<4D F736F F D D9182CC816888EA91D188EA ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>"

Transcription

1 地 域 戦 略 安 全 保 障 特 集 : 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 武 器 貿 易 漢 和 防 務 評 論 ( 抄 訳 ) ( 訳 者 コメント) 阿 部 信 行 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 中 国 が 最 近 提 唱 した アジアインフラ 投 資 銀 行 は 表 裏 一 体 のものであると 見 られています 中 国 は 必 要 な 資 源 を 獲 得 するために 現 代 の 経 済 シルクロード を 提 唱 し 経 済 協 力 と 資 源 輸 送 のためのインフラ 整 備 を 行 おうとしています 国 内 の 余 剰 資 金 と 労 働 力 を 利 用 するとともに 他 国 からも 資 金 を 集 め 現 代 の シルクロード 建 設 に 利 用 しようと 考 えているようです 現 代 の シルクロード 帯 の 国 家 は 外 貨 準 備 が 不 足 する 国 家 が 多 いので 中 国 は 資 源 によるバーター 取 引 を 行 おうとしています 将 来 危 惧 されることは 中 国 が 武 器 によるバーター 取 引 すなわち 武 器 と 天 然 資 源 を 物 々 交 換 し 中 国 の 政 治 的 軍 事 的 影 響 力 が 高 まることです すでにアフリカ 諸 国 の 一 部 では 中 国 武 器 と 天 然 資 源 の 物 々 交 換 が 行 われているようです この 一 帯 一 路 戦 略 は 米 露 日 印 等 の 国 家 利 益 との 衝 突 が 予 想 され いずれの 国 も 警 戒 心 を 高 めています 天 津 での 工 場 爆 発 事 故 に 対 する 中 国 政 府 の 対 処 の 仕 方 によって 中 国 政 府 の 対 外 姿 勢 に 対 する 信 頼 感 が 左 右 されると 感 じます 一 帯 一 路 政 策 以 前 の 問 題 とし て 中 国 政 府 には 誠 実 に 対 応 して 貰 いたいと 思 います 不 信 感 が 残 るようであれ ば 一 帯 一 路 も アジアインフラ 投 資 銀 行 も 不 信 感 に 満 ちたものになりま す 一 帯 化 (ベルト 化 )する 中 国 の 武 器 貿 易 平 可 夫 北 京 が 戦 略 的 に 提 議 した 一 帯 一 路 とは 陸 の シルクロード 経 済 ベルト( 一 帯 ) と 海 の 海 上 シルクロード( 一 路 ) を 指 している その 意 義 は シルクロード 帯 の 国 家 と 中 国 が 経 済 協 力 することにより これら 国 家 の 交 通 インフラを 開 発 するこ とにある その 際 特 に 港 湾 と 鉄 道 の 建 設 が 優 先 される 交 通 インフラが 建 設 され ると 中 国 は これらの 設 備 を 利 用 し 現 地 の 天 然 資 源 特 にエネルギ 資 源 を 自 国 に 運 ぶことになる 中 国 は これに 見 合 う 具 体 的 な 金 融 措 置 を 実 施 するため 2015 年 に アジアイン フラ 投 資 銀 行 の 設 立 を 提 唱 した この 銀 行 は 中 国 が 牽 引 役 となり 多 くの 国 の 資 金 を 吸 収 し 上 述 国 家 の 交 通 インフラ 建 設 に 融 資 する 中 国 メディアの 報 道 による 1

2 と 類 似 の 投 資 に 中 国 の 銀 行 が 1 兆 ドル 投 資 する 計 画 と 言 う 中 国 の 出 資 額 は 初 期 50%に 達 し 実 際 上 の 支 配 権 を 確 保 する 一 帯 一 路 の 範 囲 はどこまでか? 中 国 が 公 表 した 2 国 間 及 び 多 国 間 の 協 力 計 画 を 見 ると 陸 路 の 一 帯 は カスピ 海 中 東 北 アフリカの 石 油 天 然 ガス 等 々の 資 源 地 帯 に 通 じている 全 体 的 に 見 て 海 上 は かつて 鄭 和 が 航 海 したアフリカ 大 陸 まで 延 びている 中 国 がこれらの 国 家 の 鉱 物 資 源 天 然 資 源 を 獲 得 するためには 多 くの 港 湾 及 び 飛 行 場 を 建 設 する 必 要 がある このように 中 国 に 都 合 のよい 青 写 真 は 当 然 米 国 日 本 及 びインドの 積 極 支 持 を 得 ることは 不 可 能 だ 米 国 は TPP 協 議 の 枠 組 みを 通 じて 中 国 の 経 済 的 影 響 力 を 減 じ ようとしている 日 本 には 自 ら 主 導 するアジア 開 発 銀 行 がある ロシアは 表 面 上 アジアインフラ 投 資 銀 行 の 参 加 国 になっているが 実 際 は 一 帯 一 路 に 対 して 相 当 慎 重 な 態 度 を 採 っている 実 際 上 一 帯 は トルコを 除 き 絶 大 多 数 地 区 が 旧 ソ 連 の 中 央 アジア 共 和 国 である これらの 国 はロシアの 政 治 外 交 軍 事 の 後 ろ 盾 であり 中 国 の 進 出 を 受 け 入 れるであろうか? アジアインフラ 投 資 銀 行 の 設 立 は すでに 米 国 と 同 盟 国 の 関 係 を 離 反 させている 米 国 は オーストラリア 及 び 韓 国 が 警 戒 すべき 銀 行 に 加 入 するのを 望 んでいな い 本 論 文 が 分 析 するのは 一 帯 一 路 戦 略 の 軍 事 政 治 外 交 への 影 響 である 一 旦 中 国 の 金 融 支 持 の 下 一 帯 一 路 の 国 家 が 経 済 及 び 特 にエネルギ 輸 出 で 徹 底 的 に 中 国 市 場 に 依 存 するようになったとき 中 国 の 政 治 的 軍 事 的 影 響 力 はグロ ーバル 化 する 更 にはロシア 米 国 日 本 のこれらの 地 区 への 影 響 力 を 排 除 するこ とが 出 来 る まず 最 初 に 一 帯 とは 陸 の シルクロード 経 済 ベルト である 中 国 製 の 軍 事 装 備 品 は 早 い 時 期 からこの 地 区 に 進 出 していた トルコに 対 しては 石 油 及 び 天 然 ガスと 交 換 するため 多 くの 事 業 が 進 出 していた 翻 って もしこれが 武 器 貿 易 であ ったならばどうであろう 一 帯 一 路 の 国 家 はより 以 上 に 中 国 との 交 易 を 求 める であろう したがって 経 済 上 の 連 携 は 必 ず 強 化 に 向 かい 中 国 製 武 器 と 当 事 国 の 天 然 資 源 の 交 換 が 始 まる このようなやり 方 は 米 国 もロシアも 基 本 的 に 行 わない カザフスタン トルクメニスタン タジキスタン イラン トルコ イラク サウ ジアラビア クウェート オマーン 等 々の 国 家 は 中 国 製 武 器 使 用 のベルト 地 帯 ( 一 帯 )を 構 成 している 中 国 は 旧 ソ 連 の 主 要 な 中 央 アジア 共 和 国 と 石 油 及 び 天 然 ガス 協 定 を 締 結 し かつパイプラインを 建 設 している 例 えばカザフスタンであ る 2

3 カザフスタンは 中 国 製 の YL-1A 無 人 機 及 び 武 器 システムの 使 用 を 開 始 し HQ-9 型 地 対 空 ミサイルの 輸 入 を 計 画 している これらの 武 器 のかなりの 部 分 は 天 然 ガ スと 交 換 した 武 器 である 類 似 のバーター 方 式 がトルクメニスタン 及 びウズベキス タンに 適 用 されている トルクメニスタンは HQ-9 の 導 入 を 交 渉 中 である ウズベ キスタンは 中 国 製 無 人 機 を 獲 得 した これらの 中 央 アジア 国 家 は 国 際 決 済 通 貨 が 不 足 しているが 中 国 との 貿 易 は 天 然 資 源 を 利 用 することができる しかも 一 帯 一 路 の 重 点 事 業 は トルクメニスタン ウズベキスタンにおける 新 たな 飛 行 場 及 び 鉄 道 建 設 である 中 国 の 鉄 道 建 設 は トルコ 及 び 中 央 アジアから 中 国 へ 繋 がるよ う 求 めている 一 帯 一 路 戦 略 は 経 済 貿 易 を 武 器 にして 中 央 アジア 地 区 に 対 する 米 国 とロシ アの 政 治 的 軍 事 的 影 響 力 を 排 除 する 性 質 がある 特 にウズベキスタンのような 国 家 に 対 する 経 済 投 資 は 資 源 獲 得 のためだけでなく 米 国 の 軍 事 力 をこの 場 所 から 駆 逐 する 目 的 がある したがって 米 国 は 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と アジアインフラ 投 資 銀 行 計 画 を 警 戒 している 中 国 とロシア 間 に 外 交 摩 擦 が 発 生 すると 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 は 影 響 を 受 ける 例 えば アゼルバイジャンにおいて ロシアは 中 国 に 対 し 武 器 輸 出 特 に 大 規 模 殺 傷 武 器 を 輸 出 しないよう 警 告 した なぜならばロシアは 政 治 的 にも 宗 教 領 土 紛 争 でもアルメニアを 支 持 しているからだ かつて 中 国 はアゼル バイジャンに SW-1 型 多 連 装 ロケット 砲 (MRLS) や 無 人 機 等 々を 売 り 込 もうとし たことがあった アゼルバイジャンには 豊 富 な 石 油 資 源 があり 中 国 と 米 国 はすで に 数 年 にわたり 同 国 の 石 油 獲 得 を 巡 って 争 っていた 最 終 的 に ロシアの 圧 力 で 中 国 はアゼルバイジャンに 対 する 武 器 輸 出 計 画 を 放 棄 した 現 在 アゼルバイジャンが 獲 得 したのはトルコで 生 産 された WS-1 型 ロケット 砲 である 21 世 紀 のシルクロード 一 帯 は かつての シルクロード に 比 べると 地 理 的 範 囲 が 大 幅 に 拡 大 している 中 国 は 実 際 上 中 東 全 体 北 部 アフリカ 全 体 を 一 帯 に 含 めている 中 国 は サウジアラビア スーダン アルジェリア エジプト 等 と エネルギ 協 力 協 定 に 署 名 した 過 去 わずか 5 年 間 に 中 国 の 45 口 径 自 走 火 砲 がクウェートに 続 きアルジェリア サウジアラビアに 輸 出 された スーダンは 多 くの 中 国 製 WS-2 型 長 距 離 ロケット 砲 を 使 用 している サウジアラビアは 中 国 製 YL-1A 型 無 人 機 を 獲 得 した この 種 の 無 人 機 は すでに UAE 及 びエジプトにも 輸 出 されている これらの 国 は 全 て 中 国 の 一 帯 経 済 ベルトに 含 まれる トル コは 中 国 製 の 611 弾 道 ミサイル WS-1 ロケットを 使 用 している HQ-9 地 対 空 ミ サイルに 就 いては 交 渉 中 である アルジェリアは 中 国 製 のミサイル 護 衛 艦 を 4 艘 輸 入 した イランは 各 種 艦 対 艦 ミサイル 地 対 空 ミサイルを 含 め 40% 以 上 の 武 器 システムが 中 国 製 である 中 国 はイランに 対 し 武 器 製 造 技 術 を 移 転 している 3

4 KDR の 調 査 によると 中 国 からこれらの 国 に 輸 出 された 武 器 の 60-80%は バータ ー 方 式 によって 行 われている 特 にスーダン アルジェリア 等 がその 典 型 である したがって ロシア 欧 米 の 間 にあって 米 ドルが 不 足 するこれらの 国 家 は 中 国 製 武 器 を 選 択 せざるを 得 なかった 今 後 一 旦 中 国 の 資 金 がこれらの 国 家 に 大 量 に 流 入 すると 武 器 のための 借 款 が 行 われる 可 能 性 がある 中 国 は パキスタンに 対 し 借 款 方 式 を 採 用 し 中 国 製 武 器 の 購 入 を 奨 励 している この 借 款 による 事 業 は F-22P 型 ミサイル 駆 逐 艦 4 艘 のほか さらに 交 渉 中 の 事 業 として S-20 型 ディーゼ ル 潜 水 艦 6 艘 +がある このように 中 国 製 武 器 の 顧 客 ベルト 地 帯 一 帯 は ひそかに 形 成 されつつあ る 中 国 の 借 款 を 利 用 して 中 国 製 武 器 を 購 入 する その 後 エネルギ 及 びその 他 の 資 源 で 償 還 される これが 一 帯 一 路 の 武 器 貿 易 の 最 新 方 式 である 一 帯 が 追 及 する 最 終 目 標 は 石 油 パイプライン 天 然 ガスパイプラインの 建 設 で ある 現 在 すでにカザフスタンに 存 在 し ウズベキスタン トルクメニスタンを 経 由 し その 他 の 中 央 アジア 国 家 へ 繋 げようとしている これが 中 国 がトルクメニ スタンの 防 衛 を 重 視 し 積 極 的 に HQ-9 を 売 り 込 む 理 由 である この 計 画 は 軍 事 上 でも 経 済 上 でもロシアの 賛 同 は 得 られない トルクメニスタンは 以 前 ロシア 及 びイランに 天 然 ガスを 提 供 しており 軍 事 装 備 の 90%はロシア 製 であった 一 路 化 する 中 国 製 武 器 一 路 とは 海 上 のシルクロードを 指 し アフリカ 大 陸 まで 延 びている かつて 張 騫 が 行 動 したアフリカ 諸 国 だけではなく 実 際 は 自 然 エネルギを 保 有 する 大 半 のア フリカ 諸 国 を 含 んでいる 一 路 のまず 最 初 は 東 南 アジア 国 家 であり 必 ず 経 由 する 地 域 である しかも 海 上 だけでなく 陸 地 も 一 路 の 範 囲 となった 中 国 は タイ マレーシアとの 関 係 を 大 幅 に 強 化 し タイに 高 速 鉄 道 を 建 設 することによっ て マレーシアまで 延 伸 し 中 国 の 政 治 的 軍 事 的 影 響 力 を 拡 大 しようとしている この 地 域 で 一 帯 一 路 戦 略 が 遭 遇 した 最 大 の 抵 抗 者 は 日 本 である タイに 対 する 高 速 鉄 道 争 奪 戦 はその 典 型 である 日 中 間 の タイ 高 速 鉄 道 戦 争 は 互 いに 勝 ったり 負 けたりしたが 現 在 は 日 本 が 主 導 権 を 獲 得 した タイとマレーシアは 中 国 製 武 器 の 重 要 な 使 用 国 である 最 近 タイは WS-32 型 長 距 離 ロケット 砲 及 び C-802A 艦 対 艦 ミサイルを 獲 得 した また 中 国 は S-20 型 潜 水 艦 でタイの 潜 水 艦 整 備 計 画 の 入 札 に 参 加 した マレーシアは 中 国 の FY-6 型 地 対 空 ミサイルを 使 用 して いる また 中 国 は マレーシア 向 けに 1000 トン 級 パトロール 艦 等 を 積 極 的 に 売 り 込 みつつある インドネシアは C-705,C-802 艦 対 艦 ミサイルの 使 用 国 であり 最 近 QW-3 型 等 の 地 対 空 ミサイルを 獲 得 した 東 南 アジア 国 家 は シンガポール ブルネイ フィ リピン ベトナムを 除 き 中 国 製 武 器 の 使 用 比 重 がますます 高 まっている 4

5 海 上 の シルクロード においては 経 済 及 び 戦 略 方 面 で インドと 重 大 な 衝 突 が 発 生 する インドは 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 を 極 めて 警 戒 している スリランカ ミャンマー 及 びバングラディッシュは 中 国 製 水 上 艦 を 使 用 し C-802 艦 対 艦 ミサ イルを 搭 載 している バングラディッシュとパキスタンは 中 国 製 の 主 力 戦 車 戦 闘 機 等 々を 使 用 している 一 路 ( 海 上 シルクロード) 沿 線 の 国 家 群 が 中 国 製 の 各 種 武 器 を 使 用 することは インド 洋 の 大 国 インドにとって 大 きな 脅 威 となる イン ドが 特 に 憂 慮 するのは 中 国 の 核 潜 水 艦 がスリランカに 寄 港 したことである 最 近 スリランカ 新 政 府 は 何 度 も 対 中 関 係 のバランスを 図 らねばならない と 発 言 し 中 国 からの 投 資 に 慎 重 な 姿 勢 を 採 り 始 めている これはインドが 圧 力 をかけた 結 果 である 中 国 は モルジブの 軍 事 的 価 値 を 積 極 的 に 利 用 し 始 めている ソマリア 海 賊 対 処 参 加 の 中 国 海 軍 艦 船 が 2014 年 にはモルジブで 給 水 を 行 った 21 世 紀 の 一 路 の 鍵 は アフリカである アフリカでは 何 処 に 行 っても 中 国 人 に 出 会 う 一 帯 一 路 のアフリカでの 経 営 戦 略 は 次 の 通 り: 1. アフリカの 内 陸 国 家 の 資 源 を 中 国 に 運 ぶため 内 陸 から 港 湾 のあるその 他 のアフ リカ 国 家 に 連 接 する 鉄 道 を 建 設 すること 2. 中 国 の 資 金 を 利 用 し 外 洋 に 開 いたアフリカの 港 湾 を 整 備 し 資 源 を 中 国 に 運 ぶ まず 第 一 は 鉄 道 建 設 である 中 国 は タンザニアの 鉄 道 を 修 復 したほか 近 年 来 ケニアの 鉄 道 を 建 設 している 中 国 はケニアに 装 甲 車 軍 用 トラック Z-9 武 装 ヘ リを 輸 出 した この 鉄 道 は 最 終 的 にウガンダ ルワンダ タンザニア 等 6 ヶ 国 に 連 接 する ルワンダは 最 近 中 国 製 の 天 龍 50 型 地 対 空 ミサイルを 獲 得 した エチオピアもまた 中 国 の 支 援 で 鉄 道 を 建 設 しようとしている 同 国 は 最 近 AR-2 多 連 装 ロケットと 装 甲 車 を 獲 得 した アンゴラは 中 国 に 対 する 第 二 の 石 油 輸 出 国 である 2014 年 中 国 は 1300 KM の アンゴラ 鉄 道 を 建 設 した 鉄 道 建 設 機 関 車 等 の 鉄 道 技 術 は 当 然 中 国 から 輸 入 しな ければならない 一 挙 両 得 以 上 の 一 挙 三 得 である さらに 現 在 中 国 が 鉄 道 建 設 中 の 国 家 はナイジェリアである 最 近 2 年 ナイジェ リア 海 軍 の 2 艘 の 近 海 パトロール 艦 を 含 め 中 国 製 武 器 がこの 国 に 大 量 に 入 ってい る ジンバブエと 中 国 の 協 力 は 国 道 鉄 道 の 建 設 である ジンバブエは 中 国 から L-15 高 等 練 習 機 及 び K-8 型 練 習 機 その 他 の 戦 闘 機 等 を 獲 得 した 港 湾 の 建 設 は 同 時 に 進 行 している ギニアは 今 年 中 国 と 港 湾 の 共 同 建 設 協 議 に 署 名 した 中 国 は 大 量 のボーキサイトを 輸 入 しており 中 国 はギニアに 大 量 の 軍 用 車 両 を 提 供 している また 中 国 は スーダンで 5 万 トン 級 のタンカー 埠 頭 など 港 湾 施 設 を 重 点 的 に 建 設 し 5

6 ている 中 国 は スーダンに T-85ⅡM 型 主 力 戦 車 HJ8L 対 戦 車 ミサイルなどに 関 する 大 量 の 武 器 製 造 技 術 を 移 転 している 過 去 7 年 間 中 国 はアフリカでエジプトの 埠 頭 を 建 設 し トーゴの 埠 頭 の 株 式 の 50%を 取 得 し 東 アフリカのジブチ 埠 頭 の 株 式 の 23.5%を 取 得 した またタンザニ アの 埠 頭 建 設 にも 莫 大 な 資 金 を 投 資 した 中 国 が 求 めるものは ケニアの 天 然 ガス 及 び 漁 業 権 であり ザンビアの 銅 コバル ト 及 び 金 である またナイジェリアの 石 油 である ザンビア 陸 軍 の T-59 主 力 戦 車 は 最 近 改 良 され T-59D 型 となった タンザニア 及 びスーダンの T-59D も 状 況 は 同 じである これらの 国 家 は 一 路 の 範 囲 にある 総 括 すると 一 帯 一 路 戦 略 の 主 要 な 目 的 は 中 国 の 過 剰 な 資 金 を 運 用 し 投 資 或 いは 借 款 方 式 により 中 国 の 建 設 技 術 港 湾 鉄 道 設 備 及 び 軍 事 装 備 を 売 り 込 み 見 返 りに 中 国 がこれらの 国 家 の 豊 富 な 天 然 資 源 を 受 け 取 ることである 最 終 的 には 更 に 多 くの 一 帯 一 路 帯 の 国 家 が 更 に 多 くの 中 国 製 武 器 を 使 用 する ことによって 中 国 は 当 事 国 の 交 通 インフラに 再 投 資 し 特 に 港 湾 建 設 に 投 資 する ことになる 次 の 段 階 には 中 国 は 海 外 軍 事 基 地 を 建 設 する 中 国 軍 の 刊 行 物 は 常 にこの 問 題 を 研 究 している 2014 年 中 国 の 核 潜 水 艦 がスリランカに 出 現 した これが 典 型 的 な 兆 候 であり 中 国 海 軍 の 走 出 去 ( 外 洋 進 出 )を 意 味 する 特 に 潜 水 艦 は 一 帯 一 路 の 勢 力 範 囲 内 の 基 地 でしか 補 給 を 受 けられないからである このほか 中 国 は 一 帯 一 路 ベルト 帯 で 経 済 利 益 を 如 何 に 保 障 するか そのた め 中 国 の 軍 事 戦 略 は 如 何 に 進 めるべきか?それは 中 国 軍 の 長 距 離 展 開 能 力 の 向 上 特 に 海 軍 の 補 給 能 力 の 向 上 在 外 居 住 者 の 撤 収 能 力 の 向 上 及 び 軍 事 威 嚇 力 の 向 上 によって 一 帯 一 路 帯 国 家 に 中 国 の 力 が 及 ぶよう 図 られるであろう 以 上 6

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63> 第 二 章 軍 事 科 学 技 術 中 国 は 装 備 の 近 代 化 を 急 いでいる ロシアからの 最 新 鋭 兵 器 を 次 々に 買 い 世 界 最 大 の 兵 器 輸 入 国 になった 中 国 は 軍 事 力 の 矛 先 について 台 湾 独 立 阻 止 と 海 洋 権 益 の 保 護 を 挙 げている だが ICBM や SLBM など 戦 略 兵 器 の 開 発 能 力 強 化 も 同

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

Microsoft PowerPoint - 日本安全保障貿易学会20100925.ppt

Microsoft PowerPoint - 日本安全保障貿易学会20100925.ppt 日 本 安 全 保 障 貿 易 学 会 第 11 回 研 究 大 会 イランと 国 連 等 の 制 裁 レジーム 2010 年 9 月 25 日 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 中 東 研 究 センター 田 中 浩 一 郎 1 本 報 告 の 焦 点 1. イラン 核 問 題 の 系 譜 2. 制 裁 レジームの 狙 い 3. 国 連 安 保 理 制 裁 の 強 化 4. 独

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx 最 近 の 中 東 情 勢 について 外 務 省 中 東 アフリカ 局 長 上 村 司 中 東 北 アフリカ 情 勢 平 成 26 年 8 月 中 東 アフリカ 局 中 東 地 域 の 特 質 と 重 要 性 (1) 異 なる 帰 属 意 識 ( 宗 教 宗 派 民 族 )の 混 在 と 人 為 的 国 境 線 により 国 家 統 治 が 脆 弱 (2)5つの 主 要 勢 力 (サウジ(GCC),エジプト,イラン,イスラエル,トルコ)が

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

5月8日証言要旨

5月8日証言要旨 5 月 8 日 証 言 要 旨 2006 年 4 月 20 日 明 治 大 学 山 田 朗 Ⅰ 緒 論 戦 争 と 軍 事 を 解 析 す る 基 本 的 視 点 1 戦 争 と 報 道 (1) 戦 争 報 道 の 大 半 は 当 事 者 からの 発 表 であり 情 報 戦 心 理 戦 の 要 素 を 含 ん でいる (2)マスメディアによる 報 道 は 映 像 を 伴 うものであっても 実 態 を

More information

《株価急落の背景》

《株価急落の背景》 エマージングにとって 一 人 当 たり GDP3, ドルの 壁 ~タイの 教 訓 ~ 29 年 7 月 2 日 アセットマネジメント 部 チーフ エコノミスト チーフ ストラテジスト 黒 瀬 浩 一 近 年 エマージング 向 けの 株 式 投 資 がある 種 のブームとなっている 昨 年 秋 には リーマン ショッ ク で 株 価 と 通 貨 が 共 に 大 きく 下 落 したものの 景 気 の 底

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874681408169938A89659770816A20202094FC8DAA814066696E616C2081698E518D6C8E9197BF82C882B5816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874681408169938A89659770816A20202094FC8DAA814066696E616C2081698E518D6C8E9197BF82C882B5816A2E70707478> E キ E E キ ヤ ノ E Z ノ ン グ 研 究 Z と グ 主 ロー 幹 安 全 バ 美 ル 全 保 戦 略 研 根 慶 保 障 研 究 所 樹 障 所 キヤノングローバル 戦 略 研 究 所 シンポジウム EEZにおける 安 全 保 障 と 産 業 活 動 2011 年 11 月 18 日 新 丸 ビル9Fコンファレンススクエア 基 本 整 理 1 海 の 安 全 保 障 とは 何 か 領

More information

資 料 1 防 衛 関 係 費 平 成 25 年 10 月 16 日 財 務 省 主 計 局 安 全 保 障 政 策 と 防 衛 力 整 備 我 が 国 の 安 全 保 障 をめぐる 環 境 が 一 層 厳 しさを 増 す 中 で 良 好 な 国 際 関 係 を 維 持 しつつ 豊 かで 平 和 な 社 会 を 発 展 させていくためには 安 全 保 障 政 策 をより 一 層 戦 略 的 体 系

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

untitled

untitled 国 際 緊 急 援 助 隊 の 沿 革 と 今 日 の 課 題 ~ 求 められる 大 規 模 災 害 に 対 する 国 際 協 力 の 推 進 ~ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 なかうち 中 内 やすお 康 夫 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 に 対 しては 海 外 から 様 々な 形 での 緊 急 援 助 が 寄 せられた これまでに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

1.アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)の 食 品 流 通 システム UAE は 食 品 に 関 しては 政 治 的 な 規 制 であるアラブボイコット(イスラエル 製 品 の 輸 入 禁 止 :1 次 ボイコ ット)や 宗 教 上 で 規 制 のあるアルコールや 肉 製 品 ( 豚 肉 製 品

1.アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)の 食 品 流 通 システム UAE は 食 品 に 関 しては 政 治 的 な 規 制 であるアラブボイコット(イスラエル 製 品 の 輸 入 禁 止 :1 次 ボイコ ット)や 宗 教 上 で 規 制 のあるアルコールや 肉 製 品 ( 豚 肉 製 品 (ドバイ 発 ) UAE 食 品 流 通 概 観 (2010 年 3 月 ) ジェトロ 食 品 農 林 水 産 輸 出 促 進 海 外 コーディネーター スポット 調 査 免 責 条 項 ジェトロは 本 報 告 書 の 記 載 内 容 に 関 して 生 じた 直 接 的 間 接 的 あるいは 懲 罰 的 損 害 及 び 利 益 の 喪 失 については 一 切 の 責 任 を 負 いません これは たとえジェトロがかかる

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し) 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 共 同 発 表 変 化 する 安 全 保 障 環 境 のためのより 力 強 い 同 盟 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 岸 田 外 務 大 臣 中 谷 防 衛 大 臣 ケリー 国 務 長 官 カーター 国 防 長 官 1. 概 観 2015 年 4 月 27 日 ニューヨークにおいて 岸 田 文 雄 外

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

安全保障理事会決議1929(2010)

安全保障理事会決議1929(2010) 安 全 保 障 理 事 会 決 議 1929(2010) 2010 年 6 月 9 日 安 全 保 障 理 事 会 第 6335 回 会 合 にて 採 択 安 全 保 障 理 事 会 は 安 保 理 議 長 声 明 S/PRST/2006/15 および 安 保 理 諸 決 議 1696(2006) 1737(2006) 1747(2007) 1803(2008) 1835(2008)および 1887(2009)を

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って

図 表 1 防 関 係 費 予 算 のポイント( 概 要 ) 28 年 度 の 防 関 係 費 は 5 兆 541 億 円 (+1.5%) 中 期 防 対 象 経 費 は 4 兆 8,607 億 円 (+0.8%) 中 期 防 対 象 経 費 については 中 期 防 力 整 備 計 画 に 沿 って 平 成 28 年 度 防 関 係 費 について 主 計 局 主 計 官 堀 内 斉 1.はじめに 平 成 28 年 度 の 防 関 係 費 については 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 計 画 の 大 綱 について 及 び 中 期 防 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について ( 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx 本 事 業 は 日 本 財 団 の 支 援 を 得 て 実 施 されています 中 国 海 事 通 信 CHINA MARITIME NEWS ( 第 242 号 : 平 成 25 年 12 月 ( 香 港 事 務 所 作 成 )) < 造 船 舶 用 工 業 > 第 17 回 中 国 国 際 海 事 展 高 級 海 事 フォーラム-----------------------------P1 交 通

More information

船舶・海洋事業説明会資料

船舶・海洋事業説明会資料 船 舶 海 洋 事 業 説 明 会 2009.6.4 船 舶 海 洋 事 業 本 部 長 飯 島 史 郎 1 目 次 1. 2008 年 度 の 総 括 2. 船 舶 海 洋 事 業 の 近 況 3. 2009 年 度 の 業 績 見 通 し 4. 2009 年 度 対 策 の 骨 子 5. 全 社 緊 急 対 策 チャレンジ09 6. 事 業 戦 略 の 再 構 築 ( 本 部 事 業 方 針 )

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

<4D F736F F D A6A8AEB8B4082CC8D7395FB82C689E482AA8D9182D682CC89658BBF2E646F6378>

<4D F736F F D A6A8AEB8B4082CC8D7395FB82C689E482AA8D9182D682CC89658BBF2E646F6378> 平 和 研 所 内 会 議 報 告 ( 概 要 ) 2012 年 5 月 7 日 ( 月 ) 開 催 テーマ: イラン 核 危 機 の 行 方 と 我 が 国 への 影 響 報 告 者 : 大 澤 淳 ( 主 任 研 究 員 ) 概 要 1. 同 時 並 行 的 に 進 行 する 二 つの 危 機 北 朝 鮮 とイラン 本 年 4 月 13 日 北 朝 鮮 は 銀 河 3 号 ロケットと 称 するミサイル

More information

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表)

平成24年度 政策評価等の実施状況及びこれらの結果の政策への反映状況に関する報告 20_防衛省(個表) 防 衛 省 表 20-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/portal/index.htm l)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の 結

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 12 月 堀 内 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を

More information

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等 平 成 26 年 3 月 平 成 2 5 年 の 薬 物 銃 器 情 勢 確 定 値 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 薬 物 銃 器 対 策 課 各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

<5461726F2D3130303132378A4391AF91CE8F88838C837C815B83678251824F>

<5461726F2D3130303132378A4391AF91CE8F88838C837C815B83678251824F> 2010 年 海 賊 対 処 レポート 2011 年 1 月 ソマリア 沖 アデン 湾 における 海 賊 対 処 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 はじめに 本 レポートは ソマリア 海 賊 の 動 向 や 我 が 国 の 取 組 みとその 成 果 等 について 201 0 年 分 をとりまとめたものである ソマリア 沖 アデン 湾 における 海 賊 対 処 については 下 記 の 関 係

More information

Microsoft Word - 校了-00_1_はしがき.doc

Microsoft Word - 校了-00_1_はしがき.doc 第 6 章 日 本 を 取 り 巻 く 海 洋 紛 争 山 田 吉 彦 1.はじめに 日 本 は 四 方 を 海 に 囲 まれた 海 洋 国 である そのため 日 本 にとって 国 境 線 はすべて 海 上 に ある 1994 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 が 発 効 し 沿 岸 国 は 最 大 200 海 里 までの 排 他 的 経 済 水 域 (EEZ)を 認 められることになった 日 本

More information

防 衛 省 表 19-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/seisaku_fusyou.ht ml)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

第 3 次 産 業 25 兆 0992 億 元 11.0% 増 東 部 地 域 8.5% 中 部 地 域 14.5% 西 部 地 域 8.7% 不 動 産 開 発 投 資 7 兆 8801 億 元 2.0% 増 その 内 住 宅 5 兆 3150 億 元 1.3% 増 不 動 産 販 売 6 兆 4

第 3 次 産 業 25 兆 0992 億 元 11.0% 増 東 部 地 域 8.5% 中 部 地 域 14.5% 西 部 地 域 8.7% 不 動 産 開 発 投 資 7 兆 8801 億 元 2.0% 増 その 内 住 宅 5 兆 3150 億 元 1.3% 増 不 動 産 販 売 6 兆 4 マンスリーレポート(2015 年 11 月 度 ) 2015 年 11 月 18 日 太 田 泰 雄 1 中 国 貿 易 額 10 月 1~10 月 貿 易 額 3231.9 億 ト ル 12.1% 減 32269.6 億 ト ル 8.5% 減 輸 出 1924.1 億 ト ル 6.9% 減 18564.5 億 ト ル 2.5% 減 輸 入 1307.7 億 ト ル 18.8% 減 13705.2

More information

5 AF CC - JAAGA Convention 2014 QDR Speech_J.docx

5 AF CC - JAAGA Convention 2014 QDR Speech_J.docx 皆 様 こんばんは 只 今 ご 紹 介 に 与 りました アンジェレラでございます 米 空 軍 幹 部 達 にとって 名 高 いイベントである 日 米 エアフォース 友 好 協 会 総 会 へお 招 き 頂 きまして まこ とにありがとうございます 素 晴 らしいメンバーの 方 々の 前 で 講 演 する 場 を 設 けてくださった 協 会 会 長 吉 田 元 空 将 にも 感 謝 を 申 し 上

More information

Microsoft PowerPoint - MENA_FMcommentOct08.ppt

Microsoft PowerPoint - MENA_FMcommentOct08.ppt 2009 年 11 月 27 日 シュローダー 証 券 投 信 投 資 顧 問 株 式 会 社 アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)ドバイ 首 長 国 政 府 系 企 業 による 返 済 延 期 要 請 について シュローダー 中 東 / 北 アフリカ ファンド 愛 称 MENA(ミーナ) 概 況 ( 現 地 11 月 26 日 現 在 ) 各 種 報 道 によりますと アラブ 首 長 国 連 邦

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 提 言 の 趣 旨 歴 史 的 な 政 権 交 代 の 結 果 日 本 の 外 交 安 全 保 障 政 策 が 民 主 党 によって 見 直 されること となった 民 主 党 はマニフェストの 中 で 日 本 外 交 の 基 礎 として 緊 密 で 対 等 な 日 米 同 盟 関 係 をつくるため 主 体 的 な 外 交 戦 略 を 構 築 するとし 日 米 地 位 協 定 の 改 定 を 提 起

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

冊子21 表紙

冊子21 表紙 三 菱 重 工 を 分 析 す る 21 三 菱 重 工 のミサイル 戦 車 目 次 1 三 菱 重 工 のミサイル 生 産 2 三 菱 重 工 の 戦 車 生 産 1 7 2015 年 7 月 この 冊 子 は 三 菱 重 工 を 分 析 する のブログから 関 係 する 部 分 を 取 り 出 し 再 編 集 して 作 成 しました 日 本 共 産 党 三 菱 重 工 広 製 支 部 の ホームページからダウンロードできますので

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC88EA91D188EA984890AD8DF482C994E982DF82E782EA82BD88C0915395DB8FE190ED97AA82C682BB82CC915F82A22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC88EA91D188EA984890AD8DF482C994E982DF82E782EA82BD88C0915395DB8FE190ED97AA82C682BB82CC915F82A22E646F6378> 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 とその 狙 い 一 帯 一 路 構 想 等 の 背 後 にある 中 国 の 戦 略 的 意 図 と 日 本 の 対 応 矢 野 義 昭 中 国 は 一 帯 一 路 政 策 を 掲 げる 一 方 で 南 シナ 海 や 東 シナ 海 では 国 際 ルールを 無 視 した 一 方 的 な 領 域 拡 張 の 動 きを 強 引 に 進 めている このような 中 国 の 動

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

<4D F736F F D B8C9A82C4955C8EA690A782A982E B90E68D7382AB82F08CA982E92E646F63>

<4D F736F F D B8C9A82C4955C8EA690A782A982E B90E68D7382AB82F08CA982E92E646F63> 2007 年 12 月 24 日 周 知 の 通 り 石 油 は 現 代 文 明 に 欠 かせない 最 も 重 要 なエネルギー 物 質 である 石 油 は 世 界 経 済 の 血 液 と 言 われるほど 重 要 な 資 源 だから 各 国 の 争 奪 の 的 でもある 石 油 資 源 が 限 られたところに 集 中 していることから 世 界 貿 易 総 額 の 10%のシェアを 占 める 重 要

More information

国 輸 出 信 用 供 与 国 内 借 入 国 家 予 算 の 3 つから 調 達 される 100 兆 ルピアが 外 国 / 国 内 借 入 か ら 調 達 され 残 りは 国 家 予 算 から 調 達 される 予 定 である TNI の 老 朽 化 した 装 備 を 近 代 化 する ために イン

国 輸 出 信 用 供 与 国 内 借 入 国 家 予 算 の 3 つから 調 達 される 100 兆 ルピアが 外 国 / 国 内 借 入 か ら 調 達 され 残 りは 国 家 予 算 から 調 達 される 予 定 である TNI の 老 朽 化 した 装 備 を 近 代 化 する ために イン インドネシアにおける 軍 需 産 業 の 可 能 性 (Opportunities in Defense Industry in Indonesia) 背 景 過 少 投 資 が 数 十 年 続 いていたが インドネシア 政 府 は 近 年 国 防 強 化 に 関 して 精 力 的 な 努 力 を 見 せている インドネシア 国 軍 (Tentara Nasional Indonesia, TNI)は

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 防 衛 予 算 案 の 概 要 防 衛 省 注 1: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 装 備 品 等 の 製 造 等 に 要 する 初 度 費 を 除 く 経 費 を 表 示 している 2: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 契 約 ベースである 3: 本 文 中 の 青 字 は 新 規 事 業 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

1. 知 財 活 動 のグローバル 化 2. 特 許 庁 等 の 特 許 情 報 サービス 3. 特 許 情 報 の 普 及 活 用 の 今 後 2

1. 知 財 活 動 のグローバル 化 2. 特 許 庁 等 の 特 許 情 報 サービス 3. 特 許 情 報 の 普 及 活 用 の 今 後 2 特 許 情 報 普 及 に 関 する わが 国 特 許 庁 の 取 組 特 許 情 報 フェア&コンファレンス2015 平 成 27 年 11 月 5 日 特 許 庁 総 務 部 総 務 課 特 許 情 報 室 長 横 井 巨 人 1 1. 知 財 活 動 のグローバル 化 2. 特 許 庁 等 の 特 許 情 報 サービス 3. 特 許 情 報 の 普 及 活 用 の 今 後 2 1(1) 特 許

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9> 憲 法 から 平 和 と 安 全 保 障 を 考 える 日 本 の 未 来 はどうなるか? 関 西 学 院 大 学 法 学 部 長 岡 徹 一 統 幕 内 部 文 書 の 衝 撃 1 ガイドラインこそが 防 衛 当 局 にとっての 最 高 法 規 4.27 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 第 3 次 ガイドライン 合 意 4.29 安 倍 首 相 米 議 会 演 説 安 保 法 制 の

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

ある 東 西 冷 戦 間 アジアには 朝 鮮 戦 争 とベトナム 戦 争 に 代 表 されるように 冷 戦 が 熱 戦 化 した 歴 史 がある そのいずれにも 米 中 は 敵 対 する 関 係 で 直 接 的 間 接 的 に 関 与 した 特 に 朝 鮮 戦 争 において 両 国 は 直 接 戦

ある 東 西 冷 戦 間 アジアには 朝 鮮 戦 争 とベトナム 戦 争 に 代 表 されるように 冷 戦 が 熱 戦 化 した 歴 史 がある そのいずれにも 米 中 は 敵 対 する 関 係 で 直 接 的 間 接 的 に 関 与 した 特 に 朝 鮮 戦 争 において 両 国 は 直 接 戦 台 湾 有 事 は 日 本 有 事 その 時 に わが 国 はどう 備 えなければならないか? 樋 口 譲 次 はじめに アジアを 主 戦 場 とした 米 中 冷 戦 はすでに 始 まっている 中 東 における 対 テロ 戦 に 一 応 の 決 着 をつけた 米 国 は 戦 略 の 重 点 をアジアへ 向 けて 急 転 換 している その 矛 先 は 21 世 紀 の 東 アジア/アジア 太 平 洋

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030302D312D348D5A814082CD82B582AA82ABB8DEDBB0CADED9A5BAD3DDBDDE2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030302D312D348D5A814082CD82B582AA82ABB8DEDBB0CADED9A5BAD3DDBDDE2E646F63> 第 6 章 北 極 海 と 日 米 同 盟 金 田 秀 昭 はじめに 近 年 地 球 温 暖 化 の 影 響 を 受 けて 夏 季 においては 北 極 海 の 万 年 氷 が 融 氷 するという 変 化 が 生 じ 砕 氷 能 力 の 無 い 船 舶 の 航 行 が 可 能 となった この 結 果 北 極 海 に 関 しては 欧 州 とアジアを 短 距 離 で 結 ぶ 国 際 的 な 海 上 交 通

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

綾瀬市と厚木基地.indd

綾瀬市と厚木基地.indd 昭 和 13 年 年 月 日 事 項 旧 日 本 軍 が 航 空 基 地 として 建 設 に 着 手 16 年 帝 都 防 衛 海 軍 基 地 として 建 設 を 開 始 し 相 模 野 航 空 隊 高 座 海 軍 工 廠 を 設 置 20 年 8 月 15 日 太 平 洋 戦 争 終 結 8 月 30 日 連 合 国 軍 最 高 司 令 官 ダグラス マッカーサー 元 帥 が 到 着 し 占 領

More information

Microsoft PowerPoint - sample_ ppt

Microsoft PowerPoint - sample_ ppt 追 加 型 証 券 投 資 信 託 /ファンド オブ ファンズ/ 自 動 継 続 投 資 適 用 080324-CS-6 7エジプト 主 な 投 資 対 象 地 域 1サウジアラビア 8モロッコ 2アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE) 9チュニジア 8 9 7 10 11 3 6 5 3クウェート 10ヨルダン 1 2 4 4オマーン 11レバノン 5カタール 6バーレーン 上 記 の 国 への

More information

TOPICs 南 北 アメリカ 大 陸 は 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にとって 重 要 な 市 場 となっている by EIA 1 月 20 日 北 米 中 米 カリブ 海 南 米 をまとめてアメリカとすれば 世 界 の 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にはアメリカは 大 きな 割 合

TOPICs 南 北 アメリカ 大 陸 は 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にとって 重 要 な 市 場 となっている by EIA 1 月 20 日 北 米 中 米 カリブ 海 南 米 をまとめてアメリカとすれば 世 界 の 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にはアメリカは 大 きな 割 合 週 刊 原 油 世 界 の 原 油 情 報 がここに 凝 縮 されています 毎 週 木 曜 日 午 後 発 行 NY 原 油 価 格 100ドル 超 え 発 行 日 : 2014/2/13 12 日 のNY 原 油 3 月 限 は+0.43ドル 高 の100.37ドル 米 エネルギー 情 報 局 (EIA) 統 計 でのガソリン 在 庫 の 予 想 外 の 減 少 や 受 渡 場 所 となるオクラホマ

More information

差し替え(目次追加ver)12月10日x1a

差し替え(目次追加ver)12月10日x1a 巻 末 資 料 最 近 の 主 要 公 安 動 向 国 際 関 係 主 要 公 安 動 向 1 月 6 日 1 2 月 3 月 3 日 4 月 13 日 5 月 1 我 が 国 の 海 上 保 安 庁 が, 島 根 県 の 隠 岐 島 沖 で 北 朝 鮮 からの 漂 流 船 の 乗 員 3 人 を 発 見, 保 護 した 後, 中 国 大 連 に 出 国 させ, 北 朝 鮮 側 に 引 渡 (9 日

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

5月号原稿.機関銃docx

5月号原稿.機関銃docx JADI 誌 2012 年 5 月 号 日 本 は 機 関 銃 先 進 国 であった はじめに: 機 関 銃 は 世 界 を 分 断 した 帝 国 主 義 象 徴 兵 器 19 世 紀 後 半 の 世 界 は 帝 国 主 義 が 台 頭 し 列 強 が 中 国 をはじめ 中 東 からアジア アフリカ その 他 地 域 を 強 欲 に 植 民 地 化 した 日 本 は 1868 年 明 治 維 新 を

More information

「活米」の知恵出して日米同盟強化を

「活米」の知恵出して日米同盟強化を 活 米 の 知 恵 出 して 日 米 同 盟 強 化 を ~ 予 算 がかからない 政 策 転 換 で 防 衛 力 高 める~ 週 間 WING 2011 年 1 月 5 号 (インタビュー 記 事 ) 織 田 邦 男 元 空 将 新 防 衛 計 画 の 大 綱 および 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 が 昨 年 12 月 17 日 に 策 定 された 今 後 10 年 間 を 目 途 に 防

More information

国 家 税 務 総 局 による 輸 出 貨 物 還 付 ( 免 ) 税 に 関 する 若 干 問 題 の 通 知 国 税 発 [2006]102 号 2006 年 7 月 12 日 国 家 税 務 総 局 各 省 自 治 区 直 轄 市 及 び 計 画 単 列 市 国 家 税 務 局 : 一 部 の

国 家 税 務 総 局 による 輸 出 貨 物 還 付 ( 免 ) 税 に 関 する 若 干 問 題 の 通 知 国 税 発 [2006]102 号 2006 年 7 月 12 日 国 家 税 務 総 局 各 省 自 治 区 直 轄 市 及 び 計 画 単 列 市 国 家 税 務 局 : 一 部 の 輸 出 貨 物 還 付 ( 免 ) 税 に 関 する 若 干 問 題 の 通 知 2006 年 7 月 12 日 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 上 海 センター 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 等 をできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりま すが 本 資 料 で 提 供 した 情 報 等 の 正 確 性

More information