軽費老人ホーム運営費補助要綱

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "軽費老人ホーム運営費補助要綱"

Transcription

1 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 18 福 保 高 施 第 1059 号 平 成 1 9 年 3 月 5 日 18 福 保 高 施 第 1138 号 平 成 19 年 3 月 30 日 19 福 保 高 施 第 1012 号 平 成 2 0 年 3 月 7 日 20 福 保 高 施 第 1025 号 平 成 2 1 年 3 月 9 日 21 福 保 高 施 第 1449 号 平 成 22 年 2 月 24 日 2 1 福 保 高 施 第 1849 号 平 成 22 年 5 月 14 日 2 2 福 保 高 施 第 号 平 成 2 2 年 8 月 4 日 22 福 保 高 施 第 2009 号 平 成 2 3 年 3 月 22 日 24 福 保 高 施 第 2351 号 平 成 25 年 4 月 1 日 25 福 保 高 施 第 2224 号 平 成 26 年 5 月 22 日 2 7 福 保 高 施 第 34 号 平 成 27 年 5 月 1 日 27 福 保 高 施 第 2018 号 平 成 28 年 3 月 11 日 1 目 的 この 要 綱 は 老 人 福 祉 法 ( 昭 和 38 年 法 律 第 133 号 ) 第 20 条 の6に 規 定 する 軽 費 老 人 ホ

2 ームの 利 用 者 の 負 担 を 軽 減 するため 軽 費 老 人 ホームを 設 置 する 社 会 福 祉 法 人 等 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 で 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 し もって 高 齢 者 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 2 用 語 の 定 義 この 要 綱 において 次 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 めるところによる (1) サービスの 提 供 に 要 する 費 用 とは 職 員 の 俸 給 その 他 の 諸 手 当 社 会 保 険 事 業 主 負 担 金 旅 費 庁 費 被 服 費 修 繕 費 及 び 利 用 者 保 健 衛 生 費 等 をいう (2) サービスの 提 供 に 要 する 費 用 ( 月 額 ) 特 別 運 営 費 及 び 各 種 加 算 額 とは 軽 費 老 人 ホームの 利 用 料 等 に 係 る 取 り 扱 い 指 針 について ( 平 成 20 年 5 月 30 日 付 老 発 第 号 )の 別 紙 軽 費 老 人 ホーム 利 用 料 等 取 扱 基 準 ( 以 下 取 扱 基 準 という )に 準 拠 し 算 定 したものをいう (3) 本 人 からの 徴 収 額 ( 月 額 ) とは 別 表 により 求 めた 額 をいう 3 基 本 利 用 料 軽 費 老 人 ホームにおける 入 所 者 1 人 1か 月 当 たりの 基 本 利 用 料 は 取 扱 基 準 第 1に 準 拠 する ものとする ただし 取 扱 基 準 第 1 中 3 生 活 費 ( 月 額 )(1) 生 活 費 ( 月 額 )の 設 定 の 表 については 別 表 2によるものとする 4 補 助 対 象 施 設 社 会 福 祉 法 人 等 が 開 設 し 介 護 専 用 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 の 指 定 を 受 けた 定 員 30 人 以 上 の 軽 費 老 人 ホーム なお 次 のいずれかに 該 当 する 交 付 対 象 施 設 については 原 則 として この 補 助 金 の 一 部 又 は 全 部 を 交 付 しないものとする (1) 老 人 福 祉 法 ( 昭 和 38 年 法 律 第 133 号 ) 介 護 保 険 法 ( 平 成 9 年 法 律 第 123 号 ) 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 ) 又 はこれらの 法 律 に 基 づく 命 令 の 規 定 に 違 反 したもの (2) 老 人 福 祉 法 介 護 保 険 法 社 会 福 祉 法 又 はこれらの 法 律 に 基 づく 命 令 の 規 定 に 違 反 した 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 するもの (3) 老 人 福 祉 法 及 び 社 会 福 祉 法 の 規 定 に 基 づき 東 京 都 知 事 が 実 施 する 指 導 検 査 における 行 政 指 導 ( 文 書 による 指 摘 に 限 る 以 下 同 じ )について 度 重 なる 指 導 にもかかわらず 改 善 し ないもの 又 は 改 善 の 見 込 みがないもの (4) 社 会 福 祉 法 その 他 の 法 律 の 規 定 に 基 づき 国 の 行 政 機 関 の 長 及 び 地 方 公 共 団 体 の 長 が 実 施 す る 指 導 検 査 における 行 政 指 導 について 度 重 なる 指 導 にもかかわらず 改 善 しない 社 会 福 祉 法 人 等 又 は 改 善 の 見 込 みがない 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 するもの 5 暴 力 団 等 の 排 除 次 に 掲 げる 団 体 は この 要 綱 に 基 づく 補 助 金 の 交 付 の 対 象 としない (1) 暴 力 団 ( 東 京 都 暴 力 団 排 除 条 例 ( 平 成 23 年 東 京 都 条 例 第 54 号 以 下 暴 排 条 例 とい う ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 をいう 以 下 同 じ )

3 (2) 法 人 その 他 の 団 体 の 代 表 者 役 員 又 は 使 用 人 その 他 の 従 業 員 若 しくは 構 成 員 に 暴 力 団 員 等 ( 暴 力 団 並 びに 暴 排 条 例 第 2 条 第 3 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 及 び 同 条 例 第 4 号 に 規 定 する 暴 力 団 関 係 者 をいう )に 該 当 するものがあるもの 6 補 助 対 象 経 費 この 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 経 費 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 軽 費 老 人 ホームの 運 営 に 要 する 経 費 のうちサービスの 提 供 に 要 する 費 用 について 利 用 者 からの 利 用 料 の 一 部 を 減 免 し た 場 合 における 減 免 した 経 費 に 対 応 して 社 会 福 祉 法 人 等 が 支 出 する 経 費 とする ただし 減 免 した 経 費 のうち 施 設 運 営 のためのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 として 認 められ ない 経 費 は 補 助 対 象 としない 7 補 助 金 交 付 額 補 助 金 交 付 額 は 次 のとおりとする サービスの 提 供 に 要 する 費 用 ( 月 額 )から 本 人 からの 徴 収 額 ( 月 額 )を 差 し 引 いた 残 額 ( 減 免 額 )に 対 応 して 社 会 福 祉 法 人 等 が 支 出 する 経 費 に 各 月 の 初 日 の 階 層 別 の 利 用 者 数 を 乗 じて 得 た 額 と 特 別 運 営 費 の 額 との 合 算 額 8 補 助 金 の 交 付 申 請 補 助 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 補 助 事 業 者 という )が この 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする ときは 様 式 1による 申 請 書 (1 部 )に 関 係 書 類 を 添 えて 別 に 定 める 期 日 までに 東 京 都 知 事 ( 以 下 知 事 という )に 対 して 行 うものとする 9 補 助 金 の 変 更 交 付 申 請 補 助 事 業 者 が この 補 助 金 の 交 付 申 請 の 内 容 を 変 更 しようとするときは 様 式 1-2による 申 請 書 (1 部 )に 関 係 書 類 を 添 えて 別 に 定 める 期 日 までに 知 事 に 対 して 行 うものとする 10 補 助 金 の 交 付 決 定 知 事 は 交 付 申 請 のあった 事 業 について 適 当 と 認 める 場 合 は この 要 綱 の 15 に 定 める 条 件 を 付 して 補 助 金 の 交 付 額 を 決 定 し 補 助 事 業 者 に 通 知 する 11 補 助 金 の 交 付 時 期 この 補 助 金 は 10 で 決 定 した 額 の12 分 の1の 額 を 原 則 として 各 月 末 までに 概 算 交 付 する ただし 年 度 途 中 で 開 設 した 施 設 においては 開 設 月 以 降 年 度 末 までの 月 数 で 除 した 額 を 原 則 として 各 月 末 までに 概 算 交 付 する また 各 月 において 千 円 未 満 の 端 数 が 生 じた 場 合 は 各 年 度 の 最 終 交 付 において 調 整 するこ ととする 12 補 助 金 の 精 算 概 算 交 付 を 受 けた 補 助 金 は 様 式 3による 精 算 書 (1 部 )により 補 助 金 の 交 付 を 受 けた 会 計

4 年 度 の 終 了 後 10 日 以 内 に 精 算 するものとする 13 各 種 加 算 の 申 請 取 扱 基 準 に 基 づき 以 下 の 加 算 を 申 請 する 場 合 は 別 に 定 める 期 日 までに 知 事 に 対 して 行 うものとする (1) 民 間 施 設 給 与 等 改 善 費 ( 加 算 様 式 1 2) 取 扱 基 準 第 1の2(3)キ 民 間 施 設 給 与 等 改 善 費 (2) 施 設 機 能 強 化 推 進 費 ( 加 算 様 式 3) 取 扱 基 準 第 1の2(3)カ 施 設 機 能 強 化 推 進 費 (3) 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 ( 加 算 様 式 4) 取 扱 基 準 第 1の2(3)エ 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 14 各 種 加 算 の 決 定 知 事 は 13 に 定 める 加 算 申 請 について 適 当 と 認 める 場 合 は 以 下 の 国 通 知 に 基 づき 各 種 加 算 について 決 定 するものとする 決 定 された 各 種 加 算 額 については 決 定 日 以 降 決 定 額 から 既 交 付 額 を 除 き 未 払 い 月 数 で 除 した 額 を 各 月 交 付 額 と 合 算 して 交 付 する (1) 民 間 施 設 給 与 等 改 善 費 ア 基 本 分 加 算 率 社 会 福 祉 施 設 における 民 間 施 設 給 与 等 改 善 費 の 取 扱 いについて ( 昭 和 63 年 5 月 27 日 付 社 施 第 84 号 社 会 局 長 通 知 ) イ 管 理 費 特 別 加 算 分 対 象 施 設 社 会 福 祉 施 設 における 民 間 施 設 給 与 等 改 善 費 の 取 扱 いについて ( 昭 和 63 年 5 月 27 日 付 社 施 第 84 号 社 会 局 長 通 知 ) (2) 施 設 機 能 強 化 推 進 費 社 会 福 祉 施 設 における 施 設 機 能 強 化 推 進 費 の 取 扱 いについて ( 昭 和 62 年 7 月 16 日 付 社 施 第 90 号 社 会 局 長 通 知 ) (3) 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 費 の 取 扱 について ( 平 成 2 年 6 月 18 日 付 社 施 第 86 号 社 会 局 長 通 知 ) 15 補 助 条 件 この 補 助 金 は 次 に 掲 げる 事 項 を 条 件 として 交 付 する (1) 運 営 の 基 準 軽 費 老 人 ホームの 運 営 については 東 京 都 軽 費 老 人 ホームの 設 備 及 び 運 営 の 基 準 に 関 す る 条 例 ( 平 成 24 年 東 京 都 条 例 第 114 号 ) 東 京 都 軽 費 老 人 ホームの 設 備 及 び 運 営 の 基 準 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 24 年 東 京 都 規 則 第 137 号 ) 及 び 解 釈 通 知 ( 要 領 )によ ること (2) 階 層 の 決 定 本 人 からの 徴 収 額 ( 月 額 )の 階 層 決 定 は 各 年 度 ごとに 別 紙 1 軽 費 老 人 ホーム 利 用 料

5 認 定 事 務 手 続 について に 基 づいて 行 うこと (3) 承 認 事 項 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 を 中 止 し 又 は 廃 止 する 場 合 には 知 事 の 承 認 を 受 けなければなら ない (4) 帳 簿 の 備 付 け 等 補 助 事 業 者 は 事 業 に 係 る 収 入 及 び 支 出 を 明 らかにした 帳 簿 を 備 え 当 該 収 入 及 び 支 出 に ついて 証 拠 書 類 を 整 理 し かつ 当 該 帳 簿 及 び 証 拠 書 類 を 事 業 完 了 後 5 年 間 保 存 しておかなけ ればならない (5) 実 績 報 告 補 助 事 業 者 は 補 助 金 の 交 付 を 受 けた 会 計 年 度 が 終 了 したときは 様 式 2による 事 業 実 績 報 告 書 (1 部 )により 別 に 指 定 する 期 日 までに 報 告 する (6) 補 助 金 の 額 の 確 定 (5)による 事 業 実 績 報 告 書 等 を 調 査 した 結 果 補 助 事 業 の 成 果 が 補 助 金 の 交 付 決 定 の 内 容 及 びこれに 付 した 条 件 に 適 合 していると 認 めたときは 知 事 は 交 付 すべき 補 助 金 の 額 を 確 定 し 補 助 事 業 者 に 通 知 する (7) 是 正 のための 措 置 知 事 は 補 助 事 業 が 補 助 金 の 交 付 決 定 の 内 容 及 びこれに 付 した 条 件 に 従 って 遂 行 されてい ないと 認 めるときは これに 適 合 させるための 措 置 をとることを 命 ずることがある (8) 交 付 決 定 の 取 消 し 補 助 事 業 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 した 場 合 は 知 事 は 補 助 金 の 交 付 決 定 の 全 部 又 は 一 部 を 取 り 消 すことがある ア 偽 りその 他 不 正 の 手 段 により 補 助 金 の 交 付 を 受 けたとき イ 補 助 金 を 他 の 用 途 に 使 用 したとき ウ その 他 補 助 金 の 交 付 決 定 の 内 容 又 はこれに 付 した 条 件 その 他 法 令 に 基 づく 命 令 に 違 反 し たとき エ 交 付 決 定 を 受 けた 者 ( 法 人 その 他 の 団 体 にあっては 代 表 者 役 員 又 は 使 用 人 その 他 の 従 業 者 若 しくは 構 成 員 を 含 む )が 暴 力 団 等 に 該 当 するに 至 ったとき (9) 補 助 金 の 返 還 ア 補 助 事 業 者 が (8)により 補 助 金 の 交 付 決 定 を 取 り 消 された 場 合 において 当 該 取 消 しに 係 る 部 分 に 関 し 既 に 補 助 金 を 受 領 している 場 合 には 知 事 の 指 定 するところにより 取 り 消 された 補 助 金 の 額 を 返 還 しなければならない イ アの 規 定 は(6)により 補 助 金 の 額 が 確 定 された 場 合 において 既 にその 額 を 超 えて 補 助 金 を 受 領 しているときにも 適 用 する (10) 違 約 加 算 金 補 助 事 業 者 は (9)により 補 助 金 の 交 付 決 定 の 全 部 又 は 一 部 を 取 り 消 されその 返 還 を 命 ぜ られたときは その 命 令 に 係 る 補 助 金 の 受 領 の 日 ( 補 助 金 が2 回 以 上 に 分 けて 交 付 されてい る 場 合 においては 返 還 を 命 ぜられた 額 に 相 当 する 補 助 金 は 最 後 の 受 領 の 日 に 受 領 したもの とし 当 該 返 還 を 命 ぜられた 額 がその 受 領 した 額 を 超 えるときは 当 該 返 還 を 命 ぜられた 額 に 達 するまで 順 次 さかのぼり それぞれ 受 領 の 日 において 受 領 したものとする )から 納 付 の

6 日 までの 日 数 に 応 じ 当 該 補 助 金 の 額 (その 一 部 を 納 付 した 場 合 におけるその 後 の 期 間 につ いては 既 納 付 額 を 控 除 した 額 )につき 年 パーセントの 割 合 で 計 算 した 違 約 加 算 金 (100 円 未 満 の 場 合 を 除 く )を 納 付 しなければならない (11) 延 滞 金 補 助 事 業 者 が 補 助 金 の 返 還 を 命 ぜられた 場 合 において これを 納 期 日 までに 納 付 しなか ったときは 納 期 日 の 翌 日 から 納 付 の 日 までの 日 数 に 応 じ その 未 納 額 につき 年 パー セントの 割 合 で 計 算 した 延 滞 金 (100 円 未 満 の 場 合 を 除 く )を 納 付 しなければならない 附 則 この 要 綱 は 決 定 の 日 から 施 行 し 平 成 13 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 この 要 綱 は 平 成 15 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 この 要 綱 は 平 成 16 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 この 要 綱 は 平 成 17 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 この 要 綱 は 平 成 18 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 1 この 要 綱 は 平 成 19 年 4 月 1 日 から 適 用 する 2 以 下 については4の 規 定 に 関 らず 補 助 対 象 とする (1) 平 成 19 年 3 月 31 日 までに 社 会 福 祉 法 人 等 が 開 設 したケアハウス (2) 平 成 19 年 4 月 1 日 以 降 に 社 会 福 祉 法 人 等 が 開 設 したケアハウスのうち 平 成 18 年 度 ま でに 都 と 施 設 整 備 費 補 助 協 議 を 行 っていたケアハウス 附 則 この 要 綱 は 平 成 20 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 この 要 綱 は 平 成 21 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 この 要 綱 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 この 要 綱 は 平 成 23 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 この 要 綱 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 この 要 綱 は 決 定 日 から 施 行 し 平 成 26 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 この 要 綱 は 決 定 日 から 施 行 する 附 則

7 この 要 綱 は 決 定 日 から 施 行 し 平 成 28 年 4 月 1 日 から 適 用 する

8 別 表 1 本 人 からの 徴 収 額 ( 月 額 ) 対 象 収 入 による 階 層 区 分 本 人 からの 徴 収 額 ( 月 額 ) 1 1,500,000 円 以 下 10,000 円 2 1,500,001 円 ~ 1,600,000 円 13, ,600,001 円 ~ 1,700,000 円 16, ,700,001 円 ~ 1,800,000 円 19, ,800,001 円 ~ 1,900,000 円 22, ,900,001 円 ~ 2,000,000 円 25, ,000,001 円 ~ 2,100,000 円 30, ,100,001 円 ~ 2,200,000 円 35, ,200,001 円 ~ 2,300,000 円 40, ,300,001 円 ~ 2,400,000 円 45, ,400,001 円 ~ 2,500,000 円 50, ,500,001 円 ~ 2,600,000 円 57, ,600,001 円 ~ 2,700,000 円 64, ,700,001 円 ~ 2,800,000 円 71, ,800,001 円 ~ 2,900,000 円 78, ,900,001 円 ~ 3,000,000 円 85, ,000,001 円 ~ 3,100,000 円 92, ,100,001 円 以 上 全 額 注 ) 1 対 象 収 入 とは 前 年 の 収 入 ( 社 会 通 念 上 収 入 として 認 定 することが 適 当 でないものを 除 く )から 租 税 社 会 保 険 料 医 療 費 当 該 施 設 における 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 の 利 用 者 負 担 分 等 の 必 要 経 費 を 控 除 した 後 の 収 入 をいう 別 表 2 生 活 費 ( 月 額 ) 地 域 1 人 あたりの 額 冬 季 加 算 額 (11 月 から3 月 まで) 甲 地 乙 地 円 円 46,090 2,130 43,700 1,930

9 別 紙 1 軽 費 老 人 ホーム 利 用 料 認 定 事 務 手 続 について 1 階 層 区 分 の 決 定 は 入 居 者 から 収 入 申 告 書 ( 収 入 額 必 要 経 費 に 関 する 挙 証 資 料 を 添 付 したもの) を 受 理 し 施 設 長 がその 内 容 を 審 査 した 上 で 本 人 からの 徴 収 額 の 階 層 区 分 を 決 定 すること また 階 層 区 分 の 決 定 は 前 年 の 収 入 (1 月 から12 月 まで) から 必 要 経 費 を 控 除 した 対 象 収 入 により 階 層 区 分 を 決 定 する 2 収 入 及 び 必 要 経 費 については 下 記 の 添 付 資 料 に 基 づき 確 認 する (1) 収 入 年 金 恩 給 等 年 金 等 の 支 払 通 知 書 振 込 通 知 書 等 の 写 し 生 活 保 護 決 定 通 知 等 の 写 し( 内 訳 が 確 認 できるもの) 財 産 収 入 利 子 配 当 収 入 その 他 の 収 入 確 定 申 告 書 課 税 証 明 書 等 の 写 し (2) 必 要 経 費 所 得 税 住 民 税 等 の 租 税 各 種 納 税 通 知 書 の 領 収 書 等 の 写 し 社 会 保 険 料 又 はこれに 準 ずるもの 領 収 書 等 の 写 し 医 療 費 領 収 書 等 ( 写 しでも 可 ) その 他 領 収 書 等 の 写 し 無 い 場 合 は 事 実 関 係 を 確 認 できる 資 料 等 (3) 対 象 収 入 について 対 象 収 入 は 原 則 として 前 年 の 収 入 として 認 定 するもの ( 収 入 として 認 定 しないも の に 該 当 するものは 除 く)から 必 要 経 費 を 控 除 した 額 とする ただし 前 年 に 比 して 収 入 が 減 少 したり 不 時 のやむを 得 ざる 支 出 が 必 要 になる 等 の 事 情 により 入 居 者 の 負 担 能 力 に 著 しい 変 動 が 生 じ 費 用 負 担 が 困 難 となった 場 合 は 当 該 年 の 収 入 又 は 必 要 経 費 を 用 いて 対 象 収 入 を 算 定 することができる ただし 書 きによる 認 定 を 行 うケースについては 事 前 に 東 京 都 と 協 議 を 行 うこと

10 1 収 入 として 認 定 するもの 収 入 の 種 類 内 容 及 び 取 扱 い 年 金 恩 給 年 金 恩 給 生 活 保 護 費 ( 注 )その 他 これに 類 する 定 期 的 に 支 給 される 金 銭 等 の 収 入 については その 実 際 の 受 給 額 を 収 入 として 認 定 すること 年 金 恩 給 等 の 収 入 には 公 的 給 付 であるか 私 的 給 付 であるかを 問 わず 入 居 者 が 受 給 権 を 有 する 定 期 的 な 給 付 は 収 入 として 認 定 しないもの を 除 きすべて 含 まれる したがって 労 働 者 災 害 補 償 保 険 ( 休 業 補 償 給 付 障 害 補 償 年 金 等 ) 企 業 退 職 年 金 私 的 終 身 年 金 保 険 入 所 前 の 勤 労 所 得 ( 給 与 所 得 の 金 額 を 収 入 と して 認 定 する ) 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 の 基 本 手 当 ) 等 はこれに 該 当 する 財 産 収 入 土 地 家 屋 機 械 器 具 等 を 他 に 利 用 させて 得 られる 果 実 である 地 代 小 作 料 家 賃 間 代 使 用 料 等 の 収 入 については 課 税 標 準 として 把 握 された 所 得 の 金 額 を 収 入 として 認 定 すること 利 子 配 当 公 社 債 の 利 子 預 貯 金 の 利 子 法 人 から 受 ける 利 益 の 配 当 等 の 収 入 について 収 入 は 確 定 申 告 がされる 場 合 に 限 り 課 税 標 準 として 把 握 された 所 得 の 金 額 を 収 入 として 認 定 すること その 他 の 収 不 動 産 動 産 の 処 分 による 収 入 その 他 の 収 入 ( 軽 費 老 人 ホーム 入 居 前 臨 時 的 入 な 収 入 は 除 く )については 課 税 標 準 として 把 握 された 所 得 の 金 額 を 収 入 として 認 定 すること 譲 渡 所 得 山 林 所 得 一 時 所 得 ( 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 一 時 金 満 期 返 戻 金 等 ) 等 が 該 当 するが この 場 合 の 課 税 標 準 として 把 握 された 所 得 の 金 額 とは 所 得 税 法 第 22 条 第 1 項 に 規 定 する 総 所 得 金 額 山 林 所 得 金 額 のうちこれらの 所 得 に 係 るものをいう なお 分 離 課 税 される 譲 渡 所 得 については 租 税 特 別 措 置 法 第 31 条 第 1 項 に 規 定 する 長 期 譲 渡 所 得 の 金 額 又 は 同 法 第 32 条 第 1 項 に 規 定 する 短 期 譲 渡 所 得 の 金 額 をいう 相 続 遺 贈 又 は 個 人 からの 贈 与 による 所 得 については 相 続 税 又 は 贈 与 税 の 課 税 価 格 を 収 入 として 認 定 する ( 注 ) 生 活 保 護 費 のうち 住 宅 扶 助 額 は 除 く 所 得 税 法 については 所 得 税 法 ( 抜 粋 )を 参 考 資 料 として 添 付 している 2 収 入 として 認 定 しないもの 臨 時 的 な 見 舞 金 仕 送 り 等 による 収 入 ( 入 居 前 の 退 職 金 も 収 入 として 認 定 されない )

11 地 方 公 共 団 体 又 はその 長 社 会 事 業 団 体 その 他 から 恵 与 された 慈 善 的 性 質 を 有 する 金 銭 原 子 爆 弾 被 爆 者 に 対 する 特 別 措 置 に 関 する 法 律 により 支 給 される 特 別 手 当 のうち 生 活 保 護 基 準 の 放 射 線 障 害 者 加 算 に 相 当 する 額 公 害 に 係 る 健 康 被 害 の 補 償 金 損 害 賠 償 金 で 公 害 健 康 被 害 補 償 法 の 補 償 給 付 に 相 当 するもののうち 生 活 保 護 法 において 公 害 健 康 被 害 補 償 法 の 補 償 給 付 ごとに 収 入 とし て 認 定 しないものとして 定 める 額 に 相 当 する 額 その 他 生 活 保 護 法 において 収 入 として 認 定 しないこととされている 収 入 等 社 会 通 念 上 収 入 として 認 定 することが 適 当 でないと 判 断 される 金 銭 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 第 12 条 第 1 項 ( 退 職 金 の 分 割 支 給 等 )に 規 定 する 分 割 払 いの 方 法 により 支 給 される 同 条 第 2 項 に 規 定 する 分 割 退 職 金 のうち 入 居 後 に 支 給 されるもの も 収 入 として 認 定 しないこと 3 必 要 経 費 必 要 経 費 内 容 認 められない 必 要 経 費 所 得 税 住 民 税 等 の 租 税 左 記 以 外 の 必 要 経 費 として 認 められる 租 税 には 相 続 税 贈 与 税 が 該 当 する 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 不 動 産 取 得 税 社 会 保 険 料 又 は これに 準 ずるも の 社 会 保 険 料 とは 国 民 健 康 保 険 の 保 険 料 国 民 健 康 保 険 税 等 所 得 税 法 第 74 条 第 2 項 に 規 定 するもの 医 療 費 差 額 ベッド 代 付 添 費 用 医 薬 品 購 入 費 入 院 中 の 食 費 を 含 む 医 療 を 受 けるのに 通 常 必 要 とされる 一 切 の 経 費 ) 社 会 保 険 料 に 準 ずるものには 所 得 税 法 において 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 とし て 控 除 が 認 められる 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 制 度 の 掛 金 が 該 当 する 医 療 費 の 範 囲 は 所 得 税 法 において 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 医 療 費 の 範 囲 に 準 じ て 取 り 扱 う したがって 通 院 費 按 摩 マッサージ 指 圧 師 はり 師 きゅう 師 に よる 施 術 費 は 医 療 費 に 含 まれる 医 療 費 は 支 払 った 医 療 の 総 額 から 保 険 金 等 で 補 填 される 金 額 を 控 除 した 額 の 全 額 を 必 要 経 費 として 認 める 所 得 税 法 にお 疾 病 の 予 防 又 は 健 康 の 増 進 のために 供 される 医 薬 品 の 購 入 費 入 居 前 の 医 療 費 ( 入 所 す ることによって 明 らかに 支 出 する 必 要 のなくなった 入 院 代 等 の 医 療 費 に 限 る ) 健 康 診 断 のための 人 間 ド ッグの 費 用

12 ける 医 療 費 控 除 額 ではないこと その 他 配 偶 者 等 が 養 護 老 人 ホーム 又 は 特 別 養 護 老 人 ホームに 入 所 している 場 合 におけ る 標 準 的 な 生 計 費 は いわゆる 個 別 的 日 常 費 に 相 当 する 額 ( 老 齢 福 祉 年 金 相 当 額 ) 離 婚 に 伴 う 慰 謝 料 介 護 サービスの 利 用 料 (1 割 負 担 分 ) 入 居 者 の 意 志 により 任 意 に 負 担 するもの 交 際 費 見 舞 金 法 事 墓 参 りのための 費 用 墓 の 建 設 管 理 に 必 要 な 費 用 寄 付 金 等 の 費 用 生 命 保 険 料 (ただし 入 所 前 から 継 続 しているものであって 継 続 しないことにより 解 約 返 戻 金 等 について 著 しい 不 利 益 を う け る も の に つ い て は 必 要 経 費 として 認 める ことができる ) 所 得 税 法 第 74 条 第 2 項 ( 社 会 保 険 料 控 除 ) 抜 粋 (1) 健 康 保 険 法 の 規 定 により 被 保 険 者 として 負 担 する 健 康 保 険 の 保 険 料 (2) 国 民 健 康 保 険 法 の 規 定 による 国 民 健 康 保 険 の 保 険 料 又 は 地 方 税 法 の 規 定 による 国 民 健 康 保 険 税 (3) 介 護 保 険 法 の 規 定 による 介 護 保 険 の 保 険 料 (4) 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 の 規 定 により 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 として 負 担 する 労 働 保 険 料 (5) 国 民 年 金 法 の 規 定 により 被 保 険 者 として 負 担 する 国 民 年 金 の 保 険 料 及 び 国 民 年 金 基 金 の 加 入 員 として 負 担 する 掛 金 (6) 独 立 行 政 法 人 農 業 者 年 金 基 金 法 の 規 定 により 被 保 険 者 として 負 担 する 農 業 者 年 金 の 保 険 料 (7) 厚 生 年 金 保 険 法 の 規 定 により 被 保 険 者 として 負 担 する 厚 生 年 金 保 険 の 保 険 料 及 び 厚 生 年 金 基 金 の 加 入 員 として 負 担 する 掛 金 (8) 船 員 保 険 法 の 規 定 により 被 保 険 者 として 負 担 する 船 員 保 険 の 保 険 料 (9) 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 の 規 定 による 掛 金 (10) 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 の 規 定 による 掛 金 (11) 私 立 学 校 教 職 員 共 済 法 の 規 定 により 加 入 者 として 負 担 する 掛 金 (12) 恩 給 法 第 59 条 の 規 定 による 納 金 3 事 務 費 徴 収 額 の 認 定 に 誤 りがあった 場 合 の 取 扱 い

13 本 人 からの 申 請 に 誤 りがあった 場 合 は 利 用 者 への 追 加 徴 収 を 原 則 とすること また 施 設 長 の 認 定 に 誤 りがあった 場 合 は 次 のように 取 り 扱 うこと (1) 誤 って 認 定 した 徴 収 額 よりも 正 当 な 徴 収 額 が 低 い 場 合 変 更 すべき 月 に 遡 及 して 徴 収 額 の 変 更 認 定 を 行 う 既 に 納 付 済 の 徴 収 金 があるとき は その 差 額 分 を 返 還 ( 還 付 又 は 充 当 )する (2) 誤 って 認 定 した 徴 収 額 よりも 正 当 な 徴 収 額 が 高 い 場 合 誤 認 を 発 見 した 月 の 翌 月 初 日 をもって 徴 収 額 の 変 更 認 定 を 行 うこと ただし 事 務 費 補 助 金 の 本 人 徴 収 額 は 正 当 な 徴 収 額 をもって 確 定 するため 最 終 的 に 誤 って 認 定 していた 期 間 の 差 額 分 については 施 設 の 負 担 となる

14 項 目 傷 病 者 や 遺 族 などの 受 け 取 る 恩 給 年 金 な ど ( 傷 病 賜 金 遺 族 恩 給 遺 族 年 金 など) 相 続 又 は 個 人 からの 贈 与 による 所 得 損 害 保 険 金 損 害 賠 償 金 慰 謝 料 など 別 紙 2 主 な 非 課 税 所 得 の 一 覧 あらまし 恩 給 法 によって 支 給 される 増 加 恩 給 (これに 供 給 される 普 通 恩 給 を 含 む )や 傷 病 賜 金 その 他 公 務 上 又 は 業 務 上 の 負 傷 又 は 疾 病 に 起 因 して 受 ける 休 業 補 償 障 害 補 償 等 の 給 付 金 及 び 遺 族 の 受 ける 遺 族 恩 給 及 び 遺 族 年 金 などはいずれも 傷 病 者 や 遺 族 の 生 活 のよりどころとなるものであることから 課 税 されな い また 地 方 公 共 団 体 が 心 身 障 害 者 に 関 して 実 施 する 共 済 制 度 に 基 づいて 支 給 される 給 付 金 は 心 身 障 害 者 を 扶 養 するために 支 給 されるものであることなどの 理 由 から 課 税 されない 相 続 や 遺 贈 又 は 他 人 からの 贈 与 により 財 産 を 受 ける 場 合 に は 相 続 税 又 は 贈 与 税 の 課 税 を 受 けるため 所 得 税 は 課 税 され ない 但 し 法 人 からの 贈 与 による 所 得 に 対 しては 一 時 所 得 として 所 得 税 が 課 税 されるため 所 得 証 明 書 又 は 課 税 証 明 書 に 記 載 さ れる 損 害 保 険 金 損 害 賠 償 金 等 で 次 のようなものは 課 税 されな い ただし これらの 金 額 の 中 に その 損 害 を 受 けたことにより その 人 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 必 要 経 費 に 参 入 される 金 額 を 補 填 するための 金 額 が 含 まれている 場 合 には その 金 額 を 控 除 し た 後 の 部 分 の 金 額 が 非 課 税 とされる (1) 損 害 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 及 び 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 給 付 金 で 身 体 の 障 害 に 起 因 して 支 払 を 受 けるもの 並 びに 心 身 に 加 えられた 損 害 につき 支 払 を 受 ける 慰 謝 料 その 他 の 損 害 賠 償 金 (2) 損 害 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 及 び 損 害 保 険 契 約 に 準 ずる 共 済 契 約 に 基 づく 共 済 金 ( 満 期 返 戻 金 や 解 約 返 戻 金 を 除 く ) で 資 産 に 受 けた 損 害 に 対 して 支 払 を 受 けるもの 並 びに 不 法 行 為 その 他 事 故 により 資 産 に 加 えられた 損 害 につき 支 払 を 受 け る 損 害 賠 償 金 (3) 心 身 又 は 資 産 に 加 えられた 損 害 につき 支 払 を 受 ける 相 当 な 見 舞 金

15 健 康 保 険 などの 保 険 給 付 健 康 保 険 法 第 69 条 ( 租 税 その 他 の 公 課 の 非 課 税 ) 保 険 給 付 として 支 給 を 受 けたる 金 品 を 標 準 として 租 税 その 他 の 公 課 を 課 せず 各 根 拠 法 令 に 基 づいて 給 付 される 具 体 的 な 年 金 等 の 種 類 公 課 の 別 根 拠 法 令 課 税 非 課 税 厚 生 年 金 保 険 法 老 齢 厚 生 年 金 障 害 厚 生 年 金 障 害 手 当 金 遺 族 厚 生 年 金 ( 第 41 条 の2) 国 民 年 金 法 老 齢 基 礎 年 金 障 害 基 礎 年 金 遺 族 基 礎 年 金 寡 婦 年 金 死 付 加 年 金 亡 一 時 金 ( 第 25 条 ) 旧 国 民 年 金 法 老 齢 年 金 障 害 年 金 母 子 年 金 準 母 子 年 金 遺 児 年 金 通 算 老 齢 年 金 寡 婦 年 金 老 齢 福 祉 年 金 ( 第 25 条 )

16 ( 様 式 1) 号 平 成 年 月 日 東 京 都 知 事 殿 法 人 所 在 地 法 人 名 称 代 表 者 印 平 成 年 度 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 金 の 交 付 申 請 について このことについて 下 記 のとおり 補 助 金 を 交 付 されたく 関 係 書 類 を 添 えて 申 請 します 記 1 施 設 名 称 2 交 付 申 請 額 円 3 補 助 金 所 要 額 調 書 ( 別 表 1のとおり) 4 補 助 金 所 要 額 内 訳 書 ( 別 表 2のとおり) ( 添 付 書 類 ) 1 平 成 年 度 歳 入 歳 出 予 算 ( 見 込 ) 書 抄 本 2 補 助 の 対 象 となる 軽 費 老 人 ホームにおける 当 該 施 設 の 利 用 規 定

17 ( 様 式 1-2) 号 平 成 年 月 日 東 京 都 知 事 殿 法 人 所 在 地 法 人 名 称 代 表 者 印 平 成 年 度 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 金 の 変 更 交 付 申 請 について このことについて 下 記 のとおり 補 助 金 を 交 付 されたく 関 係 書 類 を 添 えて 申 請 します 記 1 施 設 名 称 2 変 更 交 付 申 請 額 円 3 交 付 決 定 額 円 4 差 引 増 減 額 円 5 補 助 金 所 要 額 調 書 ( 別 表 1のとおり) 6 補 助 金 所 要 額 内 訳 書 ( 別 表 2のとおり) ( 添 付 書 類 ) 1 平 成 年 度 歳 入 歳 出 予 算 ( 見 込 ) 書 抄 本 2 補 助 の 対 象 となる 軽 費 老 人 ホームにおける 当 該 施 設 の 利 用 規 定

18 ( 様 式 2) 号 平 成 年 月 日 東 京 都 知 事 殿 法 人 所 在 地 法 人 名 称 代 表 者 印 平 成 年 度 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 金 に 係 る 事 業 実 績 報 告 について このことについて 次 の 関 係 書 類 を 添 えて 報 告 します 記 1 施 設 名 称 2 補 助 金 精 算 額 円 3 補 助 金 精 算 書 ( 別 表 1のとおり) 4 補 助 金 精 算 額 内 訳 書 ( 別 表 2のとおり) ( 添 付 書 類 ) 1 平 成 年 度 歳 入 歳 出 決 算 ( 見 込 ) 書 抄 本 2 補 助 の 対 象 となる 軽 費 老 人 ホームにおける 当 該 施 設 の 利 用 規 定 (ただし 交 付 申 請 時 等 と 同 内 容 であれば 省 略 可 )

19 ( 様 式 3) 精 算 書 平 成 年 度 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 金 について 次 のとおり 精 算 します 1 施 設 名 称 2 概 算 受 領 額 円 3 精 算 額 円 4 返 納 額 円 5 追 加 請 求 額 円 平 成 年 月 日 東 京 都 知 事 殿 法 人 所 在 地 法 人 名 称 代 表 者 印

20 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 添 付 書 類 一 覧 別 表 1-1 補 助 金 所 要 額 調 書 ( 交 付 申 請 ) 別 表 1-2 補 助 金 所 要 額 調 書 ( 変 更 交 付 申 請 ) 別 表 1-3 補 助 金 精 算 書 ( 実 績 報 告 ) 別 表 補 助 金 所 要 額 内 訳 書 ( 交 付 変 更 交 付 申 請 ) 別 表 補 助 金 精 算 額 内 訳 書 ( 実 績 報 告 ) 別 表 2-2 階 層 別 月 別 人 員 内 訳 別 表 2-3 補 助 金 計 算 表

21 基 本 データ 別 表 軽 費 老 人 ホーム 減 免 額 単 価 基 礎 データ 対 象 年 度 平 成 年 度 0 法 人 名 施 設 名 地 域 区 分 0 所 在 地 設 置 の 状 況 0 階 定 員 人 民 給 費 改 善 率 (%) 0 級 地 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 0 設 置 の 状 況 ボ イ ラ ー 加 算 0 層 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 当 初 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 円 施 設 機 能 強 化 推 進 費 0 生 活 費 円 民 改 費 0 民 改 率 % サービスの 提 供 に 要 する 費 用 ( 月 額 ) 0 ボイラー 加 算 入 所 者 処 遇 加 算 施 設 機 能 強 化 推 進 費 特 別 運 営 費 円 円 円 円 対 象 収 入 に よ る 階 層 別 事 務 費 単 価 施 設 名 定 0 0 人 1,500,000 以 下 0 10,000 1,500,001 ~ 1,600, ,000 1,600,001 ~ 1,700, ,000 1,700,001 ~ 1,800, ,000 1,800,001 ~ 1,900, ,000 1,900,001 ~ 2,000, ,000 2,000,001 ~ 2,100, ,000 2,100,001 ~ 2,200, ,000 2,200,001 ~ 2,300, ,000 2,300,001 ~ 2,400, ,000 2,400,001 ~ 2,500, ,000 2,500,001 ~ 2,600, ,000 2,600,001 ~ 2,700, ,000 2,700,001 ~ 2,800, ,000 2,800,001 ~ 2,900, ,000 2,900,001 ~ 3,000, ,000 3,000,001 ~ 3,100, ,000 3,100,001 以 上 0 全 額 特 別 運 営 費 員 参 考 : 生 活 費 ( 各 施 設 共 通 ) 44, 本 人 か ら の 徴 収 額 0

22 別 表 1-1( 交 付 申 請 用 ) 平 成 0 年 度 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 金 所 要 額 調 書 補 助 金 ( 単 位 : 円 ) 施 設 名 総 事 業 費 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 実 費 支 出 額 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 基 準 額 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 本 人 徴 収 額 A B C D 減 免 額 E(=B 又 はC- D) 東 京 都 補 助 基 本 額 F(=E) 東 京 都 補 助 所 要 額 G 備 考 ( 注 1)E 欄 については B 欄 の 額 又 はC 欄 の 額 のいずれか 少 ないほうの 額 からD 欄 の 額 を 控 除 した 額 を 記 入 すること

23 別 表 1-2( 変 更 交 付 申 請 用 ) 平 成 0 年 度 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 金 所 要 額 調 書 補 助 金 ( 単 位 : 円 ) 施 設 名 総 事 業 費 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 実 費 支 出 額 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 基 準 額 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 本 人 徴 収 額 A B C D 減 免 額 E(=B 又 はC- D) 東 京 都 補 助 基 本 額 東 京 都 補 助 所 要 額 既 交 付 決 定 額 追 加 ( 減 額 ) 交 付 申 請 額 F(=E) G H I(=G-H) ( 注 1)E 欄 については B 欄 の 額 又 はC 欄 の 額 のいずれか 少 ないほうの 額 からD 欄 の 額 を 控 除 した 額 を 記 入 すること

24 別 表 1-3( 実 績 報 告 用 ) 平 成 0 年 度 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 金 精 算 書 補 助 金 ( 単 位 : 円 ) 施 設 名 総 事 業 費 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 実 費 支 出 額 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 基 準 額 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 本 人 徴 収 額 A B C D 減 免 額 E(=B 又 はC- D) 東 京 都 補 助 基 本 額 東 京 都 補 助 所 要 額 東 京 都 補 助 金 受 入 済 額 差 引 過 不 足 額 F(=E) G H I(=G-H) ( 注 1)E 欄 については B 欄 の 額 又 はC 欄 の 額 のいずれか 少 ないほうの 額 からD 欄 の 額 を 控 除 した 額 を 記 入 すること

25 ( 別 表 2-1-1) 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 金 所 要 額 内 訳 書 軽 費 老 人 ホーム 支 出 額 内 訳 軽 費 老 人 ホーム 左 のうちサービスの 区 分 総 事 業 費 提 供 に 要 する 費 用 備 考 対 象 経 費 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 小 計 事 業 費 小 計 本 部 会 計 繰 入 金 支 出 合 計 ( 注 ) 左 のうちサービスの 提 供 に 要 する 費 用 対 象 経 費 欄 の 合 計 額 を 別 表 1 補 助 金 所 要 額 調 書 の サービスの 提 供 に 要 する 費 用 支 出 予 定 額 欄 に 記 入 すること

26 ( 別 表 2-1-2) 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 金 精 算 額 内 訳 書 軽 費 老 人 ホーム 支 出 額 内 訳 軽 費 老 人 ホーム 左 のうちサービスの 区 分 総 事 業 費 提 供 に 要 する 費 用 備 考 対 象 経 費 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 小 計 事 業 費 小 計 本 部 会 計 繰 入 金 支 出 合 計 ( 注 ) 左 のうちサービスの 提 供 に 要 する 費 用 対 象 経 費 欄 の 合 計 額 を 別 表 1 補 助 金 所 要 額 調 書 の サービスの 提 供 に 要 する 費 用 支 出 予 定 額 欄 に 記 入 すること

27 別 表 2-2 階 層 別 月 別 利 用 人 員 内 訳 軽 費 老 人 ホーム 0 階 層 の 区 分 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 計 計 ( 注 ) 各 月 の 利 用 人 員 は 各 月 初 日 の 実 利 用 人 員 を 記 入 すること (ただし 事 業 開 始 後 3ヶ 月 を 経 過 した 日 の 属 する 月 までは 30 日 又 は 当 該 月 の 実 日 数 で 除 した 人 員 によること )

28 別 表 2-3 補 助 金 計 算 表 ( 軽 費 老 人 ホーム) 定 員 0 地 域 区 分 0 民 間 加 算 率 0% 0 階 層 の 区 分 単 価 区 分 別 利 用 人 員 利 用 料 納 付 予 定 額 (サービスの 提 供 に 要 する 費 用 及 び 生 活 費 ) サービスの 提 供 に 要 する 費 用 基 準 額 単 価 区 分 金 額 サービスの 提 供 に 要 する 費 用 本 人 徴 収 予 定 額 備 考 夫 婦 減 額 対 象 = ,000 円 人 ヶ 月 夫 婦 減 額 対 象 = ,000 円 人 ヶ 月 計 特 別 運 営 費 0 合 計 0 0 0

29 ( 施 設 名 ) ( 4 月 ~ 3 月 ) ( 月 ~ 月 ) ( 月 ~ 月 ) サービスの 提 供 に 要 する 費 用 0 冬 季 採 暖 費 施 設 機 能 強 化 推 進 費 その 他 合 計 0 0 0

30 加 算 様 式 1 ( 枚 中 枚 目 ) 民 間 施 設 給 与 等 改 善 費 基 本 分 算 定 調 書 (1 施 設 当 たり 職 員 平 均 勤 続 年 数 算 定 表 ) 設 置 法 人 施 設 名 開 設 年 月 日 年 月 日 番 号 氏 名 職 種 異 動 採 用 年 月 日 職 員 数 a ( 常 勤 非 常 勤 ) 年 月 日 年 月 年 月 年 月 ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ( 常 勤 非 常 勤 ) ページ 計 各 ページ 合 計 現 に 勤 務 する 施 設 の 状 況 人 人 勤 続 年 数 b その 他 の 社 会 福 祉 施 設 における 勤 続 年 数 c 1 人 当 たり 総 勤 続 年 数 d = b + c 1 施 設 当 たり 職 員 平 均 勤 続 年 数 e = d / a 年 一 人 当 たり 総 勤 続 年 数 総 合 計 d 年 月 職 員 数 a 人 = e 年 施 設 の 区 分 A B C D E F G H ( 注 ) 1 施 設 の 区 分 は e 欄 の 結 果 により 決 定 し 該 当 するアルファベットに 印 をつけること 2 b 欄 c 欄 d 欄 の 勤 続 年 数 は 年 月 数 まで 算 出 することとし また e 欄 の 算 定 は6か 月 以 上 の 端 数 は1 年 とし 6か 月 未 満 は 切 り 捨 て 整 数 年 とすること 3 個 々の 職 員 の 勤 続 年 数 の 算 定 は 年 度 当 初 における 事 務 費 の 支 弁 単 価 設 定 の 際 に 行 うものとし 各 年 度 4 月 1 日 現 在 により 算 定 すること なお 1か 月 未 満 の 日 数 についてはこれを1 月 とする (ただし 当 該 年 度 4 月 1 日 採 用 者 については0 月 とする ) 4 c 欄 の 算 定 に 当 たって 2 以 上 の 施 設 に 勤 務 した 場 合 は 各 々の 日 数 までを 合 算 した 後 上 記 3のなお 書 により 算 定 すること

31 加 算 様 式 1の2 民 間 施 設 給 与 等 改 善 費 基 本 分 算 定 調 書 (その 他 の 社 会 福 祉 施 設 における 勤 続 年 数 算 定 表 ) 施 設 名 番 号 氏 名 施 設 種 別 施 設 名 ( 所 在 地 ) 設 置 法 人 名 勤 務 していた 年 月 日 勤 続 年 数 合 計 勤 続 年 数 ( 勤 務 先 が 複 数 の 場 合 は 最 終 勤 務 先 に 記 入 ) S H 年 月 日 ~ S H 年 月 日 S H 年 月 日 ~ S H 年 月 日 S H 年 月 日 ~ S H 年 月 日 S H 年 月 日 ~ S H 年 月 日 S H 年 月 日 ~ S H 年 月 日 S H 年 月 日 ~ S H 年 月 日 S H 年 月 日 ~ S H 年 月 日 S H 年 月 日 ~ S H 年 月 日 年 月 年 月 ( 注 ) 1 施 設 名 は 必 ず 記 入 すること なお 所 在 地 については その 施 設 が 東 京 都 以 外 にある 場 合 のみ 道 府 県 名 を 記 入 すること 2 個 々の 職 員 の 勤 続 年 数 については 年 月 数 まで 算 定 すること なお 1か 月 未 満 の 日 数 についてはこれを1 月 とする 年 月 年 月 年 月 年 月 年 月 年 月 年 月 年 月 年 月 年 月 年 月 年 月 年 月 年 月

32 加 算 様 式 2 施 設 名 東 京 都 知 事 殿 施 設 長 名 印 民 間 施 設 給 与 等 改 善 費 管 理 費 特 別 加 算 申 請 書 下 記 のとおり 申 請 いたします 本 加 算 分 は 他 の 施 設 に 比 較 して 特 に 評 価 に 値 する 優 れた 入 所 者 処 遇 等 を 行 っている 施 設 に 対 し 加 算 されるものである 下 記 の 事 業 名 から 特 に 評 価 に 値 する 内 容 実 績 がある 場 合 は 具 体 的 に 事 業 の 内 容 回 数 参 加 人 数 効 果 等 を 記 載 すること 実 施 事 業 名 事 業 内 容 ア 入 所 者 処 遇 等 について( 優 れた 処 遇 の 具 体 的 な 内 容 の 実 績 を 記 載 する) 事 業 名 イ 重 度 障 害 者 重 複 障 害 者 等 処 遇 困 難 な 者 の 多 数 受 入 れ 等 ( 処 遇 困 難 な 者 の 人 数 及 びその 処 遇 内 容 等 を 具 体 的 に 事 業 実 績 として 記 載 する) ウ 施 設 機 能 の 地 域 開 放 等 (どのような 機 能 を いつ 誰 に どのように 開 放 しているの か 具 体 的 に 実 績 を 記 載 する) エ 特 に 評 価 に 値 する 先 駆 的 開 拓 的 な 施 設 運 営 等 ( 具 体 的 な 事 業 の 実 績 を 記 載 する) ( 注 ) 1 事 業 報 告 書 及 び 事 業 計 画 書 等 具 体 的 内 容 実 施 方 法 が 分 かるものを 添 付 すること 2 事 業 が 複 数 の 場 合 は 特 に 評 価 に 値 する 事 業 を1つ 選 択 して 記 載 すること 3 本 加 算 は 管 理 費 特 別 加 算 として1% 加 算 するものであるが 施 設 会 計 から 法 人 本 部 への 繰 入 れは 出 来 ないので 留 意 すること

33 加 算 様 式 3 施 設 名 施 設 機 能 強 化 推 進 費 加 算 申 請 書 1 施 設 の 名 称 及 び 所 在 地 2 施 設 長 名 印 3 申 請 額 金 円 4 事 業 内 容 等 (1) 事 業 実 施 計 画 及 び 支 出 予 定 額 平 成 年 月 日 事 業 内 容 支 出 予 定 ( 済 ) 額 事 業 の 種 類 事 業 名 実 施 時 期 内 容 総 事 業 費 科 目 金 額 積 算 内 訳 1 社 会 復 帰 等 自 立 促 進 事 業 ア 施 設 入 所 者 社 会 復 帰 促 進 事 業 イ 心 身 機 能 低 下 防 止 事 業 ウ 処 遇 困 難 事 例 研 究 事 業 円 印 刷 製 本 費 旅 費 費 費 円 2 専 門 機 能 強 化 事 業 3 総 合 防 災 対 策 強 化 事 業 ア 介 護 機 能 強 化 事 業 イ 機 能 回 復 訓 練 機 能 強 化 事 業 ウ 技 術 訓 練 機 能 強 化 事 業 光 熱 水 費 消 耗 品 費 賃 金 費 備 品 購 入 費 費 ( 注 ) 1 総 合 防 災 対 策 強 化 事 業 の 事 業 名 は 適 宜 記 載 すること なお 防 災 用 品 としての 備 蓄 食 品 の 購 入 は 認 められないので 注 意 すること 2 事 業 内 容 及 び 積 算 内 訳 等 については 事 業 内 容 及 び 支 出 予 定 の 分 かる 資 料 ( 事 業 計 画 書 購 入 見 積 書 等 )を 添 付 すること 3 記 入 については 別 添 施 設 機 能 強 化 推 進 費 加 算 の 記 入 要 領 を 参 照 すること

34 加 算 様 式 3-2 施 設 名 施 設 機 能 強 化 推 進 費 加 算 報 告 書 1 施 設 の 名 称 及 び 所 在 地 2 施 設 長 名 印 3 支 出 済 額 ( 領 収 証 等 添 付 ) 金 円 4 事 業 内 容 等 (1) 事 業 実 施 実 績 及 び 支 出 済 額 平 成 年 月 日 事 業 内 容 支 出 予 定 ( 済 ) 額 事 業 の 種 類 事 業 名 実 施 時 期 内 容 総 事 業 費 科 目 金 額 積 算 内 訳 1 社 会 復 帰 等 自 立 促 進 事 業 ア 施 設 入 所 者 社 会 復 帰 促 進 事 業 イ 心 身 機 能 低 下 防 止 事 業 ウ 処 遇 困 難 事 例 研 究 事 業 円 印 刷 製 本 費 旅 費 費 費 円 2 専 門 機 能 強 化 事 業 3 総 合 防 災 対 策 強 化 事 業 ア 介 護 機 能 強 化 事 業 イ 機 能 回 復 訓 練 機 能 強 化 事 業 ウ 技 術 訓 練 機 能 強 化 事 業 光 熱 水 費 消 耗 品 費 賃 金 費 備 品 購 入 費 費 ( 注 ) 1 総 合 防 災 対 策 強 化 事 業 の 事 業 名 は 適 宜 記 載 すること なお 防 災 用 品 としての 備 蓄 食 品 の 購 入 は 認 められないので 注 意 すること 2 事 業 内 容 及 び 実 績 内 訳 等 については 事 業 内 容 及 び 支 出 済 額 の 分 かる 資 料 ( 事 業 報 告 書 支 出 証 明 書 等 )を 添 付 すること 3 記 入 については 別 添 施 設 機 能 強 化 推 進 費 加 算 の 記 入 要 領 を 参 照 すること

35 加 算 様 式 4 施 設 名 平 成 年 月 日 東 京 都 知 事 殿 施 設 長 名 印 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 費 の 申 請 について 標 記 について 次 のとおり 申 請 する 施 設 名 ( 種 別 ) ( ) 設 置 主 体 経 営 主 体 施 設 所 在 地 入 所 者 数 及 び 現 員 定 員 現 員 職 員 数 職 員 配 置 数 ( ) 人 実 人 員 常 勤 非 常 勤 ( ) 人 特 定 就 職 困 難 者 雇 用 開 発 助 成 金 を 受 ける 予 定 の 有 無 ( 注 ) 1 非 常 勤 職 員 欄 の( )に 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 人 員 を 再 掲 すること 2 非 常 勤 職 員 であっても その 勤 務 形 態 が 民 間 施 設 給 与 等 改 善 費 の 加 算 率 の 対 象 となる 職 員 は 本 特 別 加 算 対 象 とならないので 注 意 すること 3 入 所 者 数 及 び 現 員 職 員 数 欄 は 各 年 度 4 月 1 日 現 在 で 記 入 すること 4 様 式 4の2 及 び3を 添 付 すること

36 加 算 様 式 4の2 施 設 名 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 職 員 名 等 氏 名 ( 生 年 月 日 ) 年 齢 ( ) 歳 ( ) 歳 雇 用 契 約 期 間 月 日 ~ 月 日 月 日 ~ 月 日 年 間 労 働 時 間 数 時 間 時 間 月 日 ~ 月 日 ( ) 歳 時 間 業 務 内 容 備 考 計 ( 注 ) 1 身 体 障 害 者 知 的 障 害 者 母 子 家 庭 の 家 寡 婦 の 別 を 備 考 欄 に 記 入 すること (ただし 身 体 障 害 者 知 的 障 害 者 の 場 合 は 障 害 の 程 度 も 合 わせて 記 入 のこと) 2 年 齢 は 各 年 度 4 月 1 日 現 在 で 記 入 すること 高 齢 者 については 当 該 年 度 の4 月 1 日 現 在 又 は その 年 度 の 途 中 で 雇 用 する 場 合 はそ の 雇 用 する 時 点 において 満 60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 が 対 象 となること 3 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 職 員 との 雇 用 通 知 書 又 は 雇 用 契 約 書 等 添 付 すること 4 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 職 員 の 業 務 内 容 は 記 入 要 領 の2 高 齢 者 等 が 行 う 業 務 の 内 容 等 を 参 考 に 記 載 すること 本 加 算 の 目 的 にふさわしい 業 務 内 容 であることに 留 意 すること 5 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 の 効 果 必 要 性 等 を 別 に 添 付 すること

37 加 算 様 式 4の3 施 設 名 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 月 別 雇 用 時 間 内 訳 表 氏 名 雇 用 契 約 の 時 間 及 び 日 数 1 日 当 たり 時 間 ( 休 憩 時 間 除 く) 1か 月 当 たり 日 数 月 別 日 数 時 間 日 数 時 間 日 数 1 日 当 たり 時 間 ( 休 憩 時 間 除 く) 1か 月 当 たり 日 数 時 間 1 日 当 たり 時 間 ( 休 憩 時 間 除 く) 1か 月 当 たり 日 数 日 数 時 間 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 実 績 時 間 計 12 月 ( 見 込 分 ) 1 月 ( 見 込 分 ) 2 月 ( 見 込 分 ) 3 月 ( 見 込 分 ) 雇 用 計 画 時 間 計 合 計 ( 注 ) 1 氏 名 欄 の 下 に 雇 用 契 約 の 時 間 ( 休 憩 時 間 を 除 く ) 及 び 日 数 を 記 入 する 契 約 日 数 を 勤 務 割 表 で 示 す 場 合 は 平 均 日 数 を 記 入 すること 2 4 月 から11 月 までについては 各 月 の 実 際 の 雇 用 日 数 及 び 時 間 の 累 計 を 記 入 すること 3 12 月 から3 月 については 実 績 等 を 考 慮 した 雇 用 予 定 時 間 を 記 入 すること (あらかじめ 勤 務 割 表 で 日 数 が 計 算 できる 場 合 は 勤 務 割 表 を 添 付 する )

38 加 算 様 式 4の4 施 設 名 番 号 平 成 年 月 日 東 京 都 知 事 殿 施 設 長 名 印 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 費 の 報 告 について 標 記 について 次 のとおり 報 告 する 施 設 名 ( 種 別 ) ( ) 設 置 主 体 経 営 主 体 施 設 所 在 地 入 所 者 数 及 び 現 員 定 員 現 員 職 員 数 職 員 配 置 数 常 勤 実 人 員 ( ) 人 非 常 勤 ( ) 人 特 定 就 職 困 難 者 雇 用 開 発 助 成 金 を 受 ける 予 定 の 有 無 ( 注 ) 1 非 常 勤 職 員 欄 の( )に 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 人 員 を 再 掲 すること 2 入 所 者 数 及 び 現 員 職 員 数 欄 は 各 年 度 4 月 1 日 現 在 で 記 入 すること 3 加 算 様 式 4の5 及 び6を 添 付 すること 4 翌 年 度 4 月 30 日 までに 提 出 すること

39 加 算 様 式 4の5 施 設 名 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 職 員 名 等 氏 名 ( 生 年 月 日 ) 年 齢 雇 用 契 約 期 間 年 間 労 働 時 間 数 月 日 ~ 月 日 ( ) 歳 時 間 月 日 ~ 月 日 ( ) 歳 時 間 月 日 ~ 月 日 ( ) 歳 時 間 業 務 内 容 備 考 計 ( 注 ) 1 氏 名 年 齢 雇 用 契 約 期 間 業 務 内 容 等 の 記 載 は 申 請 書 と 同 じであること 2 年 間 労 働 時 間 数 は 実 績 で 記 入 すること( 申 請 時 の 見 込 み 時 間 を 記 入 しないこと)

40 加 算 様 式 4の6 施 設 名 入 所 者 処 遇 特 別 加 算 月 別 雇 用 時 間 内 訳 表 氏 名 雇 用 契 約 の 時 間 及 び 日 数 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 合 計 1 日 当 たり 時 間 ( 休 憩 時 間 除 く) 1か 月 当 たり 日 数 1 日 当 たり 時 間 ( 休 憩 時 間 除 く) 1か 月 当 たり 日 数 月 別 日 数 時 間 日 数 時 間 日 数 時 間 日 数 1 日 当 たり 時 間 ( 休 憩 時 間 除 く) 1か 月 当 たり 日 数 時 間 ( 注 ) 1 氏 名 欄 の 下 に 年 間 の 実 績 時 間 ( 休 憩 時 間 を 除 く ) 及 び 日 数 を12 月 で 除 した 月 別 平 均 時 間 と 日 数 を 記 入 すること 2 4 月 から 翌 年 3 月 までについて 各 月 の 実 際 の 雇 用 日 数 及 び 時 間 の 累 計 を 記 入 すること

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

別 紙 軽 費 老 人 ホームの 収 入 認 定 について 平 成 22 年 3 月 9 日 千 葉 県 健 康 福 祉 部 高 齢 者 福 祉 課 本 紙 は 平 成 18 年 1 月 24 日 老 発 第 0124004 号 厚 生 労 働 省 老 健 局 長 通 知 老 人 保 護 措 置 費

別 紙 軽 費 老 人 ホームの 収 入 認 定 について 平 成 22 年 3 月 9 日 千 葉 県 健 康 福 祉 部 高 齢 者 福 祉 課 本 紙 は 平 成 18 年 1 月 24 日 老 発 第 0124004 号 厚 生 労 働 省 老 健 局 長 通 知 老 人 保 護 措 置 費 高 第 7 4 4 号 平 成 22 年 3 月 9 日 各 軽 費 老 人 ホーム 施 設 長 様 千 葉 県 健 康 福 祉 部 高 齢 者 福 祉 課 長 ( 公 印 省 略 ) 軽 費 老 人 ホームサービス 提 供 費 補 助 金 事 務 の 適 正 な 実 施 について このことについて 当 課 において 今 年 度 に 軽 費 老 人 ホームの 現 地 調 査 を 実 施 した 結 果

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう (

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう ( 給 与 税 金 社 会 保 険 の 知 識 給 与 明 細 を 解 読 してみよう ( 給 与 明 細 のイメージ) 平 成 26 年 8 月 分 給 与 明 細 書 株 式 会 社 氏 名 様 支 給 日 平 成 26 年 9 月 23 日 支 給 控 除 差 引 支 給 額 190,589 基 本 給 ( 月 給 ) 200,000 雇 用 保 険 料 1,149 健 康 保 険 料 11,964

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

住民税

住民税 住 民 個 人 住 民 は 平 成 23 年 1 月 1 日 現 在 東 神 楽 町 に 住 がある 方 に 課 されます なお 他 市 町 村 に 住 がある 方 でも 生 活 関 係 の 面 で 東 神 楽 町 に 本 拠 地 をおかれている 場 合 は 課 されます ただし 次 の 方 には 課 されません 割 均 等 割 とも 非 課 生 活 保 護 法 の 規 定 による 生 活 扶 助

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きは 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 書 の 記 載 にあたって 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 申 告 や 各 種 計 算 方 法 などについてお 分 かりにならない 点 がありましたら 北 広 島

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information