用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴"

Transcription

1 長 久 手 市 公 共 的 団 体 による 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 逐 条 解 説 1 目 的 このガイドラインは 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 への 有 用 性 と 市 民 の 容 ぼ うや 行 動 をみだりに 撮 影 されないなどプライバシーの 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が 市 内 の 公 共 空 間 を 対 象 とした 防 犯 カメラを 設 置 及 び 利 用 するに 当 たっての 留 意 すべき 事 項 を 定 め その 適 切 な 運 用 を 図 ることを 目 的 とする この 条 は このガイドラインが 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 効 果 と 市 民 の プライバシー 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が プライバシーに 配 慮 した 防 犯 カメラの 適 切 な 運 用 を 図 ることを 目 的 としていることを 明 記 し ています 長 久 手 市 では 安 心 して 安 全 に 暮 らせる 地 域 社 会 の 実 現 を 目 指 して 平 成 20 年 12 月 に 長 久 手 市 安 心 で 安 全 なまちづくり 条 例 ( 平 成 20 年 長 久 手 市 条 例 第 28 号 )を 施 行 し この 条 例 の 制 定 を 契 機 に 市 民 の 皆 さんと 共 に 犯 罪 抑 止 を 始 めさまざまな 活 動 に 日 夜 取 り 組 んでいるところです しかしながら 愛 知 県 下 はじめ 市 内 では 特 に 空 き 巣 などの 侵 入 盗 や 部 品 狙 いといった 自 動 車 関 連 窃 盗 が 増 加 して 止 みません そういった 時 に 自 治 会 連 合 会 区 会 など 地 域 の 住 民 を 主 体 とする 公 共 的 団 体 の 皆 さんが 地 域 の 道 路 などといった 公 共 空 間 に 人 間 の 目 に 加 え 防 犯 カメラを 設 置 し 活 用 することは 皆 さんの 活 動 や 警 察 による 巡 回 を 補 完 する ものとして 有 効 な 手 段 で まちの 安 全 を 図 る 大 きな 力 となります ところが 防 犯 カメラの 使 い 方 を 誤 ると 記 録 された 画 像 が 流 出 したり 他 の 目 的 に 利 用 されたりする 可 能 性 もありますので 個 人 のプライバシーを 侵 害 しないよう 取 扱 いには 十 分 留 意 しなければなりません こうしたことから 犯 罪 抑 止 効 果 を 高 めるとともに 市 民 のプライバシ ーの 保 護 が 守 られるよう 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 防 犯 カメラを 設 置 し 利

2 用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴ 防 犯 カメラ 犯 罪 の 防 止 を 目 的 として 特 定 の 場 所 に 継 続 的 に 設 置 されるカメラで か つ 画 像 を 撮 影 し 記 録 する 機 能 を 有 するものをいう ⑵ 公 共 的 団 体 自 治 会 連 合 会 区 会 商 工 会 その 他 の 団 体 をいう ⑶ 公 共 空 間 道 路 公 園 広 場 など 誰 もが 自 由 に 利 用 又 は 通 行 できる 空 間 をいう ⑷ 画 像 防 犯 カメラにより 撮 影 又 は 記 録 されたものであって それによって 特 定 の 個 人 を 識 別 することができるものをいう この 条 は このガイドラインにおける 用 語 の 定 義 を 示 したものです このガイドラインにおける 防 犯 カメラとは 犯 罪 の 防 止 を 目 的 として 特 定 の 場 所 に 継 続 的 に 設 置 されるカメラで かつ 画 像 を 撮 影 し 記 録 する 機 能 を 有 するものとします また 画 像 とは 防 犯 カメラにより 撮 影 又 は 記 録 されたものであって そ れによって 特 定 の 個 人 を 識 別 することができるものをいいます ガイドラインの 対 象 となる 防 犯 カメラは 公 共 的 団 体 が 設 置 するカメラで 以 下 の3つの 要 件 すべてに 該 当 するものとします 1 公 共 空 間 に 継 続 的 に 設 置 するカメラ 道 路 公 園 広 場 など 誰 もが 自 由 に 利 用 又 は 通 行 できる 空 間 に 設 置 す るカメラが 対 象 となります 2 犯 罪 の 防 止 を 目 的 として 設 置 するカメラ

3 施 設 管 理 事 故 防 止 防 火 防 災 という 目 的 で 設 置 するカメラは こ のガイドラインの 対 象 にはなりませんが 犯 罪 の 防 止 を 副 次 目 的 として 公 共 空 間 に 設 置 するのであれば 対 象 となります 3 画 像 記 録 機 能 を 備 えているカメラ モニター( 表 示 機 能 )のみを 備 えるカメラについては このガイドラ インの 対 象 とはなりませんが ガイドラインの 目 的 に 照 らして 慎 重 に 取 り 扱 う 必 要 があります 映 像 が 記 録 されない 場 合 は 録 画 記 録 が 流 出 し たり 悪 用 されたりすることがないので 対 象 となりません ただし 記 録 装 置 がないカメラでも モニターから 知 り 得 た 情 報 をむやみに 漏 ら してはならないことは 言 うまでもありません 次 に 示 すような 防 犯 カメラは このガイドラインの 対 象 とはなりません ア 不 特 定 多 数 の 方 の 出 入 りが 想 定 されないマンション アパート 等 の 共 同 住 宅 の 内 部 事 業 所 工 場 の 敷 地 内 などを 専 ら 撮 影 しているもの イ 民 間 事 業 者 が 万 引 きなど 犯 罪 の 証 拠 保 全 を 目 的 に 店 舗 内 に 設 置 するも の ウ 施 設 管 理 者 等 が 施 設 管 理 事 故 防 止 防 火 防 災 という 目 的 で 設 置 す るもの エ 個 人 が 携 帯 型 のビデオカメラやデジタルカメラで 撮 影 するものや 玄 関 先 に 設 置 するもの オ 表 示 機 能 のみを 備 えるもの カ イベントなどで 一 時 的 に 設 置 するもの キ 愛 知 県 警 察 が 犯 罪 の 予 防 被 害 の 未 然 防 止 を 図 るために 公 共 空 間 に 設 置 するもの 3 管 理 体 制 ⑴ 管 理 責 任 者 の 指 定 市 内 の 公 共 空 間 に 防 犯 カメラを 設 置 及 び 利 用 しようとする 公 共 的 団 体 ( 以 下 設 置 者 という )は その 適 切 な 管 理 を 図 るため 防 犯 カメラの 管 理 責 任 者 を 指 定 するものとする

4 ⑵ 取 扱 者 の 指 定 管 理 責 任 者 は 防 犯 カメラ モニター 又 は 録 画 装 置 を 設 置 する 場 合 は その 機 器 の 操 作 や 画 像 の 視 聴 を 行 う 取 扱 者 を 指 定 するものとする この 場 合 取 扱 者 は 原 則 として 管 理 責 任 者 とは 別 の 者 を 指 定 し 管 理 責 任 者 及 び 指 定 された 取 扱 者 以 外 の 機 器 の 操 作 や 画 像 の 視 聴 を 禁 止 する この 条 は 防 犯 カメラの 適 切 な 管 理 運 用 を 図 るため 設 置 者 は 管 理 責 任 者 及 び 取 扱 者 を 指 定 することを 示 したものです 設 置 者 は 防 犯 カメラ 及 び 画 像 を 適 切 に 管 理 するために 管 理 責 任 者 を 指 定 します 管 理 責 任 者 とは 設 置 団 体 の 長 など 防 犯 上 必 要 な 業 務 を 適 切 に 遂 行 できる 立 場 にあり 防 犯 カメラ 及 び 画 像 の 管 理 運 用 を 行 う 者 を いいます 管 理 責 任 者 は 機 器 の 操 作 や 画 像 の 視 聴 を 行 う 取 扱 者 を 指 定 し 管 理 責 任 者 及 び 取 扱 者 以 外 の 者 による 操 作 や 視 聴 を 禁 止 します ま た 取 扱 者 には 迅 速 な 対 応 が 取 れることと 防 犯 カメラの 取 扱 いの 責 任 の 所 在 を 明 確 にするため 原 則 として 管 理 責 任 者 とは 別 の 者 を 指 定 し てください 4 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 ⑴ 設 置 及 び 利 用 の 制 限 設 置 者 は 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 当 たって 犯 罪 の 防 止 効 果 を 高 めるとともに 不 必 要 な 個 人 の 画 像 の 撮 影 を 防 ぐために 設 置 箇 所 及 び 撮 影 範 囲 を 必 要 最 小 限 に 定 めるものとし 特 定 の 個 人 若 しくは 物 を 遠 隔 操 作 等 で 継 続 して 追 跡 撮 影 を 行 わないものとする ⑵ 設 置 及 び 利 用 の 明 示 設 置 者 は 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 当 たって 設 置 区 域 の 入 口 やそ の 区 域 内 の 見 やすい 場 所 に 防 犯 カメラを 設 置 していること 及 び 設 置 者 名 を 明 示 するものとする

5 ⑶ 設 置 の 許 可 設 置 に 当 たっては 必 要 に 応 じて 防 犯 カメラを 設 置 しようとする 公 共 空 間 の 管 理 者 の 許 可 を 得 るものとする この 条 は 防 犯 カメラの 適 切 な 運 用 を 図 るため 設 置 者 は 撮 影 の 範 囲 や 画 像 の 利 用 を 限 定 するとともに その 設 置 利 用 の 明 示 をすることを 示 した ものです 防 犯 カメラによる 撮 影 の 範 囲 は 設 置 目 的 ( 犯 罪 の 抑 止 等 )を 達 成 するた めに 必 要 な 範 囲 にとどめます これは 撮 影 される 人 の 権 利 利 益 を 侵 害 しな いようにするためのもので カメラの 台 数 設 置 場 所 個 々のカメラの 撮 影 範 囲 などが 必 要 最 小 限 となるよう 十 二 分 な 検 討 と 配 慮 が 必 要 です 防 犯 カメラの 設 置 者 は 設 置 区 域 内 の 見 やすい 場 所 に 防 犯 カメラを 設 置 していることを 防 犯 カメラ 作 動 中 のなど 分 かりやすい 表 現 で 明 示 します 設 置 を 表 示 することは 犯 罪 を 抑 止 する 効 果 を 高 めることにもなります ま た 表 示 には 設 置 者 も 併 せて 記 載 し 市 民 等 からの 苦 情 や 問 い 合 わせに 対 応 するといった 配 慮 が 必 要 です しかし 設 置 者 以 外 の 管 理 責 任 者 等 の 個 人 の 氏 名 住 所 電 話 番 号 等 を 表 示 する 場 合 は 表 示 しないことができます 設 置 に 当 たっては 設 置 場 所 の 管 理 者 に あらかじめ 占 用 等 の 許 可 を 得 な ければなりません 5 画 像 の 取 扱 い ⑴ 秘 密 保 持 設 置 者 管 理 責 任 者 及 び 取 扱 者 ( 以 下 設 置 者 等 という )は 防 犯 カ メラの 画 像 から 知 り 得 た 市 民 の 情 報 をみだりに 他 に 漏 らし 又 は 不 当 な 目 的 のために 使 用 しないものとする 設 置 者 等 でなくなった 後 においても 同 様 とする ⑵ 画 像 の 利 用 及 び 提 供 の 制 限 設 置 者 等 は 画 像 を 設 置 目 的 以 外 の 目 的 に 利 用 し 又 は 第 三 者 に 提 供 し

6 ないものとする ただし 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は この 限 りでない ア 法 令 に 基 づく 場 合 イ 捜 査 機 関 から 犯 罪 捜 査 目 的 による 要 請 を 受 けた 場 合 (ただし 捜 査 機 関 が 画 像 の 提 供 を 求 めるときは 文 書 によるものとする ) ウ 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 を 保 護 するため 緊 急 かつやむを 得 ないと 認 められる 場 合 エ 画 像 から 識 別 される 本 人 の 同 意 がある 場 合 又 は 本 人 の 請 求 に 基 づき 本 人 へ 提 供 する 場 合 ⑶ 画 像 の 閲 覧 提 供 時 の 身 元 確 認 設 置 者 等 は 画 像 の 閲 覧 提 供 に 当 たっては 相 手 先 に 身 分 証 明 書 の 提 示 を 求 める 等 身 元 の 確 認 を 行 うとともに 閲 覧 提 供 を 行 った 日 時 相 手 先 目 的 理 由 画 像 の 内 容 等 を 記 録 するものとする ⑷ 画 像 の 適 正 管 理 設 置 者 等 は 画 像 の 漏 えい 滅 失 き 損 流 出 及 び 改 ざんの 防 止 その 他 の 画 像 の 適 正 な 管 理 のために 次 の 点 に 留 意 し 必 要 な 措 置 を 講 ずるものと する ア 画 像 を 保 存 する 場 合 には 当 該 画 像 を 加 工 してはならない イ 画 像 の 記 録 された 媒 体 (ビデオテープ DVD ハードディスク 等 を いう 以 下 同 じ )は 防 犯 カメラの 設 置 者 等 があらかじめ 定 めた 防 護 さ れた 場 所 で 厳 重 に 管 理 し ⑵に 定 める 場 合 を 除 き 外 部 への 持 ち 出 し 転 送 をしてはならない ウ 画 像 の 保 存 期 間 は 設 置 目 的 を 達 成 する 範 囲 内 で 必 要 最 小 限 度 の 期 間 ( 最 大 1か 月 )とする エ 画 像 は ウに 定 める 保 存 期 間 が 終 了 した 後 直 ちに 消 去 するか 上 書 きにより 消 去 する オ 画 像 の 記 録 された 媒 体 を 廃 棄 する 場 合 は 読 み 取 りが 物 理 的 に 行 えな いよう 破 砕 裁 断 等 の 処 理 又 は 当 該 記 録 媒 体 に 記 録 された 画 像 を 復 元 不 可 能 な 方 法 により 消 去 する また 廃 棄 の 日 時 方 法 等 を 記 録 してお

7 くものとする この 条 は 防 犯 カメラで 撮 影 した 画 像 の 適 正 な 管 理 を 図 るため 知 り 得 た 情 報 の 秘 密 保 持 画 像 の 目 的 外 利 用 の 制 限 及 び 画 像 の 取 扱 いや 保 存 期 間 等 の 留 意 事 項 を 定 めたものです 画 像 には 被 写 体 となった 多 数 の 人 物 の 容 ぼうや 無 意 識 な 言 動 や 行 動 など といった 個 人 情 報 が 含 まれていることから その 取 扱 いについては 慎 重 を 期 すべきであり 画 像 の 加 工 知 り 得 た 情 報 の 漏 えい 及 び 当 該 目 的 の 範 囲 を 超 えた 利 用 や 提 供 をしてはいけません また 設 置 者 等 でなくなった 後 においても 知 り 得 た 情 報 はむやみに 漏 ら してはいけません 防 犯 カメラの 画 像 の 視 聴 は 原 則 としてできません また 画 像 を 取 出 す ことや 外 部 に 提 供 することは 禁 止 します ただし 以 下 の5つの 場 合 に 限 り 例 外 的 に 画 像 を 目 的 以 外 に 利 用 し 又 は 提 供 することができます なお その 場 合 に 画 像 の 目 的 外 利 用 や 提 供 に 応 じるかどうかは 最 終 的 に は 設 置 者 等 が 提 供 等 にいたる 経 緯 や 録 画 された 画 像 の 状 況 等 を 踏 まえ 妥 当 性 を 十 分 検 討 して 責 任 をもって 対 応 します 1 法 令 に 基 づく 手 続 により 照 会 等 を 受 けた 場 合 弁 護 士 法 第 23 条 の2 第 2 項 に 基 づく 弁 護 士 会 からの 照 会 裁 判 所 か らの 文 書 提 出 命 令 ( 民 事 訴 訟 法 第 223 条 ) 裁 判 官 が 発 する 令 状 に 基 づ く 場 合 などです 2 捜 査 機 関 から 犯 罪 捜 査 の 目 的 により 要 請 を 受 けた 場 合 ただし 捜 査 機 関 が 画 像 の 提 出 を 求 める 場 合 は 文 書 による 文 書 とは 刑 事 訴 訟 法 第 197 条 第 2 項 に 基 づく 捜 査 関 係 事 項 照 会 書 などをいい 捜 査 機 関 が 犯 罪 捜 査 を 目 的 としたことを 明 らかにした 公 文 書 であれば 足 り 書 式 等 を 指 定 するものではありません 捜 査 機 関 から 文 書 を 求 めることは 迅 速 な 捜 査 に 支 障 を 及 ぼし 犯 人 逮 捕 が 遅 れ る 可 能 性 もありますが 個 人 に 関 する 情 報 であることから 提 出 に 当 た っては より 慎 重 を 期 するべきであり 記 録 を 明 確 にしておくためにも

8 文 書 による 依 頼 に 基 づくことが 必 要 です 3 個 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 の 安 全 を 守 るため 緊 急 かつやむを 得 ない 場 合 行 方 不 明 者 の 安 否 確 認 や 災 害 発 生 時 の 被 害 状 況 を 情 報 提 供 等 する 場 合 や 犯 罪 事 故 等 から 個 人 を 守 るため 時 間 的 余 裕 がなく 画 像 の 目 的 外 利 用 提 供 を 行 う 以 外 に 適 当 な 手 段 がない 場 合 などです 4 本 人 の 同 意 がある 場 合 5 本 人 の 請 求 に 基 づき 本 人 に 提 供 する 場 合 自 分 の 映 っている 情 報 である 画 像 を 確 認 させてほしいという 本 人 の 申 し 出 があった 場 合 など 客 観 的 にみて 提 供 することが 妥 当 と 認 められる 場 合 などです また 1から5のいずれかに 該 当 し 閲 覧 提 供 する 場 合 設 置 者 等 は 相 手 先 や 日 時 理 由 等 を 記 録 しておきます 画 像 の 管 理 については 記 録 媒 体 の 小 型 化 や 記 憶 容 量 の 増 大 画 像 のデジ タル 化 などが 進 んでおり 画 像 の 持 ち 出 しや 複 写 加 工 が 容 易 な 状 況 になっ ていることから 防 犯 カメラの 設 置 者 等 は 個 々の 状 況 に 応 じて 以 下 の 点 に 留 意 し 厳 重 な 管 理 を 行 います ア 画 像 を 保 存 する 場 合 には 当 該 画 像 を 加 工 してはならない イ 画 像 の 記 録 された 媒 体 (ビデオテープ DVD ハードディスク 等 を いう 以 下 同 じ )は 防 犯 カメラの 設 置 者 等 があらかじめ 定 めた 防 護 さ れた 場 所 又 は 施 錠 設 備 のある 強 固 な 金 属 製 ボックス 内 に 収 納 して 厳 重 に 管 理 し 前 記 1から5のいずれかに 該 当 する 場 合 を 除 き 外 部 への 持 ち 出 しやインターネット 等 を 介 して 転 送 をしてはならない ウ 画 像 の 保 存 期 間 は 防 犯 カメラの 設 置 目 的 にしたがって 最 大 1か 月 以 内 で 必 要 最 小 限 度 の 期 間 とする エ 画 像 は 上 記 の 保 存 期 間 が 終 了 した 後 直 ちに 消 去 する 上 書 きにより 消 去 とは ビデオテープでは 上 書 き 録 画 によって DV Dやハードディスクではファイル 削 除 あるいは 初 期 化 等 によって 前 の 画 像 を 消 去 することです オ 画 像 の 記 録 された 媒 体 を 廃 棄 する 場 合 は 読 み 取 りが 物 理 的 に 行 えな

9 いよう 破 砕 裁 断 等 の 処 理 又 は 当 該 記 録 媒 体 に 記 録 された 画 像 を 復 元 不 可 能 な 方 法 により 消 去 する この 復 元 不 可 能 な 消 去 方 法 とは ハードディスクなどの 記 録 媒 体 を 物 理 的 に 破 砕 裁 断 等 ができない 場 合 は 当 該 記 録 媒 体 に 記 録 された 画 像 情 報 を 専 用 のソフト 等 により 復 元 不 可 能 にするなど 確 実 に 消 去 するこ とです 6 苦 情 及 び 問 い 合 わせへの 対 応 設 置 者 等 は 当 該 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 する 苦 情 や 問 い 合 わせを 受 けたときは 適 切 かつ 迅 速 な 対 応 に 努 めるものとする この 条 は 防 犯 カメラの 設 置 等 で 発 生 した 苦 情 や 問 い 合 わせに 対 する 対 応 を 定 めたものです この 条 を 設 けた 理 由 は 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 については 市 民 の 皆 さんからいろいろな 意 見 や 苦 情 防 犯 カメラの 画 像 から 識 別 される 本 人 から 写 り 込 んでいることの 確 認 などの 問 い 合 わせが 出 された 場 合 に 設 置 者 等 が 真 しに 受 け 止 め 適 切 かつ 迅 速 に 対 応 することが 必 要 だからです また 対 応 の 際 には 設 置 者 等 は 必 要 に 応 じて 調 査 検 査 等 を 行 い 苦 情 等 の 趣 旨 内 容 に 即 した 解 決 に 努 めることが 大 切 です 7 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 の 遵 守 防 犯 カメラにより 撮 影 又 は 記 録 された 画 像 は 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 )の 個 人 情 報 に 該 当 する 可 能 性 があることから 公 共 的 団 体 が 個 人 情 報 を 取 り 扱 う 場 合 は このガイドラインのほかに 同 法 の 規 定 に 基 づき 適 正 に 取 り 扱 うものとする この 条 は 防 犯 カメラの 設 置 にあたり 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 の 遵 守 が 必 要 な 事 項 であることを 改 めて 示 したものです

10 防 犯 カメラで 撮 影 された 画 像 も それによって 個 人 の 識 別 ができる 場 合 は 個 人 情 報 に 該 当 します 自 治 会 連 合 会 区 会 等 の 公 共 的 団 体 については 長 久 手 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 16 年 条 例 第 7 号 )に 定 める 実 施 機 関 に は 該 当 しませんが 取 り 扱 う 個 人 情 報 のデータ 量 によっては 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 )に 定 める 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 として 同 法 の 適 用 を 受 ける 可 能 性 があります したがって 画 像 ( 個 人 情 報 )の 取 扱 いに 関 し このガイドライン 及 び 設 置 運 用 要 領 における 解 釈 に 疑 義 が 生 じたときは このガイドラインに 定 め のあるもののほか 同 法 その 他 の 個 人 情 報 保 護 法 制 の 規 定 に 基 づいて 判 断 し ます 具 体 的 には 以 下 に 掲 げる 設 置 者 の 区 分 等 に 応 じて 適 切 に 取 り 扱 うことと します ア 事 業 者 等 にあっては 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 及 びこれに 基 づく 政 省 令 イ 国 の 機 関 にあっては 行 政 機 関 の 保 有 する 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 58 号 ) 及 びこれに 基 づく 政 省 令 ウ 地 方 公 共 団 体 の 機 関 にあっては 個 人 情 報 の 保 護 に 関 して 定 められた 当 該 地 方 公 共 団 体 の 条 例 及 びこれに 基 づく 規 則 8 設 置 運 用 要 領 の 作 成 設 置 者 は 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 が 適 正 なものとなるよう このガイ ドラインの1から7に 基 づいて 設 置 運 用 要 領 を 策 定 するものとする この 条 は 設 置 者 は 防 犯 カメラの 適 正 な 設 置 及 び 運 用 のため このガイ ドラインに 基 づいた 設 置 運 用 要 領 を 策 定 しなければならないことを 示 した ものです 防 犯 カメラの 画 像 の 管 理 や 運 用 を 適 正 に 行 っていくために 設 置 運 用 要 領 の 策 定 が 必 要 です 設 置 者 の 皆 さんは それぞれの 設 置 環 境 や 利 用 形 態 に 合 わせて 以 上 の1から7までの 項 目 を 盛 り 込 んだ 設 置 運 用 要 領 を 作 成 し

11 てください 作 成 にあたっては この 解 説 書 の 最 後 にある 防 犯 カメラの 設 置 運 用 要 領 ( 参 考 例 ) を 参 考 にしてください 9 取 扱 いの 周 知 徹 底 設 置 者 は 管 理 責 任 者 及 び 取 扱 者 に 対 して このガイドライン 及 び 自 ら 定 める 設 置 運 用 要 領 において 画 像 の 適 正 な 取 扱 いについて 周 知 徹 底 を 図 るとともに 定 期 的 かつ 必 要 に 応 じて 研 修 会 を 実 施 するなど 適 切 な 指 導 を 行 うものとする この 条 は 設 置 者 は 画 像 の 適 正 な 取 扱 いについて 管 理 責 任 者 及 び 取 扱 者 に 対 して 適 切 な 指 導 を 行 う 必 要 があることを 示 したものです 設 置 者 は 管 理 責 任 者 や 取 扱 者 にこのガイドライン 及 びこの 内 容 を 踏 まえ て 自 らが 作 成 した 設 置 運 用 要 領 に 基 づき 画 像 の 適 正 な 取 り 扱 いについて 指 導 を 徹 底 し 設 置 運 用 要 領 を 遵 守 させます 具 体 的 には 必 要 事 項 の 一 覧 表 を 操 作 室 内 に 掲 示 するなど 正 しい 運 用 がで きるよう 周 知 したり 管 理 責 任 者 や 取 扱 者 が 交 代 した 場 合 は 必 ず 研 修 会 等 を 実 施 し 防 犯 カメラの 適 切 な 運 用 が 維 持 できるようにするなどです 10 業 務 の 委 託 設 置 者 は 防 犯 カメラの 管 理 業 務 を 委 託 する 場 合 は このガイドライン 及 び 自 ら 定 める 設 置 運 用 要 領 の 遵 守 を 委 託 条 件 にするなど 受 託 者 におい て 防 犯 カメラの 適 切 な 運 用 が 行 われるように 努 めなければならない この 条 は 防 犯 カメラの 管 理 業 務 を 委 託 する 場 合 にも 設 置 者 が 適 切 な 運 用 が 行 われるよう 注 意 する 必 要 があることを 示 したものです 設 置 者 は 防 犯 カメラの 管 理 業 務 を 委 託 する 場 合 にも 受 託 者 にガイドラ インと 運 用 要 領 を 遵 守 させる 必 要 があります

12 例 えば 委 託 契 約 書 の 中 にガイドラインと 運 用 要 領 を 盛 り 込 み 定 期 的 に 運 用 状 況 を 報 告 させることなどが 挙 げられます 11 保 守 点 検 設 置 者 等 は 防 犯 カメラが 適 正 に 作 動 するよう 定 期 的 に 保 守 点 検 を 行 うものとする また パソコンで 防 犯 カメラの 画 像 を 取 り 扱 う 場 合 は パソ コンのコンピューターウィルス 対 策 に 十 分 な 配 慮 をするものとする この 条 は 設 置 者 等 に 防 犯 カメラや パソコン 等 の 機 器 の 保 守 点 検 にも 配 慮 を 求 めることを 示 したものです 設 置 者 等 は 定 期 的 に 防 犯 カメラが 適 正 に 動 作 しデータが 記 録 できるかと いった 保 守 点 検 や 画 像 データを 扱 うパソコンがコンピューターウィルスに 感 染 し データの 流 出 事 故 につながらないように ウィルス 対 策 ソフトを 定 期 的 に 更 新 するなど 必 要 な 対 策 を 行 う 必 要 があります

13 が 設 置 する 防 犯 カメラの 設 置 運 用 要 領 ( 参 考 例 ) この 要 領 は 個 人 のプライバシーの 保 護 に 配 慮 しつつ 第 2 項 に 定 める 設 置 目 的 を 達 成 するため ( 防 犯 カメラの 設 置 者 )が 第 3 項 に 定 める 場 所 に 設 置 する 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 し 留 意 すべき 事 項 を 定 め その 適 切 な 運 用 を 図 るものとする 2 設 置 目 的 防 犯 カメラは の 区 域 内 における 犯 罪 の 防 止 を 目 的 として 設 置 する 3 設 置 概 要 等 ⑴ 設 置 場 所 及 び 設 置 台 数 別 紙 配 置 図 の 場 所 に 台 の 防 犯 カメラを 設 置 する ( 配 置 図 には カメラの 設 置 箇 所 撮 影 方 向 を 表 示 ) ⑵ 保 管 場 所 録 画 装 置 (モニター その 他 の 機 器 一 式 )の 保 管 場 所 は 次 に 掲 げる 建 物 とし 管 理 責 任 者 が 施 錠 を 行 うなどして 適 正 に 管 理 する 所 在 地 : 長 久 手 市 番 地 建 物 等 名 称 : センター 室 ⑶ 立 ち 入 り 制 限 保 管 場 所 には 管 理 責 任 者 取 扱 者 及 び 管 理 責 任 者 が 許 可 した 者 以 外 は 立 ち 入 ることができない ⑷ 設 置 の 表 示 防 犯 カメラの 撮 影 区 域 の 入 口 等 の 見 やすい 位 置 に 防 犯 カメラ 作 動 中 と 記 載 した 表 示 板 を 掲 示 するとともに 表 示 板 には 設 置 者 名 を 明 示 する ものとする ⑸ 設 置 の 許 可 防 犯 カメラの 設 置 にあたっては 設 置 場 所 を 管 理 する 者 の 許 可 を 得 るこ と また 許 可 の 更 新 を 必 ず 行 うこと ⑹ 設 置 及 び 運 用 の 制 限 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 にあたっては 設 置 目 的 である 犯 罪 の 防 止 効

14 果 を 高 めるとともに 不 必 要 な 個 人 の 画 像 の 撮 影 を 防 ぐために 設 置 箇 所 及 び 撮 影 範 囲 を 必 要 最 小 限 に 定 めるものとし みだりに 特 定 の 個 人 又 は 物 を 遠 隔 操 作 等 で 継 続 して 追 跡 撮 影 を 行 わないものとする 4 管 理 体 制 ⑴ 防 犯 カメラの 適 正 な 管 理 を 図 るため 管 理 責 任 者 を 置 くものとする ⑵ 管 理 責 任 者 は とする ( 職 氏 名 を 記 載 ) ⑶ 管 理 責 任 者 の 責 務 は 次 のとおりとする ア 防 犯 カメラの 画 像 から 知 り 得 た 情 報 の 漏 えい または 不 正 使 用 の 防 止 のために 必 要 な 措 置 に 関 すること イ 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 する 苦 情 や 問 い 合 わせに 関 すること ウ その 他 防 犯 カメラの 画 像 の 適 切 な 取 扱 いに 関 すること ⑷ 管 理 責 任 者 は 防 犯 カメラ 録 画 装 置 (モニター その 他 の 機 器 一 式 ) の 機 器 の 操 作 や 画 像 の 視 聴 を 行 わせるため 取 扱 者 を 置 くものとする ⑸ 取 扱 者 は とする ( 職 氏 名 を 記 載 ) ⑹ 管 理 責 任 者 及 び 取 扱 者 以 外 の 者 は 機 器 の 操 作 や 画 像 の 視 聴 を 行 っては ならない 5 画 像 の 取 扱 い ⑴ 防 犯 カメラの 画 像 から 知 り 得 た 情 報 をみだりに 他 に 漏 らしたり 不 当 な 目 的 のために 使 用 してはならない また その 職 を 退 いた 後 も 同 様 とする ⑵ 画 像 の 利 用 及 び 提 供 の 制 限 ア 防 犯 カメラの 画 像 を 設 置 目 的 以 外 の 目 的 に 利 用 し または 提 供 しな いものとする ただし 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は この 限 りではない 1 法 令 に 基 づく 場 合 2 捜 査 機 関 から 犯 罪 事 故 の 捜 査 等 の 目 的 により 要 請 を 受 けた 場 合 ただし 捜 査 機 関 が 画 像 の 提 供 を 求 めるときは 文 書 による 3 個 人 の 生 命 身 体 または 財 産 の 安 全 を 守 るため 緊 急 かつやむを 得 ない 場 合

15 4 本 人 の 同 意 がある 場 合 5 画 像 から 識 別 される 本 人 の 請 求 に 基 づき 本 人 に 提 供 する 場 合 イ 防 犯 カメラの 画 像 の 提 供 を 行 うときは 要 請 者 からの 身 分 証 明 等 の 提 示 を 求 めて 確 認 を 行 うとともに 提 供 の 必 要 性 を 検 討 するものとし 画 像 を 提 供 したときは 提 供 日 時 提 供 先 提 供 理 由 提 供 した 画 像 の 内 容 等 を 記 録 すること ⑶ 画 像 の 適 正 管 理 防 犯 カメラの 画 像 の 漏 えい 滅 失 き 損 流 出 及 び 改 ざんの 防 止 その 他 の 画 像 の 適 正 な 管 理 のために 次 の 点 に 留 意 し 必 要 な 措 置 を 講 ずるものと する ア 画 像 を 保 存 する 場 合 には 不 必 要 な 複 製 や 当 該 画 像 を 加 工 してはなら ない イ 画 像 の 記 録 された 媒 体 (ビデオテープ DVD ハードディスク 等 を いう 以 下 同 じ )は 防 護 された 場 所 または 施 錠 設 備 のある 強 固 な 金 属 製 ボックス 内 に 収 納 して 厳 重 に 管 理 し 第 5 項 ⑵アに 定 める 場 合 を 除 き 外 部 へ 持 ち 出 してはならない また 記 録 された 媒 体 を 持 ち 出 す 場 合 は 施 錠 可 能 なカバン 等 を 使 用 して 盗 難 紛 失 等 に 留 意 し 常 時 携 行 しな ければならない ウ 画 像 の 保 存 期 間 は 日 間 とする ( 設 置 目 的 を 達 成 する 範 囲 内 で 必 要 最 小 限 度 の 期 間 ( 最 大 1か 月 ) ) エ 保 存 期 間 を 経 過 した 画 像 は 上 書 き 等 により 速 やかに かつ 確 実 に 消 去 する オ 画 像 の 記 録 された 媒 体 を 廃 棄 する 場 合 は 読 み 取 りが 物 理 的 に 行 えな いよう 破 砕 裁 断 等 で 処 理 または 当 該 記 録 媒 体 に 記 録 された 画 像 を 復 元 不 可 能 な 方 法 により 消 去 したことを 管 理 責 任 者 を 含 め 複 数 人 で 確 認 の 上 処 分 し 処 分 した 日 時 方 法 等 を 記 録 する 6 苦 情 及 び 問 い 合 わせへの 対 応 設 置 者 及 び 管 理 責 任 者 は 当 該 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 する 苦 情 や 問 い 合 わせを 受 けたときは 誠 実 かつ 迅 速 に 対 応 するものとする

16 7 その 他 ⑴ 設 置 者 は 防 犯 カメラや 録 画 装 置 の 機 器 等 の 日 常 の 維 持 管 理 及 び 廃 止 後 の 撤 去 に 関 しても 適 切 に 対 処 するように 努 めることとする ⑵ 防 犯 カメラの 画 像 の 取 扱 いについては 個 人 情 報 保 護 法 の 規 定 に 基 づき 適 正 に 取 扱 うこととする ⑶ この 要 領 に 定 めるもののほか 防 犯 カメラの 運 用 に 関 する 必 要 な 事 項 は 設 置 者 がこれを 定 める 附 則 この 要 領 は 平 成 年 月 日 から 施 行 する

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心 福 山 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 2014 年 ( 平 成 26 年 )4 月 市 民 局 市 民 部 生 活 安 全 推 進 課 福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地

More information

防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン

防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン 成 田 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 するガイドライン 地 域 の 防 犯 活 動 として 公 道 上 に 設 置 する 防 犯 カメラ ガイドライン 策 定 の 目 的 成 田 市 では 成 田 市 防 犯 まちづくり 推 進 条 例 ( 平 成 19 年 10 月 1 日 施 行 ) 及 び 成 田 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 に 基 づき 市 民 が 犯 罪

More information

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影 八 王 子 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 するガイドライン( 案 ) Ⅰ.はじめに 1 ガイドラインの 策 定 の 経 緯 と 目 的 八 王 子 市 は 犯 罪 を 未 然 に 防 ぎ 安 全 で 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 進 めるため 平 成 14 年 に 生 活 の 安 全 安 心 に 関 する 条 例 を 施 行 し 市 市 民 事 業 者 それぞれの 責

More information

Microsoft Word - 20ガイドラインリーフレット案4ページ

Microsoft Word - 20ガイドラインリーフレット案4ページ 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 する ガイドライン 安 全 で 安 心 なまちづくり 平 成 26 年 3 月 栃 木 県 第 1 はじめに 1 ガイドライン 策 定 の 目 的 安 全 で 安 心 なまちづくりを 進 める 上 で 近 年 防 犯 カメラの 設 置 は 広 く 有 用 であると 認 められてお り 県 内 各 地 において 防 犯 カメラの 設 置 が 進 んでいます

More information

報告書(案)

報告書(案) 防 犯 カメラの 管 理 と 活 用 について 平 成 14 年 には 本 県 の 犯 罪 認 知 件 数 は16 万 件 に 達 し 犯 罪 率 では 全 国 ワー スト2 位 という 状 況 になった その 後 犯 罪 認 知 件 数 は 平 成 15 年 から 減 少 に 転 じ 犯 罪 率 も 全 国 ワースト7 位 まで 回 復 してきたが 治 安 が 良 いとされた 昭 和 40 ~50

More information

ガイドライン Ⅰ はじめに 1 防 犯 カメラとプライバシー 犯 罪 が 増 加 する 中 静 岡 県 では 人 の 目 による 見 守 り 合 いを 基 本 として 犯 罪 の 起 き にくい 防 犯 まちづくり を 推 進 していますが 人 の 目 が 行 き 届 かないところに 対 し ては

ガイドライン Ⅰ はじめに 1 防 犯 カメラとプライバシー 犯 罪 が 増 加 する 中 静 岡 県 では 人 の 目 による 見 守 り 合 いを 基 本 として 犯 罪 の 起 き にくい 防 犯 まちづくり を 推 進 していますが 人 の 目 が 行 き 届 かないところに 対 し ては プ ラ イ バシー 保 護 に 配 慮 した 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 す る ガ イ ド ラ イ ン このガイドラインは 不 特 定 多 数 の 方 が 利 用 する 場 所 に 防 犯 カメラ を 設 置 し 又 は 設 置 しようとしている 事 業 者 の 皆 様 を 対 象 に 犯 罪 の 予 防 とともに 個 人 のプライバシー 保 護 に 配 慮 したカメラの 設

More information

Microsoft Word - 参考資料.doc

Microsoft Word - 参考資料.doc ( 仮 称 ) 豊 田 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 する 条 例 制 定 について 平 成 24 年 10 月 社 会 部 交 通 安 全 防 犯 課 1 背 景 (1) 社 会 的 背 景 全 国 的 な 傾 向 として 犯 罪 発 生 後 の 犯 人 の 特 定 逃 走 経 路 について 民 間 設 置 の 防 犯 カメラ( 又 は 監 視 カメラ)などが 利 用 されていることも

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書 ( 別 紙 1) 京 都 市 クレジットカード 納 税 業 務 委 託 仕 様 書 1 本 仕 様 書 について 本 仕 様 書 は, 京 都 市 ( 以 下 市 という )の 個 人 市 府 民 税 ( 普 通 徴 収 ), 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 含 む) 都 市 計 画 税, 軽 自 動 車 税 のクレジットカード 納 税 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )について,その

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン ( 平 成 27 年 7 月 1 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1675 号 ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 第 8 条 の 規 定 に 基 づき 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン( 平 成

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 京 都 市 防 犯 カメラ 設 置 促 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 地 域 団 体 又 は 事 業 者 等 が 犯 罪 の 抑 止 を 目 的 として 防 犯 カメ ラを 設 置 する 事 業 に 対 する 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 し, 京 都 市 補 助 金 等 の 交 付 等 に 関 する 条

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置 資 料 1 ( 別 添 ) 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する 安 全 管 理 措 置 目 次 要 点... 1 1 安 全 管 理 措 置 の 検 討 手 順... 2 A 個 人 番 号 を 取 り 扱 う 事 務 の 範 囲 の 明 確 化... 2 B 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 の 明 確 化... 2 C 事 務 取 扱 担 当 者 の 明 確

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す 篠 山 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 9 月 30 日 要 綱 第 55 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 民 が 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 目 指 し 自 主 防 犯 活 動 を 補 完 するため 防 犯 カメラの 設 置 に 係 る 経 費 の 一 部 を 補 助 することに 関 し 篠 山 市 補 助 金 交 付

More information

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案 企 業 年 金 のマイナンバーの 取 扱 いに 関 する 厚 労 省 通 知 について 平 成 7 年 0 月 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 本 資 料 は 作 成 時 点 における 信 頼 できる 情 報 にもとづいて 作 成 されたものですが その 情 報 の 確 実 性 を 保 証 するものではありません 本 資 料 に 含 まれる 会 計 税 務 法 律 等 の 取 扱 いについては

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

天理駅前自転車等駐車場管理業務委託仕様書

天理駅前自転車等駐車場管理業務委託仕様書 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 9 月 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 趣 旨 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 等 については この 仕 様 書 による 1 自 転 車 等 駐 車 場 の 管 理 に 関 する

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドライン( 事 業 者 編 ) 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 平 成 28 年 1 月 1 日 一 部 改 正 ) 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63> 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 平 成 17 年 3 月 23 日 理 事 会 決 議 平 成 19 年 10 月 24 日 一 部 改 正 平 成 22 年 2 月 24 日 一 部 改 正 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 取 扱 指 針 の 考 え 方 参 照 条 文 ( 目 的 ) 第 1 条 この 取 扱 指 針 は 個 人 情 報 の 保

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いについて 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

銚子市斎場

銚子市斎場 銚 子 市 斎 場 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 25 年 7 月 銚 子 市 目 次 1 趣 旨 2 2 対 象 施 設 の 概 要 2 3 火 葬 状 況 2 4 斎 場 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 5 施 設 の 管 理 基 準 3 6 危 機 管 理 体 制 3 7 個 人 情 報 の 保 護 と 情 報 公 開 3 8 指 定 管 理 者 が 行 う 業

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案)

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案) 佐 久 合 同 庁 舎 電 話 交 換 及 び 受 付 案 内 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 業 務 の 大 要 を 示 すものであって 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 であっても 佐 久 地 方 事 務 所 長 ( 以 下 委 託 者 という )が 業 務 遂 行 上 必 要 と 認 めた 場 合 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 という )は 速

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

ガイドライン(案)に対する修文案

ガイドライン(案)に対する修文案 不 動 産 業 における 個 人 情 報 保 護 のあり 方 に 関 する 研 究 会 報 告 ( 不 動 産 流 通 業 における 個 人 情 報 保 護 法 の 適 用 の 考 え 方 ) 平 成 1 7 年 1 月 ( 改 正 : 平 成 2 4 年 6 月 ) 目 次 1. はじめに 2 2. 論 点 一 覧 3 3. 論 点 とその 考 え 方 6 不 動 産 業 における 個 人 情 報

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

公金等取扱基本マニュアル

公金等取扱基本マニュアル 公 金 等 取 扱 事 務 の 管 理 適 正 化 方 針 平 成 25 年 11 月 清 水 町 はじめに 公 金 の 取 扱 事 務 は 法 令 及 びこれに 基 づく 町 の 財 務 規 則 を 根 拠 として これまで 財 務 規 則 の 運 用 通 知 や 適 宜 個 別 の 通 知 を 発 することにより 適 正 な 事 務 処 理 に 努 めてき たところであります そのような 中 で

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 街 頭 防 犯 カメラ 整 備 運 用 の 手 引 き( 案 ) 目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 4 3 マッピング 等 4 第 2

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378> 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 本 要 領 は 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 に 係 る 契 約 の 相 手 方 となる 事 業 者 の 選 定 にあたり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 める 2 業 務 名 高 島 市 民 病

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

5 業 務 の 内 容 ⑴ 受 付 業 務 ア 火 葬 許 可 証 等 の 受 理 及 び 確 認 イ 斎 場 使 用 許 可 申 請 書 兼 使 用 許 可 証 の 受 理 及 び 確 認 ウ 斎 場 使 用 料 の 徴 収 及 び 収 納 (ア) 乙 は 甲 に 代 わって 条 例 により 定

5 業 務 の 内 容 ⑴ 受 付 業 務 ア 火 葬 許 可 証 等 の 受 理 及 び 確 認 イ 斎 場 使 用 許 可 申 請 書 兼 使 用 許 可 証 の 受 理 及 び 確 認 ウ 斎 場 使 用 料 の 徴 収 及 び 収 納 (ア) 乙 は 甲 に 代 わって 条 例 により 定 南 那 須 地 区 斎 場 火 葬 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 南 那 須 地 区 広 域 行 政 事 務 組 合 ( 以 下 甲 という )が 発 注 する 南 那 須 地 区 斎 場 火 葬 業 務 ( 以 下 業 務 という )を 受 託 する 者 ( 以 下 乙 という )の 業 務 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 施 設 の 概 要 ⑴ 施 設

More information

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ 情 報 セキュリティ 対 策 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 草 加 市 の 情 報 資 産 に 関 するセキュリティ 対 策 の 考 え 方 を 示 した 草 加 市 情 報 セキュリティ 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 3 月 25 日 制 定 以 下 基 本 方 針 という )に 基 づき 当 該 セキュリティ 対 策 の 有 効 性 効 率 性 の 確 保 を 目 的 として

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 課 長 補 佐 検 事 磯 村 建 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

Microsoft Word - 04__別紙3_業務基準【改改改改】.doc

Microsoft Word - 04__別紙3_業務基準【改改改改】.doc 別 紙 3 神 奈 川 県 立 伊 勢 原 射 撃 場 指 定 管 理 者 業 務 基 準 平 成 22 年 5 月 神 奈 川 県 教 育 委 員 会 目 次 1 基 本 方 針 1 2 施 設 の 維 持 管 理 に 関 する 業 務 ⑴ 保 守 管 理 業 務 1 ⑵ 備 品 等 の 保 守 管 理 業 務 2 ⑶ 保 安 警 備 業 務 2 ⑷ 施 設 保 全 業 務 3 ⑸ 留 意 事 項

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

前文

前文 高 知 市 行 政 情 報 公 開 条 例 の 解 釈 及 び 運 用 の 基 準 ( 平 成 13 年 7 月 1 日 制 定 ) ( 平 成 20 年 8 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 21 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 11 月 12 日 改 正 ) ( 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ) 目 次 前

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

セキュリティ規程

セキュリティ規程 セキュリティ 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-47 号 改 正 : 平 成 16 年 3 月 29 日 規 程 第 16-27 号 改 正 : 平 成 16 年 6 月 29 日 規 程 第 16-39 号 改 正 : 平 成 16 年 11 月 1 日 規 程 第 16-55 号 改 正 : 平 成 17 年 5 月 12 日 規 程 第 17-46 号 改 正 :

More information

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 統 一 規 範 平 成 23 年 4 月 21 日 平 成 24 年 4 月 26 日 改 定 情 報 セキュリティ 政 策 会 議 決 定 第 一 章 目 的 及 び 対 象 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 ( 第 三 条 第 四 条 ) 第 三 章

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

Microsoft PowerPoint - 【那須野】セキュリティ問題について

Microsoft PowerPoint - 【那須野】セキュリティ問題について 平 成 26 年 度 森 林 情 報 高 度 利 活 用 開 発 事 業 報 告 会 1 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 ~ 情 報 セキュリティ 検 討 ワーキンググループ 活 動 報 告 ~ 2015 年 3 月 20 日 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 情 報 セキュリティ 検 討 WG 1. 目 的 2 森 林 の 有 する 多 面 的 機 能 を 将 来 にわたって

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030332D31208EC096B18F438F4B8E7793B1834B8343836883898343839381698267825182558144825789FC92F9814594BD896694C5816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030332D31208EC096B18F438F4B8E7793B1834B8343836883898343839381698267825182558144825789FC92F9814594BD896694C5816A2E646F6378> 1 343 344 2 3 345 346 - 1-347 348-2 - - 3-349 350 分 野 別 実 務 修 習 のガイドライン 1 検 察 の 分 野 別 実 務 修 習 における 指 導 目 標 指 導 方 法 司 法 修 習 においては, 法 曹 として 活 動 を 開 始 するに 当 たり 必 要 な 事 実 調 査 能 力, 法 的 分 析 能 力, 事 実 認 定 能 力,

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです

More information

1 本 市 基 準 の 基 本 的 な 考 え 方 ⑴ 国 基 準 を 下 回 る 基 準 は 定 めない 国 基 準 ( 対 応 方 針 案 )については, 基 本 的 に 現 行 施 設 事 業 の 基 準 を 引 き 継 いでおり, 現 行 の 水 準 が 確 保 されていると 判 断 でき

1 本 市 基 準 の 基 本 的 な 考 え 方 ⑴ 国 基 準 を 下 回 る 基 準 は 定 めない 国 基 準 ( 対 応 方 針 案 )については, 基 本 的 に 現 行 施 設 事 業 の 基 準 を 引 き 継 いでおり, 現 行 の 水 準 が 確 保 されていると 判 断 でき 京 都 市 において 定 める 施 設 事 業 の 認 可 基 準 等 について 資 料 3 京 都 市 において 定 める 施 設 事 業 ( 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 事 業 )の 認 可 基 準 等 に 関 して,1 基 本 的 な 考 え 方,2 個 別 の 施 設 事 業 の 基 準 について, 幼 児 教 育 保 育 部 会 に 意 見 を 求 めるものです

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

目 次 Ⅰ 広 島 市 地 域 防 犯 カメラ 設 置 補 助 制 度 について( 概 要 ) 1 Ⅱ 防 犯 カメラの 設 置 にあたり 3 Ⅲ 補 助 金 交 付 の 手 続 き 5 Ⅳ 防 犯 カメラの 維 持 管 理 10 Ⅴ 記 入 例 11 Ⅵ 問 い 合 わせ 先 一 覧 26 Ⅶ Q

目 次 Ⅰ 広 島 市 地 域 防 犯 カメラ 設 置 補 助 制 度 について( 概 要 ) 1 Ⅱ 防 犯 カメラの 設 置 にあたり 3 Ⅲ 補 助 金 交 付 の 手 続 き 5 Ⅳ 防 犯 カメラの 維 持 管 理 10 Ⅴ 記 入 例 11 Ⅵ 問 い 合 わせ 先 一 覧 26 Ⅶ Q 広 島 市 地 域 防 犯 カメラ 設 置 補 助 制 度 について ~ 申 請 の 手 引 ~ 広 島 市 市 民 局 市 民 安 全 推 進 課 目 次 Ⅰ 広 島 市 地 域 防 犯 カメラ 設 置 補 助 制 度 について( 概 要 ) 1 Ⅱ 防 犯 カメラの 設 置 にあたり 3 Ⅲ 補 助 金 交 付 の 手 続 き 5 Ⅳ 防 犯 カメラの 維 持 管 理 10 Ⅴ 記 入 例 11

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information