<4D F736F F D2088C9975C8E73965C97CD F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F F8C668DDA97702E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>"

Transcription

1 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課

2 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予 市 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 7 伊 予 市 における 暴 力 団 排 除 の 取 組 状 況 は 3 問 8 愛 媛 県 内 の 自 治 体 におけるこの 種 の 条 例 の 取 組 状 況 は 4 問 9 本 条 例 の 制 定 により 見 込 まれる 効 果 は 何 か 5 問 10 条 例 施 行 後 暴 力 団 員 であったことを 悔 い 改 め 更 正 を 誓 っている 者 が 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けたりすることはないのか 6 問 11 本 条 例 を 市 民 事 業 者 に 浸 透 させるために どのような 措 置 を 講 じていくのか 6 問 12 暴 力 団 対 策 法 と 本 条 例 の 関 係 は 6 問 13 愛 媛 県 暴 力 団 排 除 条 例 と 本 条 例 の 関 係 は 7 問 14 本 条 例 は 市 民 に 対 する 負 担 が 大 きいが 暴 力 団 に 対 して 厳 しく 取 り 締 るような 条 例 とすべきではないか 8 問 15 他 にも 暴 力 団 員 に 対 する 規 制 を 盛 り 込 むべきではないか 8

3 問 16 条 例 制 定 に 対 するパブリックコメントの 結 果 はどうか 8 問 17 本 条 例 が 憲 法 に 抵 触 するおそれはないか 9 問 18 本 条 例 が 暴 力 団 対 策 法 に 抵 触 するおそれはないか 9 問 19 法 律 で 規 制 すればよいのではないか なぜ 条 例 が 必 要 なのか 10 第 1 条 関 係 : 目 的 問 20 暴 力 団 の 排 除 について 市 民 はどのように 位 置 付 けられるのか 10 第 2 条 関 係 : 定 義 問 21 暴 力 団 員 であるかどうかは どのように 判 断 するのか 11 問 22 第 3 号 の 暴 力 団 員 等 の 定 義 において 暴 力 団 員 ではない 暴 力 団 準 構 成 員 も 対 象 とする 理 由 は 何 か 12 第 3 条 関 係 : 基 本 理 念 逐 条 解 説 参 照 第 4 条 関 係 : 市 の 責 務 問 23 市 として 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 施 策 を 具 体 的 にどのように 講 じていくのか 13

4 第 5 条 関 係 : 市 民 等 の 責 務 問 24 市 民 の 市 の 施 策 への 協 力 については 努 力 規 定 事 業 者 については 義 務 規 定 としているが この 違 いは 何 か 14 問 25 事 業 に 事 業 の 準 備 も 含 まれることとした 理 由 は 14 第 6 条 関 係 : 市 の 事 務 及 び 事 業 における 措 置 問 26 これまで 市 と 警 察 が 行 ってきた 取 組 は 別 のものになるのか 現 在 の 合 意 書 の 内 容 は 条 例 に 盛 り 込 まないのか 15 問 27 市 が 講 じる 必 要 な 措 置 とは 具 体 的 にどのようなものか 15 第 7 条 関 係 : 市 民 等 に 対 する 支 援 問 28 市 民 等 に 対 して 条 例 の 制 定 前 よりも 広 い 範 囲 の 暴 力 団 情 報 を 提 供 することとなるのか 16 問 29 第 1 項 の 規 定 と 同 様 に 第 2 項 でも 暴 力 団 の 排 除 のための 活 動 に 自 主 的 に かつ 相 互 の 連 携 協 力 を 図 って 取 り 組 むことが できるよう にするための 広 報 活 動 及 び 啓 発 活 動 を 行 うことと 規 定 した 理 由 は 16 第 8 条 関 係 : 公 共 施 設 の 使 用 の 不 許 可 等 問 30 対 象 範 囲 を 公 の 施 設 でなく 公 共 施 設 とした 理 由 は 17 問 31 地 方 自 治 法 第 244 条 の2 第 3 項 に 規 定 する 指 定 管 理 者 とは 17 問 32 暴 力 団 員 が 公 共 施 設 で 販 売 等 を 行 う 場 合 は 該 当 するのか 18

5 第 9 条 関 係 : 利 益 の 供 与 の 禁 止 問 33 利 益 の 供 与 の 禁 止 について 規 定 した 第 9 条 の 概 要 は 18 問 34 県 条 例 と 本 条 例 の 関 係 は ( 対 象 者 違 反 者 への 措 置 ) 18 問 35 県 条 例 では 事 業 者 のみを 対 象 としていたが 今 回 本 条 で 対 象 を 市 民 等 に 拡 大 した 理 由 は 19 問 36 暴 力 団 の 活 動 とは 19 問 37 金 品 その 他 の 財 産 上 の 利 益 とは 具 体 的 にはどのようなものか 19 問 38 供 与 とは 20 問 39 暴 力 団 対 策 法 の 不 当 要 求 行 為 や 不 当 要 求 行 為 を 要 求 する 行 為 と 県 条 例 の 利 益 の 供 与 や 利 益 の 供 与 を 受 けること との 関 係 は 20 問 40 市 内 の 事 業 者 が 利 益 供 与 をした 場 合 はどうなるのか 21 問 41 利 益 供 与 の 禁 止 について 県 条 例 を 適 用 した 事 例 があるか 21 問 42 暴 力 団 対 策 法 の 不 当 要 求 行 為 や 不 当 要 求 行 為 を 要 求 する 行 為 と 本 条 例 の 利 益 の 供 与 の 禁 止 との 関 係 は 21 第 10 条 関 係 : 祭 礼 等 からの 暴 力 団 の 排 除 問 43 市 主 催 の 祭 礼 等 の 行 事 や 共 催 の 行 事 には どのようなものがあるか 22

6 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 については 平 成 23 年 第 6 回 (9 月 ) 市 議 会 定 例 会 に 議 案 を 上 程 し 平 成 23 年 9 月 28 日 に 議 決 されたことに 伴 い 同 日 に 公 布 施 行 し ています この 条 例 の 骨 子 としては 1 総 則 〇 目 的 ( 第 1 条 ) 〇 定 義 ( 第 2 条 ) 〇 基 本 理 念 ( 第 3 条 ) 2 市 及 び 市 民 等 の 責 務 〇 市 による 関 係 機 関 及 び 関 係 団 体 との 連 携 施 策 の 総 合 的 な 推 進 ( 第 4 条 ) 〇 市 民 等 による 市 の 施 策 への 協 力 暴 力 団 の 排 除 に 資 する 情 報 の 市 への 提 供 等 ( 第 5 条 ) 3 暴 力 団 の 排 除 に 係 る 市 の 施 策 〇 公 共 工 事 等 の 市 の 事 務 事 業 からの 暴 力 団 の 排 除 の 推 進 ( 第 6 条 ) 〇 市 民 等 に 対 する 支 援 ( 第 7 条 ) 〇 公 共 施 設 の 使 用 の 不 許 可 等 ( 第 8 条 ) 〇 祭 礼 等 からの 暴 力 団 の 排 除 ( 第 10 条 ) 4 暴 力 団 の 排 除 に 係 る 市 民 等 の 施 策 〇 利 益 の 供 与 の 禁 止 ( 第 9 条 ) 5 委 任 ( 第 11 条 ) 6 附 則 が 挙 げられます 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 本 条 例 を 制 定 する 目 的 ですが 暴 力 団 の 本 質 は 過 去 も 現 在 も 変 わりはなく 暴 力 団 対 策 法 の 施 行 や 警 察 の 強 力 な 取 締 り 等 により 暴 力 団 組 織 の 不 透 明 化 や 資 金 獲 得 活 動 - 1 -

7 の 多 様 化 巧 妙 化 などその 傾 向 が 益 々 顕 著 となっており 依 然 として 暴 力 団 及 び 暴 力 団 員 が 市 民 に 対 する 脅 威 となっています こうした 深 刻 な 暴 力 団 情 勢 に 鑑 み 本 条 例 は 暴 力 団 排 除 の 総 合 的 な 施 策 を 推 進 す るための 規 定 を 整 備 し 本 市 における 健 全 な 社 会 経 済 活 動 の 発 展 に 寄 与 することをも って 市 民 等 の 安 全 で 平 穏 な 生 活 を 確 保 することを 目 的 としています 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 本 条 例 の 特 徴 ですが 市 の 事 務 及 び 事 業 における 措 置 と 公 共 施 設 の 使 用 の 不 許 可 等 の2 点 です まず1 点 目 の 市 の 事 務 及 び 事 業 における 措 置 については 暴 力 団 を 利 することと ならないよう 暴 力 団 員 等 を 市 が 実 施 する 入 札 に 参 加 させないなど 必 要 な 措 置 を 講 じ るものです 次 いで2 点 目 の 公 共 施 設 の 使 用 の 不 許 可 等 については 暴 力 団 が 本 市 の 公 共 施 設 を 利 用 することにより 暴 力 団 に 利 益 をもたらすことがないよう 必 要 な 措 置 を 講 じ るものです これまでの 暴 力 団 対 策 は 警 察 対 暴 力 団 という 構 図 で 推 進 されてきたところです が 地 域 住 民 や 地 方 公 共 団 体 関 係 機 関 事 業 所 等 の 連 携 による 社 会 が 一 体 となっ た 暴 力 団 対 策 に 関 する 取 組 の 充 実 と 徹 底 を 推 進 する 本 条 例 の 制 定 により 社 会 対 暴 力 団 という 時 代 の 要 請 に 基 づいた 構 図 に 移 行 することから 社 会 全 体 で 暴 力 団 を 孤 立 させる 態 勢 が 一 層 整 備 されることとなり 暴 力 団 の 活 動 をこれまで 以 上 に 封 じ 込 め ることができるものと 考 えています 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 平 成 23 年 1 月 1 日 現 在 で 指 定 暴 力 団 の 組 織 数 が2 2 団 体 構 成 員 準 構 成 員 ( 以 下 暴 力 団 構 成 員 等 という )の 合 計 勢 力 数 が78, 600 人 ( 前 年 比 -2,300 人 )であり そのうち 構 成 員 が36,000 人 ( 前 年 比 -2,600 人 ) 準 構 成 員 が42,600 人 ( 前 年 比 +300 人 )となっていま す - 2 -

8 平 成 22 年 における 全 国 暴 力 団 構 成 員 等 の 検 挙 人 員 は25,686 人 ( 前 年 比 人 )であり このうち 構 成 員 の 検 挙 人 員 は6,216 人 ( 前 年 比 -560 人 ) 準 構 成 員 の 検 挙 人 員 は19,470 人 ( 前 年 比 -257 人 )となっています 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 愛 媛 県 内 における 暴 力 団 情 勢 は 平 成 23 年 1 月 1 日 現 在 で 組 織 数 が 約 50 団 体 構 成 員 準 構 成 員 の 合 計 勢 力 数 は 約 900 人 ( 前 年 比 -100 人 )となっています なお 全 国 では 暴 力 団 対 策 法 の 規 定 に 基 づき22 団 体 が 指 定 暴 力 団 として 指 定 さ れており 県 内 の 組 織 は 全 て 指 定 暴 力 団 の 傘 下 組 織 で 暴 力 団 対 策 法 による 規 制 の 網 がかかっています 特 に 県 内 の 暴 力 団 構 成 員 等 の 約 97%が 山 口 組 組 員 となっています 問 6 伊 予 市 における 暴 力 団 情 勢 は 県 内 における 構 成 員 数 は 約 900 人 と 見 ていますが 自 治 体 別 の 暴 力 団 の 構 成 員 数 等 については 警 察 の 捜 査 に 支 障 が 生 じるおそれがあるため 公 表 することができま せん ( 県 警 察 ) 問 7 伊 予 市 における 暴 力 団 排 除 の 取 組 状 況 は 暴 力 団 排 除 に 向 けた 取 組 ですが 暴 力 団 を 社 会 から 排 除 するには 警 察 の 取 締 りは もとより 市 自 らも また 市 民 企 業 行 政 が 一 体 となって 暴 力 団 排 除 対 策 を 強 力 に 展 開 することが 必 要 不 可 欠 となっています そのような 状 況 を 受 け 本 市 では 暴 力 団 排 除 のための 条 例 及 び 要 綱 の 制 定 並 びに 組 織 の 結 成 等 については 伊 予 市 営 住 宅 管 理 条 例 で 入 居 者 の 資 格 に 暴 力 団 員 でないことを 明 記 - 3 -

9 平 成 17 年 4 月 に 伊 予 市 不 当 要 求 行 為 等 防 止 対 策 要 綱 を 制 定 ( 同 年 同 月 施 行 ) 平 成 18 年 6 月 に 伊 予 市 指 定 管 理 者 の 指 定 に 係 る 暴 力 団 排 除 措 置 に 関 する 要 綱 を 制 定 ( 同 年 同 月 施 行 ) 平 成 18 年 7 月 に 伊 予 市 広 告 掲 載 事 業 の 実 施 に 係 る 暴 力 団 排 除 措 置 に 関 する 要 綱 を 制 定 ( 同 年 8 月 施 行 ) 平 成 20 年 10 月 に 愛 媛 県 行 政 対 象 暴 力 連 絡 協 議 会 を 県 と 各 市 町 が 中 心 と なって 結 成 しているほか 市 の 事 務 事 業 からの 暴 力 団 排 除 についても 警 察 との 間 で 順 次 指 定 管 理 者 からの 暴 力 団 排 除 に 関 する 合 意 書 ( 平 成 18 年 6 月 総 務 課 ) 〇 広 告 掲 載 事 業 からの 暴 力 団 排 除 に 関 する 合 意 書 ( 平 成 18 年 8 月 総 務 課 ) 市 営 住 宅 からの 暴 力 団 員 の 排 除 に 関 する 合 意 書 ( 平 成 20 年 2 月 総 務 課 ) 公 有 財 産 等 の 売 払 いに 係 る 暴 力 団 排 除 に 関 する 合 意 書 ( 平 成 23 年 3 月 総 務 課 ) 物 品 購 入 等 に 係 る 暴 力 団 排 除 に 関 する 合 意 書 ( 平 成 23 年 3 月 総 務 課 ) を 交 わして 暴 力 団 排 除 に 取 り 組 んでいます 暴 力 団 を 排 除 するためには 警 察 の 取 締 りだけでなく 市 民 企 業 行 政 が 連 携 協 力 して 様 々な 施 策 を 講 じていく 必 要 があります 問 8 愛 媛 県 内 の 自 治 体 におけるこの 種 の 条 例 の 取 組 状 況 は 愛 媛 県 内 の 自 治 体 における 取 組 状 況 については 平 成 22 年 8 月 1 日 から 愛 媛 県 が 愛 媛 県 暴 力 団 排 除 条 例 を 制 定 し 施 行 しています また 県 内 の 市 町 については 県 条 例 制 定 を 受 けて 平 成 22 年 中 に 松 山 市 今 治 市 が 平 成 23 年 6 月 には 砥 部 町 愛 南 町 が さらに 同 年 7 月 には 上 島 町 が 制 定 してい ます さらに 他 の 市 町 も 平 成 23 年 中 の 制 定 に 向 け 取 り 組 んでいます - 4 -

10 問 9 本 条 例 の 制 定 により 見 込 まれる 効 果 は 何 か これまでの 暴 力 団 対 策 は 警 察 の 取 締 りとそれに 連 動 した 暴 力 団 排 除 施 策 の 推 進 言 うなれば 警 察 対 暴 力 団 力 対 力 という 構 図 にほかならず いかに 暴 力 団 を 力 で 封 圧 していくのかということに 重 点 をおいていました しかし 昨 今 の 暴 力 団 の 組 織 実 態 や 活 動 実 態 の 潜 在 化 不 透 明 化 更 には 資 金 源 獲 得 活 動 の 多 様 化 などを 考 慮 すると これまで 以 上 の 警 察 の 取 締 り 力 に 加 え 地 域 住 民 事 業 者 関 係 機 関 地 方 公 共 団 体 などの 一 層 の 連 携 強 化 を 図 り 社 会 全 体 で 暴 力 団 を 孤 立 させていく いわゆる 官 と 民 が 協 働 した 社 会 対 暴 力 団 という 構 図 に シフトし 暴 力 団 に 対 抗 していくことが 重 要 となっています このような 情 勢 の 時 代 の 要 請 を 受 け 平 成 22 年 8 月 1 日 愛 媛 県 暴 力 団 排 除 条 例 が 施 行 されましたが 同 条 例 の 規 定 は 県 民 県 内 の 事 業 者 に 対 して 等 しく 適 用 され 独 立 した 対 等 な 自 治 体 である 県 内 の 市 町 の 事 務 に 関 しては 県 条 例 で 規 定 することは できないと 解 されています このため 伊 予 市 の 事 務 事 業 からの 暴 力 団 排 除 につい ては 市 条 例 で 規 定 しなければなりません 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 を 制 定 することにより 地 域 住 民 や 関 係 機 関 事 業 所 等 の 連 携 強 化 に 基 づく 社 会 が 一 体 となった 暴 力 団 排 除 に 関 する 取 組 の 充 実 及 び 徹 底 が 図 ら れることとなり 社 会 全 体 で 暴 力 団 を 孤 立 させる 態 勢 が 確 立 され 暴 力 団 の 活 動 を 封 じ 込 めるという 効 果 が 見 込 まれます 具 体 的 には 本 条 例 においては 市 の 事 務 事 業 からの 暴 力 団 排 除 をより 進 展 させ るため 〇 市 の 事 務 及 び 事 業 における 措 置 〇 公 共 施 設 の 使 用 の 不 許 可 等 が 規 定 され 〇 公 的 資 金 が 暴 力 団 の 手 に 渡 ることを 阻 止 する 〇 合 法 的 な 事 業 所 や 事 業 主 催 者 が 暴 力 団 との 腐 れ 縁 を 断 ち 切 ることにより 資 金 源 を 断 つ 〇 伊 予 市 として 暴 力 団 等 反 社 会 勢 力 に 対 する 厳 しい 姿 勢 を 示 すことにより 抑 止 効 果 が 上 がる などの 効 果 が 見 込 まれます - 5 -

11 問 10 条 例 施 行 後 暴 力 団 員 であったことを 悔 い 改 め 更 正 を 誓 っている 者 が 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けたりすることはないのか 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはありません 本 条 例 においては 暴 力 団 員 及 び 暴 力 団 員 等 に 対 する 規 制 のみ 規 定 しており 暴 力 団 をやめ 真 摯 に 更 正 を 誓 っている 者 にまで 規 制 をかけるものではありません 問 11 本 条 例 を 市 民 事 業 者 に 浸 透 させるために どのような 措 置 を 講 じていくの か 暴 力 団 を 社 会 から 完 全 に 排 除 するには 警 察 による 取 締 りはもとより 市 市 民 事 業 者 等 が 総 ぐるみで 暴 力 団 排 除 対 策 を 強 力 かつ 多 角 的 に 展 開 することが 必 要 不 可 欠 であります 平 成 22 年 10 月 には 警 察 及 び 関 係 機 関 等 が 協 力 して 県 民 総 ぐるみによる 暴 力 銃 器 追 放 県 民 大 会 同 年 11 月 には 警 察 及 び 中 予 地 区 の 各 行 政 機 関 が 集 り 愛 媛 県 行 政 対 象 暴 力 連 絡 協 議 会 中 予 地 区 ブロック 専 門 部 会 を 開 催 するなど 各 自 治 体 が 暴 力 排 除 に 向 けた 活 動 を 積 極 的 に 展 開 しています 市 では これら 暴 力 排 除 運 動 に 加 え 警 察 暴 力 追 放 推 進 センター 等 関 係 機 関 と 連 携 し 各 種 広 報 媒 体 を 活 用 した 暴 力 排 除 広 報 を 積 極 的 に 行 っていく 予 定 です 問 12 暴 力 団 対 策 法 と 本 条 例 の 関 係 は 暴 力 団 対 策 法 は 暴 力 団 員 による 暴 力 的 な 一 定 の 行 為 に 対 する 規 制 を 主 たる 内 容 としているのに 対 し 本 条 例 は 市 や 市 民 等 が 暴 力 団 排 除 のためになすべきこと を 主 たる 内 容 としており 性 格 を 異 にするものですが 暴 力 団 対 策 法 及 び 本 条 例 の 究 極 の 目 的 は - 6 -

12 市 民 ( 国 民 )の 安 全 と 平 穏 の 確 保 であり 相 反 するものではありません なお 暴 力 団 対 策 法 が 平 成 4 年 に 施 行 されて20 年 近 く 経 過 しますが 暴 力 団 勢 力 は 約 8 万 人 と 横 ばい 状 態 が 続 いており 一 向 に 大 きく 減 少 する 気 配 がありません 現 在 の 暴 力 団 対 策 法 では 暴 力 団 に 対 して 根 源 的 な 大 打 撃 を 与 えることが 出 来 ていない と 言 わざるを 得 ません 暴 力 団 に 対 して 真 に 打 撃 を 与 えるためには 安 定 的 恒 常 的 な 資 金 源 を 断 つことが 不 可 欠 です また 暴 力 団 情 勢 は 地 域 によって 異 なるものでありますから 暴 力 団 対 策 法 によ る 規 制 の 趣 旨 は 全 国 一 律 に 同 一 内 容 の 規 制 を 施 すものではないので 法 をカバーす るため 地 方 の 実 情 に 応 じて 条 例 で 別 段 の 規 制 を 施 すことは 容 認 されています 本 条 例 施 行 後 は 暴 力 団 対 策 法 と 連 動 させ 効 果 的 に 運 用 します 問 13 愛 媛 県 暴 力 団 排 除 条 例 と 本 条 例 との 関 係 は 愛 媛 県 暴 力 団 排 除 条 例 は 県 民 県 内 の 事 業 者 に 等 しく 適 用 となるが 独 立 した 対 等 な 自 治 体 である 県 内 の 市 町 の 事 務 に 関 して 県 条 例 で 規 定 をおくことはできないと 解 されていることから 本 市 の 事 務 事 業 からの 暴 力 団 の 排 除 等 は 条 例 で 規 定 しな ければなりません 平 成 22 年 8 月 1 日 に 施 行 された 愛 媛 県 暴 力 団 排 除 条 例 では 〇 暴 力 団 排 除 に 関 する 基 本 的 施 策 〇 青 少 年 の 健 全 育 成 を 図 るための 措 置 〇 暴 力 団 等 に 対 する 利 益 の 供 与 の 禁 止 〇 暴 力 団 員 等 が 利 益 の 供 与 を 受 けることの 禁 止 〇 不 動 産 の 譲 渡 等 をしようとする 者 の 講 ずべき 措 置 等 〇 祭 礼 等 からの 暴 力 団 排 除 〇 義 務 違 反 者 に 対 する 措 置 などを 柱 とし 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 と 相 互 に 補 完 し 合 う 形 で 双 方 の 条 例 とも 本 市 に 適 用 されます そこで 伊 予 市 としては 地 域 性 を 考 慮 しながら 暴 力 団 排 除 をより 進 展 させるた めに 〇 市 の 事 務 及 び 事 業 における 措 置 〇 公 共 施 設 の 使 用 の 不 許 可 等 を 規 定 しています - 7 -

13 問 14 本 条 例 は 市 民 に 対 する 負 担 が 大 きいが 暴 力 団 に 対 して 厳 しく 取 り 締 まるよ うな 条 例 とすべきではないか 暴 力 団 に 的 を 絞 った 直 接 的 な 規 制 としては 暴 力 団 対 策 法 が 存 在 しているほか 暴 力 団 員 の 違 法 行 為 について 県 警 察 において 刑 法 を 始 めとした 各 種 刑 罰 法 規 を 適 用 し 違 法 行 為 に 対 して 厳 しく 対 処 しているところです 伊 予 市 としては 本 条 例 において 市 民 が 一 体 となって 暴 力 団 の 排 除 に 取 り 組 むため に 必 要 な 内 容 を 整 備 しています 問 15 他 にも 暴 力 団 員 に 対 する 規 制 を 盛 り 込 むべきでないか 本 条 例 は 暴 力 団 の 直 接 的 な 規 制 でなく 市 民 が 一 丸 となって 伊 予 市 から 暴 力 団 を 排 除 することを 主 眼 としています なお 暴 力 団 員 の 違 法 行 為 については これまでどおり 県 警 察 において 刑 法 特 別 法 を 駆 使 して 検 挙 活 動 を 行 います 問 16 条 例 制 定 に 対 するパブリックコメントの 結 果 はどうか 平 成 23 年 8 月 3 日 から8 月 16 日 までの14 日 間 を 意 見 の 提 出 期 間 として パブ リックコメントを 実 施 しましたが 特 に 御 意 見 はありませんでした 意 見 の 提 出 期 間 を20 日 未 満 とした 理 由 近 隣 自 治 体 が 歩 調 を 合 わせて 条 例 を 制 定 しようとする 動 きがあり 同 時 期 に 制 定 す ることで 条 例 の 目 的 に 資 するとともに 更 に 効 果 を 高 めることができると 考 えまし た また 県 警 察 からの 要 請 もあり 平 成 23 年 9 月 議 会 定 例 会 に 上 程 するため 期 間 を 短 縮 してパブリックコメントを 実 施 しました - 8 -

14 問 17 本 条 例 が 憲 法 に 抵 触 するおそれはないか 暴 力 団 構 成 員 という 地 位 は 暴 力 団 を 脱 退 すればなくなるもので 社 会 的 身 分 とは 言 えず 暴 力 団 のもたらす 社 会 的 害 悪 を 考 慮 すると 暴 力 団 構 成 員 であることに 基 づ いて 不 利 益 に 扱 うことは 合 理 的 差 別 として 許 されるものです ( 広 島 市 暴 力 団 員 市 営 住 宅 明 渡 訴 訟 判 例 ( 平 成 広 島 高 裁 )) また 公 共 工 事 公 共 施 設 等 からの 暴 力 団 排 除 においても 税 金 の 一 部 が 暴 力 団 組 織 に 上 納 される 危 険 があるような 契 約 を 市 等 が 暴 力 団 員 と 締 結 することは 税 金 の 使 い 道 として 不 適 切 であることや 公 共 施 設 内 で 暴 力 団 員 が 襲 名 披 露 出 所 祝 い 組 事 務 所 開 き 等 の 義 理 かけを 行 う 場 合 は 暴 力 団 組 織 の 活 動 に 利 用 される 場 合 に 該 当 す る ことから 本 条 例 で 規 制 を 設 けて 暴 力 団 の 資 金 獲 得 活 動 に 打 撃 を 与 える 必 要 があ ります 他 方 で 営 業 の 自 由 集 会 の 自 由 等 の 基 本 的 人 権 の 制 限 になるのではないか との 意 見 に 対 しては 暴 力 団 員 は 規 制 の 対 象 とされたくなければ 暴 力 団 を 真 に 離 脱 すればよいのであり さらに 公 共 工 事 や 公 共 施 設 等 からの 暴 力 団 排 除 等 犯 罪 行 為 を 引 き 起 こすおそれのある 暴 力 団 を 排 除 することは 公 共 の 福 祉 の 増 進 の 観 点 からも 憲 法 の 基 本 的 人 権 に 抵 触 するものではないと 考 えています 問 18 本 条 例 が 暴 力 団 対 策 法 に 抵 触 するおそれはないか 暴 力 団 対 策 法 は 主 に 暴 力 団 の 不 当 な 行 為 の 規 制 を 規 定 してあるのに 対 し 本 条 例 は 市 や 市 民 等 による 暴 力 団 排 除 の 推 進 を 規 定 しています 本 条 例 は 〇 暴 力 団 対 策 法 の 意 図 する 目 的 や 効 果 を 何 ら 阻 害 するものではないこと 〇 暴 力 団 情 勢 は 地 域 によって 異 なるものであるから 暴 力 団 対 策 法 によ る 規 制 の 趣 旨 は 全 国 一 律 に 同 一 内 容 の 規 制 を 施 すものではないので 法 をカバーするため 地 方 の 実 情 に 応 じて 別 段 の 規 制 を 施 すことは 容 認 され ていること( 理 論 立 ては 徳 島 市 公 安 条 例 訴 訟 判 例 ( 昭 和 最 高 裁 )を 参 照 ) を 考 慮 すると 両 者 の 規 制 内 容 は 異 なっており 究 極 の 目 的 は 市 民 ( 国 民 )の 安 全 と 平 穏 の 確 保 であり 両 者 が 相 反 するものではなく 本 条 例 は 暴 力 団 対 策 法 に 抵 触 - 9 -

15 するものではありません 問 19 法 律 で 規 制 すればよいのではないか なぜ 条 例 が 必 要 なのか 暴 力 団 対 策 法 が 施 行 されて20 年 近 く 経 過 するが 暴 力 団 勢 力 は 約 8 万 人 と 横 ば い 状 態 が 続 いており 一 向 に 大 きく 減 少 する 気 配 がありません 現 在 の 暴 力 団 対 策 法 では 暴 力 団 に 対 する 根 源 的 な 大 打 撃 を 与 えることが 出 来 ていないと 言 わざるを 得 ま せん 暴 力 団 に 対 して 真 に 打 撃 を 与 えるためには 安 定 的 恒 常 的 な 資 金 源 を 断 つこ とが 不 可 欠 です また 暴 力 団 情 勢 は 地 域 によって 異 なるものであることから 暴 力 団 対 策 法 によ る 規 制 の 趣 旨 は 全 国 一 律 に 同 一 内 容 の 規 制 を 施 すものではないので 法 をカバーす るため 地 方 の 実 情 に 応 じて 条 例 で 別 段 の 規 制 を 施 すことは 容 認 されています 第 1 条 関 係 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 が 市 民 の 生 活 及 び 社 会 経 済 活 動 に 介 入 し 暴 力 及 びこれ を 背 景 とした 資 金 獲 得 活 動 によって 市 民 等 に 多 大 な 脅 威 を 与 えている 状 況 に 鑑 み 暴 力 団 の 排 除 に 関 し 基 本 理 念 を 定 め 並 びに 市 及 び 市 民 等 の 責 務 を 明 らかにする とともに 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 基 本 的 施 策 等 を 定 めることにより 暴 力 団 の 排 除 を 推 進 し もって 市 民 の 安 全 で 平 穏 な 生 活 を 確 保 し 及 び 社 会 経 済 活 動 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする 問 20 暴 力 団 の 排 除 について 市 民 はどのように 位 置 付 けられるのか 暴 力 団 対 策 は 警 察 のみが 実 施 する 取 締 り 検 挙 活 動 等 と 警 察 関 係 機 関 及 び 関 係 団 体 を 含 めた 市 民 が 一 体 となった 暴 力 団 排 除 活 動 等 を 両 輪 として 推 進 すべきもの であり どちらがかけても 効 果 的 な 暴 力 団 排 除 活 動 を 推 進 することが 困 難 とな ります 暴 力 団 排 除 活 動 は これまでの 警 察 対 暴 力 団 という 構 図 ではなく 警 察 関 係

16 機 関 関 係 団 体 及 び 市 民 が 一 体 となった 社 会 対 暴 力 団 という 構 図 に 移 行 すること が 重 要 であり 暴 力 団 と 対 決 する 姿 勢 を 示 す 上 で 社 会 の 主 軸 となる 市 民 の 役 割 は 極 めて 重 要 なものになると 考 えられるため 本 条 例 では 市 民 の 責 務 についても 規 定 し ています 第 2 条 関 係 ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 めるところによる ⑴ 暴 力 団 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 7 7 号 以 下 法 という ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 をいう ⑵ 暴 力 団 員 法 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 をいう ⑶ 暴 力 団 員 等 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 準 構 成 員 ( 暴 力 団 員 以 外 の 暴 力 団 と 関 係 を 有 する 者 であって 暴 力 団 の 威 力 を 背 景 に 暴 力 的 不 法 行 為 等 ( 法 第 2 条 第 1 号 に 規 定 する 暴 力 的 不 法 行 為 等 をいう )を 行 うおそれがあるもの 又 は 暴 力 団 若 しく は 暴 力 団 員 に 対 し 資 金 武 器 等 の 供 給 を 行 う 等 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 協 力 し 若 しくは 関 与 するものをいう )をいう ⑷ 市 民 等 市 民 及 び 事 業 者 をいう 問 21 暴 力 団 員 であるかどうかは どのように 判 断 するのか 県 警 察 に 暴 力 団 の 該 当 性 を 照 会 し その 回 答 を 受 け 判 断 します 県 警 察 においては 暴 力 団 員 に 対 する 取 締 りなど あらゆる 警 察 活 動 を 通 じて 暴 力 団 の 実 態 解 明 を 推 進 することにより 収 集 した 証 拠 を 分 析 して 総 合 的 に 判 断 していま す

17 問 22 第 3 号 の 暴 力 団 員 等 の 定 義 において 暴 力 団 員 ではない 暴 力 団 準 構 成 員 も 対 象 とする 理 由 は 何 か 暴 力 団 準 構 成 員 とは 暴 力 団 員 以 外 の 暴 力 団 と 関 係 を 有 する 者 であって 暴 力 団 の 威 力 を 背 景 に 暴 力 的 不 法 行 為 等 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 第 2 条 第 1 号 に 規 定 する 暴 力 的 不 法 行 為 等 をいう )を 行 うおそれがあるもの 又 は 暴 力 団 若 しくは 暴 力 団 員 に 対 し 資 金 武 器 等 の 供 給 を 行 う 等 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 協 力 し 若 しくは 関 与 するもの をいいますが 暴 力 団 準 構 成 員 は 暴 力 団 の 不 法 行 為 を 影 から 支 援 又 は 扇 動 し 暴 力 団 と 同 様 市 民 に 脅 威 と 不 安 を 与 えていることは 明 らかであるので 本 条 例 の 対 象 としています 第 3 条 関 係 ( 基 本 理 念 ) 第 3 条 暴 力 団 の 排 除 は 社 会 全 体 として 暴 力 団 が 市 民 の 生 活 及 び 社 会 経 済 活 動 に 不 当 な 影 響 を 与 える 存 在 であることを 認 識 した 上 で 暴 力 団 を 恐 れないこと 暴 力 団 に 対 して 資 金 を 提 供 しないこと 及 び 暴 力 団 を 利 用 しないことを 基 本 として 推 進 されなければならない 2 暴 力 団 の 排 除 は 市 市 民 等 関 係 機 関 及 び 関 係 団 体 による 相 互 の 連 携 及 び 協 力 の 下 に 推 進 されなければならない 逐 条 解 説 参 照

18 第 4 条 関 係 ( 市 の 責 務 ) 第 4 条 市 は 前 条 に 定 める 基 本 理 念 ( 以 下 基 本 理 念 という )にのっとり 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 施 策 を 総 合 的 に 策 定 し 及 び 実 施 する 責 務 を 有 する 2 市 は 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 施 策 の 実 施 に 当 たっては 関 係 機 関 及 び 関 係 団 体 と の 連 携 を 図 るよう 努 めるものとする 問 23 市 として 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 施 策 を 具 体 的 にどのように 講 じていくの か ~ 逐 条 解 説 第 4 条 第 1 項 にも 記 載 市 としては これまでも 公 共 事 業 や 市 営 住 宅 からの 暴 力 団 の 排 除 等 の 施 策 を 推 進 し てきましたが 今 後 もこうした 取 組 を 一 層 強 力 に 推 進 し 市 の 事 務 事 業 からの 暴 力 団 の 排 除 の 更 なる 徹 底 公 共 施 設 の 使 用 の 不 許 可 等 伊 予 市 からの 暴 力 団 の 排 除 に 率 先 して 取 り 組 むこととしています 具 体 的 には 〇 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 への 対 処 方 針 や 対 処 方 法 に 関 する 助 言 や 指 導 〇 業 種 や 地 域 の 別 に 応 じた 組 織 的 な 活 動 を 行 うことについての 助 言 や 指 導 〇 暴 力 団 排 除 活 動 に 係 る 各 種 行 事 への 協 力 や 後 援 〇 暴 力 団 の 排 除 活 動 に 関 する 知 識 の 普 及 及 び 思 想 の 高 揚 を 図 るための 広 報 啓 発 〇 地 域 及 び 職 域 における 暴 力 団 の 排 除 のための 活 動 をしている 団 体 等 に 対 する 公 共 施 設 の 貸 出 し などが 挙 げられます

19 第 5 条 関 係 ( 市 民 等 の 責 務 ) 第 5 条 市 民 は 基 本 理 念 にのっとり 暴 力 団 の 排 除 のための 活 動 に 自 主 的 に かつ 相 互 の 連 携 協 力 を 図 りながら 取 り 組 むよう 努 めるとともに 市 が 実 施 する 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 施 策 に 協 力 するよう 努 めるものとする 2 事 業 者 は 基 本 理 念 にのっとり その 行 う 事 業 ( 事 業 の 準 備 を 含 む 以 下 同 じ ) により 暴 力 団 を 利 することとならないようにするとともに 市 が 実 施 する 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 施 策 に 協 力 するものとする 3 市 民 等 は 暴 力 団 の 排 除 に 資 すると 認 められる 情 報 を 取 得 したときは 市 又 は 警 察 その 他 の 関 係 機 関 に 対 し 当 該 情 報 を 提 供 するよう 努 めるものとする 問 24 市 民 の 市 の 施 策 への 協 力 については 努 力 規 定 事 業 者 については 義 務 規 定 と しているが この 違 いは 何 か 暴 力 団 の 排 除 のための 市 民 一 人 ひとりの 役 割 りも 極 めて 重 要 ではありますが 事 業 者 の 社 会 的 責 任 の 重 さなどを 考 慮 し 事 業 者 については 義 務 規 定 としています 問 25 事 業 に 事 業 の 準 備 も 含 まれることとした 理 由 は 本 条 例 では 事 業 者 による 暴 力 団 員 等 への 利 益 の 供 与 を 禁 止 していますが そうし た 利 益 の 供 与 は 事 業 の 実 施 段 階 だけでなく 事 業 の 具 体 的 な 計 画 段 階 など その 準 備 に 当 たってなされることが 多 いことから 条 例 の 実 効 性 を 高 めるために 事 業 の 準 備 を 含 めることとしています

20 第 6 条 関 係 ( 市 の 事 務 及 び 事 業 における 措 置 ) 第 6 条 市 は 公 共 工 事 その 他 の 市 の 事 務 又 は 事 業 により 暴 力 団 を 利 することとなら ないよう 暴 力 団 員 等 を 市 が 実 施 する 入 札 に 参 加 させない 等 の 必 要 な 措 置 を 講 ずる ものとする 問 26 これまで 市 と 警 察 が 行 ってきた 取 組 は 別 のものになるのか 現 在 の 合 意 書 の 内 容 は 条 例 に 盛 り 込 まないのか 本 条 例 は これまでの 市 と 警 察 の 取 組 とは 別 のものでなく 延 長 線 上 にあるもので あり 条 例 が 制 定 されれば 両 機 関 の 取 組 を 更 に 加 速 させるものとなります 本 条 例 は 現 在 の 各 合 意 書 の 上 位 規 定 に 位 置 するものであり 合 意 書 の 内 容 は 盛 り 込 まないものの 本 条 例 を 効 果 的 に 機 能 させるためには 今 後 更 に 合 意 書 の 役 割 が 重 要 になると 考 えています 問 27 市 が 講 じる 必 要 な 措 置 とは 具 体 的 にどのようなものか ~ 逐 条 解 説 第 6 条 にも 記 載 市 の 事 務 事 業 の 相 手 方 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 密 接 な 関 係 を 有 する 事 業 者 でない ことの 確 認 や 公 共 工 事 における 資 格 停 止 等 暴 力 団 を 利 することを 防 止 するために 行 う 措 置 の 事 をいいます 市 の 事 務 事 業 の 中 には 〇 市 が 行 う 許 認 可 事 務 であるものの 欠 格 事 由 が 法 律 によって 定 められ 暴 力 団 員 であることは 法 律 上 の 欠 格 事 由 に 該 当 しないもの 〇 事 務 事 業 の 相 手 方 が 暴 力 団 員 であることのみをもって 一 律 に 排 除 すること が 適 当 ではないもの なども 考 えられ そのような 場 合 には 暴 力 団 の 関 与 状 況 排 除 の 実 効 性 等 を 勘 案 し 事 務 事 業 ごとに 必 要 な 措 置 を 講 ずることとなります

21 第 7 条 関 係 ( 市 民 等 に 対 する 支 援 ) 第 7 条 市 は 市 民 等 が 暴 力 団 の 排 除 のための 活 動 に 自 主 的 に かつ 相 互 の 連 携 協 力 を 図 って 取 り 組 むことができるよう 市 民 等 に 対 し 情 報 の 提 供 助 言 その 他 の 必 要 な 支 援 を 行 うものとする 2 市 は 市 民 等 が 暴 力 団 の 排 除 の 重 要 性 についての 理 解 を 深 めるとともに 暴 力 団 の 排 除 のための 活 動 に 自 主 的 に かつ 相 互 の 連 携 協 力 を 図 って 取 り 組 むことがで きるよう 暴 力 団 の 排 除 の 気 運 を 醸 成 する 集 会 を 開 催 する 等 広 報 及 び 啓 発 を 行 う ものとする 3 市 は 市 民 等 が 安 心 して 暴 力 団 の 排 除 のための 活 動 に 取 り 組 むことができるよ う 警 察 と 緊 密 に 連 携 し その 安 全 の 確 保 に 配 慮 するものとする 問 28 市 民 等 に 対 して 条 例 の 制 定 前 よりも 広 い 範 囲 の 暴 力 団 情 報 を 提 供 すること となるのか 従 前 は 市 民 等 に 対 する 情 報 提 供 は 必 ずしも 徹 底 されていなかったが 条 例 制 定 後 は 市 民 等 が 一 丸 となって 暴 力 団 排 除 に 取 り 組 んでいくことから これまで 以 上 に 情 報 提 供 も 含 めた 市 民 等 への 支 援 を 進 めていく 必 要 があります 問 29 第 1 項 の 規 定 と 同 様 に 第 2 項 でも 暴 力 団 の 排 除 のための 活 動 に 自 主 的 に かつ 相 互 の 連 携 協 力 を 図 って 取 り 組 むことができるよう にするための 広 報 活 動 及 び 啓 発 活 動 を 行 うことと 規 定 した 理 由 は 具 体 的 な 相 談 場 面 等 において 実 施 する 支 援 とは 別 に 市 民 等 がより 効 果 的 に 暴 力 団 の 排 除 に 取 り 組 めるよう 市 が 一 般 的 に 広 く 広 報 啓 発 活 動 を 実 施 する 必 要 があるから です

22 第 8 条 関 係 ( 公 共 施 設 の 使 用 の 不 許 可 等 ) 第 8 条 市 長 ( 水 道 事 業 管 理 者 の 職 務 を 行 う 市 長 を 含 む ) 教 育 委 員 会 又 は 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 244 条 の2 第 3 項 に 規 定 する 指 定 管 理 者 は 公 共 施 設 ( 市 が 設 置 し 又 は 管 理 する 施 設 ( 附 属 施 設 を 含 む )をいう )が 暴 力 団 の 活 動 に 利 用 されると 認 めるときは 当 該 公 共 施 設 の 使 用 の 許 可 について 定 める 他 の 条 例 等 の 規 定 にかかわらず 当 該 条 例 等 の 規 定 に 基 づく 使 用 の 許 可 をせず 又 は 当 該 使 用 の 許 可 を 取 り 消 すことができる 問 30 対 象 範 囲 を 公 の 施 設 でなく 公 共 施 設 とした 理 由 は 公 の 施 設 とは 地 方 自 治 法 第 244 条 第 1 項 の 規 定 により 普 通 地 方 公 共 団 体 が 住 民 の 福 祉 を 増 進 する 目 的 をもって その 利 用 に 供 するために 設 ける 施 設 をいいます よって 公 の 施 設 だけを 規 制 の 対 象 範 囲 とした 場 合 住 民 の 利 用 に 供 することを 目 的 としない 施 設 等 は 公 の 施 設 に 含 まれないとされていることから 庁 舎 等 が 対 象 外 と なります 本 条 例 の 目 的 である 暴 力 団 の 排 除 を 推 進 するに 当 たり これらの 施 設 も 規 制 対 象 とする 必 要 性 が 認 められることから 公 の 施 設 を 包 含 したものとして 公 共 施 設 を 定 義 し 対 象 施 設 の 範 囲 としています 問 31 地 方 自 治 法 第 244 条 の2 第 3 項 に 規 定 する 指 定 管 理 者 とは 指 定 管 理 者 制 度 により 管 理 を 行 っている 法 人 等 をいいます 指 定 管 理 者 制 度 については 民 間 の 能 力 や 経 験 を 活 用 することにより 市 民 サービ スを 向 上 させるとともに 可 能 な 限 り 競 争 を 導 入 することによって 経 費 の 節 減 を 図 るなど 効 果 的 かつ 効 率 的 な 施 設 管 理 運 営 を 目 指 すことを 目 的 として 公 の 施 設 に 同 制 度 を 導 入 しているものです

23 問 32 暴 力 団 員 が 公 共 施 設 で 販 売 等 を 行 う 場 合 は 該 当 するのか 合 法 的 な 商 業 活 動 であっても 組 織 性 が 認 められれば 本 条 の 対 象 となります 第 9 条 関 係 ( 利 益 の 供 与 の 禁 止 ) 第 9 条 市 民 等 は 暴 力 団 の 威 力 を 利 用 し 又 は 暴 力 団 の 活 動 若 しくは 運 営 に 協 力 す る 目 的 で 暴 力 団 員 等 又 は 暴 力 団 員 等 が 指 定 した 者 に 対 して 金 品 その 他 の 財 産 上 の 利 益 の 供 与 をしてはならない 問 33 利 益 の 供 与 の 禁 止 について 規 定 した 第 9 条 の 概 要 は 本 条 例 は 市 民 事 業 者 その 他 市 内 において 活 動 するものによる 暴 力 団 員 等 に 対 する 財 産 上 の 利 益 の 供 与 の 禁 止 を 規 定 したものであり 暴 力 団 の 威 力 を 利 用 する 目 的 又 は 暴 力 団 の 活 動 若 しくは 運 営 に 協 力 する 目 的 での 利 益 の 供 与 をそれぞれ 禁 止 した ものです 問 34 県 条 例 と 本 条 例 の 関 係 は( 対 象 者 違 反 者 への 措 置 ) 県 条 例 においては 利 益 供 与 の 禁 止 の 対 象 者 を 事 業 者 としており 違 反 した 事 業 者 に 調 査 勧 告 公 表 の 行 政 措 置 を 課 しています 本 条 例 においては 利 益 供 与 の 禁 止 の 対 象 者 を 事 業 者 のみでなく 市 民 も 対 象 として いますが 違 反 した 事 業 者 及 び 市 民 に 対 しては 行 政 指 導 の 措 置 までは 設 けておらず 訓 示 規 定 としています

24 問 35 県 条 例 では 事 業 者 のみを 対 象 としていたが 今 回 本 条 で 対 象 を 市 民 等 に 拡 大 した 理 由 は 本 条 例 においては 暴 力 団 の 排 除 を 市 民 や 事 業 者 が 一 丸 となって 進 めていくという 趣 旨 や 目 的 から 県 条 例 より 一 歩 踏 み 込 んで 事 業 者 とともに 個 人 が 行 う 財 産 上 の 利 益 の 供 与 を 禁 止 しています 問 36 暴 力 団 の 活 動 とは ~ 逐 条 解 説 第 8 条 にも 記 載 暴 力 団 の 暴 力 団 たる 活 動 であり 違 法 合 法 を 問 わず 暴 力 団 が 行 う 活 動 全 般 をいい ます 例 えば 暴 力 団 が 運 営 資 金 の 獲 得 を 目 的 に 行 う 薬 物 の 密 売 暴 力 団 員 による 役 務 の 提 供 等 が 挙 げられます 問 37 金 品 その 他 の 財 産 上 の 利 益 とは 具 体 的 にはどのようなものか ~ 逐 条 解 説 第 9 条 にも 記 載 金 銭 物 品 有 価 証 券 等 の 財 物 のほか 債 務 の 免 除 や 労 務 の 提 供 等 といった 財 産 上 不 法 の 利 益 も 含 み 受 ける 者 にとって 財 産 的 な 利 得 がある 一 切 のものが 本 条 に 規 定 す る 利 益 となります 例 えば 正 規 の 料 金 で 数 千 円 の 宅 配 代 金 を 暴 力 団 員 等 に 対 して 一 律 500 円 で 請 け 負 う 行 為 については 外 形 的 には 暴 力 団 事 業 者 という 金 銭 の 動 きであるが 実 質 は 正 規 料 金 -500 円 が 暴 力 団 の 利 益 になっているので 本 条 でいう 利 益 の 供 与 に 該 当 します

25 問 38 供 与 とは 相 手 方 に 金 銭 物 品 等 の 利 益 を 提 供 し 取 得 させることをいいます 有 償 か 無 償 かは 問 わず また 物 々 交 換 など 相 当 の 反 対 給 付 を 伴 うものであっても これに 該 当 します 問 39 暴 力 団 対 策 法 の 不 当 要 求 行 為 や 不 当 要 求 行 為 を 要 求 する 行 為 と 県 条 例 の 利 益 の 供 与 や 利 益 の 供 与 を 受 けること との 関 係 は 暴 力 団 対 策 法 で 規 制 される 不 当 要 求 行 為 とは 暴 力 団 員 に 対 する 利 益 の 供 与 が 実 際 にあったかどうかでなく 暴 力 団 員 が 利 益 の 供 与 を 要 求 することそのものを 示 し 暴 力 団 員 のみを 取 締 りの 対 象 とし 事 業 者 に 対 する 取 締 りは 規 定 していません 他 方 県 条 例 では 実 際 に 事 業 者 が 利 益 の 供 与 をしたり 暴 力 団 員 が これを 受 けた りする 行 為 を 禁 止 の 対 象 としている 点 で 相 違 します したがって 理 論 上 は まず 暴 力 団 員 が 事 業 者 に 不 当 要 求 行 為 をし それを 受 けた 事 業 者 が この 際 暴 力 団 の 威 力 を 利 用 しようと 企 て その 要 求 に 応 じて 暴 力 団 員 に 利 益 の 供 与 をし 暴 力 団 がこれを 受 け 取 れば その 暴 力 団 員 は 暴 力 団 対 策 法 の 不 当 要 求 行 為 の 禁 止 と 県 条 例 の 利 益 の 供 与 を 受 けることの 禁 止 ( 行 政 措 置 )の 両 方 に 違 反 することとなり 事 業 者 は 県 条 例 の 利 益 供 与 の 禁 止 ( 行 政 措 置 )のみの 違 反 となり ます また 実 務 上 暴 力 団 対 策 法 が 適 用 されるのは 利 益 の 供 与 をする 事 業 者 側 が 要 求 行 為 の 被 害 者 となる 場 合 のみであり いわゆる 共 生 者 のような 暴 力 団 に 積 極 的 に 資 金 提 供 しているような 場 合 は 一 切 適 用 されていません 県 条 例 では こうした 暴 力 団 対 策 法 で 規 制 できない 利 益 供 与 を 規 制 し カバーする 目 的 もあります

26 問 40 市 内 の 事 業 者 が 利 益 供 与 をした 場 合 はどうなるのか 市 内 の 事 業 者 が 利 益 供 与 をした 場 合 は 市 条 例 違 反 になることに 加 え 県 条 例 違 反 にもなります しかし 市 条 例 では 訓 示 規 定 であり 処 分 規 定 までは 設 けていないの で 愛 媛 県 県 警 察 等 と 連 携 し 県 条 例 違 反 で 調 査 勧 告 公 表 等 の 行 政 措 置 が 講 じ られることとなります 問 41 利 益 供 与 の 禁 止 について 県 条 例 を 適 用 した 事 例 があるか 県 条 例 では 暴 力 団 の 資 金 源 対 策 の 一 環 として 事 業 者 による 暴 力 団 への 金 品 など の 利 益 供 与 を 禁 止 し 暴 力 団 員 が 利 益 供 与 を 受 けることも 禁 止 しています 平 成 22 年 8 月 今 治 市 のガソリンスタンド 事 業 者 が 暴 力 団 組 員 と 知 りながら 数 回 にわたって 今 治 市 の 山 口 組 系 暴 力 団 幹 部 や 組 員 の 乗 用 車 を 無 料 で 洗 車 し 利 益 供 与 を 行 い 組 員 側 が 利 益 供 与 を 受 けたことから 同 年 10 月 28 日 県 公 安 委 員 会 が 今 治 市 のガソリンスタンド 事 業 者 と 指 定 暴 力 団 山 口 組 系 暴 力 団 員 に 対 して 県 条 例 に 基 づき 初 の 調 査 及 び 勧 告 を 実 施 しました 問 42 暴 力 団 対 策 法 の 不 当 要 求 行 為 や 不 当 要 求 行 為 を 要 求 する 行 為 と 本 条 例 の 利 益 の 供 与 の 禁 止 との 関 係 は 暴 力 団 対 策 法 で 規 制 される 不 当 要 求 行 為 とは 暴 力 団 員 に 対 する 利 益 の 供 与 が 実 際 にあったかどうかではなく 暴 力 団 員 が 利 益 の 供 与 を 要 求 することそのものを 示 し 暴 力 団 員 のみを 取 締 りの 対 象 とし 事 業 者 に 対 する 取 締 りは 規 定 していません 他 方 市 条 例 では 罰 則 規 定 はありませんが 市 民 等 が 利 益 の 供 与 を 行 うことを 禁 止 の 対 象 とし 暴 力 団 員 が 利 益 の 供 与 を 受 けることまでは 規 定 していない 点 で 相 違 しま す したがって 理 論 上 は まず 暴 力 団 員 が 市 民 等 に 不 当 要 求 行 為 をし それを 受 けた 市 民 等 が この 際 暴 力 団 の 威 力 を 利 用 しようと 企 て その 要 求 に 応 じて 暴 力 団 員 に

27 利 益 の 供 与 をし 暴 力 団 員 がこれを 受 け 取 れば その 暴 力 団 員 は 暴 力 団 対 策 法 の 不 当 要 求 の 禁 止 となり 本 条 例 の 適 用 を 受 けないが 暴 力 団 員 に 利 益 を 供 与 した 市 民 等 は 市 条 例 の 利 益 の 供 与 の 禁 止 ( 訓 示 規 定 )に 違 反 することとなります また 実 務 上 暴 力 団 対 策 法 が 適 用 されるのは 利 益 の 供 与 をする 市 民 等 が 要 求 行 為 の 被 害 者 となる 場 合 のみであり いわゆる 共 生 者 のような 暴 力 団 に 積 極 的 に 資 金 提 供 しているような 場 合 は 一 切 適 用 されません 本 条 例 ではこうした 暴 力 団 対 策 法 で 規 制 できない 利 益 の 供 与 をカバーする 目 的 も あります 第 10 条 関 係 ( 祭 礼 等 からの 暴 力 団 の 排 除 ) 第 10 条 市 は 市 が 主 催 し 又 は 共 催 する 行 事 から 暴 力 団 を 排 除 するために 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 2 市 は 市 内 において 開 催 される 祭 礼 花 火 大 会 興 行 その 他 の 公 共 の 場 所 に 多 数 人 が 特 定 の 目 的 のために 一 時 的 に 集 合 するような 行 事 の 主 催 者 又 はその 運 営 に 携 わる 者 に 対 し 暴 力 団 を 排 除 するための 措 置 に 関 する 必 要 な 指 導 又 は 支 援 を 行 うも のとする 問 43 市 主 催 の 祭 礼 等 の 行 事 や 共 催 の 行 事 には どのようなものがあるか 実 行 委 員 会 形 式 のものも 含 め 花 まつり 住 吉 まつり 中 山 及 び 双 海 の 夏 祭 り な かやま 栗 まつりなどがあります

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

札地第 号

札地第 号 ( 仮 称 ) 札 幌 市 暴 力 団 の 排 除 の 推 進 に 関 する 条 例 素 案 ~ご 意 見 を 募 集 します~ 札 幌 市 で は 札 幌 市 における 暴 力 団 の 排 除 の 推 進 に 関 し 基 本 理 念 を 定 め 市 民 事 業 者 市 の 役 割 を 明 ら か に す る と と も に 施 策 等 に つ い て 規 定 す る こ と で 平 穏 な 市 民

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は 仕 様 書 1, 件 名 平 成 27 年 度 北 の 国 森 林 づくり 技 術 交 流 発 表 集 印 刷 2, 規 格 A4 版 簡 易 製 本 無 線 綴 じ 300 部 表 紙 :モノクロ 印 刷 表 表 紙 2 頁 裏 表 紙 2 頁 計 4 頁 本 文 :モノクロ 14 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面 1 頁 ) カラー 232 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

軽 減 税 率 制 度 についての 大 枠 1. 平 成 29 年 4 月 1 日 に 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導 入 する 平 成 27 年 12 月 12 日 自 由 民 主 党 幹 事 長 公 明 党 幹 事 長 2. 飲 食 料 品 にかかる 軽 減 税 率 の 対 象

軽 減 税 率 制 度 についての 大 枠 1. 平 成 29 年 4 月 1 日 に 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導 入 する 平 成 27 年 12 月 12 日 自 由 民 主 党 幹 事 長 公 明 党 幹 事 長 2. 飲 食 料 品 にかかる 軽 減 税 率 の 対 象 参 考 資 料 2-1 ( 軽 減 税 率 制 度 の 導 入 ) 軽 減 税 率 制 度 についての 大 枠 1. 平 成 29 年 4 月 1 日 に 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導 入 する 平 成 27 年 12 月 12 日 自 由 民 主 党 幹 事 長 公 明 党 幹 事 長 2. 飲 食 料 品 にかかる 軽 減 税 率 の 対 象 品 目 は 以 下 のものとし 適

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

資料2-1

資料2-1 下 水 道 と 合 併 処 理 浄 化 槽 の 連 携 事 例 資 料 2-1 平 成 18 年 (2006 年 )1 月 31 日 広 島 市 Ⅰ 市 街 化 区 域 外 の 生 活 排 水 処 理 に 係 る 整 備 方 針 について 1 衛 生 的 で 快 適 な 生 活 環 境 の 実 現 と 良 好 な 水 環 境 の 保 全 を 図 るため 遅 れてい る 市 街 化 区 域 外 の

More information

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること 平 成 22 年 度 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 資 格 試 験 問 1 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 しいものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していない 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A819A819A819A92808FF089F090E05F95FA92758EA9935D8ED48FF097E15F32352E31302E38>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A819A819A819A92808FF089F090E05F95FA92758EA9935D8ED48FF097E15F32352E31302E38> 富 士 市 自 転 車 等 の 放 置 の 防 止 に 関 する 条 例 の 解 説 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 公 共 の 場 所 における 自 転 車 等 の 放 置 を 防 止 することにより 歩 行 者 等 の 安 全 な 通 行 を 確 保 するとともに 良 好 な 都 市 景 観 を 保 全 し もって 安 全 で 快 適 な 市 民 生 活 の 実 現 を 図 ることを

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た 入 札 公 告 次 のとおり 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 9 月 30 日 [1] 工 事 名 西 築 地 小 埋 設 給 排 水 管 改 修 工 事 契 約 事 務 受 任 者 名 古 屋 市 財 政 局 契 約 監 理 監 柴 田 真 吾 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

性 行 為 とは 性 交 及 び 性 交 類 似 行 為 と 同 義 であり( 昭 和 40 年 7 月 12 日 新 潟 家 裁 長 岡 支 部 決 定 ) わいせつな 行 為 とは いたずらに 性 欲 を 刺 激 興 奮 せしめたり その 露 骨 な 表 現 によって 健 全 な 常 識 のある

性 行 為 とは 性 交 及 び 性 交 類 似 行 為 と 同 義 であり( 昭 和 40 年 7 月 12 日 新 潟 家 裁 長 岡 支 部 決 定 ) わいせつな 行 為 とは いたずらに 性 欲 を 刺 激 興 奮 せしめたり その 露 骨 な 表 現 によって 健 全 な 常 識 のある 資 料 2 いわゆる 淫 行 禁 止 規 定 深 夜 外 出 の 制 限 等 に 係 る 座 長 整 理 案 基 本 的 考 え 方 大 人 が 真 摯 な 恋 愛 を 除 き 判 断 能 力 が 未 熟 な 子 どもと 性 行 為 に 及 ぶことなどは 子 どもの 成 長 発 達 を 見 守 り 支 える 大 人 の 責 任 として 許 されないものであること 県 民 総 ぐるみで 深 夜 に 外

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

120808改正請負契約書(最低価格落札方式)

120808改正請負契約書(最低価格落札方式) 印 紙 契 約 書 ( 案 ) 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 国 四 国 地 方 環 境 事 務 所 総 務 課 長 遠 藤 正 ( 以 下 甲 という ) は ( 以 下 乙 という )と 平 成 25 年 度 五 色 台 ビジターセンター 及 び 自 然 体 験 施 設 定 期 点 検 及 び 保 守 管 理 業 務 ( 以 下 業 務 という )について 次 の 条 項 により 契

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関 Ⅲ オブズマの 発 意 による 調 査 ( 平 成 25 年 度 ) 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていますが 札 幌 市 の 場 合 共 有 代 表 者 のみに 納 税 通 知 書

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

川 越 市 防 犯 の ま ち づ く り 基 本 方 針 平 成 16 年 3 月 平 成 26 年 4 月 改 定 川 越 市 は じ め に 改 定 にあたって 川 越 市 が 行 政 の 立 場 で 取 り 組 むべき 防 犯 対 策 の 基 本 方 針 をまとめた 川 越 市 防 犯 のま ちづくり 基 本 方 針 が 策 定 され 早 いもので10 年 が 経 過 しました この 間

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information