Microsoft Word 通常版.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 090512通常版.doc"

Transcription

1 ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多 様 な 機 能 を 有 する 根 幹 的 な 都 市 施 設 です 都 市 交 通 やまちづくりなどを 考 えて 都 市 計 画 法 に 基 づき 計 画 される 都 市 計 画 は そ 他 とともに 体 系 的 機 能 的 に 連 携 された 網 を 形 成 することにより 市 民 生 活 や 都 市 活 動 を 支 える 重 要 な 役 割 を 担 っています 都 市 計 画 見 直 し 必 要 性 とは? 本 市 都 市 計 画 網 中 には 都 市 計 画 決 定 されてから 長 期 間 にわたり 事 業 が 実 施 されていない や 区 間 があり 時 間 経 過 とともに 社 会 経 済 環 境 や 市 民 意 識 行 動 などが 変 化 する 中 で あらためて 各 や 区 間 が 担 うべき 機 能 や 必 要 性 などを 見 直 し 効 率 的 効 果 的 に 整 備 を 進 めることが 必 要 となっています 茅 ヶ 崎 市 -0-

2 1. 都 市 計 画 見 直 し 背 景 と 必 要 性 (1) 見 直 し 背 景 本 市 都 市 計 画 は 高 度 経 済 成 長 期 に 都 市 人 口 集 中 と 市 街 地 拡 大 などを 前 提 に 決 定 され これまで 着 実 に 整 備 を 進 めてきましたが 整 備 状 況 は 約 56.8%( 平 成 18 年 3 月 31 日 現 在 )にとどまっており 都 市 計 画 に 決 定 されて 以 降 都 市 計 画 道 路 網 全 体 について 変 更 や 見 直 しは 行 われていない 状 況 にあります こ 間 高 齢 化 社 会 進 展 などによる 誰 もが 安 全 で 快 適 に 移 動 できるため 歩 行 空 間 公 共 交 通 体 系 充 実 や 防 災 自 然 環 境 景 観 に 対 する 意 識 高 まり さらには 今 後 財 政 見 通 し 厳 しさなど 都 市 計 画 を 取 り 巻 く 状 況 は 様 々な 面 で 変 化 してきています こような 状 況 を 踏 まえ 都 市 構 造 骨 格 をなす 広 域 的 な 都 市 計 画 網 については より 一 層 選 択 と 集 中 により 重 点 化 を 図 りながら 既 存 ストックを 有 効 に 活 用 しつつ 効 率 的 かつ 効 果 的 に 整 備 を 進 めることが 必 要 となります さらに 都 市 全 体 における 都 市 計 画 についても 都 市 計 画 機 能 と 役 割 を 再 検 証 しながら これら 社 会 経 済 状 況 変 化 に 的 確 に 対 応 していく 必 要 があります (2) 見 直 し 目 的 こように 都 市 計 画 網 を 取 り 巻 く 状 況 が 変 化 する 中 で 都 市 計 画 決 定 後 長 期 間 にわたって 事 業 が 実 施 されていない や 区 間 中 には 時 間 経 過 とともに に 求 められる 機 能 や 役 割 が 変 化 しているもも 生 じている 可 能 性 があることから 必 要 性 を 再 検 証 したうえで 適 切 な 見 直 しを 行 うことが 求 められます (3) 見 直 しにかかわる 経 緯 以 上 点 を 踏 まえ 平 成 18 年 3 月 に 神 奈 川 県 にて 策 定 された 都 市 計 画 見 直 し ガイドライン を 基 に 本 市 では 平 成 19 年 3 月 に 茅 ヶ 崎 市 都 市 計 画 見 直 し 基 本 的 考 え 方 を 定 めました そ 後 これに 従 い 具 体 的 に 市 内 都 市 計 画 各 各 区 間 必 要 性 機 能 代 替 性 を 再 検 証 し また 事 業 実 施 上 課 題 等 を 整 理 しながら 見 直 し 必 要 な 候 補 ( 区 間 )を 選 定 しました 本 資 料 は これまで 検 討 結 果 を 整 理 し 本 市 における 都 市 計 画 見 直 し 方 針 として 取 りまとめたもです -1-

3 (4) 本 検 討 位 置 づけ 1 本 市 における 網 本 市 幹 は 東 西 方 向 に 新 湘 南 バイパス 国 道 1 国 道 134 があり 南 北 方 向 に 県 道 45 ( 丸 子 中 山 茅 ヶ 崎 ) 県 道 46 ( 相 模 原 茅 ヶ 崎 ) 県 道 404 ( 遠 藤 茅 ヶ 崎 )があります これら 網 によって 概 ねグリッド 状 幹 網 が 形 成 されています しかし 本 市 においては 東 西 方 向 に 通 過 交 通 需 要 が 高 く また 都 市 計 画 整 備 が 不 足 していることから 特 に 国 道 1 を 中 心 として 慢 性 的 な 交 通 渋 滞 が 発 生 して おり 通 過 交 通 円 滑 な 処 理 が 求 められている 他 JR 東 海 道 本 を 跨 ぐ 南 北 不 足 平 成 22 年 度 に 供 用 開 始 予 定 さがみ 縦 貫 における 交 通 処 理 等 課 題 があげら れます また 交 通 円 滑 化 に 限 らず 都 市 化 進 展 に 伴 い 交 通 基 盤 整 備 遅 れに 起 因 する 都 市 機 能 低 下 が 深 刻 な 問 題 となっていることから 地 域 活 動 活 性 化 安 全 性 及 び 利 便 性 確 保 適 正 な 街 区 形 成 など 多 様 化 するニーズに 対 応 した 生 活 空 間 を 確 保 するた め 幹 整 備 が 求 められています さらに 近 年 市 民 ニーズ 高 まりを 受 け 防 災 上 観 点 等 からも 優 先 順 位 を 決 め ながら 幹 網 を 構 築 していく 必 要 があります これらを 受 け ちがさき 都 市 マスタープラン においては 交 通 体 系 整 備 目 指 すべ き 方 向 として 都 市 機 能 を 支 える 幹 網 整 備 があげられ 市 主 軸 となる 主 要 幹 をラダー 型 に 結 ぶことにより 骨 格 的 な 網 を 構 築 することとされています また 骨 格 的 な 網 構 築 によって 生 活 通 過 交 通 車 両 流 入 抑 制 等 を 図 り 良 好 な 住 環 境 形 成 を 目 指 すもとされています 本 都 市 計 画 見 直 しに 当 たっても ちがさき 都 市 マスタープラン にあげられ た 市 町 と 連 絡 及 び 自 動 車 専 用 と 連 携 し 本 市 へ 出 入 りできる 主 要 幹 各 地 域 と 主 要 な 施 設 を 結 ぶ 都 市 幹 茅 ヶ 崎 駅 へ 集 中 する 交 通 を 抑 制 するため 環 状 を 整 備 しながら 本 市 目 指 す 網 構 築 を 目 指 すことを 念 頭 に 選 択 と 集 中 を 図 る 中 で 検 討 を 進 めていくことが 重 要 となります グリッド 状 ラダー 型 : 南 北 方 向 と 東 西 方 向 によって 碁 盤 目 や 梯 子 ように 組 み 合 わされることを 示 す -2-

4 2 都 市 計 画 見 直 し 進 め 方 方 向 性 都 市 計 画 見 直 しにあたっては 平 成 14 年 3 月 に 策 定 された 茅 ヶ 崎 市 総 合 交 通 プラン で 示 された 本 市 望 ましい 総 合 交 通 体 系 実 現 に 向 けて 総 合 的 な 観 点 から 都 市 計 画 必 要 性 等 検 証 評 価 を 行 うことが 必 要 です また 本 市 都 市 づくり 方 針 であり 20 年 後 本 市 あるべき 姿 をとらえた ちがさき 都 市 マスタープラン と 整 合 を 図 りつつ 都 市 計 画 見 直 しを 行 うことが 求 められます また 見 直 しにおいては 20~30 年 後 を 見 据 えた 持 続 可 能 な 社 会 を 形 成 するため 災 害 に 強 い 都 市 づくりや 良 好 な 自 然 環 境 保 全 創 造 など 観 点 も 含 めた 計 画 視 点 に 対 応 し 既 存 を 有 効 に 活 用 しながら 効 率 的 かつ 効 果 的 な 事 業 により 早 期 に 目 指 す 都 市 計 画 網 を 構 築 することが 求 められます そため 計 画 論 ( 必 要 性 )と 事 業 論 ( 事 業 性 ) 観 点 を 踏 まえ 次 2つ 方 向 が 考 えられます 必 要 な 区 間 を 早 期 に 事 業 化 すること( 形 幅 員 変 更 )や 社 会 経 済 状 況 や 交 通 需 要 変 化 へ 対 応 ( 区 間 追 加 )し 目 指 す 都 市 計 画 網 を 構 築 していくため 見 直 し 総 合 評 価 結 果 必 要 性 が 薄 れている 区 間 廃 止 を 行 う 見 直 し 事 業 論 ( 事 業 性 ) 短 期 路 的 に 実 区 現 間 可 能 な 不 可 短 能 期 な 的 路 に は 実 区 現 間 必 要 性 薄 れた や 区 間 廃 止 総 合 計 画 都 市 マスタープ ラン 整 備 プログラム など 位 置 付 け 事 業 化 を 推 進 支 援 す るため 見 直 し( 形 幅 員 変 更 ) 早 期 事 業 化 社 会 経 済 状 況 や 交 通 需 要 変 化 に 対 応 した 見 直 し( 区 間 追 加 ) 必 要 性 薄 れた 区 間 必 要 性 高 い 区 間 計 画 論 ( 必 要 性 ) 図 見 直 し 方 向 性 -3-

5 3 本 市 における 課 題 都 市 計 画 見 直 しに 当 たっては 計 画 論 ( 必 要 性 )と 事 業 論 ( 事 業 性 ) 観 点 か ら 評 価 が 必 要 です 計 画 論 ( 必 要 性 )に 関 しては 上 位 計 画 や 関 連 既 計 画 等 における 各 区 間 位 置 づけ 等 を 整 理 することにより 整 備 必 要 性 に 関 する 評 価 が 可 能 で す 事 業 論 ( 事 業 性 )に 関 しては 財 源 等 制 約 を 踏 まえながら 今 後 整 備 すべき 整 備 時 期 目 標 を 定 めた 本 市 における 整 備 プログラム が 平 成 21 年 度 から 検 討 されることとなっています こため 各 区 間 における 事 業 実 施 時 期 見 込 み や 事 業 実 施 における 課 題 有 無 に 関 する 事 業 実 施 妥 当 性 に 関 しては 整 備 プ ログラム 検 討 結 果 を 受 けて 評 価 が 必 要 となります 4 本 検 討 位 置 づけ 都 市 計 画 各 区 間 における 上 位 計 画 や 関 連 既 計 画 等 位 置 づけを 基 にした 必 要 性 に 関 する 再 検 証 都 市 計 画 各 区 間 における 他 で 機 能 代 替 性 確 認 都 市 計 画 各 区 間 現 在 における 事 業 実 施 上 課 題 整 理 平 成 19 年 3 月 茅 ヶ 崎 市 都 市 計 画 見 直 し 基 本 的 考 え 方 策 定 平 成 19 年 度 ~ 平 成 20 年 度 各 機 能 必 要 性 検 証 見 直 し 候 補 方 向 性 検 討 見 直 し 方 針 検 討 本 検 討 位 置 づけ 見 直 し 計 画 ( 方 向 性 ) 検 討 平 成 21 年 度 ~ 見 直 し 詳 細 計 画 作 成 都 市 計 画 変 更 ( 案 ) 検 討 整 備 プログラム 策 定 平 成 21~ 22 年 度 検 討 今 後 整 備 方 向 性 と 検 討 及 び 整 合 平 成 22 年 度 ~ 都 市 計 画 変 更 に 向 けた 検 討 開 始 図 都 市 計 画 見 直 しスケジュール( 案 )と 本 検 討 位 置 づけ -4-

6 2. 都 市 計 画 見 直 し 検 討 経 緯 (1) 都 市 計 画 見 直 し 検 討 フロー 見 直 し 進 め 方 については 以 下 に 示 すようにステップ1からステップ5まで 検 討 を 踏 まえて 見 直 し 区 間 を 選 定 しました ステップ1 見 直 し 検 討 対 象 該 当 しない 自 動 車 専 用 を 除 く 都 市 計 画 全 14 構 想 今 回 検 討 では 未 着 手 及 び 概 成 済 を 対 象 該 当 する 13 ステップ2 必 要 性 検 証 かながわ 交 通 計 画 位 置 付 け 位 置 づけあり 4 7 区 間 位 置 づけなし 区 間 ステップ3 機 能 代 替 性 検 証 計 画 視 点 から 検 討 1. 市 内 骨 格 的 な 網 を 形 成 するため 都 市 計 画 2. 中 心 市 街 地 など 渋 滞 緩 和 ため 都 市 計 画 3. 拠 点 開 発 やまちづくりため 都 市 計 画 4. 歩 行 者 や 自 転 車 が 安 全 で 快 適 に 移 動 できる 都 市 計 画 5. 公 共 交 通 利 便 性 向 上 ため 都 市 計 画 6. 災 害 に 強 い 都 市 を 形 成 するため 都 市 計 画 7. 良 好 な 自 然 環 境 を 確 保 し 景 観 形 成 ため 都 市 計 画 必 要 性 が 高 い 区 間 現 道 並 行 による 機 能 代 替 性 区 間 機 能 代 替 性 なし 必 要 性 が 低 い 0 機 能 代 替 性 あり 1 1 区 間 南 湖 深 田 ( 区 間 4) ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 事 業 実 施 時 期 見 込 みとルート 構 造 などに 係 る 課 題 整 理 区 間 見 込 みが 立 たない 留 保 付 き 存 続 課 題 なし( 追 加 場 合 を 除 く) なし 区 間 事 業 実 施 時 期 見 込 み 見 込 みが 立 つ 課 題 整 理 地 形 地 物 と 整 合 性 隣 接 都 市 計 画 区 域 と 整 合 性 等 課 題 あり 課 題 解 決 策 検 討 1 2 区 間 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 ステップ5 交 通 量 検 証 将 来 交 通 需 要 推 計 により 検 証 問 題 あり 1 1 区 間 南 湖 深 田 ( 区 間 4) 問 題 なし 存 続 変 更 追 加 廃 止 ( 現 状 都 市 計 画 まま) 1 2 区 間 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 ( 変 更 候 補 ) 都 市 計 画 変 更 図 都 市 計 画 見 直 し 検 討 フロー 及 び 検 討 結 果 概 要 -5-

7 (2) 見 直 し 検 討 対 象 選 定 ステップ1 見 直 し 検 討 対 象 見 直 し 対 象 については 事 業 部 局 によるヒアリング 結 果 改 良 済 事 業 中 構 想 において 課 題 が 大 きく 早 期 に 事 業 着 手 すべき 該 当 はなかったため 未 着 手 及 び 概 成 済 を 対 象 に 検 討 を 進 めるもとしました こ 結 果 未 着 手 及 び 概 成 済 として 区 間 を 見 直 し 検 討 対 象 路 としました ( 参 考 1 評 価 対 象 図 参 照 ) 自 動 車 専 用 2 街 路 区 分 幹 街 路 24 区 画 街 路 1 改 良 済 整 備 状 況 事 業 中 未 着 手 及 び 概 成 済 構 想 検 討 対 象 外 今 回 検 討 対 象 なし 今 回 検 討 対 象 なし 検 討 対 象 図 今 回 都 市 計 画 見 直 しにおける 検 討 対 象 (3) 評 価 指 標 及 び 判 断 基 準 設 定 見 直 し 対 象 として 選 定 された や 区 間 については 基 本 的 視 点 に 基 づき 評 価 指 標 を 設 定 し それに 基 づき 客 観 的 な 判 断 基 準 により 評 価 する 必 要 があります そため 市 内 骨 格 的 な 網 形 成 や 中 心 市 街 地 など 渋 滞 緩 和 土 地 利 用 と 整 合 を はじめとした 拠 点 開 発 やまちづくり 歩 行 者 や 自 転 車 安 全 性 公 共 交 通 利 便 性 向 上 延 焼 拡 大 防 止 など 災 害 に 強 い 都 市 形 成 景 観 確 保 など 自 然 環 境 確 保 など 視 点 に 基 づく 評 価 指 標 を 設 定 し それに 対 応 する 判 断 基 準 を 設 定 しました ( 参 考 2 評 価 指 標 及 び 判 断 基 準 参 照 ) -6-

8 (4) 各 区 間 必 要 性 検 証 ステップ2 必 要 性 検 証 ステップ3 機 能 代 替 性 検 証 見 直 し 対 象 として 選 定 された や 区 間 について 客 観 的 な 判 断 基 準 により 各 区 間 必 要 性 及 び 現 道 並 行 による 機 能 代 替 可 能 性 について 検 証 しました 検 証 結 果 今 回 見 直 し 検 討 対 象 区 間 すべてにおいて 関 連 既 計 画 や 上 位 計 画 に 位 置 づけられているほか 機 能 代 替 性 が 低 いと 判 断 されることから 整 備 必 要 性 があるもと 判 断 しました なお 南 湖 深 田 区 間 4(3 4 1 新 国 道 ~ 寒 川 町 田 端 )につい ては に 南 北 が 複 数 あることから 他 で 機 能 代 替 可 能 性 があるもと 考 えられましたが ステップ5 交 通 量 検 証 により 廃 止 した 場 合 に 中 海 岸 寒 川 や3 4 5 東 海 岸 寒 川 など が 混 雑 するもと 予 測 されたこと から 区 間 機 能 代 替 性 は 低 いと 判 断 しました ( 参 考 3 各 区 間 必 要 性 検 証 参 照 ) (5) 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 と 課 題 ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 整 備 必 要 性 があるもと 判 断 された 全 全 区 間 について 事 業 実 施 妥 当 性 観 点 から 検 証 を 行 い 別 課 題 について 整 理 しました こうち 整 備 時 期 が 未 定 である 他 事 業 実 施 が 困 難 となる 地 形 地 物 ( 鉄 道 や 河 川 大 規 模 建 築 物 など)が 存 在 する 区 間 進 捗 していない 他 大 規 模 開 発 事 業 と 関 連 する 区 間 区 間 については 事 業 実 施 時 期 見 込 みが 立 たない 路 区 間 とし 留 保 付 き 存 続 区 間 と 判 断 しました なお 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 は 整 備 時 期 が 未 定 であるも 都 市 計 画 と 重 複 した 現 道 があり 現 計 画 幅 員 で 事 業 実 施 について 市 と 関 係 住 民 と 間 で 別 途 意 見 交 換 会 を 設 けて 必 要 性 方 向 性 について 議 論 をし そ 上 で 社 会 実 験 実 施 に 至 る 等 見 直 しに 向 けた 機 運 が 高 まっている 状 況 にあります また ステップ5 交 通 量 検 証 においても 計 画 幅 員 (20m)よりも 幅 員 を 縮 小 したとしても 2 車 機 能 はあり 自 動 車 交 通 流 動 及 び は 少 ないと 判 断 されること から 見 直 し 候 補 として 判 断 しました ( 参 考 4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 と 課 題 参 照 ) 交 通 量 検 証 について: 上 位 計 画 である ちがさき 都 市 マスタープラン 目 標 年 次 である 概 ね20 年 後 を 見 据 え 平 成 42 年 時 点 将 来 交 通 需 要 を 推 計 し 評 価 評 価 に 当 たっては 見 直 し 候 補 及 びそ における 断 面 混 雑 度 を 交 通 容 量 と 交 通 量 需 給 バ ランスを 見 ることにより ピーク 時 1~2 時 間 を 除 いては 混 雑 が 連 続 する 可 能 性 が 非 常 に 小 さいと 考 えられる 混 雑 度 が1.25 以 下 か を 判 断 指 標 として 検 討 ( 交 通 容 量 (( 社 ) 日 本 協 会 ) に 基 づき 判 断 指 標 ( 混 雑 度 1.2 5)を 設 定 ) なお 平 成 17 年 交 通 センサス( 一 般 交 通 量 調 査 )によると 市 内 主 な で 混 雑 度 が1.25に 近 い 箇 所 は 県 道 45 ( 丸 子 中 山 茅 ヶ 崎 ) 円 蔵 交 差 点 北 側 区 間 ( 混 雑 度 1.14) 及 び 県 道 404 ( 遠 藤 茅 ヶ 崎 ) 赤 羽 根 交 差 点 北 側 区 間 ( 混 雑 度 1.14) が 該 当 する -7-

9 (5) 各 区 間 検 証 結 果 (3) (4) 検 証 結 果 から 今 回 都 市 計 画 見 直 し 方 向 性 ( 案 )として 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 1 2 区 間 を 変 更 ( 幅 員 ) 候 補 そ 他 12 路 32 区 間 を 留 保 付 き 存 続 と 判 断 しました ステップ2 必 要 性 検 証 見 直 し 対 象 全 全 区 間 において 関 連 既 計 画 や 上 位 計 画 に 位 置 づけがあり 整 備 必 要 性 があると 判 断 ステップ3 機 能 代 替 性 検 証 右 記 以 外 区 間 機 能 代 替 可 能 性 が 低 い と 判 断 南 湖 深 田 区 間 4 に 南 北 が 複 数 あることから 他 で 機 能 代 替 可 能 性 があるもと 判 断 ステップ5 交 通 量 検 証 南 湖 深 田 区 間 4 廃 止 した 場 合 中 海 岸 寒 川 や 東 海 岸 寒 川 等 が 混 雑 する ことから 機 能 代 替 可 能 性 は 低 い と 判 断 事 業 実 施 上 課 題 制 約 等 に 基 づき 各 区 間 を 評 価 ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 区 間 : 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 : 9 整 備 路 時 期 20 が 区 未 間 定 : である 等 理 由 により 事 業 実 施 時 期 現 計 画 幅 員 で 必 要 見 込 みがたたず 整 備 に 当 たって 課 題 が 大 きいこと 性 方 向 性 について 市 1 から 留 2 保 区 付 間 き ( 茅 存 ヶ 続 崎 路 停 車 として 場 茅 ヶ 判 崎 断 ): 現 計 画 幅 員 で 必 要 と 性 関 係 方 住 向 民 性 で について 検 討 中 市 と 関 係 住 民 で 検 討 中 ( 見 直 し 候 補 ) ステップ5 交 通 量 検 証 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 都 市 計 画 を 計 画 幅 員 (20m)から 縮 小 した 場 合 でも 及 び は 少 ない 見 直 し 方 針 留 保 付 き 存 続 変 更 ( 幅 員 ) 候 補 図 必 要 性 機 能 代 替 性 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 結 果 と 見 直 し 方 針 -8-

10 3. 都 市 計 画 見 直 しにおける 今 後 課 題 について (1) 今 後 住 民 合 意 形 成 に 向 けて 都 市 計 画 見 直 しは 見 直 しが 必 要 となった や 区 間 に 関 する 計 画 検 討 段 階 及 び 廃 止 や 変 更 ため 都 市 計 画 法 に 基 づく 都 市 計 画 手 続 段 階 を 経 て 都 市 計 画 廃 止 や 変 更 を 行 いますが そ 際 には 計 画 内 容 に 関 する 事 項 だけでなく これまで 建 築 制 限 や 新 たな 建 築 制 限 などに 関 する 様 々な 意 見 や 要 望 が 想 定 されます また 廃 止 や 変 更 は 都 市 計 画 区 域 に 関 する 建 築 制 限 だけでなく まちづくり 方 向 性 を 変 える 可 能 性 も 考 えられます そため 下 図 に 示 すような 適 時 適 切 な 段 階 で 市 民 へ 情 報 提 供 を 行 い 意 見 を 伺 いながら 住 民 と 合 意 形 成 もと 手 続 きを 進 めてまいります ~ 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 以 降 見 直 し 方 針 検 討 段 階 見 直 し 計 画 検 討 段 階 都 市 計 画 変 更 に 向 けた 検 討 段 階 見 直 し 基 本 的 考 え 方 パブリック コメント 見 直 し 必 要 性 検 証 今 回 見 直 し 方 針 ( 検 証 結 果 ) 構 造 等 について 具 体 的 に 検 討 市 民 皆 様 にご 意 見 を 伺 いながら 進 めてまいります 結 果 報 告 説 明 会 等 関 係 機 関 と 協 議 調 整 を 図 り 市 民 意 見 を 踏 まえつつ 個 別 区 間 都 市 計 画 ( 案 ) を 作 成 素 案 説 明 公 聴 会 等 縦 覧 都 市 計 画 変 更 市 民 図 都 市 計 画 見 直 しから 都 市 計 画 決 定 まで 流 れ パブリックコメントについて: 市 民 皆 様 に 関 わりある 計 画 を 作 るときに 前 もって 案 をお 知 らせし ご 意 見 をいただき 提 出 されたご 意 見 を 考 慮 して 市 が 最 終 的 な 計 画 決 定 を 行 う 制 度 -9-

11 (2) 建 築 制 限 や 用 途 地 域 変 更 課 題 型 用 途 地 域 や 防 火 地 域 を 指 定 しているところについては 都 市 計 画 変 更 廃 止 際 には 型 用 途 地 域 や 防 火 地 域 指 定 を 見 直 す 必 要 が 生 じる 場 合 が 想 定 され 1 ます こうした 用 途 地 域 等 見 直 しによって 既 存 建 築 物 既 存 不 適 格 建 築 物 2 が 生 じることも 想 定 されることから 都 市 計 画 見 直 しに 伴 う 地 域 地 区 指 定 に ついては 整 備 状 況 やそれら 有 する 機 能 土 地 利 用 状 況 や 動 向 などを 考 慮 しながら 適 切 な 土 地 利 用 が 図 られるよう 総 合 的 な 見 地 から 見 直 しを 行 っていき ます (3) 今 後 都 市 計 画 見 直 しについて 1 見 直 しサイクル 都 市 計 画 見 直 しは 概 ね20 年 後 あるべき 姿 を 目 標 に 茅 ヶ 崎 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 整 備 開 発 及 び 保 全 方 針 や ちがさき 都 市 マスタープラン 整 備 プログラム 等 と 関 連 計 画 と 連 動 させながら 今 後 も 定 期 的 ( 概 ね10 年 ごと) に 実 施 していくこととしています これにより 事 業 が 長 期 化 している や 整 備 優 先 順 位 低 い 必 要 性 を 定 期 的 に 検 証 していきます また 今 後 都 市 計 画 見 直 しに 当 たっては 社 会 経 済 状 況 や 市 民 ニーズ 等 変 化 に 的 確 に 対 応 しながら 本 市 における 都 市 計 画 あり 方 を 検 討 していくこと が 重 要 であります そため 市 民 情 報 提 供 意 見 意 向 等 を 把 握 しながら 検 討 を 進 めていくために 外 部 有 識 者 等 を 交 えた 検 討 組 織 立 ち 上 げについて 今 後 検 討 し ます 整 備 開 発 及 び 保 全 方 針 ちがさき 都 市 マスタープラン 整 備 プログラム 等 見 直 し 計 画 策 定 検 証 概 ね10 年 サイクル 廃 止 変 更 等 実 施 図 見 直 しサイクル 1 既 存 不 適 格 建 築 物 について: 建 築 物 を 建 築 する 時 点 において 法 令 等 に 適 合 していたもでも そ 後 法 令 等 改 正 により そ 建 築 物 全 体 あるいは 部 分 的 に 法 令 等 に 適 合 しなくなる 場 合 がある こような 建 築 物 を 既 存 不 適 格 建 築 物 とい う なお 既 存 不 適 格 建 築 物 は 適 合 しなくなった 法 令 等 規 定 に 限 り 適 用 しないこととし そまま 使 用 することや 一 定 規 模 増 改 築 等 をすることができる 2 地 域 地 区 指 定 について: 市 民 生 活 が 良 好 な 環 境 もとで 快 適 に 営 めて 他 方 では 都 市 活 動 産 業 活 動 が 効 率 よく 機 能 するために 住 宅 や 商 業 地 工 業 地 レクリエーション 場 等 について 規 模 と 配 置 を 定 め 土 地 利 用 計 画 を 具 体 化 してい く 手 法 をいう -10-

12 2 整 備 プログラム 等 策 定 による 整 備 優 先 度 検 討 今 回 都 市 計 画 見 直 し 検 討 において 事 業 実 施 時 期 見 込 みが 立 たない 路 区 間 として 整 備 時 期 が 未 定 である 等 理 由 から12 32 区 間 を 留 保 付 き 存 続 区 間 と 判 断 しました これら 区 間 については 整 備 プログラム( 平 成 21~22 年 度 予 定 ) 策 定 を 通 じて 優 先 整 備 を 選 定 し 次 期 見 直 し 段 階 において 見 直 し 方 向 性 に ついて 検 討 することとします (4) 地 域 に 適 した 構 造 採 用 について 安 全 性 や 円 滑 性 が 確 保 された 計 画 や 設 計 を 行 うため 構 造 令 に よって 構 成 ( 車 歩 道 植 樹 帯 等 ) 形 勾 配 交 差 点 立 体 交 差 構 造 物 など 構 造 に 関 する 一 般 的 な 技 術 的 基 準 が 定 められています 構 造 令 は 昭 和 33 年 に 公 布 後 交 通 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 情 勢 変 化 など に 対 応 するため 数 回 改 正 が 行 われ そ 考 え 方 も 高 度 経 済 成 長 期 自 動 車 社 会 進 展 を 背 景 にした 自 動 車 利 用 を 中 心 とする 全 国 一 律 構 造 という 考 え 方 か ら 歩 行 者 や 自 転 車 など 様 々な 利 用 者 ニーズを 踏 まえ 特 性 や 地 域 実 情 を 考 慮 して 地 域 に 適 した 構 造 を 採 用 するという 考 え 方 へ 転 換 してきていま す こため 地 域 に 適 した 構 造 を 採 用 するという 構 造 令 趣 旨 を 踏 まえ 都 市 計 画 整 備 によって どような 交 通 サービスを 市 民 へ 提 供 していく かを 分 かりやすく 説 明 する 評 価 指 標 を 検 討 し 幅 員 車 数 決 定 など 計 画 策 定 に 活 かしていくことも 必 要 です 都 市 部 / 地 方 部 自 動 車 交 通 量 種 類 地 域 特 性 交 通 特 性 ネットワーク 特 性 構 造 令 に 規 定 された 最 低 値 標 準 値 などを 採 用 全 国 一 律 構 造 従 来 構 造 決 定 考 え 方 必 要 な 機 能 明 確 化 地 域 裁 量 に 基 づ く 構 造 令 基 準 弾 力 的 な 運 用 地 域 に 適 した 構 造 これから 構 造 決 定 考 え 方 図 これから 構 造 決 定 考 え 方 出 典 ) 構 造 令 解 説 と 運 用 ( 社 ) 日 本 協 会 ( 一 部 改 ) -11-

13 六 会 日 大 前 宮 山 参 考 1 評 価 対 象 区 間 割 ( 平 成 19 年 3 月 31 日 現 在 ) 表 見 直 し 検 討 対 象 伊 勢 原 市 名 平 塚 市 茅 ヶ 崎 市 凡 例 市 役 所 国 道 県 道 ( 市 内 ) 国 道 県 道 ( 市 外 ) 市 町 村 境 都 市 計 画 整 備 状 況 整 備 済 ( 市 内 ) 事 業 中 ( 市 内 ) 未 整 備 であるが 計 画 幅 員 概 ね2/3 以 上 が 完 成 ( 市 内 ) 未 整 備 ( 市 内 ) 整 備 済 ( 市 外 ) 事 業 中 ( 市 外 ) 未 整 備 であるが 計 画 幅 員 概 ね2/3 以 上 が 完 成 ( 市 外 ) 未 整 備 ( 市 外 ) 藤 沢 市 鎌 倉 市 国 道 1 県 道 44 ( 伊 勢 原 藤 沢 ) 区 間 4 藤 沢 国 道 467 国 道 県 道 30 ( 戸 塚 茅 ヶ 崎 ) 県 道 43 ( 藤 沢 厚 木 ) 辻 堂 県 道 東 海 道 本 国 道 区 間 県 道 44 ( 伊 勢 原 藤 沢 ) 県 道 45 ( 丸 子 中 山 茅 ヶ 崎 ) 県 道 47 ( 藤 沢 平 塚 ) 相 模 県 道 404 ( 遠 藤 茅 ヶ 崎 ) 香 川 県 道 45 ( 丸 子 中 山 茅 ヶ 崎 ) 県 道 46 ( 相 模 原 茅 ヶ 崎 ) 北 茅 ヶ 崎 新 湘 南 国 道 茅 ヶ 崎 さがみ 縦 貫 国 道 129 寒 川 区 間 5 区 間 4 区 間 4 区 間 区 間 東 海 道 本 平 塚 国 道 区 間 3 区 間 3 区 間 3 国 道 467 藤 沢 本 町 藤 沢 小 田 本 鵠 沼 急 江 ノ 島 江 ノ 島 電 鉄 鵠 沼 海 岸 江 ノ 島 片 瀬 江 ノ 島 善 行 小 田 急 江 ノ 島 区 間 4 区 間 区 間 4 番 藤 沢 大 磯 新 国 道 中 海 岸 寒 川 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 東 海 岸 寒 川 駅 前 上 石 神 下 藤 沢 寒 川 駅 前 十 間 坂 南 湖 深 田 寒 川 下 寺 尾 小 和 田 中 赤 駅 前 中 海 岸 茅 ヶ 崎 辻 堂 ( 合 計 13 ) 区 間 5 茅 ヶ 崎 市 区 間 区 間 3 区 間 4 区 間 5 区 間 3 県 道 309 ( 茅 ヶ 崎 停 車 場 ) ( 茅 ヶ 崎 ) 茅 ヶ 県 道 3 10 崎 国 道 134 停 国 道 134 車 場 評 価 対 象

14 参 考 2 評 価 指 標 及 び 判 断 基 準 基 本 的 視 点 ( 見 直 し 基 本 方 向 より) 評 価 指 標 該 当 区 間 判 断 方 法 区 間 有 す る 機 能 市 内 骨 格 的 な 網 を 形 成 するため 都 市 計 画 中 心 市 街 地 など 渋 滞 緩 和 ため 都 市 計 画 拠 点 開 発 やまちづくりため 都 市 計 画 歩 行 者 や 自 転 車 が 安 全 で 快 適 に 移 動 できる 都 市 計 画 公 共 交 通 利 便 性 向 上 ため 都 市 計 画 1-A かながわ 交 通 計 画 に 位 置 づけがある か かながわ 交 通 計 画 に 位 置 づけがある 1-B (1) 市 内 拠 点 間 連 絡 ため か (2) 市 外 拠 点 間 連 絡 ため か 1-C 交 通 結 節 点 ( 鉄 道 駅 IC)アクセスを 目 的 とした か 交 通 結 節 点 ( 鉄 道 駅 IC)に 直 接 アクセスしている 2-A 3-A 渋 滞 緩 和 ために 整 備 が 必 要 か( 混 雑 大 きい 現 道 や 渋 滞 対 策 ポイント 通 過 など) 土 地 利 用 と 整 合 を 図 るため か ( 整 備 に 合 わせた 高 度 利 用 など) 3-B まちづくりために 必 要 な として 上 位 計 画 に 位 置 づけら れているか 3-C 土 地 区 画 整 理 事 業 など 面 的 整 備 事 業 公 園 事 業 などと 一 体 化 した か 茅 ヶ 崎 市 総 合 交 通 プラン(H14.3) 幹 に 位 置 づけられている ちがさき 都 市 マスタープラン(H20.6) 都 市 幹 ( 都 市 内 各 地 区 又 は 主 要 な 施 設 相 互 間 交 通 を 集 約 して 処 理 する )に 位 置 づけられている ちがさき 都 市 マスタープラン(H20.6) に 位 置 付 けある 市 内 拠 点 に 直 接 アクセスしている 茅 ヶ 崎 市 総 合 交 通 プラン(H14.3) 幹 に 位 置 づけられている ちがさき 都 市 マスタープラン(H20.6) 都 市 幹 ( 都 市 内 各 地 区 又 は 主 要 な 施 設 相 互 間 交 通 を 集 約 して 処 理 する )に 位 置 づけられている 隣 接 市 町 都 市 マスタープランに 位 置 づけある 市 外 拠 点 に 直 接 アクセスしている 混 雑 する 現 道 と 重 なっているか 並 行 ( 起 終 点 がほぼ 同 じ)しており 整 備 により 混 雑 緩 和 に 資 する 都 市 計 画 に 合 わせて 商 業 地 域 又 は 近 隣 商 業 地 域 等 沿 道 用 途 地 域 指 定 がされており 都 市 計 画 整 備 に 合 わせて 土 地 利 用 高 度 利 用 を 図 る 役 割 を 持 っている ちがさき 都 市 マスタープラン(H20.6) 都 市 環 状 茅 ヶ 崎 市 総 合 交 通 プラン(H14.3) 環 状 に 位 置 づけられている 茅 ヶ 崎 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 整 備 開 発 及 び 保 全 方 針 (H13.11) に 位 置 づけがある 茅 ヶ 崎 市 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 (H14.3) に 位 置 づけがある 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 茅 ヶ 崎 駅 南 口 土 地 区 画 整 理 事 業 等 ) 駅 開 発 事 業 ( 辻 堂 駅 西 口 重 点 整 備 計 画 茅 ヶ 崎 駅 北 口 整 備 等 ) 地 区 計 画 公 園 事 業 などと 一 体 的 な 整 備 位 置 づけがある 3-D 鉄 道 平 面 交 差 による 地 域 分 断 解 消 を 図 る か 鉄 道 で 分 断 されている 地 域 において 整 備 により 地 域 交 流 連 携 を 促 進 する 役 割 を 持 っている 4-A 5-A 歩 行 者 自 転 車 交 通 社 会 的 弱 者 安 全 確 保 等 ために 整 備 が 必 要 か( 重 点 整 備 地 区 指 定 福 祉 まちづくり 条 例 上 指 定 安 心 歩 行 エリア 指 定 など) 公 共 交 通 導 入 ために 整 備 が 必 要 か( 駅 前 広 場 と 一 体 整 備 バスレーン 設 置 公 共 交 通 不 便 地 域 通 過 など) ちがさき 都 市 マスタープラン(H20.6) にコミュニティ 歩 道 ネットワーク 整 備 構 想 として 位 置 づけがあ る 安 心 歩 行 エリア 整 備 事 業 (H16)に 位 置 づけがある ちがさき 自 転 車 プラン(H16.3) に 位 置 づけがある 既 存 大 規 模 駐 輪 施 設 へ 直 接 アクセスしている 駅 前 広 場 と 一 体 整 備 やバスレーン 設 置 など 公 共 交 通 導 入 が 前 提 とされている 都 市 計 画 が 交 通 空 白 地 域 ( 茅 ヶ 崎 市 乗 合 交 通 整 備 計 画 (H17.7)で 示 された 地 域 )を 通 過 しており 整 備 に よって 交 通 空 白 地 域 解 消 に 寄 与 する 茅 ヶ 崎 市 地 域 防 災 計 画 (H15.3 修 正 ) に 緊 急 輸 送 路 として 位 置 付 けがある 茅 ヶ 崎 市 地 域 防 災 計 画 (H15.3 修 正 ) 広 域 避 難 場 所 に 直 接 アクセスする 幅 員 15m 以 上 災 害 時 緊 急 輸 送 路 や 広 域 避 難 場 所 アクセスとして 災 害 に 強 い 都 市 を 形 成 するため 6-A 整 備 が 必 要 か 都 市 計 画 6-B 延 焼 拡 大 を 防 ぐため として 整 備 が 必 要 か 延 焼 拡 大 を 防 ぐため 幅 員 (12m 以 上 )を 有 している 7-A 環 境 と 調 和 した 良 好 な 景 観 ために 整 備 が 必 要 か 茅 ヶ 崎 市 緑 基 本 計 画 (H8.3) 緑 ネットワークとして 位 置 づけがある 7 良 好 な 自 然 環 境 を 確 保 し 景 観 二 酸 化 炭 素 濃 度 達 成 目 標 を 上 回 る 地 区 (0.04ppm 以 下 : 茅 ヶ 崎 市 環 境 基 本 計 画 (H15.3 策 定 ) 目 標 値 )を 形 成 ため 都 市 計 画 7-B 自 動 車 走 行 性 向 上 や 交 通 整 流 化 により 良 好 な 住 環 境 通 過 する 形 成 に 寄 与 するか 自 動 車 交 通 騒 音 で 環 境 基 準 を 達 成 していない 地 点 ( 茅 ヶ 崎 市 環 境 基 本 計 画 (H15.3 策 定 ) 目 標 )を 通 過 又 は 並 行 している 現 道 並 行 による 機 能 代 替 可 能 性 8 現 道 並 行 による 機 能 代 替 可 能 性 既 存 現 道 及 び 並 行 により 都 市 計 画 機 能 及 び 交 通 機 能 が 代 替 できる 事 業 実 施 妥 当 性 9-A 歴 史 文 化 自 然 資 産 又 はコミュニティを 喪 失 するか 9-B 9-C 当 初 想 定 した 土 地 利 用 に 対 して 沿 道 まちづくりが 変 化 して いるか 事 業 実 施 が 困 難 となる 地 形 地 物 ( 鉄 道 や 河 川 大 規 模 建 築 物 など)はあるか 9-D 隣 接 都 市 計 画 区 域 と 不 整 合 はあるか 自 然 環 境 評 価 マップで 示 された 保 存 すべき 里 山 地 域 を 通 過 する 茅 ヶ 崎 市 景 観 計 画 (H20.7) に 景 観 重 要 として 位 置 づけがある 茅 ヶ 崎 市 景 観 計 画 (H20.7) に 景 観 重 要 として 位 置 づけがある 鉄 道 既 存 河 川 等 と 通 過 処 理 接 続 処 理 について 構 造 上 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 構 造 令 に 適 した 縦 断 検 討 )が 必 要 である 隣 接 都 市 計 画 区 域 における 計 画 幅 員 と 不 整 合 が 生 じている 隣 接 都 市 計 画 区 域 における 事 業 スケジュールと 不 整 合 が 生 じている 9-E そ 他 事 業 実 施 上 障 害 制 約 はあるか 土 地 区 画 整 理 事 業 が 計 画 決 定 されているが 事 業 施 行 が 図 られていない 注 ) 整 備 プログラムとは 都 市 計 画 をはじめとした 網 を 効 率 的 かつ 効 果 的 に 整 備 することを 目 指 し 事 業 効 果 高 い を 抽 出 し 財 源 等 制 約 を 踏 まえながら 今 後 整 備 すべき 整 備 時 期 目 標 を 定 めたもである -13-

15 参 考 3 各 区 間 必 要 性 検 証 路 番 表 各 区 間 必 要 性 機 能 代 替 性 検 証 結 果 名 ステップ2 必 要 性 検 証 : 該 当 項 目 名 区 計 1-A 1-B(1) 1-B(2) 1-C 2-A 3-A 3-B 3-C 3-D 4-A 5-A 6-A 6-B 7-A 7-B 間 画 かな 市 内 市 外 交 通 渋 滞 土 地 まち 面 的 地 域 歩 行 者 公 共 緊 急 延 焼 環 境 良 好 な 番 幅 がわ 拠 点 拠 点 結 節 緩 和 利 用 づくり 整 備 分 断 自 転 車 交 通 輸 送 路 拡 大 と 住 環 境 員 交 通 間 間 点 と ため 事 業 交 通 導 入 広 域 防 止 調 和 形 成 (m) 計 画 連 絡 連 絡 整 合 に 必 要 公 園 解 消 安 全 避 難 した アクセス 事 業 確 保 場 所 景 観 位 置 と 確 保 づけ 一 体 アクセス 化 必 要 性 検 証 ステップ3 機 能 代 替 性 検 証 明 ら かに 機 能 代 替 可 能 幅 員 不 足 等 可 能 性 機 能 代 替 可 能 性 なし 機 能 代 替 性 検 証 なし ステップ5 交 通 量 検 証 あり 状 況 ( 区 間 必 要 性 ) 判 定 必 要 性 あり: ステップ4へ 必 要 性 なし 見 直 し 候 補 藤 沢 大 磯 1 25~40 高 い - ステップ4へ 新 国 道 1 20 高 い なし ステップ4へ 3 20 高 い なし ステップ4へ 4 20 高 い なし ステップ4へ 5 20 高 い - ステップ4へ 中 海 岸 寒 川 1 20 高 い なし ステップ4へ 2 20~23.5 高 い なし ステップ4へ 3 20 高 い なし ステップ4へ 4 20 高 い なし ステップ4へ 5 15~18 高 い - ステップ4へ 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 1 20 高 い なし ステップ4へ 2 20 高 い なし ステップ4へ 東 海 岸 寒 川 1 16 高 い - ステップ4へ 2 16~22 高 い - ステップ4へ 4 12 高 い - ステップ4へ 5 12 高 い - ステップ4へ 駅 前 上 石 神 下 1 20 高 い なし ステップ4へ 2 16 高 い なし ステップ4へ 藤 沢 寒 川 1 18 高 い なし ステップ4へ 駅 前 十 間 坂 1 12 高 い なし ステップ4へ 南 湖 深 田 1 12 高 い なし ステップ4へ 2 12 高 い なし ステップ4へ 3 12 高 い なし ステップ4へ 4 12 高 い あり 廃 止 した 場 合 中 海 岸 寒 川 ステップ4へ 東 海 岸 寒 川 等 が 混 雑 機 能 代 替 可 能 性 は 低 い 寒 川 下 寺 尾 1 12 高 い なし ステップ4へ 小 和 田 中 赤 1 11 高 い なし ステップ4へ 2 11~21 高 い なし ステップ4へ 3 11 高 い なし ステップ4へ 4 11 高 い なし ステップ4へ 駅 前 中 海 岸 1 11 高 い なし ステップ4へ 茅 ヶ 崎 辻 堂 1 20 高 い なし ステップ4へ 2 20 高 い なし ステップ4へ 3 20 高 い なし ステップ4へ 5 15 高 い なし ステップ4へ -14-

16 参 考 4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 と 課 題 路 番 表 各 区 間 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 結 果 (そ1) 名 ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 名 区 間 番 計 画 幅 員 (m) 事 業 実 施 時 期 見 込 み 藤 沢 大 磯 1 25~40 事 業 実 施 見 込 みに 係 る 課 題 内 容 未 整 備 区 間 は 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 みが 低 い 9-A 9-B 9-C 9-D 9-E 歴 史 沿 道 地 形 隣 接 そ まち 都 市 他 文 化 づく 地 物 計 画 事 業 り 制 約 区 域 実 施 自 然 遺 産 変 と 上 化 不 整 合 コミュニテ 障 害 ィ 制 約 喪 失 事 業 実 施 における 課 題 解 決 上 問 題 課 題 有 無 事 業 実 施 妥 当 性 最 終 判 断 見 直 し 方 向 性 素 案 存 続 留 保 付 き 存 続 変 更 廃 止 なし あり ステップ5 交 通 量 検 証 状 況 ( 区 間 必 要 性 ) 新 国 道 1 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 3 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 4 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 5 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 隣 接 都 市 計 画 区 域 ( 平 塚 市 )と 間 で 不 連 続 及 び 不 整 合 が 生 じていることから 調 整 を 図 っ た 上 で 事 業 実 施 が 必 要 中 海 岸 寒 川 1 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 2 20~23.5 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また JR 及 び 国 道 1 通 過 処 理 について 構 造 上 再 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 )が 必 要 で あり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 3 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 国 道 1 及 び 千 ノ 川 ( 一 級 河 川 ) 通 過 処 理 について 構 造 上 再 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 )が 必 要 であり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 4 20 未 整 備 区 間 は 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 みが 低 い 5 15~18 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 事 業 実 施 見 込 みにおける : 実 施 見 込 みが 低 い 9-A~9-E における: 各 指 標 該 当 項 目 ( 課 題 あり) -15-

17 路 番 表 各 区 間 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 結 果 (そ2) 名 ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 名 区 間 番 計 画 幅 員 (m) 茅 ヶ 崎 停 車 場 茅 ヶ 崎 事 業 実 施 時 期 見 込 み 事 業 実 施 見 込 みに 係 る 課 題 内 容 9-A 9-B 9-C 9-D 9-E 歴 史 沿 道 地 形 隣 接 そ まち 都 市 他 文 化 づく 地 物 計 画 事 業 り 制 約 区 域 実 施 自 然 遺 産 変 と 上 化 不 整 合 コミュニテ 障 害 ィ 制 約 喪 失 事 業 実 施 における 課 題 解 決 上 問 題 課 題 有 無 事 業 実 施 妥 当 性 最 終 判 断 見 直 し 方 向 性 素 案 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であるが 都 市 計 画 と 整 備 によっては 既 存 街 並 みが 保 重 複 した 現 道 があり 市 と 関 連 住 民 と 間 で 別 途 意 見 存 できないほか 茅 ヶ 崎 市 中 心 市 交 換 会 を 設 けて 必 要 性 方 向 性 について 議 論 し 街 地 活 性 化 基 本 計 画 におけるリー ている 状 況 にある また こ 検 討 結 果 を 受 け 現 道 ディングプランに 位 置 づけられて 幅 員 で 安 全 な 空 間 体 験 に 関 する 社 会 実 験 おり 整 備 と 合 わせて 地 を 実 施 している 状 況 からも 見 直 しに 向 けた 機 運 が 高 元 住 民 等 商 店 会 と 調 整 が 必 要 で まっているもと 判 断 される ある 東 海 岸 寒 川 1 16 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 2 16~22 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 4 12 未 整 備 区 間 は 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 みが 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 について 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 5 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 及 び 隣 接 都 市 計 画 区 域 ( 寒 川 町 藤 沢 市 )と 間 でネットワーク 調 整 等 不 整 合 が 生 じて いることから 調 整 を 図 った 上 で 事 業 実 施 が 必 要 駅 前 上 石 神 下 1 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 茅 ヶ 崎 駅 南 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 計 画 決 定 されているが 事 業 施 行 が 図 られていな い 現 状 にあり 事 業 と 一 体 的 な となっていること 2 16 からも 事 業 進 捗 によっては 見 直 しが 必 要 となること をかんがみ こ 点 調 整 を 図 った 上 で 事 業 実 施 が 必 要 藤 沢 寒 川 1 18 未 整 備 区 間 は 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 みが 低 い また 隣 接 都 市 計 画 区 域 ( 藤 沢 市 )では 都 市 計 画 として 整 備 済 みであり 隣 接 都 市 計 画 区 域 と 不 整 合 が 生 じていることから 調 整 を 図 った 上 で 事 業 実 施 が 必 要 事 業 実 施 見 込 みにおける : 実 施 見 込 みが 低 い 9-A~9-E における: 各 指 標 該 当 項 目 ( 課 題 あり) 存 続 留 保 付 き 存 続 変 更 廃 止 なし あり ステップ5 交 通 量 検 証 状 況 ( 区 間 必 要 性 ) を 計 画 幅 員 (20m) から 幅 員 を 縮 小 した 場 合 であ っても 自 動 車 交 通 において 及 び ( 東 海 岸 寒 川 中 海 岸 寒 川 等 ) は 少 なく 他 で 機 能 代 替 は 可 能 と 判 断 され る -16-

18 路 番 表 各 区 間 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 結 果 (そ3) 名 ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 名 区 間 番 計 画 幅 員 (m) 事 業 実 施 時 期 見 込 み 事 業 実 施 見 込 みに 係 る 課 題 内 容 駅 前 十 間 坂 1 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 南 湖 深 田 1 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 2 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 及 びJR 国 道 1 通 過 処 理 につい て 構 造 上 再 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 )が 必 要 であり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 3 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 及 び 国 道 1 千 ノ 川 ( 一 級 河 川 ) 通 過 処 理 について 構 造 上 再 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 )が 必 要 であり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 4 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 及 び 新 湘 南 国 道 と 交 差 処 理 につい て 構 造 上 再 検 討 が 必 要 であり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 寒 川 下 寺 尾 1 12 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 に ついて 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 事 業 実 施 見 込 みにおける : 実 施 見 込 みが 低 い 9-A~9-E における: 各 指 標 該 当 項 目 ( 課 題 あり) 9-A 9-B 9-C 9-D 9-E 歴 史 沿 道 地 形 隣 接 そ まち 都 市 他 文 化 づく 地 物 計 画 事 業 り 制 約 区 域 実 施 自 然 遺 産 変 と 上 化 不 整 合 コミュニテ 障 害 ィ 制 約 喪 失 事 業 実 施 における 課 題 解 決 上 問 題 課 題 有 無 事 業 実 施 妥 当 性 最 終 判 断 見 直 し 方 向 性 素 案 存 続 留 保 付 き 存 続 変 更 廃 止 なし あり ステップ5 交 通 量 検 証 状 況 ( 区 間 必 要 性 ) -17-

19 路 番 表 各 区 間 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 結 果 (そ4) 名 ステップ4 事 業 実 施 妥 当 性 検 証 名 区 間 番 計 画 幅 員 (m) 事 業 実 施 時 期 見 込 み 事 業 実 施 見 込 みに 係 る 課 題 内 容 9-A 9-B 9-C 9-D 9-E 歴 史 沿 道 地 形 隣 接 そ まち 都 市 他 文 化 づく 地 物 計 画 事 業 り 制 約 区 域 実 施 自 然 遺 産 変 と 上 化 不 整 合 コミュニテ 障 害 ィ 制 約 喪 失 事 業 実 施 における 課 題 解 決 上 問 題 課 題 有 無 事 業 実 施 妥 当 性 最 終 判 断 小 和 田 中 赤 1 11 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 及 び 防 災 機 能 に 対 応 し た 適 切 な 幅 員 について 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 2 11~21 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 及 び 防 災 機 能 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 につ いて 検 討 及 びJR 国 道 1 通 過 処 理 について 構 造 上 再 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 )が 必 要 で あり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 3 11 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 及 び 防 災 機 能 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 につ いて 検 討 及 び 国 道 1 通 過 処 理 について 構 造 上 再 検 討 ( 上 空 または 地 下 通 過 方 法 )が 必 要 であり 検 討 うえで 事 業 実 施 が 必 要 4 11 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 及 び 防 災 機 能 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 につ いて 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 駅 前 中 海 岸 1 11 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 区 間 における 自 動 車 交 通 歩 行 者 自 転 車 交 通 及 び 防 災 機 能 に 対 応 した 適 切 な 幅 員 につ いて 検 討 を 行 ったうえで 事 業 実 施 が 必 要 茅 ヶ 崎 辻 堂 1 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い 2 20 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み 3 20 が 低 い また 茅 ヶ 崎 駅 南 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 計 画 決 定 されているが 事 業 施 行 が 図 られていな い 現 状 にあり 事 業 と 一 体 的 な となっていること からも 事 業 進 捗 によっては 見 直 しが 必 要 となること をかんがみ こ 点 調 整 を 図 った 上 で 事 業 実 施 が 必 要 5 15 現 段 階 では 整 備 時 期 が 未 定 であり 事 業 実 施 見 込 み が 低 い また 整 備 に 当 たって 隣 接 都 市 計 画 区 域 ( 藤 沢 市 )と 間 でネットワークやスケジュール 不 整 合 が 生 じていることから 調 整 を 図 った 上 で 事 業 実 施 が 必 要 事 業 実 施 見 込 みにおける : 実 施 見 込 みが 低 い 9-A~9-E における: 各 指 標 該 当 項 目 ( 課 題 あり) 見 直 し 方 向 性 素 案 存 続 留 保 付 き 存 続 変 更 廃 止 なし あり ステップ5 交 通 量 検 証 状 況 ( 区 間 必 要 性 ) -18-

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

1 調査名称:太田市総合交通体系調査

1 調査名称:太田市総合交通体系調査 ( 様 式 -1 表 紙 ) 1 調 査 名 称 : 太 田 市 総 合 都 市 交 通 体 系 調 査 2 調 査 主 体 : 太 田 市 3 調 査 圏 域 : 群 馬 県 太 田 市 ( 両 毛 都 市 圏 ) 4 調 査 期 間 : 平 成 23 年 度 ~ 平 成 24 年 度 5 調 査 費 :7,980 千 円 ( 当 年 度 までの 合 計 :7,980 千 円 ) ( 総 合 都

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

Microsoft Word - A都市マス本編.doc

Microsoft Word - A都市マス本編.doc 5-3 交 通 体 系 の 方 針 1) 現 状 と 課 題 (1) 道 路 交 通 1 幹 線 道 路 幹 線 道 路 網 は 周 辺 市 町 との 広 域 連 携 を 担 う 一 般 国 道 11 号 32 号 438 号 さぬき 浜 街 道 を 中 心 に 市 内 各 地 の 連 絡 を 担 う 主 要 地 方 道 一 般 県 道 及 び 主 要 な 市 道 により 概 ね 格 子 状 に 道

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

Microsoft Word - H27概要版

Microsoft Word - H27概要版 本 市 は 大 正 14 年 4 月 の 都 市 計 画 法 の 適 用 を 受 け 大 正 15 年 4 月 30 日 に 都 市 計 画 区 域 の 決 定 をしました 昭 和 6 年 には 都 市 計 画 道 路 翌 昭 和 7 年 には 用 途 地 域 昭 和 10 年 には 風 致 地 区 が それぞれ 計 画 決 定 され 本 市 における 都 市 計 画 の 礎 が 定 められました

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

Microsoft Word - 概要版.doc

Microsoft Word - 概要版.doc 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープラン 概 要 版 平 成 20 年 3 月 杉 戸 町 1 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープランについて 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 及 び 地 域 の 将 来 像 を 明 ら かにし その 実 現 化 を 計 画 的 に 進 めていくための 基 本 方 針 です 本 町 では 平 成 7 年 度 に 都 市 計 画 マスタープラン を

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

平 成 28 年 価 公 示 概 要 ( 札 幌 市 価 動 向 ) 平 成 28 年 (2016 年 )3 月 担 当 : 札 幌 市 市 民 まちづくり 局 都 市 計 画 部 都 市 計 画 課 調 査 係 TEL:011 211 2506 価 公 示 制 度 の 概 要 1. 目 的 価 公 示 は 都 市 及 びその 周 辺 の 域 等 において 国 土 交 通 省 が 設 置 する 土

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来 とうおん まちづくりプラ プラン 東 温 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 都 市 づくりの 全 体 構 想 編 愛 媛 県 東 温 市 目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人

More information

主要生活道路について

主要生活道路について 議 題 2 資 料 1. 本 日 の 検 討 テーマ 主 要 生 活 道 路 について 基 本 構 想 ( 平 成 23 年 3 月 の 中 間 報 告 資 料 )では 主 要 生 活 道 路 A~C 主 要 生 活 道 路 D~G の2 種 類 の 主 要 生 活 道 路 整 備 を 提 言 しています 各 路 線 の 具 体 的 な 整 備 手 法 については 地 区 計 画 制 度 の 適 用

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4 資 料 1 土 地 区 画 整 理 事 業 画 書 ( 案 ) ( 仮 称 ) 箕 面 市 船 場 東 地 区 土 地 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1

More information

untitled

untitled 別 紙 2 事 業 実 施 基 準 適 合 検 証 調 書 地 区 名 さいたま 市 北 袋 町 一 丁 目 地 区 地 区 の 概 要 所 在 埼 玉 県 さいたま 市 大 宮 区 北 袋 町 一 丁 目 事 業 手 法 防 災 公 園 街 区 整 備 事 業 土 地 区 画 整 理 事 業 地 区 面 積 約 13ha 採 択 年 度 平 成 26 年 度 位 置 JR 京 浜 東 北 線 高

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt 真 間 総 合 治 水 対 策 特 定 河 事 業 ( 千 葉 県 ) 大 柏 都 市 基 盤 整 備 事 業 ( 市 市 ) 事 業 再 評 価 社 会 情 勢 と 公 共 事 業 のこれまで 我 が 国 の 経 済 状 況 S30~48 高 度 成 長 期 S48~H1 安 定 成 長 期 円 高 不 況 S58~60 バブル 景 気 S61~H3 真 間 の 治 水 事 業 31 年 経 過

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx 石 神 井 公 園 駅 南 地 まちづくり 計 画 1 まちづくり 計 画 目 標 ------------------------------------------------ 2 2 まちづくり 計 画 ------------------------------------------------ 3 3 土 地 利 用 考 え 方 ----------------------------------------------------

More information

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 ふ な ば し し 平 成 28 年 3 月 ( 第 1 回 変 更 ) 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 千 葉 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 平 成 27 年 度 ~ 31 年 度 は 東 京

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 宇 都 宮 市 地 区 名 下 平 地 区 面 積 93.9 ha 計 画 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 19 年 度 交 付 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 1

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 宇 都 宮 市 地 区 名 下 平 地 区 面 積 93.9 ha 計 画 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 19 年 度 交 付 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 1 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 し も ひ ら ち く 下 平 地 区 か い 1 回 へ ん こ う 変 更 ) と ち ぎ けん 栃 木 県 うつのみや し 宇 都 宮 市 平 成 2 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 宇 都 宮 市 地 区 名 下 平 地 区 面 積 93.9 ha

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

Microsoft Word - 資料3(用途)

Microsoft Word - 資料3(用途) 姶 良 用 途 地 域 見 直 し 方 針 について 資 料 4 1 用 途 地 域 現 状 都 計 画 区 域 内 に 地 域 地 区 として 用 途 地 域 を 定 めることができます 用 途 地 域 は 地 域 地 区 制 うち 最 も 基 本 的 なもで 建 築 物 用 途 形 態 高 さなどに 制 限 を 加 えることにより 都 機 能 維 持 増 進 居 住 環 境 保 護 商 工 業

More information

(3) 調 査 の 進 め 方 2 月 28 日 2 月 28 日 ~6 月 30 日 平 成 25 年 9 月 サウンディング 型 市 場 調 査 について 公 表 松 戸 市 から 基 本 的 な 土 地 情 報 サウンディングの 実 施 活 用 意 向 アイデアのある 民 間 事 業 者 と

(3) 調 査 の 進 め 方 2 月 28 日 2 月 28 日 ~6 月 30 日 平 成 25 年 9 月 サウンディング 型 市 場 調 査 について 公 表 松 戸 市 から 基 本 的 な 土 地 情 報 サウンディングの 実 施 活 用 意 向 アイデアのある 民 間 事 業 者 と 公 民 連 携 によるサウンディング 型 市 場 調 査 の 実 施 要 領 1 調 査 の 名 称 公 民 連 携 によるサウンディング 型 市 場 調 査 ( ) 2 調 査 の 対 象 松 戸 市 東 松 戸 二 丁 目 5 番 地 1 および 14 番 地 4 他 6 筆 ( 以 下 ( 旧 ) 紙 敷 土 地 区 画 整 理 66 65 街 区 と 言 う)の 土 地 約 13,876 m2

More information

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73>

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73> 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 ( 特 定 計 画 ) 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) せ ん だ い ち い き 仙 台 地 域 せんだい 平 成 24 年 1 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 仙 台 地 域 都 道 府 県 名 宮 城 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 24 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上 上 士 幌 町 住 生 活 基 本 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 2 月 上 士 幌 町 1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

(2) 国 道 196 号 自 転 車 走 行 空 間 社 会 実 験 ( 平 成 21 年 度 ) 概 要 松 山 市 内 の 国 道 196 号 において 自 転 車 レーンを 設 置 する 社 会 実 験 を 実 施 し 歩 行 者 と 自 転 車 の 分 離 による 走 行 空 間 の 安

(2) 国 道 196 号 自 転 車 走 行 空 間 社 会 実 験 ( 平 成 21 年 度 ) 概 要 松 山 市 内 の 国 道 196 号 において 自 転 車 レーンを 設 置 する 社 会 実 験 を 実 施 し 歩 行 者 と 自 転 車 の 分 離 による 走 行 空 間 の 安 2.2 自 転 車 ネットワーク 構 築 に 向 けたこれまでの 取 組 み (1) 概 要 自 転 車 ネットワーク 構 築 に 向 け これまで 様 々な 手 法 による 社 会 実 験 を 行 い 自 転 車 走 行 空 間 について 検 討 を 重 ねている 2 社 会 実 験 の 実 施 箇 所 4 1 1 ロープウェイ 街 (H15 トラン ジ ッ ト モ ー ル 社 会 実 験 ) L=500m

More information

<81798C6898568F6A8BE0817A8D8297EE2048508CF6955C9770>

<81798C6898568F6A8BE0817A8D8297EE2048508CF6955C9770> 平 成 24 年 度 薩 摩 川 内 市 事 務 事 業 評 価 表 1 事 務 事 業 の 位 置 付 け(Plan) 事 務 事 業 名 薩 摩 川 内 市 敬 老 金 支 給 事 業 担 当 者 齊 藤 夏 美 所 管 部 課 名 事 業 の 種 類 市 民 福 祉 部 高 齢 介 護 福 祉 課 事 業 の 根 拠 ( 根 拠 法 令 ) ソフト 事 業 建 設 整 備 事 業 施 設 管

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

コスト縮減を考慮した整備計画案について

コスト縮減を考慮した整備計画案について 第 1 回 委 員 会 H20.9.3. 資 料 -3 事 業 費 縮 減 を 考 慮 した 整 備 計 画 案 について (1) 目 的 昨 年 度 の 関 係 者 連 絡 会 議 で 事 業 費 縮 減 に 向 けて 提 案 された 乗 り 換 え 案 等 について 現 計 画 の 高 架 案 半 数 乗 り 入 れ 案 をベースに 概 略 の 比 較 検 討 を 行 う (2) 必 要 輸 送

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

<93B9984890AE94F5>

<93B9984890AE94F5> 7. 道 路 整 備 7.1. 広 域 的 な 道 路 網 状 況 三 好 町 は 愛 知 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 し 東 名 高 速 道 路 ( 東 名 三 好 IC) 等 を 介 し 名 古 屋 市 中 心 部 や 空 港 港 湾 他 県 等 広 域 的 に 繋 がれている 近 隣 の 名 古 屋 市 や 豊 田 市 へは 東 西 に 走 る 国 道 153 号 により 結 ばれ 東

More information

佐渡市都市計画区域の見直し

佐渡市都市計画区域の見直し 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 について 佐 渡 市 建 設 課 都 市 計 画 とは 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 についての ルールをはじめ まちづくりに 必 要 なことがら について 総 合 的 一 体 的 に 定 め まちづく り 全 体 を 秩 序 だてて 進 めていくことを 目 的 と した 都 市 計 画 法 という 法 律 で 定 められた 計 画 です 住

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

< 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家 用 乗 用 車 については 税 率 を 1.5 倍 に 引 き 上 げ それ 以 外 ( 貨 物 用 営

< 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家 用 乗 用 車 については 税 率 を 1.5 倍 に 引 き 上 げ それ 以 外 ( 貨 物 用 営 軽 自 動 車 税 における 税 制 改 正 ( 平 成 26 年 度 27 年 度 改 正 関 係 ) に 係 るQ&A 集 平 成 28 年 2 月 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 < 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

4 調 査 の 対 話 内 容 (1) 調 査 対 象 財 産 の 土 地 建 物 等 を 活 用 して 展 開 できる 事 業 のアイディアをお 聞 かせく ださい 事 業 アイディアには, 次 の 可 能 性 も 含 めて 提 案 をお 願 いします ア 地 域 の 活 性 化 と 様 々な 世

4 調 査 の 対 話 内 容 (1) 調 査 対 象 財 産 の 土 地 建 物 等 を 活 用 して 展 開 できる 事 業 のアイディアをお 聞 かせく ださい 事 業 アイディアには, 次 の 可 能 性 も 含 めて 提 案 をお 願 いします ア 地 域 の 活 性 化 と 様 々な 世 呉 市 有 財 産 事 業 者 提 案 型 (サウンディング 型 ) 市 場 調 査 実 施 要 項 1 調 査 の 名 称 呉 市 有 財 産 事 業 者 提 案 型 (サウンディング 型 ) 市 場 調 査 ( 以 下 市 場 調 査 という ) 2 調 査 の 目 的 等 (1) 背 景 目 的 呉 市 では, 行 政 目 的 のない 財 産 ( 土 地 建 物 )については 売 却 を 原

More information

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の 津 山 市 公 民 館 整 備 方 針 平 成 25 年 4 月 津 山 市 津 山 市 教 育 委 員 会 目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 資 料 4-1 第 2 回 長 野 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 平 成 26 年 7 月 15 日 保 育 課 作 成 1 新 制 度 における 利 用 者 負 担 ( 保 育 料 )の 設 定 について( 案 ) ~ 保 育 所 等 (2 号 3 号 ) 保 育 料 ~ 平 成 26 年 7 月 こども 未 来 部 保 育 課 1. 本 市 の 保 育 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825181408CF092CA8F88979D82CC96CA82A982E782CC984890FC82CC90AE979D81698BC792B7837183418CE3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825181408CF092CA8F88979D82CC96CA82A982E782CC984890FC82CC90AE979D81698BC792B7837183418CE3816A2E646F63> 資 料 2 交 通 処 理 の 面 からの 路 線 の 整 理 目 次 1. 検 討 ルートの 概 要 1 2. 各 道 路 の 現 状 2 3. 交 差 点 の 現 状 3 4. 関 連 する 事 業 4 5. 観 光 路 線 導 入 の 影 響 検 討 箇 所 5 6. 観 光 路 線 導 入 検 討 の 流 れ 6 7. 路 線 導 入 による 影 響 7 8. 箇 所 における 評 価 8

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73>

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73> 地 域 住 宅 計 画 ひ だ し 平 成 22 年 3 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 岐 阜 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 22 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 本 市 は 岐 阜 県 の 北 部 に 位 置 し 人 口 約 3 万 人 世 帯 数 約 9200

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

1 仙 台 駅 周 辺 の 大 改 造 ( 仙 台 駅 前 広 場 再 整 備 自 由 通 路 再 整 備 帰 宅 困 難 者 対 策 ) 仙 台 市 都 市 整 備 局 総 合 交 通 政 策 部 交 通 政 策 課 推 進 係 長 佐 藤 桂 1. 仙 台 駅 周 辺 の 現 状 と 問 題 昭 和 56 年 に 現 在 のJR 仙 台 駅 西 口 駅 前 広 場 が 整 備 されてから 約 30

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033899E95E5977697CC816994A8926E82A982F182AA82A2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033899E95E5977697CC816994A8926E82A982F182AA82A2816A2E646F63> 平 成 20 年 度 馬 淵 川 沿 岸 ( 二 期 ) 農 業 水 利 事 業 畑 地 かんがい 検 討 業 務 応 募 要 領 1. 業 務 名 平 成 20 年 度 馬 淵 川 沿 岸 ( 二 期 ) 農 業 水 利 事 業 畑 地 かんがい 検 討 業 務 2. 業 務 の 目 的 馬 淵 川 沿 岸 農 業 水 利 事 業 は 岩 手 県 北 部 を 貫 流 する 一 級 河 川 馬 淵

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

<5461726F31332D91CF906B89BB8C7689E68F912E6A7464>

<5461726F31332D91CF906B89BB8C7689E68F912E6A7464> 阿 武 町 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 平 成 19 年 6 月 阿 武 町 教 育 委 員 会 1 阿 武 町 基 本 構 想 基 本 計 画 における 学 校 施 設 整 備 計 画 について 阿 武 町 では 昭 和 58 年 に 阿 武 町 基 本 構 想 を 策 定 更 に 平 成 元 年 には これ に 基 づく 阿 武 町 基 本 計 画 さんサントピア 阿 武 7 箇 年 計

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

いう )は 警 告 をしたときは 速 やかに その 内 容 及 び 日 時 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 出 をした 者 に 通 知 しなければならないこととされ また 警 告 をし なかったときは 速 やかに その 旨 及 び 理 由 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申

いう )は 警 告 をしたときは 速 やかに その 内 容 及 び 日 時 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 出 をした 者 に 通 知 しなければならないこととされ また 警 告 をし なかったときは 速 やかに その 旨 及 び 理 由 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 について ( 平 成 25 年 7 月 16 日 付 け 通 達 香 生 企 第 311 号 ) ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 73 号 以 下 改 正 法 という( 別 添 官 報 参

More information

する 婦 人 相 談 所 その 他 適 切 な 施 設 による 支 援 の 明 記 禁 止 命 令 等 をすることが できる 公 安 委 員 会 等 の 拡 大 等 の 措 置 が 講 じられたものである 第 2 改 正 法 の 概 要 1 電 子 メールを 送 信 する 行 為 の 規 制 ( 法

する 婦 人 相 談 所 その 他 適 切 な 施 設 による 支 援 の 明 記 禁 止 命 令 等 をすることが できる 公 安 委 員 会 等 の 拡 大 等 の 措 置 が 講 じられたものである 第 2 改 正 法 の 概 要 1 電 子 メールを 送 信 する 行 為 の 規 制 ( 法 1 0 年 保 存 平 成 35 年 12 月 31 日 満 了 FNo.-20120102 崎 安 (ス) 第 6 6 号 平 成 25 年 7 月 12 日 各 所 属 長 殿 長 崎 県 警 察 本 部 長 ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 につ いて( 通 達 ) ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information