建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等"

Transcription

1 基 準 10. 社 会 連 携 ( 教 育 研 究 上 の 資 源 企 業 地 域 社 会 等 ) 大 学 が 持 っている 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 努 力 がなされているこ と (1)10-1の 事 実 の 説 明 ( 現 状 ) 大 学 施 設 の 開 放 公 開 講 座 リフレッシュ 教 育 など 大 学 が 持 っている 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 努 力 がなされているか 大 学 は 正 規 の 学 生 教 育 以 外 に 地 域 社 会 に 開 放 され 高 齢 化 社 会 における 生 涯 学 習 ニー ズに 対 応 するとともに 大 学 が 持 つ 特 色 や 専 門 分 野 の 人 的 物 的 資 源 を 最 大 限 に 活 かした 地 域 のアカデミックなコアセンターとしての 役 割 を 担 う 責 務 がある 本 学 の 取 り 組 みとして 1 一 般 市 民 を 対 象 に 聴 講 生 科 目 等 履 修 生 として 授 業 科 目 毎 に 受 講 生 を 受 け 入 れる 制 度 2 社 会 人 入 学 生 のための 選 抜 制 度 を 設 け 大 学 院 では 長 期 履 修 生 制 度 を 有 している 正 規 授 業 以 外 で 一 般 市 民 の 方 が 気 軽 に 受 講 できるものとしては 1 小 阪 関 屋 随 時 開 催 で 学 部 学 科 の 特 色 を 活 かした 無 料 の 各 種 公 開 講 座 や 狂 言 会 英 語 劇 (シェイクスピア) レクチャーコンサート 等 があり 2 連 続 受 講 でより 深 く 知 的 教 養 を 身 につけてもらう 学 科 主 催 の 公 開 授 業 ( 有 料 ) 歴 史 文 化 講 座 ( 有 料 ) ファッションセミナー 等 も 開 催 している とりわけ 平 成 19(2007) 年 度 に 学 園 創 立 90 周 年 を 記 念 して 開 講 した 特 別 公 開 講 座 芸 術 と 鑑 賞 は 本 物 に 触 れる をコンセプトに 各 界 第 一 線 で 活 躍 されている 専 門 家 を 招 き 解 説 と 実 演 を 交 えて 連 続 講 座 として 開 講 した 学 生 はもとより 同 窓 生 一 般 市 民 に 提 供 し 好 評 を 得 ている ( 特 記 事 項 に 記 載 ) また 本 学 は 大 阪 府 教 育 委 員 会 が 後 援 する 教 職 員 自 主 研 修 支 援 大 学 専 修 学 校 等 オ ープン 講 座 へ 講 座 提 供 を 行 い 現 職 教 員 のスキルアップを 積 極 的 に 支 援 している これ は 本 学 教 職 課 程 担 当 教 員 が 培 った 教 育 の 成 果 を 社 会 に 提 供 する 取 り 組 みの 一 つである 奈 良 県 教 育 委 員 会 後 援 の 教 職 員 のための 夏 の 公 開 講 座 への 講 座 提 供 も 同 様 の 取 り 組 み である 本 学 が 保 有 する 施 設 として 両 キャンパスの 大 学 図 書 館 をはじめ 平 成 19(2007) 年 度 に 設 置 した 田 辺 聖 子 文 学 館 を 一 般 市 民 に 公 開 しており 登 録 有 形 文 化 財 である 樟 徳 館 も 定 期 的 に 一 般 公 開 している また 教 室 や 講 堂 も 各 種 学 会 や 外 部 団 体 一 般 市 民 に 貸 し 出 しを 行 い 関 屋 キャンパスのテニスコートは 行 事 が 重 ならない 限 り 地 域 のサークルに 貸 し 出 しをしている 本 学 関 屋 キャンパスには 本 学 大 学 院 人 間 科 学 研 究 科 臨 床 心 理 学 専 攻 附 属 カウンセリン グセンターを 設 置 しており 広 範 囲 な 臨 床 活 動 を 行 っている 平 成 18(2006) 年 9 月 からは 香 芝 市 児 童 福 祉 課 の 協 力 を 得 て 香 芝 市 内 外 への 広 報 を 行 い 発 達 検 査 を 通 してお 子 さんの 良 いところを 見 つける という 目 的 を 掲 げて 検 査 モニター 事 業 を 継 続 実 施 している 附 属 89

2 幼 稚 園 からの 利 用 もあり 子 育 て 支 援 を 兼 ねた 活 動 となっている 平 成 20(2008) 年 からは 香 芝 市 教 育 委 員 会 と 提 携 し 市 内 の 小 中 学 校 からの 要 請 を 受 けて 保 健 室 登 校 の 生 徒 に 対 す る 定 期 的 な 援 助 を 行 い 教 室 復 帰 に 至 るなど 成 果 をあげている さらに 文 部 科 学 省 大 学 教 育 改 革 支 援 の 一 貫 として 平 成 19(2007) 年 度 に 現 代 的 教 育 ニ ーズ 取 組 支 援 プログラム( 現 代 GP)[ 地 域 活 性 化 への 貢 献 ( 広 域 型 )]の 採 択 を 受 け 子 育 て 支 援 開 発 センター(CAC)を 設 置 した 学 生 による 地 域 協 創 型 子 育 てモデルの 開 発 をテーマに 学 生 の 教 育 研 究 活 動 の 一 環 として 自 治 体 および 地 域 住 民 と 協 働 した SHOIN 子 育 てカレッジ を 開 催 し 講 演 会 シンポジウム 等 様 々な 催 しを 実 施 している 今 後 も 子 育 て 支 援 開 発 センターでは 香 芝 市 東 大 阪 市 奈 良 県 等 広 域 での 地 域 連 携 を 図 り 地 域 のコアセンターとなるべく 活 動 を 行 っていく 同 じく 平 成 19(2007) 年 度 に 採 択 を 受 けた 文 部 科 学 省 委 託 事 業 である 社 会 人 の 学 び 直 し ニーズ 対 応 教 育 推 進 プログラムでは 児 童 英 語 の 学 び 直 しと 教 育 現 場 での 英 語 活 動 指 導 力 育 成 プログラム をテーマに 小 学 校 教 諭 有 資 格 者 等 を 対 象 に 英 語 活 動 の 指 導 プログラム を 提 供 し 社 会 人 の 学 び 直 しの 一 役 を 担 っている (2)10-1の 自 己 評 価 人 的 資 源 物 的 資 源 の 社 会 的 提 供 は 多 くの 機 会 をとらえて 積 極 的 に 取 り 組 んでおり 評 価 できる 公 開 授 業 公 開 講 座 公 開 講 演 会 等 の 運 営 は 両 キャンパスとも 学 術 研 究 委 員 会 の 協 議 審 議 を 経 て 実 施 している 小 阪 キャンパスでは 以 前 まで 各 学 科 が 独 自 に 公 開 講 座 等 を 開 催 していたが 平 成 18(2006) 年 度 から 学 術 研 究 委 員 会 で 予 算 を 含 め 全 体 を 一 覧 すること とし 平 成 19(2007) 年 度 には 学 術 振 興 課 を 設 置 学 術 研 究 委 員 会 と 協 力 して 運 営 を 行 う 体 制 とした これにより 新 たな 学 科 間 調 整 スケジュール 調 整 早 期 告 知 開 催 後 報 告 の 公 開 が 可 能 になった 公 開 講 座 等 の 開 催 にあたっては 一 般 市 民 や 関 係 各 機 関 へチラシやポスターを 作 成 して 積 極 的 に 広 報 するとともに 教 授 会 等 で 学 内 向 け 告 知 や 実 施 後 の 報 告 を 行 っている なお 平 成 19(2007) 年 度 からは 大 学 のホームページにて 告 知 と 受 講 受 付 を 開 始 した この 結 果 今 まで 電 話 FAX はがき 等 に 頼 っていた 受 付 をWeb 上 で 簡 単 に 行 えるようになった また Web 手 続 き あるいはアンケートなどで 得 たメーリングリストを 利 用 して メー ルでの 講 座 情 報 の 配 信 も 行 うようになった 大 学 で 開 催 する 公 開 講 座 等 は 法 人 本 部 企 画 広 報 室 からも 各 新 聞 社 へ 案 内 を 流 すとともに 随 時 小 阪 キャンパスは 東 大 阪 だより 関 屋 キャンパスは 香 芝 市 広 報 に 告 知 掲 載 を 依 頼 しており 大 阪 奈 良 の 文 化 情 報 センターや 市 内 リージョンセンター 図 書 館 公 民 館 等 へポスター チラシの 配 布 も 行 っている また 必 要 に 応 じ 有 料 にて 駅 張 り 広 告 新 聞 折 り 込 みを 行 っている 現 職 教 員 向 けの 研 修 講 座 の 提 供 は 本 学 の 教 育 研 究 の 蓄 積 と 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 取 り 組 みの 一 つであり 継 続 的 に 実 施 していることが 評 価 できる 90

3 (3)10-1の 改 善 向 上 方 策 ( 将 来 計 画 ) 生 涯 学 習 への 関 心 と 期 待 は 年 々 高 まっている 高 齢 化 社 会 の 到 来 退 職 後 に 時 間 に 余 裕 がある 方 が 増 加 していることを 勘 案 し 社 会 人 の 学 生 としての 取 り 込 みを 考 えなければな らない 現 在 の 社 会 人 入 試 選 抜 は 入 学 すると 正 規 学 生 と 全 く 同 じカリキュラムを 受 講 す ることになる 今 後 は 高 齢 者 社 会 人 に 特 化 した 領 域 カリキュラム 等 を 検 討 し 多 様 な 社 会 人 に 対 応 した 学 習 機 会 の 提 供 や 実 施 体 制 の 構 築 が 必 要 と 考 えている 公 開 講 座 公 開 講 演 会 等 に 関 しても 単 発 の 無 料 講 座 だけではなく 会 員 制 チケット 制 なども 視 野 に 入 れて 社 会 の 要 請 に 対 応 した 連 続 した 内 容 の 企 画 体 験 型 の 企 画 資 格 が 取 れる 企 画 有 料 の 企 画 等 バリーエーションに 富 んだ 企 画 を 準 備 していく また 現 在 小 阪 関 屋 両 キャンパスとも 学 部 学 科 の 特 性 を 活 かした 公 開 授 業 公 開 講 座 公 開 講 演 会 等 を 開 催 しているが 運 営 に 関 しては 両 キャンパスのやり 取 りはない 大 学 全 体 としての 情 報 発 信 の 整 合 性 合 同 企 画 の 可 能 性 企 画 における 両 キャンパス 間 で の 交 流 など 各 種 の 改 善 の 方 策 の 検 討 を 進 めていく 教 育 研 究 上 において 企 業 や 他 大 学 との 適 切 な 関 係 が 構 築 されていること (1)10-2の 事 実 の 説 明 ( 現 状 ) 教 育 研 究 上 において 企 業 や 他 大 学 との 適 切 な 関 係 が 構 築 されているか (a)インターンシップにおける 企 業 との 関 係 について 本 学 では 学 生 が 夏 期 休 暇 中 に 企 業 や 自 治 体 等 において 就 業 体 験 を 積 むことを 目 的 とす るインターンシップを 平 成 11(1999) 年 度 より 実 施 し 平 成 14(2002) 年 度 からはカリキュラ ムの 一 環 として 単 位 認 定 されるようになった 実 習 に 際 しては 学 生 はビジネスマナーの 研 修 や 実 習 先 についての 研 究 レポート 作 成 などの 事 前 学 習 をし 終 了 後 は 企 業 自 治 体 を 招 いたインターンシップ 発 表 会 において 学 生 各 自 が 学 習 成 果 を 披 露 するという 流 れになっ ている 実 習 期 間 中 にはキャリアセンター 職 員 が 企 業 自 治 体 を 訪 問 し 学 生 の 学 習 姿 勢 や 意 欲 を 確 認 するとともに 実 習 日 誌 および 評 価 書 を 通 した 情 報 交 換 に 努 め 学 生 への 指 導 や 次 年 度 以 降 の 改 善 につなげている ここ 数 年 の 参 加 実 績 は 年 間 50~80 人 である 更 に 上 記 の 就 業 体 験 型 インターンシップに 加 えて 平 成 20(2008) 年 度 より 学 生 提 案 型 インターンシップを 新 たに 実 施 した 市 場 調 査 や 商 品 企 画 など 企 業 のニーズ 課 題 に 対 して 学 生 が 若 い 消 費 者 としての 視 点 を 生 かした 提 案 をまとめ 上 げ そのプロセスを 通 して 企 業 活 動 の 本 質 とは 何 か どういう 力 が 社 会 で 求 められているのかを 学 ぶことが 目 標 である 平 成 20(2008) 年 度 では 総 勢 57 人 の 学 生 が 9 チームに 分 かれ 化 粧 品 や 飲 料 のメーカーなど 衣 食 住 に 関 連 する 企 業 5 社 の 半 年 間 にわたるインターンシップに 参 加 した 10 年 後 の 美 容 室 におけるアロマ 商 品 の 企 画 10~20 代 向 け 飲 料 の 新 商 品 開 発 等 各 企 業 より 与 えられた 課 題 の 解 決 に 向 け 学 生 はグループワークによるマーケティングや 商 品 の 企 画 書 づくりを 実 践 することができた そして 学 生 の 企 画 案 について 着 目 点 が 斬 新 であると 企 業 より 高 い 評 価 を 受 け 実 際 に 一 部 商 品 化 されるなど 産 学 連 携 の 実 を 結 ぶこと ができたと 考 える 91

4 (b) 教 育 研 究 における 他 大 学 との 連 携 協 力 関 係 について 単 位 互 換 制 度 など 学 生 がその 興 味 や 目 的 にあわせ 幅 広 く 多 様 な 学 びの 機 会 を 得 られるよう 本 学 は 近 隣 大 学 との 協 定 や 大 学 コンソーシアムにおける 包 括 協 定 により 単 位 互 換 の 仕 組 みを 整 えてい る 帝 塚 山 大 学 ( 奈 良 県 )とは 平 成 15(2003) 年 度 より 単 位 互 換 協 定 を 結 び 相 互 の 学 生 の 派 遣 および 受 け 入 れを 行 っている また 大 学 コンソーシアム 大 阪 の 加 盟 校 として 単 位 互 換 包 括 協 定 に 基 づく 学 生 の 派 遣 および 受 け 入 れを 行 っている 入 試 過 去 問 題 活 用 宣 言 について 全 国 の 大 学 が 毎 年 出 題 している 入 試 問 題 については 膨 大 な 数 であり また 相 当 数 の 良 問 が 蓄 積 されている 本 学 はこれらの 入 試 問 題 を 大 学 社 会 が 共 有 すべき 財 産 として 考 え 平 成 20(2008) 年 より 過 去 に 出 題 された 問 題 を 相 互 に 利 用 することを 認 める 大 学 間 の 取 り 組 みに 参 加 した この 活 用 宣 言 により 良 問 を 有 効 活 用 でき また 類 似 問 題 に 対 する 不 安 も 払 拭 でき 出 題 の 効 率 を 上 げることが 可 能 となった (2)10-2の 自 己 評 価 (a)インターンシップにおける 企 業 との 関 係 について 従 来 の 就 業 体 験 型 インターンシップでは 長 年 にわたる 経 験 から 実 習 面 および 学 校 側 の 指 導 面 のノウハウが 十 分 に 蓄 積 されている しかしながら 学 生 提 案 型 インターン シップは 互 いに 初 の 試 みであることから 実 習 の 進 め 方 について 頻 繁 な 意 見 交 換 に 努 めた 企 画 提 案 という 目 標 に 向 けてチームの 一 員 として 一 人 ひとりが 今 何 をすべきか 考 え 行 動 に 移 していくプロセスを 経 て 学 生 は 様 々なことに 気 づき 大 いに 成 長 できたものと 考 える 企 業 からも 学 生 ならではの 視 点 による 興 味 深 い 商 品 企 画 だけでなく 学 生 への 指 導 を 通 しても 気 づかされることが 多 かった との 評 価 を 受 けた インターンシップ 発 表 会 は 企 業 学 生 の 相 互 からの 達 成 感 連 帯 感 に 満 ちあふれたものとなり 評 価 できる (b) 教 育 研 究 における 他 大 学 との 連 携 協 力 関 係 について 教 育 上 の 取 り 組 みとして 単 位 互 換 過 去 問 活 用 は 大 学 相 互 の 連 携 の 一 つの 在 り 方 とし て 評 価 できる ただし 現 状 では 他 大 学 との 連 携 がこれらの 事 業 に 限 られており 今 後 そ れ 以 外 の 事 業 についてもその 実 施 について 検 討 し 教 育 研 究 によりよい 効 果 を 発 揮 する 大 学 間 連 携 の 在 り 方 についてその 可 能 性 を 検 討 する 必 要 がある (3)10-2の 改 善 向 上 方 策 ( 将 来 計 画 ) 当 面 の 課 題 は 産 学 連 携 のプログラムをいかに 充 実 していくかである 平 成 20(2008) 年 度 においては 女 子 学 生 に 馴 染 みやすい 衣 食 住 関 連 企 業 の 商 品 企 画 が 課 題 テーマとな ったが 今 後 実 習 先 やプログラムの 多 様 化 をすすめることで 更 に 学 生 の 関 心 興 味 を 掘 り 起 こしていく その 一 策 として 個 別 企 業 の 開 拓 に 加 えて 自 治 体 との 協 力 体 制 の 構 築 を 推 進 していく また インターンシップに 参 加 した 学 生 たちが 学 んだこと 成 長 したこと を 直 接 後 輩 の 学 生 に 伝 え 輪 を 広 げていくシステムの 構 築 もすすめていく 92

5 10-3. 大 学 と 地 域 社 会 との 協 力 関 係 が 構 築 されていること (1)10-3の 事 実 の 説 明 ( 現 状 ) 大 学 と 地 域 社 会 との 協 力 関 係 が 構 築 されているか 地 域 社 会 ( 地 方 自 治 体 )との 連 携 協 力 協 定 本 学 では 広 く 地 域 社 会 との 連 携 協 力 を 深 め 人 的 知 的 交 流 を 通 じて 地 域 に 根 ざした 多 様 な 学 びの 機 会 を 提 供 するとともに 教 育 上 の 諸 課 題 等 に 適 切 に 対 応 することにより 地 域 の 教 育 の 充 実 発 展 に 資 することを 目 的 に 平 成 19(2007) 年 3 月 に 大 阪 府 教 育 委 員 会 との 連 携 協 力 協 定 を 結 び また 同 年 4 月 に 香 芝 市 9 月 には 大 阪 市 平 成 20(2008) 年 3 月 に 奈 良 県 教 育 委 員 会 6 月 には 東 大 阪 市 と 連 携 協 力 協 定 を 結 んだ 多 様 化 複 雑 化 する 地 域 課 題 の 解 決 に 向 けて 本 学 の 有 する 人 材 と 地 方 自 治 体 が 連 携 協 働 していくことが 求 め られている また 本 学 においても 少 子 化 による 大 学 全 入 時 代 の 到 来 国 公 立 大 学 の 法 人 化 のような 環 境 変 化 による 大 学 間 競 争 の 激 化 の 中 で 生 き 残 るために 積 極 的 な 地 域 貢 献 や 産 官 学 連 携 が 求 められている こうした 背 景 の 下 本 学 としてはこれら 自 治 体 との 連 携 協 力 協 定 を 結 ぶことで 地 域 における 大 学 の 役 割 を 果 たしていきたいと 考 えている ( 協 定 締 結 の 主 な 内 容 ) 教 育 文 化 生 涯 学 習 スポーツの 振 興 のための 連 携 人 材 育 成 のための 連 携 保 健 福 祉 の 向 上 のための 連 携 まちづくり 産 業 振 興 のための 連 携 自 治 体 が 実 施 する 職 員 研 修 会 への 講 師 派 遣 自 治 体 との 共 同 による 市 民 対 象 の 生 涯 学 習 講 座 の 実 施 まちづくり 地 域 課 題 解 消 のための 学 術 的 見 地 からのシンクタンク 的 役 割 学 生 による 地 域 活 性 化 への 貢 献 (まちづくり ボランティア) 等 各 地 域 との 具 体 的 連 携 は 以 下 のとおりである 大 阪 府 大 阪 市 における 連 携 本 学 は 平 成 19(2007) 年 度 に 文 部 科 学 省 委 託 事 業 社 会 人 学 び 直 しニーズ 対 応 教 育 推 進 事 業 を 受 けた 平 成 23(2011) 年 度 から 小 学 校 に 導 入 される 外 国 語 活 動 ( 英 語 活 動 )のた めの 指 導 力 アップをめざした 有 資 格 者 等 に 対 する 児 童 英 語 の 学 び 直 しと 教 育 現 場 での 英 語 活 動 指 導 力 育 成 プログラム であるが 同 プログラムを 大 阪 府 教 育 委 員 会 大 阪 市 教 育 委 員 会 との 連 携 協 力 協 定 に 基 づき 両 教 育 委 員 会 の 後 援 を 得 て 実 施 している 両 教 育 委 員 会 所 管 の 小 学 校 教 員 から 100 人 を 超 える 応 募 があり 44 人 が 受 講 好 評 を 得 た また 3 月 にはさらに 大 阪 府 PTA 協 議 会 の 後 援 も 得 て 小 学 校 教 員 保 護 者 を 対 象 に 小 学 校 か ら 始 まる 国 際 化 をテーマにシンポジウムを 行 った 93

6 奈 良 県 における 連 携 奈 良 県 教 育 委 員 会 が 主 催 する 県 内 の 教 職 員 を 対 象 とした 夏 の 公 開 講 座 を 開 催 してい る また 子 育 て 支 援 開 発 センターを 中 心 に 奈 良 県 地 域 振 興 部 地 域 づくり 支 援 課 奈 良 県 福 祉 部 こども 家 庭 局 少 子 化 対 策 室 少 子 化 対 策 係 と 現 代 GP 学 生 による 地 域 協 創 型 子 育 てモ デルの 開 発 の 取 組 に 関 して 内 閣 府 奈 良 県 が 主 催 する 平 成 20(2008) 年 度 子 育 てを 支 え る 家 族 地 域 のきずな フォーラム 全 国 大 会 の 開 催 奈 良 県 少 子 化 実 態 調 査 事 業 なら 子 育 て 支 援 の 輪 づくり 事 業 等 様 々な 協 働 を 進 めている また 奈 良 県 大 学 連 合 に 参 加 し 定 期 的 に 他 大 学 との 会 合 を 持 つことでそれぞれの 現 状 を 把 握 し これからの 大 学 連 携 のあ り 方 について 話 し 合 っている 東 大 阪 市 における 連 携 東 大 阪 市 と 本 学 は 友 好 的 な 関 係 のもと 東 大 阪 市 教 育 委 員 会 ( 東 大 阪 市 立 社 会 教 育 セン ター)が 主 催 する 市 民 セミナー に 毎 年 1 つのテーマを 決 めて 秋 から 冬 にかけて 連 続 して 本 学 教 員 が 講 師 を 担 当 してきた 平 成 18(2006) 年 度 からはより 連 携 の 範 囲 を 拡 げ 市 内 5 大 学 ( 本 学 近 畿 大 学 大 阪 商 業 大 学 東 大 阪 大 学 樟 蔭 東 女 子 短 期 大 学 )と 東 大 阪 市 が 協 力 して 市 内 5 大 学 公 開 講 座 学 びあう 文 化 の 街 へ を 開 催 している なお 東 大 阪 市 が 主 催 する 東 大 阪 市 民 文 化 芸 術 祭 や 東 大 阪 市 民 ふれあい 祭 り 等 へボランティ アで 学 生 を 派 遣 して 市 の 取 り 組 みを 支 援 するとともに 今 年 で 20 周 年 を 迎 える 本 学 主 催 の 東 西 狂 言 会 は 東 大 阪 市 教 育 委 員 会 の 後 援 を 得 て 実 施 し 大 勢 の 市 民 に 好 評 を 得 ている また 本 学 の 子 育 て 支 援 開 発 センターを 中 心 に 東 大 阪 市 福 祉 部 こども 家 庭 室 子 育 て 支 援 課 と 現 代 GP 学 生 による 地 域 協 創 型 子 育 てモデルの 開 発 の 取 組 に 関 して 東 大 阪 市 子 育 て 広 場 での 学 生 による 子 育 て 支 援 実 践 活 動 や 公 立 保 育 所 及 び 子 育 て 広 場 利 用 者 に 対 するニーズ 調 査 の 協 働 実 施 等 を 進 めている 香 芝 市 における 連 携 これまで 香 芝 市 とは 教 育 委 員 会 との 共 催 によるオープンカレッジを 開 催 してきたが 連 携 協 力 協 定 締 結 後 子 育 て 支 援 開 発 センターを 中 心 に 香 芝 市 企 画 政 策 課 児 童 福 祉 課 と 現 代 GP 学 生 による 地 域 協 創 型 子 育 てモデルの 開 発 の 取 組 に 関 して 子 育 て 支 援 に 関 する 共 同 調 査 研 究 子 育 て 支 援 者 研 修 会 香 芝 市 重 点 政 策 検 討 会 議 等 様 々な 協 働 を 進 めている また 香 芝 市 教 育 委 員 会 生 涯 学 習 課 香 芝 市 立 図 書 館 とは 国 会 における 国 民 読 書 年 決 議 に 伴 う 読 書 ボランティア 養 成 講 座 の 企 画 運 営 を 行 い 市 民 による 読 書 ボランティア 団 体 と の 協 働 による 絵 本 広 場 を 開 催 した 他 香 芝 市 教 育 委 員 会 生 涯 学 習 課 学 校 教 育 課 からの 依 頼 により 放 課 後 こどもプラン スクールボランティア 等 の 学 校 教 育 ボランティアを 本 学 学 生 に 案 内 し 年 間 を 通 じて 市 内 公 立 幼 稚 園 小 学 校 中 学 校 等 へ 派 遣 している また 大 学 院 臨 床 心 理 学 専 攻 およびカウンセリングセンターは 香 芝 市 との 提 携 に 基 づき 小 中 学 校 で 児 童 生 徒 の 支 援 活 動 を 展 開 している 94

7 (2)10-3の 自 己 評 価 自 治 体 との 連 携 協 力 協 定 の 締 結 や 大 学 連 合 を 通 した 連 携 活 動 等 により 地 域 的 課 題 に 関 わる 研 究 を 積 極 的 に 推 進 し 地 域 の 産 業 文 化 生 活 の 活 性 化 に 寄 与 できたと 評 価 できる また 開 かれた 大 学 として 広 報 活 動 を 促 進 するとともに 大 学 の 教 育 研 究 活 動 の 成 果 が 地 域 に 広 く 還 元 されるよう 努 めている 本 学 の 特 質 を 生 かした 教 育 研 究 活 動 は 人 的 資 源 の 社 会 への 貢 献 を 含 めて 社 会 からの 要 請 に 応 え 調 査 研 究 等 をとおして 社 会 との 連 携 及 び 協 力 を 推 進 している 学 生 にとっては 学 内 における 座 学 だけではなく ボランティア 活 動 等 学 外 における 自 主 的 な 活 動 を 積 極 的 に 行 える 環 境 が 整 い 将 来 の 進 路 選 択 に 有 効 に 働 くものと 考 えている (3)10-3の 改 善 向 上 方 策 ( 将 来 計 画 ) 現 在 の 自 治 体 等 との 連 携 について 社 会 的 なニーズ 要 請 を 鑑 みて 継 続 的 により 発 展 的 に 協 働 を 考 え 大 学 の 社 会 的 責 任 を 果 たしていく 必 要 があろう また 地 方 自 治 体 に 限 ら ず 産 業 界 との 連 携 他 大 学 研 究 所 等 との 連 携 の 必 要 性 が 望 まれる 時 代 であり 本 学 の 持 ちうる 専 門 知 識 を 有 する 人 材 との 発 展 的 融 合 により より 高 度 な 地 域 への 貢 献 と 全 国 への 情 報 発 信 に 努 めていく 基 準 10の 自 己 評 価 本 学 は 建 学 の 精 神 大 学 の 使 命 目 的 の 中 に 社 会 との 連 携 を 謳 っている すなわち 社 会 に 貢 献 できる 女 性 を 育 むこと が 本 学 のめざすところである 樟 蔭 学 園 90 年 の 歴 史 は このことを 時 代 社 会 の 要 請 の 中 で 実 践 してきた 道 程 であるといえる ここに 記 し た 様 々の 事 例 は 建 学 の 精 神 をより 直 接 的 な 形 で 示 す 取 り 組 みである 広 く 機 会 をとらえ 大 学 の 持 つ 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 還 元 し また 地 域 社 会 の 要 請 に こたえる 形 で 連 携 協 力 が 推 進 されていることは 評 価 できる インターンシップは 企 業 と 大 学 を 結 び 教 育 研 究 上 重 要 な 働 きを 担 うと 位 置 づけられており 積 極 的 に 運 営 されてい ると 評 価 できる これらに 比 べて 大 学 間 の 協 力 関 係 はようやく 動 き 始 めたばかりで 今 後 の 強 化 に 向 けて 一 層 の 努 力 が 求 められる 基 準 10の 改 善 向 上 方 策 ( 将 来 計 画 ) 大 学 は 社 会 的 存 在 として 地 域 社 会 企 業 社 会 とどう 向 き 合 っていくか どのような 協 力 貢 献 が 可 能 か 常 に 自 問 自 答 しながら 関 係 を 強 化 していかなくてはならない 開 かれた 社 会 の 中 で 確 たる 位 置 を 占 め その 期 待 にこたえることが 大 学 を 取 り 巻 く 厳 しい 環 境 の 中 で 建 学 の 精 神 を 守 りぬくことにつながる 現 在 の 水 準 に 安 住 するのではなく 常 に 新 しい 出 会 いの 機 会 を 求 めて 積 極 的 に 自 己 開 示 し 埋 もれたニーズを 掘 り 起 こすような 活 動 を 推 進 していく 95

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63> 参 考 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントについて 構 成 第 1 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントの 性 格 第 2 不 特 定 かつ 多 数 の 者 の 利 益 の 増 進 に 寄 与 するもの の 事 実 認 定 に 当 たっての 留 意 点 1. 事 業 区 分 ごとの 公 益 目 的 事 業 のチェックポイント (1) 検 査 検 定 (2) 資 格 付 与 (3) 講

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 浜 松 市 社 会 福 祉 協 議 会 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業

More information

平 成 27 年 度 教 育 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 務 の 管 理 及 び 執 行 の 状 況 の 点 検 評 価 報 告 書 ( 平 成 26 年 度 事 業 ) 平 成 27 年 8 月 桑 名 市 教 育 委 員 会 1 2 3 4 5 平 成 26 年 度 施 策 評 価 シート 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 35000

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

平成22年度 事業計画

平成22年度 事業計画 平 成 28 年 度 学 校 法 人 創 志 学 園 事 業 計 画 書 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ~ 平 成 29 年 3 月 31 日 ) 高 等 教 育 部 門 1. 環 太 平 洋 大 学 < 事 業 計 画 概 要 > 就 職 採 用 試 験 で 役 立 つ 一 般 教 養 及 び 専 門 知 識 を 身 に 付 けさせるため 各 学 部 学 科 における 教 養 教 育 及

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

Microsoft Word - 飯島2.rtf

Microsoft Word - 飯島2.rtf 平 成 25 年 度 公 益 財 団 法 人 京 都 府 体 育 協 会 事 業 計 画 公 1:スポーツ 普 及 活 動 促 進 事 業 1 スポーツ 活 動 の 推 進 に 関 する 事 業 (1) 国 民 体 育 大 会 等 派 遣 選 手 選 考 会 事 業 ( 公 財 ) 日 本 体 育 協 会 ( 以 下 日 体 協 という)が 国 及 び 開 催 地 の 都 道 府 県 と 共 同 して

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

総務関係  4名

総務関係  4名 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 の 概 要 Ⅰ 社 会 福 祉 協 議 会 とは Ⅱ 設 置 目 的 役 職 員 構 成 重 点 目 標 等 Ⅲ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 要 事 業 Ⅳ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 予 算 概 要 Ⅴ 社 会 福 祉 協 議 会 の 組 織 体 制 Ⅰ 社 会 福 祉 協

More information

05 第1部2数値目標達成及び中間年評価

05  第1部2数値目標達成及び中間年評価 2 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )の 数 値 目 標 達 成 状 況 と 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )では 男 女 が 性 別 にかかわらず 一 人 ひとりの 考 え 方 や 生 き 方 が 尊 重 される 社 会 あらゆる 分 野 への 参 画 の 機 会 が 保 障 され その 個 性 と 能 力 を 十 分 に

More information

3 実務研修内容【分野別】

3 実務研修内容【分野別】 6) 地 域 栄 養 分 野 地 域 栄 養 ( 項 目 番 号 :T21-101 T21-201) 科 目 名 生 活 習 慣 病 の 発 症 予 防 と 重 症 化 予 防 単 位 数 講 義 3 単 位 がん 循 環 器 疾 患 糖 尿 病 及 び COPD( 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 対 処 するため 一 次 予 防 に 重 点 を 置 いた 対 策 を 推 進 するとともに 合

More information

( 様 式 1-1) 事 業 計 画 書 目 次 [こども 青 少 年 局 ] 6 款 2 項 3 目 幼 児 教 育 費 ( 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 25 年 度 24 年 度 増 減 (25-24) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 成 長 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 5 7 9 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

1 開かれた教育行政の推進

1 開かれた教育行政の推進 平 成 28 年 度 太 田 市 教 育 行 政 方 針 太 田 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 4 月 1 開 かれた 教 育 行 政 の 推 進 (1) 教 育 行 政 の 点 検 評 価 の 実 施 と 情 報 公 開 教 育 委 員 会 が 実 施 した 施 策 の 評 価 を 自 ら 行 い 学 識 経 験 者 の 意 見 を 付 し 作 成 する 点 検 評 価 の 報 告 書

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

公益財団法人ひょうご産業活性化センター

公益財団法人ひょうご産業活性化センター 法 人 県 民 超 過 課 税 を 活 用 した 補 助 金 交 付 事 業 今 女 性 がイノベーションを 起 こし 経 済 を 活 性 化 させる 力 となることが 期 待 されて います 自 分 のアイデアや 経 験 を 活 かすため 女 性 が 日 々 暮 らしている 生 活 環 境 と 両 立 するビジネスライフを 実 現 するため 起 業 という 選 択 肢 にチャレンジしませんか 女

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

中 期 目 標 の 達 成 状 況 報 告 書 平 成 20 年 6 月 大 分 大 学 目 次 Ⅰ. 法 人 の 特 徴 1 Ⅱ. 中 期 目 標 ごとの 自 己 評 価 2 1 教 育 に 関 する 目 標 2 2 研 究 に 関 する 目 標 37 3 社 会 との 連 携, 国 際 交 流 等 に 関 する 目 標 52 Ⅰ 法 人 の 特 徴 大 分 大 学 本 学 は, 平 成 15

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF EBF82CC8D8282A28BB388E78AC28BAB82C98CFC82AF82C EC88CF88F5816A81798F4390B38CE3817A8CB3>

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF EBF82CC8D8282A28BB388E78AC28BAB82C98CFC82AF82C EC88CF88F5816A81798F4390B38CE3817A8CB3> 資 料 3 質 の 高 い 教 育 環 境 に 向 けて 平 成 24 年 6 月 2012/6/22 ( 株 ) 大 和 総 研 産 学 連 携 室 副 部 長 : 宇 野 健 司 論 点 論 点 1 戦 略 重 点 校 の 活 性 化 ~ 教 育 リソースの 集 中 配 分 短 期 グローバル 化, 理 数 系 人 材 育 成, 学 力 向 上 対 策 については, 従 前 より 全 校 展

More information

9.島根大学グループにおける事例

9.島根大学グループにおける事例 島 根 大 学 におけるインターンシップの 事 例 授 業 科 目 名 : 就 業 体 験 (1 単 位 ) 実 習 先 企 業 等 : 株 式 会 社 めのや 実 習 場 所 : 島 根 県 松 江 市 参 加 対 象 者 : 法 文 学 部, 教 育 学 部, 生 物 資 源 科 学 部, 総 合 理 工 学 部 2~3 年 生 実 習 期 間 :8 月 実 習 日 数 :8 日 この 取 組

More information

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教 1. 教 員 養 成 の 理 念 仏 教 精 神 に 基 づく 女 子 教 育 という 本 学 園 創 設 の 教 育 理 念 を 踏 まえ 建 学 の 精 神 である 真 実 心 ( 浄 土 真 宗 の 開 祖 親 鸞 聖 人 1173-1262 の 言 葉 )に 基 づき 社 会 に 有 為 なる 女 性 の 育 成 をめざす 特 に 教 員 養 成 については 1 主 体 的 な 人 間 すなわち

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

第3節 重点的な取り組み

第3節 重点的な取り組み 第 4 節 高 齢 者 の 生 きがいづくりと 社 会 参 加 の 促 進 1 生 きがいづくり 活 動 等 への 参 加 団 塊 の 世 代 が 定 年 退 職 し さまざまな 価 値 観 を 持 った 高 齢 者 が 増 えてきました 社 会 の 中 で 高 齢 者 の 占 める 割 合 が 高 くなるにつれて 高 齢 者 が 社 会 的 弱 者 である というイメージは 徐 々に 変 わりつつあり

More information

平成19年度 主な組織改正と人事配置について

平成19年度 主な組織改正と人事配置について 平 成 26 年 度 新 た な 組 織 体 制 と 人 事 配 置 に つ い て 暮 らしやすさ 日 本 一 の 県 づくり に 向 けて 山 梨 を 元 気 にする 4つのアクションや 当 面 する 重 要 課 題 へ 的 確 な 対 応 を 行 うとともに 第 二 期 チャレンジ 山 梨 行 動 計 画 に 基 づく 施 策 を 着 実 に 推 進 するため 簡 素 で 効 率 的 な 組

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

1 異 動 の 規 模 等 (1) 異 動 規 模 ( 知 事 部 局 ) (2) 昇 任 の 状 況 ( 知 事 部 局 ) ( 単 位 : 人 ) ( 単 位 人 ) 異 動 内 容 H H 増 減 事 務 (うち 男 性 ) (うち 女 性 ) 技 術 (うち 男 性

1 異 動 の 規 模 等 (1) 異 動 規 模 ( 知 事 部 局 ) (2) 昇 任 の 状 況 ( 知 事 部 局 ) ( 単 位 : 人 ) ( 単 位 人 ) 異 動 内 容 H H 増 減 事 務 (うち 男 性 ) (うち 女 性 ) 技 術 (うち 男 性 平 成 28 年 4 月 1 日 付 人 事 異 動 の 概 要 平 成 28 年 3 月 18 日 ( 金 ) 高 知 県 総 務 部 人 事 課 1 異 動 の 規 模 等 (1) 異 動 規 模 ( 知 事 部 局 ) (2) 昇 任 の 状 況 ( 知 事 部 局 ) ( 単 位 : 人 ) ( 単 位 人 ) 異 動 内 容 H27.4.1 H28.4.1 増 減 事 務 (うち 男 性

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

1 図書館での児童サービス

1 図書館での児童サービス 第 1 部 第 1 次 計 画 の 成 果 と 課 題 ( 羽 曳 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 : 平 成 19 年 3 月 策 定 分 ) 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 これまでの 取 り 組 みと 策 定 の 趣 旨 本 市 教 育 委 員 会 では 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 および 子 ども 読 書 活 動 に 関 す る

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874295BD90AC82518253944E937881408EA98CC8935F8C9F8145955D89BF82CC93E09765816B48508C668DDA5665722E816C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874295BD90AC82518253944E937881408EA98CC8935F8C9F8145955D89BF82CC93E09765816B48508C668DDA5665722E816C2E646F6378> 平 成 4 年 度 自 己 点 検 評 価 大 学 名 研 究 科 専 攻 名 入 学 定 員 徳 島 大 学 大 学 院 薬 科 学 教 育 部 薬 学 専 攻 4 名 理 念 とミッション 教 育 研 究 上 の 理 念 4 年 制 大 学 院 では 医 薬 品 をどう 使 い, 及 びどの 点 を 改 良 することで, 薬 を 通 じた 医 療 の 質 の 向 上 に 寄 与 し 国 民 の

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63> 学 校 自 己 評 価 報 告 書 ( 平 成 24 年 度 ) 平 成 25 年 7 月 学 校 法 人 電 波 学 園 あいち 情 報 専 門 学 校 学 校 評 価 委 員 会 委 員 長 加 藤 仁 志 ( 校 長 ) 総 括 責 任 者 渡 邉 栄 二 ( 教 務 科 長 ) 目 次 ( 点 検 中 項 目 一 覧 ) 基 準 1 教 育 理 念 目 的 育 成 人 材 像 等 1-1 理

More information

1.はじめに 平 成 19 年 6 月 に 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 の 一 部 が 改 正 され 各 教 育 委 員 会 においては 毎 年 教 育 行 政 事 務 の 管 理 及 び 執 行 状 況 について 点 検 評 価 を 行 い その 結

1.はじめに 平 成 19 年 6 月 に 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 の 一 部 が 改 正 され 各 教 育 委 員 会 においては 毎 年 教 育 行 政 事 務 の 管 理 及 び 執 行 状 況 について 点 検 評 価 を 行 い その 結 平 成 23 年 度 対 象 榛 東 村 教 育 委 員 会 事 務 点 検 評 価 報 告 書 ( 案 ) 平 成 24 年 9 月 榛 東 村 教 育 委 員 会 1.はじめに 平 成 19 年 6 月 に 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 の 一 部 が 改 正 され 各 教 育 委 員 会 においては 毎 年 教 育 行 政 事 務 の 管 理 及 び

More information

第 2 事 業 計 画 1 青 少 年 育 成 住 民 運 動 の 促 進 運 動 を 効 果 的 に 推 進 するため 全 道 に 青 少 年 育 成 運 動 推 進 指 導 員 を 配 置 するとともに 地 域 関 係 者 と 合 同 会 議 を 開 催 するなどして 住 民 の 理 解 を 深

第 2 事 業 計 画 1 青 少 年 育 成 住 民 運 動 の 促 進 運 動 を 効 果 的 に 推 進 するため 全 道 に 青 少 年 育 成 運 動 推 進 指 導 員 を 配 置 するとともに 地 域 関 係 者 と 合 同 会 議 を 開 催 するなどして 住 民 の 理 解 を 深 平 成 28 年 度 活 動 方 針 及 び 事 業 計 画 第 1 活 動 方 針 平 成 28 年 は 当 協 会 が 設 立 されてから50 年 という 記 念 すべき 年 にあたります 昭 和 41 年 の 設 立 以 来 当 協 会 は 青 少 年 の 非 行 を 防 止 するとともに 青 少 年 健 全 育 成 の 環 境 づくりを 進 めるため 青 少 年 育 成 道 民 運 動 を

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 履 修 規 程 (26.4) ( 趣 旨 ) 第 条 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 ( 以 下 本 科 という )の 履 修 に 関 する 事 項 については 東 京 成 徳 短 期 大 学 学 則 の 規 定 によるほか この 規 程 の 定 めるところによる ( 教 育 課 程 の 編 成 ) 第 2 条 本 科 における

More information

資料3-1「教育実施状況調査」の分析結果について―臨床教育の事例を中心に―

資料3-1「教育実施状況調査」の分析結果について―臨床教育の事例を中心に― 資 料 3-1 獣 医 学 教 育 の 改 善 充 実 に 関 する 調 査 研 究 協 力 者 会 議 ( 第 8 回 )H25.1.16 教 育 実 施 状 況 調 査 の 分 析 結 果 について 臨 床 教 育 の 事 例 を 中 心 に 1. 臨 床 系 の 教 育 内 容 について A.カリキュラムについて 臨 床 系 科 目 全 般 の 傾 向 1) 現 行 カリキュラムについて 単

More information

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書 第 1 号 様 式 -2 市 民 提 案 型 行 政 提 案 型 協 働 事 業 提 案 書 A 事 業 の 名 称 B 提 案 事 業 の 概 要 キーワード: 介 護 予 防, 家 族 支 援,リハビリテーション, 地 域 包 括 ケア 介 護 予 防 と 家 族 支 援 を 主 体 とした 地 域 リハビリテーション 推 進 事 業 1. 現 状 課 題 (150 文 字 程 度 ) 超 高

More information

守山市

守山市 第 1 回 守 山 市 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 25 年 10 月 17 日 資 料 5-1 守 山 市 保 育 * 幼 児 教 育 * 子 育 て 支 援 の 概 要 1 人 口 世 帯 数 ( 1 ) 人 口 世 帯 数 の 推 移 住 民 登 録 基 本 台 帳 より 区 分 人 口 ( 前 年 度 比 ) 世 帯 数 ( 前 年 度 比 ) 1 世 帯 あたり S45.7.1

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 我 が 国 においては 少 子 高 齢 化 が 進 展 し 65 歳 以 上 の 高 齢 者 化 率 は 2 0 6 0 年 に は 4 0 % 近 い 水 準 と な る 事 が 推 計 さ れ て おります 本 道 に お い て も 6 5 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 は 2 7 年 1 月 1 日 現 在 で は 1 5 1 万 人 を 超 え

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の 平 成 27 年 4 月 17 日 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 校 長 藤 田 賀 子 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 13 条 に 基 づき 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 を 定 める いじめの 定 義 (いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 2 条

More information

(5) 企 業 の 女 性 研 究 者 との 交 流 セミナーの 実 施 民 間 企 業 の 女 性 支 援 策 のノウハウを 学 ぶため 企 業 研 究 者 との 交 流 セミナーを 実 施 する 学 部 学 生 や 修 士 博 士 課 程 の 学 生 にとっては 将 来 構 想 を 視 野 に

(5) 企 業 の 女 性 研 究 者 との 交 流 セミナーの 実 施 民 間 企 業 の 女 性 支 援 策 のノウハウを 学 ぶため 企 業 研 究 者 との 交 流 セミナーを 実 施 する 学 部 学 生 や 修 士 博 士 課 程 の 学 生 にとっては 将 来 構 想 を 視 野 に 逆 風 を 順 風 に 宮 崎 大 学 女 性 研 究 者 支 援 モデル 実 施 予 定 期 間 : 平 成 20 年 度 ~ 平 成 22 年 度 総 括 責 任 者 : 菅 沼 龍 夫 ( 宮 崎 大 学 学 長 ) Ⅰ. 概 要 本 学 が 大 学 院 GP 魅 力 ある 大 学 院 教 育 イニシアティブ (18~19 年 度 )において 取 り 組 んだ 女 子 大 学 院 生 支 援

More information

Linc English Linc English TOEIC 400 TOEIC TOEIC TOEIC 450 TOEIC 19 20 2 FAX WordExcel WordExcel PowerPoint Word Excel PowerPoint 3 4 大 阪 成 蹊 短 期 大 学 学 則 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 学 は 大 阪 成 蹊 短

More information

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー 新 しい 公 共 支 援 事 業 NPO 新 時 代 を 拓 く 組 織 運 営 の 力 量 アップ 支 援 事 業 1から 学 ぶ NPO 法 人 会 計 基 準 対 応 事 業 報 告 書 & 計 算 書 類 作 成 セミナー( 名 古 屋 会 場 ) 中 尾 さゆり( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ボランタリーネイバーズ 相 談 事 業 部 長 ) 1. NPO 法 改 正 の 概 要

More information

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80>

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80> 平 成 26 年 度 山 形 大 学 大 学 院 入 学 者 選 抜 概 要 社 会 文 化 システム 研 究 科 地 域 教 育 文 化 研 究 科 理 工 学 研 究 科 ( 理 学 系 工 学 系 ) 農 学 研 究 科 教 育 実 践 研 究 科 平 成 25 年 8 月 社 会 の 高 度 化 複 雑 化 に 応 える5つの 研 究 科 と1つの 専 門 職 大 学 院 社 会 文 化 システム

More information

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート 自 己 評 価 用 経 営 層 合 議 用 作 成 日 ( 完 成 日 ) 施 設 事 業 所 名 厚 生 館 保 育 園 平 成 21 年 1 月 21 日 ( 役 職 名 ) ( 氏 名 ) 作 成 関 係 者 園 長 瀬 端 真 弓 カテゴリー 1.リーダーシップと 意 思 決 定 2. 経 営 における 社 会 的 責 任 3. 利

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

平12同和対策係01

平12同和対策係01 第 7 節 人 権 推 進 課 総 括 概 要 人 権 推 進 課 の 主 な 分 掌 事 務 は 人 権 問 題 人 権 啓 発 人 権 擁 護 委 員 人 権 関 係 機 関 及 び 人 権 関 係 団 体 に 関 すること 大 平 隣 保 館 厚 生 センターの 管 理 運 営 及 び 隣 保 館 相 談 事 業 等 に 関 することである 主 な 事 務 事 業 の 実 施 状 況 については

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

指定管理制度指定効果様式施設ごと

指定管理制度指定効果様式施設ごと 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 指 定 による 効 果 ( 平 成 28 年 度 指 定 分 ) 指 定 管 理 料 総 額 ( 債 務 負 担 行 為 額 ) 指 定 による 効 果 の 概 要 滋 賀 県 立 芸 術 劇 場 びわ 湖 ホール および 滋 賀 県 立 文 化 産 業 交 流 会 館 ( 公 益 財 団 法 人 )びわ 湖 ホール ( 公 益 財 団 法 人 ) 滋 賀 県

More information

社 会 福 祉 法 人 広 島 県 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 事 務 局 長 衣 笠 正 純 1 事 務 局 の 総 括 に 関 すること 会 計 の 総 括 ( 会 計 責 任 者 )に 関 すること 2 福 祉 サービス 運 営 適 正 化 委 員 会 の 所 管 に 関 すること

社 会 福 祉 法 人 広 島 県 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 事 務 局 長 衣 笠 正 純 1 事 務 局 の 総 括 に 関 すること 会 計 の 総 括 ( 会 計 責 任 者 )に 関 すること 2 福 祉 サービス 運 営 適 正 化 委 員 会 の 所 管 に 関 すること 事 務 分 掌 平 成 28 年 度 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 社 会 福 祉 法 人 広 島 県 社 会 福 祉 協 議 会 社 会 福 祉 法 人 広 島 県 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 事 務 局 長 衣 笠 正 純 1 事 務 局 の 総 括 に 関 すること 会 計 の 総 括 ( 会 計 責 任 者 )に 関 すること 2 福 祉 サービス 運 営 適 正 化

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73>

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73> 中 期 目 標 中 期 目 標 中 期 計 画 一 覧 表 ( 法 人 番 号 21 ) ( 大 学 名 ) 千 葉 大 学 中 期 計 画 ( 前 文 ) 大 学 の 基 本 的 な 目 標 千 葉 大 学 は 千 葉 大 学 憲 章 に 掲 げた 理 念 を 具 現 化 し 使 命 を 達 成 するため に 基 本 的 な 目 標 を 以 下 のとおり 定 める 人 類 の 文 化 の 継 承

More information

第 3 章 教 育 を 取 り 巻 く 動 向 と 豊 島 区 の 対 応 第 3 章 1 5 年 間 の 社 会 状 況 等 の 変 化 (1) 社 会 状 況 の 変 化 教 育 ビジョン2010 が 策 定 された 平 成 22 年 3 月 以 降 これまでの 5 年 間 日 本 の 社 会 は 大 きく 激 動 している 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc ( 別 添 2) エイジレス ライフ 実 践 事 例 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 推 薦 要 領 平 成 2 7 年 1 月 9 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 決 定 1 推 薦 の 対 象 となるエイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践 者 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 (1)エイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

沖縄キリスト教短期大学学則(新)

沖縄キリスト教短期大学学則(新) 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 学 則 第 1 章 総 則 ( 的 ) 第 1 条 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 ( 以 下 本 短 大 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 に 従 い キリスト 教 精 神 に 基 づいた 学 校 教 育 を 施 し 人 格 の 完 成 をめざし 社 会 に 有 用 なる 人 材 を 育 成 することを 的 とする ( 自 己

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

教育情報及び財務情報の公表について

教育情報及び財務情報の公表について 尚 絅 大 学 教 育 情 報 及 び 財 務 情 報 の 公 表 について 学 校 法 人 尚 絅 学 園 は 公 共 性 の 高 い 法 人 としての 社 会 的 責 任 を 踏 まえ 情 報 公 開 に 取 り 組 んでいます 当 学 園 に 対 する 皆 様 方 のご 理 解 とご 協 力 を 得 ることを 目 的 として 下 記 の 基 本 情 報 を 公 開 いたします 1. 教 育 研

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832358EC08E7B8C7689E68151915391CC816988C4816A81798DC58F49817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832358EC08E7B8C7689E68151915391CC816988C4816A81798DC58F49817A2E646F63> 教 育 施 策 の 重 点 目 標 6 県 民 だれもが 生 きがいを 持 って 地 域 社 会 に 参 画 する 生 涯 学 習 社 会 づくりを 推 進 します ⑴ 県 民 の 学 習 ニーズに 応 える 社 会 教 育 生 涯 学 習 の 振 興 1 社 会 教 育 施 設 等 生 涯 学 習 基 盤 の 整 備 運 営 県 民 だれもが 生 涯 にわたって 学 習 する 機 会 や 場 を

More information

図書館資料収集方針

図書館資料収集方針 宇 都 宮 市 図 書 館 資 料 収 集 方 針 1 目 的 宇 都 宮 市 図 書 館 は, 図 書 館 法 に 基 づく 公 立 図 書 館 として, 市 民 の 教 養 の 向 上 と 文 化 の 発 展 に 資 するため, 資 料 情 報 を 収 集 し, 提 供 することを 目 的 として,この 方 針 を 定 め る 2 基 本 方 針 (1) 市 民 の 現 在 及 び 将 来 にわたる

More information