《株価急落の背景》

Size: px
Start display at page:

Download "《株価急落の背景》"

Transcription

1 エマージングにとって 一 人 当 たり GDP3, ドルの 壁 ~タイの 教 訓 ~ 29 年 7 月 2 日 アセットマネジメント 部 チーフ エコノミスト チーフ ストラテジスト 黒 瀬 浩 一 近 年 エマージング 向 けの 株 式 投 資 がある 種 のブームとなっている 昨 年 秋 には リーマン ショッ ク で 株 価 と 通 貨 が 共 に 大 きく 下 落 したものの 景 気 の 底 打 ち 観 測 と 共 に 再 び 活 気 が 戻 りつつある エマージング 向 け 株 式 投 資 の 典 型 的 な 成 功 例 は 8 年 代 最 後 までの 戦 後 日 本 への 投 資 である 195 ~7 年 代 の 日 本 は 今 の 言 葉 で 表 現 するとエマージングだった 196 年 に 策 定 された 所 得 倍 増 計 画 は その 後 に 高 度 成 長 期 に 入 ったこともあり 1967 年 に 達 成 された かつて 日 本 でも 所 得 が 毎 年 2 桁 の 勢 い で 伸 びた 時 期 があったのだ 日 経 平 均 株 価 は 戦 後 の 最 も 古 い 記 録 の 1949 年 5 月 16 日 に 円 最 高 値 は 1989 年 12 月 29 日 の 38,915 円 だった( 注 1) 日 本 は 戦 後 エマージングから 身 を 起 こし 先 進 国 入 りした 典 型 的 な 成 功 例 である エマージングへの 株 式 投 資 は 日 本 のような 成 功 例 では 長 期 的 に 高 いリターンが 得 られる しかし 全 てのエマージング 向 け 株 式 投 資 がそうとは 限 らない ここではタイの 例 を 取 り 上 げ エマージング 向 け 株 式 投 資 の 留 意 点 を 整 理 しておこう 1.エマージング 発 展 の 図 式 発 展 途 上 国 の 経 済 発 展 には 様 々なパターンがあり その 方 法 論 も 時 代 と 共 に 変 わってきた しかし 一 人 当 たり GDP( 年 間 )に 着 目 して 経 済 成 長 の 歴 史 を 類 型 化 ( 注 2)すると 以 下 のようになる 図 表 1 経 済 発 展 段 階 別 の 特 徴 一 人 当 たりGDP 又 は 国 民 所 得 (ドル) 経 済 成 長 率 政 治 行 政 中 心 的 産 業 経 済 社 会 の 特 徴 ~ ~3, 3,~1, 1, 以 上 低 成 長 高 度 成 長 (1% 前 後 ) 中 成 長 (5% 前 後 ) 低 成 長 (2-3%) 独 裁 体 制 など 産 業 ( 供 給 サイト ) 優 先 民 主 体 制 へシフト 生 活 優 先 へシフト 農 業 重 化 学 工 業 工 業 全 般 サービス 業 未 開 発 国 産 業 インフラ 建 設 貿 易 自 由 化 安 定 成 長 都 市 化 公 害 通 貨 切 り 上 げ 社 会 保 障 充 実 モータリゼーション 民 主 体 制 の 確 立 小 さな 物 語 ( 価 値 観 多 様 化 ) 大 きな 物 語 ( 立 身 出 世 ) 出 所 各 種 資 料 より りそな 銀 行 作 成 初 期 段 階 は 政 治 の 安 定 による 経 済 成 長 の 始 まりである( 注 3) 近 年 の 例 では インドのような 社 会 主 義 体 制 の 終 焉 ベトナムのような 経 済 制 裁 が 解 除 されたことによるグローバル 経 済 への 組 込 み ア ンゴラやモザンビークのような 内 戦 の 終 結 など 経 済 成 長 を 目 指 せる 体 制 への 転 換 が 多 い こうした 例 の 底 流 には 1991 年 のソ 連 崩 壊 がある ソ 連 崩 壊 で 後 ろ 盾 を 失 った 旧 東 側 陣 営 の 社 会 主 義 国 家 が グロ ーバリゼーションが 加 速 する 時 代 に 資 本 主 義 へと 転 換 したのである 米 国 のベトナムへの 経 済 制 裁 解 除 やアンゴラでの 内 戦 の 終 結 も 背 景 要 因 はソ 連 の 崩 壊 である 99 年 ナイジェリアでの 民 主 政 権 成 立 97 年 インドネシアでのスハルト 政 権 崩 壊 なども 同 じ 文 脈 に 位 置 づけられよう この 段 階 の 産 業 面 での 特 徴 は 工 業 化 の 萌 芽 にある しかし 中 心 的 な 産 業 はまだ 依 然 として 農 業 など 第 一 次 産 業 だ 1

2 そして ある 程 度 の 経 済 成 長 を 経 て 一 人 当 たり GDP が ドルに 達 すると 経 済 成 長 が 加 速 する 高 度 成 長 期 に 入 る 現 代 の 主 流 は 積 極 的 な 外 資 導 入 により 安 い 労 働 力 を 組 み 立 て 加 工 業 で 活 かし 先 進 国 向 けに 輸 出 する 成 長 パターンである 実 例 としては 8 年 代 の 中 国 の 経 済 特 区 政 策 9 年 代 のアジ ア NIEs 近 年 の 東 欧 等 である 並 行 して 進 められる 産 業 インフラ 整 備 のため 鉄 鋼 やセメントなど 規 模 の 利 益 の 活 かせる 重 厚 長 大 産 業 が 発 展 し 都 市 化 とモータリゼーションが 急 速 に 進 展 する 経 済 成 長 の 観 点 では 既 に 先 進 国 で 効 果 が 実 証 済 の 技 術 や 開 発 計 画 を 完 成 された 後 に 導 入 する 方 が 効 率 的 だ これを 後 発 性 の 利 益 と 呼 ぶが 多 くのエマージングが 比 較 的 短 期 間 で 高 成 長 を 実 現 するカギでもある 経 済 の 発 展 に 伴 い 社 会 も 大 きく 変 化 し 契 約 遵 守 納 期 遵 守 勤 労 マイカー 職 住 分 離 といった 先 進 国 では 普 通 の 価 値 観 やライフスタイルが 浸 透 してゆく 公 害 や 過 密 化 などの 社 会 問 題 も 顕 在 化 する そして 一 人 当 たり GDP が 3, ドルに 達 すると 次 のステージに 移 り 重 厚 長 大 産 業 から 軽 薄 短 小 と 称 される 産 業 へのシフト 通 貨 切 上 げ 貿 易 自 由 化 社 会 体 制 の 民 主 化 などが 起 こる もう 一 段 高 いレ ベルでの 国 際 競 争 に 耐 えうる 経 済 社 会 体 制 への 移 行 である 中 国 の 一 人 当 たり GDP は 28 年 に 3, ドルを 超 えたが 26 年 には 将 来 を 見 越 して 次 のような 社 会 評 論 が 出 ていた 世 界 的 に 見 ると 1 人 当 たり GDP が ドルから 3, ドルまで 発 展 した 段 階 は 高 度 経 済 成 長 期 になると 同 時 に さま ざまな 社 会 の 矛 盾 が 現 われる 時 期 になる 可 能 性 が 大 きいと 見 られている いくつかの 国 はこの 段 階 を 経 て 経 済 が 大 飛 躍 を 遂 げ 先 進 国 になった しかし 多 くの 国 は 社 会 の 矛 盾 を 上 手 く 処 理 できなかったた め 経 済 の 停 滞 ひいては 逆 戻 りを 招 いた( チャイナネット 26 年 8 月 22 日 ( 注 4) 経 済 の 発 展 段 階 が 低 い 国 々では 多 くの 先 進 国 では 当 たり 前 の 自 由 主 義 的 な 市 場 経 済 より 中 央 集 権 的 で 計 画 経 済 的 な 運 営 方 法 が 選 択 される 場 合 が 多 い チャイナネットの 記 事 が 問 題 視 するのは 後 者 から 前 者 への 移 行 がスム-ズでないリスクである そして この 段 階 を 通 じて 順 調 に 経 済 成 長 し 一 人 当 たり GDP が 1, ドルを 超 えると 先 進 国 とみられるようになる 尚 日 本 の 場 合 一 人 当 たり GDP が ドルを 超 えたのは 1966 年 3, ドルに 達 したのは 1973 年 だった モータリゼーションと 都 市 化 を 象 徴 するのが 高 度 成 長 期 に 急 増 した 一 人 当 たり 鉄 鋼 消 費 量 で 196 年 代 に 約 3 倍 増 加 し 197 年 にピークを 付 けた 社 会 の 矛 盾 では 四 大 公 害 に 加 え 1969 年 には 全 共 闘 など 学 生 運 動 がピークに 達 し 1973 年 には 田 中 内 閣 が 福 祉 元 年 と 名 付 け 社 会 の 矛 盾 を 解 消 する 方 向 へと 舵 を 切 った 為 替 相 場 は 1971 年 のニクソンショックを 経 て 1973 年 に 変 動 相 場 制 に 移 行 した その 後 も 一 人 当 たり GDP は 順 調 に 増 加 ピークは 円 建 てでは 1997 年 ドル 建 てでは 1995 年 だった ( 注 5) 図 表 2 日 本 の 一 人 当 たり GDP と 株 価 1, 日 本 のドル 建 一 人 当 たりGDPと 株 価 ( 対 数 表 示 ) 1, 日 経 平 均 株 価 一 人 当 たりGDP(ドル)

3 2.タイの 例 先 に 引 用 したチャイナネットが 経 済 の 停 滞 ひいては 逆 戻 り と 表 現 した 実 例 がタイである タイは 8 年 代 から 9 年 代 にかけ 順 調 に 経 済 成 長 を 続 けた 典 型 的 なエマージングで 当 時 はタイ 向 けの 投 資 信 託 が 一 種 のブームとなった ところが 9 年 代 半 ばに 一 人 当 たり GDP が 3, ドルの 壁 に 突 き 当 たると その 後 世 界 に 伝 播 した 最 初 の 通 貨 危 機 を 97 年 7 月 に 引 き 起 こした 通 貨 危 機 の 直 接 的 な 原 因 は 拡 大 する 経 常 収 支 赤 字 に 対 する 懸 念 で 通 貨 バーツのドルとの 固 定 平 価 を 維 持 できなくなったために 起 きた 資 本 逃 避 だった しかし その 遠 因 は 馴 れ 合 い 資 本 主 義 (crony capitalism) 官 民 結 託 (collusion) 腐 敗 (corruption) 隠 蔽 (lack of transparency) など IMF などの 国 際 機 関 からも 批 判 された 制 度 や 慣 行 の 不 備 にあったとみられている( 注 6) 図 表 3 タイのドル 建 一 人 当 たり GDP と 代 表 的 株 価 指 数 一 人 当 たりGDP( 左 軸 ドル) バンコクSET 株 価 指 数 ( 右 軸 ) 5, 4,5 4, 3,5 3, 2,5 2, 1, ,8 1,6 1,4 1, タイの 株 価 は 多 くのエマージングが 27 年 から 28 年 にかけて 最 高 値 を 記 録 する 中 代 表 的 な 株 価 指 数 であるバンコク SET 株 価 指 数 は 94 年 に 付 けた 最 高 値 の 半 値 辺 りに 留 まっていた 26 年 にタク シン 首 相 外 遊 中 に 起 きた 軍 部 と 警 察 による 無 血 クーデターも 民 主 体 制 への 移 行 の 難 しさを 物 語 ってい ると 言 えるだろう 株 価 は 将 来 の 期 待 を 織 り 込 んで 形 成 されるが 株 価 が 最 高 値 をつけた 年 頃 の PER( 株 価 収 益 率 株 価 / 一 株 利 益 )が 約 3 倍 と 高 かった 事 実 は 一 人 当 たり GDP が 3, ドルで 特 に 厚 い 壁 に 突 き 当 たることなく 順 調 に 増 加 することを 織 り 込 んでいた と 考 えられる 図 表 4 タイ SET 株 価 指 数 の 株 価 収 益 率 (PER) バンコクSET 株 価 指 数 のPER( 単 位 : 倍 )

4 3. 結 論 エマージングへの 株 式 投 資 に 当 たっては 将 来 的 に 発 展 する 国 とそうでない 国 の 選 別 が 肝 要 である 発 展 段 階 別 の 重 要 な 政 策 課 題 を 整 理 すると まず 初 期 段 階 は 経 済 成 長 がテイクオフ( 離 陸 )するきっか けとなりうる 社 会 体 制 の 転 換 である 次 の 高 度 成 長 期 は 外 資 導 入 による 輸 出 向 け 組 み 立 て 加 工 業 と 規 模 の 利 益 を 活 かせる 重 厚 長 大 産 業 の 育 成 都 市 化 とモータリゼーションを 実 現 するインフラ 整 備 効 率 的 な 国 土 計 画 などが 重 要 である 次 の 中 成 長 期 は チャイナネットの 評 論 にある 通 り 高 度 成 長 期 に 顕 在 化 し 始 める 社 会 の 矛 盾 具 体 的 には 所 得 格 差 や 公 害 などに 対 処 しつつ 通 貨 価 値 の 上 昇 や 貿 易 自 由 化 に 対 応 する 高 度 な 産 業 構 造 への 移 行 が 必 要 である 更 に 先 進 国 となるのには 内 生 的 成 長 ( 注 7)を 実 現 する 制 度 設 計 が 重 要 である 図 表 5 各 国 のドル 建 一 人 当 たり GDP(27 年 ) ~ドル ~3,ドル 3,~1,ドル 1,ドル 以 上 ルワンダ 32 カメルーン 1,5 タイ 3,4 ハンガリー 11,68 ジンバブエ 34 ボリビア 1,26 イラン 3,54 スロバキア 11,72 ウガンダ 37 モンゴル 1,29 アルジェリア 3,62 チェコ 14,58 バングラディッシュ 47 スリランカ 1,54 ブルガリア 4,58 サウジアラビア 15,47 カンボジア 55 コンゴ 1,54 南 アフリカ 5,72 韓 国 19,73 ケニア 64 エジプト 1,58 ブラジル 5,86 イスラエル 22,17 ウズベキスタン 73 フィリピン 1,62 アルゼンチン 6,4 ニュージーランド 27,8 ベトナム 77 インドネシア 1,65 ルーマニア 6,39 香 港 31,56 セネガル 83 パラグアイ 1,71 マレーシア 6,42 シンガポール 32,34 パキスタン 86 モロッコ 2,29 ロシア 7,53 日 本 37,79 ナイジェリア 92 中 国 2,37 トルコ 8,3 フランス 38,81 インド 95 アンゴラ 2,54 チリ 8,19 米 国 46,4 ウクライナ 2,56 メキシコ 9,4 スイス 6,82 アゼルバイジャン 2,64 ポーランド 9,85 ルクセングルグ 72,43 エルサルバドル 2,85 ラトビア 9,92 ノルウェー 77,37 出 所 世 界 銀 行 のデータをもとに りそな 銀 行 で 編 集 (http://siteresources.worldbank.org/datastatistics/resources/gnipc.pdf) 尚 本 レポートでは 経 済 発 展 は 工 業 化 を 前 提 としてきた( 注 8) しかし 実 際 には エネルギー 資 源 や 鉱 物 資 源 など 天 然 資 源 に 恵 まれれば 工 業 化 や 社 会 の 民 主 化 を 経 ずに 所 得 水 準 が 一 定 レベルに 達 することはある こうした 所 与 の 条 件 として 存 在 する 天 然 資 源 気 候 条 件 土 地 や 水 など 事 実 上 の 財 産 人 口 などを 総 称 して 要 素 賦 存 と 呼 ぶが メリットとデメリットは 表 裏 一 体 である やや 古 い 言 葉 に オ ランダ 病 という 現 象 がある かつてのオランダは 原 油 輸 出 に 依 存 する 形 で 貿 易 収 支 が 黒 字 だったのだ が そのことで 通 貨 が 割 高 となり 産 業 構 造 の 高 度 化 が 遅 れたことを 意 味 する オランダ 病 と 表 裏 一 体 なのだが 石 油 ショック(197 年 代 ) 後 の 日 本 は 石 油 が 採 掘 できないがために 省 エネ 技 術 が 発 達 し たと 見 られている この 時 代 の 技 術 革 新 こそ 日 本 企 業 が 世 界 で 躍 進 する 原 動 力 となり 日 本 の 一 人 当 たり GDP が 先 進 国 の1つの 基 準 である 1, ドルを 超 える 礎 となったものである( 図 表 2) 近 年 の エネルギー 資 源 価 格 の 上 昇 を コモディティー スーパー サイクル と 呼 び 構 造 的 な 現 象 だとする 見 方 がある しかし 必 要 は 発 明 の 母 という 格 言 にある 通 り 超 長 期 的 にはもっと 動 態 的 なダイナミ ズムを 想 定 する 方 が 現 実 的 ではあるだろう 以 上 4

5 ( 注 1) ベトナム 株 ( 戸 松 信 博 著 アスペクト 刊 ) 17 ページでは 1955 年 に 店 頭 公 開 したソニー( 当 時 の 社 名 は 東 京 通 信 工 業 )を 当 時 の 株 価 138 円 で 単 位 株 の 株 を 買 い 2 年 3 月 まで 保 有 す れば 無 償 増 資 も 勘 案 すると 時 価 総 額 26 億 円 受 取 配 当 の 総 額 は 7,5 万 円 と 試 算 している ( 注 2) 厳 密 には 国 別 の 比 較 は 時 点 が 異 なるためインフレ 分 だけ 貨 幣 価 値 が 異 なるし ドルの 価 値 も 安 定 し 続 けたとは 言 い 難 いが 概 ね 比 較 可 能 な 分 岐 点 で 分 類 した また 一 人 当 たり GDP に 代 えて 国 民 所 得 重 要 な 分 岐 点 を 3, ドルではなく 別 の 水 準 ( 代 表 例 は 9 年 価 格 の 米 ドル 2, ドルとした 元 OECD のエコノミスト アンガス マディソン(Angus Maddison) 氏 )に 置 く 例 があることを 付 記 しておく ( 注 3) 世 界 銀 行 は 発 展 途 上 国 に 開 発 援 助 などを 実 施 する 国 際 機 関 だが 総 裁 のゼーリック 氏 は 発 展 途 上 国 の 開 発 問 題 の 解 決 に 向 け 経 済 だけでなく 政 治 にも 着 目 する ポリティカル エコノミー を 特 に 重 要 視 することで 知 られている ( 注 4) 記 事 のタイトルは 静 かな 革 命 副 題 に 中 国 の 所 得 分 配 制 度 改 革 と 付 けられている ( 注 5)195 年 から3 年 間 にわたり 朝 鮮 半 島 では 北 朝 鮮 と 韓 国 の 間 で 朝 鮮 動 乱 と 呼 ばれる 戦 争 が 勃 発 日 本 に 特 需 をもたらした 戦 後 日 本 の 経 済 復 興 においては 東 西 冷 戦 を 背 景 に 日 本 の 共 産 主 義 化 を 防 止 するため 米 国 がバックアップした 影 響 も 大 きい ( 注 6) 一 部 には タイの 通 貨 危 機 はヘッジファンドが 仕 掛 けた 単 なる 投 機 だとする 見 方 がある しか し タイを 始 めこの 時 期 のアジアの 経 済 成 長 は 生 産 性 の 向 上 を 伴 っていないためいずれは 行 き 詰 る と したクルーグマン 氏 (28 年 ノーベル 経 済 学 賞 受 賞 )の 分 析 に 説 得 力 があるのも 事 実 であろう ( 注 7) 経 済 成 長 が 直 線 的 に 進 むなら すべての 発 展 途 上 国 がいずれは 先 進 国 となる しかし 現 実 の 歴 史 はそうなっていない この 事 実 の 説 明 として 経 済 成 長 の 源 泉 が 外 国 からの 技 術 やノウハウなどの 導 入 や 移 植 ではなく 国 内 部 門 での 連 続 的 な 絶 えざる 生 産 性 向 上 によるもの とする 考 え 方 ( 注 8) 上 記 注 2と 同 様 に 地 政 学 的 要 因 も 重 要 である 米 国 は 不 安 定 の 弧 (バルカン 半 島 から 中 東 東 南 アジアを 経 て 朝 鮮 半 島 に 至 る 帯 状 の 紛 争 多 発 地 域 で 民 族 宗 教 紛 争 を 背 景 としたテロが 絶 えない 地 域 米 軍 の 駐 留 が 少 なく 海 軍 の 管 轄 ではパキンスタン 以 西 はアフリカ 軍 以 東 はハワイを 本 拠 地 と する 第 七 艦 隊 とされている)への 対 策 からインド パキスタン インドネシアなどを 重 視 していると 見 られる 本 資 料 は お 客 様 への 情 報 提 供 を 目 的 としたものであり 特 定 のお 取 引 の 勧 誘 を 目 的 としたもの ではありません 本 資 料 は 作 成 時 点 において 信 頼 できると 思 われる 各 種 データ 等 に 基 づいて 作 成 されていますが 弊 社 はその 正 確 性 または 完 全 性 を 保 証 するものではありません また 本 資 料 に 記 載 された 情 報 意 見 および 予 想 等 は 弊 社 が 本 資 料 を 作 成 した 時 点 の 判 断 を 反 映 しており 今 後 の 金 融 情 勢 社 会 情 勢 等 の 変 化 により 予 告 なしに 内 容 が 変 更 されることがあ りますのであらかじめご 了 承 下 さい 本 資 料 に 関 わる 一 切 の 権 利 はりそな 銀 行 に 属 し その 目 的 を 問 わず 無 断 で 引 用 または 複 製 するこ とを 固 くお 断 りします 5

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63> 地 域 戦 略 安 全 保 障 特 集 : 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 武 器 貿 易 漢 和 防 務 評 論 20150805 ( 抄 訳 ) ( 訳 者 コメント) 阿 部 信 行 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 中 国 が 最 近 提 唱 した アジアインフラ 投 資 銀 行 は 表 裏 一 体 のものであると 見 られています 中 国 は 必 要 な 資 源 を 獲 得

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

人口動態がもたらすアジアの成長連鎖

人口動態がもたらすアジアの成長連鎖 新 興 国 経 済 2013 年 8 月 8 日 全 7 頁 人 口 動 態 がもたらすアジアの 成 長 連 鎖 ポスト 中 国 はインドネシア インドシナ フィリピンか 経 済 調 査 部 アジアリサーチ ヘッド 児 玉 卓 [ 要 約 ] アジアの 特 徴 は 多 様 な 発 展 段 階 の 国 が 存 在 し 先 発 国 から 後 発 国 へ そのまた 後 発 国 へと 成 長 の 核 が 引

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

日経平均と騰落レシオ

日経平均と騰落レシオ 今 さら 人 に 聞 けない!!マレーシアってどんな 国? 1 基 礎 データ 面 積 約 33 万 平 方 キロメートル( 日 本 の 約.9 倍 ) 人 口 約 2995 万 人 (213 年 マレーシア 統 計 局 ) 主 な 都 市 クアラルンプール( 首 都 ) ペナン ジョホールバル コタキナバル 南 シナ 海 をはさんで 東 西 に 分 かれている 左 側 のタイから 南 に 延 び

More information

新 興 国 の 経 済 1 経 済 新 興 国 は 底 堅 い 内 需 に 下 支 えされ 堅 調 なペースでの 成 長 を 続 けているが 米 経 済 減 速 の 影 響 に 注 意 が 必 要 1 前 月 の 振 り 返 り 月 1 日 開 催 のFOMC( 米 連 邦 公 開 市 場 委 員

新 興 国 の 経 済 1 経 済 新 興 国 は 底 堅 い 内 需 に 下 支 えされ 堅 調 なペースでの 成 長 を 続 けているが 米 経 済 減 速 の 影 響 に 注 意 が 必 要 1 前 月 の 振 り 返 り 月 1 日 開 催 のFOMC( 米 連 邦 公 開 市 場 委 員 21 年 9 月 7 日 住 信 アセットマネジメント 株 式 会 社 21 年 9 月 号 月 末 7 月 末 月 間 騰 落 率 新 興 国 MSCI エマージング マーケット インデックス ( 円 換 算 ベース) 2.27 59.55.57% 中 国 上 海 総 合 指 数 2,3. 2,37.5.5% インド ムンバイ SENSEX3 種 指 数 17,971. 17,.29.5% アジア

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC> インドの 経 済 成 長 と 市 場 動 向 ~ 大 国 への 道 を 歩 む 静 かなる 聖 流 ~ 平 成 21 年 9 月 18 日 株 式 会 社 SBI 証 券 投 資 調 査 部 (ガンジス 川 ) 1.アジア アジアの 成 長 大 国 ( 概 略 ) 国 名 インド インド(India India) 首 都 ニューデリー ニューデリー(New Delhi)

More information

untitled

untitled 国 際 緊 急 援 助 隊 の 沿 革 と 今 日 の 課 題 ~ 求 められる 大 規 模 災 害 に 対 する 国 際 協 力 の 推 進 ~ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 なかうち 中 内 やすお 康 夫 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 に 対 しては 海 外 から 様 々な 形 での 緊 急 援 助 が 寄 せられた これまでに

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

順 位 国 地 域 名 邦 人 数 前 年 比 35 トルコ 1,613 +8.62% 36 チェコ 1,523 +1.47% 37 南 アフリカ 1,446 +4.40% 出 典 : 外 務 省 海 外 在 留 邦 人 数 統 計 ( 平 成 24 年 速 報 版 ) : BRICs 諸 国 (

順 位 国 地 域 名 邦 人 数 前 年 比 35 トルコ 1,613 +8.62% 36 チェコ 1,523 +1.47% 37 南 アフリカ 1,446 +4.40% 出 典 : 外 務 省 海 外 在 留 邦 人 数 統 計 ( 平 成 24 年 速 報 版 ) : BRICs 諸 国 ( 海 外 赴 任 者 の 健 康 管 理 危 機 管 理 と 企 業 の 法 的 責 任 283 東 京 海 上 日 動 リスクコンサルティング( 株 ) ビジネスリスク 事 業 部 グローバルグループ グループリーダー 主 席 研 究 員 深 津 嘉 成 はじめに 新 興 国 を 中 心 に 企 業 の 海 外 進 出 が 増 加 する 中 海 外 赴 任 者 の 健 康 管 理 危 機 管 理 はますます

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

2007年X月XX日

2007年X月XX日 復 活 の 予 兆 か ストラテジーブレティン(154 号 ) 中 国 経 済 のフリーランチ 終 わりの 始 まり ~ 世 界 連 鎖 株 安 は 中 国 の 市 場 封 鎖 で 下 げ 止 まる~ (1) 市 場 の 反 乱 に 市 場 規 制 市 場 否 定 で 対 応 する 中 国 悪 循 環 再 作 動 へ 中 国 で 株 と 人 民 元 の 連 鎖 崩 落 が 止 まらない 上 海 深

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた 216 年 2 月 3 日 ASEAN インド 月 報 (216 年 2 月 ) 目 次 ASEAN インドのマクロ 経 済 動 向 インドネシア 1 マレーシア 2 フィリピン 3 シンガポール タイ ベトナム 6 インド 7 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 ( 国 地 域 別 ) 8 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 比 較 13 経 済 調 査 室

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 28 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 2 月 2 日 上 場 会 社 名 横 河 電 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6841 URL http://www.yokogawa.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 島 剛 志 問 合 せ 先

More information

untitled

untitled 平 成 23 年 (2011 年 )11 月 2 日 NO.2011-27 長 期 化 が 見 込 まれるタイ 洪 水 被 害 の 影 響 要 旨 タイの 洪 水 被 害 が 拡 大 している 10 月 28 日 に 始 まった 大 潮 でバンコク 市 内 も 浸 水 した タイ 南 部 は 地 形 の 勾 配 が 緩 やかであるため 排 水 には 1 ヵ 月 以 上 かかるとの 見 方 が 多 い

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63> 第 二 章 軍 事 科 学 技 術 中 国 は 装 備 の 近 代 化 を 急 いでいる ロシアからの 最 新 鋭 兵 器 を 次 々に 買 い 世 界 最 大 の 兵 器 輸 入 国 になった 中 国 は 軍 事 力 の 矛 先 について 台 湾 独 立 阻 止 と 海 洋 権 益 の 保 護 を 挙 げている だが ICBM や SLBM など 戦 略 兵 器 の 開 発 能 力 強 化 も 同

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カンボジア 投 資 セミナー( 日 本 アセアンセンター 駐 日 カンボジア 王 国 大 使 館 主 催 ) カンボジアでのビジネスの 可 能 性 ~カンボジアへの 投 資 促 進 に 関 する 調 査 結 果 を 踏 まえて~ 2006 年 11 月 15 日 : 名 古 屋 11 月 17 日 : 東 京 JICAカンボジア 国 経 済 政 策 支 援 調 査 団 1 目 次 1. 調 査 の

More information

以 上 の 通 り ファンダメンタルズの 改 善 を 背 景 にインド 経 済 の 成 長 見 通 しは 引 き 続 き 有 望 です 215 年 7~9 月 期 のGDP ( 国 内 総 生 産 ) 成 長 率 は+7.4%と 引 き 続 き 旺 盛 な 需 要 や 政 府 支 出 の 伸 び 商

以 上 の 通 り ファンダメンタルズの 改 善 を 背 景 にインド 経 済 の 成 長 見 通 しは 引 き 続 き 有 望 です 215 年 7~9 月 期 のGDP ( 国 内 総 生 産 ) 成 長 率 は+7.4%と 引 き 続 き 旺 盛 な 需 要 や 政 府 支 出 の 伸 び 商 216 年 のインド 投 資 展 望 ~ 成 長 見 通 しは 引 き 続 き 強 気 を 維 持 ~ ご 参 考 資 料 216 年 1 月 6 日 世 界 経 済 の 成 長 鈍 化 が 懸 念 され 米 国 が 利 上 げに 踏 み 切 るなかで インドは 依 然 として 魅 力 的 な 投 資 対 象 となっています インドは216 年 も215 年 214 年 の 経 済 成 長 率 を

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

1994年 海外労働情勢

1994年 海外労働情勢 タイは 1986 年 から91 年 までの5ヵ 年 間 ( 第 6 次 経 済 社 会 開 発 計 画 期 間 )に 実 質 経 済 成 長 率 年 平 均 10% 以 上 を 記 録 する 高 度 経 済 成 長 を 達 成 し 92 年 の 実 質 成 長 率 も7.4%( 暫 定 値 )が 見 込 まれており 現 在 も 好 調 な 成 長 を 続 けている しかし 急 速 な 経 済 成 長

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人 平 成 27 年 4 月 来 日 外 国 人 犯 罪 の 検 挙 状 況 ( 平 成 26 年 ) 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 国 際 捜 査 管 理 官 凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米

More information

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が 2016 年 6 月 22 日 BTMU Economic Brief, London 経 済 調 査 室 ロンドン 駐 在 情 報 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd Economic Research Office (London) Shin Takayama 髙 山 真 (shin.takayama@uk.mufg.jp) 英 国 の EU 離 脱 問

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478> 今 月 のトピックス No.251-1(216 年 3 月 17 日 ) (21 年 =1) 95Q2 98Q2 14 実 質 実 効 為 替 レート( 右 目 盛 ) 12 1 8 製 造 業 の 海 外 生 産 シフトと 輸 出 の 高 付 加 価 値 化 1.リーマンショック 以 降 の 日 本 の 輸 出 の 弱 さの 背 景 には 構 造 的 要 因 日 本 の 輸 出 を 数 量 ベースでみると

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

安全保障理事会決議1929(2010)

安全保障理事会決議1929(2010) 安 全 保 障 理 事 会 決 議 1929(2010) 2010 年 6 月 9 日 安 全 保 障 理 事 会 第 6335 回 会 合 にて 採 択 安 全 保 障 理 事 会 は 安 保 理 議 長 声 明 S/PRST/2006/15 および 安 保 理 諸 決 議 1696(2006) 1737(2006) 1747(2007) 1803(2008) 1835(2008)および 1887(2009)を

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

株 式 市 場 75 年 の 歩 み 1955 年 半 ばから 上 昇 相 場 に 入 った 契 機 となったのは 金 融 緩 和 と 銀 行 の 株 式 相 互 持 ち 合 いで あったが さらに 経 済 が 神 武 景 気 (54 年 12 月 57 年 6 月 )と いわれる 好 況 期 に

株 式 市 場 75 年 の 歩 み 1955 年 半 ばから 上 昇 相 場 に 入 った 契 機 となったのは 金 融 緩 和 と 銀 行 の 株 式 相 互 持 ち 合 いで あったが さらに 経 済 が 神 武 景 気 (54 年 12 月 57 年 6 月 )と いわれる 好 況 期 に 株 式 市 場 75 年 の 歩 み 1 戦 前 から 復 興 高 度 成 長 前 期 まで 1936 65 年 1936( 昭 和 11) 年 6 月 会 社 四 季 報 は 創 刊 された その 約 3カ 月 前 には 高 橋 是 清 蔵 相 が 暗 殺 された 2 26 事 件 が 起 き 準 戦 時 体 制 が 始 まる 株 式 市 場 を 取 り 巻 く 環 境 は 45 年 8 月 の

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐 第 1 回 1992 年 1 月 加 藤 紘 一 内 閣 官 房 長 官 栗 山 尚 一 次 期 駐 米 大 使 第 2 回 1992 年 2 月 小 沢 一 郎 元 自 民 党 幹 事 長 中 平 立 日 朝 交 渉 首 席 代 表 第 3 回 1992 年 3 月 C Fバーグステン 米 国 際 経 済 研 究 所 長 渡 辺 泰 造 前 外 務 省 報 道 官 第 4 回 1992 年 4 月

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx 最 近 の 中 東 情 勢 について 外 務 省 中 東 アフリカ 局 長 上 村 司 中 東 北 アフリカ 情 勢 平 成 26 年 8 月 中 東 アフリカ 局 中 東 地 域 の 特 質 と 重 要 性 (1) 異 なる 帰 属 意 識 ( 宗 教 宗 派 民 族 )の 混 在 と 人 為 的 国 境 線 により 国 家 統 治 が 脆 弱 (2)5つの 主 要 勢 力 (サウジ(GCC),エジプト,イラン,イスラエル,トルコ)が

More information

ロシア 株 価 と 原 油 価 格 は 見 事 な 相 関 性 を 示 しており このことが 冒 頭 で 紹 介 したジョー ジソロスのロシアの 制 裁 方 法 に 繋 がります 原 油 放 出 を 行 い 原 油 価 格 を 引 き 下 げよ 原 油 価 格 の 引 き 下 げをすることができれば

ロシア 株 価 と 原 油 価 格 は 見 事 な 相 関 性 を 示 しており このことが 冒 頭 で 紹 介 したジョー ジソロスのロシアの 制 裁 方 法 に 繋 がります 原 油 放 出 を 行 い 原 油 価 格 を 引 き 下 げよ 原 油 価 格 の 引 き 下 げをすることができれば ソロスは ロシアの 制 裁 方 法 で 最 も 効 果 的 なのが 原 油 放 出 だと 語 っています Speaking at a panel in Berlin on 20 March, Soros said that the United States had the power to pressure Putin most effectively by selling oil reserves

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478> マーケットフォーカス(アジア 市 場 ) 15 年 月 号 各 国 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 前 年 同 期 比 )の 推 移 経 済 各 国 の 消 費 者 物 価 指 数 上 昇 率 ( 前 年 同 月 比 )の 推 移 各 国 の 政 策 金 利 の 推 移 ご 参 考 資 料 15 年 月 1 日 1 (11 年 1 1 月 期 ~1 年 1 1 月 期 四 半 期 ) インドネシア

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

情勢分析_原油価格下落の状況における中東産油国のインフラストラクチャー整備の動向

情勢分析_原油価格下落の状況における中東産油国のインフラストラクチャー整備の動向 中 東 情 勢 分 析 原 油 価 格 下 落 の 状 況 における 中 東 産 油 国 の インフラストラクチャー 整 備 の 動 向 和 光 大 学 経 済 経 営 学 部 教 授 大 学 院 研 究 科 委 員 長 岩 間 剛 一 予 想 を 超 えた 原 油 価 格 の 下 落 と 石 油 収 入 の 減 少 予 想 を 超 えた 米 国 におけるシェール オイルの 生 産 量 の 増 加,

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

危機にある世界遺産

危機にある世界遺産 人 間 開 発 指 標 (HDI) 高 0.8 中 ベネズエラ エクアドル アセ ルハ イシ ャン イラン アルジェリア カンボジア パキスタン ネパール 0.5 イエメン ウガンダ ギニア コートジボアール コンゴ 民 主 エチオピア ニジェール 低 中 央 アフリカ ポーランド クロアチア アルバニア ブルガリア ブラジル オーマン ペルー ヨルダン チュニジア フィリピン エジプト ホンジュラス

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

スライド 1

スライド 1 タイ 投 資 セミナー in 仙 台 札 幌 最 近 の 日 本 企 業 の 進 出 動 向 とタイの 魅 力 目 次 1. タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 2. タイのビジネス 環 境 上 の 優 位 点 ~ 生 産 拠 点 として 消 費 市 場 として~ 3. の 課 題 4.まとめ 2 1.タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 3 ASEANでは 日 本 企 業 はタイに

More information

海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 盗 難 労 働 災 害 サフ ライ

海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 盗 難 労 働 災 害 サフ ライ 海 外 進 出 企 業 のリスクについて ~ 中 国 暴 動 リスク タイ 洪 水 リスクを 中 心 に ~ 2012 年 11 月 30 日 海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

Microsoft PowerPoint - BCC100523.ppt

Microsoft PowerPoint - BCC100523.ppt ベトナムの 不 動 産 市 場 ベトナム 不 動 産 市 場 を 取 り 巻 く 要 因 質 の 高 い 労 働 力 安 定 性 将 来 性 を 求 めて グローバル 企 業 がベトナムへ 進 出 住 宅 ベトナム 駐 在 外 国 人 数 の 増 加 による 需 要 拡 大 オフィス 国 内 企 業 外 資 企 業 の 業 容 拡 大 に 伴 う 必 要 床 面 積 の 増 加 商 業 施 設 国

More information

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配 (30) A C P F N E W S No.49 2010.8 役 員 会 で 東 京 支 部 設 立 を 決 定 平 成 22 年 6 月 30 日 に 第 92 回 役 員 会 ( 理 事 会 )が 開 催 され 21 年 度 事 業 報 告 収 支 決 算 等 についての 承 認 及 びこ れらの 法 務 大 臣 報 告 等 並 びに 東 京 支 部 の 新 規 設 立 につい て 議 決

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

TOPICs 南 北 アメリカ 大 陸 は 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にとって 重 要 な 市 場 となっている by EIA 1 月 20 日 北 米 中 米 カリブ 海 南 米 をまとめてアメリカとすれば 世 界 の 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にはアメリカは 大 きな 割 合

TOPICs 南 北 アメリカ 大 陸 は 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にとって 重 要 な 市 場 となっている by EIA 1 月 20 日 北 米 中 米 カリブ 海 南 米 をまとめてアメリカとすれば 世 界 の 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にはアメリカは 大 きな 割 合 週 刊 原 油 世 界 の 原 油 情 報 がここに 凝 縮 されています 毎 週 木 曜 日 午 後 発 行 NY 原 油 価 格 100ドル 超 え 発 行 日 : 2014/2/13 12 日 のNY 原 油 3 月 限 は+0.43ドル 高 の100.37ドル 米 エネルギー 情 報 局 (EIA) 統 計 でのガソリン 在 庫 の 予 想 外 の 減 少 や 受 渡 場 所 となるオクラホマ

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

Economic Trends    マクロ経済分析レポート

Economic Trends                                                         マクロ経済分析レポート Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 景 気 回 復 の 重 石 になる 原 油 価 格 2014 年 7 月 10 日 ( 木 ) ~2008 年 並 上 昇 で 家 計 負 担 増 +2.1 万 円 / 年 今 年 度 経 済 成 長 率 0.22pt 押 し 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

平成26年度外務人事審議会勧告(セット版)

平成26年度外務人事審議会勧告(セット版) 在 勤 手 当 の 改 定 及 び 女 性 職 員 が 海 外 で 活 躍 できる 職 場 とするための 方 策 に 関 する 勧 告 平 成 26 年 7 月 外 務 人 事 審 議 会 平 成 26 年 7 月 在 勤 手 当 の 改 定 及 び 女 性 職 員 が 海 外 で 活 躍 できる 職 場 とするための 方 策 に 関 する 勧 告 外 務 人 事 審 議 会 在 外 公 館 の 名

More information

<4D F736F F D B8C9A82C4955C8EA690A782A982E B90E68D7382AB82F08CA982E92E646F63>

<4D F736F F D B8C9A82C4955C8EA690A782A982E B90E68D7382AB82F08CA982E92E646F63> 2007 年 12 月 24 日 周 知 の 通 り 石 油 は 現 代 文 明 に 欠 かせない 最 も 重 要 なエネルギー 物 質 である 石 油 は 世 界 経 済 の 血 液 と 言 われるほど 重 要 な 資 源 だから 各 国 の 争 奪 の 的 でもある 石 油 資 源 が 限 られたところに 集 中 していることから 世 界 貿 易 総 額 の 10%のシェアを 占 める 重 要

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

運用方針

運用方針 金 融 経 済 全 般 (5 月 ) 日 本 経 済 は 景 気 持 ち 直 しの 動 きが 続 いています 2010 年 1-3 月 期 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 一 次 推 計 値 )は 前 期 比 年 率 +4.9%と 2009 年 10-12 月 期 の 同 +4.2%から 加 速 し 景 気 回 復 の 勢 いが 衰 えていないことを 示 しました 内 訳 を 見 ると 外 需

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

アジア.indd

アジア.indd 調 査 部 目 次 1.アジア 全 体 (1)2013 年 上 期 のアジア 経 済 (2) 今 後 のアジア 経 済 2. 中 国 経 済 (1) 景 気 は 足 踏 み 状 態 (2) 二 つの 景 気 シナリオ 3.インド 経 済 景 気 は 緩 やかに 持 ち 直 し (1)2012 年 度 の 実 質 GDP 成 長 率 は5.0%と10 年 ぶりの 低 成 長 (2) 景 気 は 緩 やかながらも

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information