⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に"

Transcription

1 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の 法 人 税 の 取 扱 いについて ( 法 令 解 釈 通 達 )( 以 下 費 用 通 達 といいます )により 災 害 損 失 などの 法 人 税 の 取 扱 いを 定 めたところです これらの 取 扱 いは 東 日 本 大 震 災 の 際 の 法 人 税 の 取 扱 いを 参 考 としたものであり 東 日 本 大 震 災 の 際 に 寄 せられた 質 疑 を 参 考 にして 今 回 の 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の 法 人 税 の 取 扱 いに 係 る 質 疑 応 答 事 例 を 作 成 しましたので 参 考 としてください ( 注 )この 質 疑 応 答 事 例 は 平 成 28 年 6 月 16 日 現 在 の 法 令 通 達 等 に 基 づいて 作 成 しています 問 合 せ 先 に 関 するご 案 内 この 質 疑 応 答 事 例 について お 知 りになりたいことがありましたら 電 話 相 談 センターをご 利 用 ください 電 話 相 談 センターのご 利 用 は 所 轄 の 税 務 署 にお 電 話 いただき 自 動 音 声 にしたがって 番 号 1 を 選 択 してください 個 別 的 なご 相 談 については 番 号 2 を 選 択 して 所 轄 の 税 務 署 へご 相 談 ください 目 次 1 災 害 損 失 ⑴ 概 要 [Q1] 災 害 損 失 の 設 定 が 認 められている 理 由 は 何 でしょうか 1 [Q2] 災 害 損 失 に 係 る 取 扱 いについて その 概 要 を 教 えてください 1 ⑵ 経 理 [Q3] 災 害 損 失 は 申 告 調 整 でも 損 金 算 入 が 認 められるのでしょうか 4 [Q4] 災 害 損 失 への 繰 入 額 を 特 別 損 失 又 は 災 害 損 失 引 当 金 繰 入 損 等 として 経 理 する ことは 認 められるのでしょうか 5 ⑶ 中 間 仮 決 算 での 取 扱 い [Q5] 中 間 仮 決 算 で 災 害 損 失 を 設 定 する 場 合 には どのような 経 理 をすればよいので しょうか 5 [Q6] 中 間 仮 決 算 で 災 害 損 失 を 設 定 した 後 本 決 算 までに 修 繕 費 用 等 を 支 出 した 場 合 には どのような 経 理 をすればよいのでしょうか 6 [Q7] 被 災 事 業 年 度 等 において 災 害 損 失 に 繰 り 入 れた 場 合 翌 事 業 年 度 である1 年 経 過 事 業 年 度 等 に 係 る 仮 決 算 による 中 間 申 告 書 等 を 提 出 するときには その 中 間 申 告 書 等 に おいて 災 害 損 失 の 全 額 を 取 り 崩 して 益 金 の 額 に 算 入 しなければならないのでしょ うか 7 (1)

2 ⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 係 る 時 価 と 簿 価 との 差 額 ( 次 の 1の 金 額 )と 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 ( 次 の2の 金 額 )のうちいずれか 多 い 金 額 とは 個 々の 資 産 ごとに 判 定 してよいのでしょうか 8 [Q10] 当 社 は 被 災 資 産 について 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 修 繕 等 を 完 了 させたいと 考 えていますが 復 旧 の 本 格 化 により 建 設 業 者 製 造 業 者 等 が 対 応 できなく なることも 予 想 されます このような 場 合 であっても 当 社 が 予 定 している 修 繕 等 は 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 支 出 すると 見 込 まれる 修 繕 費 用 等 に 該 当 すると 考 えてよいのでしょうか 9 [Q11] 損 壊 した 建 物 が 存 していた 土 地 の 整 備 等 に 要 する 費 用 は いずれの 被 災 資 産 にも 属 しま せんが このような 共 通 費 用 も 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることができるのでしょ うか 9 [Q12] 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 を 計 算 する 場 合 における 被 災 資 産 の 被 災 事 業 年 度 等 終 了 の 日 にお ける 時 価 は どのように 算 定 すればよいでしょうか 10 [Q13] 修 繕 費 用 等 の 見 積 りに 当 たり 自 社 の 専 門 家 ( 土 建 技 師 等 )による 見 積 計 算 は 認 められ ないのでしょうか 10 [Q14] 修 繕 費 用 等 の 見 積 りに 当 たり 使 用 することができる 国 土 交 通 省 建 築 物 着 工 統 計 の 建 築 価 額 とは 被 災 資 産 についてどのように 算 定 するのでしょうか 11 [Q15] 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 につき 被 災 資 産 の 再 取 得 価 額 等 を 基 礎 として 計 算 することが 認 めら れていますが この 場 合 に 相 当 部 分 が 損 壊 等 をした 被 災 資 産 とされているのはなぜ でしょうか 11 [Q16] 被 災 資 産 の 再 取 得 価 額 等 を 基 礎 として 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 を 計 算 する 場 合 において 被 災 資 産 が 特 別 償 却 圧 縮 記 帳 の 適 用 を 受 けているときには どのようにして 被 災 資 産 に 係 る 未 償 却 残 額 を 計 算 するのでしょうか 12 ⑸ 繰 入 れ [Q17] 災 害 損 失 の 繰 入 れに 当 たり 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 から 控 除 することとされてい る 保 険 金 の 額 について 被 災 事 業 年 度 等 の 終 了 の 日 までにその 金 額 が 確 定 していない 場 合 には どのようにすればよいのでしょうか 12 [Q18] 被 災 事 業 年 度 等 において 保 険 金 等 を 受 領 し 益 金 の 額 に 算 入 しましたが 被 災 資 産 の 修 繕 が 完 了 しないため 災 害 損 失 に 繰 り 入 れようと 思 います この 場 合 災 害 損 失 の 繰 入 れに 当 たり 受 領 した 保 険 金 等 の 額 はどのように 処 理 するのでしょうか 13 [Q19] 法 令 の 規 定 地 方 公 共 団 体 の 定 めた 復 興 計 画 等 により 一 定 期 間 修 繕 等 の 工 事 に 着 手 で きない 場 合 であっても 災 害 損 失 の 繰 入 れは 被 災 事 業 年 度 等 に 限 定 されるので すか 13 ⑹ 取 崩 し [Q20] 1 年 経 過 事 業 年 度 等 前 の 各 事 業 年 度 等 の 災 害 損 失 の 益 金 算 入 に 当 たり 個 々の 被 災 資 産 について 支 出 した 修 繕 費 用 等 の 額 と 保 険 金 等 により 補 塡 された 金 額 がある 場 合 その 被 災 資 産 ごとに 修 繕 費 用 等 の 額 から 保 険 金 等 の 額 を 控 除 した 残 額 を 計 算 する 必 要 があ るのでしょうか 13 (2)

3 [Q21] 被 災 事 業 年 度 等 において 災 害 損 失 に 繰 り 入 れた 金 額 が 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 の 属 する 事 業 年 度 等 (1 年 経 過 事 業 年 度 等 )までに 支 出 した 修 繕 費 用 等 の 額 よりも 多 かった 場 合 には その 過 大 部 分 について その 繰 入 事 業 年 度 等 にさかのぼって 修 正 をしなければならないのでしょうか 14 ⑺ 延 長 確 認 申 請 [Q22] 益 金 算 入 時 期 の 延 長 申 請 をすることにより 認 められる 期 間 は どのように 算 定 すればよ いのでしょうか 14 [Q23] 法 令 の 規 定 地 方 公 共 団 体 の 定 めた 復 興 計 画 等 により 一 定 期 間 修 繕 等 の 工 事 に 着 手 で きない 場 合 に 延 長 確 認 申 請 書 はいつまでに 提 出 しなければならないのでしょうか 15 [Q24] 益 金 算 入 時 期 の 延 長 の 確 認 を 受 けた 後 に 再 度 延 長 確 認 申 請 書 を 提 出 することはできる のでしょうか 15 [Q25] 当 社 (1 年 決 算 法 人 )は 前 期 に 災 害 損 失 を 設 定 しましたが やむを 得 ない 事 情 により 当 期 末 までに 被 災 資 産 の 修 繕 が 完 了 しないため 益 金 算 入 時 期 の 延 長 確 認 申 請 をし ようと 思 います ところで 当 社 は 当 期 (1 年 経 過 事 業 年 度 等 )において 修 繕 費 用 等 を 支 出 していますが これについてどのような 経 理 をすればよいのでしょうか 16 ⑻ その 他 [Q26] 9 年 間 の 繰 越 控 除 が 認 められる 災 害 損 失 の 額 と 災 害 損 失 の 繰 入 額 との 関 係 はど のようになっているのでしょうか 17 [Q27] 災 害 損 失 の 損 金 算 入 に 関 する 明 細 書 の 記 載 の 仕 方 によれば 被 災 資 産 が 多 数 ある 場 合 には 別 に 明 細 書 に 相 当 するものを 作 成 し 保 存 しているときに 限 り 資 産 の 種 類 ごとに 費 用 の 見 積 額 及 び 保 険 金 等 の 額 の 合 計 額 を 明 細 書 に 記 載 することができるこ ととされていますが この 場 合 の 資 産 の 種 類 とは どのような 区 分 によるのでしょう か 18 2 賃 借 資 産 等 の 補 修 費 用 関 係 [Q28] 賃 借 人 が 賃 借 資 産 についてした 補 修 のために 要 した 費 用 の 損 金 算 入 が 認 められています が その 理 由 は 何 でしょうか 19 [Q29] 売 主 又 は 賃 貸 人 である 法 人 が 修 繕 等 の 補 修 義 務 がない 販 売 をした 資 産 又 は 賃 貸 をして いる 資 産 について 無 償 で 補 修 や 点 検 をした 場 合 も その 補 修 費 用 の 損 金 算 入 が 認 められる のでしょうか 19 [Q30] 賃 借 人 が 補 修 義 務 のない 賃 借 資 産 についてする 補 修 の 費 用 について 災 害 損 失 の 繰 入 れはできるのでしょうか 20 [Q31] 賃 借 人 が 補 修 義 務 のない 賃 借 資 産 についてした 補 修 につき 賃 貸 人 にその 費 用 を 請 求 し た 場 合 には その 時 点 で 未 収 入 金 として 計 上 しなければならないのでしょうか 20 3 被 災 者 用 仮 設 住 宅 の 設 置 費 用 関 係 [Q32] 仮 設 住 宅 の 組 立 て 設 置 費 用 は 仮 設 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 した 事 業 年 度 等 において 一 時 の 損 金 に 算 入 することが 認 められるということですが その 理 由 は 何 でしょうか 21 [Q33] 仮 設 住 宅 用 資 材 の 償 却 は どのようになるのでしょうか 21 (3)

4 1 災 害 損 失 ⑴ 概 要 取 扱 いの 趣 旨 [Q1] 災 害 損 失 の 設 定 が 認 められている 理 由 は 何 でしょうか 災 害 により 被 害 を 受 けた 資 産 を 引 き 続 き 事 業 の 用 に 供 する 場 合 に 法 人 税 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 に 算 入 されるものとしては 1 その 資 産 の 価 値 が 減 少 したことによる 評 価 損 2 原 状 回 復 のための 修 繕 費 用 等 があり 1の 評 価 損 は 災 害 のあった 日 を 含 む 事 業 年 度 ( 以 下 Q1において 被 災 事 業 年 度 といいます )で 計 上 できますが 2の 修 繕 費 用 等 は 法 人 税 法 上 の 取 扱 いとしては 修 繕 等 を 行 った 事 業 年 度 で 損 金 の 額 に 算 入 することが 原 則 です 今 回 の 災 害 は 地 域 的 にも 甚 大 であり 災 害 により 被 害 を 受 けた 資 産 に 係 る 修 繕 費 用 等 の 発 生 は 確 実 であるものの 早 期 に 修 繕 等 が 完 了 しないといった 事 情 もあることから その 結 果 決 算 期 によっては 資 産 につき 修 繕 等 を 余 儀 なくされることとなった 損 失 の 発 生 した 被 災 事 業 年 度 と 実 際 に 修 繕 費 用 等 を 支 出 した 事 業 年 度 とが 乖 離 することが 考 えられます しかしながら 被 害 を 受 けた 資 産 に 係 る 修 繕 費 用 等 の 金 額 を 合 理 的 に 見 積 もることができ 被 災 事 業 年 度 に 損 金 算 入 を 認 めても 税 務 上 問 題 のない 事 例 も 十 分 に 想 定 されます このような 諸 事 情 を 踏 まえ 法 人 税 法 上 の 取 扱 いとして 災 害 により 被 害 を 受 けた 棚 卸 資 産 及 び 固 定 資 産 の 修 繕 等 のために 要 する 費 用 で 災 害 のあった 日 から1 年 以 内 に 支 出 すると 見 込 まれるものとして 適 正 に 見 積 もることができるものについては 災 害 損 失 に 繰 り 入 れて 被 災 事 業 年 度 の 損 金 の 額 に 算 入 することができることとしたところです ( 注 )1 災 害 により 被 害 を 受 けた 資 産 について 上 記 1の 評 価 損 を 計 上 した 場 合 には その 資 産 の 修 繕 等 に 要 する 費 用 は 土 砂 の 除 去 に 要 する 費 用 など 一 定 のものを 除 き 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 になりませんので ご 注 意 ください(Q8 参 照 ) 2 連 結 法 人 の 連 結 所 得 の 金 額 の 計 算 における 災 害 損 失 についても 同 様 です 災 害 損 失 の 概 要 [Q2] 災 害 損 失 に 係 る 取 扱 いについて その 概 要 を 教 えてください 災 害 損 失 に 係 る 取 扱 いの 概 要 は 次 のとおりです - 1 -

5 ⑴ 災 害 損 失 の 繰 入 れを 行 う 事 業 年 度 等 災 害 のあった 日 の 属 する 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 ( 以 下 被 災 事 業 年 度 等 といい ます )となります( 費 用 通 達 2) ( 注 ) 被 災 事 業 年 度 等 につき 仮 決 算 による 中 間 申 告 書 又 は 連 結 中 間 申 告 書 ( 以 下 中 間 申 告 書 等 といいます )を 提 出 する 場 合 において その 中 間 申 告 書 等 が 災 害 のあった 日 を 含 む 期 間 ( 以 下 被 災 中 間 期 間 等 といいます )に 係 るものであるときには そ の 中 間 申 告 書 等 において 災 害 損 失 の 繰 入 れを 行 うことができます( 費 用 通 達 2( 注 )3) 災 害 のあった 日 の 属 する 事 業 年 度 等 被 災 事 業 年 度 等 災 害 のあった 日 1 年 確 定 申 告 での 繰 入 れ 災 害 損 失 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 被 災 事 業 年 度 等 仮 決 算 による 被 災 中 間 期 間 等 中 間 申 告 での 繰 入 れ 災 害 損 失 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 ⑵ 災 害 損 失 への 繰 入 限 度 額 次 のイ 又 はロに 掲 げる 金 額 のうちいずれか 多 い 金 額 となります ただし 被 災 資 産 の うち 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とするものに 係 る 保 険 金 損 害 賠 償 金 補 助 金 等 ( 以 下 保 険 金 等 といいます )により 補 塡 される 金 額 がある 場 合 には その 保 険 金 等 の 金 額 の 合 計 額 を 控 除 した 残 額 となります( 費 用 通 達 2) イ 被 災 資 産 (その 被 害 に 基 づき 評 価 損 を 計 上 したものを 除 きます )の 被 災 事 業 年 度 等 終 了 の 日 における 価 額 がその 帳 簿 価 額 に 満 たない 場 合 のその 差 額 に 相 当 する 金 額 ロ 被 災 資 産 について 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 支 出 すると 見 込 ま れる 次 に 掲 げる 費 用 ( 以 下 修 繕 費 用 等 といいます )の 見 積 額 ただし 被 災 事 業 年 度 等 終 了 の 日 の 翌 日 以 後 に 支 出 すると 見 込 まれる 金 額 に 限 ります - 2 -

6 1 被 災 資 産 の 取 壊 し 又 は 除 去 のために 要 する 費 用 2 被 災 資 産 の 原 状 回 復 のために 要 する 費 用 ( 被 災 資 産 の 被 災 前 の 効 用 を 維 持 するた めに 行 う 補 強 工 事 排 水 又 は 土 砂 崩 れの 防 止 等 のために 支 出 する 費 用 を 含 みます ) 3 土 砂 その 他 の 障 害 物 の 除 去 に 要 する 費 用 その 他 これらに 類 する 費 用 4 被 災 資 産 の 損 壊 又 は 価 値 の 減 少 を 防 止 するために 要 する 費 用 ( 注 )1 被 災 資 産 とは 次 の 資 産 で 災 害 により 被 害 を 受 けたものをいいます( 費 用 通 達 1⑵) ⑴ 法 人 ( 連 結 法 人 を 含 みます 以 下 同 じです )の 有 する 棚 卸 資 産 及 び 固 定 資 産 ( 契 約 により 賃 借 人 が 修 繕 等 を 行 うこととされているものを 除 きます ) ⑵ 法 人 が 賃 借 をしている 資 産 又 は 販 売 等 をした 資 産 で 契 約 により 当 該 法 人 が 修 繕 等 を 行 うこととされているもの 2 評 価 損 を 計 上 した 被 災 資 産 については 1 及 び2の 費 用 は 繰 入 対 象 となりませ ん ⑶ 修 繕 費 用 等 の 見 積 りの 方 法 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 は 修 繕 等 を 行 うことが 確 実 に 見 込 まれる 被 災 資 産 について 例 えば 次 の 金 額 によるなど 合 理 的 な 方 法 で 見 積 もることが 必 要 となります( 費 用 通 達 3) 1 修 繕 を 請 け 負 う 建 設 業 者 製 造 業 者 等 による 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 2 相 当 部 分 が 損 壊 等 をした 被 災 資 産 につき 次 のⅰからⅱを 控 除 した 金 額 ⅰ 再 取 得 価 額 又 は 国 土 交 通 省 建 築 物 着 工 統 計 の 建 築 価 額 等 を 基 礎 として その 取 得 の 時 から 被 災 事 業 年 度 等 終 了 の 日 まで 償 却 を 行 ったものとした 場 合 に 計 算 される 未 償 却 残 額 ⅱ 被 災 事 業 年 度 等 終 了 の 日 における 価 額 ⑷ 災 害 損 失 の 取 崩 し 次 に 掲 げる 事 業 年 度 等 の 区 分 に 応 じて 災 害 損 失 の 金 額 のうちそれぞれに 掲 げる 金 額 を 取 り 崩 して 益 金 の 額 に 算 入 することになります( 費 用 通 達 4) 1 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 の 属 する 事 業 年 度 等 ( 以 下 1 年 経 過 事 業 年 度 等 といいます ) [ 取 崩 額 ] 当 該 1 年 経 過 事 業 年 度 等 終 了 の 日 における 災 害 損 失 の 金 額 ( 注 ) 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 等 がやむを 得 ない 事 情 により1 年 経 過 事 業 年 度 等 終 了 の 日 までに 完 了 しなかった 場 合 には 所 轄 税 務 署 長 ( 又 は 国 税 局 長 )の 確 認 を 受 け ることにより 修 繕 等 が 完 了 すると 見 込 まれる 日 の 属 する 事 業 年 度 等 ( 以 下 修 繕 完 了 事 業 年 度 等 といいます )を1 年 経 過 事 業 年 度 等 とすることができます この 確 認 を 受 けた 場 合 当 初 の1 年 経 過 事 業 年 度 等 は 次 の2の 1 年 経 過 事 業 年 度 等 前 の 各 事 業 年 度 等 に 該 当 することとなります( 費 用 通 達 5) 2 1 年 経 過 事 業 年 度 等 前 の 各 事 業 年 度 等 ⅰ 当 該 各 事 業 年 度 等 が 被 災 中 間 期 間 等 において 災 害 損 失 を 繰 り 入 れた 場 - 3 -

7 合 における 被 災 事 業 年 度 等 であるとき [ 取 崩 額 ] 被 災 中 間 期 間 等 の 終 了 の 日 の 翌 日 から 被 災 事 業 年 度 等 の 終 了 の 日 までの 期 間 ( 以 下 被 災 下 半 期 といいます )において 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 費 用 等 として 損 金 の 額 に 算 入 した 金 額 の 合 計 額 ( 保 険 金 等 により 補 塡 された 金 額 がある 場 合 には その 金 額 の 合 計 額 を 控 除 した 残 額 ) ⅱ 当 該 各 事 業 年 度 等 が 半 年 決 算 であるなどにより 被 災 事 業 年 度 等 と1 年 経 過 事 業 年 度 等 との 間 に 事 業 年 度 等 が 存 する 場 合 における 当 該 事 業 年 度 等 であるとき [ 取 崩 額 ] 当 該 事 業 年 度 等 において 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 費 用 等 として 損 金 の 額 に 算 入 した 金 額 の 合 計 額 ( 保 険 金 等 により 補 塡 された 金 額 がある 場 合 には そ の 金 額 の 合 計 額 を 控 除 した 残 額 ) 災 害 のあった 日 被 災 事 業 年 度 等 1 年 1 年 経 過 事 業 年 度 等 災 害 の あ っ た 日 か ら 1 年 を 経 過 す る 日 の 属 す る 事 業 年 度 等 確 定 申 告 での 繰 入 れ を 行 った 場 合 取 崩 額 の 取 崩 し 繰 入 額 修 繕 費 用 等 の 支 出 額 被 災 事 業 年 度 等 1 年 経 過 事 業 年 度 等 仮 決 算 による 被 災 中 間 期 間 等 被 災 下 半 期 中 間 申 告 での 繰 入 れ を 行 った 場 合 の 取 崩 し 繰 入 額 60 修 繕 費 用 等 の 支 出 額 取 崩 額 40 取 崩 額 ⑵ 経 理 災 害 損 失 と 申 告 調 整 [Q3] 災 害 損 失 は 申 告 調 整 でも 損 金 算 入 が 認 められるのでしょうか 災 害 損 失 は 災 害 のあった 日 から1 年 以 内 に 支 出 すると 見 込 まれる 修 繕 費 用 等 の - 4 -

8 見 積 額 であり いわゆる 内 部 取 引 であることから 減 価 償 却 費 の 計 上 などと 同 様 法 人 の 認 識 を 明 確 にするという 意 味 で 被 災 事 業 年 度 等 における 損 金 経 理 を 要 件 としています した がって 原 則 として 申 告 調 整 の 方 法 により 災 害 損 失 への 繰 入 額 を 損 金 算 入 するこ とはできません( 費 用 通 達 2) ただし 4 月 から6 月 までの 決 算 法 人 で 今 回 の 費 用 通 達 の 公 表 時 に 既 に 決 算 手 続 が 終 了 しており 災 害 損 失 の 損 金 経 理 をできなかった 等 やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 に は 特 例 的 に 申 告 調 整 での 損 金 算 入 を 認 めることとしています 災 害 損 失 の 勘 定 科 目 [Q4] 災 害 損 失 への 繰 入 額 を 特 別 損 失 又 は 災 害 損 失 引 当 金 繰 入 損 等 として 経 理 することは 認 められるのでしょうか 法 人 が 災 害 損 失 への 繰 入 額 に 相 当 する 金 額 を 特 別 損 失 又 は 災 害 損 失 引 当 金 繰 入 損 等 として 処 理 している 場 合 であっても その 内 容 が 災 害 損 失 であり その 損 金 算 入 及 び 益 金 算 入 に 当 たって 災 害 損 失 に 関 する 所 要 の 明 細 書 が 確 定 申 告 書 若 しくは 連 結 確 定 申 告 書 ( 以 下 確 定 申 告 書 等 といいます ) 又 は 中 間 申 告 書 等 に 添 付 されていると きには 法 人 が 行 った 処 理 を 災 害 損 失 として 経 理 したものとして 取 り 扱 ったとして も 特 に 課 税 上 の 弊 害 は 生 じません したがって 確 定 決 算 又 は 仮 決 算 ( 中 間 決 算 )における 経 理 が 災 害 損 失 繰 入 損 災 害 損 失 取 崩 益 及 び 災 害 損 失 という 勘 定 科 目 を 使 用 していない 場 合 であっても その 内 容 が 災 害 損 失 であり その 損 金 算 入 及 び 益 金 算 入 に 当 たり 災 害 損 失 に 関 する 明 細 書 が 確 定 申 告 書 等 又 は 中 間 申 告 書 等 に 添 付 されているときは これが 認 められることになります また 災 害 損 失 への 繰 入 額 が 少 額 であり 企 業 会 計 上 特 別 損 失 として 処 理 する ことが 適 当 でないときは 企 業 会 計 上 相 当 と 認 められる 勘 定 科 目 で 処 理 したとしても 税 務 上 もこれが 認 められます ただし この 場 合 でも 災 害 損 失 に 関 する 明 細 書 の 添 付 は 必 要 となります ⑶ 中 間 仮 決 算 での 取 扱 い 中 間 仮 決 算 と 災 害 損 失 [Q5] 中 間 仮 決 算 で 災 害 損 失 を 設 定 する 場 合 には どのような 経 理 をすればよい のでしょうか - 5 -

9 災 害 損 失 は 被 災 事 業 年 度 等 において 損 金 経 理 をした 場 合 に 損 金 算 入 することが できるものですから 仮 決 算 による 中 間 申 告 書 等 が 被 災 中 間 期 間 等 に 係 るものである 場 合 に その 中 間 申 告 書 等 において 災 害 損 失 の 繰 入 れを 行 うときにも 原 則 として 損 金 経 理 によることが 必 要 となります ( 注 ) この 場 合 の 損 金 経 理 は 法 人 税 基 本 通 達 仮 決 算 における 損 金 経 理 の 意 義 及 び 連 結 納 税 基 本 通 達 仮 決 算 における 損 金 経 理 の 意 義 の 取 扱 いに よることになります 中 間 仮 決 算 で 繰 り 入 れた 災 害 損 失 の 取 崩 し [Q6] 中 間 仮 決 算 で 災 害 損 失 を 設 定 した 後 本 決 算 までに 修 繕 費 用 等 を 支 出 した 場 合 には どのような 経 理 をすればよいのでしょうか お 尋 ねのように 被 災 中 間 期 間 等 で 災 害 損 失 に 繰 り 入 れた 後 被 災 下 半 期 に 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 費 用 等 を 支 出 した 場 合 には 被 災 事 業 年 度 等 において 修 繕 費 用 等 として 損 金 の 額 に 算 入 した 金 額 の 合 計 額 ( 保 険 金 等 により 補 塡 された 金 額 がある 場 合 には その 金 額 の 合 計 額 を 控 除 した 残 額 )に 相 当 する 災 害 損 失 の 金 額 を 取 り 崩 して 益 金 の 額 に 算 入 することになります( 費 用 通 達 4⑵イ Q2⑷2ⅰ) また 被 災 中 間 期 間 等 で 災 害 損 失 に 繰 り 入 れた 場 合 における 被 災 事 業 年 度 等 にお いて 次 の1の 金 額 が2の 金 額 を 超 えるときには その 超 える 部 分 に 相 当 する 金 額 を 災 害 損 失 の 繰 入 れの 対 象 とすることができます( 費 用 通 達 2( 注 )4) 1 被 災 事 業 年 度 等 の 終 了 の 日 の 翌 日 から 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 支 出 すると 見 込 まれる 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 2 被 災 中 間 期 間 等 で 災 害 損 失 に 繰 り 入 れた 金 額 ( 中 間 繰 入 額 )から 被 災 下 半 期 に 修 繕 費 用 等 として 損 金 の 額 に 算 入 した 金 額 を 控 除 した 金 額 - 6 -

10 災 害 のあった 日 1 年 被 災 事 業 年 度 等 被 災 中 間 期 間 等 被 災 下 半 期 60 取 崩 額 中 間 繰 入 額 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 70 修 繕 費 用 等 の 支 出 額 中 間 繰 入 額 - 修 繕 費 用 の 支 出 額 40 () (60) 被 災 事 業 年 度 等 での 追 加 繰 入 れ 30 被 災 事 業 年 度 等 後 の 中 間 申 告 における 災 害 損 失 の 取 崩 し [Q7] 被 災 事 業 年 度 等 において 災 害 損 失 に 繰 り 入 れた 場 合 翌 事 業 年 度 である1 年 経 過 事 業 年 度 等 に 係 る 仮 決 算 による 中 間 申 告 書 等 を 提 出 するときには その 中 間 申 告 書 等 において 災 害 損 失 の 全 額 を 取 り 崩 して 益 金 の 額 に 算 入 しなければならない のでしょうか 被 災 事 業 年 度 等 において 災 害 損 失 に 繰 り 入 れた 金 額 は 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 の 属 する 事 業 年 度 等 (1 年 経 過 事 業 年 度 等 )の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 益 金 の 額 に 算 入 することになります( 費 用 通 達 4⑴) ただし 半 年 決 算 であるなどにより 被 災 事 業 年 度 等 と1 年 経 過 事 業 年 度 等 との 間 に 事 業 年 度 等 が 存 する 場 合 には 当 該 事 業 年 度 等 において 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 費 用 等 として 損 金 の 額 に 算 入 した 金 額 の 合 計 額 ( 保 険 金 等 により 補 塡 された 金 額 がある 場 合 には その 金 額 を 控 除 した 残 額 )について これに 相 当 する 災 害 損 失 の 金 額 を 当 該 事 業 年 度 等 の 益 金 の 額 に 算 入 することになります( 費 用 通 達 4⑵ロ Q2⑷2ⅱ) お 尋 ねの 仮 決 算 による 中 間 申 告 書 等 については 1 年 経 過 事 業 年 度 等 の 上 半 期 を 事 業 年 度 等 とみなして 作 成 するものではありますが 1 年 経 過 事 業 年 度 等 そのものではありませんか ら 災 害 損 失 の 全 額 を 取 り 崩 す 必 要 はなく 被 災 事 業 年 度 等 と1 年 経 過 事 業 年 度 等 - 7 -

11 との 間 の 半 年 決 算 の 事 業 年 度 等 と 同 様 に 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 費 用 等 として 損 金 の 額 に 算 入 した 金 額 の 合 計 額 に 相 当 する 災 害 損 失 の 金 額 を 取 り 崩 して 益 金 の 額 に 算 入 すること になります ⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 評 価 損 を 計 上 した 資 産 と 修 繕 費 用 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 災 害 損 失 は 災 害 のあった 日 から1 年 以 内 に 支 出 が 見 込 まれる 修 繕 費 用 等 に ついて その 見 積 計 上 を 認 めるものです ところで 災 害 により 被 害 を 受 けた 資 産 について 評 価 損 を 計 上 した 場 合 その 後 に 行 われ る 修 繕 等 は 原 則 として 評 価 損 計 上 後 の 資 産 の 使 用 可 能 期 間 の 延 長 又 は 価 値 の 増 加 をもた らす 資 本 的 支 出 に 該 当 することになりますから そのために 要 した 費 用 は 支 出 時 の 損 金 と はなりません このため 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 費 用 等 は 原 則 とし て 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 に 含 めることはできません( 費 用 通 達 2) ただし 評 価 損 を 計 上 した 資 産 であっても その 評 価 損 計 上 後 の 資 産 に 係 る 使 用 可 能 期 間 の 維 持 価 値 の 減 少 の 防 止 等 をするための 修 繕 等 が 全 くないというわけでもないでしょうか ら 次 に 掲 げる 費 用 については 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 に 含 めることができることと されています( 費 用 通 達 2( 注 )2⑵) 1 土 砂 その 他 の 障 害 物 の 除 去 に 要 する 費 用 その 他 これらに 類 する 費 用 2 被 災 資 産 の 損 壊 又 は 価 値 の 減 少 を 防 止 するために 要 する 費 用 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 単 位 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 係 る 時 価 と 簿 価 との 差 額 ( 次 の1の 金 額 )と 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 ( 次 の2の 金 額 )のうちいずれか 多 い 金 額 とは 個 々 の 資 産 ごとに 判 定 してよいのでしょうか 災 害 損 失 の 繰 入 額 は 次 の1 又 は2に 掲 げる 金 額 のうちいずれか 多 い 金 額 の 合 計 額 とされています( 費 用 通 達 2) 1 被 災 資 産 の 被 災 事 業 年 度 等 終 了 の 日 における 価 額 ( 時 価 )がその 帳 簿 価 額 に 満 たない 場 - 8 -

12 合 のその 差 額 に 相 当 する 金 額 ( 時 価 と 簿 価 との 差 額 ) 2 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 支 出 すると 見 込 まれる 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 ( 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 ) 上 記 1 及 び2に 掲 げる 金 額 は 原 則 として 個 々の 資 産 ごとに 計 算 しますから 個 々の 資 産 ごとに1の 金 額 と2の 金 額 のいずれか 多 い 金 額 をもって 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とする ことになります ただし その 計 算 単 位 として 例 えば 工 場 建 物 一 式 製 造 設 備 一 式 としても 差 し 支 えありません 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 支 出 すると 見 込 まれる 修 繕 費 用 等 の 範 囲 [Q10] 当 社 は 被 災 資 産 について 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 修 繕 等 を 完 了 させたいと 考 えていますが 復 旧 の 本 格 化 により 建 設 業 者 製 造 業 者 等 が 対 応 で きなくなることも 予 想 されます このような 場 合 であっても 当 社 が 予 定 している 修 繕 等 は 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 支 出 すると 見 込 まれる 修 繕 費 用 等 に 該 当 すると 考 えてよいのでし ょうか 災 害 損 失 の 繰 入 れの 対 象 となる 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 支 出 すると 見 込 まれる 修 繕 費 用 等 は あくまでも 見 込 まれる ものをいいますので 暫 定 的 な 修 繕 計 画 に 基 づく 見 込 額 でも 差 し 支 えありません このため 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 修 繕 等 を 完 了 することを 予 定 して いる 計 画 に 基 づく 見 積 額 であれば 建 設 業 者 製 造 業 者 等 が 対 応 できなくなるおそれがある 場 合 であっても その 修 繕 等 に 係 る 費 用 を 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることができま す 共 通 する 修 繕 費 用 と 災 害 損 失 [Q11] 損 壊 した 建 物 が 存 していた 土 地 の 整 備 等 に 要 する 費 用 は いずれの 被 災 資 産 にも 属 しませんが このような 共 通 費 用 も 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることができるの でしょうか 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 となる 費 用 には 土 砂 その 他 の 障 害 物 の 除 去 に 要 する 費 用 そ - 9 -

13 の 他 これらに 類 する 費 用 も 含 まれており( 費 用 通 達 2⑵ハ) この 費 用 には 例 えば 損 壊 した 建 物 が 存 していた 土 地 の 整 理 等 に 要 する 費 用 など 個 々の 被 災 資 産 とひも 付 き 関 係 にな い 被 災 資 産 の 共 通 費 用 ともいうべき 費 用 も 含 まれます 被 災 資 産 の 時 価 [Q12] 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 を 計 算 する 場 合 における 被 災 資 産 の 被 災 事 業 年 度 等 終 了 の 日 における 時 価 は どのように 算 定 すればよいでしょうか 一 般 的 に 資 産 の 時 価 とは その 資 産 が 使 用 収 益 されるものとしてその 時 において 譲 渡 さ れる 場 合 に 通 常 付 される 価 額 をいいますが 今 回 の 災 害 による 被 害 の 甚 大 さを 踏 まえれば 被 災 資 産 の 構 造 検 査 などを 実 施 して 被 災 事 業 年 度 等 終 了 の 日 における 時 価 を 厳 格 に 評 価 する ことが 困 難 な 場 合 も 考 えられます したがって このような 場 合 には 例 えば 損 壊 等 をした 建 物 について 建 築 業 者 など 一 定 の 専 門 知 識 を 有 する 者 が 行 った 見 積 りによるなど 合 理 性 があると 認 められる 金 額 であれば 費 用 通 達 2⑴ 及 び3⑵ロの 被 災 事 業 年 度 等 終 了 の 日 における 価 額 ( 時 価 )として 取 り 扱 わ れます 自 社 の 専 門 家 による 修 繕 費 用 等 の 見 積 り [Q13] 修 繕 費 用 等 の 見 積 りに 当 たり 自 社 の 専 門 家 ( 土 建 技 師 等 )による 見 積 計 算 は 認 め られないのでしょうか 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 は 合 理 的 なものでなければなりませんが その 見 積 りを 行 う 者 が 自 社 の 社 員 であってはならないということはありません したがって 自 社 の 土 木 建 築 などの 技 術 者 等 が 計 算 した 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 であっても 合 理 的 と 認 められるものであれば その 見 積 額 を 基 礎 として 災 害 損 失 へ 繰 入 れをす ることができます

14 国 土 交 通 省 建 築 物 着 工 統 計 の 建 築 価 額 による 修 繕 費 用 等 の 見 積 り [Q14] 修 繕 費 用 等 の 見 積 りに 当 たり 使 用 することができる 国 土 交 通 省 建 築 物 着 工 統 計 の 建 築 価 額 とは 被 災 資 産 についてどのように 算 定 するのでしょうか 国 土 交 通 省 建 築 物 着 工 統 計 では 各 年 度 ごとに 都 道 府 県 別 かつ 建 物 の 構 造 用 途 の 区 分 別 に 建 築 物 の 総 床 面 積 と 工 事 予 定 総 額 が 統 計 資 料 として 一 覧 的 に 示 されています したがって 被 災 資 産 が 属 することとなる 区 分 に 応 じ その 区 分 に 合 った 建 築 物 の1 平 方 メートル 当 たりの 単 価 を 直 近 のこの 統 計 資 料 から 算 定 し その 算 定 した 額 に 被 災 資 産 の 床 面 積 を 乗 ずることによって 被 災 資 産 に 係 る 建 築 価 額 を 算 定 することができます ( 参 考 ) 建 築 物 着 工 統 計 構 造 別 用 途 別 - 建 築 物 の 数 床 面 積 の 合 計 工 事 費 予 定 額 ( 国 土 交 通 省 ホームページ)( 再 取 得 価 額 で 計 算 する 場 合 の 相 当 部 分 [Q15] 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 につき 被 災 資 産 の 再 取 得 価 額 等 を 基 礎 として 計 算 することが 認 められていますが この 場 合 に 相 当 部 分 が 損 壊 等 をした 被 災 資 産 とされているのは なぜでしょうか 被 災 資 産 の 再 取 得 価 額 や 建 築 価 額 等 を 基 礎 として その 取 得 の 時 から 被 災 事 業 年 度 等 終 了 の 日 まで 償 却 を 行 ったものとした 場 合 に 計 算 される 未 償 却 残 額 から 当 該 被 災 資 産 の 被 災 事 業 年 度 等 終 了 の 日 における 時 価 を 控 除 した 金 額 は 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 として 合 理 的 と 認 め られます( 費 用 通 達 3⑵) この 再 取 得 価 額 等 を 基 礎 とする 方 法 による 場 合 には 実 際 に 資 産 を 取 得 した 後 の 物 価 上 昇 等 の 要 因 による 未 償 却 残 額 の 増 加 分 が 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 の 一 部 として 加 味 されることに なります 本 取 扱 いにおいて 相 当 部 分 が 損 壊 等 をした 被 災 資 産 に 限 ってこの 方 法 の 対 象 としてい るのは 災 害 による 被 害 の 程 度 が 極 めて 少 ない 資 産 について この 方 法 により 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 を 計 算 した 場 合 には 災 害 による 被 害 とは 関 係 のない 物 価 上 昇 等 の 要 因 による 未 償 却 残 額 の 増 加 分 が 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 として 算 定 されるといった 結 果 が 生 じることとなり 合 理 的 な 見 積 額 とはいえないことによるものです なお この 取 扱 いにおける 相 当 部 分 が 損 壊 等 をした 被 災 資 産 とは 損 壊 等 の 程 度 がお おむね 50% 以 上 であるものがこれに 該 当 します

15 特 別 償 却 圧 縮 記 帳 の 適 用 を 受 けている 被 災 資 産 の 未 償 却 残 額 の 計 算 [Q16] 被 災 資 産 の 再 取 得 価 額 等 を 基 礎 として 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 を 計 算 する 場 合 において 被 災 資 産 が 特 別 償 却 圧 縮 記 帳 の 適 用 を 受 けているときには どのようにして 被 災 資 産 に 係 る 未 償 却 残 額 を 計 算 するのでしょうか この 取 扱 いにいう 未 償 却 残 額 は 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 を 計 算 するため の 基 準 であり 被 災 資 産 の 未 償 却 残 額 そのものではありませんから その 被 災 資 産 が 過 去 の 申 告 において 特 別 償 却 圧 縮 記 帳 等 の 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 けている 場 合 であっても これ ら 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 けていないものとして 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 を 計 算 するための 未 償 却 残 額 を 計 算 することになります ⑸ 繰 入 れ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 から 控 除 する 保 険 金 の 額 [Q17] 災 害 損 失 の 繰 入 れに 当 たり 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 から 控 除 することとされ ている 保 険 金 の 額 について 被 災 事 業 年 度 等 の 終 了 の 日 までにその 金 額 が 確 定 していな い 場 合 には どのようにすればよいのでしょうか 災 害 損 失 の 繰 入 れに 当 たり 被 災 資 産 に 保 険 が 付 されている 場 合 には その 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 から 保 険 金 により 補 塡 される 金 額 を 控 除 することになります( 費 用 通 達 2). これは 災 害 損 失 が 本 来 被 災 事 業 年 度 等 後 の 事 業 年 度 等 に 損 金 の 額 に 算 入 され. る 修 繕 費 用 等 の 見 積 りであることから これとの 対 応 関 係 で 被 災 事 業 年 度 等 後 の 事 業 年 度 等 に 益 金 の 額 に 算 入 し 修 繕 費 用 等 に 充 てると 見 込 まれる 保 険 金 を 控 除 するというものです が 今 回 の 災 害 による 被 害 が 甚 大 であることから 保 険 金 の 金 額 が 確 定 するのに 長 期 間 かか るケースも 考 えられます そこで 災 害 損 失 の 繰 入 れに 当 たり 被 災 事 業 年 度 等 の 終 了 の 日 までに 保 険 会 社 による 損 害 の 査 定 が 間 に 合 わないなど 保 険 金 の 金 額 の 見 積 りが 困 難 な 場 合 には 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 から 保 険 金 の 金 額 を 控 除 しないこととしても 差 し 支 えありません

16 被 災 事 業 年 度 等 の 修 繕 費 用 と 受 取 保 険 金 [Q18] 被 災 事 業 年 度 等 において 保 険 金 等 を 受 領 し 益 金 の 額 に 算 入 しましたが 被 災 資 産 の 修 繕 が 完 了 しないため 災 害 損 失 に 繰 り 入 れようと 思 います この 場 合 災 害 損 失 の 繰 入 れに 当 たり 受 領 した 保 険 金 等 の 額 はどのように 処 理 するのでし ょうか. 被 災 資 産 に 係 る 保 険 金 等 は それが 被 災 事 業 年 度 等 後 の 事 業 年 度 等 に 益 金 の 額 に 算 入 し 修 繕 費 用 等 に 充 てると 見 込 まれるもの である 場 合 には 災 害 損 失 の 繰 入 れに 当 た って 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 から 控 除 する 必 要 がありますが お 尋 ねのように 被 災 事 業 年 度 等 に 受 領 して 益 金 の 額 に 算 入 した 保 険 金 等 は これに 当 たらないことから 当 該 金 額 を 考 慮 し ないところで 災 害 損 失 の 繰 入 額 を 計 算 することになります 工 事 に 着 手 できない 場 合 の 繰 入 事 業 年 度 等 [Q19] 法 令 の 規 定 地 方 公 共 団 体 の 定 めた 復 興 計 画 等 により 一 定 期 間 修 繕 等 の 工 事 に 着 手 できない 場 合 であっても 災 害 損 失 の 繰 入 れは 被 災 事 業 年 度 等 に 限 定 され るのですか 法 令 の 規 定 地 方 公 共 団 体 の 定 めた 復 興 計 画 等 により 工 事 着 手 期 間 の 制 限 があり 一 定 期 間 修 繕 等 の 工 事 に 着 工 できないような 事 情 がある 場 合 には 修 繕 費 用 等 の 見 積 りについて 災 害 のあった 日 から1 年 を 経 過 する 日 ではなく 修 繕 等 の 工 事 に 着 手 できることとなる 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 支 出 すると 見 込 まれる 金 額 によることができることとされ ています( 費 用 通 達 2( 注 )1) これは あくまでも 修 繕 費 用 等 の 見 積 期 間 の 特 例 ですので 災 害 損 失 の 繰 入 れは この 特 例 にかかわらず 被 災 事 業 年 度 等 において 行 うことになります ⑹ 取 崩 し 修 繕 費 等 の 額 から 控 除 する 保 険 金 等 の 額 の 計 算 [Q20] 1 年 経 過 事 業 年 度 等 前 の 各 事 業 年 度 等 の 災 害 損 失 の 益 金 算 入 に 当 たり 個 々の 被 災 資 産 について 支 出 した 修 繕 費 用 等 の 額 と 保 険 金 等 により 補 塡 された 金 額 があ る 場 合 その 被 災 資 産 ごとに 修 繕 費 用 等 の 額 から 保 険 金 等 の 額 を 控 除 した 残 額 を 計 算 す る 必 要 があるのでしょうか

17 災 害 損 失 の 益 金 算 入 に 当 たり 支 出 した 修 繕 費 用 等 の 額 が 保 険 金 等 により 補 塡 さ れる 場 合 には その 補 塡 される 金 額 を 控 除 した 後 の 金 額 につき 災 害 損 失 を 取 り 崩 し て 益 金 の 額 に 算 入 することとなります( 費 用 通 達 4⑵イ ロ) この 場 合 に 被 災 資 産 につき 支 払 われる 保 険 金 等 の 金 額 については 個 々の 被 災 資 産 の 修 繕 費 用 等 の 額 にひも 付 きで 補 塡 されたものかどうかを 個 別 に 計 算 せず 被 災 資 産 につき 支 出 した 修 繕 費 用 等 の 額 の 合 計 額 から 控 除 して 差 し 支 えありません 災 害 損 失 繰 入 額 が 過 大 であった 場 合 の 修 正 の 要 否 [Q21] 被 災 事 業 年 度 等 において 災 害 損 失 に 繰 り 入 れた 金 額 が 災 害 のあった 日 か ら1 年 を 経 過 する 日 の 属 する 事 業 年 度 等 (1 年 経 過 事 業 年 度 等 )までに 支 出 した 修 繕 費 用 等 の 額 よりも 多 かった 場 合 には その 過 大 部 分 について その 繰 入 事 業 年 度 等 にさか のぼって 修 正 をしなければならないのでしょうか 被 災 事 業 年 度 等 ( 災 害 損 失 の 繰 入 事 業 年 度 等 ) 終 了 の 日 の 現 況 において 合 理 的 に 見 積 りをした 修 繕 費 用 等 の 額 に 基 づいて 繰 り 入 れた 災 害 損 失 の 金 額 が 結 果 として 過 大 であったとしても その 過 大 部 分 について その 繰 入 事 業 年 度 等 にさかのぼって 修 正 をす る 必 要 はありません ( 注 ) 1 年 経 過 事 業 年 度 等 終 了 の 日 において 災 害 損 失 の 残 額 がある 場 合 には その 残 額 を 取 り 崩 して 益 金 の 額 に 算 入 することとなりますが( 費 用 通 達 4⑴) やむを 得 ない 事 情 により 修 繕 等 が 遅 れているときは 所 轄 税 務 署 長 ( 又 は 国 税 局 長 )の 確 認 を 受 けて その 修 繕 等 が 完 了 するまでその 取 崩 しの 時 期 を 延 長 することができます( 費 用 通 達 5) ⑺ 延 長 確 認 申 請 益 金 算 入 時 期 の 延 長 期 間 の 算 定 [Q22] 益 金 算 入 時 期 の 延 長 申 請 をすることにより 認 められる 期 間 は どのように 算 定 すれ ばよいのでしょうか 益 金 算 入 時 期 の 延 長 確 認 は やむを 得 ない 事 情 により 修 繕 等 が 完 了 しない 場 合 に 修 繕 等 が 完 了 すると 見 込 まれる 日 の 属 する 事 業 年 度 等 ( 修 繕 完 了 事 業 年 度 等 )まで 益 金 算 入 時 期 を 延 長 するという 特 例 措 置 ですが 個 々の 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 等 の 期 間 は 異 なるものですから

18 延 長 が 認 められる 期 間 を 一 定 期 間 に 限 定 するような 取 扱 いはなじまないと 考 えられます このようなことから 災 害 損 失 の 繰 入 れの 対 象 となった 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 等 で やむを 得 ない 事 情 により 遅 れているものについては 建 設 業 者 製 造 業 者 等 の 見 積 り 等 によ り その 修 繕 等 が 完 了 すると 見 込 まれる 最 も 遅 い 時 期 まで 延 長 を 申 請 することができます 工 事 に 着 手 できない 場 合 の 延 長 確 認 申 請 書 の 提 出 期 限 [Q23] 法 令 の 規 定 地 方 公 共 団 体 の 定 めた 復 興 計 画 等 により 一 定 期 間 修 繕 等 の 工 事 に 着 手 できない 場 合 に 延 長 確 認 申 請 書 はいつまでに 提 出 しなければならないのでしょうか 災 害 損 失 の 益 金 算 入 時 期 の 延 長 確 認 申 請 書 は 1 年 経 過 事 業 年 度 等 終 了 の 日 までに 所 轄 税 務 署 長 ( 又 は 国 税 局 長 )に 提 出 することとされています( 費 用 通 達 5) 一 方 法 令 の 規 定 地 方 公 共 団 体 の 定 めた 復 興 計 画 等 により 一 定 期 間 修 繕 等 の 工 事 に 着 手 できないような 事 情 がある 場 合 には 修 繕 費 用 等 の 見 積 りについて 災 害 のあった 日 から 1 年 を 経 過 する 日 ではなく 修 繕 等 の 工 事 に 着 手 できることとなる 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 支 出 すると 見 込 まれる 金 額 によることができる 特 例 が 設 けられていますが これ は 工 事 着 手 期 間 の 制 限 という 特 殊 事 情 を 考 慮 して 修 繕 費 用 等 の 見 積 りについてその 見 積 期 間 の 特 例 を 認 めているものです( 費 用 通 達 2( 注 )1) 一 定 期 間 修 繕 等 の 工 事 に 着 手 できない 場 合 に この 修 繕 費 用 等 の 見 積 期 間 の 特 例 を 適 用 し ているときであっても 1 年 経 過 事 業 年 度 等 終 了 の 日 には 災 害 損 失 への 繰 入 れ 後 の 事 情 変 更 等 も 加 味 した 上 で 修 繕 等 が 完 了 すると 見 込 まれる 日 や 修 繕 費 用 等 の 見 込 額 につ いてより 具 体 的 な 確 認 を 受 ける 必 要 がありますので 1 年 経 過 事 業 年 度 等 終 了 の 日 までに 延 長 確 認 申 請 書 を 提 出 する 必 要 があります 益 金 算 入 時 期 の 再 延 長 の 可 否 [Q24] 益 金 算 入 時 期 の 延 長 の 確 認 を 受 けた 後 に 再 度 延 長 確 認 申 請 書 を 提 出 することはで きるのでしょうか 災 害 損 失 は 原 則 として 災 害 のあった 日 から1 年 以 内 に 支 出 すると 見 込 まれる 修 繕 費 用 等 の 見 積 計 上 を 認 めるものであり 併 せて やむを 得 ない 事 情 によって1 年 経 過 事 業 年 度 等 終 了 の 日 までに 修 繕 等 が 完 了 しない 場 合 には 災 害 損 失 の 取 崩 時 期 を 修 繕 等 が 完 了 すると 見 込 まれる 日 の 属 する 事 業 年 度 等 ( 修 繕 完 了 事 業 年 度 等 )まで 延 長 することが

19 認 められています その 延 長 申 請 における 修 繕 完 了 事 業 年 度 等 の 決 定 に 当 たっては 修 繕 等 の 進 捗 状 況 を 適 正 に 見 積 もり 再 申 請 が 必 要 とならないよう 配 意 する 必 要 がありますが 更 にやむを 得 ない 事 情 によって 修 繕 等 が 遅 れている 場 合 には 初 回 の 延 長 により 修 繕 完 了 事 業 年 度 等 が1 年 経 過 事 業 年 度 等 となっていますから その 延 長 後 の1 年 経 過 事 業 年 度 等 ( 当 初 の 修 繕 完 了 事 業 年 度 等 ) 終 了 の 日 までに 再 延 長 の 申 請 をすることができます( 費 用 通 達 5) 延 長 申 請 を 行 う 場 合 の 災 害 損 失 の 取 崩 し [Q25] 当 社 (1 年 決 算 法 人 )は 前 期 に 災 害 損 失 を 設 定 しましたが やむを 得 ない 事 情 により 当 期 末 までに 被 災 資 産 の 修 繕 が 完 了 しないため 益 金 算 入 時 期 の 延 長 確 認 申 請 をしようと 思 います ところで 当 社 は 当 期 (1 年 経 過 事 業 年 度 等 )において 修 繕 費 用 等 を 支 出 していますが これについてどのような 経 理 をすればよいのでしょうか お 尋 ねの 場 合 益 金 算 入 の 延 長 申 請 をしようとする1 年 経 過 事 業 年 度 等 において 次 の1 の 金 額 と2の 金 額 との 合 計 額 に 相 当 する 災 害 損 失 の 金 額 を 益 金 の 額 に 算 入 すること になります( 費 用 通 達 5( 注 )) 1 被 災 事 業 年 度 等 終 了 の 日 の 翌 日 から1 年 経 過 事 業 年 度 等 終 了 の 日 までにおいて 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 費 用 等 として 損 金 の 額 に 算 入 する 金 額 の 合 計 額 ( 保 険 金 等 により 補 塡 される 金 額 がある 場 合 には 当 該 金 額 の 合 計 額 を 控 除 した 残 額 をいい 以 下 修 繕 済 額 といいま す ) 2 災 害 損 失 の 残 額 から 修 繕 費 用 等 の 見 込 額 を 控 除 した 金 額 ( 注 )1 災 害 損 失 の 残 額 とは 被 災 事 業 年 度 等 において 災 害 損 失 に 繰 り 入 れた 金 額 から 修 繕 済 額 を 控 除 した 金 額 をいいます 2 修 繕 費 用 等 の 見 込 額 とは 1 年 経 過 事 業 年 度 等 終 了 の 日 の 翌 日 から 修 繕 完 了 事 業 年 度 等 終 了 の 日 までに 支 出 することが 見 込 まれる 修 繕 費 用 等 の 金 額 の 合 計 額 ( 保 険 金 等 により 補 塡 される 金 額 がある 場 合 には 当 該 金 額 の 合 計 額 を 控 除 した 残 額 をいい 災 害 損 失 の 残 額 を 限 度 とします )をいいます

20 災 害 のあった 日 1 年 被 災 事 業 年 度 等 1 年 経 過 事 業 年 度 等 原 則 取 崩 額 繰 入 額 60 修 繕 済 額 修 繕 等 が 完 了 すると 見 込 まれる 日 の 属 する 事 業 年 度 等 修 繕 完 了 事 業 年 度 等 被 災 事 業 年 度 等 1 年 経 過 事 業 年 度 等 1 年 経 過 事 業 年 度 等 延 長 申 請 延 長 確 認 申 請 10 を 行 っ た 場 合 繰 入 額 60 取 崩 額 修 繕 済 額 修 繕 済 額 修 繕 費 用 等 の 見 込 額 災 害 損 失 の 残 額 -60=40 ( 繰 入 額 - 修 繕 済 額 ) 修 繕 費 用 等 の 見 込 額 ⑻ その 他 災 害 損 失 と 災 害 損 失 [Q26] 9 年 間 の 繰 越 控 除 が 認 められる 災 害 損 失 の 額 と 災 害 損 失 の 繰 入 額 との 関 係 はどのようになっているのでしょうか 法 人 税 法 第 58 条 第 1 項 青 色 申 告 書 を 提 出 しなかった 事 業 年 度 の 災 害 による 損 失 金 の 繰 越 し の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 災 害 のあった 日 の 属 する 事 業 年 度 ( 青 色 申 告 書 を 提 出 する 事 業 年 度 を 除 き 以 下 被 災 事 業 年 度 といいます )において 災 害 損 失 に 繰 り 入 れた 金 額 については 当 該 被 災 事 業 年 度 の 災 害 損 失 の 額 ( 法 人 税 法 施 行 令 第 116 条 第 1 項 災 害 による 繰 越 損 失 金 の 範 囲 に 規 定 する 損 失 の 額 をいいます 以 下 同 じです )に 含 めて9 年 間 の 繰 越 控 除 をすることができます( 費 用 通 達 6) 一 方 災 害 損 失 に 繰 り 入 れた 被 災 事 業 年 度 後 の 事 業 年 度 ( 青 色 申 告 書 を 提 出 する 事 業 年 度 を 除 きます )の 開 始 の 日 において 災 害 損 失 の 金 額 がある 場 合 に 当 該 事 業 年 度 において 災 害 損 失 の 額 に 該 当 する 修 繕 費 用 等 の 額 を 支 出 したときには その 実 際 に 支 出 した 修 繕 費 用 等 の 額 ( 保 険 金 等 により 補 塡 された 金 額 がある 場 合 には その 金 額 の 合 計 額 を

21 控 除 した 残 額 )から 当 該 事 業 年 度 開 始 の 日 における 災 害 損 失 の 金 額 を 控 除 した 残 額 が 当 該 事 業 年 度 の 災 害 損 失 の 額 となります( 費 用 通 達 7) これは 実 際 の 修 繕 費 用 等 の 額 が 被 災 資 産 に 係 る 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 である 災 害 損 失 特 別 勘 定 の 金 額 を 上 回 った 場 合 には その 上 回 った 部 分 のみをその 支 出 をした 当 該 事 業 年 度 の 災 害 損 失 の 額 とすることで 災 害 損 失 の 額 の 重 複 計 上 を 排 除 するものです 災 害 のあった 日 1 年 修 繕 費 用 等 の 額 被 災 事 業 年 度 ( 白 色 事 業 年 度 ) 1 年 経 過 事 業 年 度 ( 白 色 事 業 年 度 ) 取 崩 額 期 首 特 別 勘 定 の 金 額 繰 入 額 修 繕 費 用 等 の 支 出 額 災 害 損 失 の 額 に 含 ま れ る 金 額 - = 0 ( 修 繕 費 用 等 ) ( 期 首 ) 修 繕 費 用 等 の 額 被 災 事 業 年 度 ( 白 色 事 業 年 度 ) 1 年 経 過 事 業 年 度 ( 白 色 事 業 年 度 ) 期 首 特 別 勘 定 の 金 額 150 災 害 損 失 の 額 に 含 ま れ る 金 額 = 50 ( 修 繕 費 用 等 ) ( 期 首 ) 被 災 資 産 の 種 類 の 区 分 [Q27] 災 害 損 失 の 損 金 算 入 に 関 する 明 細 書 の 記 載 の 仕 方 によれば 被 災 資 産 が 多 数 ある 場 合 には 別 に 明 細 書 に 相 当 するものを 作 成 し 保 存 しているときに 限 り 資 産 の 種 類 ごとに 費 用 の 見 積 額 及 び 保 険 金 等 の 額 の 合 計 額 を 明 細 書 に 記 載 することがで きることとされていますが この 場 合 の 資 産 の 種 類 とは どのような 区 分 によるの でしょうか 棚 卸 資 産 にあっては 法 人 税 法 施 行 令 第 10 条 各 号 棚 卸 資 産 の 範 囲 に 掲 げる 資 産 の 種 類 ( 商 品 又 は 製 品 半 製 品 仕 掛 品 主 要 原 材 料 補 助 原 材 料 等 )ごと 固 定 資 産 ( 減 価 償 却 資 産 を 除 きます )にあっては 同 令 第 12 条 各 号 固 定 資 産 の 範 囲 に 掲 げる 資 産 の 種 類 ( 土 地 電 話 加 入 権 等 )ごと 減 価 償 却 資 産 にあっては 同 令 第 13 条 各 号 減 価 償 却 資 産 の 範 囲 に 掲

22 げる 資 産 の 種 類 ( 建 物 及 びその 附 属 設 備 構 築 物 機 械 及 び 装 置 車 両 及 び 運 搬 具 工 具 器 具 及 び 備 品 等 )ごとに 区 分 することになります 2 賃 借 資 産 等 の 補 修 費 用 関 係 取 扱 いの 趣 旨 [Q28] 賃 借 人 が 賃 借 資 産 についてした 補 修 のために 要 した 費 用 の 損 金 算 入 が 認 められてい ますが その 理 由 は 何 でしょうか 賃 貸 資 産 の 修 繕 は 賃 貸 人 の 負 担 により 行 うべきものとされており( 民 法 606 条 ) また 賃 借 人 が 賃 借 資 産 の 補 修 を 行 った 場 合 には 賃 貸 人 にその 補 修 のために 要 した 費 用 を 請 求 するこ ととなりますので( 同 法 608 条 ) 賃 借 人 が 補 修 費 用 を 支 払 ったときには 通 常 その 金 額 を 仮 払 金 等 として 計 上 することになります しかしながら 今 回 の 災 害 による 被 害 が 甚 大 なこと 等 から 1 賃 貸 人 による 早 急 な 補 修 ができない 等 の 事 情 により 賃 借 人 がやむを 得 ず 自 ら 原 状 回 復 工 事 を 行 うことが 想 定 されること 2 その 補 修 に 要 した 費 用 を 賃 貸 人 から 実 際 に 回 収 できるか 否 かも 明 らかでないこと といった 事 情 があるものと 考 えられます このため 賃 借 人 が 賃 借 資 産 の 補 修 のために 要 した 費 用 を 修 繕 費 として 経 理 したときには このような 処 理 は 認 められることになります( 費 用 通 達 9) ( 注 ) 賃 借 人 が 修 繕 費 として 経 理 した 金 額 に 相 当 する 金 額 につき 賃 貸 人 から 支 払 を 受 けた 場 合 には その 支 払 を 受 けた 日 の 属 する 事 業 年 度 等 の 益 金 の 額 に 算 入 することになります ( 費 用 通 達 9( 注 )2) 販 売 した 資 産 又 は 賃 貸 している 資 産 の 補 修 費 用 [Q29] 売 主 又 は 賃 貸 人 である 法 人 が 修 繕 等 の 補 修 義 務 がない 販 売 をした 資 産 又 は 賃 貸 を している 資 産 について 無 償 で 補 修 や 点 検 をした 場 合 も その 補 修 費 用 の 損 金 算 入 が 認 め られるのでしょうか 修 繕 等 の 補 修 義 務 がない 販 売 をした 資 産 又 は 賃 貸 をしている 資 産 については その 資 産 の 修 繕 は 本 来 購 入 者 又 は 賃 借 人 の 負 担 により 行 うべきものであるといえますが 今 回 の 災 害 による 被 害 が 甚 大 なこと 等 から その 対 象 者 も 多 数 にのぼり 売 主 等 である 法 人 がこれらの 資 産 につ

23 き 無 償 で 補 修 や 点 検 をする 場 合 には 一 種 の 広 告 宣 伝 又 は 取 引 関 係 の 維 持 といった 経 済 的 な 効 果 があるとも 考 えられます したがって これらの 資 産 の 補 修 や 点 検 のために 要 した 費 用 について 賃 借 資 産 の 賃 借 人 に よる 補 修 と 同 様 法 人 がその 支 出 時 における 修 繕 費 として 経 理 したときは このような 処 理 は 認 められることになります( 費 用 通 達 9) 賃 借 資 産 の 補 修 費 用 と 災 害 損 失 の 設 定 の 可 否 [Q30] 賃 借 人 が 補 修 義 務 のない 賃 借 資 産 についてする 補 修 の 費 用 について 災 害 損 失 特 別 勘 定 の 繰 入 れはできるのでしょうか 補 修 義 務 のない 賃 借 資 産 については 賃 貸 人 が 補 修 義 務 を 負 い 原 則 としてその 賃 貸 人 が 災 害 損 失 の 繰 入 れをすることとなりますので 賃 借 人 が 災 害 損 失 の 繰 入 れをす ることはできません( 賃 貸 人 と 賃 借 人 とが 災 害 損 失 の 繰 入 れを 重 複 して 適 用 すること は 認 められません 費 用 通 達 9( 注 )1) したがって 補 修 義 務 のない 賃 借 人 が 補 修 をした 場 合 には 実 際 にその 補 修 をした 日 の 属 す る 事 業 年 度 等 において 修 繕 費 として 損 金 の 額 に 算 入 することになります ( 注 ) 賃 借 人 が 修 繕 費 として 経 理 した 金 額 に 相 当 する 金 額 につき 賃 貸 人 から 支 払 を 受 けた 場 合 には その 支 払 を 受 けた 日 の 属 する 事 業 年 度 等 の 益 金 の 額 に 算 入 することになります ( 費 用 通 達 9( 注 )2) 賃 借 資 産 の 補 修 費 用 と 収 益 計 上 時 期 [Q31] 賃 借 人 が 補 修 義 務 のない 賃 借 資 産 についてした 補 修 につき 賃 貸 人 にその 費 用 を 請 求 した 場 合 には その 時 点 で 未 収 入 金 として 計 上 しなければならないのでしょうか 今 回 賃 借 人 が 賃 借 資 産 の 補 修 のために 要 した 費 用 を 賃 貸 人 に 請 求 した 場 合 であっても そ の 補 修 に 要 した 費 用 を 賃 貸 人 から 実 際 に 回 収 できるか 否 か 明 らかではありませんので 請 求 し た 時 点 で 未 収 入 金 に 計 上 する 必 要 はなく 実 際 にそれを 収 受 した 時 の 収 益 に 計 上 すればよいこ ととなります

24 3 被 災 者 用 仮 設 住 宅 の 設 置 費 用 関 係 取 扱 いの 趣 旨 [Q32] 仮 設 住 宅 の 組 立 て 設 置 費 用 は 仮 設 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 した 事 業 年 度 等 において 一 時 の 損 金 に 算 入 することが 認 められるということですが その 理 由 は 何 でしょうか 法 人 が 災 害 により 被 災 した 役 員 や 従 業 員 ( 以 下 従 業 員 等 といいます )の 住 居 として 使 用 する 仮 設 住 宅 の 用 に 供 する 資 材 の 取 得 又 は 賃 借 をして 仮 設 住 宅 を 設 置 した 場 合 には 通 常 その 仮 設 住 宅 は 一 時 的 な 使 用 を 予 定 したものであり 組 立 て 設 置 費 用 の 支 出 の 効 果 が 及 ぶ 期 間 も 短 期 間 であることが 一 般 的 です そこで 仮 設 住 宅 の 組 立 て 設 置 のために 要 した 金 額 について その 仮 設 住 宅 を 居 住 の 用 に 供 した 事 業 年 度 等 において 費 用 として 経 理 したときには このような 処 理 は 認 められるこ とになります( 費 用 通 達 10) なお 法 人 が 被 災 した 従 業 員 等 の 住 居 として 設 置 した 仮 設 住 宅 の 一 部 を 自 己 の 従 業 員 等 以 外 の 被 災 者 の 居 住 の 用 に 供 した 場 合 も 同 様 に 取 り 扱 われます 仮 設 住 宅 用 資 材 の 取 扱 い [Q33] 仮 設 住 宅 用 資 材 の 償 却 は どのようになるのでしょうか 法 人 が 取 得 した 仮 設 住 宅 用 資 材 については その 利 用 の 実 態 に 即 した 償 却 が 認 められます ( 費 用 通 達 10) すなわち 法 人 が 仮 設 住 宅 用 資 材 を 反 復 して 使 用 する( 仮 設 住 宅 として 使 用 した 後 に 他 の 用 途 に 転 用 再 利 用 する) 場 合 には 通 常 の 例 により 原 則 として 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 別 表 第 一 に 掲 げる 建 物 の 簡 易 建 物 の 仮 設 のもの の7 年 で 減 価 償 却 をすることになります 一 方 仮 設 住 宅 用 資 材 を 災 害 により 被 災 した 従 業 員 等 の 住 居 として 一 時 的 に 使 用 する 仮 設 住 宅 の 用 にのみ 使 用 することとしている 場 合 には 仮 設 住 宅 に 使 用 すると 見 込 まれる 期 間 (1 年 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 てます )を 耐 用 年 数 として 償 却 することができます

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

⑵ また 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 については 連 結 納 税 制 度 は 適 用 されませんので 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 確 定 申 告 書 の 用 紙 は 連 結 親 法 人 又 は 連 結 子 法 人 のいずれであるかにかかわりなく 課 税 事 業 者 に 該

⑵ また 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 については 連 結 納 税 制 度 は 適 用 されませんので 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 確 定 申 告 書 の 用 紙 は 連 結 親 法 人 又 は 連 結 子 法 人 のいずれであるかにかかわりなく 課 税 事 業 者 に 該 Ⅰ 連 結 確 定 申 告 書 の 提 出 について 1 連 結 確 定 申 告 書 の 提 出 先 及 び 提 出 期 限 連 結 親 法 人 は 各 連 結 事 業 年 度 終 了 の 日 の 翌 日 から 2 月 以 内 に 納 税 地 の 所 轄 税 務 署 長 に 対 し 連 結 確 定 申 告 書 を 提 出 しなければならないこととされています( 法 81の22) なお 連 結 親 法

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

月 経 過 日 等 といいます )まで( 継 続 して 毎 年 所 定 の 時 期 にされる 定 期 給 与 の 額 の 改 定 が3 月 経 過 日 等 後 にされることについて 特 別 の 事 情 があると 認 められる 場 合 にあっ ては 当 該 改 定 の 時 期 )にされた 定 期 給

月 経 過 日 等 といいます )まで( 継 続 して 毎 年 所 定 の 時 期 にされる 定 期 給 与 の 額 の 改 定 が3 月 経 過 日 等 後 にされることについて 特 別 の 事 情 があると 認 められる 場 合 にあっ ては 当 該 改 定 の 時 期 )にされた 定 期 給 役 員 給 与 に 関 するQ&A 平 成 20 年 12 月 ( 平 成 24 年 4 月 改 訂 ) 国 税 庁 役 員 給 与 の 額 の 改 定 には 様 々な 形 態 があるため 最 終 的 には 個 々の 事 情 に 照 らし 税 務 上 の 取 扱 いを 判 断 することになりますが その 判 断 に 当 たり 参 考 になると 考 えられる 事 例 をQ &A 形 式 により 取 りまとめました

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

2 居 住 者 乙 の 取 扱 い ⑴ 住 宅 について 受 けた 損 害 の 取 扱 い 1 雑 損 控 除 居 住 者 又 はその 者 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 その 他 の 親 族 でその 年 分 の 課 税 標 準 の 合 計 額 が 基 礎 控 除 の 額 に 相 当 する

2 居 住 者 乙 の 取 扱 い ⑴ 住 宅 について 受 けた 損 害 の 取 扱 い 1 雑 損 控 除 居 住 者 又 はその 者 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 その 他 の 親 族 でその 年 分 の 課 税 標 準 の 合 計 額 が 基 礎 控 除 の 額 に 相 当 する 第 63 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 第 一 問 50 点 問 1(30 点 ) 居 住 者 甲 の 取 扱 い ⑴ 受 取 損 害 賠 償 金 の 取 扱 い 1 非 課 税 所 得 とされる 場 合 次 に 掲 げる 所 得 については 所 得 税 を 課 さない イ 心 身 に 加 えられた 損 害 につき 支 払 を 受 ける 慰 謝 料 その 他 の 損 害 賠 償 金 (その

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

私たちの市税

私たちの市税 ❺ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 土 地 家 屋 償 却 資 産 (これらを 固 定 資 産 といいます )を 所 有 している 人 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 町 村 に 納 める 税 金 です 納 税 義 務 者 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 で 市 内 に 固 定

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

< 圧 縮 記 帳 の 効 果 > 圧 縮 記 帳 を 適 用 した 場 合 に 得 られる 税 務 上 の 効 果 はどのようなものでしょうか 前 述 のように 圧 縮 記 帳 の 制 度 目 的 は 補 助 金 等 の 受 贈 益 に 対 して 直 ちに 課 税 しないことにより 補 助 目 的

< 圧 縮 記 帳 の 効 果 > 圧 縮 記 帳 を 適 用 した 場 合 に 得 られる 税 務 上 の 効 果 はどのようなものでしょうか 前 述 のように 圧 縮 記 帳 の 制 度 目 的 は 補 助 金 等 の 受 贈 益 に 対 して 直 ちに 課 税 しないことにより 補 助 目 的 税 務 東 日 本 大 震 災 における 税 務 上 の 取 扱 い YAC 税 理 士 法 人 代 表 社 員 清 水 川 浩 司 ( 税 理 士 ) Ⅰ.はじめに 東 日 本 大 震 災 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いについては 昨 年 より 既 に 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 国 税 関 係 法 律 の 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 以 下 震

More information

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定 348 第 Ⅱ 部 医 療 法 人 の 税 務 第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 第 1 節 法 人 税 法 上 の 法 人 の 種 類 1 法 人 税 法 上 の 種 類 法 人 税 法 上 の 法 人 は 普 通 法 人 公 共 法 人 公 益 法 人 等 及 び 協 同 組 合 等 に 区 分 され( 法 法 2 五 六 七 九 ) それぞれにおいて 異 なる 課 税 関 係 が 定

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

I. 法 人 税 等 1. 実 効 税 率 の 引 き 下 げ 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 法 人 税 の 税 率 を 23.4%( 現 行 23.9%)に 平 成 30 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 23.

I. 法 人 税 等 1. 実 効 税 率 の 引 き 下 げ 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 法 人 税 の 税 率 を 23.4%( 現 行 23.9%)に 平 成 30 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 23. Tax news letter 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 ( 確 定 版 ) www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 27 年 12 月 16 日 に 与 党 より 消 費 税 の 軽 減 税 率 を 含 めた 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 公 表 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 及

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 27 年 1 月 14 日 閣 議 決 定 ) k 主 な 改 正 内 容 k l 相 続 税 節 税 にも 有 効! 若 年 層 への 資 産 移 転 スムーズに 結 婚 子 育 て 資 金 一 括 贈 与 の 非 課 税 措 置 の 創 設 など l 法 人 税 率 引 下 げ! 各 租 税 特 別 措 置 も 拡 充 所 得 拡 大 促

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

空 白

空 白 空 白 空 白 Ⅰ 償 却 資 産 のあらまし 1 償 却 資 産 とは 償 却 資 産 とは 土 地 及 び 家 屋 以 外 の 事 業 の 用 に 供 することができる 資 産 で その 減 価 償 却 額 又 は 減 価 償 却 費 が 法 人 税 法 又 は 所 得 税 法 の 規 定 による 所 得 の 計 算 上 損 金 又 は 必 要 な 経 費 に 算 入 されるもの(これに 類

More information

目 次 はじめに 1 青 色 申 告 の 主 な 特 典 2 青 色 申 告 の 節 税 効 果 4 青 色 申 告 をするには 6 青 色 申 告 に 必 要 なこと 8 消 費 税 もお 忘 れなく! 10 所 得 税 の 源 泉 徴 収 制 度 について 10 記 帳 の 仕 方 がわからない

目 次 はじめに 1 青 色 申 告 の 主 な 特 典 2 青 色 申 告 の 節 税 効 果 4 青 色 申 告 をするには 6 青 色 申 告 に 必 要 なこと 8 消 費 税 もお 忘 れなく! 10 所 得 税 の 源 泉 徴 収 制 度 について 10 記 帳 の 仕 方 がわからない 目 次 はじめに 1 青 色 申 告 の 主 な 特 典 2 青 色 申 告 の 節 税 効 果 4 青 色 申 告 をするには 6 青 色 申 告 に 必 要 なこと 8 消 費 税 もお 忘 れなく! 10 所 得 税 の 源 泉 徴 収 制 度 について 10 記 帳 の 仕 方 がわからない 方 へ 11 確 定 申 告 書 等 作 成 コーナーで 決 算 書 等 申 告 書 が 作 成 できます

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

申 告 書 の 作 成 手 順 ( 特 定 課 税 仕 入 れがない 場 合 ) 申 告 書 の 作 成 は 次 の 手 順 で 行 います 課 税 標 準 額 及 び 消 費 税 額 の 計 算 控 除 対 象 仕 入 税 額 等 の 計 算 付 表 2 の 作 成 納 付 ( 還 付 ) 税 額

申 告 書 の 作 成 手 順 ( 特 定 課 税 仕 入 れがない 場 合 ) 申 告 書 の 作 成 は 次 の 手 順 で 行 います 課 税 標 準 額 及 び 消 費 税 額 の 計 算 控 除 対 象 仕 入 税 額 等 の 計 算 付 表 2 の 作 成 納 付 ( 還 付 ) 税 額 法 人 用 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 書 ( 一 般 用 )の 書 き 方 税 務 署 この 書 き 方 では 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 書 ( 一 般 用 ) 及 び 別 表 特 定 課 税 仕 入 れがある 場 合 の 課 税 標 準 額 等 の 内 訳 書 と こ れ に 添 付 す る 付 表 2 課 税 売 上 割 合 控 除 対 象 仕

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9 地 方 税 法 等 の 改 正 目 一 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 924 二 平 成 27 年 度 の 地 方 税 収 見 込 み 928 三 個 人 住 民 税 932 四 地 方 法 人 課 税 ( 法 人 住 民 税 法 人 事 業 税 ) 945 五 地 方 消 費 税 949 六 自 動 車 取 得 税 952 七 軽 自 動 車 税 961 次 八 軽 油 引 取 税

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63>

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63> 3 日 本 の 居 住 者 が 国 際 投 資 を 行 う 場 合 の 税 務 に 関 する 基 礎 知 識 (1) 居 住 者 と 非 居 住 者 の 区 分 の 重 要 性 個 人 が 国 際 取 引 を 行 った 場 合 海 外 と 国 内 の 課 税 を 考 える 上 で その 個 人 がわが 国 の 居 住 者 に 該 当 するのか あるいは 非 居 住 者 に 該 当 するのか 又 は

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 営 業 ( 個 人 事 業 者 ) 決 算 説 明 会 はじめて 決 算 書 を 作 成 される 方 ( 不 動 産 所 得 編 ) 平 成 27 年 1 月 31 日 横 浜 中 青 色 申 告 会 (ご 案 内 ) 税 理 士 飯 田 真 之 自 営 業 者 ( 個 人 事 業 者 ) 決 算 説 明 会 ( 不 動 産 所 得 編 ) 目 次 1.はじめに 確 定 申 告 書 と 決 算

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51,

科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅱ 投 資 活 動 収 支 の 部 1. 投 資 活 動 収 入 特 定 資 産 取 崩 収 入 13,811,848 62,532,864 48,721,016 退 職 給 付 引 当 資 産 取 崩 収 入 2,811,848 54,237,864 51, 平 成 2 3 年 度 収 支 決 算 書 1. 収 支 計 算 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 科 目 予 算 額 決 算 額 差 異 Ⅰ 事 業 活 動 収 支 の 部 1. 事 業 活 動 収 入 特 定 資 産 運 用 収 入 174,685 120,519 54,166 特 定 資 産 受 取 利 息 収 入 174,685 120,519

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378> 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上

More information

所 得 税 法 ( 特 定 支 出 控 除 制 度 の 拡 充 退 職 所 得 課 税 の 見 直 し 等 )の 改 正 5 単 身 赴 任 者 の 往 復 旅 費 する 書 類 を 申 告 書 等 に 添 付 するか 又 はその 提 出 転 任 に 伴 い 生 計 を 一 にする 配 偶 者 等

所 得 税 法 ( 特 定 支 出 控 除 制 度 の 拡 充 退 職 所 得 課 税 の 見 直 し 等 )の 改 正 5 単 身 赴 任 者 の 往 復 旅 費 する 書 類 を 申 告 書 等 に 添 付 するか 又 はその 提 出 転 任 に 伴 い 生 計 を 一 にする 配 偶 者 等 所 得 税 法 ( 特 定 支 出 控 除 制 度 の 拡 充 退 職 所 得 課 税 の 見 直 し 等 ) の 改 正 目 一 特 定 支 出 控 除 制 度 の 拡 充 252 二 退 職 所 得 課 税 の 見 直 し 257 三 源 泉 徴 収 に 係 る 所 得 税 の 納 期 に 関 する 特 例 の 改 正 266 四 外 国 親 会 社 等 が 国 内 の 役 員 等 に 供 与

More information

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸 大 阪 府 道 高 速 大 阪 池 田 線 等 に 関 する 協 定 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )と 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 99 号 以 下 道 路 会 社 法 という ) 第 6 条 第 1 項

More information

新しい賠償基準について

新しい賠償基準について 新 しい 賠 償 基 準 について 避 難 指 示 区 域 内 から 避 難 されている 方 々へのご 説 明 資 料 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 1 新 しい 賠 償 基 準 に 関 する 説 明 資 料 ( 避 難 指 示 区 域 用 ) 目 次 Ⅰ. 新 しい 賠 償 基 準 の 方 針 Ⅱ. 新 しい 賠 償 基 準 の 全 体 像 Ⅲ. 財 物 賠 償 Ⅳ. 営 業 損 害

More information

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx (1) 被 災 地 の 雇 用 機 会 の 確 保 のための 税 制 上 の 特 例 措 置 (~28 年 3 月 末 ) 復 興 産 業 集 積 区 域 内 において 雇 用 に 大 きな 被 害 が 生 じた 地 域 の 雇 用 機 会 の 確 保 に 寄 与 する 事 業 を 行 う 個 人 事 業 者 又 は 法 人 ( 新 規 立 地 促 進 税 制 は 法 人 のみ)を 対 象 として

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

Microsoft Word - 06-00表紙.doc

Microsoft Word - 06-00表紙.doc 外 形 標 準 課 税 Q&A 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 23 年 4 月 埼 玉 県 では 納 税 者 から 寄 せられた 質 問 や 実 地 調 査 から 収 集 した 事 例 を 中 心 に 外 形 標 準 課 税 Q&A を 作 成 しました 外 形 標 準 課 税 に 係 る 申 告 業 務 にお 役 立 てくだ さい < 目 次 > 付 加 価 値 額 総 論 番 号 質

More information