Microsoft Word 肝炎対策基本指針.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc"

Transcription

1 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に 関 する 事 項 肝 炎 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 保 に 関 する 事 項 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 に 関 する 人 材 の 育 成 に 関 する 事 項 肝 炎 に 関 する 調 査 及 び 研 究 に 関 する 事 項 肝 炎 医 療 のための 医 薬 品 の 研 究 開 発 の 推 進 に 関 する 事 項 肝 炎 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 並 びに 肝 炎 患 者 等 の 人 権 の 尊 重 に 関 する 事 項 その 他 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 重 要 事 項 肝 炎 とは 肝 臓 の 細 胞 が 破 壊 されている 状 態 であり その 原 因 は ウイルス 性 ア ルコール 性 自 己 免 疫 性 等 に 分 類 され 多 様 である 我 が 国 では B 型 肝 炎 ウイルス 又 は C 型 肝 炎 ウイルス( 以 下 肝 炎 ウイルス という ) 感 染 に 起 因 する 肝 炎 患 者 が 肝 炎 にり 患 した 者 の 多 くを 占 めており B 型 肝 炎 及 び C 型 肝 炎 に 係 る 対 策 が 喫 緊 の 課 題 となっている 近 年 の 国 における B 型 肝 炎 及 び C 型 肝 炎 に 係 る 対 策 については 平 成 14 年 度 以 降 C 型 肝 炎 等 緊 急 総 合 対 策 を 実 施 し 平 成 19 年 度 には 都 道 府 県 に 対 し 肝 疾 患 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 以 下 拠 点 病 院 という )の 整 備 について 要 請 する 等 の 取 組 を 進 めてき た また 平 成 20 年 度 以 降 肝 炎 の 治 療 促 進 のための 環 境 整 備 肝 炎 ウイルス 検 査 の 促 進 肝 炎 に 係 る 診 療 及 び 相 談 体 制 の 整 備 国 民 に 対 する 肝 炎 に 係 る 正 しい 知 識 の 普 及 啓 発 並 びに 肝 炎 に 係 る 研 究 の 推 進 の5 本 の 柱 からなる 肝 炎 総 合 対 策 を 進 めてきた さらに 研 究 分 野 に 関 しては 平 成 20 年 6 月 に 肝 炎 の 専 門 家 からなる 肝 炎 治 療 戦 略 会 議 が 肝 炎 研 究 7カ 年 戦 略 を 取 りまとめ これに 基 づき 肝 炎 研 究 に 取 り 組 んで きたところである しかしながら 肝 炎 ウイルスに 感 染 しているものの 自 覚 のない 者 が 多 数 存 在 すると 推 定 されることや 肝 炎 ウイルスに 起 因 する 肝 炎 肝 硬 変 又 は 肝 がんに 係 る 医 療 ( 以 下 肝 炎 医 療 という )の 体 制 が 十 分 整 備 されていない 地 域 があること 等 肝 炎 医 療 を 必 要 とする 者 に 適 切 に 肝 炎 医 療 を 提 供 していくためには いまだ 解 決 すべき 課 題 が 多 い また 肝 炎 ウイルスの 感 染 経 路 等 についての 国 民 の 理 解 が 十 分 でないことや 肝 炎 ウイルス 検 査 を 受 検 する 必 要 性 に 関 する 認 識 が 十 分 でないことに 加 え 一 部 では 肝 炎 ウイルスに 持 続 感 染 している 者 (ウイルス 性 肝 炎 から 進 行 した 肝 硬 変 又 は 肝 がん の 患 者 を 含 む 以 下 肝 炎 患 者 等 という )に 対 する 不 当 な 差 別 が 存 在 することが 指

2 摘 されている このような 状 況 を 改 善 し 今 後 肝 炎 対 策 のより 一 層 の 推 進 を 図 るた めには 国 や 地 方 公 共 団 体 のみならず あらゆる 関 係 者 が 一 体 となって より 一 層 の 連 携 を 図 ることが 必 要 である 本 指 針 は このような 現 状 の 下 に 肝 炎 患 者 等 を 早 期 に 発 見 し また 肝 炎 患 者 等 が 安 心 して 治 療 を 受 けられる 社 会 を 構 築 するため 国 地 方 公 共 団 体 等 が 取 り 組 むべ き 方 向 性 を 示 すことにより 肝 炎 対 策 のより 一 層 の 推 進 を 図 ることを 目 的 とし 肝 炎 対 策 基 本 法 ( 平 成 21 年 法 律 第 97 号 ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 策 定 するものであ る なお 我 が 国 では 現 在 肝 炎 にり 患 した 者 に 占 める 患 者 数 の 多 さから B 型 肝 炎 及 び C 型 肝 炎 に 係 る 対 策 が 喫 緊 の 課 題 となっている このため 本 指 針 においては B 型 肝 炎 及 び C 型 肝 炎 に 係 る 対 策 に 関 する 事 項 を 定 めるものとする 第 1 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 (1) 基 本 的 な 考 え 方 肝 炎 (B 型 肝 炎 及 び C 型 肝 炎 をいう 以 下 同 じ )は 適 切 な 治 療 を 行 わないまま 放 置 すると 慢 性 化 し 肝 硬 変 や 肝 がんといったより 重 篤 な 病 態 に 進 行 するおそれがあ る このため 肝 炎 患 者 等 が 生 活 する 中 で 関 わる 全 ての 者 が 肝 炎 に 対 する 理 解 を 深 め これらの 者 の 協 力 の 下 肝 炎 患 者 等 が 安 心 して 生 活 できる 環 境 づくりに 取 り 組 むこと が 必 要 である また 肝 炎 対 策 は 肝 炎 患 者 等 を 含 めた 国 民 の 視 点 に 立 ち 国 民 の 理 解 協 力 を 得 て 肝 炎 患 者 等 を 含 む 関 係 者 が 一 体 となって 連 携 して 対 策 を 進 めることが 重 要 であ る (2) 肝 炎 ウイルス 検 査 の 更 なる 促 進 肝 炎 ウイルスの 感 染 経 路 は 様 々であり 個 々 人 が 肝 炎 ウイルスに 感 染 した 可 能 性 が あるか 否 かを 一 概 に 判 断 することは 困 難 であることから 全 ての 国 民 が 少 なくとも 一 回 は 肝 炎 ウイルス 検 査 を 受 検 する 必 要 があると 考 えられる このため 肝 炎 ウイル ス 検 査 の 受 検 体 制 を 整 備 し 受 検 の 勧 奨 を 行 うことが 必 要 である (3) 適 切 な 肝 炎 医 療 の 推 進 肝 炎 患 者 等 の 健 康 保 持 のためには 個 々の 状 況 に 応 じた 適 切 な 治 療 を 受 けること が 重 要 である 肝 炎 患 者 等 に 対 し 病 態 に 応 じた 適 切 な 肝 炎 医 療 を 提 供 するためには 専 門 的 な 知 識 や 経 験 が 必 要 であるため 個 々の 肝 炎 患 者 等 は 肝 炎 医 療 を 専 門 とする 医 療 機 関 ( 以 下 専 門 医 療 機 関 という )において 治 療 方 針 の 決 定 を 受 けることが 望 まし い また 専 門 医 療 機 関 において 治 療 方 針 の 決 定 を 受 けた 肝 炎 患 者 等 は 継 続 して 適 切 な 治 療 を 受 けることが 必 要 である このため 肝 炎 患 者 等 が 居 住 地 域 にかかわらず 適 切 な 肝 炎 医 療 を 受 けられるよ

3 う 地 域 の 特 性 に 応 じた 肝 疾 患 診 療 体 制 の 整 備 の 促 進 に 向 けた 取 組 を 進 める 必 要 が ある また 肝 炎 ウイルスを 排 除 し 又 はその 増 殖 を 抑 制 する 抗 ウイルス 療 法 ( 肝 炎 の 根 治 目 的 で 行 うインターフェロン 治 療 又 は B 型 肝 炎 の 核 酸 アナログ 製 剤 治 療 をいう 以 下 同 じ )については 肝 硬 変 や 肝 がんといった より 重 篤 な 病 態 への 進 行 を 予 防 し 又 は 遅 らせることが 可 能 であり また ウイルス 量 が 低 減 することにより 二 次 感 染 の 予 防 につながるという 側 面 がある このため 引 き 続 き 抗 ウイルス 療 法 に 対 する 経 済 的 支 援 に 取 り 組 み その 効 果 を 検 証 していく 必 要 がある (4) 肝 炎 医 療 を 始 めとする 研 究 の 総 合 的 な 推 進 肝 炎 は 国 内 最 大 級 の 感 染 症 であり 感 染 を 放 置 すると 肝 硬 変 や 肝 がんといった 重 篤 な 病 態 に 進 行 する このため 肝 炎 医 療 の 水 準 の 向 上 等 に 向 けて 肝 炎 に 関 する 基 礎 臨 床 及 び 疫 学 研 究 等 を 総 合 的 に 推 進 する 必 要 がある また 肝 炎 患 者 等 の 負 担 軽 減 に 資 するよう 肝 炎 対 策 を 総 合 的 に 推 進 するための 基 盤 となる 行 政 的 な 課 題 を 解 決 するために 必 要 な 研 究 についても 進 める 必 要 がある (5) 肝 炎 に 関 する 正 しい 知 識 の 更 なる 普 及 啓 発 肝 炎 ウイルスは 感 染 しても 自 覚 症 状 に 乏 しいことから 感 染 に 気 付 きにくく ま た 感 染 を 認 識 していても 感 染 者 が 早 急 な 治 療 の 必 要 性 を 認 識 しにくい このため 国 民 一 人 一 人 が 自 らの 肝 炎 ウイルスの 感 染 の 有 無 を 把 握 し 肝 炎 についての 正 しい 知 識 を 持 つよう 更 なる 普 及 啓 発 に 取 り 組 む 必 要 がある さらに 肝 炎 患 者 等 に 対 する 不 当 な 差 別 を 解 消 し また 感 染 経 路 についての 知 識 不 足 による 新 たな 感 染 を 予 防 するためにも 肝 炎 についての 正 しい 知 識 の 普 及 が 必 要 である (6) 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 に 対 する 相 談 支 援 や 情 報 提 供 の 充 実 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 の 多 くは 肝 炎 が 肝 硬 変 や 肝 がんといった より 重 篤 な 病 態 へ 進 行 することに 対 する 将 来 的 な 不 安 を 抱 えている また 治 療 における 副 作 用 等 治 療 開 始 前 及 び 治 療 中 において 精 神 的 な 負 担 に 直 面 することも 多 い こ のため こうした 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 の 不 安 や 精 神 的 負 担 の 軽 減 に 資 するた め 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 への 相 談 支 援 を 行 う 必 要 がある また 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 を 含 む 国 民 の 視 点 に 立 った 分 かりやすい 情 報 提 供 について 取 組 を 強 化 する 必 要 がある 第 2 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 感 染 経 路 についての 知 識 不 足 による 新 たな 感 染 を 予 防 するため 全 ての 国 民 に 対 して 肝 炎 についての 正 しい 知 識 を 普 及 することが 必 要 である また 国 は 地 方 公 共 団 体 に 対 して 妊 婦 に 対 する B 型 肝 炎 抗 原 検 査 を 妊 婦 健 康

4 診 査 の 標 準 的 な 検 査 項 目 として 示 すほか 各 医 療 機 関 において 当 該 検 査 の 結 果 が 陽 性 であった 妊 婦 から 出 生 した 乳 児 に 対 する B 型 肝 炎 ワクチンの 接 種 等 の 適 切 な 対 応 が 行 われるよう 指 導 を 求 める 等 の B 型 肝 炎 母 子 感 染 予 防 対 策 を 講 じており 引 き 続 きこの 取 組 を 進 める さらに B 型 肝 炎 の 感 染 はワクチンによって 予 防 可 能 であることから 水 平 感 染 防 止 の 手 段 の 一 つとして B 型 肝 炎 ワクチンの 予 防 接 種 の 在 り 方 について 検 討 を 行 う 必 要 がある ア 国 は 肝 炎 ウイルスへの 新 たな 感 染 の 発 生 を 防 止 するため 日 常 生 活 上 の 感 染 予 防 の 留 意 点 を 取 りまとめた 啓 発 用 の 資 材 や 集 団 生 活 が 営 まれる 各 施 設 におけ る 感 染 予 防 ガイドライン 等 を 作 成 するための 研 究 を 推 進 する また 当 該 研 究 の 成 果 物 を 活 用 し 地 方 公 共 団 体 等 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う イ 国 は ピアスの 穴 あけ 等 血 液 の 付 着 する 器 具 の 共 有 を 伴 う 行 為 や 性 行 為 等 感 染 の 危 険 性 のある 行 為 に 興 味 を 抱 く 年 代 に 対 して 肝 炎 についての 正 しい 知 識 と 理 解 を 深 めるための 情 報 を 取 りまとめ 地 方 公 共 団 体 等 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う ウ 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 医 療 従 事 者 等 の 感 染 のリスクの 高 い 集 団 を 中 心 として B 型 肝 炎 ワクチンの 有 効 性 安 全 性 等 に 関 する 情 報 提 供 を 行 う エ 国 は 水 平 感 染 防 止 の 手 段 としての B 型 肝 炎 ワクチン 接 種 の 有 効 性 安 全 性 等 に 関 する 情 報 を 踏 まえ 当 該 ワクチンの 予 防 接 種 の 在 り 方 について 検 討 を 行 う 第 3 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に 関 する 事 項 肝 炎 ウイルスの 感 染 状 況 を 本 人 が 把 握 するための 肝 炎 ウイルス 検 査 については 医 療 保 険 者 や 事 業 主 等 の 多 様 な 実 施 主 体 において 実 施 されていることや プライバシー に 配 慮 して 匿 名 で 実 施 されている 場 合 があること 等 から 当 該 検 査 の 受 検 状 況 の 実 態 を 把 握 することは 困 難 な 状 況 にある しかしながら 肝 炎 ウイルス 検 査 体 制 の 整 備 及 び 普 及 啓 発 を 効 果 的 に 実 施 するためには 施 策 を 行 う 上 での 指 標 が 必 要 であり この ため 従 前 から 実 施 している 肝 炎 ウイルス 検 査 の 受 検 者 数 の 把 握 のための 調 査 に 加 え て 肝 炎 ウイルス 検 査 の 受 検 率 について 把 握 するための 調 査 及 び 研 究 が 必 要 である また 肝 炎 ウイルス 検 査 の 未 受 検 者 や 受 検 しているが 検 査 結 果 を 正 しく 認 識 して いない 者 等 感 染 の 事 実 を 認 識 していない 肝 炎 患 者 等 が 多 数 存 在 することが 推 定 され る このため 感 染 経 路 は 様 々であり 本 人 の 自 覚 なしに 感 染 している 可 能 性 がある ことを 含 めて 肝 炎 に 関 する 正 しい 知 識 の 普 及 啓 発 を 行 い 全 ての 国 民 が 少 なくとも 一 回 は 肝 炎 ウイルス 検 査 を 受 検 することが 必 要 であることを 周 知 する また 希 望 す る 全 ての 国 民 が 肝 炎 ウイルス 検 査 を 受 検 できる 体 制 を 整 備 し その 効 果 を 検 証 するた めの 研 究 を 推 進 する 必 要 がある さらに 肝 炎 ウイルス 検 査 の 結 果 について 受 検 者 各 自 が 正 しく 認 識 できるよう

5 肝 炎 の 病 態 等 に 係 る 情 報 提 供 を 行 うとともに 肝 炎 医 療 に 携 わる 者 に 対 し 最 新 の 肝 炎 ウイルス 検 査 に 関 する 知 見 の 修 得 のための 研 修 の 機 会 を 確 保 する 必 要 がある ア 国 は 国 民 の 肝 炎 ウイルス 検 査 に 係 る 受 検 率 や 検 査 後 の 受 診 状 況 等 について 把 握 するための 調 査 及 び 研 究 を 行 う イ 国 は 現 在 地 方 公 共 団 体 が 実 施 主 体 となって 行 っている 肝 炎 ウイルス 検 査 について 地 方 公 共 団 体 に 対 し 引 き 続 き 検 査 実 施 とその 体 制 整 備 を 要 請 す るとともに 肝 炎 ウイルス 検 査 の 個 別 勧 奨 や 出 張 型 検 診 等 を 推 進 することによ り 更 なる 検 査 実 施 を 支 援 する ウ 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 住 民 に 向 けた 肝 炎 ウイルス 検 査 に 関 する 広 報 を 強 化 する あわせて 職 域 において 健 康 管 理 に 携 わる 者 や 医 療 保 険 者 事 業 主 等 の 関 係 者 の 理 解 と 協 力 の 下 引 き 続 き これらの 関 係 者 から 労 働 者 に 対 する 受 検 勧 奨 が 行 われるよう 要 請 する エ 国 は 多 様 な 検 査 機 会 が 確 保 されるよう 医 療 保 険 者 が 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 )に 基 づき 行 う 健 康 診 査 等 及 び 事 業 主 が 労 働 安 全 衛 生 法 ( 昭 和 47 年 法 律 第 57 号 )に 基 づき 行 う 健 康 診 断 に 併 せて 実 施 する 肝 炎 ウイルス 検 査 につ いては 継 続 して 実 施 されるよう 医 療 保 険 者 及 び 事 業 主 に 対 して 要 請 する ま た 医 療 保 険 者 や 事 業 主 が 肝 炎 ウイルス 検 査 を 実 施 する 場 合 の 検 査 結 果 につい て プライバシーに 配 慮 した 適 正 な 通 知 と 取 扱 いがなされるよう 医 療 保 険 者 及 び 事 業 主 に 対 して 改 めて 周 知 する オ 国 は 肝 炎 ウイルス 検 査 の 受 検 前 及 び 結 果 通 知 時 において 受 検 者 各 自 が 病 態 治 療 及 び 予 防 について 正 しく 認 識 できるよう 肝 炎 の 病 態 治 療 及 び 予 防 に 関 する 情 報 を 取 りまとめ 地 方 公 共 団 体 等 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う カ 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 医 療 機 関 に 対 し 手 術 前 等 に 行 われる 肝 炎 ウイルス 検 査 の 結 果 について 受 検 者 に 適 切 に 説 明 を 行 うよう 要 請 する また 国 は 医 療 機 関 において 手 術 前 等 に 行 われる 肝 炎 ウイルス 検 査 の 結 果 の 説 明 状 況 等 に ついて 実 態 把 握 のための 調 査 研 究 を 行 う キ 国 は 独 立 行 政 法 人 国 立 国 際 医 療 研 究 センター 肝 炎 情 報 センター( 以 下 肝 炎 情 報 センター という )に 対 し 国 立 国 際 医 療 研 究 センターの 中 期 目 標 及 び 中 期 計 画 に 基 づき 拠 点 病 院 において 指 導 的 立 場 にある 医 療 従 事 者 に 対 して 最 新 の 知 見 を 踏 まえた 肝 炎 検 査 及 び 肝 炎 医 療 に 関 する 研 修 が 行 われるよう 要 請 する 第 4 肝 炎 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 保 に 関 する 事 項 肝 炎 ウイルス 検 査 の 結 果 診 療 が 必 要 と 判 断 された 者 が 医 療 機 関 で 受 診 しない ま た たとえ 医 療 機 関 で 受 診 しても 必 ずしも 適 切 な 肝 炎 医 療 が 提 供 されていないとい う 問 題 点 が 指 摘 されている

6 このため 全 ての 肝 炎 患 者 等 が 継 続 的 かつ 適 切 な 肝 炎 医 療 を 受 けることができる 体 制 を 整 備 するため 拠 点 病 院 を 中 心 として 都 道 府 県 における 肝 炎 検 査 後 肝 疾 患 診 療 体 制 に 関 するガイドライン ( 平 成 19 年 全 国 C 型 肝 炎 診 療 懇 談 会 報 告 書 )に 基 づ き 拠 点 病 院 専 門 医 療 機 関 及 びかかりつけ 医 が 協 働 する 仕 組 みとして 地 域 におけ る 肝 炎 診 療 ネットワークの 構 築 を 進 める 必 要 がある また 地 域 や 職 域 において 健 康 管 理 に 携 わる 者 を 含 めた 関 係 者 の 連 携 の 下 肝 炎 患 者 等 に 対 する 受 診 勧 奨 及 び 肝 炎 ウ イルス 検 査 後 のフォローアップを 実 施 することにより 肝 炎 患 者 等 の 適 切 な 医 療 機 関 への 受 診 を 進 める 必 要 がある また 肝 炎 患 者 等 が 働 きながら 継 続 的 に 治 療 を 受 けることができる 環 境 づくり に 向 けて 引 き 続 き 事 業 主 職 域 において 健 康 管 理 に 携 わる 者 及 び 労 働 組 合 を 始 めとした 関 係 者 の 協 力 を 得 られるよう 必 要 な 働 きかけを 行 う 必 要 がある さらに 肝 炎 患 者 等 の 経 済 的 負 担 軽 減 のための 抗 ウイルス 療 法 に 係 る 肝 炎 医 療 費 助 成 の 実 施 及 び 肝 炎 医 療 に 係 る 諸 制 度 の 周 知 により 肝 炎 の 早 期 かつ 適 切 な 治 療 を 推 進 する ア 国 は 地 方 公 共 団 体 と 連 携 して 肝 炎 患 者 等 が 個 々の 病 態 に 応 じた 適 切 な 肝 炎 医 療 を 受 けられるよう 肝 炎 ウイルス 検 査 後 のフォローアップや 受 診 勧 奨 等 の 支 援 を 地 域 や 職 域 において 中 心 となって 進 める 人 材 の 育 成 を 推 進 する また 肝 炎 患 者 等 に 対 する 情 報 提 供 や 拠 点 病 院 専 門 医 療 機 関 及 びかかりつけ 医 の 連 携 等 に 資 するため 肝 炎 の 病 態 治 療 方 法 肝 炎 医 療 に 関 する 制 度 等 の 情 報 を 取 りま とめた 手 帳 等 を 肝 炎 患 者 等 に 対 して 配 布 する イ 国 は 地 域 や 職 域 において 健 康 管 理 に 携 わる 者 が 肝 炎 患 者 等 に 対 して 提 供 する ために 必 要 な 情 報 を 取 りまとめ 地 方 公 共 団 体 や 医 療 保 険 者 等 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う ウ 国 は 肝 炎 情 報 センターが 拠 点 病 院 の 医 療 従 事 者 を 対 象 として 実 施 する 研 修 を 効 果 的 に 進 めるための 技 術 的 支 援 を 行 う また 国 及 び 都 道 府 県 は 拠 点 病 院 が 行 う 研 修 について より 効 果 的 な 実 施 方 法 等 について 検 討 し 研 修 内 容 の 充 実 を 図 る エ 国 は 地 域 における 診 療 連 携 の 推 進 に 資 する 研 究 を 行 い その 成 果 物 を 活 用 し 地 域 の 特 性 に 応 じた 診 療 連 携 体 制 の 強 化 を 支 援 する オ 国 は 職 域 における 肝 炎 患 者 等 に 対 する 理 解 を 深 めるため 肝 炎 の 病 態 治 療 方 法 及 び 肝 炎 患 者 等 に 対 する 望 ましい 配 慮 についての 先 進 的 な 取 組 例 等 の 情 報 を 取 りまとめ 各 事 業 主 団 体 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う カ 国 は 就 労 を 維 持 しながら 適 切 な 肝 炎 医 療 を 受 けることができる 環 境 の 整 備 等 について 各 事 業 主 団 体 に 対 し 協 力 を 要 請 する キ 国 は 肝 炎 医 療 費 助 成 制 度 高 額 療 養 費 制 度 傷 病 手 当 金 障 害 年 金 等 の 肝 炎 医 療 に 関 する 制 度 について 情 報 を 取 りまとめ 地 方 公 共 団 体 と 連 携 を 図 り 拠 点 病 院 の 肝 疾 患 相 談 センターを 始 めとした 医 療 機 関 等 における 活 用 を 推 進 する

7 ク 肝 炎 情 報 センターは 肝 炎 医 療 に 係 る 最 新 情 報 拠 点 病 院 及 び 専 門 医 療 機 関 等 のリスト 並 びに 拠 点 病 院 において 対 応 可 能 な 肝 炎 医 療 の 内 容 に 関 して 情 報 収 集 を 行 い 当 該 情 報 を 肝 炎 情 報 センターのホームページに 分 かりやすく 掲 載 するこ と 等 により 医 療 従 事 者 及 び 国 民 に 向 けて 可 能 な 限 り 迅 速 に 周 知 を 図 る 第 5 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 に 関 する 人 材 の 育 成 に 関 する 事 項 肝 炎 ウイルスへの 新 たな 感 染 を 防 止 し 肝 炎 医 療 の 水 準 を 向 上 させるためには 肝 炎 の 予 防 及 び 医 療 に 携 わる 人 材 の 育 成 が 重 要 である このため 肝 炎 ウイルスへの 新 たな 感 染 の 発 生 の 防 止 に 資 するよう 肝 炎 の 感 染 予 防 について 知 識 を 持 つ 人 材 を 育 成 するとともに 肝 炎 ウイルス 感 染 が 判 明 した 後 に 適 切 な 肝 炎 医 療 に 結 びつけるための 人 材 を 育 成 する 必 要 がある また 肝 炎 医 療 に 携 わる 者 が 最 新 の 肝 炎 検 査 に 関 する 知 見 を 修 得 することは 適 切 な 治 療 方 針 の 決 定 や 患 者 に 対 し 的 確 な 説 明 を 行 う 上 で 非 常 に 重 要 であるため 肝 炎 医 療 に 携 わる 者 の 資 質 向 上 を 図 る 必 要 がある さらに 地 域 における 肝 炎 に 係 る 医 療 水 準 の 向 上 等 に 資 する 指 導 者 を 育 成 するこ とが 必 要 である ア 国 は 肝 炎 ウイルスへの 新 たな 感 染 の 発 生 を 防 止 するため 日 常 生 活 上 の 感 染 予 防 の 留 意 点 を 取 りまとめた 啓 発 用 の 資 材 や 集 団 生 活 が 営 まれる 各 施 設 におけ る 感 染 予 防 ガイドライン 等 を 作 成 するための 研 究 を 推 進 する また 当 該 研 究 の 成 果 物 を 活 用 し 地 方 公 共 団 体 等 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う ( 再 掲 ) イ 国 は 地 方 公 共 団 体 と 連 携 して 肝 炎 患 者 等 が 個 々の 病 態 に 応 じた 適 切 な 肝 炎 医 療 を 受 けられるよう 肝 炎 ウイルス 検 査 後 のフォローアップや 受 診 勧 奨 等 の 支 援 を 地 域 や 職 域 において 中 心 となって 進 める 人 材 の 育 成 を 推 進 する ( 再 掲 ) ウ 国 は 肝 炎 情 報 センターに 対 し 国 立 国 際 医 療 研 究 センターの 中 期 目 標 及 び 中 期 計 画 に 基 づき 拠 点 病 院 において 指 導 的 立 場 にある 医 療 従 事 者 に 対 して 最 新 の 知 見 を 踏 まえた 肝 炎 検 査 及 び 肝 炎 医 療 に 関 する 研 修 が 行 われるよう 要 請 する ( 再 掲 ) エ 国 は 肝 炎 情 報 センターが 拠 点 病 院 の 医 療 従 事 者 を 対 象 として 実 施 する 研 修 を 効 果 的 に 進 めるための 技 術 的 支 援 を 行 う また 国 及 び 都 道 府 県 は 拠 点 病 院 が 行 う 研 修 について より 効 果 的 な 実 施 方 法 等 について 検 討 し 研 修 内 容 の 充 実 を 図 る ( 再 掲 ) 第 6 肝 炎 に 関 する 調 査 及 び 研 究 に 関 する 事 項 肝 炎 研 究 については これまでの 成 果 を 肝 炎 対 策 に 適 切 に 反 映 するため 研 究 実 績 を 総 合 的 に 評 価 検 証 するとともに 今 後 行 政 的 な 課 題 を 解 決 するために 必 要 な 研

8 究 を 実 施 していく 必 要 がある また 肝 炎 対 策 を 総 合 的 に 推 進 するための 基 盤 となる 肝 炎 研 究 を 推 進 するとともに 将 来 の 肝 炎 研 究 を 担 う 若 手 研 究 者 の 育 成 を 行 い 肝 炎 研 究 の 人 的 基 盤 の 拡 大 を 目 指 す さらに 肝 炎 研 究 について 国 民 の 理 解 を 得 られるよう 分 かりやすい 情 報 発 信 を 推 進 する 必 要 がある なお 研 究 成 果 の 公 表 に 当 たっては 差 別 や 偏 見 を 招 くことの ないよう 十 分 に 配 慮 するものとする ア 国 は 肝 炎 研 究 7カ 年 戦 略 に 基 づく 肝 炎 研 究 を 一 層 推 進 するとともに そ の 研 究 成 果 について 評 価 検 証 を 行 い 肝 炎 対 策 推 進 協 議 会 に 報 告 する イ 国 は 肝 炎 研 究 分 野 において 若 手 研 究 者 の 人 材 育 成 を 積 極 的 に 行 う ウ 国 は 肝 炎 研 究 7カ 年 戦 略 に 基 づく 肝 炎 研 究 に 加 え 肝 炎 対 策 の 推 進 に 資 することを 目 的 として 以 下 の 行 政 的 な 研 究 を 行 う (ア) 日 常 生 活 上 の 感 染 予 防 の 留 意 点 を 取 りまとめた 啓 発 用 の 資 材 や 集 団 生 活 が 営 まれる 各 施 設 における 感 染 予 防 ガイドライン 等 を 作 成 するための 研 究 (イ) 医 療 機 関 において 手 術 前 等 に 行 われる 肝 炎 ウイルス 検 査 の 結 果 の 説 明 状 況 等 について 実 態 を 把 握 するための 研 究 (ウ) 地 域 における 診 療 連 携 の 推 進 に 資 する 研 究 (エ) 職 域 における 肝 炎 患 者 等 に 対 する 望 ましい 配 慮 の 在 り 方 に 関 する 研 究 (オ) 具 体 的 な 施 策 の 目 標 設 定 に 資 する 肝 炎 肝 硬 変 及 び 肝 がん 等 の 病 態 別 の 実 態 を 把 握 するための 調 査 研 究 (カ) 肝 炎 患 者 等 に 対 する 偏 見 や 差 別 の 実 態 を 把 握 し その 被 害 の 防 止 のための ガイドラインを 作 成 するための 研 究 (キ)その 他 肝 炎 対 策 の 推 進 に 資 する 研 究 エ 国 は 肝 炎 研 究 について 国 民 の 理 解 を 得 られるよう 当 該 研 究 の 成 果 について 分 かりやすく 公 表 し 周 知 を 図 る 第 7 肝 炎 医 療 のための 医 薬 品 の 研 究 開 発 の 推 進 に 関 する 事 項 肝 炎 は 重 篤 な 疾 病 であり 肝 炎 医 療 に 係 る 医 薬 品 を 含 めた 医 薬 品 の 開 発 等 に 係 る 研 究 が 促 進 され 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 )の 規 定 に 基 づく 製 造 販 売 の 承 認 が 早 期 に 行 われる よう 治 験 及 び 臨 床 研 究 を 推 進 し さらに 肝 炎 医 療 のための 医 薬 品 を 含 めた 特 に 医 療 上 必 要 性 が 高 い 医 薬 品 及 び 医 療 機 器 が 速 やかに 医 療 現 場 に 導 入 されるよう 審 査 の 迅 速 化 等 の 必 要 な 措 置 を 講 じる 必 要 がある ア 国 は 肝 炎 医 療 の 医 療 水 準 の 向 上 等 に 資 する 新 医 薬 品 の 開 発 等 に 係 る 研 究 を 推 進 する

9 イ 国 は 肝 炎 医 療 に 係 る 新 医 薬 品 を 含 めた 医 薬 品 開 発 等 に 係 る 治 験 及 び 臨 床 研 究 を 推 進 する ウ 国 は 肝 炎 医 療 に 係 る 新 医 薬 品 新 医 療 機 器 等 について 優 れた 製 品 を 迅 速 に 医 療 の 現 場 に 提 供 できるよう 有 効 性 や 安 全 性 に 関 する 審 査 体 制 の 充 実 強 化 等 を 図 る 等 承 認 審 査 の 迅 速 化 や 質 の 向 上 に 向 けた 取 組 を 推 進 する エ 国 は 肝 炎 医 療 に 係 る 新 医 薬 品 等 のうち 欧 米 諸 国 で 承 認 等 されているが 国 内 で 未 承 認 の 医 薬 品 等 であって 医 療 上 必 要 性 が 高 いと 認 められるものについて 関 係 企 業 に 治 験 実 施 等 の 開 発 要 請 の 取 組 を 行 う オ 国 は 肝 炎 医 療 に 係 る 新 医 薬 品 等 のうち 医 療 上 の 有 用 性 等 の 要 件 を 満 たす 医 薬 品 については 優 先 して 承 認 審 査 を 進 める 第 8 肝 炎 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 並 びに 肝 炎 患 者 等 の 人 権 の 尊 重 に 関 する 事 項 肝 炎 に 係 る 正 しい 知 識 については 国 民 に 十 分 に 浸 透 していないと 考 えられる こ うした 中 において 肝 炎 ウイルス 検 査 の 受 検 を 勧 奨 し また 肝 炎 ウイルスの 新 たな 感 染 を 予 防 するためには 全 ての 国 民 に 対 して 肝 炎 の 予 防 病 態 及 び 治 療 に 係 る 正 しい 理 解 が 進 むよう 普 及 啓 発 及 び 情 報 提 供 を 推 進 する 必 要 がある また 早 期 に 適 切 な 治 療 を 促 すため 肝 炎 患 者 等 が 肝 炎 の 病 態 及 び 治 療 に 係 る 正 し い 知 識 を 持 つことができるよう 普 及 啓 発 及 び 情 報 提 供 を 積 極 的 に 行 うとともに 肝 炎 患 者 等 が 不 当 な 差 別 を 受 けることなく 社 会 において 安 心 して 暮 らせる 環 境 づく りを 目 指 し 肝 炎 患 者 等 とその 家 族 等 医 療 従 事 者 事 業 主 等 の 関 係 者 を 始 めとした 全 ての 国 民 が 肝 炎 について 正 しい 知 識 を 持 つための 普 及 啓 発 を 推 進 する 必 要 がある ア 国 は 平 成 22 年 5 月 の 世 界 保 健 機 関 (WHO) 総 会 において 世 界 肝 炎 デー の 実 施 が 決 議 されたことを 踏 まえ 日 本 肝 炎 デーを 設 定 する あわせて 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 財 団 法 人 ウイルス 肝 炎 研 究 財 団 が 従 来 から 実 施 してきた 肝 臓 週 間 と 連 携 し 肝 炎 に 関 する 集 中 的 な 普 及 啓 発 を 行 う イ 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は あらゆる 世 代 の 国 民 が 肝 炎 に 係 る 正 しい 知 識 を 持 つための 普 及 啓 発 を 行 う ウ 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 国 民 に 対 し 近 年 我 が 国 における 感 染 事 例 の 報 告 が ある 急 性 B 型 肝 炎 (ジェノタイプ A)は 従 来 に 比 し 感 染 が 慢 性 化 することが 多 いとされていることに 鑑 み 母 子 感 染 や 乳 幼 児 期 の 水 平 感 染 に 加 えて 性 行 為 等 により 感 染 する 可 能 性 があり 予 防 策 を 講 じる 必 要 があることについて 普 及 啓 発 を 行 う エ 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 肝 炎 患 者 等 への 受 診 勧 奨 を 行 うため 医 療 保 険 者 医 師 その 他 の 医 療 従 事 者 の 団 体 職 域 において 健 康 管 理 に 携 わる 者 の 団 体 事 業 主 団 体 等 の 協 力 を 得 て 肝 炎 の 病 態 知 識 や 肝 炎 医 療 に 係 る 制 度 について 普 及 啓 発 を 行 う

10 オ 国 は 肝 炎 患 者 等 医 師 等 の 医 療 従 事 者 職 域 において 健 康 管 理 に 携 わる 者 事 業 主 等 の 関 係 者 が それぞれにとって 必 要 な 情 報 を 取 りまとめ 普 及 啓 発 を 行 う カ 国 は 就 労 を 維 持 しながら 適 切 な 肝 炎 医 療 を 受 けることができる 環 境 の 整 備 等 について 各 事 業 主 団 体 に 対 し 協 力 を 要 請 する ( 再 掲 ) キ 国 は 地 域 の 医 療 機 関 において 肝 炎 に 係 る 情 報 提 供 が 適 切 になされるよう 肝 炎 情 報 センターに 対 し 情 報 提 供 の 機 能 を 充 実 させるよう 要 請 する ク 国 及 び 都 道 府 県 は 拠 点 病 院 の 肝 疾 患 相 談 センターを 周 知 するための 普 及 啓 発 を 行 う ケ 国 は 医 療 保 険 者 や 事 業 主 が 肝 炎 ウイルス 検 査 を 実 施 する 場 合 の 検 査 結 果 につ いて プライバシーに 配 慮 した 適 正 な 通 知 と 取 扱 いについて 医 療 保 険 者 及 び 事 業 主 に 対 して 改 めて 周 知 する ( 再 掲 ) コ 国 は 肝 炎 患 者 等 に 対 する 偏 見 や 差 別 の 実 態 を 把 握 し その 被 害 の 防 止 のため のガイドラインを 作 成 するための 研 究 を 行 い その 成 果 物 を 活 用 し 地 方 公 共 団 体 と 連 携 を 図 り 普 及 啓 発 を 行 う 第 9 その 他 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 重 要 事 項 (1) 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 に 対 する 支 援 の 強 化 及 び 充 実 ア 今 後 の 取 組 の 方 針 について 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 が 肝 炎 医 療 を 受 けながら 生 活 の 質 の 向 上 を 図 る ことができるよう 相 談 支 援 体 制 の 充 実 を 図 り 精 神 面 でのサポート 体 制 を 強 化 する また 肝 炎 患 者 等 が 不 当 な 差 別 を 受 けた 場 合 肝 炎 患 者 等 一 人 一 人 の 人 権 を 尊 重 し 不 当 な 差 別 を 解 消 するため 適 切 な 対 応 を 講 じることができる 体 制 づ くりを 進 める 必 要 がある イ 今 後 取 組 が 必 要 な 事 項 について (ア) 国 は 都 道 府 県 と 連 携 して 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 の 不 安 を 軽 減 する ための 情 報 提 供 を 進 めるとともに 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 と 医 師 を 始 めとした 医 療 従 事 者 とのコミュニケーションの 場 を 提 供 する (イ) 国 は 肝 炎 情 報 センターに 対 し 拠 点 病 院 の 相 談 員 が 必 要 とする 情 報 につ いて 整 理 し 積 極 的 に 情 報 提 供 が 行 われるよう 要 請 する (ウ) 国 は 地 方 公 共 団 体 と 連 携 して 法 務 省 の 人 権 擁 護 機 関 の 人 権 相 談 窓 口 の 周 知 を 図 る (2) 肝 硬 変 及 び 肝 がん 患 者 に 対 する 更 なる 支 援 の 在 り 方 肝 炎 から 進 行 した 肝 硬 変 及 び 肝 がんは 根 治 的 な 治 療 法 が 少 なく また 患 者 の 高 齢 化 が 進 んでいる 現 状 がある このため 肝 硬 変 及 び 肝 がん 患 者 の 不 安 を 軽 減 するた めに 以 下 の 取 組 を 講 じるものとする ア 国 は 肝 硬 変 及 び 肝 がんを 含 む 肝 疾 患 について 肝 炎 研 究 7カ 年 戦 略 に 基 づく 研 究 を 推 進 する あわせて 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 肝 硬 変 及 び 肝 がんを 含

11 む 肝 疾 患 に 係 る 肝 炎 医 療 の 水 準 の 向 上 等 を 図 るため 医 療 従 事 者 への 研 修 等 人 材 育 成 を 推 進 する イ 国 は 都 道 府 県 と 連 携 して 肝 炎 から 進 行 した 肝 硬 変 及 び 肝 がん 患 者 を 含 む 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 の 不 安 を 軽 減 するための 情 報 提 供 を 進 めるとともに 肝 炎 患 者 等 及 びその 家 族 等 と 医 師 を 始 めとした 医 療 従 事 者 とのコミュニケーショ ンの 場 を 提 供 する ウ 平 成 22 年 度 から 一 定 の 条 件 の 下 身 体 障 害 者 福 祉 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 283 号 )における 身 体 障 害 として 新 たに 肝 臓 機 能 障 害 の 一 部 について 障 害 認 定 の 対 象 とされた その 認 定 を 受 けた 者 の 肝 臓 移 植 肝 臓 移 植 後 の 抗 免 疫 療 法 とそれ らに 伴 う 医 療 については 自 立 支 援 医 療 ( 更 生 医 療 )の 対 象 となっており 引 き 続 き 当 該 措 置 を 継 続 する エ 国 は 肝 炎 から 進 行 した 肝 硬 変 及 び 肝 がんの 患 者 に 対 する 更 なる 支 援 の 在 り 方 について 検 討 する 上 での 情 報 を 収 集 するため 肝 硬 変 及 び 肝 がん 患 者 に 対 する 肝 炎 医 療 や 生 活 実 態 等 に 関 する 現 状 を 把 握 するための 調 査 研 究 を 行 う (3) 地 域 の 実 情 に 応 じた 肝 炎 対 策 の 推 進 都 道 府 県 においては 肝 炎 対 策 基 本 法 の 趣 旨 に 基 づき 都 道 府 県 単 位 での 肝 炎 対 策 を 推 進 するための 計 画 を 策 定 する 等 地 域 の 実 情 に 応 じた 肝 炎 対 策 を 講 じるための 体 制 を 構 築 し 管 内 市 区 町 村 と 連 携 した 肝 炎 対 策 を 推 進 することが 望 まれる また 地 方 公 共 団 体 は 積 極 的 に 国 を 始 めとする 他 の 行 政 機 関 との 連 携 を 図 りつ つ 肝 炎 対 策 を 講 じることが 望 まれる (4) 国 民 の 責 務 に 基 づく 取 組 肝 炎 対 策 基 本 法 第 6 条 の 規 定 に 鑑 み 肝 炎 対 策 は 肝 炎 患 者 等 とその 家 族 等 を 含 めた 国 民 が 主 体 的 かつ 積 極 的 に 活 動 する 必 要 があり 以 下 の 取 組 を 進 めることが 重 要 である ア 国 民 一 人 一 人 が 肝 炎 は 放 置 すると 肝 硬 変 や 肝 がんという 重 篤 な 病 態 へと 進 展 する 可 能 性 があり 各 人 の 健 康 保 持 に 重 大 な 影 響 をもたらし 得 る 疾 病 である ことを 理 解 した 上 で 少 なくとも 一 回 は 肝 炎 ウイルス 検 査 を 受 検 し 自 身 の 肝 炎 ウイルス 感 染 の 有 無 について 早 期 に 認 識 を 持 つよう 努 めること イ 国 民 一 人 一 人 が 肝 炎 ウイルスへの 新 たな 感 染 の 可 能 性 がある 行 為 について 正 しい 知 識 を 持 ち 新 たな 感 染 が 生 じないよう 行 動 すること また 肝 炎 ウイ ルスの 感 染 に 関 する 知 識 が 不 足 していること 等 により 肝 炎 患 者 等 に 対 する 不 当 な 差 別 や それに 伴 う 肝 炎 患 者 等 の 精 神 的 な 負 担 が 生 じることのないよう 正 しい 知 識 に 基 づく 適 切 な 対 応 に 努 めること (5) 肝 炎 対 策 基 本 指 針 の 見 直 し 及 び 定 期 報 告 肝 炎 対 策 基 本 法 第 9 条 第 5 項 においては 厚 生 労 働 大 臣 は 肝 炎 医 療 に 関 する 状 況 の 変 化 を 勘 案 し 及 び 肝 炎 対 策 の 効 果 に 関 する 評 価 を 踏 まえ 少 なくとも5 年 ごと

12 に 肝 炎 対 策 基 本 指 針 に 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 めるときは これを 変 更 しなけ ればならない とされている 本 指 針 は 肝 炎 をめぐる 現 状 を 踏 まえ 肝 炎 対 策 を 総 合 的 に 推 進 するために 基 本 と なる 事 項 について 定 めたものである 今 後 は 本 指 針 に 定 める 取 組 を 進 めていくこと となるが 国 地 方 公 共 団 体 等 における 取 組 について 定 期 的 に 調 査 及 び 評 価 を 行 い 肝 炎 をめぐる 状 況 変 化 を 的 確 に 捉 えた 上 で 必 要 があるときは 策 定 から5 年 を 経 過 する 前 であっても 本 指 針 について 検 討 を 加 え 改 正 するものとする なお 本 指 針 に 定 められた 取 組 の 状 況 は 肝 炎 対 策 推 進 協 議 会 に 定 期 的 に 報 告 するものとする

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63> 広 島 県 動 物 愛 護 センター 犬 猫 譲 渡 要 領 第 1 趣 旨 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 第 35 条 及 び 広 島 県 動 物 愛 護 管 理 条 例 ( 昭 和 55 年 条 例 第 2 号 ) 第 11 条 及 び 犬 及 び 猫 の 引 取 り 並 びに 負 傷 動 物 等 の 収 容 に 関

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知)

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知) 府 政 共 生 第 411 号 法 務 省 矯 成 第 1174 号 課 酒 2-4 26 文 科 ス 第 144 号 健 発 0602 第 1 号 障 発 0602 第 1 号 平 成 26 年 6 月 2 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 教 育 長 殿 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 武 川 光 夫 法 務 省

More information

各論_1章〜7章.indd

各論_1章〜7章.indd 第 7 章 健 康 指 標 分 野 ( 糖 尿 病 循 環 器 疾 患 がん COPD) 1 推 進 の 方 向 糖 尿 病 (1) 糖 尿 病 の 発 症 を 予 防 するための 生 活 習 慣 の 改 善 あらゆる 機 会 に 多 様 な 伝 達 手 段 を 使 って 県 民 に 糖 尿 病 の 正 しい 知 識 や 糖 尿 病 発 症 予 防 のため の 生 活 習 慣 の 改 善 について

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 軽 自 動 車 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 象 お よ び 処 理 方 法

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

文書フォーマット基本

文書フォーマット基本 新 潟 県 蚊 媒 介 感 染 症 対 策 対 応 指 針 平 成 28 年 4 月 新 潟 県 福 祉 保 健 部 目 次 第 1 指 針 の 基 本 的 事 項 1 1 指 針 策 定 の 趣 旨 2 指 針 の 性 格 3 指 針 の 見 直 し 第 2 基 本 方 針 1 1 発 生 段 階 の 考 え 方 2 各 機 関 の 役 割 と 連 携 第 3 発 生 段 階 における 対 策 及

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

Microsoft Word - 24行動計画案.doc

Microsoft Word - 24行動計画案.doc 京 都 市 動 物 愛 護 行 動 計 画 に 基 づく 取 組 予 定 ( 平 成 24 年 度 ) 1 殺 処 分 数 の 大 幅 な 減 少 (1) 飼 主 責 任 の 徹 底 1 終 生 飼 養 の 徹 底 犬 猫 の 引 取 手 数 料 増 額 に 向 けて 研 究 する 新 規 動 物 の 飼 養 を 希 望 する 市 民 に 対 し, 終 生 適 正 飼 養 等 に 係 る 意 識 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 1 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について (1) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 趣 旨 について( 概 要 資 料 P.1~2) 1 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 行 政 機 関 等 が 所 得 や 他 の 行 政 サービスの 受 給 状 況 を 把 握 しやすくな るため 負 担 を 不 当 に 免 れることや 給 付 を

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464>

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464> 記 1 学 校 給 食 摂 取 基 準 について (1) 学 校 給 食 における 摂 取 基 準 ( 以 下 学 校 給 食 摂 取 基 準 という )につ いては 義 務 教 育 諸 学 校 の 児 童 生 徒 においては 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表 ( 別 紙 1)に 夜 間 課 程 を 置 く 高 等 学 校 の 生 徒 においては 夜 間 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 及 び 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 に 応 じた 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 の 運 用 開 始 (2016 年 3 月 8 日 ~) 労 働 環 境 改 善 スケジュール

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

臨 床 研 究 事 案 に 関 する 主 な 報 道 概 要 ディオバン 事 案 白 血 病 治 療 薬 タシグナ 事 案 (SIGN 試 験 ) ノバルティス 社 の 高 血 圧 症 治 療 薬 ディオバンに 係 る 臨 床 研 究 において データ 操 作 等 があり 研 究 結 果 の 信 頼

臨 床 研 究 事 案 に 関 する 主 な 報 道 概 要 ディオバン 事 案 白 血 病 治 療 薬 タシグナ 事 案 (SIGN 試 験 ) ノバルティス 社 の 高 血 圧 症 治 療 薬 ディオバンに 係 る 臨 床 研 究 において データ 操 作 等 があり 研 究 結 果 の 信 頼 第 2 回 医 学 研 究 等 における 個 人 情 報 の 取 扱 い 等 に 関 する 合 同 会 議 平 成 28 年 5 月 20 日 資 料 5 臨 床 研 究 法 案 について 臨 床 研 究 事 案 に 関 する 主 な 報 道 概 要 ディオバン 事 案 白 血 病 治 療 薬 タシグナ 事 案 (SIGN 試 験 ) ノバルティス 社 の 高 血 圧 症 治 療 薬 ディオバンに

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 0120-149-931(フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は 03-3506-9411( 有 料 )を 御 利 用 くだ

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 0120-149-931(フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は 03-3506-9411( 有 料 )を 御 利 用 くだ 事 務 連 絡 平 成 27 年 10 月 22 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 健 康 課 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 子 宮 頸 がん 等 ワクチン 接 種 緊 急 促 進 事 業 に 基 づく 接 種 に 係 る 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の 請 求 期 限 の 周 知 について( 依 頼

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1 前 橋 市 軽 自 動 車 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 前 橋 市 市 税 条 例 ( 昭 和 26 年 前 橋 市 条 例 第 302 号 以 下 条 例 という ) 第 89 条 及 び 第 90 条 に 規 定 する 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 取 扱 いに 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 減 免 要 件 の

More information

大学病院治験受託手順書

大学病院治験受託手順書 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 運 営 手 順 書 第 1 条 目 的 本 手 順 書 は 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 各 種 委 員 会 規 程 の 定 めるところにより 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )の 運 営 方 法 を 定 め 医 薬 品 等 の 治 験 製 造

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 難 小 児 慢 性 東 京 都 医 費 助 成 事 業 等 に 関 する 請 求 事 例 集 平 成 7 年 月 東 京 都 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70

More information