(イ) 早 期 発 見 適 切 な 対 応 メンタルヘルスケアにおいては ストレス 要 因 の 除 去 又 は 軽 減 や 職 員 自 らが 行 うス トレスへ 対 処 等 の 予 防 策 が 重 要 ですが 万 一 メンタルヘルス 不 調 に 陥 る 職 員 が 発 生 した 場 合 には その

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(イ) 早 期 発 見 適 切 な 対 応 メンタルヘルスケアにおいては ストレス 要 因 の 除 去 又 は 軽 減 や 職 員 自 らが 行 うス トレスへ 対 処 等 の 予 防 策 が 重 要 ですが 万 一 メンタルヘルス 不 調 に 陥 る 職 員 が 発 生 した 場 合 には その "

Transcription

1 Ⅰ 教 職 員 のメンタルヘルス 対 策 1 職 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 必 要 性 (1)メンタルヘルス 対 策 とは メンタルヘルス 対 策 とは 全 ての 働 く 人 が 健 やかに いきいきと 働 けるような 気 配 り と 援 助 をすること およびそのような 活 動 が 円 滑 に 実 践 されるような 仕 組 みを 作 り 実 践 することをいいます メンタルヘルス 不 調 になると 仕 事 への 根 気 が 続 かなくなる 重 要 な 決 定 事 項 が 判 断 できなくなる 普 段 なら 半 日 でできていた 仕 事 が 1 日 かかるようになるなど 本 来 その 人 が 持 っていた 業 務 遂 行 能 力 を 十 分 発 揮 できなくなります また 朝 に 調 子 が 悪 くなる 場 合 が 多 いため 遅 刻 が 増 えてきます さらに 一 旦 休 業 になった 場 合 は 長 期 間 になるこ とも 多 く 病 気 休 暇 休 職 日 数 の 大 きな 割 合 を 占 めます また 最 悪 の 場 合 は 自 殺 や 離 職 につながることもあります メンタルヘルス 不 調 に 陥 る 人 は もともとは 仕 事 熱 心 であった 人 も 多 いため 職 場 にとっては 貴 重 な 戦 力 を 失 うこ とになります メンタルヘルス 対 策 を 行 うことで 職 員 自 身 によるストレスへの 気 づきのノウハウを 身 につけたり メンタルヘルス 不 調 者 を 早 期 に 発 見 し 適 切 に 対 応 できれば これらの 発 生 や 悪 化 を 防 止 することが 期 待 できます ア メンタルヘルスケア( 心 の 健 康 管 理 )の 予 防 手 段 メンタルヘルス 対 策 は 身 体 のヘルスケアと 同 様 に 病 気 を 未 然 に 防 ぐため また 再 発 を 防 止 するための 次 にあげる3つの 予 防 医 学 的 手 段 があります (ア) 働 きやすい 環 境 をつくる 職 場 環 境 の 改 善 は 職 員 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 効 果 的 であるとされています 下 記 にあげるような 項 目 の 現 状 を 把 握 し 管 理 体 制 マネジメントの 確 立 是 正 教 育 等 により 改 善 していくことが 必 要 です 職 場 の 照 明 温 度 職 場 のレイアウト 心 身 の 疲 労 の 回 復 を 図 るための 施 設 設 備 等 の 物 理 的 環 境 会 議 の 持 ち 方 情 報 の 流 れ 方 職 場 組 織 のつくり 方 労 働 時 間 長 時 間 労 働 仕 事 の 量 と 質 過 重 な 疲 労 心 理 的 負 荷 責 任 等 セクシュアルハラスメントなど 職 場 内 のハラスメントを 含 む 職 場 の 人 間 関 係 コミュニケーション 一 次 予 防 - 1 -

2 (イ) 早 期 発 見 適 切 な 対 応 メンタルヘルスケアにおいては ストレス 要 因 の 除 去 又 は 軽 減 や 職 員 自 らが 行 うス トレスへ 対 処 等 の 予 防 策 が 重 要 ですが 万 一 メンタルヘルス 不 調 に 陥 る 職 員 が 発 生 した 場 合 には その 早 期 発 見 と 適 切 な 対 応 を 図 る 必 要 があります メンタルヘルス 不 調 への 気 づきとケア 職 場 内 に 相 談 に 応 ずる 体 制 をつくる 職 場 外 の 相 談 機 関 の 活 用 を 図 る ストレスチェックを 行 うことができる 機 会 を 提 供 する 共 済 組 合 の 事 業 の 活 用 職 員 の 家 族 による 気 づきや 支 援 を 促 進 する 共 済 組 合 の 事 業 の 活 用 二 次 予 防 (ウ) 職 場 復 帰 支 援 再 発 予 防 メンタルヘルス 不 調 により 休 職 した 職 員 が 専 門 医 の 診 療 を 経 て 円 滑 に 職 場 復 帰 し 就 業 を 継 続 できるようにサポートすることが 大 切 です 専 門 医 等 の 助 言 を 受 けながら 復 職 プラン( 以 下 試 し 出 勤 という)を 作 成 し それに 対 応 する 手 順 内 容 関 係 者 の 役 割 等 について 定 める 試 し 出 勤 の 実 施 に 対 する 体 制 等 の 整 備 を 行 い 職 員 に 周 知 する 試 し 出 勤 の 実 施 は 組 織 的 かつ 計 画 的 に 取 り 組 む 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 留 意 するとともに 主 治 医 との 連 携 を 図 りつつ 取 り 組 む 再 発 の 防 止 三 次 予 防 - 2 -

3 イ メンタルヘルスの4つのケア メンタルヘルスケアには4つのケアがあります メンタルヘルスケアには4つのケアがあります 特に 学校現場 学校現場においては においては 教職員本 教職員本 人の セルフケア セルフケア の促進とともに とともに 校長 校長 教頭等 等の管理監督者 管理監督者による ラインによるケ ア の の充実が必要 必要です 教職員 教職員が健康で で その能力 能力を充分に発揮 発揮して教育活動 教育活動を行うためには うためには 明るく活気 活気のあ る職場 職場づくりが大切 大切です このためには このためには このためには 教職員の の健康管理に に重要な役割 役割を持つ管理監督 管理監督 者が 正しい知識 知識を持ち 適切に することが重要 重要です しい知識を 適切に対応することが 対応することが 重要 ポイント (ア ア) 校長等が自らメンタルヘルスケアを推進することを表明し が自らメンタルヘルスケアを推進することを表明し が自らメンタルヘルスケアを推進することを表明し セルフケア ライ ンによるケア 職場内の保健スタッフ等によるケア 職場内の保健スタッフ等によるケア 及び 職場 保健スタッフ等によるケア 職場外の資源による 資源による ケア の 4つのケア 4つのケア を効果的に実施 活用する 4つのケア を効果的に実施 活用 (イ イ) メンタルヘルスケアの推進の担い手 メンタルヘルスケアの推進の担い手 職場内の保健スタッフ 職場内の保健スタッフ を決める 職場内の保健スタッフ 決める 学校現場では 学校現場では 衛生 衛生管理者又は衛生推進者 管理者又は衛生推進者 養護教諭が 管理者又は衛生推進者 養護教諭が望ましいでしょう 望ましいでしょう 4 つのケア セルフケア セルフケア 職員自身が行うケア ラインによるケア ラインによる ケア 管理監督者が行うケア 職場内 保健スタッフ等によるケア ケア 職場の健康管理担当者が行うケア 職場内の保健スタッフ等による 職場外の資源による 医療機関等が行うケア 等が行うケア 職場外の資源によるケア 資源によるケア 地方自治体 共済組合 医療機関 地方自治体 共済組合 医療機関 ウ 4つのケアと3つの予防手段の関 つのケアと3つの予防手段の関 つのケアと3つの予防手段の関係 セルフケア セルフケア ラインによるケア ラインによるケア 職場内保健 保健スタッフ スタッフ等によるケア によるケア 及び 職場 外資源 外資源によるケア によるケア の 4つのケア 4つのケア それぞれで それぞれで 3つの予防手段 予防手段を講 講じていくことが じていくことが 必要 必要となります となります -3-

4 (2) 職 場 でメンタルヘルス 対 策 を 行 う 意 義 働 きやすい 職 場 環 境 の 醸 成 と 教 職 員 の 健 康 増 進 働 く 意 欲 と 学 校 全 体 の 活 力 の 向 上 メンタルヘルス 対 策 は 不 調 に 陥 った 人 だけでなく 職 員 や 組 織 を 対 象 として 職 場 環 境 改 善 を 行 うことであり それらの 状 況 にあったケアをすることが 大 切 です メンタルヘルス 対 策 が 有 効 に 機 能 することは 職 員 の 労 働 生 活 の 質 を 高 め ワークモ チベーション( 働 く 意 欲 )を 維 持 し 生 産 性 や 活 力 の 向 上 につながります P13 参 照 また 教 職 員 が 心 の 不 健 康 状 態 に 陥 るということは 本 人 の 教 師 としての 自 己 実 現 の 挫 折 であると 同 時 に 児 童 生 徒 の 学 習 に 支 障 をきたし 健 全 な 人 格 の 形 成 に 直 接 的 あ るいは 間 接 的 な 悪 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります そのため そのため 教 育 現 場 におけるメンタ ルヘルス 対 策 はことさら 大 切 となってきます リスクマネジメント 対 策 安 全 配 慮 義 務 違 反 の 防 止 使 用 者 ( 事 業 者 )は 労 働 者 の 生 命 および 健 康 などを 危 険 から 保 護 するよう 配 慮 すべ き 義 務 : 安 全 配 慮 義 務 があります メンタルヘルス 不 調 に 対 しての 使 用 者 の 対 応 が 不 適 切 だったために メンタルヘルス 不 調 を 悪 化 させてしまった 場 合 や 業 務 と 密 接 な 関 係 があると 判 断 されたメンタルヘルス 不 調 は 公 務 災 害 ( 労 災 ) 請 求 や 民 事 訴 訟 につなが る 場 合 もあります また 職 員 のメンタルヘルス 不 調 が 社 会 的 問 題 ( 犯 罪 を 含 む)に 結 びついた 場 合 も し 適 切 な 対 応 をとっていなかった 場 合 には 民 法 上 の 使 用 者 責 任 ( 民 法 第 715 条 )を 問 われる 可 能 性 があります 安 全 配 慮 義 務 の 責 任 を 負 うのは 県 及 び 市 町 村 等 ですが 実 際 に 学 校 経 営 をしているの は 校 長 教 頭 事 務 長 であり これらの 管 理 監 督 者 は 安 全 配 慮 義 務 の 履 行 補 助 者 とみな されます このようなことから 安 全 配 慮 義 務 を 履 行 するためには 管 理 監 督 者 は 単 に 部 下 の 健 康 状 態 を 気 遣 うのみでなく 具 体 的 な 業 務 上 の 措 置 を 講 じることが 求 められています メンタルヘルスの 悪 化 した 職 場 のイメージ メンタルヘルスの 悪 化 した 職 場 からは メンタルヘルス 不 調 者 が 続 出 しかねません メンタルヘルス 不 調 は 欠 勤 休 業 事 故 やミスの 多 発 あるい はモラールの 低 下 として 表 現 さ れます - 4 -

5 2 教 職 員 のメンタルヘルス 不 調 の 背 景 等 文 部 科 学 省 により 平 成 25 年 3 月 29 日 付 けでまとめられた 教 職 員 のメンタルヘル ス 対 策 について( 最 終 まとめ): 教 職 員 のメンタルヘルス 対 策 検 討 会 議 では 教 職 員 の メンタルヘルス 不 調 の 背 景 として 次 のものをあげています (1) 業 務 量 の 増 加 及 び 業 務 の 質 の 困 難 化 ア 授 業 等 の 教 育 活 動 以 外 の 用 務 保 護 者 との 関 わり 等 の 増 加 など 業 務 量 が 増 加 してい るが 教 諭 間 で 残 業 時 間 のばらつきが 大 きい イ 生 徒 指 導 保 護 者 や 地 域 との 関 係 で 困 難 な 対 応 を 求 められるなど 教 職 員 個 人 の 知 識 や 経 験 だけでは 十 分 に 対 応 できないことがあり 業 務 の 質 が 困 難 化 している ウ 業 務 改 善 に 対 して 肯 定 的 な 回 答 をした 割 合 は 校 長 で 78% 教 諭 等 では 約 55%と 校 長 とその 他 の 教 職 員 との 間 で 認 識 に 相 違 が 生 じている (2) 教 職 員 の 業 務 の 特 徴 等 ア 教 職 員 の 業 務 の 特 徴 管 理 職 が 少 ない いわゆる 鍋 蓋 型 組 織 のためラインによるケアが 難 しい 教 職 員 としての 理 想 の 強 さは 厳 しい 仕 事 によるストレスから 身 を 守 る 面 がある 一 方 それが 強 すぎると 理 想 的 にできていないことをストレスに 感 じ 自 らを 責 め ることになる 場 合 や 他 の 教 職 員 に 対 して 厳 しく 接 する 場 合 がある 職 務 は 属 人 的 対 応 が 多 く 個 人 で 抱 え 込 みやすい 性 質 があるとともに 一 人 で 対 応 するケースが 多 くなる 傾 向 があり 一 部 の 教 職 員 に 業 務 の 負 担 が 偏 るケースもあ る 対 人 援 助 職 であるために 決 まった 正 解 がない 事 例 も 多 く 成 果 を 実 感 しづらい それゆえ 自 分 の 行 動 が 適 切 かどうかの 迷 いや 不 安 を 抱 きながら 対 応 していることも ある バーンアウト( 燃 え 尽 き 症 候 群 )のリスクも 高 い イ 職 場 等 での 人 間 関 係 職 場 内 の 雰 囲 気 やコミュニケーションの 状 況 について 校 長 とその 他 の 教 職 員 と の 間 に 認 識 のギャップがある 同 僚 に 対 して 意 見 を 言 いにくい 干 渉 されたくないという 気 持 ちがあり 良 好 な 人 間 関 係 が 十 分 に 形 成 されにくい 上 司 や 同 僚 が 相 談 を 受 けても 仕 事 の 仕 方 等 についてのアドバイスが 中 心 になり がちで さらに 精 神 的 負 担 を 感 じてしまうことがある 同 僚 や 上 司 部 下 の 人 間 関 係 に 加 えて 児 童 生 徒 や 保 護 者 等 との 人 間 関 係 も 相 互 に 影 響 し 合 う( 重 層 的 な 人 間 関 係 ) - 5 -

6 ウ 教職員の自己健康管理の現状 メンタルヘルスに対する知識が メンタルヘルスに対 が少なく 生活 生活に支障が が出ないと本人 本人も周囲も も気づ かない 精神疾患 精神疾患で休職 休職する教員 教員の約 3 分の の 2 が休職の の直前になるまで になるまで受診してい してい ない エ 校長等による教職員の健康管理の現状 教職員の の健康状態の の把握状況に に関して 校長等 校長等とその とその他の教職員 教職員との間に認識 認識の ギャップがある ギャップがある 校内で問題 問題が発生したとき したとき 外 外に助けを求 求めるのが全体的 全体的に遅い い 教職員のメンタルヘルス 教職員のメンタルヘルス不調の 不調の背景をまとめると 背景をまとめると 業務量の増加や質の困難化 教諭間の残業時間のばらつき 校長等とその他の教職 員との間の認識ギャップ等の傾向があります 教職員の組織や業務の特徴として いわゆる鍋蓋型組織のためメンタルヘルス対策 についてラインによるケアが難しい面や 学級担任や事務職員など教職員が一人で対 応するケースが多く 組織的な対応が十分でない状況です 校長 教頭等の管理監督者は 以上のような教職員の特徴を踏まえてメンタルヘルス 対策に取り組んでいく必要があります -6-

目 次 はじめに 1 Ⅰ 現 状 とこれまでの 取 組 1 1 全 国 の 自 治 体 における 状 況 1 2 民 間 企 業 における 状 況 2 3 メンタルヘルス 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 仕 事 とストレス (2) 職 場 のストレス 要 因 (3) 職 場 のメ

目 次 はじめに 1 Ⅰ 現 状 とこれまでの 取 組 1 1 全 国 の 自 治 体 における 状 況 1 2 民 間 企 業 における 状 況 2 3 メンタルヘルス 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 仕 事 とストレス (2) 職 場 のストレス 要 因 (3) 職 場 のメ 平 成 23 年 度 調 査 研 究 レポート 他 県 の 先 進 取 組 事 例 に 学 ぶ 効 果 的 なメンタルヘルス 対 策 について ~ 新 規 採 用 職 員 や 異 動 者 には 他 の 職 員 より 入 念 なケアが 必 要 ~ 平 成 23 年 11 月 北 海 道 人 事 委 員 会 目 次 はじめに 1 Ⅰ 現 状 とこれまでの 取 組 1 1 全 国 の 自 治 体 における

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

窓口支援担当者募集要項

窓口支援担当者募集要項 平 成 27 年 2 月 窓 口 相 談 支 援 事 業 における 窓 口 支 援 担 当 者 募 集 要 項 一 般 社 団 法 人 発 明 推 進 協 会 次 により 全 国 各 地 域 の 知 財 総 合 支 援 窓 口 において 中 小 企 業 等 における 知 的 財 産 の 活 用 事 業 化 促 進 のための 支 援 を 行 う 窓 口 支 援 担 当 者 を 募 集 します 1. 事

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ~ 職 員 の 仕 事 と 子 育 て 両 立 支 援 プログラム~ 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 目 次 Ⅰ 総 論 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 計 画 の 期 間 1 3 計 画 の 対 象

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464>

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464> 労 働 時 間 等 見 直 しガイドライン ( 労 働 時 間 等 設 定 改 善 指 針 ) 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 108 号 目 次 前 文 1 1 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 に 関 する 基 本 的 考 え 方 2 (1) 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 を 図 る 趣 旨 2 (2) 労 働 時 間 の 短 縮 の 推 進 3 (3)

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

Taro-学校いじめ防止基本方針大津

Taro-学校いじめ防止基本方針大津 鳴 門 市 大 津 西 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 (1) 教 育 活 動 全 体 を 通 じ, 全 ての 児 童 に いじめは 決 して 許 されない ことの 理 解 を 促 し, 児 童 の 豊 かな 情 操 や 道 徳 心, 自 分 の 存 在 と 他 人 の 存 在 を 等 しく 認 め,お 互 いの 人 格

More information

産業医学振興財団委託研究

産業医学振興財団委託研究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 産 業 医 学 振 興 財 団 委 託 研 究 中 小 規 模 事 業 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 進 め 方 に 関 する 研 究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 目 次 1. 過 重 労 働 で 引 き 起 こされる 健 康 障 害 と 労 災 認 定 P 1 2. 過 重 労 働 対 策 に 関 係 する 法

More information

現 代 の 社 会 情 勢

現 代 の 社 会 情 勢 時 代 不 安 と 職 業 観 パートⅦ - 不 況 時 代 のメンタルヘルス- 臨 床 心 理 士 の 立 場 から ティーペック 株 式 会 社 EAPセンター 臨 床 心 理 士 鴨 澤 あかね 現 代 の 社 会 情 勢 若 者 ( 新 入 社 員 )の の 意 識 今 の 会 社 に 一 生 勤 めようと 思 っている とする 回 答 出 典 : 2009 年 度 新 入 社 員 意 識

More information

政 策 の 実 施 状 況 の 分 析 1については 人 事 評 価 は 人 事 管 理 の 基 礎 となるものであることから 人 事 評 価 制 度 が 円 滑 かつ 的 確 に 行 われるよう 制 度 の 周 知 及 び 習 熟 を 図 ることが 必 要 そのため 評 価 者 講 座 を 実 施

政 策 の 実 施 状 況 の 分 析 1については 人 事 評 価 は 人 事 管 理 の 基 礎 となるものであることから 人 事 評 価 制 度 が 円 滑 かつ 的 確 に 行 われるよう 制 度 の 周 知 及 び 習 熟 を 図 ることが 必 要 そのため 評 価 者 講 座 を 実 施 平 成 22 年 度 主 要 な 政 策 に 係 る 評 価 書 要 旨 政 策 名 基 本 目 標 政 策 の 概 要 指 標 等 の 状 況 政 策 の 実 施 状 況 とその 分 析 及 び 総 括 的 な 評 価 政 策 1 国 家 公 務 員 の 人 事 人 事 恩 給 局 総 務 課 人 事 政 策 課 担 当 部 局 課 室 名 管 理 の 推 進 公 務 員 高 齢 対 策 課 参

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 履 修 規 程 (26.4) ( 趣 旨 ) 第 条 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 ( 以 下 本 科 という )の 履 修 に 関 する 事 項 については 東 京 成 徳 短 期 大 学 学 則 の 規 定 によるほか この 規 程 の 定 めるところによる ( 教 育 課 程 の 編 成 ) 第 2 条 本 科 における

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

Microsoft Word - ②募集要項.doc

Microsoft Word - ②募集要項.doc 県 営 住 宅 滞 納 家 賃 回 収 弁 護 士 業 務 委 託 提 案 募 集 要 項 静 岡 県 県 営 住 宅 の 退 去 者 の 滞 納 家 賃 回 収 に 係 る 弁 護 士 業 務 委 託 に 関 する 提 案 募 集 について は 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 募 集 要 項 によるものとする 1 業 務 概 要 (1) 目 的 静 岡 県 が 管 理 する 県 営

More information

伊勢崎市職員職場復帰支援制度

伊勢崎市職員職場復帰支援制度 職 場 復 帰 支 援 制 度 実 施 マニュアル 平 成 22 年 4 月 伊 勢 崎 市 総 務 部 職 員 課 目 次 1 趣 旨 1 2 対 象 者 1 3 用 語 の 定 義 1 4 病 気 休 業 に 係 る 休 暇 制 度 等 について 1 (1) 病 気 休 暇 について (2) 休 職 について 5 職 場 復 帰 支 援 制 度 について 2 < 第 1ステップ> 病 気 休 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378> 名 寄 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 第 2 期 前 期 計 画 ) 名 寄 市 長 名 寄 市 議 会 議 長 名 寄 市 選 挙 管 理 委 員 会 名 寄 市 代 表 監 査 委 員 名 寄 市 外 2 組 合 公 平 委 員 会 名 寄 市 農 業 委 員 会 名 寄 市 教 育 委 員 会 名 寄 地 区 衛 生 施 設 事 務 組 合 上 川 北 部 消 防 事 務 組 合

More information

目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正 化 計 画

目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正 化 計 画 平 成 2 6 年 度 新 宿 区 の 人 事 行 政 の 運 営 状 況 平 成 27 年 11 月 新 宿 区 目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正

More information

労 務 管 理 情 報 退 職 時 に 求 められる 主 な 事 務 手 続 き 従 業 員 が 退 職 する 際 には 雇 用 保 険 や 社 会 保 険 をはじめとして 様 々な 手 続 きが 必 要 となります そこで 以 下 では 退 職 時 に 発 行 すべき 書 類 と 退 職 時 の

労 務 管 理 情 報 退 職 時 に 求 められる 主 な 事 務 手 続 き 従 業 員 が 退 職 する 際 には 雇 用 保 険 や 社 会 保 険 をはじめとして 様 々な 手 続 きが 必 要 となります そこで 以 下 では 退 職 時 に 発 行 すべき 書 類 と 退 職 時 の 22011 最 近 年 金 に 関 するトピックスが 相 次 いでいます 現 役 世 代 の1.8 人 が 受 給 世 代 を 支 えてい るので 限 界 に 近 い 受 給 開 始 年 齢 を 現 在 の65 歳 から 引 き 上 げる 必 要 がある 等 ですが 言 え ることは 年 金 だけで 幸 せな 老 後 生 活 を 送 るのは 無 理 になった ということです 自 己 責 任 と いう

More information

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場 立 川 市 第 3 次 職 員 人 材 育 成 計 画 平 成 27(2015) 年 5 月 立 川 市 目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

Microsoft Word - 3_懲戒処分の指針(H28.4

Microsoft Word - 3_懲戒処分の指針(H28.4 平 成 15 年 4 月 16 日 施 行 平 成 19 年 12 月 16 日 改 正 平 成 20 年 5 月 28 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 懲 戒 処 分 の 指 針 第 1 目 的 この 指 針 は 職 員 が 地 方 公 務 員 として 遵 守 すべき 義 務 に 違 反 した 場 合 の 責 任 を 明 確 にするとともに

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル (3) ステップ3: 職 場 マネジメントとしての 策 定 制 度 対 象 者 の 希 望 を 踏 まえ 円 滑 な 復 帰 を 支 援 するために そして 制 度 対 象 者 の 業 務 の 状 況 を 確 認 しましょう 状 況 次 第 では 産 休 育 休 までの 期 間 に 何 らかの 取 組 を 行 う 必 要 があります また 作 成 するプランを 確 実 に 運 用 していくためにも

More information

目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい 2 Ⅱ. 本 市 の 現 状 3P

目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい 2 Ⅱ. 本 市 の 現 状 3P 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 女 性 活 躍 推 進 法 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 度 改 訂 宗 像 市 目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc)

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc) 別 紙 1 パワー ハラスメントの 防 止 のために 職 員 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 パワー ハラスメント( 以 下 パワハラ という )をしないようにするため に 職 員 が 認 識 すべき 事 項 1 意 識 の 重 要 性 パワハラをしないようにするためには 職 員 一 人 一 人 が 次 の 事 項 の 重 要 性 について 十 分 認 識 しなければならない

More information

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評 総 6 7 総 経 4 1 平 成 26 8 月 15 日 各 都 道 府 県 知 各 政 令 指 都 市 市 各 殿 総 省 自 治 政 局 及 び 独 立 政 改 正 律 運 用 つ 通 知 及 び 独 立 政 改 正 律 平 成 26 律 34 改 正 布 つ 平 成 26 5 月 14 日 付 け 総 42 総 大 臣 通 知 り 知 せろ 改 正 運 用 り 通 知 り 通 知 ほ 記 留

More information

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画 第 3 期 あったか 家 族 応 援 プログラム 山 形 市 役 所 次 世 代 育 成 支 援 特 定 事 業 主 行 動 計 画 山 形 市 役 所 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 16 日 山 形 市 Ⅰ はじめに 1 プログラム 策 定 の 背 景 及 び 目 的 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ

More information

ゲートキーパーとは 悩 んでいる 人 に 気 づき 声 をかけ 話 を 聴 いて 必 要 な 支 援 につなげる 人 のことです 道 では 平 成 21 年 度 からゲートキーパーの 養 成 に 取 り 組 んでおり 平 成 24~25 年 度 には 教 育 現 場 の 皆 様 を 対 象 とした

ゲートキーパーとは 悩 んでいる 人 に 気 づき 声 をかけ 話 を 聴 いて 必 要 な 支 援 につなげる 人 のことです 道 では 平 成 21 年 度 からゲートキーパーの 養 成 に 取 り 組 んでおり 平 成 24~25 年 度 には 教 育 現 場 の 皆 様 を 対 象 とした 7 / 23( 水 ) の 発 表 報 道 発 表 資 料 の 配 時 7 23 ( 水 ) 15 時 00分 発 表 項 目 子 ど も た ちの SOSに 気 づ き 耳 を 傾 ける ため の 実 践 研 修 の 開 催 に つ い て ( 行 事 名 ) * 皆 様 の 気 づ きが 大 切 な 生 命 を 未 来 に つ な ぎ ます * 概 要 道 で は 若 年 者 の 自 殺 予 防

More information

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場 後 期 計 画 の 1 計 画 期 間 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までの3 年 間 とする 2 具 体 的 な 職 員 が 仕 事 と 子 育 てを 両 立 させることができ 職 員 全 体 が 働 きやすい 環 境 をつくるこ とによって すべての 職 員 がその 能 力 を 十 分 発 揮 できるようにするため 次 の 行 動 計 画 を 策 定

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

従 来 型 ( 直 営 ) 事 業 方 式 設 計 施 工 一 括 発 注 方 式 (DB 方 式 ) 設 計 施 工 維 持 管 理 運 営 一 括 発 注 方 式 (DBO 方 式 ) 及 びその 一 括 発 注 方 式 に 民 間 資 金 を 活 用 して 事 業 を 実 施 する 方 式 (

従 来 型 ( 直 営 ) 事 業 方 式 設 計 施 工 一 括 発 注 方 式 (DB 方 式 ) 設 計 施 工 維 持 管 理 運 営 一 括 発 注 方 式 (DBO 方 式 ) 及 びその 一 括 発 注 方 式 に 民 間 資 金 を 活 用 して 事 業 を 実 施 する 方 式 ( 生 駒 市 学 校 給 食 センター 更 新 整 備 計 画 策 定 等 支 援 業 務 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 1. 業 務 概 要 (1) 目 的 本 市 が 学 校 給 食 センターの 更 新 を 行 うにあたり 施 設 の 概 略 計 画 や 事 業 の 進 め 方 を 検 討 するとともに 効 率 的 な 施 設 整 備 と 事 業 運 営 に 向 けて 民

More information

産業医の職務資料

産業医の職務資料 産 業 医 の 職 務 資 料 健 康 管 理 健 康 診 断 の 種 類 について 健 康 診 断 は 労 働 安 全 衛 生 法 などで 事 業 者 に 実 施 が 義 務 付 けられている 一 般 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 1 項 )と 特 殊 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 2 3 項 )の 2 種 類 に 加 え 行

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです All About,Inc. 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 30 日 株 式 会 社 オールアバウト 代 表 取 締 役 社 長 江 幡 哲 也 問 合 せ 先 :03-6362-1300 証 券 コード:2454 http://corp.allabout.co.jp/

More information

治療と職業パンフレット.indd

治療と職業パンフレット.indd 平成 25 年度厚生労働省委託事業 治療と職業生活の両立等の支援対策事業 治療を受けながら 安心して働ける職場づくりのために 事例から学ぶ治療と仕事の両立支援のための職場における保健活動のヒント集 傷病を抱える労働者の中には 働く意欲や能力があっても 通院をはじめとする治療と仕事の両立を可能 にする体制が職場において不十分であるために 就労の継続や復職が困難になる場合も少なくありませ ん 傷病を抱える労働者の健康に配慮した職業生活を支援するのみならず

More information

【3-6-11】シート

【3-6-11】シート 自 主 防 犯 意 識 の 醸 成 促 進 事 業 生 活 安 全 課 防 犯 対 策 推 進 室 問 合 せ 先 ( 電 話 番 号 ) 2333 計 画 番 号 95 警 察 市 町 村 と 連 携 を 図 り 特 定 の 罪 種 あるいは 特 定 の 被 害 者 層 に 的 を 絞 った 実 効 性 のある 効 果 的 な 広 報 啓 発 活 動 を 協 力 に 実 施 する また 高 齢 者

More information

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 我 が 国 の 経 済 状 況 は 円 高 の 是 正 や 株 価 の 回 復 等 により 企 業 収 益 の 改 善 が 進 むと 共 に 2020 年 オリンピック パラリンピックの 東 京 開 催 決 定 による 経 済 効 果 への 期 待 なども あり 明 るい 兆 しが 見 え 始 めている 一 方 で 欧 州 債 務 危 機 の 再 燃 や 新

More information

< F2D328A778D5A8C6F89638AEE F31816A2E6A7464>

< F2D328A778D5A8C6F89638AEE F31816A2E6A7464> 学 校 経 営 基 礎 学 校 経 営 基 礎 Ⅰ 学 校 経 営 と 組 織 マネジメント 学 校 の 経 営 管 理 ( ) 学 校 経 営 経 営 とは 一 般 的 に 目 標 を 達 成 するために 人 材 予 算 設 備 などの 経 営 環 境 を 最 も 有 効 な 手 段 を 活 用 して 組 織 活 動 を 営 む ことを 意 味 することばとして 用 いられる * *2 学 校 経

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画 日 光 市 人 材 育 成 基 本 方 針 実 行 計 画 ( 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) ~ 市 民 と 共 に 考 え 行 動 する 職 員 を 目 指 して~ 平 成 24 年 3 月 日 光 市 実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の 平 成 27 年 4 月 17 日 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 校 長 藤 田 賀 子 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 13 条 に 基 づき 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 を 定 める いじめの 定 義 (いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 2 条

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され 飛 騨 市 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 飛 騨 市 長 飛 騨 市 議 会 議 長 飛 騨 市 選 挙 管 理 委 員 会 飛 騨 市 代 表 監 査 委 員 飛 騨 市 農 業 委 員 会 飛 騨 市 教 育 委 員 会 飛 騨 市 消 防 本 部 消 防 長 古 川 国 府 給 食 センター 利 用 組

More information

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関 Ⅲ オブズマの 発 意 による 調 査 ( 平 成 25 年 度 ) 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていますが 札 幌 市 の 場 合 共 有 代 表 者 のみに 納 税 通 知 書

More information

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 2007 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき, 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤

More information

26年度給与公表様式(菰野町).xls

26年度給与公表様式(菰野町).xls の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 (25 年 度 末 ) A 25 年 度 人 千 41,329 1,767,541 実 質 収 支 千 54,695 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 千 2,467,197 22.9 22.8

More information

 

  雇 用 契 約 書 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 従 業 員 という )とA 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 本 日 会 社 による 従 業 員 の 雇 用 に 関 し 以 下 のとおり 契 約 した 第 1 条 ( 従 業 員 の 地 位 契 約 期 間 等 ) 1 会 社 は 従 業 員 を 会 社 の 正 社 員 として 採 用 し 従 業 員 は 平 成 〇 〇 年 〇 〇

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

エ いじめは 大 人 が 気 付 きにくい 形 で 行 われるため, 早 期 発 見 には,ささいな 兆 候 であっても,いじめではないかとの 疑 いをもって, 積 極 的 に 認 知 する オ いじめの 報 告 を 受 けた 場 合, 特 定 の 教 職 員 で 抱 え 込 まず, 組 織 的 に

エ いじめは 大 人 が 気 付 きにくい 形 で 行 われるため, 早 期 発 見 には,ささいな 兆 候 であっても,いじめではないかとの 疑 いをもって, 積 極 的 に 認 知 する オ いじめの 報 告 を 受 けた 場 合, 特 定 の 教 職 員 で 抱 え 込 まず, 組 織 的 に 茨 城 県 立 太 田 第 一 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 では,いじめの 問 題 の 克 服 に 向 けて, いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 以 下 法 と いう ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づき,また いじめの 防 止 等 のための 基 本 的 な 方 針 と 茨 城 県 いじめ 防 止 基 本 方 針 ( 以 下 県 の 基 本 方 針

More information

<4D F736F F F696E74202D B E F E88AFA8D EF947A957A8E9197BF2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D B E F E88AFA8D EF947A957A8E9197BF2E B8CDD8AB B83685D> クオレ シー キューブ 定 期 講 演 会 パワハラの 最 新 情 報 と 企 業 の 対 策 2011 年 11 月 11 日 株 式 会 社 クオレ シー キューブ 代 表 取 締 役 岡 田 康 子 TEL 03-5273-2300 Copyright CuoreC3 Co, Ltd. 0 職 場 のいじめ 嫌 がらせ 円 卓 会 議 < 円 卓 会 議 > 趣 旨 職 場 のいじめ 嫌 がらせが

More information

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し < 議 案 報 告 -2> 退 職 手 当 見 直 しの 取 り 組 みについて (1)これまでの 経 過 政 府 は 国 家 公 務 員 に 関 する 退 職 給 付 の 官 民 較 差 (402.6 万 円 )を 是 正 する ため 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げ 等 について を 閣 議 決 定 しました また 総 務 省 は 同 日 この

More information

いじめ総合対策(案)

いじめ総合対策(案) 墨 田 区 教 育 委 員 会 いじめ 防 止 プログラム 平 成 27 年 3 月 25 日 墨 田 区 教 育 委 員 会 は じ め に いじめ 問 題 は いじめにかかわったすべての 子 供 の 人 格 形 成 に 少 なからず 影 響 を 与 え 場 合 によっては 人 と 人 との 関 係 を 断 ち 切 るだけでなく かけがえのない 子 供 の 生 命 を 奪 うこともあ る 憂 慮

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

(H25.3HP\214\366\225\\.xls)

(H25.3HP\214\366\225\\.xls) 総 括 の 給 与 定 員 管 理 等 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 年 度 23 20,405 6,70,284 79,68 2,422,689 4.5 5.6 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況

More information

依存症対策に関する厚生労働省の取り組み

依存症対策に関する厚生労働省の取り組み 資 料 4 依 存 症 対 策 に 関 する 厚 生 労 働 省 の 取 り 組 み 自 殺 総 合 対 策 大 綱 自 殺 を 予 防 するための 当 面 の 重 点 施 策 自 殺 の 実 態 を 明 らかにする 実 態 解 明 のための 調 査 の 実 施 情 報 提 供 体 制 の 充 実 自 殺 未 遂 者 遺 族 等 の 実 態 解 明 及 び 支 援 方 策 についての 調 査 の 推

More information

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 街 頭 防 犯 カメラ 整 備 運 用 の 手 引 き( 案 ) 目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 4 3 マッピング 等 4 第 2

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63> 盛 岡 市 立 病 院 医 業 末 収 金 管 理 回 収 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 平 成 21 年 8 月 3 日 盛 岡 市 立 病 院 1. 目 的 医 業 未 収 金 については 全 国 的 に 医 療 機 関 の 運 営 に 支 障 を 及 ぼす 大 きな 問 題 となっ ており 未 収 金 対 策 の 充 実 強 化 は 喫 緊 の 課 題 となっている 盛 岡

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477>

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477> 平 成 28 年 3 月 行 財 政 局 人 事 部 人 事 課 京 都 市 職 員 の 再 就 職 等 に 関 する 規 制 の 概 要... 2 改 正 地 方 公 務 員 法 及 び 京 都 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 概 要... 1 再 就 職 者 による 働 きかけの 規 制... 2 再 就 職 情 報 の 届 出 及 び 罰 則... 3 再 就 職 状

More information

出光CSR2013表紙1015.indd

出光CSR2013表紙1015.indd P 212 D C A P 21 21 年 4 月 の 新 卒 採 用 186 名 キャリア 採 用 の 強 化 21 年 4 月 の 新 卒 採 用 19 名 212 年 度 の キ ャ リ ア 採 用 44 名 新 卒 採 用 において 事 業 のグ ローバル 展 開 を 担 う 人 材 とし て 外 国 籍 人 材 6 名 を 採 用 した 214 年 4 月 の 新 卒 採 用 19 名 キャリア

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information