目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される"

Transcription

1 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

2 目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 場 合 雇 用 保 険 の 失 業 給 付 との 調 整 4 5 頁 在 職 老 齢 年 金 支 給 停 止 額 算 出 方 法 ( 参 考 ) 6 頁 年 金 の 繰 上 げ 繰 下 げ 制 度 について 7 頁 6. 年 金 と 税 金 8 頁 7. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 10 頁 8. 住 所 受 取 方 法 氏 名 が 変 わったときの 手 続 き 11 頁 9. 年 金 の 支 給 を 受 けている 方 が 亡 くなったときの 手 続 き 12 頁 10. 各 種 届 出 用 紙

3 は じ め に このしおりは 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 といいます )から 年 金 を 受 けられる 方 の ために 必 要 な 諸 手 続 きをご 説 明 したものです よくお 読 みになって 年 金 を 受 取 るために 支 障 のないようにしてください この 年 金 制 度 が あなたの 生 活 設 計 の 一 助 となりますことを 心 から 念 じております なお この 年 金 についておわかりにならない 点 がありましたら お 気 軽 に 基 金 までお 問 合 せください お 問 合 せのときは お 手 元 の 厚 生 年 金 基 金 年 金 証 書 に 記 載 されている 年 金 証 書 番 号 (または 厚 生 年 金 基 金 加 入 員 証 に 記 載 されている 加 入 員 番 号 )をお 申 し 出 ください <お 問 合 せは> 東 京 都 新 宿 区 山 吹 町 11-1 測 量 年 金 会 館 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 業 務 部 年 金 給 付 担 当 基 金 ホームページ 会 員 専 用 サイト ユーザー 名 sokuryo パスワード 819

4 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 厚 生 年 金 基 金 と 厚 生 年 金 保 険 あなたが 基 金 から 受 け 取 る 年 金 は 基 金 の 規 約 に 基 づいて 基 金 から 支 給 されます 国 が 行 っている 厚 生 年 金 保 険 の 年 金 ( 老 齢 厚 生 年 金 等 )は この 年 金 とは 別 に 支 給 を 受 けることができます 基 金 の 年 金 は 国 の 老 齢 厚 生 年 金 の 一 部 を 代 行 し その 代 行 部 分 に 基 金 独 自 の 上 乗 せをして 支 給 されますので 基 金 は 年 金 決 定 時 に 国 へ 照 会 を 行 うことになっています 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 されている 方 は 先 に 最 寄 りの 日 本 年 金 機 構 で 厚 生 年 金 保 険 の 年 金 請 求 手 続 きを 行 ってください ( 国 の 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 については 7 ページをご 参 照 ください ) 2. 年 金 の 請 求 について 年 金 請 求 から 年 金 額 決 定 まで 基 1 基 金 では あなたの 年 齢 や 事 業 所 からの 届 出 により 年 金 受 給 資 格 を 確 認 請 求 用 紙 をお 送 りします あ 国 4 基 金 から 国 へ 照 会 5 国 から 基 金 の 照 会 事 項 について 回 答 金 3 請 求 用 紙 に 必 要 事 項 を 記 入 し 添 付 書 類 を 添 えて 基 金 へ 請 求 6 年 金 を 決 定 し 厚 生 年 金 基 金 年 金 証 書 ( 年 金 裁 定 通 知 書 )と 年 金 支 払 通 知 書 をお 送 りします な た 2 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 年 金 証 書 の 写 しが 必 要 となりますので 日 本 年 金 機 構 へ 請 求 手 続 きをしてください 年 金 を 受 けられるようになったときから5 年 を 過 ぎますと 法 律 に 基 づき 5 年 を 過 ぎた 分 の 年 金 は 時 効 により 受 けられな くなりますので 早 めにご 提 出 ください 加 入 期 間 不 足 や 支 給 開 始 年 齢 未 到 達 等 で 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 のない 方 は 基 金 の 年 金 請 求 の 際 に 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 年 金 証 書 の 写 し( 上 図 2)は 不 要 です その 後 受 給 権 を 取 得 された 際 には 基 金 にも 再 度 手 続 きが 必 要 となります 国 の 年 金 の 種 類 が 遺 族 または 障 害 になっている 方 は 別 途 書 類 が 必 要 となりますのでお 問 い 合 わせください 国 から 回 答 を 得 るまでに 要 する 時 間 は 最 短 でも2ヶ 月 その 後 基 金 で 年 金 を 決 定 し お 支 払 するまでに2ヶ 月 ほどかかり ます 初 回 のお 支 払 はどうしても 遅 くなってしまいますが お 支 払 が 発 生 する 場 合 はその 月 まで 遡 ってまとめてお 支 払 します - 1 -

5 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 基 金 の 年 金 は あなたが 次 のいずれかに 該 当 した 場 合 に 終 身 支 給 されます 1 基 金 脱 退 後 または 加 入 中 に 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 に 達 した 方 は( 年 齢 到 達 日 は 誕 生 日 の 前 日 )その 翌 月 から 2 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 発 生 後 に 基 金 へ 加 入 した 方 は 資 格 喪 失 日 ( 退 職 日 の 翌 日 )の 翌 月 または 65 歳 に 達 した 月 の 翌 月 から 3 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 があり 65 歳 以 降 に 基 金 に 加 入 した 方 は 資 格 喪 失 日 ( 退 職 日 の 翌 日 )の 翌 月 または 70 歳 に 達 した 日 ( 誕 生 日 の 前 日 )の 翌 月 から 4 共 済 年 金 を 受 給 している 方 が 基 金 に 加 入 した 後 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 が 発 生 した 場 合 は その 月 の 翌 月 から ( 共 済 年 金 を 受 給 している 方 は 1 年 以 上 厚 生 年 金 に 加 入 することにより 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 も 発 生 します ) 5 基 金 脱 退 後 基 金 の 加 算 年 金 の 受 給 権 が 発 生 した 場 合 は その 翌 月 から ただし 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 (お 勤 めをしていて 厚 生 年 金 保 険 料 を 納 めている)の 間 は 年 金 額 の 一 部 または 全 額 が 停 止 に なる 場 合 があります また 雇 用 保 険 の 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 )を 受 給 している 間 は 基 金 の 基 本 年 金 が 全 額 支 給 停 止 になります ( 詳 しくは 4~6 ページをご 参 照 ください ) 4. 年 金 の 支 払 方 法 について (1) 支 払 期 月 1 基 金 の 年 金 は 次 のいずれかの 支 払 期 月 ( 該 当 月 の 金 融 機 関 の 第 1 営 業 日 )にそれぞれ 前 月 までの 分 ( 各 期 支 払 額 )が 支 払 われます 支 払 期 月 は 年 金 額 によって 決 まります 年 金 額 ( 年 額 ) 支 払 回 数 ( 年 間 ) 各 期 支 払 額 支 払 月 ( ) 内 は 該 当 月 分 27 万 円 以 上 6 回 2 ヶ 月 分 2 月 ( 前 年 12~ 当 年 1 月 分 ) 4 月 (2~3 月 分 ) 6 月 (4~5 月 分 ) 8 月 (6~7 月 分 )10 月 (8~9 月 分 ) 12 月 (10~11 月 分 ) の 各 月 15 万 円 以 上 27 万 円 未 満 3 回 4 ヶ 月 分 2 月 ( 前 年 10~ 当 年 1 月 分 )6 月 (2~5 月 分 )10 月 (6~9 月 分 )の 各 月 6 万 円 以 上 15 万 円 未 満 2 回 6 ヶ 月 分 6 月 ( 前 年 12~ 当 年 5 月 分 ) 12 月 (6~11 月 分 )の 各 月 6 万 円 未 満 1 回 1 年 分 6 月 ( 前 年 6~ 当 年 5 月 分 ) - 2 -

6 2 ただし 第 1 回 目 の 支 払 は 支 払 開 始 年 月 から 直 前 の 支 払 期 月 までの 端 数 月 分 となりますので 必 ずしも 各 期 支 払 額 と 同 じに はなりません 3 すでに 支 給 を 受 けている 年 金 額 が 改 定 され 改 定 前 の 年 金 額 に 追 加 して 支 払 う 必 要 が 生 じた 場 合 は 各 期 支 払 月 以 外 であっ ても 支 払 われる 場 合 があります (2) 受 取 方 法 基 金 では 各 支 払 期 月 の 金 融 機 関 の 第 1 営 業 日 にあなたが 指 定 された 金 融 機 関 の 本 人 名 義 の 預 金 口 座 に 年 金 を 振 込 みます ので 通 常 の 預 金 引 き 出 しと 同 じ 方 法 でお 受 取 りください ただし 口 座 の 種 類 は 普 通 預 金 または 当 座 預 金 のみとなります 貯 蓄 預 金 にはお 振 込 みできませんのでご 注 意 ください 第 1 営 業 日 1 日 が 土 日 祝 日 になる 場 合 はその 翌 日 になります 例 えば 1 日 が 土 曜 日 2 日 が 日 曜 日 の 場 合 は3 日 が 支 払 日 となります (3) 送 金 額 と 振 込 のお 知 らせ 毎 年 1 月 中 旬 に 基 金 から 年 間 の 支 払 予 定 額 と 支 払 予 定 期 月 を 記 載 した 年 間 支 払 通 知 書 と 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 を お 送 りします 年 金 支 払 通 知 書 は 年 1 回 の 発 行 ですので1 年 間 大 切 に 保 管 し 実 際 に 年 金 が 振 込 まれたときに 金 額 を 確 認 してください 年 金 の 支 払 額 に 変 更 があった 場 合 は その 都 度 厚 生 年 金 基 金 裁 定 通 知 書 支 給 額 変 更 通 知 書 年 金 支 払 通 知 書 (1 枚 に なっています)をお 送 りします なお この 年 金 は 所 得 税 法 上 あなたの 雑 所 得 となりますから 源 泉 徴 収 該 当 者 (65 歳 未 満 は1 年 間 にお 支 払 する 年 金 が 108 万 円 以 上 65 歳 以 上 は 80 万 円 以 上 の 年 金 を 当 基 金 から 受 給 する 方 )は 支 払 時 に 所 得 税 の 源 泉 徴 収 ( 天 引 き)を 行 っ た 後 の 支 給 額 を 送 金 します 税 金 に 関 する 説 明 は 8 ページから 11 ページに 記 載 してありますのでご 参 照 ください - 3 -

7 5. 基 金 の 年 金 について あなたが 支 払 っている 厚 生 年 金 保 険 料 は 基 金 に 加 入 している いないにかかわらず 同 じ 金 額 です 厚 生 年 金 に 納 めている 保 険 料 は 基 金 に 納 めている 掛 金 と 同 じ 額 が 免 除 されています 基 金 の 基 本 年 金 は 厚 生 年 金 保 険 の 一 部 を 代 行 してお 支 払 しています (もし 基 金 に 加 入 していなければ プラスαを 除 いた 金 額 が 老 齢 厚 生 年 金 として 国 から 支 払 われることになります ) そのため 基 金 では あなたの 在 職 老 齢 年 金 や 雇 用 保 険 の 基 本 手 当 に ついて 企 業 年 金 連 合 会 を 通 して 国 に 照 会 を 行 って 基 金 の 年 金 額 の 停 止 や 改 定 をします (1) 支 給 額 が 変 更 される 場 合 1 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 である 間 は 国 に 準 じて 基 金 の 基 本 年 金 が 一 部 または 全 額 停 止 となる 場 合 があります 計 算 は 毎 月 見 直 されます 従 前 と 変 更 があった 場 合 のみお 知 らせします ( 在 職 老 齢 年 金 の 支 給 停 止 額 算 出 方 法 は 6 ページにあります ) 国 の 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 が 発 生 していない 方 は 報 酬 にかかわらず 被 保 険 者 である 間 全 額 停 止 となります 国 の 年 金 の 種 類 が 遺 族 障 害 の 年 金 を 選 択 している( 老 齢 厚 生 年 金 を 受 給 していない) 方 は 支 給 停 止 の 対 象 と なりません ただし 遺 族 年 金 を 選 択 されている 場 合 は 65 歳 以 降 支 給 停 止 の 対 象 となる 場 合 があります 2 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 でなくなったとき 基 金 の 年 金 は 全 額 支 給 となります ただし 65 歳 未 満 の 方 が 雇 用 保 険 を 受 給 した 場 合 はその 間 基 金 の 基 本 年 金 が 全 額 支 給 停 止 となります ( 詳 しくは 5 ページをご 参 照 ください ) 3 加 入 中 に 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 得 た 方 が 基 金 の 加 入 員 でなくなったとき または 65 歳 に 到 達 されたとき 基 金 の 年 金 額 が 改 定 となります 65 歳 以 降 もお 勤 めされ 基 金 の 加 入 員 でなくなったとき 再 度 基 金 の 基 本 年 金 が 改 定 されます 必 要 に 応 じて 基 金 から 手 続 きのご 案 内 をお 送 りします ( 請 求 用 紙 の 発 送 は 退 職 してから 1 ヵ 月 ほどかかります ) 4 既 に 脱 退 した 方 が 支 給 開 始 年 齢 に 達 したあと 再 び 当 基 金 の 加 入 員 となった 場 合 基 本 年 金 は 国 に 準 じて 停 止 となる 場 合 が あります また 65 歳 未 満 で 加 算 年 金 を 受 給 している 方 は 加 算 年 金 が 全 額 支 給 停 止 となります - 4 -

8 5 4の 方 が 再 び 基 金 の 加 入 員 でなくなったとき 基 金 の 年 金 額 が 改 定 となります 必 要 に 応 じて 基 金 から 手 続 きのご 案 内 をお 送 りします ( 請 求 用 紙 の 発 送 は 退 職 してから 1 ヵ 月 ほどかかります ) 原 則 65 歳 時 に 基 金 の 年 金 の 手 続 きをされた 方 はその 後 の 改 定 は 自 動 的 に 行 い ご 通 知 差 し 上 げます 6 基 金 脱 退 後 国 の 支 給 開 始 年 齢 に 達 する 前 に 基 金 の 加 算 年 金 の 受 給 権 を 得 た 方 が 国 の 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 得 たときに 基 本 年 金 が 支 給 されます 支 給 開 始 年 齢 に 達 する 月 の 中 旬 過 ぎに 基 金 から 手 続 きのご 案 内 をお 送 りします 支 給 停 止 については1~5と 同 様 の 取 扱 いとなります (2) 雇 用 保 険 の 失 業 給 付 との 調 整 について 1 65 歳 未 満 の 方 が 雇 用 保 険 の 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 )を 受 給 したとき 基 金 の 基 本 年 金 は 全 額 支 給 停 止 になります ただし 以 下 の 方 は 対 象 となりません ア. 国 の 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 が 発 生 していない 方 イ. 国 の 年 金 の 種 類 が 遺 族 障 害 となる 年 金 を 選 択 している 方 雇 用 保 険 の 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 )の 受 給 中 に 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 が 発 生 した 場 合 は その 時 点 から 基 金 の 基 本 年 金 は 全 額 支 給 停 止 となります 2 雇 用 保 険 の 失 業 給 付 ( 基 本 手 当 )の 支 給 が 終 了 したとき 基 金 の 基 本 年 金 が 支 給 されます 上 記 1および2については 在 職 老 齢 年 金 と 同 様 に 国 に 照 会 をし 回 答 を 確 認 後 処 理 します ご 本 人 様 の 手 続 きは 不 要 ですが 下 記 のように 各 機 関 を 通 して 回 答 を 得 るために お 支 払 再 開 までに 通 常 で 4 ヶ 月 から 6 ヶ 月 かかってしまいますので ご 了 承 く ださい ハローワーク 年 金 事 務 所 日 本 年 金 機 構 業 務 センター 企 業 年 金 連 合 会 当 基 金 年 金 の 受 給 に 急 を 要 する 方 は 基 金 年 金 担 当 までお 電 話 にてご 相 談 ください - 5 -

9 在 職 老 齢 年 金 支 給 停 止 額 算 出 方 法 ( 参 考 ) 1. 支 給 停 止 総 額 の 算 出 方 法 60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 在 職 老 齢 年 金 ( 低 在 老 ) 基 本 月 額 基 本 月 額 と 総 報 酬 月 額 相 当 額 の 合 計 額 が28 万 円 以 下 の 場 合 基 本 月 額 が 総 報 酬 月 額 相 当 額 が46 万 円 以 下 のとき 基 本 月 額 と 総 報 酬 月 額 相 当 額 の 28 万 円 以 下 の 場 合 総 報 酬 月 額 相 当 額 が46 万 円 を 超 えるとき 合 計 額 が28 万 円 を 基 本 月 額 が 総 報 酬 月 額 相 当 額 が46 万 円 以 下 のとき 超 えていて 28 万 円 を 超 える 場 合 総 報 酬 月 額 相 当 額 が46 万 円 を 超 えるとき ( 国 の 年 金 額 + 代 行 相 当 額 ) 12ヶ 月 ( 支 給 停 止 なし) ( 基 本 月 額 + 総 報 酬 月 額 相 当 額 -28 万 円 ) 2 12 {(46 万 円 + 基 本 月 額 -28 万 円 ) 2 +( 総 報 酬 月 額 相 当 額 -46 万 円 )} 12 ( 総 報 酬 月 額 相 当 額 2) 12 (46 万 円 2+ 総 報 酬 月 額 相 当 額 -46 万 円 ) 歳 以 上 70 歳 未 満 の 在 職 老 齢 年 金 ( 高 在 老 ) 基 本 月 額 基 本 月 額 と 総 報 酬 月 額 相 当 額 の 合 計 額 が46 万 円 以 下 の 場 合 基 本 月 額 と 総 報 酬 月 額 相 当 額 の 合 計 額 が46 万 円 を 超 える 場 合 ( 国 の 年 金 額 + 代 行 相 当 額 ) 12ヶ 月 ( 支 給 停 止 なし) ( 基 本 月 額 + 総 報 酬 月 額 相 当 額 -46 万 円 ) 基 金 の 支 給 停 止 額 判 定 1 支 給 停 止 基 準 額 国 の 年 金 額 の 場 合 国 の 年 金 額 加 給 年 金 を 除 いた 老 齢 厚 生 年 金 額 ( 基 金 の 代 行 分 を 除 く) 代 行 相 当 額 基 金 の 基 本 年 金 = 全 額 支 給 当 基 金 および 他 の 基 金 で 代 行 している 報 酬 比 例 部 分 (+α 分 を 除 く) 2 国 の 年 金 < 支 給 停 止 基 準 額 < ( 国 の 年 金 + 代 行 相 当 額 )の 場 合 総 報 酬 月 額 相 当 額 基 金 の 基 本 年 金 = 一 部 支 給 停 止 支 給 停 止 額 = 基 金 の 基 本 年 金 ( 支 給 停 止 総 額 - 国 の 年 金 ) 代 行 相 当 額 ( 総 額 ) 3 ( 国 の 年 金 額 + 代 行 相 当 額 ) 支 給 停 止 基 準 額 の 場 合 基 金 の 基 本 年 金 = 全 額 支 給 停 止 その 月 の 標 準 報 酬 月 額 +その 月 以 前 1 年 間 の 標 準 賞 与 額 の 合 計 額 12ヶ 月 ( 毎 月 再 計 算 され その 都 度 在 職 老 齢 年 金 の 支 給 調 整 が 行 われる) 支 給 停 止 調 整 開 始 額 28 万 円 その 年 度 の 再 評 価 率 の 改 定 の 基 準 となる 率 ( 政 令 で 定 める 率 ) 支 給 停 止 調 整 変 更 額 支 給 停 止 基 準 額 = 支 給 停 止 総 額 48 万 円 その 年 度 の 名 目 賃 金 変 動 率 上 記 の 計 算 式 には 政 令 で 定 める 率 変 動 率 は 省 略 してあります - 6 -

10 (3) 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 の 引 上 げに 伴 う 年 金 の 繰 上 げ 制 度 について 平 成 25 年 4 月 より 厚 生 年 金 保 険 法 の 改 正 により 老 齢 厚 生 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 )の 支 給 開 始 年 齢 が 性 別 及 び 生 年 月 日 に 応 じて 60 歳 から 65 歳 へ 段 階 的 に 引 上 げられました( 下 表 参 照 ) この 支 給 開 始 年 齢 引 上 げに 伴 い 60 歳 台 前 半 における 老 齢 厚 生 年 金 の 繰 上 げ 請 求 ができることとなりました 繰 上 げ 制 度 は 本 来 の 支 給 開 始 年 齢 前 から 年 金 を 受 けられますが 1 ヶ 月 繰 上 げるごとに 0.5% 減 額 される 制 度 です 年 金 額 は 生 涯 にわたり 減 額 されます また 老 齢 基 礎 年 金 と 老 齢 厚 生 年 金 ( 基 金 の 基 本 年 金 を 含 む)を 必 ず 同 時 に 繰 上 げ 請 求 が 必 要 となり 一 方 のみという 選 択 はできませんので 熟 考 のうえお 申 出 ください 在 職 老 齢 年 金 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )との 支 払 調 整 の 対 象 となります ( 詳 しくは 4~6 ページをご 参 照 ください ) 支 給 開 始 年 齢 早 見 表 男 性 の 生 年 月 日 女 性 の 生 年 月 日 支 給 開 始 年 齢 ~ 昭 和 28 年 4 月 1 日 ~ 昭 和 33 年 4 月 1 日 60 歳 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 昭 和 33 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 35 年 4 月 1 日 61 歳 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 32 年 4 月 1 日 昭 和 35 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 37 年 4 月 1 日 62 歳 昭 和 32 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 34 年 4 月 1 日 昭 和 37 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 39 年 4 月 1 日 63 歳 昭 和 34 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 36 年 4 月 1 日 昭 和 39 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 41 年 4 月 1 日 64 歳 昭 和 36 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 41 年 4 月 2 日 ~ 65 歳 (4)65 歳 以 降 の 年 金 の 繰 下 げ 制 度 について 平 成 19 年 4 月 より 厚 生 年 金 保 険 法 の 改 正 により 65 歳 以 降 の 年 金 を 1 年 以 上 繰 下 げて 受 給 すると 1 ヶ 月 あたり 0.7% 増 額 して 支 払 を 受 けられる 繰 下 げ 支 給 制 度 ができました 基 金 の 基 本 年 金 は 国 の 代 行 になりますので この 制 度 を 利 用 する 方 は 必 ず 日 本 年 金 機 構 と 基 金 両 方 に 申 し 出 が 必 要 となります 65 歳 前 に 当 基 金 より 説 明 の 文 書 をお 送 りしておりますのでご 確 認 下 さい 繰 下 げ 制 度 は 1 年 以 上 年 金 を 受 取 らないことにより 増 額 される 制 度 です 遡 って 年 金 が 支 給 されるわけではないので 利 息 分 の 元 を 取 るまでに 数 年 を 要 します また 1 度 申 出 した 繰 下 げを 撤 回 したり 繰 下 げ 期 間 を 終 了 し 支 払 を 開 始 するのにも 時 間 がか かりますので 熟 考 のうえお 申 出 ください

11 6. 年 金 と 税 金 (1) 所 得 の 種 類 基 金 の 年 金 は 所 得 税 法 上 雑 所 得 に 区 分 され 厚 生 年 金 保 険 の 年 金 や 国 民 年 金 と 同 様 に 所 得 税 復 興 特 別 所 得 税 および 住 民 税 が 課 せられます 国 の 年 金 の 種 類 が 非 課 税 の 遺 族 や 障 害 であっても 基 金 の 年 金 はあくまでも 報 酬 比 例 と しての 年 金 ですので 課 税 対 象 となります (2) 源 泉 徴 収 基 金 の 年 金 にかかる 所 得 税 は お 支 払 のときに 天 引 き( 源 泉 徴 収 )されます ただし 1 年 間 にお 支 払 いする 年 金 額 が 108 万 円 に 満 たない 場 合 (65 歳 以 上 の 方 は 80 万 円 に 満 たない 場 合 )は 天 引 きされません ( 注 ) 税 法 の 改 正 により 変 わることがあります (3) 公 的 年 金 等 の 控 除 1 基 金 の 年 金 は 所 得 税 法 に 定 める 公 的 年 金 等 に 含 まれますので 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 ( 以 下 申 告 書 ) を 提 出 することにより 源 泉 徴 収 の 段 階 で 公 的 年 金 等 控 除 などの 各 種 控 除 を 受 けることができます ただし 基 金 でお 支 払 する 年 金 が 年 間 で 108 万 円 に 満 たない 場 合 (65 歳 以 上 の 方 は 80 万 円 に 満 たない 場 合 )は 源 泉 徴 収 されませんので 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません 毎 年 11 月 の 時 点 で 源 泉 徴 収 の 対 象 になる 方 に 当 基 金 から 申 告 書 を 送 付 しております 2 扶 養 親 族 がいない 場 合 でも 申 告 書 を 提 出 していただくことにより 基 礎 控 除 は 受 けることができます 前 年 と 同 じ 場 合 で あっても 申 告 書 を 提 出 しないと 控 除 は 受 けられません また 国 が 行 っている 厚 生 年 金 保 険 の 年 金 国 民 年 金 公 務 員 の 共 済 年 金 などに 申 告 書 を 提 出 している 方 は 配 偶 者 控 除 や 扶 養 親 族 控 除 本 人 控 除 等 については 二 重 に 控 除 を 受 けることはできません - 8 -

12 (4) 源 泉 徴 収 票 の 送 付 と 確 定 申 告 1 基 金 の 年 金 は 所 得 税 法 上 雑 所 得 となるため 年 末 調 整 の 手 続 きはありません この 年 金 以 外 に 収 入 がある 方 各 種 保 険 料 控 除 医 療 費 控 除 などを 受 けようとする 方 の 源 泉 徴 収 税 額 とその 年 の 確 定 年 税 額 との 過 不 足 については 確 定 申 告 により 精 算 されます 2 毎 年 1 月 に 前 年 度 の 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 をお 送 りしていますので 確 定 申 告 にお 使 いください 公 的 年 金 の 収 入 が400 万 円 以 下 で かつ 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 各 種 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定 申 告 は 不 要 です ただし 還 付 を 受 ける 場 合 は 確 定 申 告 をしなければ 戻 ってきません 確 定 申 告 が 不 要 であっても 非 課 税 というわけではありません 確 定 申 告 については 最 寄 の 税 務 署 にご 相 談 ください 3 年 金 は 後 払 いですので 支 払 月 が 収 入 時 期 となります 年 間 の 支 払 回 数 により 発 行 される 源 泉 徴 収 票 の 該 当 月 が 異 なります 年 6 回 払 い 年 2 回 払 い 年 3 回 払 い 年 1 回 払 い 翌 年 の 源 泉 徴 収 票 の 計 算 対 象 月 前 年 12 月 分 から 当 年 11 月 分 まで 前 年 10 月 分 から 当 年 9 月 分 まで 前 年 6 月 分 から 当 年 5 月 分 まで 1 年 間 の 年 金 額 は 1 月 分 から 12 月 分 ではありません ご 注 意 ください 前 年 月 分 が 含 まれていても 支 払 期 の 年 金 は 当 年 の 所 得 として 課 税 されます 4 年 金 は 支 払 事 由 が 生 じた 年 の 所 得 扱 いになります 例 えば 裁 定 請 求 が 遅 れたことにより 前 年 分 以 前 の 年 金 が 一 括 で 支 払 わ れる 場 合 であっても それぞれ 定 められた 支 払 期 により 年 区 分 し その 年 ごとに 課 税 されることになります 当 基 金 では 遡 及 処 理 をした 場 合 裁 定 通 知 書 と 一 緒 に 該 当 年 度 の 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 を 発 行 しておりますので 最 寄 の 税 務 署 にご 相 談 ください - 9 -

13 (5) 住 民 税 の 申 告 住 民 税 は 前 年 の 所 得 に 基 づいて 課 せられ 住 民 税 における 所 得 の 範 囲 に 年 金 も 含 まれますが 基 金 では 住 民 税 の 源 泉 徴 収 は 行 っておりません 毎 年 3 月 15 日 までに 住 所 地 の 市 区 町 村 へ 申 告 してください ただし 所 得 税 の 確 定 申 告 をされた 方 は 申 告 の 必 要 はありません また 年 金 の 支 払 者 は 市 区 町 村 に 対 し 年 間 に 支 払 った 年 金 額 を 報 告 する 義 務 がありますので 毎 年 前 年 分 の 公 的 年 金 等 支 払 報 告 書 を 全 国 の 市 区 町 村 に 対 して 送 付 しています 過 去 に 遡 って 訂 正 等 があった 場 合 も 報 告 しておりますので 忘 れずに 申 告 してください 7. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き (1) 年 金 受 給 権 者 現 況 届 の 提 出 1 毎 年 あなたの 誕 生 日 の 前 月 末 頃 基 金 から 年 金 受 給 権 者 現 況 届 の 用 紙 をお 送 りしますので 必 要 事 項 をご 記 入 のうえ 返 送 してください ただし 次 の 条 件 の 方 は 生 存 の 確 認 ができているということで 送 付 しておりません ア. 基 金 の 加 入 中 の 方 ( 基 金 加 入 の 事 業 所 にお 勤 めしていて 掛 金 を 納 めている 方 ) イ. 裁 定 1 年 以 内 または 支 払 額 に 変 更 があって1 年 以 内 の 方 2 現 況 届 は 右 上 に 記 載 されている 提 出 期 限 までにご 提 出 ください 提 出 期 限 までに 届 かない 場 合 は 督 促 のうえ 年 金 の 支 払 を 一 時 差 し 止 めする 場 合 がありますのでご 注 意 ください

14 (2) 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 の 提 出 ( 該 当 者 のみ) 1 毎 年 11 月 時 点 で 基 金 の 年 間 の 受 取 り 年 金 額 が 108 万 円 以 上 (65 歳 以 上 の 方 は 80 万 円 以 上 )の 方 に 送 付 します 各 種 控 除 を 受 けられる 方 は 12 月 15 日 までに 基 金 へ 提 出 してください 翌 年 基 金 からお 支 払 する 年 金 にかかる 税 金 の 計 算 に 使 用 します 前 年 と 同 じであっても 記 入 漏 れや 提 出 がないと 控 除 が 受 けられませんのでご 注 意 ください 2 申 告 書 を 提 出 しなかった 場 合 または 提 出 し 忘 れた 場 合 は 一 律 %の 税 金 を 源 泉 徴 収 してお 支 払 することになり ます ただし 最 終 的 に 確 定 申 告 をすることにより その 他 の 雑 所 得 とあわせて 控 除 額 を 差 し 引 き 税 金 額 の 再 計 算 をして 調 整 されますので 問 題 はありません (3) 確 定 申 告 年 金 は 税 法 上 雑 所 得 となるため 年 末 調 整 の 対 象 になりません 基 金 から 支 払 われる 年 金 以 外 に 給 与 所 得 等 のある 方 または2 箇 所 以 上 に 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 を 提 出 された 方 は 確 定 申 告 を 行 う 必 要 があります 公 的 年 金 の 収 入 が400 万 円 以 下 で かつ 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 各 種 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定 申 告 は 不 要 です ただし 還 付 を 受 ける 場 合 は 確 定 申 告 をしなければ 戻 ってきません 8. 住 所 受 取 方 法 氏 名 が 変 わったときの 手 続 き 住 所 年 金 の 受 取 方 法 氏 名 が 変 わったときは このしおりの 巻 末 にあります 年 金 受 給 権 者 住 所 受 取 方 法 変 更 届 また は 年 金 受 給 権 者 氏 名 変 更 届 を 基 金 へ 提 出 してください 氏 名 変 更 の 場 合 は この 届 書 の 他 に 次 の 書 類 を 添 付 してください ア. 基 金 の 発 行 した 年 金 証 書 ( 厚 生 年 金 基 金 年 金 証 書 ) イ. 氏 名 の 変 更 に 関 する 市 区 町 村 長 の 証 明 書 または 戸 籍 抄 本 氏 名 変 更 に 伴 い 受 取 口 座 の 名 義 が 変 更 になった 場 合 は 住 所 受 取 方 法 変 更 届 の 余 白 に 名 義 変 更 と 朱 記 のうえ ご 本 人 様 名 義 の 口 座 をお 届 けください

15 9. 年 金 の 支 給 を 受 けている 方 が 亡 くなったときの 手 続 き 基 金 の 年 金 は 年 金 の 支 給 を 受 けている 方 ( 年 金 受 給 者 )が 死 亡 した 月 までお 支 払 します 遺 族 年 金 の 制 度 はありません 亡 くなった 日 から 10 日 以 内 に 死 亡 の 届 出 義 務 者 ( 同 居 の 親 族 その 他 の 同 居 人 家 主 地 主 または 家 屋 土 地 の 管 理 人 )は 基 金 へ 連 絡 してください 手 続 きに 必 要 な 書 類 を 送 付 いたします 1 年 金 証 書 番 号 年 金 受 給 権 者 のお 名 前 亡 くなった 日 ご 遺 族 の 方 のお 名 前 連 絡 先 をお 届 けください 2 死 亡 の 届 出 は 同 居 の 親 族 以 外 の 親 族 も 行 うことができます 3 亡 くなった 年 金 受 給 者 に 支 払 うべき 年 金 で まだ 支 払 われていない 年 金 がある 場 合 は 生 計 を 同 じくしていた 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 または 兄 弟 姉 妹 ( 先 順 位 者 があると 後 順 位 者 は 請 求 できません)が 未 支 給 の 年 金 として 受 給 すること ができます ご 連 絡 をいただいたときに 必 要 に 応 じ 関 係 書 類 を 同 封 させていただきます 連 絡 先 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 業 務 部 東 京 都 新 宿 区 山 吹 町 11 番 地 1 電 話

16

17

18 平 成 25 年 10 月 改 訂 版

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08EF38B8B8CA08ED282CC82B582A882E8816990E096BE95B6816A4831382E342E32382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08EF38B8B8CA08ED282CC82B582A882E8816990E096BE95B6816A4831382E342E32382E646F63> 基 金 型 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 年 金 受 給 権 者 のしおり 大 日 本 印 刷 企 業 年 金 基 金 ( 平 成 18 年 4 月 改 定 ) < 目 次 > はじめに 1ページ 1. 年 金 証 書 について 2ページ 2. 年 金 の 支 払 われ 方 3ページ 3. 給 付 金 の 税 務 4ページ 4. 年 金 受 給 中 に 必 要 な 手 続 き 5ページ (1)

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

事務連絡

事務連絡 特 別 研 究 員 の 皆 様 へ 平 成 24 年 10 月 12 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 総 務 部 研 究 者 養 成 課 年 末 調 整 にかかる 申 告 書 類 提 出 のお 願 い 標 題 の 件 について 平 成 24 年 の 年 末 調 整 に 必 要 な 書 類 を 送 付 いたしますので 裏 面 以 降 の 申 告 書 類 作 成 記 入 要 領

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

65 歳 以 上 の 介 護 保 険 料 が 健 康 保 険 に 含 まれていた 時 より 高 額 になったと 思 うのですが 40 歳 から64 歳 までの 健 康 保 険 に 含 まれる 介 護 保 険 分 は 会 社 での 健 康 保 険 のルールに 基 づき 会 社 での 月 額 報 酬 等

65 歳 以 上 の 介 護 保 険 料 が 健 康 保 険 に 含 まれていた 時 より 高 額 になったと 思 うのですが 40 歳 から64 歳 までの 健 康 保 険 に 含 まれる 介 護 保 険 分 は 会 社 での 健 康 保 険 のルールに 基 づき 会 社 での 月 額 報 酬 等 介 護 保 険 に 関 するQ&A 65 歳 になられる 方 65 歳 になったら 保 険 料 の 通 知 が 来 るのはなぜですか 介 護 保 険 料 は40 歳 から64 歳 までの 方 ( 第 2 号 被 保 険 者 )については 健 康 ( 医 療 ) 保 険 料 の 中 に 含 めて ご 加 入 の 健 康 ( 医 療 ) 保 険 組 合 のルールに 基 づいて 支 払 うことになっています

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年 年 1 年 制 度 の 概 要 1 厚 生 年 と 基 礎 年 の 種 類 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによって 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とその 家 族 の 生 活 の 安 定 を 図 ることを 目 的 としています 厚 生 年 (

More information

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 置 き 換 え 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状

More information

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支 わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 見 直 し 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状 態

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

事務連絡

事務連絡 特 別 研 究 員 の 皆 様 へ 平 成 25 年 10 月 11 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 人 材 育 成 事 業 部 研 究 者 養 成 課 年 末 調 整 にかかる 申 告 書 類 提 出 のお 願 い 標 題 の 件 について 平 成 25 年 の 年 末 調 整 に 必 要 な 書 類 を 送 付 いたしますので 裏 面 以 降 の 申 告 書 類 作 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A6D92E88B928F6F944E8BE0826582608270816982E682AD82A082E982B28EBF96E2816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A6D92E88B928F6F944E8BE0826582608270816982E682AD82A082E982B28EBF96E2816A2E646F6378> FAQ(よくあるご 質 問 ) 制 度 共 通 1 基 礎 年 金 番 号 は どのようなものです 基 礎 年 金 番 号 とは 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 共 済 組 合 といったすべての 公 的 年 金 制 度 で 共 通 して 使 用 する10 桁 の 番 号 で 一 人 に 一 つの 基 礎 年 金 番 号 が 付 番 されていま す 確 定 拠 出 年 金 に 関 する 各 種

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

日本年金機構編 年金相談マニュアル-08 勧奨編(平成24年5月改訂-第06版) 【308頁】サンプル

日本年金機構編 年金相談マニュアル-08 勧奨編(平成24年5月改訂-第06版) 【308頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル 勧 奨 編 平 成 24 年 度 版 年 金 相 談 マニュアル 平 成 24 年 度 版 国 年 適 用 種 類 通 知 書 名 出 力 ( 発 送 ) 契 機 頁 資 格 取 得 国 民 年 金 被 保 険 者 資 格 取 得 種 別 変 更 ( 第 1 号 被 保 険 者 該 当 ) 種 別 確 認 ( 第 3 号 被 保 険 者 該 当 ) 届 書 国 民 年 金

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

<82B582A882E82E786C73>

<82B582A882E82E786C73> 基 金 年 金 支 給 の 手 引 き - この 手 引 き は 年 金 証 書 とともに 大 切 に 保 管 してください 年 金 の 給 付 をお 受 けになるための 手 続 きやご 注 意 等 をまとめたものですので よくご 覧 いただき 手 続 き 等 をお 忘 れにならないように 注 意 してください なお この 手 引 き には 手 続 き 書 類 が 添 付 されておりませんので 手

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

児童扶養手当(大阪府)

児童扶養手当(大阪府) 児 童 扶 養 手 当 児 童 扶 養 手 当 は 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない18 歳 到 達 後 最 初 の 年 度 末 までの 児 童 ( 児 童 に 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいがある 場 合 は 20 歳 未 満 の 児 童 ) を 監 護 しているひとり 親 家 庭 の 母 又 は 父 等 に 支 給 されます 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域 退 職 共 済 年 金 制 度 等 について Ⅰ 年 金 制 度 Ⅱ 退 職 共 済 年 金 Ⅲ 年 金 額 Ⅳ 定 年 退 職 後 の 就 労 と 年 金 調 整 Ⅴ 年 金 の 請 求 手 続 Ⅵ その 他 公 立 学 校 共 済 組 合 大 阪 支 部 Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

被扶養者あり+前納なし

被扶養者あり+前納なし 任 意 継 続 手 続 き 郵 送 する 前 最 後 もう 一 度 ご 確 認 くさだい チェック! 健 康 保 険 任 意 継 続 資 格 取 得 書 確 認 書 - 必 ずご 確 認 ください- 取 得 書 裏 面 (ダウンロード 場 合 は2 枚 目 ) 署 名 欄 署 名 捺 はさましたか? 住 民 票 1 通 (3か 以 内 発 行 さたも コピー 可 ) 退 職 わかるも(お 持 ち 方

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

6-2第1種退職年金

6-2第1種退職年金 第 2 節 第 1 種 退 職 年 金 ( 支 給 要 件 ) 第 52 条 第 1 種 退 職 年 金 は 加 算 適 用 加 入 員 又 は 加 算 適 用 加 入 員 であった 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 に その 者 に 支 給 する (1) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 10 年 以 上 である 者 又 は 加 算 適 用 加 入 員 期 間 3 年

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合

厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合 1. 厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 2. 退 職 後 の 健 康 保 険 制 度 日 本 郵 政 共 済 組 合 厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合 公 的 年 金 制 度 のしくみ 公 的 年 金 共 済 年 金 厚 生 年 金 国 民 年 金 被 用 者 年 金 制 度 基 礎 年 金 制 度

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 老 齢 年 金 の 基 礎 知 識 森 井 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 平 成 24 年 3 月 作 成 1 本 スライドにおける 注 意 事 項 ご 注 意 本 スライドでは 老 齢 年 金 をわかりやすく 解 説 するため 一 部 の 説 明 を 省 略 したり 省 略 した 名 称 を 使 用 している 部 分 があります また 表 示 の 年 金 額 は 平 成 22 年 の 年

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

特別徴収封入送付作業について

特別徴収封入送付作業について 特 別 徴 収 の 事 務 概 要 ( 説 明 資 料 ) 新 居 浜 市 役 所 総 務 部 市 民 税 課 電 話 (0897)65-1224( 直 通 ) 特 別 徴 収 について 所 得 税 の 源 泉 徴 収 義 務 者 は 市 の 指 定 により 市 県 民 税 の 特 別 徴 収 しなければならないと 義 務 付 け られています ( 地 方 税 法 第 321 条 の 4 新 居 浜

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

153053-FP知年金_-D-_[本文].indb

153053-FP知年金_-D-_[本文].indb も く じ 公 的 制 度 改 正 動 向 3 12 公 的 払 込 期 間 中 Q& 22 1 主 な 改 正 変 更 事 項 3 (1) 物 価 スライド 特 例 水 準 解 消 と 本 来 水 準 額 3 (2)マクロ 経 済 スライド 本 格 発 動 3 (3) 第 3 号 不 整 合 記 録 問 題 へ 対 応 4 (4) 厚 生 と 共 済 一 元 化 4 (5) 新 たな 保 険 料

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

納 税 義 務 者 について Q 私 自 身 は 以 前 から 会 社 の 保 険 に 加 入 しているのに 国 保 税 の 納 税 通 知 書 が 私 宛 に 届 きましたがなぜです か? A 国 保 税 は 世 帯 主 の 方 に 納 税 義 務 があります ( 地 方 税 法 第 703 条

納 税 義 務 者 について Q 私 自 身 は 以 前 から 会 社 の 保 険 に 加 入 しているのに 国 保 税 の 納 税 通 知 書 が 私 宛 に 届 きましたがなぜです か? A 国 保 税 は 世 帯 主 の 方 に 納 税 義 務 があります ( 地 方 税 法 第 703 条 よくある 質 問 ( 国 民 健 康 保 険 税 Q&A) 国 保 税 のご 相 談 税 務 課 課 税 班 税 納 付 のご 相 談 税 務 課 収 納 班 国 保 資 格 のご 相 談 生 活 環 境 課 保 険 班 電 話 0185-24-9134 電 話 0185-24-9136 電 話 0185-24-9112 納 付 方 法 について Q 国 保 税 は 毎 月 納 めるのですか? A

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい 1 休 業 給 付 と 報 酬 との 調 整 (1) 調 整 方 法 の 変 更 点 標 準 報 酬 制 導 入 前 は 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 休 業 手 当 金 育 児 休 業 手 当 金 又 は 介 護 休 業 手 当 金 の 支 給 期 間 に 係 る 給 料 の 全 部 又 は 一 部 を 受 ける 場 合 には その 受 ける 金 額 の 限 度 で 調 整 を 行 う

More information

2 任意継続組合員制度について

2 任意継続組合員制度について 第 退 職 後 の 医 療 保 険 制 度 について 退 職 後 に 加 入 する 医 療 保 険 制 度 について わが 国 の 社 会 保 障 制 度 における 医 療 保 険 については 国 民 皆 保 険 制 度 をとっており 何 らかの 医 療 保 険 制 度 に 加 入 することが 義 務 づけられています 組 合 員 の 方 は 在 職 中 は 共 済 組 合 に 加 入 していますが

More information

75 歳 以 上 の 方 の 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 75 歳 になると 全 ての 方 が 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 して 医 療 を 受 けます 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 東 京 都 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 が 主 体 となり 区

75 歳 以 上 の 方 の 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 75 歳 になると 全 ての 方 が 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 して 医 療 を 受 けます 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 東 京 都 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 が 主 体 となり 区 高 齢 受 給 者 証 70 歳 になると 高 齢 受 給 者 証 の 対 象 となります 対 象 となる 期 間 70 歳 の 誕 生 日 の 翌 月 (1 日 が 誕 生 日 の 方 は 誕 生 月 )から 75 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで 内 容 対 象 の 方 には 高 齢 受 給 者 証 が 交 付 されます 医 療 機 関 にかかるときはこの 受 給 者 証 と 証 を 窓 口

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 年 4 か ら 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が は じ ま り ま した これまでは75 歳 ( 一 定 の 障 害 をお 持 ちの65 歳 ) 以 上 の 方 は 国 民 健 康 保 険 などの 医 療 保 険 に 加 入 しながら 老 人 保 健 医 療 制 度 で 医 療 を 受 けていましたが 平 成 20 年 4 からは 新 しい

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

はじめに 年 金 受 給 者 の 皆 様 には 日 頃 より 市 議 会 議 員 共 済 会 の 運 営 に 関 しまして 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます さて 議 員 年 金 を 受 給 される 皆 様 に 継 続 し て 年 金 を 受 けていただ

はじめに 年 金 受 給 者 の 皆 様 には 日 頃 より 市 議 会 議 員 共 済 会 の 運 営 に 関 しまして 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます さて 議 員 年 金 を 受 給 される 皆 様 に 継 続 し て 年 金 を 受 けていただ はじめに 年 金 受 給 者 の 皆 様 には 日 頃 より 市 議 会 議 員 共 済 会 の 運 営 に 関 しまして 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます さて 議 員 年 金 を 受 給 される 皆 様 に 継 続 し て 年 金 を 受 けていただくために 市 議 会 議 員 共 済 会 に 対 しまして 様 々な 手 続 きが 必 要 になり ます

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 脱 退 一 時 金 今 回 の 講 義 では 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 短 期 滞 在 の 外 国 人 に 支 給 される 脱 退 一 時 金 について 学 習 します 付 加 年 金 付 加 年 金 に 関 しては 法 第 43 条 から 法 第 48 条 に 規 定 されています また 付 加 保 険 料 に 関 しては

More information

保 険 料 の 軽 減 措 置 均 等 割 額 の 軽 減 1 以 下 の 基 準 によって 均 等 割 額 が 軽 減 されます 軽 減 割 合 は 被 保 険 者 と 世 帯 主 の 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 によって 判 定 します 軽 減 割 合 同 一 世 帯 内 の 被 保

保 険 料 の 軽 減 措 置 均 等 割 額 の 軽 減 1 以 下 の 基 準 によって 均 等 割 額 が 軽 減 されます 軽 減 割 合 は 被 保 険 者 と 世 帯 主 の 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 によって 判 定 します 軽 減 割 合 同 一 世 帯 内 の 被 保 保 険 料 について 保 険 料 は 被 保 険 者 が 等 しく 負 担 する 均 等 割 額 と 被 保 険 者 の 所 得 に 応 じて 決 まる 所 得 割 額 の 合 計 額 になります 保 険 料 率 等 は 香 川 県 内 のいずれの 市 町 にお 住 まいでも 同 じです ( 平 成 27 年 度 ) 保 険 料 年 額 基 礎 控 除 後 の 47,200 円 + 所 得 割 率

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

<5461726F31322D325F81798ED0984A8E6D817A944E8BE08D8E959E814593BE>

<5461726F31322D325F81798ED0984A8E6D817A944E8BE08D8E959E814593BE> 社 労 士 講 座 資 格 の 大 原 年 金 克 服 得 点 アップセミナー 第 2 回 目 ( 年 金 克 服 得 点 アップセミナー 全 3 回 ) 第 1 回 国 民 年 金 法 第 2 回 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 回 確 認 テスト 社 労 士 試 験 の 最 大 の 難 関 は 年 金 科 目 です これは1 仕 組 みについて 理 解 が 必 要 であるこ と2 他 の 科

More information

平 成 28 年 度 版 岩 出 市 誕 生 10 周 年 記 念 ロゴマーク 2,749 円 1,717 円 1,358 円 1,135 円 1,090 円 889 円 607 円 301 円 154 円 平 成 26 年 度 1 課 税 所 得 金 額 に 応 じた 税 額 を 負 担 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 も 含 みます 3,500 2,000 2 公 的 年 金 等 の 雑

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障 1. 制 度 の 概 要 (1) 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 とは 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 75 歳 以 上 の 方 と 65 歳 ~74 歳 で 一 定 の 障 害 があり 申 請 により 加 入 した 方 を 対 象 とする 独 立 した 医 療 保 険 制 度 として 平 成 20 年 4 月 から 始 まりました この 制 度 では 財 政 運 営 の 安 定 化 と

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

従業員の個人住民税の特別徴収を実施していない事業者の方へ

従業員の個人住民税の特別徴収を実施していない事業者の方へ 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 手 引 本 書 をご 一 読 いただき 特 別 徴 収 事 務 を 進 めていただきますようお 願 いいたします 市 県 民 税 特 別 徴 収 による 納 税 のしくみ 市 県 民 税 の 特 別 徴 収 のしくみの 概 要 は 下 図 のとおりです 1 月 31 日 までにご 提 出 いただいた 給 与 支 払 報 告 書 をもとに 5 月 31 日 までに

More information

年末調整

年末調整 かんたん! 給 与 9 平 成 26 年 分 年 末 調 整 作 業 の 手 順 について かんたん! 給 与 9 で 行 う 平 成 26 年 度 分 年 末 調 整 作 業 手 順 についてご 案 内 いたします [ 改 正 対 応 ] 通 勤 手 当 の 非 課 税 限 度 額 の 引 き 上 げ 平 成 26 年 10 月 20 日 施 行 のマイカー 等 による 通 勤 手 当 の 非 課

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険 1 参 考 資 料 6 退 職 関 連 手 続 の 現 行 業 務 分 析 1. ヒアリング 対 象 2. ワンストップ 化 に 向 けて 検 討 すべき 課 題 ( 参 考 )ヒアリング 結 果 分 析 2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用

目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用 再 任 用 を 希 望 される 皆 様 へ 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 平 成 27 年 度 目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用

More information

CL509001追加訂正内容.indd

CL509001追加訂正内容.indd 平 成 24 年 分 年 末 調 整 版 対 応 内 容. 年 末 調 整 計 算 生 命 保 険 料 控 除 の 改 組 対 応 年 調 計 算 実 行 時 の 生 命 保 険 料 控 除 額 計 算 対 応 年 末 調 整 各 種 画 面 確 認 生 命 保 険 料 控 除 の 改 組 対 応 平 成 24 年 様 式 対 応 2.[F5 年 末 調 整 ] [30 年 調 データ 入 力 ]

More information

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任 任 意 継 続 被 保 険 者 の 手 引 き 東 京 都 医 業 健 康 保 険 組 合 平 成 27 年 4 月 適 用 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特

More information

学 力 家 計 とも 基 準 内 です 申 込 みをすれば 必 ず 採 用 されますか? 奨 学 生 の 採 用 は 日 本 学 生 支 援 機 構 が 定 める 採 用 枠 の 範 囲 内 で 行 いますので 基 準 内 なら 必 ず 採 用 されるとのお 約 束 はできません 下 宿 しています

学 力 家 計 とも 基 準 内 です 申 込 みをすれば 必 ず 採 用 されますか? 奨 学 生 の 採 用 は 日 本 学 生 支 援 機 構 が 定 める 採 用 枠 の 範 囲 内 で 行 いますので 基 準 内 なら 必 ず 採 用 されるとのお 約 束 はできません 下 宿 しています 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 に 関 する & 集 2016 年 4 月 学 生 支 援 課 これから 申 請 される 方 へ 奨 学 金 を 受 けたいのですが 手 続 きはどうしたらよいのでしょうか? 毎 年 4 月 初 旬 に 行 われる 奨 学 金 の 募 集 説 明 会 に 参 加 してください 家 計 の 急 変 により 早 急 に 奨 学 金 を 必 要 とする 場 合

More information

Q1 4 月 から 児 童 手 当 の 支 給 額 はどうなるのですか? Q2 児 童 手 当 には 所 得 制 限 が 設 けられるとのことですが 具 体 的 な 基 準 はどのよう になるのですか? Q3 4 月 以 降 児 童 手 当 を 受 け 取 るためには 手 続 きが 必 要 ですか?

Q1 4 月 から 児 童 手 当 の 支 給 額 はどうなるのですか? Q2 児 童 手 当 には 所 得 制 限 が 設 けられるとのことですが 具 体 的 な 基 準 はどのよう になるのですか? Q3 4 月 以 降 児 童 手 当 を 受 け 取 るためには 手 続 きが 必 要 ですか? 児 童 手 当 Q&A ~ 平 成 24 年 4 月 から 新 しい 児 童 手 当 が 始 まります!~ 厚 生 労 働 省 Q1 4 月 から 児 童 手 当 の 支 給 額 はどうなるのですか? Q2 児 童 手 当 には 所 得 制 限 が 設 けられるとのことですが 具 体 的 な 基 準 はどのよう になるのですか? Q3 4 月 以 降 児 童 手 当 を 受 け 取 るためには 手

More information

老 齢 基 礎 年 金 の 計 算 式 (3) 支 給 開 始 年 齢 老 齢 基 礎 年 金 は 原 則 として 65 歳 から 受 け 取 ることができます なお 希 望 すれば 60 歳 から 64 歳 の 間 でも 年 齢 に 応 じて 一 定 割 合 を 減 額 された 年 金 を 受 け

老 齢 基 礎 年 金 の 計 算 式 (3) 支 給 開 始 年 齢 老 齢 基 礎 年 金 は 原 則 として 65 歳 から 受 け 取 ることができます なお 希 望 すれば 60 歳 から 64 歳 の 間 でも 年 齢 に 応 じて 一 定 割 合 を 減 額 された 年 金 を 受 け ViewPoint 営 相 談 定 年 後 の 社 会 保 険 渡 辺 昭 部 東 京 室 定 年 後 のセカンドライフを 考 えるうえで 年 金 や 医 療 保 険 などの 社 会 保 険 の 仕 組 みや 関 わりを 知 っておくことは 重 要 です 法 律 の 定 めにより 事 業 主 に 対 し 原 則 65 歳 までの 雇 用 が 義 務 づけられ 定 年 以 降 も 働 き 続 ける 人

More information

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ について 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ の 目 的 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ は 今 年 度 59 歳 に 到 達 する 方 を 対 象 に 公 務 員 共 済 の 年 金 加 入 状 況 等 について 確 認 していただき 年 金 制 度 への 理 解 を 深 め 近 い 将 来 の 年 金 請 求 手 続 を 意 識 していただくために

More information

事 例 3 Q: 父 母 を 被 扶 養 者 として 認 定 できますか?( 父 母 とも 国 民 健 康 保 険 加 入 ) A: 父 母 又 はそのどちらかを 申 請 する 場 合 は 夫 婦 相 互 扶 助 義 務 に 基 づき 父 母 の 収 入 合 算 額 が それぞれに 適 用 される

事 例 3 Q: 父 母 を 被 扶 養 者 として 認 定 できますか?( 父 母 とも 国 民 健 康 保 険 加 入 ) A: 父 母 又 はそのどちらかを 申 請 する 場 合 は 夫 婦 相 互 扶 助 義 務 に 基 づき 父 母 の 収 入 合 算 額 が それぞれに 適 用 される 被 扶 養 者 認 定 事 例 集 私 学 事 業 団 に 照 会 の 多 い 事 例 を 掲 載 しました 参 考 にしてください 事 例 1 Q: 今 月 結 婚 しましたが 妻 はパートで 働 いています 被 扶 養 者 として 認 定 できますか? 必 要 な は 何 ですか? A: 社 会 保 険 未 加 入 で 認 定 要 件 内 の 収 入 であれば 被 扶 養 者 として 認 定 できます

More information

申 告 書 類 作 成 記 入 要 領 1. 平 成 28 年 分 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 これは 平 成 28 年 1 月 以 降 各 月 の 研 究 奨 励 金 に 課 される 所 得 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 書 類 です あな

申 告 書 類 作 成 記 入 要 領 1. 平 成 28 年 分 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 これは 平 成 28 年 1 月 以 降 各 月 の 研 究 奨 励 金 に 課 される 所 得 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 書 類 です あな 特 別 研 究 員 の 皆 様 へ 平 成 27 年 10 月 9 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 人 材 育 成 事 業 部 研 究 者 養 成 課 年 末 調 整 に 必 要 な 申 告 書 類 提 出 のお 願 い 標 題 の 件 について 平 成 27 年 分 の 年 末 調 整 に 必 要 な 書 類 を 送 付 いたしますので 申 告 書 類 作 成 記 入 要

More information

特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給

特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給 27.05 特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給 与 支 払 報 告 書 特 別 徴 収 にかかる 給 与 所 得 異 動 届 出 書 (

More information

平成20年度 健康保険被扶養者資格確認(検認) 実施要綱

平成20年度 健康保険被扶養者資格確認(検認) 実施要綱 平 成 28 年 6 月 平 成 28 年 度 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 確 認 調 査 実 施 要 領 目 次 1. 実 施 概 要 (1) 実 施 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 1 (3) 実 施 手 順 (スケジュール) 1 (4) 送 付 物 1 (5) 調 書 への 住 所 印 字 について 2 (6) 調 書 の 提 出 について 2 (7) 留 意 点 等 3

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

KYOSAI-16-1-430号CC2014.indd

KYOSAI-16-1-430号CC2014.indd 年 金 や 医 療 保 険 は 安 心 して 退 職 後 の 生 活 を 送 るために 欠 かせないものです このコーナーでは 退 職 後 の 年 金 や 医 療 保 険 制 度 についてお 知 らせします 職 域 部 分 は 経 過 的 職 域 加 算 額 として 支 給 されます! 昨 年 の10 月 1 日 から 被 用 者 年 金 一 元 化 法 が 施 行 され 公 務 員 も 厚 生 年

More information

H25要綱本文

H25要綱本文 新 潟 県 私 立 高 等 学 校 等 学 費 軽 減 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 6 年 5 月 30 日 制 定 平 成 7 年 4 月 25 日 一 部 改 正 平 成 8 年 4 月 22 日 一 部 改 正 平 成 10 年 3 月 20 日 一 部 改 正 平 成 11 年 4 月 21 日 一 部 改 正 平 成 12 年 6 月 9 日 一 部 改 正 平 成 14

More information

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 1 提 出 する 必 要 がある 者 平 成 22 年 中 に 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 賞 与 その 他 これらの 性 質 を 有 する 給 与 ( 以 下 給 与 等 といいます ) を 支 払 った 者 です 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 提 出 範 囲 年 末 調 整 を し た も の 年 末

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 58 条 第 1 項 に 定 める 財 政 再 計 算 の 実 施 第 2 号 議 案 : 基 金 規

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information