4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に"

Transcription

1 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行 えない 項 目 等 ) 実 施 日 : 年 月 日 対 象 医 療 機 関 名 : A. 感 染 対 策 の 組 織 1. 院 内 感 染 対 策 委 員 会 1) 委 員 会 が 定 期 的 に 開 催 されている 2) 病 院 長 をはじめとする 病 院 管 理 者 が 参 加 している 3) 議 事 録 が 適 切 である 2. 感 染 制 御 を 実 際 に 行 う 組 織 (ICT) 医 師 または 看 護 師 のう ち 1 人 は 専 従 であること 1) 専 任 の 院 内 感 染 管 理 者 を 配 置 感 染 防 止 に 係 る 部 門 を 設 置 している 2) 感 染 対 策 に3 年 以 上 の 経 験 を 有 する 専 任 の 常 勤 医 師 がいる 3) 感 染 対 策 に5 年 以 上 の 経 験 を 有 し, 感 染 管 理 に 関 わる 適 切 な 研 修 を 終 了 した 専 任 看 護 師 がいる 4)3 年 以 上 の 勤 務 経 験 を 有 し 感 染 対 策 に 関 わる 専 任 の 薬 剤 師 がいる 5)3 年 以 上 の 勤 務 経 験 を 有 し 感 染 対 策 に 関 わる 専 任 の 検 査 技 師 がい る B.ICT 活 動 1. 感 染 対 策 マニュアル 1) 感 染 対 策 上 必 要 な 項 目 についてのマニュアルが 整 備 されている 2) 必 要 に 応 じて 改 定 がなされている 2. 教 育 1) 定 期 的 に 病 院 感 染 対 策 に 関 する 講 習 会 が 開 催 されている 2) 講 習 会 に 職 員 1 名 あたり 年 2 回 出 席 している 3) 必 要 に 応 じて 部 署 ごとの 講 習 会 や 実 習 が 行 われている 4) 全 職 員 に 対 し 院 内 感 染 について 広 報 を 行 う 手 段 がある 5) 外 部 委 託 職 員 に 教 育 を 実 施 している(または 適 切 に 指 導 している) 3.サーベイランスと インターベンション 1) 部 署 を 決 めて 必 要 なサーベイランスが 行 われている 2)サーベイランスデータを 各 部 署 にフィードバックしている 3)サーベイランスのデータに 基 づいて 必 要 な 介 入 を 行 っている

2 4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 3) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 して 病 棟 のラウンドを 定 期 的 に 行 っている 4) 抗 MRSA 薬 やカルバペネム 系 抗 菌 薬 などの 広 域 抗 菌 薬 に 対 して 使 用 制 限 や 許 可 制 を 含 めて 使 用 状 況 を 把 握 している 5.コンサルテーション 1) 病 院 感 染 対 策 に 関 するコンサルテーションを 日 常 的 に 行 っている 2)コンサルテーションの 結 果 が 記 録 され 院 内 感 染 対 策 に 活 用 されている 3) 迅 速 にコンサルテーションを 行 うシステムが 整 っている 6. 職 業 感 染 曝 露 の 防 止 1) 職 員 のHBs 抗 体 の 有 無 を 検 査 している 2)HB 抗 体 陰 性 者 にはワクチンを 接 種 している 3) 結 核 接 触 者 検 診 にQFTを 活 用 している 4) 麻 疹, 風 疹,ムンプス, 水 痘 に 関 する 職 員 の 抗 体 価 を 把 握 し, 必 要 に 応 じてワクチン 接 種 を 勧 奨 している 5) 針 刺 し 切 創 事 例 に 対 する 対 応, 報 告 システムが 整 っている 6) 安 全 装 置 付 きの 機 材 を 導 入 している 7.ICTラウンド 1) 定 期 的 なICTラウンドを 実 施 している 2) 感 染 対 策 の 実 施 状 況 についてチェックを 行 っている 3) 病 棟 のみならず 外 来 中 央 診 療 部 門 等 にもラウンドを 行 っている C. 外 来 1. 外 来 患 者 の 感 染 隔 離 1) 感 染 性 の 患 者 を 早 期 に 検 出 できる(ポスターなど) 2) 感 染 性 の 患 者 に 早 期 にマスクを 着 用 させている 3) 感 染 性 の 患 者 とそれ 以 外 の 患 者 を 分 けて 診 療 できる 2. 外 来 診 察 室 1) 診 察 室 に 手 洗 いの 設 備 がある

3 2) 各 診 察 室 に 擦 式 速 乾 性 手 指 消 毒 薬 がある 3) 各 診 察 室 に 聴 診 器 などの 医 療 器 具 の 表 面 を 消 毒 できるアルコール 綿 などがある 3. 外 来 処 置 室 1) 鋭 利 器 材 の 廃 棄 容 器 が 安 全 に 管 理 されている ( 廃 棄 容 器 の 蓋 が 開 いていない など) 2) 鋭 利 器 材 の 廃 棄 容 器 が 処 置 を 行 う 場 所 の 近 くに 設 置 してある 3) 検 査 検 体 が 適 切 に 保 管 してある 4. 抗 がん 化 学 療 法 外 来 1) 薬 剤 の 無 菌 調 製 が 適 切 に 実 施 されている 2) 咳 エチケットが 確 実 に 実 施 されている 3) 患 者 および 職 員 の 手 指 衛 生 が 適 切 に 行 われている D. 病 棟 1. 病 室 1) 部 屋 ごとに 手 洗 い 場 がある 2) 床 や 廊 下 に 物 品 が 放 置 されていない 3) 必 要 なコホーティングが 行 われている 4) 隔 離 個 室 の 医 療 器 具 は 専 用 化 されている 5) 隔 離 個 室 には 必 要 なPPEが 準 備 されている 6) 空 調 のメンテナンスが 行 われ HEPA filterが 定 期 的 に 交 換 されている 2.スタッフステーション 1) 水 道 のシンク 外 周 が 擦 拭 され 乾 燥 している 2) 鋭 利 機 材 の 廃 棄 容 器 が 適 切 に 管 理 されている 3) 鋭 利 機 材 の 廃 棄 容 器 が 必 要 な 場 所 に 設 置 されている 4) 臨 床 検 体 の 保 存 場 所 が 整 備 されている 3. 処 置 室 1) 清 潔 区 域 と 不 潔 区 域 を 区 別 している 2) 滅 菌 機 材 が 適 切 に 保 管 され, 使 用 期 限 のチェックが 行 われている 3) 包 交 車 が 清 潔 と 不 潔 のゾーニングがなされている 4) 包 交 車 に 不 要 な 滅 菌 機 材 が 積 まれていない

4 4. 薬 剤 の 管 理 1) 清 潔 な 状 況 下 で 輸 液 調 整 が 実 施 されている 2) 希 釈 調 製 したヘパリン 液 は 室 温 に 放 置 されていない 3) 薬 品 保 管 庫 の 中 が 整 理 されている 4) 薬 剤 の 使 用 期 限 のチェックが 行 われている 5) 薬 剤 開 封 後 の 使 用 期 限 の 施 設 内 基 準 を 定 めている 6) 保 冷 庫 の 温 度 管 理 が 適 切 になされている E.ICU 1. 着 衣 および 環 境 1) 入 室 時 に 手 指 衛 生 を 実 施 している 2) 処 置 者 は 半 そでの 着 衣 である 3) 処 置 者 は 腕 時 計 をはずしている 4)ベッド 間 隔 に 十 分 なスペースがある 5) 手 洗 いや 速 乾 式 手 指 消 毒 薬 が 適 切 に 配 置 されている F. 標 準 予 防 策 1. 手 洗 い 1) 職 員 の 手 指 消 毒 が 適 切 である 2) 職 員 の 手 洗 いの 方 法 が 適 切 である 3) 手 袋 を 着 用 する 前 後 で 手 洗 いを 行 っている 4) 手 指 消 毒 実 施 の 向 上 のための 教 育 を 継 続 的 に 行 っている 2. 手 袋 1) 手 袋 を 適 切 に 使 用 している 2) 手 袋 を 使 用 した 後 廃 棄 する 場 所 が 近 くにある 3. 個 人 防 御 具 (PPE) 1) 必 要 なときにすぐ 使 えるように 個 人 防 御 具 (PPE)が 整 っている 2)マスク ゴーグル フェイスシールド キャップ ガウンなどのPPEの 使 用 基 準 方 法 を 職 員 が 理 解 している 3) 個 人 防 護 具 (PPE)の 着 脱 方 法 を 教 育 している G. 感 染 経 路 別 予 防 策 1. 空 気 感 染 予 防 策 1) 結 核 発 症 時 の 対 応 マニュアルが 整 備 されている*

5 2) 陰 圧 個 室 が 整 備 されている 3) 麻 疹 発 症 時 の 対 応 マニュアルが 整 備 されている* 4) 水 痘 発 生 時 の 対 応 マニュアルが 整 備 されている* 5)N95マスクが 常 備 してある 2. 飛 沫 感 染 予 防 対 策 1)インフルエンザ 発 症 時 の 対 応 マニュアルが 整 備 されている* 2) 風 疹 発 症 時 の 対 応 マニュアルが 整 備 されている* 3) 流 行 性 耳 下 腺 炎 発 症 時 の 対 応 マニュアルが 整 備 されている* 4) 可 能 ならば 個 室 隔 離 としている 5) 個 室 隔 離 が 困 難 な 場 合 コホーティングしている 6)ベッド 間 隔 が1メートル 以 上 取 られている 7)サージカルマスクの 着 用 が 入 室 前 に 可 能 である 8) 飛 沫 感 染 対 策 が 必 要 な 患 者 であることが 職 員 に 周 知 されている 3. 接 触 感 染 予 防 策 1)MRSAが 検 出 された 場 合 の 対 応 マニュアルが 整 備 されている* 2) 手 袋 が 適 切 に 使 用 されている 3) 必 要 なPPEが 病 室 ごとに 用 意 されている 4) 処 置 時 にはディスポのエプロンを 用 いている 5) 処 置 時 必 要 な 場 合 はマスクを 着 用 している 6) 必 要 な 場 合 には 保 菌 者 のスクリーニングを 行 っている 7)シーツやリネン 類 の 処 理 が 適 切 である H. 術 後 創 感 染 予 防 *マニュアルの 項 目 : 連 絡 体 制 感 受 性 者 サーベイランスの 期 間 範 囲 が 明 瞭 である ワクチンやγ グロブリンの 接 種 対 象 者 が 明 確 である 消 毒 薬 の 選 択 と 実 施 方 法 接 触 感 受 性 職 員 の 就 業 制 限 が 規 定 してある などを 確 認 する 1) 除 毛 は 術 直 前 に 行 っている 2) 周 術 期 抗 菌 薬 がマニュアルで 規 定 されている

6 3) 必 要 な 場 合, 抗 菌 薬 の 術 中 追 加 投 与 が 行 われている 4)バンコマイシンをルーチンに 使 用 していない(または 使 用 基 準 があ る) I. 医 療 器 材 の 管 理 1. 尿 道 カテーテル 1) 集 尿 バッグが 膀 胱 より 低 い 位 置 にあり かつ 床 についていない 2) 閉 塞 や 感 染 がなければ 留 置 カテーテルは 定 期 的 に 交 換 しない 3) 集 尿 バッグの 尿 の 廃 棄 は 排 尿 口 と 集 尿 器 を 接 触 させない 4) 尿 の 廃 棄 後 は 患 者 毎 に 未 滅 菌 手 袋 を 交 換 している 5) 日 常 的 に 膀 胱 洗 浄 を 施 行 していない 6) 膀 胱 洗 浄 の 際 に 抗 菌 薬 や 消 毒 薬 をルーチンに 局 所 に 用 いることは ない 2. 人 工 呼 吸 器 1) 加 湿 器 には 滅 菌 水 を 使 用 している 2) 気 管 内 吸 引 チューブはディスポのシングルユース 又 は 閉 鎖 式 である 3) 定 期 的 に 口 腔 内 清 拭 を 行 っている 3. 血 管 内 留 置 カテーテル 1) 中 心 静 脈 カテーテル 管 理 についてのマニュアルがある 2) 中 心 静 脈 カテーテルの 挿 入 はマキシマルバリアプリコーション ( 滅 菌 手 袋 滅 菌 ガウン マスク 帽 子 大 きな 覆 布 )が 行 われている 3) 高 カロリー 輸 液 製 剤 への 薬 剤 の 混 入 はクリーンベンチ 内 で 行 ってい る 4) 輸 液 ラインやカテーテルの 接 続 部 の 消 毒 には 消 毒 用 エタノールを 用 いている 5)ラインを 確 保 した 日 付 が 確 実 に 記 載 されている 6)ライン 刺 入 部 やカテ 走 行 部 の 皮 膚 が 観 察 できる 状 態 で 固 定 されてい る J. 洗 浄 消 毒 滅 菌 7) 末 梢 動 脈 血 圧 モニタリングにはディスポーザブルセットを 使 用 している 1. 医 療 器 具 1) 病 棟 での 一 次 洗 浄 一 次 消 毒 が 廃 止 されている( 計 画 がある) 2) 生 物 学 的 滅 菌 保 証 化 学 的 滅 菌 保 証 が 適 切 に 行 われている 3) 消 毒 薬 の 希 釈 方 法 保 存 交 換 が 適 切 である

7 4) 乾 燥 が 適 切 に 行 われている 2. 内 視 鏡 1) 内 視 鏡 洗 浄 管 理 が 中 央 化 されている( 計 画 がある) 2) 専 任 の 内 視 鏡 検 査 技 師 もしくは 看 護 師 が 配 置 されている 3) 用 手 洗 浄 が 適 切 に 行 われている 4) 管 腔 を 有 する 内 視 鏡 は 消 毒 ごとにアルコールフラッシュを 行 っている 5) 消 毒 薬 のバリデーションが 定 期 的 に 行 われている 6) 自 動 洗 浄 消 毒 機 の 管 理 責 任 者 がいる 7) 自 動 洗 浄 消 毒 機 の 液 の 交 換 が 記 録 されている 8) 自 動 洗 浄 消 毒 機 のメインテナンスの 期 日 が 記 録 されている 9) 内 視 鏡 の 保 管 が 適 切 である 10) 内 視 鏡 の 表 面 に 損 傷 がない K. 医 療 廃 棄 物 1) 廃 棄 物 の 分 別 梱 包 表 示 が 適 切 である 2) 感 染 性 廃 棄 物 の 収 納 袋 に 適 切 なバイオハザードマークが 付 いている 3) 最 終 保 管 場 所 が 整 備 されている 4) 廃 棄 物 の 処 理 過 程 が 適 切 である L. 微 生 物 検 査 室 1. 設 備 機 器 1) 安 全 キャビネット(クラスⅡ 以 上 )を 備 えている 2) 安 全 キャビネットは 定 期 点 検 (HEPAフィルターのチェック 交 換 等 )が 行 われている 3) 菌 株 保 存 庫 ( 冷 凍 庫 等 )は カギを 掛 けている 4) 検 査 材 料 の 一 時 保 管 場 所 が 定 められている 2. 検 査 業 務 1) 安 全 対 策 マニュアル 等 が 整 備 されている 2) 業 務 内 容 によりN95マスク 手 袋 専 用 ガウン 等 を 着 用 している

8 3) 抗 酸 菌 検 査 検 体 分 離 等 は 安 全 キャビネット 内 で 行 っている 4) 遠 心 操 作 は 安 全 装 置 付 き 遠 心 機 を 使 用 している 5) 感 染 性 検 査 材 料 用 輸 送 容 器 が 準 備 されている 6) 廃 棄 容 器 にバイオハザードマークが 表 示 されている 7) 感 染 防 止 のための 手 洗 い 対 策 が 適 正 である 8) 感 染 性 廃 棄 物 が 適 正 に 処 理 されている 9) 関 係 者 以 外 の 立 ち 入 りを 制 限 している 実 施 医 療 機 関 名 : ( 責 任 者 名 : [ 記 載 上 の 注 意 ] 1) チェック 項 目 について 当 該 医 療 機 関 の 実 情 に 合 わせて 適 宜 増 減 しても 差 し 支 えない 2) を 受 ける 医 療 機 関 は 当 日 までに 根 拠 となる 書 類 等 を 準 備 しておくこと 3) を 実 施 する 医 療 機 関 は 欄 で 内 容 を 説 明 すること 特 にB C 判 定 については その 理 由 を 説 明 すること 4) を 実 施 した 医 療 機 関 は できるだけ 早 期 に 本 チェック 項 目 表 を 完 成 させ 報 告 書 として を 受 けた 医 療 機 関 へ 送 付 すること また を 実 施 した 医 療 機 関 は 報 告 書 の 写 しを 保 管 しておくこと

9 別 添 7 基 本 診 療 料 の 施 設 基 準 等 に 係 る 届 出 書 保 険 医 療 機 関 コード 届 出 番 号 連 絡 先 担 当 者 氏 名 : 電 話 番 号 : ( 届 出 事 項 ) [ ]の 施 設 基 準 に 係 る 届 出 当 該 届 出 を 行 う 前 6 月 間 において 当 該 届 出 に 係 る 事 項 に 関 し 不 正 又 は 不 当 な 届 出 ( 法 令 の 規 定 に 基 づくものに 限 る )を 行 ったことがないこと 当 該 届 出 を 行 う 前 6 月 間 において 療 担 規 則 及 び 薬 担 規 則 並 びに 療 担 基 準 に 基 づき 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 掲 示 事 項 等 第 三 に 規 定 する 基 準 に 違 反 したことがなく かつ 現 に 違 反 していないこと 当 該 届 出 を 行 う 前 6 月 間 において 健 康 保 険 法 第 78 条 第 1 項 及 び 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 第 72 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 検 査 等 の 結 果 診 療 内 容 又 は 診 療 報 酬 の 請 求 に 関 し 不 正 又 は 不 当 な 行 為 が 認 められたことがないこと 当 該 届 出 を 行 う 時 点 において 厚 生 労 働 大 臣 の 定 める 入 院 患 者 数 の 基 準 及 び 医 師 等 の 員 数 の 基 準 並 びに 入 院 基 本 料 の 算 定 方 法 に 規 定 する 入 院 患 者 数 の 基 準 に 該 当 する 保 険 医 療 機 関 又 は 医 師 等 の 員 数 の 基 準 に 該 当 する 保 険 医 療 機 関 でないこと 標 記 について 上 記 基 準 のすべてに 適 合 しているので 別 添 の 様 式 を 添 えて 届 出 します 平 成 年 月 日 保 険 医 療 機 関 の 所 在 地 及 び 名 称 開 設 者 名 印 殿 備 考 1 [ ] 欄 には 該 当 する 施 設 基 準 の 名 称 を 記 入 すること 2 には 適 合 する 場 合 Ö を 記 入 すること 3 届 出 書 は 正 副 2 通 提 出 のこと

付録2192.ec9

付録2192.ec9 広 島 県 医 師 会 速 報 ( 第 号 ) 付 録 年 ( 平 成 年 ) 月 日 ( ) 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 について 広 島 県 医 師 会 常 任 理 事 渡 邊 弘 司 本 県 における 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 につきましては すでにお 知 らせしておりますが

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

市 立 川 西 病 院 委 託 料 の 支 払 いについて 毎 月 払 い 契 約 金 額 に12 分 の1を 乗 じた 金 額 を 毎 月 支 払 うものとし 各 月 の 支 払 いに1 円 未 満 の 端 数 が 生 じる 場 合 は 最 終 の 支 払 い 時 に 調 整 するものとする 各

市 立 川 西 病 院 委 託 料 の 支 払 いについて 毎 月 払 い 契 約 金 額 に12 分 の1を 乗 じた 金 額 を 毎 月 支 払 うものとし 各 月 の 支 払 いに1 円 未 満 の 端 数 が 生 じる 場 合 は 最 終 の 支 払 い 時 に 調 整 するものとする 各 市 立 川 西 病 院 清 掃 業 務 委 託 仕 様 書 市 立 川 西 病 院 総 務 課 市 立 川 西 病 院 委 託 料 の 支 払 いについて 毎 月 払 い 契 約 金 額 に12 分 の1を 乗 じた 金 額 を 毎 月 支 払 うものとし 各 月 の 支 払 いに1 円 未 満 の 端 数 が 生 じる 場 合 は 最 終 の 支 払 い 時 に 調 整 するものとする 各 月 の

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

構造設備、機器及び衛生管理

構造設備、機器及び衛生管理 構 造 設 備 機 器 及 び 衛 生 管 理 構 造 設 備 4.1 原 則 構 造 設 備 は 次 のように 設 置 し 設 計 し 建 設 し 利 用 す a) 製 品 の 保 護 を 確 保 する b) 効 率 的 に 清 掃 衛 生 管 理 及 び 保 守 が 行 えるよ うにする c) 製 品 原 料 及 び 包 装 材 料 の 混 同 のリスクを 最 小 限 にする 区 域 の 種 類

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

エアコンフィルター清掃業務仕様書

エアコンフィルター清掃業務仕様書 国 保 京 丹 波 町 病 院 清 掃 業 務 仕 様 書 1 目 的 当 業 務 は 単 に 施 設 の 美 観 維 持 のためだけではなく 院 内 感 染 防 止 及 び 衛 生 管 理 上 の 観 点 から 極 めて 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 患 者 サービスについても 最 大 限 配 慮 し 国 保 京 丹 波 町 病 院 の 運 営 に 寄 与 することを 目 的 とする

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

感 染 対 策 がマニュアルに 従 って 実 施 されるように 指 導 することや 病 棟 での 意 見 を 聞 き 入 れることが 重 要 です そして ICT 検 討 会 で 改 善 策 な どについて 話 し 合 います 巡 回 は 医 療 施 設 の 規 模 によって 異 なりますが 通 常

感 染 対 策 がマニュアルに 従 って 実 施 されるように 指 導 することや 病 棟 での 意 見 を 聞 き 入 れることが 重 要 です そして ICT 検 討 会 で 改 善 策 な どについて 話 し 合 います 巡 回 は 医 療 施 設 の 規 模 によって 異 なりますが 通 常 2006 年 2 月 10 日 放 送 ICT と 薬 剤 師 の 役 割 山 形 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 薬 剤 部 長 助 教 授 白 石 正 ICTには 実 際 の 業 務 を 行 っている 薬 剤 師 が 参 加 すべき 感 染 対 策 は チーム 医 療 の 一 環 として 職 種 の 異 なったスタッフがそ れぞれの 専 門 性 を 生 かし 連 携 を 取 り 合 いながら

More information

8.2 重 大 なハザードに 対 するリスク 分 析 及 びリスク 低 減 措 置 の 結 果 本 品 について JIS T14971 を 参 照 してリスクマネジメントを 実 施 した 結 果 そのリスク 分 析 において 特 定 したハザードのうち リスク 低 減 が 必 要 である 重 大 な

8.2 重 大 なハザードに 対 するリスク 分 析 及 びリスク 低 減 措 置 の 結 果 本 品 について JIS T14971 を 参 照 してリスクマネジメントを 実 施 した 結 果 そのリスク 分 析 において 特 定 したハザードのうち リスク 低 減 が 必 要 である 重 大 な 8. リスク 分 析 8.1 リスク 分 析 実 施 の 体 制 本 品 のリスクマネジメントは 申 請 者 である 製 造 販 売 業 者 テルモ 株 式 会 社 にて JIS T 14971: 2007 医 療 機 器 -リスクマネジメントの 医 療 機 器 への 適 用 (ISO14971:Application of Risk Management to Medical Devices)に

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :AB5174 PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 製 品 和 名 :RABBIT ANTI-Kv1.1, VOLTAGE GATED POTASSIUM CHANNEL AFFINITY PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東

More information

5 ウイルス行政検査について

5 ウイルス行政検査について 5 ウイルス 行 政 検 査 について 平 成 12 年 5 月 8 日 健 医 感 発 第 43 号 各 都 道 府 県 ( 政 令 市 特 別 区 ) 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 省 保 健 医 療 局 結 核 感 染 症 課 長 標 記 については 昭 和 42 年 10 月 20 日 衛 防 第 50 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 防 疫 課 長 通 知 により 実

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3915395B6817A8C9F897591CE899E92CA926D>

<5461726F2D817989FC90B38CE3915395B6817A8C9F897591CE899E92CA926D> 健 感 発 第 1017001 号 平 成 18 年 10 月 17 日 ( 平 成 20 年 7 月 1 日 一 部 改 正 ) ( 平 成 23 年 8 月 19 日 一 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 4 月 26 日 一 部 改 正 ) 各 検 疫 所 長 殿 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 ( 公 印 省 略 ) 鳥 インフルエンザA(H5N1 又 はH7N9)における 検

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73>

<8BA492CA8349815B835F815B8356815B83678140566F6C2E332E786C73> 呼 吸 器 外 科 クリニカルパス 適 応 基 準 術 式 : 肺 葉 切 除 肺 全 摘 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 部 分 切 除 縦 隔 腫 瘍 切 除 胸 腔 鏡 下 (VATS 下 ) 肺 葉 切 除 肺 区 域 切 除 呼 吸 器 外 科 手 術 予 定 患 者 において( 縦 隔 鏡 生 検 リンパ 節 郭 清 は 除 く)は 全 て 術 前 共 通 パスを 使 用 する

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

日本泌尿器科学会雑誌第100巻第4号

日本泌尿器科学会雑誌第100巻第4号 表 1 推 奨 度 のレベル 推 奨 度 A B C 内 容 強 く 推 奨 する 一 般 的 に 推 奨 する 任 意 でよい 表 2 論 文 のランク 付 け レベル I I I 内 容 最 低 一 つの RCT(Randomizedcontroledtrial)や Meta-analysisによる 実 証 RCTではない 比 較 試 験,コホート 研 究 による 実 証 症 例 集 積 研 究

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

<4D F736F F D E C9F91CC8DCC8EE68E9E82CC928D88D35F82505F2E646F63>

<4D F736F F D E C9F91CC8DCC8EE68E9E82CC928D88D35F82505F2E646F63> 検 体 採 取 の 方 法 1. 検 体 採 取 時 の 一 般 的 注 意 点 診 断 価 値 の 高 い 検 査 結 果 を 得 るために 材 料 を 正 しく 採 取 提 出 することは 欠 かせな い 採 取 した 材 料 が 目 的 としない 雑 菌 で 汚 染 されていたり 検 査 室 への 運 搬 の 過 程 で 死 滅 したりすることがないよう 十 分 注 意 する 必 要 がある

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

化 学 名 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 別 ( 名 )トロナ 二 水 和 物 英 ( 名 )Sodium sesquicarbonate Trona dihydrate Trisodium hydrogendicarbonate ( 無 水 物 として EINECS 名 称 )

化 学 名 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 別 ( 名 )トロナ 二 水 和 物 英 ( 名 )Sodium sesquicarbonate Trona dihydrate Trisodium hydrogendicarbonate ( 無 水 物 として EINECS 名 称 ) 安 全 データシート(SDS) 1. 化 学 物 質 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 のコード : 1953-8350 1953-8280 化 学 物 質 等 の 名 称 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 第 17 回 報 告 書 平 成 21 年 6 月 24 日 財 団 法 人 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 医 療 事 故 防 止 事 業 部 目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

また 医 療 現 場 にどのようなリスクや 安 全 上 の 課 題 があるのかを 具 体 的 に 空 れ ているので 病 院 で ボラ ン 子 ィ 7 として 活 動 している 方 や 看 護 師 を 目 指 している 学 生 古 人 これから 補 助 スタッ 7 として 働 きた いと 考 えてい

また 医 療 現 場 にどのようなリスクや 安 全 上 の 課 題 があるのかを 具 体 的 に 空 れ ているので 病 院 で ボラ ン 子 ィ 7 として 活 動 している 方 や 看 護 師 を 目 指 している 学 生 古 人 これから 補 助 スタッ 7 として 働 きた いと 考 えてい ーー 医 療 現 場 では 安 全 のためにさまざまな 職 種 や 立 場 の 人 が 互 いに 補 い 合 い 協 力 し 合 う ことが 求 められています これまでの 医 療 安 全 の 活 動 や 教 育 は 医 療 専 門 職 を 対 象 として 医 療 行 為 についての 安 全 対 策 を 行 うことが 中 心 でした しかし さらなる チーム 医 療 の 推 進 が 求 められるなか

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

重症急性呼吸器症候群(SARS)

重症急性呼吸器症候群(SARS) 7-15. 中 東 呼 吸 器 症 候 群 (MERS)( 暫 定 版 ) 2012 年 9 月 22 日 中 東 へ 渡 航 歴 のある 重 症 肺 炎 患 者 から 後 に Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus(MERS コロナウイルス)と 命 名 される 新 種 のコロナウイルス( 以 下 MERS-CoV)が 分 離 されたと 英 国 より

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

No Slide Title

No Slide Title 感 染 防 止 対 策 加 算 の 現 状 と 感 染 症 システム 日 本 ベクトン ディッキンソン 株 式 会 社 ダイアグノステックシステム 事 業 部 天 野 泰 彦 アジェンダ 1) 感 染 防 止 対 策 加 算 の 変 遷 内 容 2) 検 査 関 連 の 施 設 基 準 3) 感 染 防 止 対 策 加 算 の 取 得 状 況 ついて 4) 今 後 の 方 向 性 と 課 題 5)

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実 社 会 福 祉 法 人 やまゆり 福 祉 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 1. 法 人 経 営 の 原 則 の 遵 守 当 法 人 は 平 成 25 年 度 事 業 を 執 行 するに 際 し 法 人 定 款 第 3 条 に 規 定 する 法 人 経 営 の 原 則 を 遵 守 する 法 人 定 款 ( 経 営 の 原 則 ) 第 3 条 当 法 人 は 社 会 福 祉 事 業 の 主

More information

学校給食衛生管理基準

学校給食衛生管理基準 一 頁 文 部 科 学 省 告 示 第 六 十 四 号 学 校 給 食 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 を 次 の よ う に 定 め 平 成 二 十 一 年 四 月 一 日 か ら 施 行 す る 平 成 二 十 一 年 三 月 三 十 一 日 文 部 科 学 大 臣 塩 谷

More information

13_1304_ xlsx

13_1304_ xlsx 160-0017 東 京 都 新 宿 区 左 門 町 18 診 療 時 間 やアクセス 方 法 等 情 報 はこちら 機 能 区 分 選 択 状 況 (2014( 平 成 26) 年 7 月 1 日 時 点 機 能 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 機 能 区 分 選 択 状 況 (6 年 が 経 過 した 日 における 病 床 機 能

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

Microsoft Word - 対応マニュアル.doc

Microsoft Word - 対応マニュアル.doc 荒 川 区 新 型 インフルエンザ 対 応 マニュアル 平 成 20 年 7 月 目 次 Ⅰ 新 型 インフルエンザとは 1 Ⅱ 荒 川 区 新 型 インフルエンザ 対 応 マニュアル 作 成 に 当 たって 2 Ⅲ 荒 川 区 新 型 インフルエンザ 行 動 計 画 におけるステージ 3 Ⅳ 危 機 管 理 体 制 4 1 健 康 危 機 対 策 本 部 4 2 情 報 提 供 体 制 7 3 相

More information

スライド 1

スライド 1 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 26 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知) 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健 都 道 府 県 各 保 健 所 設 置 市 特 別 区 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 健 感 発 0 9 1 8 第 9 号 平 成 27 年 9 月 18 日 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 ( 公 印 省 略 ) エボラ 出 血 熱 の 国 内 発 生 を 想 定 した 対 応 について エボラ 出 血 熱 については 平 成 26 年 11 月 21 日

More information

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し 第 4 鶏 2 章 信 州 黄 金 シャモ 衛 生 管 理 マニュアル 信 州 黄 金 シャモ 飼 育 の 統 一 基 準 で 定 められている 衛 生 管 理 は 下 記 の2 項 目 です 最 寄 りの 家 畜 保 健 衛 生 所 と 協 同 して 防 疫 対 策 に 取 り 組 んでください (1)サルモネラ 検 査 家 畜 保 健 衛 生 所 による 導 入 一 か 月 以 降 のロット 毎

More information

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc 脱 灰 液 K-CX 使 用 ガイド 使 用 説 明 書 K-CX を 使 用 される 前 に 必 ず 本 書 をお 読 み 下 さい 目 次 1. はじめに 1 2. K-CX について 1 3. K-CX を 用 いた 一 般 的 な 脱 灰 手 順 2 4. K-CX の 利 用 法 について 4 5. イヌ 硬 組 織 標 本 作 製 における K-CX 低 温 希 釈 脱 灰 法 7 6.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF328140837D8358834E8E67977082CC8D6C82A695FB816988C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF328140837D8358834E8E67977082CC8D6C82A695FB816988C4816A2E646F63> 新 型 インフルエンザ 流 行 時 の 日 常 生 活 における マスク 使 用 の 考 え 方 新 型 インフルエンザ 専 門 家 会 議 平 成 20 年 9 月 22 日 1 要 約 1. 症 状 のある 人 が 咳 くしゃみによる 飛 沫 の 飛 散 を 防 ぐために 不 織 布 製 マ スクを 積 極 的 に 着 用 することが 推 奨 される( 咳 エチケット) 2. 不 織 布 (ふしょくふ)

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

産業医の職務資料

産業医の職務資料 産 業 医 の 職 務 資 料 健 康 管 理 健 康 診 断 の 種 類 について 健 康 診 断 は 労 働 安 全 衛 生 法 などで 事 業 者 に 実 施 が 義 務 付 けられている 一 般 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 1 項 )と 特 殊 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 2 3 項 )の 2 種 類 に 加 え 行

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

(Microsoft Word - \216O\203t\203b\211\273\203z\203E\221f doc)

(Microsoft Word - \216O\203t\203b\211\273\203z\203E\221f doc) TKSD-40308G 1/7 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 三 フッ 化 ホウ 素 化 学 名 : 三 フッ 化 ホウ 素 / BF 3 ガスコード : 308 会 社 名 : 高 千 穂 化 学 工 業 株 式 会 社 住 所 : 150-0012 東 京 都 渋 谷 区 広 尾 1 丁 目 4 番 地 6 号 担 当 部 門 : 品

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

ワクチンとは? ヒトが 本 来 持 っている 病 原 体 に 対 する 抵 抗 力 ( 免 疫 ) の システムを 利 用 して 病 原 性 を 弱 めた( 無 くした) 病 原 体 (の 一 部 )(= 抗 原 )により あらかじめ 病 気 ( 抗 原 )に 対 す る 免 疫 を 作 っておくた

ワクチンとは? ヒトが 本 来 持 っている 病 原 体 に 対 する 抵 抗 力 ( 免 疫 ) の システムを 利 用 して 病 原 性 を 弱 めた( 無 くした) 病 原 体 (の 一 部 )(= 抗 原 )により あらかじめ 病 気 ( 抗 原 )に 対 す る 免 疫 を 作 っておくた 平 成 26 年 10 月 15 日 感 染 症 危 機 管 理 研 修 会 予 防 接 種 政 の 動 向 について 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 ワクチンとは? ヒトが 本 来 持 っている 病 原 体 に 対 する 抵 抗 力 ( 免 疫 ) の システムを 利 用 して 病 原 性 を 弱 めた( 無 くした) 病 原 体 (の 一 部 )(= 抗 原 )により あらかじめ

More information

基本マニュアル基本マニュアル

基本マニュアル基本マニュアル これだけは 身 につけよう 院 内 感 染 防 止 のための 基 礎 知 識 新 潟 大 学 医 歯 学 総 合 病 院 0.1 目 次 マニュアルを 読 む 前 に- 感 染 対 策 の8つのポイント- 2 Ⅰ.スタンダードプリコーション( 標 準 予 防 策 ) 6 1. 手 指 衛 生 2. 防 護 用 具 の 使 用 3. 鋭 利 器 材 の 適 切 な 取 り 扱 い 4. 患 者 ケアに

More information

ず 一 見 蕁 麻 疹 様 の 浮 腫 性 紅 斑 が 初 発 疹 で ある 点 です この 蕁 麻 疹 様 の 紅 斑 は 赤 みが 強 く 境 界 が 鮮 明 であることが 特 徴 です こ のような 特 異 疹 の 病 型 で 発 症 するのは 若 い 女 性 に 多 いと 考 えられています

ず 一 見 蕁 麻 疹 様 の 浮 腫 性 紅 斑 が 初 発 疹 で ある 点 です この 蕁 麻 疹 様 の 紅 斑 は 赤 みが 強 く 境 界 が 鮮 明 であることが 特 徴 です こ のような 特 異 疹 の 病 型 で 発 症 するのは 若 い 女 性 に 多 いと 考 えられています 2016 年 7 月 14 日 放 送 第 45 回 日 本 皮 膚 アレルギー 接 触 皮 膚 炎 学 会 7 パネルディスカッション4-4 花 粉 皮 膚 炎 のアップデート 東 京 医 科 歯 科 大 学 大 学 院 皮 膚 科 教 授 横 関 博 雄 はじめに 近 年 スギ 花 粉 症 患 者 に 呼 吸 器 症 状 消 化 器 症 状 咽 頭 症 状 発 熱 なども 見 られることが 良

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 に 関 する 仕 様 書 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 の 実 施 については この 仕 様 書 の 定 めるところによる ( 総 則 ) 1 件 名 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 2 履 行 場 所 施 設 名 熊 本 市 立 熊 本 市 民 病 院 所 在 地 熊 本 市 東

More information

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63>

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63> 健 感 発 第 1116003 号 平 成 18 年 11 月 16 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 狂 犬 病 の 流 行 地 域 より 帰 国 し 当 該 疾 病 への 感 染 が 疑 われる 患 者 の 診 療 等 に 関 する 周 知 の 徹 底 について 今 般 別 添 のとおり

More information

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎 抗 HIV 予 防 内 服 のための 苫 小 牧 市 立 病 院 受 診 の 手 続 き 事 故 を 起 こす 前 に 事 故 前 に 抗 HIV 予 防 内 服 薬 について 必 要 性 副 作 用 危 険 性 を 理 解 しておく 必 要 があります 予 め 各 説 明 書 をご 参 照 の 上 事 故 時 には 自 己 決 定 のもと 迅 速 行 動 が 望 まれます 事 故 時 の 対 処

More information

建物等清掃業務の仕様書、実施要領

建物等清掃業務の仕様書、実施要領 収 集 事 業 課 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 本 業 務 にかかる 実 施 要 領 機 名 実 施 回 数 実 施 月 その 他 は 下 記 のとおりとする 1. 委 託 場 所 明 石 市 大 久 保 町 松 陰 1138 明 石 市 環 境 部 収 集 事 業 課 2. 委 託 業 務 内 容 (1) 建 物 等 業 務 (2) 消 防 用 設 備 等 年 次 点 検

More information

10w.xdw

10w.xdw 児 県 感 染 症 発 生 動 向 調 査 事 業 感 染 症 のホームページアドレス http://www.pref.kagoshima.jp/kenko-fukushi/kenko-iryo/kansen/index.html 県 内 に 流 行 性 耳 下 腺 炎 (おたふくかぜ)の 流 行 発 生 警 報 が 発 令 されました 県 内 の 流 行 性 耳 下 腺 炎 の 発 生 動 向 と

More information

環 境 有 害 性 水 生 環 境 有 害 性 ( 急 性 ) 区 分 2 水 生 環 境 有 害 性 ( 慢 性 ) 区 分 外 オゾン 層 への 有 害 性 分 類 できない GHSラベル 要 素 絵 表 示 又 はシンボル 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 火 災

環 境 有 害 性 水 生 環 境 有 害 性 ( 急 性 ) 区 分 2 水 生 環 境 有 害 性 ( 慢 性 ) 区 分 外 オゾン 層 への 有 害 性 分 類 できない GHSラベル 要 素 絵 表 示 又 はシンボル 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 火 災 作 成 日 :1995 年 08 月 28 日 最 終 改 訂 日 ;2015 年 01 月 13 日 安 全 デ ー タ シ ー ト 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 過 酸 化 水 素 会 社 名 :キシダ 化 学 株 式 会 社 住 所 : 兵 庫 県 三 田 市 テクノパーク14 番 10 担 当 部 門 : 環 境 保 全 グループ 電 話 番 号 :(079)568-1531

More information

Microsoft Word - OB Package 2014 - Japanese.doc

Microsoft Word - OB Package 2014 - Japanese.doc 妊 婦 検 診 出 産 パッケージ 2014 年 1 月 1 日 ~2014 年 12 月 31 日 まで 有 効 みんなで 赤 ちゃんを 迎 えましょう 産 婦 人 科 医 助 産 師 麻 酔 医 小 児 科 医 新 生 児 専 門 医 看 護 師 からなる 経 験 豊 富 なチームが お 母 さんと 赤 ちゃんに 必 要 なケアを 提 供 します 上 海 ユナイテッドファミリー 病 院 では3,500

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090858A518E9E82CC897190B691CE8DF482C68FC193C595FB964082C98AD682B782E9834B8343835F83938358>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090858A518E9E82CC897190B691CE8DF482C68FC193C595FB964082C98AD682B782E9834B8343835F83938358> 暫 定 版 ガイダンス 一 般 家 屋 における 洪 水 浸 水 など 水 害 時 の 衛 生 対 策 と 消 毒 方 法 日 本 環 境 感 染 学 会 平 成 28 年 9 月 1. 浸 水 後 自 宅 に 戻 ったときに 注 意 すること ガス 漏 れがないことを 確 認 した 後 戻 ります 停 電 でない 場 合 は 電 気 系 統 は 安 全 が 確 認 できるまでブレーカーを 切 っておきます

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

 

  感 染 経 路 別 予 防 策 マニュアル 感 染 症 別 対 策 マニュアル (インフルエンザ 結 核 疥 癬 ) 湖 北 地 域 感 染 症 予 防 検 討 会 平 成 25 年 3 月 はじめに 湖 北 地 域 感 染 症 予 防 検 討 会 では 高 齢 者 福 祉 施 設 障 害 者 福 祉 施 設 の 入 所 者 が 安 心 して 療 養 生 活 を 送 るために 感 染 症 対 策 の

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

Microsoft Word - 0907施設あて通知.doc

Microsoft Word - 0907施設あて通知.doc 健 指 第 1568 号 平 成 21 年 9 月 7 日 各 社 会 福 祉 施 設 等 の 管 理 者 様 千 葉 県 健 康 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 県 内 社 会 福 祉 施 設 事 業 所 における 新 型 インフルエンザへの 対 応 に ついて このことについては 近 時 の 患 者 発 生 数 の 拡 大 状 況 新 型 インフルエンザの 症 状 社 会 福 祉 施 設

More information

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓 作 成 日 平 成 26 年 5 月 14 日 安 全 データシート SDS 1 製 品 及 び 会 社 情 報 2 危 険 有 害 性 の 要 約 GHS 分 類 製 品 名 : 製 品 コード: 会 社 名 : 住 所 : 担 当 部 門 : 担 当 者 名 : 電 話 番 号 : 06-6301-4631 緊 急 時 の 電 話 番 号 06-6301-4631 ファックス 番 号 : 06-6306-0831

More information

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品 混 合 物 の 区 別 : 混 合 物 (20% 塩 化 チタン(Ⅲ)の 希 塩 酸 溶 液 ) 化 学 名 : 塩 化 チタン(Ⅲ) 溶 液 ( 別 名 ) 三 塩 化 チタン 溶 液 ( 英 名 )Titanium(Ⅲ) choride soutio

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品 混 合 物 の 区 別 : 混 合 物 (20% 塩 化 チタン(Ⅲ)の 希 塩 酸 溶 液 ) 化 学 名 : 塩 化 チタン(Ⅲ) 溶 液 ( 別 名 ) 三 塩 化 チタン 溶 液 ( 英 名 )Titanium(Ⅲ) choride soutio 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 等 のコード : 2020-5250 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急 連 絡 同 上 改 訂 平 成 26 年 10 月 21 日 SDS 整 理 番 号 20205250 製 品 等

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

1. 完 全 認 証 移 行 第 1 弾 基 準 策 定 の 基 本 的 考 え 方 3 基 本 方 針 1 原 則 的 考 え 方 医 療 機 器 の 名 称 基 準 1 2 日 本 工 業 規 格 T 0000 使 用 目 的 効 能 又 は 効 果 に 用 いること 安 全 性 性 能 基 本

1. 完 全 認 証 移 行 第 1 弾 基 準 策 定 の 基 本 的 考 え 方 3 基 本 方 針 1 原 則 的 考 え 方 医 療 機 器 の 名 称 基 準 1 2 日 本 工 業 規 格 T 0000 使 用 目 的 効 能 又 は 効 果 に 用 いること 安 全 性 性 能 基 本 完 全 認 証 移 行 第 1 弾 基 準 の 概 要 ~ 全 ての 管 理 医 療 機 器 の 第 三 者 認 証 制 度 への 移 行 に 向 けて ~ 全 ての 管 理 医 療 機 器 について 認 証 基 準 を 策 定 認 証 基 準 不 適 合 への 迅 速 な 対 応 手 段 の 構 築 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 品 質 管 理 部 基 準 課

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B8AAE90AC94C58169837A815B83808379815B83579770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B8AAE90AC94C58169837A815B83808379815B83579770816A2E646F63> 高 齢 者 施 設 における 感 染 対 策 マニュアル 高 齢 者 施 設 感 染 対 策 マニュアル 作 成 検 討 会 ( 奈 良 県 郡 山 保 健 所 管 内 ) 平 成 21 年 1 月 目 次 1. はじめに 1 2. 高 齢 者 施 設 と 感 染 対 策 2 (1) 注 意 すべき 主 な 感 染 症 (2) 感 染 対 策 の 基 礎 知 識 1) 感 染 源 2) 感 染 経

More information

発行日 2010/12/28

発行日 2010/12/28 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N), 日 立 ハイテクノロジーズ, 1/7 発 行 日 2011/7/10 製 品 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 製 品 コード 986-8008 整 理 番 号 会 社 名 住 所 担 当 部 門 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N) MSM0003 日 立 ハイテクノロジーズ 電 話

More information

スライド 1

スライド 1 吸 引 口 鼻 からの 吸 引 パンフレット このパンフレットは 独 立 行 政 法 人 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 在 宅 医 療 支 援 病 棟 で 使 用 している 吸 引 指 導 用 パンフレットを 元 に 厚 生 労 働 省 平 成 23 年 度 チーム 医 療 実 証 事 業 委 託 費 により 作 成 し ました このパンフレットを 参 考 にしながら 入 院 中 在 宅

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information