岡山県公安委員会事務決裁規程

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "岡山県公安委員会事務決裁規程"

Transcription

1 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10 月 21 日 公 安 委 員 会 規 程 第 6 号 平 成 17 年 4 月 27 日 公 安 委 員 会 規 程 第 2 号 平 成 18 年 3 月 17 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 18 年 6 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 9 号 平 成 19 年 5 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 4 号 平 成 20 年 3 月 27 日 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 平 成 20 年 7 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 7 号 平 成 20 年 12 月 18 日 公 安 委 員 会 規 程 第 10 号 平 成 21 年 12 月 3 日 公 安 委 員 会 規 程 第 12 号 平 成 25 年 3 月 18 日 公 安 委 員 会 規 程 第 2 号 平 成 26 年 4 月 11 日 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 平 成 28 年 6 月 17 日 公 安 委 員 会 規 程 第 4 号 平 成 13 年 3 月 1 日 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 平 成 13 年 11 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 9 号 平 成 14 年 5 月 28 日 公 安 委 員 会 規 程 第 10 号 平 成 16 年 5 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 4 号 平 成 17 年 12 月 13 日 公 安 委 員 会 規 程 第 4 号 平 成 18 年 5 月 19 日 公 安 委 員 会 規 程 第 6 号 平 成 18 年 10 月 20 日 公 安 委 員 会 規 程 第 10 号 平 成 19 年 6 月 1 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 20 年 5 月 27 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 20 年 8 月 21 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 21 年 4 月 9 日 公 安 委 員 会 規 程 第 2 号 平 成 23 年 2 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 平 成 25 年 3 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 平 成 26 年 5 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 13 年 7 月 5 日 公 安 委 員 会 規 程 第 7 号 平 成 14 年 3 月 12 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 平 成 15 年 8 月 26 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 16 年 6 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 18 年 2 月 3 日 公 安 委 員 会 規 程 第 2 号 平 成 18 年 6 月 21 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 19 年 3 月 30 日 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 平 成 19 年 11 月 30 日 公 安 委 員 会 規 程 第 13 号 平 成 20 年 6 月 27 日 公 安 委 員 会 規 程 第 6 号 平 成 20 年 11 月 13 日 公 安 委 員 会 規 程 第 9 号 平 成 21 年 6 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 9 号 平 成 24 年 10 月 26 日 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 平 成 26 年 3 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 2 号 平 成 28 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 2 号 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 を 次 のように 定 める 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 岡 山 県 公 安 委 員 会 の 事 務 専 決 規 程 ( 昭 和 39 年 岡 山 県 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 )の 全 部 を 改 正 する

2 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 岡 山 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 の 決 裁 について 必 要 な 事 を 定 めることにより 事 務 の 適 正 かつ 能 率 的 な 運 営 を 図 ることを 目 的 とする ( 用 語 の 定 義 ) 第 2 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 め るところによる (1) 決 裁 公 安 委 員 会 が その 権 限 に 属 する 事 務 の 処 理 について 最 終 的 にその 意 思 を 決 定 することをいう (2) 専 決 公 安 委 員 会 に 代 わり その 権 限 に 属 する 事 務 の 処 理 について 常 時 最 終 的 にその 意 思 を 決 定 することをいう (3) 専 決 者 専 決 することができる 者 をいう (4) 代 決 専 決 者 が 不 在 の 場 合 に 下 位 の 者 が 専 決 者 に 代 わって 専 決 することをいう (5) 不 在 専 決 者 が 出 張 休 暇 その 他 の 事 由 により 専 決 することができない 状 態 を いう ( 公 安 委 員 会 が 決 裁 する 事 務 ) 第 3 条 別 表 に 掲 げる 事 務 については 公 安 委 員 会 の 決 裁 を 受 けなければならない 2 別 表 に 掲 げる 事 務 のほか 次 のいずれかに 該 当 する 事 案 に 係 る 事 務 については 公 安 委 員 会 の 決 裁 を 受 けなければならない (1) 重 要 又 は 異 例 の 事 案 (2) 公 安 委 員 会 が 了 承 しておく 必 要 がある 事 案 ( 本 部 長 が 専 決 できる 事 務 ) 第 4 条 岡 山 県 警 察 本 部 長 ( 以 下 本 部 長 という )は 公 安 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 務 について 前 条 第 1 及 び 第 2 において 公 安 委 員 会 の 決 裁 を 受 けなければならな いとしているものを 除 き 専 決 することができる 2 本 部 長 は 公 安 委 員 会 の 庶 務 について 専 決 することができる ( 特 別 な 場 合 の 専 決 等 ) 第 5 条 本 部 長 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 務 については 第 3 条 第 1 の 規 定 にかかわら ず 専 決 することができる (1) 警 察 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 162 号 ) 第 60 条 第 1 の 規 定 による 援 助 の 要 求 及 び 援 助 の 要 求 に 対 する 応 援 派 遣 に 係 る 事 務 ( 派 遣 人 員 が 小 規 模 派 遣 期 間 が 短 期 等 のため 別 表 において 本 部 長 が 専 決 できることとしているものを 除 く )のうち 緊 急 やむを 得 ないと 認 められる 場 合 における 援 助 の 要 求 及 び 援 助 の 要 求 に 対 する 応 援 派 遣 (2) 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 6 号 ) 第 27 条 の 3 の 規 定 による 譲 り 受 け 等 の 許 可 のうち 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 であって 緊 急 やむを 得 ないと 認 められるとき

3 ア けん 銃 とこれに 適 合 するけん 銃 実 包 を 共 に 譲 り 受 ける 場 合 以 外 の 場 合 イ けん 銃 等 若 しくはけん 銃 部 品 の 譲 受 け 若 しくは 借 受 け 又 はけん 銃 実 包 の 譲 り 受 けが 多 衆 がい 集 する 場 所 以 外 の 場 所 で 行 われる 場 合 ウ その 他 危 害 予 防 上 の 措 置 が 十 分 になされている 場 合 2 本 部 長 は 前 の 規 定 に 基 づき 専 決 した 場 合 は 事 後 速 やかに 公 安 委 員 会 に 報 告 する ものとする ( 部 長 警 察 署 長 等 の 専 決 等 ) 第 6 条 本 部 長 は 第 4 条 第 1 及 び 第 2 に 規 定 する 本 部 長 が 専 決 できる 事 務 につい て その 一 部 を 警 察 本 部 の 部 長 総 務 統 括 官 課 長 ( 参 事 官 隊 長 所 長 及 び 学 校 長 を 含 む ) 次 長 ( 副 隊 長 及 び 副 校 長 を 含 む ) 警 察 署 長 警 察 署 副 署 長 ( 副 署 長 ( 行 政 職 )を 含 む ) 理 事 官 等 ( 理 事 官 調 査 官 会 計 管 理 官 地 域 安 全 官 捜 査 管 理 官 刑 事 官 及 び 交 通 官 をいう ) 又 は 警 察 署 の 課 長 に 専 決 させることができる 2 本 部 長 その 他 の 専 決 者 は その 権 限 に 属 する 事 務 について 代 決 させることができる この 場 合 において 代 決 した 者 は 速 やかに 専 決 者 の 後 閲 を 受 けなければならない 附 則 この 規 程 は 平 成 11 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 ) 附 則 ( 平 成 13 年 3 月 1 日 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 ) 附 則 ( 平 成 13 年 7 月 5 日 公 安 委 員 会 規 程 第 7 号 ) 附 則 ( 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 ) 抄 1 この 規 程 は 平 成 13 年 10 月 15 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 13 年 11 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 9 号 ) 附 則 ( 平 成 14 年 3 月 12 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) この 規 程 は 平 成 14 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 )

4 この 規 程 は 平 成 14 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 14 年 5 月 28 日 公 安 委 員 会 規 程 第 10 号 ) この 規 程 は 平 成 14 年 6 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 15 年 8 月 26 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 ) この 規 程 は 平 成 15 年 9 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 15 年 10 月 21 日 公 安 委 員 会 規 程 第 6 号 ) 附 則 ( 平 成 16 年 5 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 4 号 ) 附 則 ( 平 成 16 年 6 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 ) この 規 程 は 平 成 16 年 7 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 17 年 4 月 27 日 公 安 委 員 会 規 程 第 2 号 ) この 規 程 は 平 成 17 年 5 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 17 年 12 月 13 日 公 安 委 員 会 規 程 第 4 号 ) 附 則 ( 平 成 18 年 2 月 3 日 公 安 委 員 会 規 程 第 2 号 ) 附 則 ( 平 成 18 年 3 月 17 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 ) この 規 程 は 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 18 年 5 月 19 日 公 安 委 員 会 規 程 第 6 号 ) この 規 程 は 平 成 18 年 6 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 18 年 6 月 21 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 ) 附 則 ( 平 成 18 年 6 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 9 号 ) この 規 程 は 平 成 18 年 7 月 1 日 から 施 行 する

5 附 則 ( 平 成 18 年 10 月 20 日 公 安 委 員 会 規 程 第 10 号 ) 附 則 ( 平 成 19 年 3 月 30 日 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 ) 附 則 ( 平 成 19 年 5 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 4 号 ) この 規 程 は 平 成 19 年 6 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 19 年 6 月 1 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 ) 附 則 ( 平 成 19 年 11 月 30 日 公 安 委 員 会 規 程 第 13 号 ) この 規 程 は 平 成 19 年 12 月 10 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 20 年 3 月 27 日 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 ) この 規 程 は 平 成 20 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 20 年 5 月 27 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 ) この 規 程 は 平 成 20 年 6 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 20 年 6 月 27 日 公 安 委 員 会 規 程 第 6 号 ) この 規 程 は 平 成 20 年 7 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 20 年 7 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 7 号 ) この 規 程 は 平 成 20 年 8 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 20 年 8 月 21 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 ) 附 則 ( 平 成 20 年 11 月 13 日 公 安 委 員 会 規 程 第 9 号 ) この 規 程 は 平 成 20 年 12 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 20 年 12 月 18 日 公 安 委 員 会 規 程 第 10 号 ) 附 則 ( 平 成 21 年 4 月 9 日 公 安 委 員 会 規 程 第 2 号 )

6 附 則 ( 平 成 21 年 6 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 9 号 ) 附 則 ( 平 成 21 年 12 月 3 日 公 安 委 員 会 規 程 第 12 号 ) この 規 程 は 平 成 21 年 12 月 4 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 23 年 2 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) この 規 程 は 平 成 23 年 中 略 4 月 1 日 中 略 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 24 年 10 月 26 日 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 ) この 規 程 は 平 成 24 年 10 月 30 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 25 年 3 月 18 日 公 安 委 員 会 規 程 第 2 号 ) この 規 程 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 25 年 3 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 ) この 規 程 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 26 年 3 月 25 日 公 安 委 員 会 規 程 第 2 号 ) この 規 程 は 平 成 26 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 26 年 4 月 11 日 公 安 委 員 会 規 程 第 3 号 ) 附 則 ( 平 成 26 年 5 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 ) この 規 程 は 平 成 26 年 6 月 1 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 28 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 2 号 ) ( 施 行 期 日 ) 1 この 規 程 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 行 政 庁 の 処 分 又 は 不 作 為 についての 不 服 申 立 てであって この 規 程 の 施 行 前 にされた 行 政 庁 の 処 分 又 はこの 規 程 の 施 行 前 にされた 申 請 に 係 る 行 政 庁 の 不 作 為 に 係 るものに ついては なお 従 前 の 例 による 附 則 ( 平 成 28 年 6 月 17 日 公 安 委 員 会 規 程 第 4 号 ) この 規 程 は 平 成 28 年 6 月 23 日 から 施 行 する

7 別 表 ( 第 3 条 関 係 ) 事 務 の 種 類 根 拠 規 定 事 警 察 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 162 号 )に 規 定 する 事 務 岡 山 県 公 安 委 員 会 運 営 規 則 ( 平 成 13 年 岡 山 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 )に 規 定 する 事 務 第 38 条 第 5 第 43 条 の 2 第 1 第 43 条 の 2 第 2 第 43 条 の 2 第 3 第 45 条 第 50 条 第 1 第 50 条 第 2 第 53 条 の 2 第 55 条 第 3 第 55 条 第 4 第 56 条 第 3 第 58 条 第 60 条 第 1 第 60 条 の 2 第 66 条 第 2 条 第 2 第 2 条 第 4 第 2 条 第 5 公 安 委 員 会 規 則 の 制 定 都 道 府 県 警 察 に 対 する 監 察 の 指 示 指 示 に 係 る 事 の 履 行 状 況 を 点 検 させることの 決 定 点 検 させる 委 員 の 事 務 を 警 察 職 員 に 補 助 させることの 決 定 公 安 委 員 会 の 運 営 に 関 する 必 要 な 事 の 決 定 警 察 本 部 長 の 任 免 の 同 意 警 察 本 部 長 の 懲 戒 又 は 罷 免 に 関 する 必 要 な 勧 告 警 察 署 協 議 会 委 員 の 委 嘱 警 視 正 以 上 の 警 察 官 の 任 免 の 同 意 等 警 察 職 員 の 懲 戒 又 は 罷 免 に 関 す る 必 要 な 勧 告 警 察 職 員 の 非 違 行 為 の 報 告 の 受 理 組 織 の 細 目 的 事 の 決 定 援 助 の 要 求 及 び 援 助 の 要 求 に 対 する 応 援 派 遣 ただし 次 のも のを 除 く ア 派 遣 期 間 が 10 日 以 内 で 派 遣 人 員 が 10 名 以 内 の 援 助 の 要 求 及 び 援 助 の 要 求 に 対 する 応 援 派 遣 イ 専 門 的 技 術 等 を 必 要 とする 業 務 に 係 る 要 員 の 派 遣 で 派 遣 人 員 が 5 名 以 内 の 援 助 の 要 求 及 び 援 助 の 要 求 に 対 する 応 援 派 遣 管 轄 区 域 の 境 界 周 辺 における 事 案 に 関 する 権 限 についての 関 係 都 道 府 県 警 察 との 協 議 移 動 警 察 等 に 関 する 職 権 行 使 に ついての 関 係 都 道 府 県 警 察 との 協 議 大 綱 方 針 の 決 定 大 綱 方 針 に 適 合 するための 措 置 に 関 する 指 示 指 示 に 基 づいて 執 った 措 置 の 報 告 の 受 理

8 警 察 署 協 議 会 条 例 ( 平 成 13 年 岡 山 県 条 例 第 39 号 )に 規 定 する 事 務 警 察 署 協 議 会 運 営 規 則 ( 平 成 13 年 岡 山 県 公 安 委 員 会 規 則 第 6 号 )に 規 定 する 事 務 岡 山 県 公 安 委 員 会 文 書 管 理 規 程 ( 平 成 13 年 岡 山 県 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 )に 規 定 する 事 務 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 ( 昭 和 55 年 法 律 第 36 号 )に 規 定 す る 事 務 オウム 真 理 教 犯 罪 被 害 者 等 を 救 済 す るための 給 付 金 の 支 給 に 関 する 法 律 ( 平 成 20 年 法 律 第 80 号 )に 規 定 す る 事 務 行 政 手 続 法 ( 平 成 5 年 法 律 第 88 号 ) に 規 定 する 事 務 岡 山 県 行 政 手 続 条 例 ( 平 成 7 年 岡 山 県 条 例 第 30 号 )に 規 定 する 事 務 岡 山 県 行 政 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 8 年 岡 山 県 条 例 第 3 号 )に 規 定 する 事 務 岡 山 県 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 14 年 岡 山 県 条 例 第 3 号 )に 規 定 する 事 務 第 3 条 第 4 第 5 条 第 1 第 5 条 第 2 第 10 条 第 2 第 12 条 第 2 第 11 条 第 1 第 12 条 第 1 第 13 条 第 3 第 23 条 第 1 第 23 条 第 5 第 23 条 第 6 第 7 条 第 1 第 8 条 第 3 第 26 条 第 26 条 第 9 条 第 10 条 第 11 条 第 1 第 11 条 第 2 第 17 条 第 1 第 30 条 第 33 条 第 17 条 の 2 第 18 条 第 19 条 第 1 第 19 条 第 2 第 30 条 第 1 第 36 条 第 1 警 察 署 協 議 会 委 員 の 解 嘱 弁 明 の 機 会 の 付 与 辞 職 願 の 提 出 要 求 文 書 の 保 存 期 間 の 延 長 及 び 再 延 長 文 書 の 保 存 期 間 満 了 前 の 廃 棄 裁 定 仮 給 付 金 の 支 給 の 決 定 裁 定 申 請 の 却 下 犯 罪 被 害 者 等 早 期 援 助 団 体 の 指 定 犯 罪 被 害 者 等 早 期 援 助 団 体 に 対 する 措 置 命 令 犯 罪 被 害 者 等 早 期 援 助 団 体 の 指 定 の 取 消 し 裁 定 裁 定 の 申 請 の 却 下 不 利 益 処 分 の 決 定 不 利 益 処 分 の 決 定 公 益 上 の 理 由 による 裁 量 的 開 示 開 示 請 求 の 拒 否 公 文 書 の 全 部 又 は 一 部 を 開 示 す る 旨 の 決 定 公 文 書 の 全 部 を 開 示 しない 旨 の 決 定 岡 山 県 行 政 不 服 等 審 査 会 への 諮 問 出 資 等 法 人 の 指 定 岡 山 県 行 政 情 報 公 開 制 度 運 営 審 議 会 への 諮 問 裁 量 的 開 示 開 示 請 求 の 拒 否 保 有 個 人 情 報 の 全 部 又 は 一 部 を 開 示 する 旨 の 決 定 保 有 個 人 情 報 の 全 部 を 開 示 しな い 旨 の 決 定 訂 正 等 の 決 定 等 利 用 停 止 等 の 決 定 等

9 被 疑 者 取 調 べ 適 正 化 のための 監 督 に 関 する 規 則 ( 平 成 20 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 4 号 )に 規 定 する 事 務 行 政 不 服 審 査 法 ( 平 成 26 年 法 律 第 6 8 号 )に 規 定 する 事 務 警 察 法 第 56 条 第 3 の 規 定 による 報 告 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 13 年 岡 山 県 公 安 委 員 会 規 則 第 3 号 )に 規 定 する 事 務 監 察 に 関 する 規 則 ( 平 成 12 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 )に 規 定 する 事 務 会 計 の 監 査 に 関 する 規 則 ( 平 成 16 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 9 号 )に 規 定 する 事 務 遺 失 物 法 施 行 規 則 ( 平 成 19 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 6 号 )に 規 定 する 事 務 刑 事 収 容 施 設 及 び 被 収 容 者 等 の 処 遇 に 関 する 法 律 ( 平 成 17 年 法 律 第 50 号 )に 規 定 する 事 務 第 37 条 第 1 第 49 条 第 11 条 第 14 条 第 25 条 第 7 第 26 条 第 45 条 第 1 第 45 条 第 2 第 45 条 第 3 第 46 条 第 1 第 47 条 第 49 条 第 1 第 49 条 第 2 第 49 条 第 3 第 4 条 第 1 第 2 条 第 3 第 5 条 第 6 条 第 28 条 第 1 第 30 条 第 1 第 18 条 第 21 条 第 1 第 230 条 第 1 第 230 条 第 3 岡 山 県 行 政 不 服 等 審 査 会 への 諮 問 岡 山 県 行 政 情 報 公 開 制 度 運 営 審 議 会 への 諮 問 監 督 実 施 状 況 の 報 告 の 受 理 審 査 請 求 の 引 継 ぎ 執 行 停 止 の 決 定 執 行 停 止 の 取 消 し 審 査 請 求 の 却 下 の 裁 決 審 査 請 求 の 棄 却 の 裁 決 事 情 裁 決 処 分 の 全 部 若 しくは 一 部 の 取 消 し 又 は 変 更 の 裁 決 事 実 上 の 行 為 が 違 法 又 は 不 当 で ある 旨 の 宣 言 当 該 事 実 上 の 行 為 の 撤 廃 若 しく は 変 更 又 は 処 分 庁 に 対 する 撤 廃 若 しくは 変 更 の 命 令 不 作 為 についての 審 査 請 求 の 却 下 の 裁 決 不 作 為 についての 審 査 請 求 の 棄 却 の 裁 決 不 作 為 が 違 法 又 は 不 当 である 旨 の 宣 言 処 分 の 実 施 又 は 不 作 為 庁 に 対 す る 処 分 実 施 命 令 警 察 職 員 の 非 違 行 為 の 疑 いの 認 知 時 の 報 告 の 受 理 監 察 実 施 計 画 の 報 告 の 受 理 監 察 の 実 施 状 況 の 報 告 の 受 理 会 計 監 査 の 実 施 状 況 の 報 告 の 受 理 特 例 施 設 占 有 者 の 指 定 特 例 施 設 占 有 者 の 指 定 の 取 消 し 実 地 監 査 の 指 示 留 置 施 設 視 察 委 員 会 委 員 の 任 命 再 審 査 の 申 請 の 受 理 再 審 査 の 申 請 の 裁 決

10 留 置 施 設 視 察 委 員 会 条 例 ( 平 成 19 年 岡 山 県 条 例 第 27 号 )に 規 定 する 事 務 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 1 22 号 )に 規 定 する 事 務 第 232 条 第 1 第 232 条 第 3 第 3 条 第 4 第 8 条 ( 第 31 条 の 23 において 準 用 す る 場 合 を 含 む ) 第 10 条 の 2 第 6 ( 第 31 条 の 23 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 26 条 第 1 第 26 条 第 2 第 30 条 第 1 第 30 条 第 2 第 30 条 第 3 第 31 条 の 5 第 1 第 31 条 の 5 第 2 第 31 条 の 6 第 2 第 2 号 第 31 条 の 6 第 2 第 3 号 第 31 条 の 15 第 1 第 31 条 の 15 第 2 第 31 条 の 20 第 31 条 の 21 第 2 第 31 条 の 25 第 1 第 31 条 の 25 第 2 事 実 の 申 告 の 受 理 申 告 に 係 る 事 実 の 確 認 及 び 確 認 結 果 の 通 知 留 置 施 設 視 察 委 員 会 委 員 の 解 任 風 俗 営 業 及 び 特 定 遊 興 飲 食 店 営 業 の 許 可 の 取 消 し 特 例 風 俗 営 業 者 及 び 特 例 特 定 遊 興 飲 食 店 営 業 者 の 認 定 の 取 消 し 風 俗 営 業 の 許 可 の 取 消 し 又 は 営 業 の 停 止 の 命 令 風 俗 営 業 の 許 可 の 取 消 し 等 に 伴 う 飲 食 店 営 業 の 停 止 の 命 令 店 舗 型 性 風 俗 特 殊 営 業 の 停 止 の 命 令 店 舗 型 性 風 俗 特 殊 営 業 の 廃 止 の 命 令 店 舗 型 性 風 俗 特 殊 営 業 の 停 止 の 命 令 等 に 伴 う 浴 場 業 等 の 営 業 の 停 止 の 命 令 無 店 舗 型 性 風 俗 特 殊 営 業 の 停 止 の 命 令 無 店 舗 型 性 風 俗 特 殊 営 業 の 受 付 所 営 業 の 廃 止 の 命 令 無 店 舗 型 性 風 俗 特 殊 営 業 の 停 止 の 命 令 無 店 舗 型 性 風 俗 特 殊 営 業 の 受 付 所 営 業 の 廃 止 の 命 令 店 舗 型 電 話 異 性 紹 介 営 業 の 停 止 の 命 令 店 舗 型 電 話 異 性 紹 介 営 業 の 廃 止 の 命 令 無 店 舗 型 電 話 異 性 紹 介 営 業 の 停 止 の 命 令 無 店 舗 型 電 話 異 性 紹 介 営 業 の 停 止 の 命 令 特 定 遊 興 飲 食 店 営 業 の 許 可 の 取 消 し 又 は 停 止 の 命 令 特 定 遊 興 飲 食 店 営 業 の 許 可 の 取 消 し 等 に 伴 う 飲 食 店 営 業 の 停 止 の 命 令

11 遊 技 機 の 認 定 及 び 型 式 の 検 定 等 に 関 する 規 則 ( 昭 和 60 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 4 号 )に 規 定 する 事 務 核 原 料 物 質 核 燃 料 物 質 及 び 原 子 炉 の 規 制 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 第 166 号 )に 規 定 する 事 務 古 物 営 業 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 108 号 )に 規 定 する 事 務 古 物 営 業 法 施 行 規 則 ( 平 成 7 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 10 号 )に 規 定 す る 事 務 質 屋 営 業 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 158 号 )に 規 定 する 事 務 警 備 業 法 ( 昭 和 47 年 法 律 第 117 号 ) に 規 定 する 事 務 警 備 業 法 施 行 規 則 ( 昭 和 58 年 総 理 府 令 第 1 号 )に 規 定 する 事 務 第 34 条 第 2 第 35 条 第 35 条 の 2 第 35 条 の 4 第 2 第 35 条 の 4 第 4 第 39 条 第 1 第 39 条 第 4 第 5 条 第 1 第 5 条 第 2 飲 食 店 営 業 の 停 止 の 命 令 興 行 場 営 業 の 停 止 の 命 令 特 定 性 風 俗 物 品 販 売 等 営 業 の 停 止 の 命 令 接 客 業 務 受 託 営 業 の 停 止 の 命 令 接 客 業 務 受 託 営 業 の 停 止 の 命 令 都 道 府 県 風 俗 環 境 浄 化 協 会 の 指 定 都 道 府 県 風 俗 環 境 浄 化 協 会 の 指 定 の 取 消 し 遊 技 機 の 認 定 の 取 消 し 弁 明 の 機 会 の 付 与 第 7 条 の 2 第 6 遊 技 機 製 造 能 力 の 確 認 の 取 消 し 第 11 条 第 1 第 11 条 第 2 第 11 条 第 3 第 62 条 の 3 第 6 条 第 24 条 第 19 条 の 10 第 1 第 19 条 の 14 第 1 第 29 条 第 1 第 25 条 第 1 第 8 条 第 22 条 第 7 第 23 条 第 5 第 42 条 第 3 第 49 条 第 1 第 49 条 第 2 第 44 条 第 1 探 偵 業 の 業 務 の 適 正 化 に 関 する 法 律 第 15 条 第 1 遊 技 機 の 検 定 の 取 消 し 遊 技 機 の 検 定 の 取 消 し 弁 明 の 機 会 の 付 与 事 象 の 状 況 等 の 事 の 報 告 の 受 理 許 可 の 取 消 し 許 可 の 取 消 し 又 は 営 業 の 停 止 の 命 令 認 定 古 物 競 りあっせん 業 者 に 係 る 認 定 の 取 消 し 認 定 外 国 古 物 競 りあっせん 業 者 に 係 る 認 定 の 取 消 し 盗 品 売 買 等 防 止 団 体 の 承 認 の 取 消 し 許 可 の 取 消 し 又 は 営 業 の 停 止 の 命 令 認 定 の 取 消 し 警 備 員 指 導 教 育 責 任 者 資 格 者 証 の 返 納 命 令 合 格 証 明 書 の 返 納 命 令 機 械 警 備 業 務 管 理 者 資 格 者 証 の 返 納 命 令 営 業 の 停 止 の 命 令 営 業 の 廃 止 の 命 令 警 備 員 指 導 教 育 責 任 者 資 格 者 証 又 は 機 械 警 備 業 務 管 理 者 資 格 者 証 の 返 納 命 令 営 業 の 停 止 の 命 令

12 ( 平 成 18 年 法 律 第 60 号 )に 規 定 す る 事 務 自 転 車 の 防 犯 登 録 を 行 う 者 の 指 定 に 関 する 規 則 ( 平 成 6 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 12 号 )に 規 定 する 事 務 インターネット 異 性 紹 介 事 業 を 利 用 して 児 童 を 誘 引 する 行 為 の 規 制 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 83 号 ) ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律 第 81 号 )に 規 定 する 事 務 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 6 号 )に 規 定 する 事 務 岡 山 県 青 尐 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 52 年 岡 山 県 条 例 第 29 号 )に 規 定 する 事 務 警 察 等 が 取 り 扱 う 死 体 の 死 因 又 は 身 元 の 調 査 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 24 年 法 律 第 34 号 )に 規 定 する 事 務 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 )に 規 定 する 事 務 第 15 条 第 2 第 9 条 第 14 条 第 1 第 14 条 第 2 第 15 条 第 2 第 5 条 第 1 第 6 条 第 7 第 6 条 第 9 第 11 条 第 1 第 11 条 第 2 第 11 条 第 3 第 11 条 第 4 第 11 条 第 5 第 11 条 第 6 第 11 条 の 3 第 1 第 11 条 の 3 第 2 第 27 条 の 3 第 18 条 第 1 第 6 条 第 3 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 第 5 条 第 1 第 6 条 第 1 第 6 条 第 4 第 8 条 第 2 第 8 条 第 4 営 業 の 廃 止 の 命 令 指 定 の 取 消 し 事 業 の 停 止 の 命 令 事 業 の 廃 止 の 命 令 事 業 の 停 止 の 命 令 禁 止 命 令 等 仮 の 命 令 に 係 る 禁 止 命 令 等 仮 の 命 令 の 失 効 許 可 の 取 消 し 許 可 の 取 消 し 許 可 の 取 消 し 許 可 の 取 消 し 許 可 の 取 消 し 許 可 の 取 消 し 年 尐 射 撃 資 格 者 の 認 定 の 取 消 し 年 尐 射 撃 資 格 者 の 認 定 の 取 消 し 警 察 官 等 に 対 するけん 銃 等 又 は けん 銃 部 品 の 譲 受 け 等 の 許 可 利 用 カード 販 売 の 停 止 の 命 令 国 家 公 安 委 員 会 が 定 める 基 準 に 該 当 する 法 人 又 は 機 関 の 認 定 暴 力 団 の 指 定 暴 力 団 連 合 体 の 指 定 暴 力 団 の 指 定 及 び 暴 力 団 連 合 体 の 指 定 に 係 る 意 見 聴 取 の 実 施 暴 力 団 の 指 定 及 び 暴 力 団 連 合 体 の 指 定 に 関 する 意 見 聴 取 の 非 公 開 の 決 定 国 家 公 安 委 員 会 に 対 する 確 認 請 求 確 認 結 果 通 知 書 ( 要 件 に 該 当 す るものを 除 く )の 受 理 指 定 の 取 消 し 国 家 公 安 委 員 会 に 対 する 取 消 確 認 請 求

13 第 8 条 第 5 第 11 条 第 2 第 12 条 第 1 第 12 条 の 2 第 12 条 の 4 第 1 第 12 条 の 4 第 2 第 12 条 の 6 第 2 第 15 条 第 1 第 15 条 第 2 第 15 条 第 3 第 15 条 の 2 第 1 第 15 条 の 2 第 2 第 15 条 の 2 第 3 第 15 条 の 2 第 8 第 15 条 の 2 第 9 第 15 条 の 4 第 1 第 18 条 第 2 第 18 条 第 3 第 19 条 第 22 条 第 2 取 消 確 認 結 果 通 知 書 ( 要 件 に 該 当 するものを 除 く )の 受 理 暴 力 的 要 求 行 為 に 対 する 再 発 防 止 命 令 暴 力 的 要 求 行 為 の 要 求 等 に 対 す る 再 発 防 止 命 令 指 定 暴 力 団 等 の 業 務 に 関 し 行 わ れる 暴 力 的 要 求 行 為 に 対 する 再 発 防 止 命 令 準 暴 力 的 要 求 行 為 の 要 求 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 準 暴 力 的 要 求 行 為 の 要 求 等 の 相 手 方 に 対 する 指 示 ( 緊 急 の 必 要 がある 場 合 におけるものを 除 く ) 準 暴 力 的 要 求 行 為 に 対 する 再 発 防 止 命 令 指 定 暴 力 団 等 相 互 間 の 対 立 抗 争 時 の 事 務 所 の 使 用 制 限 指 定 暴 力 団 等 相 互 間 の 対 立 抗 争 時 の 事 務 所 の 使 用 制 限 の 期 限 の 延 長 指 定 暴 力 団 の 内 部 抗 争 時 の 事 務 所 の 使 用 制 限 及 び 使 用 制 限 の 期 限 の 延 長 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 期 限 の 延 長 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 警 戒 区 域 の 変 更 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 に 関 する 意 見 聴 取 の 実 施 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 警 戒 区 域 の 変 更 に 関 する 意 見 聴 取 の 実 施 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 取 消 し 加 入 の 強 要 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 尐 年 脱 退 措 置 命 令 加 入 の 強 要 の 命 令 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 指 詰 めの 強 要 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令

14 第 23 条 第 26 条 第 2 第 27 条 第 30 条 の 4 第 30 条 の 5 第 1 第 30 条 の 5 第 2 第 30 条 の 7 第 2 第 30 条 の 7 第 3 第 30 条 の 7 第 4 第 30 条 の 8 第 1 第 30 条 の 8 第 2 第 30 条 の 8 第 3 第 30 条 の 8 第 4 第 30 条 の 8 第 4 第 30 条 の 8 第 5 第 30 条 の 8 第 5 第 30 条 の 10 第 2 第 30 条 の 11 第 1 第 30 条 の 11 第 2 第 30 条 の 12 第 1 第 32 条 の 3 第 1 指 詰 めの 強 要 の 命 令 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 尐 年 に 対 する 入 れ 墨 の 強 要 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 尐 年 に 対 する 入 れ 墨 の 強 要 の 要 求 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 損 害 賠 償 請 求 等 の 妨 害 行 為 の 防 止 命 令 暴 力 行 為 の 賞 揚 等 の 禁 止 命 令 暴 力 行 為 の 賞 揚 等 の 禁 止 命 令 の 取 消 し 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 の 約 束 に 対 する 防 止 命 令 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 に 対 する 再 発 防 止 命 令 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 の 要 求 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 期 限 の 延 長 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 警 戒 区 域 の 変 更 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 に 関 する 意 見 聴 取 の 実 施 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 に 関 する 意 見 聴 取 の 非 公 開 の 決 定 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 警 戒 区 域 の 変 更 に 関 する 意 見 聴 取 の 実 施 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 警 戒 区 域 の 変 更 に 関 する 意 見 聴 取 の 非 公 開 の 決 定 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 の 禁 止 行 為 に 対 する 再 発 防 止 命 令 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 の 使 用 制 限 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 の 使 用 制 限 の 期 限 の 延 長 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 取 消 し 都 道 府 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 セン ターの 指 定

15 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 規 定 に 基 づく 意 見 聴 取 の 実 施 に 関 する 規 則 ( 平 成 3 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 5 号 )に 規 定 す る 事 務 岡 山 県 暴 力 団 排 除 条 例 ( 平 成 22 年 岡 山 県 条 例 第 57 号 )に 規 定 する 事 務 道 路 交 通 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 105 号 )に 規 定 する 事 務 第 32 条 の 3 第 5 第 32 条 の 3 第 6 第 34 条 第 1 第 34 条 第 1 第 35 条 第 3 第 35 条 第 4 第 35 条 第 6 第 35 条 第 8 第 2 条 第 2 第 8 条 第 1 第 8 条 第 3 第 40 条 第 1 第 21 条 第 22 条 第 1 第 4 条 第 1 第 5 条 第 2 第 51 条 の 2 第 1 第 51 条 の 10 第 51 条 の 13 第 2 第 90 条 第 1 第 90 条 第 2 第 90 条 第 5 第 90 条 第 6 第 90 条 第 9 第 90 条 第 10 第 99 条 第 1 第 100 条 第 1 第 100 条 第 1 第 100 条 第 2 第 100 条 第 2 都 道 府 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 セン ターに 対 する 措 置 命 令 都 道 府 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 セン ターの 指 定 の 取 消 し 意 見 聴 取 の 実 施 非 公 開 の 決 定 意 見 聴 取 の 実 施 仮 の 命 令 をした 旨 の 通 知 を 受 け たときの 意 見 聴 取 の 実 施 仮 の 命 令 に 係 る 命 令 仮 の 命 令 の 失 効 主 宰 者 の 指 名 忌 避 の 申 出 の 受 理 及 び 審 査 忌 避 の 申 出 に 係 る 措 置 意 見 聴 取 の 再 開 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 勧 告 勧 告 した 旨 及 び 勧 告 の 内 容 の 公 表 信 号 機 の 設 置 信 号 機 の 設 置 又 は 管 理 に 係 る 事 務 の 委 任 車 輪 止 め 装 置 取 付 け 区 間 の 指 定 及 び 表 示 登 録 の 取 消 し 駐 車 監 視 員 資 格 者 証 の 返 納 命 令 免 許 の 拒 否 免 許 の 拒 否 免 許 の 取 消 し 免 許 の 取 消 し 免 許 を 受 けることができない 期 間 の 指 定 免 許 を 受 けることができない 期 間 の 指 定 指 定 自 動 車 教 習 所 の 指 定 管 理 者 等 の 法 令 違 反 に 係 る 指 定 自 動 車 教 習 所 の 指 定 の 取 消 し 卒 業 証 書 又 は 修 了 証 明 書 の 発 行 禁 止 発 行 禁 止 処 分 に 違 反 した 場 合 の 指 定 自 動 車 教 習 所 の 指 定 の 取 消 し 卒 業 証 書 又 は 修 了 証 書 の 発 行 禁

16 道 路 交 通 法 施 行 規 則 ( 昭 和 35 年 総 理 府 令 第 60 号 )に 規 定 する 事 務 自 動 車 運 転 代 行 業 の 業 務 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 13 年 法 律 第 57 号 )に 規 定 する 事 務 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) に 規 定 する 事 務 第 103 条 第 1 第 103 条 第 2 第 103 条 第 4 第 103 条 第 7 第 103 条 第 8 第 104 条 の 2 の 2 第 2 第 104 条 の 2 の 3 第 3 第 107 条 の 5 第 1 第 107 条 の 5 第 2 第 107 条 の 5 第 9 第 22 条 第 1 第 28 条 の 2 第 7 条 第 1 第 81 条 止 期 間 の 延 長 免 許 の 取 消 し 免 許 の 取 消 し 免 許 の 取 消 し 免 許 を 受 けることができない 期 間 の 指 定 免 許 を 受 けることができない 期 間 の 指 定 再 試 験 不 受 験 者 に 係 る 免 許 の 取 消 し 臨 時 適 性 検 査 不 受 検 者 に 係 る 免 許 の 取 消 し 自 動 車 等 の 運 転 の 禁 止 (1 年 未 満 のものを 除 く ) 自 動 車 等 の 運 転 の 禁 止 自 動 車 等 の 運 転 の 禁 止 (1 年 未 満 のものを 除 く ) 試 験 場 所 の 指 定 再 試 験 場 所 の 指 定 自 動 車 運 転 代 行 業 の 認 定 の 取 消 し 治 安 出 動 要 請 に 関 する 知 事 との 協 議

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

所 属 ( 対 策 課 (H28).) 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 訓 令 指 定 保 存 期 間 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 例 規 指 定 保 存 期 間 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 訓 示 甲 指 定 保 存

所 属 ( 対 策 課 (H28).) 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 訓 令 指 定 保 存 期 間 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 例 規 指 定 保 存 期 間 庶 務 情 報 管 理 文 書 管 理 公 示 令 達 訓 示 甲 指 定 保 存 所 属 ( 対 策 課 (H28).) 庶 務 総 括 総 括 総 括 警 察 職 員 宿 所 名 簿 継 続 庶 務 総 括 総 括 総 括 事 務 引 継 書 3 年 庶 務 総 括 総 括 総 括 業 務 引 継 書 継 続 庶 務 総 括 総 括 通 行 券 公 務 従 事 車 両 証 明 書 等 送 付 書 1 年 庶 務 総 括 総 括 通 行 券 公 務 警 察 自 動 車 通 行 証

More information

愛知県公安委員会活動概要

愛知県公安委員会活動概要 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準 プライバシーマーク 制 度 における 欠 格 事 項 及 び 判 断 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477>

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477> 平 成 28 年 3 月 行 財 政 局 人 事 部 人 事 課 京 都 市 職 員 の 再 就 職 等 に 関 する 規 制 の 概 要... 2 改 正 地 方 公 務 員 法 及 び 京 都 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 概 要... 1 再 就 職 者 による 働 きかけの 規 制... 2 再 就 職 情 報 の 届 出 及 び 罰 則... 3 再 就 職 状

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

Untitled

Untitled 滋 刑 企 甲 発 第 S0 号 平 成 年 (0)0 月 日 滋 賀 県 警 察 本 部 刑 事 部 刑 事 企 画 課 刑 法 犯 特 別 法 犯 暴 力 団 犯 罪 来 日 外 国 人 犯 罪 凡 例 滋 賀 の 犯 罪 ( 平 成 年 ) 目 次 平 成 年 中 の 主 な 出 来 事 < 解 説 > 平 成 年 の 犯 罪 概 要 < 全 国 統 計 表 > < 本 県 統 計 表 >

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 1897 財 政 課 G1-1 永 年 ( 明 治 30~41 年 ) ( 明 治 30~41 年 ) 予 算 表 交 付 の 件 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 藤 1907 財 政 課 H1-1 永 年 沢 町 役 場 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 歳 入 歳 出 清 算 表 綴 藤 沢 町 役 場 1908 財

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

26年度給与公表様式(菰野町).xls

26年度給与公表様式(菰野町).xls の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 (25 年 度 末 ) A 25 年 度 人 千 41,329 1,767,541 実 質 収 支 千 54,695 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 千 2,467,197 22.9 22.8

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 平 成 26 年 度 鶴 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 % % 25 年 度 134,630

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談 女 性 のための 安 全 相 談 所 等 設 置 運 用 要 領 の 制 定 について( 例 規 ) ( 平 成 12 年 5 月 17 日 例 規 第 21 号 ) [ 沿 革 ] 平 成 13 年 12 月 例 規 第 55 号 改 正 この 度 地 域 警 察 部 門 における 女 性 の 安 全 対 策 を 更 に 充 実 強 化 するため みだしの 要 領 を 別 記 のとおり 制 定 し

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 Ⅲ 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 き 1. 概 要 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 例 は 全 国 ではまだ 例 が 少 なく 膨 大 な 事 務 量 と 専 門 知 識 を 必 要 とする 割 には 具 体 的 な 事 務 手 続 きを 示 した 知 見 が 少 ない のが 現 状 である

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次 幼 稚 園 等 施 設 遮 熱 紫 外 線 対 策 業 務 委 託 に 係 る 制 限 付 一 般 競 争 入 札 実 施 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 那 覇 市 立 幼 稚 園 等 施 設 において 窓 ガラスに 遮 熱 紫 外 線 対 策 のため のフィルムを 貼 付 施 工 するための 業 務 を 委 託 するにあたり 地 方 自 治 法 施 令 ( 昭 和 22 年

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

120808改正請負契約書(最低価格落札方式)

120808改正請負契約書(最低価格落札方式) 印 紙 契 約 書 ( 案 ) 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 国 四 国 地 方 環 境 事 務 所 総 務 課 長 遠 藤 正 ( 以 下 甲 という ) は ( 以 下 乙 という )と 平 成 25 年 度 五 色 台 ビジターセンター 及 び 自 然 体 験 施 設 定 期 点 検 及 び 保 守 管 理 業 務 ( 以 下 業 務 という )について 次 の 条 項 により 契

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information