(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 "

Transcription

1 第 1 共 済 年 金 について 1 公 的 年 金 制 度 (1) 公 的 年 金 制 度 の 概 要 わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 全 国 民 は 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) の 加 入 が 義 務 づけられ 国 民 は 共 通 の 基 礎 年 金 を 受 けられる 制 度 になりました それにより 共 済 組 合 の 組 合 員 も 同 時 に 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となったところです そして 平 成 27 年 10 月 に 被 用 者 年 金 制 度 が 一 元 化 され 共 済 年 金 制 度 は 厚 生 年 金 へ 統 合 される こととなります これは 今 後 の 少 子 高 齢 化 の 進 展 に 備 えるため 年 金 制 度 の 規 模 を 拡 大 して 財 政 の 安 定 を 図 ると とともに 公 務 員 と 民 間 企 業 の 会 社 員 が 同 一 の 年 金 制 度 に 加 入 することで 公 的 年 金 制 度 全 体 での 公 平 性 を 保 つためです なお 一 元 化 後 も 効 率 的 な 事 務 処 理 を 行 う 観 点 から 引 き 続 き 共 済 組 合 が 組 合 員 の 皆 さまの 年 金 記 録 の 管 理 や 年 金 の 決 定 支 給 処 理 を 行 います 1 国 民 年 金 の 被 保 険 者 の 種 類 国 民 年 金 へは 次 の 者 が 強 制 加 入 の 被 保 険 者 とされており その 被 保 険 者 には3 種 類 があります 国 民 年 金 第 1 号 被 保 険 者 第 2 号 被 保 険 者 第 3 号 被 保 険 者 対 象 者 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 自 営 業 農 業 などに 従 事 する 者 共 済 組 合 の 組 合 員 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 第 2 号 被 保 険 者 の 被 扶 養 配 偶 者 で20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 者 2 基 礎 年 金 番 号 公 的 年 金 の 加 入 資 格 が 発 生 した 際 に 各 公 的 年 金 制 度 を 通 じて 共 通 化 した 年 金 番 号 が 基 礎 年 金 番 号 として 付 番 されます この 番 号 は 加 入 年 金 制 度 を 異 動 しても 変 わらない 生 涯 不 変 の 一 人 一 番 号 と されています 共 済 の 加 入 期 間 しかない 方 は 年 金 手 帳 を 持 っていません 代 わりに 平 成 9 年 に 基 礎 年 金 番 号 通 知 書 が 発 行 されています 紛 失 した 場 合 の 再 発 行 は 年 金 事 務 所 に 依 頼 してください 3 公 的 年 金 制 度 の 体 系 (~ 平 成 27 年 9 月 30 日 まで) 共 済 年 金 ( 給 与 比 例 部 分 ) 職 域 年 金 相 当 部 分 3 階 部 分 厚 生 年 金 保 険 厚 生 年 金 相 当 部 分 2 階 部 分 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 1 階 部 分 自 営 業 者 等 民 間 会 社 員 等 公 務 員 等 第 2 号 被 保 険 者 の 被 扶 養 配 偶 者 < 第 1 号 被 保 険 者 > < 第 2 号 被 保 険 者 > < 第 2 号 被 保 険 者 > < 第 3 号 被 保 険 者 > 職 域 年 金 相 当 部 分 は 公 務 員 独 自 の 部 分 1

2 (2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 に 加 入 の 場 合 ) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 国 民 年 金 第 3 号 (60 歳 まで 加 入 ) 加 入 手 続 き 配 偶 者 の 職 場 で 手 続 き ( 保 険 証 の 手 続 きと 併 せて 行 う) 退 職 後 民 間 会 社 や 私 立 の 学 校 に 再 就 職 する 厚 生 年 金 保 険 又 は 私 立 学 校 教 職 員 共 済 組 合 ( 国 民 年 金 第 2 号 ) 再 就 職 先 の 職 場 で 手 続 き 退 職 後 自 営 業 者 になる 国 民 年 金 第 1 号 (60 歳 まで 加 入 ) 住 民 登 録 してある 市 町 村 役 場 ( 国 民 年 金 課 ) 退 職 後 再 就 職 せず 扶 養 もされない ( 配 偶 者 が 国 民 年 金 に 加 入 の 場 合 ) 国 民 年 金 第 1 号 (60 歳 まで 加 入 ) 住 民 登 録 してある 市 町 村 役 場 ( 国 民 年 金 課 ) 退 職 後 しばらくしてから 再 就 職 する 国 民 年 金 ( 第 1 号 又 は 第 3 号 ) 厚 生 年 金 ( 共 済 年 金 ) 住 民 登 録 してある 市 町 村 役 場 ( 国 民 年 金 課 ) 再 就 職 先 の 職 場 で 手 続 き (3) 被 扶 養 者 となっていた 配 偶 者 の 年 金 について 現 職 中 に 組 合 員 の 被 扶 養 者 となっていた 配 偶 者 は 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 という 形 で 国 民 年 金 に 加 入 していました ( 保 険 料 の 個 人 負 担 はなし ) 組 合 員 が 退 職 した 後 は 配 偶 者 の 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 の 適 用 がなくなるため 配 偶 者 は60 歳 になるまでは ご 自 身 で 国 民 年 金 ( 第 1 号 被 保 険 者 )に 加 入 して 保 険 料 を 納 める 必 要 があります 手 続 き 対 象 者 被 扶 養 者 となっていた 配 偶 者 で60 歳 未 満 の 者 加 入 手 続 き 方 法 配 偶 者 自 身 が 居 住 する 市 町 村 役 場 の 国 民 年 金 課 で 行 う 国 民 年 金 の 保 険 料 月 額 15,250 円 ( 平 成 26 年 度 ) 15,590 円 ( 平 成 27 年 度 ) 組 合 員 が 退 職 後 再 就 職 により 勤 務 先 の 保 険 制 度 に 加 入 する 場 合 配 偶 者 の 年 金 については 再 就 職 先 で 手 続 きをしてください ( 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 の 加 入 手 続 き) 2

3 (4) 年 金 給 付 の 種 類 1 公 立 学 校 共 済 組 合 からの 給 付 退 職 ( 老 齢 ) 給 付 年 金 の 名 称 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 または 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 退 職 共 済 年 金 ( 本 来 支 給 ) または 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) 年 金 の 特 徴 特 例 により 生 年 月 日 に 応 じた 支 給 開 始 年 齢 から65 歳 に 到 達 する までの 間 支 給 される 65 歳 に 到 達 すると 受 給 権 が 消 滅 する 65 歳 到 達 時 に 受 給 権 が 発 生 する *いずれも 組 合 員 期 間 等 の 要 件 を 満 たしていること 障 害 給 付 年 金 の 名 称 障 害 共 済 年 金 または 障 害 厚 生 年 金 遺 族 給 付 年 金 の 名 称 遺 族 共 済 年 金 または 遺 族 厚 生 年 金 年 金 の 特 徴 組 合 員 である 間 に 初 診 日 のある 傷 病 により 障 害 等 級 の1 級 から 3 級 の 障 害 の 状 態 になったときに 受 給 権 が 発 生 する 年 金 の 特 徴 次 の 項 目 のいずれかに 該 当 したときに 遺 族 に 支 給 される 組 合 員 又 は 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 または 組 合 員 期 間 等 が25 年 以 上 ある 者 が 死 亡 したとき 組 合 員 であった 者 が 退 職 後 に 組 合 員 である 間 に 初 診 日 のある 傷 病 により 初 診 日 から5 年 以 内 に 死 亡 したとき 障 害 等 級 1 級 若 しくは2 級 の 障 害 共 済 年 金 受 給 者 または 障 害 年 金 (1 級 から3 級 まで)の 受 給 権 者 が 死 亡 したとき 被 用 者 年 金 制 度 が 一 元 化 される 日 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 ) 以 降 に 受 給 権 を 取 得 した 場 合 は 老 齢 厚 生 年 金 障 害 厚 生 年 金 遺 族 厚 生 年 金 が 支 給 されます 2 日 本 年 金 機 構 からの 国 民 年 金 の 給 付 ( 参 考 ) 年 金 の 名 称 老 齢 基 礎 年 金 65 歳 到 達 時 に 受 給 権 が 発 生 する 年 金 の 特 徴 障 害 基 礎 年 金 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 の 障 害 の 状 態 になったときに 受 給 権 が 発 生 する 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 者 の 死 亡 時 に その 者 が 生 計 を 維 持 していた 18 遺 族 基 礎 年 金 歳 に 達 する 日 の 年 度 末 までの 間 の 子 または20 歳 未 満 の 障 害 等 級 の1 級 又 は 2 級 の 状 態 にある 子 がいるときに 子 と 配 偶 者 に 受 給 権 が 発 生 する *いずれも 保 険 料 の 納 付 要 件 を 満 たしていること 3

4 (5) 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 について 平 成 24 年 8 月 22 日 に 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 を 図 るための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 公 布 され 平 成 27 年 10 月 1 日 から 被 用 者 年 金 制 度 は 厚 生 年 金 に 一 元 化 されることになりました 2 階 部 分 の 年 金 は 厚 生 年 金 保 険 に 統 一 され 共 済 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 の 制 度 的 な 差 異 は 厚 生 年 金 保 険 にそろえて 解 消 されます また 職 域 年 金 相 当 部 分 は 公 的 年 金 としての 給 付 が 廃 止 されます 被 用 者 年 金 制 度 一 元 化 後 の 公 的 年 金 制 度 の 体 系 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 ~) 現 行 共 済 年 金 職 域 年 金 相 当 部 分 3 階 部 分 厚 生 年 金 保 険 厚 生 年 金 相 当 部 分 2 階 部 分 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 1 階 部 分 自 営 業 者 等 民 間 会 社 員 等 公 務 員 等 第 2 号 被 保 険 者 の 被 扶 養 配 偶 者 < 第 1 号 被 保 険 者 > < 第 2 号 被 保 険 者 > < 第 2 号 被 保 険 者 > < 第 3 号 被 保 険 者 > 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 従 来 の 職 域 年 金 相 当 部 分 の 掛 金 を 現 役 の 組 合 員 から 徴 収 しない ( 職 域 年 金 相 当 部 分 については 世 代 間 扶 養 は 行 厚 生 年 金 保 険 2 階 部 分 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 1 階 部 分 第 2 号 被 保 険 者 の 自 営 業 者 等 民 間 会 社 員 等 公 務 員 等 被 扶 養 配 偶 者 < 第 1 号 被 保 険 者 > < 第 2 号 被 保 険 者 > < 第 3 号 被 保 険 者 > 職 域 年 金 相 当 部 分 の 取 扱 い( ) 平 成 27 年 9 月 30 日 までに 共 済 年 金 の 受 給 権 が 発 生 した 場 合 年 金 の 受 給 権 がある 間 は 従 前 どおり 職 域 年 金 相 当 部 分 が 支 給 される 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 に 年 金 の 受 給 権 が 発 生 した 場 合 職 域 年 金 相 当 部 分 の 掛 金 を 納 めていた 期 間 に 応 じた 年 金 を 旧 職 域 部 分 として 支 給 される ( 経 過 措 置 が 設 けられる) ただし 職 域 年 金 相 当 部 分 の 掛 金 を 納 めていた 期 間 を 有 する 者 が 平 成 27 年 10 月 以 降 に 公 務 外 で 死 亡 した 場 合 の 遺 族 給 付 は 旧 職 域 部 分 は 支 給 されない 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 も 引 き 続 き 組 合 員 として 在 職 している 場 合 は 年 金 払 い 退 職 給 付 と 呼 ばれる 新 たに 創 設 される 制 度 が 適 用 される 平 成 27 年 10 月 以 降 の 年 金 給 付 のイメージ 現 行 改 正 後 共 済 年 金 年 金 払 い 退 職 給 付 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 に 年 金 払 い 退 職 給 付 として 掛 金 を 納 めた 期 間 に 応 じた 年 職 域 年 金 相 当 部 分 + 厚 生 年 金 相 当 部 分 基 礎 年 金 旧 職 域 部 分 厚 生 年 金 基 礎 年 金 平 成 27 年 9 月 30 日 までに 職 域 年 金 相 当 部 分 の 掛 金 を 納 めていた 期 間 に 応 じた 年 金 が 支 給 される 4

5 年 金 払 い 退 職 給 付 の 特 徴 半 分 は 有 期 年 金 半 分 は 終 身 年 金 として 受 給 する(65 歳 から 支 給 (60 歳 から 繰 上 げることも 可 能 ) 有 期 年 金 は 10 年 又 は20 年 支 給 を 選 択 する( 一 時 金 として 受 給 することも 可 能 ) 本 人 死 亡 の 場 合 は 終 身 年 金 部 分 は 終 了 有 期 年 金 の 残 余 部 分 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 財 政 運 営 は 積 立 方 式 服 務 規 律 維 持 の 観 点 から 現 役 時 から 退 職 後 まで 通 じた 信 用 失 墜 行 為 等 に 対 する 支 給 制 限 措 置 を 導 入 年 金 払 い 退 職 給 付 のイメージ 現 行 の 職 域 年 金 部 分 積 立 方 式 賦 課 方 式 有 期 年 金 (20 年 間 ) 終 身 年 金 終 身 年 金 職 域 年 金 相 当 部 分 と 年 金 払 い 退 職 給 付 の 違 い 職 域 年 金 相 当 部 分 公 的 年 金 である 共 済 年 金 の 一 部 年 金 の 性 格 ( 社 会 保 障 の 一 部 ) 世 代 間 扶 養 を 行 う 財 政 方 式 給 付 設 計 賦 課 方 式 現 役 世 代 の 保 険 料 収 入 で 受 給 者 の 給 付 を 賄 う 世 代 間 扶 養 の 方 式 従 来 の 確 定 給 付 型 現 役 時 代 の 報 酬 の 一 定 割 合 という 形 で 給 付 水 準 を 決 める 方 式 共 済 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 の 制 度 的 な 差 異 の 解 消 内 容 年 金 払 い 退 職 給 付 退 職 給 付 の 一 部 ( 民 間 の 企 業 年 金 に 相 当 ) 世 代 間 扶 養 を 行 わない 積 立 方 式 将 来 の 年 金 給 付 に 必 要 な 原 資 をあらかじめ 保 険 料 で 積 み 立 てる キャッシュバランス 型 国 債 利 回 り 等 に 連 動 する 形 で 給 付 水 準 を 決 める 方 式 保 険 料 率 保 険 料 率 の 上 限 なし 保 険 料 率 の 上 限 (1.5%)を 法 定 共 済 年 金 ( 平 成 27 年 9 月 30まで) 被 保 険 者 の 年 齢 制 限 年 齢 制 限 なし 70 歳 まで 年 金 の 種 類 老 齢 給 付 の 在 職 支 給 停 止 障 害 給 付 の 在 職 停 止 老 齢 給 付 と 同 様 に 在 職 停 止 あり 在 職 停 止 なし 未 支 給 年 金 の 給 付 範 囲 遺 族 又 は 遺 族 がいないときは 相 続 人 ( 遺 族 とは 死 亡 した 者 によって 生 計 を 維 持 して いた 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 をいう) 厚 生 年 金 保 険 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 から) 遺 族 厚 生 年 金 老 齢 厚 生 年 金 受 給 者 が 組 合 員 ( 公 務 員 ) 又 は 民 間 企 業 に 再 就 職 し 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 となった 場 合 65 歳 まで ( 賃 金 + 年 金 )が28 万 円 を 超 えた 場 合 年 金 の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 停 止 65 歳 以 降 ( 賃 金 + 年 金 )が47 万 円 を 超 えた 場 合 年 金 の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 停 止 退 職 共 済 年 金 受 給 者 についても 同 様 な 停 止 措 置 があります 障 害 給 付 の 支 給 要 件 保 険 料 納 付 要 件 なし 保 険 料 納 付 要 件 あり 遺 族 年 金 の 転 給 退 職 共 済 年 金 障 害 共 済 年 金 遺 族 共 済 年 金 退 職 共 済 年 金 受 給 者 が 再 就 職 等 により 組 合 員 ( 公 務 員 )となった 場 合 ( 賃 金 + 年 金 )が28 万 円 を 超 えた 場 合 年 金 の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 停 止 職 域 年 金 部 分 は 支 給 停 止 退 職 共 済 年 金 受 給 者 が 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 等 となった 場 合 ( 賃 金 + 年 金 )が47 万 円 を 超 えた 場 合 年 金 の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 停 止 先 順 位 の 受 給 権 者 が 失 権 した 場 合 年 金 の 受 給 権 は 次 順 位 の 受 給 権 者 へうつり その 者 に 支 給 される 老 齢 厚 生 年 金 障 害 厚 生 年 金 先 順 位 の 受 給 権 者 が 失 権 すると 年 金 の 受 給 権 は 消 滅 する 次 順 位 以 下 の 受 給 権 者 には 支 給 されない ( 転 給 制 度 の 廃 止 ) 死 亡 した 者 と 生 計 を 同 じくしていた 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 兄 弟 姉 妹 又 は 甥 姪 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 については 公 立 学 校 共 済 組 合 HP( コンテンツで 広 報 誌 共 済 フォーラム など 各 種 情 報 をまとめています 5

6 2 共 済 年 金 の 概 要 (1) 共 済 年 金 の 計 算 のしくみ 共 済 年 金 は 組 合 員 期 間 及 び 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 に 給 付 乗 率 を 乗 じて 計 算 します 1 組 合 員 期 間 組 合 員 となった 月 から 資 格 喪 失 日 ( 退 職 日 の 翌 日 )の 属 する 月 の 前 月 までの 期 間 をいい 月 単 位 で 計 算 されます また 休 職 育 児 休 業 等 の 期 間 も 含 まれます 2 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 平 成 15 年 3 月 までの 組 合 員 期 間 の 各 月 の 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 の 平 均 額 平 均 給 料 月 額 = [ 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 再 評 価 率 手 当 率 ] の 総 額 組 合 員 期 間 の 月 数 平 均 給 与 月 額 平 成 15 年 4 月 以 降 の 組 合 員 期 間 の 各 月 の 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 及 び 掛 金 の 標 準 と なった 期 末 手 当 等 の 額 の 合 算 額 の 平 均 額 平 成 15 年 4 月 以 降 は 総 報 酬 制 の 導 入 により 期 末 勤 勉 手 当 からも 掛 金 を 収 めることとなった [ 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 再 評 価 率 手 当 率 ] の 総 額 平 均 給 与 月 額 = + [ 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 再 評 価 率 ] 組 合 員 期 間 の 月 数 の 総 額 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 とは 給 料 月 額 教 職 調 整 額 給 料 の 調 整 額 の 合 計 額 です 給 料 月 額 は 現 給 保 障 及 び 特 例 減 額 等 の 適 用 を 受 けている 場 合 は 適 用 後 の 額 を 計 算 に 使 用 します また 管 理 職 手 当 等 の 諸 手 当 は 含 めません 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 とは 期 末 手 当 支 給 額 勤 勉 手 当 支 給 額 を 合 計 した 後 千 円 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てた 額 です 6

7 3 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 等 の 最 高 限 度 額 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 及 び 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 には 下 記 のとおり 最 高 限 度 額 が 定 められているため 最 高 限 度 額 以 上 の 額 になる 場 合 は 下 記 の 額 を 対 象 に 掛 金 を 徴 収 して います したがって 年 金 算 定 は 掛 金 対 象 額 の 最 高 限 度 額 で 計 算 します < 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 の 最 高 限 度 額 > 支 給 時 期 昭 和 61 年 4 月 ~ 平 成 元 年 12 月 平 成 2 年 1 月 ~ 平 成 6 年 11 月 平 成 6 年 12 月 ~ 平 成 12 年 9 月 平 成 12 年 10 月 ~ 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 376,000 円 424,000 円 472,000 円 496,000 円 計 算 方 法 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 = 給 料 月 額 + 給 料 の 調 整 額 + 教 職 調 整 額 給 料 月 額 は 現 給 保 障 及 び 特 例 減 額 等 の 適 用 を 受 けている 場 合 は 適 用 後 の 額 を 計 算 に 使 用 します また 管 理 職 手 当 等 の 諸 手 当 は 含 めません < 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 の 最 高 限 度 額 > 支 給 時 期 平 成 15 年 4 月 ~ 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 1,500,000 円 計 算 方 法 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 = 期 末 手 当 支 給 額 + 勤 勉 手 当 支 給 額 ( 合 計 後 に 千 円 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てた 額 です ) 一 元 化 後 は 掛 金 の 算 定 基 礎 が 手 当 率 制 から 標 準 報 酬 制 に 変 わります そのため 年 金 額 の 基 となる 毎 月 の 給 料 記 録 が 変 わることになります 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 手 当 率 標 準 報 酬 月 額 毎 年 4 月 から6 月 までの 報 酬 ( 基 本 給 と 諸 手 当 の 支 給 額 )を 合 算 し 1カ 月 当 たりの 平 均 額 ( 報 酬 月 額 )を 求 め その 報 酬 月 額 を 標 準 報 酬 等 級 表 に 当 てはめ 標 準 報 酬 月 額 が 決 定 されます その 年 の9 月 から 翌 年 の8 月 までの 掛 金 の 算 定 基 礎 額 になり 掛 金 を 算 定 します 7

8 (2) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 平 成 27 年 9 月 まで 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 平 成 27 年 10 月 から 65 歳 に 到 達 するまでの 年 金 退 職 共 済 年 金 は 本 来 65 歳 から 支 給 されるものですが 特 例 により 生 年 月 日 に 応 じて 定 められた 支 給 開 始 年 齢 から65 歳 に 到 達 するまでの 間 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 又 は 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 されます 1 受 給 要 件 次 の 要 件 をすべて 満 たしているときに 受 給 できます ア. 1 年 以 上 の 組 合 員 期 間 を 有 すること イ. 組 合 員 期 間 等 ( 注 1)が25 年 以 上 であること ウ. 60 歳 ( 注 2) 以 上 65 歳 未 満 であること ( 注 1) 組 合 員 期 間 等 とは 次 の 期 間 を 合 算 した 期 間 です 地 方 公 務 員 や 国 家 公 務 員 の 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 期 間 私 立 学 校 教 職 員 共 済 組 合 及 び 旧 農 林 漁 業 団 体 職 員 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 国 民 年 金 の 保 険 料 納 付 済 期 間 ( 第 1 号 被 保 険 者 ) 第 3 号 被 保 険 者 期 間 保 険 料 免 除 期 間 合 算 対 象 期 間 ( 注 2) 昭 和 28 年 4 月 2 日 から 昭 和 36 年 4 月 1 日 までの 間 に 生 まれた 者 に 係 る 受 給 権 発 生 年 齢 の 取 扱 いについては 別 表 の 区 分 によりそれぞれ 該 当 する 年 齢 ( 特 例 支 給 開 始 年 齢 )とする 受 給 要 件 の 特 例 P83 支 給 開 始 年 齢 の 表 参 照 組 合 員 期 間 等 が25 年 未 満 であっても 組 合 員 期 間 厚 生 年 金 保 険 私 立 学 校 教 職 員 共 済 の 期 間 が 単 独 で 下 記 の 生 年 月 日 に 応 じた 年 数 がある 場 合 は25 年 を 満 たしているとみなされます 生 年 月 日 昭 和 27 年 4 月 1 日 以 前 昭 和 27 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 28 年 4 月 1 日 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 29 年 4 月 1 日 昭 和 29 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 31 年 4 月 1 日 期 間 20 年 21 年 22 年 23 年 24 年 2 受 給 権 発 生 日 と 支 給 開 始 受 給 権 発 生 日 : 支 給 開 始 年 齢 の 誕 生 日 の 前 日 支 給 開 始 : 受 給 権 発 生 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から ( 例 ) 誕 生 日 が4 月 2 日 の 場 合 : 受 給 権 発 生 日 は4 月 1 日 年 金 支 給 は5 月 分 から 誕 生 日 が4 月 1 日 の 場 合 : 受 給 権 発 生 日 は3 月 31 日 年 金 支 給 は4 月 分 から 8

9 3 支 給 開 始 年 齢 生 年 月 日 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 または 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 * 退 職 共 済 年 金 ( 本 来 支 給 ) または 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 )* 昭 和 28 年 4 月 1 日 以 前 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 32 年 4 月 1 日 昭 和 32 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 34 年 4 月 1 日 昭 和 34 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 36 年 4 月 1 日 昭 和 36 年 4 月 2 日 以 降 60 歳 61 歳 62 歳 63 歳 64 歳 - 65 歳 65 歳 65 歳 65 歳 65 歳 65 歳 * 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 に 上 記 の 年 齢 に 到 達 した 場 合 は 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 )を 受 給 することになります 4 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 額 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 = 厚 生 年 金 相 当 部 分 + 職 域 年 金 相 当 部 分 給 与 比 例 部 分 被 用 者 年 金 一 元 化 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 ) 以 降 に 年 金 受 給 権 が 発 生 した 場 合 特 被 別 用 者 支 年 給 金 の 一 老 元 齢 化 厚 後 に 生 年 金 受 の 給 額 者 または 組 合 員 が 亡 くなった 場 合 は 遺 族 厚 生 年 金 が 支 給 一 元 化 前 の 組 合 員 期 間 がある 者 については 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 が 支 給 される 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 = 報 酬 比 例 部 分 一 元 化 前 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 のみ 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 が 支 給 される 9

10 (3) 退 職 共 済 年 金 ( 本 来 支 給 ) 平 成 27 年 9 月 まで 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) 平 成 27 年 10 月 から 65 歳 からの 年 金 65 歳 になると 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 が 消 滅 します 65 歳 以 降 は 退 職 共 済 年 金 ( 本 来 支 給 )に 切 り 換 わります ただし 被 用 者 年 金 制 度 一 元 化 後 に65 歳 に 到 達 した 場 合 は 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 )に 切 り 換 わります 1 受 給 要 件 次 の 要 件 をすべて 満 たしているときに 受 給 できます ア. 組 合 員 期 間 等 が25 年 以 上 あること イ. 65 歳 に 達 していること ウ. 退 職 していること または 在 職 中 で 組 合 員 期 間 が1 年 以 上 あること 組 合 員 期 間 等 については 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 と 同 様 です (P7 参 照 ) 2 受 給 権 発 生 日 と 支 給 開 始 受 給 権 発 生 日 : 65 歳 の 誕 生 日 の 前 日 支 給 開 始 : 受 給 権 発 生 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から 昭 和 29 年 4 月 2 日 から 昭 和 30 年 4 月 1 日 までに 生 まれた 方 の 場 合 平 成 27 年 10 月 1 日 61 歳 被 用 者 年 金 一 元 化 65 歳 ( 職 域 年 金 相 当 部 分 又 は 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 ) 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 ( 厚 生 年 金 相 当 部 分 ) 又 は 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 ) 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) ( 報 酬 比 例 部 分 ) A 加 給 年 金 該 当 者 のみ(P11 参 照 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 民 年 金 ) B A = 公 立 学 校 共 済 組 合 から 支 給 される B = 日 本 年 金 機 構 から 支 給 される 65 歳 到 達 後 は 年 金 の 支 払 が A+Bの2 本 立 てになる 10

11 3 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 )の 額 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) = 報 酬 比 例 部 分 + 加 給 年 金 該 当 者 のみ(P11 参 照 ) 退 職 共 済 年 金 の 厚 生 年 金 相 当 部 分 老 齢 基 礎 年 金 保 険 料 納 付 済 期 間 保 険 料 免 除 期 間 及 び 合 算 対 象 期 間 を 合 算 して25 年 以 上 である 者 が65 歳 に 到 達 したときに 支 給 されます 老 齢 基 礎 年 金 の 額 772,800 円 ( 満 額 の 場 合 ) ( 平 成 26 年 4 月 時 点 ) 20 歳 から60 歳 になるまでの480 月 国 民 年 金 に 加 入 していた 場 合 の 額 となります なお 480 月 には 厚 生 年 金 や 共 済 年 金 に 加 入 していた 期 間 を 含 めます 11

12 (4) 加 給 年 金 1 加 給 年 金 額 の 加 算 要 件 受 給 権 者 が 次 のア 及 びイの 要 件 を 満 たしているときに 基 本 年 金 額 に 加 算 されます ア. 組 合 員 期 間 が20 年 以 上 であること イ. 受 給 権 者 がその 権 利 を 取 得 した 当 時 受 給 権 者 によって 生 計 を 維 持 され かつ 収 入 が 年 額 850 万 円 未 満 又 は 所 得 が 年 額 万 円 未 満 の 次 のいずれかに 該 当 する 者 を 有 すること 収 入 が850 万 円 以 上 かつ 所 得 が655.5 万 円 以 上 であっても 定 年 等 により5 年 以 内 に 退 職 し 恒 常 的 に 収 入 が850 万 円 未 満 又 は 所 得 が655.5 万 円 未 満 になるという 場 合 も 認 められることがあります a. 65 歳 未 満 の 配 偶 者 b. 18 歳 に 達 する 日 の 属 する 年 度 末 までの 間 にある 子 c. 20 歳 未 満 で 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 に 該 当 する 子 2 加 給 年 金 額 の 加 算 時 期 退 職 共 済 年 金 ( 老 齢 厚 生 年 金 ) 昭 和 24 年 4 月 2 日 以 降 生 まれの 者 は65 歳 到 達 時 特 例 により65 歳 前 から 加 算 される 場 合 もある P13 参 照 障 害 共 済 年 金 ( 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 ) 受 給 権 を 取 得 したとき 又 はH23 年 4 月 以 降 に 要 件 を 満 たす 配 偶 者 等 を 有 することとなったとき 3 加 給 年 金 額 ( 平 成 26 年 4 月 現 在 の 年 金 額 ) 対 象 者 加 給 年 金 額 加 算 額 配 偶 者 222,400 円 164,000 円 子 2 人 目 まで1 人 につき 子 3 人 目 から1 人 につき 222,400 円 74,100 円 - - 配 偶 者 に 係 る 加 給 年 金 額 は 受 給 権 者 の 生 年 月 日 に 応 じて 一 定 の 額 が 加 算 されます 受 給 権 者 が 昭 和 18 年 4 月 2 日 以 降 に 生 まれた 者 の 場 合 は 加 算 額 164,000 円 が 加 算 されるため 合 計 で386,400 円 となります 障 害 共 済 年 金 の 配 偶 者 に 係 る 加 給 年 金 額 は 加 算 額 がないため 222,400 円 となります また 子 に 係 る 加 給 年 金 は 障 害 共 済 年 金 には 加 算 されず 障 害 基 礎 年 金 に 加 算 されます 12

13 4 加 給 年 金 額 の 支 給 停 止 加 給 年 金 額 対 象 者 となっている 配 偶 者 が 下 記 の 年 金 を 受 給 する 場 合 加 給 年 金 額 は 支 給 停 止 と なります ア. 長 期 在 職 (20 年 以 上 かそれと 同 等 とみなされるもの)に 該 当 する 退 職 もしくは 老 齢 を 事 由 とする 年 金 ( 例 : 老 齢 厚 生 年 金 退 職 共 済 年 金 ) イ. 障 害 を 事 由 とする 年 金 ( 例 : 障 害 厚 生 年 金 障 害 共 済 年 金 障 害 基 礎 年 金 ) 年 金 受 給 者 本 人 が 下 記 の 年 金 を 受 給 する 場 合 加 給 年 金 額 は 支 給 停 止 となります ア. 子 の 加 算 のある 障 害 基 礎 年 金 イ. 加 給 年 金 額 が 加 算 された 老 齢 厚 生 年 金 5 加 給 年 金 額 対 象 者 の 失 権 加 給 年 金 額 対 象 者 である 配 偶 者 又 は 子 が 次 の 事 由 に 該 当 したときは 失 権 となります 死 亡 したとき 受 給 権 者 によって 生 計 を 維 持 されなくなったとき (ⅰ) 生 計 を 共 にしなくなったとき (ⅱ) 配 偶 者 の 収 入 が 年 額 850 万 円 以 上 かつ 所 得 が 年 額 万 円 以 上 となるに 至 ったとき 配 偶 者 と 受 給 権 者 が 離 婚 したとき 配 偶 者 が65 歳 に 達 したとき 子 が 養 子 縁 組 により 配 偶 者 以 外 の 者 の 養 子 になったとき 養 子 縁 組 による 子 が 離 縁 したとき 子 が 婚 姻 したとき 子 が18 歳 に 達 する 日 の 属 する 年 度 末 に 到 達 したとき 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 に 該 当 する 子 が20 歳 に 到 達 したとき 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 に 該 当 する 子 について その 事 情 がなくなったとき 13

14 (5) 特 例 年 金 額 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 を 受 給 する 者 が 所 定 の 要 件 を 満 たした 場 合 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 に 定 額 部 分 と 加 給 年 金 の 額 が 加 算 されます 加 算 後 の 額 を 特 例 年 金 額 といいます A B C D 年 金 額 = 定 額 部 分 + 厚 生 年 金 相 当 + 職 域 年 金 相 + 加 給 の 額 部 分 の 額 当 部 分 の 額 年 金 額 該 当 者 のみ(P12 参 照 ) 定 額 部 分 の 計 算 式 ( 物 価 スライド 特 例 水 準 ) ( 平 成 26 年 4 月 時 点 ) 定 額 単 価 上 限 480 月 物 価 スライド 率 定 額 部 分 = 1,676 円 組 合 員 期 間 の 月 数 物 価 指 数 が 低 下 した 場 合 は 政 令 によりその 分 改 定 を 行 う 通 常 平 成 27 年 10 月 1 日 61 歳 被 用 者 年 金 一 元 化 65 歳 ( 職 域 年 金 相 当 部 分 又 は 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 ) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 ( 厚 生 年 金 相 当 部 分 ) 又 は 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 ) 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) ( 報 酬 比 例 部 分 ) 加 給 年 金 該 当 者 のみ(P12 参 照 ) 老 齢 基 礎 年 金 特 例 年 金 額 61 歳 65 歳 ( 職 域 年 金 相 当 部 分 又 は 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 ) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 ( 厚 生 年 金 相 当 部 分 ) 又 は 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 ) 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 老 齢 厚 生 年 金 ( 本 来 支 給 ) ( 報 酬 比 例 部 分 ) ( 加 給 年 金 ) 加 給 年 金 該 当 者 のみ(P12 参 照 ) 受 給 要 件 を 満 たした 時 点 から65 歳 に 達 する まで 支 給 される ( 定 額 部 分 ) 老 齢 基 礎 年 金 14

15 1 障 害 等 級 3 級 以 上 の 障 害 の 状 態 にある 者 に 係 る 特 例 年 金 額 ( 障 害 者 特 例 ) ア 受 給 要 件 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 次 のいずれにも 該 当 し 特 例 年 金 額 の 適 用 の 請 求 をしたとき 退 職 していること ( 組 合 員 として 在 職 していないこと ) 傷 病 により 施 行 令 別 表 第 1に 定 める 障 害 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 害 の 状 態 ( 障 害 等 級 1 級 から 3 級 )にあること ( 症 状 が 固 定 していない 場 合 には 初 診 日 から1 年 6 月 を 経 過 した 日 以 後 において 障 害 等 級 の1 級 から3 級 に 該 当 する 障 害 状 態 にあること ) 組 合 員 である 間 に 初 診 日 のある 傷 病 に 限 らない 例 1 採 用 初 診 日 障 害 認 定 日 退 職 61 歳 1 年 6ヶ 月 障 害 者 特 例 請 求 例 2 採 用 退 職 61 歳 初 診 日 障 害 認 定 日 1 年 6ヶ 月 65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 現 在 傷 病 の 状 態 にある あるいは 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 を 持 っている 場 合 など 心 当 たりの ある 方 や 手 続 きについてのご 相 談 がある 方 は 共 済 組 合 までご 連 絡 ください イ 特 例 年 金 額 の 適 用 アの 請 求 により 特 例 年 金 額 に 改 定 し 請 求 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から 支 給 する 障 害 者 特 例 請 求 ウ 障 害 共 済 年 金 等 を 受 けることができるときの 特 例 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 次 の(ⅰ)から(ⅲ)までのいずれかに 該 当 する 時 は 特 例 年 金 額 の 適 用 の 請 求 をすることができる この 場 合 において (ⅰ)から(ⅲ)までに 掲 げる 日 に 当 該 請 求 があったものとみなす (ⅰ) 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 となった 日 において 組 合 員 でなく かつ 障 害 共 済 年 金 等 を 受 けることができるとき (ⅱ) 障 害 共 済 年 金 を 受 けることができることとなった 日 において 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 であって かつ 組 合 員 でないとき (ⅲ) 組 合 員 の 資 格 を 喪 失 した 日 において 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 であって かつ 障 害 共 済 年 金 を 受 けることができるとき 2 組 合 員 期 間 が44 年 以 上 の 者 ( 長 期 加 入 者 )に 係 る 特 例 年 金 額 ア 受 給 要 件 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 次 のいずれにも 該 当 するとき 退 職 していること ( 組 合 員 として 在 職 していないこと ) 組 合 員 期 間 が44 年 以 上 あること イ 特 例 年 金 額 の 適 用 受 給 権 発 生 時 点 から 適 用 される 15

16 (6) 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 上 げ ( 全 部 繰 上 げ 請 求 ) 1 受 給 要 件 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 とを 合 算 した 期 間 を25 年 以 上 有 する 者 であって 60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 ただし 任 意 加 入 被 保 険 者 及 び 一 部 繰 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 の 請 求 ができる 者 を 除 く 2 全 部 繰 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 の 額 減 額 率 = 0.5% 繰 上 げ 請 求 月 から65 歳 に 達 する 日 の 前 月 までの 月 数 65 歳 に 達 する 日 とは65 歳 の 誕 生 日 の 前 日 です 老 齢 基 礎 年 金 を 繰 上 げない 場 合 61 歳 65 歳 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 を 繰 上 げる 場 合 61 歳 65 歳 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 厚 生 年 金 一 元 化 前 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 には 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 が 支 給 されます 一 元 化 後 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 には 65 歳 以 降 に 年 金 払 い 退 職 給 付 が 支 給 されます 請 求 日 全 部 繰 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 繰 上 げによる 減 額 分 < 注 意 > 全 部 繰 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 の 請 求 をする 際 の 注 意 点 国 民 年 金 の 任 意 加 入 ができない 受 給 権 は 請 求 書 が 受 理 された 日 に 発 生 し 年 金 は 受 給 権 が 発 生 した 月 の 翌 月 分 から 支 給 される 繰 上 げ 請 求 の 取 消 変 更 はできないため 一 度 繰 上 げ 請 求 した 老 齢 基 礎 年 金 の 額 は 生 涯 減 額 されたままとなる ( 請 求 をする 際 には 慎 重 な 判 断 が 必 要 ) 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 上 げ 請 求 は 繰 上 げ 支 給 ( 別 個 )の 退 職 共 済 年 金 の 請 求 をすることが できる 者 にあっては 同 時 に 請 求 しなければならない 障 害 共 済 年 金 障 害 基 礎 年 金 を 請 求 できなくなる ( 繰 り 上 げ 請 求 後 に 障 害 程 度 に 該 当 した 場 合 障 害 程 度 が 重 くなった 場 合 ) 老 齢 基 礎 年 金 は 遺 族 厚 生 年 金 遺 族 共 済 年 金 と 併 給 できるが 65 歳 に 達 するまではどちらか 一 方 を 選 択 しなければならない 寡 婦 年 金 をもっていた 場 合 には 寡 婦 年 金 の 受 給 権 が 失 権 する 全 部 繰 上 げの 請 求 は 年 金 事 務 所 ( 甲 府 竜 王 大 月 )で 行 う 16

17 (7) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 繰 上 げ 1 受 給 要 件 下 記 の 要 件 をすべて 満 たしているときに 請 求 できます 1 年 以 上 の 組 合 員 期 間 を 有 すること 組 合 員 期 間 等 が25 年 以 上 あること 60 歳 以 上 特 例 支 給 開 始 年 齢 未 満 であること 国 民 年 金 の 任 意 加 入 被 保 険 者 でないこと 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 36 年 4 月 1 日 生 まれの 者 であること < 注 意 > 繰 上 げ 請 求 をする 際 の 注 意 点 年 金 額 は 生 涯 にわたって 減 額 されます 一 度 繰 上 げ 請 求 を 受 け 付 けると 請 求 の 取 り 下 げはできません 老 齢 基 礎 年 金 および 加 入 していた 他 の 公 的 年 金 も 併 せて 繰 り 上 げて 受 給 する 必 要 があります そのため 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 上 げ 請 求 と 同 じ 注 意 事 項 があります (P15 参 照 ) 在 職 中 であっても 繰 上 げ 請 求 は 可 能 ですが 在 職 中 は 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 2 減 額 率 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 停 止 になるため 繰 上 げ 請 求 のメリットが 得 られない 減 額 率 = 0.5% 繰 上 げ 請 求 月 から 支 給 開 始 年 齢 に 達 する 日 の 前 月 までの 月 数 支 給 開 始 年 齢 に 達 する 日 とは 支 給 開 始 年 齢 の 誕 生 日 の 前 日 です ( 例 : 支 給 開 始 年 齢 が61 歳 の 者 ) 繰 上 げない 場 合 61 歳 ~ 65 歳 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 厚 生 年 金 一 元 化 前 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 には 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 が 支 給 されます 繰 上 げる 場 合 60 歳 10 月 61 歳 65 歳 繰 上 げ 請 求 日 全 部 繰 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 58 月 老 齢 基 礎 年 金 65 歳 で 切 換 は 行 われない 繰 上 げ 支 給 の 退 職 共 済 年 金 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 一 元 化 後 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 には 65 歳 以 降 に 年 金 払 い 退 職 給 付 が 支 給 されま す 繰 上 げによる 減 額 分 繰 上 げによる 減 額 分 例 ) 61 歳 に 到 達 する 日 が 属 する 月 の10か 月 前 に 繰 り 上 げ 請 求 のための 請 求 書 を 提 出 した 場 合 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 の 減 額 率 = 0.5% 10 月 = 5% の 減 額 率 = 0.5% 58 月 = 29% 繰 上 げ 請 求 を 希 望 する 場 合 は 別 途 書 類 が 必 要 ですので ご 連 絡 ください 17

18 (8) 障 害 共 済 年 金 障 害 共 済 年 金 は 組 合 員 である 間 に 初 診 日 のある 病 気 やけがにより 在 職 中 又 は 退 職 後 障 害 等 級 の1 級 から3 級 の 障 害 の 状 態 となったときに 支 給 されます 現 在 傷 病 の 状 態 にある 場 合 など 心 当 たりのある 方 や 手 続 きについてのご 相 談 がある 場 合 は 共 済 組 合 までご 連 絡 ください 1 受 給 要 件 次 の 要 件 に 該 当 したときに 受 給 できます ただし 原 則 として 在 職 中 は 支 給 が 停 止 されます ア. 初 診 日 において 組 合 員 であること イ. 障 害 認 定 日 ( 初 診 日 から1 年 6 月 を 経 過 した 日 又 は 症 状 が 固 定 した 日 )に 障 害 等 級 の1 級 から 3 級 に 該 当 する 障 害 の 状 態 であること ウ. 障 害 認 定 日 において 障 害 等 級 に 該 当 しなかったが その 後 症 状 が 進 行 し 65 歳 に 達 する 日 の 前 日 (65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 )までに 障 害 等 級 の1 級 から3 級 に 該 当 する 状 態 になったとき 障 害 等 級 の 認 定 について 障 害 共 済 年 金 の 請 求 をするには 事 前 に 傷 病 について 障 害 等 級 の 認 定 が 必 要 です( 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 等 の 認 定 基 準 とは 異 なります) 認 定 は 診 断 書 ( 所 定 の 様 式 に 医 師 に 症 状 を 記 入 してもらったもの) 等 の 資 料 をご 提 出 いただき 当 組 合 の 認 定 医 が 障 害 等 級 の 認 定 を 行 います 医 師 に 診 断 書 を 作 成 していただく 際 の 費 用 は ご 本 人 様 に 負 担 いただくこととなります 認 定 の 結 果 障 害 等 級 の1 級 から3 級 に 認 定 された 場 合 に 障 害 共 済 年 金 を 請 求 することができます なお 障 害 等 級 が1 級 および2 級 に 該 当 する 方 は 当 組 合 の 障 害 共 済 年 金 に 加 えて 日 本 年 金 機 構 が 裁 定 する 国 民 年 金 の 障 害 基 礎 年 金 を 請 求 することができます( 保 険 料 納 付 要 件 を 満 たしていること) ( 保 険 料 の 納 付 要 件 ) 初 診 日 の 属 する 月 の 前 々 月 までに 国 民 年 金 の 被 保 険 者 期 間 があるときは 保 険 料 納 付 済 期 間 と 免 除 期 間 を 合 算 した 期 間 が 加 入 期 間 の3 分 の2 以 上 であること ( 参 考 ) 障 害 の 程 度 を 認 定 する 場 合 の 基 準 となるものは 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 第 25 条 の8に 規 程 され ているところですが その 障 害 の 状 態 の 基 本 は 次 のとおりです 障 害 等 級 1 級 2 級 3 級 障 害 の 程 度 身 体 の 機 能 の 障 害 又 は 長 期 にわたる 安 静 を 必 要 とする 病 状 のために 日 常 生 活 の 用 を 弁 ずる ことを 不 能 ならしめる 程 度 のもの 身 体 の 機 能 の 障 害 又 は 長 期 にわたる 安 静 を 必 要 とする 病 状 のために 日 常 生 活 が 著 しい 制 限 を 受 けるか 又 は 日 常 生 活 に 著 しい 制 限 を 加 えることを 必 要 とする 程 度 のもの 身 体 の 機 能 に 労 働 が 著 しい 制 限 を 受 けるか 又 は 労 働 に 著 しい 制 限 を 加 えることを 必 要 とする 程 度 の 障 害 を 残 すもの 18

19 特 例 7 症 例 次 の 場 合 は 特 例 として 初 診 日 から1 年 6 月 を 経 過 しなくてもそれぞれの 日 が 障 害 認 定 日 となります 傷 病 の 状 態 障 害 認 定 日 上 肢 下 肢 を 切 断 離 断 した 場 合 人 工 骨 頭 人 工 関 節 を 挿 入 置 換 した 場 合 心 臓 ペースメーカー 人 工 弁 を 装 着 した 場 合 人 工 透 析 療 法 を 施 行 した 場 合 人 工 肛 門 又 は 人 工 膀 胱 を 造 設 尿 路 変 更 術 を 施 行 した 場 合 喉 頭 を 全 摘 出 した 場 合 在 宅 酸 素 療 法 を 行 っている 場 合 その 日 その 日 その 日 透 析 開 始 から3ヶ 月 を 経 過 した 日 その 日 その 日 在 宅 酸 素 療 法 を 開 始 した 日 2 支 給 例 ア. 障 害 認 定 日 が 在 職 中 の 場 合 採 用 初 診 日 1 年 6 月 障 害 認 定 日 退 職 65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 障 害 等 級 に 該 当 イ. 障 害 認 定 日 が 退 職 後 の 場 合 採 用 初 診 日 1 年 6 月 障 害 共 済 年 金 ( 在 職 中 支 給 停 止 ) 障 害 認 定 日 障 害 共 済 年 金 支 給 65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 退 職 障 害 等 級 に 該 当 ウ. 事 後 重 症 障 害 共 済 年 金 支 給 初 診 日 において 組 合 員 であった 者 のうち 障 害 認 定 日 には 障 害 等 級 の1 級 から3 級 に 該 当 する 障 害 の 状 態 になくても その 日 から65 歳 に 達 する 日 の 前 日 までの 間 に 障 害 等 級 の1 級 から3 級 に 該 当 する 障 害 の 状 態 になったときに 請 求 により 障 害 共 済 年 金 が 支 給 される 採 用 初 診 日 1 年 6 月 障 害 認 定 日 65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 退 職 障 害 等 級 に 該 当 しない 障 害 等 級 に 該 当 障 害 共 済 年 金 支 給 一 元 化 後 は 在 職 中 の 支 給 停 止 を 行 わないこととなります 支 給 停 止 解 除 にあたって 診 断 書 の 再 認 定 が 必 要 な 場 合 があります 退 職 される 方 については 退 職 時 にも 再 認 定 が 必 要 な 場 合 があります 再 認 定 が 必 要 な 方 につきましては 診 断 書 等 認 定 に 必 要 な 書 類 を 別 途 お 送 りいたします 19

20 3 障 害 共 済 年 金 の 額 ( 公 務 外 ) 障 害 共 済 年 金 = 厚 生 年 金 相 当 部 分 + 職 域 年 金 相 当 部 分 + 加 給 年 金 (1 級 2 級 のみ) 該 当 者 のみ(P11 参 照 ) 被 用 者 年 金 一 元 化 後 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 ) 以 降 に 年 金 受 給 権 が 発 生 した 場 合 障 害 厚 生 年 金 が 支 給 されます 障 害 厚 生 年 金 加 給 年 金 = 報 酬 比 例 部 分 + * 職 域 相 当 部 分 は 発 生 しない (1 級 2 級 のみ) 該 当 者 のみ(P11 参 照 ) 障 害 基 礎 年 金 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 に 該 当 した 場 合 は 在 職 中 でも 日 本 年 金 機 構 から 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 保 険 料 の 納 付 要 件 を 満 たしていること 障 害 基 礎 年 金 の 額 ( 平 成 26 年 4 月 時 点 ) 1 級 966,000 円 ( 定 額 ) 2 級 772,800 円 ( 定 額 ) 子 の 加 算 額 ( 該 当 者 がある 場 合 のみ) 2 人 目 まで1 人 につき 222,400 円 3 人 目 から1 人 につき 74,100 円 子 の 加 算 額 は 受 給 権 者 によって 生 計 を 維 持 している18 歳 に 達 する 年 度 末 までの 間 で まだ 配 偶 者 のない 者 又 は20 歳 未 満 で 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 に 該 当 する 障 害 の 状 態 に ある 者 があるときに 加 算 されます ただし 児 童 扶 養 手 当 が 受 給 できる 場 合 には 障 害 基 礎 年 金 の 子 の 加 算 かどちらか 有 利 なほうを 選 択 することとなります 今 後 見 直 される 予 定 があります ( 保 険 料 の 納 付 要 件 ) 初 診 日 の 属 する 月 の 前 々 月 までに 国 民 年 金 の 被 保 険 者 期 間 があるときは 保 険 料 納 付 済 期 間 と 免 除 期 間 を 合 算 した 期 間 が 加 入 期 間 の3 分 の2 以 上 であること + 20

21 (9) 遺 族 共 済 年 金 遺 族 共 済 年 金 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 者 が 死 亡 したときに その 遺 族 に 支 給 されます 1 受 給 要 件 次 のいずれかに 該 当 するときに その 者 の 遺 族 が 受 給 できます ア. 組 合 員 が 死 亡 したとき イ. 組 合 員 であった 者 が 退 職 後 に 組 合 員 である 間 に 初 診 日 のある 傷 病 により 当 該 初 診 日 から 起 算 して5 年 を 経 過 する 日 前 に 死 亡 したとき ウ. 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 の 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 死 亡 したとき エ. 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 又 は 組 合 員 期 間 等 が25 年 以 上 ある 者 が 死 亡 したとき 2 遺 族 遺 族 共 済 年 金 を 受 給 できる 遺 族 とは 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 者 が 死 亡 した 当 時 その 者 によって 生 計 を 維 持 していた 者 のうち 将 来 にわたって 恒 常 的 な 収 入 金 額 が 年 額 850 万 円 未 満 と 認 められる 次 の 者 をいいます 第 一 順 位 第 二 順 位 第 三 順 位 第 四 順 位 配 偶 者 及 び 子 父 母 孫 祖 父 母 子 及 び 孫 については 次 のいずれかに 該 当 する 者 に 限 られます 18 歳 に 達 する 日 の 年 度 末 までの 間 にある 子 で まだ 配 偶 者 のない 者 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 者 が 死 亡 した 当 時 から 引 き 続 き 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 の 障 害 の 状 態 にある 者 ( 年 齢 制 限 はない) 一 元 化 後 は 遺 族 給 付 の 転 給 ( 第 一 順 位 の 遺 族 が 失 権 した 時 に 次 の 順 位 者 に 権 利 が 移 ること) 制 度 が 廃 止 になります 施 行 日 の 前 日 ( 平 成 27 年 9 月 30 日 )において 遺 族 が 遺 族 共 済 年 金 遺 族 年 金 の 支 給 を 受 けている 場 合 施 行 日 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 )において 当 該 遺 族 共 済 年 金 遺 族 年 金 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 でなくなるものとされます 遺 族 の 年 齢 要 件 対 象 者 一 元 化 前 一 元 化 後 夫 父 母 又 は 祖 父 母 年 齢 要 件 なし 55 歳 以 上 の 者 (60 歳 までは 支 給 停 止 ) (60 歳 までは 支 給 停 止 ) 障 害 1 2 級 の 子 又 は 孫 ( 未 婚 であること) 年 齢 要 件 なし 20 歳 で 失 権 21

22 30 歳 未 満 の 妻 が 受 給 する 遺 族 共 済 年 金 ( 平 成 19 年 4 月 から) 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 を 取 得 した 当 時 18 歳 未 満 の 子 がいない30 歳 未 満 の 妻 が 受 給 する 遺 族 共 済 年 金 は 5 年 間 で 支 給 が 終 了 します また 18 歳 未 満 の 子 がある 妻 が 30 歳 に 到 達 する 前 に 遺 族 基 礎 年 金 の 受 給 権 が 消 滅 した 場 合 消 滅 したときから5 年 間 で 支 給 が 終 了 します 遺 族 厚 生 年 金 も 同 様 3 遺 族 共 済 年 金 の 額 遺 族 共 済 年 金 = 厚 生 年 金 相 当 部 分 + 職 域 年 金 相 当 部 分 3/4 + 中 高 齢 寡 婦 加 算 死 亡 者 が 生 前 に 受 給 していた 退 職 共 済 年 金 ( 厚 生 年 金 相 当 部 分 と 職 域 年 金 相 当 部 分 )の 3/4の 額 受 給 権 者 が40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 妻 の 場 合 の 加 算 額 ( 中 高 齢 寡 婦 加 算 ) 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 18 歳 の 年 度 末 の 間 までの 子 等 がいない40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 妻 の 場 合 遺 族 共 済 年 金 に 中 高 齢 寡 婦 加 算 が 加 算 されます 被 用 者 年 金 一 元 化 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 ) 以 降 に 年 金 受 給 権 が 発 生 した 場 合 被 用 者 年 金 一 元 化 後 に 年 金 受 給 者 または 組 合 員 が 亡 くなった 場 合 は 遺 族 厚 生 年 金 が 支 給 されます 一 元 化 前 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 に 限 って 旧 職 域 年 金 相 当 部 分 が 支 給 されます 一 元 化 後 の 組 合 員 期 間 がある 場 合 は 年 金 払 い 退 職 給 付 の 終 身 年 金 部 分 は 終 了 有 期 年 金 の 残 余 部 分 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 されます 遺 族 厚 生 年 金 = 報 酬 比 例 部 分 + 旧 職 域 相 当 部 分 * 3/4 + 中 高 齢 寡 婦 加 算 * 元 組 合 員 に 一 元 化 前 の 期 間 がある 場 合 のみ 遺 族 基 礎 年 金 遺 族 が 子 のある 配 偶 者 又 は 子 の 場 合 は 日 本 年 金 機 構 から 遺 族 基 礎 年 金 が 支 給 されます 保 険 料 の 納 付 要 件 を 満 たしていること * 子 とは まだ 配 偶 者 のない 者 で 18 歳 に 達 する 年 度 末 までの 間 にある 子 又 は20 歳 未 満 で 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 の 障 害 の 状 態 にある 者 遺 族 基 礎 年 金 の 額 ( 平 成 26 年 4 時 点 ) 子 の 加 算 額 ( 該 当 がある 場 合 のみ) 772,800 円 ( 定 額 ) + 2 人 目 まで1 人 につき 222,400 円 ( 保 険 料 の 納 付 要 件 ) 3 人 目 から1 人 につき 74,100 円 死 亡 日 の 属 する 月 の 前 々 月 までに 国 民 年 金 の 被 保 険 者 期 間 があるときは 保 険 料 納 付 済 期 間 と 免 除 期 間 を 合 算 した 期 間 が 加 入 期 間 の3 分 の2 以 上 であること 22

23 3 年 金 受 給 者 となってからの 注 意 事 項 (1) 再 就 職 と 年 金 額 (~ 平 成 27 年 9 月 30 日 まで) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 を 受 給 している 者 が 民 間 会 社 等 ( 短 時 間 の 再 任 用 者 を 含 む)に 再 就 職 し 厚 生 年 金 保 険 など 他 の 公 的 年 金 制 度 に 加 入 したとき 又 は 再 任 用 者 (フルタイム 勤 務 )となり 共 済 組 合 に 引 き 続 き 加 入 するとき 年 金 支 給 額 が 調 整 されます 1 厚 生 年 金 保 険 等 に 加 入 したとき 次 のいずれかに 該 当 したときは 該 当 している 間 年 金 支 給 額 が 調 整 されます 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 (70 歳 で 被 保 険 者 資 格 喪 失 ) 70 歳 以 上 で 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する 者 私 立 学 校 教 職 員 共 済 組 合 の 加 入 者 (70 歳 で 被 保 険 者 資 格 喪 失 ) 70 歳 以 上 で 私 立 学 校 に 勤 務 する 者 国 会 議 員 又 は 地 方 議 会 議 員 < 注 意 > 再 就 職 により 他 の 公 的 年 金 制 度 に 加 入 した 場 合 は 就 職 届 書 をご 提 出 ください 提 出 が 遅 れた 場 合 年 金 の 過 払 いが 発 生 します 再 就 職 した 旨 ご 連 絡 いただければ 就 職 届 書 をお 送 りします もしくは 公 立 学 校 共 済 組 合 本 部 のホームページからダウンロードすることもできます 年 金 の 一 部 支 給 停 止 その 者 の ア. 基 本 月 額 と イ. 基 準 収 入 月 額 相 当 額 の 合 計 額 が 46 万 円 を 超 えるときは 超 えた 額 の 2 分 の1に 相 当 する 額 に12を 乗 じて 得 た 額 が 支 給 停 止 されます ア. 基 本 月 額 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 12 イ. 基 準 収 入 月 額 相 当 額 標 準 報 酬 ( 給 与 ) 月 額 + 支 給 停 止 対 象 月 の 前 月 以 前 1 年 間 の 標 準 賞 与 額 12 < 支 給 停 止 額 の 計 算 方 法 > 支 給 停 止 額 = ( ア. 基 本 月 額 + イ. 基 準 収 入 月 額 相 当 額 - 46 万 円 ) 1/

24 2 退 職 後 に 再 就 職 をして 共 済 組 合 に 加 入 するとき (フルタイム 勤 務 ) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 は 在 職 中 の 場 合 は 原 則 支 給 停 止 となりますが 給 与 と 年 金 の 合 計 額 に より 一 部 支 給 されることがあります < 注 意 > 再 就 職 により 共 済 組 合 の 組 合 員 となった 場 合 は 年 金 の 支 給 額 を 調 整 する 必 要 があるため 再 就 職 をした 旨 の 届 出 をしてください 届 出 が 遅 れると 年 金 の 過 払 いが 発 生 します < 用 語 の 解 説 > 在 職 中 支 給 基 本 額 厚 生 年 金 相 当 部 分 の 額 基 本 月 額 在 職 中 支 給 基 本 額 12 基 準 給 与 月 額 相 当 額 各 年 の1 月 から8 月 までは 前 年 の5 月 9 月 から12 月 まではその 年 の5 月 に 1.25 ( 手 当 率 ) おける 掛 金 の 標 準 となった 給 料 の 額 + 当 該 以 前 の1 年 間 の 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 1/12 < 支 給 停 止 額 の 計 算 方 法 > 区 分 A 基 準 給 与 月 額 相 当 額 + 基 本 月 額 28 万 円 の 場 合 ア 基 本 月 額 28 万 円 基 準 給 与 月 額 相 当 額 46 万 円 一 部 支 給 額 ( 年 額 ) 在 職 中 支 給 基 本 額 在 職 中 支 給 基 本 額 - { ( 基 準 給 与 月 額 相 当 額 + 基 本 月 額 - 28 万 円 ) 1/2 } 12 の 場 合 イ 基 本 月 額 28 万 円 B 基 準 給 与 月 額 相 当 額 基 準 給 与 月 額 相 当 額 >46 万 円 + 基 本 月 額 >28 万 円 の 場 合 の 場 合 ウ 基 本 月 額 >28 万 円 基 準 給 与 月 額 相 当 額 46 万 円 在 職 中 支 給 基 本 額 - { ( 46 万 円 + 基 本 月 額 - 28 万 円 ) 1/2 + 基 準 給 与 月 額 相 当 額 - 46 万 円 } 12 在 職 中 支 給 基 本 額 - 基 準 給 与 月 額 相 当 額 1/2 12 の 場 合 エ 基 本 月 額 >28 万 円 基 準 給 与 月 額 相 当 額 >46 万 円 在 職 中 支 給 基 本 額 - ( 基 準 給 与 月 額 相 当 額 - 46 万 円 1/2 ) 12 の 場 合 24

25 再 就 職 と 年 金 額 ( 平 成 27 年 10 月 ~) 一 元 化 前 の 退 職 共 済 年 金 の 在 職 支 給 停 止 の 計 算 方 法 は 加 入 制 度 によって 区 分 されていたが 一 元 化 後 は 年 齢 によって 区 分 されることとなる 65 歳 に 到 達 するまでの 者 ( 賃 金 + 年 金 )が28 万 円 を 超 えた 場 合 年 金 の 一 部 または 全 額 が 支 給 停 止 となる 65 歳 以 降 の 者 ( 賃 金 + 年 金 )が46 万 円 を 超 えた 場 合 年 金 の 一 部 または 全 額 が 支 給 停 止 となる (2) 雇 用 保 険 法 による 失 業 給 付 を 受 けるとき 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 公 共 職 業 安 定 所 (ハローワーク)に 求 職 の 申 し 込 みを 行 い 雇 用 保 険 法 による 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 )を 受 給 する 場 合 には 失 業 給 付 を 受 給 している 間 年 金 の 支 給 が 停 止 されます ( 職 域 年 金 相 当 部 分 を 除 いた 年 金 の 支 給 停 止 ) 受 給 開 始 受 給 終 了 雇 用 保 険 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 ) 職 域 年 金 相 当 部 分 年 金 給 付 ( 支 給 停 止 ) 厚 生 年 金 相 当 部 分 厚 生 年 金 相 当 部 分 が 支 給 停 止 となる 公 共 職 業 安 定 所 (ハローワーク)に 申 し 込 みを 行 う 際 には 失 業 給 付 の 給 付 額 と 年 金 額 を 比 較 して 有 利 となる 方 を 選 択 するようにしてください 25

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係 Ⅴ 長 期 給 付 事 業 1 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 は 都 道 府 県 や 市 町 村 の 区 分 や 職 種 の 相 違 によって 適 用 される 制 度 が 異 なっていたものが 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 全 ての 公 務 員 に 通 ずる 統 一 的 な 制

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年 年 1 年 制 度 の 概 要 1 厚 生 年 と 基 礎 年 の 種 類 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによって 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とその 家 族 の 生 活 の 安 定 を 図 ることを 目 的 としています 厚 生 年 (

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362>

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362> 年 金 攻 略 ゼミ 第 6 回 厚 生 年 金 保 険 法 2 第 1 1 節 支 給 対 男 法 附 則 13 条 の4) 特 象 者 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 (2) 28 から 36 までの まれた 12 1 支 )であって の 繰 上 げの 特 例 2 昭 和 一 33 般 年 女 4 子 月 2 日 から昭 和 41 年 4 月 していない 1 日 までの もの 間 型 )であって

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985697EE8CFA90B6944E8BE090BF8B8182CC8EE888F85F372E37>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985697EE8CFA90B6944E8BE090BF8B8182CC8EE888F85F372E37> 老 齢 厚 生 年 金 請 求 の 手 引 年 金 請 求 に 必 要 な 手 続 について 保 存 版 ( 年 金 が 支 給 されるときまで 大 切 に 保 管 してください ) 平 成 27 年 度 定 年 退 職 者 用 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 目 次 Ⅰ 年 金 制 度 の 概 要 1 老 齢 基 礎 年 金 繰 上 げ 受 給 受 取 り 総 額 ( 累 計 額

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 1 現 在 の 公 的 年 金 制 度 組 合 員 の 皆 さまは 2つの 公 的 年 金 制 度 と 公 務 員 特 有 の 制 度 に 加 入 しています 1 2 +α 基 礎 年 金 : 全 国 民 に 共 通 する 国 民 年 金 制 度

Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 1 現 在 の 公 的 年 金 制 度 組 合 員 の 皆 さまは 2つの 公 的 年 金 制 度 と 公 務 員 特 有 の 制 度 に 加 入 しています 1 2 +α 基 礎 年 金 : 全 国 民 に 共 通 する 国 民 年 金 制 度 平 成 28 年 3 月 平 成 27 年 度 末 普 通 勧 奨 退 職 者 向 け 年 金 手 続 等 説 明 会 資 料 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 給 付 貸 付 課 ねんきん 博 士 目 次 Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 P 2 Ⅱ 老 齢 年 金 等 について P 4 Ⅲ 老 齢 年 金 に 関 する 注 意 事 項 P 8 (A 受 給 権 発

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

児童扶養手当(大阪府)

児童扶養手当(大阪府) 児 童 扶 養 手 当 児 童 扶 養 手 当 は 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない18 歳 到 達 後 最 初 の 年 度 末 までの 児 童 ( 児 童 に 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいがある 場 合 は 20 歳 未 満 の 児 童 ) を 監 護 しているひとり 親 家 庭 の 母 又 は 父 等 に 支 給 されます 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 脱 退 一 時 金 今 回 の 講 義 では 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 短 期 滞 在 の 外 国 人 に 支 給 される 脱 退 一 時 金 について 学 習 します 付 加 年 金 付 加 年 金 に 関 しては 法 第 43 条 から 法 第 48 条 に 規 定 されています また 付 加 保 険 料 に 関 しては

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

Ⅱ給付事務

Ⅱ給付事務 Ⅳ 給 付 事 務 1. 基 金 給 付 の 仕 組 み 基 金 の 給 付 は キャッシュ バランス プランによる 生 協 独 自 の 給 付 老 齢 給 付 金 ( 年 金 ) 選 択 一 時 金 脱 退 一 時 金 遺 族 給 付 金 ( 一 時 金 ) です キャッシュ バランス プランでは 加 入 者 一 人 一 人 の 仮 想 個 人 勘 定 残 高 をもとに 給 付 を 行 います 基

More information

( 前 ページから 続 く) 次 のいずれかに 該 するかたは 受 給 できません 施 設 に 入 所 しているかた 病 院 に3か 月 を 超 えて 続 けて 入 院 しているかた 受 給 者 本 人 または 扶 養 義 務 者 等 の 所 得 が 制 限 額 ( 別 表 1P.135)の 限 度

( 前 ページから 続 く) 次 のいずれかに 該 するかたは 受 給 できません 施 設 に 入 所 しているかた 病 院 に3か 月 を 超 えて 続 けて 入 院 しているかた 受 給 者 本 人 または 扶 養 義 務 者 等 の 所 得 が 制 限 額 ( 別 表 1P.135)の 限 度 心 障 害 者 福 祉 ( 区 の 制 度 ) 難 20 歳 以 上 で 次 のいずれかに 該 するかた 1 愛 の 帳 1~3 度 体 障 害 者 帳 12 級 脳 性 マヒまたは 進 行 性 筋 萎 縮 症 2 愛 の 帳 度 体 障 害 者 帳 3 級 3 区 の 指 定 する 難 病 等 (P.0~1 参 照 )で 医 療 費 助 成 を 受 けているかた 次 のいずれかに 該 するかたは

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険 1 国 民 年 金 事 業 の 概 要 国 民 年 金 制 度 は, 昭 和 34 年 の 発 足 以 来,50 年 以 上 の 歳 月 を 経 て, 平 成 26 年 3 月 末 には,2,750 万 人 の 被 保 険 者 ( 第 2 号 被 保 険 者 を 除 く)と3,140 万 人 の 受 給 者 を 擁 する 制 度 に 発 展 し, 国 民 の 中 に 広 く 定 着 しています 昭

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

社労士合格 弾丸合格セミナー

社労士合格 弾丸合格セミナー 第 37 回 目 国 民 年 金 法 法 改 正 傾 向 と 対 策 それでは 第 37 回 目 の 講 義 国 民 年 金 法 法 改 正 の 解 説 を 進 めていきます 平 成 26 年 度 から 消 費 税 が 5%から 8%に 上 がり その 増 加 分 を 社 会 保 障 関 係 の 維 持 に 充 てる ことが 可 能 になったこともあり 多 くの 箇 所 で 改 正 があります 1

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

農 協 (JA) 信 用 組 合 ( 茨 城 県 信 組 は 除 く) 信 託 銀 行 信 用 漁 協 連 イオン 銀 行 楽 天 銀 行 新 生 銀 行 琉 球 銀 行 セブン 銀 行 じぶん 銀 行 シティバンク ジャパンネット 銀 行 インターネットバンキング 系 列 の 銀 行 ゆうちょ 銀

農 協 (JA) 信 用 組 合 ( 茨 城 県 信 組 は 除 く) 信 託 銀 行 信 用 漁 協 連 イオン 銀 行 楽 天 銀 行 新 生 銀 行 琉 球 銀 行 セブン 銀 行 じぶん 銀 行 シティバンク ジャパンネット 銀 行 インターネットバンキング 系 列 の 銀 行 ゆうちょ 銀 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 の 概 要 被 保 険 者 ( 本 人 )が 退 職 すると 健 康 保 険 の 資 格 を 失 いますが 下 記 の 加 入 資 格 要 件 を 満 たして いる 場 合 で 引 き 続 き 日 立 健 保 の 継 続 加 入 を 希 望 する 場 合 は 任 意 継 続 被 保 険 者 ( 以 下 任 継 ) に 加 入 することができます 任 継 の 加

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ について 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ の 目 的 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ は 今 年 度 59 歳 に 到 達 する 方 を 対 象 に 公 務 員 共 済 の 年 金 加 入 状 況 等 について 確 認 していただき 年 金 制 度 への 理 解 を 深 め 近 い 将 来 の 年 金 請 求 手 続 を 意 識 していただくために

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域 退 職 共 済 年 金 制 度 等 について Ⅰ 年 金 制 度 Ⅱ 退 職 共 済 年 金 Ⅲ 年 金 額 Ⅳ 定 年 退 職 後 の 就 労 と 年 金 調 整 Ⅴ 年 金 の 請 求 手 続 Ⅵ その 他 公 立 学 校 共 済 組 合 大 阪 支 部 Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

8.手当・年金・貸付等

8.手当・年金・貸付等 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

More information

厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合

厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合 1. 厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 2. 退 職 後 の 健 康 保 険 制 度 日 本 郵 政 共 済 組 合 厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合 公 的 年 金 制 度 のしくみ 公 的 年 金 共 済 年 金 厚 生 年 金 国 民 年 金 被 用 者 年 金 制 度 基 礎 年 金 制 度

More information

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選 年 金 一 時 金 請 求 に 関 する 手 続 き 電 機 年 金 基 金 では 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 裁 定 を 行 い 年 金 一 時 金 をお 支 払 いします 電 機 年 金 基 金 が 支 払 う 年 金 または 一 時 金 は 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 電 機 年 金 基 金 が 裁 定 し 受 給 権 者 が 指 定 した 金 融 機

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の 8 入 居 収 入 基 準 市 営 住 宅 の 申 込 みには, 世 帯 全 員 の 課 税 対 象 の 収 入 が, 公 営 住 宅 法 で 定 める 一 定 の 基 準 内 ( ) にあることが 必 要 です (1) 市 営 住 宅 の 収 入 基 準 ( )は, 次 の 表 のとおりです 住 宅 種 別 一 般 世 帯 裁 量 階 層 世 帯 ( ) 公 営 住 宅 158,000 以 下 214,000

More information

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定 申 告 書 の 書 き 方 申 告 書 の 各 項 目 に 記 入 してください 給 与 公 的 年 等 の 収 入 があった 人 事 業 や 不 動 産 による 収 入 があった 人 平 成 27 年 中 に 収 入 がなかった 人 申 告 書 表 面 カキ 67 10~21 申 告 書 表 面 アイウ 123 10~21 申 告 書 裏 面 (1)(2)(3) 申 告 書 表 面 16~21 申

More information

Ⅰ 国民年金

Ⅰ 国民年金 年 金 相 談 事 例 集 1 巻 p.101 Ⅰ 国 民 年 金 1 国 民 年 金 制 度 の 目 的 及 び 沿 革 国 民 年 金 制 度 は, 厚 生 年 金 保 険, 旧 船 員 保 険, 旧 共 済 組 合 など 被 用 者 を 対 象 とする 公 的 年 金 制 度 が 適 用 されていない 農 業 者, 自 営 業 者 等 及 び 被 用 者 の 配 偶 者 などを 対 象 とした

More information

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準 公 益 財 団 法 人 伊 勢 丹 奨 学 会 大 学 奨 学 生 推 薦 選 考 基 準 [1] 奨 学 生 の 資 格 1. 人 物 学 習 活 動 その 他 生 活 の 全 般 を 通 じて 態 度 行 動 が 学 生 にふさわしく 将 来 良 識 ある 社 会 人 として 活 動 できる 見 込 みがあり かつ 東 京 大 学 一 橋 大 学 横 浜 国 立 大 学 慶 應 義 塾 大 学

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支 わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 見 直 し 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状 態

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 置 き 換 え 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状

More information

2 年 金 実 務 平 成 平 成 3 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 966,000 15 16 年 金 実 務 55 17 18 年 金 実 務 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

2 任意継続組合員制度について

2 任意継続組合員制度について 第 退 職 後 の 医 療 保 険 制 度 について 退 職 後 に 加 入 する 医 療 保 険 制 度 について わが 国 の 社 会 保 障 制 度 における 医 療 保 険 については 国 民 皆 保 険 制 度 をとっており 何 らかの 医 療 保 険 制 度 に 加 入 することが 義 務 づけられています 組 合 員 の 方 は 在 職 中 は 共 済 組 合 に 加 入 していますが

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 28 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 第 7 問 問 2 3 問 21 155( 万 円 ) 第 2 問 問 22 1,082( 万 円 ) 問 3 2 問 23 1 問 4 (ア)2 (イ)4 (ウ)8 第 8 問 問

More information

Microsoft Word - ....

Microsoft Word - .... 目 次 出 題 傾 向 1 (1) わが 国 の 人 口 動 向 等 3 (2) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 の 現 況 3 (3) 公 的 年 金 制 度 の 沿 革 ( 主 な 内 容 を 抜 粋 ) 4 (4) 公 的 年 金 のしくみ 6 (5) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 8 (6) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 資 格 の 取 得 と 喪 失 10 (7) 被 保

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

Taro-H24年度.jtd

Taro-H24年度.jtd 石 井 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 ) 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 の 状 況 (H24.4.1) 一 般 行 政 事 務 4 人 幼 稚 園 教 諭 1 人 保 育 士 9 人 計 14 人 (2) 職 員 の 退 職 状 況 (H23.4.1~H24.3.31) 一 般 行 政 事 務

More information

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 国 も 家 庭 も 守 りたい 防 衛 省 職 員 のための は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 推 進 が 大 きな 柱 に 掲 げられました

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

2 年 金 実 務 3 年 金 実 務 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 15 年 金 実 務 16 年 金 実 務 17 年 金 実 務 ません 18 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特 標 準 報 酬 制 の 制 度 概 要 平 成 27 年 8 月 福 岡 市 職 員 共 済 組 合 1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

収 入 基 準 となる 収 入 月 額 については Ⅱ 収 入 基 準 の 説 明 をご 覧 ください 参 考 収 入 基 準 早 見 表 ( 家 族 数 は 申 込 者 本 人 と 同 居 予 定 親 族 または 扶 養 親 族 の 合 計 ) 世 帯 区 分 表 区 分 / 家 族 数 2 人

収 入 基 準 となる 収 入 月 額 については Ⅱ 収 入 基 準 の 説 明 をご 覧 ください 参 考 収 入 基 準 早 見 表 ( 家 族 数 は 申 込 者 本 人 と 同 居 予 定 親 族 または 扶 養 親 族 の 合 計 ) 世 帯 区 分 表 区 分 / 家 族 数 2 人 浦 臼 町 公 営 住 宅 入 居 のご 案 内 Ⅰ. 入 居 申 込 者 の 資 格 ( 次 の~6のすべての 資 格 がある 方 ). 現 在 住 宅 に 困 っている 方 原 則 として 申 込 者 本 人 及 び 同 居 しようとしている 親 族 に 持 家 の 方 ( 共 有 名 義 の 場 合 も 含 む)がいる 場 合 は 申 し 込 みできません 日 本 国 籍 の 方 または 既

More information