PHP RESERCH REVIEW

Size: px
Start display at page:

Download "PHP RESERCH REVIEW"

Transcription

1 PHP Policy Review Vol.2-No 官 邸 のインテリジェンス 機 能 は 強 化 されるか - 鍵 となる 官 邸 首 脳 のコミットメント- かねこ 金 子 まさふみ 将 史 PHP 総 合 研 究 所 主 任 研 究 員 PHP Policy Review Vol.2-No PHP 総 合 研 究 所 Talking Points 1. 日 本 のインテリジェンス 体 制 の 主 たる 課 題 は インテリジェンス コミュ ニティが 機 能 不 全 で 集 約 評 価 を 経 た ナショナル インテリジェンス が 存 在 しないことにある 2. 情 報 機 能 強 化 検 討 会 議 が 公 表 した 官 邸 における 情 報 機 能 の 強 化 の 方 針 では 上 記 の 課 題 にとりくむ 姿 勢 が 明 確 になっている 3. 官 邸 のインテリジェンス 機 能 強 化 を 成 功 させるには 官 邸 首 脳 のコミッ トメントが 不 可 欠 である PHP 総 合 研 究 所 東 京 都 千 代 田 区 三 番 町 5-7 3F Tel: Fax:

2 1.はじめに 2008 年 2 月 14 日 町 村 官 房 長 官 を 議 長 と する 情 報 機 能 強 化 検 討 会 議 は 官 邸 のインテ リジェンス 機 能 の 強 化 策 官 邸 における 情 報 機 能 の 強 化 の 方 針 ( 以 下 方 針 ) を 公 表 し た 1 同 会 議 は 2006 年 12 月 に 設 置 された もので 昨 年 2007 年 2 月 末 には 中 間 報 告 として 官 邸 における 情 報 機 能 の 強 化 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 以 下 考 え 方 ) をまとめてい る 2 当 初 の 予 定 では 最 終 報 告 は 半 年 後 の 2007 年 夏 ごろに 発 表 されることになってい たが 参 議 院 選 挙 後 流 動 化 した 政 局 を 反 映 し て 先 送 りになり 今 回 ようやく 発 表 されるこ とになった インテリジェンス 機 能 強 化 は 日 本 版 NSC 創 設 と 並 んで 安 倍 前 政 権 が 目 指 した 外 交 安 全 保 障 に 関 する 官 邸 強 化 の 両 輪 をなしてい た 福 田 内 閣 になり 日 本 版 NSCの 創 設 は 見 送 られたが インテリジェンス 機 能 強 化 につ いては 関 係 機 関 を 中 心 に 議 論 が 続 けられてい た 3 今 回 発 表 された 方 針 は 安 倍 政 権 下 の 考 え 方 の 方 向 性 を 大 きく 変 えるものでは なく 文 章 上 もかなりの 部 分 で 重 複 する 大 まかに 言 って 考 え 方 に 具 体 策 を 加 えたも のが 今 回 の 方 針 という 位 置 づけである その 意 味 で 安 倍 政 権 の 目 玉 政 策 に また 一 つ 幕 が 引 かれた(2008 年 2 月 15 日 毎 日 新 聞 ) という 評 価 は 当 を 得 たものとは 言 えない 1 dex.html 2 同 上 3 拙 稿 福 田 政 権 のインテリジェンス 戦 略 Voice 2008 年 3 月 号 すでに 他 所 でも 評 価 したように 考 え 方 は インテリジェンス コミュニティ( 日 本 では 情 報 コミュニティと 称 される)を 全 体 と して 取 りまとめ 最 高 決 定 機 関 である 官 邸 を 支 える 体 制 を 構 築 することに 主 眼 を 置 いてお り その 課 題 設 定 は 概 ね 妥 当 なものだった 4 だが 考 え 方 の 段 階 で 関 係 機 関 の 間 で 調 整 がつかなかった 人 的 情 報 収 集 などの 争 点 は 方 針 においても 決 着 をみたとは 言 えず また 個 々の 具 体 策 が 実 を 結 ぶかどうかは 今 後 の 運 用 次 第 の 部 分 が 大 きい 以 下 本 稿 では まず 日 本 のインテリジェ ンス 体 制 の 課 題 を 簡 単 にまとめた 後 方 針 がそうした 課 題 にどのような 処 方 箋 を 提 示 し たか 整 理 し 最 後 に 方 針 の 処 方 箋 につい て 評 価 を 加 えることにしたい 2. 日 本 のインテリジェンス 体 制 の 課 題 日 本 はインテリジェンスが 弱 いと 言 われて 久 しい 5 日 本 のインテリジェンス 体 制 の 何 が 問 題 かについては 9.11 テロ 以 降 次 々に 出 さ れた 日 本 のインテリジェンス 強 化 を 求 める 以 下 の 諸 提 言 を 参 照 するのが 便 利 である 自 民 党 情 報 収 集 等 検 討 チーム わが 国 の 情 報 能 力 等 の 強 化 に 関 する 提 言 (2002 年 ) 6 安 全 保 障 と 防 衛 協 力 に 関 する 懇 談 会 未 来 への 安 全 保 障 防 衛 力 ビジョン (2004 年 ) 7 4 拙 稿 同 盟 国 の 情 報 には 頼 れない Voice 2007 年 7 月 号 5 戦 後 日 本 のインテリジェンスについては 拙 稿 日 本 -コミュニティ 成 熟 への 長 い 道 の り 小 谷 賢 編 世 界 のインテリジェンス (PHP 研 究 所 2007 年 ) 第 3 章 6 田 村 重 信 丹 羽 文 生 政 治 と 危 機 管 理 ( 内 外 出 版 2006 年 ) 第 5 章 7 2

3 対 外 情 報 機 能 強 化 に 関 する 懇 談 会 対 外 情 報 機 能 の 強 化 に 向 けて (2005 年 ) 8 PHP 日 本 のインテリジェンス 体 制 の 変 革 研 究 会 日 本 のインテリジェンス 体 制 - 変 革 へのロードマップ (2006 年 ) 9 自 民 党 政 務 調 査 会 国 家 の 情 報 機 能 強 化 に 関 する 検 討 チーム 国 家 の 情 報 機 能 強 化 に 関 する 提 言 (2006 年 ) 10 以 上 の 諸 提 言 が 指 摘 する 日 本 のインテリジ ェンス 体 制 の 課 題 は 下 記 のように 大 別 できる 第 一 に そもそも 政 策 サイドからの 情 報 要 求 に 問 題 があるとの 指 摘 である そもそも 国 益 認 識 や 国 家 戦 略 に 基 づく 情 報 要 求 がきちん と 出 されないために インテリジェンス サ イクルが 回 らない という 類 の 批 判 である ( 第 一 の 課 題 ) 第 二 に 日 本 の 情 報 組 織 は 十 分 な 情 報 を 収 集 していないとの 指 摘 である 収 集 される 情 報 の 種 類 に 応 じて 課 題 も 様 々であり 通 信 傍 受 情 報 に 関 してその 地 理 的 限 界 や 行 政 傍 受 の 不 在 が 画 像 情 報 については 情 報 収 集 衛 星 の 性 能 や 数 などが 指 摘 される 中 でも 最 も 顕 著 なのは エージェントなどを 用 いての 機 微 な 人 的 情 報 収 集 が 十 分 行 なわれていないという 批 判 である ( 第 二 の 課 題 ) 第 三 に 国 家 としての 意 思 決 定 を 行 なう 首 相 や 内 閣 に 集 約 評 価 を 経 たインテリジェ dai13/13gijisidai.html 8 17/rls_0913a.html 9 olicy/policy/post_14.php 10 aku-016.html ンスが 上 がっていないとの 指 摘 である 言 い かえれば 個 別 の 省 庁 のニーズを 超 えたナシ ョナル インテリジェンスが 存 在 していない ということである 現 状 では 首 相 や 官 房 長 官 官 房 副 長 官 のもとに 各 省 庁 が 重 要 と 判 断 する 情 報 が 出 身 の 秘 書 官 などを 通 じて 個 別 に 上 げられているにすぎない ( 第 三 の 課 題 ) 第 四 に 官 邸 へのタテの 情 報 の 集 約 だけで なく 情 報 組 織 同 士 のヨコの 情 報 共 有 も 活 発 ではないとの 指 摘 である 各 情 報 組 織 は 影 響 力 や 予 算 などをめぐって 競 合 しており 自 らの 有 する 情 報 を 他 組 織 に 提 供 することに 積 極 的 ではない このため 情 報 が 共 有 されて いれば 気 づいたような 兆 候 を 見 落 とすことに なりがちである ( 第 四 の 課 題 ) 第 五 に 日 本 の 場 合 内 部 からの 情 報 漏 れ を 防 ぐ 情 報 保 全 体 制 が 十 分 ではなく 情 報 を 盗 んだり 操 作 したりという 外 部 からの 工 作 活 動 に 対 抗 する 防 諜 の 体 制 も 弱 いとの 指 摘 で ある 秘 密 保 護 への 懸 念 は 上 述 したような 情 報 組 織 間 での 情 報 共 有 が 滞 りがちな 理 由 の 一 つにもなっている ( 第 五 の 課 題 ) 第 六 に 政 府 の 情 報 活 動 を 監 視 する 体 制 が 十 分 でないとの 指 摘 である 日 本 政 府 のイン テリジェンス 活 動 が 市 民 の 自 由 や 権 利 に 抵 触 するもの 市 民 社 会 の 倫 理 観 と 整 合 しない ものにこれまで 以 上 に 踏 み 込 むのであれば 国 会 等 が 行 政 府 のインテリジェンス 活 動 の 行 き 過 ぎをチェックする 仕 組 みが 不 可 欠 になる ( 第 六 の 課 題 ) これらはそれぞれにもっともな 指 摘 である が 現 実 には どの 課 題 から 手 をつけるか 優 先 順 位 をつけなければならない 日 本 とい う 国 家 の 全 体 としての 利 益 を 効 率 よく 最 大 限 増 進 するという 観 点 に 立 てば 国 家 の 全 体 3

4 的 な 方 向 を 指 し 示 すべき 官 邸 が 政 府 内 にあ る 情 報 をつき 合 わせて 生 産 された 最 高 水 準 の インテリジェンスに 基 づいて 意 思 決 定 できる ようにすることが 何 よりも 肝 心 である その ためには 個 別 の 情 報 組 織 が 相 互 補 完 しつつ 高 度 なインテリジェンスを 生 産 する インテ リジェンス コミュニティ を 実 効 性 のある ものにしていくことが 必 要 である 11 筆 者 を 含 むPHP 日 本 のインテリジェンス 体 制 の 変 革 研 究 会 は 集 約 評 価 されたイ ンテリジェンスが 官 邸 に 届 いていないこと ( 第 三 の 課 題 ) 情 報 組 織 間 で 情 報 共 有 されな いこと( 第 四 の 課 題 ) 情 報 漏 洩 を 防 ぐ 体 制 が 弱 いこと( 第 五 の 課 題 ) の 三 点 が 実 効 性 の あるインテリジェンス コミュニティの 発 達 を 阻 む 三 つのボトルネックであり それらの 解 消 が 情 報 収 集 の 質 量 ( 第 二 の 課 題 )を 拡 大 することなどよりも 優 先 されるべきと 主 張 し た 12 なぜなら 人 的 情 報 収 集 などをてこ 入 れしてインフォメーションの 入 力 を 強 化 する ことは 届 かない 共 有 されない 漏 れてし まう というプロセス 面 での 不 具 合 が 改 善 さ れない 限 り 官 邸 の 意 思 決 定 の 根 拠 となるイ ンテリジェンスという 最 終 出 力 の 質 の 向 上 を もたらすものではないからである また 人 的 情 報 収 集 を 行 なう 情 報 機 関 の 創 設 の 政 治 的 ハードルは 高 く それにこだわりすぎると インテリジェンス コミュニティの 実 効 性 を 高 める 上 でより 重 要 な 他 の 改 革 を 遅 らせてし まうおそれがある 11 インテリジェンス コミュニティについて は 北 岡 元 インテリジェンス 入 門 ( 慶 應 大 学 出 版 会 2003 年 ) 第 3 部 12 PHP 提 言 の 概 要 は 拙 稿 日 本 のインテリ ジェンス 体 制 - 改 革 の 本 丸 へと 導 くPHP 総 合 研 究 所 の 政 策 提 言 PHP Policy Review Vol.1-No.2, 2007 年 10 月 政 策 サイドからの 情 報 要 求 が 曖 昧 であるた め 優 れたインテリジェンスが 生 産 されない ( 第 一 の 課 題 )という 指 摘 についても 一 見 も っともであるが 戦 略 とインテリジェンスは 表 裏 一 体 の 関 係 にあり どちらから 始 めなけ ればならないというものではない 十 分 根 拠 のあるインテリジェンスが 豊 富 に 手 元 に 届 い ていない 段 階 で 明 確 な 戦 略 に 基 づいた 情 報 要 求 ができないのは 仕 方 のないところでもあ る 国 会 等 による 政 府 の 情 報 活 動 の 監 視 ( 第 六 の 課 題 )は 機 微 な 情 報 収 集 活 動 や 法 律 による 秘 密 保 護 に 踏 み 込 む 以 前 の 段 階 ではそれほど 問 題 ではない 重 要 な 観 点 ではあるが 上 記 の 三 つのボトルネックの 解 消 に 焦 点 を 合 わせ る 限 り 喫 緊 の 課 題 とはいえない 以 上 をまとめれば 三 つのボトルネックを 解 消 し 自 民 党 外 交 力 強 化 に 関 する 特 命 委 員 会 の 提 言 がいうところの 回 って 上 がっ て 漏 れない 政 府 全 体 の 情 報 体 制 を 構 築 することがなによりも 重 要 ということになる 官 邸 における 情 報 機 能 の 強 化 の 方 針 では 今 回 まとめられた 方 針 は 以 上 の ような 課 題 をいかに 克 服 しようとしているの だろうか 政 策 サイドからの 情 報 要 求 ( 第 一 の 課 題 ) に 関 しては 官 邸 の 政 策 部 門 と 情 報 部 門 を 分 離 した 上 で 両 者 を 有 機 的 に 連 接 する 必 要 が あるとしている( 方 針 2 の(1)の1) その ための 具 体 的 な 措 置 として 内 閣 情 報 会 議 の 13 自 民 党 外 交 力 強 化 に 関 する 特 命 委 員 会 外 交 力 強 化 へのアクション プラン 10 (2007 年 6 月 8 日 ) 4

5 現 行 メンバーに 内 閣 官 房 副 長 官 補 ( 内 政 外 政 安 危 )など 官 邸 の 政 策 部 門 と 拡 大 情 報 コミュニティ( 金 融 庁 財 務 省 経 産 省 海 保 )の 代 表 を 加 えるとしている( 方 針 2 の (1)の2) 14 内 閣 情 報 会 議 に 期 待 される 役 割 が 中 長 期 的 な 情 報 重 点 の 策 定 という 大 枠 での 機 能 である のに 対 し 政 策 部 門 と 情 報 部 門 の 日 常 的 な 接 点 は 内 閣 情 報 調 査 室 のトップでもある 内 閣 情 報 官 の 役 割 とされた( 方 針 2 の(1)の2) 内 閣 情 報 官 は 定 期 的 ブリーフィングの 機 会 の 場 を 通 じて 官 邸 首 脳 にオール ソース アナリシスの 結 果 を 提 供 すると 同 時 に 官 邸 首 脳 からの 情 報 要 求 を 受 ける 内 閣 情 報 官 に は そうした 官 邸 首 脳 とのやりとりを 情 報 コミュニティ 内 にフィードバックすることも 期 待 されている 収 集 機 能 の 強 化 ( 第 二 の 課 題 )では 注 目 された 対 外 人 的 情 報 収 集 機 能 について その 必 要 性 については 指 摘 されたものの 各 省 庁 の 取 り 組 みを 強 化 することや 専 門 家 を 育 成 す ること そして より 専 門 的 かつ 組 織 的 な 対 外 人 的 情 報 収 集 の 手 段 方 法 及 び 態 勢 の 在 り 方 についての 研 究 を 深 める とされるにとど まり 独 立 した 情 報 収 集 機 関 の 設 置 につなが るような 具 体 的 な 内 容 は 盛 り 込 まれなかった ( 方 針 2 の(2)の1) 考 え 方 の 段 階 で 内 調 と 外 務 省 の 激 しい 意 見 対 立 があった 点 で あるが 方 針 においても どこが 中 心 にな って 対 外 人 的 情 報 収 集 機 能 を 強 くしていくか 明 示 されることはなかった その 代 わり 方 針 には 考 え 方 には 14 内 閣 情 報 会 議 の 現 行 メンバーは 内 閣 官 房 長 官 が 議 長 内 閣 官 房 副 長 官 ( 政 務 事 務 ) 内 閣 危 機 管 理 監 内 閣 情 報 官 警 察 庁 長 官 防 衛 省 事 務 次 官 公 安 調 査 庁 長 官 外 務 省 事 務 次 官 年 二 回 開 催 されている なかった 内 閣 ( 情 報 収 集 衛 星 公 開 情 報 ) や 各 省 庁 ( 警 察 庁 公 安 調 査 庁 外 務 省 防 衛 省 )の 情 報 収 集 機 能 強 化 のポイントが 挙 げ られている 官 邸 における 情 報 集 約 評 価 ( 第 三 の 課 題 ) については 内 閣 情 報 会 議 の 下 に 置 かれてい る 局 長 級 の 合 同 情 報 会 議 等 で オール ソー ス アナリシスを 行 うものとされた( 方 針 2 の(3)の134) 15 具 体 的 には 内 閣 情 報 調 査 室 に 新 設 される 地 域 事 項 担 当 の 内 閣 情 報 分 析 官 が 連 絡 責 任 者 連 絡 担 当 官 経 由 で 各 省 庁 から 集 約 された 情 報 に 基 づいて 分 析 作 業 を 行 い 情 報 評 価 書 のドラフトを 作 成 して 合 同 情 報 会 議 等 に 諮 る なお どのような 情 報 評 価 書 をいつ 作 成 す るかについては 四 半 期 に 一 度 拡 大 情 報 コ ミュニティを 含 む 合 同 情 報 会 議 の 場 で 計 画 を 策 定 ( 案 は 内 閣 情 報 官 が 作 成 )するが 緊 急 時 は 内 閣 情 報 官 が 再 調 整 する ( 方 針 2 の (3)の3) コミュニティ 内 での 情 報 共 有 ( 第 四 の 課 題 ) については 情 報 評 価 書 作 成 のために 集 約 さ れた 情 報 の 共 有 やオール ソース アナリシ スの 成 果 の 情 報 コミュニティ 内 での 共 有 ( 方 針 2 の(3)の5) 共 通 のデータベースや 秘 密 情 報 伝 達 用 のイントラネットの 設 置 ( 方 針 2 の(4)の1) 人 事 交 流 や 合 同 研 修 の 推 進 ( 方 針 2 の(4)の2)が 提 起 された 合 同 研 修 の 内 容 としては 高 度 情 報 保 全 研 修 情 報 分 析 研 究 専 門 分 析 研 修 が 例 示 され ている 15 合 同 情 報 会 議 の 現 行 メンバーは 内 閣 官 房 副 長 官 ( 事 務 )が 議 長 内 閣 危 機 管 理 監 内 閣 官 房 副 長 官 補 ( 安 危 ) 内 閣 情 報 官 警 察 庁 警 備 局 長 防 衛 省 防 衛 政 策 局 長 公 安 調 査 庁 次 長 外 務 省 国 際 情 報 統 括 官 月 二 回 程 度 開 催 されている 5

6 秘 密 保 護 ( 第 五 の 課 題 )については セキ ュリティ クリアランスを 含 む 統 一 的 な 情 報 保 全 基 準 の 確 立 や 物 理 的 保 全 措 置 の 他 秘 密 保 全 法 制 についても 検 討 するとしている( 方 針 3 の123) また 2007 年 8 月 に カ ウンターインテリジェンス 推 進 会 議 が 決 定 した カウンターインテリジェンス 機 能 の 強 化 に 関 する 基 本 方 針 の 着 実 な 履 行 も 求 めて いる 同 基 本 方 針 は 国 の 安 全 や 外 交 上 の 秘 密 に 関 する 事 項 でその 存 在 が 知 られると 国 の 利 益 に 反 するもの であり 省 ごとの 判 断 で 指 定 される 特 別 管 理 秘 密 や 秘 密 取 扱 者 適 格 性 確 認 制 度 秘 密 保 全 研 修 制 度 の 導 入 を 盛 り 込 んでいる 内 閣 情 報 官 を 長 とし 政 府 全 体 の 情 報 保 全 の 中 核 機 関 となる カウン ターインテリジェンス センター の 設 置 も 予 定 されている 秘 密 保 護 の 法 整 備 について 方 針 の 文 言 は 考 え 方 とそれほど 変 わらないが 実 態 としては 二 橋 官 房 副 長 官 ( 事 務 )の 下 で 法 制 化 についての 検 討 が 具 体 的 に 始 められると 報 道 されており ここへきて 法 整 備 への 動 きは 強 まっている 国 会 等 による 政 府 の 情 報 活 動 の 監 視 ( 第 六 の 課 題 )については 主 として 官 僚 サイドによ ってまとめられた 提 言 であるという 性 格 もあ ってか 方 針 では 特 に 言 及 されていない 4. 評 価 と 展 望 日 本 版 NSCとインテリジェンス 機 能 強 化 が 共 倒 れ にならず 今 回 このように 情 報 コミュニティ 内 の 検 討 を 経 た 官 邸 のインテリ ジェンス 機 能 強 化 案 がまとめられたことは それ 自 体 評 価 されるべきであろう 考 え 方 に 前 後 して 発 表 された 国 家 安 全 保 障 に 関 す る 官 邸 機 能 強 化 会 議 の 報 告 書 は 政 策 部 門 と 情 報 部 門 の 連 接 に 言 及 しており 考 え 方 の 段 階 では 政 策 部 門 の 側 の 結 節 点 として 日 本 版 NSCが 想 定 されていたものとみられ る 16 日 本 版 NSC 創 設 が 見 送 られたにも 関 わ らず インテリジェンス 機 能 強 化 の 方 針 が 継 続 されたことは 戦 略 なくして 情 報 なし と いった 紋 切 り 型 に 決 別 する 意 味 を 持 つ 内 容 面 でも 上 述 した 三 つのボトルネッ ク の 解 消 に 力 点 がおかれており 適 切 な 方 向 感 にある 特 に 政 府 内 のインフォメーシ ョンを 付 き 合 せたナショナル インテリジェ ンスとして 情 報 評 価 書 が 策 定 されること になったことは 注 目 すべき 第 一 歩 である しかも 情 報 評 価 書 の 策 定 に 各 情 報 機 関 の 代 表 が 出 席 する 合 同 情 報 会 議 を 組 み 込 んだ ことは 英 国 の 合 同 情 報 委 員 会 のような 緩 や かな 調 整 を 可 能 にする 仕 組 みとして 評 価 でき る 17 更 に 情 報 評 価 書 等 のオール ソース アナリシスの 成 果 は 情 報 コミュニティ 内 で 共 有 されることになっており この 通 り 機 能 す れば 各 情 報 機 関 が 情 報 を 提 供 しても どう 加 工 されて 首 脳 に 上 げられるか 分 からないと いう 猜 疑 心 は 生 じにくくなる 情 報 コミュニティ 内 での 情 報 共 有 について も オール ソース アナリシスの 成 果 だけ でなく 情 報 集 約 の 過 程 で 各 情 報 機 関 が 提 供 した 情 報 を 各 情 報 機 関 にフィードバックする ことが 情 報 の 保 全 にも 十 分 配 慮 しつつニー ド トゥ ノウの 原 則 に 基 づいて という 条 16 x.html 17 英 国 のインテリジェンス 体 制 については 北 岡 元 英 国 の 情 報 体 制 - 委 員 会 による 取 り 纏 めが 機 能 する 条 件 IIPS Policy Paper 283J, 2002 年 1 月 6

7 件 つきながら 明 記 されており 狙 い 通 り 機 能 すれば 円 滑 な 情 報 共 有 への 突 破 口 になりうる だろう 言 うまでもないことだが こうした 枠 組 み がうまく 機 能 するかどうかは かなりの 部 分 運 用 次 第 で 決 まってくる まず 各 情 報 機 関 が 情 報 をどれだけ 内 閣 情 報 分 析 官 に 提 供 する かである 省 庁 間 のセクショナリズムの 壁 は 高 く しかも 皮 肉 なことに 今 回 の 検 討 過 程 は 特 に 対 外 人 的 情 報 収 集 機 関 をめぐって 内 調 と 外 務 省 の 関 係 をかえって 悪 化 させた 面 も ある 各 情 報 機 関 がきちんと 情 報 提 供 してい るか 人 事 交 流 が 進 んでいるか きちんとモ ニタリングし 時 に 介 入 することが 官 邸 首 脳 (おそらくは 内 閣 官 房 長 官 )には 求 められる 各 情 報 機 関 が 情 報 提 供 する 意 義 を 見 出 すた めには 内 閣 情 報 分 析 官 が 作 り 出 すナショナ ル インテリジェンスが 質 の 高 い 有 益 なも のであることが 不 可 欠 である せっかく 情 報 をつき 合 わせてもこの 程 度 かというレベルの ものしか 出 てこなければ 各 情 報 機 関 からの 情 報 提 供 は 先 細 っていくであろうし そもそ もせっかく 情 報 を 官 邸 に 集 約 する 意 味 がない その 意 味 では 内 閣 情 報 分 析 官 に どれだけ 適 材 をあてられるかが 鍵 になる 18 また 当 初 5 人 の 内 閣 情 報 分 析 官 が 置 かれるとのこと であるが 英 国 合 同 情 報 委 員 会 の 下 に 置 かれ ている 評 価 スタッフが 40 名 であることと 比 較 してあまりに 少 なく 内 閣 情 報 分 析 官 があ る 程 度 機 能 することを 確 認 でき 次 第 できる だけ 早 く 増 員 すべきであろう 18 北 岡 元 氏 ( 政 策 研 究 大 学 院 大 学 教 授 )は 分 析 官 には 個 別 の 専 門 性 をもつ 人 物 よりも 様 々なインテリジェンスをバランスよく 評 価 しつつコンセンサスを 作 り 出 せる 人 物 が 必 要 と 指 摘 している 北 岡 元 我 が 国 と 情 報 月 刊 自 由 民 主 2007 年 7 月 号 また 各 情 報 機 関 が 提 供 した 情 報 やナショ ナル インテリジェンスが 各 情 報 機 関 に 本 当 にフィードバックされるかどうかも この 枠 組 みが 機 能 するかどうかを 左 右 する これま で 見 ることができなかった 他 の 情 報 機 関 の 情 報 をかなりの 程 度 利 用 できるようになれば 各 情 報 機 関 とも 自 ら 情 報 を 出 すメリットを 感 じるようになるはずだからである この 点 に ついては 内 閣 情 報 分 析 官 連 絡 責 任 者 連 絡 担 当 官 を 配 下 に 置 くことになる 内 閣 情 報 官 に 一 義 的 な 責 任 がある これまで 内 閣 情 報 官 ( 及 び 内 閣 情 報 調 査 室 )については 警 察 の 指 定 席 という 色 眼 鏡 で 見 られてきた 内 閣 情 報 官 には 新 しい 枠 組 みを 公 平 に 運 用 し そ うした 通 念 を 行 動 で 覆 していくことが 求 めら れる この 点 についても 適 宜 官 邸 首 脳 がモ ニタリングする 必 要 がある 内 調 の 中 立 性 に 対 する 不 信 感 が 障 害 になり 続 ける 場 合 合 同 情 報 会 議 と 内 閣 情 報 分 析 官 による 情 報 評 価 書 の 作 成 過 程 を 内 調 から 切 り 離 して 運 用 してい く 等 更 なる 仕 切 り 直 しも 要 請 されよう 対 外 人 的 情 報 収 集 については その 扱 いが 情 報 コミュニティの 亀 裂 を 深 めることのない よう 特 に 注 意 が 必 要 である 先 に 見 たように 方 針 においては 総 論 賛 成 具 体 論 曖 昧 の 書 きぶりに 落 ち 着 いた 政 治 的 にハードル の 高 いヒュミント 機 関 創 設 は 後 回 しでよいと した PHP 提 言 と 似 たような 線 に 収 まった 形 であるが 実 践 的 なロードマップ 的 観 点 から というより 検 討 過 程 における 対 立 の 痛 みわ けの 結 果 そうなったものである 潜 在 的 には 人 的 情 報 収 集 の 主 導 権 を 確 保 すべく 個 々の 情 報 機 関 がバラバラに 自 らの 人 的 情 報 収 集 機 能 強 化 に 走 り 出 す 可 能 性 を 秘 めており その ことが 集 約 や 共 有 にも 悪 影 響 を 及 ぼすおそ れがある こうした 動 きについても 官 邸 首 7

8 脳 が 第 三 者 的 な 観 点 で 監 視 抑 制 する 必 要 が ある 秘 密 保 護 の 法 制 化 についても 慎 重 に 進 め ていく 必 要 がある 情 報 保 全 に 敏 感 な 福 田 首 相 や 町 村 官 房 長 官 の 意 向 が 働 いているとの 報 道 もあるが( 朝 日 新 聞 2008 年 2 月 15 日 ) 知 る 権 利 や 報 道 の 自 由 との 関 連 でメディアを 中 心 に 強 い 反 発 を 招 き 政 局 イシューになっ てしまう 可 能 性 もある 法 制 化 自 体 を 目 的 化 することなく 確 実 に 実 効 性 のある 保 全 体 制 を 確 立 していくことを 目 指 すべきであろう 方 針 や カウンターインテリジェンス 機 能 の 強 化 に 関 する 基 本 方 針 に 挙 げられてい る 措 置 を 着 実 に 実 行 するだけでも 相 当 な 効 果 が 期 待 できる 以 上 のように 方 針 で 示 された 官 邸 のイ ンテリジェンス 機 能 強 化 策 が 実 を 結 ぶかにつ いては 相 当 程 度 官 邸 首 脳 ( 官 房 長 官 や 事 務 の 官 房 副 長 官 場 合 によっては 首 相 )が 情 報 機 関 同 士 のセクショナリズムを 抑 え イ ンテリジェンス コミュニティの 実 効 性 を 高 めていくためにコミットする 必 要 がある その 上 で 総 理 を 含 む 官 邸 首 脳 自 身 にも インテリジェンスを 的 確 に 受 け 止 め 使 いこ なしていく 能 力 が 求 められる 小 谷 賢 氏 の 日 本 軍 のインテリジェンス が 活 写 したように たとえ 適 切 なインテリジェンスが 生 産 されて いても 政 策 部 門 が 無 視 してしまえば 何 らの 価 値 も 生 まれない 19 情 報 部 門 が 上 げてくる インテリジェンスの 内 容 を 政 策 部 門 が 左 右 することを 避 けるべきことは 論 をまたないが 情 報 の 政 治 化 は 決 定 的 なインテリジェ ンスを 看 過 したり つまみ 食 いしたりという 形 でも 起 こりうる また インテリジェンス 19 小 谷 賢 日 本 軍 のインテリジェンス ( 講 談 社 2007 年 ) は 万 能 というわけではなく( 例 えば 金 正 日 の 死 後 北 朝 鮮 がどうなるかについて シナリオ 予 測 は 可 能 だろうが 確 たることは 誰 にも 言 えない) どこまで 何 をインテリジェンスに 期 待 できるのか 冷 めた 認 識 も 必 要 である その 意 味 では PHP 提 言 を 含 む 諸 提 言 では 触 れていないが 国 家 の 最 高 指 導 者 になる 人 物 がいかにインテリジェンス リテラシーを 身 につけていくかが 最 大 の 課 題 かもしれない さしあたり 首 相 候 補 や 高 級 内 閣 官 僚 ( 内 閣 官 房 副 長 官 内 閣 危 機 管 理 監 内 閣 官 房 副 長 官 補 等 )になる 人 材 には 何 らかの 形 でイン テリジェンスと 接 点 を 持 つキャリアを 重 ねる ことが 望 まれる インテリジェンス リテラシーを 高 める 上 で 最 も 有 益 と 思 われるのは どのようなイン テリジェンスに 基 づいてどのような 決 定 が 下 され どのような 結 果 に 終 わったかという 過 去 の 教 訓 に 学 ぶことである 残 念 ながら 戦 後 の 日 本 については そうした 点 を 明 らかにし てくれるような 形 で 公 文 書 保 存 が 行 なわれて おらず また 情 報 開 示 の 在 り 方 にも 問 題 が 多 い 政 府 の 情 報 活 動 の 監 視 を 行 っていく 上 で は 情 報 評 価 書 や 内 閣 情 報 官 等 のブリーフィ ング 内 容 を 含 む 体 系 だった 公 文 書 保 存 や 秘 匿 の 必 要 性 と 両 立 する 効 率 的 な 情 報 開 示 が 必 要 ではないか 幸 いなことに 福 田 首 相 は 公 文 書 保 存 に 熱 心 な 稀 に 見 る 政 治 家 である 短 期 的 に 効 果 の 出 る 話 ではないが 長 期 的 なイン テリジェンス 強 化 にとって 不 可 欠 の 要 素 と 考 える 5. 結 語 今 回 の 方 針 について メディアの 反 応 は 比 較 的 低 調 であった 日 本 版 CIA や 日 本 版 8

9 MI6 の 創 設 と 銘 打 てる 派 手 な 内 容 がなかっ たためかもしれない しかし そのことは 方 針 が 取 り 組 もうとしている 課 題 が 重 要 ではない とうことを 意 味 しない ナショナ ル インテリジェンスを 生 産 する 実 効 性 の あるインテリジェンス コミュニティを 創 り 出 すことは 人 口 減 少 や 経 済 力 の 相 対 的 低 下 にも 関 わらず 日 本 が 賢 明 かつ 能 動 的 に 国 際 社 会 で 生 きていくことを 可 能 にする 不 可 欠 の 条 件 である 情 報 組 織 関 係 者 は まずは 方 針 の 枠 組 みに 添 って 回 って 上 がって 漏 れない 政 府 全 体 の 情 報 体 制 の 構 築 を 目 指 すべきであろう もちろん セクショナリ ズムの 弊 風 を 当 事 者 間 で 乗 り 越 えることは 容 易 ではない 官 邸 首 脳 には 善 意 の 第 三 者 と して 適 宜 介 入 し 相 互 不 信 を 解 いていく 責 任 がある CPHP Research Institute, Inc

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の 日 本 細 菌 学 会 会 則 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 学 会 は 日 本 細 菌 学 会 (Japanese Society for Bacteriology)という ( 目 的 ) 第 2 条 本 学 会 は 細 菌 学 およびその 関 連 領 域 の 科 学 の 進 歩 に 寄 与 し 社 会 に 貢 献 することを 目 的 と ( 事 業 ) 第 3 条 本 学

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378> マニフェストをどう 読 むべきか - 国 民 の 問 いかける 力 こそが 政 策 をつくる- はじめに 東 京 財 団 研 究 員 政 策 プロデューサー 亀 井 善 太 郎 / 佐 藤 孝 弘 / 冨 田 清 行 本 提 言 は 眼 前 に 迫 る 国 政 選 挙 を 迎 えるにあたって 日 本 国 民 一 人 一 人 がマニフェストを 読 む 際 念 頭 におくべき 考 え 方 をまとめたものである

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自 拡 大 する 確 定 拠 出 年 金 ( DC) 制 度 と マイナス 金 利 時 代 の 運 用 1.はじめに 確 定 拠 出 年 金 (DC: Defined Contribution) 制 度 の 改 正 により 60 歳 未 満 であればだれでも DC 制 度 に 加 入 できることになりました 具 体 的 には 企 業 年 金 制 度 があるものの DC 制 度 はない 企 業 に 勤 務

More information

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい 2015 年 9 月 号 事 業 再 生 ADR への 多 数 決 原 理 導 入 に 向 けた 動 き ~ 本 年 3 月 の 有 識 者 検 討 会 報 告 書 について~ Ⅰ. はじめに Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 Ⅲ. 今 後 の 課 題 と 展 望 森 濱 田 松 本 法 律 事 務 所 弁 護 士 山 崎 良 太 TEL 03 5223 7790 ryota.yamasaki@mhmjapan.com

More information

Microsoft Word - 25_06 「特許安定性」.docx

Microsoft Word - 25_06 「特許安定性」.docx 侵 害 訴 訟 等 における 特 許 の 安 定 性 に 資 する (*) 特 許 制 度 運 用 に 関 する 調 査 研 究 我 が 国 産 業 の 競 争 力 強 化 のため 特 許 権 の 紛 争 処 理 機 能 について 知 的 財 産 紛 争 解 決 システム 全 体 が 適 切 に 機 能 して いるかどうか 検 証 し より 魅 力 ある 制 度 となるように 取 り 組 みを 進

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第076号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第076号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 19 年 3 月 26 日 ( 平 成 19 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 19 年 5 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 76 号 ) 事 件 名 : 自 艦 隊 ( 作 ) 第 27 号 (15.1.14)の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF>

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF> 問 1 キャンプ 座 間 への 米 陸 軍 新 司 令 部 の 移 転 は 世 界 的 な 米 軍 の 改 編 の 一 環 として 行 われ また 沖 縄 の 負 担 軽 減 も 含 む 日 米 再 編 協 議 の 中 で 統 合 任 務 可 能 な 作 戦 司 令 部 として 米 国 本 土 より 移 転 してくる 唯 一 の 基 地 であり ます このことは 機 能 強 化 として 認 められたところでありますが

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し < 議 案 報 告 -2> 退 職 手 当 見 直 しの 取 り 組 みについて (1)これまでの 経 過 政 府 は 国 家 公 務 員 に 関 する 退 職 給 付 の 官 民 較 差 (402.6 万 円 )を 是 正 する ため 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げ 等 について を 閣 議 決 定 しました また 総 務 省 は 同 日 この

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

5 議 事 概 要 (1) 冒 頭 安 倍 総 理 大 臣 から 概 要 以 下 のとおり 挨 拶 を 行 った 特 定 秘 密 保 護 法 は 国 民 と 国 の 安 全 を 守 るために 必 要 不 可 欠 な 法 律 で ある 安 全 保 障 環 境 が 厳 しさを 増 す 中 諸 外 国 は

5 議 事 概 要 (1) 冒 頭 安 倍 総 理 大 臣 から 概 要 以 下 のとおり 挨 拶 を 行 った 特 定 秘 密 保 護 法 は 国 民 と 国 の 安 全 を 守 るために 必 要 不 可 欠 な 法 律 で ある 安 全 保 障 環 境 が 厳 しさを 増 す 中 諸 外 国 は 第 1 回 情 報 保 全 諮 問 会 議 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 26 年 1 月 17 日 ( 金 ) 午 前 11 時 頃 から 正 午 頃 までの 間 2 場 所 総 理 官 邸 2 階 小 ホール 3 出 席 者 ( 構 成 員 ) 宇 賀 克 也 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 塩 入 みほも 駒 澤 大 学 法 学 部 准 教 授 清 水

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制 法 曹 養 成 制 度 改 革 推 進 会 議 御 中 この 度 司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 をとりまとめましたので お 届 け 致 します ご 査 収 いただけますと 幸 いです なお この 提 言 は 法 務 大 臣 及 び 文 部 科 学 大 臣 にもお 届 け 致 します 2014 年 6 月 9 日 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究

More information

復興特別法人税の前倒し廃止の検討

復興特別法人税の前倒し廃止の検討 税 制 A to Z 2013 年 11 月 25 日 全 6 頁 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 の 検 討 民 間 投 資 活 性 化 等 のための 税 制 改 正 大 綱 の 解 説 その 4( 最 終 回 ) 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 平 成 25 年 10 月 1 日 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 民 間 投 資 活

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が みずほリポート 年 6 月 日 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 と 働 き 方 を 巡 る 問 題 本 稿 では 貯 蓄 残 高 がゼロまたは 少 ない 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 に 焦 点 をあて 働 き 方 との 関 わりや 無 貯 蓄 低 貯 蓄 克 服 の 手 段 としての 共 働 きの 有 効 性 を 考 察 した 働 き 方 との 関 わりを 見 ると 勤

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

観光立国・地域活性化戦略

観光立国・地域活性化戦略 通 訳 案 内 士 制 度 の 見 直 し 報 酬 を 受 けて 外 国 人 に 付 き 添 い 外 国 語 を 用 いて 旅 行 に 関 する 案 内 をする 通 訳 案 内 士 になるには 観 光 庁 長 官 が 実 施 する 通 訳 案 内 士 試 験 に 合 格 して 都 道 府 県 に 氏 名 住 所 等 を 登 録 する 必 要 がある この 手 続 きを 踏 まずに 上 記 の 業 務

More information

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理 みずほインサイト 政 策 2014 年 11 月 27 日 働 き 方 に 中 立 的 な 税 社 会 保 障 へ 女 性 の 活 躍 促 進 に 向 けた 改 革 の 実 施 と 今 後 の 課 題 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 政 策 調 査 部 03-3591-1338 女 性 の 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 社 会 保 障 制 度 とするため

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

<4D F736F F D D CF88F592B795F18D CF88F589EF8D8791CC816A2E646F63>

<4D F736F F D D CF88F592B795F18D CF88F589EF8D8791CC816A2E646F63> 平 成 26 年 第 2 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 26 年 6 月 19 日 総 務 委 員 長 織 田 勝 久 議 案 第 65 号 川 崎 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について * 消 費 税 増 税 と 一 体 をなす 地 方 税 法 の 一 部 改 正 には 反 対 であり これに 伴 う 条 例 改

More information

タイトル

タイトル 経 済 トレンド 子 ども 手 当 ての 意 義 を 考 える ~ 拙 速 な 廃 止 は 将 来 の 労 働 力 を 質 量 の 両 面 から 減 少 させることに~ 経 済 調 査 部 柵 山 順 子 ( 要 旨 ) 東 日 本 大 震 災 の 復 興 財 源 案 の 一 つとして 子 ども 手 当 ての 廃 止 が 議 論 されている 子 ども 手 当 て 廃 止 が 様 々な 世 帯 にどのような

More information

地震保険、最近の動向を中心にした一考察

地震保険、最近の動向を中心にした一考察 平 成 18 年 度 大 会 レジュメ 地 震 保 険 最 近 の 動 向 を 中 心 にした 一 考 察 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 竹 井 直 樹 Ⅰ.はじめに 地 震 によって 住 宅 や 家 財 に 生 じた 損 害 をてん 補 する 家 計 地 震 保 険 ( 以 下 特 に 断 り 書 きのないかぎり 地 震 保 険 という )ついては 1964 年 に 発 生 した

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

公認会計士協会HP用原稿

公認会計士協会HP用原稿 課 徴 金 事 例 集 の 公 表 とインサイダー 取 引 事 案 の 傾 向 について ( 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 からの 寄 稿 ) 平 成 22.7 平 成 22 年 1 月 より 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 から 個 別 の 調 査 検 査 事 案 から 得 られる 問 題 意 識 を 中 心 とした 最 新 のトピックについて 定 期 的 に 御 寄 稿 いただいております

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

特定秘密保護法の制定と今後の検討課題

特定秘密保護法の制定と今後の検討課題 特 定 秘 密 保 護 法 の 制 定 と 今 後 の 検 討 課 題 内 閣 委 員 会 調 査 室 碇 建 人 柳 瀬 翔 央 1.はじめに 第 2 次 安 倍 内 閣 は 平 成 25 年 10 月 25 日 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 案 を 第 185 回 臨 時 国 会 に 提 出 した 1 同 法 律 案 は 衆 議 院 国 家 安 全 保 障 に 関 する 特

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

消費者が、事業者との通話内容を録音され、録音を消去してほしいと求めたが、事業者に断られたトラブル

消費者が、事業者との通話内容を録音され、録音を消去してほしいと求めたが、事業者に断られたトラブル 平 成 20 年 3 月 25 日 消 費 者 が 事 業 者 との 通 話 内 容 を 録 音 され 録 音 を 消 去 してほしいと 求 めたが 事 業 者 に 断 られたトラブル ( 国 民 生 活 センター 消 費 者 苦 情 処 理 専 門 委 員 会 小 委 員 会 ) 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 消 費 者 苦 情 処 理 専 門 委 員 会 は 平 成 19 年

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx 監 査 基 準 委 員 会 報 告 書 900 監 査 人 の 交 代 平 成 23 年 12 月 22 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 監 査 基 準 委 員 会 ( 報 告 書 : 第 6 9 号 ) 項 番 号 Ⅰ 本 報 告 書 の 範 囲 及 び 目 的 1. 本 報 告 書 の 範 囲... 1 2. 監 査 人 の 責 任... 3 3. 本 報 告 書 の 目 的... 4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F30365F834F838B815B837693A28B638C8B89CA8169837C8358835E815B94B282AB816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F30365F834F838B815B837693A28B638C8B89CA8169837C8358835E815B94B282AB816A2E646F6378> 大 学 評 価 担 当 者 集 会 2013 第 一 分 科 会 評 価 と IR: 活 用 編 計 画 2-2: 習 熟 度 別 学 習 を 充 実 させて 英 語 コミュニケーション 力 を 向 上 させる 一 方 で 本 学 では グローバル 化 を 踏 まえ 平 成 20 年 度 に 学 長 が 英 語 でのコミュニケーション 能 力 の 涵 養 を 重 視 する 方 針 を 打 ち 出 した

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

1. 中 長 期 事 業 戦 略 について 協 会 はこれまで 3 カ 年 の 中 期 事 業 計 画 に 基 づき 協 会 運 営 を 進 めてまいりました 中 期 事 業 計 画 は 平 成 16 年 度 に 初 めて 策 定 され 平 成 24 年 度 で 3 次 9 年 間 に 及 ぶ 中

1. 中 長 期 事 業 戦 略 について 協 会 はこれまで 3 カ 年 の 中 期 事 業 計 画 に 基 づき 協 会 運 営 を 進 めてまいりました 中 期 事 業 計 画 は 平 成 16 年 度 に 初 めて 策 定 され 平 成 24 年 度 で 3 次 9 年 間 に 及 ぶ 中 中 長 期 事 業 戦 略 ( 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ) 特 定 非 営 利 活 動 法 人 平 成 25 年 8 月 日 本 ファイナンシャル プランナーズ 協 会 1 1. 中 長 期 事 業 戦 略 について 協 会 はこれまで 3 カ 年 の 中 期 事 業 計 画 に 基 づき 協 会 運 営 を 進 めてまいりました 中 期 事 業 計 画 は 平 成 16 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CDG CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 4 日 株 式 会 社 CDG 代 表 取 締 役 社 長 大 平 孝 問 合 せ 先 :06-6133-5200 証 券 コード:2487 http://www.cdg.co.jp Ⅰコーポレート

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63> 資 金 決 済 に 関 する 法 律 の 制 定 について 平 成 21 年 6 月 24 日 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 59 号 ) 1 ( 以 下 資 金 決 済 法 とい う )が 公 布 された 本 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して1 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 め る 日 から 施 行 される( 資

More information

Microsoft Word - 01_回答一覧

Microsoft Word - 01_回答一覧 衆 議 院 選 挙 における 障 害 者 福 祉 施 策 に 関 する 公 開 質 問 状 の 回 答 の 公 開 11 月 20 日 付 けで 聴 覚 障 害 者 制 度 改 革 推 進 中 央 本 部 から 第 46 回 衆 議 院 選 挙 の 各 立 候 補 者 へ 公 開 質 問 状 を 送 付 することになりました との 連 絡 を 受 け 22 日 ( 木 )に 自 由 民 主 党 民

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303232328D5C91A290528DB88C9F8DB882CC895E977089F090E081698DC58F4994C5816A476F6A6F4B6F4F7381698D589056959495AA82CC90D48F9182AB816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303232328D5C91A290528DB88C9F8DB882CC895E977089F090E081698DC58F4994C5816A476F6A6F4B6F4F7381698D589056959495AA82CC90D48F9182AB816A2E646F63> 編 集 : 日 本 建 築 行 政 会 議 構 造 審 査 検 査 の 運 用 解 説 平 成 19 年 10 月 10 日 ( 修 正 : 平 成 20 年 2 月 22 日 ) 指 針 研 修 等 検 討 委 員 会 指 針 等 検 討 WG 目 次 本 書 について...4 1. 本 書 の 位 置 づけ...4 2. 本 書 の 取 扱 いに 関 する 留 意 事 項...4 3. 本 書

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802 スリランカの 憲 法 問 題 L.フェルナンド ** 浅 野 宜 之 訳 ** 1 はじめに スリランカは 憲 法 を 学 ぶ 人 にとって 二 つの 意 味 で 興 味 深 い 国 だと 思 われる 一 つは 19 20の 両 世 紀 の 間 にスリランカは ₅ つの それぞれ 形 式 及 び 内 容 の 面 でかなり 異 な った 憲 法 を 持 っていたということが 挙 げられる その ₅ つの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303832318140485082A896F097A782BF8EC096B18FEE95F1814090568B4B8C668DDA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303832318140485082A896F097A782BF8EC096B18FEE95F1814090568B4B8C668DDA> 1 < 解 説 > 理 事 会 の 決 議 について ( 公 財 ) 公 益 法 人 協 会 専 務 理 事 鈴 木 勝 治 1.はじめに 理 事 会 の 決 議 については 一 般 法 人 法 第 95 条 において 後 記 2のように 割 合 シンプルに 規 定 されています そのためもあってか 各 法 人 の 定 款 においては 内 閣 府 のモデル 定 款 のよう に 法 律 の 規 定 どうりに

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 木 村 真 ( 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 特 任 助 教 ) 1.はじめに わが 国 では 高 齢 化 の 進 展 とともに 国 民 負 担 における 社 会 保 険 料

More information

今 後 調 査 担 当 委 員 の 私 の 下 に 九 州 電 力 第 三 者 委 員 会 でも 調 査 チームの 総 括 を 務 めた 赤 松 幸 夫 弁 護 士 梅 林 啓 弁 護 士 を 中 心 とする 弁 護 士 調 査 チームを 組 織 し 委 員 長 や 他 の 委 員 の 意 見 も

今 後 調 査 担 当 委 員 の 私 の 下 に 九 州 電 力 第 三 者 委 員 会 でも 調 査 チームの 総 括 を 務 めた 赤 松 幸 夫 弁 護 士 梅 林 啓 弁 護 士 を 中 心 とする 弁 護 士 調 査 チームを 組 織 し 委 員 長 や 他 の 委 員 の 意 見 も 激 変 する 環 境 思 考 停 止 する 組 織 ~ 郷 原 信 郎 が 斬 る 2011.12.14 オリンパス 監 査 検 証 委 員 会 設 置 の 目 的 と 今 後 の 課 題 12 月 12 日 午 前 10 時 から 新 日 本 監 査 法 人 の オリンパス 監 査 検 証 委 員 会 の 初 会 合 が 開 かれ 終 了 後 記 者 会 見 が 行 われた 委

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 孫 への 贈 与 非 課 税 の 潜 在 効 果 と 課 題 発 表 日 :2013 年 2 月 13 日 ( 水 ) ~ 利 用 されるために 必 要 な 制 度 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 今 回 の 緊 急 経 済 対 策 では 祖 父

More information

確約手続を挿入するための独占禁止法の改正

確約手続を挿入するための独占禁止法の改正 確 約 手 続 を 導 入 するための 独 占 禁 止 法 の 改 正 TPPを 契 機 とした 国 際 標 準 の 競 争 法 への 歩 み 経 済 産 業 委 員 会 調 査 室 柿 沼 重 志 2016 年 3 月 8 日 に 閣 議 決 定 され 同 日 国 会 に 提 出 された 環 太 平 洋 パートナーシップ 協 定 の 締 結 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information