0302TH0130.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "0302TH0130.indd"

Transcription

1

2 ε g

3 ρ t ε g ε g

4 ε g

5

6 ε g

7

8 εg

9 ε g ε g

10 ε g ε g

11

untitled

untitled t miyazawa 0 20 40 60 80 100 0 20 40 60 80 100 jimin Residuals -1000 0 1000 2000 47 40 Residuals vs Fitted 27 2000 4000 6000 8000 10000 Fitted values lm(kokko ~ pop + area + yoto) 2 ˆ n ( n k) e i

More information

プログラム

プログラム !!!!!!!! !!!!!!! "! !!!!!!!!!! !!!!!! !! !! !!!! !! " " " !!!! !!! "!! !! " !! " !!!! !! "!!! !!!!!! " " !!!!!!!!!!!! !!!!!! ρ!!"! " " " " " " " " "!!! " " " " " " "!! "" !! !!!! "!! " "!! ρ !!!! " "!!

More information

3 1 4 1.1... 5... 6... 7 1.2... 9... 9... 10... 11 1.3... 14 1.4... 15 2 17 2.1... 18 PC... 18 SFC... 19 2.2... 20 3 22 3.1... 23 3.2... 24... 25 1

3 1 4 1.1... 5... 6... 7 1.2... 9... 9... 10... 11 1.3... 14 1.4... 15 2 17 2.1... 18 PC... 18 SFC... 19 2.2... 20 3 22 3.1... 23 3.2... 24... 25 1 Romancing SaGa 3 17 1 17 3 1 4 1.1... 5... 6... 7 1.2... 9... 9... 10... 11 1.3... 14 1.4... 15 2 17 2.1... 18 PC... 18 SFC... 19 2.2... 20 3 22 3.1... 23 3.2... 24... 25 1 0 2... 25... 26... 27... 28

More information

高齢化の経済分析.pdf

高齢化の経済分析.pdf ( 2 65 1995 14.8 2050 33.4 1 2 3 1 7 3 2 1980 3 79 4 ( (1992 1 ( 6069 8 7079 5 80 3 80 1 (1 (Sample selection bias 1 (1 1* 80 1 1 ( (1 0.628897 150.5 0.565148 17.9 0.280527 70.9 0.600129 31.5 0.339812

More information

untitled

untitled Y = Y () x i c C = i + c = ( x ) x π (x) π ( x ) = Y ( ){1 + ( x )}( 1 x ) Y ( )(1 + C ) ( 1 x) x π ( x) = 0 = ( x ) R R R R Y = (Y ) CS () CS ( ) = Y ( ) 0 ( Y ) dy Y ( ) A() * S( π ), S( CS) S( π ) =

More information

ATTENTION TO GOLF CLUB LAUNCHER DST DRIVER 04 05 LAUNCHER DST TOUR DRIVER LAUNCHER DST DRIVER LAUNCHER DST TOUR DRIVER LAUNCHER DST DRIVER LAUNCHER DST TOUR DRIVER 06 07 LAUNCHER DST FAIRWAY WOOD LAUNCHER

More information

12 2 E ds = 1 ρdv ε 1 µ D D S S D B d S = 36 E d B l = S d S B d l = S ε E + J d S 4 4 div E = 1 ε ρ div B = rot E = B 1 rot µ E B = ε + J 37 3.2 3.2.

12 2 E ds = 1 ρdv ε 1 µ D D S S D B d S = 36 E d B l = S d S B d l = S ε E + J d S 4 4 div E = 1 ε ρ div B = rot E = B 1 rot µ E B = ε + J 37 3.2 3.2. 213 12 1 21 5 524 3-5465-74 nkiyono@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp http://lecture.ecc.u-tokyo.ac.jp/~nkiyono/index.html 3 2 1 3.1 ρp, t EP, t BP, t JP, t 35 P t xyz xyz t 4 ε µ D D S S 35 D H D = ε E B = µ H E

More information

EndoPaper.pdf

EndoPaper.pdf Research on Nonlinear Oscillation in the Field of Electrical, Electronics, and Communication Engineering Tetsuro ENDO.,.,, (NLP), 1. 3. (1973 ),. (, ),..., 191, 1970,. 191 1967,,, 196 1967,,. 1967 1. 1988

More information

: B 1528 * : * * * * * * * * * * * * * * * * ( 12 )

: B 1528 * : * * * * * * * * * * * * * * * * ( 12 ) 76..,,,,,,.,,.... *,.,,.,.,.. A 1528 * * * * * * * * * * * * * * * * 2529 * * * : * * * * ( 11 ) : B 1528 * : * * * * * * * * * * * * * * * * ( 12 ) * * * * μ * * * 2529 * : * * * * * * * * * * * * * *

More information

467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 B =(1+R ) B +G τ C C G τ R B C = a R +a W W ρ W =(1+R ) B +(1+R +δ ) (1 ρ) L B L δ B = λ B + μ (W C λ B )

More information

SAWS 2001 Summer 3

SAWS 2001 Summer 3 Feature Articles Yoshio Yamaguchi 2 SAWS 2001 Summer SAWS 2001 Summer 3 ε = ε j ε ε ε 4 SAWS 2001 Summer ρ s ρ s m v SAWS 2001 Summer 5 Feature Articles Yoshio Yamaguchi 2 SAWS 2001 Autumn f t f f f f

More information

\~スデ 寸 疋 フヂ の 間 で 早 慶 戦 が 始 まった 1904 年 6 月 には 一 高 が 早 稲 田 大 学 慶 応 大 学 に 連 敗 し r~ 合 につき 2~3 万 円 のギャラをもらって 一 種 のショー ε して 地 元 の 市 議 会 議 員 や 医 師 ~J [i]]" - 金 曜 ".oieo~jj. .

More information

untitled

untitled ~ として 各 年 鈴 措 級 ~IJ に 時 代 につ r~ 荷 走 J か まあ 満 号 ~ ~------. 一 一 句 旬 ~ ~ ~ sr\~// ~ これは 推 誠 にとどまるが 女 '11:に 比 べ 努 'I~ 主 の 方 が 社 会 生 徴 を 明 らか~こする そこで がら 実 際 には 世 {~ 効 果 が 大 き ~2, ZI])', ε ニ (E l1

More information

58 5 5.2 1933 (Proctor) (JIS A 1210) ( 2.5 kg 4.5 kg ) (2.5 kg 30 cm 4.5 kg 45 cm) 5.3 5 5.1 ρ d w ρ d max w opt 5.1

58 5 5.2 1933 (Proctor) (JIS A 1210) ( 2.5 kg 4.5 kg ) (2.5 kg 30 cm 4.5 kg 45 cm) 5.3 5 5.1 ρ d w ρ d max w opt 5.1 57 5 5.1 2 2.1 ( ) ( ) 58 5 5.2 1933 (Proctor) (JIS A 1210) ( 2.5 kg 4.5 kg ) (2.5 kg 30 cm 4.5 kg 45 cm) 5.3 5 5.1 ρ d w ρ d max w opt 5.1 5.3 59 5.1 v a = 0 % S r = 100 % 5.3 5.1 5 5.1 5.4 2 2 5.2 3

More information

Microsoft Word - ■3中表紙(2006版).doc

Microsoft Word - ■3中表紙(2006版).doc 18 Annual Report on Research Activity by Faculty of Medicine, University of the Ryukyus 2006 FACULTY OF MEDICINE UNIVERSITY OF THE RYUKYUS α αγ α β α βγ β α β α β β β γ κα κ κ βγ ε α γδ β

More information

高 知 l 山 l 日 I~ でで も 七 t 長 常 戸 l 市 lï や 免 刻 :í 附 ) 刊 市 h 打 市 i 今 (=びわ)て すべての 病 気 が ~fìると 説 いています [F. I では 東 洋 矢 乍, 15の 1 '1' 楽 大 計 Øl~ 日 iiiを ìl 1 ý め ]を 有 l ませる l]ilj 熱 による 疲 広 目 熱 による1I 11, ~III : を 治

More information

2 36 41 41 42 44 44 1 2 16 17 18 19 20 25 26 27 28 29 4 4.12 32 4.2 4.2.1 36 4.2.2 41 4.2.3 41 4.2.4 42 4.3 4.3.1 44 4.3.2 44 31 1 32 33 < 2 x 1 x x 2 < x 1 x1x 2 x1x 2 34 36 4.2 (1) (4) (1)

More information

330

330 330 331 332 333 334 t t P 335 t R t t i R +(P P ) P =i t P = R + P 1+i t 336 uc R=uc P 337 338 339 340 341 342 343 π π β τ τ (1+π ) (1 βτ )(1 τ ) (1+π ) (1 βτ ) (1 τ ) (1+π ) (1 τ ) (1 τ ) 344 (1 βτ )(1

More information

4

4 4 5 6 7 + 8 = ++ 9 + + + + ++ 10 + + 11 12 WS LC VA L WS = LC VA = LC L L VA = LC L VA L 13 i LC VA WS WS = LC = VA LC VA VA = VA α WS α = VA VA i WS = LC VA i t t+1 14 WS = α WS + WS α WS = WS WS WS =

More information

~/ J~nke の 実 測 値 ~ 一 一 ~ ミメミ~ 高 年 一 岡 I] 浅 見 茂 雄 三 浦 半 島 活 断 層 調 査 会 ( 1999): '~ ( ~ ~ (31 ) ~31 フ1

More information

662/04-直立.indd

662/04-直立.indd l l q= / D s HTqq /L T L T l l ε s ε = D + s 3 K = αγk R 4 3 K αγk + ( α + β ) K 4 = 0 γ L L + K R K αβγ () ㅧ ర ㅧ ర (4) (5) ()ᑼ (6) (8) (9) (0) () () (3) (3) (7) Ƚˎȁ Ȇ ၑა FYDFM වႁ ޙ 䊶䊶 䊶 䊶䊶 䊶 Ƚˏȁζ υ ίυέρθ

More information

46 Y 5.1.1 Y Y Y 3.1 R Y Figures 5-1 5-3 3.2mm Nylon Glass Y (X > X ) X Y X Figure 5-1 X min Y Y d Figure 5-3 X =X min Y X =10 Y Y Y 5.1.2 Y Figure 5-

46 Y 5.1.1 Y Y Y 3.1 R Y Figures 5-1 5-3 3.2mm Nylon Glass Y (X > X ) X Y X Figure 5-1 X min Y Y d Figure 5-3 X =X min Y X =10 Y Y Y 5.1.2 Y Figure 5- 45 5 5.1 Y 3.2 Eq. (3) 1 R [s -1 ] ideal [s -1 ] Y [-] Y [-] ideal * [-] S [-] 3 R * ( ω S ) = ω Y = ω 3-1a ideal ideal X X R X R (X > X ) ideal * X S Eq. (3-1a) ( X X ) = Y ( X ) R > > θ ω ideal X θ =

More information

untitled

untitled Global Quantitative Research / -2- -3- -4- -5- 35 35 SPC SPC REIT REIT -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- 100m$110-18- Global Quantitative Research -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25-

More information

E B m e ( ) γma = F = e E + v B a m = 0.5MeV γ = E e m =957 E e GeV v β = v SPring-8 γ β γ E e [GeV] [ ] NewSUBARU.0 957 0.999999869 SPring-8 8.0 5656

E B m e ( ) γma = F = e E + v B a m = 0.5MeV γ = E e m =957 E e GeV v β = v SPring-8 γ β γ E e [GeV] [ ] NewSUBARU.0 957 0.999999869 SPring-8 8.0 5656 SPring-8 PF( ) ( ) UVSOR( HiSOR( SPring-8.. 3. 4. 5. 6. 7. E B m e ( ) γma = F = e E + v B a m = 0.5MeV γ = E e m =957 E e GeV v β = v SPring-8 γ β γ E e [GeV] [ ] NewSUBARU.0 957 0.999999869 SPring-8

More information

第 1 章 書 類 の 作 成 倍 角 文 字 SGML 系 書 類 のみ 使 用 できます 文 字 修 飾 改 行 XML 系 書 類 では 文 字 修 飾 ( 半 角 / 下 線 / 上 付 / 下 付 )と 改 行 が 使 用 できます SGML 系 書 類 では 文 字 修 飾 ( 半 角

第 1 章 書 類 の 作 成 倍 角 文 字 SGML 系 書 類 のみ 使 用 できます 文 字 修 飾 改 行 XML 系 書 類 では 文 字 修 飾 ( 半 角 / 下 線 / 上 付 / 下 付 )と 改 行 が 使 用 できます SGML 系 書 類 では 文 字 修 飾 ( 半 角 1.2 HTML 文 書 の 作 成 基 準 1.2.2 手 続 書 類 で 使 用 できる 文 字 全 角 文 字 手 続 書 類 で 使 用 できる 文 字 種 類 文 字 修 飾 について 説 明 します 参 考 JIS コードについては 付 録 J JIS-X0208-1997 コード 表 をご 覧 ください XML 系 SGML 系 共 通 JIS-X0208-1997 情 報 交 換 用

More information

滑脳症って何?

滑脳症って何? (I-VI) 140 6 20 MRI 2007 ε ( A>P) P>A ε LIS1 DCX LIS1 LIS1 FISH FISH DCX DCX LIS1 DCX Double cortex DCX LIS1 A(FLNA) ARFGEF2 cobblestone complex (BFPP) GPR56 60% Bilateral perisylvian polymicrogyria X

More information

~ q(r(w, v(nj, Mj)~W) で あ l-~ (σj +η j~j によって 定 義 されるパラメータである ここで σj は 床 面 積 ができる ここで 床 面 積 を 含 (~ d 写 ~/も )x _I/~ ~ ~ [llie~í I 四 回 10 9~QP_g?fNj 9~Qg)~)_~Mj とき 地 区 j における 家 賃 収 入 の 変 化 は L1R~(WNjLか

More information

168 13 Maxwell ( H ds = C S rot H = j + D j + D ) ds (13.5) (13.6) Maxwell Ampère-Maxwell (3) Gauss S B 0 B ds = 0 (13.7) S div B = 0 (13.8) (4) Farad

168 13 Maxwell ( H ds = C S rot H = j + D j + D ) ds (13.5) (13.6) Maxwell Ampère-Maxwell (3) Gauss S B 0 B ds = 0 (13.7) S div B = 0 (13.8) (4) Farad 13 Maxwell Maxwell Ampère Maxwell 13.1 Maxwell Maxwell E D H B ε 0 µ 0 (1) Gauss D = ε 0 E (13.1) B = µ 0 H. (13.2) S D = εe S S D ds = ρ(r)dr (13.3) S V div D = ρ (13.4) ρ S V Coulomb (2) Ampère C H =

More information

IV.dvi

IV.dvi IV 1 IV ] shib@mth.hiroshim-u.c.jp [] 1. z 0 ε δ := ε z 0 z

More information

第6回ストックリーグ入賞レポート 敢闘賞・大学 (PDF)

第6回ストックリーグ入賞レポート 敢闘賞・大学 (PDF) ID 3 3 2 2 2 1 1 2 3 2 3 4 5-1 - - 2 - 1-3 - 1 (1) (2) (3) (4) (1) 2 (2) (3) - 4 - (4) (1) (2) 52 52 CAPM r r = α + β ( r r ) + ε t ft Mt ft t r t r Mt r ft ε t β β σ σ M = M σ M σ M - 5 - r t r r Mt ft

More information

50~400a.m.

50~400a.m. 50~400a.m. しゴ 企 盤 強 墜 塑 ~f[[o) 芳 生 塑 ー 一 一 一 一 一! ぷ 足 立 与 治 EQÖ,ê J,) 払 制 与 三 ρ ~ 旬 奪 三 4ツプ?Id : 防 止 h 災 重 量 三 i~;;q 主 導 P 1'.: 二 払 倒 喪 主 : 易 投 母 系 3 鱒 ~~ 宇 一 @ /~;iij, 旗 手 0-10~ 1 一 5'2 i~ :5 に 2 一 -

More information

Microsoft Word - 051-064 坂野先生.doc

Microsoft Word - 051-064  坂野先生.doc 特 集 時 系 列 モデル ARA 過 程 の 推 定 について 坂 野 匡 弘 Ⅰ はじめに Ⅱ 時 系 列 データの 定 常 化 概 説 経 営 戦 略 または 経 営 計 画 における 予 測 手 法 として 時 系 列 分 析 は 重 要 な 要 件 である 現 在 時 系 列 分 析 に 関 する 文 献 および 論 文 が 多 く 発 表 されソフトウェアも 専 用 パッケージ の 形

More information

dvipsj.4131.dvi

dvipsj.4131.dvi 7 1 7 : 7.1 3.5 (b) 7 2 7.1 7.2 7.3 7 3 7.2 7.4 7 4 x M = Pw (7.3) ρ M (EI : ) M = EI ρ = w EId2 (7.4) dx 2 ( (7.3) (7.4) ) EI d2 w + Pw =0 (7.5) dx2 P/EI = α 2 (7.5) w = A sin αx + B cos αx 7.5 7.6 :

More information

木オートマトン•トランスデューサによる 自然言語処理

木オートマトン•トランスデューサによる   自然言語処理 木オートマトン トランスデューサによる 自然言語処理 林 克彦 NTTコミュニケーション科学基礎研究所 hayashi.katsuhiko@lab.ntt.co.jp n I T 1 T 2 I T 1 Pro j(i T 1 T 2 ) (Σ,rk) Σ rk : Σ N {0} nσ (n) rk(σ) = n σ Σ n Σ (n) Σ (n)(σ,rk)σ Σ T Σ (A) A

More information

5.. z = f(x, y) y y = b f x x g(x) f(x, b) g x ( ) A = lim h g(a + h) g(a) h g(x) a A = g (a) = f x (a, b)............................................

5.. z = f(x, y) y y = b f x x g(x) f(x, b) g x ( ) A = lim h g(a + h) g(a) h g(x) a A = g (a) = f x (a, b)............................................ 5 partial differentiation (total) differentiation 5. z = f(x, y) (a, b) A = lim h f(a + h, b) f(a, b) h........................................................... ( ) f(x, y) (a, b) x A (a, b) x (a, b)

More information

ε σε σ σ φ φ σ φ られた最大の検討課題だったと確信しています 工法選定表 文頭でも触れましたが 我々が直接目視出来ない 分野を 過去のデータにより如何に分析し 的確な 調査を行うかで最善の対処方法が見えて来ると思い ます 我々の手懸ける事業は公共性且つ 利用者の安全 性を絶対的に確保しなければ成りません 今後も今回の経験を活かし プロとしての感性を 磨いて行きたいと思います

More information

5989_4840JAJP.qxd

5989_4840JAJP.qxd Agilent Application Note 1287-11 2 3 4 5 Zc Z T 1+ G 1 e - γ 1+ G 2 G i G 1 G 2 0 0 G2 G 1 G T 1+ G 2 e - γ 1+ G 1 a b [ T XI ] [ T L ] [ T XO ] [ G L ] Zc Zr ZT Zr Γ1 = Γ2 = Γ1ΓT = (1.1) Zc+ Zr ZT + Zr

More information

0.,,., m Euclid m m. 2.., M., M R 2 ψ. ψ,, R 2 M.,, (x 1 (),, x m ()) R m. 2 M, R f. M (x 1,, x m ), f (x 1,, x m ) f(x 1,, x m ). f ( ). x i : M R.,,

0.,,., m Euclid m m. 2.., M., M R 2 ψ. ψ,, R 2 M.,, (x 1 (),, x m ()) R m. 2 M, R f. M (x 1,, x m ), f (x 1,, x m ) f(x 1,, x m ). f ( ). x i : M R.,, 2012 10 13 1,,,.,,.,.,,. 2?.,,. 1,, 1. (θ, φ), θ, φ (0, π),, (0, 2π). 1 0.,,., m Euclid m m. 2.., M., M R 2 ψ. ψ,, R 2 M.,, (x 1 (),, x m ()) R m. 2 M, R f. M (x 1,, x m ), f (x 1,, x m ) f(x 1,, x m ).

More information

M&A Brav et al.(2005) TOPIX Core30 4 TOPIX Core

M&A Brav et al.(2005) TOPIX Core30 4 TOPIX Core 1 2 ROE PBR 1 2 3 3.1 3.2 3.3 4 2006 1 2 1906 49.5 90 M&A Brav et al.(2005) 3 2 3 4 2006 1 TOPIX Core30 4 TOPIX Core30 30 5 3 18 12 14 5 4 http://www.tse.or.jp/topix/core30/index.html 5 2001 2005 5 30

More information

24.15章.微分方程式

24.15章.微分方程式 m d y dt = F m d y = mg dt V y = dy dt d y dt = d dy dt dt = dv y dt dv y dt = g dv y dt = g dt dt dv y = g dt V y ( t) = gt + C V y ( ) = V y ( ) = C = V y t ( ) = gt V y ( t) = dy dt = gt dy = g t dt

More information

70% ADCA 28% SCA6 30% MJD 30% DRPLA 13% 20% SCA1 4% SCA2 3% RCA 2% 537 25 T2 C3 C6) LCL MRI OB ph3 ph9 60/40/20mg/ 1000mg/ 3 500mg/ 6 1000mg/ 3 6/ 2 1 2 3 50 25 0 75 100 % 100 33 67 75 80

More information

A Brief Introduction to Modular Forms Computation

A Brief Introduction to Modular Forms Computation A Brief Introduction to Modular Forms Computation Magma Supported by GCOE Program Math-For-Industry Education & Research Hub What s this? Definitions and Properties Demonstration H := H P 1 (Q) some conditions

More information

Microsoft Word - コピー _2_ ~ tahenryouSample.doc

Microsoft Word - コピー _2_ ~ tahenryouSample.doc 多 変 量 解 析 目 次. 回 帰 分 析. 単 回 帰 分 析. 重 回 帰 分 析 3.3 標 準 偏 回 帰 係 数 6.4 相 関 係 数 と 決 定 係 数 6.5 回 帰 式 の 信 頼 性 0.6 標 準 誤 差 (Stadard Error) 4.7 偏 回 帰 係 数 の 検 定 5.8 多 重 共 線 性 について 8.9 良 い 重 回 帰 式 を 作 成 する 9. 残 差

More information

Title2 波 長 雲 レーダーによる 巻 雲 の 観 測 Author(s) 播 磨 屋, 敏 生 ; 桑 田, 路 子 ; 千 葉, ゆきこ; 真 木, 雅 之 ; 岩 越 ; 三 隅, 良 平 ; 朴, 相 郡 ; 須 藤, 美 穂 子 Citation 北 海 道 大 学 地 球 物 理 学 研 究 報 告 = Geophysical bullet Hokkaido University,

More information

Box-Jenkinsの方法

Box-Jenkinsの方法 Box-Jeks の 方 法 自 己 回 帰 AR 任 意 の 時 系 列 を 過 程 ARと 呼 ぶ で 表 す これが AR または AR m m m 個 の 過 去 の 値 に 依 存 する 時 これを 次 数 の 自 己 回 帰 ここで は 時 間 の 経 過 に 対 して 不 変 な 分 布 を 持 つ 系 列 相 関 のない 撹 乱 誤 差 項 である 期 待 値 一 定 の 分 散 σ

More information

AM-0 TOKYO KEISO CO., LTD. TG-F-

AM-0 TOKYO KEISO CO., LTD. TG-F- AM-0 TG-F-0 TG-F- AUG. 000K APR. 0K AM-0 TOKYO KEISO CO., LTD. TG-F- AM-0 TG-F- TOKYO KEISO CO., LTD. AM-0 TOKYO KEISO CO., LTD. TG-F- AM-0 TG-F- TOKYO KEISO CO., LTD. AM-0 TOKYO KEISO CO., LTD. TG-F-

More information

リスクとは何か?

リスクとは何か? http://www.craft.titech.ac.jp/~nakagawa/dir2/lecture.html#tit2005_1 Agenda Value at Risk 2 3 TOPIX 10 95% 4 TOPIX or Value at Risk 5 TOPIX = log TOPIX N 6 7 N TOPIX x, x, 1 2, L x N 8 x = N 1 EXCEL AVERAGE

More information

アナログ・デジタルの仕様とパフォーマンス特性の用語集

アナログ・デジタルの仕様とパフォーマンス特性の用語集 www.tij.co.jp Application Report JAJA127 Σ Σ 2 3 Σ 4 5 Σ Σ 2 2 1 1 Data Out 1 2 3 4 Data 1 2 3 4 Out Data Out 1 2 3 4 6 A CS B CLK 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 DOUT D 11 D 10 D 9 D 8 D 7 D 6 D 5

More information

一般演題 ポスター

一般演題 ポスター φ! " !!!!!!!!! ! !!!μ!! " α" !!!!!!!!!! "!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! " " " "!! " "! "!! "! "!! "!! "! "! " " "! "! " "!!!!!!!!!!!!!!!! " " " " " " " " " " " !! "!!!!!!! "! " " " "!!!!! χ " !!!!!! " " " " !!!!

More information

II 2014 2 (1) log(1 + r/100) n = log 2 n log(1 + r/100) = log 2 n = log 2 log(1 + r/100) (2) y = f(x) = log(1 + x) x = 0 1 f (x) = 1/(1 + x) f (0) = 1

II 2014 2 (1) log(1 + r/100) n = log 2 n log(1 + r/100) = log 2 n = log 2 log(1 + r/100) (2) y = f(x) = log(1 + x) x = 0 1 f (x) = 1/(1 + x) f (0) = 1 II 2014 1 1 I 1.1 72 r 2 72 8 72/8 = 9 9 2 a 0 1 a 1 a 1 = a 0 (1+r/100) 2 a 2 a 2 = a 1 (1 + r/100) = a 0 (1 + r/100) 2 n a n = a 0 (1 + r/100) n a n a 0 2 n a 0 (1 + r/100) n = 2a 0 (1 + r/100) n = 2

More information

1.3 (heat transfer with phase change) (phase change) (evaporation) (boiling) (condensation) (melting) (solidification) 1.4 (thermal radiation) 4 2. 1

1.3 (heat transfer with phase change) (phase change) (evaporation) (boiling) (condensation) (melting) (solidification) 1.4 (thermal radiation) 4 2. 1 CAE ( 6 ) 1 1. (heat transfer) 4 1.1 (heat conduction) 1.2 (convective heat transfer) (convection) (natural convection) (free convection) (forced convection) 1 1.3 (heat transfer with phase change) (phase

More information

2

2 1 2 3 4 FIRING RATE (imp/sec) 400 300 200 100 100 80 60 40 CELLS 0 20 0 40m s N =163 TIME (msec) 10 20 40 80 160 STIMULUS SPEED (deg/sec) 10 20 40 80 160 STIMULUS SPEED (deg/sec) 10 20 40 80 160 STIMULUS

More information

2010 : M0107189 3DCG 3 (3DCG) 3DCG 3DCG 3DCG S

2010 : M0107189 3DCG 3 (3DCG) 3DCG 3DCG 3DCG S 2010 M0107189 2010 : M0107189 3DCG 3 (3DCG) 3DCG 3DCG 3DCG S 1 1 1.1............................ 1 1.2.............................. 4 2 5 2.1............................ 5 2.2.............................

More information

EQV EV [ ] E d+ EQV = = 1 ( 1+ r ) Clean Surplus Concep) BVE = BVE 1 + NI RI NI r BVE = 1 d EQV BVE + E [ RI+ ] ( + r ) = 1 1 + BVE lm = 0 ( 1 r ) + +

EQV EV [ ] E d+ EQV = = 1 ( 1+ r ) Clean Surplus Concep) BVE = BVE 1 + NI RI NI r BVE = 1 d EQV BVE + E [ RI+ ] ( + r ) = 1 1 + BVE lm = 0 ( 1 r ) + + 2005 hde@refe.co.jp Ohlson EQV EV [ ] E d+ EQV = = 1 ( 1+ r ) Clean Surplus Concep) BVE = BVE 1 + NI RI NI r BVE = 1 d EQV BVE + E [ RI+ ] ( + r ) = 1 1 + BVE lm = 0 ( 1 r ) + + RIV EVA FCF = EBIT (1 T

More information

サイバネットニュース No.121

サイバネットニュース No.121 2007 Spring No.121 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 12 13 14 18 01 02 03 04 05 06 07 L R L R L R I x C G C G C G x 08 09 σ () t σ () t = Sx() t Q σ=0 P y O S x= y y & T S= 1 1 x& () t = Ax() t + Bu() t +

More information

コンピュータと情報活用術

コンピュータと情報活用術 1 1 1. 20IT 2. 3. 4. 2 1.1 3 1.2 PC PC PC http//www. osakac. ac. jp/ihara/pdf 4 2 5 6 7 2.3.1 28 22 28 22 8 2.3.2 2228 9 No. 2 3 4 5 6 7 / / / / / 10 4M 11 12 13 14 2 15 3.1 16 17 18 19 3.5 3.7 20 2 3.8

More information

1 1 1 1 1 1 2 f z 2 C 1, C 2 f 2 C 1, C 2 f(c 2 ) C 2 f(c 1 ) z C 1 f f(z) xy uv ( u v ) = ( a b c d ) ( x y ) + ( p q ) (p + b, q + d) 1 (p + a, q + c) 1 (p, q) 1 1 (b, d) (a, c) 2 3 2 3 a = d, c = b

More information

DSGE Dynamic Stochastic General Equilibrium Model DSGE 5 2 DSGE DSGE ω 0 < ω < 1 1 DSGE Blanchard and Kahn VAR 3 MCMC 2 5 4 1 1 1.1 1. 2. 118

DSGE Dynamic Stochastic General Equilibrium Model DSGE 5 2 DSGE DSGE ω 0 < ω < 1 1 DSGE Blanchard and Kahn VAR 3 MCMC 2 5 4 1 1 1.1 1. 2. 118 7 DSGE 2013 3 7 1 118 1.1............................ 118 1.2................................... 123 1.3.............................. 125 1.4..................... 127 1.5...................... 128 1.6..............

More information

7 9 7..................................... 9 7................................ 3 7.3...................................... 3 A A. ω ν = ω/π E = hω. E

7 9 7..................................... 9 7................................ 3 7.3...................................... 3 A A. ω ν = ω/π E = hω. E B 8.9.4, : : MIT I,II A.P. E.F.,, 993 I,,, 999, 7 I,II, 95 A A........................... A........................... 3.3 A.............................. 4.4....................................... 5 6..............................

More information

橡Taro11-卒業論文.PDF

橡Taro11-卒業論文.PDF Recombination Generation Lifetime 13 9 1. 3. 4.1. 4.. 9 3. Recombination Lifetime 17 3.1. 17 3.. 19 3.3. 4. 1 4.1. Si 1 4.1.1. 1 4.1.. 4.. TEG 3 5. Recombination Lifetime 4 5.1 Si 4 5.. TEG 6 6. Pulse

More information

2 I- I- (1) 2 I- (2) 2 I- 1 [18] I- I-. 1 I- I- Jensen [11] I- FF 3 I- FF 3 2 2.1 CAPM n ( i = 1,..., n) M t R i,t, i = 1,..., n R M,t ( ) R i,t = r i

2 I- I- (1) 2 I- (2) 2 I- 1 [18] I- I-. 1 I- I- Jensen [11] I- FF 3 I- FF 3 2 2.1 CAPM n ( i = 1,..., n) M t R i,t, i = 1,..., n R M,t ( ) R i,t = r i 1 Idiosyncratic,, Idiosyncratic (I- ) I- 1 I- I- Jensen I- Fama-French 3 I- Fama-French 3 1 Fama-French (FF) 3 [6] (Capital Asset Pricing Model; CAPM [12, 15]) CAPM ( [2, 10, 14, 16]) [18] Idiosyncratic

More information

Microsoft Word - Wordで楽に数式を作る.docx

Microsoft Word - Wordで楽に数式を作る.docx Ver. 3.1 2015/1/11 門 馬 英 一 郎 Word 1 する必要がある Alt+=の後に Ctrl+i とセットで覚えておく 1.4. 変換が出来ない場合 ごく稀に以下で説明する変換機能が無効になる場合がある その際は Word を再起動するとまた使えるようになる 1.5. 独立数式と文中数式 数式のスタイルは独立数式 文中数式(2 次元)と文中数式(線形)の 3 種類があ り 数式モードの右端の矢印を選ぶとメニューが出てくる

More information

家計における教育支出の重負担について

家計における教育支出の重負担について NAOSITE: Nagasaki University's Ac Title 家 計 における 教 育 支 出 の 重 負 担 について Author(s) 川 崎, 仁 実 ; ガンガ, 伸 子 Citation 教 育 実 践 総 合 センター 紀 要, 14, pp.239-244; 2015 Issue Date 2015-03-20 URL http://hdl.handle.net/10069/35577

More information

Feature Articles Yoshio Yamaguchi 2 SAWS 2001 Autumn

Feature Articles Yoshio Yamaguchi 2 SAWS 2001 Autumn www.kikusui.co.jp Feature Articles Yoshio Yamaguchi 2 SAWS 2001 Autumn f t f f f f f t f f t f f f 2 ε t f f f f 1 t (a) (b) ε f SAW tooth wave generator sweep oscillator directional coupler clock mixer

More information

3

3 00D8103005L 004 3 3 1... 1....1.......4..1...4.....5 3... 7 3.1...7 3....8 3.3...9 3.3.1...9 3.3.... 11 3.4...13 3.4.1...13 3.4....17 4... 4.1 NEEDS Financial QUEST... 4....5 4.3...30 4.4...31 4.5...34

More information

cm 4

cm 4 Title Author(s) Kobe University Repository : Kernel 神 戸 層 群 における 地 すべりに 関 する 研 究. 第 3 報 : 地 すべ り 防 止 C.I.P.クイの 水 平 載 荷 試 験 について(Studies on Landslides in Kobe Group. Part 3 : On the Lateral Loading Tests

More information

最 新 測 量 学 ( 第 3 版 ) サンプルページ この 本 の 定 価 判 型 などは, 以 下 の URL からご 覧 いただけます. このサンプルページの 内 容 は, 第 3 版 1 刷 発 行 時 の

最 新 測 量 学 ( 第 3 版 ) サンプルページ この 本 の 定 価 判 型 などは, 以 下 の URL からご 覧 いただけます.  このサンプルページの 内 容 は, 第 3 版 1 刷 発 行 時 の 最 新 測 量 学 ( 第 3 版 ) サンプルページ この 本 の 定 価 判 型 などは, 以 下 の URL からご 覧 いただけます. http://www.morikita.co.jp/books/mid/047143 このサンプルページの 内 容 は, 第 3 版 1 刷 発 行 時 のものです. 3 10 GIS 3 1 2 GPS GPS GNSS GNSS 23 3 3 2015

More information

http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~hara/lectures/lectures-j.html 2 N(ε 1 ) N(ε 2 ) ε 1 ε 2 α ε ε 2 1 n N(ɛ) N ɛ ɛ- (1.1.3) n > N(ɛ) a n α < ɛ n N(ɛ) a n

http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~hara/lectures/lectures-j.html 2 N(ε 1 ) N(ε 2 ) ε 1 ε 2 α ε ε 2 1 n N(ɛ) N ɛ ɛ- (1.1.3) n > N(ɛ) a n α < ɛ n N(ɛ) a n http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~hara/lectures/lectures-j.html 1 1 1.1 ɛ-n 1 ɛ-n lim n a n = α n a n α 2 lim a n = 1 n a k n n k=1 1.1.7 ɛ-n 1.1.1 a n α a n n α lim n a n = α ɛ N(ɛ) n > N(ɛ) a n α < ɛ

More information

1 GDP Q GDP (a) (b) (c) (d) (e) (f) A (b) (e) (f) Q GDP A GDP GDP = Q 1990 GNP GDP 4095 3004 1091 GNP A Q 1995 7 A 2 2

1 GDP Q GDP (a) (b) (c) (d) (e) (f) A (b) (e) (f) Q GDP A GDP GDP = Q 1990 GNP GDP 4095 3004 1091 GNP A Q 1995 7 A 2 2 /, 2001 1 GDP................................... 2 2.......................... 2 3.................................... 4 4........................................ 5 5.....................................

More information

プレゼンテーションの 概 要 1. 流 体 騒 音 解 析 のニーズ 2. 音 響 の 基 礎 と 音 源 の 種 類 3. 解 析 の 一 般 的 な 流 れ 4. STAR-CCM+の 特 徴 5. キャビティ 定 常 解 析 6. キャビティ 非 定 常 解 析 7. 騒 音 解 析 の 注

プレゼンテーションの 概 要 1. 流 体 騒 音 解 析 のニーズ 2. 音 響 の 基 礎 と 音 源 の 種 類 3. 解 析 の 一 般 的 な 流 れ 4. STAR-CCM+の 特 徴 5. キャビティ 定 常 解 析 6. キャビティ 非 定 常 解 析 7. 騒 音 解 析 の 注 STAR-CCM+の 流 体 騒 音 解 析 の 概 要 と 事 例 紹 介 株 式 会 社 CD-adapco プレゼンテーションの 概 要 1. 流 体 騒 音 解 析 のニーズ 2. 音 響 の 基 礎 と 音 源 の 種 類 3. 解 析 の 一 般 的 な 流 れ 4. STAR-CCM+の 特 徴 5. キャビティ 定 常 解 析 6. キャビティ 非 定 常 解 析 7. 騒 音 解

More information

2007 Vol.56 No.6 総説 丸山浩樹

2007 Vol.56 No.6 総説 丸山浩樹 Reprinted from RADIOISOTOPES, Vol.56,.6 June 2007 Japan Radioisotope Association http : //www.jrias.or.jp/ α β α β ε m z α µ µ α m z m z µ µ Curr. Opin. Biotechnol J. Proteome Res Rapid Commun. Mass

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 回 の 演 習 問 題 1. シリコン Si は 原 子 番 号 14の 原 子 である シリコンの 原 子 軌 道 を 記 せ. 近 似 的 波 動 関 数 ψ を 用 いて 見 積 もった 基 底 状 態 エネルギー E r * ψ Hψdr r dr = * ψψ と 厳 密 な 基 底 状 態 エネルギー E 0 を 比 べるとき 常 に E E 0 となることを 証 明 せよ. 3.

More information

z.prn(Gray)

z.prn(Gray) 1. 90 2 1 1 2 Friedman[1983] Friedman ( ) Dockner[1992] closed-loop Theorem 2 Theorem 4 Dockner ( ) 31 40 2010 Kinoshita, Suzuki and Kaiser [2002] () 1) 2) () VAR 32 () Mueller[1986], Mueller ed. [1990]

More information

. ------------------------------------. ----------------------------------------------- ------------------------------------- -------------------. ---

. ------------------------------------. ----------------------------------------------- ------------------------------------- -------------------. --- . ------------------------------------. ----------------------------------------------- ------------------------------------- -------------------. -----------------------------------------------. -----------------------------------------------

More information

本文/報告2

本文/報告2 1024 QAM Demodulator Robust to Phase Noise of Cable STB Tuners Takuya KURAKAKE, Naoyoshi NAKAMURA and Kimiyuki OYAMADA ABSTRACT NHK R&D/No.127/2011.5 41 42 NHK R&D/No.127/2011.5 a ka k I a Q kk a k a I

More information

Pari-gp 2006/7/12 2 1. Pari-gp 2. Microsoft Windows 3. 4. Pari-gp 5. 2 6. 7. Galois 8.

Pari-gp 2006/7/12 2 1. Pari-gp 2. Microsoft Windows 3. 4. Pari-gp 5. 2 6. 7. Galois 8. Pari-gp 2006/7/12 1 Pari-GP 2006 7 12 Pari-gp 2006/7/12 2 1. Pari-gp 2. Microsoft Windows 3. 4. Pari-gp 5. 2 6. 7. Galois 8. Pari-gp 2006/7/12 2-1 +ε. Pari-gp 2006/7/12 3 Pari-gp Pari C gp GP gp K. Belabas

More information

i 0 1 0.1 I................................................ 1 0.2.................................................. 2 0.2.1...........................

i 0 1 0.1 I................................................ 1 0.2.................................................. 2 0.2.1........................... 2008 II 21 1 31 i 0 1 0.1 I................................................ 1 0.2.................................................. 2 0.2.1............................................. 2 0.2.2.............................................

More information

需 要 予 測 のための 統 計 モテ ルの 研 究 異 常 値 検 知 のための 基 本 的 モテ ルの 考 察 平 成 26 年 3 月 東 京 大 学 大 学 院 情 報 理 工 学 系 研 究 科 教 授 博 士 課 程 修 士 課 程 竹 村 彰 通 小 川 光 紀 笹 井 健 行 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ヒ ュー コミュニケーションス 副 理 事 長 小 松 秀 樹 主 任

More information

#2 3 USA FCC Milgrom Willson FCC FCC USA NFS Market Design USA CO A. Roth #4

#2 3 USA FCC Milgrom Willson FCC FCC USA NFS Market Design USA CO A. Roth #4 #1 ( ) 1 1. 2. 3. Yahoo! 4. #2 #2 3 USA FCC Milgrom Willson FCC FCC USA NFS Market Design USA CO A. Roth #4 #3 #1 #5 #2 200 1 2 1 1000 1000 2 2000 2000 #6 #4 #3 200 500 1000 1000 2000 #7 1 2 1 8 #5 2007

More information

2 probably 3 probability theory probability theory (gàil`ü) 2 1960 2.1, 1: 583 589 666 1853 2967 2 3 1973

2 probably 3 probability theory probability theory (gàil`ü) 2 1960 2.1, 1: 583 589 666 1853 2967 2 3 1973 ( ) ( C) 1 probability probability probable probable probable probable probably probably maybe perhaps possibly likely possibly

More information

         光学 2006年度 図の説明  八木隆志

         光学 2006年度 図の説明  八木隆志 第 章 波 動 方 程 式 と 平 面 波 解 光 は 電 磁 波 として 記 述 されるという 考 えは 電 磁 場 のマックスウエル 理 論 の 完 成 により 確 立 された 光 を 電 磁 波 として 表 現 することで 光 の 様 々な 性 質 例 えば 干 渉 や 回 折 など の 波 動 性 偏 光 を 記 述 するベクトル 波 の 性 質 光 の 吸 収 や 増 幅 などが 合 理

More information

4~5 ~ 10.. 1l ~12 母 校 だより H H.. 1 3~14 支 部 のうとき 16~ 17 クラス 会 だより - 18~20 すいどうばし- 2 1 ~24

4~5 ~ 10.. 1l ~12 母 校 だより H H.. 1 3~14 支 部 のうとき 16~ 17 クラス 会 だより - 18~20 すいどうばし- 2 1 ~24 4~5 ~ 10.. 1l ~12 母 校 だより H H.. 1 3~14 支 部 のうとき 16~ 17 クラス 会 だより - 18~20 すいどうばし- 2 1 ~24 30~ 1]' 1 0 ~ 1 2. 4 0 1 3.40~ 1 5. 30~ 1 7.00 9.3 0~ 1 1. 00 1O ~ 1 2. 1 3.40~ 1 5. 1 5.30~ 17. 00 30~1 1. 1 1.

More information

ρ 二 二 中 J1Vしにλ~, 一 主 i

ρ 二 二 中 J1Vしにλ~, 一 主 i 引き戸金物 ~OOR A C C E S S O R I E S ハイ首仁川 1 46 イ ハ2 JC11 1 4 6 147 鴇 出 荷 1 147 14 6 ノ需品ヰ 1 面付けレール ハイスペックレール 148 川 1 48 ハイ仙一編 1 1 4 7 レール1101 3 即ラ半 日 149 川市号 1 1 4 9 ストツバ荊鴬 ' 1 4 9 刈 LY S R 1 5 4 L Y s R T

More information

; 200 µs 0 1 ms 4 exponential 80 km 5 4 10 7 m/s 10 km 1 ms 5 E k N = e z/h n 6 ; N, H n :, z: ( ) 1 0 7 t ρ + (σe) = 0 E σ 1 σ σ σ e e (1/H e+1/h n )

; 200 µs 0 1 ms 4 exponential 80 km 5 4 10 7 m/s 10 km 1 ms 5 E k N = e z/h n 6 ; N, H n :, z: ( ) 1 0 7 t ρ + (σe) = 0 E σ 1 σ σ σ e e (1/H e+1/h n ) - [ : ( ) ] 1 (contact) (interaction) 1 2 19 MTI c Mesosphere Thermosphere Ionosphere (MTI) Research Group, Japan 1 2 (1) : (2 ) (2) : (3 ) (3) : (2, 3 ) (4) : - (4 ) 2 3 3 X 1 ; 200 µs 0 1 ms 4 exponential

More information

303 席 ~546 席 JAL の 2009 年 3 月 期 有 価 日 [[ 券 報 告 書 ~ 株 式 会 社 日 本 航 空 有 価 証 券 報 告 書 ~ ~ 全 日 本 空 輸 株 式 会 社 有 価 証 券 報 告 書 ~ [" 会 計 基 準 の 設 定 と 公 正 なる 会 計 慣 行 ~J r 判 例 時 報 ~ p)ぇhon のスクリプトファイ)~ . 色 々ややこしい

More information

2 1 17 1.1 1.1.1 1650

2 1 17 1.1 1.1.1 1650 1 3 5 1 1 2 0 0 1 2 I II III J. 2 1 17 1.1 1.1.1 1650 1.1 3 3 6 10 3 5 1 3/5 1 2 + 1 10 ( = 6 ) 10 1/10 2000 19 17 60 2 1 1 3 10 25 33221 73 13111 0. 31 11 11 60 11/60 2 111111 3 60 + 3 332221 27 x y xy

More information

第 1 章 ミャンマーの 現 状 とその 歴 史 現 在 ミャンマーが 抱 える 問 題 を 考 え 今 後 どのような 政 治 統 治 システムが 望 ましい のかを 考 えるためには ミャンマーがどのような 歴 史 を 歩 んで 現 在 に 至 るのか そし てどのような 民 族 宗 教 言 語

第 1 章 ミャンマーの 現 状 とその 歴 史 現 在 ミャンマーが 抱 える 問 題 を 考 え 今 後 どのような 政 治 統 治 システムが 望 ましい のかを 考 えるためには ミャンマーがどのような 歴 史 を 歩 んで 現 在 に 至 るのか そし てどのような 民 族 宗 教 言 語 交 渉 理 論 を 用 いたミャンマーの 政 治 制 度 分 析 i 慶 應 義 塾 大 学 総 合 政 策 学 部 4 年 経 済 学 部 大 西 研 究 会 学 籍 番 号 :71007850 松 清 敏 生 第 1 章 ミャンマーの 現 状 とその 歴 史 現 在 ミャンマーが 抱 える 問 題 を 考 え 今 後 どのような 政 治 統 治 システムが 望 ましい のかを 考 えるためには

More information

Part. 4. () 4.. () 4.. 3 5. 5 5.. 5 5.. 6 5.3. 7 Part 3. 8 6. 8 6.. 8 6.. 8 7. 8 7.. 8 7.. 3 8. 3 9., 34 9.. 34 9.. 37 9.3. 39. 4.. 4.. 43. 46.. 46..

Part. 4. () 4.. () 4.. 3 5. 5 5.. 5 5.. 6 5.3. 7 Part 3. 8 6. 8 6.. 8 6.. 8 7. 8 7.. 8 7.. 3 8. 3 9., 34 9.. 34 9.. 37 9.3. 39. 4.. 4.. 43. 46.. 46.. Cotets 6 6 : 6 6 6 6 6 6 7 7 7 Part. 8. 8.. 8.. 9..... 3. 3 3.. 3 3.. 7 3.3. 8 Part. 4. () 4.. () 4.. 3 5. 5 5.. 5 5.. 6 5.3. 7 Part 3. 8 6. 8 6.. 8 6.. 8 7. 8 7.. 8 7.. 3 8. 3 9., 34 9.. 34 9.. 37 9.3.

More information

平成18年度弁理士試験本試験問題とその傾向

平成18年度弁理士試験本試験問題とその傾向 CBA CBA CBA CBA CBA CBA Vol. No. CBA CBA CBA CBA a b a bm m swkmsms kgm NmPa WWmK σ x σ y τ xy θ σ θ τ θ m b t p A-A' σ τ A-A' θ B-B' σ τ B-B' A-A' B-B' B-B' pσ σ B-B' pτ τ l x x I E Vol. No. w x xl/ 3

More information

  化学工学プログラミング補助資料

  化学工学プログラミング補助資料 TK II fsv0 Work_Win 3.5inch fsv0work_ Win P.7179 P.75 ) ) ) D) ) ) ) D) 36 0.8Pa [g] 180 4Pa inch inch 2.54cm 1 2 3 COH 2 etc 1.510 4 / 3 310 7 L 1500 5500 6000 1800 1500 1500 2700 210 10 cal 184 40% 4

More information

A. Fresnel) 19 1900 (M. Planck) 1905 (A. Einstein) X (A. Ampère) (M. Faraday) 1864 (C. Maxwell) 1871 (H. R. Hertz) 1888 2.2 1 7 (G. Galilei) 1638 2

A. Fresnel) 19 1900 (M. Planck) 1905 (A. Einstein) X (A. Ampère) (M. Faraday) 1864 (C. Maxwell) 1871 (H. R. Hertz) 1888 2.2 1 7 (G. Galilei) 1638 2 1 2012.8 e-mail: tatekawa (at) akane.waseda.jp 1 2005-2006 2 2009 1-2 3 x t x t 2 2.1 17 (I. Newton) C. Huygens) 19 (T. Young) 1 A. Fresnel) 19 1900 (M. Planck) 1905 (A. Einstein) X (A. Ampère) (M. Faraday)

More information

29 日 ( 土 )~ 北 海 道 地 域 支 部 連 合 会 主 催 第 9 回 2 会 計 部 津 島, 大 石 各 ~f-; 任 理 事 2 月 29 日 ~ 3 月 l 日 )に 助 成 金 として 8 万 円 を 会 主 催 第 9 回 卒 後 研 修 会 (2 月 29 日 ~ 3 月 1 日 ), ~~ ;J~ ~ O O~ き 平 成 4 年 5 月 20 日

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 5 章 慣 性 航 法 複 合 演 算 処 理 5- 処 理 フロー 慣 性 航 法 複 合 演 算 処 理 の 全 体 処 理 フローを 図 5-- に 示 す GPS 観 測 データの 取 得 取 得 取 得 できず RK-GPS IMU 観 測 データの 取 得 慣 性 航 法 演 算 誤 差 方 程 式 の 導 出 位 置 オフセット 処 理 アンビギュイティの 状 態 決 定 未 決 定

More information