第3章 観光産業振興プランの実現に向けて

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第3章 観光産業振興プランの実現に向けて"

Transcription

1 第 3 章 観 光 産 業 振 興 プランの 実 現 に 向 けて 本 プランの 計 画 期 間 である5 年 間 において より 大 きな 成 果 を 生 み 出 していくた めには 行 政 や 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 民 間 事 業 者 都 民 等 の 総 力 を 結 集 した 複 合 的 な 取 組 が 必 要 である そこで 本 章 では 第 2 章 の 戦 略 を 実 現 するための 各 主 体 の 役 割 と 取 組 の 視 点 につ いて 整 理 する 1 各 主 体 の 役 割 (1) 国 の 役 割 平 成 15(2003) 年 度 に 国 土 交 通 省 がビジット ジャパン キャンペーンを 開 始 し て 以 降 平 成 18(2006) 年 度 には 観 光 立 国 推 進 基 本 法 を 制 定 翌 19(2007) 年 度 には 観 光 立 国 推 進 基 本 計 画 を 閣 議 決 定 し さらに 平 成 20(2008) 年 度 には 観 光 庁 を 設 置 するなど 本 格 的 な 訪 日 外 国 人 旅 行 者 の 誘 致 を 進 めている また 翌 21 (2009) 年 度 には 訪 日 外 国 人 3,000 万 人 プログラムを 打 ち 出 すとともに 平 成 22 (2010) 年 度 に 閣 議 決 定 された 新 成 長 戦 略 ~ 元 気 な 日 本 復 活 のシナリオ~ では 観 光 が7つの 戦 略 分 野 の 一 つに 選 定 されるなど 観 光 は 国 家 戦 略 の 一 角 をな している 今 後 国 においては オールジャパンとしての 観 光 産 業 振 興 に 向 けた 施 策 を 推 進 するとともに 様 々な 法 整 備 や 規 制 緩 和 広 域 交 通 基 盤 の 整 備 地 域 における 施 策 への 支 援 など さらなる 旅 行 者 誘 致 を 図 る 取 組 の 推 進 が 望 まれる とりわけ 平 成 24(2012) 年 3 月 に 閣 議 決 定 された 新 たな 観 光 立 国 推 進 基 本 計 画 には 大 都 市 における 観 光 の 推 進 が 掲 げられていることから 国 際 的 な 注 目 度 が 高 く 観 光 産 業 振 興 のポテンシャルの 大 きな 首 都 東 京 の 取 組 に 対 する 支 援 が 強 化 されることが 期 待 される < 法 制 度 整 備 等 > 外 国 人 旅 行 者 誘 致 の 観 点 からの 査 証 手 続 きの 免 除 外 国 人 旅 行 者 入 国 管 理 の 厳 正 化 と 入 国 手 続 きの 円 滑 化 外 国 人 旅 行 者 がキャッシュレス 旅 行 を 行 えるための 環 境 整 備 観 光 資 源 としてのカジノ 実 現 のための 法 整 備 < 国 としての 施 策 展 開 > 118

2 外 国 語 表 示 や 無 料 の 公 衆 無 線 LANなど 外 国 人 旅 行 者 の 受 入 体 制 の 拡 充 MICE 誘 致 戦 略 や 人 材 育 成 など MICE 推 進 施 策 の 抜 本 的 な 拡 充 強 化 2020 年 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 の 日 本 招 致 の 推 進 日 本 の 食 文 化 の 世 界 遺 産 ( 無 形 文 化 遺 産 ) 登 録 の 推 進 観 光 施 策 に 資 する 道 路 の 景 観 整 備 観 光 統 計 の 整 備 休 暇 取 得 ワークライフバランスの 推 進 < 広 域 交 通 基 盤 の 整 備 > 羽 田 空 港 の 機 能 強 化 と 更 なる 国 際 化 の 推 進 首 都 圏 におけるビジネス 航 空 受 入 れの 推 進 横 田 基 地 の 軍 民 共 用 化 の 推 進 横 田 空 域 及 び 管 制 業 務 の 返 還 東 京 メトロと 都 営 地 下 鉄 の 一 元 化 の 推 進 首 都 圏 三 環 状 道 路 ( 圏 央 道 外 環 首 都 高 速 中 央 環 状 線 )や 国 道 等 の 整 備 促 進 リニア 中 央 新 幹 線 の 早 期 整 備 < 都 道 府 県 への 支 援 > 地 域 の 魅 力 向 上 や 旅 行 者 受 入 環 境 の 充 実 に 向 け 都 道 府 県 が 推 進 する 取 組 へ 支 援 < 危 機 管 理 体 制 の 充 実 > 耐 震 化 等 の 震 災 対 策 や 緊 急 時 災 害 時 における 対 応 など 首 都 圏 の 防 災 力 の 強 化 首 都 東 京 を 守 るテロ 対 応 力 の 強 化 < 大 都 市 における 観 光 の 推 進 > 大 都 市 ならではの 観 光 資 源 のさらなる 活 用 観 光 ルートの 設 定 外 国 人 旅 行 者 受 入 環 境 の 充 実 積 極 的 なプロモーション 等 の 取 組 の 促 進 (2) 都 の 役 割 これまで 都 は 平 成 13(2001) 年 の 東 京 都 観 光 産 業 振 興 プラン の 策 定 以 降 本 格 的 な 旅 行 者 誘 致 に 向 けたプロモーション 等 を 展 開 し 東 京 を 訪 れる 外 国 人 旅 行 者 を 大 幅 に 増 加 させるなど 大 きな 役 割 を 果 たしてきた 今 後 も 東 京 は 日 本 のゲートウェイ( 玄 関 口 ) として それ 自 体 が 成 長 産 業 で あり 幅 広 い 産 業 に 経 済 波 及 効 果 をもたらす 観 光 産 業 を しっかりと 育 てていく 必 要 がある そのため 都 は 外 国 人 旅 行 者 誘 致 を 積 極 的 に 展 開 していくとともに 魅 力 ある 資 源 の 開 発 や 旅 行 者 が 快 適 に 過 ごせる 受 入 環 境 の 充 実 など 東 京 全 体 としての 魅 力 を 119

3 高 める 施 策 を 戦 略 的 に 推 進 していく また 国 をはじめ 他 の 地 域 や 都 市 との 連 携 を 着 実 に 進 めるほか 地 域 の 活 性 化 に 向 けた 地 域 の 自 立 的 かつ 持 続 的 な 取 組 を 積 極 的 に 支 援 していく < 東 京 全 体 の 視 点 による 政 策 策 定 施 策 の 推 進 > 東 京 全 体 の 戦 略 的 な 観 光 産 業 振 興 政 策 の 企 画 立 案 旅 行 目 的 地 としての 東 京 の 国 際 的 地 位 の 向 上 マーケティング 機 能 の 強 化 による 効 果 的 な 外 国 人 旅 行 者 誘 致 戦 略 の 策 定 海 外 に 向 けて 東 京 の 魅 力 を 訴 求 するための 積 極 的 な 情 報 発 信 旅 行 者 の 利 便 性 満 足 度 向 上 に 資 する 都 内 全 体 に 及 ぶ 受 入 環 境 の 充 実 < 地 域 に 対 する 協 力 支 援 > 区 市 町 村 や 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 民 間 事 業 者 等 が 実 施 する 観 光 産 業 振 興 の 取 組 への 協 力 支 援 行 政 区 域 を 前 提 としない 地 域 における 広 域 的 な 観 光 産 業 振 興 の 促 進 < 国 内 外 における 連 携 の 推 進 > 東 京 圏 や 首 都 圏 ( 関 東 圏 )の 自 治 体 等 と 協 働 した 外 国 人 旅 行 者 誘 致 やルート 開 発 など 地 域 間 連 携 の 推 進 国 内 の 自 治 体 等 と 協 働 した 地 方 の 観 光 拠 点 や 都 市 と 東 京 を 結 ぶ 施 策 の 展 開 など 地 域 都 市 間 連 携 の 推 進 海 外 主 要 都 市 との 共 同 PRや 相 互 PRなど 国 際 的 な 都 市 間 連 携 の 推 進 < 国 との 連 携 による 大 都 市 における 観 光 の 推 進 > 国 が 掲 げる 大 都 市 における 観 光 の 推 進 に 当 たって 首 都 東 京 としてのポテ ンシャルを 発 揮 する 取 組 の 推 進 < 観 光 を 支 える 人 材 の 育 成 > 産 学 官 の 連 携 等 による 観 光 を 支 える 人 材 の 育 成 国 際 的 な 人 材 の 育 成 (3) 区 市 町 村 の 役 割 平 成 25(2013) 年 2 月 1 日 現 在 都 内 62 区 市 町 村 のうち その 名 に 観 光 を 冠 し た 組 織 を 設 置 している 区 市 町 村 は 28 自 治 体 1 であり 42 自 治 体 で 観 光 に 関 するプラ ンが 策 定 されているなど 観 光 産 業 振 興 に 向 けた 取 組 が 進 みつつある 1 ここでは 部 課 名 に 観 光 が 含 まれている 組 織 をカウントした 120

4 区 市 町 村 については 自 ら 観 光 産 業 振 興 を 推 進 していくだけでなく 地 域 による 取 組 を 積 極 的 に 後 押 ししていく 役 割 が 求 められる そして 各 地 域 の 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 民 間 事 業 者 地 域 住 民 などへの 支 援 とともに それらとの 連 携 を 進 め 地 域 の 特 色 を 活 かした 観 光 資 源 の 開 発 旅 行 者 を 温 かく 迎 える 行 動 の 実 践 観 光 の 視 点 に 立 ったまちづくり 地 域 の 魅 力 の 情 報 発 信 など 自 立 的 持 続 的 な 観 光 産 業 振 興 を 推 進 していく さらに 都 や 近 隣 の 区 市 町 村 などとの 連 携 により 行 政 区 域 を 前 提 としない 旅 行 者 の 目 線 に 立 った 施 策 を 進 め 地 域 づくりに 資 する 人 材 を 育 成 するなど 地 域 の 活 性 化 に 向 けた 施 策 を 展 開 していく < 区 市 町 村 における 政 策 の 企 画 立 案 > 区 市 町 村 それぞれの 地 域 における 観 光 産 業 振 興 に 資 する 政 策 の 企 画 立 案 < 各 地 域 における 施 策 の 推 進 > 各 地 域 における 自 立 的 持 続 的 な 取 組 の 推 進 歴 史 文 化 産 業 など 様 々な 資 源 や 特 性 を 活 かした 観 光 資 源 の 開 発 その 魅 力 や 観 光 情 報 の 発 信 提 供 地 域 に 密 着 した 受 入 環 境 の 充 実 などの 推 進 観 光 の 視 点 に 立 った 地 域 におけるまちづくり 等 の 推 進 < 広 域 的 な 施 策 の 推 進 > 都 や 近 隣 区 市 町 村 と 連 携 した 行 政 区 域 を 前 提 としない 旅 行 者 目 線 による 施 策 の 推 進 < 地 域 の 各 主 体 に 対 する 支 援 等 > 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 民 間 事 業 者 住 民 などによる 旅 行 者 誘 致 に 向 けた 取 組 への 支 援 や 各 主 体 による 一 体 的 な 取 組 の 促 進 地 域 の 実 施 主 体 の 育 成 や 地 域 づくりをリード コーディネートする 人 材 の 育 成 < 観 光 に 対 する 意 識 の 醸 成 > 地 域 における 観 光 への 意 識 や ホスピタリティ(おもてなしの 心 )の 醸 成 (4) 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 の 役 割 平 成 25(2013) 年 2 月 1 日 現 在 区 市 町 村 や 地 域 における 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 は 55 団 体 に 達 しており 近 年 その 設 立 や 法 人 化 が 増 加 しているなど 地 域 に おける 観 光 産 業 振 興 の 機 運 は 高 まりつつある 121

5 NPOなどのいわゆる 新 たな 公 を 含 むこうした 観 光 関 連 団 体 は 地 域 におけ る 様 々な 取 組 の 実 施 主 体 の 中 心 となり 地 域 の 自 立 的 かつ 持 続 的 な 取 組 の 担 い 手 と なることが 期 待 される 今 後 は それぞれの 団 体 の 特 性 を 活 かしながら 地 域 資 源 の 掘 り 起 こし 再 発 見 による 魅 力 の 創 出 と 発 信 観 光 ルートづくりや 特 産 品 の 開 発 など 旅 行 者 誘 致 を 通 じた 地 域 の 活 性 化 に 向 けた 事 業 を 推 進 していく < 各 地 域 における 取 組 の 推 進 > 各 地 域 における 自 立 的 持 続 的 な 取 組 の 推 進 再 掲 歴 史 文 化 産 業 など 様 々な 資 源 や 特 性 を 活 かした 観 光 資 源 の 開 発 その 魅 力 や 観 光 情 報 の 発 信 提 供 地 域 に 密 着 した 受 入 環 境 の 充 実 などの 推 進 再 掲 観 光 の 視 点 に 立 った 地 域 におけるまちづくり 等 の 推 進 再 掲 地 域 における 取 組 の 推 進 軸 としての 主 体 的 な 活 動 を 期 待 < 地 域 における 人 材 育 成 > 訪 れた 旅 行 者 に 地 域 の 魅 力 を 紹 介 できる 人 材 や 地 域 づくりをリード コーディ ネートする 人 材 の 育 成 < 地 域 が 一 体 となった 取 組 > 都 や 区 市 町 村 民 間 事 業 者 都 民 等 と 一 体 となって 協 働 する 枠 組 み(プラットフ ォーム)の 形 成 (5) 民 間 事 業 者 の 役 割 旅 行 事 業 者 や 交 通 事 業 者 宿 泊 事 業 者 などの 民 間 事 業 者 は 都 の 観 光 産 業 振 興 施 策 とも 連 携 し 海 外 からの 旅 行 商 品 の 開 発 をはじめ 海 外 に 向 けた 東 京 のPR 多 言 語 による 案 内 表 示 等 の 受 入 体 制 の 整 備 旅 行 者 への 観 光 情 報 の 提 供 など 国 内 外 の 旅 行 者 誘 致 に 向 けた 様 々な 取 組 を 展 開 している 今 後 は 時 代 の 変 化 や 多 様 化 する 旅 行 者 のニーズに 対 応 した 商 品 の 開 発 質 の 高 い 旅 行 の 催 行 をはじめ 観 光 施 設 や 商 業 施 設 飲 食 店 等 での 外 国 語 による 対 応 旅 行 者 に 対 する 充 実 した 観 光 情 報 の 提 供 ホスピタリティあふれる 対 応 など 旅 行 者 の 満 足 度 向 上 に 貢 献 するサービスの 提 供 を より 一 層 充 実 させていく 122

6 < 旅 行 者 ニーズに 対 応 した 商 品 開 発 > 旅 行 目 的 地 としての 東 京 の 魅 力 のPR 海 外 の 旅 行 市 場 旅 行 者 層 の 特 性 を 踏 ま えた 旅 行 商 品 の 開 発 東 京 を 訪 れた 旅 行 者 の 満 足 度 を 高 める 東 京 独 自 の 旅 行 商 品 の 提 供 や 旅 行 の 催 行 < 旅 行 者 の 満 足 度 を 高 めるサービス 提 供 > 外 国 語 標 記 や 異 文 化 への 適 切 な 対 応 など 外 国 人 旅 行 者 にわかりやすく 利 用 し やすいサービスの 充 実 ホスピタリティあふれるサービスの 提 供 そうしたサービスを 提 供 できる 人 材 の 育 成 地 域 における 観 光 情 報 の 提 供 など 旅 行 者 の 利 便 性 の 向 上 < 行 政 地 域 と 一 体 となった 取 組 の 推 進 > 行 政 や 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 都 民 等 との 連 携 による 地 域 の 特 色 を 活 かし た 観 光 まちづくりへの 参 画 地 域 資 源 の 活 用 や 新 たな 観 光 ルート 開 発 等 旅 行 者 目 線 による 資 源 開 発 への 参 画 都 市 間 地 域 間 連 携 に 向 けたコーディネートや 民 間 事 業 者 間 の 連 携 の 推 進 (6) 都 民 の 役 割 観 光 は 必 ずしも 専 門 的 な 産 業 分 野 ではなく 都 民 に 身 近 な 問 題 である 世 界 的 な 観 光 都 市 としての 地 位 を 築 いてきた 欧 米 諸 都 市 がそうであるように 人 々の 交 流 は その 都 市 において 文 化 や 思 想 芸 術 習 慣 流 行 などの 新 たな 価 値 を 創 造 する そして 観 光 による 交 流 は 旅 行 者 とともに 住 民 が 主 役 となって 成 立 するものであ る 国 際 都 市 東 京 においても 都 民 の 一 人 ひとりがホスピタリティや 寛 容 な 心 を 持 って 外 国 人 旅 行 者 に 接 することで 東 京 ファンを 世 界 中 に 増 やしていくことが 大 切 である また 都 民 自 身 が 自 らが 住 み 活 動 する 街 や 地 域 についての 理 解 を 深 め そこへの 誇 りや 愛 着 を 育 むとともに 人 々が 集 まり 賑 わいのある 魅 力 的 なまちづくりに 向 けた 取 組 に 参 加 していくことも 重 要 なことである < 各 地 域 における 取 組 の 推 進 > 各 地 域 における 自 立 的 持 続 的 な 取 組 の 推 進 再 掲 自 らの 地 域 の 活 性 化 はもとより 東 京 という 都 市 や 我 が 国 の 成 長 に 向 けて 観 光 123

7 が 果 たす 役 割 について 理 解 を 深 める ボランティアや 地 域 づくりへの 参 加 など 観 光 の 視 点 による 取 組 への 貢 献 < 地 域 に 対 する 誇 りや 愛 着 の 醸 成 > 自 らの 地 域 に 対 する 理 解 を 深 め その 良 さを 再 認 識 することによる 地 域 への 誇 りや 愛 着 の 醸 成 < 国 際 都 市 東 京 における 旅 行 者 の 受 入 > 日 本 人 の 特 質 である 誠 実 さ 親 切 さ 江 戸 東 京 の 伝 統 が 育 んだ 他 人 を 思 いやる 心 意 気 などを 活 かしたホスピタリティの 体 現 異 文 化 についての 理 解 を 深 めるなど 相 互 理 解 の 推 進 (7)( 公 財 ) 東 京 観 光 財 団 の 役 割 ( 公 財 ) 東 京 観 光 財 団 は 行 政 や 民 間 事 業 者 との 連 携 を 図 りながら 国 内 外 の 旅 行 者 誘 致 を 推 進 している また 各 地 の 観 光 協 会 等 の 取 組 や 連 携 を 促 進 するなど 東 京 全 体 をカバーする 都 内 唯 一 の 広 域 観 光 団 体 として 都 の 行 政 を 補 完 する 機 能 を 担 っている 東 京 の 観 光 産 業 振 興 の 推 進 においては 行 政 だけでなく 民 間 事 業 者 との 関 係 が 重 要 となることから 公 民 の 性 格 を 併 せ 持 ち 行 政 と 民 間 をつないでいる 本 財 団 の 役 割 は 極 めて 重 要 となっている 本 財 団 は 観 光 産 業 振 興 における 専 門 性 の 向 上 を 図 るとともに その 体 制 機 能 を 強 化 し 都 と 一 体 となった 効 果 的 な 事 業 を 展 開 していく <( 公 財 ) 東 京 観 光 財 団 のあり 方 > 東 京 全 体 の 広 域 的 な 視 点 による 国 内 外 の 旅 行 者 誘 致 の 推 進 観 光 産 業 振 興 全 般 における 専 門 性 の 向 上 柔 軟 かつ 機 動 的 な 組 織 運 営 体 制 の 構 築 東 京 の 観 光 における 付 加 価 値 を 生 み 出 す 調 査 分 析 機 能 の 強 化 海 外 の 旅 行 市 場 やMICE 市 場 の 動 向 外 国 人 旅 行 者 をめぐるトレンド 情 報 など 付 加 価 値 のある 情 報 提 供 による 民 間 事 業 者 に 対 するプレゼンスの 強 化 民 間 事 業 者 等 と 連 携 した 旅 行 者 誘 致 やMICE 誘 致 の 展 開 による 柔 軟 性 機 動 性 を 備 えたプラットフォーム 機 能 の 強 化 各 地 の 観 光 協 会 等 の 取 組 や 連 携 を 促 進 するなど 地 域 における 求 心 力 の 向 上 124

8 2 東 京 の 観 光 産 業 振 興 を 支 える 視 点 (1) 東 京 が 一 体 となった 観 光 産 業 振 興 の 推 進 東 京 では 観 光 産 業 振 興 を 推 進 するため これまで 様 々な 主 体 が 連 携 した 取 組 を 進 めてきた しかし 今 後 さらなる 旅 行 者 誘 致 を 図 っていくためには 取 組 が 不 十 分 である 点 を 見 直 すとともに より 強 固 な 連 携 関 係 を 構 築 するなど 前 項 の 役 割 分 担 を 踏 まえ 東 京 が 一 体 となった 取 組 を 進 めていかなければならない 都 の 施 策 推 進 に 当 たっては 東 京 都 観 光 事 業 審 議 会 における 観 光 施 策 に 係 る 審 議 を 十 分 に 踏 まえるとともに 庁 内 の 産 業 力 強 化 会 議 や 観 光 連 携 推 進 会 議 等 を 活 用 す るなど 関 係 部 署 との 調 整 協 議 を 深 め 幅 広 く 本 プランの 施 策 効 果 を 高 める 取 組 を 推 進 していく 平 成 20(2008) 年 に 設 置 された 観 光 庁 による 国 を 挙 げた 観 光 立 国 への 取 組 の 強 化 を 踏 まえ 外 国 人 旅 行 者 誘 致 や 大 都 市 観 光 の 推 進 等 において 国 との 関 係 を 強 化 して いく また 地 域 の 観 光 産 業 振 興 に 積 極 的 な 区 市 町 村 と 課 題 を 共 有 し 観 光 産 業 振 興 の 進 み 具 合 等 ( 発 展 段 階 )に 応 じた 協 力 支 援 など 東 京 全 体 の 観 光 産 業 振 興 に 資 す る 取 組 を 促 進 する さらに 地 域 における 観 光 産 業 振 興 の 担 い 手 としての 役 割 が 期 待 される 観 光 関 連 団 体 や 多 様 化 する 旅 行 者 ニーズへの 対 応 力 と 豊 富 な 知 識 や 経 験 の 活 用 などが 期 待 される 民 間 事 業 者 との 情 報 共 有 を 十 分 に 図 っていくなど 具 体 的 な 事 業 実 施 における 関 係 を 強 化 する 一 方 で 都 民 が 積 極 的 に 観 光 産 業 振 興 に 参 画 できるよう 旅 行 者 と 交 流 しやすい 環 境 の 整 備 を 検 討 するなど 観 光 が 身 近 に 感 じられる 土 壌 をつくっていく 都 は こうした 各 主 体 との 関 わりを 強 めることにより その 施 策 効 果 を 高 めてい くとともに 各 主 体 間 の 連 携 についても 促 進 していくなど 東 京 が 一 体 となって 観 光 産 業 振 興 を 推 進 するよう 努 めていく (2) 旅 行 者 誘 致 を 支 える 調 査 分 析 機 能 の 強 化 さらなる 旅 行 者 誘 致 の 推 進 には ターゲットとなる 海 外 の 旅 行 市 場 や 旅 行 者 層 だ けでなく 東 京 の 観 光 の 現 状 や その 潜 在 力 となる 資 源 についても 的 確 に 把 握 分 析 し 戦 略 的 な 施 策 展 開 へとつなげていくことが 重 要 である 外 国 人 旅 行 者 誘 致 については 国 地 域 ごとに 異 なる 市 場 や 旅 行 者 層 における 特 徴 的 な 行 動 パターン( 行 動 特 性 )に 踏 み 込 んだきめ 細 かなマーケティングを 展 開 し ていくほか 発 地 ( 海 外 市 場 )に 加 えて 着 地 ( 東 京 )における 調 査 も 充 実 していく また 東 京 の 現 状 を 把 握 するためには 観 光 庁 が 整 備 を 進 めている 観 光 統 計 の 活 用 や 民 間 事 業 者 との 連 携 を 図 りながら 都 内 における 旅 行 者 の 動 向 や 有 意 な 計 数 情 報 の 把 握 について 検 討 していく 125

9 さらに 観 光 の 視 点 からみた 東 京 の 潜 在 力 東 京 の 強 みを 活 かした 新 たな 観 光 産 業 振 興 施 策 の 可 能 性 を 追 究 するなど 東 京 自 らの 観 光 を 対 象 とした 調 査 分 析 機 能 政 策 の 立 案 機 能 の 強 化 についても 併 せて 検 討 していく 政 府 観 光 局 機 能 海 外 の 国 や 地 域 では 政 府 観 光 局 と 呼 ばれる 機 関 により 戦 略 的 な 旅 行 者 誘 致 施 策 を 展 開 している 例 が 数 多 くみられます 政 府 観 光 局 は その 国 や 地 域 の 事 情 などにより 行 政 機 関 や 民 間 組 織 あるいはその 連 合 体 など 様 々な 形 態 がみられます また 国 に 限 らず 州 や 都 市 といったレベルでも 同 様 の 組 織 を 持 ち 機 能 させているケースが 少 な くありません その 政 府 観 光 局 の 機 能 は とりわけ 国 外 からの 旅 行 者 誘 致 を 推 進 するため マーケテ ィングや 宣 伝 広 報 国 際 イベントの 誘 致 主 催 などを 主 軸 としながら 自 国 ( 地 域 ) の 観 光 政 策 を 実 施 することにあります そして その 実 施 に 当 たっては 高 い 専 門 性 や 民 間 事 業 者 等 との 緊 密 な 連 携 (パートナーシップ)を 保 つとともに より 柔 軟 で 機 動 的 な 施 策 展 開 を 図 っている 点 が 大 きな 特 徴 となっています なお 我 が 国 においては 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 (JNTO 通 称 日 本 政 府 観 光 局 )が 国 として その 役 割 を 担 っています 海 外 の 政 府 観 光 局 の 状 況 組 織 名 総 職 員 数 海 外 事 業 所 数 総 予 算 フランス フランス 観 光 開 発 機 構 ATOUT France 430 人 ( 平 成 21 年 12 月 ) 36 箇 所 89 億 円 ( 平 成 22 年 度 ) 英 国 英 国 政 府 観 光 庁 Visit Britain 250 人 ( 平 成 22 年 5 月 ) 32 箇 所 139 億 円 ( 平 成 20 年 度 ) オーストラリア オーストラリア 政 府 観 光 局 Tourism Australia (TA) 216 人 ( 平 成 22 年 6 月 ) 13 箇 所 126 億 円 韓 国 韓 国 観 光 公 社 Korea Tourism Organization (KTO) 613 人 ( 平 成 21 年 3 月 ) 27 箇 所 293 億 円 香 港 香 港 政 府 観 光 局 Hong Kong Tourism Board (HKTB) 325 人 ( 平 成 21 年 3 月 ) 22 箇 所 65 億 円 シンガポール シンガポール 政 府 観 光 局 Singapore Tourism Board (STB) 約 580 人 ( 平 成 22 年 8 月 ) 22 箇 所 131 億 円 ( 平 成 21 年 度 ) 台 湾 交 通 観 光 部 または 台 湾 観 光 協 会 606 人 ( 平 成 22 年 8 月 ) 11 箇 所 290 億 円 タイ タイ 国 政 府 観 光 庁 Tourism Authority of Thailand (TAT) 918 人 ( 平 成 22 年 5 月 ) 23 箇 所 178 億 円 ( 平 成 20 年 度 ) マレーシア マレーシア 政 府 観 光 局 Malaysia Tourism Promotion Board (MTPB) 約 1,000 人 ( 平 成 22 年 7 月 ) 43 箇 所 132 億 円 ニューヨーク 市 NYC & Company(NYCC) 不 明 18 箇 所 33 億 円 ( 平 成 21 年 度 ) パリ 市 パリ 観 光 局 Office de tourisme et des congrès de Paris 102 人 ( 平 成 21 年 平 均 ) - 12 億 円 ( 平 成 20 年 度 ) ロンドン 市 London & Partners 85 人 ( 平 成 22 年 ) 不 明 39 億 円 出 典 : 平 成 24 年 版 観 光 白 書 平 成 22(2010) 年 国 際 観 光 白 書 平 成 23 年 東 京 都 調 査 による 126

10 (3) 観 光 産 業 振 興 を 進 める 財 源 の 確 保 都 では 国 際 都 市 東 京 の 魅 力 を 高 める 観 光 産 業 振 興 を 推 進 していくため 東 京 都 税 制 調 査 会 の 答 申 を 受 けて 平 成 14(2002) 年 に 観 光 振 興 施 策 に 充 てる 財 源 確 保 を 目 的 とした 法 定 外 の 宿 泊 税 を 導 入 した 宿 泊 税 はホテル 等 の 宿 泊 者 に 一 定 の 負 担 を 求 め 税 収 の 全 額 を 観 光 案 内 所 の 運 営 や 多 言 語 による 観 光 案 内 標 識 の 設 置 ウェルカムカードの 発 行 など 旅 行 者 の 利 便 性 や 東 京 の 魅 力 向 上 などに 資 する 様 々な 施 策 の 費 用 に 充 当 している このように 宿 泊 税 は 創 設 から 10 年 余 りにわたって 都 の 観 光 振 興 施 策 を 財 政 面 から 支 えてきた 今 後 も 安 定 的 に 財 源 を 確 保 し 本 プランに 掲 げる 施 策 を 着 実 に 推 進 していく 宿 泊 税 の 概 要 区 分 具 体 的 内 容 目 的 等 納 税 義 務 者 課 税 免 除 国 際 都 市 東 京 の 魅 力 を 高 めるとともに 観 光 の 振 興 を 図 る 施 策 に 要 する 費 用 に 充 てる 都 内 のホテル 等 の 宿 泊 者 宿 泊 料 金 1 人 1 泊 1 万 円 未 満 の 宿 泊 税 率 宿 泊 料 金 1 人 1 泊 1 万 円 以 上 1 万 5 千 円 未 満 の 宿 泊 100 円 1 万 5 千 円 以 上 の 宿 泊 200 円 徴 収 方 法 ホテル 等 による 特 別 徴 収 ( 特 別 徴 収 義 務 者 288 件 施 設 数 467 件 ( 平 成 24 年 12 月 末 ) ) 施 行 日 平 成 14 年 10 月 1 日 宿 泊 税 収 の 推 移 ( 単 位 : 百 万 円 ) 年 度 14 年 度 15 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 税 額 496 1,154 1,163 1,193 1,291 1,410 1,316 1,010 1, ,036 1,058 年 度 は 平 成 平 成 24 年 度 は 補 正 後 予 算 額 平 成 25 年 度 は 当 初 予 算 額 127

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 News Release 2014 年 12 月 5 日 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 は 共 同 研 究 により 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 における 観 光 の 位 置

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近 東 京 のブランド 力 ~ 世 界 が 憧 れる5つの 魅 力 ~ 概 要 版 この 研 究 報 告 書 は 外 国 人 から 見 た 東 京 の 魅 力 が 何 であるかを 探 り それを 東 京 の 都 市 ブラ ンドとして 世 界 から 認 知 されるための 課 題 と 戦 略 を 研 究 したものである 東 京 の 魅 力 向 上 によって 国 際 競 争 力 を 高 め 東 京 を 訪 問

More information

<4D F736F F F696E74202D E9197BF A8DA18CE382CC93FA967B ED97AA82C982C282A282C42E707074>

<4D F736F F F696E74202D E9197BF A8DA18CE382CC93FA967B ED97AA82C982C282A282C42E707074> 資 料 5 今 後 の 日 本 ブランド 戦 略 について 第 2 回 コンテンツ 日 本 ブランド 専 門 調 査 会 平 成 20 年 3 月 6 日 1 1. 主 な 日 本 ブランド 振 興 策 の 例 日 本 ブランド 戦 略 の 推 進 魅 力 ある 日 本 を 世 界 に 発 信 - (コンテンツ 専 門 調 査 会 日 本 ブランド ワーキンググループ 2005 年 2 月 25 日

More information

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光

宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ き, 観 光 を 経 済 波 及 効 果 の 大 きい 本 県 経 済 の 成 長 のカギと 位 置 づけ, 県 民 の 参 加 のもと 幅 広 い 分 野 で 観 光 第 3 期 みやぎ 観 光 戦 略 プラン 概 要 版 みやぎ 観 光 創 造 県 民 条 例 に 基 づく 観 光 振 興 に 関 する 基 本 的 な 計 画 ~みやぎの 観 光 の 創 造 的 復 興 とさらなる 飛 躍 へ~ 平 成 26 年 3 月 宮 城 県 宮 城 県 ( 以 下 県 という )は, 平 成 19 年 3 月 に 策 定 した 宮 城 の 将 来 ビジョン に 基 づ

More information

様式1 全体(観光交流局)

様式1 全体(観光交流局) ( 様 式 1: 総 括 表 ) 平 成 22 年 度 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 運 営 プログラム 平 成 22 年 度 における 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 の 運 営 については 以 下 のとおりとする 1 重 点 施 策 及 び 目 標 の 一 覧 施 策 番 号 重 点 施 策 の 名 称 重 点 施 策 の 目 標 1 魅 力 溢 れる 観 光 交 流 山 形

More information

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0 して 活 気 のある 魅 力 的 なまちづくりを 推 進 することで 交 流 人 口 の 拡 大 を 図 る (ア) 現 況 と 問 題 点 Ⅰ( 国 道 県 道 及 び 市 道 ) 本 市 の 主 要 道 路 は 諫 早 方 面 から 一 般 国 道 57 号 が 島 原 半 島 の 西 岸 を 経 て 小 浜 雲 仙 から 島 原 市 に 至 り 市 域 の 東 岸 には 一 般 国 道 251

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

スライド 1

スライド 1 原 子 力 災 害 による 風 評 被 害 を 含 む 影 響 への 対 策 国 土 交 通 省 観 光 庁 目 次 1. 福 島 県 における 観 光 関 連 復 興 支 援 事 業 2. 福 島 県 教 育 旅 行 再 生 事 業 実 績 と 課 題 3. 福 島 県 観 光 戦 略 会 議 4. 東 北 地 域 観 光 復 興 対 策 事 業 5. 訪 日 旅 行 促 進 事 業 (ビジット

More information

① 報 告 事 項 平 成 2 6 年 度 事 業 計 画 当 連 盟 では 平 成 27 年 春 の 北 陸 新 幹 線 の 開 業 や 同 年 秋 のJR 北 陸 三 県 等 と 連 携 した 北 陸 デスティネーションキャンペーン の 実 施 を 見 据 え 今 年 秋 に 本 県 で 開 催 される 全 国 販 売 促 進 会 議 に 向 けて 諸 準 備 を 進 めるとともに 県 や 市 町

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案

Microsoft Word - 02 資料2関係 次期産業プランの骨子案 次 期 産 業 プラン(とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ))の 骨 子 案 資 料 2-1 Ⅰ とちぎ 産 業 成 長 戦 略 ( 仮 称 ) 策 定 の 趣 旨 1 策 定 の 背 景 趣 旨 新 とちぎ 産 業 プラン 策 定 後 の 本 県 産 業 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 等 を 踏 まえ 本 県 の 強 みを 活 かし 更 なる 産 業 振 興 施

More information

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特 平 成 26 年 度 公 益 社 団 法 人 鹿 児 島 県 観 光 連 盟 事 業 計 画 書 Ⅰ 公 1 事 業 1 観 光 客 の 誘 致 促 進 に 関 する 事 業 本 事 業 は 会 員 非 会 員 を 問 わず 不 特 定 多 数 の 観 光 客 等 に 対 し 県 内 各 地 の 観 光 スポ ットや 旬 のイベントなどを 広 く 情 報 発 信 するほか 国 内 外 の 旅 行 会

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 環 境 認 識 及 び 基 本 方 針 (1) 伊 勢 志 摩 地 域 としての 方 向 性 式 年 遷 宮 後 のおかげ 年 にあたる 平 成 26 年 の 伊 勢 神 宮 参 拝 客 数 は 約 1,086 万 人 で 前 年 に 引 き 続 き 多 くの 人 々で 賑 わい 日 本 人 の 心 の 源 郷 というイメージをさらに 印 象 付 けました

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 5 回 変 更 ) ひ ろ し ま 広 島 と し ん 都 心 ち く 地 区 ひろしまけん 広 島 ひ ろ し ま 県 広 島 し 市 平 成 22 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A8ACF8CF594928F91817997768E7C817A92F990B38DCF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A8ACF8CF594928F91817997768E7C817A92F990B38DCF2E646F63> 平 成 20 年 度 観 光 の 状 況 第 Ⅰ 部 観 光 政 策 の 新 たな 展 開 第 1 章 観 光 を 巡 る 国 際 情 勢 と 政 府 を 挙 げた 観 光 政 策 の 推 進 第 1 節 観 光 庁 の 発 足 平 成 18 年 12 月 の 観 光 立 国 推 進 基 本 法 の 成 立 平 成 19 年 6 月 の 観 光 立 国 推 進 基 本 計 画 の 閣 議 決 定 等

More information

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1 規 制 改 革 ホットライン へ 提 案 内 容 と 官 回 答 参 考 資 料 1 提 案 官 制 度 現 状 寄 港 地 上 陸 許 可 手 続 運 用 改 善 とトランジット ビザ 発 給 方 法 見 直 し 要 望 具 体 的 内 容 観 光 立 国 実 現 観 点 から わが 国 主 要 国 際 空 港 等 において 自 動 化 ゲート 活 用 混 雑 時 既 存 ブ ースフル 運 用 を

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集 第 3 章 酒 田 市 中 長 期 観 光 戦 略 ( 新 酒 田 物 語 ) 前 章 の 酒 田 市 の 観 光 の 現 状 と 課 題 SWOT 分 析 等 を 受 けて あらためて 酒 田 市 の 観 光 における 課 題 を 整 理 し 課 題 に 対 応 した 戦 略 とするため 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 を 策 定 する (1) 酒 田 市 の 観 光 の 課 題 整

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

需給とも好調なホテルマーケットの見通し

需給とも好調なホテルマーケットの見通し 需 給 とも 好 調 なホテルマーケットの 見 通 し 投 資 調 査 第 1 部 客 員 研 究 員 岡 村 七 月 今 ホテルマーケットが 熱 い 日 本 人 の 国 内 旅 行 需 要 が 消 費 税 率 の 引 き 上 げの 影 響 による 落 ち 込 みから 回 復 する 中 外 国 人 観 光 客 が 過 去 に 例 を 見 ない 勢 いで 増 加 し 東 京 や 大 阪 では 曜 日

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 都 市 間 交 流 を 軸 とした Local o Localの t 観 光 誘 客 九 州 戦 略 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 松 本 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 松 本 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 松 本 市 は 400

More information

スライド 1

スライド 1 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 に 伴 う 我 が 国 への 経 済 波 及 効 果 2014 年 1 月 森 記 念 財 団 都 市 戦 略 研 究 所 試 算 結 果 の 要 旨 1. 我 が 国 全 体 で 約 20 兆 円 の 経 済 波 及 効 果 東 京 オリンピック パラリンピック( 以 下 東 京 オリンピック )の 開 催 に 伴 う 経 済 波 及 効

More information

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿 観 光 特 産 品 等 における 福 島 ブランド 活 性 化 方 策 調 査 概 要 本 調 査 では 東 日 本 大 震 災 影 響 により 下 落 した 福 島 県 観 光 客 入 込 客 数 や 県 産 品 売 上 高 を 回 復 させるため 施 策 を 提 言 として 取 りまとめるため 検 討 に 必 要 な 調 査 等 を 実 施 した また 施 策 実 施 によって 福 島 ブランド

More information

Microsoft PowerPoint - 第14回 香港

Microsoft PowerPoint - 第14回 香港 第 14 号 (28 年 12 月 11 日 ) 香 港 の 基 本 情 報 香 港 の 総 面 積 は 東 京 都 の 約 半 分 ほどで 九 龍 香 港 島 新 界 周 辺 諸 島 の4つの 区 域 で 構 成 されて います 15 年 程 前 には 不 毛 の 岩 山 と 呼 ばれた 香 港 は 今 や 世 界 で 最 も 自 由 な 経 済 地 域 であり 世 界 屈 指 の 金 融 貿 易

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt)

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt) GIFU ECONOMIC AND INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 観 光 平 成 27 年 度 担 当 者 : 主 任 調 査 役 堀 邦 裕 報 告 内 容 1 岐 阜 県 の 観 光 の 動 向 2 全 国 から 見 た 岐 阜 県 の 観 光 3 最 近 の 動 向 と 課 題 4 観 光 振 興 等 についての 意 見 要 望 等 5 主 な 観 光 宿 泊 地 の

More information

212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 外 人 宿 泊 者 数 の 現 状 と 達 成 目 標 ( 万 人 ) 目 標 37. 4 28.1 3.1 3.5 3 2 1 11.7 18.4 23.5 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H24 別 内 訳 名 H22 8.8 オース

212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 外 人 宿 泊 者 数 の 現 状 と 達 成 目 標 ( 万 人 ) 目 標 37. 4 28.1 3.1 3.5 3 2 1 11.7 18.4 23.5 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H24 別 内 訳 名 H22 8.8 オース 212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 長 野 県 際 観 光 戦 略 ( 案 ) 達 成 目 標 外 人 宿 泊 者 数 & 訪 日 教 育 旅 行 受 入 団 体 数 1 戦 略 1 戦 略 2 戦 略 3 戦 略 4 戦 略 5 戦 略 6 戦 略 7 戦 略 8 ターゲットを 絞 った 効 果 的 な 宣 伝 招 聘 戦 略 2 旅 行 会 社 とのパートナーシップ 戦 略 2 長

More information

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策 平 成 27 年 度 国 総 研 講 演 会 資 料 航 空 市 場 の 環 境 変 化 と 需 要 予 測 手 法 の 研 究 動 向 平 成 27 年 12 月 3 日 空 港 研 究 部 長 谷 川 勇 二 首 都 圏 空 港 利 用 者 数 の 推 移 日 本 の 実 質 GDPの 推 移 [ 単 位 :1 兆 円 ] 600 500 400 300 200 100 実 質 GDPの 推 移

More information

平成23年度事業計画(案)

平成23年度事業計画(案) 平 成 28 年 5 月 16 日 通 常 総 会 報 告 一 般 社 団 法 人 関 西 経 済 同 友 会 平 成 27 年 度 事 業 報 告 平 成 27 年 度 事 業 計 画 は 次 世 代 のための 国 地 域 企 業 づくり~ 輝 く 日 本 関 西 の 創 生 ~ をテーマに 次 世 代 への 貢 献 多 様 性 の 発 揮 発 信 力 の 強 化 を 重 点 課 題 と 位 置

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

観光の潜在力を探る ―訪日外国人数の中期見通し

観光の潜在力を探る ―訪日外国人数の中期見通し 観 光 の 潜 在 力 を 探 る 訪 日 外 国 人 数 の 中 期 見 通 し 2011 年 1 月 12 日 日 本 経 済 研 究 センター 研 究 員 蓮 見 亮 * * hasumi@jcer.or.jp 1 目 次 1.はじめに 産 業 としての 観 光 2.データで 探 る 観 光 の 潜 在 力 3. 分 析 : 訪 日 外 国 人 数 の 将 来 予 測 4. 観 光 立 国 実

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

<8349838A839383738362834E967B959489EF8CA98E9197BF2E786477>

<8349838A839383738362834E967B959489EF8CA98E9197BF2E786477> 平 成 26 年 1 月 21 日 市 長 記 者 会 見 資 料 2020 東 京 オリンピック パラリンピック かわさきプロジェクト 推 進 本 部 の 設 置 について 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 の 開 催 決 定 を 受 け 両 大 会 の 成 功 に 関 係 都 市 等 ともに 連 携 協 力 し 本 市 のスポーツ 文 化 や 経 済 の 振 興

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

大 阪 府 の 施 策 推 進 に 際 し 大 阪 維 新 の 会 大 阪 府 議 会 議 員 団 として 提 言 を 取 りまとめた 今 回 の 提 言 は 昨 年 に 引 き 続 き 世 界 とつながる 大 阪 の 成 長 戦 略 をテーマに IRの 誘 致 に 向 けた 積 極 的 な 取 組

大 阪 府 の 施 策 推 進 に 際 し 大 阪 維 新 の 会 大 阪 府 議 会 議 員 団 として 提 言 を 取 りまとめた 今 回 の 提 言 は 昨 年 に 引 き 続 き 世 界 とつながる 大 阪 の 成 長 戦 略 をテーマに IRの 誘 致 に 向 けた 積 極 的 な 取 組 平 成 27 年 度 大 阪 府 施 策 についての 提 言 平 成 27 年 8 月 大 阪 維 新 の 会 大 阪 府 議 会 議 員 団 大 阪 府 の 施 策 推 進 に 際 し 大 阪 維 新 の 会 大 阪 府 議 会 議 員 団 として 提 言 を 取 りまとめた 今 回 の 提 言 は 昨 年 に 引 き 続 き 世 界 とつながる 大 阪 の 成 長 戦 略 をテーマに IRの 誘

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

<82A082A282BF8CF68BA48CF092CA83728357838783938169494445438F4390B3816A>

<82A082A282BF8CF68BA48CF092CA83728357838783938169494445438F4390B3816A> 資 料 2 あいち 公 共 交 通 ビジョン( 仮 称 ) 素 案 - 平 成 28 年 7 月 愛 知 県 目 次 序 あいち 公 共 交 通 ビジョン( 仮 称 )について... 1 1 あいちの 公 共 交 通 の 現 状 と 公 共 交 通 を 取 り 巻 く 状 況 変 化... 2 (1)あいちの 公 共 交 通 の 現 状... 2 (2) 公 共 交 通 を 取 巻 く 状 況 変

More information

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流 資 料 2 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 と 青 少 年 の 国 際 交 流 平 成 22 年 4 月 30 日 ( 金 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 1.スポーツを 通 じた 国 際 交 流 について 11 国 際 競 技 力 の 向 上 と 国 際 スポーツ 界 をリードする 人 材 育 成 の 強 化 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 は 国 際 競 技 力 の

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面 積 350 ha 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 交 付 期 間 平

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面 積 350 ha 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 交 付 期 間 平 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 か ね だ 金 田 地 区 か い 2 回 へ ん こ う 変 更 ) ち ば 千 葉 き さ ら づ 県 木 更 津 し 市 平 成 27 年 12 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面

More information

記 Ⅰ. 産 業 振 興 1. 中 野 区 の 制 度 融 資 における 支 援 ( 信 用 保 証 料 ならびに 利 子 の 補 助 )の 拡 充 過 去 の 要 望 では 制 度 融 資 に 対 する 各 種 要 望 に 柔 軟 な 対 応 をいただき 大 変 感 謝 して いる 昨 年 度 に

記 Ⅰ. 産 業 振 興 1. 中 野 区 の 制 度 融 資 における 支 援 ( 信 用 保 証 料 ならびに 利 子 の 補 助 )の 拡 充 過 去 の 要 望 では 制 度 融 資 に 対 する 各 種 要 望 に 柔 軟 な 対 応 をいただき 大 変 感 謝 して いる 昨 年 度 に 平 成 27 年 7 月 28 日 中 野 区 長 田 中 大 輔 殿 中 野 区 議 会 議 長 北 原 ともあき 殿 東 京 商 工 会 議 所 中 野 支 部 会 長 麻 沼 雅 海 中 野 工 業 産 業 協 会 会 長 溝 口 秀 二 中 野 区 の 産 業 活 性 化 に 関 する 要 望 東 京 商 工 会 議 所 中 野 支 部 および 中 野 工 業 産 業 協 会 は 中 野 区

More information

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推 平 成 27 年 度 の 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 関 係 事 業 取 組 等 一 覧 実 施 年 度 省 庁 担 当 課 名 事 業 名 等 事 業 概 要 内 閣 官 房 ( 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 連 絡 会 議 担 当 ) 調 べ ( 平 成 27 年 9 月 17 日 現 在 ) 1 27 年 度 沖 縄 県 ( 商 工 労 働 部 国 際 物 流 商 業 課

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

宮 城 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 目 次 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 等......... 1 1-1 計 画 の 目 的 と 策 定 の 背 景...... 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ......... 2 1-3 計 画 の 期 間......... 3 2 高 齢 者 の 住 まいの 現 状 と 課 題......

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095788E528D918DDB91E58A778B4997763038944E94C520985F95B681698D828BB48CF58D4B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095788E528D918DDB91E58A778B4997763038944E94C520985F95B681698D828BB48CF58D4B816A2E646F63> 富 山 県 における 国 際 観 光 の 現 状 と 課 題 に 関 する 考 察 A Study on the Present Conditions and Problems of International Tourism in Toyama Prefecture 高 橋 光 幸 TAKAHASHI Mitsuyuki 1.はじめに わが 国 において 観 光 政 策 は 国 際 観 光 政 策

More information

1 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 (1) 道 内 経 済 への 影 響 対 策 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 消 費 者 マインドの 悪 化 や 生 産 活 動 が 低 下 し たほか 原 発 事 故 の 風 評 被 害 による 道 産 品 輸 出 の 低

1 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 (1) 道 内 経 済 への 影 響 対 策 東 日 本 大 震 災 の 影 響 により 消 費 者 マインドの 悪 化 や 生 産 活 動 が 低 下 し たほか 原 発 事 故 の 風 評 被 害 による 道 産 品 輸 出 の 低 Ⅱ 自 立 型 経 済 産 業 構 造 に 向 けた 施 策 展 開 本 道 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 組 に 当 たっては 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に 対 する 対 策 と 人 々の 生 活 を 支 える 力 強 い 地 域 経 済 づくり 本 道 経 済 の 成 長 力 強 化 に 向 けた 取 組 の 推 進 を 柱 に 施 策 を 展 開 する < 施 策 の 柱

More information

平成19年度 主な組織改正と人事配置について

平成19年度 主な組織改正と人事配置について 平 成 26 年 度 新 た な 組 織 体 制 と 人 事 配 置 に つ い て 暮 らしやすさ 日 本 一 の 県 づくり に 向 けて 山 梨 を 元 気 にする 4つのアクションや 当 面 する 重 要 課 題 へ 的 確 な 対 応 を 行 うとともに 第 二 期 チャレンジ 山 梨 行 動 計 画 に 基 づく 施 策 を 着 実 に 推 進 するため 簡 素 で 効 率 的 な 組

More information

財団法人日本体育協会説明資料

財団法人日本体育協会説明資料 資 料 1-2 第 9 回 文 部 科 学 省 政 策 会 議 国 民 スポーツ 振 興 に 関 する 資 料 期 日 : 平 成 21 年 12 月 9 日 ( 水 ) 会 場 : 衆 議 院 第 1 議 員 会 館 第 1 会 議 室 財 団 法 人 日 本 体 育 協 会 目 次 1. 国 民 スポーツ 振 興 の 基 本 的 考 え 方 (1) 国 民 スポーツ 振 興 の 基 本 理 念

More information

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について 2013 年 9 月 13 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 の 特 徴 について 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日

More information

1 異 動 の 規 模 等 (1) 異 動 規 模 ( 知 事 部 局 ) (2) 昇 任 の 状 況 ( 知 事 部 局 ) ( 単 位 : 人 ) ( 単 位 人 ) 異 動 内 容 H H 増 減 事 務 (うち 男 性 ) (うち 女 性 ) 技 術 (うち 男 性

1 異 動 の 規 模 等 (1) 異 動 規 模 ( 知 事 部 局 ) (2) 昇 任 の 状 況 ( 知 事 部 局 ) ( 単 位 : 人 ) ( 単 位 人 ) 異 動 内 容 H H 増 減 事 務 (うち 男 性 ) (うち 女 性 ) 技 術 (うち 男 性 平 成 28 年 4 月 1 日 付 人 事 異 動 の 概 要 平 成 28 年 3 月 18 日 ( 金 ) 高 知 県 総 務 部 人 事 課 1 異 動 の 規 模 等 (1) 異 動 規 模 ( 知 事 部 局 ) (2) 昇 任 の 状 況 ( 知 事 部 局 ) ( 単 位 : 人 ) ( 単 位 人 ) 異 動 内 容 H27.4.1 H28.4.1 増 減 事 務 (うち 男 性

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

グローバル・ウェルネス都市NAKANOの創造

グローバル・ウェルネス都市NAKANOの創造 資 料 2 ( 仮 称 ) 中 野 区 グローバル 都 市 戦 略 (たたき 台 ) グローバル 都 市 NAKANOの 創 造 個 性 豊 かな 都 市 活 動 を 中 野 から 世 界 へ 目 次 第 1 章 ( 仮 称 ) 中 野 区 グローバル 都 市 戦 略 の 策 定... 1 1.( 仮 称 ) 中 野 区 グローバル 都 市 戦 略 策 定 の 趣 旨... 1 2.( 仮 称 )

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 ( 一 部 改 訂 平 成 27 年 3 月 ) 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地

More information

(Microsoft Word - \223\354\221\212\224n\216s\222\206\220S\216s\220\351\214\276H21.3.25.doc)

(Microsoft Word - \223\354\221\212\224n\216s\222\206\220S\216s\220\351\214\276H21.3.25.doc) 定 住 自 立 圏 構 想 中 心 市 宣 言 書 ともにつくる 活 力 に 満 ちた 安 心 で 潤 いのある 南 相 馬 国 指 定 重 要 無 形 民 俗 文 化 財 相 馬 野 馬 追 1 南 相 馬 市 定 住 自 立 圏 中 心 市 宣 言 少 子 高 齢 化 と 人 口 減 少 地 方 圏 から 東 京 圏 への 人 口 の 流 出 地 域 経 済 の 低 迷 に 伴 う 厳 しい 財

More information

重 点 項 目 5-1 宮 崎 ならではの 魅 力 ある 観 光 地 づくり 取 組 事 項 5-1-1 神 話 の 源 流 みやざ き の 国 内 外 への 発 信 神 話 の 源 流 みやざ き ブランドイメージ の 浸 透 担 当 課 名 記 紀 編 さん 記 念 事 業 推 進 室 主 な

重 点 項 目 5-1 宮 崎 ならではの 魅 力 ある 観 光 地 づくり 取 組 事 項 5-1-1 神 話 の 源 流 みやざ き の 国 内 外 への 発 信 神 話 の 源 流 みやざ き ブランドイメージ の 浸 透 担 当 課 名 記 紀 編 さん 記 念 事 業 推 進 室 主 な プログラム 重 点 項 目 の 取 組 方 針 5 重 点 項 目 5-1 宮 崎 ならではの 魅 力 ある 観 光 地 づくり 神 話 や 伝 統 文 化 豊 かな 自 然 や 食 などの 宮 崎 ならではの 観 光 資 源 を 更 に 発 掘 活 用 し 受 入 体 制 の 整 備 を 通 じたあらゆる 観 光 客 にやさしい 地 域 づくりや 人 財 づくり 景 観 の 保 全 等 を 進 め

More information

3. 観 光 消 費 額 も 着 実 に 増 加 観 光 客 の 増 加 に 伴 い, 平 成 26 年 の 福 岡 市 内 における 観 光 消 費 額 は, 前 年 比 12.4%(416 億 円 ) 増 の 3,773 億 円 と 推 計 される 観 光 消 費 額 平 成 26 年 平 成

3. 観 光 消 費 額 も 着 実 に 増 加 観 光 客 の 増 加 に 伴 い, 平 成 26 年 の 福 岡 市 内 における 観 光 消 費 額 は, 前 年 比 12.4%(416 億 円 ) 増 の 3,773 億 円 と 推 計 される 観 光 消 費 額 平 成 26 年 平 成 平 成 28 年 3 月 30 日 経 済 観 光 文 化 局 観 光 産 業 課 平 成 26 年 観 光 統 計 の 概 要 1. 入 込 観 光 客 数 は, 過 去 最 高 を 更 新!(3 年 連 続 ) 本 編 p1,2 参 照 平 成 26 年 の 福 岡 市 の 入 込 観 光 客 数 ( 推 計 )は,NHK 大 河 ドラマ 軍 師 官 兵 衛 の 放 映 機 会 を 捉 えた 黒

More information

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx 石 神 井 公 園 駅 南 地 まちづくり 計 画 1 まちづくり 計 画 目 標 ------------------------------------------------ 2 2 まちづくり 計 画 ------------------------------------------------ 3 3 土 地 利 用 考 え 方 ----------------------------------------------------

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

力 発 信 事 業 として 大 神 輿 総 練 事 業 も 実 施 してい この 事 業 は 松 山 神 輿 を 新 たな 観 光 の 資 源 として 市 内 の 神 輿 をはじめ 伝 統 芸 能 の 獅 子 舞 水 軍 太 鼓 野 球 拳 おどり 等 を 創 出 する 場 を 設 け 独 自 の

力 発 信 事 業 として 大 神 輿 総 練 事 業 も 実 施 してい この 事 業 は 松 山 神 輿 を 新 たな 観 光 の 資 源 として 市 内 の 神 輿 をはじめ 伝 統 芸 能 の 獅 子 舞 水 軍 太 鼓 野 球 拳 おどり 等 を 創 出 する 場 を 設 け 独 自 の 松 山 の 観 光 コンベンション 誘 客 事 業 の 取 組 公 益 財 団 法 人 松 山 観 光 コンベンション 協 会 松 山 観 光 コンベンション 協 会 は 平 成 17 年 4 月 1 日 に 財 団 法 人 松 山 コンベンション ビューローと 松 山 市 観 光 協 会 が 統 合 してでき た 組 織 です 平 成 24 年 4 月 1 日 には 公 益 財 団 法 人 として

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層 第 1 章 第 4 節 第 4 節 4-1. 土 地 利 用 都 市 空 間 の 方 針 (1) 土 地 利 用 都 市 空 間 の 基 本 的 考 え 方 近 年 の 人 口 減 少 少 子 高 齢 社 会 の 到 来 産 業 構 造 の 変 化 等 を 背 景 に これまでの 都 市 の 拡 大 成 長 を 前 提 としたまちづくりから 成 熟 する 社 会 に 対 応 し 質 的 な 豊 かさの

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れ 事 業 の 今 後 の 方 針 について 平 成 2 6 年 1 月 2 2 日 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 第 1 経 緯 我 が 国 は 平 成 20 年 12 月 の 閣 議 了 解 及 び 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 決 定 に より アジア 地 域 で 発 生 している 難 民 に 関 する 諸 問 題 に 対 処

More information

5 第 3 回 理 事 会 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 場 所 石 川 県 庁 1109 会 議 室 出 席 者 29 名 審 議 内 容 平 成 27 年 度 第 1 回 補 正 予 算 マイナンバー 制 度 特 定 個 人 情 報 取 扱 規 程 について 他 6

5 第 3 回 理 事 会 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 場 所 石 川 県 庁 1109 会 議 室 出 席 者 29 名 審 議 内 容 平 成 27 年 度 第 1 回 補 正 予 算 マイナンバー 制 度 特 定 個 人 情 報 取 扱 規 程 について 他 6 平 成 27 年 度 事 業 報 告 Ⅰ 組 織 1 会 員 数 167 団 体 2 役 員 数 理 事 長 1 名 副 理 事 長 5 名 (うち 専 務 理 事 兼 務 1 名 ) 理 事 25 名 監 事 2 名 計 33 名 3 職 員 数 本 部 50 名 (うちJR 西 日 本 派 遣 1 名 県 職 員 兼 務 44 名 ) 石 川 県 金 沢 観 光 情 報 センター 他 10 名

More information

要 望 書 平 成 28 年 2 月 京 都 府 北 部 地 域 連 携 都 市 圏 形 成 推 進 協 議 会 ( 福 知 山 市 舞 鶴 市 綾 部 市 宮 津 市 京 丹 後 市 伊 根 町 与 謝 野 町 )

要 望 書 平 成 28 年 2 月 京 都 府 北 部 地 域 連 携 都 市 圏 形 成 推 進 協 議 会 ( 福 知 山 市 舞 鶴 市 綾 部 市 宮 津 市 京 丹 後 市 伊 根 町 与 謝 野 町 ) 報 道 資 料 京 都 府 北 部 地 域 を 経 由 する 北 陸 新 幹 線 のルート 延 伸 の 実 現 に 係 る 要 望 書 の 提 出 について 平 成 28 年 2 月 8 日 京 都 府 北 部 地 域 連 携 都 市 圏 形 成 推 進 協 議 会 ( 福 知 山 市 舞 鶴 市 綾 部 市 宮 津 市 京 丹 後 市 伊 根 町 与 謝 野 町 ) 京 都 府 北 部 地 域 連

More information

2012年4月 日本政府観光局(JNTO)

2012年4月 日本政府観光局(JNTO) PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 26 年 5 月 23 日 理 事 長 松 山 良 一 中 国 旅 行 会 社

More information

【資料3-2】総合戦略重点プロジェクト事業一覧

【資料3-2】総合戦略重点プロジェクト事業一覧 宮 崎 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 重 点 プロジェクト 事 業 一 覧 資 料 3-2 1 平 成 28 年 度 当 初 予 算 1クリエイティブシティ 推 進 プロジェクト 事 業 (14 事 業 153,850 千 円 ) 課 名 事 業 名 事 業 概 要 1 企 画 政 策 課 地 方 創 生 人 材 育 成 支 援 事 業 市 内 の 大 学 等 が 地 元 企 業 と 連 携

More information

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ 資 料 提 供 平 成 26 年 9 月 29 日 ( 公 財 ) 介 護 労 働 安 定 センター 業 務 部 雇 用 管 理 課 あまがい 雨 谷 横 田 佐 藤 TEL:03-5901-3041( 代 表 ) 050-3535-9460 9463 9426( 直 通 ) 平 成 25 年 度 介 護 労 働 実 態 調 査 結 果 ( 特 別 調 査 )について ~ 新 たな 知 見 人 材

More information

東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意 識 の 高 揚 を 図 る 観 点 から 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 特 別 仕 様 のデザインを 施 した 自 動 車 のナン

東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意 識 の 高 揚 を 図 る 観 点 から 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 特 別 仕 様 のデザインを 施 した 自 動 車 のナン 資 料 3 東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 制 度 設 計 について 国 土 交 通 省 自 動 車 局 平 成 28 年 2 月 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378> 福 岡 空 港 の 民 間 委 託 について( 案 ) 福 岡 空 港 運 営 検 討 協 議 会 平 成 26 年 10 月 1 福 岡 空 港 の 現 状 について (1) 空 港 の 概 要 1 (2) 就 航 路 線 利 用 状 況 3 (3) 福 岡 空 港 の 需 要 予 測 及 び 滑 走 路 処 理 容 量 について 5 (4) 福 岡 空 港 の 整 備 ( 滑 走 路 増 設

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

観 光 圏 整 備 による 観 光 旅 客 の 滞 在 の 長 期 化 観 光 圏 整 備 のイメージ 地 域 が 連 携 して 行 う 取 組 への 国 の 主 な 支 援 メニュー 観 光 資 源 の 活 用 促 進 魅 力 ある 観 光 資 源 を 生 かした 観 光 商 品 の 開 発 観

観 光 圏 整 備 による 観 光 旅 客 の 滞 在 の 長 期 化 観 光 圏 整 備 のイメージ 地 域 が 連 携 して 行 う 取 組 への 国 の 主 な 支 援 メニュー 観 光 資 源 の 活 用 促 進 魅 力 ある 観 光 資 源 を 生 かした 観 光 商 品 の 開 発 観 地 域 が いきいき する 創 意 工 夫 とは? キーワードを 探 る 地 域 資 源 素 朴 な 農 村 景 観 と 農 業 海 の 豊 かさと かさと 漁 業 森 の 静 けさと けさと 山 間 地 の 生 活 そぞろ そぞろ 歩 きできる 温 泉 地 産 業 遺 構 と 地 場 産 業 きちんと 保 全 された された 大 自 然 の 生 態 系 伝 統 ある ある 芸 能 工 芸 貴 重

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 資 料 1 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水

More information

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取 資 料 1 地 方 航 空 路 線 活 性 化 プログラムに 係 る 効 果 検 証 に 関 する 懇 談 会 発 表 資 料 平 成 27 年 12 月 11 日 山 形 空 港 利 用 拡 大 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 : 山 形 県 ) 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 (フジドリームエアラインズ) プロジェクト 名 発 着 両 側 の 分 野 別 連 携 体 制 の 構 築

More information

Jtbコミュニケーションデザインの 強 み Jtbコミュニケーションデザインは インバウンド 市 場 におけるマーケティング 支 援 No.1 企 業 を 目 指 します 市 場 を 牽 引 する 豊 富 な 実 績 Jtbコミュニケーションデザインは 国 交 通 省 観 光 庁 が 推 進 する

Jtbコミュニケーションデザインの 強 み Jtbコミュニケーションデザインは インバウンド 市 場 におけるマーケティング 支 援 No.1 企 業 を 目 指 します 市 場 を 牽 引 する 豊 富 な 実 績 Jtbコミュニケーションデザインは 国 交 通 省 観 光 庁 が 推 進 する インバウンド 市 場 における マーケティング 支 援 事 業 のご 案 内 2016/04/01 あらゆる 法 人 コミュニケーションを 支 援 する JTBグループのソリューション カンパニー Ver1.1/2016/04 Jtbコミュニケーションデザインの 強 み Jtbコミュニケーションデザインは インバウンド 市 場 におけるマーケティング 支 援 No.1 企 業 を 目 指 します 市

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C>

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C> 平 成 25年 度 事 業 計 画 書 1. 基 本 方 針 観 光 立 国 の 実 現 を 図 るためには 観 光 の 主 体 である 地 域 におけ る 観 光 振 興 のための 活 動 を 支 援 し その 促 進 を 図 るとともに 地 域 と 産 業 界 の 幅 広 い 連 携 を 促 進 し 提 言 活 動 や 各 種 の 事 業 等 を 行 うことが 重 要 である 今 年 度 より

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8795B99776979781698D62957B8E73816A30363039303596DF82E88DC58F49>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8795B99776979781698D62957B8E73816A30363039303596DF82E88DC58F49> 甲 府 市 ( 山 梨 県 ) 1. 新 市 の 基 礎 情 報 (2006 年 8 月 18 日 現 在 ) 合 併 の 期 日 : 2006 年 3 月 1 日 合 併 の 方 式 : 新 設 編 入 市 となるべき 要 件 の 特 例 の 適 用 : 有 ( 人 口 要 件 市 の 全 域 を 含 む 新 設 合 併 ) 無 人 口 (1) :202,073 人 ( 高 齢 化 率 (2) 19.5%)

More information

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 1 月 20 日 理 事 長 松 山 良 一 2014 年 過 去 最

More information

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 郡 山 市 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 郡 山 市 湖 南 どぶろく 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 郡 山 市 の 区 域 の 一 部 ( 湖 南 町 ) 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 本 市 は 福 島 県 のほぼ 中

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095B689BB82CC82A482CB82E882F08AAA82AB8B4E82B182B7816931382E332E32375F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095B689BB82CC82A482CB82E882F08AAA82AB8B4E82B182B7816931382E332E32375F2E646F63> 文 化 の う ね り を 巻 き 起 こ す ~ 文 化 振 興 の 基 本 的 な 考 え 方 ~ 平 成 18 年 3 月 千 葉 県 はじめに 千 葉 県 は 豊 かな 自 然 環 境 に 恵 まれ 古 代 から 多 くの 生 活 文 化 が 生 み 出 され また 海 川 街 道 によって 紀 州 江 戸 鎌 倉 など 各 地 と 活 発 に 交 流 し 特 色 ある 多 様 な 文 化

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information