Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc"

Transcription

1 私 たち 養 護 教 諭 の 職 務 は 時 代 と 共 にかたちを 変 え,そのニーズに 応 えようと 学 ぶべき 研 修 内 容 も 変 化 してきました 県 内 には, 幅 広 い 年 齢 層 の 養 護 教 諭 が 勤 務 していますが,その 職 務 への 期 待 は 年 齢 に 関 係 ありません 静 岡 県 内 には, 与 えられた 研 修 だけでなく 自 ら 進 んで 資 質 向 上 のための 学 び を 深 め ている 養 護 教 諭,また 学 び を 深 めたいと 思 っている 養 護 教 諭 がたくさんいます 今 回 の 知 りたい 聞 きたい シリーズでは, 会 誌 たちばな51 号 のテーマ 新 しい 視 点 から 学 ぶ の 学 ぶ をキーワードにし, 養 護 教 諭 の 資 質 向 上 の 観 点 から 専 修 免 許 状 と 新 規 採 用 養 護 教 諭 研 修 について 取 り 上 げることにしました 静 岡 県 内 の 養 護 教 諭 の 約 20%が 専 修 免 許 状 取 得 を 希 望 しています しかし, 希 望 はあるが 実 際 には なかなか 取 得 に 踏 み 切 れない 養 護 教 諭 もたくさんいます 専 修 免 許 状 の 取 得 について 知 りたい とい う 声 を 受 け, 専 修 免 許 状 取 得 の 方 法 をまとめてみました また, 養 護 教 諭 専 修 免 許 状 を 持 っている 会 員 から 免 許 状 取 得 という 学 び の 中 でのいろいろな 思 い を 書 いていただきました また, 若 い 養 護 教 諭 の 皆 さんが, 新 規 採 用 養 護 教 諭 研 修 の 中 で 学 んでいる 内 容 は, 養 護 教 諭 全 体 に 求 められているもので, 年 齢 に 関 係 なく 学 ぶべき 基 本 的 な 内 容 と 考 えました そして, 今 年 度 から 新 規 採 用 研 修 に 引 き 続 いて 指 導 助 言 が 受 けられるようになった スクールヘルスリーダー 派 遣 事 業 につい ても 取 り 上 げました 専 修 免 許 状 取 得 について 知 りたい 専 修 免 許 状 とは 専 修 免 許 状 とは, 教 育 職 員 免 許 法 第 4 条 に 定 める 教 員 の 普 通 免 許 状 のひとつです 教 員 の 普 通 免 許 状 には, 一 種 免 許 状 ( 大 学 学 部 卒 業 程 度 ), 二 種 免 許 状 ( 短 期 大 学 卒 業 程 度 ), 専 修 免 許 状 ( 大 学 院 修 士 課 程 終 了 程 度 )があります 専 修 免 許 状 を 取 得 する 方 法 その1 一 種 免 許 状 を 有 する 者 ( 所 有 資 格 を 満 たしている 者 を 含 む)が, 修 士 号 等 の 基 礎 資 格 を 得 る とともに, 文 部 科 学 大 臣 の 認 定 を 受 けた 大 学 院 又 は 四 年 制 等 の 大 学 専 攻 科 の 課 程 で 単 位 を 一 定 数 以 上 修 得 する 方 法 その2 一 種 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 を 有 する 者 が, 最 低 在 職 年 数 (3 年 ) 以 上 良 好 な 勤 務 成 績 で 勤 務 するとともに, 所 定 の 単 位 を 修 得 し, 教 育 職 員 検 定 を 受 ける 方 法

2 養 護 教 諭 採 用 後, 専 修 免 許 状 を 取 得 する 方 法 その1 大 学 院 で 学 ぶ 1 勤 務 しながら 夜 間 休 日 に 大 学 院 で 学 ぶ 現 職 教 員 を 対 象 に, 夜 間 や 休 日 に 授 業 を 行 うコースを 設 けている 大 学 院 で, 勤 務 をしながら 学 ぶこ とができます 職 業 を 有 している 等 の 事 情 により, 標 準 修 業 年 限 (2 年 )を 超 えて 長 期 にわたり 修 業 する 長 期 履 修 学 生 制 度 のある 大 学 院 もあります また, 大 学 院 入 学 資 格 の 緩 和 により, 大 学 ( 四 年 制 )を 卒 業 していなくても, 養 護 教 諭 専 修 免 許 状 又 は 一 種 免 許 状 を 有 する 者 で22 歳 に 達 した 者 に 出 願 資 格 が 認 められる 大 学 院 もあり, 学 ぶ 機 会 は 増 えています 2 大 学 院 修 学 休 業 制 度 を 利 用 して 休 業 して 大 学 院 で 学 ぶ 大 学 院 修 学 休 業 制 度 とは( 文 部 科 学 省 HPより より) 教 員 が 国 内 外 の 大 学 院 に 在 学 し, 専 修 免 許 状 を 取 得 する 機 会 を 拡 充 するため, 教 育 公 務 員 特 例 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 12 年 4 月 28 日 法 律 第 52 号 )により 大 学 院 修 学 休 業 制 度 が 創 設 されま した この 制 度 は 平 成 13 年 度 より 開 始 されています 制 度 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1 公 立 学 校 の 教 員 ( 教 諭, 養 護 教 諭, 栄 養 教 諭 及 び 講 師 )で, 一 種 免 許 状 又 は 特 別 免 許 状 を 有 する 者 は, 任 命 権 者 の 許 可 を 受 けて, 専 修 免 許 状 を 取 得 するため 1 年 を 単 位 とする 3 年 を 超 えない 期 間, 国 内 外 の 大 学 院 へ 在 学 し,その 課 程 を 履 修 するための 休 業 をすることができます 2 休 業 中 の 教 員 は,その 身 分 を 保 有 しますが, 職 務 に 従 事 しません 3 休 業 中 は 給 与 は 支 給 されません この 制 度 により, 教 員 の 身 分 を 保 有 したまま, 大 学 院 にフルタイムで 在 学 することができるよう になります また, 在 学 する 大 学 院 を 選 ぶことができます 日 々の 教 育 活 動 を 通 じて 培 われた 問 題 意 識 について, 大 学 院 での 専 門 的 な 研 究 や 分 析 に 基 づいて 理 論 的 体 系 的 に 整 理 することにより,より 高 度 な 実 践 力 を 身 につけることが 期 待 されます 県 によっては 大 学 院 への 派 遣 研 修 が 一 般 教 員 だけでなく 養 護 教 諭 にも 広 がっているとこ ろがあります 大 学 院 派 遣 期 間 は 出 張 等 で 派 遣 されます 大 学 院 への 派 遣 研 修 とは 教 育 委 員 会 が,その 教 育 行 政 上 の 必 要 から 研 修 命 令 をともなって 実 施 する 職 務 研 修 の 一 つで, 大 学 院 修 学 休 業 制 度 と 異 なり, 在 学 先 の 大 学 院, 派 遣 される 者 等 は, 教 育 委 員 会 がその 教 育 行 政 上 の 必 要 から 決 定 する

3 その2 一 種 免 許 状 取 得 後,3 年 以 上 在 職 し, 単 位 を 修 得 する 養 護 教 諭 一 種 免 許 状 を 取 得 した 後, 最 低 在 職 年 数 (3 年 ) 以 上 良 好 な 勤 務 成 績 で 勤 務 するととも に, 所 定 の 単 位 を 修 得 し, 教 育 職 員 検 定 を 受 ける 方 法 があります 専 修 免 許 状 を 取 得 するには, 養 護 又 は 教 職 に 関 する 科 目 の15 単 位 が 必 要 です 教 育 職 員 免 許 法 別 表 第 6( 第 6 条 関 係 ) 第 1 欄 第 2 欄 第 3 欄 第 4 欄 所 要 資 格 有 することを 第 2 欄 に 定 める 各 免 許 状 を 取 得 し 第 2 欄 に 定 める 各 免 許 状 受 けようとする 必 要 とする 養 た 後, 養 護 をつかさどる 主 幹 教 諭, を 取 得 した 後 大 学 又 は 免 許 状 の 種 類 護 教 諭 又 は 養 護 助 教 諭 の 免 許 状 の 種 類 養 護 教 諭 又 は 養 護 助 教 諭 として 良 好 な 成 績 で 勤 務 した 旨 の 実 務 証 明 責 任 者 の 証 明 を 有 することを 必 要 とする 最 低 在 職 年 数 文 部 科 学 大 臣 の 指 定 する 養 護 教 諭 養 成 機 関 におい て 修 得 することを 必 要 と する 最 低 単 位 数 養 護 専 修 免 許 状 1 種 免 許 状 3 年 15 単 位 教 諭 1 種 免 許 状 2 種 免 許 状 3 年 20 単 位 2 種 免 許 状 臨 時 免 許 状 6 年 30 単 位 一 種 免 許 状 取 得 後 養 護 教 諭 最 低 在 職 期 間 3 年 大 学 等 で 必 要 単 位 修 得 養 護 又 は 教 職 に 関 する 科 目 15 単 位 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 が 行 う 教 育 職 員 検 定 へ 申 請 専 修 免 許 状 単 位 を 修 得 するには 専 修 免 許 状 を 取 得 するために 必 要 な 単 位 は, 大 学 の 免 許 法 認 定 講 習 公 開 講 座, 通 信 教 育 などで 修 得 することができます 1 免 許 法 認 定 講 習 公 開 講 座 で 学 ぶ 免 許 法 認 定 講 習 公 開 講 座 とは( 文 部 科 学 省 HPより より) 免 許 法 認 定 講 習 公 開 講 座 とは, 大 学 等 の 教 員 免 許 課 程 によらず, 教 員 免 許 状 取 得 に 必 要 な 単 位 の 修 得 のために 設 けられた 講 習 公 開 講 座 です 教 員 免 許 状 の 取 得 方 法 は, 原 則 として 大 学 等 の 教 育 免 許 課 程 の 修 了 を 要 件 としています しか しながら, 教 育 職 員 免 許 法 では 教 員 の 資 質 の 保 持 と 向 上 を 図 ることを 目 的 ( 第 1 条 )としていま す このため, 教 員 の 講 習 等 の 受 講 意 欲 を 喚 起 するともに, 講 習 等 の 成 果 が 免 許 状 に 反 映 される 仕 組 みを 取 り 入 れ, 教 員 免 許 課 程 の 修 了 を 要 件 としない 教 員 免 許 状 の 取 得 方 法 としてこの 制 度 が 設 けられています 養 護 に 関 する 科 目 平 成 20 年 度 開 設 大 学 ( 文 部 科 学 省 HPより より) 岩 手 県 立 大 学, 埼 玉 大 学, 女 子 栄 養 大 学 ( 埼 玉 ), 愛 知 教 育 大 学 が 平 成 20 年 度 に 養 護 に 関 する 科 目 を 開 設 しています (9 月 1 日 現 在 )

4 ( 例 ) 愛 知 教 育 大 学 の 場 合 ( 平 成 20 年 度 ) 講 座 名 生 体 機 能 学 演 習 Ⅰ 養 護 教 諭 論 演 習 Ⅰ 講 義 日 程 平 成 20 年 7 月 27 日 ( 日 )から 7 月 30 日 ( 水 )の 4 日 間 平 成 20 年 7 月 31 日 ( 木 )から 8 月 3 日 ( 日 )の4 日 間 授 与 単 位 2 単 位 2 単 位 ( 単 位 の 認 定 には 全 日 程 の4/5 以 上 の 出 席 が 必 要 ) 講 習 料 10,000 円 10,000 円 対 象 定 員 養 護 教 諭 一 種 免 許 状 保 有 者 30 名 ( 定 員 を 超 えた 場 合 は 抽 選 となることがある) 会 場 申 込 期 間 愛 知 教 育 大 学 平 成 20 年 6 月 13 日 ~6 月 23 日 免 許 法 認 定 講 習 公 開 講 座 の 受 講 する 際 の 勤 務 は 教 育 公 務 員 特 例 法 22 条 の( 研 修 の 機 会 )により, 研 修 で 参 加 することできます 2 通 信 教 育 で 学 ぶ 放 送 大 学 大 学 院 の 場 合 ( 平 成 20 年 度 ) 科 目 教 職 に 関 する 科 目 のみ 開 設 されています ( 必 要 科 目 を 選 択 ) 授 与 単 位 1 科 目 2 単 位 授 業 料 1 科 目 (2 単 位 )22,000 円 ( 入 学 料 等 別 ) 受 講 方 法 テレビ(CS 放 送 )ラジオ, 各 都 道 府 県 に 設 置 された 学 習 センター 免 許 法 認 定 講 習 公 開 講 座, 通 信 教 育 の 資 料 は,たちばな 編 集 委 員 が 平 成 20 年 度 の 各 大 学 のホームページから 調 べたもので,すべてを 網 羅 しているものではありません また, 年 度 によって 免 許 法 認 定 講 習 公 開 講 座 が 開 設 されるかは 確 定 していません 単 位 を 修 得 されたい 場 合 は, 事 前 に 各 大 学, 大 学 院 へ 問 い 合 わせをしてください 修 得 すべき 科 目 ( 静 岡 県 教 育 委 員 会 ) 専 修 免 許 状 を 取 得 するには, 養 護 又 は 教 職 に 関 する 科 目 の15 単 位 が 必 要 です 各 都 道 府 県 によ り, 修 得 すべき 科 目 の 扱 いが 異 なる 場 合 がありますが, 静 岡 県 では 修 得 すべき 科 目 については 特 に 定 め られていません 免 許 状 取 得 については 所 管 の 教 育 事 務 所 ( 静 東 静 西 教 育 事 務 所 )に 申 請 するようになっています ( 教 育 事 務 所 から 静 岡 県 教 育 委 員 会 へ 行 きます ) 静 岡 市 浜 松 市 の 場 合 は 静 岡 県 教 育 委 員 会 ( 義 務 教 育 課 )になります ( 平 成 20 年 9 月 現 在 ) 別 表 第 6による 専 修 免 許 状 取 得 について と 言 うとわかりやすいでしょう

5 専 修 免 許 状 をお 持 ちの 方 にお 聞 きしました 養 護 教 諭 在 職 中 に 取 得 された 方 どのような 方 法 で 取 得 されましたか 夏 期 休 業 中 などに 大 学 の 免 許 法 認 定 公 開 講 座 で 単 位 を 修 得 された 方 がほとんどです 愛 知 教 育 大 学 が 多 く,3 年 間 程 で 取 得 されています ( 現 在 は15 単 位 の 修 得 が 必 要 ですが, 平 成 14 年 度 ま では 軽 減 措 置 があり6 単 位 で 専 修 免 許 状 が 取 得 できました ) 放 送 大 学 大 学 院 の 通 信 教 育 で 単 位 を 修 得 された 方 や, 勤 務 をしながら 昼 夜 間 ( 夜 間 休 日 ) 開 講 の 大 学 院 に 入 学 された 方 もいました 免 許 法 認 定 公 開 講 座 で 単 位 を 修 得 された 方 の 声 現 職 でありながら 理 論 を 学 ぶことは 刺 激 でもあり, 実 践 が 確 実 になるものでした 勤 務 中 は 必 要 と 感 じても 専 門 分 野 についてじっくり 取 り 組 める 時 間 が 持 てなかった ので, 受 講 中 の 数 日 間 は 大 学 近 くのホテルにこもり,ゆっくり 専 門 書 を 読 んだり, 当 日 の 課 題 に 取 り 組 んだり, 楽 しみながら 修 得 しました 同 じ 志 を 持 った 友 人 ができたり, 忘 れていた 学 生 気 分 を 味 わい 新 鮮 な 気 持 ちになったり, 何 より 新 たな 知 識 の 吸 収 ができたので, 充 実 した 日 々でした 大 学 に 通 うのも 楽 しかったです 新 しい 学 問 を 学 べ, 理 論 づけて 学 ぶことの 大 切 さを 勉 強 できてよかったです 統 計 処 理 の 方 法 や 食 育 関 係, 心 理 学 等, 体 系 立 てた 理 論 や 最 新 の 医 学 等 について 学 ぶことができ, 大 変 勉 強 になりました 大 学 生 に 戻 ったような 感 覚 でどの 講 義 も 新 鮮 な 気 持 ちで 受 けられ, 視 野 を 広 げたり, 専 門 性 を 高 めたり できたと 思 います 受 講 応 募 者 が 多 いため 抽 選 漏 れになったり, 受 講 期 間 が 市 や 県 の 悉 皆 研 修 と 重 なったため 断 念 したり で, 修 得 期 間 が 長 引 いてしまいました 執 務 をしながら, 何 回 か 宿 泊 したことが 大 変 でした 自 分 の 都 合 のよい 日 と, 公 開 講 座 の 日 程 との 調 整 がうまくいかないと 苦 労 します 講 座 ごとに 課 題 レポートを 提 出 しなければ 単 位 が 修 得 できないので,そ の 作 成 にも 時 間 を 要 しました 受 講 先 が 県 外 の 大 学 のため, 通 学 に 時 間 を 要 したり,ホテルに 滞 在 したりして, 時 間 と 体 力 勝 負 の 要 素 もありました レポート 作 成 が 大 変 でした 特 に 統 計 などの 高 等 数 学 には 苦 労 しました 一 般 の 先 生 方 がしっかりした 学 歴 を 持 って 現 場 に 入 ってくる 中, 養 護 教 諭 だけが 取 り 残 されてしまうよう な 思 いを 感 じ 取 得 しました 勤 務 上 は 現 状 では 変 わったことはありませんが, 何 かしら 自 分 の 支 えになっ ていると 思 います 仕 事 に 対 し 自 信 が 持 てるようになったこと,また, 迷 ったり 悩 んだりした 時, 一 緒 に 勉 強 していた 他 市 の 仲 間 に 相 談 できることがよかったと 思 います 日 常 執 務 の 様 々な 場 面 でエビデンスのある 判 断 をより 心 掛 けることが 必 要 だと 感 じています 専 門 職 としての 知 識 が 広 がり, 研 修 意 欲 が 高 まって 様 々なことに 興 味 を 持 つようになりました 免 許 状 を 取 得 しても, 時 間 がたつと 学 習 した 内 容 を 少 しずつ 忘 れてしまいます 免 許 を 取 りたい, 講 座 を 受 けているときの 意 欲 と 努 力 を 常 に 持 ち 続 けられるよう 頑 張 りたいものです

6 通 信 教 育 ( 放 送 大 学 大 学 院 )で 単 位 を 修 得 された 方 の 仕 事 家 事 子 育 てと 忙 しい 時 期 でしたので, 放 送 大 学 の 通 信 教 育 で 勉 強 しました 単 位 修 得 はもちろんですが, 自 分 の 勉 強 したかった 内 容 ( 心 理 )を 選 んだので, 自 分 の 力 になったと 思 います 本 来 ならば 大 学 へ 出 向 いて 勉 強 したかったですが, 生 活 上 無 理 なので,この 方 法 にしました 放 送 大 学 は 個 人 単 位 なので,ぜひとも 仲 間 を 作 って 話 を したり, 情 報 を 交 換 したりするなどのネットワーク 作 りをしておくと 励 みになります 放 送 大 学 のみで 単 位 は 修 得 できますが,どうしても 学 びたい 内 容 は 愛 知 教 育 大 学 の 公 開 講 座 に 行 きました 昼 夜 間 ( 夜 間 休 日 ) 開 講 の 大 学 院 で 学 ばれた 方 の 感 覚 的 なもののとらえ 方 ではなく, 科 学 的 根 拠 に 基 づいた 研 究 方 法 を 身 につけることができたり, 論 理 的 な 思 考 ができるようになったりしました 文 献 の 調 べ 方 がわかり,それとともに 参 考 引 用 文 献 をなぜ 掲 載 しなくてはならないのか, 知 的 所 有 権 を 守 ることの 重 要 さを, 修 士 論 文 を 仕 上 げる 過 程 で 身 をもって 感 じることができました 人 脈 などのネットワークが 広 がり,その 後 の 仕 事 に 役 立 っています 県 内 に 養 成 機 関 がないことで 県 外 まで 行 かなくてはならず, 交 通 費 と 体 力 が 必 要 とされます また, 働 きながらの 大 学 院 生 活 は, 家 族 職 場 同 業 者 の 理 解 も 必 要 とされます 現 在, 昼 夜 間 ( 夜 間 休 日 ) 開 講 の 大 学 院 で 学 ばれている 方 今, 一 番 感 じていることは 研 究 の 重 要 性 です 養 護 教 諭 という 職 が 世 間 から 認 められるためには, 頑 張 り だけではだめだということを 痛 感 しています 子 どもたちの 健 康 課 題 を 解 決 するために 養 護 教 諭 として 積 み 上 げている 日 々の 実 践 が, よいことだ ということを 科 学 的 に 証 明 し,それを 皆 の 共 有 財 産 にしていく 活 動 それが 研 究 だと 私 なりに 感 じました 大 学 院 で 学 ぶことは, 刺 激 的 でとても 楽 しいことです 火 曜 日 の 夜 と 土 曜 日 の 午 前 中 に 大 学 院 で 勉 強 しています 周 囲 の 先 生 方 の 理 解 があるからこそ 実 現 できたと 感 謝 しています 今 後,どのような 制 度 が 整 うとよいと 思 いますか 静 岡 県 内 に 養 護 教 諭 の 養 成 機 関 が 設 置 され, 専 修 免 許 状 まで 取 得 できるようになるとよい 一 般 教 員 同 様, 養 護 教 諭 にも 内 地 留 学 の 道 ( 大 学 院 派 遣 の 制 度 )が 整 うとよい 公 開 講 座 が 県 内 の 大 学 で 実 施 され, 希 望 者 が 計 画 的 に 受 講 できるようになるとよい 夜 間 と 長 期 休 業 中 を 併 用 して 単 位 が 取 れればよい 複 数 制 になり, 勤 務 しながらでも 夕 方 から 大 学 院 に 通 える 制 度 が 整 うとよい 教 員 免 許 更 新 の 時 期 に 加 えて 取 得 できるとよい 免 許 状 取 得 で 学 校 での 立 場 が 変 わるわけではないが, 養 護 教 諭 の 地 位 向 上 になればよい

7 学 生 時 代 に 取 得 された 方 の 声 大 学 院 の 時, 養 護 教 諭 に 関 する 調 査 や 文 献 を 多 く 読 んだり, 職 務 の 根 拠, 答 申 や 法 令 などを 改 め て 学 んだりして 知 識 が 広 がりました 養 護 教 諭 以 外 の 授 業 ( 各 教 科 や 学 校 心 理, 特 別 支 援 など)も 受 けたことで, 各 教 科 の 考 え 方 や 役 割 を 知 ったり,いろいろな 角 度 から 見 た 養 護 教 諭 の 姿 やイメー ジを 知 ったりしたこともよかったです 大 学 にプラスして 学 びを 深 めることができました 関 係 する 学 会 に 参 加 することで, 全 国 の 先 生 方 が 取 り 組 まれている 研 究 内 容 が 聞 けたこと, 大 学 や 大 学 院 の 先 生 方 には 今 でも 相 談 に 乗 ってもらって いることが 心 強 いです 大 学 を 卒 業 後 そのまま 院 に 進 学 したので, 現 場 の 先 生 とのつながりがありませんでした 研 究 を 進 めるには, 現 場 を 直 接 見 たり, 先 生 方 の 生 の 声 を 聞 いたりすることが 欠 かせなかったのですが, 協 力 をいただくのにとても 苦 労 したことを 覚 えています 修 士 論 文 を 書 く 際, 経 験 のなさにつらい 思 いをしました 経 験 の 中 から 感 じた 課 題 をテーマに 論 文 が 書 けたら,さらに 充 実 した2 年 間 だったと 思 います ですから, 修 士 を 取 得 するのは, 就 職 してある 程 度, 経 験 を 積 んでからの 方 がよいと 思 います 学 生 のまま 進 学 しましたが, 一 度, 社 会 に 出 てから 大 学 院 で 学 ん だ 方 が 問 題 意 識 を 持 ってより 実 践 的 に 研 究 できると 思 います 今 後,どのような 制 度 が 整 うとよい よいと 思 いますか 静 岡 県 に 養 成 課 程 が 設 置 され, 自 宅 から 通 える 環 境 が 整 うとよい また, 静 岡 県 をベースに 調 査 研 究 ができると, 静 岡 県 全 体 にもよい 影 響 がある 教 官 から 養 護 教 諭 の 仕 事 を 学 術 的 に 形 にしていくことが 大 切 だと 言 われた 現 場 と 大 学 が 協 力 し 合 って, 連 携 を 取 りながら 養 護 学 が 構 築 されていくことを 願 う 毎 年, 内 地 留 学 ( 大 学 院 への 派 遣 研 修 )の 養 護 教 諭 がきていた 養 護 教 諭 の 知 識 を 深 め, 専 門 性 を 高 めるためにとてもよいことで, 大 学 も 現 場 の 考 えや 問 題 意 識 などの 話 を 必 要 としている もう 少 し 気 軽 に 大 学 院 へ 学 びに 行 けるようになるとよい 御 協 力 くださった 先 生 方,ありがとうございました 表 記 について 免 許 状 は 取 得, 単 位 は 修 得 で 表 記 してあります

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

教員免許更新制ハンドブック2

教員免許更新制ハンドブック2 問 5 教 員 が 定 年 退 職 後 再 任 用 に より 教 職 に 就 く こ と を 希 望 す る 場 合 は どうす ればよいです か? ( 答 ) 新 規 に 臨 時 講 師 非 常 勤 講 師 に 採 用 される 場 合 と 同 様 です なお 現 在 免 許 状 をお 持 ちの 方 のうち 平 成 23 年 3 月 31 日 において56 歳 以 上 の 方 ( 昭 和 30 年

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 学 手 続 等 8 12 ホームページ 10 13 問 い 合 わせ 先 10 願 書 等 の 記 入

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80>

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80> 平 成 21 年 度 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 要 項 ( 第 3 次 ) 平 成 21 年 2 月 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 社 会 人 の 受 け 入 れについて 急 速 な 技 術 革 新 や 社 会 経 済 の 進 展 等 により 様 々な 分 野 で 活 躍 している 社 会 人 の 間

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ 個 人 住 民 税 ( 個 人 県 民 税 個 人 市 ( 町 ) 民 税 ) 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 愛 媛 県 全 市 町 目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

義援金に関する税務上の取扱いFAQ

義援金に関する税務上の取扱いFAQ 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 3 月 国 税 庁 この 度 の 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 発 生 により 被 災 された 方 を 支 援 するために 県 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 い や 募 金 団 体 に

More information

保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分 の1しか 覚 え

保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分 の1しか 覚 え 卒 業 まで 大 切 に 使 おう ご 家 庭 の 皆 様 もご 一 読 ください 川 場 村 立 川 場 中 学 校 保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

教 師 用 指 導 資 料 情 報 モラル 危 険 度 チェック 年 組 番 氏 名 設 問 あ 判 定 こんなメールが 来 たら あな たはどうますか? メールに 記 載 された URL あ なぜ 彼 は 学 校 にいきたくな くなったのだろう? ア 必 要 事 項 入 力 応 募 する 入 力

教 師 用 指 導 資 料 情 報 モラル 危 険 度 チェック 年 組 番 氏 名 設 問 あ 判 定 こんなメールが 来 たら あな たはどうますか? メールに 記 載 された URL あ なぜ 彼 は 学 校 にいきたくな くなったのだろう? ア 必 要 事 項 入 力 応 募 する 入 力 情 報 モラル 危 険 度 チェック 年 組 番 氏 名 設 問 あ 判 定 こんなメールが 来 たら あな たはどうますか? メールに 記 載 された URL あ なぜ 彼 は 学 校 にいきたくな くなったのだろう? ア 必 要 事 項 入 力 応 募 する 入 力 ないと 当 たらないから イ 必 要 事 項 入 力 応 募 する たくさんの 人 が 登 録 するので 登 録 も 情 報 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB91538E968BC68F8A88EA90C48EC08E7B8270819582602E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB91538E968BC68F8A88EA90C48EC08E7B8270819582602E646F63> Q1 市 民 税 県 民 税 ( 個 人 住 民 税 )の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 事 業 者 ( 特 別 徴 収 義 務 者 )が 従 業 員 ( 納 税 義 務 者 )に 対 して 支 払 う 給 与 から 市 民 税 県 民 税 ( 個 人 住 民 税 )を 天 引 きし 従 業 員 に 代 わってその 従 業 員 に 課 税 した 市 町 村 に 納 入 する 制 度 です Q2

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

INUダブルディグリープログラム派遣留学報告書

INUダブルディグリープログラム派遣留学報告書 (Page 1) 広 島 大 学 短 期 交 換 留 学 (HUSA)プログラム 派 遣 留 学 報 告 書 記 入 日 平 成 26 年 2 月 10 日 所 属 学 部 研 究 科 文 学 研 究 科 1 年 次 ( 留 学 開 始 時 点 ) 留 学 先 大 学 グラーツ 大 学 ( 国 名 :オーストリア) 所 属 学 部 学 科 等 名 Germanistik(ドイツ 学 ) 在 籍 身

More information

7 認 定 こども 園 になると 保 育 内 容 はどう 変 わるので すか 1 号 認 定 と 2 号 認 定 で 保 育 内 容 に 差 はありま すか 幼 稚 園 8 私 立 幼 稚 園 が 新 制 度 に 移 行 する 期 限 はあるのです か 現 在 幼 稚 園 では 幼 稚 園 教 育

7 認 定 こども 園 になると 保 育 内 容 はどう 変 わるので すか 1 号 認 定 と 2 号 認 定 で 保 育 内 容 に 差 はありま すか 幼 稚 園 8 私 立 幼 稚 園 が 新 制 度 に 移 行 する 期 限 はあるのです か 現 在 幼 稚 園 では 幼 稚 園 教 育 豊 中 市 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 市 民 説 明 会 主 な 質 問 と 回 答 について 平 成 26 年 (2014 年 )11 月 1 日 現 在 Ver.1 現 時 点 の 国 及 び 豊 中 市 の 検 討 状 況 等 を 基 に 市 民 説 明 会 にていただいた 主 な 質 問 と 回 答 をまとめたものです 今 後 変 更 などが 生 じる 可 能 性 もあります

More information

1 YUHO HIGH SCHOOL

1 YUHO HIGH SCHOOL 1 YUHO HIGH SCHOOL 2 SCHOOL GUIDANCE 定 時 制 ~ 自 分 を 生 かす( 単 位 制 で)~ 定 時 制 とは ク ラ ス 入 学 した 年 度 のクラスに 所 属 しますが 単 位 履 修 数 修 得 数 は 個 人 で 異 なります 3 部 制 昼 間 単 位 制 Ⅰ 部 昼 間 単 位 制 Ⅱ 部 夜 間 単 位 制 の3つがあります 二 学 期 制 前

More information

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 地 方 公 務 員 法 及 び 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 の 規 定 により 広 域 大 和 斎 場 組 合 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 次 のとおり 公 表 します 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531>

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531> ( 参 考 Ⅱ) 千 葉 県 教 育 委 員 会 と 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 事 業 アンケートの 結 果 A 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 による 基 礎 教 養 講 座 受 講 者 アンケート (アンケート 回 収 数 :76 名 ).あなたは 将 来 教 員 になることを 志 望 していますか?. 教 員 になることを 目 指 している(6 名 ). 教

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1 平 成 24 年 度 市 町 村 職 員 の 給 与 定 員 管 理 勤 務 条 件 等 の 状 況 平 成 25 年 2 月 高 知 県 総 務 部 市 町 村 振 興 課 担 当 : 行 政 担 当 寺 村 ( 給 与 ) 坂 本 ( 定 員 管 理 勤 務 条 件 ) 山 元 ( 福 利 厚 生 ) 野 瀬 電 話 :088-823-9313 目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1

More information

7 8 9 10 従 業 員 は 家 族 だけなので 特 別 徴 収 しなくていいで 従 業 員 数 の 少 ない 事 業 所 で も 特 別 徴 収 しなければなりま せんか? 毎 月 納 めるのが 面 倒 なのですが 納 期 の 特 例 を 利 用 すれ ば 住 民 税 の 毎 月 の 給 与

7 8 9 10 従 業 員 は 家 族 だけなので 特 別 徴 収 しなくていいで 従 業 員 数 の 少 ない 事 業 所 で も 特 別 徴 収 しなければなりま せんか? 毎 月 納 めるのが 面 倒 なのですが 納 期 の 特 例 を 利 用 すれ ば 住 民 税 の 毎 月 の 給 与 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 問 質 問 回 答 1 2 3 4 5 特 別 徴 収 とはどのよう な 制 度 で 特 別 徴 収 以 外 にどのよ うな 徴 収 方 法 があるのです か? アルバイト パートの 従 業 員 を 特 別 徴 収 しなければなら ない 理 由 は 何 で アルバイト パートの 従 業 員 は 特 別 徴 収 が 困 難 なのです が? (

More information

H28学生募集要項(原稿)

H28学生募集要項(原稿) 平 成 28 年 度 学 生 募 集 要 項 ( 養 成 部 門 ) 島 根 県 立 農 林 大 学 校 農 業 科 699-2211 島 根 県 大 田 市 波 根 町 970-1 TEL 0854-85-7011 FAX 0854-85-7113 林 業 科 690-3405 島 根 県 飯 石 郡 飯 南 町 上 来 島 1207 ( 島 根 県 中 山 間 地 域 研 究 センター 内 )

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案)

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案) 平 成 27 年 度 ( 後 期 入 学 ) 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 学 生 募 集 要 項 < 一 般 選 抜 > < 社 会 人 選 抜 > < 外 国 人 選 抜 > < 科 目 等 履 修 生 > 目 次 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 概 要 1 博 士 課 程 募 集 要 項 4 埼 玉 医 科 大

More information

社労士合格 弾丸合格セミナー

社労士合格 弾丸合格セミナー 第 37 回 目 国 民 年 金 法 法 改 正 傾 向 と 対 策 それでは 第 37 回 目 の 講 義 国 民 年 金 法 法 改 正 の 解 説 を 進 めていきます 平 成 26 年 度 から 消 費 税 が 5%から 8%に 上 がり その 増 加 分 を 社 会 保 障 関 係 の 維 持 に 充 てる ことが 可 能 になったこともあり 多 くの 箇 所 で 改 正 があります 1

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

Q26 予 約 を 完 了 した 講 習 を 他 の 講 習 に 振 替 えたいのですが 受 講 申 込 書 編 Q27 受 講 申 込 書 はいつまでに 送 付 すれば 良 いのですか Q28 受 講 申 込 書 の 印 刷 ができません Q29 受 講 申 込 書 の 証 明 者 は 誰 でしょ

Q26 予 約 を 完 了 した 講 習 を 他 の 講 習 に 振 替 えたいのですが 受 講 申 込 書 編 Q27 受 講 申 込 書 はいつまでに 送 付 すれば 良 いのですか Q28 受 講 申 込 書 の 印 刷 ができません Q29 受 講 申 込 書 の 証 明 者 は 誰 でしょ 筑 波 大 学 教 員 免 許 状 更 新 講 習 Q & A(よくある 質 問 ) 平 成 27 年 1 月 15 日 現 在 目 次 受 講 者 登 録 編 項 目 をクリックすると 各 回 答 にジャンプします Q 1 受 講 者 登 録 の 方 法 Q 2 受 講 者 登 録 の 時 期 Q 3 User ID のメールが 届 かない 場 合 Q 4 パソコンが 出 来 ない(パソコンを 持

More information

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

21 日 は 日 中 練 習 ができなかったので ストックホルムまで 観 光 に 行 きました 今 回 訪 れた 高 校 には 日 本 語 のコースがあり 日 本 に 興 味 のある 高 校 生 が 僕 たちの 練 習 を 見 に 来 て いて 休 憩 時 間 に 交 流 をすることができました そ

21 日 は 日 中 練 習 ができなかったので ストックホルムまで 観 光 に 行 きました 今 回 訪 れた 高 校 には 日 本 語 のコースがあり 日 本 に 興 味 のある 高 校 生 が 僕 たちの 練 習 を 見 に 来 て いて 休 憩 時 間 に 交 流 をすることができました そ 海 外 遠 征 2 年 村 越 幸 史 今 回 の 遠 征 には 援 助 をして 下 さった 東 北 大 OB OGの 先 輩 方 自 分 を 代 表 にしてく れたチームメイトのおかげで 参 加 することができました 海 外 遠 征 の2 週 間 は 本 当 に 刺 激 的 な 時 間 で 貴 重 な 体 験 をさせていただいたことをとても 感 謝 しています 今 回 の 遠 征 の 体 験 を

More information

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類 平 成 28(2016) 年 度 10 月 入 学 平 成 29(2017) 年 度 4 月 入 学 産 業 技 術 大 学 院 大 学 産 業 技 術 研 究 科 ( 専 門 職 学 位 課 程 ) 情 報 アーキテクチャ 専 攻 創 造 技 術 専 攻 AIIT 単 位 バンク 登 録 生 ( 科 目 等 履 修 生 ) 向 け 入 試 学 生 募 集 要 項 第 2 期 AIIT 単 位 バンク

More information

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート 自 己 評 価 用 経 営 層 合 議 用 作 成 日 ( 完 成 日 ) 施 設 事 業 所 名 厚 生 館 保 育 園 平 成 21 年 1 月 21 日 ( 役 職 名 ) ( 氏 名 ) 作 成 関 係 者 園 長 瀬 端 真 弓 カテゴリー 1.リーダーシップと 意 思 決 定 2. 経 営 における 社 会 的 責 任 3. 利

More information

Taro-20151216福岡教育大学教職大

Taro-20151216福岡教育大学教職大 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 における 教 員 の 資 質 能 力 の 高 度 化 に 向 けた 取 組 方 策 について ( 答 申 ) 平 成 27 年 12 月 16 日 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議 平 成 27 年 12 月 16 日 福 岡 教 育 大 学 長 寺 尾 愼 一 殿 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

岩手県立大学学則

岩手県立大学学則 公 立 大 学 法 人 岩 手 県 立 大 学 の 授 業 料 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 12 月 19 日 規 程 第 97 号 改 正 平 成 19 年 1 月 17 日 規 則 第 1 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 則 第 5 号 平 成 23 年 2 月 16 日 規 則 第 2 号 平 成 23 年 5 月 9 日 規 則 第 4 号 平 成 24 年 3

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

公立大学法人会津大学

公立大学法人会津大学 公 立 大 学 法 人 会 津 大 学 育 休 代 替 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 会 津 大 学 事 務 局 総 務 予 算 課 総 務 係 965-8580 会 津 若 松 市 一 箕 町 鶴 賀 90 番 地 電 話 (0242)37-2500 会 津 大 学 又 は 会 津 大 学 短 期 大 学 部 において 育 児 休 業 を 取 得 する 職 員 の 代 替 職 員 として

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

1. 募 集 対 象 3 歳 児 60 名 ( 平 成 21 年 4 月 2 日 ~ 平 成 22 年 4 月 1 日 生 まれ) 4 歳 児 募 集 なし 5 歳 児 募 集 なし 2. 入 園 申 込 受 付 1 願 書 配 布 平 成 24 年 10 月 15 日 ( 月 )~ 2 願 書 受

1. 募 集 対 象 3 歳 児 60 名 ( 平 成 21 年 4 月 2 日 ~ 平 成 22 年 4 月 1 日 生 まれ) 4 歳 児 募 集 なし 5 歳 児 募 集 なし 2. 入 園 申 込 受 付 1 願 書 配 布 平 成 24 年 10 月 15 日 ( 月 )~ 2 願 書 受 認 定 こども 園 こどもむら 学 校 法 人 柿 沼 学 園 栗 橋 さくら 幼 稚 園 349-1121 久 喜 市 伊 坂 46 0480-52-5871 1. 募 集 対 象 3 歳 児 60 名 ( 平 成 21 年 4 月 2 日 ~ 平 成 22 年 4 月 1 日 生 まれ) 4 歳 児 募 集 なし 5 歳 児 募 集 なし 2. 入 園 申 込 受 付 1 願 書 配 布 平 成

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

Microsoft Word - 25DC募集要項(表紙)

Microsoft Word - 25DC募集要項(表紙) 平 成 24 年 10 月 入 学 平 成 25 年 4 月 入 学 宇 都 宮 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 後 期 課 程 学 生 募 集 要 項 一 般 選 抜 推 薦 特 別 選 抜 社 会 人 特 別 選 抜 外 国 人 留 学 生 特 別 選 抜 宇 都 宮 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 321-8585 宇 都 宮 市 陽 東 7-1-2 電 話 028-689-6003

More information

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人 平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 入 学 試 験 要 項 社 会 人 入 試 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 アドミッションポリシー 21 世 紀 の 知 識 基 盤 社 会 において 大 学 院 における 高 い 専 門 的 知 識 能 力 をもつ 高 度 専 門 職 業 人 の 養 成 や 産 業

More information

特別徴収の事務手引き

特別徴収の事務手引き 個 人 住 民 税 ( 区 市 町 村 民 税 都 民 税 ) 特 別 徴 収 の 事 務 手 引 き 個 人 住 民 税 PRキャラクター ぜいきりん 東 京 都 と 都 内 全 62 区 市 町 村 は 平 成 29 年 度 から 個 人 住 民 税 の 給 与 からの 特 別 徴 収 を 徹 底 します 東 京 都 都 内 区 市 町 村 目 次 1 個 人 住 民 税 とは 1 2 特 別

More information

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86>

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86> SRS News Sharoushi Samejima News さめじま 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 1 月 号 ( 第 10 号 ) 発 行 日 : 平 成 20 年 12 月 20 日 裁 判 員 制 度 による 休 みは 有 給? 無 給? 企 業 としての 対 応 が 迫 られている 2009 年 5 月 から 始 まる 裁 判 員 制 度 一 般 市 民 が 司 法 に 参

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特 標 準 報 酬 制 の 制 度 概 要 平 成 27 年 8 月 福 岡 市 職 員 共 済 組 合 1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

More information

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 )

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 専 願 入 学 手 続 締 切 併 願 入 学 手 続 締 切 平 成 28 年 1 月 27 日 (

More information

第 1 職 員 の 任 命 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 新 規 採 用 の 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 男 性 女 性 合 一 般 事 務 2 人 7 人 技 術 職 保 育 士 3 人 4 人 6 人 6 人 12 人 2 再 任 用 の 状 況 ( 平 成 25 年

第 1 職 員 の 任 命 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 新 規 採 用 の 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 男 性 女 性 合 一 般 事 務 2 人 7 人 技 術 職 保 育 士 3 人 4 人 6 人 6 人 12 人 2 再 任 用 の 状 況 ( 平 成 25 年 目 次 北 本 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 公 表 します( 平 成 26 年 度 ) 北 本 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 市 職 員 の 給 与 や 勤 務 条 件 の 状 況 などの 人 事 行 政 のあらましをお 知 らせします 第 1 職 員 の 任 命 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

市 長

市 長 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 6 月 2 日 ( 火 ) 16 時 00 分 ~16 時 25 分 場 所 潟 上 市 役 所 3 階 会 議 室 31 32 (1) 議 長 の 選 任 について 案 件 (2) 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 設 置 要 綱 について (3) 大 綱 の 策 定 について (4)その 他 ( 会 議 構 成

More information

会議録

会議録 会 議 録 ( 要 旨 ) 会 議 名 平 成 25 年 度 第 4 回 武 蔵 村 山 市 行 政 評 価 委 員 会 開 催 日 時 平 成 26 年 2 月 4 日 ( 火 ) 午 前 9 時 57 分 から 午 前 11 時 47 分 まで 開 催 場 所 市 役 所 301 会 議 室 出 席 者 及 び 欠 席 者 出 席 者 : 坂 野 委 員 ( 委 員 長 ) 榎 本 委 員 (

More information

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社 目 次 教 育 目 標 養 成 する 人 材 像 アドミッションポリシー 1 選 抜 方 式 募 集 人 員 1 入 学 検 定 料 1 A O 入 試 2 社 会 人 / 大 卒 者 入 試 3 推 薦 入 試 4 一 般 入 試 5 出 願 手 続 6 出 願 上 の 注 意 8 試 験 当 日 の 注 意 事 項 8 合 格 発 表 通 知 の 方 法 8 学 納 金 等 9 入 学 辞 退

More information

表1-4out_ilCS2.eps

表1-4out_ilCS2.eps 4 履 修 方 法 [] 時 間 割 の 作 成 所 属 学 部 学 科 課 程 等 が 定 める 履 修 基 準 に 基 づいて 各 科 目 の 履 修 に 関 する 説 明 及 びシラバス( 授 業 案 内 ) 等 を 参 考 にしながら 各 自 で 時 間 割 を 作 成 してください. Guidance0 及 び 所 属 学 部 の 履 修 案 内 で 必 修 科 目 を 確 認 し 履 修

More information

特 別 徴 収 制 度 とは 市 県 民 税 の 納 め 方 のひとつです 従 業 員 の 市 県 民 税 を 事 業 主 が 毎 月 給 与 から 天 引 きし 従 業 員 に 代 わって 市 に 納 める 制 度 です 所 得 税 の 源 泉 徴 収 に 対 応 するものが 市 県 民 税 では

特 別 徴 収 制 度 とは 市 県 民 税 の 納 め 方 のひとつです 従 業 員 の 市 県 民 税 を 事 業 主 が 毎 月 給 与 から 天 引 きし 従 業 員 に 代 わって 市 に 納 める 制 度 です 所 得 税 の 源 泉 徴 収 に 対 応 するものが 市 県 民 税 では 市 県 民 税 特 別 徴 収 事 務 説 明 会 平 成 26 年 10 月 15 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 会 場 : 葛 生 あくとプラザ 平 成 26 年 10 月 16 日 ( 木 ) 午 後 2 時 から 会 場 : 田 沼 中 央 公 民 館 平 成 26 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 から 会 場 : 佐 野 市 文 化 会 館 佐 野 市 役 所

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

津市公告第  号

津市公告第  号 津 市 育 休 代 替 任 期 付 職 員 採 用 試 験 ( 名 簿 記 載 期 間 平 成 28 年 10 月 1 日 から 平 成 33 年 9 月 30 日 まで) 受 験 案 内 募 集 職 種 幼 稚 園 教 諭 受 付 期 間 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 )から 平 成 28 年 7 月 20 日 ( 水 )まで 試 験 日 第 1 次 試 験 平 成 28 年 7 月

More information

連 の 不 動 産 登 記 共 同 省 令 の 書 式 の 作 成 が 続 けられていました このため, 私 の 業 務 は, 発 令 された 民 法 関 連 の 共 同 省 令 に 基 づき, 毎 週 の 起 草 班 会 合 で 検 討 されていた 登 記 簿 および 登 記 申 請 書 の 書

連 の 不 動 産 登 記 共 同 省 令 の 書 式 の 作 成 が 続 けられていました このため, 私 の 業 務 は, 発 令 された 民 法 関 連 の 共 同 省 令 に 基 づき, 毎 週 の 起 草 班 会 合 で 検 討 されていた 登 記 簿 および 登 記 申 請 書 の 書 ~ 活 動 報 告 ~ JICA 長 期 専 門 家 の 業 務 を 終 えて JICA 国 際 協 力 専 門 員 弁 護 士 磯 井 美 葉 1.プロジェクトと 担 当 業 務 2013 年 4 月 から,2014 年 4 月 まで,カンボジア 民 法 民 事 訴 訟 法 普 及 プロジェクト ( 英 語 名 は Legal and Judicial Development Project Phase4

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

微収事務の手引き_CS5.indd

微収事務の手引き_CS5.indd 個人住民税 市町村民税 県民税 特別徴収の事務手引き 三重県 県内各市町 目 次 頁 (ページ) 1 個 人 住 民 税 について 1 2 特 別 徴 収 の 義 務 1 3 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 4 対 象 になる 人 2 5 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 2 6 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 4 7 納 期 と 納 入 方 法 5 8 退

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5> 平 成 25 度 第 1 回 移 動 教 育 委 員 会 懇 談 会 発 言 要 旨 開 催 日 平 成 25 年 5 月 22 日 ( 水 ) 会 場 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 教 職 員 との 懇 談 会 14:40~15:30 参 加 者 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 班 長 主 幹 主 査 担 当 職 員 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 委 員 会 教 育 委 員 長

More information

者 が 在 学 した 期 間 の 年 数 を 乗 じて 得 た 額 から 当 該 者 が 在 学 した 期 間 に 納 付 すべき 授 業 料 の 総 額 を 控 除 した 額 を 徴 収 するものとする 3 在 学 生 が 長 期 履 修 学 生 として 認 められた 場 合 の 授 業 料 の

者 が 在 学 した 期 間 の 年 数 を 乗 じて 得 た 額 から 当 該 者 が 在 学 した 期 間 に 納 付 すべき 授 業 料 の 総 額 を 控 除 した 額 を 徴 収 するものとする 3 在 学 生 が 長 期 履 修 学 生 として 認 められた 場 合 の 授 業 料 の 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 の 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 43 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 ( 以 下 法 人 という )が 徴 収 する 授 業 料 その 他 の 料 金 について 定 めることを 目 的 とする ( 料 金 ) 第 2 条 法 人 の

More information

学 歌

学 歌 学 歌 平 成 0 年 度 学 年 暦 ( 工 学 部 ) 平 成 0 年 度 学 年 暦 ( 情 報 工 学 部 ) 目 次 九 州 工 業 大 学 のあゆみ 学 科 の 変 遷 3 組 織 6 九 州 工 業 大 学 学 則 7 工 学 部 Ⅰ 九 州 工 業 大 学 工 学 部 学 修 細 則 4 人 間 科 学 科 目 履 修 課 程 表 ⑴ 人 間 科 学 基 礎 科 目 8 ⑵ 副 専

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832348F438E6D89DB92F695E58F5797768D80816982578C8E93FC8E8E814582518C8E93FC8E8E816A5B323031312D332D32388AAE90AC94C55D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832348F438E6D89DB92F695E58F5797768D80816982578C8E93FC8E8E814582518C8E93FC8E8E816A5B323031312D332D32388AAE90AC94C55D2E646F63> 平 成 24 年 度 (2012 年 度 ) 埼 玉 大 学 大 学 院 文 化 科 学 研 究 科 ( 修 士 課 程 ) 学 生 募 集 要 項 一 般 入 試 社 会 人 入 試 私 費 外 国 人 留 学 生 入 試 国 際 協 力 特 別 入 試.. 埼 玉 大 学 大 学 院 文 化 科 学 研 究 科 . : : 平 成 24 年 度 (2012 年 度 ) 埼 玉 大 学 大 学 院

More information

Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のため

Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のため 2016 年 度 入 試 受 験 ガイド 2016 Examination Guidebook Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のために キリス

More information

Microsoft PowerPoint - 差し換え用

Microsoft PowerPoint - 差し換え用 資 料 2 平 成 2 5 年 6 月 2 4 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 日 本 年 金 機 構 平 成 24 年 度 の 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況 と 今 後 の 取 組 等 について 目 次 1. 平 成 24 年 度 の 納 付 状 況 等 について (1) 公 的 年 金 制 度 全 体 の 状 況 1 (2) 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況

More information

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た 3 市 民 税 県 民 税 市 民 税 は 一 般 に 県 民 税 と 合 わせて 住 民 税 ( 市 民 税 県 民 税 )と 呼 ばれ 地 域 社 会 会 費 として 住 民 がそ 能 力 に 応 じて 広 く 負 担 を 分 かち 合 うという 性 格 を 有 する 税 です 市 民 税 には 個 人 が 負 担 する 個 人 市 民 税 と 会 社 などが 負 担 する 法 人 市 民 税

More information

妊 中 には 次 のような 制 度 サービスがあります ( 問 合 せ 先 : 大 分 市 保 健 所 健 康 課 TEL536-2516) 1. 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 の 健 康 管 理 と 安 全 な 出 産 のめに 妊 婦 健 康 診 査 受 診 票 による 健 康 診 査 が14

妊 中 には 次 のような 制 度 サービスがあります ( 問 合 せ 先 : 大 分 市 保 健 所 健 康 課 TEL536-2516) 1. 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 の 健 康 管 理 と 安 全 な 出 産 のめに 妊 婦 健 康 診 査 受 診 票 による 健 康 診 査 が14 1 妊 母 子 健 康 手 帳 をもいまょう! 母 子 健 康 手 帳 は 妊 出 産 育 児 を 通 て 母 と 子 の 健 康 と 成 長 の 記 録 です お 母 さんの 妊 中 の 状 況 や 出 産 や 産 後 の 経 過 5~6 歳 ( 就 学 前 )になる までの 健 康 診 査 の 結 果 などについて 医 療 機 関 等 で 記 録 できるようになってい ます 妊 産 婦 健 診

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE88EACADFDDCCDAAFC4323031332E313194C5816B8DC58F4988C4816C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE88EACADFDDCCDAAFC4323031332E313194C5816B8DC58F4988C4816C> はじめに この 度 あなた 様 は 日 本 年 金 機 構 より 老 齢 ( 障 害 遺 族 ) 厚 生 年 金 の 決 定 を 受 けられたことと 存 じます この 決 定 を 受 けられた 年 金 にはあな た 様 又 は 元 組 合 員 の 方 が( 旧 ) 国 鉄 共 済 組 合 に 加 入 されていた 期 間 が 通 算 されております あなた 様 又 は 元 組 合 員 の 方 は( 旧

More information

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信 災 害 時 透 析 業 務 支 援 ボランティア 活 動 マニュアル ver.1.10 2014 年 6 月 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 災 害 対 策 委 員 会 < 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援

More information

Microsoft Word - 27gyousyaQA

Microsoft Word - 27gyousyaQA Q&A 目 次 Ⅰ 宅 建 業 者 免 許 に 関 すること Q1 申 請 書 類 はどこで 手 に 入 れるのですか 3 Q2 どのくらい 資 金 が 必 要 ですか 3 Q3 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 代 表 者 を 兼 ねることができますか 3 Q4 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 取 締 役 又 は 監 査 役 又 は 従 事 者

More information

ジョブ・カード様式

ジョブ・カード様式 平 成 27 年 9 月 30 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 408 号 ( 職 業 能 力 開 発 促 進 法 第 15 条 の4 第 1 項 に 基 づく 様 式 ) ( 別 添 3) 新 たなジョブ カードの 様 式 様 式 1 キャリア プランシート 様 式 1-1 キャリア プランシート( 就 業 経 験 がある 方 用 ) 様 式 1-2 キャリア プランシート( 就 業 経 験

More information

延長保育料について

延長保育料について 資 料 3 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 事 業 及 び 一 時 預 かり 事 業 について 平 成 27 年 1 月 桐 生 市 保 健 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 教 育 委 員 会 教 育 部 学 校 教 育 課 1 1. 事 業 について (1) 概 要 就 労 形 態 の 多 様 化 等 に 伴 う の 需 要 に 対 応 するための 事 業 につい ては 平 成 27

More information

1. 入 試 概 要 募 集 人 員 高 松 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 4 年 高 松 短 期 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 2 年 高 松 大 学 入 試 区 分 発 達 科 学 部 子 ども 発 達 学 科 経 営 学 部 経 営 学 科 保 育 学 科 高 松

1. 入 試 概 要 募 集 人 員 高 松 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 4 年 高 松 短 期 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 2 年 高 松 大 学 入 試 区 分 発 達 科 学 部 子 ども 発 達 学 科 経 営 学 部 経 営 学 科 保 育 学 科 高 松 社 会 人 入 学 について( 授 業 時 間 9:00~17:50) 高 松 大 学 発 達 科 学 部 子 ども 発 達 学 科 学 校 を 卒 業 して 社 会 人 として 仕 事 をしている 方 で もう 一 度 大 学 生 となって 勉 強 したいという 方 々のために 社 会 人 入 試 を 実 施 しています 近 年 少 子 化 が 進 んでいますが 子 育 て 支 援 の 方 策 も

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

10是枝075-080.eca

10是枝075-080.eca 鳴 門 教 育 大 学 授 業 実 践 研 究 - 学 部 大 学 院 の 授 業 改 善 をめざして- 第 15 号 2016 自 ら 学 び 続 ける 児 童 を 支 える 授 業 の 開 発 と 実 践 -- 数 取 りゲームを 題 材 として-- 是 枝 佑 徳 *, 亀 井 光 * *, 亀 谷 直 樹 川 村 俊 貴 *, 黒 田 浩 平 * *, 辻 永 大 地 坪 井 将 史 *,

More information

平成24年7月3日

平成24年7月3日 平 成 27 年 11 月 4 日 六 ツ 川 中 学 校 PTA 運 営 委 員 会 第 6 回 運 営 委 員 会 議 事 録 日 時 平 成 27 年 11 月 4 日 ( 水 ) 10:00~ 場 所 PTA 会 議 室 司 会 柳 副 会 長 記 録 盛 田 書 記 出 席 者 32 名 ( 副 校 長, 会 長, 副 会 長 2 名, 書 記 2 名, 会 計, 校 外 1 名, 学 年

More information

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた 平 成 27 年 度 松 本 市 行 政 改 革 推 進 委 員 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 28 年 1 月 26 日 ( 火 ) 15 時 30 分 ~16 時 50 分 2 会 場 松 本 市 役 所 第 一 応 接 室 3 出 席 委 員 稲 葉 憲 一 委 員 上 田 順 子 委 員 太 田 克 彦 委 員 太 田 勉 委 員 大 月 清 光 委 員 草 間 秀 委 員 丹

More information

Microsoft Word - 新規 Microsoft Word 文書.docx

Microsoft Word - 新規 Microsoft Word 文書.docx ss 震 災 と 生 活 保 護 制 度 Q&A 作 成 : 生 活 保 護 問 題 対 策 全 国 会 議 Q1( 避 難 所 での 生 活 保 護 受 給 ) 私 は 今 避 難 所 で 生 活 しています 生 活 保 護 の 申 請 に 行 ったら 炊 き 出 し 配 給 等 に よって 最 低 生 活 が 確 保 されているし 居 住 地 ( 被 災 地 )と 離 れているからダメと 言 われま

More information

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 国 も 家 庭 も 守 りたい 防 衛 省 職 員 のための は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 推 進 が 大 きな 柱 に 掲 げられました

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ 読 解 力 表 現 力 を 育 てる 指 導 の 実 践 例 国 語 の 記 述 式 問 題 の 結 果 が 顕 著 に 良 好 な 中 学 校 の 例 学 校 紹 介 学 校 種 校 区 内 小 学 校 学 級 数 生 徒 数 中 学 校 ( 平 成 4 年 開 校 ( 近 隣 2 校 の 統 合 による )) 5 校 計 6 学 級 第 1 学 年 1 学 級 ( 約 30 名 ) ( 約 130

More information

- Contents - 講 師 より... 1 参 考 資 料 司 法 試 験 ガイダンスレジュメ... 3 旧 司 2009 年 本 試 験 民 法 第 1 問... 6 旧 司 2009 年 本 試 験 刑 法 第 1 問... 8 合 格 体 験 記 合 格 体 験 記 1... 10 合

- Contents - 講 師 より... 1 参 考 資 料 司 法 試 験 ガイダンスレジュメ... 3 旧 司 2009 年 本 試 験 民 法 第 1 問... 6 旧 司 2009 年 本 試 験 刑 法 第 1 問... 8 合 格 体 験 記 合 格 体 験 記 1... 10 合 111224TOKYO 辰 已 専 任 講 師 弁 護 士 荒 木 雅 晃 先 生 TOKYO YOKOHAMA OSAKA KYOTO NAGOYA FUKUOKA - Contents - 講 師 より... 1 参 考 資 料 司 法 試 験 ガイダンスレジュメ... 3 旧 司 2009 年 本 試 験 民 法 第 1 問... 6 旧 司 2009 年 本 試 験 刑 法 第 1 問...

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

人件費の状況(普通会計決算)

人件費の状況(普通会計決算) 2 職 員 の 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 職 員 に 支 給 される 給 与 のほか 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 等 職 員 が 加 入 している 地 方 共 済 組 合 に 事 業 主 として 支 払 う 負 担 金 等 を 合 計 したものです 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (19 年 度

More information