Microsoft PowerPoint  説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード]

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード]"

Transcription

1 別 紙 3 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 について 注 意 本 資 料 で 説 明 する 内 容 は 平 成 23 年 1 月 末 時 点 のものであって 今 後 の 調 整 等 により 変 更 がありうる 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 交 通 計 画 課

2 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 ~ 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 ~( 新 規 ) 23 年 度 305 億 円 生 活 交 通 の 存 続 が 危 機 に 瀕 している 地 域 等 における 地 域 最 適 な 移 動 手 段 の 提 供 と 駅 のバリアフリー 化 等 移 動 に 当 たっての 様 々な 障 害 を 解 消 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 事 業 存 続 が 危 機 に 瀕 している 生 活 交 通 のネットワークについて 地 域 のニーズを 踏 まえた 最 適 な 交 通 手 段 の 確 保 維 持 のため 地 域 の 多 様 な 関 係 者 による 議 論 を 経 た 地 域 の 交 通 に 関 する 計 画 に 基 づき 実 施 される 取 組 みを 一 体 的 か つ 継 続 的 に 支 援 支 援 にあたっては 運 行 ( 航 ) 欠 損 額 の 事 後 的 な 補 填 方 式 から 効 率 化 された 標 準 的 な 事 業 費 等 を 前 提 とした 事 前 算 定 方 式 に 変 更 する 等 により より 効 果 的 効 率 的 な 支 援 を 実 施 陸 上 交 通 地 域 特 性 や 実 情 に 応 じた 地 域 最 適 な 地 域 間 生 活 交 通 ネットワークと 同 ネットワークに 密 接 な 地 域 内 の 生 活 交 通 等 を 一 体 的 に その 運 行 を 支 援 事 前 算 定 方 式 等 への 変 更 広 域 的 幹 線 的 バスの 補 助 要 件 緩 和 幹 線 交 通 と 密 接 な 一 定 の 地 域 内 バス デマンド 交 通 の 運 行 について 支 援 対 象 を 拡 充 離 島 交 通 島 民 の 生 活 に 必 要 不 可 欠 な 離 島 航 路 航 空 路 の 運 航 を 支 援 離 島 航 路 の 構 造 改 善 促 進 に 資 する 公 設 民 営 化 のための 船 舶 建 造 等 を 支 援 離 島 航 路 : 事 前 算 定 方 式 等 への 変 更 とともに 全 体 の 補 助 充 足 率 や 移 動 環 境 改 善 への 取 組 支 援 を 充 実 離 島 航 空 路 : 支 援 に 制 約 のある 特 別 会 計 から 一 般 会 計 へ 移 行 ノンステップバス 福 祉 タクシーの 導 入 を 支 援 旅 客 船 鉄 道 駅 旅 客 ターミナルのバリアフ リー 化 等 を 支 援 地 域 公 共 交 通 バリア 解 消 促 進 等 事 業 バリアフリー 化 利 用 環 境 の 改 善 地 域 鉄 道 の 安 全 性 の 向 上 バリアフリー 化 された まちづくりの 一 環 とし て LRT BRT ICカ ードの 導 入 等 を 支 援 地 域 鉄 道 の 安 全 性 向 上 に 資 する 設 備 の 整 備 等 を 支 援 個 別 のモードごとの 支 援 から 公 共 交 通 のバリアフリー 化 等 を 一 体 的 に 支 援 する 制 度 へ 改 善 地 域 公 共 交 通 調 査 事 業 地 域 の 公 共 交 通 の 確 保 維 持 改 善 に 資 する 調 査 の 支 援 等 2 1

3 地 域 の 計 画 について~ 協 議 会 と 地 域 の 公 共 交 通 に 係 る 計 画 の 関 係 等 について~ 調 整 中 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 陸 上 交 通 離 島 航 路 ( 航 空 路 ) バリア 解 消 促 進 等 事 業 地 域 間 幹 線 路 線 確 保 維 持 計 画 (3 年 計 画 ) 都 道 府 県 主 催 協 議 会 地 域 内 フィーダー 路 線 確 保 維 持 計 画 (3 年 計 画 ) 市 町 村 主 催 協 議 会 離 島 航 路 確 保 維 持 計 画 (3 年 計 画 ) 都 道 府 県 主 催 協 議 会 生 活 交 通 改 善 事 業 計 画 都 道 府 県 主 催 協 議 会 or 市 町 村 主 催 協 議 会 or 事 業 単 位 協 議 会 ( 駅 空 港 等 ) 各 計 画 は 分 野 毎 に 作 成 することも 可 陸 上 交 通 に 係 る 計 画 のうち 地 域 間 幹 線 路 線 確 保 維 持 計 画 と 地 域 内 フィーダー 路 線 確 保 維 持 計 画 を 別 に 作 成 する ことも 可 (この 場 合 両 協 議 会 において 計 画 の 情 報 の 共 有 を 行 うこと ) 上 記 中 の 都 道 府 県 市 町 村 協 議 会 については 事 業 内 容 に 応 じた 主 催 主 体 の 組 合 わせ 等 が 可 能 地 域 協 議 会 の 考 え 方 メンバー 地 方 公 共 団 体 ( 都 道 府 県 市 町 村 ) 関 係 交 通 事 業 者 国 ( 地 方 運 輸 局 等 ) 等 ( 特 に 都 道 府 県 主 催 の 地 域 間 幹 線 路 線 確 保 維 持 の 協 議 会 については 関 係 する 市 町 村 の 参 加 は 必 須 ) 都 道 府 県 協 議 会 は 都 道 府 県 が 市 町 村 協 議 会 は 市 町 村 が 主 催 する 地 域 分 野 毎 の 分 科 会 の 設 置 や 複 数 市 町 村 による 合 同 協 議 会 の 設 置 も 可 能 とする 既 存 の 類 似 協 議 会 ( 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 法 の 法 定 協 議 会 等 )の 見 なし 措 置 を 行 う 住 民 や 利 用 者 の 意 見 を 反 映 させる 観 点 から 住 民 や 利 用 者 の 代 表 を 協 議 会 の 構 成 員 に 加 える アンケートやヒアリ ングを 実 施 する 公 聴 会 やパブリックコメントを 実 施 する 等 のいずれかの 手 順 を 経 て 計 画 を 策 定 することとする 2

4 確 保 維 持 事 業 の 流 れ( 離 島 航 空 を 除 く) 調 整 中 事 業 者 協 議 会 ( 都 道 府 県 市 町 村 ) 国 ( 運 輸 局 等 ) 事 業 の 実 施 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 の 策 定 通 知 提 出 路 線 交 付 額 の 内 定 完 了 実 績 報 告 書 提 出 監 査 審 査 通 知 交 付 決 定 額 の 確 定 支 払 い 補 助 金 の 交 付 3

5 バリア 解 消 促 進 等 事 業 の 流 れ 調 整 中 事 業 者 協 議 会 都 道 府 県 市 町 村 事 業 単 位 国 ( 運 輸 局 等 ) 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 の 策 定 提 出 交 付 申 請 書 通 知 提 出 交 付 決 定 事 業 の 実 施 完 了 実 績 報 告 書 提 出 補 助 金 額 の 確 定 支 払 い 補 助 金 の 交 付 4

6 調 査 事 業 の 流 れ 調 整 中 協 議 会 国 ( 運 輸 局 等 ) 交 付 申 請 書 提 出 交 付 決 定 通 知 事 業 の 実 施 完 了 実 績 報 告 書 提 出 補 助 金 額 の 確 定 支 払 い 補 助 金 の 交 付 5

7 陸 上 交 通 の 確 保 維 持 事 業 調 整 中 地 域 特 性 や 実 情 に 応 じた 地 域 最 適 な 生 活 交 通 ネットワークを 確 保 維 持 するため 地 域 間 生 活 交 通 のネットワークと 当 該 ネットワークのフィーダーとして 高 齢 者 等 の 生 活 を 支 える 地 域 内 の 一 定 の 生 活 交 通 等 の 運 行 について 一 体 的 に 支 援 する 地 域 間 生 活 交 通 地 域 間 幹 線 バス 路 線 のうち 一 定 の 要 件 を 満 たし 赤 字 が 見 込 まれる 路 線 であって 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 ( 1)に 位 置 付 けられた ものについて 国 が 事 前 算 定 による 予 測 収 支 差 の1/2を 補 助 地 域 内 生 活 交 通 地 域 間 幹 線 バス 路 線 等 と 密 接 な 地 域 内 の フィーダー 路 線 のうち 過 疎 地 域 等 の 移 動 の 確 保 に 資 するなど 一 定 の 要 件 を 満 たし 赤 字 が 見 込 まれるものであって 生 活 交 通 ネット ワーク 計 画 ( 1)に 位 置 付 けられたものについ て 国 が 事 前 算 定 による 予 測 収 支 差 の1/2 を 補 助 主 な 補 助 要 件 (* 補 助 要 件 については 適 宜 適 切 に 見 直 しを 行 う ) 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 に 記 載 ( 都 道 府 県 単 位 ) 既 存 の 地 バス 補 助 の 要 件 緩 和 ( 距 離 要 件 (10km 要 件 )の 廃 止 複 数 市 町 村 の 判 定 時 点 を 平 成 13 年 3 月 31 日 に 緩 和 ) 事 前 内 定 方 式 ( 2)への 変 更 主 な 補 助 要 件 (* 補 助 要 件 については 適 宜 適 切 に 見 直 しを 行 う ) 補 助 対 象 地 域 間 幹 線 バス 路 線 のフィーダー 系 統 な ど 過 疎 地 域 をはじめとする 交 通 不 便 地 域 の 移 動 確 保 を 目 的 とするもの 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 に 記 載 ( 市 町 村 単 位 ) バス 停 共 有 等 により 幹 線 交 通 と 接 続 しているもの 一 定 の 輸 送 量 が 見 込 まれるもの 補 助 の 上 限 地 域 内 生 活 交 通 への 補 助 総 額 は 地 域 間 生 活 交 通 への 補 助 総 額 の50% 以 内 各 市 町 村 ごとの 補 助 額 は 上 記 総 額 の 範 囲 内 で 市 町 村 ごとの 状 況 に 応 じて 設 定 される 想 定 上 限 額 の 範 囲 内 で 実 費 を 補 助 ( 1) 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 : 地 域 の 協 議 会 の 議 論 を 経 て 策 定 される 補 助 対 象 ネットワーク 交 通 等 に 関 する 計 画 ( 2) 事 前 内 定 方 式 : 国 は 事 業 開 始 前 に 事 業 内 容 の 妥 当 性 ( 標 準 的 な 経 費 等 )を 確 認 して 補 助 額 をあらかじめ 内 定 6

8 補 助 対 象 とする 地 域 間 幹 線 路 線 の 要 件 調 整 中 従 前 の 地 バス 補 助 からの 主 な 変 更 点 複 数 市 町 村 の 判 定 時 点 を 平 成 13 年 3 月 31 日 に 緩 和 距 離 要 件 (10KM 以 上 )の 廃 止 補 助 金 額 の 事 前 内 定 方 式 への 変 更 に 伴 い 輸 送 量 赤 字 要 件 については 運 行 終 了 後 の 実 績 値 による 判 断 から 運 行 開 始 前 に 内 定 する 予 測 値 による 判 断 に 変 更 必 要 なサービスを 効 果 的 効 率 的 に 確 保 維 持 するための 協 議 会 による 実 質 的 な 議 論 を 重 視 補 助 要 件 については 適 時 適 切 に 見 直 すものであること 具 体 的 な 要 件 1 複 数 市 町 村 にまたがる 路 線 であること (ただし 要 件 成 否 は 平 成 13 年 3 月 31 日 における 市 町 村 の 状 態 に 応 じて 決 定 ) 日 当 たりの 運 行 回 数 が3 回 以 上 で 計 画 されていること ただし 都 道 府 県 協 議 会 が 認 めた 場 合 は 平 日 1 日 当 たりの 運 行 回 数 が3 回 以 上 で 計 画 されているものとする 輸 送 量 が15 人 ~150 人 / 日 と 見 込 まれること ( 既 存 路 線 であって 2か 年 度 連 続 して 実 績 が15 人 未 満 / 日 又 は150 人 超 / 日 の 場 合 は 補 助 対 象 路 線 として 承 認 しない ) 経 常 赤 字 が 見 込 まれること 都 道 府 県 庁 所 在 地 広 域 行 政 圏 の 中 心 市 町 村 広 域 行 政 圏 の 中 心 市 町 村 に 準 ずる 生 活 基 盤 が 整 備 されていると 認 められるものとし て 交 通 ネットワーク 計 画 に 記 載 され 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 受 けたものへの 需 要 に 対 応 して 設 定 される 路 線 であること 都 道 府 県 主 催 関 係 市 町 村 の 参 加 する 協 議 会 における 協 議 を 経 て 確 保 維 持 が 必 要 な 路 線 として 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 に 記 載 され 国 による 承 認 を 受 けていること * 関 係 市 町 村 は 地 域 間 幹 線 路 線 が 地 域 間 輸 送 機 能 と 地 域 内 輸 送 機 能 の 両 面 を 担 っている 観 点 から 議 論 に 参 画 するものとする 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 の 策 定 にあたっては 住 民 や 利 用 者 の 意 見 を 反 映 させる 観 点 から 住 民 や 利 用 者 の 代 表 を 協 議 会 の 構 成 員 に 加 える アンケートやヒアリングを 実 施 する 公 聴 会 やパブリックコメントを 実 施 する 等 のいずれかの 手 順 を 経 ること 8 運 行 内 容 について 品 質 価 格 企 画 等 を 踏 まえて 選 定 され 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 に 記 載 されていること 7

9 補 助 対 象 とする 地 域 内 フィーダー 路 線 の 要 件 調 整 中 主 な 要 件 交 通 不 便 地 域 の 移 動 確 保 : 過 疎 地 域 など 交 通 不 便 地 域 の 移 動 確 保 を 目 的 とするものであること 幹 線 アクセス 性 : 補 助 対 象 地 域 間 幹 線 バス 路 線 等 へのアクセス 機 能 を 有 するものであること サービス 充 実 性 : 新 たに 運 行 または 公 的 支 援 を 受 けるものであること 公 共 性 : 一 定 の 輸 送 量 が 見 込 まれ かつ 公 的 な 支 援 がなければ 確 保 維 持 が 困 難 なものであること 地 域 の 合 意 : 地 域 の 協 議 会 による 議 論 を 経 た 計 画 に 基 づき 実 施 されるものであること 効 率 的 効 果 的 なサービスの 確 保 : 品 質 価 格 企 画 等 を 踏 まえて 運 送 事 業 者 が 選 定 されること 補 助 要 件 の 不 断 の 見 直 し : 補 助 要 件 については 適 時 適 切 に 見 直 すものであること 1 具 体 的 な 要 件 ( 検 討 調 整 中 ) 補 助 対 象 地 域 間 幹 線 バス 路 線 のフィーダー 系 統 など 過 疎 地 域 をはじめとする 交 通 不 便 地 域 の 移 動 確 保 を 目 的 とするもの 補 助 対 象 地 域 間 幹 線 バス 路 線 の 停 留 所 離 島 航 路 航 空 路 の 就 航 する 港 や 空 港 などで 幹 線 ネットワークと 接 続 ( )すること :バス 停 留 所 の 近 接 乗 り 継 ぎに 適 したダイヤ 乗 り 継 ぎ 割 引 などの 乗 り 継 ぎ 円 滑 化 措 置 が 講 じられており 地 域 間 交 通 と 一 体 となって 生 活 交 通 ネットワークを 構 成 するもの 平 成 23 年 4 月 1 日 以 降 に 新 規 に 実 証 運 行 若 しくは 本 格 運 行 を 開 始 する 路 線 又 は 地 域 として 新 規 に 公 的 支 援 を 開 始 する 路 線 である こと 輸 送 量 が2 人 / 回 以 上 と 見 込 まれること ( 既 存 系 統 であって 2か 年 度 連 続 して 実 績 が2 人 未 満 / 回 の 場 合 は 補 助 対 象 系 統 と して 承 認 しない ) 経 常 赤 字 が 見 込 まれること 国 による 支 援 額 は 市 町 村 ごとに 地 域 の 事 情 に 応 じて 設 定 される 補 助 上 限 想 定 額 の 範 囲 内 であること 市 町 村 主 催 の 協 議 会 における 協 議 を 経 て 確 保 維 持 が 必 要 な 路 線 として 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 に 記 載 され 国 による 承 認 を 受 けていること また 都 道 府 県 レベルで 策 定 する 地 域 間 幹 線 路 線 に 係 る 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 と 調 整 整 合 が 図 られていること 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 の 策 定 にあたっては 住 民 や 利 用 者 の 意 見 を 反 映 させる 観 点 から 住 民 や 利 用 者 の 代 表 を 協 議 会 の 構 成 員 に 加 える アンケートやヒアリングを 実 施 する 公 聴 会 やパブリックコメントを 実 施 する 等 のいずれかの 手 順 を 経 ること 9 運 行 内 容 について 品 質 価 格 企 画 等 を 踏 まえて 選 定 され 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 に 記 載 されていること 8

10 離 島 航 路 に 係 る 確 保 維 持 事 業 調 整 中 支 援 スキーム 協 議 会 ( 都 道 府 県 ( 又 は 市 町 村 )ごと)において 離 島 の 生 活 に 必 要 不 可 欠 な 航 路 の 確 保 維 持 の 内 容 について 議 論 し 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 を 策 定 し 収 支 見 込 みを 含 めて 国 ( 運 輸 局 )へ 提 出 当 該 計 画 は 離 島 航 路 確 保 維 持 に 係 る 事 業 のみの 計 画 として 作 成 することも 可 補 助 対 象 経 費 の 原 則 1/2( )を 国 が 補 助 ( 補 助 対 象 経 費 等 について 詳 細 検 討 中 ) 当 該 計 画 に 基 づき 国 ( 本 省 )が 事 業 年 度 の 開 始 以 前 に 補 助 額 を 内 定 し 運 輸 局 を 通 じて 事 業 者 へ 提 示 事 業 終 了 後 に 計 画 に 位 置 付 けのある 事 業 を 実 施 した 事 業 者 が 国 ( 運 輸 局 )へ 補 助 申 請 事 業 実 績 の 報 告 の 後 計 画 通 りの 事 業 運 営 がなされたかを 確 認 ( 監 査 )した 後 国 から 事 業 者 に 対 し 補 助 金 交 付 新 制 度 のポイント 事 業 実 施 の 前 提 として 地 域 の 協 議 会 での 議 論 を 経 て 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 を 策 定 確 保 維 持 事 業 の 計 画 の 策 定 ( 収 支 見 込 みの 算 出 )にあたっては 移 動 環 境 改 善 の 一 環 として 島 民 を 対 象 とした 割 引 運 賃 を 設 定 する 場 合 には 当 該 対 象 航 路 の 存 する 地 域 の 地 バス 等 の 運 賃 水 準 までの 差 を 目 安 ( 最 大 引 き 下 げ 幅 )として 一 定 の 要 件 の 下 で 運 賃 を 引 き 下 げて 設 定 した 場 合 の 収 入 を 基 に 算 出 することを 認 めることで 運 賃 引 き 下 げについても 加 味 した 支 援 をする 方 向 で 検 討 調 整 中 欠 損 抑 制 に 資 する 構 造 改 革 への 支 援 として 船 舶 の 公 設 民 営 化 省 エネ 小 型 化 船 への 代 替 建 造 の 費 用 の 一 部 を 補 助 する また 確 保 維 持 事 業 ( 航 路 補 助 )の 対 象 外 航 路 についても 一 定 の 要 件 の 下 で 船 舶 の 代 替 建 造 費 ( 船 価 )の 一 部 を 補 助 することとあわせて 当 該 補 助 相 当 分 を 原 資 とした 運 賃 引 き 下 げ( 島 民 を 対 象 )を 求 めること で 運 賃 引 き 下 げの 実 施 を 支 援 する 方 向 で 検 討 調 整 中 9

11 離 島 航 空 路 に 係 る 確 保 維 持 事 業 調 整 中 支 援 スキーム 協 議 会 ( 都 道 府 県 ごと)において 離 島 の 生 活 に 必 要 不 可 欠 な 航 空 路 の 確 保 維 持 の 内 容 について 議 論 し 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 を 策 定 し 収 支 見 込 みを 含 めて 国 ( 本 省 航 空 局 )へ 提 出 当 該 計 画 は 離 島 航 路 確 保 維 持 に 係 る 事 業 のみの 計 画 として 作 成 することも 可 補 助 対 象 経 費 ( )の1/2を 国 が 補 助 ( ) 補 助 対 象 経 費 : 調 整 中 事 業 終 了 後 に 計 画 に 位 置 付 けのある 事 業 を 実 施 した 事 業 者 が 国 ( 本 省 航 空 局 )へ 補 助 申 請 事 業 実 績 の 報 告 の 後 計 画 通 りの 事 業 運 営 がなされたかを 監 査 した 後 国 から 事 業 者 に 対 し 補 助 金 交 付 新 制 度 のポイント 支 援 に 制 約 のある 特 別 会 計 から 一 般 会 計 に 移 行 事 業 実 施 の 前 提 として 地 域 の 協 議 会 での 議 論 を 経 て 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 を 策 定 補 助 スキーム 等 について 調 整 中 10

12 バリア 解 消 促 進 等 事 業 (バリアフリー 化 利 用 環 境 改 善 ) 調 整 中 支 援 スキーム 協 議 会 ( 都 道 府 県 市 町 村 又 は 事 業 ごと)において 整 備 の 目 的 内 容 効 果 費 用 負 担 整 備 順 位 等 を 議 論 し 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 を 策 定 し 国 ( 運 輸 局 )へ 提 出 当 該 計 画 は バリア 解 消 促 進 等 事 業 のみの 計 画 として 作 成 することも 可 協 議 会 が 策 定 した 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 に 位 置 付 けのある 事 業 について 当 該 事 業 を 実 施 する 事 業 者 が 国 ( 運 輸 局 )へ 補 助 申 請 事 業 実 績 の 報 告 の 後 国 から 事 業 者 に 対 し 補 助 金 交 付 新 制 度 のポイント 事 業 実 施 の 前 提 として 地 域 の 協 議 会 での 議 論 を 経 て 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 を 策 定 ( 平 成 22 年 度 以 前 に 採 択 された 交 通 施 設 バリアフリー 化 設 備 等 整 備 費 補 助 金 の 継 続 事 業 に 関 しては 経 過 措 置 として 計 画 策 定 を 必 要 としない ) 事 業 費 の1/3( )を 国 が 補 助 地 方 自 治 体 の 協 調 補 助 を 要 件 とせず 事 業 費 の 分 担 については 協 議 会 で 議 論 し 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 に 記 載 ( )ノンステップバス 及 びリフト 付 きバスの 導 入 については1/4 又 は 差 額 の1/2 11

13 バリアフリー 化 利 用 環 境 改 善 の 補 助 対 象 事 業 調 整 中 主 な 補 助 対 象 事 業 ( 赤 字 は 新 制 度 の 補 助 率 ) バリアフリー 化 事 業 バリアフリー 化 事 業 既 存 鉄 軌 道 駅 のバリアフリー 化 (バリアフリー 化 設 備 待 合 乗 換 設 備 情 報 案 内 設 備 生 活 支 援 機 能 施 設 ) 鉄 道 バリアフリー 補 助 1/3 1/3 既 存 バスターミナル タクシー 乗 り 場 のバリアフリー 化 (バリアフリー 化 設 備 待 合 乗 換 設 備 情 報 案 内 設 備 ) 1/3( 新 規 ) 既 存 旅 客 船 ターミナルのバリアフリー 化 (バリアフリー 化 設 備 待 合 乗 換 設 備 情 報 案 内 設 備 ) 1/3( 新 規 ) 既 存 船 舶 のバリアフリー 化 高 度 バリアフリー 化 船 の 導 入 ( 既 存 船 舶 のバリアフリー 化 改 造 高 度 バリアフリー 化 船 の 新 造 購 入 ) 改 造 費 又 は 通 常 バリアフリー 化 船 との 差 額 の1/3( 新 規 ) ノンステップバス リフト 付 バス( 車 両 購 入 改 造 )の 導 入 自 動 車 バリアフリー 補 助 1/4 又 は 差 額 の1/2 1/4 又 は 差 額 の1/2 福 祉 タクシーの 導 入 ( 車 両 購 入 改 造 共 同 配 車 センター 関 係 設 備 等 ) 自 動 車 バリアフリー 補 助 購 入 1/2 改 造 1/3 1/3( 共 同 配 車 センターの 設 立 を 要 件 としない) 既 存 空 港 ターミナルのバリアフリー 化 (バリアフリー 化 設 備 待 合 乗 換 設 備 情 報 案 内 設 備 ) 1/3( 新 規 ) 利 用 環 境 改 善 促 進 等 LRTシステムの 整 備 ( 車 両 購 入 停 留 所 整 備 等 ) LRT 補 助 1/4 1/3 BRTシステムの 整 備 ( 車 両 購 入 停 留 所 整 備 等 ) 1/3( 新 規 ) ICカードシステムの 整 備 (システム 開 発 設 備 整 備 等 ) 1/3( 新 規 ) バス 等 ロケーションシステムの 整 備 (システム 開 発 設 備 整 備 等 ) 1/3( 新 規 ) 12

14 バリア 解 消 促 進 等 事 業 ( 地 域 鉄 道 の 安 全 性 の 向 上 ) 調 整 中 支 援 スキーム 協 議 会 ( 都 道 府 県 市 町 村 又 は 事 業 ごと)において 整 備 の 目 的 内 容 効 果 費 用 負 担 整 備 順 位 等 を 議 論 し 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 を 策 定 し 国 ( 運 輸 局 )へ 提 出 当 該 計 画 は バリア 解 消 促 進 等 事 業 のみの 計 画 として 作 成 することも 可 協 議 会 が 策 定 した 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 に 位 置 付 けのある 事 業 について 当 該 事 業 を 実 施 する 事 業 者 が 国 ( 運 輸 局 )へ 補 助 申 請 交 付 決 定 事 業 実 施 を 経 て 事 業 実 績 の 報 告 の 後 国 から 事 業 者 に 対 し 補 助 金 交 付 新 制 度 のポイント 現 行 鉄 道 軌 道 輸 送 対 策 事 業 に 相 当 する 支 援 制 度 事 業 実 施 の 前 提 として 地 域 の 協 議 会 での 議 論 を 経 て 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 を 策 定 事 業 費 の1/3を 国 が 補 助 地 方 自 治 体 の 協 調 補 助 を 要 件 とせず 事 業 費 の 分 担 については 協 議 会 で 議 論 し 生 活 交 通 ネットワーク 計 画 に 記 載 現 行 の 全 事 業 経 常 損 益 基 準 から 鉄 道 事 業 経 常 損 益 基 準 に 変 更 第 3 種 鉄 道 事 業 者 である 地 方 公 共 団 体 を 全 て 対 象 とする 現 行 の 設 備 投 資 工 事 ( 機 能 向 上 老 朽 更 新 )に 加 えて 車 両 ( 検 査 時 整 備 車 体 補 修 等 ) 線 路 設 備 ( 橋 梁 トンネ ル 補 修 等 ) 等 に 係 る 修 繕 工 事 も 採 択 制 度 上 地 方 自 治 体 の 協 調 補 助 要 件 がなくなるが 事 業 採 択 補 助 金 配 分 に 際 しては 地 方 自 治 体 の 協 調 補 助 の 有 無 規 模 を 十 分 に 勘 案 13

15 調 査 事 業 ( 案 )の 考 え 方 調 整 中 補 助 対 象 地 域 の 公 共 交 通 の 確 保 維 持 改 善 にかかる 計 画 の 策 定 調 査 の 事 業 ( 総 合 連 携 計 画 の 策 定 を 含 む ) 補 助 対 象 者 上 記 の 計 画 の 策 定 を 設 置 目 的 の 一 つとする 多 様 な 地 域 の 関 係 者 により 構 成 される 協 議 会 ( 新 た に 補 助 要 綱 で 定 められる 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 協 議 会 ( 仮 称 )のほか 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 法 に 定 める 法 定 協 議 会 離 島 航 路 協 議 会 等 既 存 の 協 議 会 を 含 む ) 補 助 対 象 経 費 補 助 対 象 経 費 : 計 画 の 策 定 に 必 要 な 経 費 ( 地 域 のデータの 収 集 分 析 の 費 用 住 民 利 用 者 アンケートの 実 施 費 用 専 門 家 の 招 聘 費 用 モビリティマネジメントの 実 施 等 地 域 住 民 への 啓 発 事 業 の 費 用 短 期 間 の 実 証 調 査 のための 費 用 等 ) 補 助 率 定 額 (2000 万 円 以 下 ) 14

16 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 のスケジュールについて 調 整 中 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 4 月 10 月 4 月 10 月 4 月 10 月 4 月 確 保 維 持 事 業 陸 上 交 通 離 島 航 路 確 保 維 持 事 業 離 島 航 空 路 バリア 解 消 促 進 等 事 業 調 査 事 業 活 性 化 再 生 総 合 事 業 (*) ( 経 過 措 置 ) 平 成 23 年 度 予 算 平 成 24 年 度 予 算 新 制 度 は 平 成 23 年 度 4 月 1 日 施 行 ( 予 定 ) 事 業 年 度 ( 補 助 対 象 期 間 )は 陸 上 交 通 及 び 離 島 航 路 に 係 る 確 保 維 持 事 業 については 10 月 ~9 月 (ただし 新 制 度 への 移 行 期 である 平 成 23 年 度 においては 地 域 内 生 活 交 通 への 支 援 等 新 たな 補 助 事 業 については4 月 ~9 月 ) それ 以 外 は4 月 ~3 月 (*) 平 成 22 年 度 までに 地 方 運 輸 局 長 等 の 認 定 を 受 けた 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 総 合 事 業 計 画 ( 総 合 事 業 計 画 )に 係 る 事 業 ( 計 画 事 業 )であって 既 に 事 業 に 着 手 しているものについては 平 成 23 年 度 に 限 り 従 前 の 補 助 メニューにしたがって 支 援 を 実 施 15

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095E291AB90E096BE8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095E291AB90E096BE8E9197BF> 交 通 基 本 法 と 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 で 元 気 な 日 本 の 復 活 を 支 えます! 我 が 国 の 経 済 成 長 を 支 える 交 通 のあり 方 地 域 社 会 の 活 性 化 を 支 える 交 通 のあり 方 それぞれの 特 長 を 活 か した 総 合 的 な 交 通 体 系 交 通 基 本 法 まちづくりと 一 体 的 な 交 通 のあり 方 地 域 公 共

More information

第1回 河内長野市地域公共交通会議

第1回 河内長野市地域公共交通会議 平 成 24 年 度 第 15 回 河 内 長 野 市 地 域 公 共 交 通 会 議 次 第 日 時 平 成 24 年 10 月 24 日 ( 水 ) 午 後 3 時 30 分 から 場 所 河 内 長 野 市 役 所 602 会 議 室 1. 開 会 2. 議 題 (1) 第 2 期 河 内 長 野 市 地 域 公 共 交 通 総 合 連 携 計 画 ( 案 )に 対 する パブリックコメントの

More information

資料3-2基本計画実施状況(案) 5.生活環境 1/3

資料3-2基本計画実施状況(案) 5.生活環境 1/3 5. 生 活 環 境 (1) 住 宅 の 確 保 5-(1)-1 公 営 住 宅 を 新 たに 整 備 する 際 にはバリアフリー 対 応 を 原 則 とするとともに, 既 存 の 公 営 住 宅 のバリアフリー 化 改 修 を 促 進 し, 障 害 者 向 けの 公 共 賃 貸 住 宅 の 供 給 を 推 進 する ま た, 障 害 者 に 対 する 優 先 入 居 の 実 施 や 単 身 入 居

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 平 成 27 年 度 申 請 要 領 申 請 の 受 付 期 間 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 )~ 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) 問 い 合 わせ 先 一 般 財 団 法 人 計 量 計 画 研 究 所 道 路 経 済 研 究 室 河 上 森 尾 162-0845 東 京 都 新 宿 区 市 谷 本 村 町 2-9

More information

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について まちづくりにおける 福 祉 施 設 について 都 市 再 生 特 別 措 置 法 と 建 築 基 準 法 厚 生 労 働 省 老 健 局 高 齢 者 支 援 課 振 興 課 課 長 補 佐 ( 高 齢 者 居 住 福 祉 担 当 ) 山 口 義 敬 都 市 再 生 特 別 措 置 法 建 築 基 準 法 の 改 正 について( 情 報 提 供 ) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 の 改 正

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

鉄 軌 道 をめぐる 現 状 自 家 用 自 動 車 の 普 及 により 公 共 交 通 の 維 持 が 困 難 になるなど 地 域 公 共 交 通 を 巡 る 環 境 は 危 機 的 な 状 況 公 共 交 通 サービスの 低 下 地 方 都 市 過 疎 地 域 における 交 通 空 白 地 帯

鉄 軌 道 をめぐる 現 状 自 家 用 自 動 車 の 普 及 により 公 共 交 通 の 維 持 が 困 難 になるなど 地 域 公 共 交 通 を 巡 る 環 境 は 危 機 的 な 状 況 公 共 交 通 サービスの 低 下 地 方 都 市 過 疎 地 域 における 交 通 空 白 地 帯 6/26 地 方 鉄 道 活 性 化 再 生 に 関 する 研 修 会 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 総 合 事 業 の 実 務 のポイント 法 定 協 議 会 の 立 上 げ~ 調 査 実 施 計 画 の 申 請 まで 中 部 運 輸 局 企 画 観 光 部 交 通 企 画 課 長 栗 原 弥 生 鉄 軌 道 をめぐる 現 状 自 家 用 自 動 車 の 普 及 により 公 共 交

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<836F838A83418374838A815B8AEE967B8D5C917A8CA992BC82B588C4816981453F133F3F>

<836F838A83418374838A815B8AEE967B8D5C917A8CA992BC82B588C4816981453F133F3F> 下 関 市 菊 川 町 バリアフリー 基 本 構 想 平 成 22 年 3 月 山 口 県 下 関 市 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------- 1 序 章 バリアフリーの 必 要 性 --------------------------------------------------------

More information

平成18年度

平成18年度 平 成 23 年 度 予 算 決 定 概 要 平 成 22 年 12 月 国 土 交 通 省 目 次 第 1 平 成 23 年 度 予 算 のポイント 1 第 2 平 成 23 年 度 予 算 の 概 要 4 1. 予 算 の 重 点 化 4 2. 事 業 仕 分 け 結 果 の 反 映 20 3. 地 域 主 権 の 確 立 に 向 けた 取 組 21 4. 特 例 業 務 勘 定 の 利 益 剰

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

3 / 5 1

3 / 5 1 第 3 回 埼 玉 県 道 路 メンテナンス 会 議 日 時 : 平 成 27 年 1 月 13 日 ( 火 ) 13:30~15:30 場 所 : 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 5 階 大 研 修 室 5A 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 事 (1)これまでの 動 き 資 料 -1 (2) 道 路 インフラの 老 朽 化 対 策 に 関 するアンケート 追

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意 識 の 高 揚 を 図 る 観 点 から 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 特 別 仕 様 のデザインを 施 した 自 動 車 のナン

東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意 識 の 高 揚 を 図 る 観 点 から 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 特 別 仕 様 のデザインを 施 した 自 動 車 のナン 資 料 3 東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 制 度 設 計 について 国 土 交 通 省 自 動 車 局 平 成 28 年 2 月 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

上 記 の 取 組 を 通 じてNPO 法 人 等 の 運 営 力 強 化 に 資 する 次 のいずれかの 取 組 であること ア 支 援 活 動 の 実 践 を 通 じたNPO 法 人 等 の 人 材 育 成 に 資 する 取 組 支 援 テーマに 即 した 外 部 専

上 記 の 取 組 を 通 じてNPO 法 人 等 の 運 営 力 強 化 に 資 する 次 のいずれかの 取 組 であること ア 支 援 活 動 の 実 践 を 通 じたNPO 法 人 等 の 人 材 育 成 に 資 する 取 組 支 援 テーマに 即 した 外 部 専 平 成 27 年 度 ふるさと きずな 維 持 再 生 支 援 事 業 募 集 要 項 1 概 要 福 島 県 では 東 日 本 大 震 災 及 び 原 子 力 災 害 ( 以 下 震 災 という )からの 本 県 の 復 興 等 に 向 けた 活 動 を 行 う 特 定 非 営 利 活 動 法 人 等 ( 以 下 NPO 法 人 等 という ) を 支 援 する 取 組 を 進 めています 本 事

More information

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 本 計 画 は, 公 共 建 築 物 の 現 状 と 維 持 保 全 の 課 題 を 踏 まえ, 公 共 建 築 物 の 長 寿 命 化 や ライフサイクルコストの 縮 減 を 基 本 に, 安 全 かつ 良 好 な 状 態 で 維 持 保 全

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

軽 減 税 率 制 度 についての 大 枠 1. 平 成 29 年 4 月 1 日 に 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導 入 する 平 成 27 年 12 月 12 日 自 由 民 主 党 幹 事 長 公 明 党 幹 事 長 2. 飲 食 料 品 にかかる 軽 減 税 率 の 対 象

軽 減 税 率 制 度 についての 大 枠 1. 平 成 29 年 4 月 1 日 に 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導 入 する 平 成 27 年 12 月 12 日 自 由 民 主 党 幹 事 長 公 明 党 幹 事 長 2. 飲 食 料 品 にかかる 軽 減 税 率 の 対 象 参 考 資 料 2-1 ( 軽 減 税 率 制 度 の 導 入 ) 軽 減 税 率 制 度 についての 大 枠 1. 平 成 29 年 4 月 1 日 に 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導 入 する 平 成 27 年 12 月 12 日 自 由 民 主 党 幹 事 長 公 明 党 幹 事 長 2. 飲 食 料 品 にかかる 軽 減 税 率 の 対 象 品 目 は 以 下 のものとし 適

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

因 とその 改 善 策 業 務 委 託 と 施 行 者 の 事 業 責 任 の 確 保 場 外 発 売 場 の 設 置 に 係 る 地 元 調 整 の 徹 底 等 について 質 疑 が 行 われ 討 論 の 後 多 数 をもって 可 決 された なお 附 帯 決 議 が 付 された 海 洋 基 本

因 とその 改 善 策 業 務 委 託 と 施 行 者 の 事 業 責 任 の 確 保 場 外 発 売 場 の 設 置 に 係 る 地 元 調 整 の 徹 底 等 について 質 疑 が 行 われ 討 論 の 後 多 数 をもって 可 決 された なお 附 帯 決 議 が 付 された 海 洋 基 本 国 土 交 通 委 員 会 委 員 一 覧 (25 名 ) 委 員 長 大 江 康 弘 ( 民 主 ) 理 事 末 松 信 介 ( 自 民 ) 理 事 脇 雅 史 ( 自 民 ) 理 事 藤 本 祐 司 ( 民 主 ) 理 事 山 下 八 洲 夫 ( 民 主 ) 理 事 谷 合 正 明 ( 公 明 ) 市 川 一 朗 ( 自 民 ) 岩 井 國 臣 ( 自 民 ) 太 田 豊 秋 ( 自 民 ) 小

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8795B99776979781698D62957B8E73816A30363039303596DF82E88DC58F49>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8795B99776979781698D62957B8E73816A30363039303596DF82E88DC58F49> 甲 府 市 ( 山 梨 県 ) 1. 新 市 の 基 礎 情 報 (2006 年 8 月 18 日 現 在 ) 合 併 の 期 日 : 2006 年 3 月 1 日 合 併 の 方 式 : 新 設 編 入 市 となるべき 要 件 の 特 例 の 適 用 : 有 ( 人 口 要 件 市 の 全 域 を 含 む 新 設 合 併 ) 無 人 口 (1) :202,073 人 ( 高 齢 化 率 (2) 19.5%)

More information

生活路線維持と安全輸送の確保に向けて~2013年度私鉄バス関係予算概算要求の拡充を要請~

生活路線維持と安全輸送の確保に向けて~2013年度私鉄バス関係予算概算要求の拡充を要請~ 交 通 政 策 ニュース 2016.8.23 総 合 政 策 局 私 鉄 総 連 は8 月 22 日 各 省 庁 が 2017 年 度 予 算 概 算 要 求 を 編 成 するにあた り 私 鉄 バス ハイヤー タクシー 産 業 の 健 全 な 発 展 や 地 域 公 共 交 通 の 活 性 化 生 活 路 線 維 持 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 対 策 強 化 安 全 輸 送 の 確

More information

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって 平 成 28 年 度 税 制 改 正 結 果 概 要 ( 車 体 課 税 関 係 ) 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 資 料 1 ( 参 考 ) 平 成 28 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な 考 え 方 > 資 料 2 ( 参 考 ) 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事 平 成 27 年 度 補 正 予 算 エネルギー 使 用 合 理 化 設 備 導 入 促 進 等 対 策 費 補 助 金 ( 質 の 高 いエネ ルギーインフラ 詳 細 事 業 実 施 可 能 性 調 査 事 業 (インド 及 びスリランカにおける 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 の 導 入 事 業 )) に 係 る 交 付 先 の 公 募 について 平 成 28

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

○表紙.xlsx

○表紙.xlsx 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 滎 14 15 16 17 18 19 20 m3 m3 m3 m3 m3 21 22 23 24 25 H26.12.8 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8251814093EC88C993A4814590BC88C993A4926E88E682CC8A548BB5>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8251814093EC88C993A4814590BC88C993A4926E88E682CC8A548BB5> 資 料 2 南 伊 豆 西 伊 豆 地 域 における 地 域 公 共 交 通 の 概 況 南 伊 豆 西 伊 豆 地 域 公 共 交 通 活 性 化 協 議 会 事 務 局 ( 静 岡 県 地 域 交 通 課 ) 1 人 口 の 動 向 1( 県 内 全 域 ) H17 年 (379 万 人 )をピークに 減 少 に 転 じ H42 年 には319 万 人 にまで 減 少 と 予 測 特 に 伊 豆

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

スポーツ庁の設置形態に関する研究

スポーツ庁の設置形態に関する研究 5-4 文 部 科 学 省 外 局 型 ( 観 光 庁 型 ) 5-4-1 権 限 ( 政 策 および 法 律 ) (1) 観 光 庁 のケース 前 節 までは 省 庁 横 断 型 スポーツ 庁 と 他 組 織 融 合 型 スポーツ 庁 ( 文 化 観 光 スポーツ 庁 )を 検 討 したが これらはいずれもその 形 態 から 内 閣 府 に 設 置 することを 想 定 して いた これらのパターンは

More information

目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3 東 京 都 の 動 き 及 び 運 輸 政 策 審 議 会 答 申 -1 1-4 今 後 の 進 め 方 -2 2-1 鉄 道 の 現 況 等

目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3 東 京 都 の 動 き 及 び 運 輸 政 策 審 議 会 答 申 -1 1-4 今 後 の 進 め 方 -2 2-1 鉄 道 の 現 況 等 公 共 交 通 機 関 対 策 等 特 別 委 員 会 資 料 平 成 26 年 5 月 29 日 世 田 谷 区 における 公 共 交 通 について 交 通 政 策 担 当 部 交 通 政 策 課 鉄 道 立 体 街 づくり 調 整 担 当 課 目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3

More information

基 準 地 価 格 3 年 に1 度 審 議 直 近 ではH23 年 12 月 に 審 議 土 地 評 価 替 えの 流 れと 固 定 資 産 評 価 審 議 会 基 準 地 とは 土 地 評 価 の 水 準 と 市 町 村 間 の 均 衡 を 確 保 するための 指 標 となるものであり 各 市

基 準 地 価 格 3 年 に1 度 審 議 直 近 ではH23 年 12 月 に 審 議 土 地 評 価 替 えの 流 れと 固 定 資 産 評 価 審 議 会 基 準 地 とは 土 地 評 価 の 水 準 と 市 町 村 間 の 均 衡 を 確 保 するための 指 標 となるものであり 各 市 資 料 1 山 梨 県 固 定 資 産 評 価 審 議 会 の 概 要 1 設 置 の 根 拠 地 方 税 法 第 401 条 の2 山 梨 県 附 属 機 関 の 設 置 に 関 する 条 例 2 設 置 の 趣 旨 固 定 資 産 評 価 の 適 正 均 衡 の 確 保 3 組 織 委 員 11 名 ( 国 及 び 市 町 村 の 職 員 並 びに 学 識 経 験 者 ) 4 任 期 2 年 (

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

1 仙 台 駅 周 辺 の 大 改 造 ( 仙 台 駅 前 広 場 再 整 備 自 由 通 路 再 整 備 帰 宅 困 難 者 対 策 ) 仙 台 市 都 市 整 備 局 総 合 交 通 政 策 部 交 通 政 策 課 推 進 係 長 佐 藤 桂 1. 仙 台 駅 周 辺 の 現 状 と 問 題 昭 和 56 年 に 現 在 のJR 仙 台 駅 西 口 駅 前 広 場 が 整 備 されてから 約 30

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

Microsoft Word - ☆06-0資料3:表紙.doc

Microsoft Word - ☆06-0資料3:表紙.doc 資 料 -3 鉄 道 プロジェクトの 評 価 手 法 マニュアル 2012 ( 案 ) 国 土 交 通 省 鉄 道 局 2012 年 3 月 目 次 第 1 編 総 説 第 1 章 本 マニュアルの 目 的 と 改 訂 の 経 緯... 1 1.1 本 マニュアルの 対 象 と 目 的... 1 1.2 マニュアル 改 訂 の 経 緯... 2 第 2 章 鉄 道 プロジェクト 評 価 の 基 本

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

交 通 政 策 基 本 法 の 概 要 ( 平 成 25 年 12 月 4 日 公 布 施 行 法 律 第 92 号 ) 基 本 理 念 等 ( 第 2 条 ~ 第 7 条 ) 基 本 的 認 識 ( 第 2 条 ) 交 通 の 果 たす 機 能 国 民 の 自 立 した 生 活 の 確 保 活 発

交 通 政 策 基 本 法 の 概 要 ( 平 成 25 年 12 月 4 日 公 布 施 行 法 律 第 92 号 ) 基 本 理 念 等 ( 第 2 条 ~ 第 7 条 ) 基 本 的 認 識 ( 第 2 条 ) 交 通 の 果 たす 機 能 国 民 の 自 立 した 生 活 の 確 保 活 発 交 通 系 ICカードの 普 及 利 便 性 拡 大 に 向 けて 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 公 共 交 通 政 策 部 平 成 27 年 4 月 13 日 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 交 通 政 策 基 本 法 の 概 要 ( 平 成 25 年 12 月 4 日 公 布 施 行 法 律 第 92 号

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F> 外 郭 団 体 の 退 職 手 当 財 源 補 填 廃 止 に 伴 う 助 成 金 支 給 について ~ 見 直 し 方 針 ~ 第 1 背 景 外 郭 団 体 ( 以 下 団 体 )は 高 度 化 複 雑 化 する 市 民 ニーズに 対 し 本 市 が 直 接 実 施 するより 機 動 的 かつ 柔 軟 に 公 共 サービスが 提 供 できるよう 設 立 され 高 い 専 門 性 を 発 揮 しつつ

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

はじめに 東 大 和 市 には 市 域 の 外 縁 部 に 大 量 輸 送 を 担 う 鉄 道 やモノレールの 駅 が 立 地 し ています このため 市 域 を 運 行 する 路 線 バスは こうした 駅 及 び 隣 接 市 の 主 要 駅 を 結 ぶ 重 要 な 移 動 手 段 として 多 くの

はじめに 東 大 和 市 には 市 域 の 外 縁 部 に 大 量 輸 送 を 担 う 鉄 道 やモノレールの 駅 が 立 地 し ています このため 市 域 を 運 行 する 路 線 バスは こうした 駅 及 び 隣 接 市 の 主 要 駅 を 結 ぶ 重 要 な 移 動 手 段 として 多 くの 東 大 和 市 コミュニティバス 等 運 行 ガイドライン 平 成 28 年 3 月 東 大 和 市 はじめに 東 大 和 市 には 市 域 の 外 縁 部 に 大 量 輸 送 を 担 う 鉄 道 やモノレールの 駅 が 立 地 し ています このため 市 域 を 運 行 する 路 線 バスは こうした 駅 及 び 隣 接 市 の 主 要 駅 を 結 ぶ 重 要 な 移 動 手 段 として 多 くの

More information

Microsoft Word - A都市マス本編.doc

Microsoft Word - A都市マス本編.doc 5-3 交 通 体 系 の 方 針 1) 現 状 と 課 題 (1) 道 路 交 通 1 幹 線 道 路 幹 線 道 路 網 は 周 辺 市 町 との 広 域 連 携 を 担 う 一 般 国 道 11 号 32 号 438 号 さぬき 浜 街 道 を 中 心 に 市 内 各 地 の 連 絡 を 担 う 主 要 地 方 道 一 般 県 道 及 び 主 要 な 市 道 により 概 ね 格 子 状 に 道

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉 堺 泉 北 港 港 湾 計 画 一 部 変 更 ( 前 回 改 訂 : 平 成 18 年 2 月 目 標 年 次 : 平 成 20 年 代 後 半 ) 港 湾 管 理 者 : 大 阪 府 平 成 27 年 3 月 10 日 交 通 政 策 審 議 会 第 59 回 港 湾 分 科 会 資 料 5 堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域

More information

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6 第 6 次 伊 万 市 政 改 綱 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 伊 万 里 市 目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

政 策 評 価 に 関 する 有 識 者 会 議 参 集 者 名 簿 渥 美 由 喜 東 レ 経 営 研 究 所 ダイバーシティ&ワークライフバランス 研 究 部 長 阿 部 正 浩 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 井 部 俊 子 聖 路 加 看 護 大 学 学 長 梅 田 次 郎 行 政 経 営 株 式 会 社 まちづくり 行 政 経 営 プロデューサー 河 北 博 文 社 会 医 療 法

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

1.Tokyo2020アクセシビリティ ガイドライン 1 国 際 パラリンピック 委 員 会 (IPC)のアクセシビリティガイドを 踏 まえた 東 京 会 に おけるバリアフリー 対 応 の 概 要 東 京 会 は 国 際 パラリンピック 委 員 会 (IPC)で 承 認 された 世 界 準 のバリ

1.Tokyo2020アクセシビリティ ガイドライン 1 国 際 パラリンピック 委 員 会 (IPC)のアクセシビリティガイドを 踏 まえた 東 京 会 に おけるバリアフリー 対 応 の 概 要 東 京 会 は 国 際 パラリンピック 委 員 会 (IPC)で 承 認 された 世 界 準 のバリ 資 料 1 ユニバーサルデザインの 街 づくり 取 組 状 況 平 成 28 年 3 月 25 日 内 閣 官 房 オリパラ 事 務 局 ( 内 閣 官 房 東 京 オリンピック 競 技 大 会 東 京 パラリンピック 競 技 大 会 推 進 本 部 事 務 局 ) 1.Tokyo2020アクセシビリティ ガイドライン 1 国 際 パラリンピック 委 員 会 (IPC)のアクセシビリティガイドを 踏

More information

第2回基幹的交通システム部会_資料1

第2回基幹的交通システム部会_資料1 (8) 都 市 空 間 の 魅 力 と 基 幹 的 交 通 システムのデザイン 性 が 相 まって 魅 力 的 な 都 市 空 間 の 形 成 に 寄 与 できるルート を 選 定 する 銀 座 地 区 では 銀 座 の 個 性 的 な 景 観 や 空 間 を 考 慮 し 銀 座 らしさを 演 出 し ヒューマンスケールの 都 市 空 間 形 成 に 寄 与 できるルートを 選 定 する 特 に 銀

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

Microsoft PowerPoint - 集約型都市と地域公共交通 - 印刷用

Microsoft PowerPoint - 集約型都市と地域公共交通 - 印刷用 交 通 実 践 セミナー in 広 島 集 約 型 都 市 と 地 域 公 共 交 通 早 稲 田 大 学 森 本 章 倫 akinori@waseda.jp 1. 人 口 減 少 社 会 の 都 市 2012 年 ( 人 口 動 態 統 計 ) 死 亡 数 126 万 人 出 生 数 104 万 人 自 然 増 減 -22 万 人 2050 年 までの 日 本 から 3100 万 人 の 人 口

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

私たちの市税

私たちの市税 ❺ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 土 地 家 屋 償 却 資 産 (これらを 固 定 資 産 といいます )を 所 有 している 人 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 町 村 に 納 める 税 金 です 納 税 義 務 者 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 で 市 内 に 固 定

More information

提 出 先 4 今 後 のスケジュール( 予 定 ) 平 成 26 年 9 月 ~11 月 頃 補 助 協 議 に 対 する 市 町 村 及 び 施 設 ヒアリング 平 成 27 年 2 月 頃 県 が 国 庫 補 助

提 出 先 4 今 後 のスケジュール( 予 定 ) 平 成 26 年 9 月 ~11 月 頃 補 助 協 議 に 対 する 市 町 村 及 び 施 設 ヒアリング 平 成 27 年 2 月 頃 県 が 国 庫 補 助 ( 公 印 省 略 ) 各 市 町 村 長 ( 障 害 者 福 祉 主 管 課 ) 殿 2 6 障 第 2049 号 平 成 26 年 8 月 25 日 福 岡 県 福 祉 労 働 部 長 ( 障 害 者 福 祉 課 社 会 参 加 係 ) 平 成 27 年 度 障 害 者 ( 児 ) 福 祉 施 設 整 備 に 係 る 補 助 協 議 について 障 害 者 福 祉 行 政 の 推 進 につきましては

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

目 次 保 育 所 整 備 スケジュール( 例 ) 1 解 説 1 はじめに 2 2 保 育 所 とは 2 3 保 育 所 経 営 のための 事 前 準 備 3 4 保 育 所 の 設 置 認 可 申 請 について 5 5 保 育 所 運 営 費 負 担 金 に 関 する 注 意 点 6 6 社 会

目 次 保 育 所 整 備 スケジュール( 例 ) 1 解 説 1 はじめに 2 2 保 育 所 とは 2 3 保 育 所 経 営 のための 事 前 準 備 3 4 保 育 所 の 設 置 認 可 申 請 について 5 5 保 育 所 運 営 費 負 担 金 に 関 する 注 意 点 6 6 社 会 保 育 所 設 置 希 望 者 の 手 引 ( 平 成 25 年 4 月 ) 埼 玉 県 福 祉 部 少 子 政 策 課 担 当 保 育 施 設 担 当 電 話 048-830-3328-0 - 目 次 保 育 所 整 備 スケジュール( 例 ) 1 解 説 1 はじめに 2 2 保 育 所 とは 2 3 保 育 所 経 営 のための 事 前 準 備 3 4 保 育 所 の 設 置 認 可 申 請

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

271030_表紙-2.xdw

271030_表紙-2.xdw 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 への 訓 練 移 転 に 係 るこれまでの 対 応 と 防 衛 省 との 協 議 について 平 成 27 年 10 月 30 日 鹿 屋 市 目 次 Ⅰ 鹿 屋 基 地 に 係 る 在 日 米 軍 再 編 について P1 P1 Ⅱ 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 に おける 訓 練 概 要 P4 P2 Ⅲ 防 衛 省 への 主

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information