<4D F736F F D20837D836A B94AD936494C E693F194C5816A814691E688EA90DF B68E9A904690AE979D816A>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B94AD936494C5816991E693F194C5816A814691E688EA90DF815131333033323720816995B68E9A904690AE979D816A>"

Transcription

1 水 力 発 電 水 利 審 査 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 4 月 第 二 版 掲 載 web: 国 土 交 通 省 水 管 理 国 土 保 全 局 水 政 課 河 川 環 境 課 目 次 本 マニュアルについて 2 第 一 節 許 可 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 3 第 一 項 水 利 権 の 種 類 3 第 二 項 水 利 使 用 の 区 分 及 び 手 続 等 4 第 三 項 取 水 の 方 法 その 他 6 第 四 項 審 査 基 準 10 第 五 項 申 請 書 の 添 付 図 書 14 第 六 項 標 準 処 理 期 間 等 19 第 二 節 水 収 支 計 算 20 第 一 項 水 収 支 計 算 の 概 要 20 第 二 項 水 収 支 計 算 フロー 21 第 三 節 必 要 水 量 の 算 出 ( 発 電 用 水 ) 23 1

2 本 マニュアルについて 1. 性 格 水 力 発 電 水 利 審 査 マニュアル( 案 ) ( 以 下 マニュアル と 記 載 )は 河 川 法 ( 以 下 法 と 記 載 ) 第 23 条 に 基 づく 水 力 発 電 の 水 利 使 用 許 可 の 審 査 における 基 本 的 な 事 項 をまとめ たものである 水 利 使 用 のあり 方 は 歴 史 的 な 経 緯 や 地 区 特 有 の 事 情 等 により 千 差 万 別 である 本 マニュ アルは 基 本 的 な 事 項 を 記 載 したものであり 実 際 の 協 議 申 請 審 査 における 個 別 の 判 断 を 排 除 するものではない 本 マニュアルの 適 用 に 当 たっては 全 ての 項 目 を 適 用 する 必 要 はなく 各 事 案 の 審 査 の 前 提 条 件 ( 新 規 変 更 更 新 等 )を 踏 まえ 必 要 な 項 目 のみ 適 用 することとしてよい 本 マニュアルによって 現 行 の 水 利 使 用 の 内 容 への 拘 束 力 は 生 じないものとする 小 水 力 発 電 ( 最 大 出 力 1,000kW 未 満 )へのニーズの 高 まりを 受 けた 許 可 手 続 の 簡 素 化 円 滑 化 への 取 組 みを 進 めているが その 内 容 は 適 宜 反 映 し 小 水 力 発 電 の 積 極 的 な 推 進 に 努 める 2. 目 的 法 第 23 条 に 基 づく 水 力 発 電 の 水 利 使 用 の 新 規 取 得 変 更 更 新 の 協 議 申 請 審 査 は 申 請 者 にとっても 審 査 を 行 う 水 利 担 当 者 にとっても 複 雑 多 岐 にわたることから ポイント となる 基 本 的 な 事 項 について 申 請 者 と 水 利 担 当 者 が 共 通 認 識 することで 協 議 申 請 審 査 の 効 率 化 を 図 ることを 目 的 とする 3.その 他 既 に 許 可 を 受 けている 他 の 水 利 使 用 のために 取 水 した 流 水 のみを 利 用 して 発 電 を 行 う 従 属 発 電 については 別 途 作 成 している 小 水 力 発 電 を 行 うための 水 利 使 用 の 許 可 申 請 ガ イドブック も 参 考 とする また 小 水 力 発 電 を 河 川 区 域 内 に 設 置 するものについては 別 途 小 水 力 発 電 を 河 川 区 域 内 に 設 置 する 場 合 のガイドブック( 案 ) 初 版 を 作 成 したため 審 査 における 参 考 とする 2

3 第 一 節 許 可 にあたっての 基 本 的 な 考 え 方 本 節 では 水 利 権 の 審 査 を 行 うにあたり 水 力 発 電 を 中 心 とし 水 利 権 の 種 類 取 水 の 方 法 等 による 分 類 審 査 基 準 申 請 書 の 添 付 図 書 及 び 標 準 処 理 期 間 の 基 本 的 考 え 方 について 述 べる 第 一 項 水 利 権 の 種 類 1. 安 定 水 利 新 たに 河 川 から 取 水 を 行 おうとする 場 合 取 水 予 定 量 と 既 得 水 利 権 量 河 川 維 持 流 量 の 合 計 量 が 基 準 渇 水 流 量 の 範 囲 内 の 場 合 自 然 流 況 で 安 定 水 利 として 許 可 できる 取 水 予 定 量 と 既 得 水 利 権 量 河 川 維 持 流 量 の 合 計 量 が 基 準 渇 水 流 量 の 範 囲 内 でない 場 合 には 新 たな 水 資 源 開 発 により 開 発 後 における 取 水 予 定 地 点 の 基 準 渇 水 流 量 の 範 囲 内 に 収 めさせることにより 安 定 水 利 として 許 可 することが 可 能 となる なお 発 電 のための 水 利 権 は 基 準 渇 水 流 量 を 超 える 水 ( 豊 水 )の 利 用 を 前 提 として 成 り 立 っているものであり その 点 については 豊 水 ( 余 剰 水 ) 水 利 権 たる 性 格 を 有 するが 豊 水 であっても 発 電 の 目 的 を 十 分 達 することが 可 能 であるため 実 務 上 安 定 水 利 権 として 扱 われ ている 2. 豊 水 水 利 河 川 の 流 量 が 基 準 渇 水 流 量 を 超 える 場 合 ( 豊 水 時 )に 限 り 取 水 できることとする 豊 水 水 利 権 は 豊 水 時 にしか 取 水 できないため 水 利 使 用 の 目 的 が 十 分 達 成 されないおそれがあ ること 特 に 渇 水 時 において 付 された 条 件 に 反 した 取 水 が 行 われ 下 流 の 既 得 水 利 を 侵 害 する おそれがあること 水 源 開 発 を 行 って 安 定 水 利 としている 水 利 使 用 との 不 公 平 さが 生 じること 後 発 の 水 資 源 開 発 に 対 し 利 用 可 能 な 豊 水 が 減 少 し 過 大 な 負 担 を 強 いること 等 から その 許 可 は 特 例 的 に 行 うものであり 慎 重 な 検 討 が 必 要 である 3. 暫 定 ( 豊 水 ) 水 利 安 定 的 な 水 源 がいまだに 確 保 されていなくても 水 需 要 が 増 大 し 緊 急 に 取 水 することが 社 会 的 に 強 く 要 請 されている 場 合 には やむをえず 更 新 条 項 1 は 付 さない 暫 定 水 利 として 許 可 1 水 利 権 の 許 可 に 際 し 水 利 使 用 規 則 により 付 される 条 件 の 一 つ ( 例 ) 許 可 期 間 の 更 新 の 申 請 は 許 可 期 限 の 6 月 前 から 1 月 前 までの 間 にしなければならない 3

4 することができる 暫 定 水 利 は 将 来 の 水 源 措 置 の 見 通 しが 確 実 であることを 条 件 とし 許 可 にあたっては 豊 水 条 項 2 が 付 される なお 許 可 期 間 については 以 下 のとおりとする ダム 等 水 源 開 発 施 設 の 建 設 事 業 が 確 定 された 時 点 以 降 1 年 程 度 ダム 等 水 源 開 発 施 設 の 本 体 工 事 着 手 時 点 以 降 3 年 程 度 第 二 項 水 利 使 用 の 区 分 及 び 手 続 等 1. 発 電 のための 水 利 使 用 区 分 は 次 のとおりである 発 電 のための 水 利 使 用 区 分 区 分 特 定 水 利 使 用 特 定 水 利 使 用 以 外 一 級 河 川 指 定 区 間 外 ( 直 轄 区 間 ) 二 級 河 川 最 大 出 力 1,000kW 以 上 最 大 出 力 1,000kW 未 満 区 分 特 定 水 利 使 用 準 特 定 水 利 使 用 その 他 一 級 河 川 指 定 区 間 最 大 出 力 1,000kW 以 上 最 大 出 力 200kW 以 上 1,000kW 未 満 最 大 出 力 200kW 未 満 ただし 従 属 発 電 に 係 る 水 利 使 用 区 分 については 従 属 元 の 水 利 使 用 区 分 に 従 う 2 豊 水 水 利 権 の 許 可 に 際 し 水 利 使 用 規 則 により 付 される 条 件 の 一 つで 設 定 された 基 準 流 量 を 超 える 場 合 に 限 りその 超 える 部 分 の 範 囲 内 で 取 水 することができるという 内 容 のもの 4

5 2. 水 利 使 用 の 許 可 権 者 手 続 等 は 次 のとおりである 水 利 使 用 に 関 する 処 分 権 者 一 覧 一 級 河 川 区 分 直 轄 区 間 区 分 特 定 水 利 使 用 ( 最 大 出 力 1,000kW 以 上 ) 特 定 水 利 使 用 以 外 ( 最 大 出 力 1,000kW 未 満 ) 処 分 権 者 認 可 等 協 議 等 処 分 権 者 認 可 意 見 聴 取 国 土 交 通 大 臣 ( 法 91) 整 備 局 長 ( 法 98) ( 令 531) ( 規 則 37の2) ( 令 532) - 関 係 行 政 機 関 の 長 協 議 ( 法 351) 関 係 都 道 府 県 知 事 意 見 聴 取 ( 法 361) 整 備 局 長 ( 法 98) ( 令 531) 特 定 水 利 使 用 ( 最 大 出 力 1,000kW 以 上 ) 準 特 定 水 利 使 用 ( 最 大 出 力 200kW 以 上 1,000kW 未 満 ) その 他 ( 最 大 出 力 200kW 未 満 ) 処 分 権 者 認 可 等 協 議 等 処 分 権 者 認 可 意 見 聴 取 処 分 権 者 認 可 意 見 聴 取 - - 一 級 河 川 指 定 区 間 国 土 交 通 大 臣 ( 法 91) 整 備 局 長 ( 法 98) ( 令 531) ( 規 則 37の2) ( 令 532) - 関 係 行 政 機 関 の 長 協 議 ( 法 351) 関 係 都 道 府 県 知 事 意 見 聴 取 ( 法 361) 都 道 府 県 知 事 ( 法 92) 指 定 都 市 の 長 ( 法 95) 整 備 局 長 認 可 ( 法 791) ( 令 45 四 ) ( 令 533 二 ) ( 令 2の2) - 指 定 都 市 の 長 が 関 係 都 道 府 県 知 事 意 見 聴 取 ( 法 363) ( 令 20の2) 都 道 府 県 知 事 ( 法 92) 指 定 都 市 の 長 ( 法 95) - - 区 分 特 定 水 利 使 用 ( 最 大 出 力 1,000kW 以 上 ) 特 定 水 利 使 用 以 外 ( 最 大 出 力 1,000kW 未 満 ) 処 分 権 者 認 可 等 協 議 等 処 分 権 者 認 可 意 見 聴 取 二 級 河 川 都 道 府 県 知 事 ( 法 101) 指 定 都 市 の 長 ( 法 102) 国 土 交 通 大 臣 同 意 付 協 議 ( 法 792 四 ) ( 令 47) 整 備 局 長 同 意 付 協 議 ( 法 98) ( 令 533 三 ) ( 規 則 37の2) ( 大 臣 が) 関 係 行 政 機 関 の 長 協 議 ( 法 351) ( 知 事 が) 関 係 市 町 村 長 意 見 聴 取 ( 法 362) ( 令 20) ( 指 定 都 市 の 長 が) 関 係 都 道 府 県 知 事 及 び 関 係 市 町 村 長 意 見 聴 取 ( 法 364) ( 令 20の3) 都 道 府 県 知 事 ( 法 101) 指 定 都 市 の 長 ( 法 102) 注 )1. 表 中 整 備 局 長 とあるのは 地 方 整 備 局 長 および 北 海 道 開 発 局 長 のこと 2. 一 級 河 川 の 特 定 水 利 使 用 で 地 方 整 備 局 長 および 北 海 道 開 発 局 長 に 委 任 されるもの ( 令 531 規 則 37の2) 1 二 以 上 の 地 方 整 備 局 の 管 轄 区 域 内 の 水 系 に 属 する 河 川 に 係 るものであって 一 体 的 に 行 われるもの 2 一 の 地 方 整 備 局 の 管 轄 区 域 内 の 水 系 に 属 する 河 川 に 係 るものであって 当 該 地 方 整 備 局 の 管 轄 区 域 外 の 地 域 における 水 の 需 要 に 対 応 するもの 3 国 又 は 国 の 行 政 機 関 とみなされる 法 第 95 条 の 規 定 が 準 用 される 法 人 が 行 うもの 4 水 資 源 開 発 基 本 計 画 に 基 づく 事 業 を 実 施 する 者 が 行 うもの 以 外 の 水 利 使 用 ( 令 532) 流 水 の 占 用 の 場 所 の 変 更 または 許 可 期 間 の 更 新 のみに 係 るもの 等 - - 5

6 第 三 項 取 水 の 種 類 等 1. 取 水 の 種 類 取 水 の 種 類 については 次 のとおりである 取 水 の 種 類 一 覧 名 称 解 説 取 水 水 利 使 用 の 目 的 のために 河 川 の 流 水 を 施 設 に 導 入 する 行 為 水 利 使 用 の 目 的 の 最 終 的 な 取 水 行 為 に 供 される 施 設 を 本 取 水 口 と 呼 び 通 常 河 川 区 域 にある ただし 発 電 用 水 は 公 水 であるから 河 川 区 域 外 にあっても 発 電 所 の 放 水 口 を 他 の 水 利 使 用 の 本 取 水 口 とすることがある 本 取 水 口 における 一 部 または 全 部 の 取 水 行 為 が 流 況 に 係 る 事 由 を 除 く 他 の 事 由 (たとえば 塩 水 遡 上 水 質 の 悪 化 など)により 一 時 不 能 となる 事 態 が 予 想 される 場 合 に その 機 能 を 補 完 するために 設 置 される 取 水 施 設 を 予 備 取 水 口 と 呼 ぶ 集 水 貯 水 池 を 利 用 して 開 発 水 量 を 増 大 させる 目 的 で ( 近 傍 の) 他 河 川 から 貯 水 池 内 に 導 水 する 行 為 集 水 のため 他 河 川 に 設 置 される 取 水 施 設 を 集 水 用 取 水 口 と 呼 び 通 常 取 水 制 限 流 量 が 設 定 される また 貯 水 池 内 に 設 置 される 注 水 施 設 のことを 集 水 用 注 水 口 と 呼 ぶ 注 水 ある 河 川 の 利 用 水 量 を 増 大 させる 目 的 で ( 近 傍 の) 他 河 川 から 当 該 河 川 に 導 水 する 行 為 注 水 のため 他 河 川 に 設 置 される 取 水 施 設 を 注 水 用 取 水 口 と 呼 び 通 常 取 水 制 限 流 量 が 設 定 される また 当 該 河 川 に 設 置 される 注 水 施 設 のことを 注 水 用 注 水 口 と 呼 ぶ 揚 水 二 つの 貯 水 池 において 下 部 貯 水 池 に 貯 留 された 流 水 を 上 部 貯 水 池 にポンプ 運 転 により 導 水 する 行 為 揚 水 のため 下 部 貯 水 池 に 設 置 される 取 水 施 設 を 揚 水 用 取 水 口 と 呼 び 揚 水 式 発 電 では 多 くの 場 合 放 水 口 と 兼 用 される また 上 部 貯 水 池 に 設 置 される 注 水 施 設 を 揚 水 用 注 水 口 と 呼 び 揚 水 式 発 電 では 多 くの 場 合 本 取 水 口 と 兼 用 される 放 水 主 に 発 電 水 利 で 発 電 水 車 を 通 った 後 の 流 水 を 河 川 に 放 流 する 行 為 注 水 水 利 とは 一 度 取 水 した 河 川 の 流 水 を 直 ちに 取 水 目 的 に 供 さず 他 河 川 へ 導 水 し 一 旦 河 川 へ 放 流 ( 注 水 )する 形 態 の 水 利 使 用 をいう 注 水 水 利 を 行 う 者 と 下 流 で 本 取 水 を 行 う 者 が 異 なる 場 合 には 本 取 水 の 水 利 権 とは 別 に 注 水 に 関 しても 水 利 権 を 設 定 することが 必 要 である また 注 水 水 利 を 行 う 者 と 下 流 で 本 取 水 を 行 うものが 同 一 の 場 合 にも 水 利 権 を 設 定 することが 必 要 である 6

7 2. 利 用 制 限 利 用 制 限 は 流 水 の 正 常 な 機 能 の 維 持 優 先 既 得 扱 いされる 利 水 計 画 に 支 障 を 与 え ないようにする 為 の 措 置 として 取 水 条 件 を 設 定 するものである 流 量 の 根 拠 妥 当 性 について 十 分 確 認 し 実 管 理 の 実 効 性 についても 注 意 する 必 要 がある 代 表 的 な 区 分 は 次 のとおり 1) 取 水 制 限 流 量 : 河 川 等 において 流 水 の 取 水 を 制 限 する 為 に 設 けられた 基 準 地 点 の 流 量 をいう 基 準 地 点 の 流 量 が 取 水 制 限 流 量 以 下 の 場 合 取 水 することが できない 2) 貯 留 制 限 流 量 :ダム 等 において 流 水 の 貯 留 を 制 限 する 為 に 設 けられたダム 下 流 の 基 準 地 点 の 流 量 をいう 基 準 地 点 の 流 量 が 貯 留 制 限 流 量 以 下 の 場 合 貯 留 することができない 3) 確 保 流 量 :ダム 等 からの 放 流 により 水 利 使 用 を 行 うにあたり 基 準 地 点 において 確 保 す べき 流 量 として 定 められた 流 量 をいい 河 川 流 量 が 確 保 流 量 を 下 回 った 場 合 その 不 足 量 をダム 等 により 補 給 しなければならない 7

8 3. 上 流 取 水 川 筋 違 い 取 水 上 流 取 水 とは 取 水 地 点 が 水 源 施 設 の 下 流 以 外 の 場 所 ( 上 流 )になる 場 合 をいい 川 筋 違 い 取 水 とは 取 水 地 点 が 水 源 施 設 とは 異 なる 河 川 になる 場 合 をいう 上 流 取 水 川 筋 違 い 取 水 は 一 般 的 には 認 められないが 是 正 が 極 めて 困 難 であり 上 流 取 水 川 筋 違 い 取 水 を 行 わざるを 得 ない 事 情 がある 場 合 においては 少 なくとも 取 水 地 点 にお いて 安 定 的 に 取 水 できる 流 況 があり さらに 以 下 の 条 件 をみたす 場 合 に 限 り 認 める 場 合 があ る 取 水 地 点 から 下 流 の 減 水 区 間 において 取 水 が 行 われても 既 得 水 利 権 量 及 び 河 川 維 持 流 量 に 影 響 がない 場 合 ( 安 定 水 利 として 許 可 ) 将 来 確 実 に 上 流 取 水 又 は 川 筋 違 い 取 水 が 解 消 される 担 保 があること ( 速 やかに 上 流 取 水 川 筋 違 い 取 水 を 解 消 すること という 条 件 を 付 した 上 で 暫 定 豊 水 水 利 として 許 可 ) 上 流 取 水 イメージ 取 水 地 点 ( 上 流 取 水 ) 減 水 区 間 水 源 開 発 ダム 川 筋 違 い 取 水 イメージ 水 源 開 発 ダム 取 水 地 点 減 水 区 間 8

9 4.ポンプ 取 水 ポンプ 取 水 については 以 下 を 確 認 する 必 要 がある 取 水 管 理 が 適 正 にできること 能 力 台 数 制 御 方 法 について 確 認 する 積 算 型 の 流 量 計 を 設 置 させるなど 日 総 取 水 量 日 最 大 取 水 量 について チェックが 可 能 であること 小 取 水 量 時 の 適 切 な 運 転 がポンプの 組 合 せ 絞 り 込 み 能 力 リターンバルブ 等 で 可 能 であること 河 川 区 域 外 のポンプ 施 設 の 取 水 能 力 の 変 更 については 河 川 管 理 者 の 承 認 を 要 する 旨 水 利 使 用 規 則 に 記 載 する 時 間 取 水 は 原 則 として 認 められないが 下 記 条 件 を 満 足 する 場 合 に 認 めることがある 時 間 取 水 の 設 定 に 合 理 性 があること 最 大 取 水 量 の 他 日 総 取 水 量 についても 水 利 使 用 規 則 に 表 示 すること 以 上 の 他 に 湖 沼 等 の 湛 水 域 からの 取 水 の 場 合 においては 取 水 による 水 位 変 動 が 湖 沼 環 境 等 に 影 響 を 与 えないことを 確 認 する 必 要 がある 9

10 第 四 項 審 査 基 準 法 第 23 条 に 定 める 河 川 の 流 水 の 占 用 とは ある 特 定 目 的 のために その 目 的 を 達 成 するのに 必 要 な 限 度 において 公 共 用 物 たる 河 川 の 流 水 を 排 他 的 継 続 的 に 使 用 することと 定 義 される( 東 京 都 三 田 用 水 慣 行 水 利 権 等 確 認 請 求 事 件 最 判 昭 和 44 年 12 月 18 日 ) 水 は 人 間 や 動 植 物 の 生 存 産 業 活 動 等 にとって 不 可 欠 なものであるが 河 川 の 流 水 には 限 りがあり その 使 用 を 自 由 に 放 置 しておけば いたずらに 混 乱 が 生 じることが 歴 史 的 にも 明 らかである そこで 河 川 管 理 者 が 河 川 という 公 物 の 管 理 権 に 基 づき 特 定 の 者 に 対 して 特 別 の 公 物 使 用 権 を 設 定 することにより 河 川 の 流 水 の 使 用 の 秩 序 の 維 持 を 図 ることに 法 第 23 条 の 趣 旨 がある 水 利 権 の 許 可 ( 法 第 23 条 )と これに 関 する 土 地 の 占 用 の 許 可 ( 法 第 24 条 ) 工 作 物 の 新 築 等 の 許 可 ( 法 第 26 条 第 1 項 ) 土 地 の 掘 削 等 の 許 可 ( 法 第 27 条 第 1 項 ) 河 川 保 全 区 域 における 行 為 の 制 限 ( 法 第 55 条 第 1 項 ) 等 に 当 たっては 以 下 の 基 準 に 該 当 するかどうか を 審 査 したうえで 許 可 を 行 うことができるものとする 1. 公 共 の 福 祉 の 増 進 水 利 使 用 の 目 的 及 び 事 業 内 容 が 国 民 経 済 の 発 展 及 び 国 民 生 活 の 向 上 に 寄 与 し 公 共 の 福 祉 の 増 進 に 資 するものであること この 審 査 に 当 たっては 水 利 使 用 に 係 る 事 業 計 画 の 国 民 生 活 や 産 業 活 動 への 影 響 国 土 開 発 水 資 源 開 発 電 源 開 発 土 地 改 良 等 に 関 する 国 又 は 地 方 の 計 画 との 整 合 性 河 川 水 以 外 の 水 源 への 代 替 可 能 性 等 を 勘 案 し 総 合 的 に 判 断 すること 2. 実 行 の 確 実 性 申 請 者 の 事 業 計 画 が 妥 当 であるとともに 関 係 法 令 の 許 可 申 請 者 の 当 該 事 業 を 遂 行 す るための 能 力 及 び 信 用 など 水 利 使 用 の 実 行 の 確 実 性 が 確 保 されていること この 審 査 に 当 たっては 以 下 の 事 項 に 留 意 すること 1 事 業 計 画 の 妥 当 性 水 利 使 用 に 係 る 事 業 計 画 が 関 係 法 令 に 基 づく 許 可 等 を 受 けているか 又 は 受 け る 見 込 みが 確 実 であり かつ 当 該 水 利 使 用 の 内 容 が 関 係 法 令 による 許 可 等 に 係 る 事 業 内 容 と 整 合 が 図 られていること 2 事 業 の 遂 行 能 力 水 利 使 用 の 申 請 者 が 事 業 を 遂 行 する 能 力 及 び 信 用 を 有 すると 客 観 的 に 判 断 され る 者 であること 3 合 理 的 な 根 拠 に 基 づく 取 水 量 の 算 定 水 利 使 用 の 許 可 に 係 る 取 水 量 が 合 理 的 な 根 拠 に 基 づいて 算 定 されたものであり その 目 的 事 業 計 画 等 からみて 必 要 かつ 妥 当 な 範 囲 内 のものであること 4 他 の 水 利 使 用 漁 業 等 との 調 整 10

11 他 の 水 利 使 用 漁 業 等 との 調 整 がなされ 当 該 水 利 使 用 により 損 失 を 受 けるおそ れがある 者 が 存 する 場 合 には 事 前 に 当 該 水 利 使 用 についてその 者 の 同 意 を 得 てお くことが 望 ましいこと 3. 河 川 流 量 と 取 水 量 の 関 係 河 川 の 流 況 等 に 照 らし 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 維 持 に 支 障 を 与 える ことなく 安 定 的 に 当 該 水 利 使 用 の 許 可 に 係 る 取 水 を 行 えるものであること この 審 査 に 当 たっては 以 下 の 事 項 に 留 意 すること 取 水 予 定 量 が 基 準 渇 水 流 量 (10 年 に 1 回 程 度 の 渇 水 年 における 取 水 予 定 地 点 の 渇 水 流 量 )から 河 川 の 維 持 流 量 と 他 の 水 利 使 用 者 の 取 水 量 の 双 方 を 満 足 する 水 量 ( 正 常 流 量 )を 控 除 した 水 量 の 範 囲 内 のものであること 使 用 水 量 の 算 出 の 根 拠 については 取 水 地 点 で 10 年 間 の 実 測 資 料 がない 場 合 には 取 水 地 点 と 近 傍 観 測 所 等 のデータとの 相 関 関 係 等 から 算 出 されたデータを 根 拠 とす ることが 可 能 であり また やむを 得 ず 近 傍 観 測 所 等 が 保 有 するデータが 10 年 間 分 に 満 たない 場 合 には その 保 有 するデータを 算 出 根 拠 とすることが 可 能 であるこ と 河 川 管 理 者 が 所 有 する 河 川 の 流 量 データ 等 については 申 請 者 のニーズに 応 じ 提 供 すること 正 常 流 量 の 設 定 の 詳 細 については 河 川 砂 防 技 術 基 準 ( 案 ) 及 び 正 常 流 量 検 討 の 手 引 き( 案 ) を 参 考 とすること 動 植 物 に 係 る 調 査 については 文 献 調 査 や 聞 き 取 り 調 査 で 代 表 魚 類 を 選 定 すること が 可 能 であること 休 止 していた 小 水 力 発 電 を 再 利 用 する 場 合 については 河 川 の 流 況 環 境 等 を 踏 ま えた 上 で 新 たな 魚 類 等 の 環 境 調 査 は 省 略 できること 4. 公 益 上 の 支 障 の 有 無 流 水 の 占 用 のためのダム 堰 水 門 等 の 工 作 物 の 新 築 等 が 工 作 物 の 新 築 等 の 許 可 ( 法 第 26 条 第 1 項 )の 審 査 基 準 を 満 たしているなど 当 該 水 利 使 用 により 治 水 上 その 他 の 公 益 上 の 支 障 を 生 じるおそれがないこと 公 益 上 の 支 障 とは 例 えば 河 川 区 域 外 に 設 置 される 土 捨 場 の 崩 壊 による 災 害 水 利 使 用 に 伴 う 排 水 による 流 水 の 汚 濁 などをいう この 審 査 に 当 たっては 水 利 使 用 に 係 る 土 地 の 占 用 及 び 工 作 物 の 新 築 等 が 当 該 水 利 使 用 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 最 小 限 度 のものであることに 留 意 すること 工 作 物 の 新 築 等 の 許 可 ( 法 第 26 条 第 1 項 )の 審 査 基 準 は 以 下 の 通 り (1) 治 水 上 又 は 利 水 上 の 支 障 を 生 じるおそれがないこと 支 障 の 有 無 を 検 討 するに 当 たっては イ 工 作 物 の 一 般 的 な 技 術 基 準 について 河 川 管 理 施 設 等 構 造 令 ( 昭 和 51 11

12 年 政 令 第 199 号 ) ロ 設 置 について 工 作 物 設 置 許 可 基 準 ハ 土 木 工 学 上 の 安 定 計 算 等 について 河 川 砂 防 技 術 基 準 ( 案 ) により 水 位 流 量 地 形 地 質 その 他 の 河 川 の 状 況 及 び 自 重 水 圧 その 他 の 予 想 される 荷 重 などから 総 合 的 に 検 討 すること (2) 社 会 経 済 上 必 要 やむを 得 ないと 認 められるものであること (3) 当 該 河 川 の 利 用 の 実 態 からみて 当 該 工 作 物 の 設 置 により 他 の 河 川 使 用 者 の 河 川 の 使 用 を 著 しく 阻 害 しないこと (4) 当 該 工 作 物 の 新 築 等 を 行 うことについての 権 原 の 取 得 又 はその 見 込 み 関 係 法 令 の 許 可 申 請 者 の 事 業 を 遂 行 するための 能 力 及 び 信 用 など 事 業 の 実 施 の 確 実 性 が 確 保 されていること この 審 査 に 当 たっては 以 下 に 掲 げる 行 為 の 形 態 に 応 じ それぞれ 次 の 事 項 に 留 意 するこ と (ⅰ) 河 川 区 域 内 の 土 地 における 工 作 物 の 除 却 について 工 作 物 が 設 置 される 以 前 の 河 道 の 状 態 に 復 元 することを 原 則 とする 除 却 により 河 川 管 理 上 の 支 障 を 生 ずるおそれがある 場 合 には 当 該 支 障 を 少 なくするための 措 置 を 併 せて 行 わせることとする (ⅱ) 埋 立 等 に 係 る 河 川 の 河 口 附 近 の 海 面 において 河 川 の 流 水 を 貯 留 又 は 停 滞 させるた めの 工 作 物 の 新 築 及 び 改 築 について 1 河 川 水 位 に 与 える 影 響 が 著 しく 小 さいこと 2 著 しい 河 床 変 動 ( 河 川 及 び 河 口 部 の 堆 砂 洗 掘 低 下 )を 生 じないこと 3 河 川 及 び 河 口 部 の 波 浪 高 ( 高 潮 時 を 含 む )が 大 きくならないこと 4 河 川 への 津 波 の 侵 入 を 助 長 しないこと 5 河 川 及 び 河 口 部 の 水 質 が 悪 化 しないこと (ⅲ) 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 39 条 第 1 項 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 工 作 物 の 新 築 及 び 改 築 について 発 電 用 のダム 等 の 工 作 物 については 電 気 事 業 法 第 39 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 発 電 用 水 力 設 備 に 関 する 技 術 基 準 を 定 める 省 令 ( 平 成 9 年 3 月 27 日 通 商 産 業 省 令 第 50 号 )の 適 用 を 受 けることに 留 意 すること 特 に 基 礎 地 盤 から 堤 頂 までの 高 さ が 15 メートル 未 満 のダムについては 河 川 管 理 施 設 等 構 造 令 第 2 章 の 適 用 範 囲 外 と なっており 事 例 を 積 み 重 ねる 必 要 があることから 技 術 基 準 の 適 用 に 関 して 疑 義 が 生 じた 場 合 は 速 やかに 河 川 環 境 課 流 水 管 理 室 に 相 談 すること 参 考 行 政 手 続 法 の 施 行 に 伴 う 河 川 法 等 における 処 分 の 審 査 基 準 の 策 定 等 について ( 平 成 6 年 9 月 30 日 建 河 政 発 第 52 号 ) 行 政 手 続 法 の 施 行 に 伴 う 河 川 法 等 における 処 分 の 運 用 等 について ( 平 成 6 年 9 月 30 日 建 設 省 河 政 発 第 53 号 建 設 省 河 治 発 第 73 号 建 設 省 河 開 発 第 118 号 建 設 省 河 砂 発 第 50 号 ) 12

13 河 川 法 第 79 条 の 規 定 による 認 可 又 は 同 意 に 係 る 基 準 河 川 法 及 び 公 共 土 木 施 設 災 害 復 旧 事 業 費 国 庫 負 担 法 施 行 令 に 係 る 地 方 自 治 法 第 二 百 五 十 条 の 二 第 一 項 の 許 認 可 等 の 基 準 及 び 同 法 第 二 百 五 十 条 の 三 第 一 項 の 許 認 可 等 の 標 準 処 理 期 間 について ( 平 成 12 年 12 月 27 日 建 設 省 河 発 第 56 号 ) 13

14 第 五 項 申 請 書 の 添 付 図 書 1. 添 付 図 書 水 利 権 の 許 可 申 請 に 当 たっては 河 川 法 施 行 規 則 ( 以 下 省 令 と 記 載 ) 第 11 条 2 項 に 規 定 する 図 書 を 申 請 書 に 添 付 することとされており これらの 添 付 図 書 に 基 づき 適 切 な 審 査 を 行 うこと その 他 参 考 となるべき 事 項 を 記 載 した 図 書 ( 省 令 第 11 条 2 項 7 号 ) については 個 別 の 水 利 案 件 の 事 情 に 応 じ 各 審 査 基 準 及 びその 運 用 に 沿 った 適 切 な 審 査 を 行 うために 必 要 な 範 囲 内 で 添 付 を 求 めるよう 留 意 すること 2. 添 付 図 書 の 省 略 添 付 図 書 は 事 務 の 合 理 化 及 び 申 請 者 の 負 担 の 軽 減 の 観 点 から 一 部 を 省 略 することが できる( 省 令 第 40 条 ) 添 付 図 書 の 一 つが 他 の 内 容 に 含 まれるときは 添 付 する 必 要 はない( 省 令 第 40 条 第 1 項 ) 許 可 期 間 内 での 変 更 申 請 の 際 には 変 更 の 趣 旨 及 び 理 由 を 記 載 した 書 面 を 添 付 しな ければならないが( 同 条 第 3 項 ) 添 付 図 書 については 変 更 に 関 する 事 項 を 記 載 したも のを 添 付 すれば 足 りる( 同 条 第 2 項 ) 省 令 第 40 条 第 4 項 では 許 可 に 係 る 行 為 が 軽 易 なものであることその 他 の 理 由 により 添 付 図 書 の 全 部 を 添 付 する 必 要 がないと 認 められるときは 当 該 添 付 図 書 の 一 部 を 省 略 す ることができる とされているが 省 略 できる 図 書 の 範 囲 を 個 々の 案 件 ごとに 判 断 するこ ととされているため 必 ずしも 添 付 図 書 の 省 略 が 十 分 になされていない 状 況 が 見 受 けられ る 以 下 を 参 考 に 添 付 図 書 の 省 略 簡 素 化 に 努 める 必 要 がある なお エネルギー 分 野 における 規 制 制 度 改 革 に 係 る 方 針 ( 平 成 24 年 4 月 3 日 閣 議 決 定 )において 発 電 水 利 使 用 許 可 に 係 る 添 付 書 類 及 び 添 付 図 書 ( 以 下 添 付 書 類 等 とい う )について 審 査 の 実 態 を 調 査 の 上 審 査 に 最 低 限 必 要 なものに 簡 素 化 する 方 向 で 検 討 し 整 理 を 行 うとしたところである 審 査 の 実 態 調 査 の 結 果 河 川 法 施 行 規 則 ( 昭 和 40 年 建 設 省 令 第 7 号 ) 第 11 条 第 の 規 定 により 申 請 書 への 添 付 を 求 めている 必 要 性 をより 明 確 にすることによって 添 付 書 類 等 の 簡 素 化 が 図 られると 思 われるため 別 紙 -1 のとおり 添 付 を 求 める 理 由 及 び 申 請 書 類 に 記 載 する 事 項 と 添 付 書 類 の 標 準 例 をとりまとめたので 今 後 の 審 査 に 当 たっては 別 紙 -2 の 調 査 結 果 も 十 分 踏 まえつつ 簡 素 化 に 努 める 必 要 がある (1) 水 利 使 用 に 係 る 事 業 の 計 画 の 概 要 を 記 載 した 図 書 ( 省 令 第 11 条 第 2 項 1 号 イ) 添 付 を 求 める 趣 旨 は 水 利 使 用 の 目 的 及 び 事 業 内 容 が 国 民 経 済 の 発 展 及 び 国 民 生 活 の 向 上 に 寄 与 し 公 共 の 福 祉 の 増 進 に 資 するものであることを 確 認 するためであり 省 略 するこ とはできない 14

15 (2) 使 用 水 量 の 算 出 の 根 拠 を 記 載 した 図 書 ( 省 令 第 11 条 第 2 項 1 号 ロ) 添 付 を 求 める 趣 旨 は 取 水 量 が 合 理 的 な 根 拠 に 基 づいて 算 定 されたものであり その 目 的 事 業 計 画 等 からみて 必 要 かつ 妥 当 な 範 囲 内 のものであることを 確 認 するためであり 省 略 することはできない (3) 河 川 の 流 量 と 申 請 に 係 る 取 水 量 及 び 関 係 河 川 使 用 者 の 取 水 量 との 関 係 を 明 らかにす る 計 算 を 記 載 した 図 書 ( 省 令 第 11 条 第 2 項 第 1 号 ハ) 添 付 を 求 める 趣 旨 は 河 川 の 流 況 等 に 照 らし 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 維 持 に 支 障 を 与 えることなく 安 定 的 に 当 該 水 利 使 用 の 許 可 に 係 る 取 水 を 行 えることを 確 認 する ためであり 以 下 のとおりとする 期 間 更 新 のみの 許 可 申 請 では 省 略 するものとする 特 定 多 目 的 ダムによる 流 水 の 貯 留 を 利 用 して 流 水 を 発 電 水 道 又 は 工 業 用 水 道 の 用 に 供 し ようとする 場 合 は 省 略 することができる 既 設 のダム 堰 等 の 落 差 を 利 用 して 当 該 ダム 堰 等 で 放 流 する 河 川 維 持 流 量 等 の 流 水 を 利 用 して 発 電 する 水 利 使 用 で 減 水 区 間 が 生 じないものについては 河 川 維 持 流 量 の 設 定 及 び 関 係 河 川 使 用 者 の 取 水 量 の 状 況 に 関 するものについて 省 略 することができる ( 平 成 24 年 3 月 30 日 付 け 水 利 調 整 室 長 流 水 管 理 室 長 通 達 ) 連 続 して 設 置 される 既 設 の 砂 防 えん 堤 等 の 落 差 を 利 用 して 河 川 の 流 水 を 使 用 して 発 電 する 水 利 使 用 で 減 水 区 間 において 魚 類 等 の 遡 上 等 が 想 定 されないものについては 河 川 維 持 流 量 の 設 定 及 び 関 係 河 川 使 用 者 の 取 水 量 の 状 況 ( 減 水 区 間 において 関 係 河 川 使 用 者 が 河 川 の 流 水 を 占 用 していない 場 合 に 限 る )に 関 するものについて 省 略 することができる ( 平 成 24 年 3 月 30 日 付 け 水 利 調 整 室 長 流 水 管 理 室 長 通 達 ) (4) 水 利 使 用 による 影 響 で 次 に 掲 げる 事 項 に 関 するもの 及 びその 対 策 の 概 要 を 記 載 し た 図 書 ( 省 令 第 11 条 第 2 項 第 1 号 二 ) 添 付 を 求 める 趣 旨 は (イ) 治 水 (ロ) 法 第 23 条 ( 流 水 の 占 用 ) 第 24 条 ( 土 地 の 占 用 ) 第 25 条 ( 土 石 等 の 採 取 ) 第 26 条 第 1 項 ( 工 作 物 の 新 築 等 ) 第 27 条 ( 土 地 の 掘 削 等 ) 第 29 条 ( 河 川 の 流 水 の 方 向 清 潔 流 量 幅 員 又 は 深 浅 等 について 河 川 管 理 上 支 障 を 及 ぼすおそ れのある 行 為 )の 許 可 受 者 による 河 川 の 使 用 (ハ) 竹 木 の 流 送 又 は 舟 若 しくはいかだの 通 航 (ニ) 漁 業 (ホ) 史 跡 名 勝 及 び 天 然 記 念 物 に 該 当 があれば 水 利 使 用 による 影 響 とその 対 策 の 概 要 を 確 認 するためであり 期 間 更 新 のみの 許 可 申 請 では 省 略 するものとする 15

16 (5) 法 第 44 条 第 1 項 のダムを 設 置 するときは 貯 水 池 となるべき 土 地 の 現 況 及 び 当 該 ダムによる 流 水 の 貯 留 により 損 失 を 受 ける 者 に 対 する 措 置 の 概 要 を 記 載 した 図 書 ( 省 令 第 11 条 第 2 項 第 1 号 ホ) 添 付 を 求 める 趣 旨 は 申 請 者 の 事 業 計 画 が 妥 当 であり 水 利 使 用 の 実 行 の 確 実 性 の 確 保 を 確 認 するためであり 期 間 更 新 のみの 許 可 更 新 では 省 略 するものとする (6) 工 作 物 の 新 築 改 築 又 は 除 却 を 伴 う 水 利 使 用 の 許 可 の 申 請 にあっては 工 事 計 画 に 係 る 次 の 表 に 掲 げる 図 書 ( 法 第 26 条 第 1 項 の 許 可 の 申 請 が 含 まれていないときは 工 事 計 画 の 概 要 を 記 載 した 図 書 ) ( 省 令 第 11 条 第 2 項 第 2 号 ) 添 付 を 求 める 趣 旨 は 流 水 の 占 用 のためのダム 堰 水 門 等 の 工 作 物 の 新 築 等 が 法 第 26 条 第 1 項 ( 工 作 物 の 新 築 等 の 許 可 )の 審 査 基 準 を 満 たしているなど 当 該 水 利 使 用 により 治 水 上 そ の 他 の 公 益 上 の 支 障 を 生 じるおそれが 無 いことを 確 認 するものである なお 期 間 更 新 のみの 許 可 申 請 では 水 利 使 用 に 係 る 事 業 計 画 の 確 認 のために 必 要 な 以 下 の 図 書 を 添 付 することとし その 他 については 省 略 するものとする 区 分 図 書 内 容 水 利 使 用 許 可 に 係 る 工 作 物 図 面 位 置 図 縮 尺 5 万 分 の 一 の 地 形 図 を 基 本 とする 全 ての 工 作 物 の 設 置 範 囲 を 網 羅 し かつ 主 な 工 作 物 (ダム 堰 取 水 口 放 水 口 導 水 管 路 警 報 局 等 )の 位 置 及 び 名 称 を 図 示 実 測 平 面 図 縮 尺 5 千 分 の 一 以 上 の 実 測 平 面 図 を 基 本 とする 河 川 区 域 境 界 及 び 河 川 区 域 内 工 作 物 の 配 置 を 図 示 また 法 第 17 条 のいわゆる 兼 用 工 作 物 の 新 築 又 は 改 築 に 係 るもののうち 河 川 管 理 者 と 利 水 者 の 協 議 によって 河 川 管 理 者 がその 設 計 及 び 施 行 を 行 うこととされているものについての 水 利 使 用 に 関 する 法 第 26 条 第 1 項 の 許 可 の 申 請 については 同 条 の 趣 旨 から 省 略 することがで きる (7) 法 第 38 条 ただし 書 の 同 意 をした 者 があるときはその 同 意 書 の 写 し 並 びに 同 意 をしな い 者 があるときはその 者 の 氏 名 及 び 住 所 ( 法 人 にあっては その 名 称 及 び 住 所 並 びに 代 表 者 の 氏 名 ) 並 びに 同 意 をするに 至 らない 事 情 を 記 載 した 書 面 ( 省 令 第 11 条 第 2 項 第 3 号 ) 添 付 を 求 める 趣 旨 は 法 第 38 条 ( )に 基 づく 通 知 をするべき 者 の 有 無 を 確 認 するととも に 同 意 をするに 至 らない 事 情 等 を 確 認 するためのものである 同 意 をしない 者 があるときはその 者 の 氏 名 及 び 住 所 ( 法 人 にあっては その 名 称 及 び 住 所 並 びに 代 表 者 の 氏 名 ) 並 びに 同 意 をするに 至 らない 事 情 を 記 載 した 書 面 の 添 付 の 有 16

17 無 に 関 わらず 同 意 書 の 写 しが 添 付 されていない 関 係 河 川 使 用 者 については 当 該 水 利 使 用 により 損 失 を 受 けないことが 明 らかである 者 か 否 かを 審 査 し 当 該 水 利 使 用 により 損 失 を 受 けないことが 明 らかである 者 に 該 当 しない 場 合 は 法 第 38 条 に 基 づく 通 知 を 行 わ なければならない その 場 合 申 請 者 にはその 旨 を 伝 えることが 望 ましい 当 該 水 利 使 用 により 損 失 を 受 けないことが 明 らかである 者 か 否 かについては 各 案 件 の 個 別 事 情 をよく 勘 案 する 必 要 がある 例 えば 正 常 流 量 は 確 保 され 取 水 量 には 問 題 がない 場 合 でも 排 水 等 が 水 質 水 温 濁 水 等 の 影 響 を 与 える 可 能 性 がある 場 合 当 該 水 利 使 用 により 河 川 の 流 量 を 大 幅 に 減 少 させる 場 合 等 には 注 意 が 必 要 である また 更 新 の 際 に 直 前 の 許 可 時 と 比 べて 河 川 の 流 況 が 変 化 している 場 合 具 体 的 な 損 失 が 報 告 されて いるような 場 合 等 には 注 意 を 要 する 一 方 で 例 えば 以 下 のような 申 請 のうち 前 述 のように 個 別 事 情 を 勘 案 した 上 で 当 該 水 利 使 用 により 損 失 を 受 けないことが 明 らかである 者 に 該 当 する 場 合 には 同 意 書 の 写 しの 添 付 の 有 無 に 関 わらず 法 第 38 条 に 基 づく 通 知 を 行 う 必 要 はない 申 請 内 容 に 変 更 のない 許 可 期 間 のみの 更 新 (いわゆる 単 純 更 新 ) 更 新 取 水 量 の 減 量 変 更 のみ 更 新 取 水 量 の 増 量 のない 最 大 理 論 水 力 常 時 使 用 水 力 及 び 常 時 使 用 水 量 等 の 変 更 更 新 河 川 に 直 接 影 響 がない( 水 に 直 接 触 れない) 工 作 物 の 軽 微 な 改 築 等 更 新 他 の 水 利 使 用 に 完 全 に 従 属 する 発 電 新 規 及 び 更 新 ダムの 維 持 流 量 に 完 全 に 従 属 する 発 電 (ダムに 直 接 設 置 しているなど 減 水 区 間 が 発 生 しないものに 限 る) 新 規 及 び 更 新 法 第 38 条 は 法 第 23 条 又 は 法 第 26 条 第 1 項 の 許 可 の 申 請 があった 場 合 には 関 係 河 川 使 用 者 ( 法 第 23~29 条 の 許 可 受 者 及 び 漁 業 権 者 入 漁 権 者 )に 通 知 しなければなら ないが ただし 書 において 当 該 水 利 使 用 により 損 失 を 受 けないことが 明 らかである 者 及 び 当 該 水 利 使 用 を 行 うことについて 同 意 した 者 についてはこの 限 りではな いとしている (8) 河 川 管 理 者 以 外 の 者 がその 権 原 に 基 づき 管 理 する 土 地 施 設 若 しくは 工 作 物 を 使 用 して 水 利 使 用 を 行 う 場 合 又 は 河 川 管 理 者 以 外 の 者 がその 権 原 に 基 づき 管 理 する 工 作 物 を 改 築 し 若 しくは 除 却 して 水 利 使 用 を 行 う 場 合 にあっては その 使 用 又 は 改 築 若 しく は 除 却 について 申 請 者 が 権 原 を 有 すること 又 は 権 原 を 取 得 する 見 込 みが 十 分 であるこ とを 示 す 書 面 ( 省 令 第 11 条 第 2 項 第 4 号 ) 添 付 を 求 める 趣 旨 は 水 利 使 用 に 係 る 事 業 計 画 が 関 係 法 令 に 基 づく 許 可 等 を 受 けて いるか 又 は 受 ける 見 込 みが 確 実 であり かつ 当 該 水 利 使 用 の 内 容 が 関 係 法 令 による 許 可 等 に 係 る 事 業 内 容 と 整 合 が 図 られていること を 確 認 するためであり 期 間 更 新 のみ の 許 可 申 請 では 省 略 するものとする (9) 水 利 使 用 に 係 る 行 為 又 は 事 業 に 関 し 他 の 行 政 庁 の 許 可 認 可 その 他 の 処 分 を 受 け 17

18 ることを 必 要 とするときは その 処 分 を 受 けていることを 示 す 書 面 又 は 受 ける 見 込 みに 関 する 書 面 ( 省 令 第 11 条 第 2 項 第 5 号 ) 添 付 を 求 める 趣 旨 は 水 利 使 用 に 係 る 事 業 計 画 が 関 係 法 令 に 基 づく 許 可 等 を 受 けて いるか 又 は 受 ける 見 込 みが 確 実 であり かつ 当 該 水 利 使 用 の 内 容 が 関 係 法 令 による 許 可 等 に 係 る 事 業 内 容 と 整 合 が 図 られていること を 確 認 するためであり 期 間 更 新 のみ の 許 可 申 請 では 省 略 するものとする (10) 第 39 条 ただし 書 に 該 当 するときは 同 条 ただし 書 の 理 由 及 び 同 条 本 文 の 規 定 により 同 時 に 行 うべき 他 の 許 可 の 申 請 の 経 過 又 は 予 定 を 記 載 した 書 面 ( 省 令 第 11 条 第 2 項 第 6 号 ) 添 付 を 求 める 趣 旨 は 本 来 一 連 の 行 為 に 必 要 となる 法 第 23 条 第 24 条 第 26 条 第 1 項 等 は 同 時 申 請 すべきであるが やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 (いわゆる 水 工 分 離 ) に 今 後 の 取 り 扱 いを 明 確 にしておくためであり 該 当 する 場 合 は 省 略 することはできな いが 該 当 しない 場 合 は 不 要 とする (11)その 他 参 考 資 料 添 付 を 求 める 趣 旨 は 適 切 な 取 水 量 管 理 が 可 能 であるか 水 利 使 用 許 可 できる 状 況 であることを 確 認 するため であり 添 付 図 書 を 必 要 に 応 じて 求 めることができるが 申 請 者 に 対 し 過 度 な 負 担 を 強 いることのないよう 留 意 するものとする 18

19 第 六 項 標 準 処 理 期 間 等 1. 標 準 処 理 期 間 水 利 権 の 審 査 に 係 る 標 準 処 理 期 間 は 国 土 交 通 大 臣 が 行 うものにあっては 10 ケ 月 各 地 方 整 備 局 長 等 が 行 うものにあっては 5 ケ 月 を 目 安 とする なお これらは あくまで 通 常 の 水 利 使 用 の 態 様 における 処 理 を 前 提 とした 場 合 の 目 安 である 多 数 の 既 得 の 水 利 使 用 の 態 様 を 把 握 する 必 要 がある 案 件 や 大 規 模 な 工 作 物 の 新 築 等 を 伴 うことにより 当 該 工 作 物 についての 治 水 上 の 安 全 性 を 特 に 精 査 する 必 要 のある 案 件 発 電 水 利 使 用 に 係 る 許 可 の 更 新 で 新 たに 河 川 維 持 流 量 に 関 する 定 めを 行 う 必 要 のある 案 件 等 特 に 慎 重 かつ 精 緻 な 審 査 を 要 する 案 件 については この 限 りではない 2. 更 新 申 請 の 時 期 水 利 権 の 更 新 申 請 の 時 期 については 標 準 水 利 使 用 規 則 第 8 条 第 2 項 において 許 可 期 間 の 更 新 の 許 可 の 申 請 は 許 可 期 限 の 6 月 前 から 許 可 期 限 の 1 月 前 までの 間 にしなけ ればならない としており この 期 間 に 受 理 すること 特 に 許 可 の 内 容 や 条 件 に 変 更 の 可 能 性 がある 案 件 については 必 要 に 応 じて 水 利 使 用 者 に 中 間 的 な 報 告 を 求 めたり 時 間 的 余 裕 をもった 調 整 ( 申 請 内 容 の 把 握 適 切 な 審 査 に 必 要 となるデータ 資 料 の 指 導 等 ) 等 を 行 うことを 通 じて 審 査 を 円 滑 に 進 めることが 必 要 である なお 許 可 期 間 の 満 了 をもって 水 利 権 が 当 然 に 失 効 するものではない ( 暫 定 水 利 権 を 除 く ) 水 利 使 用 者 は 特 別 の 場 合 を 除 き 半 永 久 的 に 水 利 使 用 を 継 続 することを 前 提 と して 水 利 権 を 申 請 し 河 川 管 理 者 もそのようなものとして 許 可 を 行 っている 許 可 期 間 と は 河 川 管 理 者 に 対 し 当 該 許 可 の 内 容 等 について 再 検 討 し 水 利 使 用 の 適 正 性 を 確 認 し たり 遊 休 水 利 権 を 排 除 するなどの 機 会 を 与 えるために 一 定 の 期 間 毎 に 改 めて 許 可 を 受 けるべきことを 命 じた 条 件 と 考 えるべきである 19

20 第 二 節 水 収 支 計 算 * 特 に 重 要 な 部 分 間 違 えやすい 部 分 は 赤 字 で 記 載 第 一 項 水 収 支 計 算 の 概 要 新 たに 河 川 から 取 水 を 行 おうとする 場 合 取 水 予 定 量 と 既 得 水 利 権 量 河 川 維 持 流 量 の 合 計 量 が 基 準 渇 水 流 量 の 範 囲 内 の 場 合 自 然 流 況 で 安 定 水 利 として 許 可 できる ( 図 -1) 取 水 予 定 量 と 既 得 水 利 権 量 河 川 維 持 流 量 の 合 計 量 が 基 準 渇 水 流 量 の 範 囲 内 でない 場 合 には 新 たな 水 資 源 開 発 により 開 発 後 における 取 水 予 定 地 点 の 基 準 渇 水 流 量 の 範 囲 内 に 収 めさせることにより 安 定 水 利 として 許 可 することが 可 能 となる ( 図 -2) この 新 たな 取 水 量 と 河 川 の 流 量 との 関 係 を 明 らかにするのが 水 収 支 計 算 である 自 然 流 況 での 安 定 取 水 流 量 豊 水 河 川 流 量 豊 水 図 -1 取 水 予 定 量 取 水 予 定 量 基 準 渇 水 流 量 既 得 水 利 権 量 河 川 維 持 流 量 0 3 月 6 月 9 月 12 月 水 源 開 発 による 安 定 取 水 流 量 豊 水 ダム 貯 留 Q1 Q1=Q2 ダム 補 給 Q2 豊 水 河 川 流 量 図 -2 ダム 補 給 によ る 新 規 水 利 権 新 規 許 可 水 利 権 量 既 得 水 利 権 既 得 水 利 権 量 従 前 の 基 準 渇 水 流 量 河 川 維 持 流 量 0 3 月 6 月 9 月 12 月 20

21 第 二 項 水 収 支 計 算 フロー 1 河 川 流 量 資 料 整 理 2 基 準 渇 水 流 量 3 基 準 年 4 基 準 地 点 の 設 定 5 取 水 制 限 流 量 貯 留 制 限 流 量 の 検 討 6 水 収 支 計 算 7 新 規 水 源 手 当 水 収 支 計 算 を 検 討 するうえでの 考 え 方 は 当 該 地 区 内 における 利 用 可 能 な 域 内 水 源 を 先 行 利 用 し その 後 必 要 量 に 対 して 利 用 可 能 水 量 が 不 足 する 場 合 は 河 川 に 依 存 することとする なお 河 川 からの 取 水 可 能 量 は 基 準 渇 水 流 量 から 既 得 水 利 権 量 及 び 河 川 維 持 流 量 を 差 し 引 いた 自 流 の 範 囲 内 であり 自 流 の 範 囲 内 で 不 足 す る 場 合 は 新 たな 水 源 開 発 が 必 要 となる 以 降 上 記 のフローの 番 号 (123 )に 対 応 した 番 号 順 に 詳 細 を 記 述 する 1 河 川 流 量 資 料 整 理 取 水 を 行 おうとする 場 合 取 水 地 点 における 取 水 の 安 定 性 関 係 河 川 使 用 者 へ の 影 響 の 有 無 を 検 討 するうえで 河 川 の 流 量 資 料 が 必 要 となる 基 準 渇 水 流 量 を 算 定 するため 少 なくとも 最 近 10 ヶ 年 分 の 実 測 資 料 を 各 地 点 (ダ ム 地 点 取 水 地 点 基 準 地 点 )において 整 理 することを 原 則 とする 流 量 資 料 が 10 年 以 上 ある 場 合 は なるべく 長 期 間 の 資 料 を 整 理 することが 望 まし い 21

22 10 年 間 の 実 測 資 料 がない 場 合 や 取 水 地 点 での 実 測 資 料 が 無 い 場 合 は 取 水 地 点 と 近 傍 観 測 所 等 のデータとの 相 関 関 係 等 ( 流 量 相 関 流 出 解 析 流 域 換 算 )から 算 出 さ れたデータを 根 拠 とすることが 可 能 である また やむを 得 ず 近 傍 観 測 所 等 が 保 有 するデータが 10 年 間 分 に 満 たない 場 合 には その 保 有 するデータを 算 出 根 拠 とす ることが 可 能 である その 場 合 相 関 関 係 等 の 妥 当 性 を 確 認 する 必 要 がある 2 基 準 渇 水 流 量 基 準 渇 水 流 量 は 基 本 として 取 水 予 定 地 点 における 河 川 流 量 資 料 の 内 10 ヶ 年 の 渇 水 流 量 (355 日 目 流 量 )を 抽 出 し そのうちの 最 小 の 流 量 を 基 準 渇 水 流 量 とする (1/10 基 準 渇 水 流 量 ) 長 期 間 の 流 量 資 料 が 整 理 されている 場 合 は 1/10 相 当 の 流 量 とする (20 カ 年 の 資 料 であれば 2 番 目 に 少 ない 渇 水 流 量 2/20 ) 3 基 準 年 基 準 年 は 基 準 渇 水 流 量 が 生 じる 年 とするのが 一 般 的 である ダム 等 の 水 源 開 発 により 補 給 がある 場 合 は 基 準 渇 水 流 量 が 生 じる 年 とダムの 必 要 貯 水 確 保 容 量 が 最 大 となる 年 が 異 なることがあるので その 場 合 においてはダム 必 要 貯 水 確 保 容 量 が 最 大 となる 年 を 基 準 年 とするのが 一 般 的 である なお 河 川 毎 に 開 発 基 準 年 を 定 めている 場 合 又 は 先 発 ダム 計 画 がある 場 合 は こ れらの 開 発 基 準 年 を 含 めた 検 討 が 必 要 である 4 基 準 地 点 の 設 定 基 準 地 点 は 水 収 支 計 算 で 考 慮 する 多 数 の 既 得 水 利 権 の 存 在 する 地 点 及 び 維 持 流 量 が 設 定 されている 地 点 をまとめ 当 該 区 間 を 代 表 する 地 点 として 設 定 する 基 準 地 点 の 設 定 にあたっては 以 下 の 点 に 留 意 する 必 要 がある 1) 基 準 地 点 の 位 置 設 定 数 区 間 の 代 表 のしかたの 妥 当 性 合 理 性 2) 河 川 管 理 者 が 既 に 設 定 している 利 水 基 準 点 等 先 行 計 画 の 基 準 点 との 整 合 3) 支 川 流 入 量 既 得 水 利 権 の 取 水 量 残 流 域 流 出 量 還 元 水 等 を 合 理 的 に 見 込 む ことができる 地 点 であることが 望 ましい 4) 先 発 の 水 源 開 発 の 開 発 基 準 点 との 整 合 5 取 水 制 限 流 量 貯 留 制 限 流 量 の 検 討 取 水 制 限 流 量 貯 留 制 限 流 量 は 既 得 水 利 権 量 及 び 河 川 維 持 流 量 に 必 要 な 流 量 であ り 正 常 流 量 検 討 の 手 引 き( 案 ) に 沿 って 検 討 のうえ 設 定 する また 河 川 管 理 者 が 設 定 及 び 計 画 する 流 量 との 整 合 を 検 討 する 必 要 がある なお 動 植 物 の 保 護 に 係 る 調 査 については 文 献 調 査 や 聞 き 取 り 調 査 で 代 表 魚 種 を 選 定 することが 可 能 である また 休 止 していた 小 水 力 発 電 を 再 利 用 する 場 合 については 河 川 の 流 況 環 境 等 を 踏 まえた 上 で 新 たな 魚 類 等 の 環 境 調 査 は 省 略 できる 6 水 収 支 計 算 基 準 年 の 流 況 を 基 に 当 該 地 域 の 利 用 可 能 な 域 内 水 源 利 用 可 能 量 を 先 行 使 用 後 の 必 要 水 量 不 足 量 について 河 川 の 水 収 支 計 算 を 行 う 基 準 渇 水 流 量 -( 既 得 水 利 権 量 及 び 河 川 維 持 流 量 ) の 範 囲 が 自 流 による 許 可 処 分 可 能 量 となり この 範 囲 を 超 える 場 合 は 新 規 水 源 手 当 が 必 要 となる 7 新 規 水 源 手 当 新 規 水 源 手 当 は 水 収 支 計 算 の 結 果 自 流 による 許 可 処 分 可 能 量 を 必 要 水 量 が 超 える 場 合 に 必 要 となる 必 要 な 新 規 水 源 の 容 量 を 決 定 する 際 には 利 水 計 算 によって 基 準 年 における 必 要 容 量 を 算 定 するのが 原 則 である 22

23 第 三 節 必 要 水 量 の 算 出 ( 発 電 用 水 ) * 特 に 重 要 な 部 分 間 違 えやすい 部 分 は 赤 字 で 記 載 1. 発 電 用 水 の 概 要 (1) 発 電 用 水 とは 水 の 位 置 エネルギーを 利 用 することによって 発 電 機 を 回 転 させ 電 力 を 得 るために 使 用 されるもので 国 産 クリーンエネルギーとして 重 要 な 役 割 を 担 っている (2) 取 水 した 河 川 水 そのものは 消 費 されずに 発 電 所 を 経 由 して 再 び 全 量 が 河 川 に 戻 されることもあり 発 電 用 水 は 豊 水 での 取 水 が 認 められている (3) 発 電 をおこなう 上 で 落 差 を 確 保 するため 河 川 をバイパスする 発 電 導 水 路 を 設 け る 場 合 が 多 く 発 電 による 減 水 区 間 の 有 無 及 び 減 水 区 間 における 河 川 環 境 既 得 水 利 への 影 響 等 について 十 分 配 慮 する 必 要 がある (4) 発 電 の 電 力 を 得 るために 直 接 使 用 される 水 以 外 に 発 電 に 付 随 して 必 要 となる 水 がある 場 合 は その 内 容 を 明 確 にした 上 で 河 川 管 理 者 と 十 分 調 整 協 議 する 必 要 がある 2. 水 力 発 電 の 方 式 (1) 落 差 を 得 る 方 式 による 分 類 1) 水 路 式 発 電 河 川 の 勾 配 及 び 屈 曲 などの 地 形 を 利 用 し 緩 勾 配 の 水 路 を 設 けることにより 落 差 を 得 る 方 式 である 水 路 式 発 電 イメージ 図 23

24 2)ダム 式 発 電 河 川 を 横 断 してダムを 築 造 することにより 水 位 を 高 めて 落 差 を 得 る 方 式 である ダム 式 発 電 イメージ 図 3)ダム 水 路 式 発 電 1) 2)を 混 合 して 落 差 を 得 る 方 式 である ダム 水 路 式 発 電 イメージ 図 24

25 (2) 水 の 使 い 方 による 分 類 1) 流 込 式 発 電 河 川 の 自 然 流 量 をそのままの 形 で 利 用 する 発 電 所 で 途 中 に 貯 水 池 や 調 整 池 をも たない 水 路 式 発 電 がこれにあたる 流 込 式 発 電 イメージ 図 2) 調 整 池 式 発 電 一 日 ないし 一 週 間 を 通 じての 負 荷 の 変 動 に 対 応 できるだけの 調 整 池 容 量 を 持 つ 発 電 所 である 深 夜 の 電 力 軽 負 荷 時 に 水 力 発 電 を 停 止 して 調 整 池 に 水 をたくわえ 昼 間 夕 刻 などの 電 気 需 要 ピーク 時 に 調 整 池 に 貯 水 した 水 も 合 せてピーク 発 電 する また ピーク 発 電 の 発 電 放 流 より 河 川 の 流 量 に 急 激 な 変 化 を 与 えるため 逆 調 整 池 を 設 置 し 河 川 流 量 の 変 化 を 緩 和 させる 調 整 池 式 発 電 イメージ 図 25

26 3) 貯 水 池 式 発 電 発 電 用 の 貯 水 容 量 を 持 ち 貯 水 容 量 を 利 用 して 発 電 する 方 式 である 季 節 的 な 河 川 の 流 量 変 化 を 貯 水 池 で 調 整 したうえで 発 電 が 可 能 である 豊 水 期 の 水 を 貯 留 し 渇 水 期 にこの 貯 留 した 水 を 補 給 して 使 用 することができ かつ 調 整 池 式 発 電 と 同 様 に 一 日 の 負 荷 変 動 にも 対 応 できる 機 能 を 有 する 天 然 湖 沼 を 貯 水 池 として 利 用 する 発 電 あるいはダムによる 貯 水 池 利 用 の 発 電 (ダ ム 式 あるいはダム 水 路 式 )がこれに 相 当 する 貯 水 池 式 発 電 イメージ 図 26

27 4) 揚 水 式 発 電 電 気 需 要 のピーク 時 に 上 部 貯 水 池 の 水 によりピーク 発 電 を 行 い 発 電 放 流 水 を 下 部 貯 水 池 に 貯 留 させる 深 夜 等 の 余 剰 電 力 を 利 用 し 下 部 貯 水 池 の 水 を 上 部 貯 水 池 に 導 水 管 を 通 して 汲 み 上 げておき 次 回 の 発 電 に 備 える 発 電 方 式 である 貯 水 池 の 貯 留 水 のみを 使 用 して 発 電 と 揚 水 を 繰 り 返 すものを 純 揚 水 式 発 電 という また 純 揚 水 式 発 電 の 方 式 に 加 えて 貯 水 池 への 河 川 流 入 水 も 合 わせ て 発 電 に 使 用 するものを 混 合 揚 水 式 発 電 という 揚 水 式 発 電 イメージ 図 5) 従 属 発 電 既 に 許 可 を 得 ている 他 の 水 利 使 用 のために 取 水 した 流 水 のみを 利 用 して 発 電 を 行 う 水 利 使 用 をいう かんがい 用 水 の 用 水 路 水 道 用 水 や 工 業 用 水 の 導 水 管 のような 他 の 水 利 使 用 の 水 路 等 に 設 置 した 発 電 施 設 において 発 電 のための 取 水 が 通 年 当 該 他 の 水 利 使 用 の 運 用 に 従 ってのみ 行 われるものであり 既 許 可 の 他 の 水 利 使 用 に 完 全 に 従 属 する 水 利 用 の 形 態 を 採 っているものである 従 属 発 電 イメージ 図 27

28 3. 水 力 発 電 使 用 水 量 の 算 出 フロー 1 流 況 資 料 の 整 理 (10 カ 年 ) 2 取 水 条 件 の 整 理 ( 維 持 流 量 既 得 水 利 権 量 ) ( 発 電 ガイドライン) 3 最 大 使 用 水 量 4 常 時 使 用 水 量 5 有 効 落 差 総 落 差 損 失 落 差 6 理 論 水 力 7 出 力 28

29 以 降 前 頁 のフローの 番 号 (123 )に 対 応 した 番 号 順 に 詳 細 を 記 述 する 1 流 況 資 料 の 整 理 流 況 資 料 を 整 理 することで 常 時 使 用 水 量 の 算 出 の 基 礎 データや 発 電 規 模 の 検 討 に 使 用 される 流 況 資 料 は 原 則 として 過 去 10 カ 年 の 取 水 口 地 点 における 河 川 流 量 を 整 理 し 豊 平 低 渇 流 量 を 求 める 10 年 間 の 実 測 資 料 がない 場 合 や 取 水 地 点 での 実 測 資 料 が 無 い 場 合 は 取 水 地 点 と 近 傍 観 測 所 等 のデータとの 相 関 関 係 等 ( 流 量 相 関 流 出 解 析 流 域 換 算 )から 算 出 された データを 根 拠 とすることが 可 能 である また やむを 得 ず 近 傍 観 測 所 等 が 保 有 するデ ータが 10 年 間 分 に 満 たない 場 合 には その 保 有 するデータを 算 出 根 拠 とすることが 可 能 である 2 取 水 条 件 の 整 理 取 水 条 件 の 整 理 は 以 下 のとおりとする 新 規 に 発 電 水 利 を 取 得 減 水 区 間 の 維 持 流 量 既 得 水 利 への 影 響 発 電 水 利 の 期 間 更 新 発 電 ガイドラインへの 該 当 の 有 無 発 電 ガイドラインについて 発 電 ガイドラインとは 水 力 発 電 による 電 力 量 の 確 保 という 発 電 所 建 設 当 時 の 社 会 的 要 請 から 減 水 区 間 において 河 川 の 環 境 機 能 維 持 のための 流 量 を 十 分 に 確 保 できていない 発 電 所 がある 場 合 が 多 い このことから 当 該 水 利 権 の 期 間 更 新 時 に 貯 留 制 限 流 量 取 水 制 限 流 量 正 常 流 量 を 設 定 するものである 発 電 ガイドラインは 以 下 の 文 書 に 従 うものとする 発 電 水 利 権 の 期 間 更 新 時 における 河 川 維 持 流 量 の 確 保 について 昭 和 63 年 7 月 14 日 建 設 省 河 政 発 第 63 号 建 設 省 河 開 発 第 80 号 発 電 水 利 権 の 期 間 更 新 時 における 河 川 維 持 流 量 の 確 保 について 平 成 12 年 12 月 12 日 建 設 省 河 調 発 第 7 号 建 設 省 河 源 発 第 4 号 発 電 ガイドライン 対 応 済 み 発 電 所 の 更 新 手 続 きの 取 扱 いについて 平 成 24 年 3 月 16 日 事 務 連 絡 発 電 ガイドラインの 対 象 となる 河 川 管 理 上 の 支 障 の 著 しい 発 電 水 利 使 用 等 と は 原 則 として 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するものをいう ただし 当 該 地 域 の 状 況 により 特 別 の 事 情 が 存 する 場 合 には この 限 りでない 以 下 昭 和 63 年 7 月 14 日 事 務 連 絡 より 抜 粋 (1) 流 域 変 更 により 発 電 取 水 口 又 は 発 電 ダム( 法 河 川 に 存 するものに 限 るも のとし 以 下 発 電 取 水 口 等 という )の 存 する 河 川 が 属 する 水 系 以 外 の 水 系 に 分 水 し 又 は 海 に 直 接 放 流 するもの (2) 減 水 区 間 の 延 長 ( 発 電 取 水 口 等 が 複 数 存 する 場 合 には 各 発 電 取 水 口 等 に 係 る 減 水 区 間 の 延 長 の 総 和 )が 10 km 以 上 のもので かつ 次 の 要 件 の いずれかに 該 当 するもの 1 発 電 取 水 口 等 における 集 水 面 積 が 200 km2 以 上 のもの 2 減 水 区 間 の 全 部 又 は 一 部 が 自 然 公 園 法 の 区 域 に 指 定 されているもの 3 減 水 区 間 の 沿 川 が 観 光 地 又 は 集 落 として 相 当 程 度 利 用 されているも の (3) 減 水 区 間 の 水 質 が 環 境 基 準 を 満 たしていないもの 29

30 (4) 既 に 水 利 使 用 規 則 又 は 命 令 書 において 放 流 が 義 務 付 けられているもので 流 量 に 関 する 具 体 的 数 値 を 欠 くもの (5) 減 水 区 間 に 係 る 地 元 市 町 村 等 との 合 意 により 発 電 水 利 使 用 者 が 運 用 によ り 放 流 を 行 い 又 は 行 おうとしているもの シリーズ 発 電 について シリーズ 発 電 とは 複 数 の 発 電 水 利 使 用 であって 上 流 発 電 所 の 放 水 口 と 下 流 の 発 電 所 の 取 水 口 とが 物 理 的 に 直 結 しているか またはこれに 準 じるもの( 原 則 として その 放 水 口 と 取 水 口 の 距 離 が 300 m 以 下 )を 一 つの 減 水 区 間 とみな して 発 電 ガイドラインの 対 象 条 件 の 減 水 区 間 として 整 理 する 3 最 大 使 用 水 量 発 電 水 利 の 場 合 豊 水 取 水 での 水 利 使 用 が 可 能 なため 安 定 して 取 水 できる 水 量 以 上 の 水 量 が 最 大 使 用 水 量 とすることが 可 能 である 最 大 使 用 水 量 は 新 規 の 発 電 水 利 取 得 の 場 合 発 電 事 業 者 の 判 断 により 施 設 の 採 算 性 上 最 も 有 利 になる 水 量 により 決 定 される 最 大 使 用 水 量 は 発 電 所 で 使 用 できる 最 大 の 水 量 であり 通 常 の 場 合 は 最 大 出 力 の 計 算 に 用 いる 水 量 である 4 常 時 使 用 水 量 水 利 権 の 許 可 は 最 大 使 用 水 量 により 与 えられるため 常 時 使 用 水 量 は 水 利 権 としての 内 容 ではないが 流 水 占 用 料 の 額 を 算 定 するための 基 礎 データとなり 水 利 使 用 規 則 において 常 時 使 用 水 量 及 び 常 時 理 論 水 力 が 規 定 される 常 時 使 用 水 量 は1 年 中 を 通 じて 常 時 使 用 できる 水 量 とする 貯 水 池 のない 場 合 の 常 時 使 用 水 量 過 去 10 カ 年 の 平 均 渇 水 流 量 から 維 持 流 量 他 利 水 流 量 を 控 除 した 量 を 対 象 とし 1 年 間 のうち 355 日 は 常 に 取 水 し 使 用 する 事 ができる 水 量 である したがって 発 電 取 水 可 能 日 数 が 355 日 未 満 の 場 合 は 常 時 使 用 水 量 は 0m3/s とする 貯 水 池 のある 場 合 の 常 時 使 用 水 量 過 去 10 カ 年 の 流 量 資 料 により 貯 水 池 が 10 カ 年 の 各 年 に 一 度 満 水 するという 条 件 を 満 たした 上 で それぞれの 年 を 通 じて 365 日 間 使 用 できる 水 量 の 各 年 平 均 値 を 常 時 使 用 水 量 という 5 有 効 落 差 有 効 落 差 は 総 落 差 ( 取 水 位 と 放 水 位 のとの 標 高 差 )から 損 失 落 差 ( 取 水 口 水 門 水 路 沈 殿 池 水 圧 管 放 水 路 等 を 水 が 通 過 するとき 失 われる 落 差 をいう)を 差 し 引 いた 残 りを 有 効 落 差 といい これが 水 車 に 働 いて 動 力 発 生 の 役 目 を 果 たす 総 落 差 の 考 え 方 は 以 下 を 基 本 とする (1) 流 れ 込 み 式 の 場 合 1) 放 水 口 が 調 整 池 にある 場 合 取 水 堰 導 水 路 取 水 堰 取 水 位 ヘット タンク 水 槽 水 位 H,W,L 中 央 水 位 放 水 口 水 位 Hp Hf Hm L,W,L 30

31 2) 放 水 口 が 貯 水 池 にある 場 合 取 水 堰 導 水 路 取 水 堰 取 水 位 ヘット タンク 水 槽 水 位 Hp Hf Hm H,W,L 中 央 水 位 放 水 口 水 位 L,W,L 3) 放 水 口 が 河 道 にある 場 合 取 水 堰 導 水 路 取 水 堰 取 水 位 ヘット タンク 水 槽 水 位 Hp Hf Hm 放 水 口 水 位 図 中 Hm は 最 大 出 力 時 の 総 落 差 Hf は 常 時 出 力 時 の 総 落 差 Hp は 常 時 尖 頭 出 力 時 の 総 落 差 (2) 貯 水 池 式 発 電 所 の 場 合 1) 放 水 口 が 調 整 池 にある 場 合 2) 放 水 口 が 貯 水 池 にある 場 合 H,W,L H,W,L 中 央 水 位 中 央 水 位 L,W,L L,W,L H,W,L Hp Hf Hm Hp Hf Hm 中 央 水 位 H,W,L 放 水 口 水 位 放 水 口 水 位 L,W,L L,W,L 3) 放 水 口 が 河 道 にある 場 合 H,W,L 中 央 水 位 L,W,L Hp Hf Hm 放 水 口 水 位 図 中 Hm は 最 大 出 力 時 の 総 落 差 Hf は 常 時 出 力 時 の 総 落 差 Hp は 常 時 尖 頭 出 力 時 の 総 落 差 31

32 (3) 調 整 池 式 発 電 所 の 場 合 1) 放 水 口 が 調 整 池 にある 場 合 2) 放 水 口 が 貯 水 池 にある 場 合 H,W,L H,W,L 中 央 水 位 中 央 水 位 L,W,L L,W,L Hp Hp Hf Hf H,W,L Hm H,W,L Hm 中 央 水 位 放 水 口 水 位 放 水 口 水 位 L,W,L L,W,L 3) 放 水 口 が 河 道 にある 場 合 H,W,L 中 央 水 位 L,W,L Hp Hf Hm 放 水 口 水 位 図 中 Hm は 最 大 出 力 時 の 総 落 差 Hf は 常 時 出 力 時 の 総 落 差 Hp は 常 時 尖 頭 出 力 時 の 総 落 差 6 理 論 水 力 理 論 水 力 とは 使 用 水 量 が 有 効 落 差 を 落 下 して 得 られる 理 論 上 の 水 力 をいう 以 下 の 式 に 最 大 使 用 水 量 を 入 力 することで 最 大 理 論 水 力 を 常 時 使 用 水 量 を 入 力 する ことで 常 時 理 論 水 力 を 求 めることが 出 来 る 理 論 水 力 (kw)= 9.8 使 用 水 量 m 3 /s 有 効 落 差 m 7 出 力 出 力 は 当 該 発 電 で 発 生 される 出 力 をいう 理 論 水 力 に 水 車 効 率 発 電 機 効 率 を 乗 じることで 出 力 が 求 められる 水 車 効 率 発 電 機 効 率 は 個 々の 発 電 所 毎 に 異 なるため 個 別 のデータや 実 験 結 果 か ら 効 率 を 決 定 する 以 下 の 式 に 最 大 使 用 水 量 を 入 力 することで 最 大 出 力 を 常 時 使 用 水 量 を 入 力 すること で 常 時 出 力 を 求 めることが 出 来 る 出 力 (kw)= 9.8 使 用 水 量 有 効 落 差 水 車 効 率 発 電 機 効 率 32

33 別 紙 -1 河 川 法 施 行 規 則 第 11 条 に 基 づき 添 付 を 求 める 資 料 の 標 準 例 ( 水 力 発 電 新 規 許 可 ) 省 令 第 11 条 ( 抜 粋 ) 添 付 を 求 める 資 料 審 査 基 準 該 当 項 目 及 び 添 付 を 求 める 理 由 備 考 前 項 の 申 請 書 には 次 に 掲 げる 図 書 を 添 付 しなければな 2 らない 一 イ 水 利 使 用 に 係 る 事 業 の 計 画 の 概 要 発 電 事 業 の 概 要 目 的 等 を 記 載 した 図 書 審 査 基 準 記 五 1(2)1 水 利 使 用 の 目 的 及 び 事 業 内 容 が 国 民 経 済 の 発 展 及 び 国 民 生 活 の 向 上 に 寄 与 し 公 共 の 福 祉 の 増 進 に 資 するものであること ロ 使 用 水 量 の 算 出 の 根 拠 使 用 水 量 等 の 算 出 根 拠 を 記 載 した 図 書 ( 最 大 取 水 量 常 時 取 水 量 最 大 使 用 水 量 常 時 使 用 水 量 総 落 差 有 効 落 差 最 大 理 論 水 力 常 時 理 論 水 力 最 大 出 力 常 時 出 力 常 時 尖 頭 出 力 ) 審 査 基 準 記 五 1(2)2 申 請 者 の 事 業 計 画 が 妥 当 であるとともに 関 係 法 令 の 許 可 申 請 者 の 当 該 事 業 を 遂 行 するための 能 力 及 び 信 用 など 水 利 使 用 の 実 行 の 確 実 性 が 確 保 されていること 取 水 量 が 合 理 的 な 根 拠 に 基 づいて 算 定 されたも のであり その 目 的 事 業 計 画 等 からみて 必 要 かつ 妥 当 な 範 囲 内 のものであることを 確 認 し 申 請 者 の 事 業 計 画 が 妥 当 であるか 判 断 するもの ハ 河 川 の 流 量 と 申 請 に 係 る 取 水 量 及 び 関 係 河 川 使 用 者 の 取 水 量 との 関 係 を 明 らかにする 計 算 取 水 地 点 における 基 準 渇 水 流 量 (10 年 に1 回 程 度 渇 水 における 取 水 予 定 地 点 の 渇 水 流 量 )の 決 定 根 拠 及 び 減 水 区 間 における 維 持 流 量 の 検 討 結 果 を 記 載 した 図 書 審 査 基 準 記 五 1(2)3 取 水 口 地 点 における 基 準 渇 水 流 量 豊 水 流 量 の 確 認 のため 取 水 口 地 点 における 過 河 川 の 流 況 等 に 照 らし 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 去 10ヶ 年 程 度 の 流 況 資 料 ( 取 水 口 地 点 の 流 況 資 料 がない 場 合 は 流 況 資 料 に 代 わるも 維 持 に 支 障 を 与 えることなく 安 定 的 に 当 該 水 利 使 用 の 許 可 に 係 る 取 水 の) を 行 えるものであること 流 水 の 正 常 な 機 能 の 維 持 に 必 要 な 流 量 が 確 保 されているか 確 認 するため 減 水 区 間 における 維 持 流 量 の 検 討 資 料 二 ニ 水 利 使 用 による 影 響 で 次 に 掲 げる 事 項 に 関 する もの 及 びその 対 策 の 概 要 ( 注 3) (イ) 治 水 (ロ) 関 係 河 川 使 用 者 ( 法 第 28 条 の 規 定 による 許 可 を 受 けた 者 並 びに 漁 業 権 者 及 び 入 漁 者 を 除 く )の 河 川 の 使 用 (ハ) 竹 木 の 流 送 又 は 舟 若 しくはいかだの 通 航 (ニ) 漁 業 (ホ) 史 跡 名 勝 及 び 天 然 記 念 物 工 事 計 画 に 係 る 図 書 設 置 しようとする 工 作 物 が 審 査 基 準 記 五 1(5)1に 掲 げる 基 準 に 適 合 している 旨 を 記 載 した 図 書 ( 基 準 に 照 らし 対 策 が 必 要 となる 場 合 は その 対 策 の 概 要 を 記 述 ) 関 係 河 川 使 用 者 が 存 在 する 場 合 その 一 覧 及 び 対 策 の 必 要 性 の 有 無 について 記 載 し た 図 書 ( 対 策 が 必 要 な 場 合 は その 対 策 の 概 要 を 記 述 ) 竹 木 の 流 送 又 は 舟 若 しくはいかだの 通 航 を 行 う 者 が 存 在 する 場 合 その 一 覧 及 び 対 策 の 必 要 性 の 有 無 について 記 載 した 図 書 ( 対 策 が 必 要 な 場 合 は その 対 策 の 概 要 を 記 述 ) 漁 業 権 が 存 在 する 場 合 その 漁 業 共 同 組 合 名 やその 範 囲 等 の 一 覧 及 び 対 策 の 必 要 性 の 有 無 について 記 載 した 図 書 ( 対 策 が 必 要 な 場 合 は その 対 策 の 概 要 を 記 述 ) 史 跡 名 勝 及 び 天 然 記 念 物 の 有 無 が 存 在 する 場 合 その 一 覧 及 び 対 策 の 必 要 性 の 有 無 について 記 載 した 図 書 ( 対 策 が 必 要 な 場 合 は その 対 策 の 概 要 を 記 述 対 策 につい て 関 係 機 関 と 協 議 した 場 合 は 教 育 委 員 会 等 からの 回 答 文 書 などのその 結 果 を 示 す 図 書 を 添 付 ) ( 省 令 第 11 条 第 2 項 第 2 号 に 定 める 区 分 により 必 要 となる 図 書 ) 省 令 第 11 条 第 2 項 第 2 号 に 定 める 図 書 ( 計 算 書 付 表 図 面 ) 審 査 基 準 記 五 1(2)3 河 川 の 流 況 等 に 照 らし 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 維 持 に 支 障 を 与 えることなく 安 定 的 に 当 該 水 利 使 用 の 許 可 に 係 る 取 水 を 行 えるものであること 審 査 基 準 記 五 1(2)4 流 水 の 占 用 のためのダム 堰 水 門 等 の 工 作 物 の 新 築 等 が 法 第 26 条 第 1 項 ( 工 作 物 の 新 築 等 の 許 可 )の 審 査 基 準 を 満 たしているなど 当 該 水 利 使 用 により 治 水 上 その 他 の 公 益 上 の 支 障 を 生 じるおそれがないこ と 審 査 基 準 記 五 1(5)1 治 水 上 又 は 利 水 上 の 支 障 を 生 じるおそれがないこと この 場 合 において 治 水 上 又 は 利 水 上 の 支 障 の 有 無 を 検 討 するに 当 たっては 以 下 に 掲 げる 事 項 について それぞれ 次 に 定 める 基 準 によ り 水 位 流 量 地 形 地 質 その 他 の 河 川 の 状 況 及 び 自 重 水 圧 その 他 の 予 想 される 荷 重 などから 総 合 的 に 検 討 すること イ 工 作 物 の 一 般 的 な 技 術 基 準 について 河 川 管 理 施 設 等 構 造 令 ( 昭 和 51 年 政 令 第 199 号 ) ロ 設 置 について 工 作 物 設 置 許 可 基 準 ハ 土 木 工 学 上 の 安 定 計 算 等 について 河 川 砂 防 技 術 基 準 ( 案 ) 審 査 基 準 記 五 1(2)4 流 水 の 占 用 のためのダム 堰 水 門 等 の 工 作 物 の 新 築 等 が 法 第 26 条 第 1 項 ( 工 作 物 の 新 築 等 の 許 可 )の 審 査 基 準 を 満 たしているなど 当 該 水 利 使 用 により 治 水 上 その 他 の 公 益 上 の 支 障 を 生 じるおそれがないこ と 審 査 基 準 記 五 1(5)1 治 水 上 又 は 利 水 上 の 支 障 を 生 じるおそれがないこと この 場 合 において 治 水 上 又 は 利 水 上 の 支 障 の 有 無 を 検 討 するに 当 たっては 以 下 に 掲 げる 事 項 について それぞれ 次 に 定 める 基 準 により 水 位 流 量 地 形 地 質 その 他 の 河 川 の 状 況 及 び 自 重 水 圧 その 他 の 予 想 される 荷 重 などから 総 合 的 に 検 討 すること イ 工 作 物 の 一 般 的 な 技 術 基 準 について 河 川 管 理 施 設 等 構 造 令 ( 昭 和 51 年 政 令 第 199 号 ) ロ 設 置 について 工 作 物 設 置 許 可 基 準 ハ 土 木 工 学 上 の 安 定 計 算 等 について 河 川 砂 防 技 術 基 準 ( 案 ) 三 法 第 38 条 ただし 書 の 同 意 書 ( 写 ) 並 びに 同 意 をしない 者 の 氏 名 事 情 を 記 載 した 書 面 省 令 第 11 条 第 2 項 第 2 号 に 定 める 図 書 ( 資 金 計 画 の 概 要 を 記 載 した 書 面 工 事 費 概 算 書 (キャッシュフロー 表 による 代 替 も 可 )) 省 令 第 11 条 第 2 項 第 2 号 に 定 める 図 書 ( 工 程 表 ) 法 第 38 条 ただし 書 の 同 意 書 ( 写 ) 並 びに 同 意 をしない 者 の 氏 名 事 情 を 記 載 した 書 面 審 査 基 準 記 五 1(5)4 当 該 工 作 物 の 新 築 等 を 行 うことについての 権 原 の 取 得 又 はその 見 込 み 関 係 法 令 の 許 可 申 請 者 の 事 業 を 遂 行 するための 能 力 及 び 信 用 など 事 業 の 実 施 の 確 実 性 が 確 保 されていること 法 第 38 条 工 事 のための 資 金 が 準 備 され 事 業 の 実 施 の 確 実 性 が 確 保 されていることを 確 認 するもの 十 分 な 工 程 が 確 保 されるとともに 施 工 時 期 ( 出 水 期 非 出 水 期 )が 適 切 であり 事 業 の 実 施 の 確 実 性 が 確 保 されていることを 確 認 するもの 四 権 原 を 有 すること 又 は 取 得 する 見 込 みに 関 する 書 面 権 原 の 取 得 又 はその 見 込 みが 確 実 であることを 記 載 した 図 書 公 図 不 動 産 登 記 法 第 14 条 に 規 定 する 地 図 登 記 簿 など 土 地 施 設 工 作 物 に 関 する 使 用 許 可 書 協 定 書 使 用 契 約 書 賃 貸 借 契 約 書 など 起 工 承 諾 書 など 審 査 基 準 記 五 1(5)4 当 該 工 作 物 の 新 築 等 を 行 うことについての 権 原 の 取 得 又 はその 見 込 み 関 係 法 令 の 許 可 申 請 者 の 事 業 を 遂 行 するための 能 力 及 び 信 用 など 事 業 の 実 施 の 確 実 性 が 確 保 されていること 申 請 者 自 ら 土 地 施 設 を 取 得 せずに 他 者 の 土 地 施 設 等 を 使 用 する 場 合 使 用 のための 権 原 を 得 ていることを 確 認 するもの 申 請 者 自 ら 土 地 等 の 所 有 権 を 得 る 予 定 である が 工 事 施 工 までに 登 記 等 の 事 務 手 続 が 完 了 し ない 場 合 土 地 等 所 有 者 が 工 事 施 工 に 同 意 して いることを 確 認 するもの 五 他 の 行 政 庁 の 許 可 認 可 等 に 関 する 書 面 水 利 使 用 に 係 る 行 為 又 は 事 業 に 関 し 他 の 行 政 庁 の 許 可 認 可 その 他 の 処 分 を 受 け ることを 必 要 とするときは その 処 分 を 受 けていること 又 は 受 ける 見 込 みについてを 記 載 審 査 基 準 記 五 1(2)2 した 図 書 水 利 使 用 に 係 る 事 業 計 画 が 妥 当 であるとともに 関 係 法 令 に 基 づく 許 可 等 を 受 けているか 又 は 受 ける 見 込 みが 確 実 であり かつ 当 該 水 利 使 用 の 内 容 が 関 係 法 令 による 許 可 等 に 係 る 事 業 内 容 と 整 合 が 図 ら れていること 他 の 行 政 庁 の 許 可 認 可 等 に 関 する 許 可 書 等 ( 写 ) ( 申 請 時 点 で 許 可 されていない 場 合 は 許 可 申 請 書 ( 写 )により 確 認 ) 補 助 金 交 付 決 定 通 知 書 ( 申 請 時 点 で 決 定 されていない 場 合 は 交 付 申 請 書 ( 写 )により 確 認 ) 審 査 基 準 記 五 1(5)4 当 該 工 作 物 の 新 築 等 を 行 うことについての 権 原 の 取 得 又 はその 見 込 み 関 係 法 令 の 許 可 申 請 者 の 事 業 を 遂 行 するための 能 力 及 び 信 用 など 事 業 の 実 施 の 確 実 性 が 確 保 されていること 水 利 使 用 に 係 る 行 為 又 は 事 業 に 関 し 他 の 行 政 庁 の 許 可 認 可 その 他 の 処 分 を 受 けることを 必 要 とするときは 関 係 法 令 に 基 づく 許 可 等 を 受 けて いることを 確 認 するもの 資 金 計 画 に 補 助 金 を 充 てる 場 合 補 助 金 の 交 付 が 決 定 されていることを 確 認 するもの 六 省 令 第 39 条 ただし 書 に 関 する 書 面 やむを 得 ず 同 時 申 請 できない 事 情 がある 場 合 は その 概 要 を 記 載 した 図 書 省 令 第 39 条 本 来 一 連 の 行 為 に 必 要 となる 法 第 23 条 法 第 2 4 条 法 第 26 条 第 1 項 その 他 の 条 項 は 同 時 申 請 すべきであるが やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 (いわゆる 水 工 分 離 )に 今 後 の 取 扱 いを 明 確 にしておくため 七 その 他 参 考 資 料 水 位 計 流 量 計 など 取 水 管 理 方 法 が 判 る 記 述 図 面 など 打 合 せ 記 録 簿 など 適 切 な 取 水 量 管 理 が 可 能 である 構 造 体 制 等 に なっていることを 確 認 するもの 他 機 関 と 調 整 が 図 られていることを 確 認 するも の 現 況 写 真 など 申 請 箇 所 について 現 況 を 確 認 するもの 注 1: 上 表 中 法 とは 河 川 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 167 号 ) 政 令 とは 河 川 法 施 行 令 ( 昭 和 40 年 政 令 第 14 号 ) 省 令 とは 河 川 法 施 行 規 則 ( 昭 和 40 年 建 設 省 令 第 7 号 )を 指 す( 個 別 法 令 名 を 記 載 しているもの 除 く) 注 2: 上 表 中 審 査 基 準 とは 行 政 手 続 法 の 施 行 に 伴 う 河 川 法 等 における 処 分 の 審 査 基 準 の 策 定 等 について ( 平 成 6 年 9 月 30 日 建 河 政 発 第 52 号 )を 指 す 注 3: 省 令 第 11 条 第 2 項 第 1 号 (ロ) (ハ) ( 二 ) 及 び 第 3 号 に 係 る 検 討 は 減 水 区 間 内 における 関 係 河 川 使 用 者 等 に 対 するものを 基 本 とするが 工 作 物 の 設 置 等 により 影 響 が 及 ぶ 場 合 はその 者 を 含 む なお 関 係 河 川 使 用 者 について 当 該 水 利 使 用 により 損 失 を 受 けないことが 明 らかである 者 の 判 断 については 水 利 審 査 マニュアル( 案 ) 発 電 用 水 版 を 参 考 とすること 注 4: 各 項 目 について 該 当 がない 場 合 は 該 当 がない 旨 を 記 載 するものとする

34 別 紙 -2 地 方 整 備 局 水 利 許 可 審 査 実 態 調 査 概 要 1 級 水 系 における 小 水 力 発 電 ( 最 大 出 力 1,000kW 以 下, 従 属 発 電 除 く)の 既 許 可 総 数 289 件 のうち114 件 について 地 方 整 備 局 が 水 利 使 用 許 可 申 請 書 の 内 容 を 確 認 小 水 力 発 電 事 業 者 からのヒアリングを 実 施 (ヒアリング 対 象 : 公 営 電 気 事 業 経 営 者 会 議, 水 力 発 電 事 業 懇 話 会, 全 国 小 水 力 利 用 推 進 協 議 会 ) 1 水 利 使 用 許 可 申 請 書 調 査 結 果 省 令 第 11 条 で 本 来 求 めているもの 以 外 の 書 類 の 有 無 を 調 査 確 認 調 査 の 結 果 以 下 が 添 付 されていることを 確 認 主 な 例 河 川 区 域 外 に 設 置 される 流 路 形 成 工 作 物 の 構 造 計 算 書 及 びそれに 付 随 す る 図 面 最 適 発 電 規 模 の 検 討 結 果 電 力 会 社 への 系 統 連 携 証 明 発 電 事 業 者 の 定 款 役 員 名 簿 発 電 量 及 び 売 電 料 実 績 表 漁 業 補 償 契 約 書 電 力 需 給 契 約 書 ( 写 し) ダム 水 路 主 任 技 術 者 免 状 施 設 の 資 産 残 高 一 覧 過 去 修 理 状 況 発 電 所 施 設 耐 用 年 数 表 法 人 登 記 簿 ( 写 し) [ 省 令 第 11 条 で 本 来 求 めているもの 以 外 の 書 類 が 添 付 される 原 因 ] 申 請 者 の 判 断 で 添 付 されるものが 多 い( 不 足 するよりは 多 い 方 が 良 いと 考 え コンサル 成 果 をそのまま 添 付 等 ) 国 交 省 の 担 当 者 が 協 議 前 の 勉 強 として 過 去 の 許 可 申 請 書 を 参 考 にし その 申 請 書 にある 無 用 な 書 類 まで 必 要 と 認 識 取 水 から 放 水 までの 水 路 経 路 が 複 雑 な 場 合 その 説 明 資 料 としてポンチ 絵 等 を 求 めることがあり 結 果 的 に 申 請 書 にそのまま 添 付 本 申 請 書 の 受 理 後 に 不 足 している 資 料 が 発 覚 することがあり その 場 合 は 補 正 指 示 により 追 加 提 出 を 求 めるが その 際 に 過 度 な 説 明 資 料 まで 添 付 さ れる

35 2 小 水 力 発 電 事 業 者 ヒアリング 結 果 水 力 発 電 事 業 懇 話 会 日 時 : 平 成 24 年 10 月 30 日 ( 火 ) 内 部 で 聞 取 りした 範 囲 では 出 水 時 の 水 門 に 関 する 制 御 取 水 再 開 に 関 する 資 料 などを 求 められた 事 例 他 者 から 施 設 の 譲 渡 を 受 けて 事 業 を 行 おうとしたときにその 賃 借 関 係 に 関 する 資 料 を 求 められた 事 例 がある 河 川 法 の 申 請 電 気 事 業 法 の 届 出 で 重 複 しているもの 有 効 落 差 の 計 算 など 簡 略 化 して も 良 いのではという 意 見 があった 30 年 ほど 前 に 更 新 した 案 件 では 位 置 図 実 測 図 の 添 付 のみで 申 請 している 事 例 があ った むしろ 最 近 の 申 請 で 図 面 を 多 く 付 けている 事 業 者 側 としての 反 省 もある 河 川 区 域 外 に 設 置 する 流 路 形 成 工 作 物 の 完 成 検 査 ( 特 に 水 車 の 交 換 )では 河 川 管 理 者 として 検 査 すべき 重 要 な 事 項 がない 場 合 があり そのあたりの 簡 素 化 の 余 地 はあるので はないか 担 当 者 が 代 わると 改 めて 説 明 を 求 められることがあり それが 事 業 者 の 負 担 感 をあおっ ている その 他 参 考 で 求 められる 資 料 河 川 区 域 外 に 設 置 する 施 設 について 求 められる 資 料 が 明 確 化 されると 良 い 全 国 小 水 力 利 用 推 進 協 議 会 日 時 : 平 成 24 年 10 月 30 日 ( 火 ) 河 川 法 の 審 査 には 直 接 関 係 のない 電 気 図 面 についての 不 満 を 聞 く 担 当 者 の わからない が 雪 だるま 式 に 資 料 を 増 やす 特 に 電 気 関 係 に 顕 著 地 整 などの 現 場 で 河 川 法 の 申 請 として 求 める 書 類 はここまで という 割 り 切 りがあれ ば 助 かる 河 川 法 の 審 査 としてどこまで 見 るかという 範 囲 をはっきりして 欲 しい その 他 参 考 として 資 料 が 増 えていく 現 実 がある 過 去 に 求 められた 資 料 を 申 請 者 が 予 め 添 付 することはある 実 行 の 確 実 性 の 確 認 資 料 は 事 業 のキャッシュフロー 表 などを 必 ず 作 成 するので それで 足 りるとするなら 助 かる 公 営 電 気 事 業 経 営 者 会 議 日 時 : 平 成 24 年 11 月 12 日 ( 月 ) 河 川 区 域 外 に 設 置 する 流 路 形 成 工 作 物 が 大 きな 負 担 管 径 の 決 定 や 損 失 水 頭 に 関 するも のを 添 付 この 部 分 が 省 略 されれば 単 純 に 書 類 分 量 は1/3になる それらの 構 造 に 少 しでも 変 更 があれば 変 更 協 議 が 必 要 となることも 大 きな 負 担

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477>

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477> 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 ( 以 下 本 市 という )が 施 工 する 建 設 工 事 から 生 じる 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 いを 定 めることにより 資 源 の 有 効 な 利 用 及 び 廃 棄 物 の

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

不 利 益 処 分 に 係 る 法 令 名 漁 港 漁 場 整 備 法 第 39 条 の2 第 1 項 工 作 物 建 造 許 可 等 の 取 消 無 許 可 行 為 の 中 止 復 旧 命 令 等 法 令 の 定 め 第 39 条 の2 第 1 項 漁 港 管 理 者 は 次 の 各 号 のいずれ

不 利 益 処 分 に 係 る 法 令 名 漁 港 漁 場 整 備 法 第 39 条 の2 第 1 項 工 作 物 建 造 許 可 等 の 取 消 無 許 可 行 為 の 中 止 復 旧 命 令 等 法 令 の 定 め 第 39 条 の2 第 1 項 漁 港 管 理 者 は 次 の 各 号 のいずれ 不 利 益 処 分 に 係 る 法 令 名 漁 港 漁 場 整 備 法 第 37 条 第 2 項 漁 港 施 設 の 原 状 回 復 命 令 法 令 の 定 め 第 37 条 第 2 項 漁 港 管 理 者 は 漁 港 の 保 全 上 必 要 があると 認 める 場 合 には 前 項 の 規 定 に 違 反 した 者 に 対 し 原 状 回 復 を 命 ずることができる 違 法 性 の 程 度 当

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80>

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80> 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 調 理 室 改 修 設 計 施 工 プロポーザル( 公 募 型 ) 実 施 要 項 平 成 23 年 8 月 飛 騨 市 -1- 1 目 的 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 は 平 成 24 年 度 より 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 する 予 定 です 給 食 については 現 在 3 歳 未 満 児 ( 以 下 未 満 児 という )を 含 め 外

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

Taro-条文.jtd

Taro-条文.jtd - 1 - 部 正 昭 和 部 正 目 ん 養 涵 養 ロ ん ロ 護 在 面 積 並 削 共 化 委 託 共 化 病 害 虫 駆 除 予 防 他 護 削 3 域 各 掲 げ ほ 全 努 - 2 - む ね 道 開 設 良 安 設 削 他 護 削 委 託 促 進 削 病 害 虫 駆 除 予 防 火 災 予 防 他 護 削 - 3 - 応 じ 6 案 作 学 識 験 意 聴 3 各 掲 げ ほ 掲 げ

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73>

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73> 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 需 給 調 整 事 業 課 労 働 者 派 遣 事 業 書 記 入 のポイント 実 際 の 記 入 にあたっては 様 式 第 11 号 ( 第 3 面 )の 記 載 要 領 をご 覧 の 上 正 確 に 記 入 して 下 さい 一 般 派 遣 元 事 業 主 及 び 特 定 派 遣 元 事 業 主 は 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 ごとに

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8>

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8> 入 札 公 告 をご 覧 いただく 前 に ( 公 告 概 要 のお 知 らせ) この 度 公 告 する 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 の 主 な 内 容 は 以 下 のとおりです ( 入 札 公 告 本 文 は このお 知 らせの 後 段 に 掲 載 しております ) 一. 業 務 内 容 等 について 1 業 務 名 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 2 履 行 期

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information