平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領"

Transcription

1 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短 期 大 学 及 び 高 等 専 門 学 校 ( 以 下 大 学 等 という )の 設 置 者 ( 以 下 補 助 事 業 者 という )から 提 出 してくださ なお 交 付 申 請 書 等 は 記 入 漏 れ 誤 記 計 算 ミスなどがないよう 確 認 の 上 提 出 してください ( 交 付 申 請 書 に 記 入 漏 れ 等 が 多 いと 補 助 金 交 付 決 定 通 知 の 時 期 に 影 響 します ). 提 出 書 類 及 び 提 出 部 数 等 について 交 付 内 定 後 に 提 出 する 書 類 は 以 下 のとおりです それぞれ 各 項 目 に 示 す 部 数 を 紙 媒 体 で 提 出 するとともに 電 子 データでも 一 式 提 出 してくださ ( 必 ず 提 出 していただく 書 類 ) () 交 付 申 請 書 ( 別 紙 様 式 ( 三 - 一 三 - 二 )) 部 ( 正 本 副 本 別 様 に 仕 分 け) 交 付 を 内 定 した 補 助 事 業 については 大 学 改 革 推 進 事 業 のプログラムで 選 定 された 申 請 書 に 記 載 された 内 容 及 び 本 補 助 金 の 趣 旨 目 的 等 を 踏 まえ 本 年 度 の 補 助 金 交 付 内 定 額 の 範 囲 内 で 交 付 申 請 書 を 作 成 してくださ 交 付 申 請 書 は 交 付 を 内 定 した 補 助 事 業 について 文 部 科 学 大 臣 が 補 助 を 行 うか 否 かの 意 思 表 示 を 行 うために 必 要 な 書 類 ですので その 記 載 内 容 が 適 正 であり かつ 金 額 の 算 出 に 誤 り 等 がな いよう 十 分 留 意 してくださ 記 入 に 当 たっての 留 意 点 は 以 下 のとおりです 全 体 さ 用 紙 は 縦 位 置 とし 正 副 部 提 出 してくださまた 交 付 申 請 年 月 日 は 必 ず 記 入 してくだ 大 学 等 の 設 置 者 欄 大 学 等 の 設 置 者 の 名 称 主 たる 事 務 所 ( 本 部 )の 所 在 地 代 表 者 氏 名 を 記 入 し 押 印 する 場 合 は 公 印 を 押 してくださ また 正 本 以 外 は 印 影 が 複 写 されていればよく 新 たに 押 印 する 必 要 はありません 大 学 等 名 欄 補 助 事 業 を 実 施 する 大 学 等 名 を 記 入 してくださ プログラム 名 称 選 定 年 度 欄 当 該 補 助 事 業 となる 取 組 が 選 定 されたプログラム 名 称 及 びその 選 定 年 度 を 記 入 してくださ 事 業 名 欄 - -

2 選 定 された 取 組 の 事 業 名 称 を 記 入 してくださ 国 庫 補 助 金 交 付 申 請 額 欄 交 付 内 定 に 基 づいて 交 付 申 請 額 を 記 入 してくださ 補 助 事 業 の 完 了 予 定 日 欄 当 該 年 度 における 補 助 事 業 の 完 了 予 定 日 を 記 入 してくださ ( 例 : 平 成 8 年 3 月 3 日 ) 事 業 推 進 担 当 者 欄 事 業 推 進 代 表 者 は 当 該 補 助 事 業 を 実 施 する 大 学 等 の 長 事 業 推 進 責 任 者 は 当 該 事 業 の 選 定 の 際 に 申 請 書 等 に 記 載 した 取 組 担 当 者 の 氏 名 をそれぞれ 記 入 してくださ 氏 名 欄 には 氏 名 上 段 にフリガナを 付 してくださ 会 計 事 務 担 当 者 名 等 欄 当 該 補 助 事 業 における 補 助 金 の 経 理 管 理 を 担 当 する 職 員 の 氏 名 連 絡 先 等 を 記 入 してくださ 補 助 事 業 の 目 的 必 要 性 欄 総 論 欄 は 選 定 された 取 組 の 申 請 書 等 を 基 に 補 助 事 業 全 体 及 び 本 年 度 の 補 助 事 業 の 目 的 を 記 入 してくださ 具 体 的 な 事 業 内 容 欄 は 選 定 された 取 組 をどのように 実 施 するのかについて 事 業 の 内 容 を 具 体 的 に 記 入 してくださ 3 本 年 度 の 補 助 事 業 実 施 計 画 欄 は 補 助 金 の 使 用 予 定 ( 購 入 物 品 購 入 時 期 等 )を 考 慮 の 上 上 記 及 びに 沿 い 当 該 年 度 内 に 事 業 が 実 施 し 得 るよう 計 画 を 立 て 記 入 してくださ なお 複 数 年 度 に 渡 って 事 業 を 実 施 する 場 合 は 全 体 のスケジュールを 添 付 してくださ また 本 計 画 については 原 則 として 選 定 された 取 組 の 申 請 書 等 を 基 に 作 成 していただき ますが 取 扱 要 領 事 業 の 実 態 等 に 即 して 適 切 に 修 正 を 行 うことは 差 し 支 えありません () 補 助 対 象 経 費 内 訳 表 ( 別 紙 様 式 ( 三 - 三 )) 部 補 助 金 調 書 に 基 づき その 内 訳 を 詳 細 に 記 入 した 補 助 対 象 経 費 内 訳 表 を 作 成 して 補 助 金 交 付 申 請 書 と 共 に 提 出 してくださなお 補 助 対 象 経 費 内 訳 表 は 別 添 の 記 入 例 を 参 照 の 上 作 成 してくださ (3) 支 払 計 画 表 ( 別 紙 様 式 ( 六 - 一 ) 又 は 資 金 繰 り 表 ( 別 紙 様 式 六 - 二 ) 部 本 支 払 計 画 表 又 は 資 金 繰 り 表 は 概 算 払 を 行 うために 必 要 な 書 類 であるとともに 記 入 され た 支 払 予 定 時 期 に 沿 った 補 助 事 業 者 の 請 求 に 基 づき 補 助 金 が 支 払 われることになりますので 十 分 留 意 して 作 成 するようにしてくださ (4)その 他 添 付 書 類 ( 様 式 なし) 部 交 付 申 請 書 を 提 出 するときは 次 の 書 類 を 添 付 してくださ 交 付 申 請 する 大 学 等 の 設 置 者 の 営 む 主 な 事 業 交 付 申 請 する 大 学 等 の 設 置 者 の 資 産 及 び 負 債 に 関 する 事 項 - -

3 3 4 申 請 する 補 助 事 業 の 効 果 申 請 する 補 助 事 業 に 関 して 生 ずる 収 入 金 に 関 する 事 項 ( 注 ) 複 数 大 学 事 業 の 場 合 は 代 表 となる 大 学 等 が 該 当 します (5) 振 込 銀 行 等 口 座 届 ( 別 紙 様 式 ( 七 )) 部 3 4 振 込 先 となる 銀 行 等 の 口 座 は 本 補 助 金 が 大 学 等 の 設 置 者 に 対 する 機 関 補 助 であることを 踏 まえて 設 定 してくださ また 一 つの 大 学 等 の 設 置 者 において 本 補 助 金 に 係 る 交 付 内 定 が 複 数 ある 場 合 は 当 該 交 付 内 定 に 係 る 交 付 申 請 毎 に 届 け 出 てくださなお 同 一 口 座 に 振 り 込 みを 希 望 される 場 合 も 同 様 です 口 座 届 出 住 所 欄 は 交 付 申 請 書 に 記 載 した 大 学 等 の 設 置 者 の 主 たる 事 務 所 ( 本 部 )の 所 在 地 を 記 入 してくださ 届 出 内 容 に 変 更 が 生 じた 場 合 は 当 該 届 の 様 式 を 用 いて 速 やかにその 旨 を 届 け 出 てくださ 本 届 出 提 出 の 際 には 口 座 名 義 ( 漢 字 表 記 カタカナ 表 記 ) 預 金 種 別 口 座 番 号 が 記 載 さ れた 預 金 通 帳 の 写 し( 表 紙 及 び 見 開 き)を 添 付 してくださ ( 注 ) 継 続 事 業 の 場 合 は 変 更 がある 場 合 のみ 提 出 してくださ ( 必 要 に 応 じて 提 出 していただく 書 類 ) (6) 交 付 内 定 辞 退 届 ( 別 紙 様 式 ( 一 )) 部 交 付 内 定 の 内 容 により 事 業 の 適 切 な 遂 行 が 不 可 能 と 判 断 し 交 付 の 内 定 を 辞 退 する 場 合 に 提 出 してくださ 辞 退 理 由 欄 辞 退 の 具 体 的 な 理 由 とともに 辞 退 の 要 件 が 発 生 した 年 月 日 も 記 入 してくださ (7) 代 表 者 等 交 替 届 ( 別 紙 様 式 ( 二 )) 部 取 扱 要 領 6(3) 代 表 者 等 の 交 替 について を 参 照 の 上 代 表 者 等 の 交 替 があった 場 合 に 提 出 してくださ 記 入 に 当 たっての 留 意 点 は 以 下 のとおりです 届 出 の 区 分 欄 該 当 する 区 分 全 てにチェックを 入 れてくださ 変 更 前 変 更 後 欄 変 更 前 変 更 後 の 氏 名 等 について 記 入 してくださまた 変 更 箇 所 には 下 線 を 引 いてくだ - 3 -

4 さ 交 替 等 の 理 由 欄 交 替 等 の 発 生 年 月 日 及 びその 理 由 について 具 体 的 に 分 かりやすく 記 入 してくださ 交 替 等 の 影 響 欄 交 替 等 が 事 業 の 実 施 に 与 える 影 響 について 具 体 的 に 分 かりやすく 記 入 してくださ (8) 経 費 使 途 理 由 書 ( 別 紙 様 式 ( 四 )) 部 取 扱 要 領 5() 補 助 対 象 経 費 使 用 上 の 注 意 を 参 照 の 上 設 備 備 品 が 補 助 対 象 経 費 の 総 額 の70%を 超 える 理 由 委 託 費 が 補 助 対 象 経 費 の 総 額 の50%を 超 える 理 由 等 を 記 入 してくださ (9) 学 外 経 費 使 用 理 由 書 ( 別 紙 様 式 ( 五 )) 部 取 扱 要 領 5() 補 助 対 象 経 費 使 用 上 の 注 意 を 参 照 の 上 学 外 経 費 使 用 に 該 当 する 場 合 に 提 出 してくださ 記 入 に 当 たっての 留 意 点 は 以 下 のとおりです 学 外 等 で 使 用 する 補 助 対 象 経 費 の 総 額 内 訳 欄 学 外 での 経 費 使 用 の 具 体 的 な 内 容 が 分 かるように 記 入 してくださ 学 外 経 費 使 用 が 事 業 目 的 達 成 のために 必 要 である 理 由 欄 学 外 で 経 費 を 使 用 することが 何 故 当 該 補 助 事 業 を 実 施 するために 必 要 であるかについて 具 体 的 に 分 かりやすく 記 入 してくださ 購 入 物 品 等 を 適 切 に 管 理 ( 事 業 期 間 中 事 業 期 間 後 )を 行 える 理 由 欄 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 79 号 ) 等 に 沿 った 管 理 が 可 能 である 理 由 を 具 体 的 に 分 かりやすく 記 入 してくださ. 提 出 方 法 について 交 付 申 請 書 等 は 別 紙 交 付 申 請 書 等 の 組 み 方 に 従 って その 順 番 に 組 んだ 形 で 提 出 してく ださなお 書 類 を 綴 り 紐 等 で 綴 る 必 要 はありません 交 付 申 請 書 等 を 提 出 する 場 合 は 封 筒 等 の 表 に 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( プログラム) 交 付 申 請 書 等 在 中 のように 中 身 が 分 かるように 朱 書 きしてくださ 3 提 出 期 限 のある 書 類 を 送 付 する 場 合 は 余 裕 をもって 発 送 し 提 出 期 限 までに 必 着 させてくだ さ 4 提 出 先 は 取 扱 要 領 やメールに 記 載 してある 各 プログラムの 担 当 係 となります 5 いずれの 様 式 も 各 項 目 に 示 す 部 数 を 紙 媒 体 で 提 出 するとともに 電 子 データでも 一 式 提 出 し てくださ 3. 全 体 的 な 留 意 事 項 - 4 -

5 用 紙 は 日 本 工 業 規 格 に 定 めるA 列 4 縦 位 置 とし 所 定 の 様 式 に 基 づいて 作 成 してくださ 3 なお 記 載 内 容 の 多 寡 等 により 用 紙 の 枚 数 が 増 減 することは 構 いませんが 所 定 の 様 式 の 骨 格 を 崩 さないようにしてくださ 作 成 に 当 たり 誤 記 入 の 場 合 は 改 めて 作 成 し 直 してください( 訂 正 印 及 び 修 正 液 等 の 使 用 ( 特 に 金 額 の 訂 正 )はしないでくださ) 押 印 をする 場 合 は 補 助 事 業 者 の 公 印 を 押 してくださ - 5 -

10【交付要綱】様式第5-1~13

10【交付要綱】様式第5-1~13 様 式 第 5-1( 日 本 工 業 規 格 A 列 4 番 ) 平 成 年 月 日 国 土 交 通 大 臣 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 印 ( 地 域 公 共 交 通 調 査 事 業 ( 計 画 策 定 事 業 )) 交 付 申 請 書 ( 地 域 公 共 交 通 調 査 事 業 ( 計 画 策 定 事 業 )) 金 円 を 交 付 されるよう 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 五 部 交 付 決 定 後 の 各 種 変 更 手 続 きについて 1 第 五 部 目 次 1. 様 式 の 作 成 提 出 方 法 について 2. よく 行 われる よく 問 い 合 わせのある 手 続 きについて 1. 代 表 者 が 所 属 機 関 を 変 更 した 場 合 2. 補 助 事 業 者 ( 分 担 者 )を 変 更 する 場 合 3. 補 助 事 業 を 廃 止 する 場 合

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF332E8EA98CC8955D89BF82CC95FB9640939982C982C282A282C4816995BD90AC8251824F944E93788EC08E7B95AA814191E6825194C5816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF332E8EA98CC8955D89BF82CC95FB9640939982C982C282A282C4816995BD90AC8251824F944E93788EC08E7B95AA814191E6825194C5816A2E707074> ( 平 成 20 年 度 実 施 分 ) 自 己 評 価 の 方 法 等 について 高 等 専 門 学 校 機 関 別 認 証 評 価 に 関 する 自 己 評 価 担 当 者 等 に 対 する 研 修 会 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 自 己 評 価 書 の 作 成 自 己 評 価 書 の 作 成 高 等 専 門 学 校 機 関 別 認 証 評 価 と 選 択 的

More information

Microsoft Word - ③140310記入要領(創業)

Microsoft Word - ③140310記入要領(創業) 事 業 計 画 書 創 業 の 記 入 要 領 認 定 支 援 機 関 の 方 は 事 業 計 画 の 策 定 支 援 の 一 環 として 応 募 者 が 本 補 助 金 の 応 募 書 類 の 各 項 目 を 記 載 する 際 に 応 募 者 の 伝 えたい 内 容 を 引 き 出 しながら 第 三 者 が 読 んで 理 解 できる 内 容 となるよう 助 言 を 行 ってください 事 業 テーマ

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

(2) 再 生 医 療 等 製 品 等 の 品 質 及 び 安 全 性 に 係 る 相 談 開 発 初 期 段 階 から 治 験 計 画 の 届 出 を 行 う 前 までの 再 生 医 療 等 製 品 又 はヒトの 体 内 で 導 入 遺 伝 子 を 発 現 させることを 意 図 した 製 品 であ

(2) 再 生 医 療 等 製 品 等 の 品 質 及 び 安 全 性 に 係 る 相 談 開 発 初 期 段 階 から 治 験 計 画 の 届 出 を 行 う 前 までの 再 生 医 療 等 製 品 又 はヒトの 体 内 で 導 入 遺 伝 子 を 発 現 させることを 意 図 した 製 品 であ 改 正 後 全 文 薬 事 戦 略 相 談 に 関 する 実 施 要 綱 平 成 23 年 6 月 30 日 一 部 改 正 平 成 25 年 7 月 1 日 一 部 改 正 平 成 25 年 9 月 24 日 一 部 改 正 平 成 26 年 2 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 11 月 21 日 一 部 改 正 平 成 27 年 9 月 15 日 一 部 改 正 平 成 28 年

More information

以 下 は 例 示 です 公 募 提 案 型 の 応 募 のため このとおり 記 載 しても 採 択 するものではありません ( 様 式 2) (1) 応 募 者 の 概 要 等 事 業 計 画 書 ( 連 携 体 で 申 請 を 行 う 場 合 は 以 下 の 頁 を 複 製 して 全 ての 応

以 下 は 例 示 です 公 募 提 案 型 の 応 募 のため このとおり 記 載 しても 採 択 するものではありません ( 様 式 2) (1) 応 募 者 の 概 要 等 事 業 計 画 書 ( 連 携 体 で 申 請 を 行 う 場 合 は 以 下 の 頁 を 複 製 して 全 ての 応 ( 様 式 1) 本 社 の 所 在 地 を 記 載 してください ただし 本 社 の 所 在 地 と 補 助 事 業 の 主 たる 実 施 場 所 が 異 なる 場 合 は2 段 書 で 両 方 の 所 在 地 を 記 載 してください 連 携 体 で 申 請 する 場 合 は 各 申 請 者 名 を 併 記 してくださ い また 主 連 絡 先 ( 幹 事 企 業 を 一 番 上 に 記 載 してください

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容 公 取 下 第 50 号 平 成 8 年 6 月 4 日 代 表 者 殿 公 正 取 引 委 員 会 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 について 公 印 省 略 公 正 取 引 委 員 会 は, 下 請 取 引 の 公 正 化 を 図 るため, 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 ( 以 下 下 請 法 といいます )を 中 小 企 業 庁 と 協 力 して 運 用

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63> 添 付 書 面 作 成 基 準 ( 指 針 ) 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 一 はじめに 税 理 士 の 使 命 は 税 理 士 法 第 1 条 に 規 定 する 独 立 した 公 正 な 立 場 において 国 民 の 納 税 義 務 の 適 正 な 実 現 を 図 ることであり この 使 命 に 沿 って 税 理 士 業 務 を 遂 行 することで

More information

平 成 26 年 6 月 30 日 までに 応 募 する 方 平 成 26 年 10 月 1 日 平 成 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 創 業 左 記 交 付 決 定 日 ( 仮 定 )から 事 業 完 了 予 定 日 までの 期 間 ( 最 長 11ヶ 月 間 ) (2) 事

平 成 26 年 6 月 30 日 までに 応 募 する 方 平 成 26 年 10 月 1 日 平 成 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 創 業 左 記 交 付 決 定 日 ( 仮 定 )から 事 業 完 了 予 定 日 までの 期 間 ( 最 長 11ヶ 月 間 ) (2) 事 平 成 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 創 業 事 業 計 画 書 創 業 の 記 入 要 領 認 定 支 援 機 関 の 方 は 事 業 計 画 の 策 定 支 援 の 一 環 として 応 募 者 が 本 補 助 金 の 応 募 書 類 の 各 項 目 を 記 載 する 際 に 応 募 者 の 伝 えたい 内 容 を 引 き 出 しながら 第 三 者 が 読 んで 理 解 できる

More information

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし)

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし) 日 本 銀 行 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) 平 成 27 年 月 日 日 本 銀 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という )

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

学生用マニュアル

学生用マニュアル 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム~ 奨 学 金 等 受 給 のための 手 引 き 派 遣 留 学 生 用 本 手 引 きは 全 国 コースを 基 準 に 作 成 しています 地 域 人 材 コースの 派 遣 留 学 生 は 地 域 協 議 会 在 籍 大 学 等 を 通 じてさらに 追 加 の 手 続 き 等 が 必 要 となる

More information

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206)

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206) 校 担 当 者 用 平 成 28 年 度 高 等 校 等 奨 金 抜 粋 異 動 補 導 事 務 の て び き この 冊 子 には 奨 生 採 用 後 の 奨 金 の 交 付 奨 生 の 異 動 及 び 補 導 に 係 る 事 項 につい て 校 における 事 務 及 び 留 意 事 項 について 説 明 したものです あわせて 終 了 時 及 び 終 了 後 の 手 きの 概 要 についても 記

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

工 事 設 計 書 施 行 年 度 平 成 26 年 度 契 約 番 号 4261000060 工 事 名 平 成 26 年 度 水 道 広 域 化 促 進 事 業 舗 装 復 旧 工 事 ( 佐 那 具 工 業 団 地 工 区 ) 施 工 場 所 千 歳 地 内 課 長 係 長 工 種 開 削 工 事 及 び 小 口 径 推 進 工 事 積 算 者 検 算 者 設 計 金 額 円 内 消 費 税

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

様式Z-2

様式Z-2 様 式 Z-2 記 入 例 科 学 研 究 費 助 成 事 業 支 払 請 求 書 ( 平 成 26 年 度 ) 1 版 機 関 番 号 1 2 3 4 5 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 理 事 長 殿 押 印 すること (1 箇 所 目 ) 所 属 研 究 機 関 部 局 職 研 究 代 表 者 大 学 研 究 科 教 授 氏 名 印 さきに 交 付 の 決 定 の 通 知

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

01【事務連絡】障害児通所支援に係る多子軽減措置の実施について(室長+国保連+課長)

01【事務連絡】障害児通所支援に係る多子軽減措置の実施について(室長+国保連+課長) 事 務 連 絡 平 成 26 年 1 月 10 日 各 都 道 府 県 指 定 都 市 児 童 相 談 所 設 置 市 障 害 福 祉 主 管 課 御 中 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 障 害 児 発 達 障 害 者 支 援 室 就 学 前 の 障 害 児 通 所 支 援 に 係 る 利 用 者 負 担 の 多 子 軽 減 措 置 について

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という 要 綱 様 式 等 参 考 資 料 集 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 P.1 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 相 談 申 込 書 P.2 野 洲 市 市 民 相 談 総 合 推 進 委 員 会 設 置 要 綱 P.4 野 洲 市 自 立 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 P.6 野 洲 市 支 援 調 整 会 議 設 置 要 綱 P.8 野 洲

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

借 入 先 一 覧 ( 別 紙 1) 私 が 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン( 以 下 本 ガイ ドライン という )に 基 づく 債 務 整 理 の 対 象 としたい 借 入 先 等 は 下 表 のとおり です 下 表 の 内 容 に 漏 れや 誤

借 入 先 一 覧 ( 別 紙 1) 私 が 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン( 以 下 本 ガイ ドライン という )に 基 づく 債 務 整 理 の 対 象 としたい 借 入 先 等 は 下 表 のとおり です 下 表 の 内 容 に 漏 れや 誤 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 御 中 平 成 年 月 日 依 頼 人 氏 名 登 録 支 援 専 門 家 委 嘱 ( 初 回 委 嘱 )の 依 頼 について(GL5 項 (2)) 私 は 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 第 5 項 (2)に 基 づき 債 務 整 理 の 手 続 の 支 援 を 受 けるために 主 たる 債 権 者

More information

H24年度_科研費電子申請システム操作方法等説明会資料

H24年度_科研費電子申請システム操作方法等説明会資料 平 成 25 年 2 月 1 日 ( 金 ) 4 日 ( 月 ) 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 1 本 資 料 の 目 次 Ⅰ.はじめに スライド3 Ⅱ. 研 究 分 担 者 変 更 承 認 申 請 手 続 き( 基 金 分 ) スライド34 Ⅲ. 研 究 代 表 者 所 属 研 究 機 関 変 更 手 続 き( 基 金 分 ) スライド56 Ⅳ. 実 績 報 告 手 続 き(

More information

2 出 願 資 格 審 査 前 記 1の 出 願 資 格 (5) 又 は(6) により 出 願 を 希 望 する 者 には, 出 願 に 先 立 ち 出 願 資 格 審 査 を 行 いますので, 次 の 書 類 を 以 下 の 期 間 に 岡 山 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 等

2 出 願 資 格 審 査 前 記 1の 出 願 資 格 (5) 又 は(6) により 出 願 を 希 望 する 者 には, 出 願 に 先 立 ち 出 願 資 格 審 査 を 行 いますので, 次 の 書 類 を 以 下 の 期 間 に 岡 山 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 等 Ⅱ 入 学 者 選 抜 試 験 学 生 募 集 要 項 ( 自 然 科 学 研 究 科 環 境 学 研 究 科 共 通 ) ( 入 学 時 期 : 平 成 18 年 10 月 又 は 平 成 19 年 4 月 ) 1 出 願 資 格 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 です (1) 修 士 の 学 位 若 しくは 専 門 職 学 位 を 有 する 者 又 は 平 成 19 年 3 月 (

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです

More information

筑 波 大 学 平 成 28 年 度 第 1 期 ( 春 学 期 ) 授 業 料 免 除 申 請 のしおり 留 学 生 以 外 用 ~ 新 入 生 版 ~ 申 請 期 間 平 成 28 年 度 新 入 生 平 成 28 年 4 月 7 日 ( 木 )~ 平 成 28 年 4 月 18 日 ( 月 )( 厳 守 ) 4 月 13 日 ( 水 )までに 対 応 支 援 室 にて 申 請 書 類 の 確

More information

年月日

年月日 2017 度 法 政 大 学 大 学 院 理 工 学 研 究 科 募 集 要 項 Ⅰ. 一 般 入 試 学 内 推 薦 入 試 要 項 Ⅱ. 一 般 推 薦 入 試 要 項 Ⅲ. 社 会 人 特 別 入 試 要 項 法 政 大 学 大 学 院 理 工 学 研 究 科 - 0 - 内 容 入 試 要 項 社 会 人 特 別 入 試 要 項 入 学 試 験 出 願 書 類 注 意 このPDFデータは 参

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

<4D F736F F D EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC2E646F6378>

<4D F736F F D EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC2E646F6378> 平 成 27 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ 平 成 28 年 規 程 第 2 号 平 成 28 年 3 月 31 日 制 定 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 ( 以 下 対 応 規 程 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

原薬等登録原簿(マスターファイル)制度について

原薬等登録原簿(マスターファイル)制度について 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 規 格 基 準 部 医 薬 品 基 準 課 MF 管 理 室 1 MF 登 録 において 必 要 とされる 事 項 単 に 一 例 を 示 したものであり 状 況 に 応 じてご 対 応 いただく 必 要 がありますので ご 留 意 ください 業 者 コード 取 得 製 造 業 許 可 認 定 取 得 MF 登 録 申 請 書 及

More information

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領 宮 古 島 市 ふるさと 納 税 寄 附 金 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1. 趣 旨 宮 古 島 市 ( 以 下 本 市 という )では ふるさと 納 税 制 度 を 活 用 し ふるさと 宮 古 島 市 の 役 に 立 ちたい 宮 古 島 市 に 関 心 があり 応 援 したい と 考 えてくださる 方 々 に 対 し 本 市 の PRやふるさと 納 税 寄 附 金

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当 第 3 章 各 種 所 得 53 20 無 料 相 談 会 での 業 務 収 入 ( 事 業 所 得 ) Q 私 の 事 務 所 の 地 域 では 士 業 の7 業 種 が 合 同 して 市 民 のための 無 料 相 談 会 を 実 施 しています 私 も 所 属 する 同 業 団 体 から 依 頼 され 市 の 施 設 で1 日 無 料 相 談 に 従 事 することになりました 所 属 する 同

More information

14.申請書類について(共通)中途

14.申請書類について(共通)中途 申 請 書 類 について(お 茶 大 SCC 除 く) 申 請 書 類 一 式 1 入 寮 願 ( 別 添 ) 2 入 寮 選 考 調 書 1 2( 別 添 ) 3 所 得 証 明 書 ( 市 区 町 村 役 場 発 行 のもの( 名 称 が 異 なる 場 合 あり)) 4 源 泉 徴 収 票 及 び 確 定 申 告 書 等 所 得 に 関 する 証 明 書 ( 写 しでも 可 ) 5 家 計 控

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80>

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80> 平 成 21 年 度 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 要 項 ( 第 3 次 ) 平 成 21 年 2 月 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 社 会 人 の 受 け 入 れについて 急 速 な 技 術 革 新 や 社 会 経 済 の 進 展 等 により 様 々な 分 野 で 活 躍 している 社 会 人 の 間

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか,

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか, 個 人 再 生 手 続 申 立 てチェックリスト ver4,0 このチェックリストは, 申 立 書 の 作 成 にあたり, 各 項 目 をチェック( 確 認 調 査 検 討 )していくことにより, 申 立 書 を 正 確 に 作 成 するためのものです 各 チェック 項 目 は, 添 付 書 類 一 覧 表 で 提 出 すべき 資 料 としているにもかかわらず, これまで 提 出 忘 れが 多 かったものや,

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切 別 表 一 ( 一 ) 及 び 別 表 一 ( 一 ) 次 葉 普 通 ( 特 定 医 療 を 除 く ) 一 般 社 団 等 及 び 格 ない 社 団 等 分 申 告 書 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 以 後 開 始 事 業 年 度 等 用 ) 1 こ 表 用 途 こ 表 は 普 通 ( 措 置 第 67 条 2 第 1 項 ( 特 定 医 療 率 特 例 )) 規 定 により 承 認

More information

契約の手引き

契約の手引き 契 約 の 手 引 き 平 成 25 年 10 月 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 0 社 会 福 祉 法 人 等 が 横 浜 市 から 補 助 を 受 けて 社 会 福 祉 施 設 等 を 整 備 する 場 合 の 契 約 手 続 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 建 設 等 に 係 る 契 約 指 導 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 基 づき 適 正 に 執 り 行 わなけ

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832348F438E6D89DB92F695E58F5797768D80816982578C8E93FC8E8E814582518C8E93FC8E8E816A5B323031312D332D32388AAE90AC94C55D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832348F438E6D89DB92F695E58F5797768D80816982578C8E93FC8E8E814582518C8E93FC8E8E816A5B323031312D332D32388AAE90AC94C55D2E646F63> 平 成 24 年 度 (2012 年 度 ) 埼 玉 大 学 大 学 院 文 化 科 学 研 究 科 ( 修 士 課 程 ) 学 生 募 集 要 項 一 般 入 試 社 会 人 入 試 私 費 外 国 人 留 学 生 入 試 国 際 協 力 特 別 入 試.. 埼 玉 大 学 大 学 院 文 化 科 学 研 究 科 . : : 平 成 24 年 度 (2012 年 度 ) 埼 玉 大 学 大 学 院

More information

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 平 成 25 年 4 月 都 留 市 市 民 厚 生 部 福 祉 課 法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立

More information

理化学研究所の役職員への兼業(兼職)依頼について

理化学研究所の役職員への兼業(兼職)依頼について 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 への 兼 業 ( 兼 職 ) 依 頼 について 役 職 員 が 兼 業 を 行 なう 場 合 事 前 に 弊 所 の 承 認 が 必 要 です 役 職 員 へ 兼 業 を 依 頼 さ れる 場 合 は 下 記 を 御 一 読 戴 き 役 職 員 本 人 宛 に 御 依 頼 くださいますようお 願 い 致 し ます 1. 兼 業 依 頼 から 承 認 までの 流

More information

土 地 家 屋 購 入 家 賃 地 代 駐 車 料 ( 一 時 預 りを 除 く) 等 の 不 動 産 に 関 わる 支 払 い 現 金 との 換 金 金 融 機 関 への 預 け 入 れ 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年

土 地 家 屋 購 入 家 賃 地 代 駐 車 料 ( 一 時 預 りを 除 く) 等 の 不 動 産 に 関 わる 支 払 い 現 金 との 換 金 金 融 機 関 への 預 け 入 れ 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 津 市 プレミアム 商 品 券 発 行 等 運 営 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 津 市 プレミアム 商 品 券 発 行 等 運 営 業 務 2 委 託 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 業 務 の 概 要 (1) 目 的 津 市 内 に 店 舗 のある 商 店 等 において 使 用 できるプレミアム 商 品 券 を 発 行 することによ

More information

花園大学院入試要項_福祉.indd

花園大学院入試要項_福祉.indd 2 0 1 7 ( 平 成 29) 年 度 大 学 院 社 会 福 祉 学 研 究 科 入 学 試 験 要 項 ( 修 士 課 程 ) 秋 季 春 季 募 集 一 般 入 学 試 験 社 会 人 入 学 試 験 ( 臨 床 心 理 学 領 域 を 除 く) 留 学 生 入 学 試 験 ( 臨 床 心 理 学 領 域 を 除 く) 花 園 大 学 目 次 1. 研 究 科 専 攻 領 域 募 集 定

More information

退職手当金請求手続きマニュアル

退職手当金請求手続きマニュアル 退 職 手 当 金 の 請 求 手 続 きマニュアル Ver2.0 退 職 手 当 金 請 求 書 被 共 済 職 員 退 職 届 作 成 の 流 れ 2~ヶ 月 ( 注 ) 記 入 請 求 者 記 入 書 類 提 出 入 金 請 求 者 共 済 契 約 者 退 職 の 申 出 退 職 の 認 識 被 共 済 職 員 退 職 届 記 入 (P2~0) 控 え コピー 退 職 手 当 金 請 求 書

More information

目 次 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 に 係 る 事 務 手 続 き 2 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 取 扱 要 綱 3 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 交 付 規 程 12 規 程 に 定 める 様 式 20 様 式 第 1 補 助 金

目 次 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 に 係 る 事 務 手 続 き 2 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 取 扱 要 綱 3 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 交 付 規 程 12 規 程 に 定 める 様 式 20 様 式 第 1 補 助 金 平 成 26 年 度 補 正 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 補 助 事 業 の 手 引 き (1 次 公 募 分 ) 本 手 引 きは 補 助 事 業 採 択 後 から 事 業 完 了 までの 各 種 手 続 や 準 備 しなければならない 資 料 等 に ついて 説 明 しています 本 手 引 きを 通 じ 適 正 に 補 助 事 業 を 実 施 くださいますようお 願 い 申

More information

4 登 録 内 容 の 修 正 等 (1) 事 業 者 は 登 録 した 事 項 又 はシステム 利 用 者 を 変 更 する 場 合 には 様 式 3によ り 変 更 内 容 を 届 け 出 るものとする (2) 事 業 者 は 輸 出 業 務 を 止 める 等 により 今 後 システムを 利 用

4 登 録 内 容 の 修 正 等 (1) 事 業 者 は 登 録 した 事 項 又 はシステム 利 用 者 を 変 更 する 場 合 には 様 式 3によ り 変 更 内 容 を 届 け 出 るものとする (2) 事 業 者 は 輸 出 業 務 を 止 める 等 により 今 後 システムを 利 用 ( 別 紙 3) 輸 出 証 明 書 発 行 システムの 使 用 について 農 林 水 産 省 が 運 用 する 輸 出 証 明 書 発 行 システム( 以 下 システム という )を 利 用 して 食 品 等 を 輸 出 する 際 に 必 要 な 証 明 書 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 別 添 の 輸 出 証 明 書 発 行 システム 利 用 規 約 ( 以 下 利 用 規 約 という

More information

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 個 人 情 報 保 護 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 1 月 13 日 個 人 情 報 保 護 委 員 会 訓 令 第 21 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 29 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する

More information

001平成28年度後期授業料免除について

001平成28年度後期授業料免除について 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 について * 授 業 料 免 除 申 請 と 同 時 に 受 付 ける 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度 ( 在 学 生 のみ)もあります * 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 入 学 料 免 除 入 学 料 徴 収 猶 予 及 び 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度

More information

採 用 までのスケジュール 平 成 27 年 度 奨 学 金 案 内 ( 赤 い 冊 子 ) 第 1 部 を 読 む 奨 学 金 貸 与 返 還 シミュレーション で 返 還 額 を 試 算 する 第 二 種 奨 学 金 希 望 者 は 返 還 額 ( 利 息 込 み)を 必 ず 確 認 すること

採 用 までのスケジュール 平 成 27 年 度 奨 学 金 案 内 ( 赤 い 冊 子 ) 第 1 部 を 読 む 奨 学 金 貸 与 返 還 シミュレーション で 返 還 額 を 試 算 する 第 二 種 奨 学 金 希 望 者 は 返 還 額 ( 利 息 込 み)を 必 ず 確 認 すること ( 提 出 書 類 についての 注 意 事 項 )に 沿 って 提 出 書 類 を 準 備 してください ) 平 成 27 年 度 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 ( 学 部 在 学 採 用 )の 申 込 みについて 配 布 書 類 平 成 27 年 度 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 ( 学 部 在 学 採 用 )の 申 込 みについて 本 用 紙 平 成 27 年 度 奨

More information

平成21年度 固定資産税(償却資産)

平成21年度 固定資産税(償却資産) 本 巣 市 平 成 28 年 度 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 ) 申 告 書 等 の 記 載 方 法 本 巣 市 マスコットキャラクター もとまる 償 却 資 産 申 告 書 の 記 載 方 法 種 類 別 明 細 書 ( 増 加 資 産 全 資 産 用 )の 記 載 方 法 種 類 別 明 細 書 ( 減 少 資 産 用 )の 記 載 方 法 償 却 資 産 の 概 要 企 業 の 電

More information

事 業 者 所 在 地 事 業 者 名 役 職 電 話 番 号 メールアドレス( 当 局 が 提 供 したデ ータから 変 更 等 があれば 入 力 を 行 うこと) アンケート 設 問 数 : 全 27 問 程 度 当 該 データをとりまとめる 際 は 必 ず2 名 以 上 によるデータのチェック

事 業 者 所 在 地 事 業 者 名 役 職 電 話 番 号 メールアドレス( 当 局 が 提 供 したデ ータから 変 更 等 があれば 入 力 を 行 うこと) アンケート 設 問 数 : 全 27 問 程 度 当 該 データをとりまとめる 際 は 必 ず2 名 以 上 によるデータのチェック 1. 目 的 及 び 概 要 平 成 28 年 度 グループ 補 助 金 アンケート 調 査 事 業 に 関 する 仕 様 書 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 の 発 生 から5 年 目 を 経 過 した 東 北 地 域 の 産 業 の 現 状 をみ ると 全 体 としては 震 災 後 大 きく 落 ち 込 んだ 鉱 工 業 生 産 や 小 売 店 販 売 額 は

More information

Microsoft Word - (P6)公示(実績抜き)_20160613最終

Microsoft Word - (P6)公示(実績抜き)_20160613最終 かるうま 減 塩 対 策 普 及 啓 発 事 業 企 画 運 営 業 務 委 託 に 係 る 企 画 競 争 実 施 の 公 示 岡 山 市 委 託 業 務 企 画 競 争 実 施 に 関 する 要 綱 第 7 条 第 1 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 示 します 平 成 28 年 5 月 31 日 岡 山 市 長 大 森 雅 夫 1 目 的 かるうま 減 塩 対 策 普 及 啓 発 事

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 25 年 3 月 31 日 時 点 の 所 属 職 名 が 表 示 電 子 申 請 システムでのPDF と 紙 媒 体 の 版 数 が 一 致 し ていること 部 局 名 が その 他 部 局 等 となっていたり 職 名 が その 他 となっている 等 正 式 名 称 が 表 示 されていない 場 合 は 研 究 所 センター 特 任 研 究 員 など 正 式 名 称 を 手 入 力 で 修

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

補 助 事 業 完 了 日 までに 補 助 対 象 とする 経 費 の 支 払 いが 終 わっている 必 要 がありますので 余 裕 をもった 期 間 を 設 定 してください 交 付 決 定 日 は7 月 ~8 月 上 旬 頃 を 予 定 しています 8 5. 誓 約 後 日 の 取 り 消 し

補 助 事 業 完 了 日 までに 補 助 対 象 とする 経 費 の 支 払 いが 終 わっている 必 要 がありますので 余 裕 をもった 期 間 を 設 定 してください 交 付 決 定 日 は7 月 ~8 月 上 旬 頃 を 予 定 しています 8 5. 誓 約 後 日 の 取 り 消 し 創 業 事 業 計 画 書 の 記 入 要 領 ( 手 引 き) _ 内 の 番 号 は 記 入 例 の 番 号 と 連 動 しています 参 考 ください 様 式 1 関 係 1 日 付 応 募 書 類 を 提 出 する 年 月 日 を 記 載 してください 2 住 所 氏 名 < 代 表 者 氏 名 > これから 創 業 する 方 個 人 名 で 応 募 してください 住 所 欄 には 住 民 票

More information

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置 資 料 1 ( 別 添 ) 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する 安 全 管 理 措 置 目 次 要 点... 1 1 安 全 管 理 措 置 の 検 討 手 順... 2 A 個 人 番 号 を 取 り 扱 う 事 務 の 範 囲 の 明 確 化... 2 B 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 の 明 確 化... 2 C 事 務 取 扱 担 当 者 の 明 確

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

「英語村(仮称)」事業様式集

「英語村(仮称)」事業様式集 別 添 3 英 語 村 ( 仮 称 ) 事 業 様 式 集 < 提 案 書 等 作 成 に 当 たっての 注 意 点 > 1 事 業 応 募 者 は 応 募 希 望 表 明 書 を 提 出 した 際 東 京 都 教 育 委 員 会 から 指 定 されたアル ファベット( 以 下 指 定 アルファベット といいます )を 各 様 式 の 右 上 に 記 載 してく ださい 2 提 案 書 等 ( 様

More information

契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください 1 契 約 書 の 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 契 約 書 の 作 成 に 当 たっては 次 の 点 に 留 意 の 上 作 成 してください

契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください 1 契 約 書 の 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 契 約 書 の 作 成 に 当 たっては 次 の 点 に 留 意 の 上 作 成 してください 契 約 書 作 成 の 手 引 ( 建 築 関 係 業 務 用 ) 平 成 17 年 3 月 ( 最 終 改 正 平 成 28 年 5 月 ) 京 丹 後 市 財 務 部 入 札 契 約 課 TEL 0772 69 0170 FAX 0772 69 0903 契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください

More information

『東京都育英資金』申込みのしおり

『東京都育英資金』申込みのしおり 平 成 27 年 度 東 京 都 育 英 資 金 申 込 みのしおり 東 京 都 育 英 資 金 は 勉 学 意 欲 のある 生 徒 や 学 生 に 勉 学 に 必 要 な 資 金 の 一 部 をお 貸 しする 奨 学 金 制 度 です( 保 護 者 にお 貸 しするものではありません ) 奨 学 金 を 借 り 受 けた 生 徒 学 生 本 人 が 将 来 は 返 還 しなければなりませんので 計

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

申出書記載に当たっての注意事項(中間物)

申出書記載に当たっての注意事項(中間物) 申 出 書 記 載 に 当 たっての 注 意 事 項 ( 輸 出 専 用 品 ) Ⅰ. 全 体 を 通 しての 注 意 事 項 申 出 書 及 び 確 認 書 の 様 式 は 新 規 化 学 物 質 の 製 造 又 は 輸 入 に 係 る 届 出 等 に 関 する 省 令 で 定 められているため 項 目 の 名 称 等 が 様 式 と 異 なる 場 合 に は 軽 微 なものであっても 受 け 付

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが 事 務 総 長 達 甲 第 5 号 平 成 27 年 11 月 10 日 人 事 院 総 裁 は 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 めたので 命 により 通 達 する 人 事 院 事 務 総 長 永 長 正 士 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 秋 田 県 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の

More information

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害

申 告 書 の 提 出 にあたり 必 要 な 書 類 など 1 印 鑑 ( 朱 肉 を 使 うもの) 2 給 与 年 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 票 3 給 与 年 以 外 の 所 得 について 収 入 額 及 び 必 要 経 費 のわる 帳 簿 書 類 など 4 障 害 者 手 帳 障 害 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 平 成 28 年 度 の 市 民 税 県 民 税 は 前 年 中 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ら 12 月 31 日 まで)の 所 得 を 基 に 計 算 されます この 手 引 きは 市 民 税 県 民 税 申 告 に 関 する 概 略 を 載 せています 手 引 きを 参 考 に 前 年 中 の 所 得 について 期

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

支 出 費 目 別 の 注 意 事 項 ( 別 表 1) 学 術 定 期 刊 行 物 支 出 費 目 品 名 等 ( 例 ) 注 意 事 項 直 接 出 版 費 組 版 代 製 版 代 学 術 誌 の 刊 行 に 直 接 必 要 となる 経 費 のうち 以 下 の 刷 版 代 印 刷 代 経 費 に

支 出 費 目 別 の 注 意 事 項 ( 別 表 1) 学 術 定 期 刊 行 物 支 出 費 目 品 名 等 ( 例 ) 注 意 事 項 直 接 出 版 費 組 版 代 製 版 代 学 術 誌 の 刊 行 に 直 接 必 要 となる 経 費 のうち 以 下 の 刷 版 代 印 刷 代 経 費 に 3-1 補 助 金 の 適 正 な 管 理 執 行 等 について 本 資 料 は 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 研 究 成 果 公 開 促 進 費 )( 以 下 補 助 金 という )につ いて 補 助 金 を 管 理 執 行 する 際 にご 留 意 いただきたい 点 を 簡 潔 にまとめたものです 本 経 費 は 国 の 補 助 金 であり 会 計 検 査 院 等 の 検 査 の 対 象 となっているものですので

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

平 成 27 年 度 版 ( 第 1 期 分 ( 春 学 期 )) 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 27 年 5 月 26 日 ( 火 )( 厳 守 ) 5 月 19 日 ( 火 )までに 申 請 書 類 の 確 認 を 受 けてください 第 2 期 分 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 )( 厳 守 ) 掲 示

More information

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8>

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8> 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 実 施 要 領 24 農 会 第 1027 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局 長 第 1 趣 旨 我 が 国 の 農 林 漁 業 は 担 い 手 不 足 の 深 刻 化 や 高 齢 化 といった 厳 しい 状 況 にあり 活 力 も 低 下 している このため 食 と 農 林

More information

平成23年度 市民税・県民税申告の手引き

平成23年度 市民税・県民税申告の手引き 平 成 28 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から 本 市 務 行 政 運 営 につきまして 御 理 解 御 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます 平 成 28 月 日 現 在 市 に 住 がある 方 は 平 成 27 月 日 から 2 月 3 日 まで 間 収 入 を こ 手 引 きを 御 参 照 上 市 県 申 告 書 に 記 入 していただき 申 告 期 限 [3 月

More information

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 消 防 庁 訓 令 第 7 号 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 め る 平 成 27 年 11 月 30 日 消 防 庁 長 官 佐 々 木 敦 朗 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

×××那覇市□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□条例の一部を改×××正する条例

×××那覇市□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□条例の一部を改×××正する条例 那 覇 市 ちゃーがんじゅうポイント 制 度 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 介 護 保 険 法 ( 平 成 9 年 法 律 第 123 号 以 下 法 という ) 第 115 条 の45 第 1 項 に 規 定 する 介 護 予 防 事 業 として 高 齢 者 がボランティア 活 動 を 通 じて 地 域 に 貢 献 することを 奨 励 し 及 び 支 援 することにより

More information

平成15年度

平成15年度 平 成 28 年 度 熊 本 市 職 員 採 用 選 考 試 験 案 内 ( ) 平 成 28 年 4 月 21 日 熊 本 市 人 事 委 員 会 第 一 次 試 験 日 平 成 28 年 6 月 26 日 ( 日 ) 申 込 受 付 期 間 平 成 28 年 4 月 22 日 ( 金 )~5 月 13 日 ( 金 ) 申 込 みは 郵 送 で 行 ってください ( 窓 口 での 受 付 はできません

More information