Microsoft Word - 表紙

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 表紙"

Transcription

1 平 成 28 年 度 畜 産 行 政 の 概 要 平 成 28 年 8 月 鳥 取 県 農 林 水 産 部 農 業 振 興 戦 略 監 畜 産 課

2 目 次 Ⅰ 鳥 取 県 の 畜 産 の 現 状 1 Ⅱ 平 成 28 年 度 畜 産 関 係 予 算 の 概 要 9 1 県 及 び 農 林 水 産 部 予 算 の 概 要 9 2 畜 産 関 係 予 算 の 総 括 9 3 平 成 28 年 度 畜 産 関 係 予 算 の 概 要 10 Ⅲ 平 成 28 年 度 畜 産 振 興 のための 事 業 一 覧 12 Ⅳ 平 成 28 年 度 事 業 概 要 15 1 当 初 予 算 15 (1) 職 員 人 件 費 15 (2) 畜 産 家 管 理 運 営 費 15 (3) 家 畜 商 家 畜 人 工 授 精 師 等 免 許 関 係 事 業 15 (4) 畜 産 業 振 興 事 業 事 務 受 託 事 業 16 (5) 家 畜 生 産 出 荷 調 査 事 業 16 (6) 畜 産 農 家 環 境 保 全 指 導 事 業 17 (7) 和 牛 改 良 増 頭 対 策 事 業 18 (8) 鳥 取 県 和 牛 振 興 戦 略 基 金 19 (9) 県 産 畜 産 物 ブランド 力 向 上 消 費 拡 大 事 業 20 (10) 県 優 良 種 雄 牛 造 成 事 業 21 (11) 第 11 回 全 共 出 品 対 策 事 業 22 (12) 肉 用 牛 肥 育 経 営 安 定 対 策 事 業 23 (13) 肉 用 子 牛 価 格 安 定 事 業 23 (14) 飼 料 用 米 利 用 拡 大 推 進 事 業 24 (15) 肉 豚 経 営 安 定 対 策 事 業 24 (16)ブランド 豚 生 産 拡 大 支 援 事 業 25 (17) 鳥 取 地 どりブランド 生 産 拡 大 支 援 事 業 25 (18) 畜 産 関 係 資 金 対 策 事 業 26 (19) 公 共 育 成 牧 場 施 設 維 持 管 理 業 務 26 (20) 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 肉 用 牛 ) 27 (21) 和 牛 受 精 卵 放 牧 拡 大 支 援 事 業 27 (22) 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 酪 農 ) 27 (23) 乳 用 牛 増 頭 支 援 事 業 27 (24) 廃 止 鳥 取 和 牛 振 興 総 合 対 策 事 業 ( 販 売 対 策 ) 28 (25) 廃 止 ゲノム 育 種 価 を 活 用 した 次 世 代 の 和 牛 改 良 推 進 事 業 28

3 (26) 廃 止 全 日 本 ホルスタイン 共 進 会 対 策 事 業 28 (27) 家 畜 保 健 衛 所 管 理 運 営 費 29 (28) 自 衛 防 疫 強 化 総 合 対 策 事 業 29 (29) 家 畜 衛 生 対 策 事 業 30 (30) 家 畜 伝 染 病 予 防 事 業 31 (31) 特 定 家 畜 伝 染 病 危 機 管 理 対 策 事 業 32 (32) 農 場 HACCP 推 進 事 業 33 (33) 鳥 取 県 獣 医 師 職 場 体 験 研 修 事 業 34 (34) 畜 産 試 験 場 試 験 研 究 費 35 (35) 優 良 遺 伝 子 を 活 用 した 新 鳥 取 和 牛 の 創 造 36 (36) 鳥 取 和 牛 肉 うまみ 開 発 試 験 36 (37) 畜 産 試 験 場 管 理 運 営 費 37 (38) 廃 止 畜 産 試 験 場 施 設 整 備 費 37 (39) 中 小 家 畜 試 験 場 試 験 研 究 費 38 (40) 鳥 取 地 どりピヨ の 改 良 試 験 39 (41)( 新 )コンパクトで 低 コストな 脱 臭 装 置 の 開 発 39 (42) 中 小 家 畜 試 験 場 管 理 運 営 費 40 (43) 中 小 家 畜 試 験 場 施 設 整 備 費 40 2 平 成 27 年 度 2 月 補 正 予 算 ( 臨 時 会 関 係 ) 41 (1)( 新 ) 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 肉 用 牛 ) 41 (2)( 新 ) 和 牛 受 精 卵 放 牧 拡 大 支 援 事 業 42 (3)( 新 ) 鳥 取 の 牛 肉 ブランド 強 化 対 策 事 業 43 (4)( 新 ) 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 酪 農 ) 44 (5)( 新 ) 乳 用 牛 増 頭 支 援 事 業 45 (6)( 新 ) 緊 急 生 乳 増 産 奨 励 事 業 46 (7)( 新 ) 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 養 豚 ) 47 (8)( 新 ) 畜 産 試 験 場 家 畜 防 疫 体 制 強 化 事 業 48 Ⅴ 農 畜 産 業 振 興 機 構 の 畜 産 業 振 興 事 業 49 1 畜 産 業 振 興 事 業 とは? 49 2 平 成 28 年 度 に 鳥 取 県 で 実 施 が 見 込 まれる 畜 産 業 振 興 事 業 の 一 覧 49 Ⅵ 地 方 競 馬 全 国 協 会 の 畜 産 振 興 補 助 事 業 51 1 畜 産 振 興 補 助 事 業 の 概 要 51 2 畜 産 振 興 補 助 事 業 の 現 状 51 3 鳥 取 県 で 実 施 している 畜 産 振 興 補 助 事 業 51 Ⅶ 畜 産 関 係 のリース 事 業 52 1 畜 産 関 係 リース 事 業 の 概 要 52

4 2 各 リース 事 業 の 内 容 55 (1) 畜 産 環 境 整 備 リース 事 業 55 (2) 持 続 的 な 畜 産 経 営 確 率 のための 環 境 対 策 等 リース 事 業 ( 調 査 リース) 57 (3) 畜 産 近 代 化 リース 事 業 58 Ⅷ 平 成 28 年 度 畜 産 関 係 融 資 制 度 61 1 用 途 別 に 見 た 制 度 資 金 一 覧 表 61 2 資 金 の 概 要 62 3 畜 産 経 営 特 別 資 金 一 覧 表 64 4 家 畜 疾 病 経 営 維 持 資 金 一 覧 表 65 Ⅸ 平 成 28 年 度 畜 産 酪 農 経 営 安 定 対 策 66 Ⅹ 畜 産 関 係 行 政 機 構 図 及 び 畜 産 関 係 団 体 67 1 畜 産 関 係 行 政 機 構 図 67 2 畜 産 関 係 団 体 一 覧 69 参 考 資 料 71 1 農 業 概 要 71 (1) 土 地 及 び 耕 地 71 (2) 農 業 の 現 況 71 (3) 農 業 産 出 額 と 生 産 農 業 所 得 72 (4) 家 畜 飼 養 頭 羽 数 及 び 畜 産 物 生 産 量 73 (5) 市 町 村 別 飼 養 頭 羽 数 74 2 県 内 農 業 産 出 額 及 び 類 別 構 成 75 3 家 畜 飼 養 農 家 数 及 び 飼 養 頭 羽 数 の 推 移 76 (1) 肉 用 牛 76 (2) 乳 用 牛 76 (3) 豚 77 (4) 鶏 77 4 家 畜 のせり 市 場 動 向 78 (1) 和 牛 子 牛 せり 市 場 成 績 及 び 県 外 移 出 状 況 78 (2) 乳 子 牛 せり 市 場 成 績 及 び 県 外 移 出 状 況 79 5 畜 産 物 の 流 通 動 向 80

5 (1) 肉 畜 の 生 産 出 荷 状 況 80 (2) 食 肉 の 卸 売 価 格 の 推 移 81 (3) 生 乳 の 需 給 状 況 及 び 価 格 の 動 向 82 (4) 鶏 卵 の 生 産 流 通 及 び 価 格 の 動 向 83

6 Ⅰ 鳥 取 県 の 畜 産 の 現 状 日 本 の 畜 産 業 は 昭 和 30 年 代 以 降 人 口 の 増 加 所 得 の 向 上 等 による 需 要 増 加 に 支 えられ 順 調 に 発 展 してきた それに 伴 い 本 県 でも 畜 産 農 家 数 及 び 家 畜 飼 養 頭 羽 数 は 急 激 に 増 加 したが 昭 和 50 年 代 に 生 乳 豚 肉 鶏 卵 鶏 肉 の 供 給 量 が 需 要 量 を 上 回 ると 次 第 に 計 画 生 産 体 制 へと 移 行 すること となった 本 県 の 家 畜 飼 養 頭 羽 数 は 酪 農 では 昭 和 40 年 代 肉 用 牛 では 昭 和 30 年 代 養 豚 養 鶏 では 昭 和 60 年 代 をピークに 減 少 している また 畜 産 農 家 数 については 各 畜 種 とも 小 規 模 層 を 中 心 に 減 少 しているものの 飼 養 規 模 の 拡 大 や 畜 産 企 業 の 増 加 に 伴 い 一 戸 当 たりの 飼 養 頭 羽 数 は 増 加 している なお 鳥 取 県 における 平 成 26 年 の 農 業 産 出 額 は653 億 円 で うち 畜 産 に 係 る 産 出 額 は 246 億 円 全 体 に 占 める 割 合 は 約 38%となっている 鳥 取 県 の 農 業 産 出 額 の 推 移 区 分 農 業 産 出 額 うち 畜 産 産 出 額 内 訳 ( 単 位 : 百 万 円 ) 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 平 成 26 年 66,500 67,600 68,400 67,900 65,300 23,100 23,200 20,700 23,100 24,600 肉 用 牛 3,000 2,500 2,700 2,600 2,600 乳 用 牛 6,600 6,500 6,500 6,600 6,600 豚 5,600 5,800 4,200 5,100 5,400 鶏 7,900 8,300 7,300 8,900 10,000 その 他 農 業 産 出 額 の 内 訳 ( 平 成 26 年 ) 畜 産 産 出 額 の 内 訳 ( 平 成 26 年 ) ( 単 位 : 億 円 ) ( 単 位 : 億 円 ) 総 生 産 額 653 億 円 総 生 産 額 246 億 円 資 料 : 中 国 四 国 農 政 局 鳥 取 農 林 水 産 統 計 年 報 統 計 数 値 については 集 計 時 に 四 捨 五 入 等 の 処 理 がなされていることから 合 計 と 内 訳 の 計 が 一 致 しないことがあります

7 畜 産 農 家 戸 数 の 推 移 ( 戸 ) 区 分 H 乳 用 牛 肉 用 牛 豚 採 卵 鶏 ブロイラー 合 計 資 料 : 中 国 四 国 農 政 局 鳥 取 農 林 水 産 統 計 年 報 注 : H22 及 び H27は 農 林 業 センサス 実 施 年 のため 豚 及 び 採 卵 鶏 調 査 はなし *ブロイラーについては 平 成 23 年 以 降 は 県 畜 産 課 調 べの 数 値 酪 農 小 規 模 農 家 の 廃 業 により 飼 養 頭 数 は 平 成 8 年 以 降 緩 やかに 減 少 を 続 ける 中 平 成 13 年 以 降 は 増 加 に 転 じていたが 近 年 飼 養 戸 数 頭 数 ともに 減 少 傾 向 が 続 いている 1 戸 当 たり 飼 養 頭 数 は 規 模 拡 大 が 進 み 平 成 27 年 には63.7 頭 となっている 酪 農 にお いては 専 業 化 による 大 規 模 経 営 が 増 加 するとともに 比 較 的 後 継 者 が 確 保 され 地 域 農 業 の 中 核 的 リーダーとなっている 生 乳 生 産 量 は 近 年 は6.0 万 トン 程 度 で 推 移 していたが 平 成 27 年 には 約 5.7 万 トン となっている 平 成 15 年 4 月 から 県 産 生 乳 は 全 量 が 県 内 で 牛 乳 や 乳 製 品 に 加 工 され 県 内 外 に 出 荷 され ている また 県 内 乳 業 再 編 等 により 酪 農 専 門 農 協 1 農 協 1 工 場 体 制 ( 市 乳 )となった 飼 料 作 物 の 栽 培 は 近 年 輸 入 飼 料 価 格 の 高 止 まりにより イタリアンライグラス 中 心 の 農 家 が 飼 料 用 トウモロコシに 転 換 する 一 方 で 飼 料 用 稲 飼 料 用 米 の 栽 培 が 増 加 している 県 全 体 での 飼 料 作 付 面 積 は4,950ha で うち 水 田 利 用 における 飼 料 用 稲 栽 培 は326ha 飼 料 用 米 は1,090ha( 平 成 27 年 度 )となっており コントラクター( 飼 料 生 産 受 託 組 織 )が 収 穫 調 整 するという 外 部 委 託 化 が 進 められている また 飼 料 用 トウモロコシの 作 - 2 -

8 付 面 積 は536ha( 平 成 27 年 度 : 酪 農 )であり ほぼ 横 ばいで 推 移 している 乳 用 牛 の 飼 養 戸 数 頭 数 の 推 移 資 料 : 中 国 四 国 農 政 局 鳥 取 農 林 水 産 統 計 年 報 酪 農 経 営 の 推 移 H 乳 用 牛 産 出 額 ( 億 円 ) うち 生 乳 ( 億 円 ) 生 乳 生 産 量 (t) 61,912 59,195 60,387 59,829 57,022 生 乳 生 産 者 価 格 ( 円 /kg) 資 料 : 中 国 四 国 農 政 局 鳥 取 農 林 水 産 統 計 年 報 畜 産 課 調 べ 生 乳 の 生 産 量 および 生 産 者 価 格 の 推 移 資 料 : 農 林 水 産 省 牛 乳 乳 製 品 統 計 畜 産 課 調 べ - 3 -

9 肉 用 牛 総 飼 養 頭 数 は 昭 和 50 年 以 降 横 ばい 状 況 であったが 平 成 3 年 の 牛 肉 輸 入 自 由 化 後 は 徐 々に 減 少 している 和 牛 子 牛 の 年 間 出 荷 頭 数 は1,905 頭 ( 平 成 27 年 )で うち 県 外 へは1,020 頭 (53.5%)が 出 荷 され 主 な 出 荷 先 は 兵 庫 県 滋 賀 県 岐 阜 県 等 である また 子 牛 価 格 は 全 国 的 な 出 荷 頭 数 の 減 少 から 613 千 円 ( 平 成 27 年 )と 上 昇 傾 向 である 肥 育 牛 は7,491 頭 ( 平 成 26 年 )が 県 内 でと 畜 され 他 は 主 として 東 京 都 兵 庫 県 でと 畜 されている 白 鵬 85の3 百 合 白 清 2 といった 全 国 トップレベルの 優 秀 な 県 有 種 雄 牛 の 誕 生 により 和 牛 生 産 拡 大 の 機 運 が 高 まる 中 鳥 取 和 牛 のトップブランド 化 に 向 けた 取 組 の 充 実 を 図 って いる 肉 用 牛 の 飼 養 戸 数 頭 数 の 推 移 資 料 : 中 国 四 国 農 政 局 鳥 取 農 林 水 産 統 計 年 報 肉 用 牛 経 営 の 推 移 H 肉 用 牛 粗 生 産 額 ( 百 万 円 ) 3,000 2,500 2,700 2,600 2,600 和 子 牛 出 荷 頭 数 ( 頭 ) 2,343 2,313 1,996 2,027 1,998 成 牛 と 畜 頭 数 ( 頭 ) 7,608 7,448 7,878 7,802 7,491 和 子 牛 価 格 ( 千 円 ) 牛 枝 肉 単 価 和 牛 ( 去 勢 ) 1,663 1,627 1,720 1,895 2,002 ( 円 /kg) 大 阪 乳 牛 ( 去 勢 ) 資 料 : 農 林 水 産 省 畜 産 物 流 通 統 計 中 国 四 国 農 政 局 鳥 取 農 林 水 産 統 計 年 報 大 阪 市 中 央 卸 売 市 場 南 港 市 場 年 報 畜 産 課 調 べ - 4 -

10 和 子 牛 出 荷 頭 数 と 子 牛 価 格 の 推 移 資 料 : 畜 産 課 調 べ 養 豚 昭 和 30 年 代 は 小 規 模 農 家 が 大 半 であったが 昭 和 40~50 年 代 には 大 規 模 専 業 経 営 へと 発 展 してきた しかし 環 境 問 題 の 顕 在 更 に 豚 肉 の 輸 入 量 の 増 加 価 格 の 低 下 等 が 重 なり 昭 和 60 年 代 以 降 は 飼 養 農 家 が 大 幅 に 減 少 した なお この 間 も 飼 養 頭 数 は 規 模 拡 大 により 増 加 を 続 けていたが 平 成 8 年 以 降 は 減 少 に 転 じた 1 戸 当 たりの 飼 養 頭 数 は 平 成 14 年 に 一 時 減 少 したものの 近 年 は 横 ばい 傾 向 にある 養 豚 の 飼 養 戸 数 頭 数 の 推 移 資 料 : 中 国 四 国 農 政 局 鳥 取 農 林 水 産 統 計 年 報

11 注 :H22 及 び H27は 農 林 業 センサス 実 施 年 のため 調 査 なし 養 豚 経 営 の 推 移 H 養 豚 産 出 額 ( 百 万 円 ) 5,600 5,800 4,200 5,100 5,400 豚 と 畜 頭 数 ( 頭 ) 74,694 74,638 73,018 80,811 82,046 枝 肉 単 価 ( 円 /kg) 資 料 : 中 国 四 国 農 政 局 鳥 取 農 林 水 産 統 計 年 報 農 林 水 産 省 畜 産 物 流 通 統 計 枝 肉 単 価 は 大 阪 市 卸 売 市 場 平 均 養 鶏 大 消 費 地 に 比 較 的 近 いという 立 地 条 件 にも 恵 まれ 特 にブロイラーは 全 国 屈 指 の 生 産 県 とし て 発 展 してきた 平 成 3 年 度 に 県 中 小 家 畜 試 験 場 で 鳥 取 地 どりピヨが 作 出 され 約 1 万 羽 が 県 内 外 に 出 荷 さ れている 採 卵 鶏 は 昭 和 30 年 代 頃 県 下 のいたるところで 飼 養 されていたが 次 第 に 専 業 化 が 進 み 昭 和 40 年 代 には 規 模 拡 大 団 地 造 成 等 本 県 の 採 卵 鶏 経 営 の 最 盛 期 となった その 後 オイ ルショックによる 飼 料 価 格 の 高 騰 と 卵 価 の 乱 高 下 により 飼 養 農 家 が 大 幅 に 減 少 した 近 年 では 商 系 又 は 農 協 系 の 団 体 企 業 による 大 規 模 経 営 が 多 くなっている ブロイラーの 飼 養 戸 数 羽 数 の 推 移 注 :H22 及 び H27は 農 林 業 センサス 実 施 年 のため 調 査 なし 資 料 : 畜 産 課 調 べ - 6 -

12 採 卵 鶏 の 飼 養 戸 数 羽 数 の 推 移 注 :H22 及 び H27は 農 林 業 センサス 実 施 年 のため 調 査 なし 資 料 : 中 国 四 国 農 政 局 鳥 取 農 林 水 産 統 計 年 報 養 鶏 経 営 の 推 移 H 養 鶏 産 出 額 ( 百 万 円 ) 7,900 8,300 7,300 8,900 10,000 鶏 卵 (t) 10,728 10,612 9,656 10,719 10,597 生 産 量 フ ロ イ ラ ー ( 千 羽 ) 13,028 12,826 13,713 15,049 15,810 鶏 卵 価 格 ( 円 /kg) フ ロイラーもも 肉 価 格 ( 円 /kg) 資 料 : 中 国 四 国 農 政 局 鳥 取 農 林 水 産 統 計 年 報 鶏 卵 価 格 はJA 全 農 たまご 大 阪 M 基 準 ブロイラーもも 肉 価 格 は 日 本 経 済 新 聞 東 京 加 重 値 の 平 均 畜 産 環 境 問 題 畜 産 経 営 に 起 因 する 環 境 問 題 は 急 速 な 規 模 拡 大 に 伴 う 糞 尿 処 理 施 設 の 不 足 等 により 年 々 増 加 していたが 平 成 11 年 の 家 畜 排 せつ 物 の 管 理 の 適 正 化 及 び 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 い 適 正 な 処 理 の 推 進 が 行 われ 減 少 しているところである 平 成 23 年 4 月 より 水 質 汚 濁 防 止 法 一 部 改 正 により ある 一 定 規 模 以 上 の 農 家 については 年 1 回 以 上 の 汚 水 検 査 の 実 施 と 記 録 の 保 存 が 義 務 化 され 環 境 負 荷 軽 減 が 求 められている 悪 臭 発 生 に 関 する 苦 情 が 継 続 して 発 生 している - 7 -

13 畜 産 環 境 種 類 別 苦 情 発 生 状 況 の 推 移 資 料 : 畜 産 課 調 べ( 苦 情 件 数 は 実 数 値 複 数 の 項 目 に 該 当 する 場 合 はそれぞれでカウント なお 各 年 のデー タは 前 年 の7 月 1 日 から 当 該 年 の6 月 30 日 までの1 年 間 の 発 生 状 況 を 集 計 したもの ) 平 成 27 年 畜 種 別 苦 情 発 生 状 況 資 料 : 畜 産 課 調 べ - 8 -

14 Ⅱ 平 成 28 年 度 畜 産 関 係 予 算 の 概 要 1 県 及 び 農 林 水 産 部 予 算 の 概 要 ( 単 位 : 千 円 %) 区 分 平 成 28 年 度 当 初 予 算 額 (D) 平 成 27 年 度 当 初 予 算 額 (E) 増 減 (D)-(E) 対 比 (D)/(E) 県 全 体 予 算 額 (A) 農 林 水 産 部 予 算 (B) ( 特 別 会 計 を 除 く) 349,072, ,569,000 15,503, ,092,681 21,587, , (B)/(A) 畜 産 課 予 算 額 (C) 1,123,035 1,149,309 26, (C)/(B) 畜 産 関 係 予 算 の 総 括 ( 単 位 : 千 円 %) 区 分 平 成 28 年 度 当 初 予 算 額 (A) 平 成 27 年 度 当 初 予 算 額 (B) 増 減 対 比 (A)-(B) (A)/(B) 畜 産 総 務 費 621, ,915 8, う ち 人 件 費 602, ,123 8, 畜 産 振 興 費 283, ,598 34, う ち 公 共 事 業 家 畜 保 健 衛 生 費 計 218, , ,123,035 1,149,309 26,

15 3 平 成 28 年 度 畜 産 関 係 当 初 予 算 の 概 要 (1) 畜 産 総 務 費 畜 産 振 興 費 事 業 名 1. 価 格 経 営 安 定 対 策 国 庫 起 債 その 他 一 般 財 源 肉 用 牛 肥 育 経 営 安 定 対 策 事 業 40,596 58,244 40,596 肉 用 子 牛 価 格 安 定 事 業 5,290 10,623 5,290 肉 豚 経 営 安 定 対 策 事 業 26,329 18,758 26,329 畜 産 関 係 資 金 対 策 事 業 自 給 飼 料 生 産 拡 大 飼 料 用 米 利 用 拡 大 推 進 事 業 3,360 28,130 3, 家 畜 改 良 増 殖 対 策 県 優 良 種 雄 牛 造 成 事 業 17,085 16, , 増 頭 対 策 ブランド 豚 生 産 拡 大 支 援 事 業 鳥 取 県 和 牛 振 興 戦 略 基 金 66,431 8,398 66,431 和 牛 改 良 増 頭 対 策 事 業 98,416 28,854 37,650 72,474 25,942 ( 新 ) 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 肉 用 牛 ) 57,469 33,670 ( 新 ) 和 牛 受 精 卵 放 牧 拡 大 支 援 事 業 8,380 10,330 ( 新 ) 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 酪 農 ) 923,941 47,240 ( 新 ) 乳 用 牛 増 頭 支 援 事 業 9,067 4,200 ( 新 ) 緊 急 生 乳 増 産 奨 励 事 業 7,920 0 ( 新 ) 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 養 豚 ) 11, 指 導 畜 産 農 家 環 境 保 全 指 導 事 業 1, ,150 家 畜 商 家 畜 人 工 授 精 師 等 免 許 関 係 事 業 畜 産 業 振 興 事 業 事 務 受 託 事 業 3,535 3,639 3, 畜 産 課 管 理 運 営 費 14,063 14,645 14,063 職 員 人 件 費 602, , , 畜 産 物 流 通 対 策 家 畜 生 産 出 荷 調 査 事 業 ブランド 確 立 事 業 鳥 取 地 どりブランド 生 産 拡 大 支 援 事 業 県 産 畜 産 物 ブランド 力 向 上 消 費 拡 大 事 業 15,700 11,600 15,700 ( 新 ) 鳥 取 の 牛 肉 ブランド 強 化 対 策 事 業 9, 整 備 事 業 公 共 育 成 牧 場 施 設 維 持 管 理 業 務 3,371 6,771 3,371 ( 新 ) 畜 産 試 験 場 家 畜 防 疫 体 制 強 化 事 業 63, 全 共 出 品 対 策 第 11 回 全 共 出 品 対 策 事 業 5,445 1,156 5,445 < 平 成 27 年 度 終 了 事 業 > 鳥 取 和 牛 振 興 総 合 対 策 事 業 ( 販 売 対 策 ) 0 17,070 全 日 本 ホルスタイン 共 進 会 対 策 事 業 0 5,519 は 事 業 内 容 に 継 続 事 業 を 含 む 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 27 年 度 補 正 予 算 当 初 予 算 当 初 予 算 ( 臨 時 会 関 係 ) 財 源 内 訳 (28 年 度 ) ( 単 位 : 千 円 ) 合 計 904,632 1,120, , , ,

16 (2) 家 畜 保 健 衛 生 費 10. 家 畜 衛 生 対 策 事 業 名 平 成 28 年 度 平 成 27 年 度 当 初 予 算 当 初 予 算 財 源 内 訳 (28 年 度 ) ( 単 位 : 千 円 ) 国 庫 起 債 その 他 一 般 財 源 家 畜 保 健 衛 生 所 管 理 運 営 費 43,713 49,479 7,133 36,580 家 畜 衛 生 対 策 事 業 20,914 23,182 10, ,710 自 衛 防 疫 強 化 総 合 対 策 事 業 2,831 2,831 2,831 家 畜 伝 染 病 予 防 事 業 23,556 22,824 13, ,699 特 定 家 畜 伝 染 病 危 機 管 理 対 策 事 業 124, ,538 58,367 66,131 農 場 HACCP 推 進 事 業 2,140 2,140 2,140 鳥 取 県 獣 医 師 職 場 体 験 研 修 事 業 合 計 218, ,796 82, , ,842 (3) 試 験 場 関 係 畜 産 試 験 場 費 管 理 運 営 費 47,804 47,482 施 設 整 備 費 0 6,637 試 験 研 究 費 102,098 96,728 中 小 家 畜 試 験 場 費 事 業 名 ( 単 位 : 千 円 ) 平 成 28 年 度 平 成 27 年 度 当 初 予 算 当 初 予 算 合 計 149, ,847 管 理 運 営 費 35,189 28,395 施 設 整 備 費 8,438 42,903 試 験 研 究 費 39,392 48,674 合 計 83, ,

17 Ⅲ 平 成 28 年 度 畜 産 振 興 のための 事 業 一 覧 生 産 振 興 対 策 自 給 飼 料 生 産 飼 料 基 盤 拡 大 整 備 機 械 導 入 飼 料 用 米 利 用 拡 大 推 進 事 業 経 営 安 定 衛 生 対 策 自 衛 防 疫 強 化 総 合 対 策 事 業 家 畜 伝 染 病 予 防 事 業 家 畜 衛 生 対 策 事 業 特 定 家 畜 伝 染 病 危 機 管 理 対 策 事 業 農 場 HACCP 推 進 事 業 環 境 対 策 家 畜 排 せつ 物 管 理 状 況 調 査 指 導 畜 産 農 家 環 境 保 全 指 導 事 業 公 共 牧 場 支 援 施 設 整 備 等 公 共 育 成 牧 場 施 設 維 持 管 理 業 務 ブランド 化 推 進 県 産 畜 産 物 ブランド 力 向 上 消 費 拡 大 事 業 -12-

18 肉 用 牛 生 産 振 興 対 策 改 良 対 策 種 雄 牛 造 成 県 優 良 種 雄 牛 造 成 事 業 増 頭 対 策 雌 牛 改 良 等 和 牛 改 良 増 頭 対 策 事 業 担 い 手 育 成 受 精 卵 移 植 等 施 設 整 備 新 規 参 入 支 援 和 牛 受 精 卵 放 牧 拡 大 支 援 事 業 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 肉 用 牛 ) 経 営 安 定 価 格 安 定 対 策 肉 用 子 牛 価 格 安 定 事 業 ブランド 化 推 進 肉 用 牛 肥 育 経 営 安 定 対 策 事 業 鳥 取 の 牛 肉 ブランド 強 化 対 策 事 業 乳 用 牛 生 産 振 興 対 策 生 乳 増 産 乳 牛 導 入 乳 用 牛 増 頭 支 援 事 業 緊 急 生 乳 増 産 奨 励 事 業 担 い 手 育 成 施 設 整 備 コントラク ター 育 成 対 策 -13- 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 酪 農 )

19 養 豚 養 鶏 生 産 振 興 対 策 経 営 安 定 価 格 安 定 対 策 肉 豚 経 営 安 定 対 策 事 業 畜 産 関 係 資 金 対 策 事 業 需 給 安 定 対 策 生 産 出 荷 動 向 調 査 家 畜 生 産 出 荷 動 向 調 査 事 業 増 頭 増 羽 対 策 施 設 整 備 鳥 取 地 どりブランド 生 産 拡 大 支 援 事 業 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 養 豚 ) 種 豚 導 入 ブランド 豚 生 産 拡 大 支 援 事 業 -14-

20 Ⅳ 平 成 28 年 度 事 業 概 要 1 当 初 予 算 ( 単 位 : 千 円 ) 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 職 員 人 件 費 ( 手 数 料 ) 602, ,123 8, ,443 畜 産 関 係 職 員 84 名 分 の 人 件 費 である 畜 産 課 管 理 運 営 費 14,063 14, ,063 ト ー タ ル コ ス ト 25,760 千 円 ( 前 年 度 26,293 千 円 ) [ 正 職 員 :1.5 人 ] 主 な 業 務 内 容 関 係 機 関 等 協 議 連 絡 調 整 業 務 事 業 に 該 当 しない 管 理 運 営 業 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 畜 産 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 業 務 等 の 畜 産 課 実 施 の 事 業 を 円 滑 に 行 うための 諸 経 費 である 2 主 な 事 業 内 容 畜 産 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 畜 産 関 係 公 益 法 人 への 指 導 連 絡 調 整 畜 産 専 門 研 修 参 加 など 家 畜 商 家 畜 人 工 授 ( 手 数 料 ) 精 師 等 免 許 関 係 事 業 ト ー タ ル コ ス ト 8,000 千 円 ( 前 年 度 7,967 千 円 ) [ 正 職 員 :1.0 人 ] 主 な 業 務 内 容 家 畜 人 工 授 精 講 習 会 の 開 催 家 畜 人 工 授 精 師 及 び 家 畜 取 引 に 関 する 免 許 交 付 書 換 交 付 事 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 家 畜 人 工 授 精 師 及 び 家 畜 取 引 に 関 する 免 許 申 請 交 付 家 畜 人 工 授 精 講 習 会 及 び 家 畜 商 講 習 会 を 開 催 し 畜 産 業 を 志 す 人 材 の 育 成 確 保 を 行 う 2 主 な 事 業 内 容 家 畜 人 工 授 精 及 び 家 畜 体 内 受 精 卵 移 植 講 習 会 の 開 催 ( 根 拠 法 令 : 家 畜 改 良 増 殖 法 ) 家 畜 商 講 習 会 の 開 催 ( 根 拠 法 令 : 家 畜 商 法 ) 家 畜 人 工 授 精 師 免 許 証 の 交 付 及 び 書 換 交 付 業 務 ( 根 拠 法 令 : 家 畜 改 良 増 殖 法 ) 家 畜 取 引 に 関 する 免 許 証 の 交 付 業 務 ( 根 拠 法 令 : 家 畜 商 法 )

21 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 畜 産 業 振 興 事 業 事 ( 諸 収 入 ) 務 受 託 事 業 3,535 3, , ト ー タ ル コ ス ト 10,553 千 円 ( 前 年 度 11,404 千 円 ) [ 正 職 員 :0.9 人 非 常 勤 職 員 :1.0 人 ] 主 な 業 務 内 容 受 託 団 体 から 受 託 した 関 係 団 体 指 導 監 督 周 知 説 明 申 請 書 等 受 理 審 査 送 付 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 等 が 行 う 補 助 事 業 を 適 正 に 実 施 するための 指 導 監 督 に 必 要 な 事 務 等 を 受 託 する 2 主 な 事 業 内 容 以 下 の5 事 業 の 適 正 実 施 に 係 る 指 導 監 督 及 び 書 類 の 伝 達 経 由 等 を 行 う ( 単 位 : 千 円 ) 受 託 元 団 体 事 務 受 託 事 業 名 予 算 額 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 畜 産 業 振 興 事 業 1,584 肉 用 子 牛 生 産 者 補 給 交 付 金 等 交 付 事 1,081 業 加 工 原 料 乳 生 産 者 補 給 交 付 金 交 付 事 337 業 一 般 財 団 法 人 畜 産 環 境 整 備 機 構 畜 産 高 度 化 支 援 リース 事 業 174 地 方 競 馬 全 国 協 会 畜 産 振 興 補 助 事 業 105 県 負 担 ( 非 常 勤 職 員 共 済 費 ) 254 合 計 3,535 家 畜 生 産 出 荷 調 査 ( 手 数 料 ) 事 業 ト ー タ ル コ ス ト 2,035 千 円 ( 前 年 度 2,028 千 円 ) [ 正 職 員 :0.2 人 ] 主 な 業 務 内 容 家 畜 の 生 産 出 荷 動 向 等 調 査 の 実 施 蜜 蜂 転 飼 調 整 会 議 の 開 催 及 び 転 飼 許 可 等 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 肉 用 牛 肉 豚 鶏 卵 ブロイラー 地 鶏 蜂 蜜 等 の 安 定 的 な 生 産 供 給 による 畜 産 振 興 を 図 るため 生 産 出 荷 動 向 等 の 調 査 や 蜜 蜂 の 転 飼 調 整 会 議 等 を 実 施 する 2 主 な 事 業 内 容 肉 用 牛 豚 鶏 蜜 蜂 に 関 する 調 査 の 実 施 蜜 蜂 の 転 飼 調 整 会 議 の 開 催 及 び 転 飼 許 可 業 務 花 粉 交 配 用 蜜 蜂 の 安 定 需 給 に 係 る 調 査 等

22 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 畜 産 農 家 環 境 保 全 指 導 事 業 1, ,150 ト ー タ ル コ ス ト 10,508 千 円 ( 前 年 度 10,149 千 円 ) [ 正 職 員 :1.2 人 ] 主 な 業 務 内 容 排 せつ 物 処 理 の 苦 情 相 談 対 応 検 討 会 開 催 法 定 立 入 検 査 指 導 助 言 勧 告 命 令 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 家 畜 排 せつ 物 の 管 理 の 適 正 化 及 び 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 に 基 づき 家 畜 排 せつ 物 の 適 正 管 理 につ いて 指 導 するとともに 家 畜 排 せつ 物 の 利 用 促 進 を 図 る 2 主 な 事 業 内 容 (1) 家 畜 排 せつ 物 の 適 正 管 理 に 係 る 指 導 助 言 勧 告 命 令 等 (2) 畜 産 農 家 における 水 質 臭 気 の 測 定 検 査 及 び 指 導 (3) 協 議 会 の 開 催 畜 産 環 境 アドバイザー 研 修 等 への 参 加 規 制 対 象 となる 経 営 規 模 ( 平 成 26 年 12 月 1 日 現 在 ) 畜 種 規 制 対 象 対 象 農 場 数 牛 10 頭 以 上 269 豚 100 頭 以 上 27 鶏 2,000 羽 以 上 65 合 計

23 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 和 牛 改 良 増 頭 対 策 ( 基 金 繰 入 金 ) 事 業 98,416 90,650 7,766 72,474 25,942 ト ー タ ル コ ス ト 110,893 千 円 ( 前 年 度 103,074 千 円 ) [ 正 職 員 :1.6 人 ] 主 な 業 務 内 容 補 助 金 事 務 事 業 実 施 主 体 との 協 議 調 査 指 導 子 牛 生 産 頭 数 肉 牛 出 荷 頭 数 の 増 加 や 高 価 格 販 売 による 和 牛 王 国 鳥 取 の 復 活 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) ( 子 牛 生 産 頭 数 :4,000 頭 肉 牛 出 荷 頭 数 :5,000 頭 鳥 取 和 牛 オレイン55 出 荷 頭 数 :1,000 頭 ) 将 来 の 和 牛 生 産 を 狙 う 中 核 的 な 農 家 や 新 規 参 入 者 による 和 牛 の 生 産 拡 大 及 び 鳥 取 和 牛 オレイン55や 高 品 質 和 牛 肉 の 増 産 を 図 るため 和 牛 繁 殖 雌 牛 や 肥 育 素 牛 の 導 入 保 留 に 係 る 経 費 に 対 し 支 援 する 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 内 容 実 施 主 体 事 業 費 予 算 額 補 助 率 (1) 繁 殖 雌 牛 増 頭 に 係 る 雌 牛 和 牛 改 良 組 合 の 雌 牛 確 保 計 JA 135,800 67,900 [ 担 い 手 農 家 ] 導 入 支 援 画 に 基 づく 和 牛 繁 殖 雌 牛 生 産 者 ( うち 県 基 金 県 1/2( 基 金 を 含 む) の 増 頭 のための 雌 牛 の 購 入 61,308) 市 町 村 1/6 に 対 する 支 援 [ 新 規 参 入 農 家 ] 事 業 対 象 頭 数 :190 頭 ( ) 24,250 県 1/3 県 1/6( 基 金 ) うち H28 当 初 分 :140 頭 市 町 村 1/6 ( 新 ) 増 頭 に 係 る 和 牛 改 良 組 合 の 雌 牛 確 保 計 1,365 1,365 定 額 雌 牛 保 留 支 援 画 に 基 づく 和 牛 繁 殖 雌 牛 ( うち 県 基 金 県 273 千 円 の 増 頭 のための 雌 牛 の 自 家 1,365) ( 基 金 を 含 む) 保 留 に 対 する 支 援 市 町 村 91 千 円 事 業 対 象 頭 数 :10 頭 ( ) 1,365 生 産 費 のうち 県 1/2 うち H28 当 初 分 : 5 頭 市 町 村 1/6 相 当 額 改 良 更 新 に 係 る 高 い 産 肉 能 力 を 持 つ 優 秀 な JA 13,005 11,547 競 りの 場 合 雌 牛 導 入 支 援 雌 牛 に 更 新 する 場 合 の 経 費 ( うち 県 基 金 百 合 白 清 2 などの 産 を 支 援 2,997) 子 の 場 合 事 業 対 象 頭 数 :100 頭 ( ) 95 千 円 +( 購 入 価 格 - 競 り うち H28 当 初 分 : 90 頭 1,283 平 均 価 格 -95 千 円 ) 2/3 その 他 の 種 雄 牛 の 産 子 の 場 合 定 額 95 千 円 自 家 保 留 の 場 合 定 額 95 千 円 (2) 肥 育 素 牛 全 共 後 に 百 合 白 清 2 など JA 24,408 17,604 競 りの 場 合 の 出 荷 牛 を 確 保 するため ( うち 県 基 金 百 合 白 清 2 などの 産 肥 育 素 牛 の 導 入 を 支 援 6,804) 子 の 場 合 事 業 対 象 頭 数 :200 頭 ( ) 60 千 円 +( 購 入 価 格 - 競 り うち H28 当 初 分 :180 頭 1,956 平 均 価 格 -60 千 円 ) 1/2 その 他 の 種 雄 牛 の 産 子 の 場 合 定 額 60 千 円 合 計 174,578 98,416 28,854 事 業 対 象 頭 数 は 平 成 27 年 度 2 月 補 正 臨 時 会 と 平 成 28 年 度 当 初 の 合 計 予 算 額 の は 平 成 27 年 度 2 月 補 正 臨 時 会 で 対 応 した 額 3 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 県 内 外 から 繁 殖 用 の 雌 子 牛 を115 頭 ( 平 成 26 年 度 ) 導 入 し 農 家 の 雌 牛 改 良 に 寄 与 した オレイン 酸 能 力 や 産 肉 能 力 の 高 い 肥 育 素 牛 を83 等 ( 平 成 26 年 度 ) 導 入 し 鳥 取 和 牛 オレイン55の 増 産 に 寄 与 した 鳥 取 和 牛 オレイン55の 認 定 頭 数 は 増 加 している( 平 成 25 年 度 :308 頭 平 成 26 年 度 :377 頭 )ものの 目 標 としている1,000 頭 には 至 っておらず 早 急 な 増 産 対 策 が 必 要 である

24 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 鳥 取 県 和 牛 振 興 戦 ( 財 産 収 入 ) 略 基 金 66,431 8,398 58,033 66,431 ト ー タ ル コ ス ト 67,211 千 円 ( 前 年 度 9,175 千 円 ) [ 正 職 員 :0.1 人 ] 主 な 業 務 内 容 基 金 管 理 事 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 和 牛 の 増 頭 及 び 改 良 など 将 来 の 和 牛 振 興 に 向 けた 事 業 の 経 費 に 充 てるため 種 雄 牛 の 精 液 販 売 収 入 や 貸 付 料 などを 鳥 取 県 和 牛 振 興 戦 略 基 金 ( 平 成 27 年 4 月 設 置 )に 積 み 立 てて 管 理 する 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 事 業 内 容 積 立 金 等 の 内 訳 予 算 額 基 金 の 積 み 立 て 種 雄 牛 精 液 販 売 収 入 ( 県 内 ) 5,940 種 雄 牛 精 液 販 売 収 入 ( 県 外 ) 58,320 種 雄 牛 貸 付 料 2,160 利 息 11 合 計 66,431 3 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 和 牛 王 国 鳥 取 の 復 活 に 向 けた 事 業 を 実 施 するため これまで 種 雄 牛 の 精 液 販 売 収 入 は 財 産 収 入 として 畜 産 試 験 場 の 試 験 研 究 費 に 充 当 していたが それら 収 益 を 鳥 取 県 和 牛 振 興 戦 略 基 金 として 基 金 造 成 する

25 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 県 産 畜 産 物 ブランド 力 向 上 消 費 拡 大 事 15,700 11,600 4,100 15,700 業 ト ー タ ル コ ス ト 21,938 千 円 ( 前 年 度 17,812 千 円 ) [ 正 職 員 :0.8 人 ] 主 な 業 務 内 容 関 係 団 体 調 整 調 査 補 助 金 交 付 事 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 鳥 取 和 牛 オレイン55 平 成 35 年 度 生 産 目 標 :1,000 頭 鳥 取 地 どりピヨ 平 成 35 年 度 生 産 目 標 :20,000 羽 大 山 ルビー 平 成 35 年 度 生 産 目 標 :1,000 頭 鳥 取 和 牛 大 山 ルビー 鳥 取 地 どりピヨ などの 高 品 質 なブランド 畜 産 物 を 中 心 とした 鳥 取 県 産 畜 産 物 を 県 内 外 に 向 けて 発 信 するとともに 消 費 拡 大 を 図 る 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 内 容 事 業 実 施 主 体 予 算 額 補 助 率 畜 産 物 販 路 拡 大 県 内 のブランド 畜 産 物 を 取 り 扱 う 小 売 業 県 内 業 者 5 社 7,500 チャレンジ 支 援 者 に 対 し 県 産 ブランド 畜 産 物 を 県 内 外 に 販 路 拡 大 するために 必 要 な 経 費 の 一 部 を 助 成 する ブランド 畜 産 物 P 鳥 取 和 牛 オレイン55 大 山 ルビー 鳥 取 県 牛 肉 販 売 2,000 R 対 策 といったブランド 畜 産 物 のPR 販 売 促 協 議 会 県 定 額 進 に 係 る 経 費 の 一 部 を 助 成 する 鳥 取 県 ブランド 豚 振 興 会 とっとり 肉 フェス 鳥 取 県 産 の 食 肉 に 特 化 したイベント とっとり 肉 フェスタ 2,500 タ 開 催 支 援 を 開 催 することにより 消 費 者 へ 高 品 質 実 行 委 員 会 な 県 産 食 肉 をPRし 消 費 拡 大 に 繋 げ る 県 産 牛 肉 普 及 定 小 学 生 の 給 食 やPTAの 研 修 会 等 を 活 鳥 取 県 牛 肉 販 売 3,700 着 対 策 用 した 食 育 を 実 施 し 県 産 牛 肉 への 愛 協 議 会 着 認 知 度 を 高 める 合 計 15,700 3 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 平 成 26 年 度 は 販 路 拡 大 チャレンジ 支 援 を 活 用 し 4 事 業 者 が 新 たに89 店 舗 のブランド 肉 取 り 扱 い 店 を 開 拓 し 販 路 の 拡 大 を 図 った 平 成 27 年 度 も 引 き 続 き4 事 業 者 で 県 内 外 の 販 路 拡 大 を 図 っている 平 成 26 年 度 は 県 西 部 の 小 学 校 において 学 校 給 食 を 始 めとする 食 育 活 動 を13 回 実 施 し 活 発 な 意 見 交 換 等 を 通 じて 研 鑽 牛 肉 の 標 記 や 生 産 から 食 卓 までの 流 通 過 程 など 牛 肉 の 知 識 を 醸 成 した 平 成 27 年 度 は 県 中 部 の 小 学 校 において 学 校 給 食 を 中 心 として 食 育 活 動 を 実 施 している 平 成 27 年 度 で2 回 目 となる とっとり 肉 フェスタ は 来 場 者 数 25 千 人 と 好 評 を 博 し 出 店 舗 数 も20 店 舗 から 25 店 舗 と 増 加 した 併 せてフェスタを 通 じてブランド 肉 の 関 係 者 相 互 が 交 流 することにより 販 路 拡 大 の 意 欲 の 向 上 に 繋 がった

26 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 県 優 良 種 雄 牛 造 成 ( 諸 収 入 ) 事 業 17,085 16, ,030 ト ー タ ル コ ス ト 30,342 千 円 ( 前 年 度 30,184 千 円 ) [ 正 職 員 :1.7 人 ] 主 な 業 務 内 容 補 てん 金 交 付 業 務 補 助 金 交 付 事 務 委 員 会 開 催 事 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 優 良 な 県 種 雄 牛 を 造 成 するため 和 牛 改 良 委 員 会 で 和 牛 改 良 方 針 を 検 討 するとともに 種 雄 牛 を 生 産 す る 雌 牛 群 の 確 保 種 雄 候 補 牛 の 購 入 や 協 力 農 家 への 損 失 補 償 などを 実 施 する 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 概 要 と 主 な 経 費 予 算 額 和 牛 改 良 委 員 会 和 牛 改 良 の 方 針 を 検 討 するため 和 牛 改 良 委 員 会 を 設 置 156 ( 年 1 回 開 催 ) 育 種 価 算 出 事 業 県 内 繁 殖 雌 牛 の 遺 伝 能 力 評 価 のための 枝 肉 データの 収 集 2,103 育 種 価 算 出 農 家 へのデータ 提 供 ( 委 託 事 業 ) 候 補 牛 購 入 ( 直 検 牛 購 入 ) 種 雄 候 補 となる 雄 子 牛 を 購 千 円 5 頭 4,500 後 代 検 定 用 牛 づくり 後 代 検 定 用 の 子 牛 を 生 産 する 農 家 に 対 して 指 定 交 配 協 力 謝 3,360 金 を 交 付 後 代 検 定 手 当 現 場 後 代 検 定 を 行 う 肥 育 農 家 への 検 定 牛 導 入 協 力 費 を 交 付 990 改 良 基 礎 雌 牛 整 備 費 種 雄 候 補 牛 を 生 産 する 基 礎 雌 牛 を 選 定 し 1 年 間 の 保 留 契 約 579 を 結 ぶ 改 良 推 進 基 金 造 成 種 雄 候 補 牛 とならなかった 子 牛 及 び 後 代 検 定 用 に 生 産 され 1,501 た 子 牛 の 価 格 を 補 償 後 代 検 定 牛 経 営 補 償 費 肥 育 農 家 が 飼 育 した 後 代 検 定 牛 の 価 格 を 再 生 産 可 能 な 額 ま 2,199 で 補 償 遺 伝 性 疾 患 検 査 料 金 種 雄 候 補 牛 及 び 基 礎 雌 牛 の 遺 伝 性 疾 患 に 係 る 検 査 料 1,142 種 牛 性 を 持 った 鳥 取 独 自 県 育 種 組 合 が 指 定 する 原 種 牛 からの 採 卵 に 係 る 経 費 に 対 す 500 の 系 統 雌 牛 保 留 る 助 千 円 4 頭 標 準 事 務 費 優 良 種 雄 牛 造 成 事 業 の 進 行 管 理 55 合 計 17,085 3 債 務 負 担 行 為 限 度 額 事 項 限 度 額 種 雄 牛 造 成 和 牛 産 肉 能 力 検 定 県 が 行 う 種 雄 候 補 牛 の 現 場 検 定 に 協 力 した 肥 育 農 家 が 適 正 に 飼 育 肥 育 牛 枝 肉 所 得 補 償 出 荷 した 検 定 牛 の 販 売 価 格 が 再 生 産 可 能 な 額 を 下 回 った 場 合 に ( 平 成 29~30 年 度 ) おいて 当 該 再 生 産 に 必 要 な 額 から 出 荷 日 の2 等 級 と3 等 級 の 枝 肉 の 平 均 価 格 に 出 荷 牛 の 枝 肉 重 量 を 乗 じた 額 を 減 じた 額

27 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 第 11 回 全 共 出 品 対 策 事 業 5,445 1,156 4,289 5,445 ト ー タ ル コ ス ト 13,243 千 円 ( 前 年 度 8,921 千 円 ) [ 正 職 員 :1.0 人 ] 主 な 業 務 内 容 補 助 金 交 付 事 務 事 業 進 行 管 理 出 品 牛 巡 回 調 査 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 県 内 の 和 子 牛 の 市 場 価 値 や 鳥 取 和 牛 ブランドを 高 めるため 第 10 回 全 国 和 牛 能 力 共 進 会 ( 以 下 全 共 という ) の 反 省 を 活 かした 効 率 的 な 牛 づくり や 若 い 生 産 者 を 中 心 にした 人 づくり 組 織 づくり を 推 進 す ることにより 第 10 回 全 共 を 上 回 る 成 績 を 目 指 し その 取 組 を 通 じて 鳥 取 和 牛 の 改 良 を 進 めるなど 本 県 の 和 牛 振 興 を 図 る 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 内 容 事 業 費 予 算 額 補 助 率 地 域 出 品 対 策 協 議 地 域 出 品 対 策 協 議 会 への 活 動 費 助 成 1, 活 動 費 出 品 対 策 部 会 主 催 削 蹄 調 教 技 術 審 査 研 修 会 等 の 開 催 習 会 開 催 費 子 牛 価 格 補 てん 助 成 4 7 区 対 象 牛 の 子 牛 販 売 に 対 する 繁 1, 殖 農 家 への 助 成 県 1/2 以 内 種 牛 保 留 助 成 費 種 牛 の 部 候 補 牛 として 保 留 した 場 合 の 1, ( 飼 育 管 理 費 ) 助 成 JAグループ 肥 育 保 留 助 成 費 肥 育 の 部 候 補 牛 として 保 留 した 場 合 の 3,600 1,800 及 び 生 産 者 ( 飼 育 管 理 費 ) 助 成 1/2 以 上 削 蹄 助 成 費 出 品 牛 の 削 蹄 費 助 成 集 合 審 査 開 催 費 出 品 牛 の 選 抜 のための 運 賃 助 成 ワク 1, チン 接 種 代 等 への 助 成 事 務 局 経 費 推 進 委 員 会 出 品 対 策 部 会 巡 回 経 費 助 成 合 計 10,891 5,445 実 施 主 体 第 11 回 全 国 和 牛 能 力 共 進 会 鳥 取 県 推 進 委 員 会 ( 事 務 局 :( 公 社 ) 鳥 取 県 畜 産 推 進 機 構 ) 実 施 期 間 平 成 25~29 年 度 3 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 5 年 に 一 度 開 催 される 全 共 は 各 県 の 和 牛 改 良 の 成 果 を 競 う 場 であり 全 共 の 成 績 が 各 県 和 牛 ブランドの 知 名 度 に 大 きな 影 響 を 与 える 平 成 24 年 10 月 に 長 崎 県 で 開 催 された 第 10 回 全 共 において 鳥 取 県 は 総 合 成 績 で 第 9 回 全 共 から1つ 順 位 を 下 げ7 位 となったが 肉 牛 の 部 の 第 9 区 で 第 1 回 全 共 の 気 高 号 以 来 の 上 位 入 賞 を 果 たす 等 調 教 技 術 等 の 出 品 対 策 によって 一 定 の 成 果 は 得 られた 第 11 回 全 共 ( 平 成 29 年 9 月 宮 城 県 で 開 催 )は 第 10 回 の 反 省 を 踏 まえ 前 回 より1 年 早 く 新 たに 雌 雄 判 別 精 液 や 受 精 卵 を 活 用 した 出 品 候 補 牛 の 効 率 生 産 に 取 り 組 んでおり 平 成 26 年 秋 から 開 始 した 肉 牛 区 の 交 配 により H27 年 9 月 以 降 肉 牛 区 の 出 品 候 補 牛 57 頭 を 生 産 した また 種 牛 区 の 出 品 候 補 牛 の 確 保 のた め H27 年 3~4 月 に 白 鵬 85の3 の 一 斉 交 配 を 進 めた 今 後 は 出 品 にかかる 技 術 研 修 等 を 実 施 し 第 10 回 全 共 を 上 回 る 成 績 を 目 指 す

28 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 肉 用 牛 肥 育 経 営 安 定 対 策 事 業 40,596 58,244 17,648 40,596 ト ー タ ル コ ス ト 41,376 千 円 ( 前 年 度 59,021 千 円 ) [ 正 職 員 :0.1 人 ] 主 な 業 務 内 容 制 度 設 計 周 知 説 明 補 助 金 交 付 事 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 子 牛 生 産 頭 数 肉 牛 出 荷 頭 数 の 増 加 や 高 価 格 販 売 による 和 牛 王 国 鳥 取 の 復 活 ( 子 牛 生 産 頭 数 :4,000 頭 肉 牛 出 荷 頭 数 :5,000 頭 ) 肥 育 牛 の 枝 肉 価 格 が 低 落 した 場 合 に 生 産 者 に 補 てん 金 を 交 付 して 生 産 者 の 所 得 を 確 保 するため 基 金 造 成 に 必 要 な 生 産 者 積 立 金 の 一 部 を 助 成 する 2 主 な 事 業 内 容 積 立 金 単 価 県 補 助 単 価 2 加 入 見 込 頭 数 予 算 額 区 分 事 業 期 間 及 び 事 業 主 体 補 助 率 1 1 1/ 肉 専 用 種 40,000 円 3,330 円 3,500 頭 11,655 千 円 事 業 期 間 : 国 3/4 平 成 28~30 年 度 県 1/12 交 雑 種 100,000 円 8,330 円 1,300 頭 10,829 千 円 事 業 主 体 : 生 産 者 等 ( 公 社 ) 鳥 取 県 畜 産 推 進 1/6 乳 用 種 68,000 円 5,660 円 3,200 頭 18,112 千 円 機 構 合 計 - - 8,000 頭 40,596 千 円 肉 用 子 牛 価 格 安 定 事 業 5,290 10,623 5,333 5,290 ト ー タ ル コ ス ト 6,070 千 円 ( 前 年 度 11,400 千 円 ) [ 正 職 員 :0.1 人 ] 主 な 業 務 内 容 制 度 設 計 周 知 説 明 補 助 金 交 付 事 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 子 牛 生 産 頭 数 肉 牛 出 荷 頭 数 の 増 加 や 高 価 格 販 売 による 和 牛 王 国 鳥 取 の 復 活 ( 子 牛 生 産 頭 数 :4,000 頭 肉 牛 出 荷 頭 数 :5,000 頭 ) 肉 用 子 牛 の 取 引 価 格 が 低 落 した 場 合 に 補 給 金 を 交 付 して 生 産 者 の 所 得 を 確 保 するため 基 金 造 成 に 必 要 な 生 産 者 積 立 金 の 一 部 を 助 成 する 2 主 な 事 業 内 容 積 立 金 単 価 県 補 助 単 価 2 加 入 見 込 頭 数 予 算 額 区 分 事 業 期 間 及 び 事 業 主 体 補 助 率 1 1 1/ 黒 毛 和 種 1,200 円 300 円 2,300 頭 690 千 円 事 業 期 間 : 国 1/2 平 成 27~31 年 度 県 1/4 交 雑 種 2,400 円 600 円 1,800 頭 1,080 千 円 事 業 主 体 : 生 産 者 ( 公 社 ) 鳥 取 県 畜 産 推 進 1/4 乳 用 種 6,400 円 1,600 円 2,200 頭 3,520 千 円 機 構 合 計 - - 6,300 頭 5,290 千 円

29 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 飼 料 用 米 利 用 拡 大 推 進 事 業 3,360 28,130 24,770 3,360 ト ー タ ル コ ス ト 7,259 千 円 ( 前 年 度 33,566 千 円 ) [ 正 職 員 :0.5 人 ] 主 な 業 務 内 容 制 度 設 計 周 知 説 明 補 助 金 交 付 事 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 畜 産 農 家 が 安 心 して 飼 料 用 米 を 利 用 できるよう 家 畜 に 長 期 的 に 給 与 試 験 を 行 い 家 畜 への 影 響 を 確 認 す ることにより 県 内 飼 料 用 米 の 利 用 拡 大 を 図 る 2 主 な 事 業 内 容 県 内 で 飼 養 する 乳 用 肥 育 牛 に 対 して 飼 料 用 米 を 一 定 期 間 給 与 し 生 産 性 などへの 影 響 を 確 認 する 試 験 対 象 試 験 頭 数 飼 料 用 米 給 与 量 試 験 期 間 補 助 単 価 予 算 額 乳 用 肥 育 牛 200 頭 1.4kg/ 頭 240 日 50 円 /kg 3,360 千 円 (4~11 月 ) 3 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 平 成 25 年 度 補 正 ( 経 済 対 策 )で 給 与 実 態 がなかった 乳 用 牛 及 び 和 牛 肥 育 への 短 期 給 与 試 験 を 実 施 し 給 与 についてほぼ 影 響 がないことを 確 認 した 平 成 26 年 度 からは 乳 用 牛 について ペレット 加 工 した 配 合 飼 料 で 長 期 給 与 試 験 を 実 施 し 結 果 は 良 好 で 市 販 の 配 合 飼 料 と 遜 色 ない 効 果 が 期 待 される 平 成 27 年 度 は 乳 用 種 肥 育 牛 地 どり 及 びブロイラーについても 飼 料 用 米 の 給 与 割 合 を 増 加 させた 給 与 試 験 を 開 始 した 肉 豚 経 営 安 定 対 策 事 業 26,329 24,437 1,892 26,329 ト ー タ ル コ ス ト 28,668 千 円 ( 前 年 度 25,990 千 円 ) [ 正 職 員 :0.3 人 ] 主 な 業 務 内 容 補 助 金 交 付 事 務 及 び 交 付 先 団 体 との 連 絡 調 整 など 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 肉 豚 枝 肉 価 格 が 低 落 した 場 合 に 補 填 金 を 交 付 して 生 産 者 の 所 得 を 確 保 するため 基 金 造 成 に 必 要 な 生 産 者 積 立 金 の 一 部 を 助 成 する 2 主 な 事 業 内 容 積 立 金 単 価 県 補 助 単 価 2 加 入 見 込 頭 数 予 算 額 事 業 期 間 及 び 実 施 主 体 補 助 率 1 1 1/ 事 業 期 間 : 国 1/2 1,400 円 / 頭 233 円 / 頭 113,000 頭 26,329 千 円 平 成 27~29 年 度 県 1/6 実 施 主 体 : 生 産 者 ( 独 ) 農 畜 産 業 振 興 機 構 1/3-24 -

30 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 ブランド 豚 生 産 拡 大 支 援 事 業 ト ー タ ル コ ス ト 2,350 千 円 ( 前 年 度 2,303 千 円 ) [ 正 職 員 :0.2 人 ] 主 な 業 務 内 容 ブランド 豚 の 生 産 拡 大 に 関 する 協 議 補 助 金 事 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) ブランド 豚 の 生 産 拡 大 のため 新 たに 種 豚 導 入 を 行 う 生 産 者 や 規 模 拡 大 を 実 施 する 生 産 者 に 対 して 支 援 する 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 内 容 実 施 主 体 予 算 額 補 助 率 種 豚 導 入 助 成 ブランド 豚 の 生 産 のため 種 540 豚 導 入 経 費 の 一 部 を 助 成 畜 産 農 家 等 県 1/2 精 液 導 入 助 成 ブランド 豚 生 産 に 利 用 する 精 250 液 導 入 に 係 る 経 費 への 助 成 合 計 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 生 産 者 は 種 豚 の 導 入 を 進 め 生 産 の 拡 大 を 図 っているものの 廃 業 等 もあり 生 産 頭 数 はほぼ 横 ばいである 一 方 で 需 要 は 年 々 拡 大 しており 供 給 が 追 いつかない 時 期 もあるなど 生 産 頭 数 の 増 加 が 課 題 である 鳥 取 県 産 ブランド 豚 振 興 会 が 目 標 としている 生 産 頭 数 1,000 頭 を 目 指 し さらなる 生 産 拡 大 を 進 める 鳥 取 地 どりブランド 生 産 拡 大 支 援 事 業 ト ー タ ル コ ス ト 1,837 千 円 ( 前 年 度 1,745 千 円 ) [ 正 職 員 :0.2 人 ] 主 な 業 務 内 容 地 どりの 生 産 拡 大 に 関 する 協 議 補 助 金 事 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 鳥 取 地 どり 生 産 羽 数 の 増 加 鳥 取 地 どり ( 以 下 地 どり という )を 県 のブランド 品 として 定 着 させるため 地 どりの 生 産 等 に 必 要 な 施 設 及 び 生 産 性 向 上 等 に 資 する 機 械 の 整 備 に 対 し 支 援 する 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 実 施 主 体 予 算 額 補 助 率 生 産 性 向 上 に 資 する 機 械 地 どりを 生 産 する 者 又 は 生 産 を 開 始 する 277 1/3 以 内 等 の 整 備 費 補 助 者 3 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 平 成 23 年 度 の 生 産 実 績 は4 者 で 約 6,700 羽 であったが 本 事 業 を 活 用 し 鶏 舎 の 新 増 築 や 生 産 性 向 上 のた めに 機 械 等 の 導 入 に 対 する 支 援 を 行 ったことにより 平 成 26 年 度 の 生 産 者 は5 者 となり 生 産 羽 数 も 約 16,000 羽 まで 増 加 した しかし 生 産 者 の 廃 業 等 により 平 成 27 年 度 は4 者 で 約 14,000 羽 となる 見 込 みであり 新 規 生 産 者 の 発 掘 や 既 存 生 産 者 の 増 羽 により 生 産 拡 大 を 進 める

31 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 畜 産 関 係 資 金 対 策 事 業 ト ー タ ル コ ス ト 789 千 円 ( 前 年 度 791 千 円 ) [ 正 職 員 :0.1 人 ] 主 な 業 務 内 容 債 務 の 一 部 補 填 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 畜 産 関 係 資 金 を 借 り 入 れた 畜 産 農 家 の 経 営 維 持 安 定 のための 支 援 と 農 業 信 用 基 金 協 会 の 債 務 の 代 位 弁 済 に 伴 う 損 失 の 一 部 を 補 填 する 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 事 業 名 実 施 主 体 内 容 予 算 額 実 施 期 間 高 病 原 性 鳥 インフル 養 鶏 農 家 資 金 借 入 れに 対 する 年 9 千 円 平 成 23~29 年 度 エンザ 緊 急 対 策 利 間 利 子 相 当 額 子 補 給 事 業 補 助 率 (10/10) 債 務 保 証 円 滑 化 事 鳥 取 県 農 業 信 用 代 位 弁 済 が 発 生 した 場 債 務 負 担 行 為 平 成 19~31 年 度 業 基 金 協 会 合 に 対 応 平 成 19 年 設 定 済 公 共 育 成 牧 場 施 設 維 持 管 理 業 務 3,371 6,771 3,400 3,371 ト ー タ ル コ ス ト 4,151 千 円 ( 前 年 度 7,548 千 円 ) [ 正 職 員 :0.1 人 ] 主 な 業 務 内 容 関 係 団 体 との 調 整 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 県 営 牧 場 の 老 朽 化 した 設 備 の 修 繕 を 行 う なお 工 事 の 効 率 化 を 考 慮 し 牧 場 の 管 理 者 である( 公 財 ) 鳥 取 県 畜 産 振 興 協 会 に 委 託 して 実 施 する 2 主 な 事 業 内 容 工 事 名 工 事 費 ( 千 円 ) 鳥 取 放 牧 場 堆 肥 舎 カーテン 取 替 工 事 1,599 大 山 放 牧 場 畜 舎 牛 房 回 転 柵 修 繕 工 事 1,275 大 山 まきばみるくの 里 室 外 機 置 場 ほか 修 繕 工 事 497 合 計 3,371 3 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 平 成 26 年 度 から( 公 財 ) 鳥 取 県 畜 産 振 興 協 会 に 委 託 し 連 携 を 図 りながら 計 画 的 に 牧 場 施 設 の 維 持 管 理 を 行 うこととした 牧 場 施 設 の 維 持 管 理 を 計 画 的 かつ 適 切 に 行 うことで 放 牧 場 における 預 託 事 業 の 円 滑 な 実 施 が 可 能 となっ ている また 委 託 することにより 工 事 が 効 率 的 に 実 施 できた

32 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 肉 用 牛 ) 0 33,670 33,670 ト ー タ ル コ ス ト 0 千 円 ( 前 年 度 39,106 千 円 ) 主 な 業 務 内 容 補 助 金 事 務 事 業 実 施 主 体 及 び 関 係 団 体 との 調 整 指 導 調 査 情 報 収 集 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 子 牛 生 産 頭 数 肉 牛 出 荷 頭 数 の 増 加 や 高 価 格 販 売 による 和 牛 王 国 鳥 取 の 復 活 ( 子 牛 生 産 頭 数 :4,000 頭 肉 牛 出 荷 頭 数 :5,000 頭 ) 県 内 の 肉 用 牛 の 生 産 基 盤 を 強 化 するため 国 庫 補 助 事 業 ( 畜 産 クラスター 事 業 )を 活 用 して 施 設 整 備 を 図 る 生 産 者 を 支 援 する また 国 庫 事 業 の 補 助 対 象 とならない 施 設 について 県 補 助 事 業 で 行 う 2 主 な 事 業 内 容 H27 臨 時 会 対 応 とするため 詳 細 は43ページ 参 照 和 牛 受 精 卵 放 牧 拡 大 支 援 事 業 0 10,330 10,330 ト ー タ ル コ ス ト 0 千 円 ( 前 年 度 22,754 千 円 ) 主 な 業 務 内 容 和 牛 ビジョンの 進 捗 管 理 和 牛 戦 略 会 議 の 開 催 補 助 金 事 務 関 係 団 体 との 連 絡 調 整 調 査 情 報 収 集 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 子 牛 生 産 頭 数 肉 牛 出 荷 頭 数 の 増 加 や 高 価 格 販 売 による 和 牛 王 国 鳥 取 の 復 活 ( 子 牛 生 産 頭 数 :4,000 頭 肉 牛 出 荷 頭 数 :5,000 頭 ) 和 牛 生 産 頭 数 の 増 加 を 目 的 として 高 能 力 和 牛 の 受 精 卵 を 積 極 的 に 活 用 するために 受 精 卵 購 入 採 卵 移 植 の 経 費 および 前 年 度 より 多 くの 受 精 卵 移 植 に 取 り 組 んだ 生 産 者 に 対 して 奨 励 金 を 交 付 する 2 主 な 事 業 内 容 H27 臨 時 会 対 応 とするため 詳 細 は44ページ 参 照 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 酪 農 ) 0 47,240 47,240 ト ー タ ル コ ス ト 0 千 円 ( 前 年 度 57,334 千 円 ) 主 な 業 務 内 容 補 助 金 事 務 事 業 実 施 主 体 及 び 関 係 団 体 との 調 整 指 導 調 査 情 報 収 集 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 安 定 した 生 乳 生 産 量 を 確 保 し 鳥 取 県 産 牛 乳 の 国 内 販 売 輸 出 等 を 促 進 するとともにブラ ンド 化 を 進 める ( 生 乳 生 産 量 :60,000t( 平 成 30 年 )) 県 内 の 酪 農 生 産 基 盤 の 強 化 を 図 るため 国 庫 補 助 事 業 ( 畜 産 クラスター 事 業 )を 活 用 して 施 設 整 備 を 行 う 法 人 等 に 支 援 する 2 主 な 事 業 内 容 H27 臨 時 会 対 応 とするため 詳 細 は46ページ 参 照 乳 用 牛 増 頭 支 援 事 業 0 4,200 4,200 ト ー タ ル コ ス ト 0 千 円 ( 前 年 度 6,530 千 円 ) 主 な 業 務 内 容 補 助 金 事 務 事 業 実 施 主 体 及 び 関 係 団 体 との 調 整 指 導 調 査 情 報 収 集 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 安 定 した 生 乳 生 産 量 を 確 保 し 鳥 取 県 産 牛 乳 の 国 内 販 売 輸 出 等 を 促 進 するとともにブラ ンド 化 を 進 める ( 生 乳 生 産 量 :60,000t( 平 成 30 年 )) 平 成 30 年 に 鳥 取 県 の 生 乳 生 産 量 60,000トンを 達 成 するため 乳 用 牛 の 外 部 購 入 と 自 家 育 成 によって 乳 用 増 頭 を 図 り 規 模 拡 大 を 目 指 す 農 家 を 支 援 する 2 主 な 事 業 内 容 H27 臨 時 会 対 応 とするため 詳 細 は47ページ 参 照

33 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 廃 止 鳥 取 和 牛 振 興 総 合 対 策 事 業 ( 販 0 17,070 17,070 売 対 策 ) ト ー タ ル コ ス ト 0 千 円 ( 前 年 度 19,400 千 円 ) 主 な 業 務 内 容 補 助 金 事 務 事 業 実 施 主 体 及 び 関 係 団 体 との 調 整 指 導 調 査 情 報 収 集 鳥 取 和 牛 振 興 総 合 対 策 は 鳥 取 和 牛 の 更 なる 飛 躍 のための 生 産 から 販 売 まで 総 合 的 な 事 業 を 展 開 する その 鳥 取 和 牛 販 売 促 進 対 策 として 県 種 雄 牛 産 子 の 試 食 意 見 交 換 会 の 実 施 県 内 飲 食 店 へ 鳥 取 和 牛 フェ ア 経 費 への 支 援 を 行 う 2 主 な 事 業 内 容 TPPによる 影 響 を 見 据 えて 牛 肉 ブランド 化 をさらに 強 化 する 事 業 を 新 たに 実 施 するために 終 了 するもので ある 廃 止 ゲノム 育 種 価 を 活 用 した 次 世 代 の 0 24,375 24,375 和 牛 改 良 推 進 事 業 ト ー タ ル コ ス ト 0 千 円 ( 前 年 度 25,152 千 円 ) 遺 伝 子 検 査 により 牛 固 体 の 能 力 を 推 定 するゲノム 育 種 価 を 活 用 して 迅 速 かつ 確 実 な 繁 殖 雌 牛 の 改 良 と 次 世 代 の 種 雄 牛 造 成 を 行 う 2 主 な 事 業 内 容 単 年 度 事 業 のため 平 成 27 年 度 で 終 了 するものである 廃 止 全 日 本 ホル スタイン 共 進 会 対 策 0 5,519 5,519 事 業 ト ー タ ル コ ス ト 0 千 円 ( 前 年 度 7,072 千 円 ) 平 成 27 年 10 月 に 北 海 道 で 開 催 の 第 14 回 全 日 本 ホルスタイン 共 進 会 への 出 品 に 向 けた 候 補 牛 の 選 抜 巡 回 指 導 や 出 品 に 必 要 な 経 費 に 対 し 助 成 する 2 主 な 事 業 内 容 単 年 度 事 業 のため 平 成 27 年 度 で 終 了 するものである

34 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 家 畜 保 健 衛 生 所 管 ( 手 数 料 等 ) 理 運 営 費 43,713 52,055 8, ,093 36,580 ト ー タ ル コ ス ト 62,428 千 円 ( 前 年 度 70,691 千 円 ) [ 正 職 員 :2.4 人 非 常 勤 職 員 :2.4 人 ] 主 な 業 務 内 容 事 務 所 の 管 理 運 営 契 約 の 締 結 経 費 の 支 払 い 手 数 料 収 入 等 の 受 入 財 産 管 理 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 家 畜 保 健 衛 生 所 (3 箇 所 )の 運 営 に 必 要 な 事 務 職 非 常 勤 職 員 人 件 費 施 設 の 保 守 点 検 廃 棄 物 処 理 等 の 委 託 検 査 用 備 品 の 整 備 及 び 光 熱 水 費 等 の 管 理 運 営 等 に 要 する 経 費 である 2 主 な 事 業 内 容 非 常 勤 職 員 ( 庶 務 )の 人 件 費 設 備 保 守 点 検 等 の 管 理 委 託 検 査 機 器 の 整 備 等 自 衛 防 疫 強 化 総 合 対 策 事 業 2,831 2, ,831 ト ー タ ル コ ス ト 6,730 千 円 ( 前 年 度 6,714 千 円 ) [ 正 職 員 :0.5 人 ] 主 な 業 務 内 容 周 知 説 明 補 助 金 交 付 事 務 法 人 に 対 する 助 言 指 導 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 家 畜 疾 病 の 発 生 数 の 低 減 家 畜 の 伝 染 性 疾 病 の 発 生 予 防 のために 自 衛 防 疫 組 織 が 中 心 となって 実 施 する 予 防 接 種 事 業 を 支 援 す ることを 目 的 とし 事 業 を 実 施 する( 公 社 ) 鳥 取 県 畜 産 推 進 機 構 が 接 種 推 進 を 図 る 経 費 に 助 成 する 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 内 容 実 施 主 体 事 業 費 予 算 額 補 助 率 ワクチン 接 種 状 況 ワ ク チ ン 接 種 デ ー タ を ( 公 社 ) 鳥 1,541 1,541 県 定 額 調 査 調 査 集 約 する 事 務 費 取 県 畜 産 推 に 助 成 進 機 構 ワクチン 接 種 技 術 牛 豚 の 予 防 接 種 技 術 10,322 1,290 料 助 成 料 の 一 部 を 助 成 合 計 11,863 2,

35 財 源 内 訳 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 家 畜 衛 生 対 策 事 業 ( 手 数 料 等 ) 20,914 23,182 2,268 10, ,710 ト ー タ ル コ ス ト 90,316 千 円 ( 前 年 度 92,291 千 円 ) [ 正 職 員 :8.9 人 非 常 勤 職 員 :0.3 人 ] 主 な 業 務 内 容 衛 生 確 認 検 査 に 基 づく 農 家 指 導 衛 生 情 報 の 提 供 立 入 検 査 許 認 可 事 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 家 畜 疾 病 の 発 生 数 の 低 減 安 全 安 心 な 畜 産 物 の 生 産 に 必 要 な 衛 生 管 理 体 制 の 整 備 を 行 うため 畜 産 農 家 に 対 する 改 善 指 導 家 畜 衛 生 情 報 の 提 供 技 術 支 援 動 物 用 医 薬 品 及 び 流 通 飼 料 の 適 正 使 用 について 指 導 等 を 行 う 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 内 容 予 算 額 財 源 畜 産 物 の 安 全 性 確 保 対 策 県 内 の 家 畜 飼 養 者 飼 料 販 売 業 者 の 立 入 調 255 査 飼 料 中 の 肉 骨 粉 検 査 を 実 施 し 飼 料 の 適 正 使 用 を 指 導 BSE 検 査 体 制 強 化 の 推 進 48ヶ 月 齢 以 上 の 死 亡 牛 全 頭 のBSE 検 査 を 実 施 5,788 家 畜 衛 生 関 連 情 報 整 備 対 策 獣 医 師 農 家 からの 疾 病 発 生 状 況 等 を 情 報 収 2,158 集 し 関 係 機 関 等 に 情 報 提 供 診 断 予 防 技 術 向 上 対 策 牛 ウイルス 性 下 痢 粘 膜 病 の 疾 病 調 査 指 導 による 323 国 1/2 新 たな 迅 速 診 断 技 術 の 確 立 と 全 国 検 討 会 への 参 加 動 物 用 医 薬 品 危 機 管 理 対 策 農 家 での 薬 剤 耐 性 菌 の 実 態 調 査 動 物 用 医 薬 627 品 販 売 店 への 立 入 検 査 動 物 用 医 薬 品 の 収 去 品 質 検 査 地 域 衛 生 管 理 対 策 農 場 で 問 題 となっている 乳 房 炎 子 牛 及 び 子 豚 10,386 の 疾 病 牛 白 血 病 清 浄 化 対 策 など 疾 病 発 生 予 防 体 制 の 確 立 を 目 的 とした 監 視 検 査 指 導 関 連 機 器 の 整 備 家 畜 疾 病 にかかる 診 断 の 迅 速 化 高 度 化 バイ 1,377 オセキュリティ 確 保 のための 関 連 機 器 の 整 備 合 計 20,

36 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 家 畜 伝 染 病 予 防 事 ( 諸 収 入 ) 業 23,556 22, , ,699 ト ー タ ル コ ス ト 169,379 千 円 ( 前 年 度 168,030 千 円 ) [ 正 職 員 :18.7 人 非 常 勤 職 員 :3.3 人 ] 主 な 業 務 内 容 家 畜 伝 染 病 等 の 発 生 予 防 対 策 家 畜 病 性 鑑 定 機 能 向 上 対 策 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 家 畜 疾 病 の 発 生 数 の 低 減 家 畜 伝 染 病 予 防 法 に 基 づき 法 定 伝 染 病 届 出 伝 染 病 等 を 対 象 として 伝 染 性 疾 病 の 発 生 予 察 発 生 予 防 のための 各 種 検 査 や 浸 潤 状 況 調 査 等 を 実 施 し これらの 疾 病 の 早 期 発 見 まん 延 防 止 を 図 る 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 内 容 予 算 額 負 担 区 分 家 畜 伝 染 病 予 防 事 業 死 亡 牛 BSE 検 査 事 業 家 畜 伝 染 病 予 防 対 策 法 定 伝 染 病 届 出 伝 染 病 の 発 生 予 察 のための 検 16,222 査 家 畜 病 性 鑑 定 機 能 向 上 対 策 国 1/2 家 畜 伝 染 病 の 診 断 に 必 要 な 検 査 及 び 診 断 用 資 国 10/10 材 整 備 高 度 な 診 断 技 術 の 習 得 県 1/2 外 牛 海 綿 状 脳 症 (BSE) 特 別 措 置 法 に 基 づき 48ヶ 月 齢 以 上 の 死 亡 牛 全 頭 を 対 象 にBSE 検 査 を 実 5,984 施 家 畜 クリーンセンター( 死 亡 牛 の 保 管 と 検 査 材 料 の 採 取 )の 運 営 家 畜 防 疫 事 業 基 金 牛 ウイルス 性 下 痢 (BVD)の 感 染 により 淘 汰 が 必 要 県 1/3 な 牛 について 評 価 額 の 一 部 を 助 成 1,350 JA 1/3 生 産 者 1/3 合 計 23,

37 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 特 定 家 畜 伝 染 病 危 機 管 理 対 策 事 業 124, ,538 6,960 58,367 66,131 ト ー タ ル コ ス ト 144,773 千 円 ( 前 年 度 137,727 千 円 )[ 正 職 員 :2.6 人 ] 主 な 業 務 内 容 家 畜 伝 染 病 発 生 時 の 補 償 事 務 焼 埋 却 経 費 空 港 港 湾 の 靴 底 消 毒 経 費 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 家 畜 疾 病 の 発 生 数 の 低 減 口 蹄 疫 高 病 原 性 鳥 インフルエンザ 等 の 特 定 家 畜 伝 染 病 が 万 が 一 発 生 した 場 合 の 損 失 補 償 事 務 県 によ る 処 分 家 畜 等 の 焼 埋 却 経 費 などを 措 置 し 特 定 家 畜 伝 染 病 に 対 する 危 機 管 理 体 制 を 構 築 する 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 内 容 予 算 額 負 担 区 分 特 定 家 畜 伝 染 病 セー 口 蹄 疫 高 病 原 性 鳥 インフルエンザ 発 生 に 伴 う 移 フティーネット 事 業 動 制 限 による 家 畜 及 び 生 産 物 の 損 失 補 償 99,760 国 1/2 県 1/2 家 畜 伝 染 病 迅 速 防 疫 口 蹄 疫 高 病 原 性 鳥 インフルエンザ 発 生 農 家 の 処 体 制 整 備 事 業 分 家 畜 の 焼 埋 却 を 県 が 実 施 するための 経 費 15,690 防 疫 対 応 整 備 費 事 業 口 蹄 疫 や 鳥 インフルエンザが 常 在 している 東 アジ アからウイルスの 侵 入 を 防 止 する 目 的 で 国 際 定 9,048 県 10/10 期 便 旅 行 者 に 対 して 行 う 靴 底 消 毒 についての 及 び 管 理 委 託 等 に 係 る 経 費 国 1/2 県 1/2 防 疫 演 習 等 の 講 師 謝 金 と 特 別 旅 費 ( 新 ) 防 疫 資 材 の 備 蓄 緊 急 対 応 のための 除 雪 機 整 備 合 計 124,498 3 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 海 外 からの 入 国 者 を 対 象 に 県 内 空 港 の 税 関 前 で 国 が 実 施 する 靴 底 消 毒 に 加 え 到 着 ロビーで 県 独 自 に 靴 底 消 毒 を 実 施 し また 国 が 対 象 としない 県 内 の 港 へ 入 国 後 寄 港 した 海 外 客 船 の 乗 客 について 県 独 自 に 靴 底 消 毒 を 実 施 している ( 平 成 24 年 度 までは 県 職 員 が 実 施 平 成 25 年 度 から 業 者 委 託 ) 家 畜 伝 染 病 発 生 時 の 初 動 防 疫 を 機 動 的 に 行 うため 平 成 25 年 に 備 蓄 品 を 県 中 部 の 旧 河 北 中 学 校 に 集 約 した 平 成 27 年 11 月 に 中 国 地 方 5 県 で 家 畜 伝 染 病 対 策 に 必 要 な 連 携 情 報 の 共 有 連 絡 調 整 体 制 発 生 時 の 防 疫 資 材 の 相 互 調 達 及 び 家 畜 防 疫 員 等 の 派 遣 を 規 定 した 協 定 を 締 結 した

38 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 農 場 HACCP 推 進 事 業 2,140 2, ,140 ト ー タ ル コ ス ト 7,599 千 円 ( 前 年 度 7,576 千 円 )[ 正 職 員 :0.7 人 ] 主 な 業 務 内 容 補 助 金 交 付 事 務 指 導 員 養 成 のための 講 習 会 の 開 催 等 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 家 畜 疾 病 の 発 生 数 の 低 減 流 通 加 工 施 設 で 実 施 されているHACCPに 加 え 畜 産 農 場 における 農 場 HACCPの 取 組 を 推 進 することに より 農 場 から 消 費 者 へ 一 貫 した 衛 生 管 理 による 安 全 な 畜 産 物 の 供 給 を 行 うことを 目 的 とし 食 のみやこ 鳥 取 県 を 強 力 に 推 進 する 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 内 容 予 算 額 負 担 区 分 講 習 会 の 開 催 指 導 員 養 成 のための 県 内 講 習 会 を 実 施 ( 年 1 回 ) 1,540 ( 県 実 施 ) 農 場 HACCP 認 証 に 向 かっている 農 場 に 対 して 支 援 しているサポートチーム( 家 畜 保 健 衛 生 所 農 業 改 良 普 及 所 )への 専 門 家 による 指 導 会 を 実 施 ( 毎 月 ) 認 定 手 数 料 等 の 助 成 農 場 HACCP 認 証 手 数 料 の 助 成 600 県 1/2 農 場 HACCP 推 進 農 場 の 指 定 料 の 助 成 合 計 2,140 3 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 平 成 21 年 8 月 農 林 水 産 省 は 畜 産 における 農 場 HACCP の 認 証 基 準 を 公 表 し 国 際 標 準 規 格 のHACCP を 生 産 者 段 階 に 導 入 することを 推 進 している 平 成 25 年 4 月 琴 浦 町 の 乳 肉 複 合 経 営 の 農 場 が 農 場 HACCP 推 進 農 場 ( 農 場 HACCP 認 証 の 前 段 階 )の 指 定 を 受 け 平 成 27 年 10 月 に 県 内 で 第 1 号 となる 農 場 HACCPの 認 証 を 取 得 した 平 成 26 年 度 に 酪 農 場 1 戸 肉 用 牛 肥 育 農 場 1 戸 が 農 場 HACCP 推 進 農 場 の 指 定 を 受 けた 県 内 では 農 場 HACCP の 認 証 取 得 に 向 けた 気 運 が 高 まっている

39 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 鳥 取 県 獣 医 師 職 場 体 験 研 修 事 業 ト ー タ ル コ ス ト 1,531 千 円 ( 前 年 度 1,579 千 円 )[ 正 職 員 :0.1 人 ] 主 な 業 務 内 容 職 場 体 験 研 修 の 開 催 研 修 に 係 る 関 係 機 関 等 との 協 議 及 び 調 整 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 鳥 取 県 の 獣 医 師 職 員 ( 畜 産 及 び 公 衆 衛 生 部 門 )を 確 保 するため 本 県 出 身 の 獣 医 系 大 学 生 や 鳥 取 大 学 獣 医 学 科 の 学 生 等 を 対 象 に 県 の 獣 医 師 職 場 で 体 験 研 修 を 実 施 する また 県 内 から 獣 医 系 大 学 への 進 学 者 増 加 を 目 的 に 高 校 生 を 対 象 にセミナーを 開 催 する 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 内 容 予 算 額 職 場 体 験 研 修 の 開 催 獣 医 系 大 学 に 在 籍 する4~5 年 生 で 鳥 取 県 出 身 者 707 ( 県 実 施 ) 又 は 鳥 取 県 職 員 への 就 業 を 希 望 する 者 を 対 象 5 日 間 の 日 程 で 県 の 獣 医 師 職 場 ( 家 畜 保 健 衛 生 所 食 肉 衛 生 検 査 所 等 )での 体 験 研 修 を 行 う ( 新 ) 高 校 生 セミナーの 44 開 催 ( 県 実 施 ) 合 計 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 平 成 27 年 度 は 本 事 業 で5 名 国 主 催 の 他 事 業 で2 名 のインターンシップを 受 入 れた 鳥 取 県 ふるさと 獣 医 師 修 学 資 金 制 度 を 設 け 鳥 取 県 の 産 業 動 物 又 は 家 畜 衛 生 行 政 への 就 職 を 希 望 する 学 生 に 修 学 資 金 を 貸 与 し 貸 与 期 間 の1.5 倍 の 期 間 勤 務 すれば 返 還 を 免 除 している また 平 成 27 年 には 活 用 促 進 を 目 的 に 変 換 条 件 を 緩 和 した 獣 医 系 大 学 が 開 催 する 就 職 説 明 会 に 参 加 した(7 大 学 ) 鳥 取 大 学 と 連 携 し 大 学 入 門 ゼミや 公 務 員 獣 医 師 仕 事 説 明 会 に 参 加 し 県 獣 医 師 の 職 務 内 容 を 説 明 した 平 成 28 年 度 は 県 内 から 獣 医 系 大 学 へ 進 学 する 学 生 の 増 加 を 目 的 に 高 校 生 向 けのセミナーを 開 催 するこ ととした

40 畜 産 試 験 場 財 源 内 訳 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 試 験 研 究 費 ( 財 産 収 入 等 ) 102,098 96,728 5,370 68,932 33,166 ト ー タ ル コ ス ト 264,298 千 円 ( 前 年 度 259,798 千 円 ) [ 正 職 員 :20.8 人 非 常 勤 職 員 :7.1 人 ] 畜 産 試 験 場 において 畜 産 経 営 の 安 定 発 展 のために バイオテクノロジー 技 術 の 開 発 や 主 な 業 務 内 容 次 世 代 に 対 応 する 畜 産 管 理 技 術 の 開 発 和 牛 の 雄 づくりを 主 体 とした 育 種 改 良 等 の 試 験 研 究 を 行 うとともに 鳥 取 和 牛 のブランド 化 に 対 応 する 試 験 研 究 にも 積 極 的 に 取 り 組 む 優 秀 な 種 雄 牛 の 造 成 鳥 取 和 牛 オレイン55 発 生 率 向 上 のための 研 究 強 化 和 牛 受 精 卵 から 生 産 された 和 子 牛 の 強 化 哺 育 手 法 の 確 立 和 牛 去 勢 肥 育 牛 の 短 期 肥 育 技 術 の 確 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 立 新 しい 種 牛 選 抜 手 法 とバイテクを 利 用 した 種 雄 牛 造 成 と 和 牛 改 良 の 促 進 鳥 取 和 牛 肉 のブランド 確 立 に 向 けた 和 牛 肉 評 価 の 確 立 優 良 な 新 規 種 雄 牛 の 造 成 粗 飼 料 の 栽 培 試 験 に 基 づく 奨 励 品 種 の 公 表 粗 飼 料 分 析 の 実 施 による 粗 飼 料 の 給 与 改 善 支 援 ブランド 化 に 向 けた 和 牛 改 良 の 促 進 高 付 加 価 値 化 のための 技 術 開 発 等 に 関 わる 試 験 研 究 に 要 する 経 費 である 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 試 験 研 究 課 題 名 予 算 額 トータルコスト 鳥 取 和 牛 オレイン55 の 増 産 に 向 けた 飼 料 給 与 試 験 3,664 13,801 強 化 哺 育 を 活 用 した 和 子 牛 の 育 成 技 術 確 立 試 験 3,563 19,159 黒 毛 和 種 去 勢 肥 育 牛 の 短 期 肥 育 技 術 の 確 立 3,254 16,511 飼 料 米 を 活 用 した 鳥 取 和 牛 ブランド 向 上 試 験 467 3,586 鳥 取 和 牛 の 効 率 的 な 増 産 と 改 良 に 向 けた 体 外 受 精 卵 利 用 技 術 体 系 の 2,423 16,459 構 築 高 能 力 受 精 卵 増 産 委 託 事 業 9,076 9,856 優 良 遺 伝 子 を 活 用 した 新 鳥 取 和 牛 の 創 造 別 途 再 掲 3,814 12,392 鳥 取 和 牛 肉 うまみ 開 発 試 験 別 途 再 掲 8,679 17,257 和 牛 産 肉 能 力 検 定 直 接 検 定 試 験 3,114 16,371 現 場 後 代 検 定 試 験 35,046 42,844 牛 の 精 液 供 給 事 業 9,703 41,675 粗 飼 料 増 産 のための 優 良 品 種 選 定 試 験 73 1,633 飼 料 分 析 を 活 用 した 給 与 技 術 向 上 支 援 事 業 737 6,196 粗 飼 料 生 産 事 業 8,558 20,255 所 得 向 上 を 目 指 したTMR 調 製 技 術 の 確 立 試 験 9,927 26,303 ( 終 ) 砂 丘 地 飼 料 作 物 栽 培 及 び 牛 への 給 与 に 関 する 試 験 0 - 合 計 15 課 題 ( 終 了 1 課 題 ) 102, ,

41 畜 産 試 験 場 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 優 良 遺 伝 子 を 活 用 ( 諸 収 入 ) し た 新 鳥 取 和 牛 の (3,814) (2,814) (1,000) (1,000) (2,814) 創 造 ト ー タ ル コ ス ト (12,392 千 円 ( 前 年 度 11,356 千 円 ) [ 正 職 員 :1.1 人 非 常 勤 職 員 :1.0 人 ]) 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 市 場 価 値 の 高 い 新 鳥 取 和 牛 を 創 り 出 すために 産 肉 性 と 種 牛 性 に 関 わる 優 良 遺 伝 子 を 探 索 し 種 雄 候 補 牛 や 優 良 雌 牛 の 選 抜 に 活 用 して 優 秀 な 種 雄 牛 の 造 成 を 図 る ( 事 業 実 施 期 間 : 平 成 13~28 年 度 ) ( 注 ) 本 研 究 は 優 良 遺 伝 子 やゲノムを 探 索 し 後 代 ( 産 子 )に 遺 伝 しているかどうかを 検 証 することにより 優 良 牛 の 選 抜 に 活 用 するもので 遺 伝 子 操 作 をするものではありません ( 用 語 解 説 ) 和 牛 の 持 つ 経 済 的 な 形 質 として 種 牛 性 と 産 肉 性 がある (1) 種 牛 性 飼 いやすさ 子 牛 の 産 みやすさ 子 育 て 能 力 ( 乳 をたくさん 出 すか) 等 の 能 力 (2) 産 肉 性 肉 量 の 多 さ 霜 降 りの 多 さなどの 肉 質 に 関 する 能 力 2 主 な 事 業 内 容 (1) 種 牛 性 産 肉 性 に 関 する 優 良 遺 伝 子 の 探 索 (2) 和 牛 版 ゲノム 育 種 価 の 開 発 ( 昨 年 度 実 施 した 全 頭 検 査 結 果 に 基 づく 新 たな 評 価 方 法 の 開 発 ) (3) 新 たな 有 用 形 質 に 関 する 遺 伝 子 解 析 オレイン 酸 含 有 率 などの おいしさ に 関 わるゲノム 育 種 価 の 開 発 と 活 用 (4) 選 抜 への 活 用 種 雄 候 補 牛 などの 優 良 遺 伝 子 保 有 状 況 やゲノム 育 種 価 を 調 査 し 選 抜 に 活 用 全 共 候 補 牛 のゲノム 育 種 価 を 調 査 し 選 抜 に 活 用 (5) 受 精 卵 のゲノム 育 種 価 推 定 手 法 の 開 発 (6) 遺 伝 子 発 現 制 御 機 構 の 調 査 研 究 (エピジェネティクス) 優 良 遺 伝 子 の 発 現 を 制 御 する 機 構 の 解 明 鳥 取 和 牛 肉 うまみ 開 発 試 験 (8,679) (3,019) (5,660) (8,679) ト ー タ ル コ ス ト (17,257 千 円 ( 前 年 度 11,561 千 円 ) [ 正 職 員 :1.1 人 非 常 勤 職 員 :1.0 人 ]) 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) うまみ のある 和 牛 肉 を 求 める 消 費 者 ニーズに 応 えるため またTPPの 大 筋 合 意 を 受 け 海 外 産 牛 肉 との 差 別 化 を 図 るため 鳥 取 和 牛 肉 のおいしさにかかる 様 々な うまみ を 調 査 し 最 終 的 に 簡 易 測 定 機 器 を 開 発 す ることで 新 たなブランド 化 の 創 出 や 鳥 取 和 牛 の 育 種 改 良 手 法 の 開 発 をつなげていく 2 主 な 事 業 内 容 H27 臨 時 会 対 応 とするため

42 畜 産 試 験 場 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 畜 産 試 験 場 ( 財 産 収 入 等 ) 管 理 運 営 費 47,804 47, ,447 37,357 ト ー タ ル コ ス ト 63,400 千 円 ( 前 年 度 63,012 千 円 ) [ 正 職 員 :2.0 人 非 常 勤 職 員 :2.8 人 ] 主 な 業 務 内 容 畜 産 試 験 場 の 管 理 運 営 業 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 畜 産 試 験 場 の 管 理 運 営 に 要 する 経 費 である 廃 止 畜 産 試 験 場 0 6,637 6,637 施 設 整 備 費 ト ー タ ル コ ス ト 0 千 円 ( 前 年 度 6,637 千 円 ) 主 な 業 務 内 容 周 知 説 明 補 助 金 交 付 事 務 法 人 に 対 する 助 言 指 導 老 朽 化 した 施 設 を 整 備 することにより 職 員 の 安 全 性 の 確 保 と 業 務 の 効 率 化 を 図 る 2 主 な 事 業 内 容 一 定 の 施 設 整 備 が 完 了 したため 休 止 する

43 中 小 家 畜 試 験 場 財 源 内 訳 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 試 験 研 究 費 ( 財 産 収 入 等 ) 39,392 48,674 9,282 16,271 23,121 ト ー タ ル コ ス ト 128,290 千 円 ( 前 年 度 137,196 千 円 ) [ 正 職 員 :11.4 人 非 常 勤 職 員 :5.8 人 ] 主 な 業 務 内 容 中 小 家 畜 の 改 良 繁 殖 飼 養 管 理 肥 育 方 法 畜 産 環 境 改 善 に 係 る 試 験 研 究 種 畜 性 の 高 いバークシャー 種 雄 豚 の 選 抜 供 給 大 山 ルビーの 肉 質 及 び 食 味 向 上 による ブランド 価 値 向 上 鳥 取 地 どりピヨ を 作 るための 交 雑 種 鶏 ( 雄 )の 血 統 固 定 及 び 旨 み(ア 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) ラキドン 酸 )の 向 上 及 びヒナ 供 給 地 どり 精 液 凍 結 保 存 技 術 及 び 種 卵 の 超 長 期 保 存 技 術 の 開 発 を 行 い 場 外 における 地 どり 遺 伝 資 源 保 存 技 術 の 確 立 環 境 に 優 しい 畜 産 業 の 推 進 本 県 独 自 の 畜 産 物 の 開 発 周 辺 環 境 と 調 和 した 畜 産 経 営 の 確 立 等 に 関 わる 試 験 研 究 の 経 費 である 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 試 験 研 究 課 題 名 予 算 額 ト ー タ ル コ ス ト 養 鳥 取 県 産 ブランド 豚 品 質 向 上 試 験 10,715 27,871 豚 研 鳥 取 県 産 豚 の 美 味 しさ 解 析 試 験 17,609 47,241 究 室 小 計 2 課 題 28,324 75,112 鳥 取 地 どりピヨ の 遺 伝 資 源 保 存 技 術 の 開 発 648 3,767 環 境 鳥 取 地 どりピヨ の 改 良 試 験 別 途 再 掲 8,981 37,054 養 環 境 と 調 和 の 取 れた 畜 産 排 水 処 理 技 術 の 改 善 と 指 導 760 6,219 鶏 マニュアルの 作 成 研 究 ( 新 )コンパクトで 低 コストな 脱 臭 装 置 の 開 発 別 途 掲 載 679 6,138 室 ( 終 ) 低 コスト 畜 舎 臭 気 低 減 技 術 の 開 発 0 - 小 計 4 課 題 11,068 53,178 合 計 6 課 題 ( 終 了 1 課 題 ) 39, ,

44 中 小 家 畜 試 験 場 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 鳥 取 地 どりピヨ の ( 財 産 収 入 ) 改 良 試 験 (8,981) (9,530) ( 549) (1,401) (7,580) ト ー タ ル コ ス ト (37,054 千 円 ( 前 年 度 37,484 千 円 ) [ 正 職 員 :3.6 人 非 常 勤 職 員 :1.8 人 ]) 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 鳥 取 県 独 自 の 種 鶏 を 目 指 した 鳥 取 地 どりピヨ の 父 鶏 となるシャモとロードアイランドレッドの 交 雑 種 鶏 につ いて 平 成 27 年 度 で 選 抜 改 良 を 進 めてきた 固 定 化 試 験 が 終 了 した 平 成 28 年 度 より 当 該 種 鶏 群 を 維 持 し ながら 新 たな 改 良 にも 取 り 組 み 雛 生 産 をとおして 生 産 性 が 高 く 高 品 質 の 鳥 取 地 どりピヨ の 市 場 訴 求 力 を 高 めてブランド 化 を 進 め 担 い 手 農 家 や 新 規 参 入 者 に 対 する 支 援 を 行 っていく ( 事 業 実 施 期 間 : 平 成 27~32 年 度 ) 2 主 な 事 業 内 容 (1) 鳥 取 地 どりピヨ の 性 別 体 重 較 差 改 善 を 目 指 した 種 鶏 改 良 試 験 血 統 固 定 化 を 行 った 交 雑 種 鶏 の 育 種 改 良 により 鳥 取 地 どりピヨ の 雌 の 増 体 性 能 改 善 を 図 る (2) 鳥 取 地 どりピヨ の 旨 み 向 上 試 験 新 たな 旨 み 関 連 成 分 であるアラキドン 酸 に 着 目 し 鳥 取 地 どりピヨ の 旨 み 向 上 を 図 る (3) 鳥 取 地 どりピヨ のヒナ 生 産 試 験 鳥 取 地 どりピヨ のヒナを 生 産 し 農 家 に 供 給 する ( 新 )コンパクトで 低 コストな 脱 臭 装 置 の (679) (0) (679) (679) 開 発 ト ー タ ル コ ス ト (6,138 千 円 ( 前 年 度 0 千 円 ) [ 正 職 員 :0.7 人 ]) 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 県 内 企 業 が 開 発 した 廃 ガラスを 主 原 料 とするガラス 発 泡 材 を 活 用 しながら 中 小 家 畜 試 験 場 が 開 発 した 脱 臭 装 置 と 他 の 脱 臭 法 を 組 み 合 わせて 農 家 施 工 も 可 能 となるようなコンパクトで 低 コストな 脱 臭 装 置 の 開 発 に ついて 県 内 企 業 との 共 同 研 究 で 取 り 組 む ( 事 業 実 施 期 間 : 平 成 28~32 年 度 ) 2 主 な 事 業 内 容 (1)ガラス 発 泡 材 脱 臭 装 置 と 組 み 合 わせる 脱 臭 方 法 の 検 討 組 み 合 わせる 脱 臭 装 置 性 能 測 定 制 御 方 法 の 検 討 (アンモニア 濃 度 悪 臭 温 度 湿 度 ph) (2)ガラス 発 泡 材 脱 臭 装 置 の 性 能 に 関 わる 各 種 項 目 の 検 証 脱 臭 槽 規 模 形 状 散 水 量 と 散 水 時 間 循 環 水 試 用 期 間 他 (3) 運 転 管 理 方 法 ランニングコストの 検 証 (4) 最 適 なガラス 発 泡 材 粒 径 規 格 の 検 討 (5) 県 内 農 家 実 証 試 験

45 中 小 家 畜 試 験 場 事 業 名 本 年 度 前 年 度 比 較 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 中 小 家 畜 試 験 場 管 ( 諸 収 入 ) 理 運 営 費 35,189 28,395 6, ,132 ト ー タ ル コ ス ト 50,785 千 円 ( 前 年 度 43,925 千 円 ) [ 正 職 員 :2.0 人 非 常 勤 職 員 :1.0 人 ]) 主 な 業 務 内 容 中 小 家 畜 試 験 場 の 管 理 運 営 業 務 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 中 小 家 畜 試 験 場 の 管 理 運 営 に 要 する 経 費 である 中 小 家 畜 試 験 場 施 設 整 備 費 8,438 42,903 34,465 8,438 ト ー タ ル コ ス ト 8,438 千 円 ( 前 年 度 42,903 千 円 ) [ 正 職 員 :0.0 人 ]) 主 な 業 務 内 容 中 小 家 畜 試 験 場 の 施 設 整 備 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 内 容 予 算 額 委 託 料 育 成 試 験 鶏 舎 屋 根 改 修 工 事 実 施 設 計 委 託 料 552 工 事 請 負 費 育 成 試 験 鶏 舎 屋 根 回 収 工 事 7,886 合 計 8,

46 2 平 成 27 年 度 2 月 補 正 予 算 ( 臨 時 会 関 係 ) ( 単 位 : 千 円 ) 事 業 名 補 正 前 補 正 計 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 ( 新 ) 畜 産 クラスター 施 設 整 備 事 業 ( 肉 用 0 57,469 57,469 47,500 9,969 牛 ) ト ー タ ル コ ス ト 0 69,893 69,893 ( 補 正 に 係 る 主 な 業 務 内 容 ) 従 事 す る 職 員 数 0.0 人 1.6 人 1.6 人 補 助 金 事 務 事 業 実 施 主 体 及 び 関 係 団 体 との 調 整 指 導 調 査 情 報 収 集 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 子 牛 生 産 頭 数 肉 牛 出 荷 頭 数 の 増 加 や 高 価 格 販 売 による 和 牛 王 国 鳥 取 の 復 活 ( 子 牛 生 産 頭 数 :4,000 頭 肉 牛 出 荷 頭 数 :5,000 頭 ) 県 内 の 肉 用 牛 の 生 産 基 盤 を 強 化 するため 国 庫 補 助 事 業 ( 国 の 畜 産 クラスター 事 業 )を 活 用 して 法 人 等 が 行 う 施 設 等 の 整 備 について 支 援 する また 国 の 畜 産 クラスター 事 業 の 補 助 対 象 とならない 施 設 及 び 緊 急 的 に 対 応 が 必 要 な 機 械 整 備 に 対 して 支 援 する 2 主 な 事 業 内 容 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 内 容 実 施 主 体 事 業 費 予 算 額 補 助 率 肉 用 牛 畜 産 ク 畜 産 クラスター 計 画 に 位 置 づけられた 畜 産 ク ラ ス 95,000 47,500 国 1/2 ラ ス タ ー 事 業 地 域 の 中 心 的 な 経 営 体 が 行 う 規 模 拡 ター 協 議 会 ( 国 ) 大 のために 必 要 な 施 設 ( 和 牛 繁 殖 牛 舎 7 棟 )の 整 備 に 係 る 経 費 に 対 する 支 援 県 版 肉 用 牛 ク 施 設 整 備 JA 7,000 2,334 県 1/3 ラスター 事 業 和 牛 繁 殖 牛 舎 1 棟 の 整 備 生 産 者 市 町 村 1/6 ( 自 力 施 工 のため 国 事 業 対 象 外 ) 新 規 参 入 者 機 械 整 備 22,904 7,635 牛 肉 の 安 定 供 給 高 品 質 化 に 資 する 機 械 ( 換 気 扇 インバーター)の 整 備 ( 夏 期 までに 整 備 が 必 要 ) 合 計 124,904 57,469 3 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 鳥 取 和 牛 の 増 頭 のため これまで 県 で 独 自 に 事 業 を 実 施 した 結 果 平 成 26 年 度 は7 戸 が 牛 舎 を 新 築 又 は 増 築 し 82 頭 の 増 頭 が 図 られ 生 産 者 の 規 模 拡 大 が 進 んだ 施 設 及 び 機 械 整 備 について 新 たに 事 業 化 された 国 事 業 の 活 用 を 図 るとともに 国 事 業 対 象 外 の 施 設 機 械 等 の 整 備 については 県 及 び 市 町 村 で 整 備 を 支 援 する

47 事 業 名 補 正 前 補 正 計 財 源 内 訳 備 考 国 庫 支 出 金 起 債 その 他 一 般 財 源 ( 新 ) 和 牛 受 精 卵 放 牧 拡 大 支 援 事 業 0 8,380 8,380 6,380 2,000 ト ー タ ル コ ス ト 0 19,251 19,251 ( 補 正 に 係 る 主 な 業 務 内 容 ) 従 事 す る 職 員 数 0.0 人 1.4 人 1.4 人 和 牛 ビジョンの 進 捗 管 理 和 牛 戦 略 会 議 の 開 催 補 助 金 事 務 関 係 団 体 との 連 絡 調 整 調 査 情 報 収 集 工 程 表 の 政 策 目 標 ( 指 標 ) 子 牛 生 産 頭 数 肉 牛 出 荷 頭 数 の 増 加 や 高 価 格 販 売 による 和 牛 王 国 鳥 取 の 復 活 ( 子 牛 生 産 頭 数 :4,000 頭 肉 牛 出 荷 頭 数 :5,000 頭 ) 地 方 創 生 加 速 化 交 付 金 充 当 事 業 和 牛 生 産 頭 数 の 増 加 を 図 るため 高 能 力 和 牛 の 受 精 卵 の 購 入 採 卵 経 費 等 の 支 援 を 行 うとともに 和 牛 受 精 卵 移 植 や 和 牛 の 放 牧 を 推 進 する 2 主 な 事 業 内 容 区 分 事 業 内 容 実 施 主 体 事 業 費 予 算 額 補 助 率 ( 単 位 : 千 円 ) 高 能 力 和 牛 受 百 合 白 清 2 や 白 鵬 85の3 JA 4,200 2,100 県 1/2 精 卵 増 産 対 策 の 受 精 卵 の 購 入 又 は 採 卵 経 費 補 助 上 限 に 対 する 支 援 購 入 20 千 円 / 頭 採 卵 21 千 円 / 頭 乳 用 雌 牛 等 受 和 牛 受 精 卵 移 植 に 前 年 度 JA 4,940 4,940 県 定 額 20 千 円 / 頭 卵 牛 活 用 促 進 実 績 より 多 く 取 組 んだ 生 産 者 に 生 産 者 対 する 奨 励 金 和 牛 受 精 卵 の 移 植 経 費 の 一 全 農 県 定 額 2,500 円 / 頭 部 を 支 援 全 農 定 額 2,500 円 / 頭 和 牛 放 牧 拡 大 耕 作 放 棄 地 等 で 和 牛 放 牧 を 実 畜 産 農 家 1, 県 1/3 支 援 施 するための 電 気 牧 柵 等 の 機 農 業 団 体 器 整 備 に 対 する 支 援 生 産 者 集 団 等 和 牛 再 生 ステ 和 牛 振 興 のための 戦 略 を 検 討 するととも ッ プ ア ッ プ 協 に 和 牛 ビジョンの 推 進 管 理 および 意 見 交 議 会 換 を 目 的 に 開 催 合 計 11,480 8,380 3 これまでの 取 組 状 況 改 善 点 和 牛 受 精 卵 の 移 植 促 進 酪 農 家 等 で 飼 育 される 乳 用 雌 牛 への 和 牛 受 精 卵 移 植 を 推 進 するため 移 植 経 費 の 補 助 等 を 行 った 結 果 H26 年 度 で335 頭 の 受 精 卵 移 植 が 実 施 され 受 精 卵 移 植 技 術 の 活 用 が 進 んだ 受 精 卵 の 採 卵 経 費 や 購 入 経 費 を 補 助 することにより 受 精 卵 を 確 保 (H26 年 度 : 採 卵 頭 数 62 頭 受 精 卵 5 5 個 )することで 和 牛 受 精 卵 移 植 に 必 要 な 受 精 卵 を 確 保 することができた 一 方 和 牛 受 精 卵 移 植 の 受 胎 率 の 向 上 産 子 の 管 理 育 成 技 術 の 向 上 などの 課 題 があるため 引 き 続 き 受 精 卵 移 植 の 推 進 農 家 へのサポートが 必 要 である 和 牛 放 牧 拡 大 支 援 事 業 を 活 用 することで 方 々 区 への 意 識 は 高 まっており H26 年 度 は 新 たに11haで 放 牧 が 実 施 された

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組 別 記 様 式 第 1 号 計 画 期 間 平 成 年 度 ~ 平 成 3 年 度 福 井 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 3 年 3 月 福 井 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持

More information

2 酪 農 基 盤 を フ リ ー ス ト ー 強 化 したい ル 牛 舎 やミル 畜 産 クラスター 関 連 事 業 公 社 農 協 畜 産 クラスター 計 画 に 定 められ キ ン グ パ ー ラ 都 道 府 県 等 た 中 心 的 な 経 営 体 に 対 し 畜 舎 ーを 整 備 した の

2 酪 農 基 盤 を フ リ ー ス ト ー 強 化 したい ル 牛 舎 やミル 畜 産 クラスター 関 連 事 業 公 社 農 協 畜 産 クラスター 計 画 に 定 められ キ ン グ パ ー ラ 都 道 府 県 等 た 中 心 的 な 経 営 体 に 対 し 畜 舎 ーを 整 備 した の 酪 農 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 27 年 度 当 初 版 6/9 時 点 ) 簡 単 検 索 キーワードと 記 載 ページ(あいうえお 順 ) 稲 WCS(7p) 衛 生 (15p 16p) エコフィード(10p) 改 良 (5p) 加 工 販 売 施 設 (11p) 簡 易 牛 舎 (2p) 環 境 (14p 15p) 機 械 導 入 ( 生 産 性 向 上 )(4p) 機 械

More information

2 繁 殖 基 盤 を 離 農 農 場 を 強 化 した 活 用 して 規 模 畜 産 クラスター 関 連 事 業 民 間 団 体 農 協 や 公 社 等 が 買 入 れ 又 は 借 入 (つづき) 拡 大 した した 離 農 跡 地 等 におて 畜 舎 畜 産 企 画 課 推 進 班 等 の 補

2 繁 殖 基 盤 を 離 農 農 場 を 強 化 した 活 用 して 規 模 畜 産 クラスター 関 連 事 業 民 間 団 体 農 協 や 公 社 等 が 買 入 れ 又 は 借 入 (つづき) 拡 大 した した 離 農 跡 地 等 におて 畜 舎 畜 産 企 画 課 推 進 班 等 の 補 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 27 年 度 版 6/9 時 点 ) 簡 単 検 索 キーワードと 記 載 ページ(あうえお 順 ) 稲 WCS(6p) 衛 生 (14p 15p) エコフィード(9p) 改 良 (5p) 加 工 販 売 施 設 (10p 11p) 家 畜 市 場 (9p) 簡 易 牛 舎 (2p) 環 境 (13p 14p) 機 械 導 入 ( 生 産 性

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

1

1 秋 田 県 家 畜 改 良 増 殖 計 画 平 成 28 年 3 月 1 Ⅰ 乳 用 牛 1 改 良 目 標 酪 農 経 営 の 安 定 化 と 生 乳 の 安 定 供 給 を 図 るため 優 良 な 種 雄 牛 を 選 抜 するための 後 代 検 定 と 雌 牛 の 能 力 測 定 を 行 う 牛 群 検 定 を 柱 とし 遺 伝 的 多 様 性 を 確 保 するとともに 能 力 体 型 の 両

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

栃木県酪肉近代化計画1

栃木県酪肉近代化計画1 計 画 期 間 平 成 28 年 度 ~ 平 成 37 年 度 栃 木 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 をめぐる 近 年 の 情 勢 の 変 化 1 2 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 競 争 力 の 強

More information

Ⅰ. 公 益 目 的 事 業 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 資 するため 全 国 の 軽 種 馬 生 産 地 域 において 地 域 経 済 の 安 定 化 に 寄 与 し 軽 種 馬 生 産 の 安 定 的 維 持 発 展 と 競 馬 の 健 全 な 発 展 を 図 る 下 記 の 事

Ⅰ. 公 益 目 的 事 業 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 資 するため 全 国 の 軽 種 馬 生 産 地 域 において 地 域 経 済 の 安 定 化 に 寄 与 し 軽 種 馬 生 産 の 安 定 的 維 持 発 展 と 競 馬 の 健 全 な 発 展 を 図 る 下 記 の 事 平 成 25 年 度 事 業 計 画 事 業 実 施 方 針 日 本 国 内 に 多 大 なる 被 害 と 影 響 を 与 えた 東 日 本 大 震 災 及 び 大 震 災 に 伴 う 原 子 力 発 電 所 事 故 から2 年 弱 が 経 過 した 平 成 24 年 に 入 り 復 興 需 要 に 支 えられた 内 需 主 導 に より 日 本 経 済 は 回 復 の 動 きが 確 認 できるものの

More information

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部 平 成 28 年 5 月 18 日 10 時 15 分 ~ 第 一 特 別 会 議 室 平 成 28 年 熊 本 地 震 復 興 推 進 本 部 第 7 回 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 議 事 次 第 1 開 会 2 本 部 長 御 発 言 ( 大 臣 ) 3 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 被 災 農 林 漁

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 4 ベストパフォーマンスを 発 揮 するための 7つの 疑 問 とその 解 決 すべき 課 題 について ~ 改 めて 確 認 してみよう 自 らの 繁 殖 飼 養 衛 生 管 理 ~ 1 なぜ 生 乳 生 産 量 が 減 少 しているのか? 2 なぜ 乳 用 牛 の 頭 数 が 減 少 しているのか? 3 なぜ 分 娩 事 故 や 子 牛 の 事 故 が 減 らないのか? 4 なぜ 乳 用

More information

Taro-H21.05(改正).jtd

Taro-H21.05(改正).jtd 5. 養 豚 農 家 濃 密 指 導 による 経 営 改 善 事 例 豊 後 大 野 家 畜 保 健 衛 生 所 丸 山 信 明 芦 刈 美 穂 里 秀 樹 廣 瀬 英 明 1. 農 家 の 概 要 平 成 7 年 度 に 県 の 指 導 により 農 場 から 食 卓 へ をキャッチフレ-ス に 有 名 な 料 理 研 究 家 を 招 いて 養 豚 生 産 者 3 戸 が 共 同 でハム 加 工 販

More information

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 畜 産 物 生 産 費 統 計 は 牛 乳 子 牛 乳 用 雄 育 成 牛 交 雑 種 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 交 雑 種 肥 育 牛 ( 以 下 乳 用 雄 育 成 牛 及 び 交 雑 種 育 成 牛 を 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 及 び 交

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

Taro-8671.jtd

Taro-8671.jtd 平 成 21 年 3 23 日 報 8671 章 平 成 21 年 3 23 日 8671 目 ページ 財 部 正 計 課 2 告 示 監 視 伝 染 病 検 査 命 令 畜 産 課 3 4 家 畜 注 射 実 施 4 公 告 河 川 整 備 計 画 変 更 原 案 河 川 課 5 河 川 整 備 計 画 変 更 係 縦 覧 7 1 2 財 部 正 公 布 平 成 年 日 知 大 澤 正 明 財 部

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業 別 記 第 1 号 様 式 番 号 年 月 日 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 市 町 村 長 氏 名 印 強 い 農 業 づくり 事 業 ( ) 画 承 認 申 請 書 強 い 農 業 づくり 事 業 補 助 金 交 付 事 務 取 扱 要 領 ( 平 成 17 年 7 月 15 日 付 け 支 援 第 432 号 北 海 道 農 政 部 長 通 知 ) 第 2に 基 づき 関

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 26 年 2 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 はじめに この 報 告 書 は 公 益 社 団 法 人 中 央 畜 産 会 に 委 託 して 実 施 した 平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 の 成 果 を 取 りまとめたものである

More information

Microsoft PowerPoint - 【統計部】270901名古屋大学講義資料「農林統計でみる我が国の農業構造」(ファイルサイズ縮小版) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 【統計部】270901名古屋大学講義資料「農林統計でみる我が国の農業構造」(ファイルサイズ縮小版) [互換モード] 名 古 屋 大 学 特 別 講 義 農 林 統 計 でみる 我 が 国 の 農 業 構 造 東 海 農 政 局 統 計 部 長 秋 山 研 一 平 成 27 年 9 月 1 日 Ⅰ 統 計 調 査 の 種 類 実 施 体 系 Ⅱ 農 林 水 産 統 計 の 役 割 Ⅲ 2015 年 農 林 業 センサスの 役 割 見 直 し 等 Ⅳ 農 業 センサスでみる 農 業 構 造 等 Ⅴ 東 海 3 県 の

More information

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅 第 1 章 TPP 協 定 と 関 連 対 策 ~ 努 力 が 報 われる 農 林 水 産 業 の 実 現 に 向 けて~ - 41 - 左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農

More information

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5>

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5> 資 料 9-2 鶏 の 改 良 増 殖 目 標 ( 案 ) 平 成 22 年 7 月 Ⅰ まえがき 食 料 は 人 間 の 生 命 の 維 持 に 欠 くことができないものであり かつ 健 康 で 充 実 した 生 活 の 基 礎 として 重 要 なものである 中 でも 鶏 肉 鶏 卵 はたんぱく 質 に 富 み 国 民 の 健 康 増 進 に 大 きく 貢 献 しており 将 来 にわたって 良 質

More information

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 畜 産 経 営 要 因 分 析 平 成 2 6 年 3 月 19 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 飼 料 高 騰 下 でも を 実 現 する 畜 産 経 営 やコスト 削 減 努 力 経 営 面 でも 工 夫 ~ 畜 産 経 営 の 要 因 分 析 調 査 結 果 ~ < 要 旨 > 我 が 国 の 畜 産 経 営 では 飼 料 費 が 経 営 コストの4 割

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B>

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B> 農 業 者 用 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 集 落 協 定 書 等 の 書 き 方 記 入 マニュアル 平 成 25 年 5 月 16 日 < 集 落 協 定 を 申 請 する 場 合 > 参 考 様 式 第 6 号 共 通 の 申 請 書 ( 記 入 例 ) 番 号 年 月 日 市 町 村 長 殿 集 落 協 定 代 表 者 氏 名 印 中 山 間 地 域 等 直 接 支

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

26補正リース実施要領一部改正

26補正リース実施要領一部改正 別 紙 様 式 第 1 号 年 月 日 一 般 社 団 法 人 全 日 本 畜 産 経 営 者 協 会 理 事 長 青 野 正 宣 殿 住 所 末 端 借 受 者 印 TEL E-mail(ある 場 合 ) 平 成 年 度 畜 産 収 益 力 強 化 緊 急 支 援 事 業 参 加 申 請 書 畜 産 収 益 力 強 化 緊 急 支 援 事 業 を 下 記 のとおり 実 施 したいので 独 立 行

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00 熊 本 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 H24 年 度 731,815 277,665,883 2,881,104 47,758,592

More information

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案)

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案) 別 添 1 酪 農 生 産 基 盤 強 化 事 業 第 1 事 業 実 施 主 体 この 事 業 の 事 業 実 施 主 体 は 平 成 28 年 度 畜 産 業 振 興 事 業 に 係 る 公 募 要 領 ( 平 成 28 年 1 月 15 日 付 け 27 農 畜 機 第 4499 号 )により 応 募 した 者 から 選 定 された 者 ( 以 下 公 募 団 体 という )とする 第 2 事

More information

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 畜 産 経 営 要 因 分 析 平 成 26 年 3 月 12 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 飼 料 高 騰 下 でも を 実 現 する 畜 産 経 営 生 産 性 向 上 やコスト 削 減 努 力 経 営 面 でも 工 夫 ~ 畜 産 経 営 の 要 因 分 析 調 査 結 果 ~ < 要 旨 > 我 が 国 の 畜 産 経 営 では 飼 料 費 が 経 営

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817589C6927B8F6497768E968D8090E096BE8F9181765F48323481605F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817589C6927B8F6497768E968D8090E096BE8F9181765F48323481605F2E646F63> NOSAI ご 加 入 のみなさまへ 家 畜 共 済 重 要 事 項 説 明 書 NOSAI 事 業 につきましては 日 頃 より 格 別 のご 理 解 ご 協 力 を 頂 き 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 金 融 商 品 の 販 売 等 に 関 する 法 律 により 共 済 加 入 の 際 にはあらかじめ 重 要 事 項 の 説 明 が 義 務 づけられておりま す この 重 要 事 項

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農 第 6 次 総 合 計 実 施 計 施 策 シト(~) ( 様 式 ) 政 策 名 第 7 章 地 域 の 活 力 をつくりだす 産 業 経 済 の 振 興 施 策 名 第 節 農 水 産 業 の 振 興 施 策 の 目 標 良 質 な 農 水 産 物 の 提 供 と 農 水 産 業 の 持 続 的 発 展 を 図 る 事 業 費 ( : 千 円 ) 事 業 数 細 事 業 数 予 算 額 合 計

More information

Taro-H25給与定員管理

Taro-H25給与定員管理 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 沖 縄 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 状 況 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 平 成 23 ( 平 成 24 年 度 末 ) A 実 質 収 支 B B A 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 平 成 24 年 度 1,437,994

More information

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73>

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73> 1/41 請 求 書 枝 番 実 施 機 関 所 管 の 名 称 受 付 年 月 日 請 求 内 容 決 定 年 月 日 決 定 内 容 非 公 開 理 由 等 備 考 1 1 市 長 2 2 市 長 3 3 市 長 環 境 部 環 境 対 策 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許 可 台 帳 (H23.3 月 分 ) H23.4.6 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 下 関 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 人 % % 24 年 度 278,962 117,798,811 3,247,399 21,495,273

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

<95CA8DFB825795C52E656337>

<95CA8DFB825795C52E656337> 1 各 会 当 初 予 算 の 概 要 町 には 一 般 会 のほか 3つの 特 別 会 2つの 企 業 会 があり 平 成 26 年 度 において は 3 月 6 日 開 会 の 第 1 回 定 例 町 議 会 に 提 案 され 3 月 13 日 に 可 決 成 立 しましたので そ の 内 容 をお 知 らせします はじめに 一 般 会 やそれぞれの 会 の 内 容 について 説 明 します 会

More information

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産 第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 取 組 状 況 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 数 地 域 の 魅 力 を 生 かした 産 業 の 強 化 4 9 4 32 72,644 地 域 の 未 来 を 切 り 拓 く 新 産 業 の 創 出 3 6 14 14 39,58 地 域 を 支 える 強 い

More information

Microsoft Word - P01-12.doc

Microsoft Word - P01-12.doc 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 管 理 規 程 設 定 昭 和 50 年 7 月 1 日 改 正 昭 和 54 年 9 月 26 日 改 正 昭 和 60 年 6 月 7 日 改 正 平 成 5 年 4 月 1 日 改 正 平 成 14 年 3 月 18 日 改 正 平 成 17 年 11 月 1 日 改 正 平 成 19 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

別紙3

別紙3 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について これは 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の2 及 び 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 条 例 第 1 号 )の 規 定 に 基 づき 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 公 表 するものです

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

家畜衛生ニュース-中央

家畜衛生ニュース-中央 中 央 家 畜 衛 生 通 信 第 65 号 平 成 25 年 8 月 発 行 岩 手 県 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 岩 手 県 中 央 家 畜 衛 生 協 議 会 目 次 家 畜 を 残 暑 から 守 りましょう 岩 手 県 牛 ヨーネ 病 防 疫 対 策 要 領 の 改 正 について 農 場 HACCP 興 味 のある 方 は 当 所 まで!! めん 羊 の 慢 性 銅 中 毒 1 3

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,796,000 千 円 と 定 め る 2 歳

More information

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 目 的 畜 産 物 流 通 調 査 は 畜 産 物 の 取 引 数 量 価 格 等 を 把 握 し 畜 産 物 に 関 する 生 産 出 荷 の 調 整 価 格 安 定 等 各 種 施 策 の 資 料 を 提 供 することを 目 的 とする 2 調 査 の 根 拠 と 畜 場 統 計 調 査 鶏 卵 流 通 統 計 調 査 及 び 食 鳥 流 通 統 計

More information

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 27 年 新 庄 市 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 に

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

Microsoft PowerPoint - 2015.1001_関東農政局(森岡)

Microsoft PowerPoint - 2015.1001_関東農政局(森岡) 宮 崎 県 内 の と 畜 場 における HACCP 導 入 の 概 要 宮 崎 県 衛 生 管 理 指 導 主 幹 都 城 食 肉 衛 生 検 査 所 黒 木 伸 二 高 崎 食 肉 衛 生 検 査 所 長 倉 祐 一 小 林 食 肉 衛 生 検 査 所 岩 切 章 都 農 食 肉 衛 生 検 査 所 森 岡 浩 文 日 向 食 肉 衛 生 検 査 所 三 重 野 由 子 宮 崎 県 のと 畜 頭

More information

日本学生支援機構入札説明会資料

日本学生支援機構入札説明会資料 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い

More information

1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 の 状 況 平 成 25 年 度 新 たに 採 用 した 職 員 数 は27 人 です 職 種 別 性 別 内 訳 は 以 下 のとおりです 区 分 一 般 事 務 ( 単 位 : 人 ) 土 木 電 気

1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 の 状 況 平 成 25 年 度 新 たに 採 用 した 職 員 数 は27 人 です 職 種 別 性 別 内 訳 は 以 下 のとおりです 区 分 一 般 事 務 ( 単 位 : 人 ) 土 木 電 気 平 成 25 年 度 今 治 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の2 及 び 今 治 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 今 治 市 条 例 第 313 号 )に 基 づき 今 治 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等

More information

<303031204832338D828DE88E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C42E786477>

<303031204832338D828DE88E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C42E786477> 別 紙 3 高 崎 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) * 外 国 人 を 含 まない 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 人 件 費 率 22 年 度 人 千 千 千 % % 370,714

More information

Microsoft Word - P001.doc

Microsoft Word - P001.doc 平 成 18 年 (2006 年 ) 伊 万 里 市 目 次 変 遷 図 5 土 地 及 び 気 象 6 人 口 及 び 労 働 力 9 産 業 事 業 所 24 農 業 28 林 業 41 水 産 業 42 製 造 業 45 商 業 51 財 政 54 市 民 所 得 58 社 会 福 祉 60 教 育 文 化 63 観 光 70 保 健 衛 生 73 建 設 76 電 気 ガス 水 道 79 治

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ケ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 募 集 要 項 南 九 州 市 熊 ケ 谷 放 牧 場 の 運 営 及 び 維 持 管 理 を 効 率 的 か つ 効 果 的 に 行 う た め, 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 以 下 法 と い う ) 第 244 条 の 2 第 3 項 及 び 南 九 州 市 公 の 施 設 に 係 る 指 定 管

More information

畜 産 技 術 話 畜 産 技 術 話 畜 産 技 術 話 contents 牛 乳 生 産 4 牛 肉 生 産 6 豚 肉 生 産 8 鶏 卵 生 産 10 鶏 肉 生 産 11 能 力 優 家 畜 選 12 能 力 優 雄 雌 多 子 生 産 14 能 力 優 家 畜 増 ( 技 術 ) 受 精 卵 体 細 胞 16 家 畜 雄 雌 産 分 18 雌 雄 見 分 19 個 体 識 別 () 親

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交 平 成 22 年 度 寒 河 江 市 一 般 会 計 当 初 予 算 ( 案 )の 概 要 予 算 規 模 (22 年 2 月 19 日 現 在 ) 一 般 会 計 当 初 予 算 額 対 前 年 度 比 147 億 6 千 万 円 7 億 円 5.0% 増 (3 年 連 続 で 増 ) 平 成 22 年 度 予 算 のポイント 予 算 編 成 上 の 重 点 テーマ 緊 急 雇 用 創 出 事 業

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

<96DA8E9F2E786477>

<96DA8E9F2E786477> 総 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 Ⅱ 統 計 表 編 1 27 土 地 気 象 28 人 口 35 行 政 財 政 産 業 経 済 60 72 建 設 106 民 生 労 働 保 健 衛 生 教 育 文 化 電 気 ガス 上 下 水 道 運 輸 通 信 公 安 司 法 116 138 150 174 183 197 公 害 214 市 民 生 活 220 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 富 士 市

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B955C8E865F915391CC96DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B955C8E865F915391CC96DA8E9F2E646F63> 平 成 17 年 度 事 業 効 果 評 価 分 析 手 法 調 査 委 託 事 業 費 用 対 効 果 分 析 手 法 マニュアル 平 成 18 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 財 団 法 人 農 林 水 産 奨 励 会 農 林 水 産 情 報 センター 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 目 次 理 論 編 序 本 マニュアルの 基 本 的 な 考 え

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

新農中政第号

新農中政第号 平 成 25 年 分 の 農 業 所 得 計 算 上 の 留 意 事 項 平 成 2 6 年 1 月 JA 新 潟 中 央 会 この 資 料 の 仕 訳 例 の 科 目 のあとの( )は 消 費 税 の 取 扱 いを 示 す 課 : 課 税 不 : 不 課 税 非 : 非 課 税?: 個 別 内 容 により 判 断 1. 米 の 仮 渡 金 の 入 金 共 計 における 精 算 払 いの 処 理 (1)

More information

Microsoft Word - アクションプラン本文

Microsoft Word - アクションプラン本文 島 根 県 行 政 手 続 オンライン 利 用 促 進 アクションプラン( 第 二 期 ) 平 成 2 6 年 4 月 1 日 島 根 県 地 域 振 興 部 情 報 政 策 課 島 根 県 行 政 情 報 化 推 進 指 針 に 掲 げる ICTを 活 用 した 更 にスピーディーで 質 の 高 い 県 民 サービスの 提 供 を 実 現 するため 島 根 県 行 政 手 続 オンライン 利 用

More information

Microsoft Word - 発表要旨(宮城)2013.10.1.doc

Microsoft Word - 発表要旨(宮城)2013.10.1.doc 家 族 と 経 営 改 善 宮 城 県 刈 田 郡 七 ヶ 宿 町 : 櫻 井 章 子 1. 経 営 の 経 過 昭 和 24 年 祖 父 ( 初 代 )が 酪 農 を 始 める 50 年 祖 父 と 父 が 牛 舎 を 建 築 して 飼 養 頭 数 を 10 頭 に 増 やす 52 年 父 (2 代 目 )が 就 農 してデントコーンの 作 付 けを 始 める 57 年 自 給 飼 料 の 通 年

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

目 次 1 位 置 気 象 1 2 沿 革 1 ~ 2 3 組 織 体 制 ( 1 ) 組 織 の 概 要 3 ( 2 ) 職 員 数 3 ( 3 ) 業 務 分 担 4 ~ 5 4 事 業 概 要 ( 1 ) 当 初 予 算 6 ( 2 ) 用 地 面 積 6 ( 3 ) 主 要 施 設 7 (

目 次 1 位 置 気 象 1 2 沿 革 1 ~ 2 3 組 織 体 制 ( 1 ) 組 織 の 概 要 3 ( 2 ) 職 員 数 3 ( 3 ) 業 務 分 担 4 ~ 5 4 事 業 概 要 ( 1 ) 当 初 予 算 6 ( 2 ) 用 地 面 積 6 ( 3 ) 主 要 施 設 7 ( 平 成 2 7 年 度 秋 田 県 畜 産 試 験 場 業 務 概 要 ( 平 成 2 7 年 4 月 ) 0 1 0-1 7 0 1 秋 田 県 大 仙 市 神 宮 寺 字 海 草 沼 谷 地 1 3-3 TEL 総 務 企 画 室 (0187) 72-2511 FAX 総 務 企 画 室 (0187) 72-4371 飼 料 家 畜 研 究 部 (0187) 72-3814 研 究 部 (0187)

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032302D312D3730874581408140816B8E9197BF816C91E63689F189C6927B897190B688CF88F589EF89EF8B638A549776288DC58F4994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032302D312D3730874581408140816B8E9197BF816C91E63689F189C6927B897190B688CF88F589EF89EF8B638A549776288DC58F4994C5816A> 第 6 回 家 畜 衛 生 委 員 会 の 会 議 概 要 ( 畜 産 家 畜 衛 生 部 会 常 設 委 員 会 ) Ⅰ 日 時 平 成 20 年 3 月 3 日 ( 月 ) 13:30~17:00 Ⅱ 場 所 日 本 獣 医 師 会 会 議 室 Ⅲ 出 席 者 委 員 委 員 長 戸 谷 孝 治 日 本 獣 医 師 会 理 事 副 委 員 長 丸 山 崇 全 国 家 畜 衛 生 職 員 会 顧

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 平 成 28 年 度 当 初 予 算 日 向 市 目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 債 残 高 の 状 況 9 10. 基 金 の 状

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者 三 重 県 産 品 営 業 拡 大 支 援 事 業 費 フ ー ド イ ノ ベ ー シ ョ ン 課 ( 事 業 費 : 4 5, 5 0 4 千 円 県 費 1 0 / 1 0 ) 1 事 業 目 的 三 重 県 の 農 林 水 産 業 が 持 続 的 に 発 展 していくためには 食 の 魅 力 を 生 かした も うかる 農 林 水 産 業 の 実 現 をめざすことが 不 可 欠 です このため

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件 イ 理 化 学 細 菌 学 的 検 査 等 1 理 容 所 美 容 所 暖 房 期 及 び 冷 房 期 における 作 業 所 内 の 空 気 検 査 ( 一 酸 化 炭 素 二 酸 化 炭 素 )を 実 施 し 換 気 方 法 について 改 善 指 導 し 事 故 防 止 に 努 めている 2 テトラクロロエチレン 使 用 クリーニング 所 ドライ 溶 剤 の 安 全 な 取 り 扱 いのため テトラクロロエチレン

More information

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法 改 正 後 全 文 医 政 指 発 第 0330003 号 平 成 1 9 年 3 月 30 日 最 終 改 正 医 政 指 発 0809 第 3 号 平 成 25 年 8 月 9 日 各 都 道 府 県 医 政 主 管 部 ( 局 ) 長 各 地 方 厚 生 局 健 康 福 祉 部 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 指 導 課 長 医 療 法 人 における 事 業 報 告 書 等 の 様 式

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

3 技術資料

3 技術資料 3-2 東 京 都 における 制 度 住 民 が 地 域 社 会 における 生 活 環 境 の 保 全 のために 企 業 に 対 して 公 害 防 止 をはじめとす る 々の 要 求 を 行 うことは いわば 住 民 の 基 本 的 な 権 利 です また 企 業 が 地 域 において 安 定 な 事 業 活 動 を 行 うには 公 害 防 止 や 環 境 管 理 に 関 する 活 動 について 住

More information

Microsoft Word - H27給与・定員公表

Microsoft Word - H27給与・定員公表 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 平 成 25 年 度 高 槻 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 356,388 110,105,834 575,814 19,977,777 18.1 ( 注 ) 件 費 には 退 職

More information