骨学実習書

Size: px
Start display at page:

Download "骨学実習書"

Transcription

1 骨 学 実 習 書 山 口 大 学 医 学 系 研 究 科 機 能 神 経 解 剖 学 分 野 担 当 目 次 総 論 1 各 論 5 I. 胴 幹 骨 Ossa trunci 5 A. 脊 柱 Columna vertebralis 5 B. 胸 郭 Thorax 7 II. 上 肢 骨 Ossa membri superioris 9 A. 上 肢 帯 Cingulum membri superioris 9 B. 自 由 上 肢 Skeleton membri superioris liberi 10 III. 下 肢 骨 Ossa membri inferioris 12 A. 下 肢 帯 Cingulum membri inferioris 12 B. 自 由 下 肢 Skeleton membri inferioris liberi 14 IV. 頭 蓋 骨 Ossa cranii 18 A. 頭 蓋 Cranium 18 B. 顎 関 節 Articulatio temporomandibularis 25

2 総 論 運 動 器 系 (locomotor system) I. 骨 格 系 (skeletal system) 骨 bone 軟 骨 cartilage 靭 帯 ligament II. 筋 系 (muscular system) 骨 格 筋 ( 横 紋 筋 ) skeletal muscle (striated muscle) 1. 体 節 somite の 発 生 (1) 沿 軸 中 胚 葉 paraxial mesoderm: 発 生 第 3 週 中 頃, 脊 索 notochord の 両 側 に 形 成 される. (2) 体 節 somite: 発 生 第 3 週 末,paraxial mesoderm が somite に 分 節 する. (3) somite は 更 に3 種 の 分 節 に 分 化 する. 1) 椎 板 sclerotome:やがて 脊 椎 Vertebrae と 肋 骨 Costae が 発 生 する. 2) 筋 板 myotome:やがて 骨 格 筋 skeletal muscle が 発 生 する. 3) 皮 板 dermatome:やがて 皮 膚 の 真 皮 Dermis が 発 生 する. ( 表 皮 Epidermis は 外 胚 葉 由 来 ectodermal origin) 2. 骨 の 発 生 と 成 長 (1) 膜 内 骨 化 intramembranous ossification (2) 軟 骨 内 骨 化 intracartilaginous or endochondral ossification (3) 長 さの 成 長 : 骨 端 軟 骨 epiphyseal cartilage (4) 太 さの 成 長 : 骨 膜 Periosteum 3. 骨 bone ( 約 200 個, 総 体 重 の 約 15% [ 骨 格 skeleton: 連 結 した 骨 ]) (1) 骨 の 構 造 : a. 緻 密 質 Substantia compacta, compact substance ( 緻 密 骨 compact bone) b. 海 綿 質 Substantia spongiosa, spongy substance ( 海 綿 骨 spongy bone) (2) 骨 の 機 能 : 支 柱, 保 護, 運 動 器,Ca の 貯 蔵, 造 血 (3) 骨 膜 Periosteum: 骨 の 保 護, 栄 養, 感 覚, 太 さの 成 長 (4) 骨 髄 bone marrow a. 赤 色 骨 髄 red bone marrow: 造 血 b. 黄 色 骨 髄 yellow bone marrow: 脂 肪 組 織 4. 骨 表 面 の 性 状 (1) 突 出 : 隆 起 Protuberantia, protubance 結 節 Tuberculum, tubercle 粗 面 Tuberositas, tuberosity 転 子 Trochanter, trochanter 棘 Spina, spine 突 起 Processus, process 稜 Crista, cres 線 Linea, line 顆 Condylus, condyle 上 顆 Epicondylus, epicodyle (2) 陥 凹 : 窩 Fovea 窩 Fossa 小 窩 Foveola 切 痕 Incisura, notch 裂 Fissura, fissure 溝 Sulcus 孔 Foramen 1

3 5. 骨 の 連 結 joint (1) 不 動 関 節 Synarthrosis a. 線 維 性 の 連 結 fibrous joint 靭 帯 結 合 Syndesmosis: 骨 間 靭 帯 ( 骨 間 膜 ) 縫 合 Sutura, suture: 頭 蓋 にみられる b. 軟 骨 性 の 連 結 cartilaginous joint 軟 骨 結 合 Synchondrosis ( 硝 子 軟 骨 による) 線 維 軟 骨 結 合 Symphysis ( 線 維 軟 骨 による) c. 骨 性 の 連 結 Synostosis ( 骨 結 合 osseous joint) ( 例 えば 寛 骨 仙 骨 ) (2) 可 動 関 節 Diarthrosis (= 滑 膜 性 の 関 節 synovial joint) ( 狭 義 の 関 節 ) a. 関 節 の 構 造 1. 関 節 軟 骨 articular cartilage ( 関 節 面 を 覆 い, 平 滑 にする) 2. 関 節 包 articular capsule (joint capsule) [ 外 層 ] 線 維 膜 fibrous membrane [ 内 層 ] 滑 膜 synovial membrane 3. 滑 液 synovial fluid ( 摩 擦 を 減 じ, 関 節 軟 骨 に 栄 養 ) 4. 靭 帯 accessory ligaments 関 節 外 靭 帯 Ligg. extracapsularia 関 節 内 靭 帯 Ligg. intracapsularia 5. 関 節 半 月 Meniscus articularis, semilunar articular disk( 線 維 軟 骨 ) 6. 関 節 円 板 Discus articularis, articular disk ( 関 節 半 月 がさらに 発 達 し 円 板 状 になったもの) b. 関 節 の 分 類 1. 関 節 面 の 形 状 と 運 動 様 式 による 分 類 平 面 関 節 plane joint ( 手 根 骨 や 足 根 骨 のような 短 骨 間 の 関 節 或 いは 仙 腸 関 節 のように 可 動 性 が 少 ないもの) 球 関 節 spheroid joint ( 例 : 肩 関 節 ) 臼 状 関 節 ball-and-socket joint (enarthrosis) ( 例 : 股 関 節 ) 顆 状 関 節 condyloid joint ( 例 : 中 手 指 節 関 節 膝 関 節 ) ( 球 関 節 に 似 ているが 運 動 は 靭 帯 などで 制 限 されて 回 旋 運 動 を 行 い 得 ないもの) 楕 円 関 節 ellipsoid joint ( 例 : 橈 骨 手 根 関 節 ) 鞍 関 節 saddle joint ( 例 : 手 の 母 指 の 手 根 中 手 関 節 ) 蝶 番 関 節 hinge joint ( 例 : 腕 尺 関 節 ) 車 軸 関 節 pivot joint ( 例 : 上 橈 尺 関 節 ) 2. 関 節 の 運 動 の 数 による 分 類 多 軸 性 関 節 multiaxial joint: 球 関 節 臼 状 関 節 2 軸 性 関 節 biaxial joint: 顆 状 関 節 楕 円 関 節 鞍 関 節 1 軸 性 関 節 uniaxial joint: 蝶 番 関 節 車 軸 関 節 3. 関 節 をつくる 骨 の 数 による 分 類 単 関 節 Articulatio simplex (2 個 の 骨 の 間 ) 複 関 節 Articulatio composita (3 個 以 上 の 骨 の 間 ) c. 関 節 の 血 管 1. 血 管 (-): 関 節 軟 骨, 関 節 円 板 2. 血 管 (+++): 関 節 包 ( 特 に 四 肢 の 関 節 では 関 節 周 囲 吻 合 periarticular anastomosis を 作 っている ) 2

4 d. 関 節 の 神 経 1. 感 覚 線 維 ( 痛 覚 深 部 感 覚 ): 関 節 包, 靭 帯 に 分 布 2. 自 律 神 経 線 維 ( 血 管 運 動 ): 血 管 に 分 布 脱 臼 dislocation (luxation) ( 関 節 面 が 相 互 の 正 常 の 位 置 関 係 からずれる 状 態 ) 捻 挫 sprain ( 関 節 の 過 度 の 運 動 により, 靭 帯 の 損 傷 を 生 じた 状 態 ) 6. 軟 骨 cartilage a. 硝 子 軟 骨 hyaline cartilage ( 基 質 が 主 に 微 細 な 膠 原 線 維 から 出 来 ている 全 身 のほとんどの 骨 は この 軟 骨 の 化 骨 したもの) 肋 軟 骨 関 節 軟 骨 気 管 軟 骨 気 管 支 軟 骨 b. 弾 性 軟 骨 elastic cartilage ( 基 質 内 に 弾 性 線 維 elastic fibers が 多 い) 耳 介 軟 骨 喉 頭 軟 骨 c. 線 維 軟 骨 fibrocartilage( 基 質 内 に 結 合 組 織 線 維 が 多 く 軟 骨 細 胞 は 極 めて 少 ない) 椎 間 円 板 恥 骨 結 合 7. 靭 帯 ligament 靭 帯 結 合 Syndesmosis ( 骨 が 結 合 組 織 によって 連 結 される) 靭 帯 Ligamentum, ligament ( 結 合 組 織 線 維 が 束 をなす) 8. 筋 肉 muscle a. 平 滑 筋 smooth muscle ( 横 紋 なし unstriated muscle とも 言 う) 不 随 意 筋 内 臓 筋 b. 心 筋 cardiac muscle ( 横 紋 あり) 不 随 意 筋 心 臓 壁 のみ c. 骨 格 筋 skeletal muscle ( 横 紋 あり, 横 紋 筋 striated muscle とも 言 う) 随 意 筋 voluntary muscle 9. 骨 格 筋 skeletal muscle ( 約 400 個, 総 体 重 の 約 30%) a. 皮 筋 M. cutaneous (Mm. cutanei), cutaneous muscle( 皮 膚 につく 筋 ) b. 関 節 筋 Mm. articulares ( 関 節 包 につく 筋 ) c. 狭 義 の 骨 格 筋 Mm. skeleti ( 骨 につく 筋 ) (1) 筋 の 部 位 (1 個 の 筋 において 次 の 各 部 を 分 かつ) a. 起 始 Origo, origin ( 起 こる 所 ): 体 幹 に 近 い 方 で, 引 寄 せる 側 b. 停 止 Insertio, insertion ( 着 く 所 ): 体 幹 に 遠 い 方 で, 引 寄 せられる 側 c. 筋 頭 Caput, muscle head ( 起 始 に 近 い 部 分 ) d. 筋 腹 Venter, muscle belly ( 筋 の 中 央 部 分 ) e. 筋 尾 Cauda, muscle tail ( 停 止 に 近 い 部 分 ) (2) 形 による 分 類 紡 錘 状 筋 M. fusiformis, fusiform muscle ( 大 部 分 の 筋 はこれ) 半 羽 状 筋 M. unipennatus, unipennate muscle ( 例 : 足 の 長 指 屈 筋, 長 母 指 屈 筋 ) 羽 状 筋 M. bipennatus, bipennate muscle ( 例 : 長 腓 骨 筋 ) 二 頭 筋 M. biceps, biceps muscle ( 例 : 上 腕 二 頭 筋, 大 腿 二 頭 筋 ) 三 頭 筋 M. triceps, triceps muscle ( 例 : 上 腕 三 頭 筋, 下 腿 三 頭 筋 ) 四 頭 筋 M. quadriceps, quadriceps muscle ( 例 : 大 腿 四 頭 筋 ) 二 腹 筋 M. biventer, biventer muscle ( 例 : 顎 二 腹 筋, 肩 甲 舌 骨 筋 ) 中 間 腱 Tendo intermedia, intermediate tendon 鋸 筋 M. serratus, serratus muscle( 例 : 前 鋸 筋 ) 3

5 (3) 腱 Tendo, tendon ( 起 始 腱, 中 間 腱, 停 止 腱 ) 腱 膜 Aponeurosis, aponeurosis ( 帽 状 腱 膜 ) 腱 画 Intersectio tendinea, tendinous intersection ( 腹 直 筋 ) 腱 中 心 Centrum tendineum, central tendon ( 横 隔 膜 ) (4) 筋 膜 Fascia, fascia (1 群 の 筋 を 包 む 丈 夫 な 結 合 組 織 ) (5) 筋 周 膜 Perimysium, perimysium (1つの 筋 を 包 む 薄 い 結 合 組 織,その 上 を 筋 膜 が 覆 う) (6) 腱 鞘 Vagina tendinis, tendon seath ( 腱 を 包 む 袋 ) a. 滑 液 鞘 Vagina synovialis tendinis, synovial tendon seath ( 内 層 ) b. 線 維 鞘 Vagina fibrosa tendinis, fibrous tendon seath ( 外 層 ) c. 滑 液 Synovia, synovia (synovial fluid) ( 滑 液 鞘 内 の 液 体 ) d. 腱 間 膜 Mesotendineum, mesotendon ( 血 管, 神 経 を 導 く) e. 腱 のヒモ Vincula tendinum, vincula tendinum ( 腱 間 膜 の 長 いもの) 長 いヒモ Vincula longum 短 いヒモ Vincula breve f. 鞘 状 靭 帯 Lig. vaginale, vaginal ligament (7) 滑 液 包 Bursa synovialis, synovial bursa( 滑 液 Synovia を 入 れる ) (8) 筋 滑 車 Trochlea muscularis, muscle pulley (trochlea) (9) 腱 弓 Arcus tendineus, tendinous arch (10) 種 子 骨 Ossa sesamoidea, sesamoid bone ( 腱 の 中 にある) (11) 筋 の 作 用 による 分 類 屈 筋 Mm. flexores, flexor 伸 筋 Mm. extensores, extensor 内 転 筋 Mm. adductores, adductor 外 転 筋 Mm. abductores, abductor 内 旋 筋 inner rotator 外 旋 筋 outer rotator 回 内 筋 Mm. pronatores, pronator 回 外 筋 Mm. supinatores, supinator 括 約 筋 Mm. sphinctores, sphinctor 散 大 筋 Mm. dilatores, dilator 挙 筋 Mm. levatores 下 制 筋 Mm. depressores 圧 迫 筋 Mm. compressores 張 筋 Mm. tensores 協 力 筋 Synergisten, synergist ( 多 くの 筋 が 協 力 して 運 動 する 際 これ 等 の 筋 をいう) 拮 抗 筋 Antagonisten, antagonist(2つ 以 上 の 筋 が 互 に 反 対 の 作 用 をする 際 これ 等 の 筋 をいう) 4

6 各 論 I. 胴 幹 骨 Ossa trunci A. 脊 柱 Columna vertebralis, vertebral column (spinal column) B. 胸 郭 Thorax 1. 肋 骨 Costae, ribs 2. 胸 骨 Sternum, sternum A. 脊 柱 Columna vertebralis, vertebral column (spinal column) 真 椎 Vertebrae verae, true ribs 頚 椎 Vertebrae cervicalis, cervical vertebrae ( 7 個 ) 胸 椎 Vertebrae thoracicae, thoracic vertebrae ( 12 個 ) 腰 椎 Vertebrae lumbales, lumbar vertebrae ( 5 個 ) 仮 椎 Vertebrae spuriae, false ribs 仙 椎 Vertebrae sacrales, sacral vertebrae ( 5 個 ) 尾 椎 Vertebrae coccygeae, coccygeal vertebrae ( 3-6 個 ) 1. 椎 骨 の 基 本 形 態 (1) 椎 体 Corpus vertebrae, vertebral body と 椎 弓 Arcus vertebrae, vertebral arch 椎 孔 Foramen vertebrale, vertebral foramen( 椎 体 と 椎 弓 で 囲 まれた 孔 ) 脊 柱 管 Canalis vertebralis, vertebral canal( 椎 孔 が 上 下 に 重 なってつくり 脊 髄 をいれる) 椎 弓 根 Pediculus arcus vertebrae, pedicle of vertebral arch( 椎 弓 前 部 円 柱 状 ) 椎 弓 板 Lamina arcus vertebrae, lamina of vertebral arch( 椎 弓 後 部 扁 平 ) 上 椎 切 痕 Incisura vertebralis superior, superior vertebral notch( 椎 弓 根 の 上 縁 にある) 下 椎 切 痕 Incisura vertebralis inferior, inferior vertebral notch( 椎 弓 根 の 下 縁 にある) 椎 間 孔 Foramen intervertebrale, intervertebral foramen ( 上 下 の 椎 切 痕 が 囲 む 孔 脊 髄 神 経 が 通 る) (2) 突 起 Processus, process( 椎 弓 から3 種 (7 個 ) の 突 起 が 突 出 する) 棘 突 起 Processus spinosus, spinous process(1 個 椎 弓 後 端 中 央 から 後 下 方 に 突 出 ) 横 突 起 Processus transversus, transverse process( 左 右 2 個 椎 弓 の 根 と 板 との 境 界 から) 関 節 突 起 Zygapophysis, articular process: 上 関 節 突 起 とすぐ 上 位 の 下 関 節 突 起 が 関 節 する 1. 上 関 節 突 起 Processus articularis superior, superior articular process ( 左 右 2 個 椎 弓 根 のすぐ 後 ) 2. 下 関 節 突 起 Processus articularis inferior, inferior articular process ( 左 右 2 個 椎 弓 根 のすぐ 後 ) 2. 各 椎 骨 の 特 徴 (1) 頚 椎 Vertebrae cervicales, cervical vertebrae ( 頚 椎 は 他 の 椎 骨 と 比 べて 小 さい 棘 突 起 は 短 く 水 平 で 第 2-6 頚 椎 の 先 端 は2 分 している 横 突 起 には 横 突 孔 前 結 節 後 結 節 がある ) 横 突 孔 Foramen transversarium, transverse foramen( 椎 骨 動 静 脈 が 通 る) ( 第 7 頚 椎 の 横 突 孔 には 一 般 に 椎 骨 動 脈 は 通 らず 静 脈 が 通 る) 前 結 節 Tuberculum anterius, anterior tubercle( 横 突 起 の 先 端 前 方 ) ( 第 6 頚 椎 の 前 結 節 は 大 きく 頚 動 脈 結 節 Tuberculum caroticum, carotid tubercle と 呼 ばれる 第 7 頚 椎 では 時 に 前 結 節 が 頚 肋 cervical rib として 分 離 している) 後 結 節 Tuberculum posterius, posterior tubercle( 横 突 起 の 先 端 後 方 ) ( 前 結 節 は 肋 骨 にあたり 後 結 節 が 本 来 の 横 突 起 である) 5

7 a. 環 椎 Atlas ( 第 1 頚 椎 椎 体 を 欠 く) 前 弓 Arcus anterior, anterior arch 歯 突 起 窩 Fovea dentis, facet for dens( 軸 椎 の 歯 突 起 が 接 する) 後 弓 Arcus posterior, posterior arch 後 結 節 Tuberculum posterius, posterior tubercle( 棘 突 起 にあたる) 外 側 塊 Massa lateralis, lateral mass( 横 突 起 にあたる) 上 関 節 窩 Fovea articularis superior, superior articular facet( 関 節 突 起 はない) 下 関 節 窩 Fovea articularis inferior, inferior articular facet ( 関 節 突 起 はない) 横 突 孔 Foramen transversarium, transverse foramen ( 椎 骨 動 静 脈 が 通 る) b. 軸 椎 Axis ( 第 2 頚 椎 歯 突 起 を 持 つ) 歯 突 起 Dens, dens (odontoid process) ( 本 来 の 第 1 頚 椎 の 椎 体 が 分 離 し 第 2 頚 椎 に 癒 合 したもの) c. 隆 椎 Vertebra prominens, prominent vertebra ( 第 7 頚 椎 ; 棘 突 起 が 長 く 突 出 しているため) (2) 胸 椎 Vertebrae thoracicae, thoracic vertebrae: 椎 骨 の 基 本 構 造 をそのまま 呈 する 椎 体 は 下 位 に 行 くほど 大 きくなる 肋 骨 頭 と 接 する 上 肋 骨 窩 Fovea costalis superior, superior costal facet (Th 11, 12 にはない) 下 肋 骨 窩 Fovea costalis inferior, inferior costal facet (Th 10, 11, 12 にはない) 横 突 起 の 先 端 も 肋 骨 結 節 と 接 している 横 突 肋 骨 窩 Fovea costalis transversalis, transverse costal facet (3) 腰 椎 Vertebrae lumbares, lumbar vertebrae 肋 骨 突 起 Processus costalis, costal process( 本 来 の 肋 骨 にあたる) 副 突 起 Processus accessorius, accessory process( 本 来 の 横 突 起 ) 乳 頭 突 起 Processus mamillaris, mamillary process( 本 来 の 横 突 起 の 一 部 ) 腰 椎 穿 刺 lumbar puncture: 通 常 第 3 4 腰 椎 間 で 行 なわれる (4) 仙 骨 Os sacrum, sacrum: 5 個 の 仙 椎 が 癒 合 して1 個 の 仙 骨 をつくる 仙 骨 底 Basis ossis sacri, base of sacrum( 第 1 仙 椎 の 椎 体 上 面, 腰 椎 と 接 する) 岬 角 Promontorium, promontory( 仙 骨 底 前 縁 の 突 出 ) 仙 骨 管 Canalis sacralis, sacral canal( 脊 柱 管 の 一 部, 馬 尾 をいれる) 仙 骨 尖 Apex ossi sacri, apex of sacrum( 第 5 仙 椎 の 椎 体 下 面, 尾 骨 と 接 する) 前 面 ( 骨 盤 面 Facies pelvina, pelvic surface )( 骨 盤 腔 に 面 する) 横 線 Linea transversae, transverse line(4 本 ) 前 仙 骨 孔 Foramina sacralia pelvina, pelvic sacral foramina(4 対 ) 後 面 Facies dorsalis, dorsal surface( 全 体 として 凸 面 になっている) 正 中 仙 骨 稜 Crista sacralis mediana, median sacral crest( 棘 突 起 に 由 来 ) 中 間 仙 骨 稜 Crista sacralis intermedia, intermediate sacral crest ( 関 節 突 起 に 由 来 ) 仙 骨 角 Cornu sacrale, sacral cornu( 中 間 仙 骨 稜 の 下 端 の 延 長 ) 後 仙 骨 孔 Foramina sacralia dorsalia, dorsal sacral foramina(4 対 中 間 仙 骨 稜 の 外 側 ) 外 側 仙 骨 稜 Crista sacralis lateralis, lateral sacral crest( 横 突 起 に 由 来 ) 仙 骨 裂 孔 Hiatus sacralis, sacral hiatus( 仙 骨 管 の 下 口 ) 外 側 部 Pars lateralis, lateral part ( 前 後 仙 骨 孔 より 外 側 部, 前 半 分 は 本 来 の 肋 骨 ) 耳 状 面 Facies auricularis, auricular surface( 寛 骨 の 耳 状 面 と 関 節 をなす) (5) 尾 骨 Os coccygis, coccyx: 3 6 個 の 尾 椎 が 癒 合 6

8 3. 脊 柱 の 全 景 頚 弯 曲 Curvatura cervicalis, cervical lordosis 胸 弯 曲 Curvatura thoracica, thoracic kyphosis 腰 弯 曲 Curvatura lumbalis, lumbar lordosis 仙 尾 弯 曲 Curvatura sacrococcygea, sacral kyphosis 4. 脊 柱 管 Canalis vertebralis, vertebral canal ( 脊 髄 medulla spinalis, spinal cord を 容 れる) 上 端 : 大 後 頭 孔 Foramen magnum ( 頭 蓋 腔 に 通 じる) 下 端 : 仙 骨 裂 孔 Hiatus sacralis, sacral hiatus 側 方 : 椎 間 孔 Foramina intervertebralis, intervertebral foramen に 通 じる ( 脊 髄 神 経 が 通 る) B. 胸 郭 Thorax ( 胸 椎 12 個, 肋 骨 12 個, 胸 骨 で 構 成 される) 胸 郭 上 口 Apertura thoracis superior, inlet of thorax ( 第 1 胸 椎, 第 1 肋 骨, 胸 骨 上 縁 により 囲 まれる) 胸 郭 下 口 Apertura thoracis inferior, outlet of thorax ( 第 12 胸 椎, 第 12,11 肋 骨, 肋 骨 弓 により 囲 まれる) 肋 間 隙 Spatium intercostales, intercostal space 1. 肋 骨 Costae, rib 肋 硬 骨 Os costale ( 普 通 肋 骨 といえばこれをさす) 肋 軟 骨 Cartilago costalis, costal cartilage 真 肋 ( 胸 骨 肋 )Costae vera, true rib: 第 1-7 肋 骨 仮 肋 ( 弓 肋 ) Costae spuriae, false rib : 第 8-12 肋 骨 付 着 弓 肋 Costae arcuariae affixae: 第 8-10 肋 骨 浮 遊 肋 骨 Costae fluctuantes, floating rib: 第 11,12 肋 骨 肋 骨 弓 Arcus costalis, costal arch ( 弓 状 に 連 なった 第 7-10 肋 軟 骨 の 下 縁 ) 胸 骨 下 角 Angulus infrasternalis, infrasternal angle ( 約 80 度 その 頂 はほぼ 第 10 胸 椎 の 高 さ) (1) 肋 骨 の 基 本 形 態 a. 肋 骨 頭 Caput costae, head of rib 肋 骨 頭 関 節 面 Facies articularis capitis costae, articular surface of head of rib 肋 骨 頭 稜 Crista capitis costae, crest of head of rib b 肋 骨 頚 Collum costae, neck of rib 肋 骨 結 節 Tuberculum costae, tubercle of rib 肋 骨 結 節 関 節 面 Facies articularis tuberculi costae, articular surface of tubercle of rib c 肋 骨 体 Corpus costae, body of rib 肋 骨 角 Angulus costae, costal angle 肋 骨 溝 Sulcus costae, costal groove ( 肋 間 動 静 脈 と 肋 間 神 経 が 走 る) (2) 特 殊 肋 骨 a 第 1 肋 骨 Costae prima, first rib 前 斜 角 筋 結 節 Tuberculum musculi scaleni anterioris, tubercle for scalenus anterior muscle 鎖 骨 下 静 脈 溝 Sulcus venae subclaviae, groove for subclavian vein 鎖 骨 下 動 脈 溝 Sulcus arteriae subclaviae, groove for subclavian artery 7

9 b 第 2 肋 骨 Costae secunda, second rib 第 2 肋 骨 粗 面 Tuberositas costae secundae ( 後 斜 角 筋 が 停 止 する) 前 鋸 筋 粗 面 Tuberositas musculi serrati anterior, tuberosity for serratus anterior muscle c 第 11,12 肋 骨 肋 骨 頭 関 節 面 は 単 一 肋 骨 頚 は 不 鮮 明 結 節 もない 2. 胸 骨 Sternum (1) 胸 骨 柄 Manubrium sterni, manubrium of sternum 頚 切 痕 Incisura jugularis, jugular notch 鎖 骨 切 痕 Incisura clavicularis, clavicular notch 第 1 肋 骨 切 痕 Incisura costalis I, first costal notch 第 2 肋 骨 切 痕 Incisura costalis II, second costal notch 胸 骨 穿 刺 sternal puncture ( 第 2 3 肋 間 骨 髄 の 生 検 ) 胸 骨 角 Angulus sterni, sternal angle ( 胸 骨 柄 結 合 の 前 方 の 突 出 第 2 肋 骨 がつく ) ( 胸 骨 柄 結 合 Synchondrosis manubriosternalis, manubriosternal joint) (2) 胸 骨 体 Corpus sterni, body of sternum 胸 骨 平 面 Planum sternale, sternal plane 第 3 7 肋 骨 切 痕 Incisurae costales III-VII, 3rd-7th costal notch (3) 剣 状 突 起 Processus xiphoideus, xiphoid process 8

10 II. 上 肢 骨 Ossa membri superioris, skeleton of upper limb A. 上 肢 帯 Cingulum membri superioris, shoulder girdle 1. 肩 甲 骨 Scapula, scapula 2. 鎖 骨 clavicula clavicle B. 自 由 上 肢 Skeleton membri superioris liberi 1. 上 腕 骨 Humer, humerus 2. 橈 骨 Radius, radius 3. 尺 骨 Ulna, ulna 4. 手 根 骨 Ossa carpi, carpal bones 5. 中 手 ( 骨 ) Metacarpus, metacarpal bones 6. 手 の 指 骨 Ossa digitorum manus, phalanges of the hand A. 上 肢 帯 Cingulum membri superioris, shoulder girdle 1. 鎖 骨 Clavicula clavicle: 最 も 早 期 に 骨 化 が 始 まる 中 央 部 が 膜 性 骨 化 両 端 が 軟 骨 性 骨 化 形 式 をとる (1) 胸 骨 端 Extremitas sternalis, sternal end ( 内 側 端 ) 胸 骨 関 節 面 Facies articularis sternalis, sternal articular surface (2) 肩 峰 端 Extremitas acromialis, acromial end( 外 側 端 ) 肩 峰 関 節 面 Facies articularis acromialis, acromial articular surface (3) 鎖 骨 体 Corpus claviculae, body of clavicle (ゆるやかなS 状 の 弯 曲 を 呈 する) 2. 肩 甲 骨 Scapula, scapula (1) 肋 骨 面 Facies costalis, costal surface ( 前 面 ) 肩 甲 下 窩 Fossa subscapularis, subscapular fossa (2) 背 側 面 Facies dorsalis 肩 甲 棘 Spina scapulae, spine of scapula 肩 峰 Acromion, acromion( 肩 甲 棘 の 外 側 端 の 突 出 ) 棘 上 窩 Fossa supraspinata, supraspinous fossa 棘 下 窩 Fossa infraspinata, infraspinous fossa (3) 内 側 縁 Margo medialis, medial border (4) 外 側 縁 Margo lateralis, lateral border (5) 上 縁 Margo superior, superior border 肩 甲 切 痕 Incisura scapulae, scapular notch 烏 口 突 起 Processus coracoideus, coracoid process (6) 上 角 Angulus superior, superior angle (7) 外 側 角 Angulus lateralis, lateral angle 関 節 窩 Cavitas glenoidalis, glenoid cavity 関 節 上 結 節 Tuberculum supraglenoidale,supraglenoidal tubercle 関 節 下 結 節 Tuberculum infraglenoidale, infraglenoidal tubercle 肩 甲 頚 Collum scapulae, neck of scapula (8) 下 角 Angulus inferior, inferior angle 9

11 B. 自 由 上 肢 Skeleton membri superioris liberi 1. 上 腕 骨 Humerus, humerus (1) 近 側 端 Extremitas proximalis ( 上 端 ) 上 腕 骨 頭 Caput humeri, head of humerus 解 剖 頚 Collum anatomicum, anatomical neck 外 科 頚 Collum chirurgicum, surgical neck 小 結 節 Tuberculum minus, lesser tubercle 小 結 節 稜 Crista tuberculi minoris, crest of lesser tubercle 大 結 節 Tuberculum majus, greater tubercle 大 結 節 稜 Crista tuberculi majoris, crest of greater tubercle 結 節 間 溝 Sulcus intertubercularis, intertubercular groove (2) 上 腕 骨 体 Corpus humeri, body of humerus ( 骨 幹 ) 三 角 筋 粗 面 Tuberositas deltoidea, deltoid tuberosity 橈 骨 神 経 溝 Sulcus nervi radialis, groove for radial nerve (3) 遠 側 端 Extremitas distalis ( 下 端 ) 外 側 上 顆 Epicondylus lateralis, lateral epicondyle 内 側 上 顆 Epicondylus medialis, medial epicondyle 尺 骨 神 経 溝 Sulcus nervi ulnaris, groove for ulnar nerve 上 腕 骨 顆 Condylus humeri, condyle of humerus 上 腕 骨 滑 車 Trochlea humeri, trochlea of humerus ( 上 腕 骨 顆 の 内 側 2/3) 上 腕 骨 小 頭 Capitulum humeri, capitulum of humerus( 上 腕 骨 顆 の 外 側 1/3) 肘 頭 窩 Fossa olecrani, olecranon fossa 鈎 突 窩 Fossa coronoidea,coronoid fossa 橈 骨 窩 Fossa radialis, radial fossa 2. 尺 骨 Ulna, ulna (1) 近 側 端 Extremitas proximalis ( 上 端 ) 鈎 状 突 起 Processus coronoideus, coronoid process 肘 頭 Olecranon, olecranon 滑 車 切 痕 Incisura trochlearis, trochlear notch 橈 骨 切 痕 Incisura radialis, radial notch (2) 尺 骨 体 Corpus ulnae, body of ulna ( 骨 幹 ) 骨 間 縁 Margo interosseus, interosseous border( 骨 間 膜 が 付 く) (3) 遠 側 端 Extremitas distalis ( 下 端 ) 尺 骨 頭 Caput ulnae, head of ulna 関 節 環 状 面 Circumferentia articularis, articular circumference 茎 状 突 起 Processus styloideus, styloid process 3. 橈 骨 Radius, radius (1) 近 側 端 Extremitas proximalis ( 上 端 ) 橈 骨 頭 Caput radii, head of radius 橈 骨 頭 窩 Fovea capitalis radii, fovea on head of radius 関 節 環 状 面 Circumferentia articularis, articular circumference 橈 骨 頚 Collum radii, neck of radius 橈 骨 粗 面 Tuberositas radii, tuberosity of radius (2) 橈 骨 体 Corpus radii, body of radius ( 骨 幹 ) 骨 間 縁 Margo interosseus, interosseous border ( 骨 間 膜 が 付 く) (3) 遠 側 端 Extremitas distalis ( 下 端 ) 茎 状 突 起 Processus styloideus, styloid process 10

12 尺 骨 切 痕 Incisura ulnaris, ulnar notch 手 根 関 節 面 Facies articularis carpea, carpal articular surface 4. 手 根 骨 Ossa carpi, carpal bones (1) 近 位 手 根 骨 Ossa carpi proximalia 舟 状 骨 Os scaphoideum, scaphoid 舟 状 骨 結 節 Tuberculum ossis scaphoidei, tubercle of scaphoid 月 状 骨 Os lunatum, lunate 三 角 骨 Os triquetrum, triquetrum 豆 状 骨 Os pisiforme, pisiform (2) 遠 位 手 根 骨 Ossa carpi distalia 大 菱 形 骨 Os trapezium, trapezium 大 菱 形 骨 結 節 Tuberculum ossis trapezii, tubercle of trapezium 小 菱 形 骨 Os trapezoideum, trapezoid 有 頭 骨 Os capitatum, capitate 有 頭 骨 頭 Caput ossis capiti 有 鈎 骨 Os hamatum, hamate 有 鈎 骨 鈎 Hamulus ossi hamati, hook of hamate 1) 橈 側 手 根 隆 起 Eminentia carpi radialis ( 外 側 手 根 隆 起 ) 舟 状 骨 結 節, 大 菱 形 骨 結 節 2) 尺 骨 手 根 隆 起 Eminentia carpi ulnaris ( 内 側 手 根 隆 起 ) 豆 状 骨, 有 鈎 骨 鈎 3) 手 根 溝 Sulcus carpi, carpal groove( 生 体 では 手 根 管 Canalis carpi, carpal canal をつくる) 5. 中 手 ( 骨 ) Metacarpus, metacarpal bones (1) 底 Basis, base ( 近 位 端 ) (2) 体 Corpus, body( 中 央 ) (3) 頭 Caput, head ( 遠 位 端 ) Ⅰ) 第 1 中 手 骨 Os metacarpale I(primum), Os pollisis, 1st metacarpal bones ( 母 指 側 ) Ⅱ) 第 2 中 手 骨 Os metacarpale II(secundum), 2nd metacarpal bones Ⅲ) 第 3 中 手 骨 Os metacarpale III(tertium), 3rd metacarpal bones Ⅳ) 第 4 中 手 骨 Os metacarpale IV(quartum), 4th metacarpal bones Ⅴ) 第 5 中 手 骨 Os metacarpale V(quintum), 5th metacarpal bones 中 手 骨 間 隙 Spatia interossea matacarpi, interosseous metacarpal spaces (あい 隣 る 中 手 骨 の 間 ) 6. 手 の 指 骨 Ossa digitorum manus (1) 節 骨 底 Basis phalangis, base ( 近 位 端 ) (2) 節 骨 体 Corpus phalangis, body ( 中 央 ) (3) 節 骨 頭 Caput phalangis, head ( 遠 位 端 ) Ⅰ) 基 節 骨 Phalanx proximalis, proximal phalanx ( 近 位 ) Ⅱ) 中 節 骨 Phalanx media, middle phalanx ( 中 央, 母 指 にはない) Ⅲ) 末 節 骨 Phalanx distalis, distal phalanx ( 遠 位 ) 末 節 骨 粗 面 Tuberositas phalangis distalis ( 爪 をささえる) 11

13 III. 下 肢 骨 Ossa membri inferioris, skeleton of lower limb A. 下 肢 帯 Cingulum membri inferioris, pelvic girdle 1. 寛 骨 Os coxae, hip bone a. 腸 骨 Os ilium, ilium b. 坐 骨 Os ischii, ischium c. 恥 骨 Os pubis, pubis 2. 骨 盤 Pelvis, pelvis B. 自 由 下 肢 Skeleton membri inferioris liberi 1. 大 腿 骨 Femur, femur 2. 膝 蓋 骨 Patella, patella 3. 脛 骨 Tibia, tibia 4. 腓 骨 Fibulla, fibula 5. 足 根 骨 Ossa tarsi, tarsal 6. 中 足 骨 Ossa metatarsalia, metatarsal bones 7. 足 の 指 骨 Ossa digitorum pedis, phalanges of foot A. 下 肢 帯 Cingulum membri inferioris, pelvic girdle 1. 寛 骨 Os coxae, hip bone (innominate) ( 腸 骨 Os ilium, ilium 坐 骨 Os ischii, ischium 恥 骨 Os pubis, pubis が 癒 着 したもの) (17 才 頃 に 骨 性 に 癒 着 し 始 め,20 才 頃 に 完 了 ) 寛 骨 臼 Acetabulum, acetabulum 寛 骨 臼 切 痕 Incisura acetabuli, acetabular notch 寛 骨 臼 窩 Fossa acetabuli 月 状 面 Facies lunata, lunate surface 閉 鎖 孔 Foramen obturatum, obturator foramen 腸 恥 隆 起 Eminentia iliopubica, iliopubic eminence (1) 腸 骨 Os ilium, ilium 腸 骨 体 Corpus ossis ilii, body of ilium 腸 骨 翼 Ala ossis ilii, ala of ilium 腸 骨 窩 Fossa iliaca, iliac fossa 弓 状 線 Linea arcuata, arcuate line 耳 状 面 Facies auricularis, auricular surface 腸 骨 粗 面 Tuberositas iliaca, tuberosity of ilium 殿 筋 面 Facies glutea 腸 骨 稜 Crista iliaca, iliac crest 外 唇 Labium externum, outer lip 中 間 線 Linea intermedia, intermediate line 内 唇 Labium internum, inner lip 上 前 腸 骨 棘 Spina iliaca anterior superior, anterior superior iliac spine 下 前 腸 骨 棘 Spina iliaca anterior inferior, anterior inferior iliac spine 上 後 腸 骨 棘 Spina iliaca posterior superior, posterior superior iliac spine 下 後 腸 骨 棘 Spina iliaca posterior inferior, posterior inferior iliac spine (2) 坐 骨 Os ischii, ischium 坐 骨 体 Corpus ossis ischii, body of ischium 坐 骨 棘 Spina ischiadica, spine of ischium 大 坐 骨 切 痕 Incisura ischiadica major, greater sciatic notch 小 坐 骨 切 痕 Incisura ischiadica minor, lesser sciatic notch 12

14 坐 骨 枝 Ramus ossis ischii, ramus of ischium 坐 骨 結 節 Tuber ischiadicum, ischial tuberosity (3) 恥 骨 Os pubis, pubis 恥 骨 体 Corpus ossis pubis, body of pubis 恥 骨 結 合 面 Facies symphysialis, symphysial surface ( 恥 骨 結 合 Symphysis pubica) 恥 骨 上 枝 Ramus superior ossis pubis, superior ramus of pubis 恥 骨 結 節 Tuberculum pubicum, pubic tubercle 恥 骨 櫛 Pecten ossis pubis, pecten of pubis 恥 骨 下 枝 Ramus inferior ossis pubis, inferior ramus of pubis 2. 骨 盤 Pelvis, pelvis: 左 右 の 寛 骨, 仙 骨, 尾 骨, 第 5 腰 椎 骨 恥 骨 結 合 Symphysis pubica, symphysis pubis 恥 骨 下 角 Angulus subpubica, subpubic angle 恥 骨 弓 arcus pubis, pubic arch 骨 盤 腔 Cavum pelvis, pelvic cavity ( 小 骨 盤 腔 ) 骨 盤 上 口 Apertura pelvis superior, superior pelvic aperture 分 界 線 Linea terminalis, pelvic brim 岬 角 仙 骨 弓 状 線 恥 骨 櫛 ( 仙 骨 部 ) ( 腸 骨 部 ) ( 恥 骨 部 ) 大 骨 盤 Pelvis major, greater pelvis 小 骨 盤 Pelvis minor, lesser pelvis 骨 盤 下 口 Apertura pelvis inferior, inferior pelvic aperture 恥 骨 結 合 の 下 縁 恥 骨 下 枝 坐 骨 枝 坐 骨 結 節 小 坐 骨 切 痕 坐 骨 棘 大 坐 骨 切 痕 仙 骨 外 側 縁 尾 骨 (1) 骨 盤 の 男 女 差 a. 女 性 は, 男 性 に 比 べ 繊 弱 b. 女 性 は, 男 性 に 比 べ 大 骨 盤 が 広 く, 外 方 に 浅 く 広 がる c. 女 性 は, 男 性 に 比 べ 骨 盤 腔 ( 小 骨 盤 腔 )が 広 く, 上 口 下 口 ともに 大 きく 短 い 円 筒 状 (2) 骨 盤 の 計 測 a. 骨 盤 上 口 イ. 前 後 径 anteroposterior diameter 1. 解 剖 結 合 線 anatomical conjugate : 岬 角 と 恥 骨 結 合 上 縁 ( 約 11 cm) 2. 産 科 結 合 線 ( 真 結 合 線 )obsteric conjugate (true conjugate), gynecological conjugate : 岬 角 から 恥 骨 結 合 後 面 までの 間 の 最 短 距 離 ( 約 10.7 cm) 3. 対 角 結 合 線 diagonal conjugate : 岬 角 と 恥 骨 結 合 下 縁 ( 産 科 で 腟 内 から 用 手 計 測 法 によって 求 められ, cm 減 ずると 真 結 合 線 の 値 になる) ロ. 横 径 transverse diameter : 左 右 の 腸 骨 の 弓 状 線 間 の 最 大 距 離, 骨 盤 上 口 における 最 大 径 ( 約 13.5 cm) ハ. 斜 径 oblique diameter : 仙 腸 関 節 面 の 上 部 から 対 側 の 腸 恥 隆 起 までの 距 離 ( 約 12 cm) 第 1 斜 径 ( 右 斜 径 ): 右 後 方 から 左 前 方 第 2 斜 径 ( 左 斜 径 ): 左 後 方 から 右 前 方 b. 骨 盤 下 口 イ. 前 後 径 anteroposterior diameter : 尾 骨 下 端 から 恥 骨 結 合 下 縁 まで ( 約 9.5 cm) 尾 骨 が 動 くので 約 11.5 cm となる ロ. 横 径 transverse diameter : 左 右 両 側 の 坐 骨 結 節 間 の 距 離 ( 約 11 cm) c. 骨 盤 軸 Axis pelvis 13

15 B. 自 由 下 肢 Skeleton membri inferioris liberi 1. 大 腿 骨 Femur: 人 体 中 最 長 の 管 状 骨 ( 約 cm) (1) 上 端 ( 近 位 ) Extremitas superior (proximalis) 大 腿 骨 頭 Caput femoris, head of femur 大 腿 骨 頭 窩 Fovea capitis femoris, fovea capitis femoris ( 大 腿 骨 頭 靭 帯 Lig. capitis femoris が 付 着 ) 大 腿 骨 頚 Collum femoris, neck of femur 大 転 子 Trochanter major, greater trochanter 小 転 子 Trochanter minor, lesser trochanter 転 子 間 線 Linea intertrochanterica, intertrochanteric line 転 子 間 稜 Crista intertrochanterica, intertrochanteric crest 転 子 窩 Fossa trochanterica, trochanteric fossa (2) 大 腿 骨 体 Corpus femoris, body of femur ( 骨 幹 ) 粗 線 Linea aspera, linea aspera 外 側 唇 Labium laterale, lateral lip 内 側 唇 Labium mediale, medial lip 殿 筋 粗 面 Tuberositas glutea, gluteal tuberosity ( 特 に 発 達 すると 第 三 転 子 Trochanter tertius と 呼 ばれる) (3) 下 端 ( 遠 位 ) Extremitas inferior (distalis) 内 側 顆 Condylus medialis, medial condyle 外 側 顆 Condylus lateralis, lateral condyle 膝 蓋 面 Facies patellaris, patellar surface 顆 間 窩 Fossa intercondylaris, intercondylar fossa 内 側 上 顆 Epicondylus medialis, medial epicondyle 外 側 上 顆 Epicondylus lateralis, lateral epicondyle 内 転 筋 結 節 Tuberculum adductorium, tubercle for adductor magnus muscle 顆 間 線 Linea intercondylaris, intercondylar line 膝 窩 面 Facies poplitea, popliteal surface 2. 膝 蓋 骨 Patella, patella 膝 蓋 骨 尖 Apex patellae, apex of patella 膝 蓋 骨 底 Basis patellae, base of patella 関 節 面 Facies articularis 関 節 稜 Crista articularis patellae 内 側 面 Facies medialis ( 狭 い) 外 側 面 Facies lateralis ( 広 い) 前 面 Facies anterior 14

16 3. 脛 骨 Tibia, tibia (1) 上 端 ( 近 位 ) Extremitas superior (proximalis) 内 側 顆 Condylus medialis, medial condyle 外 側 顆 Condylus lateralis, lateral condyle 上 関 節 面 Facies articularis superior, superior articular surface: 膝 関 節 Articulatio genu 顆 間 隆 起 Eminentia intercondylaris, intercondylar eminence 外 側 半 月 Meniscus lateralis) 内 側 半 月 Meniscus medialis) 内 側 顆 間 結 節 Tuberculum intercondylare mediale, medial intercondylar tubercle 外 側 顆 間 結 節 Tuberculum intercondylare laterale, lateral intercondylar tubercle 前 顆 間 区 area intercondylaris anterior, anterior intercondylar area 後 顆 間 区 area intercondylaris posterior, posterior intercondylar area 腓 骨 関 節 面 Facies articularis fibularis, articular facet for fibula (2) 脛 骨 体 Corpus tibiae, body of tibia ( 骨 幹 ) 前 縁 Margo anterior, anterior border 脛 骨 粗 面 Tuberositas tibiae, tibial tuberosity ( 膝 蓋 靭 帯 Lig. patellae) 内 側 縁 Margo medialis, medial border 外 側 縁 ( 骨 間 縁 ) Margo interossea, interosseous border (Crista interossea) ( 下 腿 骨 間 膜 Membrana interossea cruris) ヒラメ 筋 線 Linea musculi solei, soleal line (3) 下 端 ( 遠 位 ) Extremitas inferior (distalis) 下 関 節 面 Facies articularis inferior, inferior articular surface 内 果 Malleolus medialis, medial malleolus 内 果 溝 Sulcus malleolaris, malleolar groove 腓 骨 切 痕 Incisura fibularis, fibular notch 4. 腓 骨 Fibula, fibula (1) 上 端 ( 近 位 ) Extremitas superior (proximalis) 腓 骨 頭 Caput fibulae, head of fibula 腓 骨 頭 尖 Apex capitis fibulae, apex of head of fibula 腓 骨 頭 関 節 面 Facies articularis capitis fibulae, articular surface of head of fibula (2) 腓 骨 体 Corpus fibulae ( 骨 幹 ) 骨 間 縁 Margo interossea, interosseous border 下 腿 骨 間 膜 Membrana interossea cruris) (3) 下 端 ( 遠 位 ) Extremitas inferior (distalia) 外 果 Malleolus lateralis, lateral malleolus 外 果 関 節 面 Facies articularis malleoli, malleollar articular surfac 15

17 5. 足 根 骨 Ossa tarsi, tarsal bones (1) 距 骨 Talus,Talus a. 距 骨 頭 Caput tali, head of talus 舟 状 骨 関 節 面 Facies articularis navicularis, navicular articular surface 踵 舟 靭 帯 関 節 面 Facies articularis pro ligamento calcaneonaviculari b. 距 骨 頚 Collum tali, neck of talus 距 骨 溝 Sulcus tali, sulcus of talus c. 距 骨 体 Corpus tali, body of talus 距 骨 滑 車 Trochlea tali, trochlea of talus 距 骨 外 側 突 起 Processus lateralis tali, lateral process of talus 距 骨 後 突 起 Processus posterior tali, posterior process of talus 前 踵 骨 関 節 面 Facies articularis calcanea anterior, anterior calcaneal articular surface 中 踵 骨 関 節 面 Facies articularis calcanea media, middle calcaneal articular surface 後 踵 骨 関 節 面 Facies articularis calcanea posterior, posterior calcaneal articular surface (2) 踵 骨 Calcaneus (Os calcis) --- heel bone 踵 骨 体 Corpus calcanei, body of calcaneus 前 距 骨 関 節 面 Facies articularis talaris anterior, anterior talar articular surface 中 距 骨 関 節 面 Facies articularis talaris media, middle talar articular surface 後 距 骨 関 節 面 Facies articularis talaris posterior, posterior talar articular surface 踵 骨 溝 Sulcus calcanei, sulcus calcanei ( 距 骨 溝 と 一 緒 に 足 根 洞 Sinus tarsi をつくる) 踵 骨 隆 起 Tuber calcanei, calcaneal tuberosity (3) 舟 状 骨 Os navicular, navicular 前 関 節 面 Facies articularis anterior 後 関 節 面 Facies articularis posterior 舟 状 骨 粗 面 Tuberositas ossis navicularis, tuberosity of navicular (4) 立 方 骨 Os cuboideum, cuboid 前 関 節 面 Facies articularis anterior 後 関 節 面 Facies articularis posterior 長 腓 骨 筋 腱 溝 Sulcus tendinis m. peroneus (fibularis) longi, groove for tendon of peroneus longus muscle (5) 楔 状 骨 Ossa cuneiformia, cuneiform Ⅰ) 第 1( 内 側 ) 楔 状 骨 Os cuneiforme mediale, medial cuneiform Ⅱ) 第 2( 中 間 ) 楔 状 骨 Os cuneiforme intermedium, intermediate cuneiform Ⅲ) 第 3( 外 側 ) 楔 状 骨 Os cuneiforme laterale, lateral cuneiform 16

18 6. 中 足 骨 Ossa metatarsalia, metatarsal bones ( 中 足 Metatarsus) Ⅰ) 第 1 中 足 骨 Os metatarsale I, 1st metatarsal bones (primum) Ⅱ) 第 2 中 足 骨 Os metatarsale II, 2nd metatarsal bones (secundum) Ⅲ) 第 3 中 足 骨 Os metatarsale III, 3rd metatarsal bones (tertium) Ⅳ) 第 4 中 足 骨 Os metatarsale IV, 4th metatarsal bones (quartum) Ⅴ) 第 5 中 足 骨 Os metatarsale V, 5th metatarsal bones (quintum) 第 5 中 足 骨 粗 面 Tuberositas ossis metatarsalis quinti ( 深 横 中 足 靭 帯 Lig. metatarseum transversum profundum, deep transverse metatarsal ligament によってこれらの 骨 頭 は 結 合 されている) 7. 足 の 指 骨 Ossa digitorum pedis, phalangeal bones of foot Ⅰ) 基 節 骨 Phalanx proximalis, proximal phalanx Ⅱ) 中 節 骨 Phalanx media, middle phalanx Ⅲ) 末 節 骨 Phalanx distalis, distal phalanx 母 指 Hallux (Digitus primus) --- great toe [ 中 節 骨 なし, 手 の 母 指 は Pollex (thumb)] 第 2 指 Digitus II (secundum) 第 3 指 Digitus III (tertius) 第 4 指 Digitus IV (quartus) 小 指 Digitus minimus ( 第 5 指 Digitus V (quintus)) 8. 足 骨 の 全 景 縦 足 底 弓 Arcus pedis longitudinalis 内 側 弓 Pars medialis ( 母 指 側 ) 外 側 弓 Pars lateralis ( 小 指 側 ) 横 足 底 弓 Arcus pedis transversalis 横 足 根 関 節 Articulatio tarsi transversa, transverse tarsal joint (= ショパール 関 節 Articulationes Choparti, Chopart s joint) 足 根 中 足 関 節 Articulationes tarsometatarseae, tarsometatarsal joints (= リスフラン 関 節 Articulationes Lisfranci, Lisfranc s joint) 17

19 IV. 頭 蓋 骨 Ossa cranii, cranial bones A. 頭 蓋 Cranium, skull B. 顎 関 節 Articulatio temporomandibularis, temporomandibular joint ( 注 ) 頭 蓋 骨 の 実 習 では 個 々の 骨 を 細 かく 分 けず 頭 蓋 全 体 を1つの 骨 の 様 にみなして 観 察 すること A. 頭 蓋 Cranium, skull 脳 頭 蓋 Cranium cerebrale, Neurocranium, neurocranium 前 頭 骨 Os frontale, frontal bone 頭 頂 骨 Os parietale, parietal bone 後 頭 骨 Os occipitale, occipital bone 側 頭 骨 Os temporale, temporal bone 蝶 形 骨 Os sphenoidale, sphenoid bone 篩 骨 Os ethomoidale, ethmoid bone 顔 面 頭 蓋 Cranium faciale, Splanchnocranium, viscerocranium 鼻 骨 Os nasale, nasal bone 鋤 骨 Vomer, vomer 涙 骨 Os lacrimale, lacrimal bone 頬 骨 Os zygomaticum, zygomatic bone 下 鼻 甲 介 Concha nasalis inferior, inferior nasal concha 上 顎 骨 Maxilla, maxilla 下 顎 骨 Mandibula, mandible 口 蓋 骨 Os palatinum, palatine bone 舌 骨 Os hyoideum, hyoid bone 1. 頭 蓋 の 外 面 (1) 上 面 頭 蓋 冠 Calvaria, calvaria (or skull cap) 前 頭 骨 Os frontale, frontal bone 頭 頂 骨 Os parietale, parietal bone 頭 頂 孔 Foramen parientale, parietal foramen ( 頭 頂 導 出 静 脈 Vena emissaria parietalis, parietal emissary vein) 頭 頂 結 節 Tuber parietale, parietal tuber, parietal eminence, or parietal tuberosity 後 頭 骨 Os occipitale, occipital bone 縫 合 Sutura, suture 冠 状 縫 合 Sutura coronalis, coronal suture 矢 状 縫 合 Sutura sagittalis, sagittal suture ラムダ 縫 合 Sutura lambdoidea, lambdoid suture ブレグマ bregma: 冠 状 縫 合 と 矢 状 縫 合 との 交 点 ラムダ lambda: 矢 状 縫 合 とラムダ 縫 合 との 交 点 前 頭 縫 合 Sutura frontalis, frontal suture 縫 合 骨 Ossa suturarum, sutural bones (= Wormian bones) 頭 蓋 泉 門 Fonticuli cranii 大 泉 門 Fonticulus anterior, anterior fontanelle: 生 後 年 で 閉 じる 小 泉 門 Fonticulus posterior, posterior fontanelle: 生 後 6 カ 月 1 年 で 閉 じる 18

20 (2) 前 面 a. 前 頭 部 前 頭 骨 Os frontale, frontal bone 前 頭 鱗 Squama frontalis, frontal squama 前 頭 結 節 Tuber frontale, frontal tuber, frontal eminence, or frontal tuberosity 眼 窩 上 縁 Margo supraorbitalis, supraorbital margin or supraorbital border 眉 弓 Arcus superciliaris, superciliary arch or superciliary ridge 眉 間 Glabella, glabella b. 顔 面 部 頭 蓋 顔 面 Norma facialis, norma facialis 上 顎 部 上 顎 骨 Maxilla, maxilla 上 顎 体 Corpus maxillae, body of maxilla 前 頭 突 起 Processus frontalis, frontal process 頬 骨 突 起 Processus zygomaticus, zygomatic process 眼 窩 下 縁 Margo infraorbitalis, infraorbital margin or infraorbital border 眼 窩 下 孔 Foramen infraorbitale, infraorbital foramen 歯 槽 突 起 Processus alveolaris, alveolar process 歯 槽 Alveoli dentales, dental alveoli 頬 骨 Os zygomaticum, zygomatic bone 下 顎 部 下 顎 骨 Mandibula, mandible( 後 述 ) c. 眼 窩 Orbita, orbit 眼 窩 口 Aditus orbitae, orbital opening 眼 窩 上 縁 Margo supraorbitalis, supraorbital margin or supraorbital border( 前 頭 骨 ) 眼 窩 上 孔 ( 切 痕 )Foramen supraorbitalis(incisura supraorbitalis), supraorbital foramen (supraorbital notch) 前 頭 切 痕 ( 孔 )Incisura frontalis (Foramen frontale), frontal notch (frontal foramen) 眼 窩 下 縁 Margo infraorbitalis, infraorbital margin or infraorbital border ( 外 側 : 頬 骨 内 側 : 上 顎 骨 ) 眼 窩 の 上 壁 Paries superior, superior wall or roof( 主 として 前 頭 骨 ) 涙 腺 窩 Fossa glandulae lacrimalis, lacrimal gland fossa or fossa for lacrimal gland 視 神 経 管 Canalis opticus, optic canal 眼 窩 の 外 側 壁 Paries lateralis, lateral wall( 霊 長 類 のみにある) ( 前 : 頬 骨 後 : 蝶 形 骨 Os sphenoidale, sphenoid bone) 上 眼 窩 裂 Fissura orbitalis superior, superior orbital fissure ( 上 壁 との 間 脳 神 経 の III IV VI V1 及 び 上 眼 静 脈 が 通 る) 眼 窩 の 内 側 壁 Paries medialis, medidal wall ( 最 も 薄 い 決 して 触 るな!) 篩 骨 Os ethmoidale, ethmoid bone 眼 窩 板 Lamina orbitalis, orbital plate 前 頭 骨 涙 骨 Os lacrimale, lacrimal bone, 上 顎 骨 も 前 部 に 加 わる 涙 嚢 窩 Fossa sacci lacrimalis, fossa for lacrimal sac 鼻 涙 管 Canalis nasolacrimalis, nasolacrimal canal 眼 窩 の 下 壁 Paries inferior, inferior wall or floor( 主 として 上 顎 骨 前 外 側 : 頬 骨 後 : 口 蓋 骨 ) 下 眼 窩 裂 Fissura orbitalis inferior, inferior orbital fissure 眼 窩 下 溝 Sulcus infraorbitalis, infraorbital sulcus : 眼 窩 下 孔 Foramen infraorbitalis, infraorbital foramen へ 通 じ る 19

21 d. 鼻 腔 Cavum nasi nasal cavity 梨 状 口 Apertura piriformis, piriform aperture( 鼻 骨 上 顎 骨 ) 前 鼻 棘 Spina nasalis anterior, anterior nasal spine 骨 鼻 中 隔 Septum nasi osseum, bony nasal septum 後 鼻 孔 Choanae, choanae 鼻 腔 の 上 壁 篩 骨 Os ethmoidale, ethmoid bone 篩 板 Lamina cribrosa, cribriform plate( 多 数 の 小 孔 は the olfactory nerve の 通 路 ) 鼻 腔 の 下 壁 口 蓋 突 起 Processus palatinus, palatine process (maxilla)( 上 顎 骨 ) 水 平 板 Lamina horizontalis, horizontal plate (palatine bone)( 口 蓋 骨 ) 鼻 腔 の 内 側 壁 ( 鼻 中 隔 Septum nasi) 垂 直 板 Lamina perpendicularis, perpendicular plate (ethmoid bone)( 篩 骨 ) 鋤 骨 Vomer, vomer 鼻 腔 の 外 側 壁 [ 前 部 ]( 上 顎 骨 の 前 頭 突 起 鼻 骨 ) [ 中 部 ] 上 顎 体 Corpus maxillae, body of maxilla( 上 顎 骨 ) 篩 骨 迷 路 Labyrinthus ethmoidalis, ethmoidal labyrinth( 篩 骨 ) 上 鼻 甲 介 Concha nasalis superior, superior nasal concha ( 上 鼻 道 Meatus nasi superior, superior nasal meatus) 中 鼻 甲 介 Concha nasalis media, middle nasal concha ( 中 鼻 道 Meatus nasi medius, middle nasal meatus) 下 鼻 甲 介 Concha nasalis inferior, inferior nasal concha ( 下 鼻 道 Meatus nasi inferior, inferior nasal meatus) [ 後 部 ] 垂 直 板 Lamina perpendicularis, perpendicular plate (palatine bone)( 口 蓋 骨 ) 翼 状 突 起 の 内 側 板 Lamina medialis processus pterygoidei, medial plate of pterygoid process (sphenoid bone)( 蝶 形 骨 ) e. 副 鼻 腔 Sinus paranasales, paranasal sinuses Ⅰ) 前 頭 洞 Sinus frontalis, frontal sinus( 前 頭 骨 ) ( 中 鼻 道 前 部 の 半 月 裂 孔 Hiatus semilunaris, semilunar hiatus に 開 く) Ⅱ) 上 顎 洞 Sinus maxillaris, mixillary sinus( 上 顎 骨 ) ( 中 鼻 道 前 部 の 半 月 裂 孔 Hiatus semilunaris, semilunar hiatus に 開 く) Ⅲ) 蝶 形 骨 洞 Sinus sphenoidalis, sphenoidal sinus( 蝶 形 骨 ) ( 上 鼻 道 後 方 の 蝶 篩 陥 凹 Recessus sphenoethmoidalis, sphenoethmoidal recess に 開 く) Ⅳ) 篩 骨 洞 sinus ethmoidalis, ethmoidal sinus( 篩 骨 ) 篩 骨 蜂 巣 Cellulae ethmoidales, ethmoidal air cells( 前 中 後 部 に 分 かれる) ( 前 中 部 は 半 月 裂 孔 を 経 て 中 鼻 道 へ 開 く 後 部 は 小 孔 によって 上 鼻 道 に 開 く) (3) 後 面 頭 蓋 後 頭 面 Norma occipitalis, norma occipitalis 上 部 : 頭 頂 骨 Os parietale, parietal bone 下 部 : 後 頭 骨 Os occipitale, occipital bone 外 後 頭 隆 起 Protuberantia occipitalis externa, external occipital protuberance イニオン Inion, inion 最 上 項 線 Linea nuchae suprema, highest nuchal line 上 項 線 Linea nuchae superior, superior nuchal line 下 項 線 Linea nuchae inferior, inferior nuchal line 外 側 部 : 側 頭 骨 Os temporale, temporal bone 20

22 (4) 側 面 頭 蓋 側 面 Norma lateralis, norma lateralis 前 方 : 前 頭 骨 頬 骨 上 顎 骨 蝶 形 骨 中 央 : 側 頭 骨 Os temporale, temporal bone 鱗 部 Pars squamosa, squamous part (of temporal bone) or squama of temporal bone 外 耳 孔 Porus acusticus externus, external acoustic opening 外 耳 道 Meatus acusticus externus, external acoustic meatus 鼓 室 Cavum tympani, tympanic cavity 鼓 室 部 Pars tympanica, tympanic part of temporal bone: 外 耳 道 下 壁 ( 側 頭 骨 ) 筋 耳 管 管 Canalis musculotubarius, musculotubal canal: 鼓 室 の 前 内 側 端 に 開 口 鼓 膜 張 筋 半 管 Semicanalis musculi tensoris tympani, semicanal for tensor tympani muscle ( 筋 耳 管 管 中 隔 Septum canalis musculotubarii, septum of musculotubal canal or septum between the muscular and tubal semicanals) 耳 管 半 管 Semicanalis tubae auditivae, semicanal for auditory tube 乳 様 突 起 Processus mastoideus, mastoid process 乳 突 蜂 巣 Cellulae mastoideae, mastoid air cells 頬 骨 突 起 Processus zygomaticus, zygomatic process( 側 頭 骨 ) ( 側 頭 突 起 Processus temporalis, temporal process( 頬 骨 )と 連 なって 頬 骨 弓 Arcus zygomaticus, zygomatic arch を 作 る ) 下 顎 窩 Fossa mandibularis, mandibular fossa 関 節 結 節 Tuberculum articulare, articular tubercle 後 方 : 後 頭 骨 上 方 : 頭 頂 骨 a. 側 頭 窩 Fossa temporalis, temporal fossa 側 頭 線 Linea temporalis, temporal line 側 頭 下 稜 Crista infratemporalis, infratemporal crest プテリオン Pterion, pterion: 蝶 形 骨 前 頭 骨 頭 頂 骨 側 頭 骨 が 接 する フランクフルト 平 面 : 外 耳 孔 上 縁 と 眼 窩 下 縁 を 通 る 面 を 水 平 とする 頭 頂 :フランクフルト 平 面 を 水 平 にした 場 合 の 頭 蓋 の 最 高 点 b. 側 頭 下 窩 Fossa infratemporalis, infratemporal fossa ( 前 方 ) 下 眼 窩 裂 眼 窩 ( 上 方 ) 卵 円 孔 棘 孔 中 頭 蓋 窩 ( 内 方 ) 翼 上 顎 裂 翼 口 蓋 窩 c. 翼 口 蓋 窩 Fossa pterygopalatina, pterygopalatine fossa ( 翼 上 顎 裂 Fissura pterygomaxillaris, pterygomaxillary fissure から 内 方 に 連 なる 狭 いくぼみ) ( 前 方 ) 下 眼 窩 裂 眼 窩 ( 後 方 ) 翼 突 管 Canalis pterygoideus, pterygoid canal 外 頭 蓋 底 ( 上 方 ) 正 円 孔 Foramen rotundum, foramen rotundum 中 頭 蓋 窩 大 口 蓋 管 Canalis palatinus major, greater palatine canal ( 下 方 ) 大 口 蓋 孔 Foramen palatinus majus, greater palatine foramen ( 外 方 ) 翼 上 顎 裂 側 頭 下 窩 ( 内 方 ) 蝶 口 蓋 孔 Foramen sphenopalatinum, sphenopalatine foramen 鼻 腔 21

23 (5) 下 面 頭 蓋 底 面 ( 頭 蓋 下 面 ) Norma ventralis, norma ventralis (Norma inferior, norma inferior; Norma basalis, norma basalis) : 外 頭 蓋 底 Basis cranii externa, external cranial base 前 部 Ⅰ) 骨 口 蓋 Palatum osseum, bony palate: 前 2/3 は 上 顎 骨 後 1/3 は 口 蓋 骨 正 中 口 蓋 縫 合 Sutura palatina mediana, median palatine suture 切 歯 窩 Fossa incisiva, incisive fossa 切 歯 孔 Foramina incisiva, incisive foramina 切 歯 管 Canalis incisivus, incisive canal 横 口 蓋 縫 合 Sutura palatina transversa, transverse palatine suture 大 口 蓋 孔 Foramen palatinum majus, greater palatine foramen 大 口 蓋 管 翼 口 蓋 窩 小 口 蓋 孔 Foramina palatina minora, lesser palatine foramina 小 口 蓋 管 歯 槽 突 起 Processus alveolaris, alveolar process 歯 槽 弓 Arcus alveolaris, alveolar arch 歯 槽 Alveoli dentales, dental alveoli 槽 間 中 隔 Septa interalveolaria, interalveolar septa 切 歯 骨 Os incisivum, incisive bone : 生 後 上 顎 骨 と 癒 合 する Ⅱ) 後 鼻 孔 Choanae, choanae 後 鼻 棘 Spina nasalis posterior, posterior nasal spine Ⅲ) 蝶 形 骨 の 翼 状 突 起 Processus pterygoideus, pterygoid process 内 側 板 Lamina medialis, medial plate 翼 突 鈎 Hamulus pterygoideus, pterygoid hamulus 翼 突 窩 Fossa pterygoidea, pterygoid fossa ( 口 蓋 骨 の 錐 体 突 起 Processus pyramidalis, pyramidal process) 外 側 板 Lamina lateralis, lateral plate ( 側 頭 下 窩 Fossa infratemporalis, infratemporal fossa) 大 翼 Ala major, greater wing 卵 円 孔 Foramen ovale, foramen ovale 棘 孔 Foramen spinosum, foramen spinosum 翼 突 窩 Fossa pterygoidea, pterygoid fossa 中 部 Ⅰ) 後 頭 骨 の 底 部 Pars basilaris, basilar part of occipital bone 大 ( 後 頭 ) 孔 Foramen magnum, foramen magnum 咽 頭 結 節 Tuberculum pharyngeum, pharyngeal tubercle Ⅱ) 側 頭 骨 の 岩 様 部 Pars petrosa, petrous part of temporal bone: 錐 体 乳 突 部 錐 体 Pyramis, pyramid 筋 耳 管 管 Canalis musculotubarius, musculotubal canal 錐 体 後 頭 裂 Fissura petrooccipitalis, petrooccipital fissure 破 裂 孔 Foramen lacerum, foramen lacerum 頚 静 脈 孔 Foramen jugulare, jugular foramen 頚 動 脈 管 Canalis caroticus, carotid canal 茎 状 突 起 Processus styloideus, styloid process 茎 乳 突 孔 Foramen stylomastoideum, stylomastoid foramen 顔 面 神 経 管 Canaris facialis, facial canal 乳 突 部 Pars mastoidea, mastoid part 乳 様 突 起 Processus mastoideus, mastoid process 22

24 後 部 大 ( 後 頭 ) 孔 Foramen magnum, foramen magnum 外 側 部 Pars lateralis, lateral part of occipital bone: 大 孔 の 左 右 後 頭 鱗 Squama occipitalis, occipital squama: 大 孔 の 後 方 バジオン Basion, basion: 大 孔 の 前 端 後 頭 顆 Condylus occipitalis, occipital condyle 顆 窩 Fossa condylaris, condylar fossa 顆 管 Canalis condylaris, condylar canal: 導 出 静 脈 舌 下 神 経 管 Canalis hypoglossi, hypoglossal canal 2. 頭 蓋 の 内 面 (1) 頭 蓋 冠 の 内 面 指 圧 痕 Impressiones digitatae, impressions for cerebral gyri ( 大 脳 回 に 対 応 した 凹 み) 脳 隆 起 Juga cerebralia, juga cerebralia( 大 脳 溝 に 対 応 した 隆 起 ) 動 脈 溝 Sulci arteriosi, arterial grooves( 中 硬 膜 動 脈 の 走 行 に 沿 って 生 じる 溝 ) 上 矢 状 洞 溝 Sulcus sinus sagittalis superioris, groove for superior sagittal sinus 前 頭 稜 Crista frontalis, frontal crest 内 後 頭 隆 起 Protuberantia occipitalis interna, internal occipital protuberance クモ 膜 顆 粒 小 窩 Foveolae granulares, granular foveolae 横 洞 溝 Sulcus sinus transversi, sulcus for transverse sinus (transverse sulcus) S 状 洞 溝 Sulcus sinus sigmoidei, sulcus for sigmoid sinus (sigmoid sulcus; groove for sigmoid sinus) 頭 蓋 冠 の 断 面 外 板 Lamina externa, outer table 板 間 層 Diploo, diploo ( 板 間 管 Canales diploici, diploic canals; 板 間 静 脈 Venae diploicae, diploic veins) 内 板 Lamina interna, inner table (2) 頭 蓋 底 の 内 面 : 内 頭 蓋 底 Basis cranii interna, internal cranial base a. 前 頭 蓋 窩 Fossa cranii anterior, anterior cranial fossa 眼 窩 部 Pars orbitalis, orbital part( 前 頭 骨 ) 篩 板 Lamina cribrosa, cribriform plate( 篩 骨 ) 鶏 冠 Crista galli, crista galli 盲 孔 : 導 出 静 脈 小 翼 Ala minor, lesser wing( 蝶 形 骨 ) 前 床 突 起 Processus clinoideus anterior, anterior clinoid process b. 中 頭 蓋 窩 Fossa cranii media, middle cranial fossa 蝶 形 骨 の 体 Corpus ossis sphenoidalis, body of sphenoid bone トルコ 鞍 Sella turcica, sella turcica 下 垂 体 窩 Fossa hypophysialis, hypophyseal fossa 鞍 結 節 Tuberculum sellae, tuberculum sellae 視 神 経 交 叉 溝 Sulcus chiasmatis, sulcus chiasmatis 視 神 経 管 Canalis opticus, optic canal 蝶 形 骨 洞 Sinus sphenoidalis, sphenoidal sinus 大 翼 Ala major, greater wing( 蝶 形 骨 ) 上 眼 窩 裂 Fissura orbitalis superior, superior orbital fissure ( 眼 神 経 動 眼 神 経 滑 車 神 経 外 転 神 経 上 眼 静 脈 の 通 路 ) 正 円 孔 Foramen rotundum, foramen rotundum ( 上 顎 神 経 の 通 路 ) 卵 円 孔 Foramen ovale, foramen ovale ( 下 顎 神 経 の 通 路 ) 棘 孔 Foramen spinosum, foramen spinosum ( 中 硬 膜 動 脈 の 通 路 ) 23

25 側 頭 骨 の 鱗 部 Pars squamosa, squamous part or squama 側 頭 骨 の 錐 体 前 面 Facies anterior partis petrosae, anterior surface of petrous part [ 錐 体 ] 尖 Apex partis petrosae, apex of petrous part 頚 動 脈 管 Canalis caroticus, carotid canal 頚 動 脈 溝 Sulcus caroticus, carotid groove( 内 頚 動 脈 の 通 路 ) [ 錐 体 ] 上 縁 Margo superior partis petrosae, superior margin of petrous part or superior border of petrous part 蝶 錐 体 裂 Fissura sphenopetrosa, sphenopetrous fissure 破 裂 孔 Foramen lacerum, foramen lacerum or lacerated foramen 三 叉 神 経 圧 痕 Impressio trigemini, trigeminal impression or impression for trigeminal ganglion 大 錐 体 神 経 溝 Sulcus nervi petrosi majoris, sulcus for greater petrosal nerve or greater petrosal groove ( 大 錐 体 神 経 ; 顔 面 神 経 の 副 交 感 枝 ) 小 錐 体 神 経 溝 Sulcus nervi petrosi minoris, sulcus for lesser petrosal nerve or lesser petrosal groove ( 小 錐 体 神 経 ; 舌 咽 神 経 の 副 交 感 枝 ) 弓 状 隆 起 Eminentia arcuata, arcuate eminence( 奥 に 前 半 規 管 が 埋 まっている) 鼓 室 蓋 Tegmen tympani, tegmen tympani ( 鼓 室 の 上 壁 薄 い) c. 後 頭 蓋 窩 Fossa cranii posterior, posterior cranial fossa 鞍 背 Dorsum sellae, dorsum sellae( 蝶 形 骨 ) 斜 台 Clivus, clivus 大 ( 後 頭 ) 孔 Foramen magnum, foramen magnum( 後 頭 骨 中 央 ) 舌 下 神 経 管 Canalis hypoglossi, hypoglossal canal 頚 静 脈 孔 Foramen jugulare, jugular foramen 内 後 頭 隆 起 Protuberantia occipitalis interna, internal occipital protuberance 十 字 隆 起 Eminentia cruciformis, eminentia cruciformis 上 矢 状 洞 溝 Sulcus sinus sagittalis superioris, groove for superior sagittal sinus 横 洞 溝 Sulcus sinus transversi, sulcus for transverse sinus S 状 洞 溝 Sulcus sinus sigmoidei, sulcus for sigmoid sinus [ 錐 体 ] 後 面 Facies posterior partis petrosae, posterior surface of petrous part 内 耳 孔 Porus acusticus internus, internal acoustic opening 内 耳 道 Meatus acusticus internus, internal acoustic meatus ( 顔 面 神 経 内 耳 神 経 内 耳 の 血 管 の 通 路 ) 24

26 3. 下 顎 骨 Mandibula, mandible (1) 下 顎 体 Corpus mandibulae, body of mandible (mandibular body) 下 顎 底 Basis mandibulae, base of mandible 歯 槽 部 Pars alveolaris, alveolar part 歯 槽 Alveoli dentis, dental alveoli オトガイ 隆 起 Protuberantia mentalis, mental protuberance オトガイ 結 節 Tuberculum mentale, mental tubercle オトガイ 孔 Foramen mentale, mental foramen オトガイ 棘 Spina mentalis, mental spine (2) 下 顎 角 Angulus mandibulae, angle of mandible (3) 下 顎 枝 Ramus mandibulae, ramus of mandible or mandibular ramus 筋 突 起 Processus coronoideus, coronoid process 下 顎 切 痕 Incisura mandibulae, mandibular notch 関 節 突 起 Processus condylaris, condylar process 翼 突 筋 窩 Fovea pterygoidea, pterygoid fovea 下 顎 孔 Foramen mandibulae, mandibular foramen 下 顎 管 Canalis mandibulae, mandibular canal ( 下 顎 神 経 の 枝 の 下 歯 槽 神 経 の 通 路 オトガイ 孔 に 通 ずる) (4) 下 顎 頚 Collum mandibulae, neck of mandible (5) 下 顎 頭 Caput mandibulae, head of mandible 4. 舌 骨 Os hyoideum, hyoid bone (1) 体 Corpus, body of hyoid bone (2) 大 角 Cornu majus, greater cornu or greater horn (3) 小 角 Cornu minus, lesser cornu or lesser horn B. 顎 関 節 Articulatio temporomandibularis, temporomandibular joint ( 顎 関 節 : 側 頭 骨 の 下 顎 窩 と 下 顎 骨 の 下 顎 頭 の 間 関 節 円 板 Discus articularis, articular disc ) 顎 関 節 の 運 動 (Ⅰ) 下 制 depression と 挙 上 elevation ( 蝶 番 運 動 ) (Ⅱ) 前 進 protrusion と 後 退 retraction ( 滑 走 運 動 ) (Ⅲ) 臼 磨 運 動 grinding movement 25

2 1 内 側 顆 2 3 脛 骨 粗 面 4 脛 骨 体 5 内 側 縁 6 外 側 縁 7 前 縁 8 内 側 面 9 骨 間 縁 10 内 果 11 内 果 関 節 面 12 下 関 節 面 13 外 果 14 内 側 面 15 外 側 面 16 腓 骨 体 17 骨 間 縁 18 後 縁 1

2 1 内 側 顆 2 3 脛 骨 粗 面 4 脛 骨 体 5 内 側 縁 6 外 側 縁 7 前 縁 8 内 側 面 9 骨 間 縁 10 内 果 11 内 果 関 節 面 12 下 関 節 面 13 外 果 14 内 側 面 15 外 側 面 16 腓 骨 体 17 骨 間 縁 18 後 縁 1 1 1 大 腿 骨 頭 2 大 腿 骨 頚 3 小 転 子 4 大 腿 骨 体 5 内 転 筋 結 節 6 内 側 上 顆 7 内 側 顆 8 膝 蓋 面 9 外 側 顆 10 外 側 上 顆 11 転 子 間 線 12 大 転 子 13 転 子 窩 問 1. 図 に 示 す 骨 の 名 称 を 日 本 語 と 英 語 で 書 きなさい 大 腿 骨 : femur 問 2. 左 図 の 骨 の 上

More information

「解剖学用語 改訂13版」解剖学会ホームページ公開版

「解剖学用語 改訂13版」解剖学会ホームページ公開版 感 覚 器 感 覚 器 視 覚 器 眼 および 関 連 する 構 造 視 神 経 眼 球 内 部 篩 板 前 部 篩 板 内 部 篩 板 後 部 眼 窩 部 管 内 部 ; 視 神 経 管 部 頭 蓋 内 部 視 神 経 外 鞘 視 神 経 内 鞘 鞘 間 鮎 眼 球 前 極 後 極 赤 道 経 線 外 眼 球 軸 内 眼 球 軸 視 軸 眼 球 前 区 眼 球 後 区 眼 胞 眼 杯 眼 球 線

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

東 京 有 明 医 療 大 学 保 健 医 療 学 部 柔 道 整 復 学 科 木 村 明 彦 神 経 系 のまとめ 2 大 脳 半 球 や 大 脳 と 小 脳 の 間 に 入 り 大 脳 鎌 小 脳 テント 硬 膜 静 脈 洞 を 構 成 する 脊 髄 硬 膜 : 脊 髄 を 包 む 外 葉 と

東 京 有 明 医 療 大 学 保 健 医 療 学 部 柔 道 整 復 学 科 木 村 明 彦 神 経 系 のまとめ 2 大 脳 半 球 や 大 脳 と 小 脳 の 間 に 入 り 大 脳 鎌 小 脳 テント 硬 膜 静 脈 洞 を 構 成 する 脊 髄 硬 膜 : 脊 髄 を 包 む 外 葉 と 神 経 系 国 試 のために (2014/05/14 改 変 ) 東 京 有 明 医 療 大 学 保 健 医 療 学 部 柔 道 整 復 学 科 木 村 明 彦 神 経 系 のまとめ 1 (218-01) は 教 科 書 P219 の 図 01 を 参 照 総 論 Ⅰ. 神 経 系 総 論 (218-01) 中 枢 神 経 ( 脳 脊 髄 )と 末 梢 神 経 ( 脳 神 経 と 脊 髄 神 経 )

More information

上 肢 の 骨 1 上 肢 の 骨 は 上 肢 帯 ( 肩 甲 帯 )と 自 由 上 肢 が 区 別 される 上 肢 帯 骨 鎖 骨 肩 甲 骨 自 由 上 肢 上 腕 骨 橈 骨 尺 骨 手 の 骨 手 根 骨 舟 状 骨 月 状 骨 三 角 骨 豆 状 骨 大 菱 形 骨 小 菱 形 骨 有 頭

上 肢 の 骨 1 上 肢 の 骨 は 上 肢 帯 ( 肩 甲 帯 )と 自 由 上 肢 が 区 別 される 上 肢 帯 骨 鎖 骨 肩 甲 骨 自 由 上 肢 上 腕 骨 橈 骨 尺 骨 手 の 骨 手 根 骨 舟 状 骨 月 状 骨 三 角 骨 豆 状 骨 大 菱 形 骨 小 菱 形 骨 有 頭 上 肢 の 運 動 器 骨 01 関 節 10 筋 22 横 断 33 動 脈 34 静 脈 36 神 経 37 神 経 支 配 41 東 京 有 明 医 療 大 学 木 村 明 彦 2015 年 10 月 01 日 変 更 上 肢 の 骨 1 上 肢 の 骨 は 上 肢 帯 ( 肩 甲 帯 )と 自 由 上 肢 が 区 別 される 上 肢 帯 骨 鎖 骨 肩 甲 骨 自 由 上 肢 上 腕 骨 橈

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

電話帳

電話帳 2 52 1 muscles 53 muscles 1 trapezius levator scapulae rhomboideus rhomboid minor rhomboid major serratus anterior subclavius latissimus dorsi deltoid supraspinatus infraspinatus teres minor / teres major

More information

A883.indd

A883.indd A3 Latin 1 M. biceps brachii 2 M. triceps brachii, caput mediale 3 M. pronator teres 4 M. flexor digitorum profundus, origo 5 M. flexor pollicis longus, origo Ulna 7 M. pronator quadratus Radius 9 M. brachioradialis

More information

修飾語コード

修飾語コード 別 添 4 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 修 飾 語 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 修 飾 語 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 通 常 傷 病 名 の 前 後 に 使 用 する 部 位 病 因 診 断 確 定 度 等 とする (2)

More information

3.4 衝 突 個 体 の 医 学 的 剖 検 による 海 ワシ 類 の 衝 突 原 因 の 考 察 3.4.1 海 ワシ 類 の 医 学 的 剖 検 結 果 ( 個 人 情 報 保 護 の 観 点 から 一 部 をマスキングしています) 3-72 骨 遠 位 端 を 欠 く 右 脛 腓 骨 遠 位 端 と 左 脛 腓 骨 近 位 端 に 骨 折 を 認 める 3) 剖 検 所 見 頭 骨 は 眼

More information

第63回 診療放射線技師国家試験

第63回 診療放射線技師国家試験 第 65 回 診 療 放 射 線 技 師 国 家 試 験 エックス 線 撮 影 技 術 学 問 68 画 像 検 査 時 の 診 療 放 射 線 技 師 の 対 応 で 適 切 なのはどれか 1. X 線 造 影 剤 を 投 与 するために 静 脈 を 穿 刺 した 2. マンモグラフィの 際 に 圧 迫 板 で 乳 房 を 圧 迫 した 3. 胸 部 X 線 撮 影 の 際 に 義 歯 を 外 すように

More information

154

154 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 附. 宇 賀 崎 貝 塚 出 土 の 人 骨 および 犬 骨 について 独 協 医 科 大 学 第 一 解 剖 学 教 室 茂 原 信 生 江 藤 盛 治 馬 場 悠 男 人 Gトレンチの 第 6グリッドの 土 壙 墓 から 少 数 の 焼 かれて 変 形 した 人 骨 が 出 土 している

More information

Taro-⑥診断書作成の手引_肢体不

Taro-⑥診断書作成の手引_肢体不 第 5 章 肢 体 不 自 由 1 Ⅰ 障 害 程 度 等 級 表 級 別 上 肢 指 数 ( 全 体 各 関 節 ) ( 欠 損 ) ( 手 指 ) 1 両 上 肢 の 機 能 を 全 2 両 上 肢 を 手 関 節 以 1 級 廃 し た も の 上 で 欠 く も の 18 1 両 上 肢 の 機 能 の 著 2 両 上 肢 の す べ て の 2 級 し い 障 害 指 を 欠 く も の

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

Microsoft PowerPoint - 神経伝導検査の基本 - コピー

Microsoft PowerPoint - 神経伝導検査の基本 - コピー 神 経 系 とニューロン 神 経 伝 導 検 査 の 基 本 - 上 肢 を 中 心 に- 仙 台 医 療 センター 臨 床 検 査 科 鎌 田 真 知 中 枢 神 経 脳, 脊 髄 末 梢 神 経 ( 機 能 的 分 類 ) 体 性 神 経 系 運 動 神 経 感 覚 神 経 律 神 経 系 交 感 神 経 副 交 感 神 経 標 準 組 織 学 総 論 第 4 版 ( 医 学 書 院 )より 上

More information

概 要 1 骨 の 機 能 形 状 リモデリング 体 を 支 えるだけではない 骨 は 絶 えず 壊 され 作 られている 2 関 節 の 構 造 可 能 な 動 き 機 能 維 持 関 節 をつくる 骨 以 外 の 構 成 要 素 とその 働 きにも 注 目 3さまざまな 骨 頭 蓋 骨 と 骨

概 要 1 骨 の 機 能 形 状 リモデリング 体 を 支 えるだけではない 骨 は 絶 えず 壊 され 作 られている 2 関 節 の 構 造 可 能 な 動 き 機 能 維 持 関 節 をつくる 骨 以 外 の 構 成 要 素 とその 働 きにも 注 目 3さまざまな 骨 頭 蓋 骨 と 骨 第 2 回 骨 格 系 日 紫 喜 光 良 医 学 概 論 2014.4.22 概 要 1 骨 の 機 能 形 状 リモデリング 体 を 支 えるだけではない 骨 は 絶 えず 壊 され 作 られている 2 関 節 の 構 造 可 能 な 動 き 機 能 維 持 関 節 をつくる 骨 以 外 の 構 成 要 素 とその 働 きにも 注 目 3さまざまな 骨 頭 蓋 骨 と 骨 盤 の 構 造 脊 柱

More information

Microsoft Word - 11骨2012_

Microsoft Word - 11骨2012_ 骨 bone (C40,41) 骨 に 原 発 する 悪 性 腫 瘍 は ICD-O 分 類 の 場 合 局 在 コード C40. C41. に 分 類 される UICC 第 7 版 においては 悪 性 リンパ 腫 多 発 性 骨 髄 腫 表 在 性 / 傍 骨 性 骨 肉 腫 傍 骨 性 軟 骨 肉 腫 を 除 くすべての 原 発 性 悪 性 骨 腫 瘍 の 場 合 骨 の 項 で 病 期 分 類

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

筋肉解剖模型・関節模型

筋肉解剖模型・関節模型 関 節 3B Scientific の 筋 付 き 関 節 モ デルは 臨 床 教 育 両 方 の 現 場 で 愛 用 されています 解 剖 学 的 構 造 を 正 確 に 再 現 筋 骨 はリアルに 彩 色 筋 の 起 始 / 停 止 はペイントされた 上 に, 盛 り 上 がりをつけて 表 現 筋 の 取 外 しが 可 能 で 深 層 まで 観 察 可 能 耐 久 性 が 高 く, 人 体 に

More information

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比

は 健 患 側 間 で 有 意 差 は 認 めなかった 動 作 前 SP(PMSP) 動 作 時 SP(SSP)は 患 側 が 健 側 に 比 べて 延 長 はしていたが 有 意 差 はなかった 一 方 手 術 後 平 均 13 か 月 における 同 様 の 検 討 では 患 側 が 健 側 に 比 スポーツ 医 学 研 究 室 教 授 : 丸 毛 啓 史 膝 関 節 外 科 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 准 教 授 : 舟 﨑 裕 記 肩 関 節 外 科 スポーツ 傷 害 ( 整 形 外 科 兼 任 ) 教 育 研 究 概 要 Ⅰ. 女 子 バレエ 選 手 の 骨 代 謝 動 態 女 性 バレエ 選 手 13 名 ( 平 均 年 齢 22 歳 )に 対 して 骨 質 マーカー 骨 代 謝 マーカー

More information

整体講座

整体講座 経 絡 重 要 穴 自 習 用 新 潟 整 体 協 会 電 話 :025-222-7075 経 絡 働 症 状 経 絡 働 症 状 肺 経 外 気 取 入 交 換 肺 機 能 司 呼 吸 器 系 症 状 皮 膚 症 状 浮 腫 呼 吸 器 関 連 不 調 大 腸 経 肺 経 対 外 気 取 入 交 換 大 腸 働 司 便 秘 目 耳 鼻 歯 頭 顔 五 感 不 調 胃 経 気 取 入 消 化 消 化

More information

CRF_Japan Neurosurgery Registry AB ver1.02

CRF_Japan Neurosurgery Registry AB ver1.02 Japan Neurosurgery Registry on NCD Case Report Form 記 入 の 手 引 き 注 意 事 項 このCase Report Form( 以 下,CRF)は National Clinical Database( 以 下,NCD)への 症 例 登 録 にあたっての 補 助 資 料 です. 各 項 目 の 定 義 については 本 CRFをご 参 照 ください.

More information

原稿

原稿 Gaihoren News Extra 暫 定 版 外 保 連 の 要 望 のうち 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 で 考 慮 された 項 目 ( 技 術 新 設 ) 2016.3.18 NO 名 称 要 望 内 容 要 望 点 数 改 定 内 容 1 緩 和 ケア 地 域 連 携 加 算 保 険 収 載 2 経 皮 酸 素 ガス 分 圧 連 続 測 定 (tcpo2 局 所 の 虚

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

<4040208D918E8E89DF8B8E96E22D826C828F82948288828582922D82638261>

<4040208D918E8E89DF8B8E96E22D826C828F82948288828582922D82638261> 過 去 問 クラブ 回 ~8 回 kakomon-club.com 柔 整 鍼 灸 あマ 指 共 通 科 目 Hyper-Mix [ 科 目 名 ]=0 解 剖 学 [ 章 名 ]=08 内 分 泌 系 < > 005 H08 00 H07 H06 00 J00 J08 009 J05 下 垂 体 について 誤 っている 記 述 はどれか トルコ 鞍 の 中 に 位 置 する 腺 性 下 垂 体 と

More information

4) 心 臓 に 出 入 りする 血 管 (115) 右 心 房 に 入 る 血 管 上 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 下 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 頭 上 肢 から 静 脈 血 を 集 める 胸 部 腹 部 下 肢 から 集 める 冠 状 静 脈 ( 洞 ) 1 本 心 臓

4) 心 臓 に 出 入 りする 血 管 (115) 右 心 房 に 入 る 血 管 上 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 下 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 頭 上 肢 から 静 脈 血 を 集 める 胸 部 腹 部 下 肢 から 集 める 冠 状 静 脈 ( 洞 ) 1 本 心 臓 D 循 環 器 系 のしくみと 働 き 1. 循 環 器 系 とは (113) 血 液 によって 酸 素 や 栄 養 を 組 織 細 胞 に 供 給 し 組 織 で 生 成 された 老 廃 物 の 二 酸 化 炭 素 や 尿 素 アンモニアなどを 処 理 する 器 官 ( 肺 と 腎 臓 )まで 運 搬 血 液 循 環 体 循 環 心 臓 ポンプで 全 身 に 動 脈 血 を 運 び 静 脈 血 を

More information

問 1 次 の 選 択 肢 のうち 正 しいものを 選 べ 1. 下 肢 長 とは 大 腿 骨 頚 部 から 足 関 節 内 果 までをあらわす 2. 偽 関 節 とは 関 節 内 骨 折 での 骨 融 合 不 全 をいう 3. 単 純 骨 折 とは 皮 下 骨 折 のことをいう 4. 基 本 肢

問 1 次 の 選 択 肢 のうち 正 しいものを 選 べ 1. 下 肢 長 とは 大 腿 骨 頚 部 から 足 関 節 内 果 までをあらわす 2. 偽 関 節 とは 関 節 内 骨 折 での 骨 融 合 不 全 をいう 3. 単 純 骨 折 とは 皮 下 骨 折 のことをいう 4. 基 本 肢 平 成 23 年 度 4 年 生 運 動 器 脊 椎 担 当 : 整 形 外 科 小 児 科 耳 鼻 咽 喉 科 眼 科 放 射 線 科 問 1 次 の 選 択 肢 のうち 正 しいものを 選 べ 1. 下 肢 長 とは 大 腿 骨 頚 部 から 足 関 節 内 果 までをあらわす 2. 偽 関 節 とは 関 節 内 骨 折 での 骨 融 合 不 全 をいう 3. 単 純 骨 折 とは 皮 下 骨

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 第 4の3 体 幹 機 能 障 害 障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 立 ち 上 ることが 困 難 なもの 3 級 体 幹 の 機 能

More information

特別講演

特別講演 教 育 講 演 Ⅰ 肩 のバイオメカニクス ~ 臨 床 的 観 点 からの 検 討 ~ 佐 藤 久 友 大 阪 医 科 大 学 附 属 病 院 リハビリテーション 科 バイオメカニクスの 使 い 方 理 学 療 法 士 は 医 師 の 診 断 をもとに 患 者 の 病 態 や 主 訴 Needs を 把 握 し 機 能 障 害 に 対 する 評 価 治 療 を 行 う 肩 関 節 の 機 能 障 害

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

設計担当課名

設計担当課名 設 計 担 当 課 名 市 民 局 地 域 活 動 推 進 課 横 浜 市 市 民 活 動 保 険 に 関 する 保 険 契 約 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 額 抜 き) 1 設 計 書 2ページ 2 仕 様 書 15ページ 平 25 年 度 一 般 会 計 歳 出 第 3 款 1 項 4 目 市 民 協 働 推 進 費 12 節 役 務 費 (7) 市 民 活 動 保 険 料 設 計

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2)

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2) 15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト 運 動 器 障 害 学 Ⅱ 序 文 一 般 の 人 たち,あるいは 入 学 間 もない 学 生 がイメージする リハビリテーション といえば, 運 動 器 障 害 に 対 する 理 学 療 法 ではないでしょうか.たとえば, 牽 引 やホッ トパックなどを 受 け, 足 首 に 重 りを 巻 いて 膝 関 節 を 伸 展 させたり, 滑 車 運 動

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約●

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約● 15.7 終 身 定 期 総 合 医 療 / 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 終 身 定 期 総 合 医 療 のしくみ 年 定 期 型 終 身 型 入 院 金 金 退 院 金 通 院 金 ご 契 約 保 障 期 間 ( 年 ) 満 了 ご 契 約 保 障 期 間 ( 終 身 ) お 支 払 事 由 など(お 支 払 事 由 の 詳 細 およびお 支 払 いできない 場 合 等 については

More information

2 腕 を 振 って 脚 を 曲 げ 伸 ばす 腕 と 脚 を 刺 激 して 全 身 の 血 行 を 促 進 します 肩 膝 股 関 節 の 運 動 です [1] 肩 三 角 筋 棘 上 筋 膝 大 腿 二 頭 筋 半 膜 様 筋 半 腱 様 筋 大 腿 四 頭 筋 股 腸 腰 筋 大 腿 筋 膜

2 腕 を 振 って 脚 を 曲 げ 伸 ばす 腕 と 脚 を 刺 激 して 全 身 の 血 行 を 促 進 します 肩 膝 股 関 節 の 運 動 です [1] 肩 三 角 筋 棘 上 筋 膝 大 腿 二 頭 筋 半 膜 様 筋 半 腱 様 筋 大 腿 四 頭 筋 股 腸 腰 筋 大 腿 筋 膜 1 背 伸 びをする 背 筋 を 十 分 に 伸 ばして よい 運 動 姿 勢 をつくります < 図 解 >ラジオ 体 操 第 一 (かんぽ 生 命 より 引 用 ) 肩 の 関 節 の 運 動 です [1]で 三 角 筋 棘 上 筋 [2]で 大 胸 筋 広 背 筋 大 円 筋 [1] 腕 を 前 から 上 に 上 げて 背 伸 びをする [2] 腕 を 横 から 下 ろす この 動 作 を 2

More information

総 論 30 分 ~50 分 不 定 愁 訴 の 痛 みに 対 しての 根 源 的 な 意 見 を 紹 介 させていただきます それを 基 に 考 えて 実 践 している 電 気 治 療 の 説 明 になります 靭 帯 の 整 復 です 柔 道 整 復 師 は 何 の 専 門 家 ですか 骨 折 脱

総 論 30 分 ~50 分 不 定 愁 訴 の 痛 みに 対 しての 根 源 的 な 意 見 を 紹 介 させていただきます それを 基 に 考 えて 実 践 している 電 気 治 療 の 説 明 になります 靭 帯 の 整 復 です 柔 道 整 復 師 は 何 の 専 門 家 ですか 骨 折 脱 微 弱 電 流 の 通 電 柔 道 整 復 師 は 何 の 専 門 家 であるべきかと 言 う 課 題 に 対 して 微 弱 電 流 の 通 電 を 通 して 考 える 自 己 紹 介 岐 阜 県 の 田 舎 で 約 30 年 接 骨 院 をやってきています 私 は 独 自 の 施 術 法 を 確 立 してきています 柔 道 整 復 師 の 施 術 で 最 も 合 法 的 に 患 部 を 表 現 して

More information

静 脈 vein 大 静 脈 vena cava 内 頚 静 脈 internal jugular vein 動 脈 と 異 なる!! 外 頚 動 脈 external jugular v. 上 大 静 脈 superior vena cava 動 脈 は 上 行 大 動 脈 下 大 静 脈 inf

静 脈 vein 大 静 脈 vena cava 内 頚 静 脈 internal jugular vein 動 脈 と 異 なる!! 外 頚 動 脈 external jugular v. 上 大 静 脈 superior vena cava 動 脈 は 上 行 大 動 脈 下 大 静 脈 inf 動 脈 artery 大 動 脈 aorta 大 動 脈 弓 aortic arch 腕 頭 動 脈 branchiocephalic artery 鎖 骨 下 動 脈 subclavian a. 椎 骨 動 脈 vertebral a. 総 頚 動 脈 common carotid a. 内 頚 動 脈 internal carotid a. 外 頚 動 脈 external carotid a.

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

手引き 前編

手引き 前編 診 断 書 意 見 書 1 診 断 書 の 作 成 について 身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 においては 肢 体 不 自 由 を 上 肢 下 肢 体 幹 及 び 乳 幼 児 期 以 前 の 非 進 行 性 の 脳 病 変 による 運 動 機 能 障 害 に 区 分 している したがって 肢 体 不 自 由 診 断 書 の 作 成 に 当 たっては これを 念 頭 に 置 き それぞれの

More information

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜 E 呼 吸 器 系 のしくみと 働 き (151) 1 呼 吸 の 種 類 外 呼 吸 ( 肺 呼 吸 ) 内 呼 吸 ( 組 織 呼 吸 ) 肺 でガス 交 換 が 行 われるためには 換 気 血 流 拡 散 の 条 件 が 必 要 である その 後 酸 素 は 末 梢 組 織 に 送 られる ( 空 気 と 血 液 とのガス 交 換 ) 血 液 によって 運 ばれた 酸 素 は 細 胞 が 必

More information

カタログ Vol. 12 の 発 行 に 際 して 診 療 時 の 患 者 説 明 用 として 上 記 の 他 研 究 資 料 学 校 / 学 生 教 材 自 然 科 学 系 プレゼンテーション 資 料 としてご 利 用 下 さい また 低 価 格 品 は 医 歯 薬 SP 品 や 学 会 記 念

カタログ Vol. 12 の 発 行 に 際 して 診 療 時 の 患 者 説 明 用 として 上 記 の 他 研 究 資 料 学 校 / 学 生 教 材 自 然 科 学 系 プレゼンテーション 資 料 としてご 利 用 下 さい また 低 価 格 品 は 医 歯 薬 SP 品 や 学 会 記 念 VOL. 12 医 学 モデル 工 業 カタログ Vol.12 CONTENTS 全 身 骨 格 モデル P03-14 頭 蓋 モデル P15-20 関 節 モデル P21-26 脊 柱 モデル P27-32 個 別 骨 モデル P33-36 トルソーモデル P37 筋 肉 解 剖 モデル P38-40 歯 と 顎 部 モデル P41 視 覚 器 ( 眼 球 )モデル P42 平 衡 聴 覚 器 モデル

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 超 音 波 画 像 (US エコー) 数 100 万 ヘルツ 程 度 の 高 周 波 音 波 を 体 表 から 体 内 に 通 し その 反 射 音 の 分 布 像 を 画 像 化 する 音 は 重 さ( 密 度 )の 変 化 するところで 大 きく 反 射 するので 臓 器 の 形 状 など の 断 層 像 が 画 像 化 される 音 超 音 波 は 重 さのある 物 体 ( 質 量 )を 振 動

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F629 持 続 的 人 格 変 化, 成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F639 習 慣 および 衝 動 の 障 害, 成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F649

成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F629 持 続 的 人 格 変 化, 成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F639 習 慣 および 衝 動 の 障 害, 成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F649 糖 尿 病 (E10-E14) E128 栄 養 障 害 に 関 連 する 糖 尿 病 の 合 併 症 を 伴 うもの 糖 尿 病 (E10-E14) E138 その 他 の 明 示 された 糖 尿 病 の 合 併 症 を 伴 うもの 糖 尿 病 (E10-E14) E140-E149 この 範 囲 の 全 て その 他 のグルコース 調 節 および 膵 内 分 泌 傷 害 (E15-E16) E162

More information

肘 周 囲 P-16 Lateral para-olecranon approach を 用 いた Two-window technique による 上 腕 骨 遠 位 端 骨 折 の 治 療 成 績 慶 應 義 塾 大 学 整 形 外 科 岩 本 卓 士 P-17 上 腕 骨 遠 位 端 骨 折

肘 周 囲 P-16 Lateral para-olecranon approach を 用 いた Two-window technique による 上 腕 骨 遠 位 端 骨 折 の 治 療 成 績 慶 應 義 塾 大 学 整 形 外 科 岩 本 卓 士 P-17 上 腕 骨 遠 位 端 骨 折 第 1 日 目 6 月 26 日 ( 金 ) 第 2 日 目 6 月 27 日 ( 土 ) 2 日 間 掲 示 して 頂 きます ポスター 会 場 (ホテル 日 航 奈 良 4F ロビー) 脊 椎 P-01 環 椎 骨 折 の 保 存 的 治 療 P-02 小 児 脊 髄 損 傷 の 一 例 兵 庫 医 科 大 学 救 命 災 害 講 座 大 阪 府 立 急 性 期 総 合 医 療 センター 整 形

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63> 舟 状 骨 骨 折 の 一 症 例 ~ 肘 関 節 固 定 は 必 要 か?~ まつしま 整 骨 院 松 島 周 平 (はじめに) 舟 状 骨 骨 折 は 手 根 骨 骨 折 のなかで 最 も 発 生 頻 度 が 高 く 全 骨 折 の 75%を 占 める 我 々 柔 道 整 復 師 の 日 常 診 療 においても 遭 遇 しやすい 骨 折 の 一 つである 初 診 時 診 断 を 誤 れば 診 断

More information

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増 上 肢 業 務 に 基 づく 疾 病 の 取 扱 いについて の 実 施 について 平 成 9 年 4 月 1 日 地 基 補 第 104 号 各 支 部 事 務 長 あて 補 償 課 長 第 1 次 改 正 平 成 16 年 4 月 19 日 地 基 補 第 105 号 標 記 の 件 については 下 記 事 項 に 留 意 のうえ その 実 施 に 遺 漏 のないように 取 り 扱 われたい なお

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC58F49817A92B98EE68CA793FB97638E998C928D4E90668DB8837D836A83858341838B81698C92906688E39770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC58F49817A92B98EE68CA793FB97638E998C928D4E90668DB8837D836A83858341838B81698C92906688E39770816A2E646F63> 鳥 取 県 乳 幼 児 健 康 診 査 ニュアル 健 診 医 用 成 月 鳥 取 県 母 子 保 健 対 策 協 議 会 鳥 取 県 健 康 対 策 協 議 会 母 子 保 健 対 策 専 門 委 員 会 目 次 10 11 乳 幼 児 健 診 について に 所 見 取 方 一 般 身 体 所 見 取 方 発 達 所 見 取 方 か 月 児 健 診 イント ~ か 月 児 健 診 イント ~ か 月

More information

Microsoft Word - kimura-kenkyu.doc

Microsoft Word - kimura-kenkyu.doc 木 村 直 子 理 学 療 法 誌 24 巻 624-639 2007 年 マスターの 要 点 末 梢 神 経 系 の 機 能 解 剖 (5) 腕 神 経 叢 は, 多 くの 読 者 にとって 神 経 系 の 中 で 最 も 興 味 深 い 分 野 であろう. しかし, 解 剖 学 あるいはリハビリテーション 医 学 整 形 外 科 学 の 範 疇 に 留 まらず, 胎 児 循 環 や 癌 のリ ンパ

More information

Microsoft Word - H26_terminology_1_4.docx

Microsoft Word - H26_terminology_1_4.docx 解 剖 学 基 本 英 文 500 Basic Anatomy Sentences 500 問 題 設 問 以 下 の 英 文 を 意 訳 しなさい 骨 学 Osteology(81 題 ) 問 01 The radius is the lateral bone of the forearm. 問 02 The patella is a sesamoid bone in the knee joint.

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

< 対 象 と 方 法 > Lateral intercondylar ridge の 肉 眼 的 観 察 348 の 大 腿 骨 標 本 から 大 腿 骨 遠 位 部 の 損 傷 により 30 標 本 を 除 外 した 318 標 本 を 対 象 とした LIR 有 無 を 確 認 し LIR が

< 対 象 と 方 法 > Lateral intercondylar ridge の 肉 眼 的 観 察 348 の 大 腿 骨 標 本 から 大 腿 骨 遠 位 部 の 損 傷 により 30 標 本 を 除 外 した 318 標 本 を 対 象 とした LIR 有 無 を 確 認 し LIR が 学 位 論 文 の 内 容 の 要 旨 論 文 提 出 者 氏 名 塚 田 幸 行 論 文 審 査 担 当 者 主 査 宗 田 大 副 査 星 治 森 田 定 雄 論 文 題 目 Anatomic variations of the lateral intercondylar ridge: Relationship to the anterior margin of the anterior cruciate

More information

c. 屋 根 瓦 状 絆 創 膏 固 定 法 は 胸 郭 上 位 から 下 位 へと 貼 d. 絆 創 膏 固 定 は 前 後 の 正 中 線 を 越 える 長 さが 必 要 であ 第 1 回 平 成 5 年 (1993 年 ) 午 後 問 題 73 上 腕 骨 外 科 頚 骨 折 について 誤 っ

c. 屋 根 瓦 状 絆 創 膏 固 定 法 は 胸 郭 上 位 から 下 位 へと 貼 d. 絆 創 膏 固 定 は 前 後 の 正 中 線 を 越 える 長 さが 必 要 であ 第 1 回 平 成 5 年 (1993 年 ) 午 後 問 題 73 上 腕 骨 外 科 頚 骨 折 について 誤 っ 31 柔 道 整 復 理 論 第 1 回 平 成 5 年 (1993 年 ) 午 後 問 題 51 捻 挫 について 正 しいのはどれ a. 一 般 に 運 動 範 囲 の 大 きな 関 節 に 発 生 しやす b. 靭 帯 の 損 傷 度 に 応 じて 関 節 の 不 安 定 性 が 現 れ c. 受 傷 の 際 と 同 じ 肢 位 をとらせると 疼 痛 が 増 強 す d. 弾 発 性 固 定

More information

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 第 1 節 肩 関 節 における 運 動 器 疾 患 に 対 する 理 学 療 法 症 例 1 交 通 事 故 により 左 上 腕 骨 大 結 節 骨 折 と 左 肩 関 節 腱 板 断 裂 を 受 傷 した 競 輪 選 手 の 一 症 例 12 8 1. 症 例 紹 介 34 X 9 5 12 12 X 11 1 8 2.

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

Microsoft Word - 発表・口演1.doc

Microsoft Word - 発表・口演1.doc 発 表 講 演 (2000 年 以 降 ) 長 総 義 弘, Lanyon P, Doherty M: 区 画 別 にみた 変 形 性 膝 関 節 症 の 進 行.-3 年 後 のX 線 変 化. 日 本 整 形 外 科 学 会 誌 74 (2), S201, 2000. 長 総 義 弘, Lanyon P, Doherty M: 変 形 性 膝 関 節 症 の 進 行 に 関 する X 線 所 見.

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

6. クーベルタンが 提 唱 したオリンピズムは 教 育 思 想 であるとともになに 思 想 でもあるのか 正 しいものを1つ 選 びなさ い (A) 平 和 思 想 (B) 競 技 思 想 (C) 競 争 思 想 (D) 協 働 思 想 7. 屈 曲 および 伸 展 ができないのはどれか 1つ 選

6. クーベルタンが 提 唱 したオリンピズムは 教 育 思 想 であるとともになに 思 想 でもあるのか 正 しいものを1つ 選 びなさ い (A) 平 和 思 想 (B) 競 技 思 想 (C) 競 争 思 想 (D) 協 働 思 想 7. 屈 曲 および 伸 展 ができないのはどれか 1つ 選 2015 年 度 習 熟 度 テスト 1. 肘 関 節 を 構 成 するのは 上 腕 骨 と 橈 骨 の 他 はどれか 正 しいものを1つ 選 びなさい (A) 基 節 骨 (B) 尺 骨 (C) 手 根 骨 (D) 脛 骨 2. 2080 運 動 の 説 明 として 正 しいものを1つ 選 びなさい (A) 20 本 の 歯 を80 歳 まで 保 とうとする 運 動 (B)

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

<8DB782B591D682A6814031302E8376838D834F8389838031312E32322E2E786C73>

<8DB782B591D682A6814031302E8376838D834F8389838031312E32322E2E786C73> 07:30~ 参 加 受 付 第 1 会 場 かがわ 国 際 会 議 場 08:10~08:15 開 会 挨 拶 第 13 回 日 本 最 小 侵 襲 整 形 外 科 学 会 会 長 八 木 省 次 08:15~10:00 シンポジウム1 頚 部 脊 髄 症 に 対 する 低 侵 襲 手 術 高 知 大 学 谷 谷 俊 一 高 松 赤 十 字 病 院 八 木 省 次 S-1-1 頚 部 脊 髄 症

More information

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード] 癌 の 画 像 診 断 ( 胸 部 泌 尿 器 その 他 ) 広 島 市 立 広 島 民 病 院 放 射 線 科 秦 良 一 郎 本 日 の 内 容 胸 部 泌 尿 器 その 他 1. 肺 癌 2. 腎 癌 3. 悪 性 リンパ 腫 本 日 の 講 演 は 開 業 医 の 先 生 方 から 紹 介 された 腫 瘤 性 病 変 を 放 射 線 科 医 がどのような 視 点 から 良 悪 性 を 鑑 別

More information

21P-73. 末 梢 神 経 麻 痺 を 合 併 するのはどれか 1.スワンネック 変 形 2.へバーデン(Heberden) 結 節 3.デュピュイトラン(Dupuytren) 拘 縮 4.フォルクマン(Volkmann) 拘 縮 フォルクマン 拘 縮 は 外 傷 による 内 出 血 や 圧 迫

21P-73. 末 梢 神 経 麻 痺 を 合 併 するのはどれか 1.スワンネック 変 形 2.へバーデン(Heberden) 結 節 3.デュピュイトラン(Dupuytren) 拘 縮 4.フォルクマン(Volkmann) 拘 縮 フォルクマン 拘 縮 は 外 傷 による 内 出 血 や 圧 迫 21P-66. 開 放 性 骨 折 で 正 しいのはどれか 1. 創 外 に 骨 が 露 出 している 骨 折 をいう 2. 高 度 な 粉 砕 骨 折 である 3. 外 固 定 は 禁 忌 である 4. golden hour 内 の 感 染 防 止 が 重 要 である 開 放 性 骨 折 は 創 部 と 骨 折 部 の 交 通 があるものをいい 受 傷 後 6 8 時 間 の golden hour

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CA882AA92C982AD82C482A082AA82E782C882A295FB82D62E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CA882AA92C982AD82C482A082AA82E782C882A295FB82D62E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 肩 が 痛 くて 挙 がらない 方 へ 上 腕 骨 頭 (じょうわんこっとう)の 代 わりに 脊 柱 (せきちゅう)と 肩 甲 骨 (けんこうこつ)の 機 能 を 高 めることで 肩 は 挙 がり 易 くなります 有 川 整 形 外 科 医 院 大 津 顕 司 有 川 功 (MD) 2013.3.8 作 成 3つの 知 っておいてほしいこと 1 肩 腱 板 断 裂 (かたけんばんだんれつ)があっても

More information

団体医療保険 ケガの保障に関する特約

団体医療保険 ケガの保障に関する特約 団 体 医 療 保 険 ケガの 保 障 に 関 する 特 約 目 次 傷 害 基 本 特 約 1 傷 害 基 本 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (50 音 順 ) 用 語 定 義 継 続 契 約 傷 害 基 本 特 約 付 帯 契 約 の 保 険 期 間 の 末 日 ( 注 )を 保

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

福島赤十字病院産婦人科における内視鏡下手術

福島赤十字病院産婦人科における内視鏡下手術 1 福 島 赤 十 字 病 院 産 婦 人 科 内 視 鏡 下 手 術 について はじめに: 内 視 鏡 下 手 術 は 患 者 様 の 体 の 負 担 をできるだけ 少 なくする 手 術 ( 低 侵 襲 手 術 :minimally invasive surgery)として 外 科 系 各 科 において 広 く 実 施 されるようになってきております 産 婦 人 科 領 域 でも 近 年 急 速

More information

Microsoft Word - 第120回抄録(最終).doc

Microsoft Word - 第120回抄録(最終).doc 第 120 回 北 海 道 整 形 外 科 外 傷 研 究 会 抄 録 平 成 21 年 8 月 30 日 ( 日 ) 9:30~ 於 :かでる2 7 820 研 修 室 会 長 : 旭 川 赤 十 字 病 院 整 形 外 科 小 野 沢 司 先 生 共 催 : 北 海 道 整 形 外 科 外 傷 研 究 会 大 日 本 住 友 製 薬 株 式 会 社 第 120 回 北 海 道 整 形 外 科 外

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

女の生殖器

女の生殖器 女 の 生 殖 器 は 生 殖 細 胞 である 卵 細 胞 を 貯 蔵 している 卵 巣 (ovarium) 排 卵 された 卵 細 胞 を 子 宮 に 運 ぶ 卵 管 (tuba uterina) 排 卵 された 卵 細 胞 が 受 精 して 原 胚 子 が 成 立 した 場 合 にはその 原 胚 子 を 受 け 入 れて 胎 児 に 育 てる 子 宮 (uterus) 胎 児 が 成 熟 した

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション めまい 目 次 めまいの 原 因 種 類 めまいの 診 察 ( 問 診 身 体 診 察 検 査 ) 末 梢 性 めまいの 症 例 中 枢 性 めまいの 症 例 まとめ めまいの 原 因 めまい= 頭 か 耳?ではない! 他 にも 低 血 糖 起 立 性 低 血 圧 頚 椎 症 疲 労 やストレスなど 原 因 は 様 々 めまいの 種 類 末 梢 性 めまい( 内 耳 ) 40% 中 枢 性 めまい(

More information

手 術 医 療 機 器 等 加 算 薬 剤 料 及 び 特 定 保 険 医 療 材 料 料 は 加 算 の 対 象 とならない また 通 則 7 及 び 通 則 8 の 所 定 点 数 とは 第 1 節 手 術 料 の 各 区 分 に 掲 げられた 点 数 及 び 各 区 分 の 注 に 規 定 す

手 術 医 療 機 器 等 加 算 薬 剤 料 及 び 特 定 保 険 医 療 材 料 料 は 加 算 の 対 象 とならない また 通 則 7 及 び 通 則 8 の 所 定 点 数 とは 第 1 節 手 術 料 の 各 区 分 に 掲 げられた 点 数 及 び 各 区 分 の 注 に 規 定 す 第 10 部 手 術 < 通 則 > 1 通 則 1 の 診 断 穿 刺 検 体 採 取 とは 第 2 章 第 3 部 検 査 の 第 4 節 診 断 穿 刺 検 体 採 取 料 に 係 るものをいう 2 通 則 1 及 び 通 則 2 は 手 術 料 算 定 の 内 容 には 次 の3 通 りあることを 示 しており 輸 血 料 については 手 術 料 の 算 定 がなくとも 単 独 で 算 定

More information

1

1 1 2 3 4 5 6 7 8 6 月 15 日 ( 土 ) 第 1 会 場 演 題 日 程 目 次 1-Ⅰ-1 膝 関 節 1(TKA) (9:00 10:00) 座 長 : 北 村 信 人 1-Ⅰ-1-1 関 節 リウマチ 患 者 におけるアルミナ セラミック LFA 人 工 膝 関 節 の15 年 以 上 臨 床 成 績 北 海 道 大 学 病 院 スポーツ 医 学 診 療 科 北 村 信 人

More information

首 は 下 あ ご の 骨 の 下 か ら 鎖 骨 の 上 ま で 自 分 の 首 を 両 手 で は さ ん で お さ え て み ま し ょ う 師 首 っ て ど ん な 仕 事 を し て い る か な 子 頭 を の せ て い る 頭 を お さ え て い る 頭 を 動 か し

首 は 下 あ ご の 骨 の 下 か ら 鎖 骨 の 上 ま で 自 分 の 首 を 両 手 で は さ ん で お さ え て み ま し ょ う 師 首 っ て ど ん な 仕 事 を し て い る か な 子 頭 を の せ て い る 頭 を お さ え て い る 頭 を 動 か し の ど の 仕 事 2 0 1 5 年 3 月 4 日 黒 川 理 科 研 究 会 永 澤 義 人 私 は ふ だ ん は 自 分 の か ら だ に つ い て 深 く 考 え る こ と は ほ と ん ど あ り ま せ ん で も 一 昨 年 食 道 癌 に な り 担 当 医 か ら 食 道 癌 の 後 遺 症 で い ち ば ん 多 く 恐 ろ し い の は 誤 飲 に よ る 肺 炎

More information

線維筋痛症ガイドライン2009の解説

線維筋痛症ガイドライン2009の解説 線 維 筋 痛 症 とは?????????????????????????????????????????????????? 中 高 年 の 女 性 を 中 心 に 好 発 する 全 身 の 筋 骨 格 系 を 中 心 とする 結 合 性 組 織 の 疼 痛 を 主 症 状 としてうつ 状 態 や 不 眠 疲 労 感 などに 加 え 過 敏 性 大 腸 症 候 群 や 膀 胱 炎 様 などの 多 彩

More information

にも 影 響 がある 事 を 憂 慮 しなければならない (1) 額 段 縄 文 柴 犬 の 額 段 が 浅 いという 事 は 額 が 広 く 平 らであり 四 肢 や 体 形 の 隅 々にまで 深 く 関 連 する 別 に 言 い 換 えるなら 額 段 と 言 う 部 分 の 捉 え 方 は 他

にも 影 響 がある 事 を 憂 慮 しなければならない (1) 額 段 縄 文 柴 犬 の 額 段 が 浅 いという 事 は 額 が 広 く 平 らであり 四 肢 や 体 形 の 隅 々にまで 深 く 関 連 する 別 に 言 い 換 えるなら 額 段 と 言 う 部 分 の 捉 え 方 は 他 縄 文 柴 犬 審 査 基 準 JSRC 縄 文 柴 犬 研 究 センター 2009.04 1. 縄 文 柴 犬 とその 保 存 縄 文 柴 犬 の 歴 史 は 日 本 文 化 の 歴 史 に 深 く 関 わり 凡 そ1 万 年 前 の 縄 文 時 代 には 単 なる 家 畜 としての 役 割 だけでなく 家 族 の 一 員 仲 間 として 共 に 移 動 しながら 生 活 をして いたと 推 測

More information

cervical branch of facial nerve parotid gland submandibular gland submandibular lymph nodes trapezius muscle accessory nerve external occipital protub

cervical branch of facial nerve parotid gland submandibular gland submandibular lymph nodes trapezius muscle accessory nerve external occipital protub mandible angle of the mandible mastoid process thyroid cartilage clavicle jugular notch acromion sternum sternal angle xiphoid process ribs costal arches infrasternal angle anterior superior iliac spine

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

はじめまして

はじめまして きし 整 形 外 科 内 科 痛 みの 外 来 院 長 医 学 博 士 岸 秀 行 茨 城 県 土 浦 市 大 和 町 9-2 ウララ 2-303 電 話 029-825-5200 HP http://www.kishi.or.jp/ 当 院 ではさまざまな 腰 痛 に 対 して 痛 みの 軽 減 を 行 っております 腰 痛 といっても 原 因 はいろいろありますし 治 療 法 も 多 方 面 に

More information

3 ) 骨 髄 炎 や 化 膿 性 脊 椎 炎, 化 膿 性 関 節 炎 ( 乳 児 化 膿 性 股 関 節 炎 を 含 む)などの 運 動 器 感 染 性 疾 患 の 診 断 と 治 療 について 述 べる 事 ができ 4 ) 腰 痛 症 の 原 因 について 心 因 的 な 側 面 も 含 めて

3 ) 骨 髄 炎 や 化 膿 性 脊 椎 炎, 化 膿 性 関 節 炎 ( 乳 児 化 膿 性 股 関 節 炎 を 含 む)などの 運 動 器 感 染 性 疾 患 の 診 断 と 治 療 について 述 べる 事 ができ 4 ) 腰 痛 症 の 原 因 について 心 因 的 な 側 面 も 含 めて Unit 1 臨 床 各 論 Ⅵ 運 動 器 コース 1. 教 員 名 責 任 者 赤 木 將 男 整 形 外 科 学 職 位 教 員 名 所 属 教 授 赤 木 將 男 柿 木 良 介 ( 整 形 外 科 学 ) 小 山 敦 子 ( 心 療 内 科 学 ) 准 教 授 三 井 良 之 ( 安 全 管 理 部 ) 講 師 宮 本 裕 史 朝 田 滋 貴 ( 整 形 外 科 学 ) 医 学 部 講 師

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

toukyuhyo

toukyuhyo 身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 身 体 障 害 認 定 の 対 象 となる 障 害 は 次 の 表 に 該 当 となる 永 続 する 障 害 です 視 覚 障 害 1 級 両 眼 の 視 力 ( 万 国 式 試 視 力 表 によって 測 ったをいい 屈 折 異 常 のある 者 について は 矯 正 視 力 について 測 ったをいう 以 下 同 じ )の 和 が0.01 以 下 の 2

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 健 康 市 民 講 座 男 性 女 性 の 鼠 径 ヘルニア と 腹 部 のヘルニア 平 成 22 年 9 月 18 日 豊 見 城 中 央 病 院 消 化 器 外 科 仲 地 厚 金 城 さん 50 歳 男 性 足 の 付 け 根 に 脱 腸 があります 若 いころは 重 い 荷 物 を 運 ぶ 仕 事 をして おりました 島 袋 さん 65 歳 男 性 尿 が 出 るまで 時 間 がかかり 病

More information

プロテーゼ 挿 入 (L 型 ) 完 全 オーダーメード プロテーゼ 挿 入 (ボートタイプ) 270,000 円 完 全 オーダーメード プロテーゼ 挿 入 (L 型 ) 隆 鼻 術 (ヒアルロン 酸 ) 54,000 円 ヒアルロン 酸 1ccまで 86,400 円 長 期 作 用 型 吸 収

プロテーゼ 挿 入 (L 型 ) 完 全 オーダーメード プロテーゼ 挿 入 (ボートタイプ) 270,000 円 完 全 オーダーメード プロテーゼ 挿 入 (L 型 ) 隆 鼻 術 (ヒアルロン 酸 ) 54,000 円 ヒアルロン 酸 1ccまで 86,400 円 長 期 作 用 型 吸 収 美 容 整 形 処 置 費 用 一 覧 二 重 瞼 上 瞼 に 関 係 する 手 術 治 療 費 用 埋 没 法 54,000 円 通 常 の 方 法 1 年 保 証 ダブルクイックツイスター (DST) 法 129,600 円 元 に 戻 りにくい 埋 没 法 永 久 保 証 マイクロカット 法 162,000 円 埋 没 法 の 穴 から 脂 肪 除 去 を 行 う 部 分 切 開 法 162,000

More information

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード] 南 堺 病 院 で 大 腸 癌 の 治 療 をお 受 けになる 方 に 南 堺 病 院 では 患 者 さんの 人 権 を 尊 重 し 患 者 さんにご 満 足 頂 け 喜 んで 退 院 して 頂 けるよう な 治 療 を 目 指 しています 手 術 前 には 十 分 な 説 明 をし ご 納 得 頂 いた 上 で 最 も 良 いと 思 われる 治 療 法 を 選 択 して 頂 くことにしております

More information

椎 間 板 変 性 膨 隆 加 齢 によるもの or 疾 患 or 事 故 の 衝 撃 によるもの? 黄 色 靭 帯 の 変 性 肥 厚 加 齢 によるもの or 疾 患? * 後 縦 靭 帯 骨 化 症 ( 南 山 堂 医 学 大 事 典 CD-ROMプロメディカ) 本 症 は1960 年 にわが

椎 間 板 変 性 膨 隆 加 齢 によるもの or 疾 患 or 事 故 の 衝 撃 によるもの? 黄 色 靭 帯 の 変 性 肥 厚 加 齢 によるもの or 疾 患? * 後 縦 靭 帯 骨 化 症 ( 南 山 堂 医 学 大 事 典 CD-ROMプロメディカ) 本 症 は1960 年 にわが 交 通 医 療 研 究 会 レジメ テーマ: 脊 柱 管 狭 窄 平 成 18 年 2 月 5 日 山 本 大 助 第 1 脊 柱 管 狭 窄 脊 柱 管 が 先 天 性 ないし 発 育 性 に 狭 小 であったり, 後 天 性 に 狭 小 化 したもので, 種 々の 疾 患 にみられる 病 態 である 腰 椎 部,ついで 頚 椎 部 に 多 く, 前 者 では 間 欠 性 跛 (は) 行 や 根

More information

骨 粗 鬆 症 とは? 概 念 骨 粗 鬆 の 程 度 は? 男 性 女 性 閉 経 骨 粗 鬆 治 療 の 目 標 骨 粗 鬆 症 関 連 骨 折 (4つ)

骨 粗 鬆 症 とは? 概 念 骨 粗 鬆 の 程 度 は? 男 性 女 性 閉 経 骨 粗 鬆 治 療 の 目 標 骨 粗 鬆 症 関 連 骨 折 (4つ) 骨 粗 鬆 症 と 頚 椎 ( 胸 椎 ) 疾 患 大 谷 晃 司 H23.9.12 M2 講 義 骨 粗 鬆 症 とは? 概 念 骨 粗 鬆 の 程 度 は? 男 性 女 性 閉 経 骨 粗 鬆 治 療 の 目 標 骨 粗 鬆 症 関 連 骨 折 (4つ) 骨 粗 鬆 症 の 定 義 骨 量 の 低 下 と 骨 微 細 構 造 の 劣 化 を 特 徴 と し 骨 強 度 が 低 下 し 骨 折 リスクが

More information

(1)新鮮外傷、きず跡の修正

(1)新鮮外傷、きず跡の修正 当 科 で 対 応 可 能 な 主 な 疾 患 と 治 療 について (1) 新 鮮 外 傷 きず 跡 の 修 正 外 傷 とは 外 力 ( 機 械 的 物 理 的 化 学 的 )により 生 じた 組 織 臓 器 の 損 傷 (けが)をさします 形 成 外 科 では 顔 面 手 足 などにおいて 骨 筋 肉 腱 神 経 血 管 の 外 傷 を 扱 っています そのうち 頻 度 の 高 い 軟 部 組

More information