基発第 号

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "基発第0930001号"

Transcription

1 ( 別 添 1) ( 一 般 労 働 者 用 ; 常 用 有 期 雇 用 型 ) 殿 労 働 条 件 通 知 書 事 業 場 名 称 所 在 地 使 用 者 職 氏 名 年 月 日 契 約 期 間 期 間 の 定 めなし 期 間 の 定 めあり( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 に 記 入 1 契 約 の 更 新 の 有 無 [ 自 動 的 に 更 新 する 更 新 する 場 合 があり 得 る 契 約 の 更 新 はしない その 他 ( )] 2 契 約 の 更 新 は 次 により 判 断 する 契 約 期 間 満 了 時 の 業 務 量 勤 務 成 績 態 度 能 力 会 社 の 経 営 状 況 従 事 している 業 務 の 進 捗 状 況 その 他 ( ) 就 業 の 場 所 従 事 すべき 業 務 の 内 容 始 業 終 業 の 時 刻 休 憩 時 間 就 業 時 転 換 ((1)~(5) のうち 該 当 す るもの 一 つに を 付 けるこ と ) 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 に 関 する 事 項 1 始 業 終 業 の 時 刻 等 (1) 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) 以 下 のような 制 度 が 労 働 者 に 適 用 される 場 合 (2) 変 形 労 働 時 間 制 等 ;( ) 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 交 替 制 として 次 の 勤 務 時 間 の 組 み 合 わせによる 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) ( 適 用 日 ) 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) ( 適 用 日 ) 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) ( 適 用 日 ) (3) フレックスタイム 制 ; 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 は 労 働 者 の 決 定 に 委 ねる (ただし フレキシフ ルタイム( 始 業 ) 時 分 から 時 分 ( 終 業 ) 時 分 から 時 分 コアタイム 時 分 から 時 分 ) (4) 事 業 場 外 みなし 労 働 時 間 制 ; 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) (5) 裁 量 労 働 制 ; 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 )を 基 本 とし 労 働 者 の 決 定 に 委 ね る 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 2 休 憩 時 間 ( ) 分 3 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 ( 有, 無 ) 休 日 定 例 日 ; 毎 週 曜 日 国 民 の 祝 日 その 他 ( ) 非 定 例 日 ; 週 月 当 たり 日 その 他 ( ) 1 年 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 の 場 合 - 年 間 日 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 休 暇 1 年 次 有 給 休 暇 6か 月 継 続 勤 務 した 場 合 日 継 続 勤 務 6か 月 以 内 の 年 次 有 給 休 暇 ( 有 無 ) か 月 経 過 で 日 時 間 単 位 年 休 ( 有 無 ) 2 代 替 休 暇 ( 有 無 ) 3 その 他 の 休 暇 有 給 ( ) 無 給 ( ) 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 ( 次 頁 に 続 く)

2 賃 金 1 基 本 賃 金 イ 月 給 ( 円 ) ロ 日 給 ( 円 ) ハ 時 間 給 ( 円 ) ニ 出 来 高 給 ( 基 本 単 価 円 保 障 給 円 ) ホ その 他 ( 円 ) ヘ 就 業 規 則 に 規 定 されている 賃 金 等 級 等 2 諸 手 当 の 額 又 は 計 算 方 法 イ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ロ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ハ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ニ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) 3 所 定 時 間 外 休 日 又 は 深 夜 労 働 に 対 して 支 払 われる 割 増 賃 金 率 イ 所 定 時 間 外 法 定 超 月 60 時 間 以 内 ( )% 月 60 時 間 超 ( )% 所 定 超 ( )% ロ 休 日 法 定 休 日 ( )% 法 定 外 休 日 ( )% ハ 深 夜 ( )% 4 賃 金 締 切 日 ( )- 毎 月 日 ( )- 毎 月 日 5 賃 金 支 払 日 ( )- 毎 月 日 ( )- 毎 月 日 6 賃 金 の 支 払 方 法 ( ) 7 労 使 協 定 に 基 づく 賃 金 支 払 時 の 控 除 ( 無, 有 ( )) 8 昇 給 ( 時 期 等 ) 9 賞 与 ( 有 ( 時 期 金 額 等 ), 無 ) 10 退 職 金 ( 有 ( 時 期 金 額 等 ), 無 ) 退 職 に 関 す る 事 項 1 定 年 制 ( 有 ( 歳 ), 無 ) 2 継 続 雇 用 制 度 ( 有 ( 歳 まで), 無 ) 3 自 己 都 合 退 職 の 手 続 ( 退 職 する 日 以 上 前 に 届 け 出 ること) 4 解 雇 の 事 由 及 び 手 続 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 そ の 他 社 会 保 険 の 加 入 状 況 ( 厚 生 年 金 健 康 保 険 厚 生 年 金 基 金 その 他 ( )) 雇 用 保 険 の 適 用 ( 有, 無 ) その 他 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 についての 説 明 です 労 働 契 約 法 第 18 条 の 規 定 により 有 期 労 働 契 約 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 以 降 に 開 始 するも の)の 契 約 期 間 が 通 算 5 年 を 超 える 場 合 には 労 働 契 約 の 期 間 の 末 日 までに 労 働 者 か ら 申 込 みをすることにより 当 該 労 働 契 約 の 期 間 の 末 日 の 翌 日 から 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 に 転 換 されます 以 上 のほかは 当 社 就 業 規 則 による 労 働 条 件 通 知 書 については 労 使 間 の 紛 争 の 未 然 防 止 のため 保 存 しておくことをお 勧 めします

3 記 載 要 領 1. 労 働 条 件 通 知 書 は 当 該 労 働 者 の 労 働 条 件 の 決 定 について 権 限 をもつ 者 が 作 成 し 本 人 に 交 付 すること 2. 各 欄 において 複 数 項 目 の 一 つを 選 択 する 場 合 には 該 当 項 目 に をつけること 3. 破 線 内 及 び 二 重 線 内 の 事 項 以 外 の 事 項 は 書 面 の 交 付 により 明 示 することが 労 働 基 準 法 により 義 務 付 けられている 事 項 であること また 退 職 金 に 関 する 事 項 臨 時 に 支 払 われる 賃 金 等 に 関 する 事 項 労 働 者 に 負 担 させるべきものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 職 業 訓 練 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 休 職 に 関 する 事 項 について は 当 該 事 項 を 制 度 として 設 けている 場 合 には 口 頭 又 は 書 面 により 明 示 する 義 務 があること 4. 労 働 契 約 期 間 については 労 働 基 準 法 に 定 める 範 囲 内 とすること また 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 には 契 約 の 更 新 の 有 無 及 び 更 新 する 場 合 又 はしない 場 合 の 判 断 の 基 準 ( 複 数 可 )を 明 示 すること ( 参 考 ) 労 働 契 約 法 第 18 条 第 1 項 の 規 定 により 期 間 の 定 めがある 労 働 契 約 の 契 約 期 間 が 通 算 5 年 を 超 えるときは 労 働 者 が 申 込 みをすること により 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 に 転 換 されるものであること こ の 申 込 みの 権 利 は 契 約 期 間 の 満 了 日 まで 行 使 できること 5. 就 業 の 場 所 及 び 従 事 すべき 業 務 の 内 容 の 欄 については 雇 入 れ 直 後 の ものを 記 載 することで 足 りるが 将 来 の 就 業 場 所 や 従 事 させる 業 務 を 併 せ 網 羅 的 に 明 示 することは 差 し 支 えないこと 6. 始 業 終 業 の 時 刻 休 憩 時 間 就 業 時 転 換 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 に 関 する 事 項 の 欄 については 当 該 労 働 者 に 適 用 される 具 体 的 な 条 件 を 明 示 すること また 変 形 労 働 時 間 制 フレックスタイム 制 裁 量 労 働 制 等 の 適 用 がある 場 合 に は 次 に 留 意 して 記 載 すること 変 形 労 働 時 間 制 : 適 用 する 変 形 労 働 時 間 制 の 種 類 (1 年 単 位 1か 月 単 位 等 ) を 記 載 すること その 際 交 替 制 でない 場 合 交 替 制 を =で 抹 消 しておくこと フレックスタイム 制 :コアタイム 又 はフレキシブルタイムがある 場 合 はその 時 間 帯 の 開 始 及 び 終 了 の 時 刻 を 記 載 すること コアタイム 及 びフレキシブルタイムがない 場 合 かっこ 書 きを=で 抹 消 しておくこと 事 業 場 外 みなし 労 働 時 間 制 : 所 定 の 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 を 記 載 すること 裁 量 労 働 制 : 基 本 とする 始 業 終 業 時 刻 がない 場 合 始 業 を 基 本 とし の 部 分 を=で 抹 消 しておくこと 交 替 制 :シフト 毎 の 始 業 終 業 の 時 刻 を 記 載 すること また 変 形 労 働 時 間 制 でない 場 合 ( こと ) 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 を=で 抹 消 しておく 7. 休 日 の 欄 については 所 定 休 日 について 曜 日 又 は 日 を 特 定 して 記 載 するこ と 8. 休 暇 の 欄 については 年 次 有 給 休 暇 は6か 月 間 勤 続 勤 務 し その 間 の 出 勤 率 が8 割 以 上 であるときに 与 えるものであり その 付 与 日 数 を 記 載 すること 時 間 単 位 年 休 は 労 使 協 定 を 締 結 し 時 間 単 位 の 年 次 有 給 休 暇 を 付 与 するもの であり その 制 度 の 有 無 を 記 載 すること 代 替 休 暇 は 労 使 協 定 を 締 結 し 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が1 箇 月 60 時 間 を 超 える 場 合 に 法 定 割 増 賃 金 率 の 引 上 げ 分 の 割 増 賃 金 の 支 払 に 代 えて 有 給 の 休 暇 を 与 えるものであり その 制 度 の 有 無 を 記 載 すること ( 中 小 事 業 主 を 除 く )

4 また その 他 の 休 暇 については 制 度 がある 場 合 に 有 給 無 給 別 に 休 暇 の 種 類 日 数 ( 期 間 等 )を 記 載 すること 9. 前 記 6 7 及 び8については 明 示 すべき 事 項 の 内 容 が 膨 大 なものとなる 場 合 においては 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 以 外 の 事 項 については 勤 務 の 種 類 ごとの 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 休 日 等 に 関 する 考 え 方 を 示 した 上 当 該 労 働 者 に 適 用 される 就 業 規 則 上 の 関 係 条 項 名 を 網 羅 的 に 示 すことで 足 りるものであること 10. 賃 金 の 欄 については 基 本 給 等 について 具 体 的 な 額 を 明 記 すること ただ し 就 業 規 則 に 規 定 されている 賃 金 等 級 等 により 賃 金 額 を 確 定 し 得 る 場 合 当 該 等 級 等 を 明 確 に 示 すことで 足 りるものであること 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 については2 割 5 分 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が1 箇 月 60 時 間 を 超 える 場 合 については5 割 ( 中 小 事 業 主 を 除 く ) 法 定 休 日 労 働 については3 割 5 分 深 夜 労 働 については2 割 5 分 法 定 超 えとな る 所 定 時 間 外 労 働 が 深 夜 労 働 となる 場 合 については5 割 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が1 箇 月 60 時 間 を 超 え かつ 深 夜 労 働 となる 場 合 については7 割 5 分 ( 中 小 事 業 主 を 除 く ) 法 定 休 日 労 働 が 深 夜 労 働 となる 場 合 については6 割 を 超 える 割 増 率 とすること 破 線 内 の 事 項 は 制 度 として 設 けている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと 11. 退 職 に 関 する 事 項 の 欄 については 退 職 の 事 由 及 び 手 続 解 雇 の 事 由 等 を 具 体 的 に 記 載 すること この 場 合 明 示 すべき 事 項 の 内 容 が 膨 大 なものとなる 場 合 においては 当 該 労 働 者 に 適 用 される 就 業 規 則 上 の 関 係 条 項 名 を 網 羅 的 に 示 す ことで 足 りるものであること ( 参 考 ) なお 定 年 制 を 設 ける 場 合 は 60 歳 を 下 回 ってはならないこと また 65 歳 未 満 の 定 年 の 定 めをしている 場 合 は, 高 年 齢 者 の65 歳 までの 安 定 した 雇 用 を 確 保 するため, 次 の1から3のいずれかの 措 置 ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 )を 講 じる 必 要 があること 1 定 年 の 引 上 げ 2 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 3 定 年 の 定 めの 廃 止 12. その 他 の 欄 については 当 該 労 働 者 についての 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 雇 用 保 険 の 適 用 の 有 無 のほか 労 働 者 に 負 担 させるべきものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 職 業 訓 練 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 休 職 に 関 する 事 項 等 を 制 度 として 設 け ている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと 13. 各 事 項 について 就 業 規 則 を 示 し 当 該 労 働 者 に 適 用 する 部 分 を 明 確 にした 上 で 就 業 規 則 を 交 付 する 方 法 によることとした 場 合 具 体 的 に 記 入 することを 要 しな いこと * この 通 知 書 はモデル 様 式 であり 労 働 条 件 の 定 め 方 によっては この 様 式 どおりとする 必 要 はないこと

5 ( 一 般 労 働 者 用 ; 日 雇 型 ) 労 働 条 件 通 知 書 殿 事 業 場 名 称 所 在 地 使 用 者 職 氏 名 就 労 日 年 月 日 年 月 日 就 業 の 場 所 従 事 すべき 業 務 の 内 容 始 業 終 業 の 1 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) 時 刻 休 憩 時 2 休 憩 時 間 ( ) 分 間 所 定 時 間 3 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 ( 有 無 ) 外 労 働 の 有 無 に 関 する 事 項 賃 金 1 基 本 賃 金 イ 時 間 給 ( 円 ) ロ 日 給 ( 円 ) ハ 出 来 高 給 ( 基 本 単 価 円 保 障 給 円 ) ニ その 他 ( 円 ) 2 諸 手 当 の 額 又 は 計 算 方 法 イ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ロ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) 3 所 定 時 間 外 休 日 又 は 深 夜 労 働 に 対 して 支 払 われる 割 増 賃 金 率 イ 所 定 時 間 外 法 定 超 ( )% 所 定 超 ( )% ロ 深 夜 ( )% 4 賃 金 支 払 日 ( )-( 就 業 当 日 その 他 ( )) ( )-( 就 業 当 日 その 他 ( )) 5 賃 金 の 支 払 方 法 ( ) 6 労 使 協 定 に 基 づく 賃 金 支 払 時 の 控 除 ( 無, 有 ( )) そ の 他 社 会 保 険 の 加 入 状 況 ( 厚 生 年 金 健 康 保 険 厚 生 年 金 基 金 その 他 ( )) 雇 用 保 険 の 適 用 ( 有, 無 ) その 他 以 上 のほかは 当 社 就 業 規 則 による 労 働 条 件 通 知 書 については 労 使 間 の 紛 争 の 未 然 防 止 のため 保 存 しておくことをお 勧 めします

6 記 載 要 領 1. 労 働 条 件 通 知 書 は 当 該 労 働 者 の 労 働 条 件 の 決 定 について 権 限 をもつ 者 が 作 成 し 本 人 に 交 付 すること 2. 各 欄 において 複 数 項 目 の 一 つを 選 択 する 場 合 には 該 当 項 目 に をつけること 3. 破 線 内 及 び 二 重 線 内 の 事 項 以 外 の 事 項 は 書 面 の 交 付 により 明 示 することが 労 働 基 準 法 により 義 務 付 けられている 事 項 であること また 労 働 者 に 負 担 させる べきものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 については 当 該 事 項 を 制 度 とし て 設 けている 場 合 には 口 頭 又 は 書 面 により 明 示 する 義 務 があること また 日 雇 の 労 働 契 約 についても 労 働 契 約 の 更 新 をする 場 合 があるものは 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 を 更 新 する 場 合 の 基 準 を 書 面 により 明 示 すること が 労 働 基 準 法 により 義 務 付 けられていること 4. 就 業 の 場 所 及 び 従 事 すべき 業 務 の 内 容 の 欄 については 具 体 的 かつ 詳 細 に 記 載 すること 5. 賃 金 の 欄 については 基 本 給 等 について 具 体 的 な 額 を 明 記 すること 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 については2 割 5 分 深 夜 労 働 については2 割 5 分 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が 深 夜 労 働 となる 場 合 については5 割 を 超 える 割 増 率 とすること 破 線 内 の 事 項 は 制 度 として 設 けている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと 6. その 他 の 欄 については 当 該 労 働 者 についての 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 雇 用 保 険 の 適 用 の 有 無 のほか 労 働 者 に 負 担 させるべきものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 職 業 訓 練 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 休 職 に 関 する 事 項 等 を 制 度 として 設 け ている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと また 労 働 契 約 を 更 新 する 場 合 があるものについては 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 を 更 新 する 場 合 の 基 準 を 記 入 すること ( 参 考 ) 労 働 契 約 法 第 18 条 第 1 項 の 規 定 により 期 間 の 定 めがある 労 働 契 約 の 契 約 期 間 が 通 算 5 年 を 超 えるときは 労 働 者 が 申 込 みをすること により 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 に 転 換 されるものであること こ の 申 込 みの 権 利 は 契 約 期 間 の 満 了 日 まで 行 使 できること 7. 各 事 項 について 就 業 規 則 を 示 し 当 該 労 働 者 に 適 用 する 部 分 を 明 確 にした 上 で 就 業 規 則 を 交 付 する 方 法 によることとした 場 合 具 体 的 に 記 入 することを 要 しな いこと * この 通 知 書 はモデル 様 式 であり 労 働 条 件 の 定 め 方 によっては この 様 式 どおりとする 必 要 はないこと

7 ( 別 添 2) ( 建 設 労 働 者 用 ; 常 用 有 期 雇 用 型 ) 労 働 条 件 通 知 書 年 月 日 殿 事 業 主 の 氏 名 又 は 名 称 事 業 場 名 称 所 在 地 建 設 業 許 可 番 号 使 用 者 職 氏 名 雇 用 管 理 責 任 者 職 氏 名 あなたを 次 の 条 件 で 雇 い 入 れます 契 約 期 間 期 間 の 定 めなし 期 間 の 定 めあり( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 に 記 入 1 契 約 の 更 新 の 有 無 [ 自 動 的 に 更 新 する 更 新 する 場 合 があり 得 る 契 約 の 更 新 はしない その 他 ( )] 2 契 約 の 更 新 は 次 により 判 断 する 契 約 期 間 満 了 時 の 業 務 量 勤 務 成 績 態 度 能 力 会 社 の 経 営 状 況 従 事 している 業 務 の 進 捗 状 況 その 他 ( ) 就 業 の 場 所 従 事 すべき 業 務 の 内 容 始 業 終 業 の 1 始 業 終 業 の 時 刻 等 時 刻 休 憩 時 (1) 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) 以 下 のような 制 度 が 労 働 者 に 適 用 される 場 合 間 就 業 時 転 (2) 変 形 労 働 時 間 制 等 ;( ) 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 交 替 制 として 換 ((1)~(3) 次 の 勤 務 時 間 の 組 み 合 わせによる のうち 該 当 す 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) ( 適 用 日 ) るもの 一 つに 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) ( 適 用 日 ) を 付 けるこ 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) ( 適 用 日 ) と ) 所 定 時 (3) フレックスタイム 制 ; 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 は 労 働 者 の 決 定 に 委 ねる 間 外 労 働 の 有 (ただし フレキシフ ルタイム( 始 業 ) 時 分 から 時 分 無 に 関 する 事 ( 終 業 ) 時 分 から 時 分 項 コアタイム 時 分 から 時 分 ) 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 2 休 憩 時 間 ( ) 分 3 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 ( 有 無 ) 休 日 定 例 日 ; 毎 週 曜 日 国 民 の 祝 日 その 他 ( ) 非 定 例 日 ; 週 月 当 たり 日 その 他 ( ) 1 年 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 の 場 合 - 年 間 日 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 休 暇 1 年 次 有 給 休 暇 6か 月 継 続 勤 務 した 場 合 日 2 代 替 休 暇 ( 有 無 ) 継 続 勤 務 6か 月 以 内 の 年 次 有 給 休 暇 ( 有 無 ) か 月 経 過 で 日 時 間 単 位 年 休 ( 有 無 ) 3 その 他 の 休 暇 有 給 ( ) 無 給 ( ) 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 ( 次 頁 に 続 く)

8 賃 金 1 基 本 賃 金 イ 月 給 ( 円 ) ロ 日 給 ( 円 ) ハ 時 間 給 ( 円 ) ニ 出 来 高 給 ( 基 本 単 価 円 保 障 給 円 ) ホ その 他 ( 円 ) ヘ 就 業 規 則 に 規 定 されている 賃 金 等 級 等 2 諸 手 当 の 額 又 は 計 算 方 法 イ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ロ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ハ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ニ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) 3 所 定 時 間 外 休 日 又 は 深 夜 労 働 に 対 して 支 払 われる 割 増 賃 金 率 イ 所 定 時 間 外 法 定 超 月 60 時 間 以 内 ( )% 月 60 時 間 超 ( )% 所 定 超 ( )% ロ 休 日 法 定 休 日 ( )% 法 定 外 休 日 ( )% ハ 深 夜 ( )% 4 賃 金 締 切 日 ( )- 毎 月 日 ( )- 毎 月 日 5 賃 金 支 払 日 ( )- 毎 月 日 ( )- 毎 月 日 6 賃 金 の 支 払 方 法 ( ) 7 労 使 協 定 に 基 づく 賃 金 支 払 時 の 控 除 ( 無, 有 ( )) 8 昇 給 ( 時 期 等 ) 9 賞 与 ( 有 ( 時 期 金 額 等 ), 無 ) 10 退 職 金 ( 有 ( 時 期 金 額 等 ), 無 ) 退 職 に 関 す る 事 項 1 定 年 制 ( 有 ( 歳 ), 無 ) 2 継 続 雇 用 制 度 ( 有 ( 歳 まで), 無 ) 3 自 己 都 合 退 職 の 手 続 ( 退 職 する 日 以 上 前 に 届 け 出 ること) 4 解 雇 の 事 由 及 び 手 続 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 そ の 他 社 会 保 険 の 加 入 状 況 ( 厚 生 年 金 健 康 保 険 厚 生 年 金 基 金 その 他 ( )) 雇 用 保 険 の 適 用 ( 有, 無 ) 中 小 企 業 退 職 金 共 済 制 度 ( 建 設 退 職 共 済 制 度 を 含 む ) ( 加 入 している, 加 入 していない) 寝 具 貸 与 有 ( 有 料 ( 円 ) 無 料 ) 無 食 費 (1 日 円 ) その 他 ( ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 についての 説 明 です 労 働 契 約 法 第 18 条 の 規 定 により 有 期 労 働 契 約 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 以 降 に 開 始 するも の)の 契 約 期 間 が 通 算 5 年 を 超 える 場 合 には 労 働 契 約 の 期 間 の 末 日 までに 労 働 者 か ら 申 込 みをすることにより 当 該 労 働 契 約 の 期 間 の 末 日 の 翌 日 から 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 に 転 換 されます 以 上 のほかは 当 社 就 業 規 則 による ここに 明 示 された 労 働 条 件 が 入 職 後 事 実 と 相 違 することが 判 明 した 場 合 に あなたが 本 契 約 を 解 除 し 14 日 以 内 に 帰 郷 するときは 必 要 な 旅 費 を 支 給 する 本 通 知 書 の 交 付 は 労 働 基 準 法 第 15 条 に 基 づく 労 働 条 件 の 明 示 及 び 建 設 労 働 者 の 雇 用 の 改 善 等 に 関 する 法 律 第 7 条 に 基 づく 雇 用 に 関 する 文 書 の 交 付 を 兼 ねるものである 労 働 条 件 通 知 書 については 労 使 間 の 紛 争 の 未 然 防 止 のため 保 存 しておくことをお 勧 めします

9 記 載 要 領 1. 労 働 条 件 通 知 書 は 当 該 労 働 者 の 労 働 条 件 の 決 定 について 権 限 をもつ 者 が 作 成 し 本 人 に 交 付 すること 2. 各 欄 において 複 数 項 目 の 一 つを 選 択 する 場 合 には 該 当 項 目 に をつけること 3. 破 線 内 及 び 二 重 線 内 の 事 項 以 外 の 事 項 は 書 面 の 交 付 により 明 示 することが 労 働 基 準 法 により 義 務 付 けられている 事 項 であること また 退 職 金 に 関 する 事 項 臨 時 に 支 払 われる 賃 金 等 に 関 する 事 項 労 働 者 に 負 担 させるべきものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 職 業 訓 練 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 休 職 に 関 する 事 項 について は 当 該 事 項 を 制 度 として 設 けている 場 合 には 口 頭 又 は 書 面 により 明 示 する 義 務 があること 4. 労 働 契 約 期 間 については 労 働 基 準 法 に 定 める 範 囲 内 とすること また 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 には 契 約 の 更 新 の 有 無 及 び 更 新 する 場 合 又 はしない 場 合 の 判 断 の 基 準 ( 複 数 可 )を 明 示 すること ( 参 考 ) 労 働 契 約 法 第 18 条 第 1 項 の 規 定 により 期 間 の 定 めがある 労 働 契 約 の 契 約 期 間 が 通 算 5 年 を 超 えるときは 労 働 者 が 申 込 みをすること により 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 に 転 換 されるものであること こ の 申 込 みの 権 利 は 契 約 期 間 の 満 了 日 まで 行 使 できること 5. 就 業 の 場 所 及 び 従 事 すべき 業 務 の 内 容 の 欄 については 具 体 的 かつ 詳 細 に 記 述 すること なお これらの 欄 については 雇 入 れ 直 後 のものを 記 載 するこ とで 足 りるが 将 来 の 就 業 場 所 や 従 事 させる 業 務 を 併 せ 網 羅 的 に 明 示 することは 差 し 支 えないこと 6. 始 業 終 業 の 時 刻 休 憩 時 間 就 業 時 転 換 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 に 関 する 事 項 の 欄 については 当 該 労 働 者 に 適 用 される 具 体 的 な 条 件 を 明 示 すること また 変 形 労 働 時 間 制 フレックスタイム 制 等 の 適 用 がある 場 合 には 次 に 留 意 して 記 載 すること 変 形 労 働 時 間 制 : 適 用 する 変 形 労 働 時 間 制 の 種 類 (1 年 単 位 1か 月 単 位 等 ) を 記 載 すること その 際 交 替 制 でない 場 合 交 替 制 を =で 抹 消 しておくこと フレックスタイム 制 :コアタイム 又 はフレキシブルタイムがある 場 合 はその 時 間 帯 の 開 始 及 び 終 了 の 時 刻 を 記 載 すること コアタイム 及 びフレキシブルタイムがない 場 合 かっこ 書 きを=で 抹 消 しておくこと 交 替 制 :シフト 毎 の 始 業 終 業 の 時 刻 を 記 載 すること また 変 形 労 働 時 間 制 でない 場 合 ( こと ) 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 を=で 抹 消 しておく 7. 休 日 の 欄 については 所 定 休 日 について 曜 日 又 は 日 を 特 定 して 記 載 するこ と 8. 休 暇 の 欄 については 年 次 有 給 休 暇 は6か 月 間 勤 続 勤 務 し その 間 の 出 勤 率 が8 割 以 上 であるときに 与 えるものであり その 付 与 日 数 を 記 載 すること 時 間 単 位 年 休 は 労 使 協 定 を 締 結 し 時 間 単 位 の 年 次 有 給 休 暇 を 付 与 するもの であり その 制 度 の 有 無 を 記 載 すること 代 替 休 暇 は 労 使 協 定 を 締 結 し 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が1 箇 月 60 時 間 を 超 える 場 合 に 法 定 割 増 賃 金 率 の 引 上 げ 分 の 割 増 賃 金 の 支 払 に 代 えて 有 給 の 休 暇 を 与 えるものであり その 制 度 の 有 無 を 記 載 すること ( 中 小 事 業 主 を 除 く ) また その 他 の 休 暇 については 制 度 がある 場 合 に 有 給 無 給 別 に 休 暇 の 種 類 日 数 ( 期 間 等 )を 記 載 すること

10 9. 前 記 6 7 及 び8については 明 示 すべき 事 項 の 内 容 が 膨 大 なものとなる 場 合 においては 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 以 外 の 事 項 については 勤 務 の 種 類 ごとの 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 休 日 等 に 関 する 考 え 方 を 示 した 上 当 該 労 働 者 に 適 用 される 就 業 規 則 上 の 関 係 条 項 名 を 網 羅 的 に 示 すことで 足 りるものであること 10. 賃 金 の 欄 については 基 本 給 等 について 具 体 的 な 額 を 明 記 すること ただ し 就 業 規 則 に 規 定 されている 賃 金 等 級 等 により 賃 金 額 を 確 定 し 得 る 場 合 当 該 等 級 等 を 明 確 に 示 すことで 足 りるものであること 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 については2 割 5 分 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が1 箇 月 60 時 間 を 超 える 場 合 については5 割 ( 中 小 事 業 主 を 除 く ) 法 定 休 日 労 働 については3 割 5 分 深 夜 労 働 については2 割 5 分 法 定 超 えと なる 所 定 時 間 外 労 働 が 深 夜 労 働 となる 場 合 については5 割 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が1 箇 月 60 時 間 を 超 え かつ 深 夜 労 働 となる 場 合 については 7 割 5 分 ( 中 小 事 業 主 を 除 く ) 法 定 休 日 労 働 が 深 夜 労 働 となる 場 合 につい ては6 割 を 超 える 割 増 率 とすること 破 線 内 の 事 項 は 制 度 として 設 けている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと 11. 退 職 に 関 する 事 項 の 欄 については 退 職 の 事 由 及 び 手 続 解 雇 の 事 由 等 を 具 体 的 に 記 載 すること この 場 合 明 示 すべき 事 項 の 内 容 が 膨 大 なものとなる 場 合 においては 当 該 労 働 者 に 適 用 される 就 業 規 則 上 の 関 係 条 項 名 を 網 羅 的 に 示 す ことで 足 りるものであること ( 参 考 ) なお 定 年 制 を 設 ける 場 合 は 60 歳 を 下 回 ってはならないこと また 65 歳 未 満 の 定 年 の 定 めをしている 場 合 は, 高 年 齢 者 の65 歳 までの 安 定 した 雇 用 を 確 保 するため, 次 の1から3のいずれかの 措 置 ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 )を 講 じる 必 要 があること 1 定 年 の 引 上 げ 2 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 3 定 年 の 定 めの 廃 止 12. その 他 の 欄 については 当 該 労 働 者 についての 社 会 保 険 中 小 企 業 退 職 金 共 済 制 度 等 の 加 入 状 況 及 び 雇 用 保 険 の 適 用 の 有 無 のほか 労 働 者 に 負 担 させるべ きものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 職 業 訓 練 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 休 職 に 関 する 事 項 等 を 制 度 として 設 けている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと 13. 各 事 項 について 就 業 規 則 を 示 し 当 該 労 働 者 に 適 用 する 部 分 を 明 確 にした 上 で 就 業 規 則 を 交 付 する 方 法 によることとした 場 合 具 体 的 に 記 入 することを 要 しな いこと * この 通 知 書 はモデル 様 式 であり 労 働 条 件 の 定 め 方 によっては この 様 式 どおりとする 必 要 はないこと

11 ( 建 設 労 働 者 用 ; 日 雇 型 ) 労 働 条 件 通 知 書 殿 事 業 主 の 氏 名 又 は 名 称 事 業 場 名 称 所 在 地 建 設 業 許 可 番 号 使 用 者 職 氏 名 雇 用 管 理 責 任 者 職 氏 名 あなたを 次 の 条 件 で 雇 い 入 れます 就 労 日 年 月 日 年 月 日 就 業 の 場 所 従 事 すべき 業 務 の 内 容 始 業 終 業 の 時 刻 休 憩 時 間 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 に 関 する 事 項 1 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) 2 休 憩 時 間 ( ) 分 3 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 ( 有 無 ) 賃 金 1 基 本 賃 金 イ 時 間 給 ( 円 ) ロ 日 給 ( 円 ) ハ 出 来 高 給 ( 基 本 単 価 円 保 障 給 円 ) ニ その 他 ( 円 ) 2 諸 手 当 の 額 又 は 計 算 方 法 イ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ロ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) 3 所 定 時 間 外 休 日 又 は 深 夜 労 働 に 対 して 支 払 われる 割 増 賃 金 率 イ 所 定 時 間 外 法 定 超 ( )% 所 定 超 ( )% ロ 深 夜 ( )% 4 賃 金 支 払 日 ( )-( 就 業 当 日 その 他 ( )) ( )-( 就 業 当 日 その 他 ( )) 5 賃 金 の 支 払 方 法 ( ) 6 労 使 協 定 に 基 づく 賃 金 支 払 時 の 控 除 ( 無, 有 ( )) そ の 他 社 会 保 険 の 加 入 状 況 ( 厚 生 年 金 健 康 保 険 厚 生 年 金 基 金 その 他 ( )) 雇 用 保 険 の 適 用 ( 有, 無 ) 中 小 企 業 退 職 金 共 済 制 度 ( 建 設 退 職 共 済 制 度 を 含 む ) ( 加 入 している, 加 入 していない) 寝 具 貸 与 有 ( 有 料 ( 円 ) 無 料 ) 無 食 費 (1 日 円 ) その 他 ( ) 以 上 のほかは 当 社 就 業 規 則 による ここに 明 示 された 労 働 条 件 が 入 職 後 事 実 と 相 違 することが 判 明 した 場 合 に あなたが 本 契 約 を 解 除 し 14 日 以 内 に 帰 郷 するときは 必 要 な 旅 費 を 支 給 する 本 通 知 書 の 交 付 は 労 働 基 準 法 第 15 条 に 基 づく 労 働 条 件 の 明 示 及 び 建 設 労 働 者 の 雇 用 の 改 善 等 に 関 する 法 律 第 7 条 に 基 づく 雇 用 に 関 する 文 書 の 交 付 を 兼 ねるものである 労 働 条 件 通 知 書 については 労 使 間 の 紛 争 の 未 然 防 止 のため 保 存 しておくことをお 勧 めします

12 記 載 要 領 1. 労 働 条 件 通 知 書 は 当 該 労 働 者 の 労 働 条 件 の 決 定 について 権 限 をもつ 者 が 作 成 し 本 人 に 交 付 すること 2. 各 欄 において 複 数 項 目 の 一 つを 選 択 する 場 合 には 該 当 項 目 に をつけること 3. 破 線 内 及 び 二 重 線 内 の 事 項 以 外 の 事 項 は 書 面 の 交 付 により 明 示 することが 労 働 基 準 法 により 義 務 付 けられている 事 項 であること また 労 働 者 に 負 担 させる べきものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 については 当 該 事 項 を 制 度 とし て 設 けている 場 合 には 口 頭 又 は 書 面 により 明 示 する 義 務 があること また 日 雇 の 労 働 契 約 についても 労 働 契 約 の 更 新 をする 場 合 があるものは 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 を 更 新 する 場 合 の 基 準 を 書 面 により 明 示 すること が 労 働 基 準 法 により 義 務 付 けられていること 4. 就 業 の 場 所 及 び 従 事 すべき 業 務 の 内 容 の 欄 については 具 体 的 かつ 詳 細 に 記 載 すること 5. 賃 金 の 欄 については 基 本 給 等 について 具 体 的 な 額 を 明 記 すること 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 については2 割 5 分 深 夜 労 働 については2 割 5 分 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が 深 夜 労 働 となる 場 合 については5 割 を 超 える 割 増 率 とすること 破 線 内 の 事 項 は 制 度 として 設 けている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと 6. その 他 の 欄 については 当 該 労 働 者 についての 社 会 保 険 中 小 企 業 退 職 金 共 済 制 度 等 の 加 入 状 況 及 び 雇 用 保 険 の 適 用 の 有 無 のほか 労 働 者 に 負 担 させるべ きものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 職 業 訓 練 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 休 職 に 関 する 事 項 等 を 制 度 として 設 けている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと また 労 働 契 約 を 更 新 する 場 合 があるものについては 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 を 更 新 する 場 合 の 基 準 を 記 入 すること ( 参 考 ) 労 働 契 約 法 第 18 条 第 1 項 の 規 定 により 期 間 の 定 めがある 労 働 契 約 の 契 約 期 間 が 通 算 5 年 を 超 えるときは 労 働 者 が 申 込 みをすること により 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 に 転 換 されるものであること こ の 申 込 みの 権 利 は 契 約 期 間 の 満 了 日 まで 行 使 できること 7. 各 事 項 について 就 業 規 則 を 示 し 当 該 労 働 者 に 適 用 する 部 分 を 明 確 にした 上 で 就 業 規 則 を 交 付 する 方 法 によることとした 場 合 具 体 的 に 記 入 することを 要 しな いこと * この 通 知 書 はモデル 様 式 であり 労 働 条 件 の 定 め 方 によっては この 様 式 どおりとする 必 要 はないこと

13 ( 別 添 3) ( 林 業 労 働 者 用 ; 常 用 有 期 雇 用 型 ) 殿 あなたを 次 の 条 件 で 雇 い 入 れます 労 働 条 件 通 知 書 事 業 主 の 氏 名 又 は 名 称 事 業 場 名 称 所 在 地 使 用 者 職 氏 名 雇 用 管 理 責 任 者 職 氏 名 年 月 日 契 約 期 間 期 間 の 定 めなし 期 間 の 定 めあり( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 に 記 入 1 契 約 の 更 新 の 有 無 [ 自 動 的 に 更 新 する 更 新 する 場 合 があり 得 る 契 約 の 更 新 はしない その 他 ( )] 2 契 約 の 更 新 は 次 により 判 断 する 契 約 期 間 満 了 時 の 業 務 量 勤 務 成 績 態 度 能 力 会 社 の 経 営 状 況 従 事 している 業 務 の 進 捗 状 況 その 他 ( ) 就 業 の 場 所 従 事 すべき 業 務 の 内 容 始 業 終 業 の 1 始 業 終 業 の 時 刻 等 時 刻 休 憩 時 (1) 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) 以 下 のような 制 度 が 労 働 者 に 適 用 される 場 合 間 就 業 時 転 (2) 変 形 労 働 時 間 制 等 ;( ) 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 交 替 制 として 換 ((1)~(3) 次 の 勤 務 時 間 の 組 み 合 わせによる のうち 該 当 す 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) ( 適 用 日 ) るもの 一 つに 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) ( 適 用 日 ) を 付 けるこ 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) ( 適 用 日 ) と ) 所 定 時 (3) フレックスタイム 制 ; 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 は 労 働 者 の 決 定 に 委 ねる 間 外 労 働 の 有 (ただし フレキシフ ルタイム( 始 業 ) 時 分 から 時 分 無 に 関 する 事 ( 終 業 ) 時 分 から 時 分 項 コアタイム 時 分 から 時 分 ) 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 2 休 憩 時 間 ( ) 分 3 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 ( 有 無 ) 休 日 定 例 日 ; 毎 週 曜 日 国 民 の 祝 日 その 他 ( ) 非 定 例 日 ; 週 月 当 たり 日 その 他 ( ) 1 年 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 の 場 合 - 年 間 日 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 休 暇 1 年 次 有 給 休 暇 6か 月 継 続 勤 務 した 場 合 日 2 代 替 休 暇 ( 有 無 ) 継 続 勤 務 6か 月 以 内 の 年 次 有 給 休 暇 ( 有 無 ) か 月 経 過 で 日 時 間 単 位 年 休 ( 有 無 ) 3 その 他 の 休 暇 有 給 ( ) 無 給 ( ) 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 ( 次 頁 に 続 く)

14 賃 金 1 基 本 賃 金 イ 月 給 ( 円 ) ロ 日 給 ( 円 ) ハ 時 間 給 ( 円 ) ニ 出 来 高 給 ( 基 本 単 価 円 保 障 給 円 ) ホ その 他 ( 円 ) ヘ 就 業 規 則 に 規 定 されている 賃 金 等 級 等 2 諸 手 当 の 額 又 は 計 算 方 法 イ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ロ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ハ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ニ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) 3 所 定 時 間 外 休 日 又 は 深 夜 労 働 に 対 して 支 払 われる 割 増 賃 金 率 イ 所 定 時 間 外 法 定 超 月 60 時 間 以 内 ( )% 月 60 時 間 超 ( )% 所 定 超 ( )% ロ 休 日 法 定 休 日 ( )% 法 定 外 休 日 ( )% ハ 深 夜 ( )% 4 賃 金 締 切 日 ( )- 毎 月 日 ( )- 毎 月 日 5 賃 金 支 払 日 ( )- 毎 月 日 ( )- 毎 月 日 6 賃 金 の 支 払 方 法 ( ) 7 労 使 協 定 に 基 づく 賃 金 支 払 時 の 控 除 ( 無, 有 ( )) 8 昇 給 ( 時 期 等 ) 9 賞 与 ( 有 ( 時 期 金 額 等 ), 無 ) 10 退 職 金 ( 有 ( 時 期 金 額 等 ), 無 ) 退 職 に 関 す る 事 項 1 定 年 制 ( 有 ( 歳 ), 無 ) 2 継 続 雇 用 制 度 ( 有 ( 歳 まで), 無 ) 3 自 己 都 合 退 職 の 手 続 ( 退 職 する 日 以 上 前 に 届 け 出 ること) 4 解 雇 の 事 由 及 び 手 続 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 そ の 他 社 会 保 険 の 加 入 状 況 ( 厚 生 年 金 健 康 保 険 厚 生 年 金 基 金 その 他 ( )) 雇 用 保 険 の 適 用 ( 有, 無 ) 中 小 企 業 退 職 金 共 済 制 度 ( 林 業 退 職 共 済 制 度 を 含 む ) ( 加 入 している, 加 入 していない) 労 働 者 持 ちのチェーンソー 等 の 損 料 ; 月 額 ( 円 ) その 他 ( 円 ) その 他 ( ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 についての 説 明 です 労 働 契 約 法 第 18 条 の 規 定 により 有 期 労 働 契 約 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 以 降 に 開 始 するも の)の 契 約 期 間 が 通 算 5 年 を 超 える 場 合 には 労 働 契 約 の 期 間 の 末 日 までに 労 働 者 か ら 申 込 みをすることにより 当 該 労 働 契 約 の 期 間 の 末 日 の 翌 日 から 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 に 転 換 されます 以 上 のほかは 当 社 就 業 規 則 による 本 通 知 書 の 交 付 は 労 働 基 準 法 第 15 条 に 基 づく 労 働 条 件 の 明 示 及 び 林 業 労 働 力 の 確 保 の 促 進 に 関 する 法 律 第 31 条 に 基 づく 雇 用 に 関 する 文 書 の 交 付 を 兼 ねるものである 労 働 条 件 通 知 書 については 労 使 間 の 紛 争 の 未 然 防 止 のため 保 存 しておくことをお 勧 めします

15 記 載 要 領 1. 労 働 条 件 通 知 書 は 当 該 労 働 者 の 労 働 条 件 の 決 定 について 権 限 をもつ 者 が 作 成 し 本 人 に 交 付 すること 2. 各 欄 において 複 数 項 目 の 一 つを 選 択 する 場 合 には 該 当 項 目 に をつけること 3. 破 線 内 及 び 二 重 線 内 の 事 項 以 外 の 事 項 は 書 面 の 交 付 により 明 示 することが 労 働 基 準 法 により 義 務 付 けられている 事 項 であること また 退 職 金 に 関 する 事 項 臨 時 に 支 払 われる 賃 金 等 に 関 する 事 項 労 働 者 に 負 担 させるべきものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 職 業 訓 練 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 休 職 に 関 する 事 項 について は 当 該 事 項 を 制 度 として 設 けている 場 合 には 口 頭 又 は 書 面 により 明 示 する 義 務 があること 4. 労 働 契 約 期 間 については 労 働 基 準 法 に 定 める 範 囲 内 とすること また 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 には 契 約 の 更 新 の 有 無 及 び 更 新 する 場 合 又 はしない 場 合 の 判 断 の 基 準 ( 複 数 可 )を 明 示 すること ( 参 考 ) 労 働 契 約 法 第 18 条 第 1 項 の 規 定 により 期 間 の 定 めがある 労 働 契 約 の 契 約 期 間 が 通 算 5 年 を 超 えるときは 労 働 者 が 申 込 みをすること により 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 に 転 換 されるものであること こ の 申 込 みの 権 利 は 契 約 期 間 の 満 了 日 まで 行 使 できること 5. 就 業 の 場 所 及 び 従 事 すべき 業 務 の 内 容 の 欄 については 雇 入 れ 直 後 の ものを 記 載 することで 足 りるが 将 来 の 就 業 場 所 や 従 事 させる 業 務 を 併 せ 網 羅 的 に 明 示 することは 差 し 支 えないこと 6. 始 業 終 業 の 時 刻 休 憩 時 間 就 業 時 転 換 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 に 関 する 事 項 の 欄 については 当 該 労 働 者 に 適 用 される 具 体 的 な 条 件 を 明 示 すること また 変 形 労 働 時 間 制 フレックスタイム 制 等 の 適 用 がある 場 合 には 次 に 留 意 して 記 載 すること 変 形 労 働 時 間 制 : 適 用 する 変 形 労 働 時 間 制 の 種 類 (1 年 単 位 1か 月 単 位 等 ) を 記 載 すること その 際 交 替 制 でない 場 合 交 替 制 を =で 抹 消 しておくこと フレックスタイム 制 :コアタイム 又 はフレキシブルタイムがある 場 合 はその 時 間 帯 の 開 始 及 び 終 了 の 時 刻 を 記 載 すること コアタイム 及 びフレキシブルタイムがない 場 合 かっこ 書 きを=で 抹 消 しておくこと 交 替 制 :シフト 毎 の 始 業 終 業 の 時 刻 を 記 載 すること また 変 形 労 働 時 間 制 でない 場 合 ( こと ) 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 を=で 抹 消 しておく 7. 休 日 の 欄 については 所 定 休 日 について 曜 日 又 は 日 を 特 定 して 記 載 するこ と 8. 休 暇 の 欄 については 年 次 有 給 休 暇 は6か 月 間 勤 続 勤 務 し その 間 の 出 勤 率 が8 割 以 上 であるときに 与 えるものであり その 付 与 日 数 を 記 載 すること 時 間 単 位 年 休 は 労 使 協 定 を 締 結 し 時 間 単 位 の 年 次 有 給 休 暇 を 付 与 するもの であり その 制 度 の 有 無 を 記 載 すること 代 替 休 暇 は 労 使 協 定 を 締 結 し 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が1 箇 月 60 時 間 を 超 える 場 合 に 法 定 割 増 賃 金 率 の 引 上 げ 分 の 割 増 賃 金 の 支 払 に 代 えて 有 給 の 休 暇 を 与 えるものであり その 制 度 の 有 無 を 記 載 すること ( 中 小 事 業 主 を 除 く ) また その 他 の 休 暇 については 制 度 がある 場 合 に 有 給 無 給 別 に 休 暇 の 種 類 日 数 ( 期 間 等 )を 記 載 すること 9. 前 記 6 7 及 び8については 明 示 すべき 事 項 の 内 容 が 膨 大 なものとなる 場 合 においては 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 以 外 の 事 項 については 勤 務 の 種 類 ごとの 始

16 業 及 び 終 業 の 時 刻 休 日 等 に 関 する 考 え 方 を 示 した 上 当 該 労 働 者 に 適 用 される 就 業 規 則 上 の 関 係 条 項 名 を 網 羅 的 に 示 すことで 足 りるものであること 10. 賃 金 の 欄 については 基 本 給 等 について 具 体 的 な 額 を 明 記 すること ただ し 就 業 規 則 に 規 定 されている 賃 金 等 級 等 により 賃 金 額 を 確 定 し 得 る 場 合 当 該 等 級 等 を 明 確 に 示 すことで 足 りるものであること 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 については2 割 5 分 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が1 箇 月 60 時 間 を 超 える 場 合 については5 割 ( 中 小 事 業 主 を 除 く ) 法 定 休 日 労 働 については3 割 5 分 深 夜 労 働 については2 割 5 分 法 定 超 えと なる 所 定 時 間 外 労 働 が 深 夜 労 働 となる 場 合 については5 割 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が1 箇 月 60 時 間 を 超 え かつ 深 夜 労 働 となる 場 合 については 7 割 5 分 ( 中 小 事 業 主 を 除 く ) 法 定 休 日 労 働 が 深 夜 労 働 となる 場 合 につい ては6 割 を 超 える 割 増 率 とすること 破 線 内 の 事 項 は 制 度 として 設 けている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと 11. 退 職 に 関 する 事 項 の 欄 については 退 職 の 事 由 及 び 手 続 解 雇 の 事 由 等 を 具 体 的 に 記 載 すること この 場 合 明 示 すべき 事 項 の 内 容 が 膨 大 なものとなる 場 合 においては 当 該 労 働 者 に 適 用 される 就 業 規 則 上 の 関 係 条 項 名 を 網 羅 的 に 示 す ことで 足 りるものであること ( 参 考 ) なお 定 年 制 を 設 ける 場 合 は 60 歳 を 下 回 ってはならないこと また 65 歳 未 満 の 定 年 の 定 めをしている 場 合 は, 高 年 齢 者 の65 歳 までの 安 定 した 雇 用 を 確 保 するため, 次 の1から3のいずれかの 措 置 ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 )を 講 じる 必 要 があること 1 定 年 の 引 上 げ 2 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 3 定 年 の 定 めの 廃 止 12. その 他 の 欄 については 当 該 労 働 者 についての 社 会 保 険 中 小 企 業 退 職 金 共 済 制 度 等 の 加 入 状 況 及 び 雇 用 保 険 の 適 用 の 有 無 のほか 労 働 者 に 負 担 させるべ きもの( 労 働 者 持 ちのチェーンソー 等 の 損 料 を 含 む)に 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 職 業 訓 練 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 す る 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 休 職 に 関 する 事 項 等 を 制 度 として 設 けてい る 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと 13. 各 事 項 について 就 業 規 則 を 示 し 当 該 労 働 者 に 適 用 する 部 分 を 明 確 にした 上 で 就 業 規 則 を 交 付 する 方 法 によることとした 場 合 具 体 的 に 記 入 することを 要 しな いこと * この 通 知 書 はモデル 様 式 であり 労 働 条 件 の 定 め 方 によっては この 様 式 どおりとする 必 要 はないこと

17 ( 林 業 労 働 者 用 ; 日 雇 型 ) 労 働 条 件 通 知 書 殿 事 業 主 の 氏 名 又 は 名 称 事 業 場 名 称 所 在 地 使 用 者 職 氏 名 雇 用 管 理 責 任 者 職 氏 名 あなたを 次 の 条 件 で 雇 い 入 れます 就 労 日 年 月 日 年 月 日 就 業 の 場 所 従 事 すべき 業 務 の 内 容 始 業 終 業 の 時 刻 休 憩 時 間 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 に 関 する 事 項 1 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) 2 休 憩 時 間 ( ) 分 3 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 ( 有 無 ) 賃 金 1 基 本 賃 金 イ 時 間 給 ( 円 ) ロ 日 給 ( 円 ) ハ 出 来 高 給 ( 基 本 単 価 円 保 障 給 円 ) ニ その 他 ( 円 ) 2 諸 手 当 の 額 又 は 計 算 方 法 イ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ロ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) 3 所 定 時 間 外 休 日 又 は 深 夜 労 働 に 対 して 支 払 われる 割 増 賃 金 率 イ 所 定 時 間 外 法 定 超 ( )% 所 定 超 ( )% ロ 深 夜 ( )% 4 賃 金 支 払 日 ( )-( 就 業 当 日 その 他 ( )) ( )-( 就 業 当 日 その 他 ( )) 5 賃 金 の 支 払 方 法 ( ) 6 労 使 協 定 に 基 づく 賃 金 支 払 時 の 控 除 ( 無, 有 ( )) そ の 他 社 会 保 険 の 加 入 状 況 ( 厚 生 年 金 健 康 保 険 厚 生 年 金 基 金 その 他 ( )) 雇 用 保 険 の 適 用 ( 有, 無 ) 中 小 企 業 退 職 金 共 済 制 度 ( 建 設 退 職 共 済 制 度 を 含 む ) ( 加 入 している, 加 入 していない) 労 働 者 持 ちのチェーンソー 等 の 損 料 ; 月 額 ( 円 ) その 他 ( 円 ) その 他 ( ) 以 上 のほかは 当 社 就 業 規 則 による 本 通 知 書 の 交 付 は 労 働 基 準 法 第 15 条 に 基 づく 労 働 条 件 の 明 示 及 び 林 業 労 働 力 の 確 保 の 推 進 に 関 する 法 律 第 31 条 に 基 づく 雇 用 に 関 する 文 書 の 交 付 を 兼 ねるものである 労 働 条 件 通 知 書 については 労 使 間 の 紛 争 の 未 然 防 止 のため 保 存 しておくことをお 勧 めします

18 記 載 要 領 1. 労 働 条 件 通 知 書 は 当 該 労 働 者 の 労 働 条 件 の 決 定 について 権 限 をもつ 者 が 作 成 し 本 人 に 交 付 すること 2. 各 欄 において 複 数 項 目 の 一 つを 選 択 する 場 合 には 該 当 項 目 に をつけること 3. 破 線 内 及 び 二 重 線 内 の 事 項 以 外 の 事 項 は 書 面 の 交 付 により 明 示 することが 労 働 基 準 法 により 義 務 付 けられている 事 項 であること また 労 働 者 に 負 担 させる べきものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 については 当 該 事 項 を 制 度 とし て 設 けている 場 合 には 口 頭 又 は 書 面 により 明 示 する 義 務 があること また 日 雇 の 労 働 契 約 についても 労 働 契 約 の 更 新 をする 場 合 があるものは 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 を 更 新 する 場 合 の 基 準 を 書 面 により 明 示 すること が 労 働 基 準 法 により 義 務 付 けられていること 4. 就 業 の 場 所 及 び 従 事 すべき 業 務 の 内 容 の 欄 については 具 体 的 かつ 詳 細 に 記 載 すること 5. 賃 金 の 欄 については 基 本 給 等 について 具 体 的 な 額 を 明 記 すること 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 については2 割 5 分 深 夜 労 働 については2 割 5 分 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が 深 夜 労 働 となる 場 合 については5 割 を 超 える 割 増 率 とすること 破 線 内 の 事 項 は 制 度 として 設 けている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと 6. その 他 の 欄 については 当 該 労 働 者 についての 社 会 保 険 中 小 企 業 退 職 金 共 済 制 度 等 の 加 入 状 況 及 び 雇 用 保 険 の 適 用 の 有 無 のほか 労 働 者 に 負 担 させるべ きもの( 労 働 者 持 ちのチェーンソー 等 の 損 料 を 含 む)に 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 職 業 訓 練 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 す る 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 休 職 に 関 する 事 項 等 を 制 度 として 設 けてい る 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと また 労 働 契 約 を 更 新 する 場 合 があるものについては 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 を 更 新 する 場 合 の 基 準 を 記 入 すること ( 参 考 ) 労 働 契 約 法 第 18 条 第 1 項 の 規 定 により 期 間 の 定 めがある 労 働 契 約 の 契 約 期 間 が 通 算 5 年 を 超 えるときは 労 働 者 が 申 込 みをすること により 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 に 転 換 されるものであること こ の 申 込 みの 権 利 は 契 約 期 間 の 満 了 日 まで 行 使 できること 7. 各 事 項 について 就 業 規 則 を 示 し 当 該 労 働 者 に 適 用 する 部 分 を 明 確 にした 上 で 就 業 規 則 を 交 付 する 方 法 によることとした 場 合 具 体 的 に 記 入 することを 要 しな いこと * この 通 知 書 はモデル 様 式 であり 労 働 条 件 の 定 め 方 によっては この 様 式 どおりとする 必 要 はないこと

19 殿 労 働 条 件 通 知 書 事 業 場 名 称 所 在 地 使 用 者 職 氏 名 ( 別 添 4) ( 短 時 間 労 働 者 派 遣 労 働 者 用 ; 常 用 有 期 雇 用 型 ) 年 月 日 契 約 期 間 期 間 の 定 めなし 期 間 の 定 めあり( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 に 記 入 1 契 約 の 更 新 の 有 無 [ 自 動 的 に 更 新 する 更 新 する 場 合 があり 得 る 契 約 の 更 新 はしない その 他 ( )] 2 契 約 の 更 新 は 次 により 判 断 する 契 約 期 間 満 了 時 の 業 務 量 勤 務 成 績 態 度 能 力 会 社 の 経 営 状 況 従 事 している 業 務 の 進 捗 状 況 その 他 ( ) 就 業 の 場 所 従 事 すべき 業 務 の 内 容 始 業 終 業 の 時 刻 休 憩 時 間 就 業 時 転 換 ((1)~(5) のうち 該 当 す るもの 一 つに を 付 けるこ と ) 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 に 関 する 事 項 1 始 業 終 業 の 時 刻 等 (1) 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) 以 下 のような 制 度 が 労 働 者 に 適 用 される 場 合 (2) 変 形 労 働 時 間 制 等 ;( ) 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 交 替 制 として 次 の 勤 務 時 間 の 組 み 合 わせによる 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) ( 適 用 日 ) 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) ( 適 用 日 ) 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) ( 適 用 日 ) (3) フレックスタイム 制 ; 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 は 労 働 者 の 決 定 に 委 ねる (ただし フレキシフ ルタイム( 始 業 ) 時 分 から 時 分 ( 終 業 ) 時 分 から 時 分 コアタイム 時 分 から 時 分 ) (4) 事 業 場 外 みなし 労 働 時 間 制 ; 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) (5) 裁 量 労 働 制 ; 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 )を 基 本 とし 労 働 者 の 決 定 に 委 ね る 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 2 休 憩 時 間 ( ) 分 3 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 ( 有 (1 週 時 間 1か 月 時 間 1 年 時 間 ), 無 ) 4 休 日 労 働 ( 有 (1か 月 日 1 年 日 ), 無 ) 休 日 定 例 日 ; 毎 週 曜 日 国 民 の 祝 日 その 他 ( ) 及 び 非 定 例 日 ; 週 月 当 たり 日 その 他 ( ) 勤 務 日 1 年 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 の 場 合 - 年 間 日 ( 勤 務 日 ) 毎 週 ( ) その 他 ( ) 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 休 暇 1 年 次 有 給 休 暇 6か 月 継 続 勤 務 した 場 合 日 継 続 勤 務 6か 月 以 内 の 年 次 有 給 休 暇 ( 有 無 ) か 月 経 過 で 日 時 間 単 位 年 休 ( 有 無 ) 2 代 替 休 暇 ( 有 無 ) 3 その 他 の 休 暇 有 給 ( ) 無 給 ( ) 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 ( 次 頁 に 続 く)

20 賃 金 1 基 本 賃 金 イ 月 給 ( 円 ) ロ 日 給 ( 円 ) ハ 時 間 給 ( 円 ) ニ 出 来 高 給 ( 基 本 単 価 円 保 障 給 円 ) ホ その 他 ( 円 ) ヘ 就 業 規 則 に 規 定 されている 賃 金 等 級 等 2 諸 手 当 の 額 又 は 計 算 方 法 イ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ロ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ハ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ニ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) 3 所 定 時 間 外 休 日 又 は 深 夜 労 働 に 対 して 支 払 われる 割 増 賃 金 率 イ 所 定 時 間 外 法 定 超 月 60 時 間 以 内 ( )% 月 60 時 間 超 ( )% 所 定 超 ( )% ロ 休 日 法 定 休 日 ( )% 法 定 外 休 日 ( )% ハ 深 夜 ( )% 4 賃 金 締 切 日 ( )- 毎 月 日 ( )- 毎 月 日 5 賃 金 支 払 日 ( )- 毎 月 日 ( )- 毎 月 日 6 賃 金 の 支 払 方 法 ( ) 7 労 使 協 定 に 基 づく 賃 金 支 払 時 の 控 除 ( 無, 有 ( )) 8 昇 給 ( 有 ( 時 期 金 額 等 ), 無 ) 9 賞 与 ( 有 ( 時 期 金 額 等 ), 無 ) 10 退 職 金 ( 有 ( 時 期 金 額 等 ), 無 ) 退 職 に 関 す る 事 項 1 定 年 制 ( 有 ( 歳 ), 無 ) 2 継 続 雇 用 制 度 ( 有 ( 歳 まで), 無 ) 3 自 己 都 合 退 職 の 手 続 ( 退 職 する 日 以 上 前 に 届 け 出 ること) 4 解 雇 の 事 由 及 び 手 続 詳 細 は 就 業 規 則 第 条 ~ 第 条 第 条 ~ 第 条 そ の 他 社 会 保 険 の 加 入 状 況 ( 厚 生 年 金 健 康 保 険 厚 生 年 金 基 金 その 他 ( )) 雇 用 保 険 の 適 用 ( 有, 無 ) その 他 具 体 的 に 適 用 される 就 業 規 則 名 ( ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 についての 説 明 です 労 働 契 約 法 第 18 条 の 規 定 により 有 期 労 働 契 約 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 以 降 に 開 始 するも の)の 契 約 期 間 が 通 算 5 年 を 超 える 場 合 には 労 働 契 約 の 期 間 の 末 日 までに 労 働 者 か ら 申 込 みをすることにより 当 該 労 働 契 約 の 期 間 の 末 日 の 翌 日 から 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 に 転 換 されます 以 上 のほかは 当 社 就 業 規 則 による 短 時 間 労 働 者 の 場 合 本 通 知 書 の 交 付 は 労 働 基 準 法 第 15 条 に 基 づく 労 働 条 件 の 明 示 及 び 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 第 6 条 に 基 づく 文 書 の 交 付 を 兼 ねるものであること 登 録 型 派 遣 労 働 者 に 対 し 本 通 知 書 と 就 業 条 件 明 示 書 を 同 時 に 交 付 する 場 合 両 者 の 記 載 事 項 のうち 一 致 事 項 について 一 方 を 省 略 して 差 し 支 えないこと 労 働 条 件 通 知 書 については 労 使 間 の 紛 争 の 未 然 防 止 のため 保 存 しておくことをお 勧 めします

21 記 載 要 領 1. 労 働 条 件 通 知 書 は 当 該 労 働 者 の 労 働 条 件 の 決 定 について 権 限 をもつ 者 が 作 成 し 本 人 に 交 付 すること 2. 各 欄 において 複 数 項 目 の 一 つを 選 択 する 場 合 には 該 当 項 目 に をつけること 3. 下 線 部 破 線 内 及 び 二 重 線 内 の 事 項 以 外 の 事 項 は 書 面 の 交 付 により 明 示 する ことが 労 働 基 準 法 により 義 務 付 けられている 事 項 であること また 退 職 金 に 関 する 事 項 臨 時 に 支 払 われる 賃 金 等 に 関 する 事 項 労 働 者 に 負 担 させるべきもの に 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 職 業 訓 練 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 休 職 に 関 する 事 項 については 当 該 事 項 を 制 度 として 設 けている 場 合 には 口 頭 又 は 書 面 により 明 示 する 義 務 があること 4. 労 働 契 約 期 間 については 労 働 基 準 法 に 定 める 範 囲 内 とすること また 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 には 契 約 の 更 新 の 有 無 及 び 更 新 する 場 合 又 はしない 場 合 の 判 断 の 基 準 ( 複 数 可 )を 明 示 すること ( 参 考 ) 労 働 契 約 法 第 18 条 第 1 項 の 規 定 により 期 間 の 定 めがある 労 働 契 約 の 契 約 期 間 が 通 算 5 年 を 超 えるときは 労 働 者 が 申 込 みをすること により 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 に 転 換 されるものであること こ の 申 込 みの 権 利 は 契 約 期 間 の 満 了 日 まで 行 使 できること 5. 就 業 の 場 所 及 び 従 事 すべき 業 務 の 内 容 の 欄 については 雇 入 れ 直 後 の ものを 記 載 することで 足 りるが 将 来 の 就 業 場 所 や 従 事 させる 業 務 を 併 せ 網 羅 的 に 明 示 することは 差 し 支 えないこと 6. 始 業 終 業 の 時 刻 休 憩 時 間 就 業 時 転 換 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 に 関 する 事 項 の 欄 については 当 該 労 働 者 に 適 用 される 具 体 的 な 条 件 を 明 示 すること また 変 形 労 働 時 間 制 フレックスタイム 制 裁 量 労 働 制 等 の 適 用 がある 場 合 に は 次 に 留 意 して 記 載 すること 変 形 労 働 時 間 制 : 適 用 する 変 形 労 働 時 間 制 の 種 類 (1 年 単 位 1か 月 単 位 等 ) を 記 載 すること その 際 交 替 制 でない 場 合 交 替 制 を =で 抹 消 しておくこと フレックスタイム 制 :コアタイム 又 はフレキシブルタイムがある 場 合 はその 時 間 帯 の 開 始 及 び 終 了 の 時 刻 を 記 載 すること コアタイム 及 びフレキシブルタイムがない 場 合 かっこ 書 きを=で 抹 消 しておくこと 事 業 場 外 みなし 労 働 時 間 制 : 所 定 の 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 を 記 載 すること 裁 量 労 働 制 : 基 本 とする 始 業 終 業 時 刻 がない 場 合 始 業 を 基 本 とし の 部 分 を=で 抹 消 しておくこと 交 替 制 :シフト 毎 の 始 業 終 業 の 時 刻 を 記 載 すること また 変 形 労 働 時 間 制 でない 場 合 ( こと ) 単 位 の 変 形 労 働 時 間 制 を=で 抹 消 しておく 7. 休 日 及 び 勤 務 日 の 欄 については 所 定 休 日 又 は 勤 務 日 について 曜 日 又 は 日 を 特 定 して 記 載 すること 8. 休 暇 の 欄 については 年 次 有 給 休 暇 は6か 月 間 勤 続 勤 務 し その 間 の 出 勤 率 が8 割 以 上 であるときに 与 えるものであり その 付 与 日 数 を 記 載 すること 時 間 単 位 年 休 は 労 使 協 定 を 締 結 し 時 間 単 位 の 年 次 有 給 休 暇 を 付 与 するもの であり その 制 度 の 有 無 を 記 載 すること 代 替 休 暇 は 労 使 協 定 を 締 結 し 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が1 箇 月 60 時 間 を 超 える 場 合 に 法 定 割 増 賃 金 率 の 引 上 げ 分 の 割 増 賃 金 の 支 払 に 代 えて 有 給 の 休 暇 を 与 えるものであり その 制 度 の

22 有 無 を 記 載 すること ( 中 小 事 業 主 を 除 く ) また その 他 の 休 暇 については 制 度 がある 場 合 に 有 給 無 給 別 に 休 暇 の 種 類 日 数 ( 期 間 等 )を 記 載 すること 9. 前 記 6 7 及 び8については 明 示 すべき 事 項 の 内 容 が 膨 大 なものとなる 場 合 においては 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 以 外 の 事 項 については 勤 務 の 種 類 ごとの 始 業 及 び 終 業 の 時 刻 休 日 等 に 関 する 考 え 方 を 示 した 上 当 該 労 働 者 に 適 用 される 就 業 規 則 上 の 関 係 条 項 名 を 網 羅 的 に 示 すことで 足 りるものであること 10. 賃 金 の 欄 については 基 本 給 等 について 具 体 的 な 額 を 明 記 すること ただ し 就 業 規 則 に 規 定 されている 賃 金 等 級 等 により 賃 金 額 を 確 定 し 得 る 場 合 当 該 等 級 等 を 明 確 に 示 すことで 足 りるものであること 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 については2 割 5 分 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が1 箇 月 60 時 間 を 超 える 場 合 については5 割 ( 中 小 事 業 主 を 除 く ) 法 定 休 日 労 働 については3 割 5 分 深 夜 労 働 については2 割 5 分 法 定 超 えと なる 所 定 時 間 外 労 働 が 深 夜 労 働 となる 場 合 については5 割 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が1 箇 月 60 時 間 を 超 え かつ 深 夜 労 働 となる 場 合 については 7 割 5 分 ( 中 小 事 業 主 を 除 く ) 法 定 休 日 労 働 が 深 夜 労 働 となる 場 合 につい ては6 割 を 超 える 割 増 率 とすること 破 線 内 の 事 項 は 制 度 として 設 けている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと ただし 短 時 間 労 働 者 については 昇 給 の 有 無 賞 与 の 有 無 及 び 退 職 金 の 有 無 については 必 ず 記 入 すること 昇 級 賞 与 が 業 績 等 に 基 づき 支 給 されない 可 能 性 がある 場 合 や 退 職 金 が 勤 続 年 数 に 基 づき 支 給 されない 可 能 性 がある 場 合 は 制 度 としては 有 を 明 示 しつ つ その 旨 を 明 示 すること 11. 退 職 に 関 する 事 項 の 欄 については 退 職 の 事 由 及 び 手 続 解 雇 の 事 由 等 を 具 体 的 に 記 載 すること この 場 合 明 示 すべき 事 項 の 内 容 が 膨 大 なものとなる 場 合 においては 当 該 労 働 者 に 適 用 される 就 業 規 則 上 の 関 係 条 項 名 を 網 羅 的 に 示 す ことで 足 りるものであること ( 参 考 ) なお 定 年 制 を 設 ける 場 合 は 60 歳 を 下 回 ってはならないこと また 65 歳 未 満 の 定 年 の 定 めをしている 場 合 は, 高 年 齢 者 の65 歳 までの 安 定 した 雇 用 を 確 保 するため, 次 の1から3のいずれかの 措 置 ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 )を 講 じる 必 要 があること 1 定 年 の 引 上 げ 2 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 3 定 年 の 定 めの 廃 止 12. その 他 の 欄 については 当 該 労 働 者 についての 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 雇 用 保 険 の 適 用 の 有 無 のほか 労 働 者 に 負 担 させるべきものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 職 業 訓 練 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 休 職 に 関 する 事 項 等 を 制 度 として 設 け ている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと 13. 各 事 項 について 就 業 規 則 を 示 し 当 該 労 働 者 に 適 用 する 部 分 を 明 確 にした 上 で 就 業 規 則 を 交 付 する 方 法 によることとした 場 合 具 体 的 に 記 入 することを 要 しな いこと * この 通 知 書 はモデル 様 式 であり 労 働 条 件 の 定 め 方 によっては この 様 式 どおりとする 必 要 はないこと

23 ( 別 添 5) ( 派 遣 労 働 者 用 ; 日 雇 型 ) 労 働 条 件 通 知 書 殿 事 業 場 名 称 所 在 地 使 用 者 職 氏 名 就 労 日 年 月 日 年 月 日 就 業 の 場 所 従 事 すべき 業 務 の 内 容 始 業 終 業 の 1 始 業 ( 時 分 ) 終 業 ( 時 分 ) 時 刻 休 憩 時 2 休 憩 時 間 ( ) 分 間 所 定 時 間 3 所 定 時 間 外 労 働 の 有 無 ( 有 ( 時 間 ) 無 ) 外 労 働 の 有 無 に 関 する 事 項 賃 金 1 基 本 賃 金 イ 時 間 給 ( 円 ) ロ 日 給 ( 円 ) ハ 出 来 高 給 ( 基 本 単 価 円 保 障 給 円 ) ニ その 他 ( 円 ) 2 諸 手 当 の 額 又 は 計 算 方 法 イ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) ロ( 手 当 円 / 計 算 方 法 : ) 3 所 定 時 間 外 休 日 又 は 深 夜 労 働 に 対 して 支 払 われる 割 増 賃 金 率 イ 所 定 時 間 外 法 定 超 ( )% 所 定 超 ( )% ロ 深 夜 ( )% 4 賃 金 支 払 日 ( )-( 就 業 当 日 その 他 ( )) ( )-( 就 業 当 日 その 他 ( )) 5 賃 金 の 支 払 方 法 ( ) 6 労 使 協 定 に 基 づく 賃 金 支 払 時 の 控 除 ( 無, 有 ( )) そ の 他 社 会 保 険 の 加 入 状 況 ( 厚 生 年 金 健 康 保 険 厚 生 年 金 基 金 その 他 ( )) 雇 用 保 険 の 適 用 ( 有, 無 ) 具 体 的 に 適 用 される 就 業 規 則 名 ( ) その 他 以 上 のほかは 当 社 就 業 規 則 による 労 働 条 件 通 知 書 については 労 使 間 の 紛 争 の 未 然 防 止 のため 保 存 しておくことをお 勧 めします

24 記 載 要 領 1. 労 働 条 件 通 知 書 は 当 該 労 働 者 の 労 働 条 件 の 決 定 について 権 限 をもつ 者 が 作 成 し 本 人 に 交 付 すること 2. 各 欄 において 複 数 項 目 の 一 つを 選 択 する 場 合 には 該 当 項 目 に をつけること 3. 下 線 部 破 線 内 及 び 二 重 線 内 の 事 項 以 外 の 事 項 は 書 面 の 交 付 により 明 示 する ことが 労 働 基 準 法 により 義 務 付 けられている 事 項 であること また 労 働 者 に 負 担 させるべきものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 については 当 該 事 項 を 制 度 として 設 けている 場 合 には 口 頭 又 は 書 面 により 明 示 する 義 務 があること また 日 雇 の 労 働 契 約 についても 労 働 契 約 の 更 新 をする 場 合 があるものは 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 を 更 新 する 場 合 の 基 準 を 書 面 により 明 示 すること が 労 働 基 準 法 により 義 務 付 けられていること 4. 就 業 の 場 所 及 び 従 事 すべき 業 務 の 内 容 の 欄 については 具 体 的 かつ 詳 細 に 記 載 すること 5. 賃 金 の 欄 については 基 本 給 等 について 具 体 的 な 額 を 明 記 すること 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 については2 割 5 分 深 夜 労 働 については2 割 5 分 法 定 超 えとなる 所 定 時 間 外 労 働 が 深 夜 労 働 となる 場 合 については5 割 を 超 える 割 増 率 とすること 破 線 内 の 事 項 は 制 度 として 設 けている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと 6. その 他 の 欄 については 当 該 労 働 者 についての 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 雇 用 保 険 の 適 用 の 有 無 のほか 労 働 者 に 負 担 させるべきものに 関 する 事 項 安 全 及 び 衛 生 に 関 する 事 項 職 業 訓 練 に 関 する 事 項 災 害 補 償 及 び 業 務 外 の 傷 病 扶 助 に 関 する 事 項 表 彰 及 び 制 裁 に 関 する 事 項 休 職 に 関 する 事 項 等 を 制 度 として 設 け ている 場 合 に 記 入 することが 望 ましいこと また 労 働 契 約 を 更 新 する 場 合 があるものについては 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 を 更 新 する 場 合 の 基 準 を 記 入 すること ( 参 考 ) 労 働 契 約 法 第 18 条 第 1 項 の 規 定 により 期 間 の 定 めがある 労 働 契 約 の 契 約 期 間 が 通 算 5 年 を 超 えるときは 労 働 者 が 申 込 みをすること により 期 間 の 定 めのない 労 働 契 約 に 転 換 されるものであること こ の 申 込 みの 権 利 は 契 約 期 間 の 満 了 日 まで 行 使 できること 7. 各 事 項 について 就 業 規 則 を 示 し 当 該 労 働 者 に 適 用 する 部 分 を 明 確 にした 上 で 就 業 規 則 を 交 付 する 方 法 によることとした 場 合 具 体 的 に 記 入 することを 要 しな いこと * この 通 知 書 はモデル 様 式 であり 労 働 条 件 の 定 め 方 によっては この 様 式 どおりとする 必 要 はないこと

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378> 規 程 第 16 号 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 4 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 理 事 長 坂 本 雄 三 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 第 1 章 総 則 ( 総 則 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 建

More information

後 にまで 及 んでおり(このような 外 部 研 究 資 金 を 以 下 契 約 理 由 研 究 という ) かつ その 者 が 退 職 後 も 引 き 続 き 研 究 代 表 者 となることを 研 究 所 が 認 める 場 合 とし 理 事 室 の 命 を 受 けて 発 議 書 ( 別 に 定 め

後 にまで 及 んでおり(このような 外 部 研 究 資 金 を 以 下 契 約 理 由 研 究 という ) かつ その 者 が 退 職 後 も 引 き 続 き 研 究 代 表 者 となることを 研 究 所 が 認 める 場 合 とし 理 事 室 の 命 を 受 けて 発 議 書 ( 別 に 定 め 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 フェロー 採 用 等 規 程 平 成 23 年 3 月 31 日 平 22 規 程 第 3 号 平 成 25 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 26 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 平 成 28 年 3 月 31 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73>

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73> 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 需 給 調 整 事 業 課 労 働 者 派 遣 事 業 書 記 入 のポイント 実 際 の 記 入 にあたっては 様 式 第 11 号 ( 第 3 面 )の 記 載 要 領 をご 覧 の 上 正 確 に 記 入 して 下 さい 一 般 派 遣 元 事 業 主 及 び 特 定 派 遣 元 事 業 主 は 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 ごとに

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外 人 件 費 積 算 時 における 健 保 等 級 単 価 計 算 について 平 成 26 年 度 ふるさと 名 物 応 援 事 業 補 助 金 (ふるさと 名 物 普 及 事 業 )に 係 る 補 助 事 業 者 の 人 件 費 について 健 保 等 級 単 価 計 算 により 算 出 する 場 合 は 以 下 のとおり 運 用 する こととする 1. 健 保 等 級 による 積 算 における 原

More information

様 式 第 11 号 ( 第 1 面 ) ( 日 本 工 業 規 格 A 列 4) 労 働 者 派 遣 事 業 報 告 書 ( 年 度 報 告 ) 厚 生 労 働 大 臣 殿 年 月 日 提 出 者 印 4 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 第 23 条 第 1 項 の 規 定 により

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ 適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き える 雇 見 込 みが 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの 雇 保 険 労 災 保 険 諸 手 当 年 次 有 給 休 暇 その 他 休 暇 1 週 間 の 所 定 時 間 が20 時 間 以 上 か つ31 日 以 上 の 雇 見 込 みがあるこ と 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 (= 現 業

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3 国 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 年 度 末 ) B B/ 平 成 9 年 度 の 件 費 率 平 成 年 度,478 4,55,53 79,66 94,46 3.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,6 243,7 185,8 222,9 261,9

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,6 243,7 185,8 222,9 261,9 木 津 川 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 年 度 21 69,31 26,452,32 316,21 4,13,296 15.5 17.9 (2)

More information

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始 雇 用 促 進 税 制 に 関 する Q&A 雇 用 促 進 税 制 について Q1 雇 用 促 進 税 制 とはどのような 制 度 か ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) Q2 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 要 件 を 一 度 でも 満 たした 場 合 には その 後 適 用 年 度 中 であれば 継 続 して 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることができるのか

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

Microsoft Word - 通達(参考).doc

Microsoft Word - 通達(参考).doc 参 考 1 基 発 第 0909001 号 平 成 20 年 9 月 9 日 都 道 府 県 労 働 局 長 殿 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 ( 公 印 省 略 ) 多 店 舗 展 開 する 小 売 業 飲 食 業 等 の 店 舗 における 管 理 監 督 者 の 範 囲 の 適 正 化 について 小 売 業 飲 食 業 等 において いわゆるチェーン 店 の 形 態 により 相 当

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

ただし 平 成 26 年 1 月 から3 月 までの 間 に 失 職 し 平 成 26 年 4 月 以 降 も 引 き 続 き 失 職 している 場 合 ( 平 成 26 年 度 に 新 入 学 ( 編 転 入 学 を 含 む )をした 者 であって 平 成 25 年 度 に 私 立 高 校 等 に

ただし 平 成 26 年 1 月 から3 月 までの 間 に 失 職 し 平 成 26 年 4 月 以 降 も 引 き 続 き 失 職 している 場 合 ( 平 成 26 年 度 に 新 入 学 ( 編 転 入 学 を 含 む )をした 者 であって 平 成 25 年 度 に 私 立 高 校 等 に 平 成 26 年 度 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 事 業 補 助 金 事 務 処 理 要 領 1 趣 旨 この 要 領 は 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 事 業 補 助 金 の 事 務 処 理 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 補 助 事 業 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 は 大 阪 府 京

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

採用の基礎知識

採用の基礎知識 経 営 Q&A 2009 年 7 月 相 談 に 答 える 人 岡 田 人 事 労 務 管 理 事 務 所 所 長 岡 田 良 則 採 用 の 基 礎 知 識 Question 10 年 近 く 勤 めていたレストランから 独 立 し 自 分 の 店 を 持 つことになりました 先 日 正 社 員 とパートタイマーを 募 集 したところ 総 勢 4 名 の 応 募 がありました 飲 食 業 界 での

More information

(1) 上 記 1の 計 画 が 認 定 された 日 ( 以 下 受 給 資 格 認 定 日 という)の 翌 日 から6か 月 以 内 に 雇 い 入 れ ること (2)10 人 以 上 雇 い 入 れること (3) 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 として 雇 い 入 れ 継 続 して 雇

(1) 上 記 1の 計 画 が 認 定 された 日 ( 以 下 受 給 資 格 認 定 日 という)の 翌 日 から6か 月 以 内 に 雇 い 入 れ ること (2)10 人 以 上 雇 い 入 れること (3) 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 として 雇 い 入 れ 継 続 して 雇 7 中 小 企 業 障 害 者 多 数 雇 用 施 設 設 置 等 助 成 金 障 害 者 の 雇 入 れに 係 る 計 画 を 作 成 し 当 該 計 画 に 基 づき 障 害 者 を10 人 以 上 雇 用 すると ともに 障 害 者 の 雇 入 れに 必 要 な 事 業 所 の 施 設 設 備 等 の 設 置 整 備 をする 中 小 企 業 であ る 事 業 主 に 対 して 助 成 を 行

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

平 成 24 年 分 年 末 調 整 チェックシート 氏 名 男 女 年 末 調 整 の 時 期 となりました 下 記 項 目 のチェックと 該 当 書 類 の 提 出 をお 願 いします 今 年 入 社 である はい 本 年 中 前 職 がある 方 は 前 職 の 源 泉 徴 収 票 を 提 出 して 下 さい 源 泉 徴 収 票 の 提 出 有 ( 社 ) 無 住 宅 借 入 金 等 特 別 控

More information

1-1-2. 一 覧 表 ( 専 従 者 用 ) YES NOチャート( 専 従 月 額 単 価 用 ) (P.4)を 参 考 にしてください < 直 接 雇 用 者 > 一 覧 表 ( 専 従 者 用 )の 単 価 は 委 託 期 間 中 に 継 続 して 半 年 以 上 当 該 AMED 事 業

1-1-2. 一 覧 表 ( 専 従 者 用 ) YES NOチャート( 専 従 月 額 単 価 用 ) (P.4)を 参 考 にしてください < 直 接 雇 用 者 > 一 覧 表 ( 専 従 者 用 )の 単 価 は 委 託 期 間 中 に 継 続 して 半 年 以 上 当 該 AMED 事 業 について 別 紙 1-1. の 基 本 的 な 考 え 方 人 件 費 は 原 則 として 研 究 員 が 委 託 業 務 に 直 接 従 事 する 時 間 数 に 健 康 保 険 等 級 ( 健 保 等 級 ) 1 に 基 づく 表 の 単 価 を 乗 じて 算 出 します 研 究 員 の 区 分 に 基 づき 以 下 の2 種 類 の 一 覧 表 から を 決 定 してください 健 保 等 級

More information

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未 被 扶 養 認 定 に 必 要 な 提 出 書 類 申 請 書 全 員 対 象 該 当 する 場 合 必 要 健 康 保 険 被 扶 養 ( 新 規 異 動 ) 届 被 扶 養 ( 子 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 供 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 外 ) 現 況 届 全 員 及 び15 歳 上 ( 中 学 除 く)の 子 供 ( が 扶 養 家 族 で 無 い 全 年 齢 の) 子 供

More information

Ⅰ 元 請 負 人 を 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 に 限 定 平 成 28 年 10 月 1 日 以 降 に 入 札 公 告 指 名 通 知 随 意 契 約 のための 見 積 依 頼 を 行 う 工 事 から 以 下 に 定 める 届 出 の 義 務 ( 以 下 届 出 義 務 と

Ⅰ 元 請 負 人 を 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 に 限 定 平 成 28 年 10 月 1 日 以 降 に 入 札 公 告 指 名 通 知 随 意 契 約 のための 見 積 依 頼 を 行 う 工 事 から 以 下 に 定 める 届 出 の 義 務 ( 以 下 届 出 義 務 と 平 成 28 年 5 月 30 日 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 について お 知 らせ 瀬 戸 内 市 契 約 管 財 課 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 市 発 注 工 事 におけ る 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ) 未 加 入 対

More information

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか 標 準 報 酬 月 額 の 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 の 事 務 取 扱 いに 関 する 事 例 集 報 酬 賞 与 の 範 囲 について 問 報 酬 賞 与 にはどのようなものが 含 まれるか ( 答 ) 報 酬 及 び 賞 与 ( 以 下 報 酬 等 という )は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 5 項 及 び 第 6 項 ( 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 条 第 1 項

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 (

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 ( 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 平 成 5 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 千 千 千 31,131 15,5,15 311,66,57,939 16.9 17.9 () 職 員

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ 井 原 市 発 注 工 事 における 一 次 下 請 人 の 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 の 限 定 について 平 成 27 年 9 月 28 日 井 原 市 では 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 井 原 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 21 年 度 61,319 27,554,966 1,5,665 4,594,2 % 16.7 % 19.6 (2) 職 員 給

More information

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 野 迫 川 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 (2 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 2 年 度 の 件 費 率 2 年 度 556,96,86 8,9 27,59 2..9 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 月 額 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 および 技 能 労 務 職 については 経 験 年 数 10 年 15 年 20 年 の 該 当 者 がいませんでした 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員

職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 月 額 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 および 技 能 労 務 職 については 経 験 年 数 10 年 15 年 20 年 の 該 当 者 がいませんでした 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 および 松 山 衛 生 事 務 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 松 山 市 条 例 第 2 号 準 用 )に 基 づき 松 山 衛 生 事 務 組 合 の 人 事 行 政 の 運 営 などの 状 況 概 要 を 公 表 します 1

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B 73,89 18,96,951 629,218,05,29 ( 注 )1 件 費 とは 一 般 職 に 支 給 される 給 与 と 市 長

More information

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい 1 休 業 給 付 と 報 酬 との 調 整 (1) 調 整 方 法 の 変 更 点 標 準 報 酬 制 導 入 前 は 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 休 業 手 当 金 育 児 休 業 手 当 金 又 は 介 護 休 業 手 当 金 の 支 給 期 間 に 係 る 給 料 の 全 部 又 は 一 部 を 受 ける 場 合 には その 受 ける 金 額 の 限 度 で 調 整 を 行 う

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B A-B ( 改 定 率 ) 19 年 度 ( ) 0.0 ( 注 ) 民 間 給 与 公 務 員

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B A-B ( 改 定 率 ) 19 年 度 ( ) 0.0 ( 注 ) 民 間 給 与 公 務 員 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 19 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 南 三 陸 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (19 年 度 末 ) 18,285 歳 出 額 A 8,398,986 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 18 年 度 の 件 費 率 180,597 1,853,799 22.1

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

った 場 合 は, 失 格 とします 3. 元 請 業 者 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 負 契 約 締 結 を 制 限 する 取 り 組 みについて (1) 対 象 契 約 課 が 発 注 を 行 う 工 事 (2) 取 り 組 み 内 容 岡 山 市 工 事 請 負 契 約 約

った 場 合 は, 失 格 とします 3. 元 請 業 者 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 負 契 約 締 結 を 制 限 する 取 り 組 みについて (1) 対 象 契 約 課 が 発 注 を 行 う 工 事 (2) 取 り 組 み 内 容 岡 山 市 工 事 請 負 契 約 約 岡 山 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 について 平 成 28 年 3 月 30 日 財 政 局 契 約 課 このお 知 らせは, 岡 山 市 が 行 う 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険, 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 の ことを 指 します )に 未 加 入 の 建 設 業 者 への 対 策 について, 平 成 28 年 4 月 以

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information