についての 報 告 を 行 っています WHO は 想 定 は 過 大 評 価 になるかもしれないが 過 小 評 価 よりも 良 い として 事 故 後 15 年 では 1 歳 女 児 の 甲 状 腺 がんが 浪 江 町 で0 004%か ら0 037%へと 約 9 倍 飯 舘 村 で6 倍 になる

Size: px
Start display at page:

Download "についての 報 告 を 行 っています WHO は 想 定 は 過 大 評 価 になるかもしれないが 過 小 評 価 よりも 良 い として 事 故 後 15 年 では 1 歳 女 児 の 甲 状 腺 がんが 浪 江 町 で0 004%か ら0 037%へと 約 9 倍 飯 舘 村 で6 倍 になる"

Transcription

1 (スライド1) 私 は 愛 澤 卓 見 と 言 います 福 島 県 の 飯 舘 村 から 来 ました 飯 舘 村 は 私 の 故 郷 であり 2011 年 3 月 11 日 震 災 当 時 において 住 んでいた 場 所 であり( 生 活 の 場 であり) 仕 事 ( 職 場 ) のある 場 所 でもありました 皆 さんにとって 飯 舘 村 は 今 回 の 原 発 事 故 と それに 伴 う 様 々な 混 乱 悲 劇 の 象 徴 と して 認 識 されていると 思 います 原 発 を 立 地 する 経 緯 の 中 での 恩 恵 雇 用 の 恩 恵 そして 発 電 された 電 力 の 恩 恵 を 享 受 することなく 結 果 的 に 避 難 指 示 の 遅 れによって 住 民 が 最 も 望 まない 無 用 な( 避 けることが 十 分 に 可 能 な) 被 ばく をした 土 地 となってしまいま した 当 初 地 震 や 津 波 の 被 害 者 を 受 け 入 れる( 助 ける)ために 飯 舘 村 の 住 民 が 奔 走 して いたことも 悲 劇 的 で 皮 肉 な(シニカルな) 事 実 として 知 られていることと 思 います しかし 私 は 今 回 この 場 で 悲 劇 的 な 物 語 や 力 強 く 復 興 に 向 けて 歩 み 始 めている 物 語 を 話 に 来 たわけではありません 正 確 に 伝 わっていないいくつかの 事 実 便 宜 的 な 善 意 誠 実 さの 感 じられない 正 義 についての 話 をしたいと 思 います (スライド2) この 図 をご 覧 ください これは 日 本 国 内 で 信 用 されている ある 科 学 者 の 方 のツイッタ ーから 引 用 したグラフです 外 部 被 ばくのデータであり 不 完 全 な 推 定 です しかし こ の 時 点 でのオフィシャルなデータです 今 回 の 事 故 による 被 ばくは 軽 微 なものである という 主 張 に 使 われるものですが 詳 細 を 見 ると 飯 舘 村 の 住 民 の 被 ばく 量 が 大 きくなって いるのがわかります ( 動 画 5 分 ) 事 故 直 後 ではありませんが 2011 年 の 映 像 を 少 しだけご 覧 ください (スライド3) 少 しショッキングな 映 像 だったかもしれません しかし これは 既 に1か 月 以 上 の 時 間 が 経 過 した 段 階 での 映 像 です 事 故 直 後 は 半 減 期 の 短 いヨウ 素 の 影 響 がありましたので 更 に 過 酷 な 状 況 でした これは 事 故 直 後 に 飯 舘 村 の 長 泥 地 区 で 10マイクロシーベルト 以 下 になれば 心 配 ありません と 村 民 に 広 報 した 高 村 昇 福 島 県 放 射 線 健 康 リスク 管 理 アドバイザー の 画 像 です 彼 だけではなく 多 くの 専 門 家 が 村 で 安 全 安 心 を 口 にしました 彼 らに よって 科 学 者 や 専 門 家 そして 行 政 に 対 する 信 頼 が 大 きく 損 なわれました ここまではマ スコミなどでご 存 知 の 方 もいらっしゃるかも 知 れません (スライド4) ほぼ 2 年 後 2013 年 の2 月 末 に WHO が 今 回 の 原 発 事 故 における 健 康 被 害 の 可 能 性

2 についての 報 告 を 行 っています WHO は 想 定 は 過 大 評 価 になるかもしれないが 過 小 評 価 よりも 良 い として 事 故 後 15 年 では 1 歳 女 児 の 甲 状 腺 がんが 浪 江 町 で0 004%か ら0 037%へと 約 9 倍 飯 舘 村 で6 倍 になると 予 測 しました この 報 道 後 すぐに 飯 舘 村 長 が 日 本 外 国 特 派 員 協 会 (The Foreign Correspondents' Club of Japan)で 記 者 会 見 を 開 きました 彼 の 主 張 は 簡 潔 で このような 報 告 を 耳 にする 飯 舘 村 民 の 気 持 ちを 考 えろ 推 定 は 過 大 評 価 だ というものでした (スライド5) これは 皆 さんのお 手 元 に 配 布 した 資 料 の 原 本 です この WHO の 報 告 に 対 しての 高 村 氏 の 解 説 です 現 在 も 新 聞 社 の WEB 上 に 記 載 されています 仮 に 国 の 避 難 指 示 がなければ 飯 舘 村 民 は 彼 のアドバイス 通 り 飯 舘 村 で 生 活 していた 可 能 性 もあります 彼 は 現 在 も 専 門 家 として 大 きく 関 与 しています (スライド6) 飯 舘 村 の 南 側 に 川 内 村 という 自 治 体 があります 飯 舘 村 と 比 較 すると 汚 染 度 は 低 いので すが 事 故 直 後 早 い 段 階 で 避 難 しました 高 村 昇 氏 は 川 内 村 が 設 置 した 川 内 村 への 帰 還 に 向 けた 検 証 委 員 会 の 委 員 長 として 村 行 政 の 帰 村 宣 言 に 関 与 しました 川 内 村 の 避 難 区 域 解 除 については 村 民 から 反 対 意 見 が 出 ましたが それらの 意 見 は 無 視 されました 今 回 の 福 島 原 発 事 故 においては このような 科 学 者 や 専 門 家 の 不 誠 実 がたくさんありま した 住 民 感 情 とかい 離 した( 違 いのある) 行 政 の 決 定 首 長 の 判 断 の 裏 付 けになってい ます もっとも 問 題 であるのは 彼 らに 対 する 検 証 が 行 われていないということです マ スコミなどで 一 時 的 に 批 判 されることはありますが それだけです 私 が 話 をしたい 正 確 に 伝 わっていないいくつかの 事 実 の 一 つは 科 学 者 や 専 門 家 の 不 誠 実 が 事 故 後 4 年 が 経 過 しようというのに 現 在 進 行 形 である ということです (スライド7) 次 の 話 をします 先 ほども 話 をしましたが 村 長 です 飯 舘 村 は 当 初 国 の 避 難 計 画 に 抵 抗 しました (スライド8) これには 計 画 的 避 難 区 域 という 村 潰 しの 愚 挙 をなんとか 止 められませんか? と 書 い てあります これは 村 長 と 懇 意 にしている 毎 日 新 聞 の 科 学 記 者 のツイッターです 彼 は 事 故 前 から 村 長 の 友 人 であり 事 故 直 後 3 月 末 から 村 長 と 電 話 でやり 取 りをしつつ 様 々なアドバイス をしていました 人 には 表 現 の 自 由 がありますので ツイッターなどで どのような 発 言

3 をしても 自 由 です しかし 彼 は 飯 舘 村 に 対 する 計 画 避 難 を 止 めようと 具 体 的 に 政 治 家 に 働 きかけています (スライド9) これには 国 の 機 関 が 早 い 段 階 で 住 民 の 内 部 被 ばくを 測 定 していたと 書 いてあります 私 は 飯 舘 村 の 住 民 にとって 初 期 被 ばくが 最 も 深 刻 だと 考 えて 住 民 へのホールボディカ ウンター(という 内 部 被 ばくを 測 定 する 機 械 )での 計 測 を 求 めてきました 残 念 ながら その 要 望 は 国 からも 県 からも 無 視 されました この 科 学 ジャーナリストのツイッターは 虚 偽 で 取 材 実 態 もありません 国 の 機 関 である 放 射 線 医 学 総 合 研 究 所 には 早 い 時 期 での 飯 舘 村 民 の 測 定 データはありません (スライド10) 少 し 話 が 前 後 しますが 先 ほどの WHO の 報 告 を 含 めて 飯 舘 村 の 初 期 被 ばくについては きちんとした 推 計 はされていません 飯 舘 村 では 水 は 村 で 運 営 している 簡 易 水 道 (こ れは 沢 水 を 取 水 するものですが )と 井 戸 水 を 利 用 していました 3 月 20 日 の 段 階 で 水 道 水 の 汚 染 が 確 認 されました これ 以 降 水 は 制 限 されましたが 飯 舘 村 の 汚 染 は3 月 1 5 日 の 雪 によってもたらされたものです つまり3 月 15 日 から3 月 20 日 まで 汚 染 され た 水 を 飲 んでいたということです (スライド11) これは 飯 舘 村 の 水 道 の 簡 単 な 図 です 長 泥 地 区 のすぐ 近 くで 取 水 した 水 が 水 道 水 として 使 われています 取 水 してから 家 庭 の 蛇 口 から 出 るまで24 時 間 もかかりません 私 たち 飯 舘 村 の 住 民 だけではなく 飯 舘 村 に 避 難 した 人 たちも 口 にしているかもしれません 先 ほどの 水 のデータでは1000ベクレル 以 下 ですが 15 日 から20 日 まで どのような 濃 度 で 推 移 していたのかは 不 明 なままです 危 険 を 煽 るような 発 言 をすると 批 判 されてし まいますが 一 時 的 には 数 万 ベクレル 程 度 の 汚 染 があったのではないかと 思 っています (スライド12) これは ICRP ダイアローグセミナーという 会 合 です 2013 年 7 月 に 行 われたものです この 会 合 でも 村 民 の 被 ばく 特 に 初 期 被 曝 についての 話 はされていません 私 が 話 をしたい 正 確 に 伝 わっていないいくつかの 事 実 の 二 つ 目 は 飯 舘 村 の 初 期 被 ばくがタブーになっているということです 放 射 線 防 護 という 観 点 で 見 れば 飯 舘 村 の 住 民 への 対 応 は 失 敗 事 例 になります また 避 難 が 不 要 だと 判 断 した 人 々 主 張 した 人 々に とっては 初 期 被 ばくの 実 態 が 明 らかになることは 都 合 が 悪 いことになります 彼 らにとっ ては 震 災 の 教 訓 原 発 事 故 の 教 訓 は 苦 すぎる 薬 なのかもしれません 事 実 を 捻 じ 曲 げ

4 てでも 事 実 を 黙 殺 してでも 飯 舘 村 の 初 期 被 ばく を 過 小 評 価 もしくは なかったこ とにする ことは 重 要 なミッションになっています (スライド13) さて 次 に 便 宜 的 な 善 意 の 話 をします 2011 年 3 月 末 に 小 児 甲 状 腺 被 ばく 調 査 がいわき 市 川 俣 町 そして 飯 舘 村 で 行 わ れました これは 主 に 呼 吸 によって 甲 状 腺 等 価 線 量 で 100 msv を 超 える 被 ばくをした 可 能 性 のある 子 どもを 見 つけるためのスクリーニング 調 査 でした この 調 査 の 時 点 では 飯 舘 村 の 空 間 線 量 は 高 く コンクリートの 建 物 の 中 でも 0.2μSv 以 下 の 場 所 を 見 つけるのは 困 難 でした 非 常 に 雑 音 の 大 きい 場 所 での(バックグランドの 高 い 場 所 での) 調 査 だったの です 蝉 の 声 が 響 いている 森 の 中 で 鳥 の 声 に 耳 を 澄 ますような 調 査 でした この 時 点 では 事 故 直 後 に 不 足 していたガソリンも 流 通 しつつあり もっと 空 間 線 量 の 低 い( 適 切 な) 場 所 に 移 動 しての 調 査 も 可 能 でしたが 追 加 的 な 調 査 は 行 われませんでした 先 ほどもお 話 しした 通 り この 調 査 は 甲 状 腺 等 価 線 量 で 100 msv を 超 える 被 ばくをした 可 能 性 のある 子 ども が 存 在 しないことを 確 認 するための 調 査 です その 目 的 は 達 成 されました しか し その 目 的 しか 達 成 できない 簡 易 的 な 調 査 に 過 ぎなかったのです 現 在 この 調 査 が 唯 一 の 実 測 データ として 公 的 に 取 り 扱 われています この 調 査 を 指 示 した 国 の 原 子 力 安 全 委 員 会 からも 簡 易 的 な 調 査 なので 被 ばく 線 量 を 換 算 したり 健 康 影 響 やリスク 等 を 評 価 することは 適 切 ではないと 考 える との 所 見 が 出 ています それにもかかわらず 健 康 影 響 は 出 ない という 評 価 の 材 料 になっているのです (スライド14) その 年 の8 月 に 保 護 者 に 対 して 説 明 会 が 行 われました これは おしどりマコさん が 熱 心 に 問 題 を 追 及 してくれたから 実 現 したものです 仮 に 彼 女 がいなければ 説 明 会 は 行 わ れていません 震 災 以 降 にジャーナリスト 的 な 動 きをはじめた 彼 女 に 対 して 一 部 の 人 た ちからは 売 名 行 為 として 一 貫 したバッシングがあります しかし 取 材 ( 報 道 )とい う 行 為 と 並 行 して 彼 女 は 多 くの 取 材 対 象 者 つまり 政 府 関 係 者 や 専 門 家 といった 人 たち に この 調 査 の 重 要 性 と 問 題 を 訴 えてくれました 結 果 的 には この 調 査 は 簡 易 的 なも のだった ことから 被 ばくの 実 態 を 推 定 することは 出 来 ませんでしたが 調 査 の 目 的 と 内 容 推 定 できること 推 定 できないこと が 明 らかになったことは 評 価 されるべ きでしょう しかし この 場 で 保 護 者 に 知 らされた 数 値 は 実 際 にはありえない 推 計 によるものでし た この 図 はその 推 定 の 説 明 になっています 実 際 に 保 護 者 に 配 られたものです このグ ラフの 面 積 が 被 ばく 量 になるのですが 論 外 の 数 値 になります (スライド15)

5 これは 私 が 作 った 概 略 図 です 今 回 の 原 発 事 故 では 継 続 して 放 射 性 ヨウ 素 を 摂 取 するこ とは 考 えられません この 面 積 が 被 ばく 量 になることを 考 えると いかに 不 誠 実 かがわか ると 思 います (スライド16) これは 最 初 のグラフを 引 用 させてもらった 日 本 国 内 で 信 用 されている ある 科 学 者 の 方 のツイッター です 飯 舘 村 を 含 めて 被 ばくの 心 配 のある 地 域 の 子 ども 達 の 大 部 分 をき ちんと 実 測 している というニュアンスのものです 信 用 ある 人 物 に このような 適 当 な ことを 発 信 されては 困 ります 私 はある 機 会 に 本 人 に 内 容 を 確 認 しました そうしたとこ ろ いつの 間 にか 保 護 者 に 対 して 示 した ありえない 推 定 ( 計 算 式 ) が 変 更 されているこ とを 知 りました もちろん その 推 定 が 変 更 されたことは 保 護 者 には 知 らされていません 村 長 の 記 者 会 見 もそうでしたが 知 らされること 報 道 されること に 対 して 不 安 を 煽 る という 意 味 で 否 定 的 な 意 見 があります 確 かに 無 用 な 不 安 を 煽 ること は 問 題 ですが その 基 準 は 誰 が 決 めるのか? 不 安 を 煽 るな という 主 張 の 中 には その 主 張 を する 人 たちの 便 宜 的 な 善 意 が 含 まれています さて 最 後 に 誠 実 さの 感 じられない 正 義 についての 話 をしたいと 思 います ここまでの 話 を 聞 いて 皆 さんはなぜ 村 民 が 怒 らないのか? 国 や 東 電 に 対 して 激 しい 怒 りを 表 明 しないのか?なぜ 日 本 人 はおとなしいのか? 疑 問 に 思 われているかもしれません 村 長 の 行 動 についても 奇 妙 に 思 われているかもしれません これには 理 由 があります ご 存 じのように 日 本 人 は 歴 史 上 唯 一 核 爆 弾 を 投 下 された 経 験 を 持 つ 国 民 です 広 島 と 長 崎 という 二 つの 都 市 に 原 子 爆 弾 が 投 下 され 合 わせて20 万 を 超 す 人 命 が 失 われま した そして 残 念 ながら この 悲 劇 には 第 二 幕 がありました 差 別 の 問 題 です 多 くの 差 別 がそうであるように 悪 意 のある 誤 解 悪 意 と 結 びつきやすい 誤 解 が 原 子 力 にはあり ます 被 ばく が 遺 伝 的 影 響 を 与 える 二 世 三 世 についても 影 響 が 出 てくるのではないか? 遺 伝 的 な 評 価 というものは 差 別 と 結 びつきやすいものがあるのです 2011 年 3 月 村 長 が 国 に 対 して 最 初 に 提 出 した 文 書 の 内 容 は 我 々は 原 発 に 反 対 しない でした これは 飯 舘 村 は 汚 染 されていない 飯 舘 村 の 住 民 は 被 ばくしていない 飯 舘 村 には 被 ばく 者 はいない という 悲 鳴 のような 叫 びでした 戦 後 日 本 は 先 進 国 の 一 員 として 平 和 人 権 自 由 といった 共 通 の 価 値 を 世 界 と 共 有 していたはずでした しかし 今 回 の 大 きな 災 害 によって 様 々な 欺 瞞 が 明 らかになっ てしまいました 世 界 で 唯 一 の 被 爆 国 として 世 界 で 最 も 放 射 能 を 恐 れる 国 だったはず

6 が 世 界 で 最 も 放 射 能 を 恐 れない 国 になってしまいました ここまで 話 してきたとおり 日 本 の 科 学 者 たちは 放 射 能 を 恐 れる 必 要 はない と 口 々に 言 い 始 め わたしには 幼 い 子 供 がいます 放 射 能 がやはり 怖 いのですが と 控 えめに 訊 ねる 母 親 たちを 非 科 学 的 だ と 罵 りはじめたのです 人 権 や 自 由 の 概 念 がある 国 の 人 間 の 行 動 ではありませ ん 差 別 は 悪 です まぎれもない 悪 です しかし 誰 の 心 にもある 悪 です 人 生 の 中 で 自 分 の 心 と 向 かい 合 う 時 期 があった 普 通 の 人 間 ならば あなたの 行 動 は 差 別 につながる と 言 われれば 沈 黙 します また 当 たり 前 ですが 保 護 者 家 族 地 域 の 住 民 も 子 ども 達 が 差 別 されることを 恐 れます 沈 黙 することは 当 然 なのです 私 には 彼 らの 主 張 が 差 別 と いう 悪 を 利 用 した 誠 実 さの 感 じられない 正 義 にしか 見 えません 沈 黙 を 守 らない 私 は 強 い 批 判 にさらされることになります 日 本 社 会 によって 狂 人 としてのレッテルを 貼 られるのも 時 間 の 問 題 です しかし 私 には この 正 義 は 不 誠 実 だ という 強 い 直 観 があります これまでの 出 来 事 をなかったことには 出 来 ません すべて 仕 方 がなかった といって 生 きていくことは 出 来 ないのです 自 分 でも 不 器 用 だとは 思 いま すが 少 なくとも 知 ってほしい 今 回 の 福 島 原 発 事 故 で 何 が 起 きたのか? 飯 舘 村 という 場 所 でなにが 行 われたのか? 科 学 と 政 治 はどのように 動 いたのか? 正 義 や 倫 理 はどのように 存 在 したのか?どのように 使 用 されてしまったのか? 知 ってほしいのです

Microsoft Word - 書き出し用QA v3-4.doc

Microsoft Word - 書き出し用QA v3-4.doc 福 島 での 原 子 力 災 害 による 放 射 線 の 健 康 影 響 に 関 する 解 説 (Q and A) はじめに 東 日 本 大 震 災 で 被 災 された 皆 様 に 心 からお 見 舞 いを 申 し 上 げます 報 道 されておりますように 現 在 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 及 び 福 島 第 二 原 子 力 発 電 所 について 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措

More information

Microsoft PowerPoint - JIRA講演 2011.06.01 抜粋 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - JIRA講演 2011.06.01 抜粋 [互換モード] 社 団 法 人 日 本 画 像 医 療 システム 工 業 会 ( 平 成 23 年 6 月 1 日 ) 環 境 放 射 線 (μsv)と 医 療 放 射 線 (mgy) ー 福 島 原 発 事 故 を 契 機 に 放 射 線 被 ばくを 考 えるー 埼 玉 県 立 がんセンター 放 射 線 技 術 部 諸 澄 邦 彦 今 問 題 になっている 放 射 線 被 ばくとは? 放 射 線? 放 射 能?

More information

~.~.~I1 Hre

~.~.~I1 Hre ~.~.~I1 Hre 理 に 直 接 参 加 した 著 者 の 個 人 的 経 験 に 基 づき 人 間 と 環 境 ~ ~こ 対 する 事 故 のマイナスの ~ 放 射 能 Q&A J] ~ 中 部 カザフスタンにおける 環 境 放 射 能 と 住 民 及 び 家 畜 の 健 康 状 態 ~カザフスタンの 今 J] ~チェルノプイリ; 虚 偽 と 真 実 J] ~ 甲 状 腺 学

More information

講 義 の 内 容 放 射 線 の 基 礎 放 射 線 の 単 位 低 線 量 被 曝 のリスク 放 射 線 防 護

講 義 の 内 容 放 射 線 の 基 礎 放 射 線 の 単 位 低 線 量 被 曝 のリスク 放 射 線 防 護 地 域 ワークショップ 福 井 2012.12.1. 放 射 線 の 基 礎 と 防 護 の 考 え 方 東 京 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 鈴 木 崇 彦 講 義 の 内 容 放 射 線 の 基 礎 放 射 線 の 単 位 低 線 量 被 曝 のリスク 放 射 線 防 護 放 射 線 の 特 徴 は? 物 質 を 透 過 する 線 量 が 大 きくなると 障 害 を 引 き 起 こす

More information

者 )や 付 添 いや 介 護 をする 者 の 被 ばくのことをいいます 放 射 線 を 使 用 する 検 査 や 治 療 は それによって 受 ける 患 者 さんの 利 益 ( 病 気 の 発 見 やがん 治 療 など)が 不 利 益 ( 放 射 線 被 ばくによる 健 康 への 影 響 )よりも

者 )や 付 添 いや 介 護 をする 者 の 被 ばくのことをいいます 放 射 線 を 使 用 する 検 査 や 治 療 は それによって 受 ける 患 者 さんの 利 益 ( 病 気 の 発 見 やがん 治 療 など)が 不 利 益 ( 放 射 線 被 ばくによる 健 康 への 影 響 )よりも 放 射 線 防 護 放 射 線 治 療 の 際 に 看 護 師 が 気 を つけなければならないことは 何 ですか? 患 者 さんは 放 射 線 治 療 に 関 してどのようなイメージをもっているでしょうか 治 療 に 対 する 期 待 とともに 髪 の 毛 が 抜 ける 広 島 長 崎 の 原 爆 といった 放 射 線 の 健 康 への 影 響 に ついての 不 安 も 抱 いているのではないでしょうか

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

職業被ばく解説

職業被ばく解説 職 業 被 ばく 防 護 について 1. 放 射 線 障 害 と 防 護 活 動 の 歴 史 1895 年 にレントゲンがX 線 を 発 見 してから 間 もなく 放 射 線 障 害 の 報 告 がなされた 当 初 放 射 線 の 人 体 への 影 響 をほとんど 知 らないままX 線 を 利 用 した 結 果 多 くのX 線 取 扱 者 に 皮 膚 障 害 が 発 生 し それが 皮 膚 癌 等

More information

野 豪 志 原 子 力 担 当 大 臣 は 低 線 量 被 ばくのリスク 管 理 に 関 するワーキンググループ を 立 (3) ち 上 げて 報 告 書 をまとめ 100mSv 未 満 のリスクは 無 視 できると 表 明 し 国 民 とのコミ ュニケーションの 大 切 さを 述 べているが 結

野 豪 志 原 子 力 担 当 大 臣 は 低 線 量 被 ばくのリスク 管 理 に 関 するワーキンググループ を 立 (3) ち 上 げて 報 告 書 をまとめ 100mSv 未 満 のリスクは 無 視 できると 表 明 し 国 民 とのコミ ュニケーションの 大 切 さを 述 べているが 結 福 島 事 故 の 影 響 を 見 誤 ってエネルギーの 選 択 を 誤 ってはならない(R1) 2014/10/18 エネ 会 会 員 若 杉 和 彦 1. 原 発 事 故 の 影 響 が 拡 大 した 原 因 は 何 か? 国 のエネルギー 政 策 をめぐり 原 発 再 稼 働 の 方 針 を 採 る 自 民 党 政 権 と 脱 原 発 を 主 張 する 野 党 との 間 で 対 立 が 続 いている

More information

子 供 を 屋 外 で 遊 ばせたいが どの 様 なことに 注 意 をすれば 良 いか また 帰 宅 後 にすることは 回 答 : 普 通 に 遊 ばせてよいでしょう 帰 宅 後 は 普 通 に 手 足 洗 い うがいをすればよい でしょう 高 萩 市 の 大 人 の 安 全 について 述 べたこと

子 供 を 屋 外 で 遊 ばせたいが どの 様 なことに 注 意 をすれば 良 いか また 帰 宅 後 にすることは 回 答 : 普 通 に 遊 ばせてよいでしょう 帰 宅 後 は 普 通 に 手 足 洗 い うがいをすればよい でしょう 高 萩 市 の 大 人 の 安 全 について 述 べたこと 平 成 23 年 7 月 20 日 高 萩 市 からの 放 射 能 汚 染 についての 質 問 事 項 への 回 答 全 般 茨 城 大 学 放 射 能 汚 染 に 関 する 相 談 員 会 議 放 射 能 は 今 でも 飛 来 し 続 けているのか 回 答 : 県 内 にはもう 飛 来 していません 3 月 中 旬 の 福 島 原 発 の 水 素 爆 発 等 でウラン 核 分 裂 生 成 物 である

More information

回 答 Q4-1 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 均 等 割 はどのように 計 算 しますか? 質 問 : 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 均 等 割 とは 何 ですか どのように 計 算 しますか 答 : 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 は 法 人 の 収 益 をもとに 課

回 答 Q4-1 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 均 等 割 はどのように 計 算 しますか? 質 問 : 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 均 等 割 とは 何 ですか どのように 計 算 しますか 答 : 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 は 法 人 の 収 益 をもとに 課 税 に 関 するQ&A 質 問 と 回 答 4. 法 人 市 民 税 編 質 問 一 覧 Q4-1 法 人 市 民 税 の 法 人 税 割 均 等 割 はどのように 計 算 しますか? Q4-2 なぜ 法 人 市 民 税 には 均 等 割 があるのでしょうか? Q4-3 事 業 年 度 途 中 に 事 業 所 を 市 外 に 移 転 しました 法 人 市 民 税 は? Q4-4 法 人 市 民 税

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復 資 料 2 平 成 25 年 2 月 17 日 復 興 庁 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 主 な 予 算 について ( 平 成 24 年 度 補 正 予 算 平 成 25 年 度 予 算 案 ) 復 興 庁 が 司 令 塔 となって 原 子 力 災 害 からの 福 島 の 復 興 及 び 再 生 を 加 速 的 に 推 進 する さらに 福 島 の 深 刻 な 諸 問 題 に 対 応 できるよう

More information

ロトコールを 作 成 し 皮 膚 線 量 を 予 測 すること 皮 膚 障 害 のしきい 値 である 3Gy を 超 えたと 考 えられる 患 者 には 追 跡 調 査 を 行 うことを 勧 告 している 今 後 各 施 設 で IVR に 使 用 している 装 置 の 線 量 率 の 測 定 それ

ロトコールを 作 成 し 皮 膚 線 量 を 予 測 すること 皮 膚 障 害 のしきい 値 である 3Gy を 超 えたと 考 えられる 患 者 には 追 跡 調 査 を 行 うことを 勧 告 している 今 後 各 施 設 で IVR に 使 用 している 装 置 の 線 量 率 の 測 定 それ 放 射 線 科 学 放 射 線 被 ばくについての 最 近 の 話 題 石 口 恒 男 画 像 診 断 とインターベンショナルラジオロジー(IVR) および 放 射 線 防 護 を 専 門 とする 放 射 線 科 医 として 患 者 さんやご 家 族 の 方 々から 医 療 被 ばくについ ての 相 談 を 受 けることが 少 なくない ここでは 被 ばくに 関 する 最 近 の 話 題 を いくつかご

More information

ばならず それをするのに 一 定 の 時 間 を 要 します その 作 業 に 時 間 を 要 す るため すぐ 結 果 が 出 せないのです ( 質 問 -5)すぐに 出 ないというのは 例 えば 時 間 が 何 倍 くらいかかるのですか ( 回 答 )そのやり 方 としては ストロンチウムを 評

ばならず それをするのに 一 定 の 時 間 を 要 します その 作 業 に 時 間 を 要 す るため すぐ 結 果 が 出 せないのです ( 質 問 -5)すぐに 出 ないというのは 例 えば 時 間 が 何 倍 くらいかかるのですか ( 回 答 )そのやり 方 としては ストロンチウムを 評 市 民 学 習 会 放 射 能 と 私 たちのくらし 質 疑 応 答 平 成 24 年 6 月 10 日 ( 日 ) 午 後 2 時 ~ 会 場 : 大 島 公 民 館 講 師 : 弘 前 大 学 被 ばく 医 療 総 合 研 究 所 教 授 床 次 眞 司 氏 ( 質 問 者 Aさん) ( 質 問 -1) 放 射 線 は 直 接 DNA を 傷 つけるという 見 識 を 持 っています その 場

More information

11 市 内 女 性 40 歳 代 班 回 覧 チラシ 議 会 報 告 会 を 定 期 的 に 開 催 してほしい 子 どもたちの 長 期 的 な 健 康 調 査 地 域 内 でのWBC 検 査 尿 検 査 甲 状 腺 エコー 検 査 を 実 施 してほしい 食 品 検 査 はわかりやすく 発 表

11 市 内 女 性 40 歳 代 班 回 覧 チラシ 議 会 報 告 会 を 定 期 的 に 開 催 してほしい 子 どもたちの 長 期 的 な 健 康 調 査 地 域 内 でのWBC 検 査 尿 検 査 甲 状 腺 エコー 検 査 を 実 施 してほしい 食 品 検 査 はわかりやすく 発 表 平 成 24 年 8 月 議 会 報 告 会 アンケート 集 計 票 回 収 率 65.6%(65 人 / 参 加 者 99 人 ) 住 まい 性 別 年 齢 1 市 内 女 性 60 歳 代 班 回 覧 チラシ 分 かりやすかった 2 市 内 女 性 60 歳 代 ホームページ 市 に 望 むことを 議 員 にぶつけていたように 思 う 市 と 議 会 の 報 告 会 の 違 いを 説 明 し 開

More information

Microsoft Word - 最終報告_ver8.docx

Microsoft Word - 最終報告_ver8.docx 福 島 第 一 原 発 事 故 を 受 けて 放 射 線 についての 教 育 現 状 とその 意 識 調 査 リスク 工 学 グループ 演 習 8 班 新 屋 樹 中 田 星 子 劉 陽 (アドバイザー 教 員 : 掛 谷 英 紀 ) 1.はじめに 11 年 3 月 11 日 の 東 日 本 大 震 災 により 福 島 第 一 原 発 事 故 が 発 生 し 放 射 性 物 質 が 漏 れ 出 した

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CB494AD82C98AD682B782E98D6C8E403230313289C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CB494AD82C98AD682B782E98D6C8E403230313289C4> 福 島 原 発 事 故 による 放 射 能 汚 染 と どう 向 き 合 って 生 きていくか? 東 北 大 学 加 齢 医 学 研 究 所 川 島 隆 太 私 の 基 本 的 な 立 場 今 は 脳 科 学 を 専 門 としていますが 大 学 院 入 学 から 約 10 年 間 放 射 線 医 学 と 核 医 学 の 臨 床 医 もしていました 放 射 線 防 護 の 知 識 に 関 しては 専

More information

松 本 地 区 労 組 会 議 データ File 通 算 No.171 2015/12/4 松 本 地 区 労 働 組 合 会 議 390-0811 長 野 県 松 本 市 中 央 4-7-22 松 本 市 勤 労 会 館 内 Tel: 0263-33-9513/Fax: 0263-33-6000/Email: ape03602@go.tvm.ne.jp 1. 腐 敗 堕 落 利 権 にまみれ た

More information

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件 被 災 時 のための Q&A(Q1~Q33) 旧 賃 借 人 と 新 賃 借 人 優 先 するのはどちら? Q1 物 件 について 旧 賃 借 人 との 間 で 賃 貸 借 契 約 の 解 除 が 完 了 し 明 渡 日 も 決 まっており 新 賃 借 人 が 決 まっておりましたが 今 回 の 地 震 で 旧 賃 借 人 が 引 っ 越 すことができません 新 賃 借 人 と 旧 賃 借 人 と

More information

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ 個 人 住 民 税 ( 個 人 県 民 税 個 人 市 ( 町 ) 民 税 ) 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 愛 媛 県 全 市 町 目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別

More information

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加 生 活 を 再 建 する 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 Q1 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 では 住 宅 を 建 設 購 入 した 場 合 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )が 受 けられることになっています しかし 高 齢 のため ローンを 組 むことができません 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )を

More information

事例に学ぶ マンション建替え成功の方程式

事例に学ぶ マンション建替え成功の方程式 事 例 に 学 ぶ マンション 建 替 え 成 功 の 方 程 式 2012 年 10 月 15 日 旭 化 成 不 動 産 レジデンス 株 式 会 社 マンション 建 替 え 研 究 所 主 任 研 究 員 大 木 祐 悟 マンション 建 替 えに 失 敗 する 原 因 は? 1. 合 意 形 成 に 失 敗 すること 2. 訴 訟 になった 場 合 に 建 替 え 決 議 が 否 認 されてしまうこと

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

Microsoft Word - 諮問第82号答申(決裁後)

Microsoft Word - 諮問第82号答申(決裁後) 情 個 審 第 43-1 号 平 成 28 年 1 月 18 日 茨 城 県 教 育 委 員 会 教 育 長 小 野 寺 俊 殿 茨 城 県 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 委 員 長 大 和 田 一 雄 保 有 個 人 情 報 部 分 開 示 決 定 に 対 する 異 議 申 立 てについて( 答 申 ) 平 成 27 年 2 月 27 日 付 け 保 体 諮 問 第 1 号

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

Microsoft Word - ①PET-CT 説明書 コンパクトに改良 紹介患者用に編集.doc

Microsoft Word - ①PET-CT 説明書 コンパクトに改良 紹介患者用に編集.doc カルテNo. PET-CT 検 査 について 検 査 日 時 : 月 日 ( ) 時 分 ( 開 始 予 定 ) 絶 食 時 間 : 月 日 朝 食 抜 き 時 分 から 様 用 スムーズに 行 うために 検 査 時 間 の 45 分 前 迄 に 紹 介 患 者 様 窓 口 へお 越 し 下 さい ( 検 査 時 間 を 30 分 以 上 過 ぎると 検 査 ができなくなる 場 合 があります )

More information

Microsoft Word - 計画本編.doc

Microsoft Word - 計画本編.doc III. 安 全 安 心 な 生 活 環 境 の 確 保 63 安 全 安 心 な 生 活 環 境 の 確 保 1 健 康 危 機 管 理 体 制 の 推 進 現 況 と 課 題 危 機 レベル 別 組 織 体 制 食 中 毒 感 染 症 飲 料 水 薬 品 災 害 テロ 武 力 攻 撃 その 他 何 らかの 原 因 により 生 命 と 健 康 の 安 全 を 脅 かす 事 態 を 健 康 危 機

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698E9197BF8250814582568C8E95AA816A90489569928682CC95FA8ECB90AB95A88EBF82C982E682E98C928D4E89658BBF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698E9197BF8250814582568C8E95AA816A90489569928682CC95FA8ECB90AB95A88EBF82C982E682E98C928D4E89658BBF2E70707478> 食 品 中 の 放 射 性 物 質 による 健 康 影 響 について 資 料 1 平 成 24 年 7 月 食 品 安 全 委 員 会 1 放 射 線 放 射 性 物 質 について 2 α 線 β 線 γ 線 X 線 放 射 線 とは 物 質 を 通 過 する 高 速 の 粒 子 高 いエネルギーの 電 磁 波 ガンマ(γ) 線 /エックス(X) 線 ガンマ 線 はエックス 線 と 同 様 の 電

More information

災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 の 住 民 対 話 の 難 しさ 循 環 3R 活 動 災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 住 民 活 動 不 安 反 対 原 子 力 利 用 反 対 運 動 住 民 理 解 2

災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 の 住 民 対 話 の 難 しさ 循 環 3R 活 動 災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 住 民 活 動 不 安 反 対 原 子 力 利 用 反 対 運 動 住 民 理 解 2 基 調 講 演 : 循 環 3Rシンポジウム @ 千 代 田 区 内 幸 町 ホール 災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 と 住 民 対 話 平 成 24 年 7 月 19 日 森 久 起 1 災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 の 住 民 対 話 の 難 しさ 循 環 3R 活 動 災 害 廃 棄 物 広 域 処 理 住 民 活 動 不 安 反 対 原 子 力 利 用 反 対 運 動 住 民 理

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082508255824F82538251824F81408381838B837D834B98418DDA81408FEE95F1835683588365838082CC967B8EBF82C9949782E981408250824F82568140906B8DD0959C8BBB82CC8FEE95F183568358836583808A7781698FB3914F816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082508255824F82538251824F81408381838B837D834B98418DDA81408FEE95F1835683588365838082CC967B8EBF82C9949782E981408250824F82568140906B8DD0959C8BBB82CC8FEE95F183568358836583808A7781698FB3914F816A2E646F63> 芳 賀 正 憲 新 国 立 競 技 場 の 建 設 費 は 2012 年 デザイン 公 募 時 の 目 標 が1300 億 円 でしたが 採 用 された 案 では 設 計 業 者 の 見 積 もりが3000 億 円 を 超 え その 後 修 正 を 重 ねましたが 最 終 的 に 目 標 値 をはるかにオーバーすることが 確 実 になり 2015 年 7 月 白 紙 撤 回 仕 切 り 直 しとなりました

More information

公 開 講 座 という 飯 舘 村 の 総 合 計 画 では 手 間 ひまを 惜 しまず 丁 寧 に 時 間 をかけて じっ くりと つつましく 暮 らすような 飯 舘 流 スローライフを までいライフ (MADAYLIFE) と 呼 んで 飯 舘 村 が 本 来 持 っている 歴 史 や 風 土

公 開 講 座 という 飯 舘 村 の 総 合 計 画 では 手 間 ひまを 惜 しまず 丁 寧 に 時 間 をかけて じっ くりと つつましく 暮 らすような 飯 舘 流 スローライフを までいライフ (MADAYLIFE) と 呼 んで 飯 舘 村 が 本 来 持 っている 歴 史 や 風 土 福 島 県 飯 舘 村 の 原 発 災 害 からの 復 興 と 地 方 自 治 水 谷 利 亮 はじめに 東 日 本 大 震 災 に 関 する 復 興 においては 地 震 と 津 波 による 災 害 に 加 えて 原 発 災 害 から の 復 興 という 厳 しく 困 難 な 課 題 がある 福 島 第 一 原 発 の 爆 発 により 放 射 能 に 汚 染 された 森 林 や 農 地 などの 土

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

資 料 1 委 員 等 名 簿 有 識 者 遠 藤 寛 下 吉 拓 治 本 間 俊 充 丸 山 結 横 山 邦 彦 一 般 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 研 究 アドバイザー 九 州 大 学 客 員 教 授 公 益 財 団 法 人 原 子 力 安 全 技 術 センター 参 事 国 立

資 料 1 委 員 等 名 簿 有 識 者 遠 藤 寛 下 吉 拓 治 本 間 俊 充 丸 山 結 横 山 邦 彦 一 般 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 研 究 アドバイザー 九 州 大 学 客 員 教 授 公 益 財 団 法 人 原 子 力 安 全 技 術 センター 参 事 国 立 原 子 力 艦 の 原 子 力 災 害 対 策 マニュアル 検 証 に 係 る 作 業 委 員 会 ( 第 5 回 ) 日 時 : 平 成 28 年 3 月 28 日 ( 月 )13:00~15:00 場 所 : 中 央 合 同 庁 舎 8 号 館 3 階 災 害 対 策 本 部 会 議 室 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 題 (1) 原 子 力 艦 の 移 動 による 影 響

More information

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614 事 業 番 号 0439 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 防 衛 省 設 置 法 第 4 条 第 1 号 経 理 装 備 局 技 術 計 画 官 現 用 防 護 マスク(00 式 個 人 用 防 護 装 備 )と 同 等 防 護 性 能 を 有 し 広 視 野 化 放 射 能 除 染 呼 吸 追 随 ブロワー 小 型 化 及 び 現 用 通 信 装 置 (

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム 2014 年 8 月 7 日 森 本 紀 行 はこう 見 る JR 九 州 の 経 営 計 画 と 経 営 安 定 基 金 JR 九 州 は つくる 2016 JR 九 州 グループ 中 期 経 営 計 画 というものを 策 定 しています そ の 頂 点 にあるのは 株 式 上 場 です 要 は 2016 年 までに 上 場 企 業 としての 諸 条 件 を 完 備 さ せるための 経 営 計 画

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際 部 員 各 位 平 成 27 年 6 月 6 日 岩 田 弘 雪 ( 法 2) 日 本 の 奨 学 金 制 度 目 次 一 初 めに 二 奨 学 金 とは 三 奨 学 金 の 歴 史 四 日 本 における 奨 学 金 制 度 の 変 遷 五 現 状 の 奨 学 金 制 度 の 問 題 六 まとめ 七 参 考 文 献 一 初 めに ここにいる 皆 さんは 大 学 生 だ 四 年 目 に 突 入 して

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63> マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 の 改 正 ポイント 平 成 22 年 7 月 1 マンションの 管 理 業 務 の 委 託 マンションの 管 理 組 合 の 管 理 業 務 には 管 理 費 等 の 収 支 の 調 定 出 納 建 物 設 備 の 維 持 又 は 修 繕 に 関 する 企 画 又 は 実 施 等 標 準 的 にはマンション 標 準 管 理 規 約 ( 単 棟 型 )(

More information

放射線被ばくに関する電話相談 ~東電福島第一原発事故後1年間の集計結果報告~

放射線被ばくに関する電話相談 ~東電福島第一原発事故後1年間の集計結果報告~ NIRS-M-265 放 射 関 する 電 話 相 談 ~ 東 電 福 島 第 一 原 発 事 故 後 1 年 間 集 計 結 果 報 告 ~ 2014 年 3 月 独 立 行 政 法 人 放 射 医 学 総 合 研 究 所 目 次 Ⅰ 事 業 概 要 1 1. 事 業 経 緯 目 的 1 2. 集 計 対 象 1 3. 集 計 対 象 期 間 中 電 話 相 談 実 施 体 制 1 (1) 実

More information

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 )

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 ) 平 成 22 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 年 ( ) 第 号 所 有 権 移 転 登 記 抹 消 登 記 手 続 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 22 年 7 月 16 日 判 決 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C> 静 情 審 第 6 3 号 平 成 26 年 3 月 24 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 25 年 11 月 7 日 付 け 静 空 総 第 141 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 及 び 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 で 共 同 実 施 している 栃

栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 及 び 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 で 共 同 実 施 している 栃 栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 平 成 26 年 6 月 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場 2010 年 4 月 改 訂 エンジェル 税 制 ~ Q&A 集 ~ 本 Q&A 集 は エンジェル 税 制 についての 質 問 を 中 心 に 判 断 に 迷 う 内 容 をまとめたもの です エンジェル 税 制 に 関 わる 方 々が 当 該 税 制 を 理 解 する 一 助 となれば 幸 いです 今 後 も 内 容 の 充 実 を 図 って 参 ります 目 次 1. 制 度 全 般 2ページ

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

TRC EYE

TRC EYE 261 東 京 海 上 日 動 リスクコンサルティング( 株 ) ERM 事 業 部 経 営 リスクグループ 主 任 研 究 員 中 村 有 博 意 思 決 定 システムの 抜 け 穴 と 対 策 ~ 意 思 決 定 システムの 適 正 性 を 確 保 するための 一 考 察 ~ 談 合 偽 装 表 示 不 適 切 な 会 計 処 理 等 日 々 様 々な 不 祥 事 が 発 生 している その 中

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82936382B382F195FA8ECB90FC8EF68BC682CC82DC82C682DF2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82936382B382F195FA8ECB90FC8EF68BC682CC82DC82C682DF2E646F6378> 授 業 展 開 (3 年 生 3 クラス 94 名 実 施 日 2013 年 2 月 18 日 ~22 日 ) 科 学 技 術 と 人 間 エネルギー 資 源 ( 全 4 時 間 配 当 ) 1 発 電 の 仕 組 みとその 特 徴 (2 時 間 ) 2 放 射 線 の 性 質 と 利 用 (2 時 間 ) 以 下 はこの2 時 間 の 授 業 展 開 学 習 内 容 放 射 線 の 学 習 をするにあたって

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 個 人 線 量 調 査 事 業 編 報 告 書 平 成 24 年 6 月 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

放射線教育支援.indd

放射線教育支援.indd 放 射 線 実 験 の 手 引 き 霧 箱 実 験 目 的 放 射 線 は 放 射 性 物 質 から 出 ているということを 理 解 すること 放 射 線 の 飛 び 方 を 見 ることでイメージできるようになること 準 備 するもの 霧 箱 キット: 簡 易 霧 箱 実 験 キット 6 個 組 ナリカ B10-7749 アルコール( 消 毒 用 でも 可 ) ドライアイス:ブロック 状 のものより

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

Microsoft Word - 新HOT-13-03.doc

Microsoft Word - 新HOT-13-03.doc 2013.3 月 ( 323) UMS 税 理 士 法 人 ユーマス 会 計 株 式 会 社 ユーマス 経 営 新 今 月 の 視 点 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 行 方 自 民 党 税 制 調 査 会 ( 平 成 25 年 1 月 29 日 閣 議 決 定 ) 現 在 の 経 済 情 勢 を 踏 まえて 成 長 と 富 の 好 循 環 の 実 現 に 向 けて 民 間 投 資 喚 起

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

(Microsoft Word - 2015_05_12\222\267\220\266\202\253\212w\211\200.doc)

(Microsoft Word - 2015_05_12\222\267\220\266\202\253\212w\211\200.doc) がんに 関 するアンケート 東 京 海 上 日 動 あんしん 生 命 保 険 株 式 会 社 では がんに 関 するアンケート 調 査 を 実 施 し 調 査 結 果 を 以 下 のとおり とりまとめました がんを 予 防 することについての 意 識 がん 検 診 の 受 診 について 日 常 生 活 で 気 を 付 けていること がん 告 知 について がんに 罹 患 した 場 合 の 治 療 の

More information

Taro-国交職組ニュー ス231 

Taro-国交職組ニュー ス231  国 交 職 組 2015. 9. 24 No.231 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 新 規 増 員 1,555 人 要 求 - 国 交 省 - 定 員 合

More information

Microsoft Word - 20110610大津の記録ver3(最終).doc

Microsoft Word - 20110610大津の記録ver3(最終).doc 2011.6.10 電 磁 波 セミナー( 大 津 ) 身 の 周 りの 電 磁 波 と 健 康 影 響 について の 記 録 日 時 : 平 成 23 年 6 月 10 日 ( 金 ) 13:00~15:45 場 所 : 滋 賀 県 大 津 市 浜 大 津 4-1-1 明 日 都 浜 大 津 5 階 大 津 市 ふれあいプラザ( 明 日 都 浜 大 津 ) 大 会 議 室 (5 階 ) プログラム:

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

P103-107?????????41?

P103-107?????????41? 0 静 岡 毎 吉 川 栄 省 当 昨 新 規 4 0 0 名 程 他 紹 介 研 究 数 接 接 0 40 O L 質 低 殺 伴 決 深 刻 至 ア 箋 4 監 修 アドバ 吉 川 栄 省 静 岡 材 文 池 内 加 寿 子 伴 へ 苛 へ 優 置 去 近 ア 叫 各 地 開 馴 染 へ 素 朴 疑 携 伴 荷 ヒ 求 静 岡 吉 川 栄 省 訪 揺 過 千 万 別 4 障 害 呼 キュブ 女

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094D18ADA91BA92B28DB895F18D9032303136944E338C8E828D2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094D18ADA91BA92B28DB895F18D9032303136944E338C8E828D2E646F6378> 飯 舘 村 放 射 能 汚 染 状 況 調 査 (2016 年 3 月 25 日 -27 日 )の 報 告 2016 年 4 月 20 日 IISORA 放 射 能 調 査 チーム 今 中 哲 二 遠 藤 暁 菅 井 益 郎 市 川 克 樹 林 剛 平 上 澤 千 尋 澤 井 正 子 小 澤 祥 司 2011 年 3 月 11 日 地 震 津 波 をきっかけとして 福 島 第 1 原 発 事 故 がはじまってから5

More information

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73>

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73> 1/6 利 用 規 約 株 式 会 社 オークション トランスポート 利 用 規 約 標 準 内 航 利 用 運 送 約 款 ( 平 成 十 八 年 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 六 号 ) 株 式 会 社 オークション トランスポート トランスポートWEB 利 用 規 約 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 および 輸 送 サービス 利 用 規 約 において 用 いられる 字 句

More information

ワ-プロ用起案用紙

ワ-プロ用起案用紙 NOSAI Q&A CONTENTS Ⅵ ( 建 物 共 済 農 機 具 共 済 ) 農 業 共 済 新 聞 より( 一 部 再 編 集 ) Q1. NOSAIの 建 物 共 済 とはどういう 内 容 ですか? A1. 答 え NOSAIの 建 物 共 済 NOSAIで 実 施 している 共 済 事 業 の 一 つに 組 合 員 の 住 宅 納 屋 農 作 業 場 などの 建 物 を 補 償 の 対

More information

4

4 4 1 2 3 4 5 6 7 8 3 9 10 3 11 2 12 任 逃 れをする 犯 罪 者 も 増 えてきてしまうのではないかと 思 ったからです 自 分 が やってしまったことの 責 任 は きちんと 取 らなくてはならないのです しかし その 家 族 までもが 一 緒 に 責 任 を 背 負 い 苦 労 をしていくのは おかしいのではな いかと 思 いました 確 かに 家 族 を 思 っての

More information

第26回原子力委員会資料第1号

第26回原子力委員会資料第1号 原 子 力 利 用 に 関 する 基 本 的 考 え 方 有 識 者 からの 意 見 聴 取 2015 年 6 月 30 日 内 閣 府 原 子 力 委 員 会 定 例 会 合 同 庁 舎 8 号 館 原 子 力 災 害 の 健 康 影 響 放 射 線 の 影 響 と 災 害 の 影 響 放 射 線 影 響 協 会 理 事 長 長 瀧 重 信 長 崎 大 学 名 誉 教 授 放 射 線 影 響 研

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

ブ じ じ 失 言 続 間 I T ブ 景 気 浮 揚 チ ャ 波 何 話 各 傾 向 全 体 繁 栄 謳 歌 先 進 景 気 後 退 実 感 数 過 ご 戦 後 数 十 続 党 長 期 権 終 焉 迎 主 党 権 担 東 震 災 機 再 度 党 へ 権 戻 権 劇 的 変 化 見 中 内 口 見 不 況 4 東 震 災 影 響 福 島 原 子 力 発 電 所 放 射 能 汚 染 問 題 み 各

More information

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用 ステップ2の 完 了 を 受 けた 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 の 見 直 し に 関 する 基 本 的 考 え 方 及 び 今 後 の 検 討 課 題 について 1. はじめに 平 成 23 年 12 月 26 日 原 子 力 災 害 対 策 本 部 ( 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 に 関 する 経 緯 及 び 現 状 ) (1) 本 年 3 月 11 日

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 死 亡 後 遺 障 害 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送 車

More information

<5461726F2D81698DDD8A7790B6816A96C68F9C905C90BF2E6A7464>

<5461726F2D81698DDD8A7790B6816A96C68F9C905C90BF2E6A7464> 授 業 料 免 除 の 申 請 を 希 望 する 場 合 は, 下 記 書 類 を, 教 育 学 生 支 援 室 学 生 生 活 支 援 グループまで, 期 限 厳 守 の 上, 提 出 してください 提 出 書 類 1 確 認 票 A( 大 学 控 ), 確 認 票 B( 本 人 控 ) 2 申 請 書 3 家 庭 調 書 4 市 区 町 村 発 行 の 平 成

More information

東京港の交通混雑対策について 質疑

東京港の交通混雑対策について 質疑 1. 東 京 港 の 交 通 混 雑 対 策 について まず 東 京 港 の 交 通 混 雑 対 策 について 伺 う 東 京 港 は 首 都 圏 4000 万 人 の 生 活 を 支 える 重 要 な 機 能 を 担 っ ており 日 々 絶 えることなく 食 品 や 衣 類 など 生 活 必 需 品 の 詰 まっ た 多 くのコンテナが 運 び 出 されている 2020 年 東 京 オリンピック

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

-

- 原 子 力 災 害 対 策 指 針 平 成 24 年 10 月 31 日 原 子 力 規 制 委 員 会 ( 平 成 25 年 2 月 27 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 6 月 5 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 9 月 5 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 27 年 4 月 22 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 27 年 8 月 26 日 全 部 改 正 )

More information

Microsoft Word - theme_3_1.doc

Microsoft Word - theme_3_1.doc こ れ ま で の 保 健 物 理 Review of the Health Physics 辻 本 忠 Tadashi TSUJIMOTO 財 団 法 人 電 子 科 学 研 究 所 Electron Science Institute 1. はじめに 保 健 物 理 の 分 野 でお 世 話 になってから 50 年 近 くになる 温 故 知 新 ではないが 50 年 の 過 去 を 振 り 返

More information

Microsoft PowerPoint - 13-12-19ふくしまフォーラムa.pptx

Microsoft PowerPoint - 13-12-19ふくしまフォーラムa.pptx 第 53 回 ふくしま 復 興 支 援 フォーラム 23 年 2 月 9 日 福 島 市 アクティブシニアセンター での 放 射 能 汚 染 調 査 と 初 期 被 曝 評 価 プロジェクト 原 発 の 危 険 性 広 島 長 崎 原 爆 では 約 kgの ウランやプルトニウムが 核 分 裂 を 起 こした. 万 kwの 原 発 では 日 に 約 3kgのウランが 核 分 裂 を 起 こ す( 年

More information

第90回行政苦情救済推進会議資料

第90回行政苦情救済推進会議資料 1 審 議 資 料 (1) 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 要 件 である 交 通 費 の 取 扱 いの 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 申 出 要 旨 私 は 現 在 求 職 者 支 援 制 度 で 職 業 訓 練 を 受 けており 平 成 25 年 3 月 19 日 にハロー ワークへ 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )の 申 請 に 行

More information

〆 私 は 私 の 行 動 がプロ 野 球 界 や 企 業 社 会 におけるコンブライアンスのあり 方 や GM 制 度 のあり 方 など 生 産 的 な 議 論 につながることを 心 から 願 ってい ます 私 に 対 する 解 任 は 何 とか お 家 騒 動 J r 泥 仕 合 に 持 ち 込

〆 私 は 私 の 行 動 がプロ 野 球 界 や 企 業 社 会 におけるコンブライアンスのあり 方 や GM 制 度 のあり 方 など 生 産 的 な 議 論 につながることを 心 から 願 ってい ます 私 に 対 する 解 任 は 何 とか お 家 騒 動 J r 泥 仕 合 に 持 ち 込 ずー 関 係 者 各 位 1 年 1 1 月 2 5 日 清 武 英 利 私 が 本 日 皆 さんに 主 に 訴 えたいことは 6 点 です まず 第 1 点 は 今 回 の 問 題 は 株 式 会 社 読 売 巨 人 軍 の 適 正 手 続 に 従 って 決 ま っていたコーチ 人 事 を 巨 人 軍 の 取 締 役 会 長 である 渡 遁 恒 雄 氏 の 鶴 の 一 声 で 違 法 不 当 にも

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

『笑顔が未来をつくる』

『笑顔が未来をつくる』 目 次 v 目 次 第 1 章 離 1 役 学 反 省 々 映 ャ 転 努 力 必 報 歩 踏 勇 第 2 章 支 21 倍 必 俺 教 ぞ 伸 信 名 覚 怖 慎 重 理 解 ソ 目 次 vi 1 年 決 意 6 ム ダ 4 年 1 年 1 年 ひ ミ 役 期 限 決! 最 久 保 葛 藤 何 伝 久 保 厳 理 由 第 3 章 歩 57 デ 滑 ほ 普 通 ゃ 小 学 恩 師 初 対 面 跳 べ

More information

(表紙)

(表紙) リーマンショック 前 後 における 横 浜 市 の 不 動 産 取 引 及 び 不 動 産 競 売 の 動 向 小 林 隆 志 小 林 隆 志 不 動 産 鑑 定 事 務 所 ( 表 紙 ) おはようございます 全 体 会 議 2にご 出 席 いただいた 多 くの 聴 衆 の 前 で 発 表 させてい ただけて 大 変 光 栄 に 存 じます 私 は 日 本 の 不 動 産 鑑 定 士 で 小 林

More information

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜 平 成 26 年 9 月 1 日 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 適 用 ) 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 < 目 次 > ページ 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 15 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保

More information

Microsoft PowerPoint pptx

Microsoft PowerPoint pptx 2010 年 9 月 15 日 発 行 NO.01 P1 1. トレンドDATA ~ 求 職 者 の 志 向 から 市 場 のトレンドまで 求 人 市 場 の 今 をお 届 けします ~ - 応 募 後 に 一 気 にさめたその 瞬 間 ~ 面 接 キャンセル 採 用 辞 退 を 防 ぐポイント~ ( 01 ) 面 接 キャンセルのタイミングとその 理 由 ( 02 ) 採 用 辞 退 に 至 る

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

SAN・SO・KEN

SAN・SO・KEN 放 射 線 を 2013 S AN S O K EN http://www.aist.go.jp 正 しくはかる 放 射 線 とは? 身 のまわりの 放 射 線 大 昔 から 地 球 上 の 生 物 は 放 射 線 とともに 暮 らしてきました 宇 宙 から 降 り 注 ぐ 放 射 線 大 地 から 出 てくる 放 射 線 食 物 の 中 にも 大 気 中 にも 放 射 線 を 出 すものがあります

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

活 性 酸 素 : 日 常 の 活 動 ( 呼 吸 食 事 運 動 思 考 )で 常 に 発 生 している ある 老 化 や 細 胞 の 変 異 のコピーを 通 じて がん 発 生 をもたらす 可 能 性 が 放 射 線 が 有 効 に 利 用 される 例 もある (X 線 撮 影 CT スキャン

活 性 酸 素 : 日 常 の 活 動 ( 呼 吸 食 事 運 動 思 考 )で 常 に 発 生 している ある 老 化 や 細 胞 の 変 異 のコピーを 通 じて がん 発 生 をもたらす 可 能 性 が 放 射 線 が 有 効 に 利 用 される 例 もある (X 線 撮 影 CT スキャン あなたは 何 シーベルトまで 耐 えられるか 2014 年 9 月 7 日 ~9 日 法 哲 学 ゼミ 亀 井 篠 原 庄 司 Ⅰ 放 射 線 と 健 康 への 影 響 1 放 射 線 に 関 する 前 提 知 識 放 射 能 とは? 原 子 力 基 本 法 第 3 条 第 5 号 資 料 1 放 射 線 と 放 射 能 放 射 線 : 不 安 定 な 原 子 が 安 定 な 原 子 に 変 わる

More information

Microsoft Word まとめ部分.doc

Microsoft Word まとめ部分.doc 私 の 処 方 箋 医 療 現 場 は 難 しい 決 断 の 連 続 である 例 えば 白 血 病 の 子 どもが 再 発 し 強 力 な 化 学 療 法 により 一 旦 寛 解 ( 白 血 病 細 胞 は 末 梢 血 液 にも 骨 髄 にも 見 つからない 状 態 )に 入 ったとしよう 過 去 のエビデンスからこの 子 ども が 再 発 する 確 率 は50% 次 に 再 発 したらまず 化 学

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information