Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容"

Transcription

1 公 取 下 第 50 号 平 成 8 年 6 月 4 日 代 表 者 殿 公 正 取 引 委 員 会 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 について 公 印 省 略 公 正 取 引 委 員 会 は, 下 請 取 引 の 公 正 化 を 図 るため, 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 ( 以 下 下 請 法 といいます )を 中 小 企 業 庁 と 協 力 して 運 用 しています このたび, 下 請 法 第 9 条 第 項 の 規 定 に 基 づき, 貴 社 と 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 を 実 施 することとなりましたので, 下 記 の 要 領 に より, 公 正 取 引 委 員 会 まで 報 告 してください( 貴 社 が 下 請 取 引 を 行 っていない 場 合, 事 業 活 動 を 終 了 している 場 合 又 は 資 本 金 又 は 出 資 の 総 額 以 下 同 じ 000 万 円 以 下 である 場 合 は,その 旨 を 報 告 してください ) なお, 報 告 いただいた 内 容 については, 公 正 取 引 委 員 会 の 調 査 の 目 的 以 外 には 一 切 使 用 しません ( 消 費 税 に 関 する 回 答 については, 消 費 税 転 嫁 対 策 特 別 措 置 法 に 基 づく 調 査 の 情 報 として 使 用 させ ていただく 場 合 があります ) 記 提 出 物 : 回 答 用 紙 及 び 下 請 事 業 者 名 簿 貴 社 が 下 請 取 引 を 行 っていない 場 合, 事 業 活 動 を 終 了 している 場 合 又 は 資 本 金 の 額 が 000 万 円 以 下 である 場 合 は, 回 答 用 紙 のみ 御 提 出 ください 提 出 期 限 : 平 成 8 年 7 月 日 ( 金 )( この 日 までに 投 函 してください ) 提 出 方 法 : 郵 送 ( 同 封 の 返 信 用 封 筒 を 御 利 用 ください ) 4 注 意 事 項 () 回 答 内 容 について, 公 正 取 引 委 員 会 の 担 当 者 が 照 会 する 場 合 があります 回 答 作 成 担 当 者 は, 本 冊 子, 回 答 用 紙 及 び 下 請 事 業 者 名 簿 の 写 しを 年 間 保 存 してください () 今 回 の 調 査 についての 回 答 用 紙 等 一 式 及 びFAQを 公 正 取 引 委 員 会 のウェブサイト ( 下 請 法 の 中 の 下 請 法 に 関 する 調 査 手 続 の 中 の 定 期 書 面 調 査 をクリック)に 掲 載 していますので 御 利 用 ください 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 ( 回 答 用 紙 等 一 式 ) 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 についてのよくある 質 問 (FAQ) 5 問 い 合 わせ 先 : 公 正 取 引 委 員 会 下 請 法 書 面 調 査 事 務 局 (コールセンター) 電 話 番 号 : 受 付 時 間 : 月 曜 日 ~ 金 曜 日 ( 祝 日 を 除 く) 9:0~:00 :00~7:0 お 住 まいの 地 域 に 応 じた 通 話 料 金 がかかります

2 Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容 及 び 第 取 引 当 事 者 の 資 本 金 の 区 分 により 確 認 してください 第 取 引 の 内 容 下 請 法 が 適 用 される 取 引 の 内 容 は, 以 下 の 枠 内 に 記 載 されている 製 造 委 託, 修 理 委 託, 情 報 成 果 物 作 成 委 託 及 び 役 務 提 供 委 託 の4 種 類 です 貴 社 の 取 引 の 内 容 が 次 の4 種 類 のいずれかに 該 当 するか 否 か 確 認 してください いずれかに 該 当 する 次 ページの 第 取 引 当 事 者 の 資 本 金 の 区 分 に 進 んでください いずれにも 該 当 しない 回 答 用 紙 の 第 貴 社 の 概 要 のみ 記 入 し, 御 提 出 ください 製 造 委 託 物 品 の 販 売 又 は 製 造 を 行 う 事 業 者 が, 規 格, 品 質, 形 状,デザイン,ブランド 等 を 指 定 して, 他 の 事 業 者 に 物 品 の 製 造 ( 加 工 も 含 みます 以 下 同 じ )を 委 託 することです 物 品 には,その 半 製 品, 部 品, 附 属 品, 原 材 料 のほか,これらの 製 造 に 用 いる 金 型 も 含 まれます 自 ら 使 用 消 費 する 物 品 の 製 造 を 行 っている 事 業 者 が,その 製 造 を 他 の 事 業 者 に 委 託 すること も 該 当 します 例 小 売 業 者 が, 自 社 のプライベート ブランド 商 品 の 製 造 を 他 の 事 業 者 に 委 託 する 場 合 自 動 車 メーカーが, 自 社 製 造 する 自 動 車 の 部 品 の 製 造 を 他 の 事 業 者 に 委 託 する 場 合 修 理 委 託 物 品 の 修 理 を 請 け 負 っている 事 業 者 が,その 修 理 の 全 部 又 は 一 部 を 他 の 事 業 者 に 委 託 すること です 自 ら 使 用 する 物 品 を 自 社 で 修 理 している 事 業 者 が,その 修 理 の 一 部 を 他 の 事 業 者 に 委 託 す ることも 該 当 します 情 報 成 果 物 作 成 委 託 ソフトウェア, 映 像 コンテンツ, 各 種 デザイン 等, 情 報 成 果 物 の 提 供 ( 販 売, 使 用 許 諾 等 )や 作 成 を 行 う 事 業 者 が, 他 の 事 業 者 にその 作 成 の 全 部 又 は 一 部 を 委 託 することです 自 ら 使 用 する 情 報 成 果 物 の 作 成 を 行 っている 事 業 者 が,その 作 成 の 全 部 又 は 一 部 を 他 の 事 業 者 に 委 託 することも 該 当 します 情 報 成 果 物 の 例 プログラム(ゲームソフト, 会 計 ソフト, 家 電 製 品 の 制 御 プログラムほか) 映 像 や 音 声, 音 響 等 から 構 成 されるもの(テレビ 番 組, 映 画 そのもののほか,これらの 一 部 を 構 成 する 音 声, 音 響 等 も 含 みます ) 文 字, 図 形, 記 号 等 から 構 成 されるもの( 設 計 図, 各 種 デザイン, 雑 誌 広 告, 報 告 書 ほか) 役 務 提 供 委 託 運 送 やビルメンテナンス 等, 各 種 サービスの 提 供 を 請 け 負 う 事 業 者 が, 請 け 負 ったサービスの 全 部 又 は 一 部 を 他 の 事 業 者 に 再 委 託 することです 例 運 送 業 者 が, 荷 主 から 委 託 された 荷 物 の 配 送 を 他 の 事 業 者 に 委 託 した 場 合 自 ら 利 用 する 役 務 を 他 の 事 業 者 に 委 託 することは 役 務 提 供 委 託 には 該 当 しません 例 えば, 自 社 ビルの 清 掃, 自 社 の 警 備, 自 社 が 荷 主 の 運 送 などを 他 の 事 業 者 に 委 託 する 場 合 は 該 当 しません 注 : 建 設 工 事 は 適 用 されません 建 設 業 を 営 む 事 業 者 が, 請 け 負 った 建 設 工 事 の 全 部 又 は 一 部 を 他 の 建 設 業 者 に 再 委 託 することは 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 には 該 当 しません

3 第 取 引 当 事 者 の 資 本 金 の 区 分 貴 社 が 第 取 引 の 内 容 において, 製 造 委 託, 修 理 委 託, 情 報 成 果 物 作 成 委 託 又 は 役 務 提 供 委 託 の4 種 類 の 取 引 のいずれかに 該 当 する 場 合 は, 該 当 する 取 引 について, 下 図 により, 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 事 業 者 の 有 無 を 確 認 してください 網 掛 の 箇 所 に 到 達 した 場 合, 当 該 箇 所 に 記 載 してある 資 本 金 の 範 囲 の 取 引 先 が 貴 社 の 取 引 先 のうち 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 事 業 者 となり, 貴 社 は 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 親 事 業 者 と なりますので,5ページ 以 降 の 設 問 に 回 答 してください 製 造 委 託 修 理 委 託 情 報 成 果 物 作 成 委 託 役 務 提 供 委 託 矢 印 の 意 味 はい いいえ プログラムの 作 成 を 委 託 している 運 送, 情 報 処 理, 物 品 の 倉 庫 にお ける 保 管 を 委 託 している 貴 社 の 資 本 金 貴 社 の 資 本 金 億 円 超 億 円 以 下 000 万 円 超 000 万 円 以 下 5000 万 円 超 5000 万 円 以 下 000 万 円 超 000 万 円 以 下 資 本 金 億 円 以 下 の 委 託 先 がある ( 個 人 含 む ) 資 本 金 000 万 円 以 下 の 委 託 先 がある ( 個 人 含 む ) 資 本 金 5000 万 円 以 下 の 委 託 先 がある ( 個 人 含 む ) 資 本 金 000 万 円 以 下 の 委 託 先 がある ( 個 人 含 む ) 資 本 金 億 円 以 下 の 委 託 先 が 貴 社 の 下 請 事 業 者 です 資 本 金 000 万 円 以 下 の 委 託 先 が 貴 社 の 下 請 事 業 者 です 資 本 金 5000 万 円 以 下 の 委 託 先 が 貴 社 の 下 請 事 業 者 です 資 本 金 000 万 円 以 下 の 委 託 先 が 貴 社 の 下 請 事 業 者 です 貴 社 に 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 はありません 回 答 用 紙 の 第 貴 社 の 概 要 のみ 記 入 し, 御 提 出 ください 資 本 金 の 超 はその 金 額 を 含 まず, 以 下 はその 金 額 を 含 みます 例 資 本 金 が 億 円 超 資 本 金 額 億 円 ちょうどを 含 まない 資 本 金 が 億 円 以 下 資 本 金 額 億 円 ちょうどを 含 む

4 Ⅱ 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 票 回 答 は, 同 封 の 回 答 用 紙 又 はウェブサイト 掲 載 の 回 答 用 紙 に 記 入 し, 回 答 用 紙 を 返 信 用 封 筒 を 用 いて 提 出 してください この 調 査 は, 下 請 法 第 9 条 第 項 の 規 定 に 基 づいて 貴 社 に 報 告 を 求 めるものであり, 貴 社 が 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 親 事 業 者 に 該 当 するにもかかわらず 報 告 をしない 又 は 虚 偽 の 報 告 をした 場 合 には, 下 請 法 第 条 の 規 定 により50 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 せられることがあります 第 貴 社 の 概 要 貴 社 の 情 報 を 記 入 してください 記 入 例 直 近 決 算 期 の 売 上 高 を 記 入 してくださ い H7.6~H8.5 の 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 法 の 適 用 を 受 け る 下 請 取 引 の 有 無 を 記 入 してくださ い 廃 業 解 散 等 によ り 事 業 活 動 を 終 了 した 場 合 は,こち らに 情 報 を 記 入 し てください 下 請 取 引 があ る 場 合, 取 引 のあった 下 請 事 業 者 の 数 を 記 入 してくだ さい ( 複 数 の 事 業 所 で 下 請 取 引 を 行 っている 場 合 は, 重 複 を 除 く 下 請 事 業 者 数 ) 第 下 請 取 引 の 状 況 記 入 例 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っている 貴 社 の 事 業 所 が 複 数 か 所 あ る 場 合, 事 業 所 ご とに 回 答 用 紙 を 作 成 してください 下 請 事 業 者 との 取 引 内 容 につい て, 回 答 用 紙 の 該 当 する を 黒 く 塗 りつぶし, 主 な 品 目, 内 容 を 記 入 してくださ い 貴 社 が 調 査 対 象 期 間 ( 平 成 7 年 6 月 から 平 成 8 年 5 月 まで)に 発 注 した 下 請 取 引 の 状 況 について, 次 ページ 以 降 の 各 設 問 に 回 答 してください 選 択 肢 の 中 から 回 答 を 選 ぶ 際, 回 答 用 紙 の 該 当 する 選 択 肢 の を 黒 く 塗 りつぶしてください 本 設 問 においては, 下 請 法 を 遵 守 するためのキーワードに 下 線 を 付 して 表 記 していますので, 貴 社 の 自 己 チェック 用 としても 御 活 用 ください 4

5 設 問 下 請 事 業 者 に 対 する 発 注 方 法 について 親 事 業 者 は, 下 請 事 業 者 への 発 注 に 際 して, 発 注 内 容, 下 請 代 金 の 額, 支 払 期 日 等 の 必 要 記 載 事 項 を 全 て 記 載 した 書 面 ( 注 文 書, 契 約 書 等 の 発 注 書 面 電 子 メール 等 の 電 磁 的 記 録 によるものも 含 みま す )を 直 ちに 交 付 する 義 務 があります 取 引 条 件 について 支 払 方 法 等 の 基 本 的 事 項 が 一 定 している 場 合 には,これらの 事 項 を 記 載 した 書 面 をあら かじめ 交 付 しておけば, 必 ずしも 個 々の 発 注 書 面 にこれらの 事 項 全 てを 記 載 する 必 要 はありません ただし, この 場 合, 個 々の 発 注 書 面 に 基 本 的 事 項 を 記 載 した 書 面 との 関 連 性 を 記 載 する 必 要 があります( 発 注 書 面 に 記 載 する 関 連 性 の 例 : 支 払 方 法, 支 払 条 件 等 は, 平 成 年 月 日 付 け 支 払 方 法 等 について に よります ) 必 要 記 載 事 項 を 記 載 した 書 面 を 交 付 しなかったときは, 親 事 業 者 の 代 表 者, 従 業 者 等 が50 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 せられることがあります ア 下 請 事 業 者 に 対 する 発 注 に 際 して, 発 注 書 面 ( 一 定 期 間 内 における 製 造 委 託, 役 務 提 供 等 を 委 託 する 際 に 締 結 する 契 約 書 等 を 含 みます )を 交 付 しましたか 交 付 した 交 付 しなかったことがある ( 又 は 受 領 ( 提 供 ) 後 に 交 付 したことがある) 交 付 していない 設 問 へ イ 個 々の 発 注 書 面 には 支 払 方 法 等 の 取 引 条 件 を 記 載 せず,あらかじめ 別 に 取 引 条 件 を 記 載 した 書 面 ( 契 約 書 等 の 支 払 方 法 等 を 記 載 した 書 面 を 含 みます )を 交 付 ( 又 は 締 結 )している 場 合, 個 々の 発 注 書 面 に, 当 該 書 面 との 関 連 性 を 記 載 しましたか 記 載 した 記 載 しなかった ( 又 は 記 載 しなかったことがある) 左 記 のような 事 例 はない ウ 下 請 事 業 者 に 交 付 した 発 注 書 面 (イの あらかじめ 別 に 取 引 条 件 を 記 載 した 書 面 を 含 みます )には, 右 記 の 必 要 記 載 事 項 のうち,どの 事 項 を 記 載 しましたか 該 当 するもの 全 てを 選 択 自 社 及 び 下 請 事 業 者 の 名 称 ( 番 号, 記 号 等 による 記 載 も 可 ) 発 注 年 月 日 発 注 内 容 4 受 領 する 日 ( 役 務 の 場 合, 提 供 される 日 又 は 期 間 ) 5 受 領 する 場 所 ( 役 務 の 場 合, 提 供 される 場 所 ) 6 受 入 検 査 を 行 う 場 合 は, 検 査 完 了 期 日 ( 検 査 期 間 ) 7 下 請 代 金 の 額 ( 単 価, 算 定 方 法 ) 8 支 払 期 日 9 支 払 方 法 ( 手 形 交 付 の 場 合 は 手 形 の 満 期 等,ファクタリング 等 の 一 括 決 済 方 式 の 場 合 は 金 融 機 関 名 等, 電 子 記 録 債 権 の 場 合 はその 満 期 日 等 ) エ ウに 記 載 の 必 要 記 載 事 項 のうち,その 内 容 を 発 注 時 までに 定 めることができないも のがあったため, 当 該 内 容 を 記 載 せずに 発 注 書 面 を 交 付 したことがある 場 合,その 内 容 が 定 められない 理 由 及 び 定 めることとな る 予 定 期 日 を 発 注 書 面 に 記 載 しましたか 記 載 した 記 載 しなかった ( 又 は 記 載 しなかったことがある) 左 記 のような 事 例 はない 設 問 へ オ エに 記 載 の 書 面 を 交 付 したことがある 場 合,その 内 容 が 確 定 した 後, 直 ちに, 当 該 内 容 を 記 載 した 書 面 を 交 付 しましたか 交 付 した 交 付 しなかった ( 又 は 交 付 しなかったことがある) 5

6 設 問 下 請 取 引 に 関 する 書 類 等 の 保 存 について 親 事 業 者 は, 下 請 取 引 に 関 する 書 類 又 は 電 磁 的 記 録 を 年 間 保 存 する 義 務 があります 下 請 取 引 に 関 する 書 類 又 は 電 磁 的 記 録 を 年 間 保 存 しなかった 場 合 は, 親 事 業 者 の 代 表 者, 従 業 者 等 が50 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 せられることがあります ア 発 注 内 容, 下 請 代 金 の 額, 支 払 期 日 等 を 記 載 した 下 請 取 引 に 関 する 書 類 又 は 電 磁 的 記 録 を 年 以 上 保 存 していますか 保 存 している 保 存 していない ( 又 は 保 存 していない 場 合 がある) 設 問 下 請 代 金 の 支 払 について 親 事 業 者 は, 下 請 事 業 者 の 給 付 内 容 について 受 入 検 査 を 行 うか 否 かを 問 わず, 給 付 を 受 領 した 日 ( 役 務 提 供 委 託 の 場 合 は 下 請 事 業 者 が 役 務 を 提 供 した 日 )から 起 算 して60 日 の 期 間 内 において,かつ,で きる 限 り 短 い 期 間 内 において, 下 請 代 金 を 全 額 支 払 う 義 務 があります 親 事 業 者 は, 下 請 代 金 を 手 形 で 支 払 う 場 合, 一 般 の 金 融 機 関 で 割 り 引 くことが 困 難 な 手 形 を 交 付 することにより, 下 請 事 業 者 の 利 益 を 不 当 に 害 することは 禁 止 されています( 現 在 の 運 用 では, 手 形 期 間 が0 日 ( 繊 維 製 品 に 係 る 取 引 の 場 合 は90 日 )を 超 える 手 形 を, 一 般 の 金 融 機 関 で 割 り 引 くことが 困 難 な 手 形 としています ) 親 事 業 者 が, 下 請 代 金 を 一 括 決 済 方 式 で 支 払 う 場 合, 下 請 代 金 の 支 払 期 日 から 下 請 代 金 債 権 又 は 下 請 代 金 債 務 の 額 に 相 当 する 金 銭 を 金 融 機 関 に 支 払 う 期 日 までの 期 間 は, 現 在 の 運 用 では,0 日 ( 繊 維 製 品 に 係 る 取 引 の 場 合 は90 日 ) 以 内 としています 親 事 業 者 が, 下 請 代 金 を 電 子 記 録 債 権 で 支 払 う 場 合, 下 請 代 金 の 支 払 期 日 から 電 子 記 録 債 権 の 満 期 日 までの 期 間 は, 現 在 の 運 用 では,0 日 ( 繊 維 製 品 に 係 る 取 引 の 場 合 は90 日 ) 以 内 としています ア 貴 社 の 下 請 代 金 の 支 払 方 法 はどのような 方 法 ですか 該 当 するもの 全 てを 選 択 し 金 額 ベースでの 割 合 を 記 入 イ 締 切 制 度 を 採 用 していますか 現 金 払 ( 金 融 機 関 振 込 みを 含 む)( %) 手 形 払 ( %) その 他 ( 一 括 決 済 方 式 等 )( %) 採 用 している 採 用 していない ウ 記 入 例 を 参 考 に, 下 請 取 引 に 適 用 している 支 払 制 度 を 平 成 8 年 4 月 の 締 切 日 を 基 準 に 記 入 してください (4 月 に 下 請 事 業 者 から 納 入 ( 提 供 )がない 場 合, 他 の 月 の 締 切 日 を 基 準 に 記 入 してください ) 記 入 例 締 切 制 度 を 採 用 していない 場 合, 締 切 日 (A) を 給 付 を 受 領 した 日 (A) 又 は 役 務 提 供 があった 日 (A), 支 払 日 (B) を 実 際 に 支 払 った 日 (B) と 読 み 替 えて 記 入 してください 支 払 制 度 が 二 通 り 以 上 ある 場 合 ( 例 : 月 中 締 めと 月 末 締 めの 二 通 りある, 翌 月 払 と 翌 々 月 払 の 二 通 りあるな ど),(A)から(B)までの 期 間 が 最 も 長 い 支 払 制 度 を 一 つ 記 入 してください 注 注 注 締 切 日 (A) 支 払 日 (B) (A)から(B)までの 期 間 手 形 満 期 日 又 は 債 権 決 済 日 現 金 支 払 ( 振 込 ) 日 5 月 0 日 現 金 0 日 4 月 0 日 手 形 交 付 日 5 月 日 一 括 決 済 方 式 月 日 手 形 0 日 一 括 決 済 方 式 日 手 形 9 月 0 日 一 括 決 済 方 式 月 日 電 子 記 録 債 権 月 日 電 子 記 録 債 権 日 電 子 記 録 債 権 月 日 注 : 一 括 決 済 方 式 の 支 払 日 (B) は, 下 請 事 業 者 が 金 融 機 関 から 貸 付 け 又 は 支 払 を 受 けることが 可 能 となる 日, 電 子 記 録 債 権 の 支 払 日 (B) は, 下 請 事 業 者 が 下 請 代 金 の 支 払 を 受 けることが 可 能 となる 日 を 記 入 してください 注 : (A)から(B)までの 期 間 を 計 算 する 際 は,か 月 を0 日 として 計 算 してください 例 えば,(A)が4 月 0 日,(B)の 手 形 交 付 日 が5 月 日 の 場 合,(A)から(B)までの 期 間 は 日 となります が,か 月 を0 日 として 計 算 し, 0 と 記 入 してください 注 : 手 形 満 期 日 又 は 債 権 決 済 日 は, 手 形 満 期 日, 債 権 決 済 日 までの 期 間 が 複 数 ある 場 合, 最 も 遅 く 到 来 する 手 形 満 期 日, 債 権 決 済 日 を 記 入 してください 6

7 エ 下 請 事 業 者 の 給 付 について 受 入 検 査 を 行 っている 場 合, 受 領 日 又 は 役 務 の 提 供 日 か ら 検 査 完 了 までに 要 した 最 長 期 間 は 何 日 で すか 具 体 的 に 記 入 してください オ どのような 基 準 で 下 請 代 金 を 支 払 ってい ますか 該 当 するもの 全 てを 選 択 カ 貴 社 の 支 払 制 度 で 決 めている 支 払 日 より 後 に 下 請 代 金 を 支 払 ったことがあります か ある 場 合 はその 理 由 を 選 択 してくださ い 該 当 するもの 全 てを 選 択 下 請 代 金 を 毎 月 の 特 定 日 に 金 融 機 関 を 利 用 し て 支 払 っている 場 合, 当 該 支 払 日 が 金 融 機 関 の 休 業 日 に 当 たるときは, 翌 営 業 日 に 支 払 うこと について, 貴 社 と 下 請 事 業 者 の 間 であらかじめ 合 意 書 面 化 されており, 順 延 日 数 が 日 以 内 である 場 合 は,には 該 当 しません 受 入 検 査 を 行 っており, 検 査 に 要 した 最 長 期 間 は, 日 間 である( 即 日 検 査 完 了 の 場 合 は0 日 間 と 記 入 し てください ) 受 入 検 査 を 行 っていない 締 切 日 までに 受 領 した( 提 供 された)ものについて 締 切 日 を 基 準 に 支 払 っている 受 入 検 査 に 合 格 したものについて 受 領 ( 提 供 ) 日 を 基 準 に 支 払 っている 受 入 検 査 に 合 格 したものについて 検 査 合 格 日 を 基 準 に 支 払 っている 4 受 領 した 商 品 が 販 売 された 時 点 を 基 準 に 支 払 っている 5 手 形 払 から 現 金 払 に 変 更 した 際 は, 従 来 の 手 形 満 期 日 に 現 金 で 支 払 っている 6 その 他 ( 具 体 的 に: ) 支 払 日 が 金 融 機 関 の 休 業 日 だったため( ) 下 請 事 業 者 から 請 求 書 の 提 出 が 遅 れたため 貴 社 の 事 務 処 理 が 遅 れたため 4 貴 社 の 受 入 検 査 に 時 間 を 要 したため 5 その 他 ( 具 体 的 に: ) 6 支 払 日 より 後 に 支 払 ったことはない 設 問 4 下 請 代 金 の 額 の 決 定 について 親 事 業 者 が, 下 請 事 業 者 の 給 付 内 容 と 同 種 類 似 の 給 付 に 対 して 通 常 支 払 われる 対 価 と 比 べて, 著 し く 低 い 下 請 代 金 の 額 を 不 当 に 定 めることは 禁 止 されています ア 下 請 代 金 の 額 ( 又 は 単 価 )の 決 定 ( 改 定 を 含 みます )に 際 して,どのような 方 法 で 下 請 代 金 の 額 ( 又 は 単 価 )を 決 定 しまし たか 該 当 するもの 全 てを 選 択 下 請 事 業 者 と 十 分 に 協 議 を 行 い 決 定 した 下 請 事 業 者 から 提 出 を 受 けた 見 積 書 を 基 に 決 定 した 貴 社 の 予 算 単 価 を 基 準 にして 一 方 的 に 決 定 した 4 一 部 の 下 請 事 業 者 と 協 議 して 決 めた 単 価 をその 他 多 数 の 下 請 事 業 者 の 単 価 として 一 方 的 に 決 定 した 5 下 請 代 金 の 改 定 に 当 たって, 従 来 の 価 格 を 一 律 に 一 定 率 引 き 下 げた 6 知 的 財 産 権 を 譲 渡 させることとし,その 対 価 が 下 請 代 金 に 含 まれているものの, 当 該 知 的 財 産 権 の 対 価 につい て 一 方 的 に 通 常 の 対 価 を 大 幅 に 下 回 る 価 格 に 決 定 した 7 その 他 ( 具 体 的 に: ) イ 多 量 の 発 注 をすることを 前 提 として 下 請 代 金 の 額 ( 又 は 単 価 )を 決 定 したにもかか わらず, 実 際 には, 少 量 の 発 注 しか 行 わな かったことがある 場 合, 下 請 代 金 の 額 ( 又 は 単 価 )を 見 直 しましたか 見 直 した 見 直 していない ( 又 は 見 直 さなかったことがある) 左 記 のような 事 例 はない 7

8 ウ 下 請 事 業 者 に 見 積 りをさせ 下 請 代 金 の 額 ( 又 は 単 価 )を 決 定 した 後, 見 積 時 点 の 委 託 内 容 よりも 実 際 に 発 注 する 委 託 内 容 が 増 加 したことがある 場 合, 下 請 代 金 の 額 ( 又 は 単 価 )を 見 直 しましたか 見 直 した 見 直 していない ( 又 は 見 直 さなかったことがある) 左 記 のような 事 例 はない エ 下 請 事 業 者 に 継 続 して 発 注 していたもの について, 下 請 事 業 者 から 下 請 代 金 の 額 ( 又 は 単 価 )の 引 上 げを 求 められたことが ある 場 合, 下 請 代 金 の 額 ( 又 は 単 価 )を 見 直 しましたか 見 直 した 見 直 していない ( 又 は 見 直 さなかったことがある) 左 記 のような 事 例 はない オ 下 請 事 業 者 に 見 積 りをさせ 下 請 代 金 の 額 ( 又 は 単 価 )を 決 定 した 後, 見 積 時 点 で 予 定 していた 受 領 日 を 短 縮 したことがある 場 合, 下 請 代 金 の 額 ( 又 は 単 価 )を 見 直 しま したか 見 直 した 見 直 していない ( 又 は 見 直 さなかったことがある) 左 記 のような 事 例 はない カ 物 品 の 量 産 製 造 の 委 託 終 了 後 に, 同 物 品 の 少 量 製 造 ( 補 修 用 等 )を 委 託 したことが ある 場 合, 下 請 代 金 の 額 ( 又 は 単 価 )を 見 直 しましたか 見 直 した 見 直 していない ( 又 は 見 直 さなかったことがある) 左 記 のような 事 例 はない キ 下 請 代 金 の 額 ( 又 は 単 価 )について, 消 費 税 相 当 分 (8%)の 全 額 を 上 乗 せした 金 額 にしていますか している( ) していない ( 又 はしなかったことがある) 発 注 書 面 に 本 体 価 格 の 額 ( 消 費 税 抜 きの 額 ) を 記 載 して 発 注 し, 支 払 時 に 当 該 額 に 消 費 税 相 当 分 を 加 えて 支 払 っている 場 合 も, を 選 択 してください 設 問 5 下 請 代 金 の 減 額 について 下 請 事 業 者 に 責 任 がない 場 合 には,たとえ 下 請 事 業 者 と 事 前 に 合 意 していても, 親 事 業 者 が 発 注 書 面 に 記 載 した 下 請 代 金 の 額 を 減 じることは 禁 止 されています 減 額 の 名 目, 方 法, 金 額 の 多 少 を 問 わず,また, 発 注 後 いつの 時 点 であっても, 下 請 事 業 者 に 責 任 が ない 場 合 には, 発 注 書 面 に 記 載 した 下 請 代 金 の 額 を 減 じることは 禁 止 されています ア 下 請 代 金 から 一 定 率 ( 又 は 一 定 額 )を 差 し 引 いて 支 払 ったことがありますか( 協 力 値 引 き, 歩 引 き, 協 力 金 等 の 名 目 は 問 いま せん ) ない イ 下 請 代 金 から 消 費 税 相 当 分 の 全 部 又 は 一 部 に 相 当 する 額 を 差 し 引 いて 支 払 ったこと がありますか ない 8

9 ウ 支 払 制 度 が 手 形 払 である 場 合, 一 時 的 に 下 請 代 金 を 現 金 で 支 払 った 際 に, 下 請 代 金 から 一 定 率 ( 又 は 一 定 額 )を 差 し 引 いて 支 払 ったことがありますか エ 支 払 制 度 が 金 融 機 関 への 振 込 払 である 場 合, 下 請 事 業 者 と 合 意 せずに 金 融 機 関 の 振 込 手 数 料 を 下 請 代 金 から 差 し 引 いて 支 払 っ たことがありますか オ 単 価 改 定 により 単 価 を 引 き 下 げたことが ある 場 合, 単 価 改 定 日 より 前 に 発 注 したも のについても, 合 意 した 新 しい 単 価 を 適 用 して 下 請 代 金 を 支 払 ったことがあります か ( 手 形 期 間 日, 減 額 率 %, 貴 社 の 短 期 調 達 金 利 % 調 達 金 利 の 年 率 ) ない 左 記 のような 事 例 はない ない 左 記 のような 事 例 はない ない 左 記 のような 事 例 はない 設 問 6 経 済 上 の 利 益 の 提 供 要 請 について 親 事 業 者 が, 下 請 事 業 者 に 対 して, 自 己 のために 金 銭, 役 務 その 他 の 経 済 上 の 利 益 を 提 供 させ, 下 請 事 業 者 の 利 益 を 不 当 に 害 することは 禁 止 されています ア 下 請 事 業 者 に 対 して, 協 賛 金 等 の 金 銭 の 提 供 を 要 請 し,その 提 供 を 受 けたことがあ りますか ない イ 下 請 事 業 者 に 対 して, 手 伝 い 要 員 の 派 遣 等 の 役 務 の 提 供 を 要 請 し,その 提 供 を 受 け たことがありますか ない ウ ア 又 はイで を 選 択 した 場 合, 消 費 税 相 当 分 (8%)を 上 乗 せする 代 わりに,その 提 供 ( 金 銭, 役 務 等 )を 受 け たことがありますか ない エ 下 請 事 業 者 に 対 して, 知 的 財 産 権 や 発 注 内 容 にない 設 計 図 等 の 無 償 譲 渡 など, 経 済 上 の 利 益 の 提 供 を 要 請 し,その 提 供 を 受 け たことがありますか ない オ 下 請 事 業 者 に 対 して, 知 的 財 産 権 の 発 生 する 情 報 成 果 物 の 作 成 委 託 を 行 い, 作 成 の 目 的 たる 使 用 の 範 囲 を 超 えて, 知 的 財 産 権 の 譲 渡 利 用 許 諾 を 受 けたことがある 場 合,その 対 価 を 支 払 いましたか 支 払 った 支 払 っていない ( 又 は 支 払 わなかったことがある) 左 記 のような 事 例 はない 設 問 7へ カ 下 請 事 業 者 に 対 して, 知 的 財 産 権 の 発 生 する 情 報 成 果 物 の 作 成 委 託 を 行 い, 作 成 の 目 的 たる 使 用 の 範 囲 を 超 えて, 知 的 財 産 権 の 譲 渡 利 用 許 諾 を 受 けたことがある 場 合, 発 注 書 面 に 知 的 財 産 権 の 譲 渡 利 用 許 諾 に 関 する 記 載 をしましたか 記 載 した 記 載 しなかった ( 又 は 記 載 しなかったことがある) 9

10 設 問 7 物 の 購 入 要 請 サービスの 利 用 要 請 について 下 請 事 業 者 に 発 注 した 給 付 の 内 容 を 維 持 するため 等 の 正 当 な 理 由 がある 場 合 を 除 き, 親 事 業 者 が 自 己 の 指 定 する 物 を 購 入 させたり,サービスを 利 用 させたりすることは 禁 止 されています( 下 請 事 業 者 以 外 の 物 品 購 入 者 又 はサービス 利 用 者 を 紹 介 するよう 要 請 することも 禁 止 されています ) ア 下 請 事 業 者 に 対 して, 物 品 の 購 入 又 はサ ービスの 利 用 を 要 請 し,その 要 請 に 応 じて もらったことがありますか イ アで を 選 択 した 場 合, 消 費 税 相 当 分 (8%)を 上 乗 せする 代 わりに, その 要 請 に 応 じてもらったことがあります か ない 設 問 8へ ない 設 問 8 発 注 内 容 の 変 更 やり 直 しについて 下 請 事 業 者 に 責 任 がない 場 合 には, 親 事 業 者 が 下 請 事 業 者 から 給 付 を 受 領 する 前 ( 下 請 事 業 者 が 役 務 を 提 供 する 前 )に, 発 注 書 面 に 記 載 した 委 託 内 容 を 変 更 ( 発 注 を 取 り 消 す 場 合 も 含 みます )し, 当 初 の 委 託 内 容 とは 異 なる 作 業 を 行 わせたり, 下 請 事 業 者 から 給 付 を 受 領 した 後 ( 下 請 事 業 者 が 役 務 を 提 供 した 後 )に, 給 付 に 関 して 追 加 的 な 作 業 を 行 わせたりすることにより, 下 請 事 業 者 の 利 益 を 不 当 に 害 す ることは 禁 止 されています ア 下 請 事 業 者 に 責 任 ( 不 良 品 等 )がないの に, 発 注 書 面 に 記 載 した 委 託 内 容 を 変 更 ( 発 注 を 取 り 消 す 場 合 も 含 みます )し て, 当 初 の 委 託 内 容 と 異 なる 作 業 を 行 わせ たことや, 下 請 事 業 者 の 給 付 ( 役 務 )に 関 して 追 加 的 な 作 業 を 行 わせたことがある 場 合, 新 たに 生 じた 費 用 の 全 部 又 は 一 部 を 下 請 事 業 者 に 負 担 してもらったことがありま すか ない 下 請 事 業 者 に 新 たに 費 用 が 生 じたかどうか 確 認 してい ない 4 左 記 のような 事 例 はない 貴 社 と 下 請 事 業 者 との 間 の 取 引 が 役 務 提 供 委 託 のみである 場 合, 設 問 9~は 回 答 不 要 です 設 問 (ページ)に 進 んでください 設 問 9 物 品 又 は 情 報 成 果 物 の 受 領 について 下 請 事 業 者 に 責 任 がない 場 合 には, 親 事 業 者 が 下 請 事 業 者 の 給 付 の 受 領 を 拒 むことは 禁 止 されています 受 領 を 拒 む とは, 下 請 事 業 者 の 給 付 の 全 部 又 は 一 部 を 発 注 時 に 定 めた 受 領 日 に 受 け 取 らないことであ り, 受 領 日 を 延 期 することや 発 注 を 取 り 消 すことにより 受 け 取 らない 場 合 も 受 領 を 拒 むことに 含 まれます ア 下 請 事 業 者 に 責 任 ( 不 良 品, 発 注 内 容 と 異 なる, 納 入 遅 れ 等 )がないのに, 物 品 又 は 情 報 成 果 物 を 下 請 事 業 者 と 取 り 決 めた 受 領 日 に 受 領 しなかったこと( 受 領 日 を 延 期 する 場 合, 発 注 を 取 り 消 す 場 合 も 含 みま す )がありますか ない 0

11 設 問 0 返 品 について 下 請 事 業 者 に 責 任 がない 場 合 には, 親 事 業 者 が 一 旦 受 領 した 物 品 又 は 情 報 成 果 物 を 下 請 事 業 者 に 引 き 取 らせることは 禁 止 されています ア 下 請 事 業 者 に 責 任 ( 不 良 品 等 )がないの に, 一 旦 受 領 した 物 品 又 は 情 報 成 果 物 を 下 請 事 業 者 に 返 品 したこと( 不 良 品 等 を 理 由 としたやり 直 しのための 返 品 は 含 みませ ん )がありますか ない 貴 社 と 下 請 事 業 者 との 間 の 取 引 が 情 報 成 果 物 作 成 委 託 のみである 場 合, 設 問 ~は 回 答 不 要 です 設 問 (ページ)に 進 んでください 設 問 有 償 支 給 原 材 料 等 の 対 価 の 早 期 決 済 について 親 事 業 者 は, 下 請 事 業 者 の 給 付 に 必 要 な 半 製 品, 部 品, 附 属 品 又 は 原 材 料 ( 以 下 原 材 料 等 といい ます )を 有 償 で 支 給 している 場 合, 下 請 事 業 者 に 責 任 がないのに, 当 該 原 材 料 等 を 用 いた 給 付 に 対 す る 下 請 代 金 の 支 払 期 日 より 早 い 時 期 に, 支 払 うべき 下 請 代 金 の 額 から 当 該 原 材 料 等 の 対 価 の 全 部 若 しく は 一 部 を 控 除 ( 相 殺 )し 又 は 支 払 わせることにより, 下 請 事 業 者 の 利 益 を 不 当 に 害 することは 禁 止 され ています ア 下 請 事 業 者 に 対 して, 貴 社 に 対 する 給 付 に 必 要 な 原 材 料 等 を 下 請 事 業 者 に 有 償 で 支 給 したことがありますか ない 設 問 へ イ 発 注 書 面 に, 原 材 料 等 の 品 名, 数 量 等 の 必 要 記 載 事 項 を 記 載 しましたか 発 注 書 面 に 記 載 しなかった 場 合, 必 要 記 載 事 項 を 記 載 した 支 給 材 料 伝 票 等 の 書 面 を 別 途 交 付 し ましたか 記 載 ( 交 付 )した 記 載 ( 交 付 )しなかった ( 又 はしなかったことがある) ウ イで 必 要 記 載 事 項 を 記 載 した 支 給 材 料 伝 票 等 の 書 面 を 別 途 交 付 している 場 合, 個 々 の 発 注 書 面 に, 当 該 書 面 との 関 連 性 を 記 載 しましたか 記 載 した 記 載 しなかった ( 又 は 記 載 しなかったことがある) 左 記 のような 事 例 はない エ 下 請 事 業 者 に 交 付 した 発 注 書 面 又 は 別 途 交 付 した 支 給 材 料 伝 票 等 には, 右 記 の 必 要 記 載 事 項 のうち,どの 事 項 を 記 載 しました か 該 当 するもの 全 てを 選 択 品 名 数 量 対 価 ( 金 額 ) 4 引 渡 期 日 5 決 済 期 日 6 決 済 方 法 オ 下 請 事 業 者 に 対 して, 有 償 で 支 給 した 原 材 料 等 の 対 価 を, 当 該 原 材 料 等 を 用 いて 製 造 した 製 品 の 下 請 代 金 の 支 払 日 より 前 に 決 済 したことがありますか ない

12 貴 社 と 下 請 事 業 者 との 間 で, 金 型 取 引 を 行 っている 場 合 のみ, 設 問 に 回 答 してください 金 型 取 引 を 行 っていない 場 合 は, 設 問 に 進 んでください 設 問 金 型 ( 部 品 等 を 製 造 するための 金 属 製 の 型 )について 金 型 を 製 造 委 託 する 場 合 にも, 発 注 書 面 の 交 付 義 務, 下 請 代 金 の 支 払 遅 延 の 禁 止 等 の 下 請 法 の 規 定 が 適 用 されます ア 金 型 の 製 造 を 委 託 したことがある 場 合, 当 該 金 型 を 受 領 してから60 日 以 内 に 代 金 の 全 額 を 支 払 いましたか 下 請 事 業 者 に 部 品 の 製 造 を 委 託 した 際 に, その 部 品 の 製 造 に 必 要 な 金 型 の 製 造 を 委 託 す る 場 合 も 含 みます ただし, 金 型 の 所 有 権 を 貴 社 が 取 得 する 場 合 に 限 ります イ 金 型 の 製 造 を 委 託 して, 金 型 の 設 計 図 面 を 下 請 事 業 者 から 譲 り 受 けたことがある 場 合, 当 該 設 計 図 面 の 対 価 を 支 払 いました か ウ 金 型 を 下 請 事 業 者 に 貸 与 して 物 品 の 製 造 を 委 託 したことがある 場 合,その 製 造 が 終 了 した 後, 下 請 事 業 者 から 当 該 金 型 を 回 収 しましたか エ 下 請 事 業 者 に 貸 与 した 金 型 を 回 収 してい ない( 回 収 しなかったことがある) 場 合, その 保 管 費 用 又 は 廃 棄 に 要 する 費 用 の 全 額 を 貴 社 が 負 担 しましたか 支 払 った 支 払 っていない ( 又 は 支 払 わなかったことがある) 金 型 の 製 造 委 託 なし 設 問 -ウへ 支 払 った 支 払 っていない ( 又 は 支 払 わなかったことがある) 左 記 のような 事 例 はない 回 収 した 設 問 へ 回 収 していない ( 又 は 回 収 しなかったことがある) 金 型 を 貸 与 したことはない 設 問 へ ( 又 は 調 査 対 象 期 間 中 に 貸 与 した 金 型 を 使 った 物 品 の 量 産 製 造 の 委 託 が 終 了 したものはない) 負 担 した 負 担 していない ( 又 は 負 担 しなかったことがある, 一 部 を 負 担 した) 設 問 自 由 記 載 について 設 問 に 対 する 回 答 の 補 足 等 がある 場 合 は,その 内 容 を 記 載 した 書 面 ( 様 式 自 由 )を 作 成 し, 別 紙 と して 回 答 用 紙 とともに 提 出 してください なお, 別 紙 を 提 出 する 場 合 は, 回 答 用 紙 の 回 答 欄 の 別 紙 あり を 塗 りつぶしてください ( 別 紙 がない 場 合 は, 設 問 に 対 する 回 答 は 不 要 です ) 下 請 法 違 反 行 為 の 自 発 的 申 出 について 公 正 取 引 委 員 会 では, 下 請 法 違 反 行 為 を 自 発 的 に 申 し 出 た 親 事 業 者 の 取 扱 いについて 公 表 しています 詳 細 は, 公 正 取 引 委 員 会 のウェブサイト( 下 請 法 の 中 の 下 請 法 に 関 する 調 査 手 続 の 中 の 下 請 法 違 反 行 為 を 自 発 的 に 申 し 出 た 親 事 業 者 の 取 扱 いについて をクリック) を 御 覧 ください 本 調 査 の 回 答 を 作 成 する 過 程 において, 下 請 法 に 違 反 していることを 自 認 し,➊ 当 該 違 反 行 為 を 既 に 取 り やめ,➋ 当 該 違 反 行 為 によって 下 請 事 業 者 に 与 えた 不 利 益 を 回 復 するために 必 要 な 措 置 を 既 に 講 じ,➌ 当 該 違 反 行 為 を 今 後 行 わないための 再 発 防 止 策 を 講 じることとしている 場 合 であって,その 旨 を 公 正 取 引 委 員 会 に 申 し 出 るときには, 同 封 した 返 信 用 封 筒 には 入 れずに, 本 調 査 への 回 答 とは 別 に 申 出 書 ( 様 式 自 由 )を 作 成 して, 公 正 取 引 委 員 会 下 請 取 引 調 査 室 企 画 調 整 係 宛 てに 提 出 してください

13 ( 整 理 番 号 ) 回 答 用 紙 ( 所 在 地 ) - 公 正 取 引 委 員 会 ( 会 社 名 ) 送 付 した 回 答 用 紙 に 印 字 されている 郵 便 番 号, 所 在 地, 会 社 名 及 び 資 本 金 に 誤 り 又 は 変 更 がある 場 合 は, 朱 書 きで 訂 正 してく ださい ( 企 業 番 号 ) 第 貴 社 の 概 要 ( 回 答 作 成 日 : 平 成 8 年 月 日 時 点 ) 代 表 者 ( 役 職 氏 名 ) 代 表 者 印 又 は 社 印 資 本 金 万 円 決 算 期 月 期 主 たる 事 業 内 容 直 近 決 算 期 の 売 上 高 百 万 円 ( 平 成 年 度 ) 回 答 作 成 担 当 者 部 署 : 役 職 : ふりがな 氏 名 : 電 話 番 号 FAX 番 号 下 請 取 引 の 有 無 有 無 いずれか 該 当 する 方 の を 必 ず 塗 りつぶしてください 取 引 のあった 下 請 事 業 者 の 数 個 人 事 業 者 については, 個 人 当 たり 社 と 数 えてください 社 事 業 活 動 を 終 了 した 場 合 のみ 記 入 以 下 の~のいずれかに 該 当 する 場 合 は, 該 当 する に を 入 れ, 必 要 な 内 容 を 記 入 してください 廃 業 休 業 している 破 産 手 続 開 始 決 定 を 受 けている その 時 期 : 平 成 年 月 解 散 清 算 している を 選 択 し,その 事 由 が 吸 収 合 併 の 場 合 は, 以 下 のア~エについても 記 入 してください ア 存 続 会 社 の 名 称 ( 存 続 会 社 が 商 号 変 更 している 場 合 は, 旧 社 名 も 併 記 してください ) 存 続 会 社 名 ( 旧 社 名 : ) イ 存 続 会 社 の 所 在 地 ウ 存 続 会 社 の 資 本 金 万 円 エ 吸 収 合 併 の 年 月 平 成 年 月 貴 社 が 下 請 取 引 を 行 っていない 場 合 は, 回 答 用 紙 の 第 貴 社 の 概 要 のみ 記 入 し, 公 正 取 引 委 員 会 に 送 付 してください ( 第 下 請 取 引 の 状 況 は 記 入 不 要 です また, 設 問 に 回 答 いただく 必 要 はありません ) 貴 社 が 下 請 取 引 を 行 っている 場 合 は, 回 答 用 紙 の 第 貴 社 の 概 要 及 び 第 下 請 取 引 の 状 況 に ついて 記 入 回 答 し, 下 請 事 業 者 の 名 簿 と 併 せて 公 正 取 引 委 員 会 に 送 付 してください 第 下 請 取 引 の 状 況 貴 社 が 行 っている 下 請 取 引 について 記 入 してください( 下 請 事 業 者 への 発 注 が 複 数 の 事 業 所 で 行 われている 場 合 は, 事 業 所 ごとに 回 答 用 紙 を 作 成 し, 各 事 業 所 が 発 注 している 取 引 についてそれぞれ 記 入 回 答 してくださ い ) (Ⅰ) 下 請 事 業 者 への 発 注 を 行 っている 貴 社 の 事 業 所 について, 概 要 を 記 入 してください 事 業 所 名 事 業 所 所 在 地 回 答 作 成 担 当 者 部 署 : 役 職 : 電 話 番 号 FAX 番 号 ふりがな 氏 名 :

14 ( 企 業 番 号 ) 回 答 の 際 の 御 注 意 記 入 例 を 参 考 に, 該 当 する 選 択 肢 の 又 は で 囲 まれた 数 字 を 黒 く 塗 りつぶしてください 選 択 を 間 違 えた 場 合 は, 間 違 えた 箇 所 に をつけ, 正 しい 選 択 肢 の を 黒 く 塗 りつぶしてくださ い 良 記 入 例 悪 (Ⅱ) 貴 社 と 下 請 事 業 者 との 下 請 取 引 の 内 容 ( 下 請 事 業 者 への 発 注 内 容 )について 記 入 してください 下 請 取 引 の 内 容 製 修 造 理 委 委 託 託 ア イ ウ エ オ ア 情 報 成 果 物 作 成 委 託 役 務 提 供 委 託 (Ⅲ) 設 問 への 回 答 を 記 入 してください ア 4 5 ウ 締 切 日 (A) 月 ( %) 日 下 請 取 引 の 主 な 品 目 内 容 現 金 支 払 ( 振 込 ) 日 月 日 現 金 日 ( %) イ 手 形 交 付 日 月 日 手 形 日 手 形 月 日 一 括 決 済 方 式 月 日 一 括 決 済 方 式 日 一 括 決 済 方 式 月 日 電 子 記 録 債 権 支 払 日 (B) ( %) 月 日 電 子 記 録 債 権 日 電 子 記 録 債 権 月 日 6 9 (A)から(B)までの 期 間 手 形 満 期 日 又 は 債 権 決 済 日 エ ( 最 長 期 間 日 間 ) オ ( ) カ 4 5 ( ) 6 ア 4 5 イ ウ オ カ ア イ ウ ( 手 形 期 間 日 ),( 減 額 率 %),( 貴 社 の 短 期 調 達 金 利 エ オ 6 ア エ 7 ア イ オ 8 ア 9 ア 0 ア ア エ ア エ ア 別 紙 あり イ 4 イ 4 イ ( ) エ キ % 年 率 ) ウ カ ウ オ ウ

15 下 請 事 業 者 名 簿 の 作 成 に つ い て 名 簿 作 成 の 際 は 下 記 の 点 に 御 注 意 ください 平 成 7 年 6 月 から 平 成 8 年 5 月 までの 期 間 に 貴 社 が 製 造, 修 理, 情 報 成 果 物 の 作 成 又 は 役 務 提 供 の 委 託 をした 事 業 者 の 名 簿 を 作 成 してください 下 請 事 業 者 名, 郵 便 番 号, 所 在 地 欄 には 作 成 日 時 点 の 情 報 を 正 確 に 記 入 してください 電 話 番 号 欄 には 下 請 事 業 者 の 会 社 の 代 表 番 号 を, 個 人 の 場 合 は 普 段 の 連 絡 先 を 記 入 してください 用 紙 が 足 りない 場 合, 用 紙 をコピーするか 又 は 公 正 取 引 委 員 会 のウェブサイト( 下 請 法 の 中 の 下 請 法 に 関 する 調 査 手 続 の 中 の 定 期 書 面 調 査 をクリック)に 掲 載 している 様 式 (エクセル 形 式 )を 御 利 用 ください なお, 下 請 事 業 者 名 簿 ( 様 式 ) と 同 様 の 内 容 が 記 載 されていれば, 既 存 の 名 簿 等 を 利 用 し ていただいても 構 いませんが, 下 請 事 業 者 の 情 報 は 作 成 日 時 点 の 情 報 を 正 確 に 記 入 してく ださい( 会 社 名, 住 所 等 に 変 更 がないか 再 確 認 をお 願 いします ) 記 入 例 注 注 注 : 整 理 番 号 欄 には, 回 答 用 紙 の 左 上 に 印 字 してある 整 理 番 号 を 記 入 してください 注 : 資 本 金 欄 は, 必 ず 記 入 してください 下 請 事 業 者 が 個 人 であり, 資 本 金 に 当 たるも のがない 場 合, 個 人 と 記 入 してください 注 : 建 設 業 を 営 む 事 業 者 が, 請 け 負 った 建 設 工 事 の 全 部 又 は 一 部 を 他 の 建 設 業 者 に 再 委 託 することは 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 には 該 当 しないため 記 入 は 不 要 です 注 4: 広 く 一 般 に 市 販 されている 規 格 品, 標 準 品 をメーカーや 卸 売 事 業 者 から 仕 入 れてその まま 小 売 販 売 するような 取 引 は 下 請 取 引 に 該 当 しないため 記 入 は 不 要 です

16 二 重 線 で 囲 まれた 箇 所 も 忘 れずに 記 入 してください 名 簿 が 複 数 枚 になる 場 合 は,すべてのページに 記 入 をお 願 いします 貴 社 の 名 称 下 請 事 業 者 名 簿 ( 様 式 ) 貴 社 の 資 本 金 万 円 整 理 番 号 : ( 作 成 日 : 平 成 年 月 日 ) 整 理 番 号 は, 送 付 した 回 答 用 紙 の 左 上 に 印 字 されています 番 号 下 請 事 業 者 名 正 確 な 名 称 を 記 入 してください 資 本 金 ( 万 円 ) 個 人 の 場 合 は 個 人 と 記 入 郵 便 番 号 所 在 地 ( 住 所 ) 作 成 日 時 点 の 情 報 を 記 入 してください 電 話 番 号 ( 代 表 番 号 ) 製 造 委 託 下 請 取 引 の 内 容 修 理 委 託 情 報 成 果 物 作 成 委 託 役 務 提 供 委 託 ページ 数 を 記 入 してください / ヘ ーシ 注 : 調 査 対 象 期 間 ( 平 成 7 年 6 月 から 平 成 8 年 5 月 まで)に 複 数 回 の 取 引 があった 下 請 事 業 者 について 記 入 してください 注 : 建 設 業 を 営 む 事 業 者 が, 請 け 負 った 建 設 工 事 の 全 部 又 は 一 部 を 他 の 建 設 業 者 に 再 委 託 することは 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 には 該 当 しないため 記 入 は 不 要 です 注 : 下 請 取 引 事 業 者 数 が00 社 ( 個 人 事 業 者 を 含 む)を 超 える 場 合 は, 取 引 額 の 大 きい 順 に00 社 を 記 入 してください 注 4: 作 成 に 際 しては, 送 付 した 下 請 事 業 者 名 簿 の 作 成 について を 御 参 照 ください

2 下 請 事 業 者 名 簿 の 記 載 について Q13 当 社 は, 子 会 社 に 対 して 業 務 を 委 託 していますが, 子 会 社 は, 下 請 事 業 者 名 簿 に 記 載 する 必 要 がありますか Q14 当 社 は 下 請 事 業 者 の 資 本 金 まで 把 握 してい

2 下 請 事 業 者 名 簿 の 記 載 について Q13 当 社 は, 子 会 社 に 対 して 業 務 を 委 託 していますが, 子 会 社 は, 下 請 事 業 者 名 簿 に 記 載 する 必 要 がありますか Q14 当 社 は 下 請 事 業 者 の 資 本 金 まで 把 握 してい FAQ 28 親 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 に 関 するよくある 質 問 (FAQ)をまとめました 本 調 査 に 関 する 疑 問 質 問 がある 場 合 に 御 覧 ください 目 次 1 調 査 対 象 の 有 無 について Q1 当 社 はこの 調 査 に 回 答 する 義 務 があるのですか Q2 以 前 は 中 小 企 業 庁 から 調 査 票 が 送 られてきたのに,

More information

空 白

空 白 空 白 空 白 Ⅰ 償 却 資 産 のあらまし 1 償 却 資 産 とは 償 却 資 産 とは 土 地 及 び 家 屋 以 外 の 事 業 の 用 に 供 することができる 資 産 で その 減 価 償 却 額 又 は 減 価 償 却 費 が 法 人 税 法 又 は 所 得 税 法 の 規 定 による 所 得 の 計 算 上 損 金 又 は 必 要 な 経 費 に 算 入 されるもの(これに 類

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63>

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63> 遺 失 物 取 扱 いのしおり ( 施 設 占 有 者 の 皆 様 方 へ) 愛 知 県 警 察 は じ め に 皆 様 方 が 管 理 している 建 物 などの 施 設 内 で お 客 様 が 落 とし 物 を 拾 って 届 出 があっても 手 続 が 分 からないために 警 察 に 提 出 せ ず そのままにされているようなことはないでしょうか そのままでは その 落 とし 物 が 持 ち 主

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 このパンフレットは 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 を 説 明 したものです 軽 減 措 置 の 要 件 に 該 当 する 場 合 は 申 告 期 限 までに 申 告 手 続 きが 必 要 ですので 必 ずご 一 読 ください 詳 しくは 富 山 県 総 合 県 税 事 務 所 課 税 第 二 課 TEL:076-444-4505

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 推 進 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 1. 目 的 南 相 馬 市 が 行 う 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 のインターネットを 利 用 した 受 付 サイ ト 構 築 返 礼 品 等 に 関 連 する 業 務 及 びその 他 関 連 業 務 の 代 行 業 務 に 関 し 事 業 者 を 選 定 するため 公 募 型 プロポーザル(

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 ( 条 件 付 一 般 競 争 入 札 ( 事 後 審 査 型 持 参 方 式 ))を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の 6 の 規 定 に 基 づき 公 告 する 平 成 26 年 4 月 9 日 紀 の 川 市 長 中 村 愼 司 1 入 札 に 付 する 工 事

More information

する 場 合 だけが 下 請 法 の 対 象 となる 5000 万 円 基 準 の 場 合 3 億 円 を5000 万 円 と 置 き 換 えればよい つ まり 自 社 の 資 本 金 の 額 が5000 万 円 超 であれば 5000 万 円 以 下 の 事 業 者 ( 法 人 だけでなく 個 人

する 場 合 だけが 下 請 法 の 対 象 となる 5000 万 円 基 準 の 場 合 3 億 円 を5000 万 円 と 置 き 換 えればよい つ まり 自 社 の 資 本 金 の 額 が5000 万 円 超 であれば 5000 万 円 以 下 の 事 業 者 ( 法 人 だけでなく 個 人 201200719 下 請 法 の 基 礎 知 識 太 樹 法 律 事 務 所 弁 護 士 高 橋 善 樹 1 下 請 法 の 趣 旨 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 ( 以 下 下 請 法 という)は 読 んで 字 のごと く 下 請 代 金 の 支 払 遅 延 等 を 防 止 することを 目 的 とする 法 律 である 何 故 このような 法 律 ができたか 取 引 が 上 流

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約)

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約) 旅 行 業 約 款 ( 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 /PEX 約 款 ) 社 団 法 人 日 本 旅 行 業 協 会 保 証 社 員 株 式 会 社 シイ.エイ.エヌ 第 一 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 一 条 当 社 が 旅 行 者 との 間 で 締 結 する 募 集 型 企 画 旅 行 に 関 する 契 約 ( 以 下 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 といいま)は この

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 このパンフレットは 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 を 説 明 したものです 軽 減 措 置 の 要 件 に 該 当 する 場 合 は 申 告 期 限 までに 申 告 手 続 きが 必 要 ですので 必 ずご 一 読 くださ 詳 しくは 富 山 県 総 合 県 税 事 務 所 課 税 第 二 課 TEL:076-444-4505

More information

下 請 法 は 親 事 業 者 の 濫 用 行 為 を 取 り 締 まります 下 請 法 ( 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 )は, 親 事 業 者 による 下 請 事 業 者 に 対 する 優 越 的 地 位 の 濫 用 行 為 を 取 り 締 まるために 制 定 された 法 律

下 請 法 は 親 事 業 者 の 濫 用 行 為 を 取 り 締 まります 下 請 法 ( 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 )は, 親 事 業 者 による 下 請 事 業 者 に 対 する 優 越 的 地 位 の 濫 用 行 為 を 取 り 締 まるために 制 定 された 法 律 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 ガイドブック ポイント 解 説 下 請 法 買 いたたきをなくし 公 正 な 取 引 を 実 現 するために 公 正 取 引 委 員 会 中 小 企 業 庁 下 請 法 は 親 事 業 者 の 濫 用 行 為 を 取 り 締 まります 下 請 法 ( 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 )は, 親 事 業 者 による 下 請 事 業 者 に

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

ア 現 金 を 収 納 したときは 原 則 として 収 納 日 の 翌 日 までに 金 融 機 関 に 払 い 込 んでい るか 収 納 した 現 金 を 長 期 間 金 庫 で 保 管 しているようなことはないか イ 現 金 と 収 入 伝 票 の 金 額 とは 一 致 していることを 確 認 し

ア 現 金 を 収 納 したときは 原 則 として 収 納 日 の 翌 日 までに 金 融 機 関 に 払 い 込 んでい るか 収 納 した 現 金 を 長 期 間 金 庫 で 保 管 しているようなことはないか イ 現 金 と 収 入 伝 票 の 金 額 とは 一 致 していることを 確 認 し 財 務 検 査 の 検 査 項 目 現 金 有 価 証 券 の 取 扱 い 1 管 理 体 制 の 整 備 (1)チェック 牽 制 機 能 ア 経 理 担 当 者 ( 現 金 を 取 り 扱 う 担 当 者 )は 必 要 最 小 限 かつ 複 数 名 としてい るか イ 経 理 担 当 者 以 外 の 者 が 現 金 を 取 り 扱 っていないか ウ 経 理 担 当 者 について 定 期 的 に 人

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の 内 容 は 下 記 の 新 ガイドラインで 包 括 的 に 解 説 電 気 通 信 事

改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の 内 容 は 下 記 の 新 ガイドラインで 包 括 的 に 解 説 電 気 通 信 事 電 気 通 信 事 業 法 改 正 後 の 消 費 者 保 護 ルール 平 成 28 年 3 月 総 務 省 総 合 通 信 基 盤 局 電 気 通 信 事 業 部 消 費 者 行 政 課 改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事 平 成 27 年 度 補 正 予 算 エネルギー 使 用 合 理 化 設 備 導 入 促 進 等 対 策 費 補 助 金 ( 質 の 高 いエネ ルギーインフラ 詳 細 事 業 実 施 可 能 性 調 査 事 業 (インド 及 びスリランカにおける 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 の 導 入 事 業 )) に 係 る 交 付 先 の 公 募 について 平 成 28

More information

Ⅰ Ⅰ. 本 文 Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 Ⅲ. 交 付 規 程 Ⅳ. 様 式 等 課 題 設 定 型 産 業 技 術 開 発 費 助 成 事 業 事 務 処 理 マニュアル Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 平 成 21 年 度 版 Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 目 次 1. 助 成 金 交 付 申 請 の 提 出 書 類 1 課 題 設 定 型 産 業 技 術 開 発 費 助 成 金 交 付 申 請

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を 平 成 27 年 度 岡 山 県 立 大 学 科 目 等 履 修 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 (1) 一 般 学 部 名 保 健 福 祉 学 部 情 報 工 学 部 デザイン 学 部 募 集 人 員 ( 注 )1 正 規 課 程 の 学 生 の 教 育 に 支 障 のない 範 囲 内 とします 2 保 健 福 祉 学 部 の 授 業 科 目 によっては 次 の(2)の 者 の 履 修 を

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管

1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管 算 定 基 礎 届 の 記 入 提 出 ガイドブック 平 成 26 年 度 1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管 轄 の 年 金 事 務 所

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

3 公 募 の 条 件 等 (1) 広 告 スペース 使 用 の 応 募 ができる 者 広 告 スペースを 使 用 する 者 ( 以 下 広 告 掲 載 者 という )として 応 募 するために は 次 の 項 目 のいずれにも 該 当 することが 必 要 です ア 大 阪 府 一 般 競 争 入

3 公 募 の 条 件 等 (1) 広 告 スペース 使 用 の 応 募 ができる 者 広 告 スペースを 使 用 する 者 ( 以 下 広 告 掲 載 者 という )として 応 募 するために は 次 の 項 目 のいずれにも 該 当 することが 必 要 です ア 大 阪 府 一 般 競 争 入 門 真 運 転 免 許 試 験 場 庁 舎 における 広 告 スペースの 使 用 に 関 する 公 募 実 施 要 領 1 広 告 スペースを 有 する 施 設 の 概 要 (1) 名 称 大 阪 府 警 察 本 部 交 通 部 門 真 運 転 免 許 試 験 場 (2) 住 大 阪 府 門 真 市 一 番 町 23 番 16 号 (3) 利 用 時 間 ア 運 転 免 許 の 更 新 申 請 更

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす 平 成 23 年 10 月 第 1 版 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 金 貸 付 請 求 及 び 受 領 に 係 る 記 入 要 領 ( 貸 付 請 求 者 用 ) 共 済 金 貸 付 請 求 をするときは この 手 続 領 をよく お 読 みのうえ 請 求 および 受 領 の 手 続 きをしてください 1. 共 済 金 の 貸 付 請 求 手 続 きについて 1 ページ 2. 共 済 金

More information

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 算 定 基 礎 届 の 記 入 提 出 ガイドブック 平 成 25 年 度 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 定 基 礎 届 によって

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

000

000 4 退 会 の 手 続 き (1) 作 成 書 類 退 会 理 由 により 必 要 な 書 類 が 異 なります 今 回 の 退 会 が 以 下 1~3のいずれに 該 当 するか 確 認 の 上 手 続 きを 進 めてください 1 退 職 や 身 分 切 り 替 え/ 法 人 の 解 散 や 施 設 団 体 の 廃 止 による 退 会 従 事 者 共 済 会 加 入 期 間 1 年 以 上 の 場

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235814532368C7091B1905C90BF817582E682AD82A082E982A896E28D8782B98169827081958260816A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235814532368C7091B1905C90BF817582E682AD82A082E982A896E28D8782B98169827081958260816A81762E646F63> よくあるお 問 合 せ 平 成 25 26 年 度 川 崎 市 競 争 入 札 参 加 資 格 申 請 ( 業 者 登 録 ) Q&A 1 電 子 申 請 について Q1-1: 継 続 申 請 の 場 合 のログイン 場 所 及 び 入 力 箇 所 はどこでしょうか ( 継 続 申 請 のみ) P.01 Q1-2: ユーザーID パスワードがうまく 入 らないのですが ( 継 続 申 請 のみ) P.02

More information

法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 を 確 保 するため, 特 定 事 業 者 による 消 費 税 の 転 嫁 拒 否 等 の

法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 を 確 保 するため, 特 定 事 業 者 による 消 費 税 の 転 嫁 拒 否 等 の 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 の 確 保 のための 消 費 税 の 転 嫁 を 阻 害 する 行 為 の 是 正 等 に 関 す る 特 別 措 置 法 及 びガイドライン 等 について 法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正

More information

[ ] 13 13 13 13 14 14 34 46 55 55 56 57 62 64 69 70 71 72 27 23 *2. 1,500 500. 2 ( ( 1 2 25 3 P 0.25X10.15X20.20Y0.25Z0.15W P X1 X2 Y Z W X X2 Z Y 0.20 X1 0.25 X2 0.15 Z 0.25 (P W 0.15 4 5 ( ( ( 1 11,000

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場 2010 年 4 月 改 訂 エンジェル 税 制 ~ Q&A 集 ~ 本 Q&A 集 は エンジェル 税 制 についての 質 問 を 中 心 に 判 断 に 迷 う 内 容 をまとめたもの です エンジェル 税 制 に 関 わる 方 々が 当 該 税 制 を 理 解 する 一 助 となれば 幸 いです 今 後 も 内 容 の 充 実 を 図 って 参 ります 目 次 1. 制 度 全 般 2ページ

More information

契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください 1 契 約 書 の 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 契 約 書 の 作 成 に 当 たっては 次 の 点 に 留 意 の 上 作 成 してください

契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください 1 契 約 書 の 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 契 約 書 の 作 成 に 当 たっては 次 の 点 に 留 意 の 上 作 成 してください 契 約 書 作 成 の 手 引 ( 建 築 関 係 業 務 用 ) 平 成 17 年 3 月 ( 最 終 改 正 平 成 28 年 5 月 ) 京 丹 後 市 財 務 部 入 札 契 約 課 TEL 0772 69 0170 FAX 0772 69 0903 契 約 書 作 成 に 当 たっての 留 意 事 項 等 を 次 のとおりまとめましたので 契 約 書 作 成 の 参 考 と してください

More information

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 本 規 約 の 目 的 ) 第 1 条 エヌ ティ ティ コミュニケーションズ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は この おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 ( 料 金 表 を 含 みます 以 下 本 規 約 といいます )を 定 め おまかせ!ホームページ 制 作

More information

1 個人研究費計画

1 個人研究費計画 公 的 研 究 費 の 使 用 について 2015 年 4 月 公 立 大 学 法 人 青 森 公 立 大 学 は じ め に 公 的 研 究 費 ( 個 人 研 究 費 を 含 む)とは 国 又 は 地 方 公 共 団 体 若 しくは 独 立 行 政 法 人 などの 公 的 機 関 から 特 定 の 研 究 を 遂 行 するために 配 分 される 研 究 活 動 を 進 める 上 で 欠 くことので

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額 ら 順 次 さか のぼって 過 誤 納 金 が 納 付 された ものとみ なして 計 算 すること (4) 還 付 又 は 充 当 をすべき 金 額 に 加 算 還 付 加 算 金 を 過 誤 納 金 に 加 算 して 還 付 し 又 は 充 当 を す る こ と を い う も の で あ る こ と オ 過 誤 納 金 債 権 の 質 入 れの 通 知 を 受 けた 場 合 に おいて そ の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

Microsoft Word - ○マニュアル表紙(v4.0_.doc

Microsoft Word - ○マニュアル表紙(v4.0_.doc 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 事 務 マニュアル V4.0 ( 平 成 21 年 4 月 及 び 10 月 からの 上 限 額 管 理 事 務 に 関 する 一 部 制 度 変 更 の 内 容 が 盛 り 込 まれています) 平 成 21 年 10 月 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 このマニュアルは 神 奈 川 県 における 標 準 的 な 事 務 手 続 きを

More information

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得 平 成 28 年 度 市 民 税 道 民 税 申 告 の 手 引 き 千 歳 市 申 告 書 を 作 成 する 前 にお 読 みください 所 得 税 の 確 定 申 告 をする(した) 方 は この 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません 住 所 氏 名 生 年 月 日 世 帯 主 の 氏 名 世 帯 主 との 続 柄 電 話 番 号 ( 申 告 の 内 容 等 についてお 尋 ねする

More information

公 認 会 計 士 の 登 録 について 公 認 会 計 士 となる 資 格 を 有 する 者 が 公 認 会 計 士 となり 公 認 会 計 士 業 務 を 行 うためには 日 本 公 認 会 計 士 協 会 に 備 える 公 認 会 計 士 名 簿 に 登 録 を 受 けなければなりません (

公 認 会 計 士 の 登 録 について 公 認 会 計 士 となる 資 格 を 有 する 者 が 公 認 会 計 士 となり 公 認 会 計 士 業 務 を 行 うためには 日 本 公 認 会 計 士 協 会 に 備 える 公 認 会 計 士 名 簿 に 登 録 を 受 けなければなりません ( 公 認 会 計 士 開 業 登 録 の 手 引 目 次 公 認 会 計 士 の 登 録 について 1 公 認 会 計 士 開 業 登 録 申 請 に 必 要 な 提 出 書 類 3 登 録 に 係 る 費 用 振 込 先 8 登 録 後 の 会 費 10 書 類 の 提 出 先 11 登 録 審 査 会 開 催 日 程 一 覧 11 申 請 書 の 作 成 方 法 12 付 録 ( 旧 姓 使 用

More information

No. 質 問 回 答 8 給 電 器 を 購 入 します 第 5 の 事 業 で 申 請 をしますが 条 件 はありま す 9 給 電 器 を 購 入 します 第 5の 事 業 で 申 請 をしますが 交 付 決 定 が 下 りるまで 給 電 器 を 使 えないのでし ょう 10 第 1 の 事

No. 質 問 回 答 8 給 電 器 を 購 入 します 第 5 の 事 業 で 申 請 をしますが 条 件 はありま す 9 給 電 器 を 購 入 します 第 5の 事 業 で 申 請 をしますが 交 付 決 定 が 下 りるまで 給 電 器 を 使 えないのでし ょう 10 第 1 の 事 目 次 Q1. 事 業 概 要 補 助 内 容 募 集 期 間 実 績 報 告 締 切... 1 Q2. 申 請 方 法 記 入 方 法 日 付... 4 Q3. 添 付 書 類... 9 Q4. 申 請 後 の 変 更... 12 Q5. 財 産 管 理 財 産 処 分... 13 2015 年 10 月 9 日 一 部 追 記 Q1. 事 業 概 要 補 助 内 容 募 集 期 間 実 績 報

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 に 基 づく 固 定 資 産 税 特 例 措 置 の 手 引 き < 第 1 版 > この 手 引 きは 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 認 定 経 営 力 向 上 計 画 に 基 づき 中 小 事 業 者 等 がファイナンス リース 取 引 により 設 備 を 導 入 した 場 合 に 適 用 が 受 けられる 固 定 資 産 税 特 例 措 置

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

司 令  副 長  運用班長

司 令  副 長  運用班長 平 成 25 年 8 月 1 日 海 上 自 衛 隊 硫 黄 島 航 空 基 地 における 携 帯 電 話 サービスのための 携 帯 電 話 基 地 局 の 設 置 事 前 調 査 及 び 設 置 工 事 に 関 する 業 者 の 募 集 について 海 上 自 衛 隊 硫 黄 島 航 空 基 地 隊 司 令 富 田 清 浩 東 京 都 小 笠 原 村 硫 黄 島 における 在 島 隊 員 の 福 利

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号)

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号) 発 兵 庫 県 公 報 金 曜 日 第 2496 号 目 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 土 地 改 良 区 役 員 の 退 任 の 届 出 ( 農 地 整 備 課 ) 1 土 地 改

More information

ヤマダカード規約 2008年4月版

ヤマダカード規約 2008年4月版 第 1 章 前 提 事 項 第 1 条 ( 各 条 項 の 適 用 ) 次 条 以 下 の 規 定 は 契 約 者 が 本 件 融 資 申 込 書 ( 以 下 本 件 融 資 申 込 書 という ) 所 定 の 事 項 を 記 入 のうえ 株 式 会 社 セディナ( 以 下 当 社 という )に 対 して 融 資 を 申 し 込 み 当 社 が 所 定 の 審 査 手 続 を 経 てこの 申 込 を

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information