Microsoft Word 肝炎対策基本指針.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc"

Transcription

1 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に 関 する 事 項 肝 炎 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 保 に 関 する 事 項 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 に 関 する 人 材 の 育 成 に 関 する 事 項 肝 炎 に 関 する 調 査 及 び 研 究 に 関 する 事 項 肝 炎 医 療 のための 医 薬 品 の 研 究 開 発 の 推 進 に 関 する 事 項 肝 炎 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 並 びに 肝 炎 患 者 等 の 人 権 の 尊 重 に 関 する 事 項 その 他 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 重 要 事 項 肝 炎 とは 肝 臓 の 細 胞 が 破 壊 されている 状 態 であり その 原 因 は ウイルス 性 ア ルコール 性 自 己 免 疫 性 等 に 分 類 され 多 様 である 我 が 国 では B 型 肝 炎 ウイルス 又 は C 型 肝 炎 ウイルス( 以 下 肝 炎 ウイルス という ) 感 染 に 起 因 する 肝 炎 患 者 が 肝 炎 にり 患 した 者 の 多 くを 占 めており B 型 肝 炎 及 び C 型 肝 炎 に 係 る 対 策 が 喫 緊 の 課 題 となっている 近 年 の 国 における B 型 肝 炎 及 び C 型 肝 炎 に 係 る 対 策 については 平 成 14 年 度 以 降 C 型 肝 炎 等 緊 急 総 合 対 策 を 実 施 し 平 成 19 年 度 には 都 道 府 県 に 対 し 肝 疾 患 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 以 下 拠 点 病 院 という )の 整 備 について 要 請 する 等 の 取 組 を 進 めてき た また 平 成 20 年 度 以 降 肝 炎 の 治 療 促 進 のための 環 境 整 備 肝 炎 ウイルス 検 査 の 促 進 肝 炎 に 係 る 診 療 及 び 相 談 体 制 の 整 備 国 民 に 対 する 肝 炎 に 係 る 正 しい 知 識 の 普 及 啓 発 並 びに 肝 炎 に 係 る 研 究 の 推 進 の5 本 の 柱 からなる 肝 炎 総 合 対 策 を 進 めてきた さらに 研 究 分 野 に 関 しては 平 成 20 年 6 月 に 肝 炎 の 専 門 家 からなる 肝 炎 治 療 戦 略 会 議 が 肝 炎 研 究 7カ 年 戦 略 を 取 りまとめ これに 基 づき 肝 炎 研 究 に 取 り 組 んで きたところである しかしながら 肝 炎 ウイルスに 感 染 しているものの 自 覚 のない 者 が 多 数 存 在 すると 推 定 されることや 肝 炎 ウイルスに 起 因 する 肝 炎 肝 硬 変 又 は 肝 がんに 係 る 医 療 ( 以 下 肝 炎 医 療 という )の 体 制 が 十 分 整 備 されていない 地 域 があること 等 肝 炎 医 療 を 必 要 とする 者 に 適 切 に 肝 炎 医 療 を 提 供 していくためには いまだ 解 決 すべき 課 題 が 多 い また 肝 炎 ウイルスの 感 染 経 路 等 についての 国 民 の 理 解 が 十 分 でないことや 肝 炎 ウイルス 検 査 を 受 検 する 必 要 性 に 関 する 認 識 が 十 分 でないことに 加 え 一 部 では 肝 炎 ウイルスに 持 続 感 染 している 者 (ウイルス 性 肝 炎 から 進 行 した 肝 硬 変 又 は 肝 がん の 患 者 を 含 む 以 下 肝 炎 患 者 等 という )に 対 する 不 当 な 差 別 が 存 在 することが 指

2 摘 されている このような 状 況 を 改 善 し 今 後 肝 炎 対 策 のより 一 層 の 推 進 を 図 るた めには 国 や 地 方 公 共 団 体 のみならず あらゆる 関 係 者 が 一 体 となって より 一 層 の 連 携 を 図 ることが 必 要 である 本 指 針 は このような 現 状 の 下 に 肝 炎 患 者 等 を 早 期 に 発 見 し また 肝 炎 患 者 等 が 安 心 して 治 療 を 受 けられる 社 会 を 構 築 するため 国 地 方 公 共 団 体 等 が 取 り 組 むべ き 方 向 性 を 示 すことにより 肝 炎 対 策 のより 一 層 の 推 進 を 図 ることを 目 的 とし 肝 炎 対 策 基 本 法 ( 平 成 21 年 法 律 第 97 号 ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 策 定 するものであ る なお 我 が 国 では 現 在 肝 炎 にり 患 した 者 に 占 める 患 者 数 の 多 さから B 型 肝 炎 及 び C 型 肝 炎 に 係 る 対 策 が 喫 緊 の 課 題 となっている このため 本 指 針 においては B 型 肝 炎 及 び C 型 肝 炎 に 係 る 対 策 に 関 する 事 項 を 定 めるものとする 第 1 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 (1) 基 本 的 な 考 え 方 肝 炎 (B 型 肝 炎 及 び C 型 肝 炎 をいう 以 下 同 じ )は 適 切 な 治 療 を 行 わないまま 放 置 すると 慢 性 化 し 肝 硬 変 や 肝 がんといったより 重 篤 な 病 態 に 進 行 するおそれがあ る このため 肝 炎 患 者 等 が 生 活 する 中 で 関 わる 全 ての 者 が 肝 炎 に 対 する 理 解 を 深 め これらの 者 の 協 力 の 下 肝 炎 患 者 等 が 安 心 して 生 活 できる 環 境 づくりに 取 り 組 むこと が 必 要 である また 肝 炎 対 策 は 肝 炎 患 者 等 を 含 めた 国 民 の 視 点 に 立 ち 国 民 の 理 解 協 力 を 得 て 肝 炎 患 者 等 を 含 む 関 係 者 が 一 体 となって 連 携 して 対 策 を 進 めることが 重 要 であ る (2) 肝 炎 ウイルス 検 査 の 更 なる 促 進 肝 炎 ウイルスの 感 染 経 路 は 様 々であり 個 々 人 が 肝 炎 ウイルスに 感 染 した 可 能 性 が あるか 否 かを 一 概 に 判 断 することは 困 難 であることから 全 ての 国 民 が 少 なくとも 一 回 は 肝 炎 ウイルス 検 査 を 受 検 する 必 要 があると 考 えられる このため 肝 炎 ウイル ス 検 査 の 受 検 体 制 を 整 備 し 受 検 の 勧 奨 を 行 うことが 必 要 である (3) 適 切 な 肝 炎 医 療 の 推 進 肝 炎 患 者 等 の 健 康 保 持 のためには 個 々の 状 況 に 応 じた 適 切 な 治 療 を 受 けること が 重 要 である 肝 炎 患 者 等 に 対 し 病 態 に 応 じた 適 切 な 肝 炎 医 療 を 提 供 するためには 専 門 的 な 知 識 や 経 験 が 必 要 であるため 個 々の 肝 炎 患 者 等 は 肝 炎 医 療 を 専 門 とする 医 療 機 関 ( 以 下 専 門 医 療 機 関 という )において 治 療 方 針 の 決 定 を 受 けることが 望 まし い また 専 門 医 療 機 関 において 治 療 方 針 の 決 定 を 受 けた 肝 炎 患 者 等 は 継 続 して 適 切 な 治 療 を 受 けることが 必 要 である このため 肝 炎 患 者 等 が 居 住 地 域 にかかわらず 適 切 な 肝 炎 医 療 を 受 けられるよ

3 う 地 域 の 特 性 に 応 じた 肝 疾 患 診 療 体 制 の 整 備 の 促 進 に 向 けた 取 組 を 進 める 必 要 が ある また 肝 炎 ウイルスを 排 除 し 又 はその 増 殖 を 抑 制 する 抗 ウイルス 療 法 ( 肝 炎 の 根 治 目 的 で 行 うインターフェロン 治 療 又 は B 型 肝 炎 の 核 酸 アナログ 製 剤 治 療 をいう 以 下 同 じ )については 肝 硬 変 や 肝 がんといった より 重 篤 な 病 態 への 進 行 を 予 防 し 又 は 遅 らせることが 可 能 であり また ウイルス 量 が 低 減 することにより 二 次 感 染 の 予 防 につながるという 側 面 がある このため 引 き 続 き 抗 ウイルス 療 法 に 対 する 経 済 的 支 援 に 取 り 組 み その 効 果 を 検 証 していく 必 要 がある (4) 肝 炎 医 療 を 始 めとする 研 究 の 総 合 的 な 推 進 肝 炎 は 国 内 最 大 級 の 感 染 症 であり 感 染 を 放 置 すると 肝 硬 変 や 肝 がんといった 重 篤 な 病 態 に 進 行 する このため 肝 炎 医 療 の 水 準 の 向 上 等 に 向 けて 肝 炎 に 関 する 基 礎 臨 床 及 び 疫 学 研 究 等 を 総 合 的 に 推 進 する 必 要 がある また 肝 炎 患 者 等 の 負 担 軽 減 に 資 するよう 肝 炎 対 策 を 総 合 的 に 推 進 するための 基 盤 となる 行 政 的 な 課 題 を 解 決 するために 必 要 な 研 究 についても 進 める 必 要 がある (5) 肝 炎 に 関 する 正 しい 知 識 の 更 なる 普 及 啓 発 肝 炎 ウイルスは 感 染 しても 自 覚 症 状 に 乏 しいことから 感 染 に 気 付 きにくく ま た 感 染 を 認 識 していても 感 染 者 が 早 急 な 治 療 の 必 要 性 を 認 識 しにくい このため 国 民 一 人 一 人 が 自 らの 肝 炎 ウイルスの 感 染 の 有 無 を 把 握 し 肝 炎 についての 正 しい 知 識 を 持 つよう 更 なる 普 及 啓 発 に 取 り 組 む 必 要 がある さらに 肝 炎 患 者 等 に 対 する 不 当 な 差 別 を 解 消 し また 感 染 経 路 についての 知 識 不 足 による 新 たな 感 染 を 予 防 するためにも 肝 炎 についての 正 しい 知 識 の 普 及 が 必 要 である (6) 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 に 対 する 相 談 支 援 や 情 報 提 供 の 充 実 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 の 多 くは 肝 炎 が 肝 硬 変 や 肝 がんといった より 重 篤 な 病 態 へ 進 行 することに 対 する 将 来 的 な 不 安 を 抱 えている また 治 療 における 副 作 用 等 治 療 開 始 前 及 び 治 療 中 において 精 神 的 な 負 担 に 直 面 することも 多 い こ のため こうした 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 の 不 安 や 精 神 的 負 担 の 軽 減 に 資 するた め 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 への 相 談 支 援 を 行 う 必 要 がある また 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 を 含 む 国 民 の 視 点 に 立 った 分 かりやすい 情 報 提 供 について 取 組 を 強 化 する 必 要 がある 第 2 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 感 染 経 路 についての 知 識 不 足 による 新 たな 感 染 を 予 防 するため 全 ての 国 民 に 対 して 肝 炎 についての 正 しい 知 識 を 普 及 することが 必 要 である また 国 は 地 方 公 共 団 体 に 対 して 妊 婦 に 対 する B 型 肝 炎 抗 原 検 査 を 妊 婦 健 康

4 診 査 の 標 準 的 な 検 査 項 目 として 示 すほか 各 医 療 機 関 において 当 該 検 査 の 結 果 が 陽 性 であった 妊 婦 から 出 生 した 乳 児 に 対 する B 型 肝 炎 ワクチンの 接 種 等 の 適 切 な 対 応 が 行 われるよう 指 導 を 求 める 等 の B 型 肝 炎 母 子 感 染 予 防 対 策 を 講 じており 引 き 続 きこの 取 組 を 進 める さらに B 型 肝 炎 の 感 染 はワクチンによって 予 防 可 能 であることから 水 平 感 染 防 止 の 手 段 の 一 つとして B 型 肝 炎 ワクチンの 予 防 接 種 の 在 り 方 について 検 討 を 行 う 必 要 がある ア 国 は 肝 炎 ウイルスへの 新 たな 感 染 の 発 生 を 防 止 するため 日 常 生 活 上 の 感 染 予 防 の 留 意 点 を 取 りまとめた 啓 発 用 の 資 材 や 集 団 生 活 が 営 まれる 各 施 設 におけ る 感 染 予 防 ガイドライン 等 を 作 成 するための 研 究 を 推 進 する また 当 該 研 究 の 成 果 物 を 活 用 し 地 方 公 共 団 体 等 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う イ 国 は ピアスの 穴 あけ 等 血 液 の 付 着 する 器 具 の 共 有 を 伴 う 行 為 や 性 行 為 等 感 染 の 危 険 性 のある 行 為 に 興 味 を 抱 く 年 代 に 対 して 肝 炎 についての 正 しい 知 識 と 理 解 を 深 めるための 情 報 を 取 りまとめ 地 方 公 共 団 体 等 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う ウ 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 医 療 従 事 者 等 の 感 染 のリスクの 高 い 集 団 を 中 心 として B 型 肝 炎 ワクチンの 有 効 性 安 全 性 等 に 関 する 情 報 提 供 を 行 う エ 国 は 水 平 感 染 防 止 の 手 段 としての B 型 肝 炎 ワクチン 接 種 の 有 効 性 安 全 性 等 に 関 する 情 報 を 踏 まえ 当 該 ワクチンの 予 防 接 種 の 在 り 方 について 検 討 を 行 う 第 3 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に 関 する 事 項 肝 炎 ウイルスの 感 染 状 況 を 本 人 が 把 握 するための 肝 炎 ウイルス 検 査 については 医 療 保 険 者 や 事 業 主 等 の 多 様 な 実 施 主 体 において 実 施 されていることや プライバシー に 配 慮 して 匿 名 で 実 施 されている 場 合 があること 等 から 当 該 検 査 の 受 検 状 況 の 実 態 を 把 握 することは 困 難 な 状 況 にある しかしながら 肝 炎 ウイルス 検 査 体 制 の 整 備 及 び 普 及 啓 発 を 効 果 的 に 実 施 するためには 施 策 を 行 う 上 での 指 標 が 必 要 であり この ため 従 前 から 実 施 している 肝 炎 ウイルス 検 査 の 受 検 者 数 の 把 握 のための 調 査 に 加 え て 肝 炎 ウイルス 検 査 の 受 検 率 について 把 握 するための 調 査 及 び 研 究 が 必 要 である また 肝 炎 ウイルス 検 査 の 未 受 検 者 や 受 検 しているが 検 査 結 果 を 正 しく 認 識 して いない 者 等 感 染 の 事 実 を 認 識 していない 肝 炎 患 者 等 が 多 数 存 在 することが 推 定 され る このため 感 染 経 路 は 様 々であり 本 人 の 自 覚 なしに 感 染 している 可 能 性 がある ことを 含 めて 肝 炎 に 関 する 正 しい 知 識 の 普 及 啓 発 を 行 い 全 ての 国 民 が 少 なくとも 一 回 は 肝 炎 ウイルス 検 査 を 受 検 することが 必 要 であることを 周 知 する また 希 望 す る 全 ての 国 民 が 肝 炎 ウイルス 検 査 を 受 検 できる 体 制 を 整 備 し その 効 果 を 検 証 するた めの 研 究 を 推 進 する 必 要 がある さらに 肝 炎 ウイルス 検 査 の 結 果 について 受 検 者 各 自 が 正 しく 認 識 できるよう

5 肝 炎 の 病 態 等 に 係 る 情 報 提 供 を 行 うとともに 肝 炎 医 療 に 携 わる 者 に 対 し 最 新 の 肝 炎 ウイルス 検 査 に 関 する 知 見 の 修 得 のための 研 修 の 機 会 を 確 保 する 必 要 がある ア 国 は 国 民 の 肝 炎 ウイルス 検 査 に 係 る 受 検 率 や 検 査 後 の 受 診 状 況 等 について 把 握 するための 調 査 及 び 研 究 を 行 う イ 国 は 現 在 地 方 公 共 団 体 が 実 施 主 体 となって 行 っている 肝 炎 ウイルス 検 査 について 地 方 公 共 団 体 に 対 し 引 き 続 き 検 査 実 施 とその 体 制 整 備 を 要 請 す るとともに 肝 炎 ウイルス 検 査 の 個 別 勧 奨 や 出 張 型 検 診 等 を 推 進 することによ り 更 なる 検 査 実 施 を 支 援 する ウ 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 住 民 に 向 けた 肝 炎 ウイルス 検 査 に 関 する 広 報 を 強 化 する あわせて 職 域 において 健 康 管 理 に 携 わる 者 や 医 療 保 険 者 事 業 主 等 の 関 係 者 の 理 解 と 協 力 の 下 引 き 続 き これらの 関 係 者 から 労 働 者 に 対 する 受 検 勧 奨 が 行 われるよう 要 請 する エ 国 は 多 様 な 検 査 機 会 が 確 保 されるよう 医 療 保 険 者 が 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 )に 基 づき 行 う 健 康 診 査 等 及 び 事 業 主 が 労 働 安 全 衛 生 法 ( 昭 和 47 年 法 律 第 57 号 )に 基 づき 行 う 健 康 診 断 に 併 せて 実 施 する 肝 炎 ウイルス 検 査 につ いては 継 続 して 実 施 されるよう 医 療 保 険 者 及 び 事 業 主 に 対 して 要 請 する ま た 医 療 保 険 者 や 事 業 主 が 肝 炎 ウイルス 検 査 を 実 施 する 場 合 の 検 査 結 果 につい て プライバシーに 配 慮 した 適 正 な 通 知 と 取 扱 いがなされるよう 医 療 保 険 者 及 び 事 業 主 に 対 して 改 めて 周 知 する オ 国 は 肝 炎 ウイルス 検 査 の 受 検 前 及 び 結 果 通 知 時 において 受 検 者 各 自 が 病 態 治 療 及 び 予 防 について 正 しく 認 識 できるよう 肝 炎 の 病 態 治 療 及 び 予 防 に 関 する 情 報 を 取 りまとめ 地 方 公 共 団 体 等 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う カ 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 医 療 機 関 に 対 し 手 術 前 等 に 行 われる 肝 炎 ウイルス 検 査 の 結 果 について 受 検 者 に 適 切 に 説 明 を 行 うよう 要 請 する また 国 は 医 療 機 関 において 手 術 前 等 に 行 われる 肝 炎 ウイルス 検 査 の 結 果 の 説 明 状 況 等 に ついて 実 態 把 握 のための 調 査 研 究 を 行 う キ 国 は 独 立 行 政 法 人 国 立 国 際 医 療 研 究 センター 肝 炎 情 報 センター( 以 下 肝 炎 情 報 センター という )に 対 し 国 立 国 際 医 療 研 究 センターの 中 期 目 標 及 び 中 期 計 画 に 基 づき 拠 点 病 院 において 指 導 的 立 場 にある 医 療 従 事 者 に 対 して 最 新 の 知 見 を 踏 まえた 肝 炎 検 査 及 び 肝 炎 医 療 に 関 する 研 修 が 行 われるよう 要 請 する 第 4 肝 炎 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 保 に 関 する 事 項 肝 炎 ウイルス 検 査 の 結 果 診 療 が 必 要 と 判 断 された 者 が 医 療 機 関 で 受 診 しない ま た たとえ 医 療 機 関 で 受 診 しても 必 ずしも 適 切 な 肝 炎 医 療 が 提 供 されていないとい う 問 題 点 が 指 摘 されている

6 このため 全 ての 肝 炎 患 者 等 が 継 続 的 かつ 適 切 な 肝 炎 医 療 を 受 けることができる 体 制 を 整 備 するため 拠 点 病 院 を 中 心 として 都 道 府 県 における 肝 炎 検 査 後 肝 疾 患 診 療 体 制 に 関 するガイドライン ( 平 成 19 年 全 国 C 型 肝 炎 診 療 懇 談 会 報 告 書 )に 基 づ き 拠 点 病 院 専 門 医 療 機 関 及 びかかりつけ 医 が 協 働 する 仕 組 みとして 地 域 におけ る 肝 炎 診 療 ネットワークの 構 築 を 進 める 必 要 がある また 地 域 や 職 域 において 健 康 管 理 に 携 わる 者 を 含 めた 関 係 者 の 連 携 の 下 肝 炎 患 者 等 に 対 する 受 診 勧 奨 及 び 肝 炎 ウ イルス 検 査 後 のフォローアップを 実 施 することにより 肝 炎 患 者 等 の 適 切 な 医 療 機 関 への 受 診 を 進 める 必 要 がある また 肝 炎 患 者 等 が 働 きながら 継 続 的 に 治 療 を 受 けることができる 環 境 づくり に 向 けて 引 き 続 き 事 業 主 職 域 において 健 康 管 理 に 携 わる 者 及 び 労 働 組 合 を 始 めとした 関 係 者 の 協 力 を 得 られるよう 必 要 な 働 きかけを 行 う 必 要 がある さらに 肝 炎 患 者 等 の 経 済 的 負 担 軽 減 のための 抗 ウイルス 療 法 に 係 る 肝 炎 医 療 費 助 成 の 実 施 及 び 肝 炎 医 療 に 係 る 諸 制 度 の 周 知 により 肝 炎 の 早 期 かつ 適 切 な 治 療 を 推 進 する ア 国 は 地 方 公 共 団 体 と 連 携 して 肝 炎 患 者 等 が 個 々の 病 態 に 応 じた 適 切 な 肝 炎 医 療 を 受 けられるよう 肝 炎 ウイルス 検 査 後 のフォローアップや 受 診 勧 奨 等 の 支 援 を 地 域 や 職 域 において 中 心 となって 進 める 人 材 の 育 成 を 推 進 する また 肝 炎 患 者 等 に 対 する 情 報 提 供 や 拠 点 病 院 専 門 医 療 機 関 及 びかかりつけ 医 の 連 携 等 に 資 するため 肝 炎 の 病 態 治 療 方 法 肝 炎 医 療 に 関 する 制 度 等 の 情 報 を 取 りま とめた 手 帳 等 を 肝 炎 患 者 等 に 対 して 配 布 する イ 国 は 地 域 や 職 域 において 健 康 管 理 に 携 わる 者 が 肝 炎 患 者 等 に 対 して 提 供 する ために 必 要 な 情 報 を 取 りまとめ 地 方 公 共 団 体 や 医 療 保 険 者 等 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う ウ 国 は 肝 炎 情 報 センターが 拠 点 病 院 の 医 療 従 事 者 を 対 象 として 実 施 する 研 修 を 効 果 的 に 進 めるための 技 術 的 支 援 を 行 う また 国 及 び 都 道 府 県 は 拠 点 病 院 が 行 う 研 修 について より 効 果 的 な 実 施 方 法 等 について 検 討 し 研 修 内 容 の 充 実 を 図 る エ 国 は 地 域 における 診 療 連 携 の 推 進 に 資 する 研 究 を 行 い その 成 果 物 を 活 用 し 地 域 の 特 性 に 応 じた 診 療 連 携 体 制 の 強 化 を 支 援 する オ 国 は 職 域 における 肝 炎 患 者 等 に 対 する 理 解 を 深 めるため 肝 炎 の 病 態 治 療 方 法 及 び 肝 炎 患 者 等 に 対 する 望 ましい 配 慮 についての 先 進 的 な 取 組 例 等 の 情 報 を 取 りまとめ 各 事 業 主 団 体 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う カ 国 は 就 労 を 維 持 しながら 適 切 な 肝 炎 医 療 を 受 けることができる 環 境 の 整 備 等 について 各 事 業 主 団 体 に 対 し 協 力 を 要 請 する キ 国 は 肝 炎 医 療 費 助 成 制 度 高 額 療 養 費 制 度 傷 病 手 当 金 障 害 年 金 等 の 肝 炎 医 療 に 関 する 制 度 について 情 報 を 取 りまとめ 地 方 公 共 団 体 と 連 携 を 図 り 拠 点 病 院 の 肝 疾 患 相 談 センターを 始 めとした 医 療 機 関 等 における 活 用 を 推 進 する

7 ク 肝 炎 情 報 センターは 肝 炎 医 療 に 係 る 最 新 情 報 拠 点 病 院 及 び 専 門 医 療 機 関 等 のリスト 並 びに 拠 点 病 院 において 対 応 可 能 な 肝 炎 医 療 の 内 容 に 関 して 情 報 収 集 を 行 い 当 該 情 報 を 肝 炎 情 報 センターのホームページに 分 かりやすく 掲 載 するこ と 等 により 医 療 従 事 者 及 び 国 民 に 向 けて 可 能 な 限 り 迅 速 に 周 知 を 図 る 第 5 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 に 関 する 人 材 の 育 成 に 関 する 事 項 肝 炎 ウイルスへの 新 たな 感 染 を 防 止 し 肝 炎 医 療 の 水 準 を 向 上 させるためには 肝 炎 の 予 防 及 び 医 療 に 携 わる 人 材 の 育 成 が 重 要 である このため 肝 炎 ウイルスへの 新 たな 感 染 の 発 生 の 防 止 に 資 するよう 肝 炎 の 感 染 予 防 について 知 識 を 持 つ 人 材 を 育 成 するとともに 肝 炎 ウイルス 感 染 が 判 明 した 後 に 適 切 な 肝 炎 医 療 に 結 びつけるための 人 材 を 育 成 する 必 要 がある また 肝 炎 医 療 に 携 わる 者 が 最 新 の 肝 炎 検 査 に 関 する 知 見 を 修 得 することは 適 切 な 治 療 方 針 の 決 定 や 患 者 に 対 し 的 確 な 説 明 を 行 う 上 で 非 常 に 重 要 であるため 肝 炎 医 療 に 携 わる 者 の 資 質 向 上 を 図 る 必 要 がある さらに 地 域 における 肝 炎 に 係 る 医 療 水 準 の 向 上 等 に 資 する 指 導 者 を 育 成 するこ とが 必 要 である ア 国 は 肝 炎 ウイルスへの 新 たな 感 染 の 発 生 を 防 止 するため 日 常 生 活 上 の 感 染 予 防 の 留 意 点 を 取 りまとめた 啓 発 用 の 資 材 や 集 団 生 活 が 営 まれる 各 施 設 におけ る 感 染 予 防 ガイドライン 等 を 作 成 するための 研 究 を 推 進 する また 当 該 研 究 の 成 果 物 を 活 用 し 地 方 公 共 団 体 等 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う ( 再 掲 ) イ 国 は 地 方 公 共 団 体 と 連 携 して 肝 炎 患 者 等 が 個 々の 病 態 に 応 じた 適 切 な 肝 炎 医 療 を 受 けられるよう 肝 炎 ウイルス 検 査 後 のフォローアップや 受 診 勧 奨 等 の 支 援 を 地 域 や 職 域 において 中 心 となって 進 める 人 材 の 育 成 を 推 進 する ( 再 掲 ) ウ 国 は 肝 炎 情 報 センターに 対 し 国 立 国 際 医 療 研 究 センターの 中 期 目 標 及 び 中 期 計 画 に 基 づき 拠 点 病 院 において 指 導 的 立 場 にある 医 療 従 事 者 に 対 して 最 新 の 知 見 を 踏 まえた 肝 炎 検 査 及 び 肝 炎 医 療 に 関 する 研 修 が 行 われるよう 要 請 する ( 再 掲 ) エ 国 は 肝 炎 情 報 センターが 拠 点 病 院 の 医 療 従 事 者 を 対 象 として 実 施 する 研 修 を 効 果 的 に 進 めるための 技 術 的 支 援 を 行 う また 国 及 び 都 道 府 県 は 拠 点 病 院 が 行 う 研 修 について より 効 果 的 な 実 施 方 法 等 について 検 討 し 研 修 内 容 の 充 実 を 図 る ( 再 掲 ) 第 6 肝 炎 に 関 する 調 査 及 び 研 究 に 関 する 事 項 肝 炎 研 究 については これまでの 成 果 を 肝 炎 対 策 に 適 切 に 反 映 するため 研 究 実 績 を 総 合 的 に 評 価 検 証 するとともに 今 後 行 政 的 な 課 題 を 解 決 するために 必 要 な 研

8 究 を 実 施 していく 必 要 がある また 肝 炎 対 策 を 総 合 的 に 推 進 するための 基 盤 となる 肝 炎 研 究 を 推 進 するとともに 将 来 の 肝 炎 研 究 を 担 う 若 手 研 究 者 の 育 成 を 行 い 肝 炎 研 究 の 人 的 基 盤 の 拡 大 を 目 指 す さらに 肝 炎 研 究 について 国 民 の 理 解 を 得 られるよう 分 かりやすい 情 報 発 信 を 推 進 する 必 要 がある なお 研 究 成 果 の 公 表 に 当 たっては 差 別 や 偏 見 を 招 くことの ないよう 十 分 に 配 慮 するものとする ア 国 は 肝 炎 研 究 7カ 年 戦 略 に 基 づく 肝 炎 研 究 を 一 層 推 進 するとともに そ の 研 究 成 果 について 評 価 検 証 を 行 い 肝 炎 対 策 推 進 協 議 会 に 報 告 する イ 国 は 肝 炎 研 究 分 野 において 若 手 研 究 者 の 人 材 育 成 を 積 極 的 に 行 う ウ 国 は 肝 炎 研 究 7カ 年 戦 略 に 基 づく 肝 炎 研 究 に 加 え 肝 炎 対 策 の 推 進 に 資 することを 目 的 として 以 下 の 行 政 的 な 研 究 を 行 う (ア) 日 常 生 活 上 の 感 染 予 防 の 留 意 点 を 取 りまとめた 啓 発 用 の 資 材 や 集 団 生 活 が 営 まれる 各 施 設 における 感 染 予 防 ガイドライン 等 を 作 成 するための 研 究 (イ) 医 療 機 関 において 手 術 前 等 に 行 われる 肝 炎 ウイルス 検 査 の 結 果 の 説 明 状 況 等 について 実 態 を 把 握 するための 研 究 (ウ) 地 域 における 診 療 連 携 の 推 進 に 資 する 研 究 (エ) 職 域 における 肝 炎 患 者 等 に 対 する 望 ましい 配 慮 の 在 り 方 に 関 する 研 究 (オ) 具 体 的 な 施 策 の 目 標 設 定 に 資 する 肝 炎 肝 硬 変 及 び 肝 がん 等 の 病 態 別 の 実 態 を 把 握 するための 調 査 研 究 (カ) 肝 炎 患 者 等 に 対 する 偏 見 や 差 別 の 実 態 を 把 握 し その 被 害 の 防 止 のための ガイドラインを 作 成 するための 研 究 (キ)その 他 肝 炎 対 策 の 推 進 に 資 する 研 究 エ 国 は 肝 炎 研 究 について 国 民 の 理 解 を 得 られるよう 当 該 研 究 の 成 果 について 分 かりやすく 公 表 し 周 知 を 図 る 第 7 肝 炎 医 療 のための 医 薬 品 の 研 究 開 発 の 推 進 に 関 する 事 項 肝 炎 は 重 篤 な 疾 病 であり 肝 炎 医 療 に 係 る 医 薬 品 を 含 めた 医 薬 品 の 開 発 等 に 係 る 研 究 が 促 進 され 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 )の 規 定 に 基 づく 製 造 販 売 の 承 認 が 早 期 に 行 われる よう 治 験 及 び 臨 床 研 究 を 推 進 し さらに 肝 炎 医 療 のための 医 薬 品 を 含 めた 特 に 医 療 上 必 要 性 が 高 い 医 薬 品 及 び 医 療 機 器 が 速 やかに 医 療 現 場 に 導 入 されるよう 審 査 の 迅 速 化 等 の 必 要 な 措 置 を 講 じる 必 要 がある ア 国 は 肝 炎 医 療 の 医 療 水 準 の 向 上 等 に 資 する 新 医 薬 品 の 開 発 等 に 係 る 研 究 を 推 進 する

9 イ 国 は 肝 炎 医 療 に 係 る 新 医 薬 品 を 含 めた 医 薬 品 開 発 等 に 係 る 治 験 及 び 臨 床 研 究 を 推 進 する ウ 国 は 肝 炎 医 療 に 係 る 新 医 薬 品 新 医 療 機 器 等 について 優 れた 製 品 を 迅 速 に 医 療 の 現 場 に 提 供 できるよう 有 効 性 や 安 全 性 に 関 する 審 査 体 制 の 充 実 強 化 等 を 図 る 等 承 認 審 査 の 迅 速 化 や 質 の 向 上 に 向 けた 取 組 を 推 進 する エ 国 は 肝 炎 医 療 に 係 る 新 医 薬 品 等 のうち 欧 米 諸 国 で 承 認 等 されているが 国 内 で 未 承 認 の 医 薬 品 等 であって 医 療 上 必 要 性 が 高 いと 認 められるものについて 関 係 企 業 に 治 験 実 施 等 の 開 発 要 請 の 取 組 を 行 う オ 国 は 肝 炎 医 療 に 係 る 新 医 薬 品 等 のうち 医 療 上 の 有 用 性 等 の 要 件 を 満 たす 医 薬 品 については 優 先 して 承 認 審 査 を 進 める 第 8 肝 炎 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 並 びに 肝 炎 患 者 等 の 人 権 の 尊 重 に 関 する 事 項 肝 炎 に 係 る 正 しい 知 識 については 国 民 に 十 分 に 浸 透 していないと 考 えられる こ うした 中 において 肝 炎 ウイルス 検 査 の 受 検 を 勧 奨 し また 肝 炎 ウイルスの 新 たな 感 染 を 予 防 するためには 全 ての 国 民 に 対 して 肝 炎 の 予 防 病 態 及 び 治 療 に 係 る 正 しい 理 解 が 進 むよう 普 及 啓 発 及 び 情 報 提 供 を 推 進 する 必 要 がある また 早 期 に 適 切 な 治 療 を 促 すため 肝 炎 患 者 等 が 肝 炎 の 病 態 及 び 治 療 に 係 る 正 し い 知 識 を 持 つことができるよう 普 及 啓 発 及 び 情 報 提 供 を 積 極 的 に 行 うとともに 肝 炎 患 者 等 が 不 当 な 差 別 を 受 けることなく 社 会 において 安 心 して 暮 らせる 環 境 づく りを 目 指 し 肝 炎 患 者 等 とその 家 族 等 医 療 従 事 者 事 業 主 等 の 関 係 者 を 始 めとした 全 ての 国 民 が 肝 炎 について 正 しい 知 識 を 持 つための 普 及 啓 発 を 推 進 する 必 要 がある ア 国 は 平 成 22 年 5 月 の 世 界 保 健 機 関 (WHO) 総 会 において 世 界 肝 炎 デー の 実 施 が 決 議 されたことを 踏 まえ 日 本 肝 炎 デーを 設 定 する あわせて 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 財 団 法 人 ウイルス 肝 炎 研 究 財 団 が 従 来 から 実 施 してきた 肝 臓 週 間 と 連 携 し 肝 炎 に 関 する 集 中 的 な 普 及 啓 発 を 行 う イ 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は あらゆる 世 代 の 国 民 が 肝 炎 に 係 る 正 しい 知 識 を 持 つための 普 及 啓 発 を 行 う ウ 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 国 民 に 対 し 近 年 我 が 国 における 感 染 事 例 の 報 告 が ある 急 性 B 型 肝 炎 (ジェノタイプ A)は 従 来 に 比 し 感 染 が 慢 性 化 することが 多 いとされていることに 鑑 み 母 子 感 染 や 乳 幼 児 期 の 水 平 感 染 に 加 えて 性 行 為 等 により 感 染 する 可 能 性 があり 予 防 策 を 講 じる 必 要 があることについて 普 及 啓 発 を 行 う エ 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 肝 炎 患 者 等 への 受 診 勧 奨 を 行 うため 医 療 保 険 者 医 師 その 他 の 医 療 従 事 者 の 団 体 職 域 において 健 康 管 理 に 携 わる 者 の 団 体 事 業 主 団 体 等 の 協 力 を 得 て 肝 炎 の 病 態 知 識 や 肝 炎 医 療 に 係 る 制 度 について 普 及 啓 発 を 行 う

10 オ 国 は 肝 炎 患 者 等 医 師 等 の 医 療 従 事 者 職 域 において 健 康 管 理 に 携 わる 者 事 業 主 等 の 関 係 者 が それぞれにとって 必 要 な 情 報 を 取 りまとめ 普 及 啓 発 を 行 う カ 国 は 就 労 を 維 持 しながら 適 切 な 肝 炎 医 療 を 受 けることができる 環 境 の 整 備 等 について 各 事 業 主 団 体 に 対 し 協 力 を 要 請 する ( 再 掲 ) キ 国 は 地 域 の 医 療 機 関 において 肝 炎 に 係 る 情 報 提 供 が 適 切 になされるよう 肝 炎 情 報 センターに 対 し 情 報 提 供 の 機 能 を 充 実 させるよう 要 請 する ク 国 及 び 都 道 府 県 は 拠 点 病 院 の 肝 疾 患 相 談 センターを 周 知 するための 普 及 啓 発 を 行 う ケ 国 は 医 療 保 険 者 や 事 業 主 が 肝 炎 ウイルス 検 査 を 実 施 する 場 合 の 検 査 結 果 につ いて プライバシーに 配 慮 した 適 正 な 通 知 と 取 扱 いについて 医 療 保 険 者 及 び 事 業 主 に 対 して 改 めて 周 知 する ( 再 掲 ) コ 国 は 肝 炎 患 者 等 に 対 する 偏 見 や 差 別 の 実 態 を 把 握 し その 被 害 の 防 止 のため のガイドラインを 作 成 するための 研 究 を 行 い その 成 果 物 を 活 用 し 地 方 公 共 団 体 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う 第 9 その 他 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 重 要 事 項 (1) 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 に 対 する 支 援 の 強 化 及 び 充 実 ア 今 後 の 取 組 の 方 針 について 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 が 肝 炎 医 療 を 受 けながら 生 活 の 質 の 向 上 を 図 る ことができるよう 相 談 支 援 体 制 の 充 実 を 図 り 精 神 面 でのサポート 体 制 を 強 化 する また 肝 炎 患 者 等 が 不 当 な 差 別 を 受 けた 場 合 肝 炎 患 者 等 一 人 一 人 の 人 権 を 尊 重 し 不 当 な 差 別 を 解 消 するため 適 切 な 対 応 を 講 じることができる 体 制 づ くりを 進 める 必 要 がある イ 今 後 取 組 が 必 要 な 事 項 について (ア) 国 は 都 道 府 県 と 連 携 して 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 の 不 安 を 軽 減 する ための 情 報 提 供 を 進 めるとともに 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 と 医 師 を 始 めとした 医 療 従 事 者 とのコミュニケーションの 場 を 提 供 する (イ) 国 は 肝 炎 情 報 センターに 対 し 拠 点 病 院 の 相 談 員 が 必 要 とする 情 報 につ いて 整 理 し 積 極 的 に 情 報 提 供 が 行 われるよう 要 請 する (ウ) 国 は 地 方 公 共 団 体 と 連 携 して 法 務 省 の 人 権 擁 護 機 関 の 人 権 相 談 窓 口 の 周 知 を 図 る (2) 肝 硬 変 及 び 肝 がん 患 者 に 対 する 更 なる 支 援 の 在 り 方 肝 炎 から 進 行 した 肝 硬 変 及 び 肝 がんは 根 治 的 な 治 療 法 が 少 なく また 患 者 の 高 齢 化 が 進 んでいる 現 状 がある このため 肝 硬 変 及 び 肝 がん 患 者 の 不 安 を 軽 減 するた めに 以 下 の 取 組 を 講 じるものとする ア 国 は 肝 硬 変 及 び 肝 がんを 含 む 肝 疾 患 について 肝 炎 研 究 7カ 年 戦 略 に 基 づく 研 究 を 推 進 する あわせて 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 肝 硬 変 及 び 肝 がんを 含

11 む 肝 疾 患 に 係 る 肝 炎 医 療 の 水 準 の 向 上 等 を 図 るため 医 療 従 事 者 への 研 修 等 人 材 育 成 を 推 進 する イ 国 は 都 道 府 県 と 連 携 して 肝 炎 から 進 行 した 肝 硬 変 及 び 肝 がん 患 者 を 含 む 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 の 不 安 を 軽 減 するための 情 報 提 供 を 進 めるとともに 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 と 医 師 を 始 めとした 医 療 従 事 者 とのコミュニケーショ ンの 場 を 提 供 する ウ 平 成 22 年 度 から 一 定 の 条 件 の 下 身 体 障 害 者 福 祉 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 283 号 )における 身 体 障 害 として 新 たに 肝 臓 機 能 障 害 の 一 部 について 障 害 認 定 の 対 象 とされた その 認 定 を 受 けた 者 の 肝 臓 移 植 肝 臓 移 植 後 の 抗 免 疫 療 法 とそれ らに 伴 う 医 療 については 自 立 支 援 医 療 ( 更 生 医 療 )の 対 象 となっており 引 き 続 き 当 該 措 置 を 継 続 する エ 国 は 肝 炎 から 進 行 した 肝 硬 変 及 び 肝 がんの 患 者 に 対 する 更 なる 支 援 の 在 り 方 について 検 討 する 上 での 情 報 を 収 集 するため 肝 硬 変 及 び 肝 がん 患 者 に 対 する 肝 炎 医 療 や 生 活 実 態 等 に 関 する 現 状 を 把 握 するための 調 査 研 究 を 行 う (3) 地 域 の 実 情 に 応 じた 肝 炎 対 策 の 推 進 都 道 府 県 においては 肝 炎 対 策 基 本 法 の 趣 旨 に 基 づき 都 道 府 県 単 位 での 肝 炎 対 策 を 推 進 するための 計 画 を 策 定 する 等 地 域 の 実 情 に 応 じた 肝 炎 対 策 を 講 じるための 体 制 を 構 築 し 管 内 市 区 町 村 と 連 携 した 肝 炎 対 策 を 推 進 することが 望 まれる また 地 方 公 共 団 体 は 積 極 的 に 国 を 始 めとする 他 の 行 政 機 関 との 連 携 を 図 りつ つ 肝 炎 対 策 を 講 じることが 望 まれる (4) 国 民 の 責 務 に 基 づく 取 組 肝 炎 対 策 基 本 法 第 6 条 の 規 定 に 鑑 み 肝 炎 対 策 は 肝 炎 患 者 等 とその 家 族 等 を 含 めた 国 民 が 主 体 的 かつ 積 極 的 に 活 動 する 必 要 があり 以 下 の 取 組 を 進 めることが 重 要 である ア 国 民 一 人 一 人 が 肝 炎 は 放 置 すると 肝 硬 変 や 肝 がんという 重 篤 な 病 態 へと 進 展 する 可 能 性 があり 各 人 の 健 康 保 持 に 重 大 な 影 響 をもたらし 得 る 疾 病 である ことを 理 解 した 上 で 少 なくとも 一 回 は 肝 炎 ウイルス 検 査 を 受 検 し 自 身 の 肝 炎 ウイルス 感 染 の 有 無 について 早 期 に 認 識 を 持 つよう 努 めること イ 国 民 一 人 一 人 が 肝 炎 ウイルスへの 新 たな 感 染 の 可 能 性 がある 行 為 について 正 しい 知 識 を 持 ち 新 たな 感 染 が 生 じないよう 行 動 すること また 肝 炎 ウイ ルスの 感 染 に 関 する 知 識 が 不 足 していること 等 により 肝 炎 患 者 等 に 対 する 不 当 な 差 別 や それに 伴 う 肝 炎 患 者 等 の 精 神 的 な 負 担 が 生 じることのないよう 正 しい 知 識 に 基 づく 適 切 な 対 応 に 努 めること (5) 肝 炎 対 策 基 本 指 針 の 見 直 し 及 び 定 期 報 告 肝 炎 対 策 基 本 法 第 9 条 第 5 項 においては 厚 生 労 働 大 臣 は 肝 炎 医 療 に 関 する 状 況 の 変 化 を 勘 案 し 及 び 肝 炎 対 策 の 効 果 に 関 する 評 価 を 踏 まえ 少 なくとも5 年 ごと

12 に 肝 炎 対 策 基 本 指 針 に 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 めるときは これを 変 更 しなけ ればならない とされている 本 指 針 は 肝 炎 をめぐる 現 状 を 踏 まえ 肝 炎 対 策 を 総 合 的 に 推 進 するために 基 本 と なる 事 項 について 定 めたものである 今 後 は 本 指 針 に 定 める 取 組 を 進 めていくこと となるが 国 地 方 公 共 団 体 等 における 取 組 について 定 期 的 に 調 査 及 び 評 価 を 行 い 肝 炎 をめぐる 状 況 変 化 を 的 確 に 捉 えた 上 で 必 要 があるときは 策 定 から5 年 を 経 過 する 前 であっても 本 指 針 について 検 討 を 加 え 改 正 するものとする なお 本 指 針 に 定 められた 取 組 の 状 況 は 肝 炎 対 策 推 進 協 議 会 に 定 期 的 に 報 告 するものとする

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

<4D F736F F D208AEE967B8C7689E68C8892E894C DC48D5C90AC816A2E646F63>

<4D F736F F D208AEE967B8C7689E68C8892E894C DC48D5C90AC816A2E646F63> アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 ( 案 ) 平 成 28 年 2 月 はじめに 〇 我 が 国 における 状 況 〇 WHOの 動 向 〇 アルコール 健 康 障 害 対 策 基 本 法 (Ⅰ)アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 について 1.アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 位 置 付 け 2. 第 1 期 アルコール

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477>

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477> 静 情 審 第 2 1 号 平 成 26 年 9 月 30 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 付 け 医 疾 第 1330 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

文書フォーマット基本

文書フォーマット基本 新 潟 県 蚊 媒 介 感 染 症 対 策 対 応 指 針 平 成 28 年 4 月 新 潟 県 福 祉 保 健 部 目 次 第 1 指 針 の 基 本 的 事 項 1 1 指 針 策 定 の 趣 旨 2 指 針 の 性 格 3 指 針 の 見 直 し 第 2 基 本 方 針 1 1 発 生 段 階 の 考 え 方 2 各 機 関 の 役 割 と 連 携 第 3 発 生 段 階 における 対 策 及

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

Taro-(全文)通則と補助基準(26

Taro-(全文)通則と補助基準(26 別 添 感 染 症 予 防 事 業 費 等 国 庫 負 担 ( 補 助 ) 金 交 付 要 綱 厚 生 労 働 省 発 健 第 1219002 号 平 成 2 0 年 1 2 月 1 9 日 一 部 改 正 平 成 21 年 8 月 31 日 一 部 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 一 部 改 正 平 成 23 年 6 月 16 日 一 部 改 正 平 成 2 4 年 9 月 7 日 一

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

Microsoft Word - 議事次第

Microsoft Word - 議事次第 平 成 25 年 6 月 28 日 金 10:00~12:00 厚 生 労 働 省 9 階 省 議 室 第 7 回 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 に 関 する 検 討 会 議 事 次 第 1. 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 について 2. その 他 配 付 資 料 資 料 1 特 定 機 能 病 院 及 び

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

別 添 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 に 関 する 指 針 Ⅰ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 指 定 について 1 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病

別 添 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 に 関 する 指 針 Ⅰ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 指 定 について 1 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病 健 発 0 1 1 0 第 7 号 平 成 26 年 1 月 10 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 健 康 局 長 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 について 我 が 国 のがん 対 策 については がん 対 策 基 本 法 ( 平 成 18 年 法 律 第 98 号 ) 及 び 同 法 の 規 定 に 基 づく がん 対 策 推 進 基 本 計 画 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63> 広 島 県 動 物 愛 護 センター 犬 猫 譲 渡 要 領 第 1 趣 旨 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 第 35 条 及 び 広 島 県 動 物 愛 護 管 理 条 例 ( 昭 和 55 年 条 例 第 2 号 ) 第 11 条 及 び 犬 及 び 猫 の 引 取 り 並 びに 負 傷 動 物 等 の 収 容 に 関

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

ワクチンとは? ヒトが 本 来 持 っている 病 原 体 に 対 する 抵 抗 力 ( 免 疫 ) の システムを 利 用 して 病 原 性 を 弱 めた( 無 くした) 病 原 体 (の 一 部 )(= 抗 原 )により あらかじめ 病 気 ( 抗 原 )に 対 す る 免 疫 を 作 っておくた

ワクチンとは? ヒトが 本 来 持 っている 病 原 体 に 対 する 抵 抗 力 ( 免 疫 ) の システムを 利 用 して 病 原 性 を 弱 めた( 無 くした) 病 原 体 (の 一 部 )(= 抗 原 )により あらかじめ 病 気 ( 抗 原 )に 対 す る 免 疫 を 作 っておくた 平 成 26 年 10 月 15 日 感 染 症 危 機 管 理 研 修 会 予 防 接 種 政 の 動 向 について 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 ワクチンとは? ヒトが 本 来 持 っている 病 原 体 に 対 する 抵 抗 力 ( 免 疫 ) の システムを 利 用 して 病 原 性 を 弱 めた( 無 くした) 病 原 体 (の 一 部 )(= 抗 原 )により あらかじめ

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 における 主 要 改 定 項 目 について( 案 ) 1 / 30 目 次 重 点 課 題 1 救 急 産 科 小 児 外 科 等 の 医 療 の 再 建 重 点 課 題 1-1 地 域 連 携 による 救 急 患 者 の 受 入 れの 推 進 について 救 急 入 院 医 療 の 充 実 に 係 る 評 価... 1 地 域 の 連 携 による 救 急

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画 第 3 期 あったか 家 族 応 援 プログラム 山 形 市 役 所 次 世 代 育 成 支 援 特 定 事 業 主 行 動 計 画 山 形 市 役 所 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 16 日 山 形 市 Ⅰ はじめに 1 プログラム 策 定 の 背 景 及 び 目 的 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ

More information

成 長 するに 従 い HBV に 対 する 免 疫 応 答 が 完 成 化 し 肝 炎 が 発 症 する HBV 感 染 肝 細 胞 が 排 除 され HBV DNA 量 が 減 少 する 成 人 期 までに 85~90%は HBe 抗 原 から HBe 抗 体 に 変 化 し(セロコンバージョン

成 長 するに 従 い HBV に 対 する 免 疫 応 答 が 完 成 化 し 肝 炎 が 発 症 する HBV 感 染 肝 細 胞 が 排 除 され HBV DNA 量 が 減 少 する 成 人 期 までに 85~90%は HBe 抗 原 から HBe 抗 体 に 変 化 し(セロコンバージョン B 型 肝 炎 の 基 本 (110309) 普 通 に 仕 事 をしていたら 避 けて 通 れない 疾 患 基 本 は 押 さえておく 必 要 がある ガイドラインを 中 心 に 復 習 知 識 の 整 理 をしておく 基 本 わが 国 では B 型 肝 炎 ウイルス 保 有 者 (キャリア)は 約 130~150 万 人 いるが その 多 くは 非 活 動 性 の 無 症 候 性 キャリアで 病

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

薬 生 発 0212 第 8 号 平 成 28 年 2 月 12 日 各 都 道 府 県 知 事 保 健 所 設 置 市 長 特 別 区 長 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 サポート 薬 局 に 係 る 研 修 実 施 要 綱 について( 通

薬 生 発 0212 第 8 号 平 成 28 年 2 月 12 日 各 都 道 府 県 知 事 保 健 所 設 置 市 長 特 別 区 長 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 サポート 薬 局 に 係 る 研 修 実 施 要 綱 について( 通 日 薬 業 発 第 3 2 9 号 平 成 2 8 年 2 月 1 6 日 都 道 府 県 薬 剤 師 会 会 長 殿 日 本 薬 剤 師 会 会 長 山 本 信 夫 健 康 サ ポ ー ト 薬 局 に 係 る 研 修 に つ い て 平 素 より 本 会 会 務 に 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 健 康 サポート 薬 局 に 関 する 省 令 告 示

More information

水戸市公告

水戸市公告 笠 間 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 公 表 内 容 は, 総 務 省 の 公 表 様 式 に 基 づくものです (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 79,227 歳 出 額 A 29,869,854 実 質 収 支 666,702 件 費 B 5,808,980 件 費 率

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療 は 根 本 治 療 や 他 に 治 療 法 のない 疾 患 の 治

再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療 は 根 本 治 療 や 他 に 治 療 法 のない 疾 患 の 治 1 規 制 制 度 改 革 委 員 会 集 中 討 議 再 生 細 胞 医 療 の 現 状 及 び 課 題 平 成 24 年 11 月 29 日 厚 生 労 働 省 1 再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 街 頭 防 犯 カメラ 整 備 運 用 の 手 引 き( 案 ) 目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 4 3 マッピング 等 4 第 2

More information

⑶ 受 動 喫 煙 防 止 さっぽろMU 煙 デー 受 動 喫 煙 のない 空 気 のきれいな 街 を 目 指 し 毎 月 3 日 を さっぽろMU 煙 デー と 定 め 受 動 喫 煙 防 止 キャンペーンを 実 施 している 平 成 26 年 度 実 績 :9イベント 等 でパネル 展 啓 発

⑶ 受 動 喫 煙 防 止 さっぽろMU 煙 デー 受 動 喫 煙 のない 空 気 のきれいな 街 を 目 指 し 毎 月 3 日 を さっぽろMU 煙 デー と 定 め 受 動 喫 煙 防 止 キャンペーンを 実 施 している 平 成 26 年 度 実 績 :9イベント 等 でパネル 展 啓 発 Ⅰ がん 予 防 札 幌 市 の 課 題 全 国 と 比 較 してがんによる 死 亡 率 が 高 い 他 政 令 市 と 比 較 して 喫 煙 率 が 高 い 若 い 世 代 の 運 動 習 慣 のある 人 の 割 合 が 少 ない 1 感 染 に 起 因 するがんへの 対 策 項 目 肝 炎 ウイルス ヘリコバクター ピロリ HPV (ヒトパピローマウイルス) HTLV-1 (ヒト T 細 胞 白

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知) 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63> 別 紙 3 亀 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 24 年 度 版 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 92,241 32,809,597 千

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知)

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知) 府 政 共 生 第 411 号 法 務 省 矯 成 第 1174 号 課 酒 2-4 26 文 科 ス 第 144 号 健 発 0602 第 1 号 障 発 0602 第 1 号 平 成 26 年 6 月 2 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 教 育 長 殿 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 武 川 光 夫 法 務 省

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

スライド 1

スライド 1 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 26 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd ( 別 紙 1) 紹 介 状 病 院 担 当 医 様 この 度, 患 者 様 の 体 液 によって, 当 院 の 職 員 が, 皮 内 粘 膜 及 び 傷 のある 皮 膚 への 曝 露 事 故 を 起 こしました ついては, 必 要 な 検 査, 予 防 内 服 の 処 方 及 び 指 導 について, 御 検 討 いただきますようお 願 いしま す 職 員 名 所 属 部 署 連 絡 先 平 成 年

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任 別 紙 3 平 成 25 年 度 赤 平 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 23 年 度 A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 12,234 8,75,43 376,599 1,329,315 15.2

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

伊勢崎市職員職場復帰支援制度

伊勢崎市職員職場復帰支援制度 職 場 復 帰 支 援 制 度 実 施 マニュアル 平 成 22 年 4 月 伊 勢 崎 市 総 務 部 職 員 課 目 次 1 趣 旨 1 2 対 象 者 1 3 用 語 の 定 義 1 4 病 気 休 業 に 係 る 休 暇 制 度 等 について 1 (1) 病 気 休 暇 について (2) 休 職 について 5 職 場 復 帰 支 援 制 度 について 2 < 第 1ステップ> 病 気 休 業

More information

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終)

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終) 亀 岡 市 公 告 第 60 号 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 ) の 規 定 に 基 づき 平 成 24 年 度 における 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 次 のと おり 公 表 する 平

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

Ⅰ Ⅰ 方 法 等 について 1 介 護 給 付 費 書 等 の 受 付 について (1) 直 接 ( 窓 口 ) 受 付 ( 国 保 連 合 会 へ 直 接 書 等 を 持 ち 込 む 方 法 ) (ア) 締 切 毎 月 1 まで (イ) 時 間 午 前 8 時 分 から 午 後 5 時 15 分 受 付 最 終 1 については 土 曜 曜 及 び 祝 に 関 わらず 受 付 を 行 います (ウ)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

様式1

様式1 岩 手 県 エイズ 対 策 推 進 プラン 平 成 26 年 2 月 岩 手 県 目 次 1 推 進 プランの 基 本 的 考 え 方 1 2 HIV 感 染 者 及 びエイズ 患 者 の 現 状 と 本 県 の 課 題 3 3 目 標 及 び 重 点 施 策 15 4 具 体 的 な 取 組 17 5 プランを 推 進 するための 各 実 施 主 体 の 役 割 25 1 推 進 プランの 基 本

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information