H27施行通知

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "H27施行通知"

Transcription

1 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地 方 税 法 施 行 令 等 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 27 年 政 令 第 161 号 ) 及 び 地 方 税 法 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 27 年 総 務 省 令 第 38 号 )は 平 成 27 年 3 月 31 日 にそれぞれ 公 布 され 原 則 として 同 年 4 月 1 日 か ら 施 行 されることとされたので 次 の 事 項 に 留 意 の 上 適 切 に 運 用 されるようお 願 いいたします また 貴 都 道 府 県 内 市 区 町 村 に 対 してもこの 旨 周 知 されるようよろしくお 願 いします なお この 通 知 は 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 245 条 の4( 技 術 的 な 助 言 )に 基 づくものです

2 Ⅰ 総 括 的 事 項 平 成 27 年 度 の 税 制 改 正 においては 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 と 経 済 再 生 地 方 創 生 への 取 組 経 済 再 生 と 財 政 健 全 化 の 両 立 などの 観 点 から 次 の 点 をはじめとする 地 方 税 制 の 改 正 を 行 うこととした (1) 法 人 事 業 税 の 所 得 割 の 税 率 の 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 等 を 行 うこととした (2) 地 方 消 費 税 の 税 率 引 上 げの 施 行 日 の 変 更 及 び 消 費 税 に 係 る 地 方 交 付 税 の 率 の 変 更 等 を 行 うこととした (3) 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 に 係 る 個 人 住 民 税 の 寄 附 金 税 額 控 除 の 拡 充 を 行 うこととした (4) 環 境 への 負 荷 の 少 ない 自 動 車 を 対 象 とした 自 動 車 取 得 税 の 税 率 の 軽 減 等 の 特 例 措 置 に ついて 所 要 の 見 直 しを 行 った 上 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること とするほか 環 境 への 負 荷 の 少 ない 軽 自 動 車 を 対 象 とした 軽 自 動 車 税 の 税 率 を 軽 減 する 特 例 措 置 の 創 設 二 輪 の 軽 自 動 車 等 に 係 る 軽 自 動 車 税 の 税 率 の 引 上 げ 時 期 の1 年 延 期 等 を 行 うこととした (5) 平 成 27 年 度 の 評 価 替 えに 伴 い 現 行 の 土 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 負 担 調 整 措 置 等 を 継 続 することとした (6) 有 害 鳥 獣 捕 獲 従 事 者 の 確 保 を 目 的 として 一 定 の 狩 猟 者 登 録 に 係 る 狩 猟 税 の 軽 減 措 置 を 平 成 30 年 度 まで 実 施 することとした (7) 猶 予 制 度 及 び 個 人 住 民 税 等 における 還 付 加 算 金 の 起 算 日 の 見 直 し 等 の 納 税 環 境 の 整 備 を 行 うこととした Ⅱ 地 方 税 法 の 改 正 に 関 する 事 項 第 1 道 府 県 税 の 改 正 に 関 する 事 項 1 道 府 県 民 税 (1) 所 得 割 の 課 税 標 準 の 算 定 方 法 について 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 ) 第 60 条 の2から 第 60 条 の4までの 規 定 による 計 算 の 例 によらないものとした ( 法 32 2) (2) 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 ( 以 下 地 方 団 体 という )に 対 する 寄 附 金 に 係 る 個 人 の 道 府 県 民 税 の 寄 附 金 税 制 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ア 平 成 28 年 度 以 後 の 各 年 度 分 の 個 人 の 道 府 県 民 税 から 控 除 する 特 例 控 除 額 について 道 府 県 民 税 の 所 得 割 の 額 の100 分 の20に 相 当 する 金 額 を 限 度 とすること ( 法 3 7の22) イ 平 成 27 年 4 月 1 日 以 後 に 支 出 する 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 について 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 当 該 寄 附 金 に 係 る 寄 附 金 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 当 分 の 間 次 に 定 めるところにより 個 人 の 道 府 県 民 税 に 関 する 申 告 書 を 提 出 することなく 寄 附 金 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることができるものとすること ( 法 附 則 71~7 附 則 7-1-

3 の21~3 附 則 7の31) 1 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 を 支 出 する 者 は 当 該 寄 附 金 を 支 出 する 際 当 該 地 方 団 体 の 長 に 対 し 当 該 地 方 団 体 の 長 から 賦 課 期 日 現 在 における 住 所 所 在 地 の 市 町 村 長 に 寄 附 金 税 額 控 除 額 の 控 除 に 関 する 事 項 を 記 載 した 申 告 特 例 通 知 書 の 送 付 を 求 める ことができること 2 1の 求 めを 受 けた 地 方 団 体 は 当 該 寄 附 金 を 支 出 した 者 の 賦 課 期 日 現 在 における 住 所 所 在 地 の 市 町 村 長 に 対 し 申 告 特 例 通 知 書 を 送 付 しなければならないこと 3 2の 申 告 特 例 通 知 書 の 送 付 があった 場 合 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 に 係 る 寄 附 金 税 額 控 除 額 に 加 え 当 該 寄 附 金 を 支 出 した 者 の 所 得 に 応 じて 算 出 した 申 告 特 例 控 除 額 を 個 人 の 道 府 県 民 税 から 税 額 控 除 すること 4 個 人 の 道 府 県 民 税 に 関 する 申 告 書 の 提 出 を 行 った 者 又 は 五 を 超 える 地 方 団 体 の 長 に 対 して1の 求 めを 行 った 者 等 については 適 用 対 象 から 除 かれること (3) 内 部 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 により 所 得 税 に 係 る 更 正 決 定 を 受 けた 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 租 税 条 約 の 相 手 国 との 相 互 協 議 の 申 立 てをした 場 合 には 当 該 申 立 てをした 者 の 申 請 に 基 づき 当 該 更 正 決 定 に 係 る 所 得 税 の 額 の 算 定 の 基 礎 となった 所 得 に 基 づいて 課 された 所 得 割 の 徴 収 を 猶 予 することとし 徴 収 を 猶 予 する 場 合 には 猶 予 する 金 額 に 相 当 する 担 保 を 徴 することとすること また 徴 収 の 猶 予 をした 所 得 割 に 係 る 延 滞 金 のう ち 猶 予 期 間 に 対 応 する 部 分 の 金 額 は 免 除 することとすること なお 国 税 庁 長 官 は 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 相 互 協 議 の 申 立 てをした 場 合 等 には 当 該 所 得 割 の 納 税 義 務 者 の 住 所 所 在 地 の 市 町 村 長 にその 旨 及 び 更 正 決 定 された 所 得 税 の 額 の 算 定 の 基 礎 となった 所 得 を 通 知 することとすることとした ( 法 44の2) (4) 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 を 受 けるべき 国 外 特 定 配 当 等 上 場 株 式 等 の 配 当 等 又 は 償 還 金 に 係 る 差 益 金 額 に 係 る 道 府 県 民 税 の 配 当 割 の 特 別 徴 収 義 務 者 について その 支 払 を 取 り 扱 う 者 がないときはその 支 払 をする 者 とすることとした ( 法 71の311) (5) 個 人 の 道 府 県 民 税 の 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 について その 対 象 となる 家 屋 の 居 住 年 の 期 限 を 平 成 三 十 一 年 まで 延 長 することとした ( 法 附 則 5の4の214 附 則 45 3) (6) 未 成 年 者 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 及 び 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 措 置 につい て 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ア 平 成 28 年 4 月 1 日 から 上 場 株 式 等 を 受 け 入 れる 未 成 年 者 口 座 につき 契 約 不 履 行 等 事 由 が 生 じた 場 合 当 該 契 約 不 履 行 等 事 由 による 当 該 未 成 年 者 口 座 の 廃 止 の 際 当 該 未 成 年 者 口 座 内 の 上 場 株 式 等 の 譲 渡 又 は 配 当 等 の 支 払 があったものとして 配 当 割 及 び 株 式 等 譲 渡 所 得 割 を 課 すること ( 法 附 則 33の2の2 附 則 35の3の4) イ 平 成 29 年 度 以 後 の 各 年 度 分 の 個 人 の 道 府 県 民 税 について 未 成 年 者 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 金 額 とそれ 以 外 の 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 金 額 とを 区 分 して 計 算 すること ( 法 附 則 35の3の31~5 令 附 則 18の6の31~3) (7) 国 債 の 利 子 のうち 国 において 直 接 支 払 われるものに 係 る 道 府 県 民 税 の 利 子 割 の 特 別 徴 収 等 について 所 要 の 措 置 を 講 ずることとした ( 令 7の4の2) (8) 道 府 県 民 税 の 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 非 居 住 者 であった 期 間 を 有 する 場 合 における 外 国 税 額 控 除 の 控 除 限 度 額 の 計 算 方 法 等 について 所 要 の 措 置 を 講 ずることとした ( 令 7-2-

4 の19) (9) 道 府 県 民 税 の 納 税 義 務 者 が 国 外 に 居 住 する 親 族 を 有 する 場 合 の 障 害 者 控 除 配 偶 者 控 除 配 偶 者 特 別 控 除 若 しくは 扶 養 控 除 の 適 用 又 は 非 課 税 限 度 額 制 度 の 適 用 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ア 国 外 に 居 住 する 親 族 に 係 る 障 害 者 控 除 配 偶 者 控 除 配 偶 者 特 別 控 除 又 は 扶 養 控 除 に 関 する 事 項 を 記 載 した 個 人 の 道 府 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 する 者 は 所 得 税 法 施 行 規 則 第 47 条 の2 第 4 項 及 び 第 5 項 に 規 定 する 書 類 を 当 該 申 告 書 に 添 付 し 又 は 市 町 村 長 に 提 示 しなければならないこと ( 則 2の23) イ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 個 人 の 道 府 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 する 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 当 該 申 告 書 に 添 付 し 又 は 市 町 村 長 に 提 示 しなければならないこ と ( 則 2の245) ウ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 確 定 申 告 書 を 提 出 する 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 市 町 村 長 に 提 出 しなければならないこと ( 則 2の323) エ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 給 与 支 払 者 の 扶 養 親 族 申 告 書 又 は 扶 養 親 族 異 動 申 告 書 を 提 出 した 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 市 町 村 長 に 提 出 しなければならないこ と ( 則 2の3の22 則 2の3の3145) オ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 公 的 年 金 等 受 給 者 の 扶 養 親 族 申 告 書 を 提 出 した 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 市 町 村 長 に 提 出 しなければならないこと ( 則 2の3 の52 則 2の3の6134) (10) 法 人 住 民 税 均 等 割 の 税 率 適 用 区 分 の 基 準 である 資 本 金 等 の 額 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ( 法 231ⅣのⅤ 令 6の24 8の5) ア 資 本 金 又 は 資 本 準 備 金 を 欠 損 の 塡 補 又 は 損 失 の 塡 補 に 充 てた 金 額 を 控 除 するととも に 剰 余 金 又 は 利 益 準 備 金 を 資 本 金 とした 金 額 を 加 算 する 措 置 を 講 ずること イ 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 算 額 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 算 額 とする 措 置 を 講 ずること (11) 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 等 に 関 する 国 税 における 諸 制 度 の 取 扱 いを 踏 まえ 所 要 の 措 置 を 講 ずることとした ( 法 53 令 8の15 等 ) (12) 法 人 税 割 の 課 税 標 準 である 法 人 税 額 について 中 小 企 業 者 等 の 地 方 活 力 向 上 地 域 に おいて 特 定 建 物 等 を 取 得 した 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けた 額 とする 措 置 を 講 ずることとした ( 法 附 則 834) 2 事 業 税 (1) 法 人 事 業 税 の 資 本 割 の 課 税 標 準 である 資 本 金 等 の 額 について 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 算 額 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 算 額 とする 措 置 を 講 ずることとした ( 法 72の212) (2) 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 等 に 関 する 国 税 における 諸 制 度 の 取 扱 いを 踏 まえ 所 要 の 措 置 -3-

5 を 講 ずることとした ( 法 72の234) (3) 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 ( 以 下 資 本 金 という )1 億 円 超 の 普 通 法 人 の 事 業 税 の 税 率 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ( 法 72の24の713) ア 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 事 業 年 度 に 係 る 法 人 の 事 業 税 の 標 準 税 率 は 次 のとおりとすること 付 加 価 値 割 資 本 割 所 得 割 所 得 のうち 年 400 万 円 100 分 の3.1 以 下 の 金 額 ( 現 行 100 分 の 3.8) 100 分 の 分 の0.3 所 得 のうち 年 400 万 円 100 分 の4.6 ( 現 行 100 分 の0 ( 現 行 100 分 の を 超 え 年 800 万 円 以 下 ( 現 行 分.48) 0.2) の 金 額 の5.5) 所 得 のうち 年 800 万 円 100 分 の6 を 超 える 金 額 ( 現 行 100 分 の 7.2) イ 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 に 係 る 法 人 の 事 業 税 の 標 準 税 率 は 次 のとおりとすること 付 加 価 値 割 資 本 割 所 得 割 所 得 のうち 年 400 万 円 100 分 の2.5 以 下 の 金 額 所 得 のうち 年 400 万 円 100 分 の 分 の0.4 を 超 え 年 800 万 円 以 下 100 分 の3.7 の 金 額 所 得 のうち 年 800 万 円 100 分 の4.8 を 超 える 金 額 (4) 事 業 を 行 う 個 人 の 内 部 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 について 本 特 例 による 更 正 又 は 決 定 を 受 けた 者 が 租 税 条 約 に 基 づく 申 立 てをした 場 合 には 当 該 申 立 てをした 者 の 申 請 に 基 づき 更 正 又 は 決 定 に 係 る 事 業 税 の 徴 収 を 猶 予 することとし 徴 収 を 猶 予 する 場 合 には 猶 予 する 金 額 に 相 当 する 担 保 を 徴 することとすること また 徴 収 の 猶 予 をした 事 業 税 に 係 る 延 滞 金 のうち 猶 予 期 間 に 対 応 する 部 分 の 金 額 は 免 除 することとすること なお 国 は 当 該 個 人 が 相 互 協 議 の 申 立 てをした 場 合 等 には 当 該 個 人 の 主 たる 事 務 所 又 は 事 業 所 の 所 在 地 の 都 道 府 県 にその 旨 及 び 更 正 決 定 された 所 得 税 額 等 を 通 知 し 通 知 を 受 け た 都 道 府 県 は 関 係 都 道 府 県 に 通 知 することとすることとした ( 法 72の57の2 7 2の57の3 令 35の4の2) (5) 付 加 価 値 割 の 課 税 標 準 である 付 加 価 値 額 から 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 各 事 業 年 度 に 限 り 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 から 基 準 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 を 控 除 した 金 額 ( 以 下 雇 用 者 給 与 等 支 給 増 加 額 という )の 基 準 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 に 対 する 割 合 が 増 加 促 進 割 合 以 上 であり かつ 次 の 要 件 を 満 たす 場 合 に は その 雇 用 者 給 与 等 支 給 増 加 額 に 雇 用 安 定 控 除 との 調 整 等 所 要 の 措 置 を 講 じた 金 額 を 控 除 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 講 ずることとした ( 法 附 則 913~18 令 附 則 6の24-4-

6 5) ア 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 が 比 較 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 以 上 であること イ 平 均 給 与 等 支 給 額 が 比 較 平 均 給 与 等 支 給 額 を 超 えること (6) 電 気 供 給 業 を 行 う 法 人 の 収 入 割 の 課 税 標 準 である 収 入 金 額 を 算 定 する 場 合 において 控 除 される 収 入 金 額 の 範 囲 に 電 気 事 業 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 7 2 号 )の 施 行 の 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 各 事 業 年 度 分 の 事 業 税 に 限 り 一 般 送 配 電 事 業 者 の 収 入 金 額 のうち 特 定 実 用 発 電 用 原 子 炉 設 置 者 に 交 付 する 当 該 特 定 実 用 発 電 用 原 子 炉 設 置 者 が 使 用 済 燃 料 再 処 理 等 既 発 電 費 として 積 み 立 てるべき 金 額 に 相 当 する 収 入 金 額 を 追 加 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 講 ずることとした ( 法 附 則 919 令 附 則 6の26) (7) (3)アに 伴 い 資 本 金 1 億 円 超 の 普 通 法 人 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 事 業 年 度 に 係 る 付 加 価 値 額 が40 億 円 未 満 の 法 人 につい て 当 該 事 業 年 度 に 係 る 事 業 税 額 が 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 の 付 加 価 値 割 資 本 割 及 び 所 得 割 の 税 率 を 当 該 事 業 年 度 のそれぞれの 課 税 標 準 に 乗 じて 計 算 した 金 額 を 超 える 場 合 にあっては 付 加 価 値 額 が30 億 円 以 下 の 法 人 についてはその 超 える 額 に2 分 の1の 割 合 を 乗 じて 得 た 金 額 を 付 加 価 値 額 が30 億 円 超 40 億 円 未 満 の 法 人 についてはその 超 える 額 に 当 該 付 加 価 値 額 に 応 じて2 分 の1から0の 間 の 割 合 を 乗 じて 得 た 金 額 を そ れぞれ 当 該 事 業 年 度 に 係 る 事 業 税 額 から 控 除 する 措 置 を 講 ずることとした ( 改 正 法 附 則 82~5) (8) (3)イに 伴 い 資 本 金 1 億 円 超 の 普 通 法 人 のうち 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までの 間 に 開 始 する 事 業 年 度 に 係 る 付 加 価 値 額 が40 億 円 未 満 の 法 人 につい て 当 該 事 業 年 度 に 係 る 事 業 税 額 が 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 の 付 加 価 値 割 資 本 割 及 び 所 得 割 の 税 率 を 当 該 事 業 年 度 のそれぞれの 課 税 標 準 に 乗 じて 計 算 した 金 額 を 超 える 場 合 にあっては 付 加 価 値 額 が30 億 円 以 下 の 法 人 についてはその 超 える 額 に2 分 の1の 割 合 を 乗 じて 得 た 金 額 を 付 加 価 値 額 が30 億 円 超 40 億 円 未 満 の 法 人 についてはその 超 える 額 に 当 該 付 加 価 値 額 に 応 じて2 分 の1から0の 間 の 割 合 を 乗 じて 得 た 金 額 を そ れぞれ 当 該 事 業 年 度 に 係 る 事 業 税 額 から 控 除 する 措 置 を 講 ずることとした ( 改 正 法 附 則 92~5) 3 地 方 消 費 税 (1) 譲 渡 割 の 納 税 義 務 の 対 象 となる 課 税 資 産 の 譲 渡 等 から 特 定 資 産 の 譲 渡 等 を 除 くととも に 特 定 課 税 仕 入 れを 行 った 事 業 者 に 納 税 義 務 を 課 する 等 所 要 の 措 置 を 講 ずることとし た( 法 72の781 72の792 72の801 72の80の21 72の841 Ⅱ2 72の94 附 則 9の3の21 令 35の7の24) (2) 地 方 消 費 税 の 清 算 について 人 口 で 按 分 する 小 売 年 間 販 売 額 の 総 額 及 びサービス 業 対 個 人 事 業 収 入 額 の 総 額 の 合 算 額 ( 以 下 総 額 の 合 算 額 という )の 割 合 を15 分 の3 ( 現 行 6 分 の1)とし 従 業 者 数 で 按 分 する 総 額 の 合 算 額 の 割 合 を15 分 の2( 現 行 6 分 の1)とすることとした( 令 35の20) (3) サービス 業 対 個 人 事 業 収 入 額 について サービス 業 基 本 調 査 に 基 づき 定 める 額 から 経 済 センサス 活 動 調 査 のサービス 業 に 係 る 部 分 ( サービス 関 連 産 業 B ( 情 報 通 信 -5-

7 業 土 地 売 買 業 土 地 賃 貸 業 貸 家 業 貸 間 業 旅 行 業 及 び 競 輪 競 馬 等 の 競 走 場 競 技 団 を 除 く ) 及 び 医 療 福 祉 ( 社 会 保 険 事 業 団 体 を 除 く ))に 基 づき 定 める 額 に 変 更 することとした( 則 7の2の10) 4 不 動 産 取 得 税 (1) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 同 法 に 規 定 する 事 業 所 内 保 育 事 業 ( 利 用 定 員 が6 人 以 上 )の 用 に 供 する 不 動 産 について 非 課 税 とする 特 例 措 置 を 講 ずる こととした( 法 73の41) (2) 国 立 研 究 開 発 法 人 医 薬 基 盤 健 康 栄 養 研 究 所 が 一 定 の 業 務 の 用 に 供 する 不 動 産 につ いて 非 課 税 とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 73の41 令 37の9の12) (3) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 直 接 同 法 に 規 定 する 家 庭 的 保 育 事 業 の 用 に 供 する 家 屋 ( 当 該 事 業 の 用 以 外 の 用 に 供 されていないものに 限 る )について 当 該 家 屋 の 価 格 の2 分 の1に 相 当 する 額 を 価 格 から 控 除 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 講 ず ることとした( 法 73の1411) (4) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 直 接 同 法 に 規 定 する 居 宅 訪 問 型 保 育 事 業 の 用 に 供 する 家 屋 ( 当 該 事 業 の 用 以 外 の 用 に 供 されていないものに 限 る )につい て 当 該 家 屋 の 価 格 の2 分 の1に 相 当 する 額 を 価 格 から 控 除 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 73の1412) (5) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 直 接 同 法 に 規 定 する 事 業 所 内 保 育 事 業 ( 利 用 定 員 が5 人 以 下 )の 用 に 供 する 家 屋 ( 当 該 事 業 の 用 以 外 の 用 に 供 されていない ものに 限 る )について 当 該 家 屋 の 価 格 の2 分 の1に 相 当 する 額 を 価 格 から 控 除 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 73の1413) (6) 社 会 福 祉 法 人 等 が 直 接 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 に 規 定 する 認 定 生 活 困 窮 者 就 労 訓 練 事 業 ( 社 会 福 祉 事 業 として 行 われるものに 限 る )の 用 に 供 する 不 動 産 について 当 該 不 動 産 の 価 格 の2 分 の1に 相 当 する 額 を 価 格 から 控 除 する 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 講 ずること とした( 法 73の1414 令 39の2の3) (7) 宅 地 建 物 取 引 業 者 が 改 修 工 事 対 象 住 宅 の 取 得 後 2 年 以 内 に 一 定 の 改 修 工 事 を 行 っ た 後 当 該 住 宅 を 個 人 に 対 し 譲 渡 し 当 該 個 人 がその 者 の 居 住 の 用 に 供 した 場 合 につい て 当 該 宅 地 建 物 取 引 業 者 による 取 得 が 平 成 29 年 3 月 31 日 までに 行 われた 場 合 に 限 り 一 定 の 税 額 を 減 額 する 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 11の44 令 附 則 9 の3) (8) 国 立 研 究 開 発 法 人 森 林 総 合 研 究 所 が 一 定 の 業 務 の 用 に 供 する 不 動 産 に 係 る 非 課 税 措 置 について その 対 象 に 森 林 保 険 業 務 の 用 に 供 する 不 動 産 を 追 加 することとした( 法 73 の41 令 37の9の10) (9) 信 託 会 社 等 が 投 資 信 託 の 引 受 けにより 取 得 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 対 象 となる 不 動 産 に 倉 庫 ( 床 面 積 が3,000 平 方 メートル 以 上 で 流 通 加 工 の 用 に 供 する 空 間 を 有 するものに 限 る )を 追 加 した 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 114 則 附 則 3の2の8Ⅷ) (10) 一 定 の 投 資 法 人 が 取 得 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 対 象 と なる 不 動 産 に 倉 庫 ( 床 面 積 が3,000 平 方 メートル 以 上 で 流 通 加 工 の 用 に 供 する 空 -6-

8 間 を 有 するものに 限 る )を 追 加 した 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 115 則 附 則 3の2の8Ⅷ) (11) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 に 規 定 する 認 定 事 業 者 が 認 定 計 画 に 基 づき 取 得 する 認 定 事 業 の 用 に 供 する 不 動 産 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 価 格 から 控 除 する 額 を 当 該 不 動 産 の 価 格 の5 分 の1を 参 酌 して10 分 の1 以 上 10 分 の3 以 下 の 範 囲 内 において 道 府 県 の 条 例 で 定 める 割 合 に 相 当 する 額 とした 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした ただし 当 該 取 得 が 特 定 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 において 行 われた 場 合 にあっては 価 格 から 控 除 する 額 を 当 該 不 動 産 の 価 格 の2 分 の1を 参 酌 して5 分 の2 以 上 5 分 の3 以 下 の 範 囲 内 において 道 府 県 の 条 例 で 定 める 割 合 に 相 当 する 額 とすること とした( 法 附 則 117) (12) 次 のとおり 非 課 税 措 置 等 の 適 用 期 限 を 延 長 することとした ア 預 金 保 険 法 に 規 定 する 協 定 銀 行 が 協 定 の 定 めにより 内 閣 総 理 大 臣 のあっせんを 受 け て 行 う 破 綻 金 融 機 関 等 の 事 業 の 譲 受 け 又 は 預 金 保 険 機 構 の 委 託 を 受 けて 行 う 資 産 の 買 取 りにより 取 得 する 不 動 産 に 係 る 非 課 税 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 101) イ 保 険 業 法 に 規 定 する 協 定 銀 行 が 協 定 の 定 めにより 保 険 契 約 者 保 護 機 構 の 委 託 を 受 け て 行 う 破 綻 保 険 会 社 等 の 資 産 の 買 取 りにより 取 得 する 不 動 産 に 係 る 非 課 税 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 103) ウ 農 業 経 営 基 盤 強 化 促 進 法 に 規 定 する 農 用 地 利 用 集 積 計 画 に 基 づき 取 得 する 農 用 地 区 域 内 にある 土 地 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 111) エ 一 定 の 特 定 目 的 会 社 が 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づき 取 得 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 113) オ 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 国 又 は 地 方 公 共 団 体 が 法 律 の 規 定 によりその 事 業 等 として 実 施 するものであ る 一 定 の 選 定 事 業 により 取 得 する 公 共 施 設 等 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 32 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 116) カ 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 政 府 の 補 助 を 受 けて 取 得 する 国 立 大 学 の 校 舎 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 32 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 118) キ 公 益 社 団 法 人 又 は 公 益 財 団 法 人 が 取 得 する 文 化 財 保 護 法 に 規 定 する 重 要 無 形 文 化 財 の 公 演 のための 施 設 の 用 に 供 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1111) ク 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 関 する 法 律 に 規 定 するサービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 であ る 一 定 の 新 築 貸 家 住 宅 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1113) ケ 住 宅 及 び 土 地 の 取 得 に 係 る 標 準 税 率 ( 本 則 4%)を3%とする 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 11の2) コ 心 身 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 事 業 所 の 事 業 主 が 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 に -7-

9 規 定 する 助 成 金 等 の 支 給 を 受 けて 取 得 する 一 定 の 事 業 の 用 に 供 する 施 設 に 係 る 税 額 の 減 額 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 11の41) サ 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 関 する 法 律 に 規 定 するサービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 であ る 一 定 の 新 築 貸 家 住 宅 の 用 に 供 する 土 地 の 取 得 に 係 る 税 額 の 減 額 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 11の43) シ 宅 地 評 価 土 地 の 取 得 に 係 る 課 税 標 準 を 価 格 の2 分 の1とする 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 11の5) ス 土 地 改 良 法 の 規 定 に 基 づき 土 地 を 取 得 することが 適 当 と 認 める 者 が 東 日 本 大 震 災 の 津 波 被 災 区 域 を 含 む 換 地 計 画 に 基 づき 取 得 する 一 定 の 換 地 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 51の23) (12) 次 のとおり 課 税 標 準 の 特 例 措 置 を 改 めることとした ア 耐 震 基 準 適 合 既 存 住 宅 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 となる 既 存 住 宅 に 係 る 耐 震 基 準 適 合 要 件 のうち 築 年 数 に 係 る 要 件 を 削 除 すること( 令 37 条 の18 3) イ 農 業 協 同 組 合 等 が 農 業 近 代 化 資 金 等 の 貸 付 けを 受 けて 取 得 する 農 林 漁 業 経 営 の 近 代 化 又 は 合 理 化 のための 共 同 利 用 施 設 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 価 格 から 控 除 する 額 の 上 限 を 価 格 の2 分 の1に 相 当 する 額 とし その 対 象 から 沖 縄 振 興 開 発 金 融 公 庫 から 一 定 の 資 金 の 貸 付 けを 受 けて 取 得 する 施 設 を 除 外 した 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1112 令 附 則 716) ウ 不 動 産 特 定 共 同 事 業 法 に 規 定 する 特 例 事 業 者 が 一 定 の 不 動 産 特 定 共 同 事 業 契 約 によ り 取 得 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 不 動 産 の 用 途 認 定 に 関 する 規 定 の 整 備 を 行 った 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1114 令 附 則 7 21 則 附 則 3の2の172) 5 道 府 県 たばこ 税 (1) 紙 巻 たばこ 三 級 品 に 係 る 道 府 県 たばこ 税 の 税 率 の 特 例 を 廃 止 した 上 次 に 掲 げる 期 間 における 紙 巻 たばこ 三 級 品 に 係 る 道 府 県 たばこ 税 の 税 率 はそれぞれ 次 に 定 める 税 率 とす ることとした( 法 附 則 12の2 改 正 法 附 則 12 改 正 則 附 則 5) ア 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 1,000 本 につき481 円 イ 平 成 29 年 4 月 1 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 1,000 本 につき551 円 ウ 平 成 30 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 1,000 本 につき656 円 (2) 税 率 の 引 上 げ 日 前 に 売 渡 し 等 が 行 われた 紙 巻 たばこ 三 級 品 を 同 日 に 販 売 のため 所 持 す る 一 定 の 卸 売 販 売 業 者 等 及 び 小 売 販 売 業 者 に 対 して 手 持 品 課 税 を 行 うこととした( 改 正 法 附 則 12 改 正 令 附 則 4 改 正 則 附 則 5) 6 自 動 車 取 得 税 (1) 排 出 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 の 優 れた 環 境 負 荷 の 小 さい 自 動 車 で 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 に 係 る 非 課 税 措 置 について 次 のとおり 対 象 を 見 直 した 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 12の2の22 則 附 則 4 の4) -8-

10 ア 電 気 自 動 車 イ 天 然 ガス 自 動 車 のうち 平 成 21 年 10 月 1 日 ( 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 え12 t 以 下 のものは 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められ た 排 出 ガス 保 安 基 準 に 適 合 し かつ 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 当 該 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の10 分 の9を 超 えないもの ウ プラグインハイブリッド 自 動 車 エ 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 1 乗 用 車 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 10 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 排 出 ガス 保 安 基 準 ( 以 下 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 という )に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 に 規 定 するエネルギー 消 費 効 率 ( 以 下 エネルギー 消 費 効 率 という )が 同 法 の 規 定 により 定 められる 製 造 事 業 者 等 の 判 断 の 基 準 となるべき 事 項 を 勘 案 して 定 めるエネルギー 消 費 効 率 ( 以 下 基 準 エネルギー 消 費 効 率 という )であって 平 成 32 年 度 以 降 の 各 年 度 にお いて 適 用 されるべきものとして 定 められたもの( 以 下 平 成 32 年 度 基 準 エネル ギー 消 費 効 率 という )に100 分 の120を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 する もの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 基 準 エネルギー 消 費 効 率 であって 平 成 27 年 度 以 降 の 各 年 度 において 適 用 されるべきものとして 定 められたもの( 以 下 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 という )に100 分 の125を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 で あること 3 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること オ 次 に 掲 げる 軽 油 自 動 車 1 乗 用 車 のうち 平 成 21 年 10 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められ た 排 出 ガス 保 安 基 準 ( 以 下 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 という )に 適 合 する もの 2 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの -9-

11 (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 10 月 1 日 ( 車 両 総 重 量 が12t 以 下 のものは 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 排 出 ガス 保 安 基 準 ( 以 下 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 という )に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (2) 排 出 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 の 優 れた 環 境 負 荷 の 小 さい 自 動 車 で 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 に 係 る 税 率 を 本 特 例 措 置 の 適 用 がないものとした 場 合 の 税 率 に100 分 の20を 乗 じて 得 た 率 とする 特 例 措 置 について 次 のとおり 軽 減 対 象 を 見 直 した 上 そ の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 12の2の32 則 附 則 4の51~8) ア 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 1 乗 用 車 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 32 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 する もの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 120を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること -10-

12 4 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の2 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること イ 次 に 掲 げる 軽 油 自 動 車 1 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 4 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (3) 排 出 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 の 優 れた 環 境 負 荷 の 小 さい 自 動 車 で 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 に 係 る 税 率 を 本 特 例 措 置 の 適 用 がないものとした 場 合 の 税 率 に100 分 の40を 乗 じて 得 た 率 とする 特 例 措 置 について 次 のとおり 軽 減 対 象 を 見 直 した 上 そ の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 12の2の33 則 附 則 4の59~16) ア 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 1 乗 用 車 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること -11-

13 (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 32 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 する もの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 115を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 4 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の2 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること イ 次 に 掲 げる 軽 油 自 動 車 1 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 適 合 すること -12-

14 (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 4 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (4) 排 出 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 の 優 れた 環 境 負 荷 の 小 さい 自 動 車 で 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 について 当 該 取 得 が 平 成 29 年 3 月 31 日 までに 行 われたときに 限 り 当 該 取 得 に 係 る 税 率 を 本 特 例 措 置 の 適 用 がないものとした 場 合 の 税 率 に100 分 の60 を 乗 じて 得 た 率 とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 12の2の34 則 附 則 4 の517~23) ア 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 1 乗 用 車 又 は 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のバス 若 しくはトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 110を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の2 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること イ 次 に 掲 げる 軽 油 自 動 車 1 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 -13-

15 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 以 上 であること 2 車 両 総 重 量 が2.5tを 超 え3.5t 以 下 のバス 又 はトラックのうち 次 のいず れにも 該 当 するもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 排 出 量 が 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 及 び 粒 子 状 物 質 の 値 の10 分 の9を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 以 上 であること 4 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 えるバス 又 はトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 す るもの (イ) 平 成 21 年 軽 油 重 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (5) 排 出 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 の 優 れた 環 境 負 荷 の 小 さいガソリン 自 動 車 ( 乗 用 車 又 は 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のバス 若 しくはトラックであって 次 のいずれにも 該 当 するも のに 限 る )で 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 について 当 該 取 得 が 平 成 29 年 3 月 31 日 までに 行 われたときに 限 り 当 該 取 得 に 係 る 税 率 を 本 特 例 措 置 の 適 用 がない ものとした 場 合 の 税 率 に100 分 の80を 乗 じて 得 た 率 とする 特 例 措 置 を 講 ずることと した( 法 附 則 12の2の35 則 附 則 4の524) ア 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること イ 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の 4 分 の1を 超 えないこと ウ エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 27 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の105を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (6) 排 出 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 の 優 れた 環 境 負 荷 の 小 さい 自 動 車 (6(6)において 環 境 対 応 車 という )で 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるもの 以 外 の 環 境 対 応 車 の 取 得 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 次 のとおり 控 除 額 及 び 軽 減 対 象 を 見 直 した 上 その 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 12の2の51~5 則 附 則 4の6) ア 次 に 掲 げる 自 動 車 について 取 得 価 額 から45 万 円 を 控 除 すること 1 電 気 自 動 車 2 6(1)イの 天 然 ガス 自 動 車 3 プラグインハイブリッド 自 動 車 4 6(1)エのガソリン 自 動 車 5 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 ( 平 成 32 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 及 び 平 成

16 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 を 算 定 する 方 法 によりエネルギー 消 費 効 率 を 算 定 して いない 自 動 車 であって 基 準 エネルギー 消 費 効 率 であって 平 成 22 年 度 以 降 の 各 年 度 に 適 用 されるべきものとして 定 められたもの( 以 下 平 成 22 年 度 基 準 エネルギ ー 消 費 効 率 という )を 算 定 する 方 法 によりエネルギー 消 費 効 率 を 算 定 している もの( 以 下 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 算 定 自 動 車 という )に 限 る ) (イ) 乗 用 車 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (a) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (b) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (c) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 180を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (ロ) 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (a) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (b) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (c) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 157を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 6 6(1)オ1の 軽 油 自 動 車 7 6(1)オ3の 軽 油 自 動 車 (ハイブリッド 自 動 車 に 限 る ) イ 次 に 掲 げる 自 動 車 について 取 得 価 額 から35 万 円 を 控 除 すること 1 6(2)アのガソリン 自 動 車 2 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 ( 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 算 定 自 動 車 に 限 る ) (イ) 乗 用 車 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (a) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (b) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (c) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 165を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (ロ) 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (a) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (b) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (c) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 150を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 6(2)イ3 又 は4の 軽 油 自 動 車 (ハイブリッド 自 動 車 に 限 る ) ウ 次 に 掲 げる 自 動 車 について 取 得 価 額 から25 万 円 を 控 除 すること 1 6(3)アのガソリン 自 動 車 2 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 ( 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 算 定 自 動 車 に -15-

17 限 る ) (イ) 乗 用 車 のうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (a) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (b) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (c) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 150を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (ロ) 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のトラックのうち 次 のいずれにも 該 当 するもの (a) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (b) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (c) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 144を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 6(3)イ3 又 は4の 軽 油 自 動 車 (ハイブリッド 自 動 車 に 限 る ) エ 次 に 掲 げる 自 動 車 について 取 得 価 額 から15 万 円 を 控 除 すること 1 6(4)アのガソリン 自 動 車 2 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 ( 乗 用 車 又 は 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のトラックで あって 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 算 定 自 動 車 に 限 る )のうち 次 の いずれにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 138を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること 3 6(4)イ3 又 は4の 軽 油 自 動 車 (ハイブリッド 自 動 車 に 限 る ) オ 次 に 掲 げる 自 動 車 について 取 得 価 額 から5 万 円 を 控 除 すること 1 6(5)アのガソリン 自 動 車 2 次 に 掲 げるガソリン 自 動 車 ( 乗 用 車 又 は 車 両 総 重 量 が2.5t 以 下 のトラックで あって 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 算 定 自 動 車 であるものに 限 る )の うち 次 のいずれにも 該 当 するもの (イ) 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 適 合 すること (ロ) 窒 素 酸 化 物 の 排 出 量 が 平 成 17 年 ガソリン 軽 中 量 車 基 準 に 定 める 窒 素 酸 化 物 の 値 の4 分 の1を 超 えないこと (ハ) エネルギー 消 費 効 率 が 平 成 22 年 度 基 準 エネルギー 消 費 効 率 に100 分 の 132を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 であること (7) 一 般 乗 合 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 を 経 営 する 者 が 路 線 定 期 運 行 の 用 に 供 する 自 動 車 ( 以 下 路 線 バス 等 という )のうち 一 定 のノンステップバスで 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 け るものの 取 得 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 す ることとした( 法 附 則 12の2の56 則 附 則 4の6の212) (8) 路 線 バス 等 のうち 一 定 のリフト 付 きバスで 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 に -16-

18 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした ( 法 附 則 12の2の57 則 附 則 4の6の234) (9) 一 般 乗 用 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 を 経 営 する 者 がその 事 業 の 用 に 供 する 乗 用 車 のうち 一 定 のユニバーサルデザインタクシーで 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 1 2の2の58 則 附 則 4の6の256) (10) 次 に 掲 げる 自 動 車 のうち 車 両 安 定 性 制 御 装 置 及 び 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 を 備 え るもので 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 について 当 該 取 得 が 平 成 29 年 3 月 3 1 日 (エに 掲 げるトラックにあっては 平 成 28 年 10 月 31 日 )までに 行 われたとき に 限 り 取 得 価 額 から525 万 円 を 控 除 する 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 12 の2の59 則 附 則 4の6の27~12) ア 車 両 総 重 量 が5tを 超 え12t 以 下 の 乗 用 車 又 はバス( 以 下 バス 等 という ) であって 平 成 28 年 2 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 上 又 は 公 害 防 止 その 他 の 環 境 保 全 上 の 技 術 基 準 ( 以 下 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 という ) 及 び 平 成 25 年 1 月 27 日 以 降 に 適 用 され るべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 上 又 は 公 害 防 止 そ の 他 の 環 境 保 全 上 の 技 術 基 準 ( 以 下 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 と いう )のいずれにも 適 合 するもの イ 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 え8t 以 下 のトラック(けん 引 自 動 車 及 び 被 けん 引 自 動 車 を 除 く 以 下 同 じ )であって 平 成 28 年 2 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものと して 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 及 び 平 成 26 年 2 月 13 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のい ずれにも 適 合 するもの ウ 車 両 総 重 量 が8tを 超 え20t 以 下 のトラックであって 平 成 28 年 2 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 及 び 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のいずれにも 適 合 するもの エ 車 両 総 重 量 が20tを 超 え22t 以 下 のトラックであって 平 成 27 年 9 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 及 び 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のいずれにも 適 合 するもの (11) (10)エに 掲 げる 自 動 車 のうち 車 両 安 定 性 制 御 装 置 及 び 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 を 備 えるもので 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 について 当 該 取 得 が 平 成 28 年 1 1 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までに 行 われたときに 限 り 取 得 価 額 から350 万 円 を 控 除 する 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 12の2の510 則 附 則 4の6の2 13) (12) 次 に 掲 げる 自 動 車 のうち 車 両 安 定 性 制 御 装 置 又 は 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 のいず れかを 備 えるもので 初 めて 新 規 登 録 等 を 受 けるものの 取 得 について 当 該 取 得 が 平 成 2 9 年 3 月 31 日 (オに 掲 げるトラックにあっては 平 成 28 年 10 月 31 日 )までに 行 われたときに 限 り 取 得 価 額 から350 万 円 を 控 除 する 特 例 措 置 を 講 ずることとした( -17-

19 法 附 則 12の2の511 則 附 則 4の6の214) ア 車 両 総 重 量 が5t 以 下 のバス 等 であって 平 成 26 年 2 月 13 日 以 降 に 適 用 される べきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 に 適 合 するもの イ 車 両 総 重 量 が5tを 超 え12t 以 下 のバス 等 であって 平 成 28 年 2 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 又 は 平 成 2 5 年 1 月 27 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のいずれかに 適 合 するもの ウ 車 両 総 重 量 が3.5tを 超 え8t 以 下 のトラックであって 平 成 28 年 2 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 又 は 平 成 26 年 2 月 13 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のいずれかに 適 合 するもの エ 車 両 総 重 量 が8tを 超 え20t 以 下 のトラックであって 平 成 28 年 2 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 又 は 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のいずれかに 適 合 するもの オ 車 両 総 重 量 が20tを 超 え22t 以 下 のトラックであって 平 成 27 年 9 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 車 両 安 定 性 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 又 は 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 適 用 されるべきものとして 定 められた 衝 突 被 害 軽 減 制 動 制 御 装 置 に 係 る 保 安 基 準 のいずれかに 適 合 するもの 7 軽 油 引 取 税 (1) 軽 油 引 取 税 の 課 税 免 除 の 特 例 措 置 については 次 に 掲 げる 軽 油 の 引 取 りに 係 るものを 除 き その 適 用 期 限 を 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 12の2 の71 令 附 則 10の2の212 旧 令 附 則 10の2の21 6 則 附 則 4の71 旧 則 附 則 4の71) ア 海 上 保 安 庁 が 航 路 標 識 法 の 規 定 により 設 置 し 及 び 管 理 する 航 路 標 識 の 電 源 の 用 途 に 供 する 軽 油 の 引 取 り イ 警 察 の 用 に 供 する 電 気 通 信 設 備 を 設 置 し 及 び 管 理 する 者 が 当 該 設 備 の 電 源 の 用 途 に 供 する 軽 油 の 引 取 り ウ 消 防 庁 及 び 地 方 公 共 団 体 が 消 防 事 務 の 用 に 供 する 電 気 通 信 設 備 の 電 源 の 用 途 に 供 す る 軽 油 の 引 取 り エ 陶 磁 器 製 造 業 を 営 む 者 が 陶 磁 器 の 製 造 工 程 における 焼 成 及 び 乾 燥 の 用 途 に 供 する 軽 油 の 引 取 り (2) 船 舶 の 動 力 源 に 供 する 免 税 軽 油 の 引 取 りを 行 った 自 衛 隊 の 船 舶 の 使 用 者 が 物 品 又 は 役 務 の 相 互 提 供 に 関 する 条 約 その 他 の 国 際 約 束 で 一 定 のものに 基 づき 平 成 三 十 年 三 月 三 十 一 日 までに 当 該 引 取 りに 係 る 軽 油 を 当 該 締 約 国 の 軍 隊 の 船 舶 の 動 力 源 に 供 するため 譲 渡 する 場 合 においては 軽 油 引 取 税 を 課 さないものとすることとした( 法 附 則 12の 2の756 令 附 則 10の2の211 則 附 則 4の712) (3) 軽 油 引 取 税 の 課 税 免 除 の 特 例 措 置 に 係 る 軽 油 の 引 取 りを 行 おうとする 者 であることを -18-

20 証 する 書 面 の 有 効 期 間 は 道 府 県 知 事 が 定 める 期 間 を 経 過 する 日 が 平 成 30 年 3 月 31 日 以 後 に 到 来 する 場 合 には 同 日 とすることとした( 令 附 則 10の2の28) 8 狩 猟 税 (1) 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 に 規 定 する 対 象 鳥 獣 捕 獲 員 に 係 る 狩 猟 者 の 登 録 が 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 までの 間 に 行 われた 場 合 においては 当 該 対 象 鳥 獣 捕 獲 員 に 対 しては 狩 猟 税 を 課 さな いものとする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 321) (2) 鳥 獣 の 保 護 及 び 管 理 並 びに 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 に 規 定 する 認 定 鳥 獣 捕 獲 等 事 業 者 の 従 事 者 に 係 る 狩 猟 者 の 登 録 が 平 成 27 年 5 月 29 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 ま での 間 に 行 われた 場 合 においては 当 該 従 事 者 に 対 しては 狩 猟 税 を 課 さないものとす る 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 322) (3) 狩 猟 者 登 録 の 申 請 書 を 提 出 する 日 前 1 年 以 内 の 期 間 に 鳥 獣 の 保 護 及 び 管 理 並 びに 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 の 許 可 を 受 け 当 該 許 可 に 係 る 鳥 獣 の 捕 獲 等 を 行 った 者 が 受 け る 狩 猟 者 の 登 録 が 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 までの 間 に 行 われた 場 合 においては 当 該 狩 猟 者 に 係 る 狩 猟 税 の 税 率 を2 分 の1とする 特 例 措 置 を 講 ずるこ ととした( 法 附 則 32の21) (4) 狩 猟 者 登 録 の 申 請 書 を 提 出 する 日 前 1 年 以 内 の 期 間 に 鳥 獣 の 保 護 及 び 管 理 並 びに 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 に 規 定 する 従 事 者 ( 認 定 鳥 獣 捕 獲 等 事 業 者 に 係 るものを 除 く )として 従 事 者 証 の 交 付 を 受 けて 当 該 従 事 者 証 に 係 る 鳥 獣 の 捕 獲 等 を 行 った 者 が 受 ける 狩 猟 者 の 登 録 が 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 までの 間 に 行 わ れた 場 合 においては 当 該 狩 猟 者 に 係 る 狩 猟 税 の 税 率 を2 分 の1とする 特 例 措 置 を 講 ず ることとした( 法 附 則 32の22) 第 2 市 町 村 税 の 改 正 に 関 する 事 項 1 市 町 村 民 税 (1) 所 得 割 の 課 税 標 準 の 算 定 方 法 について 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 ) 第 60 条 の2から 第 60 条 の4までの 規 定 による 計 算 の 例 によらないものとした ( 法 313 条 2) (2) 都 道 府 県 又 は 市 区 町 村 ( 以 下 地 方 団 体 という )に 対 する 寄 附 金 に 係 る 個 人 の 市 町 村 民 税 の 寄 附 金 税 制 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ア 平 成 28 年 度 以 後 の 各 年 度 分 の 個 人 の 市 町 村 民 税 から 控 除 する 特 例 控 除 額 について 市 町 村 民 税 の 所 得 割 の 額 の100 分 の20に 相 当 する 金 額 を 限 度 とすること ( 法 3 14の72) イ 平 成 27 年 4 月 1 日 以 後 に 支 出 する 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 について 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 当 該 寄 附 金 に 係 る 寄 附 金 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 当 分 の 間 次 に 定 めるところにより 個 人 の 市 町 村 民 税 に 関 する 申 告 書 を 提 出 することなく 寄 附 金 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることができるものとすること ( 法 附 則 78~14 附 則 7 の24~6 附 則 7の32) -19-

21 1 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 を 支 出 する 者 は 当 該 寄 附 金 を 支 出 する 際 当 該 地 方 団 体 の 長 に 対 し 当 該 地 方 団 体 の 長 から 賦 課 期 日 現 在 における 住 所 所 在 地 の 市 町 村 長 に 寄 附 金 税 額 控 除 額 の 控 除 に 関 する 事 項 を 記 載 した 申 告 特 例 通 知 書 の 送 付 を 求 める ことができること 2 1の 求 めを 受 けた 地 方 団 体 は 当 該 寄 附 金 を 支 出 した 者 の 賦 課 期 日 現 在 における 住 所 所 在 地 の 市 町 村 長 に 対 し 申 告 特 例 通 知 書 を 送 付 しなければならないこと 3 2の 申 告 特 例 通 知 書 の 送 付 があった 場 合 地 方 団 体 に 対 する 寄 附 金 に 係 る 寄 附 金 税 額 控 除 額 に 加 え 当 該 寄 附 金 を 支 出 した 者 の 所 得 に 応 じて 算 出 した 申 告 特 例 控 除 額 を 個 人 の 市 町 村 民 税 から 税 額 控 除 すること 4 個 人 の 市 町 村 民 税 に 関 する 申 告 書 の 提 出 を 行 った 者 又 は 五 を 超 える 地 方 団 体 の 長 に 対 して1の 求 めを 行 った 者 等 については 適 用 対 象 から 除 かれること (3) 内 部 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 により 所 得 税 に 係 る 更 正 決 定 を 受 けた 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 租 税 条 約 の 相 手 国 との 相 互 協 議 の 申 立 てをした 場 合 には 当 該 申 立 てをした 者 の 申 請 に 基 づき 当 該 更 正 決 定 に 係 る 所 得 税 の 額 の 算 定 の 基 礎 となった 所 得 に 基 づいて 課 された 所 得 割 の 徴 収 を 猶 予 することとし 徴 収 を 猶 予 する 場 合 には 猶 予 する 金 額 に 相 当 する 担 保 を 徴 することとすることとした また 徴 収 の 猶 予 をした 所 得 割 に 係 る 延 滞 金 のうち 猶 予 期 間 に 対 応 する 部 分 の 金 額 は 免 除 することとすることとした ( 法 32 1の7の12 法 321の7の13 令 48の9の18) (4) 個 人 の 市 町 村 民 税 の 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 について その 対 象 となる 家 屋 の 居 住 年 の 期 限 を 平 成 三 十 一 年 まで 延 長 することとした ( 法 附 則 5の4の269 附 則 45 6) (5) 未 成 年 者 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 及 び 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 措 置 の 創 設 に 伴 い 平 成 29 年 度 以 後 の 各 年 度 分 の 個 人 の 市 町 村 民 税 について 未 成 年 者 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 金 額 とそれ 以 外 の 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 金 額 と を 区 分 して 計 算 することとした ( 法 附 則 35の3の36~10 令 附 則 18の6の34 ~6) (6) 市 町 村 民 税 の 所 得 割 の 納 税 義 務 者 が 非 居 住 者 であった 期 間 を 有 する 場 合 における 外 国 税 額 控 除 の 控 除 限 度 額 の 計 算 方 法 等 について 所 要 の 措 置 を 講 ずることとした ( 令 4 8の9の2) (7) 市 町 村 民 税 の 納 税 義 務 者 が 国 外 に 居 住 する 親 族 を 有 する 場 合 の 障 害 者 控 除 配 偶 者 控 除 配 偶 者 特 別 控 除 若 しくは 扶 養 控 除 の 適 用 又 は 非 課 税 限 度 額 制 度 の 適 用 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ア 国 外 に 居 住 する 親 族 に 係 る 障 害 者 控 除 配 偶 者 控 除 配 偶 者 特 別 控 除 又 は 扶 養 控 除 に 関 する 事 項 を 記 載 した 個 人 の 市 町 村 民 税 の 申 告 書 を 提 出 する 者 は 所 得 税 法 施 行 規 則 第 47 条 の2 第 4 項 及 び 第 5 項 に 規 定 する 書 類 を 当 該 申 告 書 に 添 付 し 又 は 市 町 村 長 に 提 示 しなければならないこと ( 則 2の23) イ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 個 人 の 市 町 村 民 税 の 申 告 書 を 提 出 する 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 当 該 申 告 書 に 添 付 し 又 は 市 町 村 長 に 提 示 しなければならないこ と ( 則 2の245) -20-

22 ウ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 確 定 申 告 書 を 提 出 する 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 市 町 村 長 に 提 出 しなければならないこと ( 則 2の323) エ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 給 与 支 払 者 の 扶 養 親 族 申 告 書 又 は 扶 養 親 族 異 動 申 告 書 を 提 出 した 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 市 町 村 長 に 提 出 しなければならないこ と ( 則 2の3の22 則 2の3の3145) オ 控 除 対 象 外 国 外 扶 養 親 族 に 関 する 事 項 を 記 載 した 公 的 年 金 等 受 給 者 の 扶 養 親 族 申 告 書 を 提 出 した 者 が 非 課 税 限 度 額 制 度 適 用 者 である 場 合 には 当 該 申 告 書 を 提 出 する 者 は 国 外 扶 養 親 族 証 明 書 類 を 市 町 村 長 に 提 出 しなければならないこと ( 則 2の3 の52 則 2の3の6134) (8) 法 人 住 民 税 均 等 割 の 税 率 適 用 区 分 の 基 準 である 資 本 金 等 の 額 について 以 下 の 措 置 を 講 ずることとした ( 法 2921ⅣのⅤ 令 45の4 48の2) ア 資 本 金 又 は 資 本 準 備 金 を 欠 損 の 塡 補 又 は 損 失 の 塡 補 に 充 てた 金 額 を 控 除 するととも に 剰 余 金 又 は 利 益 準 備 金 を 資 本 金 とした 金 額 を 加 算 する 措 置 を 講 ずること イ 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 算 額 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 算 額 とする 措 置 を 講 ずること (9) 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 等 に 関 する 国 税 における 諸 制 度 の 取 扱 いを 踏 まえ 所 要 の 措 置 を 講 ずることとした ( 法 321の8) (10) 法 人 税 割 の 課 税 標 準 である 法 人 税 額 について 中 小 企 業 者 等 の 地 方 活 力 向 上 地 域 に おいて 特 定 建 物 等 を 取 得 した 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けた 額 とする 措 置 を 講 ずることとした ( 法 附 則 856) 2 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 (1) 平 成 27 年 度 の 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えに 伴 い 土 地 に 係 る 平 成 27 年 度 から 平 成 29 年 度 までの 各 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 負 担 についての 調 整 措 置 を 次 のとお り 講 ずることとした ア 宅 地 等 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 額 については 当 該 宅 地 等 に 係 る 当 該 年 度 分 の 税 額 が 前 年 度 分 の 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 の 価 格 ( 住 宅 用 地 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 を 受 ける 宅 地 等 については 当 該 特 例 措 置 の 適 用 後 の 額 )に100 分 の5を 乗 じて 得 た 額 を 加 算 した 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 ( 以 下 宅 地 等 調 整 税 額 という )を 超 える 場 合 には 当 該 宅 地 等 調 整 税 額 とすること ただし 宅 地 等 のうち 商 業 地 等 に 係 る 宅 地 等 調 整 税 額 は 当 該 宅 地 等 調 整 税 額 が 当 該 商 業 地 等 の 当 該 年 度 の 価 格 に10 分 の6を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 を 超 える 場 合 には 当 該 税 額 とし 当 該 宅 地 等 の 当 該 年 度 の 価 格 に10 分 の2を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 に 満 たない 場 合 には 当 該 税 額 とすること( 法 附 則 の の3 27の5 28) イ アにかかわらず 商 業 地 等 のうち 負 担 水 準 ( 前 年 度 課 税 標 準 額 の 当 該 年 度 の 価 格 ( 住 宅 用 地 又 は 市 街 化 区 域 農 地 に 係 る 課 税 標 準 の 特 例 措 置 の 適 用 を 受 ける 土 地 につい ては 当 該 特 例 措 置 の 適 用 後 の 額 以 下 同 じ )に 対 する 割 合 をいう 以 下 同 じ )が -21-

23 0.6 以 上 0.7 以 下 の 土 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 額 については 前 年 度 の 税 額 とすること( 法 附 則 18 25) ウ アにかかわらず 商 業 地 等 のうち 負 担 水 準 が0.7を 超 える 土 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 額 については 当 該 年 度 の 価 格 に10 分 の7を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 とすること( 法 附 則 18 25) エ 農 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 額 については 当 該 農 地 に 係 る 当 該 年 度 分 の 税 額 が 前 年 度 分 の 課 税 標 準 額 に 負 担 水 準 の 区 分 に 応 じて 求 める 次 の 表 に 掲 げる 負 担 調 整 率 を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 を 超 える 場 合 には 当 該 税 額 とすること( 法 附 則 19 26) 負 担 水 準 の 区 分 負 担 調 整 率 0.9 以 上 のもの 以 上 0.9 未 満 のもの 以 上 0.8 未 満 のもの 未 満 のもの 1.1 オ 三 大 都 市 圏 の 特 定 市 の 市 街 化 区 域 農 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 額 につい ては 当 該 市 街 化 区 域 農 地 に 係 る 当 該 年 度 分 の 税 額 が 前 年 度 分 の 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 の 価 格 に100 分 の5を 乗 じて 得 た 額 を 加 算 した 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 ( 以 下 市 街 化 区 域 農 地 調 整 税 額 という )を 超 える 場 合 には 当 該 市 街 化 区 域 農 地 調 整 税 額 とする 措 置 を 講 ずること ただし 市 街 化 区 域 農 地 調 整 税 額 は 当 該 市 街 化 区 域 農 地 調 整 税 額 が 当 該 市 街 化 区 域 農 地 の 当 該 年 度 の 価 格 に10 分 の2を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 に 満 たない 場 合 には 当 該 税 額 とすること ( 法 附 則 19の4 27の2) カ 商 業 地 等 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 当 該 年 度 の 価 格 に10 分 の 6 以 上 10 分 の7 未 満 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 までその 税 額 を 減 額 することができることとすること ( 法 附 則 21 27の4 27の5) キ 住 宅 用 地 商 業 地 等 及 び 三 大 都 市 圏 の 特 定 市 の 市 街 化 区 域 農 地 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 前 年 度 分 の 課 税 標 準 額 ( 前 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 について カ 又 はキの 減 額 が 行 われている 場 合 は その 減 額 後 の 税 額 に 対 応 する 前 年 度 分 の 課 税 標 準 額 )に100 分 の110 以 上 の 割 合 で 住 宅 用 地 商 業 地 等 及 び 三 大 都 市 圏 の 特 定 市 の 市 街 化 区 域 農 地 の 区 分 ごとに 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 課 税 標 準 額 とした 場 合 の 税 額 までその 税 額 を 減 額 することができることとす ること( 法 附 則 21の2 27の4の2 27の5) (2) 平 成 28 年 度 分 又 は 平 成 29 年 度 分 の 固 定 資 産 税 に 限 り 自 然 的 及 び 社 会 的 条 件 から みて 類 似 の 利 用 価 値 を 有 すると 認 められる 地 域 において 地 価 が 下 落 し 市 町 村 長 が 修 正 前 の 価 格 を 課 税 標 準 とすることが 固 定 資 産 税 の 課 税 上 著 しく 均 衡 を 失 すると 認 める 場 合 においては 修 正 前 の 価 格 を 修 正 基 準 によって 修 正 した 価 格 を 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 とすること( 法 附 則 17の2 19の2 22) (3) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 同 法 に 規 定 する 事 業 所 内 保 育 事 業 ( 利 用 定 員 が6 人 以 上 )の 用 に 供 する 固 定 資 産 について 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を -22-

24 非 課 税 とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 3482ⅩのⅩ) (4) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 直 接 同 法 に 規 定 する 家 庭 的 保 育 事 業 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 ( 当 該 事 業 の 用 以 外 の 用 ( 例 : 居 住 の 用 に 供 する 場 合 ) に 供 されていないものに 限 る )について 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 を 価 格 の2 分 の1とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 349の330) (5) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 直 接 同 法 に 規 定 する 居 宅 訪 問 型 保 育 事 業 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 ( 当 該 事 業 の 用 以 外 の 用 ( 例 : 居 住 の 用 に 供 する 場 合 )に 供 されていないものに 限 る )について 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 を 価 格 の2 分 の1とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 349の331) (6) 児 童 福 祉 法 の 規 定 により 市 町 村 の 認 可 を 得 た 者 が 直 接 同 法 に 規 定 する 事 業 所 内 保 育 事 業 ( 利 用 定 員 が5 人 以 下 )の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 ( 当 該 事 業 の 用 以 外 の 用 ( 例 : 本 来 事 業 の 会 議 室 として 使 用 する 場 合 )に 供 されていないものに 限 る )について 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 を 価 格 の2 分 の1とする 特 例 措 置 を 講 ずることと した( 法 349の332) (7) 社 会 福 祉 法 人 等 が 直 接 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 に 規 定 する 認 定 生 活 困 窮 者 就 労 訓 練 事 業 ( 社 会 福 祉 事 業 として 行 われるものに 限 る )の 用 に 供 する 固 定 資 産 について 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 を 価 格 の2 分 の1とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした ( 法 349の333 令 52の10の11) (8) 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 が 一 定 の 業 務 の 用 に 供 する 償 却 資 産 について 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 を 最 初 の5 年 度 間 は 価 格 の3 分 の1 その 後 5 年 度 間 は 価 格 の3 分 の2とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 349の334 令 52の10の12 則 11の15) (9) 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 地 域 等 において 港 湾 法 の 規 定 による 国 の 貸 付 けに 係 る 資 金 の 貸 付 けを 受 けて 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 までの 間 に 改 良 さ れた 一 定 の 特 別 特 定 技 術 基 準 対 象 施 設 の 用 に 供 する 償 却 資 産 について 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 を 最 初 の5 年 度 間 は 価 格 の3 分 の2とする 特 例 措 置 を 講 ずることとした( 法 附 則 1543 令 附 則 1138) (10) 独 立 行 政 法 人 医 薬 基 盤 研 究 所 が 一 定 の 業 務 の 用 に 供 する 固 定 資 産 に 係 る 非 課 税 措 置 について 非 課 税 措 置 の 対 象 となる 法 人 名 を 国 立 研 究 開 発 法 人 医 薬 基 盤 健 康 栄 養 研 究 所 とした 上 その 対 象 に 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 から 承 継 された 業 務 の 用 に 供 する 固 定 資 産 を 追 加 することとした( 法 34842) (11) 国 立 研 究 開 発 法 人 森 林 総 合 研 究 所 が 一 定 の 業 務 の 用 に 供 する 固 定 資 産 に 係 る 非 課 税 措 置 について その 対 象 に 森 林 保 険 業 務 の 用 に 供 する 固 定 資 産 を 追 加 することとした ( 法 34843) (12) 新 幹 線 鉄 道 の 新 たな 営 業 路 線 の 開 業 のために 新 設 された 線 路 設 備 等 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 路 線 に 北 海 道 新 幹 線 を 加 えることとした ( 法 349の313) (13) 特 定 都 市 河 川 浸 水 被 害 対 策 法 に 規 定 する 対 策 工 事 により 設 置 された 一 定 の 雨 水 貯 留 浸 透 施 設 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 当 該 施 設 の 所 有 者 から 一 定 の 書 類 を 添 付 して 原 則 として 当 該 施 設 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 が 課 されることと -23-

25 なる 年 度 の 初 日 の 属 する 年 の1 月 31 日 までの 間 に 市 町 村 長 に 申 告 がされた 場 合 に 限 り 適 用 することとした 上 その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 延 長 する こととした( 法 附 則 158~10 則 附 則 625) (14) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 に 規 定 する 認 定 事 業 者 が 一 定 の 認 定 事 業 により 取 得 した 一 定 の 公 共 施 設 等 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 課 税 標 準 をその 価 格 に5 分 の3を 参 酌 して2 分 の1 以 上 10 分 の 7 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 ( 特 定 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 にあっ ては 2 分 の1を 参 酌 して5 分 の2 以 上 5 分 の3 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 )を 乗 じて 得 た 額 とした 上 その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 することとした( 法 附 則 1518) (15) 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 規 定 による 管 理 協 定 に 係 る 協 定 避 難 施 設 の 用 に 供 する 家 屋 のうち 協 定 避 難 用 部 分 及 び 協 定 避 難 施 設 に 附 属 する 避 難 の 用 に 供 する 一 定 の 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について 課 税 標 準 をその 価 格 に2 分 の1を 参 酌 して3 分 の1 以 上 3 分 の2 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 とした 上 その 管 理 協 定 の 締 結 期 限 を 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 延 長 す ることとした( 法 附 則 ) (16) 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 関 する 法 律 に 規 定 するサービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 であ る 一 定 の 貸 家 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 について 税 額 を 最 初 の5 年 度 間 は3 分 の2を 参 酌 して2 分 の1 以 上 6 分 の5 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 条 例 で 定 める 割 合 を 減 額 することとした 上 その 対 象 資 産 の 新 築 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 す ることとした( 法 附 則 15の84) (17) 次 のとおり 非 課 税 措 置 等 の 適 用 期 限 を 延 長 することとした ア 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 が 一 定 の 都 市 計 画 区 域 において 都 市 鉄 道 等 利 便 増 進 法 に 規 定 する 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 により 整 備 したトンネルに 係 る 固 定 資 産 税 の 非 課 税 措 置 について その 対 象 資 産 の 整 備 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 ま で 延 長 すること( 法 附 則 142) イ 公 害 防 止 用 設 備 ( 下 水 道 除 害 施 設 )に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 につい て その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 15 2) ウ 心 身 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 事 業 所 の 事 業 主 が 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 に 規 定 する 助 成 金 等 の 支 給 を 受 けて 取 得 した 一 定 の 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 するこ と( 法 附 則 154) エ 沖 縄 電 力 株 式 会 社 が 電 気 供 給 業 の 用 に 供 する 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 適 用 期 限 を 平 成 31 年 度 まで 延 長 すること( 法 附 則 15 5) オ 国 際 船 舶 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 適 用 期 限 を 平 成 2 9 年 度 まで 延 長 すること( 法 附 則 1512) カ 鉄 道 事 業 者 等 が 政 府 の 補 助 を 受 けて 取 得 した 車 両 の 運 行 の 安 全 性 の 向 上 に 資 する 一 定 の 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 資 産 の 取 得 -24-

26 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1515) キ 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 一 定 の 選 定 事 業 により 取 得 した 一 定 の 公 共 施 設 等 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 32 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1517) ク 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 政 府 の 補 助 を 受 けて 選 定 事 業 により 整 備 する 国 立 大 学 法 人 の 校 舎 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 につ いて その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 32 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1520) ケ 鉄 道 事 業 者 等 が 都 市 鉄 道 等 利 便 増 進 法 に 規 定 する 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 により 取 得 した 一 定 の 都 市 鉄 道 施 設 及 び 駅 附 帯 施 設 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1521) コ 公 益 社 団 法 人 又 は 公 益 財 団 法 人 が 所 有 する 文 化 財 保 護 法 に 規 定 する 重 要 無 形 文 化 財 の 公 演 のための 施 設 の 用 に 供 する 一 定 の 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 適 用 期 限 を 平 成 28 年 度 分 まで 延 長 すること ( 法 附 則 1526) サ 港 湾 法 に 規 定 する 港 湾 運 営 会 社 が 国 際 戦 略 港 湾 及 び 一 定 の 国 際 拠 点 港 湾 において 政 府 の 補 助 等 を 受 けて 取 得 した 一 定 の 港 湾 施 設 の 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 となる 施 設 の 取 得 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1528) シ 鉄 道 事 業 者 等 が 既 設 の 鉄 軌 道 に 係 る 一 定 の 耐 震 補 強 工 事 によって 新 たに 取 得 した 一 定 の 鉄 道 施 設 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1535) ス 都 市 再 生 特 別 措 置 法 の 規 定 による 管 理 協 定 に 係 る 協 定 倉 庫 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 管 理 協 定 の 締 結 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1536) セ 特 定 貨 物 取 扱 埠 頭 機 能 高 度 化 事 業 を 実 施 する 者 が 特 定 貨 物 輸 入 拠 点 港 湾 において 政 府 の 補 助 を 受 けて 取 得 した 一 定 の 港 湾 施 設 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 の 課 税 標 準 の 特 例 措 置 について その 対 象 資 産 の 取 得 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 1537) ソ 市 街 地 再 開 発 事 業 の 施 行 に 伴 い 従 前 の 権 利 者 に 与 えられた 一 定 の 新 築 された 施 設 建 築 物 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 について その 対 象 となる 施 設 建 築 物 の 新 築 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 15の83) タ 防 災 街 区 整 備 事 業 の 施 行 に 伴 い 従 前 の 権 利 者 に 与 えられた 一 定 の 新 築 された 施 設 建 築 物 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 について その 対 象 となる 施 設 建 築 物 の 新 築 期 限 を 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 延 長 すること( 法 附 則 15の85) (18) 次 のとおり 課 税 標 準 の 特 例 措 置 等 を 改 めることとした ア 青 函 トンネルの 鉄 道 施 設 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 措 置 について その 対 象 に 新 幹 線 -25-

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 職 員 給 与 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 号

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 27 年 1 月 14 日 閣 議 決 定 ) k 主 な 改 正 内 容 k l 相 続 税 節 税 にも 有 効! 若 年 層 への 資 産 移 転 スムーズに 結 婚 子 育 て 資 金 一 括 贈 与 の 非 課 税 措 置 の 創 設 など l 法 人 税 率 引 下 げ! 各 租 税 特 別 措 置 も 拡 充 所 得 拡 大 促

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323689AA8E528CA795EF8A878A4F95948AC48DB895F18D908F91816991E6348D65816A46494E414C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323689AA8E528CA795EF8A878A4F95948AC48DB895F18D908F91816991E6348D65816A46494E414C2E646F6378> 平 成 26 年 度 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 県 税 の 賦 課 徴 収 事 務 について 岡 山 県 包 括 外 部 監 査 人 公 認 会 計 士 井 上 信 二 目 次 第 1 包 括 外 部 監 査 の 概 要... 1 1 外 部 監 査 の 種 類... 1 2 選 定 した 特 定 の 事 件 (テーマ)... 1 3 監 査 の 対 象... 1 4 包 括 外

More information

Ⅲ 自 動 車 の 諸 税 早 わかり 1 自 動 車 重 量 税 ( 重 量 税 法 昭 和 46 年 法 律 第 89 号 ) 自 動 車 重 量 税 は 道 路 整 備 をはじめとする 交 通 政 策 上 の 所 要 の 施 策 のための 財 源 を 求 めるため 設 けられた 目 的 税 で 国 税 である 自 動 車 の 使 用 者 はその 重 量 に 応 じて 課 税 される 1 納

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

備 考 1 市 町 村 は こ 通 知 に 不 服 がある 場 合 における 救 済 方 法 及 び 取 消 訴 訟 を 行 う 場 合 被 告 とすべき 者 出 訴 期 間 等 を 記 載 すること 2 受 給 者 番 は 給 与 支 払 報 告 書 個 人 別 明 細 書 )に 記 載 された

備 考 1 市 町 村 は こ 通 知 に 不 服 がある 場 合 における 救 済 方 法 及 び 取 消 訴 訟 を 行 う 場 合 被 告 とすべき 者 出 訴 期 間 等 を 記 載 すること 2 受 給 者 番 は 給 与 支 払 報 告 書 個 人 別 明 細 書 )に 記 載 された 備 考 1 市 町 村 は こ 通 知 に 不 服 がある 場 合 における 救 済 方 法 及 び 取 消 訴 訟 を 行 う 場 合 被 告 とすべき 者 出 訴 期 間 等 を 記 載 すること 2 受 給 者 番 は 給 与 支 払 報 告 書 個 人 別 明 細 書 )に 記 載 された 当 該 納 税 義 務 者 受 給 者 番 を 記 載 すること 3 市 町 村 は 変 更 となった

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9 地 方 税 法 等 の 改 正 目 一 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 924 二 平 成 27 年 度 の 地 方 税 収 見 込 み 928 三 個 人 住 民 税 932 四 地 方 法 人 課 税 ( 法 人 住 民 税 法 人 事 業 税 ) 945 五 地 方 消 費 税 949 六 自 動 車 取 得 税 952 七 軽 自 動 車 税 961 次 八 軽 油 引 取 税

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 県 民 税 申 告 の 手 引 き 渋 川 市 市 民 税 県 民 税 につきましては 日 ごろからご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 県 民 税 の 申 告 は 皆 様 からの 申 告 に 基 づいて 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 手 続 きです 今 回 申 告 していただく 所 得 は 平 成 27

More information

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人 平 成 28 年 度 分 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 見 附 市 この 申 告 書 は 平 成 27 年 中 のあなたの 収 入 状 況 を 証 明 する 大 切 な 資 料 となりますので 収 入 控 除 など 該 当 する 項 目 を もれなく 記 載 し 申 告 期 間 内 ( 平 成 28 年 2 月 16 日 ~3 月 1 日 )に 必 ず 提 出 してください 提 出

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc 3. 地 方 率 等 推 移 一 覧 表 -1- 区 分 昭 和 25 年 昭 和 26 年 昭 和 27 年 均 等 割 標 準 率 400~ 800 円 制 限 率 500~1,000 円 所 得 割 第 1 課 方 式 ( 所 得 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制 3 地 方 率 等 推 移 -1- 昭 和 25 年 均 等 割 標 準 率 400~1,800 円 制 限 率 500~1,000 円 第 1 課 方 式 ( 所 得 割 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20 賦 課 期 日 8 月 1 日 昭 和 26 年 昭 和 27

More information

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 平 成 28 年 度 の 市 民 税 県 民 税 は 前 年 中 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ら 12 月 31 日 まで)の 所 得 を 基 に 計 算 されます この 手 引 きは 市 民 税 県 民 税 申 告 に 関 する 概 略 を 載 せています 手 引 きを 参 考 に 前 年 中 の 所 得 について 期

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303132398F4390B3816A8179967B95B6835A83628367817A48323890C596B18BC78E9696B19841978D20303131392D313130302E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303132398F4390B3816A8179967B95B6835A83628367817A48323890C596B18BC78E9696B19841978D20303131392D313130302E646F6378> 平 成 28 年 1 月 20 日 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 地 方 税 務 行 政 の 運 営 に 当 たっての 留 意 事 項 等 平 成 27 年 12 月 24 日 に 閣 議 決 定 された 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 等 に 関 連 して 現 段 階 における 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 地 方 税 務 行 政 の 運 営 に

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63> 平 成 年 度 市 民 県 民 申 告 の 手 引 き 日 頃, 本 市 の 務 事 務 にご 協 力 をいただきましてありがとうございます 市 民 県 民 申 告 は,この 手 引 きをご 参 照 のうえ, 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたし ます ( 申 告 期 限 近 くは, 大 変 混 雑 しますのでお 早 めにお 願 いいたします ) この 申 告 は,あなたの

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令 国 家 公 務 員 等 の 有 料 宿 舎 の 使 用 料 の 算 定 について 昭 和 46 年 3 月 27 日 蔵 理 第 1289 号 改 正 昭 和 48 年 05 月 01 日 蔵 理 第 1922 号 同 50 年 01 月 24 日 同 第 5462 号 同 52 年 01 月 28 日 同 第 5438 号 同 54 年 04 月 27 日 同 第 1645 号 同 56 年 06

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399,

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 715,637 268,79,786 4,138,833 47,61,99 17.5 16.5 (48,651,395)

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 職 員 給 与 規 程 最 終 改 正 平 成 15 年 10 月 1 日 独 信 基 (101) 平 成 15 年 第 35 号 平 成 28 年 4 月 20 日 独 信 基 602 平 成 28 年 度 第 5 号 制 定 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 の 業 務 に 常 時 従 事

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって 平 成 28 年 度 税 制 改 正 結 果 概 要 ( 車 体 課 税 関 係 ) 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 資 料 1 ( 参 考 ) 平 成 28 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な 考 え 方 > 資 料 2 ( 参 考 ) 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 (

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 ( 第 3 回 南 相 馬 市 議 会 臨 時 会 市 長 提 出 議 案 の 要 旨 平 成 27 年 5 月 12 日 提 出 1. 件 数 8 件 内 訳 議 案 8 件 ( 専 決 処 分 の 報 告 及 びその 承 認 ( 条 例 関 係 ) 3 件 一 般 会 計 補 正 予 算 1 件 工 事 請 負 契 約 の 締 結 1 件 財 産 の 取 得 1 件 専 決 処 分 の 報 告 及

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information