株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま"

Transcription

1 証 券 会 社 が 破 たんした 場 合 のセーフティネット 投 資 者 の 保 護 について 証 券 会 社 が 破 たんしたら 株 式 や 債 券 はどうなるのですか? 破 たんした 証 券 会 社 の 発 行 した 株 式 や 社 債 に 投 資 した 場 合 で なければ 資 産 は 返 還 されます 2009 年 1 月 5 日 から 上 場 会 社 の 株 券 電 子 化 が スタートしました 株 式 や 債 券 などの 有 価 証 券 に 投 資 すると 口 座 管 理 機 関 ( 証 券 会 社 等 )を 通 じ て 証 券 保 管 振 替 機 構 (ほふり) 等 にて 管 理 されま す 万 一 購 入 窓 口 の 証 券 会 社 が 破 たん( 証 券 会 社 としての 登 録 取 り 消 しや 破 産 の 申 し 立 てなどが 行 われること)したら 投 資 者 の 有 価 証 券 はどうな るのでしょうか この 場 合 投 資 者 はその 証 券 会 社 に 投 資 したわ けではありません(その 証 券 会 社 の 発 行 する 株 式 や 社 債 などを 購 入 した 場 合 は 別 ) そのため 証 券 会 社 の 破 たんは 投 資 者 の 預 託 した 資 産 には 影 響 を 及 ぼしません 株 式 などの 売 買 代 金 を 預 けている 場 合 もあり ますが そのお 金 も 信 託 銀 行 に 信 託 することに なっており 投 資 者 の 資 産 として 安 全 が 図 られて います これも 返 還 を 求 めれば 戻 ってきます また 証 券 会 社 の 破 たん 時 に 投 資 者 の 保 護 の ために 証 券 会 社 から 確 実 に 返 還 を 受 けたり 返 還 がうまくいかなかったときに 補 償 をする 仕 組 み もあります 2009 年 1 月 5 日 から 上 場 会 社 の 株 券 電 子 化 がスタートしました 株 式 や 債 券 な どの 有 価 証 券 に 投 資 すると 口 座 管 理 機 関 ( 証 券 会 社 等 )を 通 じて 証 券 保 管 振 替 機 構 (ほふり) 等 にて 管 理 されます 証 券 会 社 は 投 資 者 の 有 価 証 券 を 分 別 管 理 すること が 義 務 付 けられており 証 券 会 社 自 身 の 資 産 と 明 確 に 分 別 されています そのため 証 券 会 社 が 破 たんしても 投 資 者 の 権 利 には 何 の 影 響 も 及 ぼしません また 株 式 などの 売 買 代 金 などを 預 けて いる 場 合 もありますが そのお 金 も 証 券 会 社 から 信 託 銀 行 に 信 託 することが 義 務 付 けられており 投 資 者 の 資 産 として 安 全 が 図 られています 証 券 会 社 が 破 たんした 場 合 でも 投 資 者 が 請 求 すれば 預 け 金 の 返 還 を 受 けること ができます また 振 替 口 座 簿 への 記 録 は 継 続 されます 証 券 会 社 の 経 営 破 たん 証 券 会 社 としての 登 録 取 消 や 破 産 申 立 て 等 があった 場 合 がこれにあたります 例 えば 放 漫 経 営 などによって 赤 字 が 長 引 き 財 務 内 容 が 悪 化 して 債 務 超 過 に 陥 ったり 自 己 資 本 の 取 り 崩 しが 進 んだ 結 果 破 たんに 至 るといったケー スです 5 6

2 株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 があります そして これら の 損 失 は 一 切 補 償 されません 証 券 会 社 が 投 資 者 から 預 かった 資 産 を 自 社 の 資 産 と 明 確 に 分 別 して 管 理 することにより 証 券 会 社 が 破 たんしても 投 資 者 の 資 産 が 保 護 される 制 度 仕 組 みのことです 株 式 の 発 行 会 社 (ここでは 上 場 企 業 )が り それらの 損 失 は 投 資 者 が 負 うこととな 分 別 管 理 とは 証 券 会 社 が 預 かってい は 証 券 会 社 自 身 が 保 有 する 有 価 証 券 やお 倒 産 した 場 合 株 式 は 整 理 ポストに 移 され るのです る 投 資 者 の 資 産 を 自 社 が 保 有 する 資 産 と 金 とは 分 別 して 管 理 されています 一 定 期 間 後 に 上 場 廃 止 となります 整 理 それだけに 株 式 や 債 券 に 投 資 するとき は 明 確 に 区 別 して 管 理 することにより 証 この 分 別 管 理 がしっかり 守 られてい ポストにある 間 は 株 価 は1 円 や2 円 などの は 発 行 会 社 機 関 の 経 営 内 容 や 財 務 内 容 な 券 会 社 が 破 たんした 場 合 でも 投 資 者 の 資 れば 仮 に 証 券 会 社 が 破 たんしても 投 資 水 準 で 推 移 するのが 一 般 的 で 上 場 廃 止 と どを 十 分 チェックすることが 大 切 で 保 有 産 が 保 護 される 制 度 仕 組 みです 者 の 資 産 は 別 途 確 保 されているため 預 け 同 時 に 市 場 で 売 却 ができなくなります している 間 もこれらに 注 意 を 払 っておく 2009 年 1 月 より 株 券 の 電 子 化 がスタ た 資 産 の 返 還 を 受 けることができます 一 方 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 した 場 合 に 必 要 があります ートしました 投 資 者 の 有 価 証 券 やお 金 分 別 管 理 は 安 心 の 要 なのです は 利 息 の 支 払 いや 元 本 の 償 還 が 遅 れた り 行 われなくなることがあります そして 発 行 会 社 の 倒 産 に 伴 って 生 じた なお 債 券 に 投 資 するときは その 発 行 会 社 の 元 本 利 息 の 支 払 いの 確 実 性 を 示 す 格 付 けを 参 考 にするとよいでしょう(36 分 別 管 理 の 対 象 と 管 理 の 方 法 具 体 例 分 別 管 理 の 方 法 株 式 や 債 券 の 損 失 はどこからも 一 切 補 償 されません いわゆる 自 己 責 任 原 則 によ ページ 参 照 ) 有 価 株 式 債 券 など 証 代 用 有 価 証 券 (11 ページ MEMO 参 照 ) 券 顧 客 有 価 証 券 と 証 券 会 社 自 身 が 保 有 する 固 有 有 価 証 券 等 を 明 確 に 区 分 し かつ 顧 客 有 価 証 券 については どの 顧 客 の 有 価 証 券 であるかが 直 ちに 判 別 できる 状 態 で 管 理 さ れます( 証 券 会 社 の 帳 簿 によって 誰 が 何 を いくら 持 っているかを 管 理 しています) お 金 有 価 証 券 の 買 い 付 けに 伴 い 預 けた 現 金 受 渡 日 を 過 ぎた 売 却 代 金 配 当 金 分 配 金 利 子 償 還 金 等 で 証 券 会 社 に 預 けたまま 受 け 取 っていないものなど 左 記 のお 金 などの 合 計 額 から 買 い 付 けにあ たって 証 券 会 社 が 立 て 替 えた 金 額 などを 控 除 した 額 が 証 券 会 社 が 破 たんした 場 合 に 返 還 すべき 額 ( 顧 客 分 別 金 といいます ) として 信 託 銀 行 へ 信 託 されます 金 融 広 報 中 央 委 員 会 金 融 商 品 の 保 護 より 国 債 や 地 方 債 なら 安 全? 国 債 は 国 が 発 行 する 債 券 のため 安 全 性 は 債 券 の 中 では 高 いといえるでしょう 一 方 地 方 債 は 都 道 府 県 や 市 町 村 な どの 地 方 公 共 団 体 が 発 行 する 債 券 で こちらも 安 全 性 は 高 いといえるでしょう ただし 一 般 の 投 資 者 も 購 入 が 可 能 な 公 募 地 方 債 は 発 行 できる 団 体 が 限 られています( 一 定 の 条 件 を 満 たしていることが 必 要 ) 混 蔵 保 管 ある 投 資 者 の 有 価 証 券 を 他 の 有 価 証 券 と 一 緒 に 保 管 すること ただし 個 々の 投 資 者 の 持 ち 分 は 帳 簿 で 判 別 できる ようになっています 7 8

3 分 別 管 理 投 資 者 保 護 基 金 野 村 證 券 では 関 連 各 法 を 遵 守 し お 客 様 からお 預 りした 金 銭 と 有 価 証 券 を 厳 格 に 分 別 管 理 しています 投 資 者 保 護 基 金 は 証 券 会 社 の 破 たんによって 投 資 者 に 損 失 が 及 ぶとき その 損 失 を 補 償 する 制 度 です お 預 り 金 銭 は 当 社 自 身 の 金 銭 と 分 別 し 顧 客 分 別 金 として 信 託 銀 行 に 信 託 していま す 顧 客 分 別 金 とは 下 記 のようなものです 顧 客 分 別 金 有 価 証 券 区 分 国 内 株 式 国 内 債 券 国 内 投 資 信 託 受 益 証 券 外 国 証 券 分 別 管 理 の 対 象 有 価 証 券 関 連 業 に 係 る 顧 客 との 取 引 に 関 して 顧 客 から 預 託 を 受 けた 金 銭 具 体 的 には 預 け 金 募 集 受 入 金 など 当 社 の 管 理 形 態 法 令 に 基 づき 当 社 資 産 とは 分 別 して 管 理 記 録 等 を 行 います 金 融 商 品 取 引 所 の 振 替 決 済 にかかる 保 護 預 り 証 券 については 決 済 会 社 で 混 蔵 し て 管 理 しております また 振 替 決 済 の 対 象 とならない 保 護 預 り 証 券 については 特 にお 申 し 出 のない 限 り 他 のお 客 様 の 同 銘 柄 の 証 券 と 混 蔵 して 管 理 することが ございます また 国 債 の 振 替 決 済 にかかる 国 債 証 券 については 法 令 に 基 づき 当 社 資 産 とは 分 別 して 管 理 記 録 等 を 行 います 特 にお 申 し 出 のない 限 り 他 のお 客 様 の 同 銘 柄 の 証 券 と 混 蔵 して 管 理 記 録 等 を 行 うことがございます 分 別 管 理 の 方 法 信 託 銀 行 へ 信 託 されます 野 村 證 券 では 毎 日 お 客 様 ごとの 分 別 金 とその 合 計 を 計 算 し 信 託 財 産 の 差 し 替 えを 行 っています お 客 様 よりお 預 りしている 有 価 証 券 は 野 村 の 証 券 取 引 約 款 第 33 条 ( 法 人 のお 客 様 に ついては 第 25 条 )に 基 づく 以 下 の 管 理 形 態 で 分 別 管 理 しております 海 外 の 管 理 機 関 において 混 蔵 して 管 理 しております( 現 地 管 理 機 関 の 国 内 の 諸 法 令 及 び 慣 行 ならびに 現 地 保 管 機 関 の 諸 規 則 等 に 従 って 管 理 しております) 証 券 会 社 が 破 たんしたとき その 証 券 会 社 が 分 別 管 理 を 徹 底 していても 投 資 者 の 資 産 に 経 済 的 不 利 益 が 生 じる 場 合 があり ます その 場 合 に 生 じた 損 失 を 補 償 する のが 投 資 者 保 護 基 金 です 現 在 わが 国 には 日 本 投 資 者 保 護 基 金 があり わが 国 で 証 券 会 社 ( 外 国 証 券 会 社 は その 在 日 拠 点 )は 金 融 商 品 取 引 法 によっ て 投 資 者 保 護 基 金 に 加 入 することが 義 務 付 けられています 投 資 者 保 護 基 金 が 投 資 者 に 補 償 をする のは 分 別 管 理 の 徹 底 が 図 られていなかっ た 場 合 の 顧 客 の 損 失 の 他 (1) 顧 客 分 別 金 信 託 のタイムラグ (2) 事 故 などによっ て 顧 客 資 産 の 完 全 な 返 還 ができないとき (3) 返 還 に 著 しく 時 間 がかかるときなど です 具 体 的 には 以 下 のような 流 れで 補 償 が 破 たんから 顧 客 資 産 返 還 補 償 までの 流 れ 進 められます まず 投 資 者 保 護 基 金 が 破 たん 証 券 会 社 の 顧 客 資 産 を 確 認 します そして 破 たん 証 券 会 社 の 財 産 の 状 況 や 分 別 保 管 の 状 況 に 照 らし 顧 客 資 産 の 円 滑 な 返 還 が 難 しいと 認 定 した 場 合 その 認 定 と 補 償 支 払 いの 請 求 ( 届 出 期 間 届 出 場 所 な ど)に 関 して 公 告 します 破 たん 証 券 会 社 の 顧 客 はそれに 基 づいて 請 求 します 請 求 を 受 けた 投 資 者 保 護 基 金 では 顧 客 資 産 の 内 容 を 精 査 し 補 償 支 払 い 額 を 決 定 して 顧 客 に 支 払 います なお 適 格 機 関 投 資 家 と 国 地 方 公 共 団 体 日 銀 預 金 保 険 機 構 投 資 者 保 護 基 金 保 険 契 約 者 保 護 機 構 などはこの 補 償 の 対 象 外 となっています また 他 人 の 名 義 を もって 顧 客 資 産 を 有 している 一 般 顧 客 も 基 金 による 支 払 の 対 象 から 除 かれる 者 と されています 株 式 ミニ 投 資 に おける 単 元 未 満 株 株 式 累 積 投 資 詳 細 につきましては 野 村 の 証 券 取 引 約 款 をご 参 照 ください なお 混 蔵 して 管 理 する 場 合 もしくは 株 式 累 積 投 資 (またはミニ 投 資 ) 口 名 義 の 口 座 へ の 記 録 により 管 理 する 場 合 であっても お 預 り 有 価 証 券 とその 他 の 有 価 証 券 ( 当 社 で 所 有 する 有 価 証 券 )を 帳 簿 などで 区 分 管 理 し お 客 様 ごとの 持 ち 分 が 直 ちに 判 別 できるよ うにしています 野 村 證 券 株 式 累 積 投 資 ( またはミニ 投 資 ) 口 名 義 の 口 座 への 記 録 により 管 理 して おります 顧 客 資 産 の 分 別 管 理 に 関 する 法 令 遵 守 の 検 証 について 野 村 證 券 では 新 日 本 監 査 法 人 (アーンスト アンド ヤング シンニホン) に 米 国 の 検 証 基 準 に 準 拠 して 顧 客 資 産 の 分 別 管 理 に 関 する 法 令 遵 守 の 検 証 を 依 頼 し 平 成 21 年 6 月 15 日 に 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 に おいて 野 村 證 券 株 式 会 社 は すべての 重 要 な 点 において 顧 客 資 産 の 分 別 管 理 に 関 する 法 令 を 遵 守 していた ものと 認 める 主 旨 の 検 証 報 告 書 を 受 領 しております 9 10

4 証 券 会 社 が 破 たんした 場 合 どんな 資 産 が どれくらい 補 償 されるのですか? 破 たん 証 券 会 社 が 預 かっていた 顧 客 資 産 のうち 円 滑 な 返 還 が 難 しいと 投 資 者 保 護 基 金 が 認 めたものが 補 償 の 対 象 となります 補 償 の 限 度 額 は 1 顧 客 当 たり 1,000 万 円 です 補 償 対 象 債 権 と 保 護 の 範 囲 一 般 的 な 証 券 取 引 が 補 償 の 対 象 になります 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 などの 店 頭 デリバティブ 取 引 外 国 市 場 デリバティブ 取 引 などは 保 護 基 金 の 補 償 対 象 とはなりません 補 償 対 象 債 権 と 保 護 の 範 囲 補 償 の 対 象 となる 有 価 証 券 お 金 ( ) 補 償 対 象 にならないもの 顧 客 資 産 とは 株 式 や 債 券 などの 売 買 や 保 護 預 りなどに 伴 い 一 般 顧 客 が 証 券 会 社 に 預 けた 有 価 証 券 とお 金 のことです こ こでいう 一 般 顧 客 とは 証 券 会 社 の 本 店 そ の 他 の 国 内 の 営 業 所 ( 外 国 証 券 会 社 の 場 合 は 国 内 に 設 けられた 拠 点 )を 相 手 に 有 価 証 券 関 連 業 または 有 価 証 券 関 連 業 に 付 随 する 業 務 に 係 る 取 引 をする 個 人 と 法 人 の ことです この 顧 客 資 産 のうち 円 滑 な 返 還 が 難 し いと 投 資 者 保 護 基 金 が 認 めたものが 補 償 の 対 象 となります これを 補 償 対 象 債 権 といいます ただし 補 償 対 象 債 権 がすべて 返 還 され るわけではありません 補 償 対 象 債 権 か ら(1) 補 償 対 象 債 権 のうち 担 保 権 の 目 的 と して 提 供 しているものと (2) 破 たん 証 券 会 社 に 対 して 顧 客 が 負 っていた 債 務 を 控 除 した 金 額 です しかも 1 顧 客 当 たり1,000 万 円 が 限 度 で 1,000 万 円 を 超 える 場 合 は1,000 万 円 が 支 払 われます また 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 などの 店 頭 デ リバティブ 取 引 や 外 国 市 場 デリバティブ 取 引 に 係 るものなどは 補 償 の 対 象 外 とな ります なお 補 償 対 象 が 有 価 証 券 の 場 合 原 則 として 補 償 を 行 う 旨 の 公 告 がなされた 日 の 最 終 価 格 ( 終 値 )を 基 準 として 評 価 した 額 ( 時 価 )がお 金 で 支 払 われます 保 護 の 限 度 額 振 替 口 座 簿 中 の 顧 客 口 座 への 記 録 により 管 理 される 有 価 証 券 下 記 取 引 にかかる 有 価 証 券 株 式 債 券 等 の 売 買 保 護 預 り 投 資 信 託 の 販 売 など 信 用 取 引 の 委 託 保 証 金 ( 代 用 有 価 証 券 含 む ) 証 券 取 引 所 における 先 物 取 引 オプション 取 引 の 委 託 証 拠 金 ( 代 用 有 価 証 券 含 む ) 保 護 基 金 が 合 計 1,000 万 円 まで 補 償 取 引 所 の 上 場 銘 柄 補 償 を 行 う 旨 の 公 告 日 に 取 引 所 でついた 最 終 価 格 最 終 価 格 がつかなかった 場 合 は 以 下 のどちらかを 保 護 基 金 が 指 定 する 補 償 を 行 う 旨 の 公 告 日 に 証 券 業 協 会 が 発 表 した 気 配 相 場 補 償 を 行 う 旨 の 公 告 日 より 前 に 取 引 所 でついた 最 終 価 格 のうち 直 近 のもの 店 頭 デリバティブ 取 引 外 国 市 場 デ リバティブ 取 引 に 係 るものなど これらの 顧 客 資 産 のうち 円 滑 な 返 還 が 困 難 であると 保 護 基 金 が 認 めるもの= 補 償 対 象 債 権 補 償 支 払 い 額 の 計 算 補 償 対 象 の 有 価 証 券 の 評 価 の 基 準 代 用 有 価 証 券 たとえば 信 用 取 引 の 委 託 保 証 金 などは 本 来 お 金 で 差 し 入 れることになっています しかし 一 定 の 条 件 のもと 有 価 証 券 で 代 用 することが 認 められています その 有 価 証 券 のことを 代 用 有 価 証 券 といいます 代 用 有 価 証 券 も 証 券 会 社 の 分 別 管 理 の 対 象 となっています なお 信 用 取 引 等 について 評 価 損 が 発 生 している 場 合 には 補 償 対 象 債 権 の うち 補 償 される 金 額 が 減 少 しますのでご 注 意 下 さい 店 頭 売 買 銘 柄 補 償 を 行 う 旨 の 公 告 日 に 証 券 業 協 会 が 公 表 した 最 終 価 格 最 終 価 格 がつかなかった 場 合 は 補 償 を 行 う 旨 の 公 告 日 より 前 に 証 券 業 協 会 が 公 表 した 最 終 価 格 の うち 直 近 のもの 金 融 広 報 中 央 委 員 会 金 融 商 品 の 保 護 より 11 12

5 証 券 会 社 が 破 たんした 場 合 投 資 信 託 は どうなるのですか? 投 資 信 託 は 販 売 運 用 その 運 用 資 産 の 管 理 の 各 段 階 で それぞれ の 専 門 機 関 が 受 益 証 券 や 投 資 した 有 価 証 券 などを 自 身 の 財 産 と 区 別 して 管 理 し 投 資 者 資 産 の 安 全 確 保 が 図 られています 投 資 信 託 のしくみ 投 資 家 から 集 めた 資 金 をプロが 運 用 する 金 融 商 品 である 投 資 信 託 は 投 資 者 資 産 の 安 全 確 保 も 合 理 的 に 行 っています 投 資 信 託 は 一 般 に 下 図 のように 運 営 されています 販 売 運 用 運 用 資 産 の 管 理 の 各 業 務 を 専 門 機 関 が 分 担 しており 投 資 者 資 産 の 安 全 が 各 段 階 で 図 られています 投 資 信 託 (ここでは 従 来 の 契 約 型 証 券 投 資 者 資 産 は 信 託 銀 行 に 信 託 されます こ 資 信 託 以 下 同 じ)において 販 売 は 証 券 のため 投 資 信 託 委 託 会 社 の 資 産 と 完 全 に 会 社 ( 取 扱 証 券 会 社 ) 運 用 は 投 資 信 託 委 託 切 り 離 されます 会 社 ( 委 託 者 ) 運 用 資 産 の 管 理 は 信 託 銀 行 そして 信 託 銀 行 では 投 資 信 託 ごとに 信 ( 受 託 者 )といったように 専 門 機 関 が 運 営 託 財 産 として 自 社 の 財 産 とは 別 に 管 理 さ を 分 担 しています れています 投 資 者 の 資 産 は 各 機 関 ごとに 自 身 の 財 このように 投 資 信 託 に 投 資 された 投 資 産 と 区 別 して 管 理 されるため いずれの 機 者 資 産 は 運 営 の 仕 組 みの 各 段 階 で 分 別 管 関 が 破 たんしてもその 安 全 が 確 保 されて 理 されるため 安 全 確 保 が 図 られているの います です たとえば 受 益 証 券 は 有 価 証 券 として 株 ただし 投 資 信 託 の 評 価 損 や 約 償 還 式 や 債 券 などと 同 様 証 券 会 社 の 資 産 とは 損 などは 株 式 や 債 券 同 様 投 資 者 の 自 己 別 に 厳 格 に 分 別 管 理 されます 責 任 とされ 補 償 されません また 投 資 信 託 委 託 会 社 で 運 用 される 投 ETF と 不 動 産 投 資 信 託 ETF( 上 場 投 資 信 託 )についても その 投 資 者 保 護 の 仕 組 みは ほぼ 投 資 信 託 と 同 様 で 指 定 参 加 者 ( 証 券 会 社 ) 運 用 会 社 ( 投 資 信 託 委 託 会 社 ) 信 託 銀 行 がそれぞれ 自 身 の 資 産 と 預 かった 資 産 を 分 別 して 管 理 することで 投 資 者 資 産 の 安 全 を 確 保 しています 不 動 産 投 資 信 託 も 投 資 信 託 と 同 じように 集 められた 資 金 の 運 用 は 外 部 の 運 用 会 社 に 委 託 され 資 金 は 信 託 銀 行 など の 資 産 管 理 会 社 によって 分 別 管 理 される 仕 組 みになっています では 各 専 門 機 関 が 破 たんするとどうな るか 検 討 してみましょう まず 販 売 会 社 ですが 投 資 信 託 の 受 益 証 券 は 分 別 管 理 が 義 務 付 けられています このため 販 売 を 担 当 する 証 券 会 社 などが 破 たんしたときは 通 常 他 の 販 売 会 社 に 移 管 することになります 次 に 投 資 信 託 委 託 会 社 は 投 資 信 託 を 設 定 し 運 用 の 指 図 を 行 うことを 業 務 として います 投 資 者 の 資 産 は 信 託 銀 行 に 信 託 されているため 投 資 信 託 委 託 会 社 の 財 産 とは 完 全 に 区 別 されています そこで 投 資 信 託 委 託 会 社 が 破 たんしたときは 信 託 財 産 を 別 の 投 資 信 託 委 託 会 社 が 引 き 継 ぐ か 繰 り 上 げ 償 還 されることになります ただし 別 の 投 資 信 託 委 託 会 社 が 引 き 継 いだ 場 合 運 用 を 担 当 するファンドマネー ジャーが 代 わる 可 能 性 が 高 いため 運 用 そ のものについては 多 少 なりとも 影 響 を 受 けるでしょう そして 信 託 銀 行 は 投 資 信 託 委 託 会 社 か ら 信 託 された 財 産 を 自 社 の 財 産 と 区 別 して 管 理 することが 義 務 付 けられています こ のため 投 資 者 資 産 は 信 託 銀 行 の 破 たんの 影 響 を 受 けません ただし その 投 資 信 託 の 受 託 銀 行 は 変 更 されることになります なお 投 資 信 託 の 信 託 財 産 に 組 み 入 れら れた 株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 などが 破 たん したときは その 株 式 や 債 券 の 価 値 が 大 幅 に 下 落 するため 基 準 価 格 は 影 響 を 受 ける ことが 予 想 されます 13 14

6 証 券 保 管 振 替 機 構 (ほふり)が 破 たんしたら どうなるのですか? 口 座 管 理 機 関 等 の 入 力 ミスやほふりの システムダウンによって 投 資 者 に 損 害 が 生 じることはないのですか? ほふりは 金 融 庁 等 による 監 督 を 受 けており 何 か 問 題 があれば 行 政 処 分 の 対 象 になります 万 が 一 ほふりが 破 たんしても 振 替 口 座 簿 にある 株 式 等 は 投 資 者 の 財 産 ですので その 株 式 等 を 第 三 者 が 所 有 したり 株 式 等 が 差 し 押 さえられたりすることはありません 振 替 口 座 簿 の 入 力 ミスによって 損 害 が 生 じても 入 力 ミスをした 口 座 管 理 機 関 等 に 損 害 賠 償 の 責 任 があります また ほふりは システムダウンに 対 しても 万 全 の 体 制 を 敷 いています 2009 年 1 月 5 日 上 場 会 社 の 株 券 電 子 化 報 告 を 行 い 検 査 を 受 けなければなりま 投 資 者 の 株 式 の 譲 渡 などに 伴 って 口 座 トを 設 けています これは 万 が 一 口 座 管 がスタートしました 現 在 投 資 者 の 株 式 せん 管 理 機 関 ( 証 券 会 社 等 )が 振 替 口 座 簿 に 記 理 機 関 等 が 入 力 ミスを 行 い 投 資 者 に 損 害 等 は 株 式 等 振 替 制 度 の 下 で 口 座 管 理 機 ほふりの 業 務 の 運 営 や 財 産 の 状 況 に 何 録 を 行 う 場 合 入 力 ミスが 生 じる 可 能 性 は が 発 生 したにもかかわらず 損 害 賠 償 を 行 関 ( 証 券 会 社 等 )を 通 じて 証 券 保 管 振 替 機 か 不 適 切 な 問 題 がみつかれば 業 務 改 善 命 ゼロではありません その 場 合 は 入 力 ミ わずに 破 たんした 場 合 投 資 者 一 人 当 たり 構 (ほふり)が 提 供 する 振 替 口 座 簿 という 令 等 の 行 政 処 分 の 対 象 になります 仮 に スを 行 った 口 座 管 理 機 関 に 投 資 者 の 損 害 1,000 万 円 を 上 限 に 加 入 者 保 護 信 託 が 投 電 子 的 な 記 録 で 管 理 されています 投 資 ほふりが 振 替 業 を 適 正 に 継 続 することが を 賠 償 する 義 務 が 生 じます ほふりのミ 資 者 の 補 償 を 行 う 仕 組 みです 者 が 株 式 等 を 売 買 するときは 振 替 口 座 簿 困 難 となった 場 合 には 主 務 大 臣 はほふり スによって 投 資 者 に 損 害 が 生 じる 場 合 も 一 方 ほふりが 業 務 上 利 用 しているシス において 口 座 間 で 振 り 替 えが 行 われます に 対 して 他 の 株 式 会 社 に 振 替 業 を 移 転 す 同 様 です テムについては システムの 安 定 的 な 運 用 ほふりの 業 務 は 振 替 口 座 簿 の 記 録 管 理 ることを 命 じることもできます ただし 口 座 管 理 機 関 等 の 入 力 ミス 等 に や 高 度 なセキュリティを 確 保 するために など 投 資 者 の 権 利 関 係 に 直 接 影 響 を 及 ぼ このようにほふりは 金 融 庁 等 の 監 督 を よって 投 資 者 に 損 害 が 生 じ さらにその 口 万 全 の 措 置 がとられています 通 常 の 業 すものであるため 社 債 株 式 等 の 振 替 に 受 け 問 題 があれば 是 正 する 仕 組 みが 設 け 座 管 理 機 関 等 が 破 たんしてしまった 場 合 務 処 理 が 行 われているシステムのデータ 関 する 法 律 という 法 律 に 基 づいて 振 替 業 られています さらに 万 が 一 ほふりが 破 は その 口 座 管 理 機 関 等 から 損 害 賠 償 を は ほぼリアルタイムでバックアップされ を 公 正 かつ 的 確 に 遂 行 するための 一 定 の たんするようなことがあっても 振 替 口 座 受 けられない 可 能 性 も 考 えられます 社 ており システムダウンに 対 しても 直 ちに 要 件 を 満 たす 株 式 会 社 として 主 務 大 臣 簿 に 記 録 された 投 資 者 の 株 式 等 はその 投 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 はそうし 対 応 をとることができる 体 制 をとってい ( 内 閣 総 理 大 臣 法 務 大 臣 財 務 大 臣 )の 指 資 者 に 権 利 が 帰 属 しています したがっ た 事 態 も 想 定 して 加 入 者 保 護 信 託 という ます 定 を 受 けています そのため ほふりは 業 て ほふりが 破 たんしても 投 資 者 が 権 利 を 投 資 者 を 保 護 するためのセーフティネッ 務 や 財 産 に 関 して 金 融 庁 等 の 監 督 当 局 に 失 うことはありません 有 価 証 券 のペーパーレス 化 2009 年 1 月 5 日 から 上 場 会 社 の 株 券 が 電 子 化 され 証 券 決 済 の 効 率 性 安 全 性 を 高 める 有 価 証 券 のペーパーレス 化 の 取 り 組 みが 完 了 しました すでに2002 年 に 短 期 社 債 (CP) 2003 年 に 国 債 社 債 等 のペーパーレス 化 が 実 現 し ています ほふりのバックアップ 体 制 ほふりでは バックアップセンターを 設 けてバックアップデータを 管 理 しています 仮 にシステム ダウン 等 が 発 生 しても バックアップデータを 用 いてほふりの 業 務 を 継 続 または 迅 速 に 復 旧 することが 可 能 です 15 16

7 振 替 制 度 と 加 入 者 保 護 信 託 投 資 者 の 口 座 は 口 座 管 理 機 関 ( 証 券 会 社 等 )や 振 替 機 関 (ほふり)の 振 替 口 座 簿 において 顧 客 口 座 として 口 座 管 理 機 関 等 の 自 己 口 座 と 分 けて 管 理 さ れています 銀 行 が 破 たんした 場 合 のセーフティネット 預 金 者 の 保 護 について 株 式 等 振 替 制 度 では 株 式 は 振 替 口 座 簿 振 替 口 座 簿 は 電 子 データですので 振 替 に 電 子 的 に 残 高 が 記 録 されることで 投 資 者 の 権 利 が 生 じます 振 替 口 座 簿 は 振 替 機 関 である 証 券 保 管 振 替 機 構 (ほふり)が 管 理 しています 証 券 会 社 等 は 口 座 管 理 機 関 となることで 振 替 口 座 簿 を 備 えつけ 振 替 業 を 行 うことができるようになります 口 座 管 理 機 関 は 自 己 で 保 有 する 証 券 を 記 録 するための 自 己 口 座 と 分 けたかたち で 自 己 分 以 外 の 証 券 を 記 録 する 顧 客 口 座 を 設 けなければなりません すなわち 証 券 会 社 等 が 保 有 する 自 己 の 株 式 と 投 資 者 の 株 式 とは 分 別 して 管 理 されています したがって 証 券 会 社 等 が 破 綻 しても 分 別 管 理 されていれば 問 題 はありません 機 関 や 口 座 管 理 機 関 の 誤 記 載 等 ( 入 力 ミス 等 )により 投 資 者 に 損 害 が 生 じるかもしれ ません しかし その 場 合 は 誤 記 載 等 に よって 生 じた 損 害 は 誤 記 載 等 を 行 った 振 替 機 関 や 口 座 管 理 機 関 が 損 害 賠 償 の 責 任 を 負 うことになっています しかし 振 替 機 関 や 口 座 管 理 機 関 が 誤 記 載 等 により 投 資 者 に 損 害 を 与 えた 場 合 で 損 害 に 係 る 債 務 を 弁 済 し 終 えないまま 破 産 宣 告 等 を 受 けたときは 投 資 者 の 損 害 は 回 復 できません そこで 株 式 社 債 等 振 替 法 は 加 入 者 保 護 信 託 というセーフティ ネットを 設 けています この 仕 組 みによっ て 誤 記 載 等 を 行 った 振 替 機 関 等 が 破 綻 し ても 投 資 者 は 一 人 当 たり1,000 万 円 を 上 限 として 誤 記 載 等 により 受 けた 損 害 を 補 償 されることになります 加 入 者 保 護 信 託 の 負 担 金 は 振 替 機 関 や 口 座 管 理 機 関 に 支 払 いが 義 務 づけられています 預 金 とは 一 体 なんでしょうか 預 金 者 から 見 れ ば 単 にお 金 を 預 けることかもしれません しか し 銀 行 から 見 た 場 合 預 金 者 からお 金 を 借 りてい ることになります そのため 銀 行 などは 預 金 者 に 対 して いわば 借 り 入 れ 料 として 利 息 を 支 払 う わけです したがって 銀 行 が 破 たんしますと 借 主 が 破 た んしたことになり お 金 は 返 ってきません しかし それでは 銀 行 を 信 頼 し 生 活 資 金 などを 預 けた 預 金 者 は 立 ち 行 かなくなります そこで 銀 行 に 保 険 料 の 支 払 いを 強 制 し 銀 行 の 破 たん 時 には 保 険 金 の 支 払 いという 形 で 預 金 者 を 一 定 範 囲 保 護 することにしました この 仕 組 みが 預 金 保 険 制 度 です 銀 行 等 の 破 たんなどから 預 金 を 保 護 する 方 法 は 2つあります 1つは 預 金 者 に 対 して 保 険 金 が 支 払 われる 方 法 です これを ペイオフ といいます も う1つは 経 営 が 破 たんした 銀 行 などから 預 金 等 を 引 き 継 ぐ 救 済 金 融 機 関 に 対 して 預 金 保 険 機 構 が 資 金 援 助 を 行 い 預 金 等 が 継 続 される 方 法 です この2つの 方 法 のうち 優 先 されるのは 影 響 が 限 定 的 とみられる 後 者 です というのも ペイオフ が 適 用 されると 破 たんした 銀 行 などの 金 融 機 能 ( 例 えば 口 座 振 替 や 公 共 料 金 の 自 動 引 き 落 とし 等 の 決 済 住 宅 ローンの 借 り 入 れなど)は 停 止 清 算 さ れ さまざまな 混 乱 を 伴 うと 予 想 されるからです 17 18

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

丸三の総合取引約款

丸三の総合取引約款 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 ( 平 成 28 年 1 月 改 定 ) ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 取 引 口 座 の 設 定 累 積 投 資 取 引 証 券 総 合 口 座 サービス 自 動 運 用 買 付 換 金 取 引 および 国 内 外 貨 建 債 券 取 引 又 はそれらを 組 合 わせた 取 引 等 ( 以 下 総 合 取 引 といいます

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

 

  第 4 経 理 の 状 況 1. 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 方 法 について 当 社 の 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 平 成 19 年 内 閣 府 令 第 64 号 )に 基 づいて 作 成 しております 2. 監 査 証 明 について 当 社 は 金 融 商

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が 資 本 取 引 2016 年 06 月 30 日 更 新 1. 資 本 取 引 の 外 貨 口 座 の 種 類 国 内 外 貨 口 座 管 理 規 定 (1997 年 10 月 15 日 より 実 施 )により 外 資 企 業 の 中 国 現 地 法 人 の 場 合 外 貨 資 金 は 用 途 に 応 じて 資 本 金 口 座 国 内 外 貨 ローン 専 用 口 座 外 債 専 用 口 座 などで

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称 第 18 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての イ ン タ ー ネ ッ ト 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 株 式 会 社 Eストアー 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 及 び 計 算 書 類 の 個 別

More information

kyoukai.indd

kyoukai.indd 個 人 投 資 家 の 皆 さまへ 主 なポイント 株 式 の 売 買 益 については 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 選 択 口 座 ) の 利 用 で 税 務 署 に 申 告 しなくてもよくなり 預 貯 金 並 みの 手 軽 さで 株 式 投 資 を 行 うことができます 株 式 売 買 益 税 率 ( 平 成 15 年 1 月 1 日 ~ 平 成 19 年 12 月 31 日 ) 年 間

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

日 本 MRF(マネー リザーブ ファンド) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 /MRF 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2011 年 2 月 23 日 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です ご 購 入 に 際 しては 本 書 の

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 程 によりお 渡 しするものです ) 1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (1) 信 用 取 引 とは (2) 信 用 取 引 の 手 数 料 など 諸 費 用 リスク 等 について (3) 信 用 取 引 の 仕 組 みについて (4) 信 用

More information

fukkouqa120606.pdf

fukkouqa120606.pdf 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する Q&A 平 成 24 年 6 月 日 本 証 券 業 協 会 目 次 Ⅰ. 復 興 特 別 所 得 税 について Q1 復 興 特 別 所 得 税 とは どのようなものに 課 税 されるの 3 頁 ですか Ⅱ. 復 興 特 別 所 得 税 額 の 計 算 方 法 について Q2 復 興 特 別 所 得 税 額 は 具 体 的 にどのように 計 算 されま 3

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

190309_東証REIT指数上場投信_20160831_M.xlsx

190309_東証REIT指数上場投信_20160831_M.xlsx 6 枚 組 の1 枚 目 です # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 8/31 基 準 価 額 ( 円 ) 184,839 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 23,212 前 月 比 -3,766 695 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 の 推 移 ファンド 設 定 日 H27.3.24 純 資 産 総 額 ( 億 円 : 右 軸 ) 基 準 価 額 ( 円 : 左 軸

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 28 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 第 7 問 問 2 3 問 21 155( 万 円 ) 第 2 問 問 22 1,082( 万 円 ) 問 3 2 問 23 1 問 4 (ア)2 (イ)4 (ウ)8 第 8 問 問

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51,

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51, 平 成 2 3 年 度 収 支 決 算 書 1. 収 支 計 算 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅰ 事 業 活 動 収 支 の 部 1. 事 業 活 動 収 入 特 定 資 産 運 用 収 入 174,685 120,519 54,166 特 定 資 産 受 取 利 息 収 入 174,685 120,519

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当 平 成 20 年 度 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 報 告 書 金 融 資 産 負 債 台 帳 の 作 成 手 引 き 平 成 20 年 6 月 30 日 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 11 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

公共債のご案内

公共債のご案内 1 頁 / 全 5 頁 ( 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) 公 共 債 のご 案 内 この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 定 ( 契 約 締 結 前 の 書 面 交 付 )によりお 渡 しするものです 公 共 債 とは 国 地 方 公 共 団 体 政 府 関 係 機 関 等 が 発 行 する 債 券 です この 書 面 には 公 共 債 の 売 買 等 のお

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに 生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 損 益 計 算 書 は 事 業 年 度 経 営 成 績 を 表 すもです こ 章 では まず 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 説 明 し さらに 主 な 項 目 について どように 損 益 を 計 算 しているかを 解 説 していきます 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 知 る 生 命 保 険 会 社 損 益

More information

【ご参考資料】

【ご参考資料】 141-0022 東 京 都 品 川 区 東 五 反 田 2-10-2 東 五 反 田 スクエア 5 階 お 客 様 サポートダイヤル:0120-580446 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 387 号 商 品 投 資 顧 問 業 者 農 経 (1) 第 21 号 加 入 協 会 : 一 般 社 団 法 人 投 資 信 託 協 会 / 一 般 社 団 法

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

経営の健全化のための計画フォローアップ

経営の健全化のための計画フォローアップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 ( 億 円 ) 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 ( 図 表 18) 評 価 損 益 総 括 表 ( 平 成 13 年 3 月 末 連 結 ) 有 価 証 券 ( 億 円

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

用 語 解 説 込 額 を 予 め 準 備 する 目 的 で 引 当 計 上 しま 表 示 上 は 資 産 控 除 項 目 として 資 産 部 に 計 上 しま 生 命 保 険 会 社 では 資 産 自 己 査 定 にもと づき 貸 倒 実 績 率 等 合 理 的 な 方 法 により 算 出 し た

用 語 解 説 込 額 を 予 め 準 備 する 目 的 で 引 当 計 上 しま 表 示 上 は 資 産 控 除 項 目 として 資 産 部 に 計 上 しま 生 命 保 険 会 社 では 資 産 自 己 査 定 にもと づき 貸 倒 実 績 率 等 合 理 的 な 方 法 により 算 出 し た 用 語 解 説 貸 借 対 照 表 用 語 資 産 部 1. 現 金 及 び 預 貯 金 生 命 保 険 会 社 は 保 険 料 として 集 めた 資 金 を 有 価 証 券 や 貸 金 などで 運 用 していますが 保 険 金 年 金 給 金 など 支 払 いにあてる 資 金 も 必 要 なため 資 産 一 部 を 現 金 ( 外 国 通 貨 を 含 む 通 貨 当 座 小 切 手 送 金 小 切

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金 31,827,208 支 払 手 形 6,

貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金 31,827,208 支 払 手 形 6, 計 算 書 類 第 13 期 平 成 24 年 1 月 1 日 から 平 成 24 年 12 月 31 日 まで 楽 天 カード 株 式 会 社 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 株 主 資 本 ( 単 位 : 千 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 期 首 残 高 2,049,318

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 株 主 資 本 ( 単 位 : 千 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 期 首 残 高 2,049,318 株 主 各 位 第 79 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 情 報 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 (2015 年 6 月 1 日 から2016 年 5 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 は 法

More information

は 次 の 各 号 に 掲 げる 取 扱 方 法 によりご 利 用 いただけます 1 公 社 債 および 証 券 投 資 信 託 受 益 証 券 の 利 金 分 配 金 ( 以 下 利 金 分 配 金 といいま す )を 中 期 国 債 ファンド 自 動 けいぞく 投 資 約 款 に 定 める 中

は 次 の 各 号 に 掲 げる 取 扱 方 法 によりご 利 用 いただけます 1 公 社 債 および 証 券 投 資 信 託 受 益 証 券 の 利 金 分 配 金 ( 以 下 利 金 分 配 金 といいま す )を 中 期 国 債 ファンド 自 動 けいぞく 投 資 約 款 に 定 める 中 証 券 総 合 口 座 取 引 約 款 むさし 証 券 株 式 会 社 第 1 章 証 券 総 合 口 座 取 引 1. 約 款 の 趣 旨 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 りの 取 引 および 累 積 投 資 取 引 ( 後 記 2(3)の 各 自 動 けいぞ く 投 資 の 総 称 をいいます )のほか 自 動 スイープ 取 引 などを 組 合 せた 取 引 ( 以 下 証 券

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 補 足 分 類 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 対 象 インデックス 追 加 型 国 内 株 式 インデックス 型 その

商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 補 足 分 類 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 対 象 インデックス 追 加 型 国 内 株 式 インデックス 型 その 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.05.14 ニッセイ 日 経 225インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 /インデックス 型 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です ファンドに 関 する 投 資 信 託 説

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

税金読本(8-5)特定口座と確定申告

税金読本(8-5)特定口座と確定申告 と 確 申 告 8-5 複 数 の 証 券 会 社 で 源 泉 徴 収 を 開 設 している 場 合 の 損 益 通 算 の 方 法 における 株 式 債 券 投 資 信 託 と 税 金 源 泉 徴 収 と 確 申 告 源 泉 徴 収 の 場 合 内 の 譲 するか 否 かは 1つの ごとに 選 渡 益 については 確 申 告 は 不 要 です 択 することができます つまり 投 資 家 が 内 の

More information

Microsoft Word sozei-sample1.doc

Microsoft Word sozei-sample1.doc 第 1 章 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 Ⅱ 第 1 節 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 趣 旨 (A) 法 人 が, 他 の 内 国 法 人 から 利 益 の 配 当 等 を 受 けた 場 合 には, 企 業 会 計 上, 営 業 外 収 益 に 計 上 されるため, 収 益 の 額 を 構 成 する しかし, 法 人 税 法 上 は, 別 段 の 定 めにより, 原

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Taro-class2F(A).jtd

Taro-class2F(A).jtd 第 8 章 その 他 の 論 点 1. 銀 行 勘 定 調 整 表 企 業 では 決 算 期 末 に 自 己 の 預 金 残 高 を 銀 行 に 問 い 合 わせて 残 高 証 明 書 を 発 行 してもらいま す そして この 残 高 証 明 書 と 帳 簿 上 の 預 金 残 高 とに 差 異 があれば 銀 行 勘 定 調 整 表 を 作 成 し 必 要 に 応 じて 決 算 整 理 仕 訳 を

More information

Microsoft Word - 200016_円真力_表紙.doc

Microsoft Word - 200016_円真力_表紙.doc 月 次 運 用 レポート 作 成 基 準 日 : 2016 年 3 月 24 日 資 料 作 成 日 : 2016 年 3 月 25 日 明 治 安 田 円 戦 略 債 券 ファンド( 毎 月 分 配 型 ) < 愛 称 > 円 真 力 追 加 型 投 信 / 内 外 / 債 券 投 資 信 託 ご 購 入 時 の 注 意 事 項 ファンドの 取 得 のお 申 込 みを 行 う 場 合 には 投 資

More information

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 :2015 年 11 月 20 日 楽 天 グローバル バランス ( 安 定 型 / 成 長 型 / 積 極 型 ) ほうじょう ( 愛 称 ) 豊 饒 の 木 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 商 品 分 類 および 属 性 区 分 商 品 分 類 投 資 対 象 資 産 単 位 型 追 加 型 投

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

マネタリーベースと日本銀行の取引(2016年9月)

マネタリーベースと日本銀行の取引(2016年9月) 2016 年 10 月 7 日 日 本 銀 行 企 画 局 マネタリーベースと 日 本 銀 行 の 取 引 (2016 年 9 月 ) 1ストック 表 ( 末 残 億 円 ) 16/4 月 5 6 7 8 9 長 期 国 債 (1) 3,118,227 3,194,697 3,235,673 3,320,639 3,395,500 3,408,735 買 入 等 (2) 3,118,227 3,194,697

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp 平 成 21 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 21 年 5 月 15 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w 四 半 期 報 告 書 ( 第 67 期 第 1 四 半 期 ) 自 平 成 20 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 6 月 30 日 丸 八 証 券 株 式 会 社 目 次 表 紙 頁 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 1 2 事 業 の 内 容 2 3 関 係 会 社 の 状 況 2 4 従 業 員 の 状 況 2 第

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d 財 産 形 成 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 基 本 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 13,520,219 融 資 収 益 4,434,360 受 託 収 益 1,234,189 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 13,520,219 融 資 収 益 4,434,360 受 託 収 益 1,234,189 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 163,840,934 流 動 負 債 153,126,123 現 金 及 び 預 金 2,624,413 買 掛 金 76,611,319 割 賦 売 掛 金 140,771,196 短 期 借 入 金 28,000,000 営 業 貸 付 金 36,353

More information

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73>

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 181,154,164 流 動 負 債 158,796,609 現 金 及 び 預 金 1,266,240 買 掛 金 88,750,649 割 賦 売 掛 金 157,726,828 短 期 借 入 金 31,500,000 営 業 貸 付 金 20,381

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

株 式 の 売 却 があった 場 合 の 課 税 関 係 1. 概 要 上 場 株 式 の 売 却 益 は 源 泉 徴 収 を 選 択 した 特 定 口 座 を 利 用 していれば 確 定 申 告 は 不 要 です( 措 置 法 37 条 の 11 の 5) 一 般 の 証 券 会 社 の 保 護

株 式 の 売 却 があった 場 合 の 課 税 関 係 1. 概 要 上 場 株 式 の 売 却 益 は 源 泉 徴 収 を 選 択 した 特 定 口 座 を 利 用 していれば 確 定 申 告 は 不 要 です( 措 置 法 37 条 の 11 の 5) 一 般 の 証 券 会 社 の 保 護 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 株 式 の 売 却 があった 場 合 の 課 税 関 係 配 当 控 除 と 確 定 申 告 上 場 株 式 等 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 制 度 みなし 取 得 費 の 特 例 みなし 譲 渡 損 失 の 特 例 FX の 課 税 関 係 http://www.up-firm.com

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

_表紙.indd

_表紙.indd リスク 管 理 の 体 制 リスク 管 理 体 制 リスク 管 理 基 本 方 針 利 用 者 の 皆 さまに 安 心 してご 利 用 いただくためには より 健 全 性 の 高 い 経 営 を 確 保 し 信 頼 性 を 高 めていくことが 重 要 であると 感 じております このため 有 効 な 内 部 管 理 態 勢 を 構 築 し 直 面 する 様 々なリスクに 適 切 に 対 応 すべく

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ 1 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 注 記 表 個 別 注 記 表 第 146 期 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ホームページ (http://www.nipponseika.co.jp/)に

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

FinTech、仮想通貨などを巡る銀行法等改正法案の概要

FinTech、仮想通貨などを巡る銀行法等改正法案の概要 金 融 システムの 諸 問 題 FinTech 仮 想 通 貨 などを 巡 る 銀 行 法 等 改 正 法 案 の 概 要 2016 年 3 月 25 日 全 6 頁 5%ルール グループ 経 営 管 理 仮 想 通 貨 交 換 業 者 など 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2016 年 3 月 4 日 情 報 通 信 技 術 の 進 展 等 の 環 境 変 化

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 22 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 22 年 5 月 14 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information