障害者保健福祉施策の基本的な方向

Size: px
Start display at page:

Download "障害者保健福祉施策の基本的な方向"

Transcription

1 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省

2 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要 定 義 : 発 達 障 害 = 広 汎 性 発 達 障 害 ( 自 閉 症 等 ) 学 習 障 害 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 等 通 常 低 年 齢 で 発 現 する 脳 機 能 の 障 害 就 学 前 ( 乳 幼 児 期 ) 就 学 中 ( 学 童 期 等 ) 就 学 後 ( 青 壮 年 期 ) 早 期 の 発 達 支 援 乳 幼 児 健 診 等 に よる 早 期 発 見 就 学 時 健 康 診 断 における 発 見 適 切 な 教 育 的 支 援 支 援 体 制 の 整 備 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 の 利 用 専 門 的 発 達 支 援 発 達 障 害 者 の 特 性 に 応 じた 適 切 な 就 労 の 機 会 の 確 保 地 域 での 生 活 支 援 発 達 障 害 者 の 権 利 擁 護 発 達 障 害 者 支 援 センター 専 門 的 な 医 療 機 関 の 確 保 ( 都 道 府 県 ) 専 門 的 知 識 を 有 する 人 材 確 保 調 査 研 究 ( 国 ) 1

3 課 題 1 地 域 支 援 体 制 の 確 立 支 援 ネットワークの 形 成 全 県 的 な 相 談 支 援 の 充 実 平 成 21 年 度 予 算 1 発 達 障 害 者 支 援 体 制 整 備 事 業 (2.2 億 円 ) 発 達 障 害 者 の 検 討 委 員 会 を 設 置 ( 都 道 府 県 ) 個 別 支 援 計 画 の 作 成 ( 市 町 村 ) 等 行 うことにより 支 援 の 体 制 を 構 築 2 発 達 障 害 者 支 援 センターの 設 置 運 営 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 の 内 数 ) 発 達 障 害 者 やその 家 族 などに 対 して 発 達 障 害 に 関 する 相 談 支 援 発 達 支 援 就 労 支 援 及 び 情 報 提 供 などを 実 施 3 子 どもの 心 の 診 療 拠 点 病 院 機 構 推 進 事 業 ( 母 子 保 健 医 療 対 策 等 総 合 支 援 事 業 の 内 数 ) 様 々な 子 どもの 心 の 問 題 児 童 虐 待 や 発 達 障 害 に 対 応 するため 都 道 府 県 域 における 拠 点 病 院 を 中 核 とし 各 医 療 機 関 や 保 健 福 祉 機 関 等 と 連 携 した 支 援 体 制 の 構 築 を 図 るための 事 業 を 実 施 2 支 援 手 法 の 開 発 4 発 達 障 害 者 支 援 開 発 事 業 (5.2 億 円 ) 先 駆 的 な 発 達 障 害 者 支 援 の 取 り 組 みをモデル 的 に 実 践 し その 分 析 検 証 を 通 じて 有 効 な 支 援 手 法 を 開 発 確 立 ( 全 国 20 箇 所 程 度 ) 5 青 年 期 発 達 障 害 者 の 地 域 生 活 移 行 への 就 労 支 援 に 関 するモデル 事 業 (42 百 万 円 ) 地 域 での 職 業 生 活 を 含 めた 自 立 生 活 を 実 現 するための 就 労 支 援 体 制 のサービスモデルを 確 立 3 就 労 支 援 の 推 進 6 若 年 コミュニケーション 能 力 要 支 援 者 就 職 プログラムの 推 進 (118 百 万 円 ) ハローワークにおいて 発 達 障 害 等 の 求 職 者 について きめ 細 かな 就 労 支 援 を 実 施 するとともに 専 門 支 援 機 関 である 地 域 障 害 者 職 業 センター 及 び 発 達 障 害 者 支 援 センターにおいて 発 達 障 害 に 対 する 専 門 的 な 就 労 支 援 を 効 果 的 に 実 施 7 発 達 障 害 者 の 雇 用 促 進 のためのモデル 事 業 の 創 設 (64 百 万 円 )( 新 規 ) 発 達 障 害 者 を 新 たに 雇 用 し 適 切 な 雇 用 管 理 等 を 行 う 事 業 主 を 支 援 するモデル 事 業 を 実 施 8 発 達 障 害 者 就 労 支 援 者 育 成 事 業 (10 百 万 円 ) 発 達 障 害 者 支 援 センターにおいて 発 達 障 害 者 支 援 関 係 者 に 対 し 就 労 支 援 ノウハウの 付 与 のための 講 習 会 及 び 体 験 交 流 会 実 施 9 発 達 障 害 者 に 対 する 職 業 訓 練 の 推 進 (179 百 万 円 ) 一 般 の 職 業 能 力 開 発 校 において 発 達 障 害 者 対 象 職 業 訓 練 コースを 設 置 するモデル 事 業 を 実 施 し 職 業 訓 練 機 会 の 充 実 を 図 る 4 情 報 提 供 普 及 啓 発 10 発 達 障 害 情 報 センター(57 百 万 円 ) 発 達 障 害 に 関 する 知 見 を 集 積 し 全 国 にインターネット 等 により 情 報 提 供 普 及 啓 発 を 図 る 11 世 界 自 閉 症 啓 発 デー 普 及 啓 発 事 業 (15 百 万 円 )( 新 規 ) 世 界 自 閉 症 啓 発 デー の 周 知 と 自 閉 症 をはじめとする 発 達 障 害 に 関 する 正 しい 知 識 の 浸 透 を 図 るための 普 及 啓 発 活 動 を 行 う 5 専 門 家 の 育 成 12 発 達 障 害 研 修 事 業 (21 百 万 円 ) 小 児 医 療 精 神 医 療 療 育 の3 分 野 について 発 達 障 害 支 援 に 携 わる 職 員 に 対 する 研 修 を 行 い 各 支 援 現 場 における 対 応 を 充 実 2

4 1 地 域 支 援 体 制 の 確 立 1 発 達 障 害 者 支 援 体 制 整 備 事 業 発 達 障 害 者 の 乳 幼 児 期 から 成 人 期 までの 各 ライフステージに 対 応 する 一 貫 した 支 援 を 行 うため 都 道 府 県 指 定 都 市 に 発 達 障 害 の 検 討 委 員 会 を 設 置 するとともに 圏 域 において 個 別 支 援 計 画 の 作 成 等 を 行 うことにより 支 援 の 体 制 整 備 を 構 築 する さらに 個 別 支 援 計 画 の 作 成 等 の 実 施 状 況 調 査 及 び 評 価 を 行 い 支 援 体 制 が 進 んでいない 市 町 村 に 対 しては 適 切 な 助 言 等 を 行 うことにより 市 町 村 の 意 識 付 けを 強 化 し 個 別 支 援 計 画 の 作 成 を 含 む 支 援 体 制 の 充 実 を 図 る 厚 生 労 働 省 文 部 科 学 省 ( 発 達 障 害 等 支 援 特 別 支 援 教 育 総 合 推 進 事 業 ) 都 道 府 県 指 定 都 市 報 告 検 討 委 員 会 ( 県 内 の 状 況 把 握 圏 域 指 定 好 事 例 の 市 町 村 への 波 及 等 ) 調 査 評 価 ( 市 町 村 の 支 援 体 制 の 状 況 調 査 評 価 ) 支 援 サポート 体 制 の 強 化 ( 圏 域 を 含 めた 市 町 村 の 体 制 整 備 に 関 する 相 談 助 言 等 のサポート) 連 携 等 発 達 障 害 者 支 援 センター 市 町 村 保 健 教 育 医 療 労 働 福 祉 関 係 機 関 等 のネットワークの 構 築 その 他 波 及 圏 域 支 援 体 制 をモデル 的 に 実 施 連 絡 調 整 会 議 の 設 置 個 別 支 援 計 画 の 作 成 等 早 期 発 見 早 期 発 達 支 援 体 制 の 構 築 個 別 支 援 計 画 の 作 成 等 3

5 1 地 域 支 援 体 制 の 確 立 2 発 達 障 害 者 支 援 センター 運 営 事 業 各 都 道 府 県 指 定 都 市 に 設 置 する 発 達 障 害 者 支 援 センターにおいて 発 達 障 害 者 または その 家 族 などに 対 して 相 談 支 援 発 達 支 援 就 労 支 援 及 び 情 報 提 供 などを 行 う 厚 生 労 働 省 補 助 相 談 支 援 ( 来 所 訪 問 電 話 等 による 相 談 ) 発 達 障 害 児 ( 者 ) 家 族 都 道 府 県 指 定 都 市 直 接 実 施 又 は 委 託 ( 社 会 福 祉 法 人 等 ) 発 達 支 援 ( 個 別 支 援 計 画 の 作 成 実 施 夜 間 等 の 緊 急 時 の 一 時 保 護 等 ) 就 労 支 援 ( 就 労 に 向 けての 相 談 等 ) 対 象 : 発 達 障 害 児 ( 者 )のみ 実 施 支 援 関 係 施 設 関 係 機 関 ( 関 係 施 設 ) 自 閉 症 児 施 設 知 的 障 害 児 施 設 知 的 障 害 者 更 生 施 設 等 発 達 障 害 者 支 援 センター 普 及 啓 発 (パンフレット 等 による 理 解 の 促 進 ) 連 携 ( 関 係 機 関 ) 保 健 所 医 療 機 関 福 祉 事 務 所 児 童 相 談 所 知 的 障 害 者 更 生 相 談 所 保 育 所 学 校 公 共 職 業 安 定 所 企 業 等 障 害 者 自 立 支 援 法 第 78 条 に 規 定 される 専 門 性 の 高 い 相 談 支 援 事 業 自 閉 症 児 施 設 等 へ 附 置 ( 原 則 ) 相 談 支 援 等 に 関 する 知 見 の 活 用 夜 間 緊 急 時 での 対 応 等 のため 研 修 ( 関 係 機 関 自 治 体 職 員 等 への 研 修 ) 連 携 市 町 村 サポートコーチ ( 発 達 障 害 者 支 援 体 制 整 備 事 業 ) 4

6 5 子 どもの 心 の 診 療 拠 点 病 院 のイメージ 都 道 府 県 拠 点 病 院 連 携 中 央 拠 点 病 院 都 道 府 県 拠 点 病 院 に 対 する 支 援 医 療 の 均 てん 化 推 進 専 門 家 派 遣 研 修 調 査 研 究 情 報 収 集 提 供 普 及 啓 発 患 者 紹 介 診 療 支 援 情 報 提 供 技 術 支 援 講 習 会 開 催 専 門 家 派 遣 連 携 相 談 紹 介 情 報 提 供 保 健 所 児 童 相 談 所 保 健 センター 発 達 障 害 者 支 援 センター 療 育 施 設 福 祉 施 設 司 法 機 関 一 般 病 院 一 般 診 療 所 学 校 等 教 育 機 関 警 察 地 域 の 医 療 機 関 など 地 域 の 諸 機 関

7 2 発 達 障 害 者 の 支 援 手 法 の 開 発 4 発 達 障 害 者 支 援 開 発 事 業 国 に 発 達 障 害 者 施 策 検 討 会 都 道 府 県 指 定 都 市 ( 全 国 20 箇 所 程 度 )に 企 画 推 進 委 員 会 を 設 置 し 発 達 障 害 者 その 家 族 関 係 者 に 対 する 支 援 方 策 をモデル 事 業 として 実 施 し ( 市 町 村 社 会 福 祉 法 人 等 に 委 托 可 ) それを 評 価 分 析 して 発 達 障 害 者 への 有 効 な 支 援 手 法 を 開 発 確 立 する 国 発 達 障 害 者 施 策 検 討 会 支 援 手 法 開 発 の 総 括 ( 企 画 編 集 連 絡 会 ) モデル 事 業 の 企 画 の 提 案 都 道 府 県 指 定 都 市 企 画 推 進 委 員 会 モデル 事 業 の 企 画 推 進 等 発 達 障 害 者 支 援 モデル 事 業 発 達 障 害 のある 子 どもの 成 長 に 沿 った 一 貫 した 支 援 幼 児 療 育 手 法 の 開 発 家 族 支 援 プログラムの 開 発 地 域 生 活 を 円 滑 に 行 うための 地 域 支 援 プログラムの 開 発 発 達 障 害 者 支 援 マネージャー (モデル 事 業 の 進 行 管 理 情 報 収 集 等 ) 社 会 参 加 就 労 への 準 備 性 を 育 てる プログラムの 開 発 6

8 2 発 達 障 害 者 の 支 援 手 法 の 開 発 5 青 年 期 発 達 障 害 者 の 地 域 生 活 移 行 への 就 労 支 援 に 関 するモデル 事 業 ( 新 規 ) リハセンターを 中 心 に 国 立 秩 父 学 園 職 リハと 協 力 のもとに 中 等 教 育 卒 業 者 等 就 労 が 困 難 な 青 年 期 発 達 障 害 者 を 対 象 として 地 域 での 職 業 生 活 を 含 めた 自 立 生 活 を 実 現 す るための 就 労 支 援 体 制 のサービスモデルを 確 立 し 全 国 へ 発 信 する 秩 父 学 園 発 達 診 療 所 外 来 通 院 中 の 青 年 期 発 達 障 害 者 秩 父 学 園 リハセンター 企 画 会 議 各 作 業 部 会 病 院 認 知 機 能 評 価 心 理 学 的 評 価 支 援 ニーズ 調 査 更 生 訓 練 所 自 立 訓 練 就 労 移 行 支 援 の 試 行 的 実 施 研 究 所 情 報 収 集 提 供 情 報 交 換 利 用 者 のフォロー 就 労 支 援 の 実 践 職 リハ 20~22 年 度 (3ヶ 年 ) 地 域 で の 職 業 生 活 を 含 め た 自 立 生 活 の 実 現 サービスモデルの 確 立 と 全 国 への 発 信 7

9 8 3 就 労 支 援 の 推 進 発 達 障 害 者 を 対 象 とした 支 援 施 策 6 若 年 コミュニケーション 能 力 要 支 援 者 就 職 プログラム ハローワークにおいて 発 達 障 害 等 の 要 因 により コミュニケーション 能 力 に 困 難 を 抱 えている 求 職 者 について その 希 望 や 特 性 に 応 じた 専 門 支 援 機 関 に 誘 導 するとともに 障 害 者 向 けの 専 門 支 援 を 希 望 しない 者 については 専 門 的 な 相 談 支 援 を 実 施 する また 専 門 支 援 機 関 である 地 域 障 害 者 職 業 センター 及 び 発 達 障 害 者 支 援 センターにおいて 発 達 障 害 者 に 対 する 就 労 支 援 の 機 能 を 強 化 し 適 切 な 支 援 を 実 施 する 7 発 達 障 害 者 雇 用 開 発 モデル 事 業 ( 新 規 ) 地 域 障 害 者 職 業 センターにおいて 職 業 準 備 訓 練 やジョブコーチ 支 援 を 受 けている 発 達 障 害 者 を 新 たに 雇 用 し 適 切 な 雇 用 管 理 等 を 行 う 事 業 主 を 支 援 するモデル 事 業 を 実 施 する 8 発 達 障 害 者 の 就 労 支 援 者 育 成 事 業 発 達 障 害 者 支 援 センターにおいて 医 療 保 健 福 祉 教 育 等 の 関 係 機 関 の 発 達 障 害 者 支 援 関 係 者 に 対 する 就 労 支 援 ノウハウの 付 与 のための 講 習 会 等 を 実 施 する 実 施 箇 所 数 6 箇 所 発 達 障 害 者 に 対 する 職 業 リハビリテーション 支 援 技 法 の 開 発 及 び 地 域 障 害 者 職 業 センターにおける 試 行 実 施 発 達 障 害 者 の 雇 用 促 進 に 資 するため 独 立 行 政 法 人 高 齢 障 害 者 雇 用 支 援 機 構 障 害 者 職 業 総 合 センターにおいて 発 達 障 害 者 の 就 労 支 援 に 関 する 研 究 を 行 うとともに 発 達 障 害 者 に 対 する 職 業 リハビリ テーション 支 援 技 法 の 開 発 及 びその 蓄 積 を 図 る また これら 技 法 開 発 の 成 果 を 活 用 し 地 域 障 害 者 職 業 センターで 発 達 障 害 者 に 対 する 専 門 的 支 援 の 試 行 実 施 を 行 う ( 独 ) 高 齢 障 害 者 雇 用 支 援 機 構 交 付 金 事 業 発 達 障 害 者 が 利 用 できる 支 援 施 策 ケースワーク 方 式 による 職 業 指 導 等 の 実 施 ハローワークにおいて 個 々の 障 害 者 の 能 力 適 性 等 に 応 じて ケースワーク 方 式 により きめ 細 かな 職 業 相 談 職 業 指 導 を 実 施 する 併 せて ハローワークとの 連 携 の 上 地 域 障 害 者 職 業 センター において 職 業 評 価 職 業 準 備 支 援 職 場 適 応 支 援 等 の 専 門 的 な 各 種 職 業 リハビリテーションを 実 施 する 障 害 者 試 行 雇 用 (トライアル 雇 用 ) 事 業 の 推 進 事 業 主 に 障 害 者 雇 用 のきっかけを 提 供 するとともに 障 害 者 に 実 践 的 な 能 力 を 取 得 させ 常 用 雇 用 へ 移 行 するための 短 期 間 の 試 行 雇 用 を 実 施 して 障 害 者 雇 用 を 推 進 する 福 祉 施 設 の 人 材 を 活 用 したジョブコーチ 支 援 の 充 実 福 祉 施 設 の 職 員 が 行 うジョブコーチ 支 援 について 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 に 基 づく 助 成 金 の 支 給 を 行 うことにより 福 祉 施 設 の ノウハウを 生 かした 効 果 的 な 職 場 適 応 援 助 を 行 う 障 害 者 雇 用 納 付 金 事 業 障 害 者 就 業 生 活 支 援 センター 事 業 の 拡 充 雇 用 保 健 福 祉 教 育 等 の 地 域 の 関 係 機 関 ネットワークを 形 成 し 障 害 者 の 身 近 な 地 域 において 就 業 面 及 び 生 活 面 における 一 体 的 な 相 談 支 援 を 行 う 障 害 者 就 業 生 活 支 援 センター の 設 置 箇 所 数 を 拡 充 する

10 9 3 就 労 支 援 の 推 進 発 達 障 害 者 を 対 象 とした 支 援 施 策 発 達 障 害 者 が 利 用 できる 支 援 施 策 9 一 般 の 職 業 能 力 開 発 校 における 発 達 障 害 者 を 対 象 とした 職 業 訓 練 モデル 事 業 ( 平 成 19 年 度 開 始 ) 一 般 の 公 共 職 業 能 力 開 発 校 において 発 達 障 害 者 を 対 象 とした 訓 練 コースを 設 置 し その 障 害 に 配 慮 した 職 業 訓 練 を 行 うモデル 事 業 を 拡 充 する 実 施 箇 所 数 3 箇 所 6 箇 所 障 害 者 職 業 能 力 開 発 校 における 発 達 障 害 者 対 象 職 業 訓 練 の 本 格 実 施 民 間 を 活 用 した 機 動 的 かつ 実 践 的 な 職 業 訓 練 の 推 進 障 害 者 の 態 様 に 応 じた 多 様 な 委 託 訓 練 の 拡 充 により 職 業 訓 練 機 会 の 充 実 を 図 るとともに 特 別 支 援 学 校 と 連 携 したより 早 い 段 階 からの 職 業 能 力 開 発 を 行 い 一 般 就 労 に 向 けた 切 れ 目 のない 支 援 を 実 施 する 対 象 者 数 6,600 人 8,150 人 独 立 行 政 法 人 高 齢 障 害 者 雇 用 支 援 機 構 の 運 営 する 障 害 者 職 業 能 力 開 発 校 において H18から 発 達 障 害 者 の 試 行 的 な 受 入 れ を 開 始 したところであるが 上 記 の 研 究 成 果 等 を 踏 まえ H20から 新 たに 発 達 障 害 者 対 象 訓 練 コースを 設 置 し 職 業 訓 練 を 本 格 実 施 する ( 独 ) 高 齢 障 害 者 雇 用 支 援 機 構 交 付 金 事 業 IT 等 を 活 用 した 発 達 障 害 者 の 就 労 促 進 就 労 継 続 に 向 けた 支 援 等 に 関 する 調 査 研 究 発 達 障 害 のある 人 に 対 する 職 業 訓 練 等 における 支 援 配 慮 の 提 供 に 関 する 実 態 調 査 を 実 施 し 効 果 的 な 支 援 配 慮 に 関 する 事 例 集 及 びマニュアルを 作 成 するとともに それらに 関 する 知 識 を 広 げ るための 研 修 や 情 報 提 供 の 方 法 等 について 検 討 する ( 独 ) 雇 用 能 力 開 発 機 構 職 業 能 力 開 発 総 合 大 学 校 の 研 究 事 業

11 3 就 労 支 援 の 推 進 6 若 年 コミュニケーション 能 力 要 支 援 者 就 職 プログラム 現 状 対 応 の 方 向 性 コミュニケーション 能 力 や 対 人 関 係 に 困 難 を 抱 えている 者 は 採 用 に 至 ら なかったり 離 転 職 を 繰 り 返 して ニートやひきこもりになる 例 も 尐 なくない こうした 困 難 を 抱 える 要 因 の1つとして 発 達 障 害 である 場 合 がある 発 達 障 害 であった 場 合 でも 適 切 な 支 援 を 受 けることで 就 職 可 能 性 が 拡 大 する 発 達 障 害 ではないが コミュニケーション 能 力 に 問 題 があるボーダーライン 上 の 者 の 者 についても 発 達 障 害 者 と 同 様 の 支 援 を 受 けることで その 就 職 可 能 性 が 拡 大 する ニート 等 の 若 年 者 に 対 する 就 職 支 援 と 障 害 者 に 対 する 就 労 支 援 の 両 面 から コミュニケーション 能 力 に 困 難 を 抱 え る 要 支 援 者 向 けの 総 合 的 な 支 援 システムを 創 設 1 若 年 者 の 就 職 支 援 を 行 う 機 関 と 障 害 者 の 就 労 支 援 機 関 の 連 携 体 制 を 構 築 2 発 達 障 害 等 様 々な 要 因 によりコミュニケーション 能 力 に 困 難 を 抱 えている 要 支 援 者 に 対 して 自 らの 特 性 と 支 援 の 必 要 性 に ついての 気 づきを 促 し 適 切 な 支 援 への 誘 導 を 行 う 3 発 達 障 害 者 に 対 する 専 門 的 支 援 の 強 化 を 図 ること 等 により 要 支 援 者 のニーズや 応 じた 適 切 な 相 談 支 援 を 実 施 し 要 支 援 者 の 円 滑 な 就 職 の 促 進 を 図 る 要 支 援 者 の 発 見 適 切 な 支 援 への 誘 導 希 望 に 応 じた 支 援 の 提 供 就 職 ハローワークや 若 者 向 け 就 職 支 援 機 関 から ハローワークでの 相 談 時 に 担 当 者 が 就 職 不 調 の 背 景 に 障 害 のあることに 気 づき 専 門 支 援 機 関 等 に 適 切 に 誘 導 地 域 若 者 サポートステーションにおける 相 談 過 程 において 専 門 支 援 機 関 等 に 誘 導 ハローワークに 就 職 チューターを 配 置 発 達 障 害 者 専 門 指 導 監 による 関 係 機 関 の 担 当 者 の 相 談 スキルの 向 上 大 学 等 高 等 教 育 機 関 学 校 から ハローワークと 大 学 等 高 等 教 育 機 関 の 障 害 者 修 学 支 援 等 との 連 携 発 達 障 害 に 関 する 就 職 支 援 情 報 方 法 を 提 供 発 達 障 害 学 生 に 希 望 に 応 じて 卒 業 前 から 職 業 相 談 等 を 実 施 インターネットから 自 らの 特 性 に 気 づき 専 門 的 な 支 援 サービスの 活 用 方 法 等 を 習 得 するためのツール(サポートブック( 仮 称 ))を 開 発 し インターネット 上 で 公 開 を 障 選 害 択 者 す 向 る け 者 専 門 支 援 を 障 選 害 択 者 し 向 な け い 専 者 門 支 援 地 域 障 害 者 職 業 センター 職 業 評 価 職 業 準 備 支 援 シ ョフ コーチ 支 援 等 の 提 供 ハローワーク 障 害 専 門 窓 口 での 支 援 一 般 相 談 窓 口 での 支 援 就 職 チューターによる 職 業 相 談 職 場 定 着 支 援 ハローワーク 又 は 学 生 職 業 センターに テクノロジー 機 器 ( 就 労 支 援 機 器 )の 設 置 その 他 の 若 者 向 け 就 職 支 援 機 関 発 達 障 害 者 専 門 指 導 監 に よ る 指 導 本 プログラムは 次 の10 局 で 実 施 北 海 道 埼 玉 千 葉 東 京 神 奈 川 愛 知 京 都 大 阪 兵 庫 福 岡 ( 下 線 太 字 はH20 就 職 チューター 配 置 残 りの5 局 にH21 配 置 ) 10

12 3 就 労 支 援 の 推 進 7 発 達 障 害 者 の 雇 用 促 進 モデル 事 業 1 趣 旨 発 達 障 害 のある 人 は 社 会 性 やコミュニケーション 能 力 が 欠 けている 等 に より 就 職 には 困 難 が 伴 う また 企 業 側 から 見 ても 発 達 障 害 者 の 就 労 可 能 性 困 難 性 は 多 様 であり 症 状 に 応 じた 適 切 な 雇 用 管 理 を 行 うことが 困 難 このため 地 域 障 害 者 職 業 センターにおいて 職 業 準 備 支 援 やジョブコー チ 支 援 を 受 けている 発 達 障 害 者 を 新 たに 雇 用 し 適 切 な 雇 用 管 理 を 行 う 事 業 主 を 支 援 するためのモデル 事 業 を 創 設 する 2 内 容 (1) 対 象 事 業 主 地 域 障 害 者 職 業 センターにおいて1 職 業 準 備 支 援 又 は2ジョブコーチ 支 援 1 を 受 けている 発 達 障 害 者 を 継 続 して 雇 用 する 労 働 者 として 新 たに 雇 用 する 事 業 主 (2) 支 給 金 額 50 万 円 ( 中 小 企 業 の 場 合 135 万 円 ) 2 1 職 リハ 計 画 に 基 づくジョブコーチ 支 援 を 含 む 2 特 定 求 職 者 雇 用 開 発 助 成 金 と 同 様 雇 入 れ 後 6ケ 月 経 過 ごとに2 回 ( 中 小 企 業 の 場 合 は3 回 )に 分 けて 支 給 (3) 就 労 状 況 等 の 把 握 事 業 主 は 対 象 発 達 障 害 者 に 関 する 勤 務 状 況 雇 用 管 理 状 況 配 慮 した 事 項 その 他 の 就 労 状 況 等 を 報 告 11

13 3 就 労 支 援 の 推 進 8 発 達 障 害 者 の 雇 用 促 進 のための 就 労 支 援 者 育 成 事 業 の 拡 充 発 達 障 害 を 理 解 するために ~ 支 援 者 のためのQ&A~ ( 平 成 16 年 度 ) 独 立 行 政 法 人 高 齢 障 害 者 雇 用 支 援 機 構 障 害 者 職 業 総 合 センター 職 業 センター 発 達 障 害 者 のある 人 の 雇 用 管 理 マニュアル ( 平 成 17 年 度 ) 厚 生 労 働 省 成 果 の 活 用 発 達 障 害 者 支 援 関 係 者 に 対 する 講 習 対 象 者 : 雇 用 医 療 保 健 福 祉 教 育 等 関 係 機 関 の 就 労 支 援 関 係 者 事 業 主 に 対 する 発 達 障 害 者 雇 用 促 進 セミナー 対 象 者 : 事 業 主 等 より 具 体 的 な 支 援 ニーズを 把 握 し 適 切 な 支 援 ノウハウを 構 築 発 達 障 害 者 の 体 験 交 流 会 発 達 障 害 者 の 意 見 ニーズを 知 る 機 会 支 援 ノウハウを 検 証 し 向 上 を 図 る 機 会 対 象 者 : 就 労 支 援 関 係 者 事 業 主 発 達 障 害 者 発 達 障 害 者 の 就 労 支 援 を 行 うための 共 通 基 盤 を 整 備 12

14 3 就 労 支 援 の 推 進 地 域 障 害 者 職 業 センターにおける 発 達 障 害 者 に 対 する 専 門 的 支 援 の 試 行 実 施 の 流 れ 連 ハ 携 ロ の ー 下 ワ で ー 対 ク 象 者 発 を 達 選 障 定 害 者 利 支 用 援 勧 セ 奨 ン タ ー と の 個 別 相 談 職 業 準 備 支 援 発 達 障 害 者 就 労 支 援 カリキュラム 12 週 間 程 度 センター 内 での 技 能 体 得 のための 講 座 ( 技 能 体 得 講 座 ) 8 週 間 程 度 問 題 解 決 技 能 対 人 技 能 リラクゼーション 技 能 作 業 マニュアル 作 成 技 能 個 別 課 題 の 対 応 策 等 について の 話 し 合 い 実 施 状 況 や 翌 日 の 支 援 内 容 等 の 確 認 等 技 能 体 得 講 座 で 学 んだ 技 能 の 実 践 その 結 果 を 踏 まえた 再 支 援 事 業 所 での 体 験 実 習 等 を 通 じた 実 践 的 な 支 援 ( 実 践 的 支 援 ) 4 週 間 程 度 事 業 所 での 体 験 実 習 を 実 施 (3 週 間 程 度 ) ( 各 種 技 能 を 事 業 所 で 実 践 的 に 支 援 ) 事 業 所 での 支 援 状 況 を 踏 まえ 技 能 体 得 講 座 等 を 再 実 施 常 設 の 模 擬 的 就 労 場 面 を 活 用 した 作 業 支 援 (ジョブコーチ 等 移 行 支 援 ) センター 内 での 作 業 支 援 か ら 事 業 所 内 での 作 業 支 援 に 移 行 させ 作 業 支 援 就 労 支 援 カリキュラム 個 別 相 談 を 体 系 的 に 実 施 支 対 援 象 方 者 法 個 々 環 の 境 状 調 況 整 に 方 応 法 じ 等 た の 基 整 本 理 的 な 全 国 4 箇 所 の 地 域 障 害 者 職 業 センターで 試 行 (H19~ 東 京 大 阪 H20.7 月 ~ 滋 賀 沖 縄 ) 職 場 開 拓 職 業 紹 介 ジ ョ ブ コ ー チ 支 援 等 に よ る 就 職 支 援 フ ォ ロ ー ア ッ プ 13

15 14 4 情 報 提 供 普 及 啓 発 10 発 達 障 害 情 報 センター 発 達 障 害 に 関 する 国 内 外 の 文 献 研 究 成 果 等 を 集 積 し 全 国 の 発 達 障 害 者 支 援 機 関 等 への 発 達 障 害 に 関 する 幅 広 い 情 報 提 供 等 を 行 う 発 達 障 害 情 報 センター ( 国 立 障 害 者 リハビリテーションセンター 内 ) 情 報 収 集 分 析 ( 医 学 研 究 支 援 等 ) 情 報 発 信 普 及 啓 発 (インターネット シンポジウム 等 ) 情 報 提 供 に 関 する 調 査 研 究 その 他 ( 支 援 マニュアルの 作 成 配 布 等 ) 知 見 の 集 積 対 象 本 人 家 族 一 般 国 民 発 達 障 害 者 支 援 センター 支 援 関 係 者 ( 医 療 保 健 福 祉 教 育 就 労 ) 等 発 達 障 害 に 対 する 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 の 普 及 向 上 一 般 国 民 支 援 関 係 者 都 道 府 県 等 発 達 障 害 者 支 援 センター 医 療 拠 点 機 関 (こどもの 心 診 療 拠 点 病 院 等 ) 連 携 各 市 町 村 の ネットワークを 支 援

16 背 景 世 界 自 閉 症 啓 発 デー (4 月 2 日 )について 平 成 19 年 12 月 国 連 総 会 においてカタール 国 の 提 出 した 議 題 である4 月 2 日 を 世 界 自 閉 症 啓 発 デーに 定 める 決 議 をコンセンサス( 無 投 票 ) 採 択 決 議 事 項 4 月 2 日 を 世 界 自 閉 症 啓 発 デー とし 2008 年 以 降 毎 年 祝 うこととする 全 ての 加 盟 国 や 国 連 その 他 の 国 際 機 関 NGOや 民 間 を 含 む 市 民 社 会 が 世 界 自 閉 症 啓 発 デー を 適 切 な 方 法 によって 祝 うことを 促 す それぞれの 加 盟 国 が 自 閉 症 のこどもについて 家 庭 や 社 会 全 体 の 理 解 が 進 むように 意 識 啓 発 の 取 り 組 みを 行 うように 促 す 事 務 総 長 に 対 し この 決 議 を 全 ての 加 盟 国 及 び 国 連 機 関 に 注 意 喚 起 するよう 要 請 する 平 成 20 年 4 月 : 国 連 事 務 総 長 がメッセージを 発 出 併 せて 世 界 各 地 で 当 事 者 団 体 等 がイベント 等 を 開 催 厚 生 労 働 省 では 大 臣 メッセージを 発 出 厚 生 労 働 省 の 対 応 ( 平 成 21 年 度 ) 世 界 自 閉 症 啓 発 デーは 国 連 が 制 定 した 日 ということもあり 自 閉 症 をはじめとする 発 達 障 害 に 関 する 正 しい 知 識 の 浸 透 を 図 る 機 会 とし て 捉 え 総 合 的 かつ 集 中 的 な 啓 発 活 動 を 行 い 発 達 障 害 に 関 する 普 及 啓 発 を 一 層 推 進 する 平 成 21 年 4 月 厚 生 労 働 大 臣 がメッセージを 発 出 ( 内 閣 府 文 部 科 学 省 でも 大 臣 メッセージを 発 出 ) 第 2 回 世 界 自 閉 症 啓 発 デー(4 月 2 日 )に 寄 せて 本 日 第 2 回 世 界 自 閉 症 啓 発 デーを 迎 え 我 が 国 も 世 界 と 共 にこの 日 を 祝 うことを まことに 喜 ばしいことと 考 えています 本 年 は 自 閉 症 を 始 めとする 発 達 障 害 者 支 援 に 関 わる 団 体 学 会 と 国 が 力 を 合 わせて 我 が 国 における 初 めての 世 界 自 閉 症 啓 発 デー シンポジウム を 開 催 するとともに 発 達 障 害 啓 発 週 間 (4 月 2 日 から8 日 )に 全 国 各 地 で 自 治 体 や 関 係 団 体 の 皆 さんが 啓 発 活 動 を 行 います 世 界 自 閉 症 啓 発 デー を 契 機 として 国 民 の 皆 さんお 一 人 お 一 人 に 是 非 自 閉 症 などへの 理 解 を 進 めていただきたいと 思 います 厚 生 労 働 省 としても わ が 国 において 発 達 障 害 者 の 方 々がそれぞれの 能 力 を 発 揮 していくことができるよう 一 層 努 力 してまいります 平 成 21 年 4 月 2 日 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 シンポジウムの 開 催 日 程 平 成 21 年 4 月 2 日 ( 木 ) 10:00 ~ 16:30 場 所 東 京 ウィメンズプラザ( 渋 谷 区 ) 主 催 厚 生 労 働 省 日 本 自 閉 症 協 会 共 催 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 日 本 発 達 障 害 ネットワーク アスペ エルデの 会 日 本 自 閉 症 スペクトラム 学 会 全 国 自 閉 症 者 施 設 協 議 会 後 援 内 閣 府 文 部 科 学 省 法 務 省 国 土 交 通 省 他 大 会 実 行 組 織 世 界 自 閉 症 啓 発 デー 日 本 実 行 委 員 会 世 界 自 閉 症 啓 発 デー の 周 知 及 び 発 達 障 害 への 理 解 促 進 ( 政 府 広 報 やホームページ 地 方 自 治 体 向 け 通 知 の 発 出 等 ) 世 界 自 閉 症 啓 発 デー 日 本 実 行 委 員 会 ホームページ ( 国 連 事 務 総 長 や 各 大 臣 のメッセージ 全 国 でのイベント 情 報 等 を 掲 載 ) 4 月 2 日 ~8 日 の 発 達 障 害 啓 発 週 間 ( 大 会 実 行 組 織 決 定 )では 各 自 治 体 や 関 係 団 体 が 全 国 各 地 で イベント 活 動 等 を 実 施 15

17 5 専 門 家 の 育 成 等 12 発 達 障 害 に 係 る 研 修 等 発 達 障 害 施 策 に 携 わる 職 員 に 対 する 研 修 等 を 行 い 各 支 援 現 場 等 における 対 応 の 充 実 を 図 る 研 修 は 小 児 医 療 精 神 医 療 療 育 の3 分 野 について それぞれの 専 門 機 関 である 国 立 機 関 において 医 師 等 を 対 象 とした 研 修 を 行 う 1 発 達 障 害 者 支 援 センター 職 員 実 務 研 修 発 達 障 害 者 支 援 センター 職 員 を 対 象 と する 研 修 を 行 い 職 員 の 資 質 の 向 上 を 図 る 期 間 5 日 間 年 2 回 対 象 全 国 の 発 達 障 害 者 支 援 セン ター 職 員 で 心 理 療 法 及 び 相 談 支 援 を 担 当 する 職 員 20 名 3 自 閉 症 に 関 するセミナー 1 自 閉 症 子 育 て 支 援 セミナー 全 国 の 保 護 者 を 対 象 とした 療 育 援 助 に 関 する 情 報 の 普 及 と 障 害 への 理 解 を 目 的 期 間 4 日 間 年 2 回 対 象 全 国 の 自 閉 症 児 ( 者 )の 保 護 者 100 名 2 自 閉 症 トレーニングセミナー 全 国 の 自 閉 症 等 関 係 施 設 職 員 及 び 教 師 等 を 対 象 に 実 践 を 通 した 療 育 援 助 技 術 の 習 得 を 目 的 期 間 5 日 間 年 2 回 対 象 全 国 の 自 閉 症 関 係 施 設 職 員 及 び 教 職 員 30 名 2 発 達 障 害 関 係 職 員 研 修 学 習 障 害 (LD) 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD)に 対 する 支 援 は 十 分 に 対 応 がなされていないことから 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 の 発 達 障 害 分 野 の 指 導 者 となる 職 員 に 対 する 研 修 を 実 施 し 発 達 障 害 者 の 支 援 の 充 実 を 図 る 期 間 5 日 間 年 2 回 対 象 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 の 現 任 者 ( 行 政 担 当 者 保 健 師 保 育 士 等 60 名 ) 4 小 児 医 療 等 に 関 する 研 修 5 精 神 医 療 等 に 関 する 研 修 幼 児 期 小 児 期 における 早 期 発 見 を 強 化 し 適 切 なアドバイスや 専 門 医 への 紹 介 をするための 研 修 期 間 2 日 間 年 3 回 対 象 全 国 の 小 児 医 療 機 関 の 医 師 等 幼 児 期 小 児 期 において 発 見 され なかったアスペルガー 症 候 群 などの 発 見 について 強 化 し 適 切 なアドバ イスや 専 門 医 への 紹 介 をするため の 研 修 期 間 2 日 間 年 3 回 対 象 全 国 の 精 神 医 療 機 関 の 医 師 等 16

<5461726F2D937393B9957B8CA7926D8E962E6A7464>

<5461726F2D937393B9957B8CA7926D8E962E6A7464> 職 発 0329 第 8 号 平 成 25 年 3 月 29 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 長 ( 公 印 省 略 ) 障 害 者 の 雇 用 を 支 える 連 携 体 制 の 構 築 強 化 について 障 害 者 雇 用 施 策 の 推 進 につきましては 日 頃 より 特 段 の 御 配 意 をいただき 御 礼 申 し 上 げます 障 害 者 雇 用

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 管 理 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 所 等 の 名 称 など) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 若 杉 福 祉 会 が 設 置 するこの 保 育 園 の 名 称 及 び 所 在 地 は 次 のとおりにする (1) 名 称 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 (2) 所 在 地 那 覇 市 首 里 大 名 町 1 64 5 ( 施 設

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

(4) 市 有 施 設 利 用 料 金 減 免 の 継 続 旭 川 市 7 条 駐 車 場 いきいきセンター 新 旭 川 いきいきセンター 永 山 いきいきセンター 神 楽 近 文 市 民 ふれあい センター 有 料 公 園 施 設,パークゴルフ 場 旭 川 市 総 合 防 災 センター 旭 川 市

(4) 市 有 施 設 利 用 料 金 減 免 の 継 続 旭 川 市 7 条 駐 車 場 いきいきセンター 新 旭 川 いきいきセンター 永 山 いきいきセンター 神 楽 近 文 市 民 ふれあい センター 有 料 公 園 施 設,パークゴルフ 場 旭 川 市 総 合 防 災 センター 旭 川 市 第 2 次 旭 川 市 障 害 者 計 画 の 進 捗 状 況 資 料 4 節 具 体 的 施 策 取 組 区 分 取 組 内 容 第 1 節 Ⅰ 生 活 支 援 1 相 談 体 制 の 整 備 (1) 各 相 談 支 援 機 関 の 連 携 強 化 旭 川 市 障 害 者 福 祉 センター 内 に, 旭 川 市 障 害 者 総 合 相 談 支 援 センターあそーと,かみかわ 相 談 支 援 センターねっと,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 我 が 国 においては 少 子 高 齢 化 が 進 展 し 65 歳 以 上 の 高 齢 者 化 率 は 2 0 6 0 年 に は 4 0 % 近 い 水 準 と な る 事 が 推 計 さ れ て おります 本 道 に お い て も 6 5 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 は 2 7 年 1 月 1 日 現 在 で は 1 5 1 万 人 を 超 え

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

はじめに

はじめに 主 題 移 行 期 の 連 携 に おける 教 育 的 ニーズに 応 じた 支 援 の 充 実 ~ 小 学 校 から 中 学 校 に 効 果 的 な 支 援 を 引 き 継 ぐ た めに ~ 熊 本 市 立 山 ノ 内 小 学 校 教 諭 森 川 義 幸 要 約 小 学 校 から 中 学 校 へと 児 童 のライフステージが 変 化 する 際 それぞれの 機 関 が 一 貫 性 のない 支 援 をしてしまえば

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323081603134347081698FE18A518E998E78898782C982C282A282C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323081603134347081698FE18A518E998E78898782C982C282A282C4816A2E646F63> Ⅵ 障 害 児 支 援 について 1 障 害 児 支 援 の 基 本 的 な 視 点 (1)できるだけ 早 い 時 期 から 身 近 な 地 域 で 療 育 支 援 が 受 けられる 体 制 づくり 障 害 のある 子 どもが その 持 てる 能 力 や 可 能 性 を 伸 ばしていけるよう できるだけ 早 い 時 期 から 子 どもやご 家 族 にとってより 身 近 な 地 域 で 療 育 支 援

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた 取 組 をしています この 支 援 体 制 整 備 事 業 は 発 達 障 害 者 支 援 法 の

はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた 取 組 をしています この 支 援 体 制 整 備 事 業 は 発 達 障 害 者 支 援 法 の 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 施 策 体 系 ~ 現 状 における 関 連 事 業 の 取 りまとめ~ 平 成 25 年 4 月 札 幌 市 保 健 福 祉 局 障 がい 保 健 福 祉 部 はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

スライド 1

スライド 1 学 識 経 験 者 NPO 市 民 団 体 関 係 者 教 育 関 係 者 地 元 企 業 関 係 者 行 政 職 員 提 言 青 少 年 状 況 把 握 統 計 データ 分 析 本 人 家 族 支 援 機 関 へ アンケート ヒアリング 調 査 自 立 支 援 策 検 討 課 題 抽 出 と 対 応 策 検 討 モデル 事 業 実 施 と 検 証 公 民 役 割 分 担 とネットワーク 構 築 横

More information

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 新 旧 対 照 表 ( 変 更 箇 所 対 照 表 : 修 正 部 のみ 抜 粋 ) 変 更 後 ( 案 ) 変 更 前 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 平 成 16 年 3 月 18 日 策 定 平 成 21 年 6 月 16 日 変 更 平 成 24

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評 総 6 7 総 経 4 1 平 成 26 8 月 15 日 各 都 道 府 県 知 各 政 令 指 都 市 市 各 殿 総 省 自 治 政 局 及 び 独 立 政 改 正 律 運 用 つ 通 知 及 び 独 立 政 改 正 律 平 成 26 律 34 改 正 布 つ 平 成 26 5 月 14 日 付 け 総 42 総 大 臣 通 知 り 知 せろ 改 正 運 用 り 通 知 り 通 知 ほ 記 留

More information

依存症対策に関する厚生労働省の取り組み

依存症対策に関する厚生労働省の取り組み 資 料 4 依 存 症 対 策 に 関 する 厚 生 労 働 省 の 取 り 組 み 自 殺 総 合 対 策 大 綱 自 殺 を 予 防 するための 当 面 の 重 点 施 策 自 殺 の 実 態 を 明 らかにする 実 態 解 明 のための 調 査 の 実 施 情 報 提 供 体 制 の 充 実 自 殺 未 遂 者 遺 族 等 の 実 態 解 明 及 び 支 援 方 策 についての 調 査 の 推

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

雇用安定_ 概要版.indd

雇用安定_ 概要版.indd 番 号 対 象 事 業 主 給 付 金 名 問 合 せ 先 頁 1 2 事 業 活 動 の 縮 小 に 伴 い 雇 用 調 整 を 行 った 事 業 主 等 定 年 の 引 上 げや 定 年 の 定 めの 廃 止 を 実 施 した 事 業 主 等 雇 用 調 整 助 成 金 中 小 企 業 緊 急 雇 用 安 定 助 成 金 定 年 引 上 げ 等 奨 励 金 ( 中 小 企 業 定 年 引 上 げ

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

1

1 特 定 健 康 診 査 等 実 施 計 画 書 ( 第 二 期 ) 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 平 成 25 年 4 月 1 日 背 景 及 び 趣 旨 急 速 に 進 む 尐 子 高 齢 化 の 中 医 療 保 険 を 取 り 巻 く 環 境 は 年 々 増 加 する 高 齢 者 医 療 費 と 拠 出 金 等 により 健 康 保 険 組 合 の 健 全 運 営 に 著 しく

More information

支 給 申 請 期 間 助 成 金 の 支 給 申 請 期 間 は 申 請 が 可 能 となった 日 から2か 月 以 内 とします 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 雇 用 関 係 助 成 金 における 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 は 以 下 のとおりとします 小 売 業 ( 飲

支 給 申 請 期 間 助 成 金 の 支 給 申 請 期 間 は 申 請 が 可 能 となった 日 から2か 月 以 内 とします 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 雇 用 関 係 助 成 金 における 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 は 以 下 のとおりとします 小 売 業 ( 飲 ( 事 業 主 の 方 へ) このパンフレットの 内 容 は 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 のものです 平 成 28 年 度 雇 用 関 係 助 成 金 のご 案 内 ( 簡 略 版 ) 平 成 28 年 度 の 雇 用 関 係 の 助 成 金 についてご 紹 介 します 雇 用 の 安 定 職 場 環 境 の 改 善 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 従 業 員 の 能 力 向

More information

Taro-27近代化要領本文

Taro-27近代化要領本文 新 潟 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 領 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 29 日 1 目 的 こ の 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 し つつ 病 院 に おける 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 び へき 地

More information

第 3 節 結 果 1. 調 査 票 の 回 収 324 か 所 から 回 答 を 得 た ( 回 収 率 29.5%) 一 般 診 療 所 総 数 回 答 数 回 収 率 (%) 大 津 279 84 3.1 湖 南 264 79 29.9 甲 賀 86 21 24.4 東 近 江 139 33

第 3 節 結 果 1. 調 査 票 の 回 収 324 か 所 から 回 答 を 得 た ( 回 収 率 29.5%) 一 般 診 療 所 総 数 回 答 数 回 収 率 (%) 大 津 279 84 3.1 湖 南 264 79 29.9 甲 賀 86 21 24.4 東 近 江 139 33 滋 賀 県 内 医 療 機 関 現 況 調 査 ( 高 次 脳 機 能 障 害 ) 結 果 報 告 書 第 1 節 目 的 滋 賀 県 における 高 次 脳 機 能 障 害 者 の 支 援 に 関 する 医 療 サービスの 現 状 を 把 握 し 今 後 の 本 県 での 高 次 脳 機 能 障 害 者 に 対 する 支 援 体 制 を 構 築 する 為 の 基 礎 資 料 とする 第 2 節 方

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

— 目  次 —

— 目  次 — 目 次 ガ イ ド ブ ッ ク の 作 成 に あ た っ て P2 中 学 か ら 高 校 に か け て の 就 学 支 援 に つ い て P3-4 高 校 か ら 大 学 専 門 学 校 等 に か け て の 就 学 支 援 に つ い て P5 関 連 資 料 関 係 資 料 Ⅰ フ ァ ミ リ ー と し て と ら え た と き 子 ど も や 家 庭 の 支 援 に か か わ

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

目 次 第 1 章 基 本 的 な 考 え 方 計 画 策 定 の 背 景 と 趣 旨 計 画 の 法 的 根 拠 と 位 置 づけ 第 4 期 障 がい 福 祉 計 画 策 定 におけるポイント 計 画 の 期 間... 7 第 2 章 川

目 次 第 1 章 基 本 的 な 考 え 方 計 画 策 定 の 背 景 と 趣 旨 計 画 の 法 的 根 拠 と 位 置 づけ 第 4 期 障 がい 福 祉 計 画 策 定 におけるポイント 計 画 の 期 間... 7 第 2 章 川 第 4 期 川 辺 町 障 がい 福 祉 計 画 [ 案 ] ( 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ) 平 成 27 年 2 月 川 辺 町 1 目 次 第 1 章 基 本 的 な 考 え 方... 4 1 計 画 策 定 の 背 景 と 趣 旨... 4 2 計 画 の 法 的 根 拠 と 位 置 づけ... 5 3 第 4 期 障 がい 福 祉 計 画 策 定 におけるポイント...

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策 日 置 市 障 がい 者 計 画 及 び 障 がい 福 祉 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 日 置 市 0 計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて

More information

表紙-2.xdw

表紙-2.xdw 当 初 予 算 要 求 概 要 平 成 2 年 2 月 部 部 施 策 体 系 地 域 における 保 健 医 療 の 充 実 と 福 祉 との 連 携 の 促 進 医 療 提 供 体 制 の 充 実 () 医 療 従 事 者 の 確 保 (2) 医 療 機 能 の 充 実 2 専 門 医 療 救 急 医 療 の 充 実 () 救 急 医 療 体 制 の 強 化 (2)がん 対 策 の 充 実 3 県

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月)

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月) 第 11 章 税 務 協 力 体 制 第 1 節 関 係 民 間 団 体 1 日 本 税 理 士 会 連 合 会 (1) 組 織 等 の 状 況 日 本 税 理 士 会 連 合 会 ( 以 下 この 節 において 日 税 連 という )は 原 則 として 国 税 局 ( 沖 縄 国 税 事 務 所 を 含 む 以 下 この 章 において 国 税 局 ( 所 ) という )の 管 轄 区 域 ごとに

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

雇用の安定のために(詳細版) 表紙

雇用の安定のために(詳細版) 表紙 ~パンフレットのご 利 用 に 当 たって~ このパンフレットは 雇 用 関 係 各 種 給 付 金 のうち 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 の 事 業 主 の 方 に 対 して 支 給 されるものをまとめたものです なお 印 のついている 給 付 金 は 全 額 事 業 主 負 担 である 雇 用 保 険 二 事 業 で 行 われています ( 一 部 一 般 会 計 から 支 出 されます )

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画 第 3 期 あったか 家 族 応 援 プログラム 山 形 市 役 所 次 世 代 育 成 支 援 特 定 事 業 主 行 動 計 画 山 形 市 役 所 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 16 日 山 形 市 Ⅰ はじめに 1 プログラム 策 定 の 背 景 及 び 目 的 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82538E7182C782E081458EE18ED282CC8CBB8FF382C6967B8E7382CC89DB91E8312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82538E7182C782E081458EE18ED282CC8CBB8FF382C6967B8E7382CC89DB91E8312E646F63> 資 料 4 子 ども 若 者 の 現 状 と 課 題 について 1 子 ども 若 者 の 現 状 と 課 題 国 データは, 平 成 23 年 版 子 ども 若 者 白 書 より 抜 粋 (1) 子 ども 若 者 人 口 子 ども 若 者 人 口 及 び 総 人 口 に 占 めるその 割 合 は, 昭 和 50 年 以 降 ほぼ 一 貫 して 減 少 平 成 22 年 10 月 1 日 現 在 の

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った 地 方 創 生 の 推 進 に 向 けて Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 2 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 Ⅱ 思 い 切 った 施 策 の 展 開 と 必 要 な 財 源 の 確 保 等 1 地 方 創 生 人 口 減 少

More information

04-01-01【講義4-1】発達障害と相談支援

04-01-01【講義4-1】発達障害と相談支援 (1 基 本 的 理 解 ) 発 達 障 害 の 定 義 広 汎 性 発 達 障 害 ( 自 閉 症 アスペルガー 症 候 群 等 ) 学 習 障 害 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 等 通 常 低 年 齢 で 発 現 する 脳 機 能 の 障 害 ( 発 達 障 害 者 支 援 法 第 2 条 ) ICD-10におけるF80-98に 含 まれる 障 害 ( 文 部 科 学 事 務 次 官 厚

More information

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震 第 3 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 1. 基 本 的 な 取 組 方 針 建 築 物 の 耐 震 化 は 自 助 共 助 公 助 の 原 則 を 踏 まえ その 所 有 者 ( 以 下 建 物 所 有 者 という )によって 行 われることを 基 本 とします 区 は 耐 震 化 について 幅 広 い 情 報 提 供 を 行 うとともに 国 や

More information

<984A93AD8ED28C928D4E959F8E838B408D5C2E786C73>

<984A93AD8ED28C928D4E959F8E838B408D5C2E786C73> 資 料 4 特 殊 法 人 等 改 革 推 進 本 部 参 与 会 議 ヒアリング 関 係 資 料 平 成 17 年 5 月 13 日 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 目 次 Ⅰ 説 明 資 料 1 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 の 概 要 1-1 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 の 概 要 1-2 事 業 の 一

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

日程第3号・一般質問・一覧表

日程第3号・一般質問・一覧表 3 月 定 例 会 一 般 質 問 予 定 者 一 覧 平 成 28 年 3 月 4 日 ( 金 ) 午 前 10 時 開 議 日 程 第 1. 一 般 質 問 質 問 順 位 1 藤 村 郁 人 議 員 1. 火 葬 場 共 同 整 備 方 針 の 町 民 説 明 会 の 開 催 を (1) 火 葬 炉 の 必 要 数 が 予 備 を 含 め て 4 基 と し た 根 拠 は (2) 平 成 25

More information

1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50

1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 社 会 福 祉 法 人 日 本 保 育 協 会 1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記

More information

第1章

第1章 中 津 川 市 障 害 者 福 祉 計 画 第 3 期 計 画 ( 素 案 ) - 安 心 できる 温 かい 福 祉 のまちをつくります- 市 の 花 サラサドウダン 平 成 23 年 11 月 中 津 川 市 も く じ 第 1 章 第 3 期 計 画 策 定 にあたって 1 Ⅰ 第 3 期 計 画 の 位 置 づけ 1 1 計 画 見 直 しの 趣 旨 1 2 計 画 見 直 しの 基 本 的

More information

~ パ ン フ レ ッ ト の ご 利 用 に 当 たっ て ~ このパンフレットは 雇 用 関 係 各 種 給 付 金 のうち 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 の 事 業 主 の 方 に 対 して 支 給 されるものをまとめたものです なお 印 のついている 給 付 金 は 全 額 事 業 主

~ パ ン フ レ ッ ト の ご 利 用 に 当 たっ て ~ このパンフレットは 雇 用 関 係 各 種 給 付 金 のうち 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 の 事 業 主 の 方 に 対 して 支 給 されるものをまとめたものです なお 印 のついている 給 付 金 は 全 額 事 業 主 ~ パ ン フ レ ッ ト の ご 利 用 に 当 たっ て ~ このパンフレットは 雇 用 関 係 各 種 給 付 金 のうち 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 の 事 業 主 の 方 に 対 して 支 給 されるものをまとめたものです なお 印 のついている 給 付 金 は 全 額 事 業 主 負 担 である 雇 用 保 険 二 事 業 で 行 われています ( 一 部 一 般 会 計 から

More information

吉 野 町 第 4 期 障 害 福 祉 計 画 平 成 27 年 3 月 吉 野 町 目 次 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 (1) 制 度 改 正 の 流 れ 3 (2) 第 4 期 障 害 福 祉 計 画 について 4 2 計 画 の 性 格 及 び 位 置 づけ 5 (1) 計 画 の 性 格 5 (2) 計 画 の 位 置 づけ 5 3 計

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

3 実務研修内容【分野別】

3 実務研修内容【分野別】 6) 地 域 栄 養 分 野 地 域 栄 養 ( 項 目 番 号 :T21-101 T21-201) 科 目 名 生 活 習 慣 病 の 発 症 予 防 と 重 症 化 予 防 単 位 数 講 義 3 単 位 がん 循 環 器 疾 患 糖 尿 病 及 び COPD( 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 対 処 するため 一 次 予 防 に 重 点 を 置 いた 対 策 を 推 進 するとともに 合

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練 第 5 章 数 値 目 標 ( 第 4 期 案 ) (1) 入 所 施 設 入 所 者 の 地 域 生 活 への 移 行 本 市 の 平 成 25 年 度 末 時 点 の 施 設 入 所 者 は39 人 です 平 成 29 年 度 までに 入 所 施 設 を 退 所 し 自 立 訓 練 事 業 等 を 利 用 しながら グル ープホームや 一 般 住 宅 等 に 移 行 する 人 ( 地 域 移 行

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

了 者 に 限 る ) 若 し く は 第 十 五 号 に 掲 げ る 者 又 は 第 十 四 号 に 掲 げ る 者 の う ち 三 級 訪 問 介 護 員 で あ る 者 三 居 宅 介 護 サ ー ビ ス 費 の 注 6 の (1)の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 六 号 ( 三

了 者 に 限 る ) 若 し く は 第 十 五 号 に 掲 げ る 者 又 は 第 十 四 号 に 掲 げ る 者 の う ち 三 級 訪 問 介 護 員 で あ る 者 三 居 宅 介 護 サ ー ビ ス 費 の 注 6 の (1)の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 六 号 ( 三 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 八 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年 厚

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

具 体 的 な 取 組 1-(2) 日 本 語 の 習 得 と 地 域 社 会 で 共 に 暮 らしていくための 支 援.4 日 本 語 母 語 教 室 の 開 催 支 援 日 本 語 教 室 の 開 催 運 営 支 援 済 継 続 支 援 母 語 教 室 の 開 催 運 営 支 援 済 継 続 支

具 体 的 な 取 組 1-(2) 日 本 語 の 習 得 と 地 域 社 会 で 共 に 暮 らしていくための 支 援.4 日 本 語 母 語 教 室 の 開 催 支 援 日 本 語 教 室 の 開 催 運 営 支 援 済 継 続 支 援 母 語 教 室 の 開 催 運 営 支 援 済 継 続 支 1-(2) 日 本 語 の 習 得 と 地 域 社 会 で 共 に 暮 らしていくための 支 援 1) 現 状 と 課 題 1 現 状 ア 外 国 人 住 民 の 中 には 日 本 の 文 化 慣 習 等 に 戸 惑 いながら 生 活 して いる 人 もいます イ 日 本 語 ができない 外 国 人 住 民 は 必 要 な 情 報 を 十 分 に 得 ることがで きず 日 本 社 会 で 共 存 していく

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

Taro-04【まとめ】H28住民負担の軽減

Taro-04【まとめ】H28住民負担の軽減 3. 住 民 負 担 の 軽 減 とサービスの 向 上 事 業 名 軽 減 額 等 内 容 住 民 負 担 の 軽 減 1. 保 育 料 の 据 置 - 保 育 料 を18 年 連 続 で 据 置 ( 市 費 持 ち 出 し 額 1,746,376 千 円 ) 国 の 公 定 価 格 の 増 額 に 伴 い 保 育 料 率 の 引 き 上 げが 避 けられない 中 子 育 て 支 援 の 充 実 や

More information

第2期蔵王町障害者計画

第2期蔵王町障害者計画 平 成 27 年 3 月 蔵 王 町 は じ め に 近 年 障 害 福 祉 についてのニーズが 多 様 化 し それに 伴 って 障 害 者 基 本 法 の 改 正 や 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 する 法 律 ( 障 害 者 総 合 支 援 法 ) 及 び 障 害 者 虐 待 防 止 法 の 施 行 など 国 の 施 策 もめまぐるし く

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information