H27施行通知

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "H27施行通知"

Transcription

1 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地 方 税 法 施 行 令 等 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 27 年 政 令 第 161 号 ) 及 び 地 方 税 法 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 27 年 総 務 省 令 第 38 号 )は 平 成 27 年 3 月 31 日 にそれぞれ 公 布 され 原 則 として 同 年 4 月 1 日 か ら 施 行 されることとされたので 次 の 事 項 に 留 意 の 上 適 切 に 運 用 されるようお 願 いいたします また 貴 都 道 府 県 内 市 区 町 村 に 対 してもこの 旨 周 知 されるようよろしくお 願 いします なお この 通 知 は 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 245 条 の4( 技 術 的 な 助 言 )に 基 づくものです

2 Ⅰ 総 括 的 事 項 平 成 27 年 度 の 税 制 改 正 においては 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 と 経 済 再 生 地 方 創 生 への 取 組 経 済 再 生 と 財 政 健 全 化 の 両 立 などの 観 点 から 次 の 点 をはじめとする 地 方 税 制 の 改 正 を 行 うこととした (1) 法 人 事 業 税 の 所 得 割 の 税 率 の 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 等 を 行 うこととした (2) 地 方 消 費 税 の 税 率 引 上 げの 施 行 日 の 変 更 及 び 消 費 税 に 係 る 地 方 交 付 税 の 率 の 変 更 等 を 行 うこととした (3) 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 に 係 る 個 人 住 民 税 の 寄 附 金 税 額 控 除 の 拡 充 を 行 うこととした (4) 環 境 への 負 荷 の 少 ない 自 動 車 を 対 象 とした 自 動 車 取 得 税 の 税 率 の 軽 減 等 の 特 例 措 置 に ついて 所 要 の 見 直 しを 行 った 上 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること とするほか 環 境 への 負 荷 の 少 ない 軽 自 動 車 を 対 象 とした 軽 自 動 車 税 の 税 率 を 軽 減 する 特 例 措 置 の 創 設 二 輪 の 軽 自 動 車 等 に 係 る 軽 自 動 車 税 の 税 率 の 引 上 げ 時 期 の1 年 延 期 等 を 行 うこととした (5) 平 成 27 年 度 の 評 価 替 えに 伴 い 現 行 の 土 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 負 担 調 整 措 置 等 を 継 続 することとした (6) 有 害 鳥 獣 捕 獲 従 事 者 の 確 保 を 目 的 として 一 定 の 狩 猟 者 登 録 に 係 る 狩 猟 税 の 軽 減 措 置 を 平 成 30 年 度 まで 実 施 することとした (7) 猶 予 制 度 及 び 個 人 住 民 税 等 における 還 付 加 算 金 の 起 算 日 の 見 直 し 等 の 納 税 環 境 の 整 備 を 行 うこととした Ⅱ 地 方 税 法 の 改 正 に 関 する 事 項 第 1 道 府 県 税 の 改 正 に 関 する 事 項 1 道 府 県 民 税 (1) 所 得 割 の 課 税 標 準 の 算 定 方 法 について 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 ) 第 60 条 の2から 第 60 条 の4までの 規 定 による 計 算 の 例 によらないものとした ( 法 32 2) (2) 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 ( 以 下 地 方 団 体 という )に 対 する 寄 附 金 に 係 る 個 人 の 道 府 県 民 税 の 寄 附 金 税 制 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ア 平 成 28 年 度 以 後 の 各 年 度 分 の 個 人 の 道 府 県 民 税 から 控 除 する 特 例 控 除 額 について 道 府 県 民 税 の 所 得 割 の 額 の100 分 の20に 相 当 する 金 額 を 限 度 とすること ( 法 3 7の22) イ 平 成 27 年 4 月 1 日 以 後 に 支 出 する 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 について 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 当 該 寄 附 金 に 係 る 寄 附 金 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 当 分 の 間 次 に 定 めるところにより 個 人 の 道 府 県 民 税 に 関 する 申 告 書 を 提 出 することなく 寄 附 金 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることができるものとすること ( 法 附 則 71~7 附 則 7-1-

3 の21~3 附 則 7の31) 1 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 を 支 出 する 者 は 当 該 寄 附 金 を 支 出 する 際 当 該 地 方 団 体 の 長 に 対 し 当 該 地 方 団 体 の 長 から 賦 課 期 日 現 在 における 住 所 所 在 地 の 市 町 村 長 に 寄 附 金 税 額 控 除 額 の 控 除 に 関 する 事 項 を 記 載 した 申 告 特 例 通 知 書 の 送 付 を 求 める ことができること 2 1の 求 めを 受 けた 地 方 団 体 は 当 該 寄 附 金 を 支 出 した 者 の 賦 課 期 日 現 在 における 住 所 所 在 地 の 市 町 村 長 に 対 し 申 告 特 例 通 知 書 を 送 付 しなければならないこと 3 2の 申 告 特 例 通 知 書 の 送 付 があった 場 合 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 に 係 る 寄 附 金 税 額 控 除 額 に 加 え 当 該 寄 附 金 を 支 出 した 者 の 所 得 に 応 じて 算 出 した 申 告 特 例 控 除 額 を 個 人 の 道 府 県 民 税 から 税 額 控 除 すること 4 個 人 の 道 府 県 民 税 に 関 する 申 告 書 の 提 出 を 行 った 者 又 は 五 を 超 える 地 方 団 体 の 長 に 対 して1の 求 めを 行 った 者 等 については 適 用 対 象 から 除 かれること (3) 内 部 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 により 所 得 税 に 係 る 更 正 決 定 を 受 けた 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 租 税 条 約 の 相 手 国 との 相 互 協 議 の 申 立 てをした 場 合 には 当 該 申 立 てをした 者 の 申 請 に 基 づき 当 該 更 正 決 定 に 係 る 所 得 税 の 額 の 算 定 の 基 礎 となった 所 得 に 基 づいて 課 された 所 得 割 の 徴 収 を 猶 予 することとし 徴 収 を 猶 予 する 場 合 には 猶 予 する 金 額 に 相 当 する 担 保 を 徴 することとすること また 徴 収 の 猶 予 をした 所 得 割 に 係 る 延 滞 金 のう ち 猶 予 期 間 に 対 応 する 部 分 の 金 額 は 免 除 することとすること なお 国 税 庁 長 官 は 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 相 互 協 議 の 申 立 てをした 場 合 等 には 当 該 所 得 割 の 納 税 義 務 者 の 住 所 所 在 地 の 市 町 村 長 にその 旨 及 び 更 正 決 定 された 所 得 税 の 額 の 算 定 の 基 礎 となった 所 得 を 通 知 することとすることとした ( 法 44の2) (4) 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 を 受 けるべき 国 外 特 定 配 当 等 上 場 株 式 等 の 配 当 等 又 は 償 還 金 に 係 る 差 益 金 額 に 係 る 道 府 県 民 税 の 配 当 割 の 特 別 徴 収 義 務 者 について その 支 払 を 取 り 扱 う 者 がないときはその 支 払 をする 者 とすることとした ( 法 71の311) (5) 個 人 の 道 府 県 民 税 の 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 について その 対 象 となる 家 屋 の 居 住 年 の 期 限 を 平 成 三 十 一 年 まで 延 長 することとした ( 法 附 則 5の4の214 附 則 45 3) (6) 未 成 年 者 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 及 び 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 措 置 につい て 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ア 平 成 28 年 4 月 1 日 から 上 場 株 式 等 を 受 け 入 れる 未 成 年 者 口 座 につき 契 約 不 履 行 等 事 由 が 生 じた 場 合 当 該 契 約 不 履 行 等 事 由 による 当 該 未 成 年 者 口 座 の 廃 止 の 際 当 該 未 成 年 者 口 座 内 の 上 場 株 式 等 の 譲 渡 又 は 配 当 等 の 支 払 があったものとして 配 当 割 及 び 株 式 等 譲 渡 所 得 割 を 課 すること ( 法 附 則 33の2の2 附 則 35の3の4) イ 平 成 29 年 度 以 後 の 各 年 度 分 の 個 人 の 道 府 県 民 税 について 未 成 年 者 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 金 額 とそれ 以 外 の 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 金 額 とを 区 分 して 計 算 すること ( 法 附 則 35の3の31~5 令 附 則 18の6の31~3) (7) 国 債 の 利 子 のうち 国 において 直 接 支 払 われるものに 係 る 道 府 県 民 税 の 利 子 割 の 特 別 徴 収 等 について 所 要 の 措 置 を 講 ずることとした ( 令 7の4の2) (8) 道 府 県 民 税 の 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 非 居 住 者 であった 期 間 を 有 する 場 合 における 外 国 税 額 控 除 の 控 除 限 度 額 の 計 算 方 法 等 について 所 要 の 措 置 を 講 ずることとした ( 令 7-2-

4 の19) (9) 道 府 県 民 税 の 納 税 義 務 者 が 国 外 に 居 住 する 親 族 を 有 する 場 合 の 障 害 者 控 除 配 偶 者 控 除 配 偶 者 特 別 控 除 若 しくは 扶 養 控 除 の 適 用 又 は 非 課 税 限 度 額 制 度 の 適 用 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ア 国 外 に 居 住 する 親 族 に 係 る 障 害 者 控 除 配 偶 者 控 除 配 偶 者 特 別 控 除 又 は 扶 養 控 除 に 関 する 事 項 を 記 載 した 個 人 の 道 府 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 する 者 は 所 得 税 法 施 行 規 則 第 47 条 の2 第 4 項 及 び 第 5 項 に 規 定 する 書 類 を 当 該 申 告 書 に 添 付 し 又 は 市 町 村 長 に 提 示 しなければならないこと ( 則 2の23) イ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 個 人 の 道 府 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 する 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 当 該 申 告 書 に 添 付 し 又 は 市 町 村 長 に 提 示 しなければならないこ と ( 則 2の245) ウ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 確 定 申 告 書 を 提 出 する 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 市 町 村 長 に 提 出 しなければならないこと ( 則 2の323) エ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 給 与 支 払 者 の 扶 養 親 族 申 告 書 又 は 扶 養 親 族 異 動 申 告 書 を 提 出 した 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 市 町 村 長 に 提 出 しなければならないこ と ( 則 2の3の22 則 2の3の3145) オ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 公 的 年 金 等 受 給 者 の 扶 養 親 族 申 告 書 を 提 出 した 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 市 町 村 長 に 提 出 しなければならないこと ( 則 2の3 の52 則 2の3の6134) (10) 法 人 住 民 税 均 等 割 の 税 率 適 用 区 分 の 基 準 である 資 本 金 等 の 額 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ( 法 231ⅣのⅤ 令 6の24 8の5) ア 資 本 金 又 は 資 本 準 備 金 を 欠 損 の 塡 補 又 は 損 失 の 塡 補 に 充 てた 金 額 を 控 除 するととも に 剰 余 金 又 は 利 益 準 備 金 を 資 本 金 とした 金 額 を 加 算 する 措 置 を 講 ずること イ 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 算 額 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 算 額 とする 措 置 を 講 ずること (11) 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 等 に 関 する 国 税 における 諸 制 度 の 取 扱 いを 踏 まえ 所 要 の 措 置 を 講 ずることとした ( 法 53 令 8の15 等 ) (12) 法 人 税 割 の 課 税 標 準 である 法 人 税 額 について 中 小 企 業 者 等 の 地 方 活 力 向 上 地 域 に おいて 特 定 建 物 等 を 取 得 した 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けた 額 とする 措 置 を 講 ずることとした ( 法 附 則 834) 2 事 業 税 (1) 法 人 事 業 税 の 資 本 割 の 課 税 標 準 である 資 本 金 等 の 額 について 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 算 額 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 算 額 とする 措 置 を 講 ずることとした ( 法 72の212) (2) 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 等 に 関 する 国 税 における 諸 制 度 の 取 扱 いを 踏 まえ 所 要 の 措 置 -3-

5 を 講 ずることとした ( 法 72の234) (3) 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 ( 以 下 資 本 金 という )1 億 円 超 の 普 通 法 人 の 事 業 税 の 税 率 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ( 法 72の24の713) ア 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 事 業 年 度 に 係 る 法 人 の 事 業 税 の 標 準 税 率 は 次 のとおりとすること 付 加 価 値 割 資 本 割 所 得 割 所 得 のうち 年 400 万 円 100 分 の3.1 以 下 の 金 額 ( 現 行 100 分 の 3.8) 100 分 の 分 の0.3 所 得 のうち 年 400 万 円 100 分 の4.6 ( 現 行 100 分 の0 ( 現 行 100 分 の を 超 え 年 800 万 円 以 下 ( 現 行 分.48) 0.2) の 金 額 の5.5) 所 得 のうち 年 800 万 円 100 分 の6 を 超 える 金 額 ( 現 行 100 分 の 7.2) イ 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 に 係 る 法 人 の 事 業 税 の 標 準 税 率 は 次 のとおりとすること 付 加 価 値 割 資 本 割 所 得 割 所 得 のうち 年 400 万 円 100 分 の2.5 以 下 の 金 額 所 得 のうち 年 400 万 円 100 分 の 分 の0.4 を 超 え 年 800 万 円 以 下 100 分 の3.7 の 金 額 所 得 のうち 年 800 万 円 100 分 の4.8 を 超 える 金 額 (4) 事 業 を 行 う 個 人 の 内 部 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 について 本 特 例 による 更 正 又 は 決 定 を 受 けた 者 が 租 税 条 約 に 基 づく 申 立 てをした 場 合 には 当 該 申 立 てをした 者 の 申 請 に 基 づき 更 正 又 は 決 定 に 係 る 事 業 税 の 徴 収 を 猶 予 することとし 徴 収 を 猶 予 する 場 合 には 猶 予 する 金 額 に 相 当 する 担 保 を 徴 することとすること また 徴 収 の 猶 予 をした 事 業 税 に 係 る 延 滞 金 のうち 猶 予 期 間 に 対 応 する 部 分 の 金 額 は 免 除 することとすること なお 国 は 当 該 個 人 が 相 互 協 議 の 申 立 てをした 場 合 等 には 当 該 個 人 の 主 たる 事 務 所 又 は 事 業 所 の 所 在 地 の 都 道 府 県 にその 旨 及 び 更 正 決 定 された 所 得 税 額 等 を 通 知 し 通 知 を 受 け た 都 道 府 県 は 関 係 都 道 府 県 に 通 知 することとすることとした ( 法 72の57の2 7 2の57の3 令 35の4の2) (5) 付 加 価 値 割 の 課 税 標 準 である 付 加 価 値 額 から 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 各 事 業 年 度 に 限 り 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 から 基 準 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 を 控 除 した 金 額 ( 以 下 雇 用 者 給 与 等 支 給 増 加 額 という )の 基 準 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 に 対 する 割 合 が 増 加 促 進 割 合 以 上 であり かつ 次 の 要 件 を 満 たす 場 合 に は その 雇 用 者 給 与 等 支 給 増 加 額 に 雇 用 安 定 控 除 との 調 整 等 所 要 の 措 置 を 講 じた 金 額 を 控 除 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 講 ずることとした ( 法 附 則 913~18 令 附 則 6の24-4-

6 5) ア 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 が 比 較 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 以 上 であること イ 平 均 給 与 等 支 給 額 が 比 較 平 均 給 与 等 支 給 額 を 超 えること (6) 電 気 供 給 業 を 行 う 法 人 の 収 入 割 の 課 税 標 準 である 収 入 金 額 を 算 定 する 場 合 において 控 除 される 収 入 金 額 の 範 囲 に 電 気 事 業 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 7 2 号 )の 施 行 の 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 各 事 業 年 度 分 の 事 業 税 に 限 り 一 般 送 配 電 事 業 者 の 収 入 金 額 のうち 特 定 実 用 発 電 用 原 子 炉 設 置 者 に 交 付 する 当 該 特 定 実 用 発 電 用 原 子 炉 設 置 者 が 使 用 済 燃 料 再 処 理 等 既 発 電 費 として 積 み 立 てるべき 金 額 に 相 当 する 収 入 金 額 を 追 加 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 講 ずることとした ( 法 附 則 919 令 附 則 6の26) (7) (3)アに 伴 い 資 本 金 1 億 円 超 の 普 通 法 人 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 事 業 年 度 に 係 る 付 加 価 値 額 が40 億 円 未 満 の 法 人 につい て 当 該 事 業 年 度 に 係 る 事 業 税 額 が 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 の 付 加 価 値 割 資 本 割 及 び 所 得 割 の 税 率 を 当 該 事 業 年 度 のそれぞれの 課 税 標 準 に 乗 じて 計 算 した 金 額 を 超 える 場 合 にあっては 付 加 価 値 額 が30 億 円 以 下 の 法 人 についてはその 超 える 額 に2 分 の1の 割 合 を 乗 じて 得 た 金 額 を 付 加 価 値 額 が30 億 円 超 40 億 円 未 満 の 法 人 についてはその 超 える 額 に 当 該 付 加 価 値 額 に 応 じて2 分 の1から0の 間 の 割 合 を 乗 じて 得 た 金 額 を そ れぞれ 当 該 事 業 年 度 に 係 る 事 業 税 額 から 控 除 する 措 置 を 講 ずることとした ( 改 正 法 附 則 82~5) (8) (3)イに 伴 い 資 本 金 1 億 円 超 の 普 通 法 人 のうち 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 事 業 年 度 に 係 る 付 加 価 値 額 が40 億 円 未 満 の 法 人 につい て 当 該 事 業 年 度 に 係 る 事 業 税 額 が 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 の 付 加 価 値 割 資 本 割 及 び 所 得 割 の 税 率 を 当 該 事 業 年 度 のそれぞれの 課 税 標 準 に 乗 じて 計 算 した 金 額 を 超 える 場 合 にあっては 付 加 価 値 額 が30 億 円 以 下 の 法 人 についてはその 超 える 額 に2 分 の1の 割 合 を 乗 じて 得 た 金 額 を 付 加 価 値 額 が30 億 円 超 40 億 円 未 満 の 法 人 についてはその 超 える 額 に 当 該 付 加 価 値 額 に 応 じて2 分 の1から0の 間 の 割 合 を 乗 じて 得 た 金 額 を そ れぞれ 当 該 事 業 年 度 に 係 る 事 業 税 額 から 控 除 する 措 置 を 講 ずることとした ( 改 正 法 附 則 92~5) 3 地 方 消 費 税 (1) 譲 渡 割 の 納 税 義 務 の 対 象 となる 課 税 資 産 の 譲 渡 等 から 特 定 資 産 の 譲 渡 等 を 除 くととも に 特 定 課 税 仕 入 れを 行 った 事 業 者 に 納 税 義 務 を 課 する 等 所 要 の 措 置 を 講 ずることとし た( 法 72の781 72の792 72の801 72の80の21 72の841 Ⅱ2 72の94 附 則 9の3の21 令 35の7の24) (2) 地 方 消 費 税 の 清 算 について 人 口 で 按 分 する 小 売 年 間 販 売 額 の 総 額 及 びサービス 業 対 個 人 事 業 収 入 額 の 総 額 の 合 算 額 ( 以 下 総 額 の 合 算 額 という )の 割 合 を15 分 の3 ( 現 行 6 分 の1)とし 従 業 者 数 で 按 分 する 総 額 の 合 算 額 の 割 合 を15 分 の2( 現 行 6 分 の1)とすることとした( 令 35の20) (3) サービス 業 対 個 人 事 業 収 入 額 について サービス 業 基 本 調 査 に 基 づき 定 める 額 から 経 済 センサス 活 動 調 査 のサービス 業 に 係 る 部 分 ( サービス 関 連 産 業 B ( 情 報 通 信 -5-

7 業 土 地 売 買 業 土 地 賃 貸 業 貸 家 業 貸 間 業 旅 行 業 及 び 競 輪 競 馬 等 の 競 走 場 競 技 団 を 除 く ) 及 び 医 療 福 祉 ( 社 会 保 険 事 業 団 体 を 除 く ))に 基 づき 定 める 額 に 変 更 することとした( 則 7の2の10) 4 不 動 産 取 得 税 (1) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 同 法 に 規 定 する 事 業 所 内 保 育 事 業 ( 利 用 定 員 が6 人 以 上 )の 用 に 供 する 不 動 産 について 非 課 税 とする 特 例 措 置 を 講 ずる こととした( 法 73の41) (2) 国 立 研 究 開 発 法 人 医 薬 基 盤 健 康 栄 養 研 究 所 が 一 定 の 業 務 の 用 に 供 する 不 動 産 につ いて 非 課 税 とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 73の41 令 37の9の12) (3) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 直 接 同 法 に 規 定 する 家 庭 的 保 育 事 業 の 用 に 供 する 家 屋 ( 当 該 事 業 の 用 以 外 の 用 に 供 されていないものに 限 る )について 当 該 家 屋 の 価 格 の2 分 の1に 相 当 する 額 を 価 格 から 控 除 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 講 ず ることとした( 法 73の1411) (4) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 直 接 同 法 に 規 定 する 居 宅 訪 問 型 保 育 事 業 の 用 に 供 する 家 屋 ( 当 該 事 業 の 用 以 外 の 用 に 供 されていないものに 限 る )につい て 当 該 家 屋 の 価 格 の2 分 の1に 相 当 する 額 を 価 格 から 控 除 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 73の1412) (5) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 直 接 同 法 に 規 定 する 事 業 所 内 保 育 事 業 ( 利 用 定 員 が5 人 以 下 )の 用 に 供 する 家 屋 ( 当 該 事 業 の 用 以 外 の 用 に 供 されていない ものに 限 る )について 当 該 家 屋 の 価 格 の2 分 の1に 相 当 する 額 を 価 格 から 控 除 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 73の1413) (6) 社 会 福 祉 法 人 等 が 直 接 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 に 規 定 する 認 定 生 活 困 窮 者 就 労 訓 練 事 業 ( 社 会 福 祉 事 業 として 行 われるものに 限 る )の 用 に 供 する 不 動 産 について 当 該 不 動 産 の 価 格 の2 分 の1に 相 当 する 額 を 価 格 から 控 除 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 講 ずること とした( 法 73の1414 令 39の2の3) (7) 宅 地 建 物 取 引 業 者 が 改 修 工 事 対 象 住 宅 の 取 得 後 2 年 以 内 に 一 定 の 改 修 工 事 を 行 っ た 後 当 該 住 宅 を 個 人 に 対 し 譲 渡 し 当 該 個 人 がその 者 の 居 住 の 用 に 供 した 場 合 につい て 当 該 宅 地 建 物 取 引 業 者 による 取 得 が 平 成 29 年 3 月 31 日 までに 行 われた 場 合 に 限 り 一 定 の 税 額 を 減 額 する 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 11の44 令 附 則 9 の3) (8) 国 立 研 究 開 発 法 人 森 林 総 合 研 究 所 が 一 定 の 業 務 の 用 に 供 する 不 動 産 に 係 る 非 課 税 措 置 について その 対 象 に 森 林 保 険 業 務 の 用 に 供 する 不 動 産 を 追 加 することとした( 法 73 の41 令 37の9の10) (9) 信 託 会 社 等 が 投 資 信 託 の 引 受 けにより 取 得 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 対 象 となる 不 動 産 に 倉 庫 ( 床 面 積 が3,000 平 方 メートル 以 上 で 流 通 加 工 の 用 に 供 する 空 間 を 有 するものに 限 る )を 追 加 した 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 114 則 附 則 3の2の8Ⅷ) (10) 一 定 の 投 資 法 人 が 取 得 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 対 象 と なる 不 動 産 に 倉 庫 ( 床 面 積 が3,000 平 方 メートル 以 上 で 流 通 加 工 の 用 に 供 する 空 -6-

8 間 を 有 するものに 限 る )を 追 加 した 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 115 則 附 則 3の2の8Ⅷ) (11) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 に 規 定 する 認 定 事 業 者 が 認 定 計 画 に 基 づき 取 得 する 認 定 事 業 の 用 に 供 する 不 動 産 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 価 格 から 控 除 する 額 を 当 該 不 動 産 の 価 格 の5 分 の1を 参 酌 して10 分 の1 以 上 10 分 の3 以 下 の 範 囲 内 において 道 府 県 の 条 例 で 定 める 割 合 に 相 当 する 額 とした 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした ただし 当 該 取 得 が 特 定 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 において 行 われた 場 合 にあっては 価 格 から 控 除 する 額 を 当 該 不 動 産 の 価 格 の2 分 の1を 参 酌 して5 分 の2 以 上 5 分 の3 以 下 の 範 囲 内 において 道 府 県 の 条 例 で 定 める 割 合 に 相 当 する 額 とすること とした( 法 附 則 117) (12) 次 のとおり 非 課 税 措 置 等 の 適 用 期 限 を 延 長 することとした ア 預 金 保 険 法 に 規 定 する 協 定 銀 行 が 協 定 の 定 めにより 内 閣 総 理 大 臣 のあっせんを 受 け て 行 う 破 綻 金 融 機 関 等 の 事 業 の 譲 受 け 又 は 預 金 保 険 機 構 の 委 託 を 受 けて 行 う 資 産 の 買 取 りにより 取 得 する 不 動 産 に 係 る 非 課 税 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 101) イ 保 険 業 法 に 規 定 する 協 定 銀 行 が 協 定 の 定 めにより 保 険 契 約 者 保 護 機 構 の 委 託 を 受 け て 行 う 破 綻 保 険 会 社 等 の 資 産 の 買 取 りにより 取 得 する 不 動 産 に 係 る 非 課 税 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 103) ウ 農 業 経 営 基 盤 強 化 促 進 法 に 規 定 する 農 用 地 利 用 集 積 計 画 に 基 づき 取 得 する 農 用 地 区 域 内 にある 土 地 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 111) エ 一 定 の 特 定 目 的 会 社 が 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づき 取 得 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 113) オ 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 国 又 は 地 方 公 共 団 体 が 法 律 の 規 定 によりその 事 業 等 として 実 施 するものであ る 一 定 の 選 定 事 業 により 取 得 する 公 共 施 設 等 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 32 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 116) カ 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 政 府 の 補 助 を 受 けて 取 得 する 国 立 大 学 の 校 舎 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 32 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 118) キ 公 益 社 団 法 人 又 は 公 益 財 団 法 人 が 取 得 する 文 化 財 保 護 法 に 規 定 する 重 要 無 形 文 化 財 の 公 演 のための 施 設 の 用 に 供 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1111) ク 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 関 する 法 律 に 規 定 するサービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 であ る 一 定 の 新 築 貸 家 住 宅 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1113) ケ 住 宅 及 び 土 地 の 取 得 に 係 る 標 準 税 率 ( 本 則 4%)を3%とする 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 11の2) コ 心 身 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 事 業 所 の 事 業 主 が 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 に -7-

9 規 定 する 助 成 金 等 の 支 給 を 受 けて 取 得 する 一 定 の 事 業 の 用 に 供 する 施 設 に 係 る 税 額 の 減 額 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 11の41) サ 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 関 する 法 律 に 規 定 するサービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 であ る 一 定 の 新 築 貸 家 住 宅 の 用 に 供 する 土 地 の 取 得 に 係 る 税 額 の 減 額 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 11の43) シ 宅 地 評 価 土 地 の 取 得 に 係 る 課 税 標 準 を 価 格 の2 分 の1とする 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 11の5) ス 土 地 改 良 法 の 規 定 に 基 づき 土 地 を 取 得 することが 適 当 と 認 める 者 が 東 日 本 大 震 災 の 津 波 被 災 区 域 を 含 む 換 地 計 画 に 基 づき 取 得 する 一 定 の 換 地 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 51の23) (12) 次 のとおり 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 改 めることとした ア 耐 震 基 準 適 合 既 存 住 宅 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 となる 既 存 住 宅 に 係 る 耐 震 基 準 適 合 要 件 のうち 築 年 数 に 係 る 要 件 を 削 除 すること( 令 37 条 の18 3) イ 農 業 協 同 組 合 等 が 農 業 近 代 化 資 金 等 の 貸 付 けを 受 けて 取 得 する 農 林 漁 業 経 営 の 近 代 化 又 は 合 理 化 のための 共 同 利 用 施 設 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 価 格 から 控 除 する 額 の 上 限 を 価 格 の2 分 の1に 相 当 する 額 とし その 対 象 から 沖 縄 振 興 開 発 金 融 公 庫 から 一 定 の 資 金 の 貸 付 けを 受 けて 取 得 する 施 設 を 除 外 した 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1112 令 附 則 716) ウ 不 動 産 特 定 共 同 事 業 法 に 規 定 する 特 例 事 業 者 が 一 定 の 不 動 産 特 定 共 同 事 業 契 約 によ り 取 得 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 不 動 産 の 用 途 認 定 に 関 する 規 定 の 整 備 を 行 った 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1114 令 附 則 7 21 則 附 則 3の2の172) 5 道 府 県 たばこ 税 (1) 紙 巻 たばこ 三 級 品 に 係 る 道 府 県 たばこ 税 の 税 率 の 特 例 を 廃 止 した 上 次 に 掲 げる 期 間 における 紙 巻 たばこ 三 級 品 に 係 る 道 府 県 たばこ 税 の 税 率 はそれぞれ 次 に 定 める 税 率 とす ることとした( 法 附 則 12の2 改 正 法 附 則 12 改 正 則 附 則 5) ア 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 1,000 本 につき481 円 イ 平 成 29 年 4 月 1 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 1,000 本 につき551 円 ウ 平 成 30 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 1,000 本 につき656 円 (2) 税 率 の 引 上 げ 日 前 に 売 渡 し 等 が 行 われた 紙 巻 たばこ 三 級 品 を 同 日 に 販 売 のため 所 持 す る 一 定 の 卸 売 販 売 業 者 等 及 び 小 売 販 売 業 者 に 対 して 手 持 品 課 税 を 行 うこととした( 改 正 法 附 則 12 改 正 令 附 則 4 改 正 則 附 則 5) 6 自 動 車 取 得 税 (1) 排 出 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 の 優 れた 環 境 負 荷 の 小 さい 自 動 車 で 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 に 係 る 非 課 税 措 置 について 次 のとおり 対 象 を 見 直 した 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 12の2の22 則 附 則 4 の4) -8-

10 ア 電 気 自 動 車 イ 天 然 ガス 自 動 車 のうち 平 成 21 年 10 月 1 日 ( 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 え12 t 以 下 のものは 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められ た 排 出 ガス 保 安 基 準 に 適 合 し かつ 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 当 該 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の10 分 の9を 超 えないもの ウ プラグインハイブリッド 自 動 車 エ 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 1 乗 用 車 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 10 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 排 出 ガス 保 安 基 準 ( 以 下 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 という )に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 に 規 定 するエネルギー 消 費 効 率 ( 以 下 エネルギー 消 費 効 率 という )が 同 法 の 規 定 により 定 められる 製 造 事 業 者 等 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 定 めるエネルギー 消 費 効 率 ( 以 下 基 準 エネルギー 消 費 効 率 という )であって 平 成 32 年 度 以 降 の 各 年 度 にお いて 適 用 されるべきものとして 定 められたもの( 以 下 平 成 32 年 度 基 準 エネル ギー 消 費 効 率 という )に100 分 の120を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 する もの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 基 準 エネルギー 消 費 効 率 であって 平 成 27 年 度 以 降 の 各 年 度 において 適 用 されるべきものとして 定 められたもの( 以 下 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 という )に100 分 の125を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 で あること 3 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること オ 次 に 掲 げる 軽 油 自 動 車 1 乗 用 車 のうち 平 成 21 年 10 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められ た 排 出 ガス 保 安 基 準 ( 以 下 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 という )に 適 合 する もの 2 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの -9-

11 (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 10 月 1 日 ( 車 両 総 重 量 が12t 以 下 のものは 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 排 出 ガス 保 安 基 準 ( 以 下 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 という )に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (2) 排 出 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 の 優 れた 環 境 負 荷 の 小 さい 自 動 車 で 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 に 係 る 税 率 を 本 特 例 措 置 の 適 用 がないものとした 場 合 の 税 率 に100 分 の20を 乗 じて 得 た 率 とする 特 例 措 置 について 次 のとおり 軽 減 対 象 を 見 直 した 上 そ の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 12の2の32 則 附 則 4の51~8) ア 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 1 乗 用 車 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 32 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 する もの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 120を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること -10-

12 4 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の2 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること イ 次 に 掲 げる 軽 油 自 動 車 1 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 4 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (3) 排 出 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 の 優 れた 環 境 負 荷 の 小 さい 自 動 車 で 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 に 係 る 税 率 を 本 特 例 措 置 の 適 用 がないものとした 場 合 の 税 率 に100 分 の40を 乗 じて 得 た 率 とする 特 例 措 置 について 次 のとおり 軽 減 対 象 を 見 直 した 上 そ の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 12の2の33 則 附 則 4の59~16) ア 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 1 乗 用 車 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること -11-

13 (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 32 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 する もの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 4 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の2 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること イ 次 に 掲 げる 軽 油 自 動 車 1 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 適 合 すること -12-

14 (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 4 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (4) 排 出 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 の 優 れた 環 境 負 荷 の 小 さい 自 動 車 で 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 について 当 該 取 得 が 平 成 29 年 3 月 31 日 までに 行 われたときに 限 り 当 該 取 得 に 係 る 税 率 を 本 特 例 措 置 の 適 用 がないものとした 場 合 の 税 率 に100 分 の60 を 乗 じて 得 た 率 とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 12の2の34 則 附 則 4 の517~23) ア 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 1 乗 用 車 又 は 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のバス 若 しくはトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の2 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること イ 次 に 掲 げる 軽 油 自 動 車 1 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 -13-

15 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 以 上 であること 4 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (5) 排 出 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 の 優 れた 環 境 負 荷 の 小 さいガソリン 自 動 車 ( 乗 用 車 又 は 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のバス 若 しくはトラックであって 次 のいずれにも 該 当 するも のに 限 る )で 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 について 当 該 取 得 が 平 成 29 年 3 月 31 日 までに 行 われたときに 限 り 当 該 取 得 に 係 る 税 率 を 本 特 例 措 置 の 適 用 がない ものとした 場 合 の 税 率 に100 分 の80を 乗 じて 得 た 率 とする 特 例 措 置 を 講 ずることと した( 法 附 則 12の2の35 則 附 則 4の524) ア 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること イ 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の 4 分 の1を 超 えないこと ウ エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (6) 排 出 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 の 優 れた 環 境 負 荷 の 小 さい 自 動 車 (6(6)において 環 境 対 応 車 という )で 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるもの 以 外 の 環 境 対 応 車 の 取 得 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 次 のとおり 控 除 額 及 び 軽 減 対 象 を 見 直 した 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 12の2の51~5 則 附 則 4の6) ア 次 に 掲 げる 自 動 車 について 取 得 価 額 から45 万 円 を 控 除 すること 1 電 気 自 動 車 2 6(1)イの 天 然 ガス 自 動 車 3 プラグインハイブリッド 自 動 車 4 6(1)エのガソリン 自 動 車 5 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 ( 平 成 32 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 及 び 平 成

16 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 を 算 定 する 方 法 によりエネルギー 消 費 効 率 を 算 定 して いない 自 動 車 であって 基 準 エネルギー 消 費 効 率 であって 平 成 22 年 度 以 降 の 各 年 度 に 適 用 されるべきものとして 定 められたもの( 以 下 平 成 22 年 度 基 準 エネルギ ー 消 費 効 率 という )を 算 定 する 方 法 によりエネルギー 消 費 効 率 を 算 定 している もの( 以 下 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 算 定 自 動 車 という )に 限 る ) (イ) 乗 用 車 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (a) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (b) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (c) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 180を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (ロ) 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (a) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (b) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (c) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 157を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 6 6(1)オ1の 軽 油 自 動 車 7 6(1)オ3の 軽 油 自 動 車 (ハイブリッド 自 動 車 に 限 る ) イ 次 に 掲 げる 自 動 車 について 取 得 価 額 から35 万 円 を 控 除 すること 1 6(2)アのガソリン 自 動 車 2 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 ( 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 算 定 自 動 車 に 限 る ) (イ) 乗 用 車 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (a) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (b) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (c) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 165を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (ロ) 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (a) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (b) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (c) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 150を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 6(2)イ3 又 は4の 軽 油 自 動 車 (ハイブリッド 自 動 車 に 限 る ) ウ 次 に 掲 げる 自 動 車 について 取 得 価 額 から25 万 円 を 控 除 すること 1 6(3)アのガソリン 自 動 車 2 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 ( 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 算 定 自 動 車 に -15-

17 限 る ) (イ) 乗 用 車 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (a) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (b) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (c) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 150を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (ロ) 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (a) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (b) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (c) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 144を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 6(3)イ3 又 は4の 軽 油 自 動 車 (ハイブリッド 自 動 車 に 限 る ) エ 次 に 掲 げる 自 動 車 について 取 得 価 額 から15 万 円 を 控 除 すること 1 6(4)アのガソリン 自 動 車 2 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 ( 乗 用 車 又 は 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のトラックで あって 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 算 定 自 動 車 に 限 る )のうち 次 の いずれにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 138を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 6(4)イ3 又 は4の 軽 油 自 動 車 (ハイブリッド 自 動 車 に 限 る ) オ 次 に 掲 げる 自 動 車 について 取 得 価 額 から5 万 円 を 控 除 すること 1 6(5)アのガソリン 自 動 車 2 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 ( 乗 用 車 又 は 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のトラックで あって 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 算 定 自 動 車 であるものに 限 る )の うち 次 のいずれにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 132を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (7) 一 般 乗 合 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 を 経 営 する 者 が 路 線 定 期 運 行 の 用 に 供 する 自 動 車 ( 以 下 路 線 バス 等 という )のうち 一 定 のノンステップバスで 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 け るものの 取 得 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 す ることとした( 法 附 則 12の2の56 則 附 則 4の6の212) (8) 路 線 バス 等 のうち 一 定 のリフト 付 きバスで 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 に -16-

18 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした ( 法 附 則 12の2の57 則 附 則 4の6の234) (9) 一 般 乗 用 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 を 経 営 する 者 がその 事 業 の 用 に 供 する 乗 用 車 のうち 一 定 のユニバーサルデザインタクシーで 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 1 2の2の58 則 附 則 4の6の256) (10) 次 に 掲 げる 自 動 車 のうち 車 両 安 定 性 制 御 装 置 及 び 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 を 備 え るもので 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 について 当 該 取 得 が 平 成 29 年 3 月 3 1 日 (エに 掲 げるトラックにあっては 平 成 28 年 10 月 31 日 )までに 行 われたとき に 限 り 取 得 価 額 から525 万 円 を 控 除 する 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 12 の2の59 則 附 則 4の6の27~12) ア 車 両 総 重 量 が5tを 超 え12t 以 下 の 乗 用 車 又 はバス( 以 下 バス 等 という ) であって 平 成 28 年 2 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 上 又 は 公 害 防 止 その 他 の 環 境 保 全 上 の 技 術 基 準 ( 以 下 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 という ) 及 び 平 成 25 年 1 月 27 日 以 降 に 適 用 され るべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 上 又 は 公 害 防 止 そ の 他 の 環 境 保 全 上 の 技 術 基 準 ( 以 下 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 と いう )のいずれにも 適 合 するもの イ 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 え8t 以 下 のトラック(けん 引 自 動 車 及 び 被 けん 引 自 動 車 を 除 く 以 下 同 じ )であって 平 成 28 年 2 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものと して 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 及 び 平 成 26 年 2 月 13 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のい ずれにも 適 合 するもの ウ 車 両 総 重 量 が8tを 超 え20t 以 下 のトラックであって 平 成 28 年 2 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 及 び 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のいずれにも 適 合 するもの エ 車 両 総 重 量 が20tを 超 え22t 以 下 のトラックであって 平 成 27 年 9 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 及 び 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のいずれにも 適 合 するもの (11) (10)エに 掲 げる 自 動 車 のうち 車 両 安 定 性 制 御 装 置 及 び 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 を 備 えるもので 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 について 当 該 取 得 が 平 成 28 年 1 1 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までに 行 われたときに 限 り 取 得 価 額 から350 万 円 を 控 除 する 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 12の2の510 則 附 則 4の6の2 13) (12) 次 に 掲 げる 自 動 車 のうち 車 両 安 定 性 制 御 装 置 又 は 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 のいず れかを 備 えるもので 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 について 当 該 取 得 が 平 成 2 9 年 3 月 31 日 (オに 掲 げるトラックにあっては 平 成 28 年 10 月 31 日 )までに 行 われたときに 限 り 取 得 価 額 から350 万 円 を 控 除 する 特 例 措 置 を 講 ずることとした( -17-

19 法 附 則 12の2の511 則 附 則 4の6の214) ア 車 両 総 重 量 が5t 以 下 のバス 等 であって 平 成 26 年 2 月 13 日 以 降 に 適 用 される べきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 に 適 合 するもの イ 車 両 総 重 量 が5tを 超 え12t 以 下 のバス 等 であって 平 成 28 年 2 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 又 は 平 成 2 5 年 1 月 27 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のいずれかに 適 合 するもの ウ 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 え8t 以 下 のトラックであって 平 成 28 年 2 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 又 は 平 成 26 年 2 月 13 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のいずれかに 適 合 するもの エ 車 両 総 重 量 が8tを 超 え20t 以 下 のトラックであって 平 成 28 年 2 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 又 は 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のいずれかに 適 合 するもの オ 車 両 総 重 量 が20tを 超 え22t 以 下 のトラックであって 平 成 27 年 9 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 又 は 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のいずれかに 適 合 するもの 7 軽 油 引 取 税 (1) 軽 油 引 取 税 の 課 税 免 除 の 特 例 措 置 については 次 に 掲 げる 軽 油 の 引 取 りに 係 るものを 除 き その 適 用 期 限 を 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 12の2 の71 令 附 則 10の2の212 旧 令 附 則 10の2の21 6 則 附 則 4の71 旧 則 附 則 4の71) ア 海 上 保 安 庁 が 航 路 標 識 法 の 規 定 により 設 置 し 及 び 管 理 する 航 路 標 識 の 電 源 の 用 途 に 供 する 軽 油 の 引 取 り イ 警 察 の 用 に 供 する 電 気 通 信 設 備 を 設 置 し 及 び 管 理 する 者 が 当 該 設 備 の 電 源 の 用 途 に 供 する 軽 油 の 引 取 り ウ 消 防 庁 及 び 地 方 公 共 団 体 が 消 防 事 務 の 用 に 供 する 電 気 通 信 設 備 の 電 源 の 用 途 に 供 す る 軽 油 の 引 取 り エ 陶 磁 器 製 造 業 を 営 む 者 が 陶 磁 器 の 製 造 工 程 における 焼 成 及 び 乾 燥 の 用 途 に 供 する 軽 油 の 引 取 り (2) 船 舶 の 動 力 源 に 供 する 免 税 軽 油 の 引 取 りを 行 った 自 衛 隊 の 船 舶 の 使 用 者 が 物 品 又 は 役 務 の 相 互 提 供 に 関 する 条 約 その 他 の 国 際 約 束 で 一 定 のものに 基 づき 平 成 三 十 年 三 月 三 十 一 日 までに 当 該 引 取 りに 係 る 軽 油 を 当 該 締 約 国 の 軍 隊 の 船 舶 の 動 力 源 に 供 するため 譲 渡 する 場 合 においては 軽 油 引 取 税 を 課 さないものとすることとした( 法 附 則 12の 2の756 令 附 則 10の2の211 則 附 則 4の712) (3) 軽 油 引 取 税 の 課 税 免 除 の 特 例 措 置 に 係 る 軽 油 の 引 取 りを 行 おうとする 者 であることを -18-

20 証 する 書 面 の 有 効 期 間 は 道 府 県 知 事 が 定 める 期 間 を 経 過 する 日 が 平 成 30 年 3 月 31 日 以 後 に 到 来 する 場 合 には 同 日 とすることとした( 令 附 則 10の2の28) 8 狩 猟 税 (1) 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 に 規 定 する 対 象 鳥 獣 捕 獲 員 に 係 る 狩 猟 者 の 登 録 が 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 までの 間 に 行 われた 場 合 においては 当 該 対 象 鳥 獣 捕 獲 員 に 対 しては 狩 猟 税 を 課 さな いものとする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 321) (2) 鳥 獣 の 保 護 及 び 管 理 並 びに 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 に 規 定 する 認 定 鳥 獣 捕 獲 等 事 業 者 の 従 事 者 に 係 る 狩 猟 者 の 登 録 が 平 成 27 年 5 月 29 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 ま での 間 に 行 われた 場 合 においては 当 該 従 事 者 に 対 しては 狩 猟 税 を 課 さないものとす る 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 322) (3) 狩 猟 者 登 録 の 申 請 書 を 提 出 する 日 前 1 年 以 内 の 期 間 に 鳥 獣 の 保 護 及 び 管 理 並 びに 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 の 許 可 を 受 け 当 該 許 可 に 係 る 鳥 獣 の 捕 獲 等 を 行 った 者 が 受 け る 狩 猟 者 の 登 録 が 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 までの 間 に 行 われた 場 合 においては 当 該 狩 猟 者 に 係 る 狩 猟 税 の 税 率 を2 分 の1とする 特 例 措 置 を 講 ずるこ ととした( 法 附 則 32の21) (4) 狩 猟 者 登 録 の 申 請 書 を 提 出 する 日 前 1 年 以 内 の 期 間 に 鳥 獣 の 保 護 及 び 管 理 並 びに 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 に 規 定 する 従 事 者 ( 認 定 鳥 獣 捕 獲 等 事 業 者 に 係 るものを 除 く )として 従 事 者 証 の 交 付 を 受 けて 当 該 従 事 者 証 に 係 る 鳥 獣 の 捕 獲 等 を 行 った 者 が 受 ける 狩 猟 者 の 登 録 が 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 までの 間 に 行 わ れた 場 合 においては 当 該 狩 猟 者 に 係 る 狩 猟 税 の 税 率 を2 分 の1とする 特 例 措 置 を 講 ず ることとした( 法 附 則 32の22) 第 2 市 町 村 税 の 改 正 に 関 する 事 項 1 市 町 村 民 税 (1) 所 得 割 の 課 税 標 準 の 算 定 方 法 について 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 ) 第 60 条 の2から 第 60 条 の4までの 規 定 による 計 算 の 例 によらないものとした ( 法 313 条 2) (2) 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 ( 以 下 地 方 団 体 という )に 対 する 寄 附 金 に 係 る 個 人 の 市 町 村 民 税 の 寄 附 金 税 制 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ア 平 成 28 年 度 以 後 の 各 年 度 分 の 個 人 の 市 町 村 民 税 から 控 除 する 特 例 控 除 額 について 市 町 村 民 税 の 所 得 割 の 額 の100 分 の20に 相 当 する 金 額 を 限 度 とすること ( 法 3 14の72) イ 平 成 27 年 4 月 1 日 以 後 に 支 出 する 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 について 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 当 該 寄 附 金 に 係 る 寄 附 金 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 当 分 の 間 次 に 定 めるところにより 個 人 の 市 町 村 民 税 に 関 する 申 告 書 を 提 出 することなく 寄 附 金 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることができるものとすること ( 法 附 則 78~14 附 則 7 の24~6 附 則 7の32) -19-

21 1 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 を 支 出 する 者 は 当 該 寄 附 金 を 支 出 する 際 当 該 地 方 団 体 の 長 に 対 し 当 該 地 方 団 体 の 長 から 賦 課 期 日 現 在 における 住 所 所 在 地 の 市 町 村 長 に 寄 附 金 税 額 控 除 額 の 控 除 に 関 する 事 項 を 記 載 した 申 告 特 例 通 知 書 の 送 付 を 求 める ことができること 2 1の 求 めを 受 けた 地 方 団 体 は 当 該 寄 附 金 を 支 出 した 者 の 賦 課 期 日 現 在 における 住 所 所 在 地 の 市 町 村 長 に 対 し 申 告 特 例 通 知 書 を 送 付 しなければならないこと 3 2の 申 告 特 例 通 知 書 の 送 付 があった 場 合 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 に 係 る 寄 附 金 税 額 控 除 額 に 加 え 当 該 寄 附 金 を 支 出 した 者 の 所 得 に 応 じて 算 出 した 申 告 特 例 控 除 額 を 個 人 の 市 町 村 民 税 から 税 額 控 除 すること 4 個 人 の 市 町 村 民 税 に 関 する 申 告 書 の 提 出 を 行 った 者 又 は 五 を 超 える 地 方 団 体 の 長 に 対 して1の 求 めを 行 った 者 等 については 適 用 対 象 から 除 かれること (3) 内 部 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 により 所 得 税 に 係 る 更 正 決 定 を 受 けた 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 租 税 条 約 の 相 手 国 との 相 互 協 議 の 申 立 てをした 場 合 には 当 該 申 立 てをした 者 の 申 請 に 基 づき 当 該 更 正 決 定 に 係 る 所 得 税 の 額 の 算 定 の 基 礎 となった 所 得 に 基 づいて 課 された 所 得 割 の 徴 収 を 猶 予 することとし 徴 収 を 猶 予 する 場 合 には 猶 予 する 金 額 に 相 当 する 担 保 を 徴 することとすることとした また 徴 収 の 猶 予 をした 所 得 割 に 係 る 延 滞 金 のうち 猶 予 期 間 に 対 応 する 部 分 の 金 額 は 免 除 することとすることとした ( 法 32 1の7の12 法 321の7の13 令 48の9の18) (4) 個 人 の 市 町 村 民 税 の 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 について その 対 象 となる 家 屋 の 居 住 年 の 期 限 を 平 成 三 十 一 年 まで 延 長 することとした ( 法 附 則 5の4の269 附 則 45 6) (5) 未 成 年 者 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 及 び 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 措 置 の 創 設 に 伴 い 平 成 29 年 度 以 後 の 各 年 度 分 の 個 人 の 市 町 村 民 税 について 未 成 年 者 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 金 額 とそれ 以 外 の 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 金 額 と を 区 分 して 計 算 することとした ( 法 附 則 35の3の36~10 令 附 則 18の6の34 ~6) (6) 市 町 村 民 税 の 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 非 居 住 者 であった 期 間 を 有 する 場 合 における 外 国 税 額 控 除 の 控 除 限 度 額 の 計 算 方 法 等 について 所 要 の 措 置 を 講 ずることとした ( 令 4 8の9の2) (7) 市 町 村 民 税 の 納 税 義 務 者 が 国 外 に 居 住 する 親 族 を 有 する 場 合 の 障 害 者 控 除 配 偶 者 控 除 配 偶 者 特 別 控 除 若 しくは 扶 養 控 除 の 適 用 又 は 非 課 税 限 度 額 制 度 の 適 用 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ア 国 外 に 居 住 する 親 族 に 係 る 障 害 者 控 除 配 偶 者 控 除 配 偶 者 特 別 控 除 又 は 扶 養 控 除 に 関 する 事 項 を 記 載 した 個 人 の 市 町 村 民 税 の 申 告 書 を 提 出 する 者 は 所 得 税 法 施 行 規 則 第 47 条 の2 第 4 項 及 び 第 5 項 に 規 定 する 書 類 を 当 該 申 告 書 に 添 付 し 又 は 市 町 村 長 に 提 示 しなければならないこと ( 則 2の23) イ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 個 人 の 市 町 村 民 税 の 申 告 書 を 提 出 する 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 当 該 申 告 書 に 添 付 し 又 は 市 町 村 長 に 提 示 しなければならないこ と ( 則 2の245) -20-

22 ウ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 確 定 申 告 書 を 提 出 する 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 市 町 村 長 に 提 出 しなければならないこと ( 則 2の323) エ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 給 与 支 払 者 の 扶 養 親 族 申 告 書 又 は 扶 養 親 族 異 動 申 告 書 を 提 出 した 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 市 町 村 長 に 提 出 しなければならないこ と ( 則 2の3の22 則 2の3の3145) オ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 公 的 年 金 等 受 給 者 の 扶 養 親 族 申 告 書 を 提 出 した 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 市 町 村 長 に 提 出 しなければならないこと ( 則 2の3 の52 則 2の3の6134) (8) 法 人 住 民 税 均 等 割 の 税 率 適 用 区 分 の 基 準 である 資 本 金 等 の 額 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ( 法 2921ⅣのⅤ 令 45の4 48の2) ア 資 本 金 又 は 資 本 準 備 金 を 欠 損 の 塡 補 又 は 損 失 の 塡 補 に 充 てた 金 額 を 控 除 するととも に 剰 余 金 又 は 利 益 準 備 金 を 資 本 金 とした 金 額 を 加 算 する 措 置 を 講 ずること イ 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 算 額 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 算 額 とする 措 置 を 講 ずること (9) 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 等 に 関 する 国 税 における 諸 制 度 の 取 扱 いを 踏 まえ 所 要 の 措 置 を 講 ずることとした ( 法 321の8) (10) 法 人 税 割 の 課 税 標 準 である 法 人 税 額 について 中 小 企 業 者 等 の 地 方 活 力 向 上 地 域 に おいて 特 定 建 物 等 を 取 得 した 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けた 額 とする 措 置 を 講 ずることとした ( 法 附 則 856) 2 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 (1) 平 成 27 年 度 の 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えに 伴 い 土 地 に 係 る 平 成 27 年 度 から 平 成 29 年 度 までの 各 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 負 担 についての 調 整 措 置 を 次 のとお り 講 ずることとした ア 宅 地 等 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 額 については 当 該 宅 地 等 に 係 る 当 該 年 度 分 の 税 額 が 前 年 度 分 の 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 の 価 格 ( 住 宅 用 地 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 を 受 ける 宅 地 等 については 当 該 特 例 措 置 の 適 用 後 の 額 )に100 分 の5を 乗 じて 得 た 額 を 加 算 した 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 ( 以 下 宅 地 等 調 整 税 額 という )を 超 える 場 合 には 当 該 宅 地 等 調 整 税 額 とすること ただし 宅 地 等 のうち 商 業 地 等 に 係 る 宅 地 等 調 整 税 額 は 当 該 宅 地 等 調 整 税 額 が 当 該 商 業 地 等 の 当 該 年 度 の 価 格 に10 分 の6を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 を 超 える 場 合 には 当 該 税 額 とし 当 該 宅 地 等 の 当 該 年 度 の 価 格 に10 分 の2を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 に 満 たない 場 合 には 当 該 税 額 とすること( 法 附 則 の の3 27の5 28) イ アにかかわらず 商 業 地 等 のうち 負 担 水 準 ( 前 年 度 課 税 標 準 額 の 当 該 年 度 の 価 格 ( 住 宅 用 地 又 は 市 街 化 区 域 農 地 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 を 受 ける 土 地 につい ては 当 該 特 例 措 置 の 適 用 後 の 額 以 下 同 じ )に 対 する 割 合 をいう 以 下 同 じ )が -21-

23 0.6 以 上 0.7 以 下 の 土 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 額 については 前 年 度 の 税 額 とすること( 法 附 則 18 25) ウ アにかかわらず 商 業 地 等 のうち 負 担 水 準 が0.7を 超 える 土 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 額 については 当 該 年 度 の 価 格 に10 分 の7を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 とすること( 法 附 則 18 25) エ 農 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 額 については 当 該 農 地 に 係 る 当 該 年 度 分 の 税 額 が 前 年 度 分 の 課 税 標 準 額 に 負 担 水 準 の 区 分 に 応 じて 求 める 次 の 表 に 掲 げる 負 担 調 整 率 を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 を 超 える 場 合 には 当 該 税 額 とすること( 法 附 則 19 26) 負 担 水 準 の 区 分 負 担 調 整 率 0.9 以 上 のもの 以 上 0.9 未 満 のもの 以 上 0.8 未 満 のもの 未 満 のもの 1.1 オ 三 大 都 市 圏 の 特 定 市 の 市 街 化 区 域 農 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 額 につい ては 当 該 市 街 化 区 域 農 地 に 係 る 当 該 年 度 分 の 税 額 が 前 年 度 分 の 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 の 価 格 に100 分 の5を 乗 じて 得 た 額 を 加 算 した 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 ( 以 下 市 街 化 区 域 農 地 調 整 税 額 という )を 超 える 場 合 には 当 該 市 街 化 区 域 農 地 調 整 税 額 とする 措 置 を 講 ずること ただし 市 街 化 区 域 農 地 調 整 税 額 は 当 該 市 街 化 区 域 農 地 調 整 税 額 が 当 該 市 街 化 区 域 農 地 の 当 該 年 度 の 価 格 に10 分 の2を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 に 満 たない 場 合 には 当 該 税 額 とすること ( 法 附 則 19の4 27の2) カ 商 業 地 等 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 当 該 年 度 の 価 格 に10 分 の 6 以 上 10 分 の7 未 満 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 までその 税 額 を 減 額 することができることとすること ( 法 附 則 21 27の4 27の5) キ 住 宅 用 地 商 業 地 等 及 び 三 大 都 市 圏 の 特 定 市 の 市 街 化 区 域 農 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 前 年 度 分 の 課 税 標 準 額 ( 前 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 について カ 又 はキの 減 額 が 行 われている 場 合 は その 減 額 後 の 税 額 に 対 応 する 前 年 度 分 の 課 税 標 準 額 )に100 分 の110 以 上 の 割 合 で 住 宅 用 地 商 業 地 等 及 び 三 大 都 市 圏 の 特 定 市 の 市 街 化 区 域 農 地 の 区 分 ごとに 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 までその 税 額 を 減 額 することができることとす ること( 法 附 則 21の2 27の4の2 27の5) (2) 平 成 28 年 度 分 又 は 平 成 29 年 度 分 の 固 定 資 産 税 に 限 り 自 然 的 及 び 社 会 的 条 件 から みて 類 似 の 利 用 価 値 を 有 すると 認 められる 地 域 において 地 価 が 下 落 し 市 町 村 長 が 修 正 前 の 価 格 を 課 税 標 準 とすることが 固 定 資 産 税 の 課 税 上 著 しく 均 衡 を 失 すると 認 める 場 合 においては 修 正 前 の 価 格 を 修 正 基 準 によって 修 正 した 価 格 を 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 とすること( 法 附 則 17の2 19の2 22) (3) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 同 法 に 規 定 する 事 業 所 内 保 育 事 業 ( 利 用 定 員 が6 人 以 上 )の 用 に 供 する 固 定 資 産 について 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を -22-

24 非 課 税 とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 3482ⅩのⅩ) (4) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 直 接 同 法 に 規 定 する 家 庭 的 保 育 事 業 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 ( 当 該 事 業 の 用 以 外 の 用 ( 例 : 居 住 の 用 に 供 する 場 合 ) に 供 されていないものに 限 る )について 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 を 価 格 の2 分 の1とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 349の330) (5) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 直 接 同 法 に 規 定 する 居 宅 訪 問 型 保 育 事 業 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 ( 当 該 事 業 の 用 以 外 の 用 ( 例 : 居 住 の 用 に 供 する 場 合 )に 供 されていないものに 限 る )について 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 を 価 格 の2 分 の1とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 349の331) (6) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 直 接 同 法 に 規 定 する 事 業 所 内 保 育 事 業 ( 利 用 定 員 が5 人 以 下 )の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 ( 当 該 事 業 の 用 以 外 の 用 ( 例 : 本 来 事 業 の 会 議 室 として 使 用 する 場 合 )に 供 されていないものに 限 る )について 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 を 価 格 の2 分 の1とする 特 例 措 置 を 講 ずることと した( 法 349の332) (7) 社 会 福 祉 法 人 等 が 直 接 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 に 規 定 する 認 定 生 活 困 窮 者 就 労 訓 練 事 業 ( 社 会 福 祉 事 業 として 行 われるものに 限 る )の 用 に 供 する 固 定 資 産 について 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 を 価 格 の2 分 の1とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした ( 法 349の333 令 52の10の11) (8) 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 が 一 定 の 業 務 の 用 に 供 する 償 却 資 産 について 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 を 最 初 の5 年 度 間 は 価 格 の3 分 の1 その 後 5 年 度 間 は 価 格 の3 分 の2とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 349の334 令 52の10の12 則 11の15) (9) 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 地 域 等 において 港 湾 法 の 規 定 による 国 の 貸 付 けに 係 る 資 金 の 貸 付 けを 受 けて 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 までの 間 に 改 良 さ れた 一 定 の 特 別 特 定 技 術 基 準 対 象 施 設 の 用 に 供 する 償 却 資 産 について 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 を 最 初 の5 年 度 間 は 価 格 の3 分 の2とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 1543 令 附 則 1138) (10) 独 立 行 政 法 人 医 薬 基 盤 研 究 所 が 一 定 の 業 務 の 用 に 供 する 固 定 資 産 に 係 る 非 課 税 措 置 について 非 課 税 措 置 の 対 象 となる 法 人 名 を 国 立 研 究 開 発 法 人 医 薬 基 盤 健 康 栄 養 研 究 所 とした 上 その 対 象 に 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 から 承 継 された 業 務 の 用 に 供 する 固 定 資 産 を 追 加 することとした( 法 34842) (11) 国 立 研 究 開 発 法 人 森 林 総 合 研 究 所 が 一 定 の 業 務 の 用 に 供 する 固 定 資 産 に 係 る 非 課 税 措 置 について その 対 象 に 森 林 保 険 業 務 の 用 に 供 する 固 定 資 産 を 追 加 することとした ( 法 34843) (12) 新 幹 線 鉄 道 の 新 たな 営 業 路 線 の 開 業 のために 新 設 された 線 路 設 備 等 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 路 線 に 北 海 道 新 幹 線 を 加 えることとした ( 法 349の313) (13) 特 定 都 市 河 川 浸 水 被 害 対 策 法 に 規 定 する 対 策 工 事 により 設 置 された 一 定 の 雨 水 貯 留 浸 透 施 設 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 当 該 施 設 の 所 有 者 から 一 定 の 書 類 を 添 付 して 原 則 として 当 該 施 設 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 が 課 されることと -23-

25 なる 年 度 の 初 日 の 属 する 年 の1 月 31 日 までの 間 に 市 町 村 長 に 申 告 がされた 場 合 に 限 り 適 用 することとした 上 その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 延 長 する こととした( 法 附 則 158~10 則 附 則 625) (14) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 に 規 定 する 認 定 事 業 者 が 一 定 の 認 定 事 業 により 取 得 した 一 定 の 公 共 施 設 等 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 課 税 標 準 をその 価 格 に5 分 の3を 参 酌 して2 分 の1 以 上 10 分 の 7 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 ( 特 定 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 にあっ ては 2 分 の1を 参 酌 して5 分 の2 以 上 5 分 の3 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 )を 乗 じて 得 た 額 とした 上 その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 1518) (15) 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 規 定 による 管 理 協 定 に 係 る 協 定 避 難 施 設 の 用 に 供 する 家 屋 のうち 協 定 避 難 用 部 分 及 び 協 定 避 難 施 設 に 附 属 する 避 難 の 用 に 供 する 一 定 の 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 課 税 標 準 をその 価 格 に2 分 の1を 参 酌 して3 分 の1 以 上 3 分 の2 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 とした 上 その 管 理 協 定 の 締 結 期 限 を 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 延 長 す ることとした( 法 附 則 ) (16) 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 関 する 法 律 に 規 定 するサービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 であ る 一 定 の 貸 家 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 について 税 額 を 最 初 の5 年 度 間 は3 分 の2を 参 酌 して2 分 の1 以 上 6 分 の5 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 を 減 額 することとした 上 その 対 象 資 産 の 新 築 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 す ることとした( 法 附 則 15の84) (17) 次 のとおり 非 課 税 措 置 等 の 適 用 期 限 を 延 長 することとした ア 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 が 一 定 の 都 市 計 画 区 域 において 都 市 鉄 道 等 利 便 増 進 法 に 規 定 する 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 により 整 備 したトンネルに 係 る 固 定 資 産 税 の 非 課 税 措 置 について その 対 象 資 産 の 整 備 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 ま で 延 長 すること( 法 附 則 142) イ 公 害 防 止 用 設 備 ( 下 水 道 除 害 施 設 )に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 につい て その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 15 2) ウ 心 身 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 事 業 所 の 事 業 主 が 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 に 規 定 する 助 成 金 等 の 支 給 を 受 けて 取 得 した 一 定 の 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 するこ と( 法 附 則 154) エ 沖 縄 電 力 株 式 会 社 が 電 気 供 給 業 の 用 に 供 する 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 適 用 期 限 を 平 成 31 年 度 まで 延 長 すること( 法 附 則 15 5) オ 国 際 船 舶 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 適 用 期 限 を 平 成 2 9 年 度 まで 延 長 すること( 法 附 則 1512) カ 鉄 道 事 業 者 等 が 政 府 の 補 助 を 受 けて 取 得 した 車 両 の 運 行 の 安 全 性 の 向 上 に 資 する 一 定 の 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 資 産 の 取 得 -24-

26 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1515) キ 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 一 定 の 選 定 事 業 により 取 得 した 一 定 の 公 共 施 設 等 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 32 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1517) ク 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 政 府 の 補 助 を 受 けて 選 定 事 業 により 整 備 する 国 立 大 学 法 人 の 校 舎 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 につ いて その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 32 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1520) ケ 鉄 道 事 業 者 等 が 都 市 鉄 道 等 利 便 増 進 法 に 規 定 する 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 により 取 得 した 一 定 の 都 市 鉄 道 施 設 及 び 駅 附 帯 施 設 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1521) コ 公 益 社 団 法 人 又 は 公 益 財 団 法 人 が 所 有 する 文 化 財 保 護 法 に 規 定 する 重 要 無 形 文 化 財 の 公 演 のための 施 設 の 用 に 供 する 一 定 の 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 適 用 期 限 を 平 成 28 年 度 分 まで 延 長 すること ( 法 附 則 1526) サ 港 湾 法 に 規 定 する 港 湾 運 営 会 社 が 国 際 戦 略 港 湾 及 び 一 定 の 国 際 拠 点 港 湾 において 政 府 の 補 助 等 を 受 けて 取 得 した 一 定 の 港 湾 施 設 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 となる 施 設 の 取 得 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1528) シ 鉄 道 事 業 者 等 が 既 設 の 鉄 軌 道 に 係 る 一 定 の 耐 震 補 強 工 事 によって 新 たに 取 得 した 一 定 の 鉄 道 施 設 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1535) ス 都 市 再 生 特 別 措 置 法 の 規 定 による 管 理 協 定 に 係 る 協 定 倉 庫 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 管 理 協 定 の 締 結 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1536) セ 特 定 貨 物 取 扱 埠 頭 機 能 高 度 化 事 業 を 実 施 する 者 が 特 定 貨 物 輸 入 拠 点 港 湾 において 政 府 の 補 助 を 受 けて 取 得 した 一 定 の 港 湾 施 設 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1537) ソ 市 街 地 再 開 発 事 業 の 施 行 に 伴 い 従 前 の 権 利 者 に 与 えられた 一 定 の 新 築 された 施 設 建 築 物 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 について その 対 象 となる 施 設 建 築 物 の 新 築 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 15の83) タ 防 災 街 区 整 備 事 業 の 施 行 に 伴 い 従 前 の 権 利 者 に 与 えられた 一 定 の 新 築 された 施 設 建 築 物 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 について その 対 象 となる 施 設 建 築 物 の 新 築 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 15の85) (18) 次 のとおり 課 税 標 準 の 特 例 措 置 等 を 改 めることとした ア 青 函 トンネルの 鉄 道 施 設 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 措 置 について その 対 象 に 新 幹 線 -25-

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

住民税

住民税 住 民 個 人 住 民 は 平 成 23 年 1 月 1 日 現 在 東 神 楽 町 に 住 がある 方 に 課 されます なお 他 市 町 村 に 住 がある 方 でも 生 活 関 係 の 面 で 東 神 楽 町 に 本 拠 地 をおかれている 場 合 は 課 されます ただし 次 の 方 には 課 されません 割 均 等 割 とも 非 課 生 活 保 護 法 の 規 定 による 生 活 扶 助

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc 3. 地 方 率 等 推 移 一 覧 表 -1- 区 分 昭 和 25 年 昭 和 26 年 昭 和 27 年 均 等 割 標 準 率 400~ 800 円 制 限 率 500~1,000 円 所 得 割 第 1 課 方 式 ( 所 得 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 (

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 ( 第 3 回 南 相 馬 市 議 会 臨 時 会 市 長 提 出 議 案 の 要 旨 平 成 27 年 5 月 12 日 提 出 1. 件 数 8 件 内 訳 議 案 8 件 ( 専 決 処 分 の 報 告 及 びその 承 認 ( 条 例 関 係 ) 3 件 一 般 会 計 補 正 予 算 1 件 工 事 請 負 契 約 の 締 結 1 件 財 産 の 取 得 1 件 専 決 処 分 の 報 告 及

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx (1) 被 災 地 の 雇 用 機 会 の 確 保 のための 税 制 上 の 特 例 措 置 (~28 年 3 月 末 ) 復 興 産 業 集 積 区 域 内 において 雇 用 に 大 きな 被 害 が 生 じた 地 域 の 雇 用 機 会 の 確 保 に 寄 与 する 事 業 を 行 う 個 人 事 業 者 又 は 法 人 ( 新 規 立 地 促 進 税 制 は 法 人 のみ)を 対 象 として

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382CC8EE582C893E09765>

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382CC8EE582C893E09765> 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 実 施 年 度 等 にご 注 意 ください 1 軽 自 動 車 税 の 見 直 し 2 住 宅 ローン 減 税 の 期 限 延 長 3 納 税 に 係 る 特 例 額 の 拡 充 及 び 申 告 手 続 きの 簡 素 化 4 固 定 資 産 税 等 の 負 担 調 整 措 置 及 び 特 例 措 置 5 旧 3 級 品 の 製 造 たばこに

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却 Q65 平 成 7 年 月 に 平 成 8 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されました 税 制 改 正 の 概 要 を 教 えてください A: 各 税 目 別 のトピックは 以 下 のとおりです 所 得 税 健 康 診 断 等 をきちんと 受 けている 人 専 用 の 医 療 費 控 除 が 創 設 されます 法 人 税 法 人 税 率 が 現 行 の.9%から 段 階 的 に.4%.%へ

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超 5 神 奈 川 県 の 県 税 県 税 相 談 神 奈 川 県 の 県 税 県 民 の 声 相 談 室 (かながわ 県 民 センター2 階 神 奈 川 区 鶴 屋 町 2-24-2) 土 日 祝 日 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 日 ) を 除 く 毎 日 ( 午 前 9 時 ~12 時 午 後 1 時 ~4 時 ) 平 成 24 年 度 地 方 財 政 計 画 によると 都 道

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制 3 地 方 率 等 推 移 -1- 昭 和 25 年 均 等 割 標 準 率 400~1,800 円 制 限 率 500~1,000 円 第 1 課 方 式 ( 所 得 割 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20 賦 課 期 日 8 月 1 日 昭 和 26 年 昭 和 27

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総 郵 便 局 において 提 供 されるユニバーサルサービスについて 日 本 郵 政 株 式 会 社 及 び 日 本 郵 便 株 式 会 社 は その 業 務 の 運 営 に 当 たっては 郵 便 の 役 務 簡 易 な 貯 蓄 送 金 及 び 債 権 債 務 の 決 済 の 役 務 並 びに 簡 易 に 利 用 できる 生 命 保 険 の 役 務 を 利 用 者 本 位 の 簡 便 な 方 法 により

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備*

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備* 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 公 営 住 宅 法 施 行 令 例 規 整 備 * 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 例 規 整 備 平 成 22 年 12 月 21 日 登 録 同 年 12 月 28 日 更 新 ( 主 な 変 更 箇 所 はアミカケとしています ) 公 布 年 月 日 番 号 平 成 22 年 12 月

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

平 成 28 年 度 版 岩 出 市 誕 生 10 周 年 記 念 ロゴマーク 2,749 円 1,717 円 1,358 円 1,135 円 1,090 円 889 円 607 円 301 円 154 円 平 成 26 年 度 1 課 税 所 得 金 額 に 応 じた 税 額 を 負 担 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 も 含 みます 3,500 2,000 2 公 的 年 金 等 の 雑

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

平成21年分 確定申告書作成シート

平成21年分 確定申告書作成シート 所 得 税 確 定 申 告 チェックシステム 申 告 書 Bタイプ 氏 名 住 所 等 様 フリカ ナ ノエタロウ ( 半 角 で 入 力 してください) 氏 名 野 江 太 郎 生 年 月 日 年 28 月 5 日 1 性 別 1 ( 男 =1, 女 =2) 住 所 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 3-2-1 (または) H22.1.1の 住 所 同 上 郵 便 番 号 540-0008 電

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

金 沢 大 学 授 業 料 免 除 等 選 考 基 準

金 沢 大 学 授 業 料 免 除 等 選 考 基 準 金 沢 大 学 授 業 料 免 除 等 選 考 基 準 細 則 本 学 における 授 業 料 免 除 等 の 対 象 者 の 選 考 については, 金 沢 大 学 授 業 料 免 除 及 び 徴 収 猶 予 規 程 及 び 金 沢 大 学 入 学 料 免 除 及 び 徴 収 猶 予 規 程 によるもののほか,この 細 則 によるものとする 1. 家 計 基 準 について (1) 授 業 料 免 除

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8A7797BF81438EF68BC697BF96C68F9C8ED28B7982D192A58EFB9750975C8ED291498D6C8AEE8F802D312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8A7797BF81438EF68BC697BF96C68F9C8ED28B7982D192A58EFB9750975C8ED291498D6C8AEE8F802D312E646F63> 九 州 工 業 大 学 入 学 料, 授 業 料 免 除 者 及 び 徴 収 猶 予 者 選 考 基 準 平 成 16 年 5 月 12 日 制 定 改 正 平 成 23 年 4 月 27 日 平 成 23 年 11 月 7 日 平 成 26 年 3 月 24 日 平 成 26 年 11 月 21 日 九 州 工 業 大 学 入 学 料, 授 業 料 免 除 者 及 び 徴 収 猶 予 者 選 考

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

課 税 ベ ー ス の 拡 大 等 : - 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し ( 後 掲 ) - 減 価 償 却 の 見 直 し ( 建 物 附 属 設 備 構 築 物 の 償 却 方 法 を 定 額 法 に 一 本 化 ) - 欠 損 金 繰 越 控 除 の 更 な る 見 直 し ( 大

課 税 ベ ー ス の 拡 大 等 : - 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し ( 後 掲 ) - 減 価 償 却 の 見 直 し ( 建 物 附 属 設 備 構 築 物 の 償 却 方 法 を 定 額 法 に 一 本 化 ) - 欠 損 金 繰 越 控 除 の 更 な る 見 直 し ( 大 Article 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 要 課 題 を 見 る ( 1 ) 拓 殖 大 学 准 教 授 稲 葉 知 恵 子 平 成 27 年 12 月 24 日 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 が 閣 議 決 定 さ れた 平 成 28 年 度 税 制 改 正 は 経 済 の 好 循 環 を 確 実 な も の とする 観 点 から 成 長 志 向

More information

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱 南 伊 豆 町 空 き 家 バンクリフォーム 等 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 27 年 4 月 16 日 要 綱 第 15 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 南 伊 豆 町 空 き 家 バンク 設 置 要 綱 ( 平 成 23 年 要 綱 第 14 号 ) に 定 める 空 き 家 の 有 効 活 用 をとおして 町 内 への 移 住 及 び 定 住 の 促 進 による

More information

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc)

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc) 国 から 地 方 への 税 源 移 譲 による 税 率 構 造 の 改 正 平 成 18 年 度 税 制 改 正 で 所 得 税 から 個 人 住 民 税 への3 兆 円 規 模 の 本 格 的 な 税 源 移 譲 が 実 施 されます この 税 源 移 譲 にあたっては 所 得 税 及 び 個 人 住 民 税 の 役 割 分 担 を 明 確 化 する とともに 全 ての 納 税 者 の 負 担 が

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

「医療法人等に係る所得区分計算書」

「医療法人等に係る所得区分計算書」 医 療 法 人 等 に 係 る 所 得 区 分 計 算 書 記 載 の 手 引 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 ) 目 次 ページ 1 計 算 の 基 礎 とする 収 入 金 額 の 計 算 ( 計 算 書 下 段 部 分 ) 1 1 社 会 保 険 診 療 に 係 る 収 入 金 額 (A 欄 ) 1 2 その 他 の 収 入 金 額 (B 欄

More information