個人の税金 Q&A

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "個人の税金 Q&A"

Transcription

1 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除 の 引 き 下 げ 9 相 続 により 取 得 した 土 地 の 譲 渡 10 居 住 者 と 非 居 住 者 11 個 人 事 業 者 の 従 業 員 の 新 規 採 用 と 税 額 控 除 12 個 人 事 業 者 が 給 料 を 増 やした 場 合 の 税 額 控 除 13 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 14 小 規 模 企 業 共 済 と 確 定 拠 出 年 金 15 旅 費 規 程 の 整 備 と 日 当 の 支 給 16 退 職 所 得 に 対 する 課 税 強 化 17 生 命 保 険 料 控 除 に 関 する 改 正

2 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ Q 平 成 27 年 から 所 得 税 の 最 高 税 率 が 引 き 上 げられ 増 税 になると 聞 きました 詳 しい 内 容 を 教 えてください A 平 成 27 年 分 以 後 の 所 得 税 に 新 たに 課 税 所 得 金 額 4,000 万 円 超 の 区 分 が 設 けられ その 税 率 が45.945%( 改 正 前 :1,800 万 円 超 の 課 税 所 得 金 額 に 対 して40.84%)とされます 所 得 税 は 超 過 累 進 税 率 により 課 税 されます 超 過 累 進 税 率 とは 課 税 所 得 金 額 が 大 きくなるに 従 い 税 率 が 高 くなるしくみです 高 額 所 得 者 には 多 くの 所 得 税 額 を 納 税 してもらおうという 垂 直 的 に 公 平 な 制 度 を 前 提 としています また 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31までの 間 に 生 ずる 所 得 については 所 得 税 のほかに 復 興 特 別 所 得 税 ( 所 得 税 額 の2.1% 相 当 額 )が 課 税 されています そのため 利 息 や 配 当 金 を 受 け 取 るときにも 所 得 税 と 併 せて 復 興 特 別 所 得 税 が 源 泉 徴 収 されています 預 貯 金 および 公 社 債 の 利 子 等 は 収 入 金 額 に 対 して 所 得 税 %( 復 興 特 別 所 得 税 0.315%を 含 む)と 住 民 税 の 利 子 割 5%が 源 泉 徴 収 されます 上 場 株 式 等 に 係 る 利 益 の 配 当 等 は 所 得 税 %( 復 興 特 別 所 得 税 0.315%を 含 む)と 住 民 税 の 利 子 割 5%が 源 泉 徴 収 され 非 上 場 株 式 に 係 る 利 益 の 配 当 等 は 所 得 税 20.42%( 復 興 特 別 所 得 税 0.42%を 含 む)が 源 泉 徴 収 されます 所 得 税 の 速 算 表 ( 平 成 27 年 分 以 降 / 復 興 特 別 所 得 税 を 含 む) 所 得 税 率 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 の 合 計 課 税 所 得 金 額 ( A) ( B) 控 除 額 ( C) (( A) ( B)-( C)) 102.1% 195 万 円 以 下 5% - (( A) 5%) 102.1% 195 万 円 超 330 万 円 以 下 10% 97,500 円 (( A) 10%- 97,500 円 ) 102.1% 330 万 円 超 695 万 円 以 下 20% 427,500 円 (( A) 20%-427,500 円 ) 102.1% 695 万 円 超 900 万 円 以 下 23% 636,000 円 (( A) 23%-636,000 円 ) 102.1% 900 万 円 超 1,800 万 円 以 下 33% 1,536,000 円 (( A) 33%-1,536,000 円 ) 102.1% 1,800 万 円 超 4,000 万 円 以 下 40% 2,796,000 円 (( A) 40%-2,796,000 円 ) 102.1% 4,000 万 円 超 45% 4,796,000 円 (( A) 45%-4,796,000 円 ) 102.1% ( 注 ) 平 成 25 年 ~ 平 成 49 年 分 の 所 得 には 復 興 特 別 所 得 税 ( 所 得 税 2.1%)が 課 税 される - 2 -

3 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 Q サラリーマンに 対 するみなし 必 要 経 費 が 縮 減 し 増 税 されたと 聞 きましたが? A 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げに 加 えて 今 後 は 高 額 所 得 者 に 対 する 給 与 所 得 控 除 の 上 限 額 も 縮 小 されていきます 給 与 所 得 控 除 とは 給 与 所 得 者 に 対 して 認 められてい る みなし 必 要 経 費 の 特 例 をいいます ここで 所 得 税 のおさらいしておきましょう 所 得 税 の 課 税 所 得 金 額 は 総 収 入 金 額 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いて 求 めます 総 収 入 金 額 には 年 末 までに 実 際 に 代 金 を 受 け 取 った 金 額 だけではなく その 年 中 に 収 入 すべきことが 確 定 した 金 額 を 含 めます 必 要 経 費 とは 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 原 価 費 用 および 損 失 の 額 のうち その 年 において 債 務 が 確 定 しているものをいいます 債 務 が 確 定 している 必 要 経 費 とは 減 価 償 却 費 を 除 き 年 末 までに 1 債 務 が 成 立 している 2 具 体 的 な 給 付 原 因 事 実 が 発 生 している 3 金 額 が 合 理 的 に 算 定 できるものをいいます 所 得 税 での 必 要 経 費 とは 名 前 のとおり 収 入 を 得 るために 直 接 要 したビジネスでの 経 費 を 意 味 します ただ 一 定 の 所 得 には 実 際 に 支 出 したかどうかは 関 係 なく 所 得 税 法 が 定 める 必 要 経 費 とみなされる 金 額 を 差 し 引 いて 所 得 金 額 を 計 算 することが 認 められています 具 体 的 には 給 与 には 給 与 所 得 控 除 年 金 には 公 的 年 金 控 除 退 職 金 には 退 職 所 得 控 除 という みなし 必 要 経 費 が 適 用 されます このうち 給 与 所 得 控 除 は 給 与 所 得 者 に 対 する 必 要 経 費 として 給 与 収 入 に 応 じた 一 定 の 算 式 により 計 算 されます たとえば 年 収 500 万 円 ならば154 万 円 年 収 1,200 万 円 ならば230 万 円 といった 具 合 に 基 本 的 に 給 与 収 入 が 増 えるに 従 って 給 与 所 得 控 除 額 も 増 えるしくみです 平 成 25 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 う 給 与 等 から 給 与 収 入 が1,500 万 円 を 超 える 場 合 の 給 与 所 得 控 除 額 は 上 限 額 である245 万 円 が 適 用 されています しかし 平 成 28 年 分 は 給 与 収 入 1,200 万 円 超 の 場 合 は230 万 円 平 成 29 年 分 以 後 は 給 与 収 入 1,000 万 円 超 の 場 合 は220 万 円 が 上 限 とされます また 給 与 所 得 控 除 には 最 低 保 障 額 65 万 円 が 設 けられており 給 与 以 外 の 所 得 がない 場 合 には 給 与 所 得 控 除 65 万 円 と 基 礎 控 除 38 万 円 の 合 計 額 である103 万 円 以 下 の 給 与 収 入 であれば 課 税 所 得 が0 円 となり 所 得 税 は 課 税 されないこととなります ( 給 与 所 得 控 除 額 の 速 算 表 ) 給 与 収 入 給 与 所 得 控 除 額 万 円 以 下 65 万 円 万 円 超 180 万 円 以 下 収 入 金 額 40% 180 万 円 超 360 万 円 以 下 収 入 金 額 30% + 18 万 円 360 万 円 超 660 万 円 以 下 収 入 金 額 20% + 54 万 円 660 万 円 超 1,000 万 円 以 下 収 入 金 額 10% 万 円 1,000 万 円 超 1,500 万 円 以 下 収 入 金 額 5% 万 円 1,500 万 円 超 245 万 円 ( 注 ) 給 与 収 入 が1,500 万 円 を 超 える 場 合 の 給 与 所 得 控 除 額 は 上 限 245 万 円 となる - 3 -

4 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する Q NISA 口 座 を 開 設 しました 上 手 な 投 資 と 制 度 利 用 上 の 留 意 点 は? A NISA 口 座 では 安 定 的 に 配 当 支 払 いが 見 込 まれる 株 式 等 業 績 が 良 好 で 値 上 がり 期 待 のある 銘 柄 への 投 資 が 有 利 となります ( 注 ) NISA 非 課 税 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 および 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 措 置 NISA 口 座 では 最 長 5 年 間 年 間 100 万 円 までの 投 資 元 本 に 係 る 配 当 等 と 売 却 益 に 対 する20.315% 相 当 額 の 税 金 が 非 課 税 とされます 5 年 間 は 売 らなくても 良 い! という 株 式 に 投 資 します なお 配 当 等 を 非 課 税 とするためには 証 券 会 社 等 を 経 由 して 配 当 金 を 受 け 取 る 株 式 数 比 例 配 分 方 式 を 選 択 する 必 要 があります 各 年 の 投 資 上 限 額 100 万 円 のうち 使 い 切 らず 残 った 未 使 用 枠 は 翌 年 に 繰 り 越 せません そのため 投 資 資 金 に 余 裕 があるならば 各 年 の 非 課 税 投 資 額 のすべてを 使 用 するのが 得 策 です NISA 口 座 で 非 課 税 の 対 象 となるのは 上 場 株 式 上 場 新 株 予 約 権 付 社 債 公 募 株 式 投 資 信 託 の 受 益 権 上 場 投 資 信 託 の 受 益 権 ( ETF) 上 場 不 動 産 投 資 ( REIT)など です 定 期 預 金 公 社 債 や MMF などの 公 社 債 投 資 信 託 の 受 益 権 は 対 象 外 です また NISA 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 等 を 通 じて 新 たに 取 得 した 株 式 等 に 限 られ ます 特 定 口 座 等 で 保 有 している 株 式 等 を NISA 口 座 に 移 管 することで 非 課 税 の 適 用 は 受 けられません NISA 口 座 で 取 得 した 株 式 等 を5 年 以 内 に 売 却 した 場 合 の 売 却 益 は 非 課 税 となります 一 方 で NISA 口 座 での 売 却 損 はなかったものとされます 従 って NISA 口 座 での 売 却 損 を 特 定 口 座 等 で 保 有 する 株 式 等 の 配 当 金 や 売 却 益 と 損 益 通 算 したり 繰 越 控 除 をす ることはできません また 売 却 した 株 式 等 の 取 得 時 に 使 用 した 投 資 枠 は 別 の 株 式 等 の 買 い 付 け 枠 として の 再 利 用 はできません なお NISA 口 座 内 で 株 式 等 を 保 有 したまま 5 年 間 の 非 課 税 期 間 が 終 了 した 場 合 は 次 のいずれかを 選 択 することになります 1 同 一 の NISA 口 座 内 の 新 たな 非 課 税 管 理 勘 定 に 移 管 して 保 有 し 続 ける 2 特 定 口 座 等 に 移 管 する 上 記 のうち 2により 特 定 口 座 等 に 移 管 した 後 の 株 式 等 の 配 当 等 や 売 却 益 は 課 税 対 象 と なります NISA 口 座 が 開 設 できる 期 間 は 平 成 26 年 1 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの10 年 間 となっています - 4 -

5 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 Q 不 動 産 仲 介 業 を 営 む 個 人 事 業 者 です 消 費 税 額 の 計 算 方 法 が 改 正 され 納 税 額 が 増 えると 聞 きましたが? A 消 費 税 の 簡 易 課 税 制 度 における みなし 仕 入 率 が 見 直 されました 具 体 的 には 現 行 の 第 四 種 事 業 のうち 金 融 業 および 保 険 業 を 第 五 種 事 業 とし その みなし 仕 入 率 は50%( 現 行 :60%)とされます 第 五 種 事 業 のうち 不 動 産 業 を 第 六 種 事 業 ( 新 設 )とし その みなし 仕 入 率 は40%( 現 行 :50%)とされます 不 動 産 業 は みなし 仕 入 率 が 下 がるため 簡 易 課 税 制 度 での 納 付 すべき 消 費 税 額 が 増 えることとなります 平 成 27 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 されます 個 人 事 業 者 の 場 合 平 成 28 年 から 改 正 後 の みなし 仕 入 率 により 消 費 税 額 を 計 算 します 消 費 税 の 簡 易 課 税 では 事 業 ごとに 定 められた みなし 仕 入 率 を 適 用 して 簡 易 に 課 税 仕 入 に 係 る 消 費 税 額 を 計 算 します 納 付 すべき 消 費 税 は 課 税 売 上 8% (1 -みなし 仕 入 率 ) の 算 式 によりを 計 算 します 一 方 消 費 税 の 原 則 課 税 では 課 税 売 上 に 係 る 消 費 税 額 から 課 税 仕 入 に 係 る 消 費 税 額 を 差 し 引 くことにより 納 付 すべき 消 費 税 額 または 還 付 される 消 費 税 額 を 計 算 します 実 際 の 課 税 仕 入 の 率 よりも みなし 仕 入 率 のほうが 高 い 場 合 は 簡 易 課 税 による 税 額 計 算 が 有 利 となります しかし 簡 易 課 税 は 納 税 のみで 設 備 投 資 などの 課 税 仕 入 で 負 担 した 消 費 税 額 は 還 付 されません 簡 易 課 税 制 度 を 選 択 できるのは 前 々 年 ( 基 準 年 度 )の 課 税 売 上 高 が5,000 万 円 以 下 の 事 業 者 に 限 られます 簡 易 課 税 制 度 を 選 択 する 場 合 は 適 用 を 受 けようとする 課 税 期 間 の 前 年 末 までに 税 務 署 へ 簡 易 課 税 制 度 選 択 届 出 書 を 提 出 する 必 要 があります また 一 度 選 択 したら 2 年 間 継 続 して 簡 易 課 税 制 度 を 適 用 しなければなりません そのため 2 年 間 を 通 算 して 実 際 の 課 税 仕 入 率 とみなし 仕 入 率 を 比 較 して 有 利 な 方 を 選 択 します なお 消 費 税 法 では 消 費 になじまないもの 及 び 社 会 政 策 的 配 慮 に 基 づくもの など 一 定 のものについて 消 費 税 を 課 さない 非 課 税 取 引 として 限 定 列 挙 しています たとえば 不 動 産 に 関 する 事 業 のうち 土 地 等 の 譲 渡 や 貸 付 け 住 宅 の 貸 付 けは 消 費 税 法 での 非 課 税 取 引 です 消 費 税 の みなし 仕 入 率 の 見 直 し みなし 仕 入 率 事 業 の 種 類 改 正 前 改 正 後 卸 売 業 ( 第 一 種 ) 90% 90% 小 売 業 ( 第 二 種 ) 80% 80% 製 造 業 等 ( 第 三 種 ) 70% 70% 飲 食 店 業 その 他 の 事 業 60% 60% その 他 事 業 金 融 業 および 保 険 業 ( 第 四 種 ) 50%( 第 五 種 ) 運 輸 通 信 業 サービス 業 ( 飲 食 店 業 を 除 く) 50% 50% サービス 業 等 不 動 産 業 ( 第 五 種 ) 40%( 第 六 種 ) - 5 -

6 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 Q 自 宅 マンションの 購 入 が 消 費 増 税 前 であるか 増 税 後 であるかで 住 宅 ローン 控 除 額 に 違 いがあると 聞 きました その 内 容 は? A 一 定 の 借 入 金 により 一 定 の 要 件 を 満 たす 国 内 の 居 住 用 の 新 築 家 屋 もしくは 中 古 住 宅 の 取 得 等 をした 場 合 には 年 末 の 住 宅 借 入 金 残 高 の 合 計 額 に 一 定 の 控 除 率 を 掛 けて 計 算 した 金 額 を 税 額 から 控 除 できます この 制 度 は 住 宅 ローン 控 除 と 総 称 されています 具 体 的 には 平 成 29 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 その 居 住 年 以 後 10 年 間 にわたり 年 末 の 住 宅 借 入 金 額 に1%を 掛 けた 金 額 を 各 年 分 の 所 得 税 額 から 控 除 で きます 旧 消 費 税 率 5%で 課 税 された 住 宅 を 取 得 して 居 住 した 人 については 住 宅 借 入 金 の 上 限 は2,000 万 円 とされています そのため 住 宅 借 入 金 の 年 末 残 高 が4,000 万 円 であっても 各 年 の 控 除 額 は 借 入 金 の 上 限 額 2,000 万 円 の1% 相 当 額 である20 万 円 が 限 度 となります 一 方 新 消 費 税 率 8%で 課 税 された 住 宅 を 取 得 して 居 住 した 人 については 住 宅 借 入 金 の 上 限 が4,000 万 円 とされています 住 宅 借 入 金 の 年 末 残 高 が4,000 万 円 の 場 合 控 除 額 は40 万 円 (=4,000 万 円 1%)となります 所 得 税 から 控 除 しきれない 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 額 がある 場 合 は 翌 年 の 住 民 税 から 97,500 円 ( 新 消 費 税 率 で 課 税 された 住 宅 の 場 合 は136,500 円 )を 上 限 として 控 除 できます 住 宅 ローン 控 除 の 対 象 となる 住 宅 は 登 記 簿 上 の 床 面 積 が50m2 以 上 であり 床 面 積 の2 分 の1 以 上 を 居 住 の 用 に 供 しているものです これらの 新 築 住 宅 等 を 取 得 した 日 より6 か 月 以 内 に 居 住 し かつ 年 末 まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 している 必 要 があります 対 象 となる 借 入 金 は 住 宅 を 取 得 するための 金 融 機 関 等 からの 借 入 金 で 償 還 期 間 が 10 年 以 上 のものに 限 られます 親 戚 等 からの 借 入 金 は 対 象 外 です 住 宅 の 取 得 対 価 が 住 宅 ローンの 年 末 残 高 よりも 少 ないときは 住 宅 の 取 得 対 価 を 基 に 控 除 額 を 計 算 します また 住 宅 の 取 得 に 際 して 直 系 尊 属 から 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 を 受 け 住 宅 取 得 資 金 の 贈 与 税 の 非 課 税 特 例 を 適 用 した 場 合 には その 適 用 を 受 けた 住 宅 取 得 資 金 の 受 贈 額 を 住 宅 の 取 得 対 価 から 控 除 しなければなりません 居 住 年 住 宅 ローン 控 除 による 税 額 控 除 借 入 金 の 上 限 控 除 期 間 控 除 率 控 除 限 度 額 平 成 26 年 1 月 1 日 から 該 当 する 特 定 取 得 に 4,000 万 円 10 年 間 1% 40 万 円 平 成 29 年 12 月 31 日 まで 特 定 取 得 に 2,000 万 円 10 年 間 1% 20 万 円 該 当 しない ( 注 1) 特 定 取 得 とは 新 消 費 税 率 により 課 税 された 住 宅 の 取 得 等 をいう ( 注 2) 控 除 額 の100 円 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 てる - 6 -

7 Q A 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 相 続 対 策 として 毎 年 孫 に 金 銭 を 贈 与 しています 孫 への 暦 年 贈 与 は 通 常 の 贈 与 よりも 税 率 が 優 遇 されると 聞 きました 詳 しい 内 容 は? 贈 与 税 には 暦 年 課 税 と 相 続 時 精 算 課 税 の2つの 制 度 があります 暦 年 課 税 では 受 贈 者 ごとに 年 110 万 円 の 基 礎 控 除 額 が 認 められています 贈 与 財 産 の 課 税 価 格 が 年 110 万 円 を 超 える 部 分 の 金 額 に 対 して 超 過 累 進 税 率 により 課 税 されます 改 正 により 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 贈 与 から 暦 年 課 税 制 度 の 最 高 税 率 が 引 き 上 げ られるとともに 直 系 尊 属 からの 贈 与 についての 税 率 構 造 が 緩 和 されました 今 回 の 改 正 は 直 系 尊 属 から 直 系 卑 属 への 贈 与 に 優 遇 措 置 を 設 けることで 父 母 や 祖 父 母 から 子 や 孫 への 財 産 移 転 を 促 進 し 消 費 の 拡 大 と 景 気 の 回 復 を 目 的 としています 具 体 的 には 贈 与 税 の 最 高 税 率 を 相 続 税 の 最 高 税 率 55%に 合 わせる 一 方 で 20 歳 以 上 の 直 系 卑 属 ( 子 や 孫 等 )が 受 贈 者 となる 場 合 の 贈 与 については 特 例 税 率 を 適 用 し て 税 額 を 計 算 することとなりました 特 例 税 率 の 適 用 がある 贈 与 財 産 を 特 例 贈 与 財 産 といい 特 例 税 率 の 適 用 がなく 一 般 税 率 を 適 用 する 贈 与 財 産 を 一 般 贈 与 財 産 といいます 歴 年 中 に 一 般 贈 与 財 産 または 特 例 贈 与 財 産 のいずれかのみを 取 得 した 場 合 は 一 般 贈 与 財 産 は 一 般 税 率 を 特 例 贈 与 財 産 は 特 例 税 率 を 適 用 して 贈 与 税 額 を 計 算 します 一 般 贈 与 財 産 と 特 例 贈 与 財 産 の 両 方 を 取 得 した 場 合 は 基 礎 控 除 後 の 合 計 課 税 価 格 に 対 して それぞれの 税 率 を 適 用 して 計 算 した 税 額 を それぞれの 贈 与 財 産 の 価 額 の 比 で 按 分 した 税 額 の 合 計 により 贈 与 税 額 を 計 算 します 暦 年 課 税 により 贈 与 された 財 産 は 贈 与 者 の 死 亡 時 の 相 続 税 の 計 算 においては 原 則 として 相 続 財 産 に 加 算 する 必 要 はありません ただし 相 続 開 始 前 3 年 以 内 に 贈 与 を 受 けた 財 産 の 価 額 は 贈 与 時 の 時 価 により 相 続 財 産 に 加 算 しなければなりません 贈 与 税 の 税 率 改 正 後 基 礎 控 除 後 の 課 税 価 格 一 般 税 率 特 例 税 率 改 正 前 ( 一 般 贈 ( 特 例 贈 与 与 財 産 ) 財 産 贈 与 ) 200 万 円 以 下 10% 10% 10% 200 万 円 超 300 万 円 以 下 15% 15% 300 万 円 超 400 万 円 以 下 20% 20% 15% 400 万 円 超 600 万 円 以 下 30% 30% 20% 600 万 円 超 1,000 万 円 以 下 40% 40% 30% 1,000 万 円 超 1,500 万 円 以 下 50% 45% 40% 1,500 万 円 超 3,000 万 円 以 下 50% 45% 3,000 万 円 超 4,500 万 円 以 下 50% 55% 4,500 万 円 超 55% - 7 -

8 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 Q 親 の 財 産 を 子 供 に 無 税 で 移 転 できる 特 例 である 相 続 時 精 算 課 税 について 教 えてください A 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 贈 与 より 相 続 時 精 算 課 税 の 適 用 要 件 が 緩 和 されました 相 続 時 精 算 課 税 の 特 例 を 選 択 すれば 60 歳 ( 改 正 前 :65 歳 ) 以 上 の 親 または 祖 父 母 ( 改 正 前 : 親 )から20 歳 以 上 の 子 および 孫 ( 改 正 前 : 子 ただし 子 が 既 に 亡 くなっている 場 合 は20 歳 以 上 の 孫 を 含 む)に 対 する 贈 与 について 2,500 万 円 までは 非 課 税 で 財 産 を 移 転 できます ただし 前 年 までに 特 別 控 除 額 を 使 用 した 場 合 には 2,500 万 円 からすでに 使 用 した 額 を 控 除 した 残 額 が 特 別 控 除 額 となります 贈 与 回 数 に 制 限 はないため 複 数 年 にわたり 贈 与 しても 構 いません 両 親 のうち 父 親 からの 贈 与 は 相 続 時 精 算 課 税 を 選 択 し 母 親 からの 贈 与 は 暦 年 課 税 とすることも 可 能 です 特 別 控 除 額 を 超 える 財 産 を 贈 与 した 場 合 には その 超 える 金 額 に 対 して 税 率 20%に て 贈 与 税 が 課 税 されます ただ 相 続 時 精 算 課 税 と 呼 ばれているとおり 納 付 した 贈 与 税 額 は 相 続 税 の 計 算 時 に 精 算 されます 贈 与 された 財 産 は 贈 与 時 の 価 額 で 相 続 税 の 課 税 価 格 に 含 めて 相 続 税 額 を 計 算 します そのうえで 納 付 すべき 相 続 税 額 から 納 付 済 みの 贈 与 税 額 の 全 額 が 控 除 または 還 付 されます 将 来 の 相 続 時 において 値 上 がりが 確 実 な 資 産 ならば 相 続 時 精 算 課 税 での 財 産 移 転 は 得 策 だといえます 反 対 に 贈 与 時 の 価 額 よりも 相 続 時 における 財 産 の 価 額 が 下 がってしまうと 高 い 価 額 で 課 税 価 格 に 含 められることで 不 利 になってしまいます また 孫 ( 子 の 死 亡 で 代 襲 相 続 人 となった 孫 を 除 く)に 対 する 相 続 税 は 2 割 相 当 額 が 加 算 されるため 注 意 が 必 要!です もちろん 遺 産 の 合 計 額 が 相 続 税 の 基 礎 控 除 額 以 下 であることが 明 らかであれば 相 続 税 の 基 礎 控 除 を 先 取 りする 形 により 早 めに 無 税 で 親 から 子 供 へ 財 産 を 移 転 でき ます なお 相 続 時 精 算 課 税 を 選 択 したら その 選 択 に 係 る 贈 与 者 からの 贈 与 は その 選 択 をした 年 分 以 後 すべて 相 続 時 精 算 課 税 が 適 用 されます その 後 の 撤 回 はできない ことに 注 意 が 必 要 です 翌 年 に 同 じ 贈 与 者 から 財 産 の 贈 与 を 受 けた 場 合 においても 贈 与 税 の 基 礎 控 除 額 110 万 円 は 適 用 されません 相 続 時 精 算 課 税 の 改 正 改 正 前 改 正 後 ( 平 成 26 年 12 月 31 日 までの 贈 与 ) ( 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 贈 与 ) 贈 与 者 贈 与 をした1 月 1 日 において 贈 与 をした1 月 1 日 において 65 歳 以 上 の 親 60 歳 以 上 の 親 または 祖 父 母 受 贈 者 贈 与 を 受 けた 年 の1 月 1 日 に 贈 与 を 受 けた 年 の1 月 1 日 に おいて 贈 与 者 の 推 定 相 続 人 おいて 贈 与 者 の 推 定 相 続 人 である20 歳 以 上 の 子 である20 歳 以 上 の 子 または 孫 - 8 -

9 相 続 税 の 基 礎 控 除 の 引 き 下 げ Q 相 続 税 が 増 税 されて 納 税 義 務 を 負 う 人 が 増 えると 聞 きました その 詳 しい 内 容 は? A 改 正 により 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 3,000 万 円 +600 万 円 法 定 相 続 人 数 ( 改 正 前 : 5,000 万 円 +1,000 万 円 法 定 相 続 人 数 )に 引 き 下 げられるとともに 相 続 税 の 最 高 税 率 が55%( 課 税 価 格 6 億 円 超 の 部 分 )に 引 き 上 げられました また 税 率 構 造 も 見 直 され 新 たに 税 率 45%のゾーンも 追 加 されます たとえば 法 定 相 続 人 が 配 偶 者 と 子 ども2 人 の 場 合 相 続 税 の 課 税 価 格 が4,800 万 円 を 超 えると 相 続 税 の 申 告 をしなければなりません 相 続 財 産 は 自 宅 と 現 預 金 数 千 万 円 という 標 準 的 な 家 庭 にも 相 続 税 の 申 告 と 納 税 が 身 近 な 問 題 となってきました 基 礎 控 除 の 引 き 下 げにより 今 後 は 相 続 税 の 課 税 対 象 者 が 増 えると 見 込 まれます なお 基 礎 控 除 の 引 き 下 げと 税 率 の 引 き 上 げで 相 続 税 負 担 が 増 えることに 配 慮 し 税 額 控 除 が 引 き 上 げられるとともに 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 の 適 用 要 件 が 緩 和 されました まず 未 成 年 者 控 除 の 控 除 額 が 引 き 上 げられました 未 成 年 者 控 除 として 相 続 人 が 20 歳 になるまでの1 年 につき10 万 円 ( 改 正 前 :6 万 円 )が 控 除 されます さらに 障 害 者 控 除 の 控 除 額 も 引 き 上 げられます 相 続 人 が 障 害 者 に 該 当 する 場 合 85 歳 までの1 年 につき10 万 円 ( 改 正 前 :6 万 円 )が 控 除 され 特 別 障 害 者 に 該 当 する 場 合 85 歳 までの 1 年 につき20 万 円 ( 改 正 前 :12 万 円 )が 控 除 されます このほか 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 の 適 用 要 件 が 見 直 され 居 住 用 の 宅 地 等 について 330m2( 改 正 前 :240m2)まで 評 価 額 の80%が 減 額 されることなりました なお 事 業 用 宅 地 等 に 対 して400m2まで80%の 減 額 駐 車 場 等 の 貸 付 事 業 用 宅 地 等 に 対 して200m2まで50%の 減 額 が 適 用 されることについては 改 正 はなく 従 来 どおりです また 居 住 用 の 宅 地 等 に 対 する 限 度 面 積 が 拡 大 されたことにより 居 住 用 と 事 業 用 の 宅 地 等 を 選 択 して 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 を 受 ける 場 合 所 定 の 計 算 で 合 計 730m2( 改 正 前 : 400m2)まで 適 用 が 可 能 となります 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 を 受 けるためには 相 続 税 の 申 告 書 の 提 出 が 必 要 です これらの 改 正 は 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 の 相 続 から 適 用 されます 相 続 税 の 税 率 各 法 定 相 続 人 の 取 得 金 額 改 正 前 改 正 後 1,000 万 円 以 下 10% 10% 1,000 万 円 超 3,000 万 円 以 下 15% 15% 3,000 万 円 超 5,000 万 円 以 下 20% 20% 5,000 万 円 超 1 億 円 以 下 30% 30% 1 億 円 超 2 億 円 以 下 40% 40% 2 億 円 超 3 億 円 以 下 45% 3 億 円 超 6 億 円 以 下 50% 50% 6 億 円 超 55% - 9 -

10 相 続 により 取 得 した 土 地 の 譲 渡 Q 相 続 で 取 得 した 土 地 の 売 却 益 の 計 算 方 法 が 見 直 され 所 得 税 額 の 負 担 が 増 えると 聞 きました 詳 しい 内 容 は? A 相 続 により 取 得 した 土 地 等 を 譲 渡 した 場 合 における 相 続 税 の 取 得 費 加 算 の 特 例 が 見 直 されました 相 続 税 の 取 得 費 加 算 の 特 例 とは 相 続 財 産 を 譲 渡 した 場 合 に 相 続 時 に 課 税 された 相 続 税 額 のうち 譲 渡 資 産 に 対 応 する 部 分 の 金 額 を 譲 渡 した 資 産 の 取 得 費 に 加 算 できる 特 例 です 相 続 税 相 当 額 が 取 得 費 (コスト)に 含 められ 収 入 金 額 から 控 除 されることで 譲 渡 益 が 少 なく 計 算 されます 結 果 として 譲 渡 所 得 に 対 する 税 負 担 額 が 軽 減 されるこ ととなります 今 回 の 改 正 では 相 続 財 産 である 土 地 等 を 譲 渡 した 場 合 の 譲 渡 所 得 の 計 算 において 取 得 費 に 加 算 される 相 続 税 の 額 が その 譲 渡 をした 土 地 等 ( 改 正 前 : 相 続 により 取 得 し たすべての 土 地 等 )に 対 応 する 相 続 税 額 に 相 当 する 額 とされました 土 地 等 とは 土 地 および 土 地 の 上 に 存 する 権 利 をいいます 改 正 前 は 土 地 等 を 譲 渡 した 人 に 課 税 された 相 続 税 のうち その 人 が 相 続 で 取 得 したすべての 土 地 等 に 対 応 する 税 額 を 取 得 費 に 加 算 できました つまり 相 続 財 産 である 土 地 等 のうち 売 却 せず 保 有 し 続 けている 土 地 等 に 係 る 相 続 税 額 まで 取 得 費 (コスト)に 算 入 されていたわけです 取 引 実 態 にそぐわな い 特 例 であるとして かねてより 見 直 しが 議 論 されていたものです この 改 正 は 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 に 開 始 する 相 続 により 取 得 した 土 地 等 の 譲 渡 につ いて 適 用 されます 平 成 26 年 12 月 31 日 までに 開 始 した 相 続 により 取 得 した 土 地 等 の 譲 渡 については 改 正 前 の 取 扱 いによります 相 続 税 の 取 得 費 加 算 の 特 例 を 受 けるためには 相 続 開 始 のあった 日 の 翌 日 から 相 続 税 の 申 告 期 限 の 翌 日 以 後 3 年 を 経 過 するまでに 相 続 財 産 を 譲 渡 しなければなりません すなわち 相 続 開 始 の 日 の 翌 日 から3 年 10か 月 内 に 譲 渡 する 必 要 があります なお 相 続 により 取 得 した 財 産 は 被 相 続 人 ( 死 亡 した 人 )の 取 得 時 期 と 取 得 価 額 を 引 き 継 ぎます そのため 被 相 続 人 が 取 得 した 日 から 譲 渡 した 年 の1 月 1 日 までの 所 有 期 間 で 長 期 か 短 期 かを 判 定 することとなります また 譲 渡 した 相 続 財 産 が 土 地 等 以 外 の 建 物 や 株 式 などである 場 合 は 従 来 どおり その 譲 渡 した 建 物 や 株 式 などに 対 応 する 相 続 税 のみが 取 得 費 に 加 算 されます ( 土 地 等 の 取 得 費 に 加 算 される 相 続 税 額 ) 取 得 費 に 加 算 その 者 の 相 続 税 の 課 税 価 格 のうち 譲 渡 した 土 地 等 の 価 額... = する 相 続 税 額 相 続 税 額 その 者 の 相 続 税 の 課 税 価 格 +その 人 の 債 務 控 除 額

11 居 住 者 と 非 居 住 者 Q 個 人 の 税 金 でよく 聞 く 居 住 者 と 非 居 住 者 とはどう 違 うのですか? A 所 得 税 法 の 多 くの 条 文 は 居 住 者 が という 言 葉 または 居 住 者 またはその 者 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 という 文 言 で 始 まります たとえば 給 与 計 算 における 甲 欄 での 所 得 税 の 源 泉 徴 収 年 末 調 整 社 会 保 険 料 などの 所 得 控 除 などは すべて 居 住 者 に 対 して 適 用 されるものです 所 得 税 法 において 居 住 者 とは 国 内 に 住 所 を 有 し または 現 在 までに 引 き 続 い て1 年 以 上 の 居 所 を 有 する 個 人 をいう と 定 義 されています さらに 居 住 者 のうち 日 本 国 籍 を 有 しておらず かつ 過 去 10 年 以 内 において 日 本 国 内 に 住 所 または 居 所 を 有 していた 期 間 が5 年 以 下 である 個 人 を 非 永 住 者 といいます また 居 住 者 以 外 の 個 人 を 非 居 住 者 といい 非 居 住 者 は 国 内 に 住 所 も1 年 以 上 の 居 所 も 有 しない 人 ということになります たとえば 居 住 者 である 個 人 が 海 外 転 勤 辞 令 に より1 年 以 上 海 外 で 勤 務 することとなれば 出 国 日 の 翌 日 から 非 居 住 者 となります 結 果 として 所 得 税 において 個 人 は 1 非 永 住 者 以 外 の 居 住 者 2 非 永 住 者 である 居 住 者 3 非 居 住 者 の3 種 類 の 納 税 義 務 者 に 区 分 されます それぞれ 納 税 義 務 者 に 課 税 される 所 得 は 次 のとおり 定 められています 区 分 課 税 される 所 得 非 永 住 者 以 外 の 居 住 者 全 世 界 所 得 ( 国 内 外 で 生 じたすべての 所 得 ) 居 国 内 源 泉 所 得 および 国 外 源 泉 所 得 のうち 国 内 で 住 非 永 住 者 支 払 われ または 国 外 から 送 金 された 所 得 者 ( 所 得 税 の 源 泉 徴 収 については 非 永 住 者 以 外 の 居 住 者 と 同 様 の 取 扱 いとなる) 非 居 住 者 国 内 源 泉 所 得 ( 注 ) 日 本 国 籍 を 有 する 国 家 公 務 員 または 地 方 公 務 員 は 国 内 に 住 所 を 有 しない 期 間 についても 国 内 に 住 所 を 有 するものとされる 日 本 国 籍 を 有 する 個 人 は 所 得 税 法 において 非 永 住 者 以 外 の 居 住 者 または 非 居 住 者 の いずれかに 該 当 することとなります 非 永 住 者 以 外 の 居 住 者 であれば すべての 所 得 に 対 して 課 税 され 非 居 住 者 であれば 国 内 源 泉 所 得 に 対 してのみ 課 税 されます

12 個 人 事 業 者 の 従 業 員 の 新 規 採 用 と 税 額 控 除 Q 衣 料 品 店 を 営 む 個 人 事 業 者 です 新 しく 従 業 員 を 採 用 する 予 定 です 税 制 上 の 優 遇 措 置 はありますか? A 青 色 申 告 書 を 提 出 する 個 人 事 業 者 が 雇 用 者 数 を 一 定 数 以 上 増 加 させた 場 合 は 一 定 要 件 のもと 雇 用 促 進 税 制 により 税 額 控 除 の 適 用 があります 具 体 的 には 当 年 末 の 雇 用 者 の 数 を 前 年 末 の 雇 用 者 の 数 より2 人 ( 中 小 企 業 者 で ない 個 人 は5 人 ) 以 上 かつ 10% 以 上 増 加 したことについて 一 定 の 証 明 を 受 けた 個 人 に 対 して 雇 用 増 加 数 1 人 当 たり40 万 円 の 税 額 控 除 が 認 められます 中 小 企 業 者 とは 常 時 使 用 する 従 業 員 の 数 が1,000 人 以 下 である 個 人 をいいます 雇 用 者 とは 使 用 人 のうち 雇 用 保 険 の 一 般 被 保 険 者 である 従 業 員 をいい パートタ イマー 勤 務 者 も 含 まれます ただし 個 人 事 業 者 の 親 族 個 人 事 業 者 と 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 などは 除 かれます また 税 額 控 除 は その 年 の 所 得 税 額 の20%( 中 小 企 業 者 でない 個 人 は10%) 相 当 額 を 限 度 とします なお 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けるためには 年 初 より2か 月 以 内 に 雇 用 促 進 計 画 を 公 共 職 業 安 定 所 (ハローワーク)に 提 出 するとともに 年 末 から2か 月 以 内 に 雇 用 促 進 計 画 の 達 成 状 況 について 確 認 を 受 けなければなりません また 次 の 要 件 のすべてを 満 たしていることが 必 要 です 1 前 年 および 当 年 に 事 業 主 都 合 による 離 職 者 がいないこと 2 基 準 雇 用 者 数 ( 当 期 末 の 雇 用 者 数 が 前 期 末 の 雇 用 者 数 より 増 加 した 数 )が2 ( 中 小 企 業 者 でない 個 人 は5 人 ) 以 上 であること 3 基 準 雇 用 者 割 合 ( 前 年 末 の 雇 用 者 数 に 対 する 増 加 した 雇 用 者 数 の 割 合 )が10 以 上 であること 4 当 年 の 雇 用 者 に 対 する 給 与 等 支 給 額 が 比 較 給 与 等 支 給 額 以 上 であること ( 注 1) 給 与 等 支 給 額 給 与 等 の 支 給 額 のうち 適 用 年 の 必 要 経 費 に 算 入 される 国 内 雇 用 者 に 対 する 給 与 手 当 賃 金 賞 与 などであり 退 職 手 当 などは 含 まない ( 注 2) 比 較 給 与 等 支 給 額 = 前 年 の 給 与 等 の 支 給 額 + 前 年 の 給 与 等 の 支 給 額 基 準 雇 用 者 割 合 30% 5 風 俗 営 業 等 を 営 む 個 人 でないこと なお 上 記 4の 要 件 を 満 たす 必 要 があるため 給 与 水 準 を 下 げて 従 業 員 数 を 増 やした ケースでは 適 用 を 受 けられない 場 合 もあります 税 額 控 除 限 度 額 = 基 準 雇 用 者 数 40 万 円 ( 注 1) 基 準 雇 用 者 数 当 期 末 の 雇 用 者 数 が 前 期 末 の 雇 用 者 数 より 増 加 した 数 ( 注 2) 適 用 年 の 所 得 税 額 の20%( 中 小 企 業 者 以 外 の 個 人 は10%)を 限 度 とする

13 個 人 事 業 者 が 給 料 を 増 やした 場 合 の 税 額 控 除 Q 和 菓 子 店 を 営 む 個 人 事 業 者 です 従 業 員 を 増 やしましたが ハローワークへの 届 出 を しておらず 雇 用 促 進 税 制 を 受 けられません その 他 の 税 制 優 遇 措 置 はありますか? A 給 与 等 を 増 加 させた 個 人 事 業 者 に 対 しては 所 得 拡 大 促 進 税 制 による 税 額 控 除 が 認 められます 所 得 拡 大 促 進 税 制 は 雇 用 促 進 税 制 との 選 択 適 用 とされます ただ 雇 用 促 進 税 制 と 異 なり 人 員 整 理 などの 事 業 主 都 合 による 離 職 者 がいる 年 につい ても 当 制 度 の 適 用 は 可 能 です また 当 制 度 の 適 用 を 受 けるにあたっては 雇 用 促 進 税 制 のような 事 前 の 届 出 書 提 出 は 必 要 ありません 所 得 拡 大 促 進 税 制 では 青 色 申 告 書 を 提 出 する 個 人 事 業 者 が 次 の1から3のすべて の 要 件 を 満 たす 場 合 国 内 雇 用 者 に 対 する 給 与 等 支 給 増 加 額 ( 当 年 の 給 与 等 支 給 額 から 基 準 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 を 控 除 した 金 額 )の10% 相 当 額 の 税 額 控 除 が 認 められます 税 額 控 除 は 所 得 税 額 の20%( 中 小 企 業 者 でない 個 人 は10%) 相 当 額 を 限 度 とします 中 小 企 業 者 とは 常 時 使 用 する 従 業 員 の 数 が1,000 人 以 下 である 個 人 をいいます 1 適 用 年 の 国 内 雇 用 者 に 対 する 給 与 等 支 給 額 が 基 準 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 と 比 較 して2% 以 上 増 加 していること( 改 正 により 給 与 等 支 給 増 加 割 合 が 5% 以 上 から 2% 以 上 に 緩 和 されました) 2 適 用 年 の 給 与 等 支 給 額 が 前 年 の 給 与 等 支 給 額 以 上 であること 3 適 用 年 の 継 続 雇 用 者 で 雇 用 保 険 法 の 一 般 被 保 険 者 に 該 当 する 人 に 対 する 平 均 給 与 等 支 給 額 が 前 年 の 平 均 給 与 等 支 給 額 を 超 えること ( 注 ) 平 均 給 与 等 支 給 額 継 続 雇 用 者 に 対 する 給 与 等 の 支 給 額 = 給 与 等 月 別 支 給 対 象 者 の 数 の 合 計 数 国 内 雇 用 者 とは 使 用 人 のうち 国 内 事 業 所 に 勤 務 する 雇 用 者 をいい パート アル バイト 勤 務 者 を 含 みます ただし 個 人 事 業 者 の 親 族 個 人 事 業 者 と 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 などは 除 かれます 給 与 等 支 給 額 とは 各 年 度 の 必 要 経 費 に 算 入 される 国 内 雇 用 者 に 対 する 給 与 手 当 賃 金 賞 与 などであり 退 職 手 当 などは 含 みません 基 準 雇 用 者 給 与 等 支 給 額 とは 平 成 25 年 分 の 事 業 所 得 の 計 算 において 必 要 経 費 に 算 入 された 国 内 雇 用 者 に 対 する 給 与 等 支 給 額 をいいます 継 続 雇 用 者 とは 適 用 年 および 前 年 ともに 給 与 等 の 支 給 を 受 けた 国 内 雇 用 者 であり 退 職 者 や 新 規 採 用 者 を 除 きます

14 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Q サラリーマンにも 実 額 での 必 要 経 費 計 算 が 認 められているのですか? A 給 与 所 得 者 には みなし 必 要 経 費 として 給 与 所 得 控 除 が 認 められていますが 実 額 での 必 要 経 費 の 控 除 を 選 択 することもできます この 制 度 は 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 と 呼 ばれており 税 制 改 正 により 適 用 対 象 となる 支 出 内 容 と 控 除 額 が 見 直 さ れました 平 成 25 年 分 の 所 得 税 より 適 用 されています 給 与 所 得 者 が 給 与 所 得 控 除 額 の2 分 の1( 給 与 収 入 が1,500 万 円 を 超 える 場 合 は125 万 円 )を 超 える 特 定 支 出 をした 場 合 には その 超 える 金 額 を 給 与 所 得 控 除 額 に 加 算 して 給 与 等 の 収 入 金 額 から 控 除 できます 改 正 前 は 給 与 所 得 控 除 額 を 超 える 金 額 の 特 定 支 出 額 がある 場 合 において 適 用 が 認 め られていたため 確 定 申 告 により 当 規 定 の 適 用 を 受 ける 申 告 者 は 全 国 でも 数 名 とい う 状 況 でした 改 正 前 における 特 定 支 出 は 通 勤 費 転 任 に 伴 う 転 居 のための 引 越 費 用 研 修 費 資 格 取 得 費 (その 資 格 を 有 する 者 に 限 り 特 定 の 業 務 を 営 むことができることとされている 弁 護 士 公 認 会 計 士 税 理 士 弁 理 士 医 師 歯 科 医 師 などの 資 格 取 得 費 は 除 く) 単 身 赴 任 者 の 帰 宅 旅 費 でしたが これらに 加 え 次 に 掲 げる 支 出 ( 職 務 の 遂 行 に 直 接 必 要 なものとして 給 与 の 支 払 者 より 証 明 された 支 出 に 限 る)が 追 加 されました (1) 弁 護 士 公 認 会 計 士 税 理 士 弁 理 士 などの 資 格 取 得 費 (2) 次 の 支 出 ( 合 計 65 万 円 まで) 1 職 務 に 関 連 すると 認 められる 書 籍 定 期 刊 行 物 不 特 定 多 数 の 人 に 販 売 する ことを 目 的 として 発 行 される 図 書 を 購 入 するための 支 出 2 制 服 事 務 服 作 業 服 および 給 与 の 支 払 者 により 勤 務 場 所 において 着 用 する ことが 必 要 とされる 衣 服 を 購 入 するための 支 出 3 交 際 費 接 待 費 その 他 の 費 用 で 給 与 の 支 払 者 の 得 意 先 仕 入 先 など 職 務 上 関 係 のある 者 に 対 する 接 待 供 応 贈 答 その 他 それらに 類 する 行 為 のための 支 出 なお 特 定 支 出 控 除 は 確 定 申 告 書 更 正 請 求 書 等 において 適 用 を 受 ける 旨 および 特 定 支 出 額 の 合 計 額 を 記 載 するとともに 一 定 の 明 細 書 および 給 与 の 支 払 者 の 証 明 書 の 添 付 がある 場 合 に 限 り 適 用 することができます

15 小 規 模 企 業 共 済 と 確 定 拠 出 年 金 Q 個 人 事 業 者 が 将 来 の 退 職 金 準 備 をしながら 節 税 もできる 制 度 があると 聞 きました 詳 しい 内 容 は? A 所 得 者 本 人 が 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 または 確 定 拠 出 年 金 掛 金 を 給 与 天 引 き または 直 接 自 分 で 支 払 った 場 合 には その 掛 金 全 額 の 所 得 控 除 が 認 められます 将 来 の 退 職 金 や 年 金 の 準 備 としての 拠 出 額 が 所 得 控 除 できるため 節 税 効 果 が 大 きい 制 度 です (1) 小 規 模 企 業 共 済 ヘの 掛 金 小 規 模 企 業 共 済 とは 個 人 事 業 者 または 小 企 業 役 員 の 福 祉 の 増 進 と 小 規 模 企 業 の 振 興 を 目 的 とした 共 済 制 度 であり 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 と 締 結 した 共 済 契 約 をいいます 掛 金 全 額 が 所 得 控 除 の 対 象 となり 将 来 受 け 取 る 共 済 金 は 退 職 所 得 として 課 税 され るなど 節 税 効 果 があります 小 規 模 企 業 共 済 へは 常 時 使 用 する 従 業 員 が20 名 以 下 ( 商 業 またはサービス 業 は5 名 以 下 )の 会 社 役 員 および 個 人 事 業 主 本 人 のほか 個 人 事 業 の 経 営 に 携 わる 一 定 の 共 同 経 営 者 も2 名 まで 加 入 できます 共 同 経 営 者 とは 個 人 事 業 主 の 配 偶 者 や 後 継 者 親 族 以 外 の 人 で 事 業 経 営 での 重 要 な 意 思 決 定 をしている 人 事 業 に 必 要 な 資 金 を 負 担 している 人 事 業 執 行 に 対 する 報 酬 を 得 ている 人 をいいます 控 除 の 対 象 となる 掛 金 は 本 年 中 に 実 際 に 支 払 った 掛 金 または 給 与 等 から 実 際 に 控 除 された 掛 金 であり 1 年 以 内 の 前 納 分 についても その 全 額 を 本 年 の 控 除 対 象 とで きます 前 年 に 未 払 いとなっていた 掛 金 を 本 年 になって 支 払 った 場 合 には 支 払 った 年 の 控 除 対 象 となります 掛 金 は 月 額 1,000 円 から70,000 円 までの500 円 刻 みで 任 意 に 決 めることができ 年 間 で 最 高 84 万 円 の 掛 金 全 額 が 所 得 控 除 の 対 象 となります (2) 確 定 拠 出 年 金 への 掛 金 確 定 拠 出 年 金 とは 個 人 事 業 者 や 企 業 年 金 のない 企 業 の 従 業 員 の 将 来 の 年 金 準 備 を 支 援 する 制 度 であり 日 本 版 401k とも 呼 ばれています 確 定 拠 出 年 金 法 の 規 定 によ り 国 民 年 金 基 金 連 合 会 が 実 施 する 個 人 型 年 金 の 加 入 者 掛 金 のうち 次 の 拠 出 限 度 額 まで の 掛 金 の 全 額 が 控 除 対 象 となります 1 第 1 号 加 入 者 ( 自 営 業 者 )が 支 払 える 掛 金 の 限 度 額 は 国 民 年 金 基 金 掛 金 との 合 算 で 月 68,000 円 です 2 第 2 号 加 入 者 ( 企 業 年 金 のない 企 業 の 従 業 員 )が 支 払 える 掛 金 の 限 度 額 は 月 23,000 円 です

16 旅 費 規 程 の 整 備 と 日 当 の 支 給 Q 中 小 企 業 の 経 営 者 ですが 出 張 に 際 して 自 分 の 会 社 から 日 当 を 受 け 取 ることはできますか? A 旅 費 規 程 に 基 づき 会 社 が 役 員 または 従 業 員 に 対 して 支 払 う 社 会 通 念 から 見 て 妥 当 な 額 の 日 当 は 個 人 側 では 非 課 税 収 入 であり 会 社 側 では 旅 費 交 通 費 として 費 用 扱 い されます 日 当 とは 出 張 中 の 食 事 代 その 他 の 雑 費 的 な 支 出 に 充 てるために 支 給 する 実 費 弁 償 的 な 手 当 です 旅 行 期 間 目 的 地 世 間 相 場 役 職 などを 勘 案 して 通 常 必 要 とされる 妥 当 な 金 額 の 日 当 であれば 非 課 税 の 収 入 として 取 り 扱 われ 本 人 の 給 与 所 得 に 含 める 必 要 はありません 会 社 にとっては 日 当 として 支 給 する 金 額 も 出 張 旅 費 の 一 環 ですので 旅 費 交 通 費 と しての 費 用 となります つまり 日 当 は 支 払 った 法 人 側 では 旅 費 となり 受 取 った 個 人 側 では 非 課 税 の 所 得 となるわけです なお 国 内 出 張 に 係 る 日 当 は 消 費 税 の 課 税 仕 入 として 仕 入 税 額 控 除 の 対 象 となります が 海 外 出 張 に 係 る 日 当 は 国 外 取 引 として 消 費 税 の 仕 入 税 額 控 除 の 対 象 外 です 個 人 事 業 者 では 自 分 が 自 分 へ 日 当 を 支 給 することはできません しかし 法 人 組 織 ならば 1 人 会 社 であっても 別 人 格 の 会 社 から 経 営 者 である 自 分 自 身 へ 実 費 支 弁 部 分 としての 日 当 を 非 課 税 扱 いで 支 給 することが 可 能 です 日 当 が 支 給 できるかどうかは 会 社 の 規 模 を 問 いませんので 法 人 で 費 用 扱 いされる 一 方 で 個 人 では 所 得 に 含 めなくてよい 日 当 を 支 給 するために 旅 費 規 程 を 見 直 し 世 間 相 場 から 見 て 妥 当 な 金 額 を 決 定 しておきましょう また 日 当 のほかに 社 会 通 念 からみて 妥 当 な 額 である 支 度 金 の 支 給 額 についても 法 人 側 では 旅 費 となり 個 人 側 では 非 課 税 の 収 入 となります 支 度 金 とは 出 張 に 際 して 必 要 となる 物 を 国 内 で 買 い 揃 えるための 実 費 支 弁 額 という 意 味 の 支 出 です そのため 国 内 出 張 に 係 る 支 度 金 だけでなく 海 外 出 張 に 係 る 支 度 金 についても 消 費 税 の 課 税 仕 入 となります

17 退 職 所 得 に 対 する 課 税 強 化 Q 退 職 金 に 対 する 課 税 が 強 化 されたと 聞 きましたが その 詳 しい 内 容 は? A 退 職 所 得 について 1 特 定 役 員 等 に 対 する 退 職 金 の 課 税 強 化 2 住 民 税 の 軽 減 税 率 の 廃 止 という2つの 改 正 がなされました 平 成 25 年 分 の 所 得 税 および 住 民 税 より 適 用 されています 退 職 所 得 は 長 年 の 勤 務 に 対 する 報 償 であり 老 後 の 生 活 保 障 的 な 性 質 を 有 している ため 他 の 所 得 と 比 較 して 1 退 職 所 得 控 除 の 適 用 22 分 の1 課 税 3 分 離 課 税 とい う3つの 点 で 税 負 担 が 緩 和 されています 具 体 的 には 退 職 所 得 は 退 職 手 当 等 の 収 入 金 額 から 退 職 所 得 控 除 額 を 控 除 した 後 に さらに 残 額 の2 分 の1の 金 額 を 課 税 対 象 とします 課 税 対 象 が2 分 の1されることに 加 え 分 離 課 税 されるため 他 の 所 得 金 額 の 大 きさによる 超 過 累 進 税 率 の 影 響 を 受 けません 退 職 所 得 控 除 は 勤 続 年 数 に 応 じて 適 用 され 最 低 でも80 万 円 が 控 除 されます 勤 続 年 数 が20 年 以 下 の 場 合 は1 年 当 たり40 万 円 勤 続 年 数 が20 年 を 超 える 部 分 は1 年 当 たり70 万 円 が 控 除 されます たとえば 勤 続 年 数 が10 年 である 場 合 の 退 職 所 得 控 除 額 は400 万 円 (=40 万 円 10 年 ) 勤 続 年 数 が30 年 である 場 合 の 退 職 所 得 控 除 額 は1,500 万 円 (=800 万 円 +70 万 円 10 年 ) と 計 算 されます ただし 改 正 により 勤 続 年 数 が5 年 以 下 で 退 職 した 特 定 役 員 等 に 対 する 退 職 金 には 2 分 の1 課 税 の 特 例 は 適 用 されないこととなりました 特 定 役 員 等 に 対 する 退 職 金 とは 役 員 等 勤 続 年 数 が5 年 以 下 である 人 が 支 払 を 受 け る 退 職 手 当 等 のうち 役 員 等 として 勤 務 した 期 間 に 対 応 する 退 職 手 当 等 として 支 払 を 受 けるものをいいます 役 員 等 勤 続 年 数 について1 年 未 満 の 端 数 は1 年 に 切 り 上 げます 役 員 等 とは 1 法 人 の 取 締 役 執 行 役 会 計 参 与 監 査 役 理 事 監 事 および 清 算 人 ならびにこれら 以 外 の 者 で 法 人 の 経 営 に 従 事 している 一 定 の 者 2 国 会 議 員 および 地 方 公 共 団 体 の 議 会 の 議 員 3 国 家 公 務 員 および 地 方 公 務 員 をいいます また 退 職 手 当 等 に 対 する 住 民 税 は10% 相 当 額 を 軽 減 する 措 置 がありましたが 改 正 により この 税 額 控 除 特 例 も 廃 止 されました

18 生 命 保 険 料 控 除 に 関 する 改 正 Q 生 命 保 険 料 控 除 が 大 きく 変 わったと 聞 きましたが その 内 容 は? A 従 来 の 一 般 の 生 命 保 険 料 控 除 と 個 人 年 金 保 険 料 控 除 に 加 えて 介 護 医 療 に 対 する 保 険 料 控 除 も 認 められます 次 の 各 区 分 ごとに 控 除 額 を 計 算 し 最 高 12 万 円 が 限 度 となり ます (1) 新 契 約 ( 平 成 24 年 1 月 1 日 以 後 に 締 結 した 保 険 契 約 等 ) に 基 づく 生 命 保 険 料 控 除 額 平 成 24 年 1 月 1 日 以 後 に 生 命 保 険 会 社 または 損 害 保 険 会 社 等 と 締 結 した 保 険 契 約 等 ( 新 契 約 )のうち 介 護 費 用 保 障 または 医 療 費 用 保 障 を 内 容 とする 主 契 約 または 特 約 に 基 づいて 支 払 った 保 険 料 等 ( 介 護 医 療 保 険 料 )について 適 用 限 度 額 4 万 円 の 介 護 医 療 保 険 料 控 除 が 設 けられました 一 般 の 生 命 保 険 契 約 個 人 年 金 保 険 契 約 介 護 医 療 保 険 契 約 の 保 険 料 控 除 額 は 別 々に 計 算 し 各 々4 万 円 を 上 限 とし 合 わせて 年 間 12 万 円 が 最 高 限 度 額 となります 支 払 った 保 険 料 等 の 合 計 額 控 除 額 20,000 円 以 下 支 払 った 保 険 料 等 の 全 額 20,000 円 超 40,000 円 以 下 ( 支 払 保 険 料 1/ 2)+ 10,000 円 40,000 円 超 80,000 円 以 下 ( 支 払 保 険 料 1/ 4)+ 20,000 円 80,000 円 超 一 律 40,000 円 (2) 旧 契 約 ( 平 成 23 年 12 月 31 日 以 前 に 締 結 した 保 険 契 約 等 ) に 基 づく 生 命 保 険 料 控 除 額 一 般 の 生 命 保 険 契 約 と 個 人 年 金 保 険 契 約 の 保 険 料 控 除 額 は 別 々に 計 算 し 各 々5 万 円 を 上 限 とし 合 わせて 年 間 10 万 円 が 最 高 限 度 額 となります 支 払 った 保 険 料 等 の 合 計 額 控 除 額 25,000 円 以 下 支 払 った 保 険 料 等 の 全 額 25,000 円 超 50,000 円 以 下 ( 支 払 保 険 料 1/ 2)+ 12,500 円 50,000 円 超 100,000 円 以 下 ( 支 払 保 険 料 1/ 4)+ 25,000 円 100,000 円 超 一 律 50,000 円 (3) 新 契 約 と 旧 契 約 の 両 方 に 加 入 している 場 合 新 契 約 と 旧 契 約 の 両 方 に 加 入 している 場 合 の 新 ( 旧 ) 一 般 生 命 保 険 料 または 新 ( 旧 ) 個 人 年 金 保 険 料 は 一 般 生 命 保 険 料 または 個 人 年 金 保 険 料 の 別 に 次 のいずれかを 選 択 して 控 除 額 を 計 算 できます 介 護 医 療 保 険 料 の 控 除 額 と 合 わせて 年 間 12 万 円 が 最 高 限 度 額 と なります 1 新 契 約 のみ 生 命 保 険 料 控 除 を 適 用 (1)に 基 づき 計 算 した 控 除 額 2 旧 契 約 のみ 生 命 保 険 料 控 除 を 適 用 (2)に 基 づき 計 算 した 控 除 額 3 新 契 約 と 旧 契 約 の 両 方 について 生 命 保 険 料 控 除 を 適 用 (1)に 基 づき 計 算 した 新 契 約 の 控 除 額 と(2)に 基 づき 計 算 した 旧 契 約 の 控 除 額 の 合 計 額 ( 最 高 4 万 円 )

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

税金読本(8-5)特定口座と確定申告

税金読本(8-5)特定口座と確定申告 と 確 申 告 8-5 複 数 の 証 券 会 社 で 源 泉 徴 収 を 開 設 している 場 合 の 損 益 通 算 の 方 法 における 株 式 債 券 投 資 信 託 と 税 金 源 泉 徴 収 と 確 申 告 源 泉 徴 収 の 場 合 内 の 譲 するか 否 かは 1つの ごとに 選 渡 益 については 確 申 告 は 不 要 です 択 することができます つまり 投 資 家 が 内 の

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc)

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc) 国 から 地 方 への 税 源 移 譲 による 税 率 構 造 の 改 正 平 成 18 年 度 税 制 改 正 で 所 得 税 から 個 人 住 民 税 への3 兆 円 規 模 の 本 格 的 な 税 源 移 譲 が 実 施 されます この 税 源 移 譲 にあたっては 所 得 税 及 び 個 人 住 民 税 の 役 割 分 担 を 明 確 化 する とともに 全 ての 納 税 者 の 負 担 が

More information

平 成 28 年 度 版 岩 出 市 誕 生 10 周 年 記 念 ロゴマーク 2,749 円 1,717 円 1,358 円 1,135 円 1,090 円 889 円 607 円 301 円 154 円 平 成 26 年 度 1 課 税 所 得 金 額 に 応 じた 税 額 を 負 担 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 も 含 みます 3,500 2,000 2 公 的 年 金 等 の 雑

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

N 一 般 の 住 宅 について 控 除 の 対 象 となる 借 入 金 は 平 成 26 年 4 月 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 入 居 の 場 合 は4,000 万 円 ( 平 成 26 年 3 月 までの 入 居 の 場 合 は2,000 万 円 )までとなります 建 物 や

N 一 般 の 住 宅 について 控 除 の 対 象 となる 借 入 金 は 平 成 26 年 4 月 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 入 居 の 場 合 は4,000 万 円 ( 平 成 26 年 3 月 までの 入 居 の 場 合 は2,000 万 円 )までとなります 建 物 や 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 100 40 50 年 の12 月 31 日 まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 するこ とが 条 件 です) N 日 本 に 居 住 する 者 が 借 入 金 で 自 己 の 居 住 用 住 宅 の 取 得 等 をしたときに 次 の 要 件 に 該 当 する 場 合 には その 年 の12 月 31 日 の 借 入 金 の 残 高 に 応 じて 一

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個 所 得 税 ( 国 税 )のあらまし 税 額 の 計 算 方 法 市 県 民 税 所 得 割 の 計 算 方 法 とほぼ 同 じです 総 合 課 税 ( 所 得 金 額 - 所 得 控 除 額 ) 税 率 - 税 額 控 除 額 ( 課 税 される 所 得 金 額 ) 分 離 課 税 退 職 所 得 山 林 所 得 土 地 建 物 株 式 等 の 譲 渡 所 得 などは 他 の 所 得 と 分 離

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

Microsoft Word - ☆f.doc

Microsoft Word - ☆f.doc 第 1 問 問 1 正 解 2 6,000 千 円 給 与 所 得 の 金 額 は 次 の 式 より 求 める 給 与 所 得 の 金 額 = 収 入 金 額 - 給 与 所 得 控 除 額 まず 給 与 所 得 控 除 額 を 設 例 の 中 の 速 算 表 から 求 め 次 に 上 記 計 算 式 より 給 与 所 得 控 除 後 の 金 額 を 求 めることになる 給 与 所 得 控 除 額

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

国税

国税 Guide to Metropolitan Taxes for 2016 (3) 年 金 所 得 者 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が400 万 円 以 下 であり かつ その 公 的 年 金 等 の 全 部 が 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 場 合 において 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

第316回取締役会議案

第316回取締役会議案 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 30,235,443 流 動 負 債 25,122,730 現 金 及 び 預 金 501,956 支 払 手 形 2,652,233 受 取 手 形 839,303 買 掛 金 20,067,598 売 掛 金 20,810,262

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

kyoukai.indd

kyoukai.indd 個 人 投 資 家 の 皆 さまへ 主 なポイント 株 式 の 売 買 益 については 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 選 択 口 座 ) の 利 用 で 税 務 署 に 申 告 しなくてもよくなり 預 貯 金 並 みの 手 軽 さで 株 式 投 資 を 行 うことができます 株 式 売 買 益 税 率 ( 平 成 15 年 1 月 1 日 ~ 平 成 19 年 12 月 31 日 ) 年 間

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

 

  第 4 経 理 の 状 況 1. 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 方 法 について 当 社 の 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 平 成 19 年 内 閣 府 令 第 64 号 )に 基 づいて 作 成 しております 2. 監 査 証 明 について 当 社 は 金 融 商

More information

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx (1) 被 災 地 の 雇 用 機 会 の 確 保 のための 税 制 上 の 特 例 措 置 (~28 年 3 月 末 ) 復 興 産 業 集 積 区 域 内 において 雇 用 に 大 きな 被 害 が 生 じた 地 域 の 雇 用 機 会 の 確 保 に 寄 与 する 事 業 を 行 う 個 人 事 業 者 又 は 法 人 ( 新 規 立 地 促 進 税 制 は 法 人 のみ)を 対 象 として

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

Microsoft Word - 6相続対策.doc

Microsoft Word - 6相続対策.doc Volume 6 吉 田 正 一 税 理 士 事 務 所 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 は じ め に こんにちは 税 理 士 の 吉 田 正 一 です 経 営 承 継 円 滑 化 法 が 成 立 して 20 年 10 月 からの 自 社 株 の 相 続 対 策 が 大 きく 変 わります さらに 相 続 税 の 計 算 方 式 も 変 わる

More information

 

  (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

8 認 定 区 分 変 更 日 等 上 記 4 5 6 7による 認 定 区 分 変 更 日 取 消 日 認 定 日 及 び 再 認 定 日 は 確 定 申 告 を 行 った 日 とする なお 特 定 口 座 年 間 取 引 報 告 により 確 認 する 場 合 は 当 該 報 告 を 受 領 た

8 認 定 区 分 変 更 日 等 上 記 4 5 6 7による 認 定 区 分 変 更 日 取 消 日 認 定 日 及 び 再 認 定 日 は 確 定 申 告 を 行 った 日 とする なお 特 定 口 座 年 間 取 引 報 告 により 確 認 する 場 合 は 当 該 報 告 を 受 領 た 公 立 静 第 419 号 平 成 25 年 11 月 27 日 各 所 属 所 長 様 公 立 学 校 共 済 組 合 静 岡 支 部 長 株 等 譲 渡 収 入 ある 被 者 取 扱 いについて( 通 知 ) 株 式 債 券 投 資 信 託 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 先 物 取 引 等 ( 以 下 株 等 という ) 譲 渡 収 入 については 従 来 一 時 的 収 入 とて 取 り

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 1.みなし 配 当 の 課 税 関 係 上 場 会 社 が 株 式 公 開 買 付 で 自 己 株 式 を 取 得 する 場 合 は 市 場 取 引 で 取 得 するケースと 相 違 して 原 則 として 株 主 にみなし 配 当 課 税 と

TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 1.みなし 配 当 の 課 税 関 係 上 場 会 社 が 株 式 公 開 買 付 で 自 己 株 式 を 取 得 する 場 合 は 市 場 取 引 で 取 得 するケースと 相 違 して 原 則 として 株 主 にみなし 配 当 課 税 と 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 企 業 買 収 ストラクチャーの 有 利 選 択 ( 法 人 株 主 と 個 人 株 主 の 財 務 戦 略 ) http://www.up-firm.com 1 TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

fukkouqa120606.pdf

fukkouqa120606.pdf 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する Q&A 平 成 24 年 6 月 日 本 証 券 業 協 会 目 次 Ⅰ. 復 興 特 別 所 得 税 について Q1 復 興 特 別 所 得 税 とは どのようなものに 課 税 されるの 3 頁 ですか Ⅱ. 復 興 特 別 所 得 税 額 の 計 算 方 法 について Q2 復 興 特 別 所 得 税 額 は 具 体 的 にどのように 計 算 されま 3

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 金 額 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 59,772 流 動 負 債 30,678 現 金 及 び 預 金 7,239 支 払 手 形 121 受 取 手 形 1,047 買 掛 金 22,341 売 掛 金 43,230 短 期 借 入 金 5,506 商

More information

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超 5 神 奈 川 県 の 県 税 県 税 相 談 神 奈 川 県 の 県 税 県 民 の 声 相 談 室 (かながわ 県 民 センター2 階 神 奈 川 区 鶴 屋 町 2-24-2) 土 日 祝 日 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 日 ) を 除 く 毎 日 ( 午 前 9 時 ~12 時 午 後 1 時 ~4 時 ) 平 成 24 年 度 地 方 財 政 計 画 によると 都 道

More information

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却 Q65 平 成 7 年 月 に 平 成 8 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されました 税 制 改 正 の 概 要 を 教 えてください A: 各 税 目 別 のトピックは 以 下 のとおりです 所 得 税 健 康 診 断 等 をきちんと 受 けている 人 専 用 の 医 療 費 控 除 が 創 設 されます 法 人 税 法 人 税 率 が 現 行 の.9%から 段 階 的 に.4%.%へ

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きは 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 書 の 記 載 にあたって 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 申 告 や 各 種 計 算 方 法 などについてお 分 かりにならない 点 がありましたら 北 広 島

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算 7. 損 益 通 算 繰 越 控 除 損 益 通 算 の 対 象 となる 損 失 原 則 不 動 産 所 得 事 業 所 得 山 林 所 得 譲 渡 所 得 に 生 じた 損 失 ( 赤 字 ) 一 定 の 順 序 によって 他 の 黒 字 の 所 得 から 控 除 して 相 殺 できる これら4つ 以 外 の 所 得 は 赤 字 でも 控 除 できない 例 外 損 益 通 算 できる 所 得 の

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 震 災 で 家 財 道 具 を 失 ってしまいました この 損 害 を 税 金 で 控 除 する 制 度 があると 聞 きました 雑 損 控 除 について 教 えてください Q2 私 は サラリーマン(または 年 金 受 給 者 )なのですが 震 災 による 被 害 を 受 けた 場 合 支 給 される 給 与 (または 年 金 )について 源 泉 徴 収 の 猶 予 や 源 泉 所

More information

<817995A19094944E937894C5817A8F5A96AF90C5905C8D90288D5A97B9292E786C73>

<817995A19094944E937894C5817A8F5A96AF90C5905C8D90288D5A97B9292E786C73> 市 民 税 県 民 税 申 の 手 引 き この 手 引 き 市 民 税 県 民 税 申 を 作 成 する 際 の 一 般 的 な 事 項 を 説 明 しています 申 についてお 分 かりにならない 点 がありましたら 税 務 課 に おたずねください 申 笠 間 市 ホームページからダウンロードできます なお 本 庁 税 務 課 笠 間 支 所 地 域 課 岩 間 支 所 地 域 課 にも 用 意

More information

Microsoft Word sozei-sample1.doc

Microsoft Word sozei-sample1.doc 第 1 章 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 Ⅱ 第 1 節 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 趣 旨 (A) 法 人 が, 他 の 内 国 法 人 から 利 益 の 配 当 等 を 受 けた 場 合 には, 企 業 会 計 上, 営 業 外 収 益 に 計 上 されるため, 収 益 の 額 を 構 成 する しかし, 法 人 税 法 上 は, 別 段 の 定 めにより, 原

More information

第 41 期

第 41 期 決 算 公 告 平 成 24 年 6 月 28 日 各 位 大 阪 市 中 央 区 南 船 場 一 丁 目 17 番 26 号 株 式 会 社 アプラス 代 表 取 締 役 社 長 野 口 郷 司 第 3 期 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 個 別 注 記 表 貸 借 対 照 表 損 益 計 算

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

65 発 送 管 理 2 賦 課 期 日 情 報 66 発 送 管 理 3 賦 課 期 日 情 報 67 発 送 管 理 4 賦 課 期 日 情 報 68 発 送 管 理 5 賦 課 期 日 情 報 69 発 送 管 理 6 賦 課 期 日 情 報 70 発 送 管 理 7 賦 課 期 日 情 報

65 発 送 管 理 2 賦 課 期 日 情 報 66 発 送 管 理 3 賦 課 期 日 情 報 67 発 送 管 理 4 賦 課 期 日 情 報 68 発 送 管 理 5 賦 課 期 日 情 報 69 発 送 管 理 6 賦 課 期 日 情 報 70 発 送 管 理 7 賦 課 期 日 情 報 1 宛 名 番 号 全 情 報 共 通 2 年 度 賦 課 期 日 情 報 3 算 定 団 体 コード 賦 課 期 日 情 報 4 履 歴 連 番 賦 課 期 日 情 報 5 氏 名 カナ 賦 課 期 日 情 報 6 氏 名 漢 字 賦 課 期 日 情 報 7 生 年 月 日 賦 課 期 日 情 報 8 性 別 賦 課 期 日 情 報 9 町 名 賦 課 期 日 情 報 10 番 地 賦 課 期 日

More information

②130401雇用促進計画パンフレット

②130401雇用促進計画パンフレット ( 事 業 主 の 方 へ) 雇 用 促 進 計 画 の 提 出 手 続 き ~ 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けるために~ 適 用 期 限 が2 年 間 延 長 になりました! 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 期 間 内 に 始 まる 事 業 年 度 分 まで 適 用 されます 雇 用 促 進 税 制 とは 適 用 年 度 中 に 雇 用 者 数 を5 人 以 上 ( 中

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A>

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A> 1-1 相 続 税 又 は 贈 与 税 の 納 税 義 務 者 及 び 課 税 財 産 の 範 囲 1 3の 下 線 部 分 を 修 正 する 1. 相 続 税 の 納 税 義 務 者 次 の 者 は 相 続 税 を 納 める 義 務 がある 居 住 無 制 限 納 税 義 務 者 ( 法 1の3 一 ) 相 続 又 は 遺 贈 により 財 産 を 取 得 した 個 人 でその 財 産 を 取 得

More information