Microsoft PowerPoint - 韓国KC_KCsマーク規制_SEAJ.ppt [互換モード]

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 韓国KC_KCsマーク規制_SEAJ.ppt [互換モード]"

Transcription

1 韓 国 KC/KCsマークの 規 制 概 要 UL and the UL logo are trademarks of UL LLC 2015 株 式 会 社 UL Japan コンシューマーテクノロジー 事 業 部 コマーシャルグループ EMC/ 無 線 セールス マネージャー 石 綿 剛 2015 年 11 月 19 日

2 Agenda KCマーク 韓 国 KCマーク 概 要 適 合 認 証 / 指 定 試 験 所 適 合 登 録 / 自 己 試 験 適 合 登 録 技 術 基 準 放 送 通 信 機 資 材 等 の 適 合 性 評 価 に 関 する 告 示 改 訂 表 記 要 件 安 全 認 証 市 場 監 視 及 び 罰 則 申 請 方 法 KCsマーク 韓 国 KCsマーク 規 制 申 請 方 法 2

3 韓 国 KCマーク 概 要 KCマーク(Korea Certification Mark) 韓 国 の 国 家 統 合 認 証 マーク 韓 国 の 電 波 法 電 気 通 信 基 本 法 電 気 用 品 安 全 管 理 法 品 質 管 理 および 工 業 製 品 安 全 管 理 法 に 基 づきそれぞれの 対 象 製 品 に 対 して 適 合 性 が 検 証 された 製 品 に 表 示 されるマーク 韓 国 政 府 は 重 複 認 証 の 解 消 により 企 業 の 負 担 を 軽 減 し 韓 国 の 認 証 マークを 世 界 的 ブランドとし て 育 成 し 発 展 させる 事 を 目 的 として 2008 年 8 月 20 日 に 国 務 総 理 を 委 員 長 とする 国 家 標 準 審 議 会 で KCマークを 導 入 し 13 個 の 法 的 な 強 制 認 証 マークをKCマークに 統 合 する 事 を 決 定 2011 年 7 月 にマークの 統 一 が 完 了 しています 韓 国 における 放 送 機 器 および 通 信 機 器 は 国 立 電 波 研 究 所 (RRA) 管 轄 するKCマークは 韓 国 へ 輸 出 または 製 造 販 売 するには 製 品 に 表 示 しなければなりません 3

4 韓 国 KCマーク 概 要 規 制 領 域 別 分 離 施 行 の 概 略 図 技 術 標 準 院 [KATS] 認 証 を 取 得 するための 手 続 きは 分 野 ごとに 認 証 機 関 が 異 なる 電 気 用 品 & 放 送 通 信 機 資 材 等 電 気 安 全 KATS: Korean Agency for Technology and Standards 国 立 電 波 研 究 院 [RRA] 電 気 用 品 & 放 送 通 信 機 資 材 等 電 磁 波 適 合 性 RRA: National Radio Research Agency 4

5 韓 国 KCマーク 概 要 政 府 組 織 法 体 系 要 求 事 項 の 関 係 国 務 総 理 ( 首 相 ) 未 来 創 造 科 学 部 (MSIP) 産 業 通 商 資 源 部 (MOTIE) 国 立 電 波 研 究 院 (RRA) 技 術 標 準 院 (KATS) EMC RF/ EMC SAR Telecom SAFETY 工 場 監 査 5

6 韓 国 KCマーク 概 要 危 険 度 による 認 証 種 類 の 分 類 危 険 度 大 3 区 分 Conformity Certification 適 合 認 証 ( 型 式 登 録 / 型 式 検 定 の 対 象 機 器 ) 製 品 例 : WlrelessLAN, Bluetooth, RFID, レーダー 等 の 無 線 機 器 や 電 話 機 等 小 Conformity Registration 1 指 定 試 験 所 適 合 登 録 ( 電 磁 波 適 合 登 録 / 型 式 承 認 の 対 象 機 器 ) 2 自 己 試 験 適 合 登 録 ( 一 部 不 良 率 が 低 い 電 磁 波 適 合 登 録 / 形 式 承 認 の 対 象 機 器 ) Interim Certification 暫 定 認 証 ( 評 価 基 準 のない 新 製 品 につき 電 波 環 境 に 危 害 がなく かつ 安 全 性 が 保 障 される 範 囲 内 において 暫 定 的 に 認 証 ) 製 品 例 : パソコン プリンタ 等 の 情 報 処 理 機 器 や 冷 蔵 庫 洗 濯 機 等 の 家 電 製 品 製 品 例 : 産 業 機 器 及 び 計 測 機 器 製 品 例 : 基 準 が 存 在 しない 機 器 6

7 KCマーク: 適 合 認 証 (Conformity Certification) 放 送 通 信 機 材 等 の 適 合 性 評 価 に 関 する 告 示 別 表 1 対 象 機 器 リスト:50 分 類 電 波 障 害 人 命 の 安 全 等 の 人 体 に 有 害 な 影 響 を 及 ぼす 装 置 あるいは 通 信 ネットワークの 安 全 とサービスに 影 響 を 及 ぼす 装 置 必 要 手 続 き 現 地 指 定 機 関 にて 試 験 RRAへ 申 請 審 査 認 証 書 発 行 販 売 必 要 資 料 申 請 書 技 術 仕 様 書 ブロック 図 / 回 路 図 写 真 ( 外 観 / 内 部 ) ユーザーマニュアル( 韓 国 語 ) 現 地 代 理 人 指 定 書 試 験 サンプル/ 動 作 手 順 書 WEB 公 開 有 ( 資 料 公 開 は 無 ) / 認 可 証 の 有 効 期 限 無 7

8 KCマーク: 指 定 試 験 所 適 合 登 録 (Conformity Registration) 放 送 通 信 機 材 等 の 適 合 性 評 価 に 関 する 告 示 別 表 2 対 象 機 器 リスト:14 分 類 適 合 認 証 の 対 象 となる 装 置 に 比 べて 人 体 への 影 響 が 小 さい 装 置 必 要 手 続 き 現 地 指 定 機 関 にて 試 験 RRAへ 登 録 登 録 済 み 書 の 発 行 販 売 必 要 資 料 申 請 書 技 術 仕 様 書 ブロック 図 / 回 路 図 写 真 ( 外 観 / 内 部 ) ユーザーマニュアル( 韓 国 語 ) 現 地 代 理 人 指 定 書 試 験 サンプル/ 動 作 手 順 書 WEB 公 開 有 ( 資 料 公 開 は 無 ) / 登 録 証 の 有 効 期 限 無 8

9 KCマーク: 指 定 試 験 所 適 合 登 録 (Conformity Registration) 放 送 通 信 機 材 等 の 適 合 性 評 価 に 関 する 告 示 別 表 2 指 定 試 験 所 適 合 登 録 対 象 機 器 抜 粋 Remarks 1. 商 業 科 学 医 療 用 等 で 用 いる 高 周 波 利 用 機 器 類 : 産 業 科 学 医 療 及 び 家 庭 用 で 高 周 波 エネルギーを 発 生 させる 又 は 部 分 的 に 利 用 するよう 設 計 された 装 置 及 び 機 器 類 ( 電 波 法 第 58 条 の3 第 1 項 第 4 号 (イ) 目 及 び(カ) 目 の 機 器 と 同 法 第 58 条 第 1 項 各 号 の 規 定 の 電 波 応 用 設 備 は 除 く) 1) 産 業 用 の 高 周 波 機 器 2) 科 学 用 の 高 周 波 機 器 3) 医 療 用 の 高 周 波 機 器 4) 家 庭 用 の 高 周 波 機 器 EMC 13. 絶 縁 用 変 圧 器 * 定 格 容 量 5kVA 以 下 で 機 器 付 属 する 特 殊 構 造 のものは 除 外 1. 電 圧 調 整 器 1) 変 圧 器 及 び 2. 家 庭 用 小 型 変 圧 器 電 圧 調 整 器 3. 交 流 アダプタ EMC 2) 高 周 波 ウェルダー EMC 3) 電 気 溶 接 機 1. 電 気 溶 接 機 2. 電 気 アーク 溶 接 機 EMC 9

10 KCマーク: 自 己 試 験 適 合 登 録 (Conformity Registration) 放 送 通 信 機 材 等 の 適 合 性 評 価 に 関 する 告 示 別 表 3 対 象 機 器 リスト:7 分 類 測 定 と 試 験 に 使 われる 装 置 工 業 科 学 の 目 的 に 使 われる 装 置 ただし 家 庭 内 あるいは 同 様 の 環 境 で 使 われる 装 置 を 除 く 必 要 手 続 き 自 己 試 験 RRAへ 登 録 登 録 済 み 書 販 売 必 要 資 料 本 資 料 のKCマーク 申 請 方 法 で 詳 細 説 明 WEB 公 開 有 ( 資 料 公 開 は 無 ) / 登 録 証 の 有 効 期 限 無 10

11 KCマーク: 自 己 試 験 適 合 登 録 (Conformity Registration) 放 送 通 信 機 材 等 の 適 合 性 評 価 に 関 する 告 示 別 表 3 自 己 試 験 適 合 登 録 対 象 機 器 Remarks 1. 測 定. 検 査 を 目 的 に 使 用 される 機 資 材 類 1) 試 験 測 定 用 計 測 設 備 類 (オシロスコープ, 電 界 強 度 測 定 機 器, スペクトラム 分 析 機, ネットワーク 分 析 機 などで 第 2 条 第 1 項 第 6 号 の 情 報 機 器 の 定 義 を 含 めることに 限 る) 第 2 条 第 1 項 第 6 号 の 情 報 機 器 : データ 及 び 放 送 通 信 メッセージの 入 力, 保 存, 出 力, 検 索, 送 信, 処 理, スイ チング, 制 御 の 中 でどれ 一 つ(またはこれらの 組 合 )の 機 能 を 持 つとか, 情 報 送 信 のために 使 用 される 複 数 の ポ-トを 備 えた 機 器 として600Vを 超 過 しな い 定 格 電 源 電 圧 を 使 用 する 機 器 を 言 う KN 11 KN KN ) 携 帯 用 自 動 車 診 断 器 KN 22 KN 産 業. 科 学 用 に 使 用 され る 機 資 材 類 ( 産 業 用 とは 製 品 の 製 造 または 生 産 工 程 及 び ビル 制 御 などに 使 用 になる 機 資 材 を 言 う) 1) 産 業 用 コンピューター KN 22 KN 24 2) 産 業 用 コンピューターの 制 御 を 受 ける 産 業 用 設 備 3) その 他 産 業. 科 学 用 にて 使 用 される 機 資 材 KN 11 KN KN KN

12 KCマーク: 自 己 試 験 適 合 登 録 (Conformity Registration) 放 送 通 信 機 材 等 の 適 合 性 評 価 に 関 する 告 示 別 表 3 自 己 試 験 適 合 登 録 対 象 機 器 Remarks 3. 特 定 用 途 として 限 定 された 空 間 で 使 用 される 機 資 材 類 1) 電 子 式 運 行 記 録 計 EMC 2) 駐 車 遮 断 制 御 装 置 EMC 4.ネットワーク 危 害 の 影 響 が 少 ない 機 資 材 類 1) 有 線 通 信 端 末 及 び 放 送 共 同 受 信 設 備 (1) 接 続 コネクタ 有 線 (2) 分 枝 器 有 線 (3) 分 配 器 有 線 (4) 同 軸 ケーブル 有 線 (5) 保 護 機 有 線 (6) 加 入 者 保 護 機 (CATV) 有 線 (8) 光 分 配 器 有 線 (9) 光 ケーブル 有 線 (10) 直 列 端 子 有 線 12

13 KCマーク: 自 己 試 験 適 合 登 録 (Conformity Registration) 放 送 通 信 機 材 等 の 適 合 性 評 価 に 関 する 告 示 別 表 3 自 己 試 験 適 合 登 録 対 象 機 器 Remarks 4. ネットワーク 危 害 の 影 響 が 少 ない 機 資 材 類 1) 有 線 通 信 システ ム 付 属 物 類 1) 応 答 サービスに 使 用 になる 集 線 装 置 2) システムに 使 用 になる 附 属 物 及 び 構 成 品 EMC& 有 線 EMC& 有 線 5. 電 気 鉄 道 機 器 類 : 電 気 鉄 道 車, 電 源 装 置, 制 御 装 置 など 電 気 鉄 道 車 内 の 機 器, 走 行 制 御 のための 信 号 機 器 及 び 電 気 通 信 機 器, その 外 の 固 定 電 源 設 備 6. 高 電 圧 設 備 及 び その 付 属 機 器 類 7. その 他 次 の 各 号 の 機 資 材 1) 第 1 号 から 第 6 号 に 準 する 機 資 材 として 院 長 が 認 める 機 資 材 2) 別 表 2の 指 定 試 験 所 適 合 登 録 機 資 材 の 中 で 但 書 規 定 ( 定 格 入 力 出 力 電 圧 定 格 容 量 消 費 電 力 定 格 電 流 など) 以 外 の 機 資 材 及 び 特 殊 条 件 の 機 資 材 KN 50 KN 51 KN KN or KN KN KN KN KN

14 KCマーク: 技 術 基 準 電 磁 波 適 合 登 録 の 技 術 基 準 内 訳 Items Update Remarks 放 送 通 信 機 資 材 などの 適 合 性 評 価 に 関 する 告 示 Regulation on the conformity evaluation of the Broadcasting Communications Equipment 電 磁 波 障 害 防 止 基 準 Technical Requirements for Electromagnetic Interference 電 磁 波 障 害 試 験 方 法 Conformity Assessment Procedure for Electromagnetic Interference 電 磁 波 保 護 試 験 基 準 Technical Requirements for Electromagnetic Susceptibility 電 磁 波 保 護 試 験 方 法 Conformity Assessment Procedure for Electromagnetic Susceptibility RRA 告 示 第 号 - RRA 告 示 第 号 - RRA 第 号 - RRA 告 示 第 号 - RRA 第 号 - 14

15 KCマーク: 技 術 基 準 * 電 磁 波 障 害 防 止 基 準 (EMI)* EMC Registration 1_1_ 電 磁 波 障 害 防 止 基 準 RRA 告 示 第 号 (April 4, 2015) [ 別 表 1] 第 2 条 第 3 項 住 居, 商 業 及 び 軽 工 業 環 境 での 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 2] 第 2 条 第 3 項 産 業 環 境 での 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 3] 第 5 条 産 業. 科 学. 医 療 用 など 高 周 波 利 用 機 器 類 の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 4] 第 6 条 自 動 車 などの 電 磁 波 放 射 の 障 害 基 準 [ 別 表 6] 第 7 条 放 送 受 信 機 器 類 の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 7] 第 8 条 家 庭 用 電 気 機 器 及 び 電 動 機 器 類 の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 8] 第 9 条 蛍 光 灯 及 び 照 明 機 器 類 の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 9] 第 10 条 情 報 機 器 類 の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 10] 第 11 条 電 気 鉄 道 機 器 類 の 電 磁 波 障 害 防 止 基 準 EMI [ 別 表 11] 第 12 条 電 力 線 通 信 機 器 類 の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 12] 第 12 条 の2 無 線 設 備 機 器 類 の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 13] 第 12 条 の2 海 上 業 務 用 無 線 設 備 機 器 類 の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 14] 第 13 条 無 停 電 電 源 装 置 (UPS)の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 15] 低 圧 開 閉 装 置 及 び 制 御 装 置 の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 16] マルチメディア 機 器 類 の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 17] 第 16 条 可 変 速 電 力 駆 動 機 器 (PDS)の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 18] 第 17 条 エレベーターの 障 害 防 止 基 準 15

16 KCマーク: 技 術 基 準 * 電 磁 波 保 護 試 験 基 準 (EMS)* EMC Registration 1_2_ 電 磁 波 保 護 試 験 基 準 RRA 告 示 第 号 (April 24, 2015) [ 別 表 1] 第 6 条 第 1 項 住 居, 商 業 及 び 軽 工 業 環 境 での 一 般 イミュニティ 基 準 [ 別 表 2] 第 6 条 第 2 項 産 業 環 境 での 一 般 イミュニティ 基 準 [ 別 表 3] 第 7 条 自 動 車 及 び 火 花 点 火 エンジン 駆 動 機 器 類 のイミュニティ 基 準 [ 別 表 4] 第 8 条 放 送 受 信 機 器 類 のイミュニティ 基 準 [ 別 表 5] 第 9 条 家 庭 用 電 気 機 器 及 び 電 動 機 器 類 のイミュニティ 基 準 [ 別 表 6] 第 10 条 情 報 機 器 類 のイミュニティ 基 準 [ 別 表 7] 第 11 条 電 気 鉄 道 機 器 類 のイミュニティ 基 準 [ 別 表 8] 第 13 条 医 療 機 器 類 のイミュニティ 基 準 [ 別 表 9] 第 13 条 の2 無 線 設 備 機 器 類 のイミュニティ 基 準 EMS [ 別 表 10] 第 13 条 の2 海 上 業 務 用 無 線 設 備 機 器 類 のイミュニティ 基 準 [ 別 表 11] 第 14 条 照 明 機 器 類 の 耐 久 性 基 準 [ 別 表 12] 第 13 条 無 停 電 電 源 装 置 (UPS)の 耐 久 基 準 [ 別 表 13] 第 13 条 アーク 溶 接 機 の 耐 久 基 準 [ 別 表 14] 低 圧 開 閉 装 置 及 び 制 御 装 置 の 耐 久 基 準 [ 別 表 15] マルチメディア 機 器 類 の 耐 久 基 準 [ 別 表 16] 第 19 条 可 変 速 電 力 駆 動 機 器 (PDS)の 障 害 防 止 基 準 [ 別 表 17] 第 20 条 エレベーターの 耐 久 基 準 16

17 KCマーク: 技 術 基 準 * 電 磁 波 障 害 試 験 方 法 (EMI)* EMC Registration 1_1_ 電 磁 波 障 害 防 止 基 準 RRA 告 示 第 号 (April 4, 2015) 1_3_ 電 磁 波 障 害 試 験 方 法 RRA 第 号 (Dec 29, 2014) [ 別 表 2] 産 業. 科 学. 医 療 用 機 器 (ISM) 類 の 障 害 防 止 試 験 方 法 KN 11 : (Ref. CISPR 11 : ) [ 別 表 3] 放 送 受 信 機 及 び 関 連 機 器 類 の 障 害 防 止 試 験 方 法 KN 13 : (Ref. CISPR 13 : ) [ 別 表 4] 家 庭 用 電 気 機 器 及 び 電 動 機 器 類 の 障 害 防 止 試 験 方 法 KN 14-1: (Ref. CISPR 14-1 : ) [ 別 表 5] 情 報 機 器 類 の 障 害 防 止 試 験 方 法 KN 22 : (Ref. CISPR 22 : ) [ 別 表 6] 自 動 車 及 び 火 花 点 火 エンジン 駆 動 機 器 類 の 障 害 防 止 試 験 方 法 KN 41 : (Ref. ECE R10.Rev3) [ 別 表 7] 電 気 鉄 道 機 器 類 の 障 害 防 止 試 験 方 法 KN 50 : (Ref. IEC ~5 : ) [ 別 表 9] 照 明 機 器 類 の 障 害 防 止 試 験 方 法 KN 15 : (Ref. IEC CISPR 15 : ) [ 別 表 10] 電 子 レンジから 放 射 される1GHz 以 上 の 障 害 防 止 試 験 方 法 KN 19 : (Ref. CISPR 19 : ) [ 別 表 11] 電 力 線 通 信 機 器 類 の 障 害 防 止 試 験 方 法 KN 60 : (Ref. ITU-T K.60: 2003) EMI 試 験 方 法 [ 別 表 12] 無 停 電 電 源 装 置 (UPS) 類 の 電 磁 波 適 合 性 試 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 13] 低 電 圧 開 閉 装 置 及 び 制 御 装 置 の 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 14] 住 居, 商 業 及 び 軽 工 業 環 境 での 障 害 防 止 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 15] 産 業 環 境 での 障 害 防 止 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 16] マルチメディア 機 器 の 電 磁 波 障 害 防 止 試 験 方 法 KN 32 : (Ref. CISPR 32 : ) [ 別 表 17] 家 庭 用 無 線 電 力 伝 送 機 器 障 害 防 止 試 験 方 法 KN 17 : [ 別 表 18] 可 変 速 電 力 起 動 機 器 の 電 磁 両 立 性 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 19] エレベーター 電 磁 波 障 害 防 止 試 験 方 法 KN : 2014 (Ref. EN : 2004) 17

18 KCマーク: 技 術 基 準 * 電 磁 波 保 護 試 験 方 法 (EMS)* EMC Registration 1_2_ 電 磁 波 保 護 試 験 基 準 RRA 告 示 第 号 (April 24, 2015) 1_4_ 電 磁 波 保 護 試 験 方 法 RRL 第 号 (Dec 29, 2014) [ 別 表 2] 医 療 機 器 のイミュニティ 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 3] 放 送 受 信 機 及 び 関 連 機 器 類 イミュニティ 試 験 方 法 KN 20 : (Ref. CISPR 20 : ) [ 別 表 4] 家 庭 用 電 気 機 器 及 び 電 動 機 器 類 イミュニティ 試 験 方 法 KN 14-2 : (Ref. CISPR 14-2 : ) [ 別 表 5] 情 報 機 器 類 イミュニティ 試 験 方 法 KN 24 : (Ref. CISPR ) [ 別 表 6] 自 動 車 及 び 火 花 点 火 エンジン 駆 動 機 器 類 のイミュニティ 試 験 方 法 KN 41 : (Ref. ECE R10.Rev3) [ 別 表 7] 電 気 鉄 道 機 器 類 のイミュニティ 試 験 方 法 KN 51 : (Ref. IEC ~5 : ) [ 別 表 9] 照 明 機 器 イミュニティ 基 準 及 び 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 1-1] 静 電 気 放 電 イミュニティ 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) EMS 試 験 方 法 Basic Standard [ 別 表 10] アーク 溶 接 機 の 電 磁 両 立 性 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 11] 住 居, 商 業 及 び 軽 工 業 環 境 でのイミュニティ 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 12] 無 停 電 電 源 装 置 (UPS) 類 電 磁 両 立 性 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 13] 低 圧 開 閉 装 置 及 び 制 御 装 置 の 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 14] 産 業 環 境 での 一 般 的 なイミュニティ 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 15] マルチメディア 機 器 イミュニティ 試 験 方 法 KN 35 : (Ref. CISPR 32 : ) [ 別 表 18] 可 変 速 電 力 駆 動 機 器 の 電 磁 両 立 性 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 19] エレベーター 電 磁 波 保 護 試 験 方 法 KN : 2014 (Ref. EN : 2013) [ 別 表 1-2] 放 射 性 無 線 周 波 数 電 磁 界 イミュニティ 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 1-3] 電 気 的 高 速 過 渡 現 象 /バースト イミュニティ 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 1-4] サージ イミュニティ 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 1-5] 伝 導 性 無 線 周 波 数 電 磁 界 イミュニティ 試 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 1-6] 電 源 周 波 数 磁 界 イミュニティ 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) [ 別 表 1-7] 電 圧 ディップ 瞬 時 停 電 イミュニティ 試 験 方 法 KN : (Ref. IEC : ) 18

19 KCマーク: 放 送 通 信 機 資 材 等 の 適 合 性 評 価 に 関 する 告 示 改 訂 改 正 履 歴 第 号 第 号 第 号 第 号 第 号 第 号 第 号 第 号 2015/3/30 改 正 2014/11/17 改 正 2014/7/2 改 正 2014/4/1 改 正 2013/7/1 改 正 2012/9/28 改 正 2012/3/23 改 正 2011/1/24 制 定 主 な 変 更 点 識 別 符 号 が KCC から MSIP に 変 更 旧 :KCC-CRM-ABC-XXXXXXXXXXXXXX 新 :MSIP-CRM-ABC-XXXXXXXXXXXXXX 事 後 管 理 試 験 ( 第 22 条 ) 項 目 追 加 適 合 性 評 価 を 受 けた 者 は 院 長 に 事 後 管 理 の 結 果 ( 適 合 性 評 価 基 準 不 適 合 のみ)を 通 知 した 日 から14 日 以 内 に その 機 資 材 の 他 の 製 品 に 関 する 追 加 試 験 要 求 などに 異 議 を 申 し 立 てるこ とができる この 場 合 追 加 試 験 にかかる 諸 費 用 ( 試 料 の 購 入 試 験 料 など)は 異 議 を 提 起 し た 者 が 負 担 する 不 適 合 の 判 断 基 準 は 電 磁 両 立 性 の 場 合 第 4 条 第 3 項 の 規 定 による 電 磁 波 障 害 防 止 試 験 方 法 の 製 品 ラインの 試 験 規 格 で 定 められた 統 計 的 手 法 を 適 用 して 判 断 する ただし 有 線 およ び 無 線 通 信 機 資 材 の 場 合 には 情 報 機 器 の 電 磁 波 障 害 防 止 試 験 方 法 で 定 めた 統 計 的 手 法 を 準 用 することができる 異 議 提 起 された 製 品 の 試 験 を 指 定 試 験 機 関 が 行 うことができ この 場 合 担 当 公 務 員 が 参 観 する 中 で 試 験 を 実 施 しなければならない 19

20 KCマーク: 放 送 通 信 機 資 材 等 の 適 合 性 評 価 に 関 する 告 示 改 訂 主 な 変 更 点 適 合 性 評 価 の 変 更 の 範 囲 ( 第 15 条 ) EMC 影 響 が 軽 微 な 部 品 を 変 更 する 場 合 再 試 験 なしで 変 更 申 請 が 認 められる 軽 微 な 部 品 変 更 とは? 1. 抵 抗 (Resistor) インダクタ(Inductor) キャパシタ(Capacitor)を 同 じ 種 類 の 部 品 に 置 換 する 場 合 (ただし 部 品 の 電 気 的 サイズや 要 領 に 関 係 なく 置 換 する 事 ができる ) 2.ダイオード( 発 光 ダイオードを 含 む)を 同 じ 種 類 のダイオードに 置 換 する 場 合 3. 電 気 的 回 路 は 同 じで 電 力 容 量 (Wattage)を 縮 小 する 場 合 4. 適 合 性 評 価 を 受 けた 製 品 の 構 成 品 を 削 除 する 場 合 5. コンピュータ 内 蔵 構 成 品 ( 別 表 2 第 6 号 ハ 目 )の 内 適 合 性 評 価 を 受 けた 同 等 な 機 能 の 構 成 品 で 対 峙 する 場 合 6.ハードウェアの 変 更 なしにソフトウェアを 使 用 して 使 用 している 機 能 をブロックしたり または 削 除 する 場 合 20

21 KCマーク: 表 記 要 件 製 品 表 記 要 件 認 可 / 登 録 製 品 上 に 下 記 を 表 示 すること ( 基 本 的 には 証 書 に 記 載 の 言 語 にて 表 示 が 必 要 だが 製 品 のグローバル 展 開 等 やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 は 英 文 表 示 も 可 能 ) 1 適 合 性 評 価 マーク(KCロゴ) 2 識 別 符 号 ( 認 可 番 号 / 登 録 番 号 ) 3 適 合 性 評 価 を 受 けた 者 の 商 号 / 商 号 名 ( 申 請 者 名 ) 4 機 資 材 の 名 称 ( 証 書 にEquipment Nameとして 記 載 される 製 品 カテゴリー) 無 線 を 使 用 する 製 品 : 当 局 が 定 めた 機 資 材 の 名 称 無 線 を 使 用 しない 製 品 : 申 請 者 が 定 めた 製 品 名 5モデル 名 6 製 造 年 月 7 製 造 者 名 8 製 造 国 9 電 波 混 信 に 関 する 注 意 文 (2.4/5GHzの 無 線 データ 通 信 システムに 該 当 する 製 品 の 場 合 のみ) 英 語 表 示 は 不 可 韓 国 語 表 示 のみ 認 められている 21

22 KCマーク: 表 記 要 件 製 品 上 とパッケージ 上 の 両 方 で 製 品 表 記 要 件 1~8が 記 載 されていれば 1~8 のマニュアルへの 記 載 は 不 要 但 し 製 品 の 大 きさや 製 品 上 のデザインの 理 由 により1~8を 製 品 上 とパッケ ージ 上 に 記 載 することができない 場 合 には 製 品 上 とパッケージには 最 低 限 1 適 合 性 評 価 マーク(KCロゴ) 2 識 別 符 号 ( 認 可 番 号 / 登 録 番 号 )を 表 示 し マニュ アルにのみ3~8を 記 載 することも 可 能 パッケージへの 表 示 は 最 小 単 位 のパッケージ 毎 に 行 うこと 数 種 類 の 製 品 が1つのパッケージに 梱 包 される 場 合 は その 中 で 主 な 機 能 をも った 製 品 の 識 別 符 号 を 選 択 して 記 載 することができる 22

23 KCマーク: 表 記 要 件 適 合 性 評 価 マーク マークの 例 および 寸 法 図 は よりダウンロード 可 能 23

24 KCマーク: 表 記 要 件 適 合 性 評 価 マーク マークの 色 は 以 下 のような 紺 (5PB 2/8)とする 但 し 必 要 に 応 じて 金 (10YR 6/4) 銀 (N 7)の 使 用 も 可 紺 金 銀 のいずれも 使 用 できない 場 合 は 黒 (N 2) を 使 用 してもよい また 金 銀 を 選 択 する 場 合 は グリッターを 用 いてもよい た だし 規 定 上 の 色 を 使 用 した 場 合 製 品 の 表 示 された 適 合 性 評 価 表 示 の 識 別 が 容 易 でない 場 合 など 仕 方 なく 必 要 と 認 められる 場 合 には これら4 色 以 外 の 色 を 使 うことが 出 来 る( 背 景 色 は 指 定 無 ) 色 韓 国 規 格 (KS A 0062)で 規 定 の 色 番 号 基 本 色 5PB 2/8 10YR 6/4 特 別 色 N 7 N 2 24

25 KCマーク: 表 記 要 件 識 別 符 号 は 適 合 性 評 価 マークの 下 もしくは 製 品 のよく 見 える 場 所 に 表 示 するこ と 2つ 以 上 の 識 別 符 号 がある 場 合 は 1つのKCマーク 付 近 に 識 別 符 号 を 列 記 し てもよい マークの 高 さは5mm 以 上 とすること 但 し メモリー 機 器 のような 非 常 に 小 さい 製 品 や 刻 印 などの 方 法 で 表 示 を 行 う 製 品 の 場 合 は マークのサイズを 製 品 のサ イズに 合 わせて 調 節 してもよい 販 売 貸 与 を 目 的 としてインターネット 上 に 掲 示 する 場 合 適 合 性 評 価 表 示 は 該 当 の 製 品 が 掲 示 されているページの 上 端 または 製 品 価 格 表 示 の 下 部 に 表 示 し なければならない 識 別 符 号 は 文 字 形 態 (TEXT)で 表 示 されなければならない 体 内 組 込 型 医 療 機 器 のような 製 品 上 への 認 証 表 示 が 難 しい 製 品 の 場 合 は パ ッケージに 表 示 するのみでよい 25

26 KCマーク: 表 記 要 件 適 合 性 評 価 の 申 請 時 のモデル 名 と 製 品 の 販 売 広 報 時 に 使 用 するモデル 名 が 同 一 の 場 合 には 製 品 上 とパッケージに KCマークとモデル 名 のみ 記 載 し マ ニュアルにのみ 適 合 性 評 価 マーク 識 別 符 号 適 合 性 評 価 情 報 ( 申 請 者 名 機 資 材 の 名 称 モデル 名 製 造 年 月 製 造 者 名 製 造 国 )を 表 示 することが 可 能 この 場 合 モデル 名 は 識 別 符 号 の 位 置 に 記 載 しなければならない ( 下 図 参 照 ) この 位 置 にモデル 名 を 記 載 26

27 KCマーク: 表 記 要 件 適 合 性 評 価 を 受 けた 無 線 送 信 / 受 信 機 ( 無 線 モジュール)が 最 終 製 品 の 一 部 品 として 使 用 される 場 合 その 無 線 送 信 / 受 信 機 の 識 別 符 号 は 最 終 製 品 上 のよく 見 える 場 所 へ 最 終 製 品 の 識 別 符 号 と 共 に 表 示 すること [ 電 波 混 信 に 関 する 注 意 文 の 例 ] 해당 무선설비는 운용 중 전파혼신 가능성이 있음 参 考 和 訳 : 該 当 の 無 線 設 備 は 運 用 にあたり 電 波 混 信 の 可 能 性 があります 注 意 文 に 関 し 製 品 が 小 さく 表 示 が 困 難 な 場 合 のマニュアルへの 記 載 はサイズ 表 示 の 規 定 が 無 い 為 自 己 責 任 でご 対 応 頂 くこととなります 27

28 KCマーク: 表 記 要 件 識 別 符 号 識 別 符 号 の 詳 細 は 以 下 の 通 り 認 可 番 号 の 改 行 表 示 可 M S I P - C R M - A B C - XXXXXXXXXXXXXX 放 送 通 信 機 器 基 本 認 証 情 報 申 請 者 情 報 製 品 情 報 ( 最 大 14 桁 ) 1 MSIP と 表 示 これは 放 送 通 信 機 器 等 を 意 味 する 2 認 証 カテゴリーコードを 表 示 認 証 カテゴリー コード 適 合 認 証 Conformity certification C (Certification) 適 合 登 録 Conformity registration R (Registration) 暫 定 認 証 Interim certification I (Interim) 28

29 KCマーク: 表 記 要 件 3 試 験 カテゴリーを 表 示 試 験 カテゴリー コード 備 考 Radioカテゴリー Telecomカテゴリー EMCカテゴリー Radio, Telecom, EMCマルチカテゴリー R (Radio) T (Telecommunication) E (Electromagnetic Wave) M (Multi function) M は Radio+Telecom Radio+EMC Telecom +EMC もくはRadio+Telecom +EMCの 認 証 / 登 録 を 必 要 とする 製 品 に 使 用 例 ) 有 線 無 線 アクセスポイント WLAN 搭 載 パ ソコン FAX 搭 載 プリンタ 等 4 申 請 者 の 業 種 を 表 示 申 請 製 品 カテゴリー コード 備 考 製 造 者 M (Manufacture) 製 造 と 輸 入 の 両 方 を 行 っている 場 輸 入 者 I (Import) 合 は M を 輸 入 と 販 売 の 両 方 を 販 売 者 S (Sale) 行 っている 場 合 は I を 使 用 29

30 KCマーク: 表 記 要 件 5 当 局 から 申 請 者 (= 製 造 者 輸 入 者 販 売 者 のいずれか)に 対 して 発 行 された 3 桁 の 申 請 者 コードを 表 示 旧 KCC 認 証 で 取 得 済 の 申 請 者 コードの 使 用 可 申 請 者 コードを 未 取 得 の 場 合 は 取 得 手 続 きを 行 う 必 要 有 ご 希 望 の 場 合 弊 社 にて 取 得 代 行 が 可 能 ですので 任 意 のコード(3 桁 アルファ ベットと 数 字 のみ 使 用 可 )を 第 4 希 望 までご 連 絡 ください 6 最 大 14 桁 の 製 品 コードを 表 示 (アルファベット 数 字 ハイフンの 組 み 合 わせ 可 スペースやピリオド 特 殊 文 字 の 使 用 は 不 可 ) 30

31 KCマーク: 表 記 要 件 マニュアル 表 記 要 件 製 品 のクラスに 関 する 注 意 文 ( 申 請 時 にEMC 試 験 が 実 施 される 機 器 の 場 合 のみ) [ 注 意 文 の 例 ] Class A 機 器 の 場 合 A급 기기(업무용 방송통신기자재) 이기기는업무용(A급) 전자파적합기기로 서 판매자 또는 사용자는 이 점을 주의하시 기바라며, 가정외의 지역에서 사용하는 것 을 목적으로 합니다. 参 考 和 訳 : Class A 機 器 ( 業 務 用 放 送 通 信 機 器 ) この 機 器 は 業 務 用 電 磁 波 発 生 機 器 (Class A)であり 家 庭 以 外 の 場 所 での 使 用 を 意 図 しています 販 売 者 やユーザーはこの 点 に 注 意 してください Class B 機 器 の 場 合 B급 기기(가정용 방송통신기자재) 이 기기는 가정용(B급) 전자파적합기기로 서 주로 가정에서 사용하는 것을 목적으 로하며, 모든 지역에서 사용할 수 있습니 다. 参 考 和 訳 : Class B 機 器 ( 家 庭 用 放 送 通 信 機 器 ) この 機 器 は 家 庭 用 電 磁 波 発 生 機 器 (Class B)であり 主 に 家 庭 での 使 用 を 意 図 しているため あらゆる 場 所 での 使 用 が 可 能 です 31

32 KCマーク: 表 記 要 件 - 電 波 混 信 に 関 する 注 意 文 (2.4/5GHzの 無 線 データ 通 信 システムに 該 当 する 製 品 の 場 合 のみ) この 注 意 文 は パッケージ 上 へ 表 示 することも 可 [ 注 意 文 の 例 ] 해당 무선설비는 전파혼신 가능성이 있으므로 인명안전과 관련된 서비스는 할 수 없습니다 参 考 和 訳 : 該 当 の 無 線 設 備 は 電 波 混 信 の 可 能 性 があるため 人 命 安 全 に 係 わるサービスは 行 う 事 ができません - 製 品 のクラスに 関 する 注 意 文 ( 申 請 時 にEMC 試 験 ( 規 格 :KN 22/KN 24)が 実 施 される 機 器 の 場 合 のみ) 32

33 KCマーク: 表 記 要 件 以 下 の1~8をマニュアルに 表 示 してもよい これらをマニュアルとパッケージの 両 方 に 表 示 した 場 合 3~8については 製 品 上 への 表 示 を 省 略 することが 可 能 1 適 合 性 評 価 マーク(KCロゴ) 2 識 別 符 号 ( 認 可 番 号 / 登 録 番 号 ) 3 適 合 性 評 価 を 受 けた 者 の 商 号 / 商 号 名 ( 申 請 者 名 ) 4 機 資 材 の 名 称 ( 当 局 が 定 め 証 書 に 記 載 される 製 品 カテゴリー) 5 モデル 名 6 製 造 年 月 7 製 造 者 名 8 製 造 国 無 線 機 器 の 申 請 の 場 合 は 申 請 時 に 韓 国 語 のマニュアルが 必 要 製 品 使 用 距 離 に 関 する 注 意 文 ( 無 線 試 験 の 平 均 出 力 値 が13dBmを 超 え 且 つSAR 対 象 外 とするが 使 用 距 離 が20cm 以 上 であるか 少 しでも 曖 昧 な 場 合 の み )を 記 載 본 기기는 통상 이용 상태의 경우 인체(머리, 몸통)와 20cm 초과하는 거리에서 사용되어야 합니다 参 考 和 訳 : 本 機 器 は 通 常 使 用 時 において 人 体 ( 頭 / 胴 体 ) からアンテナの 距 離 が20 cmを 超 過 する 距 離 で 使 用 しなければならない 33

34 KCマーク: 安 全 認 証 安 全 認 証 対 象 電 気 用 品 電 気 用 品 安 全 管 理 運 用 容 量 による 安 全 認 証 が 必 要 な 電 気 用 品 は 供 給 される 交 流 電 源 が1,000V 以 下 で 使 用 されるもの ( 一 部 例 外 あり) 安 全 認 証 対 象 電 気 用 品 電 線 コート セット 機 器 スイッチ 電 源 コンテ ンサ フィルタ 電 気 設 備 用 付 属 品 連 結 部 品 電 気 機 器 保 護 用 部 品 絶 縁 トランス ACアタ フ タ 家 電 および 類 似 機 器 電 動 工 具 IT 機 器 (コピー 機,UPS,アダプタ) 照 明 機 器 (ランプフォルダ, 一 般 照 明 器 具 等 ) 安 全 確 認 対 象 電 気 用 品 機 器 スイッチ 溶 接 機 家 電 および 類 似 機 器 ( 掃 除 機, 電 気 アイロン 等 ) AV 機 器 (TV 等 ) IT 機 器 (ノートPC,モニタ,プリンタ,プロジェクタ 等 ) 照 明 機 器 ( 白 熱 灯 器 具, 放 電 ランプ 等 ) 供 給 者 適 合 性 確 認 対 象 電 気 用 品 家 電 ( 精 米 機, 時 計 等 ) AV 機 器 (チューナ レコータ 等 ) IT 機 器 (スキャナ レシ スタ 等 ) 照 明 機 器 ( 蛍 光 ランプ 用 スタータ) 34

35 KCマーク: 安 全 認 証 安 全 認 証 安 全 確 認 申 告 供 給 者 適 合 性 確 認 申 請 者 条 件 生 産 工 場 生 産 工 場 または 輸 入 業 者 生 産 工 場 または 輸 入 業 者 製 品 試 験 安 全 認 証 試 験 機 関 安 全 認 証 試 験 機 関 自 らまたは 第 3 者 に 委 託 可 能 初 期 工 場 審 査 有 り ( 品 目 別 1 回 ) 定 期 検 査 有 り ( 工 場 審 査 + 製 品 審 査 ) ( 品 目 別 1 年 に1 回 ) 無 し 無 し 認 証 書 有 效 期 間 無 し 5 年 無 し 必 要 なサンプル 及 び 資 料 - 製 品 試 験 サンプル: 1 台 - 申 請 書 / 委 任 状 -ユーザーマニュアル - 回 路 図 -CB certificate & report (IEC 規 格 によって 試 験 された ことで 3 年 以 内 に 発 行 された ことだけ 参 照 可 能 ) - 重 要 部 品 に 対 する KC ま たは IEC 承 認 書 ( 安 全 認 対 象 電 用 品 対 象 部 品 として, CB に 記 載 していない 場 合 に 限 り) 無 し - 製 品 試 験 サンプル: 1 台 - 申 請 書 / 委 任 状 -ユーザーマニュアル - 回 路 図 -CB certificate & report (IEC 規 格 によって 試 験 され たことで 3 年 以 内 に 発 行 さ れたことだけ 参 照 可 能 ) - 重 要 部 品 に 対 する KC ま たは IEC 承 認 書 ( 安 全 認 対 象 電 用 品 対 象 部 品 として, CBに 記 載 していない 場 合 に 限 り) 無 し 備 置 ( 保 管 ) 書 類 ( 製 品 出 庫 の 前 または 輸 入 通 関 の 前 に 作 成 して 最 終 製 造 日 から 5 年 間 保 管 ) -ユーザーマニュアル 写 真 含 み, ハングル 作 成 必 須 - 試 験 結 果 書 (a) 製 品 定 格, b) 電 気 回 路 図, c) 主 要 部 品 及 び 材 質 リスト, d) 注 意, 警 告 文 含 む 表 示 事 項, e) 試 験 日 付 け, 場 所, f) 試 験 及 び 承 認 者 含 む - 供 給 者 適 合 性 確 認 書 35

36 KCマーク: 安 全 認 証 安 全 認 証 免 除 対 象 1 特 別 な 設 計 によって 作 られる 特 殊 な 構 造 用 品 として その 使 用 が 限 定 されるもの 電 気 用 品 2 特 殊 な 用 途 の 軍 需 品 として 国 防 部 長 官 が 必 要 と 認 めるもの 電 気 用 品 3 外 国 貿 易 管 理 規 定 第 59 条 韓 国 観 光 用 品 センターが 外 貨 獲 得 のために 輸 入 し 外 国 人 に 販 売 するために 観 光 ホテルに 供 給 される 電 気 用 品 4 販 売 やレンタルを 目 的 とせず 個 人 が 使 用 するために 外 国 から 搬 入 される1つの 電 気 用 品 ( 複 数 の 利 用 施 設 で 使 用 するものを 除 く) 5 産 業 用 ( 統 計 庁 告 示 韓 国 標 準 産 業 分 類 に 定 める 製 造 業 全 企 業 に 限 る) またはその 他 の 特 殊 な 用 途 に 使 用 される 電 気 用 品 36

37 KCマーク: 市 場 監 視 及 び 罰 則 市 場 監 視 の 取 り 組 み RRAでは 毎 年 市 場 抜 き 取 りを 行 っている * 登 録 済 み 製 品 の3~5% 機 種 選 定 については その 時 期 に 市 場 で 入 手 し 易 い 安 価 な 製 品 が 多 い 2013 年 から 指 定 試 験 所 適 合 登 録 対 象 製 品 については 各 指 定 試 験 所 で 認 可 した 製 品 の3%を 抜 き 取 り 試 験 することが 義 務 付 けされる 抜 き 取 る 製 品 は RRAから 各 指 定 試 験 所 に 指 示 される RRAでは 人 と 時 間 の 掛 かる 作 業 の 為 予 算 内 でどの 様 に 効 率 的 に 進 めるか 検 討 しながら 進 めている 市 場 監 査 報 告 の 公 表 について 今 は 公 表 していない 今 後 公 表 の 検 討 は 行 う 37

38 KCマーク: 市 場 監 視 及 び 罰 則 行 政 処 分 の 基 準 適 合 性 評 価 を 受 けた 者 に 対 する 行 政 処 分 基 準 電 波 法 施 工 令 118 条 の1 別 表 23 違 反 内 容 法 基 準 適 合 性 評 価 規 格 に 従 っていない 放 送 機 器 通 信 機 器 法 58 条 是 正 命 令 適 合 性 評 価 のマークがない 法 58 条 是 正 命 令 行 政 上 の 罰 則 基 準 1 次 2 次 3 次 製 造 輸 入 及 び 販 売 の 停 止 命 令 (2ヶ 月 ) 製 造 輸 入 及 び 販 売 の 停 止 命 令 (1ヶ 月 ) 取 消 製 造 輸 入 及 び 販 売 の 停 止 命 令 (2ヶ 月 ) 適 合 性 評 価 マークの 疑 わしい 使 用 法 58 条 取 消 - - 適 合 性 評 価 の 変 更 が 報 告 されていない A. 適 合 評 価 規 格 に 関 連 のある 事 項 の 変 更 申 告 がされていない 法 58 条 是 正 命 令 製 造 輸 入 及 び 販 売 の 停 止 命 令 (2ヶ 月 ) 取 消 B. A 以 外 の 事 項 に 関 して 変 更 申 告 をしていない 是 正 命 令 是 正 命 令 是 正 命 令 関 連 書 類 の 不 備 で 58 条 2.1に 違 反 する 法 58 条 是 正 命 令 製 造 輸 入 及 び 販 売 の 停 止 命 令 (2ヶ 月 ) 製 造 輸 入 及 び 販 売 の 停 止 命 令 (4ヶ 月 ) 適 合 性 評 価 を 偽 って 受 けた または 非 合 法 的 な 方 法 で 受 けた 法 58 条 取 消 条 4.1に 従 った 改 善 措 置 を 実 施 しなかった 法 58 条 取 消

39 KCマーク: 市 場 監 視 及 び 罰 則 過 料 の 請 求 基 準 放 送 通 信 機 資 材 の 罰 則 に 対 する 過 料 規 則 電 波 法 施 工 令 124 条 の1 別 表 28 内 容 によって 200,000~10,000,000 wonの 罰 金!! 39

40 KCマーク: 申 請 方 法 ( 自 己 試 験 適 合 登 録 ) 自 己 試 験 適 合 登 録 フロー 申 請 者 申 請 代 行 (ULJ/ 現 地 試 験 所 ) 受 理 機 関 国 立 電 波 研 究 院 Information Sheet 作 成 試 験 成 績 書 提 出 申 請 書 Draft 作 成 申 請 書 へ 署 名 申 請 書 作 成 登 録 適 合 登 録 済 み 証 受 領 適 合 登 録 済 み 証 受 領 送 付 登 録 処 理 適 合 登 録 済 み 証 交 付 官 報 公 告 40

41 KCマーク: 申 請 方 法 ( 自 己 試 験 適 合 登 録 ) Information Sheet(1) Applicant Company Name 製 造 者 輸 入 者 販 売 者 のいずれかの 情 報 をご 記 入 ください President/CEO Name Address Name Personnel in Charge TEL FAX MSIP-XXX- 3 桁 の 申 請 者 コードをご 記 載 下 さい - 製 品 情 報 をご 記 載 下 さい( 最 大 14 桁 ) Certification Number Equipment Class (Please check) Short-term Confidential Equipment for Application Manufacturer Factory Equipment Name Model Name Series Model Name Company Name Country of origin Address Company Name Address アルファベット( 大 文 字 / 小 文 字 ) 数 字 ハイフンの 組 み 合 わせ 可 スペースやピリオド 特 殊 文 字 の 使 用 は 不 可 詳 細 は 表 記 要 件 の 資 料 をご 参 照 ください XXXの 部 分 については 申 請 カテゴリーや 申 請 者 試 験 内 容 に 基 づき 当 局 が 指 定 します Class A for Office Use Class B for Home Use Yes ( Days) *1-30 Days No 41

42 KCマーク: 申 請 方 法 ( 自 己 試 験 適 合 登 録 ) Information Sheet(2) 申 請 者 コードを 未 取 得 の 場 合 ご 希 望 コード(3 桁 )を 第 1 希 望 から 第 5 希 望 までご 記 載 下 さい *アルファベットと 数 字 のみ 使 用 可 能 第 1 希 望 第 2 希 望 第 3 希 望 第 4 希 望 第 5 希 望 42

43 KCマーク: 申 請 方 法 ( 自 己 試 験 適 合 登 録 ) 必 要 資 料 1AAL( 委 任 状 )( 署 名 書 類 ) RRAへ 提 出 2Confirmation Letter( 署 名 書 類 ) RRAへ 提 出 3テストレポート( 試 験 所 に 対 する 基 準 は 特 に 無 し/KN 規 格 にて 試 験 されていること レポートに 記 載 の 会 社 名 申 請 者 名 モデル 名 は 一 致 している 必 要 有 ) 4 韓 国 語 または 英 語 のマニュアル( 表 記 要 件 を 満 たしているもの) ユーザーマニュアルにはクラス(A/B)に 関 する 注 記 分 が 記 載 されている 必 要 有 詳 細 は 表 記 要 件 参 照 5 外 観 写 真 ( 製 品 の6 面 及 び 他 の 機 器 との 接 続 されるPortや 装 着 面 含 む) 6 内 部 写 真 ( 全 ての 基 板 の 前 面 裏 面 の 写 真 ) 7 各 基 板 の 実 装 位 置 が 確 認 できる 写 真 ( 製 品 のどこに 搭 載 されているかが 判 ること) 写 真 は 拡 大 した 時 に 部 品 基 板 パターン アンテナコネクタが 鮮 明 に 見 える 必 要 有 シールドがある 場 合 は シールド 除 去 した 写 真 が 必 要 8ラベル 図 またはラベル 写 真 9Information Sheet 43

44 KCマーク: 申 請 方 法 ( 自 己 試 験 適 合 登 録 ) 保 管 義 務 資 料 * 生 産 販 売 中 断 後 5 年 間 保 管 が 必 要 登 録 証 AAL Confirmation Letter テストレポート 韓 国 語 または 英 語 のマニュアル 外 観 写 真 内 部 写 真 ラベル 図 またはラベル 写 真 44

45 KCマーク: 申 請 方 法 ( 自 己 試 験 適 合 登 録 ) 登 録 済 証 放 送 通 信 機 材 等 の 適 合 性 評 価 に 関 する 告 示 書 式 7 45

46 韓 国 KCsマーク 規 制 KCsマーク 安 全 認 証 制 度 とは? 韓 国 では プレス 機 /せん 断 機 /クレーン/リフト 等 の 危 険 機 械 による 災 害 を 防 止 する ために 完 成 性 能 および 定 期 的 な 検 査 制 度 が 導 入 されてきた しかし 労 働 災 害 の 発 生 率 は 改 善 されず 労 働 災 害 における 機 械 災 害 の 発 生 比 率 も 高 くなっていた このため 2009 年 1 月 1 日 から 導 入 されたKCマーク 導 入 等 の 政 府 方 針 に 従 い 危 険 機 械 の 設 計 完 成 及 び 性 能 の 検 査 制 度 並 びに 設 計 及 び 製 造 段 階 における 個 人 用 保 護 具 や 安 全 装 置 の 試 験 制 度 は 強 制 安 全 認 証 と 自 律 安 全 確 認 申 告 ( 適 合 宣 言 報 告 )に 変 更 されました 韓 国 に 流 通 販 売 される 産 業 機 器 の 安 全 性 は KOSHA が 規 制 Korea Occupational Safety & Health Agency( 韓 国 産 業 安 全 保 健 団 体 ) 46

47 韓 国 KCsマーク 規 制 自 律 安 全 確 認 申 告 をした 者 は 自 律 安 全 確 認 対 象 の 機 械 器 具 など 及 びそれらを 入 れる 容 器 または 包 装 に 雇 用 労 働 部 令 で 定 める 自 律 安 全 確 認 の 表 示 をする 必 要 があります 6.5a 5mm 以 上 表 示 方 法 表 示 は 国 家 表 示 基 本 法 施 行 令 第 15 条 の4 第 1 項 に 基 づく 表 示 基 準 及 び 方 法 に 従 う 表 示 をする 場 合 人 体 に 障 害 を 及 ぼす 恐 れがある 材 質 や 表 面 の 粗 い 材 質 を 使 用 してはならない 47

48 韓 国 KCsマーク 規 制 強 制 安 全 認 証 対 象 品 区 分 製 品 危 険 機 械 (10 種 ) クレーン リフト プレス 機 械 断 裁 機 ロール 機 昇 降 機 圧 力 容 器 射 出 成 形 機 移 動 式 作 業 床 移 動 式 のこぎり プレス 安 全 装 置 過 負 荷 防 止 装 置 ボイラー 安 全 弁 圧 力 防 護 装 置 (8 種 ) 容 器 安 全 弁 圧 力 容 器 破 裂 板 絶 縁 用 防 護 具 電 気 防 爆 装 置 建 設 用 仮 設 装 置 保 護 帽 安 全 靴 保 護 手 袋 防 じんマスク ガスマスク 空 保 護 具 (12 種 ) 気 呼 吸 器 空 気 清 浄 呼 吸 用 保 護 具 防 護 服 安 全 ベルト 保 護 めがね 溶 接 用 保 護 面 耳 栓 または エアマフ 自 律 安 全 確 認 申 告 対 象 品 区 分 危 険 機 械 器 具 11 種 防 護 装 置 8 種 保 護 具 4 種 製 品 研 削 盤 または 研 磨 機 産 業 用 ロボット 混 合 機 コンベア 破 砕 機 または 粉 砕 機 食 品 加 工 機 械 ( 破 砕 機 切 断 機 混 合 機 製 麺 機 ) 自 動 車 整 備 用 リフト 工 作 機 械 ( 旋 盤 ドリル 平 削 形 削 機 ミーリング) 木 材 加 工 機 ( 丸 鋸 鉋 ルータ 機 帯 鋸 面 取 り 機 ) 印 刷 機 気 圧 調 整 室 アセチレンまたは 混 合 ガス 溶 接 用 安 全 装 置 溶 接 用 自 動 電 撃 防 止 器 機 ロール 機 緊 急 停 止 装 置 研 削 盤 カバー 丸 鋸 盤 安 全 装 置 動 力 鉋 盤 安 全 装 置 産 業 ロボット 用 安 全 マット 建 設 用 仮 設 装 置 保 護 帽 保 護 めがね 保 護 面 潜 水 器 具 48

49 韓 国 KCsマーク 規 制 対 象 品 別 適 用 範 囲 (Ⅰ) 自 律 安 全 確 認 申 告 対 象 品 番 号 対 象 品 研 削 盤 又 は 研 磨 機 1 ( 携 帯 型 を 除 く) EMC Report 必 要 2 産 業 用 ロボット EMC Report 必 要 仕 様 及 び 型 式 別 適 用 範 囲 動 力 によって 回 転 する 研 削 砥 石 又 は 研 磨 材 などを 用 いて 金 属 やその 他 の 加 工 物 の 表 面 を 削 ったり 切 断 または 磨 いたりするために 使 用 するもの 直 交 座 標 ロボットを 含 む3 軸 以 上 のマニピュレーター (アクチュエーター 教 示 ペンダントを 含 むコントローラーとの 通 信 インターフェースを 含 む) を 装 備 し 専 用 のコントローラーを 用 いてプログラム 及 び 自 動 制 御 ができる 固 定 式 ロボット 3 混 合 器 4 破 砕 機 又 は 粉 砕 機 回 転 軸 に 固 定 されている 羽 根 を 用 いて 内 容 物 をかき 回 したり 混 ぜ 合 わ せたりするもの 但 し 以 下 のいずれかに 該 当 するものを 除 く イ. 外 筒 全 体 を 回 転 させて 内 部 の 物 質 をかき 混 ぜる 容 器 回 転 型 混 合 器 ロ. 噴 射 装 置 を 用 いて 物 質 をかき 混 ぜる 気 流 攪 拌 型 混 合 器 ハ. 混 合 容 器 の 容 量 が200 リットル 未 満 又 はモーターの 駆 動 力 が1kW 未 満 の 混 合 器 ニ. 食 品 用 岩 石 や 金 属 又 はプラスチックなどの 物 質 を 必 要 な 大 きさに 破 砕 又 は 粉 状 に 砕 くもの 但 し 以 下 のいずれかに 該 当 するものを 除 く イ. 食 品 用 ロ. 1 時 間 当 たりの 破 砕 又 は 粉 砕 容 量 が50kg 未 満 のもの 49

50 韓 国 KCsマーク 規 制 対 象 品 別 適 用 範 囲 (Ⅱ) 5 食 品 加 工 用 機 械 ( 破 砕 切 断 混 合 製 麵 機 ) イ. 食 品 破 砕 機 : 野 菜 肉 類 穀 物 又 は 魚 類 などの 食 品 をつぶすもの 但 し 以 下 のいずれかに 該 当 するものを 除 く 1) 駆 動 モーターの 容 量 が1.2kW 以 下 のもの 2) 家 庭 用 として 使 用 されるもの ロ. 食 品 切 断 機 : 野 菜 肉 類 穀 物 又 は 魚 類 などの 食 品 を 一 定 の 大 きさに 切 るもの 但 し 以 下 のいずれかに 該 当 するものを 除 く 1) 駆 動 モーターの 容 量 が1.2kW 以 下 のもの 2) 家 庭 用 として 使 用 されるもの ハ. 食 品 混 合 器 : 野 菜 肉 類 穀 物 又 は 魚 類 などを 混 合 する 機 械 但 し 以 下 の いずれかに 該 当 するものを 除 く 1) 外 筒 全 体 を 回 転 させて 内 部 の 物 質 をかき 混 ぜる 容 器 回 転 型 混 合 器 2) 駆 動 モーターの 容 量 が1.2kW 以 下 のもの 3) 家 庭 用 として 使 用 されるもの ニ. 製 麺 機 : 小 麦 粉 そば 粉 など 粉 末 状 の 穀 物 を 一 定 の 長 さの 麺 に 作 り 出 す 機 械 但 し 以 下 のいずれかに 該 当 するものを 除 く 1) 駆 動 モーターの 容 量 が1.2kW 以 下 のもの 2) 家 庭 用 として 使 用 されるもの 50

51 韓 国 KCsマーク 規 制 対 象 品 別 適 用 範 囲 (Ⅲ) 6 コンベア 7 自 動 車 整 備 用 リフト 8 工 作 機 械 ( 旋 盤 ドリル 平 削 形 削 機 ミーリン グ) EMC Report 必 要 材 料 半 製 品 貨 物 などを 動 力 によって 自 動 的 に 連 続 運 搬 するもので 以 下 のいず れかに 該 当 するコンベア 但 し 搬 送 距 離 が3m 以 下 のコンベアを 除 く イ. ベルトあるいはチェーンコンベア ロ. ローラーコンベア ハ. トロリーコンベア ニ. バケットコンベア ホ. ネジコンベア 荷 重 積 載 装 置 に 車 を 積 載 した 後 動 力 を 用 いて 車 を 持 ち 上 げた 状 態 での 点 検 及 び 整 備 作 業 に 使 用 する 装 置 イ. 旋 盤 : 回 転 する 軸 ( 主 軸 ) に 工 作 物 を 取 り 付 け 固 定 されている 切 削 工 具 を 用 いて 円 筒 形 の 工 作 物 を 加 工 する 工 作 機 械 ロ. ドリル: 工 作 物 をテーブルの 上 に 固 定 し 主 軸 に 取 り 付 けられてい るドリル 工 具 を 回 転 させて 軸 方 向 に 送 りながら 工 作 物 に 穴 加 工 をする 工 作 機 械 ハ. 平 削 機 : 工 作 物 をテーブルの 上 に 固 定 し 切 削 工 具 を 水 平 往 復 さ せながら 工 作 物 の 平 面 を 加 工 する 工 作 機 械 ニ. 形 削 機 : 工 作 物 をテーブルの 上 に 固 定 し ラム (ram) によって 切 削 工 具 が 上 下 運 動 しながら 工 作 物 の 垂 直 面 を 切 削 する 工 作 機 械 ホ. ミーリング 機 : 複 数 の 切 削 刃 が 取 り 付 けられた 切 削 工 具 の 回 転 運 動 を 用 いて 固 定 された 工 作 物 を 加 工 する 工 作 機 械 51

52 韓 国 KCsマーク 規 制 対 象 品 別 適 用 範 囲 (Ⅳ) 9 イ. 丸 のこ 盤 : 固 定 された 丸 鋸 の 刃 の 回 転 力 を 用 いて 木 材 を 切 断 加 工 する 機 械 ロ. 機 械 かんな: 工 作 物 を 移 送 しながら 回 転 するかんな 刃 で 平 削 り み 固 定 型 木 材 加 工 用 機 械 ぞ 切 り 又 は 面 取 りなどの 加 工 を 行 う 機 械 ( 丸 のこ 盤 かんな ルー ハ. ルーター 機 : 高 速 回 転 する 工 具 を 用 いて 工 作 物 に 彫 刻 面 取 り 切 ター 機 バンドソー 面 取 り 抜 きなどの 加 工 作 業 をする 機 械 り 機 ) ニ. バンドソー: フレームに 取 り 付 けられた 上 下 又 は 左 右 2 つの 鋸 の 車 輪 にエンドレス 状 のバンドソーをかけてピンと 張 った 状 態 で 一 方 の 駆 EMC Report 必 要 動 鋸 車 輪 を 回 転 させ 木 材 の 加 工 を 行 う 機 械 ホ. 面 取 り 機 : 工 具 の 回 転 運 動 を 用 いて 曲 面 切 削 カーブ 切 削 溝 付 き 作 業 などに 使 用 する 機 械 10 印 刷 機 版 面 にインクをつけて 紙 フィルム 繊 維 又 はこれらに 類 似 した 材 質 の 表 面 に 押 し 付 けて 印 刷 作 業 を 行 う 機 械 この 場 合 切 断 機 や 製 本 機 用 紙 反 転 機 などの 設 備 付 属 装 置 を 含 む 11 気 圧 調 整 室 (Chamber) 潜 水 作 業 に 従 事 する 労 働 者 が 加 圧 又 は 減 圧 を 受 ける 場 所 で 使 用 する 装 備 但 し 医 療 用 機 器 を 除 く 52

53 韓 国 KCsマーク 規 制 危 険 性 の 評 価 と 試 験 検 査 結 果 書 機 械 機 構 名 産 業 用 ロボット 型 式 ( 仕 様 ) 評 価 日 評 価 者 番 号 危 険 度 ( 項 目 ) 危 険 対 策 ( 制 作 と 安 全 基 準 ) 危 険 場 所 危 険 対 策 実 施 結 果 試 験 検 査 結 果 または 結 果 報 告 書 適 合 不 適 合 1 材 料 ロボットに 使 用 される 材 料 の 機 械 的 性 質 と 強 度 は 設 計 は 使 用 条 件 に 適 合 しなけれ ばならない 53

54 韓 国 KCsマーク 規 制 危 険 性 の 評 価 と 試 験 検 査 結 果 書 ( 項 目 説 明 ) 番 号 A 危 険 度 ( 項 目 ) B 危 険 対 策 ( 制 作 と 安 全 基 準 ) C 危 険 場 所 D 危 険 対 策 実 施 結 果 適 合 不 適 合 E 試 験 検 査 結 果 または 結 果 報 告 書 A,B 危 険 度 危 険 対 策 : 自 律 安 全 確 認 告 示 の 制 作 及 び 安 全 基 準 の 項 目 区 分 と 内 容 の 各 項 目 を 記 載 自 律 安 全 確 認 告 示 に 含 まれていないその 他 のリスクについては 結 果 書 の 最 後 の 項 目 番 号 に 追 加 し て 記 載 C 危 険 場 所 : 危 険 対 策 が 適 用 される 機 械 器 具 の 位 置 を 詳 細 に 全 て 記 載 D 危 険 対 策 実 行 結 果 : 危 険 場 所 に 関 するリスクの 予 防 対 策 を 実 施 した 後 これに 対 する 試 験 検 査 結 果 の 表 示 製 作 および 安 全 基 準 に 適 合 するように 設 計 された 場 合 適 合 に " 不 適 切 な 場 合 は " 不 適 合 "に " "を 表 示 し 非 適 用 の 項 目 である 場 合 は" " 表 示 はせずに " 試 験 検 査 結 果 "の 項 目 に" 非 適 用 "と 記 載 E 試 験 検 査 結 果 や 結 果 書 : 個 別 試 験 項 目 の 試 験 検 査 結 果 書 添 付 し 定 量 的 な 基 準 がある 場 合 は 基 準 値 と 測 定 値 を 記 載 試 験 検 査 結 果 書 添 付 : 防 護 装 置 自 律 安 全 確 認 申 告 証 明 書 防 爆 構 造 電 気 機 械 器 器 具 および 部 品 の 安 全 証 明 書 イミュニティ(EMS) 試 験 成 績 書 その 他 の 性 能 試 験 成 績 書 等 (Ⅲ-3-2- ニ *25ページ を 参 照 ) 定 量 的 な 基 準 がある 場 合 は 基 準 値 と 測 定 値 機 材 絶 縁 抵 抗 試 験 接 地 連 続 性 試 験 残 留 電 圧 試 験 通 路 幅 隙 間 ガード 寸 法 制 動 時 間 など 54

55 韓 国 KCsマーク 規 制 EMC/ 安 全 試 験 項 目 試 験 区 分 試 験 項 目 基 準 EMS ESD RS BURST SURGE KN CS Voltage Dip 接 地 連 続 性 試 験 PE 端 子 と 保 護 ポンディング 回 路 位 置 具 の 適 切 な 地 点 の 間 で 実 施 して10A 以 上 の 電 流 を 与 えたとき 最 電 圧 降 下 の 数 値 がKOSHAから 提 示 した 数 値 を 超 えないようにする 絶 緣 抵 抗 試 験 電 源 線 と 保 護 ポンディング 回 路 の 間 に 直 流 電 圧 500Vを 与 えて 測 定 した 絶 縁 抵 抗 数 値 がKOSHAから 提 示 した 基 準 に 適 合 であること 安 全 内 電 圧 試 験 安 全 超 低 電 圧 またはそれ 以 下 で 動 作 するように 設 計 された 線 路 を 除 いたすべての 回 路 の 導 体 と 保 護 ボンディング 回 路 の 間 に 少 なくとも1 秒 以 上 の 試 験 電 圧 を 印 加 したとき 耐 えることができなければならない ただし 試 験 電 圧 に 耐 えることができない 定 格 を 持 つ 部 品 は 試 験 中 に 遮 断 しなければ この 場 合 に 使 用 される 試 験 電 圧 は 次 のとおりである 1. 装 置 の 定 格 電 圧 の2 倍 と1000Vの 電 圧 2.50/60Hzの 周 波 数 3. 最 500VA 定 格 の 変 圧 器 から 供 給 残 留 電 圧 試 験 KOSHAから 提 示 した 基 準 に 適 合 であること 55

56 韓 国 KCsマーク 規 制 申 告 の 免 除 1 研 究 開 発 を 目 的 に 製 造 輸 入 したり 輸 出 を 目 的 に 製 造 する 場 合 2 産 業 安 全 保 健 法 第 34 条 第 4 項 に 基 づく 安 全 認 証 (S マーク 安 全 認 証 ) を 受 け た 場 合 但 し 安 全 認 証 が 取 り 消 しされたり 安 全 認 証 表 示 の 使 用 禁 止 命 令 を 受 け た 場 合 を 除 く 3 雇 用 労 働 部 令 で 定 める 他 の 法 令 で 安 全 性 に 関 する 検 査 や 認 証 を 受 けた 場 合 品 質 経 営 及 び 工 業 用 品 安 全 管 理 法 第 14 条 に 基 づく 安 全 認 証 を 受 けた 場 合 産 業 標 準 化 法 第 15 条 に 基 づく 認 証 を 受 けた 場 合 国 家 標 準 基 本 法 に 基 づく 試 験 検 査 機 関 から 実 施 する 試 験 を 受 けた 場 合 国 際 電 気 技 術 委 員 会 (IEC) の 国 際 防 爆 電 気 機 械 器 具 相 互 認 定 制 度 (IECEx Scheme) に 基 づく 認 証 を 受 けた 場 合 56

57 KCsマーク: 申 請 方 法 申 請 者 申 請 代 行 (ULJ/ 現 地 試 験 所 ) 受 理 機 関 韓 国 産 業 安 全 保 健 団 体 申 告 書 類 作 成 提 出 代 理 人 委 任 書 提 出 申 請 書 類 提 出 * 申 告 書 危 険 性 評 試 験 結 果 書 の 作 成 代 行 も 可 能 申 告 内 容 提 出 書 類 確 認 自 律 安 全 確 認 証 明 書 受 領 自 律 安 全 確 認 証 明 書 交 付 自 律 安 全 確 認 証 明 書 発 行 57

58 KCsマーク: 申 請 方 法 申 告 提 出 書 類 1 自 律 安 全 確 認 申 告 書 ( 産 業 安 全 保 健 法 施 行 規 則 [ 別 紙 第 11 号 様 式 ]) 2 製 品 の 説 明 書 ( 韓 国 語 ) 3 自 律 安 全 確 認 対 象 となる 機 械 器 具 などの 自 律 安 全 基 準 を 満 たすことを 証 明 する 書 類 申 告 製 品 に 対 する 危 険 性 評 価 結 果 書 及 び 公 認 試 験 機 関 が 実 施 した 試 験 検 査 結 果 書 ( 試 験 検 査 結 果 書 は 届 出 人 が 関 連 試 験 検 査 設 備 を 保 有 した 場 合 代 わり に 独 自 の 試 験 検 査 結 果 書 を 提 出 することができる) 4 事 業 者 登 録 証 ( 法 人 の 場 合 は 法 人 登 記 事 項 証 明 書 ) 但 し 電 子 政 府 法 第 36 条 に 基 づく 行 政 情 報 の 共 同 利 用 により 該 当 書 類 を 確 認 することに 同 意 する 場 合 は 提 出 しないことができる 書 類 の 保 存 産 業 安 全 保 健 法 第 35 条 第 2 項 及 び 第 64 条 第 2 項 に 基 づき 自 律 安 全 確 認 申 告 をし た 者 は 自 律 安 全 確 認 対 象 の 機 械 器 具 などが 自 律 安 全 確 認 基 準 を 満 たすことを 証 明 す る 書 類 を2 年 間 保 管 しなければならない 58

59 ご 清 聴 ありがとうございました 問 合 せ 先 UL Japan コンシューマーテクノロジー 事 業 部 TEL: MAIL:

日韓台

日韓台 台 湾 韓 国 における 機 械 安 全 推 進 体 制 の 現 状 1. 日 本 製 品 の 輸 出 2. 台 湾 の 現 状 3. 韓 国 の 現 状 2012 年 3 月 5 日 於 東 京 証 券 会 館 永 石 治 喜 350-1328 埼 玉 県 狭 山 市 広 瀬 台 2-16-26 TEL: 04-2955-9901 FAX: 04-2955-9902 1. 日 本 製 品 の 輸

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

瀬戸内市消防訓令第  号

瀬戸内市消防訓令第  号 〇 うるま 市 防 火 対 象 物 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は ホテル 旅 館 等 不 特 定 多 数 の 者 を 収 容 する 防 火 対 象 物 の 防 火 安 全 対 策 の 重 要 性 に 鑑 み 防 火 対 象 物 の 関 係 者 の 防 火 に 対 する 認 識 を 高 め 防 火 管 理 業 務 の 適 正 化

More information

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc 騒 音 振 動 関 係 法 令 の 概 要 H28.7 ( 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 ) 騒 音 規 制 法 p1~p5 振 動 規 制 法 p6~p7 特 定 工 場 における 公 害 防 止 組 織 の 整 備 に 関 する 法 律 p8~p9 福 岡 県 公 害 防 止 等 生 活 環 境 の 保 全 に 関 する 条 例 p10~p11 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 p12

More information

平成14年度 償却資産申告の手引

平成14年度 償却資産申告の手引 償 却 資 産 ( 固 定 資 産 税 ) 申 告 の 手 引 償 却 資 産 の 所 有 者 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 における 償 却 資 産 の 状 況 ( 資 産 の 種 類 数 量 取 得 年 月 取 得 価 額 耐 用 年 数 等 )を 当 該 償 却 資 産 所 在 地 の 市 町 村 長 に 申 告 するよう 地 方 税 法 第 383 条 で 定

More information

本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )に 付 随 して 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )を

本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )に 付 随 して 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 (2016 年 2 月 4 日 施 行 )を 農 林 水 産 省 補 助 事 業 韓 国 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 施 行 令 ( 仮 訳 ) 2016 年 7 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) ソウル 事 務 所 農 林 水 産 食 品 部 農 林 水 産 食 品 課 本 仮 訳 は 2015 年 2 月 3 日 に 韓 国 で 制 定 された 輸 入 食 品 安 全 管 理 特 別 法 (2016 年 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

騒 音 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 の 概 要 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 ( 以 下 法 という )の 指 定 地 域 内 で 著 しい 騒 音 又 は 振 動 を 発 生 する 施 設 として 法 に 規 定 された 施 設 ( 以 下 特 定 施 設 という

騒 音 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 の 概 要 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 ( 以 下 法 という )の 指 定 地 域 内 で 著 しい 騒 音 又 は 振 動 を 発 生 する 施 設 として 法 に 規 定 された 施 設 ( 以 下 特 定 施 設 という 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 目 次 騒 音 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 の 概 要 P 指 定 地 域 P 3 規 制 基 準 P 4 特 定 施 設 一 覧 P3 5 特 定 建 設 作 業 一 覧 P4 6 届 出 様 式 一 覧 P5 7 その 他 P6,P7 山 陽 小 野 田 市 役 所 環 境 課 環 境 保 全 係 756 860

More information

<8D488FEA939987402E786477>

<8D488FEA939987402E786477> 工 場 等 騒 音 の 規 制 のあらまし 愛 知 県 では 騒 音 規 制 法 規 制 法 及 び 県 民 の 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 ( 県 条 例 )により 著 しい 騒 音 を 発 生 させる 施 設 ( 特 定 施 設 騒 音 発 生 施 設 発 生 施 設 )を 設 置 している 工 場 事 業 場 ( 工 場 等 )に 対 し 騒 音 の 大 きさの 規

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 8 固 定 資 産 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 松 山 市 は 固 定 資 産 税 賦 課 に 関 する 事 務 での 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いが 個 人 のプライバシー

More information

目 次 第 1 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 による 規 制 1 1. 特 定 施 設 の 種 類 (1) 騒 音 規 制 法 施 行 令 (2) 振 動 規 制 法 施 行 令 2. 指 定 地 域 3. 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 振 動 の 規 制 基

目 次 第 1 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 による 規 制 1 1. 特 定 施 設 の 種 類 (1) 騒 音 規 制 法 施 行 令 (2) 振 動 規 制 法 施 行 令 2. 指 定 地 域 3. 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 振 動 の 規 制 基 工 場 事 業 場 に 対 する 騒 音 振 動 規 制 の 手 引 き 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 三 重 県 生 活 環 境 の 保 全 に 関 する 条 例 平 成 27 年 5 月 三 重 県 環 境 生 活 部 目 次 第 1 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 による 規 制 1 1. 特 定 施 設 の 種 類 (1) 騒 音 規 制 法 施 行 令 (2) 振

More information

【様式1】

【様式1】 様 式 1 避 難 施 設 運 営 組 織 ( 事 前 対 策 ) < 運 営 管 理 責 任 者 > 氏 名 所 属 又 は 住 所 TEL 備 考 会 長 副 会 長 避 難 施 設 従 事 職 員 ( 市 職 員 ) 施 設 管 理 者 < 避 難 施 設 運 営 班 > ( 印 : 班 長 印 : 副 班 長 ) 氏 名 自 治 会 名 住 所 TEL 備 考 総 務 班 名 簿 班 食 料

More information

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

yp64030.indd

yp64030.indd 平 成 27 年 度 償 却 資 産 ( 固 定 資 産 税 ) 申 告 の 手 引 き 市 税 につきましては 平 素 から 格 別 のご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 固 定 資 産 税 は 土 地 や 家 屋 のほかに 償 却 資 産 ( 事 業 のために 用 いることが できる 構 築 物 機 械 器 具 備 品 等 )についても 課 税 されます

More information

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正 輸 出 物 品 販 売 場 制 度 に 関 するQ&A 平 成 26 年 8 月 国 税 庁 消 費 税 室 凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による

More information

‹KŁ§‚Ì‚µ‚¨?−iH22−j

‹KŁ§‚Ì‚µ‚¨?−iH22−j 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 のしおり 目 次 規 制 の 概 要 [P] 指 定 地 域 [P] 3 規 制 基 準 () 特 定 工 場 等 に 対 する 規 制 基 準 [P~P] () に 対 する 規 制 基 準 [P] (3) 改 善 勧 告 等 [P] 4 届 出 が 必 要 な 特 定 施 設 の 一 覧 [3P] 5 届 出 が 必 要 な

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 仕 様 書 ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 11 月 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 住 宅 経 営 部 ストック 技 術 チーム 1 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本

More information

DIACERTサービス利用規約

DIACERTサービス利用規約 DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 利 用 者 同 意 書 ) 2015 年 12 月 8 日 版 第 1 条 ( 総 則 ) 1. DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という )は ジャパンネット 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する DIACERT サービス ( 以 下 本 サービス という )の 利 用 に 関 し て 定 めたものです

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

目 次. 償 却 資 産 とは () 償 却 資 産 とは (2) 償 却 資 産 の 種 類 (3) 建 物 付 属 設 備 の 償 却 資 産 と 家 屋 の 区 分 2 2. 償 却 資 産 の 申 告 について () 申 告 していただく 方 3 (2) 申 告 の 対 象 となる 資 産

目 次. 償 却 資 産 とは () 償 却 資 産 とは (2) 償 却 資 産 の 種 類 (3) 建 物 付 属 設 備 の 償 却 資 産 と 家 屋 の 区 分 2 2. 償 却 資 産 の 申 告 について () 申 告 していただく 方 3 (2) 申 告 の 対 象 となる 資 産 平 成 27 年 度 償 却 資 産 ( 固 定 資 産 税 ) 申 告 の 手 引 き 市 税 につきましては 日 頃 からご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 しあげます 固 定 資 産 税 の 対 象 となる 償 却 資 産 の 所 有 者 は 地 方 税 法 第 383 条 の 規 定 により 毎 年 月 日 現 在 に 所 有 している 償 却 資 産 を 当 該 償 却 資 産 の

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ 平 成 28 年 9 月 1 日 版 ~~ 申 請 書 類 の 作 成 について~~ 申 請 手 続 きに 必 要 な 書 類 は 以 下 のとおりです それぞれの 書 類 の 具 体 的 な 記 載 方 法 については 3ページ 目 以 降 を 参 照 してください また 申 請 にあたっては 本 文 書 の 最 後 尾 に 掲 載 している 申 請 書 類 のチェックリスト も 記 入 の 上

More information

第三十六号の二様式(第五条関係)(A4)

第三十六号の二様式(第五条関係)(A4) 第 三 十 六 号 の 三 様 式 ( 第 六 条 関 係 )(A4 ) 定 期 検 査 報 告 書 ( 昇 降 機 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 12 条 第 3 項 の 規 定 によ り 定 期 検 査 の 結 果 を 報 告 し ま す こ の 報 告 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありま せん 特 定 行 政 庁 上 田 市 長 様 平 成 年 月 日

More information

第1技術専門委員会報告

第1技術専門委員会報告 VCCIの 紹 介 2013 年 2 月 28 日 一 般 財 団 法 人 VCCI 協 会 佐 竹 省 造 1 日 本 の 規 制 マーク T A02-1234JP モデム 電 気 通 信 事 業 法 無 線 LAN 電 波 法 R 01NYAA0123 電 話 線 口 へ 電 磁 妨 害 波 ACアダプタ 電 気 用 品 安 全 法 電 源 コンセントへ 2 日 本 の 電 磁 波 規 制 電

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

120808改正請負契約書(最低価格落札方式)

120808改正請負契約書(最低価格落札方式) 印 紙 契 約 書 ( 案 ) 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 国 四 国 地 方 環 境 事 務 所 総 務 課 長 遠 藤 正 ( 以 下 甲 という ) は ( 以 下 乙 という )と 平 成 25 年 度 五 色 台 ビジターセンター 及 び 自 然 体 験 施 設 定 期 点 検 及 び 保 守 管 理 業 務 ( 以 下 業 務 という )について 次 の 条 項 により 契

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

<95CA8E86825281408AD490DA8BC696B183568358836583808B40945C8A5497762E786C73>

<95CA8E86825281408AD490DA8BC696B183568358836583808B40945C8A5497762E786C73> 間 接 業 務 システム 機 能 概 要 ( 人 事 給 与 総 務 ) 別 紙 3 人 事 給 与 人 事 共 通 システム 人 事 システムを 使 用 する 者 の 利 用 範 囲 及 び 閲 覧 の 制 限 を 行 うこと 管 者 権 限 付 与 が 必 要 な 機 能 に 関 しては 別 にログインID PWの 設 定 を 行 うこと システム 内 で 起 案 確 認 承 認 等 が 行 われた

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の 事 業 活 動 の 中 で 環 境 保 全 を 重 要 課 題 として 再 認 識 し10 年,50 年,100 年 後 も 自 然 と 共 存 できる 企 業 体 制 を 構 築

環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の 事 業 活 動 の 中 で 環 境 保 全 を 重 要 課 題 として 再 認 識 し10 年,50 年,100 年 後 も 自 然 と 共 存 できる 企 業 体 制 を 構 築 2013 年 度 環 境 活 動 レポート (2013 年 4 月 ~2014 年 3 月 ) 認 証 登 録 番 号 0004215 (2009 年 10 月 2 日 登 録 ) (2013 年 10 月 2 日 更 新 ) 作 成 : 改 訂 : 2014 年 3 月 31 日 環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

(1) 過 去 5 年 以 内 に 一 般 の 支 払 を 停 止 した 者 (2) 過 去 に 刑 事 事 件 で 有 罪 の 判 決 を 受 けた 者 ( 法 人 会 員 の 場 合 は 代 表 者 または 取 締 役 が 刑 事 事 件 で 有 罪 判 決 を 受 けた 場 合 も 同 様 と

(1) 過 去 5 年 以 内 に 一 般 の 支 払 を 停 止 した 者 (2) 過 去 に 刑 事 事 件 で 有 罪 の 判 決 を 受 けた 者 ( 法 人 会 員 の 場 合 は 代 表 者 または 取 締 役 が 刑 事 事 件 で 有 罪 判 決 を 受 けた 場 合 も 同 様 と Smart オークション 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 弊 社 の 開 催 するオークションを Smart オークションと 称 し 略 称 Smart とする 第 2 条 目 的 本 規 約 は 古 物 営 業 法 等 及 び 監 督 諸 官 庁 の 施 策 を 基 に Smart オークション ( 以 下 当 サイト)が 開 催 するオークションの 運 営 基 本 方 針 と 参

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 の 名 称 : 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 計 業 務 委 託 2. 業 務 の 場 所 : 四 日 市 市 大 字 羽 津 甲 地 内 3. 施 の 名 称 : 仮 称 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 4. 施 の 用 途 : 平

More information

第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下 JU 奈 良 AA)と 称 す 第 2 条 目 的 本 規 約 は JU 奈

第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下 JU 奈 良 AA)と 称 す 第 2 条 目 的 本 規 約 は JU 奈 オートオークション 規 約 2008 年 8 月 2008 年 9 月 2010 年 12 月 2012 年 4 月 一 部 改 定 実 施 一 部 改 定 一 部 改 定 P1 第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 奈 良 県 中 古 自 動 車 販 売 商 工 組 合 ( 以 下 JU 奈 良 )が 主 催 する オートオークション( 以 下 AA)をJU 奈 良 オートオークション( 以 下

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

神戸市防火基準適合表示要綱

神戸市防火基準適合表示要綱 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 運 用 要 領 第 1 目 的 ( 第 1 条 関 係 ) この 要 領 は 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 以 下 実 施 要 綱 という )の 運 用 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 表 示 対 象 物 の 範 囲 ( 第 2 条 関 係 ) 1 ホテル 旅 館 等 ( 消 防 法

More information

れた 公 開 鍵 に 対 応 する 秘 密 鍵 を 電 子 署 名 において 利 用 することができます 第 3 条 ( 電 子 証 明 書 の 発 行 申 請 ) 1. 申 請 者 は 所 定 の 様 式 の 申 請 書 を 機 構 又 は 居 住 する 市 区 町 村 の 受 付 窓 口 ( 以

れた 公 開 鍵 に 対 応 する 秘 密 鍵 を 電 子 署 名 において 利 用 することができます 第 3 条 ( 電 子 証 明 書 の 発 行 申 請 ) 1. 申 請 者 は 所 定 の 様 式 の 申 請 書 を 機 構 又 は 居 住 する 市 区 町 村 の 受 付 窓 口 ( 以 公 的 個 人 認 証 サービス 利 用 者 規 約 ( 個 人 番 号 カード) 第 1 条 ( 総 則 ) 1. 公 的 個 人 認 証 サービス ( 以 下 本 サービス という )は 地 方 公 共 団 体 情 報 システ ム 機 構 ( 以 下 機 構 という )が 運 営 する 署 名 用 認 証 局 ( 以 下 署 名 用 CA という ) が 提 供 する 署 名 用 電 子 証 明

More information

Taro-H25-26手引き(コンサル)・

Taro-H25-26手引き(コンサル)・ 平 成 2 5 2 6 年 度 測 量 及 び 建 設 コ ン サ ル タ ン ト 業 務 等 に 係 る 競 争 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 の 手 引 き 追 加 申 請 用 島 根 県 土 木 部 目 次 ページ 1 申 請 書 類 一 覧 1 2 申 請 書 類 の 提 出 方 法 2 3 申 請 書 類 の 提 出 期 間 2 4 申 請 書 類 の 提 出 場 所 2 5 申

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 東 京 都 既 存 登 録 者 用 安 定 器 等 汚 染 物 の 登 録 について 登 録 受 付 開 始 : 平 成 27 年 10 月 1 日 ~ 当 初 施 設 増 設 施 設 中 間 貯 蔵 環 境 安 全 事 業 株 式 会 社 北 海 道 PCB 処 理 事 業 所 Japan Environmental Storage and Safety Corporation, Hokkaido

More information

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共

H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 2/22 非 常 勤 職 員 臨 時 職 共 通 員 管 理 (25) 平 成 25 4 月 ~ 平 成 26 3 月 出 勤 簿 H31.4.1 共 通 非 常 勤 職 員 臨 時 職 員 管 理 (25) 勤 務 時 間 報 告 書 H31.4.1 共 H25 情 報 公 開 目 録 ( 課 ) 1/22 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 庁 内 照 会 依 頼 回 覧 通 知 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (25) 広 報 随 時 廃 棄 H26.4.1 共 通 共 通 全 般 (23) 牛 久 市 暮 らしの 便 利 帳 共 通

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

自動車使用管理実績報告書(25年度実績)作成マニュアル

自動車使用管理実績報告書(25年度実績)作成マニュアル 自 動 車 使 用 管 理 実 績 報 告 書 の 作 成 マニュアル 平 成 26 年 4 月 近 畿 運 輸 局 自 動 車 交 通 部 自 動 車 使 用 管 理 実 績 報 告 書 作 成 について 1. 制 度 の 概 要 1 目 的 大 気 汚 染 の 著 しい 地 域 である 対 策 地 域 において その 防 止 に 関 して 国 地 方 公 共 団 体 事 業 者 等 の 果 たすべき

More information

業界トップのCOP4

業界トップのCOP4 空 冷 ヒ ー ト ポ ン プ 式 熱 源 機 ユ ニ バ ー サ ル ス マ ー ト エックス X の 開 発 販 売 に つ い て ~ C O P 6. 3 0 と い う 高 効 率 を 達 成 す る と と も に お 客 さ ま の 様 々 な ニ ー ズ に ス マ ー ト に フ ィ ッ ト ~ 平 成 22 年 7 月 14 日 東 芝 キヤリア 株 式 会 社 東 京 電 力

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) 人 件 費 には 特 別 職 職 員 に 支 給 される 給 料 報 酬 等 を 含 みます (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 数 は 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 人 数 です 2 職 員 数 には 再 任 用 短 時 間 勤 務 職

More information

参 加 条 件 この 競 争 入 札 に 参 加 できる 者 は 次 に 掲 げる 要 件 をすべて 満 たしているものとする (1) 久 留 米 市 物 品 供 給 業 者 有 資 格 者 名 簿 に 久 留 米 市 指 定 ごみ 袋 で 登 録 があること (2) 市 県 国 税 の 滞 納 が

参 加 条 件 この 競 争 入 札 に 参 加 できる 者 は 次 に 掲 げる 要 件 をすべて 満 たしているものとする (1) 久 留 米 市 物 品 供 給 業 者 有 資 格 者 名 簿 に 久 留 米 市 指 定 ごみ 袋 で 登 録 があること (2) 市 県 国 税 の 滞 納 が 久 留 米 市 公 告 第 58 号 下 記 の 物 品 久 留 米 市 指 定 ごみ 袋 ( 家 庭 用 大 小 ) について 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 を 施 行 するので 物 品 の 内 容 並 びに 入 札 参 加 申 請 の 受 付 の 期 間 及 び 方 法 を 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 4 月 22 日 品 名 入 札 1 久 留 米 市 指 定 ごみ

More information

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者 事 務 連 絡 平 成 25 年 2 月 14 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 ( 以 下 治 験 に 係 る 文 書 等 という )については 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について ( 平 成

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 計 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 建 築 住 宅 課 佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 築 計 工

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

環境時報

環境時報 騒 音 1 特 定 工 場 等 の 騒 音 規 制 ( 騒 音 規 制 法 宮 崎 市 公 害 防 止 条 例 ) < 表 -1> 規 制 区 域 の 区 分 及 び 基 準 値 区 域 の 区 分 都 市 計 画 用 途 地 域 の 当 てはめ( 目 安 ) 1 昼 間 8~19 時 基 準 値 2 3 朝 6~8 時 夕 19~22 時 夜 間 22~ 翌 6 時 第 1 種 第 1 2 種 低

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

に 変 更 が 生 じた 場 合 速 やかに 本 オークション 事 務 局 まで 連 絡 します 2. 会 員 の 権 利 義 務 (1) 会 員 の 権 利 会 員 は 本 オークションサイト 上 で 会 員 として 認 められた 機 能 を 使 用 することができ 本 オークションサイ ト 上

に 変 更 が 生 じた 場 合 速 やかに 本 オークション 事 務 局 まで 連 絡 します 2. 会 員 の 権 利 義 務 (1) 会 員 の 権 利 会 員 は 本 オークションサイト 上 で 会 員 として 認 められた 機 能 を 使 用 することができ 本 オークションサイ ト 上 アクティオオークション 入 会 規 約 (Vol.001.01) 2014 年 2 月 10 日 現 在 アクティオオークション 事 務 局 アクティオ 海 外 事 業 部 TEL:03-6854-1413 Mail:info@aktio-auction.com 本 規 約 は 株 式 会 社 アクティオ( 以 下 主 催 者 )が 主 催 するアクティオオークション( 以 下 本 オークション )

More information

Ⅰ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 において 所 有 する 固 定 資 産 について 課 税 される 税 であ る 学 校 法 人 の 所 有 する 固 定 資 産 は 殆 ど 非 課 税 資 産 であるが 用 途 により 課 税 資 産 される 場 合

Ⅰ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 において 所 有 する 固 定 資 産 について 課 税 される 税 であ る 学 校 法 人 の 所 有 する 固 定 資 産 は 殆 ど 非 課 税 資 産 であるが 用 途 により 課 税 資 産 される 場 合 学 校 会 計 固 定 資 産 研 究 会 第 136 回 研 究 会 学 校 法 人 の 固 定 資 産 に 関 する 税 務 と 会 計 学 校 経 理 研 究 会 常 務 理 事 / 税 理 士 村 山 英 政 2015 年 6 月 17 日 Ⅰ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 において 所 有 する 固 定 資 産 について 課 税 される 税 であ

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

点 検 等 維 持 管 理 業 務 一 覧 業 務 名 業 務 の 概 要 ( 詳 細 は 仕 様 書 のとおり) 1 清 掃 業 務 艇 庫 等 の 日 常 清 掃 定 期 清 掃 特 別 清 掃 2 機 械 警 備 業 務 開 場 時 間 外 の 防 犯 火 災 設 備 監 視 駐 車 場 自

点 検 等 維 持 管 理 業 務 一 覧 業 務 名 業 務 の 概 要 ( 詳 細 は 仕 様 書 のとおり) 1 清 掃 業 務 艇 庫 等 の 日 常 清 掃 定 期 清 掃 特 別 清 掃 2 機 械 警 備 業 務 開 場 時 間 外 の 防 犯 火 災 設 備 監 視 駐 車 場 自 滋 賀 県 立 柳 が 崎 ヨットハーバー 現 行 の 仕 様 書 平 成 27 年 9 月 滋 賀 県 教 育 委 員 会 事 務 局 スポーツ 健 康 課 点 検 等 維 持 管 理 業 務 一 覧 業 務 名 業 務 の 概 要 ( 詳 細 は 仕 様 書 のとおり) 1 清 掃 業 務 艇 庫 等 の 日 常 清 掃 定 期 清 掃 特 別 清 掃 2 機 械 警 備 業 務 開 場 時 間

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

1 2 3 4 5

1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 1 人 口 及 び 世 帯 数 の 推 移 (3 月 末 現 在 ) 年 別 世 帯 数 人 口 男 女 人 口 伸 指 数 人 口 密 度 平 成 13 年 20,991 43,184 19,620 23,564 100.0 701.6 14 20,931 42,740 19,441 23,299 99.0 694.4 15 21,087 42,582 19,318 23,264

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

Propellerhead Balance Operation Manual Japanese

Propellerhead Balance Operation Manual Japanese BALANCE AUDIO INTERFACE Fredrik Hylvander Propellerhead Software AB Propellerhead Software AB 2013 Propellerhead Software and its licensors. Propellerhead Balance, ReasonReason EssentialsPropellerhead

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

目 次 Ⅰ 関 税 評 価 制 度 の 概 要 1 1. 関 税 評 価 2. 評 価 申 告 3. 課 税 価 格 の 決 定 方 法 Ⅱ 原 則 的 な 課 税 価 格 の 決 定 方 法 3 1. 輸 入 貨 物 の 課 税 価 格 1 輸 入 取 引 2 買 手 と 売 手 2. 加 算 要

目 次 Ⅰ 関 税 評 価 制 度 の 概 要 1 1. 関 税 評 価 2. 評 価 申 告 3. 課 税 価 格 の 決 定 方 法 Ⅱ 原 則 的 な 課 税 価 格 の 決 定 方 法 3 1. 輸 入 貨 物 の 課 税 価 格 1 輸 入 取 引 2 買 手 と 売 手 2. 加 算 要 輸 入 者 のための 関 税 評 価 セミナー 輸 入 貨 物 代 金 とは 別 に 買 手 により 負 担 される 加 算 要 素 ( 無 償 提 供 費 用 等 )の 取 扱 いについて 平 成 27 年 1 月 23 日 東 京 税 関 業 務 部 首 席 関 税 評 価 官 目 次 Ⅰ 関 税 評 価 制 度 の 概 要 1 1. 関 税 評 価 2. 評 価 申 告 3. 課 税 価 格

More information

◆償却資産とは

◆償却資産とは 平 成 28 年 度 償 却 資 産 ( 固 定 資 産 税 ) 申 告 の 手 引 き 償 却 資 産 申 告 書 阿 賀 野 市 イメージキャラクター ごずっちょ 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 )です 期 限 間 近 になりますと 窓 口 が 混 み 合 います 1 月 20 日 ( 水 ) 頃 までの 提 出 にご 協 力 ください 提 出 お

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

第三十六号の三様式(第六条関係)(A4)

第三十六号の三様式(第六条関係)(A4) 第 三 十 六 号 の 四 様 式 ( 第 六 条 第 六 条 の 二 の 二 関 係 )(A4) 定 期 検 査 報 告 書 ( 昇 降 機 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 12 条 第 3 項 ( 同 法 第 88 条 第 1 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 定 期 検 査 の 結 果 を 報 告 します この 報 告 書 に 記 載 の 事

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 について 平 成 27 年 3 月 経 済 産 業 省 目 次 1. 概 要 3ページ 2. 対 象 設 備 4ページ 3. 対 象 者 7ページ 4.A 類 型 ( 先 端 設 備 ) 8ページ 5.B 類 型 ( 生 産 ラインやオペレーションの 改 善 に 資 する 設 備 ) 11ページ 6. 中 小 企 業 者 等 の 上 乗 せ 措 置

More information

(1) 特 定 施 設 指 定 地 域 内 において 規 制 対 象 となる 騒 音 振 動 特 定 施 設 は 以 下 のとおりです 1 金 属 加 工 特 定 施 設 の 名 称 イ 圧 延 ロ 製 管 ハ ベンディングマシン 騒 音 規 制 法 原 動 の 定 格 出 力 の 合 計 が 22

(1) 特 定 施 設 指 定 地 域 内 において 規 制 対 象 となる 騒 音 振 動 特 定 施 設 は 以 下 のとおりです 1 金 属 加 工 特 定 施 設 の 名 称 イ 圧 延 ロ 製 管 ハ ベンディングマシン 騒 音 規 制 法 原 動 の 定 格 出 力 の 合 計 が 22 工 場 事 業 場 等 の 騒 音 振 動 に 関 する 規 制 の 概 要 ( 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 佐 賀 県 環 境 の 保 全 と 創 造 に 関 する 条 例 による と 規 制 基 準 ) 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 は 工 場 事 業 場 における 事 業 活 動 にともなって 発 生 する 騒 音 振 動 を 規 制 の 対 象 とし 生 活 環

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理 第 一 号 様 式 ( 第 一 条 又 は 第 二 条 関 係 )(A4) 届 出 書 ( 第 一 面 ) エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 75 条 第 1 項 前 段 又 は 法 第 75 条 の2 第 1 項 前 段 の 規 定 による 届 出 をします この 届 出 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありません

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

目 次 1 償 却 資 産 とは (1) 償 却 資 産 の 種 類 と 具 体 例 2 (2) 家 屋 との 区 分 2 2 課 税 の 仕 組 み (1) 申 告 から 課 税 までの 流 れ 4 (2) 評 価 額 等 の 計 算 Ⅰ 評 価 額 の 計 算 方 法 5 Ⅱ 課 税 標 準 額

目 次 1 償 却 資 産 とは (1) 償 却 資 産 の 種 類 と 具 体 例 2 (2) 家 屋 との 区 分 2 2 課 税 の 仕 組 み (1) 申 告 から 課 税 までの 流 れ 4 (2) 評 価 額 等 の 計 算 Ⅰ 評 価 額 の 計 算 方 法 5 Ⅱ 課 税 標 準 額 固 定 資 産 税 償 却 資 産 申 告 の 手 引 き 茨 城 県 鉾 田 市 役 所 税 務 課 目 次 1 償 却 資 産 とは (1) 償 却 資 産 の 種 類 と 具 体 例 2 (2) 家 屋 との 区 分 2 2 課 税 の 仕 組 み (1) 申 告 から 課 税 までの 流 れ 4 (2) 評 価 額 等 の 計 算 Ⅰ 評 価 額 の 計 算 方 法 5 Ⅱ 課 税 標 準

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 26 年 度 航 海 用 無 線 設 備 整 備 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 法 規 編 問 1. 次 の 表 は 漁 船 の 漁 業 形 態 を 述 べたものである 表 中 の の 中 に 適 切 な 用 語 を 記 入 し それぞれの 漁 業 形 態 に 応 じた 従 業 制 限 の 種 類 を( )に 記 入 せよ (6 点 ) 漁 船 の 種 類 漁 業 形 態 従

More information