<4D F736F F D F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>"

Transcription

1 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協 働 的 な 関 係 を 整 えている 学 部 新 卒 学 生 ( 社 会 人 を 含 む)を 対 象 とする 教 育 実 践 力 開 発 コース と 主 として 現 職 教 員 学 生 を 対 象 とする 生 徒 指 導 教 育 相 談 リーダーコース 学 校 運 営 リーダーコース の3コースを 設 置 し それぞれのキャリアに 応 じたきめ 細 かい 教 育 課 程 を 展 開 している カリキュラム 構 成 において 理 論 的 側 面 と 実 践 的 側 面 の 両 方 をうまく 配 置 し 共 通 科 目 の 一 部 に 学 部 新 卒 学 生 現 職 教 員 学 生 別 の 科 目 を 設 定 するなど 経 験 やニーズに 配 慮 する 努 力 を 行 っている 共 通 科 目 では 教 職 大 学 院 で 共 通 に 開 設 する5つの 領 域 に 加 え 特 別 支 援 教 育 に 関 する 領 域 を 設 定 するなど 今 日 的 な 教 育 課 題 に 応 えるカリキュラム 編 成 を 行 っている 教 育 現 場 で 学 力 テスト 等 の 分 析 に 有 効 な 教 育 統 計 に 関 する 講 義 を 共 通 科 目 に 導 入 し 学 校 教 育 研 究 のニーズに 応 えている 各 コースで 養 成 する 人 材 像 セメスターごとの 力 量 養 成 段 階 を 勘 案 しながら 実 習 科 目 を 系 統 的 に 配 置 し 理 論 と 実 践 を 融 合 させる 学 修 手 段 として 学 校 における 実 習 を 重 視 して いる 総 単 位 数 も 14 単 位 と 手 厚 く 割 り 当 てている デマンドサイドの 意 見 を 反 映 するため カリキュラム 検 討 委 員 会 作 業 部 会 に 福 岡 県 福 岡 市 北 九 州 市 の 各 教 育 委 員 会 の 委 員 を 加 え 教 育 現 場 のニーズを 把 握 し 平 成 24 年 度 か らの 新 カリキュラムの 導 入 や 修 了 生 へのフォローアップ 指 導 校 長 へのアンケート 調 査 等 を 実 施 するなど 教 育 の 質 的 向 上 に 向 けた 取 り 組 みを 適 切 にかつ 円 滑 に 行 っている 2 年 間 の 教 職 大 学 院 の 学 びの 成 果 として 教 育 現 場 の 課 題 の 中 から まとめプレゼンテー ション のテーマを 設 定 し 教 育 現 場 のニーズに 沿 った 内 容 を 還 元 できるよう 有 機 的 系 統 的 な 研 究 教 育 指 導 を 展 開 している 教 職 大 学 院 設 置 に 伴 い 教 職 大 学 院 棟 が 建 設 され 施 設 設 備 を 整 えている 平 成 25 年 3 月 28 日 一 般 財 団 法 人 教 員 養 成 評 価 機 構 1

2 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 ( 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 )は 教 員 養 成 評 価 機 構 の 教 職 大 学 院 評 価 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は 平 成 30 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 基 準 ごとの 概 評 基 準 領 域 1 設 立 の 理 念 と 目 的 基 準 1-1A: 当 該 教 職 大 学 院 の 理 念 目 的 が 法 令 に 基 づいて 明 確 に 定 められていること 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 規 則 において 教 職 大 学 院 ( 教 職 実 践 専 攻 )の 理 念 目 的 を 明 確 に 定 めて いる 基 準 1-2A: 人 材 養 成 の 目 的 及 び 修 得 すべき 知 識 能 力 が 明 確 になっていること 人 材 養 成 の 目 的 及 び 修 得 すべき 知 識 能 力 は 修 士 課 程 と 区 別 され 教 育 実 践 力 開 発 コース 生 徒 指 導 教 育 相 談 リーダーコース 学 校 運 営 リーダーコース の3コースごとに 明 確 に 定 めている 基 準 1-3A: 当 該 教 職 大 学 院 の 理 念 目 的 を 公 表 し 周 知 に 努 めていること 教 職 大 学 院 案 内 (パンフレット) やウェブサイトにおいて 教 職 大 学 院 の 理 念 目 的 育 成 す る 力 量 像 養 成 方 法 等 を 対 外 的 にわかりやすく 示 し 公 表 周 知 に 努 めている 基 準 領 域 2 入 学 者 選 抜 等 基 準 2-1A: 人 材 養 成 の 目 的 に 応 じた 入 学 者 受 入 方 針 (アドミッション ポリシー)が 明 確 に 定 め られ 公 表 されていること 専 攻 コースごとに 求 める 学 生 像 や 選 抜 方 法 等 のアドミッション ポリシーを 人 材 養 成 の 目 的 と 関 連 づけながら 定 めている それらを 学 生 募 集 要 項 やウェブサイト 上 に 公 表 している 基 準 2-2A: 教 育 理 念 及 び 目 的 に 照 らして 公 平 性 平 等 性 開 放 性 が 確 保 され 適 切 な 学 生 の 受 け 入 れが 実 施 されていること 専 攻 コースごとの 人 材 養 成 の 目 的 に 基 づき 入 学 者 選 抜 は コースごとに 出 願 資 格 選 抜 方 法 等 を 明 確 にし 公 平 性 平 等 性 開 放 性 を 確 保 し 実 施 している 選 抜 の 判 定 基 準 についても 明 確 に 定 め ている 基 準 2-3A: 実 入 学 者 数 が 入 学 定 員 と 比 較 して 適 正 であること 平 成 21 年 度 19 人 22 年 度 25 人 23 年 度 21 人 24 年 度 18 人 と 実 入 学 者 数 が 定 員 数 を 下 回 っ ている 年 度 もあるが 概 ね 適 正 な 入 学 者 を 確 保 している デマンドサイドである 福 岡 県 教 育 委 員 会 等 と 協 議 のうえ 定 員 を 満 たす 努 力 を 行 い 福 岡 県 福 岡 市 公 立 学 校 教 員 採 用 試 験 合 格 者 に 対 し 大 学 院 修 了 まで 名 簿 登 載 期 間 を 延 長 可 能 とすることにより 学 部 新 卒 学 生 の 志 願 者 数 の 増 加 につながる 等 定 員 充 足 の 適 正 化 に 向 けた 取 り 組 みを 進 めている 長 所 として 特 記 すべき 事 項 福 岡 県 福 岡 市 教 育 委 員 会 との 協 議 を 重 ね 公 立 学 校 教 員 採 用 試 験 合 格 者 に 対 し 大 学 院 修 了 まで 名 簿 登 載 期 間 を 延 長 可 能 とすることにより 学 部 新 卒 学 生 の 志 願 者 数 の 増 加 につながる 等 質 の 高 い 学 生 確 保 の 可 能 性 を 広 げ 毎 年 安 定 した 現 職 教 員 派 遣 ( 派 遣 教 員 数 9 名 派 遣 期 間 2 年 )を 確 保 する 2

3 などのシステムを 構 築 し デマンドサイドとの 十 分 な 協 議 を 行 っている 基 準 領 域 3 教 育 の 課 程 と 方 法 基 準 3-1A: 教 職 大 学 院 の 制 度 ならびに 各 教 職 大 学 院 の 目 的 に 照 らして 理 論 的 教 育 と 実 践 的 教 育 の 融 合 に 留 意 した 体 系 的 な 教 育 課 程 が 編 成 されていること 専 門 職 大 学 院 設 置 基 準 に 定 められた 修 了 に 必 要 な 修 得 単 位 数 を 上 回 る 54 単 位 を 修 了 要 件 とし そ の 枠 内 で 共 通 科 目 コース 別 科 目 (まとめプレゼンテーション 関 係 科 目 を 含 む) 実 習 科 目 を 開 設 している これらの 科 目 が セメスターごとの 学 生 の 力 量 養 成 段 階 を 考 慮 して 配 列 しており 体 系 性 のあるカリキュラムを 編 成 している また コースごとの コースツリー の 明 示 により 教 職 大 学 院 での 力 量 形 成 の 独 自 性 が 読 み 取 れるように 工 夫 している 共 通 科 目 の 一 部 に 学 部 新 卒 学 生 現 職 教 員 学 生 別 の 科 目 を 設 定 し 学 生 の 経 験 やニーズに 配 慮 す る 努 力 を 行 っている また 教 職 大 学 院 で 共 通 に 開 設 する5つの 領 域 に 加 え 共 通 科 目 に 特 別 支 援 教 育 に 関 する 領 域 を 設 定 するなど 今 日 的 な 教 育 課 題 に 応 えるカリキュラム 編 成 を 行 っている 平 成 24 年 度 から 新 カリキュラムを 導 入 し 養 成 する 人 材 像 の 明 確 化 授 業 科 目 の 精 選 実 習 科 目 の 見 直 し 理 論 と 実 践 の 融 合 に 適 うカリキュラム 編 成 を 行 っている また 修 得 単 位 数 が 54 単 位 と やや 多 い 点 については 負 担 感 を 考 慮 して 学 習 の 効 率 化 を 図 るなどカリキュラムの 改 訂 を 行 っている 基 準 3-2A: 教 育 課 程 を 展 開 するにふさわしい 教 員 の 配 置 授 業 内 容 授 業 方 法 形 態 が 整 備 され ていること 専 門 職 大 学 院 設 置 基 準 に 定 められた 必 要 な 専 任 教 員 数 を 満 たす 専 任 教 員 ( 研 究 者 教 員 実 務 家 教 員 ) を 配 置 している 実 習 科 目 まとめプレゼンテーション 関 係 科 目 を 中 心 に 研 究 者 教 員 と 実 務 家 教 員 のチーム ティ ーチングによる 指 導 を 行 い また 外 部 から 指 導 主 事 などのゲスト ティーチャーを 招 聘 するなど 理 論 と 実 践 を 往 還 する 取 り 組 みを 行 っている 共 通 科 目 コース 別 科 目 においては 各 教 員 が 講 義 形 式 のほか 事 例 研 究 実 践 演 習 ディスカッション シミュレーション フィールドワークと 多 様 な 授 業 方 法 を 工 夫 している 生 徒 指 導 教 育 相 談 リーダーコース 学 校 運 営 リーダーコース においては 現 職 教 員 学 生 の 直 面 している 課 題 を 研 究 課 題 に 設 定 し 課 題 演 習 まとめプレゼンテーション でその 課 題 解 決 の ための 方 策 について 実 践 的 理 論 的 に 検 討 し その 往 還 を 通 して 理 論 と 実 践 の 融 合 を 図 っている 新 カリキュラムの 改 訂 においては 特 に 教 育 現 場 での 学 力 評 価 の 分 析 に 必 要 とされる 教 育 統 計 に 関 する 講 義 を 共 通 科 目 に 導 入 し 学 校 教 育 研 究 のニーズに 応 えている 基 準 3-3A: 教 職 大 学 院 にふさわしい 実 習 が 設 定 され 適 切 な 指 導 がなされていること 各 コースで 養 成 する 人 材 像 セメスターごとの 力 量 養 成 段 階 を 勘 案 しながら 実 習 科 目 を 系 統 的 に 配 置 し 理 論 と 実 践 を 融 合 させる 学 修 手 段 として 学 校 における 実 習 を 重 視 している 総 単 位 数 も 14 単 位 と 手 厚 く 配 置 している また 実 習 校 大 学 間 で 適 切 な 指 導 体 制 を 整 備 している また 新 カリキュラムの 改 訂 において 実 習 における 学 習 効 果 を 上 げるために 例 えば 教 育 実 践 力 開 発 コースでは 1 年 次 にまず モデルケースとして 附 属 学 校 教 員 の 学 級 経 営 や 授 業 実 践 に 触 れる 実 習 を 行 い それを 踏 まえ 2 年 次 に 多 くの 実 態 に 触 れるべく 連 携 協 力 校 で 実 習 を 行 うなど 実 習 の 開 始 期 を 変 更 している このように 附 属 学 校 と 連 携 協 力 校 との 適 切 な 連 携 を 図 り 事 前 事 後 指 導 も 十 分 に 行 われている 基 準 3-4A: 学 習 を 進 める 上 で 適 切 な 指 導 が 行 われていること 入 学 直 後 のオリエンテーションや 履 修 ガイダンスにおいて オリエンテーション ハンドブック や 履 修 ガイドブック を 用 いた 丁 寧 な 指 導 を 行 っており 学 生 の 円 滑 な 科 目 履 修 を 支 援 している 3

4 また 学 生 の 関 心 領 域 等 を 踏 まえて 担 当 指 導 教 員 を 定 め オフィスアワーを 設 定 するなど 学 生 に 対 する 個 別 の 指 導 機 会 の 確 保 に 努 めている さらに 平 成 23 年 度 入 学 生 から 院 生 状 況 確 認 表 を 作 成 し 全 教 員 で 一 人 ひとりの 学 生 の 学 修 状 況 の 共 有 把 握 に 努 めている 1 週 間 のうち 月 火 曜 日 の2 日 間 に 時 間 割 が 集 中 していることから 学 修 を 進 める 上 で 大 きな 負 担 とならないよう 今 後 も 適 切 な 配 慮 指 導 等 が 望 まれる 基 準 3-5A: 成 績 評 価 や 単 位 認 定 修 了 認 定 が 大 学 院 の 水 準 として 適 切 であり 有 効 なものとなっ ていること 共 通 科 目 コース 別 科 目 において 到 達 目 標 と 各 目 標 別 の 評 価 の 判 断 基 準 を 示 している 修 士 論 文 に 代 わるものとして 課 している コース 別 科 目 の まとめプレゼンテーション 科 目 についても 共 通 の 到 達 目 標 と 評 価 の 判 断 基 準 を 示 している これらは 履 修 ガイドブック により 学 生 に 周 知 してい る 長 所 として 特 記 すべき 事 項 教 育 実 践 力 開 発 コースの 実 習 において 実 践 力 アップのため 附 属 学 校 教 員 の 援 助 資 源 を 有 効 に 活 用 し 連 携 協 力 校 実 習 の 学 修 の 効 果 を 上 げる 工 夫 を 行 っている 福 岡 県 福 岡 市 北 九 州 市 の 各 教 育 委 員 会 の 委 員 を 含 めた カリキュラム 検 討 委 員 会 作 業 部 会 を 設 置 し デマンドサイドの 意 見 等 を 反 映 して 平 成 24 年 度 から 新 カリキュラムを 策 定 し 養 成 する 人 材 像 の 明 確 化 授 業 科 目 の 精 選 実 習 科 目 の 見 直 し 理 論 と 実 践 の 融 合 に 適 うカリキュラムを 構 成 している 特 に 教 育 現 場 での 学 力 評 価 との 分 析 に 必 要 な 教 育 統 計 に 関 する 講 義 を 共 通 科 目 に 導 入 し 学 校 教 育 研 究 のニーズに 応 えている 基 準 領 域 4 教 育 の 成 果 効 果 基 準 4-1A: 各 教 職 大 学 院 の 人 材 養 成 の 目 的 及 び 修 得 すべき 知 識 能 力 に 照 らして 教 育 の 成 果 や 効 果 が 上 がっていること 学 生 の 単 位 修 得 状 況 は 良 好 であり 資 格 面 についてもコースの 特 性 に 応 じた 資 格 を 学 生 に 取 得 させ ている 学 修 の 成 果 として 提 出 された まとめプレゼンテーション を 精 査 したところ 教 育 現 場 の ニーズに 応 える 実 践 研 究 がまとめられている また 学 びの 成 果 を 還 元 する 過 程 を 通 して 理 論 と 実 践 の 往 復 ができると 考 え 積 極 的 に 学 会 等 で 発 表 できる 機 会 の 提 供 に 努 めており 水 準 を 高 めようと している 基 準 4-2B: 教 職 大 学 院 における 学 生 個 人 の 成 長 および 人 材 の 育 成 を 通 じて その 成 果 が 学 校 地 域 に 還 元 できていること 評 価 結 果 基 準 の 内 容 を 満 たしている 取 組 活 動 であると 判 断 する 生 徒 指 導 教 育 相 談 リーダーコース と 学 校 運 営 リーダーコース を 修 了 した 現 職 教 員 の 多 く が 直 後 または1 年 後 に 教 育 センター 等 の 指 導 主 事 主 幹 教 諭 指 導 教 諭 及 び 研 究 主 任 特 別 支 援 教 育 コーディネーター 等 に 任 ぜられている 派 遣 元 の 教 育 委 員 会 においても 修 了 者 の 研 究 成 果 を 積 極 的 に 活 用 している 今 後 修 了 後 3 年 目 までの 毎 年 の 状 況 を 調 査 する 修 了 生 追 跡 調 査 の 実 施 が 予 定 されているが そ の 成 果 として 学 校 や 地 域 での 貢 献 状 況 等 を 調 査 把 握 分 析 し さらに 発 展 充 実 させていくこと が 期 待 される 長 所 として 特 記 すべき 事 項 生 徒 指 導 教 育 相 談 リーダーコース 学 校 運 営 リーダーコース においては 現 職 教 員 学 生 が 在 籍 する 学 校 現 場 の 直 面 する 課 題 を 研 究 課 題 として 設 定 し 研 究 活 動 を 進 めてきたことに 対 する 評 価 が 特 に 高 い また 生 徒 指 導 教 育 相 談 リーダーコースにおいては 平 成 23 年 度 までに 8 名 が 学 校 心 理 士 の 資 格 を 取 得 するなど 高 度 な 専 門 的 力 量 を 身 につけて 現 場 に 帰 任 している 4

5 基 準 領 域 5 学 生 への 支 援 体 制 基 準 5-1A: 学 生 相 談 助 言 体 制 キャリア 支 援 等 が 適 切 に 行 われていること 各 学 生 の 担 当 指 導 教 員 に 加 え 院 生 修 学 支 援 担 当 教 員 を 配 置 し 学 修 の 指 導 体 制 を 整 備 している 心 身 面 の 悩 みについては 大 学 として 相 談 体 制 を 整 備 しているほか 専 攻 内 においても 相 談 関 連 有 資 格 者 ( 精 神 科 医 師 臨 床 心 理 士 )が 在 籍 し 手 厚 い 支 援 体 制 を 整 えている キャリア 支 援 については 全 学 的 な 体 制 に 加 え 院 生 就 職 支 援 担 当 教 員 を 配 置 している 基 準 5-2A: 学 生 への 経 済 支 援 等 が 適 切 に 行 われていること 日 本 学 生 支 援 機 構 等 の 各 種 奨 学 金 に 関 する 情 報 の 提 供 や 授 業 料 等 免 除 及 び 徴 収 猶 予 取 扱 規 程 等 を 整 備 し 経 済 的 支 援 を 適 切 に 行 っている 学 生 の 学 会 研 究 集 会 等 への 参 加 発 表 について 交 通 費 を 補 助 するなどの 支 援 策 を 講 じている 基 準 領 域 6 教 員 組 織 等 基 準 6-1A: 教 職 大 学 院 の 運 営 に 必 要 な 教 員 が 適 切 に 配 置 されていること 専 門 職 大 学 院 設 置 基 準 に 定 められた 必 要 な 専 任 教 員 数 を 上 回 る 14 名 の 専 任 教 員 ( 研 究 者 教 員 7 名 実 務 家 教 員 7 名 ) 13 名 の 兼 担 教 員 を 配 置 し 運 営 に 必 要 な 教 員 体 制 を 整 えている 基 準 6-2A: 教 員 の 採 用 及 び 昇 格 等 の 基 準 が 適 切 に 定 められ 運 用 されていること 大 学 全 体 として 研 究 者 教 員 実 務 家 教 員 それぞれの 選 考 基 準 を 適 切 に 定 め 運 用 している 研 究 者 教 員 実 務 家 教 員 それぞれの 質 の 違 いに 対 応 した 人 事 を 行 っている 基 準 6-3A: 教 育 の 目 的 を 遂 行 するための 基 礎 となる 教 員 の 研 究 活 動 等 が 行 われていること 大 半 の 教 員 において 教 職 大 学 院 の 教 育 の 目 的 の 遂 行 に 即 した 研 究 活 動 を 行 っている 教 職 大 学 院 全 体 としても 文 部 科 学 省 特 別 経 費 事 業 等 を 活 用 した 組 織 的 な 研 究 活 動 を 展 開 している 基 準 6-4B: 教 育 課 程 を 遂 行 するために 必 要 な 教 育 支 援 者 ( 例 えば 事 務 職 員 技 術 職 員 等 )が 適 切 に 配 置 されていること 評 価 結 果 基 準 の 内 容 を 満 たしている 取 組 活 動 であると 判 断 する 教 職 大 学 院 棟 に 事 務 室 を 設 け 教 育 支 援 課 の 常 勤 事 務 職 員 2 名 を 配 置 している 教 育 課 程 遂 行 上 の 人 的 バックアップ 体 制 を 適 切 に 整 えている 基 準 6-5A: 授 業 負 担 に 対 して 適 切 に 配 慮 されていること 授 業 負 担 については 例 えば 複 数 の 教 員 で 授 業 を 担 当 したり 実 習 に 関 する 指 導 業 務 を 分 担 した りするなど 教 員 負 担 の 適 正 化 に 努 めている 基 準 領 域 7 施 設 設 備 等 の 教 育 環 境 基 準 7-1A: 教 職 大 学 院 の 教 育 研 究 組 織 及 び 教 育 課 程 に 対 応 した 施 設 設 備 並 びに 図 書 学 術 雑 誌 等 の 教 育 研 究 上 必 要 な 資 料 が 整 備 され 有 効 に 活 用 されていること 教 職 大 学 院 設 置 に 伴 い 教 職 大 学 院 棟 を 建 設 し 施 設 設 備 を 整 えている 同 棟 には 講 義 室 3 室 院 生 室 2 室 図 書 室 教 材 開 発 室 資 料 室 を 確 保 し PC や 視 聴 覚 機 器 も 揃 えている 5

6 基 準 領 域 8 管 理 運 営 等 基 準 8-1A: 各 教 職 大 学 院 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 管 理 運 営 のための 組 織 及 びそれを 支 える 事 務 組 織 が 整 備 され 機 能 していること 教 職 大 学 院 の 日 常 的 な 管 理 運 営 のための 組 織 として 教 職 実 践 専 攻 会 議 を 全 学 の 管 理 運 営 体 制 のな かに 位 置 づけている 教 職 実 践 専 攻 会 議 のもとに 専 門 委 員 会 としてファカルティ ディベロップメ ント 委 員 会 自 己 点 検 評 価 委 員 会 実 習 運 営 委 員 会 を 設 置 している また 教 育 委 員 会 連 携 協 力 校 との 連 絡 協 議 をするための 組 織 を 設 け 管 理 運 営 に 関 する 事 務 については 教 育 支 援 課 が 担 当 し 適 切 な 管 理 運 営 体 制 を 整 えている 基 準 8-2B: 教 職 大 学 院 における 教 育 活 動 等 を 適 切 に 遂 行 できる 財 政 的 基 礎 を 有 し 配 慮 がなされ ていること 評 価 結 果 基 準 の 内 容 を 満 たしている 取 組 活 動 であると 判 断 する 大 学 全 体 での 教 育 研 究 費 の 配 分 指 針 に 基 づき 教 職 大 学 院 共 通 経 費 を 組 み 学 校 における 実 習 実 施 経 費 や 指 導 教 員 の 実 習 旅 費 等 教 職 大 学 院 独 自 の 活 動 経 費 を 配 分 している 基 準 8-3A: 各 教 職 大 学 院 における 教 育 活 動 等 の 状 況 について 広 く 社 会 に 周 知 を 図 ることができ る 方 法 によって 積 極 的 に 情 報 が 提 供 されていること 教 職 大 学 院 案 内 (パンフレット) の 作 成 ウェブサイトによる 専 攻 コースの 教 育 活 動 紹 介 教 員 総 覧 での 教 員 の 個 人 活 動 紹 介 入 学 試 験 説 明 会 などで 教 職 大 学 院 の 教 育 活 動 の 状 況 を 広 く 社 会 に 発 信 している ただし 教 育 現 場 等 からは 教 職 大 学 院 が 十 分 に 浸 透 していない 等 の 意 見 があり 今 後 さらに 積 極 的 な 情 報 の 発 信 が 望 まれる 基 準 8-4B: 各 教 職 大 学 院 における 教 育 活 動 及 び 管 理 運 営 業 務 等 に 関 する 自 己 点 検 評 価 及 び 外 部 評 価 等 の 基 礎 となる 情 報 について 適 宜 調 査 及 び 収 集 を 行 い 適 切 な 方 法 で 保 管 されていること 評 価 結 果 基 準 の 内 容 を 満 たしている 取 組 活 動 であると 判 断 する 自 己 点 検 評 価 外 部 評 価 等 の 際 に 用 いた 資 料 データ 等 を 適 切 な 方 法 で 保 管 している 基 準 領 域 9 教 育 の 質 の 向 上 と 改 善 基 準 9-1A: 教 育 の 状 況 等 について 点 検 評 価 し その 結 果 に 基 づいて 改 善 向 上 を 図 るための 体 制 が 整 備 され 取 り 組 みが 行 われており 機 能 していること 教 職 実 践 専 攻 会 議 のもとに 自 己 点 検 評 価 委 員 会 を 設 置 し 定 期 的 に 教 育 の 状 況 について 項 目 を 定 めて 自 己 点 検 評 価 活 動 を 行 っている 平 成 22 年 度 には 大 学 が 実 施 している 外 部 評 価 において 教 職 実 践 専 攻 の 教 育 の 状 況 等 が 評 価 されている さらに 平 成 22 年 度 より 学 生 による 授 業 評 価 の 専 攻 独 自 システムを 構 築 し 定 期 的 に 実 施 しているほか 平 成 23 年 度 には 修 了 生 校 長 へのアンケー ト 調 査 訪 問 調 査 修 了 生 へのフォローアップ 研 修 も 行 われ 評 価 情 報 を 多 面 的 に 収 集 している ま たその 間 現 行 カリキュラムの 課 題 を 明 らかにして 新 カリキュラムに 反 映 させるため デマンドサイ ドである 福 岡 県 福 岡 市 北 九 州 市 の 各 教 育 委 員 会 の 委 員 を 交 えた カリキュラム 検 討 委 員 会 作 業 部 会 を 発 足 させた そこでは 新 カリキュラムの 開 発 をデマンドサイドと 協 働 で 検 討 するなど 教 職 大 学 院 の 質 の 向 上 と 改 善 を 図 る 努 力 をし 平 成 24 年 度 から 新 カリキュラムを 導 入 している 基 準 9-2B: 教 職 大 学 院 の 担 当 教 員 等 に 対 する 研 修 等 その 資 質 の 向 上 を 図 るための 組 織 的 な 取 り 組 みが 適 切 に 行 われていること 評 価 結 果 基 準 の 内 容 を 満 たしている 取 組 活 動 であると 判 断 する 教 職 実 践 専 攻 会 議 のもとに ファカルティ ディベロップメント 委 員 会 を 設 置 し 授 業 評 価 の 実 施 とその 活 用 学 内 授 業 公 開 教 育 指 導 研 修 会 やティーム ティーチング 体 制 充 実 など 様 々な 取 組 を 実 践 している 6

7 長 所 として 特 記 すべき 事 項 カリキュラム 検 討 委 員 会 作 業 部 会 に 福 岡 県 福 岡 市 北 九 州 市 の 各 教 育 委 員 会 から 委 員 が 参 加 し デマンドサイドの 声 を 反 映 した 新 カリキュラムの 改 訂 を 行 っている また 修 了 生 へのフォロー アップ 指 導 校 長 へのカリキュラム 改 善 のためのアンケート 調 査 授 業 評 価 シート を 開 発 して 教 育 状 況 に 関 する 自 己 点 検 評 価 に 反 映 できる 仕 組 みをつくるなど 教 育 の 質 的 向 上 に 向 けた 取 組 を 適 切 に 行 っている 基 準 領 域 10 教 育 委 員 会 及 び 学 校 等 との 連 携 基 準 10-1A: 教 職 大 学 院 の 目 的 に 照 らし 教 育 委 員 会 及 び 学 校 等 と 連 携 する 体 制 が 整 備 されてい ること 教 職 大 学 院 の 管 理 運 営 や 実 習 等 の 調 整 について 教 育 委 員 会 や 連 携 協 力 校 と 組 織 的 な 協 議 ができる 場 ( 教 職 大 学 院 運 営 協 議 会 教 職 大 学 院 連 携 協 力 会 議 連 携 協 力 校 等 連 絡 協 議 会 )を 明 確 に 設 けている また 大 学 として 福 岡 県 福 岡 市 北 九 州 市 宗 像 市 福 津 市 教 育 委 員 会 と 連 携 協 力 協 定 を 結 び 連 携 協 力 校 の 確 保 につなげている さらに 各 教 育 委 員 会 学 校 等 との 相 互 の 教 育 資 源 の 有 効 活 用 を 図 り 連 携 協 力 を 進 める 観 点 から 共 催 事 業 や 連 携 事 業 として 各 種 研 修 会 を 開 催 している このような 教 育 委 員 会 との 協 議 体 制 により 教 育 委 員 会 側 からは 安 定 した 現 職 教 員 派 遣 を 担 保 し 教 職 大 学 院 側 からは デマンドサイドの 意 見 も 踏 まえた 新 カリキュラム 構 築 を 図 るなど 大 学 と 教 育 委 員 会 との 間 に 有 機 的 な 協 働 体 制 を 整 えている Ⅲ 評 価 結 果 についての 説 明 福 岡 教 育 大 学 から 平 成 24 年 2 月 24 日 付 け 文 書 にて 申 請 のあった 教 職 大 学 院 ( 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 )の 認 証 評 価 について その 結 果 をⅠ~Ⅱのとおり 報 告 します 教 員 養 成 評 価 機 構 では 教 職 大 学 院 等 の 認 証 評 価 に 関 する 規 程 ( 平 成 21 年 10 月 20 日 理 事 会 決 定 ) に 基 づき 認 証 評 価 実 施 要 項 自 己 評 価 書 作 成 要 領 訪 問 調 査 実 施 要 領 等 により 福 岡 教 育 大 学 が 実 施 した 自 己 評 価 を 前 提 に 書 面 調 査 及 び 訪 問 調 査 を 行 い 評 価 結 果 を 作 成 しました 評 価 は 機 構 の 評 価 委 員 会 の 下 にある 評 価 専 門 部 会 の 評 価 員 7 名 が 担 当 しました 評 価 員 は 教 職 大 学 院 等 を 有 する 大 学 の 関 係 者 それ 以 外 の 大 学 の 教 育 関 係 者 有 識 者 で 構 成 されています 評 価 に あたっては 教 職 大 学 院 評 価 基 準 ( 平 成 21 年 10 月 20 日 決 定 )に 基 づき 実 施 しました 書 面 調 査 は 平 成 24 年 6 月 29 日 に 受 理 した 教 職 大 学 院 認 証 評 価 自 己 評 価 書 添 付 データ:1 現 況 票 2 専 任 教 員 個 別 表 3 専 任 教 員 の 教 育 研 究 業 績 及 び 添 付 資 料 一 覧 :1 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 案 内 (パンフレット)ほか 全 85 点 訪 問 調 査 時 追 加 資 料 :86 平 成 24 年 度 履 修 ガイドブッ クほか 全 30 点 をもとに 調 査 分 析 しました 各 評 価 員 から 主 査 ( 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 認 証 評 価 担 当 )に 集 められ 調 査 分 析 結 果 を 整 理 し 平 成 24 年 9 月 25 日 福 岡 教 育 大 学 に 対 し 訪 問 調 査 時 における 確 認 事 項 と 追 加 提 出 書 類 閲 覧 書 類 に 関 する 連 絡 をしました 平 成 24 年 10 月 23 日 24 日 の 両 日 評 価 員 7 名 が 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 ( 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 )の 訪 問 調 査 を 行 いました 訪 問 調 査 では 教 職 大 学 院 等 関 係 者 ( 責 任 者 ) 及 び 教 員 との 面 談 (2 時 間 ) 授 業 視 察 (2 科 目 1 時 間 30 分 ) 学 習 環 境 の 状 況 調 査 (30 分 ) 教 育 委 員 会 関 係 者 との 面 談 (1 時 間 ) 連 携 協 力 校 校 長 等 との 面 談 連 携 協 力 校 での 視 察 (2 校 2 時 間 ) 学 生 との 面 談 (1 時 間 ) 修 了 生 との 面 談 (1 時 間 ) 関 連 資 料 の 閲 覧 などを 実 施 しました 書 面 調 査 と 訪 問 調 査 に 基 づき 各 評 価 員 から 主 査 に 調 査 分 析 結 果 の 最 終 報 告 が 集 められ 主 査 及 び 副 査 が 評 価 結 果 を 取 りまとめた 後 評 価 員 全 員 で 確 認 し 平 成 24 年 12 月 13 日 開 催 の 評 価 専 門 部 会 において 審 議 し 評 価 結 果 原 案 としました 評 価 結 果 原 案 は 平 成 25 年 1 月 17 日 開 催 の 第 2 回 評 価 委 員 会 に 諮 り 審 議 し 評 価 結 果 案 としました 評 価 結 果 案 を 福 岡 教 育 大 学 に 示 し 意 見 申 立 の 手 続 きを 経 たのち 平 成 25 年 3 月 26 日 開 催 の 第 3 回 評 価 委 員 会 で 審 議 し 最 終 的 な 評 価 結 果 を 決 定 いたしました 7

8 評 価 結 果 は 表 紙 の 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント Ⅰ 認 証 評 価 結 果 Ⅱ 基 準 ごとの 概 評 で 構 成 されています 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント は 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 ( 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 )の 教 育 課 程 教 員 組 織 施 設 設 備 そのほか 教 育 研 究 活 動 について 評 価 により 見 出 される 特 色 や 大 きな 問 題 点 について 記 しています Ⅰ 認 証 評 価 結 果 は 機 構 の 教 職 大 学 院 評 価 基 準 に 適 合 しているか 否 かを 記 しています 適 合 していない 場 合 は その 理 由 を 付 しています Ⅱ 基 準 ごとの 概 評 は 基 準 ごとの 評 価 結 果 及 び 基 準 ごとの 評 価 により 見 出 される 特 色 や 問 題 点 について 記 しています 長 所 として 特 記 すべき 事 項 は 自 己 評 価 書 に 記 載 されている 事 項 のうち 本 評 価 結 果 にも 記 載 すべき 事 項 と 判 断 したものについてのみ 記 しています 自 己 評 価 書 に 記 された 事 項 が 本 評 価 結 果 に 載 っていないとしても 大 学 が 記 した 事 項 を 否 定 するものではありません Ⅰで 認 証 評 価 基 準 に 適 合 しているにもかかわらず 問 題 点 や 改 善 を 要 する 事 項 が 記 載 された 事 項 は 今 後 是 正 するような 措 置 を 講 じることを 求 めるものです ただし このことについて 後 日 改 善 報 告 書 等 の 提 出 を 求 めるものではありません 以 上 8

9 添 付 資 料 一 覧 1 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 案 内 (パンフレット) 2 平 成 23 年 度 履 修 ガイドブック 3 平 成 23 年 度 実 習 基 本 計 画 4 平 成 23 年 度 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 ( 教 職 実 践 専 攻 ) 研 究 報 告 会 [ 修 士 2 年 : 修 了 報 告 会 修 士 1 年 : 中 間 報 告 会 ]のご 案 内 5 平 成 23 年 度 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 研 究 報 告 会 報 告 書 << 修 士 2 年 : 修 了 報 告 会 修 士 1 年 : 中 間 報 告 会 >>( 抜 粋 ) 6 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 大 学 院 案 内 福 岡 教 育 大 学 ホームページヘの 掲 載 8 専 門 職 学 位 課 程 の 専 攻 各 コースのアドミッション ポリシー 9 平 成 24 年 度 大 学 院 教 育 学 研 究 科 学 生 募 集 要 項 P 年 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 案 内 P8 P12 P16 コースの 目 的 養 成 する 教 師 像 11 福 岡 教 育 大 学 入 学 試 験 実 施 規 程 12 福 岡 教 育 大 学 入 学 試 験 実 施 委 員 会 規 程 13 教 職 に 関 する 小 論 文 平 成 23 年 度 第 1 次 選 抜 9 月 25 日 平 成 23 年 度 第 2 次 選 抜 11 月 28 日 14 プレゼンテーション 面 接 200 点 についての 採 点 基 準 ( 平 成 23 年 度 入 試 ) 15 平 成 21~24 年 度 学 生 募 集 状 況 16 平 成 24 年 度 実 施 新 カリキュラムの 編 成 について 17 平 成 24 年 度 新 カリキュラム コースツリー( 平 成 24 年 度 履 修 ガイドブック P7~P9( 抜 粋 )) 18 実 習 の 手 引 き( 学 習 指 導 支 援 実 習 ) 19 学 校 における 実 習 の 実 習 記 録 ( 各 コース2 名 分 ) 20 現 職 教 員 学 生 の 実 習 の 様 子 ( 所 見 票 ) 21 平 成 24 年 度 オリエンテーション ハンドブック 年 度 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 新 入 生 オリエンテーション アンケート 23 修 了 生 ヒアリング 調 査 結 果 概 要 ( 教 育 実 践 力 開 発 コース) 24 院 生 状 況 確 認 表 25 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 ( 専 門 職 学 位 課 程 ) 履 修 規 程 ( 第 10 条 ) 26 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 学 位 規 程 ( 第 7 条 ~10 条 ) 27 学 校 心 理 士 資 格 案 内 リーフレット 年 度 教 職 大 学 院 新 入 生 オリエンテーション 後 アンケート 振 り 返 り 29 学 会 発 表 及 び 参 加 30 論 文 及 び 著 書 の 執 筆 31 院 生 の 学 修 の 成 果 が 公 表 される 機 会 づくり 社 会 貢 献 など に 関 する 情 報 収 集 シート 32 平 成 23 年 度 事 業 報 告 書 若 年 層 教 員 キャリアモチベーション 支 援 システム 開 発 事 業 ( 抜 粋 )P61 33 福 岡 教 育 大 学 保 健 管 理 センター 利 用 案 内 34 福 岡 教 育 大 学 授 業 料 等 免 除 及 び 徴 収 猶 予 取 扱 規 程 35 平 成 22 年 度 事 業 報 告 書 若 年 層 教 員 キャリアモチベーション 支 援 システム 開 発 事 業 ( 抜 粋 )P17 ~19 P25~27 36 平 成 23 年 度 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 専 攻 内 外 組 織 分 掌 37 開 設 授 業 科 目 及 び 担 当 教 員 ( 教 育 学 研 究 科 学 生 便 覧 P35~P40) 38 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 教 員 選 考 基 準 に 関 する 規 程 39 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 教 員 選 考 基 準 に 関 する 細 則 40 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 教 員 選 考 規 程 41 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 実 務 家 教 員 選 考 規 程 42 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 担 当 教 員 選 考 基 準 に 関 する 規 程 43 福 岡 教 育 大 学 大 学 教 員 活 動 評 価 指 針 44 平 成 23 年 度 大 学 教 員 活 動 評 価 実 施 要 領 45 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 ( 教 職 大 学 院 ) 年 報 第 1 号 ( 抜 粋 ) 9

10 46 福 岡 教 育 大 学 教 育 支 援 課 事 務 分 掌 47 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 会 議 規 程 48 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 会 議 議 事 概 要 49 教 職 大 学 院 棟 の 平 面 図 50 教 材 開 発 室 戸 棚 備 品 管 理 表 51 会 議 室 等 使 用 簿 52 物 品 貸 出 簿 53 福 岡 教 育 大 学 附 属 図 書 館 概 要 ( 平 成 23 年 度 版 概 要 ) 54 教 職 実 践 専 攻 図 書 貸 出 簿 55 教 職 大 学 院 棟 の 図 書 数 ( 抜 粋 ) 56 福 岡 教 育 大 学 管 理 運 営 体 制 57 平 成 23 年 度 予 算 配 分 58 平 成 21 年 度 自 己 点 検 評 価 報 告 書 ( 抜 粋 ) 59 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 ( 教 育 )( 平 成 21 年 度 )( 抜 粋 ) 60 福 岡 教 育 大 学 教 育 学 研 究 科 授 業 アンケート 結 果 ( 平 成 21 年 度 ) 61 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 FD 委 員 会 授 業 評 価 アンケート( 平 成 22 年 度 前 期 ) 62 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 授 業 評 価 アンケート 集 計 ( 平 成 22 年 度 前 期 ) 63 平 成 23 年 度 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 FD 委 員 会 授 業 評 価 シート 64 教 職 実 践 力 向 上 のための 大 学 院 実 習 高 度 化 プロジェクト 最 終 報 告 書 平 成 年 度 学 長 裁 量 経 費 研 究 プロジェクト 最 終 報 告 書 ( 平 成 23 年 3 月 ) 65 修 了 生 ヒアリング 調 査 結 果 概 要 (3コース 分 ) 66 修 了 生 勤 務 校 校 長 ヒアリング 調 査 結 果 概 要 67 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 フォローアップ 夏 期 研 修 会 案 内 68 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 フォローアップ 夏 期 研 修 会 アンケート 分 析 結 果 69 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 運 営 協 議 会 規 程 70 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 連 携 協 力 会 議 規 程 71 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 連 携 協 力 校 等 連 絡 協 議 会 規 程 72 福 岡 教 育 大 学 外 部 評 価 報 告 書 - 教 職 実 践 専 攻 ( 教 職 大 学 院 )について-( 抜 粋 ) 73 福 岡 教 育 大 学 外 部 評 価 報 告 書 - 教 職 実 践 専 攻 ( 教 職 大 学 院 )について- における 指 摘 事 項 へ の 対 応 ( 抜 粋 ) 74 カリキュラム 推 進 プロジェクト 打 ち 合 わせメモ 75 平 成 23 年 度 教 職 大 学 院 授 業 公 開 のご 案 内 76 平 成 23 年 度 講 座 センター 内 授 業 研 修 実 施 報 告 書 77 平 成 22 年 度 教 育 実 践 力 開 発 コース 課 題 演 習 の 特 色 成 果 と 課 題 ( 平 成 22 年 9 月 ) 78 実 践 研 究 ミニ 講 義 ( 平 成 23 年 4 月 ) 79 平 成 23 年 度 前 期 授 業 計 画 教 科 教 育 の 実 践 と 指 導 方 法 の 改 善 B 80 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 運 営 協 議 会 議 事 概 要 81 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 連 携 協 力 会 議 記 録 82 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 連 携 協 力 校 等 連 絡 協 議 会 議 事 概 要 83 平 成 23 年 度 連 携 協 力 校 実 習 校 等 一 覧 84 平 成 23 年 度 宗 像 市 教 育 センター 福 津 市 教 育 研 究 所 福 岡 教 育 大 学 ( 教 職 大 学 院 ) 共 催 事 業 経 営 力 授 業 力 組 織 力 アップ! 選 べる 夏 期 講 座 のご 案 内 85 福 岡 教 育 大 学 糟 屋 地 区 教 育 委 員 会 連 携 事 業 平 成 23 年 度 3 町 合 同 夏 季 教 育 研 修 会 実 施 要 項 追 加 資 料 86 平 成 24 年 度 履 修 ガイドブック 87 大 学 院 教 育 学 研 究 科 入 学 試 験 合 格 者 選 考 基 準 ( 一 部 抜 粋 ) 88 口 述 試 験 判 定 基 準 89 現 職 教 員 派 遣 状 況 90 平 成 23 年 度 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 研 究 報 告 会 報 告 書 << 修 士 2 年 : 修 了 報 告 会 修 士 1 年 : 中 間 報 告 会 >> 10

11 91 平 成 23 年 度 選 択 科 目 履 修 状 況 92 平 成 23 年 度 修 了 者 総 修 得 単 位 数 93 平 成 24 年 度 小 倉 地 区 実 習 訪 問 計 画 年 度 前 期 授 業 時 間 割 ( 集 中 実 習 後 ) 95 平 成 24 年 度 大 学 院 教 育 学 研 究 科 ( 教 職 実 践 専 攻 ) 授 業 時 間 割 96 院 生 状 況 確 認 表 97 平 成 24 年 度 教 職 大 学 院 新 入 生 オリエンテーション アンケート 結 果 98 まとめプレゼンテーション 到 達 目 標 判 断 基 準 99 学 位 記 様 式 100 平 成 22 年 度 修 了 者 進 路 決 定 状 況 101 平 成 23 年 度 修 了 者 進 路 決 定 状 況 102 修 了 生 ヒアリング 調 査 結 果 概 要 103 修 了 生 勤 務 校 校 長 ヒアリング 調 査 結 果 概 要 104 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 実 務 家 教 員 の 採 用 に 関 する 取 扱 いについて( 重 要 通 知 ) 105 専 任 教 員 の 教 育 研 究 業 績 106 専 任 教 員 の 教 育 研 究 業 績 107 教 育 研 究 業 績 書 108 教 育 研 究 業 績 書 109 福 岡 教 育 大 学 事 務 組 織 図 110 講 座 会 議 議 事 要 旨 111 平 成 23 年 度 実 習 旅 費 112 平 成 23 年 度 前 期 実 地 協 力 謝 金 一 覧 113 附 属 学 校 における 実 習 実 地 経 費 114 平 成 21 年 度 自 己 点 検 評 価 115 福 岡 教 育 大 学 外 部 評 価 報 告 書 - 教 職 実 践 専 攻 ( 教 職 大 学 院 )について 11

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎

おり 基 礎 的 能 力 を 育 みさらに 高 度 な 看 護 専 門 職 の 育 成 を 図 ることを 目 指 している これらの 目 的 は 学 則 に 定 められており 学 生 便 覧 シラバス 大 学 院 学 生 便 覧 シ ラバス 教 職 員 ハンドブック に 示 され 学 生 には 毎 日 本 赤 十 字 九 州 国 際 看 護 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は2023( 平 成 35) 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 総 評 貴 大 学 は 学 校 法 人 日 本 赤 十 字 学 園 のうち

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準

公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準 2016 年 度 認 定 看 護 師 教 育 課 程 募 集 要 項 認 知 症 看 護 慢 性 心 不 全 看 護 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科 学 校 法 人 東 海 大 学 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 平 成 22 年 3 月 18 日 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63> 学 校 自 己 評 価 報 告 書 ( 平 成 24 年 度 ) 平 成 25 年 7 月 学 校 法 人 電 波 学 園 あいち 情 報 専 門 学 校 学 校 評 価 委 員 会 委 員 長 加 藤 仁 志 ( 校 長 ) 総 括 責 任 者 渡 邉 栄 二 ( 教 務 科 長 ) 目 次 ( 点 検 中 項 目 一 覧 ) 基 準 1 教 育 理 念 目 的 育 成 人 材 像 等 1-1 理

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 Ⅰ 教 育 学 研 究 科 の 教 育 目 的 と 特 徴 1. 教 育 理 念 と 目 標 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 は 教 育 に 関 する 理 論 的 基 礎 に 支 えられた 高 度 な 専 門 的 知 識 と 技

東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 Ⅰ 教 育 学 研 究 科 の 教 育 目 的 と 特 徴 1. 教 育 理 念 と 目 標 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 は 教 育 に 関 する 理 論 的 基 礎 に 支 えられた 高 度 な 専 門 的 知 識 と 技 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 4. 教 育 学 研 究 科 Ⅰ 教 育 学 研 究 科 の 教 育 目 的 と 特 徴 4-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 4-3 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 4-3 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 4-5 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 4-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 4-10 分

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

Taro-20151216福岡教育大学教職大

Taro-20151216福岡教育大学教職大 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 における 教 員 の 資 質 能 力 の 高 度 化 に 向 けた 取 組 方 策 について ( 答 申 ) 平 成 27 年 12 月 16 日 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議 平 成 27 年 12 月 16 日 福 岡 教 育 大 学 長 寺 尾 愼 一 殿 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

2014

2014 (1) () (2) 240 332 (3) 432-8561 0534781010 2014 e-learning 静 岡 大 学 のビジョン 自 由 啓 発 未 来 創 成 静 岡 大 学 は 質 の 高 い 教 育 と 創 造 的 な 研 究 を 推 進 し, 社 会 と 連 携 し,ともに 歩 む 存 在 感 のある 大 学 を 目 指 します ( 詳 しくは http://www.shizuoka.ac.jp/outline/vision/mission/index.html

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378> 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 利 益 相 反 マネジメント 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 ( 以 下 本 学 会 と 略 す)は その 活 動 におい て 社 会 的 責 任 と 倫 理 性 が 求 められていることに 鑑 み 利 益 相 反 マネジメント 規 程 を 策 定 する その 目

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢 平 成 27 年 9 月 0 日 関 係 者 各 位 学 校 法 人 工 藤 学 園 理 事 長 工 藤 典 子 平 成 26 年 度 愛 犬 美 容 看 護 専 門 学 校 自 己 点 検 評 価 報 告 書 の 公 表 について 平 成 26 年 度 の 自 己 点 検 評 価 結 果 をまとめましたので 公 表 いたします 今 後 は 結 果 にある 改 善 事 項 等 を 真 摯 に 受 け

More information

が 改 善 への 取 り 組 みに 全 力 を 尽 くし 発 展 されることを 期 待 したい なお 経 営 学 研 究 科 経 営 管 理 専 攻 は 2009( 平 成 21) 年 度 に 本 協 会 の 専 門 職 大 学 院 認 証 評 価 を 受 けており それ 以 降 の 改 善 状 況

が 改 善 への 取 り 組 みに 全 力 を 尽 くし 発 展 されることを 期 待 したい なお 経 営 学 研 究 科 経 営 管 理 専 攻 は 2009( 平 成 21) 年 度 に 本 協 会 の 専 門 職 大 学 院 認 証 評 価 を 受 けており それ 以 降 の 改 善 状 況 ビジネス ブレークスルー 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する ただし 貴 大 学 は 理 念 目 的 教 員 教 員 組 織 管 理 運 営 財 務 および 内 部 質 保 証 に 関 して 問 題 が 認 められるため 認 定 の 期 間

More information

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 学 手 続 等 8 12 ホームページ 10 13 問 い 合 わせ 先 10 願 書 等 の 記 入

More information

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教 1. 教 員 養 成 の 理 念 仏 教 精 神 に 基 づく 女 子 教 育 という 本 学 園 創 設 の 教 育 理 念 を 踏 まえ 建 学 の 精 神 である 真 実 心 ( 浄 土 真 宗 の 開 祖 親 鸞 聖 人 1173-1262 の 言 葉 )に 基 づき 社 会 に 有 為 なる 女 性 の 育 成 をめざす 特 に 教 員 養 成 については 1 主 体 的 な 人 間 すなわち

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

平成25年度実施大学機関別認証評価評価報告書(奈良県立医科大学)

平成25年度実施大学機関別認証評価評価報告書(奈良県立医科大学) 平 成 25 年 度 実 施 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 奈 良 県 立 医 科 大 学 平 成 26 年 3 月 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 目 次 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 が 実 施 した 大 学 機 関 別 認 証 評 価 について 1 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 5 Ⅱ 基 準 ごとの

More information

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80>

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80> 平 成 21 年 度 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 要 項 ( 第 3 次 ) 平 成 21 年 2 月 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 社 会 人 の 受 け 入 れについて 急 速 な 技 術 革 新 や 社 会 経 済 の 進 展 等 により 様 々な 分 野 で 活 躍 している 社 会 人 の 間

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです GMO CLICK Holdings,Inc. 最 終 更 新 日 :2015 年 4 月 1 日 GMOクリックホールディングス 株 式 会 社 代 表 執 行 役 社 長 鬼 頭 弘 泰 問 合 せ 先 : 経 営 管 理 部 03 6221 0206 証 券

More information

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73>

<32363033333192868AFA96DA9557814592868AFA8C7689E688EA9797955C81698AB28E9682A8936E82B594C5816A2E786C73> 中 期 目 標 中 期 目 標 中 期 計 画 一 覧 表 ( 法 人 番 号 21 ) ( 大 学 名 ) 千 葉 大 学 中 期 計 画 ( 前 文 ) 大 学 の 基 本 的 な 目 標 千 葉 大 学 は 千 葉 大 学 憲 章 に 掲 げた 理 念 を 具 現 化 し 使 命 を 達 成 するため に 基 本 的 な 目 標 を 以 下 のとおり 定 める 人 類 の 文 化 の 継 承

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 平 成 27 年 度 申 請 要 領 申 請 の 受 付 期 間 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 )~ 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) 問 い 合 わせ 先 一 般 財 団 法 人 計 量 計 画 研 究 所 道 路 経 済 研 究 室 河 上 森 尾 162-0845 東 京 都 新 宿 区 市 谷 本 村 町 2-9

More information

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 このパンフレットは 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 を 説 明 したものです 軽 減 措 置 の 要 件 に 該 当 する 場 合 は 申 告 期 限 までに 申 告 手 続 きが 必 要 ですので 必 ずご 一 読 ください 詳 しくは 富 山 県 総 合 県 税 事 務 所 課 税 第 二 課 TEL:076-444-4505

More information

大 株 主 の 状 況 氏 名 又 は 名 称 所 有 株 式 数 ( 株 ) 割 合 (%) 佐 藤 茂 1,560,000 53.06 三 菱 UFJ キャピタル 2 号 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 360,000 12.24 パートナーエージェント 従 業 員 持 株 会 336,

大 株 主 の 状 況 氏 名 又 は 名 称 所 有 株 式 数 ( 株 ) 割 合 (%) 佐 藤 茂 1,560,000 53.06 三 菱 UFJ キャピタル 2 号 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 360,000 12.24 パートナーエージェント 従 業 員 持 株 会 336, 2015 年 9 月 18 日 株 式 会 社 パートナーエージェント 代 表 取 締 役 社 長 佐 藤 茂 問 合 せ 先 : 03-5759-2700 URL : http://www.p-a.jp/ 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Ⅰ.コーポレート ガバナンスに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 及 び 資 本 構 成 企 業 属 性 その 他 の

More information

自己評価書作成に当たっての留意点について

自己評価書作成に当たっての留意点について 10 自 己 評 価 書 作 成 に 当 たっての 留 意 点 について 平 成 28 年 5 月 大 学 改 革 支 援 学 位 授 与 機 構 自 己 評 価 担 当 者 研 修 会 1 一 般 的 留 意 事 項 ( 認 証 / 選 択 評 価 共 通 ) ( 資 料 1) 大 学 機 関 別 認 証 評 価 : 自 己 評 価 実 施 要 項 ( 資 料 2) 大 学 機 関 別 選 択 評

More information

2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議

2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議 第 5 章 教 員 組 織 2007 年 度 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 自 己 点 検 評 価 報 告 書 目 的 開 学 以 来 の 目 標 < 大 学 学 部 > 1. 専 任 教 員 の 計 画 的 な 任 用 開 学 時 の 目 標 は 完 成 年 度 までに 教 授 44 人 助 教 授 14 人 講 師 46 人 合 計 104 人 の 専 任 教 員 を 計 画 的 に

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= -1- コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです IWABUCHI CORPORATION 最 終 更 新 日 :2011 年 6 月 30 日 イワブチ 株 式 会 社 取 締 役 社 長 加 藤 克 明 問 合 せ 先 :047-368-2222 証 券 コード:5983 http://www.iwabuchi.co.jp/index.htm

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 公表文(H ).doc

Microsoft Word - 公表文(H ).doc 福 井 市 監 査 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 住 民 監 査 請 求 があり 同 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 を 行 ったので その 結 果 を 公 表 する 平 成 26 年 12 月 18 日 福 井 市 監 査 委 員 村 寄 亮 一 福 井 市 監 査 委 員 滝 波

More information

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事 平 成 27 年 度 補 正 予 算 エネルギー 使 用 合 理 化 設 備 導 入 促 進 等 対 策 費 補 助 金 ( 質 の 高 いエネ ルギーインフラ 詳 細 事 業 実 施 可 能 性 調 査 事 業 (インド 及 びスリランカにおける 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 の 導 入 事 業 )) に 係 る 交 付 先 の 公 募 について 平 成 28

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8>

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8> 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 実 施 要 領 24 農 会 第 1027 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局 長 第 1 趣 旨 我 が 国 の 農 林 漁 業 は 担 い 手 不 足 の 深 刻 化 や 高 齢 化 といった 厳 しい 状 況 にあり 活 力 も 低 下 している このため 食 と 農 林

More information

(Microsoft Word - \221\345\212w\211\210\212v\202\306\227\235\224O2011.doc)

(Microsoft Word - \221\345\212w\211\210\212v\202\306\227\235\224O2011.doc) 高 野 山 大 学 沿 革 史 高 野 山 大 学 は 初 め 古 義 大 学 林 と 称 し 明 治 19 年 ( 西 暦 1886)5 月 1 日 開 講 した これよりさき 明 治 の 初 期 有 志 相 謀 って 紀 州 高 野 山 京 都 智 積 院 大 和 長 谷 寺 の 三 山 に 学 林 を 設 置 して 学 徒 を 教 養 したがこれ 等 は 何 れも 学 生 少 なく その 制

More information

<30315F3030348D738E9695CA93FA92F628323031328A778A4F97702981693132303131348A9993638F4390B3816A2E786C73>

<30315F3030348D738E9695CA93FA92F628323031328A778A4F97702981693132303131348A9993638F4390B3816A2E786C73> 1 工 学 院 大 学 学 則 第 1 章 目 的 第 1 条 本 学 は 教 育 基 本 法 および 学 校 教 育 法 に 則 り 大 学 として 広 く 知 識 を 授 け 人 格 の 完 成 をはかるとともに 工 学 に 関 する 高 等 の 理 論 とその 応 用 を 教 授 ならびに 研 究 し 人 類 の 福 祉 に 貢 献 し 得 る 人 材 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CANOX CORP. 最 終 更 新 日 :2015 年 10 月 28 日 株 式 会 社 カノークス 取 締 役 社 長 木 下 幹 夫 問 合 せ 先 :052-564-3525 証 券 コード:8076 http://www.canox.co.jp Ⅰコーポレート

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

社会福祉法人 慶寿会 定款

社会福祉法人 慶寿会 定款 社 会 福 祉 法 人 慶 寿 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスが その 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 するこ とにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

Microsoft PowerPoint - 差し換え用

Microsoft PowerPoint - 差し換え用 資 料 2 平 成 2 5 年 6 月 2 4 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 日 本 年 金 機 構 平 成 24 年 度 の 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況 と 今 後 の 取 組 等 について 目 次 1. 平 成 24 年 度 の 納 付 状 況 等 について (1) 公 的 年 金 制 度 全 体 の 状 況 1 (2) 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況

More information

自己点検評価報告書

自己点検評価報告書 資 料 編 - 目 次 - 青 森 大 学 学 則... 1 青 森 大 学 大 学 院 学 則... 35 Ⅰ. 各 種 規 程... 45 青 森 大 学 部 長 会 規 程... 45 青 森 大 学 教 授 会 規 程... 47 青 森 大 学 教 務 委 員 会 規 程... 49 青 森 大 学 ファカルティ ディベロップメント(FD) 委 員 会 規 程... 51 青 森 大 学

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

職員研修業務委託仕様書

職員研修業務委託仕様書 Ⅰ 基 本 的 事 項 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 仕 様 書 1 事 業 名 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 2 委 託 期 間 契 約 の 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 3 履 行 場 所 流 山 市 平 和 台 1 丁 目 1 番 地 の1ほか 流 山 市 指 定 場 所 4 業 務 の 目 的 本 業 務 委 託 は 民 間 事 業 者 (

More information

企 画 課 企 画 部 満 了 2 55 総 務 部 企 画 室 設 置 認 可 学 部 佐 賀 大 学 附 属 図 書 館 医 学 分 館 設 置 申 請 書 企 画 室 企 画 調 査 係 2004/4/1 30 年 2005/4/1 2035/3/31 ファイル 事 務 室 企 画 部 企 画

企 画 課 企 画 部 満 了 2 55 総 務 部 企 画 室 設 置 認 可 学 部 佐 賀 大 学 附 属 図 書 館 医 学 分 館 設 置 申 請 書 企 画 室 企 画 調 査 係 2004/4/1 30 年 2005/4/1 2035/3/31 ファイル 事 務 室 企 画 部 企 画 企 画 課 企 画 部 満 了 2 1 総 務 部 企 画 室 会 議 学 外 会 議 平 成 12 年 度 佐 賀 大 学 運 営 諮 問 会 議 企 画 室 企 画 調 査 係 2000 年 度 30 年 2001/4/1 2030 年 度 末 紙 事 務 室 総 務 部 企 画 室 廃 棄 2 2 総 務 部 企 画 室 設 置 認 可 学 部 佐 賀 大 学 文 化 教 育 学 部 設 置

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

監査の結果

監査の結果 柳 川 市 監 査 委 員 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 第 199 条 第 1 項 及 び 第 4 項 の 規 定 により 定 期 監 査 を 実 施 したの で 同 条 第 9 項 の 規 定 により その 結 果 を 公 表 します 平 成 28 年 4 月 28 日 柳 川 市 監 査 委 員 松 藤 博 明 柳 川 市 監 査 委 員 近 藤 末 治 平 成 27 年 度 (3

More information

Microsoft Word - ★48白鴎大学評価結果_最終 -修正無_

Microsoft Word - ★48白鴎大学評価結果_最終 -修正無_ 白 鷗 大 学 に 対 する 大 学 評 価 ( 認 証 評 価 ) 結 果 Ⅰ 評 価 結 果 評 価 の 結 果 貴 大 学 は 本 協 会 の 大 学 基 準 に 適 合 していると 認 定 する 認 定 の 期 間 は2017( 平 成 29) 年 3 月 31 日 までとする Ⅱ 総 評 一 理 念 目 的 教 育 目 標 の 達 成 への 全 学 的 な 姿 勢 貴 大 学 は 1915(

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

水道の安全保障に関する検討会

水道の安全保障に関する検討会 3. 可 能 性 調 査 および 業 務 受 託 者 の 募 集 選 定 の 手 順 3.1 公 民 連 携 導 入 の 事 務 プロセスと 作 業 項 目 公 民 連 携 (= 業 務 委 託 以 下 公 民 連 携 という) 可 能 性 調 査 および 業 務 受 託 者 募 集 選 定 の 各 段 階 で 必 要 となる 事 務 プロセスと 作 業 項 目 を 図 3-1に 示 す 2) 水

More information

大学年報_16号.indd

大学年報_16号.indd はじめに 椙 山 女 学 園 大 学 学 長 森 棟 公 夫 2014( 平 成 26) 年 3 月 公 益 財 団 法 人 大 学 基 準 協 会 による 相 互 評 価 の 結 果 本 学 は 大 学 基 準 に 適 合 して いるとの 認 定 を 受 けました この 年 報 は 認 証 評 価 に 係 る 大 学 基 準 協 会 への 提 出 物 ( 点 検 評 価 報 告 書 根 拠 資 料

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 4 固 定 資 産 税 Ⅰ 概 要 1 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 において 土 地 家 屋 償 却 資 産 を 所 有 している 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 す る 市 町 村 に 納 める 税 金 である 1 申 告 固 定

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 出 願 および 入 学 手 続 にあたってお 知 らせいただいた 氏 名 住 所 その 他 の 個 人 情 報 は 1 入 学 試 験 実 施 ( 出 願 処 理 試 験 実 施 )2 合 格 発 表 3 入 学 手 続 と これらに 付 随 する 事 項

個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 出 願 および 入 学 手 続 にあたってお 知 らせいただいた 氏 名 住 所 その 他 の 個 人 情 報 は 1 入 学 試 験 実 施 ( 出 願 処 理 試 験 実 施 )2 合 格 発 表 3 入 学 手 続 と これらに 付 随 する 事 項 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 上 智 大 学 大 学 院 入 試 要 項 ( 共 通 ) 文 学 研 究 科 ( 哲 学 専 攻 ) 実 践 宗 教 学 研 究 科 ( 死 生 学 専 攻 ) 含 む この 入 試 要 項 ( 共 通 )には 上 智 大 学 大 学 院 入 学 試 験 における 全 専 攻 共 通 事 項 ( 出 願 資 格 出 願 手 続 入 試 日 程 奨 学

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

<83548365838983438367955C8E8632303135944E8DC48D5A904682A982A66373342E6169>

<83548365838983438367955C8E8632303135944E8DC48D5A904682A982A66373342E6169> 2015 千 葉 科 学 大 学 大 学 院 社 会 人 対 象 (サテライト) 入 学 試 験 要 項 修 士 課 程 博 士 課 程 ( 後 期 ) 危 機 管 理 学 研 究 科 危 機 管 理 学 専 攻 目 次 大 学 院 修 士 課 程 入 学 試 験 入 試 日 程 募 集 人 員 出 願 資 格 入 学 資 格 審 査 について 選 考 方 法 入 試 時 間 割 出 願 書 類 の

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

三 重 短 期 大 学 目 次 Ⅰ 短 期 大 学 の 現 況 及 び 特 徴 1 Ⅱ 目 的 2 Ⅲ 基 準 ごとの 自 己 評 価 基 準 1 短 期 大 学 の 目 的 4 基 準 2 教 育 研 究 組 織 ( 実 施 体 制 ) 8 基 準 3 教 員 及 び 教 育 支 援 者 12 基

三 重 短 期 大 学 目 次 Ⅰ 短 期 大 学 の 現 況 及 び 特 徴 1 Ⅱ 目 的 2 Ⅲ 基 準 ごとの 自 己 評 価 基 準 1 短 期 大 学 の 目 的 4 基 準 2 教 育 研 究 組 織 ( 実 施 体 制 ) 8 基 準 3 教 員 及 び 教 育 支 援 者 12 基 短 期 大 学 機 関 別 認 証 評 価 自 己 評 価 書 平 成 22 年 6 月 三 重 短 期 大 学 三 重 短 期 大 学 目 次 Ⅰ 短 期 大 学 の 現 況 及 び 特 徴 1 Ⅱ 目 的 2 Ⅲ 基 準 ごとの 自 己 評 価 基 準 1 短 期 大 学 の 目 的 4 基 準 2 教 育 研 究 組 織 ( 実 施 体 制 ) 8 基 準 3 教 員 及 び 教 育 支 援

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

5) 修 了 要 件 19 6)ディプロマ ポリシー 19 7) 学 位 記 の 授 与 19 7. 施 設 設 備 等 の 整 備 計 画 20 1) 校 舎 等 施 設 の 整 備 計 画 20 2) 図 書 等 の 整 備 計 画 20 8. 既 設 の 学 部 との 関 係 20 9. 入

5) 修 了 要 件 19 6)ディプロマ ポリシー 19 7) 学 位 記 の 授 与 19 7. 施 設 設 備 等 の 整 備 計 画 20 1) 校 舎 等 施 設 の 整 備 計 画 20 2) 図 書 等 の 整 備 計 画 20 8. 既 設 の 学 部 との 関 係 20 9. 入 設 置 の 趣 旨 等 を 記 載 した 書 類 目 次 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 1 1) 本 学 園 横 浜 創 英 大 学 の 沿 革 1 2) 本 学 園 における 看 護 系 短 期 大 学 大 学 の 設 置 の 状 況 1 3) 大 学 院 看 護 学 研 究 科 設 置 の 必 要 性 2 (1) 設 置 の 社 会 的 背 景 2 (2) 地 域 から 見 た

More information