⑫企業会計基準適用指針第6号

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "⑫企業会計基準適用指針第6号"

Transcription

1 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資 産 のグルーピング 7 減 損 の 兆 候 11 営 業 活 動 から 生 ずる 損 益 又 はキャッシュ フローが 継 続 してマイナスの 場 合 12 使 用 範 囲 又 は 方 法 について 回 収 可 能 価 額 を 著 しく 低 下 させる 変 化 がある 場 合 13 経 営 環 境 の 著 しい 悪 化 の 場 合 14 市 場 価 格 の 著 しい 下 落 の 場 合 15 共 用 資 産 の 減 損 の 兆 候 16 のれんの 減 損 の 兆 候 17 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 18 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 の 見 積 り 18 経 済 的 残 存 使 用 年 数 21 主 要 な 資 産 22 減 損 損 失 の 測 定 25 回 収 可 能 価 額 の 算 定 28 正 味 売 却 価 額 28 使 用 価 値 31 将 来 キャッシュ フロー 36 使 用 価 値 の 算 定 に 際 して 用 いられる 割 引 率 43 共 用 資 産 及 びのれんの 取 扱 い 48 共 用 資 産 の 取 扱 い

2 のれんの 取 扱 い 51 減 損 処 理 後 の 会 計 処 理 55 開 示 57 貸 借 対 照 表 における 表 示 57 注 記 58 その 他 59-2 借 手 側 が 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 について リース 資 産 の 計 上 額 を 算 定 する 上 でリース 料 総 額 から 利 息 相 当 額 の 合 理 的 な 見 積 額 を 控 除 しない 方 法 によ っている 場 合 の 取 扱 い 59-2 借 手 側 が 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 について 通 常 の 賃 貸 借 取 引 に 係 る 方 法 に 準 じて 会 計 処 理 を 行 っている 場 合 の 取 扱 い 60 中 間 会 計 期 間 において 減 損 処 理 を 行 った 資 産 に 係 る 取 扱 い 63 再 評 価 を 行 った 土 地 について 減 損 処 理 を 行 った 場 合 の 土 地 再 評 価 差 額 金 の 取 扱 い 64 実 施 時 期 等 65 議 決 67 結 論 の 背 景 68 対 象 資 産 68 資 産 のグルーピング 70 減 損 の 兆 候 76 営 業 活 動 から 生 ずる 損 益 又 はキャッシュ フローが 継 続 してマイナスの 場 合 78 使 用 範 囲 又 は 方 法 について 回 収 可 能 価 額 を 著 しく 低 下 させる 変 化 がある 場 合 82 経 営 環 境 の 著 しい 悪 化 の 場 合 88 市 場 価 格 の 著 しい 下 落 の 場 合 89 共 用 資 産 の 減 損 の 兆 候 92 のれんの 減 損 の 兆 候 93 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 96 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 の 見 積 り 96 経 済 的 残 存 使 用 年 数 99 主 要 な 資 産 101 減 損 損 失 の 測 定 105 回 収 可 能 価 額 の 算 定 107 正 味 売 却 価 額 107 使 用 価 値 116 将 来 キャッシュ フロー

3 使 用 価 値 の 算 定 に 際 して 用 いられる 割 引 率 124 共 用 資 産 及 びのれんの 取 扱 い 129 共 用 資 産 の 取 扱 い 129 のれんの 取 扱 い 131 減 損 処 理 後 の 会 計 処 理 134 開 示 139 貸 借 対 照 表 における 表 示 139 注 記 140 その 他 143 借 手 側 が 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 について 通 常 の 賃 貸 借 取 引 に 係 る 方 法 に 準 じて 会 計 処 理 を 行 っている 場 合 の 取 扱 い 143 中 間 会 計 期 間 において 減 損 処 理 を 行 った 資 産 に 係 る 取 扱 い 145 再 評 価 を 行 った 土 地 について 減 損 処 理 を 行 った 場 合 の 土 地 再 評 価 差 額 金 の 取 扱 い 146 設 例 [ 設 例 1] 資 産 のグルーピング [ 設 例 1-1] 製 造 業 - 機 能 別 の 区 分 を 基 礎 にした 資 産 のグルーピング [ 設 例 1-2] 製 造 業 - 製 品 別 の 区 分 を 基 礎 にした 資 産 のグルーピング [ 設 例 1-3] 製 造 業 - 地 域 別 の 区 分 を 基 礎 にした 資 産 のグルーピング 及 び 転 用 等 [ 設 例 1-4] 商 業 サービス 業 - 店 舗 営 業 及 び 持 株 会 社 [ 設 例 1-5] 不 動 産 業 [ 設 例 1-6] 連 結 の 見 地 から 資 産 のグルーピングを 見 直 す 場 合 [ 設 例 2] 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 の 見 積 り( 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 が 20 年 を 超 える 場 合 ) [ 設 例 3] 将 来 キャッシュ フローの 見 積 りに 含 められる 範 囲 [ 設 例 4] 建 設 仮 勘 定 に 関 する 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 及 び 測 定 [ 設 例 5] 将 来 キャッシュ フローの 見 積 方 法 [ 設 例 6] 使 用 価 値 の 算 定 に 用 いられる 割 引 率 [ 設 例 7] 共 用 資 産 の 減 損 処 理 [ 設 例 7-1] より 大 きな 単 位 で 共 用 資 産 をグルーピングする 方 法 [ 設 例 7-2] 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 を 各 資 産 又 は 資 産 グループに 配 分 する 方 法 [ 設 例 8] のれんの 減 損 処 理 -より 大 きな 単 位 でのれんをグルーピングする 方 法 [ 設 例 9] リース 取 引 により 使 用 している 資 産 を 含 む 資 産 グループに 関 する 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 及 び 測 定 [ 設 例 10] 再 評 価 を 行 った 土 地 について 減 損 処 理 を 行 った 場 合 の 土 地 再 評 価 差 額 金 の 取 扱 い - 3 -

4 目 的 1. 企 業 会 計 審 議 会 によって 平 成 14 年 8 月 に 公 表 された 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 ( 以 下 減 損 会 計 基 準 という )では 減 損 会 計 基 準 を 実 務 に 適 用 する 場 合 の 具 体 的 な 指 針 等 については 今 後 関 係 府 令 を 整 備 するとともに 企 業 会 計 基 準 委 員 会 において 適 切 に 措 置 していくことが 適 当 である ( 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 設 定 に 関 す る 意 見 書 ( 以 下 減 損 会 計 意 見 書 という ) 五 2.)とされている このため 当 委 員 会 は 具 体 的 な 指 針 を 取 りまとめるために 平 成 14 年 9 月 以 降 審 議 を 続 けてきた 当 委 員 会 では 専 門 委 員 会 を 設 置 し 専 門 委 員 による 討 議 や 参 考 人 からの 意 見 聴 取 など 幅 広 く 検 討 を 行 い また 広 く 各 界 の 意 見 を 求 めるため 平 成 15 年 3 月 に それまでの 議 論 をまとめた 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 の 検 討 状 況 の 整 理 を 公 表 した 当 委 員 会 は この 検 討 状 況 の 整 理 に 対 する 意 見 も 踏 まえて 審 議 を 行 い 平 成 15 年 8 月 に 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 公 開 草 案 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 ( 案 ) を 公 表 した 本 適 用 指 針 は これらに 対 する 意 見 も 参 考 に さらに 審 議 を 重 ねて 取 りまとめられたものである 2. 固 定 資 産 の 減 損 会 計 は 多 種 多 様 な 事 業 を 営 むそれぞれの 企 業 が 当 該 企 業 に 固 有 の 事 情 を 反 映 した 合 理 的 で 説 明 可 能 な 仮 定 及 び 予 測 に 基 づいて 将 来 キャッシュ フローを 見 積 ることとするなど その 程 度 や 判 断 を 一 律 に 示 すことは 困 難 な 場 合 が 多 い その 中 で 本 適 用 指 針 は 減 損 の 兆 候 をはじめとして 必 要 と 考 えられる 範 囲 において 一 定 の 目 安 や 例 示 を 示 している 企 業 は 減 損 会 計 基 準 及 び 本 適 用 指 針 の 定 めに 従 って 減 損 処 理 を 行 うも のとするが これらに 定 めがないため 状 況 に 応 じ 個 々の 実 態 を 考 慮 して 適 用 する 場 合 には 減 損 会 計 基 準 及 び 本 適 用 指 針 の 趣 旨 を 適 切 に 斟 酌 する 必 要 がある 適 用 指 針 範 囲 3. 本 適 用 指 針 は 減 損 会 計 基 準 が 適 用 される 財 務 諸 表 について 適 用 される 用 語 の 定 義 4. 本 適 用 指 針 における 用 語 の 定 義 は 減 損 会 計 基 準 における 用 語 の 定 義 ( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 1) 参 照 )と 同 様 とする 対 象 資 産 5. 本 適 用 指 針 は 固 定 資 産 を 対 象 に 適 用 する( 減 損 会 計 基 準 一 参 照 ) 固 定 資 産 には 有 形 固 定 資 産 無 形 固 定 資 産 及 び 投 資 その 他 の 資 産 が 含 まれる( 第 68 項 参 照 ) 6. 他 の 基 準 に 減 損 処 理 に 関 する 定 めがある 以 下 の 資 産 については 対 象 資 産 から 除 く( 減 - 4 -

5 損 会 計 基 準 一 参 照 ) (1) 企 業 会 計 基 準 第 10 号 金 融 商 品 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 金 融 商 品 会 計 基 準 という )における 金 融 資 産 (2) 税 効 果 会 計 に 係 る 会 計 基 準 における 繰 延 税 金 資 産 (3) 研 究 開 発 費 等 に 係 る 会 計 基 準 において 無 形 固 定 資 産 として 計 上 されている 市 場 販 売 目 的 のソフトウェア( 第 69 項 参 照 ) なお 前 払 年 金 費 用 についても 退 職 給 付 に 係 る 会 計 基 準 において 評 価 に 関 する 定 めがあるため 対 象 資 産 から 除 かれる( 減 損 会 計 意 見 書 四 1. 参 照 ) また 長 期 前 払 利 息 など 財 務 活 動 から 生 ずる 損 益 に 関 する 経 過 勘 定 項 目 も 対 象 資 産 から 除 かれる 資 産 のグルーピング 7. 資 産 のグルーピングは 他 の 資 産 又 は 資 産 グループのキャッシュ フローから 概 ね 独 立 したキャッシュ フローを 生 み 出 す 最 小 の 単 位 で 行 う( 減 損 会 計 基 準 二 6.(1) 参 照 )こ ととされており 企 業 は 経 営 の 実 態 が 適 切 に 反 映 されるよう 配 慮 して 行 う 様 々な 事 業 を 営 む 企 業 における 資 産 のグルーピングの 方 法 を 一 義 的 に 示 すことは 困 難 であり 実 務 的 には 管 理 会 計 上 の 区 分 や 投 資 の 意 思 決 定 ( 資 産 の 処 分 や 事 業 の 廃 止 に 関 する 意 思 決 定 を 含 む )を 行 う 際 の 単 位 等 を 考 慮 してグルーピングの 方 法 を 定 めることになると 考 えられ る( 減 損 会 計 意 見 書 四 2.(6)1 参 照 ) 具 体 的 には 第 8 項 の 場 合 のほかは 例 えば 以 下 のような 手 順 により 資 産 のグルーピングが 行 われると 考 えられる( 第 70 項 参 照 [ 設 例 1]) (1) 企 業 は 例 えば 店 舗 や 工 場 などの 資 産 と 対 応 して 継 続 的 に 収 支 の 把 握 がなされて いる 単 位 を 識 別 し グルーピングの 単 位 を 決 定 する 基 礎 とする この 際 以 下 のよう な 点 を 考 慮 する 1 収 支 は 必 ずしも 企 業 の 外 部 との 間 で 直 接 的 にキャッシュ フローが 生 じている 必 要 はなく 例 えば 内 部 振 替 価 額 や 共 通 費 の 配 分 額 であっても 合 理 的 なもの であれば 含 まれる 2 継 続 的 に 収 支 の 把 握 がなされているものがグルーピングの 単 位 を 決 定 する 基 礎 になる このため 収 支 の 把 握 が 通 常 は 行 われていないが 一 時 的 に 設 定 される 単 位 について 行 われる 場 合 ( 例 えば 特 殊 原 価 調 査 )は 該 当 しない 3 例 えば 賃 貸 不 動 産 などの 1 つの 資 産 において 一 棟 の 建 物 が 複 数 の 単 位 に 分 割 されて 継 続 的 に 収 支 の 把 握 がなされている 場 合 でも 通 常 はこの1つの 資 産 がグルーピングの 単 位 を 決 定 する 基 礎 になる (2) 企 業 は (1)のグルーピングの 単 位 を 決 定 する 基 礎 から 生 ずるキャッシュ イン フローが 製 品 やサービスの 性 質 市 場 などの 類 似 性 等 によって 他 の 単 位 から 生 ず るキャッシュ イン フローと 相 互 補 完 的 であり 当 該 単 位 を 切 り 離 したときには 他 の 単 位 から 生 ずるキャッシュ イン フローに 大 きな 影 響 を 及 ぼすと 考 えられる 場 合 - 5 -

6 には 当 該 他 の 単 位 とグルーピングを 行 う 8. 取 締 役 会 や 常 務 会 等 ( 以 下 取 締 役 会 等 という )において 資 産 の 処 分 や 事 業 の 廃 止 に 関 する 意 思 決 定 を 行 い その 代 替 的 な 投 資 も 予 定 されていないときなど これらに 係 る 資 産 を 切 り 離 しても 他 の 資 産 又 は 資 産 グループの 使 用 にほとんど 影 響 を 与 えない 場 合 がある このような 場 合 に 該 当 する 資 産 のうち 重 要 なものは 他 の 資 産 又 は 資 産 グループ のキャッシュ フローから 概 ね 独 立 したキャッシュ フローを 生 み 出 す 最 小 の 単 位 として 取 り 扱 う( 第 71 項 参 照 ) 将 来 の 使 用 が 見 込 まれていない 遊 休 資 産 も 資 産 の 処 分 や 事 業 の 廃 止 に 関 する 意 思 決 定 を 行 った 資 産 と 同 様 の 趣 旨 で 通 常 当 該 遊 休 資 産 を 切 り 離 しても 他 の 資 産 又 は 資 産 グル ープの 使 用 にほとんど 影 響 を 与 えないため 重 要 なものについては 他 の 資 産 又 は 資 産 グ ループのキャッシュ フローから 概 ね 独 立 したキャッシュ フローを 生 み 出 す 最 小 の 単 位 として 取 り 扱 う( 第 72 項 参 照 ) なお 企 業 が 将 来 の 使 用 を 見 込 んでいる 遊 休 資 産 は そ の 見 込 みに 沿 って グルーピングを 行 うことになる 9. 当 期 に 行 われた 資 産 のグルーピングは 原 則 として 翌 期 以 降 の 会 計 期 間 においても 同 様 に 行 う( 第 74 項 参 照 ) 10. 個 別 財 務 諸 表 上 は 資 産 のグルーピングが 当 該 企 業 を 超 えて 他 の 企 業 の 全 部 又 は 一 部 と されることはないが 連 結 財 務 諸 表 においては 連 結 の 見 地 から 個 別 財 務 諸 表 において 用 いられた 資 産 のグルーピングの 単 位 が 見 直 される 場 合 がある( 減 損 会 計 意 見 書 四 2.(6)1なお 書 き 参 照 ) これは 管 理 会 計 上 の 区 分 や 投 資 の 意 思 決 定 を 行 う 際 の 単 位 の 設 定 等 が 複 数 の 連 結 会 社 ( 在 外 子 会 社 を 含 む )を 対 象 に 行 われており 連 結 財 務 諸 表 にお いて 他 の 資 産 又 は 資 産 グループのキャッシュ フローから 概 ね 独 立 したキャッシュ フ ローを 生 み 出 す 最 小 の 単 位 が 各 連 結 会 社 の 個 別 財 務 諸 表 における 資 産 のグルーピングの 単 位 と 異 なる 場 合 をいう( 第 75 項 参 照 [ 設 例 1-6]) 減 損 の 兆 候 11. 減 損 の 兆 候 ( 資 産 又 は 資 産 グループに 減 損 が 生 じている 可 能 性 を 示 す 事 象 )がある 場 合 には 当 該 資 産 又 は 資 産 グループについて 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかの 判 定 を 行 う( 減 損 会 計 基 準 二 1. 参 照 ) 企 業 は 通 常 の 企 業 活 動 において 実 務 的 に 入 手 可 能 なタイミン グにおいて 利 用 可 能 な 情 報 に 基 づき 例 えば 第 12 項 から 第 17 項 に 示 されるような 減 損 の 兆 候 がある 資 産 又 は 資 産 グループを 識 別 する( 第 76 項 及 び 第 77 項 参 照 ) 営 業 活 動 から 生 ずる 損 益 又 はキャッシュ フローが 継 続 してマイナスの 場 合 12. 資 産 又 は 資 産 グループが 使 用 されている 営 業 活 動 から 生 ずる 損 益 又 はキャッシュ フロ ーが 継 続 してマイナスとなっているか 又 は 継 続 してマイナスとなる 見 込 みである 場 合 には 減 損 の 兆 候 となる( 減 損 会 計 基 準 二 1.1 参 照 ) (1) 営 業 活 動 から 生 ずる 損 益 は 営 業 上 の 取 引 に 関 連 して 生 ずる 損 益 であり これ - 6 -

7 には 当 該 資 産 又 は 資 産 グループの 減 価 償 却 費 や 本 社 費 等 の 間 接 的 に 生 ずる 費 用 が 含 まれ また 損 益 計 算 書 上 は 原 価 性 を 有 しないものとして 営 業 損 益 に 含 まれていない 項 目 でも 営 業 上 の 取 引 に 関 連 して 生 じた 損 益 ( 例 えば たな 卸 資 産 の 評 価 損 )であれ ば 含 まれる ただし 支 払 利 息 など 財 務 活 動 から 生 ずる 損 益 や 利 益 に 関 連 する 金 額 を 課 税 標 準 とする 税 金 は 含 まれない また 大 規 模 な 経 営 改 善 計 画 等 により 生 じた 一 時 的 な 損 益 も 含 まれない 実 務 上 営 業 活 動 から 生 ずる 損 益 は このような 考 え 方 を 反 映 した 管 理 会 計 上 の 損 益 区 分 に 基 づいて 行 われるものと 考 えられる( 第 78 項 参 照 ) (2) 継 続 してマイナス とは おおむね 過 去 2 期 がマイナスであったことを 指 すが 当 期 の 見 込 みが 明 らかにプラスとなる 場 合 は 該 当 しないと 考 えることが 適 当 である また 継 続 してマイナスとなる 見 込 み とは 前 期 と 当 期 以 降 の 見 込 みが 明 らかに マイナスとなる 場 合 を 指 すものと 考 えられる( 第 79 項 参 照 ) (3) 減 損 の 兆 候 の 把 握 には 営 業 活 動 から 生 ずる 損 益 によることが 適 切 であるが 管 理 会 計 上 営 業 活 動 から 生 ずるキャッシュ フロー だけを 用 いている 場 合 には それが 継 続 してマイナスとなっているか 又 は 継 続 してマイナスとなる 見 込 みで あるときに 減 損 の 兆 候 となる( 第 80 項 参 照 ) (4) 事 業 の 立 上 げ 時 など 予 め 合 理 的 な 事 業 計 画 が 策 定 されており 当 該 計 画 にて 当 初 よ り 継 続 してマイナスとなることが 予 定 されている 場 合 実 際 のマイナスの 額 が 当 該 計 画 にて 予 定 されていたマイナスの 額 よりも 著 しく 下 方 に 乖 離 していないときには 減 損 の 兆 候 には 該 当 しない( 第 81 項 参 照 ) 使 用 範 囲 又 は 方 法 について 回 収 可 能 価 額 を 著 しく 低 下 させる 変 化 がある 場 合 13. 資 産 又 は 資 産 グループが 使 用 されている 範 囲 又 は 方 法 について 例 えば 以 下 のような 当 該 資 産 又 は 資 産 グループの 回 収 可 能 価 額 を 著 しく 低 下 させる 変 化 が 生 じたか 又 は 生 ずる 見 込 みである 場 合 には 減 損 の 兆 候 となる( 減 損 会 計 基 準 二 1.2 及 び 注 解 ( 注 2) 参 照 ) (1) 資 産 又 は 資 産 グループが 使 用 されている 事 業 を 廃 止 又 は 再 編 成 すること 事 業 の 再 編 成 には 重 要 な 会 社 分 割 などの 組 織 再 編 のほか 事 業 規 模 の 大 幅 な 縮 小 などが 含 ま れる( 第 82 項 参 照 ) (2) 当 初 の 予 定 よりも 著 しく 早 期 に 資 産 又 は 資 産 グループを 除 却 や 売 却 などにより 処 分 すること この 事 象 は 償 却 資 産 に 限 らない( 第 83 項 参 照 ) (3) 資 産 又 は 資 産 グループを 当 初 の 予 定 又 は 現 在 の 用 途 と 異 なる 用 途 に 転 用 すること 異 なる 用 途 への 転 用 は これまでの 使 い 方 による 収 益 性 や 成 長 性 を 大 きく 変 える ように 使 い 方 を 変 えることと 考 えられ 例 えば 事 業 を 縮 小 し 余 剰 となった 店 舗 を 賃 貸 するような 場 合 が 該 当 する( 第 84 項 参 照 ) (4) 資 産 又 は 資 産 グループが 遊 休 状 態 になり 将 来 の 用 途 が 定 まっていないこと( 第 85 項 参 照 ) - 7 -

8 (5) 資 産 又 は 資 産 グループの 稼 働 率 が 著 しく 低 下 した 状 態 が 続 いており 著 しく 低 下 し た 稼 働 率 が 回 復 する 見 込 みがないこと (6) 資 産 又 は 資 産 グループに 著 しい 陳 腐 化 等 の 機 能 的 減 価 が 観 察 できること( 第 86 項 参 照 ) (7) 建 設 仮 勘 定 に 係 る 建 設 について 計 画 の 中 止 又 は 大 幅 な 延 期 が 決 定 されたことや 当 初 の 計 画 に 比 べ 著 しく 滞 っていること なお 資 産 グループについては 資 産 グループ 全 体 について 以 上 のような 変 化 が 生 じた か 又 は 生 ずる 見 込 みである 場 合 のみならず 主 要 な 資 産 ( 第 22 項 参 照 )が 使 用 され ている 範 囲 又 は 方 法 について 以 上 のような 変 化 が 生 じたか 又 は 生 ずる 見 込 みである 場 合 も 含 まれる( 第 87 項 参 照 ) 経 営 環 境 の 著 しい 悪 化 の 場 合 14. 資 産 又 は 資 産 グループが 使 用 されている 事 業 に 関 連 して 経 営 環 境 が 著 しく 悪 化 したか 又 は 悪 化 する 見 込 みである 場 合 には 減 損 の 兆 候 となる( 減 損 会 計 基 準 二 1.3 参 照 ) この 場 合 経 営 環 境 が 著 しく 悪 化 した 場 合 とは 例 えば 以 下 のようなものが 考 えら れる( 第 88 項 参 照 ) (1) 材 料 価 格 の 高 騰 や 製 商 品 店 頭 価 格 やサービス 料 金 賃 料 水 準 の 大 幅 な 下 落 製 商 品 販 売 量 の 著 しい 減 少 などが 続 いているような 市 場 環 境 の 著 しい 悪 化 (2) 技 術 革 新 による 著 しい 陳 腐 化 や 特 許 期 間 の 終 了 による 重 要 な 関 連 技 術 の 拡 散 など の 技 術 的 環 境 の 著 しい 悪 化 (3) 重 要 な 法 律 改 正 規 制 緩 和 や 規 制 強 化 重 大 な 法 令 違 反 の 発 生 などの 法 律 的 環 境 の 著 しい 悪 化 市 場 価 格 の 著 しい 下 落 の 場 合 15. 資 産 又 は 資 産 グループの 市 場 価 格 が 著 しく 下 落 したことは 減 損 の 兆 候 となる( 減 損 会 計 基 準 二 1.4 参 照 ) 市 場 価 格 が 著 しく 下 落 したこと には 少 なくとも 市 場 価 格 が 帳 簿 価 額 から 50% 程 度 以 上 下 落 した 場 合 が 該 当 する( 第 89 項 参 照 ) また 市 場 価 格 とは 市 場 において 形 成 されている 取 引 価 格 気 配 又 は 指 標 その 他 の 相 場 ( 金 融 商 品 会 計 基 準 第 6 項 )と 考 えられるが 固 定 資 産 については 市 場 価 格 が 観 察 可 能 な 場 合 は 多 くないため 一 定 の 評 価 額 や 適 切 に 市 場 価 格 を 反 映 していると 考 えられ る 指 標 が 容 易 に 入 手 できる 場 合 ( 容 易 に 入 手 できる 評 価 額 や 指 標 を 合 理 的 に 調 整 したもの も 含 まれる )には これらを 減 損 の 兆 候 を 把 握 するための 市 場 価 格 とみなして 使 用 す る( 第 90 項 参 照 ) なお 資 産 グループについては 資 産 グループ 全 体 の 市 場 価 格 が 把 握 できない 場 合 でも 主 要 な 資 産 ( 第 22 項 参 照 )の 市 場 価 格 が 著 しく 下 落 した 場 合 や 資 産 グループの 帳 簿 価 額 のうち 土 地 の 帳 簿 価 額 が 大 きな 割 合 を 占 め 当 該 土 地 の 市 場 価 格 が 著 しく 下 落 した 場 合 - 8 -

9 も 含 まれる( 第 91 項 参 照 ) 共 用 資 産 の 減 損 の 兆 候 16. 以 下 のいずれかに 該 当 する 場 合 には 共 用 資 産 に 減 損 の 兆 候 があることとなり 共 用 資 産 を 含 む より 大 きな 単 位 で 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかの 判 定 を 行 う( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 7) 及 び 第 92 項 参 照 ) (1) 共 用 資 産 を 含 む より 大 きな 単 位 について 第 12 項 から 第 15 項 における 事 象 があ る 場 合 (2) 共 用 資 産 そのものについて 第 13 項 又 は 第 15 項 における 事 象 がある 場 合 共 用 資 産 は 単 独 の 資 産 である 場 合 のほか 複 数 の 資 産 である 場 合 もある 後 者 の 場 合 には 共 用 資 産 全 体 について 第 13 項 又 は 第 15 項 における 事 象 がある 場 合 のほか 共 用 資 産 全 体 の 帳 簿 価 額 のうち その 帳 簿 価 額 が 大 きな 割 合 を 占 める 資 産 について 第 13 項 又 は 第 15 項 における 事 象 がある 場 合 には 減 損 の 兆 候 に 含 まれる なお 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 を 各 資 産 又 は 資 産 グループに 配 分 する 方 法 を 採 用 した 場 合 に は 共 用 資 産 に 減 損 の 兆 候 があるかどうかにかかわらず その 帳 簿 価 額 を 各 資 産 又 は 資 産 グループに 配 分 することとなり( 減 損 会 計 意 見 書 四 2.(7)2ただし 書 き 参 照 ) 当 該 配 分 された 各 資 産 又 は 資 産 グループに 第 12 項 から 第 15 項 における 事 象 がある 場 合 減 損 の 兆 候 があることとなる のれんの 減 損 の 兆 候 17. のれんを 含 む より 大 きな 単 位 について 第 12 項 から 第 15 項 における 事 象 がある 場 合 は のれんに 減 損 の 兆 候 があることとなり より 大 きな 単 位 で 減 損 損 失 を 認 識 するかどう かの 判 定 を 行 う( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 7) 及 び 第 95 項 参 照 ) なお のれんについては 共 用 資 産 と 異 なり 通 常 のれんは 独 立 してそれ 自 体 では 減 損 の 兆 候 があるかどうかを 判 断 できないため 原 則 として のれんを 含 む より 大 きな 単 位 で 判 断 されることとなる また のれんの 帳 簿 価 額 を 各 資 産 グループに 配 分 する 方 法 を 採 用 した 場 合 には のれん に 減 損 の 兆 候 があるかどうかにかかわらず その 帳 簿 価 額 を 各 資 産 グループに 配 分 するこ ととなり( 減 損 会 計 意 見 書 四 2.(8)2ただし 書 き 参 照 ) 当 該 配 分 された 各 資 産 グループ に 第 12 項 から 第 15 項 における 事 象 がある 場 合 減 損 の 兆 候 があることとなる 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 の 見 積 り 18. 減 損 の 兆 候 がある 資 産 又 は 資 産 グループについて 当 該 資 産 又 は 資 産 グループから 得 ら れる 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 がこれらの 帳 簿 価 額 を 下 回 る 場 合 には 減 損 損 失 を 認 識 する( 減 損 会 計 意 見 書 四 2.(2)1 及 び 減 損 会 計 基 準 二 2.(1) 参 照 ) 減 損 損 失 - 9 -

10 を 認 識 するかどうかを 判 定 するために 見 積 る 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 は 以 下 のように 算 定 される( 第 96 項 から 第 98 項 参 照 [ 設 例 2] [ 設 例 3]) (1) 資 産 又 は 資 産 グループ 中 の 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 ( 第 21 項 参 照 )が 20 年 を 超 えない 場 合 には 当 該 経 済 的 残 存 使 用 年 数 経 過 時 点 における 資 産 又 は 資 産 グル ープ 中 の 主 要 な 資 産 の 正 味 売 却 価 額 を 当 該 経 済 的 残 存 使 用 年 数 までの 割 引 前 将 来 キ ャッシュ フローに 加 算 する (2) 資 産 又 は 資 産 グループ 中 の 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 が 20 年 を 超 える 場 合 には 21 年 目 以 降 に 見 込 まれる 将 来 キャッシュ フローに 基 づいて 算 定 された 20 年 経 過 時 点 における 回 収 可 能 価 額 ( 第 32 項 参 照 )を 20 年 目 までの 割 引 前 将 来 キャッ シュ フローに 加 算 する( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 4)) (3) 資 産 グループ 中 の 主 要 な 資 産 以 外 の 構 成 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 が 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 を 超 えない 場 合 には 当 該 構 成 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 経 過 時 点 における 当 該 構 成 資 産 の 正 味 売 却 価 額 を 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 まで の 割 引 前 将 来 キャッシュ フロー( 当 該 構 成 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 が 20 年 を 超 えるときには 21 年 目 以 降 に 見 込 まれる 将 来 キャッシュ フロー)に 加 算 する (4) 資 産 グループ 中 の 主 要 な 資 産 以 外 の 構 成 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 が 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 を 超 える 場 合 には 当 該 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 経 過 時 点 における 当 該 構 成 資 産 の 回 収 可 能 価 額 ( 第 33 項 参 照 )を (1)のときには 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 経 過 時 点 までの 割 引 前 将 来 キャッシュ フローに 加 算 し ( 減 損 会 計 意 見 書 四 2.(2)3 参 照 ) (2)のときには 21 年 目 以 降 に 見 込 まれる 将 来 キャッシュ フローに 加 算 する 19. 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかを 判 定 するために 見 積 られる 割 引 前 将 来 キャッシュ フロ ーは 将 来 キャッシュ フローが 見 積 値 から 乖 離 するリスクを 反 映 させず( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 6) 参 照 ) 第 36 項 から 第 42 項 の 考 え 方 に 基 づいて 見 積 る また この 際 将 来 時 点 における 回 収 可 能 価 額 ( 第 18 項 (2) 及 び(4) 参 照 )を 算 定 する にあたっては 将 来 時 点 における 正 味 売 却 価 額 の 算 定 ( 第 29 項 参 照 ) 及 び 将 来 時 点 にお ける 使 用 価 値 等 の 算 定 ( 第 32 項 及 び 第 33 項 参 照 )の 考 え 方 に 基 づいて 行 うこととなる 20. 将 来 キャッシュ フローが 外 貨 建 てで 見 積 られる 場 合 第 18 項 及 び 第 19 項 に 基 づいて 算 定 された 外 貨 建 ての 将 来 キャッシュ フローを 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 時 の 為 替 相 場 に より 円 換 算 し 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかを 判 定 するために 見 積 られる 割 引 前 将 来 キャ ッシュ フローに 含 める 経 済 的 残 存 使 用 年 数 21. 資 産 又 は 資 産 グループ 中 の 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 は 当 該 資 産 が 今 後 経 済 的 に 使 用 可 能 と 予 測 される 年 数 と 考 えられ 対 象 となる 当 該 資 産 の 材 質 構 造 用 途 等 の 物 理 的 な 要 因 のほか 使 用 上 の 環 境 技 術 の 革 新 経 済 事 情 の 変 化 による 陳 腐 化 の 危 険 の

11 程 度 その 他 当 該 企 業 の 特 殊 的 条 件 も 検 討 し 見 積 られることとなる( 第 99 項 参 照 ) なお 資 産 又 は 資 産 グループ 中 の 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 が 当 該 資 産 の 減 価 償 却 計 算 に 用 いられている 税 法 耐 用 年 数 等 に 基 づく 残 存 耐 用 年 数 と 著 しい 相 違 がある 等 の 不 合 理 と 認 められる 事 情 のない 限 り 当 該 残 存 耐 用 年 数 を 経 済 的 残 存 使 用 年 数 とみなす ことができる( 第 100 項 参 照 ) 主 要 な 資 産 22. 資 産 グループの 将 来 キャッシュ フロー 生 成 能 力 にとって 最 も 重 要 な 構 成 資 産 である 主 要 な 資 産 ( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 3) 参 照 )は 資 産 のグルーピングを 行 う 際 に 決 定 さ れ 当 期 に 主 要 な 資 産 とされた 資 産 は 原 則 として 翌 期 以 降 の 会 計 期 間 においても 当 該 資 産 グループの 主 要 な 資 産 となる( 第 101 項 参 照 ) 23. 企 業 は 主 要 な 資 産 を 決 定 するにあたって 以 下 のような 要 素 も 含 めて 総 合 的 に 判 断 す る( 第 102 項 参 照 ) (1) 企 業 は 当 該 資 産 を 必 要 とせずに 資 産 グループの 他 の 構 成 資 産 を 取 得 するかどうか (2) 企 業 は 当 該 資 産 を 物 理 的 及 び 経 済 的 に 容 易 に 取 り 替 えないかどうか なお 土 地 等 の 非 償 却 資 産 や 建 物 等 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 が 20 年 を 超 える 資 産 を 主 要 な 資 産 とする 場 合 にも 当 該 資 産 が 資 産 グループの 将 来 キャッシュ フロー 生 成 能 力 にと って 最 も 重 要 な 構 成 資 産 であるかどうかに 留 意 する 必 要 がある( 第 103 項 参 照 ) 24. 共 用 資 産 やのれんは 原 則 として 主 要 な 資 産 には 該 当 しない( 第 104 項 参 照 ) 減 損 損 失 の 測 定 25. 減 損 損 失 を 認 識 すべきであると 判 定 された 資 産 又 は 資 産 グループについては 帳 簿 価 額 を 回 収 可 能 価 額 まで 減 額 し 当 該 減 少 額 を 減 損 損 失 として 当 期 の 損 失 とする( 減 損 会 計 基 準 二 3. 参 照 ) 回 収 可 能 価 額 を 算 定 するにあたっては 正 味 売 却 価 額 の 算 定 ( 第 28 項 参 照 ) 及 び 使 用 価 値 の 算 定 ( 第 31 項 参 照 )の 考 え 方 に 基 づいて 行 う 26. 資 産 グループについて 認 識 された 減 損 損 失 は 帳 簿 価 額 に 基 づいて 比 例 配 分 する 方 法 の ほか 各 構 成 資 産 の 時 価 を 考 慮 した 配 分 等 合 理 的 であると 認 められる 方 法 により 当 該 資 産 グループの 各 構 成 資 産 に 配 分 する( 減 損 会 計 意 見 書 四 2.(6)2 減 損 会 計 基 準 二 6. (2) 及 び 第 105 項 参 照 ) 27. 資 産 グループが 複 数 の 建 設 仮 勘 定 から 構 成 されている 場 合 資 産 グループについて 認 識 された 減 損 損 失 は 資 産 グループの 帳 簿 価 額 から 控 除 するが 減 損 損 失 の 測 定 時 には 各 建 設 仮 勘 定 に 配 分 せず 完 成 時 にそれまでの 総 支 出 額 等 の 合 理 的 な 方 法 に 基 づいて 配 分 する [ 設 例 4]

12 回 収 可 能 価 額 の 算 定 正 味 売 却 価 額 28. 回 収 可 能 価 額 とは 資 産 又 は 資 産 グループの 正 味 売 却 価 額 と 使 用 価 値 のいずれか 高 い 方 の 金 額 をいう( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 1)1. 参 照 ) 通 常 使 用 価 値 は 正 味 売 却 価 額 よ り 高 いと 考 えられるため 減 損 損 失 の 測 定 において 明 らかに 正 味 売 却 価 額 が 高 いと 想 定 される 場 合 や 処 分 がすぐに 予 定 されている 場 合 などを 除 き 必 ずしも 現 在 の 正 味 売 却 価 額 を 算 定 する 必 要 はないが 正 味 売 却 価 額 を 算 定 する 場 合 には 以 下 のようにして 求 められ た 資 産 又 は 資 産 グループの 時 価 から 処 分 費 用 見 込 額 を 控 除 して 行 われることとなる( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 1)2. 参 照 ) (1) 時 価 とは 公 正 な 評 価 額 をいい 通 常 それは 観 察 可 能 な 市 場 価 格 をいう( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 1)3. 参 照 ) このような 市 場 価 格 ( 第 15 項 また 書 き 参 照 )が 存 在 する 場 合 には 原 則 として 市 場 価 格 に 基 づく 価 額 を 時 価 とする( 第 108 項 参 照 ) (2) 市 場 価 格 が 観 察 できない 場 合 には 合 理 的 に 算 定 された 価 額 が 時 価 となる( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 1)3. 参 照 ) 合 理 的 に 算 定 された 価 額 は 市 場 価 格 に 準 ずるもの として 合 理 的 な 見 積 りに 基 づき 以 下 のような 方 法 で 算 定 される( 第 109 項 及 び 第 110 項 参 照 ) 1 不 動 産 については 不 動 産 鑑 定 評 価 基 準 ( 国 土 交 通 省 )に 基 づいて 算 定 する 自 社 における 合 理 的 な 見 積 りが 困 難 な 場 合 には 不 動 産 鑑 定 士 から 鑑 定 評 価 額 を 入 手 して それを 合 理 的 に 算 定 された 価 額 とすることができる なお 重 要 性 が 乏 しい 不 動 産 については 一 定 の 評 価 額 や 適 切 に 市 場 価 格 を 反 映 していると 考 えられる 指 標 (この 点 については 第 15 項 また 書 き 及 び 第 90 項 を 参 照 )を 合 理 的 に 算 定 された 価 額 とみなすことができる 2 その 他 の 固 定 資 産 については コスト アプローチやマーケット アプローチ インカム アプローチによる 見 積 方 法 が 考 えられるが 資 産 の 特 性 等 によりこれら のアプローチを 併 用 又 は 選 択 して 算 定 する 自 社 における 合 理 的 な 見 積 りが 困 難 な 場 合 には 製 造 業 者 や 販 売 業 者 物 件 売 買 仲 介 会 社 など 適 切 と 考 えられる 第 三 者 か ら 前 述 した 方 法 に 基 づき 算 定 された 価 格 を 入 手 して それを 合 理 的 に 算 定 された 価 額 とすることができる なお 重 要 性 が 乏 しいその 他 の 固 定 資 産 についても 一 定 の 評 価 額 や 適 切 に 市 場 価 格 を 反 映 していると 考 えられる 指 標 (この 点 については 第 15 項 また 書 き 及 び 第 90 項 を 参 照 )を 合 理 的 に 算 定 された 価 額 とみなすことができる (3) 処 分 費 用 見 込 額 は 企 業 が 類 似 の 資 産 に 関 する 過 去 の 実 績 や 処 分 を 行 う 業 者 から の 情 報 などを 参 考 に 現 在 価 値 として 見 積 る( 第 112 項 参 照 ) 29. 将 来 時 点 ( 例 えば 経 済 的 残 存 使 用 年 数 経 過 時 点 )における 正 味 売 却 価 額 を 算 定 する 必 要 がある 場 合 ( 第 107 項 参 照 )には 当 該 時 点 以 後 の 一 期 間 の 収 益 見 込 額 をその 後 の 収 益 に 影 響 を 与 える 要 因 の 変 動 予 測 や 予 測 に 伴 う 不 確 実 性 を 含 む 当 該 時 点 の 収 益 率 ( 最 終 還 元

13 利 回 り)で 割 り 戻 した 価 額 から 処 分 費 用 見 込 額 の 当 該 時 点 における 現 在 価 値 を 控 除 して 算 定 する( 第 113 項 参 照 ) ただし このような 方 法 によって 将 来 時 点 の 正 味 売 却 価 額 を 算 定 することが 困 難 な 場 合 には 現 在 の 正 味 売 却 価 額 ( 第 28 項 参 照 )( 償 却 資 産 の 場 合 には 現 在 の 正 味 売 却 価 額 か ら 適 切 な 減 価 額 を 控 除 した 金 額 )を 用 いることができる( 第 113 項 ただし 書 き 参 照 ) この 場 合 現 在 の 市 場 価 格 や 合 理 的 に 算 定 された 価 額 である 時 価 を 容 易 に 入 手 すること ができないときには 現 在 の 時 価 に 代 えて 現 在 における 一 定 の 評 価 額 や 適 切 に 市 場 価 格 を 反 映 していると 考 えられる 指 標 (この 点 については 第 15 項 また 書 き 及 び 第 90 項 を 参 照 )を 利 用 して 現 在 の 正 味 売 却 価 額 を 算 定 することができる( 第 114 項 参 照 ) また 資 産 の 減 価 償 却 計 算 に 用 いられている 税 法 規 定 等 に 基 づく 残 存 価 額 に 重 要 性 が 乏 しい 場 合 には 当 該 残 存 価 額 を 当 該 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 経 過 時 点 における 正 味 売 却 価 額 とみなすことができる( 第 115 項 参 照 ) なお 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 における 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 を 見 積 るに あたって 主 要 な 資 産 以 外 の 構 成 資 産 が 償 却 資 産 のときには 将 来 時 点 の 正 味 売 却 価 額 に 代 えて 現 在 の 当 該 構 成 資 産 の 帳 簿 価 額 から 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 までの 適 切 な 減 価 額 を 控 除 した 金 額 を 用 いることができる( 第 33 項 また 書 き 参 照 ) 30. 正 味 売 却 価 額 が 外 貨 建 てで 見 積 られる 場 合 には 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 及 び 測 定 時 の 為 替 相 場 により 円 換 算 するものとする 使 用 価 値 31. 使 用 価 値 は 資 産 又 は 資 産 グループの 継 続 的 使 用 と 使 用 後 の 処 分 によって 生 ずると 見 込 まれる 将 来 キャッシュ フローの 現 在 価 値 ( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 1)4. 参 照 )として 以 下 のように 算 定 される (1) 資 産 又 は 資 産 グループの 継 続 的 使 用 によって 生 ずると 見 込 まれる 将 来 キャッシ ュ フローは 第 36 項 から 第 42 項 に 基 づいて 算 定 する (2) 資 産 又 は 資 産 グループの 使 用 後 の 処 分 によって 生 ずると 見 込 まれる 将 来 キャッシ ュ フローは 将 来 時 点 の 正 味 売 却 価 額 となるため 第 29 項 に 基 づいて 算 定 する (3) (1) 及 び(2)により 算 定 された 資 産 又 は 資 産 グループの 継 続 的 使 用 と 使 用 後 の 処 分 によって 生 ずると 見 込 まれる 将 来 キャッシュ フローは 第 43 項 から 第 47 項 に 基 づ いて 算 定 された 割 引 率 によって 現 在 価 値 に 割 り 引 く 32. 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 において 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 を 見 積 るにあた り 20 年 経 過 時 点 の 回 収 可 能 価 額 を 算 定 する 場 合 ( 第 18 項 (2) 参 照 ) 当 該 時 点 における 使 用 価 値 は 20 年 経 過 時 点 以 降 に 見 込 まれる 将 来 キャッシュ フローに 基 づいて 当 該 時 点 の 現 在 価 値 として 算 定 される( 第 116 項 参 照 ) 共 用 資 産 やのれんに 関 しても より 大 きな 単 位 でグルーピングを 行 う 場 合 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかを 判 定 するために 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 を 見 積 るにあた

14 り これらの 経 済 的 残 存 使 用 年 数 が 20 年 を 超 える 場 合 ( 第 37 項 (3) 及 び(4) 参 照 )には 20 年 経 過 時 点 の 回 収 可 能 価 額 を 20 年 目 までの 割 引 前 将 来 キャッシュ フローに 加 算 す ることとなる 当 該 時 点 における 回 収 可 能 価 額 の 算 定 も 20 年 経 過 時 点 以 降 に 見 込 まれ る 将 来 キャッシュ フローに 基 づいて 当 該 時 点 の 現 在 価 値 として 算 定 される 33. 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 において 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 を 見 積 るにあた り 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 経 過 時 点 における 資 産 グループ 中 の 主 要 な 資 産 以 外 の 構 成 資 産 の 回 収 可 能 価 額 ( 第 18 項 (4) 参 照 )は 原 則 として 当 該 時 点 における 構 成 資 産 の 正 味 売 却 価 額 ( 第 29 項 参 照 )となる ただし 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 経 過 後 新 たに 主 要 な 資 産 になると 考 えられ る 資 産 の 使 用 に 係 る 合 理 的 な 計 画 が 存 在 している 場 合 には 当 該 時 点 における 構 成 資 産 の 正 味 売 却 価 額 に 代 えて 当 該 合 理 的 な 計 画 に 従 って 算 定 した 将 来 キャッシュ フローの 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 経 過 時 点 における 現 在 価 値 を 用 いることができる( 第 117 項 ただし 書 き 参 照 [ 設 例 3]) また 主 要 な 資 産 以 外 の 構 成 資 産 が 償 却 資 産 のときには 現 在 の 構 成 資 産 の 帳 簿 価 額 か ら 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 までの 適 切 な 減 価 額 を 控 除 した 金 額 を 用 いることが できる( 第 29 項 なお 書 き 及 び 第 117 項 ただし 書 き 参 照 [ 設 例 3]) 共 用 資 産 やのれんに 関 しても より 大 きな 単 位 でグルーピングを 行 う 場 合 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかを 判 定 するために 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 を 見 積 るにあた り 共 用 資 産 やのれんの 経 済 的 残 存 使 用 年 数 経 過 時 点 における 他 の 資 産 の 回 収 可 能 価 額 は 原 則 として 当 該 時 点 における 他 の 資 産 の 正 味 売 却 価 額 となるが 上 述 のただし 書 き 及 び また 書 きの 取 扱 いを 準 用 することができる 34. 使 用 価 値 を 算 定 する 場 合 将 来 キャッシュ フローを 見 積 る 期 間 ( 第 37 項 参 照 ) 経 過 時 点 においても 経 済 的 残 存 使 用 年 数 が 存 在 する 他 の 資 産 について 当 該 経 過 時 点 におけ る 回 収 可 能 価 額 は 原 則 として 当 該 時 点 における 他 の 資 産 の 正 味 売 却 価 額 となる ただし 当 該 経 過 時 点 後 に 将 来 キャッシュ フローの 見 積 りに 用 いた 資 産 の 使 用 に 係 る 合 理 的 な 計 画 が 存 在 している 場 合 には 当 該 時 点 における 他 の 資 産 の 正 味 売 却 価 額 に 代 えて 当 該 合 理 的 な 計 画 に 従 って 算 定 した 将 来 キャッシュ フローの 当 該 経 過 時 点 におけ る 現 在 価 値 を 用 いることができる 35. 使 用 価 値 の 算 定 において 見 積 られる 将 来 キャッシュ フローが 外 貨 建 ての 場 合 第 31 項 (1) 及 び(2)に 基 づいて 算 定 された 外 貨 建 ての 将 来 キャッシュ フローを 当 該 通 貨 に 関 して 第 31 項 (3)に 基 づき 算 定 された 割 引 率 によって 現 在 価 値 に 割 り 引 き 当 該 外 貨 建 ての 将 来 キャッシュ フローの 現 在 価 値 を 減 損 損 失 の 測 定 時 の 為 替 相 場 により 円 換 算 すること により 使 用 価 値 を 算 定 するものとする ただし 使 用 価 値 の 算 定 において 見 積 られる 将 来 キャッシュ フローの 一 部 のみが 外 貨 建 ての 場 合 には 第 31 項 (1) 及 び(2)に 基 づいて 外 貨 建 ての 将 来 キャッシュ フローを 減 損 損 失 の 測 定 時 の 為 替 相 場 により 円 換 算 し 他 の 円 貨 建 ての 将 来 キャッシュ フローと 合

15 算 した 金 額 を 第 31 項 (3)に 基 づき 算 定 された 割 引 率 によって 現 在 価 値 に 割 り 引 くことに より 使 用 価 値 を 算 定 することができる 将 来 キャッシュ フロー 36. 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかの 判 定 及 び 使 用 価 値 の 算 定 において 見 積 られる 将 来 キャ ッシュ フローを 企 業 に 固 有 の 事 情 を 反 映 した 合 理 的 で 説 明 可 能 な 仮 定 及 び 予 測 に 基 づ いて 見 積 る( 減 損 会 計 基 準 二 4.(1) 参 照 )にあたっては 以 下 のような 点 に 留 意 する( 第 118 項 参 照 ) (1) 企 業 は 取 締 役 会 等 の 承 認 を 得 た 中 長 期 計 画 の 前 提 となった 数 値 を 経 営 環 境 など の 企 業 の 外 部 要 因 に 関 する 情 報 や 企 業 が 用 いている 内 部 の 情 報 ( 例 えば 予 算 やその 修 正 資 料 業 績 評 価 の 基 礎 データ 売 上 見 込 みなど 以 下 同 じ )と 整 合 的 に 修 正 し 各 資 産 又 は 資 産 グループの 現 在 の 使 用 状 況 や 合 理 的 な 使 用 計 画 等 を 考 慮 して 将 来 キ ャッシュ フローを 見 積 る (2) 中 長 期 計 画 が 存 在 しない 場 合 企 業 は 経 営 環 境 などの 企 業 の 外 部 要 因 に 関 する 情 報 や 企 業 が 用 いている 内 部 の 情 報 に 基 づき 各 資 産 又 は 資 産 グループの 現 在 の 使 用 状 況 や 合 理 的 な 使 用 計 画 等 を 考 慮 して 将 来 キャッシュ フローを 合 理 的 に 見 積 る こ れには 過 去 の 一 定 期 間 における 実 際 のキャッシュ フローの 平 均 値 に これまでの 趨 勢 を 踏 まえた 一 定 又 は 逓 減 する 成 長 率 (ゼロやマイナスになる 場 合 もある )の 仮 定 をおいて 見 積 ることも 含 む (3) 中 長 期 計 画 の 見 積 期 間 を 超 える 期 間 の 将 来 キャッシュ フローを 算 定 する 場 合 企 業 は 原 則 として 取 締 役 会 等 の 承 認 を 得 た 中 長 期 計 画 の 前 提 となった 数 値 ( 経 営 環 境 などの 企 業 の 外 部 要 因 に 関 する 情 報 や 企 業 が 用 いている 内 部 の 情 報 と 整 合 的 に 修 正 した 後 のもの)に 合 理 的 な 反 証 がない 限 り それまでの 計 画 に 基 づく 趨 勢 を 踏 ま えた 一 定 又 は 逓 減 する 成 長 率 (ゼロやマイナスになる 場 合 もある )の 仮 定 をおいて 見 積 る この 結 果 中 長 期 計 画 の 見 積 期 間 を 超 える 期 間 の 成 長 率 がプラスの 仮 定 の 場 合 には 当 該 将 来 キャッシュ フローの 金 額 は 逓 増 し 成 長 率 がマイナスの 仮 定 の 場 合 逓 減 することとなる (4) 資 産 又 は 資 産 グループの 将 来 キャッシュ フローの 見 積 りに 際 しては 現 金 基 準 に 基 づいて 見 積 る 方 法 のほか 発 生 基 準 に 基 づいて 見 積 った 金 額 に 当 該 資 産 又 は 資 産 グ ループの 減 価 償 却 費 などの 重 要 な 非 資 金 損 益 項 目 を 加 減 した 金 額 を 用 いることがで きる 37. 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかの 判 定 及 び 使 用 価 値 の 算 定 に 際 して 将 来 キャッシュ フ ローを 見 積 る 期 間 は 以 下 とする( 第 119 項 参 照 ) (1) 資 産 又 は 資 産 グループについて 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかを 判 定 するために 将 来 キャッシュ フローを 見 積 る 期 間 は 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 又 は 資 産 グループ 中 の 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 と 20 年 のいずれか 短 い 方 とする( 減 損 会 計 基

16 準 二 2.(2) 参 照 ) (2) 資 産 又 は 資 産 グループについて 使 用 価 値 の 算 定 のために 将 来 キャッシュ フロー を 見 積 る 期 間 は 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 又 は 資 産 グループ 中 の 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 とする (3) 共 用 資 産 に 関 して より 大 きな 単 位 でグルーピングを 行 う 場 合 減 損 損 失 を 認 識 す るかどうかを 判 定 するために 将 来 キャッシュ フローを 見 積 る 期 間 は 共 用 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 ( 共 用 資 産 が 複 数 ある 場 合 には 共 用 資 産 全 体 の 帳 簿 価 額 のうち その 帳 簿 価 額 が 大 きな 割 合 を 占 める 共 用 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 )と 20 年 のいず れか 短 い 方 とする また その 場 合 に 使 用 価 値 の 算 定 のために 将 来 キャッシュ フ ローを 見 積 る 期 間 は 共 用 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 ( 共 用 資 産 が 複 数 ある 場 合 には 共 用 資 産 全 体 の 帳 簿 価 額 のうち その 帳 簿 価 額 が 大 きな 割 合 を 占 める 共 用 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 )とする (4) のれんに 関 して より 大 きな 単 位 でグルーピングを 行 う 場 合 減 損 損 失 を 認 識 する かどうかを 判 定 するために 将 来 キャッシュ フローを 見 積 る 期 間 は 原 則 として の れんの 残 存 償 却 年 数 (のれんが 複 数 ある 場 合 には のれん 全 体 の 帳 簿 価 額 のうち そ の 帳 簿 価 額 が 大 きな 割 合 を 占 めるのれんの 残 存 償 却 年 数 )と 20 年 のいずれか 短 い 方 とする また その 場 合 に 使 用 価 値 の 算 定 のために 将 来 キャッシュ フローを 見 積 る 期 間 は 原 則 として のれんの 残 存 償 却 年 数 (のれんが 複 数 ある 場 合 には のれん 全 体 の 帳 簿 価 額 のうち その 帳 簿 価 額 が 大 きな 割 合 を 占 めるのれんの 残 存 償 却 年 数 ) とする 38. 将 来 キャッシュ フローは 資 産 又 は 資 産 グループの 継 続 的 使 用 と 使 用 後 の 処 分 によっ て 生 ずると 見 込 まれる 将 来 キャッシュ イン フローから 継 続 的 使 用 と 使 用 後 の 処 分 の ために 生 ずると 見 込 まれる 将 来 キャッシュ アウト フローを 控 除 して 見 積 る これらの 見 積 りに 含 められる 範 囲 は 以 下 のようにする[ 設 例 2] [ 設 例 3] (1) 将 来 キャッシュ フローの 見 積 りに 際 しては 資 産 又 は 資 産 グループの 現 在 の 使 用 状 況 及 び 合 理 的 な 使 用 計 画 等 を 考 慮 する( 減 損 会 計 基 準 二 4.(2) 参 照 ) このため 計 画 されていない 将 来 の 設 備 の 増 強 や 事 業 の 再 編 の 結 果 として 生 ずる 将 来 キャッシ ュ フローは 見 積 りに 含 めない( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 5) 参 照 ) (2) 資 産 又 は 資 産 グループの 現 在 の 使 用 状 況 及 び 合 理 的 な 使 用 計 画 等 を 考 慮 し 現 在 の 価 値 を 維 持 するための 合 理 的 な 設 備 投 資 に 関 連 する 将 来 キャッシュ フローは 見 積 りに 含 める( 減 損 会 計 意 見 書 四 2.(4)2 参 照 ) したがって 資 産 グループ 中 の 主 要 な 資 産 以 外 の 構 成 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 が 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 を 超 えない 場 合 ( 第 18 項 (3) 参 照 )でも 現 在 の 価 値 を 維 持 するための 合 理 的 な 設 備 投 資 により 構 成 資 産 が 引 き 続 き 存 在 するものと 仮 定 して 将 来 キャッシュ フロー を 見 積 る この 場 合 当 該 設 備 投 資 に 関 連 する 将 来 キャッシュ フローには 当 該 設 備 投 資 による 将 来 キャッシュ アウト フローや 主 要 な 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数

17 経 過 時 点 において 存 在 すると 仮 定 された 構 成 資 産 の 正 味 売 却 価 額 も 含 まれる (3) 将 来 の 用 途 が 定 まっていない 遊 休 資 産 については 現 在 の 状 況 に 基 づき 将 来 キャッ シュ フローを 見 積 る( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 5) 参 照 ) なお 資 産 グループに ついては 資 産 グループ 全 体 について 将 来 の 用 途 が 定 まっていない 遊 休 状 態 である 場 合 のみならず 主 要 な 資 産 ( 第 22 項 参 照 )が 将 来 の 用 途 が 定 まっていない 遊 休 資 産 である 場 合 にも 現 在 の 状 況 に 基 づき 将 来 キャッシュ フローを 見 積 ることとなる (4) 建 設 仮 勘 定 については 使 用 に 供 されていないが その 将 来 キャッシュ フローは 合 理 的 な 建 設 計 画 や 使 用 計 画 等 を 考 慮 して 完 成 後 に 生 ずると 見 込 まれる 将 来 キャッ シュ イン フローから 完 成 まで 及 び 完 成 後 に 生 ずると 見 込 まれる 将 来 キャッシュ アウト フローを 控 除 して 見 積 る[ 設 例 4] 39. 将 来 キャッシュ フローの 見 積 金 額 は 生 起 する 可 能 性 の 最 も 高 い 単 一 の 金 額 ( 最 頻 値 ) 又 は 生 起 しうる 複 数 の 将 来 キャッシュ フローをそれぞれの 確 率 で 加 重 平 均 した 金 額 ( 期 待 値 )( 減 損 会 計 基 準 二 4.(3) 参 照 )とされているが いずれの 場 合 でも 使 用 価 値 の 算 定 においては 将 来 キャッシュ フローが 見 積 値 から 乖 離 するリスクについて 将 来 キャ ッシュ フローの 見 積 りと 割 引 率 のいずれかに 反 映 させる 必 要 がある( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 6) 参 照 [ 設 例 5]) (1) 当 該 リスクは 実 務 上 割 引 率 に 反 映 させる 場 合 が 多 く この 場 合 には 当 該 リス クを 反 映 させない 将 来 キャッシュ フローと 第 45 項 による 割 引 率 により 使 用 価 値 を 算 定 する (2) 当 該 リスクを 将 来 キャッシュ フローの 見 積 りに 反 映 させた 場 合 には 貨 幣 の 時 間 価 値 だけを 反 映 した 無 リスクの 割 引 率 ( 第 46 項 参 照 )を 用 いて 使 用 価 値 を 算 定 する なお この 場 合 には 算 定 された 使 用 価 値 と 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 に 用 いられた 当 該 リスクを 反 映 させない 割 引 前 将 来 キャッシュ フロー( 第 19 項 参 照 )から 求 められ る 割 引 率 に 相 当 する 率 が 第 45 項 による 割 引 率 と 大 きく 相 違 しないことを 確 認 する 必 要 がある( 第 120 項 なお 書 き 参 照 ) 40. 資 産 又 は 資 産 グループの 将 来 キャッシュ フローの 見 積 りに 際 し 控 除 する 間 接 的 に 生 ず る 支 出 ( 減 損 会 計 基 準 二 4.(4) 参 照 )は 当 該 資 産 又 は 資 産 グループが 使 用 されている 営 業 活 動 に 関 連 して 生 ずる 将 来 キャッシュ アウト フローと 考 えられるが 現 金 基 準 に 基 づいて 見 積 る 方 法 のほか 発 生 基 準 に 基 づいて 見 積 る 方 法 (ただし この 場 合 でも 共 用 資 産 の 減 価 償 却 費 は 間 接 的 に 生 ずる 支 出 には 含 まれないことに 留 意 する )によること もできる( 第 121 項 参 照 ) なお 間 接 的 に 生 ずる 支 出 を 関 連 する 各 資 産 又 は 資 産 グループに 配 分 するための 合 理 的 な 方 法 には 原 価 計 算 基 準 の 33 間 接 費 の 配 賦 や セグメント 情 報 の 開 示 に 関 す る 会 計 手 法 の Ⅰ 2.(2) 直 課 できない 営 業 費 用 に 準 ずる 方 法 が 含 まれる 41. 将 来 キャッシュ フローの 見 積 りには 利 息 の 支 払 額 並 びに 法 人 税 等 の 支 払 額 及 び 還 付 額 を 含 めない( 減 損 会 計 基 準 二 4.(5) 参 照 ) ただし 固 定 資 産 の 建 設 に 要 する 支 払 利 息

18 で 稼 動 前 の 期 間 において 取 得 原 価 に 算 入 されている 場 合 は 完 成 時 まで 算 入 されると 考 え られる 利 息 の 支 払 額 を 将 来 キャッシュ アウト フローの 見 積 りに 含 める( 第 122 項 参 照 ) 42. 将 来 キャッシュ フローの 見 積 りには 利 息 の 受 取 額 を 含 めない ただし 賃 貸 不 動 産 の 預 り 保 証 金 の 運 用 益 相 当 額 のように 固 定 資 産 の 使 用 に 伴 って 直 接 的 に 生 ずると 考 えら れる 利 息 等 の 受 取 額 は 将 来 キャッシュ フローの 見 積 りに 含 めることができる( 第 123 項 参 照 ) 使 用 価 値 の 算 定 に 際 して 用 いられる 割 引 率 43. 減 損 損 失 の 測 定 にあたり 使 用 価 値 を 算 定 する 際 に 用 いられる 割 引 率 は 減 損 損 失 の 測 定 時 点 の 割 引 率 を 用 い( 第 124 項 参 照 ) 原 則 として 翌 期 以 降 の 会 計 期 間 においても 同 一 の 方 法 により 算 定 される また 将 来 キャッシュ フローが 税 引 前 の 数 値 であることに 対 応 して 割 引 率 も 税 引 前 の 数 値 を 用 いる 必 要 がある( 減 損 会 計 意 見 書 四 2.(5) 参 照 ) 44. 使 用 価 値 を 算 定 する 際 に 用 いられる 割 引 率 は 実 務 上 単 一 の 割 引 率 を 使 用 すると 考 え られるが 将 来 キャッシュ フローが 見 積 られる 期 間 のうち 異 なる 期 間 において 合 理 的 で 説 明 可 能 な 仮 定 及 び 予 測 に 基 づき 将 来 キャッシュ フローが 見 積 値 から 乖 離 するリスク や 貨 幣 の 時 間 価 値 が 相 違 するため 異 なる 期 間 について 異 なる 割 引 率 を 見 積 る 場 合 には 当 該 割 引 率 を 用 いることができる( 第 125 項 参 照 ) 45. 資 産 又 は 資 産 グループに 係 る 将 来 キャッシュ フローがその 見 積 値 から 乖 離 するリスク について 将 来 キャッシュ フローの 見 積 りに 反 映 されていない 場 合 使 用 価 値 の 算 定 に 際 して 用 いられる 割 引 率 は 貨 幣 の 時 間 価 値 と 将 来 キャッシュ フローがその 見 積 値 から 乖 離 するリスクの 両 方 を 反 映 したもの( 減 損 会 計 基 準 二 5. 参 照 )であり 以 下 のもの 又 はこれらを 総 合 的 に 勘 案 したものとなる( 第 124 項 から 第 127 項 参 照 [ 設 例 6]) (1) 当 該 企 業 における 当 該 資 産 又 は 資 産 グループに 固 有 のリスクを 反 映 した 収 益 率 企 業 は 内 部 管 理 目 的 の 経 営 資 料 や 使 用 計 画 等 企 業 が 用 いている 内 部 の 情 報 に 基 づき 当 該 資 産 又 は 資 産 グループに 係 る 収 益 率 を 算 定 する (2) 当 該 企 業 に 要 求 される 資 本 コスト 資 本 コストは 借 入 資 本 コストと 自 己 資 本 コス トを 加 重 平 均 した 資 本 コストを 用 いることが 適 当 である (3) 当 該 資 産 又 は 資 産 グループに 類 似 した 資 産 又 は 資 産 グループに 固 有 のリスクを 反 映 した 市 場 平 均 と 考 えられる 合 理 的 な 収 益 率 (4) 当 該 資 産 又 は 資 産 グループのみを 裏 付 け(いわゆるノンリコース)として 大 部 分 の 資 金 調 達 を 行 ったときに 適 用 されると 合 理 的 に 見 積 られる 利 率 46. 資 産 又 は 資 産 グループに 係 る 将 来 キャッシュ フローがその 見 積 値 から 乖 離 するリスク について 将 来 キャッシュ フローの 見 積 りに 反 映 させた 場 合 ( 第 39 項 (2) 参 照 )には 使 用 価 値 の 算 定 に 際 して 用 いられる 割 引 率 は 貨 幣 の 時 間 価 値 だけを 反 映 した 無 リスクの 割 引 率 となる( 減 損 会 計 意 見 書 四 2.(5) 参 照 ) したがって この 場 合 には 将 来 キャッ

19 シュ フローが 得 られるまでの 期 間 に 対 応 した 国 債 の 利 回 りを 割 引 率 として 用 いることと なる 47. 連 結 財 務 諸 表 において 連 結 の 見 地 から 個 別 財 務 諸 表 において 用 いられた 資 産 のグル ーピングの 単 位 が 見 直 された 場 合 ( 第 10 項 参 照 ) 原 則 として 使 用 価 値 の 算 定 に 際 して 用 いられる 割 引 率 も 資 産 のグルーピングに 応 じて 見 直 されることとなる( 第 128 項 参 照 ) 共 用 資 産 及 びのれんの 取 扱 い 共 用 資 産 の 取 扱 い 48. 共 用 資 産 に 減 損 の 兆 候 がある 場 合 ( 第 16 項 参 照 ) 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 及 び 測 定 は 原 則 として 以 下 のように 共 用 資 産 が 関 連 する 複 数 の 資 産 又 は 資 産 グループに 共 用 資 産 を 加 えた より 大 きな 単 位 で 行 う( 減 損 会 計 基 準 二 7. 参 照 [ 設 例 7-1]) (1) 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかの 判 定 は まず 共 用 資 産 が 関 連 する 資 産 又 は 資 産 グ ループに 減 損 の 兆 候 がある 場 合 当 該 資 産 又 は 資 産 グループごとに 行 い その 後 よ り 大 きな 単 位 で 行 う( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 7) 参 照 ) 共 用 資 産 を 含 まない 資 産 又 は 資 産 グループに 減 損 の 兆 候 がない 場 合 でも 共 用 資 産 に 減 損 の 兆 候 があるときに は より 大 きな 単 位 で 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかの 判 定 を 行 う (2) 共 用 資 産 を 含 む より 大 きな 単 位 について 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかを 判 定 する に 際 しては 共 用 資 産 を 含 まない 各 資 産 又 は 資 産 グループにおいて 算 定 された 減 損 損 失 控 除 前 の 帳 簿 価 額 に 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 を 加 えた 金 額 と より 大 きな 単 位 から 得 ら れる 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 ( 第 37 項 (3) 参 照 )とを 比 較 する 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 が 帳 簿 価 額 の 合 計 額 を 下 回 る 場 合 には 減 損 損 失 を 認 識 する (3) 減 損 損 失 の 測 定 も まず 資 産 又 は 資 産 グループごとに 行 い その 後 より 大 きな 単 位 で 行 う( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 7) 参 照 ) (4) 減 損 損 失 を 認 識 すべきであると 判 定 された 共 用 資 産 を 含 む より 大 きな 単 位 につい ては 共 用 資 産 を 含 まない 各 資 産 又 は 資 産 グループにおいて 算 定 された 減 損 損 失 控 除 前 の 帳 簿 価 額 に 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 を 加 えた 金 額 を より 大 きな 単 位 の 回 収 可 能 価 額 まで 減 額 する (5) 共 用 資 産 を 加 えることによって 算 定 される 減 損 損 失 の 増 加 額 は 原 則 として 共 用 資 産 に 配 分 する ただし 共 用 資 産 に 配 分 される 減 損 損 失 が 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 と 正 味 売 却 価 額 の 差 額 を 超 過 することが 明 らかな 場 合 には 当 該 超 過 額 を 各 資 産 又 は 資 産 グループに 合 理 的 な 基 準 により 配 分 する( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 8) 参 照 ) こ れは 以 下 のように 行 う( 第 129 項 参 照 ) 1 各 資 産 又 は 資 産 グループの 回 収 可 能 価 額 が 容 易 に 把 握 できる 場 合 には 当 該 回 収 可 能 価 額 を 下 回 る 結 果 とならないように 当 該 超 過 額 を 各 資 産 又 は 資 産 グループ の 帳 簿 価 額 と 回 収 可 能 価 額 の 差 額 の 比 率 等 により 配 分 する

20 2 各 資 産 又 は 資 産 グループの 回 収 可 能 価 額 が 容 易 に 把 握 できない 場 合 には 当 該 超 過 額 を 各 資 産 又 は 資 産 グループの 帳 簿 価 額 の 比 率 等 により 配 分 する ただし 各 資 産 又 は 資 産 グループの 一 部 の 回 収 可 能 価 額 が 容 易 に 把 握 できる 場 合 には 当 該 回 収 可 能 価 額 を 下 回 る 結 果 とならないように 合 理 的 な 基 準 により 回 収 可 能 価 額 が 容 易 に 把 握 できない 構 成 資 産 に 減 損 損 失 を 配 分 することができる 49. 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 を 各 資 産 又 は 資 産 グループに 配 分 する 方 法 ( 減 損 会 計 基 準 二 7. 参 照 )を 採 用 するにあたっては 以 下 の 点 に 留 意 する( 第 130 項 参 照 ) (1) 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 を 各 資 産 又 は 資 産 グループに 配 分 して 管 理 会 計 を 行 っている 場 合 や 共 用 資 産 が 各 資 産 又 は 資 産 グループの 将 来 キャッシュ フローの 生 成 に 密 接 に 関 連 し その 寄 与 する 度 合 いとの 間 に 強 い 相 関 関 係 を 持 つ 合 理 的 な 配 賦 基 準 が 存 在 する 場 合 には 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 を 当 該 共 用 資 産 に 関 連 する 各 資 産 又 は 資 産 グルー プに 当 該 合 理 的 な 配 賦 基 準 で 配 分 することができる (2) 当 期 に 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 を 各 資 産 又 は 資 産 グループに 配 分 する 方 法 を 採 用 した 場 合 には 翌 期 以 降 の 会 計 期 間 においても 同 じ 方 法 を 採 用 する 必 要 がある ただし 事 実 関 係 が 変 化 した 場 合 ( 例 えば 資 産 のグルーピングの 変 更 主 要 な 資 産 の 変 更 資 産 グループ 内 での 設 備 の 増 強 や 大 規 模 な 処 分 資 産 グループ 内 の 構 成 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 の 変 更 共 用 資 産 自 体 の 設 備 の 増 強 や 経 済 的 残 存 使 用 年 数 の 変 更 など) には この 限 りではない (3) 当 該 企 業 の 類 似 の 資 産 又 は 資 産 グループにおいては 同 じ 方 法 を 採 用 する 必 要 があ る 50. 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 を 各 資 産 又 は 資 産 グループに 配 分 する 方 法 ( 第 49 項 参 照 )を 採 用 する 場 合 には 配 分 された 各 資 産 又 は 資 産 グループに 減 損 の 兆 候 があるとき( 第 16 項 な お 書 き 参 照 )に 以 下 のように 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 及 び 測 定 を 行 う[ 設 例 7-2] (1) 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 を 当 該 共 用 資 産 に 関 連 する 各 資 産 又 は 資 産 グループに 配 分 し たうえで 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかを 判 定 する (2) 各 資 産 又 は 資 産 グループの 帳 簿 価 額 に 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 を 配 分 した 額 を 加 えた 金 額 を 回 収 可 能 価 額 まで 減 額 する (3) 共 用 資 産 の 帳 簿 価 額 を 配 分 した 各 資 産 グループにおいて 認 識 された 減 損 損 失 は 帳 簿 価 額 に 基 づく 比 例 配 分 等 の 合 理 的 な 方 法 により 共 用 資 産 の 配 分 額 を 含 む 当 該 資 産 グループの 各 構 成 資 産 に 配 分 する( 第 26 項 参 照 ) のれんの 取 扱 い 51. のれんを 認 識 した 取 引 において 取 得 された 事 業 の 単 位 が 複 数 である 場 合 には のれんの 帳 簿 価 額 を 合 理 的 な 基 準 に 基 づき 分 割 する( 減 損 会 計 基 準 二 8. 参 照 ) (1) のれんの 帳 簿 価 額 を 分 割 し 帰 属 させる 事 業 の 単 位 は 取 得 の 対 価 が 概 ね 独 立 して 決 定 され かつ 取 得 後 も 内 部 管 理 上 独 立 した 業 績 報 告 が 行 われる 単 位 とする( 減 損 会

21 計 基 準 注 解 ( 注 9) 参 照 ) (2) のれんの 帳 簿 価 額 の 分 割 は のれんが 認 識 された 取 引 において 取 得 された 事 業 の 取 得 時 における 時 価 の 比 率 に 基 づいて 行 う 方 法 その 他 合 理 的 な 方 法 による( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 10) 参 照 ) その 他 合 理 的 な 方 法 には 取 得 された 事 業 の 取 得 時 におけ る 時 価 と 当 該 事 業 の 純 資 産 ( 資 産 総 額 と 負 債 総 額 の 差 額 )の 時 価 との 差 額 の 比 率 に 基 づいて 行 う 方 法 等 が 含 まれる 52. 分 割 されたのれんを 含 む より 大 きな 単 位 に 減 損 の 兆 候 がある 場 合 ( 第 17 項 参 照 ) 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 及 び 測 定 は 原 則 として のれんが 帰 属 する 事 業 に 関 連 する 複 数 の 資 産 グループにのれんを 加 えた より 大 きな 単 位 で 行 う( 減 損 会 計 基 準 二 8. 参 照 [ 設 例 8]) (1) 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかの 判 定 は まず のれんが 帰 属 する 事 業 に 関 連 する 資 産 グループに 減 損 の 兆 候 がある 場 合 当 該 資 産 グループごとに 行 い その 後 より 大 きな 単 位 で 行 う( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 7) 参 照 ) のれんを 含 まない 資 産 グルー プに 減 損 の 兆 候 がない 場 合 でも のれんを 含 む より 大 きな 単 位 に 減 損 の 兆 候 がある ときには より 大 きな 単 位 で 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかの 判 定 を 行 う (2) のれんを 含 む より 大 きな 単 位 について 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかを 判 定 するに 際 しては のれんを 含 まない 各 資 産 グループにおいて 算 定 された 減 損 損 失 控 除 前 の 帳 簿 価 額 にのれんの 帳 簿 価 額 を 加 えた 金 額 と より 大 きな 単 位 から 得 られる 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 ( 第 37 項 (4) 参 照 )とを 比 較 する 割 引 前 将 来 キャッシュ フローの 総 額 が 帳 簿 価 額 の 合 計 額 を 下 回 る 場 合 には 減 損 損 失 を 認 識 する (3) 減 損 損 失 の 測 定 も まず 資 産 グループごとに 行 い その 後 より 大 きな 単 位 で 行 う( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 7) 参 照 ) (4) 減 損 損 失 を 認 識 すべきであると 判 定 されたのれんを 含 む より 大 きな 単 位 について は のれんを 含 まない 各 資 産 グループにおいて 算 定 された 減 損 損 失 控 除 前 の 帳 簿 価 額 にのれんの 帳 簿 価 額 を 加 えた 金 額 を より 大 きな 単 位 の 回 収 可 能 価 額 まで 減 額 する (5) のれんを 加 えることによって 算 定 される 減 損 損 失 の 増 加 額 は 原 則 として のれん に 配 分 する ただし のれんに 配 分 された 減 損 損 失 が のれんの 帳 簿 価 額 を 超 過 する 場 合 には 当 該 超 過 額 を 合 理 的 な 基 準 により 各 資 産 グループに 配 分 する( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 11) 参 照 )(この 際 の 合 理 的 な 基 準 については 第 48 項 (5) 参 照 ) 53. のれんの 帳 簿 価 額 を 各 資 産 グループに 配 分 する 方 法 ( 減 損 会 計 基 準 二 8. 参 照 )を 採 用 するにあたっては 以 下 の 点 に 留 意 する( 第 133 項 参 照 ) (1) のれんの 帳 簿 価 額 を 各 資 産 グループに 配 分 して 管 理 会 計 を 行 っている 場 合 や のれ んが 帰 属 する 事 業 が 各 資 産 グループの 将 来 キャッシュ フローの 生 成 に 密 接 に 関 連 し その 寄 与 する 度 合 いとの 間 に 強 い 相 関 関 係 を 持 つ 合 理 的 な 配 賦 基 準 が 存 在 する 場 合 には のれんの 帳 簿 価 額 を 各 資 産 グループに 当 該 合 理 的 な 配 賦 基 準 で 配 分 すること ができる

22 (2) 当 期 にのれんの 帳 簿 価 額 を 各 資 産 グループに 配 分 する 方 法 を 採 用 した 場 合 には 翌 期 以 降 の 会 計 期 間 においても 同 じ 方 法 を 採 用 する 必 要 がある ただし 事 実 関 係 が 変 化 した 場 合 ( 例 えば 資 産 のグルーピングの 変 更 主 要 な 資 産 の 変 更 資 産 グループ 内 での 設 備 の 増 強 や 大 規 模 な 処 分 資 産 グループ 内 の 構 成 資 産 の 経 済 的 残 存 使 用 年 数 の 変 更 など)には この 限 りではない (3) 当 該 企 業 の 類 似 の 資 産 グループにおいては 同 じ 方 法 を 採 用 する 必 要 がある 54. のれんの 帳 簿 価 額 を 各 資 産 グループに 配 分 する 方 法 ( 第 53 項 参 照 )を 採 用 する 場 合 に は 配 分 された 各 資 産 グループに 減 損 の 兆 候 があるとき( 第 17 項 また 書 き 参 照 )に 以 下 のように 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 及 び 測 定 を 行 う (1) のれんの 帳 簿 価 額 を 当 該 のれんが 帰 属 する 事 業 に 関 連 する 各 資 産 グループに 配 分 したうえで 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかを 判 定 する (2) 各 資 産 グループの 帳 簿 価 額 にのれんの 帳 簿 価 額 を 配 分 した 額 を 加 えた 金 額 を 回 収 可 能 価 額 まで 減 額 する (3) のれんの 帳 簿 価 額 を 配 分 した 各 資 産 グループにおいて 認 識 された 減 損 損 失 は のれ んに 優 先 的 に 配 分 し 残 額 は 帳 簿 価 額 に 基 づく 比 例 配 分 等 の 合 理 的 な 方 法 により 当 該 資 産 グループの 各 構 成 資 産 に 配 分 する( 第 26 項 参 照 ) 減 損 処 理 後 の 会 計 処 理 55. 減 損 損 失 の 戻 入 れは 行 わず また 減 損 処 理 を 行 った 資 産 については 減 損 損 失 を 控 除 した 帳 簿 価 額 に 基 づき 減 価 償 却 を 行 う( 減 損 会 計 基 準 三 1. 及 び 2. 参 照 ) したがって 減 損 損 失 を 控 除 した 帳 簿 価 額 から 残 存 価 額 を 控 除 した 金 額 を 企 業 が 採 用 している 減 価 償 却 の 方 法 に 従 って 規 則 的 合 理 的 に 配 分 することとなる( 第 134 項 及 び 第 135 項 参 照 ) また 減 損 処 理 後 販 売 目 的 で 保 有 するために 流 動 資 産 に 振 り 替 える 場 合 ( 第 136 項 参 照 )を 除 き 処 分 が 予 定 されているときでも 残 存 価 額 まで 減 価 償 却 を 行 う( 第 137 項 参 照 ) 56. 減 損 処 理 を 行 った 遊 休 資 産 ( 第 72 項 参 照 )について 減 損 処 理 後 の 減 価 償 却 費 は 原 則 として 営 業 外 費 用 として 処 理 する なお 減 損 処 理 を 行 うこととはされなかった 遊 休 資 産 についても 減 価 償 却 を 行 うこととなるが 当 該 遊 休 資 産 の 減 価 償 却 費 についても 原 則 として 営 業 外 費 用 として 処 理 する( 第 138 項 参 照 ) 開 示 貸 借 対 照 表 における 表 示 57. 減 損 処 理 を 行 った 資 産 の 貸 借 対 照 表 における 表 示 は 以 下 のように 行 う( 減 損 会 計 基 準 四 1. 参 照 ) (1) 原 則 として 減 損 処 理 前 の 取 得 原 価 から 減 損 損 失 を 直 接 控 除 し 控 除 後 の 金 額 をそ の 後 の 取 得 原 価 とする 形 式 ( 以 下 直 接 控 除 形 式 という )で 表 示 する

23 (2) ただし 減 価 償 却 を 行 う 有 形 固 定 資 産 については 当 該 資 産 に 対 する 減 損 損 失 累 計 額 を 取 得 原 価 から 間 接 控 除 する 形 式 ( 以 下 独 立 間 接 控 除 形 式 という )で 表 示 することもできる (3) (2)の 場 合 減 損 損 失 累 計 額 を 減 価 償 却 累 計 額 に 合 算 して 表 示 ( 以 下 合 算 間 接 控 除 形 式 という )することができる 減 損 処 理 を 行 った 資 産 の 貸 借 対 照 表 における 表 示 形 式 は 例 えば 減 価 償 却 累 計 額 につ いては 各 資 産 科 目 に 対 する 控 除 項 目 として 掲 記 する( 間 接 控 除 形 式 )が 減 損 損 失 につい ては 直 接 控 除 形 式 を 採 るなど 減 価 償 却 累 計 額 の 表 示 形 式 と 同 じものである 必 要 はない( 第 139 項 参 照 ) 注 記 58. 重 要 な 減 損 損 失 を 認 識 した 場 合 には 損 益 計 算 書 ( 特 別 損 失 )に 係 る 注 記 事 項 として 以 下 の 項 目 を 注 記 する( 減 損 会 計 基 準 四 3. 及 び 第 140 項 参 照 ) (1) 減 損 損 失 を 認 識 した 資 産 又 は 資 産 グループについては その 用 途 種 類 場 所 など の 概 要 (2) 減 損 損 失 の 認 識 に 至 った 経 緯 (3) 減 損 損 失 の 金 額 については 特 別 損 失 に 計 上 した 金 額 と 主 な 固 定 資 産 の 種 類 ごとの 減 損 損 失 の 内 訳 (4) 資 産 グループについて 減 損 損 失 を 認 識 した 場 合 には 当 該 資 産 グループの 概 要 と 資 産 をグルーピングした 方 法 (5) 回 収 可 能 価 額 が 正 味 売 却 価 額 の 場 合 には その 旨 及 び 時 価 の 算 定 方 法 回 収 可 能 価 額 が 使 用 価 値 の 場 合 にはその 旨 及 び 割 引 率 ( 第 141 項 参 照 ) ただし 減 損 会 計 基 準 を 初 めて 適 用 した 事 業 年 度 においては 減 損 損 失 を 計 上 していな くとも 全 般 的 な 資 産 のグルーピングの 方 針 等 を 注 記 することができる( 第 140 項 参 照 ) 59. 前 項 で 示 された 注 記 事 項 は 資 産 グループごとに 記 載 する ただし 多 数 の 資 産 グルー プにおいて 重 要 な 減 損 損 失 が 発 生 している 場 合 には 資 産 の 用 途 や 場 所 等 に 基 づいて ま とめて 記 載 することができる その 他 借 手 側 が 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 について リース 資 産 の 計 上 額 を 算 定 する 上 でリース 料 総 額 から 利 息 相 当 額 の 合 理 的 な 見 積 額 を 控 除 しない 方 法 によっている 場 合 の 取 扱 い 借 手 側 が 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 について 通 常 の 売 買 取 引 に 係 る 方 法 に 準 じて 会 計 処 理 を 行 っている 場 合 ファイナンス リース 取 引 により 使 用 している 資 産 ( 以 下 リース 資 産 という ) 及 びリース 債 務 の 計 上 額 を 算 定 するにあたっては 原 則 として リース 料 総 額 からこれに 含 まれている 利 息 相 当 額 の 合 理 的 な 見 積 額 を 控 除 する 方

24 法 によるが リース 資 産 総 額 に 重 要 性 が 乏 しいと 認 められるときには 利 息 相 当 額 の 合 理 的 な 見 積 額 を 控 除 しない 方 法 によることができる( 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 16 号 リース 取 引 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 ( 以 下 リース 適 用 指 針 という ) 第 31 項 (1) 参 照 ) 当 該 利 息 相 当 額 の 合 理 的 な 見 積 額 を 控 除 しない 方 法 によっている 場 合 でも リース 資 産 又 は 当 該 リース 資 産 を 含 む 資 産 グループに 関 する 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 及 び 減 損 損 失 の 測 定 にあたっては その 時 点 における 利 息 相 当 額 の 合 理 的 な 見 積 額 をリース 資 産 から 控 除 して 行 うことができる 上 記 の 取 扱 いにより リース 資 産 に 関 する 減 損 損 失 を 計 上 する 上 でリース 資 産 から 利 息 相 当 額 の 合 理 的 な 見 積 額 を 控 除 する 場 合 同 額 をリース 債 務 から 控 除 する 当 該 リース 債 務 から 控 除 された 利 息 相 当 額 については 原 則 として 残 存 リース 期 間 にわたり 利 息 法 に より 配 分 するが 定 額 法 により 配 分 することができる 借 手 側 が 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 について 通 常 の 賃 貸 借 取 引 に 係 る 方 法 に 準 じ て 会 計 処 理 を 行 っている 場 合 の 取 扱 い 60. 借 手 側 が 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 について 通 常 の 賃 貸 借 取 引 に 係 る 方 法 に 準 じて 会 計 処 理 を 行 っている 場 合 リース 資 産 又 は 当 該 リース 資 産 を 含 む 資 産 グル ープの 減 損 処 理 を 検 討 するにあたっては 当 該 リース 資 産 の 未 経 過 リース 料 の 現 在 価 値 を 当 該 リース 資 産 の 帳 簿 価 額 とみなして 減 損 会 計 基 準 を 適 用 する( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 12)1. 及 び 第 143 項 参 照 ) その 結 果 リース 資 産 に 配 分 された 減 損 損 失 は 重 要 性 がある 場 合 には 負 債 の 部 におい て リース 資 産 減 損 勘 定 等 適 切 な 科 目 をもって 計 上 する 当 該 負 債 は リース 契 約 の 残 存 期 間 にわたり 定 額 法 によって 取 り 崩 され 当 該 取 崩 額 は 各 事 業 年 度 の 支 払 リース 料 と 相 殺 する( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 12)2. 及 び 第 143 項 参 照 ) 61. リース 資 産 及 びリース 資 産 を 含 む 資 産 グループに 関 する 減 損 の 兆 候 の 把 握 減 損 損 失 を 認 識 するかどうかの 判 定 及 び 減 損 損 失 の 測 定 は 通 常 の 資 産 に 準 じて 行 う 当 該 資 産 グルー プについて 認 識 された 減 損 損 失 は 通 常 の 場 合 と 同 様 に 合 理 的 な 方 法 により 資 産 グルー プの 各 構 成 資 産 (オペレーティング リース 取 引 により 使 用 している 資 産 を 除 く )に 配 分 する( 第 26 項 参 照 [ 設 例 9]) なお 当 該 リース 資 産 の 帳 簿 価 額 とみなされる 金 額 ( 第 144 項 参 照 )と 比 較 される 将 来 キャッシュ アウト フローには 将 来 の 支 払 リース 料 が 含 まれないことに 留 意 する ま た 減 損 会 計 基 準 の 対 象 とはされないオペレーティング リース 取 引 を 含 む 資 産 グループ の 将 来 キャッシュ アウト フローには 当 該 取 引 に 係 る 将 来 の 支 払 リース 料 が 含 まれる 62. 未 経 過 リース 料 の 現 在 価 値 に 代 えて 割 引 前 の 未 経 過 リース 料 を リース 資 産 の 帳 簿 価 額 とみなすことができるというリース 資 産 の 重 要 性 が 低 い 場 合 ( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 12)1.ただし 書 き 参 照 )とは リース 資 産 総 額 に 重 要 性 が 乏 しいと 認 められる 場 合 (リー ス 適 用 指 針 付 録 ( 注 2) 参 照 ))を 指 す ただし この 場 合 でも 減 損 損 失 を 測 定 する 際

25 の 回 収 可 能 価 額 の 算 定 においては 現 在 価 値 に 割 り 引 くことに 留 意 する また 個 々のリース 資 産 ( 当 該 リース 資 産 に 係 るリース 取 引 開 始 日 が 企 業 会 計 基 準 第 13 号 リース 取 引 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 リース 会 計 基 準 という ) 適 用 初 年 度 開 始 後 か 否 かは 問 わない)に 重 要 性 が 乏 しいと 認 められる 場 合 (リース 適 用 指 針 第 35 項 参 照 ) 当 該 リース 資 産 は 減 損 会 計 基 準 の 対 象 とはしないことができる 中 間 会 計 期 間 において 減 損 処 理 を 行 った 資 産 に 係 る 取 扱 い 63. 中 間 会 計 期 間 において 減 損 処 理 を 行 った 場 合 には 年 度 決 算 までに 資 産 又 は 資 産 グルー プに 新 たな 減 損 の 兆 候 があり 追 加 的 に 減 損 損 失 を 認 識 すべきであると 判 定 される 場 合 を 除 き 年 度 決 算 において 中 間 会 計 期 間 を 含 む 事 業 年 度 全 体 を 対 象 として 改 めて 会 計 処 理 を 行 わない( 第 145 項 参 照 ) 再 評 価 を 行 った 土 地 について 減 損 処 理 を 行 った 場 合 の 土 地 再 評 価 差 額 金 の 取 扱 い 64. 土 地 の 再 評 価 に 関 する 法 律 により 再 評 価 を 行 った 土 地 については 再 評 価 後 の 帳 簿 価 額 に 基 づいて 減 損 会 計 を 適 用 する( 減 損 会 計 意 見 書 五 3. 参 照 ) この 場 合 減 損 処 理 を 行 った 部 分 に 係 る 土 地 再 評 価 差 額 金 は 取 り 崩 すこととなる( 土 地 の 再 評 価 に 関 する 法 律 第 8 条 第 2 項 参 照 )と 解 されるが 法 律 の 定 めのもとで 計 上 された 土 地 再 評 価 差 額 金 は 売 却 した 場 合 と 同 様 に 剰 余 金 修 正 を 通 して 繰 越 利 益 剰 余 金 に 繰 り 入 れる( 第 146 項 参 照 [ 設 例 10]) 実 施 時 期 等 65. 本 適 用 指 針 の 適 用 は 次 のとおりとする (1) 平 成 15 年 10 月 公 表 の 本 適 用 指 針 ( 以 下 平 成 15 年 適 用 指 針 という )は 減 損 会 計 基 準 の 実 施 ( 減 損 会 計 意 見 書 五 1. 参 照 )にあわせて 適 用 されることとなる なお 減 損 会 計 基 準 を 早 期 に 適 用 した 場 合 でも 正 当 な 理 由 による 会 計 方 針 の 変 更 に 該 当 することに 留 意 する (2) 平 成 20 年 1 月 改 正 の 本 適 用 指 針 ( 以 下 平 成 20 年 改 正 適 用 指 針 という )の 適 用 時 期 は リース 会 計 基 準 と 同 様 とする (3) 平 成 21 年 改 正 の 本 適 用 指 針 ( 以 下 平 成 21 年 改 正 適 用 指 針 という )の 適 用 時 期 は 平 成 20 年 に 改 正 された 企 業 会 計 基 準 第 21 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 と 同 様 とする 66. ( 削 除 )

26 議 決 67. 平 成 15 年 適 用 指 針 は 第 43 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 に 出 席 した 委 員 12 名 全 員 の 賛 成 に より 承 認 された 平 成 20 年 改 正 適 用 指 針 は 第 144 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 に 出 席 した 委 員 12 名 全 員 の 賛 成 により 承 認 された 平 成 21 年 改 正 適 用 指 針 は 第 173 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 に 出 席 した 委 員 13 名 全 員 の 賛 成 により 承 認 された

27 結 論 の 背 景 対 象 資 産 68. 減 損 会 計 基 準 及 び 本 適 用 指 針 の 対 象 となる 固 定 資 産 には 有 形 固 定 資 産 無 形 固 定 資 産 及 び 投 資 その 他 の 資 産 が 含 まれる( 第 5 項 参 照 ) したがって 国 際 会 計 基 準 の 動 向 に 則 して 時 価 評 価 や 時 価 情 報 の 注 記 の 必 要 性 が 検 討 されたいわゆる 投 資 不 動 産 も 含 まれ( 減 損 会 計 意 見 書 六 1. 参 照 ) また 有 形 固 定 資 産 に 属 する 建 設 仮 勘 定 ( 第 13 項 (7) 第 27 項 及 び 第 38 項 (4) 参 照 )や のれん( 第 17 項 参 照 ) 長 期 前 払 費 用 (ただし 長 期 前 払 利 息 など 財 務 活 動 から 生 ずる 費 用 に 関 する 経 過 勘 定 項 目 は 除 く )も 含 まれる また 所 有 権 移 転 外 ファイナンス リース 取 引 のうち 借 手 側 が 当 該 ファイナンス リース 取 引 によ り 使 用 しているリース 資 産 を 通 常 の 賃 貸 借 取 引 に 係 る 方 法 に 準 じて 会 計 処 理 を 行 ってい る 場 合 (リース 適 用 指 針 第 34 項 及 び 第 79 項 参 照 ) 貸 借 対 照 表 上 固 定 資 産 に 計 上 され ていないリース 資 産 も 対 象 に 含 まれる( 減 損 会 計 基 準 注 解 ( 注 12) 及 び 第 60 項 参 照 ) 繰 延 資 産 は 貸 借 対 照 表 上 固 定 資 産 に 分 類 されていないため 本 適 用 指 針 の 対 象 とはな らないと 考 えられるが 支 出 の 効 果 が 期 待 されなくなった 場 合 には 一 時 的 に 償 却 される こととなる( 財 務 諸 表 等 規 則 ガイドライン 95 の 2 2 参 照 ) なお 貸 借 対 照 表 上 固 定 資 産 という 科 目 を 用 いていない 業 種 においても その 内 容 か ら 一 般 の 企 業 における 有 形 固 定 資 産 無 形 固 定 資 産 及 び 投 資 その 他 の 資 産 に 該 当 するも のは 本 適 用 指 針 の 対 象 となる 固 定 資 産 に 含 まれることに 留 意 する 69. 他 の 基 準 に 減 損 処 理 に 関 する 定 めがある 資 産 は 対 象 資 産 から 除 かれる( 減 損 会 計 基 準 一 参 照 )が これは 必 ずしも 減 損 処 理 という 文 言 が 用 いられてはいないが 類 似 した 会 計 処 理 が 規 定 されているという 意 味 と 解 される また 他 の 会 計 基 準 ではなくとも 具 体 的 な 指 針 等 において すでに 減 損 処 理 に 類 似 した 会 計 処 理 が 規 定 されている 場 合 は 対 象 資 産 から 除 くことが 適 当 である したがって 研 究 開 発 費 等 に 係 る 会 計 基 準 において 無 形 固 定 資 産 として 計 上 されている 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアは 未 償 却 残 高 が 翌 期 以 降 の 見 込 販 売 収 益 の 額 を 上 回 った 場 合 当 該 超 過 額 は 一 時 の 費 用 又 は 損 失 として 処 理 する ( 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 12 号 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 第 20 項 参 照 )ため 対 象 資 産 からは 除 かれることとなる( 第 6 項 (3) 参 照 ) なお 自 社 利 用 のソフトウェアについては 臨 時 償 却 に 類 似 した 処 理 が 定 められている ( 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 第 21 項 参 照 )が 減 損 処 理 に 類 似 した 会 計 処 理 は 規 定 されていないため 対 象 資 産 となると 考 えられる また 自 社 利 用 のソフトウェアのうち ソフトウェアを 用 いて 外 部 へ 業 務 処 理 等 のサービスを 提 供 する 契 約 等 が 締 結 されている 場 合 等 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアに 準 じて 見 込 販 売 数 量 や 見 込 販 売 収 益 に 基 づく 方 法 で 償 却 を 行 っていても 通 常 未 償 却 残 高 が 翌 期 以 降 の 見 込 販 売 収 益 の 額 を 上 回 ったときに 当 該 超 過 額 を 一 時 の 費 用 又 は 損 失 として 処 理 されてい ないため その 場 合 には 対 象 資 産 となる

28 資 産 のグルーピング 70. 複 数 の 資 産 が 一 体 となって 独 立 したキャッシュ フローを 生 み 出 す 場 合 には 減 損 の 兆 候 の 把 握 減 損 損 失 の 認 識 の 判 定 及 び 減 損 損 失 の 測 定 に 際 して 合 理 的 な 範 囲 で 資 産 のグ ルーピングを 行 う 必 要 がある( 減 損 会 計 意 見 書 四 2.(6)1 参 照 ) 様 々な 事 業 を 営 む 企 業 における 資 産 のグルーピングの 方 法 を 一 義 的 に 示 すことは 困 難 であり 実 務 的 には 管 理 会 計 上 の 区 分 や 投 資 の 意 思 決 定 ( 資 産 の 処 分 や 事 業 の 廃 止 に 関 する 意 思 決 定 を 含 む )を 行 う 際 の 単 位 等 を 考 慮 してグルーピングの 方 法 を 定 めることになると 考 えられる 本 適 用 指 針 では 資 産 のグルーピングを 行 う 手 順 を 例 示 することにより 実 務 的 な 指 針 として 役 立 てることを 考 えている( 第 7 項 参 照 ) (1) 例 示 において 本 適 用 指 針 では 企 業 は 資 産 と 対 応 して 継 続 的 に 収 支 の 把 握 がな されている 単 位 を 識 別 し グルーピングの 単 位 を 決 定 する 基 礎 とするものとしている 一 般 に 管 理 会 計 上 の 区 分 は 事 業 別 製 品 別 地 域 別 などの 区 分 を 基 礎 にして 行 わ れていると 考 えられるが 継 続 的 に 収 支 の 把 握 がなされている 単 位 は 予 算 や 業 績 評 価 の 単 位 より 小 さい 場 合 もある 収 支 の 把 握 は 必 ずしも 現 金 基 準 に 基 づくものでは なく 発 生 基 準 に 基 づく 損 益 の 把 握 でもよい また 賃 貸 ビルや 小 売 用 店 舗 のように 資 産 の 利 用 とキャッシュ フローが 直 接 的 に 関 連 づけられやすい 資 産 については 当 該 資 産 ごとに 継 続 的 な 収 支 の 把 握 が 行 われ ている 場 合 が 多 いと 考 えられる なお 事 業 の 種 類 や 業 態 によっては 当 該 資 産 から 生 ずるキャッシュ イン フロ ーが 他 の 資 産 から 生 ずるキャッシュ イン フローと 相 互 補 完 的 ( 第 7 項 (2) 参 照 ) であるため 管 理 会 計 上 も 合 理 的 な 内 部 振 替 価 額 を 用 いて 収 入 の 把 握 を 行 うことが 困 難 な 場 合 がある また 当 該 資 産 に 係 るキャッシュ フローに 見 積 要 素 が 極 めて 多 い ため 管 理 会 計 上 資 産 ごと 又 は 複 数 の 資 産 をまとめた 単 位 では 継 続 的 な 収 支 の 把 握 に 意 義 を 見 出 せない 場 合 がある このような 場 合 企 業 の 継 続 的 な 収 支 は 当 該 事 業 を 行 っている 大 きさでしか 把 握 されていないことがあるが 管 理 会 計 上 の 目 的 や 効 果 から 合 理 性 を 有 するものに 限 られることに 留 意 する 必 要 がある さらに 本 適 用 指 針 では 資 産 のグルーピングの 単 位 を 決 定 する 基 礎 は 原 則 とし て 小 さくとも 物 理 的 な 1 つの 資 産 になると 考 えている これは 固 定 資 産 の 減 損 会 計 は 資 産 を 対 象 とするため 1 つの 資 産 において 継 続 的 に 収 支 の 把 握 がなされて いる 単 位 が 複 数 存 在 する 場 合 でも 1 つの 資 産 を 細 分 化 して 減 損 処 理 の 対 象 とするこ とは 適 切 ではないと 考 えられることによる ただし 物 理 的 な 1 つの 資 産 でも 仕 様 が 異 なる 等 のため 複 数 からなる 資 産 と 考 え られる 場 合 もある これには 商 業 ビルにおいて 仕 様 が 異 ならなくとも 自 社 利 用 部 分 と 外 部 賃 貸 部 分 とが 長 期 継 続 的 に 区 分 されるような 場 合 も 含 めることができるも のと 考 えられる (2) 継 続 的 に 収 支 の 把 握 がなされているグルーピングの 単 位 を 決 定 する 基 礎 が 特 定 の

29 製 品 やサービスと 関 連 していると 想 定 される 場 合 でも 複 数 のグルーピングの 単 位 を 決 定 する 基 礎 が 生 み 出 す 製 品 やサービスの 性 質 市 場 などに 類 似 性 等 があり(これに は 販 売 方 法 として 契 約 に 基 づく 継 続 的 な 一 括 販 売 などを 含 む ) それらから 生 ず るキャッシュ イン フローが 相 互 に 補 完 的 な 影 響 を 及 ぼしあっている 場 合 には 当 該 単 位 を 切 り 離 したときに 他 の 単 位 から 生 ずるキャッシュ イン フローに 大 きな 影 響 を 及 ぼすことがある このような 場 合 には 当 該 単 位 を 切 り 離 すことにより 企 業 の 実 態 を 適 切 に 反 映 しない 結 果 となることが 考 えられるため これらの 複 数 の 単 位 を グルーピングすることが 適 当 である なお グルーピングの 単 位 を 決 定 する 基 礎 において 内 部 取 引 が 存 在 し 合 理 的 な 内 部 振 替 価 額 ( 例 えば 企 業 が 外 部 からの 収 入 価 額 に 基 づく 適 切 な 内 部 振 替 価 額 )によ り 管 理 会 計 上 キャッシュ イン フローを 擬 制 している 場 合 他 の 単 位 から 生 ずる キャッシュ イン フローと 相 互 補 完 的 でなければ 当 該 単 位 を 切 り 離 したときに 他 の 単 位 から 生 ずるキャッシュ イン フローに 大 きな 影 響 を 及 ぼすものとしては 取 り 扱 わず 他 の 単 位 とグルーピングを 行 わないこととなる また 稀 ではあるが 法 規 制 によって 企 業 に 製 品 やサービスの 供 給 義 務 が 課 されて おり このため 販 売 価 格 の 認 可 制 や 広 い 安 全 管 理 義 務 があり 拡 張 撤 退 が 自 由 にで きないような 場 合 には 供 給 義 務 が 課 されている 資 産 又 は 複 数 の 資 産 を 切 り 離 したと きに 他 の 単 位 から 生 ずるキャッシュ イン フローに 大 きな 影 響 を 及 ぼすものと 考 え られるため 当 該 資 産 から 生 ずるキャッシュ イン フローには 相 互 補 完 的 な 影 響 が あることに 該 当 すると 考 えられる 71. 資 産 のグルーピングは 実 務 的 には 投 資 の 意 思 決 定 を 行 う 際 の 単 位 等 を 考 慮 してグル ーピングの 方 法 を 定 めることになると 考 えられている それには 資 産 の 処 分 や 事 業 の 廃 止 に 関 する 意 思 決 定 を 含 む( 減 損 会 計 意 見 書 四 2.(6)1 参 照 ) このため 資 産 の 処 分 や 事 業 の 廃 止 に 関 する 意 思 決 定 を 行 い その 代 替 的 な 投 資 も 予 定 されていない 場 合 における 資 産 が 他 の 資 産 又 は 資 産 グループのキャッシュ フローから 概 ね 独 立 したキャッシュ フ ローを 生 み 出 す 最 小 の 単 位 に 該 当 すると 考 えられる( 第 8 項 参 照 ) なお 資 産 の 処 分 や 事 業 の 廃 止 に 関 する 意 思 決 定 は 取 締 役 会 等 において 行 われるほか 社 内 規 定 等 に 基 づき 他 に 決 定 権 限 が 委 譲 されている 場 合 には 当 該 決 定 権 限 に 従 った 権 限 者 の 承 認 により 行 われる また 実 務 上 の 負 担 を 考 慮 し 重 要 性 の 乏 しい 資 産 は 他 の 資 産 又 は 資 産 グループのキ ャッシュ フローから 概 ね 独 立 したキャッシュ フローを 生 み 出 す 最 小 の 単 位 として 取 り 扱 う 必 要 はなく これまでの 使 用 状 況 等 に 鑑 みて 資 産 グループに 含 めて 取 り 扱 うことが できると 考 えられる 72. 遊 休 状 態 は 企 業 活 動 にほとんど 使 用 されていない 状 態 であって 過 去 の 利 用 実 態 や 将 来 の 用 途 の 定 めには 関 係 がない 現 在 の 状 態 である また このような 状 態 にある 資 産 が 遊 休 資 産 である このうち 将 来 の 使 用 が 見 込 まれていない 遊 休 資 産 は 当 該 資 産 を 切 り 離

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 22 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 22 年 5 月 14 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63>

<4D F736F F D B AD6938C81408E968BC695F18D908F AFA2E646F63> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 8 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築 物 機 械 装 置

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表 資 料 4 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 する Q& と ( 案 )の 新 旧 対 照 表 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 1. 有 形 固 定 資 産 の 譲 渡 取 引 に 係 る 会 計 処 理 の 見 直 し Q31 5 有 形 固 定 資 産

More information

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに 生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 損 益 計 算 書 は 事 業 年 度 経 営 成 績 を 表 すもです こ 章 では まず 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 説 明 し さらに 主 な 項 目 について どように 損 益 を 計 算 しているかを 解 説 していきます 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 知 る 生 命 保 険 会 社 損 益

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ 第 42 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 第 42 期 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 はるやま 商 事 株 式 会 社 本 内 容 は 法 令 及 び 当 社 定 款 第 17 条 の

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 し 概 要 について 約 半 世 紀 ぶりに 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 が 改 正 されました この 会 計 制 度 は 全 国 約 3,000の 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 適 用 企 業 の 経 営 管 理 ツールの 一 つです 新 制 度 への 移 行 により 貸 借 対 照 表 や 損 益 計 算 書 など 予 算

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 中 間 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 中 間

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 中 間 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 中 間 平 成 20 年 3 月 期 中 間 決 算 短 信 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 平 成 19 年 11 月 14 日 コ ー ド 番 号 1 8 1 0 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準)

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準) 医 政 発 0319 第 7 号 平 成 26 年 3 月 19 日 各 都 道 府 県 知 事 各 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 医 療 法 人 会 計 基 準 について 医 療 法 人 の 会 計 処 理 については これまで 病 院 会 計 準 則 の 改 正 について ( 平 成 16 年 8 月 19 日 医 政 発 0819001 号 厚 生

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp 平 成 21 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 21 年 5 月 15 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

損 益 計 算 書 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 鉄 道 事 業 営 業 収 益 99,036 営 業 費 75,997 営 業 利 益 23,039 そ の 他 の 事 業 営 業 収 益 7

損 益 計 算 書 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 鉄 道 事 業 営 業 収 益 99,036 営 業 費 75,997 営 業 利 益 23,039 そ の 他 の 事 業 営 業 収 益 7 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 69,417 流 動 負 債 91,626 現 金 及 び 預 金 1,528 短 期 借 入 金 33,638 未 収 運 賃 4,523 リ ー ス 債 務 471 未 収 金 13,533 未 払

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

⑨持分法基準

⑨持分法基準 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 - 1 - 平 成 20 年 3 月 10 日 改 正 平 成 20 年 12 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 会 計 処 理 6 持 分 法 の 適 用 範 囲 6 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 8 持 分 法

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 連 結 財 務

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 連 結 財 務 平 成 19 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 19 年 5 月 23 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 コ ー ド 番 号 1 8 1 0 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

わかりやすい解説シリーズキャッシュフロー計算書.docx

わかりやすい解説シリーズキャッシュフロー計算書.docx わかりやすい 解 説 シリーズ キャッシュ フロー 計 算 書 第 1 回 :キャッシュ フロー 計 算 書 とは 2012.11.07 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 蟹 澤 啓 輔 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 牧 野 幸 享 1. キャッシュ フロー 計 算 書 とは キャッシュ フロー 計 算 書 とは 一 会 計 期 間 の

More information

実務指針

実務指針 国 立 大 学 法 人 会 計 基 準 及 び 国 立 大 学 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する 実 務 指 針 平 成 15 年 7 月 10 日 ( 平 成 23 年 2 月 15 日 最 終 改 訂 ) 文 部 科 学 省 日 本 公 認 会 計 士 協 会 1. 本 実 務 指 針 は 国 立 大 学 法 人 会 計 基 準 等 検 討 会 議 が 平 成 15 年 3 月 5

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc 計 算 書 類 第 1 期 平 成 24 年 7 月 31 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 1. 貸 借 対 照 表 2. 損 益 計 算 書 3. 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 4. 個 別 注 記 表 株 式 会 社 あきんどスシロー 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称 第 18 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての イ ン タ ー ネ ッ ト 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 株 式 会 社 Eストアー 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 及 び 計 算 書 類 の 個 別

More information

 

  法 令 及 び 定 款 に 基 づ く インターネット 開 示 事 項 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 平 成 25 年 度 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 ) 三 菱 食 品 株 式 会 社 法 令 及 び 当 社 定 款 第 16 条 の 規 定 に 基 づき 当 社 ホームページ (http://www.mitsubishi-shokuhin.com/)に

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

国立大学法人会計基準等検討会議(第2回)議事録・配付資料 [資料3(後半)]

国立大学法人会計基準等検討会議(第2回)議事録・配付資料 [資料3(後半)] 2. 実 務 上 の 観 点 から 要 請 された 項 目 第 24 行 政 サービス 実 施 コスト 第 24 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 独 法 基 準 の 改 訂 内 容 を 踏 まえ 語 句 訂 正 の 上 同 様 の 修 正 を 次 に 掲 げるコストは 行 政 サービス 実 施 コストに 次 に 掲 げるコストは 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コ 行

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

Microsoft Word - 2006 Ronbun_Zai3_Pro-Ans.doc

Microsoft Word - 2006 Ronbun_Zai3_Pro-Ans.doc ~HBA~ 公 認 会 計 士 / 論 文 式 本 試 験 過 去 問 解 説 2006 第 三 問 財 務 諸 表 論 解 答 を 参 照 する 場 合 の 注 意! 論 文 試 験 に 巷 でよく 言 われるような 部 分 点 などと 行 った 採 点 は 基 本 的 に 存 在 しません 一 つの 論 文 ( 例 え 5 行 でも 10 行 でも 論 文 です)の 中 で 部 分 部 分 は

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当 第 102 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 9 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 10 上 記 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定

More information

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイTOPIXインデックスファンド 投 資 信 託 説 明 書 ( 請 求 目 論 見 書 ) < 訂 正 事 項 分 > 2016.01.26 ニッセイアセットマネジメント 株 式 会 社 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 詳 細 情 報 を 記

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

貸 借 対 照 表 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 31,322 流 動 負 債 32,492 現 金 及 び 預 金 14,602 関 係 会 社 短 期 借

貸 借 対 照 表 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 31,322 流 動 負 債 32,492 現 金 及 び 預 金 14,602 関 係 会 社 短 期 借 第 1 期 ( 平 成 28 年 3 月 期 ) 決 算 公 告 平 成 28 年 6 月 17 日 東 京 都 品 川 区 東 品 川 一 丁 目 39 番 9 号 セガホールディングス 代 表 取 締 役 社 長 岡 村 秀 樹 1 貸 借 対 照 表 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30322D32342091E63130308AFA2098418C8B928D8B4C955CA58CC295CA928D8B4C955C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30322D32342091E63130308AFA2098418C8B928D8B4C955CA58CC295CA928D8B4C955C> 第 100 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての 法 令 および 定 款 に 基 づくインターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 まで) 東 洋 ゴム 工 業 株 式 会 社 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記

More information

第177回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項

第177回定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項 第 177 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 1 頁 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 14 頁 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 及 び 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インター ネット 上 の 当 社 ホームページ(http://www.kirinholdings.co.jp/irinfo/)に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63> 企 業 会 計 基 準 第 5 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 平 成 17 年 12 月 9 日 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 会 計 基 準 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業 会 計 基 準 第 21

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 連 結 子 会 社 の 名 称 10 社 スミトモ セイカ ヨーロッパ S.A./N.V

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 連 結 子 会 社 の 名 称 10 社 スミトモ セイカ ヨーロッパ S.A./N.V 第 101 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) 連 結 注 記 表 および 個 別 注 記 表 につきましては 法 令 および 定 款 第 14 条 の 規 定 に

More information

連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 等 ( 連 結 の 範 囲 等 に 関 する 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 状 況 1 連 結 子 会 社 の 数 15 社 2 主 要

連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 等 ( 連 結 の 範 囲 等 に 関 する 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 状 況 1 連 結 子 会 社 の 数 15 社 2 主 要 第 153 期 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 してのインターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 連 結 注 記 表 および 個 別 注 記 表 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 14 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ウェブサイト (http://www.dynic.co.jp)に

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 平 成 14 年 2 月 21 日 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 18 年 8 月 11 日 最 終 改 正 平 成 2 7 年 3 月 2 6 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

IFRSおよび日本基準の主要な相違点

IFRSおよび日本基準の主要な相違点 2015 年 4 月 および の 主 要 な 相 違 点 内 容 財 政 状 態 計 算 書 関 連 純 損 益 およびその 他 の 包 括 利 益 計 算 書 関 連 財 務 諸 表 の 構 成 連 結 その 他 関 連 ご 利 用 上 の 注 意 この 資 料 に 記 載 されているおよび の 主 要 な 相 違 点 は 2015 年 4 月 1 日 時 点 で 公 表 されている 基 準 書

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20834C838383628356838581458374838D815B8C768E5A8F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20834C838383628356838581458374838D815B8C768E5A8F912E646F6378> キャッシュ フロー 計 算 書 第 1 回 :キャッシュ フロー 計 算 書 の 様 式 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 七 海 健 太 郎 1.キャッシュ フロー 計 算 書 とは キャッシュ フロー 計 算 書 とは 一 会 計 期 間 におけるキャッシュ フローの 状 況 を 一 定 の 活 動 区 分 別 に 表 示 した 計 算 書 です

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 4 号 [ 平 成 17 年 4 月 改 訂 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 分 配 の 実 務 基 準 [ 内 容 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 基 金 解 散 時 の 分 配 < 参 考 資 料 > 解 散 実 務 の 流 れ( 例 ) [ 留 意 事 項 ] 解 散 時 の 最

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ 1 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 注 記 表 個 別 注 記 表 第 146 期 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ホームページ (http://www.nipponseika.co.jp/)に

More information

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源 1 第 4 回 グループ 法 人 の 税 務 と 会 計 ( 完 全 支 配 関 係 と 課 税 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 1 月 20 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 企 業 会 計 基 準 税 法 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 全 国 研 修 会 グループ

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2-

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2- 平 成 18 年 度 CFP 受 験 対 策 ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング サンプル 版 ~ 途 中 でページが 省 略 されている 部 分 があります 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ CFP 試 験 頻 出 ポイント 集 株 式 会 社 住 まいと 保 険 と 資 産 管 理 http://www.fpcom.net http://www.mylifenavi.net

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 昭 和 38 年 大 蔵 省 令 第 59 号 )ならびに 同 規 則 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 金 融 商 品

委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 昭 和 38 年 大 蔵 省 令 第 59 号 )ならびに 同 規 則 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 金 融 商 品 マニュライフ インベストメンツ ジャパン 株 式 会 社 第 7 期 自 : 平 成 25 年 4 月 1 日 至 : 平 成 26 年 3 月 31 日 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親 第 265 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (3) 2013 年 5 月 29 日 プロジェクト 項 目 企 業 結 合 (ステップ2) 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 I. 検 討 の 経 緯 1. 平 成 25 年 1 月 に 企 業 会 計 基 準 公 開 草 案 第 49 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 (

More information

連 結 損 益 計 算 書 売 上 高 及 びその 他 の 営 業 収 入 営 業 費 用 売 上 原 価 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 研 究 開 発 費 営 業 費 用 合 計 営 業 利 益 営 業 外 収 益 ( 費 用 ) 受 取 利 息 支 払 利 息 営 業 外 収 益 (

連 結 損 益 計 算 書 売 上 高 及 びその 他 の 営 業 収 入 営 業 費 用 売 上 原 価 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 研 究 開 発 費 営 業 費 用 合 計 営 業 利 益 営 業 外 収 益 ( 費 用 ) 受 取 利 息 支 払 利 息 営 業 外 収 益 ( 任 意 適 用 に 伴 う 連 結 財 務 諸 表 の 変 化 点 国 際 財 務 報 告 基 準 () 任 意 適 用 に 伴 い 2015 年 4 月 下 旬 に 発 表 を 予 定 しております 2016 年 3 月 期 連 結 業 績 予 想 につきましてはで 開 示 いたします 2016 年 3 月 期 連 結 業 績 予 想 の 米 国 会 計 基 準 との 数 値 の 差 異 につきましては

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 子 会 社 22 社 は 全 て 連 結 しております なお 当 連 結 会 計 年 度 より 新 たに 山 形 ア

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 子 会 社 22 社 は 全 て 連 結 しております なお 当 連 結 会 計 年 度 より 新 たに 山 形 ア 連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 子 会 社 22 社 は 全 て 連 結 しております なお 当 連 結 会 計 年 度 より 新 たに 山 形 アキレスエアロン 株 式 会 社 を 設 立 したことにより 連 結 の 範 囲 に 含 めております

More information