BK JA.book

Size: px
Start display at page:

Download "BK0149800JA.book"

Transcription

1 このたびはミニキャブバンをお 買 い 上 げいただき,あり がとうございます J この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に 必 ずお 読 みください 安 全 なドライブのために は 重 要 ですので,しっかりお 読 みください 安 全 に 関 する 表 示 運 転 者 や 他 の 人 が 傷 害 を 受 けるおそれがあることと,その 回 避 方 法 をつぎの 表 示 で 記 載 しています 重 要 な 事 項 ですので 必 ず 読 んでお 守 りください 記 載 事 項 を 守 らないと, 死 亡 や 重 大 な 傷 害 につながるおそれがあるこ と 記 載 事 項 を 守 らないと, 傷 害 や 事 故 につながるおそれがあること 安 全 のためにしてはならない 行 為 (イラスト 内 に 表 示 されています) その 他 の 表 示 お 車 に 関 することやその 他 のは,つぎの 表 示 で 記 載 しています 取 扱 説 明 書 は 車 の 中 に 保 管 してください 保 証 および 点 検, 整 備 内 容 については, 別 冊 のメンテナンスノートをご 覧 ください お 車 をゆずられるときは, 取 扱 説 明 書 およびメンテナンスノートを 車 につけておい てください お 車 のために 守 っていただきたいこと 知 っておくと 便 利 なこと グレードにより 異 なる 装 備 やオプション 装 備 に 表 示 していま す 装 備 仕 様 の 変 更 などにより, 本 書 の 内 容 がお 客 様 のお 車 と 合 わないことがあります ので,あらかじめご 了 承 ください ご 不 明 な 点 は, 担 当 営 業 スタッフにお 問 い 合 わせください

2 目 次 絵 で 見 る 目 次 1 安 全 なドライブのために お 車 を 安 全 に 運 転 していただくための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 各 部 の 開 閉 4 安 全 装 備 5 計 器 盤 スイッチ 6 運 転 装 置 7 室 内 装 備 8 エアコン 9 オーディオ 10 簡 単 な 整 備 車 のお 手 入 れ 11 寒 冷 時 の 取 り 扱 い 12 もしものときの 処 置 13 サービスデータ 14 さくいん 15 2

3 絵 で 見 る 目 次 計 器 盤 まわり J メーターP. 6-2 表 示 灯 警 告 灯 P. 6-7 ワイパー/ウォッシャースイッチ P 運 転 席 SRSエアバッグP ホーンスイッチP ブレーキ 液 タンクP 非 常 点 滅 灯 スイッチ P ライトスイッチP 方 向 指 示 レバーP リヤヒータースイッチ P WD 切 り 換 えスイッチ (イージーセレクト4WD 車 ) P エンジンスイッチP. 7-6 フューエルリッド オープナーP カップホルダーP. 8-7 ヘッドライトレベリングダイヤルP 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-1

4 絵 で 見 る 目 次 吹 き 出 し 口 P. 9-2 助 手 席 SRSエアバッグ P 時 計 P. 10-6,10-15 オーディオP. 10-2,10-7 エアコンP グローブボックス P. 8-6 灰 皿 P. 8-2 リヤウインドウデフォッガー ( 曇 り 取 り)スイッチP シガレットライターP. 8-3 駐 車 ブレーキP. 7-2 シフトレバー(マニュアル 車 )P. 7-9 セレクターレバー(オートマチック 車 )P 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-2

5 絵 で 見 る 目 次 室 内 J ルームランプP. 8-4 フロントパーソナルランプP. 8-5 ルームミラーP. 7-3 サンバイザー P. 8-2 シートベルトP ヘッドレストP. 5-6 リヤシートP. 5-7 ラゲッジルームランプ P. 8-6 バッテリー P ,14-6 発 炎 筒 P フロントシート P. 5-4 工 具 P ジャッキP ジャッキハンドル P パワーウインドウスイッチ P 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-3

6 絵 で 見 る 目 次 外 まわり J ドアミラーP. 7-3 サイドアンダーミラーP. 7-4 フロントワイパー ウォッシャーP アンテナP パワーウインドウP ヘッドライト P. 6-11,13-32,13-35,13-38 ドアの 施 錠 解 錠 P. 4-5 キーレスエントリーP. 4-3 方 向 指 示 灯 P. 6-14,13-32,13-35,13-39 非 常 点 滅 灯 P. 6-14,13-32,13-35,13-39 車 幅 灯 P. 6-11,13-32,13-35,13-39 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-4

7 絵 で 見 る 目 次 除 く, 福 祉 車 1 ハイマウントストップランプP ,13-42 リヤアンダーミラーP. 7-5 リヤワイパー ウォッシャーP テールゲート P. 4-9 番 号 灯 P. 6-11,13-32,13-41 スペアタイヤ P 後 退 灯 P ,13-40 方 向 指 示 灯 P. 6-14,13-32,13-40 非 常 点 滅 灯 P. 6-14,13-32,13-40 フューエルリッドP タイヤ,ホイールのサイズP タイヤの 空 気 圧 P タイヤ 交 換 P タイヤローテーションP タイヤチェーンP 制 動 灯 / 尾 灯 P. 6-11,13-32,13-40 装 備 仕 様 の 違 いやメーカーオプションなども 含 んでいます 1-5

8 絵 で 見 る 目 次 福 祉 車 1 ハイマウントストップランプP リヤアンダーミラー P. 7-5 リヤワイパー ウォッシャーP テールゲート P. 4-9 番 号 灯 P. 6-11,13-32,13-41 スペアタイヤ P 制 動 灯 P 尾 灯 P. 6-11,13-32 フューエルリッド P タイヤ,ホイールのサイズP タイヤの 空 気 圧 P タイヤ 交 換 P タイヤローテーションP タイヤチェーンP 方 向 指 示 灯 P. 6-14,13-32 非 常 点 滅 灯 P. 6-14,13-32 後 退 灯 P 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-6

9 絵 で 見 る 目 次 エンジンルーム J 除 く,ターボ 車 フロント リヤウォッシャータンクP ヒューズボックス P オートマチックトランスミッション オイルレベルゲージ コンデンスタンク ( 冷 却 水 )P エンジンオイル レベルゲージ ラジエーターキャップ P エンジンオイル 注 入 キャップ パワーステアリングオイルタンク ターボ 車 ヒューズボックス P コンデンスタンク ( 冷 却 水 )P エンジンオイル レベルゲージ オートマチックトランスミッション オイルレベルゲージ ラジエーターキャップP フロント リヤウォッシャータンクP エンジンオイル 注 入 キャップ パワーステアリングオイルタンク エンジンルームの 点 検 は,シートを 操 作 して 行 います エンジン 点 検 口 P

10 安 全 なドライブのために 2 お 車 のご 使 用 前 に 知 っておいていただきたいこと, 守 っていただきたい 警 告 注 意 をまとめて 記 載 しています 重 要 ですので,しっかりお 読 みください 日 常 点 検 出 発 前 は お 子 さまを 乗 せるときは 走 行 するときは 走 行 中 に 異 常 に 気 づいたら オートマチック 車 の 取 り 扱 い 駐 停 車 するときは こんなことにも 注 意 セルフ 式 ガソリンスタンドを 利 用 するときは

11 安 全 なドライブのために 日 常 点 検 J 点 検, 整 備 を 忘 れずに 日 常 点 検 整 備 と 定 期 点 検 整 備 は,お 客 様 の 責 任 において 実 施 していただく ことが 法 律 で 義 務 付 けられています 事 故 や 故 障 を 未 然 に 防 ぐため 必 ず 実 施 してください 日 常 点 検 整 備 は, 長 距 離 を 走 行 すると きや, 洗 車, 給 油 時 などにお 客 様 自 身 で 行 う 点 検 整 備 です 日 常 点 検 整 備 の 項 目 および 点 検 のし かたについては, 別 冊 の メンテナン スノート に 記 載 してありますので 必 ずお 読 みください エンジンルームを 点 検 すると きは エンジン 回 転 中 はエンジンルームに 手 を 入 れないでください 手 や 衣 服 がドライブベルトなどに 巻 き 込 まれるおそれがあります エンジンルーム 内 の 部 品 には 高 温 に なるものがあります やけどをするおそれがありますので, 各 部 が 十 分 冷 えてから 点 検 してくだ さい 排 気 ガスなどが 定 められた 基 準 に 合 うように 調 整 されていますので,アイ ドリング 回 転 数 などのエンジン 調 整 は 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 行 ってくだ さい ラジエーターやコンデンスタ ンク( 冷 却 水 )が 熱 いときは ラジエーターやコンデンスタンク( 冷 却 水 )が 熱 いときは,ラジエーター キャップを 外 さないでください 蒸 気 や 熱 湯 が 吹 き 出 しやけどをする おそれがあります 2-2

12 安 全 なドライブのために 燃 料 は 指 定 されたものを 補 給 J 必 ず 無 鉛 ガソリンを 補 給 してくださ い 軽 油 や 有 鉛 ガソリン, 粗 悪 ガソリン, 高 濃 度 アルコール 混 合 燃 料, 三 菱 自 動 車 純 正 部 品 以 外 のガソリン 添 加 剤 ( 含 む, 水 分 除 去 剤 )を 使 用 しないでくだ さい エンジンや 燃 料 装 置 などに 悪 影 響 を およぼしたり, 排 気 ガス 浄 化 装 置 や 燃 料 噴 射 装 置 が 損 傷 するおそれがあり ます メンテナンスデータ P 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けて J つぎの 場 合 は 車 が 故 障 しているおそ れがあります そのままにしておくと 走 行 に 悪 影 響 をおよぼしたり, 思 わぬ 事 故 につなが るおそれがあります 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けて ください いつもと 違 う 音 や 臭 いや 振 動 がする とき ブレーキ 液 が 不 足 しているとき 地 面 に 油 の 漏 れたあとが 残 っている とき 2-3

13 安 全 なドライブのために 出 発 前 は J シートベルトは 必 ず 着 用 運 転 する 前 に 必 ずシートベルトを 着 用 してください シートベルト P 同 乗 者 にもシートベルトを 着 用 させ てください 燃 料 の 入 った 容 器 やスプレー 缶 類 を 車 の 中 に 持 ち 込 まない 燃 料 の 入 った 容 器 やスプレー 缶 類 を 車 の 中 に 持 ち 込 まないでください 容 器 が 破 裂 したり, 蒸 発 ガスに 引 火 し 爆 発 するおそれがあります 窓 越 しにエンジンをかけない 窓 越 しなど 車 外 からエンジンをかけ ないでください 思 わぬ 事 故 につなが るおそれがあります 正 しい 運 転 姿 勢 で 運 転 席 に 座 り,エン ジンをかける 習 慣 をつけましょう マニュアル 車 は,シフトレバーを に 入 れ,クラッチペダルをいっぱいまで 踏 み 込 みます オートマチック 車 は,セレクターレ バーが の 位 置 にあることを 確 認 し ます いずれの 場 合 も 思 わぬ 事 故 を 避 ける ため,ブレーキペダルを 右 足 でしっか り 踏 んでエンジンをかける 習 慣 をつ けてください エンジンのかけ 方 P. 7-7 マニュアル 車 はクラッチスタートシ ステムが 装 着 されています クラッチスタートシステムとは 誤 操 作 を 防 ぐため,クラッチペダルを いっぱいに 踏 み 込 まないとエンジン がかからない 装 置 です 2-4

14 安 全 なドライブのために 運 転 席 の 足 元 付 近 を 点 検 ブレーキペダルの 下 に 物 がころがり 込 むと,ブレーキ 操 作 ができなくなる おそれがあります 出 発 前 に 運 転 席 の 足 元 付 近 を 点 検 し てください フロアマットはペダルに 引 っかから ないよう, 車 にあったものを 正 しく 敷 いてください フロアマット P. 8-8 正 しく 敷 かないと,ペダル 操 作 の 妨 げ になり, 重 大 な 事 故 につながるおそれ がありますので,つぎのことをお 守 り ください ずれないようフックなどで 確 実 に 固 定 する ペダルをおおわない 重 ねて 敷 かない アクセルペダルの 下 に 敷 かない 荷 物 を 積 むときは J 荷 物 は 必 ず 指 定 積 載 重 量 までにして ください 2 人 乗 りの 場 合 :350kg 4 人 乗 りの 場 合 :250kg 荷 物 はできるだけ 低 くし,シートの 高 さ 以 上 に 積 まないでください 後 方 の 確 認 ができなくなったり, 急 ブ レーキをかけたときに 荷 物 が 前 方 に 飛 び 出 してケガをするなど, 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあります また,コーナリングのときに 車 の 揺 れ が 大 きくなり 思 わぬ 事 故 につながる おそれがあります 重 い 荷 物 は,できるだけ 前 の 方 に 積 ん でください 後 ろの 方 が 重 くなるとハ ンドルが 不 安 定 になります 荷 物 は 荷 くずれしないように,しっか りと 固 定 してください 周 囲 が 囲 まれた 換 気 の 悪 い 場 所 でエンジンをかけたままに しない J 周 囲 が 囲 まれた 換 気 の 悪 い 場 所 でエ ンジンをかけたままにしないでくだ さい 排 気 ガスが 車 内 や 建 物 内 などに 充 満 して,ガス 中 毒 になるおそれがありま す やむを 得 ないときは, 換 気 を 十 分 に 行 ってください 2 2-5

15 安 全 なドライブのために お 子 さまを 乗 せるときは J お 子 さまはリヤシートに 座 ら せる 助 手 席 ではお 子 さまの 動 作 が 気 にな り 運 転 の 妨 げになるだけでなく,お 子 さまが 運 転 装 置 にふれて, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあります やむを 得 ず 助 手 席 にお 子 さまを 乗 せ るときでも,つぎのことをお 守 りくだ さい 必 ずシートベルトを 着 用 する シートに 深 く 腰 かけて, 背 もたれに 背 中 がついた 正 しい 姿 勢 で 座 らせる お 子 さまがシートベルトやチャイル ドシートを 使 用 せずにインストルメ ントパネルの 前 に 立 っていたり, 助 手 席 に 正 しい 姿 勢 で 座 っていなかった りすると,SRS エアバッグが 膨 らむ 際,SRSエアバッグにより, 命 にかか わる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあ ります お 子 さまにもシートベルトを 必 ず 着 用 させる ひざの 上 にお 子 さまを 抱 かないでく ださい 急 ブレーキをかけたときや 衝 突 した ときなど, 腕 だけでは 十 分 に 支 えるこ とができず,お 子 さまが 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります リヤシートでも 必 ずシートベルトを 着 用 してください 2-6

16 安 全 なドライブのために お 子 さまにはチャイルドシー トを 使 用 する シートベルトを 着 けたとき, 肩 部 ベル トが 首,あご, 顔 などに 当 たる 場 合 や, 腰 部 ベルトが 腰 骨 にかからないよう な 小 さなお 子 さまには, 体 格 に 合 った チャイルドシートを 使 用 してくださ い チャイルドシート P 通 常 のシートベルトでは, 衝 突 のとき 強 い 圧 迫 を 受 け,シートベルトにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがありま す 6 才 未 満 のお 子 さまは,チャイルド シートの 使 用 が 法 律 で 義 務 付 けられ ています 助 手 席 に 乳 児 用 シート(ベビーシー ト)など 後 ろ 向 き 装 着 のチャイルド シートは 絶 対 に 取 り 付 けないでくだ さい 助 手 席 SRS エアバッグが 膨 らむとき, 強 い 力 が 後 ろ 向 きチャイルドシート の 上 部 にかかり, 背 もたれに 押 しつけ られて, 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 助 手 席 お 子 さまの 安 全 のための 装 備 お 子 さまの 安 全 のため,つぎのような 装 備 があります 使 い 方 を 一 度 お 読 みになって,お 子 さ まの 安 全 にお 役 立 てください セーフティー 機 構 付 パワーウ インドウA 万 一,お 子 さまが 手 や 首 などをはさん だとき, 自 動 的 にドアガラスが 少 し 下 がります セーフティー 機 構 P ロックスイッチA ロックスイッチを ON にすると, 助 手 席 スイッチを 操 作 してもドアガラス は 開 閉 できなくなります ロックスイッチ P チャイルドプロテクション A ドアにあるレバーを 施 錠 側 にしてお くと, 後 席 ドアが 車 内 から 開 けられな くなります チャイルドプロテクション(スラ イドドア 安 全 施 錠 装 置 ) P. 4-8 ドア,ウインドウ,シートの 操 作 は 大 人 が 行 う 手 や 顔 などをはさまないよう 注 意 し て 操 作 してください お 子 さまが 誤 って 操 作 しないよう,パ ワーウインドウにはロックスイッチ をお 使 いください 2 2-7

17 安 全 なドライブのために 2 窓 から 手 や 顔 を 出 させない 窓 から 手 や 顔 を 出 していると, 車 外 の 物 などに 当 たったり, 急 ブレーキをか けたとき, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれ があります 車 から 離 れるときはキーを 抜 いてお 子 さまも 一 緒 に お 子 さまだけを 車 内 に 残 さないでく ださい 炎 天 下 での 車 内 は 高 温 となり, 熱 中 症 になるおそれがあります キーを 差 したままにしておくと,お 子 さまのいたずらにより,パワーウイン ドウなど 電 装 品 の 誤 った 操 作, 車 の 発 進, 火 災 など, 重 大 な 事 故 につながる おそれがあります お 子 さまをシートベルトで 遊 ばせない お 子 さまをシートベルトで 遊 ばせな いでください ベルトを 身 体 に 巻 き 付 けたりして 遊 んでいると, 窒 息 などの 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 万 一,シートベルトが 外 せなくなった ときは,はさみなどでベルトを 切 断 し てください お 子 さまを 荷 室 で 遊 ばせない 荷 室 は 人 が 乗 る 構 造 になっておりま せん お 子 さまを 乗 せたり, 遊 ばせたりしな いでください 万 一 の 場 合, 重 大 な 事 故 につながるお それがあります 2-8

18 安 全 なドライブのために 走 行 するときは J 発 進 するときは 駐 車 後 や 信 号 待 ちなどで 停 車 したあ とは, 子 どもや 障 害 物 など, 車 のまわ りの 安 全 を 十 分 確 認 してから 発 進 し てください 車 をバックさせるときは 目 で 後 方 を 確 認 してください バックミラーでは 確 認 できない 死 角 があります 同 乗 者 はシートを 倒 して 寝 こ ろばない 走 行 中, 同 乗 者 はシートを 倒 して 寝 こ ろばないでください シートを 倒 して 寝 ころんでいると, 急 ブレーキをかけたときや 衝 突 したと きなど, 身 体 がシートベルトの 下 にも ぐり 込 み, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれ があります 走 行 中 はエンジンを 止 めない 走 行 中 にエンジンを 止 めると,ブレー キの 効 きが 悪 くなったり,ハンドルが 非 常 に 重 くなるため, 思 わぬ 事 故 につ ながるおそれがあります 急 発 進, 急 加 速, 急 ブレーキ, 急 ハンドルは 避 ける 急 ブレーキや 急 ハンドルは 車 両 のコ ントロールができなくなり, 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあります スピードを 控 えめにし,ハンドルやブ レーキ 操 作 を 慎 重 に 行 い 安 全 運 転 に 心 がけてください 2 2-9

19 安 全 なドライブのために 2 雨 天 時 や 水 たまりを 走 行 する ときは J 雨 天 時 やぬれた 道 路 ではスピードを 控 えめにし,ハンドルやブレーキ 操 作 を 慎 重 に 行 い 安 全 運 転 に 心 がけてく ださい 特 に 雨 の 降 りはじめは 路 面 が 滑 りや すいため 注 意 してください 水 たまり 走 行 後 や 洗 車 後,ブレーキに 水 がかかると 一 時 的 にブレーキの 効 きが 悪 くなることがあります ブレーキの 効 きが 悪 いときは, 前 後 の 車 や 道 路 状 況 に 十 分 注 意 して 低 速 で 走 行 しながらブレーキの 効 きが 回 復 するまで 数 回 ブレーキペダルを 軽 く 踏 み,ブレーキを 乾 かしてください わだちなど 水 のたまっている 場 所 を 高 速 で 走 行 すると,ハイドロプレーニ ング 現 象 を 起 こしやすくなります タイヤがすり 減 っていたり, 空 気 圧 が 適 正 でないと,スリップしたり,ハイ ドロプレーニング 現 象 を 起 こしやす くなります ハイドロプレーニング 現 象 とは 水 のたまっている 道 路 を 高 速 で 走 行 するとき,あるスピード 以 上 になると タイヤが 路 面 の 水 を 排 除 できず, 水 上 を 滑 走 する 状 態 になり, 車 のコント ロールが 効 かなくなる 現 象 下 り 坂 ではエンジンブレーキ を 併 用 J ぬれた 道 路 や 凍 結 した 道 路 での 急 激 なエンジンブレーキは 避 けてくださ い スリップして 重 大 な 事 故 につながる おそれがあります 長 い 下 り 坂 でフットブレーキのみを 多 く 使 用 すると,ベーパロックや フェード 現 象 を 起 こし,ブレーキの 効 きが 悪 くなることがあります 坂 の 勾 配 に 応 じて 必 ずエンジンブ レーキを 併 用 してください エンジンブレーキとは 走 行 中,アクセルペダルから 足 を 離 し たときにかかるブレーキ 力 のことで, 低 速 ギヤほどよく 効 きます オートマチック 車 はセレクターレ バーを または に 入 れてくださ い マニュアル 車 はシフトレバーを, または に 入 れてください ベーパロックとは ブレーキ 液 がブレーキの 摩 擦 熱 によ り 過 熱 されて 沸 騰 することにより 気 泡 が 発 生 し,ブレーキペダルを 踏 んで も 気 泡 を 圧 縮 するだけでブレーキが 効 かなくなる 現 象 フェード 現 象 とは ブレーキパッドまたは,ブレーキライ ニングの 摩 擦 面 が 過 熱 されることに より 摩 擦 力 が 低 下 し,ブレーキの 効 き が 悪 くなる 現 象 2-10

20 安 全 なドライブのために ブレーキペダルをフットレス トがわりにしない J ブレーキペダルに 常 に 足 をのせ,フッ トレストがわりにすることは 避 けて ください ブレーキ 部 品 が 早 く 摩 耗 したり,ブ レーキが 過 熱 して, 効 きが 悪 くなるお それがあります クラッチペダルに 足 をのせた まま 走 行 しない J クラッチペダルに 足 をのせたまま 走 行 したり, 必 要 以 上 に 長 い 時 間 半 ク ラッチ 状 態 を 続 けないでください クラッチが 早 く 摩 耗 したり, 過 熱 し て, 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあ ります スタック( 立 ち 往 生 )したと きは J スタックしたときは,タイヤを 高 速 で 回 転 させないでください タイヤがバースト( 破 裂 )したり, 異 常 過 熱 により, 思 わぬ 事 故 につながる おそれがあります タイヤがスリップして 発 進 できな い P 寒 冷 時 にブレーキの 効 きが 悪 くなったときは J 寒 冷 時 や 雪 道 走 行 ではブレーキ 装 置 に 付 着 した 雪 や 水 が 凍 結 し,ブレーキ の 効 きが 悪 くなることがあります ブレーキの 効 きが 悪 いときは, 前 後 の 車 や 道 路 状 況 に 十 分 注 意 して 低 速 で 走 行 しながらブレーキの 効 きが 回 復 するまで 数 回 ブレーキペダルを 軽 く 踏 み,ブレーキを 乾 かしてください 段 差 などを 通 過 するときは J 段 差 などを 通 過 するときは,できるだ けゆっくり 走 行 してください 段 差 や 凹 凸 のある 路 面 を 通 過 すると きの 衝 撃 によりタイヤおよびホイー ルを 損 傷 するおそれがあります またつぎのような 場 合, 車 体,バン パー,マフラーなどを 損 傷 するおそれ がありますので 十 分 注 意 してくださ い 駐 車 場 の 出 入 口 路 肩 や 車 止 めのある 場 所 勾 配 の 急 な 場 所 わだちのある 道 路

21 安 全 なドライブのために 走 行 中 に 異 常 に 気 づいたら J 万 一, 走 行 中 にエンストした ときは 走 行 中 にエンストしたときは, 運 転 操 作 に 変 化 がおきますので,つぎの 点 に 注 意 して 車 を 安 全 な 場 所 に 止 めてく ださい ブレーキ 倍 力 装 置 が 働 かなくなるた め,ブレーキの 効 きが 非 常 に 悪 くな ります 通 常 よりブレーキペダルを 強 く 踏 み 続 けてください ブレーキペダルから 足 を 離 し, 再 び 踏 み 直 すと,ブレーキの 効 きがさら に 悪 くなります 万 一,スピードが 落 ちないときは, 駐 車 ブレーキを 慎 重 にかけてくださ い このときも,ブレーキペダルは 強 く 踏 み 続 けてください パワーステアリング 装 置 が 働 かなく なるため,ハンドルが 非 常 に 重 くな ります 走 行 中 にタイヤがパンクまた はバースト( 破 裂 )したときは 走 行 中 にタイヤがパンクまたはバー ストすると, 車 両 のコントロールがで きなくなるおそれがあります ハンドルをしっかり 持 ち, 徐 々にブ レーキをかけてスピードを 落 として ください つぎのようなときは,パンクやバース トが 考 えられます ハンドルがとられるとき 異 常 な 振 動 があるとき 車 両 が 異 常 に 傾 いたとき 警 告 灯 が 点 灯 または 点 滅 した ときは 警 告 灯 が 点 灯 または 点 滅 したときは, 安 全 な 場 所 に 停 車 し, 適 切 な 処 置 をし てください 警 告 灯 が 点 灯 または 点 滅 したとき は! P 点 灯 または 点 滅 したまま 走 行 すると, 思 わぬ 事 故 を 引 き 起 こしたり,エンジ ンなどを 損 傷 するおそれがあります 車 体 床 下 に 強 い 衝 撃 を 受 けた ときは 車 体 床 下 に 強 い 衝 撃 を 受 けたときは, すぐに 安 全 な 場 所 に 車 を 止 めて 下 ま わりを 点 検 してください ブレーキ 液 や 燃 料 の 漏 れ, 損 傷 などが あると, 思 わぬ 事 故 につながるおそれ があります 漏 れや 損 傷 などが 見 つかったときは, そのまま 使 用 せず 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 連 絡 ください 2-12

22 安 全 なドライブのために オートマチック 車 の 取 り 扱 い J オートマチック 車 の 特 性 エンジンをかける 前 に クリープ 現 象 とは セレクターレバーを, 以 外 に 入 れ ると 動 力 がつながった 状 態 となり,ア クセルペダルを 踏 まなくても 車 が ゆっくりと 動 き 出 すオートマチック 車 特 有 の 現 象 キックダウンとは 走 行 中 にアクセルペダルを 深 く 踏 み 込 むと, 自 動 的 に 低 速 ギヤに 切 り 換 わ り 急 加 速 ができます これをキックダ ウンといいます J アクセルペダルとブレーキペダルの 踏 み 間 違 いを 防 ぐため, 各 ペダルの 位 置 を 右 足 で 確 認 してください アクセルペダルをブレーキペダルと 間 違 えて 踏 んだり, 両 方 のペダルを 同 時 に 踏 んでしまうと, 車 が 急 発 進 し, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあり ます 2 ブレーキペダルは 右 足 で 左 足 でのブレーキ 操 作 は 緊 急 時 の 反 応 が 遅 れるなど 適 切 な 操 作 ができず, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあり ます セレクターレバーが の 位 置 にある ことを 確 認 してください 2-13

23 安 全 なドライブのために 2 エンジンをかけるときは J ブレーキペダルを 右 足 で 踏 んだまま エンジンをかけます アクセルペダルを 踏 まないとエンジ ンがかかりにくいときは,エンジンを かけてから 足 をブレーキペダルに 踏 みかえます エンジンのかけ 方 P. 7-7 エンジン 始 動 後 J エンジン 始 動 直 後 は, 自 動 的 にエンジ ン 回 転 数 が 高 くなり,クリープ 現 象 が 強 くなります ブレーキペダルをしっかり 踏 んでく ださい セレクターレバーを 操 作 する ときは J ブレーキペダルを 右 足 で 踏 んだまま セレクターレバーを 操 作 します ブレーキペダル アクセルペダルを 踏 み 込 みながらセ レクターレバーを 操 作 しないでくだ さい 急 発 進 し, 重 大 な 事 故 につながるおそ れがあります また,トランスミッションの 故 障 の 原 因 になります に 入 れるとブザーが 鳴 ります ブザーは 車 の 外 には 聞 こえませんの で 注 意 してください 2-14

24 安 全 なドライブのために 発 進 するときは J 発 進 するときは,ブレーキペダルから 徐 々に 足 を 離 し,アクセルペダルを ゆっくり 踏 み 込 んでください 走 行 中 は J 走 行 中 は,セレクターレバーを に 入 れないでください エンジンブレーキがまったく 効 かな くなり, 思 わぬ 事 故 につながるおそれ があります また, 誤 って, に 入 れてしまった 場 合,トランスミッションの 故 障 の 原 因 になります 高 速 走 行 中 にセレクターレバーを に 入 れないでください 急 激 なエンジンブレーキがかかり, 思 わぬ 事 故 の 原 因 になります 停 車 中 は J エアコン 作 動 時 などは, 自 動 的 にエン ジン 回 転 数 が 高 くなり,クリープ 現 象 が 強 くなります ブレーキペダルをしっかり 踏 んでく ださい 停 車 中 は,むやみに 空 ぶかしをしない でください 万 一,セレクターレバーが, 以 外 に 入 っていた 場 合, 思 わぬ 急 発 進 の 原 因 になります 駐 車 するときは J 駐 車 するときは,ブレーキペダルを 踏 んだまま 駐 車 ブレーキを 確 実 にかけ, セレクターレバーを に 入 れます 車 が 完 全 に 止 まらないうちに に 入 れると, 急 停 止 してけがをするおそれ があります また,トランスミッションの 故 障 の 原 因 になります 車 から 離 れるときは, 必 ずエンジンを 止 め,キーを 抜 いてください エンジンをかけたままにしておくと, 万 一,セレクターレバーが, 以 外 に 入 っていた 場 合,クリープ 現 象 で 車 がひとりでに 動 き 出 したり, 乗 り 込 む ときに 誤 ってアクセルペダルを 踏 み, 急 発 進 するおそれがあります

25 安 全 なドライブのために その 他 に 気 をつけること 2 J 車 を 少 し 移 動 させるときでも, 正 しい 運 転 姿 勢 をとり,ブレーキペダルとア クセルペダルが 確 実 に 踏 めるように してください 少 しだけ 後 退 したときなどは,セレク ターレバーが に 入 っていることを 忘 れてしまうことがあります 後 退 した 後 は,すぐに から または に 戻 す 習 慣 をつけましょう 車 を 後 退 させるときは, 身 体 を 後 ろに ひねった 姿 勢 になり,ペダルの 操 作 が しにくくなります ブレーキペダルが 確 実 に 踏 めるよう に 注 意 してください 切 り 返 しなどで から, から と 何 度 もレバーを 操 作 するときは, そのつどブレーキペダルをしっかり と 踏 み, 車 を 完 全 に 止 めてから 行 って ください 車 が 動 いているうちに や に 入 れ ると,トランスミッションの 故 障 の 原 因 になります 2-16

26 安 全 なドライブのために 駐 停 車 するときは J 燃 えやすいものの 近 くには 車 を 止 めない 枯 草 や 紙 など 燃 えやすいものの 近 く には 車 を 止 めないでください 走 行 後 の 排 気 管 は 高 温 になっている ため, 火 災 になるおそれがあります 長 時 間 のアイドリングは 避 け る 長 く 停 車 するときは,エンジンを 止 め てください 燃 料 の 無 駄 使 いであると 同 時 に, 騒 音 や 排 気 ガスにより 周 辺 への 迷 惑 とな ります 車 から 離 れるときは 車 が 無 人 で 動 き 出 したり, 盗 難 にあう おそれがありますので, 車 から 離 れる ときは 必 ずつぎのことをお 守 りくだ さい 駐 車 ブレーキをかける マニュアル 車 はシフトレバーを ま たは に,オートマチック 車 はセレ クターレバーを に 入 れる エンジンを 止 める キーを 抜 き,ドアを 施 錠 する また, 施 錠 していても 車 内 に 貴 重 品 を 置 いたままにしないでください 車 を 移 動 するときは 必 ずエン ジンを 始 動 する エンジンがかかっていないと,ブレー キの 効 きが 非 常 に 悪 くなったり,ハン ドルが 非 常 に 重 くなるため, 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあります 坂 道 で 車 を 移 動 させるときも, 必 ずエ ンジンをかけてください

27 安 全 なドライブのために 2 仮 眠 するときは 必 ずエンジン を 止 める 排 気 ガスが 車 内 に 侵 入 して,ガス 中 毒 になるおそれがあります 無 意 識 にシフトレバーやセレクター レバーを 動 かしたり,アクセルペダル の 踏 み 込 みにより, 不 用 意 な 発 進 な ど, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあ ります 無 意 識 にアクセルペダルを 踏 み 続 け たときに,オーバーヒートを 起 こした り,エンジンや 排 気 管 などの 異 常 過 熱 により, 火 災 事 故 が 発 生 するおそれが あります 坂 道 に 駐 車 するときは 坂 道 に 駐 車 するときは, 駐 車 ブレーキ を 確 実 にかけ,マニュアル 車 はシフト レバーを または,オートマチック 車 はセレクターレバーを に 入 れて ください さらに 輪 止 めをすると 効 果 があります 輪 止 めは 標 準 装 備 されておりません 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 でお 買 い 求 めく ださい 輪 止 めがないときは,タイヤを 固 定 で きる 大 きさの 石 などで 代 用 できます 急 な 坂 道 での 駐 車 は 避 けてください 無 人 で 車 が 動 き 出 すなど, 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあります 雪 が 積 もった 場 所 や 降 雪 時 に 駐 車 するときは 必 ずエンジン を 止 める エンジンがかかった 状 態 で, 車 のまわ りに 雪 が 積 もると 排 気 ガスが 車 内 に 侵 入 して,ガス 中 毒 になるおそれがあ ります ハンドルをいっぱいにまわし た 状 態 を 長 く 続 けない パワーステアリング 装 置 が 損 傷 する おそれがあります 2-18

28 安 全 なドライブのために こんなことにも 注 意 J 運 転 中 に 自 動 車 電 話 や 携 帯 電 話 を 使 用 しない 運 転 中, 運 転 者 が 自 動 車 電 話 や 携 帯 電 話 を 使 用 すると 周 囲 の 状 況 に 対 する 注 意 が 不 十 分 になり, 思 わぬ 事 故 につ ながるおそれがあります 運 転 中, 運 転 者 がハンズフリー 以 外 の 自 動 車 電 話 や 携 帯 電 話 を 使 用 するこ とは 法 律 で 禁 止 されています オーディオなどの 操 作 は 停 車 してから 走 行 中 にオーディオまたは,カーナビ ゲーションなどの 操 作 をしないでく ださい 操 作 に 気 をとられて, 思 わぬ 事 故 につ ながるおそれがあります 車 内 にライター 炭 酸 飲 料 缶 メガネなどを 放 置 しない 強 い 直 射 日 光 にさらされると 車 内 が 高 温 になるため,ライターなどの 可 燃 物 は 自 然 発 火 したり, 炭 酸 飲 料 やビー ルなどの 缶 は 破 裂 するおそれがあり ます また,プラスチックレンズまた はプラスチック 素 材 のメガネは 変 形, ひび 割 れをおこすおそれがあります 2 喫 煙 しながらの 運 転 は 控 える 喫 煙 しながらの 運 転 は 控 えてくださ い 注 意 がおろそかになり, 思 わぬ 事 故 を 招 くことがあります 灰 皿 を 使 用 したあとは 灰 皿 を 使 用 したあとは,マッチやタバ コの 火 は 確 実 に 消 し, 必 ず 閉 めてくだ さい 万 一 の 場 合, 火 災 になるおそれがあり ます 2-19

29 安 全 なドライブのために 2 アクセサリー 取 り 付 け 時 の 注 意 ウインドウガラスなどにアクセサ リーをつけたり,インストルメントパ ネルの 上 に 芳 香 剤 などを 置 かないで ください 運 転 の 妨 げになったり, 吸 盤 や 芳 香 剤 の 容 器 がレンズの 働 きをして 火 災 な ど, 思 わぬ 事 故 の 原 因 となります タイヤ,ホイールは 指 定 サイ ズを 使 用 タイヤ,ホイールのサイズなどは 三 菱 自 動 車 工 業 が 国 土 交 通 省 に 届 け 出 を しています 指 定 サイズ 以 外 のタイヤを 使 用 した り, 種 類 の 異 なったタイヤを 混 ぜて 使 用 することは, 安 全 走 行 に 悪 影 響 をお よぼしますので, 避 けてください タイヤ,ホイールのサイズ P ホイールは,リムサイズやオフセット (インセット) 量 が 同 じでも, 車 体 に 干 渉 したり, 強 度 が 不 足 して 使 えない ことがありますので,お 客 様 のお 車 に 設 定 されている 三 菱 自 動 車 純 正 ホ イール 以 外 は 使 用 しないでください 塗 装 が 施 されている 部 分 にはアクセ サリーなどをつけないでください 吸 盤 に 含 まれる 特 殊 な 成 分 により, 塗 装 面 がはがれたり, 変 色 したりするお それがあります ジャッキアップしたままエン ジンをかけない ジャッキアップしたままエンジンを かけると,ジャッキから 車 体 が 外 れ, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあり ます 2-20

30 安 全 なドライブのために 違 法 改 造 はしない 法 律 で 認 められている 改 造 以 外 は 行 わないでください また, 三 菱 自 動 車 純 正 部 品 以 外 の 部 品 を 装 着 すると, 車 の 性 能 や 機 能 に 影 響 し, 思 いがけない 事 故 が 発 生 するおそ れがあります 2 電 装 品 や 無 線 機 などの 注 意 電 装 品 や 無 線 機 などを 取 り 付 けると きは, 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 く ださい 配 線 が 車 体 に 干 渉 したり, 保 護 ヒュー ズがないなど 取 付 け 方 法 が 適 切 でな いと, 電 子 機 器 部 品 に 悪 影 響 をおよぼ したり, 火 災 など, 思 わぬ 事 故 につな がるおそれがあります 2-21

31 安 全 なドライブのために セルフ 式 ガソリンスタンドを 利 用 するときは J 燃 料 の 取 り 扱 いに 注 意 燃 料 を 補 給 するときは 火 気 厳 禁 です 燃 料 は 引 火 しやすいため 火 災 や 爆 発 のおそれがあります 必 ずエンジンを 止 めてください たばこ,ライター, 携 帯 電 話 などは 使 用 しないでください 気 化 した 燃 料 を 吸 わないように 注 意 してください 燃 料 には 有 毒 な 成 分 を 含 んでいるものもあります 給 油 中 はドアおよびドアガラスを 閉 めてください 車 内 に 気 化 した 燃 料 が 侵 入 するおそれがあります 燃 料 をこぼさないように 注 意 してく ださい 塗 装 の 変 色,シミ,ひび 割 れ の 原 因 になります 付 着 したときは, 柔 らかい 布 などでふき 取 ってくださ い 静 電 気 は 確 実 に 除 去 する フューエルキャップを 外 す 前 に 車 体 や 給 油 機 の 金 属 部 分 に 触 れて, 必 ず 身 体 の 静 電 気 を 除 去 してください 静 電 気 を 帯 びていると, 放 電 による 火 花 で 気 化 した 燃 料 に 引 火 するおそれ があります リッド( 補 給 口 )の 開 口,フューエル キャップの 取 り 外 しなど, 給 油 操 作 は 必 ず 一 人 で 行 い, 補 給 口 に 他 の 人 を 近 づけないでください 複 数 で 行 うと 他 の 人 が 帯 電 していた 場 合, 気 化 した 燃 料 に 引 火 するおそれ があります 給 油 が 終 わるまで 補 給 口 から 離 れな いでください 途 中,シートに 座 るな どすると, 再 帯 電 するおそれがありま す フューエルキャップの 取 り 扱 いに 注 意 フューエルキャップを 開 けるときは, 急 激 に 回 さないでください 燃 料 タン ク 内 の 圧 力 により, 補 給 口 から 燃 料 が 吹 き 返 すおそれがあります フューエルキャップをゆるめたとき にシューッという 音 がしたときは, 音 がしなくなるまで 待 ってから,フュー エルキャップをゆっくり 回 してくだ さい フューエルキャップを 閉 めたときは, 確 実 に 閉 まっていることを 確 認 して ください 確 実 に 閉 まっていないと 燃 料 が 漏 れ, 火 災 になるおそれがありま す 三 菱 自 動 車 純 正 部 品 以 外 のフューエ ルキャップは 使 用 しないでください ガソリンスタンドの 注 意 事 項 を 守 る ガソリンスタンドに 掲 示 されている 注 意 事 項 を 守 ってください 補 給 口 に 給 油 ノズルを 確 実 に 差 し 込 んでください 給 油 ノズルが 正 しく 差 し 込 まれてい ないと, 燃 料 がこぼれるおそれがあり ます 給 油 ノズルが 自 動 的 に 停 止 したら 給 油 を 終 了 してください つぎ 足 しを 繰 り 返 すと 燃 料 があふれ 出 るおそれがあります 給 油 方 法 についてご 不 明 な 点 は,ガソ リンスタンドの 係 員 にご 相 談 くださ い 2-22

32 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 経 済 的 な 運 転 をするために 機 能 を 上 手 く 使 うために 環 境 保 護 のために 守 っていただきたいこと

33 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 経 済 的 な 運 転 をするために 無 駄 な 荷 物 を 載 せない J 不 要 な 荷 物 を 降 ろして 重 量 を 軽 くし てください 発 進, 加 速 はスムーズに 不 必 要 な 急 発 進, 急 加 速, 急 減 速 など, アクセルペダルをバタつかせるよう な 運 転 は 避 け,アクセルペダルの 操 作 はゆるやかに 行 ってください スピードに 応 じた 変 速 位 置 に 変 速 位 置 は, 走 行 速 度 に 応 じた 正 しい 位 置 を 選 択 してください 速 度 はできるだけ 一 定 に 法 定 速 度 を 守 り,できるだけ 一 定 のス ピードで 運 転 してください 空 ぶかしは 禁 物 空 ぶかしは, 燃 料 の 無 駄 使 いであると 同 時 に, 騒 音 や 排 気 ガスにより 周 辺 へ の 迷 惑 となりますので 避 けてくださ い タイヤの 空 気 圧 は 定 期 的 に チェック タイヤの 空 気 圧 はこまめに 点 検 し, 常 に 規 定 の 空 気 圧 に 調 整 してください エアコンは 控 えめに エアコンは 燃 費 に 影 響 します 冷 やしすぎに 注 意 して 適 温 を 心 がけ てください その 他 に 気 を 付 けること 車 間 距 離 を 十 分 にとり, 不 必 要 なブ レーキをかけないようにしてくださ い 下 り 坂 では 早 めにアクセルペダルを 戻 し,エンジンブレーキを 使 用 してく ださい 高 速 道 路 でも 不 必 要 な 高 速 走 行 は 避 けてください 駐 車 時 はエンジンストップ 携 帯 電 話 の 使 用 や 休 憩 などで 長 い 間, 車 を 止 めるときは,エンジンを 止 めて ください 燃 料 の 無 駄 使 いであると 同 時 に, 騒 音 や 排 気 ガスにより 周 辺 への 迷 惑 となります 3-2

34 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 機 能 を 上 手 く 使 うために J 携 帯 電 話 やパソコンなどの 電 子 機 器 からの 影 響 車 内 で 携 帯 電 話 を 使 用 すると,オー ディオから 雑 音 が 出 ることがありま す このときは, 携 帯 電 話 をオーディオか らできるだけ 離 して 使 用 してくださ い 車 内 や 車 の 近 くでパソコンなどの 電 子 機 器 を 使 用 すると,カーナビゲー ションが 正 常 に 作 動 しないことがあ ります このときは, 電 子 機 器 を 車 からできる だけ 離 して 使 用 してください 環 境 保 護 のために 守 ってい ただきたいこと 廃 棄 物 を 処 理 するときは J バッテリーは, 鉛 や 希 硫 酸 が 使 われて います 使 用 済 みのバッテリーは, 新 品 バッテ リーを 購 入 した 販 売 店 に 処 分 を 依 頼 してください タイヤを 燃 やすと, 有 害 なガスを 発 生 させます 使 用 済 みのタイヤは, 新 品 タイヤを 購 入 した 販 売 店 に 処 分 を 依 頼 してくだ さい エンジンオイルを 地 下 や 河 川 などに 流 すと, 水 質 汚 濁 の 原 因 となります エンジンオイルを 交 換 する 場 合 は 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください 冷 却 水 を 地 下 や 河 川 などに 流 すと, 水 質 汚 濁 の 原 因 となります 冷 却 水 を 交 換 する 場 合 は, 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください エアコンの 冷 媒 ガスについて J エアコン 冷 媒 は,オゾン 層 を 破 壊 させ ない 代 替 フロンガスHFC-134a (R134a) を 使 用 していますが,この 代 替 フロンガスにも 地 球 を 温 暖 化 させ る 働 きがあります エアコンの 効 きが 悪 い 場 合 は 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 でガ ス 漏 れの 点 検 を 行 い,ガスの 大 気 放 出 を 防 止 してください 3 3-3

35 MEMO

36 各 部 の 開 閉 キー キーレスエントリー ドア センタードアロック チャイルドプロテクション(スライドドア 安 全 施 錠 装 置 ) テールゲ-ト マニュアルウインドウ パワーウインドウ エンジン 点 検 口 フューエルリッド( 燃 料 補 給 口 )

37 各 部 の 開 閉 4 キー 除 く,キーレスエントリー 付 き 車 1: マスターキー 2: キーナンバープレート キーレスエントリー 付 き 車 J キーレスエントリーキーは 信 号 発 信 機 が 内 蔵 された 精 密 な 電 子 機 器 部 品 です 故 障 を 防 ぐため,つぎの 点 をお 守 りくださ い ダッシュボードの 上 など 直 射 日 光 が 当 たる 場 所 には 放 置 しない 分 解, 改 造 をしない キーを 無 理 に 曲 げたり, 強 い 衝 撃 を 与 え ない 水 にぬらさない 磁 気 を 帯 びたキーホルダーなどを 近 づ けない オーディオ,パソコン,テレビなど 磁 気 を 帯 びた 機 器 の 近 くに 置 かない 超 音 波 洗 浄 器 などで 洗 浄 しない 万 一,キーを 紛 失 したときは, 盗 難 など を 防 ぐため,ただちに 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください また,キーナンバー を 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 へ 連 絡 していただ ければ,キーを 作 ることができます キー ナンバーはキーナンバープレートに 打 刻 してあります キーナンバープレートは, キーとは 別 に 大 切 に 保 管 してください 1: マスターキー 2: マスターキー (キーレスエントリー 用 キー) 3: キーナンバープレート 警 告 航 空 機 内 にキーレスエントリーキーを 持 ち 込 むときは, 機 内 でキーのスイッ チを 押 さないでください スイッチを 押 すと 電 波 が 発 信 され, 航 空 機 の 運 航 に 悪 影 響 をおよぼすおそれがありま す かばんなどに 入 れて 持 ち 込 むときも, 簡 単 にスイッチが 押 されないようにし てください 4-2

38 各 部 の 開 閉 キーレスエントリー A J リモコンスイッチですべてのドアおよび テールゲートの 施 錠 解 錠 をすることが できます また,パワーウインドウを 操 作 すること もできます LOCKスイッチ 作 動 表 示 灯 UNLOCK スイッチ ドアおよびテールゲートの 施 錠 解 錠 LOCK スイッチを 押 すとすべてのドアお よびテールゲートが 施 錠 し,UNLOCKス イッチを 押 すとすべてのドアおよびテー ルゲートが 解 錠 します UNLOCKスイッチを 押 して 解 錠 しても 約 30 秒 以 内 にドアおよびテールゲートを 開 けなければ 自 動 的 に 施 錠 されます リモコンスイッチを 押 すと 作 動 表 示 灯 が 点 灯 します 施 錠 解 錠 時 の 作 動 確 認 つぎの 通 り 作 動 を 確 認 することができま す ただし,ルームランプの 点 滅 点 灯 はルームランプのスイッチが 中 間 ( ) 位 置 のときに 限 られます 施 錠 時 : ルームランプと 非 常 点 滅 灯 が 2 回 点 滅 解 錠 時 : ルームランプが 約 15 秒 間 点 灯 し, 非 常 点 滅 灯 が1 回 点 滅 つぎの 機 能 を 変 更 することができます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 く ださい 作 動 確 認 の 機 能 ( 非 常 点 滅 灯 の 点 滅 )を 施 錠 時 のみまたは 解 錠 時 のみにする 作 動 確 認 の 機 能 ( 非 常 点 滅 灯 の 点 滅 )を 働 かなくする 4 4-3

39 各 部 の 開 閉 パワーウインドウの 閉 じ 方 電 池 交 換 のしかた 4 パワーウインドウ 付 き 車 LOCK スイッチを 押 して 施 錠 した 後, 約 30 秒 以 内 に LOCK スイッチを 再 度 約 1 秒 以 上 押 し 続 けると 前 席 のドアガラスが 閉 まります 途 中 で 止 めたいときは LOCK または UNLOCKスイッチを 押 します リモコンスイッチによるつぎの 操 作 を 変 更 することができます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください パワーウインドウの 閉 じる 操 作 をで きなくする パワーウインドウの 開 ける 機 能 を 追 加 する リモコンスイッチは 車 から 約 1m 以 内 で 作 動 します 近 くにTV 塔 や 変 電 所, 放 送 局 があるなど 周 囲 の 状 況 により 作 動 距 離 が 変 わること があります つぎのようなときはリモコンスイッチは 作 動 しません エンジンスイッチにキーが 差 してある とき ドア,テールゲートが 開 いている,また は 半 ドアのとき リモコンスイッチを 紛 失 したときや, 新 しいリモコンスイッチを 作 りたいときは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください 最 大 4 個 まで 作 ることができます つぎのときは 電 池 の 消 耗 が 考 えられま す 正 しい 距 離 でリモコンスイッチを 押 し ても 施 錠 解 錠 しないとき 作 動 表 示 灯 が 暗 い,または 点 灯 しないと き 電 池 が 消 耗 した 場 合 は, 新 しい 電 池 に 交 換 してください 電 池 交 換 のしかた P. 4-4 J 警 告 電 池 および 取 り 外 した 部 品 は, 誤 って お 子 さまが 飲 み 込 まないように 注 意 し てください 電 池 交 換 をする 際 は,キーを 破 損 するお それがあるため, 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で の 交 換 をおすすめします キーは 信 号 発 信 機 が 内 蔵 された 精 密 な 電 子 機 器 部 品 です 故 障 を 防 ぐため, 内 部 の 金 属 部 分 や 回 路 に 触 れないでくださ い また 水 やゴミを 付 着 させないでくだ さい 電 池 は 三 菱 自 動 車 販 売 会 社, 時 計 店 また はカメラ 店 などでお 買 い 求 めください 使 用 電 池 :CR

40 1. 電 池 交 換 をする 前 に 部 屋 のドアノブ などの 金 属 部 分 に 触 れて, 身 体 の 静 電 気 を 除 去 してください 2. 三 菱 マークを 上 にしてネジを 取 り 外 します 先 端 に 布 をかぶせたマイナスドライ バーなどを 差 し 込 んでケースを 外 し, トランスミッターを 取 り 出 します ケース ネジ トランスミッター 3. 先 端 に 布 をかぶせたマイナスドライ バーなどを 差 し 込 んでトランスミッ ターを 開 きます 新 しい 電 池 は- 極 を 上 にして 取 り 付 けます ドア 各 部 の 開 閉 J 警 告 車 から 離 れるときは, 火 災 や 盗 難 など を 未 然 に 防 ぐため, 必 ずエンジンを 止 めドアを 施 錠 してください 法 的 にも 義 務 づけられています お 子 さま 連 れのときは 必 ずお 子 さまも 一 緒 に 連 れて 出 てください また 車 内 に 貴 重 品 を 置 いたままにしな いでください 注 意 ドアを 閉 めるときは, 確 実 に 閉 め,メー ター 内 の 半 ドア 警 告 灯 が 消 灯 している ことを 確 認 してください 半 ドアでは, 走 行 中 にドアが 開 き 思 わぬ 事 故 につな がるおそれがあります 4 電 池 4. 取 り 付 けるときは, 取 り 外 したときと 逆 の 手 順 で 行 います 4-5

41 各 部 の 開 閉 車 外 から 施 錠 解 錠 するとき は J キーを 使 って 施 錠 解 錠 する ときは キーを 車 両 前 方 に 回 すと 施 錠, 車 両 後 方 に 回 すと 解 錠 されます リヤスライドドア 1. ドア 内 側 のロックノブを 車 両 前 方 に 倒 し, 2. ドアを 閉 じます 4 解 錠 施 錠 注 意 スライドドアを 閉 めるときは 手 をはさ まないように 気 をつけてください キーを 使 わずに 施 錠 するとき は フロントドア 1. ドア 内 側 のロックノブを 車 両 前 方 に 倒 し, 2. ドアハンドルを 引 いたまま 3. ドアを 閉 じます キー 抜 き 忘 れ 防 止 機 構 J エンジンスイッチを 切 り,キーを 差 した まま 運 転 席 ドアを 開 くとブザーが 断 続 的 に 鳴 り,キーの 抜 き 忘 れを 知 らせます また,キーレスエントリー 付 き 車 はキー を 差 したまま 運 転 席 ドアを 開 け,ロック ノブを 車 両 前 方 に 倒 して 施 錠 しようとし ても 施 錠 されません キー 抜 き 忘 れ 防 止 のためキーを 持 ってド アを 閉 じてください 4-6

42 各 部 の 開 閉 車 内 から 施 錠 解 錠 するとき は フロントドア J ロックノブを 車 両 前 方 へ 倒 すと 施 錠 し, 車 両 後 方 へ 戻 すと 解 錠 します 施 錠 解 錠 センタードアロック A J つぎの 操 作 ですべてのドアおよびテール ゲートの 施 錠 解 錠 ができます 施 錠 と 解 錠 を 交 互 に 連 続 操 作 すると 保 護 回 路 が 働 いてセンタードアロックが 一 時 的 に 作 動 しなくなることがあります このようなときはしばらくしてから( 約 1 分 後 ) 操 作 してください キーを 使 って 施 錠 解 錠 する ときは 4 リヤスライドドア ロックノブを 車 両 前 方 へ 倒 すと 施 錠 し, 車 両 後 方 へ 倒 すと 解 錠 します 運 転 席 ドアのキーを 車 両 前 方 に 回 すとす べてのドアおよびテールゲートが 施 錠 し, 車 両 後 方 に 回 すとすべてのドアおよ びテールゲートが 解 錠 します 施 錠 解 錠 解 錠 施 錠 センタードアロック 付 き 車 は 施 錠 と 解 錠 を 交 互 に 連 続 操 作 すると 保 護 回 路 が 働 い て 集 中 ドアロックが 一 時 的 に 作 動 しなく なることがあります このようなときはしばらくしてから( 約 1 分 後 ) 操 作 してください 4-7

43 各 部 の 開 閉 4 ロックノブを 使 って 施 錠 解 錠 するときは 運 転 席 ドア 内 側 のロックノブを 車 両 前 方 へ 倒 すとすべてのドアおよびテールゲー トが 施 錠 し, 車 両 後 方 へ 倒 すとすべての ドアおよびテールゲートが 解 錠 します 施 錠 解 錠 チャイルドプロテクション (スライドドア 安 全 施 錠 装 置 ) J A お 子 さまを 乗 せるときはレバーを LOCK 側 にしてドアを 閉 めてください 車 内 か らドアは 開 けられなくなります ドアを 開 けるときは 車 外 のドアハンドル で 開 けてください レバーを FREE 側 にするとチャイルドプ ロテクションは 働 きません 注 意 お 子 さまを 後 席 に 乗 せるときは, 安 全 のためチャイルドプロテクションをご 使 用 ください FREE LOCK 4-8

44 各 部 の 開 閉 テールゲ-ト J 車 内 から 施 錠 解 錠 するとき は 警 告 走 行 前 に 必 ずテールゲートが 確 実 に 閉 じていることを 確 認 してください 開 けたまま 走 行 すると, 車 内 に 排 気 ガ スが 侵 入 し, 一 酸 化 炭 素 中 毒 になるお それがあります テールゲートを 開 閉 するときは,まわ りに 人 がいないことを 確 認 し, 頭 をぶ つけたり, 手 や 首 などをはさまないよ うに 注 意 してください センタードアロック 付 き 車 運 転 席 のロックノブを 車 両 前 方 に 倒 すと 施 錠, 車 両 後 方 に 倒 すと 解 錠 されます 施 錠 解 錠 4 注 意 ラゲッジルームの 荷 物 を 出 し 入 れする ときは, 排 気 管 の 後 方 に 立 たないでく ださい 排 気 熱 によりやけどをするおそれがあ ります 車 外 から 施 錠 解 錠 するとき は キーを 差 し 込 み, 右 に 回 すと 施 錠, 左 に 回 すと 解 錠 されます 施 錠 と 解 錠 を 交 互 に 連 続 操 作 すると 保 護 回 路 が 働 いてセンタードアロックが 一 時 的 に 作 動 しなくなることがあります このようなときはしばらくしてから( 約 1 分 後 ) 操 作 してください 解 錠 施 錠 センタードアロックまたはキーレスエン トリーを 使 って 運 転 席 ドアを 施 錠 解 錠 すると,テールゲートも 同 時 に 施 錠 解 錠 されます 4-9

45 各 部 の 開 閉 開 けるときは 解 錠 後,ハンドルを 引 いて 持 ち 上 げます ラゲッジルームランプ 付 き 車 はテール ゲートを 開 くとラゲッジルームランプが 点 灯 し, 閉 じると 消 灯 します 閉 めるときは 注 意 テールゲートを 閉 じた 後 は 必 ずテール ゲートが 確 実 に 閉 じていることを 確 認 してください 走 行 中 に 開 くと, 荷 物 が 落 ちて 思 わぬ 事 故 につながるおそれ があります 4 除 く,テールゲートストラップ 付 き 車 テールゲートを 引 き 下 げ,ハンドルの 上 から 押 さえつけて 閉 じます 注 意 テールゲートを 開 けるときはまわりに 人 がいないことを 確 認 してください 4-10

46 各 部 の 開 閉 テールゲートストラップ 付 き 車 テールゲートストラップを 使 ってテール ゲートを 途 中 まで 引 き 下 げた 後,スト ラップから 手 を 離 してハンドルの 上 から 押 さえつけて 閉 じます テールゲートを 支 えるためのガススプリ ングがつぎの 位 置 についています ストラップ 注 意 テールゲートストラップを 使 ってテー ルゲートを 最 後 まで 閉 じようとしない でください 手 や 腕 をはさみ,けがを するおそれがあります ガス スプリング 損 傷 や 作 動 不 良 を 防 ぐため,つぎのこと をお 守 りください ガススプリングに 手 をかけてテール ゲートを 閉 めたり, 押 したり 引 いたりし ないでください ビニール 片,テープなどがガススプリン グに 付 着 しないようにしてください ひもなどをガススプリングに 巻 き 付 け ないでください ガススプリングに 物 をかけないでくだ さい テールゲートを 閉 めるときは,テール ゲートやガススプリングと 荷 物 が 干 渉 し ていないことを 確 認 してください 干 渉 したままテールゲートを 閉 めるとテール ゲートやガススプリングが 損 傷 し,テー ルゲートを 閉 めることができなくなるお それがあります

47 各 部 の 開 閉 マニュアルウインドウ A J ハンドルを 車 両 前 方 へ 回 すと 開 き, 車 両 後 方 へ 回 すと 閉 じます パワーウインドウ A 開 ける 閉 じる J 開 ける 閉 じる 後 席 ドアガラスは 全 開 しません 警 告 パワーウインドウを 閉 じるときは, 安 全 のため 同 乗 者 が 窓 から 顔 や 手 を 出 し ていないことを 確 認 してください 安 全 のためパワーウインドウの 操 作 は お 子 さまではなく 大 人 が 行 ってくださ い 車 を 離 れるときは 必 ずキーを 抜 い て,お 子 さまも 一 緒 に 連 れて 出 てくだ さい キーを 差 したままだとお 子 さまがいた ずらをして 手 や 首 をはさむおそれがあ ります キーレスエントリー 付 き 車 は,リモコン スイッチでもパワーウインドウを 閉 じる ことができます キーレスエントリー P

48 各 部 の 開 閉 運 転 席 スイッチ タイマー 機 構 助 手 席 側 運 転 席 側 J エンジンスイッチを 切 った 後 でも 約 30 秒 間 はガラスを 開 閉 することができます この 時 間 内 に 運 転 席 ドアを 開 けるとさら に 約 30 秒 間 ガラスを 開 閉 できます ただ し, 一 旦 運 転 席 ドアを 閉 めるとガラスの 開 閉 はできなくなります ロックスイッチ J 運 転 席 スイッチで 前 席 のドアガラスの 開 閉 をすることができます エンジンス イッチが ON のときにスイッチを 押 すと 開 き, 引 き 上 げると 閉 まります スイッチを 強 く 押 したり, 強 く 引 き 上 げ ると 自 動 的 に 全 開, 全 閉 します 途 中 で 止 めたいときはスイッチを 軽 く 操 作 します お 子 さまを 乗 せるときはロックスイッチ をONにしてください 助 手 席 スイッチを 操 作 してもドアガラス は 開 閉 できなくなります 解 除 するときはもう 一 度 押 します 助 手 席 スイッチ エンジンスイッチが ON のときにスイッ チを 押 すと 開 き, 引 き 上 げると 閉 まりま す ロックスイッチが ON でも 運 転 席 スイッ チでは 助 手 席 のドアガラスを 開 閉 するこ とができます 4-13

49 各 部 の 開 閉 4 セーフティー 機 構 J 万 一, 手 や 首 などをはさんだ 場 合 は 安 全 のため 自 動 的 にドアガラスが 少 し 下 がり ます ドアガラスが 下 がった 後, 再 度 スイッチ を 引 き 上 げるとドアガラスを 閉 めること ができます 注 意 ドアガラスを 確 実 に 閉 めるため, 閉 め 切 り 直 前 ではセーフティー 機 構 が 働 か ないようになっています 指 などをは さまないように 注 意 してください エンジン 点 検 口 J フロントシートを 操 作 することにより, エンジンルームの 点 検 をすることができ ます 1. 運 転 席 シートは 後 方 へいっぱいまで 移 動 します 2. シートクッション 下 側 のカーペット をめくります 環 境 や 走 行 条 件 により, 手 や 首 などをは さんだときと 同 じ 衝 撃 が 加 わると,セー フティー 機 構 が 働 くことがあります 3 回 以 上 連 続 してセーフティー 機 構 が 働 いたときは,セーフティー 機 構 が 解 除 さ れ,ドアガラスが 正 常 に 閉 まらなくなり ます つぎの 方 法 でドアガラスを 処 置 してくだ さい ドアガラスが 開 いているときは,パワー ウインドウスイッチを 繰 り 返 し 引 き 上 げ て,ドアガラスを 一 度 全 閉 します 全 閉 後, 一 旦 スイッチから 手 を 離 し, 再 度 約 1 秒 間 スイッチを 引 き 上 げてください こ れにより, 元 通 りドアガラスの 開 閉 操 作 ができるようになります 3. シートクッション 下 側 のレバーを 引 き 上 げロックを 外 します 4-14

50 各 部 の 開 閉 4. シート 全 体 をゆっくり 後 ろに 倒 しま す フューエルリッド( 燃 料 補 給 口 ) J フューエルリッド( 燃 料 補 給 口 )は 車 両 の 右 側 前 方 にあります 5. 元 に 戻 すときは 逆 の 手 順 で 行 います 6. 元 に 戻 した 後 はシートを 軽 くゆすり, シートが 確 実 に 固 定 されていること を 確 認 します 注 意 シートを 後 ろに 倒 すときは,シート 後 方 に 人 や 荷 物 がないことを 確 認 してか ら 行 ってください シートパン(シートの 裏 側 )が 熱 いこ とがありますので,やけどをしないよ うに 注 意 してください 警 告 燃 料 を 補 給 するときは 火 気 厳 禁 です 燃 料 は 引 火 しやすいため 火 災 や 爆 発 の おそれがあります 必 ずエンジンを 止 めてください たばこ,ライター, 携 帯 電 話 などは 使 用 しないでください フューエルキャップを 外 す 前 に 車 体 や 給 油 機 の 金 属 部 分 に 触 れて, 必 ず 身 体 の 静 電 気 を 除 去 してください 静 電 気 を 帯 びていると, 放 電 による 火 花 で 気 化 した 燃 料 に 引 火 するおそれが あります リッド( 補 給 口 )の 開 口,フューエル キャップの 取 り 外 しなど, 給 油 操 作 は 必 ず 一 人 で 行 い, 補 給 口 に 他 の 人 を 近 づけないでください 複 数 で 行 うと 他 の 人 が 帯 電 していた 場 合, 気 化 した 燃 料 に 引 火 するおそれが あります 給 油 が 終 わるまで 補 給 口 から 離 れない でください 途 中,シートに 座 るなど すると, 再 帯 電 するおそれがあります 4 燃 料 は 必 ず 指 定 された 燃 料 をご 使 用 くだ さい 燃 料 は 指 定 されたものを 補 給 P. 2-3 メンテナンスデータ: 燃 料 の 量 と 種 類 P

51 各 部 の 開 閉 開 けるときは J 計 器 盤 右 下 のレバーを 引 いてリッド ( 補 給 口 )を 開 けます 注 意 給 油 中 に 運 転 席 ドアを 開 けるときは, 運 転 席 ドアと 給 油 ノズルおよび 給 油 ホースが 接 触 しないように 注 意 してく ださい 給 油 ノズルの 挿 入 または 給 油 ホースの 引 き 回 し 状 態 によっては, 給 油 ノズル が 補 給 口 から 外 れるおそれがありま す 4 閉 めるときは J フューエルキャップをカチッカチッ と 音 がするまで 右 に 回 して 閉 めます 2. フューエルキャップのつまみを 持 ち, ゆっくり 左 に 回 して 外 します フューエルキャップ 警 告 フューエルキャップが 確 実 に 閉 まって いることを 確 認 してください 確 実 に 閉 まっていないと 燃 料 がもれ, 火 災 に なるおそれがあります 2. フューエルリッドを 手 で 軽 く 押 して 閉 めます 警 告 急 激 にフューエルキャップを 回 さない でください 燃 料 タンク 内 の 圧 力 によ り, 補 給 口 から 燃 料 が 吹 き 返 すおそれ があります フューエルキャップをゆるめたときに シューッという 音 がしたときは, 音 が しなくなるまで 待 ってから,フューエ ルキャップをゆっくり 回 してくださ い 4-16

52 安 全 装 備 シート シート シートアレンジ シート 調 整 フロントシート ヘッドレスト 荷 室 の 作 り 方 フラットシートの 作 り 方 シートベルト シートベルト プリテンショナー 機 構 /フォースリミッター 機 構 付 シートベルト チャイルドシート チャイルドシート SRSエアバッグ SRSエアバッグ

53 安 全 装 備 シート J フロントシート リヤシート 5 フロントシート 前 後 調 整 ( 運 転 席 )P. 5-5 背 もたれの 角 度 調 整 P. 5-5 背 もたれの 前 倒 し( 助 手 席 )A P. 5-5 リヤシートA 折 りたたみP

54 安 全 装 備 シートアレンジ お 好 みに 合 わせて,つぎのようなシートアレンジをすることができます J リヤベンチシート 付 き 車 リヤスプリットシート 付 き 車 通 常 の 使 い 方 背 もたれの 前 倒 し ( 助 手 席 ) P 荷 室 の 作 り 方 P. 5-7 フラットシート P

55 安 全 装 備 5 シート 調 整 J シート 各 部 の 調 整 は 走 行 前 に 行 ってくだ さい 警 告 シートの 調 整 は 必 ず 走 行 前 に 行 ってく ださい 走 行 中 にシートを 調 整 すると 必 要 以 上 に 動 くことがあり, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあります シートの 調 整 をした 後 は,シートが 確 実 に 固 定 されていることを 確 認 してく ださい シートが 固 定 されていないと シートが 動 き, 重 大 な 事 故 につながる おそれがあります シートの 背 もたれを 必 要 以 上 に 倒 して 走 行 しないでください 急 ブレーキを かけたときや 衝 突 したときなどに, 身 体 がシートベルトの 下 にもぐり, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります フロントシート J 正 しい 運 転 姿 勢 がとれるように,つぎの 点 に 注 意 してシートを 調 整 してくださ い ハンドルが 楽 に 操 作 できる ペダルが 十 分 に 踏 み 込 める ヘッドレスト 付 き 車 は ヘッドレストの 中 央 部 を できるだけ 耳 の 高 さにする 注 意 シートの 調 整 は 必 ず 大 人 が 行 ってくだ さい お 子 さまが 操 作 すると 思 わぬ 事 故 を 起 こすおそれがあります シートを 操 作 しているときは,シート の 下 や 動 いている 部 分 に 手 足 を 近 づけ ないでください シートベルトが 正 しく 着 用 できる P 背 すじをのばし 背 もたれに 軽 くつける 警 告 背 もたれと 背 中 の 間 にクッションなど を 入 れないでください 正 しい 運 転 姿 勢 がとれないため, 思 わ ぬ 事 故 につながるおそれがあります 注 意 後 方 へシートを 移 動 したり, 背 もたれ を 倒 すときは 乗 員 に 注 意 してくださ い 5-4

56 安 全 装 備 前 後 調 整 ( 運 転 席 ) J レバーを 引 いたまま 調 整 します 調 整 後 はシートを 前 後 に 軽 くゆすり, シートが 確 実 に 固 定 されたことを 確 認 し ます 背 もたれの 角 度 調 整 J レバーを 引 いたまま 調 整 します 調 整 後 は 背 もたれを 軽 くゆすり, 背 もた れが 確 実 に 固 定 されたことを 確 認 しま す 背 もたれの 前 倒 し( 助 手 席 ) A J 助 手 席 シートの 背 もたれを 前 倒 しするこ とにより, 大 きな 荷 物 を 積 むことができ ます 警 告 背 もたれを 前 倒 しにした 状 態 で 人 を 乗 せて 走 行 しないでください 急 ブレーキをかけたときや 衝 突 したと きなどに 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれが あります 注 意 レバーを 操 作 するときは, 背 もたれに 手 を 添 えて 行 ってください 背 もたれ が 急 に 戻 り 顔 などにあたるおそれがあ ります 倒 すときは レバーを 引 いたまま 背 もたれを 前 へ 倒 し ます 5 注 意 レバーを 操 作 するときは, 背 もたれに 身 体 を 添 わせるか, 手 を 添 えて 行 って ください 背 もたれが 急 に 戻 り 顔 などにあたるお それがあります 戻 すときは 背 もたれを 確 実 にロックするまで 起 こし ます 戻 したあとは, 背 もたれが 確 実 に 固 定 されていることを 確 認 します 5-5

57 安 全 装 備 5 ヘッドレスト A J 警 告 ヘッドレストの 固 定 できる 高 さを 超 え て 使 用 しないでください 万 一 のとき 安 全 確 保 に 役 立 ちません 背 もたれと 背 中 の 間 にクッションなど を 入 れると 安 全 確 保 に 役 立 ちません ヘッドレストを 取 り 外 したままで 走 行 しないでください 走 行 前 に 必 ず 取 り 付 けてください 衝 突 したときなどに 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがありま す 上 下 調 整 ヘッドレストの 中 央 部 ができるだけ 耳 の 高 さになるように 調 整 します 耳 の 高 さに 届 かない 場 合 ( 特 に 背 の 高 い 人 など)は, 固 定 できる 範 囲 で 一 番 高 い 位 置 に 調 整 してください 上 げるときはそのまま 引 き 上 げ, 下 げる ときは 固 定 ボタンを 押 しながら 下 げま す 取 り 付 けるときは J 切 り 欠 きのあるヘッドレストステーが, 固 定 ボタン 側 になるように 取 り 付 け, 固 定 ボタンを 押 しながら 差 し 込 みます 注 意 ヘッドレストを 取 り 付 けた 後, 固 定 ボ タンがロックされていることを 確 認 し てください ロックされた 状 態 切 り 欠 き 固 定 ボタン 固 定 ボタン 固 定 ボタン 前 後 の 向 きを 間 違 えて 取 り 付 けると, ヘッドレストが 固 定 されません 固 定 ボタン 取 り 外 すときは J 固 定 ボタンを 押 したまま,いっぱいに 引 き 上 げて 取 り 外 します 5-6

58 安 全 装 備 荷 室 の 作 り 方 A J リヤシートを 折 りたたむことにより, 大 きな 荷 物 を 積 むことができます 警 告 荷 室 を 作 るときは 必 ず 走 行 前 に 行 って ください 走 行 中 にシートを 操 作 する と 必 要 以 上 に 動 くことがあり, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあります シートを 折 りたたんだり,または 元 に 戻 したときは,シートが 確 実 に 固 定 さ れていることを 確 認 してください シートが 固 定 されていないとシートが 動 き, 重 大 な 事 故 につながるおそれが あります 走 行 中 に 荷 室 に 人 が 乗 ったり,お 子 さ まを 遊 ばせないでください 急 ブレーキをかけたときや 衝 突 したと きなどに 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれが あります 折 りたたむときは ベンチシート J シートベルトのバックルを 荷 室 側 へ 押 し 出 します 2. ノブを 引 き 上 げたまま, 背 もたれを 前 へ 倒 します 5 注 意 室 内 にはシートの 高 さ 以 上 に 荷 物 を 積 まないでください また, 荷 物 は 確 実 に 固 定 してください 後 方 の 確 認 ができなくなったり, 急 ブ レーキをかけたときに 荷 物 が 飛 び 出 し て 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあり ます シートを 操 作 するときは, 手 足 をはさ まないように 注 意 してください けが をするおそれがあります 3. シート 後 方 のバンドを 引 いてロック を 外 し,シート 全 体 を 前 方 へ 倒 しま す 5-7

59 安 全 装 備 4. シートベルトのバックルをフロアの 切 り 抜 き 部 に 格 納 します 4. シート 後 方 のバンドを 引 いてロック を 外 します 格 納 後 5 切 り 抜 き 部 スプリットシート 1. シートベルトのバックルを 格 納 しま す リヤシートベルトの 格 納 のしか た P ヘッドレストを 取 り 外 します ヘッドレスト: 取 り 外 すときは P 折 りたたみたい 側 のレバーを 引 き 上 げたまま, 背 もたれを 前 へ 倒 します 5. バンドを 引 き 上 げ,シート 後 方 を 持 ち 上 げてシート 全 体 を 前 方 へ 移 動 しま す 警 告 背 もたれを 立 てたまま 前 方 へ 移 動 した 状 態 で 人 を 乗 せたりお 子 さまを 遊 ばせ ないでください 急 ブレーキをかけた ときなど 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれが あります 5-8

60 安 全 装 備 戻 すときは J ノブを 引 き, 背 もたれを 確 実 にロック するまで 起 こします ベンチシート 1. シート 全 体 を 後 方 へ 起 こします 4. 背 もたれとクッションの 間 を 通 して シートベルトのバックルを 元 の 位 置 に 戻 します 5 2. シート 後 部 をカチッと 音 がするまで 押 し 付 けるか,またはシートを 少 し 持 ち 上 げた 位 置 ( 約 30cm)から 離 し 確 実 に 固 定 します 5. 操 作 後 はシートを 軽 くゆすり,シート が 確 実 に 固 定 されたことを 確 認 しま す スプリットシート 1. カバーの 取 っ 手 部 を 持 ち 上 げてシー ト 全 体 を 後 方 へ 移 動 します 取 っ 手 部 5-9

61 安 全 装 備 5 2. シート 後 部 をカチッと 音 がするまで 押 し 付 け, 確 実 に 固 定 します 3. レバーを 引 き 上 げ, 背 もたれをカチッ と 音 がするまで 起 こします 4. 操 作 後 はシートを 軽 くゆすり,シート が 確 実 に 固 定 されたことを 確 認 しま す 5. ヘッドレストを 取 り 付 けます ヘッドレスト: 取 り 付 けるときは P. 5-6 フラットシートの 作 り 方 A J シートを 倒 して 大 きな 空 間 を 作 ることが できます 警 告 フラットにした 状 態 で 人 や 荷 物 を 乗 せ て 走 行 しないでください 急 ブレーキをかけたときや 衝 突 したと きなどに, 重 大 な 傷 害 を 受 けたり, 荷 物 が 飛 び 出 して 重 大 な 事 故 につながる おそれがあります 注 意 フラットにするときは, 必 ず 車 を 安 全 な 場 所 に 止 めてから 行 ってください フラットにする 操 作 は 必 ず 大 人 が 行 っ てください お 子 さまが 操 作 すると 思 わぬ 事 故 につ ながるおそれがあります シートを 移 動 するときは, 手 足 をはさ まないように 注 意 してください けが をするおそれがあります 背 もたれを 元 に 戻 すときは, 背 もたれ に 身 体 を 添 わせるか, 手 を 添 えて 操 作 してください 背 もたれが 急 に 戻 り 顔 などに 当 たるおそれがあります フラットにしたときは,シートの 上 を 歩 き 回 らないでください シートから 足 を 踏 み 外 すと 危 険 です 必 ずシート の 中 央 を 踏 んで,ゆっくり 移 動 してく ださい フラットにしたときは, 背 もたれ 上 部 に 飛 び 乗 ったり, 強 い 衝 撃 を 与 えないでく ださい シートが 損 傷 することがありま す 5-10

62 安 全 装 備 1. フロントシートのヘッドレストを 取 り 外 します ヘッドレスト: 取 り 外 すときは P. 5-6 シートベルト J シートベルトは 万 一 の 場 合, 運 転 者 と 同 乗 者 の 安 全 を 守 ります シートベルトは つぎの 使 用 方 法, 注 意 を 守 り, 運 転 する 前 に 必 ず 着 用 してください 2. レバーを 引 き 上 げたまま, 助 手 席 シー トの 背 もたれを 倒 します 肩 に 十 分 かかるように 上 体 を 起 こし 深 く 座 り シートを 正 しい 位 置 に 調 整 する ねじれて いない ように 5 腰 部 ベルトは 必 ず 腰 骨 の できるだけ 低 い 位 置 にかける 3. 運 転 席 シートは 助 手 席 シートと 同 じ 位 置 に 調 整 し, 背 もたれを 倒 します 前 後 調 整 ( 運 転 席 ) P. 5-5 これでフラットシートの 完 成 です 元 に 戻 すときは 逆 の 手 順 で 行 います 警 告 肩 部 ベルトは 脇 の 下 を 通 さないで, 肩 に 十 分 かかるように 着 用 してくださ い ベルトが 肩 に 十 分 かかっていない と 衝 突 したときなどに 身 体 が 前 方 に 投 げ 出 され, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれ があります 腰 部 ベルトは 腹 部 にかけないでくださ い 衝 突 したときなどに 腹 部 などに 強 い 圧 迫 を 受 け,シートベルトにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります ベルトは1 人 用 です 2 人 以 上 で 使 用 し ないでください 衝 突 のときなどにベ ルトが 正 常 に 働 かず, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 5-11

63 安 全 装 備 5 警 告 シートの 背 もたれを 必 要 以 上 に 倒 して 走 行 しないでください 急 ブレーキを かけたときや 衝 突 したときなどに, 身 体 がシートベルトの 下 にもぐり, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 車 に 乗 るときは 必 ず 全 員 がシートベル トを 着 用 してください ベルトを 着 用 しないと 急 ブレーキをかけたときや 衝 突 したときなどに 身 体 がシートに 保 持 されず, 車 外 に 投 げ 出 されたりして, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります シートベルトは 上 体 を 起 こして,シー トに 深 く 腰 かけた 状 態 で 着 用 してくだ さい 正 しい 姿 勢 で 着 用 しないと 十 分 な 効 果 を 発 揮 しないおそれがありま す 正 しい 姿 勢 については フロント シート を 参 照 してください P. 5-4 シートベルトはねじれのないように 着 用 してください ねじれがあるとベル トの 幅 が 狭 くなり, 衝 突 したときなど に 局 部 的 に 強 い 力 を 受 けてシートベル トにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれが あります ハンドルやインストルメントパネルに 必 要 以 上 に 近 づいて 運 転 しないでくだ さい 衝 突 したときなどにシートベル トが 十 分 な 効 果 を 発 揮 しないおそれが あります お 子 さまでもシートベルトを 必 ず 着 用 させてください ひざの 上 でお 子 さま を 抱 いていても, 急 ブレーキをかけた ときや 衝 突 したときなどに 十 分 に 支 え ることができず,お 子 さまが 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 警 告 妊 娠 中 の 女 性 や 疾 患 のある 方 も, 万 一 のときのためにシートベルトを 着 用 し てください ただし, 局 部 的 に 強 い 圧 迫 を 受 けるおそれがありますので, 医 師 にご 相 談 のうえ 注 意 事 項 を 確 認 して からご 使 用 ください 妊 娠 中 の 方 は, 腰 部 ベルトを 腹 部 を 避 けて 腰 部 のできるだけ 低 い 位 置 にぴっ たりと 着 用 してください 肩 部 ベルト は 確 実 に 肩 を 通 し, 腹 部 を 避 けて 胸 部 にかかるように 着 用 してください シートベルトを 着 用 する 場 合 は 洗 たく ばさみやクリップなどでベルトにたる みをつけないでください ベルトにた るみがあると 十 分 な 効 果 を 発 揮 しない おそれがあります ほつれや 切 り 傷 ができたり, 金 具 部 な どが 正 常 に 動 かなくなったときは, シートベルトを 交 換 してください 異 常 がある 状 態 で 使 用 すると 衝 突 時 に 正 常 に 動 かず, 性 能 を 十 分 発 揮 できない おそれがあります 万 一, 事 故 にあって,シートベルトに 強 い 衝 撃 を 受 けた 場 合 は, 外 観 に 異 常 がなくても 必 ず 交 換 してください 軽 い 事 故 の 場 合 も 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください ベルト 自 体 が 壊 れている 場 合 があり, 性 能 を 十 分 発 揮 できないおそれがあります シートベルトを 修 理 または 交 換 する 場 合 は 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 へご 相 談 くだ さい バックルや 巻 き 取 り 装 置 の 内 部 に 異 物 などを 入 れないようにしてください またシートベルトの 改 造 や 取 り 付 け, 取 り 外 しをしないでください 衝 突 し たときなどに 十 分 な 効 果 を 発 揮 できな いおそれがあります ベルトが 汚 れた 場 合 は, 中 性 洗 剤 を 使 用 してください ベンジンやガソリン などの 有 機 溶 剤 の 使 用 や 漂 白, 染 色 は 絶 対 にしないでください シートベルトの 性 能 が 落 ち, 十 分 な 効 果 を 発 揮 できなくなるおそれがありま す 5-12

64 安 全 装 備 3 点 式 シートベルト J ベルトの 長 さを 調 整 する 必 要 はありませ ん ベルトは 身 体 の 動 きに 合 わせて 伸 縮 しますが, 強 い 衝 撃 を 受 けたときは,ベ ルトが 自 動 的 にロックされ 身 体 を 固 定 し ます ベルトをすばやく 引 き 出 すことにより, ベルトがロックするか 確 認 できます 着 用 するときは J プレートを 持 ってシートベルトを ゆっくりと 引 き 出 します シートベルトがロックしたまま 引 き 出 せ ないときは, 一 度 ベルトを 強 く 引 いてか らベルトをゆるめ, 再 度 ゆっくりと 引 き 出 してください 3. 腰 部 ベルトを 腰 骨 のできるだけ 低 い 位 置 にかけ,ベルトを 引 いて 腰 部 に 密 着 させます 腰 骨 のできるだけ 低 い 位 置 外 すときは 引 く J プレートを 持 ってバックルのボタンを 押 します ベルトは 自 動 的 に 巻 き 取 られますので, プレートに 手 を 添 えて,ゆっくり 戻 して ください 5 2. ベルトがねじれていないか 確 認 した 後,プレートをバックルにカチッと 音 がするまではめ 込 みます ボタン プレート バックル 警 告 お 子 さまをシートベルトで 遊 ばせない でください ベルトを 身 体 に 巻 き 付 けたりして 遊 ん でいると, 窒 息 などの 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 万 一,シートベルトが 外 せなくなった ときは,はさみなどでベルトを 切 断 し てください 5-13

65 安 全 装 備 シートベルト 警 告 灯 J エンジンスイッチが ON で 運 転 席 のシー トベルトを 着 用 していないと 点 灯 し, 運 転 者 にシートベルトの 着 用 をうながしま す シートベルトを 着 用 すると 消 灯 します プリテンショナー 機 構 / フォースリミッター 機 構 付 シートベルト J プリテンショナー 付 シートベルトは, 運 転 席 および 助 手 席 に 装 備 されています プリテンショナー 機 構 5 プリテンショナー 機 構 は,エンジンス イッチが ON のときに 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 に 重 大 な 危 害 がおよぶような 強 い 衝 撃 を 車 両 前 方 より 受 けたときに, シートベルトを 瞬 時 に 引 き 込 み,シート ベルトの 効 果 をいっそう 高 める 装 置 で す リヤシートベルトの 格 納 のし かた スプリットシート J シートベルトを 使 用 しないときは 図 のよ うに 格 納 します 警 告 プリテンショナー 付 シートベルトの 効 果 を 十 分 に 発 揮 させるため,つぎのこ とをお 守 りください シートを 正 しい 位 置 に 調 整 してくだ さい フロントシート P. 5-4 シートベルトを 正 しく 着 用 してくだ さい シートベルト P 注 意 プリテンショナー 付 シートベルトやフ ロアコンソール 付 近 の 修 理,カーオー ディオなどの 取 り 付 けをする 場 合 はプ リテンショナー 機 構 に 影 響 をおよぼす おそれがありますので, 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください 廃 車 するときは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 へ ご 相 談 ください プリテンショナー 付 シートベルトが 思 いがけなく 作 動 し, けがをするおそれがあります 5-14

66 安 全 装 備 プリテンショナー 付 シートベルトはシー トベルトを 装 着 していなくても, 前 方 か らの 強 い 衝 撃 を 受 けると 作 動 します プリテンショナー 付 シートベルトは 一 度 作 動 すると 再 使 用 できません 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 運 転 席, 助 手 席 側 を 同 時 に 交 換 してください フォースリミッター 機 構 J 衝 突 時 に,シートベルトにかかる 荷 重 を 効 果 的 に 吸 収 し, 乗 員 への 衝 撃 をやわら げる 装 置 です SRS エアバッグ/プリテン ショナー 機 構 警 告 灯 J 正 常 なときはエンジンスイッチを ON に すると 点 灯 し, 数 秒 後 に 消 灯 します また,SRS エアバッグおよびプリテン ショナー 機 構 が 作 動 すると, 点 灯 したま まとなります SRS エアバッグ 警 告 灯 はプリテンショ ナー 機 構 警 告 灯 と 兼 用 しています 5 注 意 警 告 灯 がつぎのようになったときはシ ステムの 異 常 が 考 えられます 衝 突 したときなどに SRS エアバッグお よびプリテンショナー 付 シートベルト が 正 常 に 作 動 せずけがをするおそれが ありますので 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください エンジンスイッチを ON にしても 警 告 灯 が 点 灯 しない,または 点 灯 したまま 走 行 中 に 警 告 灯 が 点 灯 する 5-15

67 安 全 装 備 5 チャイルドシート J 警 告 シートベルトは 大 人 の 体 格 に 合 わせて 設 計 されています シートベルトを 着 けたとき 肩 部 ベルトが 首,あご, 顔 な どに 当 たる 場 合 や, 腰 部 ベルトが 腰 骨 にかからないような 小 さなお 子 さまは 通 常 のシートベルトでは 衝 突 のとき 強 い 圧 迫 を 受 け,シートベルトにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 体 格 に 合 ったチャイルドシートを 使 用 してください 6 才 未 満 のお 子 さまはチャイルドシー トの 使 用 が 法 律 で 義 務 付 けられていま す チャイルドシートは 後 席 に 取 り 付 けて ください 助 手 席 に 乳 児 用 シート(ベビーシート) など 後 ろ 向 き 装 着 のチャイルドシート は 絶 対 に 取 り 付 けないでください また, 幼 児 用 シート(チャイルドシー ト)など 前 後 向 きとも 装 着 可 能 なシー トでも 後 ろ 向 きには 絶 対 に 取 り 付 けな いでください 助 手 席 SRS エアバッグが 膨 らむとき, 強 い 力 が 後 ろ 向 きチャイルドシートの 上 部 にかかり, 背 もたれに 押 しつけら れて 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 ける おそれがあります 警 告 ターボ 付 き 車 は, 助 手 席 に 後 ろ 向 き 装 着 のチャイルドシートを 取 り 付 けるこ とを 禁 止 するラベルが,サンバイザー に 貼 り 付 けてあります やむを 得 ず 助 手 席 にチャイルドシート を 取 り 付 ける 場 合 は, 必 ず 前 向 きの チャイルドシートを 取 り 付 けてくださ い 助 手 席 5-16

68 安 全 装 備 シート 位 置 別 チャイルドシートの 適 合 性 一 覧 表 (シートベルト 使 用 による 取 り 付 け) 下 の 表 から, 装 着 位 置 に 応 じてチャイルドシートを 選 択 してください 質 量 グループ (お 子 さまの 体 重 ) リヤベンチシート 付 き 車 助 手 席 リヤシート 左 右 席 J リヤスプリットシート 付 き 車 助 手 席 リヤシート 左 右 席 0 10kgまで X U X X 0+ 13kgまで X U X L *1 Ⅰ 9~18kg UF, L *2 U, L *2 UF, L *2 L *2 Ⅱ 15~25kg UF, L *3 U, L *3 UF, L *3 L *3 Ⅲ 22~36kg UF, L *3 U, L *3 UF, L *3 L *3 5 注 意 チャイルドシートを 取 り 付 けるときに,ヘッドレストとチャイルドシートが 干 渉 する 場 合 は,ヘッドレストを 取 り 外 すか, 高 さを 調 整 してください 記 号 の 説 明 U: 国 連 の 安 全 基 準 ECE-R44 に 適 合 している 汎 用 型 (ユニバーサル)カテゴリーの チャイルドシートのみが 取 り 付 け 可 能 です UF: 国 連 の 安 全 基 準 ECE-R44に 適 合 している 汎 用 型 (ユニバーサル)カテゴリーの 前 向 きチャイルドシートのみが 取 り 付 け 可 能 です L: 以 下 のリストに 示 す 三 菱 自 動 車 純 正 チャイルドシートの 取 り 付 けが 可 能 です X: チャイルドシートを 取 り 付 けることはできません 三 菱 自 動 車 純 正 チャイルドシート ご 購 入,ご 使 用 に 関 しては 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 へご 相 談 ください 記 号 純 正 部 品 番 号 ECE NO. L *1 MZ E L *2 MZ E L *3 MZ E

69 安 全 装 備 ECE-R44に 適 合 したチャイルドシートには,つぎの 認 可 マークが 表 示 されています 法 規 番 号 カテゴリー 体 重 範 囲 国 番 号 認 可 番 号

70 チャイルドシートの 取 り 付 け 方 J チャイルドシートを 取 り 付 けるときは, つぎの 手 順 で 確 実 に 取 り 付 けてくださ い 取 り 付 けるときは 警 告 チャイルドシートの 種 類 によって 取 り 付 け 方 法 が 異 なります 必 ずチャイルドシートの 取 扱 説 明 書 に したがって 正 しく 取 り 付 けてくださ い チャイルドシートによってはチャイル ドシートに 付 属 のロッキングクリップ での 固 定 が 必 要 です ロッキングクリップ 安 全 装 備 1. チャイルドシートを 取 り 付 けたい 席 に 置 きます 2. チャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 にしたがって,チャイルドシートを シートベルトで 固 定 します 注 意 チャイルドシートを 取 り 付 けるとき に,ヘッドレストとチャイルドシート が 干 渉 する 場 合 は,ヘッドレストを 取 り 外 すか, 高 さを 調 整 してください ヘッドレスト P チャイルドシートを 前 後 左 右 にゆす り, 確 実 に 固 定 されていることを 確 認 します 取 り 外 すときは プレートをバックルから 外 して,シート ベルトをチャイルドシートから 取 り 外 し ます ベルトは 自 動 的 に 巻 き 取 られますので, プレートに 手 を 添 えて,ゆっくり 戻 して ください

71 安 全 装 備 SRSエアバッグ J SRSとはSupplemental Restraint System の 略 語 で 補 助 拘 束 装 置 の 意 味 です エンジンスイッチが ON のときに, 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 に 重 大 な 危 害 がお よぶような 強 い 衝 撃 を 車 両 前 方 から 受 け たときに,シートベルトの 働 きを 補 って, 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 の 頭 部 や 胸 部 への 衝 撃 をやわらげる 装 置 です 注 意 SRS エアバッグが 収 納 されている 部 分 に 傷 がついていたり,ひび 割 れがある ときは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください 衝 突 したときなどに SRS エアバッグが 正 常 に 作 動 せずけがをするおそれがあ ります 運 転 席 SRS エアバッグ 5 警 告 SRS エアバッグはシートベルトに 代 わ るものではありません シートベルト は 必 ず 着 用 してください シートベルトをしていないと 急 ブレー キなどで 身 体 が 前 方 へ 放 り 出 されるこ とがあり,その 際 に SRS エアバッグが 膨 らむとその 強 い 衝 撃 で 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがありま す シートベルトはつぎの 理 由 により 必 ず 着 用 してください SRSエアバッグが 膨 らんだとき,シー トベルトがあなたの 身 体 を 正 しい 位 置 に 保 ちます SRS エアバッグが 作 動 しないときで も,シートベルトによりけがを 軽 減 す ることができます シートは 正 しい 位 置 に 調 整 し, 背 もた れに 背 中 をつけた 正 しい 姿 勢 でシート に 座 ってください SRS エアバッグは 非 常 に 速 い 速 度 で 膨 らむため,SRS エアバッグに 近 づきす ぎた 姿 勢 で 乗 車 していると SRS エア バッグが 膨 らむ 際,エアバッグにより 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそ れがあります SRS エアバッグ 構 成 部 品 およびその 周 辺 は 膨 らんだ 後, 高 温 になりますので さわらないでください やけどをする おそれがあります 助 手 席 SRS エアバッグ SRS エアバッグは 非 常 に 速 い 速 度 で 膨 ら むため,SRS エアバッグとの 接 触 により すり 傷 や 打 撲 などを 受 けることがありま す SRS エアバッグが 膨 らむときかなり 大 き な 音 がし, 白 煙 が 出 ますが 火 災 ではあり ません また 人 体 への 影 響 もありません ただし, 呼 吸 器 系 の 疾 患 がある 人 や 皮 膚 が 弱 い 人 の 場 合, 一 時 的 にのどや 皮 膚 に 刺 激 を 感 じることがあります また, 残 留 物 (カスなど)が 目 や 皮 膚 など 身 体 に 付 着 したときは,できるだけ 早 く 水 で 洗 い 流 してください 皮 膚 が 弱 い 人 の 場 合,まれに 皮 膚 を 刺 激 することがあります 膨 らんだSRSエアバッグはすぐにしぼむ ので 視 界 を 妨 げません SRS エアバッグは 一 度 膨 らむと 再 使 用 で きません 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 でSRSエ アバッグ 構 成 部 品 を 交 換 してください 衝 撃 や 助 手 席 SRSエアバッグが 膨 らむこ とにより, 前 面 ガラスが 破 損 する 場 合 が あります 5-20

72 安 全 装 備 運 転 席 SRSエアバッグ 助 手 席 SRSエアバッグ J 運 転 席 SRSエアバッグはハンドルの 中 に 装 備 されています J 助 手 席 SRSエアバッグはグローブボック ス 上 のインストルメントパネルの 中 に 装 備 されています 助 手 席 SRSエアバッグは 同 乗 者 がいなく ても 運 転 席 SRSエアバッグと 同 時 に 作 動 します 5 警 告 ハンドルの 交 換 や,パッド 部 にステッ カーを 貼 ったり,カバーを 付 けること はしないでください SRS エアバッグ が 正 常 に 作 動 せず 重 大 な 傷 害 を 受 ける おそれがあります パッド 部 ステッカー ハンドルに 顔 や 胸 を 近 づけた 姿 勢 で 運 転 しないでください SRS エアバッグが 膨 らむ 際,エアバッ グにより 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 警 告 インストルメントパネルの 上 に 物 を 置 いたり, 前 面 ガラスやルームミラーに アクセサリーなどを 取 り 付 けたりしな いでください SRS エアバッグが 膨 ら むときにこれらの 物 が 飛 んで 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります また,インストルメントパネルの 上 に ステッカーを 貼 ったりしないでくださ い SRS エアバッグが 正 常 に 膨 らむの を 妨 げるおそれがあります ステッカー 5-21

73 安 全 装 備 警 告 お 子 さまを 乗 せるときには, 必 ずつぎのことをお 守 りください SRS エアバッグが 膨 らむときの 強 い 衝 撃 でお 子 さまの 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります お 子 さまはリヤシートに 座 らせて 必 ずシートベルトを 着 用 させてください シートベルトを 正 しく 着 用 できない 小 さなお 子 さまには,チャイルドシートをリヤ シートに 装 着 してご 使 用 ください 6 才 未 満 のお 子 さまはチャイルドシートの 使 用 が 法 律 で 義 務 付 けられています 助 手 席 に 乳 児 用 シート(ベビーシート)など 後 ろ 向 き 装 着 のチャイルドシートは 絶 対 に 取 り 付 けないでください また, 幼 児 用 シート(チャイルドシート)など 前 後 向 きとも 装 着 可 能 なシートでも 後 ろ 向 きには 絶 対 に 取 り 付 けないでください 助 手 席 SRSエアバッグが 膨 らむとき, 強 い 力 が 後 ろ 向 きチャイルドシートの 上 部 にか かり, 背 もたれに 押 しつけられて 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 5 助 手 席 ターボ 付 き 車 は, 助 手 席 に 後 ろ 向 き 装 着 のチャイルドシートを 取 り 付 けることを 禁 止 するラベルが,サンバイザーに 貼 り 付 けてあります やむを 得 ず 助 手 席 にチャイルドシートを 取 り 付 ける 場 合 は, 必 ず 前 向 きのチャイルド シートを 取 り 付 けてください 5-22

74 安 全 装 備 警 告 助 手 席 同 乗 者 は,シートの 前 端 に 座 っ たり,インストルメントパネルに 手 や 足 を 乗 せたり, 顔 や 胸 を 近 づけた 姿 勢 で 座 らないでください また,お 子 さ まをインストルメントパネルの 前 に 立 たせたり,ひざの 上 に 抱 いたりしない でください SRS エアバッグが 膨 らむ 際,SRS エアバッグにより 命 にかかわ る 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがありま す SRS エアバッグ/プリテン ショナー 機 構 警 告 灯 J 正 常 なときはエンジンスイッチを ON に すると 点 灯 し, 数 秒 後 に 消 灯 します また,SRS エアバッグおよびプリテン ショナー 機 構 が 作 動 すると, 点 灯 したま まとなります SRS エアバッグ 警 告 灯 はプリテンショ ナー 機 構 警 告 灯 と 兼 用 しています 5 助 手 席 同 乗 者 は,かばんなどの 荷 物 を ひざの 上 にかかえるなど,SRS エア バッグとの 間 に 物 を 置 いたりしないで ください SRS エアバッグが 膨 らむ 際 に 物 が 飛 ばされ 重 大 な 傷 害 を 受 けるお それがあります 注 意 警 告 灯 がつぎのようになったときはシ ステムの 異 常 が 考 えられます 衝 突 したときなどに SRS エアバッグお よびプリテンショナー 付 シートベルト が 正 常 に 作 動 せずけがをするおそれが ありますので 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください エンジンスイッチを ON にしても 警 告 灯 が 点 灯 しない,または 点 灯 したまま 走 行 中 に 警 告 灯 が 点 灯 する 5-23

75 安 全 装 備 運 転 席 助 手 席 SRSエアバッグの 作 動 条 件 J 作 動 するとき 乗 員 に 重 大 な 危 害 がおよぶような 強 い 衝 撃 を 車 両 前 方 から 受 けたときに 作 動 します 約 25km/h 以 上 の 速 度 でコンクリートのような 固 い 壁 に 正 面 から 衝 突 したとき 車 両 の 前 方 左 右 約 30 度 以 内 の 方 向 から 強 い 衝 撃 ( 左 記 と 同 等 )を 受 けたとき 5 コンクリートのような 固 い 壁 でなく, 衝 撃 を 吸 収 できるもの( 車 やガードレールのように 変 形, 移 動 するもの)に 衝 突 した 場 合 は,エアバッグが 作 動 するときの 衝 突 速 度 ( 車 速 )は 高 くなります 5-24

BK0113800JA.book

BK0113800JA.book このたびはタウンボックス,ミニキャブバンをお 買 い 上 げいただき,ありがとうございます J09200101054 この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に

More information

目 次 絵 で 見 る 目 次 1 安 全 なドライブのために お 車 を 安 全 に 運 転 していただくための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 各 部 の 開 閉 4 安 全 装 備 5 メーター スイッチ 6 運 転 装

目 次 絵 で 見 る 目 次 1 安 全 なドライブのために お 車 を 安 全 に 運 転 していただくための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 各 部 の 開 閉 4 安 全 装 備 5 メーター スイッチ 6 運 転 装 このたびはランサーをお 買 い 上 げいただき,ありがとう ございます J09200100480 この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に 必 ずお 読 みください

More information

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中 第 44 回 全 国 トラックドライバー コンテスト 学 科 競 技 問 題 用 紙 ( 制 限 時 間 :60 分 間 ) 平 成 24 年 10 月 27 日 実 施 注 意 事 項 1 2 3 解 答 はすべて 別 紙 の 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )に 記 入 すること 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )は 鉛 筆 を 使 用 して 必 要 な 箇 所 にマークし 誤

More information

BK0121100JA.book

BK0121100JA.book このたびはコルト プラスをお 買 い 上 げいただき, あり がとうございます J09200100565 この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に 必 ずお

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

窓 や 網 戸 の 開 閉 時 の 注 意 事 項 窓 網 戸 のすき 間 やアーム 部 分 で 手 や 指 をはさまないようご 注 意 ください 特 にお 子 様 にはご 注 意 ください 窓 や 網 戸 を 開 閉 する 際 は 開 閉 位 置 に 手 や 足 を 出 さないでください 手 や

窓 や 網 戸 の 開 閉 時 の 注 意 事 項 窓 網 戸 のすき 間 やアーム 部 分 で 手 や 指 をはさまないようご 注 意 ください 特 にお 子 様 にはご 注 意 ください 窓 や 網 戸 を 開 閉 する 際 は 開 閉 位 置 に 手 や 足 を 出 さないでください 手 や 安 全 上 のご 注 意 下 記 は 商 品 を 安 全 にご 使 用 いただくために 必 ず 守 っていただきたい 事 項 です なお 個 々の 商 品 の 注 意 事 項 については 各 商 品 の 説 明 ページにも 記 載 されていますので 併 せてご 確 認 ください 窓 や 網 戸 シャッターについての 注 意 事 項 注 意 ご 使 用 中 窓 や 網 戸 のはずれ 止 めがずれることがあります

More information

EPS20_H1_4.indd

EPS20_H1_4.indd 一 般 家 庭 用 ヘアーアイロン 形 名 :EPS20 取 扱 説 明 書 保 証 書 付 き 保 証 書 は 裏 表 紙 に 付 いております 販 売 店 にて 必 ず 記 入 を 受 け 大 切 に 保 管 してください も く じ 安 全 上 のご 注 意 1 2 各 部 のなまえとはたらき 3 お 買 い 上 げありがとうござい ました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明 書

More information

洗 浄 液 の 液 量 について 洗 浄 槽 に 半 分 以 上 洗 浄 液 が 入 っていることを 確 認 してください 洗 浄 液 が 少 なかったり 空 の 状 態 で 動 作 させますと 異 常 に 発 熱 し 火 災 の 原 因 となります アース 線 の 接 続 について 電 源 プラグ

洗 浄 液 の 液 量 について 洗 浄 槽 に 半 分 以 上 洗 浄 液 が 入 っていることを 確 認 してください 洗 浄 液 が 少 なかったり 空 の 状 態 で 動 作 させますと 異 常 に 発 熱 し 火 災 の 原 因 となります アース 線 の 接 続 について 電 源 プラグ 取 扱 説 明 書 Instruction Manual 超 音 波 洗 浄 器 取 -07564101 VS-F100 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保

More information

1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道 総 延 長 802.4km(H27.4.1 現 在 ) 車 道

1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道 総 延 長 802.4km(H27.4.1 現 在 ) 車 道 平 成 27 年 度 千 歳 市 の 除 雪 ~パートナーシップ 除 雪 排 雪 支 援 制 度 の 利 用 風 景 ~ 千 歳 市 建 設 部 道 路 管 理 課 1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作 を するときは 周 囲 の 安 全 をミラーや 目 視 で 直 接 確 認 してください. 目 安 ライ

230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作 を するときは 周 囲 の 安 全 をミラーや 目 視 で 直 接 確 認 してください. 目 安 ライ 音 声 操 作 の 使 い 方 を 覚 える 229 カメラシステム カ メ ラ シ ス テ ム : 車 種 グレード オプションなどにより 装 着 の 有 無 が 異 なります :ディーラーオプションです 230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作

More information

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ 1-7483-21 Instruction Manual ELECTRIC ASPIRATOR アスピレータ GAS-1 取 扱 説 明 書 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

無印良品マイナスイオンヘアーアイロンIMH-50

無印良品マイナスイオンヘアーアイロンIMH-50 IMH-50 マイナスイオン ヘアーアイロン 形 名 IMH-50 取 扱 説 明 書 お 買 い 上 げありがとうございました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明 書 を 必 ずお 読 みいただき 正 しくご 使 用 ください この 説 明 書 は 必 ず 保 管 してください 安 全 上 のご 注 意 1 各 部 のなまえとはたらき 3 使 いかた 4 髪 のクセの 伸 ばしかた

More information

冷 熱 衝 撃 装 置 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 テストエリア 扉 パッキン ダンパーパッキン シリコンコードヒーター (ダンパー 用 ) シリコンコードヒーター (ドレーン 用 ) 扉 駆 動 用 ベルト 扉 スイッチ 温 度 検 出 端 温 度 スイッチ (OHP3(TS1) TS

冷 熱 衝 撃 装 置 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 テストエリア 扉 パッキン ダンパーパッキン シリコンコードヒーター (ダンパー 用 ) シリコンコードヒーター (ドレーン 用 ) 扉 駆 動 用 ベルト 扉 スイッチ 温 度 検 出 端 温 度 スイッチ (OHP3(TS1) TS 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 冷 熱 衝 撃 装 置 第 5 章 点 検 保 守 本 装 置 をより 長 く 快 適 にお 使 いいただくために 定 期 的 に 行 っていただきたい 点 検 と 保 守 について 説 明 しま す お 願 い 取 扱 説 明 書 に 示 す 使 用 方 法 での 機 器 の 使 用 自 主 定 期 点 検 の

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

基 本 契 約 受 託 自 動 車 PL ( 生 産 物 ) 施 設 がセットされています 受 託 自 動 車 対 人 対 物 + 自 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお 車 ( 以 下 受 託 車 といいます

基 本 契 約 受 託 自 動 車 PL ( 生 産 物 ) 施 設 がセットされています 受 託 自 動 車 対 人 対 物 + 自 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお 車 ( 以 下 受 託 車 といいます 日 整 連 加 入 資 格 各 自 動 車 整 備 振 興 会 の 会 員 である 整 備 事 業 者 が 加 入 できます 自 動 車 整 備 業 共 済 平 成 26 年 10 月 1 日 ~ 平 成 27 年 9 月 1 日 加 入 用 SINCE 1971 会 員 の 皆 様 ( 整 備 事 業 者 )の 業 務 遂 行 中 の 事 故 は お 客 様 が 付 する 意 の 自 動 車 が

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

製 品 型 番 :MEF-01WH 取 扱 説 明 書 必 ずお 読 みください 本 製 品 の 仕 様 は 改 良 改 善 のため 予 告 なく 変 更 になる 場 合 がありますので あらかじめご 了 承 ください お 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます 本 製 品 をより 効 果 的 にお 使 い いただくために ご 使 用 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 を 最 後

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

ナスコ人工肛門シミュレータ表紙

ナスコ人工肛門シミュレータ表紙 NM19 OSTOMY CARE SIMULATOR 取 扱 説 明 書 ご 使 用 の 前 に ご 使 用 の 前 の 確 認 とご 注 意 P1 準 備 P2 実 習 P3 後 片 付 け P4 はじめに このたびは 人 工 肛 門 シミュレータ をお 買 い 上 げいただき まことにありがとうございます 本 製 品 は 患 者 さんや 学 生 研 修 生 に 人 工 肛 門 の 術 後 ケアの

More information

目 次 Ⅰ.すべての 機 器 ユーザーの 皆 様 へ 1. 背 景 2 2. 簡 易 点 検 について 2 3. 手 引 きの 内 容 3 4.ビル 用 マルチエアコン 店 舗 用 パッケージエアコン 例 4 Ⅱ. 簡 易 点 検 ( 漏 えいチェック)の 方 法 1.ビル 用 マルチエアコン 5

目 次 Ⅰ.すべての 機 器 ユーザーの 皆 様 へ 1. 背 景 2 2. 簡 易 点 検 について 2 3. 手 引 きの 内 容 3 4.ビル 用 マルチエアコン 店 舗 用 パッケージエアコン 例 4 Ⅱ. 簡 易 点 検 ( 漏 えいチェック)の 方 法 1.ビル 用 マルチエアコン 5 業 務 用 冷 凍 空 調 機 器 ユーザーによる 簡 易 点 検 の 手 引 き 改 正 フロン 法 対 応 (フロン 類 の 漏 えい 点 検 ) 業 務 用 エアコン 編 目 次 Ⅰ.すべての 機 器 ユーザーの 皆 様 へ 1. 背 景 2 2. 簡 易 点 検 について 2 3. 手 引 きの 内 容 3 4.ビル 用 マルチエアコン 店 舗 用 パッケージエアコン 例 4 Ⅱ. 簡 易

More information

基 本 契 約 受 託 PL ( 生 産 物 責 ) 施 設 責 がセットされています 受 託 対 人 対 物 責 + 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお ( 以 下 受 託 といいます )で 事 故 を 起

基 本 契 約 受 託 PL ( 生 産 物 責 ) 施 設 責 がセットされています 受 託 対 人 対 物 責 + 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお ( 以 下 受 託 といいます )で 事 故 を 起 日 整 連 加 入 資 格 各 整 備 振 興 会 の 会 員 である 整 備 事 業 者 が 加 入 できます 平 成 27 年 10 月 1 日 ~ 平 成 28 年 9 月 1 日 加 入 用 SINCE1971 整 備 業 共 済 おもな 特 徴 会 員 の 皆 様 ( 整 備 事 業 者 )の 業 務 遂 行 中 の 事 故 は お 客 様 が 付 する 意 の が 適 用 されません 万

More information

6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上 げ 店 または 当 社 にご 連 絡 ください 表

6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上 げ 店 または 当 社 にご 連 絡 ください 表 本 装 置 をより 長 く 快 適 にお 使 いいただくために 定 期 的 に 行 っていただきたい 点 検 と 保 守 について 説 明 します 111 6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

30

30 M5000/M5600 M7000 リモコンアップグレードについて EZ7000リモコンをEZ5000/EZ5600でご 使 用 いただく 場 合 EZ7000 独 自 の 機 能 (スマートドア 機 能 メンテナンス 時 期 表 示 機 能 )はご 使 用 いただけません 機 能 設 定 (FUNCTION)モードでスマートドア 機 能 (Smart)をONに 設 定 した 場 合 自 動 警 戒

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 入 居 案 内 11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 点 から 日 本 人 学 生 及 び 外

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能 4 05. 使 用 上 の 注 意 5 06. 警 告 5 07. 製 品 概 要 6 08. 使 用 方 法 7 09. 電 池 交 換 11 10. 製 品 仕 様 1

目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能 4 05. 使 用 上 の 注 意 5 06. 警 告 5 07. 製 品 概 要 6 08. 使 用 方 法 7 09. 電 池 交 換 11 10. 製 品 仕 様 1 Thermofinder Pro 取 扱 説 明 書 皮 膚 赤 外 線 体 温 計 型 式 FS-300 管 理 医 療 機 器 医 療 機 器 承 認 番 号 22400BZX00011000 Ver 1.0 1001 サーモファインダーPro 取 扱 説 明 書 1 目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能

More information

取扱説明書

取扱説明書 東 芝 ハンガースチーマー( 家 庭 用 ) 取 扱 説 明 書 形 名 TAS-2 保 証 書 付 保 証 書 はこの 取 扱 説 明 書 の 裏 表 紙 についていますのでお 買 い 上 げ 日 販 売 店 名 などの 記 入 をお 確 かめください このたびは 東 芝 ハンガースチーマーをお 買 い 上 げいた だきまして まことにありがとうございました この 商 品 を 安 全 に 正 しく

More information

54300269.fm

54300269.fm 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するよ

1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するよ 佐 用 町 露 店 出 店 募 集 要 項 1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するような 行 為 が 見 受 けられる 店 舗 につ いては

More information

はじめにお 読 みください 仕 様 一 覧 この 度 は ケルヒャー 家 庭 用 乾 湿 両 用 バキュームクリーナーをお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます ご 使 用 前 に 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しく 安 全 にご 使 用 ください この 製 品 は

はじめにお 読 みください 仕 様 一 覧 この 度 は ケルヒャー 家 庭 用 乾 湿 両 用 バキュームクリーナーをお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます ご 使 用 前 に 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しく 安 全 にご 使 用 ください この 製 品 は ケルヒャー 家 庭 用 乾 湿 両 用 バキュームクリーナー MV 3 取 扱 説 明 書 はじめにお 読 みください ご 使 用 の 注 意 点 組 み 立 て 方 使 い 方 お 手 入 れ 点 検 保 管 故 障 かな?と 思 ったら 補 修 部 品 オプション 保 証 アフターサービス MV 3 / 2015.03 5.965-415.0 はじめにお 読 みください 仕 様 一 覧 この 度

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

<4D F736F F F696E74202D EE688B590E096BE8F AAE8C8B82F095CF8D5829>

<4D F736F F F696E74202D EE688B590E096BE8F AAE8C8B82F095CF8D5829> デッキ 施 工 取 扱 説 明 書 14.01 版 1. 安 全 上 のご 注 意 本 製 品 はデッキ 用 途 として 設 計 製 品 化 されたものであり 本 書 はその 施 工 取 扱 いのガイドラインを 提 供 するものです よって 他 の 用 途 に 使 用 して 不 具 合 を 起 こした 場 合 や 当 社 ガイドラインよる 標 準 施 工 法 以 外 の 施 工 の 場 合 は 当

More information

XL-C7400G 設置ガイド

XL-C7400G 設置ガイド B5WY-1121-02 XL-C7400G このたびは ページプリンタ XL-C7400G をご 購 入 いただき まことにありがとうございます 本 書 では ご 購 入 されたプリンタを 梱 包 箱 から 取 り 出 し 使 用 できるようにするまでを 説 明 しています プリンタの 設 置 からプリンタドライバのインストールに 関 する 詳 細 は XL-C7400G オンラインマニュアル の

More information

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231>

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231> 平 成 年 5 月 日 製 品 安 全 セ ン タ ー 乾 燥 機 及 び 除 湿 機 による 故 の 防 止 について( 注 意 喚 起 ) NITE 製 品 安 全 センターに 通 知 された 製 品 故 情 報 のうち 乾 燥 機 ( 1) 及 び 除 湿 機 ( )の 故 は 故 発 生 日 で 見 ると 平 成 18 年 度 から 年 度 に61 件 ( ) ありました 被 害 状 況 は

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D628FF3914297748BAC959490D88F9C8F708AB38ED29770837083938374838C836283673131303432312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D628FF3914297748BAC959490D88F9C8F708AB38ED29770837083938374838C836283673131303432312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 甲 状 腺 葉 峡 部 切 除 術 を 受 けられる 方 へ さま 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 四 国 がんセンター 頭 頸 科 病 棟 主 治 医 受 持 ち 看 護 師 2011.4.21 改 訂 2010.06.21 改 訂 私 たちは Ⅰ 入 院 や 手 術 に 対 する 不 安 を 軽 減 し 最 良 の 状 態 で 手 術 が 受 けられるようにお 手 伝 いいたします

More information

本 書 の 見 かた 表 示 やマークについて 安 全 に 関 する 表 示 車 に 乗 っている 人 や 歩 行 者 を 含 めた 他 の 人 が 傷 害 を 受 ける 可 能 性 のあることや 車 体 が 損 傷 する 可 能 性 があることを 回 避 法 とともに 示 しています 警 告 指

本 書 の 見 かた 表 示 やマークについて 安 全 に 関 する 表 示 車 に 乗 っている 人 や 歩 行 者 を 含 めた 他 の 人 が 傷 害 を 受 ける 可 能 性 のあることや 車 体 が 損 傷 する 可 能 性 があることを 回 避 法 とともに 示 しています 警 告 指 このたびは を お 買 い 上 げいただき ありがとうございます 本 書 は 車 両 の 取 り 扱 いかたについて 必 要 事 項 重 要 事 項 をご 説 明 しています 安 全 で 快 適 にお 使 いいただくために ご 使 用 の 前 に 必 ずお 読 みください また 法 律 で 使 用 者 に 点 検 整 備 の 義 務 が 規 定 されており 使 用 者 の 保 守 管 理 責 任 が

More information

目 次 1.はじめに 2 2. 使 用 上 の 注 意 2 3. 保 守 点 検 要 領 3 4. 処 理 工 程 (フローシート) 4 5. 各 槽 のはたらき 4 6. 試 運 転 時 の 確 認 事 項 5 7. 種 汚 泥 の 投 入 について 8 8. 清 掃 の 注 意 事 項 8 9.

目 次 1.はじめに 2 2. 使 用 上 の 注 意 2 3. 保 守 点 検 要 領 3 4. 処 理 工 程 (フローシート) 4 5. 各 槽 のはたらき 4 6. 試 運 転 時 の 確 認 事 項 5 7. 種 汚 泥 の 投 入 について 8 8. 清 掃 の 注 意 事 項 8 9. 第 3.1 版 (H23.9 改 訂 ) 維 持 管 理 要 領 書 コ ン パ ク ト タ イ プ ダイキ 小 規 模 合 併 処 理 浄 化 槽 TRB-14~35 型 TRB 2-40~50 型 注 意 維 持 管 理 要 領 書 本 文 に 出 てくる 警 告 および 注 意 表 示 の 部 分 は 浄 化 槽 を 使 用 する 前 に 特 に 注 意 深 く 読 み よく 理 解 してください

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

<90EC8DE88E738FC196688BC78ED497BC8AC7979D97768D6A81758E7B8D7381762E786477>

<90EC8DE88E738FC196688BC78ED497BC8AC7979D97768D6A81758E7B8D7381762E786477> 川 崎 市 消 防 局 車 両 管 理 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 消 防 局 車 両 管 理 規 程 ( 平 成 21 年 消 防 局 訓 令 第 3 号 以 下 規 程 という )に 基 づき 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 用 語 の 意 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当

More information

千代田区

千代田区 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 に 関 する 指 導 要 綱 良 好 な 近 隣 関 係 及 び 地 域 の 健 全 な 生 活 環 境 の 保 持 向 上 のために 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 を 建 築 される 方 へ 千 代 田 区 は 多 様 な 人 々が 住 み 働 き 集 う 心 豊 かなまち 千 代 田 の 実 現 をめざして 景 観 まちづくりを

More information

<4D F736F F D E9697E195D281458E9197BF95D22E646F6378>

<4D F736F F D E9697E195D281458E9197BF95D22E646F6378> 事 例 編 1 主 な 火 災 事 例 (1) たばこ 事 例 1 寝 たばこ 部 分 焼 死 者 あり 住 宅 用 火 災 警 報 器 未 設 置 居 住 者 の 男 性 (80 代 )がソファーで 喫 煙 した 際 に たばこの 火 種 がソファーの 座 布 団 に 落 下 したことに 気 づかずに 就 寝 してしまった その 後 無 炎 燃 焼 を 継 続 し 近 くの 収 容 物 にも 延

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366)

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366) 運 行 管 理 規 程 平 成 制 定 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 規 程 は ( 事 業 者 名 ) 運 行 管 理 規 程 と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 この 規 程 は 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 運 輸 規 則 ( 以 下 運 輸 規 則 という ) 第 48 条 の2の 定 めに 基 づき 運 行 管 理 者 の 職 務 及 び 権 限 並 びに

More information

inst_manual_2.ai

inst_manual_2.ai 保 管 用 保 証 書 付 DBX-AZR DBX-AZE もくじ 安 全 上 のご 注 意 1 ~ 2 取 扱 説 明 書 コンデンス 除 湿 機 AZシリーズ CONDENSE この 度 はコンデンス 除 湿 機 AZをお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとう ございます ご 使 用 になる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しく お 使 いください お 読 みになった

More information

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 について 作 成 例 は 統 括 防 火 管 理 義 務 対 象 物 における 基 本 的 な 全 体 についての 防 火 管 理 に 係 る 消 防 計 画 の 作 成 例 であ ることから 次 の 点 に 留 意 する 1 統 括 防 火 管 理 者 が 作 成 する 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 は 当 該 防 火 対 象 物 の 各

More information

注 意 事 項 ルーツは 置 くだけで 使 える 安 心 感 安 全 性 を 向 上 した 床 置 き 型 手 すりです 下 記 内 容 を 必 ず 守 ってご 使 用 ください 1ルーツは 単 独 で 使 用 する 製 品 です 絶 対 に 他 社 製 品 と 組 み 合 わせたり 連 結 して

注 意 事 項 ルーツは 置 くだけで 使 える 安 心 感 安 全 性 を 向 上 した 床 置 き 型 手 すりです 下 記 内 容 を 必 ず 守 ってご 使 用 ください 1ルーツは 単 独 で 使 用 する 製 品 です 絶 対 に 他 社 製 品 と 組 み 合 わせたり 連 結 して 床 置 き 型 手 すり ルーツ ア ウトドア 段 差 タイプ 目 次 ステップ 台 付 き 注 意 事 項 P1 各 部 名 称 P2 組 み 立 ておよび 設 置 方 法 P3 フィッティングおよび 高 さ 調 整 方 法 P6 運 搬 保 管 方 法 P7 お 手 入 れ 方 法 P8 点 検 項 目 P8 このようなときには P9 各 部 寸 法 および 仕 様 P10 この 度 は 当 社

More information

<8AEE91628E9197BF2E786C73>

<8AEE91628E9197BF2E786C73> エアコン 分 解 洗 浄 エアコンフィルター 清 掃 マニュアル 目 次 Ⅰ. 現 調 A. エアコン 台 数 確 認 a. 室 内 機 b. 室 外 機 c. リモコン 確 認 d. 室 内 機 室 外 機 の 台 数 一 致 確 認 * EHPとGHPの 違 い B. 電 源 位 置 容 量 確 認 C. 水 場 ( 洗 い 場 )の 確 認 D. 入 店 方 法 作 業 時 間 帯 の 確 認

More information

浴 室 ご 利 用 の 際 のご 注 意 事 項 温 泉 療 養 を 始 める 場 合 は 最 初 の 数 日 の 入 浴 回 数 を 日 あたり 1 回 程 度 としてくださその 後 1 日 あ たり 2 回 ないし 3 回 までとしてくださ 温 泉 療 養 のための 必 要 時 間 は おおむね

浴 室 ご 利 用 の 際 のご 注 意 事 項 温 泉 療 養 を 始 める 場 合 は 最 初 の 数 日 の 入 浴 回 数 を 日 あたり 1 回 程 度 としてくださその 後 1 日 あ たり 2 回 ないし 3 回 までとしてくださ 温 泉 療 養 のための 必 要 時 間 は おおむね 屋 内 プールご 利 用 の 際 のご 注 意 事 項 営 業 時 間 内 でのご 利 用 をお 願 いいたします 悪 天 候 またはその 他 の 理 由 により 営 業 を 休 止 したり 入 場 を 制 限 させていただく 場 合 がございます ので ご 了 承 くださ 小 学 生 以 下 のお 子 様 は 必 ず 保 護 者 同 伴 でのご 利 用 をお 願 いいたします 身 長 130cm

More information

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ この 薬 は? フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2015 年 1 月 更 新 販 売 名 一 般 名 含 有 量 [1 キット (2.4mL) 中 ] フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg テリパラチド( 遺 伝 子 組 換 え) Teriparatide (Genetical Recombination) 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

SoftBank 108SH 取扱説明書

SoftBank 108SH 取扱説明書 ... -2 について...-2 音 声... - 音 声 を 利 用 する...- テレビ... -7 テレビ を 利 用 する...-7 楽 ともボタン 利 用... -8 楽 ともボタンで をかける...-8 短 縮 ダイヤル... -9 短 縮 ダイヤルで をかける...-9 通 情 報 確 認... -10 発 着 信 履 歴 や 通 時 間 / 通 信 量 を 確 認 する... -10

More information

安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 説 明 しています 誤 った 使 いかたをしたときに 生 じる 内 容 を 次 のように 区 分 して

安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 説 明 しています 誤 った 使 いかたをしたときに 生 じる 内 容 を 次 のように 区 分 して 品 名 品 番 ストレート&カール ヘアアイロン FHI-910 お 買 い 上 げ 日 年 月 日 保 証 期 間 お 買 い 上 げ 日 より1 年 間 ( 本 体 ) お 客 様 販 売 店 ご 住 所 お 名 前 お 電 話 住 所 店 名 電 話 販 売 店 様 へ 本 保 証 書 に 必 ず 明 記 の 上 お 渡 し 下 さい 様 ストレート&カール ヘアアイロン 家 庭 用 FHI-910

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表

はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表 はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表 紙 の 修 理 ご 相 談 窓 口 へご 用 命 ください パナソニック 住 まいの 設 備 と 建

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害 熱 風 工 具 ファン 付 きダクトヒーター ( 寒 冷 地 タイプ) HFD3075 HFD3100 HFD3150 HFD3200 HFD3300 取 扱 説 明 書 お 買 いあげいただき ありがとうございます ファン 付 きダクトヒーター を 安 全 にご 使 用 いただくため お 使 いになる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください お 読 みになった 後 は 後 日 お 役

More information

TL220_本文.indd

TL220_本文.indd 一 般 家 庭 用 フェイスシェーバー 形 名 :TL220 取 扱 説 明 書 保 証 書 付 き 保 証 書 は 裏 表 紙 に 付 いております 販 売 店 にて 必 ず 記 入 を 受 け 大 切 に 保 管 してください も く じ 各 部 のなまえとはたらき 1 安 全 上 のご 注 意 8 9 お 買 い 上 げありがとうございました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明

More information

(適用範囲)第1条 この運送約款は、当社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用されます

(適用範囲)第1条 この運送約款は、当社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用されます 種 子 屋 久 高 速 船 株 式 会 社 運 送 約 款 旅 客 運 送 の 部 第 1 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 この 運 送 約 款 は 当 社 が 経 営 する 航 路 で 行 う 旅 客 及 び 手 回 り 品 の 運 送 に 適 用 され ます 2 この 運 送 約 款 に 定 めのない 事 項 については 法 令 の 規 定 又 は 一 般 の 慣 習 によります

More information

ジャッキ 工 具 スペアタイヤ ジャッキ ジャッキハンドル カーゴルームの 床 下 に 収 められています 1 サブトランクの 中 央 のリッド(フタ)と 左 側 のリッド(フタ)を 開 けます 700725 2 サブトランクを 取 り 出 します 700650 3 ジャッキホルダーからジャッキを

ジャッキ 工 具 スペアタイヤ ジャッキ ジャッキハンドル カーゴルームの 床 下 に 収 められています 1 サブトランクの 中 央 のリッド(フタ)と 左 側 のリッド(フタ)を 開 けます 700725 2 サブトランクを 取 り 出 します 700650 3 ジャッキホルダーからジャッキを 7 万 一 の と き ジャッキ 工 具 スペアタイヤ ジャッキ ジャッキハンドル 7-2 工 具 7-3 応 急 用 スペアタイヤ 7-4 パンクしたタイヤの 交 換 タイヤ 交 換 手 順 7-8 発 炎 筒 について 7-13 故 障 したとき 踏 切 で 動 けなくなったとき 7-15 高 速 道 路 自 動 車 専 用 道 路 で 動 けなくなったとき 7-15 路 上 でエンジンがかからなくなったとき

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

分 及 びリース 車 両 を 除 く )672 台 を 対 象 とした なお 保 有 状 況 については 平 成 20 年 度 末 現 在 維 持 管 理 経 費 については 平 成 20 年 度 中 の 執 行 経 費 利 用 状 況 等 については 平 成 21 年 4 月 から9 月 末 まで

分 及 びリース 車 両 を 除 く )672 台 を 対 象 とした なお 保 有 状 況 については 平 成 20 年 度 末 現 在 維 持 管 理 経 費 については 平 成 20 年 度 中 の 執 行 経 費 利 用 状 況 等 については 平 成 21 年 4 月 から9 月 末 まで 静 岡 市 報 号 外 静 岡 市 葵 区 追 手 町 5 番 1 号 発 行 所 静 岡 市 役 所 編 集 兼 発 行 人 静 岡 市 長 発 行 日 毎 月 1 日 随 時 監 査 公 表 静 岡 市 監 査 公 表 第 13 号 地 方 自 治 法 第 199 条 第 2 項 の 規 定 による 監 査 を 行 った 結 果 は 次 のとおりである 同 条 第 9 項 の 規 定 により これを

More information

後期高齢医療.indd

後期高齢医療.indd 平 成 28 年 度 版 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 のしくみ も く じ 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 とは 1 保 険 証 3 医 療 機 関 等 にかかるときの 自 己 負 担 の 割 合 5 自 己 負 担 の 限 度 額 ( 高 額 療 養 費 など) 7 医 療 費 の 払 い 戻 しを 受 けられる 場 合 11 整 骨 院 接 骨 院 ( 柔 道 整 復 )の 正 しいかかり

More information

1 飲 食 店 における 労 働 災 害 の 発 生 状 況 労 働 災 害 による 休 業 4 日 以 上 の 死 傷 者 数 は 全 産 業 では 減 少 傾 向 にありますが 飲 食 店 における 死 傷 者 数 は ほぼ 横 ばいで 推 移 している 状 況 にあり 平 成 23 年 の 休

1 飲 食 店 における 労 働 災 害 の 発 生 状 況 労 働 災 害 による 休 業 4 日 以 上 の 死 傷 者 数 は 全 産 業 では 減 少 傾 向 にありますが 飲 食 店 における 死 傷 者 数 は ほぼ 横 ばいで 推 移 している 状 況 にあり 平 成 23 年 の 休 飲 食 店 を 経 営 する 皆 さまへ 労 働 災 害 の 防 止 のためのポイント 労 働 災 害 による 死 傷 者 数 は 昭 和 53 年 の 348,826 人 をピークに 減 少 傾 向 にありま すが 小 売 業 社 会 福 祉 施 設 飲 食 店 といった 第 三 次 産 業 では 増 加 傾 向 にあり ます 労 働 災 害 を 減 少 させるために 厚 生 労 働 省 では 重

More information

NYT1553-1.indd

NYT1553-1.indd 点 検 整 備 チェックリスト お 知 らせ 保 証 書 別 添 付 もくじ 取 扱 説 明 書 スポーツ 車 B-PKT38 B-PKT43 B-PKT48 安 全 上 のご 注 意 (2 ~7 ページ)を ずお 読 みください 安 全 上 のご 注 意 (1) 改 造 や 分 解 た 指 定 以 外 の 注 油 はしい 調 整 後 の 締 め 付 けを 確 認 せず らい( 車 輪 の 脱 着

More information

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc 騒 音 振 動 関 係 法 令 の 概 要 H28.7 ( 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 ) 騒 音 規 制 法 p1~p5 振 動 規 制 法 p6~p7 特 定 工 場 における 公 害 防 止 組 織 の 整 備 に 関 する 法 律 p8~p9 福 岡 県 公 害 防 止 等 生 活 環 境 の 保 全 に 関 する 条 例 p10~p11 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 p12

More information

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して 6 学 生 生 活 について 1. 原 付 転 通 学 原 付 自 転 車 による 通 学 は 学 生 課 に 所 定 の 用 紙 で 駐 輪 場 使 用 届 を 提 出 し 使 用 ステッカーの 交 付 を 受 け 原 付 自 転 車 のよくわかる 部 分 に 貼 付 してください 駐 輪 場 の 収 容 台 数 の 都 合 により 受 付 台 数 には 制 限 があります 使 用 上 の 確 認

More information

はじめに 当 院 は 障 害 者 病 棟 の 病 院 です 障 害 者 病 棟 とは 障 害 者 ( 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 意 識 障 害 者 脊 髄 損 傷 の 重 度 障 害 者 及 び 神 経 難 病 患 者 を 指 します)を 対 象 とした 病 棟 で 長 期 入 院 を 受

はじめに 当 院 は 障 害 者 病 棟 の 病 院 です 障 害 者 病 棟 とは 障 害 者 ( 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 意 識 障 害 者 脊 髄 損 傷 の 重 度 障 害 者 及 び 神 経 難 病 患 者 を 指 します)を 対 象 とした 病 棟 で 長 期 入 院 を 受 入 院 中 のご 案 内 医 療 法 人 社 団 聖 寿 会 足 立 十 全 病 院 はじめに 当 院 は 障 害 者 病 棟 の 病 院 です 障 害 者 病 棟 とは 障 害 者 ( 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 意 識 障 害 者 脊 髄 損 傷 の 重 度 障 害 者 及 び 神 経 難 病 患 者 を 指 します)を 対 象 とした 病 棟 で 長 期 入 院 を 受 けることができる

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

ProVariManual_pall1

ProVariManual_pall1 ProVari オーナーズ マニュアル ProVari 電 子 タバコを 購 入 してくださって ありがとうございます! あなたの 電 子 タバコを 使 う 前 に このマニュアルをお 読 みください www.provape.com 1 電 子 タバコ(あるいはpersonal vaporizerとして 知 られている)はバッテリーを 動 力 とする 蒸 気 化 された 溶 液 によりニコチンを 吸

More information

情 報 ホーム 安 全 対 策 車 両 等 触 知 板 で 男 女 を 一 緒 に 表 示 してあるとわかりにくいため 改 善 が 望 まれてい る 視 覚 障 がい 者 には ICOCA 専 用 の 改 札 機 の 見 分 けができないので 改 札 機 は 全 国 統 一 にすることが 望 わかり

情 報 ホーム 安 全 対 策 車 両 等 触 知 板 で 男 女 を 一 緒 に 表 示 してあるとわかりにくいため 改 善 が 望 まれてい る 視 覚 障 がい 者 には ICOCA 専 用 の 改 札 機 の 見 分 けができないので 改 札 機 は 全 国 統 一 にすることが 望 わかり 第 5 章 バリアフリー 化 の 現 況 把 握 と 主 な の 整 理 3. 重 点 整 備 地 区 におけるバリアフリー 上 の (1) 旅 客 施 設 移 動 経 路 視 覚 障 が い 者 誘 導 等 階 段 の 両 側 に2 段 手 すりを 設 けるとともに 段 を 見 えやすくするなど 利 用 者 の 安 全 性 を 高 めることが 必 要 また 階 段 幅 が 広 い 場 合 は 中

More information

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 社 会 福 祉 法 人 共 生 会 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることのないよう 必 要 に

More information

普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )の 補 償 内 容 普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )は さ ま ざ ま な 事 故 による 建 物 や 機 械 設 備 などの 損 害 を 補 償 します 損 害 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 1 失 火 やもらい 火

普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )の 補 償 内 容 普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )は さ ま ざ ま な 事 故 による 建 物 や 機 械 設 備 などの 損 害 を 補 償 します 損 害 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 1 失 火 やもらい 火 2015年10月1日以降始期契約用 普通火災保険 工場物件用 普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )の 補 償 内 容 普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )は さ ま ざ ま な 事 故 による 建 物 や 機 械 設 備 などの 損 害 を 補 償 します 損 害 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 1 失 火 やもらい 火 による 火 災 消 防 活 動 による

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

FCB-410取扱説明書

FCB-410取扱説明書 8 消 耗 部 品 の 交 換 方 法 日 々 作 業 を 安 定 して 能 率 的 に 行 うために 作 業 前 作 業 後 のメンテナンス 早 い 時 期 の 消 耗 部 品 の 交 換 をお 勧 め 致 します 以 下 の 消 耗 部 品 の 交 換 方 法 をよくお 読 みいただき 正 しく 作 業 を 行 ってください 消 耗 部 品 の 交 換 やメンテナンスの 時 は 必 ず 電 源

More information

Microsoft Word - 1234yf_JFMA20110713 by HON.doc

Microsoft Word - 1234yf_JFMA20110713 by HON.doc HFO-1234yf 2011 年 7 月 13 日 Page 1 of 8 化 学 物 質 等 安 全 データシート(MSDS) 作 成 2010 年 12 月 24 日 改 定 2011 年 6 月 6 日 最 新 改 定 2011 年 7 月 13 日 1. 化 学 物 質 等 及 び 情 報 提 供 者 化 学 物 質 等 の 名 称 :HFO-1234yf (2,3,3,3-テトラフルオロ-1-プロペン)

More information

01 小 諸 市 の 水 道 について 02 引 っ 越 しのときは 小 諸 市 の 水 道 の 歴 史 は 古 く 小 諸 町 時 代 の 大 正 13 年 近 隣 市 町 村 に 先 駆 けて 創 設 されました これまで 未 給 水 地 区 の 解 消 給 水 区 域 の 拡 張 施 設 の

01 小 諸 市 の 水 道 について 02 引 っ 越 しのときは 小 諸 市 の 水 道 の 歴 史 は 古 く 小 諸 町 時 代 の 大 正 13 年 近 隣 市 町 村 に 先 駆 けて 創 設 されました これまで 未 給 水 地 区 の 解 消 給 水 区 域 の 拡 張 施 設 の 小 諸 市 上 水 道 課 保 存 版 01 小 諸 市 の 水 道 について 02 引 っ 越 しのときは 小 諸 市 の 水 道 の 歴 史 は 古 く 小 諸 町 時 代 の 大 正 13 年 近 隣 市 町 村 に 先 駆 けて 創 設 されました これまで 未 給 水 地 区 の 解 消 給 水 区 域 の 拡 張 施 設 の 整 備 改 善 を 図 ることにより 地 域 の 発 展 と

More information

広島市こども文化科学館受入案内業務仕様書

広島市こども文化科学館受入案内業務仕様書 広 島 市 こども 文 化 科 学 館 受 入 案 内 業 務 仕 様 書 1 業 務 実 施 日 時 (1) 業 務 日 及 び 業 務 体 制 別 表 のとおり 注 1) 配 置 人 員 は 業 務 実 施 期 間 中 における 当 該 業 務 の 最 低 人 員 とし 必 要 な 配 置 人 員 については 発 注 者 及 び 受 注 者 協 議 のうえ 決 定 すること 注 2) 発 注 者

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

ミニ統計平成27年(HP用 訂正版)

ミニ統計平成27年(HP用 訂正版) 平 成 2 7 年 宮 崎 県 の 交 通 事 故 平 成 28 年 宮 崎 県 交 通 安 全 スローガン 高 齢 者 事 故 抑 止 部 門 ま だ 行 け る! 若 い つ も り は 事 故 の も と 脇 見 安 全 不 確 認 等 の 漫 然 運 転 追 放 部 門 一 瞬 の 脇 見 や 油 断 が 事 故 の も と 飲 酒 運 転 根 絶 部 門 あ ぶ ね え が! 飲 ん で

More information

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護 日 常 生 活 給 付 品 目 一 覧 表 種 目 品 目 対 象 者 障 害 の 種 別 及 び 程 度 対 象 年 齢 ( 原 則 ) 性 能 等 基 準 額 ( 円 ) 耐 年 数 等 介 護 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 寝 たきりの 状 態 にある 難 病 患 者 等 腕 脚 等 の 訓 練 ができる 器 を 備 え 原 則

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓 作 成 日 平 成 26 年 5 月 14 日 安 全 データシート SDS 1 製 品 及 び 会 社 情 報 2 危 険 有 害 性 の 要 約 GHS 分 類 製 品 名 : 製 品 コード: 会 社 名 : 住 所 : 担 当 部 門 : 担 当 者 名 : 電 話 番 号 : 06-6301-4631 緊 急 時 の 電 話 番 号 06-6301-4631 ファックス 番 号 : 06-6306-0831

More information

カーシェア TOP24 基 本 事 項 一 覧 1 ID パスワード 6 桁 ( 以 下 PW)について 会 員 様 ( 会 員 様 で 登 録 運 転 者 様 でもある 場 合 ) 会 員 ID8 桁 PW(PC 用 モハ イル スマホ 会 員 サイトでは 使 用 不 可 )と 運 転 者 ID1

カーシェア TOP24 基 本 事 項 一 覧 1 ID パスワード 6 桁 ( 以 下 PW)について 会 員 様 ( 会 員 様 で 登 録 運 転 者 様 でもある 場 合 ) 会 員 ID8 桁 PW(PC 用 モハ イル スマホ 会 員 サイトでは 使 用 不 可 )と 運 転 者 ID1 ご 利 用 にあたって このたびはカーシェア@TOP24にご 入 会 頂 き 誠 にありがとうございます 了 承 事 項 複 数 の 会 員 で 車 両 を 共 同 利 用 するカーシェアリングのシステム 上 ご 予 約 された 時 間 の 前 利 用 者 様 が 何 らかの 理 由 で 時 間 内 にご 返 却 できず ご 予 約 された 時 間 からの 利 用 開 始 ができない 場 合 が ございます

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

国立大学法人東京医科歯科大学湯島地区お茶の水門側駐車整理要項

国立大学法人東京医科歯科大学湯島地区お茶の水門側駐車整理要項 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 湯 島 地 区 構 内 駐 車 場 管 理 運 営 要 項 平 成 1 7 年 9 月 2 6 日 制 定 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 要 項 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 ( 以 下 本 学 と い う ) の 湯 島 地 区 構 内 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 と い う ) の 管 理 運 営

More information

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機 照 明 から 始 めるECO 改 革 省 エネLED 照 明 環 境 を 守 るため 未 来 を 照 らすクリーンな 照 明 です Miyu 株 式 会 社 ミュウテック 1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の

More information

著 に 現 れることがあります その 他 の 問 題 鎮 静 剤 を 使 用 し 意 識 レベ ルが 低 下 している 場 合 は, 自 発 呼 吸 のみでガス 交 換 が 十 分 に 行 われなければ, 再 挿 管 を 余 儀 なくされること もあります 事 故 抜 管 vs 自 己 抜 管 計

著 に 現 れることがあります その 他 の 問 題 鎮 静 剤 を 使 用 し 意 識 レベ ルが 低 下 している 場 合 は, 自 発 呼 吸 のみでガス 交 換 が 十 分 に 行 われなければ, 再 挿 管 を 余 儀 なくされること もあります 事 故 抜 管 vs 自 己 抜 管 計 現 場 対 応 策 1 人 工 呼 吸 器 の 目 的 は, 高 濃 度 酸 素 の 投 与,ガ ス 交 換 の 改 善 および 呼 吸 仕 事 量 の 軽 減 です 気 管 チューブは,その 重 要 な 役 割 の 橋 渡 しをして います 気 管 チューブにひとたびトラブルが 生 じると, 場 合 によっては 生 命 に 危 険 を 及 ぼす 可 能 性 があります そのため,できるだけ 気 管

More information

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置 JLIA-B-2 圧 力 調 整 器 H23 改 正 第 4 章 圧 力 調 整 器 の 選 定 と 設 置 4.1 圧 力 調 整 器 の 選 定 LP ガス 用 圧 力 調 整 器 に 求 められる 機 能 は 燃 焼 器 具 を 使 用 する 時 に 要 求 されるガス 量 とガス 圧 を 供 給 し 正 常 な 燃 焼 を 保 つことである この 機 能 を 満 足 させるため 4.1.1~4.1.3

More information

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用)

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用) 医 局 医 勤 務 医 のための 医 師 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 2010 年 4 月 91545.2010.2/A3E13/A 目 次 1. 医 師 賠 償 責 任 保 険 とは P.3 2.お 支 払 いする 保 険 金 の 種 類 P.4 3. 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 P.5 4.ご 契 約 のしくみ P.6~7 5.ご 注 意 いただきたいこと P.8~11

More information

はじめに ホール 駐 車 場 等 における 子 ども 事 故 防 止 対 策 の 取 組 みについては お 子 連 れのお 客 様 には 駐 車 場 への 立 入 りを 禁 止 するなど かねてより 積 極 的 な 対 策 を 行 ってきました しかしながら 昨 年 8 月 にも 車 内 放 置 に

はじめに ホール 駐 車 場 等 における 子 ども 事 故 防 止 対 策 の 取 組 みについては お 子 連 れのお 客 様 には 駐 車 場 への 立 入 りを 禁 止 するなど かねてより 積 極 的 な 対 策 を 行 ってきました しかしながら 昨 年 8 月 にも 車 内 放 置 に 子 どもの 車 内 放 置 防 止 対 策 マニュアル - 0 - はじめに ホール 駐 車 場 等 における 子 ども 事 故 防 止 対 策 の 取 組 みについては お 子 連 れのお 客 様 には 駐 車 場 への 立 入 りを 禁 止 するなど かねてより 積 極 的 な 対 策 を 行 ってきました しかしながら 昨 年 8 月 にも 車 内 放 置 による 乳 児 の 死 亡 事 故

More information

平成14年度 償却資産申告の手引

平成14年度 償却資産申告の手引 償 却 資 産 ( 固 定 資 産 税 ) 申 告 の 手 引 償 却 資 産 の 所 有 者 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 における 償 却 資 産 の 状 況 ( 資 産 の 種 類 数 量 取 得 年 月 取 得 価 額 耐 用 年 数 等 )を 当 該 償 却 資 産 所 在 地 の 市 町 村 長 に 申 告 するよう 地 方 税 法 第 383 条 で 定

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information