平成27年度市税のしおり

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成27年度市税のしおり"

Transcription

1 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版

2 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義 務 者 ) 個 人 市 府 民 税 が 課 税 されない 人 個 人 市 府 民 税 の 申 告 納 税 の 方 法 納 期 個 人 市 府 民 税 の 計 算 の 概 要 所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 控 除 の 種 類 と 金 額 均 等 割 の 税 率 所 得 割 の 税 率 個 人 市 府 民 税 の 税 額 控 除 等 個 人 市 府 民 税 ( 所 得 割 )の 特 例 個 人 市 府 民 税 の 減 免 個 人 市 府 民 税 の 計 算 例 通 知 書 の 見 方 税 制 改 正 の 項 目 法 人 の 市 民 税 納 税 義 務 者 と 申 告 納 付 均 等 割 の 税 率 法 人 税 割 の 税 率 申 告 の 種 類 開 設 異 動 届 軽 自 動 車 税 納 税 義 務 者 と 車 種 別 税 率 グリーン 化 特 例 納 税 の 方 法 納 期 減 免 制 度 申 告 事 業 所 税 納 税 義 務 者 資 産 割 と 従 業 者 割 申 告 と 納 期 限 入 湯 税 市 たばこ 税 39 鉱 産 税 39 3 東 日 本 大 震 災 に 伴 う 税 制 上 の 措 置 について 40 軽 自 動 車 税 Q&Aのコーナー

3 個 人 の 市 民 税 ( 個 人 市 府 民 税 ) 均 等 割 と 所 得 割 個 人 の 市 民 税 は 市 民 の 方 に 広 く 一 定 の 税 額 を 負 担 していただく 均 等 割 と その 方 の 所 得 金 額 に 応 じて 負 担 していただく 所 得 割 があります 市 民 税 と 府 民 税 個 人 の 市 民 税 と 同 じような 税 金 に 個 人 の 府 民 税 があります 個 人 の 府 民 税 は 税 率 が 違 うだけで 課 税 の 仕 組 みは 個 人 の 市 民 税 とほぼ 同 じですので 枚 方 市 であわせて 課 税 し 納 税 も 市 民 税 と 府 民 税 をあわせて 納 付 していただくことになります なお 納 付 していただいた 府 民 税 については 枚 方 市 から 大 阪 府 に 払 い 込 みます 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 は 住 民 のみなさんにとって 身 近 な 行 政 サービスの 費 用 を それぞれの 負 担 能 力 に 応 じて 分 担 し 合 うと いう 性 格 の 税 金 であることから 所 得 税 よりも 納 める 人 の 範 囲 は 広 くなっています また 所 得 税 は 基 本 的 には 納 税 義 務 者 が 税 額 を 計 算 して 税 金 を 納 める 仕 組 みとなっていますが 個 人 市 府 民 税 は 市 が 税 額 を 計 算 して 納 税 義 務 者 に 納 税 通 知 書 を 送 付 することで 税 金 を 納 めていただく 仕 組 みとなっています なお 所 得 税 は 国 の 税 金 であり 税 務 署 が 所 管 しています 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義 務 者 ) 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 は 次 のとおりです 納 税 義 務 者 納 め る べ き 税 金 (1 月 1 日 現 在 の 状 況 で 判 断 します ) 均 等 割 額 所 得 割 額 市 内 に 住 所 がある 人 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 がある 人 で 市 内 に 住 所 のない 人 - 市 内 に 住 所 や 事 務 所 があるかどうかは その 年 の 1 月 1 日 (この 日 を 賦 課 期 日 といいます) 現 在 の 状 況 で 判 断 されます 平 成 27 年 1 月 1 日 以 前 に 死 亡 した 人 には 平 成 27 年 度 の 個 人 市 府 民 税 はかかりません 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 に 枚 方 市 から 他 の 市 町 村 に 転 出 した 人 は 平 成 27 年 度 の 個 人 市 府 民 税 は 枚 方 市 で 課 税 さ れます 住 所 地 の 認 定 原 則 として 住 民 基 本 台 帳 によりますが 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されていなくても 賦 課 期 日 現 在 枚 方 市 に 居 住 しているこ とが 客 観 的 に 判 断 される 場 合 は 枚 方 市 で 課 税 されます 2

4 個 人 市 府 民 税 が 課 税 されない 人 個 人 市 府 民 税 の 非 課 税 限 度 額 均 等 割 がかからない 人 ( 均 等 割 の 非 課 税 ) 所 得 割 がかからない 人 ( 所 得 割 の 非 課 税 ) 前 年 中 の 合 計 所 得 金 額 前 年 中 の 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 35 万 円 35 万 円 本 人 控 除 対 象 配 偶 者 および 扶 養 親 族 の 合 計 数 本 人 控 除 対 象 配 偶 者 および 扶 養 親 族 の 合 計 数 + 加 算 額 21 万 円 1 + 加 算 額 32 万 円 万 円 32 万 円 の 加 算 は 控 除 対 象 配 偶 者 または 扶 養 親 族 がある 場 合 のみ (この 場 合 の 扶 養 親 族 には 年 齢 16 歳 未 満 の 扶 養 控 除 が 廃 止 された 年 少 扶 養 親 族 も 人 数 に 含 まれます ) 合 計 所 得 金 額 とは 純 損 失 又 は 雑 損 失 の 繰 越 控 除 居 住 用 財 産 の 買 換 え 等 の 場 合 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 及 び 特 定 居 住 用 財 産 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 を 適 用 しないで 計 算 した 総 所 得 金 額 分 離 課 税 の 土 地 建 物 等 の 譲 渡 所 得 の 金 額 ( 特 別 控 除 前 ) 分 離 課 税 の 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 の 金 額 ( 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 の 適 用 がある 場 合 には その 適 用 前 の 金 額 ) 分 離 課 税 の 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 金 額 ( 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 又 は 特 定 中 小 会 社 が 発 行 した 株 式 に 係 る 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 の 適 用 がある 場 合 には そ の 適 用 前 の 金 額 ) 分 離 課 税 の 先 物 取 引 に 係 る 雑 所 得 等 の 金 額 ( 先 物 取 引 の 差 金 等 決 済 に 係 る 損 失 の 繰 越 控 除 の 適 用 がある 場 合 には その 適 用 前 の 金 額 ) 退 職 所 得 金 額 及 び 山 林 所 得 金 額 の 合 計 額 です 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 とは 上 記 の 合 計 所 得 金 額 に 純 損 失 雑 損 失 の 繰 越 控 除 居 住 用 財 産 の 買 換 え 等 の 場 合 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 及 び 特 定 居 住 用 財 産 の 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 を 適 用 して 計 算 した 金 額 ( 上 場 株 式 等 に 係 る 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 特 定 中 小 会 社 が 発 行 した 株 式 に 係 る 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 及 び 先 物 取 引 の 差 金 等 決 済 に 係 る 損 失 の 繰 越 控 除 の 適 用 がある 場 合 は その 適 用 後 の 金 額 )をいいます 均 等 割 も 所 得 割 も 両 方 かからない 人 ( 非 課 税 ) 賦 課 期 日 現 在 生 活 保 護 法 による 生 活 扶 助 を 受 けている 人 注 意 : 医 療 扶 助 教 育 扶 助 等 の 扶 助 を 受 けていても 生 活 扶 助 を 受 けていない 場 合 は 非 課 税 にはなりません 障 害 者 未 成 年 者 寡 婦 ( 寡 夫 )に 該 当 する 人 のうち 前 年 中 の 合 計 所 得 金 額 が125 万 円 以 下 の 人 未 成 年 者 : 平 成 7 年 1 月 3 日 以 降 生 まれの 未 婚 の 方 未 成 年 者 が 婚 姻 した 場 合 は 成 年 者 とみなされます ( 成 年 に 達 するまでに 離 婚 した 場 合 も 引 き 続 き 成 年 者 と みなされます ) 合 計 所 得 金 額 125 万 円 を 収 入 に 換 算 した 場 合 の 限 度 額 公 的 年 金 等 収 入 のみの 場 合 給 与 収 入 の み の 場 合 2,043,999 円 65 歳 以 上 ( 昭 和 25 年 1 月 1 日 以 前 生 まれ) 2,450,000 円 65 歳 未 満 ( 昭 和 25 年 1 月 2 日 以 降 生 まれ) 2,166,667 円 均 等 割 所 得 割 の 非 課 税 基 準 の 判 定 例 を 次 のページに 記 載 3

5 均 等 割 所 得 割 の 非 課 税 基 準 の 判 定 例 公 的 年 金 等 収 入 のみ かつ 65 歳 以 上 ( 昭 和 25 年 1 月 1 日 以 前 生 まれ)の 方 で 控 除 対 象 配 偶 者 を 扶 養 されている 方 に 対 し 均 等 割 がかからないAさんの 例 本 人 控 除 対 象 配 偶 者 前 年 中 の 合 計 所 得 金 額 35 万 円 ( )+ 加 算 額 21 万 円 = 91 万 円 21 万 円 の 加 算 は 控 除 対 象 配 偶 者 または 扶 養 親 族 がある 場 合 のみ 公 的 年 金 収 入 等 2,110,000 円 の 場 合 合 計 所 得 金 額 は 910,000 円 910,000 円 910,000 円 ( 前 年 中 の 合 計 所 得 金 額 ) ( 非 課 税 限 度 額 ) 公 的 年 金 収 入 等 2,110,000 円 以 下 であれば 均 等 割 は 非 課 税 となります 公 的 年 金 等 収 入 のみ かつ 65 歳 以 上 ( 昭 和 25 年 1 月 1 日 以 前 生 まれ)の 方 で 控 除 対 象 配 偶 者 を 扶 養 されている 方 に 対 し 所 得 割 がかからないBさんの 例 本 人 控 除 対 象 配 偶 者 前 年 中 の 総 所 得 金 額 等 35 万 円 ( )+ 加 算 額 32 万 円 = 102 万 円 32 万 円 の 加 算 は 控 除 対 象 配 偶 者 または 扶 養 親 族 がある 場 合 のみ 公 的 年 金 収 入 等 2,220,000 円 の 場 合 総 所 得 金 額 等 は 1,020,000 円 1,020,000 円 1,020,000 円 ( 前 年 中 の 総 所 得 金 額 等 ) ( 非 課 税 限 度 額 ) 公 的 年 金 収 入 等 2,220,000 円 以 下 であれば 所 得 割 は 非 課 税 となります 4

6 個 人 市 府 民 税 の 申 告 賦 課 期 日 現 在 枚 方 市 に 居 住 し 前 年 中 (1 月 1 日 から12 月 31 日 )に 所 得 があった 人 は 3 月 15 日 までに 申 告 書 を 提 出 してください ただし 以 下 の 項 目 に 該 当 する 人 は 原 則 個 人 市 府 民 税 の 申 告 をする 必 要 はありません 所 得 税 の 確 定 申 告 をする 人 前 年 中 の 所 得 が 給 与 所 得 のみで 勤 務 先 から 枚 方 市 に 給 与 支 払 報 告 書 が 提 出 されており 給 与 支 払 報 告 書 に 記 載 分 以 外 の 追 加 の 控 除 ( 医 療 費 控 除 など)がない 人 前 年 中 の 所 得 が 公 的 年 金 等 収 入 のみで その 源 泉 徴 収 票 に 記 載 分 以 外 の 追 加 の 控 除 ( 医 療 費 控 除 や 生 命 保 険 料 控 除 等 )がない 人 前 年 中 に 所 得 がない 場 合 や 所 得 が 少 なく 個 人 市 府 民 税 が 全 くかからない 場 合 通 常 申 告 する 必 要 はありませんが 次 の 項 目 に 該 当 する 場 合 など 必 要 に 応 じ 申 告 してください 1 国 民 健 康 保 険 に 加 入 している 人 2 所 得 に 関 する 証 明 が 必 要 な 方 ( 公 営 住 宅 保 育 所 入 所 申 請 等 ) 5

7 納 税 の 方 法 納 期 個 人 市 府 民 税 の 納 税 にあたっては 普 通 徴 収 と 特 別 徴 収 ( 給 与 年 金 )の2 種 類 の 方 法 があります 普 通 徴 収 事 業 所 得 等 の 個 人 市 府 民 税 は 市 から 送 付 する 納 税 通 知 書 により 以 下 の 納 期 に 係 る 納 期 限 までに 記 載 の 金 融 機 関 ゆうちょ 銀 行 郵 便 局 コンビニエンスストア(1 回 の 支 払 いが30 万 円 以 下 のものに 限 る) 市 役 所 納 税 課 等 にて 納 めていただくことになります 納 期 : 6 月 8 月 10 月 12 月 (1 期 ) (2 期 ) (3 期 ) (4 期 ) 給 与 からの 特 別 徴 収 給 与 所 得 者 の 個 人 市 府 民 税 については 勤 務 先 などの 給 与 支 払 者 ( 給 与 所 得 に 係 る 特 別 徴 収 義 務 者 )を 通 じて 給 与 所 得 等 に 係 る 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 通 知 書 を 送 付 します これに 基 づき 給 与 所 得 に 係 る 特 別 徴 収 義 務 者 が 給 与 所 得 者 の 毎 月 の 給 料 から 税 額 を 徴 収 し 翌 月 の10 日 までに 枚 方 市 に 納 入 します 徴 収 期 間 : 6 月 から 翌 年 5 月 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 公 的 年 金 受 給 者 の 納 税 の 便 宜 や 徴 収 の 効 率 化 を 図 るため 平 成 21 年 10 月 より 個 人 市 府 民 税 の 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 制 度 が 導 入 されました 公 的 年 金 受 給 者 の 公 的 年 金 所 得 に 係 る 個 人 市 府 民 税 については 年 金 保 険 者 ( 年 金 所 得 に 係 る 特 別 徴 収 義 務 者 )が 年 金 支 給 時 に 以 下 のとおり 税 額 を 徴 収 し 枚 方 市 に 納 入 します 公 的 年 金 所 得 に 係 る 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 通 知 書 は 税 額 を 徴 収 する 方 に 対 し 市 から 送 付 します (1) 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 を 開 始 する 年 度 納 期 徴 収 月 6 月 (1 期 ) 8 月 (2 期 ) 10 月 12 月 2 月 徴 収 方 法 普 通 徴 収 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 徴 収 税 額 納 期 ごとに 徴 収 月 ごとに 公 的 年 金 等 に 係 る 年 税 額 の1/4 公 的 年 金 等 に 係 る 年 税 額 の1/6 (2) 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 2 年 目 以 降 納 期 徴 収 月 4 月 6 月 8 月 10 月 12 月 2 月 徴 収 方 法 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 ( 仮 徴 収 ) 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 ( 本 徴 収 ) 徴 収 税 額 徴 収 月 ごとに 前 年 度 の2 月 の 特 別 徴 収 税 額 徴 収 月 ごとに ( 公 的 年 金 等 に 係 る 年 税 額 ー 仮 徴 収 税 額 ) 1/3 ( 注 意 ) ( ) 対 象 は 当 該 年 度 の 4 月 1 日 に65 歳 以 上 で 市 府 民 税 が 課 税 される 公 的 年 金 受 給 者 です ( ) 老 齢 基 礎 年 金 等 の 金 額 が18 万 円 未 満 の 方 介 護 保 険 を 特 別 徴 収 されていない 方 特 別 徴 収 税 額 が 老 齢 基 礎 年 金 等 の 金 額 を 超 える 方 は 対 象 外 です ( ) 公 的 年 金 からの 徴 収 税 額 は 公 的 年 金 所 得 に 係 る 税 額 のみです 公 的 年 金 等 以 外 の 所 得 に 係 る 税 額 ( 給 与 から 特 別 徴 収 するものを 除 く)については 普 通 徴 収 となります 所 得 の 内 容 や 状 況 により 1 普 通 徴 収 2 給 与 からの 特 別 徴 収 3 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の3つの 方 法 を 組 み 合 わせ ( 併 用 )て 納 めていただく 場 合 があります それぞれの 徴 収 方 法 による 税 額 の 算 定 については 市 民 税 課 までお 問 い 合 わせ ください 6

8 個 人 市 府 民 税 の 計 算 の 概 要 (1) 所 得 金 額 の 算 出 収 入 金 額 - 必 要 経 費 - ( 特 別 控 除 ) = 所 得 金 額 ( 合 計 所 得 金 額 ) 給 与 収 入 給 与 所 得 控 除 給 与 所 得 公 的 年 金 等 収 入 公 的 年 金 等 控 除 雑 所 得 ( 公 的 年 金 ) 合 計 所 得 金 額 が 均 等 割 の 課 税 事 業 収 入 等 必 要 経 費 等 事 業 所 得 等 判 定 基 準 となります (2) 課 税 標 準 の 算 出 繰 越 控 除 適 用 後 の 所 得 金 額 です 所 得 金 額 ( 総 所 得 金 額 ) - 所 得 控 除 = 課 税 所 得 金 額 ( 課 税 標 準 ) ( 千 円 未 満 端 数 切 捨 ) 基 礎 控 除 扶 養 控 除 配 偶 者 控 除 社 会 保 険 料 控 除 医 療 費 控 除 等 * 土 地 建 物 等 譲 渡 所 得 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 については 分 離 課 税 とされています (3) 所 得 割 額 の 算 出 市 民 税 府 民 税 それぞれで 算 出 課 税 所 得 金 額 税 率 ( 市 民 税 6% 府 民 税 4%) - 税 額 控 除 = 所 得 割 額 ( 百 円 未 満 端 数 切 捨 ) 調 整 控 除 配 当 控 除 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 寄 附 金 税 額 控 除 等 * 分 離 課 税 とされる 課 税 所 得 金 額 は 別 に 定 められた 税 率 により 算 出 します (4) 個 人 住 民 税 の 年 税 額 の 算 出 均 等 割 額 + 所 得 割 額 = 年 税 額 ( 納 税 税 額 決 定 通 知 書 にて 通 知 納 税 方 法 については P6 参 照 ) 市 民 税 3,500 円 府 民 税 1,500 円 < 参 考 > 所 得 税 の 算 出 課 税 所 得 金 額 税 率 - 税 額 控 除 = 所 得 税 額 5%~40%の 超 過 累 進 税 率 平 成 25 年 から 平 成 49 年 までの25 年 間 は 所 得 税 額 に 復 興 特 別 所 得 税 ( 所 得 税 額 の 2.1%)を 加 算 します 7

9 所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 金 額 所 得 は10 種 類 に 区 分 され 所 得 の 種 類 によって 所 得 金 額 の 計 算 方 法 が 異 なります( 下 表 参 照 ) 所 得 金 額 は 前 年 1 年 間 (1 月 1 日 ~12 月 31 日 )の 収 入 から 必 要 経 費 等 を 差 し 引 いたもので 個 人 市 府 民 税 の 税 額 計 算 の 基 礎 となりま す 所 得 の 種 類 所 得 金 額 の 計 算 方 法 利 子 所 得 公 債 社 債 預 貯 金 などの 利 子 収 入 金 額 注 1 配 当 所 得 株 式 や 出 資 の 配 当 など 収 入 金 額 - 株 式 などの 元 本 取 得 のために 要 した 負 債 の 利 子 不 動 産 所 得 地 代 家 賃 権 利 金 など 収 入 金 額 - 必 要 経 費 事 業 所 得 事 業 をしている 場 合 に 生 じる 所 得 収 入 金 額 - 必 要 経 費 給 与 所 得 勤 務 先 から 支 払 われる 給 料 賃 金 賞 与 な ど 収 入 金 額 - 給 与 所 得 控 除 額 給 与 収 入 金 額 が660 万 円 未 満 である 場 合 は 簡 易 給 与 所 得 表 に より 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めます ( 次 ページ 参 照 ) 退 職 所 得 退 職 金 など ( 収 入 金 額 - 退 職 所 得 控 除 額 ) 1/2 注 2 山 林 所 得 山 林 を 売 った 場 合 に 生 じる 所 得 収 入 金 額 - 必 要 経 費 - 特 別 控 除 額 譲 渡 所 得 一 時 所 得 土 地 車 両 ゴルフ 会 員 権 などの 資 産 を 売 っ た 場 合 に 生 じる 所 得 短 期 保 有 期 間 が5 年 以 内 の 資 産 の 譲 渡 長 期 保 有 期 間 が5 年 を 超 える 資 産 の 譲 渡 懸 賞 の 賞 金 品 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 一 時 金 など 収 入 金 額 - 資 産 の 取 得 価 格 などの 経 費 - 特 別 控 除 額 総 合 長 期 譲 渡 所 得 の 金 額 は 他 の 所 得 と 総 合 課 税 する 際 に その 2 分 の1が 課 税 対 象 とされます 収 入 金 額 - 必 要 経 費 - 特 別 控 除 額 一 時 所 得 の 金 額 は 他 の 所 得 と 総 合 課 税 する 際 に その2 分 の1が 課 税 対 象 とされます 雑 所 得 他 のいずれの 所 得 にも 該 当 しない 所 得 公 的 年 金 等 その 他 の 所 得 公 的 年 金 等 収 入 金 額 - 公 的 年 金 等 控 除 額 収 入 金 額 - 必 要 経 費 注 1 利 子 所 得 のうち 国 内 で 支 払 われるものについてほとんどの 場 合 所 得 税 15% 住 民 税 5%の 源 泉 分 離 課 税 とな っています 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 に 支 払 われる 利 子 等 については 源 泉 所 得 税 のほか 源 泉 所 得 税 額 に2.1% の 税 率 を 乗 じて 計 算 した 金 額 が 復 興 特 別 所 得 税 として 源 泉 徴 収 されます 注 2 退 職 所 得 は 原 則 として 支 払 いを 受 けた 年 の 分 離 課 税 となり 退 職 所 得 の 支 払 者 が 特 別 徴 収 により 納 入 します 退 職 所 得 の 算 定 において 勤 続 年 数 5 年 以 内 の 法 人 役 員 等 については 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 に 支 払 われる 退 職 金 より 2 分 の1 課 税 は 適 用 されません 8

10 給 与 所 得 の 計 算 について 給 与 所 得 金 額 を 算 出 する 場 合 必 要 経 費 にかわるものとして 収 入 金 額 から 給 与 所 得 控 除 額 を 差 し 引 くことになって います 給 与 所 得 控 除 額 は 給 与 収 入 金 額 に 応 じた 一 定 金 額 となりますが 給 与 収 入 金 額 が 660 万 円 未 満 の 場 合 は 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めます 下 表 の 算 式 により 簡 易 給 与 所 得 表 による 給 与 所 得 の 金 額 を 算 出 することができます なお 平 成 26 年 度 より 給 与 収 入 が1,500 万 円 を 超 える 場 合 の 給 与 所 得 控 除 額 の 上 限 が245 万 円 となりました 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 )~ 給 与 等 の 所 得 の 算 出 表 ( 簡 易 給 与 所 得 表 ) (1 円 未 満 の 端 数 は 切 捨 ) 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 の 金 額 ~ 650,999 円 0 円 651,000 円 ~ 1,618,999 円 給 与 収 入 - 650,000 円 1,619,000 円 ~ 1,619,999 円 969,000 円 1,620,000 円 ~ 1,621,999 円 970,000 円 1,622,000 円 ~ 1,623,999 円 972,000 円 1,624,000 円 ~ 1,627,999 円 974,000 円 1,628,000 円 ~ 1,799,999 円 給 与 収 入 4 (A) 2.4 円 1,800,000 円 ~ 3,599,999 円 ( 千 円 未 満 切 捨 て) (A) ,000 円 3,600,000 円 ~ 6,599,999 円 :(A) (A) ,000 円 6,600,000 円 ~ 9,999,999 円 給 与 収 入 0.9-1,200,000 円 10,000,000 円 ~ 14,999,999 円 給 与 収 入 ,700,000 円 15,000,000 円 ~ 給 与 収 入 - 2,450,000 円 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 の 計 算 について 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 から 公 的 年 金 等 控 除 額 を 差 し 引 いたものが 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 の 金 額 となります 公 的 年 金 等 控 除 額 は 受 給 されている 人 の 年 齢 と 公 的 年 金 等 の 収 入 額 に 応 じて 定 められています 下 表 の 算 式 により 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 を 算 出 することができます 公 的 年 金 等 の 雑 所 得 の 算 出 表 (1 円 未 満 の 端 数 は 切 捨 ) 65 歳 未 満 の 人 ( 昭 和 25 年 1 月 2 日 以 降 に 生 まれた 人 ) 65 歳 以 上 の 人 ( 昭 和 25 年 1 月 1 日 以 前 に 生 まれた 人 ) 公 的 年 金 等 収 入 金 額 :(a) 公 的 年 金 等 雑 所 得 金 額 公 的 年 金 等 収 入 金 額 :(a) 公 的 年 金 等 雑 所 得 金 額 ~1,300,000 円 (a)-700,000 円 ~3,300,000 円 (a)-1,200,000 円 計 算 結 果 がマイナスの 場 合 は0 計 算 結 果 がマイナスの 場 合 は0 1,300,001 円 ~4,100,000 円 (a) 75%-375,000 円 3,300,001 円 ~4,100,000 円 (a) 75%-375,000 円 4,100,001 円 ~7,700,000 円 (a) 85%-785,000 円 4,100,001 円 ~7,700,000 円 (a) 85%-785,000 円 7,700,001 円 ~ (a) 95%-1,555,000 円 7,700,001 円 ~ (a) 95%-1,555,000 円 9

11 所 得 控 除 の 種 類 と 金 額 配 偶 者 や 扶 養 親 族 の 有 無 病 気 や 災 害 などによる 臨 時 的 出 費 の 有 無 などの 納 税 者 の 個 々の 事 情 を 配 慮 して 所 得 金 額 から 差 し 引 くことのできる 金 額 です 控 除 の 種 類 要 件 及 び 控 除 額 雑 損 控 除 前 年 中 に 災 害 などにより 財 産 に 損 害 を 受 けた 場 合 損 失 の 金 額 - 保 険 金 等 により 補 てんされる 金 額 =(A) 1 (A)の 金 額 -( 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 10%) 2 (A)の 金 額 のうち 災 害 関 連 支 出 の 金 額 -5 万 円 1と2とのいずれか 多 い 方 の 金 額 添 付 書 類 災 害 等 に 関 連 してやむを 得 ない 支 出 をした 金 額 についての 領 収 書 医 療 費 控 除 社 会 保 険 料 控 除 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 前 年 中 に 医 療 費 を 支 払 った 場 合 支 払 った 医 療 費 - 保 険 等 により 補 てんされる 金 額 -( 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 の 5% 又 は 10 万 円 のいずれか 少 ない 方 の 金 額 ) 限 度 額 200 万 円 添 付 書 類 医 療 費 の 領 収 書 等 健 康 保 険 組 合 等 が 発 行 する 医 療 費 のお 知 らせ は 領 収 書 等 には 当 たりません 前 年 中 に 社 会 保 険 料 ( 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 介 護 保 険 など)を 支 払 った 場 合 その 金 額 添 付 書 類 国 民 年 金 保 険 料 及 び 国 民 年 金 基 金 の 掛 金 について 社 会 保 険 料 控 除 を 受 ける 場 合 には 社 会 保 険 料 ( 国 民 年 金 保 険 料 ) 控 除 証 明 書 等 前 年 中 に 小 規 模 企 業 共 済 制 度 等 に 基 づく 掛 金 を 支 払 った 場 合 国 民 年 金 基 金 連 合 会 が 確 定 拠 出 年 金 法 の 規 定 により 実 施 する 個 人 型 年 金 制 度 に 基 づく 掛 金 及 び 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 制 度 に 基 づいて 支 払 った 掛 金 の 全 額 添 付 書 類 支 払 った 掛 金 額 の 証 明 書 前 年 中 に 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 生 命 保 険 料 又 は 掛 金 を 支 払 った 場 合 1 新 契 約 ( 平 成 24 年 1 月 1 日 以 降 に 締 結 )の 保 険 契 約 等 にかかる 控 除 額 平 成 24 年 1 月 1 日 以 降 に 締 結 した 保 年 間 の 支 払 保 険 料 等 控 除 額 険 契 約 等 に 基 づく 新 生 命 保 険 料 介 護 ~12,000 円 以 下 支 払 保 険 料 等 の 全 額 医 療 保 険 料 新 個 人 年 金 保 険 料 の 控 除 額 は それぞれ 右 の 表 の 計 算 式 に 当 て はめて 計 算 した 金 額 です 2 旧 契 約 ( 平 成 23 年 12 月 31 日 以 前 に 締 結 )の 保 険 契 約 等 にかかる 控 除 額 平 成 23 年 12 月 31 日 以 前 に 締 結 した 保 険 契 約 等 に 基 づく 旧 生 命 保 険 料 と 旧 個 人 年 金 保 険 料 の 控 除 額 は それぞれ 右 の 表 の 計 算 式 に 当 てはめて 計 算 した 金 額 です 年 間 の 支 払 保 険 料 等 ~15,000 円 以 下 15,000 円 超 40,000 円 以 下 40,000 円 超 70,000 円 以 下 70,000 円 超 控 除 額 支 払 保 険 料 等 の 全 額 支 払 保 険 料 等 1/2+ 7,500 円 支 払 保 険 料 等 1/4+17,500 円 一 律 35,000 円 3 生 命 保 険 料 控 除 額 の 算 出 12,000 円 超 32,000 円 以 下 支 払 保 険 料 等 1/2+ 6,000 円 32,000 円 超 56,000 円 以 下 支 払 保 険 料 等 1/4+14,000 円 56,000 円 超 一 律 28,000 円 新 契 約 ( 一 般 の) 生 命 保 険 料 控 除 限 度 額 :28,000 円 介 護 医 療 保 険 料 控 除 限 度 額 :28,000 円 個 人 年 金 保 険 料 控 除 限 度 額 :28,000 円 旧 契 約 ( 一 般 の) 生 命 保 険 料 控 除 限 度 額 :35,000 円 個 人 年 金 保 険 料 控 除 限 度 額 :35,000 円 適 用 する 生 命 保 険 料 新 契 約 のみ 旧 契 約 のみ 新 旧 の 両 方 限 度 額 28,000 円 35,000 円 28,000 円 ( 一 般 の) 生 命 保 険 料 控 除 個 人 年 金 保 険 料 控 除 とも 1により 算 出 した 額 ( 新 契 約 分 )と2により 算 出 した 額 ( 旧 契 約 分 )の 合 計 額 が 控 除 額 となります ただし 限 度 額 は 右 上 表 のとおりです ( 1) 旧 契 約 のみ 適 用 ( 限 度 額 35,000 円 )の 方 が 有 利 な 場 合 は その 選 択 も 可 能 です ( 一 般 の) 生 命 保 険 料 控 除 介 護 医 療 保 険 料 控 除 個 人 年 金 保 険 料 控 除 の 合 計 額 が 生 命 保 険 料 控 除 額 となります ただし 限 度 額 は 70,000 円 です ( 2) 添 付 書 類 支 払 額 などの 証 明 書 10

12 前 年 中 に 地 震 保 険 または 長 期 の 損 害 保 険 の 保 険 料 を 支 払 った 場 合 下 表 の 金 額 区 分 年 間 の 支 払 保 険 料 の 合 計 控 除 額 地 震 保 険 50,000 円 以 下 支 払 保 険 料 の1/2 50,000 円 超 一 律 25,000 円 人 的 控 除 地 震 保 険 料 控 除 控 除 の 種 類 障 害 者 控 除 寡 婦 控 除 寡 夫 控 除 勤 労 学 生 控 除 配 偶 者 控 除 配 偶 者 特 別 控 除 長 期 の 損 害 保 険 保 険 期 間 が10 年 以 上 で 満 期 返 戻 金 のあるもの ( 平 成 18 年 12 月 31 日 までの 締 結 分 に 限 る) 5,000 円 以 下 支 払 全 額 5,000 円 超 15,000 円 以 下 支 払 保 険 料 1/2+2,500 円 15,000 円 超 一 律 10,000 円 支 払 った 保 険 料 が 地 震 保 険 と 長 期 の 損 害 保 険 の 両 方 がある 場 合 は 地 震 保 険 について 上 表 により 求 めた 金 額 + 長 期 の 損 害 保 険 について 上 表 により 求 めた 金 額 ( 最 高 25,000 円 ) 添 付 書 類 支 払 額 などの 証 明 書 要 件 ( 平 成 26 年 12 月 31 日 の 現 況 で 判 断 ) 及 び 控 除 額 本 人 およびその 控 除 対 象 配 偶 者 または 扶 養 親 族 が 障 害 者 の 場 合 扶 養 親 族 が 年 少 扶 養 親 族 ( 年 齢 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 )である 場 合 においても 適 用 されます (イ) 特 別 障 害 者 障 害 者 のうち 重 度 の 障 害 がある 人 例 ) 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は2 級 の 人 療 育 手 帳 Aの 人 など 同 居 特 別 障 害 者 特 別 障 害 者 53 万 円 30 万 円 (ロ) (イ) 以 外 の 障 害 者 26 万 円 1 夫 と 死 別 離 婚 した 後 再 婚 していない 方 や 夫 が 生 死 不 明 などの 方 で 扶 養 親 族 や 前 年 中 の 総 所 得 金 額 等 が38 万 円 以 下 の 生 計 を 一 にする 子 ( 他 の 納 税 者 の 控 除 対 象 配 偶 者 や 扶 養 親 族 とされている 方 は 除 く)の ある 方 21に 該 当 する 方 で 扶 養 親 族 である 子 があり かつ 前 年 中 の 合 計 所 得 金 額 が500 万 円 以 下 の 方 3 夫 と 死 別 した 後 再 婚 していない 方 や 夫 が 生 死 不 明 などの 方 で 前 年 中 の 合 計 所 得 金 額 が500 万 円 以 下 の 方 妻 と 死 別 離 婚 した 後 再 婚 していない 方 や 妻 が 生 死 不 明 などの 方 で 前 年 中 の 合 計 所 得 金 額 が500 万 円 以 下 であり かつ 総 所 得 金 額 等 が38 万 円 以 下 の 生 計 を 一 にする 子 ( 他 の 納 税 者 の 控 除 対 象 配 偶 者 や 扶 養 親 族 とされている 方 は 除 く)のある 方 前 年 中 の 合 計 所 得 金 額 が65 万 円 以 下 で 勤 労 によらない 所 得 金 額 が10 万 円 以 下 の 勤 労 学 生 添 付 書 類 学 校 や 法 人 から 交 付 を 受 けた 証 明 書 配 偶 者 の 前 年 中 の 合 計 所 得 金 額 が38 万 円 以 下 の 人 ( 前 年 中 に 死 亡 した 配 偶 者 も 含 む) 26 万 円 30 万 円 26 万 円 26 万 円 26 万 円 (1) 一 般 配 偶 者 の 場 合 33 万 円 (2) 年 齢 70 歳 以 上 注 意 の 場 合 ( 老 人 控 除 対 象 配 偶 者 ) 38 万 円 本 人 の 前 年 中 の 合 計 所 得 金 額 が 1,000 万 円 以 下 であり 配 偶 者 の 前 年 中 の 合 計 所 得 金 額 が 38 万 円 を 超 えた 場 合 に その 超 えた 額 に 応 じて 所 得 金 額 から 差 し 引 くことができます 配 偶 者 の 合 計 所 得 金 額 控 除 額 配 偶 者 の 合 計 所 得 金 額 控 除 額 380,001 円 ~449,999 円 33 万 円 650,000 円 ~699,999 円 11 万 円 450,000 円 ~499,999 円 31 万 円 700,000 円 ~749,999 円 6 万 円 500,000 円 ~549,999 円 26 万 円 750,000 円 ~759,999 円 3 万 円 550,000 円 ~599,999 円 21 万 円 760,000 円 ~ 0 円 600,000 円 ~649,999 円 16 万 円 扶 養 控 除 配 偶 者 控 除 適 用 者 は 配 偶 者 特 別 控 除 は 受 けられません 扶 養 親 族 の 前 年 中 の 合 計 所 得 金 額 が38 万 円 以 下 の 場 合 ( 前 年 中 に 死 亡 した 扶 養 親 族 も 含 む) (1) 一 般 の 控 除 対 象 扶 養 親 族 ( 年 齢 16 歳 以 上 で 下 記 (2) (3) 以 外 の 人 ) 33 万 円 (2) 特 定 扶 養 親 族 ( 年 齢 19 歳 以 上 23 歳 未 満 注 意 の 人 ) 45 万 円 (3) 老 人 扶 養 親 族 ( 年 齢 70 歳 以 上 の 人 ) 同 居 老 親 等 ( 自 己 又 は 自 己 の 配 偶 者 の 直 系 尊 属 ( 両 親 祖 父 母 な ど)で 自 己 又 は 自 己 の 配 偶 者 のいずれかとの 同 居 を 常 況 としてい る 人 ) 同 居 老 親 等 以 外 万 円 38 万 円 基 礎 控 除 一 律 にこの 控 除 が 受 けられます 33 万 円 ( 注 意 ) 70 歳 以 上 : 昭 和 20 年 1 月 1 日 以 前 生 まれの 方 19 歳 以 上 23 歳 未 満 : 平 成 4 年 1 月 2 日 ~ 平 成 8 年 1 月 1 日 生 まれの 方 年 齢 16 歳 未 満 ( 平 成 11 年 1 月 2 日 以 降 生 まれ )の 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 は 廃 止 されています 平 成 26 年 12 月 31 日 ( 年 の 中 途 で 死 亡 した 人 について その 死 亡 の 日 ) 現 在 の 年 齢 で 判 定 されます

13 均 等 割 の 税 率 均 等 割 は 一 定 額 を 住 民 に 広 く 負 担 していただくものです 市 民 税 府 民 税 合 計 3,500 円 1,500 円 5,000 円 平 成 26 年 度 から 平 成 35 年 度 までの10 年 間 均 等 割 額 が1,000 円 引 き 上 げられ 上 記 のとおりとなります( 改 正 前 市 民 税 3,000 円 府 民 税 1,000 円 ) これは 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 のための 施 策 に 必 要 な 財 源 の 確 保 に 係 る 地 方 税 の 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 平 成 23 年 12 月 公 布 ) に 基 づくものです 所 得 割 の 税 率 所 得 割 は 前 年 の 所 得 について 算 出 した 課 税 標 準 額 に 税 率 を 乗 じて 算 出 します 総 合 課 税 の 税 率 市 民 税 府 民 税 合 計 6% 4% 10% 分 離 課 税 の 税 率 区 分 市 民 税 府 民 税 一 般 5.4% 3.6% 課 税 短 期 譲 渡 所 得 軽 減 3% 2% 課 税 長 期 譲 渡 所 得 軽 課 ( 居 住 用 ) 特 定 区 分 市 民 税 府 民 税 一 般 3% 2% 6,000 万 円 以 下 2.4% 1.6% 6,000 万 円 を 超 える 場 合 ( 課 税 長 期 譲 渡 所 得 金 額 6,000 万 円 ):(A) (A) 3%+144 万 円 (A) 2%+96 万 円 2,000 万 円 以 下 2.4% 1.6% ( 優 良 住 宅 地 等 ) 2,000 万 円 を 超 える 場 合 ( 課 税 長 期 譲 渡 所 得 金 額 2,000 万 円 ):(B) (B) 3%+48 万 円 (B) 2%+32 万 円 区 分 市 民 税 府 民 税 株 式 等 に 係 る 課 税 譲 渡 所 得 等 分 離 配 当 所 得 先 物 取 引 に 係 る 課 税 雑 所 得 等 平 成 26 年 1 月 1 日 以 降 分 3% 2% 12

14 個 人 市 府 民 税 の 税 額 控 除 等 1 調 整 控 除 税 源 移 譲 に 伴 い 所 得 税 と 住 民 税 の 人 的 控 除 額 ( 基 礎 控 除 扶 養 控 除 等 )の 差 により 負 担 が 増 加 する 場 合 が 生 じ ます その 負 担 増 を 調 整 するため 個 人 市 府 民 税 所 得 割 額 から 控 除 する 制 度 です 控 除 額 の 計 算 方 法 個 人 市 府 民 税 の 合 計 課 税 所 得 金 額 が200 万 円 以 下 の 方 次 のいずれか 少 ない 方 の 額 の5%( 市 民 税 3% 府 民 税 2%) 人 的 控 除 額 の 差 の 合 計 額 個 人 市 府 民 税 の 合 計 課 税 所 得 金 額 個 人 市 府 民 税 の 合 計 課 税 所 得 金 額 が200 万 円 を 超 える 方 人 的 控 除 額 の 差 の 合 計 額 -( 個 人 市 府 民 税 の 合 計 課 税 所 得 金 額 -200 万 円 ) の5%( 市 民 税 3% 府 民 税 2%) この 計 算 により 算 出 された 控 除 額 が2,500 円 未 満 の 場 合 は2,500 円 ( 市 民 税 1,500 円 府 民 税 1,000 円 )が 控 除 額 となります 合 計 課 税 所 得 金 額 課 税 総 所 得 金 額 課 税 退 職 所 得 金 額 及 び 課 税 山 林 所 得 金 額 の 合 計 額 個 人 市 府 民 税 と 所 得 税 の 人 的 控 除 額 の 差 の 一 覧 表 所 得 控 除 所 得 税 個 人 市 府 民 税 差 額 特 別 障 害 者 40 万 円 30 万 円 10 万 円 障 害 者 控 除 同 居 特 別 障 害 者 75 万 円 53 万 円 22 万 円 上 記 以 外 27 万 円 26 万 円 1 万 円 寡 婦 控 除 一 般 27 万 円 26 万 円 1 万 円 特 別 35 万 円 30 万 円 5 万 円 寡 夫 控 除 27 万 円 26 万 円 1 万 円 勤 労 学 生 控 除 27 万 円 26 万 円 1 万 円 配 偶 者 控 除 一 般 38 万 円 33 万 円 5 万 円 老 人 48 万 円 38 万 円 10 万 円 配 偶 者 特 別 控 除 配 偶 者 の 合 計 所 得 金 額 38 万 円 超 40 万 円 未 満 38 万 円 33 万 円 5 万 円 配 偶 者 の 合 計 所 得 金 額 40 万 円 以 上 45 万 円 未 満 36 万 円 33 万 円 3 万 円 一 般 38 万 円 33 万 円 5 万 円 扶 養 控 除 特 定 63 万 円 45 万 円 18 万 円 老 人 48 万 円 38 万 円 10 万 円 同 居 老 親 等 58 万 円 45 万 円 13 万 円 基 礎 控 除 38 万 円 33 万 円 5 万 円 13

15 2 配 当 控 除 国 税 において 法 人 税 と 所 得 税 の 二 重 課 税 を 排 除 する 目 的 で 創 設 され 個 人 市 府 民 税 においても 同 様 に 算 出 された 所 得 割 額 から 控 除 されます 控 除 率 配 当 の 種 類 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 及 び 特 定 株 式 投 資 信 託 など 課 税 総 所 得 金 額 1,000 万 円 以 下 の 部 分 に 含 まれる 配 当 所 得 課 税 総 所 得 金 額 1,000 万 円 超 の 部 分 に 含 まれる 配 当 所 得 市 民 税 府 民 税 市 民 税 府 民 税 1.6% 1.2% 0.8% 0.6% 一 般 外 貨 建 証 券 投 資 信 託 0.4% 0.3% 0.2% 0.15% 上 記 以 外 の 証 券 投 資 信 託 ( 私 募 証 券 投 資 信 託 など) 分 離 配 当 所 得 0.8% 0.6% 0.4% 0.3% 分 離 配 当 所 得 は 配 当 控 除 の 対 象 外 3 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 ( 個 人 市 府 民 税 の 住 宅 ローン 控 除 ) 所 得 税 の 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 ( 住 宅 ローン 控 除 )の 適 用 を 受 けた 方 について 所 得 税 から 控 除 しきれなかっ た 住 宅 ローン 控 除 額 がある 場 合 翌 年 度 の 個 人 市 府 民 税 ( 所 得 割 )から 控 除 する 制 度 です 対 象 は 平 成 11 年 から 平 成 18 年 末 までに 入 居 した 方 ( 適 用 終 了 年 は 除 く)または 平 成 21 年 以 降 に 入 居 した 方 です 手 続 き 入 居 を 開 始 された 年 はその 翌 年 に 所 得 税 の 確 定 申 告 が 必 要 です 入 居 2 年 目 以 降 は 年 末 調 整 や 確 定 申 告 をす ると 市 民 税 課 への 申 告 は 不 要 です 確 定 申 告 書 や 給 与 支 払 報 告 書 ( 事 業 所 より 提 出 )に 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 可 能 額 や 居 住 開 始 年 月 日 等 の 記 載 がない 場 合 個 人 市 府 民 税 の 住 宅 ローン 控 除 の 対 象 にならない 場 合 があります 確 定 申 告 が 必 要 な 方 ( 初 めて 住 宅 ローン 控 除 の 申 告 をする 場 合 や 2 つ 以 上 の 所 得 を 有 する 場 合 など)が 個 人 市 府 民 税 の 住 宅 ローン 控 除 を 受 けるためには 必 ず 申 告 期 限 内 (3 月 15 日 まで)に 税 務 署 へ 申 告 する 必 要 があ ります 期 限 後 の 申 告 では 個 人 市 府 民 税 の 住 宅 ローン 控 除 が 適 用 できませんので ご 注 意 ください 個 人 市 府 民 税 ( 所 得 割 )から 控 除 できる 額 次 の(1)または(2)のいずれか 小 さい 額 が 控 除 されます (1) 所 得 税 の 住 宅 ローン 控 除 可 能 額 のうち 所 得 税 から 控 除 しきれなかった 金 額 (2) [ 平 成 26 年 3 月 末 までに 入 居 開 始 の 方 及 び 平 成 26 年 4 月 以 降 入 居 で 住 宅 取 得 に 係 る 費 用 の 消 費 税 が5%の 方 ] 所 得 税 の 課 税 総 所 得 金 額 課 税 退 職 所 得 金 額 及 び 課 税 山 林 所 得 金 額 の 合 計 額 に 5%を 乗 じて 得 た 金 額 ( 最 大 97,500 円 ) [ 平 成 26 年 4 月 以 降 入 居 で 住 宅 取 得 に 係 る 費 用 の 消 費 税 が8%の 方 ] 所 得 税 の 課 税 総 所 得 金 額 課 税 退 職 所 得 金 額 及 び 課 税 山 林 所 得 金 額 の 合 計 額 に7%を 乗 じて 得 た 金 額 ( 最 大 136,500 円 ) ただし 平 成 11 年 から 平 成 18 年 末 までに 入 居 した 方 ( 適 用 終 了 年 は 除 く)で 所 得 税 について 次 の1~3に 該 当 す る 方 は 市 へ 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 申 告 書 で 申 告 した 方 が 控 除 額 が 多 くなる 場 合 があります 申 告 される 場 合 は 必 ず3 月 15 日 までに 提 出 してください 1 山 林 所 得 金 額 がある 人 2 変 動 所 得 臨 時 所 得 があり 平 均 課 税 の 適 用 を 受 ける 人 3 課 税 総 所 得 金 額 課 税 退 職 所 得 金 額 課 税 山 林 所 得 金 額 のうち2つ 以 上 の 所 得 がある 人 ( 退 職 所 得 について 現 年 分 離 課 税 となっている 分 は 含 みません ) 14

16 4 寄 附 金 税 額 控 除 平 成 21 年 度 より 所 得 控 除 から 税 額 控 除 に 変 更 されました 次 の 基 本 控 除 額 と 特 例 控 除 額 の 合 計 額 が 所 得 割 額 よ り 控 除 されます 対 象 となる 寄 附 金 額 は 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 の30%が 上 限 となります なお 平 成 25 年 から 復 興 特 別 所 得 税 が 課 税 されることに 伴 い 所 得 税 において 寄 附 金 控 除 の 適 用 を 受 けた 場 合 に は 所 得 税 額 を 課 税 標 準 とする 復 興 特 別 所 得 税 額 も 軽 減 されることを 踏 まえ 個 人 市 府 民 税 では 平 成 26 年 度 より 特 例 控 除 額 の 見 直 しが 行 われました 基 本 控 除 額 : 都 道 府 県 市 区 町 村 大 阪 府 共 同 募 金 会 日 本 赤 十 字 社 大 阪 府 支 部 に 対 する 寄 附 金 について 適 用 ( 寄 附 金 額 の 合 計 -2,000 円 ) 10%( 市 民 税 6% 府 民 税 4%) 特 例 控 除 額 : 都 道 府 県 市 区 町 村 に 対 する 寄 附 金 についてのみ 適 用 (ふるさと 寄 附 金 ) ( 都 道 府 県 市 区 町 村 に 対 する 寄 附 金 合 計 額 -2,000 円 ) ( 特 例 控 除 適 用 表 による 割 合 ) この 計 算 により 算 出 された 特 例 控 除 額 を 市 民 税 3/5 府 民 税 2/5に 按 分 特 例 控 除 額 については 税 額 控 除 前 の 所 得 割 額 から 調 整 控 除 を 引 いた 額 の10%が 上 限 となります 税 制 改 正 により 平 成 28 年 度 から 上 限 が20%に 引 き 上 げられます 東 日 本 大 震 災 に 係 る 義 援 金 等 も ふるさと 寄 付 金 として 翌 年 度 の 個 人 市 府 民 税 において 寄 付 金 税 額 控 除 を 受 けることができる 場 合 があります 特 例 控 除 適 用 率 表 ( 復 興 特 別 所 得 税 分 込 ) 課 税 総 所 得 金 額 - 人 的 控 除 の 差 の 合 計 額 特 例 控 除 適 用 率 ~0 円 90% 1 円 ~195 万 円 % 195 万 1 円 ~330 万 円 79.79% 330 万 1 円 ~695 万 円 69.58% 695 万 1 円 ~900 万 円 % 900 万 1 円 ~1800 万 円 % 1800 万 1 円 ~ 49.16% 寄 付 金 控 除 の 計 算 例 を P25に 記 載 しています 総 合 課 税 の 場 合 です 分 離 課 税 所 得 の 場 合 の 特 例 控 除 率 とは 異 なります 特 例 控 除 率 は(90%- 所 得 税 限 界 税 率 1.021)より 計 算 しています 5 外 国 税 額 控 除 外 国 で 所 得 税 個 人 市 府 民 税 に 相 当 する 税 が 課 税 された 場 合 において わが 国 の 所 得 税 市 府 民 税 との 二 重 課 税 となるため 一 定 の 限 度 額 のもとに 税 額 を 控 除 する 制 度 です まず 所 得 税 で 控 除 をおこない その 控 除 限 度 額 を 超 える 額 がある 場 合 に まず 所 得 税 の 控 除 限 度 額 の12%を 限 度 として 府 民 税 所 得 割 額 から 控 除 し それでも 控 除 しきれな い 場 合 は 所 得 税 の 控 除 限 度 額 の18%を 限 度 として 市 民 税 所 得 割 額 から 控 除 します 15

17 6 税 額 調 整 ( 所 得 割 の 調 整 措 置 ) 税 額 調 整 とは 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 から 市 民 税 所 得 割 及 び 府 民 税 所 得 割 の 算 出 税 額 ( 調 整 控 除 寄 附 金 税 額 控 除 外 国 税 額 控 除 配 当 控 除 及 び 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 の 適 用 後 )の 合 計 額 を 除 いた 金 額 が 所 得 割 の 非 課 税 基 準 額 を 下 回 るときは 下 回 る 額 を 算 出 税 額 から 減 額 する 調 整 措 置 です 税 額 調 整 の 計 算 例 を P28に 記 載 しています 7 配 当 割 額 控 除 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 控 除 申 告 選 択 ができる 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 および 譲 渡 所 得 ( 特 定 口 座 で 源 泉 徴 収 有 りを 選 択 している 場 合 のみ) についての 申 告 をされた 場 合 には すでに 特 別 徴 収 された 配 当 割 額 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 を 所 得 割 額 から 控 除 しま す 市 民 税 については 配 当 割 額 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 の3/5を 府 民 税 については 配 当 割 額 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 の2/5をそれぞれ 控 除 します なお 所 得 割 額 から 控 除 することができなかった 場 合 には 個 人 市 府 民 税 の 均 等 割 額 に 充 当 し 充 当 しきれない 場 合 には 還 付 ( 充 当 )します 個 人 市 府 民 税 ( 所 得 割 )の 特 例 退 職 所 得 に 対 する 個 人 市 府 民 税 ( 所 得 割 ) 退 職 所 得 に 対 する 個 人 市 府 民 税 の 所 得 割 の 課 税 は 基 本 的 に 他 の 所 得 と 分 離 して 課 税 されます 納 税 先 は 退 職 日 の 属 する 年 の1 月 1 日 現 在 に 居 住 する 市 町 村 です 退 職 手 当 等 の 支 払 い 時 に 手 当 等 の 支 払 者 が 税 額 を 計 算 して 退 職 手 当 等 から 特 別 徴 収 して 枚 方 市 に 申 告 納 入 さ れます 土 地 建 物 等 や 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 先 物 取 引 に 係 る 雑 所 得 所 得 税 で 分 離 課 税 されるものについては 個 人 市 府 民 税 においても 総 所 得 と 分 離 して 課 税 されます 個 人 市 府 民 税 の 減 免 火 災 や 風 水 害 等 の 天 災 にあった 人 生 活 保 護 を 受 けている 人 不 況 による 廃 業 や 倒 産 解 雇 契 約 更 新 打 ち 切 り 等 の 理 由 による 失 業 ( 転 職 結 婚 等 による 自 己 都 合 退 職 や 定 年 による 退 職 を 除 く)で 前 年 に 比 べて 所 得 が 著 しく 減 少 した 人 その 他 特 別 の 事 情 で 納 税 が 非 常 に 困 難 な 人 には 個 人 市 府 民 税 ( 納 期 を 過 ぎていない 税 額 に 限 る)を 減 免 できる 場 合 があります 必 ず 納 期 限 までに 市 民 税 課 へご 相 談 ください 16

18 個 人 市 府 民 税 の 計 算 例 通 知 書 の 見 方 モデルケース1: 給 与 収 入 のみ 給 与 所 得 者 枚 方 太 郎 さん (42 歳 )の 場 合 ( 扶 養 家 族 ) 妻 : 花 子 さん (40 歳 ) 収 入 なし 子 : 一 郎 さん (20 歳 ) 収 入 なし 子 : さくらさん (17 歳 ) 収 入 なし ( 年 末 調 整 時 に 会 社 に 申 告 した 内 容 ) ( 収 入 ) 給 与 収 入 ア5,000,000 円 ( 支 払 額 ) 社 会 保 険 料 新 生 命 保 険 料 介 護 医 療 保 険 料 新 個 人 年 金 保 険 料 地 震 保 険 料 651,000 円 144,000 円 120,000 円 130,200 円 21,500 円 ( 扶 養 家 族 ) 配 偶 者 全 員 所 得 なし ア 支 払 金 額 平 成 26 年 中 の 支 払 給 与 収 入 金 額 を 受 け です る 者 オ 摘 要 欄 扶 養 親 族 の 名 前 等 が 記 載 さ れます ( 受 給 者 交 付 用 ) 扶 養 家 族 20 歳 ( 特 定 ) 控 除 対 象 配 偶 老 者 の 有 無 等 人 17 歳 ( 一 般 ) ( 摘 要 ) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 可 能 額 花 子 一 郎 扶 16 未 外 養 歳 成 国 親 未 年 族 満 者 人 人 支 払 者 種 住 所 ( 居 所 ) 又 は 所 在 地 氏 名 又 は 名 別 給 与 賞 与 従 有 従 無 称 17 ( 所 得 金 額 ) 給 与 所 得 イ3,460,000 円 ( 所 得 控 除 額 ) ウ2,562,500 円 社 会 保 険 料 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 651,000 円 120,000 円 21,500 円 ( 人 的 控 除 額 ) 配 偶 者 控 除 380,000 円 扶 養 控 除 1,010,000 円 ( 内 訳 特 定 630,000 円 + 一 般 380,000 円 ) 基 礎 控 除 380,000 円 上 記 は 所 得 税 の 控 除 額 です 個 人 市 府 民 税 の 控 除 額 とは 異 なりますのでご 注 意 ください ( 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ) 源 泉 徴 収 票 は 事 業 所 により 一 部 様 式 が 異 なります イ 給 与 所 得 控 除 後 の 金 額 給 与 支 払 額 から 簡 易 給 与 所 得 表 または 給 与 所 得 の 算 出 表 (P,9)により 算 出 した 給 与 所 得 金 額 です 有 * 無 住 所 又 は 居 所 居 住 開 始 年 月 日 ( 受 給 者 番 号 ) (フリガナ) ヒラカタ ( 役 職 名 ) 円 円 円 円 配 偶 者 特 別 控 除 対 象 扶 養 親 族 の 数 障 害 者 の 数 社 会 保 険 料 生 命 保 険 料 地 震 保 険 料 住 宅 借 入 金 等 ( 配 偶 者 を 除 く ) ( 本 人 を 除 く ) 控 除 の 額 等 の 金 額 の 控 除 額 の 控 除 額 特 別 控 除 の 額 特 定 老 人 そ の 他 特 別 その 他 千 円 人 従 人 内 人 従 人 人 従 人 内 人 人 内 円 円 円 円 さくら 死 亡 退 職 災 害 者 平 成 26 年 分 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 支 払 金 額 5,000,000 1 枚 方 市 車 塚 株 式 会 社 商 事 カ 支 払 者 給 与 支 払 者 の 住 所 ( 所 在 地 ) 氏 名 ( 名 称 )です 給 与 所 得 控 除 後 の 金 額 1 3,460,000 円 円 円 国 民 年 金 保 険 料 等 の 金 額 介 護 医 療 保 険 料 の 金 額 配 偶 者 の 合 計 所 得 新 生 命 保 険 料 の 金 額 氏 名 ウ 所 得 控 除 の 額 の 合 計 額 所 得 税 における 所 得 控 除 額 の 合 計 額 です ( 電 話 ) 所 得 控 除 の 額 の 合 計 額 651, ,000 2,562,500 枚 方 120,000 円 旧 個 人 年 金 保 険 料 の 金 額 ( 代 ) * 21,500 円 新 個 人 年 金 保 険 料 の 金 額 タロウ 太 郎 源 泉 徴 収 税 額 120, ,200 旧 生 命 保 険 料 の 金 額 円 旧 長 期 損 害 保 険 料 の 金 額 乙 本 人 が 障 害 者 寡 婦 寡 勤 中 途 就 退 職 受 給 者 生 年 月 日 特 そ 一 特 労 就 職 退 職 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 の 学 欄 別 他 般 別 夫 生 26 エ 源 泉 徴 収 税 額 国 に 納 めた 年 間 の 所 得 税 額 です( 復 興 特 別 所 得 税 を 含 みます) 45,700 日 円 円 円

19 モデルケース1: 給 与 収 入 のみの 方 の 個 人 市 府 民 税 の 計 算 例 1 所 得 金 額 の 計 算 給 与 収 入 5,000,000 円 給 与 所 得 金 額 :(A)3,460,000 円 (P,9 参 照 ) ( 源 泉 徴 収 票 のイ 給 与 所 得 控 除 後 の 金 額 ) 2 所 得 控 除 額 の 合 計 額 を 計 算 社 会 保 険 料 控 除 651,000 円 生 命 保 険 料 控 除 70,000 円 地 震 保 険 料 控 除 10,750 円 配 偶 者 控 除 330,000 円 扶 養 控 除 780,000 円 ( 内 訳 特 定 450,000 円 + 一 般 330,000 円 ) 基 礎 控 除 330,000 円 所 得 控 除 合 計 (B)2,171,750 円 各 所 得 控 除 の 控 除 額 については P,10~11 参 照 所 得 税 の 控 除 額 とは 異 なりますのでご 注 意 ください 3 課 税 標 準 額 を 計 算 (A)-(B)( 1,000 円 未 満 切 捨 て) 課 税 標 準 額 :(C)1,288,000 円 4 所 得 割 額 を 計 算 (C) 所 得 割 の 税 率 ( 総 合 課 税 )= 算 出 所 得 割 額 P,12 参 照 算 出 所 得 割 額 - 税 額 控 除 ( 調 整 控 除 等 )= 所 得 割 額 算 出 所 得 割 額 算 出 所 得 割 額 ( 市 民 税 ):(C) 6%=(D)77,280 円 算 出 所 得 割 額 ( 府 民 税 ):(C) 4%=(E)51,520 円 税 額 控 除 (P,13~16 参 照 ) 調 整 控 除 ( 市 民 税 ):(F)9,900 円 調 整 控 除 ( 府 民 税 ):(G)6,600 円 所 得 割 額 ( 100 円 未 満 切 捨 て) 所 得 割 額 ( 市 民 税 ):(D)-(F) (H)67,300 円 所 得 割 額 ( 府 民 税 ):(E)-(G) (I)44,900 円 5 均 等 割 額 (P,12 参 照 ) 均 等 割 額 ( 市 民 税 ):(J)3,500 円 均 等 割 額 ( 府 民 税 ):(K)1,500 円 6 所 得 割 額 と 均 等 割 額 を 合 計 (H)+(J) 市 民 税 額 :70,800 円 (I) +(K) 府 民 税 額 :46,400 円 よって 市 民 税 額 + 府 民 税 額 個 人 市 府 民 税 額 :(L) 117,200 円 個 人 市 府 民 税 の 支 払 方 法 給 与 からの 特 別 徴 収 ( 会 社 天 引 き) P,6 参 照 18

20 平 成 年 度 給 与 所 得 等 に 係 る 市 町 村 民 税 道 府 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 変 更 通 知 書 ( 納 税 義 務 者 用 ) 譲 渡 一 時 給 与 所 得 等 に 係 る 市 町 村 民 税 道 府 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 変 更 通 知 書 の 見 方 給 与 所 得 等 に 係 る 市 町 村 民 税 道 府 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 変 更 通 知 書 ( 納 税 義 務 者 用 ) 平 成 27 年 度 給 与 所 得 等 に 係 る 市 民 税 府 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 変 更 通 知 書 ( 納 税 義 務 者 用 ) 市 税 額 控 除 前 所 得 割 額 受 給 者 番 号 氏 名 指 定 番 号 給 与 収 入 営 農 不 利 配 給 主 た る 給 与 総 所 得 税 額 控 除 額 枚 方 太 郎 様 所 業 雑 課 民 給 与 所 得 以 外 の 合 算 等 業 動 子 当 与 山 林 所 得 所 得 割 額 住 所 個 人 番 号 得 その 他 の 所 得 計 0 所 得 区 分 税 分 離 短 期 譲 渡 税 税 均 等 割 額 7 枚 方 市 大 垣 内 町 2 丁 目 1ー20 総 所 得 金 額 分 離 長 期 譲 渡 税 額 控 除 前 所 得 割 額 4 あなたの 特 別 徴 収 税 額 を 左 記 のとおり 決 定 ( 変 更 )したので 地 方 税 法 第 41 条 及 び 第 321 条 の4( 第 321 条 の6)の 規 定 によって 通 知 します また こ 府 の 通 知 書 の 記 載 事 項 に 不 服 がある 場 合 は この 通 知 書 を 受 け 取 った 日 の 翌 日 から 起 算 して60 日 以 内 に 市 長 に 対 して 異 議 申 立 てをすることができます 標 株 式 等 の 譲 渡 税 額 控 除 額 この 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 の 取 消 しを 求 める 訴 えは 前 記 の 異 議 申 立 てに 係 る 決 定 の 送 達 を 受 けた 日 の 翌 日 から 起 算 して6ヶ 月 以 内 に 枚 方 市 を 被 告 とし 民 上 場 株 式 等 の 配 当 て( 市 長 が 被 告 の 代 表 者 となります ) 提 起 することができます 所 得 割 額 6 準 なお 処 分 の 取 消 しの 訴 えは 前 記 の 異 議 申 立 てに 対 する 決 定 を 経 た 後 でなければ 提 起 することができないこととされていますが 1 異 議 申 立 てが 雑 損 障 寡 勤 先 物 取 引 税 均 等 割 額 あった 日 から3ヶ 月 を 経 過 しても 決 定 がないとき 2 処 分 処 分 の 執 行 又 は 手 続 きの 続 行 により 生 ずる 著 しい 損 害 を 避 けるため 緊 急 の 必 要 があると 所 き 3その 他 決 定 を 経 ないことにつき 正 当 な 理 由 があるときは 決 定 を 経 ないでも 処 分 の 取 消 しの 訴 えを 提 起 することができます 医 療 費 配 偶 者 特 別 徴 収 税 額 得 控 老 社 会 保 険 料 配 偶 者 特 別 扶 養 親 族 該 当 区 分 本 人 該 当 区 分 繰 控 除 不 足 額 9 0 平 成 26 年 5 月 15 日 小 規 模 企 業 共 済 16 未 勤 越 扶 養 特 そ 同 特 他 他 寡 特 寡 控 同 老 特 成 労 既 充 当 額 10 0 大 阪 府 枚 方 市 長 歳 の 損 印 年 学 未 生 命 保 険 料 基 礎 配 配 定 老 人 満 他 障 障 障 失 者 障 障 婦 寡 夫 生 既 納 付 額 11 0 除 額 地 震 保 険 料 所 得 控 除 合 計 * 1 1 差 引 納 付 額 (8-11-9,10) 納 6 月 分 月 分 月 分 月 分 ( 摘 要 ) 変 更 前 税 額 12 0 付 7 月 分 月 分 月 分 月 分 増 減 額 ( 8-12) 0 額 8 月 分 月 分 月 分 月 分 変 更 月 月 問 合 せ 先 枚 方 市 役 所 財 務 部 税 務 室 市 民 税 課 電 話 (072) ( 代 表 )FAX(072) 給 与 以 外 の 所 得 はその 他 所 得 の 計 に 記 載 されます 給 与 以 外 の 所 得 の 種 類 は 主 たる 給 与 以 外 の 合 算 所 得 区 分 に 示 されます 給 与 所 得 その 他 の 所 得 の 合 計 から 繰 越 損 失 等 を 控 除 した 額 です 給 与 所 得 に 係 る 課 税 標 準 は 総 所 得 3に 含 まれます P,7 参 照 平 成 27 年 度 給 与 所 得 等 に 係 る 市 民 税 府 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 変 更 通 知 書 ( 納 税 義 務 者 用 ) 所 得 譲 給 与 収 入 営 農 不 利 配 給 主 た る 給 与 渡 総 所 得 業 雑 課 給 与 所 得 一 以 外 の 合 算 山 林 所 得 その 他 の 所 得 計 等 業 動 子 当 与 0 所 得 区 分 税 分 離 短 期 譲 渡 総 所 得 金 額 分 離 長 期 譲 渡 標 株 式 等 の 譲 渡 時 所 得 控 除 雑 医 療 費 生 命 保 険 料 地 震 保 険 料 ( 摘 要 ) 損 社 会 保 険 料 配 偶 者 特 別 基 障 寡 勤 配 偶 者 小 規 模 企 業 共 済 扶 養 礎 所 得 控 除 合 計 * 1 準 上 場 株 式 等 の 配 当 先 物 取 引 控 老 扶 養 親 族 該 当 区 分 本 人 該 当 区 分 特 同 老 16 そ 同 特 他 歳 の 未 配 配 定 老 人 満 他 障 障 障 1 未 成 年 者 特 他 寡 特 寡 障 障 婦 寡 夫 勤 労 学 生 繰 越 損 失 個 人 市 府 民 税 における 所 得 控 除 額 の 内 訳 と 合 計 額 です P,10~11 参 照 所 得 控 除 のうち 扶 養 親 族 に 係 る 控 除 の 内 訳 です 所 得 控 除 のうち 本 人 に 係 る 控 除 の 内 訳 です 19

21 特 別 徴 収 税 額 です P,18の 市 府 民 税 の 計 算 例 の(D)~(L)の 項 目 が 記 載 されてい ます 税 額 市 民 税 府 民 税 税 額 控 除 前 所 得 割 額 4 税 額 控 除 額 5 所 得 割 額 6 均 等 割 額 7 税 額 控 除 前 所 得 割 額 4 税 額 控 除 額 5 所 得 割 額 6 均 等 割 額 7 特 別 徴 収 税 額 8 控 除 不 足 額 9 既 充 当 額 10 既 納 付 額 11 差 引 納 付 額 (8-11-9,10) 変 更 前 税 額 12 増 減 額 ( 8-12) 変 更 月 受 給 者 番 号 氏 名 指 定 番 号 枚 方 太 郎 様 住 所 個 人 番 号 枚 方 市 大 垣 内 町 2 丁 目 1ー あなたの 特 別 徴 収 税 額 を 左 記 のとおり 決 定 ( 変 更 )したので 地 方 税 法 第 41 条 及 び 第 321 条 の4( 第 321 条 の6)の 規 定 によって 通 知 します また こ の 通 知 書 の 記 載 事 項 に 不 服 がある 場 合 は この 通 知 書 を 受 け 取 った 日 の 翌 日 から 起 算 して60 日 以 内 に 市 長 に 対 して 異 議 申 立 てをすることができます この 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 の 取 消 しを 求 める 訴 えは 前 記 の 異 議 申 立 てに 係 る 決 定 の 送 達 を 受 けた 日 の 翌 日 から 起 算 して6ヶ 月 以 内 に 枚 方 市 を 被 告 とし て( 市 長 が 被 告 の 代 表 者 となります ) 提 起 することができます なお 処 分 の 取 消 しの 訴 えは 前 記 の 異 議 申 立 てに 対 する 決 定 を 経 た 後 でなければ 提 起 することができないこととされていますが 1 異 議 申 立 てが あった 日 から3ヶ 月 を 経 過 しても 決 定 がないとき 2 処 分 処 分 の 執 行 又 は 手 続 きの 続 行 により 生 ずる 著 しい 損 害 を 避 けるため 緊 急 の 必 要 があると き 3その 他 決 定 を 経 ないことにつき 正 当 な 理 由 があるときは 決 定 を 経 ないでも 処 分 の 取 消 しの 訴 えを 提 起 することができます 0 平 成 27 年 5 月 15 日 0 大 阪 府 枚 方 市 長 納 6 月 分 月 分 月 分 月 分 付 7 月 分 月 分 月 分 月 分 額 8 月 分 月 分 月 分 月 分 月 問 合 せ 先 枚 方 市 役 所 財 務 部 税 務 室 市 民 税 課 電 話 (072) ( 代 表 )FAX(072) 印 毎 月 の 給 与 から 徴 収 される 税 額 です (6 月 分 ~ 翌 年 5 月 まで) 20

22 モデルケース2: 年 金 収 入 のみ 公 的 年 金 受 給 者 枚 方 次 郎 さん (66 歳 )の 場 合 ( 扶 養 家 族 ) 妻 : キクさん (71 歳 ) 公 的 年 金 収 入 720,000 円 ( 収 入 ) 公 的 年 金 収 入 2,300,000 円 ( 支 払 額 ) 国 民 健 康 保 険 料 192,800 円 ( 国 民 健 康 保 険 料 年 間 納 付 済 額 通 知 書 有 り) 介 護 保 険 料 67,200 円 ( 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ) 源 泉 徴 収 票 は 年 金 支 払 者 により 様 式 が 異 なります 平 成 26 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ア 支 払 支 金 払 額 を 平 成 受 2 ける 6 年 者 中 の 公 的 年 金 収 入 です 住 所 または 居 所 氏 名 枚 方 市 大 垣 内 町 2 丁 目 1 番 20 号 枚 方 次 郎 生 年 月 日 昭 和 年 月 日 区 分 支 払 金 額 源 泉 徴 収 税 額 法 203 条 の3 第 1 号 適 用 分 法 203 条 の3 第 2 号 適 用 分 法 203 条 の3 第 3 号 適 用 分 年 金 の 種 別 老 齢 基 礎 厚 生 特 別 障 害 者 ** 2, 3 0 0, *********0 *********0 本 人 控 除 対 象 配 偶 者 の 有 無 等 その 他 の 特 別 寡 婦 老 人 控 除 対 象 有 無 障 害 者 寡 婦 寡 夫 配 偶 者 の 有 無 有 無 控 除 対 象 扶 養 親 族 の 数 本 人 以 外 の 障 害 者 の 数 特 定 0 人 老 人 0 人 その 他 0 人 特 別 0 人 [ 0 人 ] その 他 0 人 ( 摘 要 ) 社 会 保 険 料 の 内 訳 介 護 保 険 料 額 円 円 *********0 円 * * 円 *********0 円 *********0 円 社 会 保 険 料 の 金 額 円 **** 6 7, ,200 円 イ 源 泉 徴 収 税 額 国 に 納 めた 年 間 の 所 得 税 額 です ウ 社 会 保 険 料 の 金 額 公 的 年 金 か ら 特 別 徴 収 ( 引 き 落 とし)された 社 会 保 険 料 の 金 額 の 合 計 です 21

23 モデルケース2: 年 金 収 入 のみの 方 の 個 人 市 府 民 税 の 計 算 例 1 所 得 金 額 の 計 算 公 的 年 金 収 入 2,300,000 円 公 的 年 金 等 雑 所 得 金 額 :(A)1,100,000 円 ( 源 泉 徴 収 票 のア 支 払 金 額 ) (P,9 参 照 ) 2 所 得 控 除 額 の 合 計 額 を 計 算 社 会 保 険 料 控 除 260,000 円 ( 国 民 健 康 保 険 料 + 介 護 保 険 料 ) 配 偶 者 控 除 380,000 円 基 礎 控 除 330,000 円 所 得 控 除 合 計 (B)970,000 円 ( 各 所 得 控 除 の 控 除 額 については P,10~11 参 照 ) 3 課 税 標 準 額 を 計 算 (A)-(B)( 1,000 円 未 満 切 捨 て) 課 税 標 準 額 :(C)130,000 円 4 所 得 割 額 を 計 算 (C) 所 得 割 の 税 率 ( 総 合 課 税 )= 算 出 所 得 割 額 P,12 参 照 算 出 所 得 割 額 - 税 額 控 除 ( 調 整 控 除 等 )= 所 得 割 額 算 出 所 得 割 額 算 出 所 得 割 額 ( 市 民 税 ):(C) 6%=(D)7,800 円 算 出 所 得 割 額 ( 府 民 税 ):(C) 4%=(E)5,200 円 税 額 控 除 (P,13~16 参 照 ) 調 整 控 除 ( 市 民 税 ):(F)3,900 円 調 整 控 除 ( 府 民 税 ):(G)2,600 円 所 得 割 額 ( 100 円 未 満 切 捨 て) 所 得 割 額 ( 市 民 税 ):(D)-(F) (H)3,900 円 所 得 割 額 ( 府 民 税 ):(E)-(G) (I)2,600 円 5 均 等 割 額 (P,12 参 照 ) 均 等 割 額 ( 市 民 税 ) 均 等 割 額 ( 府 民 税 ) (J)3,500 円 (K)1,500 円 6 所 得 割 額 と 均 等 割 額 を 合 計 (H)+(J) 市 民 税 額 7,400 円 (I) +(K) 府 民 税 額 4,100 円 よって 市 民 税 額 + 府 民 税 額 個 人 市 府 民 税 額 (L)11,500 円 個 人 市 府 民 税 の 支 払 方 法 年 金 からの 特 別 徴 収 P,6 参 照 22

24 市 府 民 税 納 税 税 額 決 定 通 知 書 の 見 方 1 枚 目 ( 表 紙 ) 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 税 額 が 記 載 されています 大 阪 府 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 府 民 税 納 税 税 額 決 定 通 知 書 住 所 枚 方 市 大 垣 内 町 2 丁 目 1 番 20 号 平 成 26 年 中 所 得 分 指 定 番 号 個 人 番 号 納 組 お 問 合 せ 番 号 通 知 書 番 号 納 税 者 枚 方 次 郎 様 平 成 27 年 6 月 あなたの 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 は 次 の とおりです 下 記 の 納 付 税 額 を 各 納 期 限 まで に 本 書 記 載 の 納 付 場 所 で 納 めてください 賦 課 の 根 拠 納 付 場 所 その 他 については 裏 面 以 下 をご 覧 ください 1 日 年 税 額 11,500 円 特 別 徴 収 税 額 ( 給 与 ) (L) お 問 合 せ 先 電 話 ( 代 表 ) 課 税 に 関 してのお 問 合 せは 枚 方 市 役 所 FAX 納 付 に 関 してのお 問 合 せは 市 民 税 課 納 税 課 特 別 徴 収 税 額 ( 年 金 ) 0 円 期 別 第 1 期 第 2 期 第 3 期 第 4 期 5,700 円 納 期 限 平 成 27 年 6 月 30 日 平 成 27 年 8 月 31 日 平 成 27 年 11 月 2 日 平 成 27 年 12 月 25 日 同 封 の 納 付 書 で 納 めていただく 税 額 納 付 税 額 2,900 円 2,900 円 0 円 0 公 的 年 金 から 特 別 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 する 額 及 び 徴 収 月 等 については2 枚 目 をご 覧 下 さい モデルケース2の 場 合 年 金 から の 特 別 徴 収 の 開 始 年 度 となるた め 第 2 期 まで 普 通 徴 収 第 3 期 以 降 については 年 金 からの 特 別 徴 収 に 切 り 替 わります 円 5,800 普 通 徴 収 による 個 人 市 府 民 税 は 年 間 4 期 に 分 けて 納 付 します 年 税 額 によっては 第 1 期 のみの 方 もおられます 第 1 期 のみの 方 や 口 座 振 替 をされている 方 年 金 か らの 特 別 徴 収 のみの 方 は 様 式 が 異 なります 円 (A) 2 枚 目 大 阪 府 枚 方 市 P,22の(D)(F)(J)の 項 目 が 記 載 されています 他 に 税 額 控 除 等 の 該 当 があれば 記 載 されます 平 成 27 年 度 市 府 民 税 納 税 税 額 決 定 通 知 書 P,22の(E)(G)(K)の 項 目 が 記 載 されています 他 に 税 額 控 除 等 の 該 当 があれば 記 載 されます 平 成 26 年 中 所 得 分 ( 単 位 : 円 ) (B) (C) 住 所 枚 方 市 大 垣 内 町 2 丁 目 1 番 20 号 納 税 者 枚 方 次 郎 様 合 計 所 得 金 額 算 出 所 得 割 額 算 出 所 得 割 額 総 所 得 金 額 等 調 整 控 除 調 整 控 除 所 得 控 除 額 合 計 市 均 等 割 額 府 均 等 割 額 総 所 得 課 2 短 期 譲 渡 所 得 0 民 民 税 分 長 期 譲 渡 所 得 0 標 離 (L) 年 税 額 = 市 民 税 額 + 府 民 税 額 準 課 配 当 株 式 譲 渡 0 税 税 額 税 先 物 取 引 所 得 0 3 年 税 額 特 別 徴 収 税 額 ( 給 与 ) 特 別 徴 収 税 額 ( 年 金 ) 差 引 普 通 徴 収 税 額 控 除 できなかった 配 当 株 譲 割 額 控 除 額 11,500 円 円 5,700 円 5,800 円 円 期 別 第 1 期 第 2 期 第 3 期 第 4 期 納 期 限 平 成 27 年 6 月 30 日 平 成 27 年 8 月 31 日 平 成 27 年 11 月 2 日 平 成 27 年 12 月 25 日 納 付 額 2,900 円 2,900 円 0 円 0 円 平 成 27 年 6 月 1 日 充 当 額 円 円 円 円 充 当 後 納 付 額 円 円 円 円 印 平 成 27 年 度 納 付 税 額 2,900 円 2,900 円 0 円 0 円 特 別 徴 収 を 行 う 公 的 年 金 の 種 類 及 び 支 払 者 の 名 称 公 的 年 金 か ら 特 別 徴 収 の 方 法 によ っ て 徴 収 する 額 及 び 徴 収 月 支 払 者 の 名 称 厚 生 労 働 大 臣 公 的 年 金 の 種 類 老 齢 基 礎 年 金 平 成 27 年 4 月 6 月 8 月 10 月 12 月 平 成 28 年 2 月 平 4 月 6 月 円 円 円 1,900 円 1,900 円 1,900 成 円 28 1,900 円 1,900 円 前 年 度 から 引 き 続 き 年 金 からの 特 別 徴 収 の 対 象 者 である 場 合 は 前 年 に 通 知 した 上 記 の 額 を 特 別 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 します 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 する 額 については 年 金 支 払 の 際 に 上 記 の 公 的 年 金 からその 支 払 者 が 徴 収 します 年 度 23 8 月 1,900 翌 年 度 も 引 き 続 き 公 的 年 金 の 支 払 を 受 ける 場 合 は 上 記 の 額 を 特 別 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 することになりますので 地 方 税 法 第 321 条 の7の8の 規 定 によって 通 知 します 翌 年 の 4 月 以 降 に 公 的 年 金 から 仮 徴 収 される 翌 年 度 の 個 人 市 府 民 税 額 です 円

25 3 枚 目 ( 計 算 明 細 書 ) (A) 大 阪 府 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 府 民 税 計 算 明 細 書 平 成 26 年 中 所 得 分 ( 単 位 : 円 ) 住 所 枚 方 市 大 垣 内 町 2 丁 目 1 番 20 号 1の 所 得 割 額 氏 名 枚 方 次 郎 様 市 調 整 控 除 額 繰 特 同 老 家 合 計 所 得 金 額 そ 扶 養 本 人 該 当 控 対 配 居 均 等 割 額 人 越 (F) 歳 障 害 老 未 障 害 寡 婦 寡 勤 事 給 与 収 入 金 額 の 損 0 親 扶 未 成 有 無 老 専 同 特 他 特 他 一 特 夫 学 年 定 等 養 満 他 失 均 公 的 年 金 等 収 入 金 額 民 * * 公 的 年 金 雑 所 得 所 得 の 内 訳 そ の 他 総 所 得 分 離 譲 渡 所 得 等 配 偶 者 の 合 計 所 得 繰 越 損 失 の 金 額 所 得 控 除 の 種 類 と 控 除 額 です (P,10~11 参 照 ) (B) (C) 所 得 控 除 の 内 訳 課 税 標 準 額 社 会 保 険 料 控 除 配 偶 者 控 除 基 礎 控 除 所 得 控 除 額 合 計 1 総 所 得 2 分 離 課 税 3 短 期 譲 渡 所 得 長 期 譲 渡 所 得 配 当 株 式 譲 渡 先 物 取 引 所 得 P,22の(D)(F)(J)の 項 目 が 記 載 されています 他 に 税 額 控 除 等 の 該 当 があれば 記 載 されます 市 民 税 額 =(D)-(F)+(J) (100 円 未 満 切 捨 て) 税 府 民 税 1の 所 得 割 額 調 整 控 除 額 均 等 割 額 (G) 年 税 額 控 除 不 足 額 充 当 額 充 当 後 納 付 額 平 成 27 年 6 月 2 日 (D) (J) (E) (K) P,22の(E)(G)(K)の 項 目 が 記 載 されています 他 に 税 額 控 除 等 の 該 当 があれば 記 載 されます 府 民 税 額 =(E)-(G)+(K) (100 円 未 満 切 捨 て) (L) 年 税 額 = 市 民 税 額 + 府 民 税 額 (A)~(L)はモデルケース2の 個 人 市 府 民 税 の 計 算 例 (P,22)の 項 目 の 金 額 と 一 致 します 2 年 目 以 降 年 金 からの 特 別 徴 収 のみの 方 で 2 年 目 以 降 の 場 合 は 納 税 税 額 決 定 通 知 書 (2 枚 目 )が 下 記 のようになります 年 税 額 を10,200 円 と 仮 定 大 阪 府 枚 方 市 平 成 28 年 度 市 府 民 税 納 税 税 額 決 定 通 知 書 平 成 27 年 中 所 得 分 ( 単 位 : 円 ) 住 所 枚 方 市 大 垣 内 町 2 丁 目 1 番 20 号 納 税 者 枚 方 次 郎 様 合 計 所 得 金 額 個 人 市 府 民 税 の 特 別 徴 収 税 額 ( 年 金 )から 仮 徴 収 した 額 ( 総 所 得 金 額 等 1)を 差 し 引 いた 額 の1/3を 年 金 から 特 別 徴 収 します 所 得 控 除 額 合 計 市 府 1 総 所 得 特 別 徴 収 税 額 ( 年 金 )- 仮 特 別 徴 収 税 額 ( 1)= 特 別 徴 収 税 額 課 2 短 期 譲 渡 所 得 民 民 税 10,200 円 5,700 円 4,500 円 分 長 期 譲 渡 所 得 標 離 課 配 当 株 式 譲 渡 税 (1,900 税 円 3) (1,500 円 3) 準 税 先 物 取 引 所 得 額 3 年 税 額 特 別 徴 収 税 額 ( 給 与 ) 特 別 徴 収 税 額 ( 年 金 ) 平 成 年 月 日 円 円 円 印 個 人 市 府 民 税 の 仮 特 別 徴 収 税 額 と して 平 成 28 年 4 月 6 月 8 月 に 公 的 年 金 から 特 別 徴 収 する 額 です 平 成 28 年 2 月 分 と 同 額 になります 特 別 徴 収 を 行 う 公 的 年 金 の 種 類 及 び 支 払 者 の 名 称 支 払 者 の 名 称 厚 生 労 働 大 臣 公 的 年 金 の 種 類 老 齢 基 礎 年 金 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 による 徴 収 税 額 及 び 徴 収 ( 引 き 落 とし) 月 は 下 記 のとおりです 平 仮 特 別 徴 収 税 額 1 特 別 徴 収 税 額 2 成 28 平 成 28 年 4 月 6 月 8 月 10 月 12 月 平 成 29 年 2 月 年 1,900 円 1,900 円 1,900 円 1,500 円 1,500 円 1,500 円 度 平 成 29 年 度 仮 特 別 徴 収 税 額 3 平 成 29 年 4 月 6 月 8 月 1,700 円 1,700 円 1,700 円 1 あなたが 前 年 度 から 引 き 続 き 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 対 象 者 である 場 合 は 前 年 度 の 通 知 書 で 通 知 した 仮 特 別 徴 収 税 額 を 特 別 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 します 2 公 的 年 金 から 特 別 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 する 額 については 公 的 年 金 の 支 払 の 際 に 上 記 の 公 的 年 金 からその 支 払 者 が 徴 収 します 3 あなたが 本 年 度 において 公 的 年 金 からの 特 別 徴 収 の 対 象 者 であり ま た 翌 年 度 も 引 き 続 き 公 的 年 金 の 支 払 を 受 ける 場 合 は 公 的 年 金 の 支 払 者 が 翌 年 度 の 仮 特 別 徴 収 税 額 を 特 別 徴 収 の 方 法 によって 徴 収 することになりますので 地 方 税 法 第 321 条 の7の8の 規 定 により 通 知 します 翌 年 度 の 個 人 市 府 民 税 の 仮 特 別 徴 収 税 額 は 公 的 年 金 に 係 る 前 年 度 分 の 個 人 住 民 税 の2 分 の 1に 相 当 する 額 となります 24

26 寄 付 金 控 除 の 計 算 例 総 所 得 金 額 4,000,000 円 所 得 控 除 合 計 1,400,000 円 内 訳 医 療 費 控 除 400,000 円 社 会 保 険 控 除 340,000 円 配 偶 者 控 除 330,000 円 基 礎 控 除 330,000 円 寄 附 金 額 ( 市 町 村 ) 50,000 円 の 場 合 1. 課 税 総 所 得 金 額 を 計 算 します 4,000,000 円 ( 総 所 得 金 額 )- 1,400,000 円 ( 所 得 控 除 )=2,600,000 円 (1,000 円 未 満 端 数 切 捨 ) (しおりの P7 の(2) 課 税 標 準 の 算 出 より) 2. 寄 附 金 税 額 控 除 前 の 所 得 割 を 計 算 します 1 税 額 控 除 前 所 得 割 の 計 算 市 民 税 税 額 控 除 前 所 得 割 2,600,000 円 6% = 156,000 円 府 民 税 税 額 控 除 前 所 得 割 2,600,000 円 4% = 104,000 円 (しおりの P7 の(3) 所 得 割 額 の 算 出 より) 2 人 的 控 除 の 差 の 計 算 所 得 税 市 府 民 税 配 偶 者 控 除 380,000 円 - 330,000 円 = 50,000 円 基 礎 控 除 380,000 円 - 330,000 円 = 50,000 円 合 計 100,000 円 (しおりの P13 の 個 人 市 府 民 税 と 所 得 税 の 人 的 控 除 額 の 差 の 一 覧 表 より) 3 調 整 控 除 の 計 算 合 計 課 税 所 得 金 額 が 200 万 円 超 の 場 合 {100,000 円 -(2,600,000 円 - 2,000,000 円 )} 5% 算 出 した 金 額 が 2,500 円 未 満 の 場 合 は 2,500 円 ( 市 民 税 1,500 円 府 民 税 1,000 円 ) (しおりの P13 の1 調 整 控 除 より) 3. 寄 附 金 税 額 控 除 額 を 計 算 します 1 寄 附 金 控 除 額 対 象 上 限 額 との 比 較 4,000,000 円 30% = 1,200,000 円 ( 総 所 得 金 額 等 ) 1,200,000 円 が 寄 附 金 控 除 額 の 対 象 上 限 額 になります 25

27 50,000 円 < 1,200,000 円 ( 寄 附 金 ) 2 基 本 控 除 額 の 計 算 市 民 税 基 本 控 除 額 (50,000 円 - 2,000 円 ) 6% = 2,880 円 府 民 税 基 本 控 除 額 (50,000 円 - 2,000 円 ) 4% = 1,920 円 3 特 例 控 除 額 の 計 算 2,600,000 円 - 100,000 円 = 2,500,000 円 ( 課 税 総 所 得 金 額 ) ( 人 的 控 除 の 差 の 合 計 額 ) 2,500,000 円 に 対 する 特 例 控 除 適 用 率 は 79.79% (しおりの P15 特 例 控 除 適 用 率 ( 復 興 特 別 所 得 税 分 込 )より) 市 民 税 特 例 控 除 額 (50,000 円 - 2,000 円 ) 79.79% 3/5 = 22,980 円 (1 円 未 満 端 数 切 上 ) 市 民 税 特 例 控 除 上 限 額 との 比 較 税 額 控 除 前 所 得 割 156,000 円 - 市 1,500 円 = 154,500 円 154,500 円 10% = 15,450 円 ( 市 民 税 特 例 控 除 額 の 上 限 ) 22,980 円 > 15,450 円 結 果 市 民 税 の 特 例 控 除 額 は 15,450 円 府 民 税 特 例 控 除 額 (50,000 円 - 2,000 円 ) 79.79% 2/5 = 15,320 円 (1 円 未 満 端 数 切 上 ) 府 民 税 特 例 控 除 上 限 額 との 比 較 税 額 控 除 前 所 得 割 104,000 円 - 府 1,000 円 = 103,000 円 103,000 円 10% = 10,300 円 ( 府 民 税 特 例 控 除 額 の 上 限 ) 15,320 円 > 10,300 円 結 果 府 民 税 の 特 例 控 除 額 は 10,300 円 4 寄 附 金 税 額 控 除 市 民 税 寄 附 金 税 額 控 除 額 2,880 円 + 15,450 円 = 18,330 円 府 民 税 寄 附 金 税 額 控 除 額 1,920 円 + 10,300 円 = 12,220 円 4. 寄 附 金 税 額 控 除 の 適 用 後 の 所 得 割 を 計 算 します 市 民 税 156,000 円 - 1,500 円 - 18,330 円 = 136,170 円 (2.1 参 照 ) (2.3 参 照 ) (3.4 参 照 ) 市 民 税 所 得 割 136,100 円 (100 円 未 満 端 数 切 捨 ) 26

28 府 民 税 104,000 円 - 1,000 円 - 12,220 円 = 90,780 円 (2.1 参 照 ) (2.3 参 照 ) (3.4 参 照 ) 府 民 税 所 得 割 90,700 円 (100 円 未 満 端 数 切 捨 ) 5. 年 税 額 を 計 算 します 3,500 円 ( 市 民 税 均 等 割 )+ 136,100 円 ( 市 民 税 所 得 割 )+ 1,500 円 ( 府 民 税 均 等 割 )+ 90,700 円 ( 府 民 税 所 得 割 )= 231,800 円 ( 年 税 額 ) 27

29 公 的 年 金 収 入 等 が 222 万 円 超 に 対 する 税 額 調 整 の 計 算 例 税 額 調 整 とは 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 から 市 民 税 所 得 割 及 び 府 民 税 所 得 割 の 算 出 税 額 ( 調 整 控 除 寄 附 金 税 額 控 除 外 国 税 額 控 除 配 当 控 除 及 び 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 の 適 用 後 )の 合 計 額 を 除 いた 金 額 が 所 得 割 の 非 課 税 基 準 額 を 下 回 るときは 下 回 る 額 を 算 出 税 額 から 減 額 する 調 整 措 置 です 公 的 年 金 収 入 等 合 計 所 得 金 額 総 所 得 金 額 等 所 得 控 除 合 計 内 訳 社 会 保 険 控 除 配 偶 者 控 除 基 礎 控 除 2,220,300 円 1,020,300 円 1,020,300 円 1,000,000 円 340,000 円 330,000 円 330,000 円 の 場 合 1. 市 府 民 税 の 非 課 税 判 定 をします 均 等 割 1,020,300 円 > 35 万 円 ( )+ 加 算 額 21 万 円 = 91 万 円 ( 合 計 所 得 金 額 ) ( 本 人 )( 控 除 対 象 配 偶 者 ) 所 得 割 1,020,300 円 > 35 万 円 ( )+ 加 算 額 32 万 円 = 102 万 円 ( 総 所 得 金 額 等 ) ( 本 人 )( 控 除 対 象 配 偶 者 ) 合 計 所 得 金 額 と 総 所 得 金 額 等 は 判 定 額 を 上 回 るため 非 課 税 ではない 2. 課 税 総 所 得 金 額 を 計 算 します 1,020,300 円 ( 総 所 得 金 額 等 )- 1,000,000 円 ( 所 得 控 除 )=20,300 円 課 税 総 所 得 金 額 20,000 円 (1,000 円 未 満 端 数 切 捨 ) (しおりの P7 の(2) 課 税 標 準 の 算 出 より) 3. 税 額 調 整 前 の 所 得 割 を 計 算 します 1 税 額 控 除 前 所 得 割 の 計 算 市 民 税 税 額 控 除 前 所 得 割 20,000 円 6% = 1,200 円 府 民 税 税 額 控 除 前 所 得 割 20,000 円 4% = 800 円 (しおりの P7 の(3) 所 得 割 額 の 算 出 より) 2 人 的 控 除 の 差 の 計 算 所 得 税 市 府 民 税 配 偶 者 控 除 380,000 円 - 330,000 円 = 50,000 円 基 礎 控 除 380,000 円 - 330,000 円 = 50,000 円 合 計 100,000 円 (しおりの P13 の 個 人 市 府 民 税 と 所 得 税 の 人 的 控 除 額 の 差 の 一 覧 表 より) 28

30 3 調 整 控 除 の 計 算 合 計 課 税 所 得 金 額 が 200 万 円 以 下 の 場 合 次 のいずれか 少 ない 方 の 額 の 5%( 市 民 税 3% 府 民 税 2%) 人 的 控 除 の 差 の 合 計 額 100,000 円 合 計 課 税 所 得 金 額 20,000 円 合 計 課 税 所 得 金 額 の 方 が 少 ないため 市 民 税 調 整 控 除 20,000 円 3% = 600 円 府 民 税 調 整 控 除 20,000 円 2% = 400 円 (しおりの P13 の1 調 整 控 除 より) 4 税 額 調 整 前 の 所 得 割 を 計 算 市 民 税 1,200 円 円 = 600 円 (3.1 参 照 ) (3.3 参 照 ) 府 民 税 800 円 円 = 400 円 (3.1 参 照 ) (3.3 参 照 ) 税 額 調 整 前 の 所 得 割 とは 税 額 控 除 前 所 得 割 から 調 整 控 除 配 当 控 除 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 寄 附 金 税 額 控 除 外 国 税 額 控 除 を 差 し 引 いた 額 です 4. 税 額 調 整 の 適 否 1 税 額 調 整 の 適 用 判 定 35 万 円 (1+1) + 加 算 額 32 万 円 > 1,020,300 円 - (600 円 +400 円 ) ( 所 得 割 非 課 税 基 準 の 金 額 ) ( 総 所 得 金 額 等 ) (3 4 参 照 ) 1,020,000 円 > 1,019,300 円 所 得 割 非 課 税 基 準 の 金 額 以 下 のため 税 額 調 整 が 適 用 される 5. 税 額 調 整 を 計 算 します 算 出 税 額 に 対 する 市 民 税 の 割 合 600 円 (600 円 円 )=0.6 (1,020,000 円 - 1,019,300 円 ) 0.6 = 420 円 ( 所 得 割 非 課 税 基 準 の 金 額 ) (4.1 参 照 ) 市 民 税 税 額 調 整 420 円 算 出 税 額 に 対 する 府 民 税 の 割 合 400 円 (600 円 円 )=0.4 (1,020,000 円 - 1,019,300 円 ) 0.4 = 280 円 29

31 ( 所 得 割 非 課 税 基 準 の 金 額 ) (4.1 参 照 ) 府 民 税 税 額 調 整 280 円 6. 税 額 調 整 の 適 用 後 の 所 得 割 を 計 算 します 市 民 税 1,200 円 円 円 = 180 円 (3.1 参 照 ) (3.3 参 照 ) (5. 参 照 ) 市 民 税 所 得 割 100 円 (100 円 未 満 端 数 切 捨 ) 府 民 税 800 円 円 円 = 120 円 (3.1 参 照 ) (3.3 参 照 ) (5. 参 照 ) 府 民 税 所 得 割 100 円 (100 円 未 満 端 数 切 捨 ) 7. 年 税 額 を 計 算 します 3,500 円 ( 市 民 税 均 等 割 )+ 100 円 ( 市 民 税 所 得 割 )+ 1,500 円 ( 府 民 税 均 等 割 )+ 100 円 ( 府 民 税 所 得 割 )= 5,200 円 ( 年 税 額 ) 30

32 税 制 改 正 の 項 目 個 人 市 府 民 税 税 制 改 正 の 主 な 項 目 ふるさと 寄 附 金 について 特 例 控 除 額 の 拡 充 平 成 28 年 度 から 特 例 控 除 額 の 上 限 が 住 民 税 所 得 割 額 の1 割 から2 割 に 変 更 されることになりました ふるさと 寄 附 金 のワンストップ 特 例 制 度 が 創 設 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 の 寄 附 金 から 適 用 ) 確 定 申 告 が 不 要 な 給 与 所 得 者 等 について ふるさと 寄 附 金 先 の 団 体 が 少 ない 場 合 (5ヶ 所 以 下 )に 限 り ふるさと 寄 附 金 先 団 体 に 申 請 されることによって 市 町 村 間 で 通 知 を 行 い 住 民 税 申 告 や 確 定 申 告 なしでふるさと 寄 附 金 に 係 る 寄 附 金 控 除 が 受 けられる 特 例 的 な 仕 組 み(ワンストップ 特 例 制 度 )を 創 設 します なお ワンストップ 特 例 の 申 請 をされた 方 が 医 療 費 控 除 などの 申 告 や 所 得 の 申 告 などにより 確 定 申 告 や 住 民 税 申 告 をしなければならなくなった 場 合 には 寄 附 金 の 申 告 をお 忘 れなきようご 注 意 ください 5カ 所 を 超 える 市 町 村 に 申 請 を 行 った 場 合 はワンストップ 特 例 の 申 請 は 無 効 となり 申 請 特 例 控 除 額 は 適 用 されませ ん 住 宅 ローン 控 除 の 延 長 拡 充 消 費 税 率 の 引 上 げに 伴 う 影 響 を 平 準 化 する 観 点 から 住 宅 ローン 控 除 の 対 象 となる 入 居 日 が 平 成 26 年 1 月 1 日 か ら 平 成 31 年 6 月 30 日 まで5 年 半 延 長 され その 期 間 のうち 平 成 26 年 4 月 1 日 からの 新 しい 消 費 税 率 で 住 宅 を 購 入 さ れた 入 居 者 の 方 は 所 得 税 の 課 税 総 所 得 金 額 等 の7% 最 高 136,500 円 まで 控 除 限 度 額 が 拡 充 されます ( 対 象 となる 入 居 日 及 び 金 額 ) 平 成 26 年 1 月 1 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 : 所 得 税 の 課 税 総 所 得 金 額 等 の5%( 最 高 97,500 円 ) 平 成 26 年 4 月 1 日 ~ 平 成 31 年 6 月 30 日 : 所 得 税 の 課 税 総 所 得 金 額 等 の7%( 最 高 136,500 円 ) 注 注 : 住 宅 取 得 に 係 る 消 費 税 率 が8%または10%になった 場 合 の 限 度 額 であり それ 以 外 の 場 合 の 控 除 限 度 額 は 現 行 どおりとなります 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 及 び 譲 渡 所 得 等 に 対 する 軽 減 税 率 の 廃 止 上 場 株 式 等 の 配 当 譲 渡 所 得 等 に 係 る 税 率 は 平 成 25 年 12 月 31 日 まで10%( 所 得 税 7% 住 民 税 3%)の 軽 減 税 率 が 適 用 されていますが 平 成 26 年 1 月 1 日 から 軽 減 税 率 が 廃 止 され 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)となりまし た なお 平 成 25 年 分 からは 所 得 税 額 に 復 興 特 別 所 得 税 が 加 算 されています 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 譲 渡 益 等 の 非 課 税 措 置 の 創 設 平 成 26 年 1 月 より 最 大 500 万 円 の 上 場 株 式 や 株 式 投 資 信 託 等 への 非 課 税 投 資 を 可 能 とする 非 課 税 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 および 株 式 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 措 置 が 創 設 されました 口 座 開 設 期 間 は 平 成 26 年 1 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの10 年 間 毎 年 100 万 円 5 年 間 で500 万 円 ま での 投 資 について 非 課 税 口 座 内 の 配 当 や 売 却 で 得 た 利 益 運 用 から 出 た 分 配 金 が 最 長 5 年 間 非 課 税 となります 31

33 日 本 国 外 に 居 住 する 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 などの 書 類 の 添 付 等 義 務 化 ( 平 成 29 年 度 申 告 分 以 降 の 適 用 ) 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 の 適 用 の 適 正 化 の 観 点 から 適 用 を 受 ける 納 税 者 に 対 し 親 族 関 係 書 類 の 添 付 等 を 義 務 づけすることとなりました なお 平 成 28 年 分 所 得 に 対 する29 年 度 申 告 分 以 降 か らの 適 用 となります 32

34 法 人 の 市 民 税 法 人 市 民 税 は 枚 方 市 内 に 事 務 所 や 事 業 所 を 有 する 法 人 に 対 し 課 税 される 税 金 です 法 人 税 ( 国 税 )を 課 税 標 準 とし 法 人 の 所 得 に 対 して 課 税 される 法 人 税 割 と 利 益 の 有 無 に 関 わらず 行 政 サービスとの 応 益 性 に 着 目 して 課 税 される 均 等 割 があります 納 税 義 務 者 と 申 告 納 付 枚 方 市 内 に 事 務 所 や 事 業 所 を 有 する 株 式 会 社 や 協 同 組 合 医 療 法 人 などの 法 人 が 納 税 義 務 者 となります 事 業 年 度 ( 決 算 ) 終 了 の 日 の 翌 日 から 2 ヶ 月 以 内 に 課 税 標 準 および 税 額 を 算 出 し その 内 容 を 申 告 するとともに 税 額 を 納 付 します( 申 告 納 付 ) 申 告 書 は 事 業 年 度 ( 決 算 ) 終 了 の 翌 月 に 送 付 します 均 等 割 の 税 率 資 本 金 等 の 額 ( )と 市 内 の 事 務 所 または 寮 等 の 従 業 者 数 の 合 計 により 税 率 が 異 なり 収 益 に 関 係 なく 課 税 されま す 税 率 は 下 表 のとおりです 資 本 金 等 の 額 市 内 の 従 業 者 数 の 合 計 税 率 50 億 円 を 超 える 法 人 50 人 超 300 万 円 10 億 円 を 超 え50 億 円 以 下 の 法 人 50 人 超 175 万 円 10 億 円 を 超 える 法 人 50 人 以 下 41 万 円 1 億 円 を 超 え10 億 円 以 下 の 法 人 50 人 超 40 万 円 1 億 円 を 超 え10 億 円 以 下 の 法 人 50 人 以 下 16 万 円 1 千 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 の 法 人 50 人 超 15 万 円 1 千 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 の 法 人 50 人 以 下 13 万 円 1 千 万 円 以 下 の 法 人 50 人 超 12 万 円 上 記 以 外 の 法 人 5 万 円 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 として 法 人 税 法 施 行 令 第 8 条 に 規 定 する 金 額 です 原 則 資 本 金 等 の 額 を 課 税 標 準 としますが 1 資 本 金 等 の 額 が 2 資 本 金 と 資 本 準 備 金 の 合 計 額 を 下 回 る 場 合 は 2を 課 税 標 準 とします 資 本 金 等 の 額 および 従 業 者 数 の 合 計 ( 市 内 に 有 する 事 務 所 または 寮 等 の 従 業 者 数 の 合 計 )については 事 業 年 度 の 末 日 で 判 定 します 事 業 年 度 の 途 中 で 新 設 または 廃 止 され 事 務 所 を 有 した 期 間 が12ヶ 月 に 満 たない 場 合 は 月 割 により 算 定 します 法 人 税 割 の 税 率 国 税 である 法 人 税 額 を 課 税 標 準 として 算 出 します 法 人 税 額 税 率 = 法 人 税 割 額 平 成 26 年 度 の 税 制 改 正 により 税 率 は 事 業 年 度 の 開 始 日 によって 下 記 のとおり 異 なります 事 業 年 度 の 開 始 日 税 率 平 成 26 年 9 月 30 日 以 前 14.7% 平 成 26 年 10 月 1 日 以 後 12.1% 2 以 上 の 市 町 村 に 事 務 所 がある 法 人 の 場 合 は 従 業 者 数 によって 市 町 村 ごとに 法 人 税 額 を 按 分 します 33

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得 平 成 28 年 度 市 民 税 道 民 税 申 告 の 手 引 き 千 歳 市 申 告 書 を 作 成 する 前 にお 読 みください 所 得 税 の 確 定 申 告 をする(した) 方 は この 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません 住 所 氏 名 生 年 月 日 世 帯 主 の 氏 名 世 帯 主 との 続 柄 電 話 番 号 ( 申 告 の 内 容 等 についてお 尋 ねする

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 平 成 28 年 度 の 市 民 税 県 民 税 は 前 年 中 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ら 12 月 31 日 まで)の 所 得 を 基 に 計 算 されます この 手 引 きは 市 民 税 県 民 税 申 告 に 関 する 概 略 を 載 せています 手 引 きを 参 考 に 前 年 中 の 所 得 について 期

More information

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た 3 市 民 税 県 民 税 市 民 税 は 一 般 に 県 民 税 と 合 わせて 住 民 税 ( 市 民 税 県 民 税 )と 呼 ばれ 地 域 社 会 会 費 として 住 民 がそ 能 力 に 応 じて 広 く 負 担 を 分 かち 合 うという 性 格 を 有 する 税 です 市 民 税 には 個 人 が 負 担 する 個 人 市 民 税 と 会 社 などが 負 担 する 法 人 市 民 税

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定 申 告 書 の 書 き 方 申 告 書 の 各 項 目 に 記 入 してください 給 与 公 的 年 等 の 収 入 があった 人 事 業 や 不 動 産 による 収 入 があった 人 平 成 27 年 中 に 収 入 がなかった 人 申 告 書 表 面 カキ 67 10~21 申 告 書 表 面 アイウ 123 10~21 申 告 書 裏 面 (1)(2)(3) 申 告 書 表 面 16~21 申

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

平 成 28 年 度 版 岩 出 市 誕 生 10 周 年 記 念 ロゴマーク 2,749 円 1,717 円 1,358 円 1,135 円 1,090 円 889 円 607 円 301 円 154 円 平 成 26 年 度 1 課 税 所 得 金 額 に 応 じた 税 額 を 負 担 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 も 含 みます 3,500 2,000 2 公 的 年 金 等 の 雑

More information

5 市 民 県 民 申 告 が 必 要 かどうかフローチャート 確 定 申 告 をされますか? 市 民 県 民 申 告 は 必 要 ありません 平 成 28 年 月 日 現 在 市 に 住 ( 住 民 登 録 )がありましたか? 月 日 現 在 住 地 で 申 告 してください 公 的 年 受 給

5 市 民 県 民 申 告 が 必 要 かどうかフローチャート 確 定 申 告 をされますか? 市 民 県 民 申 告 は 必 要 ありません 平 成 28 年 月 日 現 在 市 に 住 ( 住 民 登 録 )がありましたか? 月 日 現 在 住 地 で 申 告 してください 公 的 年 受 給 平 成 28 年 度 市 民 県 民 ( 国 民 健 康 保 険 ) 申 告 ご 案 内 申 告 書 を 提 出 する 必 要 ある 方 平 成 28 年 月 日 に 市 内 に 住 があり 平 成 27 年 中 に があった 方 は 市 民 県 民 申 告 書 を 提 出 してください ただし 次 方 は 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません () 確 定 申 告 書 を 提 出 した

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63> 平 成 年 度 市 民 県 民 申 告 の 手 引 き 日 頃, 本 市 の 務 事 務 にご 協 力 をいただきましてありがとうございます 市 民 県 民 申 告 は,この 手 引 きをご 参 照 のうえ, 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたし ます ( 申 告 期 限 近 くは, 大 変 混 雑 しますのでお 早 めにお 願 いいたします ) この 申 告 は,あなたの

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

3 給 与 が 毎 月 支 給 されていない 給 与 受 給 当 該 年 度 において 給 与 が 支 給 されない 月 が 生 じる( 派 遣 労 働 等 のインターバル 期 間 事 業 閉 鎖 )ことが 見 込 まれる 給 与 受 給 特 別 徴 収 義 務 指 定 後 において 同 様 の 状

3 給 与 が 毎 月 支 給 されていない 給 与 受 給 当 該 年 度 において 給 与 が 支 給 されない 月 が 生 じる( 派 遣 労 働 等 のインターバル 期 間 事 業 閉 鎖 )ことが 見 込 まれる 給 与 受 給 特 別 徴 収 義 務 指 定 後 において 同 様 の 状 平 成 28 年 度 町 民 税 県 民 税 の 特 別 徴 収 事 務 の 手 引 き 神 奈 川 県 と 県 内 すべての 市 町 村 から 重 要 なお 知 らせです 神 奈 川 県 内 の 33 市 町 村 では 平 成 26 年 7 月 29 日 に 平 成 28 年 度 までに 特 別 徴 収 義 務 となるべき 事 業 に 対 して 特 別 徴 収 義 務 の 指 定 ( 特 別 徴

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

H27府民税申告書の書き方_表-1

H27府民税申告書の書き方_表-1 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 府 民 税 申 告 書 の 書 き 方 日 ごろから 税 務 行 政 にご 協 力 いただきありがとうございます さて 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 府 民 税 申 告 書 を 送 付 いたしましたので この 説 明 書 をご 参 照 のうえ ご 提 出 いただきますようお 願 いします 申 告 が 必 要 な 人 税

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

申 告 する および は 平 成 7 年 月 日 から 平 成 7 年 月 日 まで 年 間 分 です 記 載 例 平 成 8 年 度 申 告 書 会 社 員 業 種 又 は 職 業 (あて 先 ) 住 輪 島 二 ツ 屋 町 字 9 番 地 輪 島 長 ( 自 宅 勤 務 先 携 帯 ) 電 話

申 告 する および は 平 成 7 年 月 日 から 平 成 7 年 月 日 まで 年 間 分 です 記 載 例 平 成 8 年 度 申 告 書 会 社 員 業 種 又 は 職 業 (あて 先 ) 住 輪 島 二 ツ 屋 町 字 9 番 地 輪 島 長 ( 自 宅 勤 務 先 携 帯 ) 電 話 平 成 8 年 度 申 告 書 手 引 き 申 告 書 提 出 期 限 は 月 5 日 ( 火 )です 申 告 しなければならない 人. 平 成 8 年 月 日 現 在 輪 島 にお 住 まい 方 で 平 成 7 年 月 から 月 まで 間 に 各 種 ( 内 職 パート 日 雇 い 等 も 含 みます )あった 人. 給 与 公 的 年 等 者 で 医 療 費 生 命 保 険 料 などを 受 けようとする

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

目 次 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなければならない 人 1 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなくてよい 人 1 申 告 に 必 要 なもの 1 非 課 税 の 範 囲 2 お 問 い 合 わせ 先 2 市 民 税 県 民

目 次 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなければならない 人 1 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなくてよい 人 1 申 告 に 必 要 なもの 1 非 課 税 の 範 囲 2 お 問 い 合 わせ 先 2 市 民 税 県 民 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 手 引 き 平 成 28 年 1 月 佐 世 保 市 市 民 税 課 目 次 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなければならない 人 1 市 民 税 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 をしなくてよい 人 1 申 告 に 必 要 なもの 1 非 課 税 の 範 囲

More information

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 県 民 税 申 告 の 手 引 き 渋 川 市 市 民 税 県 民 税 につきましては 日 ごろからご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 県 民 税 の 申 告 は 皆 様 からの 申 告 に 基 づいて 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 手 続 きです 今 回 申 告 していただく 所 得 は 平 成 27

More information

平成23年度 市民税・県民税申告の手引き

平成23年度 市民税・県民税申告の手引き 平 成 28 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から 本 市 務 行 政 運 営 につきまして 御 理 解 御 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます 平 成 28 月 日 現 在 市 に 住 がある 方 は 平 成 27 月 日 から 2 月 3 日 まで 間 収 入 を こ 手 引 きを 御 参 照 上 市 県 申 告 書 に 記 入 していただき 申 告 期 限 [3 月

More information

<8EE888F882AB838C83438341834583678D5A90B397702068705F32362E786C73>

<8EE888F882AB838C83438341834583678D5A90B397702068705F32362E786C73> (こ 申 告 手 引 きは 平 成 25 12 月 現 在 で 作 成 しております) こ 申 告 書 は あなた を 正 しく 算 出 す 基 礎 資 料 となほか 納 証 明 書 課 証 明 書 など 発 行 にあ たって 資 料 ともなもですから3 月 17 日 までに 提 出 して なお 文 中 で 使 用 す 平 成 25 中 平 成 25 分 とは 平 成 25 1 月 1 日 から 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20485097702081798CB48D65817A905C8D908F918EE888F882AB48323794C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20485097702081798CB48D65817A905C8D908F918EE888F882AB48323794C5> 市 県 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 料 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きでは 市 県 民 税 の 申 告 にあたって 必 要 な 所 得 や 税 額 の 計 算 に 関 する 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 税 制 改 正 により 税 率 所 得 控 除 等 が 改 正 されたときは 改 正 後 の

More information

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉 平 成 27 年 度 霧 島 市 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 手 引 き 申 告 目 的 につて かねてより 本 市 税 務 行 政 にご 協 力 をただきありがとうござます 平 成 27 年 度 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 受 付

More information

市 税 納 期 カレンダー 平 成 8 年 度 の 市 税 の 納 期 は 次 のとおりです 平 成 8 年 4 月 平 成 8 年 5 月 平 成 8 年 6 月 平 成 8 年 7 月 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 1 期 分 軽 自 動 車 税 定 期 分 個 人 市 民 税 ( 普

市 税 納 期 カレンダー 平 成 8 年 度 の 市 税 の 納 期 は 次 のとおりです 平 成 8 年 4 月 平 成 8 年 5 月 平 成 8 年 6 月 平 成 8 年 7 月 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 1 期 分 軽 自 動 車 税 定 期 分 個 人 市 民 税 ( 普 税 の 知 識 平 成 8 年 度 版 横 浜 市 市 税 納 期 カレンダー 平 成 8 年 度 の 市 税 の 納 期 は 次 のとおりです 平 成 8 年 4 月 平 成 8 年 5 月 平 成 8 年 6 月 平 成 8 年 7 月 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 1 期 分 軽 自 動 車 税 定 期 分 個 人 市 民 税 ( 普 通 徴 収 ) 1 期 分 固 定 資 産 税

More information

申 告 書 の 書 き 方 住 所 氏 名 など 住 所 現 住 所 欄 に 現 在 の 住 所 を 記 入 してください 1 月 1 日 現 在 の 住 所 欄 には 平 成 28 年 1 月 1 日 の 住 所 が 現 住 所 と 異 なる 場 合 に 記 入 してください なお 方 書 または

申 告 書 の 書 き 方 住 所 氏 名 など 住 所 現 住 所 欄 に 現 在 の 住 所 を 記 入 してください 1 月 1 日 現 在 の 住 所 欄 には 平 成 28 年 1 月 1 日 の 住 所 が 現 住 所 と 異 なる 場 合 に 記 入 してください なお 方 書 または 平 成 28 年 度 分 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 1 申 告 書 を 提 出 する 必 要 のある 方 平 成 28 年 1 月 1 日 に 名 古 屋 市 内 に 住 所 があり 平 成 27 年 中 に 所 得 があった 方 は 市 民 税 県 民 税 申 告 書 を 提 出 してください ただし 次 の 方 は 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません (1)

More information

税 の 計 算 方 法 税 率 ( 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 は 計 算 方 法 が 異 なります ) 前 年 総 所 得 金 - 市 民 税 県 民 税 の 税 率 市 民 税 県 民 税 均 等 割 3,500 円 1,900 円 所 得 割 税 率 6% 4% 分 離 課 税

税 の 計 算 方 法 税 率 ( 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 は 計 算 方 法 が 異 なります ) 前 年 総 所 得 金 - 市 民 税 県 民 税 の 税 率 市 民 税 県 民 税 均 等 割 3,500 円 1,900 円 所 得 割 税 率 6% 4% 分 離 課 税 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 市 民 税 県 民 税 の 申 告 につきましては 毎 年 皆 様 のご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 書 をお 送 りしますので 本 手 引 きと 別 紙 書 き 方 例 を 参 考 にし ご 記 入 の 上 申 告 をお 願 いします 平 成 28 年 度 の 市

More information

+

+ 平 成 26 年 度 申 告 の 手 引 き 大 崎 市 総 務 部 税 務 課 市 民 税 担 当 各 総 合 支 所 市 民 福 祉 課 - 0 - 平 成 26 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 について 日 ごろ 市 税 の 申 告 や 納 税 にご 協 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 今 年 も 市 民 税 県 民 税 の 申 告 をしていただく 時 期 がまいりました

More information

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉 平 成 28 年 度 霧 島 市 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 手 引 き 申 告 目 的 につて かねてより 本 市 税 務 行 政 にご 協 力 をただきありがとうござます 平 成 28 年 度 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 受 付

More information

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制 3 地 方 率 等 推 移 -1- 昭 和 25 年 均 等 割 標 準 率 400~1,800 円 制 限 率 500~1,000 円 第 1 課 方 式 ( 所 得 割 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20 賦 課 期 日 8 月 1 日 昭 和 26 年 昭 和 27

More information

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ -- 4 配 当 所 がある 方 で 次 に 該 当 する 場 合 5 平 成 8 年 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から, 当 市 務 行 政 に 格 別 ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて, 平 成 8 年 度 市 県 申 告 期 間 は, 平 成 8 年 月 6 日 ( 火 )から3 月 5 日 ( 火 )までです 申 告 書 に 平 成 7

More information

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個 所 得 税 ( 国 税 )のあらまし 税 額 の 計 算 方 法 市 県 民 税 所 得 割 の 計 算 方 法 とほぼ 同 じです 総 合 課 税 ( 所 得 金 額 - 所 得 控 除 額 ) 税 率 - 税 額 控 除 額 ( 課 税 される 所 得 金 額 ) 分 離 課 税 退 職 所 得 山 林 所 得 土 地 建 物 株 式 等 の 譲 渡 所 得 などは 他 の 所 得 と 分 離

More information

平 成 27 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 ( 平 成 26 年 分 所 得 税 の 確 定 申 告 )を 行 う 時 期 とな りました 所 得 の 申 告 は 市 民 税 県 民 税 や 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 等 の 賦 課 資 料 と なりますので 申

平 成 27 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 ( 平 成 26 年 分 所 得 税 の 確 定 申 告 )を 行 う 時 期 とな りました 所 得 の 申 告 は 市 民 税 県 民 税 や 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 等 の 賦 課 資 料 と なりますので 申 平 成 27 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 この 社 会 あなたの 税 がいきている 岩 沼 市 総 務 部 税 務 課 平 成 27 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 ( 平 成 26 年 分 所 得 税 の 確 定 申 告 )を 行 う 時 期 とな りました 所 得 の 申 告 は 市 民 税 県 民 税 や 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 等

More information

H28市・県民税申告書手引き(簡易)-色替

H28市・県民税申告書手引き(簡易)-色替 成 28 年 度 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 簡 易 申 告 書 ) 仙 台 市 素 は, 本 市 の 税 務 行 政 につきましてご 理 解 とご 協 力 いただき, 誠 にありがとうございます この 申 告 の 手 引 き は 成 28 年 度 申 告 書 の 記 載 方 法 等 について 説 明 しています 申 告 書 の 該 当 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 したうえで, 仙

More information

日 ごろから 市 民 税 県 民 税 の 特 別 にご 協 力 をいただきありがとうございます 特 別 事 務 を 行 っていただく 際 には この しおり をご 覧 いただき 市 民 税 県 民 税 の 特 別 になお 一 層 のご 理 解 とご 協 力 をいただきますようお 願 いします 名 古

日 ごろから 市 民 税 県 民 税 の 特 別 にご 協 力 をいただきありがとうございます 特 別 事 務 を 行 っていただく 際 には この しおり をご 覧 いただき 市 民 税 県 民 税 の 特 別 になお 一 層 のご 理 解 とご 協 力 をいただきますようお 願 いします 名 古 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 給 与 所 得 等 に 係 る 特 別 のしおり 特 別 税 額 の 通 知 書 ( 納 税 義 務 者 用 )について 平 成 28 年 度 から 個 人 情 報 保 護 のため 圧 着 した 様 式 に 変 更 しました 必 ず 圧 着 した 状 態 で お 早 めに 従 業 員 ( 納 税 者 )の 方 へお 渡 しください 名 古 屋 市 名 古

More information

<817995A19094944E937894C5817A8F5A96AF90C5905C8D90288D5A97B9292E786C73>

<817995A19094944E937894C5817A8F5A96AF90C5905C8D90288D5A97B9292E786C73> 市 民 税 県 民 税 申 の 手 引 き この 手 引 き 市 民 税 県 民 税 申 を 作 成 する 際 の 一 般 的 な 事 項 を 説 明 しています 申 についてお 分 かりにならない 点 がありましたら 税 務 課 に おたずねください 申 笠 間 市 ホームページからダウンロードできます なお 本 庁 税 務 課 笠 間 支 所 地 域 課 岩 間 支 所 地 域 課 にも 用 意

More information

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

広報みなと2月1日特集号

広報みなと2月1日特集号 金 特 集 号 平 成 26 年 2014 年 2.1 3578-2111 FAX 3578-2634 務 課 http://www.city.minato.tokyo.jp 個 住 民 特 別 区 民 都 民 の 仕 組 み 均 等 割, 割 住 民 と の 主 な 違 い 住 民 均 等 割 あり なし にかかる 率 10% 分 離 課 を 除 く 特 別 区 民 6% 都 民 4% 率 5%~40%

More information

申 告 書 の 書 き 方 1 収 入 金 額 等 欄 所 得 の 種 類 ごとに 前 年 中 の 収 入 金 額 を 記 入 します 収 入 金 額 とは 収 入 する 権 利 が 確 定 した 金 額 のことで 未 収 入 金 や 自 家 消 費 分 も 含 まれます なお 給 与 事 業 専

申 告 書 の 書 き 方 1 収 入 金 額 等 欄 所 得 の 種 類 ごとに 前 年 中 の 収 入 金 額 を 記 入 します 収 入 金 額 とは 収 入 する 権 利 が 確 定 した 金 額 のことで 未 収 入 金 や 自 家 消 費 分 も 含 まれます なお 給 与 事 業 専 平 成 27 年 度 の 申 告 の 手 引 き 申 告 の 必 要 がある 方 平 成 27 年 度 1 月 1 日 現 在 において 市 内 に 住 所 がある 方 は 次 の(1)から(3)に 該 当 する 方 を 除 き 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 ) 申 告 書 を 市 役 所 に 提 出 していただく 必 要 があります (1) の 確 定 申 告 書 を 提 出 した

More information

26表紙1.2.3.indd

26表紙1.2.3.indd 平 成 26 年 度 ( 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 ) 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 のしおり 給 与 支 払 報 告 特 別 徴 収 にかかる 給 与 所 得 異 動 届 出 書 (13 14 ページ) 特 別 徴 収 への 切 替 申 請 書 (15 ページ) 特 別 徴 収 義 務 の 所 在 地 名 称 変 更 通 知 書 (16 ページ) 市 県 民

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

給 与 所 得 金 額 の 速 算 表 B=A 4( 千 未 満 の 端 数 切 捨 て) 給 与 等 の 収 入 金 額 A 給 与 所 得 の 金 額 給 与 等 の 収 入 金 額 A 給 与 所 得 の 金 額 ~650,999 0,628,000 ~,799,999 B 2.4 65,00

給 与 所 得 金 額 の 速 算 表 B=A 4( 千 未 満 の 端 数 切 捨 て) 給 与 等 の 収 入 金 額 A 給 与 所 得 の 金 額 給 与 等 の 収 入 金 額 A 給 与 所 得 の 金 額 ~650,999 0,628,000 ~,799,999 B 2.4 65,00 市 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 申 告 書 の 番 号 に 沿 って 説 明 していますので 該 当 するところに 記 入 してください 平 成 28 年 度 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 申 告 書 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 申 告 用 行 政 区 番 号 個 人 番 号 受 付 印 加 西 市 長 様 月 日 現 在 の 住 所 フリカ ナ 提

More information

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc 3. 地 方 率 等 推 移 一 覧 表 -1- 区 分 昭 和 25 年 昭 和 26 年 昭 和 27 年 均 等 割 標 準 率 400~ 800 円 制 限 率 500~1,000 円 所 得 割 第 1 課 方 式 ( 所 得 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203195BD90AC3238944E93788E7396AF90C581458CA796AF90C5905C8D9082CC82B288C493E081458B4C8DDA97E181698267826F816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203195BD90AC3238944E93788E7396AF90C581458CA796AF90C5905C8D9082CC82B288C493E081458B4C8DDA97E181698267826F816A> 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 のご 案 内 本 市 の 税 務 行 政 につきましては 日 ごろからご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 今 年 も 申 告 時 期 を 迎 えました このご 案 内 記 入 例 を 参 考 に 申 告 書 を 作 成 してください ~ 市 民 税 県 民 税 の 申 告 会 場 が 変 わります~ [

More information

課 税 される 所 得 の 範 囲 平 成 28 年 度 の 市 民 税 県 民 税 は, 平 成 28 年 1 月 1 日 に 鈴 鹿 市 に 住 民 票 を 有 する 人 で, 平 成 27 年 中 の 所 得 状 況 に 応 じて 均 等 割 及 び 所 得 割 が 課 税 されます 均 等

課 税 される 所 得 の 範 囲 平 成 28 年 度 の 市 民 税 県 民 税 は, 平 成 28 年 1 月 1 日 に 鈴 鹿 市 に 住 民 票 を 有 する 人 で, 平 成 27 年 中 の 所 得 状 況 に 応 じて 均 等 割 及 び 所 得 割 が 課 税 されます 均 等 28 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 平 素 は, 当 市 の 税 務 行 政 にご 協 力 をいただきありがとうございます 今 回 の 申 告 は 平 成 27 年 1 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 までの 昨 年 1 年 間 の 所 得 及 び を 対 象 と するものです 申 告 書 は,この 手 引 きをご 参 照 の 上 ご

More information

平成21年分 確定申告書作成シート

平成21年分 確定申告書作成シート 所 得 税 確 定 申 告 チェックシステム 申 告 書 Bタイプ 氏 名 住 所 等 様 フリカ ナ ノエタロウ ( 半 角 で 入 力 してください) 氏 名 野 江 太 郎 生 年 月 日 年 28 月 5 日 1 性 別 1 ( 男 =1, 女 =2) 住 所 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 3-2-1 (または) H22.1.1の 住 所 同 上 郵 便 番 号 540-0008 電

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きは 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 書 の 記 載 にあたって 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 申 告 や 各 種 計 算 方 法 などについてお 分 かりにならない 点 がありましたら 北 広 島

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

記 入 してく また 事 業 所 得 不 動 産 所 得 譲 渡 所 得 などのある 方 は 申 告 書 裏 面 27 年 分 営 業 等 所 得 計 算 書 欄 により 必 要 経 費 等 を 計 算 してく 4 1 世 帯 状 況 の 収 入 欄 の に された 方 については 申 告 書 裏

記 入 してく また 事 業 所 得 不 動 産 所 得 譲 渡 所 得 などのある 方 は 申 告 書 裏 面 27 年 分 営 業 等 所 得 計 算 書 欄 により 必 要 経 費 等 を 計 算 してく 4 1 世 帯 状 況 の 収 入 欄 の に された 方 については 申 告 書 裏 平 成 28 年 度 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 月 15 日 ( 火 ) までです 平 成 28 年 度 町 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 となりました この 申 告 が あなたの 町 民 税 県 民 税 額 を 算 出 する 基 礎 となります また 各 種 証 明 書 の 発 行 国 民 健 康 保 険 税 介

More information

給 与 所 得 者 の 住 民 税 は 特 別 徴 収 されますが 退 職 で 給 与 が 支 払 われなくなった 場 合 給 与 からの 天 引 きを することができなくなります この 場 合 特 別 徴 収 ができなくなる 残 額 について 普 通 徴 収 の 方 法 で 納 付 していた だく

給 与 所 得 者 の 住 民 税 は 特 別 徴 収 されますが 退 職 で 給 与 が 支 払 われなくなった 場 合 給 与 からの 天 引 きを することができなくなります この 場 合 特 別 徴 収 ができなくなる 残 額 について 普 通 徴 収 の 方 法 で 納 付 していた だく 個 人 住 民 税 のあらまし 市 区 町 村 民 税 と 都 道 府 県 民 税 を 合 わせて 住 民 税 とよびます 住 民 税 は 主 に 均 等 割 と 所 得 割 で 構 成 されています (ほかに 利 子 割 配 当 割 株 式 等 譲 渡 割 があります) 個 人 の 住 民 税 の 均 等 割 は 応 益 原 則 に 基 づく 制 度 でそこに 住 む 会 費 的 な 意 味 合

More information

豆 知 識 2 やまがた 緑 環 境 税 について ~やまがた 緑 環 境 税 とは?~ やまがた 緑 環 境 税 は 荒 廃 が 進 む 森 林 の 整 備 や 県 民 参 加 による 森 づくり 活 動 に 取 り 組 むことなどを 目 的 として 県 民 の 皆 様 から 広 く ご 負 担

豆 知 識 2 やまがた 緑 環 境 税 について ~やまがた 緑 環 境 税 とは?~ やまがた 緑 環 境 税 は 荒 廃 が 進 む 森 林 の 整 備 や 県 民 参 加 による 森 づくり 活 動 に 取 り 組 むことなどを 目 的 として 県 民 の 皆 様 から 広 く ご 負 担 この 税 金 は 個 人 の 市 町 村 民 税 とあわせて 住 民 税 と よばれ 市 町 村 で 賦 課 徴 収 し あとで 県 へ 払 い 込 まれ ます 納 める 人 1 月 1 日 現 在 で 1 県 内 に 住 所 のある 人 均 等 割 と 所 得 割 を 納 めます 2 県 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 持 っている 人 で その 所 在 する 市 町 村

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

申 申 文 字 数 字 等 は はっり わかりやすく いてください 記 載 例 27 年 分 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 整 理 番 号 七 尾 市 長 あて 現 住 七 尾 市 袖 ケ 江 町 イ 部 25 番 地 業 種 又 は 職 業 飲 食 業 5 受 付 印 平 成

申 申 文 字 数 字 等 は はっり わかりやすく いてください 記 載 例 27 年 分 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 整 理 番 号 七 尾 市 長 あて 現 住 七 尾 市 袖 ケ 江 町 イ 部 25 番 地 業 種 又 は 職 業 飲 食 業 5 受 付 印 平 成 平 成 28 年 度 平 成 27 年 分 ) 市 民 税 県 民 税 申 引 七 尾 市 こ 引 をお 読 みになって 下 記 とおり 申 が 必 要 な 人 は 月 5 日 火 )までに 申 してください 平 成 28 年 月 日 現 在 七 尾 市 に 住 ん で い る 人 申 が 必 要 な 人 平 成 27 年 中 に があった 人 平 成 27 年 中 に がなかった 人 が 公 的

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

市 税 につきましては 日 頃 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 同 封 の 平 成 27 年 度 給 与 所 得 等 に 係 る 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 通 知 書 のとおり 地 方 税 法 及 び 飯 山 市 市 税

市 税 につきましては 日 頃 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 同 封 の 平 成 27 年 度 給 与 所 得 等 に 係 る 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 通 知 書 のとおり 地 方 税 法 及 び 飯 山 市 市 税 平 成 27 年 度 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 手 引 き 飯 山 市 389-2292 長 野 県 飯 山 市 大 字 飯 山 1110 番 地 1 号 電 話 026962-3111 内 線 161 162 飯 山 市 役 所 総 務 部 税 務 課 市 民 税 係 市 税 につきましては 日 頃 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 同 封 の

More information

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人 平 成 28 年 度 分 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 見 附 市 この 申 告 書 は 平 成 27 年 中 のあなたの 収 入 状 況 を 証 明 する 大 切 な 資 料 となりますので 収 入 控 除 など 該 当 する 項 目 を もれなく 記 載 し 申 告 期 間 内 ( 平 成 28 年 2 月 16 日 ~3 月 1 日 )に 必 ず 提 出 してください 提 出

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

住民税

住民税 住 民 個 人 住 民 は 平 成 23 年 1 月 1 日 現 在 東 神 楽 町 に 住 がある 方 に 課 されます なお 他 市 町 村 に 住 がある 方 でも 生 活 関 係 の 面 で 東 神 楽 町 に 本 拠 地 をおかれている 場 合 は 課 されます ただし 次 の 方 には 課 されません 割 均 等 割 とも 非 課 生 活 保 護 法 の 規 定 による 生 活 扶 助

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

事 得 ( 営 等 農 )について 次 の 順 序 に 従 って 記 入 してください 1. 市 民 税 県 民 税 申 告 書 ( 裏 面 )の7. 事 不 動 産 得 に 関 する 事 項 欄 に 得 の 種 類 得 の 生 じる 場 収 入 必 要 経 費 を 記 入 してください 申 告 書

事 得 ( 営 等 農 )について 次 の 順 序 に 従 って 記 入 してください 1. 市 民 税 県 民 税 申 告 書 ( 裏 面 )の7. 事 不 動 産 得 に 関 する 事 項 欄 に 得 の 種 類 得 の 生 じる 場 収 入 必 要 経 費 を 記 入 してください 申 告 書 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 この 書 き 方 は 一 般 的 な 事 項 を 説 明 しています 事 不 動 産 山 林 得 のある 人 で 青 色 申 告 の 方 は 税 務 署 での 申 告 となります 申 告 書 については 足 利 市 役 ホームページらダウンロードできます なお 市 役 税 務 課 (24 番 窓 口 )にも 用 意 してあります

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

わたしは 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要? ~ かんたん! 申 告 チェックフローチャート ~ 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要 となるか 参 考 にしてください ( 公 的 年 金 収 入 家 屋 敷 課 税 は 除 く) 確 定 申 告 を 提 出 された 方 は 市 県

わたしは 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要? ~ かんたん! 申 告 チェックフローチャート ~ 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要 となるか 参 考 にしてください ( 公 的 年 金 収 入 家 屋 敷 課 税 は 除 く) 確 定 申 告 を 提 出 された 方 は 市 県 平 成 27 年 2 月 16 日 ( 月 )から 平 成 27 年 3 月 16 日 ( 月 )まで 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 )の 確 定 申 告 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 相 談 を 行 います 申 告 が 必 要 な 方 は 申 告 相 談 期 間 内 に 申 告 ください なお 申 告 が 必 要 かどうかは1~3ページにあります かんたん!

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A>

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A> ライフプラン 関 係 1. 児 童 手 当 の 改 正 ( 平 成 19 年 4 月 実 施 ) 下 記 のように 3 歳 未 満 の 子 は 一 律 10,000 円 に 引 上 げられる 0 歳 ~3 歳 未 満 3 歳 以 上 小 学 校 修 了 前 まで 改 正 後 一 人 につき 10,000 円 第 一 子 第 二 子 は 一 人 につき 5,000 円 第 三 子 以 降 は 一 人

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

給 与 所 得 控 除 等 給 与 所 得 控 除 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 65 万 円 までの 人 65 万 円 ( 注 ) 65 万 円 を 超 え 80 万 円 までの 人 収 入 金 額 0%( 注 ) 80 万 円 を 超 え 360 万 円 までの 人 収 入 金 額

給 与 所 得 控 除 等 給 与 所 得 控 除 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 65 万 円 までの 人 65 万 円 ( 注 ) 65 万 円 を 超 え 80 万 円 までの 人 収 入 金 額 0%( 注 ) 80 万 円 を 超 え 360 万 円 までの 人 収 入 金 額 国 税 相 談 タックスアンサー( 表 紙 裏 面 参 照 )で 分 からないことやもっと 知 りたい ことがあれば 国 税 庁 ホームページ( http://www.nta.go.jp )また は 電 話 相 談 センターをご 利 用 ください 国 税 税 務 署 におかけになった 電 話 のうち 税 に 関 する 一 般 的 なご 質 問 やご 相 談 は 電 話 相 談 センター で 受 け

More information

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc)

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc) 国 から 地 方 への 税 源 移 譲 による 税 率 構 造 の 改 正 平 成 18 年 度 税 制 改 正 で 所 得 税 から 個 人 住 民 税 への3 兆 円 規 模 の 本 格 的 な 税 源 移 譲 が 実 施 されます この 税 源 移 譲 にあたっては 所 得 税 及 び 個 人 住 民 税 の 役 割 分 担 を 明 確 化 する とともに 全 ての 納 税 者 の 負 担 が

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

- 目 次 - [1 ] 特 別 徴 収 義 務 の 指 定 に つ い て 1 [2 ] 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 流 れ 1 [3 ] 毎 月 の 特 別 徴 収 の 事 務 に つ い て 1 [4 ] 納 入 の 方 法 及 び 取 扱 金 融 機 関 に つ い て 3 [5 ]

- 目 次 - [1 ] 特 別 徴 収 義 務 の 指 定 に つ い て 1 [2 ] 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 流 れ 1 [3 ] 毎 月 の 特 別 徴 収 の 事 務 に つ い て 1 [4 ] 納 入 の 方 法 及 び 取 扱 金 融 機 関 に つ い て 3 [5 ] 平 成 28 年 度 福 島 県 須 賀 川 市 企 画 財 政 部 税 務 課 市 民 税 係 住 所 962-0054 福 島 県 須 賀 川 市 牛 袋 町 11 番 地 ( 文 化 センター 内 ) 書 類 の 送 付 は 従 来 の 八 幡 町 135 で も 届 き ま す TEL (0248)88-9124( 直 通 ) ホームページアドレス http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算 7. 損 益 通 算 繰 越 控 除 損 益 通 算 の 対 象 となる 損 失 原 則 不 動 産 所 得 事 業 所 得 山 林 所 得 譲 渡 所 得 に 生 じた 損 失 ( 赤 字 ) 一 定 の 順 序 によって 他 の 黒 字 の 所 得 から 控 除 して 相 殺 できる これら4つ 以 外 の 所 得 は 赤 字 でも 控 除 できない 例 外 損 益 通 算 できる 所 得 の

More information