(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 "

Transcription

1 第 1 共 済 年 金 について 1 公 的 年 金 制 度 (1) 公 的 年 金 制 度 の 概 要 わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 全 国 民 は 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) の 加 入 が 義 務 づけられ 国 民 は 共 通 の 基 礎 年 金 を 受 けられる 制 度 になりました それにより 共 済 組 合 の 組 合 員 も 同 時 に 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となったところです そして 平 成 27 年 10 月 に 被 用 者 年 金 制 度 が 一 元 化 され 共 済 年 金 制 度 は 厚 生 年 金 へ 統 合 される こととなります これは 今 後 の 少 子 高 齢 化 の 進 展 に 備 えるため 年 金 制 度 の 規 模 を 拡 大 して 財 政 の 安 定 を 図 ると とともに 公 務 員 と 民 間 企 業 の 会 社 員 が 同 一 の 年 金 制 度 に 加 入 することで 公 的 年 金 制 度 全 体 での 公 平 性 を 保 つためです なお 一 元 化 後 も 効 率 的 な 事 務 処 理 を 行 う 観 点 から 引 き 続 き 共 済 組 合 が 組 合 員 の 皆 さまの 年 金 記 録 の 管 理 や 年 金 の 決 定 支 給 処 理 を 行 います 1 国 民 年 金 の 被 保 険 者 の 種 類 国 民 年 金 へは 次 の 者 が 強 制 加 入 の 被 保 険 者 とされており その 被 保 険 者 には3 種 類 があります 国 民 年 金 第 1 号 被 保 険 者 第 2 号 被 保 険 者 第 3 号 被 保 険 者 対 象 者 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 自 営 業 農 業 などに 従 事 する 者 共 済 組 合 の 組 合 員 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 第 2 号 被 保 険 者 の 被 扶 養 配 偶 者 で20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 者 2 基 礎 年 金 番 号 公 的 年 金 の 加 入 資 格 が 発 生 した 際 に 各 公 的 年 金 制 度 を 通 じて 共 通 化 した 年 金 番 号 が 基 礎 年 金 番 号 として 付 番 されます この 番 号 は 加 入 年 金 制 度 を 異 動 しても 変 わらない 生 涯 不 変 の 一 人 一 番 号 と されています 共 済 の 加 入 期 間 しかない 方 は 年 金 手 帳 を 持 っていません 代 わりに 平 成 9 年 に 基 礎 年 金 番 号 通 知 書 が 発 行 されています 紛 失 した 場 合 の 再 発 行 は 年 金 事 務 所 に 依 頼 してください 3 公 的 年 金 制 度 の 体 系 (~ 平 成 27 年 9 月 30 日 まで) 共 済 年 金 ( 給 与 比 例 部 分 ) 職 域 年 金 相 当 部 分 3 階 部 分 厚 生 年 金 保 険 厚 生 年 金 相 当 部 分 2 階 部 分 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 1 階 部 分 自 営 業 者 等 民 間 会 社 員 等 公 務 員 等 第 2 号 被 保 険 者 の 被 扶 養 配 偶 者 < 第 1 号 被 保 険 者 > < 第 2 号 被 保 険 者 > < 第 2 号 被 保 険 者 > < 第 3 号 被 保 険 者 > 職 域 年 金 相 当 部 分 は 公 務 員 独 自 の 部 分 1

2 (2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 に 加 入 の 場 合 ) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 国 民 年 金 第 3 号 (60 歳 まで 加 入 ) 加 入 手 続 き 配 偶 者 の 職 場 で 手 続 き ( 保 険 証 の 手 続 きと 併 せて 行 う) 退 職 後 民 間 会 社 や 私 立 の 学 校 に 再 就 職 する 厚 生 年 金 保 険 又 は 私 立 学 校 教 職 員 共 済 組 合 ( 国 民 年 金 第 2 号 ) 再 就 職 先 の 職 場 で 手 続 き 退 職 後 自 営 業 者 になる 国 民 年 金 第 1 号 (60 歳 まで 加 入 ) 住 民 登 録 してある 市 町 村 役 場 ( 国 民 年 金 課 ) 退 職 後 再 就 職 せず 扶 養 もされない ( 配 偶 者 が 国 民 年 金 に 加 入 の 場 合 ) 国 民 年 金 第 1 号 (60 歳 まで 加 入 ) 住 民 登 録 してある 市 町 村 役 場 ( 国 民 年 金 課 ) 退 職 後 しばらくしてから 再 就 職 する 国 民 年 金 ( 第 1 号 又 は 第 3 号 ) 厚 生 年 金 ( 共 済 年 金 ) 住 民 登 録 してある 市 町 村 役 場 ( 国 民 年 金 課 ) 再 就 職 先 の 職 場 で 手 続 き (3) 被 扶 養 者 となっていた 配 偶 者 の 年 金 について 現 職 中 に 組 合 員 の 被 扶 養 者 となっていた 配 偶 者 は 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 という 形 で 国 民 年 金 に 加 入 していました ( 保 険 料 の 個 人 負 担 はなし ) 組 合 員 が 退 職 した 後 は 配 偶 者 の 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 の 適 用 がなくなるため 配 偶 者 は60 歳 になるまでは ご 自 身 で 国 民 年 金 ( 第 1 号 被 保 険 者 )に 加 入 して 保 険 料 を 納 める 必 要 があります 手 続 き 対 象 者 被 扶 養 者 となっていた 配 偶 者 で60 歳 未 満 の 者 加 入 手 続 き 方 法 配 偶 者 自 身 が 居 住 する 市 町 村 役 場 の 国 民 年 金 課 で 行 う 国 民 年 金 の 保 険 料 月 額 15,250 円 ( 平 成 26 年 度 ) 15,590 円 ( 平 成 27 年 度 ) 組 合 員 が 退 職 後 再 就 職 により 勤 務 先 の 保 険 制 度 に 加 入 する 場 合 配 偶 者 の 年 金 については 再 就 職 先 で 手 続 きをしてください ( 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 の 加 入 手 続 き) 2

3 (4) 年 金 給 付 の 種 類 1 公 立 学 校 共 済 組 合 からの 給 付 退 職 ( 老 齢 ) 給 付 年 金 の 名 称 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 または 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 退 職 共 済 年 金 ( 本 来 支 給 ) または 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) 年 金 の 特 徴 特 例 により 生 年 月 日 に 応 じた 支 給 開 始 年 齢 から65 歳 に 到 達 する までの 間 支 給 される 65 歳 に 到 達 すると 受 給 権 が 消 滅 する 65 歳 到 達 時 に 受 給 権 が 発 生 する *いずれも 組 合 員 期 間 等 の 要 件 を 満 たしていること 障 害 給 付 年 金 の 名 称 障 害 共 済 年 金 または 障 害 厚 生 年 金 遺 族 給 付 年 金 の 名 称 遺 族 共 済 年 金 または 遺 族 厚 生 年 金 年 金 の 特 徴 組 合 員 である 間 に 初 診 日 のある 傷 病 により 障 害 等 級 の1 級 から 3 級 の 障 害 の 状 態 になったときに 受 給 権 が 発 生 する 年 金 の 特 徴 次 の 項 目 のいずれかに 該 当 したときに 遺 族 に 支 給 される 組 合 員 又 は 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 または 組 合 員 期 間 等 が25 年 以 上 ある 者 が 死 亡 したとき 組 合 員 であった 者 が 退 職 後 に 組 合 員 である 間 に 初 診 日 のある 傷 病 により 初 診 日 から5 年 以 内 に 死 亡 したとき 障 害 等 級 1 級 若 しくは2 級 の 障 害 共 済 年 金 受 給 者 または 障 害 年 金 (1 級 から3 級 まで)の 受 給 権 者 が 死 亡 したとき 被 用 者 年 金 制 度 が 一 元 化 される 日 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 ) 以 降 に 受 給 権 を 取 得 した 場 合 は 老 齢 厚 生 年 金 障 害 厚 生 年 金 遺 族 厚 生 年 金 が 支 給 されます 2 日 本 年 金 機 構 からの 国 民 年 金 の 給 付 ( 参 考 ) 年 金 の 名 称 老 齢 基 礎 年 金 65 歳 到 達 時 に 受 給 権 が 発 生 する 年 金 の 特 徴 障 害 基 礎 年 金 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 の 障 害 の 状 態 になったときに 受 給 権 が 発 生 する 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 者 の 死 亡 時 に その 者 が 生 計 を 維 持 していた 18 遺 族 基 礎 年 金 歳 に 達 する 日 の 年 度 末 までの 間 の 子 または20 歳 未 満 の 障 害 等 級 の1 級 又 は 2 級 の 状 態 にある 子 がいるときに 子 と 配 偶 者 に 受 給 権 が 発 生 する *いずれも 保 険 料 の 納 付 要 件 を 満 たしていること 3

4 (5) 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 について 平 成 24 年 8 月 22 日 に 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 を 図 るための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 公 布 され 平 成 27 年 10 月 1 日 から 被 用 者 年 金 制 度 は 厚 生 年 金 に 一 元 化 されることになりました 2 階 部 分 の 年 金 は 厚 生 年 金 保 険 に 統 一 され 共 済 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 の 制 度 的 な 差 異 は 厚 生 年 金 保 険 にそろえて 解 消 されます また 職 域 年 金 相 当 部 分 は 公 的 年 金 としての 給 付 が 廃 止 されます 被 用 者 年 金 制 度 一 元 化 後 の 公 的 年 金 制 度 の 体 系 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 ~) 現 行 共 済 年 金 職 域 年 金 相 当 部 分 3 階 部 分 厚 生 年 金 保 険 厚 生 年 金 相 当 部 分 2 階 部 分 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 1 階 部 分 自 営 業 者 等 民 間 会 社 員 等 公 務 員 等 第 2 号 被 保 険 者 の 被 扶 養 配 偶 者 < 第 1 号 被 保 険 者 > < 第 2 号 被 保 険 者 > < 第 2 号 被 保 険 者 > < 第 3 号 被 保 険 者 > 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 従 来 の 職 域 年 金 相 当 部 分 の 掛 金 を 現 役 の 組 合 員 から 徴 収 しない ( 職 域 年 金 相 当 部 分 については 世 代 間 扶 養 は 行 厚 生 年 金 保 険 2 階 部 分 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 1 階 部 分 第 2 号 被 保 険 者 の 自 営 業 者 等 民 間 会 社 員 等 公 務 員 等 被 扶 養 配 偶 者 < 第 1 号 被 保 険 者 > < 第 2 号 被 保 険 者 > < 第 3 号 被 保 険 者 > 職 域 年 金 相 当 部 分 の 取 扱 い( ) 平 成 27 年 9 月 30 日 までに 共 済 年 金 の 受 給 権 が 発 生 した 場 合 年 金 の 受 給 権 がある 間 は 従 前 どおり 職 域 年 金 相 当 部 分 が 支 給 される 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 に 年 金 の 受 給 権 が 発 生 した 場 合 職 域 年 金 相 当 部 分 の 掛 金 を 納 めていた 期 間 に 応 じた 年 金 を 旧 職 域 部 分 として 支 給 される ( 経 過 措 置 が 設 けられる) ただし 職 域 年 金 相 当 部 分 の 掛 金 を 納 めていた 期 間 を 有 する 者 が 平 成 27 年 10 月 以 降 に 公 務 外 で 死 亡 した 場 合 の 遺 族 給 付 は 旧 職 域 部 分 は 支 給 されない 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 も 引 き 続 き 組 合 員 として 在 職 している 場 合 は 年 金 払 い 退 職 給 付 と 呼 ばれる 新 たに 創 設 される 制 度 が 適 用 される 平 成 27 年 10 月 以 降 の 年 金 給 付 のイメージ 現 行 改 正 後 共 済 年 金 年 金 払 い 退 職 給 付 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 に 年 金 払 い 退 職 給 付 として 掛 金 を 納 めた 期 間 に 応 じた 年 職 域 年 金 相 当 部 分 + 厚 生 年 金 相 当 部 分 基 礎 年 金 旧 職 域 部 分 厚 生 年 金 基 礎 年 金 平 成 27 年 9 月 30 日 までに 職 域 年 金 相 当 部 分 の 掛 金 を 納 めていた 期 間 に 応 じた 年 金 が 支 給 される 4

5 年 金 払 い 退 職 給 付 の 特 徴 半 分 は 有 期 年 金 半 分 は 終 身 年 金 として 受 給 する(65 歳 から 支 給 (60 歳 から 繰 上 げることも 可 能 ) 有 期 年 金 は 10 年 又 は20 年 支 給 を 選 択 する( 一 時 金 として 受 給 することも 可 能 ) 本 人 死 亡 の 場 合 は 終 身 年 金 部 分 は 終 了 有 期 年 金 の 残 余 部 分 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 財 政 運 営 は 積 立 方 式 服 務 規 律 維 持 の 観 点 から 現 役 時 から 退 職 後 まで 通 じた 信 用 失 墜 行 為 等 に 対 する 支 給 制 限 措 置 を 導 入 年 金 払 い 退 職 給 付 のイメージ 現 行 の 職 域 年 金 部 分 積 立 方 式 賦 課 方 式 有 期 年 金 (20 年 間 ) 終 身 年 金 終 身 年 金 職 域 年 金 相 当 部 分 と 年 金 払 い 退 職 給 付 の 違 い 職 域 年 金 相 当 部 分 公 的 年 金 である 共 済 年 金 の 一 部 年 金 の 性 格 ( 社 会 保 障 の 一 部 ) 世 代 間 扶 養 を 行 う 財 政 方 式 給 付 設 計 賦 課 方 式 現 役 世 代 の 保 険 料 収 入 で 受 給 者 の 給 付 を 賄 う 世 代 間 扶 養 の 方 式 従 来 の 確 定 給 付 型 現 役 時 代 の 報 酬 の 一 定 割 合 という 形 で 給 付 水 準 を 決 める 方 式 共 済 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 の 制 度 的 な 差 異 の 解 消 内 容 年 金 払 い 退 職 給 付 退 職 給 付 の 一 部 ( 民 間 の 企 業 年 金 に 相 当 ) 世 代 間 扶 養 を 行 わない 積 立 方 式 将 来 の 年 金 給 付 に 必 要 な 原 資 をあらかじめ 保 険 料 で 積 み 立 てる キャッシュバランス 型 国 債 利 回 り 等 に 連 動 する 形 で 給 付 水 準 を 決 める 方 式 保 険 料 率 保 険 料 率 の 上 限 なし 保 険 料 率 の 上 限 (1.5%)を 法 定 共 済 年 金 ( 平 成 27 年 9 月 30まで) 被 保 険 者 の 年 齢 制 限 年 齢 制 限 なし 70 歳 まで 年 金 の 種 類 老 齢 給 付 の 在 職 支 給 停 止 障 害 給 付 の 在 職 停 止 老 齢 給 付 と 同 様 に 在 職 停 止 あり 在 職 停 止 なし 未 支 給 年 金 の 給 付 範 囲 遺 族 又 は 遺 族 がいないときは 相 続 人 ( 遺 族 とは 死 亡 した 者 によって 生 計 を 維 持 して いた 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 をいう) 厚 生 年 金 保 険 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 から) 遺 族 厚 生 年 金 老 齢 厚 生 年 金 受 給 者 が 組 合 員 ( 公 務 員 ) 又 は 民 間 企 業 に 再 就 職 し 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 となった 場 合 65 歳 まで ( 賃 金 + 年 金 )が28 万 円 を 超 えた 場 合 年 金 の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 停 止 65 歳 以 降 ( 賃 金 + 年 金 )が47 万 円 を 超 えた 場 合 年 金 の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 停 止 退 職 共 済 年 金 受 給 者 についても 同 様 な 停 止 措 置 があります 障 害 給 付 の 支 給 要 件 保 険 料 納 付 要 件 なし 保 険 料 納 付 要 件 あり 遺 族 年 金 の 転 給 退 職 共 済 年 金 障 害 共 済 年 金 遺 族 共 済 年 金 退 職 共 済 年 金 受 給 者 が 再 就 職 等 により 組 合 員 ( 公 務 員 )となった 場 合 ( 賃 金 + 年 金 )が28 万 円 を 超 えた 場 合 年 金 の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 停 止 職 域 年 金 部 分 は 支 給 停 止 退 職 共 済 年 金 受 給 者 が 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 等 となった 場 合 ( 賃 金 + 年 金 )が47 万 円 を 超 えた 場 合 年 金 の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 停 止 先 順 位 の 受 給 権 者 が 失 権 した 場 合 年 金 の 受 給 権 は 次 順 位 の 受 給 権 者 へうつり その 者 に 支 給 される 老 齢 厚 生 年 金 障 害 厚 生 年 金 先 順 位 の 受 給 権 者 が 失 権 すると 年 金 の 受 給 権 は 消 滅 する 次 順 位 以 下 の 受 給 権 者 には 支 給 されない ( 転 給 制 度 の 廃 止 ) 死 亡 した 者 と 生 計 を 同 じくしていた 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 兄 弟 姉 妹 又 は 甥 姪 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 については 公 立 学 校 共 済 組 合 HP( コンテンツで 広 報 誌 共 済 フォーラム など 各 種 情 報 をまとめています 5

6 2 共 済 年 金 の 概 要 (1) 共 済 年 金 の 計 算 のしくみ 共 済 年 金 は 組 合 員 期 間 及 び 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 に 給 付 乗 率 を 乗 じて 計 算 します 1 組 合 員 期 間 組 合 員 となった 月 から 資 格 喪 失 日 ( 退 職 日 の 翌 日 )の 属 する 月 の 前 月 までの 期 間 をいい 月 単 位 で 計 算 されます また 休 職 育 児 休 業 等 の 期 間 も 含 まれます 2 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 平 成 15 年 3 月 までの 組 合 員 期 間 の 各 月 の 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 の 平 均 額 平 均 給 料 月 額 = [ 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 再 評 価 率 手 当 率 ] の 総 額 組 合 員 期 間 の 月 数 平 均 給 与 月 額 平 成 15 年 4 月 以 降 の 組 合 員 期 間 の 各 月 の 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 及 び 掛 金 の 標 準 と なった 期 末 手 当 等 の 額 の 合 算 額 の 平 均 額 平 成 15 年 4 月 以 降 は 総 報 酬 制 の 導 入 により 期 末 勤 勉 手 当 からも 掛 金 を 収 めることとなった [ 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 再 評 価 率 手 当 率 ] の 総 額 平 均 給 与 月 額 = + [ 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 再 評 価 率 ] 組 合 員 期 間 の 月 数 の 総 額 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 とは 給 料 月 額 教 職 調 整 額 給 料 の 調 整 額 の 合 計 額 です 給 料 月 額 は 現 給 保 障 及 び 特 例 減 額 等 の 適 用 を 受 けている 場 合 は 適 用 後 の 額 を 計 算 に 使 用 します また 管 理 職 手 当 等 の 諸 手 当 は 含 めません 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 とは 期 末 手 当 支 給 額 勤 勉 手 当 支 給 額 を 合 計 した 後 千 円 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てた 額 です 6

7 3 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 等 の 最 高 限 度 額 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 及 び 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 には 下 記 のとおり 最 高 限 度 額 が 定 められているため 最 高 限 度 額 以 上 の 額 になる 場 合 は 下 記 の 額 を 対 象 に 掛 金 を 徴 収 して います したがって 年 金 算 定 は 掛 金 対 象 額 の 最 高 限 度 額 で 計 算 します < 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 の 最 高 限 度 額 > 支 給 時 期 昭 和 61 年 4 月 ~ 平 成 元 年 12 月 平 成 2 年 1 月 ~ 平 成 6 年 11 月 平 成 6 年 12 月 ~ 平 成 12 年 9 月 平 成 12 年 10 月 ~ 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 376,000 円 424,000 円 472,000 円 496,000 円 計 算 方 法 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 = 給 料 月 額 + 給 料 の 調 整 額 + 教 職 調 整 額 給 料 月 額 は 現 給 保 障 及 び 特 例 減 額 等 の 適 用 を 受 けている 場 合 は 適 用 後 の 額 を 計 算 に 使 用 します また 管 理 職 手 当 等 の 諸 手 当 は 含 めません < 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 の 最 高 限 度 額 > 支 給 時 期 平 成 15 年 4 月 ~ 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 1,500,000 円 計 算 方 法 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 = 期 末 手 当 支 給 額 + 勤 勉 手 当 支 給 額 ( 合 計 後 に 千 円 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てた 額 です ) 一 元 化 後 は 掛 金 の 算 定 基 礎 が 手 当 率 制 から 標 準 報 酬 制 に 変 わります そのため 年 金 額 の 基 となる 毎 月 の 給 料 記 録 が 変 わることになります 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 手 当 率 標 準 報 酬 月 額 毎 年 4 月 から6 月 までの 報 酬 ( 基 本 給 と 諸 手 当 の 支 給 額 )を 合 算 し 1カ 月 当 たりの 平 均 額 ( 報 酬 月 額 )を 求 め その 報 酬 月 額 を 標 準 報 酬 等 級 表 に 当 てはめ 標 準 報 酬 月 額 が 決 定 されます その 年 の9 月 から 翌 年 の8 月 までの 掛 金 の 算 定 基 礎 額 になり 掛 金 を 算 定 します 7

8 (2) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 平 成 27 年 9 月 まで 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 平 成 27 年 10 月 から 65 歳 に 到 達 するまでの 年 金 退 職 共 済 年 金 は 本 来 65 歳 から 支 給 されるものですが 特 例 により 生 年 月 日 に 応 じて 定 められた 支 給 開 始 年 齢 から65 歳 に 到 達 するまでの 間 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 又 は 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 されます 1 受 給 要 件 次 の 要 件 をすべて 満 たしているときに 受 給 できます ア. 1 年 以 上 の 組 合 員 期 間 を 有 すること イ. 組 合 員 期 間 等 ( 注 1)が25 年 以 上 であること ウ. 60 歳 ( 注 2) 以 上 65 歳 未 満 であること ( 注 1) 組 合 員 期 間 等 とは 次 の 期 間 を 合 算 した 期 間 です 地 方 公 務 員 や 国 家 公 務 員 の 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 期 間 私 立 学 校 教 職 員 共 済 組 合 及 び 旧 農 林 漁 業 団 体 職 員 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 国 民 年 金 の 保 険 料 納 付 済 期 間 ( 第 1 号 被 保 険 者 ) 第 3 号 被 保 険 者 期 間 保 険 料 免 除 期 間 合 算 対 象 期 間 ( 注 2) 昭 和 28 年 4 月 2 日 から 昭 和 36 年 4 月 1 日 までの 間 に 生 まれた 者 に 係 る 受 給 権 発 生 年 齢 の 取 扱 いについては 別 表 の 区 分 によりそれぞれ 該 当 する 年 齢 ( 特 例 支 給 開 始 年 齢 )とする 受 給 要 件 の 特 例 P83 支 給 開 始 年 齢 の 表 参 照 組 合 員 期 間 等 が25 年 未 満 であっても 組 合 員 期 間 厚 生 年 金 保 険 私 立 学 校 教 職 員 共 済 の 期 間 が 単 独 で 下 記 の 生 年 月 日 に 応 じた 年 数 がある 場 合 は25 年 を 満 たしているとみなされます 生 年 月 日 昭 和 27 年 4 月 1 日 以 前 昭 和 27 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 28 年 4 月 1 日 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 29 年 4 月 1 日 昭 和 29 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 31 年 4 月 1 日 期 間 20 年 21 年 22 年 23 年 24 年 2 受 給 権 発 生 日 と 支 給 開 始 受 給 権 発 生 日 : 支 給 開 始 年 齢 の 誕 生 日 の 前 日 支 給 開 始 : 受 給 権 発 生 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から ( 例 ) 誕 生 日 が4 月 2 日 の 場 合 : 受 給 権 発 生 日 は4 月 1 日 年 金 支 給 は5 月 分 から 誕 生 日 が4 月 1 日 の 場 合 : 受 給 権 発 生 日 は3 月 31 日 年 金 支 給 は4 月 分 から 8

9 3 支 給 開 始 年 齢 生 年 月 日 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 または 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 * 退 職 共 済 年 金 ( 本 来 支 給 ) または 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 )* 昭 和 28 年 4 月 1 日 以 前 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 32 年 4 月 1 日 昭 和 32 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 34 年 4 月 1 日 昭 和 34 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 36 年 4 月 1 日 昭 和 36 年 4 月 2 日 以 降 60 歳 61 歳 62 歳 63 歳 64 歳 - 65 歳 65 歳 65 歳 65 歳 65 歳 65 歳 * 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 に 上 記 の 年 齢 に 到 達 した 場 合 は 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 )を 受 給 することになります 4 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 額 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 = 厚 生 年 金 相 当 部 分 + 職 域 年 金 相 当 部 分 給 与 比 例 部 分 被 用 者 年 金 一 元 化 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 ) 以 降 に 年 金 受 給 権 が 発 生 した 場 合 特 被 別 用 者 支 年 給 金 の 一 老 元 齢 化 厚 後 に 生 年 金 受 の 給 額 者 または 組 合 員 が 亡 くなった 場 合 は 遺 族 厚 生 年 金 が 支 給 一 元 化 前 の 組 合 員 期 間 がある 者 については 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 が 支 給 される 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 = 報 酬 比 例 部 分 一 元 化 前 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 のみ 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 が 支 給 される 9

10 (3) 退 職 共 済 年 金 ( 本 来 支 給 ) 平 成 27 年 9 月 まで 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) 平 成 27 年 10 月 から 65 歳 からの 年 金 65 歳 になると 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 が 消 滅 します 65 歳 以 降 は 退 職 共 済 年 金 ( 本 来 支 給 )に 切 り 換 わります ただし 被 用 者 年 金 制 度 一 元 化 後 に65 歳 に 到 達 した 場 合 は 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 )に 切 り 換 わります 1 受 給 要 件 次 の 要 件 をすべて 満 たしているときに 受 給 できます ア. 組 合 員 期 間 等 が25 年 以 上 あること イ. 65 歳 に 達 していること ウ. 退 職 していること または 在 職 中 で 組 合 員 期 間 が1 年 以 上 あること 組 合 員 期 間 等 については 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 と 同 様 です (P7 参 照 ) 2 受 給 権 発 生 日 と 支 給 開 始 受 給 権 発 生 日 : 65 歳 の 誕 生 日 の 前 日 支 給 開 始 : 受 給 権 発 生 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から 昭 和 29 年 4 月 2 日 から 昭 和 30 年 4 月 1 日 までに 生 まれた 方 の 場 合 平 成 27 年 10 月 1 日 61 歳 被 用 者 年 金 一 元 化 65 歳 ( 職 域 年 金 相 当 部 分 又 は 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 ) 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 ( 厚 生 年 金 相 当 部 分 ) 又 は 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 ) 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) ( 報 酬 比 例 部 分 ) A 加 給 年 金 該 当 者 のみ(P11 参 照 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 民 年 金 ) B A = 公 立 学 校 共 済 組 合 から 支 給 される B = 日 本 年 金 機 構 から 支 給 される 65 歳 到 達 後 は 年 金 の 支 払 が A+Bの2 本 立 てになる 10

11 3 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 )の 額 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) = 報 酬 比 例 部 分 + 加 給 年 金 該 当 者 のみ(P11 参 照 ) 退 職 共 済 年 金 の 厚 生 年 金 相 当 部 分 老 齢 基 礎 年 金 保 険 料 納 付 済 期 間 保 険 料 免 除 期 間 及 び 合 算 対 象 期 間 を 合 算 して25 年 以 上 である 者 が65 歳 に 到 達 したときに 支 給 されます 老 齢 基 礎 年 金 の 額 772,800 円 ( 満 額 の 場 合 ) ( 平 成 26 年 4 月 時 点 ) 20 歳 から60 歳 になるまでの480 月 国 民 年 金 に 加 入 していた 場 合 の 額 となります なお 480 月 には 厚 生 年 金 や 共 済 年 金 に 加 入 していた 期 間 を 含 めます 11

12 (4) 加 給 年 金 1 加 給 年 金 額 の 加 算 要 件 受 給 権 者 が 次 のア 及 びイの 要 件 を 満 たしているときに 基 本 年 金 額 に 加 算 されます ア. 組 合 員 期 間 が20 年 以 上 であること イ. 受 給 権 者 がその 権 利 を 取 得 した 当 時 受 給 権 者 によって 生 計 を 維 持 され かつ 収 入 が 年 額 850 万 円 未 満 又 は 所 得 が 年 額 万 円 未 満 の 次 のいずれかに 該 当 する 者 を 有 すること 収 入 が850 万 円 以 上 かつ 所 得 が655.5 万 円 以 上 であっても 定 年 等 により5 年 以 内 に 退 職 し 恒 常 的 に 収 入 が850 万 円 未 満 又 は 所 得 が655.5 万 円 未 満 になるという 場 合 も 認 められることがあります a. 65 歳 未 満 の 配 偶 者 b. 18 歳 に 達 する 日 の 属 する 年 度 末 までの 間 にある 子 c. 20 歳 未 満 で 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 に 該 当 する 子 2 加 給 年 金 額 の 加 算 時 期 退 職 共 済 年 金 ( 老 齢 厚 生 年 金 ) 昭 和 24 年 4 月 2 日 以 降 生 まれの 者 は65 歳 到 達 時 特 例 により65 歳 前 から 加 算 される 場 合 もある P13 参 照 障 害 共 済 年 金 ( 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 ) 受 給 権 を 取 得 したとき 又 はH23 年 4 月 以 降 に 要 件 を 満 たす 配 偶 者 等 を 有 することとなったとき 3 加 給 年 金 額 ( 平 成 26 年 4 月 現 在 の 年 金 額 ) 対 象 者 加 給 年 金 額 加 算 額 配 偶 者 222,400 円 164,000 円 子 2 人 目 まで1 人 につき 子 3 人 目 から1 人 につき 222,400 円 74,100 円 - - 配 偶 者 に 係 る 加 給 年 金 額 は 受 給 権 者 の 生 年 月 日 に 応 じて 一 定 の 額 が 加 算 されます 受 給 権 者 が 昭 和 18 年 4 月 2 日 以 降 に 生 まれた 者 の 場 合 は 加 算 額 164,000 円 が 加 算 されるため 合 計 で386,400 円 となります 障 害 共 済 年 金 の 配 偶 者 に 係 る 加 給 年 金 額 は 加 算 額 がないため 222,400 円 となります また 子 に 係 る 加 給 年 金 は 障 害 共 済 年 金 には 加 算 されず 障 害 基 礎 年 金 に 加 算 されます 12

13 4 加 給 年 金 額 の 支 給 停 止 加 給 年 金 額 対 象 者 となっている 配 偶 者 が 下 記 の 年 金 を 受 給 する 場 合 加 給 年 金 額 は 支 給 停 止 と なります ア. 長 期 在 職 (20 年 以 上 かそれと 同 等 とみなされるもの)に 該 当 する 退 職 もしくは 老 齢 を 事 由 とする 年 金 ( 例 : 老 齢 厚 生 年 金 退 職 共 済 年 金 ) イ. 障 害 を 事 由 とする 年 金 ( 例 : 障 害 厚 生 年 金 障 害 共 済 年 金 障 害 基 礎 年 金 ) 年 金 受 給 者 本 人 が 下 記 の 年 金 を 受 給 する 場 合 加 給 年 金 額 は 支 給 停 止 となります ア. 子 の 加 算 のある 障 害 基 礎 年 金 イ. 加 給 年 金 額 が 加 算 された 老 齢 厚 生 年 金 5 加 給 年 金 額 対 象 者 の 失 権 加 給 年 金 額 対 象 者 である 配 偶 者 又 は 子 が 次 の 事 由 に 該 当 したときは 失 権 となります 死 亡 したとき 受 給 権 者 によって 生 計 を 維 持 されなくなったとき (ⅰ) 生 計 を 共 にしなくなったとき (ⅱ) 配 偶 者 の 収 入 が 年 額 850 万 円 以 上 かつ 所 得 が 年 額 万 円 以 上 となるに 至 ったとき 配 偶 者 と 受 給 権 者 が 離 婚 したとき 配 偶 者 が65 歳 に 達 したとき 子 が 養 子 縁 組 により 配 偶 者 以 外 の 者 の 養 子 になったとき 養 子 縁 組 による 子 が 離 縁 したとき 子 が 婚 姻 したとき 子 が18 歳 に 達 する 日 の 属 する 年 度 末 に 到 達 したとき 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 に 該 当 する 子 が20 歳 に 到 達 したとき 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 に 該 当 する 子 について その 事 情 がなくなったとき 13

14 (5) 特 例 年 金 額 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 を 受 給 する 者 が 所 定 の 要 件 を 満 たした 場 合 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 に 定 額 部 分 と 加 給 年 金 の 額 が 加 算 されます 加 算 後 の 額 を 特 例 年 金 額 といいます A B C D 年 金 額 = 定 額 部 分 + 厚 生 年 金 相 当 + 職 域 年 金 相 + 加 給 の 額 部 分 の 額 当 部 分 の 額 年 金 額 該 当 者 のみ(P12 参 照 ) 定 額 部 分 の 計 算 式 ( 物 価 スライド 特 例 水 準 ) ( 平 成 26 年 4 月 時 点 ) 定 額 単 価 上 限 480 月 物 価 スライド 率 定 額 部 分 = 1,676 円 組 合 員 期 間 の 月 数 物 価 指 数 が 低 下 した 場 合 は 政 令 によりその 分 改 定 を 行 う 通 常 平 成 27 年 10 月 1 日 61 歳 被 用 者 年 金 一 元 化 65 歳 ( 職 域 年 金 相 当 部 分 又 は 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 ) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 ( 厚 生 年 金 相 当 部 分 ) 又 は 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 ) 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) ( 報 酬 比 例 部 分 ) 加 給 年 金 該 当 者 のみ(P12 参 照 ) 老 齢 基 礎 年 金 特 例 年 金 額 61 歳 65 歳 ( 職 域 年 金 相 当 部 分 又 は 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 ) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 ( 厚 生 年 金 相 当 部 分 ) 又 は 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 ) 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) ( 報 酬 比 例 部 分 ) ( 加 給 年 金 ) 加 給 年 金 該 当 者 のみ(P12 参 照 ) 受 給 要 件 を 満 たした 時 点 から65 歳 に 達 する まで 支 給 される ( 定 額 部 分 ) 老 齢 基 礎 年 金 14

15 1 障 害 等 級 3 級 以 上 の 障 害 の 状 態 にある 者 に 係 る 特 例 年 金 額 ( 障 害 者 特 例 ) ア 受 給 要 件 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 次 のいずれにも 該 当 し 特 例 年 金 額 の 適 用 の 請 求 をしたとき 退 職 していること ( 組 合 員 として 在 職 していないこと ) 傷 病 により 施 行 令 別 表 第 1に 定 める 障 害 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 害 の 状 態 ( 障 害 等 級 1 級 から 3 級 )にあること ( 症 状 が 固 定 していない 場 合 には 初 診 日 から1 年 6 月 を 経 過 した 日 以 後 において 障 害 等 級 の1 級 から3 級 に 該 当 する 障 害 状 態 にあること ) 組 合 員 である 間 に 初 診 日 のある 傷 病 に 限 らない 例 1 採 用 初 診 日 障 害 認 定 日 退 職 61 歳 1 年 6ヶ 月 障 害 者 特 例 請 求 例 2 採 用 退 職 61 歳 初 診 日 障 害 認 定 日 1 年 6ヶ 月 65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 現 在 傷 病 の 状 態 にある あるいは 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 を 持 っている 場 合 など 心 当 たりの ある 方 や 手 続 きについてのご 相 談 がある 方 は 共 済 組 合 までご 連 絡 ください イ 特 例 年 金 額 の 適 用 アの 請 求 により 特 例 年 金 額 に 改 定 し 請 求 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から 支 給 する 障 害 者 特 例 請 求 ウ 障 害 共 済 年 金 等 を 受 けることができるときの 特 例 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 次 の(ⅰ)から(ⅲ)までのいずれかに 該 当 する 時 は 特 例 年 金 額 の 適 用 の 請 求 をすることができる この 場 合 において (ⅰ)から(ⅲ)までに 掲 げる 日 に 当 該 請 求 があったものとみなす (ⅰ) 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 となった 日 において 組 合 員 でなく かつ 障 害 共 済 年 金 等 を 受 けることができるとき (ⅱ) 障 害 共 済 年 金 を 受 けることができることとなった 日 において 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 であって かつ 組 合 員 でないとき (ⅲ) 組 合 員 の 資 格 を 喪 失 した 日 において 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 であって かつ 障 害 共 済 年 金 を 受 けることができるとき 2 組 合 員 期 間 が44 年 以 上 の 者 ( 長 期 加 入 者 )に 係 る 特 例 年 金 額 ア 受 給 要 件 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 次 のいずれにも 該 当 するとき 退 職 していること ( 組 合 員 として 在 職 していないこと ) 組 合 員 期 間 が44 年 以 上 あること イ 特 例 年 金 額 の 適 用 受 給 権 発 生 時 点 から 適 用 される 15

16 (6) 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 上 げ ( 全 部 繰 上 げ 請 求 ) 1 受 給 要 件 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 とを 合 算 した 期 間 を25 年 以 上 有 する 者 であって 60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 ただし 任 意 加 入 被 保 険 者 及 び 一 部 繰 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 の 請 求 ができる 者 を 除 く 2 全 部 繰 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 の 額 減 額 率 = 0.5% 繰 上 げ 請 求 月 から65 歳 に 達 する 日 の 前 月 までの 月 数 65 歳 に 達 する 日 とは65 歳 の 誕 生 日 の 前 日 です 老 齢 基 礎 年 金 を 繰 上 げない 場 合 61 歳 65 歳 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 を 繰 上 げる 場 合 61 歳 65 歳 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 厚 生 年 金 一 元 化 前 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 には 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 が 支 給 されます 一 元 化 後 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 には 65 歳 以 降 に 年 金 払 い 退 職 給 付 が 支 給 されます 請 求 日 全 部 繰 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 繰 上 げによる 減 額 分 < 注 意 > 全 部 繰 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 の 請 求 をする 際 の 注 意 点 国 民 年 金 の 任 意 加 入 ができない 受 給 権 は 請 求 書 が 受 理 された 日 に 発 生 し 年 金 は 受 給 権 が 発 生 した 月 の 翌 月 分 から 支 給 される 繰 上 げ 請 求 の 取 消 変 更 はできないため 一 度 繰 上 げ 請 求 した 老 齢 基 礎 年 金 の 額 は 生 涯 減 額 されたままとなる ( 請 求 をする 際 には 慎 重 な 判 断 が 必 要 ) 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 上 げ 請 求 は 繰 上 げ 支 給 ( 別 個 )の 退 職 共 済 年 金 の 請 求 をすることが できる 者 にあっては 同 時 に 請 求 しなければならない 障 害 共 済 年 金 障 害 基 礎 年 金 を 請 求 できなくなる ( 繰 り 上 げ 請 求 後 に 障 害 程 度 に 該 当 した 場 合 障 害 程 度 が 重 くなった 場 合 ) 老 齢 基 礎 年 金 は 遺 族 厚 生 年 金 遺 族 共 済 年 金 と 併 給 できるが 65 歳 に 達 するまではどちらか 一 方 を 選 択 しなければならない 寡 婦 年 金 をもっていた 場 合 には 寡 婦 年 金 の 受 給 権 が 失 権 する 全 部 繰 上 げの 請 求 は 年 金 事 務 所 ( 甲 府 竜 王 大 月 )で 行 う 16

17 (7) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 繰 上 げ 1 受 給 要 件 下 記 の 要 件 をすべて 満 たしているときに 請 求 できます 1 年 以 上 の 組 合 員 期 間 を 有 すること 組 合 員 期 間 等 が25 年 以 上 あること 60 歳 以 上 特 例 支 給 開 始 年 齢 未 満 であること 国 民 年 金 の 任 意 加 入 被 保 険 者 でないこと 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 36 年 4 月 1 日 生 まれの 者 であること < 注 意 > 繰 上 げ 請 求 をする 際 の 注 意 点 年 金 額 は 生 涯 にわたって 減 額 されます 一 度 繰 上 げ 請 求 を 受 け 付 けると 請 求 の 取 り 下 げはできません 老 齢 基 礎 年 金 および 加 入 していた 他 の 公 的 年 金 も 併 せて 繰 り 上 げて 受 給 する 必 要 があります そのため 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 上 げ 請 求 と 同 じ 注 意 事 項 があります (P15 参 照 ) 在 職 中 であっても 繰 上 げ 請 求 は 可 能 ですが 在 職 中 は 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 2 減 額 率 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 停 止 になるため 繰 上 げ 請 求 のメリットが 得 られない 減 額 率 = 0.5% 繰 上 げ 請 求 月 から 支 給 開 始 年 齢 に 達 する 日 の 前 月 までの 月 数 支 給 開 始 年 齢 に 達 する 日 とは 支 給 開 始 年 齢 の 誕 生 日 の 前 日 です ( 例 : 支 給 開 始 年 齢 が61 歳 の 者 ) 繰 上 げない 場 合 61 歳 ~ 65 歳 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 厚 生 年 金 一 元 化 前 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 には 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 が 支 給 されます 繰 上 げる 場 合 60 歳 10 月 61 歳 65 歳 繰 上 げ 請 求 日 全 部 繰 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 58 月 老 齢 基 礎 年 金 65 歳 で 切 換 は 行 われない 繰 上 げ 支 給 の 退 職 共 済 年 金 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 一 元 化 後 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 には 65 歳 以 降 に 年 金 払 い 退 職 給 付 が 支 給 されま す 繰 上 げによる 減 額 分 繰 上 げによる 減 額 分 例 ) 61 歳 に 到 達 する 日 が 属 する 月 の10か 月 前 に 繰 り 上 げ 請 求 のための 請 求 書 を 提 出 した 場 合 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 の 減 額 率 = 0.5% 10 月 = 5% の 減 額 率 = 0.5% 58 月 = 29% 繰 上 げ 請 求 を 希 望 する 場 合 は 別 途 書 類 が 必 要 ですので ご 連 絡 ください 17

18 (8) 障 害 共 済 年 金 障 害 共 済 年 金 は 組 合 員 である 間 に 初 診 日 のある 病 気 やけがにより 在 職 中 又 は 退 職 後 障 害 等 級 の1 級 から3 級 の 障 害 の 状 態 となったときに 支 給 されます 現 在 傷 病 の 状 態 にある 場 合 など 心 当 たりのある 方 や 手 続 きについてのご 相 談 がある 場 合 は 共 済 組 合 までご 連 絡 ください 1 受 給 要 件 次 の 要 件 に 該 当 したときに 受 給 できます ただし 原 則 として 在 職 中 は 支 給 が 停 止 されます ア. 初 診 日 において 組 合 員 であること イ. 障 害 認 定 日 ( 初 診 日 から1 年 6 月 を 経 過 した 日 又 は 症 状 が 固 定 した 日 )に 障 害 等 級 の1 級 から 3 級 に 該 当 する 障 害 の 状 態 であること ウ. 障 害 認 定 日 において 障 害 等 級 に 該 当 しなかったが その 後 症 状 が 進 行 し 65 歳 に 達 する 日 の 前 日 (65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 )までに 障 害 等 級 の1 級 から3 級 に 該 当 する 状 態 になったとき 障 害 等 級 の 認 定 について 障 害 共 済 年 金 の 請 求 をするには 事 前 に 傷 病 について 障 害 等 級 の 認 定 が 必 要 です( 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 等 の 認 定 基 準 とは 異 なります) 認 定 は 診 断 書 ( 所 定 の 様 式 に 医 師 に 症 状 を 記 入 してもらったもの) 等 の 資 料 をご 提 出 いただき 当 組 合 の 認 定 医 が 障 害 等 級 の 認 定 を 行 います 医 師 に 診 断 書 を 作 成 していただく 際 の 費 用 は ご 本 人 様 に 負 担 いただくこととなります 認 定 の 結 果 障 害 等 級 の1 級 から3 級 に 認 定 された 場 合 に 障 害 共 済 年 金 を 請 求 することができます なお 障 害 等 級 が1 級 および2 級 に 該 当 する 方 は 当 組 合 の 障 害 共 済 年 金 に 加 えて 日 本 年 金 機 構 が 裁 定 する 国 民 年 金 の 障 害 基 礎 年 金 を 請 求 することができます( 保 険 料 納 付 要 件 を 満 たしていること) ( 保 険 料 の 納 付 要 件 ) 初 診 日 の 属 する 月 の 前 々 月 までに 国 民 年 金 の 被 保 険 者 期 間 があるときは 保 険 料 納 付 済 期 間 と 免 除 期 間 を 合 算 した 期 間 が 加 入 期 間 の3 分 の2 以 上 であること ( 参 考 ) 障 害 の 程 度 を 認 定 する 場 合 の 基 準 となるものは 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 第 25 条 の8に 規 程 され ているところですが その 障 害 の 状 態 の 基 本 は 次 のとおりです 障 害 等 級 1 級 2 級 3 級 障 害 の 程 度 身 体 の 機 能 の 障 害 又 は 長 期 にわたる 安 静 を 必 要 とする 病 状 のために 日 常 生 活 の 用 を 弁 ずる ことを 不 能 ならしめる 程 度 のもの 身 体 の 機 能 の 障 害 又 は 長 期 にわたる 安 静 を 必 要 とする 病 状 のために 日 常 生 活 が 著 しい 制 限 を 受 けるか 又 は 日 常 生 活 に 著 しい 制 限 を 加 えることを 必 要 とする 程 度 のもの 身 体 の 機 能 に 労 働 が 著 しい 制 限 を 受 けるか 又 は 労 働 に 著 しい 制 限 を 加 えることを 必 要 とする 程 度 の 障 害 を 残 すもの 18

19 特 例 7 症 例 次 の 場 合 は 特 例 として 初 診 日 から1 年 6 月 を 経 過 しなくてもそれぞれの 日 が 障 害 認 定 日 となります 傷 病 の 状 態 障 害 認 定 日 上 肢 下 肢 を 切 断 離 断 した 場 合 人 工 骨 頭 人 工 関 節 を 挿 入 置 換 した 場 合 心 臓 ペースメーカー 人 工 弁 を 装 着 した 場 合 人 工 透 析 療 法 を 施 行 した 場 合 人 工 肛 門 又 は 人 工 膀 胱 を 造 設 尿 路 変 更 術 を 施 行 した 場 合 喉 頭 を 全 摘 出 した 場 合 在 宅 酸 素 療 法 を 行 っている 場 合 その 日 その 日 その 日 透 析 開 始 から3ヶ 月 を 経 過 した 日 その 日 その 日 在 宅 酸 素 療 法 を 開 始 した 日 2 支 給 例 ア. 障 害 認 定 日 が 在 職 中 の 場 合 採 用 初 診 日 1 年 6 月 障 害 認 定 日 退 職 65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 障 害 等 級 に 該 当 イ. 障 害 認 定 日 が 退 職 後 の 場 合 採 用 初 診 日 1 年 6 月 障 害 共 済 年 金 ( 在 職 中 支 給 停 止 ) 障 害 認 定 日 障 害 共 済 年 金 支 給 65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 退 職 障 害 等 級 に 該 当 ウ. 事 後 重 症 障 害 共 済 年 金 支 給 初 診 日 において 組 合 員 であった 者 のうち 障 害 認 定 日 には 障 害 等 級 の1 級 から3 級 に 該 当 する 障 害 の 状 態 になくても その 日 から65 歳 に 達 する 日 の 前 日 までの 間 に 障 害 等 級 の1 級 から3 級 に 該 当 する 障 害 の 状 態 になったときに 請 求 により 障 害 共 済 年 金 が 支 給 される 採 用 初 診 日 1 年 6 月 障 害 認 定 日 65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 退 職 障 害 等 級 に 該 当 しない 障 害 等 級 に 該 当 障 害 共 済 年 金 支 給 一 元 化 後 は 在 職 中 の 支 給 停 止 を 行 わないこととなります 支 給 停 止 解 除 にあたって 診 断 書 の 再 認 定 が 必 要 な 場 合 があります 退 職 される 方 については 退 職 時 にも 再 認 定 が 必 要 な 場 合 があります 再 認 定 が 必 要 な 方 につきましては 診 断 書 等 認 定 に 必 要 な 書 類 を 別 途 お 送 りいたします 19

20 3 障 害 共 済 年 金 の 額 ( 公 務 外 ) 障 害 共 済 年 金 = 厚 生 年 金 相 当 部 分 + 職 域 年 金 相 当 部 分 + 加 給 年 金 (1 級 2 級 のみ) 該 当 者 のみ(P11 参 照 ) 被 用 者 年 金 一 元 化 後 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 ) 以 降 に 年 金 受 給 権 が 発 生 した 場 合 障 害 厚 生 年 金 が 支 給 されます 障 害 厚 生 年 金 加 給 年 金 = 報 酬 比 例 部 分 + * 職 域 相 当 部 分 は 発 生 しない (1 級 2 級 のみ) 該 当 者 のみ(P11 参 照 ) 障 害 基 礎 年 金 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 に 該 当 した 場 合 は 在 職 中 でも 日 本 年 金 機 構 から 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 保 険 料 の 納 付 要 件 を 満 たしていること 障 害 基 礎 年 金 の 額 ( 平 成 26 年 4 月 時 点 ) 1 級 966,000 円 ( 定 額 ) 2 級 772,800 円 ( 定 額 ) 子 の 加 算 額 ( 該 当 者 がある 場 合 のみ) 2 人 目 まで1 人 につき 222,400 円 3 人 目 から1 人 につき 74,100 円 子 の 加 算 額 は 受 給 権 者 によって 生 計 を 維 持 している18 歳 に 達 する 年 度 末 までの 間 で まだ 配 偶 者 のない 者 又 は20 歳 未 満 で 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 に 該 当 する 障 害 の 状 態 に ある 者 があるときに 加 算 されます ただし 児 童 扶 養 手 当 が 受 給 できる 場 合 には 障 害 基 礎 年 金 の 子 の 加 算 かどちらか 有 利 なほうを 選 択 することとなります 今 後 見 直 される 予 定 があります ( 保 険 料 の 納 付 要 件 ) 初 診 日 の 属 する 月 の 前 々 月 までに 国 民 年 金 の 被 保 険 者 期 間 があるときは 保 険 料 納 付 済 期 間 と 免 除 期 間 を 合 算 した 期 間 が 加 入 期 間 の3 分 の2 以 上 であること + 20

21 (9) 遺 族 共 済 年 金 遺 族 共 済 年 金 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 者 が 死 亡 したときに その 遺 族 に 支 給 されます 1 受 給 要 件 次 のいずれかに 該 当 するときに その 者 の 遺 族 が 受 給 できます ア. 組 合 員 が 死 亡 したとき イ. 組 合 員 であった 者 が 退 職 後 に 組 合 員 である 間 に 初 診 日 のある 傷 病 により 当 該 初 診 日 から 起 算 して5 年 を 経 過 する 日 前 に 死 亡 したとき ウ. 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 の 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 死 亡 したとき エ. 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 又 は 組 合 員 期 間 等 が25 年 以 上 ある 者 が 死 亡 したとき 2 遺 族 遺 族 共 済 年 金 を 受 給 できる 遺 族 とは 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 者 が 死 亡 した 当 時 その 者 によって 生 計 を 維 持 していた 者 のうち 将 来 にわたって 恒 常 的 な 収 入 金 額 が 年 額 850 万 円 未 満 と 認 められる 次 の 者 をいいます 第 一 順 位 第 二 順 位 第 三 順 位 第 四 順 位 配 偶 者 及 び 子 父 母 孫 祖 父 母 子 及 び 孫 については 次 のいずれかに 該 当 する 者 に 限 られます 18 歳 に 達 する 日 の 年 度 末 までの 間 にある 子 で まだ 配 偶 者 のない 者 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 者 が 死 亡 した 当 時 から 引 き 続 き 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 の 障 害 の 状 態 にある 者 ( 年 齢 制 限 はない) 一 元 化 後 は 遺 族 給 付 の 転 給 ( 第 一 順 位 の 遺 族 が 失 権 した 時 に 次 の 順 位 者 に 権 利 が 移 ること) 制 度 が 廃 止 になります 施 行 日 の 前 日 ( 平 成 27 年 9 月 30 日 )において 遺 族 が 遺 族 共 済 年 金 遺 族 年 金 の 支 給 を 受 けている 場 合 施 行 日 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 )において 当 該 遺 族 共 済 年 金 遺 族 年 金 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 でなくなるものとされます 遺 族 の 年 齢 要 件 対 象 者 一 元 化 前 一 元 化 後 夫 父 母 又 は 祖 父 母 年 齢 要 件 なし 55 歳 以 上 の 者 (60 歳 までは 支 給 停 止 ) (60 歳 までは 支 給 停 止 ) 障 害 1 2 級 の 子 又 は 孫 ( 未 婚 であること) 年 齢 要 件 なし 20 歳 で 失 権 21

22 30 歳 未 満 の 妻 が 受 給 する 遺 族 共 済 年 金 ( 平 成 19 年 4 月 から) 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 を 取 得 した 当 時 18 歳 未 満 の 子 がいない30 歳 未 満 の 妻 が 受 給 する 遺 族 共 済 年 金 は 5 年 間 で 支 給 が 終 了 します また 18 歳 未 満 の 子 がある 妻 が 30 歳 に 到 達 する 前 に 遺 族 基 礎 年 金 の 受 給 権 が 消 滅 した 場 合 消 滅 したときから5 年 間 で 支 給 が 終 了 します 遺 族 厚 生 年 金 も 同 様 3 遺 族 共 済 年 金 の 額 遺 族 共 済 年 金 = 厚 生 年 金 相 当 部 分 + 職 域 年 金 相 当 部 分 3/4 + 中 高 齢 寡 婦 加 算 死 亡 者 が 生 前 に 受 給 していた 退 職 共 済 年 金 ( 厚 生 年 金 相 当 部 分 と 職 域 年 金 相 当 部 分 )の 3/4の 額 受 給 権 者 が40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 妻 の 場 合 の 加 算 額 ( 中 高 齢 寡 婦 加 算 ) 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 18 歳 の 年 度 末 の 間 までの 子 等 がいない40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 妻 の 場 合 遺 族 共 済 年 金 に 中 高 齢 寡 婦 加 算 が 加 算 されます 被 用 者 年 金 一 元 化 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 ) 以 降 に 年 金 受 給 権 が 発 生 した 場 合 被 用 者 年 金 一 元 化 後 に 年 金 受 給 者 または 組 合 員 が 亡 くなった 場 合 は 遺 族 厚 生 年 金 が 支 給 されます 一 元 化 前 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 に 限 って 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 が 支 給 されます 一 元 化 後 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 は 年 金 払 い 退 職 給 付 の 終 身 年 金 部 分 は 終 了 有 期 年 金 の 残 余 部 分 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 されます 遺 族 厚 生 年 金 = 報 酬 比 例 部 分 + 旧 職 域 相 当 部 分 * 3/4 + 中 高 齢 寡 婦 加 算 * 元 組 合 員 に 一 元 化 前 の 期 間 がある 場 合 のみ 遺 族 基 礎 年 金 遺 族 が 子 のある 配 偶 者 又 は 子 の 場 合 は 日 本 年 金 機 構 から 遺 族 基 礎 年 金 が 支 給 されます 保 険 料 の 納 付 要 件 を 満 たしていること * 子 とは まだ 配 偶 者 のない 者 で 18 歳 に 達 する 年 度 末 までの 間 にある 子 又 は20 歳 未 満 で 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 の 障 害 の 状 態 にある 者 遺 族 基 礎 年 金 の 額 ( 平 成 26 年 4 時 点 ) 子 の 加 算 額 ( 該 当 がある 場 合 のみ) 772,800 円 ( 定 額 ) + 2 人 目 まで1 人 につき 222,400 円 ( 保 険 料 の 納 付 要 件 ) 3 人 目 から1 人 につき 74,100 円 死 亡 日 の 属 する 月 の 前 々 月 までに 国 民 年 金 の 被 保 険 者 期 間 があるときは 保 険 料 納 付 済 期 間 と 免 除 期 間 を 合 算 した 期 間 が 加 入 期 間 の3 分 の2 以 上 であること 22

23 3 年 金 受 給 者 となってからの 注 意 事 項 (1) 再 就 職 と 年 金 額 (~ 平 成 27 年 9 月 30 日 まで) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 を 受 給 している 者 が 民 間 会 社 等 ( 短 時 間 の 再 任 用 者 を 含 む)に 再 就 職 し 厚 生 年 金 保 険 など 他 の 公 的 年 金 制 度 に 加 入 したとき 又 は 再 任 用 者 (フルタイム 勤 務 )となり 共 済 組 合 に 引 き 続 き 加 入 するとき 年 金 支 給 額 が 調 整 されます 1 厚 生 年 金 保 険 等 に 加 入 したとき 次 のいずれかに 該 当 したときは 該 当 している 間 年 金 支 給 額 が 調 整 されます 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 (70 歳 で 被 保 険 者 資 格 喪 失 ) 70 歳 以 上 で 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する 者 私 立 学 校 教 職 員 共 済 組 合 の 加 入 者 (70 歳 で 被 保 険 者 資 格 喪 失 ) 70 歳 以 上 で 私 立 学 校 に 勤 務 する 者 国 会 議 員 又 は 地 方 議 会 議 員 < 注 意 > 再 就 職 により 他 の 公 的 年 金 制 度 に 加 入 した 場 合 は 就 職 届 書 をご 提 出 ください 提 出 が 遅 れた 場 合 年 金 の 過 払 いが 発 生 します 再 就 職 した 旨 ご 連 絡 いただければ 就 職 届 書 をお 送 りします もしくは 公 立 学 校 共 済 組 合 本 部 のホームページからダウンロードすることもできます 年 金 の 一 部 支 給 停 止 その 者 の ア. 基 本 月 額 と イ. 基 準 収 入 月 額 相 当 額 の 合 計 額 が 46 万 円 を 超 えるときは 超 えた 額 の 2 分 の1に 相 当 する 額 に12を 乗 じて 得 た 額 が 支 給 停 止 されます ア. 基 本 月 額 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 12 イ. 基 準 収 入 月 額 相 当 額 標 準 報 酬 ( 給 与 ) 月 額 + 支 給 停 止 対 象 月 の 前 月 以 前 1 年 間 の 標 準 賞 与 額 12 < 支 給 停 止 額 の 計 算 方 法 > 支 給 停 止 額 = ( ア. 基 本 月 額 + イ. 基 準 収 入 月 額 相 当 額 - 46 万 円 ) 1/

24 2 退 職 後 に 再 就 職 をして 共 済 組 合 に 加 入 するとき (フルタイム 勤 務 ) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 は 在 職 中 の 場 合 は 原 則 支 給 停 止 となりますが 給 与 と 年 金 の 合 計 額 に より 一 部 支 給 されることがあります < 注 意 > 再 就 職 により 共 済 組 合 の 組 合 員 となった 場 合 は 年 金 の 支 給 額 を 調 整 する 必 要 があるため 再 就 職 をした 旨 の 届 出 をしてください 届 出 が 遅 れると 年 金 の 過 払 いが 発 生 します < 用 語 の 解 説 > 在 職 中 支 給 基 本 額 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 基 本 月 額 在 職 中 支 給 基 本 額 12 基 準 給 与 月 額 相 当 額 各 年 の1 月 から8 月 までは 前 年 の5 月 9 月 から12 月 まではその 年 の5 月 に 1.25 ( 手 当 率 ) おける 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 + 当 該 以 前 の1 年 間 の 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 1/12 < 支 給 停 止 額 の 計 算 方 法 > 区 分 A 基 準 給 与 月 額 相 当 額 + 基 本 月 額 28 万 円 の 場 合 ア 基 本 月 額 28 万 円 基 準 給 与 月 額 相 当 額 46 万 円 一 部 支 給 額 ( 年 額 ) 在 職 中 支 給 基 本 額 在 職 中 支 給 基 本 額 - { ( 基 準 給 与 月 額 相 当 額 + 基 本 月 額 - 28 万 円 ) 1/2 } 12 の 場 合 イ 基 本 月 額 28 万 円 B 基 準 給 与 月 額 相 当 額 基 準 給 与 月 額 相 当 額 >46 万 円 + 基 本 月 額 >28 万 円 の 場 合 の 場 合 ウ 基 本 月 額 >28 万 円 基 準 給 与 月 額 相 当 額 46 万 円 在 職 中 支 給 基 本 額 - { ( 46 万 円 + 基 本 月 額 - 28 万 円 ) 1/2 + 基 準 給 与 月 額 相 当 額 - 46 万 円 } 12 在 職 中 支 給 基 本 額 - 基 準 給 与 月 額 相 当 額 1/2 12 の 場 合 エ 基 本 月 額 >28 万 円 基 準 給 与 月 額 相 当 額 >46 万 円 在 職 中 支 給 基 本 額 - ( 基 準 給 与 月 額 相 当 額 - 46 万 円 1/2 ) 12 の 場 合 24

25 再 就 職 と 年 金 額 ( 平 成 27 年 10 月 ~) 一 元 化 前 の 退 職 共 済 年 金 の 在 職 支 給 停 止 の 計 算 方 法 は 加 入 制 度 によって 区 分 されていたが 一 元 化 後 は 年 齢 によって 区 分 されることとなる 65 歳 に 到 達 するまでの 者 ( 賃 金 + 年 金 )が28 万 円 を 超 えた 場 合 年 金 の 一 部 または 全 額 が 支 給 停 止 となる 65 歳 以 降 の 者 ( 賃 金 + 年 金 )が46 万 円 を 超 えた 場 合 年 金 の 一 部 または 全 額 が 支 給 停 止 となる (2) 雇 用 保 険 法 による 失 業 給 付 を 受 けるとき 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 公 共 職 業 安 定 所 (ハローワーク)に 求 職 の 申 し 込 みを 行 い 雇 用 保 険 法 による 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 )を 受 給 する 場 合 には 失 業 給 付 を 受 給 している 間 年 金 の 支 給 が 停 止 されます ( 職 域 年 金 相 当 部 分 を 除 いた 年 金 の 支 給 停 止 ) 受 給 開 始 受 給 終 了 雇 用 保 険 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 ) 職 域 年 金 相 当 部 分 年 金 給 付 ( 支 給 停 止 ) 厚 生 年 金 相 当 部 分 厚 生 年 金 相 当 部 分 が 支 給 停 止 となる 公 共 職 業 安 定 所 (ハローワーク)に 申 し 込 みを 行 う 際 には 失 業 給 付 の 給 付 額 と 年 金 額 を 比 較 して 有 利 となる 方 を 選 択 するようにしてください 25

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年 年 1 年 制 度 の 概 要 1 厚 生 年 と 基 礎 年 の 種 類 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによって 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とその 家 族 の 生 活 の 安 定 を 図 ることを 目 的 としています 厚 生 年 (

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険 1 国 民 年 金 事 業 の 概 要 国 民 年 金 制 度 は, 昭 和 34 年 の 発 足 以 来,50 年 以 上 の 歳 月 を 経 て, 平 成 26 年 3 月 末 には,2,750 万 人 の 被 保 険 者 ( 第 2 号 被 保 険 者 を 除 く)と3,140 万 人 の 受 給 者 を 擁 する 制 度 に 発 展 し, 国 民 の 中 に 広 く 定 着 しています 昭

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域 退 職 共 済 年 金 制 度 等 について Ⅰ 年 金 制 度 Ⅱ 退 職 共 済 年 金 Ⅲ 年 金 額 Ⅳ 定 年 退 職 後 の 就 労 と 年 金 調 整 Ⅴ 年 金 の 請 求 手 続 Ⅵ その 他 公 立 学 校 共 済 組 合 大 阪 支 部 Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362>

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362> 年 金 攻 略 ゼミ 第 6 回 厚 生 年 金 保 険 法 2 第 1 1 節 支 給 対 男 法 附 則 13 条 の4) 特 象 者 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 (2) 28 から 36 までの まれた 12 1 支 )であって の 繰 上 げの 特 例 2 昭 和 一 33 般 年 女 4 子 月 2 日 から昭 和 41 年 4 月 していない 1 日 までの もの 間 型 )であって

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 脱 退 一 時 金 今 回 の 講 義 では 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 短 期 滞 在 の 外 国 人 に 支 給 される 脱 退 一 時 金 について 学 習 します 付 加 年 金 付 加 年 金 に 関 しては 法 第 43 条 から 法 第 48 条 に 規 定 されています また 付 加 保 険 料 に 関 しては

More information

153053-FP知年金_-D-_[本文].indb

153053-FP知年金_-D-_[本文].indb も く じ 公 的 制 度 改 正 動 向 3 12 公 的 払 込 期 間 中 Q& 22 1 主 な 改 正 変 更 事 項 3 (1) 物 価 スライド 特 例 水 準 解 消 と 本 来 水 準 額 3 (2)マクロ 経 済 スライド 本 格 発 動 3 (3) 第 3 号 不 整 合 記 録 問 題 へ 対 応 4 (4) 厚 生 と 共 済 一 元 化 4 (5) 新 たな 保 険 料

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

児童扶養手当(大阪府)

児童扶養手当(大阪府) 児 童 扶 養 手 当 児 童 扶 養 手 当 は 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない18 歳 到 達 後 最 初 の 年 度 末 までの 児 童 ( 児 童 に 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいがある 場 合 は 20 歳 未 満 の 児 童 ) を 監 護 しているひとり 親 家 庭 の 母 又 は 父 等 に 支 給 されます 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合

厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合 1. 厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 2. 退 職 後 の 健 康 保 険 制 度 日 本 郵 政 共 済 組 合 厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合 公 的 年 金 制 度 のしくみ 公 的 年 金 共 済 年 金 厚 生 年 金 国 民 年 金 被 用 者 年 金 制 度 基 礎 年 金 制 度

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 老 齢 年 金 の 基 礎 知 識 森 井 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 平 成 24 年 3 月 作 成 1 本 スライドにおける 注 意 事 項 ご 注 意 本 スライドでは 老 齢 年 金 をわかりやすく 解 説 するため 一 部 の 説 明 を 省 略 したり 省 略 した 名 称 を 使 用 している 部 分 があります また 表 示 の 年 金 額 は 平 成 22 年 の 年

More information

Microsoft Word - ....

Microsoft Word - .... 目 次 出 題 傾 向 1 (1) わが 国 の 人 口 動 向 等 3 (2) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 の 現 況 3 (3) 公 的 年 金 制 度 の 沿 革 ( 主 な 内 容 を 抜 粋 ) 4 (4) 公 的 年 金 のしくみ 6 (5) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 8 (6) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 資 格 の 取 得 と 喪 失 10 (7) 被 保

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 置 き 換 え 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状

More information

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支 わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 見 直 し 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状 態

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特 標 準 報 酬 制 の 制 度 概 要 平 成 27 年 8 月 福 岡 市 職 員 共 済 組 合 1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい 1 休 業 給 付 と 報 酬 との 調 整 (1) 調 整 方 法 の 変 更 点 標 準 報 酬 制 導 入 前 は 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 休 業 手 当 金 育 児 休 業 手 当 金 又 は 介 護 休 業 手 当 金 の 支 給 期 間 に 係 る 給 料 の 全 部 又 は 一 部 を 受 ける 場 合 には その 受 ける 金 額 の 限 度 で 調 整 を 行 う

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

<5461726F31322D325F81798ED0984A8E6D817A944E8BE08D8E959E814593BE>

<5461726F31322D325F81798ED0984A8E6D817A944E8BE08D8E959E814593BE> 社 労 士 講 座 資 格 の 大 原 年 金 克 服 得 点 アップセミナー 第 2 回 目 ( 年 金 克 服 得 点 アップセミナー 全 3 回 ) 第 1 回 国 民 年 金 法 第 2 回 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 回 確 認 テスト 社 労 士 試 験 の 最 大 の 難 関 は 年 金 科 目 です これは1 仕 組 みについて 理 解 が 必 要 であるこ と2 他 の 科

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

◆併給の調整◆

◆併給の調整◆ 平 成 18 年 度 の 給 付 額 1 物 価 スライド 特 例 措 置 による 物 価 スライド 率 の 改 定 平 成 17 年 度 0.988 平 成 18 年 度 0.985 2 従 前 額 改 定 率 の 改 定 平 成 17 年 度 1.001 平 成 18 年 度 0.998 3 国 民 年 金 法 による 改 定 率 の 改 定 平 成 17 年 度 1 平 成 18 年 度 0.997

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

年 金 払 い 退 職 給 付 制 度 における 年 金 財 政 のイメージ 積 立 時 給 付 時 給 付 定 基 (1/2) で 年 金 を 基 準 利 率 で 付 利 給 付 定 基 ( 付 与 利 の ) 有 期 年 金 終 身 年 金 退 職 1 年 2 年 1 月 2 月 ( 終 了 )

年 金 払 い 退 職 給 付 制 度 における 年 金 財 政 のイメージ 積 立 時 給 付 時 給 付 定 基 (1/2) で 年 金 を 基 準 利 率 で 付 利 給 付 定 基 ( 付 与 利 の ) 有 期 年 金 終 身 年 金 退 職 1 年 2 年 1 月 2 月 ( 終 了 ) 共 済 組 合 員 の 皆 さんへ 年 金 払 い 退 職 給 付 制 度 に 係 る 付 与 率 掛 金 率 等 について 昨 年 11 月 にも 組 合 員 の 皆 様 にお 知 らせしましたとおり 本 年 10 月 に 施 行 される 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 により これまでの 職 域 年 金 相 当 部 分 は 廃 止 され 新 たに 年 金 払 い 退 職 給 付 制

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

2 任意継続組合員制度について

2 任意継続組合員制度について 第 退 職 後 の 医 療 保 険 制 度 について 退 職 後 に 加 入 する 医 療 保 険 制 度 について わが 国 の 社 会 保 障 制 度 における 医 療 保 険 については 国 民 皆 保 険 制 度 をとっており 何 らかの 医 療 保 険 制 度 に 加 入 することが 義 務 づけられています 組 合 員 の 方 は 在 職 中 は 共 済 組 合 に 加 入 していますが

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ について 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ の 目 的 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ は 今 年 度 59 歳 に 到 達 する 方 を 対 象 に 公 務 員 共 済 の 年 金 加 入 状 況 等 について 確 認 していただき 年 金 制 度 への 理 解 を 深 め 近 い 将 来 の 年 金 請 求 手 続 を 意 識 していただくために

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

第14章 国民年金

第14章 国民年金 第 15 章 国 民 年 金 国 民 年 金 は すべての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 年 金 を 支 給 し 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています - 145 - 国 民 年 金 のしくみ 1 被 保 険 者 国 民 年 金 に 必 ず 加 入 しなければならない 人 は 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の 8 入 居 収 入 基 準 市 営 住 宅 の 申 込 みには, 世 帯 全 員 の 課 税 対 象 の 収 入 が, 公 営 住 宅 法 で 定 める 一 定 の 基 準 内 ( ) にあることが 必 要 です (1) 市 営 住 宅 の 収 入 基 準 ( )は, 次 の 表 のとおりです 住 宅 種 別 一 般 世 帯 裁 量 階 層 世 帯 ( ) 公 営 住 宅 158,000 以 下 214,000

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73>

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73> 標 準 報 酬 月 額 等 級 表 ( 厚 生 年 金 ) 標 準 報 酬 報 酬 月 額 厚 生 年 金 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 率 14.642% ( 平 成 18 年 9 月 ~ 平 成 19 年 8 月 ) 等 級 月 額 全 額 ( 円 ) 折 半 額 ( 円 ) 円 以 上 円 未 満 1 98,000 ~ 101,000 14,349.16 7,174.58 2 104,000

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

( 前 ページから 続 く) 次 のいずれかに 該 するかたは 受 給 できません 施 設 に 入 所 しているかた 病 院 に3か 月 を 超 えて 続 けて 入 院 しているかた 受 給 者 本 人 または 扶 養 義 務 者 等 の 所 得 が 制 限 額 ( 別 表 1P.135)の 限 度

( 前 ページから 続 く) 次 のいずれかに 該 するかたは 受 給 できません 施 設 に 入 所 しているかた 病 院 に3か 月 を 超 えて 続 けて 入 院 しているかた 受 給 者 本 人 または 扶 養 義 務 者 等 の 所 得 が 制 限 額 ( 別 表 1P.135)の 限 度 心 障 害 者 福 祉 ( 区 の 制 度 ) 難 20 歳 以 上 で 次 のいずれかに 該 するかた 1 愛 の 帳 1~3 度 体 障 害 者 帳 12 級 脳 性 マヒまたは 進 行 性 筋 萎 縮 症 2 愛 の 帳 度 体 障 害 者 帳 3 級 3 区 の 指 定 する 難 病 等 (P.0~1 参 照 )で 医 療 費 助 成 を 受 けているかた 次 のいずれかに 該 するかたは

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

老 齢 基 礎 年 金 の 計 算 式 (3) 支 給 開 始 年 齢 老 齢 基 礎 年 金 は 原 則 として 65 歳 から 受 け 取 ることができます なお 希 望 すれば 60 歳 から 64 歳 の 間 でも 年 齢 に 応 じて 一 定 割 合 を 減 額 された 年 金 を 受 け

老 齢 基 礎 年 金 の 計 算 式 (3) 支 給 開 始 年 齢 老 齢 基 礎 年 金 は 原 則 として 65 歳 から 受 け 取 ることができます なお 希 望 すれば 60 歳 から 64 歳 の 間 でも 年 齢 に 応 じて 一 定 割 合 を 減 額 された 年 金 を 受 け ViewPoint 営 相 談 定 年 後 の 社 会 保 険 渡 辺 昭 部 東 京 室 定 年 後 のセカンドライフを 考 えるうえで 年 金 や 医 療 保 険 などの 社 会 保 険 の 仕 組 みや 関 わりを 知 っておくことは 重 要 です 法 律 の 定 めにより 事 業 主 に 対 し 原 則 65 歳 までの 雇 用 が 義 務 づけられ 定 年 以 降 も 働 き 続 ける 人

More information