4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実"

Transcription

1 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 都 市 間 交 流 を 軸 とした Local o Localの t 観 光 誘 客 九 州 戦 略 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 松 本 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 松 本 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 松 本 市 は 400 年 以 上 の 歴 史 をもつ 国 宝 松 本 城 重 要 文 化 財 旧 開 智 学 校 をはじめと する 多 くの 貴 重 な 文 化 財 に 恵 まれた 幾 多 の 観 光 資 源 に 満 ち 溢 れるまちである 東 山 部 の 美 ヶ 原 高 原 から 北 アルプスの 槍 ヶ 岳 までを 市 域 とし 市 内 には 数 多 くの 国 県 市 の 指 定 文 化 財 があり また 美 術 館 や 芸 術 館 をはじめ 博 物 館 や 資 料 館 を 数 多 く 整 備 している 北 アルプスの 周 辺 には 上 高 地 や 乗 鞍 高 原 など 世 界 に 名 だたる 日 本 屈 指 の 山 岳 景 勝 を 配 し 山 麓 は 数 々の 秘 湯 に 恵 まれている そこで 豊 富 な 観 光 資 源 と 空 港 鉄 道 道 路 が 結 ばれる 交 通 の 要 衝 としての 優 位 性 を 生 かし 健 康 寿 命 延 伸 都 市 松 本 地 方 創 生 総 合 戦 略 ( 松 本 版 総 合 戦 略 )において 広 域 超 広 域 の 都 市 間 連 携 等 による 高 次 広 範 観 光 を 推 進 し 観 光 誘 客 を 図 ることとした 4-2 地 域 の 課 題 松 本 市 は 従 来 から 鉄 道 や 高 速 道 路 によるアクセスが 良 い 首 都 圏 中 京 圏 における 観 光 誘 客 に 取 り 組 んできた RESASの 滞 在 人 口 / 都 道 府 県 外 ランキング(From-to 分 析 ) によると 松 本 市 への 流 動 人 口 は 首 都 圏 からが 28.9 % 中 京 圏 からが 22.2%とあり 合 わせると 5 割 を 超 え 一 定 の 成 果 を 挙 げている しかし 北 陸 新 幹 線 開 業 により 首 都 圏 と 北 陸 地 方 との 時 間 的 距 離 が 大 幅 に 短 縮 され たことにより 手 軽 に 行 ける 観 光 地 としての 松 本 市 の 優 位 性 が 薄 れつつある また 平 成 39 年 に 予 定 されているリニア 中 央 新 幹 線 の 開 業 は 首 都 圏 中 京 圏 からの 流 動 に 更 なる 変 化 をもたらすと 思 われる こうした 流 動 の 変 化 を 的 確 に 捉 え 首 都 圏 や 中 京 圏 だけではない 新 たな 誘 客 戦 略 を あらかじめ 見 出 しておくことが 重 要 であると 考 えられる - 1 -

2 4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実 施 し 地 方 都 市 同 士 の 価 値 や 魅 力 を 理 解 し 合 い 長 期 的 視 点 に 立 った 観 光 誘 客 を 図 ることとした 国 の 地 方 創 生 でも 地 域 と 地 域 を 連 携 する と 示 されている Local to cal をキーワードとした Lo 観 光 誘 客 を 目 指 すものである 信 州 まつもと 空 港 の 定 期 就 航 路 線 は 札 幌 線 と 福 岡 線 の2 路 線 あるが 特 に 九 州 地 方 から 見 て 松 本 市 は 冬 の 気 候 や 3,000m 級 の 山 々が 連 なる 山 岳 地 域 などの 面 において 地 域 性 に 違 いがあるにも 関 わらず 空 路 を 利 用 した 場 合 には 1 時 間 半 で 行 き 来 が 可 能 で あり 特 色 ある 身 近 な 観 光 地 になり 得 るものと 考 えられる 長 野 県 は 信 州 まつもと 空 港 の 発 展 国 際 化 に 向 けた 取 組 方 針 ( 平 成 28 年 6 月 策 定 )において 信 州 まつもと 空 港 を 長 野 県 全 体 の 空 の 玄 関 口 であり 交 流 ネットワーク の 核 としての 位 置 付 けを 示 した こうした 県 の 動 きとも 連 動 させ 福 岡 空 港 周 辺 をは じめとする 九 州 地 方 に 対 して より 注 力 した 取 組 みを 図 ることが 松 本 版 総 合 戦 略 を 一 層 推 進 させるものであると 考 える 数 値 目 標 事 業 KPI 都 市 間 交 流 を 軸 とした LocaltoLocalの 観 光 誘 客 九 州 戦 略 プロジェクト 年 月 信 州 まつもと 空 港 ( 福 岡 線 ) 利 用 人 数 申 請 時 67,1 91 人 ( 搭 乗 率 約 58%) H28. 3 初 年 度 75,0 00 人 ( 搭 乗 率 約 65%) H 年 目 75,0 00 人 ( 搭 乗 率 約 65%) H 年 目 75,0 00 人 ( 搭 乗 率 約 65%) H 地 域 再 生 計 画 を 図 るための 事 業 5-1 全 体 の 概 要 5-2(3)に 記 載 5-2 第 5 章 の 特 別 の 措 置 を 適 用 して 行 う 事 業 まち ひと しごと 創 生 寄 附 活 用 事 業 に 関 連 する 寄 附 を 行 った 法 人 に 対 する 特 例 ( 内 閣 府 ): A2007 (1) 事 業 名 : 都 市 間 交 流 を 軸 とした Local to Localの 観 光 誘 客 九 州 戦 略 事 業 (2) 事 業 区 分 : 観 光 業 の 振 興 - 2 -

3 (3) 事 業 の 目 的 内 容 ( 目 的 ) 松 本 市 の 産 業 構 造 は 宿 泊 業 の 特 化 係 数 が 高 く(REASA S: 付 加 価 値 額 全 国 平 均 1.00に 対 し 松 本 市 は 2.43 従 業 者 数 全 国 平 均 1.00に 対 し 松 本 市 2.16) 観 光 業 が 主 要 産 業 の 一 つとなっており 観 光 市 場 の 拡 大 が 本 市 経 済 の 発 展 に 繋 がる ものと 考 えられる そこで 国 内 外 に 人 気 の 高 い 松 本 城 や 上 高 地 といった 豊 富 な 観 光 資 源 と 長 野 県 内 はもとより 群 馬 山 梨 岐 阜 等 本 州 内 陸 部 における 唯 一 の 空 の 玄 関 口 である 信 州 まつもと 空 港 を 生 かした 都 市 間 交 流 事 業 の 推 進 によ り 観 光 誘 客 を 図 ることを 目 的 とする ( 事 業 の 内 容 ) 平 成 27 年 度 に 長 野 県 がまとめた 松 本 空 港 路 線 拡 充 調 査 検 討 業 務 報 告 書 に よると 福 岡 線 は 3 往 復 運 航 の 見 込 みがある( 現 在 2 往 復 運 航 )との 調 査 結 果 が 示 されている また 同 調 査 では 仮 に 松 本 ~ 鹿 児 島 便 が 就 航 された 場 合 年 間 搭 乗 者 数 41 千 人 搭 乗 率 74%と 高 い 予 測 がされている こうしたことから 福 岡 空 港 周 辺 自 治 体 や 鹿 児 島 市 からの 観 光 誘 客 の 増 加 可 能 性 は 高 いものと 考 えられ る そこで 九 州 地 方 をターゲットとして Local to calの Lo 観 光 誘 客 を 図 る しかしながら 現 時 点 において RESASの 滞 在 人 口 / 都 道 府 県 外 ランキング( 市 区 町 村 単 位 の From-to 分 析 ) 上 位 10 件 に 九 州 地 方 の 都 市 は 含 まれておらず 九 州 地 方 における 松 本 の 価 値 や 魅 力 についての 理 解 醸 成 が 課 題 である そこで 観 光 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 レベルでの 交 流 を 促 進 するものである 福 岡 空 港 周 辺 自 治 体 における 取 組 み 福 岡 空 港 周 辺 市 での 交 流 誘 客 事 業 として RKBラジオまつり( 福 岡 市 ) や 宗 像 大 社 菊 花 展 ( 宗 像 市 ) においてブース 出 展 を 行 い 松 本 市 の 観 光 PR と 地 方 創 生 先 行 型 交 付 金 で 取 組 みを 開 始 してブランド 化 を 進 めている 地 元 農 畜 産 物 ( 在 来 蕎 麦 やエゴマなど) 地 場 特 産 品 ( 松 本 お 土 産 スイーツなど)の 消 費 販 売 宣 伝 を 行 い 観 光 誘 客 に 繋 げていく 鹿 児 島 市 における 取 組 み 鹿 児 島 市 での 交 流 誘 客 事 業 として 錦 江 湾 潮 風 フェスタ や おはら 祭 り においてブース 出 展 を 行 い 松 本 市 の 観 光 PRと 地 方 創 生 先 行 型 交 付 金 で 取 組 みを 開 始 してブランド 化 を 進 めている 地 元 農 畜 産 物 ( 在 来 蕎 麦 やエゴマ など) 地 場 特 産 品 ( 松 本 お 土 産 スイーツなど)の 消 費 販 売 宣 伝 を 行 い 観 光 誘 客 に 繋 げていく - 3 -

4 (4) 地 方 版 総 合 戦 略 における 位 置 づけ 本 市 の 健 康 寿 命 延 伸 都 市 松 本 地 方 創 生 総 合 戦 略 では 重 点 施 策 に 高 次 広 範 の 観 光 戦 略 を 掲 げ 市 内 主 要 観 光 地 の 延 利 用 者 数 の 増 を 目 標 として 信 州 まつもと 空 港 の 利 用 促 進 に 取 り 組 むこととしている 本 事 業 は まさにこの 目 標 達 成 に 直 接 寄 与 するものである < 健 康 寿 命 延 伸 都 市 松 本 地 方 創 生 総 合 戦 略 > 重 点 施 策 内 容 頁 2 高 次 広 範 の 観 光 戦 略 3 信 州 まつもと 空 港 の 利 用 促 進 P7 重 要 業 績 評 価 指 標 (KPI) 市 内 主 要 観 光 地 の 延 利 用 者 数 現 状 5,370,289 人 H32 5,600,00 人 (5) 事 業 の 実 施 状 況 に 関 する 客 観 的 な 指 標 ( 重 要 業 績 評 価 指 標 (KPI)) 事 業 KPI 都 市 間 交 流 を 軸 とした LocaltoLocalの 観 光 誘 客 九 州 戦 略 事 業 年 月 信 州 まつもと 空 港 ( 福 岡 線 ) 利 用 人 数 申 請 時 67,1 91 人 ( 搭 乗 率 約 58%) H28. 3 初 年 度 75,0 00 人 ( 搭 乗 率 約 65%) H29. 3 (6) 事 業 費 ( 単 位 : 千 円 ) Local toloca l 年 度 H28 の 観 光 誘 客 九 州 戦 略 事 業 事 業 費 計 2,74 0 旅 費 1,75 運 搬 料 457 区 分 消 耗 品 費 40 食 糧 費 6 負 担 金 480 (7) 寄 附 の 見 込 額 ( 単 位 : 千 円 ) Local toloca l の 観 光 誘 客 九 州 戦 略 事 業 年 度 H28 事 業 費 計 2,74 0 寄 附 額 計 10 寄 附 法 人 電 機 メーカー

5 (8) 事 業 の 評 価 方 法 (PDCAサイクル) ( 評 価 の 手 法 ) 事 業 の KPIである 信 州 まつもと 空 港 ( 福 岡 線 ) 利 用 人 数 について 実 績 値 を 公 表 するとともに 松 本 版 地 方 創 生 総 合 戦 略 の 外 部 検 証 機 関 である 健 康 寿 命 延 伸 都 市 松 本 の 創 造 協 議 会 で 事 業 の 結 果 と 効 果 の 検 証 を 受 ける さらに 松 本 市 議 会 に 報 告 し 審 査 を 受 ける ( 評 価 の 時 期 内 容 ) 平 成 29 年 夏 に 外 部 有 識 者 会 議 ( 健 康 寿 命 延 伸 都 市 松 本 の 創 造 協 議 会 )に おける 効 果 検 証 及 び 平 成 29 年 秋 に 市 議 会 決 算 特 別 委 員 会 における 審 査 を 受 け 検 証 結 果 に 基 づき 翌 年 度 以 降 の 取 組 み 方 針 を 定 めていく ( 公 表 の 方 法 ) 目 標 の 達 成 状 況 は 検 証 後 速 やかに 松 本 市 公 式 ホームページで 公 表 する 5-3 その 他 の 事 業 地 域 再 生 法 による 特 別 の 措 置 を 活 用 するほか 都 市 間 交 流 を 軸 とした Localto Loca lの 観 光 誘 客 九 州 戦 略 プロジェクト の 目 標 を 達 成 するために 文 化 ス ポーツ 分 野 や 将 来 世 代 である 子 ども 達 の 交 流 まで 幅 広 い 分 野 の 交 流 事 業 を 含 め 以 下 の 事 業 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 行 う 1 2 観 光 宣 伝 事 業 事 業 概 要 : 九 州 地 方 における 松 本 市 を 紹 介 するラジオ 番 組 の 定 期 放 送 や 番 組 を 通 じた 松 本 ツアーの 開 催 など メディアを 活 用 した 観 光 宣 伝 事 業 の 実 施 事 業 主 体 : 松 本 市 信 州 まつもと 空 港 就 航 先 都 市 誘 客 促 進 事 業 事 業 概 要 : ⑴ 福 岡 線 の 活 用 や 九 州 地 方 の 空 港 間 の 国 内 チャーター 便 新 規 路 線 開 拓 の 企 画 調 整 を 実 施 ⑵ 松 本 観 光 コンベンション 協 会 福 岡 営 業 所 による 旅 行 代 理 店 招 請 事 業 ⑶ 信 州 まつもと 空 港 地 元 利 用 促 進 協 議 会 による 九 州 地 方 における 観 光 プロモーション 活 動 事 業 主 体 : 松 本 市 松 本 観 光 コンベンション 協 会 信 州 まつもと 空 港 地 元 利 用 促 進 協 議 会 - 5 -

6 3 4 セイジ オザワ 松 本 フェスティバル 関 連 事 業 事 業 概 要 : 宗 像 市 唐 津 市 鹿 児 島 市 において セイジ オザワ 松 本 フェス ティバルの 特 別 スクリーンコンサートによる 交 流 事 業 を 実 施 事 業 主 体 : 松 本 市 平 和 推 進 事 業 事 業 概 要 : 日 本 非 核 宣 言 自 治 体 協 議 会 などを 通 じた 長 崎 市 との 平 和 推 進 に 係 る 交 流 事 業 を 実 施 事 業 主 体 : 松 本 市 6 計 画 期 間 地 域 再 生 計 画 認 定 の 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 7 目 標 の 達 成 状 況 に 係 る 評 価 に 関 する 事 項 7-1 目 標 達 成 状 況 に 係 る 評 価 の 手 法 産 官 学 金 労 言 で 構 成 する 健 康 寿 命 延 伸 都 市 松 本 の 創 造 協 議 会 で 事 業 成 果 等 の 検 証 を 行 うとともに 市 議 会 決 算 特 別 委 員 会 に 報 告 し 審 査 を 受 ける 7-2 目 標 の 達 成 状 況 に 係 る 評 価 の 時 期 及 び 評 価 を 行 う 内 容 平 成 29 年 夏 に 健 康 寿 命 延 伸 都 市 松 本 の 創 造 協 議 会 秋 に 市 議 会 決 算 特 別 委 員 会 に KPIの 達 成 状 況 等 の 検 証 評 価 を 行 う 7-3 目 標 の 達 成 状 況 に 係 る 評 価 の 公 表 の 手 法 目 標 の 達 成 状 況 は 検 証 後 速 やかに 松 本 市 公 式 ホームページで 公 表 する ( 参 考 ) 健 康 寿 命 延 伸 都 市 松 本 の 創 造 協 議 会 委 員 の 構 成 信 州 大 学 教 授 松 本 大 学 教 授 松 本 短 期 大 学 教 授 松 本 歯 科 大 学 教 授 松 本 市 医 師 会 副 会 長 松 本 市 歯 科 医 師 会 公 衆 衛 生 部 部 長 松 本 薬 剤 師 会 副 会 長 松 本 市 民 生 委 員 児 童 委 員 協 議 会 会 長 松 本 市 健 康 づくり 推 進 員 連 合 会 会 長 松 本 市 町 会 連 合 会 会 長 松 本 市 環 境 衛 生 協 議 会 連 合 会 副 会 長 松 本 市 町 内 公 民 館 長 会 会 長 松 本 商 工 会 議 所 理 事 JA 松 本 ハイランド 組 合 員 文 化 広 報 課 長 松 本 市 勤 労 者 共 済 会 副 理 事 長 松 本 地 区 労 働 者 福 祉 協 議 会 事 務 局 次 長 松 本 市 建 設 業 協 会 会 長 松 本 市 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 会 長 松 本 市 女 性 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 松 本 市 PTA 連 合 会 副 会 長 八 十 二 銀 行 長 野 銀 行 松 本 信 用 金 庫 信 濃 毎 日 新 聞 社 市 民 タイムス テレビ 松 本 - 6 -

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 郡 山 市 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 郡 山 市 湖 南 どぶろく 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 郡 山 市 の 区 域 の 一 部 ( 湖 南 町 ) 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 本 市 は 福 島 県 のほぼ 中

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0 して 活 気 のある 魅 力 的 なまちづくりを 推 進 することで 交 流 人 口 の 拡 大 を 図 る (ア) 現 況 と 問 題 点 Ⅰ( 国 道 県 道 及 び 市 道 ) 本 市 の 主 要 道 路 は 諫 早 方 面 から 一 般 国 道 57 号 が 島 原 半 島 の 西 岸 を 経 て 小 浜 雲 仙 から 島 原 市 に 至 り 市 域 の 東 岸 には 一 般 国 道 251

More information

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477>

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477> 第 1 章 組 織 1-1 周 南 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 15 年 4 月 21 日 条 例 第 15 号 ) 改 正 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

第 2 監 査 の 実 施 1 監 査 対 象 事 項 請 求 の 内 容 陳 述 及 び 請 求 の 要 件 審 査 の 結 果 を 総 合 的 に 勘 案 して 監 査 対 象 事 項 及 び 判 断 の 着 眼 点 を 次 のとおりとした 事 実 関 係 の 確 認 (1) 松 山 市 台 北

第 2 監 査 の 実 施 1 監 査 対 象 事 項 請 求 の 内 容 陳 述 及 び 請 求 の 要 件 審 査 の 結 果 を 総 合 的 に 勘 案 して 監 査 対 象 事 項 及 び 判 断 の 着 眼 点 を 次 のとおりとした 事 実 関 係 の 確 認 (1) 松 山 市 台 北 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 理 1 請 求 人 住 所 氏 名 省 略 2 請 求 書 の 提 出 日 請 求 書 の 提 出 日 は 平 成 24 年 6 月 25 日 である 3 請 求 の 内 容 請 求 人 提 出 の 松 山 市 職 員 措 置 請 求 書 により 請 求 人 が 主 張 する 請 求 ( 以 下 本 件 請 求 という )の 要 旨 は

More information

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36,

補 助 金 等 見 直 し 結 果 2 23 全 国 中 山 間 地 域 振 興 対 策 協 議 会 負 担 金 6 1 3 負 担 金 10,000 農 業 課 支 出 の 必 要 性 について 検 討 を 要 する 24 岩 手 県 緑 化 推 進 委 員 会 会 費 6 2 1 会 費 36, 補 助 金 等 見 直 し 結 果 1 1 沿 岸 都 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 20,000 議 会 事 務 局 2 岩 手 県 市 議 会 議 長 会 負 担 金 1 1 1 負 担 金 201,800 議 会 事 務 局 3 広 域 行 政 圏 市 議 会 連 絡 会 議 負 担 金 1 1 1 負 担 金 15,000 議 会 事 務 局 支 出 の 必

More information

様式1 全体(観光交流局)

様式1 全体(観光交流局) ( 様 式 1: 総 括 表 ) 平 成 22 年 度 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 運 営 プログラム 平 成 22 年 度 における 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 の 運 営 については 以 下 のとおりとする 1 重 点 施 策 及 び 目 標 の 一 覧 施 策 番 号 重 点 施 策 の 名 称 重 点 施 策 の 目 標 1 魅 力 溢 れる 観 光 交 流 山 形

More information

① 報 告 事 項 平 成 2 6 年 度 事 業 計 画 当 連 盟 では 平 成 27 年 春 の 北 陸 新 幹 線 の 開 業 や 同 年 秋 のJR 北 陸 三 県 等 と 連 携 した 北 陸 デスティネーションキャンペーン の 実 施 を 見 据 え 今 年 秋 に 本 県 で 開 催 される 全 国 販 売 促 進 会 議 に 向 けて 諸 準 備 を 進 めるとともに 県 や 市 町

More information

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 環 境 認 識 及 び 基 本 方 針 (1) 伊 勢 志 摩 地 域 としての 方 向 性 式 年 遷 宮 後 のおかげ 年 にあたる 平 成 26 年 の 伊 勢 神 宮 参 拝 客 数 は 約 1,086 万 人 で 前 年 に 引 き 続 き 多 くの 人 々で 賑 わい 日 本 人 の 心 の 源 郷 というイメージをさらに 印 象 付 けました

More information

名 古 屋 地 区 平 成 27 年 10 月 7 日 ( 水 ) 大 阪 地 区 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 広 島 地 区 平 成 27 年 11 月 20 日 ( 金 ) 福 岡 地 区 平 成 27 年 11 月 19 日 ( 木 ) 2 提 案 型 受 入 体 制 整

名 古 屋 地 区 平 成 27 年 10 月 7 日 ( 水 ) 大 阪 地 区 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 広 島 地 区 平 成 27 年 11 月 20 日 ( 金 ) 福 岡 地 区 平 成 27 年 11 月 19 日 ( 木 ) 2 提 案 型 受 入 体 制 整 平 成 27 年 度 事 業 報 告 1 宣 伝 紹 介 事 業 山 口 県 観 光 の 紹 介 宣 伝 観 光 客 誘 致 のため 次 の 事 業 を 行 った (1)Webサイト 強 化 及 び 情 報 更 新 業 務 の 実 施 約 1,514 万 ページビュー( 平 成 27 年 4 月 ~ 平 成 28 年 3 月 ) 山 口 県 観 光 情 報 データベースの 更 新 地 域 情 報 書

More information

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 下 條 村 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 平 成 28 年 3 月 下 條 村 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 合 戦

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

数 値 も 目 標 事 業 赤 米 PR 事 業 赤 米 PR 事 業 KPI 赤 米 生 産 量 増 赤 米 製 品 売 上 額 年 月 申 請 時 28 俵 4 万 円 H28.3 初 年 度 30 俵 100 万 円 H29.3 2 年 目 32 俵 125 万 円 H30.3 3 年 目 3

数 値 も 目 標 事 業 赤 米 PR 事 業 赤 米 PR 事 業 KPI 赤 米 生 産 量 増 赤 米 製 品 売 上 額 年 月 申 請 時 28 俵 4 万 円 H28.3 初 年 度 30 俵 100 万 円 H29.3 2 年 目 32 俵 125 万 円 H30.3 3 年 目 3 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 日 本 で3か 所 赤 米 を 活 用 した 農 業, 観 光 振 興 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 総 社 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 総 社 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 総 社 市 に 伝 わる 赤 米 は, 日 本 の 中 で3か 所 でしか 栽 培 されていない

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 News Release 2014 年 12 月 5 日 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 は 共 同 研 究 により 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 における 観 光 の 位 置

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

ウ 都 市 計 画 税 エ 軽 自 動 車 税 オ 国 保 税 カ 入 湯 税 2 終 期 設 定 されている 補 助 金 交 付 金 は 原 則 終 期 をもって 終 了 する ( 補 助 対 象 外 経 費 ) 第 4 条 補 助 対 象 外 経 費 は 次 の 各 号 に 掲 げるものとする

ウ 都 市 計 画 税 エ 軽 自 動 車 税 オ 国 保 税 カ 入 湯 税 2 終 期 設 定 されている 補 助 金 交 付 金 は 原 則 終 期 をもって 終 了 する ( 補 助 対 象 外 経 費 ) 第 4 条 補 助 対 象 外 経 費 は 次 の 各 号 に 掲 げるものとする 飯 山 市 補 助 金 等 交 付 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 市 が 支 出 する 補 助 金 等 について 補 助 金 等 の 透 明 性 公 共 性 及 び 公 益 性 の 一 層 の 向 上 を 図 ることにより 補 助 金 等 の 適 正 化 と 効 果 的 かつ 効 率 的 な 運 用 を 確 保 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 基

More information

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx (2) 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 あ ま ち ょ う 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 事 例 島 根 県 海 士 町 平 成 23 年 から25 年 の 社 会 増 減 をみると 24 年 25 年 は 転 入 超 過 に 転 じてい る 平 成 20 年 と25 年 の 年 齢 階 層 別 の 人 口 を 比 較 すると 25 歳 から44 歳 の 年 齢 層 ( 平 成 25

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対 第 70 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 先 月 19 日 深 夜 から20 日 未 明 にかけて 広 島 市 を 襲 った 局 地 的 な 豪 雨 は 広 範 囲 にわたり 大 規 模 な 土 石 流 が 発 生 するなど 死 者 行 方 不 明 者 あわせて70

More information

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2 この 事 務 手 引 きは がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 に 申 請 される 方 申 請 を 検 討 される 方 のためのものです 申 請 される 前 に 必 ずお 読 みください 唐 津 市 目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象

More information

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて 第 3 章 観 光 産 業 振 興 プランの 実 現 に 向 けて 本 プランの 計 画 期 間 である5 年 間 において より 大 きな 成 果 を 生 み 出 していくた めには 行 政 や 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 民 間 事 業 者 都 民 等 の 総 力 を 結 集 した 複 合 的 な 取 組 が 必 要 である そこで 本 章 では 第 2 章 の 戦 略 を

More information

資料2-1

資料2-1 下 水 道 と 合 併 処 理 浄 化 槽 の 連 携 事 例 資 料 2-1 平 成 18 年 (2006 年 )1 月 31 日 広 島 市 Ⅰ 市 街 化 区 域 外 の 生 活 排 水 処 理 に 係 る 整 備 方 針 について 1 衛 生 的 で 快 適 な 生 活 環 境 の 実 現 と 良 好 な 水 環 境 の 保 全 を 図 るため 遅 れてい る 市 街 化 区 域 外 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

<819B313381408E9197BF342D3120208AEE91628EA98EA191CC814593B9957B8CA7939982C682CC98418C678E9697E12E786C73>

<819B313381408E9197BF342D3120208AEE91628EA98EA191CC814593B9957B8CA7939982C682CC98418C678E9697E12E786C73> 資 料 4-1 基 礎 自 治 体 道 府 県 等 との 連 携 の 事 例 ~ 各 市 における 特 徴 的 な 事 例 ~ 都 市 名 連 携 事 務 連 携 相 手 方 内 容 札 幌 市 札 幌 市 札 幌 市 仙 台 市 仙 台 市 仙 台 市 札 幌 広 域 圏 組 合 北 海 道 内 都 市 経 済 活 性 化 会 議 さっぽろ 圏 地 産 地 消 推 進 委 員 会 仙 台 都 市

More information

別 紙 一 般 社 団 法 人 京 都 経 済 同 友 会 代 表 幹 事 増 田 寿 幸 ( 京 都 信 用 金 庫 理 事 長 ) 代 表 幹 事 鈴 木 順 也 ( 日 本 写 真 印 刷 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 ) 会 員 数 584 名 所 在 地 京 都 市 中 京

別 紙 一 般 社 団 法 人 京 都 経 済 同 友 会 代 表 幹 事 増 田 寿 幸 ( 京 都 信 用 金 庫 理 事 長 ) 代 表 幹 事 鈴 木 順 也 ( 日 本 写 真 印 刷 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 ) 会 員 数 584 名 所 在 地 京 都 市 中 京 政 府 機 関 の 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 への 移 転 実 現 に 関 する 要 請 私 たち 京 都 関 西 神 戸 の 京 阪 神 3 経 済 同 友 会 は 京 都 府 への 文 化 庁 大 阪 府 への 中 小 企 業 庁 特 許 庁 ( 西 日 本 を 対 象 とする 特 許 審 査 拠 点 ) 兵 庫 県 への 観 光 庁 の 移 転 を 強 く 要 請 します 政 府 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2087445245534153915391CC90E096BE8E9197BF7665722E313981698EA98EA191CC94E48A72816A2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2087445245534153915391CC90E096BE8E9197BF7665722E313981698EA98EA191CC94E48A72816A2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 5. 5-1. 経 済 構 造 - 企 業 数 事 業 所 数 従 業 者 数 5-1. 経 済 構 造 - 製 造 品 出 荷 額 等 年 間 商 品 販 売 額 5-1. 経 済 構 造 - 付 加 価 値 額 労 働 産 性 5-2. 企 業 活 動 - 創 業 率 5-2. 企 業 活 動 - 字 字 企 業 率 5-2. 企 業 活 動 - 経 営 者 平 均 年 齢 ( 限 定 メニュー)

More information

観光地ホテル・旅館について

観光地ホテル・旅館について 1-1 49 1-2 50 1-3 1) 2) 3) 4) 51 52 1-4 2-1 53 順 位 項 目 % 1 国 内 観 光 旅 行 70.0 2 外 食 ( 日 常 的 なものを 除 く) 58.4 3 ドライブ 56.9 4 海 外 旅 行 44.0 5 カラオケ 40.2 6 映 画 (テレビは 除 く) 38.5 図 2ー4 国 内 旅 行 の 支 出 の 力 点 宿 泊 施 設 37.0

More information

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行

More information

なども 該 当 します 2 観 光 地 側 観 光 地 側 とは 旅 行 の 目 的 地 となる 供 給 サイドのことで 俗 に 着 地 と 呼 ばれています 観 光 地 側 の 主 な 業 種 は 宿 泊 サービス 業 交 通 運 輸 業 観 光 土 産 品 業 観 光 施 設 業 などが 該 当

なども 該 当 します 2 観 光 地 側 観 光 地 側 とは 旅 行 の 目 的 地 となる 供 給 サイドのことで 俗 に 着 地 と 呼 ばれています 観 光 地 側 の 主 な 業 種 は 宿 泊 サービス 業 交 通 運 輸 業 観 光 土 産 品 業 観 光 施 設 業 などが 該 当 SS12 観 光 関 連 産 業 の 仕 組 み エコインストラクター 人 材 育 成 事 業 テキスト 無 断 転 用 転 載 禁 止 執 筆 者 : 鈴 木 晴 江 氏 ( 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 ) 近 年 旅 行 市 場 の 変 化 により 体 験 滞 在 型 ツアーやガイド 付 き 自 然 観 察 等 の 高 付 加 価 値 商 品 が 注 目 されています 自 然 学 校

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

新潟県観光の現状と今後の施策に関する一考察

新潟県観光の現状と今後の施策に関する一考察 新 潟 観 光 の 現 状 と 今 後 の 施 策 に 関 する 一 考 察 2 12 年 11 月 2 日 日 本 銀 行 新 潟 支 店 要 旨 新 潟 は 食 および 温 泉 という 人 々が 観 光 の 目 的 として 特 に 重 視 すると されている2つの 観 光 資 源 において 恵 まれ 地 域 である これに 対 し 観 光 客 の 取 り 込 みに 関 するいくつかの 指 標 を

More information

212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 外 人 宿 泊 者 数 の 現 状 と 達 成 目 標 ( 万 人 ) 目 標 37. 4 28.1 3.1 3.5 3 2 1 11.7 18.4 23.5 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H24 別 内 訳 名 H22 8.8 オース

212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 外 人 宿 泊 者 数 の 現 状 と 達 成 目 標 ( 万 人 ) 目 標 37. 4 28.1 3.1 3.5 3 2 1 11.7 18.4 23.5 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H24 別 内 訳 名 H22 8.8 オース 212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 長 野 県 際 観 光 戦 略 ( 案 ) 達 成 目 標 外 人 宿 泊 者 数 & 訪 日 教 育 旅 行 受 入 団 体 数 1 戦 略 1 戦 略 2 戦 略 3 戦 略 4 戦 略 5 戦 略 6 戦 略 7 戦 略 8 ターゲットを 絞 った 効 果 的 な 宣 伝 招 聘 戦 略 2 旅 行 会 社 とのパートナーシップ 戦 略 2 長

More information

Microsoft PowerPoint - 兵庫県_観光庁提案参考資料(公表用)

Microsoft PowerPoint - 兵庫県_観光庁提案参考資料(公表用) 観 光 庁 の 兵 庫 神 戸 への 移 転 提 案 1 地 方 創 生 上 の 意 義 (1) 今 後 の 日 本 成 長 の 象 徴 地 方 創 生 の 意 義 は 東 京 一 極 集 中 を 是 正 し 地 方 主 導 で 日 本 に 成 長 をも たらすこと 成 長 力 の 中 核 観 光 行 政 の 司 令 塔 が 地 方 創 生 の 旗 頭 として 関 西 神 戸 に 位 置 することは

More information

東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意 識 の 高 揚 を 図 る 観 点 から 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 特 別 仕 様 のデザインを 施 した 自 動 車 のナン

東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意 識 の 高 揚 を 図 る 観 点 から 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 特 別 仕 様 のデザインを 施 した 自 動 車 のナン 資 料 3 東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 制 度 設 計 について 国 土 交 通 省 自 動 車 局 平 成 28 年 2 月 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意

More information

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について 2013 年 9 月 13 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 の 特 徴 について 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取

Ⅰ 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 に 係 る 取 組 実 績 概 要 1. 取 組 目 標 課 題 を 踏 まえた 取 組 方 針 両 地 域 の 観 光 ビジネス 交 流 そのものを 拡 大 させる 取 組 を 支 援 し 持 続 的 な 需 要 創 出 を 図 る 実 施 体 制 取 資 料 1 地 方 航 空 路 線 活 性 化 プログラムに 係 る 効 果 検 証 に 関 する 懇 談 会 発 表 資 料 平 成 27 年 12 月 11 日 山 形 空 港 利 用 拡 大 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 : 山 形 県 ) 山 形 ~ 名 古 屋 小 牧 路 線 (フジドリームエアラインズ) プロジェクト 名 発 着 両 側 の 分 野 別 連 携 体 制 の 構 築

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

Microsoft Word - 表紙

Microsoft Word - 表紙 平 成 2 5 年 度 市 税 概 要 大 野 市 目 次 1. 大 野 市 の 概 況 (1) 市 の 位 置 1 (2) 人 口 等 の 推 移 2 2. 税 務 行 政 機 構 (1) 大 野 市 行 政 機 構 3 (2) 税 務 機 構 及 び 事 務 分 掌 4 (3) 税 務 職 員 数 5 (4) 税 務 職 員 1 人 当 たりの 人 口 等 5 (5) 徴 税 費 の 状 況 6

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

スライド 1

スライド 1 2016 年 10 月 6 日 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 参 考 資 料 1 DBJ JTBF アジア 欧 米 豪 訪 日 外 国 人 旅 行 者 の 意 向 調 査 ( 平 成 28 年 版 ) 地 域 別 の 特 徴 1. 韓 国 2 温 泉 への 入 浴 3 自 然 や 風 景 の 見 物 4 現 地 の 人 の 普 段 の

More information

【資料3-2】総合戦略重点プロジェクト事業一覧

【資料3-2】総合戦略重点プロジェクト事業一覧 宮 崎 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 重 点 プロジェクト 事 業 一 覧 資 料 3-2 1 平 成 28 年 度 当 初 予 算 1クリエイティブシティ 推 進 プロジェクト 事 業 (14 事 業 153,850 千 円 ) 課 名 事 業 名 事 業 概 要 1 企 画 政 策 課 地 方 創 生 人 材 育 成 支 援 事 業 市 内 の 大 学 等 が 地 元 企 業 と 連 携

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

マーケティングに 要 する 経 費 技 術 指 導 受 入 れに 要 する 経 費

マーケティングに 要 する 経 費 技 術 指 導 受 入 れに 要 する 経 費 総 行 応 第 2 3 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 3 日 各 都 道 府 県 担 当 部 局 長 殿 ( 財 政 担 当 課 市 町 村 担 当 課 扱 い) ( 地 域 おこし 協 力 隊 担 当 課 扱 い) 総 務 省 地 域 力 創 造 グループ 地 域 自 立 応 援 課 長 ( 公 印 省 略 ) 地 域 おこし 協 力 隊 推 進 要 綱 の 一 部 改 正 について(

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

熊 本 県 人 吉 市 について 熊 本 県 人 吉 市 は 熊 本 県 の 南 部 人 吉 盆 地 の 西 南 端 に 位 置 し 南 は 鹿 児 島 宮 崎 両 県 に 接 しており 熊 本 宮 崎 鹿 児 島 の3 都 市 へ 約 1 時 間 でアクセス できる 位 置 にある 人 口 は H

熊 本 県 人 吉 市 について 熊 本 県 人 吉 市 は 熊 本 県 の 南 部 人 吉 盆 地 の 西 南 端 に 位 置 し 南 は 鹿 児 島 宮 崎 両 県 に 接 しており 熊 本 宮 崎 鹿 児 島 の3 都 市 へ 約 1 時 間 でアクセス できる 位 置 にある 人 口 は H 第 2 回 休 み 方 改 革 ワーキンググループ 提 出 資 料 資 料 3 人 吉 市 における 家 族 の 時 間 づくり 及 び 休 暇 取 得 促 進 への 取 組 みについて 平 成 26 年 10 月 7 日 熊 本 県 人 吉 市 熊 本 県 人 吉 市 について 熊 本 県 人 吉 市 は 熊 本 県 の 南 部 人 吉 盆 地 の 西 南 端 に 位 置 し 南 は 鹿 児 島

More information

止 できる 者 を 配 置 し 夜 間 における 酒 類 の 販 売 体 制 を 整 備 するよう 必 要 な 助 言 と 指 導 を 実 施 ( 平 成 10 年 4 月 ~) 5 年 齢 確 認 の 実 施 をはじめとする 取 組 を 推 進 していくためには 酒 類 販 売 に 従 事 する

止 できる 者 を 配 置 し 夜 間 における 酒 類 の 販 売 体 制 を 整 備 するよう 必 要 な 助 言 と 指 導 を 実 施 ( 平 成 10 年 4 月 ~) 5 年 齢 確 認 の 実 施 をはじめとする 取 組 を 推 進 していくためには 酒 類 販 売 に 従 事 する 25 未 成 年 者 の 飲 酒 防 止 等 に 関 する 取 組 等 国 税 庁 においては アルコール 飲 料 としての 酒 類 の 特 性 に 鑑 み より 良 い 飲 酒 環 境 を 形 成 して 消 費 者 利 益 と 酒 類 業 の 健 全 な 発 達 を 期 する 観 点 から 従 来 から 酒 類 業 界 に 対 し 未 成 年 者 飲 酒 防 止 に 配 意 し た 販 売 や 広

More information

平成20年3月4日

平成20年3月4日 212 年 7 月 13 日 日 本 銀 行 福 島 支 店 NHK 大 河 ドラマ 八 重 の 桜 の 放 映 に 伴 う 内 経 済 への 波 及 効 果 ~ 大 河 ドラマ 効 果 を 足 掛 かりに 内 観 光 の 復 活 を 目 指 して~ 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 日 本 銀 行 福 島 支 店 総 務 課 電 話 :24-521- 6353 本 稿 の 内 容 について

More information

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt)

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt) GIFU ECONOMIC AND INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 観 光 平 成 27 年 度 担 当 者 : 主 任 調 査 役 堀 邦 裕 報 告 内 容 1 岐 阜 県 の 観 光 の 動 向 2 全 国 から 見 た 岐 阜 県 の 観 光 3 最 近 の 動 向 と 課 題 4 観 光 振 興 等 についての 意 見 要 望 等 5 主 な 観 光 宿 泊 地 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

(Microsoft Word - \223\354\221\212\224n\216s\222\206\220S\216s\220\351\214\276H21.3.25.doc)

(Microsoft Word - \223\354\221\212\224n\216s\222\206\220S\216s\220\351\214\276H21.3.25.doc) 定 住 自 立 圏 構 想 中 心 市 宣 言 書 ともにつくる 活 力 に 満 ちた 安 心 で 潤 いのある 南 相 馬 国 指 定 重 要 無 形 民 俗 文 化 財 相 馬 野 馬 追 1 南 相 馬 市 定 住 自 立 圏 中 心 市 宣 言 少 子 高 齢 化 と 人 口 減 少 地 方 圏 から 東 京 圏 への 人 口 の 流 出 地 域 経 済 の 低 迷 に 伴 う 厳 しい 財

More information

学生確保の見通し2

学生確保の見通し2 ( 資 料 22) ジオパーク 数 の 変 遷 ジオツーリズムは 貴 重 なあるいは 重 要 な 地 質 地 形 学 的 景 観 を 保 全 して いる 地 域 における その 景 観 や 環 境 を 損 なうことのない 持 続 可 能 な 観 光 であ り 子 どもの 教 育 や 大 人 の 生 涯 学 習 に 資 する 観 光 でもある さらにその 観 光 を 通 じて 地 域 経 済 の 発

More information

北海道の観光における課題等について20140110

北海道の観光における課題等について20140110 2014 年 1 月 10 日 日 本 銀 行 札 幌 支 店 北 海 道 金 融 経 済 レポート 北 海 道 の 観 光 における 課 題 等 について 本 レポートの 執 筆 は 札 幌 支 店 営 業 課 金 森 渉 が 担 当 しました 本 レポートで 示 された 意 見 は 執 筆 者 に 属 し 必 ずしも 日 本 銀 行 札 幌 支 店 の 見 解 を 示 すものではありません 照

More information

<5461726F2D8E9197BF8254817C82508740814091E592C38E7393C195CA95DB>

<5461726F2D8E9197BF8254817C82508740814091E592C38E7393C195CA95DB> 資 料 5-1 大 津 市 における 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 の 都 市 計 画 決 定 について 目 次 1. 大 津 市 の 古 都 指 定 に 関 する 歴 史 的 風 土 部 会 での 審 議 経 緯 1 2. 大 津 市 の 古 都 指 定 についての 理 由 等 2 3. 大 津 市 の 歴 史 的 風 土 特 別 保 存 地 区 の 都 市 計 画 決 定 の 考

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF33817A95BD90AC3235944E93784F4356428A438A4F8376838D8382815B835683878393205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF33817A95BD90AC3235944E93784F4356428A438A4F8376838D8382815B835683878393205B8CDD8AB78382815B83685D> 資 料 3 平 成 25 年 度 OCVB 海 外 誘 客 プロモーション 報 告 日 時 : 平 成 26 年 3 月 7 日 ( 金 ) 場 所 : 自 治 会 館 大 会 議 室 来 沖 外 国 人 観 光 客 数 の 推 移 過 去 5 年 間 外 国 人 来 沖 観 光 客 入 域 数 の 推 移 600000 平 成 25 年 ( 暦 年 ) 550,800 人! 400000 200000

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議)

Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議) 平 成 28 年 度 第 1 回 とちぎ 創 生 15 い ち ご 戦 略 評 価 会 議 の 結 果 概 要 日 時 : 平 成 28 年 6 月 24 日 ( 金 ) 14 時 30 分 から16 時 15 分 まで 会 場 : 栃 木 県 公 館 大 会 議 室 宇 都 宮 市 昭 和 1 丁 目 1 番 38 号 出 席 者 池 田 浩 之 委 員 伊 沢 正 吉 委 員 大 貫 剛 久 委

More information

2 基 本 目 標 と 基 本 的 方 向 ⑵ 安 全 で 活 気 があり 住 み 続 けたいまちを 築 く 7 4 説 明 文 ひと が 積 極 的 に 活 動 し は ひと が 積 極 的 に 活 動 交 流 し に 変 更 すべきではないか 核 家 族 化 の 弊 害 や 行 き 過 ぎた 個

2 基 本 目 標 と 基 本 的 方 向 ⑵ 安 全 で 活 気 があり 住 み 続 けたいまちを 築 く 7 4 説 明 文 ひと が 積 極 的 に 活 動 し は ひと が 積 極 的 に 活 動 交 流 し に 変 更 すべきではないか 核 家 族 化 の 弊 害 や 行 き 過 ぎた 個 全 体 文 頭 の 新 規 事 業 平 成 27 年 度 から 実 施 御 意 見 を 踏 まえ 事 業 項 目 の 文 頭 の 表 記 を 拡 充 事 業 した 新 規 事 業 拡 充 事 業 継 続 事 業 の は 継 続 事 業 は に 変 更 します 示 し 方 に 工 夫 がいるのではないか 1 - 新 規 事 業 のマークについては 違 和 感 はないが 拡 充 事 業 と 継 続 事

More information

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 等 の 審 査 基 準 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 14 号 編 ) 平 成 26 年 11 月 1 日 沼 津 市 都 市 計 画 部 まちづくり 指 導 課 目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物

More information

平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの

平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 財 団 法 人 J K A 0 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 本 財 団 は 本 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 を 機 に 公 益 法 人 として 果 たすべき 社 会 的 使 命 を 自 覚 し 積 極 的 に 公 益 目 的 事 業 を 展 開 していく 平 成 24 年 に 入 ってからの 我

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

地域経済分析システム(RESAS) 2期システムについて

地域経済分析システム(RESAS) 2期システムについて 地 域 経 済 分 析 システム(RESAS) 第 Ⅱ 期 2 次 リリースについて 平 成 27 年 12 月 内 閣 官 房 まち ひと しごと 創 生 本 部 事 務 局 2 1. 産 業 マップ 1-1. 全 産 業 花 火 図 ( 1) 1-2. 産 業 別 花 火 図 ( 1) 1-3. 企 業 別 花 火 図 ( 1) 1-4. 稼 ぐ 力 分 析 1-5. 特 許 分 布 図 1-6.

More information

オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 ( 経 済 効 果 ) 観 光 庁 資 料

オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 ( 経 済 効 果 ) 観 光 庁 資 料 資 料 3 第 5 回 ESRI- 経 済 政 策 フォーラム オリンピック パラリンピックを 契 機 とした 地 域 活 性 化 メガスポーツイベントとツーリズム オリンピック パラリンピックを 活 かした 地 域 活 性 化 近 畿 日 本 ツーリスト 株 式 会 社 地 域 誘 客 事 業 部 長 ( 兼 )スポーツ 事 業 部 部 長 青 木 淑 浩 オリンピック パラリンピック 東 京 大

More information

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集 第 3 章 酒 田 市 中 長 期 観 光 戦 略 ( 新 酒 田 物 語 ) 前 章 の 酒 田 市 の 観 光 の 現 状 と 課 題 SWOT 分 析 等 を 受 けて あらためて 酒 田 市 の 観 光 における 課 題 を 整 理 し 課 題 に 対 応 した 戦 略 とするため 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 を 策 定 する (1) 酒 田 市 の 観 光 の 課 題 整

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

市 民 の 皆 さんをもっと 巻 き 込 んで 活 動 していく 手 法 について 意 見 交 換 がなされた ( 下 記 板 書 参 照 ) 瀬 戸 焼 そば 音 頭 発 表 披 露 檀 上 里 枝 さんが 講 師 をつとめる 民 謡 団 体 三 味 線 家 が 昨 年 開 いたのど 自 慢 コン

市 民 の 皆 さんをもっと 巻 き 込 んで 活 動 していく 手 法 について 意 見 交 換 がなされた ( 下 記 板 書 参 照 ) 瀬 戸 焼 そば 音 頭 発 表 披 露 檀 上 里 枝 さんが 講 師 をつとめる 民 謡 団 体 三 味 線 家 が 昨 年 開 いたのど 自 慢 コン 平 成 26 年 度 瀬 戸 焼 そばアカデミー 総 会 記 録 日 時 平 成 26 年 7 月 10( 木 )16 時 ~17 時 40 分 場 所 瀬 戸 商 工 会 議 所 大 ホール 出 席 者 会 員 37 名 取 材 中 日 新 聞 グリーンシティケーブルテレビ 内 容 あいさつ 鈴 木 忠 会 長 瀬 戸 焼 そばアカデミーが 立 ち 上 がり3 年 目 に 入 る 私 たちの 目

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20315F8B638E968E9F91E68145947A957A8E9197BF88EA97978169939693FA947A957A816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20315F8B638E968E9F91E68145947A957A8E9197BF88EA97978169939693FA947A957A816A2E646F6378> 総 合 特 別 区 域 推 進 本 部 ( 第 3 回 ) 総 合 特 別 区 域 における 国 と 地 方 の 協 議 のための 合 同 会 議 議 事 次 第 平 成 24 年 1 月 18 日 ( 水 ) 16 時 35 分 ~16 時 50 分 目 途 総 理 大 臣 官 邸 小 ホール 1. 開 会 2. 総 合 特 別 区 域 の 推 進 について 3. 国 と 地 方 の 協 議 会

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc 第 20 回 本 宮 町 白 沢 村 合 併 協 議 会 別 冊 目 次 1. 経 過 報 告 別 紙 資 料 1 2. 合 併 協 定 項 目 具 体 的 調 整 内 容 一 覧 表 ( 要 協 議 会 報 告 ) 4 3. 報 告 第 73 号 関 係 本 宮 市 市 章 デザイン 応 募 結 果 7 4. 報 告 第 80 号 別 紙 指 定 金 融 機 関 等 一 覧 14 本 宮 町 白

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

Microsoft Word - 130306_●甲州市甘草活用ビジョン.docx

Microsoft Word - 130306_●甲州市甘草活用ビジョン.docx 地 域 の 歴 史 文 化 資 源 を 活 用 した ~ 甘 草 の 里 づくりビジョン~ 日 本 甘 草 のふるさと 重 要 文 化 財 旧 高 野 家 住 宅 甘 草 屋 敷 と 付 属 の 薬 草 園 で 栽 培 され る 江 戸 時 代 から 伝 わるウラルカンゾウ 平 成 25 年 2 月 甲 州 市 甲 州 市 甘 草 の 里 づくり 研 究 会 1 目 次 第 1 章 計 画 策 定

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

<8349838A839383738362834E967B959489EF8CA98E9197BF2E786477>

<8349838A839383738362834E967B959489EF8CA98E9197BF2E786477> 平 成 26 年 1 月 21 日 市 長 記 者 会 見 資 料 2020 東 京 オリンピック パラリンピック かわさきプロジェクト 推 進 本 部 の 設 置 について 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 の 開 催 決 定 を 受 け 両 大 会 の 成 功 に 関 係 都 市 等 ともに 連 携 協 力 し 本 市 のスポーツ 文 化 や 経 済 の 振 興

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人

2 条 例 の 概 要 (1) 趣 旨 この 条 例 は 番 号 利 用 法 第 9 条 第 2 項 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めます (2) 定 義 この 条 例 で 規 定 しようとする 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 1 個 人 佐 野 市 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 の 利 用 に 関 する 条 例 ( 案 ) の 概 要 について 1 条 例 制 定 の 背 景 目 的 平 成 25 年 5 月 31 日 に 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に

More information

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産 第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 取 組 状 況 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 数 地 域 の 魅 力 を 生 かした 産 業 の 強 化 4 9 4 32 72,644 地 域 の 未 来 を 切 り 拓 く 新 産 業 の 創 出 3 6 14 14 39,58 地 域 を 支 える 強 い

More information

Taro-18警察用航空機の運用等に関

Taro-18警察用航空機の運用等に関 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 最 終 改 正 平 成 24.3.13 京 都 府 警 察 本 部 訓 令 第 5 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 8 条 ) 第 2 章 運 用 ( 第 9 条 - 第 22 条 ) 第 3 章 ヘリコプター テレビシステム( 第 23 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 整 備 ( 第 26 条 第 27 条

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者 三 重 県 産 品 営 業 拡 大 支 援 事 業 費 フ ー ド イ ノ ベ ー シ ョ ン 課 ( 事 業 費 : 4 5, 5 0 4 千 円 県 費 1 0 / 1 0 ) 1 事 業 目 的 三 重 県 の 農 林 水 産 業 が 持 続 的 に 発 展 していくためには 食 の 魅 力 を 生 かした も うかる 農 林 水 産 業 の 実 現 をめざすことが 不 可 欠 です このため

More information

記 1.2020 年 オリンピック パラリンピックに 対 する 基 本 認 識 1 史 上 最 高 のオリンピック パラリンピックの 実 現 に 向 けて ラグビーワールドカッ プ2019に 向 けた 取 組 と 一 体 となって 大 会 組 織 委 員 会 政 府 東 京 都 等 関 係 機 関

記 1.2020 年 オリンピック パラリンピックに 対 する 基 本 認 識 1 史 上 最 高 のオリンピック パラリンピックの 実 現 に 向 けて ラグビーワールドカッ プ2019に 向 けた 取 組 と 一 体 となって 大 会 組 織 委 員 会 政 府 東 京 都 等 関 係 機 関 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 等 の 気 運 盛 り 上 げに 関 する 要 望 2 0 1 6 年 3 月 3 日 日 本 商 工 会 議 所 東 京 商 工 会 議 所 東 京 商 工 会 議 所 は 地 元 東 京 の 地 域 総 合 経 済 団 体 として オリンピック パラリンピ ックの2016 年 招 致 2020 年 招 致 に 対 して 特 別 委 員 会 を

More information

平成14年度 事業報告書

平成14年度 事業報告書 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 自 : 平 成 25 年 4 月 1 日 至 : 平 成 26 年 3 月 31 日 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 公 益 目 的 事 業 日 本 の 精 神 文 化 伝 統 芸 術 である 詩 歌 吟 詠 を 普 及 振 興 継 承 する 事 業 日 本 の 精 神 文 化 である 詩 歌 吟 詠 を 受 け 継 ぐ 人 材 の 育 成 自 主 公 演 一

More information

(4) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 26 年 度 398,627 減 額 前 人 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 383,279 15,348 397,629 (0.25%) 勧 告 A B A-B ( 平 均 改 定 率 ) 給 与

(4) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 26 年 度 398,627 減 額 前 人 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 383,279 15,348 397,629 (0.25%) 勧 告 A B A-B ( 平 均 改 定 率 ) 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 北 海 道 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 26 年 度 公 表 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 % %

More information

1. 補 正 予 算 規 模 議 案 番 号 会 計 補 正 前 予 算 額 補 正 予 算 額 ( 単 位 : 千 円 ) 補 正 後 予 算 額 29 一 般 会 計 ( 第 6 号 ) 61,573,579 241,319 61,332,260 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 特 30 2

1. 補 正 予 算 規 模 議 案 番 号 会 計 補 正 前 予 算 額 補 正 予 算 額 ( 単 位 : 千 円 ) 補 正 後 予 算 額 29 一 般 会 計 ( 第 6 号 ) 61,573,579 241,319 61,332,260 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 特 30 2 平 成 26 年 度 宇 治 市 3 月 補 正 予 算 の 概 要 今 回 の 補 正 予 算 は 国 補 正 予 算 による 交 付 金 などを 活 用 し 平 成 27 年 度 予 算 の 先 行 実 施 に 伴 う 宇 治 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 に 関 する 事 業 やプレミアム 付 商 品 券 の 発 行 保 育 所 幼 稚 園 における 第 三 子 以 降 の

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information