第 1 章 総 則 ( 目 的 及 び 適 用 海 域 ) 第 1 条 この 法 律 は 船 舶 交 通 がふくそうする 海 域 における 船 舶 交 通 について 特 別 の 交 通 方 法 を 定 めるとともに その 危 険 を 防 止 するための 規 制 を 行 うことにより 船 舶 交 通

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 1 章 総 則 ( 目 的 及 び 適 用 海 域 ) 第 1 条 この 法 律 は 船 舶 交 通 がふくそうする 海 域 における 船 舶 交 通 について 特 別 の 交 通 方 法 を 定 めるとともに その 危 険 を 防 止 するための 規 制 を 行 うことにより 船 舶 交 通"

Transcription

1 日 本 国 内 の 船 舶 交 通 が 輻 輳 する 特 殊 な 海 域 ( 東 京 湾 伊 勢 湾 大 阪 湾 を 含 む 瀬 戸 内 海 )では 船 舶 交 通 について 特 別 の 交 通 方 法 を 定 めるとともに その 危 険 を 防 止 するための 規 制 を 行 うことにより 船 舶 交 通 の 安 全 を 図 ることを 目 的 とした 海 上 衝 突 予 防 法 の 特 則 として 海 上 交 通 安 全 法 が 制 定 されている 海 上 交 通 安 全 法 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) ( 目 的 及 び 適 用 海 域 )( 定 義 )( 航 路 の 名 称 及 び 所 在 海 域 ( 別 表 )) 第 2 章 交 通 の 方 法 ( 第 3 条 ~ 第 29 条 ) 第 1 節 航 路 における 一 般 的 航 法 ( 第 3 条 ~ 第 10 条 ) ( 避 航 等 )( 航 路 航 行 義 務 ) ( 速 力 の 制 限 )( 追 越 しの 場 合 の 信 号 )( 行 先 の 表 示 ) ( 航 路 の 横 断 の 方 法 )( 航 路 への 出 入 又 は 航 路 の 横 断 の 制 限 )(びよう 泊 の 禁 止 ) 第 2 節 航 路 ごとの 航 法 ( 第 11 条 ~ 第 21 条 ) ( 浦 賀 水 道 航 路 及 び 中 ノ 瀬 航 路 )( 伊 良 湖 水 道 航 路 )( 明 石 海 峡 航 路 ) ( 備 讃 瀬 戸 東 航 路 宇 高 東 航 路 及 び 宇 高 西 航 路 ) ( 備 讃 瀬 戸 北 航 路 備 讃 瀬 戸 南 航 路 及 び 水 島 航 路 ) ( 来 島 海 峡 航 路 ) 第 3 節 特 殊 な 船 舶 の 航 路 における 交 通 方 法 の 特 則 ( 第 22 条 ~ 第 24 条 ) ( 巨 大 船 等 の 航 行 に 関 する 通 報 )( 巨 大 船 等 に 対 する 指 示 ) ( 緊 急 用 務 を 行 なう 船 舶 等 に 関 する 航 法 の 特 例 ) 第 4 節 狭 い 水 道 における 航 法 ( 第 25 条 ) ( 狭 い 水 道 における 航 法 ) 第 5 節 危 険 防 止 のための 交 通 制 限 等 ( 第 26 条 ) ( 危 険 防 止 のための 交 通 制 限 等 ) 第 6 節 灯 火 等 ( 第 27 条 ~ 第 29 条 ) ( 巨 大 船 及 び 危 険 物 積 載 船 の 灯 火 等 )( 帆 船 の 灯 火 等 )( 物 件 えい 航 船 の 音 響 信 号 等 ) 第 3 章 危 険 の 防 止 ( 第 30 条 ~ 第 33 条 ) ( 航 路 及 びその 周 辺 の 海 域 における 工 事 等 ) ( 航 路 及 びその 周 辺 の 海 域 以 外 の 海 域 における 工 事 等 ) ( 違 反 行 為 者 に 対 する 措 置 命 令 ) ( 海 難 が 発 生 した 場 合 の 措 置 ) 第 4 章 雑 則 ( 第 34 条 ~ 第 39 条 ) ( 航 路 等 の 海 図 への 記 載 )( 航 路 等 を 示 す 航 路 標 識 の 設 置 )( 交 通 政 策 審 議 会 への 諮 問 ) ( 権 限 の 委 任 )( 行 政 手 続 法 の 適 用 除 外 )( 国 土 交 通 省 令 への 委 任 )( 経 過 措 置 ) 第 5 章 罰 則 ( 第 40 条 ~ 第 43 条 ) 海 上 交 通 安 全 法 施 行 規 則 海 上 交 通 安 全 法 施 行 令

2 第 1 章 総 則 ( 目 的 及 び 適 用 海 域 ) 第 1 条 この 法 律 は 船 舶 交 通 がふくそうする 海 域 における 船 舶 交 通 について 特 別 の 交 通 方 法 を 定 めるとともに その 危 険 を 防 止 するための 規 制 を 行 うことにより 船 舶 交 通 の 安 全 を 図 ることを 目 的 とする 2 この 法 律 は 東 京 湾 伊 勢 湾 ( 伊 勢 湾 の 湾 口 に 接 する 海 域 及 び 三 河 湾 のうち 伊 勢 湾 に 接 する 海 域 を 含 む ) 及 び 瀬 戸 内 海 のうち 次 の 各 号 に 掲 げる 海 域 以 外 の 海 域 に 適 用 するものとし これらの 海 域 と 他 の 海 域 ( 次 の 各 号 に 掲 げる 海 域 を 除 く )との 境 界 は 政 令 で 定 める (1) 港 則 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 174 号 )に 基 づく 港 の 区 域 (2) 港 則 法 に 基 づく 港 以 外 の 港 である 港 湾 に 係 る 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 港 湾 区 域 (3) 漁 港 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 137 号 ) 第 5 条 第 1 項 の 規 定 により 農 林 水 産 大 臣 が 指 定 した 漁 港 の 区 域 内 の 海 域 (4) 陸 岸 に 沿 う 海 域 のうち 漁 船 以 外 の 船 舶 が 通 常 航 行 していない 海 域 として 政 令 で 定 める 海 域 ( 定 義 ) 第 2 条 この 法 律 において 航 路 とは 別 表 に 掲 げる 海 域 における 船 舶 の 通 路 として 政 令 で 定 める 海 域 をいい その 名 称 は 同 表 に 掲 げるとおりとする 2 この 法 律 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 めるところによる (1) 船 舶 水 上 輸 送 の 用 に 供 する 船 舟 類 をいう (2) 巨 大 船 長 さ200m 以 上 の 船 舶 をいう (3) 漁 ろう 船 等 次 に 掲 げる 船 舶 をいう イ 漁 ろうに 従 事 している 船 舶 ロ 工 事 又 は 作 業 を 行 っているため 接 近 してくる 他 の 船 舶 の 進 路 を 避 けることが 容 易 でない 国 土 交 通 省 令 で 定 める 船 舶 で 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 燈 火 又 は 標 識 を 表 示 しているもの 国 土 交 通 省 令 で 定 める 船 舶 とは 第 30 条 第 1 項 の 規 定 による 許 可 を 受 けている 船 舶 国 土 交 通 省 令 で 定 める 燈 火 および 標 識 少 なくとも2 海 里 の 視 認 距 離 を 有 する 緑 色 の 全 周 灯 二 個 で 最 も 見 えやすい 場 所 に2m( 長 さ20m 未 満 の 船 舶 にあっては 1m) 以 上 隔 てて 垂 直 線 上 に 連 掲 されたもの 上 の 一 個 が 白 色 のひし 形 下 の 二 個 が 紅 色 の 球 形 である 三 個 の 形 象 物 ( 長 さ20m 以 上 の 船 舶 にあっては その 直 径 は 0.6m 以 上 とする )で 最 も 見 えやすい 場 所 にそれぞれ 一 五 メートル 以 上 隔 てて 垂 直 線 上 に 連 掲 されたもの 許 可 を 受 けて 工 事 作 業 を 行 っている 船 舶 0.6m 以 上 マスト 灯 緑 色 全 周 灯 緑 色 全 周 灯 2m 以 上 げん 灯 船 尾 灯 白 色 菱 形 形 象 物 赤 色 九 形 形 象 物 赤 色 九 形 形 象 物 1.5m 以 上 1.5m 以 上 法 2 条 2 項 3 号 -ロ 則 2 条 2 項 1 号 法 2 条 2 項 3 号 -ロ 則 2 条 2 項 2 号

3 3 この 法 律 において 漁 ろうに 従 事 している 船 舶 長 さ 及 び 汽 笛 の 意 義 は それぞれ 海 上 衝 突 予 防 法 ( 昭 和 52 年 法 律 第 62 号 ) 第 3 条 第 4 項 及 び 第 10 項 並 びに 第 32 条 第 1 項 に 規 定 する 当 該 用 語 の 意 議 による 別 表 航 路 の 名 称 浦 賀 水 道 航 路 中 ノ 瀬 航 路 伊 良 湖 水 道 航 路 明 石 海 峡 航 路 備 讃 瀬 戸 東 航 路 宇 高 東 航 路 宇 高 西 航 路 備 讃 瀬 戸 北 航 路 備 讃 瀬 戸 南 航 路 水 島 航 路 来 島 海 峡 航 路 東 京 湾 中 ノ 瀬 の 東 側 の 海 域 伊 良 湖 水 道 明 石 海 峡 所 在 海 域 東 京 湾 中 ノ 瀬 の 南 方 から 久 里 浜 湾 沖 に 至 る 海 域 瀬 戸 内 海 のうち 小 豆 島 地 蔵 埼 沖 から 豊 島 と 男 木 島 との 間 を 経 て 小 与 島 と 小 瀬 居 島 との 間 に 至 る 海 域 瀬 戸 内 海 のうち 荒 神 島 の 南 方 から 中 瀬 の 西 方 に 至 る 海 域 瀬 戸 内 海 のうち 大 槌 島 の 東 方 から 神 在 鼻 沖 に 至 る 海 域 瀬 戸 内 海 のうち 小 与 鳥 と 小 瀬 居 島 との 間 から 佐 柳 島 と 二 面 島 との 間 に 至 る 海 域 で 牛 島 及 び 高 見 島 の 北 側 の 海 域 瀬 戸 内 海 のうち 小 与 島 と 小 瀬 居 島 との 間 から 二 面 島 と 粟 島 との 間 に 至 る 海 域 で 牛 島 及 び 高 見 島 の 南 側 の 海 域 瀬 戸 内 海 のうち 水 島 港 から 葛 島 の 西 方 濃 地 諸 島 の 東 方 及 び 与 鳥 と 本 島 との 間 を 経 て 沙 弥 島 の 北 方 に 至 る 海 域 瀬 戸 内 海 のうち 大 島 と 今 治 港 との 間 から 来 島 海 峡 を 経 て 大 下 島 の 南 方 に 至 る 海 域

4 第 2 章 交 通 方 法 第 1 節 航 路 における 一 般 的 航 法 ( 避 航 等 ) 第 3 条 航 路 外 から 航 路 に 入 り 航 路 から 航 路 外 に 出 若 しくは 航 路 を 横 断 しようとし 又 は 航 路 をこれに 沿 わないで 航 行 し ている 船 舶 ( 漁 ろう 船 等 を 除 く )は 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 他 の 船 舶 と 衝 突 するおそれがあるときは 当 該 他 の 船 舶 の 進 路 を 避 けなければならない この 場 合 において 海 上 衝 突 予 防 法 第 9 条 第 2 項 第 12 条 第 1 項 第 13 条 第 1 項 第 14 条 第 1 項 第 15 条 第 1 項 前 段 及 び 第 18 条 第 1 項 ( 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 る )の 規 定 は 当 該 他 の 船 舶 について 適 用 し ない 2 航 路 外 から 航 路 に 入 り 航 路 から 航 路 外 に 出 若 しくは 航 路 を 横 断 しようとし 若 しくは 航 路 をこれに 沿 わないで 航 行 し ている 漁 ろう 船 等 又 は 航 路 で 停 留 している 船 舶 は 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 巨 大 船 と 衝 突 するおそれがあるときは 当 該 巨 大 船 の 進 路 を 避 けなければならない この 場 合 において 海 上 衝 突 予 防 法 第 9 条 第 2 項 及 び 第 3 項 第 13 条 第 1 項 第 14 条 第 1 項 第 15 条 第 1 項 前 段 並 びに 第 18 条 第 1 項 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 る )の 規 定 は 当 該 巨 大 船 につ いて 適 用 しない 図 において A 船 が 巨 大 船 とすればB 船 C 船 D 船 及 びE 船 が 漁 ろう 船 等 であっても 巨 大 船 の 進 路 を 避 けなければ ならない 3 前 2 項 の 規 定 の 適 用 については 次 の 各 号 に 掲 げる 船 舶 は 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 船 舶 でないものとみな す (1) 第 11 条 第 13 条 第 15 条 第 16 条 第 18 条 ( 第 4 項 を 除 く ) 又 は 第 20 条 第 1 項 の 規 定 による 交 通 方 法 に 従 わ ないで 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 船 舶 (2) 第 26 条 第 2 項 又 は 第 3 項 の 規 定 により 前 号 に 掲 げる 規 定 による 交 通 方 法 と 異 なる 交 通 方 法 が 定 められた 場 合 にお いて 当 該 交 通 方 法 に 従 わないで 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 船 舶 D 船 ( 航 路 を 横 断 する 船 舶 ) B 船 ( 航 路 外 から 航 路 へ 入 る 船 舶 ) ( 航 路 ブイ) ( 航 路 ブイ) E 船 ( 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 船 舶 ) A 船 ( 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 船 舶 ) ( 航 路 中 央 線 ) ( 航 路 中 央 ブイ) ( 航 路 中 央 ブイ) C 船 ( 航 路 から 航 路 外 へ 出 る 船 舶 ) ( 航 路 ブイ) ( 航 路 ブイ) 上 図 において A 船 は 中 央 線 より 右 側 の 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 船 舶 B C DおよびE 船 は 漁 ろう 船 等 を 除 きA 船 の 進 路 を 避 けなければならない 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 船 舶 であっても 航 路 内 の 漁 ろう 船 等 の 進 路 は 避 けなければならない

5 ( 航 路 航 行 義 務 ) 第 4 条 長 さが 国 土 交 通 省 令 で 定 める 長 さ 以 上 である 船 舶 は 航 路 の 附 近 にある 国 土 交 通 省 令 で 定 める 二 の 地 点 の 間 を 航 行 しようとするときは 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 当 該 航 路 又 はその 区 間 をこれに 沿 って 航 行 しなければなら ない ただし 海 難 を 避 けるため 又 は 人 命 若 しくは 他 の 船 舶 を 救 助 するためやむを 得 ない 事 由 があるときは この 限 りでな い 国 土 交 通 省 令 で 定 める 航 路 航 行 義 務 船 とは 長 さが50m 以 上 の 船 舶 国 土 交 通 省 令 で 定 める 航 路 航 行 区 間 とは 施 行 規 則 別 表 第 一 の 航 路 又 はその 区 間 ( 速 力 の 制 限 ) 第 5 条 国 土 交 通 省 令 で 定 める 航 路 の 区 間 においては 船 舶 は 当 該 航 路 を 横 断 する 場 合 を 除 き 当 該 区 間 ごとに 国 土 交 通 省 令 で 定 める 速 力 をこえる 速 力 で 航 行 してはならない ただし 海 難 を 避 けるため 又 は 人 命 若 しくは 他 の 船 舶 を 救 助 する ためやむを 得 ない 事 由 があるときは この 限 りでない 国 土 交 通 省 令 で 定 める 速 力 は 対 水 速 力 12ノット ( 追 越 しの 場 合 の 信 号 ) 第 6 条 追 越 し 船 ( 海 上 衝 突 予 防 法 第 13 条 第 2 項 又 は 第 3 項 の 規 定 による 追 越 し 船 をいう )で 汽 笛 を 備 えているものは 航 路 において 他 の 船 舶 を 追 い 越 そうとするときは 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 信 号 を 行 わなければならない ただし 同 法 第 九 条 第 四 項 前 段 の 規 定 による 汽 笛 信 号 を 行 うときは この 限 りでない 他 船 の 右 げん 側 を 追 い 越 そうとするときは 長 音 一 回 に 引 き 続 く 短 音 一 回 の 汽 笛 信 号 他 船 の 左 げん 側 を 追 い 越 そうとするときは 長 音 一 回 に 引 き 続 く 短 音 二 回 の 汽 笛 信 号 ( 行 先 の 表 示 ) 第 7 条 船 舶 ( 汽 笛 を 備 えていない 船 舶 その 他 国 土 交 通 省 令 で 定 める 船 舶 を 除 く )は 航 路 外 から 航 路 に 入 り 航 路 から 航 路 外 に 出 又 は 航 路 を 横 断 しようとするときは 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 信 号 により 行 先 を 表 示 しなければな らない 国 土 交 通 省 令 で 定 める 行 先 信 号 施 行 規 則 ( 別 表 第 二 ) ( 航 路 の 横 断 の 方 法 ) 第 8 条 航 路 を 横 断 する 船 舶 は 当 該 航 路 に 対 しできる 限 り 直 角 に 近 い 角 度 で すみやかに 横 断 しなければならない 2 前 項 の 規 定 は 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 船 舶 が 当 該 航 路 と 交 差 する 航 路 を 横 断 することとなる 場 合 について は 適 用 しない ( 航 路 への 出 入 又 は 航 路 の 横 断 の 制 限 ) 第 9 条 国 土 交 通 省 令 で 定 める 航 路 の 区 間 においては 船 舶 は 航 路 外 から 航 路 に 入 り 航 路 から 航 路 外 に 出 又 は 航 路 を 横 断 する 航 行 のうち 当 該 区 間 ごとに 国 土 交 通 省 令 で 定 めるものをしてはならない ただし 海 難 を 避 けるため 又 は 人 命 若 しくは 他 の 船 舶 を 救 助 するためやむを 得 ない 事 由 があるときは この 限 りでない 国 土 交 通 省 令 で 定 める 航 路 への 出 入 又 は 航 路 の 横 断 の 制 限 区 間 の 表 (びよう 泊 の 禁 止 ) 第 10 条 船 舶 は 航 路 においては びょう 泊 (びょう 泊 をしている 船 舶 にする 係 留 を 含 む 以 下 同 じ )をしてはならない た だし 海 難 を 避 けるため 又 は 人 命 若 しくは 他 の 船 舶 を 救 助 するためやむを 得 ない 事 由 があるときは この 限 りでない

6 第 2 節 航 路 ごとの 航 法 ( 浦 賀 水 道 航 路 及 び 中 ノ 瀬 航 路 ) 第 11 条 船 舶 は 浦 賀 水 道 航 路 をこれに 沿 って 航 行 するときは 同 航 路 の 中 央 から 右 の 部 分 を 航 行 しなければならない 2 船 舶 は 中 ノ 瀬 航 路 をこれに 沿 って 航 行 するときは 北 の 方 向 に 航 行 しなければならない 第 12 条 航 行 し 又 は 停 留 している 船 舶 ( 巨 大 船 を 除 く )は 浦 賀 水 道 航 路 をこれに 沿 って 航 行 し 同 航 路 から 中 ノ 瀬 航 路 に 入 ろうとしている 巨 大 船 と 衝 突 するおそれがあるときは 当 該 巨 大 船 の 進 路 を 避 けなければならない この 場 合 において 第 3 条 第 1 項 並 びに 海 上 衝 突 予 防 法 第 9 条 第 2 項 及 び 第 3 項 第 13 条 第 1 項 第 14 条 第 1 項 第 15 条 第 1 項 前 段 並 びに 第 18 条 第 1 項 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) の 規 定 は 当 該 巨 大 船 について 適 用 しない 2 第 3 条 第 3 項 の 規 定 は 前 項 の 規 定 を 適 用 する 場 合 における 浦 賀 水 道 航 路 をこれに 沿 って 航 行 する 巨 大 船 について 準 用 する 左 図 は 東 京 湾 の 浦 賀 水 道 航 路 と 中 ノ 瀬 航 路 を 示 す 浦 賀 水 道 航 路 は 航 路 の 中 央 にブイが 設 置 されており 航 路 の 中 央 線 が 識 別 できるので 船 舶 は この 中 央 線 より 右 側 を 航 行 しなければならない 中 ノ 瀬 航 路 には 中 央 線 はな く 北 の 方 向 に 航 行 する 船 舶 の 一 方 通 行 の 航 路 である 従 ってこの 航 路 は 東 京 港 や 千 葉 港 に 向 けて 航 行 する 船 舶 が 使 用 する 通 常 横 浜 港 や 川 崎 港 に 向 か う 船 舶 は 浦 賀 水 道 航 路 の 北 端 を 出 航 し 北 航 して それぞれの 港 外 に 向 かう また 東 京 港 や 千 葉 港 を 出 港 して 浦 賀 水 道 航 路 を 南 下 する 船 舶 は 中 ノ 瀬 航 路 の 西 側 を 航 行 し 浦 賀 水 道 航 路 の 北 端 から 同 航 路 に 入 航 する 浦 賀 水 道 航 路 をこれに 沿 って 北 の 方 向 に 航 行 し 同 航 路 から 中 ノ 瀬 航 路 に 入 ろうとする 船 舶 や 同 航 路 の 西 側 の 側 方 の 境 界 線 を 横 切 つて 横 須 賀 港 の 区 域 に 入 ろうとする 船 舶 横 須 賀 港 の 区 域 外 に 出 浦 賀 水 道 航 路 を 横 断 して 中 ノ 瀬 航 路 に 入 ろうとす る 船 舶 などは 行 き 先 の 表 示 を しなければならない 図 面 出 展 : 東 京 湾 海 上 交 通 センターホームページ

7 ( 伊 良 湖 水 道 航 路 ) 第 13 条 船 舶 は 伊 良 湖 水 道 航 路 をこれに 沿 って 航 行 するときは できる 限 り 同 航 路 の 中 央 から 右 の 部 分 を 航 行 しなけ ればならない 第 14 条 伊 良 湖 水 道 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 船 舶 ( 巨 大 船 を 除 く )は 同 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 巨 大 船 と 行 き 会 う 場 合 において 衝 突 するおそれがあるときは 当 該 巨 大 船 の 進 路 を 避 けなければならない この 場 合 において 海 上 衝 突 予 防 法 第 9 条 第 2 項 及 び 第 3 項 第 14 条 第 1 項 並 びに 第 18 条 第 1 項 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 る )の 規 定 は 当 該 巨 大 船 について 適 用 しない 2 第 3 条 第 3 項 の 規 定 は 前 項 の 規 定 を 適 用 する 場 合 における 伊 良 湖 水 道 航 路 をこれに 沿 って 航 行 する 巨 大 船 について 準 用 する 3 海 上 保 安 庁 長 官 は 伊 良 湖 水 道 航 路 をこれに 沿 って 航 行 しようとする 巨 大 船 と 巨 大 船 以 外 の 他 の 船 舶 ( 長 さが 国 土 交 通 省 令 で 定 める 長 さ 以 上 のものに 限 る )とが 同 航 路 内 において 行 き 会 うことが 予 想 される 場 合 において その 行 き 会 いが 危 険 であると 認 めるときは 当 該 他 の 船 舶 に 対 し 信 号 その 他 の 方 法 により 当 該 巨 大 船 との 航 路 内 における 行 き 会 いを 避 けるため 必 要 な 間 航 路 外 で 待 機 すべき 旨 を 指 示 することができる 4 前 項 の 規 定 による 指 示 を 信 号 によつて 行 なう 場 合 の 信 号 の 方 法 及 び 意 味 は 国 土 交 通 省 令 で 定 める 図 面 出 展 : 伊 勢 湾 海 上 交 通 センターホームページ 図 は 伊 勢 湾 及 び 伊 良 湖 水 道 航 路 を 示 したもの この 航 路 には 中 央 線 は 設 定 されていない 従 って 船 舶 はできる 限 り 航 路 内 の 右 側 を 航 行 しなければならない 国 土 交 通 省 で 定 める 長 さは130mで 信 号 の 方 法 及 び 意 味 は 国 土 交 通 省 で 定 められている

8 ( 明 石 海 峡 航 路 ) 第 15 条 船 舶 は 明 石 海 峡 航 路 をこれに 沿 って 航 行 するときは 同 航 路 の 中 央 から 右 の 部 分 を 航 行 しなければならない 左 図 は 明 石 海 峡 にある 明 石 海 峡 航 路 を 示 したもの 明 石 海 峡 航 路 は 航 路 の 中 央 にブイが 設 置 されており 航 路 の 中 央 線 が 識 別 できるので 船 舶 はこの 中 央 線 より 右 側 を 航 行 しなければな らない 図 面 出 展 : 大 阪 湾 海 上 交 通 センターホームページ 明 石 海 峡 航 路 をより 安 全 に 航 行 するため 大 型 船 は 大 阪 湾 海 上 交 通 セン ターへ 航 路 通 報 を 行 うことになっ ている 明 石 海 峡 航 路 出 入 口 付 近 における 航 法 1. 総 トン 数 5,000トン 以 上 の 船 舶 は 次 の 航 行 方 法 によること (1) 東 側 海 域 における 航 行 方 法 1 航 路 に 入 航 しようとする 船 舶 は 明 石 海 峡 航 路 東 方 灯 浮 標 ( 北 緯 34 度 35.0 分 東 経 135 度 04.9 分 該 位 )を 左 げんに 見 て 通 過 し 航 路 に 向 うこと 2 航 路 を 出 航 して 神 戸 港 又 は 大 阪 港 方 面 に 向 う 船 舶 は 同 灯 浮 標 を 左 げん 側 に 見 て 通 過 すること (2) 西 側 海 域 における 航 行 方 法 姫 路 港 又 は 東 播 磨 港 方 面 から 航 路 に 入 航 しようとする 船 舶 は 明 石 海 峡 航 路 西 方 灯 浮 標 ( 北 緯 34 度 36.5 分 東 経 134 度 56.7 分 概 位 )を 左 げん 側 に 見 て 通 過 し 航 路 に 向 かうこと 2. 航 路 内 を 航 行 する 船 舶 は 航 路 航 行 義 務 のない 全 長 50メートル 未 満 の 船 舶 であってもできる 限 り 航 路 の 入 口 から 入 航 すること 左 図 は 大 阪 湾 を 含 む 瀬 戸 内 海 の 青 色 の 海 域 は 海 上 交 通 安 全 法 の 適 用 海 域 を 示 したもので この 海 域 には8つの 航 路 が 設 定 されている

9 ( 備 讃 瀬 戸 東 航 路 宇 高 東 航 路 及 び 宇 高 西 航 路 ) 第 16 条 船 舶 は 備 讃 瀬 戸 東 航 路 をこれに 沿 って 航 行 するときは 同 航 路 の 中 央 から 右 の 部 分 を 航 行 しなければならない 2 船 舶 は 宇 高 東 航 路 をこれに 沿 って 航 行 するときは 北 の 方 向 に 航 行 しなければならない 3 船 舶 は 宇 高 西 航 路 をこれに 沿 って 航 行 するときは 南 の 方 向 に 航 行 しなければならない 第 17 条 宇 高 東 航 路 又 は 字 高 西 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 船 舶 は 備 讃 瀬 戸 東 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 巨 大 船 と 衝 突 するおそれがあるときは 当 該 巨 大 船 の 進 路 を 避 けなければならない この 場 合 において 海 上 衝 突 予 防 法 第 9 条 第 2 項 及 び 第 3 項 第 15 条 第 1 項 前 段 並 びに 第 18 条 第 1 項 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) の 規 定 は 当 該 巨 大 船 について 適 用 しない 2 航 行 し 又 は 停 留 している 船 舶 ( 巨 大 船 を 除 く )は 備 讃 瀬 戸 東 航 路 をこれに 沿 って 航 行 し 同 航 路 から 北 の 方 向 に 字 高 東 航 路 に 入 ろうとしており 又 は 宇 高 西 航 路 をこれに 沿 って 南 の 方 向 に 航 行 し 同 航 路 から 備 讃 瀬 戸 東 航 路 に 入 ろう としている 巨 大 船 と 衝 突 するおそれがあるときは 当 該 巨 大 船 の 進 路 を 避 けなければならない この 場 合 において 第 3 条 第 1 項 並 びに 海 上 衝 突 予 防 法 第 9 条 第 2 項 及 び 第 3 項 第 13 条 第 1 項 第 14 条 第 1 項 第 15 条 第 1 項 前 段 並 びに 第 18 条 第 1 項 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 る )の 規 定 は 当 該 巨 大 船 について 適 用 しない 3 第 3 条 第 3 項 の 規 定 は 前 2 項 の 規 定 を 適 用 する 場 合 における 備 讃 瀬 戸 東 航 路 をこれに 沿 って 航 行 する 巨 大 船 につい て 準 用 する 備 讃 瀬 戸 東 航 路 と 字 高 東 航 路 及 び 宇 高 西 航 路 を 航 行 する 一 般 の 動 力 船 間 においては 海 上 衝 突 予 防 法 第 15 条 の 横 切 り 船 の 航 法 が 適 用 される ( 備 讃 瀬 戸 北 航 路 備 讃 瀬 戸 南 航 路 及 び 水 島 航 路 ) 第 18 条 船 舶 は 備 讃 瀬 戸 北 航 路 をこれに 沿 って 航 行 するときは 西 の 方 向 に 航 行 しなければならない 2 船 舶 は 備 讃 瀬 戸 南 航 路 をこれに 沿 って 航 行 するときは 東 の 方 向 に 航 行 しなければならない 3 船 舶 は 水 島 航 路 をこれに 沿 って 航 行 するときは できる 限 り 同 航 路 の 中 央 から 右 の 部 分 を 航 行 しなければならない 4 第 14 条 の 規 定 は 水 鳥 航 路 について 準 用 する 水 島 航 路 について 国 土 交 通 省 令 で 定 める 長 さは 70m 国 土 交 通 省 令 で 定 める 信 号 の 方 法 及 び 意 味 を 掲 げる 表 ( 水 島 航 路 )

10 第 19 条 水 島 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 船 舶 ( 巨 大 船 及 び 漁 ろう 船 等 を 除 く )は 備 讃 瀬 戸 北 航 路 をこれに 沿 って 西 の 方 向 に 航 行 している 他 の 船 舶 と 衝 突 するおそれがあるときは 当 該 他 の 船 舶 の 進 路 を 避 けなければならない この 場 合 において 海 上 衝 突 予 防 法 第 9 条 第 2 項 第 12 条 第 1 項 第 15 条 第 1 項 前 段 及 び 第 18 条 第 1 項 ( 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 る )の 規 定 は 当 該 他 の 船 舶 について 適 用 しない 2 水 島 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 漁 ろう 船 等 は 備 讃 瀬 戸 北 航 路 をこれに 沿 って 西 の 方 向 に 航 行 している 巨 大 船 と 衝 突 するおそれがあるときは 当 該 巨 大 船 の 進 路 を 避 けなければならない この 場 合 において 海 上 衝 突 予 防 法 第 9 条 第 2 項 及 び 第 3 項 第 15 条 第 1 項 前 段 並 びに 第 18 条 第 1 項 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 る )の 規 定 は 当 該 巨 大 船 について 適 用 しない 3 備 讃 瀬 戸 北 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 船 舶 ( 巨 大 船 を 除 く )は 水 島 航 路 をこれに 沿 って 航 行 している 巨 大 船 と 衝 突 するおそれがあるときは 当 該 巨 大 船 の 進 路 を 避 けなければならない この 場 合 において 海 上 衝 突 予 防 法 第 9 条 第 2 項 及 び 第 3 項 第 15 条 第 1 項 前 段 並 びに 第 18 条 第 1 項 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 る )の 規 定 は 当 該 巨 大 船 に ついて 適 用 しない 4 航 行 し 又 は 停 留 している 船 舶 ( 巨 大 船 を 除 く )は 備 讃 瀬 戸 北 航 路 をこれに 沿 って 西 の 方 向 に 若 しくは 備 讃 瀬 戸 南 航 路 をこれに 沿 って 東 の 方 向 に 航 行 し これらの 航 路 から 水 島 航 路 に 入 ろうとしており 又 は 水 島 航 路 をこれに 沿 って 航 行 し 同 航 路 から 西 の 方 向 に 備 讃 瀬 戸 北 航 路 若 しくは 東 の 方 向 に 備 讃 瀬 戸 南 航 路 に 入 ろうとしている 巨 大 船 と 衝 突 するおそ れがあるときは 当 該 巨 大 船 の 進 路 を 避 けなければならない この 場 合 において 第 3 条 第 1 項 並 びに 海 上 衝 突 予 防 法 第 9 条 第 2 項 及 び 第 3 項 第 13 条 第 1 項 第 14 条 第 1 項 第 15 条 第 1 項 前 段 並 びに 第 18 条 第 1 項 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 に 係 る 部 分 に 限 る )の 規 定 は 当 該 巨 大 船 について 適 用 しない 5 第 三 条 第 三 項 の 規 定 は 前 二 項 の 規 定 を 適 用 する 場 合 における 水 島 航 路 をこれに 沿 って 航 行 する 巨 大 船 について 準 用 する 上 図 は 備 讃 瀬 戸 東 航 路 宇 高 東 航 路 宇 高 西 航 路 備 讃 瀬 戸 北 航 路 備 讃 瀬 戸 南 航 路 及 び 水 島 航 路 の6 航 路 を 示 したもの 備 讃 瀬 戸 東 航 路 は 航 路 の 中 央 にブイが 設 置 されており 航 路 の 中 央 線 が 識 別 できるので 船 舶 は この 中 央 線 より 右 側 を 航 行 しなければならない また 男 木 島 から 本 島 間 の 赤 色 の 濃 い 部 分 は 速 力 制 限 区 間 宇 高 東 航 路 は 北 航 に 宇 高 西 航 路 は 南 航 する 船 舶 の 一 方 通 行 の 航 路 に 指 定 されている 備 讃 瀬 戸 北 航 路 は 西 航 に 備 讃 瀬 戸 南 航 路 は 東 航 する 船 舶 の 一 方 通 行 の 航 路 に 指 定 されている 水 島 航 路 については 長 さが70mを 超 える 船 舶 は 交 通 管 制 に 従 って 航 行 しなければならない

11 ( 来 島 海 峡 航 路 ) 第 20 条 船 舶 は 来 島 海 峡 航 路 をこれに 沿 って 航 行 するときは 次 の 各 号 に 掲 げる 航 法 によらなければならない この 場 合 において これらの 航 法 によって 航 行 している 船 舶 については 海 上 衝 突 予 防 法 第 9 条 第 1 項 の 規 定 は 適 用 しない (1) 順 潮 の 場 合 は 来 島 海 峡 中 水 道 ( 以 下 中 水 道 という )を 逆 潮 の 場 合 は 来 島 海 峡 西 水 道 ( 以 下 西 水 道 という ) を 航 行 すること ただし これらの 水 道 を 航 行 している 間 に 転 流 があつた 場 合 は 引 き 続 き 当 該 水 道 を 航 行 することが できることとし また 西 水 道 を 航 行 して 小 鳥 と 波 止 浜 との 間 の 水 道 へ 出 ようとする 船 舶 又 は 同 水 道 から 来 鳥 海 峡 航 路 に 入 って 西 水 道 を 航 行 しようとする 船 舶 は 順 潮 の 場 合 であっても 西 水 道 を 航 行 することができることとする (2) 中 水 道 を 経 由 して 航 行 する 場 合 は できる 限 り 大 島 及 び 大 下 島 側 に 近 寄 って 航 行 すること (3) 西 水 道 を 経 由 して 航 行 する 場 合 は できる 限 り 四 国 側 に 近 寄 って 航 行 すること この 場 合 において 西 水 道 を 航 行 し て 小 鳥 と 波 止 浜 との 間 の 水 道 へ 出 ようとする 船 舶 又 は 同 水 道 から 来 島 海 峡 航 路 に 入 って 西 水 道 を 航 行 しようとする 船 舶 は その 他 の 船 舶 の 四 国 側 を 航 行 しなければならない 2 前 項 第 1 号 の 潮 流 の 流 向 は 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 海 上 保 安 庁 長 官 が 信 号 により 示 す 流 向 による 海 上 保 安 庁 長 官 が 示 す 流 向 は 来 島 長 瀬 ノ 鼻 潮 流 信 号 所 中 渡 島 潮 流 信 号 所 大 浜 潮 流 信 号 所 津 島 潮 流 信 号 所 来 島 大 角 鼻 潮 流 信 号 所 の 示 す 潮 流 信 号 によるものとする 第 21 条 汽 笛 を 備 えている 船 舶 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 は 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 信 号 を 行 なわなければ ならない (1) 中 水 道 又 は 西 水 道 を 来 島 海 峡 航 路 に 沿 って 航 行 する 場 合 において 前 条 第 2 項 の 規 定 による 信 号 により 転 流 する ことが 予 告 され 中 水 道 又 は 西 水 道 の 通 過 中 に 転 流 すると 予 想 されるとき 津 島 一 ノ 瀬 鼻 又 は 竜 神 島 に 並 航 した 時 から 中 水 道 を 通 過 し 終 る 時 まで 汽 笛 を 用 いて 鳴 らす 長 音 一 回 ( 中 水 道 に 係 る 場 合 に 限 る ) 津 島 一 ノ 瀬 鼻 又 は 竜 神 島 に 並 航 した 時 から 西 水 道 を 通 過 し 終 る 時 まで 汽 笛 を 用 いて 鳴 らす 長 音 二 回 ( 西 水 道 に 係 る 場 合 に 限 る ) (2) 西 水 道 を 来 島 海 峡 航 路 に 沿 って 航 行 して 小 島 と 波 止 浜 との 間 の 水 道 へ 出 ようとするとき 又 は 同 水 道 から 同 航 路 に 入 って 西 水 道 を 同 航 路 に 沿 って 航 行 しようとするとき 来 島 又 は 竜 神 島 に 並 航 した 時 から 西 水 道 を 通 過 し 終 る 時 まで 汽 笛 を 用 いて 鳴 らす 長 音 三 回

12 2 海 上 衝 突 予 防 法 第 34 条 第 6 項 の 規 定 は 来 島 海 峡 航 路 及 びその 周 辺 の 国 土 交 通 省 令 で 定 める 海 域 において 航 行 す る 船 舶 について 適 用 しない 図 ( 左 側 )は 来 島 海 峡 付 近 図 ( 右 側 )は 来 島 海 峡 航 路 を 示 した 海 図 です 来 島 海 峡 航 路 は 馬 島 を 中 心 として その 東 側 に 中 水 道 が その 西 側 に 西 水 道 が 設 定 されている 中 水 道 は 西 水 道 に 比 べ 水 路 幅 が 狭 く しかも 潮 流 の 流 速 が 速 い 水 道 であるが 直 線 的 に 通 航 できる 水 道 なので 船 舶 運 用 の 観 点 から 順 潮 で 通 航 する 水 道 になっている 西 水 道 は 中 水 道 に 比 べ 水 路 幅 は 広 いが 湾 曲 しているため 船 舶 運 用 上 順 潮 での 通 航 は 危 険 とさtれ 逆 潮 で 通 航 する 水 道 になっている 航 路 中 央 付 近 の 赤 色 の 濃 い 部 分 は 航 路 への 出 入 又 は 航 路 の 横 断 の 制 限 区 間 来 島 海 峡 航 路 を 航 行 する 時 の 注 意 点 として 潮 流 が 南 流 の 際 には 船 舶 は 左 側 通 行 となり 航 路 の 東 出 入 口 付 近 と 西 出 入 口 付 近 において 右 側 通 行 に 変 える 必 要 から 各 船 舶 間 で 進 路 が 交 叉 することとなり 海 上 衝 突 予 防 法 の 横 切 り 船 の 航 法 が 適 用 されることになる

13 第 3 節 特 殊 な 船 舶 の 航 路 における 交 通 方 法 の 特 則 ( 巨 大 船 等 の 航 行 に 関 する 通 報 ) 第 22 条 次 の 各 号 に 掲 げる 船 舶 が 航 路 を 航 行 しようとするときは 船 長 ( 船 長 以 外 の 者 が 船 長 に 代 わってその 職 務 を 行 な うべきときは その 者 以 下 同 じ )は あらかじめ 航 行 予 定 時 刻 その 他 の 国 土 交 通 省 令 で 定 める 事 項 を 海 上 保 安 庁 長 官 に 通 報 しなければならない 通 報 した 事 項 を 変 更 するときも 同 様 とする (1) 巨 大 船 (2) 危 険 物 積 載 船 ( 原 油 液 化 石 油 ガスその 他 の 国 土 交 通 省 令 で 定 める 危 険 物 を 積 載 している 船 舶 で 総 トン 数 が 国 土 交 通 省 令 で 定 める 総 トン 数 以 上 のものをいう 以 下 同 じ ) (3) 船 舶 いかだその 他 の 物 件 を 引 き 又 は 押 して 航 行 する 船 舶 ( 当 該 引 き 船 の 船 首 から 当 該 物 件 の 後 端 まで 又 は 当 該 押 し 船 の 船 尾 から 当 該 物 件 の 先 端 までの 距 離 が 国 土 交 通 省 令 で 定 める 距 離 以 上 となる 場 合 に 限 る ) 国 土 交 通 省 令 で 定 める 通 報 事 項 は 危 険 物 積 載 船 長 大 物 件 えい 航 船 等 巨 大 船 等 の 航 行 に 関 する 通 報 事 項 巨 大 船 等 の 航 行 に 関 する 通 報 の 方 法 ( 巨 大 船 等 に 対 する 指 示 ) 第 23 条 海 上 保 安 庁 長 官 は 前 条 各 号 に 掲 げる 船 舶 ( 以 下 巨 大 船 等 という )の 航 路 における 航 行 に 伴 い 生 ずるおそれ のある 船 舶 交 通 の 危 険 を 防 止 するため 必 要 があると 認 めるときは 当 該 巨 大 船 等 の 船 長 に 対 し 国 土 交 通 省 令 で 定 める ところにより 航 行 予 定 時 刻 の 変 更 進 路 を 警 戒 する 船 舶 の 配 備 その 他 当 該 巨 大 船 等 の 運 航 に 関 し 必 要 な 事 項 を 示 すこと ができる 海 上 保 安 庁 長 官 の 国 土 交 通 省 令 で 定 める 巨 大 船 等 に 対 する 指 示 ( 緊 急 用 務 を 行 なう 船 舶 等 に 関 する 航 法 の 特 例 ) 第 24 条 消 防 船 その 他 の 政 令 で 定 める 緊 急 用 務 を 行 なうための 船 舶 は 当 該 緊 急 用 務 を 行 なうためやむを 得 ない 必 要 が ある 場 合 において 政 令 で 定 めるところにより 灯 火 又 は 標 識 を 表 示 しているときは 第 4 条 第 5 条 第 7 条 から 第 11 条 まで 第 13 条 第 15 条 第 16 条 第 18 条 ( 第 4 項 を 除 く ) 第 20 条 第 1 項 又 は 第 21 条 第 1 項 の 規 定 による 交 通 方 法 に 従 わないで 航 行 し 又 はびよう 泊 をすることができる 緊 急 用 務 を 行 う 場 合 の 国 土 交 通 省 令 で 定 める 燈 火 又 は 標 識 は 紅 色 の 燈 火 は 少 なくとも 二 海 里 の 視 認 距 離 を 有 し 一 定 の 間 隔 で 毎 分 180 回 以 上 200 回 以 下 のせん 光 を 発 する 紅 色 の 全 周 燈 紅 色 の 標 識 は 頂 点 を 上 にした 紅 色 の 円 すい 形 の 形 象 物 でその 底 の 直 径 が0.6m 以 上 その 高 さが0.5m 以 上 で あるもの 2 漁 ろうに 従 事 している 船 舶 は 第 4 条 第 6 条 から 第 9 条 まで 第 11 条 第 13 条 第 15 条 第 16 条 第 18 条 ( 第 4 項 を 除 く ) 第 20 条 第 1 項 又 は 第 21 条 第 1 項 の 規 定 による 交 通 方 法 に 従 わないで 航 行 することができ 及 び 第 22 条 の 規 定 による 通 報 をしないで 航 行 することができる 3 第 30 条 第 1 項 の 規 定 による 許 可 ( 同 条 第 8 項 の 規 定 によりその 許 可 を 受 けることを 要 しない 場 合 には 港 則 法 第 31 条 第 1 項 ( 同 法 第 37 条 の(3)において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 許 可 )を 受 けて 工 事 又 は 作 業 を 行 っている 船 舶 は 当 該 工 事 又 は 作 業 を 行 うためやむを 得 ない 必 要 がある 場 合 において 第 2 条 第 2 項 第 3 号 ロの 国 土 交 通 省 令 で 定 めるとこ ろにより 灯 火 又 は 標 識 を 表 示 しているときは 第 4 条 第 8 条 から 第 11 条 まで 第 13 条 第 15 条 第 16 条 第 18 条 ( 第 4 項 を 除 く ) 第 20 条 第 1 項 又 は 第 21 条 第 1 項 の 規 定 による 交 通 方 法 に 従 わないで 航 行 し 又 はびょう 泊 をすることができる

14 第 4 節 狭 い 水 道 における 航 法 ( 狭 い 水 道 における 航 法 ) 第 25 条 海 上 保 安 庁 長 官 は 狭 い 水 道 ( 航 路 を 除 く )をこれに 沿 って 航 行 する 船 舶 がその 右 側 の 水 域 を 航 行 することが 地 形 潮 流 その 他 の 自 然 的 条 件 又 は 船 舶 交 通 の 状 況 により 危 険 を 生 ずるおそれがあり 又 は 実 行 に 適 しないと 認 められ るときは 告 示 により 当 該 水 道 をこれに 沿 って 航 行 する 船 舶 の 航 行 に 適 する 経 路 ( 当 該 水 道 への 出 入 の 経 路 を 含 む )を 指 定 することができる 2 前 項 の 水 道 をこれに 沿 って 航 行 する 船 舶 は できる 限 り 同 項 の 経 路 によって 航 行 しなければならない 第 五 節 危 険 防 止 のための 交 通 制 限 等 ( 危 険 防 止 のための 交 通 制 限 等 ) 第 26 条 海 上 保 安 庁 長 官 は 工 事 若 しくは 作 業 の 実 施 により 又 は 船 舶 の 沈 没 等 の 船 舶 交 通 の 障 害 の 発 生 により 船 舶 交 通 の 危 険 が 生 じ 又 は 生 ずるおそれがある 海 域 について 告 示 により 期 間 を 定 めて 当 該 海 域 を 航 行 することができる 船 舶 又 は 時 間 を 制 限 することができる 2 海 上 保 安 庁 長 官 は 航 路 又 はその 周 辺 の 海 域 について 前 項 の 処 分 をした 場 合 において 当 該 航 路 における 船 舶 交 通 の 危 険 を 防 止 するため 特 に 必 要 があると 認 めるときは 告 示 により 期 間 及 び 航 路 の 区 間 を 定 めて 第 4 条 第 8 条 第 9 条 第 11 条 第 13 条 第 15 条 第 16 条 第 18 条 ( 第 4 項 を 除 く ) 第 20 条 第 1 項 又 は 第 21 条 第 1 項 の 規 定 による 交 通 方 法 と 異 なる 交 通 方 法 を 定 めることができる 3 前 項 の 場 合 において 海 上 保 安 庁 長 官 は 同 項 の 航 路 が 宇 高 東 航 路 又 は 宇 高 西 航 路 であるときは 宇 高 西 航 路 又 は 宇 高 東 航 路 についても 備 讃 瀬 戸 北 航 路 又 は 備 讃 瀬 戸 南 航 路 であるときは 備 讃 瀬 戸 南 航 路 又 は 備 讃 瀬 戸 北 航 路 につい ても 同 項 の 処 分 をすることができる

15 第 六 節 灯 火 等 ( 巨 大 船 及 び 危 険 物 積 載 船 の 灯 火 等 ) 第 27 条 巨 大 船 及 び 危 険 物 積 載 船 は 航 行 し 停 留 し 又 はびょう 泊 をしているときは 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところによ り 灯 火 又 は 標 識 を 表 示 しなければならない 2 巨 大 船 及 び 危 険 物 積 載 船 以 外 の 船 舶 は 前 項 の 灯 火 若 しくは 標 識 又 はこれと 誤 認 される 灯 火 若 しくは 標 識 を 表 示 して はならない 巨 大 船 長 さ200m 以 上 の 船 舶 一 定 の 間 隔 で 毎 分 180 回 以 上 200 回 以 下 のせん 光 を 発 する 緑 色 の 全 周 灯 1 個 黒 色 円 筒 形 形 象 物 2 個 D:0.6m 以 上 H H:2D 前 部 マスト 灯 後 部 マスト 灯 D 1.5m 以 上 げん 灯 船 尾 灯 法 27 条 1 項 則 22 条 法 27 条 1 項 則 22 条 ( 帆 船 の 灯 火 等 ) 第 28 条 航 路 又 は 政 令 で 定 める 海 域 において 航 行 し 又 は 停 留 している 海 上 衝 突 予 防 法 第 25 条 第 2 項 本 文 及 び 第 5 項 本 文 に 規 定 する 船 舶 は これらの 規 定 又 は 同 条 第 3 項 の 規 定 による 灯 火 を 表 示 している 場 合 を 除 き 同 条 第 2 項 ただし 書 及 び 第 5 項 ただし 書 の 規 定 にかかわらず これらの 規 定 に 規 定 する 白 色 の 携 帯 電 灯 又 は 点 火 した 白 灯 を 周 囲 から 最 も 見 えや すい 場 所 に 表 示 しなければならない 2 航 路 又 は 前 項 の 政 令 で 定 める 海 域 において 航 行 し 停 留 し 又 はびよう 泊 をしている 長 さ12m 未 満 の 船 舶 については 海 上 衝 突 予 防 法 第 27 条 第 1 項 ただし 書 及 び 第 7 項 の 規 定 は 適 用 しない 7m 未 満 の 帆 船 7m 未 満 の 帆 船 ろかい 船 両 色 灯 白 灯 などを 常 に 揚 げておく ろかい 船 両 色 灯 白 灯 法 28 条 1 項 令 6 条 予 25 条 2 項 法 28 条 1 項 令 6 条 予 25 条 5 項

16 ( 物 件 えい 航 船 の 音 響 信 号 等 ) 第 29 条 海 上 衝 突 予 防 法 第 35 条 第 4 項 の 規 定 は 航 路 又 は 前 条 第 1 項 の 政 令 で 定 める 海 域 において 船 舶 以 外 の 物 件 を 引 き 又 は 押 して 航 行 し 又 は 停 留 している 船 舶 ( 当 該 引 き 船 の 船 尾 から 当 該 物 件 の 後 端 まで 又 は 当 該 押 し 船 の 船 首 から 当 該 物 件 の 先 端 までの 距 離 が 国 土 交 通 省 令 で 定 める 距 離 以 上 となる 場 合 に 限 る )で 漁 ろうに 従 事 しているもの 以 外 のもの についても 準 用 する 2 船 舶 以 外 の 物 件 を 押 して 航 行 し 又 は 停 留 している 船 舶 は その 押 す 物 件 に 国 土 交 通 省 令 で 定 める 灯 火 を 表 示 し なければ これを 押 して 航 行 し 又 は 停 留 してはならない ただし やむを 得 ない 事 由 により 当 該 物 件 に 本 文 の 灯 火 を 表 示 することができない 場 合 において 当 該 物 件 の 照 明 その 他 その 存 在 を 示 すために 必 要 な 措 置 を 講 じているときは この 限 りでない 進 路 警 戒 船 側 方 警 戒 船 マスト 灯 げん 灯 一 定 の 間 隔 で 毎 分 120 回 以 上 140 回 以 下 のせん 光 を 発 する 緑 灯 の 全 周 灯 1 個 船 尾 灯 2m 紅 白 の 吹 流 し1 個 告 2 条 3 項 告 2 条 3 項 緊 急 船 舶 消 防 海 難 救 助 海 洋 汚 染 の 防 除 犯 罪 の 取 り 締 まりなどの 緊 急 用 務 を 行 う 船 舶 マスト 灯 一 定 の 間 隔 で 毎 分 180 回 以 上 200 回 以 下 のせん 光 を 発 する 紅 灯 の 全 周 灯 1 個 0.5m 以 上 紅 色 円 すい 形 形 象 物 げん 灯 船 尾 灯 0.6m 以 上 第 24 条 1 項 令 5 条 則 21 条 1 項 第 24 条 1 項 令 5 条 則 21 条 2 項 危 険 物 積 載 船 1 引 火 性 液 体 類 又 は 高 圧 ガスをバラ 積 みした1,000 総 トン 以 上 の 船 舶 280トン 以 上 ( 爆 薬 換 算 )の 火 薬 又 は200トン 以 上 の 有 機 化 酸 化 物 を 積 載 した300 総 トン 以 上 の 船 舶 一 定 の 間 隔 で 毎 分 120 回 以 上 140 回 以 下 のせん 光 を 発 する 紅 色 の 全 周 灯 1 個 前 部 マスト 灯 後 部 マスト 灯 1 st B げん 灯 船 尾 灯 法 27 条 1 項 則 22 条 法 27 条 1 項 則 22 条

17 第 3 章 危 険 の 防 止 ( 航 路 及 びその 周 辺 の 海 域 における 工 事 等 ) 第 30 条 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 は 当 該 各 号 に 掲 げる 行 為 について 海 上 保 安 庁 長 官 の 許 可 を 受 けなければ ならない ただし 通 常 の 管 理 行 為 軽 易 な 行 為 その 他 の 行 為 で 国 土 交 通 省 令 で 定 めるものについては この 限 りでない (1) 航 路 又 はその 周 辺 の 政 令 で 定 める 海 域 において 工 事 又 は 作 業 をしようとする 者 (2) 前 号 に 掲 げる 海 域 ( 港 湾 区 域 と 重 複 している 海 域 を 除 く )において 工 作 物 の 設 置 ( 現 に 存 する 工 作 物 の 規 模 形 状 又 は 位 置 の 変 更 を 含 む 以 下 同 じ )をしようとする 者 2 海 上 保 安 庁 長 官 は 前 項 の 許 可 の 申 請 があつた 場 合 において 当 該 申 請 に 係 る 行 為 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 許 可 をしなければならない (1) 当 該 申 請 に 係 る 行 為 が 船 舶 交 通 の 妨 害 となるおそれがないと 認 められること (2) 当 該 申 請 に 係 る 行 為 が 許 可 に 附 された 条 件 に 従 って 行 なわれることにより 船 舶 交 通 の 妨 害 となるおそれがなくなる と 認 められること (3) 当 該 申 請 に 係 る 行 為 が 災 害 の 復 旧 その 他 公 益 上 必 要 やむを 得 ず かつ 一 時 的 に 行 なわれるものであると 認 めら れること 3 海 上 保 安 庁 長 官 は 第 一 項 の 規 定 による 許 可 をする 場 合 において 必 要 があると 認 めるときは 当 該 許 可 の 期 間 を 定 め( 同 項 第 二 号 に 掲 げる 行 為 については 仮 設 又 は 臨 時 の 工 作 物 に 係 る 場 合 に 限 る ) 及 び 当 該 許 可 に 係 る 行 為 が 前 項 第 一 号 に 該 当 する 場 合 を 除 き 当 該 許 可 に 船 舶 交 通 の 妨 害 を 予 防 するため 必 要 な 条 件 を 附 することができる 4 海 上 保 安 庁 長 官 は 船 舶 交 通 の 妨 害 を 予 防 し 又 は 排 除 するため 特 別 の 必 要 が 生 じたときは 前 項 の 規 定 により 附 し た 条 件 を 変 更 し 又 は 新 たに 条 件 を 附 することができる 5 海 上 保 安 庁 長 官 は 第 1 項 の 規 定 による 許 可 を 受 けた 者 が 前 2 項 の 規 定 による 条 件 に 違 反 したとき 又 は 船 舶 交 通 の 妨 害 を 予 防 し 若 しくは 排 除 するため 特 別 の 必 要 が 生 じたときは その 許 可 を 取 り 消 し 又 はその 許 可 の 効 力 を 停 止 するこ とができる 6 第 1 項 の 規 定 による 許 可 を 受 けた 者 は 当 該 許 可 の 期 間 が 満 了 したとき 又 は 前 項 の 規 定 により 当 該 許 可 が 取 り 消 さ れたときは 速 やかに 当 該 工 作 物 の 除 去 その 他 原 状 に 回 復 する 措 置 をとらなければならない 7 国 の 機 関 又 は 地 方 公 共 団 体 ( 港 湾 法 の 規 定 による 港 務 局 を 含 む 以 下 同 じ )が 第 1 項 各 号 に 掲 げる 行 為 ( 同 項 ただし 書 の 行 為 を 除 く )をしようとする 場 合 においては 当 該 国 の 機 関 又 は 地 方 公 共 団 体 と 海 上 保 安 庁 長 官 との 協 議 が 成 立 す ることをもつて 同 項 の 規 定 による 許 可 があつたものとみなす 8 港 則 法 に 基 づく 港 の 境 界 附 近 においてする 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 行 為 については 同 法 第 31 条 第 1 項 ( 同 法 第 37 条 の (3)において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 許 可 を 受 けたときは 第 一 項 の 規 定 による 許 可 を 受 けることを 要 せず 同 項 の 規 定 による 許 可 を 受 けたときは 同 法 第 31 条 第 1 項 ( 同 法 第 37 条 の(3)において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 許 可 を 受 けることを 要 しない

18 ( 航 路 及 びその 周 辺 の 海 域 以 外 の 海 域 における 工 事 等 ) 第 31 条 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 は あらかじめ 当 該 各 号 に 掲 げる 行 為 をする 旨 を 海 上 保 安 庁 長 官 に 届 け 出 なければならない ただし 通 常 の 管 理 行 為 軽 易 な 行 為 その 他 の 行 為 で 国 土 交 通 省 令 で 定 めるものについては この 限 りでない (1) 前 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 海 域 以 外 の 海 域 において 工 事 又 は 作 業 をしようとする 者 (2) 前 号 に 掲 げる 海 域 ( 港 湾 区 域 と 重 複 している 海 域 を 除 く )において 工 作 物 の 設 置 をしようとする 者 2 海 上 保 安 庁 長 官 は 前 項 の 届 出 に 係 る 行 為 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 当 該 届 出 のあつた 日 から 起 算 して30 日 以 内 に 限 り 当 該 届 出 をした 者 に 対 し 船 舶 交 通 の 危 険 を 防 止 するため 必 要 な 限 度 において 当 該 行 為 を 禁 止 し 若 しくは 制 限 し 又 は 必 要 な 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる (1) 当 該 届 出 に 係 る 行 為 が 船 舶 交 通 に 危 険 を 及 ぼすおそれがあると 認 められること (2) 当 該 届 出 に 係 る 行 為 が 係 留 施 設 を 設 置 する 行 為 である 場 合 においては 当 該 係 留 施 設 に 係 る 船 舶 交 通 が 他 の 船 舶 交 通 に 危 険 を 及 ぼすおそれがあると 認 められること 3 海 上 保 安 庁 長 官 は 第 1 項 の 届 出 があつた 場 合 において 実 地 に 特 別 な 調 査 をする 必 要 があるとき その 他 前 項 の 期 間 内 に 同 項 の 処 分 をすることができない 合 理 的 な 理 由 があるときは その 理 由 が 存 続 する 間 同 項 の 期 間 を 延 長 すること ができる この 場 合 においては 同 項 の 期 間 内 に 第 一 項 の 届 出 をした 者 に 対 し その 旨 及 び 期 間 を 延 長 する 理 由 を 通 知 しなければならない 4 国 の 機 関 又 は 地 方 公 共 団 体 は 第 1 項 各 号 に 掲 げる 行 為 ( 同 項 ただし 書 の 行 為 を 除 く )をしようとするときは 同 項 の 規 定 による 届 出 の 例 により 海 上 保 安 庁 長 官 にその 旨 を 通 知 しなければならない 5 海 上 保 安 庁 長 官 は 前 項 の 規 定 による 通 知 があつた 場 合 において 当 該 通 知 に 係 る 行 為 が 第 2 項 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 当 該 国 の 機 関 又 は 地 方 公 共 団 体 に 対 し 船 舶 交 通 の 危 険 を 防 止 するため 必 要 な 措 置 をとることを 要 請 す ることができる この 場 合 において 当 該 国 の 機 関 又 は 地 方 公 共 団 体 は そのとるべき 措 置 について 海 上 保 安 庁 長 官 と 協 議 しなければならない 6 港 則 法 に 基 づく 港 の 境 界 附 近 においてする 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 行 為 については 同 法 第 31 条 第 1 項 ( 同 法 第 37 条 の (3)において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 許 可 を 受 けたときは 第 一 項 の 規 定 による 届 出 をすることを 要 しない ( 違 反 行 為 者 に 対 する 措 置 命 令 ) 第 32 条 海 上 保 安 庁 長 官 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 に 対 し 当 該 違 反 行 為 に 係 る 工 事 又 は 作 業 の 中 止 当 該 違 反 行 為 に 係 る 工 作 場 の 除 去 移 転 又 は 改 修 その 他 当 該 違 反 行 為 に 係 る 工 事 若 しくは 作 業 又 は 工 作 場 の 設 置 に 関 し 船 舶 交 通 の 妨 害 を 予 防 し 又 は 排 除 するため 必 要 な 措 置 ( 第 四 号 に 掲 げる 者 に 対 しては 船 舶 交 通 の 危 険 を 防 止 するため 必 要 な 措 置 )をとるべきことを 命 ずることができる (1) 第 30 条 第 1 項 の 規 定 に 違 反 して 同 項 各 号 に 掲 げる 行 為 をした 者 (2) 第 30 条 第 3 項 の 規 定 により 海 上 保 安 庁 長 官 が 付 し 又 は 同 条 第 四 項 の 規 定 により 海 上 保 安 庁 長 官 が 変 更 し 若 し くは 付 した 条 件 に 違 反 した 者 (3) 第 30 条 第 6 項 の 規 定 に 違 反 して 当 該 工 作 物 の 除 去 その 他 原 状 に 回 復 する 措 置 をとらなかつた 者 (4) 前 条 第 1 項 の 規 定 に 違 反 して 同 項 各 号 に 掲 げる 行 為 をした 者

19 ( 海 難 が 発 生 した 場 合 の 措 置 ) 第 33 条 海 難 により 船 舶 交 通 の 危 険 が 生 じ 又 は 生 ずるおそれがあるときは 当 該 海 難 に 係 る 船 舶 の 船 長 は できる 限 り すみやかに 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 標 識 の 設 置 その 他 の 船 舶 交 通 の 危 険 を 防 止 するため 必 要 な 応 急 の 措 置 をとり かつ 当 該 海 難 の 概 要 及 びとった 措 置 について 海 上 保 安 庁 長 官 に 通 報 しなければならない ただし 港 則 法 第 25 条 の 規 定 の 適 用 がある 場 合 は この 限 りでない 2 前 項 に 規 定 する 船 舶 の 船 長 は 同 項 に 規 定 する 場 合 において 海 洋 汚 染 及 び 海 上 災 害 の 防 止 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 136 号 ) 第 38 条 第 1 項 第 2 項 若 しくは 第 5 項 第 42 条 の(2) 第 1 項 又 は 第 42 条 の(3) 第 1 項 の 規 定 による 通 報 をし たときは 当 該 通 報 をした 事 項 については 前 項 の 規 定 による 通 報 をすることを 要 しない 3 海 上 保 安 庁 長 官 は 船 長 が 第 1 項 の 規 定 による 措 置 をとらなかつたとき 又 は 同 項 の 規 定 により 船 長 がとつた 措 置 のみ によっては 船 舶 交 通 の 危 険 を 防 止 することが 困 難 であると 認 めるときは 船 舶 交 通 の 危 険 の 原 因 となっている 船 舶 ( 船 舶 以 外 の 物 件 が 船 舶 交 通 の 危 険 の 原 因 となっている 場 合 は 当 該 物 件 を 積 載 し 引 き 又 は 押 していた 船 舶 )の 所 有 者 ( 当 該 船 舶 が 共 有 されているときは 船 舶 管 理 人 当 該 船 舶 が 貸 し 渡 されているときは 船 舶 借 入 人 )に 対 し 当 該 船 舶 の 除 去 そ の 他 船 舶 交 通 の 危 険 を 防 止 するため 必 要 な 措 置 ( 海 洋 汚 染 及 び 海 上 災 害 の 防 止 に 関 する 法 律 第 42 条 の(7)に 規 定 する 場 合 は 同 条 の 規 定 により 命 ずることができる 措 置 を 除 く )をとるべきことを 命 ずることができる

20 第 四 章 雑 則 ( 航 路 等 の 海 図 への 記 載 ) 第 34 条 海 上 保 安 庁 が 刊 行 する 海 図 のうち 海 上 保 安 庁 長 官 が 指 定 するものには 第 1 条 第 2 項 の 政 令 で 定 める 境 界 航 路 第 5 条 及 び 第 9 条 の 航 路 の 区 間 浦 賀 水 道 航 路 明 石 海 峡 航 路 及 び 備 讃 瀬 戸 東 航 路 の 中 央 第 25 条 第 1 項 の 規 定 により 指 定 した 経 路 並 びに 第 28 条 第 1 項 の 海 域 を 記 載 するものとする ( 航 路 等 を 示 す 航 路 標 識 の 設 置 ) 第 35 条 海 上 保 安 庁 長 官 は 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 航 路 第 5 条 及 び 第 9 条 の 航 路 の 区 間 浦 賀 水 道 航 路 明 石 海 峡 航 路 及 び 備 讃 瀬 戸 東 航 路 の 中 央 並 びに 第 25 条 第 1 項 の 規 定 により 指 定 した 経 路 を 示 すための 指 標 となる 航 路 標 識 を 設 置 するものとする ( 交 通 政 策 審 議 会 への 諮 問 ) 第 36 条 国 土 交 通 大 臣 は この 法 律 の 施 行 に 関 する 主 要 事 項 については 交 通 政 策 審 議 会 の 意 見 を 聴 かなければならな い ( 権 限 の 委 任 ) 第 37 条 この 法 律 の 規 定 により 海 上 保 安 庁 長 官 の 権 限 に 属 する 事 項 は 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 管 区 海 上 保 安 本 部 長 に 行 なわせることができる 2 管 区 海 上 保 安 本 部 長 は 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 前 項 の 規 定 によりその 権 限 に 属 させられた 事 項 の 一 部 を 管 区 海 上 保 安 本 部 の 事 務 所 の 長 に 行 わせることができる ( 行 政 手 続 法 の 適 用 除 外 ) 第 37 条 の2 第 14 条 第 3 項 ( 第 18 条 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 による 処 分 については 行 政 手 続 法 ( 平 成 5 年 法 律 第 88 号 ) 第 3 章 の 規 定 は 適 用 しない ( 国 土 交 通 省 令 への 委 任 ) 第 38 条 この 法 律 に 規 定 するもののほか この 法 律 の 実 施 のため 必 要 な 手 続 その 他 の 事 項 は 国 土 交 通 省 令 で 定 める ( 経 過 措 置 ) 第 39 条 この 法 律 の 規 定 に 基 づき 政 令 又 は 国 土 交 通 省 令 を 制 定 し 又 は 改 廃 する 場 合 においては それぞれ 政 令 又 は 国 土 交 通 省 令 で その 制 定 又 は 改 廃 に 伴 い 合 理 的 に 必 要 と 判 断 される 範 囲 内 において 所 要 の 経 過 措 置 ( 罰 則 に 関 する 経 過 措 置 を 含 む )を 定 めることができる

21 第 五 章 罰 則 第 40 条 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 は 三 月 以 下 の 懲 役 又 は 三 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する (1) 第 10 条 の 規 定 の 違 反 となるような 行 為 をした 者 (2) 第 14 条 第 3 項 ( 第 18 条 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 第 16 条 第 1 項 の 規 定 による 海 上 保 安 庁 長 官 の 処 分 の 違 反 となるような 行 為 をした 者 (3) 第 23 条 の 規 定 による 海 上 保 安 庁 長 官 の 処 分 に 違 反 した 者 (4) 第 30 条 第 1 項 の 規 定 に 違 反 した 者 (5) 第 30 条 第 3 項 の 規 定 により 海 上 保 安 庁 長 官 が 附 し 又 は 同 条 第 4 項 の 規 定 により 海 上 保 安 庁 長 官 が 変 更 し 若 し くは 附 した 条 件 に 違 反 した 者 (6) 第 31 条 第 2 項 第 32 条 又 は 第 33 条 第 3 項 の 規 定 による 海 上 保 安 庁 長 官 の 処 分 に 違 反 した 者 (7) 第 33 条 第 1 項 の 規 定 に 違 反 した 者 第 41 条 第 4 条 第 5 条 第 9 条 第 11 条 第 15 条 第 16 条 又 は 第 18 条 第 1 項 若 しくは 第 2 項 の 規 定 の 違 反 となるような 行 為 をした 者 は 五 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 第 42 条 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 は 三 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する (1) 第 7 条 又 は 第 27 条 第 1 項 の 規 定 の 違 反 となるような 行 為 をした 者 (2) 第 22 条 の 規 定 に 違 反 した 者 (3) 第 30 条 第 6 項 又 は 第 31 条 第 1 項 の 規 定 に 違 反 した 者 第 43 条 法 人 の 代 表 者 又 は 法 人 若 しくは 人 の 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 が その 法 人 又 は 人 の 業 務 に 関 し 第 40 条 第 4 号 から 第 6 号 まで 又 は 前 条 第 3 号 の 違 反 行 為 をしたときは 行 為 者 を 罰 するほか その 法 人 又 は 人 に 対 して 各 本 条 の 罰 金 刑 を 科 する

22

23 東 京 湾 の 航 法 出 展 参 考 東 京 湾 交 通 安 全 センターホームページ

24 東 京 湾 の 航 法 海 上 保 安 庁 は 海 上 交 通 安 全 法 等 の 規 定 に 基 づき 東 京 湾 における 船 舶 交 通 の 安 全 を 図 るための 施 策 を 推 進 しており また 第 三 管 区 海 上 保 安 本 部 においては より 一 層 の 安 全 を 確 保 するため 海 域 の 実 態 に 応 じた きめ 細 かな 航 行 安 全 指 導 を 行 っている 用 語 の 定 義 用 語 定 義 巨 大 船 長 さ( 全 長 )が 200m 以 上 の 船 舶 80t 以 上 の 火 薬 類 を 積 載 した 総 トン 数 300t 以 上 の 船 舶 危 険 物 積 載 船 引 火 性 の 高 圧 ガスをばら 積 した 総 トン 数 1,000t 以 上 の 船 舶 引 火 性 液 体 類 をばら 積 した 総 トン 数 1,000t 以 上 の 船 舶 200t 以 上 の 有 機 過 酸 化 物 を 積 載 した 総 トン 数 300t 以 上 の 船 舶 長 大 物 件 えい 航 船 等 巨 大 船 等 物 件 えい 航 船 等 進 路 警 戒 船 等 航 路 通 報 位 置 通 報 船 舶 いかだその 他 の 物 件 を 引 き 又 は 押 して 航 行 する 船 舶 で 引 き 船 の 船 首 から 当 該 物 件 の 後 端 まで 又 は 当 該 押 し 船 の 船 尾 から 当 該 物 件 の 先 端 までの 距 離 が200m 以 上 のもの 巨 大 船 危 険 物 積 載 船 及 び 長 大 物 件 えい 航 船 等 をいう 船 舶 いかだその 他 の 物 件 を 引 き 又 は 押 して 航 行 する 船 舶 進 路 を 警 戒 する 船 舶 消 防 設 備 を 備 えている 船 舶 及 び 側 方 を 警 戒 する 船 舶 であって 海 上 保 安 庁 告 示 による 基 準 を 満 たしているもの 海 上 交 通 安 全 法 に 基 づく 巨 大 船 等 の 航 行 に 関 する 通 報 をいい 巨 大 船 長 大 えい 航 船 等 及 び 大 型 の 危 険 物 積 載 船 については 航 路 入 航 日 の 前 日 正 午 までに 小 型 の 危 険 物 積 載 船 については 航 路 入 航 の3 時 間 前 までに それぞ れ 通 報 を 行 う 船 舶 が 海 上 交 通 センターのレーダー 監 視 海 域 内 を 航 行 する 場 合 レーダー 映 像 上 で 当 該 船 舶 を 識 別 するため あら かじめ 設 定 された 位 置 通 報 ラインを 通 過 する 際 に 行 う 通 報 事 前 通 報 港 則 法 で 定 められている 通 報 をいい 対 象 船 舶 は 航 路 等 入 航 予 定 日 の 前 日 正 午 までに 通 報 を 行 う

25 浦 賀 水 道 航 路 及 び 中 ノ 瀬 航 路 並 びに 付 近 海 域 第 三 管 区 海 上 保 安 本 部 は 次 の 航 行 安 全 指 導 を 行 っている 1. 水 先 人 の 乗 船 次 に 掲 げる 船 舶 は 水 先 人 を 乗 船 させること (1) 外 国 船 舶 (2) 運 航 経 験 及 び 入 湾 実 績 が 十 分 でない 船 長 が 乗 船 する 日 本 船 舶 2. 進 路 警 戒 船 等 の 配 備 航 路 出 航 後 も 安 全 な 航 行 が 確 認 されるまで 進 路 警 戒 船 等 を 配 備 すること 3. 航 路 出 入 口 付 近 海 域 における 航 法 ( 図 参 照 ) (1) 木 更 津 港 を 出 港 して 中 ノ 瀬 航 路 北 口 付 近 を 航 行 する 船 舶 は 木 更 津 港 沖 灯 標 を 左 げん 側 に 見 て 航 過 すること (2) 東 京 方 面 から 川 崎 沖 を 南 航 する 船 舶 は 川 崎 航 路 第 2 号 灯 標 から 東 側 に 1,000m 以 上 離 して 航 過 すること (3) 東 京 湾 中 ノ 瀬 西 側 海 域 を 南 航 する 船 舶 は 東 京 湾 中 ノ 瀬 西 方 第 三 号 第 二 号 及 び 第 一 号 の 各 灯 浮 標 ( 以 下 整 流 用 灯 浮 標 と いう )を 左 げん 側 に 見 て 航 過 すること (4) 東 京 湾 中 ノ 瀬 西 側 海 域 を 北 航 する 船 舶 ( 京 浜 港 横 浜 区 第 5 区 根 岸 方 面 に 向 かう 船 舶 を 除 く )は 行 き 先 に 向 けて 所 定 の 針 路 と するまでは 各 整 流 用 灯 浮 標 を 左 げん 側 に 見 て 航 過 すること (5) 東 京 湾 中 ノ 瀬 西 側 海 域 を 北 航 する 喫 水 17m 以 上 の 船 舶 は 東 京 湾 中 ノ 瀬 A B Cの 各 灯 標 及 びD 灯 浮 標 を 結 んだ 線 から 400m 以 上 離 して 航 過 す ること (6) 中 ノ 瀬 西 側 海 域 に 錨 泊 し ようとする 船 舶 は 3 基 の 各 整 流 用 灯 浮 標 を 結 んだ 線 から1,000m 以 上 離 して 錨 泊 すること (7) 浦 賀 水 道 航 路 を 出 航 する 南 航 船 は 航 路 出 口 付 近 において 航 路 に 入 る 船 舶 の 進 路 を 妨 げるような 大 角 度 の 変 針 等 を 行 わない こと (8) 剱 埼 沖 を 航 過 して 浦 賀 水 道 航 路 に 入 航 する 船 舶 は 南 航 船 と 航 路 入 口 付 近 に おいて 交 差 しないよう 湾 口 中 央 付 近 を 航 行 すること

26 4. 浦 賀 水 道 航 路 における 船 舶 交 通 の 安 全 確 保 概 ね 総 トン 数 1 万 トン 以 上 の 船 舶 は 午 後 4 時 から 午 後 8 時 までの 間 次 の 航 行 をしないこと (1) 浦 賀 水 道 航 路 の 西 側 海 域 から 同 航 路 を 横 断 する 航 行 (2) 浦 賀 水 道 航 路 を 横 切 って 航 路 の 西 側 海 域 にでる 航 行 ただし 止 むを 得 ない 事 由 のため 上 記 (1) 及 び(2)の 航 行 をしようとするときは 次 に 掲 げる 事 項 を 励 行 し 安 全 を 確 認 し た 上 で 航 行 すること 1 海 上 交 通 センターとの 緊 密 な 連 絡 による 航 路 状 況 の 把 握 2 海 上 交 通 ルール( 特 に 海 上 交 通 安 全 法 に 基 づく 航 法 及 び 行 先 信 号 の 表 示 )の 忠 実 な 遵 守 3 適 切 な 見 張 りの 実 施 4 安 全 な 速 力 による 航 行 5 進 路 警 戒 船 及 び 曳 船 等 の 有 効 活 用 6 国 際 VHF 無 線 電 話 (CH16)のできる 限 りの 聴 守 5. 追 越 しの 制 限 巨 大 船 等 及 び 総 トン 数 10,000トン 以 上 の 船 舶 ( 巨 大 船 等 を 除 く )は 航 路 内 において やむを 得 ない 場 合 を 除 き 総 トン 数 500トン 以 上 の 船 舶 を 追 い 越 さないこと 6. 速 力 の 制 限 船 舶 は 航 路 外 の 湾 内 水 域 においても 高 速 力 で 航 行 しないこと 7. 狭 視 界 時 における 航 路 入 航 制 限 (1) 巨 大 船 危 険 物 積 載 船 で 総 トン 数 50,000トン( 積 載 している 危 険 物 が 液 化 ガスである 場 合 にあっては 総 トン 数 25,000 トン) 以 上 の 船 舶 及 び 長 大 物 件 えい 航 船 等 は 航 路 付 近 の 視 界 が1 海 里 以 下 となった 場 合 は 航 路 へ 入 航 しないこと (2) (1) の 船 舶 以 外 の 総 トン 数 10,000トン 以 上 の 船 舶 は 航 路 付 近 の 視 界 が1,000m 以 下 となった 場 合 は 航 路 へ 入 航 し ないこと 8. 通 航 時 間 の 制 限 (1) 危 険 物 積 載 船 で 総 トン 数 50,000トン( 積 載 している 危 険 物 が 液 化 ガスである 場 合 にあっては 総 トン 数 25,000トン) 以 上 の 船 舶 は 日 出 1 時 間 前 から 日 没 時 までの 間 に 浦 賀 水 道 航 路 に 入 ること (2) 長 大 物 件 えい 航 船 等 は 日 出 時 から 日 没 1 時 間 前 までの 間 に 浦 賀 水 道 航 路 に 入 ること 9. 航 路 航 行 制 限 時 の 待 機 場 所 視 界 不 良 などにより 航 路 の 航 行 制 限 が 行 われている 場 合 は 入 湾 時 にあってはできる 限 り 湾 外 で また 出 湾 時 にあって はできる 限 り 通 航 船 舶 の 少 ない 海 域 で 待 機 すること 10. 自 動 操 舵 装 置 の 使 用 制 限 東 京 湾 内 を 航 行 する 場 合 は 自 動 操 舵 装 置 を 使 用 せず 手 動 操 舵 により 航 行 すること 11. 緊 急 用 えい 索 の 準 備 海 上 交 通 安 全 法 に 定 める 危 険 物 積 載 船 は 船 首 及 び 船 尾 にそれぞれ 緊 急 用 えい 索 (FIRE WIRE)を 即 時 使 用 可 能 な 状 態 に 準 備 すること 12. 航 路 通 報 及 び 変 更 通 報 (1) 総 トン 数 10,000トン 以 上 の 船 舶 ( 巨 大 船 等 を 除 く )は 巨 大 船 に 準 じて 航 路 通 報 及 び 変 更 通 報 を 東 京 湾 海 上 交 通 セン ターに 行 うこと (2) 航 路 通 報 の 際 次 の 事 項 も 併 せて 通 報 すること イ. 仕 向 港 ( 港 内 )の 定 まっている 船 舶 にあっては 仕 向 港 とその 港 区 名 ロ. 出 港 ( 湾 内 ) 船 にあっては 仕 出 港 とその 港 区 名 ハ.パイロット 手 配 の 有 無 ニ. 特 別 消 防 設 備 船 の 待 機 配 置 手 配 の 有 無 (3) 航 路 通 報 を 行 った 船 舶 は 航 路 入 航 予 定 時 刻 を10 分 以 上 変 更 する 場 合 その 都 度 変 更 通 報 を 行 うこと

27 13. 位 置 通 報 等 ( 次 頁 図 参 照 ) (1) 巨 大 船 等 及 び 総 トン 数 10,000トン 以 上 の 船 舶 ( 巨 大 船 等 を 除 く )は 東 京 湾 に 入 出 湾 し 又 は 湾 内 を 移 動 する 場 合 最 初 の 位 置 通 報 ラインに 達 した 時 に 位 置 通 報 を 東 京 湾 海 上 交 通 センターに 行 うこと < 通 報 項 目 > イ. 船 名 総 トン 数 ロ. 通 過 時 刻 ( 日 本 標 準 時 24 時 制 ) ハ. 通 過 ラインの 略 称 又 は 主 要 物 標 からの 概 位 ニ. 仕 向 地 例 位 置 通 報 こちらは 安 全 丸 1100USライン 通 過 ( 注 ) 赤 字 で 示 す 事 項 は 湾 内 移 動 船 のみ 追 加 して 通 報 して 下 さい (2) 総 トン 数 が100トン 以 上 であって 最 大 とう 載 人 員 ( 旅 客 船 員 及 びその 他 の 乗 船 者 の 合 計 )が30 人 以 上 の 船 舶 ((1)を 除 く )は 東 京 湾 に 入 出 湾 し 又 は 湾 内 を 移 動 する 場 合 原 則 として 最 初 の 位 置 通 報 ライン 又 は 主 要 物 標 通 過 時 VHF 電 話 (VHF 電 話 を 設 置 していない 船 舶 にあっては 船 舶 電 話 )で 次 のことを 東 京 湾 海 上 交 通 センター(TEL ~4) に 通 報 すること < 通 報 事 項 > イ. 船 種 船 名 総 トン 数 呼 出 符 号 ロ. 通 過 ラインの 略 称 又 は 主 要 物 標 からの 真 方 位 距 離 ハ. 概 略 の 経 路 仕 向 港 ( 遊 漁 遊 走 等 湾 内 のみを 移 動 する 船 舶 にあっては 概 略 の 予 定 及 び 通 報 内 容 を 変 更 した 場 合 はその 旨 ) ニ. 船 舶 電 話 による 通 報 の 場 合 は 電 話 番 号 ホ.その 他 運 用 管 制 官 が 必 要 と 認 める 事 項 ( 注 ) 定 期 的 に 運 航 される 船 舶 ( 旅 客 船 カーフェリー 等 )は 東 京 湾 海 上 交 通 センターとの 事 前 の 協 議 により 通 報 事 項 の 一 部 について 省 略 することができる 14. 東 京 湾 海 上 交 通 センターとの 連 絡 保 持 (1) 巨 大 船 等 総 トン 数 10,000トン 以 上 の 船 舶 ( 巨 大 船 等 を 除 く ) 及 び 総 トン 数 が100トン 以 上 であって 最 大 とう 載 人 員 が 30 人 以 上 の 船 舶 ( 巨 大 船 等 及 び 総 トン 数 10,000トン 以 上 の 船 舶 を 除 く )は 東 京 湾 海 上 交 通 センターのレーダーサービ スエリア 内 を 航 行 中 同 センターとVHF 電 話 (CH16,156.8MHz)による 連 絡 を 保 持 すること (2)VHF 電 話 (CH16,156.8MHz)を 有 する 船 舶 は 東 京 湾 海 上 交 通 センターから 情 報 を 伝 達 することがあるので レーダー サービスエリア 内 を 航 行 中 VHF 電 話 を 聴 守 すること また CH16がふくそうしている 際 には 東 京 湾 海 上 交 通 センター よりCH13にて 呼 び 出 しを 行 う 場 合 があるので CH13を 備 えている 船 舶 はCH16の 聴 守 に 合 わせて CH13を 聴 守 する こと

28

29 15. 海 上 交 通 情 報 等 船 舶 は 次 の 交 通 情 報 等 の 入 手 に 努 め 航 路 航 行 予 定 時 刻 の 調 整 早 期 避 泊 等 の 安 全 措 置 を 講 ずること (1) 東 京 湾 海 上 交 通 センターの 情 報 イ. 定 時 放 送 ( 日 本 語 : 毎 時 00 分 から15 分 までと30 分 から45 分 まで 英 語 : 毎 時 15 分 から30 分 まで) 内 容 巨 大 船 等 の 航 路 航 行 予 定 航 路 の 航 行 制 限 工 事 作 業 の 状 況 海 難 の 状 況 等 周 波 数 1,665kHz( 日 本 語 ) 2,019kHz( 英 語 ) ( 注 ) 緊 急 な 情 報 を 入 手 した 際 には 臨 時 放 送 を 行 います この 放 送 は 周 波 数 1,665kHz 及 び2,019kHzを 備 えるラジオ 受 信 機 で 受 信 できる ロ.テレホンサービス 内 容 巨 大 船 の 航 路 入 航 予 定 航 路 の 航 行 制 限 TEL 気 象 現 況 ( 東 京 13 号 地 本 牧 観 音 埼 剱 埼 洲 埼 伊 豆 大 島 ( 風 早 埼 )の 気 象 状 況 ) TEL ( 注 ) 加 入 電 話 又 は 船 舶 電 話 で 聞 くことができる ハ.ファクシミリサービス 内 容 巨 大 船 の 入 航 予 定 航 路 の 航 行 制 限 気 象 現 況 ( 東 京 13 号 地 本 牧 観 音 埼 剱 埼 洲 埼 伊 豆 大 島 ( 風 早 埼 )) TEL (ポーリング 受 信 ) ニ.インターネットサービス 内 容 定 時 放 送 に 準 じる URL: 携 帯 電 話 ) 携 帯 電 話 ) 携 帯 電 話 ) ホ. 個 別 情 報 ( 船 舶 からの 要 請 に 応 じて 情 報 を 提 供 ) 内 容 要 請 船 舶 の 船 位 要 請 船 舶 が 指 定 した 他 船 の 動 静 等 東 京 湾 海 上 交 通 センターへ 次 の 方 法 により 問 い 合 わせて 下 さい (イ)VHF 電 話 の 場 合 呼 出 名 称 とうきょうマーチス 呼 出 周 波 数 VHF 電 話 (CH16,156.8MHz) 通 信 周 波 数 VHF 電 話 (CH14,156.7MHz:CH22,161.7MHz) (ロ) 船 舶 電 話 の 場 合 TEL ~4 ヘ. 特 別 情 報 内 容 衝 突 の 危 険 が 予 測 された 場 合 の 注 意 喚 起 等 危 険 回 避 などのために 東 京 湾 海 上 交 通 センターからVHF 電 話 により 船 舶 を 呼 び 出 して 情 報 を 提 供 する ト. 航 路 情 報 内 容 漁 船 の 操 業 状 況 の 情 報 を 東 京 湾 海 上 交 通 センターからVHF 電 話 又 は 電 話 により 必 要 に 応 じて 船 舶 に 提 供 する (2) 霧 通 報 霧 通 報 は 次 の 機 関 により 随 時 放 送 しています 第 三 管 区 海 上 保 安 本 部 F3E 156.6MHz(CH12) 同 上 ( 必 要 に 応 じ 英 語 ) (よこはまほあん) 16. 海 図 等 の 備 付 け 東 京 湾 に 入 出 する 船 舶 は 少 なくとも 次 の 海 図 等 を 備 え 最 新 の 港 湾 事 情 を 事 前 に 把 握 しておくこと 海 図 等 の 番 号 ( 海 上 保 安 庁 刊 行 及 び 日 本 水 路 協 会 発 行 ) W90: 東 京 湾 W1061: 東 京 湾 北 部 W1062: 東 京 湾 中 部 W1081: 浦 賀 水 道 H-301A: 東 京 湾 南 部 海 上 交 通 情 報 図 H-302A: 東 京 湾 北 部 海 上 交 通 情 報 図

30 備 讃 瀬 戸 航 路 の 航 法 出 展 参 考 保 安 庁 ホームページ

31 備 讃 瀬 戸 の 航 法 用 語 の 定 義 用 語 定 義 巨 大 船 長 さ( 全 長 )が 200m 以 上 の 船 舶 80 t 以 上 の 火 薬 類 を 積 載 した 総 トン 数 300t 以 上 の 船 舶 危 険 物 積 載 船 引 火 性 の 高 圧 ガスをばら 積 した 総 トン 数 1,000t 以 上 の 船 舶 引 火 性 液 体 類 をばら 積 した 総 トン 数 1,000t 以 上 の 船 舶 200t 以 上 の 有 機 過 酸 化 物 を 積 載 した 総 トン 数 300t 以 上 の 船 舶 長 大 物 件 えい 航 船 等 巨 大 船 等 進 路 警 戒 船 等 船 舶 いかだその 他 の 物 件 を 引 き 又 は 押 して 航 行 する 船 舶 で 引 き 船 の 船 首 から 当 該 物 件 の 後 端 まで 又 は 当 該 押 し 船 の 船 尾 から 当 該 物 件 の 先 端 までの 距 離 が200m 以 上 のもの 巨 大 船 危 険 物 積 載 船 及 び 長 大 物 件 えい 航 船 等 をいう 進 路 を 警 戒 する 船 舶 消 防 設 備 を 備 えている 船 舶 及 び 側 方 を 警 戒 する 船 舶 であって 海 上 保 安 庁 告 示 による 基 準 を 満 たしているもの 航 路 における 交 通 ルール 1 避 航 (1) 航 路 に 出 入 し 又 は 航 路 を 横 断 する 船 舶 で 漁 ろう 船 等 以 外 のものは 航 路 を 航 行 している 他 船 の 進 路 を 避 けなければ ならない (2) 航 路 に 出 入 し もしくは 航 路 を 横 断 する 漁 ろう 船 等 または 航 路 内 で 停 留 している 船 舶 は 航 路 を 航 行 している 巨 大 船 の 進 路 を 避 けなければならない (3) 巨 大 船 を 除 く 全 ての 船 舶 は 航 路 の 交 差 部 接 続 部 では 航 路 を 航 行 している 巨 大 船 と 衝 突 するおそれがあるときは 当 該 巨 大 船 の 進 路 を 避 けなければならない (4) 水 島 航 路 を 航 行 する 船 舶 で 巨 大 船 及 び 漁 ろう 船 等 以 外 の 船 舶 は 備 讃 瀬 戸 北 航 路 を 航 行 する 船 舶 の 進 路 を 避 けなけ ればならない (5) (1)~(4) 以 外 の 場 合 は 海 上 衝 突 予 防 法 の 航 法 に 従 わなければならない

32 2 航 路 航 行 義 務 長 さ50m 以 上 の 船 舶 は 航 路 がある 場 所 では 航 路 内 をこれにそって 航 行 しなければならない

33

34 3 速 力 の 制 限 水 島 航 路 の 全 区 間 と 備 讃 瀬 戸 東 航 路 備 讃 瀬 戸 北 南 航 路 の 図 に 示 す 区 間 では 船 舶 は12ノットを 超 える 速 力 で 航 行 して はいけない 4 航 路 の 出 入 り または 航 路 の 横 断 の 制 限 備 讃 瀬 戸 東 航 路 の 図 に 示 す 区 間 におい て 船 舶 は 航 路 へ 出 入 りしたり 航 路 を 横 断 してはいけない

35 5 行 先 の 表 示 汽 笛 を 備 えている100 総 トン 数 以 上 の 船 舶 は 航 路 に 出 入 りしたり 航 路 を 横 断 しようとするときは 次 に 示 すような 信 号 を 表 示 する

36 6 追 い 越 しの 場 合 の 信 号 汽 笛 を 備 えている 船 舶 は 航 路 で 他 の 船 舶 を 追 い 越 そうとする 場 合 は 汽 笛 を 用 いて 次 のような 信 号 をしなければならない ただし 海 上 衝 突 予 防 法 の 規 定 による 追 越 の 信 号 を 行 うときは この 限 りではない (1) 他 の 船 舶 の 右 げん 側 を 航 行 しようとするときは 長 音 1 回 に 引 き 続 く 短 音 1 回 (2) 他 の 船 舶 の 左 げん 側 を 航 行 しようとするときは 長 音 1 回 に 引 き 続 く 短 音 2 回 7 航 路 の 横 断 の 方 法 航 路 を 横 断 する 船 舶 は 航 路 に 対 してできる 限 り 直 角 に 近 い 角 度 で すみやかに 横 断 しなければならない 8 錨 泊 の 禁 止 船 舶 は 航 路 では 錨 泊 ( 錨 泊 している 他 の 船 舶 に 係 留 することも 錨 泊 になります)をしてはいけない

37 9 通 航 分 離 (1) 備 讃 瀬 戸 東 航 路 では 船 舶 は 航 路 の 中 央 線 から 右 側 の 部 分 を 航 行 しなければならない (2) 宇 高 東 航 路 は 北 の 方 向 への 宇 高 西 航 路 は 南 の 方 向 への 一 方 通 航 である (3) 備 讃 瀬 戸 北 航 路 は 西 の 方 向 への 備 讃 瀬 戸 南 航 路 は 東 の 方 向 への 一 方 通 航 である (4) 水 島 航 路 では 1 船 舶 は できる 限 り 航 路 の 中 央 から 右 側 の 部 分 を 航 行 しなければならない 2 航 路 内 で 巨 大 船 と 行 き 会 う 他 の 船 舶 は その 進 路 を 避 けなければならない 3 航 路 内 において 巨 大 船 と 他 の 船 舶 とが 行 き 会 う 際 の 危 険 を 避 けるため 長 さ70m 以 上 の 船 舶 に 対 し 信 号 その 他 の 方 法 により 航 路 外 で 待 機 するよう 指 示 される 指 示 された 船 舶 は これに 従 わなければならない ( 信 号 については 次 項 の 管 制 信 号 を 参 照 )

38 10 管 制 信 号 巨 大 船 が 水 島 航 路 及 び 水 島 港 港 内 航 路 を 航 行 する 場 合 図 に 示 す 各 信 号 所 から 管 制 信 号 が 発 せられる ( 信 号 装 置 等 が 故 障 等 の 場 合 は 海 上 保 安 庁 の 船 舶 で 実 施 する ) 西 ノ 埼 管 制 信 号 所 三 ツ 子 島 管 制 信 号 所 の 行 う 管 制 信 号 Nの 文 字 の 点 滅 = 北 航 信 号 水 島 航 路 を 南 の 方 向 に 航 行 しようとする 長 さ70m 以 上 の 船 舶 ( 巨 大 船 を 除 く)は 航 路 外 で 待 機 しなければならないこと Sの 文 字 の 点 滅 = 南 航 信 号 水 島 航 路 を 北 の 方 向 に 航 行 しようとする 長 さ70m 以 上 の 船 舶 ( 巨 大 船 を 除 く)は 航 路 外 で 待 機 しなければならないこと 水 島 信 号 所 の 行 う 管 制 信 号 ( 港 則 法 に 基 づく 信 号 ) Iの 文 字 の 点 滅 = 入 航 信 号 入 航 船 は 入 航 できること 長 さ70m 以 上 の 出 航 船 は 運 転 を 停 止 して 待 たなければならないこと 長 さ70m 未 満 の 出 航 船 は 出 航 することができること Oの 文 字 の 点 滅 = 出 航 信 号 出 航 船 は 出 航 できること 長 さ70m 以 上 の 入 航 船 は 航 路 外 において 出 航 船 の 進 路 を 避 けて 待 たなければならないこと 長 さ70m 未 満 の 入 航 船 は 入 航 することができること Fの 文 字 の 点 滅 = 自 由 信 号 長 さ200m 以 上 の 入 航 船 は 航 路 外 において 出 航 船 の 進 路 を 避 けて 待 たなければならないこと 長 さ200m 以 上 の 出 航 船 は 運 転 を 停 止 して 待 たなければならないこと 長 さ200m 未 満 の 入 出 航 船 は 入 出 航 することができること Xの 文 字 及 びIの 文 字 の 交 互 点 滅 = 入 航 予 定 信 号 航 路 内 において 航 行 中 の 入 出 航 船 は 入 出 航 することができること 航 路 外 にある 長 さ70メートル 以 上 の 入 出 航 船 は 航 路 外 において 航 路 内 において 航 行 中 の 入 出 航 船 の 進 路 を 避 けて 待 たなければならないこと 航 路 外 にある 長 さ70m 未 満 の 入 出 航 船 は 入 出 航 することができること 信 号 がまもなく Iの 文 字 の 点 滅 に 変 わること Xの 文 字 及 びOの 文 字 の 交 互 点 滅 = 出 航 予 定 信 号 航 路 内 において 航 行 中 の 入 出 航 船 は 入 出 航 することができること 航 路 外 にある 長 さ70m 以 上 の 入 出 航 船 は 航 路 外 に おいて 航 路 内 において 航 行 中 の 入 出 航 船 の 進 路 を 避 けて 待 たなければならないこと 航 路 外 にある 長 さ70m 未 満 の 入 出 航 船 は 入 出 航 することができること 信 号 がまもなくOの 文 字 の 点 滅 に 変 わること Xの 文 字 及 びFの 文 字 の 交 互 点 滅 = 自 由 予 定 信 号 航 路 内 において 航 行 中 の 入 出 航 船 は 入 出 航 することができること 航 路 外 にある 長 さ70m 以 上 の 入 出 航 船 は 航 路 外 に おいて 航 路 内 において 航 行 中 の 入 出 航 船 の 進 路 を 避 けて 待 たなければならないこと 航 路 外 にある 長 さ70m 未 満 の 入 出 航 船 は 入 出 航 することができること 信 号 がまもなくFの 文 字 の 点 滅 に 変 わること Xの 文 字 の 点 滅 = 禁 止 予 定 信 号 航 路 内 において 航 行 中 の 入 出 航 船 は 入 出 航 することができること 航 路 外 にある 長 さ70m 以 上 の 入 出 航 船 は 航 路 外 に おいて 航 路 内 において 航 行 中 の 入 出 航 船 の 進 路 を 避 けて 待 たなければならないこと 航 路 外 にある 長 さ70m 未 満 の 入 出 航 船 は 入 出 航 することができること 信 号 がまもなくXの 文 字 の 点 灯 に 変 わること Xの 文 字 の 点 灯 = 禁 止 信 号 港 長 の 指 示 を 受 けた 船 舶 以 外 の 船 舶 は 入 出 航 してはならないこと

39 航 路 通 報 等 1 航 路 通 報 及 び 変 更 通 報 (1) 備 讃 瀬 戸 をより 安 全 に 航 行 するため 次 の 船 舶 は 備 讃 瀬 戸 海 上 交 通 センターへ 航 路 通 報 を 行 う 区 分 航 路 通 報 対 象 船 舶 航 路 通 報 の 時 期 巨 大 船 等 1 巨 大 船 ( 全 長 200m 以 上 ) 2 総 トン 数 1 万 トン 以 上 の 危 険 物 積 載 船 3 長 大 物 件 えい( 押 ) 航 船 ( 全 長 200m 以 上 ) 4 総 トン 数 1 万 トン 未 満 の 危 険 物 積 載 船 航 路 入 航 予 定 時 刻 の3 時 間 前 まで 指 導 対 象 船 5 総 トン 数 1 万 トン 以 上 の 船 舶 (12を 除 く) 航 路 入 航 予 定 日 の 前 日 正 午 まで 準 指 導 対 象 船 7 総 トン 数 3 千 トン 以 上 1 万 トン 未 満 の 船 舶 8 水 島 航 路 を 航 行 する 全 長 70m 以 上 の 船 舶 9 物 件 えい( 押 ) 航 船 ( 全 長 150m 以 上 200m 未 満 ) 等 航 路 入 航 予 定 日 の 前 日 正 午 まで 航 路 入 航 予 定 時 刻 の3 時 間 前 まで 航 路 通 報 した 次 項 に 変 更 があった 場 合 は 変 更 通 報 を 行 う 航 路 入 航 予 定 時 刻 の 変 更 については 10 分 以 上 の 変 更 が あるときに 通 報 する (2) 航 路 通 報 の 通 報 項 目 及 び 通 報 の 方 法 は 次 のとおり 航 路 通 報 の 通 報 項 目 1 通 報 の 名 あて( 略 語 ビサンセト ) 2 船 舶 の 名 称 及 び 総 トン 数 3 船 舶 の 長 さ 4 最 大 喫 水 5 積 載 している 危 険 物 の 種 類 及 び 種 類 ごとの 積 載 量 ( 危 険 物 積 載 船 に 限 る) 6 引 き 船 の 船 首 から 物 件 の 後 端 まで 又 は 押 し 船 の 船 尾 から 物 件 の 先 端 までの 長 さ 及 び 物 件 の 概 要 ( 物 件 えい 航 船 等 に 限 る) 7 仕 向 港 ( 水 島 坂 出 港 入 港 船 舶 にあっては 着 桟 バース 錨 地 名 まで) 8 航 行 しようとする 航 路 名 区 間 9 航 路 入 航 予 定 日 時 (24 時 制 ) 10 航 路 出 航 予 定 日 時 (24 時 制 ) 11 呼 出 符 号 ( 信 号 符 字 ) 12 海 上 保 安 庁 との 連 絡 方 法 (VHFの 有 無 船 舶 電 話 番 号 ) 13 伝 達 者 の 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 14 仕 出 港 ( 水 島 坂 出 港 出 港 船 舶 にあっては 離 桟 バース 錨 地 名 まで) 15 水 先 人 の 乗 船 の 有 無 16 その 他 必 要 な 事 項

40

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

Taro-zyorei.jtd

Taro-zyorei.jtd 沖 縄 県 港 湾 管 理 条 例 - 抄 - ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以 下 法 という )の 規 定 により 県 が 管 理 する 港 湾 の 利 用 及 び 管 理 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下 内 海 水 先 区 水 先 約 款 第 1 章 総 則 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ) ( 本 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 水 先 人 の 締 結 する 水 先 に 関 する 契 約 については この 約 款 の 定 めると ころによる 2 この 約 款 に 定 めていない 事 項 については 法 令 及 び 慣 習 による ( 水 先 人 の 地 位 ) 第 2 条 水 先 人

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号 保 険 約 款 山 口 県 漁 船 保 険 組 合 目 次 第 1 部 漁 船 保 険 ( 第 1 条 - 第 68 条 ) -------------------------------------------------- 1 第 1 章 保 険 契 約 ( 第 1 条 - 第 47 条 ) -------------------------------------------------- 1

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

海 難 審 判 の 裁 決 < 適 用 航 法 > I 号 E 丸 とも 海 上 衝 突 予 防 法 14 条 ( 行 き 会 い 船 の 航 法 ) 違 反 < 海 難 の 原 因 > E 丸 : 居 眠 り 運 航 の 防 止 措 置 が 不 十 分 また 左 舷 対 左 舷 で 航 過 するよ

海 難 審 判 の 裁 決 < 適 用 航 法 > I 号 E 丸 とも 海 上 衝 突 予 防 法 14 条 ( 行 き 会 い 船 の 航 法 ) 違 反 < 海 難 の 原 因 > E 丸 : 居 眠 り 運 航 の 防 止 措 置 が 不 十 分 また 左 舷 対 左 舷 で 航 過 するよ 第 3 章 内 航 貨 物 船 油 送 船 の 衝 突 事 件 の 特 徴 衝 突 事 故 事 例 の 紹 介 内 航 貨 物 船 油 送 船 の 衝 突 事 件 の 特 徴 を 説 明 する 前 に 衝 突 事 故 事 例 2 件 を 参 考 にして BRM の SHELL モデルを 使 用 した 事 故 分 析 と 再 発 防 止 対 策 の 構 築 の 基 本 的 な 方 法 をご 説 明 します

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

裁決録

裁決録 平 成 17 年 仙 審 第 36 号 貨 物 船 阿 武 隈 丸 漁 船 第 十 八 徳 洋 丸 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 18 年 2 月 16 日 審 判 庁 仙 台 地 方 海 難 審 判 庁 ( 半 間 俊 士, 原 清 澄, 大 山 繁 樹 ) 理 事 官 保 田 稔 受 審 人 A 職 名 阿 武 隈 丸 船 長 海 技 免 許 二 級 海 技 士 ( 航 海 ) 補

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

裁決録

裁決録 平 成 16 年 仙 審 第 70 号 貨 物 船 第 八 あきつ 丸 貨 物 船 ミハイル ルコニン 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 17 年 7 月 28 日 審 判 庁 仙 台 地 方 海 難 審 判 庁 ( 原 清 澄, 半 間 俊 士, 大 山 繁 樹 ) 理 事 官 今 泉 豊 光 受 審 人 A 職 名 ミハイル ルコニン 水 先 人 水 先 免 許 小 名 浜 水 先 区

More information

○四日市港管理組合港湾施設条例

○四日市港管理組合港湾施設条例 四 日 市 港 管 理 組 合 港 湾 施 設 条 例 改 正 昭 和 41 年 6 月 16 日 条 例 第 30 号 昭 和 42 年 7 月 25 日 条 例 第 1 号 昭 和 44 年 4 月 1 日 条 例 第 1 号 昭 和 45 年 8 月 15 日 条 例 第 8 号 昭 和 47 年 4 月 1 日 条 例 第 5 号 昭 和 49 年 3 月 27 日 条 例 第 6 号 昭

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸 地 方 競 馬 全 国 協 会 職 員 給 与 規 程 ( 原 文 縦 書 ) 昭 和 三 十 七 年 十 一 月 一 日 昭 和 三 十 七 年 度 規 約 第 六 号 最 終 改 正 平 成 二 八 年 三 月 一 一 日 平 成 二 七 年 度 規 約 第 七 号 ( 目 的 ) 第 一 条 地 方 競 馬 全 国 協 会 の 職 員 の 給 与 に 関 する 事 項 は この 規 程 の 定

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

○大型タンカー及び大型タンカーバースの安全防災対策基準

○大型タンカー及び大型タンカーバースの安全防災対策基準 大 型 タンカー 及 び 大 型 タンカーバースの 安 全 防 災 対 策 について 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 第 1 部 : 大 型 油 タンカー 及 び 大 型 油 タンカーバースの 安 全 防 災 対 策 第 1 部 : 大 型 油 タンカー 及 び 大 型 油 タンカーバースの 安 全 防 災 対 策 Ⅰ 対 象 船 舶 及 び 対 象 バース Ⅰ 対 象 船 舶 及 び 対

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

不 利 益 処 分 に 係 る 法 令 名 漁 港 漁 場 整 備 法 第 39 条 の2 第 1 項 工 作 物 建 造 許 可 等 の 取 消 無 許 可 行 為 の 中 止 復 旧 命 令 等 法 令 の 定 め 第 39 条 の2 第 1 項 漁 港 管 理 者 は 次 の 各 号 のいずれ

不 利 益 処 分 に 係 る 法 令 名 漁 港 漁 場 整 備 法 第 39 条 の2 第 1 項 工 作 物 建 造 許 可 等 の 取 消 無 許 可 行 為 の 中 止 復 旧 命 令 等 法 令 の 定 め 第 39 条 の2 第 1 項 漁 港 管 理 者 は 次 の 各 号 のいずれ 不 利 益 処 分 に 係 る 法 令 名 漁 港 漁 場 整 備 法 第 37 条 第 2 項 漁 港 施 設 の 原 状 回 復 命 令 法 令 の 定 め 第 37 条 第 2 項 漁 港 管 理 者 は 漁 港 の 保 全 上 必 要 があると 認 める 場 合 には 前 項 の 規 定 に 違 反 した 者 に 対 し 原 状 回 復 を 命 ずることができる 違 法 性 の 程 度 当

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 26 年 度 航 海 用 無 線 設 備 整 備 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 法 規 編 問 1. 次 の 表 は 漁 船 の 漁 業 形 態 を 述 べたものである 表 中 の の 中 に 適 切 な 用 語 を 記 入 し それぞれの 漁 業 形 態 に 応 じた 従 業 制 限 の 種 類 を( )に 記 入 せよ (6 点 ) 漁 船 の 種 類 漁 業 形 態 従

More information

   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則

   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 不 動 産 貸 付 事 務 取 扱 細 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 20 年 7 月 22 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 平 成 24 年 8 月 1 日 改 正 平 成 25 年 2 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 職 員 給 与 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 号

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

項 に 規 定 する 接 待 をいう 以 下 この 項 において 同 じ )を 伴 う 飲 食 をさ せる 行 為 又 はこれを 仮 装 したものの 提 供 ハ 異 性 に 対 する 好 奇 心 をそそるような 方 法 により 客 に 接 して 酒 類 を 伴 う 飲 食 をさせる 行 為 ( 接

項 に 規 定 する 接 待 をいう 以 下 この 項 において 同 じ )を 伴 う 飲 食 をさ せる 行 為 又 はこれを 仮 装 したものの 提 供 ハ 異 性 に 対 する 好 奇 心 をそそるような 方 法 により 客 に 接 して 酒 類 を 伴 う 飲 食 をさせる 行 為 ( 接 福 岡 県 迷 惑 行 為 防 止 条 例 ( 昭 和 三 十 九 年 福 岡 県 条 例 第 六 十 八 号 ) ( 目 的 ) 第 一 条 この 条 例 は 県 民 及 び 滞 在 者 に 著 しく 迷 惑 をかける 暴 力 的 不 良 行 為 等 を 防 止 し もってその 平 穏 な 生 活 を 保 持 することを 目 的 とする ( 乗 車 券 等 の 不 当 な 売 買 行 為 (ダフヤ

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information