 市 役 所 やかしはら 万 葉 ホール 県 立 医 科 大 学 などの 公 共 公 益 施 設 が 集 積 しています 江 戸 時 代 の 歴 史 を 残 す 町 並 み 景 観 中 部 地 域 は 昔 から 広 域 交 通 の 結 節 点 で 栄 えていた 地 域 であり 旧 伊 勢 街 道 と 下 ツ 道 の 交 差 点 であった 八 木 札 の 辻 は 江 戸 時 代 の 宿 場 町 の 町 並 みを 色 濃 く 残 しています また 今 井 町 は 江 戸 時 代 の 貴 重 な 町 家 と 町 並 みが 残 っており 平 成 5 年 に 重 要 伝 統 的 建 造 物 群 保 存 地 区 に 指 定 されています 交 通 環 境 上 問 題 の 多 い 中 心 市 街 地 主 要 幹 線 道 路 として 国 道 24 号 国 道 165 号 国 道 166 号 国 道 169 号 が 通 っており 中 心 市 街 地 に 通 過 交 通 が 流 入 し 混 雑 している 道 路 が 多 くなっています また 近 鉄 JR が 交 差 していることから 市 街 地 が 分 断 されています 市 街 地 における 安 全 性 が 懸 念 される 居 住 環 境 古 い 町 割 の 上 に 成 り 立 っているため 狭 隘 な 道 路 が 多 く 住 宅 の 敷 地 規 模 が 小 さいなどの 問 題 があり 災 害 時 の 安 全 性 が 懸 念 されています 33

4 住 民 アンケートの 概 要 中 部 地 域 では 生 活 道 路 や 歩 道 が 整 備 され 歩 行 者 が 歩 きやすい において 満 足 度 が 低 く なっています 都 市 整 備 に 関 して 重 点 を 置 くべき 取 り 組 みでの 設 問 について 八 木 駅 周 辺 など 中 心 市 街 地 に おける 市 街 地 整 備 と 活 性 化 が 57.4%で 1 位 となっており 全 体 と 比 較 しても 非 常 に 高 くな っています 土 地 利 用 に 関 する 質 問 においては 八 木 駅 周 辺 など 中 心 市 街 地 の 商 業 機 能 を 強 化 する が 全 体 と 比 較 して 大 幅 に 突 出 しています 分 野 別 では 道 路 交 通 で 駅 周 辺 の 整 備 を 行 い 徒 歩 自 転 車 自 動 車 などによるアクセス をしやすくする が 公 園 緑 地 では 普 段 の 子 供 の 遊 び 場 となる 小 さな 公 園 や 緑 地 広 場 をつくる が 全 体 と 比 較 して 高 くなっています 自 然 環 境 景 観 においては 八 木 地 区 で 中 心 市 街 地 としてふさわしい 質 の 高 い 都 市 景 観 の 形 成 を 図 る が 今 井 地 区 で 歴 史 文 化 資 源 を 保 全 し 魅 力 ある 歴 史 的 街 並 み 景 観 を 保 全 整 備 する がいずれも 6 割 を 越 えています 都 市 整 備 に 関 して 重 点 を 置 くべき 取 り 組 み 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 70.0% 八 木 駅 周 辺 など 中 心 市 街 地 における 市 街 地 整 備 と 活 性 化 京 奈 和 自 動 車 道 や 南 阪 奈 道 路 などの 広 域 交 通 網 を 活 かした 企 業 誘 致 各 駅 周 辺 に 立 地 する 既 存 商 店 街 の 活 性 化 郊 外 部 の 主 要 な 幹 線 道 路 沿 道 におけ る 商 業 施 設 の 誘 致 地 域 内 を 結 ぶ 幹 線 道 路 や 公 共 交 通 の 充 実 歴 史 性 のある 街 並 みや 自 然 環 境 を 活 かした 美 しい 景 観 づくり 地 域 の 歴 史 文 化 伝 統 等 の 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 振 興 定 住 人 口 増 加 を 促 す 魅 力 ある 住 宅 地 の 整 備 や 住 宅 の 供 給 市 街 地 における 生 活 環 境 ( 道 路 公 園 下 水 道 整 備 など)の 向 上 地 震 などの 災 害 に 強 いまちづくり 26.6% 21.3% 8.5% 27.7% 14.9% 11.7% 39.4% 37.2% 39.4% 57.4% 全 体 中 部 地 域 34

5 2) 中 部 地 域 の 将 来 像 中 部 地 域 は 広 域 交 通 の 利 便 性 と 商 業 業 務 行 政 機 能 の 集 積 を 活 かして 広 域 的 な 都 市 機 能 の 強 化 をさらに 高 めるまちづくりを 目 指 します そのため 中 部 地 域 のテーマと 目 標 を 以 下 のように 定 めます テーマ 歴 史 と 文 化 を 活 かした 広 域 拠 点 らしいまちづくり 目 標 目 標 1. 中 南 和 の 広 域 拠 点 としてふさわしい 都 市 機 能 の 形 成 を 目 指 します 目 標 2. 歴 史 的 町 並 みを 保 全 した 生 活 環 境 の 形 成 を 目 指 します 目 標 3. 中 心 市 街 地 の 環 境 改 善 と 防 災 機 能 の 向 上 を 目 指 します 35

6 3) 中 部 地 域 のまちづくりの 方 針 目 標 1. 中 南 和 の 広 域 拠 点 としてふさわしい 都 市 機 能 の 形 成 を 目 指 します 1 大 和 八 木 駅 八 木 西 口 駅 畝 傍 駅 周 辺 における 魅 力 ある 広 域 拠 点 の 形 成 大 和 八 木 駅 八 木 西 口 駅 畝 傍 駅 周 辺 は 商 業 業 務 サービス 施 設 などを 誘 導 し 中 南 和 の 玄 関 口 としてふさわしい 高 次 都 市 機 能 の 集 積 を 図 ります 大 和 八 木 駅 周 辺 の 街 路 歩 行 空 間 の 充 実 と 連 動 した 商 店 街 の 再 整 備 を 図 ります 畝 傍 駅 周 辺 は 市 街 地 の 防 災 性 能 を 高 めながら 道 路 整 備 とともに 住 民 参 加 による 区 画 整 理 の 手 法 を 用 いたまちづくりを 推 進 します 都 市 再 生 事 業 により 賑 わいのある 拠 点 づくりを 進 めるとともに 地 域 住 民 だけでなく 観 光 客 などが 訪 れたくなる 魅 力 あるまちづくりを 目 指 すため 歩 行 者 ネットワークの 形 成 や( 仮 称 ) 観 光 交 流 センターの 整 備 など 中 心 市 街 地 と 多 様 な 歴 史 文 化 資 源 や 観 光 資 源 を 結 ぶ 快 適 な 交 通 ネットワークの 構 築 を 推 進 します 市 役 所 や 県 立 医 科 大 学 かしはら 万 葉 ホール 周 辺 など 公 共 公 益 施 設 の 集 積 している 地 区 では 周 辺 住 宅 地 環 境 との 調 和 を 図 りながら 広 域 的 な 商 業 業 務 施 設 の 集 積 を 図 ります 2 広 域 拠 点 を 支 える 総 合 的 な 交 通 網 の 形 成 広 域 拠 点 駅 に 位 置 づけられる 大 和 八 木 駅 周 辺 は 公 共 駐 車 場 駐 輪 場 の 整 備 や 人 に 優 しい 歩 行 空 間 の 整 備 を 図 り 交 通 結 節 点 機 能 を 強 化 します 大 和 八 木 駅 はだれもが 使 いやすい 公 共 交 通 ターミナルとなるよう エレベーターの 設 置 などによるバリアフリー 化 を 重 点 的 に 進 めるなど 公 共 交 通 の 利 用 環 境 整 備 を 鉄 道 事 業 者 に 要 請 していきます 鉄 道 による 土 地 利 用 の 分 断 を 解 消 し 他 地 域 との 連 絡 を 強 化 する 広 域 幹 線 道 路 として 国 道 24 号 165 号 166 号 都 市 計 画 道 路 橿 原 神 宮 参 道 線 都 市 計 画 道 路 八 木 見 瀬 線 の 未 整 備 区 間 の 早 期 整 備 促 進 を 関 係 機 関 に 働 きかけます 大 和 八 木 駅 周 辺 では 民 間 と 公 共 の 連 携 による 駐 車 場 駐 輪 場 の 整 備 を 図 るとともに 駐 車 場 案 内 システムの 導 入 を 検 討 します 広 域 拠 点 にふさわしい 都 市 景 観 の 形 成 大 和 八 木 駅 を 中 心 とする 地 区 を 緑 化 重 点 地 区 と 位 置 づけ 幹 線 道 路 を 中 心 とする 道 路 緑 化 や 市 役 所 などの 公 共 施 設 の 緑 化 を 推 進 するとともに 民 有 地 においても 積 極 的 に 緑 化 を 誘 導 し 緑 と 調 和 した 賑 わいのある 都 市 空 間 を 形 成 します 電 線 類 地 中 化 やオープンスペースの 創 出 など 中 南 和 の 玄 関 橿 原 市 の 中 心 地 としてふ さわしい 賑 わいと 特 色 のある 市 街 地 景 観 の 創 造 再 生 を 市 街 地 整 備 と 併 せ 一 体 的 連 続 的 に 図 っていきます 36

7 緑 化 オープンスペースなどに 配 慮 しつつ 快 適 で 賑 わいのある 都 市 景 観 の 創 出 と 市 街 地 における 建 築 群 の 調 和 したデザインによるまとまりある 質 の 高 い 景 観 の 形 成 を 図 ります 都 市 計 画 道 路 橿 原 神 宮 参 道 線 は 橿 原 市 の 2 大 広 域 商 業 業 務 拠 点 を 結 ぶシンボルロー ドとして 緑 化 を 進 め 良 好 な 都 市 景 観 軸 の 形 成 を 図 ります 広 域 幹 線 道 路 である 都 市 計 画 道 路 奈 良 橿 原 線 は 大 気 汚 染 や 騒 音 などの 環 境 負 荷 を 軽 減 させる 連 続 性 のある 緑 として 街 路 樹 や 緩 衝 緑 地 の 維 持 保 全 を 図 ります 大 和 国 分 寺 今 井 町 北 口 のエノキなどの 鎮 守 の 森 といわれる 社 寺 境 内 地 の 樹 木 樹 林 地 やランドマークとなる 巨 樹 巨 木 は 地 域 の 景 観 にアクセントを 与 える 要 素 として 機 能 を 担 うものであり 地 域 住 民 の 協 力 や 公 的 な 管 理 を 検 討 しつつ 適 切 な 保 全 に 努 めます 4 快 適 な 歩 行 者 ネットワークの 形 成 地 域 住 民 だけでなく 観 光 客 が 訪 れたくなる 魅 力 あふれる 歩 行 者 ネットワークとして 大 和 八 木 駅 南 地 区 と 歴 史 体 験 地 区 である 今 井 町 を 結 ぶ 道 路 を 歩 車 共 存 道 路 として 整 備 するとともに 観 光 拠 点 の 整 備 など 中 心 市 街 地 と 多 様 な 歴 史 文 化 資 源 や 観 光 資 源 を 結 ぶ 快 適 な 歩 行 者 ネットワークの 構 築 を 推 進 します 大 和 八 木 駅 から 市 役 所 かしはら 万 葉 ホール 県 立 医 科 大 学 などの 公 共 公 益 施 設 が 集 積 している 都 市 シビック 拠 点 においては 高 齢 者 障 がい 者 などすべての 人 が 利 用 し やすい 環 境 づくりを 目 指 し ユニバーサルデザインに 留 意 した 歩 行 支 援 環 境 の 充 実 を 図 るとともに 安 全 性 にも 配 慮 した 快 適 で 魅 力 ある 歩 行 者 ルートの 整 備 を 関 係 機 関 に 働 きかけます 大 和 八 木 駅 においては 鉄 道 事 業 者 のバリアフリー 計 画 と 併 せた 歩 行 者 専 用 道 路 の 整 備 を 行 います 県 道 大 和 八 木 停 車 場 線 については 今 井 町 へのアクセスルートとして みち 再 生 事 業 による 安 心 賑 わい 憩 い の 道 路 空 間 整 備 を 関 係 機 関 に 働 きかけます 歩 行 者 ネットワークルート 上 には わかりやすい 案 内 板 やサインの 設 置 により 市 民 及 び 来 訪 者 が 歩 いて 楽 しく 回 遊 できるような 整 備 を 検 討 します 37

8 目 標 2. 歴 史 的 町 並 みを 保 全 した 生 活 環 境 の 形 成 を 目 指 します 1 歴 史 的 町 並 み 保 全 地 区 の 整 備 今 井 町 においては 重 要 伝 統 的 建 造 物 群 としての 歴 史 的 な 町 並 み 保 存 の 推 進 と 活 用 を 図 るため 公 共 施 設 の 整 備 電 線 類 の 地 中 化 などの 住 環 境 整 備 並 びに 建 物 などの 修 理 修 景 事 業 さらには 空 き 家 空 き 地 対 策 事 業 を 行 い 文 化 財 としての 伝 統 的 建 造 物 群 の 保 存 と 住 民 生 活 との 調 和 を 図 り 地 区 の 住 民 団 体 と 協 働 し 住 民 主 体 の 賑 わいのあ るまちづくりを 推 進 します 八 木 札 の 辻 周 辺 地 区 においては 八 木 札 の 辻 周 辺 の 歴 史 的 な 町 並 みの 保 全 を 図 るとと もに その 裏 手 に 広 がる 社 寺 などを 含 む 路 地 空 間 も 含 めて 歴 史 性 を 活 かした 景 観 の 形 成 を 図 ります また 歴 史 的 道 すじにふさわしい みち 空 間 の 整 備 とともに 防 災 に 配 慮 し 住 環 境 改 善 に 向 けたまちづくりを 推 進 します 飛 鳥 川 や 歴 史 的 な 街 道 を 活 かし 耳 成 山 藤 原 宮 跡 今 井 町 などを 結 ぶ 歩 行 者 ネット ワークの 整 備 を 推 進 します 2 水 辺 資 源 の 保 全 と 活 用 飛 鳥 川 などの 水 辺 環 境 はできる 限 り 多 自 然 な 環 境 を 創 出 し 四 季 の 風 景 が 感 じられ 水 辺 と 身 近 にふれあえる 憩 いの 空 間 形 成 を 図 り うるおいのある 町 並 み 景 観 の 形 成 を 推 進 します 万 葉 の 風 情 を 残 した 飛 鳥 川 は 中 心 市 街 地 の 貴 重 な 自 然 環 境 周 辺 の 拠 点 を 結 ぶ 動 線 及 び 桜 並 木 が 残 る 地 域 住 民 の 散 策 路 として 沿 川 部 の 自 治 会 などによる 管 理 など 地 域 のまちづくりとの 連 携 を 図 りながら 多 自 然 型 の 河 川 整 備 を 関 係 機 関 に 働 きかけます 今 井 町 と 藤 原 宮 跡 を 連 絡 する 飛 鳥 川 沿 川 は 関 係 機 関 や 周 辺 住 民 などと 連 携 を 図 りつ つ 散 策 やサイクリングのための 歩 行 環 境 の 魅 力 の 向 上 を 図 ります 地 域 内 に 残 るため 池 は 農 業 用 水 利 施 設 としての 機 能 だけではなく 鳥 類 などの 野 生 生 物 の 生 息 地 休 憩 地 移 動 の 中 継 地 などとなるビオトープの 拠 点 として 施 設 管 理 者 や 国 奈 良 県 など 関 係 機 関 との 調 整 を 図 りつつ 多 面 的 な 機 能 に 留 意 したため 池 の 保 全 を 図 ります 38

9 目 標 3. 中 心 市 街 地 の 環 境 改 善 と 防 災 機 能 の 向 上 を 目 指 します 1 市 街 地 における 居 住 環 境 の 向 上 密 集 住 宅 市 街 地 では 土 地 区 画 整 理 事 業 などにより 主 要 生 活 道 路 の 拡 充 整 備 によって 狭 隘 道 路 の 改 善 を 進 め 市 街 地 防 災 の 向 上 を 図 ります 都 心 商 業 業 務 地 とその 周 辺 の 密 集 住 宅 市 街 地 における 防 火 準 防 火 地 域 の 指 定 運 用 密 集 市 街 地 における 狭 隘 道 路 などの 整 理 連 担 建 築 物 設 計 制 度 の 活 用 の 促 進 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 促 進 事 業 計 画 の 推 進 による 安 全 性 の 確 保 などにより 老 朽 木 造 密 集 市 街 地 の 解 消 を 図 ります 老 朽 化 が 進 み 耐 震 性 やIT 化 などへの 問 題 を 抱 えている 市 庁 舎 の 整 備 検 討 など 災 害 対 策 本 部 機 能 の 確 保 を 図 るとともに 火 災 の 緩 衝 帯 となる 樹 種 を 配 置 するなど 重 点 的 な 緑 化 を 図 ります 地 域 内 幹 線 道 路 の 整 備 拡 充 による 市 街 地 防 災 性 の 向 上 と 農 村 集 落 の 利 便 性 の 向 上 を 図 るとともに 歴 史 的 な 町 並 みを 保 全 します 39

10 4) 中 部 地 域 の 整 備 方 針 図 土 地 利 用 及 び 都 市 施 設 整 備 方 針 40

11 公園 緑地などの整備及び環境 景観形成の方針 41

12 (3) 東 部 地 域 のまちづくり 方 針 1) 東 部 地 域 の 概 要 地 域 の 位 置 づけ 大 和 三 山 の 一 つとして 知 られ 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 に 指 定 されている 香 久 山 や 藤 原 宮 跡 など 豊 かな 緑 歴 史 を 有 する 地 域 です 地 域 の 概 要 大 和 三 山 藤 原 宮 跡 などの 自 然 歴 史 資 源 が 豊 富 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 に 指 定 されている 香 久 山 や 藤 原 宮 跡 があり 豊 かな 自 然 と 歴 史 を 有 しています しかし 大 和 三 山 に 囲 まれている 地 域 であるにもかかわらず 国 道 沿 いに 建 った 中 高 層 建 築 物 によって 大 和 三 山 への 眺 望 景 観 が 損 なわれつつあります 歴 史 を 残 す 集 落 の 景 観 地 域 の 大 半 は 市 街 化 調 整 区 域 であり 古 くからの 環 濠 集 落 が 社 寺 とともに 点 在 しており 橿 原 市 らしい 景 観 を 醸 し 出 しています 利 便 性 の 低 い 交 通 環 境 鉄 道 駅 として 香 久 山 駅 がありますが 地 域 の 東 北 部 にあることから 利 用 されにくい 状 況 とな っています 広 域 幹 線 道 路 である 国 道 165 号 においてもバス 路 線 がない 状 況 であり 交 通 環 境 は 非 常 に 利 便 性 が 低 くなっています 安 全 性 が 懸 念 される 居 住 環 境 生 活 道 路 が 不 足 し 消 火 活 動 が 困 難 な 区 域 が 多 く 見 られ 災 害 時 の 安 全 性 が 懸 念 されていま す 42

13 住 民 アンケートの 概 要 東 部 地 域 では 様 々な 企 業 会 社 が 立 地 し 働 く 場 所 が 身 近 にある に 対 して 満 足 度 が 低 くなっています 都 市 整 備 に 関 して 重 点 を 置 くべき 取 り 組 みでの 設 問 について 市 街 地 における 生 活 環 境 ( 道 路 公 園 下 水 道 整 備 など)の 向 上 が 57.8%で 1 位 となっています 鴨 公 地 区 では 歴 史 を 活 かしたまちづくりに 対 する 関 心 が 高 く 香 久 山 地 区 では 地 域 内 を 結 ぶ 幹 線 道 路 や 公 共 交 通 の 充 実 も 高 いことから 基 盤 整 備 への 要 望 が 高 くなっています 土 地 利 用 に 関 する 質 問 においては 田 園 環 境 と 調 和 した 住 宅 地 域 へのニーズが 高 くなってい ます 分 野 別 では 道 路 交 通 で 歩 行 者 専 用 道 路 や 自 転 車 専 用 道 路 を 整 備 する 駅 や 公 共 施 設 な どを 利 用 しやすくするためのバス 交 通 の 便 をよくする が 鴨 公 地 区 で 高 く 公 園 緑 地 では 普 段 の 子 供 の 遊 び 場 となる 小 さな 公 園 や 緑 地 広 場 をつくる が 香 久 山 地 区 で 全 体 と 比 較 して 高 くなっています 自 然 環 境 景 観 においては 歴 史 文 化 資 源 を 保 全 し 魅 力 ある 歴 史 的 街 並 み 景 観 を 保 全 整 備 する がいずれも 約 6 割 と 高 くなっています 都 市 整 備 に 関 して 重 点 を 置 くべき 取 り 組 み 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 70.0% 八 木 駅 周 辺 など 中 心 市 街 地 における 市 街 地 整 備 と 活 性 化 京 奈 和 自 動 車 道 や 南 阪 奈 道 路 などの 広 域 交 通 網 を 活 かした 企 業 誘 致 各 駅 周 辺 に 立 地 する 既 存 商 店 街 の 活 性 化 郊 外 部 の 主 要 な 幹 線 道 路 沿 道 におけ る 商 業 施 設 の 誘 致 地 域 内 を 結 ぶ 幹 線 道 路 や 公 共 交 通 の 充 実 歴 史 性 のある 街 並 みや 自 然 環 境 を 活 かした 美 しい 景 観 づくり 地 域 の 歴 史 文 化 伝 統 等 の 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 振 興 定 住 人 口 増 加 を 促 す 魅 力 ある 住 宅 地 の 整 備 や 住 宅 の 供 給 市 街 地 における 生 活 環 境 ( 道 路 公 園 下 水 道 整 備 など)の 向 上 地 震 などの 災 害 に 強 いまちづくり 15.6% 13.3% 13.3% 13.3% 26.7% 31.1% 30.0% 36.7% 44.4% 57.8% 全 体 東 部 地 域 43

14 2) 東 部 地 域 の 将 来 像 東 部 地 域 は 藤 原 宮 跡 などの 貴 重 な 歴 史 的 資 源 やそれらを 取 り 囲 む 田 園 大 和 三 山 などの 自 然 環 境 を 守 り 活 かすまちづくりを 目 指 します そのため 東 部 地 域 のテーマと 目 標 を 以 下 のように 定 めます テーマ 大 和 三 山 に 囲 まれた 自 然 と 歴 史 を 活 かしたまちづくり 目 標 目 標 1. 香 久 山 藤 原 宮 跡 の 保 全 活 用 を 目 指 します 目 標 2. 優 れた 自 然 歴 史 環 境 を 有 する 農 村 集 落 などの 生 活 環 境 の 向 上 を 目 指 します 目 標 3. 豊 かな 自 然 歴 史 に 囲 まれた 工 業 流 通 機 能 の 向 上 を 目 指 します 44

15 3) 東 部 地 域 のまちづくりの 方 針 目 標 1. 香 久 山 藤 原 宮 跡 の 保 全 活 用 を 目 指 します 1 藤 原 宮 跡 の 保 全 活 用 特 別 史 跡 藤 原 宮 跡 は その 良 好 な 歴 史 環 境 を 保 全 活 用 するため 特 別 史 跡 藤 原 宮 跡 花 園 植 栽 事 業 や 用 地 公 有 化 推 進 事 業 など 藤 原 宮 跡 と 一 体 となった 緑 地 整 備 や 環 境 保 全 の 推 進 を 図 り 国 が 策 定 した 特 別 史 跡 藤 原 宮 跡 整 備 基 本 構 想 に 基 づく 事 業 の 早 期 実 現 を 関 係 機 関 に 働 きかけます 名 勝 大 和 三 山 を 眺 める 象 徴 的 な 空 間 として 自 然 景 観 の 保 全 を 図 るとともに 周 辺 の 田 園 風 景 と 調 和 した 地 域 性 を 活 かした 公 園 整 備 の 推 進 を 図 ります 特 別 史 跡 藤 原 宮 跡 周 辺 において 駐 車 場 駐 輪 場 などの 来 訪 者 の 利 便 施 設 の 整 備 を 検 討 します 2 大 和 三 山 の 保 全 活 用 市 街 地 を 取 り 囲 む 大 和 三 山 や 法 規 制 によって 守 られている 香 久 山 は 周 辺 部 の 農 村 集 落 や 田 園 環 境 と 合 わせて 良 好 な 環 境 景 観 の 保 全 に 努 めるとともに 市 民 の 憩 いの 場 として 活 用 します 香 久 山 は 各 種 風 致 地 区 における 風 致 保 全 の 方 針 を 尊 重 し 古 来 より 親 しまれてきた 名 勝 としての 山 容 の 維 持 を 図 るため 植 生 の 維 持 や 散 策 路 などの 景 観 形 成 を 推 進 しま す 藤 原 宮 跡 からの 耳 成 山 畝 傍 山 香 久 山 の 良 好 な 景 観 の 確 保 を 図 るため 高 度 地 区 の 指 定 運 用 や 建 物 の 高 さなどを 制 限 する 地 区 計 画 の 指 定 風 致 地 区 の 拡 大 指 定 による 大 和 三 山 への 主 要 眺 望 を 確 保 します 3 快 適 な 歩 行 者 ネットワークの 形 成 駅 から 藤 原 宮 跡 や 香 久 山 香 久 山 公 園 などを 結 ぶ 安 全 で 快 適 な 歩 行 者 ネットワークを 確 保 し サイクリング 道 路 などの 整 備 を 推 進 します 歩 行 者 ネットワークルート 上 には わかりやすい 案 内 板 やサインの 設 置 により 市 民 及 び 来 訪 者 が 歩 いて 楽 しく 回 遊 できるような 整 備 を 検 討 します 広 域 幹 線 道 路 である 都 市 計 画 道 路 奈 良 橿 原 線 は 大 気 汚 染 や 騒 音 などの 環 境 負 荷 を 軽 減 させる 連 続 性 のある 緑 として 街 路 樹 や 緩 衝 緑 地 の 維 持 保 全 を 図 ります 45

16 目 標 2. 優 れた 自 然 歴 史 環 境 を 有 する 農 村 集 落 などの 生 活 環 境 の 向 上 を 目 指 します 1 集 落 景 観 の 保 全 農 村 集 落 と 周 辺 の 香 久 山 を 取 り 囲 む 一 団 の 優 良 農 地 は 防 災 性 や 生 活 道 路 下 排 水 路 などの 生 活 基 盤 の 整 備 により 居 住 環 境 水 準 の 向 上 と 農 村 集 落 の 環 境 景 観 の 保 全 に 努 めるとともに 定 住 環 境 の 維 持 増 進 を 図 ります 歴 史 的 な 風 情 を 残 す 環 濠 集 落 では 住 民 協 働 のもと それぞれの 地 域 特 性 や 課 題 を 踏 まえつつ 歴 史 的 な 環 境 景 観 の 保 全 と 活 用 を 検 討 します 2 安 全 性 が 懸 念 される 居 住 環 境 の 整 備 と 都 市 的 な 景 観 の 形 成 地 域 内 幹 線 道 路 の 整 備 拡 充 による 市 街 地 防 災 性 の 向 上 と 利 便 性 の 向 上 を 図 ります 道 路 新 設 改 良 事 業 によって 市 道 の 新 設 改 良 現 道 拡 幅 橋 梁 整 備 及 び 踏 切 構 造 改 良 を 推 進 します 緑 化 重 点 地 区 では 緑 化 オープンスペースの 創 出 などに 配 慮 しつつ 快 適 で 賑 わい のある 都 市 景 観 の 創 出 と 市 街 地 における 建 築 群 の 調 和 したデザインによるまとまりあ る 質 の 高 い 景 観 の 形 成 を 図 ります 誘 致 圏 や 整 備 水 準 などに 応 じた 住 区 基 幹 公 園 の 適 正 な 配 置 に 努 め 将 来 に 向 けて 地 区 公 園 を 1 箇 所 整 備 します 3 水 辺 資 源 の 保 全 と 活 用 飛 鳥 川 米 川 はゴミ 投 棄 の 防 止 河 川 空 間 の 清 掃 市 民 の 河 川 愛 護 意 識 の 啓 発 環 境 保 全 向 上 対 策 事 業 などによる 水 環 境 の 保 全 浄 化 美 化 を 推 進 します 飛 鳥 川 米 川 などの 水 辺 環 境 はできる 限 り 多 自 然 な 環 境 を 創 出 し 四 季 の 風 景 が 感 じ られ 水 辺 と 身 近 にふれあえる 憩 いの 空 間 形 成 を 図 るとともに 桜 並 木 の 植 樹 や 河 川 環 境 整 備 を 図 り うるおいのある 町 並 み 景 観 の 形 成 を 推 進 します 今 井 町 と 藤 原 宮 跡 を 連 絡 する 飛 鳥 川 沿 岸 はサイクリングロードや 歩 行 者 ネットワーク の 整 備 を 推 進 します 地 域 内 に 残 るため 池 は 農 業 用 水 利 施 設 としての 機 能 だけではなく 鳥 類 などの 野 生 生 物 の 生 息 地 休 憩 地 移 動 の 中 継 地 などとなるビオトープの 拠 点 として 施 設 管 理 者 や 国 奈 良 県 など 関 係 機 関 との 調 整 を 図 りつつ 多 面 的 な 機 能 に 留 意 したため 池 の 保 全 を 図 ります 46

17 4 農 地 や 森 林 などの 保 全 と 活 用 農 業 の 持 続 的 発 展 と 多 面 的 機 能 の 健 全 な 発 揮 を 目 指 し 逐 次 ほ 場 整 備 やため 池 水 路 農 道 などの 土 地 基 盤 整 備 を 行 うなど 関 係 機 関 の 協 力 のもと 農 地 の 集 団 化 連 担 化 や 生 産 性 の 向 上 を 図 り 効 率 的 安 定 的 な 農 業 構 造 の 確 立 を 図 るとともに 農 業 が 本 来 有 する 自 然 循 環 機 能 の 維 持 を 図 ります 本 市 の 風 景 の 基 盤 である 郊 外 の 田 園 風 景 は 大 和 三 山 などの 丘 陵 地 と 一 体 的 となる 景 観 風 景 としての 保 全 を 図 ります 市 街 地 外 周 部 などの 一 団 の 農 地 は まばらな 転 用 などによる 田 園 景 観 の 悪 化 を 防 ぎ 大 都 市 近 郊 にふさわしい 農 業 生 産 環 境 の 保 全 機 能 増 進 に 努 め 歴 史 的 風 土 の 背 景 と なる 豊 かな 広 がりを 持 った 田 園 景 観 を 維 持 します 香 久 山 公 園 周 辺 は 自 然 とのふれあい 拠 点 として 位 置 づけ 虫 いっぱいの 里 山 づくり 事 業 により 市 民 団 体 や 近 隣 の 行 政 企 業 などとも 連 絡 連 携 し 今 後 とも 森 林 や 河 川 などの 周 辺 に 存 在 する 自 然 環 境 を 活 かしたレクリエーション 機 能 の 充 実 を 図 ります 香 久 山 墓 園 の 計 画 的 造 成 を 推 進 するとともに 永 代 供 養 墓 ( 合 葬 式 墓 地 )の 新 規 築 造 の 検 討 を 進 めます 地 域 内 に 残 る 社 寺 境 内 地 の 樹 木 樹 林 地 やランドマークとなる 巨 樹 巨 木 は 地 域 の 景 観 にアクセントを 与 える 要 素 として 機 能 を 担 うものであり 地 域 住 民 の 協 力 や 公 的 な 管 理 を 検 討 しつつ 適 切 な 保 全 に 努 めます 47

18 目 標 3. 豊 かな 自 然 歴 史 に 囲 まれた 工 業 流 通 機 能 の 向 上 を 目 指 します 1 工 業 流 通 機 能 の 立 地 誘 導 国 道 165 号 沿 道 の 工 業 系 用 途 地 域 においては 工 業 流 通 系 市 街 地 として 環 境 の 悪 化 を もたらす 恐 れのない 産 業 機 能 の 立 地 誘 導 を 図 るとともに 既 存 の 地 場 産 業 と 住 環 境 の 調 和 を 図 ります 工 業 地 周 辺 は 周 囲 からの 遮 蔽 騒 音 振 動 などの 緩 和 火 災 の 延 焼 防 止 などを 意 識 した 樹 種 を 検 討 するなど 周 辺 環 境 景 観 との 調 和 と 融 合 に 配 慮 した 緑 化 を 誘 導 しま す 2 沿 道 サービス 機 能 の 立 地 誘 導 国 道 165 号 沿 道 は 周 辺 の 住 宅 地 環 境 との 調 和 を 図 りながら 都 市 の 公 共 公 益 施 設 や 業 務 施 設 商 業 サービス 施 設 などの 立 地 を 誘 導 します 3 幹 線 道 路 などの 整 備 広 域 幹 線 道 路 である 国 道 165 号 の 未 整 備 区 間 の 早 期 整 備 促 進 を 関 係 機 関 に 働 きかけま す 香 久 山 駅 へのアプローチ 道 路 の 整 備 を 図 り 地 域 内 の 良 好 なアクセス 機 能 の 強 化 を 図 ります 48

19 4) 東 部 地 域 の 整 備 方 針 図 土 地 利 用 及 び 都 市 施 設 整 備 方 針 49

20 公 園 緑 地 などの 整 備 及 び 環 境 景 観 形 成 の 方 針 50

21 (4) 北 部 地 域 のまちづくり 方 針 1) 北 部 地 域 の 概 要 地 域 の 位 置 づけ 国 道 24 号 中 和 幹 線 京 奈 和 自 動 車 道 の 整 備 により 自 動 車 交 通 の 結 節 点 となることから 製 造 業 流 通 業 などの 立 地 が 見 込 まれている 地 域 です 地 域 の 概 要 交 通 結 節 点 としての 利 点 を 活 かした 橿 原 市 の 産 業 拠 点 京 奈 和 自 動 車 道 及 び 国 道 24 号 が 交 差 する( 仮 ) 橿 原 大 和 高 田 インターチェンジが 整 備 され ることになっており インターチェンジ 周 辺 の 空 間 地 の 流 通 系 用 途 などへの 土 地 利 用 転 換 が みこまれています また 国 道 24 号 の 北 部 沿 道 は 中 和 幹 線 の 整 備 により 自 動 車 交 通 の 結 節 点 となることから 産 業 機 能 の 立 地 が 見 込 まれています しかし 国 道 24 号 の 北 部 沿 道 及 び 国 道 166 号 沿 道 とも 準 工 業 地 域 が 指 定 されていますが 産 業 機 能 の 立 地 はほとんど 定 着 していません 自 然 歴 史 文 化 的 景 観 が 一 体 的 に 保 全 地 域 の 南 東 部 には 大 和 三 山 のひとつとして 知 られ 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 に 指 定 されてい る 耳 成 山 があり その 周 辺 は 歴 史 的 風 土 保 存 区 域 (2 種 )に 指 定 され 一 体 的 な 保 全 が 図 られ ています 交 通 の 利 便 性 が 低 い 市 街 地 鉄 道 駅 は 新 ノ 口 駅 真 菅 駅 などがありますが 地 域 全 体 としては 自 動 車 交 通 に 依 存 してい る 状 況 であるが バスも 運 行 されていない 地 区 もあります 国 道 24 号 の 交 通 量 が 多 く 慢 性 的 に 混 雑 しています 住 工 混 在 などにより 安 全 性 が 懸 念 される 居 住 環 境 住 宅 と 工 場 の 混 在 が 見 られ 生 活 道 路 が 不 足 し 消 火 活 動 が 困 難 な 区 域 が 多 く 見 られること から 災 害 時 の 安 全 性 が 懸 念 されています また 地 域 には 狭 隘 な 道 路 が 多 く 狭 小 過 密 住 宅 地 が 市 内 で 最 も 集 中 しており 災 害 時 の 安 全 性 が 懸 念 されています 51

22 住 民 アンケートの 概 要 北 部 地 域 では 様 々な 企 業 会 社 が 立 地 し 働 く 場 所 が 身 近 にある 歩 道 や 駅 周 辺 公 共 施 設 などでバリアフリー 化 が 進 んでいる 生 活 道 路 や 歩 道 が 整 備 され 歩 行 者 が 歩 きやすい に 対 して 満 足 度 が 低 くなっています 都 市 整 備 に 関 して 重 点 を 置 くべき 取 り 組 みでの 設 問 については 全 体 と 同 様 の 傾 向 であり 市 街 地 における 生 活 環 境 ( 道 路 公 園 下 水 道 整 備 など)の 向 上 地 震 などの 災 害 に 強 い まちづくり がいずれも 4 割 を 超 えていることから 基 盤 整 備 への 要 望 が 高 くなっています また 土 地 利 用 に 関 する 質 問 においては 多 地 区 で 緑 が 多 い 閑 静 な 一 戸 建 て 住 宅 のニーズが 高 くなっている 半 面 企 業 の 進 出 促 進 のニーズも 高 くなっています 分 野 別 では 道 路 交 通 で 歩 行 者 専 用 道 路 や 自 転 車 専 用 道 路 を 整 備 する が 多 地 区 で 駅 周 辺 の 整 備 を 行 い 徒 歩 自 転 車 自 動 車 などによるアクセスをしやすくする が 真 菅 地 区 で 全 体 と 比 較 して 高 くなっています 自 然 環 境 景 観 においては 田 畑 や 農 地 を 残 し 田 園 風 景 を 守 っていく がいずれも 高 く 特 に 真 菅 地 区 では 川 などの 水 辺 と 身 近 にふれあえる 機 会 を 充 実 する が 全 体 と 比 較 して 高 くなっています 都 市 整 備 に 関 して 重 点 を 置 くべき 取 り 組 み 0.0% 20.0% 40.0% 60.0% 80.0% 八 木 駅 周 辺 など 中 心 市 街 地 における 市 街 地 整 備 と 活 性 化 京 奈 和 自 動 車 道 や 南 阪 奈 道 路 などの 広 域 交 通 網 を 活 かした 企 業 誘 致 各 駅 周 辺 に 立 地 する 既 存 商 店 街 の 活 性 化 郊 外 部 の 主 要 な 幹 線 道 路 沿 道 におけ る 商 業 施 設 の 誘 致 地 域 内 を 結 ぶ 幹 線 道 路 や 公 共 交 通 の 充 実 歴 史 性 のある 街 並 みや 自 然 環 境 を 活 かした 美 しい 景 観 づくり 地 域 の 歴 史 文 化 伝 統 等 の 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 振 興 定 住 人 口 増 加 を 促 す 魅 力 ある 住 宅 地 の 整 備 や 住 宅 の 供 給 市 街 地 における 生 活 環 境 ( 道 路 公 園 下 水 道 整 備 など)の 向 上 地 震 などの 災 害 に 強 いまちづくり 9.3% 13.2% 14.0% 35.8% 24.1% 28.0% 29.6% 39.7% 48.2% 44.4% 全 体 北 部 地 域 52

23 2) 北 部 地 域 の 将 来 像 北 部 地 域 は 広 域 交 通 の 結 節 点 という 利 便 性 を 活 かすとともに 豊 かな 歴 史 や 自 然 資 源 を 活 かして 工 業 流 通 関 係 機 能 の 強 化 をさらに 高 めるまちづくりを 目 指 します そのため 北 部 地 域 のテーマと 目 標 を 以 下 のように 定 めます テーマ 豊 かな 自 然 に 囲 まれた 職 住 近 接 のまちづくり 目 標 目 標 1. 広 域 結 節 点 を 活 かした 工 業 流 通 拠 点 の 形 成 を 目 指 します 目 標 2. 耳 成 山 の 環 境 田 園 と 調 和 した 良 好 な 住 環 境 の 形 成 を 目 指 します 目 標 3. 良 好 な 自 然 を 活 かした 公 園 緑 地 歩 行 者 ネットワークの 形 成 を 目 指 します 53

24 3) 北 部 地 域 のまちづくりの 方 針 目 標 1. 広 域 結 節 点 を 活 かした 工 業 流 通 拠 点 の 形 成 を 目 指 します 1 工 業 系 土 地 利 用 の 適 正 な 誘 導 ( 仮 称 ) 橿 原 大 和 高 田 インターチェンジ 周 辺 国 道 24 号 165 号 166 号 沿 道 は 工 業 流 通 系 市 街 地 として 位 置 づけ 環 境 に 配 慮 した 工 業 系 の 企 業 立 地 誘 導 を 図 るとと もに 既 存 の 地 場 産 業 と 住 環 境 の 調 和 を 図 ります 京 奈 和 自 動 車 道 南 阪 奈 道 路 などの 広 域 交 通 網 を 活 かし ( 仮 称 ) 新 堂 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 によって 新 たな 企 業 用 地 の 確 保 を 図 ります 新 規 に 整 備 される 広 域 幹 線 道 路 沿 道 においては 市 街 化 区 域 の 拡 大 指 定 により 適 正 な 工 業 流 通 系 土 地 利 用 の 誘 導 を 図 ります 2 工 業 流 通 拠 点 を 支 える 総 合 的 な 交 通 網 の 形 成 広 域 幹 線 道 路 は 工 業 流 通 拠 点 を 支 える 重 要 な 道 路 として 未 整 備 区 間 の 整 備 促 進 に 努 めます 目 標 2. 耳 成 山 の 環 境 田 園 と 調 和 した 良 好 な 住 環 境 の 形 成 を 目 指 します 1 良 好 な 市 街 地 環 境 景 観 の 整 備 国 道 24 号 165 号 166 号 中 和 幹 線 奈 良 橿 原 線 沿 道 は 周 辺 住 宅 地 環 境 との 調 和 を 図 りながら 公 共 公 益 施 設 や 業 務 施 設 商 業 サービス 施 設 の 立 地 を 誘 導 します 新 ノ 口 駅 耳 成 駅 真 菅 駅 周 辺 は 駅 などに 至 る 道 路 の 拡 充 整 備 を 推 進 するとともに それに 連 動 して 沿 道 の 商 店 街 の 更 新 整 備 を 誘 導 するなど 近 隣 性 の 商 業 地 としての 機 能 の 向 上 を 図 ります 耳 成 山 の 東 側 は 低 密 度 住 宅 ゾーンとして 地 区 計 画 制 度 などの 活 用 により 歴 史 自 然 環 境 と 調 和 した 橿 原 市 らしい 優 良 な 住 宅 地 の 形 成 を 誘 導 します 住 宅 と 工 場 の 混 在 が 見 られ 生 活 道 路 が 不 足 し 消 火 活 動 が 困 難 な 区 域 が 多 いことか ら 面 的 整 備 を 進 め 狭 隘 道 路 の 改 善 を 図 るとともに 住 宅 の 共 同 建 替 などによる 安 全 な 市 街 地 の 形 成 の 誘 導 など 大 規 模 開 発 を 活 用 した 防 災 拠 点 の 形 成 を 図 ります 緑 化 重 点 地 区 では 緑 化 オープンスペースの 創 出 などに 配 慮 しつつ 快 適 で 賑 わい のある 都 市 景 観 の 創 出 と 市 街 地 における 建 築 群 の 調 和 したデザインによるまとまりあ る 質 の 高 い 景 観 の 形 成 を 図 ります 広 域 幹 線 道 路 である 国 道 24 号 奈 良 橿 原 線 中 和 幹 線 は 大 気 汚 染 や 騒 音 などの 環 境 負 荷 を 軽 減 させる 連 続 性 のある 緑 として 街 路 樹 や 緩 衝 緑 地 の 維 持 保 全 を 行 い 快 適 な 歩 行 空 間 の 創 出 を 図 ります 54

25 2 安 全 で 良 好 な 都 市 基 盤 の 整 備 地 区 レベルの 生 活 拠 点 や 鉄 道 駅 を 連 絡 する 道 路 の 整 備 を 図 ります 密 集 市 街 地 の 近 傍 や 東 竹 田 地 区 に 避 難 場 所 などの 一 定 の 防 災 機 能 を 持 つ 公 園 緑 地 ( 近 隣 公 園 )の 整 備 を 幹 線 道 路 整 備 との 連 動 を 考 え 検 討 します 平 常 時 の 防 災 拠 点 であるとともに 非 常 時 の 防 災 拠 点 ( 橿 原 運 動 公 園 )の 補 完 機 能 を 有 する( 仮 称 ) 橿 原 市 地 域 防 災 センターの 整 備 を 図 ります 3 市 街 地 を 取 り 囲 む 自 然 景 観 の 維 持 保 全 農 業 の 持 続 的 発 展 と 多 面 的 機 能 の 健 全 な 発 揮 を 目 指 し 逐 次 ほ 場 整 備 やため 池 水 路 農 道 などの 土 地 基 盤 整 備 を 行 うなど 関 係 機 関 の 協 力 のもと 農 地 の 集 団 化 連 担 化 や 生 産 性 の 向 上 を 図 り 効 率 的 安 定 的 な 農 業 構 造 の 確 立 を 図 るとともに 農 業 が 本 来 有 する 自 然 循 環 機 能 の 維 持 を 図 ります 市 街 地 外 周 部 などの 一 団 の 農 地 は まばらな 転 用 などによる 田 園 景 観 の 悪 化 を 防 ぎ 大 都 市 近 郊 にふさわしい 農 業 生 産 環 境 の 保 全 機 能 増 進 に 努 め 歴 史 的 風 土 の 背 景 と なる 豊 かな 広 がりを 持 った 土 地 利 用 を 維 持 します 市 街 地 の 農 地 は 農 業 生 産 の 場 として また 環 境 保 全 や 騒 音 大 気 汚 染 災 害 時 におけ る 避 難 地 など 様 々な 役 割 を 担 う 貴 重 なオープンスペースとして 生 産 緑 地 法 に 基 づき 適 切 な 保 全 に 努 めるとともに 状 況 に 応 じて 公 共 用 地 としての 活 用 を 検 討 します 大 和 三 山 のひとつであり 良 好 な 自 然 景 観 を 有 している 耳 成 山 は 各 種 風 致 地 区 におけ る 風 致 保 全 の 方 針 を 尊 重 し 古 来 より 親 しまれてきた 名 勝 としての 山 容 の 維 持 を 図 る ため 植 生 の 維 持 や 散 策 路 などの 景 観 形 成 を 推 進 します 周 辺 部 の 歴 史 的 農 村 集 落 や 田 園 環 境 と 合 わせて 良 好 な 環 境 景 観 を 保 全 するとともに 市 民 の 憩 いの 場 として 歴 史 自 然 環 境 を 保 全 活 用 します 4 社 寺 や 田 園 とともに 残 る 歴 史 的 な 集 落 景 観 の 維 持 保 全 市 街 地 内 に 残 された 一 団 の 農 村 集 落 は 防 災 性 や 生 活 道 路 や 下 排 水 路 などの 生 活 基 盤 の 整 備 により 居 住 環 境 水 準 の 向 上 を 図 るとともに 定 住 環 境 の 維 持 増 進 を 図 ります 歴 史 的 な 風 情 を 残 す 環 濠 集 落 では 住 民 協 働 のもと それぞれの 地 域 特 性 や 課 題 を 踏 まえつつ 歴 史 的 な 環 境 景 観 の 保 全 と 活 用 を 検 討 します 地 域 内 に 残 る 社 寺 境 内 地 の 樹 木 樹 林 地 やランドマークとなる 巨 樹 巨 木 は 地 域 の 景 観 にアクセントを 与 える 要 素 として 機 能 を 担 うものであり 地 域 住 民 の 協 力 や 公 的 な 管 理 を 検 討 しつつ 適 切 な 保 全 に 努 めます 55

26 目 標 3. 良 好 な 自 然 を 活 かした 公 園 緑 地 歩 行 者 ネットワークの 形 成 を 目 指 します 1 河 川 などを 活 かした 歩 行 者 ネットワークの 形 成 曽 我 川 飛 鳥 川 はサイクリングロードや 歩 行 者 ネットワークの 整 備 を 推 進 し 南 北 方 向 の 軸 を 強 化 するとともに 歴 史 資 源 とを 結 ぶ 歩 行 者 系 ネットワークを 形 成 します 歩 行 者 ネットワークルート 上 には わかりやすい 案 内 板 やサインの 設 置 により 市 民 及 び 来 訪 者 が 歩 いて 楽 しく 回 遊 できるような 整 備 を 検 討 します 水 辺 環 境 はできる 限 り 多 自 然 な 環 境 を 創 出 し 四 季 の 風 景 が 感 じられ 水 辺 と 身 近 に ふれあえる 憩 いの 空 間 形 成 を 図 り うるおいのある 町 並 み 景 観 の 形 成 を 推 進 します 2 良 好 な 水 辺 の 保 全 活 用 地 域 内 に 残 る 中 池 などのため 池 は 農 業 用 水 利 施 設 としての 機 能 だけではなく 鳥 類 などの 野 生 生 物 の 生 息 地 休 憩 地 移 動 の 中 継 地 などとなるビオトープの 拠 点 として 施 設 管 理 者 や 国 奈 良 県 など 関 係 機 関 との 調 整 を 図 りつつ 多 面 的 な 機 能 に 留 意 した ため 池 の 保 全 を 図 ります 曽 我 川 高 取 川 飛 鳥 川 米 川 寺 川 はゴミ 投 棄 の 防 止 河 川 空 間 の 清 掃 市 民 の 河 川 愛 護 意 識 の 啓 発 環 境 保 全 向 上 対 策 事 業 などによる 水 環 境 の 保 全 浄 化 美 化 を 推 進 します 3 多 様 な 公 園 緑 地 の 形 成 曽 我 川 緑 地 は 今 後 とも 森 林 や 河 川 などの 周 辺 に 存 在 する 自 然 環 境 を 活 かした 自 然 と のふれあい 拠 点 として 保 全 を 図 ります 現 在 地 域 に 不 足 しているスポーツ レクリエーション 機 能 を 持 つ 公 園 緑 地 ( 地 区 公 園 レベル)の 整 備 を 検 討 します 良 好 な 田 園 景 観 を 活 かし 農 業 者 以 外 の 者 が 野 菜 や 花 などを 栽 培 して 自 然 に 触 れ 合 うとともに 農 業 に 対 する 理 解 を 深 めることができる 市 民 農 園 などの 整 備 を 推 進 しま す 56

27 4) 北 部 地 域 の 整 備 方 針 図 土 地 利 用 及 び 都 市 施 設 整 備 方 針 57

28 公 園 緑 地 などの 整 備 及 び 環 境 景 観 形 成 の 方 針 58

29 (5) 南 部 地 域 のまちづくり 方 針 1) 南 部 地 域 の 概 要 地 域 の 位 置 づけ 商 業 業 務 機 能 などが 集 中 する 本 市 のサブ 拠 点 としての 役 割 を 担 っており 橿 原 神 宮 など 歴 史 的 資 源 が 豊 かな 自 然 環 境 の 中 に 点 在 する 地 域 である 半 面 ニュータウンの 開 発 が 進 められ てきた 地 域 です 地 域 の 概 要 都 市 機 能 の 集 積 する 橿 原 市 のサブ 拠 点 核 橿 原 神 宮 前 駅 はサブ 拠 点 核 を 形 成 しているとともに 畝 傍 御 陵 前 駅 は 広 域 拠 点 を 結 ぶ 都 市 軸 上 に 位 置 し 商 業 施 設 や 公 共 施 設 などが 集 積 しています 歴 史 的 資 源 が 豊 かな 自 然 環 境 の 中 に 点 在 貝 吹 山 景 観 保 全 地 区 や 明 日 香 風 致 地 区 大 和 三 山 のひとつであり 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 で ある 畝 傍 山 などの 優 れた 自 然 景 観 を 背 景 に 丸 山 古 墳 をはじめとした 古 代 の 歴 史 資 源 が 点 在 しています また 高 取 川 や 点 在 するため 池 などの 豊 かな 水 辺 環 境 を 有 しています 計 画 的 に 開 発 された 住 宅 地 菖 蒲 町 五 条 野 町 白 橿 町 は 計 画 的 に 開 発 された 住 宅 地 が 拡 がっています しかし 地 域 北 部 では 基 盤 が 未 整 備 のまま 住 宅 開 発 が 行 われた 結 果 スプロール 化 した 市 街 地 が 広 がっています 脆 弱 な 交 通 網 主 要 幹 線 道 路 の 整 備 が 遅 れていることから 都 市 計 画 道 路 八 木 見 瀬 線 の 混 雑 が 問 題 となって います また 計 画 的 に 開 発 された 市 街 地 以 外 では バスルートが 不 足 しています 59

30 住 民 アンケートの 概 要 南 部 地 域 では 様 々な 企 業 会 社 が 立 地 し 働 く 場 所 が 身 近 にある 防 災 対 策 や 防 災 体 制 が 充 実 し 安 心 して 暮 らせる に 対 して 満 足 度 が 低 くなっています 都 市 整 備 に 関 して 重 点 を 置 くべき 取 り 組 みでの 設 問 については 全 体 と 同 様 の 傾 向 であり 地 震 などの 災 害 に 強 いまちづくり が 4 割 を 超 えていることから 安 全 安 心 への 要 望 が 高 くなっています 土 地 利 用 に 関 する 質 問 においては 白 橿 地 区 で 豊 かな 自 然 環 境 と 調 和 したのどかな 住 宅 地 域 が 8 割 を 超 えている 反 面 商 業 地 としては その 他 の 鉄 道 駅 周 辺 などの 既 存 商 店 を 活 性 化 する のニーズが 高 くなっていることから 橿 原 神 宮 前 駅 周 辺 の 活 性 化 が 望 まれていること が 伺 えます 分 野 別 では 道 路 交 通 で 歩 道 を 整 備 したり 段 差 をなくす 駅 や 公 共 施 設 などを 利 用 し やすくするためのバス 交 通 の 便 をよくする が 公 園 緑 地 では 既 存 の 公 園 を 利 用 しやすく 改 善 し 利 用 促 進 を 図 る が 白 橿 地 区 で 全 体 と 比 較 して 高 くなっています 自 然 環 境 景 観 においては 山 や 丘 陵 などの 自 然 環 境 景 観 を 残 す がいずれも 高 くなっています 都 市 整 備 に 関 して 重 点 を 置 くべき 取 り 組 み 0.0% 20.0% 40.0% 60.0% 80.0% 八 木 駅 周 辺 など 中 心 市 街 地 における 市 街 地 整 備 と 活 性 化 京 奈 和 自 動 車 道 や 南 阪 奈 道 路 などの 広 域 交 通 網 を 活 かした 企 業 誘 致 各 駅 周 辺 に 立 地 する 既 存 商 店 街 の 活 性 化 郊 外 部 の 主 要 な 幹 線 道 路 沿 道 におけ る 商 業 施 設 の 誘 致 地 域 内 を 結 ぶ 幹 線 道 路 や 公 共 交 通 の 充 実 歴 史 性 のある 街 並 みや 自 然 環 境 を 活 かした 美 しい 景 観 づくり 地 域 の 歴 史 文 化 伝 統 等 の 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 振 興 定 住 人 口 増 加 を 促 す 魅 力 ある 住 宅 地 の 整 備 や 住 宅 の 供 給 市 街 地 における 生 活 環 境 ( 道 路 公 園 下 水 道 整 備 など)の 向 上 地 震 などの 災 害 に 強 いまちづくり 10.0% 22.1% 22.5% 24.7% 32.5% 37.2% 22.1% 18.6% 38.1% 42.9% 全 体 南 部 地 域 60

31 2) 南 部 地 域 の 将 来 像 南 部 地 域 は 橿 原 神 宮 や 史 跡 植 山 古 墳 丸 山 古 墳 菖 蒲 池 古 墳 などの 歴 史 文 化 的 資 源 を 有 す るとともに 住 宅 団 地 として 整 備 された 良 好 な 住 宅 地 として また 商 業 業 務 行 政 機 能 の 集 積 を 活 かしたまちづくりを 目 指 します そのため 南 部 地 域 のテーマと 目 標 を 以 下 のよ うに 定 めます テーマ 豊 かな 自 然 歴 史 を 背 景 にした 住 みやすいまちづくり 目 標 目 標 1. 橿 原 市 の 広 域 拠 点 としてふさわしい 都 市 機 能 の 形 成 を 目 指 します 目 標 2. 既 存 の 住 宅 地 の 良 好 な 生 活 環 境 の 保 全 を 目 指 します 目 標 3. 豊 かな 自 然 歴 史 の 保 全 活 用 を 目 指 します 61

32 3) 南 部 地 域 のまちづくりの 方 針 目 標 1. 橿 原 市 の 広 域 拠 点 としてふさわしい 都 市 機 能 の 形 成 を 目 指 します 1 橿 原 神 宮 前 駅 周 辺 における 魅 力 ある 広 域 拠 点 の 形 成 橿 原 神 宮 前 駅 周 辺 地 区 は 基 盤 整 備 と 連 動 して 建 物 の 共 同 化 不 燃 化 を 伴 う 優 良 な 居 住 環 境 の 整 備 を 進 めるとともに 既 存 の 商 業 サービス 機 能 の 再 編 活 性 化 や 賑 わい と 交 流 あふれる 拠 点 づくりなど 土 地 の 高 度 利 用 を 図 ります 畝 傍 御 陵 前 駅 北 側 の 公 共 施 設 の 集 積 している 地 区 では 周 辺 住 宅 地 環 境 との 調 和 を 図 りながら 広 域 的 な 商 業 サービス 施 設 の 立 地 誘 導 を 図 ります 2 広 域 拠 点 を 支 える 総 合 的 な 交 通 網 の 形 成 広 域 拠 点 駅 に 位 置 づけられる 橿 原 神 宮 前 駅 周 辺 は 駅 アプローチ 道 路 の 整 備 や 人 に 優 しい 歩 行 空 間 の 整 備 を 図 るとともに 駐 車 場 案 内 システムの 導 入 を 検 討 するなど 交 通 結 節 点 機 能 を 強 化 します 岡 寺 駅 周 辺 において 民 間 と 公 共 の 連 携 による 駐 輪 場 の 整 備 に 努 めます 広 域 幹 線 道 路 である 国 道 169 号 の 未 整 備 区 間 の 早 期 整 備 促 進 を 関 係 機 関 に 働 きかけま す 広 域 的 な 商 業 業 務 拠 点 を 形 成 する 地 区 においては バイパス 機 能 をもつ 都 市 計 画 道 路 の 整 備 により 都 心 環 状 道 路 を 形 成 し 地 区 内 の 通 過 交 通 を 排 除 します 大 和 八 木 駅 から 市 役 所 かしはら 万 葉 ホール 県 立 医 科 大 学 などの 公 共 公 益 施 設 が 集 積 している 都 市 シビック 拠 点 においては 安 全 性 にも 配 慮 した 快 適 で 魅 力 ある 歩 行 者 ルートの 整 備 を 関 係 機 関 に 働 きかけます 3 広 域 拠 点 にふさわしい 都 市 景 観 の 形 成 オープンスペースの 創 出 など 橿 原 市 の 玄 関 中 心 地 としてふさわしい 賑 わいと 特 色 の ある 市 街 地 景 観 の 創 造 再 生 を 市 街 地 整 備 に 併 せ 一 体 的 連 続 的 に 展 開 します 橿 原 神 宮 の 参 道 の 性 格 ( 中 央 口 ) 田 園 風 景 飛 鳥 観 光 ルート 入 り 口 の 性 格 ( 東 口 ) 住 宅 地 入 り 口 の 性 格 ( 西 口 )など それぞれの 特 性 を 捉 えた 景 観 形 成 を 進 めます 都 市 計 画 道 路 橿 原 神 宮 参 道 線 は 橿 原 市 の 2 大 拠 点 を 結 ぶ 道 路 として 緑 化 を 進 め 良 好 な 都 市 景 観 の 形 成 を 図 ります 62

33 目 標 2. 既 存 の 住 宅 地 の 良 好 な 生 活 環 境 の 保 全 を 目 指 します 1 計 画 的 に 整 備 された 良 好 な 住 宅 地 の 保 全 良 好 な 低 層 戸 建 住 宅 がまとまって 立 地 する 五 条 野 町 白 橿 町 などは 地 区 計 画 制 度 な どの 活 用 により 歴 史 自 然 環 境 と 調 和 した 橿 原 市 らしい 優 良 な 環 境 を 有 する 住 宅 地 として 生 活 環 境 の 維 持 保 全 を 図 ります 整 備 時 期 の 古 い 住 宅 地 においては 建 ぺい 率 容 積 率 などの 緩 和 による 二 世 帯 住 宅 や 高 齢 化 に 対 応 したバリアフリー 化 などの 住 宅 の 建 て 替 え 空 き 家 などを 活 用 した 住 み 替 えや 再 利 用 の 促 進 など 多 様 な 居 住 者 に 対 応 した 住 宅 の 立 地 確 保 の 検 討 を 図 りま す 計 画 的 住 宅 地 として 開 発 されてきた 地 区 は 橿 原 市 景 観 条 例 に 位 置 づけられている 景 観 形 成 推 進 地 区 の 指 定 に 向 けた 取 り 組 みを 行 い 敷 地 内 の 緑 の 保 全 や 敷 地 の 細 分 化 の 防 止 などにより 住 宅 地 生 活 環 境 としての 落 ち 着 いた 良 好 な 住 宅 地 環 境 の 整 備 を 誘 導 します また 地 区 計 画 の 制 度 導 入 などをあわせて 検 討 します 畝 傍 御 陵 前 駅 や 岡 寺 駅 橿 原 神 宮 西 口 駅 周 辺 は 駅 などに 至 る 道 路 の 拡 充 整 備 を 推 進 するとともに それに 連 動 して 沿 道 の 商 店 街 の 更 新 整 備 を 誘 導 するなど 近 隣 性 の 商 業 地 としての 機 能 の 向 上 を 図 ります 国 道 169 号 沿 いは 周 辺 住 宅 地 環 境 との 調 和 を 図 りながら 公 共 公 益 施 設 や 業 務 施 設 商 業 サービス 施 設 の 立 地 を 誘 導 します 2 水 辺 資 源 の 保 全 と 活 用 飛 鳥 川 高 取 川 はゴミ 投 棄 の 防 止 河 川 空 間 の 清 掃 市 民 の 河 川 愛 護 意 識 の 啓 発 環 境 保 全 向 上 対 策 事 業 などによる 水 環 境 の 保 全 浄 化 美 化 を 推 進 します 飛 鳥 川 や 高 取 川 などの 水 辺 環 境 はできる 限 り 多 自 然 な 環 境 を 創 出 し 四 季 の 風 景 が 感 じられ 水 辺 と 身 近 にふれあえる 憩 いの 空 間 形 成 を 図 り うるおいのある 町 並 み 景 観 の 形 成 を 推 進 します 地 域 内 に 残 るため 池 は 農 業 用 水 利 施 設 としての 機 能 だけではなく 鳥 類 などの 野 生 生 物 の 生 息 地 休 憩 地 移 動 の 中 継 地 などとなるビオトープの 拠 点 として 施 設 管 理 者 や 国 奈 良 県 など 関 係 機 関 との 調 整 を 図 りつつ 多 面 的 な 機 能 に 留 意 したため 池 の 保 全 を 図 ります 3 公 園 の 整 備 充 実 橿 原 公 苑 は 都 市 レベルのスポーツ レクリエーション 拠 点 にふさわしい 施 設 の 充 実 を 図 ります 誘 致 圏 や 整 備 水 準 などに 応 じた 住 区 基 幹 公 園 の 適 正 な 配 置 に 努 め 将 来 に 向 けて 地 区 公 園 を 1 箇 所 整 備 します 63

34 4 住 宅 地 を 支 える 交 通 網 の 整 備 都 心 環 状 道 路 を 形 成 する 都 市 計 画 道 路 の 整 備 を 推 進 します 市 街 地 防 災 性 の 向 上 と 農 村 集 落 の 利 便 性 向 上 を 図 るため 条 里 制 区 画 を 形 成 する 道 路 を 活 用 しながら 主 要 生 活 道 路 網 を 整 備 拡 充 します 集 落 内 市 街 地 内 を 移 動 するための 補 助 幹 線 道 路 として 生 活 密 着 型 の 多 種 多 様 な 要 素 を 有 する 狭 隘 な 道 路 は 地 域 のニーズに 合 わせた 整 備 を 推 進 します 目 標 3. 豊 かな 自 然 歴 史 の 保 全 活 用 を 目 指 します 1 市 街 地 の 周 辺 に 点 在 する 歴 史 的 な 農 村 集 落 や 古 墳 群 などの 環 境 保 全 古 くからの 歴 史 的 な 農 村 集 落 は 防 災 性 や 生 活 道 路 や 下 排 水 路 などの 生 活 基 盤 の 整 備 により 居 住 環 境 水 準 の 向 上 と 農 村 集 落 の 環 境 景 観 の 保 全 に 努 めるとともに 定 住 環 境 の 維 持 増 進 を 図 ります 歴 史 文 化 遺 産 を 保 全 継 承 する 歴 史 文 化 の 拠 点 である 本 薬 師 寺 跡 丸 山 古 墳 植 山 古 墳 及 び 菖 蒲 池 古 墳 などは 歴 史 的 景 観 の 維 持 保 全 に 努 めるとともに 市 民 の 学 習 広 域 的 な 交 流 の 場 として 整 備 を 図 ります 史 跡 植 山 古 墳 丸 山 古 墳 菖 蒲 池 古 墳 は 史 跡 地 内 の 民 有 地 の 公 有 化 を 図 り 公 有 化 が 終 わり 次 第 史 跡 公 園 としてその 保 存 と 整 備 を 進 めます 主 要 な 史 跡 町 並 みの 周 辺 において 駐 車 場 駐 輪 場 の 整 備 を 検 討 します 地 域 内 に 残 る 社 寺 境 内 地 の 樹 木 樹 林 地 やランドマークとなる 巨 樹 巨 木 は 地 域 の 景 観 にアクセントを 与 える 要 素 として 機 能 を 担 うものであり 地 域 住 民 の 協 力 や 公 的 な 管 理 を 検 討 しつつ 適 切 な 保 全 に 努 めます 2 快 適 な 歩 行 者 ネットワークの 形 成 橿 原 神 宮 前 駅 及 び 岡 寺 駅 などの 鉄 道 各 駅 を 起 点 として 畝 傍 山 貝 吹 山 飛 鳥 などの 周 辺 にある 観 光 資 源 などを 結 ぶ 安 全 で 快 適 な 歩 行 者 ネットワークを 確 保 し 広 域 的 な 観 光 ルートである 歴 史 街 道 と 一 体 性 を 持 たせるため 市 内 に 点 在 する 古 墳 史 跡 歴 史 的 町 並 みを 体 系 的 に 連 絡 する 歩 道 サイクリング 道 路 などの 整 備 を 推 進 します 歩 行 者 ネットワークルート 上 には わかりやすい 案 内 板 やサインの 設 置 により 市 民 及 び 来 訪 者 が 歩 いて 楽 しく 回 遊 できるような 整 備 を 検 討 します 国 道 24 号 165 号 は 街 路 樹 や 緩 衝 緑 地 を 創 出 し 大 気 汚 染 騒 音 などの 環 境 負 荷 の 軽 減 や 連 続 性 のある 都 市 景 観 の 形 成 に 資 する 緑 の 軸 の 創 出 を 図 ります 3 豊 かな 自 然 環 境 の 保 全 市 街 地 の 農 地 は 農 業 生 産 の 場 として また 環 境 保 全 や 騒 音 大 気 汚 染 災 害 時 におけ る 避 難 地 など 様 々な 役 割 を 担 う 貴 重 なオープンスペースとして 生 産 緑 地 法 に 基 づき 適 切 な 保 全 に 努 めるとともに 状 況 に 応 じて 公 共 用 地 としての 活 用 を 検 討 します 64

35 農 業 の 持 続 的 発 展 と 多 面 的 機 能 の 健 全 な 発 揮 を 目 指 し 逐 次 ほ 場 整 備 やため 池 水 路 農 道 などの 土 地 基 盤 整 備 を 行 うなど 関 係 機 関 の 協 力 のもと 農 地 の 集 団 化 連 担 化 や 生 産 性 の 向 上 を 図 り 効 率 的 安 定 的 な 農 業 構 造 の 確 立 を 図 るとともに 農 業 が 本 来 有 する 自 然 循 環 機 能 の 維 持 を 図 ります 法 規 制 によって 守 られている 貝 吹 山 明 日 香 風 致 地 区 は 周 辺 部 の 農 村 集 落 や 田 園 環 境 と 合 わせて 良 好 な 環 境 景 観 の 保 全 を 図 ります 大 和 三 山 景 観 エリア における 藤 原 宮 跡 などの 主 要 な 眺 望 点 における 眺 望 景 観 の 確 保 に 配 慮 し 低 密 度 な 土 地 利 用 を 誘 導 します 65

36 4) 南 部 地 域 の 整 備 方 針 図 土 地 利 用 及 び 都 市 施 設 整 備 方 針 66

37 公 園 緑 地 などの 整 備 及 び 環 境 景 観 形 成 の 方 針 67

38 (6) 西 部 地 域 のまちづくり 方 針 1) 西 部 地 域 の 概 要 地 域 の 位 置 づけ 貝 吹 山 をはじめとした 自 然 的 資 源 新 沢 千 塚 古 墳 群 をはじめとした 歴 史 的 資 源 に 恵 まれ ま た 良 好 な 田 園 景 観 も 広 がる 自 然 豊 かな 地 域 です 地 域 の 概 要 豊 かな 自 然 環 境 と 歴 史 文 化 的 資 源 が 豊 富 地 区 のほとんどは 農 地 や 樹 林 地 となっており 西 側 の 山 地 は 貝 吹 山 景 観 保 全 地 区 として また 大 和 三 山 のひとつである 畝 傍 山 周 辺 は 歴 史 的 風 土 保 存 区 域 として 保 全 されています 新 沢 千 塚 古 墳 群 や 神 武 天 皇 陵 橿 原 神 宮 宣 化 天 皇 陵 安 寧 天 皇 陵 などの 歴 史 的 資 源 が 地 域 に 点 在 しています 歴 史 ある 農 村 集 落 と 優 良 な 農 地 景 観 曽 我 川 沿 川 や 貝 吹 山 など 山 麓 の 自 然 環 境 と 調 和 した 歴 史 ある 農 村 集 落 が 広 がり 優 良 な 農 地 景 観 を 形 成 しています 既 存 住 宅 団 地 の 良 好 な 居 住 環 境 県 営 橿 原 団 地 は 良 好 な 居 住 環 境 が 整 備 されています 高 速 道 路 インターチェンジ 周 辺 地 区 としての 都 市 基 盤 整 備 京 奈 和 自 動 車 道 の 沿 道 となり 南 西 部 にインターチェンジが 整 備 されることから 虫 食 い 状 に 住 宅 開 発 が 起 こっており 農 用 地 指 定 が 解 除 されている 部 分 も 多 くなってきています 68

39 住 民 アンケートの 概 要 西 部 地 域 では 歩 道 や 駅 周 辺 公 共 施 設 などでバリアフリー 化 が 進 んでいる に 対 して 満 足 度 が 低 くなっています 都 市 整 備 に 関 して 重 点 を 置 くべき 取 り 組 みでの 設 問 については 全 体 と 同 様 の 傾 向 であり 市 街 地 における 生 活 環 境 ( 道 路 公 園 下 水 道 整 備 など)の 向 上 が 約 5 割 であることか ら 基 盤 整 備 への 要 望 が 高 くなっています 土 地 利 用 に 関 する 質 問 においては 豊 かな 自 然 環 境 と 調 和 したのどかな 住 宅 地 域 が 特 に 新 沢 地 区 で 8 割 を 超 えている 反 面 商 業 地 としては 幹 線 道 路 沿 いに 郊 外 型 の 商 業 施 設 を 立 地 していく のニーズが 高 くなっています 分 野 別 では 道 路 交 通 で 家 のまわりの 身 近 な 生 活 道 路 を 広 げる が 金 橋 地 区 で 公 園 緑 地 では 既 存 の 公 園 を 利 用 しやすく 改 善 し 利 用 促 進 を 図 る が 金 橋 地 区 で 全 体 と 比 較 して 高 くなっています 自 然 環 境 景 観 においては 山 や 丘 陵 などの 自 然 環 境 景 観 を 残 す がい ずれも 高 くなっています 都 市 整 備 に 関 して 重 点 を 置 くべき 取 り 組 み 0.0% 20.0% 40.0% 60.0% 80.0% 八 木 駅 周 辺 など 中 心 市 街 地 における 市 街 地 整 備 と 活 性 化 京 奈 和 自 動 車 道 や 南 阪 奈 道 路 などの 広 域 交 通 網 を 活 かした 企 業 誘 致 15.1% 27.4% 各 駅 周 辺 に 立 地 する 既 存 商 店 街 の 活 性 化 郊 外 部 の 主 要 な 幹 線 道 路 沿 道 におけ る 商 業 施 設 の 誘 致 地 域 内 を 結 ぶ 幹 線 道 路 や 公 共 交 通 の 充 実 歴 史 性 のある 街 並 みや 自 然 環 境 を 活 かした 美 しい 景 観 づくり 19.2% 13.0% 37.7% 31.5% 地 域 の 歴 史 文 化 伝 統 等 の 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 振 興 定 住 人 口 増 加 を 促 す 魅 力 ある 住 宅 地 の 整 備 や 住 宅 の 供 給 市 街 地 における 生 活 環 境 ( 道 路 公 園 下 水 道 整 備 など)の 向 上 14.4% 21.9% 地 震 などの 災 害 に 強 いまちづくり 41.1% 52.7% 全 体 西 部 地 域 69

40 2) 西 部 地 域 の 将 来 像 西 部 地 域 は 畝 傍 山 貝 吹 山 などの 豊 かな 自 然 環 境 とその 自 然 の 中 に 点 在 する 歴 史 的 資 源 を 活 かしたまちづくりを 目 指 します そのため 西 部 地 域 のテーマと 目 標 を 以 下 のように 定 め ます テーマ 豊 かな 自 然 歴 史 的 環 境 を 守 り 育 てるまちづくり 目 標 目 標 1. 豊 かな 自 然 歴 史 的 環 境 の 保 全 活 用 を 目 指 します 目 標 2. 優 れた 自 然 環 境 を 有 する 農 村 集 落 環 境 の 整 備 を 目 指 します 目 標 3. 市 街 地 の 環 境 改 善 と 高 速 道 路 を 活 かした 新 たな 産 業 施 設 の 誘 致 を 目 指 します 70

41 3) 西 部 地 域 のまちづくりの 方 針 目 標 1. 豊 かな 自 然 歴 史 的 環 境 の 保 全 活 用 を 目 指 します 1 豊 かな 山 林 資 源 の 保 全 活 用 市 街 地 を 取 り 囲 む 大 和 三 山 や 法 規 制 によって 守 られている 貝 吹 山 は 周 辺 部 の 農 村 集 落 や 田 園 環 境 と 合 わせて 良 好 な 環 境 景 観 の 保 全 に 努 めるとともに 市 民 の 憩 いの 場 として 活 用 します 大 和 三 山 である 畝 傍 山 は 各 種 風 致 地 区 における 風 致 保 全 の 方 針 を 尊 重 し 古 来 より 親 しまれてきた 名 勝 としての 山 容 の 維 持 を 図 るため 植 生 の 維 持 や 散 策 路 などの 景 観 形 成 を 推 進 します 大 和 三 山 や 貝 吹 山 などの 歴 史 的 資 源 と 一 体 となった 緑 地 は 公 有 地 化 と 風 致 地 区 景 観 保 全 地 区 の 運 用 などにより 環 境 保 全 を 図 るとともに 大 和 三 山 などの 眺 望 の 場 休 憩 の 場 案 内 情 報 の 場 となる 広 場 公 園 の 配 置 整 備 を 推 進 します 2 古 墳 群 などの 歴 史 的 資 源 の 保 全 活 用 奈 良 県 自 然 環 境 保 全 条 例 において 示 されている 新 沢 千 塚 を 中 心 とした 古 墳 群 並 び に 貝 吹 山 を 主 峰 とする 森 林 及 び 丘 陵 地 の 保 全 を 図 ります 橿 原 神 宮 は 歴 史 的 景 観 の 維 持 保 全 に 努 めるとともに 市 民 の 学 習 広 域 的 な 交 流 の 場 として 整 備 を 図 ります 奈 良 県 指 定 史 跡 の 小 谷 古 墳 岩 船 は 適 正 な 維 持 管 理 により 保 護 保 存 に 努 めます 地 域 内 に 残 る 社 寺 境 内 地 の 樹 木 樹 林 地 やランドマークとなる 巨 樹 巨 木 は 地 域 の 景 観 にアクセントを 与 える 要 素 として 機 能 を 担 うものであり 地 域 住 民 の 協 力 や 公 的 な 管 理 を 検 討 しつつ 適 切 な 保 全 に 努 めます 3 快 適 な 歩 行 者 ネットワークの 形 成 都 市 計 画 道 路 橿 原 神 宮 参 道 線 は 橿 原 市 の 2 大 拠 点 を 結 ぶ 道 路 として 緑 化 を 進 め 良 好 な 都 市 景 観 の 形 成 を 図 ります 曽 我 川 は 市 民 の 憩 いの 場 としての 機 能 の 向 上 に 努 めるとともに 河 川 沿 いを 活 かし たサイクリング 道 路 や 歩 行 者 が 安 全 に 安 心 して 歩 くことができる 歩 行 者 道 の 整 備 を 図 ります 駅 から 周 辺 にある 観 光 資 源 などを 結 ぶ 安 全 で 快 適 な 歩 行 者 ネットワークを 確 保 し 広 域 的 な 観 光 ルートである 歴 史 街 道 と 一 体 性 を 持 たせるため 市 内 に 点 在 する 古 墳 史 跡 歴 史 的 町 並 みを 体 系 的 に 連 絡 する 歩 道 サイクリング 道 路 などの 整 備 を 推 進 し ます 歩 行 者 ネットワークルート 上 には わかりやすい 案 内 板 やサインの 設 置 により 市 民 及 び 来 訪 者 が 歩 いて 楽 しく 回 遊 できるような 整 備 を 検 討 します 71

42 目 標 2. 優 れた 自 然 環 境 を 有 する 農 村 集 落 環 境 の 整 備 を 目 指 します 1 良 好 な 集 落 環 境 の 形 成 一 団 の 集 落 や 農 地 などは 防 災 性 や 生 活 道 路 や 下 排 水 路 などの 生 活 基 盤 の 整 備 により 居 住 環 境 水 準 の 向 上 と 農 村 集 落 の 環 境 景 観 の 保 全 に 努 めるとともに 定 住 環 境 の 維 持 増 進 を 図 ります 農 村 集 落 と 一 体 的 な 農 地 などについては 農 業 の 持 続 的 発 展 と 多 面 的 機 能 の 健 全 な 発 揮 を 目 指 し 逐 次 ほ 場 整 備 やため 池 水 路 農 道 などの 土 地 基 盤 整 備 を 行 うなど 関 係 機 関 の 協 力 のもと 農 地 の 集 団 化 連 担 化 や 生 産 性 の 向 上 を 図 り 効 率 的 安 定 的 な 農 業 構 造 の 確 立 を 図 るとともに 農 業 が 本 来 有 する 自 然 循 環 機 能 の 維 持 を 図 ります 歴 史 的 な 風 情 を 残 す 環 濠 集 落 では 住 民 協 働 のもと それぞれの 地 域 特 性 や 課 題 を 踏 まえつつ 歴 史 的 な 環 境 景 観 の 保 全 と 活 用 を 検 討 していきます 2 水 辺 資 源 の 保 全 と 活 用 曽 我 川 高 取 川 や 深 田 池 鳥 屋 池 などの 水 辺 環 境 はできる 限 り 多 自 然 な 環 境 を 創 出 し 四 季 の 風 景 が 感 じられ 水 辺 と 身 近 にふれあえる 憩 いの 空 間 形 成 を 図 り うるおいの ある 町 並 み 景 観 の 形 成 を 推 進 します 地 域 内 に 残 る 深 田 池 などのため 池 は 農 業 用 水 利 施 設 としての 機 能 だけではなく 鳥 類 などの 野 生 生 物 の 生 息 地 休 憩 地 移 動 の 中 継 地 などとなるビオトープの 拠 点 とし て 施 設 管 理 者 や 国 奈 良 県 など 関 係 機 関 との 調 整 を 図 りつつ 多 面 的 な 機 能 に 留 意 したため 池 の 保 全 を 図 ります 3 健 康 づくりや 子 育 てに 寄 与 する 都 市 空 間 の 形 成 や 環 境 の 整 備 ごみ 焼 却 処 理 施 設 から 発 生 する 豊 かな 熱 エネルギーの 利 用 と 新 沢 千 塚 古 墳 群 の 自 然 豊 かな 空 間 を 利 用 して 市 民 の 自 主 的 な 健 康 づくりの 支 援 自 発 的 かつ 自 主 的 な 生 涯 学 習 の 普 及 支 援 地 域 世 代 間 交 流 を 深 める 機 会 を 創 出 する 拠 点 として 新 沢 千 塚 古 墳 群 を 含 めたごみ 焼 却 処 理 施 設 周 辺 の 整 備 を 図 ります 目 標 3. 市 街 地 の 環 境 改 善 と 高 速 道 路 を 活 かした 新 たな 産 業 施 設 の 誘 致 を 目 指 します 1 市 街 地 における 居 住 環 境 の 向 上 一 部 の 消 火 活 動 困 難 地 区 や 市 街 地 縁 辺 部 で 道 路 が 貧 弱 な 狭 小 過 密 住 宅 では 面 的 整 備 の 実 施 により 区 画 道 路 地 先 道 路 の 面 的 整 備 を 進 め 狭 隘 道 路 の 改 善 を 図 るととも に 防 災 拠 点 の 形 成 を 図 ります 住 工 が 混 在 している 地 域 では 用 途 の 純 化 を 図 るなど 市 街 地 環 境 の 向 上 を 図 ります 72

43 県 営 橿 原 団 地 など 既 に 良 好 な 住 宅 環 境 が 形 成 されている 地 区 では 地 区 計 画 制 度 など の 活 用 により 住 環 境 の 維 持 保 全 を 図 ります 2 新 たな 産 業 施 設 の 誘 致 検 討 高 規 格 道 路 である 京 奈 和 自 動 車 道 路 の 未 整 備 区 間 の 早 期 整 備 促 進 を 関 係 機 関 に 働 きか けるとともに ( 仮 ) 橿 原 大 和 高 田 インターチェンジ 及 び( 仮 ) 橿 原 南 御 所 インターチ ェンジの 整 備 を 推 進 します 将 来 の 京 奈 和 自 動 車 道 の 整 備 の 整 備 効 果 を 活 かし 本 市 の 産 業 基 盤 の 強 化 を 図 る 拠 点 として 周 辺 地 域 との 環 境 調 和 に 十 分 留 意 しつつ 産 業 施 設 の 立 地 誘 導 の 検 討 を 図 り ます 3 交 通 網 の 整 備 広 域 幹 線 道 路 である 都 市 計 画 道 路 橿 原 御 所 線 橿 原 高 取 線 の 未 整 備 区 間 の 早 期 整 備 促 進 を 関 係 機 関 に 働 きかけます 都 市 拠 点 と 市 内 各 地 区 近 隣 市 町 村 とを 連 絡 する 都 市 計 画 道 路 の 未 整 備 区 間 の 整 備 を 推 進 します 地 域 住 民 の 身 近 な 交 通 手 段 を 確 保 するため コミュニティバスの 運 行 など 利 用 者 など の 要 望 意 見 を 受 け 止 め 改 善 を 行 いながらバスを 利 用 しやすい 環 境 づくりを 図 りま す 4 公 園 の 充 実 化 橿 原 運 動 公 園 は 都 市 レベルのスポーツ レクリエーション 拠 点 と 位 置 づけ 施 設 の 充 実 を 図 るとともに 未 供 用 箇 所 の 早 期 整 備 を 推 進 するなど 広 域 避 難 地 として 避 難 地 臨 時 へリポートなどの 防 災 機 能 の 更 なる 充 実 を 図 ります 誘 致 圏 や 整 備 水 準 などに 応 じた 住 区 基 幹 公 園 の 適 正 な 配 置 に 努 め 将 来 に 向 けて 地 区 公 園 を 1 箇 所 整 備 します 73

44 4) 西 部 地 域 の 整 備 方 針 図 土 地 利 用 及 び 都 市 施 設 整 備 方 針 74

45 公 園 緑 地 などの 整 備 及 び 環 境 景 観 形 成 の 方 針 75

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層 第 1 章 第 4 節 第 4 節 4-1. 土 地 利 用 都 市 空 間 の 方 針 (1) 土 地 利 用 都 市 空 間 の 基 本 的 考 え 方 近 年 の 人 口 減 少 少 子 高 齢 社 会 の 到 来 産 業 構 造 の 変 化 等 を 背 景 に これまでの 都 市 の 拡 大 成 長 を 前 提 としたまちづくりから 成 熟 する 社 会 に 対 応 し 質 的 な 豊 かさの

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A> 竜 ヶ 崎 牛 久 都 市 計 画 ( 龍 ケ 崎 市, 牛 久 市, 利 根 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 茨 城 県 1 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 竜 ヶ 崎 牛 久 1 1) 都 市 計 画 区 域 の 名 称 及 び 範 囲 竜 ヶ 崎 牛 久 1 2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 竜 ヶ 崎 牛 久 1 3) 地 域

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を 佐 久 都 市 計 画 ( 佐 久 市 御 代 田 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 長 野 県 変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方 針 (1) 区 域 区 分 の

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方 針 (1) 区 域 区 分 の 静 岡 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 28 年 5 月 静 岡 市 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際 の 方

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 (1) 米 野 名 駅 南 地 区 総 合 整 備 米 野 名 駅 南 地 区 ( 約 180ha)は 名 古 屋 駅 の 南 に 位 置 し 周 囲 を 広 小 路 線 江 川 線 岩 井 町 線 名 古 屋 環 状 線 に 囲 まれた 地 区 である

6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 (1) 米 野 名 駅 南 地 区 総 合 整 備 米 野 名 駅 南 地 区 ( 約 180ha)は 名 古 屋 駅 の 南 に 位 置 し 周 囲 を 広 小 路 線 江 川 線 岩 井 町 線 名 古 屋 環 状 線 に 囲 まれた 地 区 である 都 市 計 画 概 要 2013 第 2 編 名 古 屋 の 都 市 計 画 の 現 況 第 6 章 市 街 地 の 開 発 整 備 6-1 市 街 地 整 備 の 沿 革 と 方 針 6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 6-3 土 地 区 画 整 理 事 業 6-4 市 街 地 再 開 発 事 業 6-5 優 良 建 築 物 等 整 備 事 業 6-6 開 発 行 為 6-7 都 心 部

More information

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5>

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5> 0 序 章 計 画 基 本 的 事 項 1. 計 画 目 的 基 本 計 画 は 都 地 法 第 4 条 に 町 村 地 適 正 な 保 全 及 び 化 推 進 に 関 する 基 本 計 画 として 規 定 されており とオープンスペースに 関 する 総 合 的 な 計 画 です 戸 田 では 地 もつ 様 々な 機 能 を 踏 まえつつ 確 保 整 備 や 化 民 間 参 加 協 力 等 促 進

More information

01 都市再生整備計画

01 都市再生整備計画 都 市 再 生 整 備 計 画 ち ゅ う お う おうら 中 央 地 区 ぐ ん ま け ん お う ら ま ち 群 馬 県 邑 楽 町 平 成 26 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 おうらまち 邑 楽 町 地 区 名 ちゅうおうちく おうら 中 央 地 区 面 積 931 ha 計 画 期 間 平 成

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc 幸 手 駅 西 口 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 によるまちづくり - 幸 せを 私 たちの 手 から 未 来 へ- 幸 手 市 目 次 幸 手 駅 西 口 地 区 の 位 置 づけ 1. 都 市 計 画 からの 位 置 づけ 2. 上 位 計 画 からの 位 置 づけ ------------------------------------------------- 1 -------------------------------------------------

More information

1 3. 一 日 に 約 70,000 人 が 乗 降 する 浦 安 駅 を 中 心 と した 地 区 は 駅 周 辺 に 分 散 したバス 乗 降 場 安 全 で 快 適 な 歩 行 空 間 の 不 足 一 般 車 の 入 りにくいロータ リー 道 にあふれるタクシーなど 多 くの 課 題 を 抱

1 3. 一 日 に 約 70,000 人 が 乗 降 する 浦 安 駅 を 中 心 と した 地 区 は 駅 周 辺 に 分 散 したバス 乗 降 場 安 全 で 快 適 な 歩 行 空 間 の 不 足 一 般 車 の 入 りにくいロータ リー 道 にあふれるタクシーなど 多 くの 課 題 を 抱 1 市 街 地 ( 拠 点 軸 )のまちづくり 方 針 1 浦 安 市 が 魅 力 と 活 力 にあふれた 都 市 として 引 き 続 き 発 展 していくためには 豊 かに 暮 らし 働 き 学 び 楽 しむなど 多 様 な 都 市 機 能 が 持 続 的 に 集 積 発 展 することが 重 要 です 浦 安 駅 新 浦 安 駅 舞 浜 駅 には 都 市 の 魅 力 を 高 める 多 様 な 都

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 5 回 変 更 ) ひ ろ し ま 広 島 と し ん 都 心 ち く 地 区 ひろしまけん 広 島 ひ ろ し ま 県 広 島 し 市 平 成 22 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期

More information

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について まちづくりにおける 福 祉 施 設 について 都 市 再 生 特 別 措 置 法 と 建 築 基 準 法 厚 生 労 働 省 老 健 局 高 齢 者 支 援 課 振 興 課 課 長 補 佐 ( 高 齢 者 居 住 福 祉 担 当 ) 山 口 義 敬 都 市 再 生 特 別 措 置 法 建 築 基 準 法 の 改 正 について( 情 報 提 供 ) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 の 改 正

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

1 推 進 構 想 の 目 的 ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 ( 以 下 推 進 構 想 という )は 練 馬 区 基 本 構 想 ( 平 成 21 年 12 月 ) および 練 馬 区 長 期 計 画 ( 平 成 22 年 3 月 ) におい て 定 めた ねりま 未 来 プロジェ

1 推 進 構 想 の 目 的 ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 ( 以 下 推 進 構 想 という )は 練 馬 区 基 本 構 想 ( 平 成 21 年 12 月 ) および 練 馬 区 長 期 計 画 ( 平 成 22 年 3 月 ) におい て 定 めた ねりま 未 来 プロジェ ねりま 未 来 プロジェクト 推 進 構 想 にかかる 平 成 23 年 度 検 討 のまとめ ~ 練 馬 城 址 公 園 の 整 備 にかかる 考 え 方 ~ 1 推 進 構 想 の 目 的 2 頁 2 検 討 の 経 緯 3 頁 3 検 討 にあたっての 基 本 的 考 え 方 6 頁 4 平 成 22 年 度 に 検 討 した 内 容 とその 検 証 9 頁 5 整 備 が 考 えられる 施

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

Microsoft Word - 景観計画.doc

Microsoft Word - 景観計画.doc 裾 野 市 景 観 計 画 平 成 25 年 3 月 裾 野 市 2 目 次 はじめに 1 1 景 観 計 画 区 域 2 2 良 好 な 景 観 形 成 のための 方 針 3 1) 景 観 形 成 の 基 本 的 考 え 方 3 2) 景 観 形 成 の 基 本 目 標 4 3) 要 素 別 景 観 形 成 方 針 5 4) 地 区 別 景 観 形 成 方 針 9 5) 土 地 利 用 別 景 観

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093738E738C698ACF837D8358835E815B83768389839381698C8892E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093738E738C698ACF837D8358835E815B83768389839381698C8892E8816A2E646F63> 住 宅 地 板 橋 区 の 景 観 要 素 戸 建 て 住 宅 地 板 橋 の 景 8 板 橋 区 の 歴 史 を 伝 える 良 好 な 住 宅 地 の 姿 常 盤 台 一 二 丁 目 は 昭 和 11 年 には 田 園 都 市 構 想 の 一 環 として 東 武 鉄 道 による 常 盤 台 住 宅 地 の 分 譲 が 始 まり 公 園 駅 前 広 場 街 路 樹 を 配 置 する など 健 康 住

More information

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29 都 市 再 生 整 備 計 画 て つ ど う みなと つ る が 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) ふ く い つ る が 福 井 県 敦 賀 市 平 成 25 年 1 月 様 式 は A4 長 辺 側 を 2 箇 所 ホチキス 留 めすること 様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る

More information

本 で 現 在 決 定 している 主 要 な 内 容 は 概 ね のとおりです 1 土 地 利 用 (1) 街 化 区 域 及 び 街 化 調 整 区 域 本 では 人 口 及 び 産 業 の 見 通 しなどを 考 慮 し つつ 無 秩 序 な 街 地 の 拡 大 を 防 止 し 秩 序 ある の

本 で 現 在 決 定 している 主 要 な 内 容 は 概 ね のとおりです 1 土 地 利 用 (1) 街 化 区 域 及 び 街 化 調 整 区 域 本 では 人 口 及 び 産 業 の 見 通 しなどを 考 慮 し つつ 無 秩 序 な 街 地 の 拡 大 を 防 止 し 秩 序 ある の 参 考 資 料 編 の 概 要 のあゆみ 大 正 8 年 に 法 ( 旧 法 )が 制 定 され この 法 律 によって 区 域 地 域 地 区 制 限 など 現 在 でも の 根 幹 をなす 制 度 が いくつか 導 入 されました その 後 昭 和 5 年 に 建 築 基 準 法 昭 和 9 年 に 土 地 区 整 理 法 の 制 定 などにより 充 実 してきまし たが 高 度 経 済 成 長

More information

Microsoft Word - 150317 計画書・付図(米子境港)

Microsoft Word - 150317 計画書・付図(米子境港) 平 成 27 年 3 月 17 日 改 訂 米 子 境 港 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン ( 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ) 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 課 題 (2) 米 子 市 境 港 市 日 吉 津 村 の 広 域 的 位 置 づけ (3) 都 市 づくりの 目 標 ( 骨 格 形 成 図 ) 2. 区

More information

Microsoft Word - 130418本編.doc

Microsoft Word - 130418本編.doc 玉 野 市 都 市 計 画 マスタープラン 平 成 25 年 3 月 玉 野 市 はじめに 玉 野 には 美 しく 恵 まれた 瀬 戸 内 の 自 然 をはじめ 貴 重 な 歴 史 文 化 的 資 産 が 多 数 あります また 本 土 と 四 国 を 結 ぶ 海 上 交 通 の 要 所 として 先 人 の 知 恵 とたゆまぬ 努 力 により 発 展 してまいりま した しかし 近 年 人 口 減

More information

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42 5-4 矢 島 都 市 計 画 区 域 旧 矢 島 町 の 矢 島 都 市 計 画 区 域 約 450ha を 対 象 として 地 区 別 の 検 討 を 行 います 1) 区 域 の 現 況 と 課 題 1 現 況 1. 概 況 由 利 高 原 鉄 道 の 矢 島 駅 を 中 心 に 西 部 の 丘 陵 地 と 北 東 部 の 国 道 108 号 や 子 吉 川 を 外 郭 としてコンパクトな 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

で 見 直 しが 必 要 です 3 観 光 客 が 楽 しく 回 れる ワークづくりが 必 要 です 市 街 地 ゾーン 内 の 観 光 施 設 をはじめ その 他 の 観 光 拠 点 に 観 光 客 を 誘 導 するための 道 路 ネットワークの 強 化 が 望 まれます 自 動 車 道 に 加

で 見 直 しが 必 要 です 3 観 光 客 が 楽 しく 回 れる ワークづくりが 必 要 です 市 街 地 ゾーン 内 の 観 光 施 設 をはじめ その 他 の 観 光 拠 点 に 観 光 客 を 誘 導 するための 道 路 ネットワークの 強 化 が 望 まれます 自 動 車 道 に 加 4-2. ワークづくりの 方 針 ワークづくりの 方 針 の 構 成 ワークづくり の 課 題 ワークづくり の 方 針 盆 地 地 域 における 基 本 方 針 実 現 に 向 けた 幹 線 道 路 づくりの 取 り 組 み 市 街 地 ゾーンにおける 基 本 方 針 実 現 に 向 けた 幹 線 道 路 補 助 幹 線 道 路 づくりの 取 り 組 み (1) ワークづくりの 課 題 1 中 部

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 ふ じ 藤 お か 岡 し が い ち 市 街 地 地 区 か い 2 回 へ ん こ う 変 更 ) ぐ ん ま 群 馬 ふ じ お か 県 藤 岡 し 市 平 成 25 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 資 料 1 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 1. 追 浜 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 3 2. 田 浦 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 9 3. 逸 見 地 区 のまちづくり

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

Microsoft Word - 01_01_宇都宮区域MP_1228

Microsoft Word - 01_01_宇都宮区域MP_1228 宇 都 宮 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 - 目 次 - 1. 都 市 計 画 の 目 標... 1 1-1 目 標 年 次 及 び 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 規 模... 1 (1) 目 標 年 次... 1 (2) 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 規 模... 1 1-2 本 区 域 の

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 資 料 1 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水

More information

1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表

1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表 1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表 4 1 実 施 計 画 の 趣 旨 ⑴ 計 画 の 定 義 実 施 計 画 とは 基 本 構 想 および

More information

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3)

中野駅周辺まちづくりガイドライン2007(3) 3) 計 画 容 積 率 設 定 の 考 え 方 計 画 容 積 率 は 見 直 し 相 当 容 積 率 に 評 価 容 積 率 を 加 えた 範 囲 内 で 計 画 内 容 の 優 良 性 当 該 区 域 及 び 周 辺 市 街 地 に 対 する 貢 献 度 道 路 等 の 都 市 基 盤 施 設 等 とのバランス 日 照 や 景 観 に 対 する 配 慮 周 辺 市 街 地 との 調 和 等 を

More information

Ⅰ 都市計画マスタープランの基本的事項

Ⅰ 都市計画マスタープランの基本的事項 地 区 別 整 備 構 想 1 地 区 別 整 備 構 想 の 役 割 地 区 別 整 備 構 想 は 全 体 構 想 における 将 来 都 市 像 や 都 市 づくりの 整 備 方 針 を 基 本 に 地 区 の 特 性 に 応 じて 目 指 すべき 将 来 像 を 明 確 にしていくものです 地 区 によってまちづくりの 課 題 や 目 標 が 異 なるため その 地 区 固 有 の 課 題 に

More information

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc 三 島 市 住 宅 マスタープラン 2 章 主 要 課 題 と 施 策 の 方 向 性 住 宅 に 関 する 現 況 データ 将 来 の 需 要 関 連 計 画 を 踏 まえて 住 生 活 に 関 する 主 要 課 題 を 以 下 の ように 整 理 した 2-1 人 口 世 帯 の 現 状 と 課 題 現 状 人 口 は 横 ばいから 減 少 傾 向 へ 移 る 一 方 核 家 族 化 により 平

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

総務部元気宣言

総務部元気宣言 福 井 新 々 元 気 宣 言 推 進 に 関 する 政 策 合 意 私 は 知 事 の 政 策 スタッフとして 福 井 県 民 の 将 来 ビジョン に 基 づき 福 井 新 々 元 気 宣 言 の 元 気 な 産 業 元 気 な 社 会 元 気 な 県 土 元 気 な 県 政 に 掲 げられた 政 策 等 を 実 現 するため 県 民 の 理 解 と 参 加 を 得 な がら 責 任 を 持 って

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

2 緑 の 保 全 大 阪 平 野 の 北 端 に 位 置 し 山 間 部 と 平 野 部 にまたがる 本 市 にとって 豊 かな 自 然 は 本 市 の 良 好 な 住 環 境 を 形 成 する 重 要 な 要 素 の 一 つである したがって これまでも 山 間 部 における 国 定 公 園 特

2 緑 の 保 全 大 阪 平 野 の 北 端 に 位 置 し 山 間 部 と 平 野 部 にまたがる 本 市 にとって 豊 かな 自 然 は 本 市 の 良 好 な 住 環 境 を 形 成 する 重 要 な 要 素 の 一 つである したがって これまでも 山 間 部 における 国 定 公 園 特 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 自 然 とふれあう 緑 豊 かな 健 康 まちづくり 地 域 再 生 計 画 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 箕 面 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 箕 面 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 (1) 地 域 の 現 状 と 課 題 1 本 市 の 概 要 箕 面 市 は 大

More information

序 3 今 年 度 の 実 施 概 要 今 年 度 は 以 下 に 示 す 策 定 フローの 手 順 により 業 務 を 実 施 した 図. 策 定 フロー 地 区 別 の 景 観 特 性 の 抽 出 現 地 調 査 関 連 資 料 調 査 地 区 別 の 景 観 形 成 上 の 課 題 の 抽 出

序 3 今 年 度 の 実 施 概 要 今 年 度 は 以 下 に 示 す 策 定 フローの 手 順 により 業 務 を 実 施 した 図. 策 定 フロー 地 区 別 の 景 観 特 性 の 抽 出 現 地 調 査 関 連 資 料 調 査 地 区 別 の 景 観 形 成 上 の 課 題 の 抽 出 序 章 業 務 の 目 的 位 置 づけ 等 序 1 業 務 の 背 景 目 的 近 年 では 心 の 豊 かさや 生 活 におけるゆとりが 特 に 重 視 されるようになり 人 々が 暮 らす 住 環 境 に おいても より 一 層 魅 力 ある 景 観 づくりが 求 められるようになってきている また 昨 年 全 面 施 行 された 景 観 法 においても 地 方 公 共 団 体 の 責 務 として

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B8C8D8293638FAC8A778D5A8CF689808C7689E692F18CBE8F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B8C8D8293638FAC8A778D5A8CF689808C7689E692F18CBE8F91> 旧 高 田 小 学 校 跡 地 公 園 計 画 についての 提 言 書 平 成 26 年 3 月 27 日 旧 高 田 小 学 校 公 園 づくり 検 討 会 はじめに 豊 島 区 におかれましては 日 頃 から 雑 司 が 谷 南 池 袋 地 区 のまちづくりにご 理 解 とご 協 力 をい ただきありがとうございます ご 存 知 のように 当 地 区 は 東 京 の 防 災 都 市 づくり 推

More information

■ 第 2 回 福 山 市 営 競 馬 場 跡 地 利 活 用 検 討 懇 話 会 次 第 日 時 :2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 20 日 ( 水 ) 19 時 開 会 場 所 : 市 役 所 本 庁 舎 3 階 大 会 議 室 1 開 会 2 市 民 アンケート 調 査 結 果 について 3 跡 地 を 取 り 巻 く 環 境 の 整 理, 跡 地 利 活 用 の 方 向 性 導

More information

Microsoft Word - 1 表紙A

Microsoft Word - 1 表紙A 第 2 章 現 状 の 把 握 2.1 町 内 の 社 会 的 条 件 2.1.1 人 口 と 世 帯 数 瑞 穂 町 の 人 口 の 推 移 を 図 2.1.1(1) 人 口 の 近 隣 地 域 との 比 較 を 図 2.1.1(2) 世 帯 数 の 推 移 を 図 2.1.1(3) 世 帯 数 の 近 隣 地 域 との 比 較 を 図 2.1.1(4)に 示 します 住 民 基 本 台 帳 のデータをみると

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

はじめに

はじめに Ⅱ.まちの 骨 格 基 盤 以 下 では Ⅰ. 都 市 機 能 環 境 景 観 で 示 された 東 部 拠 点 のまちづくりを 支 えるための 骨 格 基 盤 について 主 に 公 的 主 体 が 整 備 又 は 誘 導 を 図 る 方 針 として 記 述 します 1. 都 市 基 盤 整 備 1) 土 地 区 画 整 理 事 業 a. 土 地 区 画 整 理 事 業 は 吹 田 操 車 場 跡 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322091E682508FCD87402093738E7382CC93C190AB82C689DB91E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322091E682508FCD87402093738E7382CC93C190AB82C689DB91E82E646F63> 第 1 章 都 市 の 特 性 と 課 題 1. 都 市 の 現 況 把 握 合 志 市 の 位 置 (1) 位 置 1) 位 置 本 市 は 県 都 熊 本 市 の 北 東 部 に 位 置 し 東 西 は 約 12 km 南 北 は 約 8 km に 広 がり 総 面 積 は 53.17km2を 有 しており 北 に 菊 池 市 西 に 植 木 町 東 に 大 津 町 菊 陽 町 南 に 熊 本

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 ( 一 部 改 訂 平 成 27 年 3 月 ) 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088BB90A38E73918D8D8793738E738CF092CA8C7689E68169967B95D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088BB90A38E73918D8D8793738E738CF092CA8C7689E68169967B95D2816A2E646F63> 第 2 章 都 市 交 通 の 現 状 と 課 題 1. 道 路 交 通 の 状 況 (1) 現 況 の 骨 格 道 路 県 道 を 中 心 に 骨 格 道 路 を 形 成 ( 都 ) 寺 尾 上 土 棚 線 が 新 たな 背 骨 として 機 能 市 内 は 県 道 を 中 心 に 骨 格 道 路 が 形 成 されており 県 央 地 域 における 広 域 的 な 交 通 を 受 け 流 しています

More information

2013/4/23版

2013/4/23版 桜 の 宮 住 宅 建 替 事 業 (1 期 )の 概 要 資 料 1 1. 事 業 目 的 神 戸 市 では 平 成 22 年 度 に 第 2 次 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 を 策 定 し 計 画 的 な 建 替 や 耐 震 改 修 に 取 り 組 んでいる 建 替 対 象 である 桜 の 宮 住 宅 は 管 理 戸 数 2,299 戸 と 大 規 模 団 地 で あることから まちづくりの

More information

今 後 の 道 路 行 政 についての 意 見 提 案 1 道 路 行 政 全 般 について 改 善 すべき 点 要 望 や 提 案 など ( 改 善 すべき 点 ) 様 式 1 地 方 の 道 路 整 備 は マスコミなどの 情 報 とはかけ 離 れたものがあり 必 要 なところに 必 要 なもの

今 後 の 道 路 行 政 についての 意 見 提 案 1 道 路 行 政 全 般 について 改 善 すべき 点 要 望 や 提 案 など ( 改 善 すべき 点 ) 様 式 1 地 方 の 道 路 整 備 は マスコミなどの 情 報 とはかけ 離 れたものがあり 必 要 なところに 必 要 なもの 今 後 の 道 路 行 政 についての 意 見 提 案 1 道 路 行 政 全 般 について 改 善 すべき 点 要 望 や 提 案 など ( 改 善 すべき 点 ) 様 式 1 地 方 の 道 路 整 備 は マスコミなどの 情 報 とはかけ 離 れたものがあり 必 要 なところに 必 要 なもの としては まだまだ 立 ち 遅 れているのが 実 情 です 特 に 市 町 村 合 併 に 際 し

More information

大和清掃 記者発表youshiki

大和清掃 記者発表youshiki 国 土 交 通 省 近 畿 地 方 整 備 局 Kinki Regional Development Bureau Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 近 畿 地 方 整 備 局 大 和 川 河 川 事 務 所 資 料 配 布 配 布 日 時 平 成 28 年 2 月 19 日 14 時 00 分 件 名 大 和 川 を 大

More information

第2章 全体構想

第2章 全体構想 第 1 章 高 石 市 の 概 要 第 1 章 高 石 市 の 概 要 1-1 高 石 市 の 概 要 と 特 性 1) 高 石 市 の 概 要 (1) 位 置 と 地 勢 高 石 市 は 大 阪 府 の 南 部 に 位 置 し 西 は 大 阪 湾 北 と 東 は 堺 市 南 は 和 泉 市 及 び 泉 大 津 市 に 面 している 東 西 約 6.1km 南 北 約 4.1km 面 積 約 11.35km

More information

資料3-2基本計画実施状況(案) 5.生活環境 1/3

資料3-2基本計画実施状況(案) 5.生活環境 1/3 5. 生 活 環 境 (1) 住 宅 の 確 保 5-(1)-1 公 営 住 宅 を 新 たに 整 備 する 際 にはバリアフリー 対 応 を 原 則 とするとともに, 既 存 の 公 営 住 宅 のバリアフリー 化 改 修 を 促 進 し, 障 害 者 向 けの 公 共 賃 貸 住 宅 の 供 給 を 推 進 する ま た, 障 害 者 に 対 する 優 先 入 居 の 実 施 や 単 身 入 居

More information

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0 して 活 気 のある 魅 力 的 なまちづくりを 推 進 することで 交 流 人 口 の 拡 大 を 図 る (ア) 現 況 と 問 題 点 Ⅰ( 国 道 県 道 及 び 市 道 ) 本 市 の 主 要 道 路 は 諫 早 方 面 から 一 般 国 道 57 号 が 島 原 半 島 の 西 岸 を 経 て 小 浜 雲 仙 から 島 原 市 に 至 り 市 域 の 東 岸 には 一 般 国 道 251

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

<89468EA18E738C698ACF8C7689E68179967B95B6817A2E706466>

<89468EA18E738C698ACF8C7689E68179967B95B6817A2E706466> 1 1 2 3 3 3 5 5 5 7 8 19 21 21 23 27 27 28 42 72 72 72 73 73 74 75 75 76 76 90 121 宇 治 市 景 観 計 画 第 1 章 基 本 理 念 と 行 動 指 針 1 4-1 - a) b) -2 - 1-3-1 a b c 1-3-2 a b) -3 - 宇 治 市 景 観 計 画 第 2 章 良 好 な 景 観 の 形

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

台東緑2章_4

台東緑2章_4 第 2 章 緑 を 取 り 巻 く 現 況 と 課 題 5. 緑 の 役 割 別 にみた 課 題 区 の 概 況 緑 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 区 の 緑 の 変 化 区 の 緑 の 状 況 から 緑 の 役 割 別 に 課 題 を 整 理 しました (1) 都 市 環 境 の 維 持 改 善 地 球 規 模 での 地 球 温 暖 化 の 進 行 や 都 市 のヒートアイランド 現 象 が

More information

タイトル

タイトル 8. 地 区 内 道 路 整 備 プログラム 8. 地 区 内 道 路 整 備 プログラム (1) 地 区 内 道 路 整 備 プログラムの 検 討 地 区 内 道 路 整 備 プログラムは, 目 指 すべき 地 区 内 道 路 網 の 各 路 線 を 対 象 に, 整 備 の 優 先 度 を 明 示 した もので, 整 備 優 先 度 の 考 え 方 に 基 づき, 優 先 整 備 路 線, 局

More information

朝霞市都市計画マスタープラン

朝霞市都市計画マスタープラン 第 3 章 地 域 別 構 想 95 96 1. 地 域 区 分 (1) 地 域 区 分 の 検 討 要 素 地 域 区 分 の 設 定 については 以 下 のとおり 地 域 ごとに 居 住 人 口 バランスや 将 来 のまちづくり 構 想 を 考 えるにあたり 地 域 拠 点 や 交 通 軸 などの 要 素 が 特 定 の 地 域 に 極 端 に 偏 らないことも 考 慮 し 地 域 区 分 を

More information

参 考 資 料 住 宅 と 工 業 流 通 業 務 機 能 が 混 在 するエリア 倉 庫 等 の 流 通 保 管 施 設 の 立 地 が 進 むエリア 共 同 住 宅 の 立 地 が 進 むエリア 新 駅 の 整 備 により 鉄 道 利 用 の 利 便 性 が 高 まるエリア 低 未 利 用 地 が 点 在 し 鉄 道 道 路 の 整 備 効 果 により 土 地 利 用 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

目 次 序 章 基 本 構 想 の 背 景 と 目 的 1 1. 検 討 の 経 緯 1 2. 基 本 構 想 の 策 定 目 的 2 第 1 章 新 庁 舎 建 設 の 必 要 性 3 1. 現 在 の 庁 舎 の 状 況 3 2. 問 題 点 の 整 理 6 3. 新 庁 舎 建 設 の 必 要

目 次 序 章 基 本 構 想 の 背 景 と 目 的 1 1. 検 討 の 経 緯 1 2. 基 本 構 想 の 策 定 目 的 2 第 1 章 新 庁 舎 建 設 の 必 要 性 3 1. 現 在 の 庁 舎 の 状 況 3 2. 問 題 点 の 整 理 6 3. 新 庁 舎 建 設 の 必 要 新 城 市 新 庁 舎 基 本 構 想 平 成 24 年 2 月 新 城 市 目 次 序 章 基 本 構 想 の 背 景 と 目 的 1 1. 検 討 の 経 緯 1 2. 基 本 構 想 の 策 定 目 的 2 第 1 章 新 庁 舎 建 設 の 必 要 性 3 1. 現 在 の 庁 舎 の 状 況 3 2. 問 題 点 の 整 理 6 3. 新 庁 舎 建 設 の 必 要 性 7 第 2 章 新

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

Microsoft Word - 101210計画書(甲府盆地).doc

Microsoft Word - 101210計画書(甲府盆地).doc 甲 府 盆 地 7 都 市 計 画 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 甲 府 都 市 計 画 峡 東 都 市 計 画 韮 崎 都 市 計 画 南 アルプス 都 市 計 画 笛 吹 川 都 市 計 画 市 川 三 郷 都 市 計 画 富 士 川 都 市 計 画 山 梨 県 目 次 はじめに 1 1. の 現 状 と 課 題 2 1) の 名 称 及 び 範 囲 2 2) の 現 状 と

More information

Microsoft Word - 120410-2 伊勢市の都市計画.doc

Microsoft Word - 120410-2 伊勢市の都市計画.doc 2012 伊 勢 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 24 年 4 月 伊 勢 市 の 都 市 計 画 目 次 Ⅰ 伊 勢 市 の 概 要 1 Ⅱ 都 市 計 画 区 域 2 Ⅲ 都 市 マスタープラン 3 Ⅳ 土 地 利 用 に 関 する 都 市 計 画 4 Ⅴ 都 市 施 設 に 関 する 都 市 計 画 7 Ⅵ 市 街 地 開 発 事 業 に 関 する 都 市 計 画 12 伊

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都 市 開 発 事 業 等 を 通 じ 緊 急 かつ 重 点 的 に 推 進 すべき 地 域 民 間 開 発 の 時 間 感 覚 に 併 せ

都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都 市 開 発 事 業 等 を 通 じ 緊 急 かつ 重 点 的 に 推 進 すべき 地 域 民 間 開 発 の 時 間 感 覚 に 併 せ 東 京 の 都 市 づくり ( 参 考 資 料 ) 民 間 都 市 開 発 の 誘 導 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 の 指 定 都 市 再 生 特 別 地 区 の 都 市 計 画 決 定 都 市 開 発 諸 制 度 の 活 用 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都

More information

04_二本松区域MP(本編)260522

04_二本松区域MP(本編)260522 二 本 松 本 宮 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 二 本 松 本 宮 都 市 計 画 区 域 マスタープラン 桜 に 彩 られた 霞 ヶ 城 公 園 ( 二 本 松 市 ) 平 成 26 年 本 宮 工 業 団 地 を 上 空 から 望 む ( 本 宮 市 ) 福 島 県 都 市 計 画 区 域 マスタープランの 見 直 しにあたって 都 市

More information

Microsoft PowerPoint - 説明資料.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 説明資料.ppt [互換モード] 資 料 1 ( 仮 称 ) 奈 良 公 園 基 本 戦 略 の 策 定 について 説 明 資 料 平 成 23 年 11 月 奈 良 県 まちづくり 推 進 局 奈 良 公 園 室 0 目 次 1. ( 仮 称 ) 奈 良 公 園 基 本 戦 略 策 定 の 目 的 1 2.これまでの 検 討 経 緯 3 3. 奈 良 公 園 の 概 況 4 4. 奈 良 公 園 の 変 遷 8 5. 奈 良 公

More information

5.4.3 将 来 の 方 針 方 向 性 (1) 中 心 市 街 地 の 道 路 の 考 え 方 中 心 市 街 地 の 道 路 の 課 題 及 び 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 の 方 針 を 踏 まえて 中 心 市 街 地 の 道 路 は 中 心 市 街 地 の 活 性 化

5.4.3 将 来 の 方 針 方 向 性 (1) 中 心 市 街 地 の 道 路 の 考 え 方 中 心 市 街 地 の 道 路 の 課 題 及 び 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 の 方 針 を 踏 まえて 中 心 市 街 地 の 道 路 は 中 心 市 街 地 の 活 性 化 5.4 中 心 市 街 地 の 道 路 に 関 する 整 備 計 画 5.4.1 中 心 市 街 地 の 道 路 ( 龍 ケ 崎 商 店 街 通 り)の 課 題 龍 ケ 崎 商 店 街 の 道 路 は ( 県 ) 河 内 竜 ケ 崎 線 であるため 通 過 交 通 の 流 入 が 多 い 竜 ケ 崎 駅 前 交 差 点 は5 差 路 となっており 交 通 事 故 が 発 生 する 可 能 性 の 高

More information

 

  旧 体 育 文 化 館 および 周 辺 施 設 に 係 るサウンディング 型 市 場 調 査 実 施 要 領 1. 調 査 名 称 旧 体 育 文 化 館 および 周 辺 施 設 に 係 るサウンディング 型 市 場 調 査 サウンディング 型 市 場 調 査 とは 公 有 資 産 の 有 効 活 用 の 検 討 にあたって その 活 用 方 法 について 民 間 事 業 者 から 広 く 意 見

More information

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来 とうおん まちづくりプラ プラン 東 温 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 都 市 づくりの 全 体 構 想 編 愛 媛 県 東 温 市 目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人

More information