Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "                                       "

Transcription

1 定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 )

2 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年 金 相 当 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 の 特 例 3 4 年 金 の 支 給 停 止 ( 調 整 ) 制 度 4 退 職 共 済 年 金 請 求 の 手 続 きについて 1 在 職 中 ( 組 合 員 期 間 中 )に 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 が 発 生 する 方 11 2 退 職 改 定 11 3 退 職 後 に 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 が 発 生 する 方 歳 になった 時 の 年 金 手 続 き 1 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 12 2 支 給 の 繰 下 げ 12 3 加 給 年 金 額 12 障 害 共 済 年 金 と 障 害 基 礎 年 金 15 遺 族 共 済 年 金 と 遺 族 基 礎 年 金 17 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 民 年 金 ) 19 離 婚 時 の 年 金 分 割 制 度 21 年 金 と 税 金 22 年 金 の 支 給 と 年 金 証 書 等 の 送 付 24 共 済 組 合 本 部 への 届 出 25 問 い 合 わせ 先 一 覧 27 組 合 員 の 被 扶 養 配 偶 者 の 国 民 年 金 28 よくある 質 問 29 参 考 資 料 老 齢 厚 生 年 金 支 給 開 始 年 齢 早 見 表 ( 日 本 年 金 機 構 ホームページより 引 用 ) 様 式 年 金 加 入 期 間 確 認 請 求 書

3 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 退 職 共 済 年 金 は 平 成 6 年 に 見 直 しが 行 われ 支 給 開 始 年 齢 が 満 65 歳 になりました ただし 支 給 開 始 年 齢 は 段 階 的 に 引 き 上 げられることになったため( 下 表 参 照 ) 次 の (1) 受 給 資 格 を 満 たしている 場 合 生 年 月 日 に 応 じて 年 金 が 支 給 されます 65 歳 までに 支 給 される 年 金 を 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 といいます 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 生 年 月 日 支 給 開 始 年 齢 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 61 歳 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 32 年 4 月 1 日 62 歳 昭 和 32 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 34 年 4 月 1 日 63 歳 昭 和 34 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 36 年 4 月 1 日 64 歳 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 (1) 受 給 資 格 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 は 65 歳 未 満 の 方 が 次 の1から3のいずれの 要 件 にも 該 当 したときに 支 給 されます 1 60 歳 以 上 であること 2 共 済 組 合 ( 国 家 公 務 員 共 済 又 は 地 方 公 務 員 の 共 済 組 合 )の 組 合 員 期 間 が 1 年 以 上 あること 3 組 合 員 期 間 等 が 25 年 以 上 あること 組 合 員 期 間 等 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 と 他 の 公 的 年 金 ( 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 等 ) の 加 入 期 間 を 合 わせた 期 間 をいいます 受 給 資 格 の 特 例 組 合 員 期 間 等 が25 年 未 満 であっても 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 と 厚 生 年 金 保 険 等 ( 国 民 年 金 を 除 く)の 加 入 期 間 の 合 計 が 生 年 月 日 の 区 分 に 応 じて 定 められ た 年 数 以 上 であるときは 特 例 として 組 合 員 期 間 等 が25 年 以 上 であるとみな され 受 給 資 格 が 発 生 します (2) 年 金 額 とその 支 給 開 始 年 齢 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 は65 歳 まで 支 給 されます (2ページ 退 職 共 済 年 金 基 本 構 成 図 参 照 ) 年 金 額 は 給 与 比 例 部 分 の 厚 生 年 金 相 当 部 分 と 職 域 年 金 相 当 部 分 を 合 わ せた 額 となります 1

4 厚 生 年 金 相 当 部 分 は 報 酬 に 比 例 した 年 金 給 付 を 行 う 厚 生 年 金 保 険 と 同 様 の 給 付 を 行 うことを 目 的 としています 職 域 年 金 相 当 部 分 は 公 務 員 制 度 の 一 環 としての 地 方 公 務 員 の 共 済 年 金 の 性 格 に 鑑 み 公 務 員 の 身 分 職 務 責 任 等 の 特 殊 性 を 考 慮 して 設 けられたもので 厚 生 年 金 相 当 部 分 の20% 相 当 がその 水 準 となっています なお 職 域 年 金 相 当 部 分 は 1 年 以 上 の 引 き 続 く 組 合 員 期 間 を 有 しない 場 合 に は 支 給 されません 退 職 共 済 年 金 の 基 本 構 成 図 組 合 員 < 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 > 支 給 開 始 年 齢 < 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 > 65 歳 給 与 比 例 部 分 ( 職 域 年 金 相 当 部 分 ) 給 与 比 例 部 分 ( 厚 生 年 金 相 当 部 分 ) 共 済 組 合 から 支 給 経 過 的 加 算 老 齢 基 礎 年 金 加 給 年 金 額 日 本 年 金 機 構 から 支 給 共 済 組 合 から 支 給 配 偶 者 振 替 加 算 老 齢 基 礎 年 金 日 本 年 金 機 構 から 支 給 加 給 年 金 額 対 象 配 偶 者 が65 歳 2

5 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 請 求 (1) 老 齢 厚 生 年 金 の 請 求 厚 生 年 金 保 険 の 組 合 員 期 間 が1 年 以 上 ある 方 は 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 が 発 生 す る 場 合 があります 受 給 権 が 発 生 する 組 合 員 に 対 し 日 本 年 金 機 構 から 厚 生 年 金 保 険 老 齢 給 付 裁 定 請 求 書 の 送 付 がありますので 年 金 事 務 所 で 各 自 手 続 きをしてください 年 金 事 務 所 の 所 在 地 等 は 日 本 年 金 機 構 のホームページ 等 で 確 認 してください 厚 生 年 金 保 険 への 加 入 暦 が1 年 以 上 あるにもかかわらず 誕 生 月 を 過 ぎても 厚 生 年 金 保 険 老 齢 給 付 裁 定 請 求 書 の 送 付 がない 方 は 厚 生 年 金 保 険 の 加 入 期 間 が 日 本 年 金 機 構 のデータに 記 録 されていない 可 能 性 がありますので 年 金 事 務 所 に 問 い 合 わせてください (2) 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 退 職 共 済 年 金 の 請 求 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 加 入 期 間 が1 年 以 上 ある 方 は 私 学 共 済 制 度 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 が 発 生 する 場 合 があります 請 求 方 法 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 のホームページで 確 認 するか 又 は 直 接 問 い 合 わせてください 電 話 番 号 ( 代 表 ) (3) 共 済 組 合 発 行 の 年 金 加 入 期 間 確 認 通 知 書 共 済 組 合 の 加 入 期 間 を 記 載 した 年 金 加 入 期 間 確 認 通 知 書 が 必 要 な 方 は 当 支 部 までご 請 求 ください 年 金 加 入 期 間 確 認 請 求 書 は 巻 末 に 添 付 しています 3 老 齢 基 礎 年 金 相 当 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 の 特 例 次 の(1) (2)の 事 項 に 該 当 する 場 合 特 例 として65 歳 から 支 給 される 老 齢 基 礎 年 金 に 相 当 する 部 分 が 退 職 後 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 と 一 緒 に 支 給 されます (1) 長 期 在 職 者 特 例 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 の 組 合 員 期 間 が 44 年 以 上 あるとき 退 職 した 月 の 翌 月 から 老 齢 基 礎 年 金 相 当 部 分 を 加 算 した 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 が 支 給 されます (2) 障 害 者 特 例 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 傷 病 により 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 に 定 める 3

6 障 害 等 級 に 該 当 する 障 がい 状 態 にあると 共 済 組 合 が 認 定 したとき 退 職 後 障 害 者 特 例 の 請 求 をした 月 の 翌 月 から 老 齢 基 礎 年 金 相 当 部 分 を 加 算 した 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 が 支 給 されます 障 害 者 特 例 の 注 意 点 障 害 共 済 年 金 とは 別 の 手 続 きが 必 要 ですので 障 害 者 特 例 に 該 当 すると 思 われるときは 当 共 済 組 合 までご 相 談 ください 障 害 共 済 年 金 障 害 基 礎 年 金 障 害 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 すでに 公 的 年 金 制 度 の 障 害 年 金 が 決 定 している 方 で 退 職 時 にも 引 き 続 き 障 害 等 級 に 該 当 する 場 合 は 障 害 者 特 例 の 請 求 ができます ただし 障 害 等 級 の 再 認 定 が 必 要 な 方 又 は 再 認 定 の 年 に 該 当 している 方 は 退 職 前 に 再 認 定 をしなければなりません 4 年 金 の 支 給 停 止 ( 調 整 ) 制 度 在 職 中 は 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 支 給 は 停 止 ( 在 職 停 止 )です 退 職 後 支 給 が 開 始 します ただし 年 金 受 給 権 者 が 再 就 職 して 厚 生 年 金 保 険 等 に 加 入 したときは 報 酬 の 額 により 年 金 の 一 部 が 停 止 される 制 度 があります (1) 厚 生 年 金 保 険 等 の 被 保 険 者 である 間 の 退 職 共 済 年 金 の 一 部 支 給 停 止 大 阪 府 を 退 職 後 年 金 受 給 権 者 が 再 就 職 し 厚 生 年 金 保 険 や 私 立 学 校 教 職 員 共 済 制 度 等 に 加 入 した 場 合 において 退 職 共 済 年 金 額 の 月 額 と 再 就 職 先 の 標 準 報 酬 月 額 等 の 合 計 額 が 法 令 で 定 める 額 ( 平 成 25 年 度 現 在 46 万 円 )を 超 えるときは 退 職 共 済 年 金 の 支 給 が 一 部 停 止 になります 1 支 給 停 止 の 対 象 者 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 次 のアからウのいずれかに 該 当 するとき ア 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 イ 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 加 入 者 で 長 期 給 付 に 相 当 する 給 付 に 関 する 規 定 の 適 用 を 受 ける 者 ウ 国 会 議 員 又 は 地 方 議 会 議 員 2 支 給 停 止 額 基 準 収 入 月 額 相 当 額 ( 注 1)と 基 本 月 額 ( 注 2)の 合 計 額 が46 万 円 を 超 えた 場 合 超 えた 額 の1/2の 額 が 停 止 額 になります ただし 支 給 停 止 額 は 退 職 共 済 年 金 額 ( 職 域 年 金 相 当 部 分 加 給 年 金 額 を 除 く ) に 相 当 する 額 が 限 度 となります 支 給 停 止 額 ( 月 額 )={ 基 準 収 入 月 額 ( 注 1)+ 基 本 月 額 ( 注 2)-46 万 円 } 1/2 4

7 基 準 収 入 月 額 相 当 額 ( 注 1) 基 本 月 額 ( 注 2) 退 職 共 済 年 金 額 停 止 の 対 象 となる 月 の 老 齢 基 礎 年 金 相 当 部 分 前 月 の 標 準 報 酬 月 額 (65 歳 未 満 で 該 当 者 の 方 ) 厚 生 年 金 相 当 部 分 停 止 の 対 象 となる 月 の 前 月 以 前 1 年 間 の 標 準 賞 与 額 の 総 額 1/12 + 加 給 年 金 額 A 職 域 年 金 相 当 部 分 B 経 過 的 加 算 (65 歳 以 上 の 方 ) C ( 決 定 年 金 額 A B-C) 1/12 ( 注 1)+( 注 2) が 月 額 46 万 円 を 超 えた 場 合 は 超 え た 額 の1/2の 額 が 支 給 停 止 額 になり ます ( 注 1) 基 準 収 入 月 額 相 当 額 とは 次 のアとイを 合 計 した 額 ( 円 位 未 満 切 捨 て)です ア 停 止 対 象 月 の 前 月 の 標 準 報 酬 月 額 ( 上 限 は62 万 円 下 限 は9 万 8 千 円 ) 厚 生 年 金 保 険 法 の 規 定 による 標 準 報 酬 月 額 又 は 私 立 学 校 教 職 員 共 済 法 の 規 定 による 標 準 報 酬 月 額 に 相 当 する 額 国 会 議 員 互 助 年 金 ( 法 決 の 定 規 年 定 金 により 額 A-B-C) 1/12 国 庫 に 納 付 しなければならない 金 額 の 裁 定 の 基 礎 となる 額 に 相 当 する 額 又 は 地 方 議 会 議 員 の 法 の 規 定 によ る 標 準 報 酬 月 額 に 相 当 する 額 イ 停 止 対 象 月 の 前 月 以 前 1 年 間 の 標 準 賞 与 額 等 ( 上 限 は1 支 給 につき150 万 円 )の 総 額 の12 分 の1 組 合 員 であった 者 の 掛 金 の 標 準 となった 期 末 手 当 等 の 額 ( 注 )3 月 31 日 に 大 阪 府 を 退 職 した 場 合 退 職 日 から1 年 以 内 に 民 間 会 社 等 に 再 就 職 した 場 合 標 準 賞 与 額 には 再 就 職 月 以 前 1 年 間 に 大 阪 府 から 支 給 された 期 末 手 当 等 が 含 まれます 厚 生 年 金 保 険 法 の 規 定 による 標 準 賞 与 額 に 相 当 する 額 私 立 学 校 教 職 員 共 済 法 の 規 定 による 標 準 賞 与 額 に 相 当 する 額 国 会 議 員 互 助 年 金 法 の 規 定 により 国 庫 に 納 付 しなければならない 金 額 の 算 定 の 基 礎 となる 期 末 手 当 の 額 に 相 当 する 額 又 は 地 方 議 会 議 員 の 法 の 規 定 による 期 末 手 当 の 額 に 相 当 する 額 ( 注 2) 基 本 月 額 とは 退 職 共 済 年 金 の 額 から 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 と 加 給 年 金 額 を 除 いた 額 の1/12の 額 ( 銭 位 未 満 四 捨 五 入 ) 3 支 給 停 止 の 開 始 月 及 び 計 算 方 法 支 給 停 止 は 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 加 入 者 等 になった 月 の 翌 月 から 対 象 になります 5

8 参 考 計 算 例 ( 例 )3 月 31 日 に 退 職 し 4 月 1 日 に 再 就 職 した 年 金 受 給 者 の 場 合 5 月 分 の 年 金 の 停 止 額 の 計 算 方 法 退 職 共 済 年 金 額 ( 年 額 ) 1,800,000 円 ( 内 訳 ) 厚 生 年 金 相 当 部 分 1,500,000 円 職 域 年 金 相 当 部 分 300,000 円 4 月 の 標 準 報 酬 月 額 300,000 円 ( 再 就 職 時 に 決 定 された 額 ) 前 年 5 月 から 本 年 4 月 の 間 の 期 末 手 当 等 ( 標 準 賞 与 額 ) 前 年 6 月 の 期 末 手 当 等 1,200,000 円 (150 万 円 が 上 限 ) 前 年 12 月 の 期 末 手 当 等 1,650,000 円 (150 万 円 が 上 限 ) 基 準 収 入 月 額 相 当 分 300,000 円 +(1,200,000 円 + 1,500,000 円 ) 12 = 525,000 円 1 4 月 の 前 年 5 月 ~ 本 年 4 月 に 支 給 された 標 準 報 酬 月 額 期 末 手 当 等 ( 標 準 賞 与 額 ) 基 本 月 額 (1,800,000 円 - 300,000 円 ) 12 = 125,000 円 2 退 職 共 済 年 金 職 域 年 金 相 当 部 分 年 金 の 停 止 額 ( 月 額 ) (525,000 円 ,000 円 2-460,000 円 ) 1/2 = 95,000 円 3 基 準 収 入 月 額 相 当 額 基 本 月 額 5 月 分 の 年 金 の 一 部 支 給 停 止 額 は 95,000 円 になります (125,000 円 2 95,000 円 3 )+ 300,000 円 12 = 55,000 円 基 本 月 額 年 金 の 停 止 額 職 域 年 金 相 当 部 分 5 月 分 の 年 金 の 支 給 額 は55,000 円 になります 6 月 分 の 停 止 額 は 再 就 職 時 から 次 に 改 定 されるまでの 間 の 標 準 報 酬 月 額 と 前 年 5 月 以 前 1 年 間 の 期 末 手 当 等 ( 前 年 6 月 から 本 5 月 までの 間 に 支 給 された 期 末 手 当 等 及 び 賞 与 )の 総 額 によって 上 記 と 同 様 に 計 算 します 6

9 参 考 退 職 共 済 年 金 の 支 給 停 止 の 早 見 表 基 本 月 額 年 額 100,000 円 基 準 収 入 (1,200,000 円 ) 月 額 相 当 額 ( 年 額 ) 210,000 円 以 下 (2,520,000 円 以 下 ) 260,000 円 以 下 (3,120,000 円 以 下 ) 310,000 円 以 下 (3,720,000 円 以 下 ) 360,000 円 以 下 (4,320,000 円 以 下 ) 360,000 円 超 (4,320,000 円 超 ) 410,000 円 超 (4,920,000 円 超 ) 460,000 円 超 (5,520,000 円 超 ) 510,000 円 超 (6,120,000 円 超 ) 560,000 円 超 (6,720,000 円 超 ) 610,000 円 超 (7,320,000 円 超 ) 660,000 円 超 (7,920,000 円 超 ) 710,000 円 超 (8,520,000 円 超 ) 150,000 円 200,000 円 (1,800,000 円 ) (2,400,000 円 ) 支 給 停 止 なし 一 部 支 給 停 止 全 部 支 給 停 止 250,000 円 (3,000,000 円 ) の 部 分 支 給 の 停 止 には 該 当 しません の 部 分 厚 生 年 金 相 当 部 分 及 び 老 齢 基 礎 年 金 相 当 部 分 のうち 一 部 の 支 給 が 停 止 さ れます ( 職 域 年 金 相 当 部 分 加 給 年 金 額 経 過 的 加 算 は 全 額 支 給 されます ) の 部 分 厚 生 年 金 相 当 部 分 及 び 老 齢 基 礎 年 金 相 当 部 分 の 支 給 は 全 額 停 止 されます ( 職 域 年 金 相 当 部 分 加 給 年 金 額 経 過 的 加 算 は 全 額 支 給 されます ) 7

10 (2) 雇 用 保 険 法 による 基 本 手 当 を 受 給 する 間 の 調 整 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 年 金 受 給 権 者 が 雇 用 保 険 法 による 基 本 手 当 ( 失 業 給 付 )を 受 給 した 場 合 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 ( 職 域 年 金 相 当 部 分 を 除 く) の 支 給 が 調 整 されます 基 本 手 当 ( 失 業 給 付 )を 受 給 するときの 手 続 きは 26ページに 掲 載 しています 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 老 齢 基 礎 年 金 部 分 ( 該 当 者 の 方 ) 厚 生 年 金 相 当 部 分 加 給 年 金 額 ( 加 算 がある 場 合 ) 支 給 が 停 止 される 職 域 年 金 相 当 部 分 (3) 給 付 の 制 限 組 合 員 若 しくは 元 組 合 員 が 禁 固 刑 以 上 の 刑 又 は 組 合 員 が 停 職 以 上 の 懲 戒 処 分 を 受 けた 場 合 には 退 職 共 済 年 金 又 は 障 害 共 済 年 金 の 額 のうち 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 の 全 部 又 は 一 部 が 制 限 されます また 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 禁 固 刑 以 上 の 刑 に 処 せられた 場 合 には 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 の 一 部 が 制 限 されます 給 付 の 制 限 を 受 ける 期 間 は 支 給 が 停 止 されている 月 を 除 き 支 給 開 始 月 から 60 月 に 達 するまでの 間 です 禁 固 刑 以 上 の 刑 に 処 せられてその 刑 の 執 行 を 受 ける 場 合 その 刑 の 執 行 を 受 ける 間 職 域 年 金 相 当 部 分 の 額 の 支 給 は 停 止 します (4) 併 給 の 調 整 現 行 の 年 金 制 度 では 給 付 事 由 ( 退 職 障 害 遺 族 )の 異 なる 複 数 の 共 済 年 金 又 は 他 の 公 的 年 金 ( 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 )の 受 給 権 がある 場 合 原 則 として 選 択 した 同 一 給 付 事 由 の 年 金 のみが 支 給 されます したがって 選 択 しなかった 年 金 は 受 給 権 を 有 したまま 支 給 が 停 止 されます このように 年 金 の 支 給 を 調 整 する 制 度 を 併 給 調 整 といいます 在 職 中 の 組 合 員 の 併 給 調 整 退 職 共 済 年 金 は 在 職 中 は 支 給 されません 現 在 障 害 共 済 年 金 遺 族 共 済 年 金 障 害 厚 生 年 金 遺 族 厚 生 年 金 障 害 基 礎 年 金 遺 族 基 礎 年 金 を 受 給 している 場 合 は 退 職 共 済 年 金 の 請 求 手 続 きをした 後 も 引 き 続 き 受 給 することになります 退 職 後 は どちらか 有 利 な 方 を 選 択 して 受 給 することになります 併 給 調 整 の 手 続 きは 退 職 時 に 行 います なお 給 付 事 由 が 同 じである 年 金 ( 退 職 共 済 年 金 と 老 齢 厚 生 年 金 障 害 共 済 年 金 と 障 害 基 礎 年 金 など)は どちらも 受 給 することができます 8

11 また 65 歳 に 到 達 すると 特 例 がありますので 給 付 事 由 が 異 なる 年 金 であっても 受 給 できる 場 合 があります 退 職 を 事 由 とする 年 金 退 職 共 済 年 金 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 障 がいを 事 由 とする 年 金 障 害 共 済 年 金 障 害 厚 生 年 金 障 害 基 礎 年 金 併 給 不 可 遺 族 を 事 由 とする 年 金 遺 族 共 済 年 金 遺 族 厚 生 年 金 遺 族 基 礎 年 金 の 中 の 年 金 は 原 則 併 給 できます 併 給 の 調 整 を 受 けない 主 な 例 ( 同 時 に 受 給 できる 年 金 の 組 み 合 わせ 例 ) 給 付 事 由 が 同 じ 年 金 は 原 則 受 給 することができます 例 1 退 職 を 事 由 とする 年 金 退 職 共 済 年 金 + 老 齢 厚 生 年 金 + 老 齢 基 礎 年 金 例 2 障 がい( 同 一 の 傷 病 に 対 する 場 合 に 限 る)を 事 由 とする 年 金 障 害 共 済 年 金 ( 障 害 厚 生 年 金 )+ 障 害 基 礎 年 金 例 3 遺 族 ( 同 一 人 の 死 亡 事 由 に 対 する 場 合 に 限 る)を 事 由 とする 年 金 遺 族 共 済 年 金 ( 長 期 要 件 )+ 遺 族 厚 生 年 金 ( 長 期 要 件 )+ 遺 族 基 礎 年 金 65 歳 から 併 給 の 調 整 を 受 けない 例 (65 歳 から 同 時 に 併 給 できる 年 金 の 組 み 合 わせ 例 ) 65 歳 に 達 すると 上 記 以 外 の 組 み 合 わせでも 年 金 を 受 給 することができます 例 1 退 職 共 済 年 金 + 老 齢 厚 生 年 金 + 障 害 基 礎 年 金 ( 老 齢 基 礎 年 金 は 支 給 停 止 ) 例 2 遺 族 共 済 年 金 ( 長 期 要 件 )+ 遺 族 厚 生 年 金 ( 長 期 要 件 )+ 老 齢 基 礎 年 金 ( 注 ) 同 一 人 の 死 亡 事 由 に 対 する 場 合 に 限 ります 例 3 遺 族 共 済 年 金 ( 長 期 要 件 )+ 遺 族 厚 生 年 金 ( 長 期 要 件 )+ 障 害 基 礎 年 金 ( 注 ) 同 一 人 の 死 亡 事 由 に 対 する 場 合 に 限 ります 9

12 併 給 の 調 整 を 受 ける 例 ( 同 時 に 受 給 できない 年 金 の 組 み 合 わせ 例 ) 併 給 事 由 の 異 なる 年 金 は 原 則 同 時 に 受 給 できません 例 1 退 職 を 事 由 とする 年 金 と 障 がいを 事 由 とする 年 金 と 遺 族 を 事 由 とする 年 金 例 2 異 なる 傷 病 の 障 害 年 金 Aの 傷 病 の 年 金 とBの 傷 病 の 年 金 など 例 3 亡 くなった 方 が 異 なる( 配 偶 者 父 母 子 など) 遺 族 の 場 合 配 偶 者 の 遺 族 年 金 と 父 ( 母 )の 遺 族 の 年 金 配 偶 者 の 遺 族 年 金 と 子 の 遺 族 年 金 など 例 4 遺 族 共 済 年 金 ( 短 期 要 件 )と 遺 族 厚 生 年 金 ( 長 期 要 件 )など 長 期 要 件 及 び 短 期 要 件 については17ページ 参 照 併 給 の 調 整 については 当 共 済 組 合 まで 問 い 合 わせてください 10

13 退 職 共 済 年 金 請 求 の 手 続 きについて 1 在 職 中 ( 組 合 員 期 間 中 )に 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 が 発 生 する 方 在 職 中 ( 組 合 員 期 間 中 )の 退 職 共 済 年 金 の 手 続 きは 受 給 権 発 生 時 と 退 職 時 の2 回 に 分 けて 行 います 受 給 権 発 生 日 の 前 月 までの 組 合 員 期 間 と 平 均 給 与 月 額 等 に 基 づき 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 額 を 決 定 します 在 職 中 に 年 金 を 決 定 しますので 在 職 決 定 といいます ただし 組 合 員 である 間 は 年 金 の 支 給 が 停 止 ( 在 職 停 止 )します 退 職 共 済 年 金 決 定 請 求 書 等 は 随 時 送 付 する 予 定 です 2 退 職 改 定 1の 在 職 決 定 をした 方 は 年 度 末 までの 組 合 員 期 間 と 平 均 給 与 月 額 等 に 基 づき 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 額 を 決 定 するため 退 職 改 定 の 手 続 きをします 退 職 改 定 の 手 続 きについては 2 月 ごろにご 案 内 します ただし 年 度 の 途 中 で 退 職 する 方 は 退 職 時 の 手 続 きが 異 なりますので 退 職 が 決 まり 次 第 速 やかに 当 共 済 組 合 年 金 担 当 まで 連 絡 してください 3 退 職 後 に 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 が 発 生 する 方 受 給 権 発 生 日 までに 請 求 手 続 きの 書 類 を 送 付 します 短 時 間 再 任 用 職 員 の 方 非 常 勤 職 員 の 方 大 阪 府 以 外 に 再 就 職 した 方 無 職 の 方 退 職 共 済 年 金 の 支 給 の 繰 上 げ 次 の1 2 3のいずれにも 該 当 する 場 合 退 職 共 済 年 金 を 繰 上 げて 請 求 すること ができます 繰 上 げ 支 給 を 希 望 される 場 合 は 請 求 に 当 たっての 注 意 事 項 について 当 共 済 組 合 年 金 担 当 までご 確 認 ください 1 60 歳 以 上 であること 2 1 年 以 上 の 組 合 員 期 間 を 有 すること 3 組 合 員 期 間 等 が 25 年 以 上 であること 11

14 65 歳 になった 時 の 年 金 手 続 き 1 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 は 65 歳 になると 失 権 し 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 権 利 が 新 たに 発 生 します ( 年 金 の 種 類 が 切 り 替 わります) 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 請 求 手 続 きは 誕 生 月 の 3 ヶ 月 前 に 共 済 組 合 本 部 から 請 求 書 が 送 付 されますますので ご 自 身 で 手 続 きをしてください 2 支 給 の 繰 下 げ 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 は 繰 り 下 げることができます 65 歳 になった 時 に 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 を 請 求 しない 旨 の 申 出 をして 66 歳 以 降 に 退 職 共 済 年 金 支 給 繰 下 げ 申 出 書 を 提 出 することにより 繰 下 げ 加 算 額 を 増 額 した 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 を 受 給 することができます ( 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 下 げ 支 給 の 申 出 と 同 時 に 行 なう 必 要 はありません ) ただし 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 を 取 得 したとき(65 歳 )に 公 的 年 金 制 度 の 年 金 ( 障 がい( 国 民 年 金 制 度 の 障 害 年 金 又 は 障 害 基 礎 年 金 だけの 方 は 除 きま す )を 事 由 とする 年 金 又 は 遺 族 を 事 由 とする 年 金 )の 受 給 権 がある 方 は 繰 下 げの 請 求 ができません 他 にも 繰 下 げ 支 給 の 請 求 ができない 場 合 がありますので 共 済 組 合 本 部 へ 問 い 合 わせてください 65 歳 時 点 の 本 来 支 繰 下 げ 加 算 額 = 給 の 退 職 共 済 年 金 額 繰 下 げ 待 機 期 間 ( 加 給 年 金 額 を 除 く) ( 増 額 率 ) 繰 下 げ 待 機 期 間 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 発 生 年 月 日 の 属 する 月 から 支 給 の 繰 下 げを 請 求 した 日 の 属 する 月 の 前 月 までの 月 数 ( 最 大 60 月 )の 期 間 を いいます 3 加 給 年 金 額 (1) 加 算 される 要 件 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 に 加 給 年 金 が 加 算 されるのは 共 済 組 合 員 の 組 合 員 期 間 が20 年 以 上 ある 年 金 受 給 権 者 です (2) 加 算 される 時 期 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 を 受 ける 年 齢 (65 歳 )に 達 したときです ( 長 期 在 職 者 特 例 と 障 害 者 特 例 に 該 当 する 場 合 を 除 きます ) (3) 加 給 年 金 額 の 対 象 者 上 記 (1) 及 び(2)に 該 当 する 年 金 受 給 権 者 が 生 計 を 維 持 している( 注 ) 次 の 配 偶 者 及 び 子 12

15 ア 65 歳 未 満 の 配 偶 者 ただし 加 給 年 金 額 対 象 者 であっても 配 偶 者 自 身 が 年 金 を 受 給 している 場 合 は 受 給 している 年 金 によって 加 算 されないことがあります ( (7) 加 給 年 金 額 の 停 止 参 照 ) イ 18 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 子 ウ 共 済 組 合 が 認 定 する 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 の 障 がいの 状 態 にある20 歳 未 満 の 子 ( 注 ) 年 金 受 給 権 者 が 生 計 を 維 持 している 配 偶 者 及 び 子 とは 加 給 年 金 額 対 象 者 の 恒 常 的 な 収 入 が 将 来 にわたって850 万 円 以 上 ( 所 得 では 655 万 5 千 円 以 上 )にならないと 認 められる 場 合 をいいます ただし 配 偶 者 の 給 与 収 入 が850 万 円 以 上 であっても 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 支 給 を 受 ける 年 齢 時 点 ( 支 給 開 始 年 齢 の 特 例 に 該 当 する 方 を 除 き 65 歳 時 点 )から5 年 以 内 に 配 偶 者 が 定 年 退 職 し 給 与 収 入 が850 万 円 未 満 になることが 明 らかな 場 合 ( 規 程 などで 定 年 退 職 が 定 められている 場 合 )は 申 し 立 てにより 加 給 年 金 額 が 加 算 されます (4) 加 給 年 金 額 平 成 25 年 度 現 在 の 退 職 共 済 年 金 の 加 給 年 金 額 は 次 のとおりです 1 対 象 者 が 配 偶 者 の 場 合 389,200 円 2 対 象 者 が 子 の 場 合 2 人 までは1 人 につき 224,000 円 2 人 を 超 える1 人 につき 74,600 円 (5) 加 給 年 金 額 加 算 の 手 続 き 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 (65 歳 )に 達 する 前 に 地 方 職 員 共 済 組 合 本 部 から 加 給 年 金 額 対 象 者 届 出 書 が 送 付 されます ただし 退 職 時 に 長 期 在 職 者 特 例 又 は 障 害 者 特 例 を 請 求 する 方 は 請 求 時 に 加 給 年 金 額 の 手 続 きをします (6) 加 給 年 金 額 の 対 象 者 に 該 当 しなくなったとき 加 給 年 金 額 の 対 象 者 が 次 の 要 件 に 該 当 すると 加 給 年 金 額 対 象 者 ではなくなります ので 退 職 共 済 年 金 額 は 改 定 されます ( 加 算 がなくなります ) ア 死 亡 したとき イ 年 金 受 給 権 者 によって 生 計 を 維 持 されなくなったとき ウ 配 偶 者 が 離 婚 又 は 婚 姻 の 取 り 消 しをしたとき エ 配 偶 者 が65 歳 に 達 したとき オ 子 が 他 の 者 の 養 子 となったとき カ 養 子 縁 組 による 子 が 離 縁 したとき 13

16 キ 子 が 婚 姻 したとき ク 子 ( 共 済 組 合 が 認 定 する 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 の 障 がいの 状 態 にある 子 を 除 く )について 18 歳 に 達 した 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 が 終 了 した とき ケ 共 済 組 合 が 認 定 する 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 の 障 がいの 状 態 にある 子 (1 8 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 子 を 除 く )につい て その 事 情 がなくなったとき コ 共 済 組 合 が 認 定 する 障 害 等 級 の1 級 又 は2 級 の 障 がいの 状 態 にある 子 が 20 歳 に 達 したとき (7) 加 給 年 金 額 の 停 止 加 給 年 金 額 対 象 者 である 配 偶 者 が 次 のアからオのいずれかの 年 金 を 受 給 できる 場 合 は その 間 加 給 年 金 額 の 支 給 は 停 止 されます ただし 配 偶 者 が 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 上 げ 支 給 を 請 求 し 受 給 することになっても 加 給 年 金 額 の 停 止 には 該 当 しません ア 退 職 共 済 年 金 ( 年 金 額 の 算 定 の 基 礎 となる 組 合 員 期 間 が20 年 以 上 又 は 20 年 以 上 であるとみなされる 場 合 に 限 ります ) イ 老 齢 厚 生 年 金 ( 年 金 額 の 算 定 の 基 礎 となる 組 合 員 期 間 が20 年 以 上 又 は 20 年 以 上 であるとみなされる 場 合 に 限 ります ) ウ 障 害 共 済 年 金 エ 障 害 厚 生 年 金 オ 障 害 基 礎 年 金 (8) 振 替 加 算 加 給 年 金 額 対 象 者 である 配 偶 者 が65 歳 に 達 すると 加 給 年 金 額 の 支 給 は 停 止 しま すが その 配 偶 者 が 次 のアからウのすべての 要 件 に 該 当 するときは 配 偶 者 の 老 齢 基 礎 年 金 額 に 振 替 加 算 があります ア 配 偶 者 が 65 歳 まで 退 職 共 済 年 金 等 の 受 給 権 者 の 加 給 年 金 対 象 者 である こと イ 配 偶 者 が65 歳 に 達 した 日 において 退 職 共 済 年 金 等 の 受 給 権 者 が 生 計 を 維 持 していること ウ 配 偶 者 の 生 年 月 日 が 昭 和 41 年 4 月 1 日 までであること 昭 和 61 年 3 月 以 前 国 民 年 金 への 加 入 は 任 意 だったため 配 偶 者 の 老 齢 基 礎 年 金 額 は 低 いケースが 多 いことから 配 偶 者 の 生 年 月 日 により 振 替 加 算 制 度 が 設 けられています 振 替 加 算 額 は 配 偶 者 の 生 年 月 日 により 異 なります 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 の 方 は 国 民 年 金 への 加 入 が 強 制 になったため 昭 和 41 年 4 月 2 日 以 降 の 生 年 月 日 の 配 偶 者 には 振 替 加 算 制 度 がありません 14

17 障 害 共 済 年 金 と 障 害 基 礎 年 金 障 害 共 済 年 金 は 共 済 組 合 の 組 合 員 であった 間 に 初 診 日 ( 注 1) のある 病 気 又 は けがで 障 がいの 状 態 にあり 障 害 認 定 日 ( 注 2) において 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 に 定 める 障 害 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にあると 共 済 組 合 が 認 定 した 時 に 支 給 されます ( 在 職 中 は 支 給 が 停 止 されます ) 障 害 等 級 が1 級 又 は2 級 に 該 当 したときは 日 本 年 金 機 構 から 障 害 基 礎 年 金 も 支 給 さ れます 障 害 基 礎 年 金 の 手 続 きは 障 害 共 済 年 金 と 併 せて 行 います ( 障 害 基 礎 年 金 は 在 職 中 でも 支 給 されます ) ( 注 1) 初 診 日 病 気 又 はけがについて 初 めて 医 師 や 歯 科 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 です ( 注 2) 障 害 認 定 日 初 診 日 から1 年 6ヶ 月 を 経 過 した 日 あるいは 症 状 が 固 定 した 日 など 障 がいの 程 度 を 認 定 する 基 準 日 です ただし 次 のアからコの 症 例 に 該 当 する 日 が 初 診 日 から 1 年 6ヶ 月 より 前 にある 場 合 は その 日 が 障 害 認 定 日 になります ア 咽 頭 全 摘 出 手 術 を 施 した 場 合 は 咽 頭 全 摘 出 手 術 をした 日 イ 肢 体 の 外 傷 で 切 断 又 は 離 断 した 場 合 は 切 断 離 断 した 日 ウ 人 工 骨 頭 又 は 人 工 関 節 を 挿 入 置 換 した 場 合 は 挿 入 置 換 した 日 エ 在 宅 酸 素 療 法 を 施 行 中 の 場 合 は 在 宅 酸 素 療 法 を 開 始 し た 日 オ 心 臓 ペースメーカー( 植 え 込 み 型 除 細 動 器 (ICD)を 含 む) 又 は 人 工 弁 を 装 着 した 場 合 は 装 着 した 日 カ 人 工 透 析 を 行 っている 場 合 は 透 析 開 始 から3ヶ 月 を 経 過 した 日 キ 人 工 肛 門 又 は 人 工 膀 胱 を 造 設 した 場 合 は 造 設 した 日 ク 尿 路 変 更 術 を 施 した 場 合 は 施 行 した 日 ケ 脳 血 管 障 害 により 機 能 障 害 を 残 しているときは 初 診 日 から6ヶ 月 経 過 した 日 以 後 に 医 学 的 観 点 から それ 以 上 の 機 能 回 復 がほとんど 望 めないと 認 められるとき コ 現 在 の 医 学 では 根 本 的 治 療 方 法 がない 疾 病 であり 今 後 の 回 復 は 期 待 できず 初 診 日 から6ヶ 月 経 過 した 日 以 後 において 気 管 切 開 下 での 人 工 呼 吸 器 (レスピレーター) 使 用 胃 ろう 等 の 恒 久 的 な 措 置 が 行 われており 日 常 の 用 を 弁 ず 15

18 ることができない 状 態 であると 認 められたとき 障 害 共 済 年 金 を 請 求 する 前 に 障 害 等 級 の 認 定 が 必 要 です 障 害 共 済 年 金 の 認 定 障 害 共 済 年 金 を 請 求 するには 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 に 定 める 障 害 等 級 に 該 当 する 障 がいの 状 態 にあるという 認 定 を 受 ける 必 要 があります ( 共 済 組 合 の 障 害 等 級 は 身 体 障 害 者 手 帳 等 にある 等 級 ではありません ) 認 定 を 受 ける 方 は 共 済 組 合 指 定 の 診 断 書 と 日 常 生 活 の 申 立 を 提 出 し 共 済 組 合 本 部 の 認 定 医 が 障 害 等 級 の 認 定 をします 認 定 を 希 望 する 方 には 手 続 きに 必 要 な 書 類 をお 渡 ししますので 当 共 済 組 合 までご 相 談 ください なお 初 診 日 が 確 認 できないときは 書 類 をお 渡 しできませんので 必 ず 初 診 日 を 確 認 してください 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 者 すでに 障 害 共 済 年 金 の 請 求 手 続 きが 終 了 している 方 は 組 合 員 である 間 その 支 給 が 停 止 されていますので 退 職 時 には 支 給 の 停 止 を 解 除 する 手 続 きが 必 要 です 停 止 解 除 の 手 続 きは 退 職 改 定 時 にご 案 内 します ただし 退 職 を 事 由 とする 年 金 と 障 がいを 事 由 とする 年 金 は 同 時 に 受 給 することがで きませんので 退 職 後 は 年 金 額 の 高 いほうを 選 択 し 受 給 することになります どちらの 年 金 を 受 給 するかは 年 金 受 給 選 択 申 出 書 の 提 出 により 決 定 しますが ご 本 人 からの 申 し 出 がない 限 り 共 済 組 合 本 部 において 実 際 の 支 給 額 を 比 較 し 額 の 高 い 事 由 の 年 金 を 選 択 する 手 続 きを 行 ないます 16

19 遺 族 共 済 年 金 と 遺 族 基 礎 年 金 遺 族 共 済 年 金 は 下 記 遺 族 共 済 年 金 の 支 給 要 件 のアからエのいずれかに 該 当 する 組 合 員 又 は 元 組 合 員 が 死 亡 したときに 死 亡 した 方 の 収 入 によって 生 計 が 維 持 されていた ( 注 ) 配 偶 者 子 (18 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 子 若 しく は 共 済 組 合 が 認 定 する 障 害 等 級 1 級 又 は2 級 の 障 がいの 状 態 にある 子 であって 配 偶 者 がいない 場 合 に 限 ります ) 父 母 などが 遺 族 共 済 年 金 の 遺 族 として 認 定 されたときに 支 給 されます 遺 族 共 済 年 金 の 遺 族 に 認 定 された 子 のある 妻 又 は 子 は 日 本 年 金 機 構 から 遺 族 基 礎 年 金 も 併 せて 支 給 されます なお 妻 及 び 子 が 遺 族 基 礎 年 金 の 受 給 権 者 である 場 合 は 妻 に 支 給 され 子 の 遺 族 基 礎 年 金 の 支 給 は 停 止 します ( 注 ) 死 亡 したときに 死 亡 した 方 の 収 入 によって 生 計 が 維 持 されていたとは 恒 常 的 な 収 入 が850 万 円 未 満 ( 所 得 が655 万 5 千 円 未 満 )であるこ とをいいます 遺 族 共 済 年 金 の 支 給 要 件 アからウの 要 件 を 短 期 要 件 エの 要 件 を 長 期 要 件 といいます ア 在 職 中 に 死 亡 したとき イ 組 合 員 である 間 に 初 診 日 のある 傷 病 により 初 診 日 から5 年 を 経 過 する 前 に 死 亡 したとき ウ 障 害 等 級 1 級 又 は 2 級 の 障 害 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 死 亡 したとき エ 退 職 共 済 年 金 の 受 給 資 格 期 間 を 満 たしている 方 が 死 亡 したとき ( 退 職 共 済 年 金 等 の 受 給 権 者 又 は 組 合 員 期 間 等 が25 年 以 上 ある 方 など) 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 死 亡 した 場 合 は 通 常 エの 要 件 に 該 当 します 遺 族 共 済 年 金 を 受 ける 遺 族 の 順 位 死 亡 した 組 合 員 又 は 元 組 合 員 の 収 入 によって 生 計 が 維 持 されており 収 入 が 850 万 円 未 満 ( 所 得 が655 万 5 千 円 未 満 )の 遺 族 のうち 遺 族 共 済 年 金 の 支 給 される 順 位 は 次 の1から5の 順 序 のとおりです 遺 族 の 認 定 は 死 亡 時 に 行 います 1 配 偶 者 及 び 子 子 については 18 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にあっ て 配 偶 者 のいない 子 又 は 共 済 組 合 が 認 定 する 障 害 等 級 1 級 又 は2 級 の 障 が いの 状 態 にある 子 に 限 ります 2 父 母 ( 養 父 母 ) 3 父 母 ( 実 父 母 ) 4 孫 孫 については 18 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にあっ 17

20 て 配 偶 者 のいない 孫 又 は 共 済 組 合 が 認 定 する 障 害 等 級 1 級 又 は2 級 の 障 が いの 状 態 にある 孫 に 限 ります 5 祖 父 母 遺 族 認 定 の 注 意 点 遺 族 の 収 入 が850 万 円 以 上 の 場 合 でも 5 年 以 内 に 定 年 退 職 することが 明 らかな 場 合 ( 規 定 などにより 定 年 が 定 められている 場 合 )は 遺 族 として 認 定 される 場 合 が ありますので 組 合 員 又 は 元 組 合 員 が 亡 くなられた 時 はご 連 絡 ください 同 順 位 の 取 り 扱 いと 遺 族 共 済 年 金 の 支 給 停 止 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 者 に 同 順 位 者 が2 人 以 上 いるときは その 人 数 によって 等 分 して 支 給 されます ただし 妻 及 び 子 が 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 者 である 場 合 子 に 対 する 支 給 は 停 止 され 妻 に 支 給 されます また 夫 及 び 子 が 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 者 である 場 合 は 夫 に 対 する 支 給 は 停 止 され 子 に 支 給 されます 遺 族 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 夫 父 母 又 は 祖 父 母 である 場 合 は 60 歳 に 達 する まで( 受 給 権 者 が 障 害 等 級 の 1 級 又 は 2 級 の 障 がいの 状 態 にある 場 合 を 除 く )そ の 支 給 は 停 止 されます 遺 族 共 済 年 金 ( 遺 族 厚 生 年 金 )の 受 給 権 者 退 職 を 事 由 とする 年 金 と 遺 族 を 事 由 とする 年 金 は 同 時 に 受 給 することができませ んので 退 職 後 は 年 金 額 の 高 いほうを 選 択 し 受 給 することになります どちらの 年 金 を 受 給 するかは 年 金 受 給 選 択 申 出 書 の 提 出 により 決 定 しますが ご 本 人 からの 申 し 出 がない 限 り 共 済 組 合 本 部 において 実 際 の 支 給 額 を 比 較 し 額 の 高 い 事 由 の 年 金 を 選 択 する 手 続 きを 行 ないます 18

21 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 民 年 金 ) 昭 和 61 年 4 月 に 法 律 が 改 正 されたことにより 国 民 年 金 は 全 国 民 共 通 の 基 礎 年 金 として 位 置 付 けられ 20 歳 以 上 60 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 のある 方 は 国 民 年 金 に 加 入 しなければならなくなりました ( 下 図 のとおり 1 階 部 分 に 該 当 します ) また 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 等 又 は 共 済 組 合 の 組 合 員 は 20 歳 未 満 又 は 60 歳 以 上 であっても 国 民 年 金 に 加 入 することになっています (ただし 公 的 年 金 制 度 の 年 金 受 給 権 者 は 65 歳 に 達 すると 国 民 年 金 の 被 保 険 者 ではなくなります ) したがって 65 歳 以 上 を 除 く 在 職 中 の 組 合 員 は 国 民 年 金 の 第 2 号 被 保 険 者 として 大 阪 府 を 退 職 するまで 国 民 年 金 に 加 入 しています 国 民 年 金 法 に 規 定 されている 被 保 険 者 期 間 等 ( 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 国 民 年 金 の 被 保 険 者 期 間 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 期 間 私 立 学 校 教 職 員 共 済 制 度 の 加 入 者 であ る 間 )が 25 年 以 上 あるときは 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 資 格 期 間 を 満 たしているため 65 歳 に 達 すると 日 本 年 金 機 構 から 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 民 年 金 )が 支 給 されます 国 民 年 金 に40 年 間 加 入 した 場 合 老 齢 基 礎 年 金 額 は 年 額 で778,500 円 ( 平 成 25 年 10 月 現 在 )ですが 老 齢 基 礎 年 金 額 を 確 認 したい 方 は 最 寄 りの 年 金 事 務 所 へ 問 い 合 わせてください ( 職 域 年 金 相 当 部 分 ) 3 階 部 分 厚 生 年 金 2 階 部 分 共 済 年 金 ( 厚 生 年 金 相 当 部 分 ) 2 階 部 分 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) 1 階 部 分 自 営 業 者 学 生 等 第 2 号 被 保 険 者 の 被 扶 養 配 偶 者 民 間 サラリーマン 公 務 員 等 国 民 年 金 第 1 号 被 保 険 者 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 国 民 年 金 第 2 号 被 保 険 者 (1) 老 齢 基 礎 年 金 の 請 求 手 続 き 65 歳 に 達 する 月 の 3 ヶ 月 前 に 共 済 組 合 本 部 又 は 日 本 年 金 機 構 から 請 求 書 が 送 付 さ れます 3 ヶ 月 前 になっても 送 付 がないときは 共 済 組 合 本 部 又 は 日 本 年 金 機 構 へ 問 い 合 わせてください 19

22 (2) 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 上 げ 支 給 制 度 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 段 階 的 に 引 き 上 げられたことに 伴 い 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 資 格 期 間 を 満 たしているときは 本 人 が 希 望 すれば 60 歳 から 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 民 年 金 )の 支 給 を 請 求 することができます 繰 上 げ 請 求 をした 場 合 の 老 齢 基 礎 年 金 額 は 65 歳 から 支 給 される 老 齢 基 礎 年 金 の 額 に 減 額 率 (5/1000 に 支 給 の 繰 上 げを 請 求 した 日 の 属 する 月 から 65 歳 に 達 する 日 の 属 する 月 の 前 月 までの 月 数 を 乗 じて 得 た 率 )を 乗 じて 得 た 額 が 減 額 されます 請 求 は 年 金 事 務 所 で 各 自 手 続 きをしてください 繰 り 上 げの 老 齢 基 礎 年 金 繰 上 げの 65 歳 から 65 歳 から 支 給 の 繰 上 げを 請 求 した 日 の 老 齢 基 礎 年 金 = 支 給 される - 支 給 される 属 する 月 から 65 歳 に 達 する 日 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 基 礎 年 金 の 属 する 月 の 前 月 までの 月 数 (3) 老 齢 基 礎 年 金 の 繰 下 げ 支 給 制 度 65 歳 に 達 する 方 で 66 歳 に 達 する 前 までに 老 齢 基 礎 年 金 を 請 求 していなかった ときは 66 歳 以 降 に 支 給 の 繰 下 げを 申 し 出 ることにより 老 齢 基 礎 年 金 を 繰 下 げて 受 給 することができます ( 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 繰 下 げ 支 給 の 申 出 と 同 時 に 行 なう 必 要 はありません ) 請 求 は 年 金 事 務 所 で 各 自 手 続 きをしてください ただし 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 権 を 取 得 したときに 公 的 年 金 ( 障 害 ( 障 害 基 礎 年 金 のみの 受 給 権 の 方 は 除 きます ) 又 は 遺 族 )の 受 給 権 者 であるときは 繰 下 げの 請 求 がで きません 他 にも 繰 下 げ 支 給 の 請 求 ができない 場 合 がありますので 詳 しくお 知 りに なりたい 方 は 年 金 事 務 所 へ 問 い 合 わせてください 繰 下 げ 加 算 額 = 老 齢 基 礎 年 金 額 繰 下 げ 待 機 期 間 0,007 ( 増 額 率 ) 繰 下 げ 待 機 期 間 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 権 発 生 年 月 日 の 属 する 月 から 支 給 の 繰 下 げを 請 求 した 日 の 属 する 月 の 前 月 までの 月 数 の 期 間 をいいます 20

23 離 婚 時 の 年 金 分 割 制 度 離 婚 等 をした 場 合 に 婚 姻 期 間 についての 標 準 給 与 等 を 当 事 者 間 で 分 割 し 年 金 額 に 反 映 することができる 制 度 で 平 成 19 年 4 月 から 合 意 等 に 基 づく 年 金 分 割 制 度 が 平 成 20 年 4 月 から 3 号 被 保 険 者 期 間 の 年 金 分 割 制 度 が 導 入 されました 当 制 度 は 年 金 額 そのものを 分 割 するものではなく 婚 姻 期 間 中 の 標 準 給 与 の 月 額 等 を 当 事 者 間 で 分 割 し 各 々の 年 金 を 再 計 算 する 制 度 です したがって すでに 年 金 を 受 給 している 方 が 当 制 度 の 適 用 を 受 けた 場 合 婚 姻 期 間 中 の 標 準 給 与 額 を 分 割 した 後 の 平 均 給 与 額 を 再 計 算 し 年 金 を 改 定 します 当 制 度 により 分 割 を 受 けた 方 が 年 金 を 受 給 するためには 年 金 の 支 給 要 件 ( 支 給 開 始 年 齢 や 受 給 資 格 期 間 )を 満 たしていることが 必 要 で すでに 年 金 を 受 給 している 方 か ら 分 割 を 受 けたからといって ただちに 年 金 を 受 給 できるわけではありません また 分 割 による 標 準 給 与 の 月 額 等 が 反 映 されるのは 年 金 額 のうち 厚 生 年 金 相 当 部 分 および 職 域 年 金 相 当 部 分 であり 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 民 年 金 )には 影 響 しません 合 意 等 に 基 づく 年 金 分 割 制 度 と 3 号 被 保 険 者 期 間 の 年 金 分 割 制 度 の 比 較 対 象 となる 期 間 合 意 等 に 基 づく 年 金 分 割 制 度 ( 平 成 19 年 4 月 実 施 ) 平 成 19 年 4 月 1 日 以 後 に 成 立 し た 離 婚 等 が 対 象 ですが その 婚 姻 期 間 中 の 加 入 者 期 間 全 てが 分 割 の 対 象 となります 3 号 被 保 険 者 期 間 の 年 金 分 割 制 度 ( 平 成 20 年 4 月 実 施 ) 平 成 20 年 4 月 以 降 の 第 3 号 被 保 険 者 期 間 のみ 分 割 の 対 象 となります 分 割 の 割 合 当 事 者 間 の 合 意 若 しくは 裁 判 所 の 決 定 により 決 められた 按 分 割 合 ( 上 限 50%)に 基 づき 分 割 され ます 分 割 の 割 合 は50%に 定 められてい ます 請 求 手 続 請 求 には 当 事 者 間 の 合 意 若 しく は 裁 判 所 の 決 定 を 示 す 書 類 の 添 付 が 必 要 です また 原 則 的 に 離 婚 した 時 から2 年 以 内 に 請 求 するこ とになっています 第 3 者 被 保 険 者 であった 人 からの 請 求 により 分 割 できます ( 当 事 者 間 の 合 意 や 裁 判 手 続 きは 不 要 です )ま た 原 則 的 に 離 婚 した 時 から2 年 以 内 に 請 求 することになっています 21

24 年 金 と 税 金 退 職 共 済 年 金 は 所 得 税 法 上 雑 所 得 とされ 課 税 の 対 象 とされています 障 害 共 済 年 金 及 び 遺 族 共 済 年 金 は 非 課 税 所 得 です (1) 源 泉 徴 収 年 金 に 課 税 される 所 得 税 は 年 金 支 給 の 際 に 共 済 組 合 が 年 金 額 から 源 泉 徴 収 するこ ととされており 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 の 提 出 の 有 無 によって 次 により 計 算 した 額 になります なお 65 歳 未 満 で 年 金 額 が 108 万 円 未 満 のとき 及 び 65 歳 以 上 で 年 金 額 が 158 万 円 未 満 のときは 源 泉 徴 収 しません 平 成 25 年 から 平 成 49 年 の 間 復 興 特 別 所 得 税 ( 所 得 税 額 の2.1% 相 当 額 )を 併 せて 徴 収 します 扶 養 親 族 等 申 告 書 を 提 出 した 場 合 1 源 泉 徴 収 税 額 の 計 算 ア 65 歳 未 満 源 泉 徴 収 税 額 =( 各 支 給 期 の 年 金 支 給 額 - 控 除 額 ) 5% イ 65 歳 以 上 源 泉 徴 収 税 額 = ( 各 支 給 期 の 年 金 支 給 額 - 控 除 額 -47,500 円 2 月 ) 5% 2 控 除 額 の 計 算 控 除 額 =( 基 礎 的 控 除 額 + 人 的 控 除 額 ) その 支 給 額 の 計 算 の 基 礎 となった 期 間 の 月 数 ア 基 礎 的 控 除 額 年 金 受 給 権 者 の 年 齢 控 除 額 65 歳 未 満 支 給 年 金 額 の 月 割 額 25%+65,000 円 (90,000 円 未 満 の 場 合 90,000 円 ) 支 給 年 支 給 年 金 額 の 月 割 額 25%+65,000 円 65 歳 以 上 (135,000 円 未 満 の 場 合 135,000 円 ) 22

25 イ 人 的 控 除 額 区 分 内 容 控 除 額 ( 月 割 ) 本 人 障 がい 者 一 般 特 別 22,500 円 35,000 円 控 除 対 象 配 偶 者 一 般 老 人 (70 歳 以 上 ) 32,500 円 40,000 円 控 除 対 象 一 般 32,500 円 配 偶 者 及 び 扶 養 親 族 扶 養 親 族 控 除 対 象 配 偶 者 及 び 扶 養 親 族 で 障 がい 者 老 人 (70 歳 以 上 ) 特 定 (16 歳 から 22 歳 ) 一 般 特 別 40,000 円 52,500 円 22,500 円 35,000 円 扶 養 親 族 等 申 告 書 を 提 出 しなかった 場 合 源 泉 徴 収 税 額 =( 各 支 給 期 の 年 金 支 給 額 - 各 支 給 期 の 年 金 支 給 額 25%) 10% = 各 支 給 期 の 年 金 支 給 額 7.5% (2) 確 定 申 告 その 年 分 の 総 所 得 金 額 は 翌 年 の 確 定 申 告 の 時 期 に 税 務 署 に 確 定 申 告 をしてくださ い 確 定 申 告 のために 必 要 な 源 泉 徴 収 票 は 年 金 支 払 通 知 書 等 と 一 緒 に 毎 年 12 月 に 共 済 組 合 本 部 から 送 付 されます ( 送 付 時 期 が 早 いので 確 定 申 告 の 時 期 まで 紛 失 しな いよう 保 管 してください ) 公 的 年 金 等 にかかる 雑 所 得 の 金 額 は 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 から 公 的 年 金 等 控 除 額 を 差 し 引 いた 後 の 額 です 公 的 年 金 額 等 控 除 額 は 次 の 表 により 計 算 した 額 です 年 金 受 給 権 者 の 年 齢 65 歳 未 満 65 歳 以 上 その 年 中 の 公 的 年 金 等 の 控 除 額 収 入 金 額 (A) 130 万 円 以 下 70 万 円 130 万 円 超 410 万 円 以 下 (A) 25%+375,000 円 410 万 円 超 770 万 円 以 下 (A) 15%+785,000 円 770 万 円 超 (A) 5%+1,555,000 円 330 万 円 以 下 120 万 円 330 万 円 超 410 万 円 以 下 (A) 25%+375,000 円 410 万 円 超 770 万 円 以 下 (A) 15%+785,000 円 770 万 円 超 (A) 5%+1,555,000 円 23

26 年 金 の 支 給 と 年 金 証 書 等 の 送 付 (1) 年 金 の 支 給 偶 数 月 の 15 日 に 2 ヶ 月 分 が 支 給 されます 偶 数 月 の 15 日 が 土 曜 日 曜 祝 日 のときは その 直 前 の 金 融 機 関 等 の 営 業 日 が 支 給 日 になります 支 給 月 と 支 給 対 象 月 支 給 月 6 月 8 月 10 月 12 月 2 月 4 月 支 給 対 象 月 4 月 分 5 月 分 6 月 分 7 月 分 8 月 分 9 月 分 10 月 分 11 月 分 12 月 分 1 月 分 2 月 分 3 月 分 退 職 改 定 の 手 続 きが 終 了 した 方 の 初 回 支 給 月 は 6 月 です 初 回 支 給 までに 金 融 機 関 等 の 変 更 を 希 望 する 方 は 退 職 後 に 共 済 組 合 本 部 給 付 課 へ 連 絡 し 年 金 受 給 権 者 異 動 報 告 書 の 届 出 用 紙 を 請 求 してください 共 済 組 合 本 部 給 付 課 へ4 月 中 に 届 出 をすると 初 回 分 から 変 更 後 の 金 融 機 関 等 に 支 給 されます 連 絡 先 地 方 職 員 共 済 組 合 本 部 給 付 課 電 話 番 号 (2) 年 金 証 書 等 の 送 付 退 職 共 済 年 金 請 求 手 続 きを 終 了 した 方 には 年 金 証 書 が 共 済 組 合 本 部 から 送 付 さ れます 退 職 改 定 手 続 きを 終 了 した 方 には 年 金 額 決 定 通 知 書 と 年 金 額 算 定 明 細 書 が 共 済 組 合 本 部 から 送 付 されます 24

27 共 済 組 合 本 部 への 届 出 年 金 受 給 権 者 の 支 給 を 適 正 に 行 なうため 年 金 受 給 後 も 次 に 該 当 するときは 届 出 が 必 要 です (1) 電 話 番 号 氏 名 を 変 更 したとき 年 金 受 給 権 者 が 転 居 等 に 伴 い 電 話 番 号 の 変 更 をしたとき 及 び 氏 名 変 更 したとき は 年 金 受 給 権 者 異 動 報 告 書 の 届 出 が 必 要 です 届 出 をしなかったときは 共 済 組 合 本 部 から 大 切 な 書 類 やお 知 らせ 等 が 送 付 でき なくなりますので 必 ず 届 け 出 てください なお 住 所 変 更 をした 際 の 共 済 組 合 本 部 への 届 出 は 原 則 不 要 になりました 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 届 出 が 必 要 です 1 矢 祭 町 に お 住 ま い の 方 外 国 に 居 住 し て い る 方 外 国 籍 ( 外 国 人 登 録 )の 方 が 住 所 変 更 された 場 合 2 年 金 受 給 権 者 の 成 年 後 見 人 補 佐 人 または 補 助 人 となられてい る 方 等 が 住 所 変 更 された 場 合 (2) 年 金 受 取 金 融 機 関 等 を 変 更 したとき 年 金 の 受 取 金 融 機 関 等 を 変 更 するときは 年 金 受 給 権 者 異 動 報 告 書 の 届 出 が 必 要 です (3) 再 就 職 したとき 年 金 受 給 権 者 が 再 就 職 した 勤 務 先 で 厚 生 年 金 保 険 又 は 私 立 学 校 教 職 員 共 済 制 度 に 加 入 するときは 年 金 受 給 権 者 再 就 職 届 書 の 提 出 が 必 要 です 国 家 公 務 員 又 は 地 方 公 務 員 の 共 済 組 合 地 方 職 員 共 済 組 合 団 体 共 済 部 に 加 入 する ときも 届 出 が 必 要 です なお 退 職 改 定 手 続 きで 配 付 した 様 式 と 異 なりますので ご 注 意 ください (4) 再 退 職 したとき( 再 就 職 した 勤 務 先 を 退 職 したとき) 年 金 受 給 権 者 が 厚 生 年 金 保 険 又 は 私 立 学 校 教 職 員 共 済 制 度 の 加 入 者 でなくなっ たときや 再 就 職 した 勤 務 先 を 退 職 したときは 年 金 受 給 権 者 再 退 職 届 書 の 提 出 が 必 要 です 25

28 (5) 雇 用 保 険 法 による 基 本 手 当 ( 失 業 給 付 )を 受 給 するとき 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 の 受 給 権 者 が 再 退 職 後 公 共 職 業 安 定 所 (ハローワー ク)に 求 職 の 申 込 みをし 雇 用 保 険 法 による 基 本 手 当 ( 失 業 給 付 )を 受 給 するとき は 退 職 共 済 年 金 と 雇 用 保 険 法 による 給 付 との 調 整 事 由 届 書 の 提 出 が 必 要 です ただし 基 本 手 当 を 受 給 する 間 は 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 のうち 厚 生 年 金 部 分 相 当 額 老 齢 基 礎 年 金 相 当 部 分 ( 特 例 該 当 者 のみ) 加 給 年 金 額 ( 加 算 がある 場 合 のみ) の 支 給 が 停 止 し 職 域 年 金 相 当 部 分 だけの 支 給 になります 公 共 職 業 安 定 所 (ハローワーク)に 求 職 の 申 込 みをすると 基 本 手 当 の 受 給 を 選 択 することになりますので 注 意 してください 求 職 の 申 込 みをするときは 公 共 職 業 安 定 所 (ハローワーク)で 基 本 手 当 の 額 を 確 認 してください 年 金 の 支 給 額 のほうが 基 本 手 当 より 高 くても 求 職 の 申 し 込 みをすると 基 本 手 当 の 支 給 が 優 先 されるため 年 金 の 支 給 が 停 止 します (6) 加 給 年 金 額 対 象 者 に 該 当 しなくなったとき 及 び 加 給 年 金 額 の 停 止 要 件 に 該 当 したとき 13ページ(6) 加 給 年 金 額 の 対 象 者 に 該 当 しなくなったとき( 配 偶 者 が65 歳 に 達 したときを 除 く) 又 は14ページ(7) 加 給 年 金 額 の 停 止 の 要 件 に 該 当 するときは 加 給 年 金 額 対 象 者 等 異 動 届 書 の 提 出 が 必 要 です (7) 年 金 受 給 権 者 が 死 亡 したとき 年 金 受 給 権 者 が 死 亡 したときは 速 やかに 共 済 組 合 本 部 審 査 第 二 課 へ 連 絡 してく ださい 手 続 きに 必 要 な 書 類 が 送 付 されます これらに 該 当 した 場 合 は 共 済 組 合 本 部 に 連 絡 し 届 出 用 紙 を 請 求 してください なお (3)(5)(6)(7)の 用 紙 については 地 方 職 員 共 済 組 合 本 部 のホーム ページ( 届 出 用 紙 が 掲 載 されていますので ダ ウンロードし 使 用 することもできます 連 絡 先 (1)~(6)の 場 合 地 方 職 員 共 済 組 合 本 部 給 付 課 電 話 番 号 (7)の 場 合 地 方 職 員 共 済 組 合 本 部 審 査 第 二 課 電 話 番 号

29 問 い 合 わせ 先 一 覧 退 職 してからの 手 続 きは 共 済 組 合 本 部 に 直 接 お 問 い 合 わせください 地 方 職 員 共 済 組 合 本 部 東 京 都 千 代 田 区 平 河 町 地 共 済 センタービル 内 問 い 合 わせ 先 年 金 相 談 室 年 金 相 談 全 般 問 い 合 わせ 内 容 年 金 加 入 期 間 確 認 通 知 書 の 発 行 年 金 証 書 又 は 年 金 改 定 証 書 の 再 交 付 年 金 の 離 婚 分 割 の 相 談 給 付 課 年 金 の 支 給 源 泉 徴 収 票 の 再 発 行 住 所 年 金 受 取 金 融 機 関 の 変 更 再 就 職 届 再 退 職 届 の 受 付 雇 用 保 険 ( 基 本 手 当 )との 調 整 調 整 課 加 給 年 金 額 対 象 者 の 異 動 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 への 切 り 替 え 手 続 き( 繰 下 げ 支 給 の 手 続 きを 含 む ) 老 齢 基 礎 年 金 の 手 続 き( 繰 上 げ 支 給 又 は 繰 下 げ 支 給 の 手 続 き を 含 む ) 企 画 課 審 査 第 二 課 年 金 受 給 権 者 の 障 害 認 定 の 相 談 年 金 受 給 権 者 の 死 亡 遺 族 共 済 年 金 の 請 求 年 金 加 入 期 間 確 認 通 知 書 の 請 求 や 年 金 証 書 年 金 改 定 証 書 の 再 交 付 などの 請 求 用 紙 は 地 方 職 員 共 済 組 合 本 部 のホームページ( ダウンロード できます また 毎 年 6 月 と 12 月 に 共 済 組 合 本 部 から 年 金 受 給 者 だより が 送 付 されます 大 切 なお 知 らせが 掲 載 されていますので 必 ずご 覧 ください 27

30 組 合 員 の 被 扶 養 配 偶 者 の 国 民 年 金 65 歳 未 満 の 在 職 中 の 組 合 員 は 国 民 年 金 の 第 2 号 被 保 険 者 として 大 阪 府 を 退 職 するまで 国 民 年 金 に 加 入 しています 第 2 号 被 保 険 者 の 被 扶 養 配 偶 者 が 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のときは 組 合 員 が 在 職 している 間 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 として 国 民 年 金 に 加 入 しています (ただ し 配 偶 者 の 扶 養 認 定 時 第 3 号 被 保 険 者 資 格 取 得 等 届 の 届 出 がもれている 場 合 は 未 加 入 になっている 可 能 性 もあります 配 偶 者 の 加 入 記 録 や 年 金 額 は 住 所 地 の 年 金 事 務 所 へ 問 い 合 わせてください ) ( 参 考 ) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 の 区 分 第 1 号 被 保 険 者 ( 国 民 年 金 法 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 者 ) 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 者 ただし 退 職 共 済 年 金 退 職 年 金 老 齢 厚 生 年 金 などの 受 給 者 は 除 く 第 2 号 被 保 険 者 ( 国 民 年 金 法 第 7 条 第 1 項 第 2 号 に 規 定 する 者 ) 共 済 組 合 の 組 合 員 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 等 ( 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しない 者 も 含 む ) ただし 65 歳 以 上 の 退 職 共 済 年 金 退 職 年 金 老 齢 厚 生 年 金 などの 受 給 者 は 除 く 第 3 号 被 保 険 者 ( 国 民 年 金 法 第 7 条 第 1 項 第 3 号 に 規 定 する 者 ) 第 2 号 被 保 険 者 の 被 扶 養 配 偶 者 のうち 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 者 ( 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しない 者 も 含 む ) 任 意 継 続 健 康 保 険 に 加 入 したとき 組 合 員 が 退 職 後 任 意 継 続 組 合 員 になると 退 職 後 も 共 済 組 合 の 短 期 給 付 ( 保 険 ) 等 は 適 用 されますが 長 期 給 付 ( 年 金 )は 適 用 されません ( 第 2 号 被 保 険 者 には 該 当 しません) したがって 組 合 員 の 被 扶 養 配 偶 者 が 任 意 継 続 組 合 員 の 被 扶 養 配 偶 者 になっ た 場 合 は 第 3 号 被 保 険 者 ではなく 第 1 号 被 保 険 者 に 該 当 することに なりますので 市 区 町 村 で 国 民 年 金 加 入 の 手 続 きを 行 ってください 28

31 よくある 質 問 1 年 金 証 書 は いつ 届 くのですか? 答 え 退 職 共 済 年 金 請 求 手 続 きをしてから 2 か 月 程 かかります しばらくお 待 ちください 2 フルタイムの 再 任 用 職 員 ですが 年 金 証 書 の 加 入 月 数 が 間 違 っています 答 え 在 職 中 の 方 の 年 金 証 書 は 受 給 権 発 生 の 時 点 で 決 定 したものです 退 職 時 まで 年 金 を 再 計 算 した 年 金 額 改 定 通 知 書 は 改 めて 共 済 組 合 本 部 から 自 宅 に 郵 送 され ます 3 最 初 の 年 金 は いつ 振 り 込 まれますか? 答 え 年 金 証 書 が 届 いた 後 直 近 の 偶 数 月 の 15 日 です ただし 在 職 中 の 方 は 退 職 してから 支 給 が 始 まります 3 月 末 に 退 職 した 場 合 6 月 が 初 回 振 込 み 4 引 っ 越 ししたら 手 続 きは 必 要 ですか? 答 え(25ペ-ジ(1) 参 照 ) 5 振 込 先 の 金 融 機 関 を 変 えたいのですが 答 え(25ペ-ジ(2) 参 照 ) 29

32 6 再 就 職 したら 何 か 手 続 きが 必 要 ですか? 答 え(25ペ-ジ(3) 参 照 ) 7 年 金 が 停 止 されるのは どんなときですか? 答 え(4ペ-ジ 4 参 照 ) 厚 生 年 金 保 険 や 私 立 学 校 教 職 員 共 済 制 度 などの 公 的 年 金 制 度 に 加 入 して 働 いた 場 合 その 報 酬 の 額 によって 一 部 停 止 されることがあります 8 再 就 職 先 を 退 職 したら 何 か 手 続 きが 必 要 ですか? 答 え(25ペ-ジ(4) 参 照 ) 9 失 業 給 付 を 申 請 したら 年 金 は 貰 えないのですか? 答 え(26ペ-ジ(5) 参 照 ) 職 域 年 金 相 当 部 分 だけの 支 給 になります 10 年 金 加 入 期 間 確 認 通 知 書 は いつ 貰 えますか? 答 え(3ペ-ジ(3) 参 照 ) 老 齢 厚 生 年 金 や 私 学 共 済 年 金 の 請 求 に 必 要 な 方 は 当 支 部 に 請 求 してください 請 求 書 の 用 紙 は 33ペ-ジにあります 11 短 時 間 再 任 用 職 員 になったら 年 金 はカットされるのですか? 答 え(4ペ-ジ 参 照 ) カットはありません 12 短 時 間 再 任 用 職 員 の 配 偶 者 が 60 歳 未 満 の 時 の 手 続 きは? 答 え(28ペ-ジ 参 照 ) 30

33 国 民 年 金 加 入 の 手 続 きが 必 要 です 13 退 職 した 後 配 偶 者 の 年 金 の 手 続 きは 必 要 ですか? 答 え(28ペ-ジ 参 照 ) 国 民 年 金 加 入 の 手 続 きが 必 要 です 14 老 齢 基 礎 年 金 を 繰 り 上 げ 請 求 したい 答 え(20ペ-ジ(2) 参 照 ) お 住 まいの 地 域 を 管 轄 する 年 金 事 務 所 に 請 求 してください 15 扶 養 親 族 等 申 告 書 は いつ 提 出 するのですか? 答 え(22ペ-ジ(1) 参 照 ) 再 就 職 しない 場 合 提 出 が 必 要 です 当 支 部 まで 請 求 してください 16 年 度 途 中 に 退 職 することになった 場 合 は どんな 手 続 きが 必 要 ですか? 答 え(11ペ-ジ 参 照 ) 時 期 により 手 続 きが 異 なりますので 当 支 部 まで 必 ずご 連 絡 ください 31

34 昭 和 16 年 ( 女 性 は 昭 和 21 年 )4 月 2 日 以 後 に 生 まれた 方 は 60 歳 から65 歳 にな るまでの 間 生 年 月 日 に 応 じて 支 給 開 始 年 齢 が 引 き 上 げられます 男 性 の 場 合 女 性 の 場 合 昭 和 16 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 18 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 昭 和 21 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 23 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 60 歳 61 歳 報 酬 比 例 部 分 定 額 部 分 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 昭 和 18 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 20 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 昭 和 23 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 25 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 60 歳 報 酬 比 例 部 分 62 歳 定 額 部 分 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 昭 和 20 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 22 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 昭 和 25 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 27 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 60 歳 報 酬 比 例 部 分 63 歳 定 額 部 分 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 昭 和 22 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 24 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 昭 和 27 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 29 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 60 歳 報 酬 比 例 部 分 64 歳 定 額 部 分 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 昭 和 24 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 28 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 昭 和 29 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 33 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 60 歳 報 酬 比 例 部 分 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 昭 和 33 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 35 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 60 歳 61 歳 報 酬 比 例 部 分 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 32 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 昭 和 35 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 37 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 60 歳 62 歳 報 酬 比 例 部 分 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 昭 和 32 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 34 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 昭 和 37 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 39 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 60 歳 63 歳 報 酬 比 例 部 分 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 昭 和 34 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 36 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 昭 和 39 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 41 年 4 月 1 日 に 生 まれた 方 60 歳 64 歳 報 酬 比 例 部 分 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 昭 和 36 年 4 月 2 日 以 後 に 生 ま れた 方 昭 和 41 年 4 月 2 日 以 後 に 生 ま れた 方 60 歳 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 昭 和 16 年 ( 女 性 は 昭 和 21 年 )4 月 2 日 以 後 に 生 まれた 方 でも 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 特 例 と して 報 酬 比 例 部 分 と 定 額 部 分 を 合 わせた 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 されます 1 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 期 間 が44 年 以 上 の 方 ( 被 保 険 者 資 格 を 喪 失 ( 退 職 )しているときに 限 る) 2 障 害 の 状 態 ( 障 害 厚 生 年 金 の1 級 から3 級 に 該 当 する 障 害 の 程 度 )にあることを 申 し 出 た 方 ( 被 保 険 者 資 格 を 喪 失 ( 退 職 )しているときに 限 る) 申 出 月 の 翌 月 分 から 特 別 支 給 開 始 となります

35

36

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 第 1 共 済 年 金 について 1 公 的 年 金 制 度 (1) 公 的 年 金 制 度 の 概 要 わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 全 国 民 は 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) の 加 入 が 義 務 づけられ 国 民 は 共 通 の 基 礎 年 金 を 受 けられる 制 度 になりました それにより

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係 Ⅴ 長 期 給 付 事 業 1 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 は 都 道 府 県 や 市 町 村 の 区 分 や 職 種 の 相 違 によって 適 用 される 制 度 が 異 なっていたものが 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 全 ての 公 務 員 に 通 ずる 統 一 的 な 制

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任 任 意 継 続 被 保 険 者 の 手 引 き 東 京 都 医 業 健 康 保 険 組 合 平 成 27 年 4 月 適 用 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F> 退 職 後 の 年 金 手 続 きガイド ~ 年 金 加 入 や 年 金 受 取 りのために~ 退 職 後 の 年 金 加 入 1 退 職 後 の 年 金 の 受 取 り 6 年 金 相 談 サービス 10 ( 参 考 1) 退 職 後 の 医 療 保 険 12 ( 参 考 2) 退 職 と 年 金 健 康 保 険 の 手 続 き 15 http://www.nenkin.go.jp/ 日 本 年

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

<82B582A882E82E786C73>

<82B582A882E82E786C73> 基 金 年 金 支 給 の 手 引 き - この 手 引 き は 年 金 証 書 とともに 大 切 に 保 管 してください 年 金 の 給 付 をお 受 けになるための 手 続 きやご 注 意 等 をまとめたものですので よくご 覧 いただき 手 続 き 等 をお 忘 れにならないように 注 意 してください なお この 手 引 き には 手 続 き 書 類 が 添 付 されておりませんので 手

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 1 現 在 の 公 的 年 金 制 度 組 合 員 の 皆 さまは 2つの 公 的 年 金 制 度 と 公 務 員 特 有 の 制 度 に 加 入 しています 1 2 +α 基 礎 年 金 : 全 国 民 に 共 通 する 国 民 年 金 制 度

Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 1 現 在 の 公 的 年 金 制 度 組 合 員 の 皆 さまは 2つの 公 的 年 金 制 度 と 公 務 員 特 有 の 制 度 に 加 入 しています 1 2 +α 基 礎 年 金 : 全 国 民 に 共 通 する 国 民 年 金 制 度 平 成 28 年 3 月 平 成 27 年 度 末 普 通 勧 奨 退 職 者 向 け 年 金 手 続 等 説 明 会 資 料 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 給 付 貸 付 課 ねんきん 博 士 目 次 Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 P 2 Ⅱ 老 齢 年 金 等 について P 4 Ⅲ 老 齢 年 金 に 関 する 注 意 事 項 P 8 (A 受 給 権 発

More information

2 年 金 実 務 平 成 平 成 3 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 966,000 15 16 年 金 実 務 55 17 18 年 金 実 務 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

はじめに 年 金 受 給 者 の 皆 様 には 日 頃 より 市 議 会 議 員 共 済 会 の 運 営 に 関 しまして 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます さて 議 員 年 金 を 受 給 される 皆 様 に 継 続 し て 年 金 を 受 けていただ

はじめに 年 金 受 給 者 の 皆 様 には 日 頃 より 市 議 会 議 員 共 済 会 の 運 営 に 関 しまして 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます さて 議 員 年 金 を 受 給 される 皆 様 に 継 続 し て 年 金 を 受 けていただ はじめに 年 金 受 給 者 の 皆 様 には 日 頃 より 市 議 会 議 員 共 済 会 の 運 営 に 関 しまして 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます さて 議 員 年 金 を 受 給 される 皆 様 に 継 続 し て 年 金 を 受 けていただくために 市 議 会 議 員 共 済 会 に 対 しまして 様 々な 手 続 きが 必 要 になり ます

More information

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選 年 金 一 時 金 請 求 に 関 する 手 続 き 電 機 年 金 基 金 では 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 裁 定 を 行 い 年 金 一 時 金 をお 支 払 いします 電 機 年 金 基 金 が 支 払 う 年 金 または 一 時 金 は 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 電 機 年 金 基 金 が 裁 定 し 受 給 権 者 が 指 定 した 金 融 機

More information

2 年 金 実 務 3 年 金 実 務 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 15 年 金 実 務 16 年 金 実 務 17 年 金 実 務 ません 18 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378> 2016 3 目 次 1 経 営 移 譲 年 金 と 農 業 者 老 齢 年 金 について 2 これから 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 しようとされる 方 へ 2-1 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 するには 4 2-1-1 経 営 移 譲 とは 4 2-1-2 加 算 付 年 金 8 2-2 実 体 を 伴 った 経 営 移 譲 を 行 うために 11 2-3 支 給 開 始 時 期

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

8.手当・年金・貸付等

8.手当・年金・貸付等 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合

厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合 1. 厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 2. 退 職 後 の 健 康 保 険 制 度 日 本 郵 政 共 済 組 合 厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合 公 的 年 金 制 度 のしくみ 公 的 年 金 共 済 年 金 厚 生 年 金 国 民 年 金 被 用 者 年 金 制 度 基 礎 年 金 制 度

More information

Taro-H24年度.jtd

Taro-H24年度.jtd 石 井 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 ) 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 の 状 況 (H24.4.1) 一 般 行 政 事 務 4 人 幼 稚 園 教 諭 1 人 保 育 士 9 人 計 14 人 (2) 職 員 の 退 職 状 況 (H23.4.1~H24.3.31) 一 般 行 政 事 務

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

Ⅱ給付事務

Ⅱ給付事務 Ⅳ 給 付 事 務 1. 基 金 給 付 の 仕 組 み 基 金 の 給 付 は キャッシュ バランス プランによる 生 協 独 自 の 給 付 老 齢 給 付 金 ( 年 金 ) 選 択 一 時 金 脱 退 一 時 金 遺 族 給 付 金 ( 一 時 金 ) です キャッシュ バランス プランでは 加 入 者 一 人 一 人 の 仮 想 個 人 勘 定 残 高 をもとに 給 付 を 行 います 基

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

障がい福祉ガイドブック_本文_CS6.indd

障がい福祉ガイドブック_本文_CS6.indd (1) 手 当 児 童 ( 各 手 当 などの 額 は 平 成 27 年 7 月 1 日 現 在 ) 障 がいの 程 度 所 得 の 制 限 などがありますので 詳 しくは にお 問 い 合 わせください 名 称 対 象 給 制 限 手 当 額 給 月 障 害 児 福 祉 手 20 歳 未 満 で 心 身 に 次 のい 1 施 設 に 入 所 している 方 当 ( 国 手 当 ) ずれかの 障 がいがあり

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

▲▽▲▽▲ 国民年金保険料 学生納付特例申請について ▲▽▲▽▲

▲▽▲▽▲ 国民年金保険料 学生納付特例申請について ▲▽▲▽▲ 20 歳 になったら 国 民 年 金 日 本 年 金 機 構 から 国 民 年 金 被 保 険 者 資 格 取 得 届 書 ( 以 下 資 格 取 得 届 という) が 届 きましたか? 今 回 は 町 田 市 から 手 続 きの 方 法 をご 案 内 します! 日 本 国 内 に 住 む 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 次 のいずれかの 年 金 に 加 入 しなければなりません 厚

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 確 定 申 告 平 成 26 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 を 平 成 27 年 1 月 下 旬 にお 送 りします 障 害 遺 族 を 支 給 事 由 する 年 金 は 非 課 税 のため 源 泉 徴 収 票 をお 送 りしません

公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 確 定 申 告 平 成 26 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 を 平 成 27 年 1 月 下 旬 にお 送 りします 障 害 遺 族 を 支 給 事 由 する 年 金 は 非 課 税 のため 源 泉 徴 収 票 をお 送 りしません 第 16 号 平 成 26 年 12 月 発 行 も く じ P2-4 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 確 定 申 告 P7-10 こんなきには 届 出 を P5-6 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 について P11 年 金 相 談 窓 口 一 覧 P12 ねんきんカレンダー 全 国 市 町 村 職 員 共 済 組 合 連 合 会 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx 阪 府 私 等 学 校 等 授 業 料 援 補 助 事 務 の 引 き 私 等 学 校 等 [ 全 日 制 課 程 ] 私 専 修 学 校 高 等 課 程 平 成 23 年 度 以 降 入 学 生 用 平 成 25 年 7 月 阪 府 府 化 部 私 学 学 課 559-8555 大 阪 市 住 之 江 区 南 港 北 1-14-16 大 阪 府 咲 洲 庁 舎 38 階 TEL (06)6941-0351(

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年 年 1 年 制 度 の 概 要 1 厚 生 年 と 基 礎 年 の 種 類 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによって 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とその 家 族 の 生 活 の 安 定 を 図 ることを 目 的 としています 厚 生 年 (

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

2 任意継続組合員制度について

2 任意継続組合員制度について 第 退 職 後 の 医 療 保 険 制 度 について 退 職 後 に 加 入 する 医 療 保 険 制 度 について わが 国 の 社 会 保 障 制 度 における 医 療 保 険 については 国 民 皆 保 険 制 度 をとっており 何 らかの 医 療 保 険 制 度 に 加 入 することが 義 務 づけられています 組 合 員 の 方 は 在 職 中 は 共 済 組 合 に 加 入 していますが

More information

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd

2015-公務員共済年金のお知らせについて-12P.indd 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ について 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ の 目 的 公 務 員 共 済 年 金 のお 知 らせ は 今 年 度 59 歳 に 到 達 する 方 を 対 象 に 公 務 員 共 済 の 年 金 加 入 状 況 等 について 確 認 していただき 年 金 制 度 への 理 解 を 深 め 近 い 将 来 の 年 金 請 求 手 続 を 意 識 していただくために

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く)

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く) KASHIMACITY 健 康 健 康 ( )は 病 気 やけがに 備 え 加 入 者 がお ( 税 )を 出 し 合 い 費 に 充 てる 相 互 扶 助 を 目 的 とした 制 度 です 健 康 に 加 入 する 人 職 場 の 健 康 ( 健 )に 加 入 している 人 とその 扶 養 家 族 後 期 高 齢 者 ( 長 寿 ) 制 度 に 加 入 している 人 その 他 生 活 護 を 受

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

Microsoft Word - H28事務の手引き表紙・目次.(総合事務)

Microsoft Word - H28事務の手引き表紙・目次.(総合事務) 退 職 手 当 部 門 福 利 厚 生 部 門 事 務 処 理 の 手 引 き ( 事 務 担 当 者 用 ) 平 成 28 年 度 版 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 目 次 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 について 1 事 業 内 容 及 び 対 象 となる 職 員 1 2 組 合 を 組 織 する 地 方 公 共 団 体 1 給 料 額 等 の 報 告 について

More information

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の 8 入 居 収 入 基 準 市 営 住 宅 の 申 込 みには, 世 帯 全 員 の 課 税 対 象 の 収 入 が, 公 営 住 宅 法 で 定 める 一 定 の 基 準 内 ( ) にあることが 必 要 です (1) 市 営 住 宅 の 収 入 基 準 ( )は, 次 の 表 のとおりです 住 宅 種 別 一 般 世 帯 裁 量 階 層 世 帯 ( ) 公 営 住 宅 158,000 以 下 214,000

More information

税 の 計 算 方 法 税 率 ( 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 は 計 算 方 法 が 異 なります ) 前 年 総 所 得 金 - 市 民 税 県 民 税 の 税 率 市 民 税 県 民 税 均 等 割 3,500 円 1,900 円 所 得 割 税 率 6% 4% 分 離 課 税

税 の 計 算 方 法 税 率 ( 分 離 課 税 の 所 得 がある 場 合 は 計 算 方 法 が 異 なります ) 前 年 総 所 得 金 - 市 民 税 県 民 税 の 税 率 市 民 税 県 民 税 均 等 割 3,500 円 1,900 円 所 得 割 税 率 6% 4% 分 離 課 税 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 市 民 税 県 民 税 の 申 告 につきましては 毎 年 皆 様 のご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 書 をお 送 りしますので 本 手 引 きと 別 紙 書 き 方 例 を 参 考 にし ご 記 入 の 上 申 告 をお 願 いします 平 成 28 年 度 の 市

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63> 平 成 年 度 市 民 県 民 申 告 の 手 引 き 日 頃, 本 市 の 務 事 務 にご 協 力 をいただきましてありがとうございます 市 民 県 民 申 告 は,この 手 引 きをご 参 照 のうえ, 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたし ます ( 申 告 期 限 近 くは, 大 変 混 雑 しますのでお 早 めにお 願 いいたします ) この 申 告 は,あなたの

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

陸上自衛隊退職手当支給規則

陸上自衛隊退職手当支給規則 陸 上 自 衛 隊 退 職 手 当 支 給 規 則 昭 和 35 年 1 月 29 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 32 7 号 改 正 昭 和 36 年 5 月 22 日 達 第 122 32 号 昭 和 38 年 8 月 7 日 達 第 50 10 1 号 昭 和 42 年 9 月 5 日 達 第 32 7 1 号 昭 和 45 年 4 月 8 日 達 第 63 2 号 昭 和 45 年 10

More information

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準 公 益 財 団 法 人 伊 勢 丹 奨 学 会 大 学 奨 学 生 推 薦 選 考 基 準 [1] 奨 学 生 の 資 格 1. 人 物 学 習 活 動 その 他 生 活 の 全 般 を 通 じて 態 度 行 動 が 学 生 にふさわしく 将 来 良 識 ある 社 会 人 として 活 動 できる 見 込 みがあり かつ 東 京 大 学 一 橋 大 学 横 浜 国 立 大 学 慶 應 義 塾 大 学

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

農 協 (JA) 信 用 組 合 ( 茨 城 県 信 組 は 除 く) 信 託 銀 行 信 用 漁 協 連 イオン 銀 行 楽 天 銀 行 新 生 銀 行 琉 球 銀 行 セブン 銀 行 じぶん 銀 行 シティバンク ジャパンネット 銀 行 インターネットバンキング 系 列 の 銀 行 ゆうちょ 銀

農 協 (JA) 信 用 組 合 ( 茨 城 県 信 組 は 除 く) 信 託 銀 行 信 用 漁 協 連 イオン 銀 行 楽 天 銀 行 新 生 銀 行 琉 球 銀 行 セブン 銀 行 じぶん 銀 行 シティバンク ジャパンネット 銀 行 インターネットバンキング 系 列 の 銀 行 ゆうちょ 銀 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 の 概 要 被 保 険 者 ( 本 人 )が 退 職 すると 健 康 保 険 の 資 格 を 失 いますが 下 記 の 加 入 資 格 要 件 を 満 たして いる 場 合 で 引 き 続 き 日 立 健 保 の 継 続 加 入 を 希 望 する 場 合 は 任 意 継 続 被 保 険 者 ( 以 下 任 継 ) に 加 入 することができます 任 継 の 加

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

(3) 職 員 の 昇 任 及 び 降 任 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 2 日 ~ 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 昇 任 部 長 級 課 長 級 主 幹 級 係 長 級 主 任 級 降 任 1 人 3 人 6 人 5 人 5 人 - (4) 職 員 数 の 状 況 職 種 別

(3) 職 員 の 昇 任 及 び 降 任 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 2 日 ~ 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 昇 任 部 長 級 課 長 級 主 幹 級 係 長 級 主 任 級 降 任 1 人 3 人 6 人 5 人 5 人 - (4) 職 員 数 の 状 況 職 種 別 岩 倉 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 岩 倉 市 の 人 事 行 政 を 運 営 していく 上 で より 公 正 で 透 明 性 を 高 めていくために 岩 倉 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 平 成 23 年 度 の 職 員 の 任 用 給 与 勤 務 時 間 そ の 他 の 勤 務 条 件 などについてお

More information

0表紙

0表紙 各 種 手 続 きについて 組 合 員 の 皆 様 が 広 く 理 解 していただけるよう 公 立 学 校 共 済 組 合 給 付 のし おり を 作 成 しましたので ご 活 用 ください なお 手 続 きでご 不 明 な 点 などございましたら 遠 慮 なくお 尋 ねください 平 成 28 年 4 月 給 付 班 一 同 お 問 い 合 わせ 先 862-8609 熊 本 市 中 央 区 水 前

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

Microsoft Word - 280428修正 280418確定版 H28更新案内チラシ

Microsoft Word - 280428修正 280418確定版 H28更新案内チラシ 指 定 難 病 特 定 医 療 費 支 給 認 定 更 新 手 続 きのご 案 内 平 成 28 年 4 月! 重 要 なお 知 らせ! 茨 城 県 保 健 福 祉 部 保 健 予 防 課 今 お 持 ちの 指 定 難 病 特 定 医 療 費 受 給 者 証 は 平 成 28 年 9 月 30 日 で 有 効 期 間 が 終 了 します 引 き 続 き 更 新 を 希 望 される 場 合 は, 更

More information