Microsoft Word 通常版.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 090512通常版.doc"

Transcription

1 ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多 様 な 機 能 を 有 する 根 幹 的 な 都 市 施 設 です 都 市 交 通 やまちづくりなどを 考 えて 都 市 計 画 法 に 基 づき 計 画 される 都 市 計 画 は そ 他 とともに 体 系 的 機 能 的 に 連 携 された 網 を 形 成 することにより 市 民 生 活 や 都 市 活 動 を 支 える 重 要 な 役 割 を 担 っています 都 市 計 画 見 直 し 必 要 性 とは? 本 市 都 市 計 画 網 中 には 都 市 計 画 決 定 されてから 長 期 間 にわたり 事 業 が 実 施 されていない や 区 間 があり 時 間 経 過 とともに 社 会 経 済 環 境 や 市 民 意 識 行 動 などが 変 化 する 中 で あらためて 各 や 区 間 が 担 うべき 機 能 や 必 要 性 などを 見 直 し 効 率 的 効 果 的 に 整 備 を 進 めることが 必 要 となっています 茅 ヶ 崎 市 -0-

2 1. 都 市 計 画 見 直 し 背 景 と 必 要 性 (1) 見 直 し 背 景 本 市 都 市 計 画 は 高 度 経 済 成 長 期 に 都 市 人 口 集 中 と 市 街 地 拡 大 などを 前 提 に 決 定 され これまで 着 実 に 整 備 を 進 めてきましたが 整 備 状 況 は 約 56.8%( 平 成 18 年 3 月 31 日 現 在 )にとどまっており 都 市 計 画 に 決 定 されて 以 降 都 市 計 画 道 路 網 全 体 について 変 更 や 見 直 しは 行 われていない 状 況 にあります こ 間 高 齢 化 社 会 進 展 などによる 誰 もが 安 全 で 快 適 に 移 動 できるため 歩 行 空 間 公 共 交 通 体 系 充 実 や 防 災 自 然 環 境 景 観 に 対 する 意 識 高 まり さらには 今 後 財 政 見 通 し 厳 しさなど 都 市 計 画 を 取 り 巻 く 状 況 は 様 々な 面 で 変 化 してきています こような 状 況 を 踏 まえ 都 市 構 造 骨 格 をなす 広 域 的 な 都 市 計 画 網 については より 一 層 選 択 と 集 中 により 重 点 化 を 図 りながら 既 存 ストックを 有 効 に 活 用 しつつ 効 率 的 かつ 効 果 的 に 整 備 を 進 めることが 必 要 となります さらに 都 市 全 体 における 都 市 計 画 についても 都 市 計 画 機 能 と 役 割 を 再 検 証 しながら これら 社 会 経 済 状 況 変 化 に 的 確 に 対 応 していく 必 要 があります (2) 見 直 し 目 的 こように 都 市 計 画 網 を 取 り 巻 く 状 況 が 変 化 する 中 で 都 市 計 画 決 定 後 長 期 間 にわたって 事 業 が 実 施 されていない や 区 間 中 には 時 間 経 過 とともに に 求 められる 機 能 や 役 割 が 変 化 しているもも 生 じている 可 能 性 があることから 必 要 性 を 再 検 証 したうえで 適 切 な 見 直 しを 行 うことが 求 められます (3) 見 直 しにかかわる 経 緯 以 上 点 を 踏 まえ 平 成 18 年 3 月 に 神 奈 川 県 にて 策 定 された 都 市 計 画 見 直 し ガイドライン を 基 に 本 市 では 平 成 19 年 3 月 に 茅 ヶ 崎 市 都 市 計 画 見 直 し 基 本 的 考 え 方 を 定 めました そ 後 これに 従 い 具 体 的 に 市 内 都 市 計 画 各 各 区 間 必 要 性 機 能 代 替 性 を 再 検 証 し また 事 業 実 施 上 課 題 等 を 整 理 しながら 見 直 し 必 要 な 候 補 ( 区 間 )を 選 定 しました 本 資 料 は これまで 検 討 結 果 を 整 理 し 本 市 における 都 市 計 画 見 直 し 方 針 として 取 りまとめたもです -1-

3 (4) 本 検 討 位 置 づけ 1 本 市 における 網 本 市 幹 は 東 西 方 向 に 新 湘 南 バイパス 国 道 1 国 道 134 があり 南 北 方 向 に 県 道 45 ( 丸 子 中 山 茅 ヶ 崎 ) 県 道 46 ( 相 模 原 茅 ヶ 崎 ) 県 道 404 ( 遠 藤 茅 ヶ 崎 )があります これら 網 によって 概 ねグリッド 状 幹 網 が 形 成 されています しかし 本 市 においては 東 西 方 向 に 通 過 交 通 需 要 が 高 く また 都 市 計 画 整 備 が 不 足 していることから 特 に 国 道 1 を 中 心 として 慢 性 的 な 交 通 渋 滞 が 発 生 して おり 通 過 交 通 円 滑 な 処 理 が 求 められている 他 JR 東 海 道 本 を 跨 ぐ 南 北 不 足 平 成 22 年 度 に 供 用 開 始 予 定 さがみ 縦 貫 における 交 通 処 理 等 課 題 があげら れます また 交 通 円 滑 化 に 限 らず 都 市 化 進 展 に 伴 い 交 通 基 盤 整 備 遅 れに 起 因 する 都 市 機 能 低 下 が 深 刻 な 問 題 となっていることから 地 域 活 動 活 性 化 安 全 性 及 び 利 便 性 確 保 適 正 な 街 区 形 成 など 多 様 化 するニーズに 対 応 した 生 活 空 間 を 確 保 するた め 幹 整 備 が 求 められています さらに 近 年 市 民 ニーズ 高 まりを 受 け 防 災 上 観 点 等 からも 優 先 順 位 を 決 め ながら 幹 網 を 構 築 していく 必 要 があります これらを 受 け ちがさき 都 市 マスタープラン においては 交 通 体 系 整 備 目 指 すべ き 方 向 として 都 市 機 能 を 支 える 幹 網 整 備 があげられ 市 主 軸 となる 主 要 幹 をラダー 型 に 結 ぶことにより 骨 格 的 な 網 を 構 築 することとされています また 骨 格 的 な 網 構 築 によって 生 活 通 過 交 通 車 両 流 入 抑 制 等 を 図 り 良 好 な 住 環 境 形 成 を 目 指 すもとされています 本 都 市 計 画 見 直 しに 当 たっても ちがさき 都 市 マスタープラン にあげられ た 市 町 と 連 絡 及 び 自 動 車 専 用 と 連 携 し 本 市 へ 出 入 りできる 主 要 幹 各 地 域 と 主 要 な 施 設 を 結 ぶ 都 市 幹 茅 ヶ 崎 駅 へ 集 中 する 交 通 を 抑 制 するため 環 状 を 整 備 しながら 本 市 目 指 す 網 構 築 を 目 指 すことを 念 頭 に 選 択 と 集 中 を 図 る 中 で 検 討 を 進 めていくことが 重 要 となります グリッド 状 ラダー 型 : 南 北 方 向 と 東 西 方 向 によって 碁 盤 目 や 梯 子 ように 組 み 合 わされることを 示 す -2-

4 2 都 市 計 画 見 直 し 進 め 方 方 向 性 都 市 計 画 見 直 しにあたっては 平 成 14 年 3 月 に 策 定 された 茅 ヶ 崎 市 総 合 交 通 プラン で 示 された 本 市 望 ましい 総 合 交 通 体 系 実 現 に 向 けて 総 合 的 な 観 点 から 都 市 計 画 必 要 性 等 検 証 評 価 を 行 うことが 必 要 です また 本 市 都 市 づくり 方 針 であり 20 年 後 本 市 あるべき 姿 をとらえた ちがさき 都 市 マスタープラン と 整 合 を 図 りつつ 都 市 計 画 見 直 しを 行 うことが 求 められます また 見 直 しにおいては 20~30 年 後 を 見 据 えた 持 続 可 能 な 社 会 を 形 成 するため 災 害 に 強 い 都 市 づくりや 良 好 な 自 然 環 境 保 全 創 造 など 観 点 も 含 めた 計 画 視 点 に 対 応 し 既 存 を 有 効 に 活 用 しながら 効 率 的 かつ 効 果 的 な 事 業 により 早 期 に 目 指 す 都 市 計 画 網 を 構 築 することが 求 められます そため 計 画 論 ( 必 要 性 )と 事 業 論 ( 事 業 性 ) 観 点 を 踏 まえ 次 2つ 方 向 が 考 えられます 必 要 な 区 間 を 早 期 に 事 業 化 すること( 形 幅 員 変 更 )や 社 会 経 済 状 況 や 交 通 需 要 変 化 へ 対 応 ( 区 間 追 加 )し 目 指 す 都 市 計 画 網 を 構 築 していくため 見 直 し 総 合 評 価 結 果 必 要 性 が 薄 れている 区 間 廃 止 を 行 う 見 直 し 事 業 論 ( 事 業 性 ) 短 期 路 的 に 実 区 現 間 可 能 な 不 可 短 能 期 な 的 路 に は 実 区 現 間 必 要 性 薄 れた や 区 間 廃 止 総 合 計 画 都 市 マスタープ ラン 整 備 プログラム など 位 置 付 け 事 業 化 を 推 進 支 援 す るため 見 直 し( 形 幅 員 変 更 ) 早 期 事 業 化 社 会 経 済 状 況 や 交 通 需 要 変 化 に 対 応 した 見 直 し( 区 間 追 加 ) 必 要 性 薄 れた 区 間 必 要 性 高 い 区 間 計 画 論 ( 必 要 性 ) 図 見 直 し 方 向 性 -3-

5 3 本 市 における 課 題 都 市 計 画 見 直 しに 当 たっては 計 画 論 ( 必 要 性 )と 事 業 論 ( 事 業 性 ) 観 点 か ら 評 価 が 必 要 です 計 画 論 ( 必 要 性 )に 関 しては 上 位 計 画 や 関 連 既 計 画 等 における 各 区 間 位 置 づけ 等 を 整 理 することにより 整 備 必 要 性 に 関 する 評 価 が 可 能 で す 事 業 論 ( 事 業 性 )に 関 しては 財 源 等 制 約 を 踏 まえながら 今 後 整 備 すべき 整 備 時 期 目 標 を 定 めた 本 市 における 整 備 プログラム が 平 成 21 年 度 から 検 討 されることとなっています こため 各 区 間 における 事 業 実 施 時 期 見 込 み や 事 業 実 施 における 課 題 有 無 に 関 する 事 業 実 施 妥 当 性 に 関 しては 整 備 プ ログラム 検 討 結 果 を 受 けて 評 価 が 必 要 となります 4 本 検 討 位 置 づけ 都 市 計 画 各 区 間 における 上 位 計 画 や 関 連 既 計 画 等 位 置 づけを 基 にした 必 要 性 に 関 する 再 検 証 都 市 計 画 各 区 間 における 他 で 機 能 代 替 性 確 認 都 市 計 画 各 区 間 現 在 における 事 業 実 施 上 課 題 整 理 平 成 19 年 3 月 茅 ヶ 崎 市 都 市 計 画 見 直 し 基 本 的 考 え 方 策 定 平 成 19 年 度 ~ 平 成 20 年 度 各 機 能 必 要 性 検 証 見 直 し 候 補 方 向 性 検 討 見 直 し 方 針 検 討 本 検 討 位 置 づけ 見 直 し 計 画 ( 方 向 性 ) 検 討 平 成 21 年 度 ~ 見 直 し 詳 細 計 画 作 成 都 市 計 画 変 更 ( 案 ) 検 討 整 備 プログラム 策 定 平 成 21~ 22 年 度 検 討 今 後 整 備 方 向 性 と 検 討 及 び 整 合 平 成 22 年 度 ~ 都 市 計 画 変 更 に 向 けた 検 討 開 始 図 都 市 計 画 見 直 しスケジュール( 案 )と 本 検 討 位 置 づけ -4-

6 2. 都 市 計 画 見 直 し 検 討 経 緯 (1) 都 市 計 画 見 直 し 検 討 フロー 見 直 し 進 め 方 については 以 下 に 示 すようにステップ1からステップ5まで 検 討 を 踏 まえて 見 直 し 区 間 を 選 定 しました ステップ1 見 直 し 検 討 対 象 該 当 しない 自 動 車 専 用 を 除 く 都 市 計 画 全 14 構 想 今 回 検 討 では 未 着 手 及 び 概 成 済 を 対 象 該 当 する 13 ステップ2 必 要 性 検 証 かながわ 交 通 計 画 位 置 付 け 位 置 づけあり 4 7 区 間 位 置 づけなし 区 間 ステップ3 機 能 代 替 性 検 証 計 画 視 点 から 検 討 1. 市 内 骨 格 的 な 網 を 形 成 するため 都 市 計 画 2. 中 心 市 街 地 など 渋 滞 緩 和 ため 都 市 計 画 3. 拠 点 開 発 やまちづくりため 都 市 計 画 4. 歩 行 者 や 自 転 車 が 安 全 で 快 適 に 移 動 できる 都 市 計 画 5. 公 共 交 通 利 便 性 向 上 ため 都 市 計 画 6. 災 害 に 強 い 都 市 を 形 成 するため 都 市 計 画 7. 良 好 な 自 然 環 境 を 確 保 し 景 観 形 成 ため 都 市 計 画 必 要 性 が 高 い 区 間 現 道 並 行 による 機 能 代 替 性 区 間 機 能 代 替 性 なし 必 要 性 が 低 い 0 機 能 代 替 性 あり 1 1 区 間 南 湖 深 田 ( 区 間 4) ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 事 業 実 施 時 期 見 込 みとルート 構 造 などに 係 る 課 題 整 理 区 間 見 込 みが 立 たない 留 保 付 き 存 続 課 題 なし( 追 加 場 合 を 除 く) なし 区 間 事 業 実 施 時 期 見 込 み 見 込 みが 立 つ 課 題 整 理 地 形 地 物 と 整 合 性 隣 接 都 市 計 画 区 域 と 整 合 性 等 課 題 あり 課 題 解 決 策 検 討 1 2 区 間 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 ステップ5 交 通 量 検 証 将 来 交 通 需 要 推 計 により 検 証 問 題 あり 1 1 区 間 南 湖 深 田 ( 区 間 4) 問 題 なし 存 続 変 更 追 加 廃 止 ( 現 状 都 市 計 画 まま) 1 2 区 間 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 ( 変 更 候 補 ) 都 市 計 画 変 更 図 都 市 計 画 見 直 し 検 討 フロー 及 び 検 討 結 果 概 要 -5-

7 (2) 見 直 し 検 討 対 象 選 定 ステップ1 見 直 し 検 討 対 象 見 直 し 対 象 については 事 業 部 局 によるヒアリング 結 果 改 良 済 事 業 中 構 想 において 課 題 が 大 きく 早 期 に 事 業 着 手 すべき 該 当 はなかったため 未 着 手 及 び 概 成 済 を 対 象 に 検 討 を 進 めるもとしました こ 結 果 未 着 手 及 び 概 成 済 として 区 間 を 見 直 し 検 討 対 象 路 としました ( 参 考 1 評 価 対 象 図 参 照 ) 自 動 車 専 用 2 街 路 区 分 幹 街 路 24 区 画 街 路 1 改 良 済 整 備 状 況 事 業 中 未 着 手 及 び 概 成 済 構 想 検 討 対 象 外 今 回 検 討 対 象 なし 今 回 検 討 対 象 なし 検 討 対 象 図 今 回 都 市 計 画 見 直 しにおける 検 討 対 象 (3) 評 価 指 標 及 び 判 断 基 準 設 定 見 直 し 対 象 として 選 定 された や 区 間 については 基 本 的 視 点 に 基 づき 評 価 指 標 を 設 定 し それに 基 づき 客 観 的 な 判 断 基 準 により 評 価 する 必 要 があります そため 市 内 骨 格 的 な 網 形 成 や 中 心 市 街 地 など 渋 滞 緩 和 土 地 利 用 と 整 合 を はじめとした 拠 点 開 発 やまちづくり 歩 行 者 や 自 転 車 安 全 性 公 共 交 通 利 便 性 向 上 延 焼 拡 大 防 止 など 災 害 に 強 い 都 市 形 成 景 観 確 保 など 自 然 環 境 確 保 など 視 点 に 基 づく 評 価 指 標 を 設 定 し それに 対 応 する 判 断 基 準 を 設 定 しました ( 参 考 2 評 価 指 標 及 び 判 断 基 準 参 照 ) -6-

8 (4) 各 区 間 必 要 性 検 証 ステップ2 必 要 性 検 証 ステップ3 機 能 代 替 性 検 証 見 直 し 対 象 として 選 定 された や 区 間 について 客 観 的 な 判 断 基 準 により 各 区 間 必 要 性 及 び 現 道 並 行 による 機 能 代 替 可 能 性 について 検 証 しました 検 証 結 果 今 回 見 直 し 検 討 対 象 区 間 すべてにおいて 関 連 既 計 画 や 上 位 計 画 に 位 置 づけられているほか 機 能 代 替 性 が 低 いと 判 断 されることから 整 備 必 要 性 があるもと 判 断 しました なお 南 湖 深 田 区 間 4(3 4 1 新 国 道 ~ 寒 川 町 田 端 )につい ては に 南 北 が 複 数 あることから 他 で 機 能 代 替 可 能 性 があるもと 考 えられましたが ステップ5 交 通 量 検 証 により 廃 止 した 場 合 に 中 海 岸 寒 川 や3 4 5 東 海 岸 寒 川 など が 混 雑 するもと 予 測 されたこと から 区 間 機 能 代 替 性 は 低 いと 判 断 しました ( 参 考 3 各 区 間 必 要 性 検 証 参 照 ) (5) 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 と 課 題 ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 整 備 必 要 性 があるもと 判 断 された 全 全 区 間 について 事 業 実 施 妥 当 性 観 点 から 検 証 を 行 い 別 課 題 について 整 理 しました こうち 整 備 時 期 が 未 定 である 他 事 業 実 施 が 困 難 となる 地 形 地 物 ( 鉄 道 や 河 川 大 規 模 建 築 物 など)が 存 在 する 区 間 進 捗 していない 他 大 規 模 開 発 事 業 と 関 連 する 区 間 区 間 については 事 業 実 施 時 期 見 込 みが 立 たない 路 区 間 とし 留 保 付 き 存 続 区 間 と 判 断 しました なお 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 は 整 備 時 期 が 未 定 であるも 都 市 計 画 と 重 複 した 現 道 があり 現 計 画 幅 員 で 事 業 実 施 について 市 と 関 係 住 民 と 間 で 別 途 意 見 交 換 会 を 設 けて 必 要 性 方 向 性 について 議 論 をし そ 上 で 社 会 実 験 実 施 に 至 る 等 見 直 しに 向 けた 機 運 が 高 まっている 状 況 にあります また ステップ5 交 通 量 検 証 においても 計 画 幅 員 (20m)よりも 幅 員 を 縮 小 したとしても 2 車 機 能 はあり 自 動 車 交 通 流 動 及 び は 少 ないと 判 断 されること から 見 直 し 候 補 として 判 断 しました ( 参 考 4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 と 課 題 参 照 ) 交 通 量 検 証 について: 上 位 計 画 である ちがさき 都 市 マスタープラン 目 標 年 次 である 概 ね20 年 後 を 見 据 え 平 成 42 年 時 点 将 来 交 通 需 要 を 推 計 し 評 価 評 価 に 当 たっては 見 直 し 候 補 及 びそ における 断 面 混 雑 度 を 交 通 容 量 と 交 通 量 需 給 バ ランスを 見 ることにより ピーク 時 1~2 時 間 を 除 いては 混 雑 が 連 続 する 可 能 性 が 非 常 に 小 さいと 考 えられる 混 雑 度 が1.25 以 下 か を 判 断 指 標 として 検 討 ( 交 通 容 量 (( 社 ) 日 本 協 会 ) に 基 づき 判 断 指 標 ( 混 雑 度 1.2 5)を 設 定 ) なお 平 成 17 年 交 通 センサス( 一 般 交 通 量 調 査 )によると 市 内 主 な で 混 雑 度 が1.25に 近 い 箇 所 は 県 道 45 ( 丸 子 中 山 茅 ヶ 崎 ) 円 蔵 交 差 点 北 側 区 間 ( 混 雑 度 1.14) 及 び 県 道 404 ( 遠 藤 茅 ヶ 崎 ) 赤 羽 根 交 差 点 北 側 区 間 ( 混 雑 度 1.14) が 該 当 する -7-

9 (5) 各 区 間 検 証 結 果 (3) (4) 検 証 結 果 から 今 回 都 市 計 画 見 直 し 方 向 性 ( 案 )として 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 1 2 区 間 を 変 更 ( 幅 員 ) 候 補 そ 他 12 路 32 区 間 を 留 保 付 き 存 続 と 判 断 しました ステップ2 必 要 性 検 証 見 直 し 対 象 全 全 区 間 において 関 連 既 計 画 や 上 位 計 画 に 位 置 づけがあり 整 備 必 要 性 があると 判 断 ステップ3 機 能 代 替 性 検 証 右 記 以 外 区 間 機 能 代 替 可 能 性 が 低 い と 判 断 南 湖 深 田 区 間 4 に 南 北 が 複 数 あることから 他 で 機 能 代 替 可 能 性 があるもと 判 断 ステップ5 交 通 量 検 証 南 湖 深 田 区 間 4 廃 止 した 場 合 中 海 岸 寒 川 や 東 海 岸 寒 川 等 が 混 雑 する ことから 機 能 代 替 可 能 性 は 低 い と 判 断 事 業 実 施 上 課 題 制 約 等 に 基 づき 各 区 間 を 評 価 ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 区 間 : 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 : 9 整 備 路 時 期 20 が 区 未 間 定 : である 等 理 由 により 事 業 実 施 時 期 現 計 画 幅 員 で 必 要 見 込 みがたたず 整 備 に 当 たって 課 題 が 大 きいこと 性 方 向 性 について 市 1 から 留 2 保 区 付 間 き ( 茅 存 ヶ 続 崎 路 停 車 として 場 茅 ヶ 判 崎 断 ): 現 計 画 幅 員 で 必 要 と 性 関 係 方 住 向 民 性 で について 検 討 中 市 と 関 係 住 民 で 検 討 中 ( 見 直 し 候 補 ) ステップ5 交 通 量 検 証 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 都 市 計 画 を 計 画 幅 員 (20m)から 縮 小 した 場 合 でも 及 び は 少 ない 見 直 し 方 針 留 保 付 き 存 続 変 更 ( 幅 員 ) 候 補 図 必 要 性 機 能 代 替 性 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 結 果 と 見 直 し 方 針 -8-

10 3. 都 市 計 画 見 直 しにおける 今 後 課 題 について (1) 今 後 住 民 合 意 形 成 に 向 けて 都 市 計 画 見 直 しは 見 直 しが 必 要 となった や 区 間 に 関 する 計 画 検 討 段 階 及 び 廃 止 や 変 更 ため 都 市 計 画 法 に 基 づく 都 市 計 画 手 続 段 階 を 経 て 都 市 計 画 廃 止 や 変 更 を 行 いますが そ 際 には 計 画 内 容 に 関 する 事 項 だけでなく これまで 建 築 制 限 や 新 たな 建 築 制 限 などに 関 する 様 々な 意 見 や 要 望 が 想 定 されます また 廃 止 や 変 更 は 都 市 計 画 区 域 に 関 する 建 築 制 限 だけでなく まちづくり 方 向 性 を 変 える 可 能 性 も 考 えられます そため 下 図 に 示 すような 適 時 適 切 な 段 階 で 市 民 へ 情 報 提 供 を 行 い 意 見 を 伺 いながら 住 民 と 合 意 形 成 もと 手 続 きを 進 めてまいります ~ 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 以 降 見 直 し 方 針 検 討 段 階 見 直 し 計 画 検 討 段 階 都 市 計 画 変 更 に 向 けた 検 討 段 階 見 直 し 基 本 的 考 え 方 パブリック コメント 見 直 し 必 要 性 検 証 今 回 見 直 し 方 針 ( 検 証 結 果 ) 構 造 等 について 具 体 的 に 検 討 市 民 皆 様 にご 意 見 を 伺 いながら 進 めてまいります 結 果 報 告 説 明 会 等 関 係 機 関 と 協 議 調 整 を 図 り 市 民 意 見 を 踏 まえつつ 個 別 区 間 都 市 計 画 ( 案 ) を 作 成 素 案 説 明 公 聴 会 等 縦 覧 都 市 計 画 変 更 市 民 図 都 市 計 画 見 直 しから 都 市 計 画 決 定 まで 流 れ パブリックコメントについて: 市 民 皆 様 に 関 わりある 計 画 を 作 るときに 前 もって 案 をお 知 らせし ご 意 見 をいただき 提 出 されたご 意 見 を 考 慮 して 市 が 最 終 的 な 計 画 決 定 を 行 う 制 度 -9-

11 (2) 建 築 制 限 や 用 途 地 域 変 更 課 題 型 用 途 地 域 や 防 火 地 域 を 指 定 しているところについては 都 市 計 画 変 更 廃 止 際 には 型 用 途 地 域 や 防 火 地 域 指 定 を 見 直 す 必 要 が 生 じる 場 合 が 想 定 され 1 ます こうした 用 途 地 域 等 見 直 しによって 既 存 建 築 物 既 存 不 適 格 建 築 物 2 が 生 じることも 想 定 されることから 都 市 計 画 見 直 しに 伴 う 地 域 地 区 指 定 に ついては 整 備 状 況 やそれら 有 する 機 能 土 地 利 用 状 況 や 動 向 などを 考 慮 しながら 適 切 な 土 地 利 用 が 図 られるよう 総 合 的 な 見 地 から 見 直 しを 行 っていき ます (3) 今 後 都 市 計 画 見 直 しについて 1 見 直 しサイクル 都 市 計 画 見 直 しは 概 ね20 年 後 あるべき 姿 を 目 標 に 茅 ヶ 崎 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 整 備 開 発 及 び 保 全 方 針 や ちがさき 都 市 マスタープラン 整 備 プログラム 等 と 関 連 計 画 と 連 動 させながら 今 後 も 定 期 的 ( 概 ね10 年 ごと) に 実 施 していくこととしています これにより 事 業 が 長 期 化 している や 整 備 優 先 順 位 低 い 必 要 性 を 定 期 的 に 検 証 していきます また 今 後 都 市 計 画 見 直 しに 当 たっては 社 会 経 済 状 況 や 市 民 ニーズ 等 変 化 に 的 確 に 対 応 しながら 本 市 における 都 市 計 画 あり 方 を 検 討 していくこと が 重 要 であります そため 市 民 情 報 提 供 意 見 意 向 等 を 把 握 しながら 検 討 を 進 めていくために 外 部 有 識 者 等 を 交 えた 検 討 組 織 立 ち 上 げについて 今 後 検 討 し ます 整 備 開 発 及 び 保 全 方 針 ちがさき 都 市 マスタープラン 整 備 プログラム 等 見 直 し 計 画 策 定 検 証 概 ね10 年 サイクル 廃 止 変 更 等 実 施 図 見 直 しサイクル 1 既 存 不 適 格 建 築 物 について: 建 築 物 を 建 築 する 時 点 において 法 令 等 に 適 合 していたもでも そ 後 法 令 等 改 正 により そ 建 築 物 全 体 あるいは 部 分 的 に 法 令 等 に 適 合 しなくなる 場 合 がある こような 建 築 物 を 既 存 不 適 格 建 築 物 とい う なお 既 存 不 適 格 建 築 物 は 適 合 しなくなった 法 令 等 規 定 に 限 り 適 用 しないこととし そまま 使 用 することや 一 定 規 模 増 改 築 等 をすることができる 2 地 域 地 区 指 定 について: 市 民 生 活 が 良 好 な 環 境 もとで 快 適 に 営 めて 他 方 では 都 市 活 動 産 業 活 動 が 効 率 よく 機 能 するために 住 宅 や 商 業 地 工 業 地 レクリエーション 場 等 について 規 模 と 配 置 を 定 め 土 地 利 用 計 画 を 具 体 化 してい く 手 法 をいう -10-

12 2 整 備 プログラム 等 策 定 による 整 備 優 先 度 検 討 今 回 都 市 計 画 見 直 し 検 討 において 事 業 実 施 時 期 見 込 みが 立 たない 路 区 間 として 整 備 時 期 が 未 定 である 等 理 由 から12 32 区 間 を 留 保 付 き 存 続 区 間 と 判 断 しました これら 区 間 については 整 備 プログラム( 平 成 21~22 年 度 予 定 ) 策 定 を 通 じて 優 先 整 備 を 選 定 し 次 期 見 直 し 段 階 において 見 直 し 方 向 性 に ついて 検 討 することとします (4) 地 域 に 適 した 構 造 採 用 について 安 全 性 や 円 滑 性 が 確 保 された 計 画 や 設 計 を 行 うため 構 造 令 に よって 構 成 ( 車 歩 道 植 樹 帯 等 ) 形 勾 配 交 差 点 立 体 交 差 構 造 物 など 構 造 に 関 する 一 般 的 な 技 術 的 基 準 が 定 められています 構 造 令 は 昭 和 33 年 に 公 布 後 交 通 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 情 勢 変 化 など に 対 応 するため 数 回 改 正 が 行 われ そ 考 え 方 も 高 度 経 済 成 長 期 自 動 車 社 会 進 展 を 背 景 にした 自 動 車 利 用 を 中 心 とする 全 国 一 律 構 造 という 考 え 方 か ら 歩 行 者 や 自 転 車 など 様 々な 利 用 者 ニーズを 踏 まえ 特 性 や 地 域 実 情 を 考 慮 して 地 域 に 適 した 構 造 を 採 用 するという 考 え 方 へ 転 換 してきていま す こため 地 域 に 適 した 構 造 を 採 用 するという 構 造 令 趣 旨 を 踏 まえ 都 市 計 画 整 備 によって どような 交 通 サービスを 市 民 へ 提 供 していく かを 分 かりやすく 説 明 する 評 価 指 標 を 検 討 し 幅 員 車 数 決 定 など 計 画 策 定 に 活 かしていくことも 必 要 です 都 市 部 / 地 方 部 自 動 車 交 通 量 種 類 地 域 特 性 交 通 特 性 ネットワーク 特 性 構 造 令 に 規 定 された 最 低 値 標 準 値 などを 採 用 全 国 一 律 構 造 従 来 構 造 決 定 考 え 方 必 要 な 機 能 明 確 化 地 域 裁 量 に 基 づ く 構 造 令 基 準 弾 力 的 な 運 用 地 域 に 適 した 構 造 これから 構 造 決 定 考 え 方 図 これから 構 造 決 定 考 え 方 出 典 ) 構 造 令 解 説 と 運 用 ( 社 ) 日 本 協 会 ( 一 部 改 ) -11-

13 六 会 日 大 前 宮 山 参 考 1 評 価 対 象 区 間 割 ( 平 成 19 年 3 月 31 日 現 在 ) 表 見 直 し 検 討 対 象 伊 勢 原 市 名 平 塚 市 茅 ヶ 崎 市 凡 例 市 役 所 国 道 県 道 ( 市 内 ) 国 道 県 道 ( 市 外 ) 市 町 村 境 都 市 計 画 整 備 状 況 整 備 済 ( 市 内 ) 事 業 中 ( 市 内 ) 未 整 備 であるが 計 画 幅 員 概 ね2/3 以 上 が 完 成 ( 市 内 ) 未 整 備 ( 市 内 ) 整 備 済 ( 市 外 ) 事 業 中 ( 市 外 ) 未 整 備 であるが 計 画 幅 員 概 ね2/3 以 上 が 完 成 ( 市 外 ) 未 整 備 ( 市 外 ) 藤 沢 市 鎌 倉 市 国 道 1 県 道 44 ( 伊 勢 原 藤 沢 ) 区 間 4 藤 沢 国 道 467 国 道 県 道 30 ( 戸 塚 茅 ヶ 崎 ) 県 道 43 ( 藤 沢 厚 木 ) 辻 堂 県 道 東 海 道 本 国 道 区 間 県 道 44 ( 伊 勢 原 藤 沢 ) 県 道 45 ( 丸 子 中 山 茅 ヶ 崎 ) 県 道 47 ( 藤 沢 平 塚 ) 相 模 県 道 404 ( 遠 藤 茅 ヶ 崎 ) 香 川 県 道 45 ( 丸 子 中 山 茅 ヶ 崎 ) 県 道 46 ( 相 模 原 茅 ヶ 崎 ) 北 茅 ヶ 崎 新 湘 南 国 道 茅 ヶ 崎 さがみ 縦 貫 国 道 129 寒 川 区 間 5 区 間 4 区 間 4 区 間 区 間 東 海 道 本 平 塚 国 道 区 間 3 区 間 3 区 間 3 国 道 467 藤 沢 本 町 藤 沢 小 田 本 鵠 沼 急 江 ノ 島 江 ノ 島 電 鉄 鵠 沼 海 岸 江 ノ 島 片 瀬 江 ノ 島 善 行 小 田 急 江 ノ 島 区 間 4 区 間 区 間 4 番 藤 沢 大 磯 新 国 道 中 海 岸 寒 川 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 東 海 岸 寒 川 駅 前 上 石 神 下 藤 沢 寒 川 駅 前 十 間 坂 南 湖 深 田 寒 川 下 寺 尾 小 和 田 中 赤 駅 前 中 海 岸 茅 ヶ 崎 辻 堂 ( 合 計 13 ) 区 間 5 茅 ヶ 崎 市 区 間 区 間 3 区 間 4 区 間 5 区 間 3 県 道 309 ( 茅 ヶ 崎 停 車 場 ) ( 茅 ヶ 崎 ) 茅 ヶ 県 道 3 10 崎 国 道 134 停 国 道 134 車 場 評 価 対 象

14 参 考 2 評 価 指 標 及 び 判 断 基 準 基 本 的 視 点 ( 見 直 し 基 本 方 向 より) 評 価 指 標 該 当 区 間 判 断 方 法 区 間 有 す る 機 能 市 内 骨 格 的 な 網 を 形 成 するため 都 市 計 画 中 心 市 街 地 など 渋 滞 緩 和 ため 都 市 計 画 拠 点 開 発 やまちづくりため 都 市 計 画 歩 行 者 や 自 転 車 が 安 全 で 快 適 に 移 動 できる 都 市 計 画 公 共 交 通 利 便 性 向 上 ため 都 市 計 画 1-A かながわ 交 通 計 画 に 位 置 づけがある か かながわ 交 通 計 画 に 位 置 づけがある 1-B (1) 市 内 拠 点 間 連 絡 ため か (2) 市 外 拠 点 間 連 絡 ため か 1-C 交 通 結 節 点 ( 鉄 道 駅 IC)アクセスを 目 的 とした か 交 通 結 節 点 ( 鉄 道 駅 IC)に 直 接 アクセスしている 2-A 3-A 渋 滞 緩 和 ために 整 備 が 必 要 か( 混 雑 大 きい 現 道 や 渋 滞 対 策 ポイント 通 過 など) 土 地 利 用 と 整 合 を 図 るため か ( 整 備 に 合 わせた 高 度 利 用 など) 3-B まちづくりために 必 要 な として 上 位 計 画 に 位 置 づけら れているか 3-C 土 地 区 画 整 理 事 業 など 面 的 整 備 事 業 公 園 事 業 などと 一 体 化 した か 茅 ヶ 崎 市 総 合 交 通 プラン(H14.3) 幹 に 位 置 づけられている ちがさき 都 市 マスタープラン(H20.6) 都 市 幹 ( 都 市 内 各 地 区 又 は 主 要 な 施 設 相 互 間 交 通 を 集 約 して 処 理 する )に 位 置 づけられている ちがさき 都 市 マスタープラン(H20.6) に 位 置 付 けある 市 内 拠 点 に 直 接 アクセスしている 茅 ヶ 崎 市 総 合 交 通 プラン(H14.3) 幹 に 位 置 づけられている ちがさき 都 市 マスタープラン(H20.6) 都 市 幹 ( 都 市 内 各 地 区 又 は 主 要 な 施 設 相 互 間 交 通 を 集 約 して 処 理 する )に 位 置 づけられている 隣 接 市 町 都 市 マスタープランに 位 置 づけある 市 外 拠 点 に 直 接 アクセスしている 混 雑 する 現 道 と 重 なっているか 並 行 ( 起 終 点 がほぼ 同 じ)しており 整 備 により 混 雑 緩 和 に 資 する 都 市 計 画 に 合 わせて 商 業 地 域 又 は 近 隣 商 業 地 域 等 沿 道 用 途 地 域 指 定 がされており 都 市 計 画 整 備 に 合 わせて 土 地 利 用 高 度 利 用 を 図 る 役 割 を 持 っている ちがさき 都 市 マスタープラン(H20.6) 都 市 環 状 茅 ヶ 崎 市 総 合 交 通 プラン(H14.3) 環 状 に 位 置 づけられている 茅 ヶ 崎 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 整 備 開 発 及 び 保 全 方 針 (H13.11) に 位 置 づけがある 茅 ヶ 崎 市 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 (H14.3) に 位 置 づけがある 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 茅 ヶ 崎 駅 南 口 土 地 区 画 整 理 事 業 等 ) 駅 開 発 事 業 ( 辻 堂 駅 西 口 重 点 整 備 計 画 茅 ヶ 崎 駅 北 口 整 備 等 ) 地 区 計 画 公 園 事 業 などと 一 体 的 な 整 備 位 置 づけがある 3-D 鉄 道 平 面 交 差 による 地 域 分 断 解 消 を 図 る か 鉄 道 で 分 断 されている 地 域 において 整 備 により 地 域 交 流 連 携 を 促 進 する 役 割 を 持 っている 4-A 5-A 歩 行 者 自 転 車 交 通 社 会 的 弱 者 安 全 確 保 等 ために 整 備 が 必 要 か( 重 点 整 備 地 区 指 定 福 祉 まちづくり 条 例 上 指 定 安 心 歩 行 エリア 指 定 など) 公 共 交 通 導 入 ために 整 備 が 必 要 か( 駅 前 広 場 と 一 体 整 備 バスレーン 設 置 公 共 交 通 不 便 地 域 通 過 など) ちがさき 都 市 マスタープラン(H20.6) にコミュニティ 歩 道 ネットワーク 整 備 構 想 として 位 置 づけがあ る 安 心 歩 行 エリア 整 備 事 業 (H16)に 位 置 づけがある ちがさき 自 転 車 プラン(H16.3) に 位 置 づけがある 既 存 大 規 模 駐 輪 施 設 へ 直 接 アクセスしている 駅 前 広 場 と 一 体 整 備 やバスレーン 設 置 など 公 共 交 通 導 入 が 前 提 とされている 都 市 計 画 が 交 通 空 白 地 域 ( 茅 ヶ 崎 市 乗 合 交 通 整 備 計 画 (H17.7)で 示 された 地 域 )を 通 過 しており 整 備 に よって 交 通 空 白 地 域 解 消 に 寄 与 する 茅 ヶ 崎 市 地 域 防 災 計 画 (H15.3 修 正 ) に 緊 急 輸 送 路 として 位 置 付 けがある 茅 ヶ 崎 市 地 域 防 災 計 画 (H15.3 修 正 ) 広 域 避 難 場 所 に 直 接 アクセスする 幅 員 15m 以 上 災 害 時 緊 急 輸 送 路 や 広 域 避 難 場 所 アクセスとして 災 害 に 強 い 都 市 を 形 成 するため 6-A 整 備 が 必 要 か 都 市 計 画 6-B 延 焼 拡 大 を 防 ぐため として 整 備 が 必 要 か 延 焼 拡 大 を 防 ぐため 幅 員 (12m 以 上 )を 有 している 7-A 環 境 と 調 和 した 良 好 な 景 観 ために 整 備 が 必 要 か 茅 ヶ 崎 市 緑 基 本 計 画 (H8.3) 緑 ネットワークとして 位 置 づけがある 7 良 好 な 自 然 環 境 を 確 保 し 景 観 二 酸 化 炭 素 濃 度 達 成 目 標 を 上 回 る 地 区 (0.04ppm 以 下 : 茅 ヶ 崎 市 環 境 基 本 計 画 (H15.3 策 定 ) 目 標 値 )を 形 成 ため 都 市 計 画 7-B 自 動 車 走 行 性 向 上 や 交 通 整 流 化 により 良 好 な 住 環 境 通 過 する 形 成 に 寄 与 するか 自 動 車 交 通 騒 音 で 環 境 基 準 を 達 成 していない 地 点 ( 茅 ヶ 崎 市 環 境 基 本 計 画 (H15.3 策 定 ) 目 標 )を 通 過 又 は 並 行 している 現 道 並 行 による 機 能 代 替 可 能 性 8 現 道 並 行 による 機 能 代 替 可 能 性 既 存 現 道 及 び 並 行 により 都 市 計 画 機 能 及 び 交 通 機 能 が 代 替 できる 事 業 実 施 妥 当 性 9-A 歴 史 文 化 自 然 資 産 又 はコミュニティを 喪 失 するか 9-B 9-C 当 初 想 定 した 土 地 利 用 に 対 して 沿 道 まちづくりが 変 化 して いるか 事 業 実 施 が 困 難 となる 地 形 地 物 ( 鉄 道 や 河 川 大 規 模 建 築 物 など)はあるか 9-D 隣 接 都 市 計 画 区 域 と 不 整 合 はあるか 自 然 環 境 評 価 マップで 示 された 保 存 すべき 里 山 地 域 を 通 過 する 茅 ヶ 崎 市 景 観 計 画 (H20.7) に 景 観 重 要 として 位 置 づけがある 茅 ヶ 崎 市 景 観 計 画 (H20.7) に 景 観 重 要 として 位 置 づけがある 鉄 道 既 存 河 川 等 と 通 過 処 理 接 続 処 理 について 構 造 上 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 構 造 令 に 適 した 縦 断 検 討 )が 必 要 である 隣 接 都 市 計 画 区 域 における 計 画 幅 員 と 不 整 合 が 生 じている 隣 接 都 市 計 画 区 域 における 事 業 スケジュールと 不 整 合 が 生 じている 9-E そ 他 事 業 実 施 上 障 害 制 約 はあるか 土 地 区 画 整 理 事 業 が 計 画 決 定 されているが 事 業 施 行 が 図 られていない 注 ) 整 備 プログラムとは 都 市 計 画 をはじめとした 網 を 効 率 的 かつ 効 果 的 に 整 備 することを 目 指 し 事 業 効 果 高 い を 抽 出 し 財 源 等 制 約 を 踏 まえながら 今 後 整 備 すべき 整 備 時 期 目 標 を 定 めたもである -13-

15 参 考 3 各 区 間 必 要 性 検 証 路 番 表 各 区 間 必 要 性 機 能 代 替 性 検 証 結 果 名 ステップ2 必 要 性 検 証 : 該 当 項 目 名 区 計 1-A 1-B(1) 1-B(2) 1-C 2-A 3-A 3-B 3-C 3-D 4-A 5-A 6-A 6-B 7-A 7-B 間 画 かな 市 内 市 外 交 通 渋 滞 土 地 まち 面 的 地 域 歩 行 者 公 共 緊 急 延 焼 環 境 良 好 な 番 幅 がわ 拠 点 拠 点 結 節 緩 和 利 用 づくり 整 備 分 断 自 転 車 交 通 輸 送 路 拡 大 と 住 環 境 員 交 通 間 間 点 と ため 事 業 交 通 導 入 広 域 防 止 調 和 形 成 (m) 計 画 連 絡 連 絡 整 合 に 必 要 公 園 解 消 安 全 避 難 した アクセス 事 業 確 保 場 所 景 観 位 置 と 確 保 づけ 一 体 アクセス 化 必 要 性 検 証 ステップ3 機 能 代 替 性 検 証 明 ら かに 機 能 代 替 可 能 幅 員 不 足 等 可 能 性 機 能 代 替 可 能 性 なし 機 能 代 替 性 検 証 なし ステップ5 交 通 量 検 証 あり 状 況 ( 区 間 必 要 性 ) 判 定 必 要 性 あり: ステップ4へ 必 要 性 なし 見 直 し 候 補 藤 沢 大 磯 1 25~40 高 い - ステップ4へ 新 国 道 1 20 高 い なし ステップ4へ 3 20 高 い なし ステップ4へ 4 20 高 い なし ステップ4へ 5 20 高 い - ステップ4へ 中 海 岸 寒 川 1 20 高 い なし ステップ4へ 2 20~23.5 高 い なし ステップ4へ 3 20 高 い なし ステップ4へ 4 20 高 い なし ステップ4へ 5 15~18 高 い - ステップ4へ 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 1 20 高 い なし ステップ4へ 2 20 高 い なし ステップ4へ 東 海 岸 寒 川 1 16 高 い - ステップ4へ 2 16~22 高 い - ステップ4へ 4 12 高 い - ステップ4へ 5 12 高 い - ステップ4へ 駅 前 上 石 神 下 1 20 高 い なし ステップ4へ 2 16 高 い なし ステップ4へ 藤 沢 寒 川 1 18 高 い なし ステップ4へ 駅 前 十 間 坂 1 12 高 い なし ステップ4へ 南 湖 深 田 1 12 高 い なし ステップ4へ 2 12 高 い なし ステップ4へ 3 12 高 い なし ステップ4へ 4 12 高 い あり 廃 止 した 場 合 中 海 岸 寒 川 ステップ4へ 東 海 岸 寒 川 等 が 混 雑 機 能 代 替 可 能 性 は 低 い 寒 川 下 寺 尾 1 12 高 い なし ステップ4へ 小 和 田 中 赤 1 11 高 い なし ステップ4へ 2 11~21 高 い なし ステップ4へ 3 11 高 い なし ステップ4へ 4 11 高 い なし ステップ4へ 駅 前 中 海 岸 1 11 高 い なし ステップ4へ 茅 ヶ 崎 辻 堂 1 20 高 い なし ステップ4へ 2 20 高 い なし ステップ4へ 3 20 高 い なし ステップ4へ 5 15 高 い なし ステップ4へ -14-

16 参 考 4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 と 課 題 路 番 表 各 区 間 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 結 果 (そ1) 名 ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 名 区 間 番 計 画 幅 員 (m) 事 業 実 施 時 期 見 込 み 藤 沢 大 磯 1 25~40 事 業 実 施 見 込 みに 係 る 課 題 内 容 未 整 備 区 間 は 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 みが 低 い 9-A 9-B 9-C 9-D 9-E 歴 史 沿 道 地 形 隣 接 そ まち 都 市 他 文 化 づく 地 物 計 画 事 業 り 制 約 区 域 実 施 自 然 遺 産 変 と 上 化 不 整 合 コミュニテ 障 害 ィ 制 約 喪 失 事 業 実 施 における 課 題 解 決 上 問 題 課 題 有 無 事 業 実 施 妥 当 性 最 終 判 断 見 直 し 方 向 性 素 案 存 続 留 保 付 き 存 続 変 更 廃 止 なし あり ステップ5 交 通 量 検 証 状 況 ( 区 間 必 要 性 ) 新 国 道 1 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 3 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 4 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 5 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 隣 接 都 市 計 画 区 域 ( 平 塚 市 )と 間 で 不 連 続 及 び 不 整 合 が 生 じていることから 調 整 を 図 っ た 上 で 事 業 実 施 が 必 要 中 海 岸 寒 川 1 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 2 20~23.5 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また JR 及 び 国 道 1 通 過 処 理 について 構 造 上 再 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 )が 必 要 で あり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 3 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 国 道 1 及 び 千 ノ 川 ( 一 級 河 川 ) 通 過 処 理 について 構 造 上 再 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 )が 必 要 であり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 4 20 未 整 備 区 間 は 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 みが 低 い 5 15~18 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 事 業 実 施 見 込 みにおける : 実 施 見 込 みが 低 い 9-A~9-E における: 各 指 標 該 当 項 目 ( 課 題 あり) -15-

17 路 番 表 各 区 間 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 結 果 (そ2) 名 ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 名 区 間 番 計 画 幅 員 (m) 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 事 業 実 施 時 期 見 込 み 事 業 実 施 見 込 みに 係 る 課 題 内 容 9-A 9-B 9-C 9-D 9-E 歴 史 沿 道 地 形 隣 接 そ まち 都 市 他 文 化 づく 地 物 計 画 事 業 り 制 約 区 域 実 施 自 然 遺 産 変 と 上 化 不 整 合 コミュニテ 障 害 ィ 制 約 喪 失 事 業 実 施 における 課 題 解 決 上 問 題 課 題 有 無 事 業 実 施 妥 当 性 最 終 判 断 見 直 し 方 向 性 素 案 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であるが 都 市 計 画 と 整 備 によっては 既 存 街 並 みが 保 重 複 した 現 道 があり 市 と 関 連 住 民 と 間 で 別 途 意 見 存 できないほか 茅 ヶ 崎 市 中 心 市 交 換 会 を 設 けて 必 要 性 方 向 性 について 議 論 し 街 地 活 性 化 基 本 計 画 におけるリー ている 状 況 にある また こ 検 討 結 果 を 受 け 現 道 ディングプランに 位 置 づけられて 幅 員 で 安 全 な 空 間 体 験 に 関 する 社 会 実 験 おり 整 備 と 合 わせて 地 を 実 施 している 状 況 からも 見 直 しに 向 けた 機 運 が 高 元 住 民 等 商 店 会 と 調 整 が 必 要 で まっているもと 判 断 される ある 東 海 岸 寒 川 1 16 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 2 16~22 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 4 12 未 整 備 区 間 は 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 みが 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 について 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 5 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 及 び 隣 接 都 市 計 画 区 域 ( 寒 川 町 藤 沢 市 )と 間 でネットワーク 調 整 等 不 整 合 が 生 じて いることから 調 整 を 図 った 上 で 事 業 実 施 が 必 要 駅 前 上 石 神 下 1 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 茅 ヶ 崎 駅 南 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 計 画 決 定 されているが 事 業 施 行 が 図 られていな い 現 状 にあり 事 業 と 一 体 的 な となっていること 2 16 からも 事 業 進 捗 によっては 見 直 しが 必 要 となること をかんがみ こ 点 調 整 を 図 った 上 で 事 業 実 施 が 必 要 藤 沢 寒 川 1 18 未 整 備 区 間 は 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 みが 低 い また 隣 接 都 市 計 画 区 域 ( 藤 沢 市 )では 都 市 計 画 として 整 備 済 みであり 隣 接 都 市 計 画 区 域 と 不 整 合 が 生 じていることから 調 整 を 図 った 上 で 事 業 実 施 が 必 要 事 業 実 施 見 込 みにおける : 実 施 見 込 みが 低 い 9-A~9-E における: 各 指 標 該 当 項 目 ( 課 題 あり) 存 続 留 保 付 き 存 続 変 更 廃 止 なし あり ステップ5 交 通 量 検 証 状 況 ( 区 間 必 要 性 ) を 計 画 幅 員 (20m) から 幅 員 を 縮 小 した 場 合 であ っても 自 動 車 交 通 において 及 び ( 東 海 岸 寒 川 中 海 岸 寒 川 等 ) は 少 なく 他 で 機 能 代 替 は 可 能 と 判 断 され る -16-

18 路 番 表 各 区 間 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 結 果 (そ3) 名 ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 名 区 間 番 計 画 幅 員 (m) 事 業 実 施 時 期 見 込 み 事 業 実 施 見 込 みに 係 る 課 題 内 容 駅 前 十 間 坂 1 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 南 湖 深 田 1 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 2 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 及 びJR 国 道 1 通 過 処 理 につい て 構 造 上 再 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 )が 必 要 であり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 3 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 及 び 国 道 1 千 ノ 川 ( 一 級 河 川 ) 通 過 処 理 について 構 造 上 再 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 )が 必 要 であり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 4 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 及 び 新 湘 南 国 道 と 交 差 処 理 につい て 構 造 上 再 検 討 が 必 要 であり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 寒 川 下 寺 尾 1 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 事 業 実 施 見 込 みにおける : 実 施 見 込 みが 低 い 9-A~9-E における: 各 指 標 該 当 項 目 ( 課 題 あり) 9-A 9-B 9-C 9-D 9-E 歴 史 沿 道 地 形 隣 接 そ まち 都 市 他 文 化 づく 地 物 計 画 事 業 り 制 約 区 域 実 施 自 然 遺 産 変 と 上 化 不 整 合 コミュニテ 障 害 ィ 制 約 喪 失 事 業 実 施 における 課 題 解 決 上 問 題 課 題 有 無 事 業 実 施 妥 当 性 最 終 判 断 見 直 し 方 向 性 素 案 存 続 留 保 付 き 存 続 変 更 廃 止 なし あり ステップ5 交 通 量 検 証 状 況 ( 区 間 必 要 性 ) -17-

19 路 番 表 各 区 間 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 結 果 (そ4) 名 ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 名 区 間 番 計 画 幅 員 (m) 事 業 実 施 時 期 見 込 み 事 業 実 施 見 込 みに 係 る 課 題 内 容 9-A 9-B 9-C 9-D 9-E 歴 史 沿 道 地 形 隣 接 そ まち 都 市 他 文 化 づく 地 物 計 画 事 業 り 制 約 区 域 実 施 自 然 遺 産 変 と 上 化 不 整 合 コミュニテ 障 害 ィ 制 約 喪 失 事 業 実 施 における 課 題 解 決 上 問 題 課 題 有 無 事 業 実 施 妥 当 性 最 終 判 断 小 和 田 中 赤 1 11 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 及 び 防 災 機 能 に 対 応 し た 適 切 な 幅 員 について 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 2 11~21 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 及 び 防 災 機 能 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 につ いて 検 討 及 びJR 国 道 1 通 過 処 理 について 構 造 上 再 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 )が 必 要 で あり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 3 11 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 及 び 防 災 機 能 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 につ いて 検 討 及 び 国 道 1 通 過 処 理 について 構 造 上 再 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 )が 必 要 であり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 4 11 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 及 び 防 災 機 能 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 につ いて 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 駅 前 中 海 岸 1 11 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 及 び 防 災 機 能 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 につ いて 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 茅 ヶ 崎 辻 堂 1 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 2 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み 3 20 が 低 い また 茅 ヶ 崎 駅 南 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 計 画 決 定 されているが 事 業 施 行 が 図 られていな い 現 状 にあり 事 業 と 一 体 的 な となっていること からも 事 業 進 捗 によっては 見 直 しが 必 要 となること をかんがみ こ 点 調 整 を 図 った 上 で 事 業 実 施 が 必 要 5 15 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 隣 接 都 市 計 画 区 域 ( 藤 沢 市 )と 間 でネットワークやスケジュール 不 整 合 が 生 じていることから 調 整 を 図 った 上 で 事 業 実 施 が 必 要 事 業 実 施 見 込 みにおける : 実 施 見 込 みが 低 い 9-A~9-E における: 各 指 標 該 当 項 目 ( 課 題 あり) 見 直 し 方 向 性 素 案 存 続 留 保 付 き 存 続 変 更 廃 止 なし あり ステップ5 交 通 量 検 証 状 況 ( 区 間 必 要 性 ) -18-

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

1 調査名称:太田市総合交通体系調査

1 調査名称:太田市総合交通体系調査 ( 様 式 -1 表 紙 ) 1 調 査 名 称 : 太 田 市 総 合 都 市 交 通 体 系 調 査 2 調 査 主 体 : 太 田 市 3 調 査 圏 域 : 群 馬 県 太 田 市 ( 両 毛 都 市 圏 ) 4 調 査 期 間 : 平 成 23 年 度 ~ 平 成 24 年 度 5 調 査 費 :7,980 千 円 ( 当 年 度 までの 合 計 :7,980 千 円 ) ( 総 合 都

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 資 料 1 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

Microsoft Word - A都市マス本編.doc

Microsoft Word - A都市マス本編.doc 5-3 交 通 体 系 の 方 針 1) 現 状 と 課 題 (1) 道 路 交 通 1 幹 線 道 路 幹 線 道 路 網 は 周 辺 市 町 との 広 域 連 携 を 担 う 一 般 国 道 11 号 32 号 438 号 さぬき 浜 街 道 を 中 心 に 市 内 各 地 の 連 絡 を 担 う 主 要 地 方 道 一 般 県 道 及 び 主 要 な 市 道 により 概 ね 格 子 状 に 道

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 ( 一 部 改 訂 平 成 27 年 3 月 ) 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3 東 京 都 の 動 き 及 び 運 輸 政 策 審 議 会 答 申 -1 1-4 今 後 の 進 め 方 -2 2-1 鉄 道 の 現 況 等

目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3 東 京 都 の 動 き 及 び 運 輸 政 策 審 議 会 答 申 -1 1-4 今 後 の 進 め 方 -2 2-1 鉄 道 の 現 況 等 公 共 交 通 機 関 対 策 等 特 別 委 員 会 資 料 平 成 26 年 5 月 29 日 世 田 谷 区 における 公 共 交 通 について 交 通 政 策 担 当 部 交 通 政 策 課 鉄 道 立 体 街 づくり 調 整 担 当 課 目 次 1.エイトライナー 導 入 促 進 2. 鉄 道 交 通 3.バス 交 通 1-1 背 景 と 目 的 -1 1-2 調 査 内 容 -1 1-3

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書 5-2 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 ) 工 事 中 ( 工 事 用 車 両 の 走 行 )により 地 域 交 通 ( 交 通 混 雑 交 通 安 全 )への 影 響 のおそれ があることから 環 境 影 響 評 価 を 行 った (1) 現 況 調 査 1) 調 査 項 目 ア. 地 域 社 会 の 状 況 調 査 項 目 は 日 常 生 活 圏 等 の 状 況 の 状 況

More information

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と 住 宅 団 地 の 再 生 のあり 方 について 取 りまとめ 1. 趣 旨 我 が 国 では 高 度 経 済 成 長 期 以 降 に 都 市 近 郊 を 中 心 に 大 規 模 な 住 宅 団 地 が 供 給 された これらの 中 には 既 に 建 物 や 設 備 の 老 朽 化 が 進 み 建 替 え 改 修 を 含 めた 再 生 を 図 る 必 要 に 迫 られているものも 多 くなっている

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

<93B9984890AE94F5>

<93B9984890AE94F5> 7. 道 路 整 備 7.1. 広 域 的 な 道 路 網 状 況 三 好 町 は 愛 知 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 し 東 名 高 速 道 路 ( 東 名 三 好 IC) 等 を 介 し 名 古 屋 市 中 心 部 や 空 港 港 湾 他 県 等 広 域 的 に 繋 がれている 近 隣 の 名 古 屋 市 や 豊 田 市 へは 東 西 に 走 る 国 道 153 号 により 結 ばれ 東

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

今 後 の 道 路 行 政 についての 意 見 提 案 1 道 路 行 政 全 般 について 改 善 すべき 点 要 望 や 提 案 など ( 改 善 すべき 点 ) 様 式 1 地 方 の 道 路 整 備 は マスコミなどの 情 報 とはかけ 離 れたものがあり 必 要 なところに 必 要 なもの

今 後 の 道 路 行 政 についての 意 見 提 案 1 道 路 行 政 全 般 について 改 善 すべき 点 要 望 や 提 案 など ( 改 善 すべき 点 ) 様 式 1 地 方 の 道 路 整 備 は マスコミなどの 情 報 とはかけ 離 れたものがあり 必 要 なところに 必 要 なもの 今 後 の 道 路 行 政 についての 意 見 提 案 1 道 路 行 政 全 般 について 改 善 すべき 点 要 望 や 提 案 など ( 改 善 すべき 点 ) 様 式 1 地 方 の 道 路 整 備 は マスコミなどの 情 報 とはかけ 離 れたものがあり 必 要 なところに 必 要 なもの としては まだまだ 立 ち 遅 れているのが 実 情 です 特 に 市 町 村 合 併 に 際 し

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303781798DE98BCA8CA7817A483234918D8D8793738E738CF092CA91CC8C6E92B28DB8816993738E738C7689E693B99848816A8DE98BCA8CA7817990AC89CA82CC8A549776817A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303781798DE98BCA8CA7817A483234918D8D8793738E738CF092CA91CC8C6E92B28DB8816993738E738C7689E693B99848816A8DE98BCA8CA7817990AC89CA82CC8A549776817A> 1 調 査 名 称 : 総 合 都 市 交 通 体 系 調 査 ( 都 市 計 画 道 路 ) 2 調 査 主 体 : 埼 玉 県 3 調 査 圏 域 : 埼 玉 県 全 体 (さいたま 市 除 く) 4 調 査 期 間 : 平 成 24 年 度 5 調 査 費 :9,140 千 円 ( 総 合 都 市 交 通 体 系 調 査 ) 6 調 査 概 要 : 本 県 では 都 市 計 画 決 定 後 長

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

目 次 1. 位 置 図 1 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 2 3. 事 業 進 捗 の 状 況 5 4. 事 業 の 必 要 性 に 関 する 視 点 7 5. 費 用 対 効 果 11 6. 事 業 進 捗 の 見 込 みの 視 点 13 7. 今 後 の 対 応 方 針 (

目 次 1. 位 置 図 1 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 2 3. 事 業 進 捗 の 状 況 5 4. 事 業 の 必 要 性 に 関 する 視 点 7 5. 費 用 対 効 果 11 6. 事 業 進 捗 の 見 込 みの 視 点 13 7. 今 後 の 対 応 方 針 ( 資 料 3-5-1 関 東 地 方 整 備 局 ( 再 評 価 ) 事 業 評 価 監 視 委 員 会 ( 平 成 25 年 度 第 6 回 ) 一 般 国 道 51 号 大 栄 拡 幅 平 成 25 年 10 月 17 日 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 目 次 1. 位 置 図 1 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 2 3. 事 業 進 捗 の 状 況 5 4.

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

大 阪 市 エリアマネジメント 活 動 促 進 制 度 活 用 ガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 市 都 市 計 画 局 本 ガイドラインについて エリアマネジメントとは 地 域 (エリア)における 公 共 的 な 空 間 などのまちの 質 を 高 め それを 持 続 的 に 維 持 発 展 させていくための 地 域 の 市 民 民 間 事 業 者 等 の 主 体 的 な 取 組 みを

More information

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42

6. 区 域 の 概 要 注 ) 矢 島 都 市 計 画 区 域 には 用 途 地 域 及 び 都 市 計 画 道 路 の 指 定 はありません 5-42 5-4 矢 島 都 市 計 画 区 域 旧 矢 島 町 の 矢 島 都 市 計 画 区 域 約 450ha を 対 象 として 地 区 別 の 検 討 を 行 います 1) 区 域 の 現 況 と 課 題 1 現 況 1. 概 況 由 利 高 原 鉄 道 の 矢 島 駅 を 中 心 に 西 部 の 丘 陵 地 と 北 東 部 の 国 道 108 号 や 子 吉 川 を 外 郭 としてコンパクトな 市

More information

札幌市住宅マスタープラン2011概要版

札幌市住宅マスタープラン2011概要版 ( 仮 ) 市 政 等 資 料 番 号 1-A1-11-5 札 幌 市 住 宅 マスタープラン 211 概 要 版 住 宅 マスタープランの 目 的 と 見 直 しの 必 要 性 札 幌 市 では 本 市 の 住 宅 施 策 の 目 標 と 具 体 的 施 策 の 方 向 性 を 明 確 化 し 将 来 の 住 宅 住 環 境 のあり 方 を 展 望 しながら 総 合 的 な 住 宅 施 策 を 展

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード]

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード] 資 料 2 平 成 24 年 度 第 2 回 大 阪 府 建 設 事 業 再 評 価 監 視 委 員 会 H24.6.21 追 加 説 明 資 料 1 泉 佐 野 東 羽 倉 崎 住 宅 2 道 路 事 業 の 費 用 便 益 比 3 大 阪 外 環 状 線 連 続 立 体 交 差 事 業 4 大 阪 和 泉 泉 南 線 5 道 路 事 業 の 都 市 基 盤 整 備 中 期 計 画 の 位 置 付

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

1. 事 業 概 要 起 終 点 こ き むらなか いぬや ごろうる : 愛 知 県 ~ 犬 山 延 長 等 :7.km(6 車 線 設 計 速 度 6km/h 事 業 費 : 約 9 億 円 計 画 交 通 量 : 約 4,3 台 / 日 乗 用 車 型 貨 物 大 型 貨 物 3 8,8 台 /

1. 事 業 概 要 起 終 点 こ き むらなか いぬや ごろうる : 愛 知 県 ~ 犬 山 延 長 等 :7.km(6 車 線 設 計 速 度 6km/h 事 業 費 : 約 9 億 円 計 画 交 通 量 : 約 4,3 台 / 日 乗 用 車 型 貨 物 大 型 貨 物 3 8,8 台 / 資 料 社 会 資 本 整 備 審 議 会 道 路 分 科 会 部 地 方 委 員 会 ( 平 成 年 度 第 1 回 平 成 年 度 規 事 業 候 補 箇 所 1 一 般 国 道 号 バイパス に 係 る 規 事 業 採 択 時 評 価 国 土 交 通 省 部 地 方 整 備 局 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism Chubu

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc Ⅳ. 実 現 方 策 ここでは まちづくり 基 本 方 針 に 基 づき 地 区 計 画 の 導 入 を 前 提 に 分 野 別 方 針 を 実 現 し ていくための 方 策 を 明 らかにするとともに 住 民 と 行 政 の 協 働 で 取 り 組 むまちづくりの 進 め 方 と 都 市 計 画 の 見 直 しの 考 え 方 を 示 して います Ⅳ-1 分 野 別 の 実 現 方 策 ここでは

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

Microsoft Word - 概要版.doc

Microsoft Word - 概要版.doc 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープラン 概 要 版 平 成 20 年 3 月 杉 戸 町 1 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープランについて 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 及 び 地 域 の 将 来 像 を 明 ら かにし その 実 現 化 を 計 画 的 に 進 めていくための 基 本 方 針 です 本 町 では 平 成 7 年 度 に 都 市 計 画 マスタープラン を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来 とうおん まちづくりプラ プラン 東 温 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 都 市 づくりの 全 体 構 想 編 愛 媛 県 東 温 市 目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8BE688E6837D8358816997B383508DE881458B8D8B76816A> 竜 ヶ 崎 牛 久 都 市 計 画 ( 龍 ケ 崎 市, 牛 久 市, 利 根 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備, 開 発 及 び 保 全 の 方 針 茨 城 県 1 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 竜 ヶ 崎 牛 久 1 1) 都 市 計 画 区 域 の 名 称 及 び 範 囲 竜 ヶ 崎 牛 久 1 2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 竜 ヶ 崎 牛 久 1 3) 地 域

More information

5.4.3 将 来 の 方 針 方 向 性 (1) 中 心 市 街 地 の 道 路 の 考 え 方 中 心 市 街 地 の 道 路 の 課 題 及 び 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 の 方 針 を 踏 まえて 中 心 市 街 地 の 道 路 は 中 心 市 街 地 の 活 性 化

5.4.3 将 来 の 方 針 方 向 性 (1) 中 心 市 街 地 の 道 路 の 考 え 方 中 心 市 街 地 の 道 路 の 課 題 及 び 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 の 方 針 を 踏 まえて 中 心 市 街 地 の 道 路 は 中 心 市 街 地 の 活 性 化 5.4 中 心 市 街 地 の 道 路 に 関 する 整 備 計 画 5.4.1 中 心 市 街 地 の 道 路 ( 龍 ケ 崎 商 店 街 通 り)の 課 題 龍 ケ 崎 商 店 街 の 道 路 は ( 県 ) 河 内 竜 ケ 崎 線 であるため 通 過 交 通 の 流 入 が 多 い 竜 ケ 崎 駅 前 交 差 点 は5 差 路 となっており 交 通 事 故 が 発 生 する 可 能 性 の 高

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088BB90A38E73918D8D8793738E738CF092CA8C7689E68169967B95D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088BB90A38E73918D8D8793738E738CF092CA8C7689E68169967B95D2816A2E646F63> 第 2 章 都 市 交 通 の 現 状 と 課 題 1. 道 路 交 通 の 状 況 (1) 現 況 の 骨 格 道 路 県 道 を 中 心 に 骨 格 道 路 を 形 成 ( 都 ) 寺 尾 上 土 棚 線 が 新 たな 背 骨 として 機 能 市 内 は 県 道 を 中 心 に 骨 格 道 路 が 形 成 されており 県 央 地 域 における 広 域 的 な 交 通 を 受 け 流 しています

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 ふ じ 藤 お か 岡 し が い ち 市 街 地 地 区 か い 2 回 へ ん こ う 変 更 ) ぐ ん ま 群 馬 ふ じ お か 県 藤 岡 し 市 平 成 25 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

<816D8250816E905682BD82C88D8291AC93B9984897BF8BE082C982C282A282C45F485097705F81798DC58F4994C5817A>

<816D8250816E905682BD82C88D8291AC93B9984897BF8BE082C982C282A282C45F485097705F81798DC58F4994C5817A> 平 成 26 年 3 月 14 日 東 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 中 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 新 たな 高 速 道 路 料 金 について NEXCO 東 日 本 NEXCO 中 日 本 NEXCO 西 日 本 は 新 たな 高 速 道 路 料 金 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 25 年 12 月 20 日 国 土 交 通 省

More information

Microsoft Word - 101210計画書(甲府盆地).doc

Microsoft Word - 101210計画書(甲府盆地).doc 甲 府 盆 地 7 都 市 計 画 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 甲 府 都 市 計 画 峡 東 都 市 計 画 韮 崎 都 市 計 画 南 アルプス 都 市 計 画 笛 吹 川 都 市 計 画 市 川 三 郷 都 市 計 画 富 士 川 都 市 計 画 山 梨 県 目 次 はじめに 1 1. の 現 状 と 課 題 2 1) の 名 称 及 び 範 囲 2 2) の 現 状 と

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

みなとみらい21(横浜市 実施段階)

みなとみらい21(横浜市 実施段階) 市 町 村 名 藤 沢 市 熟 度 具 体 化 段 階 東 京 2020オリンピック セーリング 競 技 開 催 準 備 レガシー 創 出 事 業 東 京 2020オリンピック セーリング 競 技 が,1964 年 大 会 に 続 き, 再 び 江 の 島 ( 湘 南 港 )で 開 催 されることから,セーリング 競 技 の 普 及 啓 発 をはじめ, 観 光 振 興, 生 涯 スポー ツの 推 進

More information

( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 具 体 案 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 に 関 する 具 体 方 針 ( 案 )の 概 要 1 4 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 に 関 する 具 体 方 針 ( 案 )の 概

( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 具 体 案 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 に 関 する 具 体 方 針 ( 案 )の 概 要 1 4 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 に 関 する 具 体 方 針 ( 案 )の 概 添 付 資 料 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 具 体 案 について 1 ( 目 次 ) 首 都 圏 内 の 新 たな 高 速 路 料 金 の 具 体 案 の 全 体 概 要 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 に 関 する 具 体 方 針 ( 案 )の 概 要 1 4 首 都 圏 の 新 たな 高 速 路 料 金 に 関 する 具 体 方 針 ( 案 )の 概 要 2

More information

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0 して 活 気 のある 魅 力 的 なまちづくりを 推 進 することで 交 流 人 口 の 拡 大 を 図 る (ア) 現 況 と 問 題 点 Ⅰ( 国 道 県 道 及 び 市 道 ) 本 市 の 主 要 道 路 は 諫 早 方 面 から 一 般 国 道 57 号 が 島 原 半 島 の 西 岸 を 経 て 小 浜 雲 仙 から 島 原 市 に 至 り 市 域 の 東 岸 には 一 般 国 道 251

More information

はじめに 東 大 和 市 には 市 域 の 外 縁 部 に 大 量 輸 送 を 担 う 鉄 道 やモノレールの 駅 が 立 地 し ています このため 市 域 を 運 行 する 路 線 バスは こうした 駅 及 び 隣 接 市 の 主 要 駅 を 結 ぶ 重 要 な 移 動 手 段 として 多 くの

はじめに 東 大 和 市 には 市 域 の 外 縁 部 に 大 量 輸 送 を 担 う 鉄 道 やモノレールの 駅 が 立 地 し ています このため 市 域 を 運 行 する 路 線 バスは こうした 駅 及 び 隣 接 市 の 主 要 駅 を 結 ぶ 重 要 な 移 動 手 段 として 多 くの 東 大 和 市 コミュニティバス 等 運 行 ガイドライン 平 成 28 年 3 月 東 大 和 市 はじめに 東 大 和 市 には 市 域 の 外 縁 部 に 大 量 輸 送 を 担 う 鉄 道 やモノレールの 駅 が 立 地 し ています このため 市 域 を 運 行 する 路 線 バスは こうした 駅 及 び 隣 接 市 の 主 要 駅 を 結 ぶ 重 要 な 移 動 手 段 として 多 くの

More information

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29 都 市 再 生 整 備 計 画 て つ ど う みなと つ る が 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) ふ く い つ る が 福 井 県 敦 賀 市 平 成 25 年 1 月 様 式 は A4 長 辺 側 を 2 箇 所 ホチキス 留 めすること 様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る

More information

田川報告書.indd

田川報告書.indd -1. 公 等 の 概 要 田 川 マスタープラン 内 の 公 等 は,03 戸 県 79 戸 となっており と 県 を 合 わ -1. 公 等 の 概 要 せて,818 戸 ありま 内 の 公,03 等 は 戸 は 公,03 戸 法 県 基 づき 887 戸 となっており 困 窮 低 額 所 得 者 と 等 県 向 け を 合 建 わせて 設 された,910 公 戸 ありま 998 戸 地 区 改

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

平塚市営住宅

平塚市営住宅 平 塚 市 営 住 宅 ストック 総 合 活 用 計 画 第 2 期 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 平 塚 市 目 次 第 1 章 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 1 計 画 の 目 的 ----------------------------------------------------- 1 2 計 画 の 位 置 づけ -------------------------------------------------

More information

<8DC4837D83588A54977694C58A6D92E85F907D94928D953130303231322E78>

<8DC4837D83588A54977694C58A6D92E85F907D94928D953130303231322E78> 三 田 市 公 営 住 宅 再 生 マスタープラン 概 要 版 平 成 22 年 3 月 三 田 市 --------------------------------------------------------------------- 1 (1) 計 画 の 目 的 ----------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

都市計画道路の見直しについて

都市計画道路の見直しについて 連 絡 1 都 市 計 画 区 域 の 検 討 について 1 上 越 市 の 都 市 計 画 区 域 現 在 市 内 には 上 越 都 市 計 画 区 域 柿 崎 都 市 計 画 区 域 妙 高 都 市 計 画 区 域 の 異 なる3つの 都 市 計 画 区 域 を 定 めており それぞれ 以 下 のとおり 土 地 利 用 建 築 に 関 する 開 発 規 制 内 容 が 異 なる 上 越 都 市

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準 東 京 都 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 運 用 基 準 東 京 都 都 市 整 備 局 平 成 2 5 年 4 月 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 基 本 目 標 1 3 本 運 用 基 準 の 位 置 付 け 1 4 用 語 の 定 義 2 第 2 策 定 基 準 5 1 区 域 の 要 件 5 (1) 基 本 計 画 等 との 適 合 5 (2) 基

More information

本 で 現 在 決 定 している 主 要 な 内 容 は 概 ね のとおりです 1 土 地 利 用 (1) 街 化 区 域 及 び 街 化 調 整 区 域 本 では 人 口 及 び 産 業 の 見 通 しなどを 考 慮 し つつ 無 秩 序 な 街 地 の 拡 大 を 防 止 し 秩 序 ある の

本 で 現 在 決 定 している 主 要 な 内 容 は 概 ね のとおりです 1 土 地 利 用 (1) 街 化 区 域 及 び 街 化 調 整 区 域 本 では 人 口 及 び 産 業 の 見 通 しなどを 考 慮 し つつ 無 秩 序 な 街 地 の 拡 大 を 防 止 し 秩 序 ある の 参 考 資 料 編 の 概 要 のあゆみ 大 正 8 年 に 法 ( 旧 法 )が 制 定 され この 法 律 によって 区 域 地 域 地 区 制 限 など 現 在 でも の 根 幹 をなす 制 度 が いくつか 導 入 されました その 後 昭 和 5 年 に 建 築 基 準 法 昭 和 9 年 に 土 地 区 整 理 法 の 制 定 などにより 充 実 してきまし たが 高 度 経 済 成 長

More information

第2回基幹的交通システム部会_資料1

第2回基幹的交通システム部会_資料1 (8) 都 市 空 間 の 魅 力 と 基 幹 的 交 通 システムのデザイン 性 が 相 まって 魅 力 的 な 都 市 空 間 の 形 成 に 寄 与 できるルート を 選 定 する 銀 座 地 区 では 銀 座 の 個 性 的 な 景 観 や 空 間 を 考 慮 し 銀 座 らしさを 演 出 し ヒューマンスケールの 都 市 空 間 形 成 に 寄 与 できるルートを 選 定 する 特 に 銀

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について まちづくりにおける 福 祉 施 設 について 都 市 再 生 特 別 措 置 法 と 建 築 基 準 法 厚 生 労 働 省 老 健 局 高 齢 者 支 援 課 振 興 課 課 長 補 佐 ( 高 齢 者 居 住 福 祉 担 当 ) 山 口 義 敬 都 市 再 生 特 別 措 置 法 建 築 基 準 法 の 改 正 について( 情 報 提 供 ) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 の 改 正

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

あきる野市土地利用方針(案)

あきる野市土地利用方針(案) あきる 野 土 利 用 方 針 平 成 24 年 11 月 あきる 野 あ き る 野 土 利 用 方 針 1 策 定 の 趣 旨 目 的 P2 2 土 利 用 の 現 状 と 課 題 P2 (1) 域 の 特 性 P2 (2) 化 区 域 及 び 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 P7 (3) 域 の 土 利 用 の 課 題 P10 3 域 における 適 正 な 土 利 用 の 形 成

More information